5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【読者】金庸作品【12億人】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 16:08:49 ID:o8DPGTyO0
金庸作品とその登場人物を熱く語りましょう

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 16:16:38 ID:+Orvf47M0
コピペですが

金庸の武侠小説

天龍八部 ・・・ 北宋後期
射雕英雄傳 ・・・ 南宋中期
神雕侠侶 ・・・ 南宋後期
倚天屠龍記 ・・・ 元朝末期
碧血劍 ・・・ 明の崇禎年間後期
鹿鼎記 ・・・ 清の康熙年間前期
書劍恩仇録 ・・・ 清の乾隆年間中期
飛狐外傳 ・・・ 清の乾隆年間後期
雪山飛狐 ・・・ 清の乾隆年間後期

笑傲江湖、侠客行、連城訣 ・・・ 不明

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 16:18:57 ID:+Orvf47M0
兄弟スレです。

★武侠小説総合★
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1161652664/

↑あちらは、武侠小説についてや、歴史性について語りそうな空気ですので、
こちらでは、金庸の小説の物語世界について熱く語るといいと思います。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 22:14:23 ID:MiK7oYPA0
結局一番強いのは誰なんだろうなあ?
全部読んでないから分らんけど、今のところ
設定もあわせて個人的には独弧求敗だと思ってるけど
それとも黄嘗か?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 22:25:54 ID:3veWB6Lr0
東方不敗 じゃね?

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 22:27:46 ID:iFfaNNET0
自分は、笑傲江湖の東方不敗と、天龍八部の少林寺の謎の僧が、

強さに関して、東西の横綱と思っている。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 00:32:12 ID:2f9Wc0bV0
つ【追魂奪命剣】
異名なら無塵くんが強そう。

強さなら独孤求敗がいち(ry

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 00:45:17 ID:0ZZNTNDE0
でも、「東邪」「西毒」というシンプルな異名がかっこいい

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 10:42:08 ID:o3xkLot+0
一番好きなキャラクターは、神雕侠侶の楊過だな。
反面、射雕英雄伝の郭靖はあまり好きになれない。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 16:04:24 ID:w0u6UrQP0
令狐冲がいい。あの男はさっぱりした好漢だ。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 18:50:44 ID:oViL983j0
最強は神雕こと雕兄で決まり。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 19:09:14 ID:UsiJaVMG0
どの作品に登場する独孤求敗が最強か?
やはり射雕英雄伝かな

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 19:29:52 ID:UsiJaVMG0
↑ドラマ版ね

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 23:39:40 ID:Xz1x1zd60
江湖から姿を消した後の楊過も凄いレベルに達していた可能性

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 00:40:42 ID:X6f4Dp+60
東邪西毒南帝北丐クラスと、任我行あたりなら、どっちが強いだろうか?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 04:24:42 ID:rtHb6ndv0
東邪西毒南帝北丐が若干上かな?

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 09:50:51 ID:0QYCAKCX0
人の話を最後まで聞いてから戦え!とか思う場面がしばしば・・・

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 10:40:49 ID:EiNe62FN0
人の話を最期まで聞いたら、江湖武林に平和が訪れるが、
平和な江湖武林に何の面白みがあるだろうか?

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 15:15:41 ID:WcYlBUNm0
笑傲江湖は明の時代です。
これは金庸の世界134〜136ページに載っています。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 15:50:46 ID:ra7Sr4/Q0
狗雑種はランク的にどれくらいかな。
主人公の中ではトップクラスに好きな奴なんだが。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 16:10:35 ID:krkVxcQf0
63 :無名武将@お腹せっぷく :2006/10/19(木) 11:51:57
金庸の「笑傲江湖」は、登場人物が全て架空の人物で歴史性が薄く、明確な時代設定はなされていない。

ただ、作中で、朱元璋の名が過去の人物として出てくること、張三豊が創設した武当派が大きな勢力を持っていることから、
明代以降であることが推測される。
また、弁髪に関する記述も見られないことから、明代である可能性が高い。

更に決定的なのは、同じ金庸で、清代の康熙年間を舞台とした「鹿鼎記」の中で、「笑傲江湖」の主人公の令狐冲を、
前王朝の使い手としていること。
つまり、「笑傲江湖」は清代より前の時代、つまり明代を舞台とした物語であることがこれによってほぼ確定する。

細かくは、朱元璋も相当昔の人物として語られていることから、明代の中期から後期にかけて、
16世紀である可能性が最も高いと思われる。

その明代の「笑傲江湖」の中で、前王朝と語られるなら、通常は明朝の前の元朝を指す。
ただ元朝はモンゴル人の王朝なので、それを除外して宋朝を指している可能性もある。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 06:28:19 ID:ZK7Wx97x0
笑傲江湖は個人的にどうかと・・・
林ちゃんの扱いが酷い

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 06:57:54 ID:O5wMTKT1O
いつの間にやら悪党だもんな
先生はその辺雑だよな
意外性を狙ってるというエクスキューズはあるにせよ

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 13:51:27 ID:YUcuwx3K0
金庸先生は、善悪とは固定されたものではないという考えだからな。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 17:30:58 ID:GHb9fVRl0
善と悪の変遷、倚天屠龍記なんかは特にそれを表しているよね。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 21:41:06 ID:/EkY6cK60
ドラマ版倚天屠龍記も気になる!!!


27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 01:01:31 ID:AZrbzf6n0
張紀中プロデューサーは、倚天屠龍記のドラマは作らないそうだね。

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 13:41:34 ID:z69kmycEO
血刀老祖、周伯通、南海鰐神、澄観…

魅力的なじいさま方が多いよね

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 20:50:08 ID:C6UnCtvg0
神雕の二巻のP252に朱子柳に武芸で郭靖では勝てず、かく大通なら勝てると書いてあるが、
どういう事か分りません。 誰か教えて下さい。


30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 23:00:21 ID:8xFWHzmM0
俺が持っているのは単行本だから、ページが違うwけど、
その部分は俺も不思議に思った。
郭靖や丘処機の方が、カク大通より強そうなのに。
ま、金庸先生もあまり深いこと考えずに書いちゃったんだろう。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 12:12:50 ID:dNGxeTcB0
金庸先生の武侠小説 のベストカップルは郭靖と黄蓉!楊過と小龍女カップル好きなヤシ多いと思うけど



32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 13:10:52 ID:Vdg3YXM90
令狐冲と任盈盈

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 16:04:13 ID:6MQs6dsM0
林平之と岳霊珊

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 16:30:55 ID:KRe149jg0
東方不敗と楊連亭

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/30(月) 20:30:40 ID:fjbl7QX00
包惜弱と楊鉄心

36 :完顔洪烈:2006/10/30(月) 22:17:16 ID:6MQs6dsM0
(TT) 惜弱・・・

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 08:40:30 ID:yjT4qslm0
天山双鷹

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 15:01:41 ID:A+oh1Jup0
雪山飛狐の最後、結局どうなったと思う?

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 15:07:24 ID:P30V+JRa0
郭靖のような呆でも黄蓉を恋人にできるって設定が世の中の男どもの心をくすぶる

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 16:28:00 ID:c4ueDxx4O
狄雲のような(ry

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/31(火) 23:48:08 ID:801cTNPH0
俺は黄蓉より程英がいい。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 00:07:37 ID:S5kMx7R3O
程英て誰だっけ

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 00:53:57 ID:dq0QI0E10
欧陽ホウに襲われて靖さんに助けられた人だっけ?

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 01:48:54 ID:S5kMx7R3O
あ、薄ぼんやり思い出した

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 09:40:45 ID:I++Nje2t0
違う、東邪の弟子

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 10:59:46 ID:S5kMx7R3O
嘘つけ

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 17:00:33 ID:WzEdqou40
程英が、美人でお淑やかで一番。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 17:23:08 ID:kHrQNA9c0
青青のキチデレっぷりはガチ!

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 20:32:15 ID:S5kMx7R3O
キチデレは変態公主だろ

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 21:01:26 ID:3EVZOnan0
開封府の劉という金持ちのお嬢さんはどうだろうか?

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 21:04:26 ID:dq0QI0E10
>>50
どの作品にでてきたお嬢さんですか?まったく覚えてないよ

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 21:09:56 ID:gWcb0M1e0
俺は、書剣恩仇禄の李げんしが刷り込みされている。

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 23:36:18 ID:wJMM7k/Q0
>>51
碧血剣で、泥棒の胡桂南が、盗んだ宝石箱の持ち主。
会話の中で、一行記述されているw

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 11:15:07 ID:A/kIBOdD0
そんなん覚えているやつおらんがなw

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/02(木) 23:47:01 ID:gKo4z4RJ0
周伯通って実在の人物なの?

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 13:58:12 ID:D1sg34l30
金庸の創作人物ではないっぽい。
全真教関連は、実在の人物が多い。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 23:53:58 ID:OIBoELB20
小龍女にあれした尹志平は、子孫の抗議があって、改訂版では名前を変えられて、
架空の人物になっているんだよね。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 11:16:52 ID:6sd7ztDv0
実在人物で、金庸の小説でイメージを悪くされた被害者って、他にいる?

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 16:03:03 ID:OjAIkXhwO
乾隆帝

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 16:32:29 ID:pWIWO8Io0
亀だが
>>29-30
俺は筋力・内力とかを考えない純粋な武術の型のことだと解釈した
「ニ老天に帰す」の楊過を使った洪七公と欧陽鋒の戦いみたいな

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 20:17:54 ID:lbZjwsjF0
でも、射雕英雄伝、神雕侠侶は、まだ力の序列が分かりやすい方の作品だと思う。

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 16:35:44 ID:GOU++i7y0
儀琳の頭をナデナデしたい

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 23:44:51 ID:5JIBRMye0
射雕、神雕の東西南北や郭靖、楊過らに比べると、
連城訣や書剣恩仇録の人物は、弱そうなイメージがあるな。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 23:56:28 ID:8lUfbaez0
女の登場人物で最強は誰?
林朝英?

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 00:22:30 ID:V8MlL4X+0
東方不敗…

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 00:27:57 ID:5qTdQiQb0
それはカマ最強

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 16:04:28 ID:V8MlL4X+0
体はともかく、心は女だ。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 23:56:23 ID:tt/YfLB30
林朝英は一応王重陽に勝ったこともあるし、
東西南北と同等クラスかな

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 15:30:42 ID:kXQLmcCq0
ヒロインは、
明るく活発系とお淑やか系だったら、どっちがいい?

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 19:42:46 ID:kxLyjAaM0
武侠ならお淑やか系で強いのがいい

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 19:47:03 ID:G0GvGh2j0
>>57
ドラマ版で名前が違ってたのはその所為か!?

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 23:50:08 ID:Cc63BX1O0
活発系はタチ悪いのばっかりだからなぁ

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 23:51:06 ID:rrWZGC8Y0
歴史上では、それなりにまともな道士だったのに、
今や、尹志平と言えば、誰もが、
「ああ、小龍女にあれした最低の男のことか」
になっちゃったからな。
子孫はたまったものじゃないだろう。


74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 09:29:26 ID:bZdk2/SD0
尹志平って歴史上で金庸さんに嫌われるようなことを何かしちゃったの?

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 11:53:41 ID:BoEu1Syj0
wikiから

尹志平

尹志平(1169年-1251年)、字は太和、河北滄州の人。全真教の第六代教主。

教主の間、モンゴルの大ハーンの支持を受け、全真教は発展し、非常に栄えた。
1238年に、李志常に教主の位を譲った。

尹志平の著作に『葆光集』があり、弟子段志堅はそれを収めて『北游語録』で論じた。


史実の全真教って、思いっきりモンゴルと手を組んでいたんだよね。
開祖の王重陽にしたって、若い頃は、金の役人やっているし。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 18:12:46 ID:bZdk2/SD0
>75
あ、ありがとう。
んじゃあ金庸作品中において丘処機って悪人扱いなのかな?
ずっと善人だと思ってたけど、
楊康、尹志平と二大トラブルメイカーの師匠だし、
実はどうしようもないヤツ、という扱いなのかも知れんなあ。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 19:16:07 ID:NxlTjGZv0
>>76
まぁ、丘道士がトンデモ野郎だって事はドラマ見ればすぐ解る。
もし史実でもあんな奴だったとしたら…ガクガク(((( ;゚Д゚))))ブルブル

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 23:28:05 ID:XeTiTTr80
基本的には、宗教家だし、時の政権に迎合したんだろうな。
宋に忠誠尽くす義理はなかっただろうし。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 02:05:39 ID:VjyXqOTN0
>>68
古墓派奥儀に玉女素心剣法を使える小龍女は相当強いのかも。

基本的に独自の技を編み出すことの出来るのは天才のみという
設定なので、峨嵋派創設時の郭襄も強い。

でも、やっぱり天山童姥かな。逍遥派の武功は反則的だと思うが。
少林寺の謎の老僧の正体が李滄海(李秋水の妹)という説が本当なら
文句無しで最強なんだけど。


80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 13:37:46 ID:dwQPd1U+0
丘道士は悪人と言うよりトンパチ

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 14:50:41 ID:3D0T0NdV0
丘処機も、最初金に接近して、モンゴルに勢いがあると見るや、
チンギスハーンの西征に同行した人。
どう見ても、宋への忠誠心なんてないw

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 12:20:13 ID:cjGYm44d0
ドラマじゃ殺人マシーンだったけどなw

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 12:41:43 ID:CBHzdMZV0
>>79

> 少林寺の謎の老僧の正体が李滄海(李秋水の妹)という説が本当なら

どっから、そんな説が出たんだ
それに、老僧は男だぞ


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 18:29:04 ID:EZIABUIM0
おまえら、嫁にしたくない女を挙げてくれ

郭芙とか阿紫とか


85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 20:16:04 ID:C4zuGZUs0
>>83そんな説もあったな。
  ちなみに阿朱のような変装で化けてたって話

シャチョウでは王重陽をかなり美化してかかれてたような気がする。
シンチョウ読んでやっぱり人間だなと思った。
九陰神経の一部を学んだ人って結構いるけど、完全に学んだ人って
郭靖と周伯通くらいかな?

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 20:38:32 ID:zrgPeGuo0
郭芙とか阿紫だなぁ

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 20:50:43 ID:RXWPuN4a0
ボクネンジ。
美人だから燃えるけど、
一生不幸に付きまとわれそう。

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 22:26:25 ID:AsRhB6SG0
阿紫はマジ勘弁。
阿九ならドンと来い。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 22:54:15 ID:LgbViBId0
建寧公主

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 00:44:51 ID:MpmgJ1n60
建寧公主には縛られたいけどな。

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 21:54:00 ID:RHkm29VM0
>>90
>>90
>>90

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 14:06:31 ID:9kkSo2mp0
黄蓉とかも案外大変かも

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 17:22:59 ID:CpIKQUCx0
おれは青青、リゲンシが好きなんだけどな。
ほかでいっぱい恨みを買ってきてくれそうで怖い。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 22:29:03 ID:koBRcZ9B0
てか、金庸作品のメインヒロインって大抵ヤバイ女じゃないか?

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 22:39:40 ID:OsOdVze00
失礼な事を言うな!


サブヒロインも大概アレだぞ。儀琳みたいに本人は良くても父親と弟子という余計なオプション付きのもいるし。

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 23:49:56 ID:hWCQkQ0Y0
>>93
好きなキャラクターの名前を何人か出すと、その人の嗜好の傾向が分かっちゃうね。


97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 11:37:52 ID:w1iQ7hOk0
そりゃ斬った張ったの世界ですから、ヤバイでしょう。
武侠の侠は任侠の侠!みたいな。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 14:32:06 ID:TQ2fL9Yi0
メインヒロインがまともなのは書劍恩仇録ぐらいか?

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 16:04:51 ID:jIWqU5AP0
侠客行の阿しゅうは?

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 16:12:40 ID:pPzZ7iUb0
いまいち存在感に欠けるね。
丁当の方がまだ元気で存在感ある。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 18:22:32 ID:w1iQ7hOk0
王語エンを忘れてた。
段誉と併せてみても割と普通のカップルじゃないですか?

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 23:47:11 ID:Hw9s+yii0
くっつくまでの紆余曲折が・・・

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 23:49:11 ID:nmrMUlL70
王語嫣は無難そうだけど、お嬢様育ちで少しわがままそうだし、
いざという時に、あまり頼りにできる相手ではないな。


104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 23:54:12 ID:z4bZ+XrZO
あのメイドは?
強いし従順だし感度良好だしw

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 00:04:59 ID:KN5ksBDH0
侍女キャラというのも重要なグループだな。
双児とか小昭とか。

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 00:10:30 ID:U0zL9IMr0
双児忘れてた!ありゃいい娘さんだよ。絶対どこかで酷い裏切りするだろうと思って読んでたら
最後までいい娘だったとはな。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 00:54:59 ID:uE3pZ4Bf0
双児を虐めつつ、建寧公主に虐められたい(^_-)-☆

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 01:29:15 ID:Y2bp2WIE0
>>103
王語嫣は母親と祖母をみると結構ヤバイのでは。

程霊素がかなりいい娘だと思う。
藍教主や何鉄手もだけど毒系って侠気のあるいい娘が多い気がする。


109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 12:21:12 ID:KN5ksBDH0
こんなスレもよろしゅうに

【みんなで】 武侠小説創作 【作ろう】
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1163474177/

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 12:36:09 ID:R/BAl/Jo0
>>103
王語嫣の知識は役に立つのではないか

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 19:21:36 ID:Y5Aty39C0
>>110
性の知識がなさそうなのは残念

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 14:37:55 ID:M8Yjj2bc0
ホチントンなんかも結婚したりしたら、きつそうだな。

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 02:06:03 ID:TQRRipuh0
儀琳タイプだな。
ああいう子がいいな。
おれなら尼さん辞めてもらうけどな

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 02:45:27 ID:iDuHI7wi0
最強は段誉でよくない?


115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 02:47:36 ID:wsdZIJXm0
ttp://forum.cul.sina.com.cn/cgi-bin/view.cgi?gid=43&fid=1352&thread=5847&date=20040817

尹志平(´・ω・) カワイソス

116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 16:06:02 ID:4extvjiZ0
>112
ホチントンは任盈盈と同じくツンツンデレデレなはず。

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 16:17:47 ID:ITguuZLR0
>>113
優しさは欲しいが、もっとしっかりした強さのある娘がいい。
それと、儀琳の場合は岳父、岳母が・・・

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 20:02:00 ID:sp87QBBC0
完顔へいはいいと思う

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 21:56:44 ID:6gbJUqoz0
>>113
あの父親とあの弟子とあの六仙がなぁ。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/16(木) 23:29:56 ID:/owm887r0
>>118
完顔萍って、武修文と結婚しちゃったけど、
最初は耶律斉が好きじゃなかったのかな?
それと、楊過に対しては、どんな気持ちを抱いていたんだろう?

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 00:24:20 ID:Ci545wbm0
コジンとかどうだろう?

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 15:25:34 ID:Ih508dKX0
岳父がチンギスハーンってのも、それはそれできつそう。

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 19:10:44 ID:c3rneOfP0
コジンはカクセイの本当の気持ちを知ってたうえで
結婚したかったのかなあ?

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 19:39:58 ID:LlGFpEjn0
阿九が良い

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 23:15:26 ID:ohSXd1rj0
袁承志って本当は阿九が好きになっていたらしいね。
読んでいる時に気づかなかったけど。

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 01:21:38 ID:P1UVhoaj0
で崋山派はどうなったの?


127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 06:53:03 ID:kL4waV6g0
鹿鼎記によると、袁承志の師兄の黄真の弟子の系統が跡を継いでいるようだね。


128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 23:03:23 ID:2KVJZBJD0
完顔萍は裘千仞から鉄掌功を習ったの?

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 20:02:55 ID:d5ZuvSOa0
まあ青々最強って事だ。

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 23:54:32 ID:R9h/KX1G0
>>125
青青が毒で死んでたら、結ばれたかもね。

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 14:08:25 ID:DFC2NXMJ0
でも阿九は出家してるから誰とも結ばれないな 

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 22:41:48 ID:q/IZyYIZO
金ちゃんはチベット紛争のことはどう思ってたんだろう
血刀老祖=ダライラマ?

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 23:11:20 ID:npk1lAni0
金庸は基本的に中華思想、漢民族中心主義否定派で、
諸民族を客観的かつ公平に扱おうという姿勢だから、現在の中共政権のチベットに対する姿勢は、
快く思っていないはず。
第一、共産党に対しても批判的だし。

ただ、チベットの密教、ラマ教は怪しげな部分が多く、
武侠小説において、悪役にするには格好の存在。
だから、チベット僧の悪役がどうしても多くなる。

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 23:46:06 ID:xNfmXuAw0
鹿鼎記を読んだとき、
何鉄手が男装の青青にそれと知らず
惚れてしまったってエピソードがちゃんと
ふまえられていたのは、ちょっとびっくりだった。

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 08:06:18 ID:CmHHV0oq0
袁承志は結局ボルネオのあたりに行ったんだろうか

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 14:32:11 ID:6vfwS4ri0
みんなでブルネイへ行って新天地を切り開いたらしいけど、
実際どうなったんだろうね?
ブルネイで暮らしたってことなんだろうか?

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 21:10:38 ID:OwOxPfgt0
>>131
つ還俗

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 22:47:42 ID:xl58bFOq0
小龍女は金庸先生が昔好きだった女性がモデルになっているらしいね。

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 08:12:58 ID:7CIG5RwY0
小龍女が金庸の理想像なんだろうか?

140 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 19:28:09 ID:gFzOsHWO0
一応、宋代の仙人の中に小龍女ってのがいて、それに金庸の理想像となる女性を重ねて、
誕生したのが小龍女。

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 21:20:55 ID:nolH3b6v0
わんやんへい
の役者さんは
もう少し鼻が高ければ小龍女役をやれていたかも知れない。。。
ような気がする。

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 15:48:49 ID:G20zRzqm0
うん、でもあの神仙と言うか、生活感のない雰囲気を出すのって難しそうな気がする。

ところで、射雕シリーズの東西南北と、
笑傲江湖の任我行や左冷禅あたりだと、どっちが強いんだろうか?

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 19:39:55 ID:JhWqAAdB0
>>142
左冷禅は東西南北と比べると、僅かに劣る気がする…

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 23:35:55 ID:ikFffXqM0
寒ヒョウ真気では東西南北に敵わないのか・・・。

ちゅうか左には権力に固執する俗っぽさがあるけど、
東西南北中はそういうものを超越しちゃっているから、
やっぱ東西南北中の方が強そうな気がする。
東方不敗だって去勢しちゃったのは、
俗念を断って修行するためですもんな、たぶん。

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 23:47:58 ID:EGMyDZUi0
笑傲江湖の面々より、射雕系の方が一段上のように思える。
東方不敗は更にその上だろうけど。

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 14:42:39 ID:6ELxZNZq0
倚天屠龍記の張三豊や張無忌は、東西南北と並ぶ位置かな?

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 21:45:42 ID:mDDr2WIp0
清代の書剣恩仇録とかの面々は、
射雕あたりの面々と比べると弱そうに感じる。

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 23:53:25 ID:xZX7Go6H0
書剣恩仇録は、ちょっと現実感のある武術が多い感じ。
その分、弱めに感じてしまうんだよね。

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 02:04:34 ID:B6SEUgFQ0
筆を折る前に独孤求敗の物語を書いてほしかった。

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 03:58:37 ID:4nevAebP0
>>149同意!!
どういう人物だったのか知りたかった。

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 22:05:31 ID:aa83NeyM0
令狐庸wなる武侠小説作家がいて、「剣魔独孤求敗」という小説を書いている。
http://www.shuku.net/novels/linghuyunxs/jmdgqb/dgqb.html

他に「風清揚伝」「風流老玩童」などの著作もありw

152 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/26(日) 23:03:49 ID:LsRSHXr50
wwwww

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 16:26:14 ID:obSh+0wn0
第3章 欧陽鋒初出江湖
第22章 洪七公奪刀断指
とか気になるな。

154 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 23:55:30 ID:ggiNvxTj0
読みたーい。

そういや楽園の瑕という香港映画にも、独孤求敗が出てきたな。
黄薬師に振られた女になっていたw


155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 00:05:27 ID:nROxwhu70
いままで結構金庸さんブチ切れてたって何かで読んだなww


156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 07:51:41 ID:D2yMOohe0
でも読んで面白くなかったらガッカリだよな。

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 16:11:42 ID:lgkUCj4J0
>>151
筆名からして痛いw

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 18:07:57 ID:9K1mfYV+0
>>157
同人作家なのかな。

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 23:41:57 ID:QGISOO+d0
中国語のエロ小説のサイトを見たら、
分類で、情色武侠なんてのがあって、
金庸ネタもたくさんあるね。
「更年期的黄蓉」とか。


160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 00:53:16 ID:hE9pyV4R0
やおいまではさすがにないかな。令狐×林とか。

161 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 15:50:46 ID:SWEfWNpO0
そのへんはまだ発展途上なんじゃないかと思う。
将来的には出てくるだろうな。

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 23:58:50 ID:MhIsTo7E0
>>144
笑傲江湖は、権力闘争の醜さを風刺した作品だからね。

163 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 11:50:00 ID:UCMabHDc0
令狐×林よりもむしろ
岳親父×林だったらどんなプレイを・・・
考えるだけでも禁断の果実を齧った気分だぜ!

164 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 14:43:59 ID:qmT2Dms50
岳不羣と林平之が組んだら最強だな。
師父と弟子。
岳父と婿。
そして・・・

東方不敗なんか目じゃないな。

165 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 23:43:53 ID:AZAp2Au20
岳夫人と岳霊珊・・・

166 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 12:14:41 ID:JNmxEvR+0
師娘はやめてくれ
金庸作品中1・2を争う心根の優しいすてきな人だぞ

167 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 13:38:07 ID:vrrodIFN0
東方×ヨウレンテイ

168 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 15:15:05 ID:8ctQj7yK0
金庸小説の登場人物で一番の美男は誰?

169 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 20:52:57 ID:CE9Zv1b30
>168
書剣の陳家洛は何をやっても優等生でルックスも万人受けしそうだね。
ドラマでは段誉かな?楊過?人それぞれの好みもあるから難しい・・・。

170 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 23:35:43 ID:MR3uAW220
作中の描写や、女からのもて具合からして、楊過が一番かな。
ドラマも、今のところ楊過が頭一つ抜けているんじゃないかな。

他に書剣恩仇録では陳家洛や余魚同、笑傲江湖の林平之や令狐冲、
天龍八部の慕容復、射雕英雄伝の楊過、倚天屠龍記の張無忌や宋青書、
このあたりが美男として描写されているかな。

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 23:56:07 ID:zbIXTy1q0
つ 韋小宝
過程は抜きにして結果的には一番モテモテだぞw

172 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 03:11:54 ID:m0opaWaU0
ドラマなら余魚同が一番かな。

173 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 17:56:42 ID:CdgR+hDi0
>>171
女からのもて度ではなく、容姿の問題。
韋小宝は、ルックスの面では、特に優れているという描写はなかったように思う。

174 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/02(土) 21:32:42 ID:jOP61g4o0
東方腐敗様にきまっておろうが!

175 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 15:19:57 ID:C4DCga500
東方不敗って、葵花宝典する前から、おかまっぽい外見だったんだろうか?
童百熊の兄貴と危ない関係だったりして・・・

176 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 17:57:29 ID:j6+5cbrd0
イケメン候補
書剣の九命錦豹子・衛春華とかどうよ。
名前が春の華だから、美しそう。儚いという意味かも知れんけど。

177 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 21:30:03 ID:MF20W7pR0
ドラマでは段延慶の中の人が計春華ですが?

178 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/03(日) 23:56:50 ID:CWqGcBaz0
>>177
そうだよ。

179 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 17:34:47 ID:RuDlXQ0e0
金庸作品中最も心根の優しい良い人って誰だろう?
印象に残ってるのは俺が最近見たドラマの公孫緑カク


180 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 23:45:26 ID:g7gzZHgG0
儀琳さんに決まってるだろ!

181 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 23:48:49 ID:Sr3Y8M9J0
程英ちゃんだな

182 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 00:36:31 ID:yQDMgDgs0
青青

183 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 06:24:28 ID:N6VG2gvQ0
優しい青青・・・

184 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 12:41:32 ID:TXy1GvDd0
>>183

そんなの青青じゃないやい

185 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 18:01:49 ID:Ijk7ID3C0
狗雑種

186 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 18:58:21 ID:fHFwyVtS0
弧竹もありだ

187 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 20:39:08 ID:PgQeIHtT0
狗雑種は実は最強なのかも

188 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 23:49:36 ID:LTs5+NOs0
程英と程霊素が融合したようなヒロインが理想

189 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/06(水) 23:55:12 ID:IFiYMXJs0
>>186
虚竹もなんだかんだで強くなったよな

190 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 09:56:58 ID:ZbH3IBAV0
だから岳夫人だといっとろうが
次が儀琳ちゃんと双児

191 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 16:23:53 ID:LLssZ0AR0
儀琳は何だかいじいじしていて嫌

尼ってのも萎えるし

192 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 23:41:39 ID:xfMnrnmH0
小昭はどうよ。


193 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/07(木) 23:54:27 ID:CIdK8T8W0
小昭と双児は、侍女キャラ、メイドキャラだね。

194 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 14:36:08 ID:VNtD4jwa0
>>183
優しくなったって、ルックスでは阿九に勝てないからあまり意味ないな。

195 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 23:24:01 ID:SneTW3eo0
処女人妻という特殊属性の霊珊。

196 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/08(金) 23:58:16 ID:BeJpTZIs0
ホチントンとか、ウイグル系のかなりエキゾチックな顔立ちをしているんだろうか?

197 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 09:08:13 ID:vmGpwu3U0
一番美しいという描写がなされていたのは、
小龍女とカスリー、陳円円の3名。

198 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 23:00:51 ID:KEDMqu3x0
小龍女と陳円円では対照的

199 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 00:31:14 ID:tW/rumWw0
金庸先生の改訂版は、結局原文を読むしかないのか。

200 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 10:13:05 ID:Ptj8Y2PV0
改訂版か。。。
やっぱ改訂版の方が面白いのかなあ?
ちゅうかこれ以上、入り組まれた内容にされたら
読んでてかなりしんどくないですか?

201 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 16:04:27 ID:tW/rumWw0
天龍八部なんか、かなり結末が変わっているみたいだね。


202 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/12(火) 23:47:10 ID:+4RDTDB80
倚天屠龍記は、最後どうなったと思う?

どう考えても、張無忌と趙敏と周止若の三人で仲良く暮らしていけるはずもないと思うけど。


203 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 05:02:03 ID:EOThTMeo0
趙敏と周止若で互いに相手を陥れ合い、張無忌はおろおろw

204 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 22:53:03 ID:CNcFDY3G0
>>203
・趙敏派と周止若派(と無関心派)ができ、冷戦状態となる。
・いたたまれない無忌、家に落ち着かず明教のトラブル対策という名目で各地を転々とする。
・そんななか小昭と再会し、隠し子(娘)を作ってしまう。
・ある時、無忌はチベットで何者かに殺されてしまう。
・そのとき同行してたのが周止若派の人間だったため、「あいつらが殺した!」「見え透いた陰謀だ!」と
 ついに冷戦からホットな内部抗争へ。
・実は、無忌暗殺現場をたまたま見てしまったラマ教の少年がいた(主人公)。
・瀕死の無忌に九陽神功と家族へのメッセージを託された主人公、無忌と小昭の娘と出会い例によって
 恋に落ちたりたまたま武芸を身につけたりしながら、明教の総本山に向かう。
・明王朝やモンゴルも絡んだ陰謀、分裂した明教、明王朝下で勢いを失った武当派をはじめとする正統派の
 巻き返し、それらの渦にいきなり投げ込まれた主人公はどうなるのか、こうご期待!(全4巻)

ってな感じじゃね?



205 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 23:37:26 ID:F2rEBQkr0
つか、張無忌って江湖から引退した後、どこに住んだんだろう

206 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 14:28:03 ID:l0aaeB/B0
雲南あたりで隠棲してそう。
それか海を渡って異国を目指すとか。

207 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/14(木) 23:51:10 ID:OHcqkn460
海を渡って、東の日出ずる国へ

208 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 23:50:48 ID:JEeyU0e40
>>204
続編作れそうだな。

209 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 17:05:49 ID:OXdeiF4b0
続倚天屠龍記

210 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 22:55:00 ID:1crxYZKJ0
金庸作品で一番の嫌われキャラは、郭芙と阿紫?
男で一番嫌われているのは誰になるのかな?

211 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/16(土) 23:14:25 ID:RRcykMCu0
欧陽克かなぁ……

212 :204:2006/12/16(土) 23:44:49 ID:RRcykMCu0
>>208
令狐庸に倣って「金無忌」とかいうペンネームで続編書くかw

213 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 00:12:42 ID:GaMzgdb30
>210
自分としては
襄陽城で郭靖を殺そうとした楊過はかなり嫌だった・・・。
まあこれは瞬間的なものなんだけど。
キャラクターで言えば笑傲江湖の費彬とか実力者のくせに
了見の狭い、けち臭いヤツが嫌いだな。
木コウ峯も出番少ない割に嫌いなキャラ選挙したら
トップクラスで嫌われてそうだな。

214 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 15:07:32 ID:jXc1JKVD0
自分は、ちょっと悪人要素が入ったキャラが好きだから、
郭靖とか、洪七公とかあまり好きになれないんだよな。

215 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 17:03:26 ID:Aw6nwdF50
男で一番嫌いなのは公孫止かなあ・・・

216 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/17(日) 23:25:17 ID:puzvrM9u0
へたれ乾隆帝・陳家洛兄弟

217 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 00:43:20 ID:LVI+uaBh0
>>211
自分はドラマの欧陽克に (*´Д`)ハァハァ したから嫌いじゃない
鹿鼎記の天地会だっけ?あの辺の連中がいやかな(陳近南は除く)
たいして調べもせずに韋小宝を責めたりして了見が狭いよ
あ、以外とこのパターンは多いか 天龍八部とか

218 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 10:10:10 ID:ERhxIA/l0
>>210
岳不群
偽善者が嫌いなので・・・


219 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 15:35:54 ID:DS06TSR40
岳不羣はかえって魅力的に思う。
あそこまで偽善者ぶる姿が。

220 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 17:17:24 ID:NPChLi2Y0
岳不群 はある意味真の主人公だからなあ


221 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/18(月) 18:41:15 ID:LBnnQPbc0
岳不羣を憎むのは自分の中にも岳不羣を飼っていることを認めるため。

222 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 13:08:04 ID:CIHZPdyb0
悪人は善人に憧れる

223 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 15:37:32 ID:QRGX8zl80
そして善人は悪人に憧れる

224 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 21:23:18 ID:j44Igf0F0
結局、世界は押尾先生に憧れる

225 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/19(火) 23:31:51 ID:sYvBvphZ0
やっぱり楊過、令狐冲みたいなキャラは好きだけど、
郭靖、袁承志みたいな真面目主人公はあまり好きになれんなあ。

226 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/20(水) 12:18:51 ID:DwlcXpbk0
>>225
やっぱ色々揺れ動くキャラの方が共感しやすいよね


227 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 13:19:48 ID:Ph73ZbEd0
金庸先生、車椅子に乗っていたけど、足が悪いのかな?

228 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 16:54:35 ID:f67Su4oM0
かくせいより朱子柳のほうが年上だよね?郭兄とか言ってるけど。
あと侠侶で焦が全く出てこないけどどこいったんだろ?

武侠小説のなかでもっとも重い物(力)は何かなあ?
ちなみに一斤が約600グラム

229 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 22:23:27 ID:1DsH1Ob+0
射G英雄伝のDVD借りてきて見てるわけだが…池沼の腐女子のせいで
秘密が全部ばれてしまう展開にはワロタ。だがもっと笑ったのは空飛ぶ
蒙古兵がサマルカンドを襲撃する展開。

230 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 22:25:13 ID:1DsH1Ob+0
第一なんでサマルカンドにジュルチンの親玉がいるんだ??

231 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 22:28:44 ID:1DsH1Ob+0
第一、なんでサマルカンドにジュルチンの親玉がいるんだ??

232 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 23:08:09 ID:to1cje0K0
後半の西方遠征の部分はさすがに映像化苦しかったね。
にしても、完顔洪烈、モンゴル行ったり、南宋行ったり、
果てはサマルカンドまで行って、行動力ありすぎw


233 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 23:49:17 ID:gB79zHNk0
謎の僧は実は林遠図あるいは
独こ求敗っていう説は無し?

234 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 01:46:50 ID:rZkQtVy90
天龍八部は11世紀末だから、神雕侠侶より百数十年前

235 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 10:10:21 ID:mi2TzQ5u0
>>232
あの辺りは映画作るぐらいの予算がないと難しいでしょうね。


236 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/22(金) 23:54:42 ID:ITLaVHkw0
>>232
完顔洪烈、バイリンガルかもね

237 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/23(土) 22:42:13 ID:P0JO1hrE0
>>228
樵は既にこの世にないか、大理で暮らしているかだろうね。


238 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 14:01:58 ID:Q6O7nQuv0
金庸先生、新たな武侠小説の遺稿とか残してくれていないかな

239 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 14:27:23 ID:PkOFbC6F0
筒井康隆じゃあるまいし、そんな性格の悪い事はやらんだろw

240 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 15:31:48 ID:K913c0vy0
遺稿ってまだ生きてるし・・・

まあ、もう新作は書けないなのはたしかだけど
たとえばプロットだけ残されてても困る

241 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/24(日) 23:43:15 ID:WvVZ3I2C0
だから、いずれ死んだ時に備えて、
既に小説を書いて保管してあるとか・・・ないか。

まあ、鹿鼎記で決着的な感じが強いしね。

242 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 12:47:09 ID:O9ejWnWa0
韋小宝 = 現実の中国人そのもの

243 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 17:57:54 ID:iBLZJsRq0
劉亦菲が可愛い過ぎる件について

244 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/25(月) 22:53:13 ID:JZsaPP1x0
清雅で小龍女そのものだね。
金庸先生の初恋の人が小龍女のモデルで、劉亦菲はその初恋の人に似ているとかいう噂だ。


245 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 00:11:12 ID:0E27qDIO0
>>242
別スレであったけど、
最初の作品「書剣恩仇録」の陳家洛が理想の中国人で、
最後の作品「鹿鼎記」の韋小宝が現実の中国人

246 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 19:37:22 ID:U+Nkeqhm0
中国武侠世界って結婚しても名字変わらないのかな?
例えば武三娘は変わってる?けど・・・

侠侶でも黄蓉なのは読者のためか?

247 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 19:53:56 ID:tpO3Nq3v0
>>246
中国では、結婚しても女性の姓が変わることは無い。

248 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 20:53:52 ID:0E27qDIO0
姓は変わらないけど、亭主の姓を取って、「〜夫人」と呼ばれるようになるね。

それと同姓間では原則結婚できない。
天龍八部で、段誉のお母さんが言ってた言葉は、この辺りに関係する。


249 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/26(火) 23:55:50 ID:AW7McOSf0
夫婦同姓って、東アジアじゃ日本だけかな?

250 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 12:36:10 ID:WZZ0ZRrdO
日本でも昔は夫婦別姓だったのに、明治からかな同姓になったのは?

251 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 18:01:56 ID:uXgsCGE10
いや、明治より前の日本では庶民は基本的に姓持ってないから。

252 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/27(水) 23:15:23 ID:+6RH/CV20
明治になってから、夫婦同姓になったのは、脱亜入欧の一環

253 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 02:04:05 ID:WzH4cCGx0
>>248
異姓であれば、従兄妹同士でも結婚できちゃうのが何だかなー


254 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 08:56:39 ID:m8/k+EqRO
同姓であれば、どんなに血縁が離れていても血縁がなくても結婚できないのが何だかなー

255 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 13:52:04 ID:hMEWKc8S0
ドラマの連城訣が面白かった・・・。

256 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 15:12:13 ID:XbVMLhSv0
自分は清代ファッションでイメージして読んでいたので、
ドラマの方はイマイチ。

暗めの話なのに、ちょっと明るすぎるように感じたし。

257 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/28(木) 23:47:37 ID:4Va40V0p0
間抜け面の主人公は、まあ狄雲らしくてよかったけどね。
ギャオのドラマで、同じ役者が、燕青をやっているのはひいてしまったけど。

258 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/29(金) 23:56:36 ID:bAAdRy9e0
金庸と梁羽生って新聞社の同僚だったんだよね。

259 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 15:43:47 ID:5EDwP+i+0
でも金庸は独立した。

260 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/30(土) 23:39:18 ID:kRR1OPEt0
金庸の独立は、思想面での新聞社との考え方の違いがあったらしいね。
独立してから書いた小説は、自分の新聞の売上、引いては生活がかかったから、
気合が入ったことだろう。

261 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/31(日) 14:58:14 ID:Dki/eEXM0
独立してから書いたのが神雕侠侶だっけ?

262 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 09:17:22 ID:8O3FQfv20
年末年始の番組を見て強く確信した。
日本版神ちょう侠侶を撮るなら、
楊過はキムタコを置いて他になし、ということが!

263 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 12:20:54 ID:O8SaJtfJ0
キムタクはもう30代でしょ。
もっと若手の俳優がいいな。


264 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 16:19:27 ID:zlyfMXH30
>>262
それだけは止めて。
仮面ライダーとかに出てる池面俳優の方がまだマシ


265 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 16:35:45 ID:ie9PGvn/0
>>264
いやさすがにその方がダメだろ。せめて山本耕史あたりで。

266 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 20:24:57 ID:ZdOuHk5g0
「GARO 牙狼」で主役やってた人とかどうよ?

267 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 22:55:33 ID:vFr0SExb0
小龍女は? 長澤まさみとかになるのか?

268 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/02(火) 22:56:55 ID:vFr0SExb0
思ったら、日本人が無理に外国人を演じるのはやめた方がいいな。
今度、反町がチンギスハーンを演じるのも、何だか微妙だし。
映画「敦煌」も微妙に思えた気がする。

269 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 03:17:47 ID:9Dh3gTdN0
まあ別にキムタコでもいいんじゃね。
とりあえず作品的にワンショット、ツーショットが多くなる構成なので、
顔のアップだけで画面がもつ役者というのは条件の一つになる。

あとは子役さえなんとかしてくれれば ozl

270 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 09:33:58 ID:VwPjL0Q+0
小龍女は小西真奈美で(自分が好みなだけ)。

黄蓉は・・・藤原紀香でいいや。
郭靖はじゃあ陣内で。
体格が逆だったらそれっぽいんだけど。

271 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 09:35:51 ID:VwPjL0Q+0
公孫止はそのまんま東か
最近、噂を聞かない田代まさし(生きてるのか?)。

272 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 17:04:27 ID:N5AfSxer0
>>260
新聞事業は、失敗の可能性が高くて、
かなりの冒険だったようだね。

273 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 18:03:26 ID:hHWzjAb40
じゃあ日本人俳優だと…東方不敗は?

274 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 18:36:39 ID:1YIO3cdN0
真田裕之はシャレにならんか。

275 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/03(水) 20:09:39 ID:GlZE5JFe0
>>274
元々ジャパンアクションクラブ出身だし良い人選じゃないかと。
真田本人は物凄い女好きらしいけど・・・

276 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 11:49:21 ID:dYuzGYJi0
大昔のJACだったら志保美悦子に演じてほしいけど、現在年齢的に厳しいので
個人的趣味で仲間由紀恵
若すぎるかもしれないけど上戸彩でもいいな

277 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 17:28:08 ID:1L82+CMx0
無難に及川ミッチー辺りで落ち着く予感

278 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 18:27:20 ID:bjg9hRLJ0
渡哲也で新しいイメージを築いてみたい。。。

279 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 19:02:23 ID:xpaCId5r0
あんまり大きな声じゃいえないけどさ、渡哲也って演技者としては二流、三流じゃね?

280 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/04(木) 19:05:42 ID:hW8O2N/Q0
絶対引き受けるわけないけど、キムタク!

281 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 00:32:33 ID:PUDlG4zm0
お塩と矢田でいいじゃんw


282 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 11:21:30 ID:dQ58cwK00
>>279
あの人は若い頃のヤクザ映画が一番嵌まってたと思う。
今ではむしろ弟さんの方が演技上手いよね・・・

283 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 12:38:16 ID:RugwdnlK0
>>273
三輪明宏なんかどう

284 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 14:18:58 ID:LnqebDBV0
東方不敗は最初から女形というわけではなく
男性のアクションもこなせなくてはいけないので
いま挙げられている男優さんの中では
アクションが出来て日舞の女舞も舞える真田広之さんか
コントでは女装も似合っている木村拓也さんがいいですね

285 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/05(金) 14:49:28 ID:MSYVCP1z0
東方不敗は明石家さんまで良いじゃん

286 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 02:54:02 ID:tziW/Lu2O
>>285>>284の理由で却下

287 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 11:13:58 ID:m7jxLn5J0
さんちゃんはアクションも女装も出来ますが?
ブラックデビルや阿弥陀婆は知らない人いないよね^^
阿弥陀婆なんて金庸作品に出てきそうで興奮しちゃいませんか

288 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 14:14:18 ID:17GBGVst0
さんま出演の金庸作品となると、フジテレビ版西遊記みたいなのが想像されるな

289 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 20:02:20 ID:xzu5t9U90
さんまは、ヅラが合わないのと、似合わないのとで
時代劇はダメらしいヨ

290 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 20:35:48 ID:H9pNkfrJ0
オダギリジョーを忘れてないかw

291 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 20:40:12 ID:6yUE1FKA0
>>290
使いどころ有りそうだけど意外と見つからない役者だな。


292 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 21:40:59 ID:4DXs/9om0
さんまは
い小宝
をやらせてりゃいいや。

293 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/06(土) 23:49:35 ID:tbK0B4hv0
あずみの時のみたいなキャラクターかな?

294 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 14:17:42 ID:SdGL/ihY0
莫大先生って姓が莫で名が大先生なの?3文字の名前なのでおかしいけど
それとも武林のなかでも年長なので大先生といってるのか?
そうだとしたら名前って何?

295 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 16:15:17 ID:GF0n2UBh0
姓は莫で、大は敬称のようなもの?

296 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/08(月) 18:57:06 ID:YQsXpynd0
姓は榊、名は莫山と申す
http://www.takarashuzo.co.jp/shochikubaigura/syun/image/ten022_04.jpg

297 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/01/08(月) 20:10:50 ID:5zJH9UpB0
ちょうど「よかいち」呑んでる。

298 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/09(火) 15:28:32 ID:4+a9Ykwc0
天龍八部も文庫本出ないかなあ

299 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 16:36:44 ID:wR1ZbZwh0
ドラマの放映の時に出して欲しかったけれど、
ハードカバーの在庫を捌くので手一杯だったのでは。


オラ図書館で済ませた。

300 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 23:26:05 ID:gvAZl7lL0
うちの近所の図書館は、金庸の作品集はハードカバーでずっと揃えていたのに、
なぜか天龍八部だけ飛ばされて、結局入らないまま。

301 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/10(水) 23:37:36 ID:iCRIjmR40
リクエストしないから。

302 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 12:17:29 ID:z2Cr7Hb00
 笑傲江湖、侠影萍踪、几許英豪? 

 算八部天龍、逐鹿問鼎、神雕侠侶、領袖群豪。

 屠龍宝刀、倚天長劍、且贈英雄射大雕。

 肝胆照、縦連城異宝、也願全抛。

 唯欲仰天長嘯、問蒼穹此生几今朝?

 嘆鴛鴦一夢、碧血脉脉、書剣恩仇、飛雪飄飄。

 曲終人散、侠客越女、尽化長江滚滚滔。

 猛回頭、看西風漫漫、白馬蕭蕭。

303 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 17:25:07 ID:Yf+LjK6P0
天龍より先に倚天出してくれ

304 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/11(木) 19:35:40 ID:CQOVrgfnO
>>300
たいていの図書館は受付で頼むと近所の図書館から借りてきてくれる。ちょくちょく頼むといつの間にか、仕入れてくれていた。リクエストしていた本(近所にもなかった本)が、入ったのも同じ時期だった。

305 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/12(金) 23:24:17 ID:ARwXX2Z70
神雕侠侶の尹志平は改訂版で甄志平なるものに変えられたらしいけど、
射雕英雄伝の尹志平はそのままなのかな?

306 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 20:31:15 ID:/CUVRf9I0
やっぱ周迅が可愛いわ。

307 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 21:05:32 ID:+sqXSL4O0
しゃくれマニア

308 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/13(土) 21:12:24 ID:qs15dPtQ0
>>302
これって、金庸以外の武侠小説も組み込んであるのかな。
侠影萍踪って部分は梁羽生の小説から取ってるよね、多分。
>>306
陳好の方がよい。

309 :306:2007/01/14(日) 12:32:14 ID:bxgH8HHM0
シャクレマニアでごめん・・・。
陳好も可愛いよね!

310 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/14(日) 13:08:57 ID:HkczVk3X0
ドラマスレに池。

311 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 13:45:27 ID:DZp+vL+i0
金庸の偉大なところは、半世紀近く前に、萌えに斬り込んでいることだな。


312 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/15(月) 14:28:28 ID:xZSzRL7w0
>>205 倚天屠龍記のエンディング

周止若は張無忌のことを諦め峨眉派掌門人になる
張無忌の義父謝シュンは師匠である成昆の武功を無くし、両目を指で刺し失明させる。そして少林寺でお坊さんになる。
張無忌は明教教主を光明右使の楊梢に譲り、趙敏と氷火島に行き余生を過す・・・

313 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/16(火) 11:15:03 ID:eqnoPpCV0
倚天後伝なる小説もあるらしいな

314 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 20:46:37 ID:OpKUlTRu0
>>313
金庸の作品じゃないでしょ。他人の作った続編では?


315 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/17(水) 23:59:21 ID:8L1XOCrm0
みんな勝手に続編とか外伝とかを書いて、発表しているしね。

316 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 19:53:38 ID:lXwOvCnZ0
>>315
いっそ、このスレでもやろうぜ!(゚∀゚)

317 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/18(木) 23:52:07 ID:cfIuXVAX0
武侠小説創作スレでやろうよ。
それにしてもみんなやりたい放題だよな。
勝手に、倚天屠龍記の次の物語とか書いて、射雕四部作とか言ってる奴もいるし。


318 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 06:48:22 ID:25sdjcgwO
倚天屠龍記外伝くらいが読みたい。峨嵋派創設まで時の郭襄の話。
最初はそんな感じで始まったのに(女)主人公どころか時代まで変わるんだもん。あの続きが知りたい。

319 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 15:01:29 ID:/dny6RAj0
改訂版は天龍八部は相当変えられているらしいけど、
笑傲江湖はあまり変わっていないらしいね。

320 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/19(金) 23:36:22 ID:Ov2VhAAJ0
改訂版って中編作品も改訂したのかな。

321 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 18:45:48 ID:PFgAMvpOO
改訂版の翻訳が見たい。文庫化の時に期待したがダメだった。

322 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/21(日) 22:58:36 ID:3Bb/3em00
既存の翻訳も、射雕3部作とかは、原文からかなり削られた部分があるよね。

323 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 08:22:39 ID:jcKTl8aXO
>>322
詳しいレポートしてください!
m(_ _)m

324 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 14:50:50 ID:uyW5DGbW0
郭靖が黄蓉から泳ぎを習う部分とか、
楊過と馬の出会いとか、
いろいろ。

325 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 22:10:42 ID:ku3XK9ZN0
飛孤外伝読んだ。
半分くらいまで読んで、パロディふうでこれは面白いと思ったが、
終盤で「美女でなければ主人公に愛されない」という金庸作品のルールが
しっかり適用されているのに気づき、がっかりした。

326 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/22(月) 23:50:03 ID:eGqDZe1f0
雪山飛狐本体より外伝の方がずいぶん長いよな。

327 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 06:55:21 ID:kcAFgxVWO
おまけに内容がつながらない。外伝で既に会っているのに雪山で初対面だったりする。

328 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/23(火) 14:09:28 ID:e7feaU810
改訂版で、そのへんはつじつまが合わせられているのかな。

329 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 12:25:53 ID:PBise+0U0
昨日、TVを見ていたら、
そのまんま東が初登庁だということで、
可愛い女の子に花束を手渡されていて、
知事はちょっとムラムラしたんじゃないの?と思った。
そのまんま東は最強の政治家になるために去勢するべきだ!
と思った。

改訂版。
ここの誰かが出してくれたら、
案外、馬鹿売れして大儲けできるかもよ!?
と唆してみる。

330 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 15:49:26 ID:+fbDs3U+0
葵花宝典を修めた知事・・・・・・

331 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 20:23:00 ID:PhdTMuk20
飛雪連天射白鹿 笑書神侠倚碧鴛
 ○ ○○○   ○○ ○○○

改訂版があるのはこんなところかな?
ネットに旧版があった=改訂版もあるんだろ、ということで

332 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 23:44:31 ID:UuLzHOlr0
倚天屠龍記は、元々「天剣龍刀」という題だったの?

333 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 03:39:35 ID:isGmE0Oa0
「倚天剣屠龍刀」のことだとしたら倚天屠龍記を原作とするVCDのタイトル

334 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/27(土) 18:12:20 ID:egVL07Ad0
>>317
九陰九陽のこと?w
あれはひどかったなぁ

335 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 14:56:00 ID:d/ywjEJx0
笑傲江湖って癖邪剣譜と笑傲江湖之曲、二つの秘譜をめぐって
とか書いてあるけどほとんど癖邪剣譜だけのような気がする。

336 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/28(日) 15:35:09 ID:x1RbvUlz0
笑傲江湖の曲は、物語のテーマ上重要だね。

337 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 23:45:49 ID:MqGkT5ux0
>>333
でも、ネットで天剣龍刀というタイトルの小説があったよ。
中身は倚天屠龍記だった。

338 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 11:29:06 ID:FRyqEj6Z0
劉亦菲 劉亦菲 劉亦菲 劉亦菲 劉亦菲

339 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 11:31:26 ID:MG+H/lWm0
ヲタ視ね。

340 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 15:34:36 ID:9q3s6ijM0
金庸の改訂版小説はもう全部書き終わったの?

341 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 23:56:37 ID:ek/UqHS30
saa

342 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 23:34:19 ID:IZtifpwf0
金庸の小説の最高峰は天龍八部。

異論は認めない。

343 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 13:40:10 ID:Id/+cP1Z0
金庸小説で最も評価が高く、人気があるのは笑傲江湖だ

344 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/03(土) 14:28:01 ID:h8+xsO/m0
一番人気は射雕英雄伝。

345 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 18:53:03 ID:vhncSXXB0
ヒーーー、、、ヤーーーーーーーーー!
俺は笑傲江湖のテーマソングが一番好きだわ。

346 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 21:22:49 ID:BG7DaQKV0
>>345
同志よ。。。

笑傲江湖ED
http://www.youtube.com/watch?v=p-2rXQbVN6o

347 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/04(日) 23:46:50 ID:0qadWPfZ0
笑傲江湖の歌はいまいち性に合わん。
というか、ドラマも原作から改編しすぎてどうも受けつけなかった……

348 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 12:29:00 ID:0VoMEfTK0
>>347
まあ好みは人それぞれだから落ち込むな!
シャチョウのエンディング「真情真美」とかも良かったじゃん?
好きになれよ!

349 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 13:28:13 ID:tXNHdAWS0
HAHA!A TA SHI DA I SU KI NO HI DO WA 金蛇郎君!!!

350 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/05(月) 23:26:27 ID:GkjDKC4p0
碧血剣の役者が金庸に会いに行ったみたいだな。

351 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 07:06:13 ID:Y4N8wHKyO
>>347
あの独孤九剣もなんとかして欲しい。

352 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 12:57:41 ID:ru5o6rh90
俺的順位

1位 天龍八部
2位 笑傲江湖
3位 神雕侠侶


353 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:40:29 ID:+L+nj30P0
1位 笑傲江湖
2位 倚天屠龍記
3位 神雕侠侶

354 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/06(火) 22:59:37 ID:F2pL0qNY0
1位 笑傲江湖
2位 天龍八部
3位 射雕英雄伝

355 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 11:06:22 ID:B+4ZnIpP0
1位 神雕侠侶
2位 射雕英雄伝
3位 笑傲江湖

356 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 15:21:29 ID:lI7IEVw40
沒有人喜歡 鹿鼎記 嗎?



357 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 15:37:45 ID:3XMnymf40
正直、鹿鼎記はあまり好きになれなかったな。
ああいう乗りは気に入らなかった。

358 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 16:00:09 ID:lI7IEVw40
我喜歡 鹿鼎記。弱小的主人公﹐壯大的冒險。

1.射雕英雄傳
2.神雕俠侶
3.鹿鼎記

359 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 20:42:38 ID:agTqTQX/0
アマゾンで一番売れてんのが文庫の神鳥
ハードカバーだと笑傲江湖。
でも神鳥の文庫が出てなかったら、どっちがよく売れてたかな?

360 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/07(水) 23:57:46 ID:A40pXmtM0
笑傲は、海外テレビ板とか見るに、
ドラマの方がちょっと盛り上がりに欠けてたからなあ。

後、冊数の問題もあるかな。

361 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 02:44:18 ID:Y7ogWCm00
>>360
笑傲のドラマは面白かったよ。
天龍とか最後でショボかったけどな。
今から見る人にはお勧めの作品。

362 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 09:36:39 ID:/Tj8qeZ20
どう考えても天龍より笑傲のほうがドラマの完成度
低いだろ。面白いといえば面白いがアレンジされすぎで
話の内容を勘違いされそう。
確かに最後は盛り上がったけどお勧めできるかなあ

363 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 09:44:12 ID:M8oit8+C0
やっぱり一般受けという観点じゃ、古いこともあるし、
どうしても天龍 >>> 笑傲 だよ。
笑傲の方が、マニアな人に受ける傾向が強そう。

ドラマの話はこれぐらいにしておくとして、
笑傲は7巻で翻訳が出版されたけど、
原作の分量は5巻で出版された射雕や神雕とそんなに変わらないよね。


364 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 11:44:01 ID:zIrzHHyV0
>>357
鹿鼎記は「武侠小説」というより「歴史小説」だと思う。
最後まで主人公が強くならないとこは驚いた。


365 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 15:41:50 ID:dwdJosHx0
許多人認為 笑傲江湖 的文學價值高。
書中的角色影射政治人物:
五嶽盟主 - 左冷蟬 - 美國
任我行 - 蔣介石
東方不敗 - 毛澤東。

異說:
岳不群 - 蔣介石
任我行 - 毛澤東

366 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/08(木) 23:34:18 ID:O4XqRUOO0
笑傲江湖での武術の秘伝の争奪戦は共産党の権力闘争を皮肉ってるというな

367 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/09(金) 01:23:22 ID:0iTZ2RuI0
向問天……トウ小平?

368 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 02:15:46 ID:yZX8wdtxO
聖姑タンが登場して教主に成るのは、いつ頃ですか?

369 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 13:13:02 ID:33ShAuPe0
今、笑傲江湖読んでいる途中なの?
じゃあ、ネタばらしとかしない方がいいんじゃ……

370 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/10(土) 23:30:23 ID:q7om0rGq0
>>363
射雕、神雕は原作から少し削られている。
出版社の方から5巻に収めろと言われたんじゃないかと。

371 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 15:37:39 ID:5zSj65DP0
金庸小説の簡略版?のようなものが出るって本当かいな?

372 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/12(月) 18:29:37 ID:mcTTWsQd0
主人公は様々な誤解を受け江湖をさすらううちに、絶世の美女と知り合い絶世の武技を身につけて
そのうち誤解もとけて仲間もできて、複数ヒロインのうち{一人だけ/全員}を選んで幸せになりました。

でOK?>簡略版金庸

373 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 01:46:13 ID:U7s5wC/i0
子どもでも読みやすい、文字数を減らしたライトノベル風な小説が、
出るらしい。
作品は既存の武侠小説の中からいくつか選ぶとのこと。

374 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 01:54:08 ID:9pIDvhM90
絵巻風の簡略版射雕、神雕は中華圏ではもう出てる。
ストーリーを追うだけのものだから、物凄く唐突な展開がよけいに目立ってるw

375 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/13(火) 12:22:20 ID:qBbPc2300
金庸作品はあの分厚さゆえの面白さが結構あるから簡略版は
あんまり面白くならないでしょう。


376 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 15:54:39 ID:RixJRgrH0
>375
子供向けだとしたら、そんなに期待できないでしょうが、
我々コアーなファンとして楽しむべきは
何でやねん!という突っ込みじゃないですか?

そういえば昔、子供向けの水滸伝の本を読んだけど、
「たくとう天王」チョウガイの仇名が「怪力王」になってて、ずっこけた。
東邪西毒とかがアララな仇名に変えられてたら、かなり泣けます。

377 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/14(水) 23:06:45 ID:LExzAa+20
怪力王、わらった。
晁蓋って怪力だったの?

378 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 14:17:00 ID:yr+SujdL0
たぶん怪力。
ちなみに「たくとう天王」とは毘沙門天の別名らしい。

379 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/16(金) 23:58:55 ID:o+fj6LP/0
通り名も面白さも武侠小説の醍醐味の一つだな。

380 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 11:25:08 ID:BMXoQc5Y0
通り名は東邪西毒南帝北カイという並びがいいです。


381 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 16:53:32 ID:x32BU682O
東邪西狂南帝北侠

382 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 18:32:26 ID:DfhyCEAFO
中が、いつも省かれるのは、何故?

383 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 18:56:32 ID:x32BU682O
>>382 中は老顔童で。

384 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 19:46:24 ID:DfhyCEAFO
>>383 南は僧で。

385 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 21:16:11 ID:q3OM+5X40
中神通も忘れないでください

386 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/17(土) 23:33:19 ID:rVE4gBJs0
>>382
東西南北だけの方が語呂がいいからじゃね?

387 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 01:02:05 ID:i2BvxUTT0
>>386
中浦和駅に謝れ!

388 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 16:19:11 ID:xkq6RuBe0
浦和中央駅とかの方がいいんじゃね?

389 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 18:45:25 ID:spWMpcvk0
決裁事項。
東浦和=黄薬師、西浦和=楊過
南浦和=段智興、北浦和=郭靖
中浦和=周伯通
これからはこう呼ぼう。
いっそのこと金輪法王も入れてやって外浦和にでもしとくか。

390 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 18:58:35 ID:i2BvxUTT0
金輪法王は武蔵浦和かと。

391 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/18(日) 19:18:30 ID:R4F02D/VO
浦和って色々あるんだね。知らなかった。

392 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 06:44:13 ID:0VT2TIse0
そこでサタマージャンですよ。

393 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/19(月) 23:39:45 ID:+KbJOkWe0
カスリーと小龍女はどちらが美しいか。

394 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 03:25:35 ID:wfIZNiNV0
カスリーだろ。
ホチントンの方が萌えるが。

395 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/20(火) 22:45:38 ID:RgHqYmkc0
金庸作品の美しさ描写じゃ、
カスリー、小龍女、陳円円あたりが最強か。

396 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/22(木) 23:57:28 ID:eOP6+K7E0
阿九は?

397 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/23(金) 23:42:53 ID:J7Q2CEDm0
阿九より、王語嫣の方が上かと思われる。

でも改定版では、王語嫣の美貌度は落とされているらしい。

398 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/25(日) 23:41:17 ID:Y73BN7at0
長平公主 神仙姐姐

399 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/26(月) 15:23:15 ID:THGhnWx10
お絵かき大会
http://jinyong.ylib.com/works/law0824.htm

400 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/27(火) 19:36:50 ID:o/PLdlijO
>>396
阿九より陳円円の方が美人とはっきりしているので、最強争いには加われない。

401 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/27(火) 20:27:49 ID:bj6yZ9qX0
>>399
そこにある絵の数で、その作品の人気の度合いもある程度分かるね。
碧血剣、侠客行とかサビシス

402 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/28(水) 23:34:30 ID:VrroZAlQ0
お絵描きの絵は、ドラマとかの影響を受けているっぽい絵が多いな。

403 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/02(金) 23:50:22 ID:eNXqlyvr0
今後描かれる金庸キャラの絵は、張Pのドラマの役者が基準になるだろうな。

404 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/04(日) 23:48:17 ID:X6vs+Uuq0
金庸のキャラクターで一番人気があるのは誰だろうか?

郭靖、黄蓉、楊過、小龍女あたり?

405 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/05(月) 00:40:12 ID:hh4patGT0
老玩童

406 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/05(月) 10:51:40 ID:OIrSiig60
程英

407 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/05(月) 11:19:31 ID:IKFhmV0j0
>>404
カップル単位なら郭靖・黄蓉のようです。
俺は楊過と小龍女の方が好き


408 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/05(月) 12:20:41 ID:7K+TgnbK0
黄薬師も人気あるだろう

409 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/05(月) 15:21:17 ID:hh4patGT0
ピン主役で小説まで出てるのは老玩童だけ。
そのうち「少年老玩童」みたいなドラマになるのではなかろうか。

410 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/05(月) 23:17:20 ID:fFUF7yqR0
物語人気では、笑傲江湖、
登場人物人気では、射雕〜神雕系列、

だと思う。

411 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/05(月) 23:22:40 ID:cP25w/Lh0
>>410
そんな所だろうな。
笑傲江湖も、東方不敗とか、岳不群なんかいいキャラだし、
林ちゃんも中々おいしい役だけど、射雕の東西南北中は凄すぎる。

412 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/06(火) 14:33:47 ID:jj31+fY/0
文学的な評価はどうだろう?
天龍八部は、物語としての完成度にちょっと難があると思うけど、
文学的には評価が高かったりする?

413 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/08(木) 00:56:59 ID:WVPcmY9D0
高い評価を下す人もいるだろうし、
低い評価を下す人もいるだろう。

414 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/08(木) 22:29:26 ID:fRpzkKSu0
ほとんど何も言っていないに等しい、
ためにする自己満足レスの見本だな。
なぜか武侠系スレではよく見るがw

415 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 02:19:56 ID:rTO7AmV/0
やたー!文庫化ですよ。

04/06徳間書店
徳間文庫 連城決(上)菊花散る窓 金庸 800

04/06徳間書店
徳間文庫 連城決(下)雪華舞う谷 金庸 800

416 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/10(土) 23:55:51 ID:YRiHeE1N0
連城訣のドラマも放送するらしいな。
2巻だから、徳間としても気軽に出せるんだろう。

8巻の天龍八部、7巻の笑傲江湖は厳しい。

417 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/11(日) 11:09:00 ID:tyvds8dj0
ならば雪山飛狐の文庫化を希望


418 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 15:34:29 ID:ZNNluy890
雪山飛狐もドラマのDVD発売に合わせて出版するかもね。

419 :ゲレ:2007/03/12(月) 22:01:49 ID:Ex7rzMFeO
今年初めて連城訣借りて見たけど荻雲すごく気に入った!社長の次に好きな作品。

420 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/12(月) 23:48:29 ID:m/oy1/wy0
>>419
ああいう人物が好きなのか?

俺は苛苛して、嫌いになったけどな。
郭靖も好きな方だったりする?


421 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/13(火) 14:57:49 ID:+jUQNVvuO
自分も荻雲だめ。郭靖はまだいいが一番気に入ったのは蕭峰!ドラマで泣いたよ。雪山飛狐のDVD日本に入るの!その前に撮った碧血剣もでるかな?

422 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/13(火) 17:39:49 ID:vhinVKn70
次、連城訣か。
あの若旦那の役のひとがなんか違和感あって
童姥たんでるまで我慢だなー

423 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/13(火) 23:10:06 ID:CoI15r2U0
血刀老祖が一番男らしくてカッコイイ

424 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/13(火) 23:47:34 ID:0a13yIQF0
>>421
碧血剣は、いつものメーカーが多分DVDを出してくれると思う。
雪山飛狐も金庸原作だし、今の流れだと多分DVD出るんじゃないかな。
吹き替えはないかも知れんけど。

425 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/14(水) 08:25:04 ID:XOcgyp+10
>>424 
maxamにはがんばってほしいな
necoで放映されれば吹き替えの費用も気にしなくていいはずだし
一番得してるのは徳間書店か・・・


426 :ゲレ:2007/03/14(水) 14:58:42 ID:lyn/Doo6O
420郭靖も好き。ただ社長はお気に入りキャラ多くて誰が一番好きっていうのはない。郭靖・横蓉・西毒・北かい・老眼童が好きだけど楊過・小龍女のカップルはあまり好きじゃない。

427 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/14(水) 23:25:53 ID:AfLa1Gt70
俺は神Gを先に読んだせいで、神Gの、郭靖黄蓉のカップルが好きになれなかったな。
郭靖は、馬鹿でちょっといらいらしたし、
黄蓉は意地悪おばさんのイメージが頭にこびりついていたから。

428 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 03:36:25 ID:8Ut+ac5d0
>>426
黄蓉の読みは「おうよう」ではなく「こうよう」だ。

429 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 14:08:19 ID:MTq1vc8v0
>>428
金庸先生に主張してみたら?

430 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 14:27:54 ID:1qiO0h8O0
>>429
しむらー、木偏木偏!

431 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 16:08:50 ID:r1u2hUxR0
>>428
なぜ横蓉になっているのか理解できた。

432 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 20:26:11 ID:6cBF1Mvu0
横蓉鋒・横蓉克・横蓉菲菲

433 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 21:00:43 ID:ZxgiofKc0
自分は神Gの小龍女の天然っぷりに辟易したな
何か自分からすすんで別離の原因作り出して苦しんでる感じがして嫌だった
楊過は一途でちょっと捻くれてるところが良かったが
五巻からはつまんない英雄になっちまったな、と…

そして黄蓉が性悪女に変わってしまったのが一番のショックだった
あんな性格してりゃ、そりゃ郭芙みたいなビッチが産まれるわ
少女から母親になったってことかな…
母親の母性愛って他人の子には残酷なものだし

434 :ゲレ:2007/03/15(木) 22:24:26 ID:1IhyQB0ZO
428黄薬師の黄で「黄蓉」は知ってたつもりだったけど何故横蓉と書いたのかは自分でも?
黄蓉がいじわるおばさんになるとしたら俺もショック受けそう。神周鳥はまだ途中だから。

435 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 23:55:29 ID:r1u2hUxR0
>>433
小龍女は、普通の人間世界の枠外のような存在なんだと思う。
だから一般の人間の感覚では捉え切れない。

金庸先生は小龍女についてはかなり肯定的だし。

436 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 10:27:15 ID:7VXFEuee0
中年になっても少女のようだから、仙女的な位置づけなのかも。
純粋だが雲みたいに捉えどころが無い。

>>433
黄蓉ママが楊過を色眼鏡で見てしまうのは父親がアレだったから・・
しかし楊過をあくまで信じぬく郭靖との対比が面白い。

437 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 10:31:43 ID:Z8Tbqaku0
>>436
結局郭靖の方が人を見る目があるのよね。
5巻の時点でも楊過を信じきれない黄蓉は頭が良すぎて余分なこと考えすぎ。


438 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 21:54:37 ID:a7TCSNNP0
そりゃ父親が最悪だからだろ。あのゴミ人間の関係者と識っていたら油断はしないよ。

439 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 23:23:29 ID:DOpO+ts70
>>437
原作は全40章の一冊本なので、翻訳版の巻数で言われてもわからんw

440 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 23:40:17 ID:MpZjw1Ip0
>>438
つうか黄蓉は自分も娘も旦那も何度も楊過に助けられてる。
それでも信用できない辺りが彼女の業の深さだろう。
彼女の父親の黄薬師が一目で楊過と意気投合したのが対照的で
非常に面白い。

441 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/17(土) 23:49:24 ID:AcXyJdd70
黄蓉が楊康や楊過を嫌うのは同質嫌悪だな

442 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 00:04:25 ID:PqFLX5s80
黄蓉と郭芙の親子見てるとぶん殴りたくなる
郭靖は大侠になって依然として純朴なのが素敵

443 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/18(日) 23:32:27 ID:162yLwmk0
完璧な人間は存在しない

444 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 20:05:39 ID:TZ7/Q7KH0
443がええこというた!

445 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 23:36:14 ID:nFDTf0zl0
郭芙と阿紫は双璧

446 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/19(月) 23:56:10 ID:iua/T2O90
>>444
金庸先生が言っていることだ。
作品を読んでいれば、分かるだろう。

447 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/20(火) 23:52:28 ID:exdkBklg0
金庸先生の結論。

韋小宝こそが真の中国人。

448 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/22(木) 21:57:27 ID:tngcCQCE0
>>439
おれが読んだのは全部で百十章あった

449 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 16:42:17 ID:PXRUtAr50
金庸先生って相当な歳だけど元気だよな。
まだいろいろ活動しているし。

450 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 19:00:17 ID:BzGhloE90
>>449
内功

451 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/24(土) 23:48:45 ID:vpw6ixpb0
実は金庸先生は、
自ら書いた武侠小説の中に登場する武芸を、全て身につけている。


452 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 12:45:20 ID:O1uttHvY0
童子功と葵花宝典も?

453 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 22:51:09 ID:kPRVDEZ40
>>451
全地球人類と戦っても勝てそうだな・・・。

454 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 23:43:35 ID:o7V2g+2e0
>>452
童子功の修練の場合、童貞であることが必要だな。
奥さんは偽装か。

455 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/26(月) 00:20:52 ID:KhD/f7aI0
っ鴛鴦刀

456 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/27(火) 23:37:02 ID:ZtyCdL9v0
鴛鴦刀・・・・・・武林の人々の夢を打ち砕いた

457 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 18:38:29 ID:/xP3AKPP0
あれは傑作武侠コメディだな
二人も夫人のいる大侠が実は・・・

458 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/28(水) 23:54:37 ID:XISqMzd40
あの手の武芸の、童貞じゃなきゃいかんというのは、
自慰もアウトなんかな?

459 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/29(木) 12:24:20 ID:VMYa0Glf0
オナニーを一週間ばかし止めると
精力が体中に満ち溢れる感じになる
武侠小説において童貞が強いのもこのため

460 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/29(木) 12:36:46 ID:iwj4/bMD0
>>459
>オナニーを一週間ばかし止めると
精力は満ち溢れるかも知れんけど逆に精神力(性欲)が下半身に集中してしまって武術どころじゃ
ないような・・・・

461 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/29(木) 12:45:34 ID:4BQXV9Ax0
魔界転生の宝蔵院胤瞬みたいだな。

462 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/29(木) 23:40:59 ID:bup2r0A20
試しにその一週間童子功を修練してみるか

463 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/30(金) 20:51:56 ID:p6ut9AyP0
童貞乙

464 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/30(金) 23:54:14 ID:BOo/opf+0
毒を使った内功はどうだ?


465 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 09:34:01 ID:z0C8X/Tw0
童貞に悪人はいない

466 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 11:14:05 ID:+3ZOExXd0
背中が痒い

467 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/31(土) 23:56:58 ID:xGzfb26L0
掻いてやろう

468 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 23:58:27 ID:u0s7QLxJ0
>>464
毒を体内に取り入れて、内力に転じるって、一体どういう理屈なんだろう。
害あるものは益にもなり得るという発想なのか。

469 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 01:56:26 ID:YUIcb2pB0
>>468
武狭小説では、そういう理屈はなるべく突っ込まないでいただきたい

470 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 09:40:32 ID:IRHSVJ130
>>468
ドクダミって使い方次第で滋養強壮に役立つそうだけどそんな感じで
毒も使えるのでは?


471 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 10:39:12 ID:+ALGoiIq0
>>470
ドクダミは名前に「ドク」とついてるけど、毒じゃない。
薬も過ぎれば毒になるが。

472 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 13:11:24 ID:NxYTL7cT0
侠客行とかの描写を見るに、毒は一気に摂取するとやばいが、
少しずつ取り入れて、毒性に対抗する免疫のようなもの?を作り出し、
その免疫のようなもの?がすなわち力、内力となる? 
かな?な理屈かな?

473 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 19:45:09 ID:4MWOidan0
力のあるものは何でも内力になるのでわ

薬と同様、毒もベクトルが逆なだけで内力になるとオモ

474 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 23:34:34 ID:Z7EOW3690
以毒攻毒。

毒をもって毒を制すってのは中国古来の薬学の考え方で、
実際に本場の生薬の3割ほどはけっこう強い毒物。
解毒剤のくせに劇薬というのまである。

漢方は身体に優しいと言うのは実はかなり間違った考え方で、
毒をも薬にしちゃう方法を書き残してるのが中国医学です。

だから、別に首かしげるような発想じゃない。

475 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 23:45:18 ID:zAFrJLNN0
内功と言えば、陰陽の思想とかもかなり反映されている感じだね。

476 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 00:48:45 ID:s18pJG6q0
つか点穴のツボなんて鍼灸の経絡そのものだから。


ただ使い方が間違ってるだけでw

477 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 22:33:42 ID:696j7+g90
>>415
ちょっと買ってみるか・・・
すぐ売り切れるってことはないよね?

478 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/03(火) 23:49:21 ID:zAFfeCHo0
>>477
印刷数は少なくても、
そんなに売れる本でもないから心配なしw

479 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 00:54:08 ID:TRkOSmnP0
>>477
聞いてる間に買えよハゲ

480 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 21:26:02 ID:1OR/RuVQ0
>>479 明後日では?発売日。

481 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 23:04:18 ID:fWYfI4Xy0
ハードカバー持っているから買う気はないけど、
後書きとか、表紙とかは気になるので、
立ち読みしてみるか。

482 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/05(木) 15:25:45 ID:NsVmIZ6C0
金庸著 秘曲 笑傲江湖1〜7巻セット 徳間書店刊 岡崎由美監修 小島瑞紀訳 
http://auction.item.rakuten.co.jp/10045799/a/10000055 
1,400円 

483 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/05(木) 15:40:05 ID:cCv4BPPP0
本人乙。

484 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/05(木) 16:11:13 ID:9LDPzGde0
>>482
ページが表示できません

485 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/06(金) 14:21:22 ID:sa9WO5OR0
連城決買ってきた。
下巻にGガンダムの監督のひと?の解説が追加されてる。

486 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/06(金) 17:25:25 ID:28NLEETx0
>>485
今川の?マジか、買ってこよう

487 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/06(金) 23:09:02 ID:w8e2w0WO0
>486
まじ。今川泰宏監督。

488 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/06(金) 23:48:30 ID:PKThkMhj0
>>485
とりあえず立ち読みしてみる

489 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 11:47:16 ID:ux2Wp4ll0
買えよ

490 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 22:28:35 ID:vowGoBtk0
DVD借りられてナカタ(つд`)。・。



OTL

491 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/09(月) 13:04:42 ID:pOag7Fkq0
>>490
つネットレンタル

492 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/09(月) 17:47:07 ID:DtjPOHmt0
>>491
サンクス(´ω`)

493 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/10(火) 23:32:29 ID:s52ZLQHq0
金庸先生ってどれぐらいの収入があるんだろう。

1度ドラマ化される度に、数千万円が入るみたいだし。

494 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/12(木) 23:56:34 ID:atgc4kEh0
引退する時に明報の株も売り払っているし、
相当な富豪だよ。

悠々自適と言っていいだろう。

495 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/13(金) 11:43:52 ID:LYgoeNnc0
金庸先生って政治家でもあるね。

496 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/13(金) 14:59:49 ID:e84VeZ/A0
香港基本法の起草に携わっていた人。

497 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/13(金) 18:21:11 ID:8+399z530
倚天屠龍記の文庫化マダー

498 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/13(金) 19:40:49 ID:zNOd1JtH0
先生ってまだ存命?

499 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/13(金) 20:08:55 ID:pl48MjMB0
一応。

500 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/13(金) 20:53:17 ID:8+399z530
今連城決読み始めたばかりだけど、きっついはなしだな

501 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/13(金) 21:04:55 ID:WwTcbLvS0
>>500
主人公がホント悲惨だよね・・・


502 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/13(金) 23:39:47 ID:/iMYcUQj0
連城訣の狄雲は、モデルになった人がいたらしい。

503 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/13(金) 23:55:31 ID:I48C/vun0
オレオレ

504 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/14(土) 09:37:32 ID:++Hf+kS/0
>>499トン
Wikiみたら83歳…長生きして欲しい

505 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/14(土) 13:00:36 ID:9NVmVeiq0
連城決最後まで読んだんだけど、最後の空心菜は野菜の方?

506 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/14(土) 23:38:47 ID:G8tRg0hA0
>>504
いろいろ精力的に活動しているし、元気そうだからも
当分は大丈夫だと思う。

507 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/14(土) 23:49:24 ID:oamXRdLa0
まあ生きてても新作書けないし、いまはただのチビで優しい爺さんだから、
そのへんはある意味どうでもいいな。

508 :riecoe:2007/04/15(日) 03:05:52 ID:MkSplYC60
飛雪連天射白鹿,笑書神俠倚碧鴛
金庸の14武俠作品。對聯。
飛狐外傳
雪山飛狐
連城訣
天龍八部
射彫英雄傳
白馬嘯西風
鹿鼎記
笑傲江湖
書劍恩仇錄
神彫俠侶
俠客行
倚天屠龍記
碧血劍
鴛鴦刀



509 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/15(日) 17:21:28 ID:YOHEibQK0
連城決文庫本の下巻オビの女の人は誰?

510 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/15(日) 18:19:31 ID:NGt4psNo0
我!

511 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/15(日) 22:54:05 ID:m6ZS4eDy0
>>506
どうせなら、中共批判でも大っぴらにやったら面白いのに。
中共側も、これだけ影響力ある人間だと、うかつに手出しできないし。

……自然死に見せかけて巧妙に暗殺されちゃうかな

512 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/15(日) 23:05:28 ID:NgYV0A4J0
>>511
>自然死に見せかけて巧妙に暗殺されちゃうかな
まさに武侠小説の世界だな。

513 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/16(月) 00:23:35 ID:GemdVmC/0
その現場を物陰からみてた少年が次の主人公だな。

514 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/16(月) 23:32:26 ID:0nlyQ7GH0
その少年はやがて魔教「法輪功」の教主に迎えられ……

515 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/17(火) 00:26:36 ID:B972bLIb0
金庸先生が聞いたら憤死しそうなネタやめいw

516 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/17(火) 12:01:46 ID:5mGNx68t0
血刀老祖と親父四人組はどれぐらいの強さなんだろう?
江南七子ぐらい?

517 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/17(火) 16:09:52 ID:jk9/mug80
親父四人組って落花流水のこと?

518 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/17(火) 23:39:11 ID:cn4Eo3Lj0
血刀老祖と落花流水の力は、全真七子よりやや劣るぐらいじゃないかな。
金庸の作品って基本的に時代が後になるほど弱くなる。

>>516
つか、江南七子って誰?w

519 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/18(水) 00:33:07 ID:PwlAvA+R0
>>518
全身七子と江南七怪を合体させた新たなキャラ

520 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/18(水) 11:59:37 ID:wEkyPQQn0
連城って時代何時ぐらいなの?

521 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/18(水) 12:15:09 ID:AZceA0Fu0
>>520
時代は設定されていないから不明だけど、
雰囲気的には清代の可能性が高そう。

ただ、弁髪はビジュアル的に好まれないのか、
ドラマでの服装は清代のものじゃなくなっている。

522 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/18(水) 18:17:05 ID:+0/OEFpzO
戦国時代の武侠物が一番

523 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/18(水) 19:52:22 ID:BbHjygLZ0
戦国時代の武侠物っていうと荊軻とか戦国四公子あたりか

524 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/18(水) 21:00:15 ID:DWM6F6Os0
春秋戦国時代は、何だか名前が萌えないな。
それと昔過ぎて、当時の社会状況がイメージしにくい。

525 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/18(水) 23:35:44 ID:RZNxnUn80
舞台に選ぶ時代なら、宋代が一番いいと思える。

526 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/19(木) 01:08:31 ID:+81GvFL6O
衣装とかがいいよね

527 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/19(木) 02:35:36 ID:Os515gGj0
衣装に関してなら、唐代が最高。

女限定だけど……


528 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/19(木) 03:23:02 ID:TZ72F6JE0
沖縄県の方へ(命に関わる注意事項です)

沖縄県での選挙ですが、どうか民主党だけは避けてください。県民の生命に関わる可能性があります。
民主党の最大の公約は一国二制度(※)ですが、一度「一国二制度 沖縄」等で検索をお願いします。
この際、民主党のHPで調べても良いです。以下の注釈↓と矛盾することは書いてないはずですから…

※一国二制度
 簡単に言えば沖縄を中国と日本の共有物にし、そこに3000万人の中国人を入植させます。
 (つまり沖縄人口の 96% を中国人にして、実質、沖縄を中国人の居住地とします。)
 さらに「自主」の名の下、沖縄で有事が起きても自衛隊は干渉できません。
 3000万人の中国人が、少数派となった130万人の日本人に何をしても、です。
 そして中国人の反日感情の強さは、ほとんどの日本人の理解を超えるものです。

今回の選挙で民主党が勝った場合、「自主」「発展」を連呼しつつ段階的に進めていくことになります。
自主と言っても、自主を認めるのが「住人の96%が中国人となった」後だということに気をつけてください。
発展と言っても、新沖縄の少数派となった「少数民族日本人」の発展ではないことに気をつけてください。

529 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/19(木) 07:14:17 ID:rty7xbGL0
沖縄県の方へ(命に関わる注意事項です)

沖縄県での選挙ですが、どうか民主党だけは避けてください。県民の生命に関わる可能性があります。
民主党の最大の公約は一国二制度(※)ですが、一度「一国二制度 沖縄」等で検索をお願いします。
この際、民主党のHPで調べても良いです。以下の注釈↓と矛盾することは書いてないはずですから…

※一国二制度
 簡単に言えば沖縄を中国と日本の共有物にし、そこに3000万人の中国人を入植させます。
 (つまり沖縄人口の 96% を中国人にして、実質、沖縄を中国人の居住地とします。)
 さらに「自主」の名の下、沖縄で有事が起きても自衛隊は干渉できません。
 3000万人の中国人が、少数派となった130万人の日本人に何をしても、です。
 そして中国人の反日感情の強さは、ほとんどの日本人の理解を超えるものです。

今回の選挙で民主党が勝った場合、「自主」「発展」を連呼しつつ段階的に進めていくことになります。
自主と言っても、自主を認めるのが「住人の96%が中国人となった」後だということに気をつけてください。
発展と言っても、新沖縄の少数派となった「少数民族日本人」の発展ではないことに気をつけてください。

530 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/19(木) 16:15:33 ID:grHUi9oJ0
>>527
唐装はちょうど天女のイメージの衣装だよね。

531 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/19(木) 20:47:14 ID:0o73g+vL0
唐の時代の服装って皇帝である李氏が元々鮮卑族だから騎馬民族とかの衣装じゃないの?


532 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/19(木) 23:57:44 ID:McUJhLGq0
>>531
唐朝の李氏は鮮卑系の可能性が高いけど、かなり漢化が進んでいたので、
普段の服装とかは、漢服と見ていいと思う。

女性の衣装に関して言えば、遊牧民女性の自由な気風が影響しているのか、
他の時代と比べて、ちょっと寛いだ感じ。
それでも基本は漢服。

馬に乗る時なんかは、騎馬民族的な衣装を身につけたかも知れないね。

533 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/20(金) 09:31:51 ID:tjqt9lLu0
旗袍か

534 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/20(金) 23:38:39 ID:M6zDeD1J0
うんだ

535 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/21(土) 01:12:35 ID:a2UFOuYP0
欧米か

536 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/21(土) 12:35:31 ID:w/mvnHvj0
でも武侠世界の住人って変わった格好をする者が多いね。

537 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/21(土) 23:22:13 ID:ouhgef9Z0
変わった格好以前に変わり者が多い。

538 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/22(日) 00:05:47 ID:QiUvUht+0
変わり者が変わった格好するのはごく自然じゃよ

539 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/22(日) 07:40:05 ID:fx7xmKW30
ある意味ニート。
(修行で引きこもり)世間からずれますよ。

540 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/22(日) 15:53:06 ID:PUJBkvJ00
そもそも武侠世界の住人は収入源が謎だからな。

541 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/22(日) 16:57:21 ID:x4IjoRaO0
>>540
それは禁句

542 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/22(日) 22:54:31 ID:7Un2cP6d0
>>539
それで世間を騒がせないようにおとなしくしてくれていたらいいんだけどw

543 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/23(月) 23:58:41 ID:h25yXxdL0
おとなしい奴なんて武侠世界の住人の資格はない!

544 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/24(火) 20:51:58 ID:EsbwCguP0
by 丘処機

545 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/25(水) 22:03:43 ID:MwYbKeU90
射雕しか読んでないんですが続編に郭靖がどんな風に死んだとか書いてあるんですか?

546 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/25(水) 23:50:05 ID:H+8M2bbH0
襄陽城が陥落した時に殉じたらしい。
自決かな?

547 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/26(木) 00:11:52 ID:WST8BX1A0
どっちにせよ首を取られたことだけは間違いないな

548 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/26(木) 00:38:07 ID:9StBd/q40
襄陽城を守りきれず郭靖が自決、そして夫の後を追い黄容もまもなく自決



549 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/26(木) 13:26:46 ID:MlaEg2fc0
そんな・・・・・・(TT)

550 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/26(木) 13:42:09 ID:1h4t4TqM0
俺も原作読んでちょっとへこんだな、英雄伝として100年後にこの事実が語られてたんだけど
まあ歴史の事実としては確かに襄陽城はモンゴルに落とされたわけだから仕方ないね

551 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/26(木) 18:48:35 ID:rotGYlEI0
年寄りが体張ってるときに楊過は愛妻と隠居してるんだよなw

552 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/26(木) 18:57:16 ID:sSTqMnID0
何年か忘れたけど、郭襄がかなり長いこと探して見つからなかったんだから
大陸一周旅行にでも行っちゃったんじゃないの

553 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/26(木) 19:23:44 ID:lwm5rmS30
島で幸せに暮らして死にましたじゃないのね・・・・・。

郭靖らしいっちゃらしいのかな。

554 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/26(木) 19:54:01 ID:fXgQDKSu0
>>553
そういう最後を期待してたんだけど、正義と義侠の男の郭靖としては、男らしい死に様だ
あと気になるのが小龍女と楊過と郭襄のその後が知りたいな、金庸先生
頼むから神雕侠侶外伝って形でもう一度執筆してほすい

555 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/26(木) 23:46:39 ID:dpecyZFJ0
郭襄は楊過が見つからずに四十歳であきらめて出家、
あの極悪非道集団峨嵋派を創設。

556 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/27(金) 00:10:22 ID:6gM/S+o10
峨嵋派と武当派は現在もあるらしいね、この間NHKハイビジョンで特集やってたよ

557 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/27(金) 09:12:45 ID:UZ8r+7soO
楊過と小龍女は、古墓派の内功のおかげで長生きして、20世紀初めには、ボロいけどけっこうデカいアパートの、大家さんしてます。(作者は違うけど、金庸先生公認のお話の中で)

558 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/27(金) 09:16:22 ID:M0m838BK0
小龍女の変わりようは詐欺
アレをレイプした志平は尊敬に尊敬に値する

559 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/27(金) 15:55:51 ID:UZ8r+7soO
結婚すると女は変わるよね。

560 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/27(金) 16:59:16 ID:WEfcpc5t0
>>557
もっと詳しくおせーて

561 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/27(金) 18:43:51 ID:9ZiV2iiM0
>>560
( ´∀`)つ「カンフーハッスル」

562 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/27(金) 20:03:48 ID:UZ8r+7soO
カンフーハッスルは、2004年制作、2005年初めに公開した映画。
金庸の作品を知っているとおもしろさが倍増するよ。
しかし、カンフーハッスルの蝦蟇功を見た時には、笑ったが、神雕に使われたことに驚いた。射雕の蝦蟇功のままで良かったと思わない?

563 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/27(金) 20:07:18 ID:Ipd/6EdB0
>>561
あっなるほど、今度見てみるよ

564 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/27(金) 20:10:03 ID:Ipd/6EdB0
>>562
サンクス タイトルだけは知ってたが金庸作品と関係あるとはしらなかった
CSでやってくれればな〜 

565 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/27(金) 20:27:46 ID:9ZiV2iiM0
>>561
まぁ、「金庸作品と関係がある」と言うより「金庸ネタがある」って感じだから、ゆるい気持ちで見るとイイよ(・∀・)

566 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/27(金) 20:49:45 ID:+IT/kLoF0
>>564
CSっつーかあれはそのうち地上波でやるんじゃないか?
いちおう放映権はフジが持ってるはず。

567 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/27(金) 20:52:29 ID:az33yrDM0
少林サッカーもちょっと有ったよね。
崋山派がどうとか。

568 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/27(金) 21:07:23 ID:BXo/gPQ50
>>567
「独孤九剣は崋山派だろ?」って奴だな。

569 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/27(金) 23:16:03 ID:1gUHKR9c0
>>556
崆峒派とか崑崙派も流派としては実在しているみたいよ

570 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/28(土) 22:36:04 ID:Z9cdS1Vu0
清とか元が中国を支配していたとき江湖はどうしたたんだ?
反乱ばっかやってたの?

571 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/28(土) 23:08:22 ID:tzIzWTBP0
>>570
中国は広いから山に入ったらよっぽど目立つ事しない限り官憲の目は届かない訳で。
何せ現代でも山賊がいるそうですよ・・・


572 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/28(土) 23:37:55 ID:ti+zFovJ0
>>570
例えば明の時代の話だと、湖北、河南、陝西、四川の境界あたり、
今の秦嶺山脈や大巴山脈辺りの山奥に難民がたくさん流入して、
山を開墾して田畑を作った。
そこへ朝廷が新たに役所を置いて、税を徴収しようとして大きな反乱が起こったことがある。

盗賊の類が跋扈する余地はいくらでもあるし、大規模な反乱でなくても、
地主や小役人に対するちょっとした農民の一揆のようなことは、
日常茶飯事のように起こっていたと思う。


573 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/29(日) 00:11:48 ID:9Pw4tj2S0
>>570
時の政治にいっさい関係なく存在するのが本来の江湖なので。
神雕侠侶の郭靖みたいに国家に忠誠つくすほうが江湖では異端なんですよ。

574 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/29(日) 00:17:02 ID:3T2fonBi0
江湖は実際には架空の街なわけで・・・・・w

575 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/29(日) 00:31:20 ID:bR+kH5/70
鹿鼎記のとき崋山派の連中は何をしていたの?
清をひっくりかえそうとしてたの?

576 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/29(日) 01:33:34 ID:o3Q0tO4z0
>>562
あの蝦蟇功の大元の動きは大英雄
大英雄は射雕の映画化だから後続のドラマがそれを踏襲するってのは
流れ的に正当っちゃ正当なんだけどね
大英雄はコメディ映画だけど

577 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/29(日) 10:19:44 ID:HgGuFcNk0
保守

578 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/29(日) 16:19:04 ID:zMVH3VtiO
ちょんまげ

579 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/29(日) 16:34:30 ID:qU4qGdGQ0
>>570
元‥倚天屠龍記
清‥書剣恩仇録

>>574
街の名前ではない訳だが。



580 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/29(日) 23:32:14 ID:/eVtPcsH0
>>575
ちらっと崋山派連中出て来たけど、
天地会等の反清復明の動きにそれなりに協力って感じじゃない。

崋山派と言っても所詮は個人の武術だし、
無闇に暴れても潰されるだけだし。

581 :小小超:2007/04/30(月) 11:27:42 ID:s/Ffk2GD0
請問﹐[機動武闘伝Gガンダム]裡的東方不敗﹐跟[笑傲江湖]的東方不敗,有任何關係嗎?我是0079系的支持者﹐對於[機動武闘伝Gガンダム]完全沒有研究...

582 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/30(月) 13:07:37 ID:/DwM+G9u0
>>581
監督の今川泰宏が武侠愛好者。

583 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/30(月) 16:58:59 ID:y8xEGmgn0
>>581
仮につけてた名前を早漏な取材のひとが
盗み見て雑誌にのせちゃった。
監督は武侠好き、もちろん元ねたは笑傲江湖

584 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/30(月) 22:24:25 ID:RB1xs3d/0
直接武侠小説から影響は受けていないけど、
香港映画という媒体を通じて間接的に影響を受けたものが、
日本には多そうだな。

585 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 08:03:22 ID:3Zy9Gy4H0
つか、80年代に活躍した作家の中で間接的にであれ、
香港映画の影響を受けなかった漫画家の方が少ない
のでは?

586 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 11:23:52 ID:sov3XNvC0
香港映画と日本漫画は互いに影響を受けながら成長してきてます。
悪く言えばパクリ合いなのだけどw

587 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 11:54:31 ID:e2k9Z5xo0
>>586
個人的な意見かもしれないが、つまらんリメイクよりは、面白いパクリ方が良いわ。


588 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 11:55:46 ID:e2k9Z5xo0
パクリ方が→パクリの方が 

「の」が抜けてたわ…('A`)

589 :小小超:2007/05/01(火) 12:21:57 ID:6WHB0KA+0
>586
像這個樣子嗎?
改編 刃森尊 的漫畫[破壊王ノリタカ]。造型是[ウルトラマン]
http://sensasian.com/view/product.cgi/DE/V13629-D

590 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 14:49:48 ID:ArKIUmSp0
金庸先生、元気そうだね

591 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 17:32:30 ID:z/tn0wwn0
>>505
亀だけど
最後の空心菜は人間の方じゃない?

空心菜(野菜の方)って普通にスーパーに売ってあるんだな。
近所で見つけてちょっと感動したよ。

592 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 17:57:28 ID:3Zy9Gy4H0
>>586
男塾とかあの辺りは、香港映画(特にジミー・ウォン作品)に影響受けている稀ガス。

593 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/01(火) 23:55:36 ID:eYZsfeAp0
連城訣は最後、3人で暮らしたんだろうか?

594 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 00:39:04 ID:6EbbFfSI0
>>591
ガキをあんな山奥に連れて行ってどうする気だ、狄雲は。
雪女にでもする気か。

595 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 18:13:11 ID:T1QA+u//0
あの雪山の谷って、冬になったら鳥を捕まえるしか食べるものがないんだよね。

596 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 22:33:26 ID:P4E6hWHY0
冬は雪と氷に閉ざされる場所だから、住むのにあまり快適とは言えないね。
できればもうちょっと麓の方に移ることをお勧めする。

597 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/02(水) 22:58:54 ID:6EbbFfSI0
水笙はいつから待ってたんだ?鳥を捕まえることも出来ないだろうし。
食事はどうしてたんだろうな。ドラマの方はそこら辺わかりやすく描いてあるのかな。

598 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 01:12:13 ID:3WOmO++w0
もう人とかかわるのにウンザリしたんじゃね?>狄雲
雪山みたいな辺鄙なとこでまったりした方がいいよ。

599 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 15:36:58 ID:7vR9glSL0
>>597
長期戦を想定して食糧持参していたんじゃないの。

600 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 16:22:52 ID:o4aivZhq0
鹿鼎記でロシア人がボロクソに書かれてて萎えた
どいつもこいつも知能が原始人並じゃないか
モンゴル・チベット人より扱いが酷い

もし金庸作品に朝鮮人や日本人が出てこれば
やっぱ同じように書かれるのかな?
朝鮮は代々属国だったから見下してそうだし
日本は先の戦争での恨みを抱いてそうだし

601 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 18:38:53 ID:d0ObI8To0
日本が少しだけ登場する作品あるんじゃないかな。
金庸先生、日本に別荘持っているらしいね。

602 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 21:39:17 ID:eJ4Hr/Eb0
>>601
無い。確かどこかで「恐ろしくて逆に書けなかった」みたいな事を
言っていたはず。

603 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/03(木) 22:42:38 ID:pdU1td8k0
事情あってスレ立てた。

【東邪西毒】 射雕英雄伝 【南帝北丐】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1178199474/

>>600
少なくとも金庸は後期の作品においては中華思想を捨てている。
鹿鼎記も、確かにロシア人の扱いは酷いものになっているけど、
漢人らについても批判的というか、皮肉るような描き方をしている。

天龍八部なんかだと漢民族中心主義を真っ向から否定しているし、
自らの漢人を含めた諸民族を客観的かつ批判的に描こうという努力はしている。


604 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金) 01:22:43 ID:4mptsU/x0
日本は出てこないけど、倭寇が出てくるんじゃなかったけ?
あやふやな記憶なもんで、違ってたらごめん。

605 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金) 01:44:40 ID:Ew5bbp8r0
倭寇も出て来ないね。
あえて日本と絡めているのは、
鹿鼎記の尖閣諸島ネタぐらいかな。

606 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金) 03:35:55 ID:y98ASeWP0
>>603
おまえ、わかってないな
金庸先生は最終的に中華思想を超越してるんだよ

607 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金) 10:42:00 ID:tE7OTTcZ0
金庸氏は司馬遷が「史記」で書いた後中国人の歴史観を規定した「正統」の概念を
天龍八部を書いた時点で超えてるし鹿鼎記では士大夫階級の視点のみで
書かれてきた歴史観を庶民の視点で書く事で超越してる。

608 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金) 11:13:30 ID:Hd2k/y930
>>605
>>604は「スウォーズマン」の事を言ってるんじゃまいか?
アレは原作(笑傲江湖)とは別物なんだがな…

609 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金) 11:41:06 ID:B9bVF4Xu0
>>600
金庸先生はそんな小さい方じゃないよ

610 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金) 19:48:57 ID:la5mIEtc0
昔のソビエトの狂いっぷり見てりゃ
あんな風にも書きたくもなる

611 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金) 22:48:39 ID:8KdeiYBi0
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
金庸 7 武侠 [ライトノベル]
****** 東方神起 ****** [同性愛サロン]
【問世間】 神雕侠侶 五巻目 【情是何物】 [海外テレビ]
【争覇武林】武侠ドラマ全般【ネタバレ歓迎】其ノ四 [海外テレビ]
【問世間】 神雕侠侶 六巻目 【情是何物】 [海外テレビ]

612 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/04(金) 23:34:53 ID:KViKa44E0
>>606
最後に鹿鼎記で吹っ切れた感じだねえ。


613 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 01:09:21 ID:nJIYDMvA0
書き始めが、陳家洛


書き終わりが、韋小宝

614 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 01:20:50 ID:q1P17O1b0
れんじょうけつ、って面白い?

615 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 01:46:04 ID:1R8V2y1u0
>>614
俺的には、主人公があまりにお馬鹿で情けなくて可哀想で、あんまり好きではない


616 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 01:58:19 ID:f+WmR56RO
俺的には神ちょうより面白い。

617 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 02:12:11 ID:SGzRiTWz0
話がごちゃごちゃしてないところが好きだ。
もう少しクライマックスですっきりしたかった。

618 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 02:47:08 ID:0CNPOgDm0
主人公がアホでどうしようもないところが好きだ
丁典の悲恋話が良かった

619 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 06:36:30 ID:QVSOTLMF0
>>614
ドラマは面白い。

620 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 11:42:57 ID:Nw+r17jD0
ドラマはダイジェスト版だったから良いトコ取りで見やすかったよね。
雪山で地道に連城剣法を修練しているところを見て、努力家の主人公が好きになった。

621 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 11:46:58 ID:6ZlpuCZr0
DVDで前に連城訣みたけど今度は原作読みたくなったんで、アマゾンに文庫本注文してみたよ
来るのが楽しみだ〜

622 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 12:28:21 ID:nJIYDMvA0
>>615
自分も、郭靖、狄雲みたいな馬鹿系キャラは、あんまり好きになれないな。
ドラマは手堅く作ってあるようだけど、
強烈さに欠けてやや物足りない感じだった。

623 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 12:44:58 ID:PbwMCMNP0
かといって、韋小宝までいくとズルすぎて引くしな。
令狐冲がバランスとれてて一番良い。

624 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 13:00:46 ID:KxzkzJ8/0
>>623
確かに韋小宝は小賢しくてズルかったね、最後の引き際までズルく逃げちゃったし・・・
でも金庸作品の中では一番俺的には面白かった

625 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 13:15:29 ID:7CNPdRji0
たまには石破天の事も思い出してあげてね(´・ω・`)

626 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 16:34:07 ID:zg4AR2P/0
どっちもどっちだな

627 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 17:58:05 ID:2pXRW7Uz0
【英雄】
郭靖 
喬峯

【大侠客】  
楊過
令狐冲

【凡人】
狗雑種
狄雲

【駄目人間】
張無忌(朱元璋に手柄横取りされる)
陳家洛(駄目読書人の典型)
袁承志(祖国に絶望して海外へ現実逃避)





【VIPPER】
韋小宝

628 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 18:15:43 ID:Cxm92lRU0
【酒豪】  
令狐冲
喬峯












郭襄

629 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 19:44:55 ID:CDoA2sJh0
連休後半からDVD神G侠侶を買って飲食料をストックして篭城態勢でやっと観終わったよ…。
天龍八部のお嬢さんの王語嫣をやってた娘が小龍女、小竹がクドゥ、鍾霊が陸無双など
最初は馴染まなかったけど、慣れるものなのねw
でも、郭靖や黄容はしかたがないとしても、5大武術家はそのままがよかったかなぁ…
と強く思うよ。

既出だったら、すまないが…楊過と小龍女を胴上げしているときに、
ドサクサに紛れて、小龍女の胸を触っている奴いるよね

あと、射Gから全真教の尹志平が甄志丙になってるし、誓いで指じゃなく髪きるし…
なんか映像的な問題とかあったのかなぁ?

630 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 20:31:34 ID:4GrdL3Tn0
>>627
駄目人間とは言うが、一応優等生な面々ではないのか?

631 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 20:39:37 ID:SGzRiTWz0
ドラマ版の狄雲顔濃すぎ。もっと間の抜けた顔がいい。

632 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 22:21:06 ID:lQYvsc7p0
>>627
>張無忌(朱元璋に手柄横取りされる)
最初から野心が無かったのでは?

633 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 23:44:13 ID:4GrdL3Tn0
張無忌は性格上、政治家に向いていない男なんだよ。
仮に張無忌が皇帝になったところで、
誰を皇后に立てるかという初っ端の問題でつまづくだろうし。

634 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/06(日) 10:25:46 ID:u4745Mgw0
>>627-628
↓コイツらは?
段誉
虚竹


【ギャルゲー主人公】か?

635 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/06(日) 23:52:06 ID:vvskIzLl0
段誉は後に大理の皇帝になっているが

636 :小小超:2007/05/07(月) 12:45:03 ID:qrWUSK/Q0
>600
金庸創作的時代大約在50-60年代期間﹐我想當時對於民族之類的題材處理的敏感度﹐不像今日來的小心。但是大體上﹐
金庸的作品是採取[反大漢主義]的立場﹐雖讓他思想的體系不脫離傳統中華文化的歷史和世界觀。
(這個有點類似同一時間﹐手塚治蟲的漫畫作品中﹐經常出現類似非洲土著酋長的K人。)

金庸的人物﹐有偏好[少數民族]的傾向。很多角色的姓名。都不是漢人的姓氏。例如[令狐]﹐
[獨孤]﹐[慕容]﹐都是古代胡人的姓氏。我想金庸是很喜好少數民族的。

至於日本﹑韓國相關的題材﹐我想金庸的作品﹐大多宋朝以後的重大歷史事件為基礎﹐
對於日本以及韓國的題材機會也少。但是電影版的[東方不敗]﹐曾經嘗試使用明朝時期﹐
豐臣秀吉的朝鮮戰爭的題材﹐但是[笑傲江湖]小說裡頭﹐沒有時代的設定。

637 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 12:55:18 ID:evQiGVkW0
皇帝段誉のフットワークの軽さはマジでマツケンサンバ並み。

638 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 13:13:16 ID:dsvY//6v0
>>636
金庸は民族間を平等・客観的に描くために、少数民族を活躍させる傾向があるね。

でも、令狐や独孤、慕容といった複姓の多用は、
単に名前としてインパクトが大きいからじゃないかな?

他の武侠小説でも、そうした複姓の人物は頻繁に登場するわけだし。

639 :小小超:2007/05/07(月) 14:00:19 ID:qrWUSK/Q0
>638
同意。
武俠小說之中﹐經常出現許多[複姓]- 司馬、司徒、上官、歐陽、夏侯、諸葛、皇甫﹑西門。
我想﹐如果使用經常出現的[單姓]﹐那麼角色的性格就少了一些獨特的感覺。

不過上面的[複姓]﹐全都是漢人的姓氏。金庸小說﹐特別喜歡使用性格突出的少數民族。

640 :小小超:2007/05/07(月) 14:21:12 ID:qrWUSK/Q0
武俠小說之中﹐使用[複姓]的胡人﹐我想[水滸傳]是第一個。天威星 呼延灼﹐ [呼延]
是[匈奴]的姓氏。不過﹐[水滸傳]裡﹐少數民族的描寫幾乎是看不見﹐只是使用名字而以..?

641 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 15:07:29 ID:4e0xIb060
こういう時こそ本当に

日本語でおk。

642 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 17:00:48 ID:9kgnn9Cj0
訳して

643 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 18:33:13 ID:UmsF1Ll80
金庸的小说不是从纯民族出发,而是善恶。有时侯民族大义和是非善恶比起来,也不是十分重要。

644 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 21:30:58 ID:YyqQYf8f0
しかし、武侠小説では「宇文」姓はあまり人気無いねぇ。
「上官」は現実では超の時の付く珍名なのに、人気有るけど。

645 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 22:00:12 ID:GTbfQkcv0
宇文姓は隋でさんざん専横やりつくした挙句、
皇帝殺しまでしてるから、イメージが悪いんじゃなかろうか。

646 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/07(月) 22:58:47 ID:/rR+tLMr0
宇文姓もそこそこ使っているような・・・・・・

でも金庸作品ではほとんどないかな?

647 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 01:31:05 ID:lg0OEL040
>>640
お前中国麻雀知っとる?


648 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 11:57:49 ID:l2pWOHUo0
2chで簡体字表示もできればいいのに

649 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 12:03:51 ID:/qny+hZD0
そんなことになったら大変大変whttp://tv11.2ch.net/test/read.cgi/celebrity/1177342722/805


650 :小小超:2007/05/08(火) 14:11:49 ID:6dmHnKM40
>647
大概知道一些。麻將(中國語)﹐各地有一些差異。
台灣﹑香港﹑日本的玩法﹐都不相同。

651 :小小超:2007/05/08(火) 14:43:27 ID:6dmHnKM40
>644
[宇文]也是[鮮卑族]姓氏。宇文一族原本是[北周]的皇室。

隋文帝的皇后是[獨孤氏]﹐她的父親[獨孤信]是北周豪族。獨孤信的相貌出眾﹐才智兼備。獨孤信的三個女兒﹐
分別成為三個皇朝的皇后-北周明帝皇后﹑隋文帝皇后﹑唐高祖皇后 (太宗之母)。
[獨孤信]一族的繁盛﹐在中國歷史上是空前絕后。我想﹐金庸的[獨孤求敗]﹐是來自于[獨孤信]。

652 :123:2007/05/08(火) 16:58:57 ID:Idl9xGTl0
..

653 :星野:2007/05/08(火) 17:25:09 ID:Idl9xGTl0
日本語を勉強している中国人です。
今日本語が少しわかっているんで、
小小超さんの話を日本語にちょっと訳します。
文法は違うかもしれませんね。
650: 大体わかる。麻雀は中国語で麻將(まじゃん)と言います、
地域によって違い、台灣﹑香港﹑日本の遊び方も違います。
651:[宇文]も[鮮卑族]の姓で、宇文家は元[北周]の皇室でした。
隋文帝の皇后の姓氏は[獨孤]で、
彼女の父親の[獨孤信]は北周の豪族でした。
獨孤信は顔が綺麗で、頭もいいでした。獨孤信の三つ娘がそれぞれ皇后
になりました-北周明帝の皇后﹑隋文帝の皇后﹑唐高祖の皇后(太宗の母)。
[獨孤信]の家族の繁栄は中国の歴史上有名です。
金庸先生の[獨孤求敗]の名前が[獨孤信]によると思います。



654 :星野:2007/05/08(火) 18:08:06 ID:Idl9xGTl0
636:金庸先生の小説を書く時、たいてい1950から1960までです。
金庸の作品は[反大漢主義](つまり漢の文化だけでなく、
少數民族の文化も大切だという問題だ)を表していますが、
中華文化の歴史と世界観も使います。
金庸の小説の人の名前はたくさん[少數民族]の姓氏を使っています、
例えば、[令狐]﹐ [獨孤]﹐[慕容]って、胡人の姓氏だ。
金庸は少數民族が好きだと思います。
金庸の作品、宋朝からの歴史をたくさん書いていますから、
日本や韓国によって小説はほとんどありません。
しかし、映画版の[東方不敗]は豐臣秀吉の朝鮮戰爭の時を使いました。
でも、[笑傲江湖]の小説版の中では、
時代の設定が絶対にありません。

655 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 18:08:28 ID:S37Lfurl0
>>653
ありがとう!
できれば本人に日本語で書き込んで欲しい・・・・

656 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 18:18:33 ID:xoXYYZZd0
>>653
星野さん、全然スレ違いですみません。一つお願いがあります。
テレビドラマの神雕侠侶や倚天屠龍記に出演していた、女優の陳紫函さんへの
ファンレターの宛先、判りませんか?

657 :星野:2007/05/08(火) 18:24:32 ID:Idl9xGTl0
日本の方も金庸先生の作品が詳しいですね、
中国人の私にとってうれしいですよ。
日本語を四ヶ月勉強しました
話せないことはたくさんありますね。
頑張ろうと思います。

658 :星野:2007/05/08(火) 18:29:17 ID:Idl9xGTl0
>>656
[ファンレターの宛先、判りませんか?]
ごめん、これの意味、わからないです
ファンレターは何ですか
[宛先]もわかりませんね。。。

659 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 18:54:52 ID:xoXYYZZd0
>>658
すみません。
ファンレターは手紙、宛先は住所です。  

660 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 19:08:23 ID:S37Lfurl0
>>657
日本語版読んで訳が変だな、とか思ったりしますか?

661 :星野:2007/05/08(火) 19:09:23 ID:Idl9xGTl0
分かったんですけど、陳紫函さんの手紙や住所など分かりません。
でも、彼女のBLOGが探しました
こちらへ:http://blog.sina.com.cn/chenzihan
陳紫函さんは自分で書くはずですよ。

662 :星野:2007/05/08(火) 19:28:35 ID:Idl9xGTl0
>>660
勿論、少し変わったんです、文化が違いますから。

663 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 19:46:18 ID:xoXYYZZd0
>>661
ありがとう

664 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 20:09:46 ID:E5T34Mg20
星野さん、たった4ヶ月日本語勉強して普通に日本語が書けるなんて凄いねえ。
しゃべる事はできても日本語が書けない外国人は多いのに


665 :星野:2007/05/08(火) 20:44:40 ID:Idl9xGTl0
>>664
ありがとう。
中国人ですから、漢字が勉強しなくてもいいんです。
漢字の書き方がちょっと違うので、注意したら、大丈夫だったと思います。
日本の音楽家の菅野よう子が大好ですから、日本語を早く勉強しようつもり

666 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 21:11:07 ID:basU063p0
>>659
手紙って中国ではトイレットペーパーの意味

667 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 21:18:52 ID:hy+AmIrNO
>>665星野さんへ
俺もスレ違いなお願いで申し訳ないんですが、よかったら梁羽生スレにも遊びに来て下さい。
こちらは原文が読めなく教えてもらうだけになりそうだけど、気が向いたら宜しくお願いします。

668 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 21:32:57 ID:S37Lfurl0
いやー4ヶ月で俺が中国版読めるようになるかって言ったらそりゃ無理でしょ。
純粋に凄いなぁ。



669 :星野:2007/05/08(火) 21:37:56 ID:Idl9xGTl0
>>667
梁羽生スレの[スレ]は何の意味ですか?外来語が難しいですね。
今日はじめてこのBBSに来て、たくさん分からないで教えてくれませんか?
もしかし[梁羽生スレ]は梁羽生のNetpageですか?
それなら、このpageのHTTPを教えて、きっとあそこに行く。


670 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 21:48:32 ID:S37Lfurl0
>>669
【天山系列】 梁羽生 【悲恋武侠】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1162388251/l50

ココのことだと思う。



671 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 22:21:10 ID:wX1O/VUq0
金庸先生の改訂版の日本語訳も出して欲しいよねえ。
今のところ絶望的だけど。

672 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 22:23:35 ID:S37Lfurl0
え、今出てる奴改訂版の訳じゃないの?


673 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 22:26:47 ID:hy+AmIrNO
>>670
補足説明ありがとう。
星野さん、>>670の人が紹介して下さったBBSです。よかったら一度、覗いてみて下さい。

674 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/08(火) 23:47:08 ID:wX1O/VUq0
星野さん、謝謝

675 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 00:07:09 ID:qMPe+Zpv0
>>669
【問世間】 神雕侠侶 七巻目 【情是何物】
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/tv2/1178582425/

このスレに来い。
ここにいても基地外しかいないぞ。

676 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 01:41:44 ID:xiEMcG+j0
>>668
いや「俺」がダメなのであって、4ヶ月で中国語読めるようになるのはさして難しくない。
書くのはちょっと難しいけどな。

ただし金庸は慣用表現が微妙に古いので少し辛いw
漢から唐代あたりならともかく宋代の表現は日本人には理解しづらいのです。

677 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 02:20:24 ID:Wb7lTyOc0
もし金庸が唐代を舞台にした長編小説を書けば…
李白が某全真教道士のような殺人マシーンになるのかな
もしくは韋小宝並みの毒舌家

漢〜唐あたりの作品が読みたい…

678 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 02:28:27 ID:WKrde7pR0
金庸の次世代の人達は居ないの?


679 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 13:17:38 ID:/+AtKbW00
>>677
梁羽生は、女帝奇英伝とか、大唐游侠伝シリーズとかを書いているね。
大唐游侠伝は、李白も出て来るよ。

ただ、武侠小説は、庶民の社会を舞台とする場合が多いので、
時代設定が近世以降となることが多い。
あまり古いと当時の社会状況が不明な場合が多いから書きにくいという事情もある。
漢代なんかだと料理も今と全然違ったようだし、仏教も伝わっていないか、
伝わったばかりで、仏僧もいない。
少林寺もできていないわけで。

>>678
なかなか三大家は超えられないねえ
最近はSFと融合させたような小説も登場しているようだけど

680 :小小超:2007/05/09(水) 13:45:07 ID:eWx1ni+u0
>678
新一代的[黃易]十分受歡迎。代表作品[尋秦記]和[大唐雙龍傳]。但是﹐我個人認為﹐
新一代作家的文筆﹐遠遠不及金庸﹑梁羽生。我想﹐原因是對於古典文化以及漢學的素養﹐
不及上一個世代。

681 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/09(水) 21:59:45 ID:ebIw+M6P0
尋秦記って香港のドラマで見たけど、
黄易ってああいうSFを絡めた武侠小説が多いのかな?


682 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 00:28:03 ID:KH3O8wgG0
>>681
そのほうが一般受けするんじゃないの?
ただ切った張ったの武侠ものより

683 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 00:52:53 ID:1GT7Q9+20
個人的には、時代劇ファンタジー的な空間の武侠と、
未来科学的なSFは区別したいなあ。

684 :小小超:2007/05/10(木) 15:04:53 ID:b/rr9qsz0
楊過 小龍女 時代﹐中國風景圖

http://www.chinareviewnews.com/doc/1002/0/4/0/100204091.html?coluid=7&kindid=0&docid=100204091
清明上河圖 - 全圖
http://www.qianlu.net/pic/qingming.htm
可以想像周伯通在買包子。

685 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 20:16:22 ID:q7WTXApzO
ユンピョウ主演の「タイムソルジャー愛は時空を越えて」みたいなSF時代劇は勘弁してほしい。

686 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 20:45:06 ID:sWer8bxo0
■第一話・どうして俺は男体鑑定士になったのかの巻■

女体鑑定士という職業をご存知だろうか、好きな女の子の体を好きなだけ触って
しかも謝礼までもらえるというお得な商売である。1週間に1人以上触って鑑定さ
え書けばよい。触られるほうはとても名誉なことなので喜んで触らしてくれる。
(ただしHは禁止されている)
そんなわけで、俺は女体鑑定士になるため修行した。とにかく狭き門なのである。
何せ応募者は異常に多いためダブルハンターになるより難しいとさえ言われる。
俺はこの狭き門をくぐることに成功した!!俺は晴れて女体鑑定士になれるはずだった。
・・・が!!なんと定員オーバーだってさ〜!!!!ふざけるな!!!!!!
こんなことは30年に一度くらいしかないと言う。で俺は「男体鑑定士」になれだとさ!!
俺はホモじゃね〜〜〜!!!誰がやるか!誰が!!
しかし鑑定士団会長が「定員割れすることもあるからそれまで 男体鑑定士で
張りなさい」とまあ言ってくれた。仕方ない・・・俺は女体鑑定士の空きが
出来るまで男体鑑定士として生きることになってしまったのだ・・・。トホホ・・・。

男体鑑定士になってから3週間がたった。俺はまだ一つも仕事をしていない。
昨日はさっそく上司に叱責をくらった。このままでは解雇もありうる。早く
仕事をせねば。とはいえ・・・やっぱ男の体なんか触りたくね〜!と思って
いたある日。

687 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/10(木) 23:46:52 ID:ICjvRPT90
>>684
清明上河図かあ

喬峯もまだ自分の出征の秘密を知らない頃は、開封の街を歩いていたんだろうなあ


688 :小小超:2007/05/11(金) 11:19:07 ID:7HGW8Mn70
>687
洪七公 肚子餓時﹐也在開封的路邊乞食。

689 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/11(金) 11:25:42 ID:4AThB8/O0
全然詳しくないんだが一般人は宋と金の行き来は良くしてたの?



690 :小小超:2007/05/11(金) 11:57:15 ID:7HGW8Mn70
金 建國初期 和宋國是盟友﹐我想往來的金國人應該很多。

後來 金國 擊敗 北宋﹐ 北宋遷都 到 杭州 成為 南宋。 我想杭州應該就
沒有金國人。

691 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/11(金) 15:34:33 ID:e8bXVF3E0
>>688
洪七公が子供の時って、もう南宋の時代だよね。
すると世界一の繁栄を誇った開封の都も、今や昔状態だったわけだ。

>>689
国境付近はそれなりの緊張はあっただろうけど、
ある程度の往来はあったんじゃないかな。
北方は、南方の物資を必要としていたし。

692 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 15:14:47 ID:w8Tsxxw+0
歳 幇

693 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/12(土) 23:37:13 ID:0lV/gxfx0
要は南北の物資交流の役目を担っていたわけだからね。

694 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 19:51:22 ID:yitqqDr40
「カンフーハッスル」のDVDを持ってたけど、見ること忘れてた
>>561さん、ありなとー

最後の件りの武術が金で買えるなんて、現代なんだなーって思ったw

695 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 20:11:44 ID:1iQrN6qC0
来月から笑傲文庫化か
シリーズそこそこ売れてるようで善哉善哉

696 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/13(日) 23:43:02 ID:FBVhz9V10
笑傲江湖の翻訳版は7巻もあるからね。
出版社にしたら、気軽には出せないのだろう。

原文を見たら、笑傲江湖と射雕英雄伝、神G侠侶、倚天屠龍記の4作は、
ほぼ分量が同じになっている。

697 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 00:09:03 ID:YR0CMzvA0
笑傲江湖、文庫化か(ソース押しえて)。

待ってましたって感じ。
ハードカバー&ドラマで既に何回見たことだろう。

698 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 00:33:18 ID:4J0Gb2h10
この間図書館で読んだばっかりだけど文庫化されるんなら買っても良いな

699 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 00:43:47 ID:UPoAMHcj0
6月の新刊案内に載ってた
ネットの方はまだ更新されてないね

700 :697:2007/05/14(月) 00:52:17 ID:YR0CMzvA0
>>699
ありがとう。
7巻で出るのかなあ。
しっかし840円の文庫は高いよね。
7巻×840円≒6000円か。高いw
でも買うぞ!

701 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 05:30:27 ID:J6Qy7/cvO
>>696
原文の分量が同じってことは、翻訳されてないのが2巻もあるってこと?

702 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 11:45:32 ID:Qlmv4u0e0
倚天屠龍記の文庫本マダー?

703 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 11:49:02 ID:wtfhAFiF0
>>701
射雕とか、神雕は、削られた部分がそこそこある。
楊過と馬の出会いのところとか。

704 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 12:43:42 ID:J6Qy7/cvO
ドラマ見た時、肝心なとこ削ってどうでもいいシーンが加わっていると思ったが、ひょっとして全部原文にあったシーンだったのだろうか?

705 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 14:38:13 ID:vlS0e0I+0
シーンの意味が微妙に違ってるのはあるが、
原作にまったくないシーンは基本的にないな。

706 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 15:26:46 ID:J6Qy7/cvO
>>705
ありがとうございます。

707 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/14(月) 23:51:17 ID:m5Dx7dNm0
神雕侠侶の英雄大宴あたりの場面を読んだ時、
武兄弟が楊過にちょっかいを出すんじゃないかと思っていたけど出さなかった。

でも原文を見たら、省略された部分で、
武兄弟はちゃんとちょっかいをかけていた。

708 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/15(火) 19:49:35 ID:bTpMuBwL0
最近、金庸小説の文庫版が出されているけど、
単行本の時と比べて加筆とかはされていないよね?

709 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/16(水) 15:53:32 ID:DeXooos50
文庫は、書剣、碧血、侠客を買ったけど、
多分同じだと思うよ。

違いがあるとすれば挿絵の有無、後書きの違いぐらい?

710 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/16(水) 16:11:02 ID:uD7p6x980
楊過かわいいよ楊過。

ゲームの話だけど、ちょっと前に遊んだPSPの天地の門ってのが武侠物だった。
金庸ネタを使ってるところも散在しててワロス。
アクションなんかまんま中華アクション。

711 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/16(水) 23:35:54 ID:dyT/Mq6l0
20世紀後半以降の武侠作品は、大半が金庸の影響を受けているんじゃないかな。
小説に限らず、映画とかも。

712 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 00:49:30 ID:zFu9zo1v0
パクリとコピーは中国のお家芸

713 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 00:52:14 ID:R1bqA5tU0
そういえばGガンの東方不敗は許可得てるのか?
著作権に触れないのか。

714 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 15:41:33 ID:csijItwY0
元々著作権にいい加減な地域な上に、
登場キャラクターの名前一つぐらいでは何も言わないんじゃない?

そもそも日本だって昔はそんなに著作権はうるさくなかっただろうし。

715 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 17:49:32 ID:lDEb7oEI0
Gガンを許すデメリット<日本からパクるメリット

自分の首を絞めるようなマネはしないだろう。
探られると痛い腹を持ってるやつは他人を責めないもんだ。

716 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 18:54:03 ID:t3BdNA/y0
名前とかってのは著作権とか生じないんじゃなかった?

717 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 18:54:50 ID:TlJS8YAd0
>>714
元々、「面白い物は、みんなで共有しよう」という精神の方が強い地域だしね。<中国

香港映画とか見ていると解る。

718 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 20:20:03 ID:7OvWyTpd0
>>717
別に「面白い物は、みんなで共有しよう」という精神じゃないだろ。


719 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 21:00:00 ID:sQfGr5rN0
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
****** 東方神起 ****** [同性愛サロン]
金庸 7 武侠 [ライトノベル]
【問世間】 神雕侠侶 六巻目 【情是何物】 [海外テレビ]
【問世間】 神雕侠侶 七巻目 【情是何物】 [海外テレビ]
*・゚゚・*:.。.:*Sowelu Part.13*:..。.:*・゚゚・* [邦楽女性ソロ]

↑一番上が激しく気になるんだがw

720 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/17(木) 22:47:00 ID:+ttmeMZh0
>>717
共有精神と言うか、そういうのが当たり前になっているから、
パクられても権利を侵害されたと感じないのでは?

721 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 00:30:30 ID:iJuFVtHL0
ということは中国製品なら何をパクッても文句は言われないということか

722 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 05:11:04 ID:HjL4o4X60
え?金庸は中華圏では「著作権ゴロ」だけど・・・?

723 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 09:30:43 ID:aLTo8uEb0
>>721
一旦、金になると分かったら、無茶苦茶に文句を言って、
金を毟り取ろうとすると思うw
金庸は、中華圏では比較的早くから著作権意識が強かった人だと思う。

724 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 11:47:40 ID:YKv+/lmC0
尹志平、楊逍、田伯光の扱いの差は泣ける

725 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 20:34:04 ID:VKcLc7fc0
>>724
その3人の組み合わせは考えつかなかったな。
意外な感があるけど、みんな同じことをしているんだよね。

でも田伯光だけ不特定多数にやった感じだけど。

726 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 23:23:47 ID:3gWhZThV0
欧陽克も加えていいのでは。
一応合意を重んじる主義だったらしいけど。

727 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 00:27:24 ID:fodjs0dA0
石中玉を忘れてる。
年若い悪役(というかライバル的キャラ)の中でも、屈指の罰の甘さ。

728 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 14:36:53 ID:ff6rVujr0
おいおい。レイパーが一杯だな!
探せばもっと出てくるかも?

729 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 18:44:45 ID:l20mpLUh0
>>719
東方不敗の気持ちを知りたかっただけだと思いたい

730 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 20:47:15 ID:67T0udbi0
>>728
江湖武林って考えたら、犯罪者の集まりだよな。
色魔はかなり軽蔑されるけど、
盗賊だと、金持ちや役人相手になると、かえって褒められる対象になるしw

731 :名無しさん@お腹いっぱい名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:27:27 ID:kwoul+vX0
唐朝的正统服饰
http://www.tianya.cn/New/PublicForum/Content.asp?flag=1&idWriter=10114786&Key=768912321&idArticle=119622&strItem=funinfo

732 :名無しさん@お腹いっぱい名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 21:30:11 ID:kwoul+vX0
731
手误 发错!

733 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 16:35:22 ID:tPWJIL+H0
>>731
誤爆?

734 :名無しさん:2007/05/20(日) 16:36:16 ID:yEshQwHCO
金庸の小説の改正版が出回ってますよね。
まだ訳されていないらしいですが、読んだ方いますか?
良かったら感想聞かせてほしいです。

735 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 23:41:12 ID:LXxzI9QX0
読んでいないけど、天龍八部なんかはかなり結末が変わっているらしいよ。

736 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/20(日) 23:44:56 ID:VuYKXrRg0
>728
もう名前忘れたけど、シャチョーに出てくる薬草通の爺さんいただろ。
彼も若い頃はレイパーだったらしい。若さを保つために、乙女の処女ばかり狙い、
七公に懲らしめられた(殺されなかったところが味噌)。

737 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 00:03:31 ID:g7bn2P380
>>736
飼ってた蛇の血を郭靖に飲まれたじ〜さんの事か

738 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 04:29:54 ID:3l/qFjzW0
チャンネルNECOで連城訣やるみたいだね。
しかしDVDのダイジェスト版・・・
どうせなら全話やれよorz

739 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 10:52:26 ID:BmKmXoDS0
G不Gとかは
小説に書いてないだけで絶対、
どこかでやってるよな!
あいつったら、見かけによらず、あくどいんだから!

740 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 10:56:19 ID:4X3b9eug0
読者的にはレイプ=尹志平になってるのが
作者の正邪逆転の意図にうまく引っかかってるってことだよなぁ
全体的な行状を考えればどちらかといえば善人に分類されるだろうにね。
ぶっとんじゃっただけで。
郭芙だって李莫愁と比べればぜんぜん何てことないのに
あのヒールっぷりはすごいとしか言いようがないw

741 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 12:25:22 ID:TpgH3KeI0
印象操作が上手いんだな。

>>736
梁子翁だな。
高麗人だったと思う。

742 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 01:51:04 ID:OV9Kk4xk0
>>741
たしかあの辺りの出身だとは思ったけど、彼も異民族枠だったのか。
他にもラマ僧とかペルシャ人とか、完顔洪烈の配下は基本的に
漢人に尽くす義理はないという連中だね。

>>739
陰で好き放題してきたからこそ(?)未練なく切ることができたというのか…
そういや飛狐外伝にもレイパー大侠がいたな。

743 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 15:09:01 ID:yxvJPoCg0
色魔さんでも、恥じることなく堂々と悪事を繰り返す者と、

表では善人、正義の英雄を装い、陰でこそこそする奴がいるな。

後者の方が質が悪い。

744 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 17:46:15 ID:E6neqaGF0
血刀老祖父最高ってことだな

745 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 21:20:47 ID:koROWXlZ0
>>743
G不Gのことですか?

746 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 23:33:22 ID:H9pNmCvl0
悪役では血刀老祖が一番好きなキャラだな

747 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/22(火) 23:47:22 ID:sOvBS+bH0
血刀老祖に恥ずかしい奴と軽蔑される花鉄幹最高

748 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 09:16:36 ID:BtuQBNm10
血刀老祖タン(;;*゚∀゚)=3ハァハァ

749 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 14:04:05 ID:r7ptKNdm0
血刀老祖はセクシー&ワイルド


750 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 15:33:00 ID:RHQjuvxL0
金庸先生は何度か日本に来たことがあるようだけど、
最近ではいつ日本に来たのかな?

751 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 10:43:07 ID:g7GDgh5u0
英雄好漢を装うためにはそれなりの行いが必要だろう。
野望や虚栄心のためでも、それで救われたという人間も多くいるはず。
何にも考えずに美女を犯しては殺してる連中と、一概にどちらが悪かは
決められないと思う。
というか堂々とそんなことして恥じないような奴のほうが質悪いだろw
つまり花鉄幹のがまし?

752 :李自成:2007/05/24(木) 12:02:53 ID:21o75wr10
白昼堂々と悪事を働く奴は、確かに害も大きいが、
正義派?な人たちの成敗を受けるリスクも負っている。

表向き英雄好漢を装っている奴の場合、
まずその悪事を暴くのが難しく、
下手に成敗すれば、逆に罪に問われてしまう可能性もある。

753 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 12:47:07 ID:g7GDgh5u0
リスクを恐れないというよりは開き直りのような気もするw
後半はそのとおりだなぁ
だからいわゆる名門正派では身内に対する罰則規定が
厳しいところが多いのかな。
少林寺千年の名声を守るのも楽じゃないね。

754 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 22:58:54 ID:1hLeDDGu0
表向き正義面して、実は陰で悪人という場合、
武林で地位のある人間であることが多いからね。
うかつに手は出せない。

755 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/24(木) 23:43:32 ID:qiwvqoeQ0
笑傲江湖の、武林で一番になるためなら、
あれも切っちゃう神経が分からん。

要は、
「俺が一番強い」
と言いたいだけなんだろ?

756 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 00:08:26 ID:aHbgdjAS0
小的不敢

757 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 12:17:02 ID:MFq9qbeg0
>>754
そのおかげで読者の印象が魔教邪派>名門正派みたいになりやすいんだよね
実際に見比べてみるとそんなことはめったにないんだけども

>>755
それでも、強くなれるならやってしまうのが武芸者のサガってもんでしょ
正気にては大業ならず。 江湖道はシグルイなりw

758 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 14:10:29 ID:hhCz9CNN0
魔教邪派を優遇するのは金庸作品の特徴だね。
善悪は常に変転するというような。

他の武侠小説だと、魔教=悪とはっきりしている場合が多い。

759 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 14:24:38 ID:H9uACsw10
出世のために性器を断つことはできるのか?
強さのために性器を断つことはできるのか?



出来る
出来るのだ

760 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 21:50:25 ID:1zo64cbd0
自営の宦官(自分で金払って切ってもらって宦官になる)という
伝統がある国だからこそそういう発想ができる。

761 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/25(金) 23:42:00 ID:w1L01npD0
明代なんか、民間から宦官募集したら、
どうせ使う機会がないからと、定員の何倍もの男が自ら切って応募したそうだ。

でも全員を採用することはできなかった・・・・・・

762 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 01:29:43 ID:0UeFevPEO
自宮といっても、必ずしも根こそぎ切り捨てるわけじゃなく、
挿入はできたりするから、性欲は満たせるから気にしなくて良いよ。

763 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 07:39:35 ID:/22nasXLO
ボールだけでOKの時代もあったらしい

764 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 11:37:15 ID:Ak1oqx2t0
中国では、宦官が専権して悪政が行われた歴史があるから、
そのへんへの批判も、笑傲江湖には込められているんだろうね。

765 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 15:52:50 ID:e4NJuc+Q0
林遠図→武術オタ。好奇心に負けた。
林平之→復讐&家の名誉回復のため。
東方不敗→武林第一高手の名に慢心せず、更なる高みを目指そうとした。


岳不群→「俺が一番強い」って言いたいだけ。

766 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 16:02:29 ID:USlqmqga0
岳不群は江湖では珍しく君子と言われるだけあって学もあるので、
江湖を制服して
自分の理想とした社会を作り上げたかったのではないか?
と深読みしてみる。

767 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 21:35:21 ID:MtbqZLn20
>>755
>要は、
 「俺が一番強い」
 と言いたいだけなんだろ?

それプラス「俺が一番偉いんだからみんな崇めろ」ってとこではないかと。



768 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/26(土) 23:48:35 ID:14tsxI030
>>766
偽君子じゃん

769 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 01:36:22 ID:cc3k3igD0
岳不群って、アクションゲームやる時、絶対に勝てる難易度でないとやらないタイプだよな

770 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 02:33:28 ID:i30YRSHD0
レジェンドオブフラッシュファイター書劍恩仇録のDVD借りてみたんだけど〜
ダイジェスト版なのはわかってるけど、最後があまりにも不自然な終わり方で納得できねえ
あれじゃ、皇帝が改心して紅花会に全面協力を約束して一件落着な終わり方じゃないかヽ(`Д´)ノプンプン


771 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 15:45:12 ID:f7IscTUk0
後半はばーんと省いた感じだったね。
ホチントンは何だかおばちゃんだったし。

772 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 15:53:58 ID:LzDgM3PF0
>>771
そうそう、もっと残念だったのはカスリーたんが出てこなかった事、楽しみにしてたのに

773 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 18:23:41 ID:U3rCw6D10
張紀中は書剣は撮らないのかな?

774 :rougandou:2007/05/27(日) 21:34:44 ID:0eugInHz0
梅超風、ドラマの目から血を流して夫と死別するシーンがたまらなくきれいだった。

775 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/27(日) 23:05:03 ID:zrEH+5Ql0
>>769
そのへんは姑息な感じだよね。
令狐冲をすぐに倒せずにびびっていたあたりからしても、
かなり小心者かも。

776 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/28(月) 09:24:49 ID:mJXa74wj0
勝てる戦いしかしないのは指導者としては正しいw
岳不群の敗因は令狐冲を敵視してしまったことだよなぁ
一言言えばホイホイついてきそうだったのにw

777 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/28(月) 11:16:34 ID:YmX8JjTi0
>>776
確かに岳不羣にほいほいついて行くだろうけど、その後の岳の行いに異を唱えて結局敵対するんじゃないかな?

778 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/28(月) 12:14:31 ID:UyfX1OwU0
>>777
そこで岳不羣は、苦悩する令狐冲に優しい言葉をかけるのさ。
令狐冲は逆らえなくなる。

779 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/28(月) 13:53:18 ID:OEB7b0Pv0
>>778
しかし
そこに六仙が現れ、事態がややこしい事に…

780 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/28(月) 14:12:38 ID:5Hc3PNFT0
聖姑と藍鳳凰が現れ、更にややこしい事態へ

781 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/28(月) 22:10:54 ID:oAH1FEkz0
たしか へいし も結婚後まで我慢できずに切っちゃったんだよな。
それぐらい武術の絶技は魔力がある。
しかし徳諾は切らなくてはならないことを知らずに型だけ覚えて
いざ へいし からそのことを聞く嫌になった

岳不群でも騙しきれない人、寧中則。さすが

782 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/28(月) 23:50:32 ID:YdbLGZuG0
緑竹翁ってどれぐらい強いんだろう?

783 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/29(火) 01:33:33 ID:UHRyN1Ia0
丘処機よりは弱そうだけど、その弟子の世代よりは確実に強いと思う。

784 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/29(火) 12:14:02 ID:jZLDizLY0
岳不羣や王元覇が侮れないと感じていたし、
聖姑の護衛?をしてたことを考えると日月神教の中でも
上位の使い手っぽい。
向門天とか幹部には及ばないかもしれないけど。

785 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/29(火) 12:22:58 ID:jXZz1X/B0
なろうと思えば長老になれるぐらい強いけど、
任我行に忠誠を尽くしてあえてその下僕となり、
その娘にも仕えているという感じ?

786 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/29(火) 18:06:06 ID:RZfVpceg0
笑傲江湖の文庫は一ヶ月に一冊で7ヶ月ですか。
連城訣みたいに一回で済まさないのね。

787 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/29(火) 20:35:31 ID:Mo3M6hjg0
7冊もあるから、なかなか文庫本の出版に踏み切れなかったんだろう。
売れないからって途中で中止しづらいし。

天龍八部はまだ単行本の在庫があるらしいな。

788 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 01:33:03 ID:sEIRJy2v0
>>701
勝手に省略線といて欲しいわ

789 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 15:10:25 ID:63iOsnJCO
>>788
本当に、省略するにも限度を超えている。5巻に対して2巻て、ほとんど半分近くサボっている。

790 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 15:56:55 ID:HLa/fWdh0
5巻を2巻にしたんじゃなくて、
7巻を5巻にしたぐらいだよ。

笑傲江湖7巻はほぼそのまま翻訳したと思うけど、
射雕シリーズ各5巻は、表現を短くなるように工夫したり、
一部の場面を省いて、あれこれ工夫したっぽい。

多分出版社の方から、5巻に収めるように言われたんだろう。

791 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 18:46:08 ID:kHhS5C2t0
けっこう違和感のある文章が多かったりする。
訳者が下手だと思った人は居る?それともあんなもん?

792 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 20:21:39 ID:dfhSbwlZ0
>>774
あのシーンはいいよな、ドラマの射雕で印象に残ってるのは梅超風だけだ
あの女優さん、かつて自伝的映画も製作した本物のダンサー (http://www.yangliping.com/)

793 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 23:15:13 ID:X/yVrE9n0
>>791
射雕の訳をした人はちょっといただけないね。

丐幇 → 乞食党
打狗棒 → 犬打ち棒

とか、言語のかっこよさを見事に破壊している。

お蓉も正直、いただけない。

794 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/30(水) 23:39:51 ID:O5IO9yAj0
>>793
あーそれ気になったなw

795 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/31(木) 05:03:32 ID:GRJ9k5450
>>792
あの人の梅超風は中国では評判悪かったってホント?
自分はあのビジュアルがインパクトありすぎて、
白骨爪というと指パキパキで変な踊りのイメージが
ついてしまったけど。

796 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/31(木) 06:31:15 ID:PYEVPznuO
本を読んだあとドラマをみたので、おばあちゃんさんの筈の梅超風が、綺麗なお姉さんなので、戸惑った。
中国の評判が悪いとすればその辺に関係してるんじゃないかな。
個人的には、ドラマの梅超風、いいと思う。

797 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/31(木) 09:09:05 ID:RrA8znkK0
>>793
確か、翻訳してくれたのが台湾の人か何かで、
日本人に気を使って過剰に翻訳してくれたと聞いた。

798 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/31(木) 09:11:05 ID:NSc1z0920
>>793
訳者の人は台湾人みたいだから加減がわからなかったんじゃないかな

ドラマでは全体的に年寄りは使いにくいだろうなぁ
アクションさせるのもつらそう

799 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/31(木) 10:24:49 ID:2LgNyN+40
>>793
俺、これが嫌で未だに射Gはドラマ版しか見てない('A`)
せめて文庫版では訳をドラマに合わせればよかったのに…

800 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/31(木) 12:34:21 ID:PAKdJ3wB0
でも、しゃちょう英雄伝のほうはドラマがかなりしっかりできてるから原作
読まなくても面白いけど、神G侠侶のほうは原作読んでないとかなりつらいよね。

801 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/31(木) 12:41:36 ID:u79aqeWD0
次どうなるかわからないから面白いのに
最初につまんないドラマ見ちゃったら面白さがダイナシだよ

802 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/31(木) 14:42:51 ID:3O7GExNQ0
ドラマに関しては、射雕は、前半に勢いがあったけど、
後半がややだれ気味。
逆に神雕は、前半は省きすぎだけど、中盤から後半にかけて、
ぐっとハマれた。

ドラマを見た後に原作読むと、ドラマの理解度が進むね。




803 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/31(木) 23:46:04 ID:wbKZqcvQ0
>>793
神雕侠侶では、訳者が変わったからか、
そういう訳はなくなっていたね。

804 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/31(木) 23:52:23 ID:PAKdJ3wB0
あ、それは射えてる。ドラマでなんでこいつはこんなことしたんだろう?とか、
どうしてこうなるの?っていう所が原作読むとその時その時、その人間が何を考え
行動したかが詳しくわかる。

805 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 00:26:58 ID:7ByjVNHn0
逆に、小説→ドラマの順の場合は、
小説の文章ではイメージしづらかった場面が、
はっきりと視覚で感じ取ることができる。

806 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 03:56:25 ID:czhdBdr90
金庸の他の作品も教えてください



807 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 06:07:29 ID:Bb36DqFL0
>>806
今からは連城訣。

ξ連城訣ξ
http://tv11.2ch.net/test/read.cgi/tv2/1180455978/

ここに行け

808 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 11:21:28 ID:czhdBdr90
ごめんなさい。
見方がよくわかりません。

809 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 12:04:29 ID:7ByjVNHn0
連城訣のドラマは、ちょっと画面が全体的に明るすぎんだよな。
元々やや暗めな感じが似合う物語だし。
狄雲が入れられた牢獄も、ちょっと綺麗すぎw


810 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 12:07:42 ID:g2gLrFWh0
>>808
甘えるなよ

811 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 12:41:53 ID:czhdBdr90
ごめんなさい。

812 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 16:11:06 ID:mYjeyGgz0
謝ることはない。

胸を張って生きよう。

他人に迷惑をかけてこそ、武林に生きる漢だ。

813 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 17:46:11 ID:czhdBdr90
(笑)

814 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 18:52:20 ID:czhdBdr90
笑傲江湖のドラマは中国ではあんまり評判がよくないと聞きましたが、
映画は観たことありますが、どうですか?

815 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 19:16:34 ID:CyueaT5G0
日本語で

816 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/01(金) 23:43:01 ID:2DNVrRZz0
映画って、徐克の映画、邦題スウォーズマンのシリーズのこと?

あれは原作とは全く別物だと思う。

817 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 09:12:23 ID:ok2nxA5M0
美しき東方不敗

818 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/02(土) 23:31:26 ID:SmpNNZvZ0
金庸の作品は、闘いの場面の動きの描写がかなり細かいよね。
古龍は、閃光一閃、みたいな感じで済ましてしまうけど。

819 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 00:36:26 ID:8c6ym2sd0
ネコでやってた射雕英雄伝見てから武侠ファンになり、かたっぱしから武侠DVDを借りまくり・・
去年の年末ごろからは原作を読み始めて、このあいだやっと金庸先生の全作品読破完了した。
なんだか、暇を持て余して困ってる

820 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 01:28:17 ID:1NYnWz3s0
>>819
中国史の世界へようこそ

821 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 01:56:55 ID:cWOO/YrZ0
>>819
とりあえず金庸と並び称される古龍の武侠小説を読んでみるとか。
作風がずいぶんと違うし。

あるいは中国の歴史について調べてみるのもといいと思うよ。
特に近世の宋代以降について。
歴史を知ってからあらためて金庸の小説を読むと、また違った見方ができると思う。

822 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 03:17:38 ID:N3aiJXDE0
先ほど射G侠侶DVD見終わりました

オープニングの曲がどうしてもほしくて色々探していたらここにたどり着きました
教えて君で大変申し訳ないのですが
射G侠侶と射G英雄伝のオープニングの曲名と歌っている方の名前をお知りの方教えて下さい><;

DVDの最後の所見たんですが中国語がまったくわからないんです・・
あと、日本でも買えるんでしょうか?
先輩方大変申し訳ないですがご教授お願い致します。m(__)m 


823 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 03:26:22 ID:53a4Ay8m0
>>822
天下無双というタイトル。これと射G侠侶で Google などでウェブ全体から検索したらよい。
あの曲はいいと思うが、スレ違い気味なので、この件はここまで。

824 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 03:28:09 ID:53a4Ay8m0
>>823
まちがい。「射G侠侶」ではなく「神G侠侶」ね。適当にレスからコピペしてた。

825 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 03:48:46 ID:N3aiJXDE0
有りました!感謝致します

大変ありがとう御座いました m(__)m


826 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 05:26:29 ID:XumhmtGw0
信じられない検索能力の低さ。携帯厨か。

827 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 11:17:57 ID:1qB0qgSF0
>>822
天地都在我心中 秋野

海外ドラマ板で聞いた方が早いよ

828 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 11:19:21 ID:vn7uhUFp0
そもそもオープニングで歌詞の字幕出てなかったっけ?

829 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 12:56:54 ID:hRANd1Zc0
>>828
エンディングで出てたな。


「神G侠侶」のサントラは、オクなんかで比較的入手しやすいけど、天地都在我心中が収録されてる『射雕英雄傳 経典』は結構入手困難。
でも、後者はDVDから直接音声抜き出してきた方が音質良かった…('A`)

830 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 14:18:31 ID:l9v7l/8h0
>>818
そこも訳す時に苦労したらしいよ。
あまりこまごまと直訳すると、日本語は長くなってしまうから、
スピード感が失われてしまうという。

831 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/03(日) 16:36:15 ID:8/y3Hoqp0
>>820>>821
レスありがとう、そうですね、中国の歴史にも最近興味が出てきてテレビで特集やってたりすると
思わず見入ってしまう自分がいたりします。
小説のほうは、古龍の武侠小説あたりをとりあえず、図書館で借りて読んでみようかな

832 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 08:46:11 ID:igDu1TUR0
 【辟邪剣譜】笑傲江湖【葵花宝典】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1180806621/

833 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 11:51:15 ID:AFPChkKV0
笑傲江湖の挿入歌で最後に令孤沖が岳不ぐんと戦った時と崋山派の面々が
魔教の宴会に招かれた時に流れていた曲どうにかして手にいれることはで
きないでしょうか?

834 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 12:16:12 ID:JACj7PmD0
>>833
ほい
ttp://up.magic3.net/src/up18128.zip.html

直ぐ消すから手早く済ませてね。

835 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 21:38:07 ID:AFPChkKV0
すいませんDLできないのですが

836 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 23:07:08 ID:AFPChkKV0
私もDLできませんでした。もしかしてもう消えてますか?できればもういちど
UPしていただければ幸いです。

837 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/04(月) 23:09:02 ID:c2i8gYhk0
それは海外テレビ板でやるべし。

838 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 09:43:17 ID:b9TOKOic0
>>835
いっそのことDVDを買ってください。
中国の廉価版だったらヤフオクで5000円切る額で入手できるよ。

839 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 10:41:17 ID:4pW+NyDo0
>>835-836
自演バレバレなんだが…

>>838
曲だけ欲しいんじゃね?

840 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 13:58:05 ID:iiWX1TgZ0
なるほどIDか、一つ学んだ。次はうまくやる。

841 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 15:53:25 ID:tnY31FV00
氏ね

842 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/05(火) 22:54:01 ID:8N+94JMl0
>>818
金庸は、闘いの時の動作を細かく描いている。
でもそれをそのまま日本語に訳すと、長く冗長になって、
スピード感とかが伝わらない。
それで略すと言うか、まとめるような感じで訳していることが多い。

>>840
がんばれw

843 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/06(水) 14:22:07 ID:7hxlVo5D0
楊過と小龍女がベストカップル?マジで?レイプされた女だぞ小龍女は
レイプされた時点でヒロイン失格だろ、どう考えても
俺、小龍女大嫌いだよ、うざくてたまんねえ、死んでればよかったのに
楊過には郭襄たんがお似合いだよ、レイプ女はいらね。

844 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/06(水) 21:36:31 ID:L5QjRkk10
いや、別にレイプされたのは小龍女の落ち度ではないだろう、奇天眉龍記を
みてみろ、どこまでもずる賢い女、とことん口の悪い女に、挙句の果てには
虫も殺せぬ顔をして女岳不ぐんときたもんだ。こんなやつらに比べた小龍女
がいかに正統派ヒロインだったのかがうかがえる。それに小龍女がレイプ女
だっていうならば、郭襄なんかストーカー女ではないか。

845 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/06(水) 21:38:23 ID:Gh5Dull10
○龍女(の中の人含む)ヲタは信で。

846 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/06(水) 22:55:20 ID:QXYmkP8U0
何にせよ、金庸先生は小龍女をかなり肯定的なキャラとして描いている。
金庸作品を代表するヒロインキャラの位置は揺るがないな。



847 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 01:54:31 ID:buak2W030
無難なところで、黄容、小龍女、梅超風だろヒロインといえば。

848 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 10:06:57 ID:zU1+Z/mC0
神G侠侶のヒロインって郭姉妹だろ
つか楊過がなぜあそこまで小龍女を好きなのかわからん
まったく魅力を感じないんだが小龍女には。

849 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 14:37:06 ID:Dx0a9NU20
色んな金庸ファンの日記やブログなどを読んだことあるが、そこでも小龍女は嫌われてた

小龍女ファンはおそらく女性が多いのではないか?
自分を小龍女に重ね合わせ、悲劇のヒロインを気取り
美形天才の楊過に一途に愛されてると妄想してるんだよ



850 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 15:33:34 ID:ssJZ0g/V0
小龍女は、世間の規格外の存在として描かれた究極の不思議ちゃんキャラ。
つまりは天界から俗世に迷い込んだ仙女で、
一般人の感覚からは到底捉えられない。

それを理解できないから拒絶するか、元々捉えられない存在として受け入れるかで、
好き嫌いが分かれてくる。

中国の伝説では、天界から舞い降りた仙女と地上の男が結ばれるというパターンが、
伝統的によくあるから、それを反映させたのが神雕侠侶なんだろう。

851 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 15:34:42 ID:ssJZ0g/V0
>>847
で、よりによってなんで梅超風?


852 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 15:42:48 ID:R9OHw2fk0
小龍女はなんか人間味がないかな
理想的な女

853 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 18:43:40 ID:buak2W030
>>851
ん?だってきれいじゃん!

854 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 18:46:11 ID:buak2W030
>>849
でも嫌われ具合でいけば、郭芙がダントツだろう。

855 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 19:10:10 ID:fHglbCTt0
嫌われランキング

1位 郭芙
2位 阿紫
3位 周止若

どこかで聞いた気がするが、どこだったんだろう?

856 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 19:33:19 ID:3S1ervnl0
どこぞでやってた金庸キャラの人気投票では、

1位 天山童母

857 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 19:59:13 ID:VY+Vj7OY0
>>855
3位 周止若って誰だっけ・・・・

858 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 20:24:09 ID:1IL8dXpl0
>>857
悪魔

859 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 22:14:14 ID:I4gpLT+a0
阿紫がダントツだろ、常識的に考えて。

周囲にひたすら害悪を撒き散らす純粋な基地外ってやつで、
義兄が姉との約束で強く出られないのを知ってやりたい放題。
しかもそれなりに腕が立ちもするからなおさら手に負えない。

最後の最後まで他人を罵倒した挙げ句自ら死を選んでるから、
なんだか勝ち逃げされたみたいですっきりしなかったぜ……。

860 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/07(木) 23:20:17 ID:fHglbCTt0
まさに勝ち逃げ。
あの最期によって、1位を郭芙に押しつけることに成功している。

861 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 01:56:16 ID:499YDnsY0
中国ではなんか昔から黄蓉の劣化ぶりに異議を呈した人数多く存在した。
それでまたおまえらのかあちゃん見てみろ、
母になった女ってあんなもんって反論もいっぱい出た。

自分的に賢い女性は年取っていろいろ配慮(頭が良く回らない夫、
しょうもない長女、その金魚の糞の群れ、不良次女とか)しなければならないから、
ある意味必然的に「可愛くない女」になってしまう。リアルで逆に好感が持てる。

862 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 08:45:48 ID:2yA+ysZ70
諸葛孔明に人を見る目がなかったように
女諸葛にも人を見る目がなかったって事でいいじゃないか

863 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 10:04:31 ID:w/DPZmes0
>>857
周止若:奇天眉龍記のヒロインの1人。女岳不ぐん。

864 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 11:11:59 ID:rNi3bAUwO
神雕の黄容を見て嫌な女になったと自分も思った。
その後、射雕を読み返して、郭靖との出会いのシーンで、最初から嫌な女であることに、気ずいた。
ある意味、小龍女と同じで、郭靖以外の相手は、どうでもよく、柯鎮悪が小悪魔と呼んだのにふさわしい存在。
ただ、郭靖が一緒だと、嫌われない範囲で行動するので、目立たない。
多分、神雕を読んだあとでないと気ずかない。

865 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 11:14:19 ID:nLG8j2Hx0
黄容は全真教を嫌っていたよね。

866 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 14:51:32 ID:+HIjuS7e0
>>864
だから、神雕 → 射雕 の順番で読んでしまった人は、
射雕への評価が一変してしまうんだよね。

>>865
分からず屋の丘処機が郭靖と穆念慈をくっつけようとしたり、
黄薬師を下手人と勘違いした全真七子が黄薬師を囲んで攻め立てたりしたことを、
根に持っているからね。

867 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 17:26:51 ID:yCw9jyGY0
>>黄薬師を下手人と勘違いした全真七子が黄薬師を囲んで攻め立てたりしたことを、

これは黄薬師にも責任があるだろ。弁解せずに一度倒してから説明しようと思ってたって
流石あのムスメの父親だよ

868 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 22:33:10 ID:w/DPZmes0
>>867
いや、黄薬師に関してはむしろ、それでこそ東邪の名にふさわしい立ち振る舞
であると言えるだろう。それに、全真教の糞導師たちは散々手加減してもらった
くせに、周伯通が生きているとわかったあとも郭靖たちに加勢した(ちなみに
こっちは黄薬師無実)。それで嫌うなという方が無理というものである。
楊過と小龍女に対する態度にしても、しかたがなかったと言える。
よく考えてみて欲しい、もしあなたの周りに自分の娘と結婚するとか本気で
考えているオヤジがいたとして、あなたはどうおもう?読む側の人間に師弟
の恋愛に対する禁忌がないのをいいことに、いかにも楊過や小龍女がいかにも
理不尽な目にあっているかのように表現されている。しかし、江湖の常識に
てらしあわせてみると、先に挙げた例となんら変わらない。そう考えると黄容
のとった態度は頭が固いどころか楊過のことを心配した上での良識的な行動と
言える。実際、楊過もその辺のところはわかっているらしく、全真教に対して、
嫌悪を常に持っていたにも関わらず、郭夫妻に対しては終生尊敬の念を抱いていた。

869 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/08(金) 23:40:58 ID:xtnIw74H0
楊過と黄蓉の関係というのはかなり複雑だね。
親近感、尊敬、警戒、嫌悪が入り混じったような。
二人とも性質に似たところがあるから、近親憎悪的なものもあるんだろうし。


870 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 00:02:26 ID:BIyKERt80
まとめると、双児最高ということでOK?

871 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 09:57:50 ID:3EZpASED0
ジェべ師匠格好良い。
あんな爽やかなオジサン見たこと無い。

872 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 10:50:07 ID:jtIIMENx0
なんだココ・・・中野英雄板って

873 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 11:43:01 ID:k/2xGjNW0
>>871
郭靖がモンゴルから逃げるときなんんて最高だったよね。

874 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 14:12:28 ID:gf0DZXEi0
>>869
黄蓉の男版が楊過でもある。
楊過も一つ違えば、すごく嫌な奴になり得る。
つまり楊康みたいになる可能性も十分にある。

875 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 18:12:43 ID:38yGSMVB0
だったら郭靖の女版が小龍女か。

876 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 20:16:14 ID:VYQDLFCrO
アニメ版の小龍女は最高に綺麗だった。

877 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 21:00:17 ID:jNScPrOK0
アニメ版は日本では26話しか放送されてないよね?
海外では50話くらいまでいってるらしいが
不人気で打ち切りだった?

878 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/09(土) 23:01:04 ID:gf0DZXEi0
アニメ版はダメダメ。
小龍女はピンクの衣装に茶髪だし。

何より言葉とかがな。

879 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 00:28:47 ID:NZNuk/yY0
アニメ版ってコンドルなんとかってやつ?

880 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 00:58:16 ID:4JBHCL850
俺はコンドルヒーローという題からして何だか。

コンドルは新大陸の鳥という意識が強いし。

881 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 02:55:19 ID:5ZLE1rI60
>>878
いや、あれが良い。
髪の色はきにはならん。
ただ、アニメ版は戦闘シーンやOPや声優陣がちょっと・・・

882 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 09:16:12 ID:Szxdwvfp0
金庸作品のアニメが日本で放映されてた、という事実が凄い。
放映を決めた責任者は相当な金庸マニアだったんだろうなあ。
しかしそれが泣かず飛ばずで打ち切りとは、
アニメに興味はなくとも、金庸仲間として可哀想に思う。

883 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 10:54:05 ID:bUQGVY4FO
ドラマ版の射鳥英雄傳の郭靖の日本語吹き替え役って小野坂昌也?

884 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 11:15:10 ID:swCNTknd0
今川にやらせれば歴史にのこったかもしれんな。
色物として

885 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 11:41:21 ID:yj9YquIW0
連城訣のDVD借りてきたぞ、妬み、嫉妬、中傷、強姦、裏切り、人食い、い
かにもリアルシナって感じ、他の作品と別の意味で楽しめるな。

886 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 13:12:23 ID:C4QoRLK00
>>883
違う。
名前ど忘れしたが
モンキーターンで波多野の声やってたひと。
もしくはイギリスの料理番組でジェイミーだかなんだかという男の声やってる。

887 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 14:11:28 ID:CfPLqFgF0
アニメの場合、問題は一般になじみのない武侠用語の取扱いだな。

888 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 14:39:04 ID:/GHCq7dU0
>>887
 武林
 江湖
 門派
 幇会
この辺の言葉は最初に簡単な説明をしとけば、後は見てるうちになんとなく理解できそう。

 内力
 内功
最初にちょっと説明した後、実際に使用しているシーンを何度か見れば「あぁ、ドラゴンボールで言うところの“気”と、それを使った技なんだな」程度には認識されると思う。

 外功
内功とかに比べて台詞そのものに出てくる事は少ないから、特に説明する必要はないかも。


他に何か難解な用語あったっけ?


最近のアニメは訳の分からん設定とか訳の分からん造語が結構出てるみたいだから、それから考えれば武侠用語も何とかなりそうな気がする。
問題は武侠用語より時代背景の解説じゃないだろうか?
金庸原作の場合は特に…。

889 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 16:33:47 ID:B17C8pIw0
>>882
香港では52話公開されている。
でも当初は78話の予定だったらしい。
作ったのは、「中華一番!」の製作チームだったはず

890 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 19:10:47 ID:bUQGVY4FO
>>886
そうか。聴き覚えのある声だったもので「もしや・・・」と、思ったが・・・。
いや、かたじけない。

891 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 21:02:52 ID:5ZLE1rI60
アニメの方も最後まで見たかったな・・・
どんなに作りが下手でも良いから、最後までやって欲しかった。

892 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 21:13:00 ID:B17C8pIw0
あっちの方では、金庸ゲーは汗牛充棟なのに、日本にはあまり来てないね。

893 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 22:30:10 ID:twegPE1h0
コンドルヒーローはYoutubeにかなりアップされてたよ。
香港で放送されたらしい後半部分もあった。

今は削除されているか知れんけど。

日本で出ているDVDは、日本で放送された前半部分だけなのかな?

894 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 22:38:17 ID:B17C8pIw0
そうだよ。26話分しかなかった。

895 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 01:13:16 ID:KAH2RCAw0
そもそも日本語に吹き替えてないから。
52話まであるやつも後半は広東語吹き替えのみなのでさすがに手が出ない。
しかも物凄く中途半端に終わってるozl

896 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 07:09:30 ID:PnykxbsnO
後半部分せめて日本語字幕があればな

897 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 20:03:14 ID:Jp4AEwy30
梅超風さん、間近で見る貴女は最高に綺麗だ。
貴女の為なら、何度だって命を捨てて見せるぜ。

898 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 21:43:23 ID:qmlEJnCv0
>>869
黄蓉にとっては楊過は楊康の息子というのと最初の印象が悪かったので信用できないと思ったんだろうけど
楊過の場合黄蓉の不自然な態度を見抜くだけの利発さを持っていたから
余計可愛く見えなかったんじゃないかと。

楊過にとっては黄蓉の頭の良さなどは敬意を払うけど子供は大人の欺瞞を
本能的に見抜くから打ち解ける事の出来ない人という感じに見える。面白いのは
その楊過が黄蓉の親父の黄薬師とはすぐ意気投合して義兄弟になるところ。



899 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 22:25:28 ID:2NJdFlX70
コンドルヒーローの26話ってどのあたり?
例えば楊過が郭靖を暗殺しようと襄陽城に向かったあたりだとしたら、
その後、どうなったんだろーって気になるところだね。

900 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 23:04:15 ID:7/87G0rh0



901 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 23:36:40 ID:k1NJX2q0O
>>898
義兄弟には成らなかったと思う。でもすぐに仲良くなった。どこかのスレで見たが程英が引き取られた時、楊過も一緒に引き取られていたら、楊過にとって良かったと思う。

902 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 23:42:17 ID:IwW7vZli0
結局、郭家の血は残らなかったんだろ?

903 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 23:46:50 ID:JYmG7b+E0
郭襄出家したからね。

で、あの峨嵋派を創設。

904 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 09:20:05 ID:nse45hFn0
破虜は?

905 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 09:59:30 ID:RsPVwNJP0
襄陽陥落のときに殉難と倚天屠龍記に書いてあった
倚天屠龍記には楊過の子孫らしいのしか出てこない

906 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 10:17:37 ID:ZqYddZsl0
郭芙がいるじゃまいか
耶律斉は史火龍に幇と十二掌を伝えたんだから殉じてはいない筈
郭芙共々、丐幇をまとめて抗元を続けるよう後事を託されたんじゃないかね

え? 誰も郭芙の事は訊いてないって?

907 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 17:04:01 ID:gK7tBjWc0
丐幇の弟子たちは、郭芙の奴隷として酷使されたから、
あんなに歪んじゃったんじゃないの?

908 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 21:30:24 ID:WoULPZj4O
射鳥英雄傳って面白いね。
寝食を忘れる位面白い。
OPもかっこいい!

909 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 21:39:44 ID:8hggFR/s0
>>901
楊過が黄薬師に引き取られてたら一番良かっただろね。
相性の良い師弟になっただろうし程英とくっついて穏やかに暮らせたかも。


910 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 22:12:17 ID:SNol6qw+0
楊過が黄薬師の弟子となり、程英と師兄妹となった場合の問題点。

程英は当然李莫愁にさらわれた陸無双を探しに行くので楊過も多分同行、
そこで陸無双が楊過をどう思うか?

黄薬師が娘黄蓉と婿の郭靖の一家と出会った場合、郭芙とも出会うわけで、
郭芙が、イケメン、頭もよくて武芸もできる楊過を見てどう思うか?
楊過が程英と仲がいいのを見てどう思うか?

911 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 22:16:05 ID:6C1Iypt20
他の歴史板での愚痴を漏らすスレ
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/nanminhis/1172045056/

912 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 23:56:31 ID:klSFM2rT0
>>910
郭芙が楊過を横取りしようと、あれこれするのは確実かと

913 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/12(火) 23:59:28 ID:c1G6kOmS0
武兄弟と美女二人を結婚させたのって安易じゃね?
武兄弟ってぶっちゃけ糞だろ、糞に相応しい女をあてがうべき

914 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 01:40:08 ID:DTbDUR4I0
阿紫「俺は俺が望むがまま邪悪であったぞ!我が生涯に一片の悔い無し!」
郭芙「母上に言いつけてやるッ!」
周止若「だって!だって!師母の命令だもの・・仕方無いじゃない!!」

阿紫は真の悪党
他の二人はただのビッチ
格が違う

915 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 12:25:42 ID:bZEZWAGtO
>>913
あの二人が、馬鹿なことをするのは、郭芙が絡んだ時のみ、郭芙さえいなければ、同世代でトップクラスだと思う。

916 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 13:33:54 ID:fi+ThcNh0
同世代でトップクラスといってもあの世代、規格外品の楊過を除けばまともな
のはやりつ斉とクドゥくらいのもんだろ、こいつら除いた有象無象の雑魚の
なかの二人が武兄弟。

917 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 14:41:34 ID:wLYvtRHM0
某主席門弟

918 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 15:39:27 ID:bZEZWAGtO
>>916
悪いがあのおっさんの弟子ってだけで十分規格外だと思うぞ。
クドゥは郭靖の世代だし。

919 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 17:06:35 ID:Jl0Fdmrz0
おまえらほんとは郭芙みたいなタイプが大好きなんだろ
郭芙の名前がでると熱くなるよな

920 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 17:35:28 ID:8vkz1yFa0
>>919
よくぞ見破ったな!

921 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 18:22:43 ID:iiTNb8VfO
規格外と聞くとガイバーを思い出すのは俺だけか?

922 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 18:56:30 ID:qkZ1vbr7O
郭芙はこのスレのアイドル

923 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/13(水) 22:36:04 ID:EiADA52F0
>>910
郭芙は、「私はお祖父様の孫だから権利がある」とか、
訳の分からない理屈をこねて、程英から楊過を奪おうとするだろう。

924 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 00:38:03 ID:/Mu+AF0h0
>>921
悪趣味



925 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 00:49:48 ID:/Mu+AF0h0
>>918
郭靖の弟子だからといって強くなるとは限らない。なぜなら、降龍十八掌は七洪
との約束があるから耶律斉ならまだしも武兄弟に教えることはまずない。次に分心二用
は特殊な才能がないと習得不可。九陰真経もまた王重陽に感銘を受けていた郭靖がそうそう
伝えるとは思えない。となると、あとは全真教の内功に、江南七怪の武芸くらいのもの。

926 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 06:10:53 ID:hsYwofkJO
空明拳は?

927 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 08:35:30 ID:YVOZtDA90
これがドラゴンボールならあきらかに不要なキャラだが、
神雕の最後はいちおう戦争になってるから雑魚対策に欠かせない。
金輪法王以外が相手なら武兄弟で十分対応できるし。

928 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 09:07:28 ID:/Mu+AF0h0
>>927
ほんとうか?対クドゥ戦で糞の役にも立たず黄容が頭を抱えていたくらいのやつら
がじませいとかといい勝負ができるとはとても思えない。せいぜい一般兵散らし?

929 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 09:28:56 ID:eQGcaC+20
一応武三通から大理段氏の武芸も習ってるはずだからそこそこのはず。
江南七怪の武芸も三流というわけではないしね。
つか越女剣法は少林寺を遥かに上回る歴史。紀元前w
「芙」という文字を見ただけで近隣見える限り皆殺しにするわけでもなし、
同世代トップクラスまで鍛えた努力と才覚をほめてやってくれい。

930 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 12:11:02 ID:CDgNtBQm0
まあ、郭靖だけでなく黄蓉も武芸の面倒を見ているだろうからね、
それなりに上達するはず。

931 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 12:14:37 ID:Y80dELoW0
それでも武兄弟は嫌いだ!その腐った性根が!

932 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 12:16:43 ID:dWkzWutx0
武兄弟が役に立ったことって一度でもあるかな?

933 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 12:29:16 ID:eQGcaC+20
若いときに女絡みで暴走しただけで性根が腐ってるというのはかわいそうだw
もしも武兄弟がもっと強かったら今と同じ性格でも人気が出るのかね?

934 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 13:33:53 ID:jEqpyp960
郭靖は自分が結構好きなんだけど人気無いの?
なんだかんだ、厳しい一面もあるが自分が何をされても
恨みを抱かないし結構人を許している。




935 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 18:43:03 ID:1piBeLlc0
>>931
でも武兄弟とよく似てるおまいのことが俺はけっこう好きだよw

冗談抜きにそういう存在なんだな、彼らは。
モンスター揃いの武林の中で必死にあがいてる一般人だからさ。

>>934
嫁と娘はともかく郭靖を叩いてるヤツはいないだろ?
それが答えじゃないかな。
(筋金入りのアホなのは事実だがアホもあそこまで徹底すると潔い)

936 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 23:24:04 ID:arAO8TLH0
郭靖はお人好しなだけであって、アフォではない。

937 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/14(木) 23:54:05 ID:SOBOfRHA0
人気ないどころか、郭靖は金庸キャラの代表格だろう。
黄蓉とセットになりがちだけど。

938 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/15(金) 11:07:09 ID:PhzKXJ+60
てゆうか英雄だろ?フビライとのやりとりは感動したぜ。

939 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/15(金) 11:43:55 ID:kBtHh3xr0
抗元英雄 北侠 郭靖

つか神雕の郭靖は成長しすぎw

940 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/16(土) 00:39:17 ID:gGSNHM9H0
郭靖・黄蓉夫婦は襄陽城が落城した際に英雄的な最後を迎えた、ってあるけど
これって城が落城して自害したってことだよな?

郭芙と郭破虜はどうでもいいが
この二人には生きてて欲しかった・・・

941 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/16(土) 01:21:22 ID:PsrJNk2x0
他の作品の主人公のは
隠居しちゃう終わり方が多いなか
郭靖だけは最後まで国のために戦ってるんだよなぁ。

942 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/16(土) 11:42:34 ID:5GGHnLrh0
引退して、世俗に煩わされない生活を送ることこそ理想みたいな考え方だね。

でも郭靖や蕭峯はそれができなかった。

943 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/16(土) 13:05:54 ID:lcvgcUIp0
狄雲は勝ち組ってことか。

944 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/16(土) 13:57:17 ID:mDbc05iM0
中国のウィキを見ると、郭靖は73歳、黄蓉は78歳で死んだことになってる。
これは何故?
中国語分かる人、ウィキ見て説明してくださらんか?

945 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/16(土) 14:39:18 ID:fQ4iItTv0
>>934
郭靖の場合誠実すぎてイマイチ面白みに欠けるのが話題にならない原因かな。
個人的には神鳥の時期の郭靖は黄蓉に誤魔化されて楊過を手放す羽目になったとこ
以外は非の打ち所の無い立派な人物だと思う。


946 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/16(土) 14:57:21 ID:T+lggJ4c0
娘の腕を切り落とそうとするなんて普通のオヤジじゃねーよな
狂気なまでの真面目くんだお

947 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/16(土) 17:28:52 ID:GS1bMzwS0
いるよな wikipedia に書いてることが何でも本当だって信じるやつ

948 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/16(土) 20:50:12 ID:6QD+S6Ae0
靖さんは良いコちゃんだけど、「馬鹿」っていう弱点がある。
でも、そんな靖さんが好き。

949 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/16(土) 23:58:41 ID:0REUi8dH0
>>944
おかしいな。
俺の計算だと、死ぬのは60代になったはずなんだが・・・・・・

950 :李燕珍:2007/06/17(日) 01:53:20 ID:GQ3T8o5l0
金庸先生 曾用自己写的书名的第一个字作过姑且叫对联吧
飞雪连天射白鹿,笑书神侠倚碧鸳这副包含了金庸十四部小说
日本語 は 書きません。只好用汉语(中国语)写了,不知道看懂看不懂?


951 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/17(日) 05:13:21 ID:j7znD+TY0
>>944
黄蓉の方が年上になっているってことは、改定版根拠に計算したのかな?

>>950
うーん、簡体字だと文字化けしゃうから・・・・・・
できれば繁体字で書いてもらいたい。

952 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/17(日) 09:50:39 ID:2nxyc60v0
書けません じゃなくて 書きません か・・・
ここは自分も含め中文読める人も多いと思うが、
日本語の掲示板に書き込むときは日本語を使うのが礼儀じゃないか?
しかも内容も思いっきり今更だし。

953 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/17(日) 12:22:34 ID:q245DbMQ0
>>949
郭靖誕生1200年
襄陽城落城1273年らしい。中国ウィキによると。
黄蓉は三つぐらい下だから70歳で死亡?

>>951
改訂版は黄蓉の方が年上なんだ?
知らなかった。じゃあ内容もだいぶ変わりそうだね。

954 :953:2007/06/17(日) 12:32:00 ID:q245DbMQ0
>>949
なるほど金の滅亡から計算したら、
60歳ぐらいになるね。

955 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/17(日) 23:25:52 ID:j7znD+TY0
元々物語内の時間的矛盾が大きいから、計算不能なんだけどね。

歴史上の事件をいろいろ拾い出して、それを基に計算ってことになるけど。

神雕最後でモンケハーンが殺された(史実では四川で病死、暗殺説も)のが1259年で、
その後襄陽が陥落して、郭靖黄蓉が死んだと思われるのが1273年。

楊過は16年後を34歳とすると、1225年生まれ?になる。

956 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/18(月) 14:04:19 ID:OA0569xL0
金庸の偽作者たち:

本人は偽作のつもりじゃないし、中堅の作品もある:高庸
笑って許すレベル:令狐庸
騙された人がいたけどまだ悪辣じゃない:金康、金童
詐欺レベル:金庸新、金庸近 金庸再 etc.

15年前北京の個人書店の新書ポスターの
『XXXX 金庸新著』は後ネタにされていたけど、
当時は被害者結構出たみたい。特ダネ番組で本屋の主人が
金庸の新著ではなく金庸新 著であると説明するシーンもあった。

957 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/18(月) 15:58:19 ID:9lXftl5o0
高庸とか令狐庸は、それなりに武侠小説家としての立場を確立しているみたいだね。
どこの小説サイトでも、武侠小説コーナーに名前あるし。

958 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/19(火) 15:35:03 ID:+/xh5wLh0
真似る=学ぶが、どこまで許されるか・・・・・・

959 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/19(火) 23:37:00 ID:XZd57zT30
勝手に倚天屠龍記の続編書いている作家もいるしな。

エロパロ作品もネット上にいっぱい出回っているし。

960 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/20(水) 15:29:03 ID:mFgbl2RP0
パロデイならいいだろう。問題は偽作。
金庸はまだいいが、古龍の偽作は多分真作よりも多いw
それも、古龍自身が名義を貸したり、代筆を起用したり
していたから一層ぐちゃくちゃ。

961 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/20(水) 16:50:59 ID:uYfHafpN0
>>956
金康ワロスwww
1分ぐらいどこが違うのか分からなかったw

962 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/20(水) 18:30:59 ID:ZNdNWdCr0
神IDキタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!!!
★☆上木彩矢スレ vol.22☆★
8 :名無しの歌姫:2007/06/20(水) 17:46:35 ID:NEETupXW0
凄いな
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/musicjf/1182328229/8

963 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/20(水) 19:37:06 ID:ytm/STQ10
古龍の偽作はホームズ・パスティーシュの様な物だと思えば(待て

964 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/20(水) 20:05:22 ID:BYUDA68t0
各話の主人公で一番強いのは誰だろうな?


965 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/20(水) 23:44:36 ID:QViebP9Y0
張無忌じゃね?

966 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/20(水) 23:50:15 ID:eMflZKBS0
張無忌が楊過に勝てるとは思えない。

967 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/20(水) 23:59:52 ID:4CZSWhfd0
トーナメント戦で決着つけるとしたら、頭脳戦もできる令狐冲が最強じゃね?
郭靖あたりは、下手すると韋小宝にダマされそうw

968 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/21(木) 00:03:40 ID:f18ryJ710
郭靖と韋小宝が対決したら面白そうだな

969 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/21(木) 02:30:43 ID:BNl2jPOS0
小宝「お、おじちゃん、おら間違って連れてこられたんだよ。内攻だってほら全然ないだろ?」
郭靖が思わず触ったところで、自分からわざと吹っ飛ぶ小宝。
小宝「ひ、ひどいやだましうちなんて!」
慌てる郭靖。野次る桃谷六仙。黄容が的確なアドバイスを投げるも、外野がうるさすぎて
惑わされる郭靖。

まで妄想した。

970 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/21(木) 05:38:55 ID:bsHYCztL0
>>966
余裕で勝てるだろ、そもそも九陽のほうが上位
それに、張無忌は老先輩含めての武林最強という扱いだった

971 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/21(木) 09:00:10 ID:HTJ9bCtv0
>>967
頭脳戦ならおそらく楊過のほうが上。
>>970
うん、確かに総合的な強さで張無忌より上の奴がいるとは考えずらい。晩年
には九陰真経と降龍十八掌すら習得している可能性すらあるからねー。
ただ彼のお人よし加減をみると頭脳戦に優れた楊過が相手だと多少部が悪い
可能性がある。またこれはだだの相性の問題だが、彼の使う太極拳や乾坤大那威
は相手の攻撃を自分の攻撃に転化する種類の技なので、攻撃を無力化してしまう
空明拳、小細工が一切通用しない純粋な剛の降龍十八掌、それらを分心二用で変幻
自在に同時に使う郭靖が相手でも分が悪いかも。

972 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/21(木) 09:01:09 ID:HTJ9bCtv0
ああ、それと天龍の3主人公なんかはどうだろうか?

973 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/21(木) 10:06:08 ID:Yo9w1lE30
段誉は意味不明の運のよさでのほほんと勝ってしまいそう。
指から自分でもよく制御できていない殺人ビーム乱射だしw

974 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/21(木) 10:07:48 ID:sVJV1vw70
武器使わせたら楊過や令狐冲が強いってイメージがあるが…
実際どうなんだろう?

>>972
そういえば、あの三人もかなり強いな。

975 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/21(木) 10:37:29 ID:ISu18fJX0
清代の主人公の名前が挙がらないw
あんまり化け物じみたこともないしなぁ。
二十歳そこそこで師匠とほぼ互角の域に達した袁承志は将来性すごそうだけど。
ただ自分より強い相手と戦ったことがないんだよなw

976 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/21(木) 15:32:44 ID:h+kNeEkO0
そろそろ次スレも考えないとね。
スレタイとかは立てる人に任せる。
自分は立てられなかったから。

977 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/21(木) 18:38:04 ID:NKTx4sCv0
田伯光は前者だな

保存してたのに、こんなのがあった
何に対してのレスだか今となってはわからん

978 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/21(木) 19:12:10 ID:NKTx4sCv0
えー、自分は主人公で最強なのは狗雑種と張無忌だと思います
まず、狗雑種は侠客島で武芸のトップクラスが数十人しかも数十年間研鑽して会得できなかったのを
すべてマスターしてしまったのですから
あと張無忌ですが理由は>>971と同じです
あの、何とか袋に閉じ込められたおかげで誰も到達できない最高クラスの内功を会得し
そのお陰で九陽神経の真髄を極め、乾坤大那威も歴代教主が第6層しか到達できなっかたのに第7層までマスターし
妖しげなペルシャ武術も会得し、さらに張三豊が編み出した武芸の集大成の太極拳までつかうことができるのだから
九陰と降龍を加えたら、いったいどこまで強くなるのか

まっ、頭脳戦だったら楊過のほうに分があるでしょうけど

979 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/21(木) 19:15:40 ID:NKTx4sCv0
個人的に技の中で独孤九剣 が1番カッコいいと思います

980 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/21(木) 20:38:52 ID:bsHYCztL0
>>976
次スレ
【田伯光は】金庸作品 2【前者だな】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1182425837/

981 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/21(木) 21:22:37 ID:7rpjnVRZ0
>>971
太極拳と空明拳って機能に差があるんだろか?
無忌は内功(と大那移)で、作った張三豊の想定以上の太極拳になったとあったが
どちらも柔よく剛を制す至柔の内家拳ではないかな
(余談だが、張三豊が伝説上の内家拳の創始者だったりする)
まあ個人的には二大門派の武当の看板である太極拳は空明拳の上を行く最高の内家拳と言い切って問題ない気がする
それと郭靖との相性で言えば片腕の楊過の方が問題だ

982 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/21(木) 22:09:40 ID:/89hWbx70
>>967
頭脳戦があるなら楊過が最強だと思う。
あの黄蓉すら楊過の腹は読めなかったし先達の教えを統合して自分独自の
掌法を作った辺り物凄く頭が良いんじゃないかと。
>>970
九陰真経を不完全な形でしか使えてない周?若に倚天屠龍記の時代の
人間は翻弄されていたの考えたらあの時代って神雕侠侶の時代から
比べるとレベルが低いように見えるんだけど・・・
それに楊過の子孫と思しき女性はどう見ても張無忌より格上に見えた。


983 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/21(木) 23:33:35 ID:HTJ9bCtv0
>>982
周止若に関しては私もそう思った。だだ、楊ねえさんが張無忌よりも強いとは
どうしても思えない。確かに直接対決ともなれば女によわい張無忌のこと実力
の半分も出せずに敗れ去るだろう。実際彼が周止若相手に翻弄されていとのは
実力がよりもその性格が原因であった。確かに、人間としての格ならば張無忌
のほう下だろうが実力ではさすがに負けることはないだろう。

984 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/21(木) 23:44:36 ID:S+p/z/xz0
張無忌は内功はめっぽい強くて最強なんだけど、
その内功の強さにばかり頼りすぎて、
細かな技の使い方だと、楊過なんかには後れを取ってしまいそうな気がする。

985 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/22(金) 00:31:16 ID:nRl1pd/u0
乾坤大那移があれば細かな技はいらないと言うか
どんな武芸も元を辿ればみな同じ〜、で勝っちゃうんだから書いてるほうも楽でいいよなw

周止若はねえ…習得した武芸だけ単純に比べたら周止若>梅超風>李莫愁じゃねーかな
それでも止若は明教オールスターズに到底及ばないって書いてあるから彼らはなかなかのもんよ

986 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/22(金) 13:04:38 ID:RvLzrnL80
倚天の平均レベルはむしろ高いだろう。
半端な九陰真経といってもつまりは黄蓉が再編集した九陰白骨爪。
梅超風との修行年数の差も、改良によって埋まっているかも。
射チョウの時代ではこれを確実に敗れるのは五絶と裘千仞、黄蓉くらい。
丘処機、朱子柳クラスでも敗れるか、勝てるとしてもぎりぎりだろう。
武当七侠はおそらく全真七子と大差ないと思われるし。

987 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/22(金) 18:39:19 ID:65Q5orOjO
武術家と戦術家は違うからね。
両方伴ってこそ最強。




988 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/22(金) 19:00:16 ID:5yRzD/u10
各主人公のオプション

陳家洛・・・紅花会の面々
張無忌・・・明教の配下いろいろ
郭靖・・・前半:配下のモンゴル軍  後半:配下の南宋軍
楊過・・・デカイ鳥類
喬峰・・・前半:丐幇のメンバー 後半:配下の遼軍
令狐沖・・・桃谷六仙
韋小宝・・・八旗軍と七人の妻


楊過が不利すぎる


989 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/22(金) 19:16:57 ID:nRl1pd/u0
楊過?パシリいっぱいいるじゃん

990 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/22(金) 20:44:56 ID:2GgUuI0X0
狄雲・・・・愛人と好きだった人の子供



991 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/22(金) 20:53:53 ID:O4f5EsdN0
段誉・・・妹軍団(阿紫付き)

992 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/22(金) 21:28:24 ID:W309BJiI0
虚竹・・・美女軍団(メイド付き)

993 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/22(金) 21:41:25 ID:ZQ7XXExS0
郭靖の配下たくさんよりも神G一羽のほうが頼りになる。

994 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/22(金) 23:27:43 ID:DO8T9hPV0
>>988
楊過は武林の奇人のような連中が慕っているし、
小龍女は楊過のためならば、善悪関係なしに何だってするぞ。

令狐冲も仲間みたいなのがいっぱいいたし、恒山派も傘下に収めた。

995 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 00:32:52 ID:FnMja4P60
>>988
その人間ですらないオプションが下手すると全作品中最強キャラなんだが

996 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 09:58:16 ID:obQXzcYP0
独孤求敗の忘れ形見だからな>鳥

喬峰のオプションが一番微妙じゃね?
丐幇の野郎共は薄情だし、遼軍の配下にしても本人自体が嫌がって
阿紫の私物化してるし

997 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 10:21:46 ID:UO0nOgCC0
997


998 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 10:24:07 ID:UO0nOgCC0
998

999 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 10:27:40 ID:UO0nOgCC0
999

1000 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/23(土) 10:29:24 ID:UO0nOgCC0
1000ゲト

1001 :1001:Over 1000 Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。

201 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)