5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

アウシュヴィッツの真実を語る2

1 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 22:39:29 ID:???
前スレ
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1167761618/l50


2 :名無し三等兵:2007/01/25(木) 22:45:12 ID:???


3 :名無し三等兵:2007/01/26(金) 06:04:37 ID:???
ところでこのスレは以下略

http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1124539328/
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1124188442/
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1122745683/
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1110693445/
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1112319399/
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1129452830/
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1130321761/
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/army/1130419899/

ここは地獄のループスレです。構うと邪魔なので構いたい人は勝手にして下さい。

4 :名無し三等兵:2007/01/26(金) 09:10:33 ID:???
なお、このスレでの最強のキーワードは「捏造」と「政治圧力」です。

5 :名無し三等兵:2007/01/26(金) 14:24:04 ID:???
恥を承知で頼みますがこのスレ http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/1646/1124530717/l50
の正史派達の数が多くて負けそうです。
誰か援軍に来てくれませんか?

6 :名無し三等兵:2007/01/26(金) 19:24:32 ID:???
これだけあからさまだと、「圧力をかけられた」と取られても仕方ないけどね。

> Subject21: 本物のアンネ・フランクの筆跡はどれか?
> ttp://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_21.html

7 :名無し三等兵:2007/01/26(金) 19:27:42 ID:???
だいたいドイツに言論の自由なんか無いし。まともな検証が為されると思うのが「無邪気な日本人」

> ドイツでは、ホロコーストの否定発言を したり、公の場でナチス式の敬礼をしたりすることは
> 懲役刑(最大3年)の対象となる。 ヒトラーの著書「わが闘争」も出版禁止

8 :名無し三等兵:2007/01/26(金) 19:45:20 ID:???
>>6-7
こんなところで遊んでないで、ソフィア先生助けにいけよ。
血だるまにされてるぞw

9 :名無し三等兵:2007/01/26(金) 19:53:52 ID:???
>8
イイじゃないか。事実しか語ってないし

10 :名無し三等兵:2007/01/26(金) 20:59:22 ID:???
>>6
取られた取られてないは関係ないんだよ。
圧力があった具体的な証拠はあるのか?ってことだろ

11 :名無し三等兵:2007/01/26(金) 21:11:13 ID:???
>>8
ウリはmaaを見る必要を感じないので現状はわからんし、maa掲示板URLを貼り付けて呼び込みしていたのは、てっきりジサクジエンかと思っていたニダ
しかし、ホントにテッサだかソフィアだかを吊し上げしてるニカ。


12 :名無し三等兵:2007/01/26(金) 21:57:42 ID:???
確証は取れていないが、某否定論の卸し元の中の人たちはアンチイスラエルムスリム系と手を組むらしいが、
maaとか自称保守右、保守国粋系なその辺ってどんな論調なのかねぇ。


13 :名無し三等兵:2007/01/26(金) 23:35:54 ID:???
しかし、ソフィア先生もすごいなぁ。
他人のHNを「非常に不愉快です。わかりましたか?」
とか言っている割には、自分の発現に対しては
「皮肉を効かせたジョークをおふざけと取られても困ります。」とか
「コーラを飲んだらゲップが出るくらいの確立かな? 」
とかやっているんだよなぁ。
思いっきりダブスタ野郎じゃねぇか。
でそのうえ
「隣の半島を見習ってもっと面白いネタを持ってきてください。」

何故かホロコーストとはまったく関係ないのに半島が出てくる始末。


14 :名無し三等兵:2007/01/26(金) 23:47:44 ID:???
>321 名前:ソフィア先生 投稿日: 2007/01/10(水) 21:45:12 [ IRSiSvX6 ]
>>320
>こっちに来いと言ってやってください。
>コテハンで真正面から討論しましょう。
>相手が何人でもかまいません。みんなまとめてかかって来い。

このスレへの救援依頼の威勢のいい応答も最早こうなっては空しく響くばかりだな
前スレでソフィア先生のスレ紹介して、何でこっちに来ないの?論破されるのが怖いの?
なんて言ってたやつは、今何を思っているんだろう。


15 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 00:23:06 ID:???
一応貼っておこう。

軍板における「自称」リビジョニストの主張。

1、ユダヤ人は犯罪者か危険人物。
2、数十万人の監獄にちっぽけなプールが一つ有るから絶滅収容所じゃない。
3、「囚人用の売春宿、劇場、プールがある、結婚出産も出来る」なら「市民権剥奪、財産没収、集団隔離、多段ベッド、
鉄条網に電流、食糧事情最悪、機関銃で見張り、チフス蔓延、焼却炉・広場に死体の山」の監獄にずっと入れられててもOK
4、「絶滅命令の文書が無い」と騒ぐが「ソ連が捏造していた」という証拠は探さない(この情報公開時に!)
5、現代のユダヤマフィアが麻薬、キッドナップ、 マネーロンダリングの犯罪を行っているから
ヒトラー政権下のユダヤ人はオウム以上の犯罪者である。
6、乗車率300%の中央線に対流は無い。
7、アウシュヴィッツの所長だったヘスはドイツ副総統のヘスと似た名前だから存在自体が捏造。
8、ロイヒター報告はちゃんとした報告書であり、どう見ても許可しなかったポーランドが悪い。
9、占領地のユダヤ人は全てゲリラ。
10、ドイツでは言論弾圧されているからホロコーストを否定でき無い。
11、シオニストにソースサイトを潰されるのでソースは提示しなくて良い。
12、「ちゃんとした証拠を示せ」というくせに、どういうものが「ちゃんとした証拠」なのかが言えない。
13、強制収容所の外にはソ連軍がうようよいたのでドイツ軍がユダヤ人を守ってた。
14、収容所の中はベルリンよりもいい暮らしができるのでユダヤ人が逃げる理由は全く存在せずしたがって杉原千畝がユダヤ人を助けた話は捏造
15、悪魔の証明を持ち出さないと議論ができない。だが、悪魔の証明をきちんと理解しているわけではない。


16、たとえ証拠をだしても、それは「政治圧力」による「捏造」
って付け加えてもいい?

16 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 00:31:21 ID:???
>>15
もちろんだ、でもそんなこと別に了解取る必要もないよ。
問題は付け加えた文章を後にコピペする人が受け継いでくれるかどうかということだけだ・・・

17 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 09:10:27 ID:???
ソフィア先生が英語読めない事が露呈した訳だが。
つまり逆転裁判中に沢山出てくる英語、ドイツ語、ロシア語のソースは自分で調べた訳じゃないって事か?

18 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 11:48:16 ID:???
>>17
太田述正だったかな?それと同じことを指摘してたよ。

しかし、前スレを立てた否定派は適当に資料要求とURLコピペしてれば簡単に論破できると思って
立てたんだろうけど、まったく違う展開になったね。逆に論破されて
総本山だったはずのソフィア先生まで血祭りにあげられて、何から何まで裏目に出たことを後悔してるだろうな

19 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 12:14:48 ID:???
>>17
あんなにハーウッドの本は全面的に信用出来るとほざいておきながら読んですらいないって何かのギャグですか?

20 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 12:20:44 ID:???
ソースを重んじる軍オタをなめるなってところですか。

21 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 12:22:36 ID:???
原典をあたれない人間が、先生を自称してること自体ギャグだろ?

22 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 12:30:09 ID:???
極東の一掲示板でウダウダやっている間にも時間は流れてゆき・・・・

「アンネ」の父親の手紙発見―米=家族救う必死の思いにじむ

http://movie.goo.ne.jp/contents/news/NFJ070125102207qszulguh/



23 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 12:37:38 ID:???
時期的にみて反ホロコーストに対する捏造プロパガンダだ、とか何とか言うに決まってるよな。

24 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 12:52:53 ID:???
>>5がソフィア先生のカキコだったら笑えるな

25 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 13:38:26 ID:???
>449 :名無し三等兵 :2007/01/10(水) 19:16:45 ID:ZX6JUTDc
>各地に応援要請をしてきた。
>数日以内には貴様らもお終いって事だ。

前スレの書き込み。お仕舞いにされたのは否定派でしたとさ
しかも野火のようにソフィア先生まで大炎上

26 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 13:47:38 ID:???
フランス語やドイツ語のソース貼ってるけどタイトルすら
読めてないんだろうな…

27 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 14:01:27 ID:???
一次資料を要求するくせに、本当に出されたところで読むことができないってなんかのギャグが?

28 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 14:55:41 ID:???
>見たけどよくわかりません。日本語で解説をよろしくお願いします。

これって「こうですか?わかりません!><」思い出した

29 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 16:46:12 ID:???
よくわからないって該当箇所がどこかわからないってことじゃない?
今時英語読めないなんて中卒じゃあるまいし

30 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 17:06:06 ID:???
なんだか話が変な方向に向かってきてるな
否定論に対する反論は理解できないけど、逆転裁判は理解できる。
だからホロコーストはなかったってことかよ?
こいつら自分が世界の中心で自分を中心に全ての事象が動いているとでも思っているのか?

31 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 17:17:47 ID:???
むしろ、ヲタク向け釣サイトでしたと自白したようなもんです。


32 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 18:20:14 ID:POjIkGcR
>>22
アンネ・フランクがアウシュヴィッツで死なず、
ベルゲンベルゼンでチフスで死んだ事実こそ重要。

>>29
日本人で英語が上手く読める奴などそれほど多くない。
それでも其れなりに努力すればいいんだが。

>>30
http://www.gilad.co.uk/html%20files/atzmongreensteindebate.html
Holocaust Denial is in itself a Zionist terminology and I refuse to accept it or to use it.
「ホロコースト否定論はシオニストの専門用語であり、受け入れる事も使う事も拒絶する。」
ホロコースト見直し論もしくはホロコースト修正論と言うべき。

33 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 19:20:52 ID:???
>「ホロコースト否定論はシオニストの専門用語であり、受け入れる事も使う事も拒絶する。」
>ホロコースト見直し論もしくはホロコースト修正論と言うべき。
だが断る。


34 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 19:29:07 ID:POjIkGcR
>>33
http://www.gilad.co.uk/html%20files/atzmongreensteindebate.html
Holocaust Denial is in itself a Zionist terminology and I refuse to accept it or to use it.
>>「ホロコースト否定論はシオニストの専門用語であり、受け入れる事も使う事も拒絶する。」
>>ホロコースト見直し論もしくはホロコースト修正論と言うべき。
否定論となるとユダヤ人が一人も死んでいないと言う説になりかねないが、
見直し論者もしくは修正主義者はガス室が捏造である事と、
死んだユダヤ人の数が大幅な誇張であると主張している。

35 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 19:51:48 ID:???
>>34
なるほど、あなたの理屈でいうと

>毒ガスを吸って死んだ遺体が検死解剖の結果何体確認されたのですか?
>1体でいいのでその遺体が現在も保存されている場所を教えてください。

>たとえば広島の原爆では被害者の遺体が標本にされて現在も保管されて一部ですが
>写真もネットに公開されています。ホロコーストが本当に実在したならアウシュヴィ
>ッツ博物館やホロコースト博物館かどっかに一体くらいあるでしょう(笑)

↑こんな風にガス殺死体が無い以上、ホロコーストは実在しなかったと主張している
ソフィア先生と愉快な仲間達は、見直し論者もしくは修正主義者では無いということ
ですな?
みんな否定論者ですよね?



36 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 20:01:06 ID:POjIkGcR
>>35
そもそも見直し論者もしくは修正主義者と正史派ではホロコーストの定義が違うだろ。
見直し論者もしくは修正主義者はガス室が捏造である事と、
死んだユダヤ人の数が大幅な誇張であると主張している。

37 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 20:24:56 ID:???
>>36
つまりソフィア先生は否定論者で見直し論者、修正主義者でないということですな。

ほんとにありがとうございますた。


38 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 20:32:52 ID:POjIkGcR
>>37
ソフィアは宣伝家に過ぎないだろ。

39 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 20:38:02 ID:???
>>30
自覚があるかどうか知らんが、完全にギャグだなアリャ。
要するに自分で調べる根性が無いくせに、相手にわかりやすく説明しろ
と要求しているようなもんだよ。
自分で調べもせずに初心者スレに書き込む厨房以上に始末が悪い。

40 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 20:53:18 ID:???
>>36
あんた、国語の成績むちゃくちゃ悪かったろw

41 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 21:05:46 ID:POjIkGcR
>>40
どんな返事をしようとホロコースト証言と同じで根拠が無いでしょ。

42 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 21:51:10 ID:???
>>41
なるほど。
君の書き込みにも根拠が無い、ってことは理解できたよ。

43 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 22:01:24 ID:POjIkGcR
>>42
まあ言った事が全て真実だと思い込むよりはよっぽどマシだけどさ。

44 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 22:15:40 ID:???
世界史板のホロコーストスレにいる否定派も「議論できない肯定派の厨とは関わらない」
見たいな事書いてさじを投げてるなぁ。
まぁ、いったいどういう理由で「議論ができない」と断定しているのかは
「ホロコーストの証拠」並みに不明だがw

45 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 22:58:39 ID:POjIkGcR
>>44
http://www.gilad.co.uk/html%20files/atzmongreensteindebate.html
Holocaust Denial is in itself a Zionist terminology and I refuse to accept it or to use it.
「ホロコースト否定論はシオニストの専門用語であり、受け入れる事も使う事も拒絶する。」
ホロコースト見直し論者もしくはホロコースト修正主義者と言うべき。

46 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 23:05:02 ID:???
>>45
44じゃないけど見事な書き込みだな
44と45の書き込みに関連がない(w
こりゃ議論にならんよ
リビジョは自分の言いたいことを一方的に言いまくるだけ ってこと

47 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 23:26:14 ID:POjIkGcR
>>46
否定派ってレッテル貼っておきながら何を今更。
レッテル貼って議論を潰しているそちらも同罪だろ。

48 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 23:39:27 ID:???
>>47
「否定派」いうのは、ガス室否定派 という意味
勝手にホロコーストとガス室混同して(脳内変換して)うだうだレスしてるだけ
ガス室否定しているんだから否定派でいいじゃないの
32がホロコースト否定論うんぬんレスして混同しているけど、
否定派いうのはガス室否定しているからいわれるんだよ。
議論を潰しているんじゃなくて単に読解力がないだけ。

49 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 23:41:10 ID:???
しかし宇野正美は昔からアウシュビッツ否定なのに首くくられないんだろうか?

50 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 23:52:30 ID:POjIkGcR
>>48
普通そうは取らないだろ。
ホロコーストが普通ナチスホロコーストを指す様にな。
Is the Bush Administration Planning a Nuclear Holocaust?
これも核兵器ホロコーストと誤解を与えないように書いてある。

51 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 23:53:25 ID:???
いわゆる正史派のホロコーストの定義って言うのは、
ナチスがユダヤ人の絶滅を目的として、政策として推し進めながら600万人を
強制収容所や狩り出しで虐殺し、さらに迫害も同時に行なったってことだろ
でも、ここでホロコーストが無かったって言ってる奴らの主張は、今まで見た限り
ナチスには絶滅させる意思は無く、ユダヤ人の死者は強制収容所でチフスで死んだり
SSの中のチンピラゴロツキ(byだつお)が勝手に殺したか、ゲリラかテロリストだった。
それで、その数も600万人よりもだいぶ少なかった。ってところなんだろ

これって修正どころか、今まで通説とされてきたホロコーストの定義までも完全に否定してるよな?
だったら「否定派」でも何の問題も無いんじゃない。
確かソフィア先生なんて殺されたという証拠も無いし、ユダヤ人が600万人いた証拠も無いとかそんなことまで言ってたよな

52 :名無し三等兵:2007/01/27(土) 23:54:03 ID:POjIkGcR
http://www.globalresearch.ca/index.php?context=viewArticle&code=20060222&articleId=2032
Is the Bush Administration Planning a Nuclear Holocaust?
サイトを付けて居なかったから付ける。

53 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 00:01:11 ID:POjIkGcR
>>51
http://www.gilad.co.uk/html%20files/atzmongreensteindebate.html
Holocaust Denial is in itself a Zionist terminology and I refuse to accept it or to use it.
「ホロコースト否定論はシオニストの専門用語であり、受け入れる事も使う事も拒絶する。」
ホロコースト見直し論者もしくはホロコースト修正主義者と言うべき。
そして「否定派」と言うシオニストの専門用語を断固として拒絶する。

54 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 00:02:55 ID:qmr//iNX
ヒトラーもユダヤ人。アウシュビッツの設備はおもちゃ並。

55 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 00:06:25 ID:???
>>53
拒絶されたところで、なんとも言えないし
それくらいのこと否定派の大好きな「言論の自由」に免じて許せよ

56 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 00:09:01 ID:UqzqgNtc
>>55
http://www.gilad.co.uk/html%20files/atzmongreensteindebate.html
Holocaust Denial is in itself a Zionist terminology and I refuse to accept it or to use it.
止められないが断固として拒絶する。

57 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 00:12:32 ID:???
>>56
拒絶されたところで使い続けるから、いやマジで

58 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 00:13:21 ID:???
>>56
ホロコースト見直し論者 長い
ホロコースト修正主義者 長い
否定派 短い
否定派のほうがタイプ楽でいいじゃん
このネタで1000目指してもいいけど(w
ようしおじさん1000まで否定派ってレスし続けるぞ〜〜〜

59 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 00:26:16 ID:???
58だがまあまじめにレスでもしておこう
アウシュヴィッツの真実 というものは一般の認識とは全くかけ離れている
ユダヤ人をガス室で大量に殺す収容所ではなく、
最大で収容者が10万を超える軍需工場を備えた強制労働場だった。
収容所にはソ連兵捕虜以外にもアーリア人の政治犯・思想犯なども多数おり、
良く出てくる囚人向けプールなんていうのもドイツ人囚人がいればむしろ当たり前
労働に不適当と判断されたものが、工場のラインのように選別され殺されていった。
軍需工場があくまでもメインで、
ユダヤ人を殺すなんてことはあくまでもおまけだった。
強制収容所管理局の上部組織WVHAは「経済管理本部」であり、
その名の通り企業経営などを運営する部門だった。
ゲシュタポのあるRSHAとは別部門どころか仲ががかなり悪かった。
優秀なユダヤ人労働者を殺すと大変困るわけですハイ

60 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 00:35:42 ID:JoFENzj6
ドイツ軍需省とSSは、まったくの別組織。


61 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 00:43:09 ID:???
基本的質問だけど
ホロコーストの何が悪いんだ?

62 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 00:43:52 ID:???
>>10
「あからさまな捏造鑑定」という状況証拠で充分さ。

63 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 00:47:27 ID:???
>>62

すまん
>「あからさまな捏造鑑定」
のどこが状況証拠なの?
教えてくれ、エロイ人

64 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 00:47:56 ID:???
プロの鑑定士でアレがあからさまな捏造と主張している人希望。
アマチュアが思い込みだけで言っても無意味。
ちなみに、子どもの筆跡ってのは見た目がコロコロ変わるから
見た目だけで違うといっても意味ナッシング。

65 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 00:48:10 ID:???
>>61
そうだなあ、哲学板かどっかで、人を殺すことの何が悪いんですか?って質問してきたら?
なんにせよここで聞くのは板違いだと思う

66 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 00:49:17 ID:???
戦史を見ても
虐殺の例はいくらでもある。
ホロコーストだけが悪とされる理由が分からんね。
それこそ戦勝国史観だろ?

67 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 00:53:09 ID:???
>>66
そういう事言った、学者か何かがドイツにいたんだけど
その発言にユルゲン・ハーバーマスという哲学者が激しく非難してな
歴史家論争という大論争になってしまったのだ

68 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 00:53:33 ID:???
証拠・・・・

前スレ
> 719 名前:名無し三等兵 投稿日:2007/01/20(土) 15:06:52 ID:???
> オランダ国立戦時資料研究所が1985年12月20日,国立法科学研究所に筆跡鑑定等を 依頼し,得た鑑定結果.
> 
>  (1) 「日記帳1」と呼ばれるサイン帳型のアルバムの筆跡は,
> 確信に近い確率をもって,(略)アンネ・フランクの手になるものと見なしうる.
> 
>  (2) 「日記帳2」と呼ばれる黒の堅表紙,黒のクロス装丁を施した 雑記帳は,
> (略)筆跡は,確信に近い確率をもって,同一人物の手になるものと 認められる.
> 
>  (3) 「日記帳3」と呼ばれる緑色と金色のまだらの堅表紙,黒の
> (略)筆跡は,確信に近い確率をもって,同一人物の手になるものと 認められる.
> 
>  (4) 「ばらの用紙」と呼ばれる,3つのフォルダーに収められている,
> (略)筆跡は,確信に近い確率をもって,同一人物の手になるものと 認められる.
>
> 鑑定結果を

オウムか九官鳥みたいに「同一人物だ」と連呼してるけど、これじゃ根拠にならないな。

69 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 00:54:36 ID:???
>>66
近代国家が国を挙げて意図的かつ組織的に虐殺したのは初めてじゃねーかな?


70 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 00:56:19 ID:???
>>69
アメリカ合衆国軍によるインディアン虐殺やフィリピン人虐殺は?

71 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 00:56:47 ID:???
トルコは近代国家じゃなかったのか…?

いや、アルメニア人虐殺が意図的かつ組織的だったとしての話だが。

72 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:00:37 ID:???
このスレ2まで行ったのか。ほんとようやるわ。

前スレの途中で飽きて見なくなってたんだが、ループじゃなくなってるのかw

73 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:00:56 ID:???
>>64
それはチト苦しいな〜 子供の下手な字体がいろいろ変わることと、大人みたいに達筆な
文字を書く事とを(意図的に?)混同している


74 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:01:09 ID:???
俺も歴史家論争のことはあんまり知らないし、ハーバーマスの言ってることは
まだまだ理解できてないと思うんだけど、要はこの老人の言ってることは
他と比較して自分を免罪するなってことなんだと思う。

75 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:03:09 ID:UqzqgNtc
http://www.deiryassin.org/
ユダヤ人が明確に異民族を迫害したとされているデイル・ヤシン・ホロコーストもある。
http://www.israelshamir.net/Contributors/Contributor13.htm
ちなみにポール・アイゼンがあのホロコースト戦争を書いたのです。

76 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:04:09 ID:???
ハーバーマスはロマンチストだからなあ。
でなきゃ談論風発だけで現代国家の政治的閉塞を救えるとは思わない。

77 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:04:18 ID:???
>>73
子供相手の塾のアルバイトやってたものだが、小学二年かそこらで
その辺の大学生よりもはるかに達筆な文字を書く子供は、何人も見てきたぞ

78 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:06:55 ID:???
>>73
ほほう?
プロの鑑定家がそう書いているのを否定するからには
何か根拠はあるんだろうね?
お前の雑談レベルのではない根拠があるんだろうね?

79 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:07:14 ID:???
>>77
達筆な字を書く子も居るだろうし、それは結構だが、急にたどたどしい下手な字になるかな?

80 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:08:49 ID:???
ハーバーマスなんてナチだったことをずっと隠してきてた奴じゃないか。
最近やっとカミングアウトして権威失墜。

81 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:11:21 ID:???
俺の個人的な経験だと、

筆記体→読めない。のたくってる。
ブロック体→利き手じゃない方で書いてんの?、てくらい下手。

が欧米人のスタンダード。習字の時間がないのかな?

82 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:13:36 ID:???
>>79
それは知らん、そんなに長い間見てる訳でもなかったからな
でも、文字の見た目の印象だけで大人かどうかは全く判断できないとおもう

83 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:14:38 ID:???
イランの公的機関で鑑定したら別の結果が出るとか無いかなあ。

84 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:16:05 ID:???
>>73
もっと重大な問題があるだろうが
その達筆な文字とたどたどしい下手な文字が同じページに書いてあるってことがよ
アンネの日記が捏造だって言ってる奴らは絶対に答えてくれないんだけど
日記を捏造した奴って馬鹿だったの?

85 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:16:39 ID:???
>>82
じゃあ、君自身が、アンネ・フランク(とされる)文字を見て感想を述べてくれたまえ。 >>6 に出てるから。

86 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:19:51 ID:???
>>85
一番最初に出てきた感想は、なんで下手な文字と上手な文字を同じページに書いたりするのかな?ってところかな
本当に捏造だとしたら、捏造した奴は全く意味の無いことをやってることになるけど
これに対して何か意見とか合理的な解釈はあるの?

87 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:19:56 ID:UqzqgNtc
アンネ・フランクがアウシュヴィッツで死なず、
ベルゲンベルゼンでチフスで死んだ事実こそ重要。

88 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:22:01 ID:???
>>6

> 左:1942年 6月12日のアンネの筆跡
> 右:1942年10月10日のアンネの筆跡

たった4ヶ月であんなに字体が下手になるのかな?

89 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:23:31 ID:???
あのさ、オランダ国立法科学研究所のアンネ・フランクの筆跡鑑定報告を、
ちゃんと読んだ人いないの?


90 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:25:21 ID:???
>>89
アンネの日記研究版で内容が紹介されてるから参照しろといってあるのに
捏造にこだわる連中はあくまで自分の目のほうが鑑定よりも正しいという姿勢を崩さない
しかもどうやら研究版を読んでないようだ

91 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:26:48 ID:???
>>90
「日記研究」の論旨を提示したら?

92 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:26:57 ID:???
まあ虐殺否定派の言い訳に
ヒトラーはユダヤ人虐殺命令を出した記録はない
国家としてのドイツがユダヤ人を組織的に殺害した記録がない
がよく言われるけど

虐殺という近代国家にあるまじき行いを記録に残すことドイツがするはずないだろう
というと、国家が記録を作らないなんてありえにだろうと馬鹿にされるが




ユダヤ陰謀説はあっさりと信じるこの人たちの不思議

93 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:30:05 ID:???
>92
「無いという証拠を出せ」(悪魔の証明)だね。

94 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:33:45 ID:???
>>92
加えて、ナチスドイツにとっては「民族浄化」だから「虐殺」であるという認識はないだろうし。

95 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:35:06 ID:???
ジサクジエン警報発令中

96 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 01:35:21 ID:???
アンネの日記研究版には、日記の写真がいくつか出てるんだけど
下手な文字と大人びた文字が同じページに書いてあるところも結構載ってる。
ttp://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/afrank.htm
このページの作者はさすがにあれを比較の対象とするのは不味いって感じたんだろうね。
わざときれいな字をトリミングした写真しか載せてない。
そしてうまく写真はがきに酷似した文字が本物の日記にも書いてあることを隠してる。
でも>>6のソフィア先生は一体何を考えてるんだろうか?
大人びた文字と下手な文字が同時に書いてあるページをよりにもよって証拠写真として出すなんて
これ見た読者が何を思うのかってことを、全く想像してなかったとしか思えない。
こんな写真出して、捏造した奴は全く意味の無い馬鹿なことやってますけどっていわれたらどう言い訳するつもりだったんだろう?
ソフィア先生はプロパカンダも実は三流ですね。

97 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 02:09:47 ID:???
警報発令の途端書き込みがとまった件について(w

98 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 08:49:04 ID:???
>戦史を見ても
>虐殺の例はいくらでもある。
>ホロコーストだけが悪とされる理由が分からんね。
>それこそ戦勝国史観だろ?

世界史の隔離スレや軍板での過去スレ嫁
※※史観などといった二元論で煽っているのは否定論者が多い気がした、他の人は失政は失政と認めている。

99 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 09:21:07 ID:???
>>80
それ、ギュンター・グラスだろ。

100 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 10:44:03 ID:???
ホロコーストだけが悪とされると主張してる人間のソースなんて存在しないが当然そこには突っ込んではならない。

101 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 12:01:27 ID:???
>>86
>なんで下手な文字と上手な文字を同じページに書いたりするのかな?

それは同一ページの文章じゃないよ。比較のために達筆な「(偽)日記」と、
アンネ本人が当時アメリカのペンフレンドに送った(下手な字の)手紙を並べてるだけ。

102 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 12:05:21 ID:???
>>101
アンネの日記研究版にも同じページに両方の筆跡が書いてあるページが紹介されてますが?

103 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 12:10:58 ID:???
>>101
それと>>6で拡大して紹介されてる二種類の筆跡なんだが
両方とも最後のサインだけは筆記体だが、このサインだけは素人目から見てもよく似てると思うんだけど
特にサインの最後に書いてある1942なんて全く同じ筆跡だよね?

104 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 12:11:14 ID:???
>>102
そっちも同じで手紙と日記の両方を紹介してるよ。

写真と一緒に出てる文が本物の少女アンネの筆跡と。

105 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 12:14:10 ID:???
アメリカのアイオワ州のペンフレンドに送った手紙まで捏造するのは無理だったんだな。
お陰で筆跡が明らかに違うと判明してしまっている。

106 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 12:18:01 ID:???
>>104
あれらは両方とも日記の同一ページということで間違いないよ。

107 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 12:20:16 ID:???
>>106
いや違うよ。「アメリカの友人に送った手紙」と書いてある。

108 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 12:22:07 ID:???
まあアンネの日記は捏造だって結論で良いかな?
皆賛成みたいだし。

109 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 12:23:22 ID:???
>>107
話がかみ合ってないようだが、手紙の下手な筆跡と全く同じ筆跡がオリジナルのアンネの日記にも書いてあるんだよ。
しかも、同一ページに書いてあったりしてある。筆跡鑑定の結果両方とも同一人物の筆跡だと結果が出たけど
もし捏造なんだとしたら、捏造した人間は馬鹿みたいなことやってたことになるけどそれに対する意見は何かあるのか?

110 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 12:25:45 ID:???
>>107
ところで>>6のページのどこにアイオワ州のペンフレンドに送った手紙なんてものが紹介されてる?
ソフィア先生が比較してるのはどう見ても六月十二日の日記と十月十日の日記だろうが

111 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 12:26:44 ID:???
>>108
はいはい、負けでいいからリビジョはよそへ行って。

112 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 12:29:19 ID:???
>109
話が噛み合わないならソースを明記しよう。 ちなみに >>95 の上から二つ目の写真ね。

>>110
それは >6 の 「右:1942年10月10日のアンネの筆跡」と書いてある一文で
10月10日に「アイオワ州のペンフレンドに送った手紙」

113 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 12:29:47 ID:???
上 >>96 でした

114 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 12:30:13 ID:???
アイオワ州のペンフレンドに送った手紙だという根拠は?
まさか英語を読めない事が露呈した人間がそう言ってるからなんて物じゃないよな?

115 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 12:33:09 ID:???
>>114
そう書いてあるが?

116 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 12:46:09 ID:???
>>112
なるほど確かに十月十日ののものとされる筆跡は>>96の手紙と同じものだな
だが、アンネの日記には達筆の筆跡と手紙の筆跡の両方が書かれているんだよ。
それはアンネの日記研究版でも確認できるし、ソフィア先生の比較の写真の上に出てる
写真でも確認(日記を見開きで写した写真)でも確認できる。
こんなことして意味はあるのか?

117 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 12:50:31 ID:???
>>116
>ソフィア先生の比較の写真の上に出てる

筆跡の比較のために、日記の上に手紙や葉書・写真を置いて撮影してるけど。

それを日記の文と混同してる?

118 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 12:53:21 ID:???
>>115
それがアンネ・フランクによる物なのかどうかを聞いている。

119 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 12:54:38 ID:???
まあ客観的に見て否定派の勝ちだな。
どう見ても肯定派は筆跡の違いを説明できないでいる。

120 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 12:59:50 ID:???
>>117
少しだけ見える文章と日付からしても
>>96で紹介されてる写真はがきとソフィア先生の十月十日の筆跡は同じものだ
でも筆跡に比較のために置いてるとされる写真にそんなものは写ってないだろ
>>96のサイトには自分の写真に直接文字を書いたと書いてあるがそんなのどこに写ってる?
だいたい、これを言い出したのはロベールフォリソンじゃないか、
こいつは平気ですぐばれる嘘をつくお騒がせ男として有名だぞ


121 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:04:14 ID:???
>だいたい、これを言い出したのはロベールフォリソンじゃないか、
>こいつは平気ですぐばれる嘘をつくお騒がせ男として有名だぞ
ソースは?

122 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:04:34 ID:???
>>119
アンネの日記研究版には筆跡鑑定の様子が詳しく説明されています。
何でもルーペを使って筆跡を見ると、個人個人によって「止め」や「はね」などに
一定のパターンがあってわざと崩して書いたりしてもそれによって本人の筆跡だと判るんだそうです。
それでアンネの筆跡を鑑定してみると、明らかに見た目が違っても共通のパターンが確認されるため
同一人物の筆跡ということになったとのことです


123 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:05:21 ID:???
>>120
ところで君のヴルバに対する意見が聞きたい。
http://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionist/faurisson_03.pdf

124 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:08:36 ID:???
>>122
「日記研究」の論旨を提示したら?

125 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:09:14 ID:???
>>121
アンネの日記で豆の袋かなにか、がこぼれて大きな音を立てたという記述がある
フォリソンはこれを、大きな音を立てられないところに住んでいたからこの記述はおかしい偽物の証拠だ
と主張していたけど、豆の袋の記述のすぐ後に「今誰もいなくて本当に良かった」と書いてあって
状況と何にも矛盾していないことがわかった。しかも、問題の記述のすぐ後に書いてある
つまり本当に読んでいたら気づかないといけないことなのに・・・
フォリソンは読者を騙す目的でこんなことを言い出したとしか思えないわけよ。

126 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:10:12 ID:???
>>120
>でも筆跡に比較のために置いてるとされる写真にそんなものは写ってないだろ

書いて有るじゃないか葉書の下半分に。

・・・って言うか、写真をポストに入れても相手先に届かないだろ? 
葉書の上部に写真を貼り付けて、葉書の下や横の空きスペースに文章書いて
そうしてアメリカに送ったんだよ。

127 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:12:46 ID:???
>>123
話逸らしキター!!

128 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:14:02 ID:???
そもそも本当にアンネフランクが隠れてたなら手紙なんて出せる訳無いだろ。
手紙を出せたと言う時点で日記は捏造だ。
>>125
ソースは?

129 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:19:39 ID:???
>ttp://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/afrank.htm
>アンネが自分の写真に自筆で文章を書き、アンネ・フランクとサインしています。1942年10月10日付です。
>アメリカの友人に送った手紙でした。「お気に入りの写真です。いつかハリウッドに行ってみたい。」といった内容であるそうです。
ここにこんな文章が書いてあるな?この写真に直接書いた手紙とソフィア先生に比較として出てくる
右の筆跡の写真は、日付も同じでハリウッドという単語が出ていることからして同じものだろ
それで上の写真に>>96に出てくるものと同じ手紙が写ってるか?写ってないだろ。
それにこの写真は、写真に文章書いて便箋に入れて出したものじゃないのか?

130 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:21:59 ID:???
>>128
何が知りたいの?フォリソンが本当にそういうこと言い出したかどうか?
それともアンネの日記の豆の記述?

131 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:25:42 ID:???
>>129
葉書か便箋か、に拘ってる?

132 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:26:03 ID:???
>>130
フォリソンの発言だ。
肯定派は呼吸する様にを嘘を吐くのでな。

133 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:28:38 ID:???
>>132
電気掃除機の話は知ってるか?隠れ家で掃除機使うのがおかしいとか言う話
あれもフォリソンで日記の本文には誰もいない時間帯に掃除機かけてました。とはっきり書いてあるんだがな

134 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:32:24 ID:???
>>129
両者が全く同じ一文なのは確かだが、ネットで紹介するのに
見やすくレイアウトを変えたんだろ。

135 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:32:42 ID:???
>>132
ttp://mltr.e-city.tv/faq08b02.html#04436
すぐ見れるところならここにも書いてある。

136 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:33:36 ID:???
まあ客観的に見て否定派の勝ちだね
どう見ても肯定派は筆跡の違いを説明できないでいる。
この話題は終了してヴルバの信頼性について語ろう。

137 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:34:43 ID:???
>>135
明らかに筆跡が違うのを同一人物だと強弁しており政治的圧力がかけられたのが明白な本なんて証拠にならんよ。

138 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:35:16 ID:???
>>134
比較のために日記の上に手紙を乗せたんじゃなかったのか?
比較されてる手紙は乗せられていないということが明らかになってしまったわけだが
しかも、アンネの日記研究版にも見た目の違う二種類の筆跡で書かれていることは
写真が出ていることから明らかだ

139 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:40:12 ID:???
>>137
つまり否定派はフォリソンが電気掃除機の話や豆の話がおかしいと問題提起したという事実は存在せず
肯定派の捏造だったと主張するわけだ、良かった良かった。
ソフィア先生でもこの話は取り上げられてるけど、フォリソンがそんな発言をしたという事実は存在せず
ソースは政治的圧力によって捏造されたものだということだな。
だったら早くソフィア先生の記述は削除しないといけないな。フォリソンはそんな事言ってませんよって

140 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:41:12 ID:???
>>138
全体に何を言いたいのか良く分からないが。日記との比較のために手紙や葉書を
乗せて撮影してるのが、そんなに難解な話しかな? レイアウトの変更が難しい?

141 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:44:14 ID:???
>>140
乗せて撮影してる証拠は何かあるのか?
フォリソンという人物はいわゆる「札付き」の人物でこんな奴のために
オリジナルのアンネの日記を貸し出して個人的に撮影させるなんてことは
ちょっと考えられないんだが・・・・

142 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:46:13 ID:???
>>141
>乗せて撮影してる証拠は何かあるのか?

そんなの見たら判るじゃないか。写真や手紙が日記の上に乗ってると。
したの文字が隠れてる。

143 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:47:28 ID:???
>>141
下らんゴタクはいいから早く筆跡が違う理由をビシっ!と説明してくれよ。

144 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:49:06 ID:???
戦時資料研究所の筆跡鑑定は以下のとおり。

(1)日記の筆記体、および手書き活字はそれぞれ同一人物のものである。
この判定基準は、いかによってなされている。
−微視的特性〜個々の文字の丸み、線分の長さもしくはその比率等の比較
−全体的特性〜文字どうしの繋がり具合や、横の揃い具合等の比較
−スペース配分上の特性〜行間の広さ等や行変え等の比較

(2)提出されたアンネ・フランクの複数の標準字体が、筆記体・手書き活字体それぞれに
真筆であることを上記の各特性比較の上で確認。
この確認にあたって、手紙等のスタンプ・検閲印、封筒と内容物に重なるインクの染み等、
真正性を検証している。

(3)(1)と(2)の筆記体、手書き活字体が互いに同一であると判断。
判断基準は上記のとおり。

これらの特性の詳細は、『研究版』に図版付で掲載されており、文字だけでの説明はできない。

筆記体と手書き活字体に関しては、使用に関する特徴は特になく、恣意的であること。
筆記体から活字体、またその逆への移行がスムーズであることを指摘しているのみ。
標準字体が筆記体・手書き活字体双方を含んでおり、それぞれが日記と同一であると判断しており、
筆跡が違うという指摘は無意味。

個人的な感想でいえば、小生が筆記体と手書き活字体を書いても、相当筆跡が違う。
そもそも、両者を比較すること自体、意味がないと史料。

上記、要約は小生の手によるもので、誤解を招いたとしたら、小生に責がある。
筆跡鑑定そのものに異議申し立てするなら、『研究版』原典そのものの記述そのものを引用した上で、
行うのが、異議申し立て側の責務である。

145 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:51:33 ID:???
俺が英語を書いても筆記体と活字体では相当違って見えるがこれもシオニストの陰謀かw

146 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:52:11 ID:???
そもそも否定派はアンネの日記が捏造と主張してるのだから、「日記」の筆跡が同一人物によるモノ
で有っても関係ないだろう。
一人の男が一生懸命日記を捏造したんだ、、、と言うことでしかないから。

そして少女アンネの本当の直筆は、アメリカの友人と文通してた葉書の文字。

147 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:54:06 ID:???
>>142
あの写真、引用したサイトが紹介されてるんだけど
どうもこれって引用元はアンネフランクの記念館か何かみたいなんだが?
つまり肯定派が提供してる写真を引用しているようなのだが
何で肯定派が筆跡の違いを証明するために比較した写真を公開しないといけないのかな

148 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:56:26 ID:???
>>146
俺が英語を書いても筆記体と活字体では相当違って見えるのはシオニストの陰謀なのか?

149 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:57:02 ID:???
>>147
その「アンネフランクの記念館か何かみたいな」のに聞けば?

アンネ本人の「手紙」を無かったことにするのは難しいだろうけど。

150 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:57:35 ID:???
>>そして少女アンネの本当の直筆は、アメリカの友人と文通してた葉書の文字。
そもそも本当にアンネフランクが隠れてたなら手紙なんて出せる訳無いだろ。
手紙を出せたと言う時点で日記は捏造だ。
そもそもアンネフランクなる人物が本当に存在してたのかも怪しい。

151 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:58:49 ID:???
>>149
聞く必要は無い、なぜならアンネの日記研究版にも下手な文字と達筆な文字の両方で
日記が書いてあることが明らかにされてるから、むしろそのこと隠そうとしない
肯定派のほうが筋が通ってるな

152 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 13:58:52 ID:???
>>148

筆記体は手紙の方にある。

>>129
> アンネが、葉書とは別に、1942年4月27日と29日にアメリカのアイオワ州ダンビルの11歳のペンフレンドに送った直筆の手紙です。
> アンネの日記と同じ筆記体です。左に傾斜した丸っこい文字です。アンネの日記の筆跡と比べてみてください。

153 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 14:01:06 ID:???
>>152
・・・明らかに筆跡が違う。

154 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 14:02:52 ID:???
>>152
ログが流れ始めると、議論を一気に振り出しに戻す。
否定派の卑劣な論法を体験させてもらってるよ。

155 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 14:03:24 ID:???
>>154
なら152を論破してみろ。

156 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 14:07:17 ID:???
>>154
アンネフランクが存在してた事を証明してみろ。

157 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 14:08:20 ID:???
>>152
オリジナルのアンネの日記にはその手紙に酷似した筆跡で本文が書かれています。
そして、その酷似した筆跡は筆記体のものと同一人物の筆跡であることが
筆跡鑑定により明らかになりました。
>>155これでいいか?

158 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 14:10:49 ID:???
>>157
問題は否定派がきちんと日記や手紙などの物証をネットで公開して
誰もが検証できるようにしてるのに、肯定派は・・・

159 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 14:12:52 ID:???
>>158
アンネの日記が捏造ではないと認めるんだな?

160 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 14:15:44 ID:???
>>159
公開されてる資料を見る限りに於いては捏造としか考えられない。

161 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 14:21:27 ID:???
>>160
根拠は?
152は157で論破されてるが?

162 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 15:14:37 ID:7STTkzYd
アンネ・フランクがアウシュヴィッツで死なず、
ベルゲンベルゼンでチフスで死んだ事実こそ重要。
アンネの日記の正否そのものに大きな意味は無い。

163 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 20:37:49 ID:???
誰も162に反論できなくなりぱったりとレスがやんだな。

164 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 20:52:48 ID:???
いや、今までの主張を忘れた様な
見事なまでのループぷりにあきれかえってるんだが

165 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 20:53:37 ID:???
>>164
反論を?

166 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 22:03:37 ID:???
>>32
>>87
>>162
もう1回ループすればクアドラブルだ、頑張れ。

167 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 22:12:10 ID:???
アンネの日記って読み物としてはどう?
はじめからず〜ッと読んでいっても最後まで飽きないというくらいの面白さはないだろうけど。

168 :名無し三等兵:2007/01/28(日) 23:56:10 ID:???
>166
上から順に赤青黒なのにタラワ。
そんなのよりソフィア先生助けに行ってやれよ。

169 :名無し三等兵:2007/01/29(月) 02:09:30 ID:???
>>162
通説の主張からしてアンネはアウシュビッツに送られた後働けると判断されたから
ベルゲンベルゼン収容所に送られてここでチフスに罹って死んだとされてる。
ベルゲンベルゼンは絶滅収容所じゃないから、ここでガス殺されなかったのは何も変な話ではない

170 :名無し三等兵:2007/01/29(月) 02:16:58 ID:???
結局のところ「俺の見たところ筆跡は別人。だから捏造」
以上のことを言ってないのが笑えるな。

171 :名無し三等兵:2007/01/29(月) 07:24:36 ID:???
そっくりに見える方も、おかしいんだけどね。

172 :名無し三等兵:2007/01/29(月) 07:33:32 ID:???
>>170
じゃあお前は同一人物に見えるのか?
>>171
同意。

173 :名無し三等兵:2007/01/29(月) 07:43:58 ID:???
>>157
>オリジナルのアンネの日記にはその手紙に酷似した筆跡で本文が書かれています。

どこが似てるって言うのやら〜 

1. 手紙と日記の筆跡が似てる

2. (捏造された)日記は同一人物のモノとの筆跡鑑定結果が出てる。

3. だから日記と手紙は同一人物に依るモノ

この三段論法だが、まず 1. がデタラメ、こじつけ。 

174 :名無し三等兵:2007/01/29(月) 10:07:29 ID:???
>>173

>>144でも読め

175 :名無し三等兵:2007/01/29(月) 10:10:15 ID:???
>>173は自分の説を裏付ける一次資料でも持ってるんだろ
まさか印象や状況証拠だけでここまで断言するわけないもんな

176 :名無し三等兵:2007/01/29(月) 13:18:11 ID:???
よっぽど「見た目」での筆跡鑑定に自身がおありのようだ。
すげぇよ、ネットで出されている「画像」だけで筆跡鑑定できちゃうんだからさw
ある意味ネ申だねぇ。

177 :名無し三等兵:2007/01/29(月) 13:21:00 ID:???
少しくらい似てる筆跡だったら、そう言うのも説得力が有るんだけどな〜

178 :名無し三等兵:2007/01/29(月) 13:23:03 ID:???
どうしても「筆跡はそっくり」って事にして貰わないと困るのは、創価学会さんや統一教会さん?

179 :名無し三等兵:2007/01/29(月) 13:27:14 ID:???
>>178
何故アンネの日記で創価や統一教会がでるのか不思議だw
もしかしてアレか?創価や統一教会がユダヤの手先って電波なのかw

180 :名無し三等兵:2007/01/29(月) 21:47:03 ID:KR+wAVu3
>>169
>通説の主張からしてアンネはアウシュビッツに送られた後働けると判断されたから
どんな仕事をしていたのか、そして誰が働けると判断したのか、それらを証明する証拠などは何。
そして労働力の選別の論理的な基準と、明確に文書などによって裏打ちされた証拠などは何。

>ベルゲンベルゼン収容所に送られてここでチフスに罹って死んだとされてる。
>ベルゲンベルゼンは絶滅収容所じゃないから、ここでガス殺されなかったのは何も変な話ではない
殺さずにわざわざ生かしたまま終戦直前にアウシュヴィッツからベルゲンベルゼンに移した論理的な理由は何。
そして殺さずにわざわざ生かして移す労働力選別の論理的な基準とその明確な文書などの証拠などは何。

181 :名無し三等兵:2007/01/29(月) 22:16:34 ID:???
>>180
        i∨|/|///          ,. -,. ‐-、 、,-‐‐-、 ゝ∧∧/
      、!ゝ!      ///      ,. -' ,. '", ,` ゙ヾ ヽゝ∨
   ヾ、!`         //       /,. ,. '  /,.'{ イ/,} !i l ヾ    おて
    ゞ   ┤,-、  /  //     / ,' ' ,' i ,!ノ-リ,!ゝ,(、ヾ,ゝ    しめ
   \  イ d、  \  ∠,    ノ/ /' 'ノノ{iニニニ´',}ノ'y、ヾ.   え│
   フ   フ_  _フ__  (_     { ' ,'; ノ{'"__`ー'" ,.'-'、`,ゝ   てに
   >   '´_)  (__  <     ,!  ト'´.r',、ヾ ' ,i/ r''; i!<   やは
    )   /////  |    \    iハ ; ! { l!i! |ェ. ,'!、.゙"ノ',->   ん
   ´つ  ・・・・・  l、_ノ  ゞ、    { ソ、ヾ、´// ',``ニ´'>,   ね
   ∠        ー,‐  スヽ    } i':::. `',r'!" '"` ):.. ∠,   │
    /イ       (__ 、<.     i '!、_,. ヘ=、_,ィフ'"`ニ=='フ  │
     / ,        、ヽヾ     { 'i::;: i=-ェ;;;┴;;;ェ=彳'//イ  !!!!!
      ' イ/ハ∧/ヾ`        | l::;. !,i-!__l_l_,.!.-!-!| /,イ /レ、∧ハ∧
                     ,! : l:: il|llllllllll|lllllllllll/,'/  |ハ、、  i
                        { 、 ' i: |.ir'" /.  _,./,っ / /,' ) ,' }
                      } ', |: i.i lTT'T"|´!'.ノ/ /:/,' ,i {!、-(!-、
                     ノ ,' ,}:: !ゝ}i`コi´,!| '/ ',. ゝ、(ヽ` `
                    ´i´{ ' (::' ゙ 'J ̄},!´" ,/::."
                     `i')、!ヽ;::::::::. {::::.. /:::...:::::::::'''''  ''':::
                      ノ' '  `ー'"`ー/:::..::::::       '::::::'::

182 :名無し三等兵:2007/01/29(月) 22:27:36 ID:???
アウシュビッツ強制収容所がユダヤ人保護・労働施設であると証明したのは否定派。
否定派のロジックでは何ら不都合は無い>アンネに対する執行。

183 :名無し三等兵:2007/01/29(月) 23:01:31 ID:???
否定の為の否定に走る>>180

184 :名無し三等兵:2007/01/29(月) 23:29:57 ID:???
 >>180 は一体何をしに来たのだろう?


185 :名無し三等兵:2007/01/29(月) 23:31:41 ID:YDWsjwkC
>>182-183
アンネ・フランクはチフスなのに何の執行なのですか。
文書証拠などを明示して下さい。

186 :名無し三等兵:2007/01/29(月) 23:50:15 ID:???
>>185
『アンネに対する執行』と書・き・ま・し・た!!1
ナチスドイツ官僚の誰かが命令を下したから、だれかが執行した。その一環でアンネが最終的にベルゲンベルゼン収容所に送られた。
そこで、アンネは死んだ。

そういうことだろ。

執行の意味わかっていますか?もしもし?


187 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 00:01:41 ID:???
語るに落ちた>>185哀れなり

188 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 01:48:50 ID:???
ユダヤ人を隔離しただけだな。アメリカで実施された日系人収容所と同じこと。

189 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 01:52:38 ID:???
>>179

> ちなみに、アンネの日記の日本における宣伝担当は、創価学会さんです。偽書説に猛然と抗議をしている創価学会員のサイトもあります。
> 池田さんとユダヤ裏社会の提携関係の現われです。ホロコーストの嘘の上塗りも担当されています。
> アンネの日記が、戦後のユダヤ・イスラエルの特権獲得の道具にされてきたことを、われわれ人類は認識する必要があると思います。
>ttp://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/afrank.htm

190 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 01:58:10 ID:???
>>188
市民権剥奪、財産没収、強制労働、衛生環境劣悪でねぇ。
ついでに戦時下でありかつ占領地のユダヤ人も収容したことはハーグ陸戦協定に
違反すると思うが如何?

191 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 02:03:02 ID:???
>>190
全く非道い話だ。アメリカ政府の実施した「市民権剥奪、財産没収、強制労働、衛生環境劣悪」の日系人収容所は。

192 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 02:07:59 ID:???
ドイツの収容所を批判してアメリカの収容所は黙認する。
いずれも明らかな人種差別なのに・・・ダブスタって奴だな。

193 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 02:08:28 ID:???
>戦後のユダヤ・イスラエルの特権獲得の道具にされてきたこと
その割には戦車を盗んだり、Bf109のパチモン購入したり、ミラージュをパクったり
してますなぁ。

194 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 02:18:27 ID:???
>>192
なるほど。
ソ連の政治犯収容所を非難しない君もダブスタだね!

195 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 02:39:23 ID:???
>>194
遠慮なく批判しましょう。ついでに中共も。

中国:秘密収容所臓器売買の実態
ttp://jp.epochtimes.com/jp/2006/04/html/d68084.html

196 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 08:29:13 ID:9spTHNjs
肯定派が防戦一方だな。
まあ180に答えられる訳ないし。

197 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 11:19:56 ID:???
やっと無限ループを脱して有意義な話になったな。
おれも>>180の回答を正史派の人からぜひ聞きたいな。
もちろん、お決まりのソースつきで。

198 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 13:46:00 ID:???
明確な文書があるなら、グスタフやドーラのセヴァストポリ要塞攻撃以降の
行方を探し出すのも簡単だよなぁ。

199 :197:2007/01/30(火) 14:44:04 ID:???
まあ、ホロコーストを証明する明確な文書がないから、論争がおきてるわけだから、
明確な文書を要求するという事は、議論を放棄するのと同じ事だな。

ただ、アンネはアウシュビッツでどんな仕事をしていたのか、殺される人間と労
働すの人間との選別の論理的な基準をしめすような証拠。
殺さずにわざわざ生かしたまま終戦直前にアウシュヴィッツからベルゲンベルゼンに
移した論理的な理由くらいなら、当然しめさなければ、ならないんじゃない?
アンネは収容所の病院にいたともいわれてるし。





200 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 15:04:58 ID:???
そして>5には誰も助けに行ってやらない板違い共なのであった。(200)

201 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 15:06:37 ID:???
色々細かい点をつついて揚げ足をとってた正史派だがここに来て文書が存在しないという当たり前の事を指摘され沈黙。
>>198
で、ソースや文書は?
>>200
そちらでは論破済みですね。

202 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 15:15:16 ID:???
どうせ、鎖あるから大丈夫でしょ?

203 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 15:15:51 ID:???
論破済んで無いじゃん。
勝ったと言えば勝った事になるなら大東亜新秩序を構築して大日本帝国大勝利だぬ。

204 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 15:19:05 ID:???
久しぶりだが、まあ落ち着いて欧州大戦なんて無かったという事実を見ようぜ。
だって文書無いだろ?実物見た事なんて誰も無いだろう。
「実物」と称する物はどこかにあるかもしれないが。

205 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 15:35:10 ID:???
また別の否定派が現れたな。
それを言い出すと大和武蔵が存在したってのも怪しい物があるよな。
文書は殆ど処分したとか、最初から無かったんじゃねえの。

206 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 15:43:51 ID:???
>>205
今度は「阪神大震災は無かった」「ヨーロッパは存在しない」か?
反論出来なくなるとすぐに極論に走るのが正史派。
余りにも行動がパターン化してるので笑えすぎるw

207 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 15:44:38 ID:???
とりあえずさっさと180に反論してみろよ、出来るならなw

208 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 16:05:17 ID:???
>206
おいおい、俺はどこからどう見ても否定派だろ。
もう一回、証明できるのかどうかよく考えてみれば自明だろ?

209 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 16:08:50 ID:???
ところで正史って何だ。

210 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 16:14:03 ID:???
歴史に書いてあれば朝鮮の歴史も半万年という物であり、
乞食とか日本食器は捏造だから倭モングキ哀れだな!

211 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 16:28:50 ID:???
そろそろ「このスレは全部一人で書いてます」とか言う奴が現れそうだな。
でも、複数いるって証明は出来ないから、もしかしたら…

212 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 16:30:52 ID:???
>>209
「ナチスドイツが組織的にユダヤ人を600万人虐殺した」と言うのが正史。
見直し派は組織的でもないし数もずっと少ないと主張している。

213 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 16:32:14 ID:???
それが正史だって書いてある紙は見た事無いしあっても信用ならんみたいな話だよね。
ところで見直し派って何さ。

214 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 17:31:52 ID:???
まあ改めて考えると、捏造にしても酷い中二設定のオンパレードだよな。
第三帝国とか武装親衛隊とか有り得ないだろって。
10年も持たない千年帝國というのはギャグ設定のつもりかもしれないが。

215 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 20:02:52 ID:P3POq0Ao
180への反論マダー?

216 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 20:51:45 ID:???
180って、そもそも論にすらなってないと思うのだが。

217 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 21:10:22 ID:???
つか、収容所の存在した人物に関する書類が存在しないとハWwwwwwwwwww

この点について疑問は無いのかね『修正君』


218 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 21:26:25 ID:???
>>216
シィーー目を合わせちゃダメよ。

219 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 21:30:11 ID:???
>>180 が笑われている事すら理解できない >>215 いと哀れ。 

220 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 22:27:40 ID:???
そもそもアンネさんて実在するの?
ユダヤ人は実在するの?
証明してとは言えるけど、どう信用すれば良い訳?

221 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 22:49:22 ID:P3POq0Ao
>>216-229
で、出せて当たり前の資料は出せない訳ですね。
出せないなら出せないと素直に認めろ。見苦しいぞ。

222 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 22:51:43 ID:???
>>221
アンネが存在する証明は?


223 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 22:52:05 ID:???
やっぱり理解していない。

もしかして 人工無能のスクリプトじゃないかと思える
今日この頃。

224 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 22:56:30 ID:???
>>221 が自分自身も罵倒している事を、誰か教えてやらなくていいのか?



225 :名無し三等兵:2007/01/30(火) 23:45:31 ID:6mZWaeo6
tesu

226 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 01:47:18 ID:???
>>205 >>204
それはダメな論法だな。軍艦に建造に関する文書は結構残ってるし、戦争中の軍の作戦・命令文章も膨大に残ってるから。

問題なのはユダヤ人抹殺を命令・指示した公的文書が全く無いって事。

227 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 01:51:36 ID:???
ジサクジエンいい加減やめなさい
見ていて痛々しいよ
気付かないとでも思っているのか???

228 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 01:56:53 ID:???
公式文書が残ってないってのは決定的じゃないかな? 

終戦時に急いで書類を焼却処分した日本と違って、ドイツは公文書の保存が徹底してたのに。

229 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 02:02:54 ID:???
参考文献

アウシュヴィッツの争点 (単行本)
木村 愛二 (著)

アマゾン レビュー

>  44 人中、29人の方が、「このレビューが参考になった」と投票しています。
> 
> この本の著者、木村愛二氏は、護憲派のジャーナリストである。氏は、この国の政治的分類から言えば、明らかに左翼であるが、
> その木村氏が、この本で指摘して居る事は、言わゆる「ナチのガス室」が実在した証拠は何も無く、ドイツが、ユダヤ人を
> 「絶滅」しようとした証拠も皆無だと言う事である。--
> それは、例えば、以下の諸事実から示唆される。
> 
> 1.戦後、これだけ、「ドイツはユダヤ人を絶滅しようとした」と言われて来ながら、戦後、連合軍がドイツで押収した膨大なドイツ政府
>   公文書の中に、ヒトラーもしくは他のドイツ政府指導者が、その様な事を決定、命令した事を示す文書は1枚も発見されていない。
> (略)
> 3.連合軍は、戦後の戦犯裁判の陰で、多くのドイツ人被疑者に拷問を加えて「自白」を得ていた。

230 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 02:07:16 ID:???
>>228
総統指令だって第10号と第12号の原文は存在しないが?
ついでに末期になるにつれ、やたら部数を発行してるからなぁ。

231 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 02:10:47 ID:???
そういや木村愛二って日本の非武装中立とかいう電波を主張していなかったか?

232 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 02:11:45 ID:???
木村愛二www

233 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 02:15:22 ID:???
存在しないユダヤ人虐殺の命令文書だが、通説が本当なら数百万人を収容所に送り込み虐殺する「一大事業」。
公式文書を一枚残らず処分する事なんて有り得ない。

>  連合軍は、戦後ドイツで大量のドイツ政府公文書を押収した。それによって、戦争中ドイツ政府が何を検討し、何を命令していたか
> が明らかになるからだが、その押収されたドイツ公文書の量は、アメリカ軍が押収したものだけでも千百トンに及んでいる。
> 
>  ところが、戦後、連合軍が押収したそれらのドイツ政府公文書の中に、ヒトラーもしくは他のドイツ指導者が「ユダヤ人絶滅」を決定、
> 命令した文書は一枚もなかったのである。実際、連合国は、ニュールンベルク裁判において、ドイツの指導者が「ユダヤ人絶滅」を決定、命
> 令した証拠となる文書を提出していない。
> 
> ttp://turugi10.hp.infoseek.co.jp/marco/marco4.html

234 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 02:20:54 ID:???
一千トンものドイツ公文書の中に、それは一枚も無いらしい。

>  −−−ユダヤ人絶滅に関するヒトラーの命令書が存在しないのは、
>     事実である。−−−
>    (学研・歴史群像シリーズ42 1995年 より)
> 
>  神戸大学 栗原優教授

235 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 02:27:43 ID:???
>>234
らしいじゃなくて断言したらいかがですか。

236 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 02:30:40 ID:???
いや〜馬鹿の振りをして書き込む才人の方々の論理は痛快ですな。


237 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 02:31:04 ID:???
ちなみに 千百トンのドキュメントについてですが、
たとえば現用イージス艦のマニュアルは総量にして23トンあります。

随分少なくねえ?



238 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 02:44:19 ID:???
>>180に反論できないとどうなるの?
どうもならないんだったら無視しても何の問題も無いと思うんだけどな

239 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 02:44:49 ID:???
>>234
はいはい。
で、栗原優氏はその後こう書いてますね。
>しかし、ヒトラーがこの時点でユダヤ人絶滅政策を決定したことを立証する史料は
>存在する。おそらくそれは口頭で伝えられたのであろう。

240 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 02:47:08 ID:???
>>231
木村愛二はただ単に目立ちたくて無茶なこと言ってるだけの変わり者なんだよ

241 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 02:50:07 ID:???
>>226
それらの文書は誰が書いて、誰が印刷して、誰が配布して、誰が読んで、誰が存在を立証して
そして製造の際の論理的な基準と、明確に文書などによって裏打ちされた証拠などは何

全部答えられないとそれらの書類は全部捏造だってことに決定しちゃうよ?

242 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 02:59:00 ID:???
結構前にムーの別冊か何かに、あの大韓航空機撃墜事件の与太話が載ってたんだが
それによると、大韓航空機の乗客は全員他の場所に移されてイスラエルかどっかの庇護の下、今も生きてるんだって
死体が一切見つからなかったのは、本当は撃墜される前にさらわれていたんだとか
死体が見つからないから、ホロコーストが無かったとか言う否定派の皆さんはもちろん
この話も信じるんですよね?こっちも死体はぜんぜん見つかってませんよ?

243 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 05:25:37 ID:???
否定派がアンネさん存在、収容所間の移送関する証明を行えない以上、

>終戦時に急いで書類を焼却処分した日本と違って、ドイツは公文書の保存が徹底してたのに。

なる、公文書の保存に関するロジックは意味が無い事が判明しましたw。

否定派はご自分の屁理屈が正しいと言い張るのならチフスで死んだとされるアンネさんの証明をしてくださいね。



244 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 09:44:50 ID:???
>>239
>おそらくそれは口頭で伝えられたのであろう。

どう贔屓目に見ても、それを「史料」とは言わないなw 正確には想像とか空想とか妄想と言う。

245 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 09:47:48 ID:???
>>243
それは簡単な話。ユダヤ人に対する隔離政策、強制収容はきちんと証明されているし文書も残っている。
アメリカ合衆国が行った日系人隔離政策、強制収容と同じく。

強制収容所内で病死した日系人やユダヤ人がいたことも確か。存在しないのは虐殺を指示・命令する公文書。

246 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 09:48:39 ID:???
そういう妄想的なことを語る人間の発言の一部を切り取って
さも整合性があるかのように見せかける>>234については
いかが思われますか

247 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 10:09:48 ID:???
>>246
一人の人間の語ることが「全て間違いのない真実」などと言うことは有り得ない。
人間はいろいろな事を語る。

誰かが「事実を述べた」、ついでに「自分の想像も語った」。そこで「想像」部分を除外して、「事実」の部分を引用しただけ。

248 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 10:52:32 ID:???
>>245
どこにある?
そしてそれが本物だという証拠は?

249 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 10:53:58 ID:???
>>247
想像ではなく「ヒトラーがこの時点でユダヤ人絶滅政策を決定したことを立証する史料は存在する」から口頭で命令したと結論付けてるだけ。
一つ聞くがお前は当然この本を読んだ上で言ってるんだよな?

250 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 11:20:36 ID:???
>>245
否定派は何か資料を出してもすぐに捏造だの政治圧力だって言うのに
自分らに都合のいい資料なら何にも調べずに真実になっちゃうんですか

251 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 11:25:40 ID:???
>>250

>  −−−ユダヤ人絶滅に関するヒトラーの命令書が存在しないのは、 
>     事実である。−−− 
>    (学研・歴史群像シリーズ42 1995年 より) 
>  
>  神戸大学 栗原優教授 

と誰かが書けば事実らしいぞ。例え書いた本人が

>しかし、ヒトラーがこの時点でユダヤ人絶滅政策を決定したことを立証する史料は 
>存在する。おそらくそれは口頭で伝えられたのであろう。 

と述べていても

>どう贔屓目に見ても、それを「史料」とは言わないなw 正確には想像とか空想とか妄想と言う。

>一人の人間の語ることが「全て間違いのない真実」などと言うことは有り得ない。 
>人間はいろいろな事を語る。 

>誰かが「事実を述べた」、ついでに「自分の想像も語った」。そこで「想像」部分を除外して、「事実」の部分を引用しただけ。 

と都合のいい部分を引用して事実にできる。

252 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 11:40:08 ID:???
>>250
肯定派の仕事は簡単だよ。「ユダヤ人虐殺」を指示した公文書を一枚で良いから見つければ、それで済む。

253 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 11:44:21 ID:???
>>252
本当に見つかったら捏造だっていう癖に

254 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 11:48:23 ID:???
よく中国人は「日本軍は三光作戦を実施し、中国人民を大虐殺した」と主張するが
日本に、そんな命令文書は一切無い。逆に住民を保護し守れと命令した訓辞は有る。

しかし、「日本軍が虐殺を命令しなかったという証拠はない。だから虐殺を命じたんだ!!」
・・・・とか言う詭弁をまともに相手しても仕方ない。

ユダヤ人虐殺命令も同じ。

255 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 11:49:10 ID:???
参考事例

>(岡村大将は)司令部高等官一同に対し訓示し、明治天皇御製「国のため仇なす仇は挫くとも慈しむべき事な忘れそ」
> を奉唱し、「滅共愛民」を唱えた。民心掌握は、大作戦の計画実行と同様、否それ以上に重視することが必要と
> 考えていたからである。

>「焼くな、殺すな、犯すな」の標語訓辞を強調した。

> しかるに戦後、日本共産党は、(略)「岡村寧次の三光政策−殺光、燃光、槍光」と偽作して宣伝した。

「戦史叢書 北支の治安戦(2)」防衛庁防衛研修所戦史室、朝雲新聞社p117

256 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 11:53:31 ID:???
>>251
前者は間違いなく事実だよ。「命令書が存在しないのは、事実である。」と

後者は間違いなく想像だよ。「おそらく〜略〜であろう。」と

257 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 12:13:52 ID:???
>>256
>>249

258 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 12:15:13 ID:???
>>255
一次史料つきのソースは?

259 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 12:17:48 ID:???
>>252
なぜアインザッツグルッペンの報告書にわざわざユダヤ人の殺害数が明記されてたのか説明して。

260 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 12:25:30 ID:???
>>259
捏造とか数字の意味あいが違うとかその辺の反論があるんじゃね?

261 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 12:46:19 ID:???
公文書なら去年ドイツ政府が公開しているはずだが?

262 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 12:48:09 ID:???
>>254
>>206
否定派は反論できなくなると何故か日支事変に話をそらしたがるなぁ。
もっとも旧軍には「私物命令」やら「独断専行」やらがあったので
命令書が無いってのは根拠にならんのだよなぁ。
(第二期晋中作戦で焦土作戦がおこなわれたかどうかは別だが)



あと「証拠の不在は、不在の証拠にあらず」という言葉を知らないのかぇ。

263 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 12:50:57 ID:???
ついでに「歴史群像42 アドルフ・ヒトラー権力編」の34p
には「首を切断された、囚人と思われる写真」があるんだか
これはいったい何人でなんの為に首を切断されたのだろうか?

264 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 12:58:47 ID:???
>>259
お馴染みのHPから

・ ならアインザッツグルッペン(特殊部隊)みたいなユダヤ人狩り専門の部隊はどう説明すんだ?

>  たしかに、ユダヤ人が虐殺されたことは事実のようだな。
> 
>  だが、この36万人のうちの何人くらいがユダヤ人なのだ?

> ただ単に自国領土から異民族を排除したいというのならば、支那もソ連も日本人に対してやっている。

> ある特定の地域におけるゲリラを全滅させる作戦は、絶滅計画ではなく、ただの軍事行動と見るべきだろう。
> 
> ttp://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_04.html

論破終了

265 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 13:03:08 ID:???
>>262
ああ悪魔の証明って奴ね。

「君が人殺しをしたという証拠は全くない、だが殺してないという証拠もない。よって君は死刑!?」

266 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 13:07:23 ID:???
悪魔の証明

例題:第二次世界大戦では鎖鎌を武器にした兵士がいた。 これを「ないこと」として否定する場合は第二次世界大戦に参加した
人間全てを調べなければいけない。しかしそんな調査は実行不可能である。
一方一人でも鎖鎌を使ったと言う人間が居れば他の人間は一切調べる必要がないので、あることを証明することはとても容易い。
このため、議論においては、「ある」と主張する側が、「ある」を証明すべきであると言われることがあり、このようなルールにも、一定の合理性があると言える。


悪魔の証明という言葉は、主に次のような形の主張への攻撃または批判の道具として使われる。

「月の裏側にウサギがいないという証拠は無い」→「だから月の裏側にウサギはいる」

しかしこのような主張を認めると、ほぼどんな物でも存在すると言えてしまう。それらは一般化すると、「○○という説が間違いである、とは誰も言えない」から
一気に飛躍して「だから○○という説は正しい」と変化する形の主張、として括る事が出来る。

ウィンキより

267 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 13:11:35 ID:???
>>264
つまりナチスドイツはシナやソ連と同じ穴の狢だと言いたい訳ですね?
あと貴方はつまり「占領地のユダヤ人は全てゲリラ」だと主張するんですね?
いいんですか?

268 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 13:19:45 ID:???
>>264
ソ連のユダヤ人は元々住んでた人達ですが。
頭悪いね。
と言うか英語を読めない事が露呈されてソースを確認してない事が明らかになった人間のサイトなんてゴミだよ。
散々ハーウッドの本は全面的に信頼出来るといっときながら読んですらいないんだから。

269 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 13:20:06 ID:???
>  たしかに、ユダヤ人が虐殺されたことは事実
「ユダヤ人虐殺」を指示した公文書が見つかったようでなにより。

270 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 13:23:07 ID:???
>>ただ単に自国領土から異民族を排除したいというのならば、
自国領土ではなく占領地ですね。
異民族?
ユダヤ人を宗教で選別したのは他ならないナチスですが。
>>ある特定の地域におけるゲリラを全滅させる作戦は、
占領地のユダヤ人は全員ゲリラなんですか?
>>ただの軍事行動と見るべきだろう。
軍事行動ならなんでわざわざ殺害したユダヤ人の数を別に明記したんですか?

論破終了。

271 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 13:23:36 ID:???
> アインザッツグルッペンは、ゲリラ対策を目的と作られた部隊だ。

> このドイツ軍のパルチザン狩りで得られたデータは米軍が押収し、ベトナム戦争においては
> 
> 「索敵殲滅(サーチ アンド デストロイ)戦術のモデルにもなっているし、アインザッツグルッペンと
> 
> 似たような軍事作戦はナム戦を調べれば腐るほど出てくる。

272 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 13:27:03 ID:???
>>270
残念ながら、そうではない。ナチスは戦前には『出国奨励策』を取っていた。これはユダヤ人追放政策であってユダヤ絶滅ではない。

>>269
まあアメリカ軍がベトナム人を虐殺したのも事実だしな。民衆に紛れて戦うゲリラは国際法違反の存在。

273 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 13:29:49 ID:???
何にせよ>>252のいう仕事は終了。確かに簡単でしたな。

274 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 13:30:16 ID:???
>>271
一次史料に基づくソースは?

275 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 13:33:10 ID:???
>>272
話が噛み合ってませんよ?
ユダヤ人を異民族だといったのは貴方。
ですがニュルンベルグ法ではユダヤ人は宗教で定義されている。
これはどう言う事ですか?

276 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 13:34:08 ID:???
>>272
それで占領地のユダヤ人はゲリラなのか?
なんでわざわざ殺害したユダヤ人の数を別に明記したんだ?
さっさと答えて貰おうか、ビシッ!と。

277 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 13:39:58 ID:???
>>276
ゲリラを退治した訳だが、特にユダヤ人が中心的な働きをしていたらしい。
特定の組織、民族、宗教がゲリラの中心的役割を果たすことは良くあること。

278 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 13:41:11 ID:???
>特にユダヤ人が中心的な働きをしていたらしい。 
はいはい一次資料に基づくソース頼むわ。

279 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 13:43:12 ID:???
>>271のソースまだ?


280 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 13:47:38 ID:???
特別行動部隊とは別に、パルチザン掃討部隊がSSに存在したのを知らないんだろうか?

281 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 13:49:12 ID:???
>>277
で、へ〜、戦闘で殺したゲリラをどうやってユダヤ人だと特定したんだ?
ダビデの星やキッパでもつけてたのか?w
あとゲリラならなんでわざわざユダヤ人を別に書いたんだろうね?
そんな事する必要が思い浮かばないが。


282 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 13:50:37 ID:???
>>277
えっと・・・チトーって人物しってる?

283 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 13:59:10 ID:???
そもそもビシッと答えろと言われてるのに
「らしい」とか「良くあること」とか不明瞭な言い方で
印象操作されても議論にならんな。

284 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 14:18:33 ID:???
>>277
掃討したゲリラとは「別に」ユダヤ人の殺害数を書いてるんだが。
お前はバカか?

285 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 14:28:53 ID:???
とにかく、首であああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
阿波踊りとNATOはアメリカの手先、ユダヤが裏から世界を支配し、アメリカの世界支配は完成寸前で、タリバン警護隊は論破不可能で、664は空前絶後の反論をし、アメリカは残虐性の為に今世紀中に数百カ国侵略し、200kgのC4は遠投でき、
4000人のユダヤ人はWTCテロの時休み、アルカイダーの声明は絶対で、中国の新OSリンクスによるリアルメールボムとオーストラリアのハワード大統領、
こっとうむけいなクレナダペペウ・・・澪止めろ! 、太い鉄骨が使われているので飛行機はあたってもはじかれる、映画の黒人出演、核並みのブンカーバスターは世襲制で、軍産複合体との癒着があるどうせ自衛隊か米軍マニアのアメリカ大統領の陰謀。
では、あれは本物のオサマとラディンはなく別人でジサクジエンであり人類はみな血縁で結ばれた兄弟。
みごとなコンポでほろんどの板で信用されており、これを受け入れられれば世界平和。
ソースは2chと現代(週刊誌)、木村愛二(ホロコースト否定論者) 中村薫、戦争中毒 広瀬隆

286 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 14:48:48 ID:???
「決定的な物証は互にないわけだし」という言葉ですべてを
タイにしてしまうとゆーのは、ある意味無敵だなあ。いかなる
ソースも「陰謀」であり「決定的な物証でない」とするなら
およそどのようなストーリーも主張できる。ある意味では、これは
認識学、哲学的なスレッドになりつつあるのかも知れない。ウソだけど。

287 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 15:08:04 ID:???
そもそも相手に質問だけして、都合が悪くなり始めると悪魔の証明だから。で
論証することから逃げることをまともな議論とは呼べないな。
そもそも、悪魔の証明ってありとあらゆることを証明することは不可能である。という理屈だろ?
>>180はどう見てもアンネフランクの死因に関するありとあらゆることを証明させようとしてるように見えるんだがな
これは悪魔の証明じゃないのか?

288 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 15:10:30 ID:???
>>287に追加、もし仮に>>180に全部答えたとしよう。
その後否定派は、
その証拠書類や論証が正しいという証拠を出せ。と来る訳だ
それにも答えたら今度は
その証明が正しかったという証拠を出せ
ってくるわけだろ?
キリが無いしこれこそまさに悪魔の証明なんじゃないの?

289 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 17:03:03 ID:???
むしろ、ホロコーストが無かったという証拠
つまりは、ホロコーストがあったという証拠の反証をしてほしいものだ。



290 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 20:47:33 ID:???
>>245
>それは簡単な話。ユダヤ人に対する隔離政策、強制収容はきちんと証明されているし文書も残っている。
>アメリカ合衆国が行った日系人隔離政策、強制収容と同じく。

>強制収容所内で病死した日系人やユダヤ人がいたことも確か。存在しないのは虐殺を指示・命令する公文書。

アンネさんが存在したという事を立証してくださいと、返事が上記でした。

悪魔のウンタラ以前に、リビ君は簡単な証明の定理(中学生の数学レベル)を満たしていない事が、又も暴露されました。

もう一度お願いします、アンネさんがアムステルダムからベルゲンベルゼン収容所に送られたことを立証してください。

否定派とか見直しとか修正とか吹かして居られますが、全く検証を為されておられないですなw

291 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 20:56:45 ID:???
>>290
むりむり、かたつむりよ(AAry
口ではホロコースト否定派でないとか、見直しとか修正とかイクラでも言えるが、無辜の人間を強制収容所送りにするシムテムを検証し証明した否定派など寡聞にして聞いた事が無い。

292 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 20:57:55 ID:???
>>291

誤 無辜の人間を強制収容所送りにするシムテム
正 無辜の人間を強制収容所送りにするシステム

293 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 21:02:36 ID:???
>残念ながら、そうではない。ナチスは戦前には『出国奨励策』を取っていた。これはユダヤ人追放政策であってユダヤ絶滅ではない。

あれ、ユダヤ追放政策なのに殺したら拙いだろ、普通に。


294 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 23:13:49 ID:lMZHoLzF
      /                    ヽ
     /      ,   i  i、  ト、              ',    人__人__人__人__人__人__人__人
    /     /! ./|  |ヽ i ヽ             i   /
    /!    /|.! l ./ |  | ヽ |  \          |  く   こうなったら
   ./ | /!//''|l‐=/、 ! |  ,ゝ- ‐‐\          |  ノ  はっきり言わせてもらうわ
    l, :l.|//__ァテゝ、ヽ !   ヽテ = 、ヽ       !  ̄ヽ
      !| !|| i`、.}{ i゙!  `   ´ }.{; 'ィヾミ  ∧    j    Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒′
      !  i :|  '' "´,        ‐'=''´  | i`:}    /
        /ハ     `          | ヒ/  /ソ    __人__人__人__人__人__人__人__人__人
       /人| ヽ  ヤ‐ヽ       ,イ  l /!/     / 
     〃  l l `、  ' ‐ '     ,/ /,r, |/ |    <  正史派に自然科学は絶対無理よ
        l l,.-, `ヽ、    ,. '  _// ‐‐ 、     ヽ ムリムリムリムリかたつむりよ!!
       //    >:t' ,. '´/′   _>─- 、,_ ヽ
      // /ノ,._'´ 丿 iヽ    , '´        `   Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒Y⌒′
    /   - ' /-) _' i'  ノ‐ ' ヽ、/


295 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 23:16:35 ID:???
はいはい、>>294クンはアンネさんの存在証明をしてね。


296 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 23:19:44 ID:???
>残念ながら、そうではない。ナチスは戦前には『出国奨励策』を取っていた。これはユダヤ人追放政策であってユダヤ絶滅ではない。

これって、占領地のユダヤ人政策の話をドイツ本国のユダヤ人政策と摩り替えていないか

297 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 23:20:24 ID:???
>>288
ま、一枚でいいから「ユダヤ人抹殺を指令する公文書」を見つけだしてからの話。

298 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 23:25:16 ID:???
>>284
戦闘で殺害した敵を人種・民族別に記録したわけだが、仮にアメリカ兵○○人、イギリス兵○○人殺害という
記録が有ったら、アメリカ人とイギリス人を抹殺する計画の証拠になるというのか? 馬鹿馬鹿しい。

299 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 23:25:17 ID:???
いや、論証が正しいとか以前に、180への反論はどうしたの?
まず提示してみせろよ。それが納得できるものなら黙るんじゃね?
捲くし立てて煙に巻くのが議論?
悪魔の証明の陰に隠れてないでさ。

300 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 23:26:47 ID:???
>>297
>>264
>  たしかに、ユダヤ人が虐殺されたことは事実のようだな。

301 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 23:28:48 ID:???
>>300
戦闘でね。

302 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 23:29:15 ID:???
さて、無いのはホロコーストの証拠だ。

303 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 23:36:23 ID:???
処刑は戦闘行為じゃないだろ
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/6/64/Himmler_report.jpg

304 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 23:37:45 ID:???
ゲリラ・便衣兵の処刑は国際法上、合法だよ。

305 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 23:38:51 ID:lMZHoLzF
>>295
修正主義者でアンネ・フランクの存在自体を否定している人は誰

306 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 23:39:24 ID:???
で、戦闘はあったの?

307 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 23:45:57 ID:???
> 戦争中に、ソ連のゲリラに対抗して、“アインザッツグルッペン”[機動分隊]を編成した。これは、ソ連のパルチザンによる
> ゲリラ活動と戦うために編成され、その政治委員ばかりでなく捕虜をも殺す特別任務を与えられた戦闘単位だった。
> 
> パルチザンの中には、多数の英雄的なユダヤ人がいたが、仲間のスラヴ人と同様に、彼らも虐殺された。

308 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 23:49:12 ID:FX3S9mFa
>>307
> 戦争中に、ソ連のゲリラに対抗して、“アインザッツグルッペン”[機動分隊]を編成した。

>Einsatzgruppen (German for "task forces" or "intervention groups") were 
>paramilitary groups operated by the SS before and during World War II. 
>ttp://en.wikipedia.org/wiki/Einsatzgruppen
どうみても戦前から活動してます本当にありがとうございました。

309 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 23:55:41 ID:???
>>308
まあ前身は、戦前の警察機動部隊だったのだが。

310 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 23:58:14 ID:???
>修正主義者でアンネ・フランクの存在自体を否定している人は誰

ニホンゴワカリマスカ?

修正主義者でアンネさんの経緯について論証されたかどうか、寡聞にして知らんので実際に論証例を出して下さいと、おながいしてるの。
クリカエシマスヨ。
聞いてる事はあやふやにぼやかして、なにを認める認めないと言っているのか分かりませんが。
論証の実際の例を出してくださいとおながいしてるのヨ。

311 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 00:02:27 ID:???
>>310
明らかに関係ない方向に話を逸らそうとしてるな。みんな相手にする必要は無いよー

312 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 00:13:07 ID:cQrbrdM2
>>310
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/afrank.htm
アンネの日記にはガス室の記述が無い。

313 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 00:21:50 ID:???
だから対パルチザンはアインザッツグルッペンとは別に
武装SSや国防軍で部隊編成して当ってるって

314 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 00:38:01 ID:???
ゲリラ戦の話はスレ違い

315 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 02:39:43 ID:???
>>304
すげぇな。
ユダヤ人は東欧・ロシアで師団単位のゲリラ部隊を編成してたんだ!
しかもドイツ軍は毎月師団単位のゲリラを殲滅していたことになるなぁ。



えっと・・・誰の火葬戦記でしょうか?

316 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 03:09:04 ID:???
>>298
>281

317 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 03:11:55 ID:???
>>298
掃討したゲリラとは「別に」ユダヤ人の殺害数を書いてるんだが。
お前はバカか?

318 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 03:20:59 ID:???
>>298
2・C「ゲリラの支援者と容疑者」の部分には「ユダヤ人の処刑数」が「処刑数」や「逮捕数」とは別に書かれてるんだが。
話を逸らすな。

319 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 03:35:36 ID:???
>>318
ゲリラの支援者を人種別に記録しただけ。
ゲリラとその支援者や容疑者は裁判無しで処刑しても国際法には違反しない。

320 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 08:56:45 ID:???
推定無罪の人間を処刑することを容認する条約は聞いたこともございませんが

321 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 10:05:57 ID:???
>>319

もちっと、軍板っぽく話しでけんか?

自然発生的にパルチザンが活動はじめたんは。1942〜43以降だろう。
ちなみにな、アインザッツグルッペの最初のユダヤ人殺害報告は
1941年6月23日、つまりは独ソ戦開始の翌日。
千人単位の殺害報告が各警察大隊から上がるのは同年6月29日から。

ソースはGoldhagenなり、公文書館のOKHの警備部隊日次報告をみれ。

それでも、上記部隊によるユダヤ人殺害が戦闘行為といいたいなら、
この日付で、既にパルチザンが活動して、ユダヤ人が多数参加していたソースをだしてきな!

322 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 10:14:41 ID:???
>>320
まあアメリカ軍もベトナムで散々やってた事だし。

323 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 10:26:09 ID:???
>>317-318
まあパルチザンの中には「多数の英雄的なユダヤ人が」いたんだろう。 >>307

それに、そもそも誰がパルチザン・便衣兵で誰が民間人か、はっきりと判れば
苦労しない。問題を根本から理解してないな。

324 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 10:38:27 ID:???
> パルチザン ゲリラ
> 
> (略)今日ではパルチザンには社会主義者の思想や指導がより直接的な影響をもっているといえる。
> 
> 1905〜06年の第一次ロシア革命の過程で、ボリシェビキが指導する武装襲撃、物資徴発、テロ、サボタージュ(破壊工作)等の
> 諸活動がパルチザン運動と総称され、その長所や短所がレーニンの論文「パルチザン戦争」(1906)で位置づけられたため、
> 旧ソ連ではゲリラよりパルチザンの名称のほうが通用するようになっている。(略)とくに第二次大戦中、ソ連軍の対独戦闘で大きな威力を発揮した。
> 
>  国際法上のパルチザンの地位はまだ不確かであり、(略)捕虜となった際の処罰、待遇、看護等に関しては法的規制がなく、
> 状況に応じた判断で処理される。しかし、近年では正規の捕虜待遇を与えるべきだとの主張も強くなっている
> ttp://study.masm.jp/%A5%D1%A5%EB%A5%C1%A5%B6%A5%F3/

歴史は結構古い。

325 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 10:40:20 ID:???
>>324

論点をそらしちゃいかん。
対独パルチザンが上記の日付で活動始めたソースもってきな。

326 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 10:44:22 ID:???
>>322
仮に米軍がベトナムで「散々」やったとして、だから何?
この件に何の関係がある?
まさか「米軍もベトナムでやってた、だからドイツは無罪だ!」とでもほざくつもりか?
その文は木村愛二か。
ソースが不明なアジ文を貼って「これが根拠だ!」しかも余りに論理?展開が雑で反駁する気もおきんが幾つか揚げ足取りをしてやろう。
ゲリラとゲリラの支援者・容疑者は別に明記されてるけど?さらに支援者とユダヤ人は別に明記されてますが?書類を読めば一目で解る事だがお前は実際に書類を読もうとしたのか?
ドイツ語が読めない?オンライン辞書を使えば簡単に理解出来る。まさか本当に読んでない事なんてないよな?

327 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 11:00:09 ID:???
その文は木村愛二か=その>307の文は木村愛二か

328 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 11:04:35 ID:???
>>325
どうかな? そもそもパルチザンは非合法戦闘行為だから信頼できる資料は元々少ない。ソ連側はパルチザンが殺害した
ドイツ軍兵士と民間人の数は150万人と主張してる。もちろん宣伝・プロパガンダも多分に含まれているだろうが、彼ら
不正規軍が民間人のフリしてドイツ人を残虐に殺害したのも事実。

またロシア革命の昔から知られてるパルチザンに対し無為無策なドイツ軍でもないだろう。開戦後直ちに対パルチザン部隊を
組織してたのも当然の話し。

329 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 11:08:28 ID:???
>>326
>米軍がベトナムで「散々」やったとして、だから何?

アメリカ軍であろうとドイツ軍であろうと日本軍であろうと、敵に民間人に紛れ込むという
卑劣な戦法を取られたら、どうしようもないと言うこと。

誰もスーパーマンでは無い。戦場で”推定無罪”とか、きれい事並べてたら有能な味方の兵士の
命が幾つあっても足りない。

330 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 11:31:34 ID:???
>>329
「ゲリラとゲリラの支援者・容疑者は別に明記されてるけど?さらに支援者とユダヤ人は別に明記されてますが?書類を読めば一目で解る事だがお前は実際に書類を読もうとしたのか?
ドイツ語が読めない?オンライン辞書を使えば簡単に理解出来る。まさか本当に読んでない事なんてないよな?掃討したゲリラとは「別に」ユダヤ人の殺害数を書いてるんだが。
お前はバカか? 2・C「ゲリラの支援者と容疑者」の部分には「ユダヤ人の処刑数」が「処刑数」や「逮捕数」とは別に書かれてるんだが。
話を逸らすな。」

331 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 11:32:21 ID:???
拷問による嘘の証言

> ドイツの軍事・政治指導者たちが行った悲しい「証言」 (それらはしばしば拷問された結果であった)

> 連合国は戦闘終了後も,他の手段を使ってドイツに対する戦争を継続した.それは爆弾・弾丸を使った戦争ではなく,心理を悪用した戦争,
> さらにひどい場合には拷問による戦争であった.
> 冷たく残忍な調査官が揃えられ,彼らは容疑者を拷問にかけ,殴り,鞭打ち,飢えさせ,首を絞め,手足を切断したのである.
> そして容疑者に告白や陳述を行わせたのである.そうした告白・陳述がこの暗い時代,ニュルンベルク裁判という魔女裁判の証拠資料として提出されたのである.
> 
> ttp://www.gameou.com/~rendaico/daitoasenso/tainitisenryaku_kyokutosaiban_doitunosaiban.htm

332 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 11:33:14 ID:???
ゲリラ・パルチザン狩りはしたが、ユダヤ人絶滅など知らない・・・・と


>  犯罪を認める証言の中でも、オーレンドルフ将軍の証言は、具体的な真相を明らかにするものである。彼は、一九四一年の夏から一九四二年の夏まで、
> ロシア南部でパルチザン活動を指導していた政治委員の処刑を任務とする“アインザッツグルッペン”[機動分隊]を指揮していた。
> 
> 国際軍事裁判で、彼は、その任務に加えて口頭命令で支給されたトラックを利用してユダヤ人を絶滅する任務を受けており、その対象には女性と子供も
> 含まれていたと告白した(ニュルンベルグ国際軍事裁判記録[原注1])。
> 
>  ニュルンベルグ軍事裁判の第九事件におけるオーレンドルフ将軍の二度目の証言は、まったく異なるものになっていた。最初に彼は、ユダヤ人絶滅の
> 口頭命令に関する国際軍事裁判での告白を撤回した。
> 彼は、ユダヤ人とロマ人を殺したが、それはパルチザンとの戦闘の範囲内でのことで、ユダヤ人やロマ人を絶滅する特別の計画に従ったものではないと主張した。
> 
> ttp://www.jca.apc.org/~altmedka/nise-18.html

333 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 11:39:33 ID:???
さて、正史派諸君は331と332を論破して貰おうか。
出来なければ散々我々をバカ呼ばわりした事に対し謝罪してもらう。


334 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 11:40:57 ID:???
>>328

日付の面については、まだ回答されてないようだが?

そもそも、独ソ開戦初頭、反独感情より、反スターリン感情の方が強く、
パルチザン活動が直ちに勃興する下地の薄い、バルトやウクライナで、
数千人単位でのユダヤ人殺害をパルチザン戦闘の結果とするのは無理がある。



335 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 11:42:05 ID:???
>>331
>>332


336 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 11:43:47 ID:???
>>333
自分で自分の言った事の矛盾に気付かないのか?
「冷たく残忍な調査官が揃えられ,彼らは容疑者を拷問にかけ,殴り,鞭打ち,飢えさせ,首を絞め,手足を切断した」「ニュルンベルク裁判という魔女裁判」
ならなぜオーレンドルフ将軍は発言を撤回出来たんだw


337 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 11:45:45 ID:???
テンプレ
1、ユダヤ人は犯罪者か危険人物。
2、数十万人の監獄にちっぽけなプールが一つ有るから絶滅収容所じゃない。
3、「囚人用の売春宿、劇場、プールがある、結婚出産も出来る」なら「市民権剥奪、財産没収、集団隔離、多段ベッド、
鉄条網に電流、食糧事情最悪、機関銃で見張り、チフス蔓延、焼却炉・広場に死体の山」の監獄にずっと入れられててもOK
4、「絶滅命令の文書が無い」と騒ぐが「ソ連が捏造していた」という証拠は探さない(この情報公開時に!)
5、現代のユダヤマフィアが麻薬、キッドナップ、 マネーロンダリングの犯罪を行っているから
ヒトラー政権下のユダヤ人はオウム以上の犯罪者である。
6、乗車率300%の中央線に対流は無い。
7、アウシュヴィッツの所長だったヘスはドイツ副総統のヘスと似た名前だから存在自体が捏造。
8、ロイヒター報告はちゃんとした報告書であり、どう見ても許可しなかったポーランドが悪い。
9、占領地のユダヤ人は全てゲリラ。
10、ドイツでは言論弾圧されているからホロコーストを否定でき無い。
11、シオニストにソースサイトを潰されるのでソースは提示しなくて良い。
12、「ちゃんとした証拠を示せ」というくせに、どういうものが「ちゃんとした証拠」なのかが言えない。
13、強制収容所の外にはソ連軍がうようよいたのでドイツ軍がユダヤ人を守ってた。
14、収容所の中はベルリンよりもいい暮らしができるのでユダヤ人が逃げる理由は全く存在せずしたがって杉原千畝がユダヤ人を助けた話は捏造
15、悪魔の証明を持ち出さないと議論ができない。だが、悪魔の証明をきちんと理解しているわけではない。
16、たとえ証拠をだしても、それは「政治圧力」による「捏造」

17、ゲリラとその支援者や容疑者は裁判無しで処刑しても国際法には違反しない。
を追加。

338 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 11:54:07 ID:???
>>336
死を覚悟したんだろう。

339 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 11:54:57 ID:???
>>331
>>332
どんな拷問や尋問をしていたのか、そして誰を拷問・尋問すると判断したのか、それらを証明する証拠などは何。
そして拷問・尋問の選別の論理的な基準と、明確に文書などによって裏打ちされた証拠などは何。
ホロコーストの捏造を指示する論理的な基準とその明確な文書などの証拠などは何。


340 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 11:55:31 ID:???
> 17、ゲリラとその支援者や容疑者は裁判無しで処刑しても国際法には違反しない。


>  国際法上のパルチザンの地位はまだ不確かであり、(略)捕虜となった際の処罰、待遇、看護等に関しては法的規制がなく、
> 状況に応じた判断で処理される。

341 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 11:56:22 ID:???
>>338
それが記録に残ってる理由は何。
その発言の正しさを証明する一次史料の文書は何。

342 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 11:58:13 ID:???
ついでに、「筆跡鑑定」はプロが作成した詳細な鑑定資料より、素人の見た印象の
ほうが、絶対的に正しい。
を追加してらw

343 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 11:58:29 ID:???
日本帝国の竹やりゲリラも空爆によって合法的に掃蕩されたってことか。

344 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 11:59:05 ID:???
>>340
武装解除している捕虜・便衣兵を自己の管理下に置いていながらそれを殺害するのは,戦闘の延長とは言えず,叛乱を起こしていない限り,不法殺害となる.
また,第一線部隊ではその処断権限はなく,軍法会議あるいは軍律会議の判決により処断すべし.

345 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 11:59:32 ID:???
>  戦慄すべき「残虐行為」を,ホェスがニュルンベルクで証言したことは事実である.自ら署名した陳述書の真偽について,彼が宣誓したことも事実である.
> 彼はこの中で,何百万人をガスで殺す指令書を受け取ったことを認めている.
> しかし,この陳述書は英語で書かれており,家族の話では,ホェスは英語を話すことも聞くこともできなかったのである.
> 
> 私たちには今,『死の軍団』という本がある.この本の中では,ルドルフ・ホェスが拘留中,死ぬほど殴打されたことが記されている.
> 彼を殴打したのはイギリス警察に属するユダヤ人であった.彼らは殴打後も,ホェスが悲しい「証言」,「陳述書」を書くまで拷問を続けた.
> 
> そしてこの証言が,連合国宣伝部によってその後ずっと用いられたのである.
> 
> 参考資料:著エルンスト・ツンデル 『ニュルンベルク:消えざる犯罪(訳:NSJAP)』より
> tp://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_07.html

346 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:00:18 ID:???
>>344
さすが平和ボケw

347 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:01:28 ID:???
>>345

> ホェスは三段ベッドから引きずり降ろされた.パジャマは引きはがされ,彼は裸のまま取り調べ机へ引きずって行かれた.殴打と叫びが長く続いた.
> とうとう医療班長が訊問リーダーに言った.『殺したくなければ,もうやめさせて下さい.』ホェスには毛布がかけられ,クラークの車まで引きずられた.
> 
> そこで外科医は彼の喉に大量のウィスキーを流し込んだ.その後ホェスは眠ろうとした.クラークはホェスの目を棒でつつき,ドイツ語で命令した.
> 
> 『起きていろ,豚め.』彼らはハイデに午前3時頃に戻った.雪はまだ吹雪いていたが,ホェスは毛布をはぎ取られ,真っ裸で独房まで歩かされた.
> 彼から一貫した証言を得るまでに3日かかった.」
> 
> このように拷問と脅迫で得られた証言が,私たちがよく知っている「ユダヤ人をガス室で殺した」事件の証拠となっているのである

348 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:03:07 ID:???
>>346
逆に戦争のときこそルールを慎重に守らないと。
プロパガンダに利用されたり、報復されるのが怖い。

349 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:04:54 ID:???
>>345
>>347
どんな拷問や尋問をしていたのか、そして誰を拷問・尋問すると判断したのか、それらを証明する証拠などは何。
そして拷問・尋問の選別の論理的な基準と、明確に文書などによって裏打ちされた証拠などは何。
ドイツの虐殺の捏造を指示する論理的な基準とその明確な文書などの証拠などは何。

350 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:05:43 ID:???
>>348
一方がルールを守らないのに一方がバカ正直に守っても無意味だな。
それにプロパガンダなら >>255 幾ら立派な司令が居ても無駄。

351 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:06:00 ID:???
「ゲリラとゲリラの支援者・容疑者は別に明記されてるけど?さらに支援者とユダヤ人は別に明記されてますが?書類を読めば一目で解る事だがお前は実際に書類を読もうとしたのか?
ドイツ語が読めない?オンライン辞書を使えば簡単に理解出来る。まさか本当に読んでない事なんてないよな?掃討したゲリラとは「別に」ユダヤ人の殺害数を書いてるんだが。
お前はバカか? 2・C「ゲリラの支援者と容疑者」の部分には「ユダヤ人の処刑数」が「処刑数」や「逮捕数」とは別に書かれてるんだが。
話を逸らすな。」

さっさとこれに答えろ。
ビシッ!とな。


352 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:07:58 ID:???
>>343
日本軍にゲリラなんて居ないだろ。

353 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:10:28 ID:???
>>352
サイパン、沖縄のゲリラ

354 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:11:27 ID:???
>>331

>彼らは容疑者を拷問にかけ,殴り,鞭打ち,飢えさせ,首を絞め,手足を切断したのである.
手足を切断された証人っていたっけ?誰か教えてくれ、エロイ人。
手足に酷い人体実験の跡を残した、ユダヤ人女性証言者はいたけど???



355 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:12:15 ID:???
>>347

> アメリカ軍兵士の拷問による「証言」強要の数々の事実は、アメリカ軍自身によって調査され、一九四九年には一般むけの新聞紙上で暴露されていた。
> 
>  事実を公表したのはエドワード・ファン・ローデン判事である。ローデン判事は、アメリカ軍がダッハウ収容所でおこなった軍事裁判の経過を
> 再検討するために任命した「シンプソン陸軍委員会」のメンバーだった。
> 
> 「シンプソン陸軍委員会」の同趣旨の調査報告はアメリカ上院でも発表され、一般公開の議事録にも明記されている。

356 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:13:04 ID:???
>>353
民間人のふりして花束もって米兵に近づいて銃撃とかした?

357 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:14:40 ID:???
>>356
それがゲリラの定義かよw

358 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:15:58 ID:???
>>345
>>347
拷問されたという事実が、ガス殺やりましたと思いっきり書いてある手記の中に書いてありましたっていう
リビジョのお笑い劇場の話だろ?

359 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:18:08 ID:???
しかし前スレで完全に論破された話をまた繰り返し始めるのはリビジョニストになる為の条件か何かなのか?

360 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:20:23 ID:???
>>332

撤回したって本当?
オーレンドルフの1946年1月3日の証人尋問
ttp://www.law.umkc.edu/faculty/projects/ftrials/nuremberg/Ohlentestimony.html
OHLENDORF: The instructions were that in the Russian operational areas of the Einsatzgruppen the Jews, as well as the Soviet political commissars, were to be liquidated.
COL. AMEN: And when you say "liquidated" do you mean "killed"?
OHLENDORF: Yes, I mean "killed".

事件9のオーレンドルフの宣誓供述書
ttp://www.einsatzgruppenarchives.com/mt/aooo.html
The Einsatzgruppen had the following assignments:
They were responsible for all political security tasks within the operational area of the army units and of the rear areas insofar as the latter did not fall under the civil administration.
In addition they had the task of clearing the area of Jews, Communist officials, and agents. The last named task was to be accomplished by killing all racially and politically undesirable elements seized who were considered dangerous to the security.
I know that theEinsatzgruppen were assigned partly to the reconnaissance of guerrilla bands, fighting guerrilla bands, and to military tasks and, after completion of their basic assignments, were partly converted into combat units.
他に、オーレンドルフが供述変えたってソースある?

361 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:23:09 ID:???
>>357
要するに民間人に紛れて戦うのがパルチザンとか便衣兵とか呼ばれる連中のこと

362 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:23:36 ID:???
>>356
「ゲリラとゲリラの支援者・容疑者は別に明記されてるけど?さらに支援者とユダヤ人は別に明記されてますが?書類を読めば一目で解る事だがお前は実際に書類を読もうとしたのか?
ドイツ語が読めない?オンライン辞書を使えば簡単に理解出来る。まさか本当に読んでない事なんてないよな?掃討したゲリラとは「別に」ユダヤ人の殺害数を書いてるんだが。
お前はバカか? 2・C「ゲリラの支援者と容疑者」の部分には「ユダヤ人の処刑数」が「処刑数」や「逮捕数」とは別に書かれてるんだが。
話を逸らすな。」
どんな拷問や尋問をしていたのか、そして誰を拷問・尋問すると判断したのか、それらを証明する証拠などは何。
そして拷問・尋問の選別の論理的な基準と、明確に文書などによって裏打ちされた証拠などは何。
ドイツの虐殺の捏造を指示する論理的な基準とその明確な文書などの証拠などは何。
ルーデンドルフの撤回が記録に残ってる理由は何。
その発言の正しさを証明する一次史料の文書は何。
さっさと答えろ。

363 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:24:43 ID:???

だいたい今でもイラク兵に対して残虐な拷問行ってる米兵が、当時は紳士的だったなんて誰が信じる?

364 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:26:01 ID:???
>>362
>「ゲリラとゲリラの支援者」

そいつらと民間人を明確に区別できたら苦労しないんだが、平和ボケのせいで理解不能?

365 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:30:53 ID:???
報告書では区別されてますが。
また支援者と容疑者とは「別に」ユダヤ人の処刑数が明記されてますが。
なぜわざわざ支援者と容疑者とは別にユダヤ人の処刑数を報告したんですか?
あなた日本語理解できますか?

366 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:32:08 ID:???
>>364
だからドイツ軍はロシアの村を気まぐれに焼き討ちにしたりしたんだよなw

367 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:33:03 ID:???
>>350
>一方がルールを守らないのに
一方的に条約を無視して侵略した国の言う事かw

368 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:35:17 ID:???
しかし報告書のゲリラの支援者・容疑者の処刑数とユダヤ人の処刑数では圧倒的にユダヤ人の方が多いのに何の疑問も持たないんだろうか、リビジョは。


369 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:36:24 ID:???
>>365
ゲリラと民間人を明確に区別できる方法が見つかると良いんだけどね〜
分かんないから民間人も処刑することになる。

>>367
気にしない。

370 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:40:59 ID:???
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/6/64/Himmler_report.jpg
2・ゲリラの支援者と容疑者
A:「支援者」の処刑数:四ヶ月で一万四千人
B:「支援者」の逮捕数:四ヶ月で一万六千人
C:「ユダヤ人の処刑数」:四ヶ月で36万人

どう見てもゲリラとは別に処刑されてます。
本当にありがとうございました。

371 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:41:09 ID:???
>>369
> ゲリラと民間人を明確に区別できる方法

裁判すればよい。

372 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:42:53 ID:???
四ヶ月で36万人を処刑するのはどう見てもパルチザンのシンパ狩りに運悪く巻き込まれたレベルを超えていますよ。
しかもわざわざユダヤ人と通常のシンパを別に報告しており処刑された数もユダヤ人が圧倒的に多い。

373 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:44:54 ID:???
>>371
そう言えばオウムの麻原、いつ死刑になるんだろうね〜 平和な日本・・・

374 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:47:07 ID:???
四ヶ月に36万人という事は一日に3000人。
つまりアインザッツグルッペンは毎日3000人のゲリラを捕虜にし処刑する程の戦力と能力を持ってた訳だ!
それなんて火葬戦記?

375 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:47:27 ID:???
>>373
おまいは戦争状況になると羽目をはずすタイプだな。

376 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:49:40 ID:???
>>374
毎日3000人も失いながら戦闘能力を失わなかったパルチザンも凄いな。
よっぽどドイツ軍は恨まれてたんだな。

377 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:53:20 ID:???
3000人の部隊だと押収された武器の量もすごそうだなw

378 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 12:55:23 ID:???
だってユダヤ人子供兵もいるし。ドイツ側の処刑報告にユダヤ人の子供って項目もあるだろ。

379 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 13:02:20 ID:???
>>370
また
1・ゲリラ
では
A:戦闘中に殺害した数
は四ヶ月の間に1500人程
B:直ちに処刑された捕虜数
は700人程
C:拘束され尋問された後処刑された捕虜数?
は8000人程。
つまり2・のパルチザンシンパとは別に報告されている。
3・はよく解らん
>>378
どこにだ?


380 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 13:03:37 ID:???
>>379
イエーガー報告。

381 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 13:04:24 ID:???
>>378
嘘の証言だって >>332

382 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 13:14:36 ID:???
結論としてはパルチザン狩りとは別に占領地のユダヤ人を大量に殺害した、って事だな。
また36万人は四ヶ月の間の話なので実際は更に沢山殺されたって事。

383 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 13:16:13 ID:???
なあ、ひとつ聞きたんだが
ニュルンベルク裁判で挙がった証拠って否定派が提示してるものだけなのか?
あまりにも数が少なすぎると思うんだが?

384 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 13:16:39 ID:???
明確にパルチザンと判明した人数は少ないんだな。

385 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 13:22:35 ID:???
次に予想されるレス:「その書類が本物だという証拠は何」

386 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 17:53:57 ID:???
次の次に予想されるレス:「戦勝国主導の裁判は信用できない」

387 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 20:30:53 ID:???
ドイツがユダヤ人を虐殺したという驚天動地の事実を完全に証明されたリビジョが驚きのあまりレスを返せずにいる様だ。

388 :名無し三等兵:2007/02/02(金) 01:11:41 ID:???
便衣兵の処刑くらいでオタオタするなと

389 :名無し三等兵:2007/02/02(金) 09:48:45 ID:???
コクサイホーコクサイホーと連呼しておきながら
「ゲリラと民間人の区別がつかない」などといって
コクサイホーとやらの適用を拒否するのは如何なものかと
他国もやってる?
じゃあなんでコクサイホーを持ち出したのさ

390 :名無し三等兵:2007/02/02(金) 09:54:07 ID:???
>>389
答え:ドイツを正当化出来ればなんだって構わないから

391 :名無し三等兵:2007/02/02(金) 11:55:03 ID:???
つかハーグ陸戦協定では確か、占領地住民の強制移住とかは禁止していたからなぁ。
それいっちゃぁドイツもコクサイホー違反なんだが。

392 :名無し三等兵:2007/02/02(金) 12:01:34 ID:???
>>374>>376
そのくせ、ユーゴのチトー率いるパルチザン相手に苦戦してたよなぁ。
マイバウム作戦でも殲滅できなかったし。

393 :名無し三等兵:2007/02/02(金) 12:35:21 ID:???
>>392
ドイツ側の対応が甘かったんだろうな。もっと徹底して殲滅してたら
パルチザン組織は壊滅できてたんだろうけど。

>>391
それいっちゃぁ連合軍も国際法違反なんだが。

394 :名無し三等兵:2007/02/02(金) 13:10:41 ID:???
ミッキーマウス作戦をおこなったんで、ドイツ兵士は殲滅しなければなりませんね!

395 :名無し三等兵:2007/02/02(金) 13:10:50 ID:???
 【ニューヨーク11日共同】人権擁護団体ヒューマン・ライツ・ウオッチ(本部ニュー
ヨーク)は11日、米当局が対テロ戦争で国際テロ組織アルカイダの関係者として
拘束した少なくとも11人が「行方不明」になっているとの報告書を公表した。

 報告書によると、11人は米国外で拘束されている公算が大きいが、米政府は
居場所を明らかにせず、その処遇について赤十字など外部機関による監視も
及ばない。一部に関して、米政府は拘束の事実も認めていない。何人かは
拷問されたとの情報もあるという。

 こうした米政府の対応について報告書は、ジュネーブ条約などの国際法に違反
していると批判、すべての拘束者を法の保護下に置き、赤十字国際委員会
(ICRC)の無制限の調査を受け入れるよう呼び掛けている。

 報告書によると、11人には米中枢同時テロの計画責任者でアルカイダ最高幹部
の1人ハリド・シェイク・モハメド被告、最高指導者ウサマ・ビンラディン氏の側近の
同アブ・ズベイダ氏、アルカイダと連携しているとされる東南アジアのイスラム教
過激派ジェマ・イスラミアの軍事指導者ハンバリ容疑者が含まれている。

 ヒューマン・ライツ・ウオッチは、これら拘束者に関する直接情報を入手したわけ
ではなく、大半は匿名の政府筋を引用した報道に基づくと断っている。

396 :名無し三等兵:2007/02/02(金) 13:11:24 ID:???
ジュネーブ条約、平気で無視・・・・・

397 :名無し三等兵:2007/02/02(金) 13:12:13 ID:???
米海軍グアンタナモ基地でも収容者虐待か・米紙

 【ニューヨーク17日共同】米紙ニューヨーク・タイムズは17日、テロ組織に
関係しているなどとしてキューバのグアンタナモ米海軍基地に拘束されている
容疑者らが長期にわたり、尋問の際などに日常的に虐待されていたと報じた。
同基地で勤務経験のある軍人や情報機関員らが証言したという。

 同紙によると、拘束されていた人の一部が虐待を経験したり目撃したと証言
していたが、同基地で働いていた関係者が詳しく明らかにしたのは初めて。

 イラクの旧アブグレイブ刑務所での米軍による拘束者虐待が明るみに出た際、
グアンタナモでの尋問手法がイラクに持ち込まれたと伝えられた経緯があり、
同紙は、今回の証言がこれを裏付ける材料にもなるとしている。

 同紙によると、取り調べに非協力的な拘束者を下着姿でいすに座らせ、
手足を床のボルトに固定した上、閃光(せんこう)を浴びせ、近くに置いた
スピーカーで大音響のロックやラップ音楽を聞かせ、最も強く冷房をかける
という手法が頻繁に行われた。断続的に14時間続くこともあったという。 (17:16)

398 :名無し三等兵:2007/02/02(金) 13:18:44 ID:???
ふぅむ。
話を思いっきり逸らし始めたってことは、ホロコーストはあったでFA?

399 :名無し三等兵:2007/02/02(金) 13:21:55 ID:???
>>398
「あいつも空き巣やったんだから俺だけを裁くな」って論法?だろ。

400 :名無し三等兵:2007/02/02(金) 17:31:09 ID:???
ソフィア先生は雲隠れしたままだな。
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/1646/1124530717/l50
原文当たれないんじゃ、サイトの修正もできないだろうに?

jumo213は人に質問ばかりして、他人の質問ははぐらかしてばかり。
否定派サイトで仕入れた知識しかないのに、自信満々で的外れなことしかかけない
自己中のバカっぷりが笑える。


401 :名無し三等兵:2007/02/02(金) 18:33:27 ID:???
逆転ニュルンベルク裁判と名を打ってる割には、挙げられてる証拠がニュルンベルク裁判のどこでどのように使われたのかも書いてないよなwww
都合のいい証拠だけつまみ食いしてる感じだ。

402 :名無し三等兵:2007/02/02(金) 23:50:26 ID:???
ホロコースト否定派など、ナチまんせーとアンチイスラエルのウヨサヨ呉越同舟だからな。

403 :名無し三等兵:2007/02/02(金) 23:52:58 ID:???
陣営をとわないバカの濃縮熟成。それがリビジョ。

404 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 00:10:54 ID:???
>>400
>>jumo213は人に質問ばかりして、他人の質問ははぐらかしてばかり。
印象操作乙。
ブローニングの欺瞞を暴いてるのは無視ですかそうですか。

405 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 00:25:25 ID:???
>>404

>ブローニングの欺瞞を暴いてるのは無視ですかそうですか。
ブローニングの原文、読んでみたか?

jumoがほざいてる『コード言語』云々に関していえば、
ブローニングは明確に、アインザッツグルッペの報告に関しての項目で、論旨を展開してて、
ベルゼック・ソビボール・トレブリンカの項目に関しては、ちゃんと、
If the documents concerning the Einsatzgruppen and the "special trucks" speak openly about the methods of killing, i.e. shooting and gassing,
such is not the case with the documents concerning the camps located in the three tiny villages of Belzec, Sobibor, and Treblinka, to which most Polish Jews were deported.
最初に謳ってて、混同しないように書いてるの。
何処をどう読めば、jumoのような論旨が導かれるのか、俺には理解でけん。
俺って、すげ〜〜馬鹿?

406 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 00:28:21 ID:???
>>404
その記述では返答にならないとおもわれ。

オリは正しい事を逝っているのは無視ですかと書き込んでも、返答の仕方が問題なのに・・・第三者には何がなんだか。


407 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 01:30:18 ID:???
>>399
つか先に国際法云々言い始めたのはリヴィジョなんだよなぁ。
「ゲリラは国際法違反〜!」
で「ドイツだって国際法違反してるじゃねーか」
の反論に「アメリカだってry」

マコトにホロコーストスレらしい展開だ。

408 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 02:47:09 ID:???
ま「嘘も百篇つけば本当になる」ということで

409 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 02:52:37 ID:???
歴史なんて声の大きいヤツの勝ちよ
真実が語られるのは100年後さ・・・

410 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 08:57:27 ID:???
ネット上における否定派の声のでかさは大概なもんだけどな。

ソースはググルネ申w


411 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 12:19:15 ID:???
なんにせよ南京大虐殺やホロコーストの様な捏造・プロパガンダを信じ込んでいる連中に
事実を教え込むのは難しい〜

> 南京大虐殺〜略〜などのような悲惨な歴史的事実は、”ヘクトクライム”以前の道徳の問題であり、
> いかなる大義名分の元でも、その曲解を許されることではありません。
> 
> 歴史的事実のいわれなき否定に怒りを覚えるべきなのは、被害者や遺族などの当事者だけではなく、
> 道徳を重視する世界中の全ての人達なのです。
> 
> ホロコーストの真実〈上〉大量虐殺否定者たちの嘘ともくろみ (単行本)
> デボラ・E. リップシュタット (著), Deborah E. Lipstadt (原著), 滝川 義人 (翻訳)

412 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 12:20:55 ID:???
否定派がしょっちゅう持ち出すゲルシュタイン証言なるものは宣誓供述書ではないから
ニュルンベルク裁判でも参考程度の扱いだったそうだ
しかも、当時から内容が大げさになっているとの指摘を受けていた。
なんでその程度のものの内容をおかしいおかしいと言ってホロコーストが無かったことになるのか不思議でしょうがない

413 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 12:24:04 ID:???
>>399
違うな。相手が殴りかかって来て「傷害罪」を犯したのに、こっちがバカ正直に
法律を守って居たら殴り殺されるだろ?

相手が国際法違反のテロリストやパルチザン・便衣兵なのに、片方がバカ正直に
国際法を守っていたら何もできない。

そう言えば”戦場で裁判にかけろ”とか平和ボケした事を言ってるのも居たが
対象となる民衆が何十万人いるか知ってるのか・・・・・

414 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 12:26:31 ID:???
>>408

その通りだよ・・・・南京大虐殺・・・・ホロコースト・・・・「歴史的真実」・・・

415 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 12:32:57 ID:???
>>413
>バカ正直に国際法を守っていたら何もできない。
つまり「ナチスは国際法を違反していない」と言うのは
リビジョニスト一流のジョークということでFA?

416 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 12:34:02 ID:???
>>415
たしか便衣兵の処断は国際法に違反してなかったかと

417 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 12:34:49 ID:???
>>340

418 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 12:36:54 ID:???
>>414
ホロコーストを信じてる人間=南京大虐殺30万人説を信じている人間

随分安直な印象操作だなw

419 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 12:37:45 ID:???
ちなみにアメリカ政府によるゲリラ・便衣兵に対する扱いに付いて。

> 【ロンドン1日共同】
> 米英軍にゲリラ攻撃を仕掛けて捕虜になったイラクの兵士や民兵は、ジュネーブ条約に基づく人道的扱いをする必要がないと米国側が主張
> 
> 特に、フセイン大統領直属の民兵組織サダム・フェダイーンの扱いで、米国は軍服を着ていない者は「テロリスト」としてキューバの
> グアンタナモ米軍基地に移送し、アフガニスタン軍事作戦で拘束した国際テロ組織アルカイダのメンバーと同様の扱いを主張。

420 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 12:38:15 ID:???
>>413
その何十万人かを裁判にかける暇はないけど
拘禁して取り調べて処刑する暇はあるんだよな。

421 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 12:39:09 ID:???
>>418
少なくとも >>411 は、そうだな。他にも”ホロコーストを信じてる人間=南京大虐殺30万人説を信じている人間”
は相当居ると思われ

422 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 12:40:10 ID:???
>>420
オウムの麻原が処刑されるのはいつ頃だろう・・・・

423 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 12:48:27 ID:???
で、結局ナチスは国際法を守ったの?


424 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 12:50:11 ID:???
現代のアメリカ政府と同じ程度には守ってるんじゃないの?

425 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 12:55:36 ID:???
アメリカの国際条約を無視した行為は相当数に上る訳だが、
そんなこと言っちゃっていいのか?
ナチスは国際法を無視してるって公言してるようなもんだぞ。
結局、>>399論法に行き着く訳か。なにが
>>413
>違うな。
なんだか。

426 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 12:57:31 ID:???
南京大虐殺とホロコーストに何の関係がwww

427 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 13:00:45 ID:???
>>419
関連情報

> グアンタナモ米軍基地

> アフガニスタン侵攻以降に捕らえた、テロリスト容疑者約500人が収容されており、そのほとんどが司法手続きを経ず拘束されていると言われる。
> 米国は拘束者を「捕虜でも犯罪者でもない敵性戦闘員」と位置づけ、捕虜に適用されるべきジュネーブ条約を適用せず、独自に裁判にかけることが
> できるという法を軍事委員会で決定した。
> 国連人権委員会は収容者が虐待されていると指摘。閉鎖を求めているが、アメリカはこれを拒否している。
> 
> ttp://www.guantanamo.jp/intro/index.html

428 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 13:01:26 ID:???
すでにホロコーストの談義ですらないわなwww

429 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 13:02:03 ID:???
>>426
なにせ主張してるの同一人物だったりするからな。

430 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 13:03:32 ID:???
>>428
便衣兵の問題は所謂”ホロコースト”とは別だな。一区切り付いたとしてそろそろ話題を転換しよう。

431 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 13:23:17 ID:???
対独パルチザンが始まる前からウクライナでユダヤ人の殺害が始まっていたので
結局ユダヤ人は便衣兵でもその容疑者でもなかったのです
ではホロコーストの話へどうぞ

432 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 13:28:35 ID:???
パルチザン・便衣兵と区別できない民間ユダヤ人を多数処刑したのは事実だな。区別できたら苦労はない。
ではホロコーストの話へ進めよう

433 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 13:33:57 ID:???
ttp://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_03.html
900万人 ドキュメンタリー映画『夜と霧』のナレーションから 1956年
800万人 フランス戦争犯罪調査局の報告書 1945年
500万〜550万人 ル・モンド紙 1978年
400万人 ニュルンベルク裁判におけるソ連側の主張。
150万人 1995年にアウシュビッツ記念碑の数字は400万から150万に置き換えられた。
100万人 1990年7月,ポーランドの国立アウシュヴィッツ博物館,
イスラエルのヤド・バシェム・ホロコースト記念館は死者総数はユダヤ人,非ユダヤ人を合わせて恐らく100万人との推定を発表。

アウシュビッツの死者数とか言ってるけど、この数字ってドイツの占領地域全体の死者と
アウシュビッツ一箇所の死者を完全に混同してるよね。しかも、どんどん減っているとか
言うけど実はこの順番は多い数字から小さい数字の順に並べただけのもので西暦順に考えると完全なデタラメの並び方
しかも、ユダヤ人以外の被害者を計上した数とユダヤ人のみに限定した被害者数まで混同
つまりこの数字はユダヤ人に限った被害者数でもないし、アウシュビッツ一箇所の被害者数でもない
さらに西暦順ですらない。ただ単に発表された被害者数を手当たり次第に集めて
多い順から小さい順に並べただけのものでしかない。

434 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 13:34:23 ID:???
基本 これを読んでから始めよう

> 2ちゃんねる 世界史板
> 史上最大の捏造 ホロコーストスレ
> まとめサイト

> 過激な見出しですが、ホロコーストを否定・ナチスに賛同するサイトではありません。
> スレで行われる議論を補助・纏める為に作りました。
> ttp://www.geocities.jp/marionette1938/index.htm

435 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 13:34:43 ID:???
対独パルチザンも便衣兵もいない時期なのに何の苦労があるのですか
ではホロコーストの話に進みましょう

436 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 13:37:42 ID:???
昔から知られてるパルチザン対策・組織を全く持たないで戦争始めるほど
ドイツ軍は無為無策では無かったのだろう。ではホロコーストの話に進みましょう

437 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 13:42:44 ID:6iFyd5hB
> 戦争中に、ソ連のゲリラに対抗して、“アインザッツグルッペン”[機動分隊]を編成した。これは、ソ連のパルチザンによる 
> ゲリラ活動と戦うために編成され、その政治委員ばかりでなく捕虜をも殺す特別任務を与えられた戦闘単位だった。

> まあ前身は、戦前の警察機動部隊だったのだが。

パルチザン対策はソ連のゲリラ活動が始まってからのようですね
ではホロコーストの話に進みましょう

438 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 13:45:25 ID:???
>>434
そのサイトの記述をこのように訂正することを要求する
>○証言・手記

>・アウシュヴィッツ刑務所初代所長ルドルフ・ホェッスの陳述書はホェッスの読めないはずの英語で書かれている。
>ホェッスの回想録(陳述書とは違う)には、拷問の事実が書かれている。
>ただし、この回想録にはガス殺の事も書かれている為、死刑確定前にはガス殺の事を書き取引材料とし、
>確定後には、取引する要素が無くなった為、拷問の事実を書いたのではないか という意見がある。
〈追加〉ただしその証拠は一切存在しない。シオニストによって徹底的的な証拠の隠滅が行なわれたためである。
>拷問の記述がこの回想録に書かれている為、回想録については信用できるという意見もある。
〈追加〉だがそんな意見など信じる必要は無い。ただひたすら否定論を信じよ。
>彼の証言には矛盾点が多く存在することは肯定派・否定派共に認めている。
〈追加〉この手記には曖昧なところがあると断って書かれているため、このような指摘はナンセンスであるとも言われている。

439 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 14:16:36 ID:???
>>432
だから、パルチザンとは関係なく処刑されてるんだが。
論破された話を蒸し返すな。

440 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 14:17:50 ID:???
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/ja/6/64/Himmler_report.jpg
2・ゲリラの支援者と容疑者
A:「支援者」の処刑数:四ヶ月で一万四千人
B:「支援者」の逮捕数:四ヶ月で一万六千人
C:「ユダヤ人の処刑数」:四ヶ月で36万人

どう見てもゲリラとは別に処刑されてます。
本当にありがとうございました。
1・ゲリラ
では
A:戦闘中に殺害した数
は四ヶ月の間に1500人程
B:直ちに処刑された捕虜数
は700人程
C:拘束され尋問された後処刑された捕虜数?
は8000人程。
つまり2・のパルチザンシンパとは別に報告されている。
3・はよく解らん
四ヶ月で36万人を処刑するのはどう見てもパルチザンのシンパ狩りに運悪く巻き込まれたレベルを超えていますよ。
しかもわざわざユダヤ人と通常のシンパを別に報告しており処刑された数もユダヤ人が圧倒的に多い。


441 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 14:19:41 ID:???
>>ではホロコーストの話に進みましょう
よっぽど都合が悪いから打ち切りたいんだな。
まあリビジョの連呼する「報告書」にはっきりとユダヤ人を4ヶ月に36万人処刑しましたと書かれてるんだから無理もないか。

442 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 15:27:15 ID:/Kw6hSNE
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/treblinka/07.htm
http://vho.org/GB/Books/t/#
試訳:東部占領地区での特別行動部隊の役割

443 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 15:58:08 ID:???
http://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/treblinka/07.htm

「それら[文書]は謄写版刷りであり、署名があるものはまれである。もしあったとしても、犯罪的な内容ではない頁についている。たとえば、資料NO-3159は、R. R. Strauchの署名がついているが、
特別行動部隊のさまざまな部隊の配置がしめされている冒頭の頁だけである。1942年8月−9月に363211名のロシア系ユダヤ人を処刑したことをヒトラーに報告したヒムラーの報告とされているNO-1128もある。
この話はその4頁目に掲載されているが、ヒムラーの署名とされている署名は不適切な1頁目にある。さらに、ヒムラーの署名を偽造するのは簡単である。1つの水平線に3つの垂直線を引けばよい。」
「ドイツ国防軍総司令部裁判でのアメリカの軍事法廷がすでに述べているように、『ソ連邦事件報告』は配置、指定時刻、部隊、その他、兵力、装備、補助兵力、兵站などの詳細について非常にあいまいである。
ベルリンで書かれた、あるいは書かれたとされる文書の断片にある数字は、たとえ報告自体が本物だとしても、歴史家にとってはきわめて脆弱な証拠である。文書の断片に登場している数字は、偽造可能であり、
文書を綿密に検証することが必要だからである。」

これに反論してみろ。

444 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 16:02:11 ID:???
なるほど、どの様な文書が出ようと「偽造は簡単に可能」「それだけでは信頼出来ない」と言えば証拠にはならないんだな。
勉強になった。
そりゃあ自説に不利な証拠は自動的に不採用にするならホロコーストは捏造になるな。

445 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 16:12:01 ID:???
軍事板におけるホロコースト修正主義者の主張
1、ユダヤ人は犯罪者か危険人物。
2、数十万人の監獄にちっぽけなプールが一つ有るから絶滅収容所じゃない。
3、「囚人用の売春宿、劇場、プールがある、結婚出産も出来る」なら「市民権剥奪、財産没収、集団隔離、多段ベッド、
鉄条網に電流、食糧事情最悪、機関銃で見張り、チフス蔓延、焼却炉・広場に死体の山」の監獄にずっと入れられててもOK
4、「絶滅命令の文書が無い」と騒ぐが「ソ連が捏造していた」という証拠は探さない(この情報公開時に!)
5、現代のユダヤマフィアが麻薬、キッドナップ、 マネーロンダリングの犯罪を行っているから
ヒトラー政権下のユダヤ人はオウム以上の犯罪者である。
6、乗車率300%の中央線に対流は無い。
7、アウシュヴィッツの所長だったヘスはドイツ副総統のヘスと似た名前だから存在自体が捏造。
8、ロイヒター報告はちゃんとした報告書であり、どう見ても許可しなかったポーランドが悪い。
9、占領地のユダヤ人は全てゲリラ。
10、ドイツでは言論弾圧されているからホロコーストを否定でき無い。
11、シオニストにソースサイトを潰されるのでソースは提示しなくて良い。
12、「ちゃんとした証拠を示せ」というくせに、どういうものが「ちゃんとした証拠」なのかが言えない。
13、強制収容所の外にはソ連軍がうようよいたのでドイツ軍がユダヤ人を守ってた。
14、収容所の中はベルリンよりもいい暮らしができるのでユダヤ人が逃げる理由は全く存在せずしたがって杉原千畝がユダヤ人を助けた話は捏造
15、悪魔の証明を持ち出さないと議論ができない。だが、悪魔の証明を正しく理解しているわけではない。
16、たとえ証拠をだしても、それは「政治圧力」による「捏造」
17、ゲリラとその支援者や容疑者は裁判無しで処刑しても国際法には違反しない。
18、「筆跡鑑定」はプロが作成した詳細な鑑定資料より、素人の見た印象のほうが、絶対的に正しい。

446 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 16:14:36 ID:???
>>443
12番目の「ちゃんとした証拠を示せ」というくせに、どういうものが「ちゃんとした証拠」なのかが言えない。
これに該当する書き込みですね。

447 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 16:14:56 ID:TA6i8ZxS
>>442,443

この記述は、ソ連軍が、RSHAから押収した文書を元に論旨を展開しているが、
警察連隊、ゾンダ−コマンドの報告は、より信頼性の高い、国防軍日次戦闘報告にふんだんに存在する。
これらに関しては、署名・書式・糧食人員等他の戦闘部隊と同様の記述が残されていて、
史料性に関して疑念の入る余地はない。
こういった、より信頼度の高い史料を無視して、論旨を展開しても信憑性にかける。

ワシントンの国立公文書館に
Die Kommanndierende General der Sicherungstruppen und Befehlshaber im Heersgruppe Mitte
で、問い合わせをすれば、少し高いが、マイクロフィルムからのコピー送ってもらえる。

448 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 16:21:41 ID:???
>より信頼度の高い史料を無視して、論旨を展開
否定派サイトの常套手段ですな。

449 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 16:23:03 ID:???
>>443
偽造することが可能であるといっているだけで、その著者でさえ偽造だと断言したわけではないな
結局何が言いたいのか良く分からないんだが?

450 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 16:31:55 ID:???
 リトアニアでの数字も、少なからず奇妙である[591]。
「ある統計によると、ボリシェヴィキが入ってくるまで、1929年の時点で、153743人のユダヤ人がリトアニアで暮らしており、それは全住民の7.58%であった。…

 多くの作戦で、合計136421人のユダヤ人が清算された。…

 ゲットーのユダヤ人:

 カウエン:約15000人

 ヴィルナ:15000人

 シャウレン:4500人」

射殺された人々(136421人)にゲットーでまだ生きている人々(34500人)を加えると、この場合にも、もともとの数字(153743人)よりも多くなってしまう。
さらにラトヴィアのケースでは、25%のユダヤ人がボリシェヴィキとともに逃亡したという事情をリトアニアにあてはめてみると、ドイツ軍が侵攻してきた時点でリトアニアにいたユダヤ人は、もっと少なく、約115000人となってしまう。
------------------------------------
じゃあこれはどうだ。
他にもhttp://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/treblinka/07.htmには色々書いてあるがそれを全部論破出来るのか?

451 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 16:40:39 ID:???
>>450
そのサイトはニュルンベルク裁判のいったいどの辺りに反論しているサイトなんだい?
連合国側が証拠として提示したものに一切触れずだな、自分の都合のいい発言、証拠(?)だけを主張してるサイトに何の意味がwww

やり方が中国の南京大虐殺の主張と同じ気がするんだがwww

452 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 16:43:00 ID:???
>>450
>ある統計によると
人に尋ねる前に君はこれがどんな統計かを、はっきりさせられるのか?
ただサイトをコピペして貼るだけなら猿でもできる。

453 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 16:43:44 ID:TA6i8ZxS
ttp://www1.yadvashem.org/IMAGE_TYPE/936.JPG

パルチザン・ゲリラの処刑?

454 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 16:46:41 ID:???
>>452
>人に尋ねる前に君はこれがどんな統計かを、はっきりさせられるのか?
正史派の言ってる事だろうが。
>>453
その写真は何時、何処で誰に撮られた物なんだ?
南京大虐殺の証拠写真とやらと同レベルだな。

455 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 16:49:31 ID:???
>>454
南京大虐殺の写真とやらもあったって言ってるほうが写真を決定的な証拠だとは言ってないのに
否定派が勝手に写真が決定的な証拠だったって認定してウソだウソだって騒いでるだけだろ
相手が言ってもいないことを否定して捏造だなんてのはいくらなんでも無茶だ

456 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 17:00:22 ID:???
>>454
結局"ある統計によると "ってのは何なんだよwww

正史派正史派言っている割には、ニュルンベルクにはまったく触れずに
ネットで拾ったような情報だけでホロコーストは無かったと決めるける
いったいニュルンベルクのどこに問題があったのかを説明してほしいものだ


457 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 17:02:20 ID:???
いったいニュルンベルクのどこに「ある統計」などというあいまいな物が出現したのか聞いてみたいものだ

458 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 17:21:10 ID:TA6i8ZxS
>>450

このマット−ニョの論文は原文でもよんだが、
論旨の元となっているソースに問題が多い。
JohnBallは、既に本人が実質的に、その著作の信憑性が薄いことを認めてるし、
Udo Walendy, “Babi Jar ? Die Schlucht ‘mit 33,771 murdered Jews’?”,は
査読をへてないお手盛り論文で、挙句に原本へのアクセスが非常にむずかしい。
加えて上記のような、一般にアクセス可能なより信頼性の高い史料を無視している。
ようは、論文としての体をなしていない。

全文、一々反論してられないが、バビ・ヤールに関しては、
日次戦闘報告を第45、第303警察大隊が残していること。
ソンダ−コマンド4Cの隊員の証言。
キエフでSSによって掲示されたユダヤ人の出頭を命じるチラシの残存。
これらは相互に補完しあっており、深刻な矛盾は発生してない。
以上をマット−ニョは全く無視しており、ソースの恣意的な選択という批判は免れられない。


459 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 17:29:59 ID:???
>>453
パルチザンって全裸で走り回ってたのか。しかも女だけ♥

460 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 17:30:12 ID:TA6i8ZxS
>>450

1929年の人口と比べること自体、可笑しい。
警察大隊の行動が始まる1941年時点での統計数と比べるべき。
12年間の人口動態等史料を提示したうえで、ドイツ側の記録と照らし、
統計上の誤差脱漏を越える有意な差異が発生していることを主張すべき。

461 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 17:50:51 ID:???
ここには詳しい方がいらっしゃるようなので。質問させて下さい。
私の聞いたホロコーストの話では、労働に適さない人間がガス殺された、という事ですが
解放直後の収容所の写真では、子供もいますよね?
このあたりは、どうなっていたのでしょうか?

462 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 17:54:18 ID:???
>>461
近所のガキが遊びに来てたんでは?

463 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 17:55:59 ID:???
それは赤ん坊みたいなまったく労働力にならない人だったのかい?

464 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 18:00:57 ID:???
>>463
赤ん坊は知りませんが、じゃあ子供も労働させられてたってことですか?
少なくとも子供より、働けそうな大人も殺されてるようですが?
厨な質問ですみません。

465 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 18:02:23 ID:???
>>464
その写真を見たのはきみだろ、写真に何か説明はなかったのか?

466 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 18:05:11 ID:???
>>465
よく憶えてませんが、ソ連軍によって解放されたとか書かれていたような…

467 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 18:06:50 ID:???
>>466
確認してから話題にすべきではないか? 人にものを聞くなら。

468 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 19:08:56 ID:???
>>467
結構有名な写真なのかと思ってました。
私がみた写真は本でしだか、ネットで見つかるかもしれませんので探して見ます。

それと、昔から疑問だったのはアンネの父親がチフスにかかり手当てをうけて
生還してますけど、病気して労働できないということであればなぜガス殺しなかった
のでしょうか?
解放されたアウシュビッツの収容者たちの、骨と皮になった人間の写真がありますが、
あんな姿ではとても労働できたと思えません。
一体ガス殺する人間の区分はどうなっていたのでしょうか?
このへんが納得できれば、ホロコーストに対する私の疑問がとけるのですが…

469 :468:2007/02/03(土) 19:13:12 ID:???
あ、一応念のために
461 464 466も私です。

470 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 19:19:38 ID:???
>>468
疑問があるなら自分で調べたらどうだ?
図書館にでも行けば強制収容所のことを書いた本などいっぱいあるぞ

疑問をぶつける→誰も知らない→ホロコーストは無かった!!
という論法には飽き飽きだ

471 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 19:24:57 ID:???
それを飽きないでつづけるのがリビジョ。

472 :468:2007/02/03(土) 19:28:22 ID:???
>>470
>疑問をぶつける→誰も知らない
誰も知らないなら、調べても無駄でしょ?

473 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 19:37:53 ID:???
>>472
で、君は何が言いたいんだい?
ソースも無い、勝手な思い込みで
「こんなやせてる人が強制労働できるわけ無い、ホロコーストは無かったんだ」
とでもいいたいのか?www

474 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 19:39:14 ID:???
>>472
正確には、誰も知らないじゃなくて返答が無いだな

疑問をぶつける→返答が無い→ホロコーストは無かった!!

>>180なんてまさにこれの典型だ、返答がなくなるまで質問を繰り返して
一気に無かったことに決め付ける。それがリビジョの論法


475 :468:2007/02/03(土) 19:41:38 ID:???
>>471
蒸し返し議論でいらついてあるのは、わかるのですか私はリビジョでは
ありませんよ。

とりあえず、一般資料には
>生産活動にとって無価値な老人、女子、子供は移送の後に殺害され、労働に耐える者はなるべく
>過酷な労働環境で軍需産業に従事させ、死亡させるという方針がとられることになった。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88

と書かれてあるだけで、>>468の疑問をとく資料にはまだ、であっていないのです。
というか、あなたはそんな疑問を感じたことはないのですか?

476 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 19:42:07 ID:???
>>472
見たような気がする、多分あったはず、・・・だとは思えません

もーなにが言いたいのやらwww

477 :無知は罪なり:2007/02/03(土) 19:44:48 ID:???
>>475
自分で調べてみて、無いと言い切れるならそう主張しろ
「自分は見たことが無い、だからおかしい」
どこの厨だwww

478 :468:2007/02/03(土) 19:53:26 ID:???
>>477
馬鹿にしたければそれでいいですけど、そこまで言うなら
あなたは468の疑問のどの部分がおかしいか指摘してみてください。

479 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 19:57:15 ID:???
>>478
何年も同じ質問をしつづけてるのがおかしい。

480 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 19:58:54 ID:???
>結構有名な写真なのかと思ってました。
>私がみた写真は本でしだか、ネットで見つかるかもしれませんので探して見ます。
ソースは?

>それと、昔から疑問だったのはアンネの父親がチフスにかかり手当てをうけて
>生還してますけど、病気して労働できないということであればなぜガス殺しなかったのでしょうか?
ソースは?

>解放されたアウシュビッツの収容者たちの、骨と皮になった人間の写真がありますが、
>あんな姿ではとても労働できたと思えません。
思えません???勝手な想像だろ

481 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 19:59:22 ID:???
>>468
>>477ではないが、手当てを受けたというのは正確ではない
実際にはアウシュビッツの病院とやらには寝かせておくベッドしかなかった。
病院では寝かせておく以上のことは何もできないような場所だ
手厚く看護されたなんて考えないほうがいい

482 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 20:01:26 ID:???
>>480
> 思えません???勝手な想像だろ

だな。大の男が体重35キロ近くまでダイエットしながら働いていたんだから。


483 :468:2007/02/03(土) 20:02:48 ID:???
はぁ?質問したのは今日がはじめてですが?
何年も同じ質問をしつづけてるのがおかしいというのは、私と同じ疑問をもってる
人が絶えないということで、それに対する明解な回答がなされていないという事で
すか?


484 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 20:06:47 ID:???
>>483
何年も疑問を抱いてきて、今日はじめて質問デビューしたってことか?
それは大変な道のりだったな。

485 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 20:07:35 ID:???
>>483
疑問にすらなってないことに気が付かないのか?
収容所といっても強制収容所から絶滅収容所まであるんだ
どこの収容所かも分からないようじゃ誰も答えられんよwww

486 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 20:09:33 ID:???
>>468
戦争の最末期にはもうガス殺を止めていたから殺されなかった。

487 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 20:11:26 ID:???
春休みはまだなのに厨が沸き始めたな

488 :468:2007/02/03(土) 20:19:44 ID:???
>>
>思えません???勝手な想像だろ

あなた、このサイトの下の方の写真の人達が本気で働けると思ってるの。
つーか、この写真初めて見たわけじゃないでしょうな?
ttp://www.asahi-net.or.jp/~VR3K-KKH/auschwitz/toppage.htm#photos

>>481
ごもっとも
>>486
やっとまともな答えがもらえた。
サンクス。

489 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 20:24:29 ID:???
アンネの筆跡と同じような問題だな

490 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 20:52:19 ID:???
468は納得したのかな?

491 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 20:57:07 ID:???
>461
子供達に関しては医学実験用に収容されていた、と言う話もある。
実験までは比較的良い待遇であったようだ。
>ttp://www.shamash.org/holocaust/photos/images/MedExp01.jpg
それとシンティ・ロマ達はホェスによれば家族ごと収容されていたようだ。
その子供達かもしれない。
写真のキャプション・解説等が無ければ詳しい事はわからない。
どちらにしても
>ttp://www.asahi-net.or.jp/~VR3K-KKH/auschwitz/auschwitz%5B1%5D2.jpg
この写真の空虚な瞳の子供達を見て、「なんで子供がいるんだ?」くらいの疑問しか
浮かばない事が恐ろしい。
 収容者に関しては収容された時期にもよる。解放直前に収容された人は比較的
体力が残っているだろうし、長年収容生活に耐えてきた人は体力も奪われている。
ゾンターコマンドとして活動していた人達は待遇も良かったようだ。
加えて解放直前にはガス殺は中止され、ガス室は破壊された。
そのあたりの事情を無視してしまうのは偏っている。
少なくともあなたは否定的にホロコーストを見ている。
よってあなたの「私はリビジョニストではない」と言う言葉をあなたの疑問点が
裏切っている。

>490
目的は果たされたと言う事かと。

492 :468:2007/02/03(土) 21:02:30 ID:???
>>490
まだ、いまいち確信がもてないので調べてまた書き込みます。
それにしても肯定派で、アンネの父親がチフスを患いながら生還したことにソースを要求したり、
飢餓や病気で立っていられないような状態の収容者がいた事を知らない人がいたとは驚きでした。

493 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 21:06:11 ID:???
>>492
皆「手当てをうけて」というところに疑問を持っていたんではないか?

494 :468:2007/02/03(土) 21:11:15 ID:???
>>491 >>493
あ、丁寧なカキコサンクスです。また一度整理して書きます。
ちなみに私は今も所、リビジョニストにもなれない懐疑派です。

495 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 21:11:23 ID:???
>それにしても肯定派で、アンネの父親がチフスを患いながら生還したことにソースを要求したり、
>飢餓や病気で立っていられないような状態の収容者がいた事を知らない人がいたとは驚きでした。

>>492
君は今までのレスを本当に読んでいるのか?
頭の中で組み立てた「自分理論」や「仮想の敵」
に事実をあわせるのはやめたほうがいいぞ

496 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 22:32:47 ID:sV71dpwj
大戦末期にガス殺が止められたから
痩せ細った収容者が生き残ったという説より
最初から、ガス室が無かったという説の方が
説得力があるのは事実。
そもそも、ガス室が無くても、殺害は出来るわけだし。


497 :名無し三等兵 :2007/02/03(土) 22:35:03 ID:???
まあ、弾使うより国内で毒ガス使って殺した方がお得な気がしなくも無いけど。

弾は貴重品。

498 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 22:40:00 ID:???
ドイツ軍は接近戦では、スコップで戦って居た訳だが。
撲殺とか生き埋めとか色々出来るはず。
まあ、毒ガスって消毒剤チクロンBの事だろ。
家庭に、キンチョーリキッドがあったら、殺人罪で逮捕
みたいなもんだな。

499 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 22:41:06 ID:???
青酸ガスは当時の日本の農家ですら使ってたからな。「サイローム」って農薬。

500 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 22:45:27 ID:???
ソフィア先生って本気でやってたんだな。まあどうでもいいけど。


501 :名無し三等兵 :2007/02/03(土) 22:46:48 ID:???
>>498
スコップで撲殺するのは非効率的じゃないのか?
正直『ドイツ人なら、もっと効率的な殺し方をする』って反論はドイツ人への侮辱では…

むしろこういった過去に遡らない限り分かりそうにない事を論議して楽しいかね?

502 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 22:46:59 ID:???
そもそも、ホロコーストという言葉は
1978年に作られたアメリカ映画の事。
それまでは、そのような言葉はなかった。
明らかに、戦後作られたストーリーだろ。
各国で、ホロコースト記念館が作られたのも90年代だし。
イスラエルの虐殺を正当化するための施設としか思えん。
イスラエルとか、ユダヤの擁護をする奴は
二言目には、ホロコースト云々だからな

503 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 22:48:11 ID:???
>>502
釣れて楽しい?

504 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 22:52:22 ID:???
「ホロコーストという言葉は第二次世界大戦当時無かった、だからホロコーストは無いに違いない!」
今のイスラエルのやり方がムカつくのは認めるが、ホロコーストとは何の関係も無い。

505 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 23:13:18 ID:???
議論を大まかにまとめておこうと思う。

1 いわゆるガス室で、何百万も殺されたとは
考えられない。
(数万から十数万人程度なら有り?)

2 ヒトラーのユダヤ人追放命令はあったが
絶滅命令は出なかった。
(追放命令は広義では絶滅に含まれる可能性があるが
殺害の意味ではない)

大きく分けて、この二点が焦点だろ

506 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 23:13:45 ID:???
まあ病気や栄養失調の人達を密閉されたトコで毒性の高い化学物質で薫蒸したら死ぬわな…
ガス室は無いと言い張ってもやってることはガス室だな…

507 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 23:15:07 ID:???
「従軍慰安婦という言葉は第二次世界大戦当時無かった、
だから従軍慰安婦は無いに違いない!」
今の北朝鮮のやり方がムカつくのは認めるが、従軍慰安婦とは
何の関係も無い。

これでも、通用するな。

508 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 23:47:05 ID:???
>>507
まさか「従軍慰安婦」が存在しなかったと主張したいのか?

509 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 23:48:33 ID:???
なるほど、こうやって反論につまると最初から議論をやり直す訳か。

510 :名無し三等兵:2007/02/03(土) 23:52:42 ID:???
>>509
リビジョニストの俺が答えよう。
何の回答が知りたい?

511 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 00:01:39 ID:???
>>510
・ニュルンベルク裁判では、ホロコーストの実行を指示する命令書は証拠として挙がらなかったのか?
・このスレでリビジョの挙げた証拠とニュルンベルクの関係について

512 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 00:15:10 ID:???
>>511
かなりの初心者のようだが、ニュルンベルク裁判では
証言者しか出廷しなかった。
というより、ソ連側は物的証拠を見つけることが出来なかった。
アメリカ、イギリスの調査した収容所は絶滅収容所では
なかったと判明している。
ソ連の調査した収容所のみが絶滅収容所だった。
そして、ガス室は発見できなかった。

ホロコーストの実行を指示する命令書は、現在も見つかっていない。

リビジョの挙げた証拠はニュルンベルク裁判の盲点を突いたもの
最初から、結果がわかっている裁判だったからな。

513 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 00:20:21 ID:???
>>512
ちょっとまて、公文書はバド・アーロルゼンに大量に保管されているぞ。
ドイツ政府が一般公開を行っていなかったが、今年にも公開されるようだ。

514 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 00:21:24 ID:???
>>512
ガス室は発見できなかったについて詳しく

515 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 00:24:39 ID:???
>>513
いわゆる、絶滅命令の命令書は発見されてない。
そもそも、ヒトラーは絶滅命令を出してないと言う見解が主流だし。

>>514
そのままの意味だ。
発見されなかった。

516 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 00:28:39 ID:???
>>515
マイダネクでは爆破が間に合わずガス室は見つかっているぞ。

517 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 00:29:40 ID:???
>>513
>ドイツ政府が一般公開を行っていなかったが、今年にも公開されるようだ。

そもそも、強制退去受けただけのユダヤ人の資料が
ホロコーストだったら、今も世界中でホロコーストが行われているな。

518 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 00:31:59 ID:???
しかし本当にいるんだな、今までの議論?を全部無視して同じ主張を延々と繰り返す奴。

519 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 00:35:08 ID:???
>>516
ところがだ、ソ連のマイダネクのガス室存在説には
大きな疑問点が少なくとも2つある。

1. ドイツ側の資料、マイダネク収容所中央建設局の
すべての文書資料が、「殺人ガス室」とされた部屋を
害虫駆除室もしくは殺菌消毒室と呼んでいること。

2. アウシュヴィッツとは異なり、マイダネクの殺人ガス処刑を
証言する目撃証人が一人もいなかったこと。

まずはこれから議論するべきだろう

520 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 00:38:34 ID:???
仮に絶滅命令の命令書が発見されても443みたいな事を言って黙殺するのは目に見えてるけどな。

521 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 00:40:34 ID:???
>>519
議論するのはいいが、ソースを出してくれないか?

522 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 00:42:39 ID:???
>アウシュヴィッツとは異なり、マイダネクの殺人ガス処刑を
>証言する目撃証人が一人もいなかったこと。
仮にいたとしても「ソ連の出した証人は信用出来ない」と言うのは目に見えてるけどな。


523 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 00:43:58 ID:???
>>516
マイダネクでガス殺が行なわれた
証拠になったのは、消毒剤のチクロンbが発見された
という事だけ。
消毒剤のチクロンBは各家庭にも配布されるほど
ポピュラーな消毒剤だったわけだが。

524 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 00:44:24 ID:???
わざわざ無臭のチクロンBを注文したのはなぜですか?

525 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 00:45:37 ID:???
>>521
ttp://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/370.htm

公平な視点から見てる資料だと、こんな所かな。
他にも、参考になる資料があれば、紹介してくれ

526 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 00:46:06 ID:???
マイダネクではガストラックによる一酸化中毒死ってのが定説だが

527 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 00:46:29 ID:???
>>525
「このマット−ニョの論文は原文でもよんだが、
論旨の元となっているソースに問題が多い。
JohnBallは、既に本人が実質的に、その著作の信憑性が薄いことを認めてるし、
Udo Walendy, “Babi Jar ? Die Schlucht ‘mit 33,771 murdered Jews’?”,は
査読をへてないお手盛り論文で、挙句に原本へのアクセスが非常にむずかしい。
加えて上記のような、一般にアクセス可能なより信頼性の高い史料を無視している。
ようは、論文としての体をなしていない。

全文、一々反論してられないが、バビ・ヤールに関しては、
日次戦闘報告を第45、第303警察大隊が残していること。
ソンダ−コマンド4Cの隊員の証言。
キエフでSSによって掲示されたユダヤ人の出頭を命じるチラシの残存。
これらは相互に補完しあっており、深刻な矛盾は発生してない。
以上をマット−ニョは全く無視しており、ソースの恣意的な選択という批判は免れられない。 」



528 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 00:49:23 ID:???
>>524
部屋に閉じ込めて、消毒剤を撒いて殺した
と言うのが、肯定派の主張だろう。
閉じ込めるのだから、有臭だろうが無臭だろうが
そもそも関係ない。
じゃあ、逆になんで、無臭だとホロコーストが
有った事になるのか説明してくれ。
キンチョー・スプレーにも無臭タイプがあるのだが
これは日本でホロコーストが行なわれているのか?


529 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 00:49:41 ID:???
ソフィア先生の正体が暴露された今リビジョの最後の砦か
ttp://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lectures/370.htm

しかしこいつが別人を装って議論のちゃぶ台返しをしようとしてる様に見えるのは俺だけか。

530 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 00:50:14 ID:???
>>528
別に無臭だからホロコーストがあったとは誰も主張していないぞ

531 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 00:51:04 ID:???
>>528
騒がれない為。
キンチョールより遥かに危険なチクロンBをわざわざ無臭にする理由を教えて下さい。危険なだけじゃないですか。

532 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 00:57:37 ID:???
タイミングを見計らったかのように新しい奴が登場したなあ。
言ってる事も前の奴らの劣化コピーだし。

533 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:00:51 ID:???
本日分のレスを読み返すと・・・いつもの展開が・・・・

否定厨が都合が悪くなると何故か出現する『初心者』クン(何故かやたらと詳しく事情痛な語彙と多用)。でいきなりそれまでのネタは糸冬。

ナチズム政策の本を読めば、ほとんど統一性の無い政策が施行されている事がままある事がわかる。
Aと言う部門の指揮下にある部署に、全く別のBと言う部門が命令権もって命令し、執行し、Aは知りませんでしたってこともあるようだw
しょせん、それがナチズムなんだよ。
自称懐疑派なら否定派と肯定派の各資料、史料を史料批判の精神を持ってよむべきだらう、
で、多方面の視点から物を見る訓練をしなさい・・・

>ホロコーストの実行を指示する命令書は、現在も見つかっていない

ホロコースト=ガス殺ですか。
世間相場のイメージはナチのユダヤ排斥からガス殺までのイメージがホロコーストだと思うのですが、俺の気のせいなのか?

>いわゆる、絶滅命令の命令書は発見されてない。

maa、しつこいがソレ返答になっていないw
今回のバド・アーロルゼンの書類の山からヒトラー直筆のガス殺命令書が出るかどうか分からんけどね、
正真正銘のドイツ国民がユダヤ教徒であるだけで、強制労働送りになった事は確実に公開されるだろう。


534 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:03:02 ID:???
>>531
無臭にした理由は知らんが、それが
ガス殺に使用されたという証拠にはならない。
そもそも、順序が逆で、ガス殺のあった証拠が先だろ。
死体やガス室の存在が重要。
そして、それらは発見されなかった。

535 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:04:05 ID:???
>>534
発見されなかったという根拠は?ソースは?

536 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:05:41 ID:???
>わざわざ無臭のチクロンBを注文したのはなぜですか?

ナチだのSSだのは、ブルジョア軍事産業資本家が作らせるトンデモ兵器が好きだから、何ら疑問点は無いと思われる。


537 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:05:47 ID:???
>>533
>正真正銘のドイツ国民がユダヤ教徒であるだけで、強制労働送りになった事は確実に公開されるだろう。

強制労働がホロコーストなら、日本もやってるし
世界中の国がやってきたこと。


538 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:07:44 ID:???
>>535
ミュルンベルグ裁判でも、提出されてない。
正史派の連中も見つけられてない。
そもそも、ヒルバーグが裁判でガス殺の
証拠を求めれて、「残ってない」って証言している。
これで十分だろ

539 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:07:54 ID:???
>>537
その言い訳はもう飽きた。


540 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:10:31 ID:???
>>537
ヴァカですか?
自国が弱体化するまでソレをやったのがナチスドイツw

代表的な例は、ユダヤ排斥で資本流出、原爆はつくれなかったetc全くよい事が無いw


541 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:10:40 ID:???
>>539

聞き飽きるのは構わんが
ホロコーストが誇張され過ぎなのは
認めるんだな。

542 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:13:35 ID:???
>>538
何の反証にもなっていない気がするんだが。
現存ガス室の存在を否定するならば、それなりの証拠ってものが必要だ。

543 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:15:42 ID:???
maa、少なくとも『我が珍争』やアゴ無メガメが言う正真正銘のアーリア人など存在しないと

544 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:17:26 ID:???
>>538
何を根拠に、ガス室とされている物はガス室ではなかったと言い切るのか?
ソースの提出をお願いします

545 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:17:48 ID:???
>>542
ガス室が実際にあったという証拠が無い訳だから
現在のガス室もあるわけない。
まずは、ガス室があったという証拠を提出しろ。

546 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:18:07 ID:???
>>541
ほかに、祖父母の代に特定の宗教に入ってたら市民権剥奪、財産没収、すし詰めの列車に入れられて強制収容所に送られる可能性大な国ってどこ?
そのせいでアインシュタイン等の優秀な人材を大量に放出するしもうアホかとバカかと。


547 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:20:30 ID:???
>>544
ガス室であったという証拠から、お願いします。
と言いたいところだが、特別に答えてやろう。

ドイツ側の資料、マイダネク収容所中央建設局の
すべての文書資料が、「殺人ガス室」とされた部屋を
害虫駆除室もしくは殺菌消毒室と呼んでいること。
その他のドイツ側の資料にもガス室と書かれた
文書は存在しない。

信用度
ドイツ>>>ソ連だから、ガス室は無いに決まってる。

548 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:24:30 ID:???
>>546
イスラエルが今、やってる事は
もっとひどいから、別に問題にならない。
世界中には、もっとひどいことをやってる国が
一杯ある。


549 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:29:11 ID:???
リヴィがホロコーストウンタラ会議開催国で持ち上げた国は、
インターネッツ情事監視の支那畜並の国

550 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:30:09 ID:???
>>546
誤解されているようだが、リビジョニストは
別に、ユダヤ人迫害があった事を否定してないし、賛同してない。

正確な歴史資料を研究して、ユダヤ人が言う人類史上最悪の事件と
呼ぶには規模があまりにも小さすぎ、あまりにも
疑わしい事件であったと、主張しているだけのです。


551 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:32:00 ID:???
>誤解されているようだが、リビジョニストは
>別に、ユダヤ人迫害があった事を否定してないし、賛同してない。
ソフィア先生は「迫害されて当然」「ユダヤ人は守銭奴で詐欺師」と言う様な事を仰られていますが。
>正確な歴史資料を研究して、
マットーニョの様にソースを恣意的に選択する事ですか?

552 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:32:02 ID:Dkvy2T+X
>>549
アホか?
そもそも、ホロコースト肯定国は
それ以上に、監視されていて
学者が牢獄に放り込まれている国だ。

553 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:32:10 ID:???
>正確な歴史資料を研究して、

チラシの裏も資料だよな、史料とはよべないが・・・

554 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:33:06 ID:???
そういや過去スレには「ホロコーストは捏造だがユダヤ人は絶滅されるべきだった」と愉快な事を言う人がいたな。

555 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:34:17 ID:???
>>551
リビジョニストは、言論の自由が保障されているために
多少の意見の差が見られる。
これは、健全な議論が行なわれている証拠。

556 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:34:22 ID:???
>>552
IHRのメンバーって投獄されてるのか。

557 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:35:41 ID:???
>>ユダヤ人迫害があった事を否定してないし、賛同してない。
「賛同してない」と「迫害されて当然」「絶滅されるべきだった」は「多少」とは言いませんよ。

558 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:36:41 ID:???
>>552
某国は革命愚連隊が普通にデート中の人を小突いたり、テロリンとつながりを持ったり
本邦の某大学教授がこの国のとばっちりでヌッ殺されたりする国

559 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:37:26 ID:???
>511
誰もニュルンベルク裁判(どっちのか知らんが)で命令書が提出されたとは言っていない。
すまんがこのスレでリビジョは証拠などひとつも上げていない。
すでに質問が間違っている。
ちうかおまい、自分で書いたろ。

IMTでは文書資料に基づいて審議が行われている。
>ttp://www.yale.edu/lawweb/avalon/imt/imt.htm
それにこの裁判は西側の裁判だ。
そしてソ連は戦後に現地調査を行っている。
ドイツ側資料にもいくつか「ガス室」と書かれた資料がある。
>ttp://www.nizkor.org/ftp.cgi/camps/auschwitz/images/k4-riedel-gasskammer.jpg
>ttp://www.nizkor.org/ftp.cgi/camps/auschwitz/images/bischoff-430129-vergasungskeller.jpg
ツンデルの書かせたロイヒターレポートを「中立な資料」などと紹介するのも卑劣だな。

第一、探りをいれてからテーブルを引っくり返す態度が不誠実。
そんなヤツの言う事、誰が信じるっつうんだ。こら。
いい加減にしてさっさとホロコースト40スレに帰ってこんかい。

560 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:39:02 ID:???
テンプレに追加

「ユダヤ人の迫害に賛同していない」と「ユダヤ人は迫害されて当然」は多少の意見の差

ホロコースト肯定国?では学者が投獄される

561 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:39:57 ID:???
>>556
強制収容されてないが
迫害は受けている。
事務所に放火とかされているし。
ナチス時代のユダヤと同レベルの迫害は
受けている。

562 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:42:14 ID:???
おいおい こんどはリビジョこそ被害者って言い始めたぞ。

563 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:43:50 ID:???
IHRを放火したのがホロコースト否定に怒った人間の仕業だという証拠は当然ない。


564 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:45:59 ID:???
>>559

>ドイツ側資料にもいくつか「ガス室」と書かれた資料がある。

ピンボケしてる写真だし、ガス室の綴りがどこにかいてあるのか
わからん。
最初のページはユダヤ団体のページだから無効。

565 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:47:13 ID:???
>ナチス時代のユダヤと同レベルの迫害は

リビ定義の三食昼寝つき福利厚生完備(ryな強制収容所にぶち込まれて国に守ってもらえば

566 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:48:03 ID:???
>最初のページはユダヤ団体のページだから無効。

オレ様ルール 発動中!

567 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:48:49 ID:???
イェール大学はユダヤ団体だったのか。


568 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:51:12 ID:???
>>566
お前ら正史派がいう
「主張に情報が従属しているプロパガンダでは事実は二の次にされるんが常だからそれらのサイトは信用できない」と同じ事を言ってるだけ。
ニッコーはホロコーストがあったと言う主張に情報が従属してるんだから当然信用できない。


569 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:51:22 ID:???
ついにでた
そのサイトはネオナチだから無効
ってのも大丈夫なのかね

570 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:51:56 ID:???
イェール大学はユダヤ寄りで公平じゃないから無効。

571 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:52:35 ID:???
>イェール大学はユダヤ団体だったのか。
オレ様ルールが使える事を期待して、ユダヤ団体って思わせたいんでしょ。

572 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:52:36 ID:???
>>568
良い事言った。

573 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 01:54:16 ID:???
IHRは見直しが目的だからダウトw

574 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 02:00:10 ID:???
おぉぉ。強気だねェ。
それはつまりアレかい、「俺が読めないものは無効」かい。w
ビスショフのメモくらい有名な資料だろうが。
どこのサイトに載ってようが実在する資料なんだよ。
つうことは君の書いた「ドイツ側の資料にガス室の文字は無い」ちうのはウソなワケだよ。
この嘘つき。
おまけにNizkorは否定論否定のページでホロコースト資料の集積地だよ。
「ユダヤ団体との関係」は主催者自身が否定したろうがよ。
そんで「ロイヒターレポートは中立の資料」ちうのはどこいった。
軍板のみなさんにきちんと説明しなはい。どういうレポートかっちうのを。

575 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 02:06:05 ID:???
>>574
ニッコーはホロコースト否定の為に作られたの=主張に情報が従属しているので事実は二の次であり信用できない。
これは正史派が否定派サイトを黙殺する時につかう論理をそのまま使っただけ。

576 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 02:11:48 ID:???
>これは正史派が否定派サイトを黙殺する時につかう論理をそのまま使っただけ。

黙殺だって
>>1‐1000まで全てジサクジエンなわけなの


577 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 02:13:55 ID:???
・あまり詳しくない奴らがいるらしいから、カモにしてやるぜ。

・なんだよ、こいつ等しつこいな。 世界史板のリビジョスレなら、もう飽きて消えてる頃なのに・・・

・やべ! 世界史板のリビジョスレの実情をウオッチしている奴が居るらしい。
   => (今、ここ)
        

578 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 02:15:00 ID:???
>>574
Nizkorはニッコーと読む。
ヘブライ語で「忘れない」という意味。
思いっきり、ユダヤ団体ですが?

お前は、修正主義者が「ハイルヒトラー」って
名前のページから引用してきた資料を
中立的な資料だと思うのか?


579 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 02:18:14 ID:???
テンプレに追加:

ヘブライ語を使うのはユダヤ団体

580 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 02:20:30 ID:???
私はリビジョサイトをソースとして持ち出すけど、
あなた達はNizkorを持ち出さないで下さい。
ついでにイェール大学はユダヤ寄りで公平じゃない事にして下さい。

って  御願いしたら?


581 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 02:21:21 ID:???
>>580
ニッコーはホロコースト否定の為に作られたの=主張に情報が従属しているので事実は二の次であり信用できない。
これは正史派が否定派サイトを黙殺する時につかう論理をそのまま使っただけ。
それとも
「主張に情報が従属しているプロパガンダでは事実は二の次にされるんが常だからそれらのサイトは信用できない」
が間違いだと認めるか?

582 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 02:24:34 ID:???
>これは正史派が否定派サイトを黙殺する時につかう論理をそのまま使っただけ。

ドコゾのニ次元キャラ珍論暴論webの啓示板はしらんが、ツーチョンネルの掲示板では黙殺したか?


583 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 02:26:54 ID:???
ふーん Nizkorは否定論否定のページでホロコースト資料の集積地か。
なるほど、そんなに目障りだから見て欲しくないんだ。

584 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 02:28:13 ID:???
>「主張に情報が従属しているプロパガンダでは事実は二の次にされるんが常だからそれらのサイトは信用できない」

事実をへし曲げている事に対する指摘に適正な反論してないから、合っているんじゃないか。
リビ君の主張は事実が二の次ですとw

585 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 02:37:06 ID:???
みんなは君の上げたページの内容を批判した上で「信用ならん」と書いている。
それに対して君は「名前がヘブライ語だからあうと」かいな。
きちんと論理立てて説明をしなさいよ。
それにビスショフのメモくらいNizkor以外でも出るぜ?
>ttp://www.holocaust-history.org/auschwitz/19430129-vergasungskeller/index.shtml
ほれ。
>577
まぁ、そんなところでしょうか。
ただし、私は世界史板の人。w
>583
そういうこってす。
ご参考に。
>ttp://www.nizkor.org/

586 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 02:56:33 ID:???
うん、終わりでしょうかね。世界史板に帰りますわ。
Nizkorは「否定論のウソを暴く」ページです。
何が何でもホロコーストを肯定するページではありません。
実際、今回の人も結構な嘘つきだったでしょ?
ただし、Nizkorにも間違いはあります。その辺は要注意ですがね。
でわっ。

587 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 09:14:19 ID:???
>>586
終わりじゃない。
世界中のリビジョニスト諸君を納得させるには
あまりにも、いい加減すぎる主張だ。

リビジョニストは、別に一人も死んでないとか主張している訳じゃない。
20万から30万程度は死んでいる事は認めている。


100パーセント嘘なのは

ヒトラーが絶滅命令を出した。
(追放命令を出したのは事実だが、絶滅命令じゃない)

ガス室で数百万から数十万の大量殺人が行なわれた。
(小規模なガス殺があった可能性は否定しないが
それは、ホロコーストと呼べる規模ではない。)

つまり、ホロコーストの主旨であるこの二点は
完全に否定されている。
ニッコーでも、この点には反論されてない。

588 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 09:23:51 ID:???
>つまり、ホロコーストの主旨であるこの二点は

機能論と構造論の論旨を理解してる?


589 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 09:32:43 ID:???
>>588
リビジョニストの方が、君らの何倍もの膨大な資料に目を通している。
知らん訳が無かろう。


いわゆる構造論は、ヒトラーの意図と計画を強調している。
しかしながら、これは現在ほぼ否定されている。

これに対して、機能派であるブロシャートは、
最終解決の決定に関する、総統の役割について
対極的な見解を持っている。
ヒトラーは、最終解決について最終決定を下さなかったし、
全体命令を出さなかったというのである。
ユダヤ人絶滅は、1941年末と1942年の一連の個別的な虐殺と
結びつきながら、進化していったと主張している。

これで満足?

590 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 09:40:35 ID:???
>>589
ヒトラーは虐殺を命じたという説もあれば、命じなかったという説もあるわけだろ?
そしてどちらも「正史」のなかで言われていることだ。

ならばリビジョニストの独自性って何なの?
「正史派」がすでに言ってることをネット街宣するのが新機軸か?

591 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 09:45:38 ID:???
>>590

機能論と構造論について聞かれたから
答えただけ。
リビジョニストが正史派の知識を上回っている事を
証明しただけだ。

592 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 09:54:59 ID:???
>>591
ブローシャトはヒトラーの命令"だけ"でホロコーストが起きたわけではないと言ってるだけじゃないの?
命令があった可能性は否定してないような。

命令はなかったとはっきりと否定してる? 原文きぼんぬ。

593 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 10:11:06 ID:???
>>592

ttp://www.bunkyo.ac.jp/~natasha/revisionist/graf_01.pdf

この論文に書いてある。

>機能派であるブロシャートは、
最終解決の決定に関する、総統の役割について
対極的な見解を持っている。
ヒトラーは、最終解決について最終決定を下さなかったし、
全体命令を出さなかったというのである。

前三分の一ぐらいのところ。
ブロシャートが命令が在ったを主張しているなら
その資料も提示していただきたい。

594 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 10:30:57 ID:???
>>593
こちらでは「完全には…なかった」とか「命令というよりも、むしろ…」という感じだが?


マラス、ホロコースト―歴史的考察、71ページより。

> ブロシャートは、…「最終的解決」の起源に関して、重大な解釈を示した。つま
> り、ヒトラーは、作戦上の全責任を完全には有していなかったというのである。
> (中略)
> ブロシャートの議論の核心にあったのは、「最終的解決」が、ヒトラーの単一の
> 決定の後に開始されたのではなく、「少しずつ」生じていた、ということである。
> ソ連内の「行動部隊」が活動する領域以外でのユダヤ人移送と系統的殺戮は、
> 総統からの一つの命令というよりも、むしろその地域のナチのイニシアティヴに
> よって始まったというのが、彼の示唆するところである。この見解に従えば、
> ヒトラーはナチズムの目標を「ユダヤ人を取り除くこと、とりわけ第三帝国の領
> 域内からユダヤ人を一掃すること」と設定しただけであり、その達成のための
> 方法は特定されなかったこととなる。

595 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 11:00:13 ID:???
>リビジョニストの方が、君らの何倍もの膨大な資料に目を通している。
>知らん訳が無かろう。

具体的事例が全く無く説得力が無いのですが。
言うだけならば、書くだけなら誰でも出来ますよ。
事実として君等リビジョニストのミスリード?誤認?無責任発言?が指摘されつづけているのは、俺の気のせい?ですか?

つか、>>589もつまみ食い引用を指摘されていますね。

596 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 11:07:24 ID:???
まああれだ、資料ってのはいくつかのホームページのことで、文献は読んでないわけだ。
それがリビジョニスト。

597 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 11:07:29 ID:???
>リビジョニストが正史派の知識を上回っている事を
>証明しただけだ。

で、ご大層な主張も瞬殺されたわけだが・・・
あれ、ホンの数時間前に正史派は我等を『黙殺』するとか連呼していなかったっけ?
今まで正史派とされる人が『黙殺』していた事はあったのか?

否定派に対する戦術として『黙殺』(相手にしない)が有効であると提示した中の人がいた件は否定しないがw


598 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 11:10:59 ID:???
>>597
おいおい、議論の方向がずれてるぞ

ここに居るリビジョは
>ヒトラーが絶滅命令を出した。
>(追放命令を出したのは事実だが、絶滅命令じゃない)

>ガス室で数百万から数十万の大量殺人が行なわれた。
>(小規模なガス殺があった可能性は否定しないが
>それは、ホロコーストと呼べる規模ではない。)
という二点の主張だけでFA?

599 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 11:13:40 ID:???
>>598
その二点が事実なのは、もう明らかでは?

600 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 11:14:06 ID:???
>>598
オマイが『どうだ、おらが物知りだべ』とネタ振ったんだろW

601 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 11:16:23 ID:???
>>434 から

> ・ユダヤ絶滅計画を命じる文書、計画、命令、予算、部署は存在しない(存在を証明出来ない)。
> 
> ・ユダヤ人に対しての人種差別と人種差別に基づく強制収容が存在し、強制収容所が存在した事は事実。
> 
> ・アウシュビッツでの犠牲者数は400万人から大幅に下方修正されている。
> ポーランドの国立アウシュヴィッツ博物館で約100万人。
> フリツォフ・メイヤー(Fritjof Meyer)に至っては35万6千名にまで下方修正している。

602 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 11:17:23 ID:???
↓注意報。以下自演にご注意ください。

603 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 11:19:51 ID:???
このスレでの存在を証明できないってのは
「俺は見たことが一度もない!!」
ってことなのか?

604 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 11:26:06 ID:???
世界のどこかに、見た人が一人でも居るかどうか・・・・

605 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 11:26:55 ID:???
おれはマンコ見たことないよ orz

606 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 11:42:23 ID:???
> ・アウシュビッツでの犠牲者数は400万人から大幅に下方修正されている。
> ポーランドの国立アウシュヴィッツ博物館で約100万人。
> フリツォフ・メイヤー(Fritjof Meyer)に至っては35万6千名にまで下方修正している。

またこの印象操作を持ち出したのか。
400万人はニュルンベルグ裁判でソ連が主張した数字でユダヤ人「と」ロマ等の他の者を合わせた数字でまた西側の研究家は最初から信用していない。


607 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 12:04:07 ID:6XTCowY+
>>601

面倒くさいなあ〜〜

>・ユダヤ絶滅計画を命じる文書、計画、命令、予算、部署は存在しない
あのね、アウシュヴィッツの最大収容人員は40万人となってるんだけど、
死体焼却炉の処理能力って、最低でも一日あたり1200人。
月20日稼動でざっくり計算しても年間20万人の死体焼却に耐えられる数字。
チフス・赤痢の蔓延を考慮しても、この死亡率は、病死も含めた自然死としては異常。
この過大な死体処理能力の発注という、史料に残る事実を考慮すれば、
アウシュヴィッツという施設がどういう性格かは、一目瞭然。
で予算はちゃんと、SSの経済局が計上してる。

>・アウシュビッツでの犠牲者数は400万人から大幅に下方修正されている。
再三、指摘があるように、この数字をもとにして、ユダヤ人の犠牲者の数字を600万と弾いたわけでない。

>フリツォフ・メイヤー(Fritjof Meyer)に至っては35万6千名にまで下方修正している。
メイヤー論文そのものは独語なので、まだ手をつけていないが、
英訳された、同論文に関する評伝等をみる限り、その内容は疑ってかかった方が良い。
いくつか例示すると
・死体焼却炉の処理能力を2200人から1200人程度に減らしているが、
この根拠を、焼却炉の設計・施工したトウプ社の技術部門からの書簡に求めているが、
マイヤーは設計段階で2200人、施工完了後1200人としている。
実際の書簡の日付は逆で当初1200人と見積もったが、稼動後の状況で2200人は処理できるとなっている。
明らかに、作為的な論旨を展開している。

・焼却処理された人数の母数を、マイヤーはハンガリーからの移送されたユダヤ人を従来の40万人から、
10万人程度に減らしているが、40万人というのは『誇張されている』とだけ記しており、
具体的な根拠をあげていない。
40万人は、ドイツ国鉄の運行記録、ならびにハンガリーでの移送報告によるもので、
2700人を3000人と丸めるようなケースは当然存在したであろうが、
統計上の誤差脱漏以上の差異は両記録のクロスリファレンスでは見受けられない。

608 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 12:09:19 ID:???
リヴィ最後の拠り所、員数下方修正説も600万人説も数々の放言が崩壊しつつあるね

>>607
思考中、校正中の手の内をわざわざ晒さなくともよいと思われ。


609 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 12:16:15 ID:6XTCowY+
>>608

忠告、ありがとう。

ちなみに、俺はホロコーストとかアウシュヴィッツとか、実は興味の範囲から外れてて、
ドイツ陸戦部隊の組織・編成・運用とかがストライク・ゾーン。

で、たまたま、リビジョ各位が挙げる海外の文献とか見て、こりゃダメだと思った次第。
ソースの選択は恣意的だし、俺が慣れ親しんだ国防軍の戦闘報告とか無視するし、
日付の逆転は平気だし・・・


610 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 12:22:56 ID:???
ホロコースト否定論だけの話じゃないがこう言うので一番怖いのが専門知識を持たない人間が見るとあっさりとだまされる可能性が高いって事だな。


611 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 12:26:11 ID:zvs74Vyj
>>607-609
焼却炉の性能を検証するには熱力学の公式などに当てはめて可能かどうかを検証する必要がある。
正史派は熱力学の公式などに当てはめて検証したのかな。


612 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 12:35:15 ID:???
> 400万人はニュルンベルグ裁判でソ連が主張した数字でユダヤ人「と」ロマ等の他の者を合わせた数字でまた西側の研究家は最初から信用していない。

要するにユダヤ人の犠牲は100万〜数十万人程度だと。

613 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 12:39:07 ID:???
>>607
>死体焼却炉の処理能力って、最低でも一日あたり1200人。

それはチフスによる病死者の処理だね。収容所が不衛生だったのは確か。

無論ユダヤ人隔離を命じる文書、計画、命令、予算、部署が有るのも事実。
アメリカで実施された日系人隔離・収容政策と同じく。

無いのは「ユダヤ人絶滅計画・命令書〜」

614 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 12:41:43 ID:???
「焼 却 炉 の 熱 力 学 が 苦 手 で 誤 魔 化 し て い る 誰 か さ ん」っていわれてる人、誰かなぁ?

615 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 12:48:33 ID:6XTCowY+
はあ〜〜

マジで脱力するは。
オッカムの剃刀も知らなきゃ、証拠の帰納的収束とかっていう概念も知らんのか?


616 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:01:04 ID:???
>>613
それはおまいさんが一次証拠をあたって調べた結果じゃないだろ?
となるとだ、「ユダヤ人絶滅計画・命令書〜」が無いと確信するに至ったソースを提示するべきだと思うのだが。
まさか「自分は見たことが無いから無いに違いない」とか言い出すんじゃないだろうな?

617 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:02:43 ID:???
>アメリカで実施された日系人隔離・収容政策と同じく。

日系人は敵対国民ゆえに隔離収容されたわけなのだが。
強制収容所関しては正真正銘のドイツ人(単にユダヤ教徒であっただけ人)さえ隔離、強制労働、問題の部分である殺害された可能性が指摘されている訳なのだが。


618 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:03:21 ID:???
ソースも無いのに
「見たことが無い、無いに違いない」と言っている奴はなんなの?

619 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:05:17 ID:???
リビジョの主張するユダヤ人の隔離収容だけを明記する命令書ってのを出してくれよ

620 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:13:54 ID:???
>>616
無いという証拠を出せ!! か。 まあ悪魔の証明ってヤツだな。

621 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:14:58 ID:???

事実  >>234

622 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:16:27 ID:???
>>617
日系人だって正真正銘のアメリカ国籍を持つ人(単に人種の違い)だったのだが。

623 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:20:42 ID:???
>  −−−ユダヤ人絶滅に関するヒトラーの命令書が存在しないのは、
>     事実である。−−−
>    (学研・歴史群像シリーズ42 1995年 より)
> 
>  神戸大学 栗原優教授

624 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:25:50 ID:???
>>617

独ソ大戦中のドイツ系ソ連人も強制収容されていたし
日本も危険思想と思われる団体を強制収容していた。
ユダヤ教徒は危険思想と思われた団体だったから
強制収容は当時はやむ得ない。
イスラエルもパレスチナ人の強制収容を現在も行なっている。
結局、何処の国も同じ事をやっている。
それに対して、補償を行なっているのはドイツだけ。

625 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:28:03 ID:???
>>620
つくづく思うがリビジョはよく理解もしないのに悪魔の証明を持ち出すよなwww
別に証明をしろ、といっているわけではないだろwww
620が学者でだ一次証拠をあたったが「ユダヤ人絶滅計画・命令書〜」は発見できなかったというなら信用できるだろう。
しかしだ、この中に一次証拠に当たれる学者などが居ないとするならば、「〜は調べた結果、一枚も無いと断言できる」というような二次的なソースを提示すべきだと思うんだが?



626 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:30:17 ID:???
C:絶滅命令はあったのですか、なかったのですか。

H:ヒトラーの命令はあったと信じています。存在しなかったと信じている人もいます。

C:すると、あなたの意見は信仰条文のようなものですね。

H:いいえ、絶対に信仰条文ではありません。結論です。ある結論に達することもできるし、別の結論に達することもできます。

C:あなたの本は、一つの命令が1941年春に出されたと述べています。

H:それは、私という一人の人間の意見です。

修正派弁護士 クリスティ
検事側証人  ヒルバーグ
ホロコースト裁判より
ttp://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/holocaust_trial.htm


627 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:30:51 ID:???
> 収容所が不衛生だったのは確か。

強制収容所一例

> 当然のごとく彼らは何の補償も得られず、家や会社、土地や車などの資産を安値で買い叩かれ、これまで従事していた仕事も失うことになった。
> 中にはすべての財産をこの強制収容によって失ってしまった人もいた。

> 住居
> 収容者の住居に宛がわれた建物は「バラック」というべき粗末なもので、家具も粗末なものしか与えられず、トイレの多くは
> 仕切りすらなかった。また、この様に衛生管理が不十分であったため、集団食中毒や集団下痢などが多発した。

> 暴動
> 僻地にある粗末な強制収容所に収容され行動の自由だけでなく、仕事も社会的地位も奪われ強制収容所に収容された
> 日系人の不満は鬱積し、強制収容所内ではハンガーストライキや暴動が多発した上、盗難や殺人などの犯罪も数多く起きた。
> また、強制収容所での生活に嫌気がさし、脱出しようとし射殺されたものもいた。

日系人の強制収容
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

628 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:31:58 ID:???
>>625

正史派の重鎮、ヒルバーグも
物的証拠はない。
でも、あったと信じている。って言ってるぞ。
証拠が無いのはここで明らかになっている。

629 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:32:05 ID:???
>>620
中学で背理法ってのを習わなかったのか?
”ある”とされている証拠を反証するだけで無いことは簡単に証明できるわけだが?

630 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:34:31 ID:???
ま、一枚でいいから見つけることだな > ユダヤ人抹殺命令の公文書

631 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:35:26 ID:???
>>627
日系人の強制収容については
アメリカ政府も謝罪している。
日本の占領政策の強制労働等で
命を落としているアジア住民も多いから
あまり、自分たちの被害ばかりを書かない方が賢明だ。

632 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:36:54 ID:???
>>631
じゃあアウシュヴィッツもドイツ政府が謝罪したから良いだろ?

633 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:37:15 ID:???
>>626
そういうのは公文書館のソースを示す物なの。

個人的試訳URLから一部を抜き取っても意味無いの。

634 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:37:50 ID:???
一次証拠もあたれないような連中相手に”ユダヤ人抹殺命令の公文書”を出せってのが無理じゃないか?www
一次証拠をマイクロフィルムで管理してる団体相手に文句言ってこいよwww

635 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:39:16 ID:???
>>631
日系人名誉回復運動なら、ご自分で先導とって運動でもなさったら如何ですか?
IHRあたりが何を言うのか知りませんがw


636 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:42:00 ID:???
「インターネットのソースによると命令書は一枚も発見されていない」
「2chでソースの提示を求めたが誰一人としてソースを提示しなかった」
「であるからして、ホロコーストは無かったと確信できる」
CGS等の学会で発表してみたらどうだ?歴史的な大学者になれるぞwww

637 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:44:23 ID:???
>635

日系人はアメリカ合衆国市民に対する合衆国政府の施策だぞ。

638 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:45:04 ID:???
世板からの出張君は原本が対訳がと確認できるように努力して示し書き込んでいるのに
リビときたら確証の取りようが無い、コピペするだけ。

639 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:49:19 ID:???
>日系人はアメリカ合衆国市民に対する合衆国政府の施策だぞ。

で、IHR様におかれましては、避難声明など公式コミニュケなどあるのでしょうか


640 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 13:51:18 ID:???
>>636
インターネットのソースに頼らなくても
正史派の学者もヒトラーの命令書が無い事は
認めている。

だから、機能説と構造説がある訳。
もっと勉強した方が良いよ。

641 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 14:38:10 ID:???
>>640
「構造説」って言い方をあまり聞かないけど、誰が使ってる用語?

642 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 14:38:59 ID:???
>>ユダヤ教徒は危険思想と思われた団体だったから
ニュルンベルグ法のユダヤ人の定義を知らないのか。

643 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 14:40:31 ID:???
過去スレから

〜いる
〜だけ
〜やむを得ない
〜いた

をやたらと使用する奴がいるが同一人物なのか?

644 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 15:06:13 ID:???
ヒトラーの命令書ってそこまで重要なものなのか?

645 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 15:13:01 ID:???
ここは軍事的にホロコーストを語るスレとなりました

646 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 15:21:00 ID:???
>644
現在ではさして重要な資料ではありません。
何故なら発見されていないから。
無いものをあてにして研究をする学者はいません。
残された資料から、探って行くのです。
実際、「ヒトラーの命令書」を拠り所にした研究などありません。
もちろん、発見されれば重要な資料となるでしょう。でも無い物は無い。
それが無くてもホロコースト研究は続けられ、様々な事柄が明かになってきています。
要するにコケオドシです。ガス殺遺体と一緒。
「無いであろう命令書を出してくれないと信じないっ」と言っているワケです。

647 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 16:28:52 ID:???
>だから、機能説と構造説がある訳。
>もっと勉強した方が良いよ。

??????????Wwwwwwwwwwwwwwwwwww


648 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 17:31:06 ID:???
>>647
そう煽ってやるな、さっきググって知ったばかりの言葉を使いたかっただけだし。

649 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 17:38:24 ID:???
2chのリビジョニストは大抵モニターの前に座っているだけで、外出しないからな。

650 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 20:34:02 ID:Dkvy2T+X
>>647

機能説と意図説(構造?)の事だな。

機能説は、ヒトラーは絶滅命令を出さなかったが
自然に、ユダヤ人迫害が激化して行って
虐殺に結びついた。というもの。

意図説は、ヒトラーの意図によって、虐殺が
行なわれたとするもの。
でも、ヒトラーの意図説を支持する資料が
見つかってないので、機能説がポピュラーな説に
なっている。


651 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 22:38:52 ID:???
>>650
その説明間違ってるよ。
「意図説」という表現も見たことないぞ(w
2chの奴って本当にネットだけで調べて本読まないんだな
 「意図派と機能派」
わかりやすく説明すると、
意図派は最初からガチで皆殺しするつもりだった
機能派は文字通り戦争によりナチスの組織が機能していって絶滅政策が行われたとする立場。
機能派の学者でもヒトラーの命令があったとする学者のほうが多い。
命令がないとする学者は「超機能派」と言われる。
俺は超機能派支持だが、歴史学者では少数派。

652 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 22:52:52 ID:???
追加しておくと、
世界史板のホロコーストスレには意図と機能という二つの重要なトレンドである命題が全く出てこない
このことからもリビジョが「正史派」の主張を全く調べていないこと、
本を全く読んでいないことが明らかである。

653 :名無し三等兵:2007/02/04(日) 23:17:37 ID:???
いや、まともに?話をしてるころは出てきたんだけどね。
否定派がループばかりするようになって、知識のある人はあのスレを脱出してしまった。

654 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 03:52:14 ID:???
なぜ誰も>>629に突っ込まないんだ?
背理法というのは「ある命題が正しいと仮定すると、その仮定と矛盾する命題
が導かれることを示すことで、その命題が間違っていることを証明する方法」の
こと。お前のいっていることとは明らかに何の関係も無い。

655 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 16:15:34 ID:???
修正された逆転裁判を見てみたけど、なんなんだありゃ?
自分が言ったこと引っ込めたわけでもなく、ただ単に反論された文章を追加して
反論そのものを無視してるだけじゃないか。結局どれだけ反論されても
ホロコーストが捏造だったって言う結論は変える気がないって告白してるようなもんだろ

656 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 16:21:47 ID:???
つか、いまや掲示板のほうが主で、逆転裁判コンテンツは
ソフィア先生によって再構成された脳内ワールドにすぎない。

だって掲示板の方には本当の肯定派が降臨しているわけだから、
そっちのやりとりのほうがリアルで刺激的。

657 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 16:40:49 ID:???
どう考えても指摘された部分を内容から削り取るほうが傷口が広がらない方法だったな
どれだけ誤りを指摘されても、会話してる肯定派(?)役のキャラにアホなこと言わせて
誤魔化すつもりなんだろうな

658 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 16:47:38 ID:???
>>657
いいじゃんそれでも。掲示板のほうでは議論しないチキンなんだし。
そういや別のコテも「論争はしない」と予防線を張ってるな。ナンなんだありゃ。

659 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 17:39:23 ID:???
>>658
人には「ガス室論争に触れることをそこまで頑なに拒むのですか?」
と挑発しといて「論争はしない」とはこれ如何にだねww

660 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 19:08:45 ID:???
逆転裁判には判決って言うコンテンツもあるんだ
もう内容を修正してしまったのに無罪って言う結論を変えないとは・・・
やっぱりホロコーストは無かったって言う結論が最初にあるんだ

661 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 19:13:23 ID:???
本人が、あんたらがいくら頑張って証拠だしても、ガス殺死体の「標本」が出てこない限り
ホロコーストの実在は認めないと宣言してるから、今更だろ?

662 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 19:15:59 ID:???
だいたい証拠が無さ杉

663 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 19:26:12 ID:???
>>662
ホロコーストとは様々な多くの証拠を集めてそれから導き出される結論なのに
否定派はたった一つの証拠を出せと、最初から議論を放棄したような提案しかしてこない
ついでに言っとくと、奴らが論破したとか言う証拠は実は大して重要視されていないものも多い
例えばゲルシュタイン報告書というもの、これは宣誓供述書ではない。詳しくは知らんが
向こうの裁判では宣誓供述書というものが非常に重要視される。でもこの報告書は
その宣誓供述書ではないため、ニュルンベルク裁判でも大して重要視されてはいなかったようだ
むしろ、内容が大げさに語られているから、参考程度にしておこうというのが当時からの見方だったらしい
それなのに否定派はこればかりを取り上げ続ける。まるでこれくらいしか突っ込むものを持っていないかのようにな

664 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 20:00:03 ID:???
>>663
>ホロコーストとは様々な多くの証拠を集めてそれから導き出される結論なのに

経過から言って明らかに間違い。まず最初に”ホロコースト有りき”のプロパガンダが始めて。
アメリカが参戦する以前から活動していたユダヤ人たちの反独宣伝のなかで生まれたモノ。

ドイツの敗戦後、派手に喧伝したプロパガンダの正当化のために、”ホロコースト有ったんだ”と
拷問・虐待何でもアリの”裁判”で多くの証言を集めたに過ぎない。

無論ドイツの公文書には一切証拠は無し。有るのは強要された証言。

665 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 20:01:06 ID:???
ttp://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_ed.html
「まあよかろう。こんな電波サイト、どうせ信じるような連中はいない。
たとえこのサイトが電波を飛ばしていたとしても対抗言論やニッコーサイトを見ればホロコーストの証明は実に簡単なのだ」

 「今の今まで散々そのサイトのインチキを立証してきたのに…

ニッコーが話に上がったことはあるが、対抗言論が俎上に上がったことなんぞ見たことないんだがな?
しかも木村愛二本人と直接議論しているページを木村愛二の本からの引用で論破したとソフィア先生は言いたいのか?
対抗言論を見れば木村愛二がどんなことになったかくらいすぐに分かるだろ。

666 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 20:02:55 ID:???
>>664
否定派って将棋に負けそうになると将棋盤ひっくり返すタイプだろ?

667 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 20:04:12 ID:???
>>663
>否定派はこればかりを取り上げ続ける。

少なくとも本スレには、そのゲルシュタインとやらは出てないが?

668 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 20:05:24 ID:???
>>666
反独プロパガンダが戦前から派手に喧伝されていたと言う平凡な事実を解説したに過ぎない。

669 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 20:09:37 ID:???
戦前からのユダヤの反独プロパガンダについて詳しく

670 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 20:09:50 ID:???

「物的証拠は何もない。あるのは戦後の証言だけだ」

ttp://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_03.html

671 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 20:09:53 ID:???
>>667
ソフィア先生には出てるよ。ついでに言うとあっちのスレッドにもな
世界史板でもこの話をしょっちゅうしてくる奴がいた。

672 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 20:12:36 ID:???
>>667
そりゃそうだろう
このスレの否定派はレベル低すぎるからね

673 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 20:18:08 ID:???
軍板だから否定派も実証・物証重視なんだな。

674 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 20:24:11 ID:???
>>670
英語版ウィキペディアのカチンの森の項目にはこんなことが書いてある。
ttp://en.wikipedia.org/wiki/Katy%C5%84
April 14, 1943: "We are now using the discovery of 12,000 Polish officers, murdered by the GPU,
for anti-Bolshevik propaganda on a grand style.
ここに出てくるGPUとは何か?ソビエト内務人民委員会付属国家政治局以外にあり得ないのだ
この記述を踏まえると、九月二十九日の記述は矛盾でもなんでもなくなる。
ソビエトが自分らのやった虐殺をナチスのせいにするということをゲッベルズが自嘲的に語っているに過ぎないという解釈になるのだ
そもそも、捏造したものなら何故四月十四日のような記述を書いたりするのだ?
捏造を担当した人間は馬鹿だったとでも言うつもりか?このゲッベルズ日記とは全部で30巻くらいになる資料だが
それを丸ごと捏造するという行為を行なっておきながら、こんな記述を残すことをどう解釈するつもりだろう?

675 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 20:26:56 ID:???
> 「論争はしない」と

>>411
> 『ホロコーストの否定(邦訳:ホロコーストの真実)』(リップシュタット)を批判する

> 「論争はしない」、ダブル・スタンダード

> 論争はしないというのである。論争してくれとの要請をたびたび拒んだことを繰り返し強調している
> ttp://www002.upp.so-net.ne.jp/revisionist/lipstadt_01.htm

どうも欧米の「肯定派」は論争すると不利になるらしい。物証が無かったり捏造だったりしてるのだから無理もない

676 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 20:29:42 ID:???
>>672
こんな発言をするのばっかりだからね。
軍事板におけるホロコースト修正主義者の主張
1、ユダヤ人は犯罪者か危険人物。
2、数十万人の監獄にちっぽけなプールが一つ有るから絶滅収容所じゃない。
3、「囚人用の売春宿、劇場、プールがある、結婚出産も出来る」なら「市民権剥奪、財産没収、集団隔離、多段ベッド、
鉄条網に電流、食糧事情最悪、機関銃で見張り、チフス蔓延、焼却炉・広場に死体の山」の監獄にずっと入れられててもOK
4、「絶滅命令の文書が無い」と騒ぐが「ソ連が捏造していた」という証拠は探さない(この情報公開時に!)
5、現代のユダヤマフィアが麻薬、キッドナップ、 マネーロンダリングの犯罪を行っているから
ヒトラー政権下のユダヤ人はオウム以上の犯罪者である。
6、乗車率300%の中央線に対流は無い。
7、アウシュヴィッツの所長だったヘスはドイツ副総統のヘスと似た名前だから存在自体が捏造。
8、ロイヒター報告はちゃんとした報告書であり、どう見ても許可しなかったポーランドが悪い。
9、占領地のユダヤ人は全てゲリラ。
10、ドイツでは言論弾圧されているからホロコーストを否定でき無い。
11、シオニストにソースサイトを潰されるのでソースは提示しなくて良い。
12、「ちゃんとした証拠を示せ」というくせに、どういうものが「ちゃんとした証拠」なのかが言えない。
13、強制収容所の外にはソ連軍がうようよいたのでドイツ軍がユダヤ人を守ってた。
14、収容所の中はベルリンよりもいい暮らしができるのでユダヤ人が逃げる理由は全く存在せずしたがって杉原千畝がユダヤ人を助けた話は捏造
15、悪魔の証明を持ち出さないと議論ができない。だが、悪魔の証明を正しく理解しているわけではない。
16、たとえ証拠をだしても、それは「政治圧力」による「捏造」
17、ゲリラとその支援者や容疑者は裁判無しで処刑しても国際法には違反しない。
18、「筆跡鑑定」はプロが作成した詳細な鑑定資料より、素人の見た印象のほうが、絶対的に正しい。
19、「ユダヤ人の迫害に賛同しない」と「ユダヤ人は迫害されて当然」は多少の意見の差に過ぎない。
20、ホロコースト肯定国では学者が投獄される。






677 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 20:30:33 ID:???
>>605

678 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 20:34:27 ID:???
>>674
ユダヤ人の強制移住計画なら知られていること。ゲッペルスの日記にも載ってたらしい。

679 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 20:45:37 ID:???
反独プロパガンダが戦前から派手に喧伝されていたと言う平凡な事実の詳細はまだか

680 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 20:47:53 ID:???
戦時中に流布された反独プロパガンダ一例

 「一万六〇〇〇人のフランス国籍のユダヤ人が‥つかわれていない軌道≠フうえの溶接で密閉した@車のなかでガスで殺された」
 「一万一〇〇〇人以上のポーランド国籍のユダヤ人が、気密の鉄道車両のなかにいれられて=A一五分以内に死体になった″」
 トーマス・マン『ユダヤ人問題に関する七つの声明』(ラジオ放送)

>  シュテーダリッヒは、トーマス・マンが、どうすれば列車を「溶接で密閉」するとか「気密」
> にするとかいう「はなれわざ」を、なしとげることができたのかを説明していないと指摘する。
> いずれにしても、トーマス・マンはその当時、ヒトラー支配下のドイツからアメリカに亡命して
> いたのだから、これらの情報は伝聞か、つくり話以外のなにものでもない。

アメリカに亡命していたトーマス・マンの作った「おとぎ話」に付いて、シュテーダリッヒ判事談

681 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 20:50:46 ID:???
> ホロコースト肯定国では学者が投獄される。

ドイツでは実際投獄されるぞ。最高禁固五年。

682 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 21:00:48 ID:???
>>681
フォーカスは「ホロコースト肯定国」だと思われ。

683 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 21:07:03 ID:???
>>681
これも何度も言ってるけどドイツでは共産主義者も投獄されるんだよ。
ユダヤの陰謀でホロコースト否定が迫害されてるとか言いたいみたいだけど
実態はまるで違う、ヒトラーがワイマール憲法下で政権を取ったように極端な思想は
取り締まられるべきだっていう方針の下でドイツは国づくりを進めてきた。
その中でドイツの右翼がしょっちゅう言い出して演説のネタにしてきたのがホロコースト否定論で
事例があまりに多いから特別な法で取り締まるということになったのが例の法律

684 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 21:18:11 ID:???
>>683
ドイツに言論の自由はないんだな。ホロコーストに関してまともな検証ができないのは当然だろう。

685 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 21:20:28 ID:???
> 17、ゲリラとその支援者や容疑者は裁判無しで処刑しても国際法には違反しない。

今のアメリカ政府に文句を言え、そして不当に拘束され続けているイラク兵を救出してこい。

686 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 21:22:02 ID:???
> 「我々ユダヤ人は、大英帝国の側に立ち、民主主義のために戦う」
> 「ユダヤ人の代表たちは、直ちに、あらゆる人員、技術、物資、能力を提供する協定に署名する用意がある」
> 
> 一九三九年九月五日  ユダヤ機関議長ハイム・ヴァイツマン氏 (英国首相宛の手紙、対英協力と事実上の対独宣戦布告を意味する)

よく”ユダヤ人とドイツ人は戦争してない”と言われるが、本当は一九三九年九月五日に密かに敵対関係に入っていた

687 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 21:29:26 ID:???
で、反独プロパガンダが「戦前から」派手に喧伝されていたと言う平凡な事実の詳細はまだか?

688 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 21:53:09 ID:???
ユダヤ機関って具体的に何?

689 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 22:26:07 ID:???
>>675
>どうも欧米の「肯定派」は論争すると不利になるらしい。物証が無かったり捏造だったりしてるのだから無理もない

あのさぁ、否定派にハク付けするの嫌だから議論しないんじゃないの、所謂肯定派はさぁ・・・
曲解を狙ったの?ちゃんとリップシュタットの言い分読んだの?

リップシュタットは否定派と肯定派の言い分は公平に扱うべきとのアナウンスもしている気がしたが?


690 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 22:31:04 ID:???
>ドイツに言論の自由はないんだな。ホロコーストに関してまともな検証ができないのは当然だろう。

シュピーゲルのあれ?あれ?アレー!!1

議論できてるじゃん。

691 :名無し三等兵:2007/02/05(月) 22:42:20 ID:???
>無論ドイツの公文書には一切証拠は無し。有るのは強要された証言。

あー、もしもし?
加害者、被害者、第三者。
証言は、少なくともこの三種類に分かれると愚考いたしますが
貴殿が証拠の採用を認めるか否かは別にして。如何かな?
被害者の証言も強要された事項と論ずるのであれば別ですが。
そうすると現時点までに被害者の証言はジサクジエンであるとの理論をすり替え、強弁になると思われますが、如何かな?


692 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 09:28:32 ID:???
>>676
これも追加したら

21.ニュルンベルク裁判の容疑者は手足を切断される拷問をうけた

693 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 10:54:27 ID:???
>>691
被害者の「証言」なら南京大虐殺とか・・・

694 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 11:09:37 ID:???
証言が証拠にならないってのは嘘だろ

695 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 11:24:03 ID:???
やっぱり南京大虐殺肯定派とホロコースト肯定派の層は一致する傾向に有るな〜証言だけを信じる

問題なのは

>  わずか十数年の間に起きた歴史の逆転劇で、いつの間にかドイツへの再評価(上昇)と日本に対する悪評価(下降)が、
> 意図的に進められてきた。もうすでに、ナチスドイツは日本に比べればそれほど悪くなかった、というように世界的な認識が変わりつつある。
> 
>  この変化と、その行方の恐ろしさに気がついている日本人はごく少数のようだ。

>  旧ユーゴの内戦中、民族浄化(Ethnic cleansing)やレイプ収容所といった宣伝工作が奏功し、「ナチスもやらなかった極悪非道」という非難を
> 浴びた。これはいわゆる戦争広告代理店による歪曲でほとんど事実でなかったと分かったが、日本軍がナチスもやらなかった
> 「少女を大量に強制連行(Kidnap)して従軍慰安婦(Military sex slave)にした」という非難は、もっと悪質で奥の深いマインドコントロールになっている。
> ttp://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/column086.html

696 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 11:25:10 ID:???
> コール元独首相:イラン大統領の「ホロコ−ストは作り話」の件に関し、「心底から賛成する」と発言する
> 
> 3月6日付け、「Iran Forcus」が、イラン国営日刊紙「Jomhouri Islami による準公式的な記事」として伝えた
> ところによると、コール元ドイツ首相は、ドイツにおけるイラン人ビジネスマン達との夕食会の席で、イラン大統領の
> 言った「ホロコ−ストは作り話」という件に関し、「心底から賛成する」といったとのことだ。
> 
> 「アフマディネジャド大統領が言ったことは、我々が胸に深く秘めていたことだ。我々はこのことを長い間、言いたかったが、言う勇気がなかった」
> 
> コール元首相はこのように語ったとのこと。

697 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 11:29:28 ID:???
すぐ否定派は南京大虐殺へ話をそらすなwww

698 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 11:42:18 ID:???
従軍慰安婦問題は「南京」とはまた別だろう。何にせよ日本は世界最悪の極悪非道な国民で
それに比べたらナチのホロコーストは大したこと無いとか

> 櫻井よしこ氏の報告によれば、中国はカナダの教員を上海や南京に招待して「研修」させる工作を展開し、
> その結果、05年からオンタリオ州の高校教育課程にナチスのユダヤ人虐殺(ホロコースト)と並んで、
> 中国の言うままの南京大虐殺(Nanjing Massacre)が初めて加えられたという
> 
> (週刊新潮、06/06/29)

699 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 11:49:46 ID:???
もう、なんのスレだか解らなくなってる馬鹿がいるな。

700 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 11:51:13 ID:???
>>695
ソースは?
>>698
それの何処に
「ナチのホロコーストは大したこと無い」
と書いてあるんですか?

701 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 11:55:55 ID:???
南京虐殺の話は別スレでやれや

702 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 12:07:10 ID:???

今のところ否定派の大物としてはドイツ元首相コール氏かな〜

703 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 12:09:52 ID:???
コール首相も逮捕されたくないよな。懲役五年だっけ?

704 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 12:29:27 ID:???
>シュピーゲルのあれ?

> 【ホロコースト大嘘の証拠となる「低賃金事情」ドイツ・シュピーゲル記事が米研究所から到来】
> 
> ※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
> 
> 今や唯一のの超大国アメリカの軍事力さえ操る極右「偽」イスラエル国家の政治神話、「死に神様」こと、ホロコーストの大嘘は、様々な角度から暴露され、
> そのおおよそが判明しているが、この大嘘を根拠として(汚い表現だが)「ケツの毛までむしられている」ドイツのシュピーゲル紙(電網版)に、
> 非常に興味深い記事が出現し、アメリカの歴史見直し研究所(Institute for Historical Review, IHR)からのメルマガで転送されてきた。
> 
> 記事の見出しは、「ナチ・ゲットー(収容所)の労働者は再び騙された」である。当時の低賃金に加えて、現在のドイツの法律による補償も少ない、
> というのである。今なら禁止の年齢の「児童労働」もあったとしている。
> 
> この記事の主旨は、ナチの収容所の「強制労働」批判である。ところが、収容所または集中宿舎とし、強制収容所、さらには絶滅収容所として、
> ユダヤ人の民族的な絶滅のために、ガス室を設けたとする説とは、矛盾するのである。
> 
> いわゆる強制収容所が、直訳すれば集中宿舎で、絶滅政策どころか、当時のドイツが労働力不足で、ユダヤ人、ポーランド人、ロシア人を、
> 地下の航空機生産工場などで、使用し、賃金を払っていた
> 
ttp://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/196.html

705 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 12:34:13 ID:???
> ナチによるユダヤ人のソ連への移送の提案について書かれたソ連高官の書簡見つかる[MosNews]
> 
> 1940年の独ソ開戦前、ソ連首脳はナチスの占領地からのユダヤ人の輸送の受入を拒否していたことを推察させる書簡を見つけたと言う、
> 歴史研究家ポリアンによる記事がドイツの新聞「スードドイチェ・ツァイトゥンク」に出た。
> ttp://www.asyura2.com/0505/holocaust2/msg/195.html

「最終的解決策」の一環だな。ドイツ領域からユダヤ人を移送。

706 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 13:07:07 ID:???
>>690
>議論できてるじゃん。

ガス室 国民戦線:ゴルニッシュが執行猶予付き3ヵ月の禁固刑を宣告される

> “この論争は起こらねばならない”
> 彼は2004年10月のリヨンでの記者会見で、“ナチによる強制収容や数百万人の死については見直すべきではない”と断言した。
> しかしながらこうも付け加えた.“だが一方、死の原因について論争は起こらねばならない”
> 
> ガス室については、“私は殺人ガス室を否定しない。だが私はこの問題の専門家ではないので、歴史家の討議に任せるべきだと考える。
> そしてこの討議は自由であるべきだ”と語った。そのために彼はヨーロッパ議会から議員としての特権を剥奪される羽目になった。
> 
> ttp://asyura2.com/0601/holocaust3/msg/712.html

707 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 13:11:07 ID:???
>>696
捏造の様ですね。
http://www.worldnetdaily.com/news/article.asp?ARTICLE_ID=49168

708 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 13:21:08 ID:???
ここはドイツじゃないから思う存分語ってくれていいぞ

709 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 13:21:43 ID:???
火消しに躍起

710 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 13:25:15 ID:???
>>708
日本でなら自由に議論できるが、欧州では無理そう。

711 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 13:28:37 ID:???
>>710
「もうすでに、ナチスドイツは日本に比べればそれほど悪くなかった、というように世界的な認識が変わりつつある。 」というソースは?


712 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 13:33:14 ID:???
>>696
海外でホロコースト否定しても罪にとわれないとう、特殊な法律があるのなら、
そのニュース信じてもいいよ。

713 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 13:37:08 ID:???
「海外で」「欧州で」と言うが今の所公の場でホロコーストを否定するのが罪な国がドイツとオーストリア以外にあるのか?

714 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 13:38:34 ID:???
>>712
捏造の様ですね。
http://www.worldnetdaily.com/news/article.asp?ARTICLE_ID=49168

715 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 13:43:56 ID:???
>>712
696はホロコーストを否定しても、逮捕されないという事を証明したかったんじゃないの?

716 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 14:00:30 ID:???
これからは冷静が議論は一層難しくなるな。と言うより違法状態

>【ベルリン=黒沢潤】欧州連合(EU)内で、ナチス・ドイツによる第2次大戦中のホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の事実を否定したり、
> ナチスのシンボルである「カギ十字」を公の場で掲げたりすることを禁止しようという動きが出ている。

> ドイツでは、ホロコーストの否定発言をしたり、公の場でナチス式の敬礼をしたりすることは懲役刑(最大3年)の対象となる。
> ヒトラーの著書「わが闘争」も出版禁止だ。類似の法律は、オーストリアやベルギーなど4カ国にもある。

> ■ホロコースト否定禁止の動きに対するEU内の各国の立場
> <法整備国>ドイツ、オーストリア、フランス、スペイン、ベルギー
> <慎重国>英国、スウェーデン、デンマーク
> 
> (2007/01/18 02:33)
> ttp://asyura2.com/0601/holocaust3/msg/703.html

717 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 14:11:07 ID:???
冷静な議論をやればやるほど否定派の言ってることがボロボロになって
最近ではデイヴィッド・アーヴィングやIHRに対して「あんたたち本当に否定論信じてるの?」
なんて質問されるような状態になった。
要は否定論が全部ウソだって判ったから、法律で禁止しても良いだろうって風になってきたのに
最近このこと知った連中が、同じ議論をもう一度繰り返そうとしている。

718 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 14:12:09 ID:???
>>686-687

> 「600万人」は1919年から叫ばれていた(!?)
> 
> まあ、それでガス室があったかなかったかということには直接には関係ないとはいうものの、どれほど昔から
> この象徴的な数字が叫ばれており、それがいかに延々と神話として語り継がれているのか、という証拠にはなるでしょう。
> 
> 何せ、世界各国で学校の教科書にまで『事実』として書かれている「600万人」がこのようにして最初から筋書き通り
> だったことがここでも一つ明らかになるでしょう。よくもこんな悪い冗談に世界が振り回されてきたものだ!
> 
> (参照)
> http://www.asyura2.com/0601/holocaust3/msg/437.html
> 「600万人」神話は第2次大戦前から筋書きが決まっていたのか?
> http://www.asyura2.com/0601/holocaust3/msg/458.html
> 「600万人」証言のHoettlはOSSエージェントの食わせ物!【CIA公開資料から】
> 
> 以下の英文は1919年(つまりナチス・ドイツのはるか以前、ワイマール・ドイツがやっとできたかどうか、といった時点)に書かれた
> 「ユダヤ人の犠牲を止めなければならない!」と題される文章で、「600万人の男女」が繰り返し繰り返し強調されています。
> 
> ttp://asyura2.com/0601/holocaust3/msg/690.html

719 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 14:15:05 ID:???
Re:ホロコースト神話は”イスラエル支持を強化するための政治戦略”だったという分析が正しいといます
ttp://www.asyura2.com/0601/holocaust3/msg/439.html

720 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 14:16:24 ID:???
>>717
それはどうかな? 本当に論破されて誰も信じないのなら
別に法律で禁止する必要は無いだろう。放っておいて良いはず。

721 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 14:23:55 ID:???
まあイワシの頭も信心からと言うしな。

オウム真理教だって信じるやつがいるんだから、
広い世の中で何が信じられていても不思議はない。

ただホロコーストは嘘だとなると、必然的にユダヤの陰謀説が
信憑性をおびてきて、ユダヤ人に対する差別や暴力が助長され、
ひいてはユダヤ人以外の被差別社会集団への攻撃にもつながり
かねないという懸念があるな。

722 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 14:31:03 ID:???
> ユダヤ人虐殺否定の非難決議、国連が全会一致で採択
> 【ニューヨーク=白川義和】
> 
> 国連総会は26日、ナチス・ドイツによるホロコースト(ユダヤ人大虐殺)の歴史的事実の否定を「無条件で非難する」とした
> 決議案を採択した。
> イランが先月、ホロコーストを検証する国際会議を開くなど存在を否定する動きを繰り返しているのを受け、米国が決議案を作成。
> 
> 共同提案国は103か国にのぼり、決定に加わらなかったイランを除く、事実上の全会一致の採択となった。
> 決議は加盟国に、ホロコーストの否定や、これを目的とするいかなる活動も認めないよう要請した。
> 
> 一方、イラン代表は採択の際の演説で、決議を「偽善的な政治運動」と批判した。
> (2007年1月27日11時47分 読売新聞)

723 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 14:31:53 ID:???
> 「決議は加盟国に、ホロコーストの否定や、これを目的とするいかなる活動も認めないよう要請した」

日本での論議も禁止に ?

724 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 14:38:54 ID:???
>本当に論破されて誰も信じないのなら
まさかこのスレにはいないと思うが、論破されてもそれに気づかない人なんかも
いると思うぞ

725 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 14:45:38 ID:???
>>720
ソフィア先生の掲示板見ればわかるだろ?
論破されてもそれを認めないどころか、延々と話題逸らしばかりやるわ
議論して論破されたはずなのに、それを反映して逆転裁判を修正するといつの間にか否定派が
肯定派を論破したという筋書きに捏造するようなのがいるじゃないか
何を言っても絶対に否定論を捨てようとしない人間は確実に存在する。

726 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 14:46:47 ID:???
嘘を暴くとかいってるリビジョが普通の人以上に嘘にまみれているのは皮肉な結果だな。

727 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 14:49:55 ID:???
修正主義文献はリビジョニストによる捏造なのでは?

世の中に嘘をばらまくというリビジョニストの工作。

728 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 14:55:30 ID:???
>>718
>>719
ソースは阿修羅(藁

729 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 14:58:43 ID:???
阿修羅って9・11テロはアメリカの自作自演だとか明治維新はフリーメーソンの陰謀だとかレティクル座のベータ星人とやらがアメリカ政府と密約を結んでるとか言ってるサイトなんだが。
そんな所を持ち出すとはよっぽど切羽詰ってるんだな。


730 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 14:58:59 ID:???
あ、リビジョニストには権力も富もないから、そんな連中の嘘を暴いても面白くないのか。
それよりはユダヤ・シオニストの陰謀のほうが興味がわくんだろうね。

731 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:01:32 ID:???
>>議論して論破されたはずなのに
何がどう論破されたんだ。

732 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:07:08 ID:???
>>731
何から何まで説明が必要なんですか?

733 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:08:37 ID:???
>>732
何がどう論破されたんだ?
「論破した」と言えば論破した事になるのか?

734 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:09:31 ID:???
>>728-729
まあ印象操作始めた時点で論破されてるって認めてるも同然なんだが

735 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:10:13 ID:???
軍事板におけるホロコースト修正主義者の主張
1、ユダヤ人は犯罪者か危険人物。
2、数十万人の監獄にちっぽけなプールが一つ有るから絶滅収容所じゃない。
3、「囚人用の売春宿、劇場、プールがある、結婚出産も出来る」なら「市民権剥奪、財産没収、集団隔離、多段ベッド、
鉄条網に電流、食糧事情最悪、機関銃で見張り、チフス蔓延、焼却炉・広場に死体の山」の監獄にずっと入れられててもOK
4、「絶滅命令の文書が無い」と騒ぐが「ソ連が捏造していた」という証拠は探さない(この情報公開時に!)
5、現代のユダヤマフィアが麻薬、キッドナップ、 マネーロンダリングの犯罪を行っているから
ヒトラー政権下のユダヤ人はオウム以上の犯罪者である。
6、乗車率300%の中央線に対流は無い。
7、アウシュヴィッツの所長だったヘスはドイツ副総統のヘスと似た名前だから存在自体が捏造。
8、ロイヒター報告はちゃんとした報告書であり、どう見ても許可しなかったポーランドが悪い。
9、占領地のユダヤ人は全てゲリラ。
10、ドイツでは言論弾圧されているからホロコーストを否定でき無い。
11、シオニストにソースサイトを潰されるのでソースは提示しなくて良い。
12、「ちゃんとした証拠を示せ」というくせに、どういうものが「ちゃんとした証拠」なのかが言えない。
13、強制収容所の外にはソ連軍がうようよいたのでドイツ軍がユダヤ人を守ってた。
14、収容所の中はベルリンよりもいい暮らしができるのでユダヤ人が逃げる理由は全く存在せずしたがって杉原千畝がユダヤ人を助けた話は捏造
15、悪魔の証明を持ち出さないと議論ができない。だが、悪魔の証明を正しく理解しているわけではない。
16、たとえ証拠をだしても、それは「政治圧力」による「捏造」
17、ゲリラとその支援者や容疑者は裁判無しで処刑しても国際法には違反しない。
18、「筆跡鑑定」はプロが作成した詳細な鑑定資料より、素人の見た印象のほうが、絶対的に正しい。
19、「ユダヤ人の迫害に賛同しない」と「ユダヤ人は迫害されて当然」は多少の意見の差に過ぎない。
20、ホロコースト肯定国では学者が投獄される。
21、ニュルンベルク裁判の容疑者は手足を切断される拷問をうけた
追加
22、ソースは阿修羅

736 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:10:57 ID:???
>>734
印象操作?
阿修羅が9・11テロはアメリカの自作自演だとか明治維新はフリーメーソンの陰謀だとかレティクル座のベータ星人とやらがアメリカ政府と密約を結んでるだとか
言ってるのは紛れも無い事実だぞ。

737 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:11:00 ID:???
>>733
そもそもあの掲示板に書いてあることだが
返答がないとウソだって決定するつもりなのなら俺は絶対に返答しないよ。
お前は永遠に否定派は正直者だって信じてなさい。

738 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:12:42 ID:???
そうやって話を元に戻すのがリビジョのよく使う方法

739 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:14:05 ID:???
>>737
つまり自分の言ってる事に自信が無いんだな。
こう言う風な捨て台詞を吐く事で自分を優位に見せるのはよくある詭弁だ。

740 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:15:23 ID:???
>>736
>レティクル座のベータ星人とやらがアメリカ政府と密約を結んでるだとか

明らかな印象操作だな(w 掲示板に誰かが色々書いたんだろうが、それで? ここ2ちゃんにも色々なのが居るし。

741 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:15:26 ID:???
>>719
国連がずっと反イスラエルだって事を知ってんのかこいつ?

742 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:16:31 ID:???
否定派はこれでもよく読んでから証拠を持ってくるように
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E5%90%A6%E8%AA%8D%E8%AB%96%E3%81%AE%E8%80%83%E5%AF%9F#.E8.A8.BC.E6.98.8E.E8.B2.AC.E4.BB.BB

743 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:20:19 ID:???
>>733
409 名前:ギッシュ 投稿日: 2007/01/26(金) 12:34:04 [ mdePU1aA ]
>>396
青酸ガスについて、
ttp://www.aristatek.com/newsletter/0604April/TechSpeak.aspx

恐らく動物実験から人への推定値に移行した値だと思われるので正確な値では無いと思います。
実験に使われた動物の種類が違えば人間への推定値も異なります。人間で試す訳にもいかないのでその辺はご容赦ください。
Lc50はその条件下において半数が死ぬと予測される条件、ですので問題の証言の場合これよりさらに高濃度である必要があります。
ただし100%死亡させる為の条件は見つかりませんでしたのでこれを元にします。
(本来ソースの提示責任はそちらにあるのですが代わりにやっておきました)

このデータから、ある程度の時間において(6-8〜30分)致死率の濃度差は100前後と小さい事がわかりますが(270〜135ppm)、
一分という短時間において致死率に必要な濃度は3404ppmと飛躍的に高まる事が解ります(6-8分の場合と比べても約12倍必要)。

濃度3404ppmの場合で一分の間に半数が死に、残りの半数が生き残る程度の毒ガスが
体感1-2分以内に 1 0 0 % 死 ぬ 濃 度 は 約 何 ppm で す か ?
そしてその条件が確実にこの証言からの情報で満たせるという根拠をお願いします。

744 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:20:49 ID:???
>>740
ああ、確かに掲示板の投稿の様だ。
随分前に見かけたんで勘違いしてた。
それで?
阿修羅が9・11テロはアメリカの自作自演だとか明治維新はフリーメーソンの陰謀だとかバチカン=オプス・デイ=CIAとか言ってるのは以前変わりないが。


745 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:22:25 ID:???
それが提示されない限りそちらの「確実に死にます」は成り立ちません
413 名前:ソフィア先生 投稿日: 2007/01/26(金) 12:37:48 [ IRSiSvX6 ]
>それが提示されない限りそちらの「確実に死にます」は成り立ちません。

そうですね。高確率で死ぬだろうに訂正しておきます。

414 名前:ギッシュ 投稿日: 2007/01/26(金) 12:38:53 [ mdePU1aA ]
高確率って具体的にはどのくらいの確立ですか?

そしてそれはどのようにして判断しましたか?

418 名前:ソフィア先生 投稿日: 2007/01/26(金) 12:48:56 [ IRSiSvX6 ]
>高確率って具体的にはどのくらいの確立ですか?

コーラを飲んだらゲップが出るくらいの確立かな?

これが掲示板でのやり取り。

746 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:23:59 ID:???
>>744
なんにせよ「阿修羅」個人の意見を聞いてる訳じゃないし、9・11テロ他の話しでもないな。

747 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:24:38 ID:???
俺はげっぷなど出さないから、限りなく0に近い!!!!!!!

748 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:25:39 ID:???
本スレの話をしたら? 他スレの話ならそっちで語ればいい

749 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:27:06 ID:???
そしてそれを反映して訂正されであろう逆転裁判の内容がこれ
ttp://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_09_01.html
「普通の人間ならば確実に死ぬ!
こんな話は精神錯乱の極みではないか!
これはフィクションではない!
現実の世界の話だ」
 「ちょっと待ってください。確実に死ぬとは限りません。
ひょっとしたらちょっとしか吸ってなかたったかもしれないですし」
 「いや、死ぬだろ常識的に考えて」
 「もっと想像力を働かせるのでヴォルフ・シュナイダー。
ひょっとしたら吸ったと錯覚してただけかもしれないじゃないですか」
 「無茶苦茶な言い訳だ!!そんなことを言ったらすべての証言はまったく意味がなくなってしまうぞ!」
 「その通り。
なんでもかんでも錯覚で済ましてしまったら、そもそもガス殺現場にいたと錯覚してただけかもしれないという言い方もできる。
実際、ドイツ軍の捕虜になった米兵が強制的に裸にされてただのシャワーを浴びさせられたとき、ガス室だと勘違いでおびえたという話もある」

作者は一体何考えてんだ?
何故確実に死ぬのかも、何故死ぬ確率が高いかも自分の言ってることの根拠が一切わからないと
告白したも同然なのに、なぜか逆転裁判ではそのことに一切触れようとしないとはな


750 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:27:47 ID:???
>>719
要するに「ネオコンとシオニストの陰謀」か。
特に目新しい物じゃないな。

751 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:30:45 ID:???
>>746
9・11テロはアメリカの自作自演だとか明治維新はフリーメーソンの陰謀だとかバチカン=オプス・デイ=CIAと言ってるサイトに「ネオコンとシオニストの陰謀」について書き込まれました。
それに信頼性があるのか?


752 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:32:01 ID:???
>>733
わざわざ>>724の通りに演じてくれなくていいぞw

753 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 15:35:52 ID:???
>>749
チフスを蔓延させる病害虫駆除のための消毒だっけ? 日本人も戦後DDT大量にアタマっから浴びたけど。

754 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 16:42:44 ID:???
突然書き込みが止まったな。
やはり、このスレの書き込みの大部分は自作自演だな。

755 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 17:31:11 ID:???
>>749
これはひどい。
信念を守るためには知性を犠牲にするという欧州の中世さながらの状態だ。

756 :タリバン警護隊 ◆bl6ZE9uvAk :2007/02/06(火) 17:46:20 ID:???
ホロコーストが本当にあったものかどうか私には分からない。
しかし一つだけいえることは
ホロコーストなるものの存在を世界中に喧伝したのはイスラエルであり
イスラエルの国家戦略のツールに過ぎないということだけがいえる事であるのは
ホロコーストなるものの存在を世界中に喧伝したのはイスラエルであり
イスラエルの国家戦略のツールに過ぎないということである。

正史派によって書かれたホロコースト大事典という書籍によれば
1960年代まではいわゆるホロコーストが注目されることは殆ど皆無だったという。
当事者のイスラエルですら知られていなかったという
(ホロコーストが実在したというのなら
非常に不自然な状況であるが
本論の本筋ではないのでこれはここでは置いてみる)。

それが知られるようになったのは
第1にアイヒマン逮捕がきっかけであり、
第2に同時にユダヤ人教育者の手によってホロコーストを教育する(宣伝すると言い換えてもいい)プログラムを作り上げ、
世界中に広めてからである。
つまりイスラエルが仕掛けたプロパガンダ戦略であり、
「事実だとしても世界史上数多くある大虐殺事件の一つに過ぎないホロコーストが
これだけ特別視される理由はなにか?」と聞かれれば
「イスラエルの陰謀」というのが正しい解答なのである。

757 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 17:51:02 ID:???
>>756
誰がおまいの信仰を書けと…

758 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 17:53:02 ID:???
ホロコーストなるものの存在を世界中に喧伝するのは別に問題視する事ではないだろ
ホロコーストを理由として特権を行使、もしくは特権を求めるってのがおかしい話であって

759 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 18:08:07 ID:???
もし肯定派が>>749みたいな真似をしたら否定派は徹底的に罵倒して
肯定派の言ってることは全部がウソだったって言うだろう。
でも、否定派は同じ否定派にはとことん甘いみたいだな
そして極端な追求をやらない肯定派にも否定派は感謝したほうがいいと思う。

760 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 18:13:24 ID:iu1Wgj6c
>世界史上数多くある大虐殺事件の一つ
これには異論があるな。
ホロコーストが、他の虐殺と違うのは、
世界史上のおおくの虐殺が、征服側の統治のメカニズムの一環だったのに対して、
ホロコーストは、ユダヤ人がユダヤ人であるという理由で迫害され・虐殺された点。
この質的な差異は無視できないと思料する。

761 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 18:25:15 ID:???
>>759
 >>749
>
>へスラーが私に毛布をかけ、オートバイに私を乗せて、病院に運んでくれました。
>
>そして、そこで6週間すごしました。

良く判らないんだが、伝染病予防のために殺虫消毒の薬剤を浴びた少女が
気分が悪くなって病院に運ばれたの?

762 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 18:26:14 ID:ZbCfmuwJ
>>760
ホロコーストはユダヤ人にも問題がないとはいえない。
大体ユダヤ系の国際金融資本が何してるんだよ今現在も…
為替おもちゃにして暴利をむさぼってる
そんな連中は賤しいんだよ

763 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 18:27:51 ID:???
>>762
第1次資料に基づくソース出せよw

764 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 18:31:55 ID:ZbCfmuwJ
>>763
ユダヤ系の金融屋の収支はHPで見れるだろw
自分でどうぞ

765 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 18:33:54 ID:???
ユダヤ系の金融屋の具体例を挙げろよ
都合が悪くなるとすぐ「自分で見ろ」だ??
ソースは自分で出すものだぞwww

766 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 18:35:04 ID:???
日本人は円安を背景に暴利をむさぼってる!
皆殺しにしてもなんら問題はない!

という理論が通じるのでしょうか?

767 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 19:04:13 ID:???
ユダヤ系の金融が暴利を貪れば民族を対象に虐殺してもよい。

どんな理論だよ。

768 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 19:06:46 ID:???
>>762
ユダヤ人が暴利を貪る金融業者なんですか?

769 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 19:17:51 ID:???
ネットで株やってもうけた人間は、762に殺されるかもしれんぞ。
気をつけよう。

770 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 20:25:45 ID:1ZC8KB3W
つ パレスチナ

771 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 20:40:08 ID:???
ま、プロイセンやワイマール共和国を支えたのはドイツ人実業家(ユダヤ系)なんだけどね。



772 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 20:51:32 ID:???
個人的掲示板は削除・改変自由自在だけど、ツーチョンネルは基本的に削除もままならないからなぁ
ツーチョンネルに晒されているのにアレしるとは勇気あるなぁ・・・



773 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 21:26:15 ID:???
>>766
はぁ…ある意味でその理論が実行されたよな、それでプラザ合意で。
皆殺しにはされなかったが、貿易で儲けてた日本にとってはある意味で殺されるに近い処置だったような感じもする。
どんな国でも自国を救済するためだったら、他民族や他国がどうなるかなんて些細な事になるんだろうな。

774 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 22:10:46 ID:???
つまりプラザ合意には金に賤しい日本人にも問題がないとはいえないと。
半島へお帰り下さい。

775 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 22:11:14 ID:???
プラザ合意とホロコーストは同じ土俵で語るものなのか?
人民元の切り上げはアメリカによる中国への大虐殺???

776 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 22:27:08 ID:???
なんかひどい展開だな

777 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 22:28:38 ID:???
>>774
食料自給率も低く、資源もない日本が経済的な打撃を受けたら餓死者が出てもおかしくないんじゃね?

>>775
人民元が一年で無理やり三倍高になったら、今の中国なら死者が出るかもな

778 :名無し三等兵:2007/02/06(火) 22:37:29 ID:???
そもそもプラザ合意ってのはドル危機を回避するためにG5が為替に介入しただけであって、別に日本円だけが上がったわけじゃないんだがwww
そもそも、アメリカが赤字を支えられなくなったら日本経済自体が破綻していたわけで

779 :名無し三等兵:2007/02/07(水) 00:26:34 ID:???
>>718
その文章はウクライナの内戦におけるユダヤ人の惨状を訴えているもので反独性はまったくないな。
で、反独プロパガンダが戦前から派手に喧伝されていたと言う平凡な事実の詳細はまだか? 


780 :名無し三等兵:2007/02/07(水) 00:39:44 ID:???
>>716
> ナチスのシンボルである「カギ十字」を公の場で掲げたりすることを禁止しようという動きが出ている
スワスチカはフィンランド軍のシンボルだろ。

781 :タリバン警護隊 ◆PBaEQ1Nj0Y :2007/02/07(水) 14:58:41 ID:???
>>758
>ホロコーストを理由として特権を行使、もしくは特権を求めるってのがおかしい話であって

イスラエルはホロコーストプロパガンダにより
西ドイツから莫大な援助を取り付けることに成功してある。
その援助でイスラエルは軍備を向上させ、
その後の中東戦争に連戦連勝があった。
つまりホロコーストプロパガンダがイスラエルの延命に役に立ったと言える。
これが特権でなくて何だろうか?

782 :タリバン警護隊 ◆SEE7n9Y/L2 :2007/02/07(水) 15:11:37 ID:???
>>760
>この質的な差異は無視できないと思料する。

その考察には異議が存在する。
ホロコーストで何故ならば殺された(とされている)のはユダヤ人だけではないからである。
例示すれば
ダッハウ強制収容所ではカトリック聖職者が化膿傷治療のモルモットとされて多数殺害がある。
重度障害児童に対する
ヒトラーの侍医カール・ブラントと総統官房長フィリップ・ブーラーを指揮官とする殺害作戦
いわゆる「クナウアー・ベイビー」も存在がある。
「安楽死」センターはエルベ川沿いを中心として
10以上を数えているとされてある。
にも関わらず
彼らはユダヤ人に比べれば全くと言っていいほど虐殺の事実が知られていない。
君の言うような「ホロコーストが他と違う」のであるとすれば、
同じホロコーストの犠牲者(とされる存在)でありながら
ユダヤ人とそれ以外とでの注目度の差はどう説明するというのか?


783 :名無し三等兵:2007/02/07(水) 15:43:20 ID:???
>>その援助でイスラエルは軍備を向上させ、
その割には強奪や詐欺同然の手法で兵器をかき集めてましたね。
つーかあんたまだ生きてたの?

784 :名無し三等兵:2007/02/07(水) 15:45:18 ID:???
>>781
だから”特権を求めるのがおかしい話だ”って書いてあるだろwww

>ユダヤ人とそれ以外とでの注目度の差
ホロコーストと何の関係が?
大体ロマとかはまともなコミュが無かったから大規模な宣伝活動ができなかっただけだろwww

785 :名無し三等兵:2007/02/07(水) 16:52:02 ID:???
>>781
ラビ機計画がすべてを物語っているね。
つか、『イスラエル、軍備に自主開発必至だな』状態をしらんだろ。

>彼らはユダヤ人に比べれば全くと言っていいほど虐殺の事実が知られていない。

日本否定派サンバカラスの天敵の中の人でWW2ロマ被害者啓蒙活動してる人がいるのもしらんだろ。

自分の見解だけ垂れ流す前に、もう少し勉強して来い。

786 :名無し三等兵:2007/02/08(木) 03:07:29 ID:???
>>783
シャーマンなんか魔改造しまくりだもんなー。
兵器持ちが長いのもイスラエル軍の特徴だね。

787 :名無し三等兵:2007/02/08(木) 12:46:26 ID:tgP4xc4G
>>782

論点がずれてますよ。
そもそも、貴方は最初に
>世界史上数多くある大虐殺事件の一つに過ぎないホロコースト
と、書いておられますが?


788 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 20:16:20 ID:???
>   ■野ざらしの死のキャンプで消えたドイツ人捕虜100万人
> 
>    ・1945年4月末のヨーロッパ。西部戦線は投降した何百万のドイツ兵で溢れ、東部戦線で
>     はソ連軍との最後の戦いが続いていた。西部の大量投降と東部の必死の抵抗は、ドイツ
>     軍最高司令官デーニッツの戦略だった。デーニッツは、人道的な取り扱いが期待できる
>     アイゼンハワー麾下の連合軍に、一兵でも多く投降させようとしていた。
> 
>     だが、その試みは絶望的な結果に終わった。婦女子を含む500万人をこえる
>     捕虜は野ざらしで立錐の余地もない鉄条網の囲いに入れられ、最小限の食料や
>     衛生施設にも事欠いた。指令者のアイゼンハワー将軍はテントと衣食住の提供
>     を禁止したのである。米軍の他、仏軍の手にあったものも含めて、約100万
>     の捕虜が次々に命を落としていった。
>     
>     <参考文献>
>     『ドイツ人捕虜収容所、死のキャンプへの道、消えた100万人
>                ジェームズ・バクー著、申橋昭訳 光人社刊』  

悲惨な収容所の実態。そう言えばユダヤ人も

> ポーランドの国立アウシュヴィッツ博物館で約100万人。

100万ものユダヤ人が栄養不良・衛生施設不足により病死したとか。これも同じく悲劇。

789 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 20:23:52 ID:???
>>788
アイゼンハワーの命令書が無いと信用できないんだからね><

790 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 20:28:32 ID:???
これも参考に

> 捕虜―誰も書かなかった第二次大戦ドイツ人虜囚の末路 (単行本)
> パウル カレル (著), ギュンター ベデカー (著), Paul Carell (原著), G¨unter B¨oddeker (原著), 畔上 司 (翻訳)
> 
> アマゾン レビュー
> 
> ドイツ軍捕虜の実態をするどくえぐった傑作。
> 対戦末期多くのドイツ軍兵士がロシアの捕虜になることを恐れ、西側や中立国
> へ脱出しましたが、その先はけして幸福ではなかった。
> スウェーデンからロシアへ送り返されたものもいるし、(国際法違反)
> 西側捕虜収容所も地獄のような待遇だったらしく、餓死者続出。
> (略)
> ここでは まったく逆で日本軍の侍魂の前ではドイツ軍捕虜は情けなかったと書いてあること。
> 国をまたいでも隣の芝生は青く見えるということでしょうか?

791 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 20:30:08 ID:???
>>789
もちろんアイゼンハワーやヒトラーがある民族の抹殺を命じた事実も命令書も無いよ。

ただ収容所の環境が悪かっただけ。

792 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 20:33:52 ID:???
アウシュビッツに関係無いことは他スレでやれやw

793 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 20:39:32 ID:???
おなじみ

> すでに(略)ダッハウ収容所の「消毒室」を「ガス室」と間違えていた経過を紹介した。この写真のような「物的証拠」がたどった経過も調べなおす必要があるだろう。
> 
> 『世界大百科事典』の「発疹チフス」の項目では、「シラミが寄生するような衛生状態の不良なところに流行が発生し、(略)第二次世界大戦でも
> 発疹チフスは将兵をおそい、多くの日本軍兵士の命を奪った。さらにアウシュヴィッツなどのナチスの捕虜収容所でも大流行」したと説明している。
> 
>  ユダヤ人の強制収容それ自体も残虐行為である。だが、わたしにも、戦後の中国からの引き揚げ家族の一員としての、ささやかな収容所経験がある。
> 当時の衛生環境の収容所で、発疹チフスが発生したら大変な騒ぎになっただろうと思う。日本に帰国して上陸したとたんに、大男のアメリカ兵に頭から
> 袋をかぶせられ、DDTの噴射で全身真白にされたものだ。
> 
>  となると大量の死体だとか、はだかの人の群れだとか、衣服や髪の毛の山だとか、これまでに何度も見た写真などの各種の資料についても、つぎのような
> 説明が自然に思えてくる。
> 
> 「発疹チフスの流行下でユダヤ人を大量に強制移送したドイツ軍は、かれらを収容所にいれる前に、それまで着ていた衣服を全部ぬがせ、シラミの卵が
> うえつけられている可能性のたかい髪を刈り、シャワーを浴びさせた。衣服は別室にまとめ、殺虫剤チクロンBで薫蒸することよってシラミを駆除した。
> チクロンBと薫蒸室には、毒物の危険を知らせるために、どくろマークがつけられた」
ttp://www.jca.apc.org/~altmedka/2003aku/aku953.html

794 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 20:40:50 ID:???
ま  た  木  村  愛  二  か


795 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 20:44:07 ID:???
>>788
アメリカ、イギリス、ドイツを問わず多くの歴史家から批判されてる様ですね。

796 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 20:44:53 ID:???
http://en.wikipedia.org/wiki/Rheinwiesenlager
http://en.wikipedia.org/wiki/James_Bacque

797 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 20:46:56 ID:???
>>794
残念なことに真実=火中の栗を拾おうとする勇敢な人は少なく限られてしまう・・・・・

798 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 20:51:35 ID:???
論破された話をまた一から唱え始めると言うリビジョニストの常套手段か。

799 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 20:56:31 ID:???
例のテンプレに、この話は無かったようだが?

800 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 20:57:00 ID:???
なあ、学会とかで「ホロコーストは無かった!」と主張したら
このスレ見たいにスルーされるのか?

801 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 20:57:02 ID:???
http://add-dc.dricas.ne.jp/bbs/a/advanced/36/ramvpk/ndhgel.html#ndhgel
パウル・カレル著の『捕虜』とは数字が違うんですが。

この本だと、連合軍司令部が調べた数字というものが書かれていて、終戦時(45年6月)におけるドイツ兵の捕虜数は761万4794名となっています。
米軍が取った捕虜は約100万です。フランスは106万5000人。ソ連は約300万。これらの数字の信憑性はかなりあると思います。
それに対し、ジェームス・バクー著の『西部戦線で捕虜になった約900万人』とありますが、よく考えると終戦前のドイツ軍の戦力は東西両戦線を合わせても700万程度のはずなので、この数字はよく分かりません。

パウル・カレル著『捕虜』のほうによると、終戦間際、米軍はライン河畔に鉄条網や柵で囲っただけの収容所を作って野ざらしでドイツ兵を収容し、戦後もしばらく野ざらしのままでした。その数は55万7000人で、うち3000〜4500名が死亡しています。
ここに収容される経緯は、かなり悪意に満ちたものだったらしく、降伏時には殴る蹴るなどの暴行も受けたうえに、『ラインに行け!』と罵倒されたりしてここに送り込まれたりしたそうです。でも殺されたという話は出てきませんが、多分いたでしょう。

この捕虜たちはルール包囲網で降伏したB軍集団やそのほか西部戦線の兵士たちで構成されているので、武装SSだけが野ざらしにされたのではないと思います(この本ではどのように書かれているかは知りませんが)。
B軍集団の降伏で一気に32万5000人の捕虜が出たため、収容所が追いつかなくなってしまったのがこの野ざらし収容所の始まりだったみたいです(終戦直前の45年4月から)。

ソ連邦では350万の捕虜のうち、100万人が死んだそうです。


ジェームズ・バクー著『消えた百万人』という本は、要するに大ウソということなんでしょう。

802 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 20:57:34 ID:???
>>800
天文学者が学会で「月は存在しない!」と主張し始めたらどうなる?

803 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 20:58:43 ID:???
スルーだなw

804 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 21:21:06 ID:???
237 名前:きっど 投稿日:2006/05/01(月) 22:59:59 [ zUwZPOM6 ]
ウィキペディアにこんな項目があったので紹介。

> ドイツ人追放
> ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%82%A4%E3%83%84%E4%BA%BA%E8%BF%BD%E6%94%BE
> 
> ドイツ人追放(Vertreibung)とは、第二次世界大戦後に民族的国民国家群をドイツ以東のヨーロッパに建設する試みとして、
> 新たにソ連領となった土地と、ソ連に占領されたドイツ領からの民族ドイツ人の強制移住を指す。
> 
> この措置はポツダム会談によって決定され、「秩序ある人道的な方法」で行われることとされたが、実際はそれ以前から多くのドイツ人が
> ソ連軍の進撃から逃れるために西へと避難を開始していた。大きく国境線を移動することになったソ連やポーランドなどでは退去していく
> ドイツ人に対し食料などを提供することが当局によって禁止された。その上、戦後の混乱によって発生した飢餓、病気、民兵による乱暴、
> 復讐を目的とした殺人によって多くの人々が命を落とした。冬の寒さがそれに追い討ちを掛けた。
> このときの犠牲者数は500,000人から2,000,000人とされている。死因の内訳はいまだ不明である。
> 
> 連合国の資料が公開されたのは1990年代に入ってからである。

805 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 21:23:30 ID:???
>>788
あれ?
死体や公式文書が徹底的に検証されなきゃあった事にはならないんでしょ?
まさかホロコーストにはそれを適用するが連合国の戦争犯罪には適用しないなんて事は無いよな?

806 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 21:24:59 ID:???
>>801
数字の違う理由は、軍人も一般人も全部まとめて強制収容所に放り込んでるから。

807 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 21:25:44 ID:???
>>805

>>791

808 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 21:26:38 ID:???
http://en.wikipedia.org/wiki/Eisenhower_and_German_POWs
ここを読んだ限りではトンデモっぽい話だ。

809 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 21:27:22 ID:???
>>807
百万人死んだと推定出来る程の死体が見つかってるんですか?

810 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 21:28:49 ID:???
>>791
成るほど、全く関係の無い話を持ち出してミスリードか。
余りにもお粗末だ。

811 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 21:45:54 ID:???
>>804
戦後のドイツ人民間犠牲者が推定200万人と言うんだから凄いよな。

812 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 21:47:40 ID:???
死体は見つかっていない。
命令書も予算表も報告書も無い。
凶器も無い。
よって>>804は捏造。

813 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 21:54:45 ID:???
>>804

> 4 名前:世界@名無史さん :03/11/09 14:52
> (略)
> 本当のホロコーストは何処で起こったのか?
> ドイツ人は、連合国と『解放された』諸国民、すなわち、 セルビア人、チェコ人、ポーランド人によって大量に殺戮されたという点にある。
> (注)R. Faurisson, "La lecon des photograhpie", Revue d'Histoire Revisionniste, no. 6. May 1992, p. 62-68.
> 
> 最も忘れてはならないのは、ドイツの敗戦によってドイツ系住民に襲いかかった悲劇的な
> 運命であり、その第一は、敗戦後のドイツ人の大量追放処分である。
> 
> 1500万人以上のドイツ系住民が中央ヨーロッパ、東ヨーロッパの何百年も住んでいた自分の
> 故郷から強制的に 大量追放された。
> 
> 旧西ドイツ政府の統計では、その内の211万人が死亡ないし行方不明となったという。
> 
> 第二に連合国の占領下に置かれたドイツでは、食糧不足のために、敗戦から1950年の
> 5年間で570万人の民間人が死亡した。
> 
> 「数百万の人々は、数年間にわたって毎日、勝利者の前で緩慢に餓死していった」のである。
> 第三に旧西ドイツ政府は少なくとも150万のドイツ軍兵士が連合国の捕虜収容所から
> 帰還していないことを認めている。
> 
> 全て合計すると、敗戦とその後の占領によって死亡したあるいは行方不明となった
> ドイツ人は1000万近くになり、これは戦争中に戦闘や空襲で死んだドイツ人の数よりも
> 多いのである。

814 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 21:55:44 ID:???
>>813
死体は見つかっていない。
命令書も予算表も報告書も無い。
凶器も無い。

815 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 21:58:46 ID:???
>>802
上げ足取ってる積もりだろうがダメダメ(w やるなら

「一民族抹殺の命令書も予算表も報告書も無い。あるのはドイツ人に対する強制収容や
移住・大移動計画の計画・命令・予算・報告だけ」っていう風にやらないとw

816 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 22:07:06 ID:???
>>815
やはり、前スレも今スレの議論を全て無視して一から同じ事を主張し始めるのか。
余りにもお粗末。

817 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 22:09:55 ID:???
でも「抹殺」の命令書が無いのは事実だけど >>623 ユダヤ人移住・強制収容計画・命令書・予算などが有るのは事実。

818 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 22:17:19 ID:???
>>817
>しかし、ヒトラーがこの時点でユダヤ人絶滅政策を決定したことを立証する史料は
>存在する。おそらくそれは口頭で伝えられたのであろう。
とその次に書いてますね。

819 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 22:19:16 ID:???
>>818
「おそらく〜であろう。」 と想像を書いているけど、その前に事実も書いてる。


820 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 22:20:41 ID:???
>>819
想像ではなく
>ヒトラーがこの時点でユダヤ人絶滅政策を決定したことを立証する史料は存在する
事から出した結論ですね。
論破終了。

821 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 22:22:58 ID:???
もちろん文書による史料は無い。有るのは証言だけ >>670 >>347 >>355 >>363

822 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 22:26:40 ID:???
リビジョニストが反論につまると同じ話を延々と繰り返し続け相手が呆れて去ると勝利宣言をするってのは本当だったんだな。


823 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 22:28:41 ID:rgn5sY4q
age

824 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 22:34:22 ID:???
と言うより反論できなくなった肯定派が誤魔化しようとし始めたんだろう。

825 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 22:43:19 ID:???
リビジョ:さあスレを立てた、証拠よろしく↓
リビジョ:捏造捏造、はい証拠無し。
リビジョ:ホロコーストは無かったんだよ!!!

826 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 22:44:46 ID:???
>>824
このスレの自称懐疑派、否定派、修正主義、見直しその他諸々はすぐ話を逸らす、逃げるw

827 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 22:45:06 ID:???
ま、一枚でいいから「抹殺命令書」を見つけだすことだな。

828 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 22:48:44 ID:???
存在しない証拠を見つけだすことは不可能

829 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 22:54:24 ID:???
どのホロコースト肯定の論文に「抹殺命令書」が鍵だと書いてあったのかが気になるんだがwww

830 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 22:56:27 ID:???
あら>>827は、
>>824の発言内容に関する論証からまたも逃げた。

831 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 22:56:50 ID:???
このスレのリビジョで肯定派の論文とか読んでる奴は居るのか?

832 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 23:02:54 ID:???


>5 :名無し三等兵 :2007/01/26(金) 14:24:04 ID:???
>恥を承知で頼みますがこのスレ http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/1646/1124530717/l50
>の正史派達の数が多くて負けそうです。
>誰か援軍に来てくれませんか?

この掲示板見てきた。
ソフィア先生が情けないオッサンに変わり果てていてワラタ 。



833 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 23:04:14 ID:???
>>829
ただ単に特定の人々を収容所に入れただけだよね。ドイツ人はユダヤ人を、アメリカ人は日系人やドイツ人捕虜を。

834 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 23:11:55 ID:???
>このスレのリビジョで肯定派の論文とか読んでる奴は居るのか?

実は否定派の書いたモノも 一部を又聞きしただけで全文読んだ事もなく、
コピペはするがコピペ内容の辻褄が合っているか理解もしていない予感。

835 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 23:12:05 ID:???
この肯定派の論文にはこう書いてあるが、ここは事実と違っているからホロコーストの存在は疑われる
のように書いてくれないとレスのしようがないじゃないかwww

836 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 23:13:45 ID:???
ソフィア先生反論できなくて話をそらし始めたwww
しかも勝手な憶測で決め付けてるしwww

837 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 23:18:31 ID:???
>>833
アメリカからすればドイツ人、日系人は敵性国民。
ドイツ人に関しては日系人より隔離政策。監視など緩かった。
この場合のユダヤ人はユダヤ教徒という特定の人であって、かつ正真正銘のドイツ人を指す。
ナチスドイツは地震の為に為に働いたドイツ人に対しても隔離政策・強制労働政策・強制移住政策を行った。


838 :名無し三等兵:2007/02/10(土) 23:53:42 ID:???
>>837
つまりアメリカ国籍をもつアメリカ人(日系人)を人種差別により隔離し強制収容所に入れたと。

この場合のアメリカ人は日系という特定の人であって、かつ正真正銘の米国籍を持つアメリカ人を指す。
アメリカ政府はアメリカ合衆国発展の為に働いた日系のアメリカ人に対しても隔離政策・強制労働政策・強制移住政策を行った。

839 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 00:06:49 ID:???
肯定論者の意見 一例

> Q No.2712606 ユダヤ人ガス室大量殺人の真実とは?
> http://aol.okwave.jp/qa2712606.html
> 
> ANo.12 それに対する反論は例えばマイクル・シャーマーの「なぜ人はニセ科学を信じるのか」2巻などに詳細に載っています。


> 歴史学者たちは(略)ホロコーストによるユダヤ人犠牲者は五〇〇万から六〇〇万人だという結論にたどり着いている。(略)
> それは何人かの否定論者がほのめかしているように数十万ではないし、わずか一〇〇万か二〇〇万でもない。
> 
> 「なぜ人はニセ科学を信じるのか」ハヤカワ文庫 P239

>>601 >>606 一瞬で論破

840 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 00:46:44 ID:OuNuLiRf
>>839
戦前ポーランドが最後に人口統計調査を行ったのはいつですか。

841 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 01:54:53 ID:???
>>839
ホロコーストはアウシュヴィッツのみで行われたとする肯定派の歴史家を教えてください。
一瞬で論破完了。

842 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 03:09:59 ID:???
>>838
日本人移民もおるでよ
あと1985年以前生まれの日系人は二重国籍
当時は自国民かつ敵国民という大変微妙な存在であった

843 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 03:37:13 ID:???
>>838
当時の多くの日系は二世若しくは一世で微妙な立場にあった。
ドイツ系は多くが既に数世代たっていた。
また日系人収容所の多くは快適とは言いがたい環境だったが強制重労働も無ければチフスの蔓延や大量の餓死者も無かった。


844 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 08:17:57 ID:???
>>838
其処まで述べていただけるのであれば、見直し主義者のIHRなどは日系人名誉回復運動にも賛同し言及して行動していただけるのでしょうね。
それとも相対化だけの為に書き連ねているのではないのですよね?


845 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 11:30:02 ID:???
アメリカでの日系人の扱いについて非難をしても、別にホロコーストの嘘を暴いている事にはならんのだが・・・。
それに「僕だけじゃありません! 他の子もやりました!」と言って責任軽減を期待する小学生理論で
話を進めようとしているらしいが、リビジョはそれでいいのかな。

846 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 12:53:23 ID:???
>>842-843
日系移民〜も含まれているが、正真正銘米国籍を持つ米国生まれのアメリカ人も
強制収容所に入れられているから反論にならないな。

>>845
別に〜単に特定の人々を強制収容所に入れたと言うだけのはなし。
ユダヤ人や日系人やドイツ人捕虜を。
強制収容所の衛生環境・待遇・食料状況などは良くなかった。

847 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 12:54:32 ID:???
>>839
参考までに

> 「ユダヤ人のホロコースト犠牲者数論」は実際には、600万人説から始まり、500万人説、300万人説、7万4千人説、3万人説と一定していない。

> 七万三千百三十七人説。(73,137)  1991.3.5日号、ニューヨーク・タイムズ。
>  
> つまり、アウシュビッツの収容所の死者の数は、九百万人 → 七万三千百三十七人。9,000,000人 → 73,137人と、「変化」したわけである。

ttp://www.gameou.com/~rendaico/daitoasenso/taigaishinryaku_horocoosto_shishasuco.htm

848 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 13:28:13 ID:???
>強制収容所に入れられているから反論にならないな。

はぁ。?

>天下の見直し主義者団体であるIHR様は日系人名誉回復運動にも賛同し言及して行動していただけるのでしょうね。

と聞いているんですよ。日本語読めますか、理解できますか?




849 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 14:00:02 ID:???
>>836
これのことだな。


>577 名前:ソフィア先生 投稿日: 2007/02/10(土) 20:33:02 [ IRSiSvX6 ]
>米ノーベル賞作家、あわや拉致=反ユダヤ主義者の犯行か
>ttp://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2007021000290


>被害にあったという証拠が「証言」しかありませんね。
>実際に怪我もないのでは被害届けも出してなさそうだし。
>どうみても自作自演です。本当にありがとうございました。



ググッても上記のニュースサイトにしか情報が上がってないみ
たいだが、どこどう見れば「被害届が出ていない」と書かれて
いるのかが不明だよなぁ。
そもそも証拠が「証言」だけならば、ストーカー犯罪や痴漢事
件すらも「自作自演」になってしまうんだがなぁ・・・
それともリヴィジョは司法裁判においても「証言」は証拠にな
りえないと思っているのかねぇ。

850 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 14:36:56 ID:???
向こうの反論は、向こうでやれ。

851 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 15:16:20 ID:???
>>849
これだね

http://www.sfgate.com/cgi-bin/article.cgi?f=/c/a/2007/02/10/BAGEVO2ABF1.DTL&hw=Elie+Wiesel+Boston&sn=001&sc=1000
ttp://www.sfgate.com/cgi-bin/blogs/sfgate/detail?blogid=32&entry_id=13385

しかし、某先生よ、jijiの記事でさえ事件と書いている、テケトーな批判するならソース元あたれ。
あんたのソレは今後、知ったかもしくはミスリードを行ったと言われても仕方ないよ。
jiji(時事通信)記事リンクを一回クリック呼び出し、ソース元の新聞社のURL検索を一回、エリ・ウィーゼル・ボストン氏の記事を検索一回、呼び出されたURLの見出しから類似する項目を一回クリック。
自称DQN高卒のウリでさえ英語圏元資料を、都合たった四回クリックなどで元記事にあたったぞ。


852 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 15:22:48 ID:???
先生の中の人の思考回路はは反戦お花畑と同レベルなのか?

853 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 15:31:56 ID:???
わざわざこっちに来るのは、負けて逃げてきたから?

854 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 15:39:11 ID:???
>>853
論破されるのが怖いんだろ。

855 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 20:24:52 ID:???
>>839
矛盾点の指摘例

> Q アウシュビッツでは、400万人の人が殺されたって…
> A 様々な矛盾が指摘された結果、今ではアウシュビッツの被害者数は当の収容所の公式見解でも約100万人程に下方修正されました。
> 
> Q アウシュビッツ等の強制収容所にあるガス室でユダヤ人を処刑したらしいけど?
> A アウシュビッツでは、一体の死体も見つかっていません。
>   ガス室で多用されたとされている青酸ガスで殺害されたユダヤ人の死体は一体も確認されていません。
>   ソ連赤軍が一酸化中毒で死亡した遺体を発見した希少な例があるだけです。

> Q じゃあユダヤ人はどこへ行ったの?
> A 元々、数が把握出来ていない上に戦時中の混乱、チフスの蔓延等があった為、詳しくは解っていません。
>   さて、アウシュビッツでの犠牲者数は400万人から100万人〜150万人に減りました。けれどユダヤ人全体の公式な被害者数は600万と変わりません。
> 
>   ……アウシュビッツでの被害者で無くなった300万人はどこに行ったのでしょう?
>   ホロコーストを強く主張する人達のこのようないい加減な態度も、ホロコーストが疑問視される要因の一つとなっています。
> 
ttp://www.geocities.jp/marionette1938/FAQ.html

856 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 20:44:35 ID:???
死者は数千人ていど?

>  ニューヨークのユダヤ系社会でよく読まれている雑誌「フォワード」は、最近出したリビジョニストについての
> 記事の中で、ホロコーストについて「何千人かのユダヤ人が強制収容所で死んだ件」と書いた。
> 
>  これについてシオニスト右派とおぼしき人が「『何百万人かのユダヤ人が死の収容所で死んだ』と書くべきところを
> 『何千人』と書くのは大きな間違いだ。有名なユダヤ人の雑誌が、リビジョニストと同じことを書くとは何事か」と怒っている。
> 
>  シオニストの中でも、過激なリクードの右派と、国際協調主義を信奉する労働党系の中道派(左派)とは、主張が正反対である。
> 「フォワード」は中道系で、以前から、右派の実態を分析する興味深い記事を多く載せてきた。フォワードの姿勢から察するに、
> 中道系のシオニストの中には「隠れリビジョニスト」が意外に多いのかもしれない。
ttp://www.tanakanews.com/f1220holocaust.htm

857 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 20:51:25 ID:???
>>855
>>856
論破された話を延々と蒸し返すのにご苦労様。
でもそんな手に引っかかる人はいないから。

858 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 20:55:52 ID:???
よく肯定派は「否定派は結論が先にあってそれに合う様に証拠を探すから駄目」と言うが、これは言いがかりも良い所だ。
論理と言うのは前提から結論を導き出す思考方式なのだから結論が先にあるのは当たり前。

859 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 20:56:57 ID:???


> 『シンドラーのリスト』の中で、ゲートという収容所の司令官が、朝、ベランダから面白半分にユダヤ人を銃で撃ち殺すショッキングな場
> 面があるが、これは絶対にウソである。 
> 
> 何故なら、当時の強制収容所では、確かにユダヤ人等の被収容者が体罰を加えられることはあったが、それには事前に書類を提出して許可を
> 得ることが義務づけられていたからである。その書類は、ベルリンにまで送らなければならなかったし、もし、この手続きを無視すれば、
> そのドイツ兵は、軍紀違反で厳罰に処せられたのである。
> 
> このことは、戦後西ドイツで法務官吏を勤めたヴィルヘルム・シュテークリッヒ(WilhelmSta"glich)が自著 "AUSCHWITZ:A JudeLooks at the Evidence"の中で述べている
> し、アメリカの歴史家セオドア・オキーフェ(Theodore O'keefe)なども述べている。中には、死刑に処せられたドイツ人すらいる。
> 
> お分かりだろうか? ナチスの政策そのものは不当であったにせよ、そのドイツにおいて、ユダヤ人などを虐待したという理由で死刑に
> 処せられたドイツ人がいたのである。「ユダヤ民族の絶滅」がドイツの目標であったなら、何故そんな厳罰に処する必要があったのだろうか?
ttp://turugi10.hp.infoseek.co.jp/marco/marco4.html

860 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 21:00:28 ID:???
>>857
どこでどう論破されたのか、誘導するなりコピペしてくれないと判らないな

861 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 21:12:20 ID:???
>>アメリカの歴史家セオドア・オキーフェ
歴史家?オキーフェがIHRの主要メンバーである事を隠してるのはなんで?
>>死刑に処せられたドイツ人すらいる
まさか、コッホを持ち出すんじゃないんだろうん。
>>860
>606
同じ嘘を延々と繰り返して楽しいかい?

862 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 21:13:08 ID:???
>>860
アウシュヴィッツで400万人のユダヤ人が殺害されたと主張していた歴史家を数人出して下さい。

863 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 21:43:18 ID:???
>>861-862
嘘って言うか、当初はそう主張されてたと。(ユダヤ人側は今も?)

それと人数変えたらユダヤ人の死者数合計600万人、差し引き数字が合わなくならん?

864 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 21:51:29 ID:???
いい加減>>848の件について答えてくれないか、リビジョニストさん。


865 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 21:55:15 ID:???
ウィンキの”ホロコースト”を見ると、もう”ホロコースト否認(ホロコースト否定)説”の
解説の分量の方が多い・・・・

866 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 22:01:20 ID:???
>>846 
でも>>844はスルーされてる見たいだけど?

867 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 22:01:44 ID:???
上 >>864

868 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 22:05:17 ID:???
自説も述べず 黙々とコピペを張り続け、話をループさせる無能な働き者。
それがリビジョ・クオリティ。

869 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 22:07:28 ID:???
毎度の事ながら>>844に対して自身の見解すら述べられない、これがリビジョニストの本質を物語るな。




870 :名無し三等兵:2007/02/11(日) 22:44:56 ID:???
あれはスレ違いだし。

871 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 01:50:39 ID:???
>>870
いやそれは>>844に対して自身の見解を述べない理由にはならないな

872 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 02:01:55 ID:???
否定論者はそろそろバージョンアップしないとダメ。
紙媒体の情報を積極的にとりいれてネット情報一辺倒の姿勢を改めるべきだ。

873 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 02:13:39 ID:???
>>859
組織を維持するには規律が重要なのは、軍隊を見ればわかる事と思うんだがなぁ。

874 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 11:06:12 ID:???
>>863
だから、アウシュヴィッツで400万人のユダヤ人が殺害されたと主張していた歴史家を数人出して下さい。


875 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 11:19:15 ID:???
> 「アウシュヴィッツの記録」 平和博物館を創る会・平和のアトリエ 編
> 7,952(7,573)円 A4変 268頁 4-385-34965-7 (三省堂版は品切)
> 
> アウシュヴィッツ強制収容所では,ナチス・ドイツの手によって約400万人の人々が抹殺された

> 「恐怖のアウシュヴィッツ ―― 生き証人は語る ―― 」
> タデウス・シマンスキ著 永井 清彦 編  岩波書店
> 
> ナチ占領下400万人が殺されたといわれるアウシュヴィッツ強制収容所

> アウシュビッツの図 (1977年)
> 
> ヒットラーの命令で、ヨーロッパの29ヶ国から集めて運ばれたユダヤ人、
> アウシュビッツだけで400万人が殺されました。
> ttp://www.aya.or.jp/~marukimsn/kyosei/aus.htm


「こんな本ばかりだな。しかも数字は相変わらずアウシュヴィッツ400万、全体で600万人か」
ttp://maa999999.hp.infoseek.co.jp/ruri/gulfwar_02_05_27.html

876 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 12:39:28 ID:???
結局、肯定論者と否定論者はどっちが正しいん?
なんか肯定論者の方が微妙臭いんだけど…。

877 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 13:00:47 ID:???
お待ちしてましたよ。 素人っぽい書き込みサン。
世界史板 隔離スレの過去の傾向から見て、そろそろ来る頃かとじゃないかと思ってました。

それじゃ次は「素人っぽいハズ」なのに専門用語ビシバシ使って解説を始め、話をループさせてくださいね。


878 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 13:13:04 ID:???
>>875
400万人の「ユダヤ人」が殺害されたと主張していた歴史家を数人出して下さい。
最後のは歴史家でもなんでもないですね。

879 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 13:16:45 ID:???
>>875
平和博物館を創る会と言うのは歴史学者によって構成されてるんですか?
タデウス・シマンスキ氏は歴史学者では無くアウシュヴィッツの生存者です。
私は「400万人の「ユダヤ人」が殺害されたと主張していた歴史家を数人出せ」と言ってるんです。
日本語が理解出来ますか?

880 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 13:28:17 ID:???
ところで「微妙臭い」とはどういう意味合いなんだろうかw

881 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 13:46:26 ID:???
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/1646/1124530717/l50
>ホロコースト論争U〜おまいら!もっと石炭もってこい〜
>
>585 名前:ソフィア先生 投稿日: 2007/02/11(日) 22:22:51 [ IRSiSvX6 ]
>アウシュヴィッツで死亡したユダヤ人の数(非ユダヤ人は除外)
> ・
> ・
> ・
>…ではアウシュヴィッツ博物館は死者400万人説のときはその内訳が何万人が
>ユダヤ人だったのでしょうか?
>調べてもわかりませんでした。誰か資料を持ってたら提供してください。

あっちの掲示板の唐突な書き込み、なんか 内容がこっちとかぶってるね。
ソフィア大センセ こっちも見てる?


882 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 14:21:29 ID:???
>>881
最新レスでjumo氏によってガス室が物理的に不可能だと言う事が証明されてるな。

883 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 14:22:19 ID:???
命令書も予算書も報告書も物的証拠も死体も無い。
これで信じろと言う方が滅茶苦茶<ホロコースト
ミスターグレイやネッシーと同レベルの与太話だろ。
違うと言うなら何でもいいから証拠を出してみろ。

884 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 14:48:22 ID:???
>>882
>>844の質問に返答お願いしたします。

885 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 15:43:55 ID:???
>>875
> アウシュビッツだけで400万人が殺されました。

とっくの昔に否定されている、こうしたプロパガンダが検証なしに
流布され勝手に一人歩きしてる証明だよな。

少なくともこれが嘘と分かってる肯定派は、この「アウシュビッツだけで400万人派」も
批判すればイイのに w

886 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 18:07:52 ID:???
>>883
自分で調べる努力はしたのでしょうか?www
そもそもおかしいのは、”調べた結果、証拠に欠陥がある”とかではなくて
”証拠を見たことが無い”という理由でホロコーストを否定しようとしていることだな。
大体こんなスレに歴史家なんか居るわけねーだろwww
素人相手に証拠を出せ→出なかった→ホロコーストは無かった
という思考回路が理解できない。

887 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 18:09:53 ID:???
ホロコーストの実在を肯定している歴史学者すら知らずに、どうやって否定するんだ?

888 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 18:21:42 ID:???
j何某って修正主義者や見直し主義者でなくガス殺否定のホロコースト否定主義者だよなw
ゲロちゃったもんなw

889 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 18:28:48 ID:???
>>886
>証拠を出せ→出なかった→ホロコーストは無かった

お馴染み悪魔の証明w

890 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 18:31:49 ID:???
アウシュビッツで死亡したユダヤ人は三万人。それも病死・・・・

>  概要「アウシュヴィッツとは、ポーランド南部の工業都市オシフィエンチウムのドイツ名で、第二次世界大戦中、ナチスドイツが強制収容所を建設し、
> 捕虜やユダヤ人など四百万人以上が虐殺された地」とされてきているが、ソ連共産政権が崩壊したあと45年間ソ連秘密警察(KGB)の秘密文書の中に
> 眠らされていた貴重資料が開示された。
> 
> それによると、ソ連軍は、第二次世界大戦末期からその直後にかけて、ドイツ政府機関から相当量の文書を押収した。その中に、ナチスドイツの収容所の
> 膨大な文書を含まれている。問題のアウシュヴィッツ収容所の文書もあった。その文書にはアウシュヴィッツ収容所に於ける死者の名簿があり、この名簿を
> 丹念に調査したところ、アウシュヴィッツ収容所の全期間を通じて死者合計は、約7万4千人。
> その7万4千人の死者のうち、ユダヤ人は、約3万人。残りは、ポーランド人、ロシア人、その他。死因は大部分が病死であったことが判明した」。
> 
>  こうなると、これまでの「600万人説」、「400万人説」の根拠が詮議されねばならないことになる。
> 
> ttp://www.gameou.com/~rendaico/daitoasenso/taigaishinryaku_horocoosto.htm

891 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 18:32:10 ID:???
>>889
ホロコーストがあった証拠をだせ→スレで出ない→ホロコーストは無かったんだよ!
と書きたかったんだが…

892 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 18:34:24 ID:???
>>891
ゴメン。

893 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 18:34:44 ID:???
>>890
その開示された貴重資料とやらの詳細を頼む

894 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 18:38:52 ID:???
ソ連軍が押収したドイツ政府の文書では、アウシュビッツの死者は約七万四千人。そのうちユダヤ人は約三万。大部分は病死。
[週刊日本新聞]
ttp://www.asyura2.com/0401/bd33/msg/698.html

895 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 18:41:45 ID:???
ソ連の押収したナチ収容所アウシュビッツのドイツ公式記録アーカイヴ
http://tbrnews.org/Archives/a2037.htm#_ftn1


896 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 18:45:08 ID:???
だからさ、その主張がどの”歴史学者”のどの”主張”に対する反論なのかをお聞かせ願いたい。

897 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 18:48:06 ID:???
誰にレスしてんの? スルーされてるみたいだけど。

898 :896:2007/02/12(月) 18:51:45 ID:???
>>897
安価忘れてた

>>890 >>894 >>895

899 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 18:52:41 ID:???
週刊日本新聞 探してきた
http://www.pavc.ne.jp/~ryu/
>
>●新刊案内
>
>  「ロスチャイルドの密謀」
>
>  ジョン・コールマン、太田龍著
>
>目次
>
> ジョン・コールマン博士から日本人読者へのメッセージ
> 太田龍氏からの巻頭言
>
> 第一部 「破壊王」の邪悪な全軌跡  ジョン・コールマン著
>
>   第一章 ロスチャイルド「創世記」―世界悲?事始
>   第二章 ロスチャイルド家の最功労「操り人形」ディズレーリ
>   第三章 諸国家を金融で蹂躙する一族
>   第四章 「邪惡な連鎖」ナポレオン、ビスマルク、メッテルニヒ、マルクス
>   第五章 ユダヤ人すら殺戮する「世界王」
>   第六章 ロスチャイルド家「魔法の杖」米連邦準備銀行・金・ダイヤモンド
>   第七章 ロスチャイルド家の厳命「真っ当な国は破壊せよ」
>
> 第二部 「破壊王」真相の全真相   太田龍著
>
>   第一章 ロスチャイルド家の最大タブー「麻薬王」
>   第二章 現人悪魔は革命、秘密結社がお好き
>   第三章 「淫婦」と「獣」を操る「万物を監視する目」
>

900 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 18:53:32 ID:???
>《本號の主な内容》
>
>第四七三號   平成十九年二月五日
>
>投稿 平成19年02月05日21時23分
>
>
>◎ 編輯前記(編輯人から讀者へ)   太田 龍
>◎ 宇宙戰略放送(一、七八六號)   太田 龍
>◎ 宇宙戰略放送(一、七八七號)   太田 龍
>   胡蘭成著「自然學」。
>   この著作の意味を理解し得た
>   日本人は、岡 潔 先生唯一人。


TOPからこれかい。 ついていけません。

901 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 19:30:47 ID:???
>>ジョン・コールマン
こいつか。
http://mltr.e-city.tv/faq10b02w02.html#00911

902 :876:2007/02/12(月) 20:22:03 ID:???
>>877
はぁ?お前マジでキモイな。
勝手な妄想で何決め付けてんの?

そうやってお前はホロコーストの有無を主観と妄想だけで決め付けてるんだろ?

903 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 20:26:48 ID:???
そう怒るな

904 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 20:44:58 ID:???
ありとあらゆる判断は最終的には「主観」ですが?

905 :877:2007/02/12(月) 20:52:38 ID:???
>>902
怒らせたなら悪かった。 このとおり謝る。
てっきり、いつものやつかと思ってた。


906 :876:2007/02/12(月) 23:38:51 ID:???
>>905
俺もスマンかった。
とりあえずそういうヤツがいるのは理解したのでしばらくROMらせてもらいます。

907 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 01:51:02 ID:???
つかソフィア先生の更新って、もしかして新手のギャグかなんなのか?

908 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 15:39:51 ID:???
>>896 >>898
もちろん >>839 や >>601 や >>606 >>612 などに対する反論

909 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 16:32:24 ID:???
ソフィア先生もこのスレを読んでいたのかw

910 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 16:38:26 ID:???
>>890
アウシュビッツで不当に殺害されたユダヤ人は、病死等を除けば限りなく零に近い

911 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 16:47:24 ID:???
>>909
ソフィア先生の劣化が激しくなっているのにワロタw
つ〜か、あの人は外国人から「ジャップ」だの「チョッパリ」だの
言われても不愉快には思わないんだろうなぁ。

912 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 16:58:26 ID:???
向こうの反論は、向こうでやれ。

913 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 16:59:28 ID:???
>>910
ソースください

914 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 17:01:24 ID:???
>>894-895

915 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 17:07:31 ID:???
だから、”ソ連軍が押収したドイツ政府の文書”ってのは何なんだよwww

916 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 17:09:10 ID:???
>>915
ちゃんと読んだのか?
どうせ「リビジョニストが出したソースだから」って読んでもいないんだろ。

917 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 17:17:47 ID:???
>>916

   These "archives" are partial,  and they cover only
registered inmates,  and not the large majority who were
gassed upon arrival and never entered into camp records.

   In a report submitted to Himmler in May 1943,  SS
Sturmbannfuehrer Franke-Gricksch wrote that so far 500,000
Jews have been murdered in Auschwitz.  The entire report
can be found,  e.g.,  in "Hitler and the Final Solution",
G. Fleming,  University of California Press 1984,  p. 142-143.

   The camp continued to operate until January 1945,  and
altogether about 1.3 million people were murdered in it.

   A sample of documents about the murder machinery in
Auschwitz,  as well as some photographs,  can be seen at

http://www.holocaust-history.org/~dkeren/documents/auschwitz/index.shtml
   http://www.nizkor.org/ftp.cgi/camps/ftp.py?camps//auschwitz

   A study of the cyanide compounds in the Auschwitz gas
chambers can be found in

http://www.holocaust-history.org/auschwitz/chemistry/iffr/report.shtml


http://groups.google.co.jp/group/alt.history.what-if/browse_thread/thread/44b4347df439a308

918 :917:2007/02/13(火) 17:19:50 ID:???
途中で投稿してしまったw
同じようなことを言っている奴が居たが、アーカイブ自体が部分的なものでしかないらしい。

919 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 17:46:15 ID:???
>>912
だって、あの更新って「このスレ見ている」としか思えなくないか?

920 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 19:13:03 ID:???

先生一派は過去にも『あっちの人、肯定派は・・』云々と発言していた文脈を、『あっちの人を』2chに関連つけると、

世界史板隔離スレ、その他の軍板などのスレで所謂否定派・修正派がタコ殴りに叩かれた状況と、何故か同時期にコンテンツを修正かけている時期が一致する。

先生のチョー大作コンテンツをアーカイブ∩2chと対比まとめスレ化したら相当面白いと思うがウリはマンドクセーからやらないWwwwwwwww

921 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 20:43:30 ID:???
なんかソフィア先生の電波レベルが一気に上昇した気がするんだが・・・

922 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 20:58:31 ID:???
>ホロコースト肯定派のまとめページで一番親切なのがWikiで
>次が三鷹氏のニッコーの日本語訳サイトという現状を変えて見たらいかがですか?

ソフィア先生はホロコーストまとめサイトが無いことに警鐘をならしているんだよ!!!



923 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 21:13:23 ID:???
ここしか見てない人にとっては、なに言ってるのか理解不能なんだが。 ↑ 

924 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 21:22:00 ID:???
>>923
ほいよ。

ホロコースト論争U〜おまいら!もっと石炭もってこい〜
ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/business/1646/1124530717/l50

925 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 21:28:03 ID:???
>>924
そっちの方は資料が多すぎて、「アウシュヴィッツ」の新入りにとっては荷が重い。

926 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 21:35:23 ID:???
>>コンテンツとして、偏向はかまわんですが、あからさまに間違った内容書く
>のは拙くないですか?

>まったく問題ありません。間違っていたらあなたがコンテンツを作って初心
>者にもわかるように1から説明してあげればいいだけの話です。

>ホロコースト肯定派のまとめページで一番親切なのがWikiで次が三鷹氏のニ
>ッコーの日本語訳サイトという現状を変えて見たらいかがですか?

つまりソフィア先生は
「間違っていると思うんだったらお前が訂正するサイトを作れ、俺はウソをばら撒き続ける!!!!1111」
って言いたいわけか?
あのサイト信じてる連中はソフィア先生のこんな姿を見てもまだ信じ続けるんだろうか?

927 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 21:36:35 ID:???

だから向こうで反論しろ。

928 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 21:50:17 ID:???
前のスレッドでソフィア先生のところか世界史板に行けばここの奴らは瞬殺されるとか言ってたやつは
今どうしてるのかな?
いろんなところに応援依頼してたな、結局予想は全て裏目に出てしまったが

929 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 21:55:47 ID:???
>>926
だいたいレスの断片だけ取り出してもわけワカラン

930 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 21:59:21 ID:???

単なる負け犬の遠吠えだろ?

931 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 22:07:41 ID:???
>>927
>>919
>>930
たしかにソフィア先生の壊れようを見ると、負け犬の遠吠えと
捉えられてもしかたないよなぁ。

932 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 22:21:01 ID:???
ソフィア先生の掲示板に行けば、お前らなんか瞬殺だ!とか言ってたやつには、
ある意味 感謝しなくては。

玩具をくれてありがとう。

933 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 22:24:30 ID:???
>>932
名言だな次スレの>>1にいれても良いくらいだ

934 :932:2007/02/13(火) 22:24:56 ID:???
玩具は言い過ぎか。
取り扱ってる題材が題材だもんな。 少し 自己反省。


935 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 23:14:06 ID:???
>>926
あっちは自主運営ゆえ、コッチにまるっきりコピペしたほうが補完の意味からしても良かろうw

936 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 23:25:14 ID:???
>>926
嘘を書いていても日本の法律に抵触しないからOKらしいな。
なにこの思考の退化は。

937 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 23:38:42 ID:???
あのへんになるともうソフィア先生に対する皮肉なんじゃないかとも感じるぞ

938 :名無し三等兵:2007/02/14(水) 16:43:51 ID:???
間違いがあるなら指摘したら? と言っただけのことだろ。上げ足取りも程々にw

939 :名無し三等兵:2007/02/14(水) 19:48:06 ID:???
なんだ?もうソフィアネタに粘着するしか肯定派は何もできなくなったのか?
反対派はどうした?反対派も「ソフィア先生はスレ違い」とか言って話題そらししなよ。

940 :名無し三等兵:2007/02/14(水) 21:05:34 ID:???
>>940
マジレス
はっきり言うとリビジョニストは「議論がしたい」んだよ。
議論をすることが目的なのさ
だってそうだろう?
ガス室の話は歴史の話なんだから世界史板へ変えれ!と書きこみがあったものの
平気で居座ってスレッド進めちゃうし(w      ↑至極まっとうな意見だ
軍事板の総意でリビジョの勝ちを認めるから世界史板へ帰れとレスしたんだけどなあ
 誰も相手になってくれないから寂しいんだろうなあ(苦笑)

941 :名無し三等兵:2007/02/14(水) 21:11:59 ID:???
一次証拠もあたれないような素人相手に議論を吹っかけてもどうしようもなくないか?
ホロコースト捏造説を浸透させたいなら文部科学省にでも行くがよろし。

942 :名無し三等兵:2007/02/14(水) 21:26:48 ID:???
>>941
非常にいい書き込みだ。
「議論を吹っかけないと」誰も議論してくれないのさ(w
匿名掲示板などで騒ぐことくらいしかできないの

943 :名無し三等兵:2007/02/14(水) 21:47:29 ID:???
ソースを求められて返す答えがあれじゃあ・・・
ソフィア先生さようなら

944 :名無し三等兵:2007/02/14(水) 21:54:49 ID:???
>肯定派の人は何か勘違いをしているのではないでしょうか?
>ここは公共のサイトではなく、あくまで個人のサイトですよw
>書いてある内容云々にかかわらず、日本の国内法に抵触しない限りは原則何を書いても自由なんです。
>書いてある内容が気に食わないなら、政治家にでもなってホロコースト否定禁止法でも作ってくださいw

WWWの意味、知ってるのかな……


945 :名無し三等兵:2007/02/14(水) 22:00:37 ID:???
もう何を言っても無駄だw
問題なのは、ソフィア先生のサイトの信憑性が限りなく薄いことを証明するサイトが一軒もないことじゃないか?
初心者は掲示板とかも見ないだろうし、どう考えても誤解したまま終わるぜw

946 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 02:19:24 ID:???
>>945
なぁに。本当に興味をもったら図書館にでもいって書籍あたるだろうさ。

947 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 08:12:24 ID:???
通説に疑問を持ち、それに答えてくれる人がいなくて時分で調べた結果、否定派になったとか主張していた中の人がいたが、
結局言っている事はIHRの丸写しなのか?



948 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 08:15:42 ID:???
ベルギー政府、ナチスに協力=上院へ報告書提出
2月14日22時0分配信 時事通信

 【ブリュッセル14日時事】ベルギー政府が第二次世界大戦中、同国を占領したナチス・ドイツに積極的に協力し、
ユダヤ人の大量虐殺に間接的に関与していたことを明らかにする報告書が13日、上院に提出された。
 報告書は、戦争・現代社会資料編さん研究所(CEGES)が政府の委託を受けてまとめたもので、
約1100ページに達する。それによると、大戦初期の1940年5月末にドイツに降伏したベルギー政府は同年10月、
占領軍の求めに応じてユダヤ人の登録を開始。同研究所のファンドールスラール所長は、
ベルギー政府の姿勢は「消極的な協力から積極的な協力へと急速に変わっていった」と指摘した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070214-00000221-jij-int

949 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 12:20:50 ID:???
>>947
本当は否定論しか知らないくせに、通説を調べたとか吹いてる奴もいると思う。

950 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 12:36:07 ID:???
>>945
一つもないからといってソフィア先生が正しいという理由にはならないな
でも、初心者が逆転裁判読んで果たして本当に正しいって思うかな?

951 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 13:08:11 ID:???
>>950
多分一杯いるよ。
俺もアンネの日記の筆跡のところを見て、日記は偽物だと思っちゃったしw


952 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 13:31:34 ID:???
>>951
あの筆跡は致命的だよな。
いくら肯定派が屁理屈を捏ねても捏造なのは火を見るより明らか。

953 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 13:36:03 ID:???
本当に調べてみればわかるが逆転裁判が「論破」したという証拠は通説には
あまり出てこないものも多い。
実際NHKでホロコーストの特集番組が放送されたときなど、否定派の知っている
証拠はルドルフヘスの手記くらいで、証言者は否定派サイトに書いていない人間ばかりだったということもあったしな

954 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 13:38:15 ID:???
>>952
もう釣りはいいから

955 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 15:59:14 ID:???
白人と黒人は見た目がまったく違うので、同じヒト種であるはずが無い!
ってのと同じような感じがした。

956 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 16:37:15 ID:???
黒人は神が作り賜った物じゃないから奴隷にして良いってのは当たり前じゃない。
ちなみに黄色いのは類人猿。

957 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 17:41:13 ID:???
>>952
正に論より証拠、百聞は一見にしかずを地で行ってるからな。アレは肯定派にとって致命的。

958 :951:2007/02/15(木) 17:55:33 ID:???
>>952 >>957

わさわざ俺の書いた事立証してくれなくてもいいぞw
そんな暇あったらアンネの日記の真偽論争について、自分で調べてみれ

959 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 18:14:09 ID:???
>>6
・・・・言い訳しようもないよ

960 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 18:17:11 ID:???
肯定派「だから科学的根拠を…」
否定派「どう見てもアンネの日記は嘘でした、本当にありがとうございましたwww」
肯定派「っ[科学的根拠]」
否定派「捏造乙www」

961 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 18:21:48 ID:???

「(ニュルンベルク裁判には)強要された供述書や偽の証言や不正な記録などがかなり含まれている。戦後処理のニュルンベルク裁判は、
真実を立証するためと言うよりは、敗戦国の体制指導者達の信用を貶めることを目的とした、政治的な手続きにすぎない」

マックス・ウェーバー

962 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 18:23:34 ID:???
>>960
科学的根拠を持ち出すと肯定派が一層不利になるって理解してる?

狭い部屋に有り得ない人数のユダヤ人を詰め込んだとか・・・・デタラメ並べる肯定派

963 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 18:27:47 ID:???
>>144

でも読んでくれ。

964 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 18:28:13 ID:???
>>962
まず話が飛躍しすぎだ。
アンネの日記について語ってるだけだぞw

965 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 18:31:00 ID:???
>狭い部屋に有り得ない人数のユダヤ人を詰め込んだとか・・・・デタラメ並べる肯定派

そう主張している歴史学者を教えてくれ

966 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 18:35:57 ID:???
何にせよ欧米ではアウシュヴィッツに異議を唱えると逮捕されてしまうのに、そんな状態の中で
冷静・客観的に真実が検証されていると思い込む。
それが平和な環境の中で無邪気に過ごしている日本人なんだろうな〜

967 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 18:40:16 ID:???
>>966
イギリスでもアメリカでも日本でも逮捕されません。
存分に研究してくださいw

968 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 18:45:31 ID:???
> (ガス室の立証のために)ヴェイユが採用した解決あるいは言い逃れとは、犯罪についての証拠、痕跡、証人が存在しないとしても、それは、
> ドイツ人がすべての証拠、痕跡、証人を消し去ったためであるというものであった。
> 
> このような申し立ては、かなり馬鹿げたものであるが、そのように申し立てることによって、ヴェイユが提供していない証拠を必要とするであろう。
> 
> しかし、それはどうでもよいことである。ヴェイユや彼女の説を支持する人々の申し立てに留意して、修正主義者がかなり以前から明るみに出してきた
> 証拠を活用しよう。「ナチスのガス室」の証拠や痕跡だけではなく、証人もまったく存在しないのである。(!!!)
> 
>  今日、1993 年末、アウシュヴィッツのガス室に関する証言は、絶滅論者のあいだでさえも信用を失っている。
> こうした証言にもとづいて書かれた歴史は、化学的性質を持つ事実と議論にもとづく歴史に道を譲りはじめている。

・・・・・だって。有りもしない「ガス室」と言うプロパが何故生まれたか研究を進めるべきだろう。

969 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 18:50:16 ID:???
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%AD%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E5%90%A6%E8%AA%8D#.E3.83.9B.E3.83.AD.E3.82.B3.E3.83.BC.E3.82.B9.E3.83.88.E5.90.A6.E8.AA.8D.E8.AB.96.E3.81.AE.E8.80.83.E5.AF.9F

970 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 18:55:24 ID:???
>>969

> ホロコースト否認に対抗する法律
> 
> ホロコースト否認は次のヨーロッパ10カ国で違法である: フランス(en:Loi Gayssot)、ベルギー(en:Belgian Negationism Law)、
> スイス(article 261bis of the Penal Code)、ドイツ、オーストリア(article 3h Verbotsgesetz 1947)、ルーマニア、
> スロヴァキア、チェコ、リトアニア、そしてポーランド(1998年に国家記銘院を創立した法律の第55条)。ホロコースト否認はイスラエルでも違法である

これじゃ西洋諸国がまともにホロコーストの真偽を研究することなんか出きるわけないよな〜

971 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 18:59:01 ID:???
>>970
別に研究は禁止されていないぞ
発表するならイギリスでもアメリカでも日本でも行けばよろし

そもそも証拠があるから否定派になったんじゃないのかよ?w
何故いまさら”ヨーロッパではホロコースト否定は禁止されている、まともな研究ができるわけ無い”とか言いだすんだ?

972 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 19:00:47 ID:???
>>971
> 別に研究は禁止されていないぞ

莫迦だな、議論することさえ禁止だよ。>>706

973 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 19:11:20 ID:???
>>972
ホロコースト否定説を唱えることが禁止なだけで、研究は禁止されていない
研究成果の発表は日本やらでやるがいいw

974 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 19:11:36 ID:???
>>970
オランダはOKなのか
好きなだけアンネ・フランクの日記の真偽を議論できるな

975 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 21:46:45 ID:???
>>973
結果を発表できない研究に何の意味がある? 馬鹿馬鹿しいw

976 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 22:18:37 ID:???
>>975
研究結果の発表は日本でもイギリスでも中国でもロシアでもアメリカでも好きなところでやればいいだろw
ドイツで発表しなければならない理由をお聞かせ願いたい

977 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 22:50:13 ID:???
こないだイランでやったぞ。
お笑い大統領の音頭だけどな。

978 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 23:20:47 ID:???
ドイツの著名雑誌シュピーゲルの記事で度々ホロコースト・ユダヤ関係な記事がアレな件について。
否定太郎の言い分ではシュピーゲル誌はとっくの昔に廃刊になっていないとオカシイのだが。

ホロコーストの真偽研究と一部派閥による頭から否定は全く違う件についてw

届出を出せばドイツにおいてネヲナチがデモ行進を行いホロコーストに文句を言うのもタイーホされず勝手な件。



979 :名無し三等兵:2007/02/16(金) 01:31:30 ID:???
そもそも、そんなに簡単に逮捕できるんだったら
今のドイツに溢れているネオナチ被れはいったい
なんなんだろうなぁ?
ワールドカップのときなんか、アンネの日記を燃
やすなんてDQNなことやっていたし・・・

980 :名無し三等兵:2007/02/16(金) 16:39:36 ID:???
>>977
あの大統領自分のこと批判する作家とかを投獄してるのによく言論の自由とかほざけるよな

981 :名無し三等兵:2007/02/16(金) 17:16:07 ID:???

>今のドイツに溢れているネオナチ被れはいったい なんなんだろうなぁ?

シオニストの汚い自演だろう。

982 :名無し三等兵:2007/02/16(金) 17:26:30 ID:???
1、ユダヤ人は犯罪者か危険人物。
2、数十万人の監獄にちっぽけなプールが一つ有るから絶滅収容所じゃない。
3、「囚人用の売春宿、劇場、プールがある、結婚出産も出来る」なら「市民権剥奪、財産没収、集団隔離、多段ベッド、 鉄条網に電流、食糧事情最悪、機関銃で見張り、チフス蔓延、焼却炉・広場に死体の山」の監獄にずっと入れられててもOK
4、「絶滅命令の文書が無い」と騒ぐが「ソ連が捏造していた」という証拠は探さない(この情報公開時に!)
5、現代のユダヤマフィアが麻薬、キッドナップ、 マネーロンダリングの犯罪を行っているからヒトラー政権下のユダヤ人はオウム以上の犯罪者である
6、乗車率300%の中央線に対流は無い
7、アウシュヴィッツの所長だったヘスはドイツ副総統のヘスと似た名前だから存在自体が捏造
8、ロイヒター報告はちゃんとした報告書であり、どう見ても許可しなかったポーランドが悪い
9、占領地のユダヤ人は全てゲリラ
10、ドイツでは言論弾圧されているからホロコーストを否定でき無い
11、シオニストにソースサイトを潰されるのでソースは提示しなくて良い
12、「ちゃんとした証拠を示せ」というくせに、どういうものが「ちゃんとした証拠」なのかが言えない
13、強制収容所の外にはソ連軍がうようよいたのでドイツ軍がユダヤ人を守ってた
14、収容所の中はベルリンよりもいい暮らしができるのでユダヤ人が逃げる理由は全く存在せずしたがって杉原千畝がユダヤ人を助けた話は捏造
15、悪魔の証明を持ち出さないと議論ができない。だが、悪魔の証明を正しく理解しているわけではない
16、たとえ証拠をだしても、それは「政治圧力」による「捏造」
17、ゲリラとその支援者や容疑者は裁判無しで処刑しても国際法には違反しない。
18、「筆跡鑑定」はプロが作成した詳細な鑑定資料より、素人の見た印象のほうが、絶対的に正しい
19、「ユダヤ人の迫害に賛同しない」と「ユダヤ人は迫害されて当然」は多少の意見の差に過ぎない
20、ホロコースト肯定国では学者が投獄される
21、ニュルンベルク裁判の容疑者は手足を切断される拷問をうけた
22、ソースは阿修羅
23、イェール大学はユダヤ寄りだから信用出来ない

983 :名無し三等兵:2007/02/16(金) 17:27:22 ID:???
>>858
前提から結論じゃなくて結論から前提を探してるから駄目なんだろ。

984 :名無し三等兵:2007/02/16(金) 19:26:01 ID:???
>>981
おk一次資料よろ

985 :名無し三等兵:2007/02/17(土) 03:17:36 ID:???
>>981
なるほど、これですっきりしたよ。
リヴィジョと会話が成り立たないのは、実はシオニストが
リヴィジョを演じていたからだね!
シオニストにしてみれば、リヴィジョができるだけ馬鹿に
見えるように必死に演じていたんだ!
つうワケで、シオニスト乙!

986 :名無し三等兵:2007/02/17(土) 13:56:55 ID:???
歴史難民
http://etc6.2ch.net/nanminhis/

987 :名無し三等兵:2007/02/17(土) 19:18:16 ID:???
>>978
その雑誌の記事は上に出てたが、ナチ批判してるだけだろ?

988 :名無し三等兵:2007/02/17(土) 20:54:33 ID:???
>>987
世界史板の隔離スレで、シュピーゲル誌の件は否定廚のデゴマーグでしたと結論が出てますよ。



989 :名無し三等兵:2007/02/18(日) 02:19:25 ID:NKmD4BJn
http://peacepalestine.blogspot.com/2007/02/better-human-being-than-rattlesnake.html
http://www.counterpunch.org/atzmon02152007.html
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hd/a6fhd300.html
『ファシズム時代のシオニズム』で有名なホロコースト正史非主流派のレニー・ブレナーが
ギラド・アツモンにキリスト教に関する質問をメールでした様です。
個人的には非常に残念ですが、肝心のホロコースト修正主義論(否定論)に関する質問や
そしてホロコースト正史の信用性の議論などは非公開なのかもしれませんが書かれていません。

990 :名無し三等兵:2007/02/18(日) 03:08:39 ID:???
次スレを?

991 :名無し三等兵:2007/02/18(日) 03:35:48 ID:???
しまった!次スレが立ってもループスレだ!
早く、早く板違いじゃない板へ帰るんだ!

992 :名無し三等兵:2007/02/18(日) 04:56:40 ID:???
>>989
言ってる事が解らない。
イカれてるのか?この状況で。

993 :名無し三等兵:2007/02/18(日) 09:11:48 ID:???
maa、軍事板的にはイラネってことだな。
この手のスレ住人(否定派)は、軍事に関連して語ることが出来ないと自らの行動で立証したからなね。


994 :名無し三等兵:2007/02/18(日) 19:26:02 ID:vr5gHjRB
>>992
ホロコーストがらみの議論は殆ど無いから仕方が無い。

995 :名無し三等兵:2007/02/18(日) 20:51:56 ID:???
>>944
軍事的には初心者軍オタにも劣るからな<リビ

思い込みで
調べない
理解しない


996 :名無し三等兵:2007/02/18(日) 21:10:16 ID:ja34DnAh
アウシュビッツで、毒ガスで殺されるのわかっててユダヤ人達は行列
に並んでたってことだよな。
その数600万人!

1人でも勇気のあるユダヤ人がいれば、大暴動が起こっていて歴史
に残っているはずだ。
こんな臆病な民族は他に類を見ない。

今日本ではちょっとした「硫黄島」ブームが起こっている。
死を覚悟で米軍の本土進攻を一秒でも遅らせようと、日本軍守備隊
は踏ん張った。

金融やマスメディアを支配しているユダヤ人だが、
ホロコースト=臆病者、ということを肝に銘じるべきだ。



997 :名無し三等兵:2007/02/18(日) 21:21:42 ID:???
なんだか 観測気球上げてるのがいるぞ。
そんなにこちらの状況偵察したいのか?

998 :名無し三等兵:2007/02/18(日) 21:33:30 ID:ja34DnAh
>>997
>なんだか 観測気球上げてるのがいるぞ。
>そんなにこちらの状況偵察したいのか?

この掲示板には、「こちら」と「あちら」が居るってことこと?

999 :名無し三等兵:2007/02/18(日) 21:35:41 ID:???
↓ば〜〜か

1000 :名無し三等兵:2007/02/18(日) 21:36:48 ID:???
虐殺は本当にあったよ

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

324 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50


read.cgi ver 05.05 2022/08/31 Walang Kapalit ★
FOX ★