5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

俺は、君のためにこそ死ににいく

1 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 14:11:29 ID:???
製作総指揮・脚本:石原慎太郎
監督:新城卓

出演
 岸恵子、徳重聡、窪塚洋介
 筒井道隆、多部未華子、前川康之、中村友也
 渡辺大、木村昇、蓮ハルク、宮下裕治、中越典子

公式サイト
 http://www.chiran1945.jp/

予告編
 http://www.toei.co.jp/meta/orekimi/orekimi_yokoku_1000.asx
特報映像
 http://www.toei.co.jp/meta/orekimi/oreha_kiminotame_1000.asx

 http://www.toei.co.jp/meta/orekimi/orekimi_promo2_1000.asx

2 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 14:12:16 ID:???
美術は四男

3 :禿頭自営業 ◆kFPVmIKG7g :2007/01/31(水) 14:12:32 ID:???
阻止w

4 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 14:13:51 ID:???
男たちの大和より飛行機の挙動がよくなってるといいんだが

5 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 14:14:07 ID:???
最近は石原も口先だけのウンコだと思うようになった
やっぱ末っ子はかわいいのかね

6 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 14:18:57 ID:???
>>3
禿が少なかった日本人が高度成長期からバブル後に多くなったのはほとんど食生活が原因らしいよ?
そして洗髪して体の成長ホルモン分泌され体を修復する11時まで就寝することだそうです
穀物や野菜や魚中心の元来の日本食にすると髪はえますよ
ところが誰もこれを実戦できない世の中になってしまったそうです
食事でつまずきますね

7 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 16:14:27 ID:???
予告映像観たけど、思ったより戦闘描写のCGや特撮が丁寧で上手いな。
大抵この手の作品だと人物の物語ばっかで戦闘シーンなんてほぼ皆無なのが多いのに。

最近になって良作の戦争映画作品が多いからこれも前から期待してたけど。
それに陸軍特攻隊ってのが良い。


8 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 16:21:16 ID:???
タイトルからしてコテコテ良い訳っぽいのがなんだかキモイ
サラっと当時のように描けないのか

9 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 16:22:09 ID:???
無理だろう

10 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 16:35:07 ID:???
君のために死ねる?

11 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 16:35:37 ID:???
なんかさー
戦後の腐ったエセ平和主義で創作物は脚色されるのが常だけど
特攻隊の記念館とか行って遺品や生活の跡とか見れっての
もっと熱くて青春でハツラツしてる
その流れで遺書見ればただのお涙ちょうだいドラマになんかなんねーよ
まっすぐで元気だったぞ
当時の人はめそめそ暗くやってないしだいたい軍隊だしそんな気持ちで戦争なんかに行けねー
だーら日本が作る戦争映画ってデタラメばっかなんだよ
戦争の虚しさなんざありのまま描けば誰の心にも十分残るんだよ

12 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 16:37:41 ID:???
男たちの大和で日本映画にかなりインポな俺

13 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 16:43:24 ID:???
美しい奇麗ってのは正しい
セリフで言えるようになった日本に乾杯!

14 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 16:46:45 ID:???
特報映像のBGM
亡き王女のためのパヴァーヌ
日本的で好きなんだよな〜
よく選んだぜ

15 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 17:50:08 ID:???
「出口のない海」なんかもアレだったしな

16 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 18:11:29 ID:1l0iy0BB
大君の辺にこそ死なめ かえりみはせじ

17 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 18:34:51 ID:???
>>11
良い事いうなぁ〜。同意!

18 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 20:12:53 ID:???
クソだな
クソ。
自殺攻撃を強制するキチガイ
美化するキチガイ
どっちも救いがたいキチガイだ>11

19 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 20:26:16 ID:???
>>11
きさま、短歌に込められる想いも理解できんとは無学か、それとも鈍いのか?
軍人は人には涙は見せぬ それだけだ。

20 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 20:27:35 ID:???
後に続く者あるを信ず 
貴様には分かるまい >>18

21 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 20:34:45 ID:???
>20
「俺だけ犬死に?!マジで?チクショーくやし杉。
お前らも絶対来いよ。お前らも次に自殺すんだからな。わかってんだろうな」

22 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 20:37:12 ID:???
>11
「ジャズ恋し
平和が早く
来ればよい」
「童貞の
ままで逝ったか
損な奴」
心に染みる、いい句だね!

23 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 21:10:15 ID:1l0iy0BB
僕らは後に続く者。 お任せあれ。 皇国は健在なり。

24 :名無し三等兵:2007/01/31(水) 21:14:45 ID:2vjhNKGo
竹島の日、頼んだぞ。

25 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 01:11:00 ID:???
>>11
俺もそう思う。
誰もお国の為と信じて疑わなかった、お国の為に喜んで命を捧げる一直線な
日本人の姿をストレートに描いて何がいけないのだろうと思う。

もちろん皆がそうじゃないのは重々承知だが、なんで死と生の狭間で苦悶した
人達の姿ばかりを描いて、「生き残った人達を信じよう」と笑って特攻機へ
乗り込んで死んでいった人達はのけ者にされるんだろう。



26 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 01:26:08 ID:???
うほっ
美化でもなんでもないんよ?
その目で色んな記念館や予科練跡とか見ればそう思う
なすべきことに一生懸命でまっすぐ
家族を愛し死んだ後まで見つめ達観してさえいた
日記にみんなで綴ったマンガや絵や詩は十代のありのままの感性だし
お守りに彼女のマンコの毛をもらったりしたのも理解に容易い
戦後しか知らない俺は涙でいっぱいだったけど
写真の顔はどれも美しくあまりにも清々しい
迷いがないから死ねる
日本人だから特攻隊なのさ
汚れた戦後教育に育った人間が鎖国して培った精神を理解できるわけもなく
日本の特攻隊の講釈たれるなら戦国乱世が終わった江戸時代からたどって理解でき
国家の存亡も一億玉砕も平成でぬくぬく語れるはずもなく
単にみな必死に生きた因果関係の繰り返し
日本という国はまるで違う二つがあって
ひとつは戦前を否定してできた今
ひとつは戦前まで続いた日本

27 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 02:57:27 ID:BFsxyeoD
蛆虫左翼は靖国で土下座しろ!今平和の恩恵を受けて2チャンしてられるのは先人たちの尊い犠牲の上に成りたっとるんだろが。国を守りたくない人は結構、南極でも逝ってヨシ!

28 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 06:41:12 ID:???
人間関係から逃げ、
学校から逃げ、
就職から逃げ、
家族との対話から逃げ、
でも戦争からは逃げないと言ってるニート右翼。

何それ?


29 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 06:42:38 ID:???
>>28
ウヨサヨネタは見飽きた

30 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 06:44:12 ID:ZhUG+45k
阿等至がいます

http://tv10.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1162530911/l50

31 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 06:46:09 ID:???
nurup

32 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 06:50:14 ID:ZhUG+45k
>>31
ガッ!

33 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 10:29:57 ID:???
オレの姉ちゃんも日本軍=悪、外交でなんとかなったはずとか言ってるし。
頭が今なのね。日本は傲慢だったとか。んなわけねーだろ。
つつがなく戦争回避するシミュレーション立てられる奴はいない。ハナからムリポなのだ。
一言で言えばアメリカ大成功物語。いわば名誉も文化も捨てた野心家連中が集まって起こした、開拓精神が神髄の合理主義な新興企業。
心情は捨てたヨーロッパの国々をいつか超えること。石油の既得権のため参戦したのは今さら隠すこともなかろう。
誰にも文句もいわせず正義で戦争に勝てて核も使って戦後に最強をPR。戦後は勤勉で使える日本の
洗脳も首尾よく行い、牙をむかないように日本新生。日本を否定しながら
勤勉に経済活動する日本人を生産した。軍事基地にしつつ、経済力を巧みに利用。
国債によって投資してもらい、日本がいる限りアメリカは倒産しないし技術も優先的にもらえる。
日本は負けて海外資産放棄や賠償金で丸裸なった。戦後もたかられまくり。
沖縄も返還といいつつ国民にないしょの巨額でアメリカに買わされ返してもらった。
日本にはそんな理不尽な話がつきまとう。全部国民が一生懸命稼いだお金の話。

プサヨは永遠に不滅wうははははっはあはっはっはあちゅあっあっあん

34 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 11:03:08 ID:???
傲慢で馬鹿だった訳だな

35 :名無し三等兵:2007/02/01(木) 11:19:14 ID:???
>>7
エンコリのスレに書いてあったけど、今回この人がCG製作に参加してるらしいよ。
ttp://www.k4.dion.ne.jp/~suppon/

36 :名無し三等兵:2007/02/07(水) 10:29:56 ID:vKyqi0zr
見た人いる?

37 :名無し三等兵:2007/02/07(水) 10:33:56 ID:0I99ZuPX
老害が脚本の時点で終わってる

38 :名無し三等兵:2007/02/07(水) 10:38:33 ID:???
口がうまいからどこまで汚れてるかわかんね
少なくても自己犠牲の美学を実戦できるジジイじゃない

39 :名無し三等兵:2007/02/07(水) 10:38:41 ID:4G1LZVIe
>>37
まさに、そう書こうと思ったところだw

40 :名無し三等兵:2007/02/07(水) 10:40:20 ID:???
作家だしね
実践より
演出や羨望

41 :名無し三等兵:2007/02/07(水) 10:41:53 ID:???
僕の、世界の中心は君だ

42 :名無し三等兵:2007/02/09(金) 15:42:48 ID:???
軍板的に評判よくなかったけど、作ってくれたから俺らが夢見てあきないこんな映像残してくれたわけで・・・
http://www.youtube.com/watch?v=l-FaVVtjItg

43 :名無し三等兵:2007/02/12(月) 00:12:51 ID:???
キモ悪い題名だな。
センスないよ。

44 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 07:09:12 ID:???
イギリスの国章Royal coat of arms of the United Kingdom
アメリカの国章Great Seal of the United States
これより菊の御紋が好きだと言うイギリス人の友がいる
しかし彼は日本の皇室はいつか日本人が壊すだろうっていつも言ってる

45 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 13:45:59 ID:kDd7AYaa
はやぶさなんてまったく知らなかったんだけど?
マスコミも一切報道せずネットから有名になって行ったらしい日本の小惑星探査プロジェクト
世界で初めてが満載のこのプロジェクト
報道規制があったのか?
ココ読むと国民の関心がいくとまずい理由が見え隠れするような?

NASAの国際宇宙ステーションとか日本良いぞ!とか思ってたけど
実は単独でなし得る技術力を持つ日本
みんなアメリカの一人勝ちに日本の技術を食われてしまって航空産業と同じ押さえつけ状態が始まっている

団塊珍米が日本の要職にあるからかな
http://www.hayabusa.isas.jaxa.jp/j/index_48.html

46 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 13:58:16 ID:kDd7AYaa
石原なんとかせーよ
http://blog.goo.ne.jp/tesla1856/e/2aadda93b50e538000ade8cd0bdf9856

47 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 14:43:07 ID:???
>45
お前が無知で無教養なのを他人のせいにするとはいい根性だ。
ロケット燃料のメチルヒドラジンの匂いかいでみるか?
どこが報道規制だ。あれだけマスコミで騒がれた日本の宇宙探査機はないぞ。

48 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 21:37:33 ID:???
探査 はやぶさ マスコミ
これでググると当初まったく報道すらしなかったことがわかるでよ
後になって報道したのは有名だがそれでも宇宙音痴のマスコミは有名だし

49 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 22:26:20 ID:???
国民に公開してはまずいではなくて、
防諜の観点から新規の開発中は伏せておきたかったとかは?
諜報の基本は相手国の新聞、雑誌を丹念に調べることと聞いた
スパイが忍び込んで情報をゲットするなんて映画の話だから
あ、このスレも映画の話なのに、なんでこの話題?


50 :名無し三等兵:2007/02/13(火) 22:46:50 ID:???
>49
お前馬鹿だろ?

51 :名無し三等兵:2007/02/14(水) 07:02:39 ID:???
>>49
世界でも日本のスパイ天国は有名っしょ
外国人のスパイがそう言ってるんだから
それに日本のマスコミがエロエロ操作されてるのは昔から有名
哀れな国営放送に成り下がったNHKなんかまだ【韓流】やってるよ


52 :名無し三等兵:2007/02/14(水) 09:32:41 ID:???
>>49
深宇宙探査機のどこに防諜が必要なんだよ、おい。
そもそも堂々と国会で予算審議されて何度も仕様検討が公開されて
打ち上げもプロジェクトも大々的に公表してんのに
秘密もクソもねーだろうが。
お前が新聞も雑誌も読まない知的文盲であるのを棚にあげて
挙げ句の果てに陰謀論か。「陰謀は馬鹿の最後の逃げ場」ってのは本当だなおい。

53 :名無し三等兵:2007/02/14(水) 10:03:23 ID:???
>>52
>「陰謀は馬鹿の最後の逃げ場」

お、おい、それどこの格言?説得力あるんあけど。
俺の女クリソツor

54 :名無し三等兵:2007/02/14(水) 19:38:28 ID:???
>>52
つうか、>>49のどこに陰謀論が書いてあるの?

55 :名無し三等兵:2007/02/14(水) 19:43:25 ID:???
ヒミツ宇宙探査機を作るだって?
それなんて陰謀論?


56 :名無し三等兵:2007/02/14(水) 20:11:40 ID:???
なるほど。
45からの流れを見ると陰謀論だな。

57 :名無し三等兵:2007/02/15(木) 22:58:27 ID:4BhkNuaQ
窪塚洋介が特攻隊の映画に出ているという時点でかなり危ういものを感じるのは俺だけか?

58 :元空士長:2007/02/16(金) 01:33:39 ID:???
自分は理由も無く死ににいきたいのですが、痛いのはちと勘弁というところでしょうか
ヘタレで申し訳ありません

40歳にもなって子供のサイトを集団で荒らしまくったキチガイ元空士長ら2匹のサイト
元空士長のHP(現在閉鎖中)↓こいつは皆の協力で閉鎖に追い込むことに成功し、現在逃亡中
ttp://72.14.235.104/search?q=cache:Q-cBstjdKw4J:motoku.fc2web.com/+%E5%85%83%E7%A9%BA%E5%A3%AB%E9%95%B7&hl=ja&ct=clnk&cd=1&gl=jp&lr=lang_ja

茶葉臭い元空士長の手下、黒幕のサイト
ttp://kuromaku.aerodancing.com/


59 :名無し三等兵:2007/02/17(土) 14:33:17 ID:+inpjmnn


60 :名無し三等兵:2007/02/22(木) 14:55:07 ID:???
日本のテレビ番組がなぜつまらないか。それは既に企業の広告発信所にしかなっておらず、
資金を有り余るほど持っているから競争する理由がないからである。なぜテレビ局は金持ちなのか?
それは広告収入だけに留まらない。携帯使用料がテレビ局の資金に!?

日本の電波の周波数帯域のうち、UHF帯は主にテレビと携帯電話などに割り当てられている。
帯域の9割がテレビが使用しており、携帯電話は1割程度。
帯域を使うには電波利用料を事業者は政府に支払う必要がある。

2005年の電波利用料669億円のうち、テレビ局全体が支払ったのは30億円。全体のわずか4.6%だ。
一方、携帯電話利用者と事業者の負担額はなんと552億円。実に全体の82.4%にあたる。
あまり知られていないが携帯電話を契約すると1台につき年間420円の電波利用料払っており
これが電波利用料の主要財源となっている。

この電波利用料の主な使い道は、テレビ局の地上波デジタル化だ。
電波利用料の4割近くが地デジ化のために使われており、2005年だけでも202億円投資されている。
テレビ局の地デジ化のために携帯電話利用者が資金を負担させられているわけだ。

ちなみに海外のテレビ局ではどうなってるかというと、フランスではテレビ局への電波利用料は
免除されているが、かわりに目的税等として380億円徴収されている。
またイギリスでは放送事業免許料として538億円徴収されている。
一方、日本ではテレビ局1局あたりの電波利用料はわずか3億円。
公共の財産である電波を独占的に利用して、5千億円以上の売上があり、平均年収1500万円の
テレビ局が国に払ってる電波利用料はたったの3億円なのである。



61 :名無し三等兵:2007/02/22(木) 14:55:41 ID:???
参考

総務省 電波利用料の区分別収納済歳入額の推移
http://www.tele.soumu.go.jp/j/fees/account/change.htm
総務省 電波利用料の歳入・歳出状況
http://www.tele.soumu.go.jp/j/fees/account/index.htm
総務省 電波利用料額表
http://www.tele.soumu.go.jp/j/fees/sum/money.htm
総務省 電波利用料制度の見直しについての基本的な考え方
http://www.soumu.go.jp/s-news/2004/pdf/040722_1_bt2.pdf

62 :名無し三等兵:2007/02/26(月) 17:55:37 ID:ewSPrEoM
劇場で予告編観たけど、なかなかの出来ばえ。
両翼もがれた隼の突入シーン壮絶だった。
飛燕の飛行シーンは、やや模型ぽさが感じられるけど、
実物大の隼に期待!!



63 :名無し三等兵:2007/02/26(月) 18:28:00 ID:YrchnDkN
特攻隊の映画って、突入シーンがほとんど実写の使い回しだけど、
この映画はCGとか特撮で突入シーン再現してんのか??

64 :名無し三等兵:2007/02/26(月) 19:42:25 ID:dF5Ht43o
予告編見る限りかなりCGが綺麗だった
男たちの大和よりはまともな特撮になりそうだ

65 :名無し三等兵:2007/02/26(月) 19:52:06 ID:???
硫黄島から更に大和の相対的評価が下がりそうな予感。

66 :名無し三等兵:2007/02/26(月) 21:08:22 ID:???
あれほど前評判も実際見てもさらにあとになっても糞認定な映画も珍しい>大和
だからサヨって使えない
いくら金かけてもやってることが偽善なんだよ

67 :名無し三等兵:2007/02/28(水) 02:55:33 ID:???
「レッツ 強制自殺攻撃!」

って映画だろ?

68 :名無し三等兵:2007/03/03(土) 16:36:50 ID:???
この映画タイトルの「君」って、大君のこと?
天皇陛下万歳!ってことなのかな。

69 :名無し三等兵:2007/03/03(土) 18:30:28 ID:???
釣るなよ
大君だったやつも大勢いるがそこはサヨ国家日本
引かれてしまうから女や親なのさ

70 :名無し三等兵:2007/03/03(土) 20:16:56 ID:???
いや、やっぱり大君のことであろう。そのほうが陸軍らしい。

71 :名無し三等兵:2007/03/03(土) 21:09:43 ID:???
何かってーと陛下の名を振りかざすとこなんか実に陸式っぽくてダサいな

72 :名無し三等兵:2007/03/04(日) 02:49:08 ID:???
はいはい都知事選パフォーマンス

73 :名無し三等兵:2007/03/04(日) 08:50:37 ID:???
ネタバレだがラストは敵空母に強行着艦。
軍刀引き抜き逃げ惑う米水兵を斬って斬って斬りまくったすえに格納庫のガソ
リンに放火してグレンの炎のなかで陛下万歳を三唱しわが身もろとも空母を沈
めてしまう。
試写会見たけどこんなアクション映画みたことなかたよ。

74 :名無し三等兵:2007/03/04(日) 11:12:01 ID:???
なんかちがう気がする

75 :名無し二等兵:2007/03/04(日) 11:47:28 ID:ffYExvyF
73のレス、本当なの?だったら観たくないな。
昨日、前売り買っちまったよ‥。

76 :名無し三等兵:2007/03/04(日) 11:56:45 ID:???
>>75
ネタだろ、大体陸軍機なのにいくら強制
だと言っても着艦できるわけがないと思うが?


77 :名無し三等兵:2007/03/04(日) 11:57:11 ID:???
石原慎太郎もそこまでアホなわけない。
一応文士だし。

78 :名無し三等兵:2007/03/04(日) 12:13:26 ID:AKdTphRw
http://www.zaitokukai.com/
在日特権を許さない市民の会

死ななくても出来ること。。。

会員登録お願いします



79 :名無し三等兵:2007/03/04(日) 14:23:48 ID:???
親中政策路線で行くみたいだから香港映画の演出入ったんじゃねの?

80 :名無し三等兵:2007/03/04(日) 21:58:34 ID:???
試写会見たよ、ラストで窪塚洋介がアイキャンフライ!と叫びながら
特攻機から飛び降りて空母に叩きつけられるシーンが圧巻だった

81 :名無し三等兵:2007/03/05(月) 00:32:58 ID:???
窪塚また、キメたのか!
今度は何メートルくらい飛んだ?

82 :名無し三等兵:2007/03/07(水) 11:21:04 ID:???
特攻の母として慕われた食堂主、鳥浜トメさんは、
若いころ着物ポスターのモデルになったほどの美人だった。

83 :名無し三等兵:2007/03/07(水) 16:44:12 ID:vkjq3kFl
>73

全然違う。
本当に試写会観たのだろうか。
あれが理解出来ないなんて、日本人として失格!!

84 :名無し三等兵:2007/03/07(水) 18:00:35 ID:???
ここ数十年の戦争映画やドラマは殆どゴミばかり。

85 :84:2007/03/07(水) 18:01:44 ID:???
×戦争映画やドラマは
○国産の戦争映画やドラマは

86 :名無し三等兵:2007/03/07(水) 18:45:08 ID:???
戦空の魂をアニメ化して欲しい

87 :名無し三等兵:2007/03/07(水) 22:31:58 ID:???
>>86
動きに躍動感がない
人物がほとんど同じ向きからしか喋らない
紙芝居を見ているような錯覚に落ちる
戦闘機の絵がコピーばかり

つまるところ韓国か中国の製作会社に丸投げしてヤシガニアニメになるのが関の山ってこった

88 :名無し三等兵:2007/03/08(木) 14:11:50 ID:???
俺は君のためなんかに死にたくない!

89 :名無し三等兵:2007/03/10(土) 01:18:08 ID:???
>>88
じゃあ、君は俺のためにこそ死ににいく
でいいよ。

90 :名無し三等兵:2007/03/13(火) 11:55:19 ID:F4qvoZPg
>>73の存在でいかにサヨと在日がうすらバカなのかわかりますね

91 :名無し三等兵:2007/03/13(火) 13:36:18 ID:aMHcwfAz
■靖国問題について読売新聞の渡辺恒夫の主張■

「僕は軍隊に入ってから、毎朝毎晩ぶん殴られ、蹴り飛ばされ。理由なんて何も無くて、
皮のスリッパでダーン、バーンと頬をひっぱたいた。
連隊長が連隊全員を集めて立たせて、そこで私的制裁は軍は禁止しておる。
しかし、公的制裁はいいのだ、どんどん公的制裁をしろ、と演説する。
公的制裁の名の下にボコボコやる」。

「この間、僕は政治家達に話したけど、NHKラヂオで特攻隊の番組をやった。
兵士は明日、行くぞと。その前の晩に録音したもので、みんな号泣ですよ。
うわーっと泣いて。戦時中、よくこんな録音を放送できたと思う。
勇んでいって、靖国で会いましょうなんか信じられているけれど、殆どウソです。
だから僕はそういう焦土作戦や玉砕を強制した戦争責任者が祀られている所へ行っ
て頭を下げる義理は全く無いと考えている。犠牲になった兵士は別だ。
これは社の会議でも絶えず言っています。
君達は判らんかも知れんが、オレはそういう体験をしたので、許せないんだ」。

92 :名無し三等兵:2007/03/13(火) 13:57:47 ID:???
『男達のYAMATO』のどこがサヨなんだよ。

93 :名無し三等兵:2007/03/13(火) 14:04:21 ID:???
海外の戦争映画基準じゃ極左映画認定ですよ

94 :名無し三等兵:2007/03/13(火) 14:05:49 ID:???
半島の新聞じゃ軍国主義化してると評価された

95 :名無し三等兵:2007/03/13(火) 14:21:52 ID:???
アメリカじゃ物語は気持ち悪がられてる
アニメもそうだよね
いくら日本で人気があってもメロドラマや泣きドラマやジトジト物語っぽいのは嫌われる
とは言ってももっと昔の日本映画は結構粋でカッコイイ
戦後軟弱な表現やストーリーが次第に多くなり
現在はキモキモお涙ちょうだいやベタなストーリー・表現が全開状態
だからやたら男がしゃべって気持ち悪い演出になるし男が直ぐ泣く
まるで映画の素人が作ったようにわざとらしいカットとセリフだらけ
大和艦上での海軍葬でも水兵が取り乱して泣き騒ぐのなんかあり得ないしまったくいらないカットなどたくさんある

ハリウッド映画じゃあり得ない作品
これは負けた国の藩政映画ですよ
原作者がそういってる

96 :名無し三等兵:2007/03/13(火) 14:43:54 ID:SdOU76pS
「パールハーバー」もハワイ基地に当時いた兵士や看護婦から「ありえない」と
散々な酷評でしたが。

97 :名無し三等兵:2007/03/13(火) 15:45:27 ID:???
負けた戦争を反省するのは当然。軍ヲタなら尚更。
あんな映画でも、せめて半吋機銃を防げる装甲防盾が欲しかったよなぁ、と反省できるぞ。

そもそも『男YAMA』は菊の紋章のドアップから始まって敬礼(なぜか陸式だが)で終わるような映画。
何故か関東軍参謀の瀬島が協力してるしな。

98 :名無し三等兵:2007/03/13(火) 16:02:53 ID:???
そもそも何でいきなりヤマトの話題に?
もうとっくに世間一般からも軍板からも
忘れ去られかけてるのに。

99 :名無し三等兵:2007/03/13(火) 16:38:02 ID:???
あれほどの駄作も珍しいのに
糞は忘れよう

100 :名無し三等兵:2007/03/14(水) 14:42:41 ID:XkTC/i3f
そもそも硫黄島のあの映画では
アメリカ帰りの日本人はとても優しく誠実で
生粋の日本人は残虐非道でバカと描かれておる。
正直あんなに世界で絶賛されてもあんまりいい気分では無い。

101 :名無し三等兵:2007/03/14(水) 14:45:25 ID:???
石原氏は各方面で高評価を得た
クリント・イーストウッド監督「硫黄島からの手紙」を引き合いに
「ライバルになると思って見たけど、あの映画よりずっとマシだね」。
さらに「米軍の焦燥感もなく、島のどこで戦っているのか分からなかった」と
バッサリ切り捨てた。

http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20070303-164312.html


102 :名無し三等兵:2007/03/14(水) 14:56:03 ID:Z/oYutWo
>>100
バカになるように教育されたんだから仕方が無い

103 :名無し三等兵:2007/03/14(水) 16:02:35 ID:???
そうして「戦前の日本が馬鹿だったので、全てを
喪失したのは自業自得。それを正してくれた
アメリカには感謝こそすれこれっぽっちの
恨みもありません」と、今なお特亜の連中に
馬鹿にされ続けている訳ですな。

104 :名無し三等兵:2007/03/14(水) 16:02:48 ID:???
>>101
窪塚あいかわらずわけわかんねぇコメントしてるな。こんなの使って大丈夫なのかよ。

105 :名無し三等兵:2007/03/15(木) 07:19:20 ID:???
>>95
電車男が硫黄島で郵便配達するドラマでは
電車男が延々と号泣しまくってましたが。

106 :名無し三等兵:2007/03/16(金) 17:09:53 ID:GdnoYmsw
f. 硫黄島で玉砕した兵士の遺骨の収集、平和記念碑の建立に力をいれる。硫黄島は東京都であるにも拘らず、これまで石原都知事は、映画をつくるなどはしても、硫黄島に対し、本来すべきことに取り組んでこなかった。
私は硫黄島を不戦平和の象徴的な島とする。

ttp://www.kisho.co.jp/page.php/372

107 :名無し三等兵:2007/03/17(土) 03:17:41 ID:???
>>100
米兵も捕虜を勝手に射殺するような残虐非道さが描かれてるし、そのへんはしょうがないんじゃね

108 :名無し三等兵:2007/03/31(土) 12:59:11 ID:???
窪塚と石原って

109 :名無し三等兵:2007/04/02(月) 15:17:32 ID:???
>>100
そこんとこ、栗林について少し調べてみれば?
ついでに歴史の勉強もしとくとおk

110 :元空士長:2007/04/03(火) 01:00:39 ID:???
そろそろ自分も樹海で果てる準備をしようと思っています
ttp://motoku.fc2web.com/
元空士長のHP


111 :名無し三等兵:2007/04/03(火) 09:13:47 ID:PDG6oOdA
いずれにせよ、「パールハーバーや、ウィンドトーカーズ」に比べたらましだけどな。

112 :名無し三等兵:2007/04/04(水) 13:05:14 ID:???
有田芳生の『酔醒漫録』2007/04/04

「俺は、君のためにこそ死ににいく」

東映本社で「俺は、君のためにこそ死ににいく」の試写を見る。
石原慎太郎製作総指揮ゆえにどんな仕上がりになっているかが
気になっていた。結論からいえばとても感動的な作品で落涙
しばしば。こらえるのに大変なほどであった。特攻隊員に母の
ように慕われた鳥濱トメさんを軸にした物語は、史実に忠実に
作られている。たとえば「金山」という朝鮮人が特攻隊として
出撃していく。その前に鳥濱にお礼に行ったとき、静かに、
しかし力強く歌うアリランが美しくも哀しい。出撃前の若き
特攻隊員のつかの間の「自由」。それを制限する憲兵に強く
抗議するシーンなどもある。わたしにとっては「BC級戦犯」と
して無念の最後を遂げた木村久夫さんを連想しただけではない。
長男をはじめ「いま」に生きる若い世代にも重なるのだった。
沖縄出身の新城卓さんが監督したことも作品の質を高めている
のだろう。細かいことを指摘すれば、タイトルのセンスや戦中
にしては現代的すぎる女優などが気になったけれど、それは
作品の完成度をそこなうほどではない。公開は5月12日。


113 :名無し三等兵:2007/04/05(木) 10:30:10 ID:???
「俺は、君のためにこそ死ににいく」?

わたしが最も嫌悪するタイプの男が監督した映画。

「俺は、君のためにこそ死ににいく」

靖国神社に祀られているエライサンたちよ。
あんたらは「俺」も「君」も死なないですむ努力をしたか?

北朝鮮のミサイルが京都かどこかに撃ち込まれたらいいって言ったあんた。
あんたは「俺」も「君」も死なないですむ努力をしてるのか?

あんたはきっと誰かを死にに行かせるだけで自分は死にになんか行かないよ。
ttp://sivaprod.exblog.jp/6693551

114 :名無し三等兵:2007/04/05(木) 17:15:31 ID:???
>>113
嘘つきサヨクの言葉には何の説得力もない。


115 :名無し三等兵:2007/04/05(木) 17:18:38 ID:???
>あんたはきっと誰かを死にに行かせるだけで自分は死にになんか行かないよ。

こういうことを言ってレッテル貼ってる卑怯者こそ当てはまるな

116 :名無し三等兵:2007/04/05(木) 17:20:08 ID:???
人物探訪:石原慎太郎
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h11_1/jog083.html

■3.東京湾沖の米軍射撃訓練にNO■

 それでは、石原氏が発した「NO」の例を一つ、紹介しよう。
 昭和63年11月、石原氏が運輸大臣をしていた時のことである。
アメリカの駆逐艦「タワーズ」が東京湾沖で、海上保安庁の巡視船
「うらが」を仮想標的として、射撃訓練をした事が明らかになった。
 アメリカ側は爆発しない訓練用弾丸だったと釈明しているが、そ
の単層速射砲「マーク42」は重量32キロの弾丸を1分間に36
発、最大23キロの距離まで飛ばせる代物である。もし当たれば
「うらが」は重大な損害を受ける。

 仮に、小さな漁船などだとそれこそ大変な事態になる。東京
湾沖といえば、アメリカだとニューヨーク湾沖に相当するわけ
で、アメリカのテレビ報道番組が、アメリカが外国の軍隊にこ
んなことをされたらアメリカ人は烈火のごとく怒るだろう、と
放送していたくらい、許せない暴挙だった。
 それを外務省は、よくあることだから、しばらく発表を待っ
てほしい、と抑えてきた。一体、何を考えているのか。腹が立
ってきて、いずれにせよわかることだから私の責任で発表する
と抗議させた。日本の領海内でしかも射撃訓練は全面禁止にな
っている海上交通の要衝で射撃訓練を行なうとは常識的には考
えられない。あきらかな主権侵害です。[2,p43]

 石原氏の強硬な抗議を受けて、アメリカ海軍は異例なほど素早く
遺憾の意を表した。

117 :名無し三等兵:2007/04/06(金) 11:29:43 ID:???
有田芳生の『酔醒漫録』2007/04/06

「調査なくして発言権なし」

 自己実現とは自分なりの仕事を創造的に行っていることだけでは
ないのだろう。多面的な人間模様を狭い価値観で一方的に裁断しな
いという寛容さを身に付けるということでもある。

ある都知事選候補者の支持者からは、石原慎太郎制作総指揮の映画
を見てもいないのに、お前は戦争賛美者かと的外れな罵声が言葉と
して届いた。人間の営みは複雑で多面的なものであるにも関わらず、
狭い物差しでもって他者をおとしめる。そんな空虚な言葉と行為は
現実にはまったく力とはならないのに、おそらく自己満足でおらび
あげる。狭いイデオロギーは人間の豊かさを衰退させてしまうので
はないか。

たとえばこんな対談を読んだ。「〈パッチギ!LOVE & PEACE〉は。
五月十九日からの公開ですが、同じころ石原慎太郎さん制作総指揮
の特攻隊映画が公開されます。石原映画は“お国のために勇敢に死
ににいく”という映画と聞いていますが、僕たちの〈パッチギ!〉
は、その真逆を行く映画です」(李鳳宇?シネカノン代表取締役)。

この発言を受けて映画評論家の山田和夫さんはこう語る。「六〇年
代の日本映画と比べて、戦争を美化し肯定する石原映画のような作
品が作られるようになった、今の状況は悲しいですね」(「赤旗」
4月5日付)。「聞いています」というから李さんは映画を見てい
ない。タイトルから推測した発言だ。山田さんは見たのかどうかは
発言だけからはわからない。おそらく見ていないだろうと思うのは、
「戦争を美化し肯定する」具体的な指摘がまったくないからだ。

118 :名無し三等兵:2007/04/06(金) 11:30:39 ID:???
石原慎太郎が脚本を書いた映画は戦争を美化しているに違いない。
なぜならば石原とは「ファシスト」だからだ。そういう人間が制作
総指揮をしたという映画は、見なくても充分に判断できるというの
だろう。これは間違っている。

「調査なくして発言権なし」(毛沢東)をもじっていえば、「観賞
なくして発言権なし」。もうひとつだけ毛沢東の言葉。「われわれ
は問題を全面的に見ることを習得すべきで、事物の正面だけでなく、
その反面も見なくてはならない。一定の条件のもとでは、悪いもの
からよい結果をひきだせるし、よいものからでも悪い結果をひきだ
せる」(「人民内部の矛盾を正しく処理する問題について」)。
客観的に対象と自己を見つめるというレベルのことではない。その
見つめる自分をさらに凝視する視点なのだ。  

119 :名無し三等兵:2007/04/06(金) 18:36:00 ID:???
>>118
そうは言っても、金を払って見に行く価値が見出せないのでムリ

120 :名無し三等兵:2007/04/07(土) 15:16:58 ID:???
ポスターの犬がカワユス

121 :名無し三等兵:2007/04/07(土) 17:59:20 ID:gzNF2AKf
>>73
どっから出た情報だ?いずれにしても信憑性は0だな。

122 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 12:37:34 ID:???
大和で泣いた俺はこの映画でも泣ける。

元特攻隊員の爺さんと見に行くお

123 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 13:04:24 ID:???
>122
お前やっすいなー

124 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 13:07:57 ID:???
うるせーよカス

泣くもんは泣くんだから仕方ねーだろ
隣の爺さんも泣いてたから効果倍増だ

125 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 13:13:13 ID:???
涙の強盗ってやつだな
そこ押せば涙出るってツボがあるんだね
やっすいヤツはツボだらけw

126 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 13:14:37 ID:???
富永閣下とか菅原閣下や特攻狂いの基地街参謀は出てくるんだろうか?

127 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 13:16:01 ID:???
酷使様は涙もろいなww

その爺もお迎えが近いんじゃねーのww

128 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 13:17:43 ID:???
マスターベーションと一緒だよ
液体を出したらキモチイイ
薄暗い映画館なら液を出してもバレないからな

129 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 13:18:28 ID:???
やっすい奴は低学歴の低脳が多いからな
右派になりやすいんだろ

130 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 13:19:29 ID:???
爺並みの頭の酷使様ww

131 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 13:21:51 ID:???
軍オタは愚かな一般人て違って鍛えられてるからな

その爺も哀れだな

132 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 13:22:18 ID:???
>>114>>115
とりあえずコメントしてこい。
荒らしと見なされるだけだろうが。

133 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 13:27:28 ID:???
涙もろい戦犯爺に涙もろい酷使様ねwwwww
相性はピッタリ

134 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 13:31:21 ID:???
>>122
お前のような馬鹿は軍オタに相応しくない

さっさと足洗え
恥ずかしい

135 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 13:32:54 ID:???
爺にも早く死ぬようにいっとけよ

136 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 13:33:03 ID:???
何で短時間でこんなにスレが伸びてるの?

137 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 13:41:04 ID:???
軍板住民が泣くのは可笑しいか?

138 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 13:48:50 ID:???
日本映画でしかも東映映画だからなぁ・・・

139 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 13:50:34 ID:MnVAmNIZ
日本映画だからなんだと?

140 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 13:52:24 ID:???
オナニー映画

141 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 13:54:39 ID:???
日本映画なんてつまんねーもん見る奴は池沼しかいない

142 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 13:56:48 ID:???
あれで泣けるのは不思議

頭悪い

洋画に比べたらゴミ

143 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 14:01:46 ID:???
>>142
和洋の問題じゃねえだろ
日本映画だっていいものはある
洋画だってクズもある



まあ、慎太郎にはいいものなんてつくれっこないけどな

144 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 14:07:12 ID:???
いいものって例えばどんなの?

145 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 14:09:40 ID:???
製作総指揮

146 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 14:19:24 ID:???
馬鹿な大衆向け映画
軍オタには何の価値もない

147 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 14:23:09 ID:???
知り合いの東大生が大和に感動したって言ってたけど
東大生といえどもこの程度なんだな

148 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 14:33:35 ID:???
知識は感性じゃないだろ
低学歴が

149 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 14:43:16 ID:???
ぷへ

150 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 14:46:38 ID:???
>>148
学生証さらせや
低学歴

151 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 14:47:39 ID:???
>>122
デスラーが助けに来たシーンで感動したよな

152 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 14:53:05 ID:???
それ面白いと思ってんの?

死ねよ馬鹿(笑)

153 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 14:55:43 ID:???
馬鹿なアニオタや一般人は金払ってろよ

軍オタはそれを笑う

154 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 15:06:19 ID:Ay+5KCs1
>>147
勘違い中卒乙

155 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 15:10:29 ID:???
軍オタってほんと高級な趣味だよな

156 :同期の桜:2007/04/08(日) 15:14:02 ID:???
『ジャップ勝った』となんかは言わせない!
☆米海軍は、戦艦『大和』軽巡洋艦『矢矧』
駆逐艦『霞』『浜風』『朝霜』『磯風』を
沈めた代償に以下の損害を受けた。

●駆逐艦[ブッシュ、コルホーン]2隻沈没
■機雷掃海駆逐艦[エモンズ]1隻喪失
▲駆逐艦[ムラニイ、モリス、リューツ、ニューコム、ハワーズ、ヘインスワース、ハイマン]7隻大破
■貨物船[ローガン・ヴィクトリー、ホッブス・ヴィクトリー]2隻喪失
■LST[347号、447号]2隻喪失
▲機雷掃海駆逐艦[ロイマン]1隻大破
△戦艦[メリーランド]1隻損傷
△軽空母[サン・ハーシント]1隻損傷
▲正規空母[ハンコック]1隻大破
△駆逐艦[ハリソン、ロングショー、べネット、チャールズ・C・スペリィ]4隻損傷
△機雷掃海艦艇[デバスター、リクリット、デフェンス、ロッドマン、ランソン、81号]6隻損傷
▲護衛駆逐艦[ウィッター]1隻大破
△護衛駆逐艦[フィバーリング、ウェソン]2隻損傷
△掃海特務艇[311号、312号]2隻損傷
△LCI(R)[1069号]1隻損傷


157 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 15:40:13 ID:???
馬鹿な一般大衆をみて笑うのが軍オタ

158 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 17:10:26 ID:FDgkt4kK
日本人が感動するシーンは
ボロボロになった軍服を着て
栄養失調症になりながらも
勇ましく突撃するシーン

米国人が感動するシーンは
戦場にいる恋人との文通や
終戦で故郷に戻って久しぶりに彼女と
再開するシーン

って聞いたことあるが

この映画は米国人向け?

159 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 17:28:12 ID:???
>>158
前者は全然感動するシーンじゃないぢゃん
いたたまれなくなるシーンだろ、それ

160 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 18:30:02 ID:???
大和は結構よかったと思うけどな〜
彼女と見に行ったけど正解だった

161 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 19:58:00 ID:DTLQilqw
取りあえず今晩大和やるんだから見てみるか

162 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 20:12:15 ID:???
こんな映画バカウヨと能無し一般人しか見ないよw



163 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 20:12:22 ID:???
取りあえず大和の実況は実況板で。
既に一般向けと軍ヲタ向けといくつかスレが立っている。

164 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 20:15:53 ID:???
大和はよかったけど、終わった後観客がすすり泣いてなんか葬式みたいだったな

165 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 20:22:47 ID:???
大和か・・・

映画館で初めて嗚咽したぜ・・・

166 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 20:25:44 ID:???
やっすw

お前映画見る資格ないよw

167 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 20:27:17 ID:J++kCbbU
一茂の演説聴いても大和が良かったなんて言ってるのかよw
あの全編左巻きの映画に腸が煮えくり返ったわい

168 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 20:29:35 ID:???
あの演説に感動しますた

169 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 20:31:14 ID:???
あの長台詞、よく覚えることが出来たよな
一茂なのに

170 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 20:31:35 ID:???
お前馬鹿じゃねーのww

軍オタやめろよ

171 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 20:32:41 ID:???
伊藤長官の役は長嶋監督がよかった

172 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 20:33:35 ID:y2JASE8a
隼ハァハァ

173 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 20:34:30 ID:DiazvJtH
伊藤整一の息子が大和を零戦で護衛してたの知ってる?

174 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 20:39:08 ID:???
酷使様はこの映画見て汚ねー涙と鼻水流すんだろうなw

爺と一緒にw

175 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 21:00:05 ID:DTLQilqw
感動して涙流すのは人それぞれでしょ
純粋に感動できない人たちの方がかわいそうだ

176 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 21:08:03 ID:???
予告編を観た限り、石原将軍が噛んでる割りにはヒダリっぽいんじゃ
ないかと不安。

177 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 21:10:40 ID:???
石原将軍は一橋卒だろ?

178 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 21:10:44 ID:???
中間点よりも左側なのは確か

179 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 21:13:34 ID:???
取りあえず大和の実況はこっちでやれ
つまらん事でスレを消費するな。

男たちの大和軍ヲタ専用スレ
http://live23.2ch.net/test/read.cgi/liveanb/1176023730/

180 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 23:06:39 ID:???
つまらんスレなんだから勝手にさせれば良いさ

181 :名無し三等兵:2007/04/08(日) 23:11:13 ID:???
さっかCMみたけどB'zの主題歌て合ってなさ杉てワロタ

182 :名無し三等兵:2007/04/09(月) 01:15:02 ID:bPirxetX
知覧の話は好きなので見にいきたいのだが、感動して最後
いきなりB'zがかかるのはちょっと…興醒めするだろうな。
森山直太朗あたりにすればよいのに。

183 :名無し三等兵:2007/04/09(月) 01:36:20 ID:???
まあ、再選したことだし
映画がすべっても職にあぶれることは無いな
よかったね

184 :名無し三等兵:2007/04/09(月) 01:52:12 ID:hoeHIcJM
というか宣伝してるのこれ?

185 :名無し三等兵:2007/04/09(月) 02:09:01 ID:???
gaie

186 :名無し三等兵:2007/04/09(月) 22:19:38 ID:???
>>158
感動に国境は無い。

187 :名無し三等兵:2007/04/10(火) 19:47:36 ID:???
>>138
かつては、戦争映画といえば東宝だったのにな。

188 :名無し三等兵:2007/04/11(水) 00:45:06 ID:???
恋愛至上主義

189 :名無し三等兵:2007/04/11(水) 13:45:36 ID:kRdaQ5e9
戦争映画に恋愛などくだらん物取り入れて欲しくない

190 :名無し三等兵:2007/04/11(水) 14:18:49 ID:???
自分に縁がないからって否定すんなやw

191 :名無し三等兵:2007/04/11(水) 14:26:51 ID:???
戦争+恋愛=パルハバ
大和だと蒼井と寺島の演じた芸者がいたけどあんなものイラネ

192 :名無し三等兵:2007/04/11(水) 18:25:52 ID:???
取り入れ方次第では、駄作にもなるし名作にもなる。

193 :名無し三等兵:2007/04/11(水) 20:27:53 ID:IlO2oeqI
まあ、実際観てみないとわからんよ

194 :名無し三等兵:2007/04/11(水) 20:40:05 ID:???
だから、題名からしてアレだから
金払う価値が見出せないのよ


195 :名無し三等兵:2007/04/11(水) 20:53:21 ID:???
じゃあ只見する手段を考えればいいんじゃね?

196 :名無し三等兵:2007/04/11(水) 21:38:47 ID:???
じゃあ見なくていいよ

197 :名無し三等兵:2007/04/11(水) 21:40:51 ID:???
こんなもん見る奴馬鹿だろ


軍オタなら見るべきじゃないね

198 :名無し三等兵:2007/04/11(水) 21:43:49 ID:???
なんでお前の下らない価値観と感性を押し付けられなきゃいけないわけ?

199 :名無し三等兵:2007/04/11(水) 21:48:06 ID:???
恋愛入ったやつは彼女と一緒に見るのが一番だね!

200 :名無し三等兵:2007/04/11(水) 22:20:12 ID:pe5SFC1v
一般人は零戦と隼、海軍航空隊と陸軍航空隊の区別もつかねえんだろうな・・・

悲しいね

201 :名無し三等兵:2007/04/11(水) 22:21:44 ID:???
>>200
コンソリと零を間違えた俺の母…

202 :名無し三等兵:2007/04/11(水) 23:14:57 ID:???
石原慎太郎 氏の語る鳥浜トメさん

 現東京都知事の石原慎太郎氏(当時運輸大臣)は雑誌Voiceの随
想「美しい日本の人」の中で、鳥浜トメさんについて書いている。
 1988年当時に20数年前にトメさんの話を初めて聞いたとい
うことなので、相当長いお付き合いであったと言えよう。石原氏が
国会議員だった時にトメさんが亡くなられたが、その際、石原氏は
トメさんを「国民栄誉賞」に推薦されたそうである。誠に残念なが
ら時の首相宮沢氏の無理解により賞の授与には至らなかった。
(下線部参考「勝つ日本」文藝春秋社・石原慎太郎、田原総一郎)

  このように石原慎太郎氏はトメさんをよく知っておられたし、
敬意を表しておられた。著名な作家でもある石原氏がトメさんに
ついて語ると非常に味わい深く、その人となりを感じ取っていた
だけると思い、ここに引用する。
-----------------------------------------------------------------

 生きた菩薩という言葉があるが、そんな人を私はこの世で一人だ
け知っている。鳥浜トメという、今は多分八十に近い老婆である。
 知る人ぞ知る人だが、太平洋戦争が無ければ、彼女はただの平凡
な田舎の主婦として一生を終ったに違いない。しかし戦争は、彼女
の家のある知覧の町に特攻の基地をもうけ、食堂をしていた彼女の
家は特別任務を帯びて隔絶された多くの若者たちを迎え入れた。
そして多感な若者たちは、優しい食堂の小母さんの内に離れて思う
母親の姿を見出だして慕いよった。

 生さぬ相手に「お母さん」と呼ばれて慕われることでトメさんは、
人に明かせぬ彼らの悩み悲しみあるいは恐れを聞き取りつづけた。
知覧を舞台に短い人生を燃焼しつくした、あるいは稀有にも奇跡と
もいえる生命を拾った若者たちのことをいろいろな人たちが記して
いるが、一行も記したことのないトメさんの語る言葉の方が、はる
かにその真実を伝え彼等への思いやりに満ちている。

203 :名無し三等兵:2007/04/11(水) 23:16:02 ID:???
 彼女がとり出して見せてくれた古いアルバムには、ほとんどの写
真がはがされ黒い台紙には糊づけにされていた写真の白い紙裏の跡
しか残っていない。戦後知覧を訪れた遺族が乞うて、故郷に写真を
送ることも禁じられていた息子や兄弟がトメさんと写した写真を持
ちさったからである。まだ複写の術も乏しかった頃、トメさんは遺
族の心を思って乞われるままに貴重な写真を分け与えてしまった。
「そして、ここにこうして残っているのは韓国と台湾出身の方々の
ものばかりです。遺族の手がこの写真にとどがぬこの人たちは他の
隊員さんたちよりももっとお気の毒な気がします」

 目を伏せながらしめやかにトメさんはいっていた。

 しかし、記念の写真に満ち満ちたアルバムよりも、そのほとんど
がはぎ取られ、わずか数葉の写真しか残さぬアルバムの方が、私に
はかつての青春の悲劇と栄光を語って余りあるような気がしてなら
なかった。

 二十数年前、縁あって初めて知覧を訪ね、かつてあの若者たちが
たむろした家の二階でトメさんの話を間きながら、私は知らぬ間に
正座していたのを覚えている。

 明日の秘密裏の出撃をトメさんにだけ打ち明けて、沖縄の海で死
んだら、故郷の村でよく見た蛍になって帰ってくると告げた若者が、
本当に翌日のタ刻、家の裏手にある井戸の中から水仕事をしていた
トメさんの前に現われ、気づいた彼女が食堂にいた仲間に告げて、
みんなが敬礼して見守る中を枯れた藤棚のむこうに消えていったと
いう美しい挿話の舞台に、同じ遅い冬の午後に私も立ちつくしたも
のだった。

 当時ようやく建ったばかりの特攻観音に連れだってお参りした時、
今は一面菜の花畑となったかつての飛行場跡を眺めながら、彼女は
また恐ろしくも美しい思い出を語ってくれた。

204 :名無し三等兵:2007/04/11(水) 23:17:12 ID:???
 「終戦のすぐ後、タ方私が用事でここを通りかかると、その度、
何かでいっせいに火を点したように、急に向こう一面に鬼火が燃上
がってゆらいだものです。連れていた家の手伝いの者もいっしょに
ここでしゃがんでお祈りをしましてね、そしたら暫くするとその
火が消えていって−−−」 

 年とともに知覧も変り、区画整理によってかつての食堂も新しく
建て直され、飛行場跡には公園と特攻博物館が建てられた。人々は
博物館のヴィデオで、昔を語るトメさんの姿を見ることが出来る。

 彼女は今、老衰で不自由になった体を知覧の郊外の老人ホームで
養っている。毎日やってくる家族や施設の回りの人々に心をこめて
見とられながら、落着いて満ちたりた老後である。そしていつも思
うことだが、家族を含めて知覧の人たちが、彼女を、ある崇高な
任務を果たし終えた人間として、密かに、しかし熱く誇りとしてい
ることがよくわかるのだ。
 それはなんといおう、過去の大きな悲劇の体験を通じながら人々が
確認しあった人間の愛に対する敬いであり、なつかしみに違いない。

 そして、我々が目にすることの出来ぬ神や仏に代って、戦争の
末期というあの極限的な状況の中で、愛を果たしきったトメさんに、
いかに年を経てもなお、私を含めて多くの人々が仏の姿を見ること
は、じつはごくごく自然な人間の条理に違いない。

 そして私自身にとって、この世でトメさんのような人にいき会え
たことは、人間としての至福といえるに違いない。実際、その手に
たくさんの赤子をかかえた仏の姿を私は目のあたりに眺めることが
出来たのだから。

(雑誌「Voice」昭和63年4月号 P145〜P147より引用)

205 :名無し三等兵:2007/04/11(水) 23:23:07 ID:???
石原慎太郎エッセイ『日本よ』
2006年9月4日発売の産経新聞より転載
http://www.sensenfukoku.net/mailmagazine/no51.html

 私は最近、敬愛した、仏の化身ともいえる特攻隊の母と
して慕われた鳥浜トメさんから密(ひそ)かに聞かされた
いくつかの挿話を元に、かつての特攻隊の本当の姿を記録
し残すための映画を指揮して作ったが、あの痛ましい犠牲
は、戦争というまぎれもない極限状況の中で若い青年たち
が、俗にいわれる天皇陛下のためなどという狂信ではなし
に、家族など自らの最愛の者たちを守るということのため
に苦しみもだえながらも敢えて死んでいったことを伝えた
いと思ったからだ。それは極人間的な自己犠牲であって、
かつての特攻隊と今日の無差別な自爆テロとは絶対に、
全く違う。


206 :名無し三等兵:2007/04/12(木) 21:08:51 ID:???
自爆テロと違うという点に関しては同意する。

207 :名無し三等兵:2007/04/14(土) 19:23:05 ID:???
そりゃテロではないが自爆なのはガチ

208 :名無し三等兵:2007/04/15(日) 19:41:53 ID:KQ66MUwK
石原の映画をなめちゃいけない。
60年代に松竹で作った篠田監督、石原原作の「乾いた花」は超名作。
しかしアウトローを美化してるという理由でオクラ入り。

だが試写を見た石原があまりにもできがいいのでプッシュ。
石原主催の試写会半年後無事公開で大ヒット。

その主演の池辺良が二枚目スターから新境地で東映からスカウト。
高倉健というまだ売れない役者をスターに押し上げる路線につながる。
それは昭和残侠伝シリーズという東映の任侠ドル箱路線を生んだ。

いっぽう海外でも目を付けてマイフェイバリットフィルムにした若き映画人がいた。
フランシス・フォード・コッポラである。
クラシックのBGMでセリフなく池辺良が相手を殺すために階段を上ってゆく。
ゴッドファーザーパートUで似たような場面があった。



209 :名無し三等兵:2007/04/16(月) 03:01:37 ID:???
>>205
いいこと言うジャマイカ

祖父の兄が特攻で戦死している
祖父と一緒に見に行くよ

210 :名無し三等兵:2007/04/16(月) 13:34:42 ID:???
「敬礼」シーンが全て。
海軍式も悪くはないが、やはりビシッと肘を伸ばした陸軍式の敬礼を堪能したい。
でも、何というか「ここで感動して!」みたいな過剰演出での敬礼シーンは逆に興醒め。
ダラダラとお涙頂戴台詞を入れたりする演出もいただけない。
言葉は不要。ただ敬礼。

なんて語ってるとドン引きされたりするんですが、この板だと大丈夫ですよね?

211 :名無し三等兵:2007/04/16(月) 14:44:36 ID:xnLf/jin
製作総指揮・脚本:石原慎太郎=クソ映画

212 :名無し三等兵:2007/04/16(月) 17:13:50 ID:???
【文化】“パッチギ”井筒監督「戦争は人殺し。石原都知事はどう思ってるのか」…女優「監督、私達の勘違いを話してくれた」
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1176693362/l50

【映画】「パッチギ!LOVE&PEACE」試写会で井筒和幸監督が石原慎太郎都知事を名指しで猛批判★2
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1176676094/l50


213 :名無し三等兵:2007/04/16(月) 17:19:06 ID:???
185 :名無シネマ@上映中 :2007/04/16(月) 14:38:37 ID:FcGa0xO4
大戦後期に軍隊に行く若者にとっては、兵隊になる=死ぬことだからな。
遅かれ早かれ死ぬのであれば、少しでも敵に損害を与えられる可能性が
ある特攻で死ぬのは、少しは意味があるように思えたのだろう。
この事実を知って素晴らしいと感動するか、そこまで若者を追いつめた者に対し
はらわたが煮えくり返るほどの怒りを覚えるか、そこで人は右と左に分かれる。

ウチの親父は旧制中学から志願して予科練(事実上の特攻隊養成所)に入り、
死ぬ覚悟を決めていながら訓練途中で終戦を迎えた。
戦後のインフレで実家が無一文になったせいで、すぐ親父は働き始めたが、
「その後に大学行った同期の連中でまともなのはみんな共産党に入ったぞw」
といまでも笑ってる。

214 :名無し三等兵:2007/04/16(月) 17:20:32 ID:???
>>211
> 製作総指揮・脚本:石原慎太郎=クソ映画

何か前例があるのか?

215 :名無し三等兵:2007/04/16(月) 17:33:16 ID:???
>この事実を知って素晴らしいと感動するか、そこまで若者を追いつめた者に対し
>はらわたが煮えくり返るほどの怒りを覚えるか、そこで人は右と左に分かれる。

なんでこうやって分けるのかね。
純粋な感動を覚えたらそれだけでもう右ですか?

216 :名無し三等兵:2007/04/16(月) 17:41:17 ID:C3yC6XY4
>>213
> この事実を知って素晴らしいと感動するか、

これと

>そこまで若者を追いつめた者に対し
> はらわたが煮えくり返るほどの怒りを覚えるか、

これは別物。私は若者の行為に感動しつつ、軍の作戦参謀に怒りを覚える。

217 :元空士長:2007/04/16(月) 17:46:11 ID:???
自分は親に「いつになったら死ぬの?」と毎日のように催促されています。

ca16919*.hicat.ne.jp

218 :名無し三等兵:2007/04/16(月) 17:48:56 ID:???
>>217
仕事に特攻してください。

219 :名無し三等兵:2007/04/16(月) 18:06:14 ID:???
>>213

右左のスキームでしか語れない奴はどうしようもない馬鹿

220 :名無し三等兵:2007/04/16(月) 18:16:39 ID:???
>>202-204

ダメだ、涙が抑えられない・・・。
おれも前立腺が弱くなったのかな・・・。

221 :名無し三等兵:2007/04/16(月) 18:32:04 ID:???
大和で泣いた私は多分この映画でも泣くでせう。

蒼き翼を読み直しておこう。

222 :名無し三等兵:2007/04/16(月) 18:51:13 ID:aHcu36B3
>>220
弱る場所がちが

223 :名無し三等兵:2007/04/16(月) 19:29:53 ID:???
飛燕と隼の飛行シーンみたいからみにいく。

224 :名無し三等兵:2007/04/16(月) 20:33:25 ID:???
>>221

さっさと死ねよ糞ウヨwwwwww
あの映画のどこで泣くんだよ池沼ウヨwwwwwwwwwwwwwwwww

蒼き翼?ウヨご用達の妄想アホ本かwwwwwwwwwwwwwww

こんなもん観にいく奴いねーよwwww

英霊と一緒に夜空に旅立ったら?wwwww



225 :名無し三等兵:2007/04/16(月) 20:39:59 ID:???
またお前か

226 :名無し三等兵:2007/04/16(月) 20:45:47 ID:???
陸軍式だろうと海軍式だろうと敬礼である事に違いは無い。

227 :名無し三等兵:2007/04/16(月) 20:52:45 ID:???
>>225

糞ウヨ必死wwwwwww

228 :名無し三等兵:2007/04/16(月) 22:33:53 ID:k1eqYjux
ウヨ、サヨ関係ないだろう
映画を観てどう感じるかは人それぞれ

229 :名無し三等兵:2007/04/16(月) 22:41:38 ID:iWmUDEI9
CGは彼がやってるらしいから見る価値はアリだと思う
プロモーションのキ61を見た時に、
間違いなさそうだと思った
ttp://www.k4.dion.ne.jp/~suppon/

230 :名無し三等兵:2007/04/16(月) 22:47:23 ID:???
特攻物か・・・
出来ればマレー沖海戦が見たかったw

231 :名無し三等兵:2007/04/16(月) 23:46:35 ID:???
飛燕独立空戦隊を映画化汁!

232 :名無し三等兵:2007/04/17(火) 06:56:53 ID:IpAR9AY0
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/20070112
 近年、日本がどういう社会であるべきか、という大きな枠組みが取り沙汰されるようになってきた。北朝鮮問題に乗じてタカ派と呼ばれる右派勢力が急激に肥大し、日本を別の社会に作りかえようとしている。
右派勢力によって教育基本法は改正され、憲法改正がスケジュールにのぼった。優勢の右派と劣勢の左派による千年一日のごとき議論がくりかえされた。しかし、生活の質(Quality of Life)から社会の基本デザインを考える議論は、ほとんどなされていない。
 実は、右派が理想とする大日本民族国家=超生命体の社会も、左派が理想とする「各人は万人のため、万人は各人のため」の小学校学級会的な社会も、同じく「教えて治に至る」タイプの社会である。
一言で言えば、右翼も左翼も全体主義なのだ。それは、生活の質(Quality of Life)という観点からは、最悪の社会である。

233 :名無し三等兵:2007/04/17(火) 07:30:25 ID:ONF5d363
>>210
ちょっと向こうで酒のもうぜ

234 :名無し三等兵:2007/04/17(火) 07:32:24 ID:???
アゲチマタ

235 :名無し三等兵:2007/04/19(木) 21:34:41 ID:???
「俺は、君のためにこそ死ににいく」会見に徳重聡さん、窪塚洋介さんら
http://meieki.keizai.biz/headline/380/

 名古屋観光ホテル(名古屋市中区錦1)で4月18日、映画「俺は、君のため
にこそ死ににいく」公開に先駆け、監督、出演者らによる会見が行われた。

 同作は、1945年太平洋戦争中の鹿児島県知覧飛行場から、特攻隊員として
戦地へおもむく若者たちの姿を、彼らが母のように慕っていた「富屋食堂」
の女将、鳥濱トメさんの視点から描いた物語。製作総指揮は、現東京都知事
で作家の石原慎太郎さん。鳥濱トメさんと親交の深かった石原さんが、鳥濱
さん自身から聞かされた話をもとに8年前に同作を企画し、脚本を書き上げた。
主役の鳥濱トメ役は、石原さんの強い希望により岸恵子さんが演じている。

 当日、会見には監督の新城卓さん、特攻隊員役を演じた徳重聡さん、窪塚
洋介さんが出席。新城監督は「アメリカ植民地時代の沖縄で育ったこともあ
り、監督業を志した時から『特攻隊』を描いた映画を撮りたくて企画を温め
ていた。石原さんの『鳥濱トメ』さんに対する思いと、私の『特攻隊』への
思いがうまく合致して作品が完成した。実際に起こった戦争の史実を、次の
世代に伝えていきたい」と、作品に対する思い入れを語った。脚色は少なく
し史実に基づいたストーリーづくりにこだわったという同作は、隊員役を演
じた出演者全員が頭髪を三部刈りにし、実際に陸上自衛隊に入隊して徹底し
た訓練を受け、撮影に挑んだという。

 印象に残っているシーンについて、第17振武隊中西隊隊長を演じた徳重さ
んは「桜の木の下を歩くラストシーン。戦争で生き残った隊長の中西の、自
責の念が最後に報われた良いシーンだと思う」と話し、窪塚さんは、初めて
自身の出演作を見て涙が出たという。記者からの「戦争映画に出演したこと
で、自身の考え方が変わったような出来事はあったか」の問いに対し、徳重
さんは「戦争で亡くなった人たちがいて、今の平和な日本があると再確認し
た」と話す一方、窪塚さんは「戦争のために自由に生きる選択肢すら与えら
れなかった若者を演じたことで、逆に現代で自分の好きなことを悔いのない
ようにやっていこうという思いが、より強くなった」と話していた。(2007-04-19)

236 :名無し三等兵:2007/04/19(木) 21:35:59 ID:???
今を実感させる「あの戦争」「俺は、君のためにこそ死ににいく」(2007年、日本)
http://www.nishinippon.co.jp/entertainment/cinema/news/20070419/20070419_001.shtml

 先日、知人が自殺してしまった。その悲劇の数日後、この映画を見た。
「僕らはどんなに苦しいことがあっても、絶対に自分で命を絶っては
いけないんじゃないか?」。彼にそう叫びたくて仕方なかった。でも
もう声は届かない。

 太平洋戦争末期、不利な戦況にあった日本軍は特別攻撃隊の編成を
決め、多くの若者たちの命が失われた。特攻基地があった鹿児島県知覧
の町に、彼らが母のように慕う人がいた。鳥濱トメさん。特攻の母と
して知られた。彼女の視点から、特攻隊員らの短い青春の様子を描き
出している。

 映画の中に「国体のために…」という言葉がある。天皇が統治する
日本国の国家体制という意味。そして対極に「ケンカにも負け方がある」
というセリフも。特攻に疑問を抱く部下に上官が言う言葉だ。戦争意義
と、戦況とのギャップを端的に表している。そして、その犠牲となった
のは天皇でも、軍上層部でもない。愛する人のため散っていった特攻兵
たちだ。

 今は兵役もなく強制的な死もない。十分平和だ。むろん、これまでの
戦争は虚構ではない。それを学び実感できれば、現代での苦しみを少し
は軽くできるのではないだろうか。自殺してしまっては、生きたくても
生きられなかった人たちに申し訳が立たない。 

 (劇団轍代表・日下部信)

=2007/04/19付 西日本新聞朝刊=

237 :名無し三等兵:2007/04/19(木) 21:37:12 ID:???
俺は、君のためにこそ死ににいく
CINEMA TOPICS ONLINE - 2007年4月16日
http://www.cinematopics.com/cinema/works/output2.php?morephoto=ON&oid=6382

238 :名無し三等兵:2007/04/20(金) 09:48:03 ID:???
 石原慎太郎・東京都知事(74)が製作総指揮の映画
「俺は、君のためにこそ死ににいく」(5月12日公開、新城卓監督)に
主演した俳優・窪塚洋介(27)と新城監督(63)が19日、
同作を「翼賛的な映画」とした井筒和幸監督(54)に対し“反撃”に出た。

 窪塚はこの日、大阪でのPR会見で「この映画を見て戦争賛美だというヤツはアホ。
まず作品を見てから言って欲しい」と、井筒監督をバッサリ。

http://hochi.yomiuri.co.jp/entertainment/news/20070420-OHT1T00043.htm

239 :名無し三等兵:2007/04/20(金) 21:05:44 ID:???
窪塚は会見前にキメたのか?

240 :名無し三等兵:2007/04/21(土) 05:35:12 ID:???
>あの痛ましい犠牲は、戦争というまぎれもない極限状況
>の中で若い青年たちが、俗にいわれる天皇陛下のためな
>どという狂信ではなしに、家族など自らの最愛の者たち
>を守るということのために苦しみもだえながらも敢えて
>死んでいったことを伝えたいと思ったからだ。それは極
>人間的な自己犠牲であって、かつての特攻隊と今日の無
>差別な自爆テロとは絶対に、全く違う。



頭弱いんじゃないの?
どう考えても美しくないよ。馬鹿な日本人が馬鹿なことやって死んだだけじゃん。
これで感動する奴って馬鹿だよね。低学歴。
低学歴だから仕方ないか


241 :名無し三等兵:2007/04/21(土) 05:50:03 ID:???
>>240
まったくでござる。
チンピラゴロツキより弱い底辺の雑魚が喧嘩売って、チンピラゴロツキに家族殺されてりゃ世話無いな。
天皇教の雑魚どもはどうしようもない無能だねwww

242 :名無し三等兵:2007/04/21(土) 07:46:27 ID:???
馬鹿なガキが死んだからってどうだって言うんだよwwww

243 :名無し三等兵:2007/04/21(土) 07:47:53 ID:???
>>240
石原は一橋卒だぞ・・・

244 :名無し三等兵:2007/04/21(土) 07:56:42 ID:Zt79GZut
この映画に出てる隼と飛燕は本物なの?

245 :名無し三等兵:2007/04/21(土) 09:44:15 ID:???
一橋(笑)って低学歴じゃんwwwww

所詮ウヨの水準はこの程度wwww

どう考えても美しくないよ。馬鹿な日本人が馬鹿なことやって死んだだけじゃん。
これで感動する奴って馬鹿だよね。低学歴。
低学歴だから仕方ないかwwww

246 :名無し三等兵:2007/04/21(土) 10:38:16 ID:???
一橋を低学歴とは大胆な

247 :名無し三等兵:2007/04/21(土) 11:25:23 ID:???
昔の作家は大学教育を馬鹿にしていて、入学しても好きな講義にしか出席せず、
結局卒業できずに中退するものがほとんどだった。
それでも、良い作品さえ発表していれば生活にも出世にも困らない、実力本位の仕事だからね。

248 :名無し三等兵:2007/04/21(土) 11:26:12 ID:???
>>245 お前は一橋を知らんのか?

249 :名無し三等兵:2007/04/21(土) 12:34:06 ID:???
一橋が高学歴ってwwwww

やっぱりウヨはアホだなwww

あの時代の一橋が高学歴ねぇwwwwwwwww

250 :名無し三等兵:2007/04/21(土) 17:25:57 ID:???
DVDで無く、映画館へ見に行きます。


251 :名無し三等兵:2007/04/21(土) 17:32:39 ID:???
人物探訪: 特攻隊員の母、鳥浜トメ〜蛍帰る

明日は死に行く若き特攻隊員たちにしてやれる事は、母親になってやる事しかない、、、

■1.蛍帰る■
■2.おれ、この蛍になって帰ってくるよ。■
■3.少年兵たちのオアシス■
■4.いま目の前にいるこの子が明日死んでしまうなんて■
■6.「ぼくは朝鮮人です」■
■7.今生の別れの歌アリラン■
■8.観音像の建立■
■9.4月の蛍■
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h14/jog253.html


> 鳥浜トメ 孫 赤羽潤です。

> 「俺は、君のためにこそ死にに行く」の封切の日が決まったみたいですね、
> 5月12日が楽しみです。私の営んでいます「薩摩おごじょ新宿店」でも
> 映画のチラシをお客様にお渡しいています。祖母の鳥浜トメは生前、
> 知覧特攻隊の話を皆さんに話しをしていました、その話の最後に必ず
> 「もう二度と戦争をやってはダメだからね」と、必ず言っていました、
> この映画をご覧になって是非、語り継いでいただきたいと思います。
> 祖母の鳥浜トメから「石原慎太郎さんは何度も私に会いに来て
> 色々話しを聞かせてあげたんだよ」と聞いたことがよく有りました、
> たぶんトメが特攻隊の話を出来なくなったあとも石原慎太郎さんが
> トメの代わりの知覧特攻隊の話を語り継いでくれるだろうと、
> トメは必死に石原慎太郎さんに話をした事と思います。
> 祖母の想いを継いで知覧特攻隊の話を映画にして下さり、
> 石原慎太郎様・監督・東映・スタッフ・役者の方々・沢山の方に
> この場をおかりてお礼申し上げます 有り難う御座います。
http://www.chiran1945.jp/blog/archives/2006/12/post_69.html

252 :名無し三等兵:2007/04/21(土) 17:33:52 ID:???
> 石原慎太郎さん当選して良かったですね、鳥浜家そして赤羽家とも
> 喜んでいます。映画の上映がまもなくですね、私達も一人でも多くの方に
> この映画を見ていただきたく、お店で頑張って映画の宣伝をしています。
> ゆっちんさんもお店に顔を出して下さいね(以前は満席で入れなかったので)。

> 皆さんへ、この映画は私の祖母(鳥浜トメ)から聞かされた通りの
> 真実の映画です今では鳥浜トメから話を聞く事は出来ませんが、
> この映画はまるでトメが日ごろ語っていた知覧特攻隊の話そのもの
> なので、トメから話を聞くのとまったく同じです。
> 一人でも多くの方にこの映画を見ていただき、次の世代へと
> 語り継いでいただき、二度と戦争を起こさないで欲しい、
> それが私の祖母鳥浜トメの願いでもあります。

>      知覧特攻の母 鳥浜トメ 孫 赤羽潤 より

http://www.chiran1945.jp/blog/archives/2007/04/post_82.html

253 :名無し三等兵:2007/04/21(土) 18:11:23 ID:???
【特攻隊】俺は、君のためにこそ死ににいく【知覧基地】 [映画作品・人]
↓何、これ。

石原都知事の「俺は、君のためにこそ死にに行く」 [映画作品・人]
【ピースな愛の】窪塚洋介Part3【バイブス】 [HIPHOP]
【正論】「俺は、君のためにこそ死ににいく」主演の窪塚洋介、井筒監督に「戦争賛美だというヤツはアホ」 [ニュース速報]
窪塚洋介a k a卍LINE [HIPHOP]


254 :名無し三等兵:2007/04/21(土) 18:19:45 ID:???
我が家の収入は男まかせ
料理は味覚が悪いので男まかせ
買い物するのも節約が下手だから男まかせ
洗濯は機械オンチで操作も出来ないから男まかせ
電球替えるにも器具の知識もないので男まかせ
頭悪いし運動神経が悪いから車の運転は男まかせ
掃除するにも手際もセンスも全くないから男まかせ
セックルするときも基本的にマグロで男まかせ
育児は面倒臭いので全部放棄して男まかせ
可燃ゴミと不燃ゴミの区別も分別方法も分からないから全部男まかせ
ゴミ出しも朝の出勤ついでにと全部男まかせ

 *     +    巛 ヽ
            〒 !   +    。     +    。     *     。
      +    。  |  |
   *     +   / /     それが寄生虫女クオリティ!
       ∧_∧ / /
      (´∀` / / +    。     +    。   *     。
      ,-     f
      / ュヘ   | *     +    。     +   。 +   
     〈_} )   |   
        /    ! +    。     +    +     *
       ./  ,ヘ  |
 ガタン ||| j  / |  | |||
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――


255 :名無し地球市民 ◆ZpUnXqLb2U :2007/04/21(土) 18:24:25 ID:???
>254
まぁ、可愛いならいいだろ

256 :名無し三等兵:2007/04/21(土) 18:33:32 ID:???
くそー地元なのにな。
撮影見に行きたかった

257 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 01:05:19 ID:t9Ne5NDh
まぁ、なんだかんだ御託ならべて、
戦争で死んだ人をとやかく言うヤツ
死んだ人、死なずに済んだ人ひっくるめて
その人達の動きで、今のんびり2ちゃんに書き込んで
いい気持ちでいられるっつー事を気づく事だな。

258 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 02:20:05 ID:???
「英霊」だの「狂人」だの


特攻隊員も大変だな。

259 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 04:17:14 ID:???
生前も死後もお疲れさまでした。
微力ながらなんとか日本を盛り立てていかないとな。

上映開始日に見に行くわ。

260 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 04:44:39 ID:???
しかしよくこんな恥ずかしいタイトル付けたもんだ。

261 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 07:08:17 ID:TCTIPekj
当時は『天皇のために死ぬ』のであって、公には天皇陛下万歳が普通の表現

間違っても『君の為に〜』なんて心の中で思っても
公言なんて無理

個人的な感情で特攻を語る自体がおかしい

個人主義の現代人の感覚と、仲間外れを恐れる全体主義の当時の感覚とは違うんだから


他人と違うことをするのは『恥』となるから
死にたくないと思っても拒否は無理なことまで表現しているとは思えない

262 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 07:11:34 ID:???
今だってはぶられたくなきゃ無理なことでもしなければいけない

263 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 07:13:22 ID:???
なんで個人的感情をもって語ることがおかしいんだ?

264 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 07:16:19 ID:???
こんな映画見に行くのは全員低学歴馬鹿ウヨだろ

感動する奴は真性の池沼だ糞

265 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 07:20:52 ID:???
”君”=天皇だろ?

266 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 07:25:41 ID:TCTIPekj
多分なんの予備知識がなければ感動するでしょう

軍ヲタにしてみれば隼V型のレプリカだけでも『感動』するかも

しかし『出口のない海』並のものでしかない気がする

タイトルだけでも国家の方針である自己犠牲を語れる作品とは思えない

当時の恥の文化と、
個人の感情など一切認められない天皇の軍隊であることを隠して
個人的な感情だけで特攻を語ることに無理がある

267 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 07:37:51 ID:???
予備知識があっても感動する人はいる。
感性の問題でもあるのだから。
また有していない人間を蔑む原因となるような差別化はよろしくない。
ヲタが嫌われる要因の一つだよ。

268 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 07:43:19 ID:TCTIPekj
上記のように『人それぞれ』という書き込みだけでも
現代の個人主義感覚というもが理解できるだろう

当時は本音と建前が明確に存在し
絶対に個人の意思を尊重するなんて不可能

人それぞれと公言できる感覚で特攻を理解出来るだろうか…

269 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 08:10:22 ID:???
映画の感想と特攻隊員の心境を結び付ける理由がわからん。
特攻は全体主義者にしか理解できんということですか?
映画の感想が人それぞれなのは当たり前だと思いますが。

私は馬鹿なのでもう少しわかり易くお願いします。

270 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 08:21:23 ID:???
私はプチ全体主義の中でいきてきました。
私のような典型的なムラ社会に生まれ家を継がなくちゃいけない人間は職業の選択すら制限される。
家を継いでムラを構成する一員として生きていかなくちゃならない。
自分のやりたいことよりも長男として家を継ぐことが優先される。
土下座したって自分の思うようには生きられない。
この家に生まれた瞬間に人生の半分以上を家のために犠牲にすることが決定づけられる。自分の都合よりムラの都合が優先される。

これを特攻と並列化する気は毛頭ありません。
しかし同情の念や尊敬の念をよせてくださる方もいます。
その反対もまた然りです。

ひとつの事象に同じ思いや感想を抱くなどということはあり得ないでしょう?
稚拙な文章ですが私が言いたいのはそういうことです。

特攻というものを理解するために画一的な考え方が必要だとは思いません。

271 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 08:45:25 ID:???
>>268
意味不明。
これは大君に命を捧げる画一化された集団ではなく個人の物語を描いた映画だぞ。

あと映画をみて抱く感想が人それぞれなんて今も昔も当たり前だろ。

272 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 09:01:17 ID:Tw5IUcR7
当時の軍人でさえ特攻や玉砕に対する考え方は人それぞれなんだから
後世にそれを評価する人間の考え方が分かれるのは当然。

273 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 09:30:08 ID:???
有田芳生の『酔醒漫録』2007/04/06 「調査なくして発言権なし」(改訂版)
http://saeaki.blog.ocn.ne.jp/arita/2007/04/post_df1e.html

>  自己実現とは自分なりの仕事を創造的に行っていることだけでは
> ないのだろう。多面的な人間模様を狭い価値観で一方的に裁断しな
> いという寛容さを身に付けるということでもある。

> ある都知事選候補者の支持者からは、石原慎太郎制作総指揮の
> 映画を見てもいないのに、お前は戦争賛美者かと的外れな罵声が
> 言葉として届いた。人間の営みは複雑で多面的なものであるにも
> 関わらず、狭い物差しでもって他者をおとしめる。そんな空虚な
> 言葉と行為は現実にはまったく力とはならないのに、おそらく
> 自己満足でおらびあげる。狭いイデオロギーは人間の豊かさを
> 衰退させてしまうのではないか。

> たとえばこんな対談を読んだ。「〈パッチギ!LOVE & PEACE〉は
> 五月十九日からの公開ですが、同じころ石原慎太郎さん制作総指揮
> の特攻隊映画が公開されます。石原映画は“お国のために勇敢に死
> ににいく”という映画と聞いていますが、僕たちの〈パッチギ!〉
> は、その真逆を行く映画です」(李鳳宇?シネカノン代表取締役)。

> この発言を受けて映画評論家の山田和夫さんはこう語る。「六〇年代
> の日本映画と比べて、戦争を美化し肯定する石原映画のような作品が
> 作られるようになった、今の状況は悲しいですね」(「赤旗」4月5日付)。
> 「聞いています」というから李さんは映画を見ていない。タイトル
> から推測した発言だ。山田さんは見たのかどうかは発言だけからは
> わからない。そこで東映宣伝部でこれまで試写会に来た人を調べて
> もらったところ、最初の試写会に出席されていた。わたしには戦争
> の悲惨さを伝えると思えた映画も、山田さんにとっては戦争賛美と
> なる。まさに「人生いろいろ」「感想もいろいろ」というしかない。
> しかし政治家としての石原慎太郎憎しの政治的立場からの批評でな
> いならば、具体的に問題点を指摘するべきだろう。

274 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 09:32:11 ID:???
>>268
そんな当たり前のこと言われてもね。
映画を評価するときに当時の国策的なバイアスをかけて観ろというのか?
君は自分の抱く特攻観に他人も同調してほしいだけなんだよ。

映画を見た時に抱く感想は人それぞれだという考え方のどこが可笑しいのか説明して下さい。

あと逆に聞くけどどういった感覚でいれば特攻を深く理解することが出来るんだ?

275 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 09:42:23 ID:???
当時の人間が様々な評価を下しているのに人それぞれを否定するとはこれいかに。
しかも映画に対する批評。


ガキか。

276 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 09:54:04 ID:???
君はもしかして、戦争おっぱじめた責任は上層部にはなく兵士にあるとでも言いたいのかな? というか、日本人=一生命体とでも思っているのかな? それとも一兵士の力で戦争そのものを消すことができると思っているのかな?
そういう感想しか出てこない君は、きっと家族が殺されようがなんだろうがどうでもいい、あえて言うなら息を吸って飯を食うだけの生き物なんだろうね。

まあ何が言いたいのかというと、これで低学歴だとか言い出す君は、あえて言うなら無学歴だな。

277 :276:2007/04/22(日) 09:55:04 ID:???
おっと
>>240
の事な

278 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 10:08:13 ID:???
当時の状況を深く理解するからこそ色んな感情を抱くんじゃね。

つか時代に覆い隠された様々な思いがあるからこそ
こういう映画や手記が出るんだろ。
それを見て読んで感じることは人それぞれだろ。
それを否定したら元も子もないよ。
>>268の言ってることは理解できるが同意はできない

映画だよ。映画。

279 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 10:28:40 ID:???
>>278
いや>>268は同意は当然として理解もできない
ていうか全体主義やらなんやらだと、思考能力が消滅してることになってるらしいね。考えるって事を学ぼうな?>>268

280 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 11:10:31 ID:0PYS+nHP
靖国で会おう

281 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 11:30:19 ID:???
うんなんどうでもいいからヤれるまんこくれね?

282 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 12:08:28 ID:???
最近の日本の戦争映画はこんな感じの道徳じみた辛気臭いのばっかだな。
兵隊やくざとかエースパイロットが活躍するもっと爽快な映画を作れ。

283 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 12:45:32 ID:???
零戦燃ゆをぜひリメイクしてほしい

284 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 13:33:40 ID:???
>>282
ttp://www.youtube.com/watch?v=xWTfCcukCjQ
オレもイメージ的にはこういう映画見たい。
実現可能性は零だけど。

285 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 19:45:33 ID:???
天国で再会しよう!

286 :名無し三等兵:2007/04/22(日) 19:55:55 ID:???
今度生まれ変わったその時は
桜花咲く男塾の校門で会おう・・

287 :名無し三等兵:2007/04/23(月) 18:13:20 ID:???
矢尾一樹が待ち構えていそうだな。

288 :名無し三等兵:2007/04/23(月) 19:08:11 ID:???
石原都知事が特攻隊映画の製作総指揮 2005年08月23日 (日刊スポーツ)

 石原慎太郎都知事(72)が製作総指揮と脚本を担当する映画「俺は、君の
ためにこそ死ににいく」(新城卓監督、来年公開予定)の製作発表が22日、
都内で行われた。太平洋戦争下、鹿児島・知覧で「特攻の母」と呼ばれた故
鳥浜トメさんの視点で、特攻隊員たちの青春を描く。鳥浜さんと親交のあった
石原氏が企画し、資金集めも含めて全面的な指揮を執る。

 弟裕次郎さん主演映画の脚本を書くなど映画界に深くかかわってきた石原氏
だが、製作総指揮という立場は今回が初めて。企画から資金集め、キャスティ
ングなどを自らの責任で行う。今回の作品は、それほど思い入れが深い。

 特攻隊の基地となった知覧で食堂を経営し、出撃を見送り続けた鳥浜さんの
目を通して、家族や故郷のために散った若者の青春群像を描く。鳥浜さんと
交流のあった石原氏は「トメさんは多くを語らない人だったが、なぜか私には
心を開いて苦悩の体験を教えてくれた。トメさんの見た悲惨な群像を描き、
彼らの鎮魂のためにも残したかった」と製作理由を説明した。

 鳥浜さんの話が盛り込まれた01年の映画「ホタル」(降旗康男監督、高倉
健主演)を見て「自分の感じたトメさん像と違う。自分の知っているトメさん
を描きたかった」とも感じたという。

 石原氏は「死んでいった若者はトメさんという菩薩(ぼさつ)のような人に
救われたはず。まさに菩薩という存在」と鳥浜さんを評した。亡くなった92
年には、当時の宮沢喜一首相に「国民栄誉賞を贈ってほしい」と頼んだことも。
その人生、苦悩を世に残そうと、企画を東映に持ち込んだ。脚本は昨年暮れに
わずか4日間で書き上げた。映画の脚本は新城監督の「秘祭」(97年)以来
8年ぶりとなる。

289 :名無し三等兵:2007/04/25(水) 08:43:50 ID:???
特攻の真実が描かれた映画が完成! 石原都知事、岸惠子、窪塚洋介らが舞台挨拶
http://www.cinemacafe.net/news/cgi/report/2007/04/1688/

徳重聡、世界へ!主演映画「俺は、君のために−」英語字幕完成
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200704/gt2007042512.html

 俳優、徳重聡(28)主演の映画「俺は、君のためにこそ死ににいく」
(新城卓監督、5月12日公開)が世界公開へ向けて始動したことが
24日、分かった。英題「FOR THOSE WE LOVE」で、
英語字幕が先月末に完成。来月からアジア、欧米を中心に世界配給の
交渉に入り、第60回カンヌ国際映画祭(5月16〜27日)のマー
ケットで世界初披露される。

 特攻隊の若者たちの生き様を史実に基づきリアルに描いた青春群像
劇が世界の空へ飛び立つ。

 製作・配給元の東映によると、世界的にほとんど知られていなかった
特攻隊の真実を描いた作品として製作決定時から海外メディアの問い
合わせが多く、仏紙ル・モンドが2月15日付紙面で同作にからめて
特攻隊の特集記事を大々的に掲載。3月2日に都内で行われた同作を
成功させる会にはロイター、ロサンゼルス・タイムズが取材に訪れた。

 こうした注目度と、もともと製作総指揮・脚本の石原慎太郎東京都
知事(74)、徳重、窪塚洋介(27)、岸惠子(74)ら主要キャ
ストが以前から世界の人々に観てもらいたいと強く望んでいたことを
受け、世界公開を目指して始動。約40カ国への配給を見込んでいる。
カンヌでは、マーケット内の試写室と市内の映画館で上映。最も多く
の海外バイヤーを集める映画祭だけに「売れない例はない」(東映)
と世界公開は、ほぼ確実と見られる。

290 :名無し三等兵:2007/04/25(水) 08:45:33 ID:???
 同作は鹿児島県知覧町を舞台に、“特攻の母”と呼ばれた実在の人物、
鳥濱トメさんの視点で特攻隊の姿を描く青春群像劇。

 今月22日に15回目の命日を迎えたトメさんを偲び、この日、東京・
丸の内の東京国際フォーラムでは同作の完成披露試写会が行われ、
特攻隊員の1人を演じた徳重ら9人が来場。朗報に徳重は「ええっ、そう
なんですか!」と身を乗り出し「戦争なんてどこでだってあってほしくない。
だからこそ日本人だけでなく世界の人たちに観てもらいたい」と喜んだ。

 舞台あいさつでは約1300人の観客を前に、「特攻という事実を見て
いただきたい」と力のこもった言葉。窪塚も「時代劇と言っても過言では
ないくらい時代が違うけど、たかだか60数年前にトメさんと特攻兵がこ
ういう命を生き抜いたんだというのを観てほしい」と真摯に語りかけた。

★石原知事が助言!テンポよくなった

 この日はまさに完成披露だった。というのも3月2日の成功させる
会で上映された初号(第1号プリント)を観た石原知事の「テンポを
よくするためにカットしないか」のひと声で、異例の修整が決定。
作品をより良くするためにと考えた監督と知事のカットしたい部分は
ほぼ同じで、軍隊の訓示場面、生き残った特攻隊員の戦後場面など
約4分半をカット。追加製作費約2000万円は東映が請け負った。
試写会では「再初号」を初めて知事らが鑑賞した。

★プロ陸上選手の為末大、しみじみ

 試写会ではプロ陸上の為末大選手(28)が鑑賞。「僕が少年兵く
らいの年齢の頃は、多分大学生で自分の人生を考えることなんてなく
走ってばっかりでした。男なんで特攻隊員の心情は何となくああこう
なるんだなと入っていけましたが、残された人(女性)の描写がつら
かったですね」としみじみ。ほかに窪塚の弟の俳優、窪塚俊介(25)
が両親と鑑賞する姿があった。

291 :名無し三等兵:2007/04/25(水) 09:33:31 ID:CAgsVUQg
飛行機を囲んで笑顔の集合写真は、このページ中ほどの写真がモーチーフだろう。
何度見ても泣ける。
ttp://web.hpt.jp/eikonroku/tokkou.html

292 :名無し三等兵:2007/04/25(水) 09:57:38 ID:???
まぁ大和アンチの気持ちも分かる。
あんなカス映画に「賛」が有ったら腹立つよやっぱり


293 :名無し三等兵:2007/04/25(水) 10:22:05 ID:???
大和の事は聞いてない

294 :名無し三等兵:2007/04/25(水) 11:27:31 ID:???
>俺は、君のためにこそ死ににいく

大嘘だなw

本質的に軍隊は国が所有する暴力機関であって、それに所属する
「公務員」である軍人が「私人」のように「君のためにこそ死ぬ」
などということができるわけがないw

軍人は国、政府、国体のためにこそ死ににいったのだよ。
バカじゃねえのか? 欺瞞やめれ。

295 :名無し三等兵:2007/04/25(水) 11:40:45 ID:???
彼らは人間ですよ。

人間を描くことは許されないとでも?

お前には戦意高揚映画がお似合いだ。

296 :名無し三等兵:2007/04/25(水) 11:47:27 ID:???
……なるほど。>>294の場合は自分が死ぬことに対してもそこまで割り切れる訳か。
もしかしたら特攻で倒す船が身内を殺すかもしれない。違うかもしれないがやらざるを得ない事をただ無意味にやるよりは、と思いたいんでねえの? まともな人間ならね。
まさか自分で自分を納得させることすら否定するとはな。公務員は人間じゃない訳か、初めて知ったよ。

297 :名無し三等兵:2007/04/25(水) 14:36:00 ID:???
>294
法的な身分関係だけを言っちまうとそうならざるを得んわな。そうでない
ならばただの「自爆テロ」だからして。もちろん将兵個々の心理は別の話
ではあるが。
同時にそれを飲み下せない情緒的な「自分を納得させる為」とか言ってる
住人大半はまだまだ甘いな。人間ではなく戦争機械の部品になってもらわ
ないと近代総力戦なぞという凶事はやっていられない。その事がもっとも
露骨に出た事例がこの特攻だからして、イタイ部分に触れるから情緒的な
方々は良く反応する罠。

所詮「特攻」で議論する点は心理にしかなく、こと軍板が肴にすべき軍事
的効用とか意義においては、自軍の統帥さえ機能不全に陥らせる副作用と
投入戦力という投資の割に肝心の戦果という成果が収支しない「愚策」で
あった事はFAの筈だが。
どうにも特攻スレというのは、この手の情緒的循環に陥るだけで、実りが
ないね。

298 :名無し三等兵:2007/04/25(水) 14:58:53 ID:???
>>297
>投入戦力という投資の割に肝心の戦果という成果が収支しない「愚策」で
>あった事はFAの筈だが。
まぁ、それはそうなんだが、敢えて情緒的に捉え続けることによって
日本の国防に携わる者の意識、または有事の際の国民の意識に
「軍事的な意味で」有益となるのであれば、実りがないとも言い切れない。
そうなるとこの映画は国威高揚の戦争映画という解釈になってしまうが、
軍事板ではそれもありかな。

299 :名無し三等兵:2007/04/25(水) 15:16:05 ID:???
身分関係「だけ」を言ってる時点で戦争というものを語ってはいないと思う。
そもそもそれを言ったら軍版に情緒を狙って作られたこの映画紹介してる奴に文句言うべきで、それ以上にウヨとか低学歴とかウザイだけの連中にはもっとキツク言うべきだと思うが

300 :名無し三等兵:2007/04/25(水) 15:22:32 ID:???
個々人の事情や感情を物語として描こうというのだから情緒的になるのは当たり前。

それを念頭におかずに映画を批判するのは可笑しい。


まあ軍事的な考察ではなく人間というものについて考えるほうが特攻というテーマを扱うときには重要となる傾向があるのは確か。

それを不満に思う人もいるだろう。
だが避けて通ることもできない。

301 :名無し三等兵:2007/04/25(水) 15:25:32 ID:???
そうそうwww

低学歴ウヨにはきついお灸をすえましょうwwwwwww

バカウヨは特攻という単語に過敏だからなwwwww

英霊(笑)もウヨウヨホイホイになれてさぞかし嬉しいだろうねえwwwwwww

302 :名無し三等兵:2007/04/25(水) 16:22:00 ID:???
>>300
じゃ、軍人板にスレがある必要がないじゃん

303 :名無し三等兵:2007/04/25(水) 16:23:43 ID:???
ていうか、大和特攻を美談にした段階で
軍事作戦を軍事的に考えるマインドを日本人は失ったんだよ

304 :名無し三等兵:2007/04/25(水) 16:37:40 ID:???
>>295
何か日本には戦意高揚映画ってぽい映画が無い気がする。
「ハワイ・マレー沖海戦」も「加藤隼戦闘隊」も割と普通の戦争映画だった。

305 :名無し三等兵:2007/04/25(水) 16:41:41 ID:???
あまりにも無謀な作戦という認識があるから美談になりやすいんだろ


その任務に従容として赴いた兵士たちに物語としての美しさが求められるんだろ。
まあ国名を冠した巨大戦艦の最期という面も多分に影響してるだろうが。


正当かつ偉大な作戦だなんていう認識を持つ人は殆どいない

306 :名無し三等兵:2007/04/25(水) 18:56:49 ID:???
>>294

お前、「友達」と呼べる相手、一人もいないだろ?

他人の気持ちを思いやることのできない奴に、ただの「ツレ」以上の関係ができるわけがないものな。

307 :名無し三等兵:2007/04/25(水) 19:08:16 ID:???
>306
それが特攻と何の関係があるかな?
特攻に、まつわる情緒とさえ関係が無い。
議論を建設的な方向に向け給え。

308 :名無し三等兵:2007/04/25(水) 19:26:39 ID:???
情緒的になる面があっても軍事的考察にはなんら困る事はない

敢えて当事者達を貶めるような表現を用いなければね

309 :名無し三等兵:2007/04/25(水) 23:48:12 ID:???
戦時 特攻
平時 自爆テロ

310 :名無し三等兵:2007/04/26(木) 01:36:30 ID:???
>308
困るよ。
情緒の話をしたいなら哲学なり文学なりよりふさわしい板があるだろう。
ある意味最も「算数」的思考をせねばならないドライな軍事というもの
に将兵の士気以外の情緒的要素という「国語」を持ち込む事はすこぶる
危険な事だがね。
過大報告を情緒の果てに修正できずに、海軍全体で大法螺を吹いてた某
航空戦の如く。


311 :名無し三等兵:2007/04/26(木) 08:44:26 ID:???
情緒的な面を省いた特攻の考察なんてする必要もない
結論なんて最初から見えてるだろ

312 :名無し三等兵:2007/04/26(木) 08:55:27 ID:???
情緒的というより人道的な観点を省けばいい

兵士をただの捨て駒として考えて合理か非合理かで考えればいい

当事の状況を考えればあながち非合理とも言えんだろ

313 :名無し三等兵:2007/04/26(木) 09:01:45 ID:Hy32XcN+


314 :名無し三等兵:2007/04/26(木) 09:05:03 ID:???
このテーマで情緒的に成りやすい人も青年たちの行為そのものを貶めることがない限り殆ど怒るようなことはないでしょ。

別に情緒的であっても困ることはない。
むしろある程度物語化され情緒的な面に訴えたほうが教訓とするにはよい。

315 :名無し三等兵:2007/04/26(木) 09:08:32 ID:???
特攻という戦術自体を考えるなら情緒は必要ない。

だが指揮官や青年たちのことを考えようとするなら必要になるだろ。

316 :名無し三等兵:2007/04/26(木) 09:16:23 ID:???
>311
判っているじゃないか。
特攻について今更軍事的に建設的方向で語るべき事なんかないのだ。
強いて言えばこのようにすれば自軍の士気を破壊できるというやってはならん
反面教師的方法論を洗い出すくらいなもんだろう。
>312
芙蓉戦隊やフランクリン大破をみてると、本当に合理的か疑義ありかと。
自発的自爆でなく組織的特攻というありえざる事態による奇襲性が発揮されて
いた当初はそれなりに投入戦力に戦果がペイしていたが、充分な警戒と火力を
米艦がとるようになるとペイしなくなった。
商売人ならペイしない=赤字だから不合理であることは明瞭。その状況を甘受
できる状況は将来的に収支が合う先行投資による赤字の場合だがそんな見通し
が日本軍にあったかといえば、、。
特攻を「対艦ミサイルの射耗」と考えてさえ駄目ポと思うが。

317 :名無し三等兵:2007/04/26(木) 09:27:09 ID:???
通常爆撃を行っていたらどうだったかという点はどうだろうか?

318 :名無し三等兵:2007/04/26(木) 09:33:06 ID:???
特攻を沖縄戦から初めていればより大きな打撃を与えることができたかも知れない

或いはマリアナ戦時に組織的な特攻を行っていたら?

イフの世界だ

できるかどうかは別として投了するのが一番だな

319 :名無し三等兵:2007/04/26(木) 10:45:41 ID:???
情緒的なものを書くべきではないというが、戦略練る奴・作戦立てる奴・戦う奴、みんな人間で感情持ってるんだがね。
情緒的感情的なものを無視してそれこそ戦争は語れないだろ。
アメリカはなぜ中国で、ベトナムで、ソマリアで敗れた? ブッシュはなぜ今叩かれている?
戦争は算数にはならないよ。+に+を足して−になっちゃう事だってある。どれだけ合理性を求めても、感情ひとつで非合理的になっちゃうのが戦争なのさ。

320 :takatyann:2007/04/26(木) 18:44:22 ID:zN5tPXoO
それにしても
今の「機密漏洩したい放題の自衛隊員」はどうしたものか?
「・・・死にに行く」などの使命感は皆無だろうな。
どうすれば崇高な使命感を持った隊員が養成できるのか?
教育しかないだろうな。
「君が代を歌うな」だの言っている日教組教師に教えられたら
ろくな隊員は育たない。
[君が代]の代わりに[中国国歌]ならOKなのかなー。
日教組に聞いてみよー。

321 :名無し三等兵:2007/04/26(木) 18:48:00 ID:???
日本人捕虜はよくしゃべったらしいじゃん

322 :名無し三等兵:2007/04/26(木) 18:57:31 ID:???
>>321
どこの国の人ならしゃべらないのかな。

323 :名無し三等兵:2007/04/26(木) 18:59:38 ID:???
>>321
ソース

324 :名無し三等兵:2007/04/26(木) 19:24:27 ID:V+auTXhG
http://search.yahoo.co.jp/search?p=%E3%83%AA%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%82%A8%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%AD%E3%83%8B%E3%82%AF%E3%82%B9&ei=UTF-8&pstart=1&b=11

325 :名無し三等兵:2007/04/26(木) 22:44:47 ID:???
>>322
ナチスドイツ。

日本兵は捕虜になってからの教育を受けてなかったので、
いったん捕虜になると敵にベラベラ知っていることを何でも話したが、
ドイツは捕虜になったら敵に嘘の情報を教えて敵軍をかく乱するように、
教育していた。

ドイツえらい
日本だめ

326 :名無し三等兵:2007/04/26(木) 23:21:45 ID:3fp3JYqK
>>325
すると捕虜になるより自決しろって指示はうそなんですね
サヨクの宣伝信じなくてよかった



327 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 00:02:42 ID:???
>>326
ウヨクの宣伝を信じてるアホ発見

328 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 00:03:41 ID:???
あ、>>325が宣伝という訳じゃないよ
意に反することはすぐサヨ扱いするアホは正直キモい

329 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 00:04:12 ID:???
自決するのに「捕虜になってから」の教育は必要ないだろ?

330 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 00:28:25 ID:???
吉田満の著作が一番バランスが取れてる。

331 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 01:23:29 ID:???
>326
如何にも日本的情緒の世界である世間体やら「ふいんき」で捕虜となる事
を「ゆるされざる者」にでっちあげ、止めに法制度という建制の表口では
なく戦陣訓というドグマを擦り込もうという裏口で「死ぬべきふいんき」
を醸成して「捕虜となる前に死ぬ事」を演出しようとした訳だが、実際の
所、死のうとしなくても戦闘行為の最中に昏倒しそのまま捕虜になる事は
幾らでもある訳で、捕虜になった時の教育をしていない日本軍将兵はペラ
ペラと良く喋り、アタマ(捕虜となる事)かくして尻(機密)隠さずの体
たらくとあいなり。
サヨクの宣伝とやらよりも、事実は情緒的かつ念入りに間が抜けている。

332 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 01:34:55 ID:???
日本人にとって勝ち負けは二の次だったんだろうな。
共同体の構成員として役目を果たすことが大事だったんだ。
集団でことに当たる、それが良くも悪くも日本人の特徴

333 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 02:25:16 ID:???
糞ウヨ必死ww

334 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 02:33:05 ID:???
不思議なくらいブサヨが元気なスレだな
消える間際のロウソクの炎が激しく燃えるようなものか

ま、せいぜい負け犬ども頑張れや

335 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 06:58:28 ID:???
ウヨサヨのレッテルの貼り合いは楽しそうだね(o^-^o)

336 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 09:00:48 ID:???
どっちも結局それしか出来ないからね。
やだね、珍しいものがあると吠え掛かる犬は

337 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 10:07:23 ID:???
平日の昼間なんてこんなもんだ
雑談か煽り合いが主

338 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 10:16:38 ID:???
>334
何か勘違いしているようだが、軍板は熱湯浴の基準からいえば圧倒的に
「ブサヨ」が多いんだけどな(苦笑)。
ドグマに酔えるような体質では軍事という即物的現実に対応できんでな。
右から見れば現実主義に徹し真ん中に立ってるものは、左にあるように
見えるからのう。
それともあれか。特攻に絶賛を期待した情緒的香具師か?それならば、
心理学板にでもいって鯉。

339 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 10:32:15 ID:3zX3lPAW
きも・・・

340 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 11:35:07 ID:???
ナルシズムに浸っている馬鹿がいるスレはここですか

341 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 11:41:40 ID:???
軍ヲタな時点でドグマに酔ってる

342 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 11:58:20 ID:???
>>338
最近は自分に酔ってる人の方が多いのですよ。


そもそも特攻という作戦を批判するのと青年たちに思いを馳せるのは全く別なのだから右も左もないだろう・・・
特攻にどんな意味があったかを考えると思想的対立は起きるだろうが。
少なくとも私は後世の日本人に大いなる示唆を与えていると思う。
決して犬死にであったとは思わない。
というよりそう思いたい。
だから私は「現実主義者」にはなれない。
軍ヲタ失格ですな。

343 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 13:10:26 ID:???
>最近は自分に酔ってる人の方が多いのですよ。
つまり>>338みたいな奴のことか?

344 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 16:00:50 ID:???
みんなのために何かする、と言う心情は讃えられてよいと思うが
そこの正当性を強調しすぎると
特攻の戦術としての拙さや、企画立案した側の問題性などが
すりかえられ隠蔽されてしまう。
そして日本人が自己満足的な「戦い」から相手を見据えた「戦い」
をするための脱皮のチャンスが奪われる。俺はそれが嫌

345 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 16:12:31 ID:???
お前なんぞが日本人の心配する必要はない。
青年たちの行為そのものを貶めない限りどんな批評をしようともなんら問題はない。

346 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 16:20:32 ID:???
相手を見据えた戦いってなんじゃい
脱皮ってなんやねん

日本人がってなんやねん

347 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 17:01:41 ID:???
>>346
だって特攻して戦局変わったか?結局無条件降伏したんだろ。

348 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 17:11:23 ID:???
だって?

俺はそんなことは聞いてない

349 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 17:33:43 ID:???
>>348
普通に読めばわかるだろ。考えてもわからなければそれでいいじゃん。

350 :名無し三等兵:2007/04/27(金) 21:38:40 ID:???
>342
自分でよく判っておられるようだ。
軍事とは他人に対し望まざるであろう己が意思を押し付けんが為の行為であり
その為に求める勝利への法則は、悉く「相手より大勢で」「弱いものを叩く」
などおよそフツーの意味での人倫の斜め上を行くようなものばかりだ。
軍事に浪漫だの正義だの善だのを求めるなら軍関係に深入りすることは止めて
おいたがよい。

はっきりいって限りなく犬死に近似値なんだよ。特に効能という点からいえば
犬死以外の何者でもないと断言できる。敵艦のローテを苦しくしただとか戦闘
神経症がとかいうが、結局、日本は「望まざる連合国の意思」を強いられたの
だから、最も大きい意味で犬死以外の何でもない。日本の意思を強制する事に
失敗してもいる。
だからこそ、この愚劣と悲惨の類(歴史は繰り返すとは類型を繰り返すことで
同じ事象を繰り返すのは余程の阿呆だ。だから「類」)を繰り返す事の無い方
途とその実践を考えてみるべきなのだよ「軍ヲタ」ならば。

351 :名無し三等兵:2007/04/28(土) 11:05:05 ID:???
で、誰か試写会見た人いないの?

352 :名無し三等兵:2007/04/28(土) 12:17:21 ID:???
>>347
「ああ決戦航空隊」の視聴をお薦めする。

353 :名無し三等兵:2007/04/28(土) 12:38:42 ID:???
http://ime.nu/www.youtube.com/watch?v=N5nj9wmXYoY
/( ̄Д ̄☆)

354 :名無し三等兵:2007/04/28(土) 13:55:48 ID:DOUZjnDU
既出かもしれませんが、戦闘機のCGに関してちょっと安心しました、
http://www.k4.dion.ne.jp/〜suppon/

355 :名無し三等兵:2007/04/28(土) 14:12:10 ID:???
>>350
繰り返さないために悲惨な面が強調されるんだろ。
物語化を図り人間の情緒にうったえたほうがいいに決まってる。

あの戦争から学び取ることの内、特攻は大きなウエイトを占める。

356 :名無し三等兵:2007/04/28(土) 14:16:09 ID:???
軍ヲタになる奴は程度の差こそあれ浪漫主義者だと思うが・・・

357 :名無し三等兵:2007/04/28(土) 14:23:25 ID:???
そもそも特攻からなにかを学び取ろうとする姿勢に現実主義もなにもないだろ。

価値観の違いなんだから自称現実主義者と他称浪漫主義者の議論は永遠に平行線を辿る。

358 :名無し三等兵:2007/04/28(土) 14:35:52 ID:???
特攻に関する議論は結局価値観の押し付け合いにすぎない。

軍事的な面での考察なんて無意味なんだから。

359 :名無し三等兵:2007/04/28(土) 14:40:42 ID:???
>>349
私の質問に答えなさい


360 :名無し三等兵:2007/04/28(土) 14:48:29 ID:???
特攻は外道の戦法だが、
おまえらがその時代、教育、戦況など
あの状況に立たなければ誰も論じることは出来ない!
敵が日本の直ぐ際にまで迫り通常戦法では、
太刀打ちが出来ないその心情を思えばな。

361 :名無し三等兵:2007/04/28(土) 14:55:34 ID:???
http://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/study/4112/1104995802/l50

お前らここをしっかりと嫁

362 :名無し三等兵:2007/04/28(土) 14:56:48 ID:???
で、特攻を唱えた人は特攻してくれたんですか?

363 :名無し三等兵:2007/04/28(土) 15:01:11 ID:???
しました

364 :名無し三等兵:2007/04/28(土) 15:02:25 ID:???
>>361


24 名前:miki_enjoy 投稿日: 2005/01/07(金) 10:38 [ YahooBB218117187011.bbtec.net ]
上記は、私の理論としての観点です。

あと、率直に私の感情の点から言えば
「美談」や「恥、無能」などと主張し、他者へ自分の主観を強調し、強制する貴方達は
どちらも、「自己満足」の範疇から出ることが出来ない人なのだな、と思っています。

指揮官にしても特攻隊員にしても、「歴史に記載された登場人物」で、既にこの世に居
ない人々なのに、ゆっくり眠らせることもせず己の感情を他者に強要する、そして自己
満足の道具に使おうとしている。

、、、、そう見えますね。

これが全てじゃん


365 :名無し三等兵:2007/04/28(土) 15:40:03 ID:???
>>356
そうそう、自分の惨めな人生を忘れるために軍事に熱中しているキモヲタが軍ヲタ。
うちの史学科には一定の数で軍事ヲタがいる。
でもそいつらはチビ、メガネ、デブ、ガリ、病気もち、障害者とかいった感じで自衛官完全不適格者ばっかりだけどな。
自分のコンプレックスを軍事という暗黒面にぶつけて隠している感じがする。

アフリカの独裁政権とか、○○の戦いとかどうでもいい出来事に異常な執着心を見せて本当に迷惑なアスペルガー症候群ですね。

軍事ヲタに告げる
痩せろ。ヒゲ剃れ。髪の毛きもいから朝から風呂入って恋。美容院池。しゃべり方ちゃんとしろ。きょどんな。まゆ毛整えろ
顔洗え。服買え。話しかけられたらせめてワラって話合わせろ

366 :名無し三等兵:2007/04/28(土) 19:18:02 ID:BZ1P8Jkq
38歳中卒無職童貞市民団体所属の高二病患者の>>365がいるスレはここですか?

367 :名無し三等兵:2007/04/28(土) 19:23:08 ID:???
>>361
一通り読んだがあるコテがイタ杉wwww

368 :名無し三等兵:2007/04/28(土) 19:37:49 ID:???
>>366
図星つかれたからってキレるなよwww

369 :名無し三等兵:2007/04/28(土) 21:33:15 ID:???
>>368
頭悪そうなレスだなぁ。

と、中背中肉妻子持ち年収800リーマンが言ってみる。

370 :名無し三等兵:2007/04/29(日) 02:54:20 ID:???
まあ、特攻って言えばカッコいいけど
実質は糞袋高速ぶつけ作戦だからなあ


371 :名無し三等兵:2007/04/29(日) 09:58:49 ID:???
小林よしのりは、「特攻隊は日本の伝統を守る為に出撃して行った。」と言っていたがてんで的外れだな。
そんな大義名分を掲げて死にに行けるか。
殆どは、所謂「愛する存在を守る為に。」と言いつつ出撃して言っただろうけど、
それも、特攻出撃する自らを納得させる為の必死のもがきの表れなのだがな。

特攻隊の冥福を祈るのならば、二度と特攻をさせない事がせめてもの彼等に対する鎮魂になるのではないだろうか?

372 :名無し三等兵:2007/04/29(日) 14:48:22 ID:???
「愛らしい」と感じるかどうかは、
少なくとも歴史的重層の中で育つ「美意識」だと思うのだが・・・
なまじ伝統という意味も的外れではないよ

373 :名無し三等兵:2007/04/29(日) 15:02:37 ID:???
そいつはピントが外れてるんじゃないかな?
愛する存在=国じゃないだろ。
愛する存在=自分が愛する人だろ。
上の意味で死んでいった人もいると思うけどさ。
でも、死の重圧をねじ伏せるんだったら、やはり下だろ。
自分の死が、本当に愛する人を守ることになるかどうかは別として。
自分だったら、断然、下の方で自分の気持ちをねじ伏せるだろう。
そしてそれは別に、「歴史的重曹の中で育つ『美意識』」のような
小難しいもんじゃなくて、未開の社会、伝統の浅い社会であっても
ぜんぜん変わるところのない、プリミティブな思いじゃないかな。

374 :名無し三等兵:2007/04/29(日) 19:47:48 ID:???
素晴らしい!俺は君の意見を見て感動した!

君にお薦めの書籍がある。吉田満の「戦艦大和」(角川文庫)だ。
小林よしのりなんかより戦争体験者が書いたこの書籍の方がずっと感動出来たよ。

375 :名無し三等兵:2007/04/29(日) 19:53:13 ID:???
「愛する人を、守りたかった。」


この映画のキャッチコピーだが、微妙に「守れなかった」ニュアンスがにじみ出てるのが泣ける
笑えるwww


376 :名無し三等兵:2007/04/29(日) 23:41:59 ID:???
つーか「俺は、君のためにこそ死ににいく」の「君」って、誰だよ。
天皇の「君」か? 「愛する人」とやらの「君」か?
気になって眠れません。教えてエロイ人

377 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 01:26:05 ID:???
エロイ人ではないが、お教えしよう。

それは見てみない事には全く解らん。

378 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 03:50:27 ID:???
天皇を君って呼ぶ習慣ってあったの?

379 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 07:16:37 ID:???
上の方で特攻は犬死にだと盛んに主張している奴がいるが、昨日本屋で立ち読みした『丸』に
原勝洋氏が最近機密解除になって公開されたアメリカ海軍の報告書について寄稿したのを読ん
だが、特攻は実際に効果があったらしい。当時、米軍は戦意低下を防ぐため情報の統制を行っ
ていたのだと。日本軍は実際にはピケット艦に狙いを定めて襲いかかってきたのだそうだ。
米艦艇の損害率などの具体的な数値が載っているので一度読んでみるといいと思う。

380 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 11:02:44 ID:???
>>379
へぇ
そうなのかあ

381 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 14:17:07 ID:???
>>278
「吾今ここに死なん身は国の為なり君の為」
という有名な「抜刀隊」の歌詞にあるように、天皇陛下を敬って言う場合「君」が使われていたはず

382 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 15:27:21 ID:???
>>378
君が代は千代に八千代に細石の磐となりて苔の生すまで

これ基本的には天皇。

383 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 15:30:45 ID:???
もしかして2通りの意味があるのかな?題名に。
天皇への意味と、愛すべき人の意味と。
見なきゃわからんか。

384 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 15:34:00 ID:c+bS61FX
石原さん、インタビューで、君は愛する人のことで、天皇のことではないとはっきり言っていた。

385 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 15:34:27 ID:???
>>384
ナイス。疑問が解けた

386 :石原都知事は戦後世代:2007/04/30(月) 16:00:54 ID:???
|│ /
|●\
|^∀^)― 三島由紀夫との対談を読めば分かる事だね。
|_/
|│ \
|
|★ ̄]
|ハ´)<反石原スルナラ・・・
|■■_
|A´><イマノウチ!
|⊂/
|ノ

昨日の『昭和の日』記念式典にも来なかったよ…(>_<)




387 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 16:28:38 ID:???
>>378
吉田満の「戦艦大和の最期」でも、海軍兵学校出身の士官が「君(天皇)の為に死ぬ。」と口にするシーンがある。

388 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 17:20:47 ID:TFvUQ2Mk
B'zの盗作曲32曲が元ネタと比較試聴できるサイト
http://www.tadasu.biz/bz/index.html

389 :350:2007/04/30(月) 18:16:00 ID:???
>379
はいはい。「犬死」と主張しとる漏れに言いたい訳だな?
ピケットの損耗程度の瑣末事項の水準ならちゃんと「敵艦のローテを苦しく
した」と入れておろうが。そんな事は包括しつつもっと上のレベルで「犬死」
と言っている。よく嫁。

390 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 18:20:03 ID:???
戦略的観点や、ついでに感情論その他を一切無視した場合
特攻は現代でいう対艦ミサイルなわけで、効果が全く無いわけがないわな

逆に言えば、その程度のことに、貴重なパイロットを浪費したとも言えるんだが

391 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 18:33:09 ID:???
もう価値観の押し付け合いにしかならない

392 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 18:36:06 ID:pnROGgUb
今の日本の男は本当に腐りよる

393 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 18:39:20 ID:???
>>390
それは言えてるな。
直接爆弾を操作して攻撃できるわけだからな。
切腹した大西閣下が言ってるが、「反対するものは叩き斬るっ!!」てなもんで、もうヤケクソに近かったんだろう


394 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 18:46:20 ID:???
特攻なんて無意味、犬死と必死に唱える連中は「知識豊富な現実主義者の俺ってカッコイイ!感動してる奴あほすぎwwww」とか考えてる。
特攻日本人の美しい精神の(ryとやたら強調して戦法に疑問を呈する人を攻撃してる連中は「愛国主義マンせー」で盲目的になってる。

共通してるのは結局価値観の押し付けをして自己満足に浸っているにすぎないということに気づいてないこと。

395 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 18:53:36 ID:???
見たい奴は見ればいいし、見たくない奴は見なければいい。
そういうことだろう?なあ兄弟?

396 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 19:01:13 ID:???
その通りだよ穴兄弟

397 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 19:03:16 ID:???
>>390
はげど

>>394
はげど



398 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 21:44:13 ID:???
特攻する機体って、特別に多めに爆弾積んだりとかしてたの?

399 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 22:28:49 ID:???
250`は特別といえば特別

400 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 22:28:49 ID:???
神雷桜戦闘機隊は普通250番のところ
特別に500番積んで貰えたらしいがの。
ついでに使う零戦も粗製乱造の52型から
筑波とか元山の学徒部隊から取り上げた
21型にして貰えたらしい。

401 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 22:40:43 ID:???
そんなことしてもらっても
1つも嬉しくないわー!

402 :名無し三等兵:2007/04/30(月) 23:09:56 ID:???
21型で50番はキツイだろ

403 :名無し三等兵:2007/05/01(火) 01:00:12 ID:???
「特攻の精神」は認めるが、「特攻」そのものは認めない。
但し、個人がどう思うと自由だが、他者に押し付ける事は許されない。

404 :名無し三等兵:2007/05/01(火) 09:53:24 ID:???
日本人は最終的に追い詰められると特攻するのは間違いない。
そういう血が流れてる

405 :名無し三等兵:2007/05/01(火) 11:48:40 ID:???
>>202-205を読めば、「君」が天皇ではない、ということは一目瞭然だな

>あの痛ましい犠牲
>は、戦争というまぎれもない極限状況の中で若い青年たち
>が、俗にいわれる天皇陛下のためなどという狂信ではなし
>に、家族など自らの最愛の者たちを守るということのため
>に苦しみもだえながらも敢えて死んでいったことを伝えた
>いと思ったからだ。


この部分は泣ける
別にみんな、「狂信者」なんかじゃなかったんだよね

406 :名無し三等兵:2007/05/01(火) 12:15:41 ID:???
>>405
お前みたいなすぐに世間に向けた当たり障りない文章に影響される軽薄な俗物が戦死者の意思を語るな。無礼以外の何物でもない

407 :名無し三等兵:2007/05/01(火) 12:21:04 ID:???
映画を作るのは無礼ではないのか?

408 :名無し三等兵:2007/05/01(火) 12:45:21 ID:???
窪塚洋介に注目
http://www.youtube.com/watch?v=JhB_Rm_HHkg

刀持参で特攻?

409 :名無し三等兵:2007/05/01(火) 14:20:40 ID:???
>>406
そうなのか。
では、どういう文章、あるいはどういう姿勢であれば無礼にならないのであろうか?
何も語らずにいるのみが礼儀である、ということなのであろうか。

後学の為にご教示願いたい。

いや、本当に。

410 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

411 :テリブルフランク:2007/05/01(火) 14:39:28 ID:rR25bvoB
ゼロ戦は誤った改悪をされていき最終的に米軍にも相手にならないと評価を受けた。よく劣ってると言われる隼と比較してみよう!

武装面。ゼロ戦の初期型21型は機首に7.7ミリ×2、翼内に20ミリ×2。隼は大体の型が機首に12.7ミリ×2のみ。よく素人の比較だと隼が大きく劣ると評価されている。

しかし、目に見えない物を考慮していない。命中精度である。ゼロの20ミリはただ付けたのと元の弾道性能が悪く、弾数も非常に少ない。機首の7.7ミリ以外は運任せであった。

対して隼の12.7ミリは威力こそ20ミリに劣るものの、機首に装着されているため当たりやすく、この機銃の弾道性能も良好。命中率で大きく引き離される。隼は対戦闘機には有用だが、重爆には不利。ゼロは逆。

隼は終始武装は同じだが、ゼロは最終的に13ミリ×3、20ミリ×2に強化されたが後記する面で改悪してる事になる。

速度はゼロ21型が530キロ前後、隼一型は495キロ。速度は明らかに隼が劣っている。でも燃料のオクタン違いを考慮すべき。しかも、後期はゼロ52型丙は540キロ、隼三型は555キロと逆転してる。

航続距離はゼロ戦21型が3200キロ、隼一型は2600キロで隼は短い。だが、ゼロは防漏タンク未装備だが、隼は既に装備している。ゼロも防漏タンクを搭載してからは航続距離に違いがない。

防弾性はどちらも弱い分類。だけど、隼は二型から防弾装甲をとりいれかなりの成果を出してる。ゼロは最終型からようやく取り入れたが、馬力不足なエンジンのまま採用したので速度、運動性共に落ちた。

運動性は隼が上。両者とも後期の型は運動性低下したが、隼は重量増に見合った出力増加したが、ゼロは重量増ばかりしてしまった。

隼は戦争後半でも高い運動性、防弾装甲などによりP-38、47.51を撃墜してるがゼロは皆無に近い。

総論。ゼロは戦記ブームで無敵のイメージが強い。しかし、現実にはゼロは欲張った武装と防弾性、その割にはエンジン強化がままならず、初期型以降改悪に等しい。

隼は武装強化こそできなかったが、あまり注目されてない命中精度で勝り、防弾性と共に出力強化に成功した機体だ。

変な話軽量機体は下手な武装強化をしないのが良かったのかもしれない。後期の活躍は米軍の記述に見られる通り隼が上。 ゼロ最強妄想神話はやめてほしい

412 :名無し三等兵:2007/05/01(火) 15:30:51 ID:???
天皇陛下万歳!!天皇陛下万歳!!天皇陛下万歳!!

413 :名無し三等兵:2007/05/01(火) 15:37:03 ID:???
天皇陛下万歳!!江畑謙介は禿!!天皇陛下万歳!!

414 :名無し三等兵:2007/05/01(火) 15:41:05 ID:???
とは言え、この映画を見た人のどれだけが
「あれは零戦じゃなくて隼だよ」と理解できるのだろうか。

415 :名無し三等兵:2007/05/01(火) 15:44:28 ID:???
「隼」という単語は出るだろ

416 :名無し三等兵:2007/05/01(火) 16:18:21 ID:???
江畑謙介万歳!!天皇陛下は禿!!江畑謙介万歳!!

417 :名無し三等兵:2007/05/01(火) 16:22:14 ID:???
■『俺は、君のためにこそ死ににいく』公開イベントのお知らせ[2007/04/26]

・窪塚洋介トークイベント開催!!  
  場所:深川ギャザリアセンター広場  
  日時:5月6日(日)17時30分  

・戦闘機「隼」が深川ギャザリアにやってくる!
  場所:深川ギャザリアセンター広場
  期間:5月3日(木)〜7日(月)  
 
・イトーヨーカドー木場店・ロータスパークにて
  「俺は、君のためにこそ死ににいく」写真展開催中。

418 :名無し三等兵:2007/05/01(火) 21:11:18 ID:???
皆のもの!神秘主義のヴェールを脱ぎ捨てよ!
これからの日本を取り巻く現実は実に冷酷になる。
必ずや戦火が待ち受けているだろう!
日本が戦争を放棄しても、戦争は日本を放棄してくれないのだ。

現在の若者は「軟弱」と言われることが多い!
だが! 我々にも「祖国の為に勇敢に散っていった帝国軍人」のDNAは間違いなく受け継がれているのだ!
そのことを決して忘れるな!
他国が侵略してきた時は、諸君! 本土の為、祖国の為、銃を取って立ち上がろうではないか!
もし不幸にして戦死した場合には靖国で御霊となって会おう!
君達に俺が好きな一言を送りたい!
「散る桜、残る桜も散る桜」




419 :名無し三等兵:2007/05/01(火) 21:12:26 ID:???
受け継がれてもなきに等しいけどな

420 :名無し三等兵:2007/05/01(火) 21:44:20 ID:???
そりゃあ、DNAは受け継がれてるけど
DNAには思想を受け継ぐ役目は無いからな

ああ、都知事は数年前、日本人はDNAに刷り込まれてるから
勉強しなくても〜って言ってて「三国人」を馬鹿にしてたな
そんな都知事がDNA判って無い


421 :418:2007/05/01(火) 21:57:53 ID:???
ごめん睡眠薬飲んだら眠くなってきた 寝る

422 :名無し三等兵:2007/05/01(火) 22:01:57 ID:???
>>420

マジで日本語で頼む。



423 :名無し三等兵:2007/05/01(火) 22:13:47 ID:???
>422
DNAは生物学的情報を受け継ぐだけで、人文科学的産物たる思想
が記載され遺伝していくものではない。
ところで某知事は日本人はDNAに刷り込まれた優秀な部分が多い
からと三国人どもを見下したが、当の某知事自身は前段の事実を弁
えていない(失笑)

こんなところだな。
ゆとりクオリティですか?それとも当の三国人ですか?

424 :420:2007/05/01(火) 22:51:22 ID:???
>>423
解説してくれてありがとう
後半部分は当時の都知事の発言を知らなければ判らない書き方だな
俺も舌足らずなところが有った

425 :422:2007/05/01(火) 23:35:40 ID:???
ああ成程。分かった。

ところでゆとりだと遺伝子について勉強しないのか?

426 :名無し三等兵:2007/05/01(火) 23:42:38 ID:???
30才以下はみんなゆとりだよな?

427 :名無し三等兵:2007/05/01(火) 23:44:10 ID:???
>>425
するだろw

428 :名無し三等兵:2007/05/01(火) 23:50:18 ID:???
ゆとり=頭悪い

429 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 00:08:37 ID:19/EQ6V+
特攻で感動する奴とかアホだろ

430 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 00:10:41 ID:???
>>429
ネトウヨだけだな

431 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 00:17:15 ID:???
>>393
大西は当時日本海軍随一の合理主義者だったのにな。

432 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 01:07:55 ID:d8fQUN8E
下らないセンチメンタリズムで特攻を語る映画の何と多い事か。

特攻で散っていった若者の美しく純真な部分を描くばかりで、国家戦略として
特攻を選んだ軍の愚かさや唯々諾々と死んでいった若者達のイノセントな愚か
さを描く事も無い。

男達の大和に大井篤は出ないし、どの特攻映画にも美濃部は出てこない。

タイトルからしてこれもそんな映画もその一つなのだろう。
国や誰かの為に自分が死ぬなんてただの感傷でしかなく、せめて「俺は君の為
にこそ敵を殺す」位の事を言えと思ってしまう。

433 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 01:20:16 ID:71+6FnJ5
漏れは ホタルとくらべてしまうんだけど
どうも 石原さんのかたよった考えが、透けて見えてきて
こっち(本しかみてないけど)すきになれんね

434 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 01:26:28 ID:???
特攻なんて無意味、犬死と必死に唱える連中は「知識豊富な現実主義者の俺ってカッコイイ!感動してる奴あほすぎwwww」とか考えてる。
特攻日本人の美しい精神の(ryとやたら強調して戦法に疑問を呈する人を攻撃してる連中は「愛国主義マンせー」で盲目的になってる。

共通してるのは結局価値観の押し付けをして自己満足に浸っているにすぎないということに気づいてないこと。

435 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 01:48:14 ID:HI4SxKrb
別に誰も特攻自体じゃ感動しないだろう。
 死地に向かってく若者の残した手紙や、遺族の話で心動かされるんじゃない?

>>432
 大方は同意なんだが、特攻は軍事戦術が段々国家戦略化してった訳で…
それにセンチは下らんかもしれんが子供や家族を守りたくて死んでった
人達には少し礼を欠いてるんじゃなかろうか??
 今の視点から戦略や、行動を一言に下らないと言うのは簡単
と言えば簡単だが…

436 :432:2007/05/02(水) 02:23:35 ID:d8fQUN8E
>435
君の言いたい事も判るし、当時の方々に対し少々非礼に見える部分も有ろう。

だが、現代の視点で物を語ってる訳では無い。
ジョージ・S・パットンだって「戦争の目的は自分が祖国の為に死ぬ事ではな
く敵を祖国の為に死なせてやる事である」とも言ってるし、特攻隊員の遺書に
も特攻の理不尽を痛罵している物も有る。
いわば特攻の「陽」の部分をだけを描く最近の映画は酷くバランスを欠いてる
と思うし、起きてしまった戦争という事実を語る事を殊更に忌避する事も将来
に悪いと俺は考えている。

桜花や回天が若い尉官の発案である事と(それすらも怪しいが)、それが国家
戦略の中に組み込まれた事は別であるように、公正な視点が有るならば特攻の
「陰」の部分も描かれなければならない。

最近の特攻を描いた映画を見ると、それらこそ当時の方々に対する侮辱では無
いのかと思う。

437 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 02:27:38 ID:???
ところで俺の陰部をみてくれ こいつをどう思う?

438 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 02:37:13 ID:4PFBUD0w
特別攻撃が馬鹿げた作戦であることは当時の特攻隊員も理解してたみたいで
八月にもなると特攻隊員の士気はボロボロだったらしいな

439 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 02:38:59 ID:???
>436
それパットンちゃうで
チャーチルやがな

440 :432:2007/05/02(水) 02:44:52 ID:d8fQUN8E
>439
http://www.quotedb.com/quotes/112

パットンのようだが?

441 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 02:55:47 ID:HI4SxKrb
>>436
 確かに、影の部分は描くべきだと感じる。皆が晴れやかな気持ちで出
撃していったとは言えないし、彼ら隊員の指揮官が彼らに皆続いて散った
訳でもない。
 そう、引用したパットンの言葉通り戦争は「祖国の為に死ぬ」のではな
く、「祖国の為に敵を殺す」ということが第一義なんだし、なおかつ自分
は生きて家族の元に帰るのが完全な理想と思う。
 「死にに行きます」というのは軍人の本分と戦力の維持を考えるならば、
「敵を殺し」なおかつ「生きて帰る」べきだが、任務内容を鑑みるとどうやら
生還の望みはかなり薄いようである。これでは死にに行くのと同じ。
 なので「死にに行きます」と表現されたのではないかな?と思うのだけれど。

もちろん、当時の人達の中で戦略的な視野を持てた人は戦略的に意味の無い
事を知っていた事はあなたの言われる通りと思う。

こんな事は言いたくないのだけど、コレは映画であるから、色々な視点を
設けることが収益の面でマイナスと考える制作側の人々がいてもおかしく
はない。
 だから、戦争の歯車一つに的を絞って、狭い視野で物語を展開する事は
発生し得る話で…。
 この映画は右に左に傾く世間の欲求が生み出した一時だけのカウンター
バランスだと思う。
 陰陽のバランスのとれた作品が近い将来現れてくれると信じたい… 

442 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 03:03:30 ID:???
:miki_enjoy 投稿日: 2005/01/07(金) 10:27 [ YahooBB218117187011.bbtec.net ]
ちなみに、わたしは、当時の指揮官や上層部、組織としての体質に問題があり、
その点について彼ら、と日本軍組織には「責任」があると考えています。

同時に、今現在の価値観と、私たちが当然と考えている社会システムや思想と
当時を比べ、それをもとに「恥」や「無能」とすることは無意味な思考停止と
自己満足に過ぎないと思っています。

当時の指揮官にしても、特攻を行った隊員にしても「太平洋戦争」という滑車
の上で当時彼らが持ちえた思想や組織、社会システムの範囲で動いただけであ
り、今的な考えと、観点で罵声を浴びせることに疑問を感じます。

結論として
1、特攻作戦は、恥という蔑視ではなく、歴史的な事実と今へ生かす教訓として
  活かすべきである。
2、実際に特攻を行った隊員、それを指揮した将校(逃げた人を除く)は共に犠
  牲者である。
3、単に無能と罵るだけでなく、「彼らの得た情報、技術、物量、社会システム
  、軍の組織」の観点から、「今の我々が無能と思う」彼らの行動の理由や原
  因を考えるべきである。
4、特攻隊を「美談と捉えるか否か」は、各個人の持つ「感情の問題」。論で感
  情を攻撃し、是正させようとしても無意味。喩えるなら「愛や感動を論理で
  否定」するようなものです。
  乱暴なことを言えば、勝手に各人が思っていることであって、他者にその感
  情を押し付けない限り、放って置くべきです。貴方が「恥」と思ったり罵る
  事も(他者へその感情を強制しない限り)自由ですし、他の誰かが「美談」
  と感じても、それを攻撃し批難する権利はありません。


443 :だつお:2007/05/02(水) 03:09:20 ID:???
>>442の書込みを見てほしい。
なんとつまらない書込みだろうか。
義務教育を終えていない小学生であったとしても
多少のヒネリを加えて書き込む事は容易なはずである。
しかしこの書込み内容からはその形跡は微塵も感じられない。

彼の脳に重大な障害が発生している事は誰の目にも明らかだろう。
恐らく彼は経済的な事情で十分な治療を受ける事が困難な状況に陥っているに違いない。
この一見無意味としか思えない彼の書込みは、
現在の医療システムの見直しを訴えたメッセージなのではなかろうか

444 :だつお:2007/05/02(水) 03:09:58 ID:19/EQ6V+
>>442の書込みを見てほしい。
なんとつまらない書込みだろうか。
義務教育を終えていない小学生であったとしても
多少のヒネリを加えて書き込む事は容易なはずである。
しかしこの書込み内容からはその形跡は微塵も感じられない。

彼の脳に重大な障害が発生している事は誰の目にも明らかだろう。
恐らく彼は経済的な事情で十分な治療を受ける事が困難な状況に陥っているに違いない。
この一見無意味としか思えない彼の書込みは、
現在の医療システムの見直しを訴えたメッセージなのではなかろうか

445 :だつお:2007/05/02(水) 03:14:24 ID:762SUXkT
>>441の書込みを見てほしい。
なんとつまらない書込みだろうか。
義務教育を終えていない小学生であったとしても
多少のヒネリを加えて書き込む事は容易なはずである。
しかしこの書込み内容からはその形跡は微塵も感じられない。

彼の脳に重大な障害が発生している事は誰の目にも明らかだろう。
恐らく彼は経済的な事情で十分な治療を受ける事が困難な状況に陥っているに違いない。
この一見無意味としか思えない彼の書込みは、
現在の医療システムの見直しを訴えたメッセージなのではなかろうか。

446 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 03:17:11 ID:???
極めて真っ当な内容だと思うが。

447 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 03:18:00 ID:???
>>442>>441

448 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 03:24:42 ID:HI4SxKrb
443-445
は何事です?
 他所にも同じハリが。

置いといて。
 原作は読んでないんです。原作と映画は大分差がでる場合がありますの
で、余計な知識や先入観を持たずに見たいのです。
機会あらば映画館へ参ります。

449 :ウヨが馬鹿な証拠:2007/05/02(水) 03:28:43 ID:19/EQ6V+
>>442
>>446

バカウヨ


450 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 03:31:31 ID:???
だつおさんはウヨじゃなかったのか

451 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 03:31:58 ID:HI4SxKrb
右も左も真ん中も愚かしい人はいます。


452 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 03:32:37 ID:???
>447
どうかな?

>ちなみに、わたしは、当時の指揮官や上層部、組織としての体質に問題があり、
>その点について彼ら、と日本軍組織には「責任」があると考えています。
>同時に、今現在の価値観と、私たちが当然と考えている社会システムや思想と
>当時を比べ、それをもとに「恥」や「無能」とすることは無意味な思考停止と
>自己満足に過ぎないと思っています。

この部分は>436にも有るように当時の人間でも疑義を差し挟んでいる。

>当時の指揮官にしても、特攻を行った隊員にしても「太平洋戦争」という滑車
>の上で当時彼らが持ちえた思想や組織、社会システムの範囲で動いただけであ
>り、今的な考えと、観点で罵声を浴びせることに疑問を感じます。

間接的に黙って歯車になれって言ってるのと同じでそれこそ思考停止。

>2、実際に特攻を行った隊員、それを指揮した将校(逃げた人を除く)は共に犠
  牲者である。

前段で組織の責任を論じておきながら指揮者を「犠牲者」と言っており矛盾している。

>4、特攻隊を「美談と捉えるか否か」は、各個人の持つ「感情の問題」。論で感
  情を攻撃し、是正させようとしても無意味。喩えるなら「愛や感動を論理で
  否定」するようなものです。
  乱暴なことを言えば、勝手に各人が思っていることであって、他者にその感
  情を押し付けない限り、放って置くべきです。貴方が「恥」と思ったり罵る
  事も(他者へその感情を強制しない限り)自由ですし、他の誰かが「美談」
  と感じても、それを攻撃し批難する権利はありません。

ここも前段で特攻に対する非難を思考停止と断じておきながら一方の考えを「自由」としている。

453 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 03:33:15 ID:???
>>432の書込みを見てほしい。
なんとつまらない書込みだろうか。
義務教育を終えていない小学生であったとしても
多少のヒネリを加えて書き込む事は容易なはずである。
しかしこの書込み内容からはその形跡は微塵も感じられない。

彼の脳に重大な障害が発生している事は誰の目にも明らかだろう。
恐らく彼は経済的な事情で十分な治療を受ける事が困難な状況に陥っているに違いない。
この一見無意味としか思えない彼の書込みは、
現在の医療システムの見直しを訴えたメッセージなのではなかろうか。


454 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 03:38:04 ID:???
>貴方が「恥」と思ったり罵る事も他者へその感情を強制しない限り)自由ですし、他の誰かが「美談」
>と感じても、それを攻撃し批難する権利はありません。

と書いてるよ?

あくまで前段はこの人個人の考えであり他人に強制するようなことはしていない。
この人個人の考えを表明しているだけ。
自分がどんな考えを抱こうが自由だが他人に強制するなってことでしょ?

455 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 03:42:56 ID:???
要するに自分の特攻に対する考えは他の人に対してなんら強制性はもちませんよいうことを最後に書いたのでは?

456 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 03:45:26 ID:???
あのコピペの内容が稚拙で言ってる事に矛盾を孕んでおきながら、意見の表明
で強制して無いから良いってのはちょっと幼稚じゃないか?

457 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 03:59:21 ID:???
>ちなみに、わたしは、当時の指揮官や上層部、組織としての体質に問題があり、
>その点について彼ら、と日本軍組織には「責任」があると考えています。
>同時に、今現在の価値観と、私たちが当然と考えている社会システムや思想と
>当時を比べ、それをもとに「恥」や「無能」とすることは無意味な思考停止と
>自己満足に過ぎないと思っています。

ちゃんと体質に問題ありとした上で、現在の価値観で一方的に裁くようなことはするなとしている。
これは極めて真っ当な考えだと思うんだが。
悲しいことに当時の日本軍にはこういった形での死を礼賛するような風潮があった。
なにより私の祖父がそうであったし、戦後もそういった考えを曲げることはなかった。
確かにあなたのご指摘通り非合理的であるとの考え方もまた存在していた。
しかしその合理的かつ戦術というものの基本的な考えが抜け落ちていたのが当時の日本軍だ。
それは人的リソースというものへの価値観の違いから来ている。
憤りも感じるがそれを一方的に非難するというのは妥当ではないように思う。

>当時の指揮官にしても、特攻を行った隊員にしても「太平洋戦争」という滑車
>の上で当時彼らが持ちえた思想や組織、社会システムの範囲で動いただけであ
>り、今的な考えと、観点で罵声を浴びせることに疑問を感じます。

ここは前段と同じような趣旨であると解釈した。
罵声を浴びせることへの懐疑をはさんでいるわけであり、批判精神をもつなということではないと思う。
ただやみくもに罵声を浴びせ嘲笑うような輩に対しての憤りだと思うのだが。

>2、実際に特攻を行った隊員、それを指揮した将校(逃げた人を除く)は共に犠
  牲者である。

ここは私も良く分からないのだが、指揮官というものが一体どの程度の階級の人間を指すのかによって意味合いは違ってくる。
軍の上層部の人間のことを指しているのなら同意しかねる。

458 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 04:03:43 ID:???
1、特攻作戦は、恥という蔑視ではなく、歴史的な事実と今へ生かす教訓として
  活かすべきである。
2、実際に特攻を行った隊員、それを指揮した将校(逃げた人を除く)は共に犠
  牲者である。
3、単に無能と罵るだけでなく、「彼らの得た情報、技術、物量、社会システム
  、軍の組織」の観点から、「今の我々が無能と思う」彼らの行動の理由や原
  因を考えるべきである。
4、特攻隊を「美談と捉えるか否か」は、各個人の持つ「感情の問題」。論で感
  情を攻撃し、是正させようとしても無意味。喩えるなら「愛や感動を論理で
  否定」するようなものです。
  乱暴なことを言えば、勝手に各人が思っていることであって、他者にその感
  情を押し付けない限り、放って置くべきです。貴方が「恥」と思ったり罵る
  事も(他者へその感情を強制しない限り)自由ですし、他の誰かが「美談」
  と感じても、それを攻撃し批難する権利はありません。


前段の文章を無くせば結構まとも

459 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 04:04:21 ID:HI4SxKrb
恐らく、指揮官と言うのは戦隊指揮官、いっても基地指令レベルまでじゃ
ないかな?
 そのぐらいの人までは「犠牲者」視しても容認できるかと。

460 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 04:07:43 ID:???
24 名前:miki_enjoy 投稿日: 2005/01/07(金) 10:38 [ YahooBB218117187011.bbtec.net ]
上記は、私の理論としての観点です。

あと、率直に私の感情の点から言えば
「美談」や「恥、無能」などと主張し、他者へ自分の主観を強調し、強制する貴方達は
どちらも、「自己満足」の範疇から出ることが出来ない人なのだな、と思っています。

指揮官にしても特攻隊員にしても、「歴史に記載された登場人物」で、既にこの世に居
ない人々なのに、ゆっくり眠らせることもせず己の感情を他者に強要する、そして自己
満足の道具に使おうとしている。

、、、、そう見えますね。

なにがあったのかは知らんが結構もめたんだろう


461 :458:2007/05/02(水) 04:10:11 ID:???
この1234は確かにそうだなと思ってコピペした。

462 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 04:12:02 ID:HI4SxKrb
んん。。。二の舞は避けようよ。

463 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 04:19:08 ID:???
しかしこんな深夜(早朝)にもりあがらんでも。

464 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 04:20:35 ID:HI4SxKrb
それは思ったww
まじめに盛り上がりすぎだ。自分も含めてw

465 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 04:25:05 ID:???
太もも晒しでないものを大量に貼って「この板の神」はないはず
スレ違いを除けば、画像は確かにいいんだが、スレ違い大杉
初代1には、確かにその16さんとやらの説に迎合した責任もあるわな
スレタイに沿わないGJは有り得ない
でないと脚がまったくなくても、いい胸写が載ってGJとかになりかねず、おかしなことになる
よって408さんも我が道を行き続けるならよそでやってくれ
普通の中学生の水着を張ったぐらいで、みんなが神と認めるほど、この世界は甘くはない
評論家が大筋で正論言ったが、細かいところがいい加減で詰めが甘い
最近、スレが活気づいてはいるが、中身がどうも伴なわない
108さん60さん(=旧591さん?)288さんが消えた(?)今、真面目なリンク張り師は現れてこないのか?
16さんは「太もも晒し」を勝手な解釈で曲げなくなった時、真の神と呼べるようになるだろう
脚フェチにそっぽ向かれたら、一部の熱心な信者しかついてこなくなる
あとみんなsage進行よろしく


466 :458:2007/05/02(水) 04:26:43 ID:???
あ、最初のやつも俺だから

この人が意図しているところは只管に罵倒して蔑むようなことはやめようという事だと思うのよ。
俺の想像だがこの人は青年達の特攻を美談としたい心情があると思うのよ。
特攻を批判する内に青年たちの行為そのものを蔑むような風潮ができてはいかんと言いたいのではないかと。

俺の私見を挟みまくりなんだが、議論をする上で当時の人間への敬意を忘れないようにしようということではないのかと。

蔑みの言葉を投げつけるのに意を唱えているのではないかと。

又この問題に対して価値観の違うものを攻撃するのはよくないんじゃないかと。

そういうことを言いたいのではないのかと。そう思った。

ただね
>>460がこの問題は触れることなく封印せよという意味なら同意はできない。


長いし読みにくいな。ごめん。
ただ漏れとこの人では感情的な面で同じようなところがあると思ったんだ。

467 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 04:27:39 ID:???
>>466の書込みを見てほしい。
なんとつまらない書込みだろうか。
義務教育を終えていない小学生であったとしても
多少のヒネリを加えて書き込む事は容易なはずである。
しかしこの書込み内容からはその形跡は微塵も感じられない。

彼の脳に重大な障害が発生している事は誰の目にも明らかだろう。
恐らく彼は経済的な事情で十分な治療を受ける事が困難な状況に陥っているに違いない。
この一見無意味としか思えない彼の書込みは、
現在の医療システムの見直しを訴えたメッセージなのではなかろうか。


468 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 04:31:37 ID:???
いあ、前段をなくせば確かにいいこと言ってる。



朝になってしまった。
これから鹿児島まで行ってくる。

余裕があれば知覧へよりたいな

469 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 04:35:31 ID:???
馬鹿を馬鹿と嗤うことのなにが悪い。

470 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 04:40:45 ID:???
特攻なんてアホの戦法。合理もへったくれもない。ケツの青い連中は天皇のため軍のため犬死にしました。
チャンチャン♪

ばっかじゃねーの?なにが感動だよ。美談とかアホだろ。

感動する奴はアホ馬鹿低知能どうしようもねーわ。

>>466みたいに。

471 :ウヨが馬鹿な証拠:2007/05/02(水) 04:42:19 ID:19/EQ6V+
また一人バカウヨが論破されますたwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

472 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 04:45:45 ID:???
開戦より通算1年間での両軍戦果。
【日本】
戦艦  沈没2 中大破0
空母  沈没4 中大破2
軽空母 沈没2 中大破0
重巡  沈没2 中大破3
軽巡  沈没0 中大破1
駆逐艦 沈没9 中大破4

【連合】
戦艦  沈没7 中大破3
空母  沈没4 中大破3
軽空母 沈没1 中大破0
重巡  沈没9 中大破7
軽巡  沈没7 中大破2
駆逐艦 沈没18 中大破11

総計
日本 沈没19 中大破10
連合 沈没46 中大破28

特攻作戦で挙げた戦果は1942年満了時点までの日本軍の戦果に及びません。
投入した航空兵力はその何倍なのにな。まさに愚かな作戦だ。
搭乗員が生存しているのと確実に死ぬのではその後の戦局が全く異なる。
最初から死ぬための作戦とは何も生み出さない。
マリアナ沖海戦、台湾沖航空戦での大敗で通常攻撃は無駄だと悟ったためか。
パイロットの質はどうにもならないくらい低下していたのは事実だしな。
それでも特攻作戦より通常攻撃に全力を投入するべきだった。

473 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 04:46:23 ID:???
終戦時の日本軍稼動航空兵力

【特攻用陸軍機】
戦闘機:900
高等練習機:1750

【特攻用海軍機】
初等練習機:2700

【陸軍通常部隊戦闘用機】
2150

【海軍通常部隊戦闘用機】
3200

合計10700機となっている。

474 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 05:13:32 ID:???
私は軍の上層部の連中には憤りを感じるので
それを許した風潮なども含めて多いに批判すべきだと思う。
そして教訓として生かすべきだと思う。

ただこの映画のような話しや出撃した青年たちの行為や精神は美しいと思う。
美談を聞けば素直に感動する。
それと同時に哀しいと思う。


そして個人的な考えとしては犬死にという言葉または類似する表現は使いたくない。

勿論他人に同じ考えを強制する気はない

475 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 05:27:29 ID:???
俺は最高の自己犠牲精神をもって行われた最低の作戦だと思うね。

で、映画の世界では前者ばかりを取り上げて後者は省みられない。

476 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 07:35:07 ID:???
>>475
後者の意味でさんざん戦後に叩かれたからな。
その反動もあるのかもしれんが。

477 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 07:39:24 ID:???
>>470
ダメな戦術だなんて皆分かってるんだよ。
それよりもっと中身のあること書かないと。

478 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 07:40:29 ID:???
>>471
お前が論破したんじゃないだろうがw

479 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 11:28:48 ID:???
悲しいけどあれしか選択肢がなかったんじゃないの。
犬死とか無駄死とか言っているけど、彼等は気高い日本人であった事は事実であり、今の日本人は肝に銘じるべし。
体当たり攻撃=武士道の具現化

480 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 11:31:57 ID:???
武士道ねぇ・・・

時代によって全く異なるものだし、戦前に盛んに喧伝された武士道は
明治期にでっちあげられたものだったりするわけだけども

481 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 11:41:54 ID:???
武士道というよりも大和魂といった方がいいんじゃまいかな
何で読んだか出典覚えていないんだが、
太平洋戦争中のアメリカ出征兵士の離婚率が50%(?)だったとか。
銃後がこれじゃあ米兵もやってられんでしょうね・・・

あと、犬死とか無駄死にとかそういう見方も戦後「でっち上げられた」
可能性もあるわけで・・・。

482 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 11:44:29 ID:???
武士道が形骸化し道徳規範の様に変貌したのは江戸時代。
本当の武士道とは戦国時代が本領発揮なり。
戦国時代のノリで武士道を通していたら、きっと太平洋戦争はやらなかったのでわ?
「負ける戦はしない。金にならない戦はしない。」武士とは転げても、ただでは起きない人々だから。

483 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 11:58:23 ID:???
薩摩隼人ならやるよ^^

484 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 12:14:50 ID:???
>>481
日本の場合、当時の法律や世間的に
妻側からの離婚は不可能だったんじゃない?
戦争によって未亡人が大量発生した訳だが
再婚率はどうだったんだろう。

485 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 12:30:08 ID:???
>>483
谷隼人もすると思うw 松岡きっこ怒るだろうなぁ・・・

>>484
確かに世間体から離婚申し出しにくいというのは想像できるけど
実際にはそういう問題ではなく、身持ちが固かったんだと

じいちゃんの世代から付き合いのある近所のばあちゃんだが
前夫が支那事変以降、大陸で戦死。家族のすすめで
前夫の弟と再婚。当時そういう例はたくさんあっただろうな。

いやつまりね、
いつまでも待っていてくれる家族や妻のために戦える兵隊は
まだ幸せだな、と。米兵みたいに戦場に届いた手紙で
離婚を知らされたくないもんな。。。

486 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 12:48:24 ID:???
>>471

論破もなにもしてねーだろ。
日露スレに分けの分からんコピペ貼りまくってんじゃねーよ。


487 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 12:49:35 ID:???
某所から拾ってきた
試写会に行った人の感想
---------------------------------------------------------
525 名前:315[] 投稿日:2007/04/19(木) 23:12:42 ID:KNaF36ij
唐突ながらレポ投下しますね
駄文・長文スマソ

「俺は、君のためにこそ死ににいく」試写会レポ@

※観に行く予定の人もいると思うのでネタバレはしません

まず、人の多さに驚いた。ほぼ満席。
B'zヲタばっかりなのかと思ったけど、年配の人がけっこう多かった。
真面目に映画を観に来てるという感じ。
俺も靖国の資料館で特攻隊員が家族に宛てた手紙を読んで涙した経験があるから、
B'zの主題歌だけじゃなくて映画の内容にもかなり興味があった。
だから真面目にレポ書くぞー。

映画の内容についてはネタバレしないために細かくは書かないけど、
とりあえず思ってた以上に観れた。チャチな映画ではなかった。
派手な演出は無く、変な冗談も無く、萎えるCGも無く、
終始どこかからすすり泣きが聞こえる位だったから、出来は良かった。
ただ、淡々と真面目に作ってあるから、

おもしろくはない。

それは覚悟した方がいい。盛り上がる所は無い。ドラマ性は薄い。アイドルも出ない。
けど岸恵子は良かった。かなりの歳だと思うけど、慈愛に満ちていて美しかった。


488 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 12:51:16 ID:???
527 名前:315[] 投稿日:2007/04/19(木) 23:14:36 ID:KNaF36ij
「俺は、君のためにこそ死ににいく」試写会レポA

内容的には石原慎太郎が作るぐらいだから当然右寄りなんだけど、
右翼のプロパガンダと言えるほど極端なものじゃなかった。
あくまでも史実に沿って淡々と忠実に描こうとしている印象ではあった。
ただ、観てて「靖国靖国うぜえよwww」とは思ったな(苦笑)
まあ当然そういう側面はあるから左翼の人にはオススメできない。
俺は泣く気満々で観に行ったんだけど、終始淡々としていたせいか、
全く泣けなかった。音楽もそんなにかからなくて印象に残らなかったな。
冒頭にいきなり永遠の翼のAメロのインストが流れて「おぉ」とは思った。

映像は本当に違和感なく、キレイだった。戦闘シーンもしっかり作ってあって感心した。
一応最も盛り上がる特攻のシーンが終わってからが少し長くてだれた感がある。
あと、ラストシーンの演出は俺は嫌い。それまでがわりとリアルに、丁寧に描いてあったから
あれは余分なシーンだろ、と興醒めしてしまったな。泣く人はあそこで泣くんだろうけど俺は萎えた。
突っ込み所はあったけど、個人的な映画の感想をまとめると、

「よく出来た良い映画。おもしろくはないけど。」

で、肝心の永遠の翼だけど(つづく)


489 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 12:53:16 ID:???
533 名前:315[] 投稿日:2007/04/19(木) 23:36:43 ID:KNaF36ij
「俺は、君のためにこそ死ににいく」試写会レポB

微妙なラストシーンが終わって、永遠の翼キタ━━(Д゚(○=(゚∀゚)=○)Д゚)━━━!!!
イントロが美しい〜・・・けど、

映画に合ってねええええwwwww

映画がけっこうリアルに淡々と描かれていたので、
現代ロックと稲葉のねっとりとした歌声が絶妙にミスマッチw
パールハーバーみたいな戦争映画なら合ってたかもしれないが・・・
エンドロールの最中に当時の実際の写真が次々と映されるので、席を立つ人は少なかった。


490 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 13:04:33 ID:???
>>466
言いたいことは分かった。

別に当時の人間に対して敬意を抱いていないわけじゃないぞ?
特に実際に任務に赴いた青年達には頭が下がる思いだ。
それに当時と現代の価値観の違いも理解しているつもりだ。
ちょっと前にいた香具師のように青年達の行為そのものを貶めるようなこともいけないと思う。

ただだからと言って当時の人間や風潮を批判する精神をなくしてはいけない。
我々がこの特攻を批判し教訓としなければそれこそ犬死となってしまうのではないか?

491 :ウヨが馬鹿な証拠:2007/05/02(水) 13:12:30 ID:19/EQ6V+
特攻万歳!天皇陛下万歳!

ア ホ か

60年前の猿餓鬼どもからまったく進歩していない現代の猿

492 :ウヨが馬鹿な証拠:2007/05/02(水) 13:14:20 ID:19/EQ6V+
474 :名無し三等兵 :2007/05/02(水) 05:13:32 ID:???
私は軍の上層部の連中には憤りを感じるので
それを許した風潮なども含めて多いに批判すべきだと思う。
そして教訓として生かすべきだと思う。

ただこの映画のような話しや出撃した青年たちの行為や精神は美しいと思う。
美談を聞けば素直に感動する。
それと同時に哀しいと思う。


そして個人的な考えとしては犬死にという言葉または類似する表現は使いたくない。

勿論他人に同じ考えを強制する気はない

493 :ウヨが馬鹿な証拠:2007/05/02(水) 13:15:03 ID:19/EQ6V+
474 :名無し三等兵 :2007/05/02(水) 05:13:32 ID:???
私は軍の上層部の連中には憤りを感じるので
それを許した風潮なども含めて多いに批判すべきだと思う。
そして教訓として生かすべきだと思う。

ただこの映画のような話しや出撃した青年たちの行為や精神は美しいと思う。
美談を聞けば素直に感動する。
それと同時に哀しいと思う。


そして個人的な考えとしては犬死にという言葉または類似する表現は使いたくない。

勿論他人に同じ考えを強制する気はない

ゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラ
ゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラ
ゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラ
ゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラゲラ


494 :ウヨが馬鹿な証拠:2007/05/02(水) 13:17:20 ID:19/EQ6V+
さっさと死ねよ糞ウヨwwwwww
あの映画のどこで泣くんだよ池沼ウヨwwwwwwwwwwwwwwwww

蒼き翼?ウヨご用達の妄想アホ本かwwwwwwwwwwwwwww

こんなもん観にいく奴いねーよwwww

英霊と一緒に夜空に旅立ったら?wwwww

英霊(笑)もウヨウヨホイホイになれてうれしいだろう(笑)

495 :ウヨが馬鹿な証拠:2007/05/02(水) 13:19:07 ID:19/EQ6V+
感動?美談?


馬鹿じゃねーの

馬鹿な猿日本人が無駄にホイホイ死んだだけだろ。

行為に感動するとかアホだろ。知能が低いつまりウヨ。

戦法もアホくさいし死んだ日本人もアホ

感動するやつはもっとアホ

496 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 13:41:31 ID:???
下らねー映画だろ

497 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 13:46:30 ID:???
映画についての文句はちゃんと観てから言え池沼

498 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 13:55:05 ID:???
ウリは特攻を批判するのとは別に当時の青年達の精神に感動したりするし
この知覧のような話しは好んで読むのでこういう映画も悪くないと思う。

大概の日本人は特攻が愚かなことだと理解しているので
その上にこういった話しを加えることによって過ちは繰り返すまいという意識を高めることができるんではないか。

だがおセンチだなんだと言って切り捨てるのも一つの考え方ではある。

499 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 14:01:00 ID:pj5YBdZj
>>495
で、スッキリしたかいw

500 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 14:03:44 ID:???
>>495
感動するかどうかなんて価値観の問題だろ?
批判精神を持ち合わせた上で青年達の行為やこういった話しに感動するというのは人間としてまともなことだと思うが。

お前のように切り捨てるのもひとつの考え方だとは思うが、違う価値観を有する人間を人格否定するようなことはよせ。



501 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 14:09:37 ID:???
突っ込んで命中した後、機体後部が煙突が倒れるように横倒しになるのはいかがな物か?
普通あれくらいの勢いだと、アルミ缶を縦に踏みつぶしたように、ぐしゃっと潰れるだろう?

502 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 14:10:53 ID:???
>>459
在日乙w

503 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 14:15:58 ID:???
>>459

miki_enjoy 投稿日: 2005/01/07(金) 10:05 [ YahooBB218117187011.bbtec.net ]
あと、指揮官には指揮権の行使や自分自身の部隊を守り、作戦を遂行する責任はある
と思いますが、「特攻作戦」に対する責任はありますか?
 作戦を立案し、実行する為の人員や機体を揃え、運用できるシステムを作り、作戦
を容認、或いは承認した上部の人間や、組織はまったく「責任がない」のでしょうか。

 むしろ、末端にすぎない指揮官にいくら全責任を押し付けても、それは中途半端な
「責任の追及」ではないですか?

大西中将にしても、宇垣中将にしても「組織から権限を与えられた一将校」にすぎま
せん。前線の指揮官もそうです。
 「無能な将校に指揮官の地位を与え、権限を与えた」日本軍こそが「恥と無能の集団」
と、貴方は断罪するべきでしょう。


と書いてるから多分そう。
責任は個人ではなく組織にアリと言ってるんではないか?
組織論的に考えるなら間違ってはいない。

504 :でそれを基に見直すと:2007/05/02(水) 14:19:44 ID:???
ちなみに、わたしは、当時の指揮官や上層部、組織としての体質に問題があり、
その点について彼ら、と日本軍組織には「責任」があると考えています。

同時に、今現在の価値観と、私たちが当然と考えている社会システムや思想と
当時を比べ、それをもとに「恥」や「無能」とすることは無意味な思考停止と
自己満足に過ぎないと思っています。

当時の指揮官にしても、特攻を行った隊員にしても「太平洋戦争」という滑車
の上で当時彼らが持ちえた思想や組織、社会システムの範囲で動いただけであ
り、今的な考えと、観点で罵声を浴びせることに疑問を感じます。

結論として
1、特攻作戦は、恥という蔑視ではなく、歴史的な事実と今へ生かす教訓として
  活かすべきである。
2、実際に特攻を行った隊員、それを指揮した将校(逃げた人を除く)は共に犠
  牲者である。
3、単に無能と罵るだけでなく、「彼らの得た情報、技術、物量、社会システム
  、軍の組織」の観点から、「今の我々が無能と思う」彼らの行動の理由や原
  因を考えるべきである。
4、特攻隊を「美談と捉えるか否か」は、各個人の持つ「感情の問題」。論で感
  情を攻撃し、是正させようとしても無意味。喩えるなら「愛や感動を論理で
  否定」するようなものです。
  乱暴なことを言えば、勝手に各人が思っていることであって、他者にその感
  情を押し付けない限り、放って置くべきです。貴方が「恥」と思ったり罵る
  事も(他者へその感情を強制しない限り)自由ですし、他の誰かが「美談」
  と感じても、それを攻撃し批難する権利はありません。


505 :でそれを基に見直すと:2007/05/02(水) 14:25:25 ID:???
>ちなみに、わたしは、当時の指揮官や上層部、組織としての体質に問題があり、
>その点について彼ら、と日本軍組織には「責任」があると考えています。

つまり日本軍という「組織」にこそ問題がありますよと。

>同時に、今現在の価値観と、私たちが当然と考えている社会システムや思想と
>当時を比べ、それをもとに「恥」や「無能」とすることは無意味な思考停止と
>自己満足に過ぎないと思っています。

いわゆる現在の価値観をもって裁くようなことはするなと。
当時の日本軍の体質や思想を理解した上で考えましょうと。

>当時の指揮官にしても、特攻を行った隊員にしても「太平洋戦争」という滑車
>の上で当時彼らが持ちえた思想や組織、社会システムの範囲で動いただけであ
>り、今的な考えと、観点で罵声を浴びせることに疑問を感じます。

ここでいう指揮官とは基地指令レベルだと理解。

506 :でそれを基に見直すと:2007/05/02(水) 14:56:47 ID:???
>1、特攻作戦は、恥という蔑視ではなく、歴史的な事実と今へ生かす教訓として
>  活かすべきである。
その通りですね。
>2、実際に特攻を行った隊員、それを指揮した将校(逃げた人を除く)は共に犠
> 牲者である。
ここも基地指令レベルまでと理解して、日本軍という「組織」の犠牲者であると。

>3、単に無能と罵るだけでなく、「彼らの得た情報、技術、物量、社会システム
> 、軍の組織」の観点から、「今の我々が無能と思う」彼らの行動の理由や原
>  因を考えるべきである。

その通りだね。
>4、特攻隊を「美談と捉えるか否か」は、各個人の持つ「感情の問題」。論で感
>  情を攻撃し、是正させようとしても無意味。喩えるなら「愛や感動を論理で
> 否定」するようなものです。
>  乱暴なことを言えば、勝手に各人が思っていることであって、他者にその感
>  情を押し付けない限り、放って置くべきです。貴方が「恥」と思ったり罵る
>  事も(他者へその感情を強制しない限り)自由ですし、他の誰かが「美談」
>  と感じても、それを攻撃し批難する権利はありません。

美談と感じるのも自由だし「恥」と考えるのも自由だと。
まあ多分議論していた相手が特攻に対して感動をしたという人間を罵倒するようなことを書いていたので
それに対して異を表明しているのだと妄想を膨らませて解釈すると
自分の価値観をもって他者を攻撃するようなことはするなということだと拡大解釈。
感情の強制を否定しているのであって考え方そのものを否定しているわけではない。
それはこの人の意見にも適用されるものである

私見を挟むならば批判精神を持ち合わせた上で青年達の行為やこの映画に出てくる話しに感動するのは
全くの自由であり、個人の価値観の問題。
それを否定して非難するというのはあまりよろしくない。
ただ特攻の戦法そのものを美化することも「各人の自由」として看過せよということなら
ここには同意はできない。

507 :見直す:2007/05/02(水) 14:59:33 ID:???
組織だけに責任を求めると言うのもどうかと思うけどね。

508 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 15:11:55 ID:???
特攻作戦が、日本人の魂の根幹として美化...まあそれは個人の思いだけれども、
少なくとも、非合理的な作戦が決定され、実施された意思決定過程に言及されることなく、
合理性を吹き飛ばし末端に無理を強いる精神論、無責任組織がまかり通る組織体系、
そういう文化として、継承されてしまっているわけです。

509 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 15:35:38 ID:ueWjVzqA
開戦より通算1年間での両軍戦果。
【日本】
戦艦  沈没2 中大破0
空母  沈没4 中大破2
軽空母 沈没2 中大破0
重巡  沈没2 中大破3
軽巡  沈没0 中大破1
駆逐艦 沈没9 中大破4

【連合】
戦艦  沈没7 中大破3
空母  沈没4 中大破3
軽空母 沈没1 中大破0
重巡  沈没9 中大破7
軽巡  沈没7 中大破2
駆逐艦 沈没18 中大破11

総計
日本 沈没19 中大破10
連合 沈没46 中大破28

特攻作戦で挙げた戦果は1942年満了時点までの日本軍の戦果に及びません。
投入した航空兵力はその何倍なのにな。まさに愚かな作戦だ。
搭乗員が生存しているのと確実に死ぬのではその後の戦局が全く異なる。
最初から死ぬための作戦とは何も生み出さない。
マリアナ沖海戦、台湾沖航空戦での大敗で通常攻撃は無駄だと悟ったためか。
パイロットの質はどうにもならないくらい低下していたのは事実だしな。
それでも特攻作戦より通常攻撃に全力を投入するべきだった。


510 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 15:41:13 ID:???
http://www.youtube.com/watch?v=NCL5J3Uu6Nw

特攻作戦の実態。これが作戦といえるのか。
人間が乗った航空機が艦船に激突。痛々しい映像だ。

511 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 15:42:41 ID:???
占領期に提出された米国戦略爆撃調査団の調査結果

1944年夏までには、彼らが任意な点で合衆国空軍と等しいことができた方法が全くなかったのは日本人
の航空指揮官にとって明白になりました。
それらの損失は壊滅的でしたが、それらが獲得していた結果は取るにたらなかったです。
彼らがまだ持っていた唯一無二の資産は彼らのパイロットが確信している死を満たす意欲でした。
こういう事情ですから、彼らはKamikaze技術を見いだしました。
飛行機を直接船に突入させる用意ができていたパイロットは彼の目標を達成するためにほとんど技能
を必要としないでしょう、彼が敵の戦闘機と対空射撃の介入しているスクリーンを通り抜けたなら。
十分な数の日本の飛行機が同時に攻撃されるなら、ある割合が通るのを防ぐのは不可能でしょう。
損失はこのようにして送られた飛行機とパイロットの100パーセントでしょうが、取るにたらない損失の代わり
に、戦果は、私たちが耐ええるそれを超えて損害を与えるために十分であるかもしれません。

UNITED STATES STRATEGIC BOMBING SURVEY SUMMARY REPORT(Pacific War)
WASHINGTON, D.C.  1 JULY 1946

512 :ウヨが馬鹿な証拠:2007/05/02(水) 15:44:28 ID:19/EQ6V+
>>511をよく読めよウヨ

513 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 15:49:21 ID:???
>>512
特攻の無意味さは今でも有力な説だ。
パイロットが生還するのとしないのでは大違い。
航空機消耗率も100%

マリアナ沖海戦の失敗を元に特攻をしたのなら愚の骨頂。

514 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 15:51:03 ID:???
おまえら・・・こんなとこで議論してないでさ・・・
大西中将の伝記+語録集みたいな本がどっかで売ってたから、それ読めよ。
半世紀以上後の現代人が議論してでた結果よりも、特攻の創始者がなんていってるか確かめてみろ。
そうすりゃ一発で答えは出る。

515 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 15:54:57 ID:???
少数の稼動飛行機で敵空母に損害を与えうる先方として特攻を採用した

516 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 15:56:45 ID:???
>>506
>私見を挟むならば批判精神を持ち合わせた上で青年達の行為やこの映画に出てくる話しに感動するのは
>全くの自由であり、個人の価値観の問題。
>それを否定して非難するというのはあまりよろしくない。
>ただ特攻の戦法そのものを美化することも「各人の自由」として看過せよということなら
>ここには同意はできない。

ここにはげどう

517 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 15:58:30 ID:???
>>515
とはいえ、所詮は護衛空母が大半。
沖縄戦で通常攻撃で米空母を大破させているがな。

518 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 16:01:08 ID:???
「特攻という、こんなむごい戦争は、悪いということを承知の上だ。多くの非難を受けるだろうが、若いパイロットをいままで育ててきた大西にとっては、考え抜いてのことなんだ」大西瀧治郎

519 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 16:06:40 ID:???
>>510
惜しい!もう少しで命中だったのに。

520 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 16:08:04 ID:???
そして大西閣下は、「素晴らしい若者達を特攻隊で殺して、自分ながらに救われないね。きっと俺は地獄に落ちる」
と言い切っていた。らしい。

死にたくて死んだやつはおらん。

今の世の中の軟弱さを引きあいに出して、特攻を讃美するやつも批判するやつも
結局は無責任な自己満足の塊にすぎないのは間違いないようだ。

特攻は無駄だとか人命軽視だとか、日本人の美徳だとか死の美学だとか、そんな表面上のものしか見られないやつは特攻を語るな。

特攻の真価は踏み込んじゃいけない聖域なんだよ。

とマジレス。わー俺キモイ

521 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 16:17:03 ID:???
キモくないから教えてくれ。
特攻を語る資格のある人は、どういう視点を持ってるわけ?

522 :だつお:2007/05/02(水) 16:18:05 ID:ueWjVzqA
>>520の書込みを見てほしい。
なんとつまらない書込みだろうか。
義務教育を終えていない小学生であったとしても
多少のヒネリを加えて書き込む事は容易なはずである。
しかしこの書込み内容からはその形跡は微塵も感じられない。

彼の脳に重大な障害が発生している事は誰の目にも明らかだろう。
恐らく彼は経済的な事情で十分な治療を受ける事が困難な状況に陥っているに違いない。
この一見無意味としか思えない彼の書込みは、
現在の医療システムの見直しを訴えたメッセージなのではなかろうか。


523 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 16:18:22 ID:???
>>517
基本的に技量未熟な者が特攻に回されるのだから同様の戦果を求めるのは無理があるのでは?

524 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 16:20:26 ID:???
>>521

あくまでも俺の意見として言うならば、今の時代にはそんなやつはいないんじゃないのか?

淡々と歴史的事実として受け止める他ないと思う。

無意味に讃美したりほめたたえたりするバカや、作戦の成果を引っ張りだしてきて特攻は無意味だとか物知り顔で語るやつには少なくともその資格はないと思うが。

もちろん俺も含めてね。

525 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 16:26:30 ID:???
>>524
>淡々と歴史的事実として受け止める他ないと思う。
というのと
>特攻の真価は踏み込んじゃいけない聖域なんだよ。
というのは矛盾してるように思えるんだが。
特攻を神聖化しようとしてるのは自分自身なのでは?

526 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 16:27:32 ID:???
聖域という言葉がよくなかったか。

特攻の真価は誰にもわからないと訂正。

527 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 16:30:02 ID:???
自爆テロ=特攻

528 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 16:34:46 ID:???
しかしここは軍事板。
仮にその行為が英霊に対して非礼であるとしても、
過去の作戦を評価し過去から学ぼうとすることは必要。

529 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 16:36:04 ID:???
>>528
過去の作戦を評価し過去から学ぼうとしてるんならいいんだが、
ほとんどのやつが感情的に賛否を叫び合ってる感じで見苦しいからあえて書きこんだ。

530 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 16:39:42 ID:???
自爆テロ=特攻

531 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 16:40:41 ID:???
>>529
どこが?

532 :ウヨが馬鹿な証拠:2007/05/02(水) 16:42:18 ID:19/EQ6V+
自爆テロ=特攻

533 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 16:44:29 ID:???
>>530

自爆テロは無辜の民間人を標的にする卑劣な行為だが、特攻は軍事目標に行われた
国対国の戦争における純粋な軍事行動ですよ



534 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 16:46:10 ID:???
これ映画としての出来はともかく
興行的には失敗しそうな雰囲気だな
大和みたいにわだいがないもんな

535 :ウヨが馬鹿な証拠:2007/05/02(水) 16:48:23 ID:???
我々が現代の自爆攻撃=テロ=悪としているのであれば、攻撃を受けた側では、常に特攻=体当たり攻撃=テロ、と解釈されてしまう。
特攻=家族・民族を守る捨て身の攻撃、というのであれば、
現代の自爆攻撃も同様のものと主張する「テロリスト」の主張をプロパガンダであると切り捨てることはできない。

ttp://www.geocities.jp/torikai007/1945/tokkou.html


536 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 16:50:25 ID:???
>>534
そこで稲葉ですよ

537 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 16:56:31 ID:???
530って基地外?左翼は本当に馬鹿だなw

538 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 17:00:36 ID:???
隼はこのあとどうなるの?

539 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 17:03:12 ID:???
俺の家の庭に展示される

540 :ウヨコモリ:2007/05/02(水) 17:11:39 ID:???
ウヨウヨ

541 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 17:32:58 ID:???
自爆テロ・殉教者
特攻  ・殉国者

自爆テロ・被害者は米国の若者
特攻  ・被害者は米国の若者

自爆テロ・お国のため天皇のため家族のため
特攻  ・宗教のため国のため家族のため

自爆テロ・感動する奴は基地外
特攻  ・感動する奴は基地外


542 :ウヨコモリ:2007/05/02(水) 17:35:17 ID:???
天皇陛下万歳!これで解決ウヨ

543 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 18:06:28 ID:???
やけにレスが伸びていると思ったら…
ずっとスレに貼り付き続けていて疲れない?
日常生活は大丈夫?

544 :ウヨコモリ:2007/05/02(水) 18:40:49 ID:???
これしかいえないウヨ哀れだな

545 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 18:52:18 ID:???
こうゆう映画いいんじゃないか? 

昔の日本であったことだしさ 
後世に伝えることも大切だしな。

546 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 19:03:38 ID:???
キティ左翼が頑張ってるスレだなw

547 :ウヨコモリ:2007/05/02(水) 19:05:14 ID:???
お前ら軍事板から消えろ

548 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 19:07:26 ID:???
>>547
ウヨとかサヨとかいってるやつは軍事板にいらない。

549 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 19:08:51 ID:???
一方的な叩かれ方をされている物は見る価値があるかも知れない。

550 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 19:17:57 ID:???
井筒監督乙

551 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 19:39:25 ID:???
米軍の開戦から終戦までの撃沈数
艦艇 658隻  221万3932トン

日本軍の開戦から終戦までの撃沈数
艦艇 337隻 86万5137トン

このうち特攻によって撃沈された連合軍艦艇は航空兵力の投入数と比較すると
微々たるものであった。

552 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 20:34:25 ID:iFAeNckw
>>550
そういう見方もできるなw

553 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 20:53:08 ID:???
ウヨうぜー

554 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 21:09:20 ID:kAWemy9y
オレは左巻きだけど、井筒監督キライ。
この映画あたらねーかなー。

555 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 21:31:08 ID:???
俺は鉄火巻きだけど井筒監督はアフォだと思う。

556 :日本人は世界の塵:2007/05/02(水) 22:26:19 ID:IbcSnt7m

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。


557 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 22:32:28 ID:???
>>556
韓国軍がベトナムで起こした仕打ちを考えれば、韓国人は証拠も無いことを何一ついえないと思う

558 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 22:39:35 ID:Y3CdCu/M
アレフの内 旧オウム麻原援護派大日本帝国軍
馬鹿不細工ヤクザ 小林禿げ一太(かずた) A型 キモ馬鹿
 186−(03)−5670−8024
 メール an_inflexible_will_kk1982@docomo.ne.jp
ひとチンピラ仲間一般人概してころして闘争中
麻薬中毒者 誰かこいつを始末して




559 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 22:49:08 ID:???
こういった映画や特攻隊員の話しを聞いて感動するのは個人の自由

自分が下らないと思うからといって他人にそれを強制するのは駄目

560 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 23:34:22 ID:???
私情を捨てて散華された方々に「あんたら無駄死に」と言い放つようなことは
したくないよ。物語として讃え畏れて伝えていくのが妥当だろう。

561 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 23:40:47 ID:???
それと同時に二度と過ちを繰り返さないように誤った認識やそれを容認した風潮を反省し教訓としなければならない

これを行わなければ英霊の方々も浮かばれないだろう
無駄死にといいたくないのは俺も同じ

562 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 23:53:02 ID:???
一人一人の人間が尊重される世の中か・・・。

↑やっぱりこういう世の中が一番だよ。

563 :名無し三等兵:2007/05/02(水) 23:58:08 ID:???
>>556
何をしたの?

564 :名無し三等兵:2007/05/03(木) 01:35:35 ID:???
>>563
人もどきの近代化。確かに重大犯罪だな。

565 :名無し三等兵:2007/05/03(木) 03:20:03 ID:???
人もどきで盛り上がってるところ悪いんだが、実物大の隼って一機しか作ってないの?

566 :名無し三等兵:2007/05/03(木) 08:59:05 ID:???
戦艦乗組員だったニューヨーク郡の名物地方検事ロバート・モーゲンソー氏 が「沖縄で1900機の
カミカゼ特攻隊が 攻めてきた」と述懐しながら「忘れられないのは、規模だけでなくその過激さ
だった」と語ったこと を紹介した。
モーゲンソー氏が参考資料として送ってきた歴史家ロナルド・スペクター氏の著書も 紹介。
「特攻機によって米国の戦艦57隻が沈められ、100隻以上が戦闘不能となったほか、300隻
以上が損傷した」「米海軍兵の死者、負傷者はそれぞれ5000人に上った」「特攻機の命中率は
32%に上り、米国側の被害規模は真珠湾攻撃より約30%大きかった」といった数字を列挙した。

567 :名無し三等兵:2007/05/03(木) 12:06:02 ID:4R4pHoDe
「君は君なり、民は民なり」
君のためにこそ死にに行く。
天皇バンザイ

568 :名無し三等兵:2007/05/03(木) 12:09:32 ID:noZG9QPf
隼V型が二機も作られているだけでも凄いな

569 :名無し三等兵:2007/05/03(木) 12:37:02 ID:Hpc7VStL
しかし、このタイトルはどうにかならんのか?
酷使のオナニー映画という印象しかないぞ。

570 :名無し三等兵:2007/05/03(木) 12:40:42 ID:Gt8olf3d
ナカナカいいと思うけどな

571 :名無し三等兵:2007/05/03(木) 12:57:59 ID:WFY30NEK
いつから映画放映?

572 :名無し三等兵:2007/05/03(木) 13:23:30 ID:???
>>567
せめて予告編だけ見てから判断しろ

573 :名無し三等兵:2007/05/03(木) 13:40:48 ID:???
岸恵子イイネ

574 :名無し三等兵:2007/05/03(木) 13:41:56 ID:???
>>559
どんなタイトルならよかった?

575 :名無し三等兵:2007/05/03(木) 13:52:16 ID:???
栗田を名将にする方法があった!

映画を作る。監督=クリント・イーストウッド、主演=渡辺 謙
題名「レイテ沖からの手紙」

栗田の反転命令に対して大和艦橋に轟く参謀たちの怨嗟の声。
その時栗田はにっこり笑って「優秀な指揮官は鞭を振るうだけでは駄目だ。
頭を使わないとな。艦や兵を無駄に損なわせることが正しいわけではない。」
そして逃げながら「予は常に諸艦の先頭に有り」の名文句を決める。


576 :日本人は世界の塵:2007/05/03(木) 20:01:15 ID:8Y0LlFpl

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。


577 :名無し三等兵:2007/05/03(木) 20:20:04 ID:???
>>576
対米戦争で?
中国軍や韓国軍がチベットやベトナムにおこなった仕打ちを考えれば、中国人や韓国人は何も言えないような気がする。

当時にしたって通州事件とかあるからなあ。
国民だった朝鮮人はさておき中国はどうかねえ。
あの時代、加害者ではない主要な民族なり国の方が少ないんじゃないかな。


578 :名無し三等兵:2007/05/03(木) 20:31:44 ID:???
>577
ヒトモドキにマジレスなんて野暮。

579 :名無し三等兵:2007/05/03(木) 20:47:53 ID:???
>>576
近代化してごめんね。

580 :名無し三等兵:2007/05/03(木) 22:18:29 ID:???
>>576
だから何をしたって?

581 :名無し三等兵:2007/05/04(金) 02:35:28 ID:ctS5SRX6
ハングル文字を使えるよう教育、インフラ整備。

582 :名無し三等兵:2007/05/04(金) 02:40:42 ID:???
ロシアの南下阻止モナー

583 :名無し三等兵:2007/05/04(金) 02:42:25 ID:???
スターリンに任せておけば、シベリアにでも強制移住させて凍死して朝鮮人滅亡していたかも。

584 :名無し三等兵:2007/05/04(金) 02:44:44 ID:???
>>583
今頃ロシア中に在露ヒトモドキが・・・・

585 :名無し三等兵:2007/05/04(金) 04:58:40 ID:???
>584
そしたら俺やアンタは今頃ロシア語喋ってるぜ

586 :名無し三等兵:2007/05/04(金) 06:13:40 ID:???
>>585
いやその前に法則発動で戦後の冷戦すらないかもなw

587 :名無し三等兵:2007/05/04(金) 07:10:06 ID:???
法則とかいうタワゴトはハン板でやってくれ

588 :名無し三等兵:2007/05/04(金) 12:10:21 ID:???
君しねの劇場版?

589 :名無し三等兵:2007/05/04(金) 14:54:01 ID:???
>>582
今更ロシアが南下なんかするか。

590 :名無し三等兵:2007/05/04(金) 15:32:20 ID:???
韓国ドラマは天皇射殺や日本に核ミサイル撃ち込むシーンがいっぱい

91〜92年 MBCテレビ「黎明の瞳」
   ヒロインが日本軍により従軍慰安掃として動員されるという設定。このドラマでは日本軍に徴兵された
   朝鮮人兵士が虐待されるシーンや日本軍の兵士が従軍慰安所を利用する場面もお茶の間にそのまま放
   映され、怒り狂った韓国人が暴動を起こすきっかけとなった。

92年 MBCテレビ「憤怒の王国」
    ドラマに「天皇の狙撃」という場面があり、この狙撃の場面に実際に行われた「即位の礼」の映像が使
    われていたことから、外交問題になりかけた。
    日本政府の抗議に、MCB側はテロップで「このドラマはフィクションです」と付け加えるだけだった.. 

95年:映画「ムクゲの花が咲きました」
    韓国の大続領が、「東京、大阪、名古屋、神戸、京都、この五都市に広島級原爆の五倍の威カがある核爆弾を投下する、
    東京は広いからその三倍落してやる!」と叫んだ後、実際に投下する。
    この映画を見て韓国民は「早く日本を滅ぼせ!」と大合唱し、韓国・映画振興公社選定の「良い映画」にも選ばれた。

99年:映画「幽霊(ユリョン)」
   韓国の潜水艦が日本に核ミサイルを撃ち込もうとする内容。実際は打ち込まなかったので韓国人に不評だった。
   この映画は99年度映画興行順位の八位.にランキングされた。

01年:映画『サウラビ』
   日本刀で武装した百済人が日本を開拓して植民地にする内容。製作した監督は、根拠もないのに「歴史的事実を元
   に製作しました。日本人の祖先は韓国人です。」と、欧米に宣伝して回った。(百済は日本の植民地だったのにね。)

06年:映画『韓半島』
   南北統一の日が近づく近未来。なかなか進展しない南北統一に嫌気が差した韓国大統領は、「日本の妨害活動が
   原因だ」と被害妄想を膨らまし、日本に核ミサイルを撃ち込む計画を極秘裏に指揮した。そして国産映画としては、観客動員が11週ぶりの1位を獲得した。

いや〜恐ろしい。


591 :名無し三等兵:2007/05/04(金) 16:01:39 ID:???
>>589
そうなんか・・・

592 :名無し三等兵:2007/05/04(金) 18:31:16 ID:???
いまどきどころか少なくとも戦後はもうありえなかったぞ。
でも、あることにしとかないと予算取れないだろw

593 :名無し三等兵:2007/05/04(金) 18:41:59 ID:???
勝手プロモーション動画
ttp://stage6.divx.com/user/nagumo4/video/1215147/


594 :名無し三等兵:2007/05/04(金) 19:29:18 ID:???
南下となんかを・・・

いやなんか変なこといったみたいで・・・

595 :日本人は世界の塵:2007/05/04(金) 21:07:53 ID:KdUv8p65

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。


596 :名無し三等兵:2007/05/04(金) 21:14:40 ID:???
現代の中国人や朝鮮人がおこなっている所業を考えれば、世界中から嫌われてるのは仕方がない気がする。



597 :名無し三等兵:2007/05/04(金) 21:25:39 ID:???
韓国人死ねばいいのに

598 :中朝人は宇宙の塵:2007/05/04(金) 22:04:25 ID:???
中北韓が世界中でかけている迷惑を思えば、連中は皆殺しが妥当な気がする。

599 :名無し三等兵:2007/05/04(金) 22:12:16 ID:2Ekc0KAA
何かが始まるようです。
騎士団はシャレではなかったようです。

【聖書】終末と新時代のリアルタイム36【日月】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1176829566/l50

(翻訳済み)
116 名前:OBIWAN KoP メェル:KoP 投稿日:2007/05/04(金) 11:10:53 ID:nLGNf6FA0
日本 朝鮮
勝つ-勝つ の道は探れるよ!

どちらかが勝つことがあってはならない!
長期で見れば 負け-負け だよ!

高い勇気と思いやりを発揮するチャンス
日本精神、騎士道精神を発揮するのだ!

600 :名無し三等兵:2007/05/04(金) 22:59:46 ID:CbPGq5Or
ある特攻隊員の妻は夫の出撃を止めさせる為
滑走路に半狂乱になりながら飛び出して
無理矢理出撃をやめさせようとした
結果、夫は終戦まで助かった訳だが

君の為、というのは本人のが勝手に思っているだけで
君当人としては愛する人が確実に死ぬのは耐えがたいだろう
実際に家族や妻としては、
国がどうなろうが本人に生きて欲しいと思うのが当然であろう

601 :名無し三等兵:2007/05/04(金) 23:02:49 ID:ctS5SRX6
古今東西、歴史は女が絡むと薄汚くなる。

602 :名無し三等兵:2007/05/04(金) 23:24:05 ID:CbPGq5Or
なるほど、ではトメおばさんが出るこの映画は、さぞかし酷い作品なんだな

彼女は出撃する特攻隊員から、家族宛の私信を複数受け取っている訳で
憲兵に見つかればただでは済まなかった

そこまでの危険を犯してまで、何故隊員のために尽くしたのかとか

軍内部では建前でしか遺書すら書けない非常さまで、描いているのだろうか?

603 :名無し三等兵:2007/05/04(金) 23:36:24 ID:???
オレなら「死にたくないです」なんて恥ずかしい遺書を残したくないわけだが

604 :名無し三等兵:2007/05/04(金) 23:42:05 ID:???
軍隊なんて建前と本音が全然乖離してるんだが・・。
うちの爺様なんざ、内地の連隊から外出して出した手紙が山ほど。

605 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 00:22:35 ID:HdWHVHub
>>602
全部なんて言ってないだろ。気違いが。

憲兵に見つかってはタダじゃ済まなかった。って、軍事郵便じゃ家族宛の死を覚悟した遺書は
届かないとでも?
 検閲は軍機に関することだけだぞ。
ゆとり教育の受けすぎじゃないか?

606 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 00:56:22 ID:???
右翼は他人を簡単に死に追いやるけど自分で死んだためしはない。
戦後生き残った将官を見ると強く確信できるよ!

607 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 00:57:26 ID:???
隊員が検閲を恐れてトメさんに手紙を託すシーンもある。
その先はネタバレになるので映画で見てくれ。

608 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 01:04:03 ID:???
死を覚悟するにも内容によるだろw

もし検閲されて届かない可能性が少しでもあるなら書けない本音もある。
なにせそれは何をおいても絶対に届けなきゃならない手紙なんだから。
だから遺書は人に託したり民間郵便で出したりすることだってあるでしょ。

はて、基地外とかゆとりなのはどっちだろう?
つかゆとりのいちばんの弊害ってキレやすいことなんだよねw

609 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 01:06:13 ID:???
この映画のエロ度はどの程度ですか?

610 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 01:06:19 ID:???
本音の部分は他人には見せたくないもんだしねぇ

611 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 01:43:36 ID:???
>>609
チ○ポで障子を破るシーンはなさげ

612 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 01:59:19 ID:HdWHVHub
>>608
キレやすい事と言いつつスルーまでできないお前と俺は十分ゆとり世代

検閲で通らない本音ってなんだ?うちの祖母さん父からの手紙は勤務地は検閲されてたが
きちんと届いてたぞ。
中身は家族の心配や、まだ見てない祖母さんの妹に対する物だった。
これ以上いったいどんなことを書けば検閲で捨てられるんだ?

613 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 02:02:28 ID:HdWHVHub
↑祖母さんの父さん。で。

614 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 02:11:39 ID:???
>>608
カリカリしてすまん。

615 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 02:17:03 ID:???
>>609
中越典子に期待

616 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 05:56:59 ID:???
見ないことには評価はできんよ。

617 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 10:56:00 ID:???
隼が登場する映画は戦前に作られた「加藤隼戦闘隊」が最高。
劇中に加藤隊長が敵機を見て叫んだ「チャンス、チャンス」て、目一杯敵性語を吐いてた。
ポープニングからして「エンジンの音轟々」だからね、よくもまー検閲にパスしたものと感心しました。


618 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 10:58:18 ID:???
敵性語なんて国内にいた一部のキチガイがやってたことだからな

619 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 11:00:33 ID:???
その敵性語って某新聞社がはやし立てたとか

外来語は実際そこまで規制されてなかったらしいぞ

620 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 11:06:40 ID:???
世相的に今と余り変わらなかったりして。
しかし、軍隊てタバコが好きな人が多い、タバコ盆(灰皿)を置いてタバコをスパスパと吸いながら英国製のウィスキーまで飲んでいたが、そんなことして委員会。

621 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 11:08:01 ID:???
つい20年前までは皆タバコ吸ってたの

622 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 11:16:53 ID:???
煙草を吸う奴は煙草休憩、吸わない奴は休憩無しじゃ
吸わない奴はいないだろう

623 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 11:17:12 ID:???
>619
某新聞とはサンライズの事ですか?


624 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 11:22:40 ID:???
喫煙室なんて存在しなかったこと知らないんだな・・・・

625 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 11:35:20 ID:???
20年前何処でタバコを吸おうが関係無しだったなー。
古き良き時代であった、懐かしいなー

626 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 12:05:06 ID:???
喫煙厨は死ね

627 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 12:13:59 ID:fRmWvdgi
>>622
今でもそのキライあるよな
一息つくのにタバコで一服だとイイけど何もしないでブラブラしてるのは早く休憩あがれよみたいな

628 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 12:25:57 ID:???
知覧のはなしか?

お涙頂戴の特攻美化だけはやめて欲しいものだな。

629 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 13:27:49 ID:Oa3lIxOM
べつにタバコ吸う吸わないは…
しかし嫌煙厨は嫌いだ。

630 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 13:29:36 ID:???
特攻美化する奴は今の時代にはいないだろ

将来は分からんけど

631 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 14:37:57 ID:???
>630
少なくとも、私たちは美化しています。
      朝日新聞論説委員より

632 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 15:09:48 ID:???
どうも日本人の血には、韓国人特有の血や中国人特有の血が沢山含まれているらしいよ。

633 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 16:46:16 ID:???
「チンコ9cmでも子孫は残せる」
彼らが後世の男に与えてくれた唯一の勇気だw

634 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 18:56:36 ID:???
>>631

してないだろ。
無謀で無意味な戦術。無駄死。

こんなところだ。

635 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 19:08:35 ID:???
国家の為に死んだからには無駄死じゃないだろ。
病死は確かに無駄死だが。

636 :日本人は世界の塵:2007/05/05(土) 19:10:22 ID:udkJViLX

旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。


637 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 19:26:01 ID:???
育成コスト。搭乗する機体。遺族年金。。。。

これで、あっさり撃ち落されたら無駄死。

遺書は、靖国や知覧の展示物になるから
少しは回収してるかもwww

638 :赤報隊:2007/05/05(土) 21:38:58 ID:???
シナのチャンコロ共へ
こころして聞け、いずれ諸君の国は内戦となろうが、今度は我々は傍観を決め込む。
精出して同胞で殺し合って下さい。

639 :名無し三等兵:2007/05/05(土) 22:49:32 ID:???
>>638
人民解放軍は軍隊じゃなくて私兵部隊が巨大化したものだから意外と中央統制がとれてなくて、
地域ごとにバラバラに行動するきらいがあるから内戦の可能性だってゼロじゃないな。

640 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 01:04:19 ID:???
>>637は堀江あたりを神とあがめてるんだろう。おかわいそうに。

641 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 01:13:38 ID:???
まったくだ、特攻を損得勘定でソロバンしてどうするつもりだ?

642 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 02:25:36 ID:???
これって反戦映画なの?

643 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 03:59:18 ID:???
隼3型がP-51やF6Fでは撃墜不可能の戦闘能力を持つ大戦最優秀機であったことも知らないの?
いつまでも権威だけの俗悪本なんかに騙されていないで、ちょっとは最新の研究ぐらい調べたら?


644 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 05:10:01 ID:???
この映画もう日本人のセンスの無さや無計画さの集大成って感じ・・・

645 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 05:58:32 ID:???
子供を毎日ぶん殴って、
判断力を失わせて飛行機に乗せ突っ込ませる・・・・
美化させなきゃ糞作戦を立てた連中がヤバイからさ


646 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 06:10:37 ID:???
殴って判断力を失わせて特攻って・・・え?

647 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 06:33:21 ID:???
名無し三等兵 :2007/05/05(土) 19:08:35 ID:???
国家の為に死んだからには無駄死じゃないだろ。
病死は確かに無駄死だが。


PUwww

ウヨ乙。

こんなもので死んだ連中は馬鹿。
青年の行為に感動ってw
洗脳された馬鹿の行為のどこに感動しろっての?



648 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 08:39:46 ID:???
けどさ、船沈めるには船体に穴開けなならんのやけど。
低高度で陸用爆弾抱えて上部構造物ぶち当てても船体までは・・。

対艦船用爆弾も飛行機ごと当たったところで貫徹力零になるよん。
空中で勢い付けて落とさないと無意味。



649 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 08:40:38 ID:???
対艦ナパーム弾みたいなもの抱えさせていたら効果は違ったもしれんが・・。

650 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 08:49:39 ID:FkInm7VH
日本にはナパームなんて発明してないし

特攻では所詮、艦上構造物を壊すだけ

複数回、特攻機の突入を受けても沈まない駆逐艦がいたりするのはそのため

特攻は無駄とはいいたくはないが
この頃の日本は戦争に勝利することより
特攻そのものが目的になってる

651 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 08:58:29 ID:???
船ってのは人が操ってるものなんだって

652 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 11:22:07 ID:???
予告編の最後に、
「愛する人を守りたかった」
と出るのですけど、誰から守りたかったかがポイントですよね。

家族が村八分にされて、悲惨なめにあう事から、
守りたかったとすれば、相手は米軍ではないのですよね。


653 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 11:52:37 ID:???
>>641
> まったくだ、特攻を損得勘定でソロバンしてどうするつもりだ?

作戦には、緻密な「損得勘定」が必須ってことは、
この板なら、最低限の共通認識と思っていたけど。

所謂、GW厨ってことか?





654 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 12:17:56 ID:???

初期の戦果に目がくらみ、果ては練習機まで駆り出して特攻か・・・
戦術的な外道を情緒面で美化するのは、オナニーと呼ぶんだぜ


655 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 12:48:24 ID:???
愛する人の為に死ぬって言葉に大きな矛盾を感じる。

656 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 13:16:01 ID:???
>>637
> 育成コスト。搭乗する機体。遺族年金。。。。
> これで、あっさり撃ち落されたら無駄死。

速成訓練と戦力とならない古い機体を使用。
兵学校出身の幹部候補は、除外。

いつの時代でも、エリートは、冷徹な損得勘定で動きます。


657 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 15:07:25 ID:???
>>655
同感
愛してんのなら、生きるべきだよな
死んじゃったらどっかの男につっこまれるだけだよ
まさか、婆さんになるまで独り身でいろとか無茶言う気じゃないよな

658 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 17:34:14 ID:???
俺も、家族や友達が死んで嬉しいなんてとてもじゃないが思えないよ。

659 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 20:14:32 ID:???
戦前と戦後では感覚が違う教育が違う

以上終わり

660 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 20:35:19 ID:???
お前らは「さらば宇宙戦艦ヤマト」を観た事ないのか
ジュリーが熱唱してるじゃないか

661 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 20:36:37 ID:???
愛する人の心の中で永遠に逝き続けるんだよ

662 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 20:54:42 ID:???
俺は愛する人のマソコの中で永遠にイキ続けたいけどさ。

663 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 21:09:52 ID:???
畳の上で死ぬと仏さんだけど
戦場で爆死すると神様になれるんだよ

664 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 21:25:30 ID:???
木場のイトーヨーカドーいったら映画で使った隼の模型が展示してあった
撮影用だけあってなかなかよくできていた

665 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 23:16:03 ID:???
>>662
きめえ


666 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 23:18:20 ID:???
戦死より布団の上で死ぬ方が安らかに死ねる。俺なら絶対こっちを選ぶ。

667 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 23:22:27 ID:???
だがその死に大義はない
火葬する金がかかるだけ損

668 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 23:23:29 ID:???
PUwww

ウヨ乙。

こんなもので死んだ連中は馬鹿。
青年の行為に感動ってw
洗脳された馬鹿の行為のどこに感動しろっての?

GW厨氏ねよwwwww

669 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 23:27:24 ID:???
俺は公務員として悠久の大儀に生きる

670 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 23:29:35 ID:???
あーウヨくっせーw

あのさー青年の行為や精神に敬意を覚えるとか感動するとか言ってるけどさー


どこにそんなもの感じるわけ?w

低知能ウヨの思考回路は分かんないからさー教えてくれない?

671 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 23:33:14 ID:???
低知能サヨの能力では理解できないだろうから教えない

672 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 23:36:22 ID:???
俺は企業戦士として有給の大儀に生きる

673 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 23:37:40 ID:???
あーウヨくっせーw

誰か消臭剤もってこいよw

低学歴のウヨに俺の話は難しかったかな?

674 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 23:40:34 ID:???
大儀じゃった
下がってよいぞ

675 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 23:43:35 ID:???
あーキムチくっせーw

誰か消臭剤もってこいよw

劣等民族の在日チョンに俺の話は難しかったかな?


676 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 23:43:55 ID:???
低学歴ウヨ涙目wwww

677 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 23:48:21 ID:rRY1drT7
天皇陛下万歳!!天皇陛下万歳!!天皇陛下万歳!!

678 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 23:49:35 ID:???
>>676
>>677

自演乙

679 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 23:49:37 ID:???
万歳するなら金おくれ

by天皇

680 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 23:50:56 ID:???
ツマンネ

681 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 23:51:48 ID:???
全部>>676の自演だろ?

682 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 23:55:33 ID:???
PUw

ウヨは都合が悪くなると自演認定しますねwwwwww


あーウヨ臭いウヨ臭い

さっき聞いたことに早く答えてくださーいw

ゲラゲラ♪

683 :名無し三等兵:2007/05/06(日) 23:58:52 ID:???
ゲラゲラ♪

684 :名無し地球市民 ◆ZpUnXqLb2U :2007/05/06(日) 23:59:06 ID:???
俺は、畳の上でこそ死ねる

製作総指揮・脚本:牟田口廉也
出演 佐藤幸徳 宮崎繁三郎 鳥飼恒男 東條英機 山内正文 柳田元三 河辺正三 藤原岩市

685 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 00:00:40 ID:???
俺は右翼だが何か?

別に俺の思想のことに関して他人にとやかく言われる筋合いはないし、俺は俺なりにいろいろと考えた結果天皇陛下を中心とした国家社会主義が一番妥当だという結論に達したんだよ。

別にお前が左翼だろうと共産主義者だろうと在日だろうと知ったことではないが他人の思想に口を出すな。

686 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 00:01:49 ID:???
他人に色々言われたくないが、他人に色々言う

687 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 00:02:32 ID:???
>>686
それが特ア人の特徴

688 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 00:06:39 ID:???
残された家族に対する周囲の目を考えてみて下さい。
部隊のほぼ全員が、特攻に志願したのに、あそこの息子は志願しなかったとか、
逃亡したとかいう話になったら、家族は村八分にされかねません。
村八分にされたら生活は非常に苦しいし、肩身の狭い思いをするわけです。

そういう状況から家族を守るためには、特攻に志願するしかないでしょう。



689 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 00:08:16 ID:???
>>688
ひでー国だなぁ

690 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 00:09:37 ID:???
さすがに「志願しない者一歩前へ」はねーよな

691 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 00:09:44 ID:???
非国民!!非国民!!非国民!!

692 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 00:12:40 ID:8izhYjYR
ごく一般的な朝鮮人
http://www.class-mate.jp/mate/img/2474.jpg

693 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 00:14:51 ID:???
>>692
さすがwwww

694 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 00:15:52 ID:???
PUw

ウヨは都合が悪くなると自演認定しますねwwwwww


あーウヨ臭いウヨ臭い

さっき聞いたことに早く答えてくださーいw

ゲラゲラ♪

695 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 00:18:05 ID:???
朝鮮人はオヤジの写真を晒されてファビョーンですね

696 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 00:26:21 ID:???
俺は「悠久の愛」に生きたい。

697 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 00:27:37 ID:???
ゲラゲラとか、キーボードでタイプしててみじめな気持ちにならないのかな?

698 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 00:31:25 ID:???
特攻系のスレに来る奴らって雑談目的で寂しがり屋のN速厨ばかりだな

699 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 00:35:32 ID:???
最近は、サヨの居場所がどんどん削られてるから、
もうなりふり構わずになってるよな。
見ていて哀れ。

ウヨウヨ言っていれば、自分を慰められるんだから、
お安い人達だ。

700 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 00:43:14 ID:???
おいおいウヨくせーよ

早く答えろよウヨ

701 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 00:47:43 ID:???
答えたところでお前はそれを否定するだろうから無駄じゃね?
別に自分の考えを強制したいわけじゃないし。


それからお前の言ってることも一つの考え方ではある。

702 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 00:48:43 ID:???
>>700
貴様の考えを否定はしないがこちらも貴様に否定される筋合いはない。

703 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 02:15:21 ID:???
バカサヨホイホイ

704 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 02:29:08 ID:???
ウリは道を歩いていて、ときどき死にたくなることがある。
「ああ、自分は在日韓国人なんだ」と思うと、悲しさがこみ上げてくるのです。
ウリが在日韓国人と知ったときのあの絶望感がいまだに続いている。
「在日韓国人」・・・・・
その言葉を聞くと、ウリは自然と涙が止まらなくなります。
ウリは生きてる価値があるのかと・・・・。
しかし、韓国の先祖の方々はウリに語りかけます。
「いいかい?文化は盗み、歴史は捏造して作り上げていくものなのだよ」と。
ウリは嫌悪感に打ち震えます。
在日韓国人に対する日本での風当たりも厳しい昨今。
でもそれはこれまで日本で悪行の数々を行ってきたウリに対する当然の反応なのでしょう。
韓国人という忌み嫌われるべき民族に対する当然の試練なのでしょう。
数々の捏造を作り上げてきた韓国に対する天罰なのでしょう。
韓国で学んだことにより、ウリは歴史を日々捏造してゆくのです。
嗚呼なんて卑しき民族なり。
世界の評判も最低。先祖たちの残した数々の犯罪記録。
余計な説明は一切いらない。
ただ周りの人には「韓国人です」の一言で殺意の眼差しが。
韓国人に生まれるより、次はなめくじに生まれたい。


705 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 02:37:26 ID:???
馬鹿が嫌韓厨のふりして工作

706 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 03:09:02 ID:???
試写会行ったけどいい映画だったよ。
右にも左にも極端な思想的な偏りはみられなかった。
制作者サイドの真摯な姿勢が感じられた。
ただとりあえず戦前の日本人を糞味噌に貶したいという人にはお薦めできない。
あるいは極端な右翼的思想を持つ人も。

お年寄りの方も結構きてた。
途中泣いておられた方も結構いた。ただ大和のようにあからさまに泣かせようという意図は感じられなかった。
俺は大和では少し泣いたけどこの映画では泣かなかった。


ただいい映画ではあるがテーマがテーマなだけに娯楽性は皆無に等しい。
大衆受けはしないんじゃなかろうか。
若い人がどれだけ特攻というものに関心を抱いているかがポイントだろうな。
大和のような話題性もないし。
だからB'zを起用したんだろうな。

エンドロールの主題歌はかなり微妙だったけど、まあ同期の桜流すよりはいいかも・・・





隼を引き取りたい

707 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 08:41:38 ID:???
知覧特攻平和公園、桜の下で英霊を見守る隼(復元された映画使用機)
ttp://banners.cside.biz/cgi/army/img-box/img20070507083857.jpg

708 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 11:06:34 ID:fCE460Oa
「私たちは、かわいそうな人でもなんでもありません。
 今の時代から見れば、そう考えるのかも知れませんが、
 当時は国のために命を捧げることに大いなる価値があった。
 やはり物事を正しく見るには、
 当時の状況を前提に考えないと当事者の気持ちまで理解するのは難しい。
 その時代の雰囲気、戦況、そういうものの中にあって初めて生まれる心境です。
 平和な時代とは前提が違う。
 今の若い世代の皆さんも、もしあの時代に生きていれば、
 我々と同じ心境になったと私は思います」

吉武登志夫・元陸軍少尉(八紘第六隊石腸隊・特攻出撃後グラマンにより撃墜・奇跡的生還) 
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4757213034/ref=sr_11_1/503-8073642-246554
『特攻 最後の証言』P130より

人間爆弾「桜花」、人間魚雷「回天」、人間兵器「震洋」、 人間機雷「伏龍」、
「九九式襲撃機」、人間兵器「マルレ」、 「九七式艦上攻撃機」、「零式艦上戦闘機」…
8人の元特攻隊員にインタビュー。

本当のことを伝えたい。
当時の特攻隊の内部のこと、作戦のこと、兵器のこと、隊員たちの悩み、喜び、葛藤......。
意図的に歪められてマスコミに伝わる重要証言など、今まで誰も耳にしたことのない話ばかり。

709 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 12:10:54 ID:???
>>705
嫌韓厨をなめんなよ。

>>708
自爆戦術なら北朝鮮軍にも受け継がれているし、
決して時代遅れではないかもね。

710 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 12:18:21 ID:Gq79z66c
まあこの戦争のおかげで大日本帝国の支配から解放された
日本人も韓国人も世界有数の親米国家になれたし、
おかげで戦後復興を果たせたのだから
もって瞑すべし。

特攻を賞賛も徹底批判もできる
御国柄になれて本当に良かった。

生きてアメリカ文明の普遍性

711 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 12:19:49 ID:Gq79z66c
とその恩恵に浴することの素晴らしさを
映画の中でも説いて欲しかった。

712 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 13:04:54 ID:Gq79z66c
でも最近の韓国人は頂けないね。
原爆2発落とされても、ブッシュ大統領は多少嫌われても、
親米世論が揺るがない日本を見習うべき。

713 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 13:12:43 ID:???
実際の隼3型甲の設計図を入手して、航空機メーカーの強力を得て可能な限り忠実に再現したとのこと
本物のエンジンさえ積めば飛べるそうな

714 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 16:04:43 ID:???
俺は、>>1のためにこそ死ににいく

715 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 19:03:13 ID:fCE460Oa
「特攻隊員は悲惨で残酷な境遇にあったという話ばかりまかり通っていて、
 私はそれを打ち消しているのですが、
 世間は悪口(特攻隊=非人間的)の方が納得できるのか、
 なかなか耳を貸してくれない。
 回天関係の本を書く人も異常な人物が多く、
 歪曲して悪く書く人ばかりが戦後の出版の対象になりました。
 我々がいくら言っても、まともな証言は相手にしてもらえない。
 地元のTVでさえも同様です」

「回天の特集番組を何度か作りましたが、
 どの番組も、回天は一度搭乗すると外からボルトのようなものでハッチを固定され、
 搭乗員は泣いても叫んでも外に出してもらえない非人間的な兵器だ、
 そんな説明で全国放送されました。
 回天一型の図面(内部図解)を見ればわかりますが、
 ハッチは頭上と床の2ヶ所にあり、開閉のためのハンドルは内側にしかついていません。
 だいたい外側に突起物があると水の抵抗が大きくなるので、そんな馬鹿なことはしません」

「我々も搭乗訓練に入るとき、
 仁科さん(仁科関夫少佐=人間魚雷計画の発案者の一人)から
 『ハッチは自分で開けて自分で閉めるものだぞ』と言われてました。
 私はそれを聞いて武士とはそういうものだとも思っていました。
 なのに世間では全く逆のことをいう。
 海軍にいた人でさえそう思い込んでいる人がいるようです」

小灘利春・元海軍大尉(第二回天隊)  『特攻 最後の証言』P54-P55より
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4757213034/ref=sr_11_1/503-8073642-246554

716 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 19:09:57 ID:???
>>713
5億円かけて2機の隼を作りセスナのエンジン載せてるみたいだね。
飛べるかどうか分からないけど。

717 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 19:10:35 ID:???
>>714
いや俺が>>1のためにこそ死ににいく

718 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 19:11:28 ID:???
>>717
いや俺が>>1のためにこそ死ににいく

719 :714,717:2007/05/07(月) 19:13:03 ID:???
>>718
どうぞ、どうぞ。

720 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 21:31:15 ID:fCE460Oa
「多くの人に尽くすのが尊いと考えず、自分さえ良ければと思っている。
 そういう国は滅ぶと私は思っています。
 私は回天は非人道的どころか、人道的な兵器だと思っているんですね。
 一人の身を捨て、その代わりたくさんの人を助ける本当の意味での人道的な兵器だと思うのです。
 戦後の新聞はやれ、愚かな戦争とか愚かな特攻隊員などと書きたがりますが、
 回天に限らず特攻隊員は皆、とにかく日本人をこの地上に残したい、
 そのためには自分の命は投げ出してもよいと納得した上での捨て身だった。
 そういう多くの人に尽くす人を評価し、敬わなかったら、誰が人に尽くすようになりますか」

小灘利春・元海軍大尉(第二回天隊)  『特攻 最後の証言』P75-P76より
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4757213034/ref=sr_11_1/503-8073642-246554

721 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 21:37:50 ID:???
俺は、お前らのためにこそ死ににいく

722 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 21:52:42 ID:???
特攻が有効な戦術だったならいいが、実際はなぁ……。

723 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 21:57:07 ID:???
実際に19年末期以降は有効な戦術だったんだが?

724 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 21:59:45 ID:???
特攻に期限があればそれなりに有効な戦術なんだけどな。
実際は特攻の後も特攻しか手段がないのが最大の問題なわけで。

一人の身を捨て、その代わりたくさんの人を助ける ×

たくさんの人を捨て、その代わり一人の身を助ける ○

725 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 22:01:48 ID:???
それが戦争じゃないのか

726 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 22:03:49 ID:???
戦争ってのはそれを通して実現したい戦略的目標があるからやるもんだ。
第二次世界大戦の対米開戦はそれがない非常に惰性的なもので、
それが後々響いてくる。なにしろ目標がないんだから降伏するにも落としどころがないのだ。

727 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 22:05:02 ID:???
無条件降伏以外認められないではなぁ。

728 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 22:06:55 ID:???
元々は大陸の利権争いでしかないのを、そこまでえらいことにしてしまったってのも

729 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 22:11:31 ID:???
一人の身を捨て、その代わりたくさんの人を助ける ×

たくさんの人を捨て、その代わり一人の身を助ける ○


国家の利益(国体護持にせよ領土の確保にせよ)を守るため或は少数の人間を守るためにに多量の人的資源を投入するのが戦争なのでは?
ということを言いたかったのれす。

730 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 22:11:54 ID:4a2d5kDX
俺  「あれは・・・米海軍の5インチ38口径両用砲か・・・!」
友達「???」

731 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 22:12:59 ID:???
きもっ

しかもIDがKDX

732 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 22:15:11 ID:???
特報とか見た限りでは、B'zの曲が合っていないな・・・
まあ、観に行く予定ですけど。

733 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 22:15:16 ID:???
>>729
大日本帝国は国民主権ではなく、天皇主権ですから。
この観点から見れば
臣民が主権者である天皇(とその輔弼機関)のために命を賭すのは当然といえます。

734 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 22:17:37 ID:???
当の天皇陛下からしてみれば迷惑な話だ。
ちょっとした発言だけで、配下の者が深読みして、言葉が独り歩きしてしまうからなかなか口も
出せないし。

735 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 22:17:49 ID:???
ついに隼が国民的戦闘機になる日がきたか

736 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 22:20:12 ID:4a2d5kDX
トップガンの時みたいにプラモがバカ売れすんじゃないか?

737 :729:2007/05/07(月) 22:20:30 ID:???
>>733
いあ自分は>>724のこの部分に対して言いたかったのれす。

趣旨はあなた様と同じです。

738 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 22:21:22 ID:???
これからの時代は隼

日本軍の戦闘機といえば?→隼

739 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 22:23:22 ID:???
>>734
天皇主権ってのも、実際に権力を持ってる連中の方便にすぎんしのぉ

740 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 22:27:21 ID:???
Oscar

741 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 22:49:41 ID:???
まあ言うまでも無く、天皇機関説だな。

742 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 22:53:00 ID:???
隼タンが鬼畜米軍機を撃墜するシーンはあるのか?

743 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 22:54:33 ID:???
TSUTAYAの無料宣伝DVD見ただけで泣いてしまった。
映画館でパンダ目になるの嫌だなあ。

744 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 23:12:39 ID:???
オレは勝手ファンプロモーション動画で号泣。
ラストの、水平飛行で突っ込んでいく機体が、
撃墜されるも、炎上しながら最後の最後にギリギリで米空母に届き、
甲板を大きく爆破するシーンが最高。
涙無しには見られない。 ( 'A` )
あの水平飛行シーンの操縦席の状態が、映画の予告編映像と
うまくマッチしてて想像できて、なおさら涙。


745 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 23:15:28 ID:???
これってエキストラの募集とかあった?

俺は大和のとき応募しようと思って期日を逃してしまったのだが。

746 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 23:21:46 ID:???
>>743
俺は子供が「にーちゃーん!!」と叫びながら走るシーンで泣きそうになった。
大和のときもカーチャンの出るシーンで泣いたし・・・
肉親ネタに弱い俺。


あと岸恵子は演技が下手だという評が映画板にあったけど、そうなのか?
別に下手だとは思えないが・・・

747 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 23:28:47 ID:???
>>743
うちの近くのツタヤには置いてないな・・

>>745
俺は昔ゴジラのエキストラに応募したなあ・・・ナツカシス

748 :名無し三等兵:2007/05/07(月) 23:32:26 ID:???
ファンプロモって、これか。

http://stage6.divx.com/user/nagumo4/video/1216550/

自分的には、植村大尉の遺書のところだな。涙腺的にやばいのは。
生まれたばかりの娘さんに宛てた遺書のバックで、特攻シーンを流されると。

749 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 01:31:03 ID:???
特攻は結果的には無意味な作戦だったがな。
あれだけの航空兵力があるなら、特効自体必要なかったわけだが。
特攻の創設目的から考えるならな。
こんなことを言えば亡くなった方に失礼かもしれないが、上層部の
愚かな命令で多くの命を犠牲にしたということだ。


750 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 01:35:17 ID:???
特攻に使用された戦闘機を本土決戦に回していればより多くの国民が救われた。
何せ日本軍は航空兵力の27%以上を本土防空に回していない。
結果的には重爆撃墜率1%を確保しているから軍部の面子は保たれたが、本気で取り組んで
いればと悔やまれてならない。
大量の航空兵力による通常攻撃を実施していたなら撃沈数も増えたろうしな。
特攻は航空機と爆弾で威力倍増と考えられがちだが実は違う。
通常爆撃による爆弾は音速を超えて艦に命中する。一方特攻は鈍足なものだ。
威力は当然通常攻撃の方が大きくなる。
まして水平から突入する余裕があるなら、魚雷攻撃も可能であり、魚雷を命中
させれば大型艦でも一発で大破させることも可能だ。
正規空母エセックス級でも魚雷2,3発喰らえば転覆する可能性大だからな。
それだけ特攻攻撃というものは空しい作戦だったということを知っておく必要がある。
もちろん亡くなった方の特攻が全く無駄だったとは言わないが。

751 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 01:38:33 ID:???
なお、重爆撃墜率1%というのはB-29の延べ出撃回数約28000回に対する率であり、
結果的にはB-29の撃墜は414機。事故による損失を含めると約500機程度。
(米軍公報によれば700機のB-29が対日戦で失われたらしいが)
重爆撃墜率3%超えで爆撃中止を検討する余地ありだから、アメリカの損失も決して
軽くはなかった。
何せB-29は他の機種と比べても異様に高額だったから。

752 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 01:42:09 ID:???
>>749

いやあのパイロットがね・・・

753 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 01:50:11 ID:???
>>752
他スレでも述べたが、航空機+パイロットが出撃によって確実に消耗するのと
そうでないのは雲泥の差がある。
また水平から敵艦に突っ込む方法と急降下で突っ込む方法があるが、
特攻に成功するくらいまで近寄れた時点で水平なら雷撃、急降下なら爆撃が
可能な状況だということだ。
特攻というのは初めから特攻することが目当てだから逃げることをしないが、
魚雷なり爆弾なり投下する方が威力も大きい。
また未熟なパイロットでも100%の死ということはない。わずかでも生還できる
可能性があった。
生還したパイロットと航空機は再度使用できる。この差は大きい。

754 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 01:53:22 ID:???
日本軍が戦争末期に大型艦を撃沈できなかった理由はそこにもある。
特攻攻撃では威力が小さく、大型艦を大破できても撃沈できない。
台湾沖航空戦とマリアナ沖海戦は悪条件が重なって結果的にああなったが、
マリアナ沖海戦では正規空母他戦艦等数隻に小破の被害を与えている。
迎撃機450機の攻撃を振り切って、未熟なパイロットが何とか命中させたもの
だろう。
特攻でも迎撃機が450機も来襲すればまずは成功しない。
マリアナ沖海戦の時のように制空戦闘機が頑張れば、特攻も何とか成功するかもしれないが
それは通常攻撃によるものとほとんど大差はないだろう。

755 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 01:58:44 ID:???
つまり台湾沖航空戦の際の未熟なパイロットによる夜間攻撃、マリアナ沖海戦の際の多数の
迎撃機による攻撃の中の通常攻撃がうまくいかなかったことを理由に特攻を推進したとなると
それは冷静さを失ったとしか言いようがない。

レイテ沖海戦では航空兵力が少なかったため、一回限りの特攻攻撃を発令したはずだった。
すると少数の零戦によって護衛空母撃沈、軽空母大破の損害を与えたために歓喜した。
こうして特攻は通常攻撃より威力があると勘違いされたが、実は違う。
当初は米軍が特攻を予想しておらず、対空網も準備しきっていなかった。
また沖縄の頃になると、特攻に対する対策もできており、大規模な航空兵力を投入しても
たいした戦果は挙げられなかった。
大規模な航空兵力を投入できるなら、それは通常攻撃でも良かったわけだし。
沖縄戦の際の正規空母「バンカーヒル」の大破も通常攻撃によるものという説がある。
もしその説が真実ならやはり特攻作戦はやるべきでなかったと考えられる。

756 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 02:02:39 ID:???
挙句の果てには特攻=美学という考えが広まり、特攻の目的は変わってしまった。
本来は国民を守るためのものだったのが、最終的には本土防空さえもおろそかにすることに。
その証拠に日本軍は航空兵力を特攻+本土決戦用に温存するために本土防空作戦を片手間でやっている。
この点は米戦略爆撃調査団報告にも書かれており、日本は航空兵力27%以上を防空に投入したことがない
とされている。
つまり特攻は最終的には自国の国民を守ることの弊害にすらなってしまった。

757 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 02:10:39 ID:???
特攻が行われようと行われまいと日本軍の本土決戦思想ががある限り、航空機は温存されただろう。

758 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 02:13:48 ID:???
>>757
まさに愚の骨頂だよな、日本軍。本土を荒廃させて何が本土決戦かと。
けど特攻さえやらなければ特攻に使用された多数の陸海軍の戦闘機を迎撃にも
回せたろうにな。
結局は本土決戦用に燃料温存とか言って迎撃しなかった可能性も大ではあるが。
ちなみに終戦時に日本軍は約1年分の航空燃料をストックしていたようだ。


759 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 02:14:56 ID:???
陸軍兵力と航空兵力、燃料ストックを見ると余裕があった状態で戦争を終わらせた
ともいえる。一般的には原爆投下もされているから遅いといわれるが、ドイツなどと
比べればそれでも引き際が早かった。
結局は領土保全を確保できたってのもあるかもしれないがな。

760 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 02:29:49 ID:???
未熟な搭乗員では特攻でも通常攻撃でも結果は大して変わらんだろう。大部分は死ぬ。
航空攻撃を成功させるのは簡単なことではない。
それなら最初から機体ごとぶつけるつもりでいけば戦果をあげられるのでは?と考えたのは妥当だと思うが。

勿論大規模な特攻攻撃という悲劇は生まれなかったろうが。

761 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 02:31:58 ID:???
>>748

PCがフリーズした。

762 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 02:46:23 ID:???
お前の俗念がそうさせた

763 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 03:41:50 ID:???
タイトル変えた

俺は、君のためにこそ死ににくい

764 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 07:59:06 ID:???
>>761
DivX Web Playerのプラグイン入ってないと再生できないみたい。
ようつべ版もあったよ。
http://www.youtube.com/watch?v=sQDqX6unKjU


765 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 08:58:14 ID:???
本来戦争に思想は無用。

766 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 09:25:43 ID:???
むしろ、思想だの宗教だのがからむとめんどくせーことになりがち

767 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 10:30:11 ID:???
本来戦争に絡むものは思想でも宗教でもなく、ズバリ!お金でしょう。

768 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 11:04:25 ID:nh/oX3sA
「本当にすごいです。弾速が速く、ビッビッビという音と同時にババババーンと来ます。
 野砲なんかと違って(艦砲射撃は)凄まじいものでした。あと怖いのは火炎放射器です。
 あれでやられて亡くなった者も大勢います。
 そして27日に渡嘉敷に米軍の第七七師団が上陸してきました。沖縄本島よりも先に。
 うろちょろうるさい海上特攻の基地を先に潰しておこうと考えたようです」

「もうこのままでは全滅です。
 私は伍長に俺とお前で二手に分かれて後退する、
 行けるところまで行けと命令しました。
 そういう状況の中、3月28日、村民が315名集団自決したのです。
 恐らくパニック状態だったのでしょう。
 大江健三郎あたりが主張する、軍が(自決の)命令を下したというのは
 全く事実無根で、そもそも戦うことで手一杯、
 そんな命令など下せる状況にあるのかと」


皆本義博・元陸軍中尉(海上挺進隊第三戦隊) 『特攻 最後の証言』P154-P169より
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4757213034/ref=sr_11_1/503-8073642-246554

769 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 11:09:22 ID:???
>うろちょろうるさい海上特攻の基地を先に潰しておこうと考えたようです

これはご自身が海上挺進隊出身であることからの思い込みでしょうけどね。
実際のところは緊急避難用の泊地確保が主目的。

770 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 11:17:27 ID:???
>>763
すばらしいですね。

771 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 12:32:38 ID:???
>>750
本土防空には、B-29の飛行する高空まで到達できる戦闘機が必要。
高度一万メートル以上で、排気タービン付きのB-29に追いつける
戦闘機は、日本に無かった。
促成のパイロットに、旧型機の転用では迎撃効果が期待できないと思います。

航空隊毎のさみだれ的な特攻ではなく、通常爆撃やスキップボミングを
飽和攻撃的に組織して実施していれば、もっと効果があったかもという
理屈はわかりますけど。


772 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 13:59:01 ID:???
>>753
別スレで論破された事をこのスレでも書き込んでいるな。

キミは散々威力で特攻<急降下爆撃としているが
そもそも誘爆でもなければ急降下爆撃では大型艦は沈まない。
だから急降下爆撃(500kg以下)だけで戦艦を撃沈した例はないし、
空母もまた急降下爆撃による誘爆という二次災害によって沈んでいるわけだ。
しかも米の正規空母はその誘爆ですら大破はすれど沈まないのは史実が証明している。

そして急降下爆撃は錬度が高くないと当たらないのはご存知?

珊瑚海海戦     48機中命中3発 命中率 6%(翔鶴)
ミッドウェー海戦  45機中命中9発 命中率20%(三空母奇襲時)
第二次ソロモン海戦 30機中命中4発 命中率13%(龍驤)
南太平洋海戦    15機中命中3発 命中率20%(翔鶴)
同上      日本21機中命中4発 命中率19%(ホーネット)17機喪失
        日本19機中命中3発 命中率16%(エンタープライズ)12機喪失
        日本12機中命中2発 命中率16%(戦艦、軽巡)11機喪失
※上記の米艦爆隊の機数はほぼ日本艦隊上空に到達した機数と考えていい。

大戦序盤の米軍の急降下爆撃機隊の錬度があまり高くない
(それでも特攻機の頃よりだいぶマシ)のは知っていると思う。
そして対空砲火も序盤の日本艦隊は無きに等しいほどで末期の米艦隊とは雲泥の差がある。
少なくとも特攻の代わりに通常攻撃を実施したとしても
上記の6%を超えることは無いと断言してもいい。
しかも日本艦爆隊の生還率を見れば一目瞭然だがわずか37%と8%しかない。
1942年当時で、だ。
だから1944年10月以降にこの数字よりも高くなることはありえない。
つまり、キミの
>通常攻撃でもあれだけ大規模な航空兵力を投入すれば戦果は挙がっただろう。
この主張は具体的な統計に基づかない机上の空論ということになる。
そうでないというなら史実の例を出して反論してほしい。

773 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 13:59:49 ID:???

>特攻成功=急降下爆撃の成功の可能性ありということになる
>特攻できるなら雷撃が可能だということだ。

以前にゆうか氏も同様の指摘をしていたが
少しでも急降下爆撃や雷撃の射法を知っていればこういう考えはありえないだが。

急降下爆撃では敵艦の速力、針路、投下高度、降下速度、風向、風速
最低限、これらを爆弾投下まで常に適切に行ないながら降下しなければならない。
雷撃でも
敵艦の速力、針路、魚雷投下高度、魚雷投下速力、機体姿勢、魚雷の入射角、
というように特攻と異なり、大変な制限を要している。
これらのうち一つでも適切でなければ爆弾、魚雷が当たることはないし、
また、例えこれらが完璧であっても
対空砲火によりわずかでも機体の針路がずれれば(機体が損傷しなくとも)やはり、爆弾も魚雷も当たらない。
さらに特攻では最期まで針路の修正が可能(多少被弾しても)であるのに対し、
爆撃、雷撃は共に最適な投下地点を逃せば対空砲火の中でやり直す以外に術はない。
米艦隊のあの弾幕の中でそれができるかどうかは言わずともわかるだろう。
そして投下後は敵艦隊上空の弾幕と迎撃機の攻撃を無傷で通過できなければ無論、未帰還は免れない。

特攻と急降下爆撃、雷撃は決して=では結べないことがわかっただろうか。

774 :別スレで>>772を書いた:2007/05/08(火) 14:53:04 ID:???
>>772
>しかも日本艦爆隊の生還率を見れば一目瞭然だがわずか37%と8%しかない
>日本21機中命中4発 命中率19%(ホーネット)17機喪失

スマソ、この場合の生還率19%が抜けていたわ。
無論、この喪失機数は対空砲火+戦闘機によって失われた数。

775 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 15:56:06 ID:Z4AUcj0A
5/8(火)
日本テレビ 22:54 NEWS ZERO
B'zが永遠の翼熱唱。製作秘話も

映画の映像も流れると良いね
無料レンタルのDVDに「永遠の翼」プロモ映像が入ってたけど結構良かった。

776 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 16:01:29 ID:???
なんでB'zに頼んだんだろう・・・
桜花のアニメ動画に流れている曲でいいじゃない。

777 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 16:10:17 ID:???
>>772
スキップボミングならば、連度が高くなくても、先導機の指示に従えば、
有る程度の効果は上がったのではないかという見方があります。
(日本でも、反跳爆撃は試行されている)
たしか「日本軍の小失敗の研究」という本に載っていたと思います。


778 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 17:34:35 ID:???
>>777
まったく同じことを別スレでも書いたけど、スキップボミングもかなり高い錬度が必要なんだよね。
アメリカ軍が多用してるように思えるが、実はそうでもないのだ。
単純に部隊の絶対数が多いから、スキップボミングを修得した高錬度の部隊も相応に存在する、というだけなのだよ。

もひとつ、アメリカ軍にあって日本軍にないのがガンシップによる対空火器制圧。

779 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 17:47:52 ID:???
だな、B24みたいなんでスキップボやらかすけど・・
搭乗員はヨーロッパで24回とか38回出撃した連中が廻ってきちおる訳だし。

780 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 17:51:45 ID:???
そして、ちなみに、米軍のスキップボミングは実は失敗事例まみれ。

最終的に撃沈してるからあまり知られてないけど
甲板上に転がってしまってから爆発するんで大した被害にならなかったり、
飛び越えて反対側に去っていったり。
理想とされている「一旦舷側に激突した後着水・水中爆発で撃沈」の成功例は数えるほどしかない。
なんだかんだで最終的にものを言ったのは「数の暴力」。

781 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 17:54:46 ID:???
数の暴力ってのがどういうことかというと、
舷側に激突してから爆発したり甲板で爆発したりでも
それなりにダメージを与えるし、
狙われた目標の大半は無防御の小艦艇・商船だから
これらの被害が積み重なれば船体のダメージも蓄積して
最終的に船体が裂けたり浸水がはじまったりで沈没に至る。

要は命中弾の多さで失敗事例を覆い隠してしまってるのだ。

782 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 18:16:53 ID:???
>特攻と急降下爆撃、雷撃は決して=では結べないことがわかっただろうか。
特攻の場合は直撃するまで突っ込んでくるから20mm機銃による撃墜比率が意外と高いんだよね。

783 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 19:13:15 ID:???
特攻する覚悟で敵艦に突っ込むのなら雷撃、急降下の成功率も上がるだろう。
最初から特攻して確実に死ぬのは戦力の無駄遣いだ。
死ぬ気で突っ込んで爆弾や魚雷を命中させれば大型艦の撃沈も可能かもしれない。
雷撃の威力は絶大だ。

784 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 19:20:49 ID:???
>772
単純に同じ50番でも抱いて突っ込むのと投弾するのとの運動エネルギー
の差=貫通力の差ははスルー?
当てる為の云々はおいとくとしてだが。
>780
アレ自体が爆弾を湯水の如く射耗する「数の暴力」だしな。

785 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 21:32:00 ID:???
スレの流れ蓋義理だが、いま>>776がいいこと言った!

786 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 22:14:57 ID:???
「悲しいときはいつも」だよね。
あの曲を聴いたのが桜花のアニメ動画だったんで、
刷り込まれてる。。。

787 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 22:50:33 ID:aKAH8mcc
ファンプロモ、ありがとうです
遺書のテロップと背景に流れる画像に思わず涙でした
映画は今月観にいく予定です

788 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 23:27:40 ID:???
ファン・プロモ、遺書の部分以降は、ありゃ反則だわ・゚・(ノД`)・゚・
実際の遺書+あの映像+美しい音楽。映画見た後、心穏やかに九段へ行ってくるよ。

789 :名無し三等兵:2007/05/08(火) 23:42:37 ID:???
日テレキタコレ

790 :774:2007/05/09(水) 00:01:42 ID:kZRvi5KV
>>783
>特攻する覚悟で敵艦に突っ込むのなら雷撃、急降下の成功率も上がるだろう。

おまえ当時の艦爆、艦攻のパイロットの覚悟をなめてんのか?
「雷撃を三度やった奴はいない」という言葉(急降下爆撃は4度)があるくらい決死の攻撃だったんだよ。
事実、先に表で示したとおり生還率も恐ろしく低い。
少しはマトモな本や当時の搭乗員の戦記を読んでから発言しろよ。
決死の覚悟で通常攻撃を行なった方に失礼だろ。

>>784
大型艦相手、というので戦艦のヴァイタルパートは急降下爆撃では抜けないし、
エセックス級の場合、特攻機でも誘爆させて、急降下爆撃と遜色のない被害を与えている。
特攻と通常攻撃の違いで必ず触れられる話(当時の証言)ではあるが
結果をみると取り立てて強調するほど
運動エネルギーの差=貫通力の差が戦果の差としてあったかは非常に疑問。
何か大型艦でその差が顕著に現れた例を知ってます?

791 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 00:03:50 ID:???
>>790
ミズーリには舷側に、特攻機が命中した後の「凹み」が今でも残っている・・・
つまりへこむ程度で済んだ。

792 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 00:06:33 ID:???
>>764
お礼を言うのが遅れてしまった。
ありがと。

793 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 00:10:54 ID:???
>>792に何故か萌えた

794 :774:2007/05/09(水) 00:12:56 ID:???
>>791
舷側にはじかれたあの有名な動画ね。
でもあれは急降下爆撃の場合、至近弾のようなものだからやはりへこむ程度では?
多少被害は出るけどせいぜい中破で戦線離脱させるほどの被害を与えられたとは考えられない。
雷撃の場合だとあの浅い射角(突入針路)ではまず当たらないし。

795 :774:2007/05/09(水) 00:17:53 ID:???
>>791
一応補足。
急降下爆撃でもへこむ程度と考えたのはアイオワ級の舷側装甲が330mmなので。

796 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 00:30:13 ID:???
>>792
どういたしまして(・∀・)
でも、stage6版が、めっちゃ高画質&高音質だったんで、
見られるならこっちがオススメ。
ダウンロードもできるようだけど、DVDに焼けないかな?

797 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 00:41:41 ID:???
>>796
いあいあ、ようつべ版でオナカイパーイ。ありがたう。

植村大尉の卒業校はおらの私大の併願校だ。
しばらく勉強さぼってたけどなんかやる気がわいてきたお。

798 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 00:59:47 ID:???
>>797
おぉ。立教併願ですたか。
おいらは、某マンモス大学を卒ってからずいぶんたつなぁ。。。
日々の生活を、もうちょっと律せねばと思う今日この頃。
我が子の教育だけは、しっかりやろうと思う。
学歴ではなく、正しい知識と教養、人を思いやれる心を。
そして、日本人としての誇りも身につけさせてやりたい。

799 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 01:08:52 ID:???
「誇りを身につけさせてやる」なんて考え方で教育したらロクな人間にならんぞ。
自発的に誇りを持つような環境を作ってやるほうが大事

800 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 01:08:53 ID:???
>>795
たったの33aかよ、陸自の90式は55a以上だぜ。

801 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 01:14:32 ID:???
>>799
うんうん、その通り。
オレの書き方がダメポだったな('A`)
お手本になる昔の素敵な日本人たちの話しを
たくさんしてやろうと思う。


802 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 01:22:06 ID:???
>>797
立教はとてもよいところ。
国立に落ちて・・じゃなかった落ちたら是非いらっしゃい

803 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 01:31:29 ID:???
>>801
別に日本人に限る必要はないと思うけどね。
あんまり日本人の話しかしないようでは「日本人は偉大な民族、他は違う」とか言い出す、かも、まあそんなことないか。

804 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 01:41:34 ID:???
>798
日本人としての誇りなんてのはクソ
国籍の奴隷にしてどうする

自分が自分であるという矜持さえ持っていれば
王侯富貴何たるものぞ

805 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 01:43:36 ID:???
自分が自分であることに誇りを持つのが最も良いことだからね。
自分に誇りを持てず、自分の属する民族、国家、イデオロギーに誇りを求めると、
自分と違う民族、国家、イデオロギーを見下し、排斥しようとするような人間になる。

806 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 01:55:44 ID:???
自国に誇りを持てる真の愛国者は他国の人間にも敬意を払えるものだ。と国語教師だったお爺ちゃんが言ってました。

807 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 02:05:00 ID:???
>>804
私は留学時代に自己というものを確立するために、己は日本人であるということを自分に言い聞かせておりました。

日本という国籍、文化を背負って異邦の地にきているのだということを強く言い聞かせておりました。

日本という文化集団に属していることにプライドをもち生活していました。

クソですいません。

808 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 02:11:36 ID:???
>807
情けない卑小な人物だなおい
日本人っていう集団にぶら下がってないと安心できないのか
やれやれだ

809 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 02:20:20 ID:???
なんだかんだ言ったって、無国籍ってことはあり得ない。
日本に生まれ育ったなら、そういう国籍も大切にすればいい。
否定できない自分のルーツだからな。

>>808みたいな人間が、朝鮮人のように
喜び勇んで他の国籍に変わったりするんだよ。

810 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 02:27:00 ID:???
「お前は何者だ?」

と問われたときに

「日本人です」

と答えることしかできない人間よりは

「西村ひろゆき(仮名)ですが何か?」

と答えられる人間のほうが豊かだよな

811 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 02:27:44 ID:???
ええまあ。

むこうの友人に「君は日本という国家に属しているいることについてどう思うか。」とか「君に愛国心はあるか。」
とかいうような質問を連発されたこともありますが。
向こう側に異文化交流をする上で「日本人としての私」を求められたものですから。

私は異邦人として他国で生活するにあたって、日本という集団に属しているということをどうしても意識せざるを得なかったのです。
言い換えれば自己の確立に特定の文化集団に属していることを利用したわけであります。
ですから自分が一端の愛国者であるなどとは思いもしません。
しかし自分の行いは日本人の行いとなることを強く意識しながら生活していたわけであります。

私はあなたのように強い人間ではありませんので。


812 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 02:39:20 ID:???
>>810
普通「君は誰だ」と聞かれたら自分の所属する集団や地位を答えた上で、名前を名乗るものだと思うが。

813 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 02:50:37 ID:???
>812
自分に誇りをもてないかわいそうな香具師だな……

814 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 02:54:46 ID:???
>>812みたいに自己のアイデンティティを確立できない惰弱な心の持ち主は
自らの精神的平安を求めて「国家や組織の一員である自分」というレッテルを得て
安心したいのだろう。

それは別に悪いことではない罠

815 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 02:59:30 ID:???
>>811
あんたは別に間違っていない。


>>813
それは大人としての礼儀の問題じゃないのか。

「君の名前は?」と聞かれたならストレートに名前を答えるもんだ。

だが「君は誰だ?」と聞かれたら自分の所属する集団や地位も含めての情報を相手は求めているのだと俺は解釈するが。


哲学的な問答をしているなら話は別だが。

816 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 03:04:58 ID:???
>>810
日本人にあるまじき自意識過剰。
は?誰だテメーといわれるだけだ。
ああ、留学経験のない井の中の蛙なのか。

817 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 03:11:34 ID:???
つか、外人的にはフツーの答えだよね>>810は。

818 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 03:18:54 ID:???
>>814
あのね。
俺は自分は自分であるという考えは当然持ってる。
その上で自分が特定の集団、共同体に所属していることを意識しているんだよ。

>>815にも書いたけど俺が上で言っているのは情報のやりとりのことだよ。
アイデンティティがなんだの言うのは別問題だ。

819 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 03:25:00 ID:???
>>811
俺なら、「俺は俺だ。日本人とか関係ない。」と答えるけどね。
あんた悲しいね。つまんないね。

820 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 03:27:22 ID:???
特定の集団、共同体なんて自分の利益のために現在属しているだけと思うけどなぁ

821 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 03:36:03 ID:???
それ考えると昔の日本人てあほだよね。

>>811とか>>818みたいな香具師は「天皇陛下ばんざーい」とか叫びながら死ぬんだろうなあ。
きもちわるっ。

822 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 03:45:34 ID:???
俺もしばらくヨーロッパで生活してたことあるけど、その国の文化とか習慣に適応していけば
完全に同じになることは無理にしても、「異邦人」としてわざわざ異質な存在になることはなかったんだけどね

ついでにいえばその違う部分が自分の「アイデンティティ」だって思っときゃ
わざわざ日本人だ何だっていう、「集団」に寄り添う必要も無いわけで

823 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 03:50:37 ID:???
その違う部分というのは日本という文化集団に属するが故の特性ではないのか?

824 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 03:51:22 ID:???
>>818みたいに自己のアイデンティティを確立できない惰弱な心の持ち主は
自らの精神的平安を求めて「国家や組織の一員である自分」というレッテルを得て
安心したいのだろう。

それは別に悪いことではない罠

825 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 03:54:09 ID:???
>>823
どうだろうね、そうかもしれないね。
でも、それが何かわざわざ意識する必要も無いじゃん

自分の個性、自分のアイデンティティなんだから

826 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 04:00:52 ID:???
俺は、俺だとか言ってる奴に限って大した奴はいねえ(笑

827 :811:2007/05/09(水) 04:08:53 ID:???
>>822
私が留学中に得たものは勿論その国の文化慣習や友人が大きいけれど
日本人としての自分を見直すということもあったからね。

自分の属する共同体というものを強く意識させられたのはあのときが初めてでしたから。
特に留学初期のころは日本人である自分を強く意識していました。
別に周囲と一線おこうという気持ちがあったわけではありませんけど。
上にも書きましたが相手に「日本人としての私」を求められることもしばしばあったので。

むこうの若者も他の国の若者の意識を知りたがっていたんですよ。
日本の歴史や風土についてもよく聞かれましたね。深いところまで聞かれることもあったので焦ることもありました。


勿論個人的な付き合いをする上で「お前は日本人だから〜」と差別扱いされることは(幸運にも?)ありませんでした。
東洋人であるということで見知らぬ人に差別的な言葉を投げつけられたことはありますが。


828 :811:2007/05/09(水) 04:23:35 ID:???
>>825
まあ私の環境がある意味”恵まれていた”のかもしれません。

ま、そんな環境も手伝ってその違いを意識し考えたわけです。
そこで私は自分の属する文化集団に結びつけたわけですな。

元来私は「俺は俺。社会や集団がどうした。」という人間でした。
阿呆みたいですが「日本なんて狭い世界にこもってられるか。俺は広い世界を見るぜ。」と留学したわけです。


それを考えると自分が自惚れ屋だと気づけたのが最大の収穫ですかねえw

829 :811:2007/05/09(水) 04:24:31 ID:???
自分はそんな自惚れができるような人間ではなかったと。

830 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 04:26:46 ID:???
愛国心もってる人って集団に属さないと生きていけない人だよね。

>>823みたいに自己のアイデンティティを確立できない惰弱な心の持ち主は
自らの精神的平安を求めて「国家や組織の一員である自分」というレッテルを得て
安心したいのだろう。

それは別に悪いことではない罠

831 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 04:28:24 ID:???
>>828
それって「自惚れ」の対象が自分から集団に移動しただけなんだけどねー

832 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 04:30:43 ID:???


>>815みたいに自己のアイデンティティを確立できない惰弱な心の持ち主は
自らの精神的平安を求めて「国家や組織の一員である自分」というレッテルを得て
安心したいのだろう。

それは別に悪いことではない罠


833 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 04:41:45 ID:???
>>831
そうですか?
別段日本人だから私は偉いとか優れているという考え方を抱いているわけではありませんので。

まあ愛国的な考え方かもしれませんが
異邦の地で日本人として恥ずかしくないように行動しようと思ったのはありますな。
家族の顔に泥を塗る〜という意識を抱いたわけです。
私はこれを日本人としての誇りを持ってと表現しました。



自惚れと表現しましたが
私が悟ったのはたいていの人間は誰しも特定の集団に属さねば生きていけないということです。
留学時代は日本という「国」であったわけですが、帰国してからは家族というものもしっかりと意識しました。
とんでもない自惚れやだったんですよ。私は。

834 :811:2007/05/09(水) 04:47:33 ID:???
>>833は私です。

偉くて優秀な日本人としての誇りを〜という意味ではありませんので。

835 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 04:52:45 ID:???
集団を意識しない人間に自己確立なんて無理。

836 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 04:57:40 ID:???
愛国心もってる奴ってあほだよね。

日本にすがらないと生きていけないのかっちゅうの

837 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 04:59:11 ID:???
>>833
お前はお前なんだからなにしたっていいんだよ。
別に集団に属することを意識しなくたって生きていけるって。

838 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 05:04:25 ID:???
「集団に属しないと生きていけない」これは正しいかもしれないけど
それをどう意識するか、だね

その集団の行動が自分にとって(短期的にではなく、長期的に見ても)不利益だとしても
今属している集団に属し続けなければならないか、とかね

839 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 05:10:23 ID:???
愛国心もってるやつってあほだよね^−^

さっさと北朝鮮に特攻しろよ

840 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 05:18:22 ID:???
>>836
日本にすがる事を愛国心とは言わんだろ。

逆だよ真逆。
自分勝手な個人主義者の方が日本の平和にすがって、
個人主義を謳歌出来てるんだろ。

841 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 05:31:37 ID:???
>>831
自惚れ云々については理解していただけたのでしょうか?

>「集団に属しないと生きていけない」これは正しいかもしれないけど

かも知れないではなく私は不可欠な要素だと考えています。
自我の目覚めにせよ社会的な恩恵にせよある集団に属していてこそのことですから。

>その集団の行動が自分にとって(短期的にではなく、長期的に見ても)不利益だとしても
>今属している集団に属し続けなければならないか、とかね

その辺は自由だと思いますけどね。今の集団から脱することによって更なる飛躍を望めるなら個人にとってはそれがよいでしょう。
特定の集団に属することは必要ではありますが、強制されることではありませんので。


まあ私は日本という国籍を捨てて違う共同体に鞍替えするということはないでしょう。
日本という国家が消滅してもナショナル・アイデンティティを捨てることはないでしょうな。

842 :811:2007/05/09(水) 05:37:16 ID:???
ナショナル・アイデンティティと書きましたが、私はそこから生まれ得る選民思想には同意しませんので

843 :馬鹿右翼撲滅隊:2007/05/09(水) 05:47:06 ID:???
>>842>>826みたいに自己のアイデンティティを確立できない惰弱な心の持ち主は
自らの精神的平安を求めて「国家や組織の一員である自分」というレッテルを得て
安心したいのだろう。

それは別に悪いことではない罠


844 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 05:55:36 ID:???
>>822
その違いを意識して考えるかどうかは人間の差でしょ。

必要ないとは言えない。

845 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 05:59:28 ID:???
>>831
己はあくまで日本人であるという意識をもつことが自惚れになるのか?
それにプライドをもつことが自惚れになるのか?

こういった考えをもつ人間は自意識を肥大化させているとでも?
他への敬意を払えないとでも?

846 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 06:10:42 ID:???
自惚れには違いないね

そもそも個人とししての自意識を肥大化させるのは良くなくて
国民としての自意識を肥大化させるのは良いことだというのも
一つの価値観にすぎないのだから

847 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 06:18:55 ID:???
別に個人としての自意識の肥大化がいけないとは言ってないが。
個人がどんな判断をするのも自由だがあなたが共同体意識や
それに対するプライドを持つことを自惚れと指摘したので聞いているだけだ。

あなたの自惚れと切り捨てる考えも自己の哲学に陶酔する自惚れと考えてもよろし?

848 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 06:34:13 ID:???
いいよー

というか「自惚れ」自体悪いことだとこれっぽっちも思ってないしさ

849 :811:2007/05/09(水) 07:06:23 ID:???
>>846
すいません。具体的にどこが「自惚れ」なのかご指摘をお願いします。

私が悟ったことそのものが自惚れなのでしょうか?
私がある集団に所属しており、それに対して意識を向けプライドを持つことが自惚れなのでしょうか?
>>833にも書きましたが、それによって自己が優れている等の妄想や、選民思想に陥ったわけでもありません。
私が留学前に抱いていた考え方こそ「自惚れ」という言葉に相応しいと思うのですが。


>>841に書いたように私は自己の意思を曲げてまで特定の集団に属し続ける必要性もないと考えていますので。
その辺は個人の裁量に任せます。
個人の意識が肥大化すればその共同体に収まることを拒否するようにもなるでしょうから。
その共同体に属して活動するか、別の共同体に身を置くのか。そこらへんが個人主義なんだと思ってますよ。

850 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 07:14:03 ID:???
お前らまだやってたのか。

うぬ‐ぼ・れる【▽自×惚れる/▽己×惚れる】

[動ラ下一]うぬぼ・る[ラ下二]《自分自身に惚(ほ)れる意》実際以上に自分がすぐれていると思い込んで得意になる。「美人だと―・れる」

851 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 07:26:12 ID:???
本当の意味での自己の確立なんてのは集団に属している限り不可能。
かといって集団というものに属さないで自己の確立をするのも不可能。

結局のところ現代の文明国人の自己の確立なんてのは集団や共同体に依存した上でのものでしかない。

852 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 07:37:05 ID:???
>>849
おめの考えは自惚れではないと思うぞ?

国家の栄誉ある?歴史や先人の偉業を自分とつなぎ合わせてホルホルするのは自惚れだと思うが。

853 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 08:17:17 ID:???
804 :名無し三等兵 :2007/05/09(水) 01:41:34 ID:???
>798
日本人としての誇りなんてのはクソ
国籍の奴隷にしてどうする

自分が自分であるという矜持さえ持っていれば
王侯富貴何たるものぞ


805 :名無し三等兵 :2007/05/09(水) 01:43:36 ID:???
自分が自分であることに誇りを持つのが最も良いことだからね。
自分に誇りを持てず、自分の属する民族、国家、イデオロギーに誇りを求めると、
自分と違う民族、国家、イデオロギーを見下し、排斥しようとするような人間になる。


そうそうそのとおり。

854 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 08:26:20 ID:???
所詮共同体に属しておきながら吼えてるわけだからねぇ。

855 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 08:29:02 ID:???
>>854みたいに自己のアイデンティティを確立できない惰弱な心の持ち主は
自らの精神的平安を求めて「国家や組織の一員である自分」というレッテルを得て
安心したいのだろう。

それは別に悪いことではない罠

856 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 08:43:25 ID:???
>>853

>日本人としての誇りなんてのはクソ
>国籍の奴隷にしてどうする

その国籍を有している時点で義務と権利を背負うのだからある種奴隷なわけですが。
無国籍で生きたいのですか?
加えれば自分の属する共同体に誇りをもち、同朋意識をもとうとすることはごく自然だと思うが。
当然のことだとは勿論言わないが。
あなたは共同体意識へのアンチテーゼとしての性格を持つアイデンティティの奴隷となっているのではないか?
これにとらわれて異常なまでの拒否反応を示しているのでは?

>自分が自分であるという矜持さえ持っていれば
>王侯富貴何たるものぞ

は?

>自分が自分であることに誇りを持つのが最も良いことだからね。

これは当然のこと。自己の確立無しにイデオロギーも哲学もへったくれもないからな。

>自分に誇りを持てず、自分の属する民族、国家、イデオロギーに誇りを求めると、
>自分と違う民族、国家、イデオロギーを見下し、排斥しようとするような人間になる。

自分に誇りを持った上でならなんの問題もないんだがな。

857 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 08:52:48 ID:???
私は自分に誇りを持っています。
その上で自分の属する民族や国家に誇りを抱いています。

なんの問題もないれすね。



そんじゃ講義を講義をまじめに受けますか。

858 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 09:22:58 ID:???
おらは自分の所属する国や民族に誇りをもつのはいいことだと思うお。
強制できるもんではないと思うけど。

まあその辺は個人の考え方の違いだ。
日本人としての誇りなんてクソってのも一つの考え方だと思うお。
他人にそれを強制しなければ全然おk。
日本人なら愛国心持って当然というのもおかしい。
ただその共同体に所属していることは忘れちゃいかんと思う。

おらは愛国心も持ってるけど愛校心も持ってる。
だから遅刻したせいでやらされる便所掃除も苦にはならん。いやまじで。

859 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 09:30:55 ID:???
おい学生!
こんなとこでクダ巻いてないで授業に集中汁!!

860 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 09:43:03 ID:???
>>自分に誇りを持てず、自分の属する民族、国家、イデオロギーに誇りを求めると、
>>自分と違う民族、国家、イデオロギーを見下し、排斥しようとするような人間になる。

>自分に誇りを持った上でならなんの問題もないんだがな。

自分に誇りがあれば、自分と違う民族、国家、イデオロギーを見下し、排斥しようとする事に問題は無いのか???

861 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 09:48:46 ID:???
君達、祖国の語源はだね、無くなった自分の国を思い浮かべる時に使う言葉だそうな。
まだ存在する時には我が国と呼ぶのがよろしい。

862 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 09:52:10 ID:???
大辞泉より

◇「祖国」は祖先からずっと住んでいる自分の国。「祖国を守る」「祖国を捨てる」「祖国防衛」
◇「故国」は自分の生まれた国、また、故郷の意で、その国や故郷を長いあいだ離れている人の言い方。

863 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 11:53:42 ID:???
なんか戦後民主主義から抜け出せません世代が山のようにいるな
自己の確立だの個性の尊重だの言われて、教育放棄された可哀相なやつらだ。
「自分の国を誇りに思う事」がすぐに「選民思想」だのなんだのに繋がる
おまえら「自衛隊→人殺し集団→人殺しイクナイ→廃止汁!」レベルの思考停止具合だぞ。
inter nationalってどういう意味か良く考えろ。
自分の国について何も知らないバカが「俺は俺だ!国なんて関係ねぇ!」といくら叫んでも
外から見れば「日本人の癖に日本の事を何も知らないって、余程育ちが悪いか知能がひくいんだろうな、かわい
そうに」と思われるだけ。
いくら「俺様ってばもうネイティブじゃん」と思っても、異邦人は異邦人なんだよ。
おめでたい地球市民様には理解できないだろうけどな。


国境や国籍の大切さ有難さを知るには、難民になってみればいい。
まともに機能している国の国民であることがどれだけ有難いか
よく分かるだろうよ。
とりあえず、バカでも読めるから犬養道子女史の本でも読んで来い。

864 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 12:04:42 ID:???
早くも夏休みになったスレはここでつか?

865 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 12:04:53 ID:???
いくらここで在日が吠えても日本人>>>>シナチョンなのは世界中で認められた事実

866 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 12:49:55 ID:???
まあ、とりあえず日本人としての誇りを持つことは嫌とか恥ずかしいとか言う奴は、海外に行く時、
もちろんパスポートなんて使わないんだよね。
貴方達にとって、日本人として証明して貰って、それに守られることなんて恥辱の極みでしょ?

867 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 12:57:27 ID:???
>>809
>>808みたいな人間が、朝鮮人のように
 喜び勇んで他の国籍に変わったりするんだよ。
違うだろ、日本語しか喋れず、
日本社会にしか生活の基盤の無い連中が、
帰化もしないまま寄留先の社会への
帰属意識が持てないような歪んだ現状が問題なんだよ。
あと「愛国心」だけだったら、赤化が進んでるとはいえ
韓国人の方が、日本人より、まだ上だけど、
彼らがその点において、日本人より高く評価されるべきと思わない。




868 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 13:08:35 ID:???
特攻戦術は日本軍や日本赤軍による
正規戦・不正規戦への偉大な戦術的貢献として
位置付けられるべきだ

kamikazeは世界の共通語
ネットウヨとしても誇らしいことだろう


869 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 13:14:30 ID:ZwgzcYHa
嫌韓厨的にはチョンの光山少尉って人間のクズかな?
祖国を解放してくれたアメリカ軍の軍人たちを殺すために、
滅亡寸前の帝国が為に、自主的に特攻を志願するという愚かの極み。
いかにもチョンらしいな。

870 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 13:56:06 ID:???
こんな人道に反する戦術を考案や推進して戦後も生き延びた人たちこそ
日本人から責任を追及されるべきだったか

871 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 15:50:37 ID:byUEGGvC
>>870
考えた奴は自決したんじゃなかったっけ?

872 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 15:51:45 ID:???
特攻の生みの親は捏造

873 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 16:12:22 ID:???
捏造が特攻の生みの親?

874 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 18:25:09 ID:???
石原が愛国心をもってるのかな?
俺はちょっとその点が疑問なんだ。

やつは他人を攻撃する手段として愛国心を利用しているような気がする。
牟田口みたいに。

硫黄島からの手紙で中村獅童の役の軍人はまさにその典型だった。
ナルシズムや自己愛を愛国心と勘違いしてるのが石原なんじゃないかな?


「レイテ戦記」でうろ覚えだが、こんな話を覚えてる。
中国戦線において、もっとも勇敢に戦った指揮官は
どの人もとても律儀で人間的に柔らかい人で、
逆に使えない指揮官は、愛国心が足らんと部下に暴力を奮うような連中だった。


なんか石原とか、西村とか、思い当たる節がいっぱいです('A`)

875 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 18:29:44 ID:???
>>874
何かと厳しいかも知れないがそれでは都知事も勤まらんでしょ。

876 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 18:34:50 ID:???
大西瀧治郎は本当の所、特攻の生みの親ではない。

877 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 19:18:50 ID:???
お前ら一度は隼の模型作ったことはあるよな

878 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 19:19:20 ID:???
>>875
いや軍曹は絶対に勤まらないが平時の大将なら勤まるというタイプだから、
都知事というポジションがうってつけなのではないかな。
こと都政にかけては「無能な怠け者」の典型だよ、彼は。

879 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 19:27:57 ID:???
石原都政ってどうなん

あの候補者の中では共産党のデブを除けば石原しか適任者がいないように思えたが

880 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 19:33:26 ID:???
>>860
自分に誇りを持っていればそういったことは起きないだろうってことでしょ。前段の意を汲んだ文章でそ。
まあ誇りを持って他民族排斥を進めていたヤシもいるけどな。

881 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 19:39:30 ID:???
>>867
つーことはお前さんは帰化をした上でその土地に帰属していたのか?

882 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 19:52:39 ID:???
>>867
も→を、の誤字だとしたら帰属意識を持つってのは本来自分が属している共同体を捨てることにはならんからな。
いくら文化慣習を現地に馴染ませようとしても現地人に同化しようとしてもだ。
現状の社会的地位は自分が属する国家によって保証されている。
それを脱しない限りは自分はその共同体の一員である。
それだけは忘れるなということを811は言いたいのではないか?
特に留学生に向けた言葉ではないか?

883 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 20:17:23 ID:???
自分が今現在寄留している土地に帰属意識をもつのは大切なことだと思う。
なにより現地の慣習や文化に合わせるということが出来にくくなるから。

だけどそれは本来自分が属している共同体のことをきれいさっぱり忘れろということではない。

884 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 20:23:44 ID:???
つーか帰属意識ってのは自分が勝手にそこに(帰属したい、してると思っている)だけだろ

885 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 20:25:21 ID:???
帰化しない限りは。

886 :811:2007/05/09(水) 20:58:33 ID:???
>>867
なにか勘違いをされているようですが、私は現地社会への帰属意識をもつなということを言っている
わけではありません。
むしろこれは大切なことです。高い金払って海外に行くわけですからそういった努力をしないのは虚しいですよ。
留学している間は当然現地の集団にに寄留するわけですから、その組織に属する人々が不快にならないように
またその組織の不利益となるような行動は避けてきました。
私がホームステイしていた家の老夫婦は私を家族のように扱ってくれましたし、なにより私は現地の人々と社会を愛していましたので。
「愛している人々に不快な思いをさせたくない」「彼らの不利益になるようなことはしたくない」と思うのは当たり前ですよね。

しかしながらあくまで私が属しているのは日本という組織であり、自分の行動は日本人の行動となることも忘れないようにしていたのです。
私が馬鹿をやって日本や日本人の顔に泥をぬるようなことはしたくありません。
向こうの社会が日本人を受け入れたくないと思うようになるのは悲しいですからね。

まあむこうからすれば東洋人という枠にはめられることもあるでしょうが。
自分が現在寄留する社会に帰属意識をもつことと、自分が本来属する集団のことを意識するのは両方とも大切なことではないかと思います。

887 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 21:03:35 ID:???
なんか難しい話をしているが

愛国心を持つというのは組織の一員としての自分がどうすべきかということを考えることじゃないか?

888 :ケモヲタ:2007/05/09(水) 21:08:44 ID:AmYfi+AQ
>>874
>中国戦線において、もっとも勇敢に戦った指揮官は
>どの人もとても律儀で人間的に柔らかい人で、
>逆に使えない指揮官は、愛国心が足らんと部下に暴力を奮うような連中だった。

 でも、米海軍作戦部長兼合衆国艦隊司令長官のキング元帥は、暴力こそ振るわなかったが、人間的には明らかに後者に属する人種。少なくとも、絶対に前者には属さない。
 でも、戦争に勝ったんだよな。

889 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 21:22:07 ID:???
海外に行って急に愛国心に目覚める人がたまにいるようだが、
たいがいは自分の存在の小ささに気づいて心の拠り所を国に求めるだけ。
そのうち自分こそが日本を代表するのだ、と勘違いを始める人もいる。

そういうのは健全な愛国心じゃなくて国に甘えてるだけだよ。

実際に海外でひとりで生きのびようとすると、頼りになるのは自分自身と
周囲にいる現地人の好意と信頼だけ。
そのうち、
こいずみ〜たのむから足引っ張るなよ、おまいは国内で好き勝手言ってるだけだから
いいけど、こっちには死活問題なんだぞ(笑)
という気持ちになってくるから困るわけだw

890 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 21:34:03 ID:kS1wcvdX
この映画のタイトル反吐が出る。

投降した奴は敵に手厚く擁護されて
特攻した奴らはみんな無駄死に。
ホントに君のためを思ってるなら
投降して生きる道をとるべきだった。
映画ならそれを訴えるべきだろう?
このタイトルは勘違い。美化しすぎ。
散華などではなく例外なく無駄死に。

891 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 22:00:19 ID:???
おまえの想像力の無さはよくわかった

892 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 22:10:10 ID:???
>>889
お前人の文章ちゃんと読んでるのか?

893 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 22:10:13 ID:???
特攻を美化していない事を望む。

894 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 22:12:20 ID:???
>>879
大学で政治経済を学んだ俺としては(理論的な部分だけど)浅野が一番マシそうに見えた。
石原はパフォーマンスとか弁舌とかは悪くないがこと政治経済の面となると発言が素人。

895 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 22:15:21 ID:???
>>889
何故組織の一員としての自分を考えることが甘えになるのか。

そういうことは日本国籍を放棄してから言いなさい。

甘え過ぎだアホ

896 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 22:19:59 ID:???
日本国籍を有することでどれだけいざというとき助けになるか、まったくわかってないんだろうな。
パスポートなくしたとか怪我したとかのとき、領事館がどんだけありがたい存在なのかすぐにわかる。

897 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 22:22:40 ID:???
愛国心とか関係ないだろ。

組織の一員としての自分を認識するってのはどこ行っても同じだ。

それがなきゃ帰属意識なんて持ちようがない。

898 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 22:28:45 ID:???
組織が肌に合わなければ放棄すればよいだけ。
その恩恵だけ受けるってのも別に悪いことではない。
ただその組織の一員であるということを認識したうえで行動する人間を揶揄するのはおかしい。

愛国心があろうがなかろうが現地への帰属意識をもつことは可能。
どちらかを選べなんてのは変だ

899 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 22:43:18 ID:???
>>886
>>895
僕ちゃんになに言っても無駄

900 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 22:52:47 ID:???
>>889
向こうで生活するには当然現地人の信頼が不可欠になってくるわけだ。

自己の利益を特に重視して行動するのか、それに加えて日本という組織の一員であるということも意識して行動するかの差でしょ。

>>886のいうように
どちらにせよ現地人に好意を抱かれるような行動を心がけるのには変わりないんだから。

それから愛国心ってのは盲目的に国の方針に従うことではないと思うが。
自分の国の指導者が誤ったことをしているならそれを嘆かわしいと思うのは当然のこと。

また国というか組織の行動があまりにも自分にとって不利益であるならそこから脱するという手段もあるわけで。
それができないなら自分が国に大きく依存しているということだらう。

901 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 22:56:46 ID:???
前売り券特典の桜舞い散る「隼」ウォータードーム扱っている映画館が余り良い設備で無いので
違う映画館で観たいのですが、前売り券買った映画館でなくても、使用できますよね?

902 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 23:01:56 ID:???
>>889
俺の場合は愛国心というか、日本という国が有する文化や慣習のよいところや悪いところが見えてきた。

そこで今まで俺という人間を育んで来た日本という組織のことを再認識することができた。

自分がそこに所属していると言う事も含めてね。

これは愛国心というのかね?

903 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 23:04:23 ID:???
>>901
おk

904 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 23:06:15 ID:???
>>903
ありがとうございます。
これで心置きなく購入できます。

905 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 23:11:01 ID:???
>>904
あ、でも一応カウンターのオネエちゃんに聞いたほうがいいかも。

その劇場だけに適応っていうところもあるから

906 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 23:12:24 ID:???
あと系列の劇場だけおkとかもあるから

907 :突然ですが:2007/05/09(水) 23:31:48 ID:???
∩(・∀・)∩いあ!すとらま!すとらま!

908 :名無し三等兵:2007/05/09(水) 23:41:29 ID:???
ちょい待ち。
確かコンビニで買うならともかく劇場で買うやつはその劇場か系列のとこしか駄目だぞ。
まあ単館なら違うのかも試練が。

909 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 00:04:37 ID:???
>>896
おまえなー領事館なんてどこにでもあるわけじゃないぞw

910 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 00:05:50 ID:???
>>909
当然だ。
しかしどこかにある領事館に連絡さえとれば
君がどんな辺鄙な辺境にいても全力で救いの手をさしのべてくれる。
それが領事館。

911 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 00:10:11 ID:???
>桜舞い散る「隼」ウォータードーム

kwsk

912 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 00:13:18 ID:???
もうどこも品切れだと思うから今更kwskしても遅いよ

913 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 00:16:32 ID:???
桜・・・チェリー・・・舞い散る

つまり童貞卒業ってことだ。

914 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 00:40:29 ID:???
錯乱坊

915 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 00:55:54 ID:???
>>913
チェリーのまま特攻するのは可哀想だってんで
筆下ろししてくれるお姉さんが知覧の近所にはいたらしい。



でもって、特攻隊員のこんな句が残されている。

「童貞の ままで逝ったか 損な奴」


とあるピアノ好きな青年はこんな句を残して死んでいった。

「ジャズ恋し 平和が早く 来ればよい」


916 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 01:10:41 ID:???
全童貞が泣いた

917 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 01:11:47 ID:???
母を慕いて

母上お元気ですか
永い間本当に有難うございました
我六歳の時より育て下されし母
継母とは言え世の此の種の女にある如き
不祥事は一度たりとてなく
慈しみ育て下されし母
有り難い母 尊い母

俺は幸福だった
遂に最後迄「お母さん」と呼ばざりし俺
幾度か思い切って呼ばんとしたが
何と意志薄弱な俺だったろう
母上お許し下さい
さぞ淋しかったでしょう
今こそ大声で呼ばして頂きます
お母さん お母さん お母さんと

相花信夫 少尉 第七十七振武隊
昭和二十年五月四日出撃戦死 十八歳


918 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 01:14:44 ID:???
>>889


919 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 01:16:55 ID:???
栄光ある祖国日本の代表的攻撃隊ともいうべき陸軍特別攻撃隊に選ばれ
身の光栄これに過ぐるものなきと痛感いたしております。
思えば長き学生時代を通じて得た
信念とも申すべき理論万能の道理から考えた場合
これはあるいは自由主義者といわれるかもしれませんが
自由の勝利は明白な事だと思います。
人間の本性たる自由を滅す事は絶対に出来なく
たとえそれが抑えられているごとく見えても
底においては常に闘いつつ最後には勝つという事は
かのイタリアのクローチェもいっているごとく真理であると思います。

権力主義全体主義の国家は一時的に隆盛であろうとも
必ずや最後には敗れる事は明白な事実です。
我々はその真理を今次世界大戦の枢軸国家において見る事ができると思います。
ファシズムのイタリアは如何、ナチズムのドイツまたすでに敗れ、
今や権力主義国家は土台石の壊れた建築物のごとく
次から次へと滅亡しつつあります。

真理の普遍さは今現実によって証明されつつ過去において歴史が示したごとく
未来永久に自由の偉大さを証明していくと思われます。
自己の信念の正しかった事この事あるいは祖国にとって
恐るべき事であるかも知れませんが吾人にとっては嬉しい限りです。
現在のいかなる闘争もその根底を為すものは必ず思想なりと思う次第です。
すでに思想によってその闘争の結果を明白に見る事が出来ると信じます。

920 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 01:18:27 ID:???
愛する祖国日本をしてかつての大英帝国のごとき
大帝国たらしめんとする私の野望はついに空しくなりました。
真に日本を愛する者をして立たしめたなら
日本は現在のごとき状態にはあるいは追い込まれなかったと思います。
世界どこにおいても肩で風を切って歩く日本人
これが私の夢見た理想でした。

空の特攻隊のパイロットは一器械に過ぎぬと一友人がいった事も確かです。
操縦桿をとる器械、人格もなく感情もなくもちろん理性もなく、
ただ敵の空母艦に向かって吸いつく磁石の中の鉄の一分子に過ぎぬものです。
理性をもって考えたなら実に考えられぬ事で
しいて考うれば彼らがいうごとく自殺者とでもいいましょうか。
一器械である吾人は何もいう権利はありませんが
ただ願わくば愛する日本を偉大ならしめられん事を
国民の方々にお願いするのみです。

こんな精神状態で征ったならもちろん死んでも何にもならないかも知れません
ゆえに最初に述べたごとく特別攻撃隊に選ばれた事を光栄に思っている次第です。
飛行機に乗れば器械に過ぎぬのですけれど、一旦下りればやはり人間ですから、
そこには感情もあり熱情も動きます。
愛する恋人に死なれたとき自分も一緒に精神的には死んでおりました。
天国に待ちある人、天国において彼女と会えると思うと
死は天国に行く途中でしかありませんから何でもありません。

明日は出撃です。

921 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 01:19:04 ID:???
過激にわたりもちろん発表すべき事ではありませんでしたが、
偽らぬ心境は以上述べたごとくです。
何も系統立てず思ったままを雑然と並べた事を許して下さい。
明日は自由主義者が一人この世から去っていきます。
彼の後姿は淋しいですが、心中満足で一杯です。
いいたい事を言いたいだけいいました無礼をお許し下さい。
ではこの辺で

出撃の前夜記す
五六振武隊 陸軍少尉 上原良司
出身校 慶應義塾大学経済学部
昭和20年5月11日出撃
戦死

922 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 01:27:57 ID:???
俺の先輩じゃまいか・・・

PCきって勉強するわ

923 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 01:32:18 ID:???
>>910
日本の場合、ともかく自力で領事館までたどり着けと言われますよw
官は領事館もないような僻地に行くほうが悪いって発想だから。

でもパスポートないと切符すら売ってくれないんだわ。

924 :天才冨永:2007/05/10(木) 01:42:40 ID:???
いけ〜、わしも後からみんなの後を追うぞ

925 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 01:43:41 ID:???
>>902
それはよいことだ。
でも愛国心ではないだろう。

>>811が上のほうでも言ってるが
結局のところ自分がその共同体に属しているいることをどれだけ意識できるかの違いなんだよな。
現地の社会に帰属意識を持つって言っても自分が日本人であることには変わらないわけで。

926 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 01:43:48 ID:???
>>919-921
立派な若者だが生き残ってたら生き残ってたでアカにかぶれた気がする。

927 :知覧特別攻撃隊:2007/05/10(木) 01:47:33 ID:???
遺書

政憲、紀代子へ

 父ハスガタコソミエザルモイツデモオマエタチヲ見テイル。
ヨクオカアサンノイイツケヲマモッテ、オカアサンニシンパイ
ヲカケナイヨウニシナサイ。ソシテオオキクナッタレバ、
ヂブンノスキナミチニスヽミ、リッパナニッポンジンニナルコト
デス。ヒトノオトウサンヲウラヤンデハイケマセンヨ。
「マサノリ」「キヨコ」ノオトウサンハカミサマニナッテ、フタリヲジ
ット見テイマス。フタリナカヨクベンキョウヲシテ、オカアサ
ンノシゴトヲテツダイナサイ。オトウサンハ「マサノリ」「キヨ
コ」ノオウマサンニハナレマセンケレドモ、フタリナカヨクシナサイヨ。
オトウサンハオオキナジュウバクニノッテ、テキヲゼンブ
ヤッツケタゲンキナヒトデス。オトウサンニマケナイヒトニ
ナッテ、オトウサンノカタキヲウッテクダサイ。

マサノリ キヨコ フタリヘ
父より。

久野正信 中佐 第三独立飛行隊
昭和二十年五月二十四日出撃戦死 二十九歳


928 :知覧特別攻撃隊:2007/05/10(木) 01:52:37 ID:???
>>925
三年間の発展途上国での単身赴任を経た中年だが

「日本人」というラベルを貼った人間はよくも悪くも注目される。
いわゆる礼儀正しくて親切で勤勉だという評価をむこうの人間は持っていた。
だからその評価を崩さないように努力してたところはあるな。

929 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 01:55:29 ID:???
国によって日本人のイメージは違うからなぁ。
まあ仕事で外国人と付き合うような相手だとあんまり強い偏見は持ってないからいいんだけど。

930 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 02:03:12 ID:???
偉大ではなくでも、尊敬されるとか、尊重されるとか、
そんな感じが好きなのですけどね。

国連の安全保障理事会の常任理事国になるより、
いつも非常任に選ばれる方が好き。


931 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 02:03:49 ID:???
>>928
悲しいことにいま、腰かけ留学生がその評価を崩しまくってますな。

そのくせ連中、日本人という意識だけは強くなって帰国するから始末に終えん。
ある意味それもコンプレックスの裏返しなんだけどね。
愛国心を第一義的に主張する人の大半はコンプレックスの塊なのだ。

932 :知覧特別攻撃隊:2007/05/10(木) 02:04:01 ID:???
ワシは若いころからアジア諸国を回ってた。
カマほられそうになったこともあるのう。懐かしきシンガポール・・・

愛国心云々というのはよく分からんが、国外に出てみて日本という国家の再認識と
その集団に所属する自分というものは確かに再認識できたな。
なるべく日本という同じ集団に属する人々の顔に泥を塗ることがないように・・・というのは考えてた。

933 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 02:04:11 ID:???
俺長崎出身で名字富永orz

934 :知覧特別攻撃隊:2007/05/10(木) 02:22:01 ID:???
>>391
へー。
日本なんて糞という考え方に染まって帰ってきた子なら大勢見たが。
上の811の子のように広い世界が〜的な。

分からんって書いたけど愛国心って要するに国への帰属意識のことでしょ?
愛校心であれ愛社精神であれその集団への帰属意識がどれだけ強いかってことでしょ?

自分の帰属する組織に愛情や誇りを持ってその組織に対する評価を貶めないようにしようと考えるんじゃないのかな?
組織の一員としての自分を考えるということはとても大切だと思うなあ。

現地の社会の一員として生きていく上でもそういった意識を持っていないとうまくやっていけないよ。

これから海外に出て行く人は自分が日本人であるということは忘れないで欲しいな。
勿論愛国主義を全面に出して征けということではなく、自分がその組織に属していることを忘れないで行動して欲しい。

その上で現地の異文化や社会慣習をしっかりと学んで人生の肥しとして欲しい。

935 :知覧特別攻撃隊:2007/05/10(木) 02:25:24 ID:???
勿論海外に出たことで日本という集団よりも自分に相応しい集団を発見したらそこに移住するのもいいかもね。


936 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 02:26:10 ID:???
社畜だな。
それと同じ国畜になってナニが嬉しいのか?

おだてられて結局気が付いたら特攻機の操縦席に押し込められて涙涙の水杯www


937 :知覧特別攻撃隊:2007/05/10(木) 02:31:25 ID:???
それなりに高い給料をもらい、少し遅れたとは言えちゃんと休みをもらえる。

息子も娘も大学に行かせてやれるし、ボケた母親を地域の人や妻が世話をしてくれる。

この故郷に生まれてこの集団に属していてよかったと思いますわ。

938 :知覧特別攻撃隊:2007/05/10(木) 02:33:16 ID:???
2chの軍板を覗く時間もあるしな。

939 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 02:54:18 ID:???
帰属意識や愛国心を持つのはいいことだろう。自分の生まれた場所、育った場所を愛するのは自然なこと。

しかし、「日本人であること」をプライドのよりどころにされるようでは困る。愛国心は自尊心ではない。
日本は世界中を見渡しても、かなり良いほうの国だし、国民は恵まれた生活をしているし、評判もいい。
だがそれはあくまで国の評価、あるいは日本人という集団への評価であって、個人への評価ではない。
もちろん初対面ではその評価を踏まえて応対されるが、それは、言うなれば逆偏見によるものである。
個人の評価というものは、日本の評価、日本人の評価の上にさらに積み重ねていかねばならないものだ。
そこを勘違いして思い上がると、海外で問題を起こして日本人の評判を下げたり、
あるいはレイシズムに染まってしまったりすることになる。

940 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 03:09:19 ID:???
>>934
その通り。
愛国心とは自分の生まれた国に対する強い帰属意識である。
自分の帰属する組織に関する様々な評価や指摘を自分のことのように考え嬉しく思ったり反省したりすることだ。
日本人という集団に対するよい評価があれば自らもそういう人間であろうと考えることだ。
また自分の行動がそれに反するようであれば恥ずかしいと考えられることだ。
自分の帰属する組織に愛情や誇りを持ちその地位を貶めるような行いをしないというのは自然なことだ。
これは愛社精神にせよ愛校心にせよ同じだ。

真の愛国主義はレイシズムなどとは無縁であるはずだ。


941 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 03:13:43 ID:???
>>931
愛国主義者がコンプレックスの塊ってのはお前の独断と偏見だろ。


942 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 03:18:40 ID:???
>>940
しかし世の中で愛国愛国と愛国をお題目にしている人間の言動を見ると、勘違いしている人間は多いように思う。
そういう奴らに限って反論すると売国奴だのアカだの在日だのと口汚い言葉を吐きたがる。
あれをなんとか一掃できないもんかね。おかげで良心的な愛国者は肩身が狭い。

943 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 03:21:34 ID:???
帰属意識云々から、社畜だ国畜だと後ろ向きな発想しか出来ない奴に
何言っても届かないだろ。

人は所詮一人では生きていけないのにな…


944 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 03:26:00 ID:???
国にしか縋れない惨めな人種がいるんだよ

生きていくのに宗教が必要なタイプの弱い人間がいるように、ね。

945 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 03:30:05 ID:???
>>942
うむ。やはり愛国を何か勘違いしてる連中が多すぎる。

西村は愛する祖国の法を破り
石原は日本を防衛するはずの自衛隊機を私的利用して弟の見舞いに行く
国賊征伐隊は日本人の家を爆破する・・・

946 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 03:31:33 ID:???
「愛国心は 悪党の最後のよりどころ」

ってね

947 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 03:41:02 ID:???
>>931
思想的な指導者は皆高学歴の勝ち組といっていい人々ですから。
自らの哲学に立脚して物事を考えている。
それに単に己が日本人であるということを確認した人まで過剰な愛国主義認定するのもどうかと。

愛国主義者がコンプの塊ってのはただの偏見。
ただ否定したいだけでしょ。

948 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 03:44:23 ID:???
>>942

自国をよりよい方向へ持っていこうと考えるのも愛国心だわな。
だから自国に不利益な異物を排除しようという考え方もある意味間違ってはいないんだがな。
しかし行き過ぎてしまうと単なるレイシズム或は暴力主義と化してしまう。

949 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 03:47:27 ID:???
愛国心は素晴らしいが利用されやすい。

だから悪党は愛国心を語るな。

950 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 03:54:46 ID:???
頭の中お花畑のアホ左翼でさえ一応日本が平和であるようにという彼らなりの愛国心を持っている。
街宣車にのって叫んでる朝鮮似非右翼よりはずっと日本のことを思っているだろう。

右にせよ左にせよ愛国主義ってのは手段を誤ると国を誤った方向へと導いてしまう。

951 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 04:04:35 ID:???
>>944
赤いイデオロギーや下らない反権力主義(ナショナル・アイデンティティへのアンチテーゼ)にしか縋れない可愛そうな人種もいるしな。

生きていくのに宗教が必要なタイプの弱い人間がいるように、ね。


952 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 04:10:57 ID:???
>>948
レイシズムにつながる民族中心主義は愛国主義の一形態だからね。

>>951
悲しいのは日本での愛国心は国家主義的な意味合いがつきまとうと見られることだな。

953 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 04:38:23 ID:???
愛国心を悪いものとして扱う国なんてないんじゃないかね。
日本でも教育基本法に明記されたし、日本でも一部の人しか悪いものとして扱ってないような。

954 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 04:42:05 ID:???
>>951
ナショナルの前の(或は)が抜けた。

どうでもいいけど。

955 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 04:51:42 ID:???
この映画のテーマ曲を担当したのがB'zなんだが
今回、曲を作るにあたってまず知覧の記念館を訪れて特攻隊の母の話も聞いたそうだ。
つまり純然たるこの映画と特攻隊員のために作られた曲なんだとか。

最低でも映画は見てから評価したいものだな。

956 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 04:58:54 ID:???
眠くて大学行くのマンドクセーと思うが学業を成就させられなかった若者のことを思えば
馬鹿なことを考えてはいられないな。

957 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 06:32:41 ID:???
自分の生まれ育った国になんらの愛情ももたないというのは個人的にはおかしいと思う。ただ強制されることでもないのは確か。


でも留学等をして現地に同化するのは当たり前だし良いことだけど
自分が本来所属している集団を意識しなかったり帰属意識を捨て去るなんてのはおかしいと思う。


俺も今度留学するつもりだけど
日本という国家やそれに所属している自分を再認識したい。
そして現地の社会慣習や文化をしっかりと学んできたい。
そして現地の社会に受け入れられような、或いは日本人として恥ずかしくないような振る舞いを心掛けたい。

国への帰属意識を強めるというわけではないけれど
外から見た日本。日本という国から出て活動する日本人である自分をしっかりと考えたい。

958 :811:2007/05/10(木) 06:46:23 ID:???
>>846
自惚れとは違うということについては理解していただけたのでしょうか?
でなければ後学のためにもどこが「自惚れ」なのかご指摘をいただきたいです。

私は自惚れというのは>>850のようなことだと思っていますので。


959 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 07:05:31 ID:???
だから別に自惚れじゃねーって。
むしろよくぞ気付いた。あんたが気付いたことは自然な感情だ。

あんたは愛国主義じゃないとか言ってたけど、凄く健全な愛国主義者だよ。
共同体を意識し自らの行動を律しようというのだから。

960 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 07:42:03 ID:eUEdJ/qw
公開されてからの評価に期待だな

961 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 07:52:41 ID:???
隼の飛行シーンを早く観たいです><
予告映像では凄くよさげ

962 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 08:21:14 ID:???
まだ見てないから映画については何とも言えないが、(本土爆撃をやる米軍機がB-24?らしい)
映画の製作と知事業務って両立できるもんなのかね。

963 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 08:53:12 ID:???

このスレの平均年齢16歳



964 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 09:10:04 ID:???
長期留学は18ぐらいからが普通ではないのか。

俺は大学二年のとき3ヶ月間行ったが。

965 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 09:21:01 ID:???
この映画、君を忘れないよりは遥かに良さそうだ。

窪塚もトンでるけど結構な思い入れがあるみたいだな。

966 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 09:27:05 ID:???
政策総指揮とは言え石原都知事はどの程度絡んでるのか

映画ことはよく分からん

967 :右翼撲滅隊:2007/05/10(木) 10:11:15 ID:???
>>959

国にしか縋れない惨めな人種がいるんだよ

生きていくのに宗教が必要なタイプの弱い人間がいるように、ね。


968 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 10:39:10 ID:???
>>967
赤いイデオロギーや下らない反権力主義やナショナル・アイデンティティへのアンチテーゼ(或は組織への帰属に対する反発)にしか縋れない惨めで卑しい人種もいるんだよ。

生きていくのに宗教が必要なタイプの弱い性根の腐った人間がいるようにね。

969 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 10:46:39 ID:???
今日は夜勤だから暇だ

特攻隊員の手記を読んで寝るか

970 :右翼撲滅隊:2007/05/10(木) 10:56:31 ID:???
ウヨは消えろ

971 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 11:22:10 ID:???
>>967
でも生きていくのにも理由が必要だろ?
自分のために生きるだけならみんなニートになっちまうし、
宗教とか国家に縋るのもまあ有りだろ

972 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 11:48:01 ID:???
宗教は生きていくために必要不可欠だよ。
なぜなら、宗教とはもともと「生と死」という人間にはどうあがいても
制御できない問題を少しでも理解しコントロールするために出来たものだからな。
だから宗教の無い民族はいない。
「俺には宗教なんて必要ないね」ってのは極論すれば「俺は生とか死とかについて深く考えた事なんてないね!」ってことになる。
作り上げられた一神教や政治の形態としての宗教(共産主義もそうだろw)は
百害あって一利なしだが、人間の本性には合ってるんだろうな。
じゃなきゃこんなに広まるはずが無い。
まあ、一神教の良い点は「(形式的であっても)神の御前での平等」と「共同体の形成」だな。
そういやそれなりの歴史と文化を持った民族は多神教が多いな。
やはりさまざまな文化の交流とともに神が増えていくんだろう。
逆に強大な国の間でヘコヘコしながら砂漠をさまよっていた
某選ばれし民は「俺はお前らとは違うんだからな!」と
涙目になりながら全能の神ヤハウェを創ったw

973 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 11:52:32 ID:???
宗教は心の弱い人間のよりどころ
宗教がなくならないのはそれで美味しい思いをしている人間がいるから

974 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 11:59:02 ID:???
>>973
それは層化とかのカルトだろ
まあキリスト教とかでもバチカンとかは美味しい思いしてそうだがな

975 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 13:29:43 ID:???
宗教でおいしい思いをするのは信者も一緒。
それにより人間の一番の苦悩の元である死を超越できる。
オマケに共同体は強固になり、文化は発達し文明が豊かになる。
そして宗教に規律は付き物なので、民度も上がる。
ヨーロッパや中東の歴史や文化を理解するのに聖書やクルアーンの
知識が必要なのは何でか考えてみろよ。
宗教とは文明を推し進めてきた動力のひとつだ。
もちろん行き過ぎた宗教は毒にしかならない。
しかし他の文化もすべて、行き過ぎは毒だ。
「宗教」も「愛国心」もアクはとって美味しい所だけ食うようにすればいいんだよ。
日本のお家芸だろ?そういうのw

>>970>>973みたいな奴は紅衛兵並の頭しかもってないんだな。
自分たちがカルト宗教にどっぷりはまってるのに、気がつかないw
おまえらの「信仰心」はすごいもんだw

976 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 13:37:14 ID:???
信者とか書いて儲

977 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 13:51:38 ID:29iMoCLV
映画でのトメさんたちアリラン合唱シーンに
嫌韓厨は如何なる反応を示すのか。

978 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 14:15:57 ID:???
>>977
そのときは同胞だったんだから別良いんじゃない?


979 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 14:16:21 ID:???
そこだけ耳負債で松

980 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 14:34:09 ID:???
>>977
その当時は日本人だったんだからいいんじゃない?
俺はどこ出身だろうと特攻隊に志願した人は普通に尊敬してる
だからあの当時に特攻隊として戦った朝鮮兵の生き様を汚しまくる言動を
平気でやる朝鮮人をますます嫌いになるわけだけどもw

うろ覚えだけど
「特攻した仲間の皆と同じ墓に埋めてくれ」といって死んだ朝鮮兵がいたんだけど
埋葬された後に家族が
「日本人と一緒に埋葬するな俺たちが祖国に持ち帰る」
といって持ち帰った後反日の目が怖いからといってその後無縁仏になった例もある
どこまでアホな民族なのかと


韓国人たちは自分たちが同胞を汚しまくってるってのを理解してるのかねw
日本人はこういうことやろうとも思わないけどな
そんなに日本が嫌いなら全部戦前の状態に戻せばいい
そうすれば日本の影響を受けたものは全てなくなるだろうよ

981 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 14:43:06 ID:???
日本人も似たようなことしてる奴もいるよ

982 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 15:22:52 ID:???
特攻隊員として志願した人たちの勇気は心から尊敬するが、
韓国人なら生き延びて、戦後の復興に努めるべきだったな。
大日本帝国が滅亡した喜びを、韓国人は戦後の日本人と共に
分かち合えたはずなのだが。

韓国は戦後の日本を見習って、民族主義なんて捨てるべきだった。
そうすれば、戦死者の霊を安らかに眠らせて挙げられたはずなのだけど。


983 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 15:30:54 ID:29iMoCLV
ここは華麗に天皇陛下マンセー

984 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 16:18:44 ID:???
我が霊よ、永久にとどまりて御国に守らし賜え。
我レは往く父母の地を思いて、我は海の防人たらん。


985 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 16:35:22 ID:???

映画作品・人に現れた痛い奴は
こちらの方ですか?


986 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 16:48:41 ID:???
韓国で尊敬されるのは、
抗日を貫いた奴だしな。
日本で顕彰された所で
主流ではない総督府マンセー史観でしか
祭り上げられない。
結局、無駄死だったんだろうな。

今度、生まれ変わったら、
もっと賢くなれや。

987 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 16:56:41 ID:29iMoCLV
ここは華麗に大東亜共貧圏マンセー

988 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 17:05:07 ID:???
日帝の同化政策と戦時協力から解放された韓国人が
その当時、どれだけアメリカ軍を賛美したことか。
やがて日本人まで、どんなにマッカーサーを称え、
政治介入リンチ集団の帝国陸海軍滅亡に納得し、
与えられた憲法にその当時は満足したことか。

ソ連が連れてきた豚に支配された北朝鮮は
アメリカに戦争そ仕掛けない限り、未来はない。
間違っても、自爆部隊に志願なんかするなよ。

989 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 17:10:52 ID:???
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/history2/1154988993/1-100

990 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 17:17:47 ID:???
>>985
そいつはどうやらキムチ臭い役者マンセー

俺らは関係ないよw


991 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 17:27:48 ID:???
北朝鮮と大日本帝国の共通点
元首一族崇拝、麻薬製造密輸、自爆部隊、強度のナショナリズム


一般のアメリカ人には区別が付きにくいだろうな。


992 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 17:31:31 ID:???
>991
そりゃせいぜい末期の話だろ。

まぁ自爆してまで尽くしたい国なんて
自分的には想像もつかないお。

993 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 17:57:35 ID:???
役者芸能人を本物の武士だと信じこんだヤシが
↓等を見て火病を発症したもよう。

http://news21.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1176339839/
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1169163751/374
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1169163751/396

994 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 18:39:37 ID:???
こういうスレで嫌韓も侮日も
死者を侮辱しているような

995 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 19:06:16 ID:???
映画にする事自体どうかと思うよ。
興行収入 企業 芸能界

996 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 21:14:37 ID:???
B'zの曲だけよかった。

997 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 22:01:08 ID:???
予告編では結構マッチしてるきがす

998 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 22:03:45 ID:???
映画を見ない俺に教えてくれ窪塚って演技上手いの?

999 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 22:04:49 ID:???
次スレは立てるべき?

1000 :名無し三等兵:2007/05/10(木) 22:05:36 ID:???
いあすとらま!

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

286 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)