5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【高効率】車用ライトバルブ統合スレH33【明るく】

323 :名無しさん@そうだドライブへ行こう:2007/01/14(日) 01:06:36 ID:DxNuiwPv0
の明るさ感があるに過ぎない。

とある有名バルブメーカーのお客様相談電話で聞いたところ

〜W相当の明るさ
というのは、バルブ直近での計測比較らしい。
バルブ直近だと100W相当の照度があるが10m20mと離れるに従い
高効率バルブは暗くなる度合いが大きいから同じ100Wでも本物の
ハイワッテージバルブに比べて実使用においては暗い。
消費電力の差による地力が減衰の差となり光束の到達力が違うということだそうだ。
しかし、〜W相当の明るさ(感)に関しては業界の中で明確な決め事がない。
だからバルブ直近で100Wバルブ相当の明るさ(感)があれば
〜W相当の明るさ(感)と謳っても詐欺にはならない。

どこのメーカーのどんなバルブでも〜W相当の明るさと銘打った高効率バルブが
本当の〜Wのバルブと同じ(相当)なんて思ってる(感じている)ヤシはいない。
誰がどう見ても高効率バルブは明らかに暗い。130W相当の明るさ(感)という
高効率が、まがい物ではない85Wバルブに遠く及ばないのだからさもあらん。
その現況は完全に詐欺(詐称・不当表示)としか言いようがないと思っていたのだが
なるほど、業界で統一された明確な決め事がないのならば、なにをどう謳おうと
(当社比)であるとか(相当)とか(明るさ感)といえば言えるわけだ。

これは、まがい物の〜W相当と本物との比較だけでなく色温度が違うバルブにも
当てはまる。なるほど店頭のサンプルバルブだと4500Kでも相当に眩しい。
しかし、10m20mと離れるに従い減衰して暗くなる。
乱暴に言えば、色温度と〜W相当表示と実使用における明るさは反比例の関係にある。

とのこと。

323 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)