5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

●初心者歓迎 スレを立てる前に此処で質問を 375

1 :名無し工兵:2007/05/28(月) 16:11:12 ID:???
ふと疑問に思った事があったら、スレを立てる前に、ここで質問してみましょう。
質問・回答をする前に必ずテンプレを読んでください。

★★質問の際はメール欄に何も記入せずIDを表示させてください★★
騙り防止のためトリップを併用するのもいいかも…
(※回答者の方もID出し推奨です)

・質問前にまずはここをチェック。答えが載ってる……かもしれない。
【仮設!2ch軍事板用語集】
http://banners.cside.biz/army_word1.htm
軍事板初心者質問スレ過去ログ倉庫
http://armybeginner.web.fc2.com/
軍事板常見問題(FAQ)
http://mltr.free100.tv/index02.html
※ここはFAQの掲示板ではありません。FAQの内容に関して質問するのは結構ですが、
誤字脱字誤りの指摘等は直接FAQサイトの方に申し出て頂きますようお願いします

前スレ
●初心者歓迎 スレを立てる前に此処で質問を 374
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1180105820/

2 :名無し工兵:2007/05/28(月) 16:12:33 ID:???
・自衛隊関係はこちらへ。
  ■●スレを立てる前にここで質問を 88
  http://society6.2ch.net/test/read.cgi/jsdf/1180079179/
・映画や小説などの創作の内容・設定については創作スレへどうぞ。
 自作の創作の設定の質問も創作スレの方が適切な回答を得られることが多いです。
  ■○創作関連質問&相談スレ 24
  http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1178442595/
・近代史についてはこちらが適切な場合があります
  日本近代史板
  http://academy4.2ch.net/history2/
・ネタを思いついたら
  ●笑心者歓迎 スレを立てる前にここで質問を 39
  http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1178921718/
・バナーについての質問はここで
  http://banners.cside.biz/index.html
  http://banners.cside.biz/army/index2.html
・このスレは個人の意見や思想などを語り合うスレではありません。議論したい方、ご自分の意見を主張なさりたい方はテーマに沿ったスレを探すか、派生議論スレに移行してください。
 また、回答に対する再質問等で一つの話題について長くなりそうな場合にも移動願います
  派生議論スレ21
  http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1179252914/

・政治については政治板で
  http://money4.2ch.net/seiji/

・このスレは雑談を行うスレではありません。
 質問の内容を元に雑談を行いたい場合、なるべく多数の回答を必要とするアンケート質問の場合などは雑談スレへの移動をお願いします。
  ◆◆最初に読もう!軍事速報&雑談スレ1021◆◆
  http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1180269659/

3 :名無し工兵:2007/05/28(月) 16:13:19 ID:???
○質問者の皆様へ。
・回答があるまでに数日間かかることもあります。未回答分についてはだいたい500か
 次のスレに変わったときに再度まとめられ、そこで回答が書き込まれることもあります。

 ※回答の催促はこのスレで最も嫌われる行為ですのでご遠慮ください。

・曖昧な内容の質問,想定する状況があまりにも非現実的な質問は明確な回答ができません。
 各国の軍隊の優劣、個々の兵器の優劣は単純に比較できるものではなく、いわゆる
 「最強論議」は無意味です。「○○と○○はどっちが強いの?」や「○○の中で一番強いのは何?」
 という質問はこのスレではご遠慮下さい。

・回答を得たらそれをもとに自分で調べ直してみましょう。
 多くの場合,回答者は質問に対して最も一般的な見解や定説を回答します。ただし、質問文が的確でない場合、回答が正確であっても
 あなたが本当に知りたかったことと外れているという事態が生じます

・「〜で××見たけど何かあったの?」というのはご遠慮下さい。それは知っていても言ってはいけない類のものです

・なんだかイライラしている回答者がいることもありますが、 質問者の方はどうか気にしないで下さい。

○回答者の皆さんへ
・age推奨,回答者もなるべくIDを表示させて下さい。
・「事実と異なる回答」「憶測に基づく回答」があった場合は,速やかに指摘・訂正の書き込みをお願いします.
・安易な太郎認定は派生スレその他への誘導を妨げますので控えてください。
・ときおり以下のような質問者さんがいらっしゃいます
 ●極端な設定を持ち出して,説明されないとケチをつける
 ●脳内情報・作り話の裏づけを取りに来て,否定されるとファビョる
 ●自分の意に沿ったレスが来ないと説明してくれた人間のせいにする
 そんなときは華麗にスルー。愚痴は雑談スレ当たりでこぼすことにしましょう

・未回答質問は>>4以降を参照願います

4 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 16:15:41 ID:rw7nkXBK
すみません、質問です。
もし万が一、日本がトチ狂って軍事国家して、再び帝国主義を夢見た場合
マズ最初に襲う国は何処でしょうか?

5 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 16:19:53 ID:???
>>4
アメリカ。

もし軍国主義化しとしたら、軍国主義は大概ナショナリズムとセットなので、
在日米軍を始末して、自国領域から外国軍を叩き出す、という行為にまず出る
だろう。

6 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 16:21:10 ID:???
>>5
×ナショナリズム
○ナチズム

7 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 16:22:34 ID:???
スレの初っ端から色モノかよ

8 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 16:27:14 ID:???
なんでナチズムなんだよ

9 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 17:00:23 ID:???
>>4
やはりアメリカ。帝国主義の最大の敵は別の帝国。

10 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 17:15:14 ID:???
いきなりラスボスはないんじゃね?

11 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 17:20:04 ID:???
つまり
北朝鮮 → 韓国 → 中国(中ボス) → インド → (中略) → アメリカ(ラスボス)
と?

12 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 17:22:09 ID:01iIuC6a
哨戒機と索敵機と偵察機の違いを教えてください

13 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 17:23:26 ID:???
いや、在日米軍は練習台だろ。

順当に行って 総連−在日米軍−竹島−北方領土 ってとこじゃないの?

14 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 17:27:13 ID:???
いつからココは妄想スレになったんだ?仮想戦記スレに行けよ。

15 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 17:29:41 ID:???
>>12
哨戒機:一定の区域をパトロールする。ちなみにP-3Cの”P”はパトロールのP。

索敵機:作戦行動中に攻撃する目標を捜索する。 専門の機種がやるよりは
    攻撃機とかが兼任することが多い。
    芸能用語の「スカウトマン」の”スカウト”というのはこの”索敵”の意味。

偵察機:ある状況で知りたい事象を探ってくる。索敵機はこの「偵察機」に入るが
    通常軍事用語としては専門の偵察機材(カメラとか)を積んでないものは
    「偵察機」とは呼ばない。

16 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 18:39:10 ID:???
攻撃ヘリの乗組員ってガンナーと操縦士はどっちの立場が上なんですか?

17 :名無し軍曹 ◆Sgt/Z4fqbE :2007/05/28(月) 19:02:49 ID:ltD0m6cy
>>1さん乙です。前スレ未解答質問です。答えられる方、よろしくお願いします。

29 :名無し三等兵:2007/05/26(土) 07:53:46 ID:fidPdw6V
インターセプターボディアーマーに他のメーカーのボディアーマーのパーツを取り付けること等できるんですか?

280 :名無し三等兵:2007/05/26(土) 18:52:49 ID:sJLFdwu1
市ヶ谷の防衛省には指揮所・事務所の他にも隊員宿舎(内務班)があり、多数の隊員が生活しています。
アメリカのペンタゴンの中にも同様の隊員宿舎があって多数の米軍人が生活しているのでしょうか?
それとも当直室・仮眠室とかはあっても生活の場である宿舎は無く外から通勤してきているのでしょうか?

281 :名無し三等兵:2007/05/26(土) 18:54:26 ID:eanuV2t8
質問します。イギリスのSMLEライフルのボルトストロークは、なぜ短いのですか?

347 :名無し三等兵:2007/05/26(土) 21:20:32 ID:M4XJmenP
物語に出てくる部隊名は色の名前(特にレッド、ブルー、イエロー)が
多く使われているように思うんですが、現実のネーミングもそうなんでしょうか?

376 :名無し三等兵:2007/05/26(土) 22:34:54 ID:pzxF/tnx
第二次世界大戦中の日本で実際に軍部を動かしていた
大本営作戦の実力者といえば誰なんですか?

537 :536:2007/05/27(日) 02:10:44 ID:2VjpYExm
ソ連兵が後方の砲兵に「ここだ。ここを撃て。」って連絡したエピソードの初出はどの書籍なのでしょうか?

546 :名無し三等兵:2007/05/27(日) 02:44:10 ID:Y1qMUn9U
新紀元社の『オーストリア軍の歩兵1740‐1780―マリア・テレジアの軍隊』
を見ると、当時のオーストリア軍の軍服が白だった事が解りますが、
それから少し前、1700年〜の状況はどういう感じだったのか、
どなたかそれが解る資料をご存知ですか?

18 :名無し軍曹 ◆Sgt/Z4fqbE :2007/05/28(月) 19:04:44 ID:ltD0m6cy
409 :名無し三等兵:2007/05/26(土) 23:25:03 ID:Nu9h7vbz
若い頃、いわゆるモッズパーカーというコートに
凝っていまして、20年ほど前に韓国でM51を何着も
購入しました。おそらく駐留米軍の払下げ品だと
思うのですが、この外套はいつ頃まで使用されて
いたのでしょうか?
 
また、同じようにフードをもつコートで、ジッパーの上に
大きなボタンを留めるタイプのものがあったのですが、
型番は分かりますでしょうか。M51より暖かかった覚えがあります。
(デヴィッド・ダンカンの朝鮮戦争写真集で、
着用している兵士がいます。韓国の市場では、
よく黒く染めて売っていました)

593 :名無し三等兵:2007/05/27(日) 10:34:53 ID:VreFOz6W
陸軍中野学校卒業者って、どれくらい優秀で役に立ったのでしょう?

600 :名無し三等兵:2007/05/27(日) 11:12:17 ID:B6Lap4BX
1、ロシアと中国の主要な軍港を教えてください。
2、ロシアは黒海とムルマンスク地区やカリーニングラードを除き
  不凍港はないのですか?
よろしくお願いいたします。

655 :名無し三等兵:2007/05/27(日) 13:02:24 ID:+2Hqirhq
質問です。反斜面陣地の短所を教えてください。
ググってみたら長所について述べているところは結構見つかるのですが…

710 :名無し三等兵:2007/05/27(日) 16:50:07 ID:cKa0S+jT
アメリカがオタワ条約に参加してないのは
韓国の38度線が原因だそうですけど
じゃあ、38度線の地雷がなくなればアメリカは参加するんですか?

19 :名無し軍曹 ◆Sgt/Z4fqbE :2007/05/28(月) 19:06:50 ID:ltD0m6cy
716 :名無し三等兵:2007/05/27(日) 17:11:35 ID:EZQ24h+G
XF-10について教えて下さい。
XF-7-10とは別物ですか?
国産エンジンの話題でXF-10の事が書かれてありました。
推力5tのXF-5は知っているのですが、XF-10は初耳です。
どなたか教えてやってください。

893 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 00:46:33 ID:JYYMtRf7
それでイギリス陸軍やドイツ陸軍の歩兵科は毎日何発の実弾射撃してるのでしょうか?

934 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 10:38:06 ID:OiciiX0N
デスカバリチャンネルの「世界の名潜水艦TOP10」ってどんな順位だったの?


以上です。よろしくお願いします。

20 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 19:14:32 ID:???
>>16
攻撃ヘリの場合は操縦桿握ってる奴が機長ってことで上

21 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 19:29:01 ID:???
>>20
へーそうなんだ、パイロットって操縦に専念しなきゃならんから、指揮者的立場はガナーの方かと
思ってた。車両は助手席に座ってる人が車長だし。

22 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 19:47:32 ID:???
>>17の280
>市ヶ谷の防衛省には指揮所・事務所の他にも隊員宿舎(内務班)があり、多数の隊員が生活しています。
>アメリカのペンタゴンの中にも同様の隊員宿舎があって多数の米軍人が生活しているのでしょうか?
>それとも当直室・仮眠室とかはあっても生活の場である宿舎は無く外から通勤してきているのでしょうか?
ペンタゴンのサイトとか行っても、電球の数まで書いてあるのに、
宿舎とかベッドとかのことはどこにも書かれていないね。宿舎はないんじゃないか。
べらぼーに広い駐車場があるとは書かれているが。やっぱみんな通勤だろ。


23 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 19:57:57 ID:OfOiqNH4
第二次世界大戦中に防弾チョッキは使用していたのですか?

24 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 20:03:25 ID:tYk8PWcz
http://www.youtube.com/watch?v=BioQFvpD5pc

自民党って公明党の傀儡なんですか?
ということは、このままだと中国や朝鮮の言いなりですか?
どの政党に投票するか悩んでいます、公明党は論外として、自民党は大丈夫ですか?

25 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 20:04:38 ID:???
>>24
政治の話題は政治板へ。
軍事と自民党はまぁ関係無いです。
自民党の国防政策とかならともかく。

26 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 20:06:55 ID:hGLmh6nZ
>>23
爆撃機の乗員などごく一部は使用してた

27 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 20:14:40 ID:???
>>23
>>26が書いてるように、爆撃機の乗員が対空砲弾が炸裂すると飛散する破片などから身を守るために着用した。
防弾ベストを英語でフラックジャケット(flak jacket)というが、フラックとはドイツ語で対空砲(Fliegerabwehrkanone)の略称のこと。

28 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 20:15:09 ID:6un4nyQT
日本陸軍で携行対戦車火器の開発が遅れたのは何故ですか?
ロタ砲も殆ど行き渡らなかったようですし・・・

29 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 20:17:22 ID:???
>>28
主戦場に戦車があんまり現れなかったから

30 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 20:17:44 ID:???
支那vs北朝鮮


はいつごろ開戦でしょうか?

31 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 20:18:36 ID:???
>>28
というか開発が間に合った国はアメリカとドイツだけじゃないのか
そっちのほうが例外では

32 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 20:22:05 ID:???
>>23
あと防弾チョッキの元祖的なものとして、第一次大戦時にドイツ軍で一部の機関銃射手が着用していた鋼鉄製の胴よろいがある。
機関銃射手は敵にとって最優先の標的となり死傷率が高かったためで、他にも鉄製のマスクやメットの前につける増加装甲などもあった。
これらの装具は、大戦後半にドイツ軍が戦線の浸透突破に投入した突撃隊(シュトーストルッペ)にも使われている。



33 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 20:25:39 ID:75uvIFp2
小中学生位の頃参考書か歴史漫画かで「火縄銃は2〜3分に一発しか撃てなかったが信長が三段云々」と書いてあるのを見た覚えがあって
ずっとそう思ってたんですが、最近ネットで30秒〜1分程度というのを見ました
2〜3分ってのはただの勘違いでしょうか、それともそういわれてた時期があったんでしょうか

34 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 20:28:04 ID:???
>>30
予定はありません。

35 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 20:35:49 ID:aE8UDHrR
現代の軍艦はダメージコントロールの観点からブリッジは本当に必要なのですか?
現代の技術なら外にカメラを付けてブリッジを船体内部に作る事も可能そうですが。

ズムウォルト級のブリッジがかなり下に作ってあるのは何関係があるんでしょうか?

36 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 20:38:28 ID:???
ブリッジ自体は低くても問題無いよ
あれは航海艦橋だから

37 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 20:41:57 ID:???
>>33
十数年前まではそう認識されていました。その後研究が進み、火縄銃の性能やそれを使った戦術も新たな見解が示される様になりました。
有名な三段交替射撃も違うかもしれないらしいですよ。

38 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 20:42:58 ID:25gJiOIe
>>35
というか、今現在の戦闘中枢はCICだからね。
艦長ほか基幹要員は戦闘になったらCICに引っ込むよ。

39 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 20:43:44 ID:???
>>33
どうがんばっても30秒はかかった気が

40 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 20:44:18 ID:hRyBx/Y4
>>現代の軍艦はダメージコントロールの観点からブリッジは本当に必要なのですか?

 そりゃ、航海用ですから外にあった方が。

>>現代の技術なら外にカメラを付けてブリッジを船体内部に作る事も可能そうですが。

 戦闘指揮は中でやりますしね。

41 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 20:47:55 ID:???
てかもうCICを艦橋って改名しちゃえばいいんじゃね?

42 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 20:49:00 ID:???
CICは艦橋の真下辺りの甲板下にあるそうだからそりゃ違うだろ

43 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 20:52:17 ID:???
舷側から舷側まで渡ってる「橋」だから艦橋だぜ

44 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 21:00:41 ID:???
>>35
どの様な船でも航海中に針路や周辺の監視をするには、高い位置から見る方がよい。
仮にカメラだけ高い位置に設置してもいいだろうけど、やはり最終的には目視による確認をしたくなるのが人だろうね。

45 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 21:02:33 ID:fnzIDAVP
YOUTUBEで着鑑しそこなった機体が火を吹きながらワイヤーを引きちぎって海に飛込むのを見たんですが、水没した機体は引き揚げするんですか?

46 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 21:09:34 ID:???
>>45
特別な事情でもない限りしない

47 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 21:15:36 ID:???
>.>33
一分間に数発撃てるってのはベテラン射手が万全の健康状態でやった場合。
実戦での平均じゃ2〜3分に一発が妥当な線。
疲労、錬度の差、心理状態、天候とか様々な発射速度を遅くする要素が積みあがってく。

48 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 21:24:54 ID:???
>>33
それは、早合とよばれる、一種のクイックローダーを使った場合の
数字じゃないかな。
wikiの記述なので、注意が必要だがこんなものもあると
覚えておくといいかも。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A9%E5%90%88

49 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 21:30:23 ID:???
>>45
昔の話だけど、浅海に落ちた場合、
機密保持のため、引きあげた事例がないことはない。
F-14を落としてしまい、ソ連に獲られないように、苦労して引きあげた事がある。

50 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 21:31:26 ID:???
>>33
当時の鉄砲隊は発射の命令はおろか
部隊の指揮官の指示がないと弾込めもできなかったから
三段撃ちも早合もよほどの手練じゃないと成立しない
戦場で集団だと発射位置や方向もその時間じゃ定まらないと思うよ

51 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 21:33:14 ID:???
>37
>47
>50
ありがとうございます
気になってぐぐっても2〜3分という記述は全く出てこなかったので気になっていました
30秒〜1分は無理じゃないけど実戦的ではないという感じですね

52 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 21:34:49 ID:ZCFWIIfa
戦時中の写真を貼り付けるスレとかありますか?

53 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 21:45:21 ID:snTFZLOZ
>>18の前スレ710

>アメリカがオタワ条約に参加してないのは
>韓国の38度線が原因だそうですけど
>じゃあ、38度線の地雷がなくなればアメリカは参加するんですか?

その質問に答える資格があるのは合衆国大統領だけだ。
ホワイトハウスの電話番号を貼っといてやるから、自分で電話して聞いてみろ。

The White House
Switchboard: +1-202-456-1414

54 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 21:47:34 ID:???
>>51
火縄銃よりも装填と射撃に時間がかからないフリントロック銃で、熟練した兵士なら最大1分間に3発くらいは撃てたというから、それよりも時間はかかるだろうな。

55 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 21:49:48 ID:???
>>33
射手と弾込めをする人は別だったのでは、と言う説もある。
また必ずしも砲腔内清掃→火薬を入れ突き固め→弾丸を入れる→丸めた紙で弾留め→発砲
の手順とは限らず、砲腔内清掃は省いても数発は撃てたとする説もあるにはある。
この先研究が進んで、まだまだ新たな発見があるかもね。

56 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 22:12:43 ID:M3bHI31q
湾岸戦争の時のシュワルツコフ大将は、退役後、政界進出などは
無いのでしょうか?今は何をしているのでしょうか?

57 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 22:23:10 ID:???
>>33
まあ、どちらにせよ、戦国時代なら一分に一発といった短時間で
連射する必要自体がなかったと思う。

58 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 22:27:44 ID:???
>>57
必要というより考えだな
数も信頼性も今とは段違いだし
使用目的自体が違う

59 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 22:31:42 ID:???
>>56
英語wikiによれば退役後は自伝を書いたり、軍事アナリストとしてイラク戦争の分析をやったりとか。
あと前立腺癌の治療を受けてから医療研究の財団の名誉役員になったりとか。
まあ悠々自適のハッピーリタイアメントライフを送ってるってとこだね。

シュワルツコフの場合は財団法人だが、退役した将官の中には企業の役員会や監査役会のメンバーになったり学校の理事会に入ったりする場合もある。

60 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 22:33:29 ID:???
>>57
斉射せんとあんまり意味無いしな。

61 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 22:35:18 ID:M3bHI31q
>>59
丁寧な解説どうもありがとう。

62 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 23:33:11 ID:Oey81b/y
アメリカはどこに行こうとしているのでしょうか?

63 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 23:35:15 ID:???
>>62
明日へ向かっている。

64 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 23:35:50 ID:???
>>62
北アメリカ大陸はそれぞれ大洋に引っ張られてます

65 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 23:42:52 ID:???
>>64
逆だろ、押されてる方だよ。

66 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 23:52:08 ID:???
>>65
反対側の大洋が引っ張られてます

67 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 00:13:40 ID:cpDthLgs
銃にアクセサリーをつける規格はRISかRASだけですか?

68 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 00:31:10 ID:???
無人島を移動空母にしたら、不沈空母にならないの?

69 :三等自営業 ◆LiXVy0DO8s :2007/05/29(火) 00:33:51 ID:???
>>67
RISやRASはナイツアーマメントの登録商標で、商品名です
レール自体の規格はピカティニーレールが正式な名称で
MIL規格番号は「MIL-STD-1913」となっています

かつてはメーカー毎の専用アタッチメントや、12mm・20mmなどのオプションレール規格がありましたが
今現在銃に取り付けるオプションはほぼ全て、このピカティニー規格に沿って設計されます。

70 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 00:35:50 ID:???
>>23
日本軍の場合には、軍艦の機銃の指揮をとる士官とか。
戦闘上で重要人物というのと、被弾しやすいということから。
これも、防弾チョッキというよりは、胸甲に近い。

>>33
参考までに言うと、英軍は、横隊を組んで三段うちをやったようで。
横隊のうち30人くらいの小隊単位で、それぞれ3段で交互射撃。
小分けにせずに横隊全部を3列に組んで、斉射も試してる。

71 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 00:40:18 ID:???
>>19
未回答質問、落穂拾い

990 名無し三等兵 2007/05/28(月) 23:26:57 ID:EySlEeEz
このサイトに、呉空襲のときに日本海軍のオートジャイロが活躍したのを見たという話があるのですが、
実際にこのようなことがあったんでしょうか?
ttp://www.sakai.zaq.ne.jp/duain107/Esse_1/AutoGyro.htm

72 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 00:59:59 ID:???
>>68
航空母「艦」でも航空機輸送「艦」でもないだろう?
移動島内飛行場だよ

73 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 01:44:03 ID:L5Qw1zkQ
偵察と名の付く特殊部隊を教えてください

74 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 02:00:41 ID:???
>火縄銃
たしか世界ふしぎ発見だったと思うが、あらかじめ弾丸と火薬が紙巻きされたカートリッジ弾丸っての?
をこしらえておいたってのをやった。そうすりゃ銃口からそれを落とすだけで弾込めできる。
単なる推測レベルなのかそういった証拠があるのかは知らない。

75 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 02:01:57 ID:???
>>73
ttp://mltr.free100.tv/faq14b.html#force-recon
のことかな?

76 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 02:04:12 ID:???
>74
「早合」のことだろ?
複数動作を事前準備するようなものだから
その分の時間短縮はできるが
一発撃ったら銃身内の掃除をしなきゃならんし
火蓋に火薬も装填しなきゃならんしで、
そんなに早くはならない。

77 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 02:04:57 ID:4KuxG5Eu
>>74
早合のこと?

78 :77:2007/05/29(火) 02:07:02 ID:4KuxG5Eu
すまそm(__)m

79 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 02:28:27 ID:???
交戦中に玉が切れるかもしれない
->タクティカルリロード->マガジンに残った玉が無駄に
->二つマガジン付けて交互に使うようにすれば無駄が無くてよくね?
とか考えたんですが、なんかもうそんなアイディアはありそうな気がします。
どうなんでしょうか。


80 :三等自営業 ◆LiXVy0DO8s :2007/05/29(火) 02:38:46 ID:???
>>79
タクティカルリロードとはそう言う弾倉交換(残弾管理)のテクニックで、
また弾倉はスタックするより、弾倉を取り出したポーチなりポケットなりに戻します。

空の弾倉は、捨てるかダンプポーチに収納します

あと、御質問なさる時にはメール欄を空欄にしてIDを表示させるようにして下さい。

81 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 02:46:03 ID:CLaP931C
>>79
つーか、マガジンを複数くくりつけて使う手法なんてどこでもやっているわけだが。
マガジンクリップで検索してみ、いくらでもそういうのがゴロゴロ出てくる。
テープで縛り付けてもいいんだけどな。

82 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 02:49:07 ID:???
>>79-80
ちなみに「空の弾倉は捨てろ」と教える指導者もいます。
生死の掛かっている銃撃戦の最中にたかだか数ドルの弾倉を回収するために注意を払うのは
無駄で有害だ、という考えからです。

83 :79:2007/05/29(火) 02:56:32 ID:kS6rUT4U
>78
スタックってなんですか?
あとIDは知らなかったこととはいえ、すいませんでした。

>81
えーとマガジンを二つテープでくくりつけるとかそういう話ではなく、
マガジンを交互に使う話です。
マガジンクリップについて調べてみましたが。
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%BC%BE%E5%80%89
>さらに20-40mmクラスの対空機関砲などには、
>何発かまとめたクリップを次々と上から載せていく方式の固定式弾倉(ホッパー式)がある。
というのがありますが、これですか?だとしたら自分の考えには十分なように思います。ありがとうございました。

>82
そう思います。それで>79のような発想になりました。


84 :79:2007/05/29(火) 02:57:33 ID:kS6rUT4U
すいません>83はアンカーがずれていました。
>78は>80です。もうしわけありません。

85 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 03:04:27 ID:???
>>83
ナチスドイツの試作機関短銃で、弾倉を横に二つ並べ、レールスライド式にして
通常の倍の装弾数がある、っていう銃があった。

こんな感じね。
 O 銃本体
ロロ 弾倉
 → 

機構が複雑になって故障しやすい、というので試作でボツった。

86 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 03:11:50 ID:L5Qw1zkQ
米陸軍の第82空挺師団 第101空挺師団 第75レンジャー連隊についてですが

1どこに拠点を構えてるのでしょうか?(陸自の第一空挺団は習志野駐屯地ですが)
2人数はどれくらいいるのでしょうか?
3配属されるには特別な試験(陸自でいうレンジャー訓練?)に合格しないと駄目なの?
4陸自のレンジャーとは何か関係あるのでしょうか?


よろしくお願いします

87 :84:2007/05/29(火) 03:11:51 ID:kS6rUT4U
>85
>機構が複雑になって故障しやすい、というので試作でボツった。
そんな気がしてましたorz
有る程度まとまった弾数をクリップで追加してくってのは、
どうなんでしょうか。対空機関砲にはあるみたいですが…


88 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 03:34:49 ID:???
>>87
日本の11年式軽機関銃、というのがそれ
>クリップ式
ホッパー式の装弾盆に小銃用のクリップで束ねた弾がそのまま詰めて使えた。

これもやっぱり故障続出で激しく不評だった。

89 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 03:48:42 ID:???
>>87
>>85が言ってるのはMP-40-Uという。
これのこと。
ttp://world.guns.ru/smg/smg33-e.htm
(上から4番目の画像)
一応試作にとどまらずほんのちょっとだけは生産されてる。
他のと比べると生産数が極端に少ないので、試作レベルといって
いい製品だが。
故障しやすい他に、重くて(弾倉が2個ついてる上に2個くっつける
機構がついてるので当然)構え辛く携行し辛い、というのが不評だった
そうだ。

11年式軽機関銃というのはこれ。
ttp://blog.livedoor.jp/lightdoor/archives/50076063.html
ちなみにこのグリップと繋がったヘンテコな形の銃床は、結合ピンを抜いて
上下さかさまにすると、射手が塹壕に身を隠したまま銃だけを塹壕の上に
突き出して射撃できるように、ということを考えてこういう形になっている。

90 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 04:07:12 ID:???
>>86
第75レンジャー連隊
http://en.wikipedia.org/wiki/75th_Ranger_Regiment
第82空挺師団 
http://en.wikipedia.org/wiki/U.S._82nd_Airborne_Division
第101空挺師団
http://en.wikipedia.org/wiki/101st_Airborne_Division

91 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 04:11:12 ID:uqFitVVG
軍服には大きく分けて迷彩服にヘルメットという戦闘服姿と、スーツに軍帽という制服としての軍服がありますが
学ランみたいな軍服を着ている明治時代の兵士には戦闘服と制服の区別はあったんですか?(士官なら礼装がありましたが)

92 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 04:14:26 ID:L5Qw1zkQ
>>90
出来れば日本語でお願いします

93 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 04:18:40 ID:???
>>91
制服(勤務服)と戦闘服(野戦服)という2本立てになり、平時や後方、式典時と
戦闘時で別の軍服を着るようになったのは第1時世界大戦くらいから。
戦闘服に迷彩服が本格的に使われるようになったのは、第2次大戦から。

それまでは兵、士官共に戦闘時もあの学生服みたいな軍服を着ていた。
第2時世界大戦当時だと、最前線で指揮を取る尉官クラス(中〜小隊長)以上は
前線でも野戦服ではなく制服を着ているのが普通だった。

でも、高級将校が前線で階級章や高級指揮官を示すものをつけたままの制服を
着ているのは狙撃の標的にされるだけだし、第一行動し辛いので、朝鮮戦争が
終わった頃には例え将軍、元帥クラスでも前線では兵士と同じ野戦服を着るのが
世界的にも普通になる。

94 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 04:22:13 ID:???
>>87
11年式軽機関銃の動画
ttp://www.youtube.com/watch?v=CTfOflH-30c
動画だとわかりやすいと思う
1:50〜が11年式軽機関銃

95 :91:2007/05/29(火) 04:44:59 ID:uqFitVVG
なるほど明治時代にはまだ制服(勤務服)と戦闘服(野戦服)の区別はなかったんですね。

96 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 05:18:35 ID:???
ボーア戦争の頃にはカーキ色の軍服があったと思います。
南アフリカの地形にはカーキ色があっていたはず。

97 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 05:20:09 ID:/atkrA74
超大和級戦艦?に搭載予定だったといわれる51センチ砲の射程をご存知の方、教えてください
試作どまりだったからそんなもの分からない、という話を聞いたのですが、
試作の段階でそれなりに試算は出来てたんじゃないかな、と思うのです。

試算の数字でもかまいませんので「だいたいこれくらいかな」という数値をご存知の方も、ぜひご教示願います

98 :霞ヶ浦の住人 ◆g5HpHpqYK6 :2007/05/29(火) 06:05:03 ID:v2QczRmx
>>93
>>91
制服(勤務服)と戦闘服(野戦服)という2本立てになり、平時や後方、式典時と
戦闘時で別の軍服を着るようになったのは第1時世界大戦くらいから。
戦闘服に迷彩服が本格的に使われるようになったのは、第2次大戦から。

それまでは兵、士官共に戦闘時もあの学生服みたいな軍服を着ていた。
第2時世界大戦当時だと、最前線で指揮を取る尉官クラス(中〜小隊長)以上は
前線でも野戦服ではなく制服を着ているのが普通だった。

でも、高級将校が前線で階級章や高級指揮官を示すものをつけたままの制服を
着ているのは狙撃の標的にされるだけだし、第一行動し辛いので、朝鮮戦争が
終わった頃には例え将軍、元帥クラスでも前線では兵士と同じ野戦服を着るのが
世界的にも普通になる。

霞ヶ浦の住人の回答
1 アメリカ軍が第二次世界大戦から、制服(勤務服)と戦闘服(野戦服)という2本立てにした。
2 迷彩服は、ドイツのナチス親衛隊が、第二次世界大戦中に開発した。
3 士官が兵の服装をするのは、第二次世界大戦中から行なわれていた。

アメリカ軍が第二次世界大戦中に、狩猟用のジャンパーを戦闘服(野戦服)として採用したのが、フィールドジャケットです。
テレビの『コンバット』などで着ているのです。
下記参照してください。
http://www.namiki-shobo.co.jp/unifo/tachiyomi/m_unifo003.htm
第二次世界大戦中、他の国の軍で、制服(勤務服)と戦闘服(野戦服)の区別をした所はありませんでした。

迷彩服は、ナチス親衛隊が開発しました。フランス戦線で迷彩服を使用したアメリカ陸部隊があったそうです。
しかし、極僅かです。霞ヶ浦の住人が想像するに、迷彩服=ナチス親衛隊=敵 と考えての同士討ちが発生したと思われます。
ナチス親衛隊の居ない、太平洋戦線では、アメリカ海兵隊が盛んに迷彩服を使用しました。

士官が兵の服装をした記録は、第二次世界大戦中の日本、アメリカ、ソ連に多数あります。狙撃を避けるためです。


99 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 06:26:20 ID:Em0jF1am
MPMSの射程距離は大体どれ位だと思われますか?
公称は8kmらしいのですが、重量・大きさから考えて10kmは軽く越えるだろう的な
事も書いてあるサイトもあって、混乱しております。
皆様の考えをお聞かせください。

100 :霞ヶ浦の住人 ◆g5HpHpqYK6 :2007/05/29(火) 06:27:52 ID:WcHyBcMK
>>91
軍服には大きく分けて迷彩服にヘルメットという戦闘服姿と、スーツに軍帽という制服としての軍服がありますが
学ランみたいな軍服を着ている明治時代の兵士には戦闘服と制服の区別はあったんですか?
霞ヶ浦の住人の回答
同じ軍服の、新品で程度の良いのを式典や外出用にしました。古くて程度の悪いのを、普段着や演習用としました。

>(士官なら礼装がありましたが)

霞ヶ浦の住人の回答
兵の礼装も存在しました。
第二次世界大戦中のドイツ陸軍が、戦前の兵用の礼装を、戦闘服改造して支給しました。
ドイツ陸軍では、パレード用に兵の礼装は存在したようです。
日本陸軍には無かったと思いますが。


101 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 06:29:18 ID:???
>>98
イギリスでは迷彩服の使用は17世紀にさかのぼるそうだ。
ただし、ソースは英語版Wiki

In England, smaller irregular units of gamekeepers in the 17th century were the first
to adopt drab colours (common in the 16th C. Irish units ) while using rifled firearms,
following examples from the continent. A later example of a camouflaged unit would be
the 95th Rifle Regiment, which was created during the Napoleonic Wars to strengthen
the British skirmish line. As they carried more accurate Baker Rifles and engaged
at a longer range, they were equipped with a rifle green jacket, in stark contrast to the
Line regiments' scarlet tunics and following the jaeger tradition of rifle troops in
Europe. Major armies retained their colour until convinced otherwise. The British in
India were forced by casualties to dye their white summer tunics to neutral tones,
initially a muddy tan called khaki (from the Hindi-Urdu word for "dusty"). This was
only a temporary measure. It became standard in Indian service in the 1880s, but it
was not until the Second Boer War that, in 1902, the uniforms of the entire British
army were standardised on this dun tone for battledress.


102 :眠い人 ◆gQikaJHtf2 :2007/05/29(火) 07:12:31 ID:QRcxOEwp ?2BP(19)
>97
凄く大雑把な計算ですが、砲の最大射程は、大体、口径×1000yard
を目標にしています。
ですから、単純計算で51000yardになり、キロメートル換算すると46.6kmに
なるのではないか、と思います。

103 :霞ヶ浦の住人 ◆g5HpHpqYK6 :2007/05/29(火) 07:22:12 ID:4c2iKYcA
迷彩服の最初の使用はイタリア軍でした。
ウィキペディア戦闘服の迷彩服の項目に記述があります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%BF%B7%E5%BD%A9%E6%9C%8D


104 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 07:37:01 ID:???
猟兵の迷彩服というか緑色の狩猟服については、阿呆物語に記載があります。

グリンメルスハウゼン著。文庫本ですが版切れのため古本か図書館で調べるしか
ないんですが。

105 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 09:09:06 ID:/wTWjFic
昨日、京都市山科区を飛んでた自衛隊機は
なんですか?
すごい音でびっくりしました!!!11

106 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 09:23:56 ID:???
>>105
前スレで回答があるんで読み返してちょ。

107 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 09:37:31 ID:/wTWjFic
>>106
F-15とF-2ですか?
とてもかっこよかったです!!!11

108 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 09:54:23 ID:QCzG0QIS
第二次大戦が終わるとアメリカ軍は戦時動員を解除して人員を大幅に減らしていますが
ソ連軍は戦時体制を維持していたのは理由があるんですか?

109 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 10:10:20 ID:???
どっちも第三次に備えてはいただろうが、アメリカは本土侵攻がほぼあり得ないのに対して
ソ連は西側と陸続きだったから解体するわけにいかなかったんでないか?

110 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 10:10:35 ID:???
共産主義を世界に広める為です

111 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 10:30:24 ID:O/sSfzL/
>>91-103
目立ちにくい色の服、ということであればいろいろと遡ることができますが、
迷彩、すなわち周囲に溶け込むような模様を意識的にデザインし、衣服に施したのは
1915年のフランス陸軍というのが定説であり、それゆえフランス語である「カムフラージュ」という用語が
一般的に使用されています。
ttp://www.shootingtimes.co.uk/features/The_history_of_camouflage_article_118810.html


ドイツ軍については、1940年のSS-VT以前、一次大戦後、1930年代のOberkommando Wehrmachtが
最初のようです。
ttp://www.kamouflage.net/en_010000.php

112 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 10:40:02 ID:+ymHIwrG
戦争で使われた大砲なんですけど、どういう仕組みになってるんですか?
弾って、あたったらすべて砕けて散るのかか、それともなにか残るんでしょうか

113 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 10:44:21 ID:???
物質不滅の法則

114 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 10:44:39 ID:???
>>112
ttp://sus3041.web.infoseek.co.jp/index.html
ここを見て下さい

115 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 10:46:13 ID:???
>>112
ttp://sus3041.web.infoseek.co.jp/contents/shell_var/shell_var.htm

116 :115:2007/05/29(火) 10:50:12 ID:???
レスが被った・・・

>>112
ちなみに現代戦で使われる主要弾種は以下の通り。
それぞれ仕組みが全く違うので、一通り調べておくのがお勧め。

・榴弾
・成形炸薬弾
・離脱装弾筒付翼安定徹甲弾

117 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 10:59:05 ID:+ymHIwrG
えーなんか難しくてわからない・・・><




118 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 11:08:49 ID:???
人員殺傷などのソフトターゲットが目的なら破片が飛び散る榴弾
戦車などのハードターゲット相手なら化学エネルギーを利用した成型炸薬弾か、
運動エネルゲーでぶち抜く徹甲弾
基本はこれです

119 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 11:09:49 ID:???
>>117
死ね
帰れクズ

120 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 11:17:33 ID:???
>>119
おまえもな

121 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 11:23:01 ID:???
>>117
まあ少々努力をしないと>>119みたいに言われるのでご注意

122 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 11:26:40 ID:???
>>112
*大砲の原理
┌─────────────
│[火薬]●
└─────────────
一端が閉じた筒(砲)に砲弾と火薬(発射薬)を装填する。
(薬莢として二つが一体になっている場合も多い)
┌─────────────
│[・∵・゚・。・∵・゚・。●──→
└─────────────
火薬に点火すると、急激な燃焼で大量の高圧ガスが発生する。
この圧力を推力として砲弾は前に飛ぶ。


*砲弾の種類
砲弾の種類は大まかに分けて三つ。(他にもあるけど略)
・運動エネルギー弾:鉛やタングステンなどの大質量金属の砲弾の衝突エネルギーで破壊。
 砲弾自体は爆発しない。
・科学エネルギー弾:高性能炸薬の目標表面での爆発(化学反応)によって破壊。
・榴弾:炸薬の爆発した時の爆風と破片で目標を破壊。人間などの柔らかい目標向け。

123 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 11:27:18 ID:???
>>112
一等自営業氏が、「武器と爆薬」という著作で、
結構詳しく解説していますので、入手して読んでみては
いかがでしょうか?

124 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 11:51:08 ID:+ymHIwrG
ごめんなさい馬鹿で;;
この前、靖国神社に行って大砲や砲弾を見たので疑問におもったんです

>>122 よくわかりました
親切に教えてくれた方ありがとうございました

125 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 11:58:14 ID:TdXHFiNW
http://www.worldwar2database.com/photos/wwii751.jpg
この一番奥の旗はイタリア国旗とも違うようなのですが、何の旗なんでしょうか

126 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 12:01:19 ID:???
>>125
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%BB%E5%83%8F:Flag_of_Italy_%281861-1946%29.svg
これを横に

127 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 12:02:20 ID:???
>>125
それはイタリア王国旗。
今はイタリア共和国。

128 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 12:04:44 ID:dIsb5ozb
日本が朝鮮を併合せず、ドイツがイタリアと同盟を組まなければ、
第二次世界大戦では枢軸国が勝っていた可能性が高いというのは本当ですか?

129 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 12:06:14 ID:???
>>128
アメ公強すぎっから無理だ。
あとドイツじゃソ同盟にも勝てねえしそもそも二正面作戦自体無茶だ。

130 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 12:09:58 ID:KHBq5U7v
東條英機は毎日新聞の新名記者を懲罰徴兵したそうですが

新名記者の説(竹槍より海軍飛行機)はどれくらい正しかったのでしょうか?

131 :125:2007/05/29(火) 12:10:27 ID:???
ありがとうございました。

132 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 12:13:42 ID:???
>128
無理ぽ

133 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 12:16:32 ID:???
>>130
 即物的に考えたら、100%正解。
政治的に考えたら、(まあ・・終わっているんだが)、戦意高揚の為にそれくらいしか無かったので全くの不正解かと。


134 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 12:16:51 ID:???
>>130
そりゃ本土で竹槍より洋上で飛行機のほうが……。

135 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 12:17:19 ID:???
>>128 イタリアについてはイタリアが中立を貫いた場合ドイツの軍事戦略にどの程度の影響があるかに
よると思う。バルカン半島侵攻による対ソ開戦の遅れについてはギリシャにイギリスが橋頭堡を築く可能性
もあるため評価が難しい。また、開戦が多少早まったところでモスクワを落とせたか、そしてモスクワ陥落が
ソヴィエトの戦争遂行にどの程度の影響を与えたかなど複雑な要素が絡んでいる。

 日本が朝鮮を併合しなかった場合、これは明治維新以後の動きをどの程度変えるか次第。

どちらかというと創作質問スレで聞くと回答が着きやすいかも。

136 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 12:24:53 ID:TDFHfMCB
>>128

その話はイタリア軍がバルカン半島で失態をおかして、その後始末にドイツ軍がかりだされ、
ソビエト侵攻予定が遅れたことからよく言われる歴史のイフ。

もしバルカンへの侵攻を最低限の時間で終わらしていれば、モスクワの手前で、ドイツ軍は冬将軍が来る前、
モスクワの陥落させることができていたのではないか?という予測に起因する。

が、モスクワを落とされたところで、偉大なる同志スタちゃんが降伏するとも思えず、結局、泥仕合になって、
占領したモスクワから東への進撃は無理だろう(冬将軍だけではなく、ドイツ軍はモスクワで、完全に攻勢限界点だったと思われ。)


となると廃墟となった首都を手に入れたからといってなにが変わったかと言われると正直なにもかわらないだろう。
そして日本軍は真珠湾をやればアメリカが押し寄せてくるわけでどっちにしてもチェックメイトだ。

思いっきり希望的観測をするとすればモスクワ陥落で「偉大なるスタちゃん」の威信が急落して、ソビエトでクーデターでも、
おきて、ドイツと講和を考える政権が発足すれば、西部に全力投球できる余裕が生まれるが、それでも第一次大戦のカイザー戦と同じく、
資本家の権化の悪辣なるルーズベルトを倒すことはできないだろうね。

137 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 12:27:28 ID:TDFHfMCB
ちなみに逆に質問したいんだが、チャーチルのおっさんってなんで、ギリシャにあれほど、
情熱を傾けたんだろう?戦後にしてもかなりの情熱だったよな。

138 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 12:37:11 ID:???
>>137 いくつか考えられるのは

ドイツの石油供給源であるルーマニアの油田をギリシャから爆撃できる可能性があること。
地中海でイギリスの覇権に対し蠢動を繰り返すイタリアを牽制。
オーストリア帝国崩壊後、スラブ主義が地中海へ南下するのを阻むため。

あと、イギリス人はギリシャ独立時に義勇兵を輩出、詩人のバイロンも出征してたあたりの
結びつきでしょうか。

139 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 12:55:12 ID:hxWVBRI1
ゼップ・アレルベンガーの「最強の狙撃手」って買い?
かなりすごい内容って聞くけど

140 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 13:16:53 ID:???
>>139
"狙撃" に興味があるなら買いだと思うが、そうじゃないならどうでもいい。
詳しいアドバイスが欲しければ、狙撃スレか書評スレにいくといいかも。

狙撃 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1168000899/
書評 http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1176637596/


141 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 13:22:59 ID:???
サンスク

142 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 14:10:40 ID:g71e+YO4
竹槍系で横質問ですが
竹槍でB29を撃墜するって話は
どこの誰がどんな経緯で言い出したことなんですか?

143 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 14:22:21 ID:???
>>142
鍛え抜かれた武林の者ならば、理論的に不可能ではないということだ。


144 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 14:46:03 ID:???
>>143
どういう理論なのか、笑心者スレでぜひご教授願いたい。

145 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 14:53:24 ID:JmtwbmlA
何故、現在の主要国の巡洋艦の主砲は、203oではなく、
より小口径の127oなのでしょうか?

有効射程距離や一発辺りの攻撃力は、どう考えても
203oに分があるように思えますが。

146 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 14:53:38 ID:???
竹を弓なりに曲げて杭にロープで繋ぐ。
パラシュートを背負って竹の上に乗る。
斧でロープを叩き斬る。
マッスルインフェルノでB-29を撃墜。

この程度のこともできないとは、日本人は無能であるな。

147 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 15:02:41 ID:???
大東亞戦争中は893やDQNでも健康男子なら徴兵されて戦地に送られたんですか?

148 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 15:06:22 ID:???
>>147
ヤクザやDQNなんて、数に入りませんから、徴兵しても無駄ですよ。
動物の世話くらいしかできる仕事がありませんからwww

149 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 15:21:20 ID:???
>>145
ミサイルはそれより軽く、威力も射程も命中率もケタ違いに高い。
それによって艦砲の役割が限定的な対地支援、対空射撃に集約される事になった。
また兵装のミサイル化に伴い巡洋艦と駆逐艦、フリゲイトの差が殆ど無くなった。

ただし強襲上陸時の支援であれば砲戦型の方が制圧力、持続力共に高い。
その為にアメリカ海軍はアイオワを残したり8インチ速射砲を開発していた、
前者は90年代の半ばになってから退役、後者に関して開発中止となった。

150 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 15:21:57 ID:???
>>145
つい10年位前までは、艦砲による兵器投射力はあまり期待されていなかったから。
艦砲がないと困るが、5インチ砲でもあればいいという程度。

それに、艦砲の新規開発と配備にはそれなりにお金がかかる。
米海軍はベトナム戦争中に5インチ砲の対地攻撃能力の低さから新たに8インチ砲の
開発に踏み切り、駆逐艦ハル(DD-945)に搭載して発射テストにまでこぎつけたが、
海軍の予算削減から配備中止になっている。

もっとも、最近は海軍の対地支援能力の見直しから艦砲の能力強化が課題のひとつになり、
開発中のズムヴォルト級駆逐艦では155mmAGS単装砲二基の搭載が予定されている。

151 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 15:47:59 ID:ElyoA/Ca
F-15Jの導入が決まった時の軍オタの反応ってどんなでしたか?

152 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 15:54:33 ID:???
>147
 そのとおり。懲役とかでなければね。
但、白痴は免除されてた。

153 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 16:18:10 ID:???
>>142
竹槍事件の原因になった記事は「敵が海を越えて襲来しようとしてる時に、(本土決戦に備えて)竹槍で訓練してるようじゃだめだ、航空戦力で敵を洋上で撃破せよ」という内容。
執筆者は竹槍で飛行機を落とす訓練をしていると陸軍を批判しているわけではなく、陸軍も本土決戦への備えとして民間人に竹槍で訓練させていた。
実際の訓練で教官が「飛行機を落とすくらいの気構えでやれ」と言ったか、陸軍の精神主義を揶揄するものとして戦前もしくは戦後に作られた話ってところだろう。


154 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 16:18:38 ID:JWD7g6C9
「原爆投下が無ければ仮に米軍の本土上陸が無くとも、日本が降伏するまでの間に(近衛文麿は原爆が無ければ日本が降伏するまでに1年はかかっただろうと言っている)原爆の死者を遥かに上回る人間が空襲と飢餓で死ぬ事になる。結果的に原爆投下が最も良い方法だった。」
と言っているアメリカ人がいるんですが彼の言ってる事は事実ですか?


155 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 16:19:10 ID:???
>>151
人によって違ったでしょう。

156 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 16:22:08 ID:???
右翼は韓国が本当にほしいんですか?
左翼は韓国中国の本当に犬なんですか?

157 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 16:22:33 ID:???
>>154
原爆投下がなければ皆殺しだったのに……
まったく、余計なことをしやがって。最悪の方法ですな。

158 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 16:23:06 ID:???
>>156
それは軍事の質問なのですか?

159 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 16:23:37 ID:???
>>146
それどこの昇竜拳?

160 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 16:35:15 ID:???
>>154
戦争が続いていれば日本が餓島になっただろうって話は本当。
http://mltr.free100.tv/faq08f02.html#02329

でも原爆投下は人体実験の要素が強かったから
本土決戦で予想される死者の数に関わりなく実行されただろう。
よって後付けのリクツでしかない。

161 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 16:46:08 ID:???
シュババババババ
   ⊂ヽ ∧_;;=-     ∧_∧         ∧_;/:..-  シュババババ
     \( ・∀・;;=-  . , ;; ・∀・´ :;,=      (・∀・ .;;=- =;.
     /⌒  \    ⊂   つ;;≡=.    ⊂(  つ≡=-
    (_人_ノ ) つ;;=  ( ( ;:-.,        /⌒_- =;;;      ミ
       ( ;;=-     (__..;;=-         し´ヽ( ;;=-
       (_=          ∧_∧._∧ っ         =;-'.,_∧
                    (´Д`;≡;´Д)っ  シュ      (∀・  )
                     ⊂    つ      バ     /   つ
        ミ      ∧_∧   / /) )       バ  -=..;(_:(_ ヽ
             -,≡.,. ・∀) (_) (_)∧_∧    バ  =,.:≡!.,し'
             =;;二   ノつ    ー;;=;:,'"∀・)っ   バ  彡
               人 Y        -:=;,  π ヽ
  シュババババ     -.;:し'(_)      -=.,__ノ て_ノ

         ||       ∩∧_∧
            |   //´⌒ ̄`(Д`; ) ||
            しし'´( ̄)U      |
           ∧_∧/ /    ||
        ||  (  ・∀)つ〉_)   |
        |    Uー-'´
          |||     ∫     ||
          ||            |
          |


162 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 16:48:40 ID:???
             ∧_∧ ≡=―
             (・∀・ )ミ ≡=―−
            ⊂    つ ≡=-
             / / 〉ミ ≡=-
        ∧_∧(_)_)≡=―
      ⊂(Д`;⊂⌒ ̄つ三三二==――−

           ;;:., .........
        .....::::::::::::::'''
     ∧_∧≡=―−
    ∩∀・  )≡=-
* 。  ヽ    つ≡=―
';:,,',  / / 〉≡=――
':;.∧(_)(_)≡=−
∵;'。.*⊂⌒ ̄つ三三二==――
;.: * 。  ̄ ⌒
 ; .∴'

163 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 16:48:53 ID:???
>>154
米軍側では本土上陸が無くても20年末までに餓死者が出ると予測。
更に21年の春には戦争経済が崩壊するだろうとも。
また20年の8月辺りからは本土上陸の準備として鉄道、道路、橋梁等の爆撃を行う予定があり。
仮にこれらが実行されていた場合には本土決戦が無くとも戦後復興が遅れる事も予想される。

164 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 16:51:13 ID:???
>>161>>162
真・昇竜拳

165 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 16:56:21 ID:???
シュババババババ
   ⊂ヽ ∧_;;=-     ∧_∧         ∧_;/:..-  シュババババ
     \( ・∀・;;=-  . , ;; ・∀・´ :;,=      (・∀・ .;;=- =;.
     /⌒  \    ⊂   つ;;≡=.    ⊂(  つ≡=-
    (_人_ノ ) つ;;=  ( ( ;:-.,        /⌒_- =;;;      ミ
       ( ;;=-     (__..;;=-         し´ヽ( ;;=-
       (_=          ∧_∧._∧ っ         =;-'.,_∧
                    (´Д`;≡;´Д)っ  シュ      (∀・  )
                     ⊂    つ      バ     /   つ
        ミ      ∧_∧   / /) )       バ  -=..;(_:(_ ヽ
             -,≡.,. ・∀) (_) (_)∧_∧    バ  =,.:≡!.,し'
             =;;二   ノつ    ー;;=;:,'"∀・)っ   バ  彡
               人 Y        -:=;,  π ヽ
  シュババババ     -.;:し'(_)      -=.,__ノ て_ノ



166 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 16:57:19 ID:???
\\\
 .\.∧_∧
   ( ´_ゝ`) ゴォー
   (つ  Y⌒)
     \ \フ
      \_フ
                 タンク
                  ↓
                  ∧_∧
                  (´∀` ;)
                  (    )
                  | | |
                  (_(__)

  ∧_∧
  ( ´_ゝ`)
  (つ.  Y つ
  \\フ\フ  ドダダダダ
  .ε\\フ\フτ
    ┐ ∧_∧
      ∩´Д`;∩
      .\     |
       ヽ Y ノ
       (_(__)


167 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 16:58:37 ID:???
>>165>>166
飛燕鳳凰脚

168 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 17:00:32 ID:???
>>154
ついでに言えば本土上陸の際には原爆を大量に使う気だった。

169 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 17:02:58 ID:???
弱っちいDQNじゃ、こんな必殺技は無理ダケドナー

170 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 17:19:26 ID:???
>>154
食糧よりも塩のほうが危険だったという話もある。

  大蔵省専売局長@戦力会議
 「塩の状況はこの分でゆけば今年(20年)の秋頃には家畜にやる塩の配給は全く
  停止となり、家畜の斃死がはじまるだろう。来年になったら、一般家庭に対す
  る配給もできるかどうか心配である。
  そうすれば国民の上にも、家畜と同じような運命が訪れないとは保証し得ない。」
                                  (出典:海上護衛戦)

  当時の人口で、食糧としての塩だけで毎月九万五〇〇〇トンぐらいを必要としていた
  のに対し、国内の塩の生産全額は月平均二万五〇〇〇トン(二十年四、五、六月頃)
  を下回っていたのだから・・・
                                     (出典:同著)



171 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 17:39:01 ID:Gnw9KRdc
よく「中国の核ミサイルは日本に照準してる!」
みたいな言説を耳にしますが、核ミサイルの標的って、
「ウチの基地(ミサイル)は東京担当だぜ!」
みたいに大体平時から決められてるもんなんですか?

それとも、ミサイルの照準云々は
あくまで比喩的な意味なんでしょうか?

172 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 17:41:25 ID:ij1qlF6L
第一次世界大戦での航空戦に興味をもった者ですが、自分の探し方が悪いのか
これに関する書籍、資料を見つけられないでいます。
どなたかこれに関する書籍、資料について良い物を知っているという方がおられましたら
教えていただきたく思います。

173 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 17:44:48 ID:???
>>171
>みたいに大体平時から決められてるもんなんですか?
決められている、というか決めてないと即応体制が取れない。
ミサイル部品なんて今のPCにしてみれば原始時代と言える位に古い訳で。
メモリを書き直すのに30分やら1時間も掛かるそうで。

ただし。
>よく「中国の核ミサイルは日本に照準してる!」
これは限りなく黒に近いと言うだけで中国の中の人が言った訳ではない。

174 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 17:48:06 ID:???
>>171
他にも大阪に照準してたり、ワシントンやニューヨークに照準してるのもあるぜよ。

175 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 17:53:11 ID:???
昨日から解答者に若干偏向性があるような…

176 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 17:53:15 ID:CL7aIJ8F
誰も聞かないから俺が聞きますが
人は股間を銃で撃たれたらどうなるんですか?
男は棒と玉が破裂してセックスもオナニーもできなくなる。
まさに地獄の苦しみ。男にとってこれほど恐ろしいことはないでしょう。
女はどうでしょうか。アソコを撃たれた人っていますよね?
そしたらどのぐらいの苦痛があるのでしょうか。
映画ですら女が股間を銃で撃たれたシーンを見たことがありません。
男はありますけどね(パルプフィクション)とか。
人間は戦場ではどんなにひどいことでもやってのけますからね。
こういう話は学校では教わりませんでしたが
戦争に詳しい皆様ならご存知かと思い質問させていただきました。
情報を求みます!

177 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 17:54:37 ID:???
>>176
地獄の黙示録ではヘリに乗る際、ヘルメットで股間を守ってる人が居る。

178 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 17:55:08 ID:cpDthLgs
難民キャンプには警備兵とかはいるのでしょうか?

179 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 17:56:55 ID:???
>>176
レディーズの内ゲバとかで膣に電球を挿入して下腹部を殴打し、
膣内で破裂させる話は聞いたことがあるし、女相手に性器を破壊するのはありがちな事だとばかり思っていたが?

180 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 17:57:31 ID:???
>>178
難民を狙うようなDQNは棄民だけですよ

181 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 17:57:48 ID:???
大阪民国は日本国違います

182 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 17:59:19 ID:???
>>175
ヒント:このところコヴァがこのスレにねりついてる。

183 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 17:59:21 ID:???
>>176
SM板に行けば、本物の拷問狂が色々教えてくれるでしょう。

184 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:00:55 ID:???
>>176
男の場合、ナニには太い血管が何本も通ってるので、ナニに被弾したら
大量出血ですぐに死ぬ。
また、太ももの内側も太い血管があり、場所柄止血が難しいので、
この部分に被弾すると致命傷となる。

女の場合、性器で体の外に露出してる部分がないので、そこだけに被弾
すると言うことは考えづらいが、やはり太い血管が多く走っていて、
構造上止血が難しいので、やはりアソコへの被弾は致命傷になる。
太ももの内側の血管についても男と同じ。

185 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:01:27 ID:CL7aIJ8F
>>177
それは男ですか?だったらありがちですが。
>>179
あ、そうなんですか。この世界じゃ当たり前のことなんですね。
ユダヤ人や韓国・中国人の女性たちも
かつては銃や爆弾で性器を破壊されまくったと?

186 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:03:48 ID:???
>>185
日帝は従軍慰安婦として韓国・中国人・オランダ人・フィリピン人など
沢山の女性の尊厳と肉体を破壊しました。

187 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:03:55 ID:CL7aIJ8F
>>184
男は即死ですか。でもその方がいいですよね。
そんな地獄の苦しみを味わうくらいなら。
女も大変ですな。万が一助かっても出産は無理じゃないですか。

188 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:04:23 ID:???
>>171
なお、「中距離ミサイルなら狙うのは日本だろう。日本を狙うならまず東京だろう」と推測しているだけなので、
実際なにがどこを狙っているか、正確な射程がどれくらいなのかははっきりいって不明。
中国に限らず、どこを狙っているかというのを明言してる国ってのはないからね。

189 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:06:02 ID:???
映画「ブラックホークダウン」にも、股間に近い内腿に弾が当たって太い
血管を傷つけ、衛生兵が必死に止血しようとするんだけど野外で設備がない
こともあってどうしようもなく、むしろ治療を試みられたために苦しんで
長い時間かけて死ぬことになった、という悲惨な人がいたなぁ。

190 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:07:12 ID:???
>>172
WW1モノは日本では人気が無いので、洋書が中心になるでしょうね。
とりあえず、わかりやすいところ
ttp://shopping.hobidas.com/shop/gunjisenshodo/7835/0.html

191 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:08:05 ID:CL7aIJ8F
>>186
言葉では表現できないほど凄惨な光景なんでしょうね。
でもそういった行為はすべて正当化されてしまう。
女性たちにしてみれば戦争責任者たちを100回死刑にしても
物足りないのかもしれません。
こんなことを言っても一向に戦争はなくならない。
ほんと日本人でよかったです。

192 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:08:31 ID:???
>>171
>みたいな言説を耳にしますが、核ミサイルの標的って、
>「ウチの基地(ミサイル)は東京担当だぜ!」
>みたいに大体平時から決められてるもんなんですか?
平時からかっちり決まっていて、ミサイルにプログラムされてるだろうけど、
ミサイルを持っている部隊にはどこが目標だか教えられていないだろう。

193 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:12:31 ID:???
>>187
女性の場合外性器や膣口くらいなら損傷してもなんとかならないことはないかも。
子宮と卵巣が損傷しなければ妊娠は可能だろう(どうやって妊娠に至るか、という
問題はあるが)。
生むときにも、帝王切開という方法があるにはあるしね。

それ以上に、立たせて置いて銃でゼロ距離から撃った、とかでもない限り、性器に
損傷うけるような戦勝を負ったら、状況的に股関節にも損傷を受ける可能性が高い。
股関節損傷で歩行に障害が出る危険が高そう。負傷する状況によっては二度と自分の
足で立てなくなるかもしれない。

あと、大量出血で死ぬ場合、本当の意味での「即死」はしない。
出血性ショックにせよなんにせよ、少しの間は意識がある筈。
ただ、(これは結果的に助かった人の話だけど)大量の出血で脳がよく回らなくなる
のと、アドレナリンかなんかのせいで、「痛み」そのものはそんなに感じはしない
そうだ。

194 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:13:59 ID:O/sSfzL/
>>184
前半(男の場合)。そんなことはありません。ペニスと陰嚢まとめてちょん切っても失血しなんかしません。
細動脈レベルなので、攣縮して勝手に止血します。

後半(女の場合)。陰部に被弾、ということはこの場合下腹部への被弾。大腿動脈を切断することになれば
失血死するでしょう。これは男の場合も同じ。それ以外には大きな動脈がないので、貧血ぐらいで終わりそう。
もちろん、大きな永久空洞ができればそれなりに失血するので、場合によっては危険かもしれません。

195 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:15:27 ID:???
もうSM板の性器切断スレとかに行った方がいいよ。

196 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:17:10 ID:O/sSfzL/
>>189
あれは衛生兵のミスですね。

モルヒネを使うと血圧が下がってヤバいから、と使わなかったわけですが、
疼痛のために脈拍が上がり、血圧が上がれば失血が増えるだけなので結果は悪くなります。

半可通は副作用を怖れて薬を使わない。モルヒネを使えば、うまく行けば失血量が漸減して
なんとか保ったかもしれないし、止血操作もやりやすくなるから成功したかもしれない。
少なくとも患者の苦痛を和らげることはできたわけで。

しかし、衛生兵というのは半可通に留まらざるを得ないのだから、それを非難するのは間違いですが。

197 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:17:21 ID:???
>>178 レバノンのパレスチナ人難民キャンプの場合、実質的に治外法権だったらしい。

また、パキスタン領内のアフガン人難民キャンプはムジャヒディンの根拠地として機能していた
ことは有名。

198 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:19:50 ID:???
>>194
よく切れる刃物とかで切断するのと、銃弾で負傷するのとは状況が違う
んじゃない?
専門的なことは解らないけど。

199 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:22:29 ID:O/sSfzL/
>>198
銃弾では空洞が生じますから、露出面積は増え、滲出による失血、体液の喪失は増える理屈です。
しかし、その差は知れており、死ぬか生きるかは大血管に大穴が開くかどうか、
あるいは血管が非常に多い臓器に大穴が開くかどうかで決まります(あるいは中枢神経の破壊)。
その確率が刃物と銃で違うということはあるでしょうね。

200 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:29:20 ID:ErF1i+GH
詳しい方がいるようなので伺いたいのですが、
かりに前線に出る兵全てが救命資格を取得した場合、戦死率は著しく低下するのでしょうか?
また、この場合、戦死者と戦傷者の比率はどの程度変化するのでしょうか。

よろしければお答えください。

201 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:29:33 ID:/atkrA74
>>102
なるほど。ありがとうございました

202 :533:2007/05/29(火) 18:32:06 ID:???
>185
綾瀬コンクリート殺人事件でも読んでろよ。

203 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:32:29 ID:???
>>176
つーか、失血死よりもショック死する可能性が高い。
お前さんも男なら、股間を痛打したことぐらいあるだろ。
あれを数万倍にしたような激痛が走る。
生きるのを拒否するような苦痛だわね。

204 :145:2007/05/29(火) 18:33:20 ID:JmtwbmlA
>>149
つまり、巡洋艦の主力兵器が砲からミサイルに変わったと言うことですね。
しかし、コストパフォーマンスでは明らかに、砲>>>>ミサイルですし、
対空攻撃なら、SAMやCIWSがあるから、威力の劣る小口径の砲を
主砲にする意味がわかりません。

>>150
何故、203oではなく155oなのでしょうか?
射程距離、破壊力共に203oが上ですから、
155oにする意味が分かりません。
対地支援能力を重視しているならなおさらです。

205 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:37:23 ID:???
>204
大威力が必要ならミサイルを使う。
だからそんなに大口径の砲は不要

206 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:38:21 ID:Gb8XTTHi
>>204
>しかし、コストパフォーマンスでは明らかに、砲>>>>ミサイルですし、
それって本当なの?

207 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:38:49 ID:???
速射性と威力と重量とコストを考えた場合に、5インチ前後が一番だったから

208 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:39:15 ID:???
要するにバランスの問題だよ
大口径の砲は威力が上がるが発射時の反動も大きくなるしコストもかさむ
弾丸も重く大きくなって砲自体も大掛かりなものになってしまう
だから欲しい威力と目的を考えて落としどころを決めてるわけ

209 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:39:52 ID:???
>204

155mmAGSでも総重量は300tになる。
もし203mmにしたらもっと重くなるでしょ。
300tの錘が喫水線より上にあるという事でも搭載できる船は限定されるのに
それより遥かに重い大砲なんてあんまり意味が無いと思いませんかい?

210 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:41:26 ID:???
>>204 一つには船の大きさ、容積、重心の問題。
もう一つには火力支援の持続力の問題があると思います。

155mm砲弾は大体50kg未満。203mm砲弾は大体100kg未満。

ボアーダ提督はインタビューで艦長をしていた船は1200発程度を積んでいたと
語っていますが弾の威力は向上しても弾庫の容積は船体の重心と大きさから
制限を受けるし、搭載弾数が減ると補給を頻繁に行う必要が生じ、同程度の任務を
こなすのに必要な隻数が増えます。

211 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:44:44 ID:O/sSfzL/
>>203
ショック死などというものはまずない。
たいていは「失血性ショック」を「ショック死」だと思いこんでる類。医学でいう「ショック」は「びっくり」ではない。
もちろん、中には迷走神経反射による心停止、なんてのもあるわけだが、
それは特殊な場合だし、健康な人間が死に至るのは稀。
痛くないとは思わないし、やってほしいとはさらに思わないが、それだけで人間は死なない。

>>200
救命資格というもののレベルしだいでしょ。前述したとおり、衛生兵では医学の水準レベルの治療はできない。
とはいえ、シロートよりずっとマシなので戦死率は低下していると思います。
戦傷後の感染などもある程度抑制できるでしょうから、戦傷者に対する戦死者の割合は減りそう。
しかし、衛生兵ばかり増やすと戦闘力が落ちる結果、母数の戦傷者が増えるだろうから本末転倒。
衛生兵に全部医師レベルの教育を施すには、国家全体が医学部になるしかなく、これは戦争以前で終り。

212 :145:2007/05/29(火) 18:45:21 ID:JmtwbmlA
>>205
核ミサイルを使うんですか?
バカバカしいw

>>206
一発辺りの値段

対地巡航ミサイル>>>>誘導砲弾

>>207
豆でっぽうをいくら撃ったところで、面目標や硬目標への
効果は薄いですよ。

>>208
昔の巡洋艦は203oをたくさん積んでましたよ。

>>209
巡洋艦はもともと大きいだろ。
意味が無いとは思わない。

213 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:46:55 ID:???
まだあるぞ。砲弾自体のハイテク化によって、大口径の砲でなくても
射程の延伸化に目処が立ったから。
前大戦の艦載砲があれほど奇形的なまでに巨大化していったのも
射程を延ばそうとしていたのが大きな理由だったし。

214 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:47:04 ID:O/sSfzL/
えーと、おなじみの質問の形を取った粘着アレのようだから、スルーよろしく。

215 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:47:06 ID:???
>>212
派生議論スレ21
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1179252914/


・・・もしかして、身体、弱い?

216 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:49:16 ID:???
答えようかと思ったけどスルーしたほうがよさげだな

217 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:49:53 ID:ErF1i+GH
>>211 有難うございます。

戦場医療の向上という点では、野戦病院が患者の後送にようする時間から見て前線に
近づいたのか、それとも衛生兵未満だが応急措置を習得する資格を広めるようになった
ためなのかなど色々と複雑に要素が絡んでいるように思えます。

218 :145:2007/05/29(火) 18:51:29 ID:JmtwbmlA
>>210
確かに、一度に持っていける砲弾の数は減っちゃうけど、
全体の重量は変わらないわけで。

155oなら、2発撃ち込まないと無力化できない目標でも、
203oなら、1発で済んじゃう場面も多々あると思うけど。

>>213
いくら射程が延びても、威力が一定水準を満たしてなかったら仕方ないだろ。

219 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:52:08 ID:???
>212
アホの子か?

220 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:52:27 ID:???
>>218
派生議論スレ21
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1179252914/

221 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:52:48 ID:???
>>218
いい加減に派生に逝け。

222 :149:2007/05/29(火) 18:52:56 ID:???
俺も答えようかと思ったけどやめた

223 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:55:41 ID:???
>>152
白痴は駄目といっても、基本的に徴兵検査は身体検査だけなので、
体格は良いが、ちょっと……という甲種合格者が、結構出てしまったらしい。
たしか、日本陸軍における知的障害者について研究した本が出てたと思う。
下の世話が大変だったとか、そういう話。
牟田口閣下の話じゃないぞ。

>>204
何故、406mmではなく203mmなのでしょうか?
射程距離、破壊力共に406mmが上(以下略)

224 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 18:59:23 ID:O/sSfzL/
そこで艦首波動砲ですよ >>223

なんか仏師がきざんだガンダムが桐箱に入って5万円とか。
そのガンダム、関節は動くのかと。可動しないガンダムはただの木くずじゃないのかと小一時間・・・

225 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:00:08 ID:???
ID:O/sSfzL/

226 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:00:27 ID:???
>>223
この本だな。

清水寛「日本帝国陸軍と精神障害兵士」(不二出版,2006)

227 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:15:05 ID:???
>>218
まず、軍艦を兵装の大きさで「戦艦」とか「巡洋艦」とか区別する時代は
終わってる。
だから、砲の大きさに拘るのはあまり意味がない。

で、203mmの速射砲は開発はされた。
しかし、大きくなりすぎて使い勝手が悪いので、結局未だに実際には使われない
まま。

砲が大きいと旋回させるのが大変だし、弾薬庫のスペースも食う。
何より大きく重いものを甲板上に据え付けると、トップヘビーになって
転覆しやすくなる。
でも、砲である以上射界を確保するためにはあまり低い場所には配置できない。

そういうことを考えると、いくら威力があってもあまり大きな砲は使い辛い。

228 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:17:09 ID:???
>>227
お前みたいな厨回答者のせいで誘導に従わない奴続出

何?長文書いちゃったから質問者が移動してもレスしたかったの?
亀レスする前に過去ログを読んでみろ無能、お前みたいなのが一番迷惑だ

229 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:18:00 ID:???
つーか、低威力の兵器でも精密攻撃できれば、
数千倍の無誘導兵器より遥かに効果的なことが立証されてしまったからな……

230 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:18:12 ID:???
>>227

派生議論スレ21
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1179252914/

元質問者も居ないのにやめてよね。

231 :172:2007/05/29(火) 19:22:08 ID:ij1qlF6L
>>190
回答ありがとうございます
大変参考になりました

232 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:28:25 ID:???
>自治厨

派生議論スレには
相手をやり込めたがっている論破厨しかいないから
議論の場として機能してない。
そんなところへの誘導は無効だ。

233 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:29:02 ID:???
>>204
命中率と命中半径
そして着弾観測

234 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:29:25 ID:/HbKG6dx
軍が政権を見限ってクーデターを起こした場合、
政権は牙をむく軍隊に対し、どのように対処するのですか?

235 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:30:43 ID:???
>>232
現に元質問者は移動してますが何か。

236 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:30:44 ID:???
>>232
じゃあ、議論は雑談スレヘ行ってやってくれ。

237 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:31:11 ID:???
>>234 内務省軍や国家警備隊と党の民兵で対抗します。

238 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:32:19 ID:???
>>234
ケースバイケース。
政権上層部の亡命から、クーデーターの鎮圧まで幅広く
事例はあります。

239 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:32:19 ID:???
>>234
政権側についている治安部隊や軍を使って鎮圧します。
それでもダメなときは逃げます。

240 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:32:28 ID:???
>>234
国民の支持があれば国民が立ち上がるでしょう。
支持がなければ吊されて終了

241 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:32:58 ID:???
>>234
クーデターが軍全体によるものでなければ、政府の指揮下に残る部隊を使ったり。
軍全体が完全にクーデター派に掌握されているなら有効な対応策は無いですね。
外国で亡命政府を立ち上げるぐらいしか。

242 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:33:18 ID:???
>234

・まだ政府側に忠誠を誓っている部隊を見つけ、そいつらに対抗させる。

・警察や民兵などの武装組織に対抗させる。

・民衆のカウンター蜂起に期待する。

・国王に仲裁してもらう(タイとか)

・亡命して外国の力を借りる。

243 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:34:48 ID:???
>>235
それがどうしたよ?
議論の場として正常に機能してない事実に変わりはないじゃん。

244 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:35:48 ID:???
>>243
で、すでに議論の相手が存在していないこの場所で、いない人間に対するレスをつけると、ここが「議論の場」になるのかね?w

245 :145:2007/05/29(火) 19:36:43 ID:JmtwbmlA
>>232
そうか!危うく、派生で論破厨に丸め込まれるところでした。
どうもです。

246 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:36:45 ID:???
>>244
そんなこと言ってねえだろ。
話そらしのつもりですか?w

247 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:38:50 ID:???
なんだ自作自演だったのか。いつものこととはいえ、芸がないな

248 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:38:54 ID:???
>>234

首都に向けてミサイルを発射。首都もろとも自爆する。

249 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:39:38 ID:???
>>247
見えないものが見えてるみたいだな。
脳の病院逝け。

250 :素人:2007/05/29(火) 19:39:50 ID:4dE8fH0L
「ジパング」というマンガに艦隊の上空にアルミニウム箔のチャフをまくというシーンがあります。

そこで、レーダの周波数にあったチャフとはどういう意味ですか?

アルミニウム箔を小さくしたり、大きくしたりすることで変わるんですか?

251 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:41:38 ID:???
>>250
チャフは妨害したい波長の半分の長さにすると一番効果があるとされる

252 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:41:41 ID:???
>>250

>>2は読んだか?

>・映画や小説などの創作の内容・設定については創作スレへどうぞ。
> 自作の創作の設定の質問も創作スレの方が適切な回答を得られることが多いです。
>  ■○創作関連質問&相談スレ 24
>  http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1178442595/

253 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:43:19 ID:???
>>249
「論破厨の辞書には自省という文字はない」w

254 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:45:06 ID:???
>先に自分だけの結論があって、その正しさを確かめたい人にとって
>それ以外の結論に導くような相手は「論破厨」でしかないのだろうさ

違うよバーカ。
議論するときの態度が問題なんだよ。

つっても鏡のないやつには無駄かな?w


255 :勘理人 ◆Ilfjq2eTG2 :2007/05/29(火) 19:45:46 ID:???
だいたい、食うに困って仕方なくとか、喧嘩以外に取り柄がないならともかく、
愛国心とか目立ちたがりで虎の穴に入る奴なんて、絶好のカモですよ。
実戦では弱すぎて弱すぎて、タイガーマスクに殺られてくださいwwwwwww

256 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:46:45 ID:???
ここは議論の場ではありませんので
何か言いたい人はこちらで

派生議論スレ21
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1179252914/

257 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:48:09 ID:4dE8fH0L
読んでませんでした。すみません。以後きおつけます。

解答ありがとうこざいます。

258 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:49:55 ID:???
>>255
同人ショップのカモじゃないのか?

259 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:51:52 ID:???
>>256
中傷が乱打されるスレのどこが「議論スレ」なんですか?

260 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:52:31 ID:???
態度だぁ?
つまり偉大なる英雄にして我が惑星の守護神たる質問者様の
独創性溢れ誰からも賞賛されるべき素晴らしき見解に
恐れ多くもご意見仕る際には、
自ずから三跪九叩頭の礼を奉り死を賭し平伏して上奏させて頂くのが当然と
ほざきやがるわけですね

261 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 19:54:24 ID:???
>>260
お前もここで相手すんな

262 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 20:08:05 ID:???
>>259
文句があるなら自治スレヘ行け。
初心者スレに、粘着されると迷惑だ。

263 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 20:47:22 ID:zkjZTrZi
アスロックって、なんでもっと長射程にしないのですか?
潜水艦の魚雷は射程40km位だと聞いたのですが、
だとすると届かないなんてこともあったりしないですかね?




264 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 20:48:16 ID:???
もっと遠い所への投射はヘリでやるから問題無い

265 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 20:49:22 ID:???
>>263
自艦が探知できない距離にとばしても仕方がない。
ヘリを使って捜索する場合は発見と同時にヘリから攻撃した方が手っ取り早い。

266 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 20:49:56 ID:Mt9mHDPM
おやしお型潜水艦と214型の乗員を比較した場合、3倍弱の差がありますが
どうしてこれだけの差がでるのでしょうか?
以前、おやしお型の人員配置が3交代制だからというレスを目にしたのですが
具体的に分かりません。

267 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 20:51:55 ID:???
>>263
アスロックの担当範囲を超えたら搭載ヘリで短魚雷を持ってく

268 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 20:52:36 ID:???
>>266
大きさがでんでん違う>214-おやしお

269 :霞ヶ浦の住人 ◆g5HpHpqYK6 :2007/05/29(火) 20:54:10 ID:WSoCVmin
>>108
>第二次大戦が終わるとアメリカ軍は戦時動員を解除して人員を大幅に減らしていますが
ソ連軍は戦時体制を維持していたのは理由があるんですか?

霞ヶ浦の住人からの質問
「ソ連軍は戦時体制を維持していた」とは、何処からの情報ですか?
第二次世界大戦後のソ連軍の兵員数はどのくらいあったのですか?

何かの本で読みましたが、ソ連が第二次世界大戦後も、戦時の兵員数を維持したというのは、西側の誤解だと書いてありました。


270 :霞ヶ浦の住人 ◆g5HpHpqYK6 :2007/05/29(火) 20:55:28 ID:WSoCVmin
>>147
>大東亞戦争中は893やDQNでも健康男子なら徴兵されて戦地に送られたんですか?
>>148
>>147
>ヤクザやDQNなんて、数に入りませんから、徴兵しても無駄ですよ。
動物の世話くらいしかできる仕事がありませんからwww

霞ヶ浦の住人の回答
ヤクザも徴兵されました。
ヤクザという、職業や身分が存在したのでしょうか?
戸籍に記載されていたのでしょうか?

徴兵制度があるころは、徴兵忌避がありました。
醤油を飲んでわざと体をこわしたり、耳に卵の黄味を入れたりしました。
徴兵逃れの神社へお参りしました。
もし、ヤクザが徴兵されないとなったら、組事務所には、ヤクザ志願者が殺到したことでしょう。

ちなみに、フィリピン戦線のアメリカ軍は、日本人捕虜を、その部隊編成を解いて、個人として収容しました。
そのため、たがが外れて、捕虜収容所を、ヤクザが支配する事態となってしまったそうです。



271 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 20:57:26 ID:Mt9mHDPM
>そのため、たがが外れて、捕虜収容所を、ヤクザが支配する事態となってしまったそうです。
面白い

272 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 20:57:54 ID:zkjZTrZi
>>264>>265>>267
ありがとうございます
射程は、ヘリ+短魚雷>>潜水艦+魚雷>>アスロックとなるのですか?
ということは、未だに潜水艦は艦船の天敵ということなんですかね?

273 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 20:58:53 ID:???
>>270
日本軍なんて、チンピラゴロツキしかいませんからそうなるでしょう。

274 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:01:05 ID:???
>>272
潜水艦だって実際に40kmとか離れたところから撃つ訳じゃないけどね

魚雷は遅いから全力で逃げられると追いつくまでにかなりの距離が必要になるから
結構近づいて撃つ必要がある

275 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:02:22 ID:???
>>266
つまり一般的なディーゼル潜では2交代制、極論すれば12時間交代。
海自では3交代制を採用している、8時間交代。

それに規模も違うし、214型は省人化を進めている。

276 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:03:06 ID:???
>>273
日本人の民族性ですね。権力と暴力に弱い。事大主義で強いものに弱く、弱いものに強い。唾棄すべき民族ですね。

277 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:04:14 ID:???
>>263
ソナーの走査範囲は海流や反響、回折の関係から40km程度が限界。
だから、アスロックの射程もそれに準ずる。

278 :霞ヶ浦の住人 ◆g5HpHpqYK6 :2007/05/29(火) 21:27:27 ID:Gw3QdJcu
>>276
>>273
日本人の民族性ですね。権力と暴力に弱い。事大主義で強いものに弱く、弱いものに強い。
唾棄すべき民族ですね。

霞ヶ浦の住人の回答
事大主義とは、朝鮮の人々の心情を指す言葉です。
日本人の心情とは、違うでしょう。
ウィキペディア事大主義
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8B%E5%A4%A7%E4%B8%BB%E7%BE%A9

日本人は生真面目とか、おとなしいだと思います。
第二次世界大戦における、特攻にしても、勇敢であったといよりは、上官の命令に素直に従ったと解釈すべきと、霞ヶ浦の住人は考えております。


279 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:28:42 ID:lF8PdKSA
>>278
ここはあなたの意見を開陳するスレではありません。
派生議論スレへどうぞ。

280 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:30:28 ID:???
    旧帝国造幣工場
___   .__
 /、|  _[__] <赤字公債を増刷中・・・刷れば無限ニダ!
//||  <`Д´*>
/::||  // //")
;;━━━━━━━━━
ン///ウォン///ウォン///ウォン/
━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━

     現代北朝鮮造幣工場
___   .__
 /、|  _[__] <ドルを増刷中・・・刷って軍拡して強盗ニダ!
//||  <`Д´">
/::||  // //")
;;━━━━━━━━━
ル///ドル///ドル///ドル///ドル/
━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━

281 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:32:26 ID:???
>>271>>273>>276
逆もあり。戦後政治家になった士官が南方に行ったとき部下の兵隊にヤクザの大物がいた
「俺の子分になってくれよ」「よござんす」
そんな会話の後、このヤは文字通り死ぬまでこの人に尽くした
「親分、最期まで一緒にいられなくてすみません」と言って死んだモナ

282 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:32:57 ID:???
  ∧_∧  アメリカの代わりにウリが
 <丶`∀´>=つ=つ    宗主国様をボコボコにしてやるニダよ!
 (っ ≡つ=つ
 /  っ) バババ
 ( / ̄∪


数分後

   ババババババババババババ ∧∧ フォアァァタタタタタタタタタタタタタタタタタタ、
     ∧,,__/Σ⊂≡⊂=⊂≡/中 \ ウォア゙ァァアァァタタタタタ、フゥヴォアァァタタタタタタタタタタ
 ;;;;;、<`Д(:;(⊂=⊂≡⊂≡ (`ハ´#) アァァァァチョォォアァァァ、フォアタ、フォア゙ァァタァ、
    (っΣ⊂≡⊂=⊂=  ⊂≡ ⊂)  ア゙ァ゙ァ゙タタタタタタタタタタ、ウォア゙ァァアァァタタタタタ
    /  Σ⊂=⊂≡⊂=  (    \
    ( / ̄∪           ∪ ̄\ )

   ⊂<;;;∀(;;;>⊃
アイゴー ∨ ∨ヽ
      ヽ  ヽ
       レ´ヽJ
                ∧∧
            /) /支 \
           ( ヽ (`ハ´#) フォォアァァァチョォアァァァァァァァァ!!!!!!!!!
            \ /    て)
              \  く ̄
               \  )
                 し'

283 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:35:46 ID:kqDbyuUH
Bf109のプロペラの根元に描いてあるグルグルうずまきは
なんなんですか?
なんで塗装で遊んでるんですか?

284 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:35:50 ID:drjaB1XL
現在のロシアって銃の規制は厳しい方ですか?
アメリカみたいに気軽に買えるのか、それとも
日本みたいに狩猟用しか買えないのでしょうか?

285 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:36:06 ID:efRj9rrm
>>263
それにはサブロックという兵器がありました。射程50km超。この距離では水上艦や潜水艦単独では
相手の位置を確定することが困難なので、核弾頭にすることで解決しました。

これを通常弾頭として、アクティブ/パッシブソナーで誘導する方式としたのが、ロシアのRPK-2から始まる
ロケット付き魚雷であり、RPK-6( Vodopad、スタリオン)の射程は100km程度と言われています。

この後に、RPK-7 Veterが続きますが、これまで出てきたような流れの中で、少なくとも水上艦が使用する
対潜兵器としては対潜艦載ヘリの普及とともに半端なものとなり、潜水艦の静粛化に伴って、潜水艦が
潜水艦に対して使用するには無用に射程が長いものとなって、一般的なものではなくなっています。

286 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:42:04 ID:???
>>284
それ、軍事に関係ないだろ。

287 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:43:21 ID:/HbKG6dx
兵学校や士官学校を卒業していない叩き上げタイプの軍人は、
多くの武功を上げたとしても、出世や昇進には限界があるのですか?

288 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:43:44 ID:lF8PdKSA
>>287
武功ってなんすか?

289 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:43:45 ID:???
>>285
RPK-6"Vodopad,"(86R)は射程50km、
RPK-7"Veter"(88R)が射程100km以上。

両方とも「スタリオン」(SS-N-16)のコード名を持つ対潜ミサイルですが

290 :勘理人 ◆Ilfjq2eTG2 :2007/05/29(火) 21:44:37 ID:???
      ¥¥
    ==く・::ヽ
.     /: :::ヽ   スーパーハード♪ スーパーハード♪
      |   :::::|
     |   /::/::|
     |   |:::|:::::,!   キミもジェット水乗りヤラナイカ?
     :|  レ'::::/  
     :|、   ::|
     l_l`H ,、:ゝ
     'zノzソ ~
   <=====>∈


291 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:44:48 ID:???
>>283
本来は、メータ等を見なくてもプロペラの回転数が直感的にわかるようにするため
のマーク。

のちに、弾除けのおまじないの一種として流行った。

292 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:45:14 ID:???
>>287
時代によっては二等兵から将軍になった奴はゴロゴロいる
現在では無理だね、途中で士官学校に入らないと
ただイスラエルはガチ
全員徴兵で取って出来る奴をリクルート

293 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:50:42 ID:kqDbyuUH
>>291
やっぱりドイツって発想が斬新というか柔軟ですね。
世界一の科学力、工業技術力はその民族性から生まれたんですね。

294 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:51:26 ID:???
>>293
ドイツは頭硬いので有名

295 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:51:35 ID:???
>>283
地上で整備作業中に整備員がうっかりプロペラに巻き込まれないように、エンジンが停止しているか回転しているかはっきりわかるようにしたという理由もある。
現代の旅客機のファンジェットエンジンにもこれが描かれているものがあるが、同じ理由。
(ジェットエンジンの場合は近づきすぎると吸い込まれてえらいことになるし)

296 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:53:02 ID:kqDbyuUH
>>294
その真面目な民族性も技術力No1の要因なんでしょうね。

297 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:53:32 ID:???
>>296
発想は保守的。

298 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:56:06 ID:???
斬新かつ柔軟(過ぎる)のは英国

299 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:57:06 ID:???
テスト

300 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:57:14 ID:???
ドイツの場合、保守的な発想から始めたことが何故か突拍子もなく革新的なところに
帰結したりするからな。

まぁどういう意味でも紙一重なんだと思う。

”保守的で頭が固くて斬新で真面目”というのが高い技術力と科学力を生み出したのは
確かか。
直接的には錬金術の流行と閉鎖的職人社会、学問研究都市の発達の賜物だろうけど。

301 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:57:51 ID:???
そもそも「科学力が世界一」ってのは漫画の台詞だし・・・

302 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 21:58:22 ID:???
まぁ、なんだ。
そこらへんは解答はないのでこれ以上の話はそれなりのスレでお願いするよ。


303 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:00:10 ID:pYK2ztlz
負傷などの理由により、片手で小銃を扱うことはあるのでしょうか?

304 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:07:12 ID:???
>>303
緊急の場合はあるとは思うが・・・。

305 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:11:15 ID:???
>>287
法制度の問題なので、国や時代による。

貴族じゃなきゃ駄目とかいうころもあった。
日本海軍の場合、階級社会の英国海軍に学んだので、明治時代は叩き上げは士官になれない。
大正時代に特務士官制度というものをおいて、叩き上げを士官並にする制度ができた。
特務士官になるには、一旦、兵学校の特別課程を経る場合もあったが、直接昇進のケースもあり。
次第に緩んでいったが、最後まで特務士官制度は存続。
叩き上げでは中佐までいったケースが最高といわれる。

日本陸軍の場合、特務士官制度のようなものはなく、
たたき上げの下士官の優秀者を、士官学校へ転入させるシステムだった。
戦時特例の類で、たたき上げの下士官が、直接に士官になるシステムもあり。

306 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:12:05 ID:???
陸戦では一日の半分が戦闘ってきいたことがありますが、交戦状態から戦闘が終わるのはどういうタイミングですか?

307 :306:2007/05/29(火) 22:13:09 ID:aQEoBvTm
スイマセンIDだし忘れました

308 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:15:16 ID:???
>>306
そんなルールは無いぞ。夜になったらある程度下火になることはあるだろうが。
湾岸戦争では70時間だったかぶっ続けでやってたはず。

309 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:24:24 ID:3DV/u67t
昔のエースパイロットは、機体に撃墜マークとか描いてたみたいだけど
特定のパイロットが特定の機体ばかりを専属で使う事って普通なの?



310 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:24:38 ID:???
>>287
>兵学校や士官学校を卒業していない叩き上げタイプの軍人は、
>多くの武功を上げたとしても、出世や昇進には限界があるのですか?
なんどもなんども出る質問だが現代でもあるよ、大出世。
アメリカ海軍のボーダ作戦部長とか、アメリカ陸軍のヴェッシー統合参謀本部議長とか。

311 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:25:04 ID:lF8PdKSA
>>309
大体はそう。

312 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:27:04 ID:???
>>309
急な迎撃とかだと手近の機体に乗り込んじゃうこともあるので、両パターンが普通にあった

313 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:27:54 ID:???
>>309
んなことはない
空いている機体に、適当にパイロットが乗る方が普通
「○○専用機」なんてのはそれほど多くない

314 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:28:26 ID:???
>>313
んなことはない。

315 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:30:06 ID:???
>>306
なんとなくとしか、言いようがない。
ボクシングとか相撲とか、格闘技を思い浮かべると良いかもしれない。
対戦中、目に見える攻防が止まって、にらみ合いみたいになる瞬間があるけど、
これがどういうタイミングで起きるかと聞かれても、なんとなくとしか言いようがないでしょう。

一般論として、その「なんとなく」をもたらす要素として、
時間の経過で夜が来たとか、お腹がすいたとか、雨が降ってきたとか、
攻撃側が今回は無理と見て引き上げるとか、逆に攻撃準備で戦闘が緩むとか、
弾が切れてきて撃ちおしみとか、片方が全滅とか。

316 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:30:22 ID:???
>>314
米軍の記録とか見ると、出撃の度に違う機番の機体に乗るのが普通だったりしてるが?

317 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:32:52 ID:???
>>309
撃墜マークなんて、映画やアニメの演出だよ。
一々、敵機を撃墜する毎に、機体にマークをペイント
していったらきりが無い。
コストも掛かるし。

318 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:33:11 ID:lF8PdKSA
>>316
もういいよお前。




319 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:34:30 ID:???
>>317
そんなことない。

320 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:34:36 ID:???
>>318
大して知識もないのに回答するのやめたら?

321 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:37:48 ID:???
>>317
いや、実際に描いてるぞ。
最近は投下爆弾しか描かないようだがw

航空機だけでなく艦艇にも描かれてたり。

322 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:38:35 ID:???
>>306
そりゃ、近代以前の戦争だろ。
日の出から日の入りまでとか言う感じで。

323 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:38:56 ID:???
霞ヶ浦のナントカが居座るようになってからここの回答者も
ずいぶんレベルが落ちたな

324 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:39:01 ID:???
>>320
つ鏡

撃墜マークは「色々な国」で付けられている。
個人に割り当てられていたところはかなり多い。
だがラバウル迎撃戦のように警報から全機が3分以内に離陸してしまうようなときはだれのであろうがさっさと乗って出撃した。
また一つの飛行機に何人かが搭乗するような場合には撃墜マークはそれらの人達のスコアを全部書き入れていたりもした。


まあ色々ある。

とりあえず知識もないのに回答するのを止めたまえ。

325 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:40:56 ID:???
>>309
海軍の空母艦載機だとCAG専用とかあるけどネ
占有状態だったかどうかは忘れた

326 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:41:35 ID:???
>>316
だから、質問者は昔の話といってるので、
WW2以前の話だろ。
レッドバロンが日によって機体を変えたとの話を聞いた事ないぞ。

327 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:41:42 ID:???
>>325
ありゃ、占有ではないのが普通。

328 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:42:05 ID:???
>>326
WW2米軍の記録ですが何か?

329 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:42:17 ID:???
>>325
今のアメリカの話だろそれ?
専用じゃないけどね。
つかCAGが全部の機体に乗れるわけもなく。


330 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:43:13 ID:???
>>326
リヒトホーフェンは逆に一人で複数の機体を使ってたはずですが。

331 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:43:31 ID:???
>>328
お前何歳?馬鹿じゃないの?

お前飛行機の塗装見たこと無いの?

332 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:45:37 ID:aQEoBvTm
>>322
近代ではどういった感じですか?

333 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:46:04 ID:???
>>317
でも実際、マルセイユとか岩本徹三の乗機には撃墜マークが書かれていたが。

334 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:46:19 ID:???
>>332
敵がいなくなったら終わり。
居るなら攻撃。

335 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:47:32 ID:???
>>331
おまいが米軍の戦闘記録を見たことがないのはよくわかった

336 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:47:34 ID:???
>>333
ちょっと待て。キルマークが描かれるのはごくごく一般的なことだぞ?


337 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:48:15 ID:lF8PdKSA
>>335
お前が何も分かっていないのは最初からよく分かってる。ウンウン。泣かなくていいよ。

338 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:48:23 ID:???
>>333
マルセイユは写真残ってるけど、岩本徹三の空戦記ってホラ話がほとんどじゃないのか

339 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:51:12 ID:ed4qmpYA
すいません、WW2でルーデルというドイツ人が1機で1個艦隊、
1個装甲師団を壊滅させた上、さらに5機落としてエースでも在ったと
聞いたのですが、これって都市伝説の類ですか?

340 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:52:13 ID:???
なんで最近の初質はこんなに荒れてんの

341 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:52:32 ID:???
>>309
国や軍種によるが、殆どの空軍のパイロットは専用機を持たない。従って「普通ではない」

と言うか、イラストやプラモのインストで「○○中尉機」などとなっているのは
報道写真などでその人物と一緒に写真に納まっていたりする場合が殆ど。
米海軍の様に、便宜上専任パイロットが決められている場合もあるが、それでもローテーションで複数のパイロットが乗る。

撃墜マークは、「複数のパイロットがその機体で記録したもの」だったりプロパガンダだったり。

342 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:52:53 ID:???
>>338
何の話をしているんだ?
機体の写真の話?
撃墜マークを描いた機体の写真ならいくらでもあるぞ。

ガンカメラの映像の話か?
ドイツ軍の撃墜判定は相当厳しかったらしいね。
日本のはホラが多いだろうが。
だが撃墜マークは書いていたことに間違いはない。

>>339
都市伝説ではない。

343 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:53:11 ID:???
てか、WW2の頃だと、
・日独:専用機が多い
・米:適当な機体に乗ることが多い
ってだけの話じゃないのか

344 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:53:56 ID:???
>>339
まずはぐぐろう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%92%E3%83%BB%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%87%E3%83%AB

艦隊や装甲師団は言いすぎだな。
もはやギャグみたいな戦果だけど。

345 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:56:24 ID:???
まあ撃墜されても脱出できればパイロットは生還して再出撃するしね。
ドイツの場合はそれだけ少ないパイロットに対して敵の戦力が大きかったということ。

346 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:56:43 ID:???
>>332
近代でも基本的には明るい方が攻撃し易いので、日の出ている間が戦闘が起き易い。
ただ夜襲にもメリットがあるので必ずしも昼間だけ戦うわけではない。


347 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:57:33 ID:ed4qmpYA
>>344
どうも有難うございます。
艦隊はともかく、戦車と装甲車の数は旧日本軍だと
2個戦車師団くらいありますね。
しかし冗談みたいな人だな。

348 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:58:22 ID:sc0oKmDW
太平洋戦争では航空機による敵艦への夜間・明方の攻撃が行われていましたが、
現代戦で対艦攻撃を夜間や明方にやるメリットはありますか?

349 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:58:49 ID:???
>>347
お前ググろうって言われてwiki貼られてお礼を言うのかよ・・・

350 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 22:59:46 ID:lF8PdKSA
>>347
死にたい赤軍将兵にお薦めの「ソ連人民最大の敵(スターリン曰く)」ハンス・ウルリッヒ・ルーデル
・ベルリン突入直前なら大丈夫だろうと虎の子のJS-3を出したらいつもと変わらないルーデルに撃破された
・Ju-87の機影を発見後一分で重戦車が火の付いた燃料を流して撃破されていた
・足元がぐにゃりとしないので沼をさらってみたら戦車の残骸が敷き詰められていた
・停泊中の戦艦が襲撃され、気が付いたら大破着底させられていた
・高度数百ftで爆弾を投下、というか距離100m以内で機銃をぶっ放す
・爆撃機編隊が襲撃され、爆撃機も「護衛の戦闘機も」一部撃墜された
・トラックから塹壕までの10mの間にルーデルに機銃掃射された
・装甲車の車列に合流すれば安全だろうと思ったら、車列の全車両がルーデルによって撃破済みだった
・全赤軍将兵の3/100がルーデル被撃破経験者、しかも急降下爆撃ならどんな兵器も破壊出来るという彼の信念から「強力で頑丈な兵器ほど危ない」
・「そんな奴いるわけがない」といって出撃して行った戦車兵が五年経っても骨の一つも戻ってこない
・「赤軍将兵でなければ襲われるわけがない」と雪原に出て行ったキツネが穴だらけの原型を止めない状態で発見された
・最近流行っているルーデルは「何が何でも出撃」総統に止められても片足が吹っ飛んでも赤軍狩りに出て行くから
・ベルリンモスクワ間の1620kmはルーデルの襲撃にあう確率が150%。一度撃破されて撤退中にまた襲撃される確率が50%の意味
・ルーデル中隊全体における赤軍襲撃による戦車撃破数は一日平均34輌、うち約17輌がルーデル一人のスコア

351 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:02:31 ID:???
>>339
はい

http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1178565842/

352 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:04:50 ID:???
>>341
補足だが、典型的なプロパガンダの例として、
ベトナム戦時代の北ベトナム空軍にいたミグ21、機体番号4326、
キルマークを13個描いた「トーン大佐機」が、西側のメディアにも紹介されたことがある。

当時の北ベトナム空軍は、米軍機の撃墜機数に無人偵察機までもスコアに数えており、
1機のミグ21に複数のパイロットが搭乗の上、13機を撃墜したとしたらあり得ない話ではないが、
トーン大佐が1人で挙げた撃墜機数だとしたら、超人的なスコアではある。

「トーン大佐」は3機撃墜のスコアを持つ、グエン・バン・バイ少佐のことであるとする説もあるが、
詳細は今も不明。

353 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:05:21 ID:aQEoBvTm
>>334
>>346
敵が逃げるか殲滅するかまで終わらないということですか
逃げる方は追われない様に逃げ方考えなければいけないんですよね

354 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:07:26 ID:???
>>353
昼夜を徹してイケイケドンドン電撃戦なこともありますが、
夜になったし逆襲も無さそうだから寝ておこうということもあります。
必ずしも「決着」を毎回つけるわけではないです。

355 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:11:58 ID:???
>>348
視程が短く、目視発見ができない時間帯に攻撃を行うことは大きなメリットをもたらす。

356 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:13:55 ID:efRj9rrm
>>353
フツー、負けないように戦おうと思ったら、戦力の大半を一時に投入します。
戦力は人間なので、一定時間で疲れ、さらに続けると無能になって事故ばかり起こします。
その前に攻勢を止めないとやばい。

受ける方も同様、一定時間で限界が来ます。そこで両軍小休止となります。

戦力差が一方的な場合、最初徹底的に叩いた後は、攻める方は半数休息でも攻勢を持続でき、
消耗した敵に休む間を与えずに殲滅できます。この場合は戦闘に休みはなく、休むときは終結するとき。

戦力差が均衡していて、しかも機動力に欠け、停滞状態になると相互に適当に攻撃するようになり、
夜間戦闘能力を持っている場合は昼夜を問わずだらだらとぬるい戦闘が続きます。

357 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:14:33 ID:???
>>353
ある意味、撤退、避退は攻撃より難しい。

358 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:16:43 ID:efRj9rrm
>>357
うん。防御はそれだけしていればいいのだけど、撤退は後退と防御を同時にしないといけない。
しかも移動し、環境が変わりながらだからあっという間に混乱し、分断され、殲滅されてしまう。
撤退する敵は攻勢に転ずることがないから、攻撃する方は攻勢に集中できる。

もっとも、それを利用して撤退に見せて追撃させ、逆襲包囲殲滅という話もある。

359 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:17:26 ID:???
>>334
>>353

サバゲーじゃないんだから

部隊は与えられた任務を達成するために行動する
戦闘は、その任務達成の障害を排除する手段でしかない

「何日何時までに○山を占領せよ」って任務なら
そこを確保した時点で防勢転移して陣地構築に移行する
確保出来なきゃ任務失敗で撤退するから、どっちにしても戦闘終了
敵が逆襲してくれば、新たな防御戦闘が開始される

360 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:22:02 ID:aQDdM/zX
24時間稼動のレーダー要員などは、一日何交代くらいで担当するのですか?

361 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:22:15 ID:???
>>353
防御戦闘では敵の攻勢を退けたところで追撃に移行する。
後退する側は装備や負傷者の回収が難しいので多くの損失を出す。

>>357
ある意味というか後退より攻撃の方が難しいってのは聞いたこと無い。

362 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:22:44 ID:???
第二次対戦時の対戦車砲についてお聞きしたいのですが、対戦車砲には防盾って物がついていますよね?
以前はてっきり敵からの防弾の為かと思ってたんですけど、戦車の発砲時の話とか聞くと
「あれは発砲時の衝撃波や爆風から砲兵を守る為の盾なのかなぁ?」と思うようになりました。
対戦車砲の防盾の認識はこれであっていますか?

363 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:24:22 ID:???
>>360
国や時代によって、というか同じ国でも部隊によって違ったり。
2〜3交代が多いのではないかと思われる。

364 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:24:38 ID:???
防盾が無い火砲は どう説明するアルか?

365 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:25:30 ID:???
なんだか知識も無い人が書き込みして荒れてるね。

現代の戦闘機パイロットは専用機なんて持ってないよ。
アラートや任務ごとに違う機体があてがわれるのが普通。そもそもそれらの機体は
ローテーションで回ってるのよ。
でなかったら故障して修理中とかの時に、パイロットは何もせずに遊んでるのか?
んな馬鹿な話は聞いたこと無いぞ。

でも、機体を整備する整備員はそれぞれの機番に専任の人間がつく。
なので機付長などは専用の機体を持っていると言えるかもね。

366 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:26:27 ID:???
>363
もっと多いよ。
あの作業は想像以上に疲労する。
2〜3組が1日数回担当する。

367 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:29:19 ID:???
戦艦大和のプラモデルを作ったんですが、何であんなに機関銃を積んでいるのに飛行機に
沈められたんですか?飛行機の進行方向に撃てば、弾は必ずあたるじゃないですか?

368 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:31:48 ID:???
>>362
対戦車砲とそれを操作する兵員をねらって撃たれた銃弾や、手榴弾や砲弾の弾片など防御用。

369 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:32:13 ID:???
>>367
対空砲の有効弾は3000発に1発といわれる位命中率が悪いんです

370 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:32:16 ID:???
>>367
飛んでるスズメをエアガンで撃ち落とせるかい?
基本的に高角砲・機銃は「当たらない」ものなんです。

371 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:33:16 ID:cpDthLgs
アニメやゲームで良くある
リミッターのついた兵器はあるのでしょうか?
5分間以上リミッターを解除して動かしたらエンジンが壊れるとか

372 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:33:27 ID:aQEoBvTm
皆さんありがとうございました
陣地取りが重要なわけですね

373 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:34:03 ID:???
>>371
ないよ。

374 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:35:00 ID:???
>>371
○○モードで○分以上運用すると壊れる、みたいな制限のある兵器は多いです。

375 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:35:01 ID:???
>>370
20年以上前の消防時代に、オートマグのエアガンで見事に鳥に命中させてた悪ガキを見ましたよ?

376 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:35:10 ID:???
>>367
偏差射撃は難しい。

特に高速で三次元機動する相手を目視だけで狙うのはかなり難しい。
統制の取れている対空射撃でも云千で1機を落とせるかどうか。
爆弾投下量よりも消費した弾薬量の方が多かったなんて事もザラにある。

377 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:35:16 ID:???
>>371
壊れないように動きを制御しているようなことはよくある
それをリミッターと言うべきかどうかは知らん

378 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:35:51 ID:???
>>371
戦闘機なら確かGリミッターがある。
CCVコントロールで、機体が分解するような無茶な機動はある程度制限されてたはず。

379 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:36:40 ID:???
>>370
しかし逆に日本軍機は米艦艇にボコボコ落とされている件について

380 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:37:20 ID:???
>>376
>爆弾投下量よりも消費した弾薬量の方が多かった
そりゃ高射砲の話じゃないか?

381 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:37:26 ID:???
>>367
改装して対空機関砲を増やしたんだけど、あれでも少ないくらいだったんだよ。
日本海軍はミッドウェイ海戦以降、米海軍の航空攻撃を航空部隊で対処できなくなっていたのが痛い。

382 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:37:33 ID:???
>>379
そりゃ、レーダーFCSとかVT信管とか持ってるし

383 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:37:48 ID:???
F15に確かレイズナーのVMAXの元になったのがついてたような

384 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:37:52 ID:???
>371
アフリカ戦線のクルセイダー戦車は
標準だとあまりにとろすぎるため
リミッターをはずして最高速度を
5割り増しにしてたのがほとんど
もちろん戦闘中に切り替えたりは無理
後、エンジンがあっというまに駄目になる

385 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:38:05 ID:???
>>362
質問者はIDを出すように。

対戦車砲の防盾はもちろん”装甲”としてついている。
榴弾の破片や機銃弾から砲要員を守るためのもの。
もちろん、爆風除けとしての効果もある。

余談だが、対戦車戦闘をしてたら敵の戦車に至近距離に廻り込まれ、自分たちの砲の
装填が間に合わず、敵戦車の砲が旋回して砲口がこっちを向くのが見え(照準を
合わされた)、次の瞬間発砲されて(もう駄目だ!)と思ったら、敵戦車は徹甲弾
を装填してたらしく敵弾は砲盾にキレイな丸い穴を開けただけで、次の瞬間装填した
弾を即座に発射、敵戦車を仕留めた・・・というエピソードもあったり。

386 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:38:49 ID:???
>>371
第二次大戦の戦闘機には多いです。
エンジンのブーストですが。

387 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:38:50 ID:???
>>371
潜水艦なんか潜航深度がリミッターになる場合もあるし、
戦闘機だと急激な機動でパイロットが失神するから勧められない機動もある。

388 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:42:02 ID:???
>>378
初期のsu27がそう。
オートパイロットに機動を制限する機能があったのだが、この機能が行き過ぎたもので、
例えば「プガチョフ・コブラ」を行うときに、オートパイロットを手動で解除する必要があり、
煮詰めが甘い、と、西側航空機設計者の失笑を買ったことがある。

現在のsu27系のオートパイロットは、
「プガチョフ・コブラ」も含めた、特殊な高G機動をもカバーしたものに改善されている。

389 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:43:53 ID:???
>>364>>368

サンクス。やはり敵弾からの防御用でよかったんですか。
当時の砲は、現代の戦車砲ほど周囲への影響は無かったんですね。

390 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:47:04 ID:???
潜水艦は真水が貴重で歯磨きもできないと聞きましたが、虫歯にならないんですか?

391 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:47:21 ID:???
>>389
質問者はIDを出しなさい。

いや、当然当時の砲だって砲口爆風(マズルブラスト)は発生するけど、
戦争当初だと対戦車砲の口径は37mmとか47mmとかだから、シールドで防がないと
人間が致命的な影響を受けるような衝撃波にはならない。

でも、対戦車砲は砲口にマズルブレーキやブラストハイダーが付いてるのが、
初期のものでも多いね。

392 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:48:08 ID:???
こがしゅうとの末期水兵物語は、資料として価値がありますか?

393 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:49:27 ID:???
眠い人が入院したって本当ですか

394 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:50:42 ID:???
>対戦車砲は砲口にマズルブレーキやブラストハイダーが付いてる

そりゃ目的が違うって。
あれはブラストの一部を拡散させて砲身の後座長を減少させることが目的。
その分砲弾に与えるエネルギー量も減るのだが、砲システム全体を小型化し、
兵員の安全を図れるメリットが大きかった。

395 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:50:51 ID:???
>>393
それのどこが軍事の質問なのかね?

396 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:50:53 ID:???
>>392
質問者はIDを出すように。

あの本の資料的価値はものすごい。
日本海軍のメカに興味のある人なら必ず買って損はない。

あえて言うなら、もう少し版形を大きくしてほしかったが・・・。

397 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:52:03 ID:???
>>390
そりゃ、なるならないでいえばなる乗員もいたろうねえ。

WW2初期から中期、軍医の乗艦が義務付けられていなかったドイツUボートのように、
行動中に重病にかかってしまえばたいていはアウト、の例もあれば、
日本海軍がドイツに派遣した伊号潜水艦のように、
乗艦していた軍医が虫垂炎の手術までやってのけた例もある。

398 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:52:34 ID:H9cBY/6w
>>391
あ、スマソ。
そうか、当時は今ほど砲が大きくは無かったものね。
サンクスです。

399 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:52:44 ID:???
>392
当然。
ありゃ嘘偽りを書いてるわけじゃないから。
ただし真っ当に資料として役立てるつもりなら読者の側にもかなりスキルが要る。
あれをネタ元に自分で発展させていける能力が必要ってこと。

一般の読者には読み物以上にはなりそうもないね。

400 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:52:54 ID:???
>>395
あんたと違って軍事板に大いに貢献がある人ですから


401 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:53:54 ID:???
>>394
ちゃんとマズルブレーキって書いてるじゃん。

ただ、砲口が地表近くにある対戦車砲にマズルブレーキの類がついてると、
発砲した時に巻き上がる砂埃がすさまじくなるので、対戦車砲兵には嫌われた
そうだ。

余裕があれば生草を砲口の下回りに敷いたり、地面に水まいたりして対策した
とか。

402 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:54:26 ID:???
>>400
だから?

403 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:56:54 ID:???
>>399
以前にこのスレで「何故、25mm機関銃に防弾板がついていないの?」という質問をしましたが、
回答は

「土嚢がそのかわり」「重くなって、取り回しがきかん」「12.7mmを防げる防弾板などない!」

というでしたが、末期水兵物語には防弾板を付けていたとありました。

このスレの回答が間違っていたんですか?

404 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:56:59 ID:???
>>390
ドイツやアメリカはガムを大量に支給して、歯磨きの替わりにさせてた。
ガムも甘いものだからやっぱり虫歯の原因になる気はするが、とりあえず
歯や口の中に食べかすがいつまでも残ったりするのは防げた、とか。

最もアメリカ潜水艦は他国に比べると給水能力に余裕のある設計だった
ので、乗組員はみんな毎食後とはいかなくてもちゃんと歯は磨いていた
とか・・・。

405 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:58:16 ID:???
>>402
回答できないんだったら煽んなクズw
クソして寝な!

406 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:59:06 ID:???
>>404
シュガーレスガムにしないのかw

407 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:59:13 ID:iovORUh6
>>401
便乗質問で申し訳ありません。

陸上自衛隊61式戦車の主砲では、マズルブレーキを手入れのために取り外せたと聞きますが、
当時の対戦車砲でも、手入れや高段階整備のために、
砲兵が前線でできるぐらい、簡単に取り外しができたのでしょうか?
それとも、取り外しが必要な場合は後方送りになったのでしょうか?

408 :名無し三等兵:2007/05/29(火) 23:59:49 ID:???
>>405
スレ違いを指摘されたら「煽んな」ですか
鏡を見ましょうね

409 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:00:08 ID:???
>>403
日本海軍の艦艇に装備されてた25mm単装対空機関砲には防弾版付きの物と
そうでないものがある。

実際問題米軍機の機銃弾が当たったら余裕で貫通するが、例え役に立たなくても
気分的には無いよりはマシ。

ただやっぱり「重くなるので邪魔くさい、どうせ弾通るやん」と外したがった
操作要員も多かった。

410 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:00:27 ID:???
>>408
鏡見ていわんでもw

411 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:01:47 ID:DlH88gGt
すんません。マジ初心者なんでよろしくお願いします
韓国の世宗大王って軍艦が進水したそうですが
世宗大王ってのは実在した人物なのですか?
実在したとしたらどんな人物だったのですか?
あと、イ-ジス艦って1隻いくら位するんですか?


412 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:01:59 ID:???
>>403
以前の回答は俺は知らないが、

防弾板は艦によって異なる。
機銃の外周に取り付けた場合もあったし、機銃そのものに取り付けた場合もある。
どの艦がどのようになっていたかは、写真集等で確認するしかない。

413 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:02:00 ID:???
>>410
よりによってお前みたいなのに心配されるとは眠い人も災難だな

414 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:02:20 ID:???
>>407
簡単に取り外せるのが普通かと。
本来ならマズルブレーキ付きのはずの砲なのにマズルブレーキが無い写真が残っていたりしますし。

415 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:02:26 ID:???
>>407
全ての砲のマズルブレーキについては知らないけど、大概は比較的簡単に取り外せる
ようになっていたようだ。

ドイツの75mm砲なんかのマズルブレーキは、はめ込んだ後数本のボルトで留めてある。
1/35の模型作ったりするとき、ここを再現すると精密感がアップして模型が光る。

416 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:02:55 ID:???
>>413
おまえがいなくても軍板はちっとも困らんが、眠い人がいないと困るw

417 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:03:42 ID:???
>>416
で、お前がスレ違いの「質問」カキコをしないでおとなしくクソして寝た場合、軍板はなにか困るのか?

418 :407:2007/05/30(水) 00:03:59 ID:iovORUh6
>>414
>>415
早速のご回答、ありがとうございました。

419 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:05:04 ID:???
眠い人、大丈夫かね……

420 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:05:11 ID:???
>>417
だから、眠い人を心配するカキコがスレ違いなのかw
おまえ馬鹿だろ(笑)

421 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:06:09 ID:???
コテハンの近況なら雑談スレででも語ってろよ。

422 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:06:36 ID:???
>>409
>>412
そうでしたか!疑問が解けました.!サンクス!


423 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:06:38 ID:???
>>420
スレ違い
コテハンに関する話題はコテハンスレでやってくれ

【有名】軍板コテハンスレ5・復活版【無名】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1176678675/

424 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:07:31 ID:???
>>420
当たり前だろ。ここは軍事に関する質問スレだ

425 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:08:08 ID:???
人の恩を忘れるのはこのスレの住人(俺以外)と在日の特徴だねw

426 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:11:42 ID:???
>>409
役に立たないってことはないよ。
直接銃弾受けたら貫通しても、斜めに受けた場合とか弾片ははじいた事例も多いわけでね。
防弾板がはじける程度の破片でも、兵員にとっちゃ致命傷級の凶器であることには変わりないのだ。

427 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:13:09 ID:???
>>425
このスレには在日しかいませんが何か

428 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:13:19 ID:???
人間の皮膚よりは、防弾版のほうがいくらなんでも頑丈

429 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:15:18 ID:???
>>409
基本的には、装甲板が銃弾の口径と同じ厚さなら防げるんですよね?
1cmか1.5cmの装甲板を斜めに取り付けても、12.7mmは防げないんですか?

430 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:16:02 ID:AxVQOvM3
軍隊にも縁起やジンクスは存在しますか?

「あの指揮官の下では、死者がよく出る」
「あの艦と同行すると、僚艦がよく沈む」

なんて、根拠の無い噂でその通りの行動を嫌がる兵士が出た例もありますか?

431 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:16:06 ID:dpe3pQPP
戦車砲弾について質問です。
現代ではAPFSDSの出現で傾斜装甲はあまり意味をなさなくなったそうですが、APFSDSが出現する以前の戦車砲弾の中で最も貫徹力があるとされた、または恐れられたのは何でしょうか?
それを使用する砲も合わせて教えてください。

432 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:16:19 ID:???
>>427
だから恩知らずの寄生虫ばかりなのかw

433 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:17:24 ID:???
>>409
無能日本軍の防弾じゃ、あってもなくても同じだよね

434 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:17:36 ID:S9pv4Sv5
オリンピックのライフル射撃と軍のライフル射撃って違うのかな?
例えばオリンピックのライフル射撃で上位の人は軍自衛隊からスカウトが来るとか

435 :407:2007/05/30(水) 00:19:19 ID:YowDGFv/
>>415
私も1/35のプラモを作っております、よろしければ質問をお許し下さい。

WW2もののAFVなどでは問題にならないと思いますが、
現用AFVをプラモ化する場合、
開発・製造メーカーが知的所有権などを主張、プラモメーカーがライセンス料を払う、ということがあるのでしょうか?

航空機の世界では、ロシアの航空機メーカーがそのあたりにシビアだと聞いたことがありますが、いかがなものでしょうか?

436 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:19:28 ID:???
>>430
軍人さんってかなり迷信深かったりします
「縁起が悪い」とされた艦に乗るのをいやがる水兵が続出したとか、その手のエピソードはいくらでも

437 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:19:42 ID:???
>>430
縁起の良い武勲艦と呼ばれている、駆逐艦雪風や時雨等は、
僚艦の乗員からそういう言われ方をしたこともあった。

438 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:24:46 ID:???
>>437
雪風は他の艦艇から死神と呼ばれていたよ

439 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:26:00 ID:???
雪風が戦隊に組み込まれているとこちらが被害担当艦になるとか、そんな理由だっけ?

440 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:27:00 ID:???
>>390
真水は貴重だが海水は比較的入手しやすい。そこで洗顔や歯磨きは海水で行なう。
さすがに髭を剃るのはほとんど居なかったようだが。

441 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:27:00 ID:???
>>431
APDS(装弾筒付徹甲弾)。一世代前の105mmライフル砲の砲弾は大抵これだった。
これを細長くしてフィンをつけて回転せずに安定して飛ぶようにしたのがAPFSDS。

442 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:27:19 ID:2R6F2dup
世界恐慌を起こし世界を不安定にするには
どうすればいいですか?

443 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:27:38 ID:???
生死がかかってたら何かに付けて理由を見つけたくなるもんだよ。
特に地獄みたいな極限状態だと、その理不尽さを何らかの形で誤魔化す必要があるし。

444 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:27:54 ID:???
>>442
板違いです

445 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:28:27 ID:???
>>442
経済関係の板で聞いてください。

446 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:29:19 ID:???
>>442
君が百兆ほど持ってたら方法はある。

447 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:29:47 ID:???
>>434
その逆です。
軍や警察の射撃訓練で才能を見出されたひとが、
選手として軍や警察の射撃競技チームに抜擢されたりします。
ソウルオリンピックのピストル射撃で銀メダルを獲得した、
大阪府警(当時)の長谷川智子選手がその例ですね。


448 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:32:30 ID:???
>>430
千人針なんてのもあるね
千人の女性が一針ずつ縫い目を作った布を持って行くと戦死しないで済むっておまじない

449 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:33:12 ID:2R6F2dup
私は発展途上国の人間が戦争で犠牲になるより、生活に不自由せず
豊かな暮らしをしている日本やアメリカや上海などの人間が戦火に
巻き込まれるのを見たいのですが、そのためにはどうすればいいですか?

450 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:34:00 ID:???
戦艦武蔵は大和に比べて何で人気がないの?

451 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:34:02 ID:???
>>449
シナリオを書いてハリウッドに持ち込め。

452 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:34:41 ID:???
>>449
タイムマシンを開発して、70年ほど前に戻ってください。

453 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:34:53 ID:???
>>450
この世にあった期間が短かったから。

454 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:35:08 ID:???
>>449
俺は知らんが、

戦争を望み、それで人が死ぬのを望む奴は例外なく人間の屑だと思う。

455 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:35:27 ID:???
>>434
オリンピックの女子ライフルは日本の場合、
東証1部上場の情報処理企業の社員の場合がほとんどですが。

456 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:36:52 ID:2R6F2dup
やっぱり北朝鮮を応援して、アルカイダに核兵器が渡るようにすることが
私の望む腐った人類が死滅した本当の平和世界を到来させるには
最善の策ですか?

457 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:36:56 ID:???
>>449
火葬戦記でも書いたら?

458 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:37:02 ID:???
>>431
額面上の貫徹力ではHEAT弾でした。貫徹力ギリギリでは内部への破壊力がなくなってしまいますが。
複合装甲以前はHEAT弾に対しては回避するぐらいしか防御する方法がありませんでした。
弾速が遅いことから遠距離の命中率は低いですが。

459 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:37:25 ID:dpe3pQPP
>>441
105mmライフル砲のAPDSですか。
ありがとうございました。

460 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:37:39 ID:???
>>435
ある。

AFVではないが、手元のハセガワ1/48F-4EJのハコには「BOEING OFFICIALLY LICENSED PRODUCT」のマークが入ってる。

461 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:38:24 ID:???
>>442
アメリカのドル紙幣を印刷機が焼ききれるくらいまで
刷りまくって市場に出せばいい。
または、日本政府が1京円分の国債を毎日発行して
無制限に日銀に引き受けさせればかんたんに恐慌になります。

462 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:38:46 ID:???
>>435
「世界のタミヤ」ぐらいになるとむしろ、
タミヤがプラモ化してくれることが名誉と思うメーカーもある。

463 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:40:31 ID:2R6F2dup
>>461
じゃあやっぱり偽ドル紙幣を製造している北朝鮮を支持することは正しいのですね。

464 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:43:45 ID:dpe3pQPP
>>458
HEATの事をすっかり忘れてました。
運動エネルギー弾では105mmAPDS、科学弾頭ではHEATって事ですね。
ありがとうございました。

465 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:44:29 ID:???
ドイツ軍の兵器はどうしてあんなにカッコよくみえるの?

466 :407:2007/05/30(水) 00:46:44 ID:YowDGFv/
>>460
ご回答ありがとうございました。
ううむ、ハセガワがボーイングの公式ライセンスのもと、F4をモデル化していたとは。

しかし、さればこそ、より精密な再現ができたことと思います・・・。

467 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:46:54 ID:???
>>465
それは君の主観だろ。
好みは人それぞれ違うからな。

468 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:47:42 ID:???
>>467
でも、日本軍の軍服を着ている女性をみたことがありません

469 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:48:52 ID:???
ゲートルって何のために付けるの?

470 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:48:56 ID:???
>>468
兵器の話じゃなかったのか?

471 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:48:58 ID:???
>>468
さっきは兵器と言ってなかったかな?

472 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:49:22 ID:???

★★質問の際はメール欄に何も記入せずIDを表示させてください★★ >>1

473 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:49:57 ID:???
>>467
あと、模型店でバイトしていましたが、タイガーやパンターはよく売れましたけど
日本兵のフィギュアセットとチハは全く売れませんでした


474 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:51:20 ID:???
>>469
ズボンのすそがだぶついて邪魔になるのを防ぐのと、すねを保護するため。
ブーツでも同じ効果は有るが、ブーツは高いし、動きにくい。

475 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:51:55 ID:???
ああ、スルーでヨロ。
いつものヤツだ。

476 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:52:47 ID:???
>>468
「軍歌酒場」や「軍隊キャバレー」に行ったことがないのかね?
・・・それはともかく。

人間を集団で動かせば「様式美」機械を作らせれば「機能美」を発揮させれば、
確かにゲルマンは強い。
機械の中でも兵器には色濃く「民族性」が反映されるから、
波長の合う主観を持っているひとには、よりカッコよく見えるのだろう。

477 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:53:08 ID:???
>>429
装甲を傾斜させて防御力を増したところで、それが生かせる角度で
当たるとは限らないし。
それに撃ち込まれてくるのは一発だけじゃないしねぇ。
一応単装25mm機銃の防弾版は、取り付け角度は斜めになってるが。

それと、10〜15mmの装甲鋼板って機銃の防弾版レベルでも重量は相当な
ものだぞ。
大きさが違うけど、現代の装甲兵員輸送車だって正面以外は装甲厚は8mm
とかそんななんだから。
12.7mmに撃たれて耐えられる装甲を全週に張ってる装甲車は意外と少ない。

ちなみに、M2 12.7mm機銃の弾は通常弾でも500mの距離で10mmの防弾鋼板が
射抜ける。徹甲弾だと100mで21mmの貫通力がある。
これに耐える装甲版防盾にしたら、人力で機銃操作するのは一苦労だろう。
結果的に飛行機の動きに追随できないのは間違いなし。

478 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:53:33 ID:???
>>472
すみませんでした

改めてゲートル(巻脚胖)は一体何のために付けるのですか?

479 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:55:24 ID:???
>>469
疲労軽減の意味もある。疲労蓄積の低減の為、って言った方が正確かな。

480 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:56:59 ID:???
>>469
行軍時、足の疲労を押さえる効果がある。
長靴でも出来るが。

481 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:57:02 ID:???
>>474につけくわえて、
脚の疲労軽減の効果もある>ゲ−トル

482 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:57:42 ID:B+4rd8N/
>>478
またまたすいません
sagd消えてませんでした・・・

483 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:59:13 ID:???
三重婚・・・

484 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 01:01:24 ID:???
>>479-481
足がむくみにくいってことだろうね。
最近の高機能ストッキングと同じ仕掛け。

485 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 01:05:47 ID:???
>>362
遅レスだが、対戦車砲の防盾は敵弾や弾片から砲操作員を守ること、
砲口衝撃波や砲口炎から砲操作員を守ること、の他に、
「自分が撃破した戦車等から飛んできた破片や爆風から砲操作員を守る」
という重要な存在意義がある。

もし500mだの300mだのといった至近距離で戦車を仕留めたり、敵陣地や
敵兵の集団を榴弾で吹き飛ばしたりしたら、場合によっては対戦車砲の
ところまで破片や爆風、場合によっては自分自身がぶっ放した榴弾の
炸裂破片や爆風が飛んでくる。
これらから自分自身を守るためにも、直射砲に防盾は必要。

ある戦争劇画家の人(このスレにもたまにいらっしゃいますね)は、モンゴルに
行って軍の射撃場で76.2mm対戦車砲の実弾射撃を体験させてもらったが、砲身を
ほぼ水平にしたゼロ距離射撃をしたので、砲弾はほんの数百m前に落下して炸裂、
帰国した後その光景を撮影したビデオを見た専門家の人に
「これ砲が自分の撃った砲弾の危険域に入ってるよ。目の前に着弾してるじゃない・・・」
と言われて
「そ、そうですか・・・あははは」
と今更ながらの冷や汗が出た、とか。

486 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 01:08:29 ID:???
>>485
一等自営業先生はモンゴルの土となっていたかもしれないのか・・・。

しかし部外者の民間人に大砲撃たせてくれる軍の射撃場ってのもスゴいな。

487 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 01:12:19 ID:vxiXqV/D
日本軍が、装甲戦闘車両同士の戦闘を初めて経験したのは、いつのどんな戦いなのですか?

488 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 01:16:23 ID:???
>>487
つ「ノモンハン」

489 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 01:20:44 ID:???
質問します。
刑事ドラマで容疑者が刑事に尾行されていたが人混みに紛れ
「くっ、見失ったか・・」 となる場面がよくあると思いますが、
尾行している人を発見し消え失せる対尾行術のようなものは
実際に存在するのでしょうか? 
また、他国の外交官や武官を尾行・監視することは
普通に行われているものだと考えられているのでしょうか?

490 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 01:21:20 ID:???
無能日本軍の歴史には集団疎開というものがありましてwww
ローマにプライドない人はどうぞ

491 :489:2007/05/30(水) 01:21:54 ID:PaxbuwWU
ID忘れスミマセン。

492 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 01:26:16 ID:???
>>489
軍事板での質問が適当かどうかは微妙だが・・・。

「尾行術」と「対尾行術」はいわば「キツネとタヌキ」「トムとジェリー」で、
追うものとそれを巻くものの技術はそれぞれに存在し、進歩している。
また、在外公館の外交官や駐在武官は、
程度の差こそあれ、駐在国の監視下に置かれているのが普通。
たとえ友好国の外交官、駐在武官であっても野放しではない。

493 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 01:26:58 ID:S9pv4Sv5
米陸軍の第82空挺師団 第101空挺師団 第75レンジャー連隊についてですが

1どこに拠点を構えてるのでしょうか?(陸自の第一空挺団は習志野駐屯地ですが)
2人数はどれくらいいるのでしょうか?
3配属されるには特別な試験(陸自でいうレンジャー訓練?)に合格しないと駄目なの?
4陸自のレンジャーとは何か関係あるのでしょうか?
  
   ↑
これ昨日書いたものですが返事がなかったのでお願いします

494 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 01:28:15 ID:???
>>489
質問者はIDを出すように。
それからそれは軍事の質問か?

とりあえず、「尾行を撒く方法」なんて本が一冊余裕で書けるくらいある。

でも、普通は対象を尾行するときは後から追いかけるんじゃなくて、複数の
人数で挟むようにして追尾する。
重要な人物の場合は、尾行の輪を二重三重にすることもある。
刑事ドラマなんかはあまりにも描写が適当過ぎ。
公安警察や重要参考人監視中の刑事などは、わざとバレバレの「尾行」をつけて
対象者にプレッシャー掛けたりするが。

基本的に他国の外交官や武官はスパイ、もしくはスパイ活動してると言う前提で
対処するのが普通。
監視任務の他に、「その国に敵意を持つ自国の過激派が襲ったりするかもしれない」
ので警護のためにこっそり尾行、監視する、という任務もあったり。
関係が緊張してる国の当事国の警察や情報組織に「警護します」ってやられるのは
「24時間監視します」と言われるのと同じだから、基本的には断られるので。

495 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 01:28:41 ID:???
>>492
おや、ウンコが悪いですね

496 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 01:28:53 ID:+NpiGE5a
たちかぜのCIWSをいしかり型に移設するようなことはありますか?

497 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 01:30:41 ID:???
>>493

このスレ90で回答済み。
日本語で欲しいなら自分で翻訳サイトを利用して
自分で訳せ。

498 :494追伸:2007/05/30(水) 01:34:03 ID:???
 とある情報組織の人の言葉に、こういうのがある。

「24時間警護とは、24時間監視の別名である。
 24時間監視とは、24時間警備の別名である」

 中南米の国の治安警察組織なんかは、「監視したいけど監視するような
理由が作れない」とか「監視したいけど政府の側の人だから強権が通用
しない」とか言う人を24時間監視するために、

「とある組織が先生を狙ったテロ計画を画策している、という情報があります。
 なので、念のために我々が警備します。
 従って、テロの危険がなくなるまで外出はしないで下さい。客人も呼ばないように
 お願いします。念のため、自宅に届く手紙と荷物、電話は全てチェックさせて
 頂きます」

という手法を使っていた。


499 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 01:34:49 ID:???
>>496
取り外してストックするのはよくある話だが、
いまさら「いしかり」でもないでしょ。
もっと艦齢が若くて、装備待ちの艦はある。

500 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 01:38:11 ID:???
>>498
うまい手法だがえぐいなぁ・・・。

>>496
今20mmCIWSの余剰が出たらあぶくま型に廻してCIWS2基にするんじゃないのか?

あぶくま型へのRAM搭載って本当に行われるんだろうか?

501 :498:2007/05/30(水) 01:41:29 ID:???
>>500
バリエーションと言うか発展型として、

「とある組織が(以下略)

 なので、先生にはこちらで用意した安全な隠れ家にしばらく移っていただきます。
 身の回りのものだけを持って、今すぐ車に乗って下さい。
 安全のため、誰にも行き先を告げないようにお願いします。
 ご家族の方は、安全を考慮してそれぞれ別個の隠れ家へと移っていただきますので」

というのもあったり。

502 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 01:44:15 ID:???
>>501
それってただの拉致監禁じゃんw おまけに家族人質に取ってるしww

503 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 01:44:21 ID:???
>>488
支那戦線では、両軍の装甲兵力の接触はなかったのかね?
あと、ノモンハンの少し前に、同じ満州国境あたりでぶつかったことがあったような。

504 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 01:45:00 ID:???
>眠い人が入院したって本当ですか

厨に加担する厨コテなんかいらない

505 :489:2007/05/30(水) 02:05:49 ID:PaxbuwWU
>>492 >>494
詳しい回答ありがとうございます。軍板には適さない質問
だったようですね。 しかしずいぶん深い世界ですね・・・

506 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 02:46:22 ID:???
(´<_`  )プッ、おまえらこれで何連敗目だよ

507 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 03:14:33 ID:S9pv4Sv5
オリンピックで使うライフルと軍で使うライフルって違うの?
違うってのは構造って意味です

508 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 03:14:58 ID:Fd3TYeP0
イラクキ戦争でイラク軍はコテンパンにやられたんでしょうか?
それとも大した抵抗もしないうちに蜘蛛の子を散らすように逃げたんですか?

509 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 03:24:20 ID:???
ヒューマントーチ乙


古代ギリシャでは、炎を持って夜間突撃をするスパルタの戦士が続出した。
だが、言うまでもなく炎は目立つため、絶好の的だった。
古代の知識人達は、このあまりにも人間離れした肉体の限界に挑戦するアホな連中を称えるため、
オリンピックを開催することにした。
これが聖火の始まりである。

民明書房刊 〜脳みそまで筋肉の戦士達〜

510 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 03:24:42 ID:???
>>507
競技用のボルトアクションライフルと軍用のボルトアクションライフルは
構造は基本的に同じ。
精度とかは段違いだが。

511 :霞ヶ浦の住人 ◆g5HpHpqYK6 :2007/05/30(水) 06:12:42 ID:10vgmCHS
>>397
>WW2初期から中期、軍医の乗艦が義務付けられていなかったドイツUボートのように

霞ヶ浦の住人の回答
Uボートに軍医の乗艦は義務付けられませんでした。

上記の文章では、第二次世界大戦の末期には義務付けられたように、読み取れます。
しかし、そのような事実はありません。
実験的に軍医を乗艦させたことはあります。しかし、すぐに止めてしまいました。
50人程の乗員のUボートに、医師が一人乗り込んで、すぐに撃沈されてしまう。
これでは効率が悪すぎます。
戦時中は、何処でも医師が求められていたのです。


512 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 07:04:23 ID:ZqhYTk+C
 おはようございます。対空ミサイルを積んだ船と艦砲を主に積んだ船との間で
船体の形状、船体構造に大きな違いはあるのでしょうか?

またVLS方式とランチャー+弾庫方式の優劣、および船体構造への影響についても
教えてください。

513 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 07:34:00 ID:z9opCZRl
現代のアメリカに、黒人連隊とか日系人部隊とか
人種や出身地などで構成された部隊は存在しないのですか?

514 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 08:35:05 ID:bmG1cZM3
>>513
それ人種差別やんか・・・

515 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 09:12:42 ID:dc7sdoN4
シークレットサービスという映画で、犯人がオリジナルの拳銃を作ってテストするというシーンがあるんですが、
あの様な銃は実際に存在するんでしょうか
ちなみに素材はプラスチックか何かだったと思います。


516 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 09:16:11 ID:XR0Ng8Vk
>>512
前半。艦砲を主に積んだ軍艦というものは現代では事実上ないので、その比較は過去の軍艦と
現代の軍艦の違いを問う質問になります。レーダーなどのセンサー類、動力、装甲に対する考え方などが
すべて変わっていますから「大きな違いがある」としか答えられません。艦砲主体の軍艦は、
相手も同等の艦砲を持っているという前提の元に、大口径徹甲弾の直撃に耐える装甲にするとか、
斉射を行うために重量のある砲塔を上甲板にいくつも置くのでトップヘビーになりやすく、
このため全体のサイズ、区画配置を考えなければならない、とかいろいろありますが、
対空ミサイル搭載艦との比較では、そのような違いより時代による違いの方が遙かに大きいのです。

後半。ランチャー+弾庫は軽量、小型、艦体に後付け可能ですが、ランチャー一つ、装填機一つ故障したら
戦力ゼロ。ランチャーを指向させて撃つ分反応時間遅れも出る。VLSは垂直発射に対応したミサイルが必要、
艦体に最初から作り込む必要があり、ミサイル分の深さ+αが要るので小さな艦艇には収容不可能。高価。
船体構造への影響はVLSでは下にウェイトが行くので安定よし。ただしその区画は上から下まで占領される。

517 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 09:24:58 ID:???
>>515
創作物についての質問は今後は創作関連質問スレでね。

あの銃は作中での描写の通り犯人が自作したオリジナルだが、
過去このスレで同じ質問が出た際の討議によれば、使い捨てにする
(再使用しない)のであれば現行のエンジニアリングプラスチックを
使えば強度的には可能だろうとのこと。

作中の描写では歯科用の高密度レジンで整形されていたようだ。

518 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 09:47:55 ID:???
>>496
いしかりはあと数年で退役だから移設の可能性は少ないと思われ

519 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 09:50:55 ID:K90W0lvr
@戦車砲のAPCみたいに拳銃のホローポイント弾に被帽つければ
 スピードが落ちないホローポイント弾は作れないでしょうか?

A戦車砲のAPCは先端が削られた分
 質量を稼ぐために後ろのほうが少し長かったりするのでしょうか?

520 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 10:04:54 ID:???
>>519
体内で変形して貫通しないことでダメージを与えるホローポイント弾の効果を考えると、それをやる意味がないと思うが。
射程の延伸ってことなら、近距離で撃ち合うことを想定した拳銃でそれをやることもあまり意味がない。

521 :名無し軍曹 ◆Sgt/Z4fqbE :2007/05/30(水) 10:21:33 ID:???
前半未解答質問です。答えられる方、よろしくお願いします。

52 :名無し三等兵:2007/05/28(月) 21:34:49 ID:ZCFWIIfa
戦時中の写真を貼り付けるスレとかありますか?

411 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 00:01:47 ID:DlH88gGt
すんません。マジ初心者なんでよろしくお願いします
韓国の世宗大王って軍艦が進水したそうですが
世宗大王ってのは実在した人物なのですか?
実在したとしたらどんな人物だったのですか?
あと、イ-ジス艦って1隻いくら位するんですか?

508 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 03:14:58 ID:Fd3TYeP0
イラクキ戦争でイラク軍はコテンパンにやられたんでしょうか?
それとも大した抵抗もしないうちに蜘蛛の子を散らすように逃げたんですか?

以上です。

522 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 10:25:17 ID:???
>>521
乙です。

>>411
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E5%AE%97_(%E6%9C%9D%E9%AE%AE%E7%8E%8B)
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1180170559/
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1180083534/


523 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 11:23:01 ID:???
>>411
>すんません。マジ初心者なんでよろしくお願いします
甘ったれんな!

>韓国の世宗大王って軍艦が進水したそうですが
>世宗大王ってのは実在した人物なのですか?
>実在したとしたらどんな人物だったのですか?
自分で調べろ。そもそも軍事じゃない。世界史の話題だ。

>あと、イ-ジス艦って1隻いくら位するんですか?
これだけは答えてやる。1隻一千数百億円相当だ。

524 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 11:29:51 ID:uj8KXhmj
敵国を中国、北朝鮮、ロシア、あとまぁ韓国があったとしよう。
ミサイル論争も海上、艦隊論も抜きにして、まぁ賛成派の言うとおりにいきなり上陸してくるって状況を考えようや。
さーて、どこに上陸するかだな。
まぁ普通は日本海側、九州東部以外、沖縄地域、あとあったとして四国南部の海岸線だろうな。
それより以北ってことになると、ちょっと感づかれるわな。
で、福井の東尋坊みてえな崖は登れねーし、海岸と言ってるくらいだから賛成派は砂浜のあるところを指すんだろよ。
鳥取砂丘にでも上陸するか?
ここならクラスター爆弾も効果有りかもな。
でもわざわざ鳥取なんかに上陸するか?
だいたいそんなところ選んだって意味がねーし、リスク高すぎるよな。
俺なら石川県の小松基地狙うね。
海岸から小松基地まで、走れば20分で着く。
しかもここは、民間機と航空自衛隊機が同じ滑走路を使っている。
滑走路を使えないようにするまで上陸から30分かからない。
そして周りはすぐに市街地。
この後に能登空港を制圧。
能登空港は空からは行きやすいが、陸上から行くのに時間がかかりすぎる。
小松、能登と空港2つを押さえ、しかも民間人を巻き添えにできるし、橋頭堡にできる。
その上でクラスター爆弾使うのか?

525 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 11:30:14 ID:???
10時間もの遅レスで内容のない回答、しかも異常に偉そうな態度。
>>523はきっと大臣クラスの権力者に違いない。

526 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 11:35:14 ID:???
>>524
「チハ車がクラスター爆弾で粉々」まで読んだ

527 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 11:36:39 ID:???
>>524
天下一品のラーメンは、こってりよりあっさり
まで読んだ

528 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 11:47:07 ID:???
>524
クラスター爆弾を保有していれば仮想敵の行動の自由度を減らすことができる。

「威によりて勝つが第一」なのだよ、君ィ。

529 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 12:28:39 ID:???
524>
創作スレへいけ。
ここは妄想作戦披露スレじゃないぞ。


530 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 12:34:32 ID:???
おいおい、軍板のごみ箱は雑談スレだぞ
524は雑談スレで引き取ってくれ
みろりが相手するから

531 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 12:38:49 ID:???
小松付近のゴルフ場にはF-15ルールというのがあるらしい。

さあショット、という時に頭上をF-15が轟音立てて通過、思わずミスショットした場合は
一回ノーカウントというルールだ。最初聞いた時は冗談だと思ったが、実在していて、
しかも実際にラウンドしてみると切実に必要らしい。

クラスター爆弾使用後は、バンカーでクラスターの不発子弾をショットした時のルールも必要になるな。

532 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 13:04:51 ID:3R+XvqYD
台湾の新型戦闘機ってアメリカの戦闘機で言うとどれくらいの性能なんですか?

533 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 13:12:22 ID:???
>板のごみ箱は雑談スレだぞ

みんすスレだろ。
間違えんなよ。



534 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 13:28:44 ID:???
>>532
「台湾の新型戦闘機」ってどれのこと?

535 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 13:32:34 ID:???
>531
二次大戦時のイギリスのゴルフコースには「爆撃ルール」があった。



536 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 13:50:40 ID:???
>>534
開発中の経国Uのことじゃね?

537 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 13:54:28 ID:???
>>532
「雄鷹」だっけ? 「経国」の改良型ってやつ。
せいぜいF-16の下級グレード相当だと思うよ。

538 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:04:25 ID:???
もともとの経国がF-20相当程度の性能を持つ軽戦闘機クラスだった。

経国UはAAM搭載量が2発から4発になり、航続距離もほぼ倍。
対地攻撃能力の強化などが図られているが根本的にエンジン出力不足という大弱点は改善しきれてないので、
大雑把に言ってグリペンにやや劣る程度の性能だと思うな。

539 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:05:32 ID:???
>519
ホーローの部分に尖がった合成樹脂をくっつけたような弾薬ならあるよ。
本来の目的は違うが被帽と同様に空気抵抗を減らす効果もある。

540 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:07:47 ID:???
>>538
そこまでは行かないと思うけどな
F-16C初期型くらいじゃない?

541 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:08:42 ID:???
>540
いくらなんでもすでにF-16を導入してる台湾が
同レベルで満足するはずがなかろう。

542 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:09:47 ID:???
満足ではなく妥協

543 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:11:07 ID:???
アレって経国の近代化ではなかったのか

544 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:14:02 ID:???
>542
その道は経国Tですでに辿っている。
TでもF-20タイガーシャークよりは性能的に上。

>543
改良型。新規生産だよ。

545 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:15:59 ID:???
近代化改良型の新規生産ってとこか
ホーネットほどじゃないよね
せいぜいF-16ブロック50→60とかのレベル?

546 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:16:24 ID:PwkpI+Zj
ほのかな軍オタですが、ズボンに穴が開いてしまいました。
そこそこかっこよくって町で浮かずに
動きやすい軍オタ的ズボンを教えてください。

一度ぐらいはオシャレしたいんです



547 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:18:13 ID:???
>>546
某二佐オススメのジャージだな。

548 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:18:30 ID:???
>>546
SS戦車兵の制服
野戦服もヲタ的には味があるけど一般には受けないだろう

549 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:22:18 ID:wwhJ/t17
http://blog.goo.ne.jp/asaikuniomi_graffiti/e/238034720854411b8dfb95c1a5647cfa

ここですが、ゲリラとはそんなに強いものなのでしょうか?
平和ボケではないと言っている人なので真面目に私も考えているのです
が、白兵戦という意味せしょうか?

550 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:23:07 ID:???
>546
イタリア軍の服は御洒落なのが多いよ。

551 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:24:24 ID:VlnoY8+x
もし、三菱重工の九十式戦車のラインをフル稼働させれたら、年に何台調達できる?

それと、豊和工業の89式小銃のラインの場合もよろしく。

552 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:26:15 ID:???
現代の艦隊戦って対艦ミサイルの打ち合い?


553 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:27:35 ID:???
>>549
強い弱いの問題じゃなくて国民の満足度の問題だと思うよ
不満が少ないとゲリラは弱くなって絶えるんじゃない?

554 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:28:14 ID:???
>>552
先年の黄海海戦は小艦艇同士の激突で、機銃の射ち合いだったけどね。
中東戦争ではイスラエルとエジプトのミサイル艇隊がまさに君の想定通りの海戦を行っている。

555 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:29:44 ID:???
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ ̄ ̄ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;; /  し バ ヽ;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  た ス  |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  い ケ   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  で が   |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|  す      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|  ・      |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;|  ・      |:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:
:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:ヽ、 ・    /.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.
:. :. :. :. :. :. :. :. ‐‐--‐‐':. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :. :.
: : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : : ,.‐- 、 : : : :
                  廴ミノ
                 ///¨' 、
                 y'  /⌒i!
                {    } ./},
        _        t`'---l ./-l
     ,.r彡三ミ)         7;:;:;〈u_l:;「
    ノ;;;;;;;´ノノ          .}:;:;:;:;:;:;;/
   /;;;;;;;;;;{;;;|           `i:;:;:;:;:;}
   (`:;:;‐-};;;l、          .」:;:;:丿
  クュ二二`Lっ)         `==='


556 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:31:41 ID:???
>551
基本的に調達数は毎年そう変わらないし、事前にある程度わかっているので
その能力に少々の余裕を加えた分しか生産能力はありません。
そもそも特殊材料の生産能力がネックになるので、現行の倍量を作るのも簡単ではありません。

しかし数年のライン拡張期間の猶予を与えた後であれば、材料と金さえあれば現行の10倍でも生産可能でしょうね。

557 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:32:45 ID:???
>>516
DDむらさめのMk48VLSのように、最上甲板以上に装着するVLSもあるけど

558 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:35:04 ID:???
>>557
カレル・ドールマンはヘリ格納庫側方にズラリと並べてたね。
短SAMのVLSは割と甲板上にあった。
今は艦の設計がステルス対応になったこともあって、ほとんどが甲板下に収められるようになったが>VLS

559 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:37:30 ID:???
>>549
まず、自分がゲリラになってゲリラ戦をやってください。

560 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:44:01 ID:???
あたごのMk41は01甲板レベルより上

561 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:45:05 ID:???
>560
ああ失礼。
上構に一体化させるパターンもありだな。

562 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 14:47:44 ID:???
>>549
そういえば60年ほど前に同様の決戦思想がありましたね。

イラク人ゲリラが米軍相手に竹槍で戦ってると考えてるのか、
気合いがあれば竹槍で戦車を撃破できると信じているのか。

どう言い訳してみても、平和ボケの軍事・外交・経済音痴です。

563 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:02:35 ID:???
>>411
>世宗大王ってのは実在した人物なのですか?
>実在したとしたらどんな人物だったのですか?

朝鮮の聖徳太子みたいな人ですが、こちらは実在の人物です。
ハングルをつくった人です。

564 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:05:57 ID:z9opCZRl
ttp://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/9e/BB_South_Dakota.jpg
アメリカ軍の船らしいんですが、一番奥にある巨大な戦艦の艦種が分かる人いませんか?

565 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:07:13 ID:???
>>564
アドレスに「BB South Dakota」って書いてるじゃない・・・

566 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:08:25 ID:???
>>564
サウスダコタ級戦艦だね。

艦名まではちょっと。

567 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:08:44 ID:???
>564
主砲3連装3基ということでノースカ、Sダコタ、アイオワの3種の限定。
次に煙突が1本だけなのでSダコタ級で決定。

しかも3番両用砲塔がないようなので1番艦サウスダコタでまず間違いない。

568 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:12:14 ID:???
手前の巡洋艦と駆逐艦はなんだろ?

569 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:13:24 ID:???
デリック2基あるし、補給艦だと思うが

570 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:13:32 ID:???
>568
水上機母艦だろうな。
デリックが確認できる一方砲塔類は見えない。

駆逐艦はリバモア級とみた。

571 :546:2007/05/30(水) 15:13:34 ID:???
>>548
ありがとうございます!
コレは萌えるであります!
前開きボタン、両サイドベルト、どうやらズボンつりも使えそうですね
略帽もハァハァ
しかし、ズボンだけって購入できるものなんでしょうか?

http://m-bata-emi.hp.infoseek.co.jp/PzSS.htm

>>547

某二佐お勧めジャージとは?

イタリア軍装が見つからないです。。。

572 :緑装薬4 ◆8R14yKD1/k :2007/05/30(水) 15:18:39 ID:BWkVrPNI
>571
ジャー戦だあ(笑)

これからの季節、上衣は3種でも可 だ。

573 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:19:58 ID:???
>>571
>イタリア軍装が見つからないです
つttp://www.nakatashoten.com/euro/contents11.html

ジャージには狙撃銃。
これ基本。

574 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:23:12 ID:???
>>571
下ジャージに上戦闘服。通称ジャー戦だってさ。

575 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:23:32 ID:pdU2HAac
液体装薬の弾薬は従来の弾薬に比べると、弾薬の容積、質量はどのくらいになるのでしょうか?
また被弾や火災の時、安全性はどちらが優れていますか

576 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:25:27 ID:???
>575
基本的には従来型装薬と代わらない。
てか代わらないレベルまで開発が進行しないと実用化なんぞできん。

577 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:27:43 ID:k6YNjVVb
なあ、今閃いたんだが、潜水艦の保有率が世界有数だそうですが、これをSLBM搭載艦艇に改修し、
効率的に運用すれば日本も世界に冠たる核保有国となり、広大な土地が必要とされるICBMでなくても
核抑止力を保持し、仮想敵国極東三馬鹿やオロシャに対しても有効なカードを持つようになれると
思うんだが、駄目かねえ?

578 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:28:01 ID:???
>>575
 実用化されていないものを比較に出されても・・・って気はするが、
液体装薬なら薬莢はいらないから、その分「弾薬」はずいぶんコンパクトに
 できる。
もちろん「装薬タンク」とかいうようなものを別に積まなければならない
わけだが。

 現状で実用化できるものではどう考えても固体装薬よりも安全性は
低そうだ。

579 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:30:12 ID:dLvBxHSa
米軍の陸軍と海兵隊の戦車と装甲車の搭乗員のM4は何インチかわかりませんか?

580 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:34:54 ID:???
>>577
 日本には原子力潜水艦が無いので、ミサイル抱いたまま潜りっぱなしってことが
できない。
 短いサイクルで定期的に浮上してくるSSBは秘匿性が低いので、核戦力としては
有用性が低い。

 あと、日本の場合「ここに隠れて対潜部隊で固めいれば敵国の潜水艦はこの海域に
入ってこれない」という「潜水艦の聖域」があまりない。
 ある程度の水深が必要で、それなりに広く民間船の往来が少ない湾・・・というと
富山湾と北海道の内浦湾くらいしか。これだって広いとは言い難い。
 そうなるとやっぱり「今どこにいるか」がバレバレになるので、潜伏海域には
向かない。
 じゃあどこに潜伏待機させとくんだ? っていう問題が。

 ただ、仮にもしも現実に核武装したら潜水艦にミサイル積むしかないだろうな。
 陸地にICBM基地作ることはできそうもないから。

581 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:35:09 ID:CrDRA/QE
>>577
ダメだね。これまでさんざん、いまから日本が核武装を始めるよるデメリットが回答されて来たろうが。

蒸し返したいなら派生議論スレに移動して。仕事の合間でよければ相手してあげるから。

http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1179252914/l50


582 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:35:39 ID:???
>>577
SSBNへの改修は
保有自体にいろいろな問題もありますが
性能、技術、運用共に現実的ではないですね
あのクラスの潜水艦はSLBN搭載には向いてません

583 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:37:31 ID:???
>>577
他のSLBM搭載艦と比較してみ

584 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:37:54 ID:k6YNjVVb
>>580-581
いや、単なる思い付きでかいただけだから。
実際やろうとおもったら政治的な事はさておき、技術的にはできるのかな
できないのかなと思っただけ。
あるいはできたとしても、意味ある改修になるのかその辺を考えてみたかった。

585 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:39:34 ID:???
>>584
技術的に、というなら、まずもって水中発射弾道ミサイルの技術が日本にはない。
それを一から開発したら、下手すると1/3世紀くらい過ぎてるかも。

586 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:40:19 ID:???
>>579
なにがどう何インチか聞きたいのか日本語を練り直して書きなさい。

587 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:40:53 ID:???
つまり現物輸入しか選択肢はあり得ない。
しかし仮に既存の就役艦を即時核ミサイルごと購入できたとしても、
運用ノウハウを蓄積して実戦化レベルまでもっていくには
最低見積もっても5年はかかる。

588 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:42:25 ID:???
記憶モードで書くんだが、フランスがゼロから現在のSSBN態勢を築くのに
およそ半世紀かかってるとかなんとか

589 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:46:24 ID:CrDRA/QE
昨日、「ソ連/ロシア原潜建造史」読み終わって、もらい涙でおぼれそうになった。

590 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:48:54 ID:???
>>584
ちなみに通常動力のSSB(弾道ミサイル潜水艦)は実戦配備されてたのは
ソビエトのしかない。
それも「とりあえず作った。作れるか試してみたかった。作ってしまったので配備した」と
いうレベルの艦で(それでも4年間で20隻以上作った)、はっきり言うと
「弾道ミサイルを強引に積んだ大きなUボート」
でしかない。

浮上しないとミサイルを発射できないので秘匿性が低く、40年前(設計からすると半世紀前)
のものなので現在の技術で作ったらもっとマシに・・・ということを考えても、
原子力ではない弾道ミサイル潜水艦に戦略兵器としての価値はなさげ。


591 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:50:05 ID:k6YNjVVb
>>587-588
ははあ、それぐらいの時間と技術力、人員の要請が必要なんですか

じゃあ厨房な質問ついでに聞くと、10年ほど前に
「かわぐちかいじ」の沈黙の艦隊が流行しましたが、
いわゆる「やまと」建造は技術的にみても独自開発するなら
半世紀はかかる代物と単純に考えてよいんでしょうか。


592 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:51:52 ID:???
アメリカが原潜第1号ノーチラスを何年に就役させたかな?
そういうことだ。
あのレベルの原潜であってもそこまでかかる。

593 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:54:52 ID:???
>>591
作るだけなら明日から始めて(政治とか予算の問題は無視)数年後には
できると思うよ。
ただし、実用性がどれだけあるかは疑問が。
他国のものと比べると一周り二周りも大きく(原子炉小型化の技術がないから)、
騒音が大きくて使い勝手が激しく悪く、おまけに試験航海で原子炉が壊れて
水漬く屍と化した、というオチに終わるかも。

まずはそれでもいいから徐々にレベルアップを・・・というんならまぁ金さえ
あれば作れるかな。

594 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:55:21 ID:k6YNjVVb
>>590
じゃあ中国の原子力潜水艦でSSBNfがのっているよーと
特にサンケイ系のマスゴミが一時期あおっていた
夏級潜水艦っては実際はそれほど脅威ではないんでしょうか
(何をもって脅威とするかはされおき)



595 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:57:32 ID:???
>594
夏級は最初っから軍事筋ではだめぽで有名だった。

596 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:57:59 ID:k6YNjVVb
>>592-593
なかなか厳しいなあ。
他ごとに人員時間資金のリソース割いたほうが効率よさげですね。
ありがとうございました。

597 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 15:58:33 ID:ivSXRhgm
質問です。
強襲揚陸艦とドック型揚陸艦の違いはなんですか?
どうも用途が同じような気がしてしまうもので```

598 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 16:00:57 ID:V3X4cFxH
自衛隊や米軍の戦闘機パイロットは何時間飛行してから部隊に配属されるんですか?

599 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 16:01:23 ID:???
>>594
夏級(092型)戦略ミサイル原潜は作ったはいいがロクに稼動してない。
弾道ミサイルの実射テストすら就役してから10年近く経ってようやく行っている。
2番艦はちゃんと稼動状態にあるのかすらよく解っていない。

そもそも、今のところ中国には戦略ミサイル原潜が2隻しかないので、戦略待機
パトロールのローテーションが満足に組めない(最低でも3交代制にする必要がある
から3隻は必要)。
なので中国の戦略ミサイル原潜戦力はないに等しい。

一応今新型を開発してるが・・・。

600 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 16:02:32 ID:???
>594
核ミサイル積んでたらそれなりに脅威。


ちなみにマスコミをマスゴミと表記する子は
知能が低く見える事に早く気付けるといいね。

601 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 16:05:51 ID:???
>>600
http://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%DE%A5%B9%A5%B4%A5%DF

602 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 16:08:46 ID:???
>>597
離発着甲板と格納庫があってヘリコプターを運用できるのが強襲揚陸艦。
艦内に注水式のドックがあってそこから直接揚陸艇を運用できるのがドック型揚陸艦。

アメリカのワスプ級なんかは両方あるがどちらかと言うと強襲揚陸艦に分類される。
(ただし、ワスプ級には揚陸戦用の物資備蓄能力とある程度長期間の兵員待機設備が
 あるので、「揚陸侵攻艦」「完結型揚陸艦」とも呼ばれたりする)。

ちなみに日本のおおすみ型は飛行甲板が最上甲板の後半にしかない(前半分はヘリの
離着艦ができません)し格納庫がないので強襲陽陸艦とは言い難い。
でも艦形が小さいのでドックの容量も限られており、「ドック型揚陸艦」とも言い難い。
「ヘリコプター飛行甲板つき小型ドック型輸送艦」とでも言うべき中途半端な揚陸艦に
なっている。

603 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 16:09:26 ID:???
>>597
強襲揚陸艦は多数のヘリの効果的な運用のため全通甲板
揚陸艇も運用するがヘリが目立つ
いわゆる米海軍のアレ

ドック型揚陸艦は揚陸艇の運用が中心でヘリは1、2機程度
大概、強襲揚陸艦と呼んでいる揚陸艦はほとんどこっち
海自のアレは運用方法から言えばコレだが

604 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 16:10:11 ID:???
>>600
ろくに発射テストもしてないミサイルに何の意味があるか。

まぁコケオドシ用なら充分だけど・・・。

605 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 16:11:07 ID:???
>>597
強襲揚陸艦は航空機による着上陸(いわゆるヘリボン)が可能な揚陸艦。
ドッグ型揚陸艦はホバーや揚陸艇を効率的に運用できるウェルデッキを備えた揚陸艦。

両者の定義は反しないのでドッグ型強襲揚陸艦というのもありえる。
というか大抵の強襲揚陸艦にはドッグがついている。

606 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 16:12:02 ID:???
>605
よくやる間違いだがドッ「ク」な。
英語のスペルみてみ。濁点つくなんてあり得ないから。
アーレイ・バー「ク」も多い。

607 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 16:14:04 ID:???
>マスゴミ
それは皮肉るときの呼び方でしょ。

恒常的にマスゴミ言ってるのは頭悪いっぽい

608 :597:2007/05/30(水) 16:17:18 ID:ivSXRhgm
レスどうも
うーん、曖昧なとこもありますがなんとなく理解できますた

609 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 16:17:19 ID:???
ドッギング

610 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 16:23:11 ID:???
>>608
要するに、高速移動できる揚陸手段を持っているのが強襲揚陸艦ということ。
以前はそれがヘリコプターだったから「強襲揚陸艦」と言えば飛行甲板と格納庫
のある揚陸艦だったということだ。

今はホバークラフト式の揚陸艇があるので、これが大々的(1隻しか積めんとか
ではなく)に搭載、運用できるのであればヘリが運用できなくても「強襲揚陸艦」
と呼べるかも。
ソビエト(ロシア)が大好きな大型のホバークラフト式の揚陸艦も「強襲揚陸艦」
のカテゴリーに入るかも。

611 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 16:38:15 ID:???
>>607
言葉のひとつふたつであげつらう小人物乙

612 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 16:41:08 ID:rNN0eDPe
北朝鮮と日本が戦争したらどちらが勝つ?北朝鮮は陸海空のうちどれが強いのかなあ?
北朝鮮の得意戦法は何だ?今、北朝鮮が日本を攻撃するなら、やっぱりテポドン発射かなあ?
狙われる都市または場所はどこ?詳しいかたいらっしゃいましたら教えて!

613 :勘理人 ◆Ilfjq2eTG2 :2007/05/30(水) 16:43:28 ID:???
>>612
有能なら祁山
無能なら……

614 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 16:45:11 ID:rNN0eDPe
>>613
すいません。意味を教えてくれますか?

615 :546、571:2007/05/30(水) 16:45:46 ID:???
皆さんありがとうございます!

ヘタリアのズボンは数が少ないんでしょうか。。
上衣はあったけど、これにジャージじゃあ
ホントに土日の外禁二士になっちまうですよ

中田に行ってみよううかな

616 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 16:45:47 ID:???
>612
どちらも勝てない

617 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 16:45:55 ID:???
つ>3

意訳:一昨日きやがれ

618 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 16:47:56 ID:rNN0eDPe
>>616
相打ちですか。

619 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 16:48:01 ID:???
>>612
・映画や小説などの創作の内容・設定については創作スレへどうぞ。
 自作の創作の設定の質問も創作スレの方が適切な回答を得られることが多いです。
  ■○創作関連質問&相談スレ 24
  http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1178442595/

620 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 16:49:53 ID:rNN0eDPe
>>619
ありがとうございます!創作スレに行ってきます。お邪魔しましたあー

621 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 17:02:52 ID:???
>>619
創作スレはゴミ捨て場じゃない。

622 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 17:15:07 ID:???
>>618
日本と北朝鮮がそれぞれ単独でやるとなると
どちらも守るのがせいいっぱいで相手を無条件降伏できるほど
攻め込めない
北朝鮮が攻めれば北朝鮮の負け、日本から攻めれば補給が続かないし
数も足りないから実質日本の負けになると思われ

623 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 17:28:07 ID:???
>>598
航空自衛隊の場合……。
*初級操縦課程(T-7):60時間
*基本操縦課程(T-4):前期課程80時間+後期課程80時間
*戦闘機操縦課程(F-2B/F-15DJ):100時間
F-4部隊に配属される場合はさらにF-4機種操縦転換課程を経る必要がある。

つうか、操縦課程のチャート表が空自のサイトにあったはずなのに、いつの間になくなったんだ?

624 : ◆ALSPlGAxzM :2007/05/30(水) 17:38:36 ID:5dN5NJXl
すんませんが教えてください

過日1915年のルシタニア号事件の再現ドラマを見ていたのですが
ドイツのUボート(U20)が魚雷をルシタニアに向かって発射するんですが
魚雷の軌道が海面上からはっきり見えるような画像になっており
ルシタニアの甲板にいた乗客が「あれはなんだ?魚雷か、あのやって来るのはなんだ?」
など叫んでいる間に魚雷が命中したのですな

1915年ということでUボートの深度もさほどではなかったと思うんですが
それにしても甲板で甲羅ぼしする乗客に魚雷が見えるもんなんでしょうか?


625 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 17:39:31 ID:ERQenaFk
もう一度質問しますがイラク戦争のイラク軍は大勢の将兵が戦死して全滅したのですか
それともろくに戦わないうちに逃げて四散してしまったのですか?

626 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 17:46:20 ID:???
>>624
見える。よっぽど海面が濁ったりしてなければだが。
魚雷に詰まってる燃焼用の空気には酸素以外も含まれていて、
これが気体のまま海中に放出されるため気泡で独特の軌跡を描く。
第二次世界大戦でも、甲板に見張りをおいて魚雷に対する警戒を行っている。
特に連合国の潜水艦にやられ放題だった日本の艦船は。
帝国海軍の酸素魚雷が驚愕されたのは、この軌跡が殆ど見えなかったため。

627 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 17:54:45 ID:sskT2Z48
パンジャンドラムの「パンジャン」とは何のことですか?

628 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 17:58:26 ID:???
>>627
ttp://d.hatena.ne.jp/keyword/%A5%D1%A5%F3%A5%B8%A5%E3%A5%F3%A5%C9%A5%E9%A5%E0

629 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 18:00:21 ID:sskT2Z48
>>628
ありがとうございます。代わりに探させちゃって申し訳ありませんでした。
ところでこのような思想の兵器は他に存在したのでしょうか?

630 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 18:03:01 ID:???
>>629
ねーよwww

631 : ◆ALSPlGAxzM :2007/05/30(水) 18:08:51 ID:5dN5NJXl
>>626
ありがとう
確かに白い気泡の軌跡の画面でしたわ
勉強になったです

632 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 18:10:27 ID:???
>>629 ドイツ軍はゴリアテを使っていました。

ノルマンディーの浜辺で戦車相手に使おうと準備していたと思います。
海上の舟艇から浜辺のトーチカ目掛けて使うか、浜辺の防塞から上がってきた戦車目掛けて
使うかの違いはありますが発想としては似ていると思います。

633 :512:2007/05/30(水) 18:13:26 ID:ZqhYTk+C
>>516 ありがとうございます。

すると今艦砲を多目に積む艦船があるとすれば、砲塔の装甲を軽減し自動化を進めて小型化、
できればモジュール化してミサイル兵装への転換も可能なようにし、と色々やることがありそうです。

昨日の203mmか155mmかの議論で昔の1t重巡ならばごく最近までデモインがいたなぁ(今解体中)と
思い質問した次第です。

634 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 18:13:59 ID:???
>>629
アメリカが似たような転がり爆弾を考えたことはあったようです。

635 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 18:14:56 ID:???
現代の艦砲に装甲なんぞありません
モノによってはカバーに強化プラスチックとか使ってたり

636 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 18:16:57 ID:???
>>633
そういった艦なら既にあるよ>兵装のモジュール化
あと砲塔なんて殆ど断片防御レベルの装甲?しかない

>昨日の203mmか155mmかの議論で昔の1t重巡ならばごく最近までデモインがいたなぁ(今解体中)と
デ・モインは2万トンクラスだよと重箱

637 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 18:25:44 ID:CmbuiKeu
自衛隊は実戦経験がまるでないので、正面装備スペックで比べれば
世界最弱の軍隊だと思います。異論をぜひ聞きたいと思います。

638 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 18:27:05 ID:???
実戦経験が無いのなら、どうして「世界最弱」だってわかるのさ。

639 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 18:29:42 ID:???
>>637
ここは自説を主張するスレではありません。

では、次の質問どうぞ

640 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 18:30:06 ID:???
>正面装備スペック
意味がわかりません。
指揮能力とか身体能力とかの比較は除くということ?


641 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 18:31:01 ID:???
>>640
オマイもなぜスルーできない?

642 :637:2007/05/30(水) 18:31:35 ID:CmbuiKeu
訂正。「スペック」 ⇒ 削除。ごめんなさい。

643 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 18:31:53 ID:???
>>639
スレ立ててしまうんじゃね?w
もし立てるとしても637の文章は意味がわからん。


644 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 18:34:39 ID:sskT2Z48
海自航空基地の近くに住んでいるのですがP-3Cの主翼のライトがとても明るく感じます。
哨戒機として特別明るいサーチライトを装備しているのでしょうか?

645 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 18:40:11 ID:???
世界最弱って事はバチカン市国のスイス傭兵隊vs日本国自衛隊で
100人ちょっとのスイス傭兵が矛を握って突っ込んでいって
自衛隊にタコ殴りにされないと言うんだな?

646 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 18:40:48 ID:???
>>645

647 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 18:57:38 ID:xCo+eJ4S
イージス艦の艦砲について質問なのですが、イージス艦の127mm砲って、
目視外の位置を対地射撃する場合、どうやって照準するんですか?

GPSやら何やらで角度なんかを割り出して砲撃するんでしょうか?
それともイルミネーターでレーダー照射して、それをSPYレーダーで捕捉して撃つんですか?

648 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 18:59:52 ID:???
>>647
ヘリや航空機に弾着観測してもらうか、砲兵観測班の指示を受ける。

649 :勘理人 ◆Ilfjq2eTG2 :2007/05/30(水) 19:02:48 ID:???
>>645
アーカ−ド「どうでもいいが、ちゃっかりAV女優の吸血鬼どもが紛れ込んでいるな」

650 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 19:06:17 ID:Jd/+QRzc
wwUの記録フィルムや映画で米の榴弾砲(105mm?)などの装填シーンを見かけます。
弾重は16〜18kgあたりだと思われますが、かなり重そうな感じです。
ふと疑問に思ったのですが、当時15cm以上のカノンなど弾重が40kg以上の砲の装填は
どのようにしてたのでしょうか?
人力?それとも装填する装置があったのでしょうか?

また現代の155mm砲などではどうなのでしょうか?
よろしくお願いします。

651 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 19:06:25 ID:???
>>647
イージスに限らず大概の艦砲はレーダー制御の射撃指揮装置がついてます。
砲塔に照準器があってそこから狙ってるわけではありません。

ちなみに、地球は丸いので、基本的に艦船のマストのトップに登って
望遠鏡のぞいて見えない距離のものは、レーダーにも映りません
(水平線の向こうになっちゃうので電波が届かない)。

まぁ、レーダーなら電離層反射とかの裏技はありますが、照準に使うほど
正確には補足できません。

で、射撃指揮装置で捕捉、照準できない目標を射撃するときは航空機なり
ヘリなりの観測機を飛ばすか、撃ってほしいところの近くにいる人たちに
弾着観測してもらいます。
勿論、地図や海図に基づいて「今自艦はここにいるからここに砲弾落とす
には角度はこうで方角は・・・」というのもできますが、これだと本当に
そこに落ちてるのか艦からは解らないので。

652 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 19:08:49 ID:???
つか昔からなんで考えれば分かることとググればすぐに分かりそうなことを質問する人が多いんだろうか。

>>650くん・・・

653 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 19:10:46 ID:???
>>650
軍艦の大口径砲には装填補助装置があった。
それを使うほどではない場合は数人がかりで持ち上げて装填する。

現代では自走砲なら装填補助装置があったりするが、牽引砲だと
複数人数で持ち上げるのが普通。

尚20kgくらいだったら一人で持ち上げられなければ砲兵にはなれない。
いや歩兵にもなれないけど。
一般歩兵でも行軍装備でフル装備フル武装すると身につけ担ぐものの
総重量は50kgくらいあるぞ。

654 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 19:12:16 ID:???
>>644
確かに結構明るいな。でも、これは着陸灯で、哨戒用って事はないよ。
ttp://pds.exblog.jp/pds/1/200705/01/37/a0053837_13565537.jpg

昔のP-2Jなんかは潜水艦を照射するためにサーチライトを翼端に装備していたけど、
現在の潜水艦は潜没状態で航行が普通だし、反撃の可能性を考えるとサーチライトで
照射というのは考えにくいと思う。

655 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 19:20:25 ID:???
   ┌──┐
   ┴──┴ / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (´∀` )< セナ殺しの犯人を見つけたよ
  ⊂ 十  )  | 殺して良いのはチョンだけだよ
  ┃| | |  \_____________
  ┃(_(_)

656 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 19:22:07 ID:???
         ____         
       /      \        
      /  ─    ─\  バチカンに通報してやったお・・・
    /    (●)  (●) \               
    |       (__人__)    | ________    
     \      ` ⌒´   ,/ | |          |  
    ノ           \ | |          |  
  /´                 | |          |  
 |    l                | |          |
 ヽ    -一ー_~、⌒)^),-、   | |_________|   
  ヽ ____,ノγ⌒ヽ)ニニ- ̄   | |  |  

657 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 19:30:33 ID:WNzyYJZP
マクロスゼロの序盤のF-14とMiG-29の空中戦を見て思ったのですが、
リアル世界で、あれと同じことをしたら、機体とパイロットはどうなりますか?

658 :三等自営業 ◆LiXVy0DO8s :2007/05/30(水) 19:31:12 ID:???
>>579
M4カービンの標準的な銃身長は16インチです、
ちなみに正式小銃のM16A2は20インチで、CQBRは10インチとなっています。


659 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 19:33:59 ID:???
>657
できない。

660 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 19:36:21 ID:???
>>657
■○創作関連質問&相談スレ 24
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1178442595/

661 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 19:41:04 ID:???
>>579
三等自営業の回答を見て思い出したが、あんた前にも全く同じ質問しなかったか?
その時も同じように解答が付いてるんだが、見ずに同じ質問を繰り返したならあまりにも失礼だ。

662 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 19:44:50 ID:???
>>629
地面ではなく水面を転がって爆発する爆弾だが、英空軍がドイツのダムを破壊するのに使った「アップキープ」というのがある。
ドラム缶のような形をしていて、投下直前にモーターによって高速回転が与えられる。
投下後水面に接触すると、ちょうど石投げでやる水切りのように水面をバウンドしながら前進し、ダム壁に衝突するとそこで沈んで調定された深度に達すると爆発した。
1943年に「チャスティス作戦」という名称で実行され、ヘーネダムを破壊して下流の農業地帯や工業施設に甚大な損害を与えた。
この作戦を行った爆撃部隊は後に「ダムバスターズ」という名称を与えられた。

あと1943年の親衛隊国歌保安部長官兼チェコ総督代理だったハイドリッヒ暗殺作戦に使用された爆弾が円盤型で、投げつけると石畳の舗装道路上を滑るようになっていた。
これをハイドリッヒの乗用車の車体の下で爆発させ、これで傷つくか車が動かなくなったところで射撃するというものだった。
この襲撃ではハイドリッヒは負傷のみだったが、爆弾の破片とそれに付着した車のシートが体内に入り、そこから発症した敗血症でまもなく死亡した。

663 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 19:47:25 ID:WNzyYJZP
何故、現代の空中戦では、超音速域でドッグファイトが行われないのですか?

664 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 19:49:14 ID:???
昔はやってたとでも言うのか

665 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:00:45 ID:???
>>663
人類は、超音速での格闘戦ができる機体を未だに開発できてはいません。

666 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:02:58 ID:WNzyYJZP
>>665
どうしてですか?

667 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:03:25 ID:???
三笠って超弩級艦なんですか?

668 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:06:02 ID:???
>>666
有人機よりもはるかに高速で運動性能がいい飛翔体―ミサイル―が敵機を撃墜してくれますので。

669 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:06:11 ID:???
>>667
前ド級艦

超弩級ってのは超ドレッドノート級って事です

670 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:06:11 ID:???
>>666
では、F1に乗って曲がってみたまえ

671 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:06:44 ID:???
>>667
前ド級艦。

日本戦艦で超ド級なのは金剛級巡洋戦艦から。

672 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:06:58 ID:YrPi4UsR
今でも空自のスクランブル発進はありますか
そして、敵機の相手国は北朝鮮でしょうか


673 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:07:28 ID:WNzyYJZP
>>668
それは分かりますが。

>>670
\(^o^)/操縦できません。そもそも、もってません。

674 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:10:04 ID:???
>>672
普通にやってるよ。

一番多いのは米軍機、次に航路を微妙に外れてる民間機で、次が中国軍機
だそうだ。

自衛隊が北朝鮮軍の航空機にスクランブルかけて実際に接触した記録は
公にされてる限り自衛隊創設以来一度もない。

675 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:10:51 ID:???
>>672
昔に比べて減っているとはいえ、トップは相変わらずロシア。最近は中国相手のスクランブルが急増中。
北朝鮮相手はほとんど無い、日本近辺まで飛んでくることが滅多にないから。

676 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:11:24 ID:???
日本海海戦の戦訓から生まれたのがドレッドノートだってのに、
どうすれば三笠が超弩級戦艦になれるのやら。

677 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:11:40 ID:???
>>672
回数こそ減ったがもちろんある。
対象機の所属はロシアが多いが、近年むしろ中国機相手のスクランブルが増えているそうだ。相手の

678 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:12:02 ID:???
>>673
レーダーでは捕らえられても、人間の目で最終的に判断して打ち出す
機銃を使用するので、人間の目で捕らえられない時点で無理

実際にジェット化されてからの空中戦は、機速が速くなりすぎて
射撃のチャンスが一瞬になってしまっている この辺で非常に苦労している

このような状況に、ミサイルの登場が重なり、今現在では
完全に想定されていない代物になってる>超音速での空中戦

これが可能になる技術が出てたなら、機体も超音速での
格闘戦ができるような物を開発するんだろうけど
人間が持たないのでやっぱり無理と 完全自律の無人機もまだまだ無理だし

679 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:12:11 ID:???
>>675
ロシア相手はもう中国が抜いてるんじゃなかったっけ?

680 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:14:00 ID:???
>>672 空自の戦闘機が常に就いている対領空侵犯措置は「未確認機」通称アンノウンに
対して行われている。敵機という表現は適当ではない。

681 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:14:37 ID:???
>>674
韓国軍機も結構あった筈。

682 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:15:50 ID:eVdMmOLw

尾輪式の艦載機のカタパルト発進というのは
機体のどの部分をカタパルトに接触させて加速させるのでしょうか?

683 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:16:01 ID:???
最近では中国軍機は大きく減少してロシア機が増加した。

684 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:16:20 ID:???
>>681
台湾軍機相手もそれなりの数やっているぞ。

685 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:18:00 ID:???
>>679
最近ロシアは持ち直した。
その一方で中国は減ったたような。

686 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:18:44 ID:???
>>682
後輪式の航空機をカタパルトから射出する時は、カタパルトのシャトル
(動くとこ)と機体下面や翼下面の付け根付近とかにあるフックに
「ブライドルケーブル」というものを使って繋いで、それで機体を
引っ張って加速させる。
ケーブルは航空機が射出された時点で外れる。

687 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:18:57 ID:rzcqBXpI
韓国イージスは衛星とリンクしてないそうですが、
どのような不都合があるのですか?

688 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:19:11 ID:???
>>682
機体によって微妙に異なるが、専用のワイヤー(ブライドルという)で胴体などとカタパルトをつなぐ例が多い。

689 :別の人:2007/05/30(水) 20:19:20 ID:gYAa8SbD
>三笠
すみません、ド級とは違うのですか?
そうなら、どう違うのですか?

690 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:21:16 ID:???
対領空侵犯措置は目視で未確認機を識別するのが任務の一つ。国籍の内訳はこれ。
ttp://www.asagumo-news.com/news/200705/070517/07051701.html

691 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:23:28 ID:eVdMmOLw
>>686
>>688
すばやい回答ありがとうございました。

692 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:23:39 ID:???
>>689
ドレッドノート級ってのは副砲、もしくは中間砲が無く、
主砲が12インチ砲×10で、機関が蒸気タービンの戦艦。

693 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:24:46 ID:???
>>689
・弩級艦は単一口径の主砲をできるだけ多数搭載(だいたい8門以上)するのが基本コンセプトだが、三笠の主砲は4門のみ
・弩級艦の主機関はタービンだが、三笠はレシプロ(ドイツの初期の弩級艦はレシプロ機関だけどね)
・そもそも大きさが一回り小さい

694 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:27:34 ID:???
>>689
弩級艦の名の元になったイギリス戦艦、HMSドレッドノートは主砲を全て同口径
同砲身長の統一された砲で揃え、艦橋上の射撃指揮装置によって全ての砲を
一元的にコントロールしている。

それまでの戦艦は、「主砲」と言っても砲塔によって砲身長がバラバラだったり、
各種雑多な口径の砲をバラバラに積んで、各砲が勝手に照準をつけて撃っていた。
それを同規格にして一元的に照準、発砲できるようにしたため、命中精度と投射火力
(一度にどれだけの弾を相手にぶち込めるか)が飛躍的に向上した。

また、蒸気タービン機関を全面的に採用して、高出力で高速、機関速力の増減を
容易に行えるようにもした。
それまでは戦艦の機関はレシプロピストン機関が主流で、速度が遅く出力をちょっと
上げるだけでも操作が大変で実際に出力が上がるまでえらく時間が掛かった。

この二つの条件を満たして、更に砲がドレッドノートよりも大きいものを「超ド級戦艦」
と呼ぶ。
三笠はどちらの条件も満たしてないので、「弩級艦」には分類されない。
ドレッドノートと比べると一世代前の戦艦になる。

695 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:27:38 ID:4ss0ADbt
IDを???にするにはどうすればいいのでつか?


696 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:29:23 ID:???
>>689
色々な種類の砲を積んでいたのを、
砲を統一して遠距離砲戦をしようとしたのがドレッドノート。
遠距離砲戦で、三笠と同じ機動性を確保する為に、
機関も蒸気タービンにして速度も上げた。

697 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:29:26 ID:???
>>687
詳細が不明なので、なんとも分からない。一口にデータリンクといってもいくつか種類がある。
全てのスレを見ているわけではないが、軍板でも状況を把握できていない模様。
そもそも記事がトバシである可能性も否定できず。

勝手な推測になってしまうが、
水平線の向こうにある端末とのデータリンクができない可能性がある。

698 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:29:29 ID:???
まあ、「ドレッドノート」でググればいくらでも出てくるわけだが

699 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:29:37 ID:???
つーか、日本海海戦で「集中制御による主砲の斉射」の有効性が確認されて、
最初からそれを計算に入れて全ての主砲の口径を統一した最初の戦艦じゃ
なかったっけ。<ドレッドノート

だから、大きさとか武装とかがドレッドノートに匹敵するだけじゃ弩級艦とは
言わない…だったと思うけど<弩級艦の定義

700 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:29:47 ID:???
>>689
三笠は基準戦艦とも言われる
その頃の戦艦はどれも30cm砲を連装した砲塔を前後に1基ずつ持ち
多数の副砲を舷側などに配置しているデザインが使われていた。

701 :699:2007/05/30(水) 20:30:44 ID:???
うわ、カッコわりぃ。俺、退場って事で。

702 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:32:08 ID:???
>>697
LINK11/14があるのでそれはない

703 :別の人:2007/05/30(水) 20:33:08 ID:???
美奈さんありがとうございました。

704 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:33:18 ID:fhL4X8St
質問です。
現代の戦闘機や艦船は改修・維持・管理などにどれ程のコストが掛かるのでしょうか?
人件費(教育)・設備投資・燃料を抜いた大体の額(イニシャルコストの○倍とか)
で構わないのでお願いします。

705 :687:2007/05/30(水) 20:34:33 ID:rzcqBXpI
>>697ありがとうございました。
続いてお伺いしますが、日本はどうやってデータリンクさせているのでしょうか?

706 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:35:02 ID:???
しかしまぁ、軍事に限らず歴史ってのはどこかしら他の事象とリンクしてて面白いよな。

707 :名無し四等兵:2007/05/30(水) 20:44:15 ID:???
>>666
戦闘機に限らず船でも車でも自転車でも、方向を変えようとすると遠心力(Gと表す場合もある)と言う力が発生します。
遠心力の大きさは速度が速くなるほど大きくなり、旋回半径が小さくなるほど大きくなる性質があります。
超音速という速度で格闘戦に伴う急激な旋回を行う(大速度+小旋回半径)と強大な遠心力が発生します。
その遠心力は、操縦する人間も機体も耐えられない程、強大なものです。
戦闘機などには、人間や機体が耐えられない遠心力を発生させうる様な機動をさせないように制御装置がついています。

蛇足ですが、格闘戦に於いて重要なのは運動エネルギーの維持(速度)と旋回半径の小ささですが、その両者は相反する性質のものなので、いかに両者のバランスをとるかがパイロットには求められます。

708 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:46:13 ID:???
>>705
日本に限った話じゃないが、戦術データ交換リンクってのは、
1隻の管制艦と、リンクする数隻のピケット艦で構成される。
管制艦はLINK11を装備してる艦ならどの艦艇でもOK

管制艦ってのはインターネットで言えばプロバイダみたいなもので、
管制艦が指定されるとピケット艦にアドレスが割り振られてリンクが構成される。
(LINK11は通常20局、最大で62局まで拡張が可能)

後は自動的にコール/リプライ(応答)が始まる。
イージス艦の場合、イージス・コンバット・システムとも繋がってる。

709 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:48:31 ID:???
>>705
衛星?正直あまり詳しくないのだが
聞くところによると、米海軍のやつ(FLTSATCOM)を借りているとか。
MILSATへのアクセス権をもらっているかは知らない。

710 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:50:35 ID:vuXtpTLs
>>702
横からですがどゆこと?
もう少し詳細な説明希望

711 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:54:30 ID:???
>>710
LINK11はHF波、要するに短波の低い帯域も使うんで、
見通し距離外とも情報のやり取りが可能なの。

712 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 20:58:42 ID:???
>>704
ひじょうに大雑把に言って退役(用廃)までに初期コストとほぼ同額といわれてる。

713 :650:2007/05/30(水) 21:00:59 ID:???
>>653
回答ありがとう


714 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 21:03:20 ID:N5L0EtqE
誤爆してしまった。
284 名前: 名無し三等兵 投稿日: 2007/05/30(水) 21:00:43 ID:N5L0EtqE
自衛隊の次期哨戒機のエンジンはP-Xのジェットエンジンは石川島播磨重工業 (IHI) が主契約企業となって開発した
XF7-10(仮称)ターボファンエンジンで、次期輸送機のエンジンはGEのCF6-80C2型エンジンだそうです。

それに関して質問なのですが、
1 哨戒機と輸送機でエンジンに求められる特徴はそれぞれ何でありましょうか?同じエンジンだと不都合が有るって事
  ですよね。
2 次期哨戒機のエンジンは国産だが、次期輸送機のエンジンが外国製の理由は何でしょうか?


715 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 21:03:49 ID:???
>>704
軍艦のライフ・サイクル・コスト(生涯経費)は、一般に初度調達費の3〜4倍
ただしこれには人件費、燃料・弾薬などの消耗品(およそ全体の1/3を占める)が入ってる

716 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 21:19:42 ID:8EgepeS/
海上自衛隊の戦力規模は、日露戦争時の日本海軍の80%、
最盛期の日本海軍の40%しか無いと言う話ですが、
それだけの戦力で有事の際に大丈夫なのですか?

717 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 21:20:53 ID:???
>>716
まさかと思うが、艦艇総排水量で%出してるんじゃないよな?

718 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 21:20:55 ID:???
単純比較しても何の意味もありません。

719 :704:2007/05/30(水) 21:22:10 ID:???
>712,715
わかりました。
アバウトな質問に答えていただきありがとうございます。

720 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 21:22:36 ID:???
>>716
現代版バルチック艦隊を殲滅できるので大丈夫です

721 :716:2007/05/30(水) 21:23:58 ID:8EgepeS/
>>717
いいえ。

>>718
どうしてですか?

>>720
東西冷戦時、極東ソ連艦隊を相手にするだけでいっぱいいっぱいだったと聞きましたが?

722 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 21:24:22 ID:vuXtpTLs
>>711
なる。感謝

723 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 21:25:42 ID:3R+XvqYD
>>537
亀レスですがサンクスです

724 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 21:27:23 ID:???
>>721
では、何が「100%」なのか

725 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 21:28:15 ID:???
>>721
すまんが、算定根拠を出さないと誰も答えられないぞ。

726 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 21:29:03 ID:???
>>721
>日露戦争時の日本海軍の80%、最盛期の日本海軍の40%しか無い

どんな物差しを使って計ったのかとんと見当がつかんので何とも言いようが無い

727 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 21:31:23 ID:Qgah4Iq0
精鋭部隊にとって、無能な司令官は敵よりもタチが悪いということもありますか?
部隊が明らかに誤った命令や効率の悪い命令を受け、

「無能司令官の命令など必要無い。俺達に任せておけばいいんだよ」
などと、感じる部隊もあったでしょうか?

728 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 21:33:05 ID:???
>>716
経済が傾くほど軍艦を造っていた昔のほうが危ないです

729 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 21:34:20 ID:YrPi4UsR
672です

>>680
 表現が間違っていてすみませんでした
 返答をしていただいた皆様ありがとうございました


730 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 21:34:58 ID:???
>>727
精鋭部隊云々の問題ではなく、全ての兵士にとって無能な上官は敵よりも質が悪い。
なんせ敵と違って上官はそれなりに長く行動を共にする訳だからな。

731 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 21:36:17 ID:???
>>727
後方の司令部が無能かどうかは別として、その指示が前線の現実と食い違ってるってのは
まあよくある話

WW2のドイツ軍部隊の指揮官にとっちゃ、それこそ日常茶飯事だったろう

732 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 21:39:26 ID:???
>>654
ありがとうございます。かれこれ15年以上気になっていたことなので分かってうれしいです。

733 :フェチ ◆kK77XB6/ug :2007/05/30(水) 21:40:54 ID:???
>>727
 牟田口廉也で検索かけると、すごいのが出てくるぞ^^;

734 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 21:42:52 ID:???
いらなくなった雑誌ってどう処分していますか。
どうせ捨てるなら高く売りたいです。

735 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 21:44:05 ID:???
つヤフオク

736 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 21:48:23 ID:???
>東西冷戦時、極東ソ連艦隊を相手にするだけでいっぱいいっぱい
そんなに強力だったとは初耳、単独で戦ったらある程度の損害は与えるが殲滅されるが正
解だと。
現状なら米以外の国の侵攻なら防げるでしょう。
米がその気になったらもうどうしようないし。
そう言う意味で必要十分だと。ただしあくまでも現状。
将来は中国次第かな。でもあの国もそろそろ軍拡の限界かもしれない。

737 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 21:48:53 ID:???
>>714
1.今回のP-Xにはより長距離・高速での進出能力とP-3Cなみの低速哨戒の安定性が求められた。
そのためにエンジンを4発とし、ジェット4発での高速力と低速では2発を止めて低速で哨戒という
条件が与えられたらしい。
その条件に合うエンジンがなかったので、国産化に踏み切った。

2.P-Xは60機程度の生産が見込まれているが、C-Xは10数機程度の生産でしかない。
そのために低コストで調達できる、実績のある既存のエンジンを選択したものと思う。

738 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 21:55:44 ID:/KWK5rFh
第二次世界大戦時の後期は、日本及びドイツは連合国側からの
戦闘機及び爆撃機による本土攻撃を多く受けましたが
それに付随して連合国側の航空機は、ある程度敵国に墜落及び着陸してると
思われます。
これらのスクラップ及び鹵獲機どのような処理をされたのでしょうか?


739 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:03:29 ID:HKhSPApJ
海自は対潜哨戒能力に特化していると聞きますが、本当でしょうか。
たしかに優れていると思いますが、他の分野はダメダメなの?
個人的には他も優れていて対潜分野に特出していると思いたいんですけど。

もし違うなら、不足していると思われるところも教えていただければ幸いです。
主義主張する気はないので、その点はご心配なく。

740 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:04:20 ID:bmG1cZM3
>>738
研究に使われたり。
日の丸P-51も存在する。
戦車だがジャーマンファイアフライだって存在する。

741 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:07:28 ID:???
>>739
護衛艦隊ですので、特化と言うか、ぶっちゃけ対潜以外にやる事がないんです
対空艦は対潜をやる艦艇を守る艦ですし、今時水上決戦もなんですし

不足してるとこってのは、何と比べて不足してるのかって点で違ってくるので、答えは無いかと

742 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:08:19 ID:/KWK5rFh
>>740
返答有難う あとスクラップは、鉄くず屋さんが持っていったのかな

743 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:09:20 ID:???
>>742
日本の鉄くず屋さんは軍隊です

744 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:09:50 ID:???
>>738
状態のいいのは修理して性能の調査や攻撃法の研究に使ったり新型機の開発の参考にしたりプロパガンダに使ったりとか。
ドイツでは敵地にスパイを送り込んだり偵察活動に使ったりもした。
日本軍では占領地で無傷で鹵獲した機体を連絡機なんかに使ったりしている。
状態の悪いのは調査に使ったりもするが、溶かしてリサイクルがほとんど。
アルミとかは入手が困難だしね。

745 :705:2007/05/30(水) 22:11:48 ID:rzcqBXpI
>>708
ありがとうございました。m(__)m

746 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:11:52 ID:/KWK5rFh
>>743 >>744さん有難う

747 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:12:21 ID:Us7cTq7j
超音速高等練習機の存在理由として
超音速飛行が特別なことと考えられていた、っていうのは
何がどのように特別なんでしょうか?
複座の戦闘機使えばそれでいいと思うんですが。
練習機名義で軽戦闘機の頭数を稼ぐためのハッタリなんですか?

748 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:13:24 ID:???
>>739
大まかな指標です

優れてるちゅうても、第2次大戦後、本格的な対潜作戦をやった国がほとんどないので
(フォークランド紛争のイギリスくらい)対潜能力が実証されているわけではありませんが、
いちおアメリカその他からの評価は高いとか。

アメリカに次いでイージス艦の運用に長じているので、空母を持たない国としては
非常に高い防空能力を持っていますし、空母を持っていても日本に及ばない防空力しかない国も多いです。

対艦ミサイルのハープーンも主要艦にはきちんと装備されていますので対艦攻撃能力は並み以上。

機雷戦については、機雷敷設能力は充実した戦力を持っていますし、
掃海・掃討能力は、やや機械化が遅れているもののこれも高いといわれています。

潜水艦は原子力推進のものがないのでやや能力が限定されます。
ただ、通常動力潜しか持っていない国としては隻数も多く、重要海峡での作戦は
どうにかこなせるなどともいわれているので、まあ、水準以上でしょう。

問題は対地攻撃力がほとんどないことです。自衛隊が他国への遠征を考えていないため
必要ない能力とも言えるのですが、弱点といえば弱点です。

749 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:14:50 ID:???
http://www.nya-taloda.jpn.org/2MB/src/mamitasu5589.jpg
http://www.nya-taloda.jpn.org/2MB/src/mamitasu5590.jpg
とりあえず日の丸マスタング。Cかな?

750 :716:2007/05/30(水) 22:18:29 ID:8EgepeS/
>>724-725
あなたがたの様な、簡単な文章も読み取れないゆとりには質問していません。
ロクに回答できない方が、回答者にならないでください。

>>726
ものさしでは説明できない。
単純に、戦力を比較した結果なんですけど。

>>728
おk。
では、日本以上に軍艦を作っていたアメリカの経済が傾かない
のは何故でしょうか?
日本に国債を買わせているからですか?



751 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:19:21 ID:HKhSPApJ
>>741>>748
ありがとうございます。掃海を忘れていました。
あとは揚陸艦の不足ぐらいと、陸海空の連携ですかね。
対潜ですが、中国原潜には公海上で撃沈判定もしてるらしいですね。

お礼なのに自分でつらつら書いちゃった。重ねてありがとう。

752 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:19:44 ID:???
>>747
戦闘機が高いからでは?

753 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:20:49 ID:bmG1cZM3
>>750

  ┌‐─┐__|__ ヽ -r─  --──ァ _L-‐ ヽ
  |   .|  /|ヽ   .ニ _7 ̄Z   _/´ヾ   .| _     .|
  ├─‐┤/  | .\ 二 二二   .〈    /1´  ヽ   |/
  |_____|   ̄| ̄  .|_」 L__|   ヽ_ (_ノ  _ノ   |`\

754 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:20:57 ID:???
ものさしを説明できない戦力比較って・・・


続けたいならこっちでね

派生議論スレ21
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1179252914/

755 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:21:12 ID:???
>>748
護衛艦に、艦対地巡航ミサイルを積めばそれで良いんじゃないの?

756 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:22:26 ID:???
>>755
積めばいいんじゃないのといわれてもそれができてないから対地攻撃能力がないと言ってるわけで・・・

757 :748:2007/05/30(水) 22:22:33 ID:???
>>755
ええ、そりゃそういう改善方法もあると思いますが、なにぶん現状の話なもので。

758 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:23:31 ID:???
>>750
何を100%にして比べたの?
ソレが判らないとなぁ

759 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:24:45 ID:???
ID:bmG1cZM3は池沼でFA。
相手にする奴も池沼。
以後スルーで御願いします。

760 :716:2007/05/30(水) 22:25:04 ID:8EgepeS/
>>758
だから、>>716に書いてあるだろうが!

761 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:27:09 ID:???
>>759
ID:8EgepeS/でないの?

762 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:27:11 ID:???
>>760
派生議論スレ21
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1179252914/

763 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:27:43 ID:???
>>750

テンプレの3、
・曖昧な内容の質問,想定する状況があまりにも非現実的な質問は明確な回答ができません。
だね。

明確な物差しを提示できない以上、あなたの質問は質問になってません。
以下、 ID:8EgepeS/はスルーで。
派生へ行く必要すらない。

764 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:28:08 ID:???
>>716のいう「せんりょくきぼ」ってのは
「かっこよさ」っていみなんだよ!!

765 :フェチ ◆kK77XB6/ug :2007/05/30(水) 22:28:29 ID:???
 アラシの相手をするのもアラシでし^^;

766 :VIPPER ◆VIPPER...E :2007/05/30(水) 22:29:22 ID:???
ID:8EgepeS/さんへ。
これ以上の回答を得たかったらVIPへどうぞ。
VIPPER全員で心よりあなたのご来板をお待ちしています。

767 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:32:20 ID:???
>>760
だから、日露戦争時の80%って人員か?国家予算に占める
海軍予算の割合か?それとも排水量か?それをはっきりさせないと
答えられないと言ってるんだが。
まさか、艦艇の甲板の面積じゃないだろうな。

768 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:32:59 ID:???
>>767
派生議論スレ21
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1179252914/

769 :716:2007/05/30(水) 22:46:49 ID:8EgepeS/
だから、>>716に書いてあると何度も言ってるだろ。


戦力規模が最盛期の日本海軍を100として、日露戦争時の日本海軍は50、
現在の海上自衛隊は40しか無いと言っているんだよ。

770 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:48:14 ID:???
>>769
派生議論スレ21
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1179252914/

771 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:49:19 ID:???
>>769

スレ代わりました
派生議論スレ22
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1180455588/

772 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:49:23 ID:???
>>769
各位
派生議論スレ22
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1180455588/
に移動されたし

773 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:51:28 ID:???
>769
その「戦力規模」とやらはなんの指標にもならない。
よって回答不能。
どんなものが比較し得る指標になるかは>>767氏が例示しているので参照汁。

774 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:53:32 ID:???
>>773
派生議論スレ22
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1180455588/

それとも自演か?

775 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:54:06 ID:???
まあアンタはさ、

ハンバーガー10個とチキンナゲット5個とポテトM4個、

強いのはどれ?
~~~~
って訊ねてるようなもんだ。

776 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:55:37 ID:bmG1cZM3
>>775
ポテトM4って強そうだな!

777 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:56:14 ID:???
>>775
いい加減に移動してくれ
そうやって構うから馬鹿が居着く

778 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 22:56:25 ID:???
>>769
派生のほうで回答しました。

779 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:00:44 ID:0dUlq16t ?2BP(0)
ほぼ全ての軍では入隊すると右利き構えでライフルを撃てるように矯正させられるって本当ですか?

780 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:08:39 ID:???
矯正もなにも小銃は右肩に銃床がくる構造になっている。

781 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:15:31 ID:XR0Ng8Vk
>>779
ほぼすべてではなく、たいてい。

並んで撃つ兵隊の薬莢が左右バラバラに飛ぶと、お互い心穏やかでない。

782 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:15:50 ID:???
排出された薬きょうが目や顔に向かって飛んで来るしなぁ。

783 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:18:47 ID:???
薬莢の排出口を左右切り替えられる銃とか無かったっけ?


784 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:19:25 ID:???
なんかおかしいことを聞いた気がする・・・

785 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:20:32 ID:???
>>783
ステアーAUGがそれに当たるね>排出する側を切り替える

786 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:20:46 ID:xCWos0wL
>>779
一部左利きの人用に排莢ポートの位置を変えられる小銃を採用している国もあったかと思います。
えー・・・・識者をお待ち下さい。

787 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:24:21 ID:???
>>786
加えて、M16系には左利き射手のために、
排出された薬莢を下に落とすアタッチメントがある。

788 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:25:39 ID:???
遮蔽物を使った射撃を考えたらどっちでも撃てないとダメだろ常識的に考えて


789 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:27:10 ID:???
>>779
戦友の銃を使っても射撃出来るように
右撃ちも訓練するって聞いたけど

790 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:30:18 ID:???
軍隊では左利きでも右構えに矯正されます
あと、ポートの左右が切り替えられるのは左利きの兵士のためじゃない
遮蔽物の陰から撃つ時とかは左に構えざる得ない場合もあるから
勿論、ポートを逆にセットしときゃ左利きの人には便利だと思うが…
ま、ブルパップでもない限り左右どっちに構えてもポート位置はそれほどは問題じゃないけど

791 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:32:07 ID:???
>>790
でも小銃じゃないけど左利きの人に扱いやすいっていうのはM92のウリの一つだぜ

792 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:32:28 ID:ofXrd1tf
南軍のリー将軍って戦後なにやってたの?
軍隊に戻れそうじゃないけど、、、

793 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:34:21 ID:bmG1cZM3
>>792
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BBE%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC

794 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:35:22 ID:???
>>792
大学の学長とかやってたそうです
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AD%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BBE%E3%83%BB%E3%83%AA%E3%83%BC

795 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:36:14 ID:MCknkTj4
中国がJ−10を作る過程で試作機を事故で一機損失したという話を聞いたのですが、どのような事故だったんですか?

796 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:43:55 ID:ofXrd1tf
>>793
>>794
ありがとう、それから結婚おめでとう

797 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:47:09 ID:4ss0ADbt
M16なんかは排夾は斜目前方に飛ぶように
リフレクターという突起がついてますので
写真を良く見てください。89式は通常「殻受」を
付けますので問題ありません。

射撃している本人には飛んでいく薬夾なんて早すぎて
見えません。撃ってれば判るよ。

ちなみに野球の左利きとか右利きは射撃には関係ありません。
関係あるのは「利き目」です。両手で円を作って片目ずつ
景色を見て、両目と同じ景色になる方が利き目ですよ。


798 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:48:59 ID:???
>>747
音速以上と以下とでは、同一機体でも操縦特性が変わる。
そのため、超音速戦闘機の操縦過程には超音速練習機が必要だと考えられていた時期があった。
その発想でT-2やタロンが開発された。

それと、超音速性能があるからといって、練習機が「軽戦闘機」として通用するほど世の中あまくありません。

799 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:51:07 ID:zl12KLNt
第一次世界大戦時の塹壕戦での記述で「小銃と銃剣よりも、スコップとサブマシンガンの方が役に立った」
と、言う部分を見たのですが、この時期に採用されていたサブマシンガンってありましたっけ?

800 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:53:00 ID:???
>>799
大戦末期にドイツ軍がMP18というサブマシンガンを作っています。
これは塹壕戦ではかなりの脅威になったようで、戦後、
連合国はわざわざドイツ軍にサブマシンガンの保有を禁じる条約を押しつけていたり。

801 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:53:46 ID:4ss0ADbt
>798
T2 = F1 ?


802 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:55:43 ID:4ss0ADbt
>799
トレンチガン = ショットガン ?


803 :フェチ ◆kK77XB6/ug :2007/05/30(水) 23:56:01 ID:???
>747
>複座の戦闘機使えばそれでいいと思うんですが。
 本体は高いは、維持費は高いは、使いまくったらヘタルわ・・・燃料もバカ食いだし。
まあ・・練習機を軽戦闘機・・・はともかく、軽攻撃機として使おうとしていたとこは多かった。
実際問題としては、どこまでアテになるか微妙^^;

804 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:58:48 ID:???
>>799
イタリアがビラール・ペロサM1915短機関銃ってのを開発してるが、どっちかと言うと軽機関銃的な物だったりする。
しかし、航空用に運用したりとかイマイチ何をしたかったのか分からない代物になってしまった。
因みにアメリカ欧州遠征軍では、短機関銃の代わりに銃剣付き散弾銃なんてのがある。

805 :名無し三等兵:2007/05/30(水) 23:59:59 ID:4ss0ADbt
>803
ピラタス = ターボプロップ
 

806 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:01:35 ID:jjag2KWC
大戦のレシプロ機はエアブレーキありますか?

807 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:03:29 ID:???
>>806
急降下爆撃機のたぐいがダイブブレーキを装備している。

808 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:03:33 ID:4ss0ADbt
>806
エアブレーキ = ダイブブレーキ =急降下爆撃用ならある

809 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:04:10 ID:AO84GqcL
戦場に出て、実戦に参加する軍人の階級はどこまででしょうか?
本来戦場に出る必要の無い身分の将官が、
自ら陣頭指揮をとったり、出撃した例はありますか?

810 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:05:25 ID:???
>>809
ナポレオン戦争時代なら、元帥が突撃の先頭に立った例もあるが。

811 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:06:04 ID:W0FgV9WR
>809
時代と戦場の定義にるが大将でも
戦死した軍人は多数いる


812 :フェチ ◆kK77XB6/ug :2007/05/31(木) 00:07:00 ID:???
>>801
> T2 = F1 ?
 F1は確かにT2を元にしているが、後席をつぶして其処に電子機器を載せている。
実はこの電子系統の装備がむっ茶高いのよ。
>805
 流石に初級練習機は論外でしょw  ^^;


813 :フェチ ◆kK77XB6/ug :2007/05/31(木) 00:11:25 ID:???
>809
 日露では中村覚少将が所謂白襷隊を指揮して吶喊してたと思う。
最近では・・・フォークランドで英軍大佐が先頭切って・・・くらいかなぁ・・

814 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:11:42 ID:W0FgV9WR
>812

電子装備と言っても70年代の話だからレーダーと
射撃統制器くらい。有事の際は改修可能。

カナダ空軍はピラタスの次F18



815 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:12:34 ID:???
>>809
航空で有名な例を言えば、日本海軍の有馬正文少将が一式陸攻で出撃し、戦死している

816 :809:2007/05/31(木) 00:15:09 ID:CZdmyiq5
ありがとうございます。
将官が先陣に立つと、部隊の士気にも影響を与えたりしますか?

817 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:18:03 ID:???
>>816
まあ一般的に言って、後方の安全なところから「突っ込めー」とやってる指揮官より、
先頭に立って「俺についてこい! 俺が臆したら後ろから撃て!」って指揮官の方が
兵からの人気は高くなるわな

長生きしにくいけど

818 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:18:05 ID:???
>>816
時と場合による。
「最高司令官が突っ込むんだ、俺も負けてはいられない」と士気が上がることもあるし、
「将軍まで出ないと駄目なのか、この戦いは負けだな」と士気が下がることもあり得る。

いずれにせよ、高級将校が死傷するとその後の作戦の指揮に悪影響を及ぼすので、
近代戦においてはあまり褒められたことではないです。

819 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:19:18 ID:???
>>816
通信技術が伝令、ラッパ程度の時代は部隊掌握の為に有効だったりします。
しかし無線電信とかが発達した時代になると、上級指揮官の死亡による混乱や、
司令部との連絡不通等のデメリットだけが際立ってくるようになりました。

820 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:20:15 ID:FuKRYNIe
家の近くでヤクザの銃声が聞こえる。


とか言ってる奴がいるのだが、どうすればいいのだろうか?

821 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:20:59 ID:???
それのどこが軍事の質問だ

822 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:23:06 ID:???
日本では有り得ないね

頭がおかしいだけだろ

823 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:24:18 ID:???
身内なら精神科に相談
他人なら、問題ない範囲なら無視
問題が出るくらいうるさいなら交番に相談

824 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:24:30 ID:???
>>820
警察に通報しろ。

825 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:27:15 ID:W0FgV9WR
現代では国際的なバランスを考えて決定される。
たとえばイラク派遣は佐官とかね。


826 :747:2007/05/31(木) 00:27:26 ID:TZ0jWcP0
皆さん回答ありがとうございます。

>>798
例えばT-2で会得した操縦特性の違いは
F-4やF-15で音速突破するとき役に立つんでしょうか?

827 :87 :2007/05/31(木) 00:27:58 ID:???
>>816
ああいけねぇ、将官限定の話か。ごめん、よく読んでなかった

将官ともなると、兵隊さんも普通は陣頭指揮なんてのはあまり望まないようだ
今時、将官の役割はそういうのじゃないし
後方で大局を見るなり何なり、自分の仕事してもらわないと兵隊さんも困るわけで

ただ、前線まで足を運んで不満とか聞いてくれたりすると、これはうれしいらしい
ちょっと質問の意図とは違うだろうけど

828 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:28:54 ID:???
>>826
まったく役にたたんね
バイクと車くらい違う

829 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:29:27 ID:W0FgV9WR
関係ない。
だから、カナダはピラタス →F18
    日本  T4  → F15、F2

830 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:30:39 ID:6o2i59Tc
何故、日本の戦闘機用エンジンは、アメリカなどの主要国と
比べて、今も昔も駄目なんですか?

エンジンさえなんとかなれば、米国製戦闘機に対抗できる国産戦闘機が
作れそうな気がするのですが。

831 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:32:20 ID:???
>>830
昔:基礎工業力、基礎技術力が劣っていた

今:国が航空機用のエンジン開発を疎かにしていた

832 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:33:06 ID:???
航空機産業が盛んじゃないから

833 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:34:39 ID:???
>>831
日本はアメリカと違って、航空産業がさほど重要じゃないから。

834 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:34:47 ID:W0FgV9WR
>>830
技術的は自動車のエンジンが世界一であるように
国力=工業力では引けを取らない。

経験値(バトルプルーフ)の違いだけ。
大戦中はエンジンの歴史の浅さ。
現代は戦闘機開発のブランクと生産数量と実戦経験の差



835 :816:2007/05/31(木) 00:36:22 ID:CZdmyiq5
ありがとうございます。何度もすみません。

帝国海軍を例にとると、伊藤整一第二艦隊司令長官は、
自ら戦艦大和に乗り組み、海上特攻の陣頭指揮をとり、
沈没に際しても、脱出せず戦死していますが、
この場合は、旗艦に乗り組む責務があったのでしょうか?

836 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:37:58 ID:???
そもそも大和からして無駄無駄無駄

837 :830:2007/05/31(木) 00:39:12 ID:6o2i59Tc
>>834
>現代は戦闘機開発のブランクと生産数量と実戦経験の差

戦闘機の性能ならそれも言えるが、エンジンではそれは当てはまらないと
思いますよ。
米に比べて低推力のエンジンしか作れないのは、単純な努力不足だと
思うのですが。

838 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:40:51 ID:???
思うのは自由だけど、ここは自分の意見を述べるところじゃないから・・・


あと、もう一つ
エンジンだけ何とかしても、アメリカに伍するような戦闘機なんて
ステルス技術だけでも何十年も置いていかれてるんだから
まぁ、当分無理だよ

839 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:41:07 ID:???
ジェットエンジンの技術の特許を色々とアメリカに押さえられていて新規の開発が非常に難しいという話を聞いたことが有るような、無いような・・。

840 :834:2007/05/31(木) 00:41:27 ID:W0FgV9WR
補足
大戦中はレシプロエンジン=自動車と同じ構造
だったので自動車歴史の差がもろに出た。
でも今は自動車エンジンは日本が上。

現代の戦闘機はターボファンが主流。
これは純粋に飛行機生産数量の差だけど、
タービンの技術自体は発電所から船、
など、日本の技術は世界的にトップレベルだよ。

戦闘機を作る技術は十分備えているから安心してね。


841 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:42:22 ID:???
>>837
持論を展開したいなら派生議論へどうぞ
ttp://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1180455588/

842 :830:2007/05/31(木) 00:43:43 ID:6o2i59Tc
>>839
その特許を無視して、同じものを作れば良いのでは?

>>840
レシプロ戦闘機なら最強ですね。レシプロなら・・・

843 :747:2007/05/31(木) 00:44:01 ID:TZ0jWcP0
つまるところ、超音速練習機はどういうニーズで作られたんでしょうか?

844 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:44:48 ID:W0FgV9WR
F1が低出力だったのは官僚が周辺国に遠慮して
設計要求値を下げだけの話。技術の問題では
ありませんよ。


845 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:46:25 ID:???
>>835
勘違いしている。

伊藤中将は実際に作戦を行う艦隊の指揮官だったのだから、旗艦に乗り込むのは当然の事。

豊田大将が「陣頭指揮」したのなら、今までのレスの流れに(是非や意義)沿ったものになるだろうけど。

846 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:48:59 ID:???
エンジンだけすっごーーーいのが作れれば優秀な戦闘機が一丁上がり、
というわけにはいかないしな。

847 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:49:42 ID:4TpQY9es
本当に現代の空中戦で戦闘機に機動性は必要なのでしょうか?

強力なレーダーとECM、電子機器、高性能な管制機器を搭載すれば十分な気がするのですが・・・・・

848 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:49:48 ID:???
>>842
だったらコピー機作るのに特許にあれだけ苦しめられる事はなかったでしょうに。
中国を見れば分かりますが、特許侵害を平気でする国と誰も技術交流をしようとはしません。
それは結果として技術革新を遅らせる事になります。
戦時中、日本は世界の国々との交流を絶った為に様々な分野で遅れを取る事になりました。
これと同じ事を繰り返すつもりですか?

849 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:50:29 ID:???
>>835
当時は2Fの司令官だからね伊藤中将は。
指揮下の艦隊を率いて出撃しなければいけない立場。

GFの司令長官が一緒に行くとか言うことになるとまた変わってくるが、
2Fのトップだから無理な命令でも正式な命令であれば、艦隊を率いて行くしかない。

850 :830:2007/05/31(木) 00:50:30 ID:6o2i59Tc
>>846
それはわかってます。
ただ、現代の日本の場合、あとエンジンがなんとかなれば、
米に頭を下げる必要が無くなるんですよ?

851 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:51:36 ID:???
>842
>その特許を無視して、同じものを作れば良いのでは?

「おまえ、あたま、だいじょうぶかえ?」

852 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:52:12 ID:L/3W8IRj
2007【大東亜会議】
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/asia/1175832060/

853 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:53:16 ID:???
>>850
あのですね


そういうもんだいじゃないというか、あなたあたまだいじょうぶですか?

854 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:53:38 ID:???
>>835
だって、旗艦に司令長官が乗らないとその船は旗艦じゃないので。
陸戦や空戦でなく海戦まで入れると、中将クラスの将官がゴロゴロ戦死してるぞ。

855 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:54:02 ID:???
>>847
40年前同じこと考えて戦闘機開発、整備していた国の空軍がインドシナのジャングルの
上空で、ろくにレーダーもついてない、兵装は機銃だけの旧式戦闘機相手にボコボコに
された。

そういうものです。

856 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:54:24 ID:???
家系図を作るにあたり、戦死した先祖や親戚の軍歴を知りたいと思っています

靖国神社でデータベース化されているそうですが、
いきなり行って当日その場で検索してもらえるのでしょうか?
また、どこを訪れればよいのでしょうか?
(公式サイトを見ても、データベースが完成したことが書かれているのみで
 どこへ行けばよいのかよくわかりませんでした)

857 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:55:16 ID:???
>>850
特許や技術論文を読める人間ならば判るが、
どんなモノでも、特許や論文だけではモノは造れない。
特許に書いていない付随するノウハウも同時に習得する必要がある。
コピーの難しさはこういうところにもある。

858 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:56:02 ID:???
>>856
まず、夜が開けて,靖国神社へ電話しろ.。

859 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:57:48 ID:???
軍需産業が儲からないって本当ですか?

860 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 00:57:58 ID:W0FgV9WR
>843
大戦後は朝鮮戦争でF86がデビューしました。
これはムスタングの機体をジェット化、後退翼化しました。
格闘戦闘では最強だったのと同時に急降下条件テストにおいて
ではありますが、超音速を達成してました。いきました。
また、大型爆撃機を早期に迎撃するというニーズもあり、
軍部では次世代は「超音速、無人化」と考えて、F104
といういわゆる「最後の有人飛行機」を開発、一気にマッハ2
の世界へと進んで行きました。当時は超音速は未知の世界だったの
で、当然練習機も超音速である必要があったのですが、ベトナム
戦争を経てミサイル万能論が机上の空論で、格闘戦闘は亜音速
で行われるという物理的、生理的な制約が証明され今にいたりました。




861 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:04:56 ID:TZ0jWcP0
>>860
>超音速は未知の世界だったの
>で、当然練習機も超音速である必要があった
これは>>828-829で否定されるのではないですか?

862 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:05:01 ID:???
>>850
乱暴な言い方になるかもしれんが
今のおまいさんに材料と設計図と工具と加工機械をあげて
同じのを作れと言われたらできると思うか?
まず加工機械をどうやって使うかとか材料にはどのような性質があるのかとか勉強しなきゃいかんし
設計図読むんなら英語力もかなり必要
さらに細かく言うと高精度に材料を加工できる加工機械も調達する必要がある

863 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:06:02 ID:???
>>859
利益がでてなけてれば企業が存続できるはずないだろう

言っとくが、それと軍産複合体が戦争を起こす云々という
話をごっちゃにするなよ

864 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:06:47 ID:???
>>859
FAQでもそれについての質疑応答はいくつも記録されてるし
そもそも軍需産業の定義は?ってところから不明。

865 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:07:39 ID:6eyv+Zk0
よく軍事板では「日本が南北朝鮮と戦争をやっても攻め込めない」という意見が多いみたいですが、
ではこれから日本が韓国北朝鮮を攻め落とせるようになるにはどのような法整備・軍整備が必要になってくるでしょうか?

>>859
そんなわけはありません。では、なぜ今現在アメ帝があんなに戦争ばっかりやってるのか
説明つきますか?

866 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:08:32 ID:???
>>865
もう一度テンプレを読み直せ

867 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:08:53 ID:???
>>859
嘘です。自衛隊にカップラーメンという戦略物資を製造,販売してる
某社は黒字決算です。

868 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:09:11 ID:???
>>859
戦争って他人がやってるところに頭突っ込むのは儲かるけど、
自分でやる分には儲からないモンなんだよ。

869 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:09:20 ID:???
>>844
いや、正直他のエンジンを載せるのは技術的にミリ

870 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:10:44 ID:???
>>865
今だってやろうと思えばできるぞ、朝鮮半島侵攻。

要は法整備や装備の問題ではないってこと。

871 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:10:48 ID:???
>>865
>>1-3を読んでください

とりあえず、そういう投機的、かつメリットのほとんどない無謀な戦略を支持する政党が
政権をとる所から始めないといけませんので、まず政治板でお願いします


872 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:11:17 ID:???
>>859
日本では軍関係部門が儲かるようなコスト体系になっている。
しかし会社全体で儲かっているかどうかとは別の話で、
他の部門の製品の赤字をカバーするようなコスト体系になっている場合もある。
軍需産業のと一口に言っても、その内実はよく判らない。

873 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:14:00 ID:jji3geRd
>>859
いつ何がどれくらい必要になるのか分からないため市場動向を読むのが非常に難しいという意味では
楽な商売ではないようです。平時にはぎりぎりまで絞った買い物しかしてくれないわ、
有事なればあるものが爆発的に必要になるかと思えば、それのとばっちりで他のものが売れなくなるわ。

また、比較的技術力が求められるため、ある程度体力がある企業じゃないと手を出しにくい分野だと思われます。

874 :830:2007/05/31(木) 01:17:24 ID:6o2i59Tc
回答してくださったみなさん、ありがとうございます。


別の質問ですが、らき☆すたのOP、もってけ!セーラーふくを
紅白歌合戦で出すことは可能でしょうか?
軍オタの冷静な分析をお願いします。

875 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:17:46 ID:c+vDnatB
兵器のインターネット等で公開されている性能は、

1.強さをアピールするためにある程度誇大に表現してある。

2.軍事機密なので実際はデータ以上の能力があるが、あえて低めにしている。


どちらでしょうか?

876 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:18:24 ID:goZLP0er
もしも真珠湾攻撃が、奇襲じゃなくて、気がつかれたとしても
あちらにはまともな対空砲が無いわけだし、機動部隊は離れてるし
仮に現われても経験ないし、ぶっちゃけ関係ないですよね?
史実より多少損失が増えるだけで結果、同じですよね

つーか敵戦艦が湾外に出て、そこで沈むんだから、再利用ないから、むしろ史実よりいいかも

877 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:21:33 ID:???
>>874
何でここで答えなきゃいけないのか解らんが、NHKの番組じゃないから
無理だろね。

そのうち「NHKのど自慢」でコスプレして歌う人くらいは、出るかも
しれないが。

878 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:22:33 ID:???
>>875
どっちもやってるだろうね。

潜水艦の公開スペックが自衛隊含め適当でウソだらけなのは結構知られた話。

879 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:23:31 ID:d3mLA5Hy
>>876
船が動いているし、戦闘機もいる

880 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:23:43 ID:jji3geRd
>>875
3、細かいオプションや電子戦装備など機密性の高い装備を除き、
基本性能は概ね実際の値が示されている

881 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:24:42 ID:???
なら全部正直な数値を出しても問題ないじゃん

882 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:25:26 ID:???
そのへんは偉い人が考えることなので

883 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:26:27 ID:???
>>866-871
読み直しましたが、特に問題があるとは思えませんでした。

以後の世界情勢次第では十二分にありうると思ったのですが、では単純に
軍痔的な面だけで結構ですので、お願いします。

884 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:26:30 ID:jji3geRd
>>876
まともな対空砲はあるわ迎撃機もあるわで2次攻撃隊はそこそこ損害を出してます。
また、レイテの戦例など考えますと、航行中の多数の戦艦を撃沈するのに、
第一航空艦隊の戦力だけで十分だったか、検討の余地はあるかと思われます。

885 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:36:33 ID:???
>>883
痔もちは、軍人的にいろいろ不利だよ。


886 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:37:36 ID:goZLP0er
そですか・・・

887 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 01:55:49 ID:???
>>850
ちょーむつかしいからムリ。

つか、まともにコピーするにはそれを作れるくらいの技術力がいるからね。
リバースエンジニアリングにしてもバカじゃできないよ

888 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 02:11:08 ID:CIQj0Dm9
押忍。失礼致します。武道板から参りました。
軍隊では、軍人用の格闘技を修練すると聞いております。
そうした軍隊格闘技に、各国がどの程度の予算を投じているのか、
それを知りたくてうかがいました。

武道板で軍隊格闘技にくわしいと称するコテハンいわく、

>最新の運動力学や生理学に基づきつつ、諸国の伝統武術の要素を取り入れて、
さらにTOPクラスの科学者が億以上の予算で研究した上での結論なのに・・・・。

だそうなのですが。
スレ汚し、失礼致しました。押忍!

889 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 02:18:35 ID:???
>>888
答えを聞かず帰る気か君は。
まあそうした方が良さそうだが。

890 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 02:23:24 ID:kDf3uXB6
中国=軍事大国と主張している人達が居ますが、
核抜きで考えれば、日本と中国全面戦争が起きても、
沖縄辺りまで攻めてくるのが精一杯なんじゃないですか?

人民解放軍の正規軍が、日本本土上陸に着上陸するなんて
無理だと思うのですけど。


891 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 02:33:22 ID:???
>>890
沖縄本島に攻めてくることすらできんだろうな。
そういう意味では、日本と大陸中国が「全面戦争」になることはない。
してくてもできないから。お互いに。

ただ、大陸中国は核兵器を持っていることを忘れないように。
もし万が一大陸中五項との関係が破綻して戦争になった時、「核抜き」に
なる保障はどこにもない。

892 :891書き直し:2007/05/31(木) 02:34:10 ID:???
>>890
沖縄本島に攻めてくることすらできんだろうな。
そういう意味では、日本と大陸中国が「全面戦争」になることはない。
したくてもできないから。お互いに。

ただ、大陸中国は核兵器を持っていることを忘れないように。
もし万が一大陸中国との関係が破綻して戦争になった時、「核抜き」に
なる保障はどこにもない。

893 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 02:52:46 ID:???
>>888
それなり。
つか、常識的に考えて格闘なんかよりも銃で撃ったほうが人は簡単に殺せるわけです。

でも、銃の間合いよりも接近されないとも限らないから近接格闘訓練をどこの軍でもやってます。
自衛隊ならば自衛隊徒手格闘や自衛隊銃剣格闘や自衛隊短剣格闘なんてのを学びます。

どれくらいの予算をかけているのかは明確ではないですが、
たとえば自衛隊だったら市街地訓練でこの種類の格闘を訓練するそうです。

894 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 03:04:32 ID:???
>>890
結局は半島の出方しだい。
韓国や北朝鮮がついた側が
法則で敗北する。

895 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 03:10:35 ID:???
法則とかそういうのはハングル板でやってね

896 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 03:17:19 ID:???
>>894
法則とかいうアホチンはハン板にお帰りください。
おながいします。

897 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 04:08:19 ID:goZLP0er
原爆の一発目について質問です、二はつ目長崎は規模と気候から妥当かなと思いますが
一発目は純粋に軍事的見地で言えば少し離れた呉に落とすべきだと思うんだけどどうなんでしょうか?
アメリカ、いかに人体実験したいかわかりますよね、アメリカは犯罪国家、確定ですよね

898 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 04:09:19 ID:???
>890
台湾取られたら、海軍出入りし放題だし、空軍の警戒網ないし、一気にやばいお

899 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 04:18:41 ID:???
>>897
広島は陸軍の司令部があったので。

呉もそうだが、日本各地の軍港は
*もし日本本土上陸することなく日本が降伏した場合、即座に接収して米軍自身が
 使う
*既に日本艦隊は壊滅しているので、軍港を破壊することには意味がない
と言った見地から優先攻撃目標から外されていた。

 機雷による封鎖と港外に潜水艦を待ち伏せさせての半封鎖は行われていたが、
軍港自体に戦略価値はもう無いと言う見解だった。

 なお、長崎に落としたのは第1目標の八幡の製鉄所が悪天候で捕捉できなかった
ので、というただそれだけの理由による。

900 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 04:20:01 ID:???
>>897
広島には本土決戦に備えた第二総軍司令部が所在。
更に戦前から軍都と呼ばれる都市だった訳で。
もっと言えば呉は艦載機の襲撃によって大きな打撃を受けていた。

それは原爆の非人道性と関係は無いが軍事的見地から言えば広島と長崎は重要目標ではあった。

901 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 04:28:50 ID:goZLP0er
おお、こんな夜中に、まぁ自分でも納得はしてましたが、やはり腹が立つなぁ

902 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 05:25:18 ID:wk3UyE2a
朝っぱらから失礼。
愛知の立てこもり事件で犯人が使ってたとされる、ルビー・エクストラってどんな特徴を持つ拳銃?

903 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 06:56:37 ID:???
2ch初期は軍事諜報板という名前でしたが、諜報の方はどうなったの?

904 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 08:18:35 ID:SATsoLm3
>>902
スペインLlama(ヤマ)社によって作られたS&Wリボルバーの安価なコピー品。
品質は低い。

905 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 09:28:16 ID:???
>>861
まあ少し読んでもらえれば判るが>860は大きく間違っている。
まず「最後の有人」云々はultimate manned fighterを訳した日本だけの表現とされている。
無人化を目指した結果は50年代のミサイル万能論になる。
音速飛行への適応はまさしく「亜音速機の降下」でも可能だし、実際に搭乗予定の戦闘機の
復座型でも可能。

T-2の場合、田中政権下で国産機を作ることが目的化した感がある。
ただ、日本ではF86からF104への機種転換の困難さが予測された。
T-38は要するに超音速機が必要かどうかが定まる前に作ってみたら使い勝手が良く
安価な機体が出来たと言うこと。


906 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 09:37:03 ID:???
>>859
儲からないと言うのは第2次世界大戦などの結果などからされる話。
・戦時下のインフレで契約金額では商売にならなくなる。
 契約を完了して再契約する時には開発コスト分のディスカウントを要求される。
・平時より過酷な労働やインフレによる賃金闘争
 アメリカの場合、親独派によるサボタージュやストライキに悩まされている。
・なまじ良い製品を開発すると大増産体制を敷くことになり、戦後の清算が大変。
 また新兵器開発が疎かになって戦後の兵器更新時に採用が取れない。
・第2次世界大戦の対日上陸作戦のように大規模な戦闘がまだまだ続くと考えて
 いたのに終戦してしまうと大量のキャンセルが発生する。

などで戦勝を祝いながら経営者は意外と儲からなかったんで内心どきどきしてしまう。と。
そう言った事例があるので、「軍需産業って意外と儲かりません」と言う人が居ます。
政権は関係ありません。
 

907 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 09:44:02 ID:MED+0hwe
ttp://blog.goo.ne.jp/shut_in_the_dark/e/29caa45dafe4c319e12b29c4ba147e59
>一番好ましいのは、全てを一括して防衛省が管轄することだ。
>治安維持、そして非常時対処まで一カ所で行われるのがよいのは言うまでもない。
>その遷移の状況から見ても、他部署で行われるほど不都合なことはない。

>警察、海上保安庁、自衛隊を同じ省庁で管轄すべきだ。
>現状では非常時に対処出来ない。
>この時期だからこそ、管轄の見直しをしてもらいたい。

軍板から見て、この意見はどうですか?
そうであるなら、軍と警察が完全に一緒になった国があってもいいのに、あんまりありませんよね?
軍警察や国家憲兵があっても、やっぱり国軍と地方警察は別にある、みたいな。
どうなんでしょうか。

908 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 09:53:08 ID:FDClFQkK
質問します

http://www.nikkeibp.co.jp/sj/column/o/83/03.html
現在、イラク戦争で命を落とした米兵は3000人を超えた。
しかも、最前線で戦う最下層の兵士の年収はわずか1万5000ドル(180万円)だ。
そんな低賃金で命をかけてまで、なぜ彼らは戦場に行くのだろうか。

(1)最前線で戦う兵士は最下層ですか?
(2)年収はこんなに低いのですか?
(3)他におかしな点があったら教えて下さい

909 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 09:58:44 ID:???
>>907
軍事以前の問題。
はやく社会に出て、仕事の多様性と専門性ってもんを理解しろと言いたい。

警察と軍隊とでは、武器を持っていることぐらいしか共通点がない。
同じクルマを使う仕事だから、運送会社とタクシー会社を合併させたら収益倍増
まちがいなし、ぐらいメチャクチャ。

910 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 10:01:15 ID:onhPxq+x
ターボプロップとガソリンレシプロを比べた場合に同一出力での燃費はどちらがどのくらい良いのでしょうか?

911 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 10:03:12 ID:???
>>910
その「同一出力」の数値による。あと巡航速度。
大型・高速になるほどターボプロップが有利。

912 :勘理人 ◆Ilfjq2eTG2 :2007/05/31(木) 10:06:12 ID:???
さーて、それじゃダイヤモンドとハイドレードもらっておくわ。

913 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 10:09:02 ID:???
お手を拝借♪ パパンがパン♪
だ〜れが殺したクックロビン♪
だ〜れが殺したクックロビン♪

914 :910:2007/05/31(木) 10:14:26 ID:onhPxq+x
>>911
出力は1500PS程度、巡航速度は500Km/h前後位を想定してました

915 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 10:18:19 ID:qFNTuons
兵器は万能性より特化型じゃないと駄目だそうですけど、
具体的にはどう駄目なんでしょうか。

916 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 10:28:03 ID:???
>>915
ものによる、としか言いようがない。
むしろ戦闘機などは、高コストのせいでマルチロール
という万能性が求められるケースもある。

917 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 10:29:04 ID:???
料理するときに切る事に特化した包丁使うのと、機能が色々あるけど刃が小さい
十徳ナイフ使うのとでは便利さが違うでしょう
どんなに頑張っても特化型の方が性能良いし、特化型並に性能を良くしようとすると、
サイズがでかくなって重たくなってコストも増大します
(十徳ナイフでハサミや爪切り、缶切りなどが使いやすいサイズになったのを想像して下さい)

918 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 10:31:30 ID:qFNTuons
>>916
ああ、場合によるわけですね……。

>>917
分かりやすいです。
ちなみに刃物繋がりで中華包丁を例えに出しますが、
中華包丁って万能性が高いって良く言われますよね。
兵器の場合も単純な構造ながら広範囲な使い方ができるものというのが重宝されるものなのでしょうか。


919 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 10:35:06 ID:???
>>908
> (1)最前線で戦う兵士は最下層ですか?
 ややこしいな。最かどうかは兎も角現在では下層出身者が多いというのは一応ある。
ただ、最前線に居るのは2等兵(一番下の階級)だけの部隊ではない。指揮官である大尉(キャプテン)以下
いろんなクラスの複合体。
> (2)年収はこんなに低いのですか?
 200万くらいだったと思う。正確には180万円台なのかな? まあそんなものかと。手当ては別だが。
日本の二士(駆け出しの兵隊)はもっとあるけどね。
日本と違って米国で暮らす分には、兵隊への割引が日本の学割以上に発達しているので、
金額以上の価値はあるんだけどね>兵隊
そういう意味では自衛隊の2士くらいにはなるかと。
どっちも、やろうと思えばどんどん貯金が増えていく(衣食住費用がほぼゼロなので、無茶したら給料ほとんど貯金も可)
つまり、民間アパートに住む派遣社員で年収400万と同水準?(自由は無いがw)
> (3)他におかしな点があったら教えて下さい
 自衛隊を使わずに民間で・・・と言っているが、 ここの部分が下のほうと矛盾。
結局はカネに困ったトラック野郎等下層の人間を、自衛隊員のような「保証」なしに使い捨てにすることになる。
政府としては、そのほうが結局は安くなる可能性が高い。単価は高くとも保証がいらないからね。


920 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 10:35:23 ID:???
もちろん。
汎用性の 全 く な い 兵器は、本当に特殊なごく一部の任務にしか使えない。
一定の汎用性を確保した上で、使用目的に応じた特殊性を与えるのが理想。

なぜなら、兵器が開発時に想定されたのと全く同じ状況で使用されるケースってのは滅多にないから。
何かしら想定外の事態が発生するもの。
それに対応できる能力はやはり必要なのだよ。

921 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 10:37:23 ID:???
>>918
中華包丁って万能性が高いかな?
中華料理を作るには便利だと思うが、
あれで魚を捌いたり刺身を切ったりするのは難しいだろ

戦闘機とかは、もともと高くて何機もそろえられないってのがある

922 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 10:40:01 ID:???
>921
きちんと使いこなす人にとっては魚を捌くも野菜の皮を剥くも自由自在だそうな。
柄本の分厚い刃は骨も断つパワーがあるし、先端の薄い刃は細かい作業をこなすとかね。

923 :915:2007/05/31(木) 10:41:57 ID:???
>>920
凄い納得しました。
ある程度の汎用性は組み込まれなければならないと。

>>921
言いませんっけ。
フレンチ料理人がペティやら大包丁を使い分けるのに対して
中華料理人はあれ一本で全部やるっていう話を聞いたんで。
でも、中華料理を作ることに特化した結果なのかもしれないですね。


924 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 10:44:40 ID:???
>>923
まあ、金があったら皮向きようにピーラー買う場合もある。
金があってもそんなに使う機会がなければ、包丁ですませることもある。

やっぱり費用対効果ってことに落ち着くと思うがね。

925 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 10:48:24 ID:???
>>918
 中華包丁は其れ1本で何でも出来るが、そうなるには熟練を要する。
でも、熟練した兵士さえ居れば、汎用の武器を持っていくだけで、いろんな事に使える。
実際、携帯できる武器の総重量ってのは限られているからね。
あとは、コストの事もある。例えば、対飛行機用の誘導ミサイルって高いのよ。
でも、それを対戦車にも使えるようにしておけば、汎用性は広がる。誘導を切ってまっすぐだけもいけるようにしたらもっと広がる。
敵陣の機関銃座やタコツボにも使える。しかし、兵がそればっかり持っていけるほどカネが有る軍は無い。
しかも、歩兵同士ならそれ専用(突撃銃)のほうが、強い。



926 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 10:53:11 ID:???
概ね同意だが
>歩兵同士ならそれ専用(突撃銃)のほうが、強い。
ここだけは語弊が。

突撃銃はある程度接近してから威力を発揮するのであり、
やはり小銃が最適解。

927 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 10:53:28 ID:???
なんでもそこそこ出来るものより特化したものの組み合わせ。

928 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 10:54:31 ID:???
>927
つ予算
つ携帯重量

そりゃそれができるなら一番良いけどねー・・・

929 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 10:55:09 ID:???
ふと思ったんだけど10000年後とか滅茶苦茶な未来ではそういった汎用性やらの前提は覆ってるんじゃね。
宇宙航行とか好き勝手やる時代だから膨大なコストが手に入ってるはず、ってのは素人考えか?

10000年後はどんな兵器が流行ってると思うよ。
白兵戦なんてしないと思うね。

930 :フェチ ◆kK77XB6/ug :2007/05/31(木) 10:55:20 ID:???
>>926
 ああ、ちと書き方マズったねw
一応・・・・距離が有る時はミサイルだが、近寄ると突撃銃のほうが、
っていうように取ってくれたら嬉しかったw

931 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 10:56:04 ID:???
>908
(1)一般的な見方とは異なり,米軍兵士はかならずしもアメリカの最下層の
連中でもないらしい.下の資料によれば,特に911以降は黒人の割合が大きく
減って,比較的裕福な層出身でかつ高校卒業資格保持者が同世代平均よりも
多いらしい.まあソースはヘリテージだが,読んだ限りじゃきちんとした
データに基づいて議論してる.英語が読めたら下の報告書でも見るよろし.


Stupid Soldiers: Central to the Left's Worldview
ttp://www.heritage.org/Research/NationalSecurity/wm1244.cfm

Who Are the Recruits? The Demographic Characteristics of U.S. Military Enlistment, 2003–2005
ttp://www.heritage.org/Research/NationalSecurity/cda06-09.cfm#_ftnref15

なお兵士の人種構成に関して言えば,民主党系ブルッキングス研究所の
マイケル・オハンロンも同じ報告をしているので信頼が置けるかと.なお
オハンロンによれば,危険の高い戦闘職種(歩兵戦車砲兵)ではさらに白人率が
高まるそうだ.つまり貧乏人やマイノリティがイラク戦争で死んでるってのは
必ずしも正しくないってことだな.

あとマイケルムーアの華氏911では議員の子供が軍に入っていない,ということ
があてこすられたけど,現在はけっこう入ってる様で,去年の暮れに上院議員
の息子がひとり戦死してた.また現在最もタカ派のマケイン上院議員の息子も
海兵隊に従軍してるわな.


(2)見た目の年収は低くても,その他の特典がかなり重要だったりする.
例えば家族分を含む健康保険とか.アメリカは日本と違って国民保険が
ないし,民間の健康保険が無茶苦茶高いのでけっこう大事.あと最初に
もらえる契約金が最近はかなり高かったはず.あとは任期満了後の教育奨学金
とかもわりと高いんじゃない?

932 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 10:58:12 ID:???
>929
素人考えだね。
だってさ。
今でも塹壕での白兵戦なんかで最も多用されるのはスコップとかの鈍器なんだぜ?
小銃持ってても射つのではなく棍棒のように殴るのに使っちゃう。
それこそ原始時代から変わってないんだわ。
1万年後であってもそういう根本の部分は必ず変わらず残る。

933 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 11:00:55 ID:???
>>932
そうか?
だって宇宙戦艦とかが横行してる時代だぜ? 多分。
波動砲的な超遠射程の戦闘が主流になって、白兵戦になる前に相手をどうやって消滅させるか、とかになるんじゃね?


934 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 11:02:50 ID:???
ブルパップ式小銃の難点にいまだに「咄嗟のときに殴りにくい」が出てくるもんなぁ

遠未来のことは他板か創作スレにでも行ってやってくれ。

935 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 11:03:17 ID:???
はい、これ以上続けたいなら、そろそろ派生でね

936 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 11:04:51 ID:o8+DMFKl
>>926
突撃銃(アサルトライフル)って小銃の一種だと思ってたんだけど違うのかな?

937 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 11:05:11 ID:???
>>933
おいおい
仮に宇宙での戦闘が主流になったとしてそれが白兵戦撤廃の理由になぜ繋がる?
戦うのが人間である以上、要人暗殺や格闘技術は失われないだろうし
人間同士のガチバトルは無くならないと思うぞ。
その手段として強化外骨格とかが開発されて夢がひろがりんぐかもしれんが。

938 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 11:05:48 ID:???
>929
「第三次世界大戦でどのような武器が使われるのか
私にはわからない。しかし、第四次世界大戦は石と棍棒で戦われるだろう」アインシュタイン

939 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 11:09:11 ID:???
>>937
装甲擲弾兵ktkr

宇宙船全盛の時代になっても臨検とか接舷戦闘はありそうだしな
どっちにしろ派生に行くか

940 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 11:09:22 ID:???
他 で  や っ て ! ?   ね え ! ! 


941 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 11:10:14 ID:???
100世紀後も人間は戦争してんのか……どうしようもねぇな

942 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 11:17:12 ID:???
>>940
ちょっと怒っててワロタ

943 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 11:25:14 ID:???
>>941
それは100世紀先まで俺たちがいるってことか。

944 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 12:00:28 ID:???
>>936
小銃⊃自動小銃⊃突撃銃
だな。

小銃だけど自動小銃じゃないのはいわゆるボルトアクションライフル(Kar98kとか三八式とか)で、
自動小銃だけど突撃銃じゃないのがフルサイズのライフル弾を使うやつ(最近はバトルライフルという。M14とかG3とか64式とか)。

945 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 12:10:42 ID:RDTdAmyK
東南アジアの軍事的盟主ってあるんでしょうか?
あるとしたらタイかインドネシアでしょうか。

946 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 12:16:27 ID:???
>>945
インドネシアは東南アジアではならず者国家扱いだった(今はそうでもないけど)

947 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 12:17:30 ID:???
中華包丁な兵器っていったらF-15やF-16、
仕様によって違うけど正規空母にイージス艦に潜水艦なんかが挙げられないかな?
あとC-130シリーズみたいな
キエフ級はちょっと違うか

>>945
つ「アメリカ」

948 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 13:36:27 ID:WxGKJ8iM
馬に乗ったままだと普通の長さのライフル銃は撃てないの?

949 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 13:44:39 ID:???
撃てないこたない
でも撃ちにくい

950 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 13:45:09 ID:???
その為のカービン銃です

951 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 13:48:01 ID:???
質問ですが、
質問スレの質がめちゃめちゃ下がっているように見えるのは
気のせいでしょうか?

952 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 13:49:01 ID:???
ではあげましょう。

953 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 13:57:45 ID:5/oMpTDV
951>
質問するときは、i Dをだすというテンブレを読んでないあなたがその答を自分で体言してますな。

954 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 13:59:46 ID:???
別に他人に成りすましされても平気なので
IDを出す必要性を認めません。

955 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 14:41:00 ID:???
>>948
騎馬状態だと、正面に馬の首っていうえらく邪魔なものがあるからな。

956 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 14:58:02 ID:???
>>955
馬の首ぐらい、貫通できませんか?

957 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 15:00:30 ID:ezLAE7XD
私が中学生の頃の話ですが、
旧ソ連海軍のオスカー2型戦略原潜は両舷に海水入りのチューブが入っていて
Mk48魚雷を三本打ち込んでも沈まないといわれいました。
子供心にすごいなーと思ったのですが

その後オスカー2型が継続して建造されている様子がありません。
これは単純に海軍予算の問題なのでしょうか?

またこれ以外の原潜でも同じような構造を採用しているのでしょうか?

958 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 15:07:42 ID:???
>>956
おまいは馬から射撃する時はいちいち自分の乗った馬をヌッコロしながら撃つのかと小一時間(ry

959 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 15:08:47 ID:???
オスカーは両舷にSS-N-19の発射筒を持ってるけど、耐圧殻は一つだよ
他の原潜で複数の耐圧殻を持つ構造のはタイフーン型が有名

それと、オスカー型のようなSSGN(巡航ミサイル原潜)の役目は、
アクラ型のような多目的原潜が引き継いだ。

960 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 15:13:02 ID:???
11

961 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 15:16:29 ID:Pi5z89t+
行軍中の歩兵が背負ってるリュックの中にはどのようなものが
入っているのでしょうか?

なんとなく入ってそうなものを並べてみると、
レーション 水筒 コンパス 地図 マルチツール 双眼鏡
コンバットライト ライター 固形燃料
ブランケット 救急キット 防虫剤、
こんな感じなのですが……

962 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 15:27:46 ID:???
>961
雨具と寝具と着替えの下着が抜けているぞ。
それと石鹸とタオル

963 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 15:28:56 ID:wfK0Aion
失礼します。
昔の本を見ると、航空自衛隊の航空機に「らいちょう」とか「旭光」とか
愛称のついたものがあるのですが、今はそういうのやってないんですよね。

いつごろまで愛称をつけてて、他にはどんなものがあったんでしょうか?

964 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 15:30:44 ID:???
マルヨン以降は聞かんな

965 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 15:31:30 ID:Pi5z89t+
>>962
ありがとうございます

雨具はポンチョでいいんですかね?
あと寝袋と下着、石鹸とタオルですか。
行軍中も身体洗ったりとかするのですか?

966 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 15:31:35 ID:/id31H6t
最近各国でUAVの配備が伝えられていますが、北の某国がUAVを持ったときの
ことを思うとぞっとします、自衛隊はどうやってUAVの脅威から国を守っている
のでしょうか。

967 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 15:37:12 ID:???
>908
米軍のリクルートは高卒資格以上を対象とするため、学校にも行けない真に
貧しい階層は除外されてます。
ですが高校卒業者の過半数が大学・短大等に進学するのに対し、軍勧誘の主要
武器として軍奨学金制度があること(新規入隊者の90%が選択する)、その一方
軍務終了者で軍学費援助を受ける者は30%程度であり、在学中の生活費や学費
自己負担分を用立てできない、中間より貧しい層が主であると言えるかと。
給料は、米国民の10%以上を占める貧困層(年収1万ドル未満)にとっては
充分魅力的です

なお人種構成については、2000年まで25%を占めた黒人層が2005年には13%まで急落、
これを他の層(白人とヒスパニック,国外移民)層で補う状態となっています。
理由については黒人層に広まる政治不信、白人支配層との対立意識の盛り上がり、
分化するアメリカの一側面といった見方がなされてます。

968 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 15:37:16 ID:???
>>966
UAVは渡洋攻撃に使うものではない。(使えない)
なので海の向こうの国がUAVを持っても、単体では大した脅威にはならない。


969 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 15:42:10 ID:???
もし航続距離ぎりぎりから必死こいて飛んできたとしても、
警戒網に見つかって危険そうだったら撃ち落とされて終わり

970 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 15:42:45 ID:/id31H6t
>>968
ありがとうございます。少し安心できました。

971 :勘理人 ◆Ilfjq2eTG2 :2007/05/31(木) 15:51:45 ID:???
>>968
不良狩り「不審な車に乗ったヤンキーや、ヘボバイ貧弱暴走族が、白バイ警官に勝てるわけないでしょ」


972 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 15:56:24 ID:???
ましてやパトカーに勝てるわけwww

973 :勘理人 ◆Ilfjq2eTG2 :2007/05/31(木) 16:00:25 ID:???
怖いなあ、核が怖いんじゃなくて、核相手に喧嘩を売るなんてバカなことを考える奴が怖い。
要するに、どうせクビだから他の連中も一緒に玉砕しろということですね。
やっぱり、中途半端はいかんよね。


974 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 17:06:41 ID:q3LhtEaR
レバノンでも第四次中東戦争でもその前でも
小さな国で総人口でも全軍の数でも劣るイスラエルが馬鹿みたいに強い理由は
1:イスラエルが長年続く戦争により、粛清から立ち直った赤軍みたいに実戦で鍛え上げられたから
2:アメリカのバックアップがあるので資金に困らず、優秀な兵器を買いまくれる
3:周りが弱い

これであっているでしょうか?


975 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 17:14:24 ID:???
>974
あんた赤軍にどーいうイメージ持ってんだ?

976 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 17:24:26 ID:q3LhtEaR
>975
粛清でズタボロになりながら緒戦で大敗したが、
ジューコフやヴァシレフスキー、コーニェフ等の将軍達の尽力や、ほとんど無限のような人的資源でドイツを打ち破ったと言うイメージです。
『赤いツァーリ』に実戦で鍛え上げられたと書かれていたので、
あくまでたとえで赤軍を出しました。
おかしかったらごめんなさい・・・

977 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 17:33:06 ID:???
>>976
ソ連がドイツの侵攻に屈しなかったのは
広大な領土と厳しい冬といくらでも集められた使い捨ての兵士と
アメリカやイギリスの膨大な援助が主な理由。
実戦で鍛え上げられたのは確かだが、
国内や近隣諸国から任意なだけでなく強引に攫ってきた人達を人間扱いせず
後ろから機関銃ぶっぱなして無理矢理突撃させるわ地雷原を歩かせるわ
食料がなくなっても平気で放っておくわ後退を許さないで
だだをこねるガキみたいに現実を顧みない攻撃を命令するわ……。
間違ってもまともな軍隊じゃなかったぞ。

978 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 17:35:59 ID:???
>>918

えーと、中華の料理人は中華包丁一本で何でも〜ってのは単なる俗説で、
実際には目的に応じて多様な包丁が存在します。日本料理と同じですな。

スレ汚し失礼。

979 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 17:51:36 ID:???
何でも使えるってのはどっちかというと中華鍋のほうじゃないかと

980 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 17:54:03 ID:ftD9IEYe
Mig-29は局地戦闘機(今はどうか知らないけど)ですよね
じゃあ、航続力を捨てて、何を得たんですか?

それと、軽戦というのは、局地戦闘機的な扱いをされるんですか?
運用面で

981 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 18:00:06 ID:???
例えに中華包丁を使ってるのが軍事板らしくてワロタ

982 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 18:00:37 ID:???
>>976
それ以前にドイツがソ連を倒すという事自体に無理があった。
モスクワ前面に到達できたのでさえ奇跡というかかなり幸運な結果。

それに日米の国力差に比べればかなりマシだが独ソの差も結構ある。


>>980
軽量で安価

983 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 18:08:22 ID:aRdFzdOq
第一次、第二次大戦の時の飛行機って結構簡単に飛ばせそうなイメージだけど、
当時でも今のようにパイロット=エリート 貴重みたいな感じだったの?

984 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 18:12:00 ID:???
パイロット=貴族様

985 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 18:15:23 ID:???
第一次と第二次では飛行機の数も任務も違うぞ!
それでも、パイロットはエリート。ただ、採用される人数は今とは桁違い。
それだけに事故死する数も桁違い。

986 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 18:15:50 ID:???
>>977
>後ろから機関銃ぶっぱなして無理矢理突撃させるわ地雷原を歩かせるわ
>食料がなくなっても平気で放っておくわ後退を許さないで
>だだをこねるガキみたいに現実を顧みない攻撃を命令するわ……。
>間違ってもまともな軍隊じゃなかったぞ。

44-45年にもそういう面が残ってなかったわけではないが、
こればっかで勝てたわけではないので、その辺は留意な。
まともな軍隊の側面も生まれていなければ、人的資源に相当な損失を受けていた
44-45年は戦い抜けない。

987 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 18:17:12 ID:???
>965
歯ブラシ、トイレットペーパーも追加しておいてね。
毛布はリュックに括りつける。

それと衛生管理は軍の基本ですよ。
シャワーや風呂は無理でも可能ならタオルで水ぶきしたり洗顔したり。
虱まみれになったら伝染病が蔓延します 。

旧日本軍兵士も背嚢に手ぬぐい、歯ブラシ、石鹸を突っ込んでいますよ。

988 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 18:17:51 ID:q3LhtEaR
>>977.982
と言うことはイスラエルは全く逆の要因で勝ってるんですか?
使い捨てしない、兵隊は神様めっちゃ大事、ひたすら現実的などなど?


989 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 18:19:51 ID:???
兵士の命が何よりも大事だからな。<イスラエル
だからコーナーショットとか作っちゃうわけで。

990 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 18:27:12 ID:???
>>988
イスラエルとソ連軍は人名と言う観点では正反対に近い。
が、だからといって勝った要因まで正反対と見るのはどうかと思う。

991 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 18:30:51 ID:???
イスラエルはアメリカ様の後ろ楯はソ連と同じだが
国土に余裕がないし人口も限られてるし周りは敵ばかりなので

>使い捨てしない
そもそも使い捨てにできるほど余裕ありません

>兵隊は神様めっちゃ大事
貴重な熟練兵はマジで神様

>ひたすら現実的などなど?
思いっきり

992 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 18:34:45 ID:???
イスラエルは陸海空軍が対立してる余裕がない、ってのもありますね。
情報機関もそう。
実戦的じゃなかったら滅亡してます。

993 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 18:39:16 ID:???
最初の方がgdgdだったがな>イスラエル

994 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 18:41:07 ID:fZliYkka
>>980
得たのは安価=数そろえられる。

局地戦闘機。昔とは局地の範囲が違うが、基本的に拠点防空。

995 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 18:47:20 ID:???
質問です。次スレは何処ですか?

996 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 18:51:19 ID:q3LhtEaR
>>989-993
ありがとうございます。
なるほど、纏めると。
1:イスラエルはそもそもの前提条件でソ連と同じではない
2:周り敵だらけ、負け=滅亡なので国民の士気めっちゃたかい
3:人命を極限まで重視した戦術を行ってるウチに熟練兵多数
4:きわめて現実的な作戦を立てていて手堅い
5:陸海空軍、情報部が対立してる余裕なんてないので連携スムーズ
でいいでしょうか?


997 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 18:53:26 ID:???
イスラエルがどれぐらい優れているかという点だけじゃなくてアラブのソ連型ドクトリンにも目を向けるといいと思う。
「ソ連地上軍」とか読むといいよ。

998 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 18:56:10 ID:???
イスラエルの団結力の高さには宗教という要因もあるな
周りが全部イスラム系で自分達はユダヤ系(イスラエルにもイスラム教信者はいるが)
しかもクリスマスと正月を連続して祝う日本みたいな国と違って
お互いに世界有数な熱心さだからな
まあそれが災いして和平への道程が狂信者に潰されたこと数知れずなんだけどね

999 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 18:58:22 ID:???
>>996
いや第一次の時点で米軍やらソ連軍やらで戦っていた将兵がいくらか集まってた。
それも左官クラスまで居たり。

1000 :名無し三等兵:2007/05/31(木) 19:01:04 ID:???
勝手に立てちった。

●初心者歓迎 スレを立てる前に此処で質問を 376
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1180605632/

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

292 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)