5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【忠君愛国】儒教思想を語る【三綱五常】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 01:18:23 ID:Fhu+tteJ0
非人道的な奴隷文化・儒家文化を語る。

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/01(日) 01:25:38 ID:u0s7QLxJ0
大真面目に国を挙げて儒教を実践した国・民族 → 朝鮮(韓国)

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 13:38:42 ID:b7FE+LD00
儒教ってそんなに悪いか

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/02(月) 23:42:18 ID:zAFrJLNN0
基本的には悪よりむしろ善。
ただ、ほどほどにすればいいのであって、
やりすぎると害悪が大きくなる。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 10:46:10 ID:p06BtGCi0
儒教は人類の癌
価値を最上位にもって来た瞬間
停滞と汚職と公共心の欠如が発生しますw

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/04(水) 15:32:14 ID:Lggwnnkg0
>>2
あそこは儒教以前の問題な気も・・・w

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/06(金) 11:17:36 ID:iJWTZ63z0
19世紀後半に清や朝鮮がなかなか近代化できなかった原因のひとつに、
儒教思想の影響が大きいとある本に書いてあった。

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/06(金) 11:39:28 ID:F3J2D3+pO
中国語文化圏はむしろ「道教」じゃないの?

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/06(金) 12:28:24 ID:TNCbzina0
現代日本人から道徳心が失われたのは、
儒教を蔑ろしだしたからだろ、常識的に考えて……。

戦前の国家神道(教育勅語その他)だって、戦争に入るまでは、
あれは神道の皮を被った洪武帝式国家儒教だったし……。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/06(金) 15:56:55 ID:8ch11Iki0
非人道さなら儒教よりも法家の法が酷い

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/04/09(月) 22:04:12 ID:fv3IKtIa0
01唐 火徳
02虞 土徳
03夏 金徳
04殷 水徳
05周 木徳、火徳
06秦 水徳
07漢 土徳、火徳

08魏 土徳
09晋 金徳
10宋 水徳
11斉 木徳
12梁 火徳
13陳 土徳
14隋 木徳
15唐 火徳

16梁 土徳
17唐 火徳
18晋 土徳
19漢 金徳
20周 水徳
21宋 木徳

22元 金徳
23明 火徳
24清 水徳

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/05(土) 12:14:10 ID:nJIYDMvA0
儒と法をほどほどに混ぜ合わせるのがよい。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/16(水) 01:07:15 ID:teeRuvB10
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/20070512
 国家観には二種類ある。
 ひとつは、国家を、一人ひとりの人間の共存と福祉のための公共財である機械装置と考えるものである。国家は水道や電気や医療や交通網のように、人びとの生存にとってきわめて重要なものだ。
しかし、いかに国家が重要であるとはいえ、それを「愛する」などというのは、水道管や電線をぺろぺろ舐めまわし、女性の靴や下着のにおいを嗅ぐのと同様、変態である。
この第一の国家観からいえば、愛国心はフェテシズムの一種である。国家が愛国心などという変態心性を万人に要求する制度は、日本国装置の性能の悪さとして、国家プライドを大いに傷つけるだろう。
 それに対して、国家を一人ひとりの人間の生命を超えた、より高次の崇高なる集合的生命とする国家観がある。このようなリアリティを生きる人びとにとって、国家装置の防衛メンテナンスのための危険業務組織(軍隊)は、集合的生命の男根のように感じられる。
アメリカに負けて憲法九条を押しつけられたのは、「全能感を断念しなさい」と去勢されてしまったような、屈辱の体験である。そして日本は、自由だの人権だの民主主義だの甘ったるい白粉をぺたぺた塗られて、女にされてしまったと、彼らは感じる。
 第一の国家観は、人びとの安全と生命を守りながら繁栄をもたらそうとするリアリズム政治のための、基本の基本である。国益の計算や戦略的思考も、この国家観を前提としなければ、何の意味もない。
 第二の国家観は、非常時に短期間「だけ」、ひとびとを狂わせるための興奮剤である。必要がないときに使ってはならない。
そして二一世紀の世界でそれが必要になる時は、もうない。いまではこういったドラッグは、貧しい国々で誤用され、悲惨な流血や国土の荒廃をもたらす廃棄すべき毒物でしかない。

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 03:35:22 ID:0OjF+xWe0
http://d.hatena.ne.jp/suuuuhi/20070512
明仁さんは、右派が支配した過去の悲惨を忘れないよう、呼びかける。

「日本は昭和の初めから昭和20年の終戦までほとんど平和な時がありませんでした。
この過去の歴史をその後の時代とともに正しく理解しようと努めることは日本人自身にとって,また日本人が世界の人々と交わっていく上にも極めて大切なことと思います。
戦後60年に当たって過去の様々な事実が取り上げられ,人々に知られるようになりました。今後とも多くの人々の努力により過去の事実についての知識が正しく継承され,将来にいかされることを願っています。」

「この過去の(右派が支配した悲惨な昭和の初めから昭和20年の終戦までの)歴史を、
その後の時代(過去の侵略戦争を正しかったと考え、昭和の初めから昭和20年の終戦までの日本にシンパシーを感じる右派が、政権をとってしまった現在)と共に、
正しく理解しようと努めることは、日本人自身にとって、また日本人が(現在の右派政権が引き起こした靖国問題や従軍慰安婦問題で世界の非難を浴びているが)世界の人々と交わっていく上にも、きわめて大切なことであると思います」

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/21(月) 04:09:04 ID:wpgDuemV0
孔明は道義と法を兼ね備えた、素晴らしい思想家だった。
孔子は孔明にであっていれば悪徳概念である儒教を広げなくてすんだ。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/05/23(水) 14:10:46 ID:WLaYqyx20
孔子も法務大臣をやっていた時は厳格な法治でやっていた。
でなきゃ数ヶ月で治安が目に見えて改善されるなんて有り得ないよ。


17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 23:23:13 ID:JYmG7b+E0
孔子さん、かなり鬱陶しい人だったんだろうと思う。

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/11(月) 23:35:51 ID:WRoOGWcSO
メシにもイチイチけち付けるからな
海原遊山かと

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/18(月) 21:04:17 ID:OA0569xL0
儒教なんかないよ。有るのは儒学。
それと【忠君愛国】も【三綱五常】も孔子の説じゃないから、
>>1はもしかして厨房?

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/06/25(月) 18:44:56 ID:gQ9iunaW0
ん?三教九流の三教は儒教・道教・仏教とされているが
これは出鱈目だと言いたいのかな?

んじゃ、それ証明してくれよ。

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/07(火) 15:32:36 ID:71g19m4c0
>>17>>18
孔子はん、性格上の問題点を変えられれば、
受け入れてくれる国があったかもな。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/14(火) 07:02:00 ID:K+CgsWCB0
東洋哲学専門
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1152561786/

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/14(火) 11:57:48 ID:JJZN9qdI0
>>20
誰にどういう反論してるの?
儒釈道を「三教」と呼ばれて、「三教図」が多く残されたのは事実だ。
仏教と道教と並ぶ時、一種の信仰として見なされることも認めるけど、
宗教として見なされたことは、ほとんどない。
宗教らしいところに関して、強いて言えば孔子廟での祭典ぐらいだ。

基本的に中国の古典に「儒教」の言葉が出てこないが、
「孔教」ならたまに見られるけど、ここの「教」は「教え」の意味で、
つまり孔子の教えだ。実際今中国の関連書籍には「儒教」の言葉がない。
在日中国学者なら日本の言い方に従ってるけど、本土の学術界に「儒教」って
言葉が使われてる証拠が有れば見てみたいですね。

8 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)