5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

ドイツ帝国の分岐点はどこ?修正するなら

1 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 20:58:43 ID:???
ビスマルク退陣か、第一次大戦前の艦隊拡張か、シュリーフェン計画か、露仏同盟か、第一次大戦突入と敗戦か、ドイツが列強で生残るには。

2 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 21:00:07 ID:???
1938年にヒトラーがあぼん

3 :禿頭自営業 ◆kFPVmIKG7g :2007/09/01(土) 21:04:45 ID:???
惨状!

4 :名無し三等兵:2007/09/01(土) 22:19:27 ID:???
取り合えず、自分探さしの旅に出た皇帝を退位させてビスマルク朝を築く。

5 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 17:57:57 ID:???
独露再保障条約の破棄かな。

6 :名無し三等兵:2007/09/02(日) 17:58:51 ID:???
あ、破棄したのが失敗だったって意味ね。破棄しないように修正する方向で。

7 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 14:39:36 ID:???
そもそも1871年の時点で統一しない。

莫大なドイツ人全てを食わせて行けるための農業生産力が無いし
鉄やら石炭やら売ろうにも植民地競争に出遅れ市場が無い。

各領邦諸国は英仏墺露の各列強に追随しおこぼれに預かり
ついでに旧ドイツ騎士団の子孫を中心とした諸外国の民族ドイツ人が
それぞれの国で有力な民族集団となることによって
いわば後のイスラエルのようなロビー活動で狡猾に生き残る。

英国の没落と米の台頭によって植民地型ブロック経済が終焉し
少なくとも欧州域内において自由経済が発達したら
その時初めて統一すればよい。

8 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 14:45:26 ID:???
イタリアにも言えるな、日本は鎖国でもう手遅れ無理だが

9 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 15:24:32 ID:???
>>8
イタリアはムッソリーニ以外に欧州の覇権を握ろうなんつー
大それた野望を抱く奴はいなかったし、
そもそも加工貿易が無理でも農業生産力では自給自足が可能。

日本に打つ手が無い点については同意。
結果としては米に負けて良かった。

10 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 16:31:11 ID:???
フリードリヒ三世が長生き。

11 :名無し三等兵:2007/09/03(月) 16:32:06 ID:???
オーストリアハンガリー帝国の崩壊、オスマントルコ帝国の崩壊の二つ、第一次大戦が最後の分岐点3Bの崩壊でドイツは中東からの石油確保が不可能になり。
オーストリア帝国崩壊で食料と市場、文化的な繋がりのある同盟国を失った。
更にヴェルサイユ条約の賠償金でかなり経済、軍事力にハンデがあり歪になった。

12 :名無し三等兵:2007/09/05(水) 09:21:37 ID:???
>>11
>オーストリア帝国崩壊で食料と市場
ダウト!
そもそも墺が独の生産品を完全に消費しうる市場であるかどうかすら怪しいし
(消費できるなら新たな市場としての植民地を得る為戦争起こす必要ない)
地続きで食糧供給できるはずのWW1ですら「蕪の冬」で散々だったじゃん。
WW1の食糧不足はむしろ食糧供給上依存してた露仏両国を敵に回したからだろ

13 :名無し三等兵:2007/09/10(月) 20:25:16 ID:???
保守

14 :ドン・ウーゴ ◆eaYqa3SeLE :2007/09/10(月) 21:01:33 ID:???
オーストリアとスペインが両方ハプスブルクだった時代に
スペイン領北米の開発権をもらい、
北米にカトリック=ドイツ人植民地を築く

15 :名無し三等兵:2007/09/10(月) 21:29:10 ID:???
で、その後イギリス、フランスに奪われる。

16 :名無し三等兵:2007/09/10(月) 21:31:10 ID:???
最後に西海岸のカトリックドイツ人植民地がアメリカに併合されるに100万ペセタ

17 :名無し三等兵:2007/09/10(月) 23:00:36 ID:???
西海岸!?

18 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 13:11:33 ID:???
ま、史実でスペイン領、ついでメキシコ領だったカリフォルニアが
ドイツ領になるって設定なら西海岸で間違いあるまいよ。

事実WW1じゃメキシコに旧領回復をエサに対米参戦させようとした
「ツィンメルマン電報」が、ルシタニア撃沈と共に
米の対独参戦の主要な要因になってる訳だし。

19 :名無し三等兵:2007/09/11(火) 21:36:47 ID:???
その設定でアメリカに併合されたカトリックドイツ系民族の末路は果たして、南北戦争で南部連合にカトリックドイツ人の西海岸が南部連合に参加すれば。

20 :名無し三等兵:2007/09/12(水) 10:09:59 ID:???
>>19
史実どおり北米が勝って、ポーランド系やイタリア系同様
米国内じゃ「二級白人」扱いで終わりだろw

てかドイツ人って、'70年代以前の本国や
東欧諸国の民族ドイツ人の例を見る限り
厳しい環境下でこそそこそこ勤勉さを発揮し発展するけど
オーストリアしかり南米各国然りあるいは現在のBRDしかり、
衣食住が満たされると途端に怠け堕落する民族だしなw

21 :名無し三等兵:2007/09/12(水) 11:29:27 ID:???
>>20
ロシアやチリやブラジル南部のドイツ系住人は今も優秀ですよ

22 :名無し三等兵:2007/09/12(水) 11:58:06 ID:???
>>21
でもロシアやブラジルはともかくチリは発展したとは言い難い。
大体三国とも国の実権はドイツ系以外の民族が担ってるじゃないか。
要は東南アジアにおける華僑みたいなもんだろ。
後ロシアの場合は「ドイツ風の名前の」ユダヤ人の方が
エスタブリッシュメントに占める割合は多い。

片やドイツ系が幅を利かせた国を挙げるなら
ドイツ系移民の出であるストロエスネルが
40年近く長期独裁政権を敷いたパラグアイはどうなった?
ナチかぶれのペロン夫妻のアルゼンチンにおける統治は
今なお国を滅ぼしたポピュリズムの代名詞じゃんw

23 :名無し三等兵:2007/09/12(水) 13:52:39 ID:???
ボリビアの混沌の方が例としては適切かに思えますが。

さてスレタイがドイツ帝国である以上は1871年以降なんでしょうから
18世紀以前の問題は歴史難民板ででもやっていただくとしまして、
そうですねぇ……最初の分岐点はフリードリヒ三世の早世じゃないですかね?

24 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 02:35:16 ID:???
もっと前の、大ドイツ小ドイツでもめてた辺りじゃないの?

25 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 07:48:39 ID:???
30年戦争の内戦、かナポレオンに全土占領されて屈伏だろう、その後フランスは倍以上報復されたが。

26 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 09:38:08 ID:???
ハノーファー王国がサリカ法を撤廃し、
ヴィクトリア女王が英国とハノーファー両国の国王を兼ねる形で英独統合w
ついでにフランスを挟み撃ちにすれば後顧の憂いも絶たれて言う事無しw

27 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 12:09:25 ID:???
つまり、イギリス、プロイセン、オーストリアハプスブルクでフランスを封じ込めるか。

28 :名無し三等兵:2007/09/13(木) 16:20:39 ID:???
>>27
いや、>>26の場合、英国とドイツが一つの国になった結果、
史実における英国植民地及びシーレーン&海軍が
そっくりドイツの手に入るってのがミソであって
独英が別な国の場合、国益上の対立が解消されない限り
その構図は不可能に近い。

で、植民地の再分配を求める独にとって
再配分の対象足りえ、かつ独にとって有益な既存の植民地は
たいてい英仏の唾が付いてる訳で、
その意味じゃ英仏の利害は一致している。

29 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 03:32:19 ID:???
保守

30 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 03:44:18 ID:???
イギリスとドイツを一つに、イギリス&ハノーファー、プロイセン、バイエルン、オーストリアハプスブルク帝国、を団結させるのは絶望的だなオランダ辺りも加えると更に。
まあナポレオン戦争から歴史改変でナポレオン帝国フランスがスペイン&ポルトガル、イタリア、南ワロンのラテン民族支配化で生き残った場合なら、英普墺の団結で英独統合の可能性は有りそうだが。


31 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 03:54:36 ID:???
スレの内容変更、神聖ローマ帝国(ドイツ第一帝国)時代の分岐点、宗教戦争、三十年戦争時代から追加。

32 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 04:06:50 ID:???
@ウィルヘルム2世皇帝がマハンではなくマッキンダーを読んで、海上覇権に挑まず、
ロシアの工業化に対する予防戦争に集中する。西側では守りに徹して、史実では
1915年夏にロシアで得た戦果を緒戦で得る。第2次攻勢でエストニア・キエフ・
オデッサの線まで進出する。講和に必要ならキエフは返してよいが、白ロシア人と
ウクライナ人の衛星国を樹立して、ポーランド人と対立させる。フランスを黙らせる
ために必要ならアルザス・ロレーヌを放棄する。
Aあるいは、1917年11月に西側連合軍が第3次イープル攻勢に失敗した時点で、
以上の条件での講和をロシア革命政府に強要して、西側での占領地とアルザス・
ロレーヌと海外植民地と引き換えに西側と講和する

33 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 04:29:44 ID:???
つまり後の伍長閣下のやり方をウィリーが第一次大戦でやるか。
東欧の地域覇権国で20年間は持ちそうだが、民族的にはウクライナとベロルシアはロシアだし、ロシアの恨まれるな。
ポーランド、ベッサラビア、コーカサス、バルト三国、フィンランド、辺りなら民族的に異なるけど。

34 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 00:00:57 ID:???
伍長閣下とSSに妨げられたアルフレート・ローゼンベルクの東方政策ですな。
ウクライナ人インテリはロシア帝国のウクライナ語禁止令に反発してた。
ドイツ帝国は東欧の覇権を持っている間に核抑止力を開発できるかな

35 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 02:27:54 ID:???
国家元帥とカイテルにザウケル、それにボルマンとコッホもお忘れなく>ローゼンベルクの反対者



36 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 04:46:23 ID:???
フリッツ・フィッシャーの『世界強国への道』
(岩波書店から2分冊で、絶賛絶版中)が
そのあたりについての基礎文献と思ってたんだけど

37 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 00:10:15 ID:???
70年代から前の良書は絶版で80年代より後の良書は未訳というのが多いよね。

38 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 23:38:20 ID:y/e1Ustn
アメリカ合衆国の公用語がドイツ語になってればよかった

39 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 00:05:48 ID:???
ティベリウスがライン川を越えて帝国を拡大していれば・・・。

40 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 00:26:08 ID:???
分岐点は日露戦争では?
それまで米英露でバランスがとれていたけど、
ロシアが脱落した事により、
英米にとってドイツの戦略的価値が激減した。
この後、英米を離間させる策があればなんとか・・・

41 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 01:04:05 ID:D09R6cFw
第2次大戦直前で寸止めするのが宜しい。
ミュンヘン会談で認められた所領で満足していれば・・・

42 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 01:10:31 ID:???
駄目だなナチスドイツではいずれ財政破綻で自壊の恐れが高い、ミュンヘン寸止めではソビエトに攻め込まれ滅亡がオチだろが。

43 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 02:30:06 ID:???
つまりドイツ兵とポーランド兵が肩を並べて戦うんですね。

>>40
日英同盟に対抗して独米清三国協定を、という試みが1910年頃だったかにあったが、
辛亥革命でポシャったのは残念だったかもな。

44 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 04:01:56 ID:9mLgDR9b
>>41
確かに。
でもエヴァたんがウクライナのベーコン強請るから無理!

45 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 06:31:41 ID:???
>>41
寸止めしたら軍拡のツケで財政破綻してドイツ経済再あぼーん

46 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 08:23:33 ID:???
つまりヴェルサイユ条約後のナチスドイツでは死亡フラグが立っているから手遅れ絶望的。

47 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 11:16:05 ID:???
スレ違いだと思うが、
財政破綻と国家崩壊はセットじゃないし、
ソビエトに攻め込まれることと米英と敵対することも必ずセットではない。

48 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 11:25:54 ID:???
>>42
大粛清直後でフィンランド侵攻にも手こずった程度の赤軍が、わざわざ
飛び込んできて侵略者の汚名を着てくれるのなら、ドイツにとっては有難いのでは

49 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 13:03:50 ID:???
宥和派も自分たちの正しさが証明されたと大喜びだ。
対独援助して反共の防波堤にしようとするだろう。
ドイツにとっては悪くない展開だな。

50 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 13:57:55 ID:???
38年後半に伍長が暗殺されてれば多少はマシだったかもしれないけど、
それでも財政破綻は止められないっす
史実のドイツが占領地からの収奪経済で成り立ってたのは
ああでもしなきゃ戦争継続なんかできなかったわけで
伍長は内政なんか興味ねーぜみたいなこと言ってたし

51 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 14:07:25 ID:???
やはりな、ナチスドイツの場合財政的に自壊フラグが立っている。
ヴェルサイユ条約が最大に痛いこれで財政的に大ハンデだナチスドイツでは財政破綻で自壊死亡フラグが立っているから手遅れだな。

52 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 14:48:29 ID:???
黄禍論とかユダヤ排斥とか言い出すからだよ…
本音と建前は上手く分けろ

53 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 22:33:53 ID:???
>>51
米英の後ろだてさえあれば財政破綻だって超えられるわけだが。

54 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 00:54:03 ID:???
>50
それどころか内政上、国民への配給を滞らせないことが政治指導における大命題だった訳ですが。

55 :名無し三等兵:2007/10/06(土) 01:51:35 ID:???
>>50収奪経済を過大評価しているか、ナチ絶対悪のバイアスがかかっている。
ナチによるユダヤ及び東方からの収奪は国民士気に多大の貢献をしたが金額での
評価はほぼ無価値。なぜなら所有者が元来のものでも同等以上の経済価値があるからである。

だれかの書物で騙されていますよ。数学、経済学を勉強のこと。

56 :55:2007/10/06(土) 01:55:30 ID:???
米国のいわゆる「新植民地理論」を勉強して、「支配すれども統治」せず。

まあ、現代社会に多大の出血を見ていますが、先進国が優位性を保つには
米国のような鉄砲玉がいないと日本人とカンボジア人が平等になってしまうわけで、
諸君がバイトの稼ぎで世界漫遊には出かけられなくなってしまうわけですが。

57 :名無し三等兵:2007/10/06(土) 14:28:33 ID:???
結局のとこ、財政悪化は死亡フラグじゃないよな。
当時のドイツ企業の元気の良さは、収奪の結果なんかでは無いわけだから、
国家財政が悪化していようと経済的にはそれほど問題では無いわけで。

14 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)