5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アウシュヴィッツの真実を語る

1 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 03:13:38 ID:TsWTHRIH

軍事的観点からアウシュヴィッツの真実を語るスレです。
参考:
http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1166994728/l50
http://220.254.5.211:8000/2ch/hobby7_army/1129/1129452830.html
<簡易版ホロコーストまとめ>
・死因がガス死である死体が一体も確認されていないことは肯定論者も認めている。
・証拠となる文書がただの一枚も発見できていないことは肯定論者も認めている。
・「肯定派の最高権威」ヒルバーグ氏は、「ユダヤ絶滅の文書、計画、命令、予算、部署は無かった」と結論している
・「ガス処刑」の一部始終を目撃したとされる証人はわずか6名しかいない。
・その証言さえ事実との整合性が全く無い。肯定論者にとってさえ、証言の信憑性は失われつつある。
・アウシュヴィッツの焼却炉は合計16万体の死体を処理するだけの耐久力しかない。そして焼却炉を修復した記録は無い。
・1991年に公表された公式文書によればアウシュヴィッツの囚人の死者は合計13万人。死因はチフスや自然死。
・記録によると搬入された石炭の量は自然死した死者数と合致している。すなわち、ガス処刑された大量の死体を焼却するだけの石炭は無い。
・収容所が赤十字を受け入れたのは「ガス殺が始まったとされる時期」より後である。そして、赤十字は虐殺を確認していない。
・以上のような物理赤十字の報告書には1943年から1944年の間ですら、
重労働者は最低でも一日に2750カロリーを摂取していたと記されている。
そして国際赤十字委員会は、連合軍が無差別爆撃で援助物資を届ける
ことを妨害していることに不満を訴えていた

SSがユダヤ人を虐待することは犯罪だった。アウシュヴィッツ収容所では
親衛隊員すべてが「私はいかなる囚人も傷つけたり殺害することを許されない」
という内容の宣誓書に署名させられた 的、技術的な問題により、肯定論者が主張するアウシュヴィッツの犠牲者の数は400万→150万→100万→63万→36万人…と、どんどん減少しつつある。

2 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 03:13:59 ID:2lK+2XNc
2

3 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 03:15:16 ID:???
・以上のような物理的、技術的な問題により、肯定論者が主張するアウシュヴィッツの犠牲者の数は400万→150万→100万→63万→36万人…と、どんどん減少しつつある。

赤十字の報告書には1943年から1944年の間ですら、
重労働者は最低でも一日に2750カロリーを摂取していたと記されている。
そして国際赤十字委員会は、連合軍が無差別爆撃で援助物資を届ける
ことを妨害していることに不満を訴えていた

SSがユダヤ人を虐待することは犯罪だった。アウシュヴィッツ収容所では
親衛隊員すべてが「私はいかなる囚人も傷つけたり殺害することを許されない」
という内容の宣誓書に署名させられた。
-------------------------------------
とても解りやすく解説してくれるウェブサイト。
http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/sohiasenseinogyakutensaiban2_mokuji.html

4 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 03:18:17 ID:???
正月早々、食い物スレか。
おせち食いあきたよー

5 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 03:19:50 ID:???
どうにも軍事的に語りようがない

6 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 03:20:36 ID:???
川|' l、:::::|l、:.:.:.|!: : : : : : : : :!
川!   |!::::lヾ、:.:.:ト、: : : : : : : : i     、ミ川川川川川彡
リi|    l;:::| ヽ:.:.l ヽ: : : : : : : :l      ミ        彡
リl ヽ、.,,,L|!,_i|_」,_丶: : : : : : :|!    三 やだこの子 三
l|′   ヾ|  ヽ:| ヾ、: : : : : :|    三  なんてスレ  三
|′    ,ィサ=ミ、 `i   |!: : : : : : l   三 立てるの? 三
     ,〃,ニ、`ヾi、   |ヾ: : : : : :|     彡         ミ
      〃{ ヾ.  ヾl、 !i |!: : : : : |     彡川川川川川ミ
 ∪   {illlト;;イ!   ||! | ' ||: : : : : |
      |llゞリ;;;|   ||} | / !: : : : : |  O
. . . . . . .i;::ヾ:::l   ,リ !i ,l|!: : : : : !    o
:.:.:.:.:.:.:.:.:.ヾ≦′.、 ″ |'/l}l|: : : : : !  o
:::::、:::::::::::::: ̄:::::゙:.:.:.:.:.:|'|!川!: : : : :|
: : :ヽ: : : : : : : : : : : : /||!川l; : : : :|     _|_\
   ′         ,i|州川l|l: : : : !        |  | ヽ
        u  ,イ!|!|}i|!!|l「|i: : : |         / ノ
-‐ '´ヽ      ,.イ|l/!||:|!}i|::|!: : :ト、
  _,./   ,..イ-‐'"´::||!::|||:;::|: : |!:::ヽ    七_
' ´    /l;::::::|三::::::::リ::::リ、!::|: :|!::::::丶   (乂 )
  ,. ‐'´  |::::::|三三:::':::::l::ヾ:l; :|!:::::::::::\


7 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 03:22:16 ID:TsWTHRIH
>>5
戦争中に膨大な量の物資を使って意味の無い大量虐殺をする事のおかしさとか色々考えられますが。

8 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 03:31:42 ID:???
これ貼るの忘れちゃ駄目だよ。
軍事板ホロコーストスレの伝統なんだから。

軍板における「自称」リビジョニストの主張。

1、ユダヤ人は犯罪者か危険人物。
2、数十万人の監獄にちっぽけなプールが一つ有るから絶滅収容所じゃない。
3、「囚人用の売春宿、劇場、プールがある、結婚出産も出来る」なら「市民権剥奪、財産没収、集団隔離、多段ベッド、
鉄条網に電流、食糧事情最悪、機関銃で見張り、チフス蔓延、焼却炉・広場に死体の山」の監獄にずっと入れられててもOK
4、「絶滅命令の文書が無い」と騒ぐが「ソ連が捏造していた」という証拠は探さない(この情報公開時に!)
5、現代のユダヤマフィアが麻薬、キッドナップ、 マネーロンダリングの犯罪を行っているから
ヒトラー政権下のユダヤ人はオウム以上の犯罪者である。
6、乗車率300%の中央線に対流は無い。
7、アウシュヴィッツの所長だったヘスはドイツ副総統のヘスと似た名前だから存在自体が捏造。
8、ロイヒター報告はちゃんとした報告書であり、どう見ても許可しなかったポーランドが悪い。
9、占領地のユダヤ人は全てゲリラ。
10、ドイツでは言論弾圧されているからホロコーストを否定でき無い。
11、シオニストにソースサイトを潰されるのでソースは提示しなくて良い。
12、「ちゃんとした証拠を示せ」というくせに、どういうものが「ちゃんとした証拠」なのかが言えない。
13、強制収容所の外にはソ連軍がうようよいたのでドイツ軍がユダヤ人を守ってた。
14、収容所の中はベルリンよりもいい暮らしができるのでユダヤ人が逃げる理由は全く存在せずしたがって杉原千畝がユダヤ人を助けた話は捏造
15、悪魔の証明を持ち出さないと議論ができない。だが、悪魔の証明をきちんと理解しているわけではない。

9 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 03:32:30 ID:???
>>7
その程度だろ。
後が続かん。

10 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 03:33:59 ID:???
>>http://220.254.5.211:8000/2ch/hobby7_army/1129/1129452830.html
200辺りからただの釣堀になってるじゃねえか。

11 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 03:36:40 ID:???
ホロコースト肯定派ってキチガイだよな。
600万人が殺された事を強く望んでいるんだからw
否定派こそが健全な人間。

12 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 03:51:06 ID:???
またヘーロ国スレか。
定期的に建つな。

13 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 05:08:12 ID:???
最近パレスチナ人やアラブ人といった反ユダヤの国々ではホロコースト捏造やヒトラーを好評価する動きが活発みたいだ。

もしかしたらこのスレ立てもこの動きと連動しているのかも知れない。

14 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 05:14:58 ID:???
>>13
アラブもアホだな。
ヒトラーからしたらアーリア人種以外の民族は駆除の優先順位が違うだけなのに。

15 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 05:19:28 ID:???
>>14
ならなぜドイツ軍は北アフリカでアラブ人・黒人を虐殺しなかったんだ?

16 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 06:38:49 ID:???
>>15
そんな事する理由も暇も無い。

17 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 08:12:22 ID:???
>>16
同じ論法でホロコーストが無かったとも言えますね。


18 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 08:14:13 ID:???
ユダヤ人はなぜ隔離されたりしたんだ?

19 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 08:15:24 ID:???
>>18
ポーランド人の暴徒から守る為。
後期にはソ連軍から守るのも兼ねた。

20 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 08:31:42 ID:???
確かにポーランドスレ見てるとひどかったようだな。

21 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 08:42:27 ID:???
財産没収して市民権を剥奪したのも暴徒から守る為なのか。
>ソ連軍から守るのも
は?
ソ連が何時ポーランドに侵攻したのか解ってるのか?
ドイツ国内の収容所は?

22 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 17:27:35 ID:???
>>19
( ;∀;)イイハナシダナー

23 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 18:26:35 ID:???
>>19
基地外www

24 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 18:41:12 ID:???
NIRは今どうしてるんだろうか。

25 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 20:23:19 ID:???
>>19
そのケースだと隔離するのはポーランド人の方だろ
ユダヤ人はドイツ人と同じに生活させとけ

26 :名無し三等兵:2007/01/03(水) 20:47:11 ID:???
ホロコーストを否定にせよ肯定にせよ、なぜユダヤ人なんだろ。

27 :名無し三等兵:2007/01/04(木) 09:32:35 ID:???
ゲットーの歴史って、ナチより遥かに古いんだけど。。。

28 :名無し三等兵:2007/01/04(木) 21:57:50 ID:N4DqnV4x
>>25
数百万人をどうやって隔離するんだ?ボケ。

29 :名無し三等兵:2007/01/04(木) 23:47:08 ID:???
最高に頭の悪い1とその住民だなwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

30 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 03:27:14 ID:???
・ユダヤ人は隔離された。

という事実だけか。

31 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 16:41:53 ID:???
初心者スレ前スレの806はこないのか?
ロイヒターリポートだけを批判してルドルフリポートは無視してるところなど突っ込みどころ満載だったが。

32 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 17:34:28 ID:???
733 :日本@名無史さん :2006/12/23(土) 10:04:13
>ホロコーストは捏造

「広島原爆」は捏造。


734 :日本@名無史さん :2006/12/23(土) 16:20:37
実は戦国時代なんて存在しなかったんだぜ。
後世の人が後世の価値観で「あれは戦国時代だ」と勝手に言っているだけなのさ。
つまり、戦国時代は捏造されたありもしない歴史なんだよ!


735 :日本@名無史さん :2006/12/23(土) 20:26:01
まあ日本そのものが実在していないんだし。

33 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 18:59:40 ID:???
910 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 2007/01/05(金) 18:55:03 ID:???
>>909
www
「映像の世紀」では
「ガス室で殺され、燃料の不足で焼ききれなかった死体
を連合軍兵士が生めています。」の解説がつくんだが・・・

お前はナチスを否定したいのか?
否定したいように見えないんだが、、、
---------------------------------
ア〜〜〜〜〜〜ッヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャヒャ!!!!!!!!!!!!!
ソースがドキュメンタリーかよ!!!!!!wwwwwwwww
話にもならんクズだなw
正史派とこんなバカしかいないの?

34 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 19:00:31 ID:???
よしjumo1400馬力エンジン、始めようぜ

35 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 19:01:01 ID:???
>>33
こいつは馬鹿だな。ガス室死体はない

36 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 19:05:22 ID:???
>>33
どのようなソースならご満足いただけるので?

37 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 19:06:38 ID:???
>>36
もう構うなよ。あいつはjumo1400馬力エンジンってやつで
ユダヤは600万殺されたと騒ぐ奴だ

38 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 19:10:46 ID:???
>>36
ユダヤ人絶滅計画を命じる命令書、予算表、報告書。
ガス室の構造を物理的に無理なく証明する事。

39 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 19:10:57 ID:???
>>37
そんな少なくないぞ!ネオナチめ!
ユダヤは9000000000万人殺されたんだ!

40 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 19:11:23 ID:???
>>37
お前はテレビ番組にテロップがついてるだけでそれを妄信するのか?

41 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 19:12:08 ID:???
>>40
そんなことはない。
ガス室でさえ、シャワー室との考え方が強いしな

42 :40:2007/01/05(金) 19:14:27 ID:???
>>40
>>39を何とかするのが先だった・・・

>>39

絶対にそんなにユダヤ人はいない

43 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 19:14:57 ID:???
>>42
41でした・・・

44 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 19:19:02 ID:???
>>41
取りあえずガス室の構造を物理的に無理なく説明してくれ。
後ガス室の設計図も。
後ユダヤ人絶滅計画の命令書も。

45 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 19:20:42 ID:???
>>44
どう説明してほしい?

ガスは空気より重いのに、蛇口が上についている点か?

それと>>39に対しての意見も頼む

46 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 19:22:40 ID:???
>>45
>ガスは空気より重いのに、蛇口が上についている点か?
別にどこから初めても構わんよ。
>それと>>39に対しての意見も頼む
意見?
こんな明らかな煽り、出なければ狂ってるとしか言い様が無い発言に何を意見しろと?

47 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 19:26:05 ID:???
>>46
え、>>39=>>40じゃないの?

まあいいや
>別にどこから初めても構わんよ。
いや、考えるんだ。どう考えても
「下から出たほうが充満する」

48 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 19:29:49 ID:???
>>47
>え、>>39=>>40じゃないの?
違う。

49 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 19:45:44 ID:???
>>47
労働不適格者はすぐにガス室に送られた筈なのになぜかアンネフランクが病死した件について。

50 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 19:48:26 ID:???
>>49
>ガス室

テンプレ嫁。テンプレに納得した上で話し合うスレ。
文句があったら、他スレへ。

それとアンネフランク自体でっちあげの可能性がある。
「ボールペン」で書かれていたからだ。

51 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 19:53:10 ID:???
ボールペンで書かれた紙片が混じっていた、ってのを
全体がボールペンで書かれているように誤解を与える表現にはしないように

52 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 19:53:37 ID:???
>それとアンネフランク自体でっちあげの可能性がある。
>「ボールペン」で書かれていたからだ。
とっくの昔に論破されたネタを延々と蒸し返すなよw
http://mltr.e-city.tv/faq08b.html#Anne-Frank


53 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 19:54:39 ID:???
>>51
すいません。

とりあえず、アンネという人物が実在したとしても
複数の筆跡や一部「未来の文房具」が使われていた点
が怪しい。

54 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 19:58:13 ID:???
>>52
>アンネの日記に対する一番ありふれた難癖は,日記にはボールペンによる記述が含まれており,ボールペンが一般的に使用されるようになったのは,アンネの死後だというものだ.これは,偽瞞ながらも,
しつこく持続している神話である.日記中の唯一のボールペン・インクは,
アンネ以外の人間によって挿入されたと分かる紙片に記されたものだ.
 言うまでもなく,アンネ自身の記述はボールペンを使ったものではない.

てことはアンネの日記自体でっちあげですね?

だって
>アンネ以外の人間によって挿入されたと分かる紙片

ですものね?

55 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:01:09 ID:???
え?
ほとんどの部分はアンネ・フランクの自筆のものだって
筆跡艦艇出てたでしょ?

56 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:02:00 ID:???
>>54
ちゃんと読んだか?

http://mltr.e-city.tv/faq08b02.html#04432

57 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:02:09 ID:???
>>55
http://mltr.e-city.tv/faq08b.html#Anne-Frank



58 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:04:16 ID:???
>>筆跡艦艇出てたでしょ?
シオニストに買収されたんだろ。

59 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:04:25 ID:???
記述の意図を曲解するのも詭弁テクニックの一つだあなw

60 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:05:28 ID:???
>>56
読んだ。しかし、ソースがいつも編「アンネの日記 研究版」

これは正しいのか?

61 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:06:47 ID:???
ユダヤ虐殺を信じてる奴は
南京大虐殺も信じているから困る

62 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:08:08 ID:???
都合の悪い艦艇は買収か
どうしようもないなぁ

63 :59:2007/01/05(金) 20:09:09 ID:???
>>61
あったよ。馬鹿じゃねえの?100万人殺されたんだよ!

64 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:09:35 ID:???
>>60
正しさを疑うのなら何が疑わしいのかちゃんと書いて。
疑うだけならありとあらゆる事を疑う事が出来るから。

65 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:10:48 ID:???
>>64
まず、何故「アンネの日記 研究版」しかソースが無いのか?

を説明してくれ

66 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:13:48 ID:???
>>65
別にオレが書いた訳じゃないから知らんよ。
http://www3.ezbbs.net/37/jokai/
ここで本人に聞いてくれ。
と言うかアンネの日記 研究版しかソースが無いとしてそれの何が問題なんだ?
問題は内容だろ。

67 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:15:31 ID:???
>>65
イミフ発減             /ヽ       /ヽ  
                  /  ヽ      /  ヽ 
                  /     ヽ__/     ヽ   
   ┏┓  ┏━━┓     /               \   .┏━┓
 ┏┛┗┓┃┏┓┃    /       \     /   |   .┃  ┃
 ┗┓┏┛┃┗┛┃┏━|      >      < |━┓┃  ┃
 ┏┛┗┓┃┏┓┃┃  |.         (__人__)   |  ┃┃  ┃
 ┗┓┏┛┗┛┃┃┗━ヽ         \/   / ━┛┗━┛
   ┃┃      ┃┃   /               \   ┏━┓
   ┗┛      ┗┛  /         ̄ ̄ヽ / ̄  ヽ .┗━┛
               .ヽ_______/ \__/   
             [[二二二二二二二二二二二二二二二二

ソースは正しい。だって管理人がいってるもん!

68 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:15:57 ID:???
ソースが一つしかないので信用に値しない。
以上。
結局アンネの日記は捏造だって事だな。

69 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:16:32 ID:???
>>67
内容に問題があるなら具体的に指摘してくれ。

70 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:17:56 ID:???
>>66
いや、問題。お前は誰かが戯言書いたかもしれない本を信じるか?

例えば、お前は「ウリは見た!チョッパリの愚行!」
という反日本に
「日本人は朝鮮半島にいた人を90パーを殺した」
て書かれていても公文書に記録がなければしんじないだろう?

71 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:19:26 ID:???
>>69
管理人が正しいっていってるじゃん!だからアンネも矛盾ないの!

このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい


72 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:21:35 ID:???
>>70
全く関係の無い話題にスライドさせるな。
具体的にどこに問題があるのか指摘しろ。
戯言書いたかもしれない?
つまり戯言だと言う根拠は「そうかもしれない」と言う希望的観測以外何一つ無いんだな?
大体お前は「ソースが一つしかない」事を問題にしてたんだろうが。


73 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:22:08 ID:???
>>71
>>67
http://mltr.e-city.tv/faq08b.html#Anne-Frank
このサイト信じてる奴って皆こうなんだwww

74 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:22:48 ID:???
>>71
誰が何時何処でそんな事を言ったんだ?
と言うかアンネの日記 研究版の何が問題なのか早く指摘してくれ。
ただし「戯言かもしれない」「間違ってるかもしれない」とかは要らないから。

75 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:23:17 ID:???
>>72
お前も正しいという証拠くれ。
>つまり戯言だと言う根拠は「そうかもしれない」と言う希望的観測以外何一つ無いんだな?

お前はチョンの発言も信じるんだ?
「もしかしたら慰安婦はいたかもしれない!」ってかwwwww

76 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:23:47 ID:???
>>74
71 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2007/01/05(金) 20:19:26 ID:???
>>69
管理人が正しいっていってるじゃん!だからアンネも矛盾ないの!

このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい
このサイトの管理人は絶対正しい



77 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:25:45 ID:???
>>75
お前ら、糞だな!

アンネは矛盾ないの!

アンネの日記 研究版は絶対正しいの!
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい

78 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:25:50 ID:???
こいつ論点がドンドンスライドしていってるな。
最初に
「ボールペンで書かれた捏造」
次に
「ボールペンで書かれた紙片が入ってるから捏造」

「このソースは正しいのか?」

「なぜソースが一つしかないんだ?」

「ソースが一つしかないので信用に値しない」

「戯言かもしれない」

今ここ

79 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:26:37 ID:???


絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい
絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい絶対正しい





80 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:27:57 ID:???
>>78
お前も
「このソースは正しいのか?」を証明しろ。
お前が焦点ずらしてるんだろ


81 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:28:19 ID:???
>>75
何処の馬の骨とも知れない奴が根拠もなく「戯言かも知れないニダ!」と言うよりオランダ国立戦時資料研究所の方が信用出来そうなもんだが。
で、間違ってると言う根拠は何?

82 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:28:49 ID:???
>>80
お前がずらしてるんだよ!

矛盾はないの!絶対ない!>>78様が自分のサイトで証明してるからな!


ナオナチ死ね

83 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:30:11 ID:???
反論も出来ないのか!
ネオナチは!

死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!
死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!
死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!
死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!
死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!
死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!
死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!
死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!
死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!死ね!

84 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:31:19 ID:???
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!
ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!ユダヤ最高!

85 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:32:40 ID:???
訳のわからん荒らしを初めたか。
否定派の中でも最底辺に位置するみたいだな、こいつは。
と言うか結局何がしたいんだこいつは?
怪しい怪しい言うだけで何が間違ってるかは言わずに「間違ってるかも知れない」というだけ。
挙句の果てにはアホみたいな荒らし行為。
やたら朝鮮人に拘ってるみたいだがお前の在脳朝鮮人に近いのはお前だぞ?
「もしかしたら間違ってるかも知れないニダ!根拠は何もないけどソースが一つだけだから怪しいニダ!」

86 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:32:52 ID:???
>>78こそ神!>>糞79もあれぐらいのサイト作れ!

だから日本人は糞なんだよ!
枢軸国は全部悪いの!南京も虐殺もあったの!


チョッパリ死ね!

87 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:33:54 ID:???
>>85
お前が荒らしてるんじゃないのか?
>「もしかしたら間違ってるかも知れないニダ!根拠は何もないけどソースが一つだけだから怪しいニダ!」
これこそ
>>86じゃん。


88 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:33:58 ID:???
あと言っておくが俺は所謂正史派じゃないぞ。
600万は有り得ないと思ってるしガス室だって眉唾物だと思ってる。
むしろ否定派の部類に入るだろう。

89 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:34:58 ID:???
>>87
>86とその他の頭の悪いレスはお前の自作自演だろ。
じゃなきゃただの便乗した厨。

90 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:36:25 ID:???
>>88
俺もまったくなかったとは言い難い。
なぜなら「収容所」という形式を取っていたから。

しかし、ソースがひとつなのは怪しい。
他に記述は無いのか?

91 :89:2007/01/05(金) 20:36:45 ID:???
>>87
あのさ、結局何がどう間違ってるのかは指摘出来ないのか?
出来ないんならいい加減黙ったらどうだ?


92 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:38:12 ID:???
>>91
あのさ、結局何故正しいのかは指摘出来ないのか?
出来ないんならいい加減黙ったらどうだ?

93 :89:2007/01/05(金) 20:38:38 ID:???
>>90
なぜ一つだと怪しいのか聞いている。
一つだろうと百個だろうと問題は内容の正しさだ。
また無名のアマチュアではなくオランダ国立戦時資料研究所の発行した本だ。
怪しいと言うなら怪しいと言う根拠を提示してくれ。
結局あんたは内容には反論出来るのか?出来ないのか?どっちなんだ?

94 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:39:58 ID:???
>>93
サッコヴァンゼッティ事件と同じだから

95 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:41:30 ID:???
>>93
オランダ以外に発刊してないのか?
アメリカの公文書の南京の死者とイギリスのでさえ
数字が食い違ってるぞ

96 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:43:15 ID:???
>・マサチュセッツ州の製靴工場の会計係とその護衛が殺された事件において、イタリア生まれの無政府主義者サッコとヴァンゼッティが犯人として逮捕され、有罪判決を受け、電気イスで処刑されました。
>・ところが、2人を有罪とする物的証拠は不十分でした。2人が外国生まれの無政府主義者であったことを嫌悪した裁判長と陪審が、偏見に基づいて死刑判決を下した、とする非難が世界的に広がりました。

これがオランダ国立戦時資料研究所と関係あんの?

97 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:44:09 ID:???
>>93
じゃあお前はあったと思っているのか?
お前はテンプレに納得してるんだよな?

98 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:45:05 ID:???
>>95
また関係の無い話題を出してスライドか。
結局際限なく「怪しい怪しい」と言うだけで何も具体的な事は言えないと。
つーかそんなに気になるなら
http://www3.ezbbs.net/37/jokai/
ここで管理人に直接聞けよ。
読んだのは管理人なんだから。
なんでしないんだ?
怖いのか?

99 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:45:54 ID:???
>>96
>無政府主義者
違う。最近の記述では「アカ」だったと言われる。
そうやってデマは広まるんだよ

>・マサチュセッツ州の製靴工場の会計係とその護衛が殺された事件において、イタリア生まれの無政府主義者サッコとヴァンゼッティが犯人として逮捕され、有罪判決を受け、電気イスで処刑されました。
>・ところが、2人を有罪とする物的証拠は不十分でした。2人が外国生まれの無政府主義者であったことを嫌悪した裁判長と陪審が、偏見に基づいて死刑判決を下した、とする非難が世界的に広がりました

お前はこの「一つの記述」(無政府主義者)というのを信じている。


100 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:46:10 ID:???
>>97
少なくともhttp://mltr.e-city.tv/faq08b.html#Anne-Frankを疑う合理的な理由が存在しない以上「現時点では」信用する。
お前の様に否定の為の否定をする人間じゃないんでな。

101 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:46:31 ID:???
>>98
では田代砲携え、行ってくる

102 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:47:09 ID:???
スマン

超田代砲改の間違い

103 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:47:39 ID:???
>>99
ググって一番上に出たのを貼っただけだが。
で、オランダ国立戦時資料研究所と何の関係が?


104 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 20:59:25 ID:???
>>101
>>102
気に入らない言論を潰すとはシオニスト顔負けだな。

105 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 21:13:40 ID:???
>>47

何?
昨今じゃガスの吹き出し口が上にあるとおかしいって事になってるのか?

無風の洞窟じゃあるまいし、人が押し込まれた密室なら上から噴出させたほうが
効率よく空気と攪拌されて短時間に部屋全体に行き渡るだろうに。

> 下から出たほうが充満する

充満させるなら別に青酸みたいな劇毒使う必要無くて、窒素や二酸化炭素で
満たせば全員漏れなく窒息してくれるぞ。

106 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 21:16:27 ID:PhaAN9vg
過去のホロコーストスレで否定派をバッサバッサと切り捨てたこんどらちぇんこはいないのか?


107 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 21:17:27 ID:???
>>101
>>102
うわ、こいつ本当に荒らし始めてやがる。
しかもVIPPERに応援要請までして。

108 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 22:15:27 ID:???
>>101
>>102
あっさり削除されたな。
しかし話にもならんクズだったなこいつは。

109 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 22:28:56 ID:k/pelhOD
愚かな現役の売国政治家ども。見事に民主党と社民党議員ばかり・・・(当時、公明党議員も数名いた)
▼北朝鮮スパイ・辛光洙(シン・グァンス)釈放嘆願に署名した国会議員(2005年7月現在も国会議員を続けている議員)
★土井たか子 社民党  (元社会党)  兵庫7区   (日朝友好議連)
★菅直人    民主党           東京18区
★田 英夫   社民党           比例     (日朝友好議連)
★本岡昭次   民主党  (元社会党) 兵庫県   (2004年引退)
★渕上貞雄  .社民党            比例     (日朝友好議連)
★江田五月  .民主党  (元社民連)  岡山県
★佐藤観樹   民主党  (元社会党) 愛知県10区 (2004年辞職 詐欺容疑で逮捕)
★伊藤忠治  .民主党  (元社会党)  比例東海
★田並胤明  .民主党  (元社会党)  比例北関東
★山下八洲夫 民主党  (元社会党)  岐阜県   (日朝友好議連)
★千葉景子  .民主党  (元社会党)  神奈川県
★山本正和  .無所属  (社民党除名) 比例    (日朝友好議連)
http://nyt.trycomp.com/hokan/0025.html
動画
シンガンスのことを出されて顔色が変わりファビョる菅直人wwwww
http://sakuratan.ddo.jp/uploader/source/date4752.zip

日本に定住する朝鮮人がこの神州に土足で踏み込んで来た時期は大きく分けて二つある。
一つは日韓併合の後の時期、両班に差別された白丁達が、
両班の搾取に耐えられなくなり、近代的で清潔な日本に移り住んで来た。
もう一つは第二次大戦後、済州島に住んでいた白丁達が
韓国政府と韓国軍の弾圧と虐殺から逃れ日本に密入国してきた。
いずれにしても結論として言えることは
@日本に定住する朝鮮人は白丁の子孫である。
A日本に定住する朝鮮人は自ら日本に来たのであって強制連行などは存在しない。
ついでに通称「従軍慰安婦」と呼ばれた朝鮮人売春婦は自らの意思か、
又は朝鮮人の親が朝鮮人の女衒に売り渡したために売春婦となっただけである。



110 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 22:34:52 ID:???
>>1
真実を語るってのなら、当然実体験としてアウシュビッツを経験したんだろうな?
下らねぇ伝聞やら受け売りやらは聞かねぇぞ

111 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 22:41:11 ID:???
>>110
アウシュヴィッツには囚人用の売春宿、病院、プールがあり自由に結婚でき外部に手紙を出す事も出来た。
囚人は毎日2750カロリー相当の食事を食べる事が出来、定期的に病院で検診された。
これも連合軍の爆撃のせいで全て変わってしまった。
アウシュヴィッツの死者は全て連合軍のせい。

112 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 22:47:51 ID:???
>>111
         ナ ゝ   ナ ゝ /    十_"    ー;=‐         |! |!   
          cト    cト /^、_ノ  | 、.__ つ  (.__    ̄ ̄ ̄ ̄   ・ ・   
                                             
            ,. -─- 、._               ,. -─v─- 、._     _
            ,. ‐'´      `‐、        __, ‐'´           ヽ, ‐''´~   `´ ̄`‐、
       /           ヽ、_/)ノ   ≦         ヽ‐'´            `‐、
      /     / ̄~`'''‐- 、.._   ノ   ≦         ≦               ヽ
      i.    /          ̄l 7    1  イ/l/|ヘ ヽヘ ≦   , ,ヘ 、           i
      ,!ヘ. / ‐- 、._   u    |/      l |/ ! ! | ヾ ヾ ヽ_、l イ/l/|/ヽlヘト、      │
.      |〃、!ミ:   -─ゝ、    __ .l         レ二ヽ、 、__∠´_ |/ | ! |  | ヾ ヾヘト、    l
      !_ヒ;    L(.:)_ `ー'"〈:)_,` /       riヽ_(:)_i  '_(:)_/ ! ‐;-、   、__,._-─‐ヽ. ,.-'、
      /`゙i u       ´    ヽ  !        !{   ,!   `   ( } ' (:)〉  ´(.:)`i    |//ニ !
    _/:::::::!             ,,..ゝ! ̄ ̄ ̄ ̄ ゙!   ヽ '      .゙!  7     ̄    | トy'/
_,,. -‐ヘ::::::::::::::ヽ、    r'´~`''‐、  / u      !、  ‐=ニ⊃    /!  `ヽ"    u    ;-‐i´
 !    \::::::::::::::ヽ   `ー─ ' /         u   ヽ  ‐-   / ヽ  ` ̄二)      /ヽト、
 i、     \:::::::::::::::..、  ~" /:::  (●)     (●) ヽ.___,./  //ヽ、 ー         / ゝ
 .! \     `‐、.    `ー;--'´:::::::::::::   \___/   /イ;;:::::    //〃 \   __, ‐'  / / \
  ヽ \     \   /  ヽ:::::::::::::::::::.  \/     /i:::::.   //      ̄ i::::: / /

113 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 22:49:15 ID:???
リビ定義その一
ユダヤ=囚人
リビ定義そのニ
囚人とは、ナチスドイツに保護されている人。特にユダヤ人を指す。


114 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 22:51:41 ID:???
>>112
おい、ソコのチビな上等兵!!髭忘れてるよ

115 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 22:56:33 ID:???
NSDAPはユダヤ人をポーランド人暴徒及びソ連軍から守る為に市民権を剥奪し、財産を没収し、列車にすし詰めにして収容所に送った後そこで強制労働をさせ、ベルリンのドイツ人よりも豊かな生活をさせた。

116 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 23:05:15 ID:???
>>115
おお、合理的な解釈ですね。
レーベンスラムの拡大がNSDAPの公約だったな、自国民より囚人を豊かな暮らしさせてれば秘匿するわけだな。


117 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 23:22:03 ID:???
おいおい、ドイツ人やめて、ユダヤ人になりたがる奴が続出しかねん勢いだな。

118 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 23:26:24 ID:???
だから、ゲーリングが言ったろ「誰がユダヤでだれがユダヤでないか決めるのは俺だ」と

119 :名無し三等兵:2007/01/05(金) 23:54:56 ID:???
>>117
杉原千畝のところへ、世界各地からドイツ入国を求めて、ユダヤ人が殺到したりしてw

120 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 00:12:51 ID:???
>>119
ワロスw

121 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 01:19:25 ID:???
アンネは病死し、その父は収容所の「ベッド」で終戦を迎えたという記述を何故みな無視する


なぜ病気の状態で焼却炉に放り込まれなかったんだろう
なんでだろう
なんでだろう
なんでだろー

122 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 01:58:56 ID:V1DauXc8
初心者スレの806マダー?

123 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 02:13:16 ID:???
>>121
その「病室棟」の実態を何故無視するw
北朝鮮の病院よりも酷い「病室」なんだがw

124 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 02:20:04 ID:V1DauXc8
>>123
はい、一次資料に基づくソースを出して下さいね。
ユダヤ人による証言やドイツ人捕虜を拷問して得られた証言は却下。

125 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 03:14:53 ID:???
あとソ連側の証言も却下だろ、リビ君。

126 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 03:41:32 ID:???
まずは一次資料だが。
これらはあるのか?ないのか?

> ユダヤ人絶滅計画を命じる命令書、予算表、報告書。
> ガス室の構造を物理的に無理なく証明する事。

これらの予算が通ったという議会の審議した記録とか当時のヒトラーやナチス幹部の公的な場での発言記録とかないのか?

127 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 03:43:12 ID:???
>>126
> > ガス室の構造を物理的に無理なく証明する事。

物理的に何か無理が有るの?

128 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 03:44:03 ID:???
>>127
取りあえず加藤氏やmaa氏のサイトを読め。
話はそれからだ。

129 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 03:49:48 ID:???
>>128
URLぐらい貼れボケ。
相手が自分と同じ知識を共有してると思うな。

130 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 04:04:56 ID:hiz1nSjf
俺、パウルス将軍の第8軍に配属された。
そして、この戦争が終わったら結婚するんだ。

131 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 04:14:15 ID:XPSVXTLg
第6軍じゃねーの?

132 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 04:18:29 ID:gCYSCyWz
ここで紹介されているサイトは
  ナチス関係者に対する拷問や
   不審死について記載してるか。
 昔、雑誌に書いて問題になった執筆者の
 サイトの方は知られているか?
  俺は場所は、忘れたけど。

133 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 04:19:26 ID:???
俺、牟田口将軍の第15軍に配属された。
そして、この戦争が終わったら結婚するんだ。

134 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 04:47:43 ID:???
>>129
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/text_menu.htm
http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/sohiasenseinogyakutensaiban2_mokuji.html
そして己の無知を恥じろ。

135 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 04:48:55 ID:???
そんなプロパガンダ系のサイトじゃなくて、一次資料持ってきてほしいなぁ

136 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 04:50:36 ID:V1DauXc8
>>135
何がどうプロパガンダなのか具体的に立証してみせろ。
逃げるなよ?

137 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 04:53:32 ID:???
>>136
歴史修正主義の立場に立ったサイトじゃーん

そんな色のついた奴じゃなくて、一次資料持ってこようね
少なくとも124みたいな主張をするんならさ

138 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 04:56:46 ID:V1DauXc8
>>137
内容に文句があるなら論破してみろって言ってんだろ、ボケ。
大体上のサイトは全て一次資料、二次史料を元に作成されている。


139 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 04:58:05 ID:V1DauXc8
>>137
結局レッテル貼りしか出来ない無能なクズか。
全く肯定派って奴は...

140 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 05:01:07 ID:???
しょせんはそこの管理人の私見じゃん
そんなんじゃなくて、一次資料を持ってこいってこと

141 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 05:02:06 ID:V1DauXc8
>>140
だから全て一次史料、二次史料が元になってるだろうが。
読んだのか貴様?

142 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 05:03:45 ID:???
第三者の私見には興味無いから

で、客観的な資料は出せないの?

143 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 05:05:24 ID:V1DauXc8
>>142
ああ、読んでないんだな。
というか客観的な資料の定義は?

144 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 05:07:49 ID:???
いつもの論点はぐらかしがやってまいりました

結局彼は他人に一次資料の提出を要求し
それも特定の立場のものは認めない(>>124)としているのに
自分ではそれを実行することもできないようです

145 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 05:08:35 ID:V1DauXc8
反論出来ない物は全部「修正主義者だから信用できない」「客観的じゃない」と言って逃げるしかない。
全く肯定派って奴は...
今度はオレが質問させて貰う。
お前がホロコーストがあったと考える根拠はなんだ?
なぜ何の公式文書も物理的証拠も無いのに信じるんだ?
え?
どう考えても非論理的じゃないか?

146 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 05:09:48 ID:V1DauXc8
>>144
結局のところホロコーストがあったと主張してるのはお前なんだから史料を示すのもお前の役目。
オレは単に「ソースを出せ」とお前が出すまで言い続ければいい。
悪魔の証明って知ってるか?

147 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 05:10:22 ID:V1DauXc8
>>それも特定の立場のものは認めない(>>124)としているのに
拷問の末の自白や金をたんまり貰ってるユダヤ人の証言がなぜ信用出来るんだ?


148 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 05:12:01 ID:???
>>137
否定したらリビジョニスト。
肯定したらシオニストの立場になる。
最近、国際的にパレスチナ人やアラブ人はそう主張する。

今やどの立場でも「色のついた」主張になる。
ここで肯定派が一次資料を出せれば有利になるだろう。

149 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 05:14:06 ID:???
>>148
いや、そういうことじゃなくて
彼の稚拙な論理を同じレベルの論理で返すことで哂ってるだけだから

俺はこの件に関しては特に何の主張も無いし
だからこそ通説に従うという立場でしかないから

150 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 05:16:14 ID:V1DauXc8
>>149
オレはなぜ証言が信用できないか合理的な理由を述べてる。
お前は全く述べていない。

151 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 05:17:57 ID:???
そもそも通説は何の証拠に基づいていたのかという事なんだが。

> まずは一次資料だが。
> これらはあるのか?ないのか?

> > ユダヤ人絶滅計画を命じる命令書、予算表、報告書。
> > ガス室の構造を物理的に無理なく証明する事。

> これらの予算が通ったという議会の審議した記録とか当時のヒトラーやナチス幹部の公的な場での発言記録とかないのか?

152 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 05:24:56 ID:???
>>150
歴史修正主義者が自説の主張のために採用した資料にすぎないから
それを以って全てを語ることはできない

以上

153 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 05:26:16 ID:???
一次資料の有無によっては下手すると将来「ニュールンベルグ裁判史観」とでも呼ばれることになるかも知れない。

しかし仮にホロコーストが無かったことになると当時の連合国ばかりかドイツも世界に恥を曝すことになるかもな。

ナチスの責任にして国家賠償しなかったばかりかナチズムを賞賛すれば刑罰に課せられる現状はあまりにも愚かしい。ヒトラーは一転、ドイツ救国の英雄扱いになるかもな。

mixiでパレスチナ問題関連コミュでアラブ人がヒトラーの功績について熱く語ってたよ。

154 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 05:34:15 ID:???
ナチあるいは第三帝国の復活は、連合軍にとって恐怖以外の何物でもなかったろうし
それを防ぐために、過剰なまでにナチを悪者にしたということはあるだろうさ

しかし、それが現在の社会体制の基本になってしまってる以上
そのイメージを打ち破ることは社会体制そのものを揺るがす事態になりかねないわけで
である以上、あと何十年かたって社会の枠組みが変わらん限りは
実際に何があったかも公になることはなかろうて

155 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 05:42:11 ID:???
ホロコーストって仮にあったとして米国やソ連、イギリスといったかつての連合国はいつその事実を知ったんだろうな。

もともと米国はユダヤ人なんて関係なく参戦には否定的だったそうだが。ユダヤ系のマスコミが報道した内容ってどんなものだったんだろう。

経済封鎖された日本が開戦して米国を攻撃させることで英国の米国に参戦させるという思惑は達した。日本が参戦せず米国と講和した場合、ユダヤ人はどうなっていたんだろう。

156 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 05:45:58 ID:???
×攻撃させる
○攻撃する

157 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 05:52:11 ID:???
>>152
それはどの立場の証拠でも「自説の主張のために採用した資料」になる。
問題は資料の中身だろう。意見や立場ではなくあくまで資料が客観的かどうかだ。

>それを以って全てを語ることはできない

一方のみの意見ではもちろん「全てを語ること」はできない。だからこそ一次資料を呈示することで有効な反駁をしなければ否定派が優位にたつことになる。

158 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 06:06:26 ID:???
>>ドイツ救国の英雄扱いになるかもな
ホロコーストが無かったとしても勝ち目の無い戦争を始め結果として自国に数百万人の戦死者を出し国土を荒廃させ国土を分断させた時点でどうやっても英雄にはなれません。


159 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 06:08:55 ID:???
>>157
「主張に情報が従属しているプロパガンダ本ではやな,事実は二の次にされるんが常やがな.極左や極右のアジビラ見てみい」
ということも分かってへん,メディアリテラシー貧困な奴が,ナニ歴史論客気取ってけつかんねん.

160 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 06:15:59 ID:V1DauXc8
>>155
世界史板のホロコーストスレのトップに書いてある。

161 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 06:19:42 ID:???
>>158
一次史料に基づくソースを出してくれ。

162 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 08:57:25 ID:???
>>159
それは分かっている。だから資料に検証を加えて情報にしなければならない。まずはその資料を出さなければな。

163 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 09:06:59 ID:???
>>155
ホロコーストが仮にあったて日本が参戦せず米国と講和した場合、ユダヤ人は徹底した民族洗浄を受け米国、英国、満州や日本など欧州や中東以外にいるユダヤ人のみになりイスラエルは建国されなかったかも知れないね。

結果として期せずして日本の真珠湾攻撃がユダヤ人を救ったことになるかな。


164 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 09:17:03 ID:???
>>158
英雄にはなれないかも知れないが「人道に対する罪」は外され、かなりイメージは変わる。アラブ人じゃないが開戦前の経済政策など功績を讃える者もドイツ人に現れる。今でもネオナチがいるくらいだからな。


165 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 09:18:54 ID:???
>>開戦前の経済政策など功績を讃える者もドイツ人に現れる。
今でも普通にいると思うが。
と言うか開戦前のヒトラーの政治手腕を完全に否定する奴なんて今でも殆どいないだろ。

166 :129:2007/01/06(土) 09:38:40 ID:???
>>134
おい、一応目を通したがどっちのサイトもだらだらまとまりが無くて読めたもん
じゃなかったぞw
もしかして「青酸ガスは空気より軽いから上方置換じゃ換気できない」なんて
しょうもない理屈だけがよりどころなのか?

いや、そうじゃないだろうな。
俺の読み込みが足らないせいだと思うからメニューや目次じゃなくて、物理的
に無理が有る事を具体的に論証しているページのURLと論旨の要約をくれよ。

167 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 09:44:59 ID:???
肯定派の一次資料がいつまでも出てこないから否定派に難癖つけられてるだけだと思われ。

168 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 09:48:45 ID:???
>>165
いることはいるがヒトラーを肯定的に見ること自体かなり勇気がいると思う。ホロコーストはあまりにも重すぎる。

日本ではこういう議論ができるけれどドイツでの議論って相当厳しいだろうなあ。

169 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 10:34:36 ID:???

はい、はい、今回も軍事的に語っていない。

早くぅ、軍事的に語ってくださいな>>1と愉快な仲間達!!1

170 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 10:40:47 ID:???
リビ定義のそ三
ソースよこせ。クレクレ廚

171 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 11:01:20 ID:???
また今年もホロコーストネタやってるのか。 何年目だよ。

夏休み、冬休みになると 必ず「ホロコーストは無かった!」ってスレ立てて 専用隔離スレを持ち出して
「世界史板では自分達の意見が認められている」と言い出すんだよな。
 
結局 今回も「ホロコーストは無かった! 指示した書類は無いし 証言は嘘だ。」
      「ホロコーストが捏造なら 捏造行為を示唆した証拠があるはず。その証拠を出してくれ。」
      「そんなものは公開されていない。 それより先にホロコーストがあった証拠を見せろ。」
      「なんで証拠が公開されていないと言い切れるの? 探したの?」
      「法によってリビジョナリストの活動が制限されているので、そんな事はできない。
       それは このサイトを見てばわかること。 さあ論破してみろ。」
      「なんで そのサイトに書いてある事をだけを完全に信じ込むの? 」
                    ・
                    ・
                    ・
で 飽きる迄続くのか。
今回は 他の掲示板荒らしをVIPPERに依頼した リビジョナリストが出現したのが目新しいな。
                 

172 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 11:22:12 ID:???
ヨーロッパで何が起きたのかの傍証。
上海のユダヤ人難民を殺せとわざわざナチの将校が要求した。
日本が渋ったら船に乗せて撃沈しろと要求した。
いくら同盟国でもここまで要求するのかよ。

173 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 11:42:44 ID:???
世板の隔離スレまとめサイトも某コンドラチェンコのレス読んでいないもよりw
ネット万能IT病、中2病の類。


174 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 16:39:41 ID:uuAgEuOA
>>169-173
で、結局ホロコーストがあった証拠は出せない訳か。
殺人ガス室があったと言う証拠をたった一つ、たった一つでいいんだ。
出して見せろ。
>>「ホロコーストが捏造なら 捏造行為を示唆した証拠があるはず。その証拠を出してくれ。」
そんな物出す必要は無い。
ケネディ暗殺犯が明らかじゃないからと言ってケネディ暗殺が無かった事にはならない。


175 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 16:47:10 ID:???
>>174
もしもし、なにか、自爆のかほりが・・・・・・・・

176 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 16:49:01 ID:???
>>174
早く軍事的に語ってくださいな

177 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 17:07:48 ID:???
とりあえず、君の言う肯定派が仮にホロコーストを立証できなかったとしても、
それだけではホロコーストがなかったという証明にならないことは分かってるよな、いくら何でも。

178 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 17:15:33 ID:uuAgEuOA
>>177
証拠が無い=無かった。
当たり前だろそんな事。
まさかお前は「殺人の証拠が無いからといって殺人が無かったと言う証明にはならない」とか思ってるのか?

179 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 17:23:13 ID:???
>>178
早く軍事的に語れよ。
軍事的観点から語ると言い出したのは君らだから。



180 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 17:24:41 ID:???
>「殺人の証拠が無いからといって殺人が無かったと言う証明にはならない」
いや、厳密に言うとその通りなんですが...

この子どうしようママン

181 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 17:24:46 ID:???
そういえば去年の秋ごろナチスの文書5000万件公開とかいってたけど
この件には影響無しか?

182 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 17:27:53 ID:???
>まさかお前は「殺人の証拠が無いからといって殺人が無かったと言う証明にはならない」とか思ってるのか?

弾薬庫に引火 壮絶な自爆中

183 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 17:28:28 ID:???
知らんが、去年の秋ならまだ学者先生たちがほじくり返してる真っ最中だろ。
なんかでてくるには何年かかかるんじゃない?

184 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 17:28:38 ID:???
俺はホロコーストがあったかなかったかなんて議論する様な知識は全く持ち合わせていないが(専門的な本を読んだ事が一冊も無い)、そのmaaとか言う人のサイトは信用出来ないと思う。
まず中身はユダヤ人に対する中傷で一杯だ。
詐欺師、守銭奴(ソースはベニスの商人)、2000年前から嘘吐き(ソースは聖書)で迫害されるのは当然だとか書いてありホロコースト否定は反ユダヤ主張の一環だある様にしか見えない。
こう言う主張に情報がくっついてる様な物はタップリ眉に唾をつけて見なければならない。
一見正しく見えても主張の為に情報を改竄するなんて幾らでも例があるからだ。
更にどう見ても怪しい情報がある。
例えば総統命令第五千万云々だ。どう見てもギャグにしか見えんがマジメにそう言ってる。
あとはその裁判形式。
一見公正に見えるが結局は全部著者の頭の中の事であり正史派(っていうのか?)の反論も全部著者の想定内の事にすぎない訳だから著者に都合の良い様に進んでる似非裁判にすぎない。
極めつけはトップの「冗談と本気の違いが解らない人は見ないで下さい」だ。
これはちょっと信用出来ない。
加藤とか言う人のウェブサイトの方はずっと信頼性が高い様だけど、それでも正史派へのアジ攻撃みたいな印象があり鵜呑みにするのは危険だと思う。




185 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 17:30:45 ID:uuAgEuOA
>>180
>>182
じゃあお前は殺人事件の容疑で裁判にかけられて「殺人の証拠は無いけど殺してない証拠も無いのでお前有罪」ってなってもいいだな?


186 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 17:31:42 ID:???
自爆がわかってないバカ発見

187 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 17:33:28 ID:???
>>185
その例だと「殺人の証拠はないけど殺してない証拠もないのでよくわかりません」
だな。

有罪になるか無罪になるかは全く別の問題。普通は推定無罪だが。
ちなみに推定有罪で収容所送りになるのがソ連刑法ww

188 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 17:34:30 ID:???
>>181
一級史料ね、でもリビ的には本人及び関係者の証言に相当するから証拠にならんのだろ。
さわいでいる彼には、webで閲覧できる資料の方が大切らしいが・・・

189 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 17:39:48 ID:uuAgEuOA
>>184
印象操作乙。
それを本人に言ってみろ。
>>187
現在のホロコースト県境では正にソ連刑法な訳だが?
証拠が全く無いのに有罪になっている。

190 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 17:43:10 ID:uuAgEuOA
>>181
何も出てこないに決まってるだろ。
ホロコーストは物理的に有り得ないんだから。

191 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 17:46:33 ID:???
>>190
はいはい、早く軍事的観点から語ってくださいな

192 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 17:47:01 ID:uuAgEuOA
>>191
知るか。
俺は肯定派の妄言をぶっ潰すだけだ。

193 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 17:48:34 ID:???
んーとね、
>有罪になるか無罪になるかは全く別の問題。
ってところの意味をもうちっと考えて欲しいなぁ。

>189はつまり、「現在の歴史研究者(正史派)は全員科学的論証ができない似非学者です」
って言ってるに等しいってに気付いてる?

それじゃ陰謀論だってば。

194 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 17:49:03 ID:???
>>192
>1 名前:名無し三等兵 2007/01/03(水) 03:13:38 ID:TsWTHRIH
>
>軍事的観点からアウシュヴィッツの真実を語るスレです。

つまり、リビジョニスト>>192は嘘つきでいいですな

195 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 17:58:04 ID:HkOfFBqB
>>192
知るか。
俺は否定派の妄言をぶっ潰すだけだ。

196 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 18:00:28 ID:uuAgEuOA
>>193
>>「現在の歴史研究者(正史派)は全員科学的論証ができない似非学者です」
ああ、その通りだが?
と言うかホロコーストを否定すれば投獄されるか社会的に抹殺される様な状態でわざわざ否定する様な歴史研究者なんて殆どいない。
ちょっとは頭を使え。
>>194
ハ?


197 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 18:08:55 ID:???
>>196
早くぅ軍事的に語ってくださいよ

198 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 18:10:25 ID:???
超田代砲改って
すんげーしょぼい蛇花火のことだったの?w

199 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 18:12:06 ID:???
>>196
>>>「現在の歴史研究者(正史派)は全員科学的論証ができない似非学者です」
>ああ、その通りだが?

あー、だめだこりゃ。リビジョニズムって結局この辺で致命的に信用できないのよね...

200 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 18:38:54 ID:uuAgEuOA
>>199
お前はホロコーストを否定すれば投獄されるか社会的に抹殺されるのがおかしいとは思わんのか?
というか上のような状況であらゆる社会的地位を失ってまで否定する奴なんてそうそういない。

201 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 18:39:46 ID:???
>お前はホロコーストを否定すれば投獄されるか社会的に抹殺されるのがおかしいとは思わんのか?
例えば?

202 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 18:42:23 ID:uuAgEuOA
>>201
有名どころだけでも
アーヴィング→ホロコーストを否定したせいでそれまで気付きあげた歴史学者としての地位を全て失いオーストリアで逮捕。
ルドルフ→ロイヒターリポートを確認する論文を発表したら逮捕。
この程度常識だろうが。


203 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 18:45:37 ID:???
アンネが死んだのはアウシュビッツじゃない
病死であるにもかかわらず、だ
父親は病気しながらも生き残った


コレだけで十分だろ、ガス室送りなんて幻想だよ
可哀想にユダヤ人たちは病死と餓死が認められず、より安楽なる死にすがったのだ
哀れであろう

204 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 18:47:03 ID:uuAgEuOA
>>203
病死と餓死は連合軍の爆撃のせいだ。
NSDAPは可能な限りユダヤ人を救おうとした。
ヒムラー直々に収容所の死亡率を下げなければならないと命令したんだからな。
むしろ収容所の中の方がチフス発生率は低かったかもしれない。

205 :184:2007/01/06(土) 18:48:38 ID:???
>>189
>印象操作乙。
どこら辺が?
>それを本人に言ってみろ。
なんで?

206 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 18:49:58 ID:???
>>204
虐殺否定派を貶めたいキモレスをするなよ
俺は虐殺否定派だがお前は肯定派だな

207 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:05:24 ID:???
デヴィットアーヴィング氏って普通に歴史研究家・作家だろ。

それより、ロイヒター氏って原稿料貰ってないらしいね。

208 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:12:18 ID:???
>>206
>>174辺りからほぼ一人でずっと頑張ってる奴に対して
その言い方はあんまりだ

209 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:14:12 ID:???
>>203
フランク一家の収容された収容所は
絶滅用のじゃないよーん。
まさか収容所はどれも同じだと思ってる人?
勉強不足だなあ。

あ、だからリビジョやってられるのか。w

210 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:14:41 ID:???
ドイツ刑法130条か。条文からすれば裁判で「なかった」と立証できれば無罪になるとおもうんだけどな。
判例とか見んと分からんだろうが。

(3) Whoever publicly or in a meeting approves of, denies or renders harmless
an act committed under the rule of National Socialism of the type indicated in
Section 220a subsection (1), in a manner capable of disturbing the public
piece shall be punished with imprisonment for not more than five years or a fine.

しかし、ドイツ刑法って煽動罪があるのか。すごいなw

211 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:20:00 ID:???
>>209
その通りだけど何か?
お前は何を言っているんだ

212 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:22:26 ID:???
>>209
そこの池沼リビジョニスト右翼!
アンネは最初にアウシュビッツ、次にベルゲン収容所に行ったのは常識だろーが!!
アウシュビッツは絶滅収容所ですか?何でそこで役に立たない小娘は殺されなかったんですか?
歴史の時間寝てたクチならべんきょうしなおせ

213 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:23:24 ID:uuAgEuOA
>>206
ハァ?
maaさんのBBSでも世界史板でも定説になってる事だが?
肯定派だろうが。

214 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:24:01 ID:uuAgEuOA
×肯定派だろうが
○お前が肯定派だろうが。

215 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:25:03 ID:???
>>213
勝手に曲解して歪曲してんなよ、maaさんに失礼だろーがこの池沼。
息をするように嘘ついて捻じ曲げてグチャグチャにする、汚らしい血の××人だよ貴様は。
死んでアラブ人と日本人にお詫びしろこのグズ!

216 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:25:07 ID:uuAgEuOA
>>205
議論ではなく論者を人格攻撃してるだろうが。
>なんで?
自信があるなら本人言ってみろ。
そして論破されてこい。

217 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:26:45 ID:uuAgEuOA
>>215
クズはテメエだろうが。
ならなんで絶滅収容所である筈のアウシュヴィッツの囚人用の病院、売春宿、劇場、プールがあり結婚も出産も許されてたのか言ってみろ。
なんでヒムラーが死亡率を下げさせる様に命令したのか言ってみろ。

218 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:27:32 ID:???
>>217
緩慢なる死を強制して差し上げているのが見えねーか。
そうやって肯定派を貶めて何が楽しいこの池沼。
ぐちゃぐちゃのくちゃくちゃだよお前の脳みそ。まともに議論している人間に謝って死ね。
お前に生きる価値も義務も意味も無い、最下等のユダヤ人よりなお下等だ。死ね。

219 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:29:05 ID:uuAgEuOA
煽りしか出来ないバカか。
相手にする価値が無いな。
これだから肯定派って奴は...

220 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:30:10 ID:???
>煽りしか出来ないバカか。
ブーメラン♪ブーメラン♪ブーメラン♪ブーメラン♪

221 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:31:34 ID:???
>>219
最低限の福利厚生を勝手に最大曲解しやがってこのきたねー××半島の××人が!
てめーの血管の中には下痢が流れてるのか?
何でアウシュでアンネが殺されなかったのか言ってみろ。あそこは確かに絶滅所じゃねえ。
だがな、お前の言うように幸せのために作られたハッピーな場所じゃねーんだよ。
理解できたか?蛆虫よりすくねー脳みそで理解できたなら今すぐウィンドウ閉じて寝てろ。

222 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:34:54 ID:???
首を吊れと言わない221のやさしさに感動。

223 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:36:25 ID:???
ハートマン軍曹殿乙です。

224 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:40:39 ID:???
>ならなんで絶滅収容所である筈のアウシュヴィッツの囚人用の病院、売春宿、劇場、プールがあり結婚も出産も許されてたのか言ってみろ。
>なんでヒムラーが死亡率を下げさせる様に命令したのか言ってみろ。

今時、ナチズムが一枚岩だったと真剣に信じている香具師発見。


225 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:41:07 ID:???
>>210
ドイツは「戦う民主主義」っていう制度をとっているからだったとおもう。
まあホロコースト否定は罪みたいだけど、極左例えば赤軍派みたいな言論も同様に罪になるらしいよ。

226 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:43:33 ID:???
アンネフランクがチフスで死んだことはアンネの日記の著者紹介の部分に書いてあることだ
これは秘密でも何でもない。否定派が隠された真実みたいに言うけれど嘘なので信じないようにね

227 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:47:15 ID:???
>>225
極左とリビジョニストと極右の告発、執行件数を見ればヴァカが言っていることのボロがすぐ出る。


228 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:49:08 ID:???
>>227
その告発執行件数というのはどこで見られるんだ?


229 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 19:56:14 ID:???
>>1
>そして国際赤十字委員会は、連合軍が無差別爆撃で援助物資を届ける
>ことを妨害していることに不満を訴えていた
なんかウィキペディアで不満を訴えていたレポートがあると主張していたのは
ネオナチ関係者で、赤十字は「そんなレポートは存在しない」と明確に否定した
とかいう記述を見たような。
そういえばMaaでもこの不満とやらに関しては、断言するだけで証拠は出してないみたいだね。

230 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 20:08:45 ID:???
>>1
>重労働者は最低でも一日に2750カロリーを摂取していたと記されている。
これは連合国軍向けの捕虜収容所の話でユダヤ人の絶滅収容所とは関係のない話だったそうだ
確かに映画「大脱走」でも捕虜が勝手に芋で焼酎作ったり音楽やりながらパレードしたり
してたから、連合国軍ならだいぶ待遇はよかったのかもな

231 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 20:11:39 ID:???
>>212
アウシュヴィッツには2ヶ月足らずいただけだよーん。
移送準備のためにね。

そんで

> ベルゲン=ベルゼンの収容所20は,そもそもは第3帝国の中でも
>「マシな」ほうの強制収容所に数えられていた.

232 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 20:27:45 ID:???
>>226
maaさんのBBSで論破ずみ。
簡単に言うと書かれてようが書かれてなかろうが問題は圧倒的多数の読者が知らないって事だ。

233 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 20:28:23 ID:uF1+x7JR
>>229-231
まとめて一次史料に基づくソースを出せ。

234 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 20:31:30 ID:uF1+x7JR
修正主義者の主張

・収容所でのユダヤ人の大量死に関しては、連合軍の無差別爆撃によって収容所の補給が途絶えた&発疹チフスの流行が主な原因。

・米国が日系人を強制収容所にいれたような政策と同じだが、ドイツではチフス流行・インフラ破壊・戦争での困窮が重なって悲劇が起きた。
(この病の蔓延は、欧州、特にインフラ破壊で薬品が行渡らないドイツでは深刻で、第二次世界大戦が終わった直後でさえ、発疹チフスによって全滅の危機に瀕した町もあった)

・実際、絶滅収容所だと言われていたダッハウではガス室による計画的殺戮は行われていなかった事が認められている
(ドイツ国内には絶滅収容所が無いことが判明)

・ドイツが計画していたのはユダヤ人の東方への強制輸送であって絶滅ではない。

・毒ガスの証拠とされるチクロンBは、当時、発疹チフスを媒介するノミを殺すための殺虫剤として使用されていた。


235 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 20:31:59 ID:???
>>232
>圧倒的多数の読者が知らないって事だ。
それは知らないほうが悪いと思うぞ
小学生向けのアンネの伝記でも全部病死したって書いてあるのに、今まで知りませんでした
じゃこんなことを議論する資格すらないと言われても仕方がない。
というか、否定論に食いついてる連中はそんなことすら知らない連中ばかりなのか?

236 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 20:34:03 ID:???
>>233
「アンネの日記 研究版」読めば?w

237 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 20:34:51 ID:???
>>233
少なくとも>>299に関しては証拠を出すのは修正主義者側だろう

238 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 20:38:58 ID:uF1+x7JR
>>235

288 名前:jumo213 投稿日: 2006/11/14(火) 22:13:51 [ lsJG9Lpg ]
>>287
参考までに書かせていただきますが、
私は「隠された事実である」というニュアンスには受け取りませんでした。

「指摘されなければ、それが意味する所の重大性に気がつかない事実」

として紹介しているのだと私は解釈しました。
ホロコーストの象徴とされてきたアンネ・フランクの生涯には
むしろ正史と矛盾する重大事実があるということです。

同じようなものに、昔からナチスの残虐性を示す証拠として紹介されてきた、
「刈り取った囚人の髪の山の写真」があります。
あれは、よくよく考えれば、

「ナチスが囚人達に対してチフスの予防を行っていたことの証拠」

であって、むしろホロコースト(ガス室無差別虐殺)を否定する状況証拠です。

いずれにしても、「アンネの死因が隠されていたと書いているかどうか」は、
本質的な問題ではないと思います。
本質は「アンネの死因が病死であること」それ自体です。

239 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 20:40:00 ID:uF1+x7JR

291 名前:Den 投稿日: 2006/11/18(土) 01:07:21 [ YqPj5Otc ]
自分の経験になりますが、私がアンネの日記を読んだのは高校生の頃でした。
ユダヤのこととかアンネのことなどはそれ以前から知っていましたが、当然の
ようにアンネは収容所で殺されたんだと思い込んでいました。あとで改めて
振り返ると、例えば小学生の頃に読んだはずの漫画世界の歴史などでもちゃんと
アンネは病死とありますが、それはスルーされていたようで、原作を読むまでは
ずっと殺されたと思い込んでいました。それだけ事前に仕入れていたイメージが
強かったのでしょう。人の記憶というのは、そういうものです。

結末を曖昧に語るもしくはぼやかすことによって、読者に誤った結論へと導かせる
というのは昔からよく使われていた作法ですしね。

292 名前:jumo213 投稿日: 2006/11/18(土) 10:28:22 [ lsJG9Lpg ]
私は

「病死したという事実に気がつかなかった」

と書いていないはずですが?

「病死したという事実が労働不適格者は片っ端からガス室送りになったという正史とは矛盾すること」

に気がつかないという意味です。

事実、私も気がつきませんでした。
ガス室の存在に全く疑問を持ちませんでしたし、
正史の内容も漠然としか知りませんでしたから。

240 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 20:41:00 ID:uF1+x7JR
さらにもう一つ収容所が快適である事のソース。
以上は全てmaaさんのBBSからの転載だ。
309 名前:jumo213 投稿日: 2006/11/19(日) 20:20:20 [ lsJG9Lpg ]
当時の収容所の状態を考察するには、この辺りが多少は参考になるかもしれません。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/348.htm

私の知る限り、
@チフス対策が追いつかないために一時は悲惨なほどに病死者が増えたこと
Aそれに対し、収容所は大規模な予防措置、治療措置をとったこと。
Bそれが効して、やがて病死者は激減したこと。
ここまでは、事実として認めてよいようです。

繰り返しになりますが、残る問題は「@」のチフスの蔓延が、
「ナチスのずさんな管理によって、収容所の内部だからこそ流行してしまったのか」
それとも
「チフスは収容所の外でも同じように蔓延していたが軍需工場の労働力である囚人に限って
予防する必要性があった」
ということだったのか、です。

そこの所が今ひとつ見えてきません。

241 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 20:45:21 ID:???
 わー、ちょー快適っすねえw

 1944年にヴェステルボルクからベルゲン=ベルゼンへ送られたオランダの法律家アーベル・ヘルツベルフは,この収容所のことを以下のように描写している――
「収容所内には不毛の荒れ地が広がり,冬にはそれが泥海か氷原に,夏には砂礫と土埃と石くれの原となった.
 地中には地虫もミミズも住まず,空中には蝶やトンボの姿も無かった.
 雀が草の種を啄ばみにくることもなく,電柱に止まる鳥もなければ,樹上でさえずる小鳥の姿もなかった22」
 だがそれでもベルゲン=ベルゼンは,飢えが急速に収容者を蝕みつつあったとはいえ,どちらかといえばましな収容所だった.

242 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 20:50:08 ID:uF1+x7JR
>>241
はいはいユダヤ人証言ユダヤ人証言。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/348.htm
への反論は出来ないのか?
ちなみに上では正史派の目的が神話を信じる事で研究をする事じゃない事が完全に立証されている。
真の研究者は否定派で正史派は全員ヒルバーグの様な似非歴史家。

243 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 20:58:12 ID:???
>はいはいユダヤ人証言ユダヤ人証言。

それのどこがいかんの?

244 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 21:07:47 ID:uF1+x7JR
>>243
ユダヤ人の証言と言う時点で眉に唾をタップリつけなければならない。
まずユダヤ人の自称被害者は大量に保証金を貰ってるから金ほしさに嘘をつく可能性は高い。
嘘でないとしても人間の記憶は信用ならない。簡単に操作出来るし年月ともに変わる事もある。
証言が裁判で最も危険な証拠といわれるのはこの為。
またあらゆる公式文書が収容所が人道的だったと証明してる以上この証言は自動的に間違いになる。

245 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 21:25:31 ID:???
>>244
>まずユダヤ人の自称被害者は大量に保証金を貰ってるから

ソース。

>金ほしさに嘘をつく可能性は高い。

ソース。単なる決め付けじゃね?

>簡単に操作出来るし年月ともに変わる事もある。

「そうでないこともある」
というわけで上の法律家の証言が
記憶違い・記憶操作だという根拠は?

>証言が裁判で最も危険な証拠といわれるのはこの為。

でもお前みたいに問答無用の却下なんかやらないよね?

>またあらゆる公式文書が収容所が人道的だったと証明してる以上

ソース。

246 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 21:35:25 ID:uF1+x7JR
>>245
>ソース。
え〜と、ドイツがイスラエルに毎年一体幾ら払ってるのかもしらんのか?
全般的に知識不足としか言いようが無いな。
>>ソース。単なる決め付けじゃね?
別に決め付けとらんさ。単に可能性が高いと言ってるだけだ。
>>「そうでないこともある」
>>というわけで上の法律家の証言が
>>記憶違い・記憶操作だという根拠は?
俺が言いたいのは要するに証言は証拠にならんと言う事だ。
絶対に記憶違い・記憶操作なんて証拠はないがその可能性が高い以上証拠にはならんってこった。
>>でもお前みたいに問答無用の却下なんかやらないよね?
証言だけで有罪になるなんて通常有り得ない。
>>ソース。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/348.htm

247 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 21:41:30 ID:???
>全般的に知識不足としか言いようが無いな。

煽りはいらないからソース。
上の法律家がいくら貰ってるのかの。

>別に決め付けとらんさ。単に可能性が高いと言ってるだけだ。

「可能性が高い」というソース。
具体的にどれだけの金額を貰った人が
どのような虚偽を証言したかのデータをどうぞ。

>俺が言いたいのは要するに証言は証拠にならんと言う事だ。

うん、その可能性はあるよ。
でもそうでない可能性もある。
よって上の法律家の証言が記憶違いであるという証拠を出して。

>証言だけで有罪になるなんて通常有り得ない。

別に上の法律家の証言で誰かを有罪にしようとはしてないけど?

あと、証言が問答無用で却下されることはないよね?
にも関わらずお前が問答無用で却下しているのは妥当な行動なの?

>>ソース。
>http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/348.htm

それ、お前がしょっちゅう言ってる一次資料じゃないし。

248 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 21:47:00 ID:uF1+x7JR
>>別に上の法律家の証言で誰かを有罪にしようとはしてないけど?
ベルゲン=ベルゼン収容所が酷い場所だった事の証拠にしようとしてるんだろ?
>>その他
だからこいつが絶対に嘘をついてる証拠はないがその可能性が無視出来ない程高い為証拠にはならんって何回言えば理解出来るんだ?
>>それ、お前がしょっちゅう言ってる一次資料じゃないし。
ページの最後の使用した史料が乗ってるが?

249 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 21:51:44 ID:???
>ベルゲン=ベルゼン収容所が酷い場所だった事の証拠にしようとしてるんだろ?

それで誰かが有罪になるの?

>だからこいつが絶対に嘘をついてる証拠はないがその可能性が無視出来ない程高い為証拠にはならんって何回言えば理解出来るんだ?

つまり「可能性がある」というだけで
気に入らない証言を却下しようってわけ?

>ページの最後の使用した史料が乗ってるが?

使用した資料そのものじゃないよね?
あとそのページ、
典拠にドイツ語,ロシア語のものが含まれてんだけど、
そのページ作成者はそれらを読めるの?


250 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 21:52:42 ID:???
あ、あと、

>その可能性が無視出来ない程高い

というのは証明できてないよね?

251 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 21:55:40 ID:???
>>それで誰かが有罪になるの?
NSDAPがアンネ・フランクを間接的に殺害した事。
実際はドイツ中が連合軍の爆撃によってチフスが蔓延していた。
>>つまり「可能性がある」というだけで
「可能性がある」じゃなくて「可能性が高い」
>>そのページ作成者はそれらを読めるの?
読めるんじゃないか?
そもそも加藤氏は翻訳しただけだし。

252 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 21:56:55 ID:uF1+x7JR
>>250
自称被害者は大量の補償金を貰っている。
人間の記憶は信用できない。
公式文書等でNSDAPが可能な限り収容所を快適にしようとした事は明らか。

253 :129:2007/01/06(土) 21:58:24 ID:???
ガス室否定の物理的な論証マダー?

254 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 22:05:27 ID:uF1+x7JR
>>253
少しは自分で探せ。

255 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 22:10:26 ID:???
否定派の言うことをまとめると、つまり上の法律家が金をもらっている証拠は、一切存在しないのに
もらっている可能性は限りなく高いんだけど、どうして高いのかという根拠も実は存在しないって事だな

256 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 22:15:06 ID:???
>>251
別に新たに有罪になる人がでるわけじゃないよね?

あと、証言が問答無用で却下されることはないよね?
にも関わらずお前が問答無用で却下しているのは妥当な行動なの?

>>252
それは単なる思い込み。
「思い込みではない」と言いたいのなら
だからそれを具体的な論拠にもとづいて証明してチョーダイ。

ゆえに、

>その可能性が無視出来ない程高い

が証明できたことにはならないよー。

>読めるんじゃないか?

それってお前の憶測でしょ?

そんなサイトじゃなく、一次資料から直接、

>あらゆる公式文書が収容所が人道的だったと証明してる

という箇所を引用してもらわなきゃな。

「一次資料一次資料」と連呼していた君自身が、
それをやらなきゃダブスタだよね。

257 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 22:26:19 ID:uF1+x7JR
>>255
>>256
あのさ、maaさんと加藤氏のサイトを全部読み終わるまでもう書き込まないでくれる?
はっきり言ってレベルが低すぎて話にならないんだよ、君達。

258 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 22:26:49 ID:???
そもそもユダヤ人の欧州での扱いは微妙だな。
キリスト教の宗派対立だけでも血で血を洗う抗争を繰り広げていたのにユダヤ教なんて全くの異教に近い。

相当な軋轢があっただろうことは想像に難くない。歴史的対立を素地にもつドイツの被害者になったフランスやイギリスなどの国はドイツの蛮行を非難したいからユダヤ人虐殺のホロコーストもあげつらうのだろう。

実際、ドイツ以外の欧州でのユダヤ人はどう思われていたのか気になる。

259 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 22:30:20 ID:???
>あのさ、maaさんと加藤氏のサイトを全部読み終わるまでもう書き込まないでくれる?
>はっきり言ってレベルが低すぎて話にならないんだよ、君達。

どういう点で、どういう根拠で、「レベルが低い」と決め付けてるの?

逃げ口上ならもうちょっとうまい口実考えなよ。

260 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 22:35:21 ID:???
ユダヤ人は中世以前から事あるごとにスケープゴートにされたし金貸しが多かったから必然的に大衆から恨まれる。
黒死病の時もイタリアでユダヤ人が壁に毒を塗ってると言うデマが出て大勢が暴徒に殺された。
第一次十字軍の時も進軍中の十字軍に身包み剥がれたり殺されたユダヤ人も大勢いた。
他にもスペインでは迫害で殆どのユダヤ人がスペインから逃げた。
反ユダヤ主義なんてヨーロッパじゃナチス以前でも大して珍しくもない事。

261 :129:2007/01/06(土) 22:35:53 ID:???
>>254
だから2つのサイトは読んだって言ってるだろ。
あれで終わりか?って聞いてんだよハゲ。

262 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 22:36:59 ID:uF1+x7JR
>>259
細かい所を突っつくばかりで「殺人ガス室」や「ユダヤ人絶滅計画」など肝心な事は何一つ立証できてないから。
基本的な知識を知らないから。

263 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 22:37:26 ID:???
「私はどこへ行っても嫌われる。ヨーロッパにおけるボヘミア人。ドイツにおける
オーストリア人。そして世界におけるユダヤ人だから

264 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 22:37:45 ID:uF1+x7JR
>>261
嘘吐きが。
あれを全部読んで説明されてないなんて感想は出てこないんだよ。

265 :129:2007/01/06(土) 22:38:40 ID:???
>>264
ちょっと待て。
あれのどこが"物理的"なんだよw

266 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 22:39:50 ID:uF1+x7JR
>>265
レッテル貼りと印象操作ですか。

267 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 22:43:14 ID:???
>>238>>257
あのさー、匿名性のある事象に関して認めないのは修正主義者なのだが。
そのレスがジサクジエンで無いという実証も出さなければならないよ。


268 :129:2007/01/06(土) 22:43:52 ID:???
>>266
印象操作もくそも、青酸ガスが空気より軽いなんて何の証拠にもならんだろ。
水素やヘリウムと同列に扱ってんじゃねーよw

269 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 22:45:24 ID:???
>>262
収容所が劣悪だったかどうかを巡る証言が
「細かいこと」なの?

ユダヤ人証言をどう判断するかを巡る議論が「細かいこと」なの?

全部お前が1で言い出していることだけど?

そういうのをダブスタって言わない?

270 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 22:49:39 ID:uF1+x7JR
俺はもうすぐ寝るから今日はもう書き込まん。
続きは明日書く。

271 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 22:51:46 ID:???
>細かい所を突っつくばかりで「殺人ガス室」や「ユダヤ人絶滅計画」など肝心な事は何一つ立証できてないから。
>基本的な知識を知らないから。

オメーが末梢的な部分に逃げまくっているんだろ。
人様のサイトを出汁にしてよ。サイテーだよな。
ホロコーストの基本的な部分は、ナチスの政策によるドイツ本国の労働人口の減少と赤字体制だよ。
この二つを糊塗する為だろユダヤ隔離政策から強制労働・資産剥奪etc。

272 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 22:52:18 ID:???
>>262
金貰ってるから信用できないというその根拠を尋ねることが「細かいこと」なのかよ?
金貰ってる証拠なんて実は知りませんって認めちゃったほうがいいと思うよ。

273 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 22:52:29 ID:???
もう来ないほうが恥かかずに済むんじゃない?

274 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 22:53:38 ID:???
>>270はもう来ないに400ペリカ

275 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 23:08:49 ID:???
ヒルバーク氏の行いの善悪はともあれ、仮にも大学修士で準教授〜教授を勤めた氏を歴史研究家というのなら、アーヴィング氏は歴史作家じゃないの。
これってもしかして修正主義者・リビジョニズムが嫌う印象操作ってやつ?


276 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 23:12:17 ID:???
>>1と愉快な仲間達のソース元である、IHR様は『ホロコーストはありました、ホロコーストを否定しません』とコミニュケ出しておりますです。はい。


277 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 23:13:47 ID:???
というかリビジョのうちの一体何人がビルバーグの本をまともに読んだことがあるのやら・・・
奴らのビルバーグに関する知識って否定派サイトの伝聞だけだろ

278 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 23:18:21 ID:???
>>277
根拠のない憶測による中傷は感心できないな。
そう言う君は読んだ事あるのかい?


279 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 23:20:22 ID:???
>>276
ガス室の証拠に賞金かけてて、証拠出されたら無視してたのさ
でもそこは訴訟大国のアメリカ、裁判起こされて賞金プラス賠償金を払わされる羽目になって
もうワヤクチャになっちゃったそうだ。

280 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 23:21:18 ID:???
>>279
ソース。

281 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 23:21:55 ID:???
少なくとも、アーヴィング氏を歴史研究家と評価しソースとして出せる知識と判断力があれば、
ヒルバーク氏の書籍にあたった事があれば、氏を歴史研究家と書かないとおもふ。


282 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 23:25:41 ID:???
>>280
IHRのweb見に行けばぁ


283 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 23:31:58 ID:???
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E8%A6%8B%E7%9B%B4%E3%81%97%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80

陰謀論を風刺するサイトである「ザ・マッド・リヴィジョニスト(The Mad Revisionist)」は、自由な議論を通じて歴史的真実を求めるほかにはやるべきことがないというIHRの主張を額面どおり受けて、
IHRがホロコーストを調査するのと同じやり方でアイルランドのジャガイモ飢饉を批判的に調査するためのIHRの助力を得る試みをした。
「当初はザ・マッド・リヴィジョニストの意見表明の自由を支持していたが…オキーフ氏(訳注: Theodore O'keefeはIHRの上級理事でアイルランド系)はザ・マッド・リヴィジョニストの結論をちょっと見るやいなや急に敵意をむき出しにし、
ザ・マッド・リヴィジョニストはまともじゃないと呼び、その結論の報告全てを受け取っていたわけではないのに、
ザ・マッド・リヴィジョニストの理論は学術的な議論の価値さえ無いという意味のことを言った[7]。」ザ・マッド・リヴィジョニストは「ホロコースト修正主義」と「アイルランドのジャガイモ飢饉」についての理論や方法論の類似性を示したが、
オキーフ氏自らが受け継いだ民族的遺産に対する忠誠心によって
「彼の先祖は嘘つきで、彼と同じ民族的バックグラウンドを持つ人々はアメリカや世界の利益に反する邪悪で念入りな計画に関わっているのだという可能性」を考えることさえできなくなっていると仄めかすことでその類似性をさらに強調した。

284 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 23:48:53 ID:???
日本版マッド・リビジョニストの試みが
「原爆投下は捏造」スレ、ということになるのかな?

285 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 23:49:14 ID:???
http://www.revisionism.nl/Moon/The-Mad-Revisionist.htm
月が存在しえない事が論理的に立証された。
間違ってると言うのなら具体的に反論してみろ。

286 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 23:53:04 ID:???
ね〜ね〜、なんで正史派の学者は公開された旧ソ連の史料を全く研究してないの?
なんで公開された旧ソ連の史料を研究してるのは否定派だけなの?
これって正史派の目的が研究じゃなくて神話を信じる事の証拠じゃな〜い?

287 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 23:53:44 ID:???
もちろん莫大なお金をサラリーとしてもらっているアームストロングの証言は
嘘をついてる証拠はないがその可能性が無視出来ない程高い為
証拠にはなりませんw


288 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 23:54:31 ID:???
>>278
読んだらいろんなことが間違っていることがわかったよ。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/160.htm
例えばここ、ビルバーグは510万人という数字を
曖昧な部分はすべて廃して確実に殺されたことが間違いない人数だけを足した数字である。と
断った上で510万人という数字を出してる。そして実際に殺された人数は確実にこの数字よりも多いだろうとも言っている。
だから、ビルバーグの出した数字が他の研究者よりも少なくなるのはある意味当然の話だ
見積もれる最低の数を実際の虐殺の人数は確実にこれを上回るだろうと断った上で書いてるんだからな

289 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 23:55:24 ID:???
>正史派の学者は公開された旧ソ連の史料を全く研究してない

ってのは確かな話なのか?

というかお前、もう寝るんじゃなかったのか?

290 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 23:55:30 ID:???
ビルバーグじゃなくてヒルバーグだよ〜?
どうやったらこんな間違いが出来るの〜?
もしかしたら読んだ事ないんじゃな〜い?

291 :名無し三等兵:2007/01/06(土) 23:56:05 ID:???
>>289
別の人だよ。
世界史板から来ました。

292 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 00:02:29 ID:???
はいはい、別人別人。

293 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 00:03:09 ID:???
>>287
話は変わるが文春か新潮かにアームストロングの近況が書いてあったよ。
ものすごい偏屈の人嫌いになってて、サインの売買や名前の使用にも激怒するようになってて
つい最近も自分の髪の毛を取り戻すために訴訟を起こしたそうだ
修正主義的にはこういうのを見て「アームストロングは自分が嘘ついている事を悔やんでいるからそうなったんだ」
とか言い出してもいいと思うんだけどな?

294 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 00:03:40 ID:tsHA1s1v
>>286
つか、お前が見てきたらどうだ。

そんな金も知性もないか。

295 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 00:04:11 ID:???
>>285
ぶっちゃけ結構説得力あるよなこれ?

296 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 00:08:31 ID:???
>>295
お前バカか?

297 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 00:13:40 ID:???
もう一つあった。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/weber_03.htm
ここでは
>ヒルバーグも3巻本の『ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅』の中で、
>戦時中に「失われた」デンマーク系ユダヤ人の数を、やはり1000人としている[17]。
ヨーロッパユダヤ人の絶滅は下巻にそれぞれの国の犠牲者の一覧が書いてあるが
この中にデンマークの項目は存在しない。

>>290
そうだね。ビルバークじゃなくてヒルバーグだね勘違いしてたよ。ごめん


298 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 00:16:25 ID:???
>>291
これか?

http://academy4.2ch.net/test/read.cgi/whis/1128366864/l50

449 :世界@名無史さん :2007/01/04(木) 09:57:25 0
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1166114365/l50
ここで暴れてる正史派達を相手にしてるんですが多勢に無勢といった感じなので誰か援軍に来てくれませんか?


「暴れている」ってどっちがだよ...
どこまでリビジョは自分が見えないんだよ...

299 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 00:40:08 ID:???
で、結局何が言いたいのさ

300 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 01:24:05 ID:x1KNsXD6
メディアでホロコースト物が出てくる時期と、案外イスラエルとかが、結構アラブ人攻撃とか
イスラエルに対する批判が出てくるとが、同じようなカンジ
イスラエルで、アラブ要人連続暗殺した時期など、要人が高齢で車イスで自動車で移動中に
ヘリからミサイル攻撃で、撃破して暗殺 続く要人が小児科の医者で難民の医療の貢献していても
容赦なく暗殺している
ユダヤ人の大量虐殺とかでナチの親衛隊や秘密警察のやったことと同じことを
占領地とかでやってるが、やれテロとの戦いだと云って美化してる
映画「戦場のピアニスト」など公開されて、結構評判良かった同じ時期に中東ではイスラエルの猛攻
アラブ人も大量にテロリストとして、逮捕されて米軍基地でも虐待事件
やたらと昔のことを映像化して、ユダヤ人を弁護してるが
イスラエルでのアラブ人の虐待などかなりスゴイ

301 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 01:26:03 ID:???
>>300
だがイスラエルは強大な戦力を持ってるんだろう?
...ならなんら問題はない!

302 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 01:27:36 ID:???
>>300
陰謀論はオカルト板でやってくれ。

303 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 01:58:28 ID:???
こんなの見つけたけど
http://guri.kill.jp/up3/photo/up282.jpg


304 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 02:07:54 ID:???
軍事板の総意としてリビジョニストの勝利を認めるから、

 世 界 史 板  へ 帰 れ 二 度 と 来 る な

○リビジョ×正史派 終了
このスレッドも終了

305 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 06:54:10 ID:???
猛将パットンが箝口令をしいた親衛隊員への集団「リンチ処刑」

http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-14.html


306 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 07:00:43 ID:???
「第一級の目撃証人」、最後のアウシュヴィッツ司令官は「否認」

http://www.jca.apc.org/~altmedka/aus-16.html

「リヒアルト・ベイアーは、アウシュヴィッツの最後の(一九四三年からの)司令官であり、
それゆえにもっとも重要な目撃証人であるが、かれについてパリで発行されている
週刊『リヴァロル』は、『アウシュヴィッツにいたすべての期間をとおして、
ガス室を見たことはないし、そんなものが一つでも存在するなどということも
知らなかった』というかれの強い主張を思いとどまらせることは、
ついにできなかったとつたえている。ベイアー元司令官は、尋問のために
拘留されていたが、二週間前の健康診断の結果がまったく異常なし
だったにもかかわらず、一九六三年六月一七日、突然、死亡した」



307 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 08:18:26 ID:???
>>306
http://clinamen.ff.tku.ac.jp/Holocaust/Points/Baer.html

308 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 10:37:06 ID:???
>>307
http://www.jca.apc.org/~altmedka/2003aku/aku974.html
山崎カヲルが以下に卑劣かが解る。

309 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 11:10:12 ID:???
そこを読んだ方は、同サイトの

「ヒトラー・ホロコースト神話検証 木村愛二著」
を是非買ってください。
http://www.jca.apc.org/%7ealtmedka/shoten-holo.html

310 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 11:15:39 ID:???
・『湾岸報道に偽りあり 木村愛二著』
隠された十数年来の米軍事計画に迫る

・『9・11事件の真相と背景 木村愛二著』
「テロ」か? 自作自演の戦争挑発謀略か?
 アメリカ=イスラエル=世界支配構想の核心を突く

絶賛 発売中です。 

311 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 11:22:21 ID:???
小泉元首相のレイプ疑惑とか言うのも木村愛二だったな…

312 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 11:33:36 ID:???
木村愛二って、防衛大中退だったのね。
いろんな奴もいるもんだ。 

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9C%A8%E6%9D%91%E6%84%9B%E4%BA%8C

313 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 11:39:41 ID:???
生活苦しいらしいから、有名になろうとして大変なんだよ。
http://yasz.hp.infoseek.co.jp/log2/kaibunsyo.htm

314 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 12:52:10 ID:???
>>310
なんでこんなのが日本の否定派の権威なんだ?

315 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 13:51:34 ID:???
>>314
誰が権威なんていったんだ?

316 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 14:13:20 ID:???
>>307
>>308
比較して読むとえらい面白いな。片や、明瞭な議論の構成で、典拠を明示しつつ簡潔にまとめた文章。
片や、人格攻撃と主張反論がゴタ混ぜで、何が主張したいのか読み取るのに苦労する。
議論の構成も曖昧かつ乱雑で、結局なにを言いたいのかよくわからない。

どっちがどっちなのかについては改めて書く必要ないよね。

317 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 14:17:04 ID:???
>>316
山崎カヲルが間違いを指摘されて逃亡したのについてはどうお思いで?

318 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 14:25:30 ID:???
どういう間違いでございますか?

319 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 14:45:10 ID:???
バカにされてもいいじゃない。 
愛二だもの。

          だつお

                

320 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 14:50:54 ID:???
世板のレスで修正、決定稿じゃなかったのかよ、レ岸コンテンツ。痔余り

321 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 15:10:10 ID:???
>>317
http://www.jca.apc.org/~altmedka/2003aku/aku974.html
お前読んだの?

322 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 15:52:33 ID:???
>>317
軍事的観点から語ってくらはい。おながいすますよ。

323 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 16:01:59 ID:???
>>321>>318宛か? そう仮定してレス。
その記事の内容をがんばって読むと、以下みたいな感じになる。

・山崎氏なる人物はとんでもない○×野郎である。

・その証拠としてレバノンでの反ユダヤ主義集会へのアラブ知識人の非難声明に
ついて山崎氏は間違った事実を主張したにも関わらず、その間違いを指摘されると
口をつぐんで逃走した。

山崎氏の主張要旨
「反ユダヤ主義集会が中止になったのはシオニズムの陰謀などではない。アラブ知
識人の非難声明に見るようにアラブ世界でも反ユダヤ主義は非難される」

・しかし、木村氏によると非難声明に名を連ねているE・サイードの手紙から「非難声明」
が偽造だったと分かった。このことを指摘されると山崎氏は逃走した。

で、実際にサイードの手紙を読んでみると、「私は非難声明には賛成したが、あら
かじめ政府に開催の禁止を要求しないという点を言論の自由の観点から条件にして
いた。この点が守られず、たいへんけしからん」みたいな内容。

この手紙から「非難声明は偽造」とまで言うのは無理がある。サイードも非難自体は賛成してるしね。
で、さらに、このサイードの言っている問題は山崎氏の主張の本筋にはあまり関係がない。
山崎氏のは「アラブの知識人たちも反ユダヤ主義を批判している」という主張ですし。

となると木村氏の主張はほとんど難癖に等しいというのが私の感想です。

324 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 16:04:14 ID:???
まあ、たしかに議論相手を無視する山崎氏の態度はあまりいいとは思わんが。

しかし相手の木村氏がコレではさもありなんって感じだな。

325 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 16:04:48 ID:???
失礼。
323=324です。

326 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 16:16:44 ID:???
http://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/holocaust/holocaust.htm
これを読めば解るが、木村氏は反論につまると話を逸らすか罵倒を始める。
最後も捨て台詞を残して逃走した。

327 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 16:52:23 ID:???
>>322
では、ユダヤ 人 戦闘組織 ZOB について騙ろうではないか。

328 :名無し三等兵:2007/01/07(日) 17:35:58 ID:???
>>326
反論に詰まるというか、反論しようとしないというか。

しかし、本田勝一の文章力に難癖つけてるのは爆笑w

329 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 02:21:16 ID:???
http://www.revisionism.nl/Potato/The-Mad-Revisionist.htm
アイルランドのポテト飢饉は捏造である事が完全に証明された。

330 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 03:45:24 ID:???
今までの行動からしても木村愛二はその行動のすべてが売名目的だってことだな
ホロコースト否定論も他人と違った事言えば、注目されるだろうと言う程度で始めたことなんじゃないの?

331 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 13:34:48 ID:AffJzUhX
結局肯定派は肝心な事である

   ユ   ダ   ヤ   人   絶   命   計   画   の   立   証

が出来ないんだな。
死ねば?

332 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 13:46:44 ID:???
では何故日本の外交官にユダヤ人を逃がすなって圧力を掛けたんだろうか

333 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 14:17:37 ID:???
>>331
命令書がなければ事件も「なかった」ことになるの?

334 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 14:48:13 ID:???
>>331

  軍 事 的 観 点 か ら 語 っ て く だ さ い 

   お な が い し ま す よ 。


335 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 14:50:34 ID:AffJzUhX
>>332-334
結局肯定派は肝心な事である

   ユ   ダ   ヤ   人   絶   命   計   画   の   立   証

が出来ないんだな。
死ねば?


336 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 14:54:13 ID:???

ユ   ダ   ヤ   人   絶   命   計   画   の   立   証

  に つ い て 軍 事 的 観 点 か ら 語 っ て く だ さ い な 。


337 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 14:57:44 ID:???
>>335

 私 は あ な た 達 が 軍 事 的 観 点 か ら 語 っ て く れ る の を 読 み だ い だ け で す が 何 か ? 
  
  自 分 達 が 言 い 出 し た こ と も 出 来 な い ホ ラ 吹 き な の で す か ? 
 
 と に か く お な が い し ま す よ 。


338 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 15:01:33 ID:???
>>337
ムダムダW
中二病のコピペ厨、クレクレ厨には何を言っても何にも出てこない、人様の丸写しなコピペが返ってくるだけ。



339 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 15:02:15 ID:???
>335
傍証真っ黒だけど?
あと、命令書がなければ事件も「なかった」ことになるの?

340 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 15:08:07 ID:AffJzUhX
>>傍証真っ黒だけど?
どこが?
>>あと、命令書がなければ事件も「なかった」ことになるの?
物理的証拠が全く無いんですが?
そもそも俺は
ユ   ダ   ヤ   人   絶   命   計   画   の   立   証
といったのであって命令書なんて一言も無いが?


341 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 15:12:35 ID:???
>>340
例えば
>>332
あと証言者。

>命令書なんて一言も無いが?

どんなものがあればお前的には立証されたことになんの?


342 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 15:18:35 ID:???
肯定派のよく使う捏造写真
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/en/7/75/Einsatzgruppen_Killing.jpg

343 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 15:25:33 ID:???
知ってますか、逆転するナチスと日本の評価
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/column086.html

 日本終了?

344 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 15:28:36 ID:???
>>340
はいはい、ユ   ダ   ヤ   人   絶   命   計   画   の   立   証を軍事的観点から語ってくださいね。

345 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 16:17:00 ID:???
>>341
ユダヤ人を引き渡せと言ったら絶滅計画の立証になるんですか?
アホ?
証言?
もうこのスレで論破ずみだが?
>>どんなものがあればお前的には立証されたことになんの?
絶滅を命ずる命令書、予算書、報告書、当事者の日記、ガス室の設計図、建設を命ずる命令書等等。

346 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 16:36:46 ID:???
論破できないからってゴネてんじゃねぇよハゲがw


347 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 17:07:42 ID:???
なんというかまあ、相手には一次史料要求しといて自分はネタすれすれのHPのURL
だけ張ってOKとか、いつの間にか脳内論破済みになってるとか、答えられない指摘
は全部スルーとか。

   あ っ た な か っ た 以 前 の 問 題 で ダ メ

ってことに気付いたら?

348 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 17:13:33 ID:???
>>347
絶滅を命ずる命令書、予算書、報告書、当事者の日記、ガス室の設計図、建設を命ずる命令書等等は出せないの?
も、もしかして  存  在  し  な  い  のかな?(クスクス

349 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 17:30:32 ID:???
>>348
で、絶滅を命ずる命令書、予算書、報告書、当事者の日記、ガス室の設計図、建設を命ずる命令書等等は出せないのについて軍事的に語ってください。

おながいしますよ。


350 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 17:31:07 ID:???
>>349
だが断る。

351 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 17:34:45 ID:???
わざわざ。上海くんだりまで来てユダヤ人虐殺要求したアホもおつたことやし。


352 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 17:36:06 ID:???
んで、絶滅を命ずる命令書、予算書、報告書、当事者の日記、ガス室の設計図、建設を命ずる命令書等等は出せないのについて軍事的に語ってください。

語ると言い出したのはあなた方です、語ることを断ることは出来ないのではないでしょうか?


353 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 17:42:31 ID:NUN3nDjT
>>語ると言い出したのはあなた方です、
知らんがな。
このスレをたてたのは俺じゃないんだし。

354 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 18:47:46 ID:???
>知らんがな。
>このスレをたてたのは俺じゃないんだし。

それじゃいったい、何しに来たの?

355 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 19:10:10 ID:Rzj5nnOS
>>354
肯定派の妄言を潰しやつらの化けの皮を剥がすため。

356 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 19:13:00 ID:???
化けの皮が剥がれた向こうには、何があるというのかな?

357 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 19:14:12 ID:???
か っ く い ー (棒

358 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 19:14:58 ID:???
>>355
それでは、絶滅を命ずる命令書、予算書、報告書、当事者の日記、ガス室の設計図、建設を命ずる命令書等等は出せないのについて軍事的に語ってください

出せ出せと書き込み、他人のwebコピペだけでは『肯定派の妄言を潰しやつらの化けの皮を剥がすため。』は達成できませんよ。

359 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 19:18:47 ID:Rzj5nnOS
他人のwebコピペにすら反論出来ない肯定派(笑)

360 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 19:29:41 ID:???
まぁ、maaの歴史コンテンツが、世界史板の隔離スレの進行と時をあわせてしばしば書き換えられているのは偶然なのは内緒だ。
>>359なんでなの?
>>359ホントに偶然の一致?
>>359何か意見は?

361 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 19:30:56 ID:???
それで証言しているユダヤ人は金貰って嘘言わされてるって話はどうなったんだ?

362 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 19:31:09 ID:???
なんというか、既にただの粘着と化してるな。

363 :名無し三等兵:2007/01/08(月) 23:11:05 ID:???
世界史板の隔離スレもそうなんだが、
肯定派と否定派1人芝居でジサクジエンやってるようにしか見えん
リビジョ以外はガス室があろうがなかろうが「どうでもいい」んだし

364 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 03:02:26 ID:???
まあ我々は日本人だからな。

365 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 03:03:33 ID:???
> 「イスラエルは消滅する」イラン大統領が発言

> イランのアフマディネジャド大統領は12日、「ソ連が消滅し、今日存在しないように、
> シオニスト政権(イスラエル)はすぐに消え去るだろう」と述べた。ホロコースト(ユダヤ人大虐殺)を
> 検証するテヘランでの国際会議の閉幕後、会議参加者に語った発言をイラン学生通信が伝えた。

> 大統領は昨年10月、イスラエルを「地図から消し去るべきだ」と発言。その後もホロコーストを
> 「神話」と表現して存在を否定するなど、反イスラエル発言を繰り返しており、今回の発言で、
> 国際社会からの非難が一層強まるのは確実だ。

> 大統領の呼びかけで開かれた国際会議には、ナチス・ドイツによるホロコーストの存在に異論を唱える
> 米欧の学者らが多数参加。イスラエルや米欧は会議に激しく反発している。ドイツのメルケル首相と
> 同国を訪問中のイスラエルのオルメルト首相は12日、テヘランでの国際会議を非難。
> 英国のブレア首相も「信じがたいほど衝撃的」と不快感を示している。
> ttp://www.yomiuri.co.jp/world/news/20061213id01.htm

366 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 04:02:24 ID:???
>>シオニスト政権(イスラエル)はすぐに消え去るだろう
ふん、根拠のない強がりを言いやがって...

367 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 14:30:33 ID:X0rSJQIt
絶滅を命ずる命令書、予算書、報告書、当事者の日記、ガス室の設計図、建設を命ずる命令書等はマダー?

368 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 15:35:21 ID:???
お前まだ欧州戦線とかいう捏造信じてるの?

369 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 15:41:34 ID:???
ナチス第三帝国とかさー、日本に戦争を仕掛ける為の捏造にいつまでも引っ掛かってるんじゃねえよと。
一例として、バルバロッサ作戦なんて命令書も予算案も捏造された物以外には存在しないんだからな。

370 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 15:49:12 ID:???
海の人の頭より不毛なスレだな。

371 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 16:02:50 ID:???
>>367
なんでそれらがなかったら、ホロコーストまでなかったことになるの?

>命令書、予算書、報告書、当事者の日記
がなかったからオウムの麻原は無罪?

372 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 16:03:47 ID:???
あれは共謀共同正犯?

373 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 16:14:39 ID:X0rSJQIt
>>371
600万人を組織的に虐殺した筈なのに命令書、予算書、報告書、当事者の日記等が一つもなくガス殺された死体すら見つかっていない。
信じる要素が何一つない。
逆に聞きたいんだがアンタはなんでホロコーストを信じてるんだ?

374 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 16:26:55 ID:???
前提の「欧州戦」が行われてもいないんだからまあそうだよねえ。
映画のセットみたいな「戦場写真」はあってもみんな捏造だし。
しかしドーラとか良くでっち上げたよなあんなの。

375 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 16:28:31 ID:X0rSJQIt
>>映画のセットみたいな「戦場写真」はあってもみんな捏造だし。
腐る程命令書、予算書、報告書、当事者の日記、史跡が残ってるが?
じゃあ聞くが一体誰が何の為にどうやって捏造をしたんだ?
それが今まで明らかになってないのはなぜ?

376 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 17:25:53 ID:???
そりゃ陰謀に決まってるじゃん。
腐る程あれば騙されるなんて人としてどうかと思うよ。

それに、実際に腐る程あるのかというと示せないだろうし。

377 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 18:18:29 ID:???
一瞬「アウステリッツの真実を語る」スレかとオモタww

378 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 18:23:12 ID:X0rSJQIt
>>376
ウザイんだよお前。
どうせ「欧州は存在しない」とか「原爆投下は捏造」だとかほざいてた奴だろ?

379 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 18:26:24 ID:???
言っておくが体験談の類に証拠としての価値は無い

380 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 18:26:25 ID:???
ウザいんだよお前wwwwwwwwwwwwww

381 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 18:29:19 ID:X0rSJQIt
反論出来なくなると「欧州は存在しない」とか「原爆投下は捏造」だの「阪神大震災は起こらなかった」なんて言うのが肯定派。
生きてて恥ずかしくない?

382 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 18:33:52 ID:???
スレ読まずにカキコ
ポーランド人がユダヤ迫害の中核だったんじゃないか!

ドイツが西半分に進入した時点で、東半分でも大規模な迫害が起こっている。
ポーランド・カソリックの大迫害やんけ。

戦後はドイツ人大虐殺。ポーランドうますぎやぞ!

383 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 19:16:37 ID:???
軍事的にみたら、ユダヤ人はホロコーストを捏造したけど
第一次中東戦争じゃぁ、相当な貧乏装備で戦ったんだよなぁ。

そいや連合国がホロコーストを捏造するために出した命令書、予算書、報告書、当事者の日記等
ありましたっけ?

384 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 19:29:22 ID:X0rSJQIt
>>そいや連合国がホロコーストを捏造するために出した命令書、予算書、報告書、当事者の日記等
なるほどなるほどケネディ暗殺犯は不明だからケネディ暗殺は捏造だったと?

385 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 19:33:21 ID:???
アウシュビッツの所長の
 ルドルフ・ヘースの自白は信用できないのか?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95%E3%83%BB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%98%E3%83%BC%E3%82%B9

386 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 19:37:15 ID:X0rSJQIt
>>385
ヘスが拷問された事も知らんのか?
全般的に知識がかけてるね。

387 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 19:37:54 ID:X0rSJQIt
>>385
取りあえず何故ヘスの「自白」がヘスの知らない英語でかかれてたのか教えてくれ。

388 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 19:39:28 ID:???
イスラエル建国のためのホロコースト捏造だったはずなのに
建国に関して欧米は本音では反対でソ連は本音では賛成、時代は下って
第四次中東戦争では明確にイスラエルはソ連の敵になったのに、ソ連は一切ホロコーストが捏造だとは言っていない。
収容所の位置からしてもソ連が捏造に協力しないと、ホロコーストの捏造は絶対に不可能にもかかわらずな
そうそう、イスラエルの受け取った賠償金というのは、生き残りのユダヤ人の数にあわせて算出されたもので
たくさん賠償金を貰おうとするならば、生き残りの数を捏造しなければならないのに
なぜか犠牲者600万人ということにして生き残りの数をわざわざ減らすようなことをやってるのも奇妙だな

389 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 19:39:54 ID:???
捏造犯探しにはだれも熱心じゃないのよね

390 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 19:41:42 ID:???
>381
何反論に困ったから逃げてんの。
要するに出せないって事?それじゃ君は「アウシュビッツ肯定派」とやらと一緒じゃん。
それじゃ駄目なんだよ。固定観念から一歩を踏み出さないとね。

391 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 19:44:02 ID:???
>>386
拷問されたという事実が、ガス殺やりましたと思いっきり書いてある手記の中に書いてありましたっていう
リビジョのお笑い劇場の話だろ?

392 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 19:45:05 ID:X0rSJQIt
>>イスラエル建国のためのホロコースト捏造だったはずなのに
その為だけだった訳じゃない。
各国の思惑が交差した複雑な物だ。
そもそもソ連はカチンの森という前科があるだろうが。

393 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 19:46:11 ID:X0rSJQIt
>>391
ヘスが存在しない収容所をあげてる点は?
ヘスがアウシュヴィッツの殺害数を400万だと言ってるのは?
>>拷問されたという事実が、ガス殺やりましたと思いっきり書いてある手記の中に書いてありましたっていう
>>リビジョのお笑い劇場の話だろ?
ヒント:遺族

394 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 19:49:27 ID:???
軍事的に語れそうな部分がやっと見つかった。イスラエル建国の経緯や各国の反応や中東戦争を
ホロコースト捏造はイスラエル建国の手段というリビジョの言い分に整合するかどうかを語っていけばいいんだ
正直、リビジョの言い分は無理がありすぎる気もするがな

395 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 19:52:10 ID:???
ホロコーストとは関係ないが、何故オラドゥールの虐殺が起こったのか興味深いな。

>そもそもソ連はカチンの森という前科があるだろうが。
ねぇねぇ、カチンの森の虐殺があったという証拠はぁ(棒読み


396 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 19:53:27 ID:???
>>393
>ヘスが存在しない収容所をあげてる点は?
手記の中に書類と照らし合わせて語ってるわけじゃないから自分でもあいまいなところが沢山あるから了承して読んでほしいって断ってあります。
>ヘスがアウシュヴィッツの殺害数を400万だと言ってるのは?
ヘスは手記の中で「虐殺者数は250万人でも多すぎると思う」と書いています。
>ヒント:遺族
一体何が言いたいの?言いたいことがあるのならはっきり言ったほうがいいんじゃない?

ところで本当に手記を読んだことがあるのか、修正主義サイトの又聞きでしか内容を知らないんじゃない?


397 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 19:55:10 ID:???
>>394
なんといってもイスラエル軍は英軍から戦車を「盗んだ」ほど装備に困っていたからな。
そういやイスラエル空軍のスピットファイヤが英空軍のスピットファイアを三機撃墜
したりしてるしな。

398 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 19:56:36 ID:???
イスラエル建国って国連も形だけは承認してたんでしょ?
つまり国連もホロコースト捏造の片棒担いでたって事?

399 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 20:06:56 ID:???
>393
まあ落ち着いて聞いてくれよ。
欧州で戦争があったとか世界史やらサイトは一杯あるけどさあ、自分で見た物は何一つとしてないだろ?
それ、本当にあったのかなあ。あっても後から用意された偽の「史跡」だろうしさ。
アウシュビッツの存在を疑った時のように、冷静に物事を見れば真理が見えてくるはずだよ。

400 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 20:13:26 ID:???
>600万人を組織的に虐殺した筈なのに命令書、予算書、報告書、当事者の日記等が一つもなくガス殺された死体すら見つかっていない。
>信じる要素が何一つない。

あれ、誰が何時600万人を組織的に虐殺したといいました?
確実な史料のソースきぼんヌ。
あやふやなイメージはダメですよ。


401 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 20:56:45 ID:X0rSJQIt
ギャアギャアと細かい所をつついてるバカどもがいるが、肝心要な
命令書、予算書、報告書、当事者の日記等が一つもなくガス殺された死体すら見つかっていない
と言う点については全く反論出来ていない。

402 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 21:04:29 ID:???
>>401

>ギャアギャアと細かい所をつついてるバカどもがいるが、肝心要な

その、肝心な部分。根源、基本の部分である600万人を計画的に虐殺したというソース・史料をおながいします
出せないんですか?

403 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 21:06:00 ID:???
>>401
>>384
ブーメランをしとるんだが。

404 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 21:17:47 ID:X0rSJQIt
一対多数では多少厳しいな。
敵の数が多すぎる。
>>402
普通ホロコーストと言えばナチスドイツがユダヤ人を絶滅させる為に計画的に行った大量虐殺だろうが。

405 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 21:20:17 ID:???
>404
雑音は気にするなよ。
君が欧州戦等という物は壮大な欺瞞だったという真実に至れば充分さ。

406 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 21:22:26 ID:???
>>401
>当事者の日記
収容されていたと主張する人間の回想録等はよく見かけるが
あれは全員ペテン師なんだろうか

407 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 21:23:45 ID:???
>>404
はぁ????????????????????????????????????
??????????????????????????????????????
??????????????????????????????????????

>373 :名無し三等兵 :2007/01/09(火) 16:14:39 ID:X0rSJQIt
>>371
>600万人を組織的に虐殺した筈なのに命令書

オメーが言い出したのだろうが。
早く、6000万人を敬意核的に虐殺したというソース。史料を出してください。


408 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 21:26:17 ID:???
>>407
申し訳ない訂正です・・・・・orz

× 早く、6000万人を敬意核的に虐殺したというソース。史料を出してください。
○ 早く、600万人を計画的に虐殺したというソース。史料を出してください。



409 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 21:44:44 ID:???
>>404
なぁに、ドイツ軍は君より多くの敵と戦ったもんさ!

410 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 23:20:21 ID:???
本気で質問。
否定派の方は、なぜにこの問題にこだわっているの?
ここで何を主張しようと、ナチスの名誉回復にはなんの効果もないと思うし、
スレ住人に歓迎されていないのも分かっていると思う。
君がこの問題にこだわる理由が分からない。

411 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 23:32:20 ID:???
>>410
ほら。
陰謀論って「自分だけが真実を知っている」って気分になるからハマル人間が多いんだよ。
性格は歪むだろうけど。

412 :名無し三等兵:2007/01/09(火) 23:34:25 ID:???
2行目はよくわからんが3行目はなるほどと思った。

413 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 01:15:11 ID:???
ここで偉そうにしてる正史派も世界史板に来れば瞬殺されると言う悲しい事実。

414 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 01:24:49 ID:???
>>413
虎の威を借りた狐キター。

歴史において俺は正史派だが?
源義経が大陸に渡ってチンギス・ハーンになったとは思わないのでw

415 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 01:32:43 ID:???
ここで偉そうにしてる正史派も世界史板に来れば瞬殺されると言う悲しい事実。

416 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 01:34:30 ID:???
で毒ガスで虐殺はあったのか?
 それとも他の方法か

417 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 01:38:49 ID:???
おまえ、それ言ってて悲しくね?

しかも、世界史版ってホロコーストスレが2つあるんだよな。
片方がリヴィジョニストの隔離スレwww

418 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 01:49:25 ID:???
>>413>>415
そういうアナタが瞬殺してくれないのはどういうことでしょうか?

419 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 01:50:09 ID:???
>>411
それはいわゆる中二病というやつだな、自分は隠された真実を知ってるから特別だ
って言う気分になるのが気持ちいいんだろう

420 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 02:06:38 ID:n+BH5qL9
ギャアギャアと細かい所をつついてるバカどもがいるが、肝心要な
命令書、予算書、報告書、当事者の日記等が一つもなくガス殺された死体すら見つかっていない
と言う点については全く反論出来ていない。


421 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 02:12:35 ID:???
>>420
ウィキペディアのホロコーストの項目にはヒムラーの報告書を初めとして
代表的な文書の証拠が幾つも挙げられていますね。

422 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 02:20:22 ID:???
その辺は証拠に値しないとかなんとか言うと思うぜ。

423 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 02:54:51 ID:???
そりゃ何が証拠で何が証拠でないかを決めるのが>>420本人ならば絶対に証拠が出てこないことになるな・・・


424 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 04:56:30 ID:???
>>421
maaさんのBBSでJumo氏によって論破ずみ。
残念でした。

425 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 12:29:11 ID:???
>>424
何だそりゃ?
こっちはリビジョの言説なんか歯牙にもかけてないからシラネーよ。
どんな風に論破されてるのか、教えてくれや。

426 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 13:43:37 ID:???
名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2007/01/08(月) 15:25:33 ID:???
知ってますか、逆転するナチスと日本の評価
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/column086.html

 日本終了?

 ↑これ本当か?

427 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 13:45:18 ID:???

 アウシュビッツ収容所でのユダヤ人犠牲者数が、
冷戦時代の公称400万人から現在では約110万人にまで
減らされているのと反対に、南京事件の犠牲者数も日本軍による
死傷者総数も被害額も、何の根拠もなく増え続けている。

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/column086.html


428 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 13:52:21 ID:???
319 名前:jumo213 投稿日: 2006/12/12(火) 22:02:31 [ lsJG9Lpg ]
>>317
別の見方をすれば、そんなものがわざわざあげつらわれているという事実は、
証拠の文書を探し出すために、肯定派がどれほど苦労しているかの証明になっています。

一見関係ありそうな(実は無関係の)公式文書と、証言を組み合わせることで、
あたかも犯罪が立証できているように見えてしまいます。
少なくとも門外漢には。

この手は慰安婦強制連行説でも南京論争でも使われています。


>>424
これのことか?ちょっと改変コピペしてみる。

別の見方をすれば、そんなものがわざわざあげつらわれているという事実は、
証拠の捏造を探し出すために、リヴィジョニストがどれほど苦労しているかの証明になっています。

一見関係ありそうな(実は無関係の)公式文書と、証言の矛盾点を組み合わせることで、
あたかも犯罪が捏造されているように見えてしまいます。
少なくとも門外漢には。



429 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 14:11:28 ID:???
>アウシュビッツ収容所でのユダヤ人犠牲者数が、
冷戦時代の公称400万人から現在では約110万人にまで


 つまりドイツ人の多くや主流は修正主義者か?

430 :428:2007/01/10(水) 14:35:42 ID:???
おっと着け忘れ。最後に


この手は9.11テロ陰謀論でも使われています。

431 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 14:42:30 ID:???
>>428
ぱっと見た限り東部に於ける非正規武装集団(ギャング)との戦闘に関する報告書ですね。
そこにユダヤ人の処刑人数が出てくるのは、かなり不自然ではありますが……。戦闘行為の一貫として、虐殺やったってことですかね? どっちにせよ、収容所での虐殺の有無には関係ないですね〜。

432 :名無し三等兵 :2007/01/10(水) 14:50:15 ID:???
非正規武装集団になんで(ギャング)って振るんだろうか?
ゲリラ、あるいはパルチザンて表現するのが適当なのになぁ。
しかも非正規戦闘なのにユダヤ人の死者が数個師団規模って・・・

433 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 15:25:04 ID:???
>>431
>戦闘行為の一貫として、虐殺やったってことですかね? 
>どっちにせよ、収容所での虐殺の有無には関係ないですね〜。
ドイツ軍が収容所の外で何やってようが本件とは関係ないということだな。 

434 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 16:36:12 ID:???
>420
そうそう、誰も出せないから欧州戦なんて無かったんだよ。
あとちょっとだから頑張れ。

>424
良い所に目を付けるな。
欧州戦の「証拠」なんてみんな論破できる程度の物でしかないんだよ。
さあ、人によって違うが道程の一つに過ぎないアウシュビッツ否定を超えた先へ進もう。

435 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 16:41:11 ID:ZX6JUTDc
>>434
あぁ?
命令書、予算書、報告書、当事者の日記、死体も全部見つかってるが?


436 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 16:45:55 ID:ZX6JUTDc
結局ここの軍ヲタは雰囲気的勝利をするしか出来ないで具体的な事は何も立証出来ないんだな。
つーかよ、お前らそんなに確信持ってホロコーストがあったって言えるなら今すぐ世界史板にきて全員論破してみろよ。


437 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 17:07:23 ID:???
>435
落ち着けよ。で見付けたそれらってどれ?
まさか映画用セットが証拠だなんて言わないよねえ。

438 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 17:18:14 ID:ZX6JUTDc
>>437
映画用セットだという証拠は?(ニタニタ)

439 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 17:24:15 ID:???
一次証拠を誰も出すことが出来ない時点で水掛け論に終わるな。

440 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 17:29:41 ID:???
>>427
それの理由もウィキペディアに書いてあるだろ
400万という数字は水増しが明らかだったから、当時の西側の学者は誰一人として被害者の算出の手がかりとして
この数字を使っていなかったことと、そもそもその数字は200万人のユダヤ人と200万人のポーランド人
合わせて400万人が殺されたといっているのであって
400万人のユダヤ人が殺されたとは当のソ連も一言も言っていないこと、否定派は400万人全部がユダヤ人だといいたいようだが
例のマルコポーロの記事を書いた医者の本に紹介されているアウシュビッツの数字が修正されたという新聞記事にも、
ポーランド人とユダヤ人被害者合計400万人という数字が〜と書かれている。

これってつまり

否 定 派 が ソ 連 の 主 張 を 捏 造 し た っ て こ と で い い ん で す か ね ?

441 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 17:38:05 ID:???
>>431
わざわざユダヤ人を区別してそれもちょっとした市くらいの人数を殺しているわけだが
これはヒトラーからユダヤ人を選別して殺せという命令があってその方針に従ってやっていたという証拠になるだろう。
何も言ってないのにこんな報告書を作るはずもないからな

442 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 18:08:11 ID:ZX6JUTDc
>>441
その報告書が本物だという証拠は?

443 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 18:10:58 ID:ZX6JUTDc
>>441
だから世界史板に行って見ろって。
まさか怖いのか?

444 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 18:12:50 ID:ZX6JUTDc
>>440
ソースがウィキペディア(プゲラウヒョー

445 :ようじょ(3さい):2007/01/10(水) 18:16:44 ID:kzsENtWW
えーっとね ゔぇあまはと と えすえすってなにがちがうのかな?かな?

446 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 18:56:41 ID:???
ていうか、まじでリヴィジョニストは理解できん。
一体何をどうやれば陰謀論なんぞにハマることができるんだろうか。

447 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 19:03:20 ID:ZX6JUTDc
>>446
命令書、予算書、報告書、当事者の日記等が一つもなくガス殺された死体すら見つかっていない事を知ったから。

448 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 19:16:31 ID:???
リヴィジョニストの定義は何?

449 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 19:16:45 ID:ZX6JUTDc
各地に応援要請をしてきた。
数日以内には貴様らもお終いって事だ。

450 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 19:17:43 ID:???
たとえば、有名大学の図書館とかで、holocaustと入力して検索をかければ
300件近くの本が出てくる訳だが、コレは何?

本当に信憑性のある証拠が無いなら、なんで学者先生はこんなにたくさん著述をしてるわけ?

451 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 19:42:43 ID:???
>438
つまり「本物」の証拠すら出せないって事か。
ずっとそうやって言い抜けてるだけだもんな。

逃げてるだけじゃ真実にはたどり着けないぜ?

452 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 20:31:29 ID:ZX6JUTDc
>>450
南京大虐殺や従軍慰安婦に肯定的な本だって100冊はあるだろう。
なら南京大虐殺や従軍慰安婦はあった事になるのか?
それともお前は南京大虐殺や従軍慰安婦を信じてるのか?

453 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 20:33:54 ID:???
>>444

>373 :名無し三等兵 :2007/01/09(火) 16:14:39 ID:X0rSJQIt
>>371
>600万人を組織的に虐殺した筈なのに命令書

デゴマークですか、600万人が計画的に虐殺されたというのは。
繰り返し言います、あなたが言い出したのですよ。この件に関する史料に基づく根拠を挙げて下さい。



454 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 20:35:10 ID:???
>>452

>373 :名無し三等兵 :2007/01/09(火) 16:14:39 ID:X0rSJQIt
>>371
>600万人を組織的に虐殺した筈なのに命令書

デゴマークですか、600万人が計画的に虐殺されたというのは。
繰り返し言います、あなたが言い出したのですよ。この件に関する史料に基づく根拠を挙げて下さい。


455 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 20:37:38 ID:ZX6JUTDc
>>453
>>454
道行く100人に聞いてみろ。
99人が「ユダヤ人を絶滅させる目的で行われた計画的大量虐殺」と答えるぜ?

456 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 20:46:04 ID:???
>>444

>443 :名無し三等兵 :2007/01/10(水) 18:10:58 ID:ZX6JUTDc
>>441
>だから世界史板に行って見ろって。
>まさか怖いのか?

いつぞやそのスレで漢語風名称コテが、wikiだかの歴史の定義をIHR等の主張と重ね合わせバレバレかつ明らかな言論誘導してたなぁ。
『おや、ソレは、てにおはが恣意的ではないですか』と書き込んだらいきり立っておられましたが。なにか?

つまり、何がいいたいかと言うと、あそこのどのスレでもリビは玩具扱いですよと。


457 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 20:49:44 ID:???
>449 :名無し三等兵 :2007/01/10(水) 19:16:45 ID:ZX6JUTDc
>各地に応援要請をしてきた。
>数日以内には貴様らもお終いって事だ。

何一つ軍事的考察できない輩が、ジサクジエンで荒氏に来ると言う事ですね。


458 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 20:57:00 ID:???
確かにあれだよな。リビたんって捏造を主張して、「なかった根拠」は言うけど、
具体的に誰がどのように捏造したのかって言う検証は見たことが無い。

459 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 20:57:45 ID:???
アゲアゲ・書き込み・えぶりないとなヴァカは先ず、
1.軍事的観点から語る事
1.ヒルバーク氏(大学修士・元大学教授)を歴史研究家、アーヴィング氏(歴史作家)を歴史学者とした根拠を示すこと。
1.600万人が計画的に虐殺されたと言う史料とその根拠を示す事


460 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 21:00:31 ID:iUVzfwQL
証拠、証拠ってうるさいからいちおう貼っておくか。

○ブラウニング鑑定書
最終解決を行なうという決定はどのようにしてなされたのか。
その道筋をたどることができる文書的証拠を提示。
http://www.hdot.org/evidence/browning.asp

○ファン・ペルト鑑定書
前半部分でアウシュヴィッツにおける虐殺の歴史と、それを
裏づける証拠を提示。
http://www.hdot.org/evidence/van.asp

461 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 21:14:26 ID:???
>452
まあ具体的な証拠も挙げられない中で何だけど、それなら欧州戦が
無かったと言う所に近付けているんじゃないかな
日中戦争だってアメリカが日本を占領する為の丁稚アップだったんだから。

462 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 21:45:07 ID:YpQ+ujdQ
てすつ

463 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 22:05:22 ID:???
援軍マダー(チン(ry

464 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 22:35:47 ID:???
>>460
これだけ言われててようやく出てくるのもかなり必死にさがしてたんだろうなと思わせるぞw

何にせよ煽りでなく証拠集め乙。

465 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 22:40:45 ID:iUVzfwQL
>>464
いや別に。前から知ってたよ。これ有名なサイトだし。


466 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 22:41:57 ID:???
>>458
証拠は客観的な検証を受けるべきだが今まで中立的立場で検証されて来なかったんじゃないかと思う。だからこそ捏造疑惑も浮上しやすい。

だが、その前にホロコーストの証拠が出せなかったから叩かれたんじゃないかと見ていて思う。リビジョじゃなくてもそう思わされる。じゃあ捏造じゃないの?と。否定派を増やしたのは肯定派だ。

467 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 22:44:50 ID:???
>>465
じゃあすぐ出せば良かったのに。
流れ見てて冷や汗かくわw俺みたいな知らないやつもいるんだからな。
リビジョに対してというよりこのスレ見てるやつ全般を意識した方がいいと思う。

468 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 22:46:11 ID:iUVzfwQL
>>466
「否定派」が増えても気にならないな。
世間に蔓延する誤解なんて他にもいっぱいあるし。

469 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 22:54:30 ID:???
>>466
最初の方の議論(派生スレのものも含めて)から見ていれば、いろいろ参考になるサイトは出てるよ。

というか、
>>証拠は客観的な検証を受けるべきだが今まで中立的立場で検証されて来なかった
とはコレいかに。

470 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 23:41:16 ID:???
>だが、その前にホロコーストの証拠が出せなかったから叩かれたんじゃないかと見ていて思う。リビジョじゃなくてもそう思わされる。

>>459に答えなさいw

471 :名無し三等兵:2007/01/10(水) 23:53:16 ID:???
>>466
麻生層、もとい。あそうそう、言い忘れた、某所の歴史ナントカって二次元キャラを使ったアレなんだけど。
世界史板の隔離スレッドにおいて正史派だか肯定派だかに、同様の記述がある部分が叩かれると、なぜか修正されているようだが気のせいか?
気のせいだよな、偶然の一致なんだよなぁ、それとも知らないのか?


472 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 00:36:22 ID:???
>>469
何かしらユダヤなりドイツなりと距離をおいて議論できる立場が少ないんじゃないか。

ただでさえ戦勝国による裁判となれば恣意的な判断とか裁判資料が作られやすいんじゃないかとかな。ニュールンベルグのみならずイラクのフセイン裁判とかな。

欧州での議論と中東での議論のような認識の乖離が生じてきているのは政治的な問題がもともと歴史認識に与える影響が大きい。

日本での議論も対独同盟を組ながら多くのユダヤ人を救ったケースもあるから白熱するのか、もともとこの問題には多くの論点を秘めているからなのかは分からないが。

473 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 00:38:24 ID:???
>>470
いやいままでの流れを見ていての感想な。

474 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 00:40:50 ID:???
>>468
できれば誤解を解きたいから議論になるんじゃないか。

475 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 00:45:19 ID:???
>>471
そんなことしらんよw
管理人にでもきいとくれ。
私はどちらの立場でもないよ。
どっちだっていいし、証拠が多いほうが事実になるだけじゃないの?


476 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 01:05:20 ID:???
論争遊びがしたいなら、
ネットで人生を消耗してないで弁論サークルとかに入ればいいと思うよ。

477 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 02:19:23 ID:???
>>476
> ネットで人生を消耗

したくはないが論争遊びならここでいいんじゃないか。

478 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 04:49:31 ID:???
まあホロコーストなんてヘーロ国の捏zうわなにをするやめ

479 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 11:36:57 ID:???
つか、600万人という数字が何処から出てきたのかも知らない否定派って、
相手にするだけ無駄でしょう。

犯罪捜査でいえば、状況証拠の積み重ねによる、犯行の立証という形で、
『ホロコースト』って言うものの存在を正史派主張してきたわけで、
史料学的にいえば、証拠の収束って概念で説明できるわけ。

逆に、本腰いれて、否定しようとするならば、
正史派が呈示してきた、膨大な状況証拠全てに対して、
逐一、反証を挙げて証拠の収束自体が誤りであるという作業が必要になるわけ。

物的証拠にあたる、組織体としての命令書を正史派が呈示できないから、
『ホロコースト』が無かったなどと主張すること自体、ナンセンスの極み。



480 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 12:10:35 ID:???
>>479

>正史派が呈示してきた、膨大な状況証拠

この中のポイントになるものが、決定的欠陥を持っている事が、順次明らかにされてしまったから
欧州では、言論弾圧が始まった。

つまり、

>逐一、反証を挙げて

と言う作業結果の公表が欧州内では禁止された。

481 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 12:38:42 ID:???
>447
どこで知ったんだよwww

連合国側がホロコーストを捏造した可能性はゼロではないと思うが、
少なくとも専門家が膨大な一次資料を基にあったとほぼ断定しているわけで、
本当に陰謀説を信じて疑わないならば自分の足でドイツやらアメリカやらに行って調べてくればいいだろ。
当時の文書等が確か公開されている筈だから。

ネットやら本やらで仕入れた情報だけで否定説を信じるのはいささか軽率だと思うぞ。

482 :名無し三等兵 :2007/01/11(木) 13:16:58 ID:???
>>480
>この中のポイントになるものが、決定的欠陥を持っている事が、順次明らかにされてしまったから
で、具体的には?


そうそう、彼の悪名高きスターリンの大粛清に明確な命令書や予算書など
あったのだろうか?
この大粛清での犠牲者数だって1200万から2000万というアバウトな数字な
のだが・・・・

閃いた!大粛清はフルシチョフの陰謀なんだよ!!!!1111!!!!

483 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 13:29:56 ID:???
>>482

第一段階のニュルンベルグ裁判では、ガス殺の有無についての議論が禁止された。
容疑者は心身に拷問と、家族への迫害をネタにした脅迫に負けて有罪を認めたり、反証を封じられた様子が
ニュルンベルグ裁判の判事によって明らかにされている。

484 :名無し三等兵 :2007/01/11(木) 13:35:25 ID:???
>>483
そういうものはソースも出してもらわなければねぇ。
まぁ連合国側の報復裁判の様子はクルト・マイヤーの「擲弾兵」にも
書いていたけど、家族の迫害なんてのは書いて無かったはずだがなぁ。
(ただ奥さんの生活が苦しいと書いていたけど)

485 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 14:36:55 ID:???
>>483

ニュルンベルグ裁判の際、ガス質が大量殺人の手段と認定されたのは、
1947年9月29日に提出されたペリー・プロートの回想録によるところが大きい。
・Nazi War Criminals (Holocaust Library (San Diego, Calif.).)
ttp://www.amazon.com/gp/product/1560060972/102-8920221-2669755
・Tyranny on Trial: The Trial of the Major German War Criminals at the End of the World War II at Nuremberg Germany 1945-1946 (Hardcover)
ttp://www.amazon.com/gp/product/0870744364/102-8920221-2669755

ペリー・プロートは1959年4月、非ナチ化裁判に再度召喚され、当該回想録に関して、
正当性ならびに第三者の非介入を確認した。この証言の結果、プロート自身公民権停止処分を受け収監されている。

このプロート証言の中に、チクロンBによる被害者の死亡までの時間が約4分程度というものがあり、
ヘスの証言との食い違いを否定論者は指摘するが、
プロートとヘスが其々立ち会った時期、犠牲者数等の状況による当該致死時間の食い違いの存在は自明とされる。
さらにいえば、否定論者はヘス証言の任意性に疑問を表明するにも、関わらず、
こういった食い違いの場合、ヘスの証言は使用できるとしている。

要するに、ここに否定派の自己撞着があるわけで、議論以前の話と感じる。

486 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 15:04:42 ID:???
>>485
証言は食い違うけど、その食い違いこそが真実の証拠だ!

……という話かw

487 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 15:07:18 ID:???
つか、証言が食い違ったら。どちらも信用出来ないと判断するんじゃないか?
なんで、ヘスの証言が正しいと主張している事になるんだ?

488 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 15:09:20 ID:???

>さらにいえば、否定論者はヘス証言の任意性に疑問を表明するにも、関わらず、
>こういった食い違いの場合、ヘスの証言は使用できるとしている。

こういった食い違いの示すところが、ガス殺の有無に疑いを抱かせる。
その段階で、犯罪証明に足る証拠が示されていない。

都合の良いとこ取りをしているのは検察側。

証明を省く手続きが採られた事が、裁判の不当性を示している。

489 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 15:34:05 ID:???
>どちらも信用出来ないと判断するんじゃないか?
これは、ガス殺による致死時間に関してプロート、ヘス、双方の証言は鵜呑みに出来ないという限定的な問題であって、
プロート、ヘス双方の証言の全体的な整合性を毀損するものではない。
否定派は常に、証言の一部に食い違いを発見しては喜んでいるが、
複数の証言による、証拠の収束性をきずつけるものではないことに留意すべき。

ところで、犠牲者600万人の根拠は何処からきて、その根拠の何処がおかしいか、
明確に言える否定派いないの?

楽しみに待ってるんだけど。



490 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 15:48:54 ID:???

>犠牲者600万人の根拠は何処からきて、

犠牲者 600万人の根拠はどこにも無い。

ただし、600万人と言う数字の意味ははっきりしている。
当時、シオニストがナチとの協定で、ヨーロッパからパレスチナに移住させるユダヤ人の数。

この数に基づいて、ドイツに建国費用を負担させた。名目は被害者への補償金。
ただし、解放後の収容者、犠牲者の遺族たちに直接手渡された話は聞いた事が無い。

491 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 16:08:43 ID:UJACI8fh
>>489
>これは、ガス殺による致死時間に関してプロート、ヘス、双方の証言は鵜呑みに出来ないという限定的な問題であって、

思いっきり本質的な問題だろ。
少なくとも証言の食い違いをきちんと説明する必要がある。

492 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 16:17:55 ID:???
>>490
また陰謀めいた勝手な憶測ですか?

493 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 16:23:27 ID:???
まあみんな落ち着いて連合国と枢軸の戦争があった等という欺瞞を撃ち破ろうぜ。

494 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 17:55:17 ID:???
>>490
>シオニストがナチとの協定
あー、当然確実な証拠があっての発言だよな?
状況証拠とかは無しだぜ?

495 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 20:14:39 ID:???
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/000.htm

496 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 20:39:34 ID:LRx+i1OL
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/160.htm

497 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 20:39:44 ID:???
シオニストとナチとの協定を示す文書マダー(チン

498 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 20:40:42 ID:LRx+i1OL
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/1646/1124530717/
321 名前:ソフィア先生 投稿日: 2007/01/10(水) 21:45:12 [ IRSiSvX6 ]
>320
こっちに来いと言ってやってください。
コテハンで真正面から討論しましょう。
相手が何人でもかまいません。みんなまとめてかかって来い。
------------------------------------------------------
との事だが当然行くんだよな?正史派諸君。

499 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 20:43:08 ID:LRx+i1OL
なお当然ながら「面倒臭い」とか「虎の威を借りた狐」とかは敗北宣言とみなすのでそのつもりで。

500 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 20:53:55 ID:???
どっかの川に焼いた人の灰が堆積していると聞いたことがあるのだが、
それは本当なのかい?

501 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 21:54:41 ID:???
>>498
テッソ総統乙。


502 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 22:08:21 ID:???
>>499
で、世界史の隔離スレの話題にあわせ、某歴史コンテンツに修正がかかっていたのは偶然なのか、必然なのかどちらだと思いますか?



503 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 22:13:24 ID:???
>449 :名無し三等兵 :2007/01/10(水) 19:16:45 ID:ZX6JUTDc
>各地に応援要請をしてきた。
>数日以内には貴様らもお終いって事だ。

結局誰も来ません、このスレもお客さん来ないので糸冬。

504 :名無し三等兵:2007/01/11(木) 22:25:40 ID:???
>>503
一名よく解らないのが来た以外は。

505 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 00:10:23 ID:???
シオニストとナチの協定を示す証拠はどこにあるのかのう…

506 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 00:24:16 ID:???
もう一つの例はクルト・ベッヒャーです。1944年初頭、彼はSS中佐として、
SS指導部の一員で、ハンガリーでの馬や戦略物資の調達を引き受けていました。
この関係で、ヒムラーとシオニスト組織との有名な交渉――戦略物資の搬送と交換して
ユダヤ人を釈放すること――に関与していました

http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/425.htm

507 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 00:30:04 ID:???
強制収容所のナチス運営は公正明大らしきことを叫んでみたり、強制収容所ではナチスとユダヤの陰謀が渦巻いていたり。
どっちなのよリビさんよ、ハッキリしないなぁ、

508 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 00:40:21 ID:???
>>506
>ただし、600万人と言う数字の意味ははっきりしている。 
>当時、シオニストがナチとの協定で、ヨーロッパからパレスチナに移住させるユダヤ人の数。
へー、その交渉で600万人もユダヤ人釈放したんだ。すごいね。

509 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 00:50:23 ID:???
その交渉で釈放されたユダヤ人は1685人か。
数字があるということは、そうやって釈放されたユダヤ人のリストが600万人分発見されれば晴れて
>ただし、600万人と言う数字の意味ははっきりしている。  
>当時、シオニストがナチとの協定で、ヨーロッパからパレスチナに移住させるユダヤ人の数。 
の話が真実になるわけだ。がんばれよ。

510 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 01:04:54 ID:???
600万人説の根拠何?
  一番信用できる自白した者は誰?

511 :名無し三等兵 :2007/01/12(金) 01:07:47 ID:???
>>487
証言の食い違いねぇ。
そんなの軍ヲタやって、戦史読んでりゃよくあることだが?
たとえばミッドウェー海戦時に南雲中将以下幕僚が移乗した艦は
戦史叢書によれば「野分」「風雲」駆逐艦長によれば「風雲」。
「嵐」の乗員たちによれば「嵐」という風に食い違っている。
まぁ「嵐」はその後の南太平洋海戦で、南雲中将らを移乗させてる
から、そこらへんの勘違いだろうけどねぇ。

512 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 01:29:01 ID:???
>>490

わはははははは

ヒルバーグ、シモン・ヴィーゼンタール・センター、イスラエル・ガイスト等がそれぞれに
統計資料をもとにはじき出した数字があるのよ。
そんな、基本的なこともしらないの?
見かけ倒しもいいところだな。

>>491

いいかげん、証拠の収束って概念、勉強しようね。
複数の証言が相互に補強しあう場合であって、
当該食い違いの発生する要因が十分想定しうる場合、
これ、証拠として採用されるの。
日本の刑事裁判でも一般的だよ。

で、本件に関していえば、ブロートとヘスが同じガス殺現場を描写したことを立証したうえで、
致死時間の食い違いを指摘するならともかく、
気温、犠牲者数、チクロンBの投入量等によって、
致死時間が一定の幅を持つという推定は相応の合理性が担保されてるわけ。
で、この種の証言はクラマー証言なんかとも矛盾しない以上、
食い違いを、決定的な否定的材料としたいなら、同一条件下に行われた複数のガス殺観察記録
で、致死時間の看過し得ない食い違いがあることを史料学的に証明する立証責任が否定派側にあるわけ。

頑張ってね。



513 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 01:30:29 ID:???
>>506

あのね、ソース出したつもりだろうけど、ソースになってないでしょ?
BAKなり、アメリカ公文書館にある一次資料、もしくはアイヒマン裁判の公判録から抜き出してほしいな。

ちなみにね、ハンガリーのユダヤ人が救出されたケースって、
前後関係とか明確でね、そこにおいてはSSの出番はないわけ。

あ、ちなみに、ヒムラーって英国や中東のユダヤ人を牽制するために、
イスラム教徒の取り込みをはかったって知ってるよね。
この結果、誕生したのが『ハンジャール』師団ね。

正直にいうとね、海外の否定派さんはともかく、
日本の否定派さんって、孫引きしかしないのね。
面倒でも、とりあえずはきちっと原典をよんで、その原典が何をソースにしてるとかっていう、
基本的な作業をもうちょっと頑張った方が説得力でると思うんだけどね。

514 :名無し三等兵 :2007/01/12(金) 01:52:31 ID:???
>>498
320 名前:鳶 投稿日: 2007/01/10(水) 19:10:20 [ wk0tXAIY ]
恥を承知で頼みますがこのスレhttp://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1167761618/l50
の正史派達の数が多くて負けそうです。
誰か援軍に来てくれませんか?


自分で「負けそう」って言っているということは、自分の主張に統合性が取れてないという
自覚があるってことか。
まぁ主張していることに何かしら同意できる面があるなら、自然と同じ意見を持つものが
やってくるわけだがねぇ。

515 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 01:56:34 ID:???
600万人が消え去ってしまったのか?
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/160.htm

516 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 01:58:51 ID:???
正史派のホロコーストの犠牲者数は何人?
 修正主義者の犠牲者数は何人?

517 :名無し三等兵 :2007/01/12(金) 02:02:29 ID:???
>>513
みゃー軍ヲタの中でも猛者の方々は洋書ぐらい平然と読んでますからなぁw
(いずれ私もそういう風になりたいものですが)
リヴィジョにはそういう方々がいるのだろうか?

518 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 02:06:25 ID:???
正史派のホロコーストの犠牲者数は何人?
 修正主義者の犠牲者数は何人?


519 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 04:07:11 ID:???
で、シオニストとナチは協定を結んで600万人のユダヤ人をヨーロッパからパレスチナに移住させたの?
協定文書とか命令書とか600万の裏付けとかあるの?

520 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 04:24:57 ID:???
イスラエル建国時の人口は70万人ですが、どこに600万人もいるの?

521 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 04:38:44 ID:bLl6i2vT
で、誰もhttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/1646/1124530717/には行かないのか。
やはり怖いんだな。

522 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 08:35:33 ID:???
否定派の人たちは、
ソースソースって行ってるけどさ、
インターネットの個人サイトから拾ってきたような文章をソースと言われてもねえ。

523 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 08:42:55 ID:bLl6i2vT
>>512
論点が広がりすぎるとややこしくなるからなぜ「絶滅収容所」アウシュヴィッツに囚人用のプール、劇場、売春宿があったのか説明してくれ。

524 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 08:55:46 ID:???
>囚人用のプール、劇場、売春宿
どこにそのようなものがあるんですか?

525 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 09:02:51 ID:bLl6i2vT
>>524
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/462.htm
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/cole_01.htm
http://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_07.html

526 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 09:06:40 ID:???
で、世界史板の隔離スレから来てみたワケだが。
なんかすっかり収束に向かっているようで。
ようございました。w
しかし、色んな所に救援要請してるなぁ。
maa掲示板にまで要請したのか。
よっぽど苦しかったんだなぁ。かわいそうに。
まぁ普通は議論に詰まったら、考え直すもんだけどね。
結論が先にあるから、方向修正しづらいんでしょうかね。

ところで確かに>>1には「軍事的に語る」って書かれてますな。
ここに至るまで軍事的には語られておらんワケですが。w
東部戦線の膠着による物資不足、および労働力の確保が
ホロコーストの引き金になった、てな説もあるんだが
軍板的にはそのあたり、どうなんでしょうね?
はたして東部戦線はそんなにドイツを疲弊させたのか、
それは赤軍の戦略だったのか。
ドイツの優秀な兵器類はユダヤ人労働力に支えられたものだったのか?
どうなんでしょ。

527 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 09:22:34 ID:???
追加で。
プール・慰安所・劇場ついでにオーケストラ、食堂、浴場などが
アウシュヴィッツにはあったらしいですが、
囚人用とは解っておりません。
特に「売春所」にいたっては、ほとんど資料が無いです。
証言する人も少ない。当然かもしれませんが。
全て看守用である、と言う人もいますがはっきりした根拠が
あるわけでは無いと思います。
「売春所」は収容者間にヒエラルキーを作り出す為のものであった、
という説もあります。
アウシュヴィッツ以外の収容所にも「売春所」の必要性を説く書類も
あったと思いますが。
オランダの強制収容所はそのあたりの規制が緩くて、収容者間の婚姻、
収容者チーム対看守チームのサッカーの試合などが行われた、てな話もあります。
そのあたりはオイゲン・コゴンの本に載っていたと思う。(SS国家 ミネルヴァ出版)
私が知っているのはその程度かな。

528 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 09:26:16 ID:4xmauyax
>525
また怪しいサイトから拾ってきたな、

一つ、その貯水場と呼ばれているプールが収容されたユダヤ人達の為であった証拠が無い
一つ、David Coleなる人物は一次証拠を一つも挙げていない

maaって人のサイトは読み物としては面白いかもしれないけど、
”ジョークと本気の違いがわからない人は見ないが吉!”
と書いてあるように、鵜呑みにしないほうがいいぞ。

529 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 11:37:22 ID:???
イスラエル国内のユダヤ人口は2002年現在で500万人
残りはアラブ・パレスチナ人だ

530 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 12:11:22 ID:???
600万人という数字はヨハネの黙示録に出てくる666の数字にちなんで捏造したものだと
いう否定派らしき書き込みも見たことあるなあ。
何でユダヤ人が新約聖書の内容をもとにしなきゃいけないのかと・・・・

531 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 12:18:53 ID:???
ちょっとイスラエルの人口のこと調べてみたけど、建国時70万人で建国後に移民してきた人数は
285万人なんだって、別な資料では今のイスラエルのユダヤ人の八割が元はロシア系ユダヤ人だったとも
一体ヨーロッパから来た600万人はどこに行っちゃったんだろうな。

532 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 12:51:17 ID:???

シオニストはナチとの協定で 600万人をヨーロッパからパレスチナへ移送させる予定だった。
戦況がドイツに不利になって移送を果たせなくなった時点で軸足を連合国側との協力に切り替えて、終戦となった。

解放されたユダヤ人の大半はパレスチナ以外を選択した。

シオニストはナチがかき集める約束だった 600万人について、ユダヤ人被害者と云う名目でドイツに弁償金を課した。

533 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 15:27:11 ID:???
>>527
施設は赤十字の査察用に、いかにナチが人道的かを宣伝するために造られたとなんかで
読んだけど、間違い?

534 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 15:46:24 ID:???
>>一つ、その貯水場と呼ばれているプールが収容されたユダヤ人達の為であった証拠が無い
すぐ近くに消火栓があり川もあるのになぜ貯水場を?
>>また怪しいサイトから拾ってきたな、
レッテル貼り乙。

535 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 16:09:45 ID:Ubex/NQi
>>532
>戦況がドイツに不利になって移送を果たせなくなった時点で軸足を連合国側との協力に切り替え

>>506
>もう一つの例はクルト・ベッヒャーです。1944年初頭、彼はSS中佐として、 
>SS指導部の一員で、ハンガリーでの馬や戦略物資の調達を引き受けていました。 
>この関係で、ヒムラーとシオニスト組織との有名な交渉――戦略物資の搬送と交換して 
>ユダヤ人を釈放すること――に関与していました 

切り替えてないじゃん。

536 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 16:14:48 ID:???
>>535

元々二股こう薬で、その軸足の事だよ。

537 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 16:20:25 ID:???
なんでhttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/1646/1124530717/ に行かないの?
怖いの?

538 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 16:23:28 ID:???
>>536
それでその証拠は?

539 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 17:31:10 ID:???
>>534

>すぐ近くに消火栓があり川もあるのになぜ貯水場を?
その消火栓の水源に貯水場があてられたのでしょ。
近辺に川があったとしても、水源として一定量の貯水をするのはごく普通のこと。

>>523

強制収容所に設置された売春宿に関する包括的な研究は世界的にみても少ない。

日本語で読めるものとしては、クリスタ・パウルの『ナチズムと強制売春』があり、
その中で公文書等の一次資料から、アウシュヴィッツ=モノヴィッツに囚人用売春宿があったことを事実認定している。
また、同様の囚人用売春宿が主にドイツ国内の強制収容所にあったことも間違い。
当該売春宿を利用できる囚人は、総じて、ユダヤ人でない『ドイツ人』の政治囚もしくは刑事囚で、
囚人労働隊等を管理する立場にあった特権的なカポなどごく少数。
IGフェルベンのプラントに併設されたモノヴィッツに囚人用売春宿あったことが、
ユダヤ人の大量殺戮を否定する何らの根拠になりえないことに留意。


540 :539:2007/01/12(金) 17:33:22 ID:???
訂正

第3段落3行目最後の部分。
正:間違いない。
誤:間違い。

541 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 17:37:28 ID:???
  326万人<正史派の犠牲者数<777万人

 らしい。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/160.htm


542 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 18:00:43 ID:???
>>一つ、その貯水場と呼ばれているプールが収容されたユダヤ人達の為であった証拠が無い
>すぐ近くに消火栓があり川もあるのになぜ貯水場を?
日本語わかります?
”プールが収容されたユダヤ人達の為であった証拠が無い”
と言っているだけだが。

それに証拠も無いのに
”すぐ近くに消火栓があり川もある→貯水場は必要ない”
と決め付けるのはどうかな。

>>また怪しいサイトから拾ってきたな、
>レッテル貼り乙。
レッテル貼りと言われればそれまでだが、
怪しいサイトと判断した要素として
1.一次証拠を挙げずに結論付ける。
2.勝手な憶測で結論付ける。
3.肯定側の証人は”脅迫された”と言って証拠能力を疑うが、否定側は疑わない。

543 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 18:10:48 ID:???
>>533
はい、こんにちわ。
どうなんでしょ。ハッキリ言ってワカリマセン。w
売春所などは収容者のモチベーションを上げたり、ヒエラルキー形成の目的はあったようです。
>ttp://eba-www.yokohama-cu.ac.jp/~kogiseminagamine/20060208ChristaPaul.htm
国際赤十字はテレジェンシュタットのゲットーには査察に入ったようです。
そこは偽装された見せ物用のゲットーだったようですな。
>ttp://www.law.hiroshima-u.ac.jp/profhome/nishitan/doc/01998-redcross2.htm
国際赤十字としては1944年にドイツに視察には入りましたが、それは戦争捕虜収容所です。
上のページにも書かれていますが、当時の条約には一般人の保護は入って無かったようですな。
従って、国際赤十字は一般人の収容されている所までは視察する権利も何も無かった、と。
要するにシカトしたんでしょ。
>>539
うーん、やっぱり「ナチズムと強制売春」は重要な資料ですな。
やっぱこれ、買おうかしらん。w

544 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 18:45:29 ID:ZhXEzw6d
なんでhttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/1646/1124530717/ に行かないの?
ソフィア先生に論破されるのが怖いの?

545 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 18:53:35 ID:???
>>544
今ここで議論してるんだからこちらに呼んでくれよ。
誰かが散々援軍要請してるのに、
ビビってコテハン一人も来ないじゃねえか。

546 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 18:57:35 ID:???
このスレ立てた>>1はテンプレからしても否定派ですよね?
否定派が自分から立てたくせにスレの風向きが悪くなってきた途端、
こっちの否定派のスレに来い。なんておかしいでしょう
最初からソフィア先生のHPで議論するつもりなんだったら、軍事板には立てないでくださいよ。
それかもうここで議論はせずに、ソフィア先生の掲示板でやるつもりなんだったら
早くこのスレの削除依頼を出してください。

547 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 19:01:17 ID:???
>>546
おまいはわかってないな
リビジョは誰も相手してくれないから困っているんだよ。

 か ま っ て 欲 し い ん だ よ ( w

少なくとも軍事板の他スレで、
軍事板の総意としてリビジョの勝利は決まったんだ
「正史派」は惨敗したんだよ(本当はただ相手にされないだけだが)
議論は終わった 世界史板へ帰れ ってなったのに、
まだ粘着して居座ってるわけだ。
勝ったんだから帰れよなあ(w

548 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 19:01:23 ID:???
もし>>544のスレが今のこのスレと同じようなことになったら、今度は世界史板に来いそこで論破してやる
って否定派が言い出すに一万チハタン

549 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 19:07:23 ID:???
maaって所の世界史コンテンツとやらを読んだが、
よく出典も分からないような文章であれこれ書けるよな。

550 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 19:12:06 ID:sKohv6P5
WE法案て要するに国内をそアウシュビッツ化するて事だろ。ここの入口にも労働は自由への道とかなんとか書いてあったし。

551 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 19:42:31 ID:???
名前:jumo213 投稿日: 2005/12/29(木) 13:15:57 [ sX63xo7k ]
>>歴史学の世界ではまったく相手にされてない

〜1960年 ドイツ国内のダッハウが絶滅施設の象徴→「ガス室」は公式に否定
1970年代 アウシュヴィッツTのガス室の設計図が発見される→論破。
(今では肯定派もこれを本物と主張していないらしい)
1989年 プレサックがビルケナウの「ガス室」の図面や資料を発表→「クレマU〜クレマX」の「ガス室」論破
2000年 ガス処刑は「農家のガス室」でのみ行われたという新説が発表される
(つまり、資料も実物も無い「検証しようの無いガス室」へと撤退した)

※この間、肯定派が主張する新説ではアウシュヴィッツのガス室の犠牲者は
400万→150〜100万→73万→63万→36万と一貫して減少し続けている

※最近放送されたホロコースト番組では、「農家のガス室」が
サブタイトルになっていた。ダッハウでもビルケナウでもなく、
元々殆ど存在を無視されていたはずの「農家」がクローズアップされる
状況は、これまでに行われた論争の内容を如実に表している。

 ということで、修正主義は建前上は無視されていることになっていますが、
事実として、戦後60年間、一貫して肯定派の主張は変更、後退し続けています。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/1646/1124530717/


552 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 19:43:18 ID:???
一体の焼却に必要な石炭消費量を20kgとすれば [12]、
合計で1032.5トンの石炭の搬入量を記した文書資料のある21ヶ月間で
、51625体を焼却することができたはずです。そして、この数字は、
アウシュヴィッツの死亡者名簿に登録されている数の犠牲者を焼却するのに
必要な石炭の量と一致しているのです。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/344.htm


553 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 19:44:50 ID:???
●東京大学名誉教授で中東現代史専攻の板垣雄三教授は次のように述べている。

「シオニスト・ユダヤ人により設立された『パレスチナ船舶会社』は、
ドイツ客船を購入して『テル・アヴィヴ号』と改称し、船長はナチ党員、
船尾には船名のヘブライ文字、マストにはナチスの鉤十字を掲げて、
1935年ブレーマーハーフェン・ハイファ間に就航し、移民の輸送にあたった。 〈中略〉
 1919年パレスチナのユダヤ教徒の人口は住民の9%だったが、1939年には、
パレスチナの『ユダヤ人』の人口は全体の30%を占め、
イシューヴ(パレスチナ・ユダヤ人社会)の自立的経済が成立するに至った。
1933年を転換点として、中・東欧からの『ユダヤ人』入植者が激増したからである。
ナチズムなしにはイスラエル国家の誕生はありえなかった、ともいえるであろう。」


●また、『アウシュヴィッツ/判事の証拠調べ』では、次のような驚くべき事実が
紹介されている。

「1944年という遅い時期に至ってさえ、ドイツ海軍の援護の下に数隻の船が
ルーマニアから黒海をぬけて、ユダヤ人移住者を運んでいた。」

http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html#02



554 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 19:57:44 ID:???
>〜1960年 ドイツ国内のダッハウが絶滅施設の象徴→「ガス室」は公式に否定
>1970年代 アウシュヴィッツTのガス室の設計図が発見される→論破。
>(今では肯定派もこれを本物と主張していないらしい)
>1989年 プレサックがビルケナウの「ガス室」の図面や資料を発表→「クレマU〜クレマX」の「ガス室」論破
>2000年 ガス処刑は「農家のガス室」でのみ行われたという新説が発表される
>(つまり、資料も実物も無い「検証しようの無いガス室」へと撤退した)
ソースというか証拠を持ってきてくれないと本当なのかも分からないだろ。

>※この間、肯定派が主張する新説ではアウシュヴィッツのガス室の犠牲者は
>400万→150〜100万→73万→63万→36万と一貫して減少し続けている
その 新説とやらをまず教えてくれ。

>>553
その文章がホロコーストとどのような関係をもっているのかについて教えてくれ。

孫引きされた出典の確認できないソースじゃなくてさ。
一次証拠を持ってきてくれよ。

555 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 19:59:21 ID:???
■■■第2章:「シオニスト=ナチ通商協定」(ハーヴァラ協定)の実態
■■「世界シオニスト機構」の対ナチ協力
●世界中のユダヤ人グループや反ファシズム団体は、
ナチスに対抗するためにドイツ製品の「ボイコット運動」を計画していた。
しかし、シオニスト・ユダヤ人の中にはボイコット運動に反対する者も多くいたため、
ほとんど成功しなかった。

反ボイコット派の中でも最も重要な役割を果たしたのは「世界シオニスト機構(WZO)」で
あった。このユダヤ人組織は、ドイツ商品を購入したばかりか、それをさらに販売し、
ヒトラーとその産業界の支援者のために新しい顧客まで捜しだしてやったのである。

●ヒトラーに抵抗せず、むしろヒトラーと共働しようとした「世界シオニスト機構」は、
独自にドイツ政府と交渉をはじめ、1933年8月に「ハーヴァラ協定」
(シオニスト=ナチ通商協定)を締結することに成功した。これはパレスチナへ移住する
ドイツ・ユダヤ人の資産の移転に関する協定で、双方にとって都合が良かった。
ナチスは、これによってボイコット破りに成功した。
●「ハーヴァラ協定」によって「世界シオニスト機構」はおいしい蜜を吸った。
「世界シオニスト機構」のドイツ支部は、ナチスの支配下で唯一のユダヤ人組織として
機関紙発行を許され、当局との交渉権を握り、急速に成長した。
第二次世界大戦が勃発する2ヵ月前の1939年7月はじめには、
シオニスト組織を含む全てのドイツ・ユダヤ人組織が、ナチスの御用機関
「帝国ユダヤ人同盟」にまとめられたのであった。

この間、シオニスト=ナチ交易関係は他の領域でも発展し続けた。
「世界シオニスト機構」は、1936年にはイギリスで、ナチス・ドイツの商品を売り始めた。
1937年にはカギ十字の旗の下、20万個の梱包されたオレンジがドイツに運ばれ、
更に150万個が北海沿岸の低地諸国に送られた。


556 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 20:01:27 ID:???
>>555
ソースは?www

557 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 20:06:32 ID:???
>>556

http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html#02

ここのコピペだけど

ハーヴァラ協定て有名なのか?
 有名なら簡単に見つかるんじゃないの。

558 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 20:10:13 ID:???
だから欧州戦なんて初めから無かったんだって。
一次ソースなんて誰も出せないだろ?それは捏造だからなんだよ。

559 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 20:13:55 ID:???
>>554
ここに行って聞いてくればいい。

http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/1646/1124530717/


560 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 20:42:29 ID:???
>>551
>400万→150〜100万→73万→63万→36万と一貫して減少し続けている
だから400万という数字はポーランド人犠牲者を含めた数字だと前にも出ただろうが
400万人全員がユダヤ人だという証拠は否定派も一切出せない。
ソフィア先生のところに出ている写真も40000000peopleとしか書いていなかったし
マルコポーロの記事を書いた西岡の本に出ている日本の新聞にも、ポーランド人とユダヤ人
合計400万人と書かれている。否定派の出してくるソースに「400万人全員がユダヤ人だった」
とするソースは存在しないんだよ。まあ存在していたとしても誤解した人間のものだろうけど

561 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 20:43:54 ID:???
ソースも出せないような事を書くなよ。

562 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 20:54:22 ID:???
>>555
おいおい、そのボイコット運動って
ttp://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_12.html
ここの中ほどで紹介されてる。ユダヤ人がドイツに宣戦布告の記事のことか?
この新聞にははっきりと「BOYCOTT OF GERMAN GOODS」って書いてある。
どうやら否定派はこれを根拠にユダヤ人への待遇を正当化しようとしてるみたいだが
宣戦布告とやらの内容が実はただの不買運動で実情は失敗していたのになぜ強制収容所で
隔離されることになるのか

563 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 21:04:39 ID:???
■■■第6章:同胞を裏切ったシオニスト・ユダヤ人
■■更なる告発
●最も著名なユダヤ人の立場の擁護者としての研究と著作を発表している
ユダヤ人ハンナ・アレント女史も、この問題の論争に参加している。

彼女は著書『イェルサレムのアイヒマン』の中で、ナチス当局者と
シオニスト指導者たちの間に親密な結びつきがあったことに触れ、
「同胞の移送に協力したユダヤ人自治組織もあれば、『同胞を売る』ことで
生きながらえたユダヤ人もいた」ことを指摘した。

そして、当時その3分の2がシオニストの指導下にあった「ユダヤ人評議会」の受動性と、
さらには加担の有様を示し、「ユダヤ人評議会」とナチスとの協力関係について
大変厳しい判断をした。

彼女によれば、シオニスト指導者たちは、反シオニズムのユダヤ人たちやシオニズムに
無関心なユダヤ人たちの信用を傷つけ、ユダヤ人の同化を防ぐためにナチスが
ユダヤ人をパレスチナに送り出すのを助長するため、「誇りをもって黄色いバッジを
つけよう」というスローガンの採用を迫ったという。(この本の出版後、
彼女はユダヤ人社会から袋叩きの目に遭わされている)。
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html#02


564 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 21:07:52 ID:???
>>557
ちゃんとその下の文章もコピペしとけよ。

●ところで、この「シオニスト=ナチ通商協定」について、最近の研究家の中には、
「ユダヤ人をドイツ国外へ移住させるという点で、ナチスとドイツ・シオニストの利害は一致していたのだから、
両者の協力関係は当然の流れであり、何の問題もない」みたいな肯定的な意見を口にする人がいるようだが、
これは当時のユダヤ人の心情を完全に無視した全く無責任な発言といえる。
そう主張する人は、当時のユダヤ人の多くがこの協定に対して反対していた事実を無視している。

●反シオニズムのユダヤ人で、著名な歴史研究家のレニ・ブレンナーは次のように述べている。

「『ハーヴァラ協定』がユダヤ人のたくさんの命を救ったというような言い訳は全て、
事柄を真剣に検討する埒の外としておく必要がある。……1930年代に『ハーヴァラ協定』が機能していた時期には、
できる限り多くのユダヤ人を助けるという観点からこの協定を弁護する者はまるでいなかった。
その当時の言い訳も、富を救えるというものであって、ユダヤ人の命を救うなどというものではなかった。」




565 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 21:08:54 ID:???
■■■第7章:シオニスト組織の最高幹部たちの衝撃的な発言
■■国家の建設(シオニズム)はすべてに優先する
●シオニスト組織の最高幹部たち自身の口からも、衝撃的な発言が出ている。

イスラエル国家の最初の指導者、ベングリオンは、1938年12月7日に、
シオニストの労働党指導者たちを前にして、つぎのように率直に公言している。
「もしも、ドイツにいる子供(ユダヤ同胞)をイギリスに連れて行けば全部救うことが
できるとしよう。一方、エレツ・イスラエル(パレスチナの地)に移住させたなら
、その半分しか救えないと分かっているとしよう。この場合、
どちらかを選べといわれるならば、私は後者の方法を選ぶ。なぜなら、われわれは、
その子供たちの命だけでなく、それ以上にイスラエル民族の歴史をも勘定に
入れなければならないからだ。」(『シオニストの政策とヨーロッパのユダヤ人の運命』)

「……各自の特色を見分けもせずに、希望する者は誰でも助けるべきなのか?
 われわれは、この活動にシオニストの国家主義の特色を与え、
『イスラエルの領土』またはユダヤ主義に役立つ者の優先的な救出を試みるべきでは
ないのか? このような形の設問が残酷に見えることは分かっている。だが、
われわれは不幸なことに、明確な基準を確立しなければならない。

国家建設と民族の再生に貢献し得る5万人の内の1万人か、それとも、
われわれにとって負担となる100万人以上のユダヤ人を救うことができるとした場合、
われわれは前者の1万人に限って救うべきだ。勘定外として残される100万人が、
いかに非難をし、訴えようとも、われわれは、そうしなければならない。」
(『ユダヤ機関の「救出委員会」覚書き』1943年度)
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html#02


566 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 21:09:40 ID:???
●アメリカでは「ハーヴァラ協定」に対する反対は、
数十万人のユダヤ人労働者を擁する婦人服産業の労働組合で特に強かった。
ユダヤ労働委員会議長バルーフ・チャーニイ・ヴラデックは、「ハーヴァラ協定」を推進する組織指導者ベルル・ロッカーと、
ニューヨークで公開討論を行なった。ヴラデックはベルル・ロッカーの明らかな言い逃れによってごまかされず、攻撃をやめなかった。

ヴラデックは言った。

「諸君は今から最後の審判の日までしゃべり続ければよい。しかしそれはきわめて破廉恥な二重帳簿をつけ続けるようなものだ。
誰もボイコット破りをすべきでない、しかしパレスチナのユダヤ人は別! 誰もドイツと取り引きしてはならない。しかしシオニスト機構は別! 

……『ハーヴァラ協定』の主目的はドイツのユダヤ人を救うことではなく、パレスチナの様々な組織を強化することにある。
パレスチナは近東のボイコット破りを公然と行なうエージェントになっている。『ハーヴァラ協定』のニュースが最初に明らかになった時、
ベルル・ロッカーは『シオニスト機関はひとつとしてハーヴァラとは通じていない』と言った。

……ここから私が出せる結論はただ1つ。『ハーヴァラ協定』はユダヤ人の汚点であり世界の汚点である。」

567 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 21:17:44 ID:???
イェルサレムのアイヒマン―悪の陳腐さについての報告 (単行本)
ハンナ アーレント (著), Hannah Arendt (原著), 大久保 和郎 (翻訳)

(2件のカスタマーレビュー)

568 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 21:22:16 ID:???
議論の方向がずれ始めた
このスレはもうだめだな

569 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 21:25:38 ID:???
>日本の否定派さんって、孫引きしかしないのね。

嘘つき肯定派(笑)にIHRの元ソースと元史料を示されて、正義の否定派君は今夜も慌てふためくのであった。


570 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 21:25:55 ID:???
なんだ、結局ホロコースト否定は反シオニズムの為の方便か。

571 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 21:30:42 ID:???
でホロコーストてあったの?

572 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 21:31:17 ID:???
>>570
それを言ったらホロコースト肯定はシオニズムの為の方便になる。そういう煽りはマズー

573 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 21:38:20 ID:???
>>570
違います。
反シオニズムはホロコースト否定を正当化するための方便であって。原因ではありません。末端に存在するものです
本当の根っこ、つまりホロコースト否定の根本にあるのは「中二病」です。

574 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 21:41:41 ID:???
>>573

ホロコーストの犠牲者数は何人?

575 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 21:44:22 ID:???
541 名前:名無し三等兵[sage] 投稿日:2007/01/12(金) 17:37:28 ID:???
  326万人<正史派の犠牲者数<777万人

 らしい。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/160.htm

 なんでこんな差が有るんだ?

576 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 21:49:33 ID:???
犠牲者数に差があるから捏造ならスターリンロシアの虐殺も文化大革命も、それこそ第二次世界大戦自体が捏造になりますね。


577 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 21:51:07 ID:???
>>574
↓答えてねっと

400 :名無し三等兵 :2007/01/09(火) 20:13:26 ID:???
>600万人を組織的に虐殺した筈なのに命令書、予算書、報告書、当事者の日記等が一つもなくガス殺された死体すら見つかっていない。
>信じる要素が何一つない。

600万人を組織的に虐殺したとは誰が言っているの。
議論に値する、確固たる史料と論証の提出をよろしく。


578 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 21:53:12 ID:???
結局、毒ガスで10万人の虐殺を認める者はホロコースト肯定派。
 毒ガス以外で400万人の虐殺を認めるのがホロコースト否定派。
 
 これでOK?

579 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 21:56:06 ID:???
肯定派のおすすめサイト教えて。
 日本語サイトで

580 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 21:57:42 ID:???
ホロコースト否定派って何を否定したいんだ?
・ホロコーストは無かった
・ホロコーストでは600万人は死ななかった
???

581 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 21:58:01 ID:???
IHRとmmaと歴研とかを原理的に崇めその数値を絶対化するのが否定派。
史料の研究・精査によって誤謬が改められ数値がかわるのが肯定派。

582 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 22:00:04 ID:???
>>579
wikiは見てみると概要は理解しやすい。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88

詳しい一次資料が見たければ、ドイツにでも行ってくるんだ。

583 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 22:06:50 ID:???
>>580
ガス室の存在を否定することが、否定派の最大で至高の目的らしい
だが、否定派の言う「正史派」の中にすら600万人全員がガス室で殺されたと主張する
ものは一人も居ない。ガス室で殺された人間はいろんな説があるが半分を超えるぐらい
とにかく、収容所以外で殺された人間のほうがいくらか多いくらいの数だ
つまり、収容所の外で300万人か400万人くらい殺されてるのは認めるけど
ガス室で200万人か300万人くらい殺されてるのは否定するというのが否定派のスタンス

584 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 22:08:00 ID:???
ごめん間違えた
>ガス室で殺された人間はいろんな説があるが半分を超えるぐらい
これは
>ガス室で殺された人間はいろんな説があるが半分よりも少ないぐらい
に修正しといて

585 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 22:12:22 ID:???
>>583
サンクス
しかしwikiを見てると否定派の主張というのが
ことごとく論破されているような気がするんだが
それでも否定し続けるのかね?

586 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 22:16:46 ID:???
>>585

否定派の主張ばっかりのってる気もする

587 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 22:30:41 ID:???
>>576
そういえば最近の保守派の言い分ではシベリア抑留者の数と死亡者の数が
実は公表されていた数の数倍だったとかそんな話が出てた。
つまり否定派の論理に従うならシベリア抑留は捏造ということですな

588 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 22:33:55 ID:???
そもそも死者数は”推定値”であって
誰も正確な数だとは主張してないぞ
”推定値”なのだから研究が進めば数も変わるわな
それを否定の証拠などと見なすのはナンセンスだ

589 :583:2007/01/12(金) 22:59:25 ID:???
うえでちょっといい加減なこと書いちゃった
>ガス室で200万人か300万人くらい殺されてるのは
収容所で死んだ人間もみんながみんなガス室で殺されているわけではないみたいだね。
銃殺というのもかなりあったそうで、しかし残虐性こそ突出しているもののガス殺された人間というのは
全体の割合としては、多数派でもないみたいで

590 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 23:11:11 ID:???

肯定派とは、連合国側の中心に居たイギリス行った、ユダヤ人たちの戦争協力取り付ける目的のプロパガンダ工作
で流布された「ナチ犯罪」を史実として定着させようとするもの。

その「犯罪」との対比によって、イスラエルの WWII 以後の極悪犯罪を相対化でさせて、紛らわせようと図るもの。

即ち、肯定派=シオニスト、で世界の庶民が真実を知らなければ良いとし、西側のマスコミを牛耳る事にした。
その効果を高める為に、いまや、初等中等教育の破壊にまで注力している。

591 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 23:16:00 ID:???
>>590
はいはい、ソースは?www

592 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 23:20:58 ID:???
否定派はよくレーニンなどのソヴィエトの指導者層がユダヤ人だったと言うことを主張するけど
そいつらがシオニストだったって言う証拠は一切無いんだよね。

593 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 23:21:30 ID:???
>>590
はいはい、↓逃げないで自分達が言い出したことの結論をオナがいしますよ↓

400 :名無し三等兵 :2007/01/09(火) 20:13:26 ID:???
>600万人を組織的に虐殺した筈なのに命令書、予算書、報告書、当事者の日記等が一つもなくガス殺された死体すら見つかっていない。
>信じる要素が何一つない。

600万人を組織的に虐殺したとは誰が言っているの。
議論に値する、確固たる史料と論証の提出をよろしく。



594 :名無し三等兵:2007/01/12(金) 23:36:58 ID:???
>>590
その伝でいくと、一番大馬鹿者は、某大立者をわざわざソ連へ送り返したヒトラー上等兵閣下なのだが。


595 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 00:19:33 ID:???
とりあえずだな、安易に否定する前にだ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E5%90%A6%E8%AA%8D
この辺をよく読んでおいたほうがいいぞ。

596 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 00:21:20 ID:???
あとhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E5%90%A6%E8%AA%8D%E8%AB%96%E3%81%AE%E8%80%83%E5%AF%9F
これね

597 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 00:31:36 ID:???
>>593

被害者の統計的精査で最も、包括的なものは、
イスラエル・ガットマンらによるもの。
Encyclopedia of the Holocaust (Macmillan Library Reference) (Hardcover)
ttp://www.amazon.com/Encyclopedia-Holocaust-Macmillan-Library-Reference/dp/0028645278/sr=8-1/qid=1168614890/ref=pd_bbs_sr_1/105-6492533-4347652?ie=UTF8&s=books
この中で、ナチスの支配下に入った各国毎に、
住民票、選挙人登録記録等によりナチスによるユダヤ人の拘束前のユダヤ人人口をカウント。
その後のドイツ国鉄による強制収容所移送記録、アインザッツグルッペによるユダヤ人処理報告、警察連隊によるユダヤ人殺害報告等を
積算。
戦後、原居住地に帰還、もしくはイスラエルに移住した、収容所からの生還者に広汎にインタビューし、
行方不明者・殺害が確実視される被害者総数の累計が560万から586万と弾きだしている。
当該追跡調査にはオランダ赤十字などが純粋に連行された自国民の安否確認という意味合いで参加している。
ロシア・ウクライナなど旧ソ連内の犠牲者に関しては、原則的にアインザッツグルッペによる報告のみでのカウント。



598 :597:2007/01/13(土) 00:33:09 ID:???
訂正:
8行目
積算→加算

599 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 00:45:31 ID:???

>収容所からの生還者に広汎にインタビューし、
>行方不明者・殺害が確実視される被害者総数の累計が560万から586万と弾きだしている。

ここがミソだね。前半との関係なしで、手法が恣意的。

600 :597:2007/01/13(土) 00:55:42 ID:???
>>599
まあ、いっぺん、ソースに挙げた書籍読んでみ、
俺は、ざっくりダイジェストしただけだから、
この調査の詳細を自分の目で確認した上で、
その人工統計学的手法の何処に問題があるか、論証しような。

もう一度いうけど、原典をキチッと確認するぐらいの手間かけないと、
史料の累積科学である『歴史学』上で市民権を得られないよ。




601 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 01:00:39 ID:sAFIei6l
国別でみると最大の犠牲者数を出したのはポーランドだね。

そこでギルバートの本を参考に、ガス処刑が始まってから最初の2〜3ヶ月に
ポーランドで行なわれた迫害について、とりあえず具体的な数をまとめてみた。

問題になっているのはおよそ25万人の人々の運命なんだが、俺はほとんどの
人が生き残れなかっただろうと見ている。

ホロコーストの犠牲者数の推計なんてのはそういう作業が延々と続くようなもので、
彼らが助かっている見込みなんてのはあまりないんだよね。


迫害事例のリスト(画像)
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org15142.zip.html
迫害事例のリスト(原データ)
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org15143.csv.html
ポーランド総督府の地図・地名[リストに対応](高画質)
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org15144.jpg.html
ポーランド総督府の地図・地名[リストに対応](通常画質)
http://www.dotup.org/uploda/www.dotup.org15145.jpg.html

602 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 01:02:09 ID:???

そりゃ、印象操作のプロが書いたすごい物だろうから、良くできているだろうと思うよ。

>収容所からの生還者に広汎にインタビューし、

これがある限り無価値に近いな。インタビュアー、レポータが信用できるかどうかの問題だ。

603 :601:2007/01/13(土) 01:03:45 ID:???
× 最初の2〜3ヶ月に
○ 最初の2〜3ヶ月までに

604 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 01:10:53 ID:???
>>602
原文も読まないで批判とはwww

605 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 01:13:24 ID:???
>>602
反論するにはな
何故信頼できない資料であると断定したか説明する義務があるんだぞ

>そりゃ、印象操作のプロが書いたすごい物だろうから、良くできているだろうと思うよ。
>これがある限り無価値に近いな。インタビュアー、レポータが信用できるかどうかの問題だ。
勝手な想像や思い込みではないのか?

606 :597:2007/01/13(土) 01:14:11 ID:???
>>602

だからね、自分でいっぺん読んでみなって。

ちなみにね、インタビューに一番力をいれたのは、オランダ赤十字ね。
この調査があってはじめて、アンネ・フランクがベルゲン・ベンゼンで病死したことが
ほぼ確定できたのよね。
インタビューのなかで、アンネ・フランクの死亡は2月中とほぼ間違いないとしてたけど、
尚、慎重に3月中までには死亡が確実視されるっていう線を出すだけの分別があるわけ。

この種の卓見を示した否定派文献って寡聞にして、知らんな。

607 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 01:16:37 ID:???
>>602
だろうとか思うとか感想文書いて何したいんだ?

608 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 01:20:26 ID:???
>>607
感想文じゃないだろ、夏休みの宿題の感想文はまず課題になってる本を読んでから
書くもんだ。こいつは紹介された本を一切読んでいない。
だから、これは感想文ですらない。あえて名前をつけるなら「印象文」「思い込み文」となるだろうな

609 :597:2007/01/13(土) 01:23:51 ID:???
ああ、それとね、オランダ赤十字の調査って戦後すぐに着手しててね、
ガットマンはそれを引用してる。

まあ、そう意味では、俺のオランダ赤十字の参加ってのは厳密には間違い。

とりあえず、史料出したんだから、頑張って読んで、反証あげてくれや。
もう、眠いからねるは。

ああ、ちなみに『寝る』といって、『逃亡した、だから597は『敗北宣言』をだした』って言ってくれてもええよ。
ここで、敗北宣言なんていわれても、痛くも痒くもないからね。

610 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 02:00:37 ID:???
さらに、ヘスの証言はペリー・ブロード(Pery Broad)のような元アウシュヴィッツ職員による
書面による説明とも矛盾していない。ブロードはヘスが所長だったときアウシュヴィッツに
配置されていた。ヘスの証言は、ヨハン・クレーマー(Johann Kremer)によって
綴られた日記や、何百人もの収容所警備官や犠牲者による証言とも合致する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E5%90%A6%E8%AA%8D%E8%AB%96%E3%81%AE%E8%80%83%E5%AF%9F#.E3.83.9B.E3.83.AD.E3.82.B3.E3.83.BC.E3.82.B9.E3.83.88.E3.81.AE.E8.A8.BC.E6.8B.A0

ペリー・ブロード

のちに、彼の話はもっと詳しくなりますが、それでも、焼却棟Tでのガス処刑を目撃した
のは、病院の二階に寝ていたときの「一回だけ」であったと述べています[5]。しかし、
1959年証言の信憑性も低いのです。
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/455.htm

ヨハン・クレーマー

クレマーが大量処刑を目撃してはいないことを示唆するその他の強力な証拠もあります。
批判的な分析精神を持つクレマー教授は、日記の中で、ドイツ政府に対する批判を
数多く行なっています。たとえば、1943年1月13日、フィリップ・ランナルドの
「ドイツ的物理学」説について、アーリア的科学対ユダヤ的科学という設定はナンセンスで
あり、真実の科学対虚偽の科学という設定があるだけであると記しています。
その同日、クレマーはまた、第三帝国時代の学問の検閲をガリレオ・ガリレイ時代の
状況になぞらえています。こうした、彼の人間主義的精神と自由で批判的な姿勢を
念頭におくと、数千人の命の絶滅について、とくに彼もそのような虐殺行為に
関与させられた場合、その事件についてまったく触れないというようなことは
考えにくいのです。

独立精神に富んだ教授が、ドイツ西部の大学から、数週間だけ、
アウシュヴィッツ勤務を割り当てられたという事実こそが、そこには何も隠匿すべきことが
ないとドイツ当局が考えていたことを示しているのです。

http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/453.htm

611 :名無し三等兵 :2007/01/13(土) 02:16:53 ID:???
たとえば80cmという大口径砲を搭載したグスタフ・ドーラなんか
セバストポリ要塞攻撃以降の足取りってのが、よくわかっていな
かったりする。
スターリングラード戦に使われたとか、レニングラード包囲に
使用されたとか、ワルシャワ蜂起の時に投入されたとか諸説ある
のだが、どうも実態は不明確。
そもそも輸送・設置に三千名、砲撃に五百名の要員を必要とした
とされるこの列車砲の行方がわからないとは真に不思議なことだが。
最終的には破壊された状態でアメリカ軍に捕獲されていることになる。
で、これにリヴィジョ的手法で言うならば
「セバストポリ要塞砲撃の時に破壊されたのですよ!!!111!!!」
となると思うのだが如何?
あるいは
「実はハリボテで実在しなかったんですよ!!!1111!!!!」
なんてのもありかと。
あるいは
「ドイツの技術力を誇張するためのアメリカの陰謀!!!!1111」
とか。

612 :名無し三等兵 :2007/01/13(土) 02:55:04 ID:???
ををっと、一応訂正、グスタフ/ドーラの運用人数に関してだが調べなおしたら勘違いがあった。
廣田厚司の「ドイツの火砲」によれば発射位置に設置するのに1420名の要員を必要とし、
弾薬の装填に500名の要員を必要とする、とある
有名どころのパウル・カレルの「バルバロッサ作戦」には操作・警備・補修に4120名が
必要で、操作だけに少将1名、大佐1名、兵1500名が必要とある。
で「グラフィックアクションNo28」には運用には1420名、射撃に要する人員は約500名
とある。

スマネ、シュピールベルガーの「特殊戦闘車両」は持ってねーんだよ。
「突撃砲」「軽駆逐戦車」「重駆逐戦車」は持ってるんだけどよぉ。

613 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 03:13:23 ID:???
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%AD%B4%E5%8F%B2%E8%A6%8B%E7%9B%B4%E3%81%97%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80
>ホロコーストという用語を使った一度仕損じると元通りにならないIHRの言葉ゲームの結果次第であるようだ。
>IHRの「ジャーナル・オヴ・ヒストリカル・レヴュー(Journal of Historical Review)」誌の副編集長(現在はIHRの所長)であるマーク・ウィバー(Mark Weber)
>によると、「ホロコーストという言葉によってユダヤ人に対する政治的迫害や何件かの散発的な殺害を指すならば、そして残酷な出来事があったことを指すならば、誰もそれを否定はしない。
>しかしホロコーストという用語が強制収容所における600万人から800万人のユダヤ人の計画的絶滅行為を指すならば、それは証拠のないものだと我々が考えているものだ」。

この点に関しては、このマークウィーバーという人物の言うことはまったく正しい。
なぜなら、通説側の学者にも600万人全員が強制収容所で殺されたと主張している人間は一人も居ないからだ
つまり、これを見る限りIHRの目的は完全に果たされたと考えてもいいのではないか?
少なくともIHRの目的が「強制収容所で600万人殺された」という説を修正することならば
その役目はすでに果たしている(別に修正しなくても最初から正しかったかもしれないが)
これで長い間かかった言語ゲームのルールの問題も一応の終結を見たわけだ

614 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 06:25:47 ID:???
>>「強制収容所で600万人殺された」という説を修正することならば
もともとそんな説は存在しない。

615 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 09:11:41 ID:???
>610
根本的に一次証拠に欠ける文章だとは思わないか?
結局結論は”考えにくいのです”等と憶測によって出されているし。

>強制収容所で600万人殺された
誰がそのような説を出してるのかソースを出してくれ。

616 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 10:09:17 ID:nTbFDpMB
で、誰もhttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/1646/1124530717/には行かないのか。
やはり怖いんだな。

617 :名無し三等兵 :2007/01/13(土) 10:23:39 ID:???
>>616
そういえば、応援貼りまくったのに誰もきませんなぁ。
誰もが怖がりというわけだ。約一名の勇敢な若者を除いては。
いや、むしろ蛮勇の若者というべきかな。

618 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 10:36:49 ID:???
少なくともおいらは、タコ殴りに遭いに逝こうとは思わないよ(笑)
むしろ、向こうでは、総統先生を誉め殺したり、お客をタコ殴る側だったr(ry


619 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 10:49:06 ID:???
さて、そろそろ引き上げ時だ、と思うので最後に。
やたらとmaa掲示板に誘導する、ってのはもう彼自身はワケワカラらなくなっていると言う事でしょ。
だから「有識者」と思われるmaaで他の人と話して欲しい、と。
んで資料を次々と「論破」してもらって溜飲をさげる、と。
なんも進歩しないと思いますがね。レクリェーションなんですかね。
ホロコーストってのは少なくとも何百万人かの人が亡くなった事件なので
それなりの誠意は持って欲しいと思うんですがね。

では、世界史板に隔離されに帰ろう。
史上最大の偽史 ホロコースト神話40 もよろしくね。新スレよ。w

620 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 11:27:17 ID:???
>>616
そっちの板の323の質問に説得力のある答えが出たら行ってやるよ
12/12からまともな書き込みの無い過疎スレにわざわざ行こうとは思わないんでね。
こっちとしてはそのソフィア先生とやらを呼んできてほしいのだが。

621 :名無し三等兵 :2007/01/13(土) 11:46:59 ID:???
>>616
ttp://iwatam-server.dyndns.org/software/giron/giron/
さてさてmaaのサイトの「掲示板の注意点」にはこちらへのリンクが
チャンと貼り付けてあるんだけどなぁ。
チャンと読んでみなさいよ。

622 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 14:26:31 ID:???
>ホロコーストってのは少なくとも何百万人かの人が亡くなった事件なので

こういう事をさりげなく書いて、印象操作を進めるのが正史派。
この連中は具体的な事を証拠に基づいて記述する事は無い。

623 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 15:00:41 ID:???
>>622
きみもしかしてメンヘル系?

624 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 15:25:00 ID:???
>>622
今まで幾つもこのスレでソースが出てきたじゃないか?
ログが流れ始めたからって議論を振り出しに戻すような真似は見苦しいぞ

625 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 15:39:41 ID:???
>>622
いいか、”ホロコーストがあった”というのが一般の常識となっているんだ。
その上で、”ホロコーストが無かった”と主張したいならば、
肯定派がどのような証拠から”ホロコーストがあった”と結論付けているのかを示し、
その証拠に如何なる欠陥があるのかを示さなくてはならないんだ。
肯定派がどの証拠から結論付けているのかも知らないで批判するのはナンセンスだな。

626 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 15:47:34 ID:???
ホロコースト修正主義者は価値のある議論が行なわれていると
見せかけたいわけで、そのために論争相手を求めているんだよ。

「肯定派」とか「正史派」というのは実際には存在しない。

627 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 15:57:07 ID:???
中二病患者が他人の知らない事知って得意になりたいだけなんだったら、トリビアの泉の本でも買ってその内容を他人に自慢すればいいのに

628 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 16:21:01 ID:???
>>1
・収容所が赤十字を受け入れたのは「ガス殺が始まったとされる時期」より後である。そして、赤十字は虐殺を確認していない。
ガス殺が始まったよりも後だけど、連合国軍向けの収容所や悲惨な実態をわざと隠した収容所しか見せてもらっていません
もちろん絶滅収容所を見せてもらってはいないのだ

629 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 16:33:42 ID:???
>>627
でもね、「○○は間違っている、信用できない」という論調に紛れ込ませる
かたちであることないことを教え込まれると、けっこうその内容を信じちゃったり
するんだよね。

仏教系のカルトで「親鸞会」ってのがそういう手法を活用していて、
従来の仏教を攻撃するかたちで膨大な論争マニュアルを整備し、それを信者
に覚えこませている。で、信者はつねに「敵」との戦闘態勢にあって神経を
すりへらしているので深く考える余裕がないわけだ。

ここらへんは構造的に修正主義と似ていると思う。

630 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 16:41:39 ID:???
>ガス殺が始まったよりも後だけど、連合国軍向けの収容所や悲惨な実態をわざと隠した収容所しか見せてもらっていません
>もちろん絶滅収容所を見せてもらってはいないのだ
一次史料に基づくソース。

631 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 16:44:29 ID:???
>>630
ヨコレスだが、国際赤十字が戦後に出した報告書に書いてあったよ。
修正主義者も「600万人は本当に死んだのか?」のなかで利用している奴。

632 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 16:51:37 ID:???
>>630
>>543にもその辺のことは書いてあるじゃないか

633 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 17:11:02 ID:???
>>630
http://www.icrc.org/web/eng/siteeng0.nsf/iwpList2/About_the_ICRC?OpenDocument
赤十字が否定しておりますが。

むしろ
>・収容所が赤十字を受け入れたのは「ガス殺が始まったとされる時期」より後である。そして、赤十字は虐殺を確認していない。
のソースを出してくれよ。

・死因がガス死である死体が一体も確認されていないことは肯定論者も認めている。
・証拠となる文書がただの一枚も発見できていないことは肯定論者も認めている。
・「肯定派の最高権威」ヒルバーグ氏は、「ユダヤ絶滅の文書、計画、命令、予算、部署は無かった」と結論している
・「ガス処刑」の一部始終を目撃したとされる証人はわずか6名しかいない。
・その証言さえ事実との整合性が全く無い。肯定論者にとってさえ、証言の信憑性は失われつつある。
・アウシュヴィッツの焼却炉は合計16万体の死体を処理するだけの耐久力しかない。そして焼却炉を修復した記録は無い。
・1991年に公表された公式文書によればアウシュヴィッツの囚人の死者は合計13万人。死因はチフスや自然死。
・記録によると搬入された石炭の量は自然死した死者数と合致している。すなわち、ガス処刑された大量の死体を焼却するだけの石炭は無い。
・収容所が赤十字を受け入れたのは「ガス殺が始まったとされる時期」より後である。そして、赤十字は虐殺を確認していない。
・以上のような物理赤十字の報告書には1943年から1944年の間ですら、
重労働者は最低でも一日に2750カロリーを摂取していたと記されている。
そして国際赤十字委員会は、連合軍が無差別爆撃で援助物資を届ける
ことを妨害していることに不満を訴えていた

上のすべてにおいてソースが何一つ無いぞ。

何度もいうが否定するからには
”どの証拠のどこに不備があるか”を証明してくれよ
肯定側がどのような証拠を挙げてるかも理解しないで否定するような馬鹿はいないよなぁwww

634 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 17:36:12 ID:???
よく否定派がルドルフ・ヘスが拷問されていたとのソースとして持ち出すのがこの本
ttp://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%84%E5%8F%8E%E5%AE%B9%E6%89%80-%E3%83%AB%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%95-%E3%83%98%E3%82%B9/dp/4061593900
確かにこの本には、拷問されたというようなことが書いてある。
だが、それと同時にガス殺をやった。大量の死体を焼いたとはっきりと書いてあるのだ
否定派の見解によれば、ヘスは拷問されて嘘の証言を書かされたということになっているのに
手記の捏造を担当した人間は、それと一緒に拷問の事実が書いてあることを見逃して出版を許してしまったということになってしまう。
つまり捏造した人間は、間抜けだったからうっかり見逃したという解釈しかできなくなってしまっているのだ。
もちろん否定派は、「司法取引を持ちかけられて嘘を書いたけど、応じてくれないことがわかったから拷問のことを書いた」
というもっともらしい解釈を披露してはいるけれど、この手記は書かれた後数年経ってから日の目を見たものでその間修正する
手間も暇も十分にあったはずなのである。
そしてもっと重要なことだがこの解釈には否定派がもっとも重要視する証拠が一切存在しないのだ

635 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 18:15:33 ID:a7zqINSx
>>634
証言だけで犯罪を証明できるなら痴漢冤罪など100%起こりえないね。

636 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 18:29:31 ID:???
>>635
否定派の出してくる拷問の証拠とやらはもう自己中毒状態なんですよ。
詳しく突っ込まれたら立証責任が否定派に返ってくるし
そのまま証拠とすると矛盾がどんどん出てくる。
もう、ヘスの手記に関しては否定論が入り込む間隙は残されてはいないんじゃないでしょうか?


637 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 18:34:06 ID:???
俺は懐疑派なんだけど、ここの否定派はヘタレすぎてちっとも為にならないね。
たまの書き込みもツマラン難癖や、蒸し返しばかり。
他スレにいくとするか…

638 :Mr・工房:2007/01/13(土) 18:37:52 ID:nvBHyeqV
maaのサイトでも見たら?

639 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 19:23:31 ID:???
>maaのサイトでも見たら?
一次証拠すら出していないサイトを信用しろと?www

640 :名無し三等兵:2007/01/13(土) 21:20:13 ID:???
>>638
そのサイトの
>ロンメル閣下こそ真のプロイセンの騎士 ドイツ軍人の鏡だ
に激ワロタ。
あの〜ロンメル閣下はプロイセン出身じゃないですw
田舎のシュヴァーベン地方、今のバーデン=ヴュルテンベルク州出身
なんですよw
そもそもユンカー出でもないロンメルを騎士なんて評するとは。
ひょっとしてギャグなのかな?
それに出身地無視してプロイセンの騎士とか言うと、バイエルンやザクセン
出身の人たちに怒られそうだなぁw

641 :名無し三等兵:2007/01/14(日) 00:31:00 ID:???
スパサカ、ラモス大人げなす

642 :名無し三等兵:2007/01/14(日) 01:08:44 ID:???
拷問による証言が、通常の裁判では証拠能力がないのは言うまでもないのですが、
拷問によって得られた証言が、常に嘘であるということはいえないのではないでしょうか?
いわゆる検事の作文に、拷問を持って署名させたら、無論問題にもならないのですが、
よく考えて見れば、検事が作文するためには、犯行の現場・目撃証言等に相当の知識が必要ですよね。
で、強制収容所とかの所長とか隊員とか、一箇所の捕虜収容所で尋問されたわけじゃないですよね。
それぞれの証言に『ブンカー』とか『クレマ』って言う言葉があったり、食い違いもあるけど、
共通点も多いってことは、何十とかっていう捕虜収容所の尋問担当者に、
同じ検事の作文を配布して、拷問の上、そのように証言させたってことになるんですけど、
英・米・露で一斉にそんな検事の作文を配布するって、ちょっと可笑しいと思うんですよね。
しかも、強制収容所のガス殺の細部を作文できるような知識が1945年〜47年って言う時点で、
連合国側に逢ったというのも腑に落ちないんです。
空中写真はあってもアウシュビッツって建物、ソ連軍が解放したときには、かなり破壊されてたから
どの場所を、ガス室にするとか、かってに考えるの難しいって思います。違いますか?
まあ、チラシの裏っていわれりゃそうなんですけど。

643 :名無し三等兵:2007/01/14(日) 15:37:27 ID:???
刑罰を課す目的だと拷問はやっちゃいけないし、拷問で得た自白は理由にしないというのは比較的普遍的な了解だよね。
歴史の真実を解き明かすためには拷問で得た自白も論拠とするかとなると、意見は分かれるってことなのかね。

644 :名無し三等兵:2007/01/14(日) 18:50:11 ID:???
スレ主の否定派が居なくなったな

645 :名無し三等兵:2007/01/15(月) 15:05:36 ID:???
きっと世界史板へ帰っていったんだろう。
もうこんなところに迷い込んだりするなよ。

646 :名無し三等兵:2007/01/15(月) 16:24:20 ID:vLjoZvfN
324 名前:ソフィア先生 投稿日: 2007/01/14(日) 16:32:47 [ IRSiSvX6 ]
>アメリカにはホロコーストを否定しても逮捕する法律などありません。

たしかにそうですね。アメリカには明確な法律はないです。

ただし、ホロコーストを否定すると社会的地位を失ったりするため自由にホロ
コースト否定論を述べることはできません。
「IHRは、この事実を議論する機会を与えられなかったと不平を言っている」
そうなので、事実を議論する機会を与えないアメリカの法廷では最初から勝ち目
なしです。

647 :名無し三等兵:2007/01/15(月) 17:34:31 ID:???
>ただし、ホロコーストを否定すると社会的地位を失ったりするため自由にホロコースト否定論を述べることはできません。
>「IHRは、この事実を議論する機会を与えられなかったと不平を言っている」
>そうなので、事実を議論する機会を与えないアメリカの法廷では最初から勝ち目なしです。
ソースは?
裁判の内容自体に触れず、不当な裁判であったと言える根拠は?



648 :名無し三等兵:2007/01/15(月) 20:22:40 ID:???
言論うんにゃらに関して・・・
リビに名高き通称『ズンデル裁判』のズンデル側支援者はリビジョニストと2chでサヨ・お花畑と揶揄されたりする、リベラリストの連中じゃなかったけ。
違いますかぁ。
これは何を意味しますかぁ。
分かりますぅか。分かりませんかぁ。分かっていて認ぃとめたくあぁぁりぃませぅんかぁ?モシモシ?

ご機嫌如何ですかぁ。とってもムカツイテマスカァ。どぉですかぁ?

だったら>>647氏の質問に答えてみることが出来ますかぁ。たぶん君(>>646)にはデキマセンねぇ。

つか、IHRは誰かの許可を得て書籍、リーフレットを発行しぃてるのですかぁ
たぶん、自由に発行してるとぉ思いますぅ、違いぃまぅすか?
自由に発行することが出来るから、その責任と権利を守るたぁめにぃ、裁判を受けたり起こしたりする事が出来ると思います、
こぉれが自由主義社会じゃないですか?
違うんですか。モシモシ?


649 :名無し三等兵:2007/01/15(月) 21:11:12 ID:???
>・証拠となる文書がただの一枚も発見できていないことは肯定論者も認めている。
証拠となる文書はヒムラーの報告書をはじめ様々なものが発見されている。
>・その証言さえ事実との整合性が全く無い。肯定論者にとってさえ、証言の信憑性は失われつつある。
事実との整合性というのは正確ではないが、証言間の食い違いは説明がすでについているし、証言の信憑性を損ねるものではない
>・アウシュヴィッツの焼却炉は合計16万体の死体を処理するだけの耐久力しかない。そして焼却炉を修復した記録は無い。
通説側の主張からして焼却は炉だけを使ったものでなく野外でも行われたものだということになっている。
>・1991年に公表された公式文書によればアウシュヴィッツの囚人の死者は合計13万人。死因はチフスや自然死。
これはIHRが「ゴルバチョフに教えてもらった」と主張する資料で内容そのものがはっきりしない。
>・記録によると搬入された石炭の量は自然死した死者数と合致している。すなわち、ガス処刑された大量の死体を焼却するだけの石炭は無い。
通説側の主張は、焼却は機械油の廃油やベンジンを使って行われたとなっている。そのため石炭の量を持ち出して焼却が不可能だと主張することはナンセンスである。

650 :名無し三等兵:2007/01/15(月) 21:15:46 ID:???
>・収容所が赤十字を受け入れたのは「ガス殺が始まったとされる時期」より後である。そして、赤十字は虐殺を確認していない。
赤十字を受け入れたのは、二箇所、連合国軍の捕虜収容所と絶滅収容所ではない収容所である。前者の収容所の居心地が意外に悪くは無かったことは事実のようだが後者の収容所は相当な演出と擬装が行われていた。
>そして国際赤十字委員会は、連合軍が無差別爆撃で援助物資を届けることを妨害していることに不満を訴えていた
そのような抗議を行ったという事実は存在しない。ツンデル裁判ではこの件について裁判長から「存在しない資料を使ってホロコーストを否定しようとした」と指摘されている。
>肯定論者が主張するアウシュヴィッツの犠牲者の数は400万→150万→100万→63万→36万人…と、どんどん減少しつつある。
400万人というのは、誇張が明らかだったため昔の西側の学者がだれも被害者を割り出す手がかりとしなかった数字である。
さらにソ連は「200万人のユダヤ人と200万人のポーランド人が殺された」と主張していたのであって、400万人全部がユダヤ人であるとは言っていない。

とりあえず>>1に対する反論、わかるところだけだし間違ってるかもしれないから、もしよければ追加修正を頼む

651 :名無し三等兵:2007/01/15(月) 22:16:37 ID:???
『600万人が組織的に殺害された』と言うことの史料と論証は出来ないのですか>>1と愉快な仲間達は・・・


652 :名無し三等兵:2007/01/15(月) 23:15:25 ID:???
>>650
補足
>絶滅収容所ではない収容所である。
1944年にテレジエンシュタット強制収容所が、赤十字の視察を受け入れ。
残された写真等から見て、実際に赤十字が視察したのは、併設されていたゲットーとの説もある。
視察受け入れに際し、相当の偽装が行われた。

>連合軍が無差別爆撃で援助物資を届けることを妨害している
アウシュヴィッツ近郊への爆撃が可能になるのは1944年5月以降。
アウシュヴィッツ近辺への爆撃は1944年8月20日の8キロ当方への併設工場が最初。
収容所そのものへの爆撃開始は9月以降。
1944年春以降10万人のハンガリーからのユダヤ人の移送を含め、爆撃が開始された以降も、
移送は続いている。
ヴェステルボルクからの最終移送は9月5日、テレジエンシュタットからは10月24日、ボルツァーノからの最終移送は10月28日。
同日アウシュヴィッツからベルゲン=ベンゼン向けて収容者の移送が開始。
鉄道の運行状況を見る限りにおいて、物資・人員の輸送の滞りは8月下旬以降顕著になるが、
その以前の段階で否定派が主張するような鉄道運行が大きく滞った形跡はない。

653 :名無し三等兵:2007/01/15(月) 23:16:37 ID:???
>追加修正を頼む
リビジョは議論することが目的だからかまっても意味ないよ。
1つだけレスすると、国際赤十字のネタなんか持ってきても全然意味ない。
赤十字は「中立」な組織だから枢軸国側にもちゃんと配慮する
なおドイツ赤十字の上部団体はいったいなんでしょう?
答はメアド欄 だから赤十字ネタは持ち出しても何の意味もない

654 :名無し三等兵:2007/01/15(月) 23:27:52 ID:???
そもそも当時の赤十字は戦争捕虜しか対象とされていなかったので、
民間人は管轄外。
ドイツ赤十字社社長エルンスト・グラヴィッツはそれを盾に
スイス本部からの、民間人強制収容に関する問い合わせに答えることを拒否している。

ちなみに、ホロコーストが発覚したことで戦後グラヴィッツは自殺。
リビジョの言うようにホロコーストが捏造だとしたら、
なんで彼は自殺したん?w

655 :名無し三等兵:2007/01/15(月) 23:31:37 ID:???
>>1と愉快な仲間達は・・・・
議論でさえしないよ。
議論の体裁になれば、単にURLを貼り付けられる。そして喧伝するだけ。


656 :名無し三等兵:2007/01/15(月) 23:37:26 ID:???
>>653
>>654
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/1646/1124530717/
ここで同じ事を言ってみろ。

657 :名無し三等兵:2007/01/15(月) 23:40:04 ID:???
>リビジョの言うようにホロコーストが捏造だとしたら、

リビジョニストの言う事が正しければ、戦争遂行、国家総力戦に対するリソースの無駄使い。
そのため国家社会主義左翼・同右翼残党や国粋主義者から狙われるでしょう。


658 :名無し三等兵:2007/01/15(月) 23:43:32 ID:???
ホロコーストを捏造したのが、共産主義ユダヤ人になったりシオニストになったり
リビジョの主張には統一性が見えない。

659 :名無し三等兵:2007/01/15(月) 23:44:10 ID:???
よく分からない一存で削除がまかり通る掲示板にはいきたくないづら。
ツーチョンネルは基本的に削除がないづら。きんもー★な心地よさがあるづら。

660 :名無し三等兵:2007/01/15(月) 23:44:22 ID:???
>>656
653だがめんどくさいからやだ(w

661 :名無し三等兵:2007/01/15(月) 23:48:44 ID:???
>>654
俺は否定派じゃないけど・・・・
クラヴィッツはヒトラー最後の12日間にも出てきた人物なんだが
映画ではベルリンにソ連軍が入ってきてすぐに自殺したことになってる。
軍板FAQでは人体実験などが明るみに出る直前自殺したとされている。
それは間違いなのでは?

662 :名無し三等兵:2007/01/16(火) 00:19:54 ID:???
>SSがユダヤ人を虐待することは犯罪だった。アウシュヴィッツ収容所では
>親衛隊員すべてが「私はいかなる囚人も傷つけたり殺害することを許されない」
>という内容の宣誓書に署名させられた
そりゃ、SSの治安部隊としての面からすれば当然のことだろう。
下手に私刑行為がまかり通れば、規律が崩れる。
ワルシャワ蜂起でのディレルヴァンガー特別連隊やカミンスキー旅団なんか
いい例だ。
それともSSをSAみたいなチンピラゴロツキ(だつお風)集団とでも思ってるのだろうか?

663 :662:2007/01/16(火) 00:29:11 ID:???
× ディレルヴァンガー 
○ ディルレヴァンガー


ホントややこしい名前だw


664 :名無し三等兵:2007/01/16(火) 00:33:18 ID:???
ディルレワンガ−で思い出したけど、
奴らの戦闘日誌でも、ユダヤ人とシンチ・ロマの殺害は別枠で報告してるんだよね。
無論、戦線後方の治安担当した、数多くの警察大隊(ORPO指揮下)も同じく。
で、アインザッツコマンドでしょ。

いずれも、SSの組織内だけど、命令系統って別だし、
こんなの見てると、戦線後方で活動の中に、ユダヤ人の狩り出しと殺害っての含まれるが、
SS全般の共通の了解事項にしか見えないのよ。
ってことは、組織としての虐殺行為の傍証って感じではあるなあ〜

665 :名無し三等兵:2007/01/16(火) 00:41:58 ID:???
前線の戦闘と後方でのユダヤ人狩り(パルチザン対策の一環と理解されていた)は
そんなに違和感なく結びついていたような感じでしょ。

例えばフロリアン・ガイエル(第8SS騎兵師団)は両方やってるね。

666 :名無し三等兵:2007/01/16(火) 01:24:07 ID:???
お、なんか軍事っぽい話になってきたぞ

667 :名無し三等兵:2007/01/16(火) 02:07:58 ID:???
>>664
>>665
一次史料に基づくソースは?

668 :名無し三等兵:2007/01/16(火) 02:11:06 ID:???
まあ現実にユダヤ人によるレジスタンス活動もあったわけだしね。
それによる「交戦」による死亡も
全て戦後はホロコースト扱いされているような気がする。

669 :名無し三等兵:2007/01/16(火) 02:15:40 ID:???
>>668
「交戦」というよりは「抗戦」だと思うけどね。

レジスタンスやパルチザンでも、ユダヤ人というだけで仲間にしてもらえる
ケースはどう見ても多くなかったし。

ユダヤ人の場合は自分たちがナチスに捕まりたくないばかりに森林などに
逃げ込んで、そして当局に射殺されたケースがまあ普通でしょ。

670 :名無し三等兵:2007/01/16(火) 02:36:22 ID:???
>669
「ユダヤ旅団」というユダヤ人だけのレジスタンス組織がなかったっけ?

671 :名無し三等兵:2007/01/16(火) 02:46:45 ID:???
>>670
それはレジスタンスじゃなくて、イギリス軍の一部では?

672 :664:2007/01/16(火) 09:56:41 ID:???
>>667

・ディルレワンガ−に関しては
『The Cruel Hunters: Ss-Sonderkommando Dirlewanger Hitler's Most Notorious Anti-Partisan Unit (Schiffer Military History) (Hardcover)』
ttp://www.amazon.com/Cruel-Hunters-Ss-Sonderkommando-Dirlewanger-Anti-Partisan/dp/0764304836/sr=8-1/qid=1168908117/ref=sr_1_1/102-8920221-2669755?ie=UTF8&s=books
脚注で、アメリカ国立公文書館所蔵のマイクロフィルム:中央軍集団警備部隊報告

・警察連隊に関しては
『Uniforms, Organizations & History of the German Police, Vol. 1』
ttp://www.amazon.com/Uniforms-Organizations-History-German-Police/dp/0912138971/sr=1-1/qid=1168908183/ref=pd_bbs_sr_1/102-8920221-2669755?ie=UTF8&s=books
脚注では下記の書籍からの引用となっている。
『Hitler's Willing Executioners: Ordinary Germans and the Holocaust (Paperback)』
by Daniel Jonah Goldhagen
ttp://www.amazon.com/Hitlers-Willing-Executioners-Ordinary-Holocaust/dp/0679772685/sr=8-1/qid=1168907970/ref=pd_bbs_1/102-8920221-2669755?ie=UTF8&s=books
Goldhagenの原著は未読のため、一次史料に関しては不明。
個人的見解だが、『Uniforms・・・』の著者Angoliaの過去の実績から見て、
記載内容に信頼がもてない書籍から引用はしないとおもわれるので、少なくともAngolia自身はGoldhagenの記載を信頼に値するものと考えていたのは確実。

673 :664:2007/01/16(火) 09:59:44 ID:???
>>665
>>668

俺が上げたディルレワンガーの報告を見る限り、
パルチザン何人、同容疑者何人、ユダヤ人何人、ロマ何人って報告の仕方になってる。


674 :名無し三等兵:2007/01/16(火) 11:45:34 ID:dC32PBLi
そもそも、裁判というものは、歴史問題については「政治的に正しい」判決を出す場所でしかありません。
まさしくニッコーが言うように、学問的に、実証主義的に「事実がどうであったか」を判定する、決定する場所ではありません。

特に、ホロコースト問題のように極めて政治的な問題、社会的なタブーになっている問題について、
判決それ自体を取り上げることには何の意味も無いかと思われます。
重要なのは、

「ホロコーストの実在について、どのような証拠の提示、論理の展開がなされたのか、裁判の具体的な中身」

でしょう。

もちろん、検証本で証拠が提示できていないのに、裁判で証拠が沸いて出てくるはずもないのは
言うまでもありません。


675 :名無し三等兵:2007/01/16(火) 15:24:38 ID:???
当事者の日記について質問しているやつらがいたが、それならハンス・フランクの日記があるぞ
ユダヤ人を絶滅しなければならないって断言してあるやつ

676 :名無し三等兵:2007/01/16(火) 16:53:56 ID:???
>>673
> 俺が上げたディルレワンガーの報告を見る限り、
> パルチザン何人、同容疑者何人、ユダヤ人何人、ロマ何人って報告の仕方になってる。

その仕方はアインザッツグルッペンの報告でも同じ。

ナチスの理解ではパルチザンや人民委員の処刑は直接的だが表面的な方策、
ユダヤ人やロマの処刑は間接的だがより根本的な解決をめざすやり方という感じだろう。

で、後者が今日ジェノサイド、すなわちホロコーストとして理解されているわけだ。





677 :名無し三等兵 :2007/01/16(火) 20:23:34 ID:???
ロマの話が出てきたんで、ちょっと検索して調べてみたが
彼らだけでも推定50万人(あるいはそれ以上)の人間がナチスの迫害によって
命を落したんだよなぁ。
彼らの迫害をいわゆる絶滅政策とみなすか、欧州で過去から続いた迫害の延長線上
とみなすかは別として、国家の後ろ盾もない、戦後保障も十分におこなわれていな
い彼らの問題を何故リヴィジョは取り上げないんだろうかねぇ?

678 :名無し三等兵:2007/01/16(火) 21:28:04 ID:???
>>677

1)状況がかなりの程度明らかで、目立った捏造が露見していない。
2)捏造があったとしても、それ以上の調査に呼び込む様な手掛かりがない。
3)シオニストに役立てられる手がかりが特になく、捏造も研究もされていない。

と言う程度の事だろう。
これに対してホロコーストは一般人がすぐ気付く様な捏造プロパガンダに満ちていて
ナチ被害者による指摘で、プロパガンダの修正が行われた。

その修正は根幹部分であった事から、プロパガンダ全体について疑惑を呼び、ユダヤ人を含む
多くの研究者が真偽の検証に取り組み始めた。焦点はガス殺が行われたか、明瞭な虐殺命令が存在したかの二つだ。
これに慌てたシオニストが各種補の強資料の捏造を開始したが、これらは比較的簡単に捏造がバレてしまい
ホロコースト全体についての捏造疑惑を呼び起こす事になった。これで大勢が決したかに見えた。
しかし、シオニストはドイツ政府議会を動かす力があり、言論封殺体制を作り、ヨーロッパ各国にも追随させた。


679 :名無し三等兵:2007/01/16(火) 21:48:14 ID:???
>>678
いい加減以下の質問に答えていただけませんでしょうか

『600万人が組織的に殺害された』と言いますがこの史料と論証は出来ないのですかリビジョニストの方は?




680 :名無し三等兵:2007/01/16(火) 22:09:09 ID:???
>>678
一次史料に基づくソースは?

681 :名無し三等兵:2007/01/16(火) 22:53:03 ID:???
>>678
>1)状況がかなりの程度明らかで、目立った捏造が露見していない。 
>2)捏造があったとしても、それ以上の調査に呼び込む様な手掛かりがない。 
>3)シオニストに役立てられる手がかりが特になく、捏造も研究もされていない。
そう言い切るからには裏付ける史料に事欠かないのだろうと思いきや

>と言う程度の事だろう。
予断で語ってるだけかよ

682 :名無し三等兵:2007/01/16(火) 23:11:27 ID:???
ロマの絶滅政策に関する研究はすでにけっこうあるよ。

基本書はミヒャエル・ツィンマーマンの「迫害され、追放され、絶滅させられた
――シンティおよびロマに対する国家社会主義の絶滅政策」(1989年)。

Zimmermann Michael, Verfolgt, vertrieben, vernichtet: die nationalsozialistische
Vernichtungspolitik gegen Sinti und Roma, Essen: Klartext, 1989

これに対する批判や異論もすでにいくつかあったと思う。

683 :名無し三等兵:2007/01/16(火) 23:22:28 ID:???
>>678

すまんが、以下の具体例を挙げてくれないか?
(1)一般人がすぐ気付く様な捏造プロパガンダに満ちていて→?
(2)ナチ被害者による指摘で、プロパガンダの修正→?具体的に被害者とは、誰?
ちなみに被害者って何の?
(3)その修正は根幹部分であった事→どういった修正でどう根幹にかかわったのか具体例で説明請う?
(4)シオニストが各種補の強資料の捏造を開始したが、これらは比較的簡単に捏造がバレてしまい→具体例を教えてくれ?
(5)これで大勢が決したかに見えた。→何処で、何時そういった事態にいたったの?

あ、当然、ソース付でね!

684 :名無し三等兵:2007/01/17(水) 16:42:16 ID:???
うるさい!

685 :名無し三等兵:2007/01/18(木) 18:46:42 ID:???
>>677
ロマ族は本当に絶滅しかけたことと、ユダヤ人のようにイスラエルや
在米ユダヤ人ロビー団体のような強力な後ろ盾を持っていなかったため、はっきりいって
あんまり騒がれなかったから、ドイツ政府もユダヤ人に比べると補償に消極的でみんな黙ってるから、
無視しておこうって態度をとってるとどっかで聞いたような・・・



686 :名無し三等兵:2007/01/18(木) 19:09:08 ID:???
>>685
では、お約束
「どこで聞いたかソース付きで」

687 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 00:26:51 ID:Vl6+Cix3
色々話が逸れたが結局ユダヤ人に対するガス室を使った組織的計画的虐殺の証拠は何一つ出せなかった様だな。

688 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 00:31:37 ID:HeCgx0kT
>>687
何度も言うが、あったということが通説な以上”ホロコーストはあったとされる証拠の不備”を証明しなきゃいけないんだよwww


689 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 00:37:12 ID:???
>>687
いい加減以下の質問に答えていただけませんでしょうか

『600万人が組織的に殺害された』と言いますがこの史料と論証は出来ないのですかリビジョニストの方は?



690 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 00:54:21 ID:Vl6+Cix3
>>『600万人が組織的に殺害された』と言いますがこの史料と論証は出来ないのですかリビジョニストの方は?
は?
それは正史派の仕事だろ?

691 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 02:01:13 ID:???
>>690
いままでに幾つもこのスレでリンクが貼られていますね。
ログが流れ始めたからといって議論を振り出しに戻すような真似は感心しませんな。

692 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 03:08:35 ID:???
>>688
なんで通説なのかってところじゃないの?
通説になるにはそれ相応の資料があるはずだとは思うけど。

なんだかんだ言ってこのスレも700近いな。

693 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 03:39:20 ID:???
>>692
「通説」の定義から説明しないと否定派にはホロコーストが理解できないのでしょうか?
そりゃこんな定義論争を相手が答えられなくなるまで繰り返してれば何時かは黙ることになるわ
本当に極限まで質問を繰り返していけば、それこそ量子力学から相対性理論まで説明しなきゃいけなくなるだろうしな
それを否定派は否定論の勝利、すなわちホロコーストの否定という結論に持っていってたんだな
もうこれは議論そのもののやり方を間違っているから、議論ですらないんじゃないか?

694 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 06:15:11 ID:???
>>693
> 「通説」の定義から説明しないと否定派にはホロコーストが理解できないのでしょうか?

いやそんなことは誰も聞いてないんじゃないか。

695 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 10:23:13 ID:???
否定派の人々はそろそろ、何故、自分達の主張が受け入れられないのか、
真摯に反省すべきじゃないかな?

仮に将来、決定的な証拠が出てきたとしても、
やれ、捏造だ、なんだって難癖つけて、否定しようとするだろうからね。

確かに、多くの識者が言うように、これ一つをとって、アウシュヴィッツのガス室で、
ユダヤ人が大量に虐殺されたことを示すものはない。
しかし、様々な立場の人物からの証言、各種の文書(ガス室の設計図、その発注書等)、航空写真、
等が相互に決定的な矛盾を指し示すことなく、相互に補完しあって、
『帰納的一致』として『アウシュヴィッツのガス室で、計画的にユダヤ人の大量虐殺が実行された』と言う事実認定がなされたということを、
もう少し勉強したほうが良い。

このレスでも、通説を支持する側からは様々な角度から書かれた文献等へのリンクが張られたが、
否定派から張られたリンクは詰まるところIHRのパンフレットでしかない。

否定の立場を貫き通そうとするなら、時間も労力もかかる地味な作業をこつこつ積み重ね、
状況証拠であっても、説得力を持つだけの論理展開をするべき。


696 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 10:35:35 ID:???
スレが一気に整理されてるけどなんで?

697 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 11:47:50 ID:???
>相互に補完しあって

いたものが順次ねつ造と判明したから、全体が疑われている。

698 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 11:50:04 ID:???
>>697
はいはい、一次証拠付のソースは?www

699 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 11:50:13 ID:???
>>697

お約束で、具体例とソースをどぞ?



700 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 11:56:53 ID:???
ところでさ、ヴァンゼー会議って、ヤド・ヴァシェムだっけ、国立ホロコースト博物館が否定したって、聞くんだけどなんかちゃんとしたソースあるん?
誰かエロイ人教えて?

701 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 17:30:31 ID:???
>>55

でも筆跡を見ると明らかに別人。

> Subject21: 本物のアンネ・フランクの筆跡はどれか?
> ttp://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_21.html

702 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 18:21:06 ID:???
>>701
そこの写真だけど同じページに二種類の筆跡で書いてあるんだね。
捏造したやつって馬鹿だったの?

703 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 18:21:49 ID:???
アンネの日記は戦後親父がボールペンで注約を付けた箇所がいくつもあるから
それを混同しているのではないかと

704 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 18:29:30 ID:???
>>701
オランダ国立法科学研究所の鑑定書、ちゃんと確認しましょう。
筆記体、活字体双方とも、隠れ家生活前に親戚や友人宛てた手紙・寄せ書き等が残ってて
それぞれについて、厳密に科学的に鑑定され、アンネ・フランクの真筆とされている。


705 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 19:20:50 ID:???
筆跡が一見違ったものに見えるのは、成長の過程で筋力が変わったせいで
筆圧が強くなり、そうなったものだと説明されていますね。
この現象は一般的に見られるものだそうです。

706 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 20:10:07 ID:???
>>705
たった四ヶ月で?

707 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 22:23:15 ID:???
>>>『600万人が組織的に殺害された』と言いますがこの史料と論証は出来ないのですかリビジョニストの方は?
>は?
>それは正史派の仕事だろ?

はいはい、早く、『600万人が組織的に殺害された』ソースを出してくださいね。
もしかして、これってEEガカリって奴ですか?
いやむしろ、リビのEEガカリでFA?


708 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 22:24:32 ID:???
>>705
でも片方は明らかに子供の字なんだが。

709 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 22:30:01 ID:???
>>708
はいはい、過去スレで散々既出ネタを又もジサクジエンですか?
早く、『600万人が組織的に殺害された』ソースを出してくださいね。


710 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 22:38:11 ID:???
『600万人が組織的に殺害された』ソースも知らないでホロコーストは無かったと主張していたんですかwww

711 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 22:42:33 ID:???
>>710
おっと、失礼。アンカーつけ間違ったようです・・・orz
この質問(>>709)は、否定派と称する方に向けたものです。



712 :名無し三等兵:2007/01/19(金) 22:43:31 ID:???
アンネの日記では無かったと言うソースはまだ?

713 :名無し三等兵 :2007/01/20(土) 00:31:01 ID:???
>>701
残念ながら俺には筆跡を鑑定するような能力は持ち合わせてないからな。
「筆跡は別人の者」という具体的な鑑定結果があるなら教えてくれよ。
それとも君が筆跡鑑定にそれ相応の実績があるというなら別だがね。

714 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 02:36:09 ID:PTUVuJiL
アンネの日記にはガス室などの描写が無いので日記に大した価値は無い。
アンネがアウシュヴィッツで死なずにベルゲンベルゼンでチフスで死んだ事実の方が重要。

715 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 07:23:41 ID:???
>>713
筆跡が少しでも似てたらともかく・・・・

716 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 07:49:11 ID:???
ホロコーストの有無について今世紀中に解決しそうかね。

717 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 09:20:30 ID:???
アンネの日記には、将来作家として日記を発表したいという夢をもったアンネが、
発表のために、大人向けに清書したものがある。
一方よく比較される葉書や手紙は、友人あてのものだから、堅苦しくないくた
けだ感じの文字。
ペン習字の文字と、いわゆる漫画文字っぽいやつを比較して同一人物かどうかは
専門家でないと判定できない。だいたい子供の頃書いたものの筆跡なんてその時
その時で全然違う場合がある。

ボールペンは他人のメモ書き部分もあるが、そのほか日記の一部もボールペンで
書かれているとされたので、裁判になった。
裁判では不思議なことに、どの部分がボールペンで書かれているのかを、誰も指摘
できなかった。
よって、そんな部分はなかったという判決。
そもそも、それ以前に日記の紙やインクについては厳正な鑑定で本物だと認定され
ている。

否定派はアンネの日記はホロコーストの証拠にはならない、(俺もそう思うw)と
主張しながら、必死で偽物説を流布しようとしてる姿は、笑ってしまう。

ちなみに、俺は懐疑派。


718 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 14:04:40 ID:CeBGZ70i
>>717
>否定派はアンネの日記はホロコーストの証拠にはならない、(俺もそう思うw)と
>主張しながら、必死で偽物説を流布しようとしてる姿は、笑ってしまう。
ルドルフ、グラーフ、マットーニョはアンネの日記を重要視していない。
http://www.gilad.co.uk/html%20files/atzmongreensteindebate.html
Holocaust Denial is in itself a Zionist terminology and I refuse to accept it or to use it.
ホロコースト否定論それ自体がシオニストの専門用語。
ホロコースト修正主義もしくはホロコースト見直し主義と言うべき。

719 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 15:06:52 ID:???
オランダ国立戦時資料研究所が1985年12月20日,国立法科学研究所に筆跡鑑定等を
依頼し,得た鑑定結果.

 (1) 「日記帳1」と呼ばれるサイン帳型のアルバムの筆跡は,
確信に近い確率をもって,比較基準(アンネ・フランクの知
人・友人・遺族から提供された,アンネ直筆の手紙など)の書き手,
アンネ・フランクの手になるものと見なしうる.

 (2) 「日記帳2」と呼ばれる黒の堅表紙,黒のクロス装丁を施した
雑記帳は,先に検討された「日記1」,およびアンネ・フランクの
標準字体の筆跡と,確信に近い確率をもって,同一人物の手になるものと
認められる.

 (3) 「日記帳3」と呼ばれる緑色と金色のまだらの堅表紙,黒の
クロス装丁を施した雑記帳と,「日記1」,およびアンネ・フランクの
標準字体の筆跡は,確信に近い確率をもって,同一人物の手になるものと
認められる.

 (4) 「ばらの用紙」と呼ばれる,3つのフォルダーに収められている,
ばらばらで罫のない紙に見られる筆跡は,先に説明した「日記2」と「3」に
見られる筆跡,および,先に説明した「日記1」と,アンネ・フランクの
標準字体の筆跡と共に,確信に近い確率をもって,同一人物の手になるものと
認められる.

鑑定結果を覆したいなら、その論拠をどうぞ。
「素人の見た目」じゃなくてプロの艦艇の結果をどうぞ。

720 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 15:59:14 ID:???
>プロの艦艇の結果

ここらへんが軍板らしくていいなw

721 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 19:11:45 ID:iLDrMGwx
>>719
714 :名無し三等兵 :2007/01/20(土) 02:36:09 ID:PTUVuJiL
アンネの日記にはガス室などの描写が無いので日記に大した価値は無い。
アンネがアウシュヴィッツで死なずにベルゲンベルゼンでチフスで死んだ事実の方が重要。

722 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 19:19:49 ID:???
>>721
話をそっちにもっていったってことは、筆跡やボールペンによるデマを認めたって
ことかなw

723 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 19:26:18 ID:9lNEpJ1C
よくわかんないんだけど、400万人とかの死体をどうやって処理したの?
一日1000人殺して処理しても一年で36万人、11年でやっと400万人か。
死体処理係だけで、ナチは何十人もの人間を配置していたのかなあ?

724 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 19:33:30 ID:pkGN4eeX
>>723
世界史板から、もうずぅっと返答をお待ちしているですが・・・

>>>『600万人が組織的に殺害された』と言いますがこの史料と論証は出来ないのですかリビジョニストの方は?
>は?
>それは正史派の仕事だろ?

『600万人が組織的に殺害された』について史料と論証をおながいいたしますヨ。



725 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 20:23:42 ID:???
>>723
アウシュヴィッツは沼沢地に面していた為、焼いた灰はそこに流していたらしい
ちなみに埋設された灰の堆積層も発見されているとか
詳しいことは専門家じゃないから知らん

>>724
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E5%90%A6%E8%AA%8D%E8%AB%96%E3%81%AE%E8%80%83%E5%AF%9F#.E3.83.9B.E3.83.AD.E3.82.B3.E3.83.BC.E3.82.B9.E3.83.88.E3.81.AE.E8.A8.BC.E6.8B.A0
これでもよく読んでろwww

726 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 20:26:05 ID:???
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E5%90%A6%E8%AA%8D%E8%AB%96%E3%81%AE%E8%80%83%E5%AF%9F#.E8.A8.BC.E6.98.8E.E8.B2.AC.E4.BB.BB
否定するのはいいが↑をよく読んでから発言してほしい

727 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 20:42:11 ID:9lNEpJ1C
>>725
でも一日に1000人とか焼いて灰にして捨てられるものなの?
超大規模のプラントが必要じゃないの?

728 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 20:59:24 ID:???
>>725
あんさんには聞いてないどすw
600万人ガス殺されというのは捏造だから、ホロコーストは捏造とか言い出した旦那はんが居りますた

リビジョニストが言う
『600万人が組織的に殺害された』に反論するなら、
その説がどこにあるのか
リビジョニストに聞いてるんどす。


729 :725:2007/01/20(土) 21:11:02 ID:???
>>728
それはすまなかった

>>727
全ての死体を焼いていた訳ではない

730 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 21:32:23 ID:???
>>717
あれだけ違う文字を見て同一人物と鑑定したとするならば
鑑定士に政治的圧力が掛かったんじゃないかな? 

幼稚な字を書く子供が、幾ら頑張っても大人のような字は書けないからな〜

731 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 21:37:12 ID:???
>>717
>否定派はアンネの日記はホロコーストの証拠にはならない、(俺もそう思うw)と

単にこの問題の入り口として利用してるだけだよ。そう言えば「600万人」説も
「実際は100万人ほどだった」と肯定派の間で下方修正されているとか

732 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 21:56:29 ID:7Ks0z5EQ
>>730
はいお約束
>鑑定士に政治的圧力が掛かったんじゃないかな? 
政治的圧力がかかったって言う証拠は?


733 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 21:59:49 ID:???
>>732
>証拠は?

取り敢えず小学生の字と達筆な大人の字の区別くらいはつく、自分の目かな?

734 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 22:05:55 ID:???
>>733
お前の目なんかお呼びでないよ

735 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 22:33:43 ID:???
リビジョニストが言う
『600万人が組織的に殺害された』に反論するなら、
その説がどこにあるのか
リビジョニストに聞いてるんどす。


736 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 22:51:59 ID:wqZJSfiI
>>735
>『600万人が組織的に殺害された』に反論するなら、
その数字の算出に使ったユダヤ人の定義は何。
旧ソ連のユダヤ人の定義とナチスのユダヤ人の定義は同じではない。

737 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 22:58:52 ID:???
ソ連が国内で適用していたユダヤ人の定義と、ソ連を占領したドイツが占領地域で
使ったユダヤ人の定義は同じだよ。

738 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 23:08:00 ID:wqZJSfiI
>>737
ユダヤ人と自己申告していない隠れなどのユダヤ人をどうやって見分けたんだ。
8分の1ユダヤ人なら尚更だが。

739 :名無し三等兵:2007/01/20(土) 23:12:24 ID:???
>>738
隠れも何も、ソ連当局が把握していたユダヤ人をそのままユダヤ人としたんだよ。
接収したソ連の行政文書をそのまま利用するのが効率的だったわけだ。

740 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 00:03:51 ID:84eSsNOq
>>739
旧ソ連は自己申告制でユダヤ人として申告しなかった
8分の1ユダヤ人をいぶり出した証拠を出してくれ。
更にナチスの兵士などにも身分証明書などを偽造した
隠れユダヤ人が潜り込んでいたのに隠れユダヤ人がいない根拠は何。

741 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 00:07:37 ID:???
>>740
ドイツより東方の話だぞよ? 何で混血が問題になるのか。
基本が分かってないな。

742 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 00:15:59 ID:84eSsNOq
>>741
隠れユダヤ人と8分の1ユダヤ人をいぶり出した実証主義的な証拠を出してくれ。

743 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 00:26:43 ID:???
>>742
くだらん。

だいたい8分の1ユダヤ人は、そういう概念が問題となったドイツ領内に
おいてもそもそも移送の対象ではないよ。
彼らは、逆に考えれば、8分の7ドイツ人なわけだからね。

そしてドイツより東では混血の問題は重要ではない。
なぜならドイツ人の血が混じっているわけではないので保護する価値がないから。

744 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 00:39:25 ID:???
>その数字の算出に使ったユダヤ人の定義は何。
>旧ソ連のユダヤ人の定義とナチスのユダヤ人の定義は同じではない。

は?

リビジョニストの中の人ですよ『600万人が組織的に殺害された』説に反論すると言い出したのは、
だ・か・ら、リビジョニストの方に『600万人が組織的に殺害された』説のでもとを尋ねているわけですよ。


745 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 00:48:30 ID:84eSsNOq
>>743
口ではなく実証主義で明らかにした証拠を見せてくれ。
口では何とでもいえるから。

>>744
>『600万人が組織的に殺害された』
『600万人が組織的に殺害された』証拠は何。
死体はどこよ。
何で死亡したって言い切れるのさ。
消えただけかもしれないだろ。

746 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 00:48:43 ID:yaxeHO/3
あのさ、俺は軍事版の人間だから、正史派とか修正派とか良く分からないんだけどさ・・・
ユダヤ人に対する虐殺(特別行動隊・警察連隊・シューマ・髑髏部隊ぜ〜んぶ合わせた)が無く、
ドイツはユダヤ人を保護したとか、収容所では人間らしく扱われてたとかが正しいなら、

ライヒ保安本部と経済・管理本部の対立の話も、ポーランドでの国防軍と親衛隊=警察の軋轢の話も、ロシアでの
特別行動隊と国防軍の心温まる協力関係の話も、作り話だった訳・・・?

虐殺者数が600万じゃ多すぎるから正確な被害者数を調べる!ってのなら分かるが、ガス室やらホロコースト自体の
存在を否定しといて、正史に代わるストーリが存在しないのはおかしい。
話を読んでて、全然面白くないな。軍事版の人間として


747 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 00:53:02 ID:???
>>745
口からでまかせで見当違いのことを言ってるのは明らかにそっち。

ヒルバーグ、永岑の「ソ連占領政策と民衆」あたりを読むといいよ。
ガス室に関係ない本もしっかり押さえるべし。

748 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 00:58:21 ID:???
>>745
では>>373氏は何?

749 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 01:03:28 ID:84eSsNOq
>>747
隠れユダヤ人をいぶり出した方法
8分の1ユダヤ人ををいぶり出した方法
身分証明書を偽造したユダヤ人をいぶり出した方法
旧ソ連のユダヤ人の定義をナチスの定義に変換した方法
上記の事は何ページに書いてあるの

750 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 01:06:00 ID:???
>>749
隠れユダヤ人って何? アンネ・フランクみたいな人かな。

751 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 01:06:52 ID:???
>>749
一冊丸ごと読みましょう。


752 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 01:11:27 ID:YBrsRciz
>>746
そもそも、ヒトラーのユダヤ人絶滅計画とか言う時点で嘘。
実際には、そんなものは発見されてない。
疑うなら、自分で調べてみたら良い。
正史派の学者(例えばヒルバーク)もヒトラーは絶滅計画を
立ててない。と言う事をしっかりと認めている。

ヴァンゼー会議も、開催されたというメモ数枚が見つかっているだけで
在ったどうか判らない。
しかも、そのメモがどういう経緯で見つかったか、いまだに発表されてない。
ニュルンベルグ裁判の検察局のケンプナーが捏造したとする説もある。

ttp://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/000.htm
ホロコーストの疑問点についてまとめてある。

753 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 01:12:07 ID:zYrolEgR
>>749
『ヒトラー全記録』買ってよめば、ナチス政権が合法的にユダヤ人を排除する法案を立案・認可・執行していったのが時系列でよく分かるよ。


754 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 01:18:08 ID:YBrsRciz
「結局、ユダヤ人の絶滅は法律や命令の産物というよりも、精神とか、共通理解とか、一致や同調の問題であった。
この企てに加担したのはだれなのか。この事業のためにどんな機構が作動したのか。絶滅機構はさまざまなものの集合体であった
―――全作業を担った官庁はなかった。…
ヨーロッパ・ユダヤ人を絶滅するために、特定の機関が創出されることはなかったし、
特定の予算も割かれなかった。それぞれの組織は絶滅過程においてそれぞれの役割を果たし、
それぞれの課題を実行する方法を発見せねばならなかった。」

(ラウル・ヒルバーグ、望月その他訳『ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅』(上)(下)、柏書房、1998年、44、50頁)
このように、ヒルバーグは、ヒトラーや官僚の命令がなかった事は認めざるを
えない状況になっている。

755 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 01:21:53 ID:???
>>752
ヒルバーグが書いているのは、

ヒトラーは演説によって影響力を行使し、ナチ幹部に彼の期待や希望を語る
ことによってユダヤ人移送を殺戮政策へと結晶化させ、ユダヤ人の肉体的絶滅を
命令し、ユダヤ人移送の具体的時期を決めたということだよ。

「絶滅計画を立ててない」ってのはどういう意味か知らないが、まあたしかに
指導者一人がシコシコ書くのはむりだろうな。

756 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 01:22:26 ID:zYrolEgR
>>754
おまえ、自分が何を引用したのか わ か っ て 書き込んでいるのかウェウェウェw


757 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 01:25:15 ID:???
命令書抜きの意図論だのガス室抜きの機能論だの揶揄されるわけだ>否定厨

758 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 01:27:45 ID:84eSsNOq
>>753
読んでいるのなら何ページなのか示して下さい。

759 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 01:29:26 ID:???
>>758
買えw


760 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 01:31:26 ID:YBrsRciz
>>756

まあ、落ち着け。
ヒルバーグの「ヨーロッパ・ユダヤ人の絶滅」には1961年の初版が1985年の改定版が
あったのを知ってるのか?

1961年の初版では、ヒルバーグは、ヒトラーの二つの連続命令が
あり、一つはロシア系ユダヤ人を殺害する命令、
第二は、ドイツの支配下にあるその他のユダヤ人すべてを
絶滅する命令であったと記している。
彼は、これらの命令についての資料的な証拠を提示していない。当該の頁を引用しておこう。

「一つの命令は、ソ連邦への侵攻が計画中の1941年春に出された。
SSと警察がソ連領に派遣され、町から町に移動して、ユダヤ住民全員を
即座に殺害することになっていた。
この方法を『移動殺戮作戦』と呼ぶことができるであろう。
移動殺戮作戦が占領下のソ連地区で始まった直後、ヒトラーは、
第二の命令を手渡した。
この決定は、残りのヨーロッパ・ユダヤ人の運命を定めた。」

1985年に、第二版、「決定版」が登場しているが、
そこでは、これらの幻の命令は二つとも、まるで最初から無かったかのように
あとかたもなく消え去っている。

つまり、ヒルバーグはヒトラーの命令があった事を捏造したが
その後に、嘘だと認めたと言う事だ。

761 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 01:35:02 ID:???
>>リビジョニスト様
>>373の書き込みに関する見解は無いのw

>600万人を組織的に虐殺した筈なのに命令書、予算書、報告書、当事者の日記等が一つもなくガス殺された死体すら見つかっていない。
>信じる要素が何一つない。
>逆に聞きたいんだがアンタはなんでホロコーストを信じてるんだ?

『600万人を計画的に虐殺した』説なるものがあるようなのだが
何処にあるのよ。


762 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 01:37:59 ID:zYrolEgR
つうことは、命令も無いのにあーんなことやこーんなこともしちゃったってこと?


763 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 01:38:27 ID:???
>>761
373の何処がおかしいのか判らん。
600万が組織的に殺されたというのが
正史派の主張だろ。
違うのか?

もっとも、ホロコーストというのは、1978年にできた
アメリカ映画で初めて使われた名称で、それまでは
虐殺などと言う意味は無かったのだが。

764 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 01:39:29 ID:???
>>760
だって昔は独ソ戦の開始前に絶滅の指示が出ていたと考える説が有力だったからなあ。
ヒルバーグは第2版では鍵となる証言の信憑性を問題にして、その説から離れているな。
上巻の222ページがそうだろう。

765 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 01:42:46 ID:YBrsRciz
>>762

というか、ゲリラの掃討とそれに伴う民間人の犠牲はあったが
計画的や命令に基づいた虐殺は存在しなかったというのが
我々リビジョニストの主張だ。

最も、掃討戦に伴う民間人の犠牲もゲリラが、不正戦闘を
行なったから出たのであって、ドイツ軍側には落ち度が無いというのは
国際戦時法に照らしても明らかだ。


766 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 01:43:04 ID:84eSsNOq
>>759
読んでいるのにページ数を出せないはずがないのでページ数をお教え下さい。

767 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 01:43:15 ID:???
はぁ?

>600万が組織的に殺されたというのが
>正史派の主張だろ。

誰がこのような事を述べているのか史料をおながいしますと、なんども書き込ませないで下さい。
誰が『600万が組織的に殺されたというのが 』と述べているのかですよ。


768 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 01:49:20 ID:???
>>767
リビジョニストが活躍しているから
今は、そんな事言っても大丈夫だが
ほんの10年前だったら、袋叩きだぞ。

じゃあ、君のホロコーストとはどう言うものなんだ?

769 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 01:57:28 ID:???
42年6月までのポーランド総督府でのユダヤ人迫害事例だが、例えば
こういうのがホロコーストだろう。

【ワルシャワ管区】

日付   人数   概要
42.02   4618  餓死。ワルシャワにて。[G:89]
42.03   4000  餓死。ワルシャワにて。[G:93]
42.04   4432  餓死。ワルシャワにて。[G:96]
42.05   3636  餓死。ワルシャワにて。[G:98]
42.05.07  2500  ソビボル収容所に移送。リーキから。[G:99]
42.05-10 数百人 脱走。ワルシャワから。生き残りほとんどなし。[G:102]
42.05-10 50    脱走。トレブリンカから。生き残りほとんどなし。[G:102]
42.05-10 4000  森林地帯(パルチェフ付近の)に逃げ込む。ワルシャワ管区
           南部から。生き残りほとんどなし。[G:102]
42.06   4000  餓死。ワルシャワにて。[G:105]

[G:] ギルバート「ホロコースト歴史地図」のページ数。

770 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 01:58:20 ID:???
『600万が組織的に殺されたというのが 』については誰も確たる論証を行えないと言う事で

リビジョニスト、修正主義、否定論の方がミスリードを行ったと言う事で宜しいですね。


771 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 02:02:09 ID:???
【ルブリン管区】

日付   人数   概要
42.01  1000  チェシャノフの奴隷労働キャンプに移送。ベルスから。生き残りほとんどなし。[G:89]
42.02.25  1500  チェシャノフの奴隷労働キャンプに移送。トマシュフ・ルベルスキから。生き残りほとんどなし。[G:89]
42.01  96  射殺・殺害。ヴウォダヴァ西部でゲットー移送中に脱走したユダヤ人を探索。[G:89]
42.03.17  1600  ベウジェツ収容所に移送。ルブリンから。[G:91]
42.03.17  843  ベウジェツ収容所に移送。ドゥビエンカから。[G:91]
42.03.17  1343  ベウジェツ収容所に移送。フルビエシュフから。[G:91]
42.03.17  500  ベウジェツ収容所に移送。ベウジェツ村から。[G:91]
42.03.17  十数人  ベウジェツ収容所にて殺害。キャンプ建設に従事していたルビチァ・クロレフスカ村(ベウジェツの南東約8km)のユダヤ人。[G:91]
42.03.18-25  10000  ベウジェツ収容所に移送。ルブリンから。[G:93]
42.03  2000  ベウジェツ収容所に移送。カジミェシ・ドルニィから。[G:93]
42.03  1500  ベウジェツ収容所に移送。ヴァヴォルニツァから。[G:93]
42.03.31  3000  ベウジェツ収容所に移送。オポーレ・ルベルスキエから。[G:93]
42.03  3400  ベウジェツ収容所に移送。ピヤースキから。[G:93]
42.03  272  ベウジェツ収容所に移送。シェニツァ・ロザナ(クラスニスタフ近郊)から。[G:93]
42.03.24  2200  ベウジェツ収容所に移送。イズビツァ・ルベルスカから。[G:93]
42.03  数百人  ベウジェツ収容所に移送。ザモシチから。[G:93]
42.03  2500  ベウジェツ収容所に移送。ビウゴライから。[G:93]
42.03  数百人  ベウジェツ収容所に移送。トマシュフ・ルベルスキから。[G:93]
42.04.09-10  800  ベウジェツ収容所に移送。ルバルトゥフから。[G:96]
42.04  200  ソビボル収容所に移送。ウェンチナから。[G:96]
42.04  2225  ベウジェツ収容所に移送。ウェンチナから。[G:96]
42.04  4200  ベウジェツ収容所に移送。ピヤースキから。[G:96]
42.04.12  2000  ベウジェツ収容所に移送。クラスニクから。[G:96]

772 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 02:03:15 ID:???
42.04  384  ベウジェツ収容所に移送。ラドミシル・ナド・サネムから。[G:96]
42.04  1000  ベウジェツ収容所に移送。クラスニスタフから。[G:96]
42.04  5000  ベウジェツ収容所に移送。チェシャノフから。[G:96]
42.04.10  1650  ベウジェツ収容所に移送。ウハニエから。[G:96]
42.04  1000  ベウジェツ収容所に移送。クラシニチェンから。[G:96]
42.04.11  3000  ベウジェツ収容所に移送。ザモシチから。[G:96]
42.04  2000  ベウジェツ収容所に移送。ルバチュフから。[G:96]
42.05.23  1500  ベウジェツ収容所に移送。コマルフ・オサダから。[G:98]
42.05.08  280  ベウジェツ収容所に移送。シチェブジェシンから。[G:98]
42.05.22  1000  ベウジェツ収容所に移送。ティショフツェから。[G:98]
42.05.27  350  ベウジェツ収容所に移送。ワシチュフから。[G:98]
42.05  1500  ベウジェツ収容所に移送。ベルスから。[G:98]
42.05.06  2500  ソビボル収容所に移送。デンブリンから。[G:99]
42.05  3500  ソビボル収容所に移送。プワーヴィから。[G:99]
42.05.08  3500  ソビボル収容所に移送。コスニコヴォーラ(プワーヴィ近郊)から。[G:99]
42.05.07  1000  ソビボル収容所に移送。ユゼフフ(ヴィスワ川沿いの)から。[G:99]
42.05  3000  ソビボル収容所に移送。オポーレ・ルベルスキエから。[G:99]
42.05  500  ソビボル収容所に移送。ヴァヴォルニツァから。[G:99]
42.05.09  1500  ソビボル収容所に移送。マルクシュフから。[G:99]
42.05.08  1500  ソビボル収容所に移送。バラヌフから。[G:99]
42.05.10  2500  ソビボル収容所に移送。ミーフフから。[G:99]
42.05  500  ソビボル収容所に移送。リソビキから。[G:99]
42.05.09  800  ソビボル収容所に移送。ルバルトゥフから。[G:99]
42.05.23  2000  ソビボル収容所に移送。ヴウォダヴァから。[G:99]
42.05.18  1000  ソビボル収容所に移送。シェドリシチェから。[G:99]
42.05.21  4300  ソビボル収容所に移送。ヘウムから。[G:99]
42.05.14  1200  ソビボル収容所に移送。ゴシクフから。[G:99]

773 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 02:03:55 ID:???
42.05.12  1000  ソビボル収容所に移送。ゾウキエフカから。[G:99]
42.05  1000  ソビボル収容所に移送。ヴィソーキエから。[G:99]
42.05.12  2750  ソビボル収容所に移送。トゥロヴィンから。[G:99]
42.05  1900  森林地帯に逃げ込む。ミーフフ、マルクシュフ、カミオンカから。生き残り100人以下を除く。[G:101]
42.05-10  4000  森林地帯に逃げ込む。パルチェフから。生き残りほとんどなし。[G:102]
42.05-10  4000  森林地帯に逃げ込む。ルバルトゥフから。生き残りほとんどなし。[G:102]
42.05-10  1000  森林地帯に逃げ込む。プワーヴィから。生き残りほとんどなし。[G:102]
42.05-10  14800  森林地帯に逃げ込む。フルビエシュフから。生き残り200人以下を除く。[G:102]
42.05-10  90  森林地帯に逃げ込む。ヤヌフ・ルベルスキから。生き残り10人以下を除く。[G:102]
42.06.10  3000  ソビボル収容所に移送。ビャワ・ポドラスカから。[G:105]
42.06  1000  ソビボル収容所に移送。スワヴァティチェから。[G:105]
42.06  数百人  ソビボル収容所に移送。10才以下の子供数百人。ヴウォダヴァから。[G:105]
42.06.10  1650  ソビボル収容所に移送。ウハニエから。[G:105]
42.06  2670  ソビボル収容所に移送。ドゥビエンカから。[G:105]
42.06.02  3049  ソビボル収容所に移送。フルビエシュフから。[G:105]
42.06.08  1200  ソビボル収容所に移送。グラボヴィエツから。[G:105]
42.06.06  1000  ソビボル収容所に移送。クラシニチェンから。[G:105]
42.06  500  ソビボル収容所に移送。チィツォフ(ルブリン市近郊)から。[G:105]
42.06  100  殺害。ベルスにて。[G:105]

[G:] ギルバート「ホロコースト歴史地図」のページ数。

774 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 02:05:21 ID:???
【ラドム管区】

日付   人数   概要
42.02.19  40  「血の木曜日」。ラドムにて。[G:89]
42.04.27  100  不明。トマシュフ・マゾヴィエツキにて。[G:96]
42.04  70  射殺。ラドムにて。[G:96]
42.04.28  数百人  アウシュヴィッツ収容所に移送。ラドムから。[G:96]
42.05-10  14000  森林地帯に逃げ込む。キェルツェから。生き残りほとんどなし。[G:102]

[G:] ギルバート「ホロコースト歴史地図」のページ数。

775 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 02:05:29 ID:???
>>770
馬鹿な事言っちゃいかん。

600万
絶滅計画
ガス室

この3つは正史派の伝統的なキーワード。

正史派が、無知な者をミスリードして
修正派が、正しい史観に戻している。
というのが正解。


776 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 02:06:29 ID:???
【クラクフ管区】

日付   人数   概要
42.03.17  4500  ベウジェツ収容所に移送。ミエレツから。[G:91]
42.04.30  300  不明。グリブフにて。[G:96]
42.04.30  70  不明。ビェチュにて。[G:96]
42.05-10  8500  森林地帯に逃げ込む。クラクフから。生き残りほとんどなし。[G:102]
42.06  3000  ベウジェツ収容所に移送。ピリツァから。途中数百人が脱走。[G:105]
42.06.01  2000  ベウジェツ収容所に移送。クラクフから。[G:105]
42.06.02  5000  ベウジェツ収容所に移送。クラクフから。[G:105]
42.06  500  ベウジェツ収容所に移送。ダブローヴァ・タルノフスカから。[G:105]
42.06  11000  ベウジェツ収容所に移送。タルヌフから。[G:105]

[G:] ギルバート「ホロコースト歴史地図」のページ数。

777 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 02:07:48 ID:???
【ガリチア管区】

日付   人数   概要
42.03.20  1500  ベウジェツ収容所に移送。ラヴァ・ルースカヤから。[G:93]
42.03.15  700  ベウジェツ収容所に移送。ゾルキエフから。[G:93]
42.03  15000  ベウジェツ収容所に移送。リヴォフから。[G:93]
42.03  1500  ベウジェツ収容所に移送。ドロホヴイチから。[G:93]
42.03.20  2000  ベウジェツ収容所に移送。ロハティンから。[G:93]
42.03.25  1000  ベウジェツ収容所に移送。テルノポリから。[G:93]
42.03.31  6000  ベウジェツ収容所に移送。スタニスワウフから。[G:93]
42.04  35  射殺。ソカリにて。[G:96]
42.04.28-30  数百人  射殺。プシェミシルにて。[G:96]
42.04.03  1200  射殺。トルマツにて。[G:96]
42.04.02  1000  射殺。コロムイヤにて。[G:96]
42.04  1000  射殺。ペチェニェジンにて。[G:96]
42.04  400  射殺。サブロトフにて。[G:96]
42.04  950  射殺。クトイにて。[G:96]
42.04.04  1500  射殺。ホロデンカにて。[G:96]
42.04  1000  射殺。スニアトゥインにて。[G:96]
42.05.05  1000  射殺。リヴォフにて。[G:98]
42.05.18  180  不明。トルマツにて[G:98]
42.06  800  殺害。ルトヴィスカの市場にて。[G:105]
42.06  3000  不明。コロムイヤにて。[G:105]

[G:] ギルバート「ホロコースト歴史地図」のページ数。

778 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 02:08:07 ID:yaxeHO/3
>>765
ロシア中部HSSPFだったバッハ=ツェレウスキーが神経をやられて肝硬変を起こして
職務続行が困難になったのも、オットー=ラッシュSS少将が職務放棄したのも、
ハインツ=ヨストSS少将が転地療養となったのも「ゲリラの掃討とそれに伴う民間人の犠牲」
に耐えられなかったからか?

ライヒ保安本部への「事件通報・ソ連」は捏造か?これに記載してあるユダヤ人の数は
誇張されてるのか?

779 :名無し三等兵 :2007/01/21(日) 02:11:07 ID:???
>>765

>最も、掃討戦に伴う民間人の犠牲もゲリラが、不正戦闘を
>行なったから出たのであって、ドイツ軍側には落ち度が無いというのは
>国際戦時法に照らしても明らかだ。

>>664>>672氏が指摘しているとおり、何故報告書の中でユダヤ人・ラマ
を別項目であつかっているのかねぇ?
あとオラドゥールの虐殺なんてどう説明するのかね?


780 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 02:16:54 ID:???
>>755
『600万が組織的に殺されたというのが』という事に関してです。

あなたは単純に600万人とだけ書き込んでいます

『600万が組織的に殺されたというのが』と言う書き込みに関してはリビジョニストのミスリードである傍証になりますよ


781 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 02:18:00 ID:???
>>779
オラドゥールの虐殺は、士官が殺された事による
復讐で混乱した兵士が起こしたもので、組織的事件ではない。
わずか642人しか死んでないのに、これを引き出さなければいけないのは
西側ではドイツ軍がほとんど虐殺を起こさなかった証拠だろ。
東側で、虐殺数が異常に多いのはソ連が捏造したから。
ドレスデン爆撃の方が、ホロコーストと呼べる。

782 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 02:22:28 ID:???
>>777
ギルバート「ホロコースト歴史地図」は
伝統的な正史派のメンバーの一人。
証拠として採用できん。
その本の、もとになった資料も不明だ。

783 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 02:24:18 ID:???
>>782
> その本の、もとになった資料も不明だ。

もとになった資料は巻末のリストにずら〜っと書いてあるよ。
何を見てたんだ?


784 :名無し三等兵 :2007/01/21(日) 02:24:55 ID:???
>>760
それをいっちゃぁ、アーヴィングだって自分の意見を覆しているが?
(当初はヒトラーは盗聴を望まなかった、と書いていたが後の著書で
ヒトラーは自分の手で盗聴を操作したと書いている)

785 :名無し三等兵 :2007/01/21(日) 02:25:50 ID:???
>>781
>オラドゥールの虐殺は、士官が殺された事による
>復讐で混乱した兵士が起こしたもので、組織的事件ではない
ところで殺された士官の名前は?
その説は初めて聞くもので。

786 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 02:27:23 ID:???
自称「化学者」の修正主義者ゲルマー・ルドルフも、ルドルフレポートの
前提となっているガス室の換気能力は間違ってましたと認めたしな。

787 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 02:29:18 ID:???
ヒルバーグ氏のことを歴史研究家
アーヴィング氏のことを歴史学者と述べていたのは誰ですか、リビジョニストの方ですよね。違いますか?

『ヒルバーグ氏は公的に大学修士で大学教授、アーヴィング氏は公的には歴史作家で在野の歴史家ではないですか??』


788 :名無し三等兵 :2007/01/21(日) 02:31:26 ID:???
まぁ軍ヲタとしてはアーヴィングの「狐の足跡」は欲しいところだが。
リヴィジョなんかに被れたから早川は文庫版を出さないのかなぁ・・・

789 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 02:35:05 ID:???
>>785
昔、世界史板で聞いた記憶があったのだが
間違っていたかも。
いずれにせよ、国際法を無視したゲリラが横行する
フランスで、このような事件が起こったのは便衣兵たるゲリラの
責任である事はあきらか。
襲撃の命令書も見つかってないし。ゲリラへの復讐心に駆られた
兵士が起こした事件。
一方が悪いなどと言う意見はおかしい。

790 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 02:36:14 ID:???
2ちゃんねるがソースって…

791 :名無し三等兵 :2007/01/21(日) 02:40:10 ID:???
>>789
手元の学研欧州戦史シリーズ「ノルマンディ上陸作戦」じゃぁ指揮官のディックマン少佐は
ノルマンディ戦で戦死となっているが?
オラドゥールはレジスタンスの拠点ですらなかったのだが?
あと、ゲリラってハーグ陸戦協定でも認められているはずだが?

792 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 02:45:35 ID:???
>>786
ガス室の換気能力の推定値にずれがあったのと
ヒトラーの虐殺命令がなかった事をヒルバーグが認めたのとでは
あまりにも、スケールが違う。
ガス室の換気が少しぐらい違っても、ガス殺が不可能なのに
変わりは無い。

2006年11月にイランでホロコースト国際会議が開かれて
正史派への非難決議が出されたように、正史派の主張は
もはや、風前の灯火。


793 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 02:49:20 ID:???
>>791
>ゲリラってハーグ陸戦協定でも認められているはずだが?

1 部下の責任を負う指揮官が存在すること
2 遠方から識別可能な固有の徽章を着用していること
3 公然と兵器を携帯していること
4 戦争法規を遵守していること

国際法に無知すぎ。
1は、満たしてる可能性があるが
2.3.4は絶望的。
特に2と4。
識別不可能だし、戦争法を守ってない。

794 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 02:52:49 ID:???
>>792-3 おまえNIRだよな? 過去ログで見たぞ。

795 :名無し三等兵 :2007/01/21(日) 02:53:30 ID:???
>>789
>ゲリラへの復讐心に駆られた 兵士が起こした事件。
なるほど。赤軍兵士たちも復讐心に駆られて略奪やら強姦やらおこした
わけだしなw

796 :名無し三等兵 :2007/01/21(日) 02:55:24 ID:???
>>792
>2006年11月にイランでホロコースト国際会議が開かれて
>正史派への非難決議が出されたように、正史派の主張は
>もはや、風前の灯火。

いや待て。風前の灯火なのはイランじゃないかw
あるいはアハマディネジャド大統領自身かな?


797 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 02:56:39 ID:???
>>796
うまいこと言って!

なのでイランは原子力から風力発電へ
エネルギー政策を転換します

798 :名無し三等兵 :2007/01/21(日) 02:57:36 ID:???
>>793
戦争法を守ってないから、関係ない住民を虐殺してもOKって理屈なのか?
ならドイツにだってブランデンブルク部隊なんてつくっていたから、ドレスデン
爆撃も仕方ないな。

799 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 02:58:32 ID:???
>>796
修正派の意見に反論できなくて
アウシュヴィッツの死亡者をどんどん
減らしていってるくせに、犠牲者は相変わらず
600万と主張している正史派の方が明らかにおかしい。

アウシュヴィッツの変貌については
ttp://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/faurison_02.htm
参照されたし

800 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 02:59:50 ID:???
つまり自分には説明する能力がない訳だよな。

801 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 03:03:23 ID:???
だんだん弱気な書き込みになる>>799さん
以下の質問に答えてくださいね↓
『600万が組織的に殺されたというのが』と言う書き込みに関してはリビジョニストのミスリードである傍証になりますよ


802 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 03:03:23 ID:???
>>799
否定論者が出してくるアウシュヴィッツの死亡者のリストって西暦順に並べると
減ってないんだよな。

何で時間にともなって「減ってる」って錯覚してるんだ?

803 :名無し三等兵 :2007/01/21(日) 03:15:03 ID:???
ベルリン攻防戦ではベルリン市民の約十万人が統計学的検討によると死んでいるらしいからなぁ(コーネリアス・ライアン「ヒトラー最後の戦闘」より)
あくまでも死体数を確認しているわけじゃないので、ドイツが捏造している可能性もあるなw

804 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 03:18:54 ID:???
<900万人>ドキュメンタリー映画『夜と霧』による。                  1956年
<800万人>フランス戦争犯罪調査局とフランス戦争犯罪情報サービスによる 1945年
<600万人> Miklos Nyiszli (1951)の序文の筆者Tibere Kremerによる
<400万人> ニュルンベルク裁判が「法廷に顕著な事実」としたソ連側資料による。1945年
ただし、1990年に撤回される。
<300万人> アウシュヴィッツ所長ルドルフ・ヘスの自白による。 1945年
<150万人>1995年にビルケナウの記念碑で、1990年に放棄されていた400万人
という数字と差し替えられた数字。
<100万人>Jean-Claude Pressac (1989)による。
<80万人から90万人>歴史家Gerald Reitlinger (1953)による。
<63万人から71万人>Jean-Claude Pressac (1994)

ソ連当局、ポーランド当局、西ドイツ当局は、大戦中にアウシュヴィッツ当局が保管していた
死亡登録簿(Sterbebucher)の存在を認めることに慎重であった。
各国の当局はついに、登録簿の存在を公にした。彼らは登録簿を復元したと主張したが、
それは、1941年7月27日から1943年12月31日までの期間であった。
収容所の開設は1940年5月20日であり、ドイツ人が撤退したのは1945年1月18日であるから、
死亡登録簿が復元された期間は、収容所の存在期間の半分強である。
復元された登録簿は46巻であり、そこには69000名の名前が記載されている

805 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 03:24:07 ID:???
アウシュヴィッツ・ビルケナウで死亡したのは、おそらく13万程度。


>ビルケナウ収容所では百数十万人が殺害されたとされているが、実際のその人数は非ユダヤ人も含め13万人程度であったと
戦後ソ連が持ち出した資料によって記されている。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%83%E3%83%84%E5%BC%B7%E5%88%B6%E5%8F%8E%E5%AE%B9%E6%89%80
ウィキにも書いてある。


806 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 03:27:36 ID:???
いずれにしても大量の死者だな。

807 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 03:29:37 ID:???
南京ホロコーストの方が数が多いな。
ネトウヨ死亡。

808 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 04:29:04 ID:???
ユダヤ人の大量輸送が組織的・計画的におこなわれたことは修正派
だって認めているんでしょ?

輸送が組織的ならそれにともなって行なわれたとされる殺害も組織的に
なされたと考えるのが自然だろう。なんで組織性とか計画性にこだわって
いるのかよく分からないな。

809 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 06:17:46 ID:???
こいつが何を言いたいのかよく解らんのだが。
主張をまとめてくれ。

810 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 06:18:51 ID:???
>>804
一次史料に基づくソースは?

811 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 09:36:38 ID:???
>>781
ドレスデン爆撃は捏造だ。
http://www.revisionism.nl/Dresden/The-Mad-Revisionist.htm
参照されたし。

812 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 13:58:20 ID:???
ユダヤ人や民族ドイツ人の移住政策、いわゆる民族耕地整理をやっていた
ハイドリヒやアイヒマンがそのノウハウと人員を使って虐殺を始めた。

813 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 19:08:15 ID:491Eaq/i
>>808
>輸送が組織的なら
それにともなって行なわれたとされる殺害も

その殺害の事実が見つかっていないから
揉めている。
終戦直後に、病死や餓死の死体が見つかっているが
これは連合軍の爆撃によって、輸送路が破壊された
為に餓死に至った。
ドイツの都市部でも、同じようにドイツ人が餓死していた。

814 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 19:09:26 ID:???
>>813
一次資料に基づくソースは?

815 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 19:18:54 ID:???
アンネ・フランクはずっと、ホロコーストのガス室で殺された
と考えられていたが、赤十字の調査やユダヤ人団体の調査で
実際にはチフスで死亡した事が判明している。
しかも、戦争中、病院で入院していた事もわかっている。

実際にユダヤ人は、かなり保護されていたと言う事。
例えばドイツ空軍の最高権力者の一人、エアハルト・ミルヒ元帥は
ユダヤ人。

それと、ガス室で殺された人は一人も確認されていない。
戦後の裁判で、何度もガス殺の証拠が求められているが
一度も、ガス殺の診断書等、科学的な証拠が提出された事はない。

816 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 19:26:07 ID:???
>アンネ・フランクはずっと、ホロコーストのガス室で殺された
>と考えられていたが
一次資料に基づくソースは?
>エアハルト・ミルヒ元帥はユダヤ人。
本物のおばかですか?
ミルヒの出自がどんな騒動を起こしたのかも知らんのか?
結果的にミルヒがドイツ人だと言う事にされたのも?

817 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 19:26:42 ID:???
>>814
アメリカ軍医のラーソン博士が
裁判で、ガスで殺された人は居なかった
と、証言している。

また、正史派の重鎮、ラウル・ヒルバーグも
裁判でガス室があった証拠はない。と証言している。

ソ連軍の調査で一酸化炭素中毒で死亡した死体が
発見されたとされているが、現在ではチクロンBという
殺虫剤が使用されたとされており、一酸化炭素は使用されていない。

818 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 19:29:52 ID:???
>>816

確実にガス室で殺されたという人が、一人も居ないと
いうのは事実。
ミルヒは、ユダヤ系のドイツ人。
ユダヤ系すべてが迫害されたように語るのはおかしい。
連合国史観に影響されすぎ。

819 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 19:47:29 ID:???
デヴの名言『誰がユダヤで誰がユダヤでないか決めるのは俺だ!!1』

実際、蟹足宣伝啓蒙省大臣より迷コピーライターだよな>デヴ国家元帥

ワイマール政府時代にユダヤ系の某政商であり資本家が暗殺されたそうだが、この葬式へ自発的に集まった民衆は万単位になったそうだ。
ナチス政権下のガチSS馬顔長官などが暗殺されたが自発的にこのような事が行われたかどうかは寡聞にして知らない。
あ、誰かさんに謀殺された砂漠の狐元帥閣下のときがあったかな・・・


820 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 19:54:39 ID:???
ゲーリングがユダヤ人かどうか判断していた訳ではない。
それに敵対勢力の隔離政策は何処の国でもやってる。
現在の日本でもな。
オウム真理教の信徒が警視総監とかになれると思ってるのか?
過去のドイツを非難するなら、これだっておなじ差別。
ロンメルは謀殺された訳ではなく、自決。

821 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:02:56 ID:???
>>ミルヒは、ユダヤ系のドイツ人。
>>ユダヤ系すべてが迫害されたように語るのはおかしい。
迫害されてないならなんでミルヒは出自を捏造した?
堂々とユダヤ人だってしとけばいい。
>>820
なんだ、軍事板のホロコーストスレに必ず現れるキチガイか。
文体と主張が全く同じだからバレバレだよ。

822 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:05:07 ID:???
>アンネ・フランクはずっと、ホロコーストのガス室で殺された
>と考えられていたが
一次資料に基づくソースは?

823 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:06:00 ID:???
>>821
日本の植民地下にあった朝鮮や台湾の住民が
日本人だと名乗ったのと同じ。


824 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:06:46 ID:???
>>818
http://mltr.e-city.tv/faq08b02.html#Milch

825 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:07:44 ID:???
>>823
>アンネ・フランクはずっと、ホロコーストのガス室で殺された
>と考えられていたが
一次資料に基づくソースは?
具体的に誰がそう言ったんだ?

826 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:09:31 ID:???
>>823
だからさ、なんで母親が浮気したなんて事を捏造してまでドイツ人だと言う事にしたんだ?
ゲーリングはなんで「誰がユダヤで誰がユダヤでないか決めるのは俺だ!」って言ったんだ?
お前は本当にドイツ軍高官がユダヤ人だと公言して無事でいられたと思ってるのか?
つーか
日本の植民地下にあった朝鮮や台湾の住民が
日本人だと名乗ったのと同じ。
って何?何がどう同じなんだ?


827 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:12:52 ID:???
アンネと言えば、ホロコーストの代名詞。
それが、実際には病院に入院させてもらって
手厚い看護を受けていたと判明したから
正史派には苦しい状況になっている。

828 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:13:40 ID:???
>>827
>アンネ・フランクはずっと、ホロコーストのガス室で殺された
>と考えられていたが
一次資料に基づくソースは?
具体的に誰がそう言ったんだ?

829 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:15:27 ID:???
>>817
http://clinamen.ff.tku.ac.jp/Holocaust/Points2/Larson.html
プッ

830 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:19:16 ID:???
>>826
慌てるな。
ゲーリングが「誰がユダヤで誰がユダヤでないか決めるのは俺だ!」
って言ったのは、ユダヤ人をドイツ人と言う事にして協力させる
目的があったから。
従って、ユダヤ人の絶滅は存在しなかった証拠。

日本軍人だった朝鮮人や台湾人が、もし、自分たちは日本人で
なくて、日本から祖国を独立させるなんて言ったら
逮捕、強制収容される。


831 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:21:26 ID:???
>>ユダヤ人をドイツ人と言う事にして協力させる目的があったから。
一次資料に基づくソースは?


832 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:25:26 ID:???
>>829
無知なサイトを引っ張ってきたな。

>ダッハウで私が個人的に検死した被収容者のうち、
こうしたやり方で殺された被収容者は、かなり少なかったと思う

これが、そのサイトのラーソンの証言なんだが
その裁判当時は、ダッハウは絶滅収容所だと考えられていて
ガス室があると考えられていたので、ラーソンがそのような
証言をした。
実際に、診断などで確認した訳ではない。

ちなみに、現在ではダッハウは絶滅収容所ではない事が
判明しているのは知っているよな?
絶滅収容所はソ連が解放し発表した所のみ。

833 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:27:27 ID:???
>>830
上と下がかみ合ってませんよ。

834 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:28:32 ID:???
>>832
ガス室=絶滅収容所だとする一次資料に基づくソースを出して。

835 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:29:52 ID:???
>>832
>>ユダヤ人をドイツ人と言う事にして協力させる目的があったから。
一次資料に基づくソースは?
あとどちらにしても
アメリカ軍医のラーソン博士が
裁判で、ガスで殺された人は居なかった
と、証言している。
と言う君の発言が嘘なのは明らかになりましたね。

836 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:35:41 ID:???
>ロンメルは謀殺された訳ではなく、自決。

なんだ、自決を強要されたことを知っているんだな。
なんで自決に追い込まれたのだろうね。



837 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:35:54 ID:???
>>835
>裁判で、ガスで殺された人は居なかった
と、証言している。
と言う君の発言が嘘なのは明らかになりましたね。

ラーソン自身が診断して、確認を取ってないのだから
同じ事。
実際に、ラーソンが見にいったダッハウでガス室が
無かったのは事実だから、問題ない。

それよりも、重要なのはダッハウのガス室が
戦後の調査で無かった事が判明した事だ。
あと、カチンの森虐殺事件もソ連の仕業だと
ソ連崩壊の資料流出で判明した。

838 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:38:40 ID:???
>>836

ロンメルがヒトラーの暗殺に関わったとされたから。
裁判を受けて、潔白を主張するか。
と言われたけど、ドイツ国民が動揺すると判断したから
名誉の自決した。

839 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:41:16 ID:???
>>837
>裁判で、ガスで殺された人は居なかった
>と、証言している。
が嘘なのは認めるんだな?
なんで嘘をついたんだ?

840 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:42:54 ID:???
>>838
無罪の人間に自決を強要するのはナチかソ連ぐらいだろう。


841 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:45:36 ID:???
>>840
無罪だと言う根拠は?

842 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:45:51 ID:???
>>837
慌てるな。ップ

843 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:47:19 ID:???
>>840
日本の方がひどいぞ。
特攻隊員、大和の乗務員は
殺されたのと同じだろう。
ヒトラーが自殺的突撃を禁止していたのは有名。

844 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:48:15 ID:???
>>841
証拠が無ければ無罪なんだろ、リ・ビ・ジ・ョ・ニ・ス・ト・君




845 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:51:50 ID:???
リビジョニスト君は、エルヴィン・ロンメル元帥が反ヒトラー一派でありヒトラー暗殺工作に関与し服毒自殺は当然と仰るわけなのですか?



846 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:52:31 ID:???
>>840
そんな事は当時どこの国でもやっていた。
ナチスだけを責めるのはおかしい。


とか言い出しますよ、きっと。

847 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:57:06 ID:???
>>ヒトラーが自殺的突撃を禁止していたのは有名。
つ死守命令
自殺的突撃を禁止していたかもしれないが自殺的防衛は何回も命令している。

848 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 20:57:58 ID:???
>>845
んなわけない。
エルヴィン・ロンメル元帥は
死ぬまでヒトラーに忠誠を誓っていた。
毒をあおった理由も、ヒトラー・ドイツの名誉を守る為。
自分が死ねば、誰も不名誉な扱いは受けない。
自分は英雄として国葬されるし。


849 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:01:02 ID:???
>>820
つまりオウム真理教の信徒とユダヤ人は同じだと言いたいんだな?
テンプレに追加だ。

850 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:01:36 ID:???
>>848
何を書いているのかわかっているの?

反ヒトラー工作に関与していなければ、自決する必要性が無いでしょ。

851 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:03:25 ID:???
>>847
人命を尊重したアメリカ軍ですら、死守命令とかやってる。
ラインの守り作戦で、バストーニュを完全包囲したドイツ軍が
アメリカ軍に降伏を呼びかけたが、拒否して死守する構えだった。

852 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:04:41 ID:???
結局無罪の人間に自決を強要したのね。

853 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:05:15 ID:???
>>851
知ったか乙

854 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:07:12 ID:???
>>851
ルーズベルトが直接命令した訳ではないが。
現地の司令官の判断で死守したんだし援軍がその内来るのは明らかだった。
ヒトラーの死守命令は戦略的に全く意味がなく死守命令を出された部隊は援軍のあてもなく全滅がほぼ確実だった。
「○○だって同じ事をやってる!」と捏造するのはいい加減にしろ、ナチヲタ。

855 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:14:06 ID:???
>>854
スターリングラードは、ゲーリングが
空軍の輸送部隊で、勢力を盛り返せる
と言ったから、ヒトラーが死守命令を出した訳であって
ソ連に包囲されてからも、「冬の嵐作戦」という大規模な
救出部隊を進出させるなど、やるべき事は全てやっている。
ドイツがひどいなら、日本やソ連の方が、比較にならないほどひどい
死守作戦を立てている。

856 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:15:32 ID:???
>>855
ハ?
スターリングラード以外にも大量に死守命令はありますが?
全般的に知識が欠けてるね、あんた。

857 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:16:58 ID:???
更にテンプレに追加。
ヒトラーはスターリングラードでやるべき事は全てやった!

858 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:18:24 ID:???
>>856
死守命令はあったが、死守命令を出さなかった軍隊なんて無いだろう。


859 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:20:03 ID:???
>>858
戦略的に全く意味が無いのに国家元首が死守命令を連発した軍隊が他にあるの?
つーか自分がよく知らない事柄について偉そうに語るな。
見てて痛々しい。
あとなんでラーソン博士の件で嘘をついたのか早く説明してみ。

860 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:22:18 ID:???
東プロイセンに対する死守命令はひどかったな。
勝ち目がないのに頑張らせるから、民間ドイツ人が多数犠牲となった。

861 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:22:51 ID:???
>>860
ドイツがひどいなら、日本やソ連の方が、比較にならないほどひどい
死守作戦を立てている。
ドイツだけを責めるのは偽善。

862 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:27:50 ID:???
>>860

プロイセンはドイツの京都と呼ばれるぐらい
ドイツの歴史的領土。
ソ連の進攻をドイツ軍が頑張って防いで、
民間人を西側に逃がしたから
犠牲者がすくなくて済んだ。

最も、その後でプロイセンでドイツ人絶滅政策が
施行されて、一人残らずドイツ人は殺されるか
移住させられた。
そして、ポーランドはその領土返還も補償もやってない。

863 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:29:29 ID:???
>>859
日本とソ連

864 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:31:22 ID:???
>>862
> 民間人を西側に逃がしたから
> 犠牲者がすくなくて済んだ。

だから西に逃れる途中の砂嘴のうえの道が軍事目標になってしまったり、
客船が撃沈されたりして多くの民間人が戦争に巻き込まれたんだよ。

865 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:31:55 ID:???
>>862
民間人は早期に西側へ避難させれば犬死しなくて済んだ。

あくまでも『ウワサ』だがナチ高官連はいち早く逃げたといわれている。

866 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:36:35 ID:???
満州のソ連進攻における日本軍は、すぐに逃げ出して
日本人移民に多数の犠牲が出たから、民間人を守ろうとして
戦ったドイツ軍を貶めようとして、必死なんだろうがそうはいかんぞ。

867 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:36:46 ID:???
口からでまかせが癖になってるだろ、こやつは。俺らに甘えてるんだよ。

868 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:40:46 ID:???
>>867
お前の方が、我々リビジョニストに甘えすぎ。
間違っても、修正してくれると思ってるのだろう。

869 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:41:27 ID:???
NIR

870 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:43:28 ID:???
>>最も、その後でプロイセンでドイツ人絶滅政策が
>>施行されて、
一次史料に基づくソースを出して下さい。
あと被害者の証言は自動的に却下されるので。

871 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:43:41 ID:???
>戦ったドイツ軍を貶めようとして、必死なんだろうがそうはいかんぞ。

君、低レベルだなぁ・・・ホイ餌・・・ドイツ国防軍にも功罪はあるだろうが、そのドイツ国防軍を雁字搦めにし、唯一指揮権を握っていたのはヒトラー・ナチス党政権。




872 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:43:48 ID:???
>>868
「我々リビジョニスト」って、おまえ彼らと何かつながりあるのか?
彼らのホームページ見てるだけだろうに。

873 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:46:52 ID:???
>>868
それはお前だろ。
ミルヒもロンメルも死守命令も口から出任せを呼吸する様に言ってるだろうが。

874 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:51:45 ID:491Eaq/i
>>871
・天皇の発言によって軍事行動が左右された事項

1、「沖縄では守るだけか、海軍はどうしたのか」→防戦予定が突撃させられる、
大和特攻が敢行され死者3721人。
2、「(特攻隊は)そのようにまでせねばならなかったか。しかし良くやった」
→現地では「よくやった」とのお言葉をもらったと続々と続く一要因となる
3、1947年9月20日、寺崎英成を通して、「沖縄に関する軍事占領を継続する
事を希望する」「25年ないし50年という長期が良い」と要望した覚書をGHQ顧問
からマッカーサーに提出。
(「昭和天皇の軍事思想」校倉書房)

これの売国ぶりに比べたら、ヒトラーなんてかわいいもの。

875 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:52:23 ID:???
NHKのグーグル見たんだが
無限の陰謀力国際ユダヤ(笑)ってなんで、リビをググル八分・ヤフ八分で干し頃氏しないのだろうWwwwwwwwww


876 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:54:44 ID:???
反日厨、ナチヲタの「日本人」って矛盾してね?

877 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:56:35 ID:???
>>874 はコピペ。スクリプトのようなやつだな。

878 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:59:29 ID:???
>>877
内容に論理的に反論してみろ。

879 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 21:59:42 ID:???
おまえが自動投稿スクリプトでないという証拠は?

880 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 22:05:44 ID:???
>>879
我々リビジョニストに反論出来ないなら、書き込むな。

881 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 22:09:17 ID:???
>>876
ヒトラーは親日家だし、日本人も当時は親ヒトラーだったし
終戦後も、日独は仲が良いから、矛盾どころか、当然の結果。

882 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 22:14:45 ID:???
>>880
「我々」って、おまえら交流ほとんどないじゃん。
とくに加藤とマクナリーと木村・西岡コンビの間。そしてリチャードは孤高だしな。

883 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 22:15:24 ID:???
ワイマール国の皮を包茎ごとく被ったヒトラーナチス党政権のちょび髭はかわいいよ確かに、
総統なんて日本語訳はカコイイがフューラーなんてありふれた呼称をさせ、大統領にもならなかったもんな。
あ、なれなかったから通称『全権委任呆』に頼るはめになり自爆したんだなぁ・・・

因みに、総統なる用語は中国語からの転用。



884 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 22:20:52 ID:???
>>883
英語で総統はプレジデントって言う
つまり、ヒトラーはクリントンとかと同じ民主的選挙で
選ばれた指導者。独裁者などという言い方はおかしい。
これも、連合国史観だろ。

885 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 22:23:14 ID:???
一党独裁で選挙も無く権力を掌握してるんだから独裁者じゃん。
都合の悪いことは全部連合国史観ですか?

886 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 22:25:19 ID:???
>>884
あとなんでラーソン博士の件で嘘をついたのか早く説明してみ。
お前がなぜ嘘をついたのか答えるまで聞き続けるから覚悟しろよ。

887 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 22:31:17 ID:???
選挙で選ばれた後独裁者に豹変するなんて珍しくも無い話だが。


888 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 22:35:09 ID:???
>>884
おい、突撃隊って知ってるか?

889 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 22:36:45 ID:???
>>885
選挙やって選ばれてるの知らんのか?
ほんとに無知だな

890 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 22:39:39 ID:???
>>889
だからその後一党独裁にして選挙無しにして権力を完全掌握したじゃん。
これが独裁者じゃないなら何?
説明してみ。

891 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 22:49:25 ID:???
>>884
ソレこそ、連合軍つか米語にムリヤリ当てはめていないか?
Führerはどう読んでも→leader等にしか訳せませんし、
マインカンプなどのヒトラー・ナチスの思想から当てはめるとFührer und Reichskanzlerは大統領より国家指導者のほうが適訳だろう。
ある意味、ヒトラーの思想を愚弄してるなリビの言いぐさは。


892 :名無し三等兵:2007/01/21(日) 23:04:52 ID:???
>>884
ヒトラーは独裁制を自らの意志でやったわけで、独裁者に自分からなったわけだが
「民主的選挙」は普通任期があるよな(w

893 :名無し三等兵 :2007/01/22(月) 01:55:46 ID:???
>>881
へぇ、親日家なのにバルバロッサ作戦のことは日本側に秘匿してましたねぇ。
総統指令24号で総統自身触れられてますよぉ。
あ、そういや独ソ不可侵条約なんて日独防協結んだ後ですよねぇ。

894 :名無し三等兵:2007/01/22(月) 05:41:16 ID:???
もし白色人種の国々が結束してことに当たっておれば極東を手に入れることは不可能ではなかった。その場合は日本がこれほどのさばることもなかったはずだ。
日本と言う国にはナチ党式の革命の必要はない。日本は西欧からの余計な影響を排除しさえすれば、国内の社会問題の発生など考えないですむ国なのだ。
ある工場が国営か民営かという問いは、彼らにとっては単に形式的なものでしかない。あの国には小規模な土地所有者たちばかりがいて、大地主階級は存在しない。中産階級が国民の中心なのだ。
もし日本に社会問題が発生するとすれば、それは国が莫大な富を手に入れた時だろう。大島(浩駐独大使)は、ドイツが征服しようとしているロシアが荒涼とした土地だったことは我々にとって幸運だったと考えているようだ。
確かに日本が占領している南の群島の方がずっと温暖な気候に恵まれているからな。
オランダにとっては、日本との通商条約を結んでおいた方が賢い選択だったろうな。ところがイギリスの圧力で、ここ数年は全く反対の路線をとってきたわけだ。シンガポールが陥落すれば、オランダはすぐにも日本との協定を結ぶだろう。
占領地の島々では日本はドイツ人を雇用することになるだろう。我々は現地に住む同胞のおかげで労せずしてそちら方面にコネを持てるようになるだろう。
(引用:「ヒトラーのテーブルトーク 1941-1944」ヒュー・トレヴァー=ローパー編 草思社)

親日家ねえ。

895 :名無し三等兵:2007/01/22(月) 10:38:53 ID:???
>>865
そんなことは日本軍もビルマとかで普通にやっていたことだ、ことさらナチだけ非難するべきことではない
富永恭次中将にいたっては、特攻隊にあとから自分も行くからといって、本当に敵が迫ってきたら
さっさと逃げ出した。その程度のことは当時普通に行われていたことで、非難すべきではない。

896 :名無し三等兵:2007/01/22(月) 10:47:00 ID:???
いや>>846通りの事を言うのはもういいから。

897 :名無し三等兵:2007/01/22(月) 12:35:10 ID:???
普通に行われていたことならなんで富永は非難されたの?

898 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 01:17:23 ID:???
>ヒトラーは親日家だし、

「黄色人種は劣等民族」などと書く素敵な親日家もいたもんだw

最近のリビジョは「我が闘争」すら読まないのかよ…

899 :名無し三等兵 :2007/01/23(火) 01:54:15 ID:???
>>895
ふぅん。
まぁ我が国は首都で地上戦なんてしなかったワケなんでアレですけど。
ゲーリングやヒムラーやシュペーアやらは、ヒトラーを見捨ててチャッチャとベルリン脱出しましたよねぇ。
ま、富永やら特攻やら非難したいならそれ系のスレに行けばいいことですしねぇ。

900 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 02:54:25 ID:???
>>899
何を言っている?ビルマで日本兵と民間人を見捨てて逃げた
木村兵太郎は英霊として靖国神社に祀られて神として日本人の尊敬と祝福を一心に受ける立場にある
これは日本人が民間人を見捨てて逃げる事を立派で英雄的な枢軸国軍兵として正しい行為だと認識しているからこそ
行われているのであって、その事を否定するということは日本の全てを否定するのと同じだ

901 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 04:18:56 ID:???
>>日本人の尊敬と祝福を一心に受ける
脳内日本の話ですか?

902 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 14:12:49 ID:???
アウシュヴィッツと関係ない、低レベルな話になってるな

903 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 14:16:33 ID:???
リビジョニストの話につき合ってるとそうなる。

904 :名無し三等兵 :2007/01/23(火) 17:58:51 ID:???
この流れからしてリヴィジョは転進したのかな?


しかし微妙に、日商簿記2級を目指している奴がいるのが気になるw
俺は全商しかとらなかったが、ガンガレ!

905 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 18:00:39 ID:???
このサイトひでぇ
ttp://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/afrank.htm

>そもそもこのウィキペディアの記述は出展が明らかではありません。ネット上で類似の情報を探して
>も何も引っ掛かってきません。
>「81年にオランダ国立法科学研究所において、紙質、インク、糊などに関する文書
>調査と筆跡鑑定が行われ、結果、42年から44年の間に、本人が書いたものと結論付けられ
>た。」というのも、出展不明です。つまり、便所の落書きと同じです。根拠がありません。

同一人物だと思うけど、アンネの日記のアマゾンのレビューにも同じ事かかれてた。
オランダ国立戦時資料館が国立法科学研究所に依頼して鑑定させた結果については
日本でも文藝春秋から出版されているというのに、なんで出展不明になるの?
こんなサイトやレビューでも何も知らない人は鵜呑みにしてしまうんだろうな。
悪質極まりない。


906 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 18:08:05 ID:???
政治的圧力の掛かってるアノ筆跡鑑定は信用できない・・・

907 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 18:09:27 ID:???
>そもそもこのウィキペディアの記述は出展が明らかではありません。ネット上で類似の情報を探して
>も何も引っ掛かってきません。

この段階で「?」と思わなきゃな・・・

908 :名無し三等兵 :2007/01/23(火) 18:15:50 ID:???
>>906
お約束だがソースはあるのかい?

909 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 18:20:10 ID:???
これ? >>701

910 :名無し三等兵 :2007/01/23(火) 18:24:56 ID:???
>>905
そのサイトいろいろ見てみると、いい感じで電波ユンユンだなぁw
久々電波浴を堪能してみる。

911 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 18:35:31 ID:???
> Zyklon BツィクロンB (Zyklon B) は、第二次世界大戦中に使用されたドイツの殺虫剤の商標であり、ナチス・ドイツによって
> 強制収容所のガス室で用いられたとされる毒ガス。一般には「チクロンB」とも表記される。
> 
> ただし、ツィクロンBからガス状のシアン化水素が発生するには相応の反応時間が必要であり、ガス室での大量虐殺には
> あまり実用的でないこと、青酸ガスが壁中の鉄分と反応して生成するはずのプロシアンブルーがガス室の壁面に殆ど
> 見られないことなどから、強制収容所のガス室で使用されたのかどうかには疑問が残る。
> 
> ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%B3B

912 :名無し三等兵:2007/01/23(火) 22:06:02 ID:???
>>905
俺、その『アンネの日記(研究版)』買って読んだんだけど、
筆跡鑑定のところとか、一つ一つの文字の特徴を微視的分解して、
個々の特徴の出現回数とか、純粋に筆跡鑑定の入門書としても読めるぐらい。
これでも、もとの200頁を超える報告書の抜粋なんだけど。
もし、本当に否定したいなら、この報告全体を精査して、その鑑定の何処に問題があるのかを、
手間隙かけて証明するぐらいの気概がほしいですな。

もう
>>701
なんかの印象なんて、吹っ飛ぶだけのものがあるんだけど、
どうせ、読みもしないで勝手なたわごとほざくんだろうな。

913 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 00:44:54 ID:???
>>912
買ったって、あれ5000円以上する電話帳みたいな本だろ?
よく買う気になったな、ちなみに俺は図書館利用ですよ。
>>911
なんか、ちゃんとした研究所がプロシアンブルーをサンプルから除外した理由は
外壁とかのガス室とも薫蒸とも全く関係ない場所にまでプロシアンブルーが付着しているから
由来がはっきりしないということで、除外されたそうだ

914 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 01:05:15 ID:NK4smJXr
>>904
>俺は全商しかとらなかったが、ガンガレ!
証拠なしで適当な事書くなよ。

915 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 01:25:01 ID:???
maa のサイトが間違いを訂正するそうじゃないか。
自分とこの掲示板で指摘された以上さすがに無視するわけにもいかないんだろう。

916 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 01:29:01 ID:LX3hnV1o
>>915
>わたしもガスが見えようが見えまいがどうでもいいのです。
>毒ガスを吸って死んだ遺体が検死解剖の結果何体確認されたのですか?
>1体でいいのでその遺体が現在も保存されている場所を教えてください。
>たとえば広島の原爆では被害者の遺体が標本にされて現在も保管されて一部ですが
>写真もネットに公開されています。ホロコーストが本当に実在したならアウシュヴィ
>ッツ博物館やホロコースト博物館かどっかに一体くらいあるでしょう(笑)
>頑張っているようですが、あなたが何を言おうとガス殺死体がない限りホロ
>コースト否定論はなくならないし、ホロコーストがあったという説得力もゼ
>ロです。
正にその通りだとしか言いようが無いな。

917 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 01:35:24 ID:???
なにその死体不可欠論。

918 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 01:41:38 ID:???
勝手な条件をつけて「ある」とか「ない」とか空理空論を弄してみたいわけだよ。
そんなことも分からんのか!

919 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 01:45:07 ID:???
ホロコースト=ガス室という考え方なのだろうか?
彼らにとってはロマや同性愛者に対するナチスの迫害などなかったこと
になっているのかなぁ・・・

920 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 02:01:51 ID:???
>>916
つまりジミー・ホッファは死んでない訳か。
死体が無いなら死んで無いんだろ?

921 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 02:02:38 ID:???
リビジョニストのサイトが教えてくれることしか知らないよ、彼らは。

奇異な論争という表面的な事象よりもそちらのほうが不可解だな。
なんで彼らは自分でリサーチしない・できないんだろうか。

かりにリビジョニストの文献からホロコーストというテーマに入っていった
としても、2つの立場で争っていると聞けば、少なくとも両方の文献を
よむ必要が出てくると思うのだがな。

922 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 02:04:20 ID:???
>>920
辻もラオスの奥地で自分の王国をつくっているに違いないな。
なんたって死体は確認されていないのだから。



って、この理屈だと南方での旧軍の兵の餓死すら証明できなくなるじゃねーか。

923 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 02:08:10 ID:???
ヒトラーも南極にラストバタリオンといるに違いないよ。
死体は確認されてないんだから。
ソ連は確認したと主張してるけどソ連が言う事は自動的に眉に唾をつけなければならないのは周知の通り。

924 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 02:09:48 ID:???
>>923
死んだスターリンもおちおち眠ってられないなw

925 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 02:13:46 ID:???
>>923
つまりツンデルのパンター砲塔つきUFOは本当だったんですね1!11!!111!!

926 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 02:18:56 ID:???
>>922
旧軍兵の餓死体は少なくとも見つかっている。
ガス殺死体は一体も見つかっていない。

927 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 02:22:10 ID:???
てことは死体不可欠論はあらゆるケースに適用できる普遍的な法則といいたいわけ?

928 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 02:41:35 ID:???
>>926
ほほう。その死体が病死ではなく餓死だと断定できるのかい?

929 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 03:07:13 ID:???
仮にだ。
もしガス殺死体が残っていたとしよう。
ということは、ソ連軍が目前まで来ているのに暢気にユダヤ人のガス殺
をおこなっていたということにならないか?
まことに不自然極まりないので、ガス殺死体はソ連の捏造と主張しそうな
悪寒。

930 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 03:09:09 ID:???
>目前まで来ているのに暢気に

>目前まで来ているから急いで

に書き直せばいいんじゃね?

931 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 09:48:30 ID:???
おれ、解放された直後の収容所の記録フィルムで、解放される直前まで死体を焼却してた
焼却炉のシーンをみて、なんで直前まであんな事してたんだろうと長い間疑問だったけど
これ読んでようやく意味がわかった。
ソフィア先生はいいこと教えてくれますね。

>頑張っているようですが、あなたが何を言おうとガス殺死体がない限りホロ
>コースト否定論はなくならないし、ホロコーストがあったという説得力もゼ
>ロです。

932 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 11:53:29 ID:???
>>931
ああ、ロンメルがプロイセンの騎士とかねw

933 :K:2007/01/24(水) 11:59:36 ID:k3fhYUKh
ttp://www.freepe.com/ii.cgi?nazi



934 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 12:08:34 ID:???
ガス殺死体なんだが、これはどうなんだ?、
http://homepage3.nifty.com/m_and_y/genron/holocaust/aml15378.htm


935 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 12:52:43 ID:???
>>934
どうせ「ソ連の捏造」で済むんじゃね?

936 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 12:53:34 ID:???
>>934
アンネの日記の鑑定が政治圧力による歪曲という論法からいくと、予想される否定派の
回答は

ソ連の捏造説 だなw

937 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 12:59:21 ID:???
>>925
うむ

938 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 13:26:06 ID:???
ロンメルがプロイセンの騎士ってのはどこの政治圧力による湾曲?

939 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 14:28:01 ID:???
今 ここがおもしろい事になってるぞ
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/1646/1124530717

940 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 14:55:57 ID:???
名前:ギッシュ 投稿日: 2007/01/23(火) 11:24:38 [ C2MhIr8I ]
>>337

話を逸らさないで下さい。
初めの私の指摘はたった三つ、
「アーヴィングを歴史学者と紹介するのは間違い」
「無色の気体だから煙は見えないというのは間違い」
「ヒムラーが電話で命令した際に書かれたメモが『そのままにしておけ』だというのは間違い」
どれ一つとしてまともな答えが返ってきていません。
真正面から話し合うんじゃなかったんですか?
-------------------------------------------------------

ソフィア先生ぴーんち。
つーか、ネタサイトだと思ってたけど、
マジモンだったんだな、あのサイト。

941 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 16:23:15 ID:???
>>934
それには、マルコポーロの西岡先生もまともな反論でぎすに逃げ出しているな。
ガス殺死体が見つからない限り、ホロコーストは嘘だと主張してたソフィア先生も
これで最後の牙城も崩れ去ったかw

942 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 17:01:29 ID:???
>>941
本人に同じ事を言って来い。

943 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 17:04:56 ID:???
”ジョークと本気の違いがわからない人は見ないが吉!”
と書いてあるわりには真性電波サイトであったのか

944 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 18:24:15 ID:???
>>942
>>935

945 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 19:25:16 ID:???
>>936
まあ、アレだけ違う筆跡 >>701 を同一人物と強弁するのは、むしろ「アンネの日記の鑑定が政治圧力による歪曲」説を
補強してしまうんだけどな。

946 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 19:29:57 ID:???
>>945
ソースは?

947 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 19:32:22 ID:???
>>946
自分で >>701 を見て判断したら?

948 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 19:38:58 ID:???
アンネの日記 (文庫)
アンネ フランク (著), Anne Frank (原著), 深町 真理子 (翻訳)

アマゾン レビュー

42 人中、22人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。

むしろ読んでください, 2005/6/15
アンネの日記を創作小説だと言いましたが、読むなとは言っていません。いえ、むしろ「 捏 造 」を自分の目で
しっかりと確かめるためにも、読んでもらいたいと考えています。

読んでいると色々わかりますよ。軽くあげるならこんなかんじです。

・父親の会社の倉庫の屋根裏部屋に住んでたり(真っ先に探されるだろ普通w)
・咳をしただけでも人がいることがバレるので咳止めを飲まなきゃいけないのに、同居のおばさんは毎日電気掃除機を
使ってたりとか、同居人同士でケンカしたりとか、隠れるための回転棚を日曜大工で作ったりとか(咳の音すらダメなんじゃなかったの?w)

・13歳の少女がフランク家の歴史について日記の初めでまず語り、すぐ後にドイツに於ける反ユダヤについて語っていたりとか(13歳の少女の日記じゃねえだろw)

・彼女の本文の中で『オランダ風の梯子階段』と書いているが、彼女はオランダしか育っていない筈なのに、
どうしてその梯子階段がオランダ独特の物と分るのかとか。(彼女はどこの国にも行った事はないのにw)

などなど、挙げればキリがありませんね。思考停止さえしなければ、不自然なことにはすぐ気づく。

一度懐疑的な目で読んでみてください。真剣に疑いの眼差しを向けながら読んでみてください。きっと(ある意味で)楽しめますよw

949 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 19:44:22 ID:???
俺日本以外の国に行った事はないのに
和風の物が分かるんだ。どこかで記憶を捏造されたのかなあ。

950 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 19:47:14 ID:???
テレビ始めメディアの発達してる現代でならね

951 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 19:48:56 ID:???
>>947
結局素人目で見た判断かよwww

>>948
ソースはアマゾンのレビューですか?
そんな創作された物語の入った奴じゃなくて「アンネの日記 研究版」を読んでみろ

952 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 19:53:19 ID:???
>「アンネの日記 研究版」を

どんな詭弁で誤魔化してるのかな〜

953 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 19:57:41 ID:???
>>952
ちゃんと市販されているものだ、大きな図書館に行けばあると思うぞwww
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8D%E3%81%AE%E6%97%A5%E8%A8%98%E2%80%95%E7%A0%94%E7%A9%B6%E7%89%88-%E3%82%AA%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E5%9B%BD%E7%AB%8B%E6%88%A6%E6%99%82%E8%B3%87%E6%96%99%E7%A0%94%E7%A9%B6%E6%89%80/dp/4163495908

そもそも947の主張は
・主観で決め付ける
・資料を示さず自論が支持されていると思わせる
・陰謀であると力説する
正に詭弁www

954 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 19:58:34 ID:???
>>950
当時のアムステルダムのメディアが発達していないとでも?

955 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 20:00:10 ID:???
>>953
いやいや、判断は>>701を見た各人に任せてるから w

それを見た人が「筆跡鑑定は政治的圧力が掛けられた結果」と考えるのは自由

956 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 20:02:28 ID:???
>>948
それ書いた人間が>>905のサイトの人間だよ。
アマゾンのレビューにも、日記の鑑定について
>出展が明らかではありません。ネット上で類似の情報を探して
>も何も引っ掛かってきません。
と書いてるけど、その同じアマゾンでこれ以上はないとう立派なソース「アンネの日記 研究版」
が紹介されてる。
まぬけすぎw

957 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 20:05:29 ID:???
とにかく、どんな証拠をもってこられようが、捏造と政治圧力の二本立てで反論してりゃ
楽だわな

958 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 20:06:20 ID:???
> アンネの日記―研究版 (単行本)
> オランダ国立戦時資料研究所 (編集), 深町 真理子 (翻訳)
>
> 2新品/ユーズド価格: ¥ 9,997より

試しに購入するには高価杉

959 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 20:12:10 ID:???
367 Name: ソフィア先生 [] Date: 2007/01/24(水) 19:28:03 ID: IRSiSvX6 Be:
    >>365

    ソ連の報告は信用できません。

    (1)ポーランド・ソ連調査委員会というのは「アウシュヴィッツ犠牲者40
    0万人説」を最初に言い出したいい加減な連中です。この400万という数字
    は現在アウシュヴィッツ博物館が否定してます。

    (2)マイダネクは1944年7月末にソ連軍に開放されましたが、ソ連はそこを
    一ヶ月間封鎖してました。西側のジャーナリストの訪問は8月末に短期間だけ
    公開されただけです。

    (3)マイダネクで発見された5つのボンベのうち、残っているのは2つだけで
    あり、一酸化炭素ではなく、二酸化炭素という標識をつけています。二酸化炭
    素は、害虫駆除ガス(Tガス)発生に必要ですが絶滅能力を持っていません。

    (4)広島の原爆被害者の遺体と違って標本が残っていないため再検証不可能。

    以上、「現場検証妨害+凶器なし+再検証不可」という状況の検死結果など信用
    できません。

捏造説キタコレ

960 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 20:14:46 ID:???
ココから

ホロコースト論争U〜おまいら!もっと石炭もってこい〜
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/1646/1124530717/

961 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 21:34:22 ID:???
そろそろ当時のアムステルダムでは外国の文化を知ることが出来ない一次資料が欲しいんだが
正直言って歴史的な貿易港について上記の話はにわかには信じられない

962 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 21:42:37 ID:???
>>959
じゃあお前は信用出来るというんだな?
カチンの森事件って知ってるか?

963 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 21:47:10 ID:???
ソ連が信じられないなら、リビジョニストなんてもっと信じられないよな。
嘘や歪曲の量が比較にならないほど多いから。

964 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 21:48:49 ID:???
>>916
ガス殺なかった=ホロコースト否定ではないと世界史板の過去スレで否定派コテが断言していたよ。
むしろその行為は歴史研究でないとの言質も頂いた気がした。



965 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 21:51:48 ID:???
ヴァカ野草な>>962てねーは早く「アンネの日記の鑑定が政治圧力による歪曲」説の証拠をもってこい
誰が何時どのように圧力をかけたんだよ。


966 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 21:58:33 ID:???
>>962
ソビエトが崩壊して当時の文書が公開されましたが、捏造されたという文書は発見されていませんが。
そもそも、カチンの森事件と違って捏造であった証拠が発見されていないのですが。

その論法でいくと「大本営発表は嘘であった、だから旧軍の文書は全て嘘である」となるわな

967 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 22:00:38 ID:???
>>1からやっとここまで読み終わった。

墓穴を自分で掘りそこへ自ら埋葬する物好きって世の中に居るんだな。
この分だと墓石も自分で彫ってそうだ。

968 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 22:08:17 ID:???
「リビジョニストのうち誰か1人でも嘘をついている者がいれば全てのリビジョニストは信用できない」
本当にそんな論法でいいのか?

969 :912:2007/01/24(水) 22:20:43 ID:???
>>948

このレヴューってフォーリソンの受け売りそのまんまなのね。
で、例の研究版で、いかにフォーリソンが自分に都合いいところしか引用しないか、
検証されて、バッサリきられてるの。

>13歳の少女がフランク家の歴史について日記の初めでまず語り、
いかにアンネの日記の成立過程に無知なのかが良く分かる。

>701
の件に関していえば、オランダ国立法科学研究所の報告書のなかで、
筆記体、活字体双方に関して、厳密な検証をして、その検証作業手順をキチッと公開してるわけ。
分量にして200頁以上なわけ。
読みもせんのに、大層な口を叩くなと、小一時間。

970 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 22:21:27 ID:???
アンネの日記はオヤジが脚色したからホロコーストは捏造の証拠とか吠えてるのは誰でーすーか?


971 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 22:27:58 ID:???
日記の話題なのに、カチンの森や信用論の話をいきなりはじめたりして、これを話題のすり替えとは言わないのか・・・リビ様的には。


972 :912:2007/01/24(水) 23:22:27 ID:???
>>948

>(彼女はどこの国にも行った事はないのにw)
研究版読み返して見たが、これ明らかな間違い。
フランク一家がフランクフルトからオランダに移住し住民登録をしたのは1933年。
アンネ・フランクは1929年生まれ。
通常、記憶の形成がなされるのは3歳以上とされるので、
オランダに移住以前のフランクフルトの記憶があったとしても不自然ではないな。

973 :名無し三等兵:2007/01/24(水) 23:33:15 ID:???
というか一般家庭の子供なら親と故郷の話とかしたりするだろ
一次資料とかはないので安心して疑ってくれていいが

974 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 00:19:01 ID:???
まあいい加減に結論をだそうや
リビジョニストは反証可能性が理解できない
故に、
「ガス室の証拠がない、だからガス室がない」という
理屈がおかしいことがわからない
終了

わからないのはリビジョのオツムのせいであって、リビジョの言う「正史派」=普通の人のせいではない
なおリビジョの書き込みから意図とか機能とかの単語がでない時点でそもそも論外

975 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 00:19:03 ID:???
>>948
>彼女の本文の中で『オランダ風の梯子階段』と書いているが
不思議なことに深町眞理子訳のアンネの日記の本文では
「オランダ式の梯子階段」と表記されてるんだがな、これ書いたやつ本当はアンネの日記読んでないだろ
この文章も他人の言ってることのそのままコピーしただけだろうね

976 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 00:25:05 ID:???
>>974
いや、なかったという決論が先にあるから無意識的に理解することを拒否しているんじゃないだろうか?

977 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 00:38:32 ID:???
>>548を書いたものだが、マジにソフィア先生とこのスレが大炎上し始めてるww
こりゃマジに世界史板に来いとかほざき始めるかな?

978 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 00:38:40 ID:???
>>976
>理解することを拒否している
結果的には理解できないと一緒だと思う
西岡・木村系は理解できない系だと思う
よくでてくるmaaの中の人は結論が先にあるのかもしれない
ただIHRの中の人とかアーヴィングは確信的にアジッているわけで

979 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 00:41:26 ID:???
>>977
大丈夫。
ガス室の証拠がない以上、ガス室はない
と考えてる人ですから何も恐れることはない。
だったら西岡木村コンビはど〜すんの
まだまだ楽しませてくれるはず。

980 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 00:50:35 ID:???
>>978
>ただIHRの中の人とかアーヴィングは確信的にアジッているわけで
どういう意味?
自分の言ってることが間違いだってわかってて、やってるってことか?

981 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 00:54:53 ID:???
>>980
もちろん。
アーヴィングなんか元々「ヒトラーの戦争」の評価は非常に高かったし、
歴史学者という肩書きでも問題ないくらいの作家だった。
他の歴史学者にも大きな影響を与えた。
IHRなんかは確信犯の団体ですし。

982 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 01:13:40 ID:???
>>981
結構ひどい話だな、信じたところで何もない、自分で考えてるつもりがネオナチへまっしぐらってか

983 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 01:14:24 ID:???
そのアジる最終的な目的って何なんだろう?

984 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 01:19:26 ID:???
経営でしょ。

ユダヤ人やシオニズムと闘っているんだと宣伝すると、
それに金を払ってくれる人が多少は集まってくるので。

だからIHRの代表は「ユダヤ」との対決姿勢を強調してる。
「歴史の真実を追究する」なんて言ってもだめだね。

985 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 02:40:07 ID:???
>>981
「狐の足跡」とか「将軍たちの戦い」とか早川で翻訳されてるしねぇ。
正直上記の二点は一軍ヲタとして欲しいところなんだよなぁ。
まぁツンデルなんてのはホロコースト否定論を広めるために、パンテルUFO
写真つくったり、南極ナチス基地観光ツアーやら企画していたり、ガセネタ
をミステル矢追や落合ノビーに吹き込んだりしているが。

986 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 03:32:04 ID:???
そうそう、maaのサイトではソフィア大尉殿はSS第12戦車師団戦車連隊第8中隊
だそうで。
なので大日本絵画の「SS第12戦車師団史ヒットラー・ユーゲント」とやら「パンツァーズインノルマンディ」
やらを調べていたら、第8中隊長の名前こそ探し出せなかったが、ノルマンディ戦でイギリス軍に鹵獲され、
クロムウェル戦車回収車に引っ張られる第8中隊のW号戦車H型を見つけてしまったw


987 :986:2007/01/25(木) 04:07:31 ID:???
をっと、「SS戦車隊」でついに第8中隊長の名前を発見したぞ。
SS第12戦車師団、第12戦車連隊第8中隊長はジーゲルSS中尉殿だ。

988 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 08:18:57 ID:???
次スレは?

989 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 14:27:07 ID:???
板違い。maaさんのところに移動してください。

990 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 22:00:35 ID:???
>>969
 >>701
>  の件に関していえば、オランダ国立法科学研究所の報告書のなかで、
>  筆記体、活字体双方に関して、厳密な検証をして、その検証作業手順をキチッと公開してるわけ。

どう言う詭弁で「検証」してるの?

991 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 22:38:58 ID:???
詭弁だと断定する根拠は?

992 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 22:40:24 ID:???
次スレ。
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1169732369/l50


993 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 22:52:05 ID:???
>>990
読んですらいないのに詭弁とはwww

994 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 22:56:45 ID:???
糞スレ立てんな蛆虫氏ね

995 :名無し三等兵:2007/01/26(金) 00:11:35 ID:???
そろそろ埋め立てるか。
「アウシュビッツ」の「あ」

996 :名無し三等兵:2007/01/26(金) 00:19:13 ID:???
アウシュビッツって名称、炭酸飲料ぽくね?

997 :名無し三等兵:2007/01/26(金) 00:53:59 ID:???
アウステリッツっと語感は似ているよな。

998 :名無し三等兵:2007/01/26(金) 14:05:44 ID:???
アウシュビッツってパリーグの球団の選手っぽいよね

999 :名無し三等兵:2007/01/26(金) 14:26:33 ID:QVJwHL6H


1000 :名無し三等兵:2007/01/26(金) 14:27:52 ID:QVJwHL6H


1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

338 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★