5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

朝鮮半島はなぜ歴代中華国に併呑されなかったのか

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/11(水) 09:07:41 ID:zBvZ1U7X0
なんか地図見ると不思議じゃない?

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/11(水) 09:54:34 ID:mZL+7xzFO
完全属国化してた歴史が長いんだから無問題。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/11(水) 21:47:21 ID:j4qJLZvU0
間に遼東の荒野があるからじゃない?

中原の政権からすると、間に女真族の勢力があるわけで、
直接朝鮮半島へは手が伸びにくく、間接支配(属国化)という形になりやすい。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/11(水) 22:18:52 ID:ielFJiT90
郡を置いたこともある

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/11(水) 22:46:58 ID:Ch0u94aI0
日本が長い間北東北や蝦夷を直接支配できなかったのと同じようなもんじゃないか?
遠いわけのわからん民族がいるついでに利点が少ない

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 03:19:35 ID:EyHGWuvhO
あんな糞まみれの半島を手に入れても負担が増えるだけというオチだろ

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 08:51:07 ID:72Zp12OpO
俺様用しおり

ここまで嘗糞

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/12(木) 23:49:50 ID:MGjn52NXO
普通に、半島国家が中華帝国に対して泣きながら土下座し、尚且つ涙目で必死になって「中国化」を推し進めたから、中華帝国により存在を容認して貰えただけじゃないの。

どうせ、草原の遊牧民ほど脅威をもたらすような連中でもないしね。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/13(金) 07:16:50 ID:76ttU3EvO
唯一恐れにゃならんのは
「あの国の法則」の呪い位だし。
ファビョッても中華王朝なら力押しで粉砕するからなあ。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/13(金) 23:27:10 ID:2Ln8AknK0
まず朝鮮半島を直接支配するには、
半島の付け根にいる女真族を押さえ込むのが大前提となる。

だけど、高句麗、渤海、契丹、金・・・・・・となかなか漢民族の支配下には服していない。

季氏朝鮮の時は実際は危なかったかも知れない。
雲南とかは明に併合されたわけだし。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/22(日) 23:55:54 ID:leP3WCmX0
元々の朝鮮民族の領域は半島全域ではなく、
平壌より南の辺りまでだよね。

咸鏡道が領土化されたのはかなり遅かったし。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 00:12:10 ID:5hVZ+wBI0
いざ朝鮮半島に進出しようと考えた時にきまって情勢が不安定になったり外国が攻めてきたりして
結局出来ず仕舞いだった、とか。

あとは「朱蒙」見てたら、だいたいわかるかも。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 01:28:07 ID:VNDNwIzl0
つまり数千年の昔から法則は存在したわけか
民族じゃなくて土地が呪われてるのかもしれないな

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 10:04:42 ID:CTSWVj2V0
でも自然災害の少ない安定した地域ではあるよ。

地震はほとんどないし、火山も北の辺境に長白山と済州島、鬱陵島らがあるだけ。
台風の直撃も少ないし。

それに比べたら日本なんて・・・・・・

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/23(月) 22:16:30 ID:DapCznq+0
やっぱりある程度災害があって鍛えられないと正しく育たないといういい例じゃない?
災害が多い国のほうが発展して国民性も優秀な気がする
別に韓国をコキおろしたいわけじゃないけど

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/19(日) 01:18:13 ID:5YZjLQHH0
たまに台風が韓国直撃すると日本の数倍の死者が出たりするから、
災害に不慣れな部分はあると思う。

マグニチュード6級以上の地震がほぼ皆無だし、
都市部が大地震の直撃を受けたらかなりの惨状になるだろう。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 21:28:59 ID:XdiTGLk80
韓国英雄板がないのは人種差別ニダ!!
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1166796382/

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 23:05:02 ID:UEG1tStW0
(ソウル=聨合ニュース)「韓国は中国と日本という二つの帝国の間に位置していた。清日戦
争、露日戦争、韓半島の日本への合併など一連の事件は、韓国人たちが日本と中国を認識
する方法だけではなく、彼ら自分の国家(民族)を理解する方法にも大きな変化をもたらし
た。」(65ページ)

カナダトロント大学東アジア研究分科の副教授であるアンドレ・シュミットが韓国民族主
義の歴史を探索した「帝国その間の韓国(日本表題:帝国のはざまで―朝鮮近代とナショ
ナリズム )」(ヒューマニスト)が翻訳出版された。この本は海外学者の目で1895-1919年
の朝鮮と国際情勢などを分析して民族という概念が韓国の歴史と政治、経済、文化など社
会全般にわたってどんなふうに登場して伝えられたのかを説明する。

著者が分析した時期に韓国は過去の帝国である中国と未来の帝国として浮かび上がる日本
の間で漂流していた。この時'民族'という概念は朝鮮人の自己認識という観点で選択され、
これを通じて国史と国語学、そして東学など宗教的談論が発達するようになった。

国権と国土は占領されたが言語と歴史、文化などは奪われることができないという考えが
民族主義運動を燃え盛らせた。この中でも核心と思われたのは歴史と言える。著者は開港
から合併に至る時期に韓国近代史は第一に王室、第二に甲午改革を含む多くの改革法令と
制度の財政費、第三番目に東学運動と義兵など民間主導の民族主義運動の成長などを中心
に敍述されたと眺める。

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/20(月) 23:05:41 ID:UEG1tStW0
著者はここで、このような観点に強調された民族主義と、植民主義の同一性を主張する。
民族主義者と植民主義者は、すべて個人の自覚を通じた文明開化を目標にしたからだ。
「実際に植民主義の力は単純に従わせて無能力にさせるよりは、当時の韓国の場合のよう
に、自分たちの国家について自覚するようになるもっと深くて長続きする能力だ、と見ら
れる」と言うのが著者の説明だ。

広開土大王碑、義兵運動、任那日本府説、間島と満州、植民史観など韓国と関連した多様
な知識で韓国民族主義の歴史を分析した著者は「民族という概念が相変らず韓国で意味を
持つことは、分断体制で統合された国家を想像しなければならない状況に起因するところ
が大きい」と言う。著者はすでに「韓国を中華主義的観念から分離し出す手段として、日
本の侵略に対立して国家のアイデンティティを維持する手段として民族という概念は20世
紀初盤から韓半島の再統合のための根源的な理論的根拠を提供していた」と付け加えた。

ソース:聨合ニュース(韓国語)<帝国の間で成長した韓国の民族主義>'帝国その間の韓国'出刊
http://www.yonhapnews.co.kr/culture/2007/08/19/0901000000AKR20070817189000005.HTML

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 21:09:20 ID:LziYZM8K0
中国は意外と弱者を虐めない精神があった


21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:18:18 ID:NMKvQpH/0
基本的に中国本土、中原や江南が比較的に富裕な地域で、
周辺はそれより貧しい地域ばかりという状況だったから、
積極的な征服意欲が起こりにくかったという面があるね。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/25(土) 23:35:26 ID:wErbB6MJ0
>10 これに一票
満州は、遊牧民の土地であって、漢民族の及ぶところではなかった。
遊牧民にとっては、山がちな朝鮮は魅力がなかった。

こんなところか?

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/27(月) 22:16:44 ID:yS/jLuSB0
中国は日本を征服しようとしたことはない

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/29(水) 23:47:58 ID:uBre+WsQ0
唐が高句麗を滅ぼした時には、半島へも版図を伸ばしそうな勢いだったけど、
高句麗の遺民の蜂起や新羅の反逆などで手を引いた格好。

昔から扱いづらい民族だったんじゃない。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/08/30(木) 16:37:58 ID:ZVa0mP130
歴代王朝の半島への出兵も、基本中華王朝の面子のためみたいなもんで、
切実に半島が領土として欲しかったわけじゃないだろうね。
直接統治したらしたで、あがる収益よりも維持費の方がかかって、
ただの金食い虫になるのが落ちだと思う。
漢代の半島経営みたいにね。
なので、属国扱いにして面子を保つのが一番賢明なやり方だったんだろうね。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/01(土) 15:09:51 ID:Q77VhOAQ0
朝鮮半島って農業生産力は乏しそうだし、
鉱物資源もイマイチだったみたいだからね。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/01(土) 23:44:13 ID:nRxV66/60
李氏朝鮮は宗主国に貢ぐための銀を日本から輸入していたし

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/28(金) 06:12:13 ID:Xn1IIbWH0
朝鮮半島もそれなりに鉱物資源はあるはずだけど、
昔はほとんど開発できていなかったのかな?

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/28(金) 20:06:16 ID:SOHo3LJG0
半島南部に鉄の産地があったんじゃないっけ

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/28(金) 20:34:36 ID:Lah/sOXx0
>>10
契丹はモンゴル系なんで女真じゃないんですけど…
他もツングースではあるけどさあ。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/28(金) 21:10:05 ID:ketb9J/s0
>>29
相対的な産出量の問題じゃない?
日本も、出雲とかに鉄の産地はあったし、
それだけでは大した価値はなかった、と。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 15:51:04 ID:THKwxFsD0
【扶余】 高句麗 【広開土王碑】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/chinahero/1191118155/

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 16:50:49 ID:FPWzENHF0
>>26
×朝鮮半島
○朝鮮人

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/02(火) 23:49:53 ID:uB/C9Avz0
意外と高句麗の頑張りが大きい気がするな。
隋や唐の侵攻を何度も撃退しているし、
あの時に持ち堪えられなかったら、併呑された可能性が高かったかも。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/03(水) 18:00:33 ID:b0LEyqGi0
鉄に関してはあてにできないほど少ないわけじゃないんじゃないかな。
ただ直轄統治するには産出場所が半島の南寄りで遠いの問題なのかと。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/10/05(金) 21:17:40 ID:b6UyTGzO0
古代に、鉄のような鉱物資源に、血眼になって領土化しなければならないほどの、
魅力があったかどうか。
勿論、鉄の有用性は分かっていただろうけど、中原の産出分だけで十分に需要を賄えていれば、
あえて無理する必要はないだろうし。

10 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)