5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

戦前の日本経済はどうなの 5

1 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 12:43:31 ID:PiT4Og9s
http://p2.chbox.jp/read.php?url=http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/army/1148643207/all
戦前の日本経済はどうなの4
http://www.eurus.dti.ne.jp/~freedom3/ww2-gdp-sai-axx.htm
第二次世界大戦前・戦中の主要国国力

○野坂參三君 私は、総理大臣の施政演説に対して、総理大臣並びに他の関係
閣僚諸君に、三点について、共産党を代表して質問したいと思います。
<中略>
 さらに、渉外局一月十二日発表によりますと、民間貿易について、昨年
九月から十二月までの四箇月の間に約九十万ドルの入超。さて、この輸出
を見ますと、問題は、新聞でいろいろ書きたてられた陶磁器あるいは竹細工、
いわゆる國産品的なもの、これは全輸出の中のわずかに一五%、ところが、
生活必需品や化学藥品、これが二六%、さらに重要なことは、日本の再建に
必要な機械とか金属類、これが三九%、そこで、生活必需品とか、あるいは
機械金属類を合計しますと、全輸出の中の六五%、われわれは、こういう
ものを輸出しておる。さて輸入は、何を輸入したかと申しますと、六三%
が羊毛と石炭です。(「食糧はどうだ」と呼ぶ者あり)食糧は、これは別個
の問題であります。別個の勘定です。こう見ますと、この統計だけ見ましても、
われわれに絶対に必要なものが相当出されていま羊毛というものは緊急な
物資ではない、こういうものがどんどんはいわれてくる、こういう状態に
なつております。こういうことをわれわれは考えた場合において、外資の導入、
これは決してわれわれは反対するものではない。しかしながら、ただ無條件
で、これができたから、もう日本の再建は大丈夫だ、こういうふうな幻想を
日本の國民に與えておる。これは非常な誤りだと思います。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/002/0512/00201280512009a.html
第002回国会 本会議 第9号  昭和二十三年一月二十八日(水曜日)

2 :禿頭自営業 ◆kFPVmIKG7g :2007/09/20(木) 12:44:33 ID:???
阻止w


3 :禿頭自営業 ◆kFPVmIKG7g :2007/09/20(木) 12:45:04 ID:???
惨状!

4 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 12:51:59 ID:???
『AEROPLANI DI TUTTO IL MONDO』ってイタリアの軍用機関係の本では
イタリア空軍の項を開けば罵詈雑言のオンパレードで目を覆いたくなるほど。ちょっと書き出しても

「戦争の現実はイタリアにとって非常に厳しいものであった」「過去の幻想の中に生きていたといえる」
「これらの航空機の性能はみかけよりはるかに劣っていた」
「時代遅れの制作計画と、いわゆる計画性の欠如のためである」「爆撃機は一度も近代化されることはなかった」
「今次大戦の最初の戦闘で、このような見通しの誤っていたこと、イタリアの軍用機の性能が一般に劣っていたことが明白になった」
「イタリア空軍が本格的な空戦に参加したのはこれが最初で最後であり、そして、イタリアの航空機は時代遅れで戦闘に適さないと
いう現実を見せ付けられた。成功した点があるとすれば、それは搭乗員の技量によるものだけである」
「状況を改善する試みによって、まず戦闘機の分野が恩恵を受けたが、これは、主として、ドイツの援助によるものである」
「(援助により)性能は向上したものの、生産は遅々として進まず」

日本の項に関しては肯定的な説明がほとんどで、何故か非難めいた言葉は一つもない。

「真珠湾攻撃は、その衝撃的な効果は別としても、細部にわたって計画し、それを遂行したことは注目すべきことである」
「海軍力はともかく、一般に、アメリカと西欧を最も驚かせたのは日本の航空隊の規模とその専門知識である」
「(日本は)このときまで過小評価されていており、器材は旧式であるとか、欧米のコピーやライセンス生産である
などというのが一般的な意見であった。しかし、いずれも事実からかけ離れていた」
「技術と専門知識の不足は、さらに進んだ国々の経験を利用するという、非常に簡単な方法で解決した」
「日本の産業は浪費も遅延もなく全力で操業する準備が進められた」「42年中盤まで、
ほとんど無敵と思われるほどの非常な成功を収めた」
「(日本の生産力は)大変な努力であったが、その甲斐はなかった。日本の空軍は、
最後の最後まで獰猛に戦ったが、航空戦はますます絶望的な防衛戦となった」

どうみても皇軍厨の主張にしかみえないな。

5 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 13:17:26 ID:???
コピーが主流なのは別に事実からそうかけ離れては居ないよな…
他国の経験利用するだけで解決したら苦労しないし
搭乗員の技量で成功ってあんまり人の事言えないだろ

6 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 14:35:00 ID:???
前スレ見たが酷使様とだつおばっかりだった…

7 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 16:09:36 ID:???
まただつおかよ
いい加減にしろよ、糞ニート

8 :だつお:2007/09/20(木) 16:22:29 ID:YoNIMXFm
列強の援助を受けても弱いものは弱いんだからな。これはアジアアフリカ
だけでなくて、イタリアのような欧米先進国でも当てはまる。
いくらドイツが肩入れしても、弱いものは弱い。

それと比べれば皇軍戦闘機の実力をどこそこのパクリだなどと言えたものじゃない。
別に負けたのはアメリカとの太平洋海戦だけで、中国軍には連戦連勝。

9 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 16:23:59 ID:???
鉄鋼生産にみると、兵器生産に直結する特殊鋼などは太平洋戦争末期まで拡大を続けるが、
経済全体に大きな影響を及ぼすはずの普通鋼鋼材などは、38年にピークを迎え、以降は減少する。
38年からの経済生産は物質動員計画に基づいてなされたが、その場合、普通鋼鋼材の配分要求を
めぐって陸海軍が対立した結果、民需は圧迫され、それは経済全体を弱体化させることにつながっていった。
最大のエネルギー源であった石炭の生産も40年をピークとして以降は5000万トン台で推移した。
38年に兵力総数は100万台の大台を超え、その兵力動員によって生じた労働力の穴は繊維産業や商業からの
労働力移動で埋められた。兵力動員や軍需産業への労働力移動によって減少した
男子労働力は、女子労働力によって埋められた(原朗編「日本の戦時経済」)

10 :名無し三等兵:2007/09/20(木) 16:24:59 ID:???
陸海軍の軍需動員計画は、日中戦争勃発以前から資源局において、陸海軍の戦時所要量というかたちで調整されていた。
「第二次期間計画の概要」(36年12月26日)が現存しているが、それによれば、たとえば鋼材の戦時総需要は年約420万トンで、
鋼材生産能力は500万トンであった。計画においても屑鉄で300万トンの不足が生じることとなり、これに対処するためには、
製鋼法の改革、溶鉱炉の増設も含め、対ソ対米二国同時開戦を予期してから準備期間が1.5年から2年必要とされることは自覚された。
対ソ対米戦の前に日中戦争が始まる。陸軍が「第二次期間計画」で徴用予定船として規定した船舶は約48万トンであった。
しかし現実には40年12月の時点、すなわち日中戦争への対応だけで、すでに約90万トン、規定の倍以上の船舶が徴用されていた。
計画上の数値があまりに楽観的だったとわかる(荒川憲一「戦期間の戦争経済研究について」)

11 :だつお:2007/09/20(木) 17:48:35 ID:YoNIMXFm
「電波探知機」はゼロからスタートしたのに、1944年は8983台生産してる。

http://www.geocities.co.jp/Technopolis/5215/war-economy.htm
日本の軍需生産(1940-45)

それにしても1944年は大陸打通作戦で需要が増えててもおかしくないはずの
「戦車」が、電波探知機なんかよりもずっと97式中国チンピラゴロツキ大量
殺戮マシーンの大量産こそが急務だったはずなのに、何故に342両しか生産
されていないのだろう。

厨房で無知なおれさまに、だれかこの理由を教えてくれ!

12 :だつお:2007/09/22(土) 13:11:33 ID:POKqUnj/
イタリアは欧米先進国であっても、またドイツの支援を受けても、
組織も機械力も弱くて陸で海で連戦連敗だったよな。

欧米先進国といっても、当時の指標では中世戦国時代に毛が生えた程度だ。
日本だけが悪いと責める弱小列伝にはわかっているのかと。

13 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 18:05:36 ID:???
だつおは酷使様じゃなくてだつお一族が使うコテだぞ

14 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 18:07:50 ID:???
イタリア人という国民意識は確かに中世に毛が生えた程度だが
国民生活はそれとは比較にならないほど進歩してるよ



本当に中世に毛が生えた程度の日本の庶民生活と違ってな…

15 :だつお:2007/09/22(土) 18:35:20 ID:62tQO2VA
≪児島襄「参謀(下)」のジョゼフ・スチルウェル編より引用≫
「“ピーナッツ”は偏屈で恩知らずの小さなガラガラヘビだ・・・・ (中国政府は)
自分たちだけのことしか考えないならず者の集団だ。指導者たちの興味は、
ただ金、権力、そして地位だけだ・・・・。手に入るものには何でも頭を下げ、
自分は戦わないように心がける・・・・。“インテリ”と金持ちは子どもを米国に送り、
農民の子どもが戦争に かりだされる。しかも注意も訓練も指示も与えられずに死んでいる。
 われわれは、この腐敗した政府を支持し、その偉大なる愛国者兼戦士
“ピーナッツ”に栄光を与えるために、戦おうとしているのだ―おお神よ!! 」
≪中略≫
当時の米軍は、日本軍と同じく、行軍距離単位は四キロであったが、
その米式訓練をうけたはずの、いやボートナー准将自身がその訓練をした孫部隊は、
一キロ歩いては休み、次に一キロ進んではごろりと道端に寝転がる。
 しかも、頭上に英軍機が飛来して補給物資を投下すると、隊列を
乱してむらがり、悲鳴をあげつつ、下着に利用するパラシュートを奪い合う。
≪中略≫
孫部隊は狂喜した。中国大陸で負けつづけ、日本軍といえばかなわないものと信じていたのに、
その日本軍がひきあげたのである。勝った、勝ったと小銃を空に乱射しておどりあがった。
 ところが、勝ちに乗じた勢いで快進撃するものと期待していた孫部隊は、
たしかに前進は開始したものの、そのスピードは以前にもおとる低速であった。
そして、昭和十九年一月二十九日、孫部隊はついに完全停止した。
 ボートナー准将の急報によってかけつけたスチルウェル参謀長は、にこやかに迎える
孫少将の顔をぼう然と眺めながら、考えこんだ・・・・なぜ、前進しないのか?
≪中略≫
スチルウェル参謀長は、孫少将にかみついた。
「明らかに命令違反である。よろしいか。貴下の第三十八師団は、 全中国軍のなかで
とびぬけて優良な兵器、弾薬、糧食の補給を受けている。 足りないというのなら、
迎撃砲も、火炎放射器も、米兵だってさしあげる。 だが、命令に従うのが条件だ・・・・
もし自分の使命が達せられないようなら、辞職してワシントンに報告せざるをえない」

16 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 18:36:18 ID:???
はいはいまたコピペ

17 :だつお:2007/09/22(土) 19:06:08 ID:62tQO2VA
>本当に中世に毛が生えた程度の日本の庶民生活と違ってな…

 一九三三年になると普及台数は一四〇万、同三四年に二〇〇万、
三六年三〇〇万、といったふうに、多少の凸凹はありながら、
大ざっぱにいって、一年あたり五〇万という増加率でラジオ受信機の
普及カーブは上昇線をえがきつづけた。一九三九年には五〇〇万台。
全世帯に一台、というわけにはゆかなかったが、日本の家庭の五〇%以上は、
一九三〇年代の後半にはラジオをもつようになっているのである。
http://homepage3.nifty.com/katodb/doc/text/2823.html

しかし、政府の意向で外資との競争から保護され、戦時体制下の需要急増
に支えられた自動車メーカーは、トラック、バスを中心に生産を伸ばし
1938年には3万5千台余りと世界第六位の生産国となり、順調にその生産
台数を伸ばしていった。
http://ryukoku.net/tmmazu/hanaoka-soturon.htm

18 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 20:55:19 ID:???
ttp://www.youtube.com/watch?v=-rLS6iuNMfI
ttp://www.youtube.com/watch?v=yUSEzkh6biU
ttp://www.youtube.com/watch?v=a88GvYlASGc

19 :だつお:2007/09/22(土) 21:16:31 ID:???
 自動車の場合にしても、このころまでの日本では国産自動車はほとんどなく、アメリカのGMとフォードが入ってきて、
部分品を全部持ってきて組み立てだけを行う、ノックダウン方式で自動車を作っていた。
これに対して、トヨタや日産を助成するために、自動車事業法がつくられたのですが、
結局戦時になってフォードやGMが撤するということにまでなっていきます。
 もちろんこの時期、日本の重化学工業が発達したといっても、自動車などはまだまだ弱く、
特に国産自動車は材料が悪いといわれていた。軍用車など非舗装の悪い道で乱暴に走らせると
国産車だと材料が弱いから、シャフトが折れてしまうというような事故が頻繁とあって、
陸軍の自動車部隊などでもフォードの車が当たると喜んだといわれている。
(中村隆英 「昭和経済史」岩波書店)

>国産車だと材料が弱いから、シャフトが折れてしまうというような事故が頻繁とあって
>国産車だと材料が弱いから、シャフトが折れてしまうというような事故が頻繁とあって
>国産車だと材料が弱いから、シャフトが折れてしまうというような事故が頻繁とあって
>国産車だと材料が弱いから、シャフトが折れてしまうというような事故が頻繁とあって
>国産車だと材料が弱いから、シャフトが折れてしまうというような事故が頻繁とあって
>国産車だと材料が弱いから、シャフトが折れてしまうというような事故が頻繁とあって

20 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 21:18:26 ID:???
>>17
だつお相手に言うのもなんだが
人口当たりの普及率とか話にならんだろ

21 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 21:49:46 ID:???
つーかラジオぐらいしか家庭に機械が無い

22 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 21:57:19 ID:???
戦時下で軍需用に水ぶくれ的に需要が増えた
結果を世界第六位の生産国とか言われてもねえ
ハイハイワロスワロスとしかいいようがない

23 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 22:26:23 ID:???
軍需が伸びようと世界最大の戦艦を作ろうと
大部分の庶民の生活は中世に毛の生えた程度

24 :だつお:2007/09/22(土) 22:34:42 ID:POKqUnj/
>国産車だと材料が弱いから、シャフトが折れてしまうというような事故が頻繁とあって

「陸軍機甲部隊」(学研)P143の古是三春氏の記述より
例えば連隊長戦死、保有戦車の七一パーセントを損傷した第三戦車連隊では、
八九式中戦車(乙)二八両のうち二一両(七五パーセント)が主に対戦車砲
によって損傷を受けたものの全損・廃棄処分となったのはわずか七両
(二五パーセント)にすぎない。反対にBT−5戦車で編成されていた
ソ連側の第11戦車旅団は、ほぼ全戦車を全損状態で失い(約一八〇両)、
BT−7で総取替えされたほどだった。

 また,2個の機甲擲弾兵連隊,ひいては師団全体の状況を推測するうえで
参考にしていただきたいのが,SS第26連隊第2大隊は,アルデンヌ攻勢
開始当初に装備されていた105台の自動車のうちの38台を喪失し,
1月末の数字では残された67台のうち34台,つまり最初の数字の
32%が稼動状態を保っているという車両装備状態であった。興味深い
ことに,保有されていた車両の内幕(牽引車を除く)は以下の通りで,
これら6種類のメーカーのうち,3種が捕獲車両であった。フォードV8
13台,オペル・ブリッツ 10台,ブラガ 1台,フィアット 14台,
スチュードベーカー 2台,ベッドフォード 1台。
 このようにしてみると,部品の交換や修理に相当苦労したであろうことは,
想像に難くない。
<ヒットラー・ユーゲント SS第12戦車師団史 下 / フーベアト・マイヤー/著>

25 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 22:38:37 ID:???
なんで戦車と車比較してるんだろこの馬鹿は

26 :だつお:2007/09/22(土) 22:40:57 ID:POKqUnj/
>国産車だと材料が弱いから、シャフトが折れてしまうというような事故が頻繁とあって

 中国のサンフランシスコ駐在の王雲翔総領事は四月二十二日にサンフランシスコ
大学で開かれた「日本の戦争記憶問題と対決する」と題するシンポジウムで基調演説者
の一人として発言した。王氏の発言内容は複数の参加者による録音報告で一般にも明らかとなった。
 王総領事はまず日本の対中侵略についてとして(1)一九三一年の中国東北部の占領
から四五年の終戦まで日本軍は中国人民に対しホロコーストを働き、合計三千五百万人
の中国人を殺した(2)三七年に南京を占領した日本軍は六週間で三十万人の中国人を殺した
(3)その際、日本軍将兵は殺人の競争をした(「百人斬(ぎ)り」への言及)−などと述べた。
http://kaz1910032.hp.infoseek.co.jp/cina140505.html

 興隆県が抗日戦争に勝利をおさめたことは、そうたやすいことではありません
でした。抗日戦争の中で中国側は3500万余人、興隆県の中でこの13年の間に5万人
くらいが殺されました。全中国の死者の700分の1です。県の統計資料によると、
興隆県で最後の4年間で15400人殺されました。興隆県公安局の1954年の7つの
区に対する不完全な統計によると、人圏の中の住民が疫病、凍死などで死んだ人
が11400余人いました。1941年日本軍の統計数字によると全県の人口は16万人
くらいいました。日本軍が投降後、全県の人口は10万人くらいになっていました。
6万人くらいが殺されたことになります。
http://www.jade.dti.ne.jp/~kaworu/cont/sankotou.html

<昭和20年8月11日支那派遣軍総司令官岡村寧次大将の電報>
・・・数百万の陸軍兵力が決戦を交えずして降伏するが如き恥辱は、
世界戦史にその類を見ず、派遣軍は満8年連戦連勝、未だ一分隊の玉砕
に当たりても、完全に兵器を破壊し之を敵手に委ねざりしに、百万の
精鋭健在のまま敗残の(蒋介石の)重慶軍に無条件降伏するが如きは、
いかなる場合にも絶対に承服し得ざる所なり・・・
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h12/jog151.html

27 :名無し三等兵:2007/09/22(土) 22:43:29 ID:???
コピペしてる暇あるなら仕事探せよ、ニート

28 :だつお:2007/09/22(土) 22:53:06 ID:POKqUnj/
>国産車だと材料が弱いから、シャフトが折れてしまうというような事故が頻繁とあって

     9 7 式 中 戦 車 チ ハ

それは機械的信頼性と燃費効率と走行性を兼ねそろえた、現在の日本自動車
産業の先駆けともいえる、世界最先端の自動車製造技術の象徴とも言えよう。
これはあくまで戦車ではなく、中国のチンピラゴロツキ蛆虫ゴキブリドブネズミ
サナダムシ専門の高性能機動殺戮マシーンであったのだ。

戦後ドイツでは鍵十字のナチス国旗を掲げることはおろか、ナチス擁護の
発言も取り締まりの対象になったとのこと。

これに対して日本は日の丸を堂々と掲げられて、中国人差別も平気でやれる。
中国人をチンピラゴロツキとか蛆虫とかゴキブリとか呼んでも全然平気。
つまり皇軍はドイツ軍とは違い、完全に負けたわけではなかったのだ。
負けは負けでも太平洋の日米戦に限定され、日中戦争は最後まで無敵皇軍。
日の丸はかつて大陸打通作戦中国チンピラゴロツキ殺戮街道3000キロで
皇軍が勇名を馳せたシンボルで、中国人に計り知れない恐怖を思い起こさせる。

29 :だつお:2007/09/22(土) 23:08:37 ID:POKqUnj/
世界第六位の生産国といったってその多くはライセンス生産じゃないかとか、
しょせんは軍需生産を伸ばしただけだとか言われる。
しかしながらドイツでもSS師団ともあろうものが外国製の捕獲車両を後生大事
に抱えていたのだし、それと比べて日本車輌だけが悪かったとも思えない。

30 :だつお:2007/09/22(土) 23:10:41 ID:POKqUnj/
>戦時下で軍需用に水ぶくれ的に需要が増えた結果を

(1) 第三帝国(*ナチス・ドイツ)において強制労働に従事させられた
強制労働者の数は、700万人から1000万人と推測されており(外国人、戦争
捕虜、強制収容所に収容された主としてユダヤ人等)、うち生存者の数は
約100万人と言われている。一口に強制労働者といっても、強制収容所に
おける奴隷労働者から、農場や民間企業、あるいは教会での強制労働者に
至るまで、そのおかれた状況はさまざまである。
(2) 独政府は、以前は、強制労働は戦争行為に該当する賠償問題であ
るとの理由から、強制労働そのものに対する補償は行ってこなかった。(注1)
 また、さまざまな形で補償を受けてきたユダヤ人などと異り、中東欧諸国
の元強制労働者は、冷戦の終了まで何ら補償を受けとることができなかった。
(90年代になってポーランド、ロシア、ウクライナ、ベラルーシとの間で
設立された和解基金を通じて、これらの被害者に対しても補償が行われたが、
明示的に強制労働を対象としたものではなかった。)(注2)

http://www.zephyr.dti.ne.jp/~kj8899/deutsch.html
独(*ドイツ)の元強制労働者に対する補償

31 :名無し三等兵:2007/09/23(日) 09:10:01 ID:???
だからだつおは酷使様の使うコテじゃねーよ

32 :だつお:2007/09/23(日) 17:55:03 ID:3MX/2KYk
>といわれている。

いつどこの何という部隊の話かもまったく不明だな。
こんなんだったらいくらでも反論してみせるぞ。

ところで「イランジン」は来ないのか?

それにはまったくの反対というわけではないのだが・・・

33 :だつお:2007/09/23(日) 20:47:12 ID:3MX/2KYk
>陸軍の自動車部隊などでもフォードの車が当たると喜んだといわれている。

ま、仮にそれが事実だったとしても、そんなことはドイツのSS機甲部隊でも
フォードだのフィアットだのを後生大事に抱えていたのだから何も日本車輌
だけが特別に酷かったという理由にはならない。

「イランジン」でもいいから、何か反論してくれよ!

34 :だつお:2007/09/23(日) 21:11:42 ID:3MX/2KYk
2007年03月01日(木) 19時07分
日本車賛美に反発の声 ドイツで(朝日新聞)
 欧州連合(EU)高官やドイツの野党議員が環境に配慮した日本車を賛美する
発言をし、独国内で激しい反発を呼んでいる。「自動車大国」のプライドを傷つ
けられたようで、「日本車には乗らない」と宣言する閣僚も出ている。
 環境重視の野党、90年連合・緑の党のキュナスト院内総務が2月12日付の
フィナンシャル・タイムズ紙(独語版)で「ドイツ車は排ガスが多い。トヨタの
ハイブリッド車を買おう」と呼びかけた。環境担当の欧州委員も今年に入り、
ベンツからトヨタ製に公用車を変えたいと繰り返している。
 これに対し、ティーフェンゼー独運輸建設相は「独車に対する安っぽいボイ
コット運動だ」と反発。ガブリエル環境相も「私はドイツ人の税金で暮らす。
日本車には乗らない」と明言した。
 独メーカーは環境対応としてディーゼル車に注力してきたが、注目を集める
ハイブリッド車の開発では後手に回っているとされる。EUでは2月、新車の
大幅排ガス規制に負担増のドイツが反対し、再検討を迫った経緯がある。
メルケル首相は25日付独紙のインタビューで、独製の公用車の排ガス量が
多い難点を認めながらも「私の愛車はフォルクスワーゲン」とひとまず国内
メーカーを擁護、技術開発を強化するよう業界にハッパをかけている。
http://www6.big.or.jp/~beyond/akutoku/news/2007/0301-51.html

35 :だつお:2007/09/23(日) 21:19:41 ID:3MX/2KYk
それにしても不況不況と、さらに小泉竹中の市場原理主義路線の冷血と、
そんなことばかり言われながら日本の製造業はどうしてこうも強いのか。
団塊以上の世代が次々と退職しているにも関わらずどうしてなのかと。

そもそも今の労働世代(団塊ジュニア)はそんなにエライのか?

     9 7 式 中 戦 車 チ ハ

日本の製造業が強いのは、今の世代が優れているからではない。
97式中戦車チハという、世界最強の中国チンピラゴロツキ殺戮
マシーンを生産した、戦前世代の技術力が土台になっているからだ。

イランジンよ、これは違うと思うか?

36 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 03:27:29 ID:???
ttp://www.youtube.com/watch?v=-rLS6iuNMfI
ttp://www.youtube.com/watch?v=yUSEzkh6biU
ttp://www.youtube.com/watch?v=a88GvYlASGc


37 :だつお:2007/09/24(月) 10:24:57 ID:laKrn0ZC
朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

38 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 10:37:52 ID:???
無職ヒキパラニートのだつおは親が死んだらどうやって生活
していくのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

無職ヒキパラニートのだつおは親が死んだらどうやって生活
していくのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

無職ヒキパラニートのだつおは親が死んだらどうやって生活、
していくのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

無職ヒキパラニートのだつおは親が死んだらどうやって生活、
していくのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー



39 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 12:23:27 ID:???
働きもせず掲示板で糞カキコばっかり投稿するだつおより
うちの近所のスーパーで一生懸命働く中国人のあんちゃんのほうが
どう考えてもまともな存在のような気がするんだが。

だつおよ
お前はゴキブリ以下の存在なのか?

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

40 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 17:01:15 ID:5vM+n+MW
日本は日露戦争でロシアと一対一で互角以上の戦績だったはず。
陸でも海でもあれはまさに史上最大級の大戦争だった。
クリミア戦争とかでもあのような規模での戦いではなかった。
この時点で日本は列強標準以上のテクノロジーがあったとみて間違いない。

41 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 18:14:07 ID:???
釣り針が大きすぎるんで小さめにしてください

42 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 18:43:33 ID:???
ネタスレか

43 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 18:56:59 ID:???
ハルノートはお前と断交すると言ってるだけで別に爆弾を落とすぞと言ってるわけではないだろ?
それに対して日本は、お前の国が我が国と貿易しないのはけしからんから戦争すると言うわけだ。
これはどう考えても日本が悪くないか。もしくは断交されて困る相手を挑発するのが馬鹿というか。

44 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 21:37:43 ID:???
今は隣の国が似たようなことしてます

45 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 22:23:04 ID:???
政府は来年度から、進学も就職もせず、職業訓練も受けていない「ニート」の若者を支援する「地域若者サポートステーション」を現在の50か所から100か所に倍増し、ニート支援を強化する。
これまでの対策は、相談を受けて支援に乗り出す“待ち”の姿勢だったが、積極的に関与する路線に転換することにした。
今後は、相談員が若者を訪ねて自立支援を行ったり、地域のニートの存在を把握する支援体制づくりを目指す

http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070923i213.htm

だつお涙目ww

46 :名無し三等兵:2007/09/24(月) 22:25:00 ID:???
軍板から酷使が激減するといいな

47 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 03:57:17 ID:???
もともと戦前の日本は革命前の露伊とともに周辺工業国である
周辺工業国は米独英仏の主要工業国などに対し繊維製品など軽工業製品を輸出し
主要工業国から重工業製品等資本財を輸入していた
また資本もまた主要工業国から輸入していた
日本は日清戦争後、大陸侵略の足掛かりにより他国民の犠牲のもとに工業化が進
展始め、1897年に清国の賠償金をもとに銀本位制から金本位制にようやく移行し
国際金融市場と連結、為替相場を安定化し、資本輸入を容易にした
米独英からの技術など資本財輸入も日露戦争後、急速に拡大するが、自国の資本
財生産の低位性は払拭できずWWT前の粗鋼生産は伊の4分の1、露の14分の1で
国内消費の47%しかまかなえず、経常収支も赤字、他国からの借款も激増した
WWT前はついに金準備が枯渇し、返済が滞りった
大戦により食糧缶に石を詰め欧州に輸出するなど悪徳商法や戦後、独からの多大
な借財を踏み倒し危機を回避するなど現代の中国よりかなり悪質な国家だった
日本が金本位制に復帰したのは1930年だが、恐慌によりすぐ放棄
農業不況により小作人に打撃、労働者の失業率も他国に比し高水準だった
因みに日本が主要工業国の一角の仏のGDPを超えたのは仏が独に降伏した1940年
である

48 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 07:51:50 ID:wdoVrf75
>>47


49 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 12:09:01 ID:???
働きもせず掲示板で糞カキコばっかり投稿するだつおより
うちの近所のスーパーで一生懸命働く中国人のあんちゃんのほうが
どう考えてもまともな存在のような気がするんだが。

だつおよ
お前はゴキブリ以下の存在なのか?

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

50 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 21:08:43 ID:???
だつお職安行ったのか?
いつもだったら速攻でレス返してくるのに

51 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 21:13:53 ID:???
>>44
隣の国は「貿易しないなら」じゃなく「援助しないなら」けしからんとか言ってる様な・・・

52 :だつお:2007/09/25(火) 21:34:48 ID:DsAmltIW
>もともと戦前の日本は革命前の露伊とともに周辺工業国である
>周辺工業国は米独英仏の主要工業国などに対し繊維製品など軽工業製品を輸出し
>主要工業国から重工業製品等資本財を輸入していた

欧米から買ってたのは大半は「羊毛と石炭」で、重工業製品など微々たるもの。
逆に日本からの輸出は「生活必需品とか機械金属類」が大半だ。なお安い中国製
のユニクロなど出回ってない時代なら、繊維製品も貴重な生活必需品であろう。

http://www.tbr.co.jp/pdf/sensor/sen_a036.pdf
工作機械業界の現状と課題  
受注額は 16 年ぶりの過去最高更新、中長期的課題は何か―

最近になって自分は経済に興味を持つようになったが、そのきっかけは
小泉政権の構造改革。賛否は別として、工業生産が伸びたことは確かな事実。
小泉チルドレンなんてつまらん追っかけは別としても、とりあえず何をどう
したらこういう結果になったのかは興味深い研究対象となりうる。

    9 7 式 中 戦 車 チ ハ

日本が工業生産を伸ばし経済成長を続けられている基盤は、アメリカの援助
によるものでもなければ小泉改革によるものでもない。97式中戦車チハという、
中国人というチンピラゴロツキ蛆虫3500万を殺戮した「地獄の大車輪」を
設計製造した、優れた技術力磐石な工業基盤が元からあったからだと考えられる。

イランジンよ、何か異論あるか?

53 :だつお:2007/09/25(火) 21:39:18 ID:DsAmltIW
>もともと戦前の日本は革命前の露伊とともに周辺工業国である
>周辺工業国は米独英仏の主要工業国などに対し繊維製品など軽工業製品を輸出し
>主要工業国から重工業製品等資本財を輸入していた

2.第二次世界大戦開戦時の国力(1940年)
1)人口7254万人。就業人口2943万人。就業人口比率%:
農林水産43.6、鉱工業26.3、その他30.1.国民所得(100万円)、
27.162:輸出5524(13.7%)、輸入4910(12.2%)
2)輸出(100%):完成品57,6(うち綿織物16,7、機械6,6、
人造繊維4,5、絹織物3,1)、半製品23,3(うち生糸11,1、鉄鋼材3,6) 
輸入(100%):原料49,3(うち綿糸23,6、羊毛5,9、原油3,2)
3)主要物資の輸入率(輸入/生産+輸入):綿糸・羊毛・ゴム100、
鉄鉱石87,1、銑鉄34,1、原油75,0、米15,7、砂糖87,9

4.戦時下の統制経済、40年代体制
1)重要産業統制法・工業組合法1931(私的カルテル結成、業界団体結成・統制)
2)各種事業法1934年以降8(事業の許可制、官庁命令権、資金調達管理)
3)初任給公定・賃金統制1939(年功序列賃金、徴兵軍人の賃金確保)
会社利益配当及び資金融通令1939(企業収益の使途誘導)
4)小作料統制法1939、食料管理法1942、(地主への納付金固定化、
政府買上げ価格を高くし増産奨励、消費者価格は買上げ価格以上)
5)源泉徴収制度1940(戦費調達のため給与所得を完全把握、企業税務負担)
6)家賃統制令1939、借地法・借家法改正1941(戦地軍人家族保護)
7)営団・公団・公庫設置1941:住宅営団、帝都高速営団、食料営団、農地開発公団、
国民更正金庫、戦時金融金庫(財政投融資で一般会計の補完、官僚天下り先)

http://www.f.waseda.jp/ohnishi/OT/fourties.doc
XXI. 日本の1940年代体制 

54 :だつお:2007/09/25(火) 21:46:43 ID:DsAmltIW
>もともと戦前の日本は革命前の露伊とともに周辺工業国である
>周辺工業国は米独英仏の主要工業国などに対し繊維製品など軽工業製品を輸出し
>主要工業国から重工業製品等資本財を輸入していた

 上述の枠組みで実施された代償物資の引き渡しにあたって、
実際には相当多数のトラブルが発生し、完了期限の1937年3月22日
は1938年末でやっと完了した16。 駐日満州国財務官の発表では、
1937年9月時点で承認件数は839件、承認総額は9,251万7,000円であった。
表〜2にみるように、ソ連の技術装備を高めるような機械類や船舶類の
輸出の割合が高く、機械類では移動式発電装置、電動機、発電機、変圧器、
電気溶接機、電気起重機、各種ディーゼル機関、車輪、旋盤、ポンプ等である。
船舶類は川崎船、蟹漁船、カッター、等の生活必需物資が供給される一方、
人絹、織物類が輸出されて日本製品を身につけたロシア人がモスクワの
メインストリートを闊歩する姿がみられたという。このいわば奢侈品は
モスクワ政府が仕入れ値段よりはるかに高価な価格で市民に販売すること
によって国庫収入を増やすことを目的としたものであった。

http://www.ier.hit-u.ac.jp/COE/Japanese/discussionpapers/DP98.4/honbun2-2.htm
2)日ソ基本条約締結以後1945年までの日露貿易

55 :名無し三等兵:2007/09/25(火) 21:47:41 ID:???
>>52
>>53

だつお
>>39の疑問に答えてやれよw


56 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 03:41:07 ID:???
ttp://www.youtube.com/watch?v=-rLS6iuNMfI
ttp://www.youtube.com/watch?v=yUSEzkh6biU
ttp://www.youtube.com/watch?v=a88GvYlASGc

57 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 07:46:37 ID:???
日本は二次大戦の主要国クラブの一員と認められるのだろうか?

イタリアの話題は抜きで。かの国は被害国なので主要国ではありませんので。

もとい、アメリカイギリスの大戦ものってたいてい欧州中心で
日本は脇役にもならない役割を与えられたエキストラにほかならず
偉大な戦争に割って入ったパールハーバーの卑怯なサル以外の扱いを受けていないんだが。

あと、卑怯さと野蛮さでかき乱しただけで、あの戦争の主要国というより、
残酷野蛮な裏庭の蛮族がドイツの尻尾にしがみついていただけという扱い
を受けているような気がするんだが。


 パールハーバーがあったからアメリカの参戦があったんだよね。
それで世界大戦になったんだよね。

でもディスカバリーやヒストリーチャンネルに限らず、欧米の主要国の番組を見る限り、
日本が思っているイタリア以下の扱いしか受けてないように思えるのはなぜ?

そんなわけで果たして枢軸国はドイツと無名の愉快な仲間たちの集まりに過ぎなかったのか
それとも日本もまた実際上は大戦史における(パールハーバーを除いて)
主要な参戦国、すなわちあの大戦の主人公格といえるのかどうか。

果たしてほんとのところはどっちなのよ。あれらの番組見てると、
ドイツだけが世界を相手にしたように見えるんだが(主要国の見方という意味で)

なお、中国については主要国といえなくもないが、自国の大戦における戦場を大戦中の主要戦場と
考えたいばかりの箔付けに、日本の強大と残虐さを吹聴しているので
出来れば取り扱わない方向で。

58 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 11:19:55 ID:v16XWfTZ
太平洋戦争は自衛だアメリカも認めたと言う奴がいるが、ありゃー日本を共産主義の防波堤に
する必要があるからそう言っただけのその場しのぎだ。あの時点だけの二枚舌の嘘だ。
いまアメリカ政府に聞いてみろよ。政府や軍の要職にある人間が侵略ではないと言っているか?

59 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 13:38:33 ID:???
働きもせず誰にも相手にされない書き込みして掲示板で脱糞しているだつおより
うちの近所のコンビニで一生懸命働く深夜シフトの中国人留学生のリーさんのほうが
どう考えてもまともな存在のような気がするんだが。

だつおよ
お前はゴキブリ以下の存在なのか?

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

無職ヒキパラニートのだつおは親が死んだらどうやって生活
していくのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

60 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 14:25:23 ID:???
経済と関係ないのは他所でやるべ

61 :だつお:2007/09/26(水) 22:45:55 ID:h6UB2ND6
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/kova/1189069696/l50
大田弘子総理大臣待望論

  大 田 弘 子 さ ま を 総 理 に し よ う !
  大 田 弘 子 さ ま を 総 理 に し よ う !
  大 田 弘 子 さ ま を 総 理 に し よ う !
  大 田 弘 子 さ ま を 総 理 に し よ う !
  大 田 弘 子 さ ま を 総 理 に し よ う !
  大 田 弘 子 さ ま を 総 理 に し よ う !
  大 田 弘 子 さ ま を 総 理 に し よ う !
  大 田 弘 子 さ ま を 総 理 に し よ う !
  大 田 弘 子 さ ま を 総 理 に し よ う !
  大 田 弘 子 さ ま を 総 理 に し よ う !
  大 田 弘 子 さ ま を 総 理 に し よ う !
  大 田 弘 子 さ ま を 総 理 に し よ う !
  大 田 弘 子 さ ま を 総 理 に し よ う !
  大 田 弘 子 さ ま を 総 理 に し よ う !
  大 田 弘 子 さ ま を 総 理 に し よ う !
  大 田 弘 子 さ ま を 総 理 に し よ う !
  大 田 弘 子 さ ま を 総 理 に し よ う !
  大 田 弘 子 さ ま を 総 理 に し よ う !

62 :名無し三等兵:2007/09/26(水) 23:02:44 ID:???
>>61

>>59に答えろよゴミ野郎

63 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 14:13:12 ID:???
無駄だよ。
自分に都合の悪い事は見えないのが「右翼病」の代表的症状の一つだし

>>56
waros

64 :47だけど:2007/09/27(木) 18:34:24 ID:???
へーっ、だつおっていう人は何者?
>>47のコメントは国際経済史では常識だし
OECDのデータをもとにして語っているんだけど

日本賛美の怪しげなデータだけに頼ってるだけでは真実は見えなくなると思うが

65 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 19:09:30 ID:???
だつおは共有コテ


ただの酷使様が勘違いして使ってるときもあれば
純然たるだつおだったりもする

66 :だつお:2007/09/27(木) 20:08:51 ID:Jme36Fhz
>>47のコメントは国際経済史では常識だし
>OECDのデータをもとにして語っているんだけど

もしマジレスがしたいなら、具体的に出典を明らかにソースを出してくれ。
OECDのデータなら>>1にも出ているが、違うというのなら史料を出してくれ。
もしかして司馬遼太郎の「ノモンハンで日本戦車はソ連戦車に歯が立たず」
「やすりがけしたら崩れた」つーたぐいのエッセイ集?

>日本賛美の怪しげなデータだけに頼ってるだけでは

怪しいというのなら、具体的に怪しいという箇所を抜き出して反論してくれ。
それも出典を明らかに史料引用で論理的に反論することだ。そうでなければ
「小泉竹中の市場原理主義が日本を悪くした」と叫んでるのと同じ陰謀論の類だ。

>主要工業国から重工業製品等資本財を輸入していた

戦前戦後の日本が、外資導入に大きく頼ったというのならその証拠を示せ。
外資の導入は僅かというのが自分の認識だが、外資が入ったというのが
これだけあったというのなら、例えば具体的に工作機械がこれだけと示せ!

67 :だつお:2007/09/27(木) 20:10:32 ID:Jme36Fhz
>主要工業国から重工業製品等資本財を輸入していた

○福井(勇)委員 前回私が佐々木説明員に説明を聞きました場合に、
外国から終戦後入つた機種は、兵器製造用のマザー・マシンとしてわずか
に百二十一台しかないようであります。私の戦時中に航空発動機の専用
工作機械をつくつた当時の経験から言いますると、今保安庁あたりで大臣
が国産機をつくりたいというような機種においてすら、私は日本のマシン、
ツールだけではだめだと実は想像しておりますし、戦前日本に六十万台
ありました工作機械が、一部、三、四万台は賠償機械として、フイリピン
の他中国の方へ行つたという記憶を持つておりますが、現在どれくらい
日本に役に立つのがあるか。賠償として押えられた分並びに民間において
稼働し得る台数はどのくらいあるか、今資料の手持ちがあつたら担当者
から説明していただきたい。
○熊谷説明員 現在工作機械の全数量は、これはいろいろな調査の方法が
あろうかと思いますが、私ども推定しておりますのは、稼働しております
ものが三十万台ぐらいと考えております。その中で、先ほど御指摘になり
ました輸入あるいは従来優秀なメーカーが使つた工作機械のいいものが
どれくらいあるかという問題は、その一割程度、かように見ております。

http://kokkai.ndl.go.jp/SENTAKU/syugiin/015/0798/01502180798021c.html
第015回国会 通商産業委員会 第21号
昭和二十八年二月十八日(水曜日)

68 :だつお:2007/09/27(木) 20:25:01 ID:Jme36Fhz
>主要工業国から重工業製品等資本財を輸入していた

           1941    1942   1943   1944    1945    Total
        (Mar. to Dec.)                (Jan. to Aug.)
Total aid to British
Commonwealth  1,082  4,757   9,376  10,766   4,437    30,073
Aid to Russia    20   1,376   2,436?  4,074   2,764    10,670
Aid to other countries                              2,872
Total lend-lease aid                               43,615
       
http://www.ibiblio.org/hyperwar/USA/BigL/BigL-5.html
アメリカが送った年代別レンドリース額とその相手国($ million)

Burke said "Devilish difficult things to hit, buzz bombs. At first
it took the antiaircraft gunners 2500 rounds to bring one down. Then
(and on behalf of the U.K., I thank you Bell Labs), along came the
M-9 Predictor, and the cost of bagging the doodle bug went down to
100 shells. Significant savings all round (including lives). All it
took was the magic math to run a feedback loop that could update
constantly the set of data you got from the radar about the incoming
buzz bomb's last position, so as to be able to make a good guess at
its next and to point the guns that way. Then boom."
http://ed-thelen.org/pre_nike.html

>(and on behalf of the U.K., I thank you Bell Labs),

 米国最大の電話会社であるAT&Tが設立した研究機関。C言語やUNIXオペレ
ーティングシステムを始め、現代のコンピューティング環境を支えるさま
ざまな基盤技術がベル研究所から生まれている。

http://www.atmarkit.co.jp/icd/root/76/5798876.html
ベル研究所 (Bell laboratories)

69 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 20:25:23 ID:???
>外資の導入は僅か


ここは笑うところか

70 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 20:27:09 ID:???
何で>>59にだけレスしないんだよ ぉ ぉ ぉ ぉ ーw


71 :だつお:2007/09/27(木) 20:34:50 ID:Jme36Fhz
>外国から終戦後入つた機種は、兵器製造用のマザー・マシンとしてわずか
>に百二十一台しかないようであります。

表1 アメリカの対華援助額(1945-1949 年) (単位:100 万ドル)
                 贈与     借款      合計
輸出入銀行(輸銀)借款    82.8     82.8
アンラ援助            474.0      474.0
ポスト・アンラ援助       46.4      46.4
パイプライン・レンドリース         51.7       51.7
余剰物資                   55.0       55.0
海軍造船所売却               4.1        4.1
船舶購入                   16.4       16.4
中国援助法           275.0             275.0
経済援助小計         795.4    210.0      1,005.4
武器貸与            513.7    181.0       694.7
海軍物資援助          17.7              17.7
軍事余剰物資                 20.0       20.0
海軍船艇贈与          141.3              141.3
中国援助法           125.0             125.0
軍事援助小計          797.7    201.0      998.7
合 計               1,593.1    411.0      2,004.1

http://wwwsoc.nii.ac.jp/jsie/kansai_resume/Oishi%20050129.pdf
「国民党政権の経済政策とアメリカの援助―1945-1949 年を中心に」

72 :だつお:2007/09/27(木) 20:37:59 ID:Jme36Fhz
>主要工業国から重工業製品等資本財を輸入していた

But a fundamental question remains: What good end was served by the
emergency delivery of 650,000 tons of this and that into China?
Certainly little went directly to the aid of the Chinese people and
relatively little to the Chinese armies, though it can be urged that
the regime of Chiang Kai-shek would have collapsed without the
support of General Chennault's command and that Chennault's
men were wholly dependent upon the Hump lift.

http://www.ibiblio.org/hyperwar/AAF/VII/AAF-VII-5.html
AIRLINE TO CHINA

>But a fundamental question remains: What good end was served by the
>emergency delivery of 650,000 tons of this and that into China?

しかしながら本質的に疑問が残る。いったいこれらあれら650,000 tons
の中国への緊急援助は、いかなる成果を残したのかと?

チンピラゴロツキには何を援助しても、チンピラゴロツキはチンピラゴロツキ。
チンピラゴロツキに追い風吹かしても、チンピラゴロツキはチンピラゴロツキ。
中国人という中国人は、みんなみんなチンピラゴロツキ。

アヘン戦争の原因は、イギリスのアヘン輸出なんかじゃないよ。

中国人はアヘンでチンピラゴロツキになったんじゃない、元からチンピラゴロツキだった。
チンピラゴロツキだからアヘンを貪るのであって、アヘンを与えるからチンピラゴロツキ
にされたというわけじゃないんだ。アヘンであれば現在の日本でも医療に広く使われてる、
アヘンが悪いんじゃない、悪いのは全て中国人の腐った脳みそだ。

73 :だつお:2007/09/27(木) 20:49:18 ID:Jme36Fhz
>もともと戦前の日本は革命前の露伊とともに周辺工業国である

[日本軍損害]
空母機20喪失
[イギリス軍損害]
沈没
空母「ハーミス」
重巡「コーンウォール」
重巡「ドーセットシャー」
駆逐艦「テネドス」
仮装巡洋艦「ヘクター」
基地航空機等50機喪失

http://www007.upp.so-net.ne.jp/togo/dic/data/cylon.html
セイロン沖海戦参加兵力・損害

 初期の日本の攻撃時、日本の戦闘機は、アメリカ戦闘機より頑丈な構造でなく、
より傷つきやすく、火力の点で弱かったけれども、太平洋で利用可能だったアメリカ
の戦闘機より特定の飛行特性は優れていた。日本は戦争中彼らの航空機の品質を改善し、
航空機エンジンの推力を多いに増加して、最終的に火力でアメリカ戦闘機を上回り、
終戦時、設計と実験段階で第一級の航空機を持っていた。しかしながら、航続距離、
性能、耐久性を増した信頼できる航空機の大量生産でアメリカに匹敵する広範囲な
技術と工業的熟練に欠けていた。
http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/ussbs09.html

74 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 20:57:42 ID:???

イギリスにとっての決戦場は極東ではなくて欧州。

北アフリカのエルアラメイン大決戦と比べれば、極東戦線は取るに足らない。
そんな戦いで局地的に勝利しても、技術力でイギリスより上とは言えない。

75 :だつお:2007/09/27(木) 21:16:47 ID:Jme36Fhz
>北アフリカのエルアラメイン大決戦と比べれば、

Country      1941   1942   1943   1944
USSR        34     171   179   157
France, Belgium
& Holland      38     27    42    56
Norway & Finland 13     16    16    16
Balkans       7       8     17    20
Italy          0      0      0    22
Denmark       1       1     2     3
North Africa     2       3     0     0

http://www.angelfire.com/ct/ww2europe/stats.html
各年6月におけるドイツ軍師団数の地域分布


ドイツは1942年6月において対ソ戦に171個師団を投入している
のに対して北アフリカには3個師団しか投入していない。

 ところが、ここで米ソが動きます。まず、ソ連ですが、ソ連首相ブルガーニンは
「もしロケット兵器がイギリスとフランスに対して使用されたら、あなた方は
野蛮行為だとよぶだろう、しかしそれは両国の軍隊が殆ど無防備のエジプトに
行なっている非人道的政策と、なんの違いがあるのだろう」と、核使用も辞さ
ないことを示す声明を発表します。
 もう一方のスーパーパワーアメリカですが、大統領選挙を一週間に控えた
アイゼンハワー米大統領は激怒し、国連に、即時停戦とエジプトからの撤退を
もとめる決議案を提出しました。国連総会は、賛成64、反対5でこれを可決します。
さらにアメリカは、イギリスが国連の国際通貨基金(IMF)から十億ドルの
緊急融資を必要としていることに関し、停戦が条件だと答え、また、
保有するポンド債を売り払い、ポンドを暴落させると警告しました。
http://www.educ.cc.keio.ac.jp/~te04811/page1-1-5-6.htm

76 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 21:43:24 ID:???
偉そうに

文献は
・The Oxford Encyclopedia of Economic History : Oxford U.P. 2003
・Monitoring the World Economy 1820-1992 A.Maddison

OECDデータは
OECD,Paris,1995,Appendix C
からだよ

国会図書館か大きな大学の図書館にあるだろう


77 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 21:48:04 ID:???
>>57
>>アメリカイギリスの大戦ものってたいてい欧州中心で
そりゃあ当時の主要国同士の戦いの殆どは欧州にあったからな
あと外人は戦争物と言うと陸戦がお好みでいらっしゃる

78 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 22:08:47 ID:???
ttp://www.youtube.com/watch?v=-rLS6iuNMfI
ttp://www.youtube.com/watch?v=yUSEzkh6biU
ttp://www.youtube.com/watch?v=a88GvYlASGc

79 :名無し三等兵:2007/09/27(木) 23:21:11 ID:???
ここは軍板初心者ホイホイか

80 :だつお:2007/09/28(金) 09:00:17 ID:+1YezPzh
>イギリスにとっての決戦場は極東ではなくて欧州。

>北アフリカのエルアラメイン大決戦と比べれば、極東戦線は取るに足らない。
>そんな戦いで局地的に勝利しても、技術力でイギリスより上とは言えない。

皇軍によっての決戦場はマリアナではなくて大陸打通。
投入兵力から言ってそういうことになる。

日中戦争の大陸打通大作戦と比べれば、マリアナ決戦なんて取るに足らない。
そんな戦いで米軍が勝利しても、皇軍よりも強いとは言えない。そもそも・・・

朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

朝鮮戦争で中国のチンピラゴロツキ相手にも大苦戦した米軍が、
どうして日本本土で皇軍主力を殲滅できるのか教えてくれよ!

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

    教 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

81 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 12:31:50 ID:???
早く>>59に答 え て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

82 :名無し三等兵:2007/09/28(金) 19:19:56 ID:???
26 名前:だつお[] 投稿日:2007/09/11(火) 19:31:19 ID:FkiHvd7Y
>「産む機械」だの「原爆しょうがない」だの「うつくしいくに」だの、

今の日本人は自己認知がしっかりできていないから、総理にも指導力がないし、
ちょっとしたことでキレて暴力に走る若者が増え、公務員も堕落していく。
だが総理大臣ともあろうものが、日本の内政問題よりもブッシュに媚びる
対米追従外交に「職責を賭ける」などという認識ではどうもならん。

自分も趣味で政策論議をやるが、それも飽きたら「リネージュ」や
「ラグナロク」といったネットゲームの世界に帰ろうと思う。


(親の叫び) 穀 潰 し は 早 く 働 い て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー
         早く家から出 て 行 て く れ よ ぉ ぉ ぉ ぉ ー

83 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 02:30:11 ID:???
>69

>66の笑いのツボは、そこよりも

>>資本財を輸入していた

に対して

> 外資導入に大きく頼った

と言い返している所だろ。資本と資本財をごっちゃにしているんだからなぁ。

84 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 10:03:52 ID:???
>>資本財を輸入していた

コラム 6 ABCD包囲網
ABCD包囲網とは、東アジアに権益を持つアメリカ(Α)、イギリス(B=Britain)、
中国(C=China)、オランダ(D=Duch)が、共同して行った対日経済封鎖のことである。
これによって日本は、大東亜戦争を戦うことを余儀なくされた。
 昭和十二年の支那事変の勃発によって中国に進出した日本を快く思わないアメリカは、
日本に対して露骨な経済制裁を行なってきた。まず、航空機と航空機部品の禁輸(昭和十四年)
を行ない、翌年、日米通商条約を一方的に破棄した。同時に日本軍と交戦中の蒋介石の国民党軍
に対して武器等の援助を行い、さらに、義勇軍と偽り正規空軍部隊を支那に派遣し日本軍と戦わせた。
また当時、イギリス、フランス、ソ連も中国に対して巨額の軍事援助を行い、日中の戦争を
泥沼化させていった。

http://www.sakuranohana.jp/kaerazaru/book_kaerazaru_c1.html
コラム 6 ABCD包囲網

85 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 10:19:13 ID:???
>航空機と航空機部品の禁輸(昭和十四年)

ぷっ。戦前の日本が資本財輸入をすっかり絶たれたのは中国侵略の自業自得。
イギリスがナチ打倒戦のためにアメリカから技術供与されたのとは次元が違う。

86 :だつお:2007/09/29(土) 10:42:34 ID:Ml6R7a47
>周辺工業国は米独英仏の主要工業国などに対し繊維製品など軽工業製品を輸出し
>主要工業国から重工業製品等資本財を輸入していた

 ところが、ナチズムの権力掌握後、独ソ関係の悪化によりこの軍事協力関係
の維持は不可能となり、ドイツ国防軍がみずからの活力を維持するためには、
あらたな軍事的パートナーを必要とするにいたったのである。この面で
ドイツ国防軍、主として陸軍が注目したのは中国であった。・・・中略・・・
 また、国防経済という観点からも、ドイツ国防軍が親中路線を採用する理由が
存在した。なぜなら、両国の経済は相互補完的であったからである。ドイツ国防
経済は、ロシアとの関係悪化後、技術刷新の継続のためにも、また付加的な
輸出の拡大のためにも、あらたな市場を求めていた。一方、中国側は、ドイツから
の工業製品輸入を天然資源の輸出で相殺することができたし、また一九三五〜三六年
のドイツの武器輸出総額のうち、実に五七・五パーセント(二千万ライヒスマルク)
が中国に向けられていたのである。
 これに対し日本はその一パーセントにも満たない十七万七千ライヒスマルクであった。
<ナチズム極東戦略 日独防共協定を巡る諜報戦 / 田嶋信雄/著 >

87 :だつお:2007/09/29(土) 10:52:42 ID:Ml6R7a47
>日本賛美の怪しげなデータだけに頼ってるだけでは真実は見えなくなると思うが

それは日本賛美の大陸打通作戦だけを語っていると、マリアナ・レイテ海戦敗北
の真実が見えなくなるということなのか?

そうかそうか。大陸打通作戦とはかくもすごい皇軍の大勝利であったということか。
いくら中国人がチンピラゴロツキ蛆虫とはいえ、3500万も殺戮するなんて芸当すぎ。
だが大陸打通作戦中国チンピラゴロツキ3500万殺戮街道ばかり叫んでいては、
日本敗戦の真実は見えなくなるつーことなのかと。

中国人は日本人に生物学的に劣っている、徹底的に劣っている。
皇軍が中国人を「チンピラゴロツキ」と呼んで殺戮する害虫退治とは違い、
ドイツ人がポーランド人やロシア人を「劣等民族」と蔑むのは許されない。
ウソだと思うならバグラチオン作戦と大陸打通作戦を比べてみろ!

常に自分よりも下があるんだって、ホント気持ちがいい優越感を感じるよな。
どんな場合でも日本人は中国人の上に立ち、支配しているのだという優越感。
97式中戦車チハがこんなに強いなんて、おまえら知らなかったろ!

   日 本 人 は 中 国 人 よ り は 「上」 だ !

それにはやはり大陸打通作戦に皇軍の全戦力を結集することだ。大陸打通作戦
だけが皇軍の全てであり、大陸打通作戦だけを続けてそれから無条件降伏すべきだ。
日本人は中国人に対し常に優越しており、中国人はその下で隷属する最劣等生物
なのだということを、誰にでも分かりやすい形で訴えるべきなのだ。そしてこの
気持ちのいい優越感を、いつまでもいつまでもかみ締めておくことが大切だ。

88 :だつお:2007/09/29(土) 11:01:07 ID:Ml6R7a47
>日本賛美の怪しげなデータだけに頼ってるだけでは

◇計算できない物質的財産の破壊
 「日本の侵略戦争が中国に与えた財産上の損失も、莫大で驚くべきものだ」、
戦争中、日本軍はいたるところで、狂気のように公共や個人の財産を略奪し、
文化遺産を破壊し、鉱物・森林資源を採掘、伐採し、偽札を発行し、
軍事・民生施設を焼き払い、爆破し、中華民族の物質的精華は日本侵略者
によってほとんど全部奪い去られた、卞博士はこう指摘した。
 この数年、抗戦時代の損失問題を研究し続けてきた卞博士は、当時、
直接戦禍にみまわれなかったチベット、新疆の両省クラス行政区を除き、
残りの省は全部または部分的に陥落するか、一部が戦場になり、多くの都市、
郷・鎮が日本軍の盲爆にさらされたとみている。
 卞博士は、近年の研究結果で、全戦争期間中、中国が受けた直接の財産
損失は1000億ドル、間接的損失は5000億ドルに達することが明らか
になったと語った。
 「むろん、戦争状態という制約から、抗戦の損害調査は、時間的完全性
からも、空間のカバーという点からも、極めて不完全なものである」、
「日本の侵略戦争が中国に与えた巨大な物質的財産の破壊と壊滅ぶりに
ついて、正確な回答をみつけるのは不可能に近い」、卞博士はこう語った。
 そして日本の侵略戦争がもたらした大きな傷が、中国の近代化プロセスの
重大な障害になったことは、学術界で突っ込んで研究する必要があると強調した。

http://www.china-embassy.or.jp/jpn/zt/qqq115/t202631.htm
日本の侵略戦争は中国にどれだけの損害を与えたか 新華社解説

89 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 11:22:44 ID:???
>>85
イギリスは技術供与なんてされてないだろ。
アメリカに技術供与なら逆に沢山していたが。
軍需物資の購入と勘違いしてんじゃないのか

90 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 11:33:05 ID:???
>イギリスは技術供与なんてされてないだろ。
>アメリカに技術供与なら逆に沢山していたが。

教えて厨ですまんが、これのソースを出典付きでお願い。

>>68はイギリスのJames Burkeがアメリカのベル研究所からM-9 Predictor
の供与を受けて、英帝国に代わってベル研究所にお礼を言ったとのことだが。

#on behalf of 〜=〜に代わって

91 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 13:38:57 ID:???
ベル研究所の元を造ったのはイギリスだし、またVT信管にしても最初に
ベル研究所にその技術研究資料を提出したのもイギリス。

ベースとなるイギリスの研究成果なくして、アメリカの技術開発は無かった。

92 :だつお:2007/09/29(土) 13:52:23 ID:Ml6R7a47
>イギリスは技術供与なんてされてないだろ。
>アメリカに技術供与なら逆に沢山していたが。

話は1943年に戻る。
V-1の脅威に気付いた英国のEdward Pile将軍は、
ベル研究所に対空火器管制計算機、"Predictor"を要求。
これはレーダーから敵機の情報を受け取り、アナログ計算機で
90mm対空砲に方位、仰角と時限信管の調定を指示した。

"Predictor"が英国に到着したのは、まさにV-1が飛来し始めた時だった。

当初V-1を迎えたレーダーには捕捉機能が無い為、V-1を1機撃墜するのに
平均2,500発が必要だったのがM-9の登場で約100発にまで向上した。

当時の対空砲では時限信管を調定してからブリーチブロックが閉じられるまで
7秒は掛かっていたので、Predictor に7秒後の予想位置を計算させた。

http://yasai.2ch.net/army/kako/997/997264030.html
VT信管

93 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 14:01:35 ID:???
"M-9 Predictor"って、英国への技術供与と呼べるか?

全く違うだろ。

英国が下請けのベル研究所に「指示して造らせた」っていうんだよ!

94 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 14:39:47 ID:???
レーダーやペニシリンもその口だよな。
技術をアメリカに供与して製造だけさせるって。

戦前のアメは基礎技術がヨーロッパに比べてかなり低かったから
戦時中に無数の分野でイギリスの技術供与が行われてアメリカの技術が
ボトムアップしたけどそんなん軍板住民なら常識。
つーかマーリンエンジンも17ポンド砲も全部イギリスのじゃねーか。


95 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 14:48:18 ID:???
>皇軍が中国人を「チンピラゴロツキ」と呼んで殺戮する

そのチンピラゴロツキに、文字やら耕作やら法制度やら、方位磁針やら紙やら
火薬やら製鉄やら、全て教えていただいたニポンのご先祖様は、
ゴキブリ以下だというのがだつおの理屈の行き着くはてなわけで。

大元の基礎技術はみんな中国だから。

96 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 15:14:35 ID:???
それ以前にいくら中国人でもまじめに働いてる奴が大多数だから
ニートだつおは文句なくゴキブリ以下。

97 :だつお:2007/09/29(土) 15:55:37 ID:dYeWwOqd
http://www.crnjapan.com/abuse/aarticles/2007/ja/20070627-15yo_dumps_corpse_miyagi.html
自宅で女児出産、遺体を押し入れに…高1女子生徒を逮捕

自分の尻から出てきた肉の塊を棄てただけで、何で犯罪になるんだ?
ウンコは下水道に流しても良いのなら、赤ん坊だって棄てていいはずだろ。

おい、なんとか言えよ、おい!

98 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 16:20:04 ID:???
↑棄てられて拾われた奴

99 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 16:30:19 ID:???
だつおは生まれてすぐ棄てられるべきだったろうが・・・w

100 :だつお:2007/09/29(土) 16:58:33 ID:dYeWwOqd
>戦前のアメは基礎技術がヨーロッパに比べてかなり低かったから
>戦時中に無数の分野でイギリスの技術供与が行われて

ムスタングのエンジンがイギリス由来のマーリンだからという意味らしいが、
それをいうならスウェーデン由来のボフォースやスイス由来のエリコンや
フランス由来のイスパノスイザなどはどうだと言いたくなるんだよなー。
さらにイスパノスイザ社の元はスペインとスイスが起源だそうだし。
火薬と羅針盤と製鉄と紙という世界四大発明をしたのは中国だからって感じ。
そもそも1942年6月、東部戦線対北アフリカでドイツ師団配備は171対3。
しかもそれでいて北アフリカのトーチ作戦には米陸海軍も参戦している。

>当初V-1を迎えたレーダーには捕捉機能が無い為、V-1を1機撃墜するのに
>平均2,500発が必要だったのがM-9の登場で約100発にまで向上した。

そこまでの格差だったかどうかはさておくとしても、アメリカのベル研究所
から供与されたM-9 Predictorがイギリス防空に果たした役割は軽視できまい。
他にもベル研究所がどれだけの電子機器をイギリスに供給したかも語られるべき。

それとも「ベル研究所」は、イギリスの管轄だったとでも言いたいのか?

101 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 17:55:06 ID:???
http://www.crnjapan.com/abuse/aarticles/2007/ja/20070627-15yo_dumps_corpse_miyagi.html
自宅で女児出産、遺体を押し入れに…高1女子生徒を逮捕

無職極潰しのだつおよりまだまともな人間になる可能性のある自分の尻から出てきた肉の塊を棄てただけで、何で犯罪になるんだ?
ウンコは下水道に流しても良いのなら、無職無能ヒキパラニートのだつおだって棄てていいはずだろ。

おい、なんとか言えよ、おい!

102 :名無し三等兵:2007/09/29(土) 22:56:40 ID:???
>89
石油精製技術はアメの方が上じゃねーの?
自慢のスピットファイアもアメ産のハイオクとモーターオイルが無ければどーにもならんじゃん。

103 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 15:24:05 ID:???
なんだかんだ言ったって零戦のプロペラはアメリカの旧式プロペラのコピー
連合国は日本の技術なんか全然評価していないし
戦後、多数のドイツの科学者を戦犯免除しアメリカへ移住させ、何十万という特
許を没収し自らのものにしたペーパークリップ作戦が存在した

が、日本の場合は戦犯逃れ出来たのは連合国では出来ない細菌兵器の実験データ
を有する石井部隊の軍人・軍属のみ
没収された特許も全くなし
移住させるほどの科学者も全くおらず

太平洋戦争史を著作したモリソン教授に日本の科学技術に参考するものは全くな
いと酷評される有り様

104 :名無し三等兵:2007/09/30(日) 15:32:06 ID:???
以下だつおのいつものコピペ


105 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 16:37:54 ID:???
 i .: : :.l : :|i :!,. ;t 十l: l.l: l   |:L_ .i`i: : l             /
 l : : : :l::: :l: :i l:! __!, l:l l:!   ll,._` l.|:!:. l           /
 l : : : :l : l::l  ,.r‐t-!、 tl   rt-!、 l:l::i.. l            /
 | .: : :;,,l : :l:! / iー' l     l' l l.!i::l:: l       ,.、
 l : : :i,ヘl:: :l:l ` ヒ,__,ノ      ヒノ. 'il:: l:: l       /,,,,,,\
 l :: :: ヽ,i:: :l゙ ""    ___ '  "i : !:;,! ,.. -ー'' ll;;;;;;;;;;;;゙i゙i
 ! : : : : : l ::l      !`'  Y   /:r'´ /::/   l ヽ;;;;;;;;;;;l l    帝国の軍備は
 | : : : : ,: l:::lゝ.,,    ヽ、 ' ,, イ:!i  l;;;;l p   |  l;;;;;;;;;;;l l    北朝鮮のミサイルとおんなじ!!
 l : : : : i: :ヽl : : :`T''  r:;‐''::´i: : l! .l;;;;l .leer. .l ,/;;;;;;;;;;;l l
 l :: :l : :l: : : : :,.K´` t,  λi:;!: : ::li゙‐.!;=!r ...,,,__ ll;;;;;;;;;;;//      
 l :l :l: : l:: : :i :!. `'' t ` ''´  lヽ;!: !'  /つヘ~t  \ '''''/
 l :l :l,:: l: : :l,l ::',   .i  (…) .l ヾ、 iλニ l     `´
 ヽl`! ;:ハ: ;:l:::i: :l   .l.  '"   l   ヽ,,..〉i⊂ニ !       \
  ゛   ,ソヽ! ;;i    l     l '´   |;;;;;l,r'         \     貧乏国家が欧米からお金と技術をもらって
         !.l   .l      l   ,,ィ`ー'            \   やっと作った見掛け倒しの鉄くず艦隊でしゅーーー!!

106 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 17:49:13 ID:???
目的や言い方はともかく軍備自体は本質的にその通りだから困る

107 :名無し三等兵:2007/10/01(月) 19:35:47 ID:???
ttp://www.youtube.com/watch?v=-rLS6iuNMfI
ttp://www.youtube.com/watch?v=yUSEzkh6biU
ttp://www.youtube.com/watch?v=a88GvYlASGc



108 :名無し三等兵:2007/10/03(水) 20:50:10 ID:???
・1942/8/25
台南空の零戦9機と陸攻16機がガダルカナルのヘンダーソン空港を攻撃した
米軍のF-4F12機が迎撃
日本軍は笹井中尉が戦死するなど零戦4機、陸攻4機を失った
日本軍は敵機“14”機撃墜、地上撃破12機を報告した
迎撃のため離陸したのは米軍機は12機にも関わらずである
で、実際の米軍の損失はたった“1機”である
つまり日本で最も優秀といわれた台南空でさえ戦果を“26倍”も誇張したのだ
・1942/8/30
日本海軍新郷大尉率いる空母零戦隊18〜22機がヘンダーソン空港に襲来
米軍はF-4F8機、P-400 11機が迎撃
日本軍機で帰還できたのはわずか6機だったが
日本軍は米軍機12機撃墜を報じた
しかし実際の米軍損失はP-400 4機、F-4F1機であった

これらの戦いで日本軍はベテランのパイロットであるが、米軍のパイロットはガダルカナルが初
陣であることを特筆すべきだろう
日本軍はベテランパイロットで新米パイロットに惨敗したのだ
その上、日本軍の戦果誇張は旧ソ連軍並であり、日本側の資料はなんら参考にな
らない
中国での戦いにおいて地形に比べ投入された異常な中国軍兵力数と戦果を日本軍
は報告したが、それにしては捕虜が少なく、敗戦後の中国軍の再装備が潤沢すぎ
日本側資料は信憑性が乏しいのである

109 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 11:07:48 ID:???
>日本軍の戦果誇張は旧ソ連軍並であり、

 31回の空中戦で、フライングタイガーの志願者は5機ないし20機の
P-40型戦闘機をもって217機の敵機を撃墜し、みずからの損失はわずか
14機だった。それ以後、「中国空軍所属の中国援助アメリカ志願航空隊」
はフライングタイガーのマークを使い始め、そのサメの頭の形をした
戦闘機も世に名を知られるようになり、「フライングタイガー」という
ニックネームも知られるようになった。抗日戦争が終わるまでに、
フライングタイガーは敵機を2600機撃墜し、積載量223万トン相当の船舶、
軍艦44隻、100トン以下の内陸河川の船1万3000隻を撃沈するかあるいは
大破させた。また日本軍将兵6万6700人を撃ち殺した。フライングタイガー
の隊員のほとんどは中国政府から賞を授与された。10余人の飛行士は
アメリカ、イギリス政府から飛行十字勲章を授与された。

http://www.china.org.cn/japanese/170095.htm
対中援助に寄与したアメリカの「フライングタイガー」

110 :ジョニー・ジョンソン:2007/10/04(木) 11:09:56 ID:???
「私は、”戦闘機パイロットとして比類なき名手”と言われた有名なドイツ
のエース(マルセイユ)の記録を、詳細にチェックすることができた。
アフリカ西部砂漠で、彼が最大の戦果を上げた日は、1942年9月1日で、
彼は17機を撃墜、うち8機は10分間の戦闘に撃ち落としたと主張している。
しかし英国側の記録では、この日合計11機を失ったに過ぎないのである。
(しかもうち2機は、彼がこの日撃墜してない機の「ハリケーン」であった。)
事実、英国側の損害の一部は、彼の機がまだ地上にいたときに、起こっている。」

M・ケイディン「メッサーシュミットBF109」

111 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 16:47:40 ID:???
戦果誇張の度合い
大→ソ連、日本、中国、開発途上国
中→米、英連邦
小→独、イスラエル

こんなとこだろう

112 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 17:56:55 ID:EI6wPezY
ジョンソンは英空軍でも高官だったし、またケイディンはNASAの有名な航空学者。
英米の公刊戦史もこういう人物が関わっていると考えられる。

とはいえ英米記録は事故損失を除外する場合もあり、全てが正確とも言えない。

113 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 18:04:11 ID:???
      英本土航空戦・それぞれの損害
   イギリス本土およびイギリス海峡上空を舞台に、激闘をくり広げること114日間。
この間に英空軍は航空機1.023機、パイロット527名の損害を出し、ドイツ空軍は
1.887機、乗員2.662名を失った。    文/岡部いさく
≪前略≫
 戦時中に英空軍が発表した戦果は、七月一〇日から九月三〇日までの期間で
二四〇〇機以上というものだったが、これは非常に誇張した数字であった。一方、
ドイツ軍が国民に伝えた損失もまた大幅に過小なもので、七六二機でしかなかった。
 実際にドイツ空軍が失った機数は一四〇八機であったから、イギリス側は約一・八倍
に戦果を膨らませていたことになり、片やドイツ側は半分近く損失を隠していたのである。
ドイツ側は戦果についても誇大に公表し、海峡航空戦を通じて三〇五八機のイギリス機
を破壊したとしている。しかし、実際に英空軍が失った戦闘機の総数は一〇二三機であり、
約三倍の誇張となっている。

学研「英独航空決戦」より。

114 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 18:44:00 ID:???
だめだな・・・

115 :だつお:2007/10/04(木) 21:04:34 ID:6i90t2+2
But a fundamental question remains: What good end was served by the
emergency delivery of 650,000 tons of this and that into China?
Certainly little went directly to the aid of the Chinese people and
relatively little to the Chinese armies, though it can be urged that
the regime of Chiang Kai-shek would have collapsed without the
support of General Chennault's command and that Chennault's
men were wholly dependent upon the Hump lift.

http://www.ibiblio.org/hyperwar/AAF/VII/AAF-VII-5.html
AIRLINE TO CHINA

>But a fundamental question remains: What good end was served by the
>emergency delivery of 650,000 tons of this and that into China?

しかしながら本質的に疑問が残る。いったいこれらあれら650,000 tons
の中国への緊急援助は、いかなる成果を残したのかと?

チンピラゴロツキには何を援助しても、チンピラゴロツキはチンピラゴロツキ。
チンピラゴロツキに追い風吹かしても、チンピラゴロツキはチンピラゴロツキ。
中国人という中国人は、みんなみんなチンピラゴロツキ。

アヘン戦争の原因は、イギリスのアヘン輸出なんかじゃないよ。

中国人はアヘンでチンピラゴロツキになったんじゃない、元からチンピラゴロツキだった。
チンピラゴロツキだからアヘンを貪るのであって、アヘンを与えるからチンピラゴロツキ
にされたというわけじゃないんだ。アヘンであれば現在の日本でも医療に広く使われてる、
アヘンが悪いんじゃない、悪いのは全て中国人の腐った脳みそだ。

116 :名無し三等兵:2007/10/04(木) 22:20:22 ID:???
しかしながら本質的に疑問が残る。いったいこれらあれら小中高大16年間
のだつおへの教育期間は、いかなる成果を残したのかと?

ゴキブリニートには何を援助しても、ゴキブリニートはゴキブリニート。
ゴキブリニートに追い風吹かしても、ゴキブリニートはゴキブリニート。
だつおというだつおは、みんなみんなゴキブリニート。

こいつがニートの原因は、日本の社会のせいなんかじゃないよ。

だつおは社会のせいでゴキブリニートになったんじゃない、元からゴキブリニートだった。
ゴキブリニートだから2ちゃんを貪るのであって、2ちゃんを与えるからゴキブリニート
にされたというわけじゃないんだ。2ちゃんであれば普通の日本人でも一般的に広く使われてる、
2ちゃんが悪いんじゃない、悪いのは全てだつおの腐った脳みそだ。

117 :名無し三等兵:2007/10/05(金) 11:32:23 ID:???
 資本ストックの総額は1945年の時点で戦前のピークを25パーセント下回り、
ほぼ1935年の水準と算出されている。これを資本の種類別にみると建造物の
25パーセント(300万戸の住宅を含む)、港湾の7.5パーセント、鉄道の
7パーセント、電力の11パーセント、通信の15パーセント、民有船舶の80
パーセントが破壊されていた。深刻な損害ではあったが、生産に直接必要な資本
ストックの破壊は相対的には軽微であった。例えば鉄鋼産業の生産能力はほとんど
無事だったし、繊維産業はわずか10パーセント減にとどまった。しかし機械製造
と化学産業では、それぞれ25パーセントと30ないし50パーセント減に達した。
消費財産業の生産設備は、戦略爆撃のみならず日本政府自身の手によっても厳しい
被害をこうむっていた。戦時中に政府が機械類をつぶして鋼材の原料にしてい
たからである。化学産業の甚大な被害がもたらした最大の影響は農業向けの
化学肥料の不足で、これが戦後の食糧問題をさらに悪化させた。
http://www.asiawide.or.jp/ecaar/symposium/s96/3-6.htm

      1944年前の最高 敗戦時能力 残存率 1941年末 増加率
水力発電 千kw    6,074  6,233    102.6   5,368    16.1
普通鋼鋼材 千トン   7,998 8,040     100.5   7,506    7.1
アルミニウム 月トン 11,100  8,350    75.2    7,240   15.3
工作機械 トン     190    120     63.2   110     9.1
石油精製 千kl    3,739   1,443     38.6    2,359   -38.8
石鹸 千トン       278    99     35.6    278    -64.4
綿スフ紡績 百万錘  13.8   2.8     20.3    13.8    -79.7
綿織物 千台      393   123     31.3    393    -68.7
自転車 千台      3,600  720     20.0    2,880    -75.0
http://www.e.u-tokyo.ac.jp/~takeda/gyoseki/GAKU00-16.htm    

118 :名無し三等兵:2007/10/05(金) 19:24:51 ID:???
日本軍が想定した他国からの中国援助物資輸送量
・1939年9月
北方ルート(中ソ国境)
200t
ビルマルート
2000t
仏印ルート
12600t
香港ルート
0t
総計
14800t
・1940年5月
北方ルート
500t
ビルマルート
10000t
仏印ルート
15000t
香港ルート
6000t
総計
31500t

独ソ戦、仏印進駐、太平洋戦争でこれらのルートは途絶した
日本賛美主義者がでっち上げる65万tの物資がどこから入ったというのか?
港湾設備、航行ルート、交通網未整備のヒマラヤ山岳地帯、このようなな問題点
をクリアしてとてつもない補給物資を英ソ以外に送るアメリカは神か

いい加減な日本に偏重した文献出さん方がいいな

119 :だつお:2007/10/05(金) 21:33:03 ID:sTi4LhUs
>独ソ戦、仏印進駐、太平洋戦争でこれらのルートは途絶した
>日本賛美主義者がでっち上げる65万tの物資がどこから入ったというのか?
>港湾設備、航行ルート、交通網未整備のヒマラヤ山岳地帯、このようなな問題点
>をクリアしてとてつもない補給物資を英ソ以外に送るアメリカは神か

 日本空軍に対する完全な優勢は徐々に達成された。攻撃する日本陸軍によって
包囲されていたインパールのイギリス陸上部隊は、連合軍により空中補給された。
日本軍は航空攻撃により孤立に陥り、撃滅された。ビルマを解放した軍隊は空中移動し、
補給され、支援を受けた。ビルマ・中国における日本の兵站は分断された。中国は戦争を継続した。
 1180000トン強の補給品と装備、1380000名の兵員が空中輸送された。中国とインドの間の
「ハンプ」越え空中移動は1ヶ月に71000トンのピーク率を達成した。

http://www10.ocn.ne.jp/~kuushuu/ussbs08.html
中国−ビルマ−インド戦域

120 :だつお:2007/10/06(土) 11:57:22 ID:hVVVs5bR
>日本賛美主義者がでっち上げる65万tの物資がどこから入ったというのか?

日本賛美主義者の「米戦略爆撃調査団報告書」の記述では、65万dでなくて118万d。
残念なことに中国への援助トン数は更に大きなものとなっているのだよ。

悪いのは援助物資ではなくて、専ら中国人の先天的知能障害。

中国人は日本人に劣っている、徹底的に劣っている。これはまさに生物学的に
中国人の知能が日本人に大きく劣っているということなのだ。

121 :名無し三等兵:2007/10/06(土) 12:20:01 ID:???
中国人がチンピラゴロツキ蛆虫だっつーのは分かりきってることだろ。

だったら何でその蛆虫どもをこの地球上から根絶できなかったかを考えろ。

122 :名無し三等兵:2007/10/06(土) 15:27:56 ID:???

>>120
大学院の先輩で研究成果が出てて来年某外資系化学会社の日本法人に就職予定の中国人留学生ヤンさんはどう考えても
無職無能ニートのだつおより生物学的に優れていると思うが
そんな先天的知能障害者のだつおはうんこと同じく下水へ流して始末してもいいよな?
おい、何とか言うよ!

123 :だつお:2007/10/06(土) 16:43:08 ID:hVVVs5bR
>独ソ戦、仏印進駐、太平洋戦争でこれらのルートは途絶した
>日本賛美主義者がでっち上げる65万tの物資がどこから入ったというのか?

日本人が日本人向けに書いたチャチな三文兵器評論では何も見えてこないよ。
米戦略爆撃調査団報告書とかを紐解いてごらん。

グローバル化だよ、グローバル化!!

IT社会になってどこからでも簡単に英文アクセスができるようになった。
こういう時代で国内向けの国内評論だけを読んでたら遅れていくばかりだ。

グローバル化したニューエコノミー社会では、英文に接する機会が増える。
そのために日本人が知らなかった情報が出てきてショックを感じることもある。
しかしながらそれも謙虚に受け止めていく必要があろう。

75 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)