5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

太公望!!!!!!!!!

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 23:35:02 ID:3nR4lush0
最高の英雄っしょ

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/26(木) 23:55:44 ID:9d5zg0uzO
実際は謎な部分が多いですよね

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 14:44:57 ID:QqkfSyI30
まあ、昔過ぎて、太公望に限らず、あの時代の人物のことはよく分からない場合が多いけどね。

姓は姜、氏は呂、だそうだけど、この頃って姓と氏が明確に区別されていたんだね。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 21:26:38 ID:jYUpIS6m0
腐女子多いやつ?

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 22:10:39 ID:krkVxcQf0
日本においては、とりわけ若年層において、
太公望のイメージは、漫画「封神演義」の影響が大であることは否定できない事実である。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/27(金) 23:37:10 ID:H2sHR1sh0
>>3
>姓は姜、氏は呂
これも有名な話だけど

斉国呂産の地に封じられたから呂尚と呼ばれる(商於に封じられたから商オウみたいに)
って説もなんかの本で読んだ記憶がある

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 00:10:34 ID:KENND1UvO
姓と氏の区別は秦の統一以降だんだんと曖昧になっていったらしい
ちなみに姜や姫など「女」を含む字は元々姓であるらしい

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 11:07:29 ID:BavDBui30
普通に「太公望」でぐぐっても、釣りのサイトが真っ先にヒットしてくるあたり、
この人のイメージは、やっぱり釣りなんだな。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 13:27:10 ID:5ZA7Fjqp0
仙人から本をもらったってこの人だっけ

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 14:29:49 ID:KENND1UvO
それは張良では?

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 14:45:55 ID:5ZA7Fjqp0
そっか、ありがと

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 16:35:10 ID:J3WpbWcV0
太公望万歳

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 23:27:45 ID:19gYF4/C0
この時代って仏教あった?

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 23:58:18 ID:5ZA7Fjqp0
中国に仏教が来たのは後漢ぐらいだけど
殷の時代にインドに仏教はすでにあったかもね

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 02:45:37 ID:hRrrUZzF0
ゴータマ・シッダルタ生まれる前じゃね?

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 10:44:02 ID:26deI4230
太公望の時代には、まだ仏教は誕生していないよ。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 12:13:02 ID:l2BG92pw0
呂尚
周の軍師でのち斉の建国者謚は太公で兵法書六韜の作者として知られている

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/29(日) 16:37:43 ID:ePiZfZX40
常識レベルのことをスレの途中で流れに関係なくレスするやつってなんなんだろうな?>>17

それも自分の意見が一切入ってないような

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/01(水) 16:38:57 ID:WzEdqou40
実際、どういう民族の人だったんだろうね。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 12:29:13 ID:fAfpe4fL0
太公が望んだ軍師って聞いたんですが、
太公って誰?

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/03(金) 23:31:27 ID:rDJaeMND0
古公亶父のこと

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 00:05:21 ID:dchBrfQrO
>>13-15
ていうかこの時代バラモン教やウパニシャッド哲学すら生まれてないよ

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 14:54:54 ID:1fYhM/hGO
哲学は無くとも姫昌が千里眼を持ち散萓生が亀の甲羅や稲を焼いた炭で占いをしてたらしいからなんらか独自の原始的な信仰はあったんじゃない。ただ立て床式住居の城だった可能性も

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 16:05:02 ID:pPzZ7iUb0
太公が望んだ軍師太公望・・・

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 10:51:09 ID:4cGC0m8W0
実像はどんな人だったんだろうね。
宮城谷とか読んでると殷に生贄にされる事が多かったきょう族の
有力者みたいな感じだったけど、ここまで古いと実像はわからんよね。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 20:55:30 ID:roob6Dzh0
太公が望んだから太公望ねえ
結構安直につけられた名前なんだな

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 00:09:36 ID:2h6QjnX00
あだ名ですから

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 14:48:27 ID:5evYjsUB0
打診鞭という宝貝をもっているんですよね。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 16:28:26 ID:phelHc/n0
太公望がいた3000年前って日本じゃ縄文後期じゃね?

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/21(火) 03:11:57 ID:ET1koveF0
エジプトでツタンカーメンがいた

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 23:45:46 ID:uT7wtS330
釣り

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 21:02:28 ID:9qDtxrCs0
針は縫い針だと聞いたのですが。
餌も付けず、水にも入れてないと。

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 03:36:46 ID:aI8p1hphO
しかし、ここで語られている様々な英雄が皆、呂尚だけは一致して英雄だと思っ
ていただろうね。
史記には「後世、兵法及び周の権謀術数に言及するものは、皆、太公望を始祖と
し、謀略の中心人物とみなした」とある。
誰か「黄河の覇王−太公望のナゾ」とか読んだ人いません?
武吉とか知ってる人いないかな?
このスレはかなり好きなんだけど、レスがいまいち伸びないんだよね。
期待してageてみましょう。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 19:22:50 ID:sgQz0yS20
>>32
文王「何を釣っておいでですか?」
太公望「年月を釣っているのですよ」

という話もあったなぁ。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/04(月) 13:31:42 ID:dC0XunPP0
ちなみにこの頃は、釣った魚をどんなふうに料理していたんだろうか?

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/05(火) 21:42:45 ID:rnG4/WcxO
焼くか煮るでしょ多分。それより、行軍時の兵糧のほうが気にならないかな?
豆とかが主だったのではと思うのだけど

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/09(土) 00:33:07 ID:wT6Gv2/zO
この頃の江東の辺りでは稲作はまだ始まっていなかったのかな

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 00:11:27 ID:azvjKTOkO
武王の嫁さん王姜と親戚なんだっけ?
あれは宮城谷の創作かな

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 04:42:47 ID:aD/h+Kwl0
ちゃんと史記の注釈に邑姜は斉太公の娘って書いてある

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/10(日) 23:48:40 ID:v1qdtGQGO
史記と竹書紀年でもかなり違いがあるからね…。
あの時代は何を信じてよいものか…。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/11(月) 05:02:29 ID:RgHwouow0
ふつうに甲骨文とか金文

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/13(水) 08:20:17 ID:/XoYcA96O
竹書紀年も原本散逸して
宋以降の「収集編纂」だしなぁ。
口の悪い学者は「ありゃ捏造w」なんて平気で言うし。
史記は史記でああだしね。
やっぱ金石文が定石かな?

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/15(金) 23:43:01 ID:3TnlxDLSO
それによると太公望はいくつくらいで死んだと考えられる?

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/21(木) 22:22:39 ID:N5nnmsmF0
康王六年

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/24(水) 22:05:46 ID:76fDizxj0
「六韜三略」読むべし。読みやすくなっていた。
90歳以上と考えられる。
横山光輝 「殷周伝説22巻」コミックは解りやすく、はいりやすく面白い。
小説よりも面白かったな。

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 10:52:15 ID:gjHj8FjB0
こいつと張良って、名声の高さの割りにいま一つ何をしたか良く分からないんだが。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/25(木) 11:13:22 ID:VhINvgLW0
>>1-46
お前ら完全な番地外だ!ジャンプ信者は出て行け!!
【望ちゃん】太公望×普賢【幼馴染】とかいう話題は801板でやれや!

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/29(月) 20:27:32 ID:YFXYPGa60
普賢真人の可愛らしさにハフハフするスレになりました。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 00:23:04 ID:W/khPX/00
姜子牙

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 00:25:22 ID:W/khPX/00
もとい
姜子牙という呼び方から考えて
子牙はいかにも字だから
姜が姓
名が尚って感じ?

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 01:51:33 ID:pYTn+f120
>>49-50
えーと、だからそれがどうした?例えばそれ

諸葛孔明という呼び方から考えて
孔明はいかにも字だから
諸葛が姓
名が亮って感じ?

ていってるのと同じなんだが…
いまさらそんな当たり前のことを聞いてどうしたいわけ?

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 19:25:06 ID:Jlryk5Gk0
太公望と王天君が合体してフッキになるスレはここですか?

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 20:53:52 ID:S5S/81FF0
姓と氏の関係ってよくわかんとです、、。

たとえば 源徳川家康みたいなものですか?

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/30(火) 22:09:17 ID:9CxTTXM10
どうみても精子です

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 15:31:14 ID:IMrtLR0a0
優れた軍師だったらしいけど、具体的にどんな献策をしたの?

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 18:47:09 ID:R9l7zq1T0
>>55
Bクイックだろ。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 20:05:31 ID:T7dDYpt90
釣りとは関係のない部族なのに釣り師の象徴。
何か変じゃね?

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/01/31(水) 20:44:47 ID:o6DkOqiY0
釣りとは関係のない部族と確定してるわけじゃないし

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 19:24:17 ID:oOucwRIF0
太公望は川で釣ってたらしが、針は付いていなかったとか。
彼は「王」を釣ったですよね。
どんな献策をしたかは「六韜、三略」を読むとわかるよ。
検索すると出てくるので読むと大変勉強になりますよ。
現代にも通用する考え方かも。

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/01(木) 19:50:14 ID:8spZoQVA0
>>55
殷王朝が滅んだ後、チュウ王の幼子に八つ当たりしたり、張奎の老父母を
虐殺したり、韓変、韓昇を問答無用で殺害したりした。

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 10:37:37 ID:kJSbwlOl0
>>59
>>45や他のスレでもむやみに六韜三略を勧めてくるのと同じ人?
ネタじゃなく本当に検索したならわかるはずだが
「六韜、三略」は後世の偽書だからあてになんないんだけど。

>>60
どれも封神演義のフィクション、というか
>チュウ王の幼子に八つ当たりしたり、
してない
>張奎の老父母を虐殺したり、
それ楊センの独断。しかも父は殺してないし。
>韓変、韓昇を問答無用で殺害したりした
問答無用?二人は鄭倫に捕まる前に多くの周の将や兵を殺してるのに?

小説のフィクションと史実の区別がつかないどころか
ちゃんと読めばわかるようなデタラメばっかじゃん。
小説もまともに読めないゆとり世代か?

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 11:35:56 ID:7CPvospz0

あなたは色んな所でケチバカリ付けている人でしょ。
間違っているとか、いないかなんて誰もその場にいなかった
んだから断定できないのですから、批判はやめたら。
それともあなたは4000年前に居たんですか?
意見は意見として聞くもんですよ。
大層な学者さんか先生。
因みに地球温暖化と騒いでいますが、反対に地球寒冷化という学者も50%近く
いるとも言われているんですよ。
何でも決め付けての発言こそ笑止。
ゆとり世代でない人へ。


63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/02/02(金) 13:39:59 ID:kJSbwlOl0
>>62
>>59の六韜についてのほうはともかく
少なくとも60のほうは、誰もその場にいなかった、3000年前に居たとか居ないとか
>>55は史実じゃなくフィクションの話でも別にいいのだろうか?
とかそんなことは全く関係なく、普通に間違いだらけなんだが。
とりあえず小説と史実の区別はおいとくとして
60のレスってどうみても封神演義 だ け を参考にしてるようだから
それについては封神演義を読めば間違いかどうかは断定できるだろ。
もし60本人だったら文句つける前に
まずせめてちゃんと封神演義を読み直してくれ…
60みたいなことは安能版でも書かれてないから。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/01(木) 23:53:14 ID:0uLtswtw0
太公望=釣

になったのは、江戸時代からかな?

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/02(金) 00:35:53 ID:d84SJiNs0
あの〜史記が書かれたのは江戸時代じゃないし、
日本に伝わったのも江戸時代よりずっと昔なんだけど…

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/06(火) 18:15:45 ID:pT5WDR/R0
封神演義スレがフィクション小説スレ化してるんで
院の厨王 周の文王武王などを語るスレは こちらのほうがいいかもね

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/06(火) 21:04:44 ID:6LVZpiXY0
http://miri.sakura.ne.jp/sangoku/index.cgi
孫呉国に仕官よろ

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/08(木) 04:11:56 ID:PhNMVIJ/0
スプーは?

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 02:43:55 ID:kOCW1zMA0
結局、この人どうなったの?
普通に生涯をまっとうしたの??

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 07:00:27 ID:COnVZW9w0
仏教も儒教も生まれる前の時代ってどんなアレだったんだろ

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 16:38:43 ID:My85fR730
>>70
儒教は中国土着の生活習慣を道徳という形で孔子が纏めて提唱しただけ

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 20:13:42 ID:NUI05Pp50
>>68
四不象ならズーラシアかどっかにいたぞ

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/15(木) 20:14:17 ID:NUI05Pp50
>>1
最強の釣り師だと思う
色々な意味で

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/16(金) 18:36:22 ID:Resm1PNLO
ご主人…

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/25(日) 21:36:40 ID:BTFyyOMS0
そうだのぉ

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/03/27(火) 13:31:23 ID:ODa5AJz50
文王  (=゚ω゚)ノぃょぅ  「何を釣っておいでですか?」
太公望 ( ̄ー ̄)ニヤリ  「お前をな〜! 」

これだと殺されるな・・・



77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/08(日) 16:23:28 ID:hHA9crCA0
>>72
四不象は清朝の宮苑に残っていた。
太公望の時代はもっとたくさんいたんだろうね。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/30(月) 23:26:05 ID:RB1xs3d/0
>>77
漢の時代までは黄河流域に広大な森林地帯があったらしい。
シフゾウもそんなところに生息する動物だったのかもね。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/18(金) 21:12:23 ID:3gWhZThV0
四不象って昔の中国でもそれなりに神聖視された動物だったのかな?

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/19(土) 04:22:49 ID:ybrKRqc1O
実際何歳まで生きてたんだっけ?

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 13:40:57 ID:CfPLqFgF0
>>79
一時は野生絶滅までいったんだし、
あまり大事にはされていなかったような・・・・・・

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/10(日) 14:09:56 ID:rSNnxnHmO
太公望が建設した初期の斉は何邑くらいでどれくらいの規模だったのか?
最初からリンシが首都?

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/10(火) 09:22:10 ID:H7L/jco00
>>82
史記読めよ
俺達はお前のお母さんじゃないんだから何でも聞いて済まそうとするな

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/26(木) 14:22:35 ID:B4W/heTSO
釣られたな

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/23(木) 06:37:22 ID:Sf1+MamR0
太公望が釣ろうとしていた魚は何だろうか?

86 :佐倉広夢 ◆IENTwyoWGs :2007/09/04(火) 21:15:55 ID:Nelk81Io0
またドドメ色チームか。

16 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)