5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

70&80年代ボリショイのダンサー達

1 :踊る名無しさん:2006/07/18(火) 01:43:13
・・・・・・・について、盛り上がりたい!!!


2 :踊る名無しさん:2006/07/18(火) 01:57:11
ムハメドフが、ロイヤルに移る前ですねー。
懐かしい。スパルタクスとか。

3 :踊る名無しさん:2006/07/18(火) 02:06:08
今はみんな世界中に散らばって最強の教師になってる。

4 :踊る名無しさん:2006/07/18(火) 02:11:06
アレクサンドル・ヴェトロフはまだインディアナポリス
にいるのかな?教えたりもしてるのかな??

5 :踊る名無しさん:2006/07/18(火) 06:05:29
ユーリ・ヴェトロフは?

6 :踊る名無しさん:2006/07/18(火) 07:42:48
ユーリ・ヴェトロフかあ。やっぱりアメリカかね。
ボリショイ一時ビデオ出してたじゃん?たくさん。
「ロミジュリ」の神父さんとか、ドロッセルマイヤーとか。

7 :踊る名無しさん:2006/07/18(火) 08:29:49
奥方はマリヤ・ブイロワ。


8 :踊る名無しさん:2006/07/18(火) 08:45:06
>>1は何歳?

9 :踊る名無しさん:2006/07/18(火) 11:01:40
アレクサンドル・ヴェトロフは現在
Metropolitan Classical Ballet の
芸術監督をやってまつ。

ttp://www.mcballet.org/thecompanyalexandervetrov.html

10 :踊る名無しさん:2006/07/18(火) 11:05:39
グラチョーワが、ヴェトロフにはいろいろ教えてもらったと
ダンマガでいってたね。
グリゴロ時代の人は、外に出ちゃうのかな。

11 :踊る名無しさん:2006/07/18(火) 11:16:57
自分は、80年代からしか生でみてないが、
今のところ最高のペアは、マクシモワ&ワシリエフ(アニュータ)
この2人がペアで踊るのはは80年以降上記が最初で最後だったはず。
キャラクターダンサーはタランダ(ライモンダ)
でも、もっと前から見たかったです。。。
プリセツカヤの黒鳥とかね。。。

12 :踊る名無しさん:2006/07/18(火) 16:29:06
>>7
だれの奥方がブイロワなの?

13 :踊る名無しさん:2006/07/18(火) 16:52:32
>>8
ギクッッ・・・・・。油断してたワイ。
70年代前半生まれです。当然マクシモワ&ワシリエフなんかはリアルタイム
じゃなかったよー。

14 :踊る名無しさん:2006/07/18(火) 17:31:49
>>12
ユーリ・ヴェトロフ。年の差ありそう。

15 :踊る名無しさん:2006/07/18(火) 17:43:43
>>14
ありがとう。ブイロワ、ちょっと大味な感じ(アラーシュが似てる)だけど
ガムザッティやエギナでグリゴロに重用されてたんだね。主役もあったかな。

16 :踊る名無しさん:2006/07/18(火) 19:13:04
>>9
レスありがとう。メトロポリタン〜ってバレエ団、初めてききました(笑)
場所はやはりニューヨークかな(笑)。団員はロシア勢多いのかな。

17 :踊る名無しさん:2006/07/18(火) 20:56:49
皆さんお持ちでしょうが89年5月にボリショイ劇場で収録された「ライモンダ」
のビデオ。1&2幕目にブイロワがライモンダの友人役で登場してますが、第
2幕のバリエーションに衝撃(大げさだが)を受けました。とてもキレイな
ジャンプをするダンサーだなと思いました。
主役もあったかもしれないけど、ライモンダの時みたいにちょこっとソロで登
場した方がインパクトがあった気がしますね。

18 :踊る名無しさん:2006/07/18(火) 22:03:46
教えてチャソですみません。

ミハリチェンコの『白鳥の湖』
パ・ド・トロワをベスメルトノワとブイロワが踊っているんですけど
化粧が濃い人と薄い人、どちらがブイロワなんでしょうか。

薄い人のほうがリフトも踊りも、ふんわり軽くて優雅なんですけど

19 :踊る名無しさん:2006/07/18(火) 22:39:18
どっちも化粧濃いけど、バリエーションが2番目の人
がブィローワ?この人苦手。いつも親指が開いてて、美しくない。
まだベススの方がまし。
私も80年代のボリショイのダンサー達はビデオでしかしらない
けど、まさにキラ☆のごとき名踊り手に溢れてましたね。

20 :踊る名無しさん:2006/07/19(水) 00:31:06
「ボリショイ・バレエ・イン・ロンドン」
スパルタクス第二幕でミハリチェンコがエギナを踊っていますね。
個人的にブイロワのエギナよりずっといいと思う。

21 :踊る名無しさん:2006/07/19(水) 00:37:00
そのベスメルトノワはナタリヤじゃないよね。

22 :踊る名無しさん:2006/07/19(水) 00:44:07
>>21
たしか、ベスメル婆の妹なんじゃなかったかな?
顔が似てた>ソリストのベスメル(名前はイリーナだったか?)

23 :踊る名無しさん:2006/07/19(水) 00:51:09
>>22
タチヤナ・ベスメルトノワ。

24 :踊る名無しさん:2006/07/19(水) 09:33:56
タチヤナ・ベスメルトノワ・・・・・・。
ジミーな感じのダンサーですね。

25 :踊る名無しさん :2006/07/19(水) 11:18:51
18 です。
>>19 さん、ありがとうございます。
>いつも親指が開いてて、美しくない。
なるほどぉ〜
初ブイロワが『スパルタクス』のエギナだったので
キャラの違いが面白くて
(プロなら当然、なんでしょうけれど)

>>22 さん、>>23 さん、そうです。
“タチアナ”・ベスメルトノワ です。
紛らわしくてすみません。
バーで2番のグランプリエ100回逝ってきます…

26 :踊る名無しさん:2006/07/19(水) 11:21:01
ブィローワはきつーい感じの美人でしたね。大味だったかな。
ヴェトロフとスパルタクスの悪役夫妻踊ったら最高だったでしょうね。
(もちみてませんよ。)
当時、ベスメルの影にかくれ、持ち味もキャラクターっぽい感じでしたが。
こういうダンサーはロシアにしかいないかも。
ミハリチェンコは、美しかったなあ。ヴァシュチェンコともあってました。

27 :踊る名無しさん:2006/07/19(水) 11:23:46
>>20
「ボリショイ・バレエ・イン・ロンドン」
レーザーディスクで持ってましたww
20代前半のアナニアシヴィリの信じられない可愛さ!!
「眠り」GPDだったかな?

28 :踊る名無しさん:2006/07/19(水) 11:29:00
そのブイロワのご主人がユーリ・ヴェトロフなんですか?
年の差というか、あの二人あまり結びつかないもので。

29 :踊る名無しさん:2006/07/19(水) 12:54:50
>27
もう20年くらい前になるかな〜。
ボリショイの日本公演で初めて生アナニアシヴィリを観た時、
本当に美しくって驚きました。
背中のラインとか、もうため息でした。
演目はたしか「ジゼル」。
その後、色々あってバレエから遠ざかってしまい、
プログラムを残してないのが悔やまれる…orz。
でも会場で買ったテレカは今も持ってます。

30 :踊る名無しさん:2006/07/19(水) 13:17:36
ニーナといえば、最初に組んでたアンドリス・リエパは
今どうしているのか?
父マリス・リエパは、映像でしかしらないが、
ロシア版マイ・フェア・レディの「ガラテア」がよかった
父リエパが教授役で、マクシモワが映画のオードリー・ヘップバーンの役。
ダンスを知らない町娘が、バレエを習うというストーリーでした。

31 :踊る名無しさん:2006/07/19(水) 17:27:24
>>29さん、27です。
プログラム持ってますよww。89年来日公演の。
でもジゼルは行けなかった。普もん館行きにくい場所でしたし。


32 :踊る名無しさん:2006/07/19(水) 18:09:48
>>30
私もマリス・リエパ写真集でしか知りません。
アンドリスとは金髪つながりとゆうだけで、雰囲気は
ちょっと違いましたね。クラッススの写真、とっても
イイ!!!初演キャストだったそうです。
ヴェトロフ・クラッススも勿論◎だけど、やっぱり元
祖は迫力ありますな。

33 :踊る名無しさん:2006/07/19(水) 22:22:53
【「呼び屋・神彰」足跡たどる 資料300点 函館で回顧展開幕】

>ボリショイ劇場バレエ団(五七年)など六四年までに計三十三の
>海外芸術団体の日本公演を成功させ、「呼び屋」として脚光を浴びた。

その頃ボリショイ見た人はさすがにいないよね?

ttp://www.hokkaido-np.co.jp/Php/kiji.php3?&d=20060719&j=0031&k=200607196305

34 :踊る名無しさん:2006/07/19(水) 23:46:59
オリガ・レペシンスカヤとかが来た年ですね。1957年公演は。
ほんと、実際見た方いますかね?いたりして。

35 :踊る名無しさん:2006/07/20(木) 00:12:41
私の先生はレペさんの舞台を袖で見たらしいです。
バケツの水にポアントをじゃぶってつけてひと踊りごとに履き替えてたって。
30年以上前に聞いた話ですけどね。

36 :踊る名無しさん:2006/07/20(木) 02:04:56
>>35
何か生々しい(笑)

37 :踊る名無しさん:2006/07/20(木) 02:08:38
>>30
アンドリス・リエパはキーロフじゃなかった?
もしかして、大分昔のことですか??

38 :踊る名無しさん:2006/07/20(木) 07:56:48
ワロス

39 :踊る名無しさん:2006/07/20(木) 11:19:09
でもホントに、リエパって、何やってんのかな。今。

40 :踊る名無しさん:2006/07/20(木) 11:28:19
>>35
生まれていませんが、
なんと、ポアントがすべると
水をさすのは私だけじゃなかったのか!!!
あのレペシンスカヤが。。。同じだ。。

アンドリスは移籍した後わからない。
父リエパは、ワシリエフのスパルタクスビデオで
共演しててよかった!

41 :踊る名無しさん:2006/07/20(木) 11:55:23
たぶんやわらかくするのに新品をいきなり水につけてたんだと思う。

ソ連はいくらでもプリマにポアン支給だったのね。

42 :踊る名無しさん:2006/07/20(木) 11:57:27
>>40
ワシリエフのビデオって、普通に売ってるんですか?
フリギア、やはりマクシモワ?生マリス、すごく見たい・・・・・。
前に写真でみたけど、やっぱりアンドリスとは顔のタイプが大分違い
ますよね。父はどっちかというと目ぢから強く、息子は柔らかいカン
ジ。




43 :踊る名無しさん:2006/07/20(木) 11:59:20
イルゼ・リエパはおねいさん。

44 :踊る名無しさん:2006/07/20(木) 12:05:58
父マリスの方がよくない?顔が好み。

45 :踊る名無しさん:2006/07/20(木) 13:18:11
>>42
40です。私は輸入版ビデオを確かチャコットで買いました。KURTUR??
フリギアは、ベスメルトノワ
エギナは、ティモフェーチェワ?です。
ワシリエフ主演のスパルタクス全幕は、これだけじゃないですかね。
このビデオをすりきれるほど見ていたとき、
ここでは伝説?のスパルタクス日本公演が約30年ぶりにあったので
感涙ものでした。
ビデオはボリショイの中では一押しですばらしいです。
ワシリエフが英雄といわれたダンサーだったのが
よくわかります。ムハメドフとは比較ももったいない。
奥様のマクシモワとのスパルタクスは
何かのビデオでアダージョの抜粋版だけだったはず。

46 :踊る名無しさん:2006/07/20(木) 13:43:00
>>42
これだと思ふ
ttp://www.amazon.co.jp/gp/product/B0000YEDLS/


47 :踊る名無しさん:2006/07/20(木) 19:20:44
アンドリス・リエパって、バレエじゃなく演劇の舞台でも来日したことがあったよね。

48 :踊る名無しさん:2006/07/20(木) 22:15:09
>>45さん。ありがとう。
最近チャコット行ってないけど、やはりあそこが種類豊富ですかね?
週末のぞいてみよう。
チモフェーエワかあ。ちょっと渋いですね。ビデオでちょっと見たこ
とあるけど、美人というより個性派w。
ちなみに、私が持っているのはベスメル&ムハメドフの84年版です。2
幕目の冒頭の群舞、とにかく迫力で、そこばっかり見てたよ!
30年振りの例の舞台は見逃しちゃったんだあ・・。アフォですね。

49 :踊る名無しさん:2006/07/20(木) 22:19:50
イルゼは妹だと聞いたけど。

50 :踊る名無しさん:2006/07/20(木) 22:22:20
スタルタクス日本公演もすごく良かったけど、
ビデオ(ムハメドフ)の方がもっと良かった〜。
舞台が大きいから、コールドに人数が違う。

51 :踊る名無しさん:2006/07/20(木) 22:36:56
>>50
コールド人数、違うんだ(笑)
そうだよね。あの人数全部舞台に乗せたら踊りにくそう(笑)
シャルコフがコールドの先頭にいて、踊りのキレがすごい!

52 :踊る名無しさん:2006/07/20(木) 22:42:35
>>51です。
書き忘れたけど、シャルコフが出てたのは勿論ビデオ。
来日公演では、どんな人が先頭の3人を踊っていたのですか?


53 :踊る名無しさん:2006/07/20(木) 22:45:10
>>47
アンドリスの演劇ってどんなだっけ??

54 :踊る名無しさん:2006/07/20(木) 23:09:03
>>49さん
妹さん?大人っぽいから年上かと。


55 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 00:54:28
イルゼはアンドリスとは1歳違いの妹です。
アンドリスは役者になってます。ロシアのTVドラマに以前出てました。

ワシリーエフとマクシーモワは近年離婚しました。
ミハリチェンコはボリショイバレエをつい数年前に勇退しました。
ムハメドフは英国ロイヤルと契約が完全に終了して以来ボヘミアン状態です。

ポソホフはサンフランシスコバレエのダンサーを今シーズン限りで引退し
破格の契約金でコリオグラファーとして残籍。(たぶん将来は監督?)
余談ですがラトマンスキーはポソホフを尊敬し兄のように慕ってます。
シンデレラの上演を強烈なラブコールで実現させたそうです。

56 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 02:12:34
>>53
自分が知ってるのは10年近く前の「イサドラ」という舞台。
雑誌か何かで見ただけで、実際舞台は観てないけど、
麻美れい主役?で、周りが全員日本人役者の舞台だったようです。
劇場も物凄く小さいキャパのところ。
わざわざ長期間来日して参加したみたい。

57 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 09:59:51
>>55
ワシリーエフとマクシーモワは近年離婚しました
って本当?
私が持ってる、プロクラスレッスンビデオ(10年前)
では仲良く踊ってるが。この2人、いつも離婚情報ばかりとびかってた。

58 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 10:28:25
離婚してるよ。

てか、1はなんで別スレ立てたの?同類スレ乱立は迷惑だよ。
ボリショイスレ住人に相談もなく。年寄りの身勝手さ丸だしだね。

59 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 11:11:31
>>58
そうか、離婚したか。ユカリューシャの本では仲良く登場したが。

スレたてた方は、70年代生まれということで、70〜80年代の
生舞台みてなくて、過去の話は別にきいたほうがいい、と思ったとか。
今のボリショイスレは、少なくとも、グリゴロがひきいていた時より
後の話題が多かったからね。
昔の話+映像もOKなら、1さんからきいてみたら?




60 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 11:13:55
>>57
私も持っていた。レッスンビデオ。
噂には何となく聞いていたけど、本当に離婚てちょっとびっくりした・・・・。


61 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 11:20:19
>1です。年寄りの身勝手さ申し訳ないです・・・・・。
あの時代が好きなもんで、だた単純に語りたかっただけなんですけど。
不愉快にさせてしまってごめんなさいね。

62 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 11:46:20
>>61
いえいえ、私なんか、あなたより一回りうえよ〜。
子ども時代に、コンドラーチェワのミルタみてるんだから。
(このスレよりさらに前だわ)
気持ちわかりますよ。ほんとに愛されてるバレエ団だわ。
普通のボリショイスレでも話していいのではないかしら。

63 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 12:04:34
ムハメドフは今は英国で最も古いバレエ学校で教師をしている。
www.elmhurstdance.co.uk/main/WEB PAGES/HOME.htm
最近ここはバーミンガムロイヤルの提携校になった。
先日のスクール公演では真夏の夜の夢を振付けたそう。
今年の夏は新宿に教えに来るって。

64 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 13:40:20
プリセツカヤとファジェーチェフ父が白鳥踊りに塔婆に来たのを観てるので
私が一番年上かもね。

65 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 14:00:43
>>64
うわあああ、いつの頃ですか?生プリセツカヤ全幕ご存知とは?
感想をぜひ!!

66 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 14:17:50
69年か70年だと思うけど。
二人のことしか覚えてません、それほど周りとは差がありました。
観る人の気を引きずり込むような踊りもすごかったけど、
目とアームスがすばらしかった。
王子様は名パートナーでひたすら優雅で美しかった。
当時とても大きく見えた二人だけど実はそれほど大きくないのですね。

67 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 15:43:03
>>66さま 貴重なお話ありがとうございます!
62=65です。
その頃って、北原・アベ先生の頃ですね?
プリセツカヤの黒鳥は、空間を支配するすばらしさで、
アームスが日本人にはできない、と何かの評で読みました。
いいなあ。パブロワをみたくらいの心の財産ですね。
私は、ライサ・ストルチコワ主演のジゼルが最初で(73年ごろ?)
それも子どもだったから3Fか何かでみたけど、
コンドラーチェワの毅然としたミルタの方が印象に残っています。
それから、セメニャカまで空白の時間があります。
いいものを見せてくれた親には感謝しています。
あの頃の文化会館って、おとぎのお城のように贅沢なところでした。

68 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 16:12:53
>>62
ありがとうございます!

コンドラーチェワのミルタ・・・・・っていつですか??
78年くらいの来日公演ですかね??
プログラムとか見てると教師ページに載ってる彼女しか知
らないもので。


69 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 16:47:01
>>68
62=65=67でございます。
上記のように、72−3年だったと思います。
74年からバレエを習うのをやめてるので。
その後のプログラムで、コンドラーチェワが教師として
のっているのを見て、胸がいっぱいになったものです。
来日公演は4-5年に1度、まだ、バレエ・フェスもビデオも
ない時代で、プログラムを宝物のようにながめていたものです。


70 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 17:27:53
プリセツカヤの生舞台、ほんとうに羨ましい!!!
私は勿論ビデオだけです。「ラウレンシア」というバレエのソロが
収録されてました。身体の柔軟さがハンパでなく、ジャンプした時
反った身体の手足が付いてました!
同じビデオの最後の方でアナニアシヴィリが同じ様な振りをしてま
したが(ドンキ)、彼女の後では、さすがのニーナもちょっと見劣
りしてた気がする・・・・。
それ程、プリセツカヤの全盛期ってすごかったんですねえ。

71 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 17:45:44
>>69
大ボケの1=68です。73年ごろって書いてあるのに(苦笑)

そう言えばストルチコワはまだアナニアシヴィリ教えてる
んでしょうかね。過去のプログラムにニーナ教え中のスト
ルチコワ載ってましたが、可愛らしい面影が残っていたよ
うな気がします。


72 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 19:11:29
ニーナはドタキャンでなかなか来日しなくて噂ばかりの幻の大器だったのよー
ボリショイファン待ちに待っての初登場だったわ。(いつ頃だったかな?)
テクはバツグンで黒い瞳に黒い髪の可愛い子!

そーりゃもう最初から人気を全部持ってった。楽屋口での花束攻勢に
他の先輩ダンサーに遠慮しながら困った笑みを浮かべてたなぁ。

73 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 21:30:26
89年のニーナ初登場は、素晴らしかったとゆう「ジゼル」ではなく、
「バレエ・コンサート」の方みに行ったよ。ドンキのGPDでした。
相手役はアレクセイ・ファジェーチェフ。ファジェーチェフって
既に懐かし・・・・・。一時、あの二人組んでたけど、実は個人
的には組み合わせとしてあまりピンとこなかったかも。
それこそ噂ばかりの時は、主にリエパと組んでたでしょ。実際み
たことないけど、やっぱりあの二人で来日して欲しかったよ。
今更しょうがないけどさあ。







74 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 22:11:57
ストルチコワ御大は確か今年亡くなられたと思います。
ボリショイホームページに出ていたような。
彼女のシンデレラ(VHS)は好きだよ。

75 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 22:14:53
64さんと私はもしや同年代かな。
橋梁技師の父親の仕事の関係で子供の頃旧ソ連に数年間住んでたんです。
週末にモスクワへ国内線で出かけてボリショイバレエ観るのが楽しみで。

モクシーモワ&ワシリーエフ夫妻、ベスメルトノワ&ラブロフスキー、
コンドラチェーワ&ウラジミーロフもしくは父リエパ、パブロワ&ゴルディエフ、
プリセスツカヤ&父ファジェーチェフ、みんな素晴らしいダンサーたちでした。

入団まもない若きアレクサンダー・ゴドノフの輝くばかりの海賊も観ましたよ。
いちばん好きだったのはセルゲイ・ラドチェンコ。カッコよかった!
彼を超えるエスパーダにはいまだ出会えてません。
上のほうでもどなたか書かれていたマリア・コンドラチェーワは父リエパと
よく踊っていたのですが美人でテクニシャン。ポーズして立ってるだけで
物凄いオーラで名女優でもありました。アンナ・カレーニナは生涯忘れられないです。

長文失礼しました。

76 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 22:35:29
く〜っ観たかったよ〜(悔し涙

77 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 22:53:57
75さん凄い!あの時代に現地で生で見てる日本人はそういないよね。
いまはみんな名教師・名ディレクターになってるんだよなー
コンドラチェワはたしかグラチョーワの先生じゃなかったかな。

78 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 23:47:36
スレ並立問題だけど、ボリショイはずっと1つでも問題なかったけど、
パリオペスレなんかは回顧話をすると荒れる傾向があるから、
回顧スレと現行スレで分かれてるのもいいかなと思う。
ここ良スレになってるし。

79 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 23:51:08
64です
75さんは現地で見ておられたのですね、うらやましい。
その中で生で見られなかったのはコンドラチェーワとリエパ父です。
それ以外はたまたまHNKホールこけら落しというイベントがあったので
ワシリエフ夫妻、ウラジミロフ夫妻でスパルタクスやロミジュリ、ドンキ
など贅沢させてもらった中学生でした。
べスメルトノワもそれよりあと、長い間観てます彼女はシリンが一番よかった。
その後東京の世界コンクールでセメニャカとボガティリョフを観て、
しばらくあとのボリショイ来日でパブロワ・ゴルディエフやミハリチェンコを
観ました。
最近の方が生は見ないのでこの辺の話ができて嬉しいわ。

80 :踊る名無しさん:2006/07/21(金) 23:54:28
>>78さん
ドジっ子(死語w)の1です。
フォローありがたいです。


81 :踊る名無しさん:2006/07/22(土) 00:10:15
>>75 >>79
パヴロワ&ゴルデーエフのコンビが見てみたかった。
二人ともテクニシャンとして注目されてたそうだったけど、グリゴロには
それ程いい扱われ方をされてなかったとか?83年公演の時も、主要な演目
は東京じゃなかったって昔の「バレエの本」に書いてあったし。
でも何故か、写真で見て気になる二人なんですよね!
79さんが見た来日公演は83年の時だったんですか?

82 :踊る名無しさん:2006/07/22(土) 00:51:22
スレ分けでもいいんじゃないかな。
年寄りはどうしても回顧調の話が多くなっちゃって
元スレの若いファンにはいつか嫌われそうだし。w

相互行ったり来たりして世界最強のボリショイを語りましょ!

83 :踊る名無しさん:2006/07/22(土) 01:10:01
ゴドノフって若くして亡くなりましたね・・・・・・。
ハリソン・フォードの映画みたことある。覚えてます?

84 :踊る名無しさん:2006/07/22(土) 01:25:30
「目撃者ジョン・ブック」ね。アーミッシュの男性。
でもやっぱ「ダイハード」のテロリストでしょー 役者としてのこの人は。

ゴドノフのドキュメンタリービデオ持ってるよ。
大昔タワレコのワゴンセールで300円だった。いまとなっちゃ貴重品だな。

85 :踊る名無しさん:2006/07/22(土) 09:36:42
>>84
タワーレコードのセールってすごいお得ですね!!まめにチェックしないと。

86 :踊る名無しさん:2006/07/22(土) 09:44:51
グリゴローヴィチ版「ロミジュリ」のティボルト役を初演したのはゴドノフだったと
昔のダンスマガジンで読んだ気がする。記憶違いならゴメンナサイ。
ティボルトといえば、どうしてもヴェトロフの印象が強いけど、ゴドノフはどんな感
じだったのだろう。


87 :踊る名無しさん:2006/07/22(土) 17:23:49
ほんとだね。金髪のティボルトって新鮮かも。

88 :踊る名無しさん:2006/07/22(土) 22:19:18
そう言えばゴドノフは何かの病気で亡くなったのでしょうかね。
まさか自殺じゃありませんよね。
キーロフでは過去に、猟銃自殺したダンサーがいた覚えが。

89 :踊る名無しさん:2006/07/22(土) 23:27:11
ロミジュリといえば・・・・・・
89年ボリショイ劇場収録のビデオがマイベスト!!

ロメオ:   イレク・ムハメドフ
ジュリエット:ナタリア・ベスメルトノワ
マキューシオ:ミハイル・シャルコフ
ティボルト: アレクサンドル・ヴェトロフ
パリス:   アレクセイ・ファジェーチェフ

その他ソリスト、コール・ドに至るまで粒よりのダンサー揃い。
ちなみに、ジュリエットママのネステロワという方が、とても顔小さくて
キレイ・・・・。

90 :踊る名無しさん:2006/07/23(日) 00:59:10
私のお気に入りは何と言っても、ライモンダだな〜
タランダのアブデラフマンが最高!
ヴァシュチェンコのジャン・ド・ブリエンヌ完全に食われちゃってるもんね。
あれは生で見たかったな。




91 :踊る名無しさん:2006/07/23(日) 01:10:50
ここ、良スレですね。
現行版とは分けても良いのでは・・・と思います。

私も思い出語りに力の入っちゃう世代です。
NHKの10作シリーズのおかげでこの世代のダンサーは
キャラクターに至るまで名前も覚えました。

だから今年の来日でもシトニコフさんとかロパレーヴィチさんとか
今も健在で頑張っているのが嬉しかったなぁ。

92 :踊る名無しさん:2006/07/23(日) 01:20:52
>>90
は〜い。88年公演でタランダみました!ジャンはムハメドフで、好きなダンサー
だけどジャン役は何かピンとこなくて。だから余計タランダが印象に残りました
よ。
というか、2幕スペインの音楽で中心踊るでしょ。あれを見た時のインパクトと
言ったら・・・・・・・・・。

93 :踊る名無しさん:2006/07/23(日) 01:29:10
>>90
ライモンダは、キャラクターダンスが好きです。
お気に入りはサラセンのシャルコフと、3幕チャルダッシュの・・・・・・・
名前忘れたけど、男性ソリスト。すごく美形でびっくり。

94 :踊る名無しさん:2006/07/23(日) 02:26:15
>88
ゴドノフは晩年アルコール依存症で入退院繰り返して苦しんでた。
死因も急性アルコール中毒による心不全。

95 :踊る名無しさん:2006/07/23(日) 18:02:31
1です。
私は実際の舞台を見まくっていた訳ではないんですが、高校生の時
91さんの様にNHKのシリーズを見て改めて当時のボリショイの充実ぶ
りに圧倒され、ビデオや洋書の写真集などでワシリエフ、リエパ等
往年のスターダンサーも大好きになりました。
普段は決して後ろ向きな性格じゃないんですけど(笑)、この時代
のボリショイって特別というか、忘れちゃいけない財産だと強く思
ってます。


96 :踊る名無しさん:2006/07/23(日) 18:18:57
>>94
えーっ?!アル中?予想外ですよ。
入退院繰り返しといい、急性アルコール中毒といい、
相当びどかったみたいですねー。

97 :踊る名無しさん:2006/07/23(日) 20:49:18
>91
ロパレーヴィチは「ライモンダ」に出てたの覚えてる。
後ろで長ーい棒みたいの持って立ってたよね。ついでに足も長ーくて。
シトニコフは王様とか。まだ健在って、どんな役してたの?

98 :踊る名無しさん:2006/07/23(日) 20:53:56
>>1さん。私も同感ですよ。今はけっこう映像も残ってるし、色々見れて幸せ。
NHKのシリーズは、なかなか全巻揃いませんね?ショップによっても品揃えも違
いますしね。

99 :踊る名無しさん:2006/07/24(月) 01:13:13
シトニコフは海賊のランケデムが印象的だな。
いつもあんまり動かない役が多いんだけどこの時はけっこう踊る。w
いまもカッコいいよねこの人は。素顔は低音が魅力の優しい紳士。


100 :踊る名無しさん:2006/07/24(月) 01:57:45
>>99さん。シトニコフは今何歳なの?ひょっとしたら30年くらいボリショイに
いるんでは。それが踊る役なんてすごいなー。
あと、素顔が低音な魅力で優しい紳士とゆうことだそうだけど、楽屋口かどこ
かでお会いしたんでしょーか?


101 :踊る名無しさん:2006/07/24(月) 14:11:23
>>81さん!
下記の件、とんでもない!83年の東京公演みた69ですが、
(79さんではないです)
ジゼル全幕+ロミジュリ全幕の東京は2人におおあたり
かわいかったですよ、パヴロワ!しかもガラは2人のドンキで最高でした!
マンガSWANにパヴロワは天才ってのってたんで、嬉しかったですね。

ゴルデーエフはロシアバレエの監督してますね。
2人は離婚しちゃって。。。
そういえば、マクシモワ&ワシリエフって、先月のペルミコンクールの
ダンマガレポで、夫妻って書いてあったが、わかれてないのでは?

いや〜、40代は私ひとりかと思ったら、
ここには、すごいかたがたがいらっしゃる!


102 :踊る名無しさん:2006/07/24(月) 21:57:01
>>81デス。
あれ?と思って「バレエの本」見たら(パヴロワは)「ベスメルトノワと
「ロメオとジュリエット」を分けたが、主要な会場はナデジタではなかった」
・・・・とありました。微妙に違いましたね。すいません(苦笑)。
それにしても、パヴロワ+ゴルデーエフの「ロミジュリ」みたいです。
今更遅いですけどね・・・・・・・。


103 :踊る名無しさん:2006/07/24(月) 22:04:48
KULTURから出てる「くるみ」。ワシリエフ&マクシモワとゴルデ&パヴロワ
コンビが両方出演してましたね。多分皆さまご覧になってるでしょうが。
パヴロワ組は評判が高かったようなので割と期待してたんですが、個人的に
はワシリエフ組の方が良かった気がしました。
他の演目だと又、印象も違うのでしょうか。

104 :踊る名無しさん:2006/07/24(月) 22:07:47
100さん
シトニコフは入団が78年だから相当なベテランではあるよ。
私、前々回公演までずぅーっと追っかけをやってた。
来日の際には楽屋口ではわき目も振らず彼のみにまっしぐら!
もらったサインは数えると来日7回分ある。(80年代の1回はもらいそこねた)

105 :踊る名無しさん:2006/07/24(月) 22:14:55
ええーっ!!!!とりあえず、サイン、みたい・・・・・・。
すごい、みたい。
ジュリパパはいつもシトニコフだったよね?その時も彼にしては?
踊ってたケド(クッションダンスなど)「海賊」ならバリバリ踊っ
てそーなイメージ。
何しろグリゴロの「海賊」って見たことないのです。

最後にもいっかい言わせて。サイン、見たいです・・・・・。

106 :踊る名無しさん:2006/07/24(月) 22:17:46
粋なソリストのファンも多いですよね、ボリショイは。

マクシモワ&ワシリエフは離婚したと私も海外のファンに聞きました。
でも一緒に活動はされてるようですね。子供がいないのが本当に残念だわ。

107 :踊る名無しさん:2006/07/24(月) 22:24:34
ダンサー同士のカップルって意外と離婚多いと聞いたことあります。
ボリショイも例外じゃないようです。
セメニャカ&ラブロフスキーも一時、夫婦だったらしいですねえ。

108 :踊る名無しさん:2006/07/24(月) 22:34:48
ダンサー同士の、でなくてロシア(旧ソ)の、ということでは・・・
出稼ぎ事情があって、ダンサーはとりわけ離婚多いそうですけど、
そもそもの結婚観がまったくちがうんだから、
こちらの常識ではかってもしょうがない。

またいちいち律儀に結婚→離婚を繰り返すところが、
フランスのカップル事情なんかとかとは全然違うし・・・

109 :踊る名無しさん:2006/07/24(月) 22:43:35
>108さん

>>またいちいち律儀に結婚→離婚を繰り返すところが

・・・・・ハリウッドの俳優さんに近いですね。
ムハメドフ夫妻は、続いているかしら?



110 :踊る名無しさん:2006/07/24(月) 22:48:14
ファジェーチェフとミハリチェンコも夫婦だったしなぁ。
マイヤ様とベスメル婆は独りの旦那に添い遂げてる稀有な例なのか?

111 :踊る名無しさん:2006/07/24(月) 23:34:29
ファジェーチェフとミハリチェンコ?・・・・初耳だわー。
ところで>104さん。
シトニコフさん一筋のようですが、きっかけは何でしょうか??

112 :踊る名無しさん:2006/07/24(月) 23:54:38
すみません。110さんの言われた、ファジェーチェフって息子のAさん
であって父のNさんではありませんよね・・・。
(念のため質問)
と言うことはミハリチェンコの姉さん女房ってことよね。彼女何歳だ?



113 :踊る名無しさん:2006/07/25(火) 00:01:13
>>112
1957年、モスクワ生まれですって。

114 :踊る名無しさん:2006/07/25(火) 01:01:40
ファジェーチェフ息子は61年生まれぐらいだよね。


115 :踊る名無しさん:2006/07/25(火) 11:22:12
>>103さん
パヴロワ+ゴルデーエフは確かに息はあってましたし
ドンキのグラン・パは超絶技巧の連続で興奮しましたが(83年)
やはり、ワシリエフ+マクシモワの歴史的名コンビの
世界中にファンを持つ強さにはかなわないですよ。
最後の東京公演(ペルミ客演アニュータ全幕)をみましたが
2人が登場して目をあわせただけで、会場の空気がかわりましたからね。
貧しい若者の恋人たちのパ・ド・ドゥを50代の2人が踊る格調の高さに
すごい瞬間にたちあってると思いました。
くるみの映像は
ワシリエフの人形が王子に変身するシーンが身震いするほど好きです。
顔から手をはなして、視線が遠くをみつめるあの表情!
ワシリエフの王子を超えるくるみを私は知りません。

116 :踊る名無しさん:2006/07/25(火) 20:59:23
>>114さん
61年生まれなら、アレクサンドル・ヴェトロフやミハイル・シャルコフと
同期ですね!ムハメドフも前後しますが、ほぼ同世代ですし。
女性はどんな方がいたでしょうかね。いずれにしても、とても充実世代だ
ったと改めて感じます。

117 :踊る名無しさん:2006/07/25(火) 21:05:33
>>115
どうせなら、パヴロワ&ゴルデーエフ組の「くるみ」全幕ビデオがみたいですよね。
やはりワシリエフとだと、どうしても分が悪い・・・・・・。



118 :踊る名無しさん:2006/07/26(水) 00:43:13
あのワシリーエフ&マクシーモワのくるみの映像は
双方御年五十路を過ぎた時の全編ものと同じ?
いずれにしても凄い夫婦だ。

ワシリーエフは剛健なスパルタクスを語られることが多いけど
実はエレガントでダンスノーブルなダンサーでもあるんだよね。

119 :踊る名無しさん:2006/07/26(水) 23:56:08
ワシリエフって犬顔だねー。とても性格良さそう。というか、本当に性格いいんでしょ?
ちょっとワガママ気味な奥様を、上手く扱っているんではないでしょーか。

120 :踊る名無しさん:2006/07/27(木) 01:07:45
くるみの前編のみと、全編のものは78年の別日収録じゃない?
(マクシモワは39年、ワシリエフは40年生まれ)

どこかで見たけど貴族の血を引くブルジョワの娘と農村の倅のカップル。
離婚して欲しくなかったな。

121 :踊る名無しさん:2006/07/27(木) 09:58:46
ワシリエフが、くるみでは、一歩ひいて騎士という感じで
マクシモワをたててサポートしているのがすごく好き。
今の男性には少なくなった。
ビデオのカーチャとワロージャでブルジョワと農民と言ってましたね。
あのビデオも大好きです。
バレエでは一緒に活動してるが、別居ってことかな。

122 :踊る名無しさん:2006/07/27(木) 21:28:14
ワシリエフのビデオといえば「せむしの仔馬」も名作だと思う。
前に友達から借りて観ただけなので、手元にないのが残念だけど。
しかもあの時のワシリエフは確か、20歳そこそこだったのでは?
アマゾンで検索してみよう!

123 :踊る名無しさん:2006/07/28(金) 21:35:09
>>63
かなりの遅レスですけど。ムハメドフは現在英国のバレエ学校で教えて
いるとか。エルムハーストって有名ですよね?日本人も常に留学してい
るようですし。ボリショイ始め、ロシアのダンサーは渡米する方達が多
いけれど、ムハメドフは、よっぽどイギリスが気に入ったんでしょうか。

124 :踊る名無しさん:2006/07/28(金) 22:46:19
ムハメドフは子供の教育のためにイギリスを選んだとか
何かに書いてあったような。
1度ロシアを出た人達って殆どロシアには帰って来ないんじゃ
なかろうか。
>>115
私もくるみの赤い王子、顔を手で覆って登場するシーンが
何故だかぐっと来て涙が出そうになる。
あのオールインワンの衣装、だれが着てもお人形さんらしく
可愛く見える。

125 :踊る名無しさん:2006/07/28(金) 23:42:59
グリゴローヴィチの「くるみ」第二幕が好きなんだよね。
特に花のワルツ〜グラン・パ・ドゥにかけてが。ワルツの
ダンサーがその後コールドで参加しているところ。
あとディベルティスマンのダンサーがマーシャの人形たち
ってところも。
連続性のある演出が○



126 :踊る名無しさん:2006/07/28(金) 23:56:45
王子へ変身〜雪の精の踊り〜お菓子の国への旅立ちまでが好き。
グリゴロ版のマーシャと王子はこのシーンで踊りまくってくれるし
子供達のコーラスも素晴らしい。


127 :踊る名無しさん:2006/07/28(金) 23:59:28
>>125
私もグリゴロの「くるみ」好き!
そうでもないって人もいるけど・・・・・・・。
アルヒーポワ&ムハメドフのビデオを何回も見て
ますよ。
2幕のディベルティスマンでは、インドとフラン
ス(でしたっけ?)のペアが素敵。
ちなみに、インドの女性は、ムハメドフの奥様で
したよね。

128 :踊る名無しさん:2006/07/29(土) 05:57:08
ズプコーワ?

129 :踊る名無しさん:2006/07/29(土) 09:22:42
>>128
そうそう。マリヤ・ズプコーワだ。彼女キャラクターダンスで大活躍
してたなー。メイクのせいもあるだろうけど、結構、顔のつくりが派
手で。
ムハメドフの奥さんと知って、ちょっと意外な気がした。てっきりシ
ャルコフあたりと夫婦だと思い込んでいたので。

130 :踊る名無しさん:2006/07/30(日) 08:59:44
>>129
ミハイル・シャルコフとズプコワ、「ライモンダ」のサラセンの踊り
で組んだりしたもんね。あれだどあんまり顔がわかんないけどね。

131 :踊る名無しさん:2006/07/30(日) 22:55:02
マイ部屋を掃除してたら、20年前の「ダンスマガジン」発見。
ボリショイ入団当時のインナ・ペトローワが出てた。パリのコンクールで
入賞したみたい。でも、パートナー(公私ともに)はフィーリンじゃなか
った。
ペトローワ、再婚だったんだ。

132 :踊る名無しさん:2006/07/31(月) 21:28:40
>>131
20年前じゃフィーリンまだバレエ学校でしょw

133 :踊る名無しさん:2006/08/01(火) 00:27:39
ペトロワも5回ぐらい結婚してるよ。フィーリンともとっくに離婚してまっせ。


134 :踊る名無しさん:2006/08/01(火) 00:45:09
>>133
ご、5回も・・・・・・。
スゴイ。ニコノフとフィーリン以外のお相手、教えてもらえます?

135 :踊る名無しさん:2006/08/01(火) 02:01:34
アレクサンドル・ペトゥホフと結婚してた気がする・・・違う?>133

136 :踊る名無しさん:2006/08/01(火) 06:54:06

 良スレ認定



137 :踊る名無しさん:2006/08/01(火) 12:04:43
本当に良スレ。

シトニコフさんの話題を振った者ですが
彼もファジェーチェフと同世代です。

ロパレヴィチさんと共に眠りの国王や
ドン・キホーテ、バヤデルカの大僧正、
ファラオなど、大きな(笑)キャラクターには欠かせない
存在ですよね。

私は例のボリショイシリーズでの眠りの国王が
紬針を持っていた4人の農婦を許すシーンの
あの表情にやられてしまいました。

シトニコフさん、大好きです!


138 :踊る名無しさん:2006/08/01(火) 13:16:50
シトニコフさん、大僧正で憎らしい奴と思ってたら
すごいキャリアなんですね。

ワシリエフさんとマクシモワさんは
6月発売DVDのホワイトナイツ・ガラでもちょっと出演。
出番を待って毛布に包まるお2人がかわいらしい。
今は亡きドンや若き日のガスカール、ルジマートフと
ラストに踊りまくったり、アステアのステップを踏むワシリエフさん、
こういうコミカルな1面もあるんですね。

139 :踊る名無しさん:2006/08/01(火) 13:20:50
Irek Mukhamedov OBE, Dip Moscow Ballet Academy
Dance - Classical Ballet

Masha Mukhamedova Dip Moscow Ballet Academy
Dance - Classical Ballet

これがズブコーワの今なの?

140 :踊る名無しさん:2006/08/02(水) 00:32:55
シトニコフけっこう人気あるんだ。
追っかけてるのいつも私ひとりだったので独占かと思ってた。w

彼の祖先はタタール人だと聞いたよ。
不思議な色の瞳なんだよね、ブルーのようなグレーのような。

141 :踊る名無しさん:2006/08/02(水) 00:45:53
>>137
>大きな(笑)キャラクター
・・・・に、ちょっと笑った(~0~)/

私はネステロワ王妃の表情にやられた!
王様が農婦たちを殺そうと?命令した時、王様の肩にもたれつつ
甘えるような。ロミジュリで髪振り乱してるキャピレット夫人と
同一人物ですからね。

142 :踊る名無しさん:2006/08/02(水) 01:25:33
>140

いやいや、シトニコフさんとロパレヴィチさん、
結構ファン多いと思いますよ。

楽屋口とかでも一緒のことが多く、デカイふたりに囲まれると
ものすごい威圧感。
でも二人揃うととても面白く、彼らと楽しんだファンの方も多いのでは。

前々回はアラーシュにご執心だったようで(今はご夫婦でしょうか?)
移動のバスの前ではファンサービスより「マリアはどこ?」と探すのに
忙しそうだった。
するとシトニコフさん「あっちにいたよ。」と見つけてあげていた。
いい人だ・・・。

143 :踊る名無しさん:2006/08/02(水) 01:29:55
>141

そうそう!その二人、本当に良かったですよね。

あのキャピレット夫人、いつ見ても涙が出そうになります。
大切な人を失った怒り、悲しみ、全ての感情が体じゅうから
ほとばしり出ているような踊りでしたよね。

私はあの版のキザだけどなんか憎めないファジェーチェフの
パリスもお気に入りなんです。

144 :踊る名無しさん:2006/08/02(水) 23:28:55
>>143
ファジェーチェフのパリス。
婚約式?の時にウキウキ踊ってるんだけど、ジュリが死んだ?!と知り
一転、しょんぼりするところ、涙モノですねー。

ネステロワは、ライモンダのマズルカ(第三幕)も好きです。ユーリー・
ヴェトロフがパートナーで。割とアッという間に終わってしまうけど、
直後のハンガリーとこみで、何度も観てしまいます。

145 :踊る名無しさん:2006/08/03(木) 00:19:12
あの10作シリーズのおかげでキャラクターに至るまで
とても親近感を持って名前と顔をおぼえたものでした。

またやってくれないかなNHK。
そしたら若手とかにも詳しくなれるのに・・・。

146 :踊る名無しさん:2006/08/03(木) 00:37:21
10作シリーズは、当時のNHKスタッフの情熱の賜物でしたね。


147 :踊る名無しさん:2006/08/04(金) 21:34:56
ほんとにそうです。10作シリーズ。一番最初に放映された当時はウチに
BSなかったから、友達の友達に全て録画、頼みましたよ・・・・・。
懐かしいな。
あの中では私、セミゾロワのオーロラが好きでした。どこかコケティッ
シュな感じ。マクシモワとも、キャラクターが違ってとてもユニークな
ダンサーだと思いましたね。

148 :踊る名無しさん:2006/08/05(土) 00:04:04
向こうにも書いたけど
本日深夜にボリショイ「バッサカリア」と「スペードの女王」の
放送があります。
お忘れ無く!

149 :踊る名無しさん:2006/08/05(土) 10:55:35
>>148
ビデオに撮ったよ。
あとでゆっくり、鑑賞会。

150 :踊る名無しさん:2006/08/05(土) 17:08:52
ポニーキャニオンから出てる「ボリショイ・バレエの魔術」ってビデオ知ってる?
20年近く前に池袋WAVEで買ったから、さすがに今は売ってないかな・・・。
これがお宝映像満載!抜粋だけど「眠り」「ドンキ」のワシリエフ&マクシモワな
んてバッチリ楽しめるし、アナニアシヴィリの「バヤデール」のバリエーションも
すごいです。
勿論、プリセツカヤ、ウラノワなどそれ以前のダンサー達も多く登場。正しく「ボ
リショイ黄金時代」って感じ・・・・・・!

151 :踊る名無しさん:2006/08/05(土) 21:57:13
>>150
知ってる。ニーナが踊ってるガムザッティのバリエーションは、よくローザンヌ
コンクールで登場する踊りですね。足を高くあげると、腕よりも長いのにオドロ
キですよ。

152 :踊る名無しさん:2006/08/06(日) 00:14:01
マジック・オブ・ボリショイのことだよね。
メッセレルガラの話は幾度となく本スレでも出たよねー
みんな練習着なのがツボ。w

153 :踊る名無しさん:2006/08/06(日) 00:37:12
最後にアサフ氏本人が踊る「ディアナとアクテオン」(だよね??)
がイタイ・・・・。

154 :踊る名無しさん:2006/08/06(日) 01:12:03
氏が踊るリボンダンスってのも映像でありますのよ。
まんま新体操のリボンですわよ。たしか60年以上前の映像ですわ。

155 :踊る名無しさん:2006/08/06(日) 01:22:23
>>154
リボンダンス。・・・・・・そのまんまですねえ。
旧ソ連の1930年代とか40年代って、前衛的というよりは
やぶれかぶれ系のダンスが多かったような?
「マジック〜」でもレペシンスカヤが踊る、放り投げつ
つ回転させる、とかありましたよね。まさに新体操!

156 :踊る名無しさん:2006/08/06(日) 18:44:04
>>152
ミハリチェンコの練習着が○
フツーのレオタードの上に綺麗な色のチュチュを重ねているの。
それにしてもミハリチェンコって、派手さはないけどスタイル良
いし、雰囲気のあるダンサーですな。

157 :踊る名無しさん:2006/08/06(日) 21:31:45
>>156
ミハリチェンコかあ。1988年来日時の「ライモンダ」見たよ。
本当はセメニャカがお目当てだったんだけど、彼女来なかった
から。あーあ・・・・とか思ってたら、これが、ミハリチェン
コも良かったんだよねー。それまでは全く知らなかったけどね。
テクニックは勿論、とても掘りが深い顔立ちが印象的でしたよ。

158 :踊る名無しさん:2006/08/06(日) 23:38:02
セメニャーカは今どうしているの??

159 :踊る名無しさん:2006/08/06(日) 23:58:28
>>158
ザハロワの教師。

160 :踊る名無しさん:2006/08/07(月) 00:00:02
太ってたね。誰か分からなかった。
でも一時よりは綺麗になってた。セメニャーカ。

161 :踊る名無しさん:2006/08/07(月) 00:23:46
ミハリチェンコはたしか大怪我して途中かなりブランクがあるんだよね?
つい数年前に引退したって聞いてまだいたんだと驚いた。

162 :踊る名無しさん:2006/08/07(月) 00:34:03
一時どこかのバレエ団に出てまた出戻ったんじゃなかったっけ。<チェンコ

163 :踊る名無しさん:2006/08/07(月) 13:53:05
グリゴロさんと折り合いが悪くて大量にダンサー達が流出した際に
オーストラリアのバレエ団に入っていたのではなかったかな?

第一線がごそっといなくなったのでまだ新人だった
ウヴァーロフやフィーリン達が早くから主役を張ってたんだよね。

20歳ソコソコのウヴァーロフも最初はウドの大木呼ばわりだったし。
時代が過ぎて今や立派なプリンシパル。
私も歳をとるわけだわ・・・。

164 :踊る名無しさん:2006/08/07(月) 14:05:52

やっぱり良スレ認定
これぞ2ちゃんの醍醐味

165 :踊る名無しさん:2006/08/07(月) 14:10:21
>>157さん
あのときのジャン、ヴァシュチェンコでした?
ガラか何かで、ジャンをムハメドフが豪快に踊ってすごかった記憶
があります。
確かそのときの、白いマントは、ウヴァほどかっこよくなかった。


166 :踊る名無しさん:2006/08/07(月) 15:11:46
>>152
ミハリチェンコは、たしかジゼルのVaを踊っていましたね。
ミハリチェンコを80年後半にモスクワの冬の芸術祭でみました。
「黄金時代」全幕で、ヴァシュチェンコと悪役にタランダでした。
すごかったです。
その当時はそのキャストがどれだけ貴重かわからなかったけど、
「黄金時代」はボリショイ本家の来日公演では全幕はやっていないです。
あの広い劇場じゃないと無理です。スパルタクスなみのコールドですが、
グリゴローヴィチがたたかれてる今じゃ、こないかもしれませんね。
もっと、観たかったです。


167 :踊る名無しさん:2006/08/07(月) 15:38:23
>>153
あれって映像は「リボンダンス」で,
音楽だけがディアナとアクティオン」なのですよね?




168 :踊る名無しさん:2006/08/07(月) 20:51:26
>>167さん。ありがとうございます。

あはは。そっかー。
どおりでツギハギみたいな映像で違和感アリアリと思ったー。

169 :踊る名無しさん:2006/08/07(月) 21:55:19
>>165
ムハメドフだったんですね。
彼って、ロイヤルに移ってからは役柄を広げてノーブルっぽい役もはまる様になったけど、
当時はスパルタクスのイメージが余りにも強かったから、ジャンって何となくピンとこない
・・・・・・と思ってました。
ちなみに私が見た日は、騎士の一人にファジェーチェフがいたり、勿論タランダもいたりで
豪華キャストって感じでしたね。





170 :踊る名無しさん:2006/08/07(月) 23:04:01
>>166
すごいですね!「黄金時代」全幕を見ること自体が今となってはかなわないのに、
ましてや、現地モスクワで・・・・・・。
ヤーシュカでしたっけ。アブダラーマンと並ぶタランダの当り役だったとか?
あと、タランダの恋人役はやはり、ブイローワでした?


171 :踊る名無しさん:2006/08/07(月) 23:13:06
>>159 
レスありがとです。

>>160
誰か判らないほど太っていらっしゃるのですね・・・・・・・・・・。


172 :踊る名無しさん:2006/08/08(火) 10:06:48
良スレ発見!

>>31
>>73
アナニアシヴィリの初来日は89年ではなく、90年公演です。
83年公演のチラシを持っているけど、若くてかわいい写真が載っていて、大いに期待していたのに結局ニーナもムハメドフも来なかった。
20歳のニーナを観たかったな。
88年公演はムハメドフは来たけど、ニーナはドタキャン。
90年公演でやっと観ることができました。会場は最悪だったけど、期待以上のすばらしい「ジゼル」でした。

173 :踊る名無しさん:2006/08/08(火) 12:56:12
>>170さま
実家にベラベラのパンフがあるのでどうだったか。。。
ただ、悪役タランダがすごくってヴァシュチェンコもミハリチェンコも
食ってしまいました。
翌日は、セメニャカとゴルデーエフのくるみだったのですが、
全く印象にないんです。
それだけ、黄金時代とタランダはみごとでした。

174 :踊る名無しさん:2006/08/08(火) 20:58:43
>>173
個人的にはヴァシュチェンコ、好きな方のダンサーに入るんですけど、
いっつも「食われ役」(笑)で可愛そうですね・・・。確かに派手さは
ないけど。
タランダのヤーシュカは写真でしか知りません。ライモンダと違ってフ
ツーのアンちゃんっぽく、もしかしたらこっちの方がタランダの良さが
活かされてるかな?と感じさせるものではありました。

175 :踊る名無しさん:2006/08/08(火) 23:40:18
>>174
私もヴァシュチェンコ好き!
地味というか、目立たないんだけど安心して見ていられる
「ダンスール・ノーブル」が多くない?
ボリショイ始め、ロシアのダンサーって。

176 :踊る名無しさん:2006/08/08(火) 23:47:33
>>172さん
そうそう!90年だったわ。
普門館。最悪でしたか(笑)。行かれるのに苦労なさったでしょ(笑)

177 :踊る名無しさん:2006/08/09(水) 05:47:26
タランダはいつか忘れちゃったけど、
(多分プリセツカヤのガラ)
ヤシカ踊ってましたよね。

ボリショイ時代より少しごっつくなっていたけど
女性をブンブン振り回すあたり、やはり豪快でした。

この人、格闘技(空手だったかな?)やっていただけあって
ダイナミックさや踊りの切れ味に独特のものがありましたよね。

|ライモンダ」の映像、何回も巻き戻して観てしまいました。

178 :踊る名無しさん:2006/08/09(水) 13:03:15
ミハリチェンコのファンがいらっしゃるので書きにくいですけど
私は彼女がぜんぜんダメでした。
盛りをとっくに過ぎたベスメルトノワにさえ感じたオーラが
彼女にはまったくなかった。勝気なとこだけが目についてしまって・・・

本スレで彼女賞賛の話題が出るたびに「そうかなぁ?」とずっとずっと
心の中で思っていたのでついここで書いてしまいました。ごめんなさい。

179 :踊る名無しさん:2006/08/09(水) 13:41:03
>178

ひとそれぞれに感じ方は違うのだからそれはそれで良いと思うよ。
そんなこと責める人、このスレにはいないから。

私は例のボリショイシリーズのオデット、オディールともに良かった。
オデットにしてはたおやかというよりも毅然とした高貴な感じが
強調されていた感じで、オディールにおいてはまさにはまり役。

彼女がとても人気者だったのは拍手やかけ声からもよくわかり、
プリマとしての華を持っていたように感じました。
ただアクが強い感じもするので178さんみたいにも思えるのかもね〜。


180 :踊る名無しさん:2006/08/09(水) 15:51:26
>>145-147

10作シリーズって何ですか?

181 :踊る名無しさん:2006/08/09(水) 20:47:34
>>180
1989年〜90年にかけて、NHKエンタープライズとジャパンアーツが共同企画をたて、ボリショイ
劇場で以下のグリゴロ作品を一挙収録したの。
  「白鳥の湖」「眠り」「くるみ」「ライモンダ」「ロミジュリ」
  「ジゼル」「石の花」「愛の伝説」「イワン雷帝」「スパルタクス」
勿論、キャストは当時のベストメンバーを揃えているよ。ソリストクラスに至るまで。

確か最初はNHK−BSで放送されたのかな?でもすぐにクラレっていう会社からレーザー
ディスク(懐かし・・)で発売。でもその後色々あってビデオで再発売されたりして。
今はどっかから出してるのかな?
すみません。どなたかフォローよろしくお願いしまーす。

182 :踊る名無しさん:2006/08/09(水) 22:21:26
>>181
良くも悪くも、グリゴロ贔屓のダンサーで固めていたね。



183 :踊る名無しさん:2006/08/09(水) 22:35:53
>>181
ジゼルがベスメル婆というのは、ベストとは言わないだろ。
おまけにライモンダまでずうずうしく。

184 :踊る名無しさん:2006/08/09(水) 22:57:04
あと、ニーナは出ないの??状態ね(笑)

まあでも、そのグリゴロさんの偏りぶりも含め、何か当時のボリショイらしくて
いいなー。と、個人的には思うけど。


185 :踊る名無しさん:2006/08/09(水) 23:05:55
>>178 >>179
そうそ。好みって色々だから。
以前は好きなダンサーのことを悪めに言われると「はあ?なんで?!」みたいに
いちいちムキになってたけど、ほんと、人によって受け取り方が違うから、最近
は過剰反応しなくなった。逆に、「へえ〜。あの人はこう思うんだ」なんて面白
ろがってるよん。


186 :踊る名無しさん:2006/08/09(水) 23:13:41
>>180, 181
いくつかの作品の DVD は今でも日本盤で入手可能ですが
限定生産だったため、ほとんどが在庫切れ。
ART HAUS MUSIK から出ている海外盤がアマゾンや HMV で
購入できます。価格は日本盤より安いですが、解説書が
英/仏/独の三ヶ国語のみ。

アマゾンでは「リージョン 1」と記載されていますが
実際は「リージョン 0」ですので、国産の一般的な DVD プレーヤーで
問題なく再生できます。



187 :踊る名無しさん:2006/08/09(水) 23:28:30
>>186さん。 181です。
ありがとうございました!



188 :踊る名無しさん:2006/08/09(水) 23:31:15
>>181
そういえば、一時期ボリショイといえば
ジャパンアーツだったなあ。

189 :180:2006/08/10(木) 10:18:46
>>181>>186

詳しい説明、ありがとうございます。
そういえば10年以上前、NHK-BSでよくボリショイバレエの放映があったけど、あれが10作シリーズというのか。

190 :踊る名無しさん:2006/08/10(木) 16:22:18
>>157
私も88年の「ライモンダ」見ました。
ライモンダがミハリチェンコ、ジャンがA.ファジェーチェフ、ラーマンがA.ヴェトロフでした。
ヴェトロフ悪くはなかったんだけど、後日のガラでやった第2幕抜粋のタランダがあまりにも強烈で、印象が薄くなってしまいました。
ちなみにライモンダはセミゾーロワ、ジャンはムハメドフでした。

191 :踊る名無しさん:2006/08/10(木) 21:47:42
>>190
シブいキャストでしたよね(笑)
今となっては、ヴェトロフのラーマンも見たかったかな、なんて。
ひょっとして、ジークフリートも見たんですか?ヴェトロフで。

192 :踊る名無しさん:2006/08/10(木) 23:05:35
>>191
190ではありませんが、88年「白鳥」ヴェトロフのジークフリートを見た者です。
その後の来日公演では、バヤデールや海賊の主役を踊っていたり大活躍のヴェト
ロフでしたが、当時はティボルトなど、どうしてもキャラクターの要素が強かっ
たので「王子?ええーっ!」という印象でしたね。
まあ、個性的な王子と申せましょうか。

193 :踊る名無しさん:2006/08/10(木) 23:19:24
>>190-191
88年のプログラム持ってる。ガラ公演のキャストチェックしてみたら・・・。
ベスメル&タランダの「黄金時代」、ブイロワ&ヴェトロフの「海賊」など、
懐かしい、かつ、今も見たい!と思わせる演目が。
ところで、ムハメドフの相手役のアルチューシキナって誰だっけ?!

194 :踊る名無しさん:2006/08/11(金) 21:05:38
>>186
やっぱり在庫切れだったんだ。どうりでお店にないと思った。
情報嬉しいです!!早速アマゾンでライモンダ・スパルタクス
買っちゃった〜

195 :踊る名無しさん:2006/08/12(土) 16:15:36
ライモンダといえば、例のNHKシリーズじゃなくて、セメニャーカと
ムハメドフ主演の輸入版の方を昔のダンスマガジンか何かの広告で
見たことがある。どなたかお持ちの方います?

196 :踊る名無しさん:2006/08/12(土) 20:32:31
>>195
持ってる。セメニャカはライモンダのイメージそのもの。

197 :踊る名無しさん:2006/08/12(土) 22:24:26
セメニャーカは生粋のボリショイ育ちじゃなかったから、
他のダンサー達とはビミョーに雰囲気が違った気がした。

今となっては、83年の来日公演を逃した事、とっても後悔・・・・・・・。

198 :踊る名無しさん:2006/08/13(日) 16:13:41
>>197
私もセメニャーカの全盛の頃は、生で見たことなかった。
なにかのダンス雑誌で、80年公演の写真で彼女の「ジゼル」チラっと
見ただけ。でも、それだけですごくインパクトあったです。
とても可愛かった。



199 :190:2006/08/14(月) 09:51:00
>>191
88年の「白鳥」は見ていません。
でもプログラムを見ると、ヴェトロフはジークフリートとロットバルトに名前が出ていますね。
一つの公演で王子と悪魔の両方を踊るなんて珍しいですね。
83年はまだソリストになっていなくて、ロットバルトだけを踊っていました。

200 :踊る名無しさん:2006/08/14(月) 20:56:23
ヴェトロフの顔立ちはどっちかと言うと個性的な部類に入るので、
基本的にキャラクターの方がピッタリくると思う。

201 :踊る名無しさん:2006/08/14(月) 21:03:49
>>200
163さんも触れておりましたが。

一時期、第一線のダンサーがゴソっと離脱した時(90年代アタマ)
メンバーがやや手薄になったこともあり、ヴェトロフの主役起用が
目立ってきたという背景があったようだね。


202 :踊る名無しさん:2006/08/14(月) 22:39:42
>>201
>メンバーがやや手薄になったこともあり、ヴェトロフの主役起用が
目立ってきたという背景があったようだね。

・・・・・というか、もともとヴェトロフは実力派だったってコトだね。
あのスタイルといい、ジャンプといい。

203 :踊る名無しさん:2006/08/14(月) 23:40:36
グラチョーワとのバヤデルカのビデオでは素晴らしいソロルなんだけど、
口ひげは違和感ある。剃ってほしかったな>ヴェトロフ

204 :踊る名無しさん:2006/08/15(火) 00:11:16
>>203
そう?わたしはヴェトロフの口ヒゲ好きだな。


205 :踊る名無しさん:2006/08/15(火) 11:09:37
>>197>>198
83年の「白鳥」でセメニャーカを見たよ。
とても美しくて白鳥にぴったりだった印象がある。
80年に公演なんてあったっけ?
83年の前は78年じゃなかった?

206 :踊る名無しさん:2006/08/15(火) 20:51:19
>>205さん。
80年4月発行の「The TES Graphic」に同年日本公演の巻頭特集ありました。

多分、全部は収録されてないと思うけど「ジゼル」「ガラコンサート」載って
ます。
ちなみにキャストは

「ジゼル」・・・・・セメニャカ&ワレリー・アニシモフ
        ニーナ・ソロキナ&ニコライ・フョードロフ(ペザント)
          マリーナ・レオノワ(ミルタ)
「ガラコン」・・・・セメニャカ&アニシモフの「白鳥」第二幕
          レオノワ&フョードロフの「レ・シルフィード」
          ソロキナ&ミハイル・ラブロフスキーの「ドン・キ」

てことです。

セメニャカ。当時28歳。とても愛らしいデスね。
         



207 :踊る名無しさん:2006/08/15(火) 22:03:45
>>203 >>204
ヴェトロフの口ひげ問題
アブダラーマンは、偽だったのだろうけど、そっちは似合ってたw

208 :踊る名無しさん:2006/08/15(火) 22:45:25
タランダとヴェトロフのアブダラーマンを日替わりで観た当時の
ボリショイの観客、凄く凄くウラヤマシス!

209 :踊る名無しさん:2006/08/15(火) 23:24:19
>>208
日替わりで見たヒトです。
でもどっちかというと、やっぱりタランダが良かったよ!
ヴェトロフはラーマンを「演じてる」感じだったけど、
タランダはラーマン「そのもの」でしたから。

210 :205:2006/08/16(水) 15:02:49
>>206
ありがとう!
80年にも小規模ながら公演があったんだね。
83年のプログラムに本格的な来日公演は5年ぶりと書いてあったから。


211 :踊る名無しさん:2006/08/16(水) 17:22:01
88年の来日公演は、いま思うと本当に豪華ですよね。
ゴールデン・ガラは「白鳥」と「ライモンダ」の抜粋のほか、>>193さんも書いている通り、「黄金時代」のタンゴに
ミハリチェンコとヴァシュチェンコのアダージョ、セミゾーロワ「眠り」、ファジェーチェフ「ショパニアーナ」、
ムハメドフとアルチューシキナの「ドンキ」。
「黄金時代」はこの時に見ただけ。全幕を見たかった。
今年のボリショイ公演もガラをやってくれればよかったのに。

212 :踊る名無しさん:2006/08/16(水) 22:47:08
>>211
1987年、ボリショイがニューヨーク公演をした時に「黄金時代」全幕やりました。
それ見たさに、思い切って行ってしまいました♪
ミハリチェンコ・ヴァシュチェンコ・タランダでしたよ。
ヴァシュチェンコはムハメドフと違い、正に「優等生風」?なボリス。結構良かっ
たよー。




213 :踊る名無しさん:2006/08/17(木) 00:00:11
ヴァシュチェンコ好き!

214 :踊る名無しさん:2006/08/17(木) 00:20:59
黄金時代って、そんなに日本では上演しにくいんでしょうか??

215 :踊る名無しさん:2006/08/17(木) 20:58:19
>>212
貴重な公演を見たのですね!すごいです。
当時はまだソ連時代、しかもペレストロイカ前で、それ以前に冷戦バリバリの頃
でしたよね?今じゃ何てことないですが、ボリショイがニューヨークに行ったな
んて、それだけで「エーッ!!!」としか言いようがない。

216 :踊る名無しさん:2006/08/17(木) 22:28:13
ニューヨーク公演の前年はロンドンだったんだよね。
映像化されてるし。スパルタクスとか。

217 :踊る名無しさん:2006/08/18(金) 11:05:55
なんとなく思うんだけど、観客の希望、招聘元の思惑、バレエ団の意向が
一致していないように思うんだよね。

今回の演目(ファラオ、バヤデルカ)に不満はないけど
もっと観たい、一度で良いから観てみたい、という演目って
外国行かないと観られないぞ・・・みたいな。

218 :踊る名無しさん:2006/08/18(金) 22:03:59
>>217
うん、うん。私もなんとなくそう思ってた・・・・・。

別にボリショイに限った話じゃないし、最近はそうでもなくなってきたけど、
特に70&80年代の来日公演って、とにかく「白鳥」「ジゼル」でしょ!みたいな・・・



219 :踊る名無しさん:2006/08/18(金) 22:14:39
ダンサーごとに個性の違う「白鳥」なんかを楽しむ、なんていう楽しみ方も
捨てがたいんだけどね。だけど217さんみたいに、一度で良いから観てみたい
バレエこそ、来日公演で堪能したかったなあ。



220 :踊る名無しさん:2006/08/18(金) 23:30:00
>>217-219
まあ、それもそうなんだが。
自分としては、演目よりも何よりも、
当時のダンサーの偏りっぷりの方が
ずっと気になってました。


221 :踊る名無しさん:2006/08/19(土) 01:45:46
来日メンバーと本拠地メンバーが何年経っても入れ変わらなくて、
見たかった人が一度も来日しなかったことあったなー

旧ソ連時代だから亡命の匂いがするダンサーは連れてこなかったのか
それとも本人たちが海外公演を嫌がったのかはわからないけど。

222 :踊る名無しさん:2006/08/19(土) 20:00:21
88年の来日公演だけど、一番ガッカリしたのは
セメニャーカとアナニアシヴィリが来なかったこと。
プログラムにはメンバーとして写真まで載っていたの
に。かなり不可解だったのを思い出しました。



223 :踊る名無しさん:2006/08/19(土) 22:42:04
>>221さま

当時の本拠地メンバーって、ニーナ以外だと
どんな人がいたのでしょう?

224 :踊る名無しさん:2006/08/20(日) 00:16:15
>223
まったく知られてないと思うけど
ソリストのコロリョフや息子(甥?)がいまボリショイダンサーの
バルーキンなんかを見たかったの。



225 :踊る名無しさん:2006/08/20(日) 20:32:46
>>224
Victor Barykinだね。
世代としては、ワシリエフ・ウラジミロフ・ラブロフスキー(ミハイルの方ね)
らのちょっと後だったかな。
ロットバルトもしてたし、グリゴロじゃない方の「ロミジュリ」のマキューシオ
なんかは当り役だったとか。
10年くらい前に、プリセツカヤのグループで来日してたの見に行ったことある!



226 :踊る名無しさん:2006/08/20(日) 21:58:39
バルーキンかあ・・・・。こう言っては何ですが、シブいですね>224さん。
私は、82年の時のプリセツカヤ公演での彼を見ました。
「ノートルダム・ド・パリ」でした。
パートナーは忘れました。

こうしてみるとやはり、キャラクター寄りの人だったのですね。

227 :踊る名無しさん:2006/08/21(月) 08:51:49
ヴィクトル・バルイキンは2度ほど観ました。

93年のオールスターガラでは美人で名高かったスミルノワとの
「ノートルダム・ド・パリ」、「ジゼル」。
94年には初々しかったナタリア・クラピービナとの「ノートルダム」。
(これはテレビ放映されましたよね。)

この作品はガラの中でも独特の雰囲気を醸し出していて
会場中がシーンと静まりかえっていたのが印象的でした。
どちらも感動的で素晴らしかったのをよく覚えています。

228 :踊る名無しさん:2006/08/21(月) 13:21:53
227ですが、思い出語りしてもいいでしょうか?

93年のオールスター・バレエ・ガラの神奈川県民ホール。
予定されていたポーソホフもタランダも不参加となり、
開演前のお客さんの不満度はかなり高かったのですが、
2部の「ディアナとアクティオン」で、イレク・ムハメドフが
登場してきた途端に、一瞬にして空気が変わりました。
パートナーは無名でお世辞にも上手とは言えなかったと思うのですが
サポートでも彼女をグルグルと回し、とにかくアダージョ、バリエーション、
コーダに至るまで、舞台に嵐が吹き荒れたかのようでした。

あんなにも歓声と拍手でホール中がうなるように鳴り響いたのを聞いたのは
後にも先にも経験がありません。
「イレク・ムハメドフを観ることのできた幸せな一日」を
かみしめながら、帰途についたのを思い出します。

229 :踊る名無しさん:2006/08/21(月) 15:11:11


34:NHK名無し講座 :2006/08/20(日) 23:32:09.83 ID:yCwNzBHG
バレエ業界はようわからんな。
客層はどういう人たちなんだろ?

89:NHK名無し講座 :2006/08/20(日) 23:40:07.99 ID:3XaMTiyT >>34
クラシックバレエは日本だと腐女子
海外だとブルジョワと貴族たちの楽しみ

コンテンポラリーダンスは関係者&スノブ用




230 :踊る名無しさん:2006/08/21(月) 18:24:26
>>228
ムハメドフは、太ももだけ(?)見ると「・・・・・・・。」
という感じだけど、いざ踊ると、重さを感じさせないのがスゴイ
と思う。あ。でも、ロイヤル移籍後は、結構引き締まったかな?

と、何だかよくわからない書き方しておりますが、結局、好きで
すよ。ムハメドフ!


231 :踊る名無しさん:2006/08/21(月) 19:00:30
ロシアではワシリーエフ、ムハメドフのように
がっしりした男の中の男!みたいなダンサーって
人気ありますよね。

日本やアメリカなどはスリム指向かな?

私もくるみ割りの花のワルツで出てくる紫の衣装の男性とか
あまり太ももがっしりだとちょっと「・・・・・・。」かも。

232 :踊る名無しさん:2006/08/21(月) 19:29:54
>225-227
そう!Victor Barykin。超個性派。知ってた人がいてよかった。
思い出話をありがとう。
王様役なんかでまだ時々舞台に出てると聞いた。
ペトホフの新作シンデレラではバルーキンがストーリーテラーらしいの。

233 :踊る名無しさん:2006/08/21(月) 19:37:47
代々ボリショイの男性は
男臭い系、王子様系、個性派キャラダン系の3つに分かれる気がする。

この3つが揃ってるバレエ団ってそうないんだよね、実は。

234 :踊る名無しさん:2006/08/21(月) 20:42:54
「明るい小川」とか観てるとよくわかる。
ひとりひとりがそのキャラクターになりきっているんだよね。

適材適所という言葉がぴったりなくらい、
職人芸的なダンサーがはまり役を演じているから
(結局は層が厚いんだろうね。)
全幕物での盛り上がりがすごいんだろうね。

235 :踊る名無しさん:2006/08/21(月) 21:42:54
>>233
>代々ボリショイの男性は
男臭い系、王子様系、個性派キャラダン系の3つに分かれる気がする。

・・・・・私個性派キャラダン系だ。
特に、ミハイル・シャルコフ。

236 :踊る名無しさん:2006/08/21(月) 22:09:39
それにしても、70&80年代ボリショイは、男臭い+個性派ダンサーが
とりわけ突出してたね。
例えば、マリス・リエパは勿論王子様も良かったらしかったけど、彼の
個性を一番引き出していたのはクラッススのような役だったのではな
かったかと。

237 :踊る名無しさん:2006/08/21(月) 22:16:57
>232さん
バルイキン、80年代にダンチェンコ劇場であったガラのゲストで
「ワルプルギスの夜」をマルガリータ・ドロズドーワと踊ったのを見ました。

彼が出てきただけでお客が凄い拍手。人気者でしたねー
あまりの熱狂ぶりに踊る前にレベランスがあったんです。初めて見ましたよ。
それも男性で。そして主役じゃないのに。w

238 :踊る名無しさん:2006/08/21(月) 23:10:40
ダンチェンコ懐かしいな。
名前は思い出せないけどいいダンサーがいたよね。
頻繁に来日してくれたのに最近はどうして来なくなったのかな。

スレ違いスマソ。

239 :踊る名無しさん:2006/08/21(月) 23:20:32
スレ違い、もう少々しつれいいたします。

84年だったかな。まだバレエを見始めて間もなかった私は、ボリショイと
「モスクワ音楽劇場」との違いがわからず、「何だ、ボリショイじゃない
じゃ〜ん」などと文句タラタラだったんですが、実際見てみるととても良
かった舞台だったのを覚えています。

当時は割りと珍しかったドン・キホーテ。しかも、デビュー間もないスミ
ルノワの美しさは、今でもはっきり記憶してますよ!

240 :踊る名無しさん:2006/08/22(火) 00:29:04
マルガリータ・ドロズドーワ!
明るい太陽のようなキトリ、あまりに劇的で胸をかきむしられる白鳥の湖、
どれも名演で一流のダンサーであり名女優でした。
中学生だった私に滂沱の涙を流させたオデットは生涯忘れられない。

ああ、ごめんなさい。ボリショイスレなのに・・・

241 :踊る名無しさん:2006/08/22(火) 00:53:30
1986年のプリセツカヤとロシア・バレエのスター達公演で
ワルプルギスの夜をみました。
この年は、プリセツカヤも「瀕死の白鳥」だけじゃなくて
「バラの死」「子犬を連れた奥さん」など、ここ何年はと
りあげられなかった作品もあって見ごたえありましたよねえ。

NHKでもやりましたね。ああ。録画しておくんだった・・・。

242 :踊る名無しさん:2006/08/22(火) 10:13:46
ダンチェンコのダンサーとボリショイのダンサーが一緒になったガラ、
割と多かったですよね。
静岡のグランシップとか、ゴールデン・ロシア・ガラ(だったかな?)とか。

同じモスクワだし、出身校は一緒だったりと、結構仲いいのかな?

ヤーニンもダンチェンコからの移籍組でしたのものね。
彼がダンチェンコ時代に日本で踊った白鳥の道化、
いまだに忘れられません。

243 :踊る名無しさん:2006/08/22(火) 11:19:30
ダンチェンコのダンサーは親しみやすいですよね。
おっとボリショイスレなのに。。。
私も、ドロズドーワ、確かドンキ・白鳥全幕をみましたよ。
あそこの版は、グリゴロの造形美と違って物語がわかりやすいですよね。
キリーロフも背が高くてカッコ良くて好きだったな。
あのころ、王子っぽいボリショイダンサーがヴァシュチェンコしか
いなくて?好きでした。
ファジェーエフはちょっとずんぐり?してたし。


244 :踊る名無しさん:2006/08/22(火) 17:56:29
ファジェーチェフ、いまだに好きなのですが
「あごが・・・。」とか「体型が前時代的。」とか
結構言われていたので私は打たれ強いファンになりました。w

でもニーナのコンサートにおいて、ドン・キのディベルティスマンの
コーダで見せたステップなど、玄人受けする音楽性などが
とても豊かな人だったと思います。

広い胸板とどっしりした腰回りはお父様そっくりで
パートナーからの信頼が厚いところもよく受け継いでいましたよね。

245 :踊る名無しさん:2006/08/22(火) 21:11:00
キリーロフは長身でハンサムでしたよねー。
当時のドロズドーワの旦那さんですね。(いまはレドフスカヤの旦那さん)

ヤーニンの道化、たしかドロズドーワの白鳥のときだったんじゃないかな。
若く溌剌としててキレのいいダンサーでその時からのファンです私。
ヤーニンはボリショイバレエ副監督ですよね。まだ替わってなかったら。

246 :踊る名無しさん:2006/08/22(火) 22:52:20
>>244
>「あごが・・・・・」

ごめん。結構ウケたよ。

247 :踊る名無しさん:2006/08/22(火) 23:02:53
>241
それたしかビデオで持ってた!早くDVDに焼かなくちゃ。
ベータデッキのほうがイカレてきた。

248 :踊る名無しさん:2006/08/22(火) 23:14:37
>>247
いいな。いいな。

「バラの死」が特に見たい。プティ振付だったよね。
パートナーは、ボリス・エフィーモフ。本公演にはあ
まり来なくて、プリセツカヤとか90年のグループ公演
に主に登場したって印象強いな。

249 :踊る名無しさん:2006/08/22(火) 23:36:23
>247
それってチェルノブロフキナが
ダンチェンコに入る前の初々しい姿で登場する奴?

250 :踊る名無しさん:2006/08/22(火) 23:40:01
みんなで昔話ができていいなあ。
ダンチェンコがOKなら昔のキーロフもオケ?

んなわけないか。w
別スレ立ててもここほど盛り上がらない気がス。

251 :踊る名無しさん:2006/08/23(水) 00:37:14
キーロフ回顧スレがあると仮定してみる。

コルパコワ、マカロワ、メゼンツェワ、チェンチコワ
ヌレエフ、ソロヴィヨフ、ベレジノイ、バリシニコフ・・・・

明らかに、ボリショイとはカラーが違うかんじだ。
個人的には、楽しそう♪



252 :踊る名無しさん:2006/08/23(水) 01:28:34
私が観たヤーニンの道化は、テレビでも放映のあった
チェルノブロフキナとサバブーリンの時のもの。

わかりやすいブルメイステル版でとても楽しかったなぁ。
でも招待券だったので(2階右端)、最後の王子と悪魔の闘いが
何にも見えず、あれよあれよという間に幕。
周りの人と「まあ、しょうがないか。」と苦笑いでした。

253 :踊る名無しさん:2006/08/23(水) 01:35:58
>250

ザハロワやメルクーリエフがボリショイに移籍したり、
ロパートキナが「バラの死」を踊るらしいときいた日にゃ、
キーロフもボリショイもないよね。

でもキーロフ回顧スレがあったら、それはそれで
なかなか豪華な顔ぶれになるんじゃない?

254 :踊る名無しさん:2006/08/23(水) 12:56:20
>>244さん
ファジェーチェフ、玄人うけする名パートナーだったですが、
印象がおとなしいというか、ごめんなさい。
あのころ、パリオペのP・デュポンとかがド派手に活躍してたんで
がんばってくれ〜と思ってました。
やっぱ、ミーハー的には長身で白マントをひるがえすウヴァだなあ。w

>>249さん
チェルノブロフキナがダンチェンコに入る前の初々しいオーロラ
は82年のプリセツカヤのグループだったと思います。
あんなにかわいらしいオーロラはその後みたことがありません。

255 :踊る名無しさん:2006/08/23(水) 14:55:54
ファジェーチェフ、24歳頃の映像でティモフェーエワと
ワシリーエフ作のマクベスを全幕で踊っているのがあるんだけれど
鬼気迫る演技と確実なリフトなど、本来はこういった部分で
かなり優れたダンサーだったのでは・・・と思ってしまう。
観てはいないけれど「イワン雷帝」でもタイトルロールを踊ってるし。

私が彼を知った時点で既に30歳。

この人とポーソホフは、リアルで王子様の年齢の時に
生で観てみたかったです!

256 :踊る名無しさん:2006/08/23(水) 21:31:05
>>254さん
チェルノブロフキナの初お目見えは、86年のプリセツカヤ公演だったと思います。
ほかに、クラピーヴィナ&クラピーヴィンも
(又ダンチェンコネタに戻ってしまったw)

>>255さん
ファジェーチェフのマクベス、ひょっとしてレーザーディスクでお持ちですか?
うかつなことに、引越しに紛れて失くしてしまった・・・・・・!
彼とイワン雷帝って結びつかないんだけど、どんな感じなんでしょうかね?

257 :踊る名無しさん:2006/08/23(水) 21:55:53
>256

マクベスはクルターのビデオです。

以前ボリショイ来日中にどこかのお寺のギャラリーで
アメリカのボリショイファンの男性のコレクションや写真を
展示していたことがあって、そこにイワン雷帝の写真が
あったのですよ。

ファジェーチェフ、ムハメドフ、シャルコフは
ほとんど同じくらいの身長と年齢ですよね。
三人とも一生懸命練習しましたよって感じの
太ももの持ち主。w

ウヴァーロフ、ツィスカリーゼあたりから
ダンサーの体型が変わってきたんですよね〜。

258 :踊る名無しさん:2006/08/23(水) 23:14:56
>>257
そんなイベントがあったのですね。お寺・・・・ってのがミソですね。

93年来日公演、ウヴァのロミオを初めて見た時確かに変化は感じました。
その時ははっきり理由は言えませんでしたが。
私自身は、ムハメドフとかシャルコフ辺りのダンサーには、今でも親しみ
?を感じますね。あのずんぐりというか太もも、明らかにボリショイを象
徴していましたから。

259 :踊る名無しさん:2006/08/23(水) 23:54:18
ムハメドフって表情豊かだよね。

260 :踊る名無しさん:2006/08/24(木) 00:15:52
スタイルや技は確実に進歩してるけど、
演技力や見得の切りかた(っていうの?バレエも)や眼力は
むかしのダンサーのほうが凄かったかも。

261 :踊る名無しさん:2006/08/24(木) 00:37:36
ヴァシュチェンコのノーブルな(?)見得の切り方も
好きかな〜

262 :踊る名無しさん:2006/08/24(木) 01:02:51
今のダンサー達は個性が薄いね。
まあツィスカリーゼとか特異な人もいることはいるが・・


263 :踊る名無しさん:2006/08/24(木) 12:30:26
ツィスの個性は勘違いの方向にいってるような。

回顧スレですね、やめます。

264 :踊る名無しさん:2006/08/24(木) 13:35:34
やっぱりグリゴローヴィチが採用していたダンサーが
ドンキやスパルタクスむきの男性だったからかしら。
マラーホフやラトマンスキーはだめだったんですよね。
よく、ボリショイのレッスンを批判する先生が、
ああいう風に太ももに筋肉がつく、という言いかたをしますが、
レッスン方法も変化した以上に、ダイナミックなダンサーを採用してたら
そういう体型だったというのもあるかも。

265 :踊る名無しさん:2006/08/24(木) 17:33:41
>>256
86年のプリセツカヤ公演行きました。
マクシモワが出演するはずだったんですよね。観られなくて残念。
この時オーロラを踊ったチェルノブロフキナは、まだサラトフ劇場所属でした。

266 :踊る名無しさん:2006/08/24(木) 21:29:27
86年のプリセツカヤのグループ公演は、その後も連綿と続く彼女の座長(?)
公演の中でも、かなり充実してたね。瀕死の白鳥も、まだまだ踊りにハリが
あったし。当時プリセツカヤ、既に61歳(!)だったけどね。

267 :踊る名無しさん:2006/08/24(木) 23:05:40
>>264さんも書いているように
グリゴロ好みって、ドンキやスパルタクスむきの男性ダンサーだったのだね!
ワシリエフやムハメドフに代表される。

裏をかえせば、グリゴロのコンプレックスが透けてみえません?
考えすぎかな。でも、筋肉質でガッチリして、ダイナミックとは明らかにタイ
プだったと思われるので。現役時代が。

268 :踊る名無しさん:2006/08/24(木) 23:33:11
ワシリーエフはグリゴローヴィッチには好かれてないのよ。
マイヤと同じくボリショイの中では完全に反体制派。
あんな大スターだったのに後年はほとんどホサれた状態で
夫婦で踊る場所を求めて国内を巡業して回ってた。

グリゴローヴィッチはワシリーエフを危険視してた。
自分の立場を危うくする人間だとわかってたんだと思う。
リエパにも同じ危機感を抱いて途中から冷遇したよね。

元はキーロフのキャラダンで、たしかに267さんがいうとおり
スターに対するコンプレックスはすごかったんじゃないかな。
自分の振付作品にはキャラダン活躍の場が多いのも
そういうコンプレックスの裏返しなんだと思う。

269 :踊る名無しさん:2006/08/24(木) 23:54:47
ワシリーエフはダイナミックなスパルタクスのイメージが強いのかな。
私はロマンティックバレエの彼のほうが好き。王子様も良かったもん。

270 :踊る名無しさん:2006/08/25(金) 00:38:14
>>267
グリゴローヴィチのダンサー現役時代ってことですか?
うーん、見てみたいような見たくないような。
たしかにガッチリはしてなさそう。

マッチョ系のダンサーを重用するのは
自分の振付作品の傾向に合うからかと思ってました。
個人のカンパニーでもないのに
偏りの強い芸術監督は問題あると思うけど
振付師としてはやっぱり好きだなぁ…グリゴロおじさん。

271 :踊る名無しさん:2006/08/25(金) 00:53:43
ワシリーエフが芸監解雇されたあとグリゴロがバレエコーチとして
ボリショイに戻ってきたときベテランダンサーたちが猛反発したんだよね。
恐怖政治の旧体制に戻ることを恐れたのかな。
グリゴロバージョンはボリショイの財産だけど本人は招かざる客なのか。

272 :踊る名無しさん:2006/08/25(金) 10:47:23
グリゴローヴィチ版はマイムより踊りで物語が展開していくので
スピーディなところがとても好き。
白鳥も眠りも王子は必ずジャンプで登場して、ひとしきり踊る。
あれを見慣れてしまうと他の版での登場シーンが物足りなくなる。

スパルタクスでも登場人物の音と動きが象徴的で
とてもわかりやすいし。

ただ、バレエ団における人材登用の点ではかなり問題があったみたいだね。
プリセツカヤ、ワシリーエフ、アナニアシヴィリなどトップダンサーを
ことごとく冷遇していたしね。

273 :踊る名無しさん:2006/08/25(金) 11:12:08
男性を踊って踊って踊らせるあの振付は私も大好き!
王子の出番がないあの眠りも、グリゴロ版だと
王子登場シーンからおおっと思わせるよね。

274 :踊る名無しさん:2006/08/25(金) 11:27:32
ワシーリエフは憧れのダンサーだが、
振付家としてはどうも。。
やっぱ、グリゴローヴィチは最高だと思う。
奥さんばっか重視といわれてたが。
(奥さんにあいそうな相手とかね。)

グリゴローヴィチってドキュメンタリービデオをみたけど(クルター?)
あのバシバシとポーズときめさせる振り付けだと、
やっぱ、やわらかいダンサーは限られてくると思った。
いや〜怒鳴りまくって自分がガシガシ動いてましたね。

275 :踊る名無しさん:2006/08/25(金) 11:59:33
それ何ていうビデオですか?
とても見てみたいです。

276 :踊る名無しさん:2006/08/25(金) 12:30:40
>>275さん
274です。KURTERでしたっけ?輸入盤をチャコットで購入しました。
グリゴローヴィチってズバリのタイトルです。
字幕がないので、さっぱわからず、つまらないが、
彼の熱血指導がみられるドキュメンタリーです。
ニーナとリエパのロミジュリちょっととか
黄金時代のシーンがでてます。

277 :踊る名無しさん:2006/08/25(金) 13:49:16
グリゴロのバージョン以外で
当時のボリショイ見てないから
これがボリショイなんだと思ってたな。

いまだに自分がそのイメージ引き摺るのも
どうよ?ってとこあるけど。

278 :踊る名無しさん:2006/08/25(金) 21:35:46
グリゴロの、男性中心の一種マッチョなスタイルは、
当時の社会主義体制の影響が強かったんだね。

・・・・・・と、過去のダンス雑誌の記事で、そんな事書いて
あったなー。と思い出したが、90年以降明らかにボリショイ全
の傾向が変化したのを考えると、社会主義うんぬん・・・・は
当ってるかもな、とナットクした次第。

279 :踊る名無しさん:2006/08/25(金) 22:39:05
>>268サン

1981年の「ballet & dance」(テス・カルチャーセンター発行)
に「ボリショイの内紛表面化-プリセツカヤとグリゴローヴィチ
の反目-」という記事が出ていました。
私は、これを読み、初めてこの問題について知りましたが、考
えてみると当時日本の雑誌で、既にはっきりと記事にしていた
なんて、スゴイと思いませんか??


280 :268:2006/08/25(金) 23:53:24
>279
そんな記事があったんですか。その雑誌すら知らなかった。
当然ながら当時の日本公演パンフはそんな内紛劇には
一言もふれてないですね。あたりまえか。

ボリショイ来日公演のメンバーにマイヤが入らないことで
なーんかキナ臭いなぁと気づいたのは80年代になってからでした。

281 :269:2006/08/25(金) 23:56:56
すみません↑自分のレス番間違えちゃった!

268さんごめんなさい。

282 :踊る名無しさん:2006/08/26(土) 00:09:31
279さんが触れていた雑誌とは、今でも舞台写真家をしておられる方が
1977年に創刊したバレエとモダンダンスのグラフ雑誌のことですね。
当時はあの「ダンスマガジン」も登場する前で、バレエ雑誌が本当に
珍しかったので、たまに買っていましたよ。

値段が高めなのがイタかったですが。(2000円くらいした)

283 :踊る名無しさん:2006/08/26(土) 00:15:15
当時で2000円って大痛ですね。

284 :踊る名無しさん:2006/08/26(土) 02:22:12
>279です。

その記事によると、記事を書いた舞踊評論家がグリゴロとの確執について
実際にプリセツカヤ本人に聞いたんだって。
(それもスゴいけど)
そしたら「グリゴローヴィチさんが・・・」と通訳が評論家氏に言ってい
るのをしっかり聞きつけたプリセツカヤが
「‘さん’をつけるな。グリゴローヴィチと言え」
ってツッコんだらしい。

・・・・・‘さん’の意味、わかってたんだね・・・・・(汗)。

285 :踊る名無しさん:2006/08/26(土) 11:14:57
当時キーロフで「石の花」を振り付けたり、頭角を顕していた
グリゴロをボリショイに呼ぶのに尽力したのが、ほかならぬ
プリセツカヤだったらしい。皮肉なことに、自分が招聘した
グリゴロに敵対され、役も奪われ、反主流派にならざるを得なかった
プリセツカヤの悔しさは想像するにあまりある。だから、「さん」付けも
許せなかったほど、怒りが凄かったのかも。

286 :踊る名無しさん:2006/08/26(土) 15:37:15
ボリショイのバレエマスターだった
ヴェトロフの父親がグリゴロと犬猿で、
息子の活躍が阻止されたっていうのも本当なの?

287 :踊る名無しさん:2006/08/26(土) 19:57:26
1986年のプリセツカヤの公演、ビデオに残してあったよ。プリセツカヤのパートナーだったエフィーモフ
知的で物静かでセクシーで大好きだった。今はどうしているのだろうか。

288 :踊る名無しさん:2006/08/26(土) 20:20:28
色んなダンサーの引退後や移籍後、
どうしていたのか知りたい。

289 :踊る名無しさん:2006/08/26(土) 21:43:15
とにかくプリセツカヤの 瀕死の白鳥は今でも記憶に焼きついている、ヤッパシ
西洋人、体型が違うし、技術もあるし、芸術性も演技力も皆、満点だった。
完璧!

290 :踊る名無しさん:2006/08/26(土) 21:46:07
>>287
私も。豪快ダンサーが多かったなか、彼みたいなタイプは貴重でしたよね!

ところで、ウラジーミル・デレヴィヤンコって懐かしい。88年のバレエフェ
スに登場したり、その後ドイツのバレエ団のディレクターになったりだった
けど、今は元気なのかな。

291 :踊る名無しさん:2006/08/26(土) 21:51:02
>>286
本当?
それにしては、割とヴェトロフ活躍してたと思ったけど。

292 :踊る名無しさん:2006/08/26(土) 22:50:41
ヴェトロフはキャラクテールとしてのキャリアのほうが長いけど
それはグリゴロがなにか関係してたのかしら。

293 :踊る名無しさん:2006/08/26(土) 22:57:03
ヴェトロフはむしろ優遇されてたのかと
思っていた。グリゴロが追放された時、
一緒に出たんじゃなかったっけ?グリゴロの創った
カンパニーのプリンシパルもやったように記憶してますが。

294 :踊る名無しさん:2006/08/26(土) 23:36:15
・・・・・うーん。でも、20そこそこのコール・ドだったヴェトロフに
ティボルト役を与えたということは、決して冷遇されてた訳でもなかっ
たのでは?キャラクターとはいえ、「ロミジュリ」の中でも重要な役で
しょ。ティボルトは。



295 :踊る名無しさん:2006/08/26(土) 23:41:42
ヴェトロフはキャラクターだけじゃなくって、王子役も多かった気がする。

296 :踊る名無しさん:2006/08/26(土) 23:48:02
むしろグリゴローヴィチ寄りだったために
その後残れなかったのでは?

ノヴォシビルスクバレエのスパルタクスでもクニャジコーワと共に
出演していたし、あの時はたしかグリゴローヴィチがカーテンコールに
出てきたように記憶してる。

297 :踊る名無しさん:2006/08/26(土) 23:52:41
私は、ヴェトロフは正統派もキャラクターも両方イケる、幅広さを
持ったダンサーだったと思っているよ。

>294さんも書いているけど、ティボルトはほとんどプリンシパル級
の役柄じゃないかな。何しろゴドノフが初演だったからね!





298 :踊る名無しさん:2006/08/27(日) 00:43:44
>>288
来日公演でジゼルのミルタを踊ってたタチアナ・ラストルグエワは
グルジアバレエ(ニーナが芸監)をファジェーチェフと一緒に
手伝ってるみたいですね。

最近のニーナの記事を探してたらこういうのが出てきました。
出産後1ヶ月のニーナの写真も載ってます。
ttp://www.georgiatoday.ge/article_details.php?id=1058

299 :踊る名無しさん:2006/08/27(日) 00:59:20
>>298さん
ニーナの記事&写真ありがとうございます!
出産後のニーナ、変ってなくてほっとしました。
相変わらずの小顔で可愛らしい。

300 :踊る名無しさん:2006/08/27(日) 01:17:28
ラストルグーエワ、ファジェーチェフの奥様ですよね?

301 :踊る名無しさん:2006/08/27(日) 13:46:53
ヴァレンティーナ・コズロワっていたよね?
夫婦揃ってボリショイにいた。
でも亡命してNYCBに移籍したから、ボリショイって
イメージ薄いかなあ。
シティバレエ辞めたあとどうしているのか知りたいな。
どなたかご存知ですか??

302 :踊る名無しさん:2006/08/27(日) 16:20:29
>>301
コズロワ、確か自分の小グループ作ってニューヨークで公演したりしたのは
10年くらい前にチラっと見かけたけど、その後は知らないなあ。

303 :踊る名無しさん:2006/08/27(日) 18:22:35
>>298
私も見ました。ニーナは可愛くて、昔から大好き。
ABTとかで頻繁に踊るようになってから、垢抜けて特にステキに
なりましたよね!

304 :踊る名無しさん:2006/08/28(月) 15:18:36
「黄金時代」の全幕上演が日本ではなかったという話でしたが、グリゴローヴィチがボリショイの若手を集めてつくったボリショイ劇場グリゴローヴィチ・バレエ団の1984年公演でありました。
私の記憶では舞台装置もコールドも大掛かりではなかった印象ですが、本場ボリショイよりかなり省略されていたのでしょうか。

この時主役を踊ったクニャジコーワは、>>296さんが書いている通り1998年のノヴォシビルスク公演でも、グリゴローヴィッチ率いる2000年のクラスノダールバレエ公演でも踊ってましたね。

305 :踊る名無しさん:2006/08/28(月) 21:20:57
>>304
「黄金時代」が上演されたのは、94年の来日の時じゃなかったですかね?
「ラ・フィユ・マル・ガルテ」もやった年だったと思いました。

私は「ラ・フィユ」でクニャジコーワ見たんです。本家ボリショイとは一
味違う繊細な感じのダンサーだと思いました。




306 :踊る名無しさん:2006/08/28(月) 22:51:39
92年に最初に来た時は
「ボリショイ・バレエ・グリゴローヴィチ・バレエ団」
という名称だったんだよね。
でも、それじゃさすがに紛らわしいと思ったか、次の来
日時は
「ユーリー・グリゴローヴィチ・バレエ団」
になってた。

その頃、アナニアシヴィリもダンスマガジンのインタビューで
「むやみにボリショイを名乗るな」
見たいな事言ってたっけ。

307 :踊る名無しさん:2006/08/28(月) 22:59:04
ニーナがそんな言いかたしたの?
よほど憎んでたのね。
今は和解したのかな。また再評価されてるし、グリゴロ。

308 :踊る名無しさん:2006/08/28(月) 23:38:49
グリゴロは奥さんであるベスメルトノワを50近くになっても起用したと
けっこう悪口叩かれましたけど、彼女はなにより怪我が少なかったし
出番があれだけ多くてもまず一定のレベルを保てるダンサーだったので
重用できたんだと思います。

309 :踊る名無しさん:2006/08/28(月) 23:43:16
ベスメルの真骨頂はジュリエット系なんだから、白鳥をはじめとして
あらゆる主役に妻を起用したグリゴロはあきらかに職権乱用。


310 :踊る名無しさん:2006/08/29(火) 01:29:42
そう、たしかに怪我が少なかったわ。
来日公演キャンセルしたこと一度もなかったかも・・・

違うダンサーがキャンセルして彼女に変更されて
ほとんどぶっ通しで彼女が踊ったことがあった気がする。
体力もあるダンサーだったのよね。

311 :踊る名無しさん:2006/08/29(火) 05:29:48
私はグリゴロ好きだけど、最初にあの振付・演出で踊ることを要求されたダンサーは
反発しただろうな。身体を極限まで使わせるし幕間の休みなし二幕連続で上演したり
で労働組合があれば問題になりそうだ。見る人は退屈しなくていいけど。

312 :304:2006/08/29(火) 09:34:17
>>305
すみません。84年じゃなくて94年の間違いです。
自分では94年と書いたつもりなのに・・・orz

グリゴローヴィチ・バレエ団は92年と94年に来日しましたが、まもなく消滅してしまいました。

313 :踊る名無しさん:2006/08/29(火) 11:17:07
たしか、ボリショイのスタジオを間借りして
グリゴロがダンサー集めたバレエ団でしたね。
「ラ・フィユ・マル・ガルテ」はカラーがあいませんでした。
日本のTバレエ団で根岸さんがアランのアシュトン版がよいと思ったくらいで。
グリゴロは勇壮じゃないと。

314 :304:2006/08/29(火) 16:29:54
>>313
94年公演は「黄金時代」だけ観て、「ラ・フィーユ・マル・ガルテ」は観ませんでした。
確かにカラーが違いますね。
根岸正信さんがアランを踊ったのは、Mバレエ団で観ました。根岸さんのアランは日本一、いや世界一かも。

315 :踊る名無しさん:2006/08/29(火) 21:22:51
>>307さん

94年の「D ZONE」誌上にニーナのインタビューが掲載されてました。
それによると、さすがに「むやみに名乗るな」とは言っていなかった
ようですが、(当時)ボリショイの芸監を勤めながら別の団体を組織
しているのはどうしても理解できない、という趣旨のことが書いてあ
りました。

あと「一般の観客にはボリショイ・バレエ・グリゴローヴィチ・バレ
エ団と、ロシア国立ボリショイ・バレエと言われたってよくわからな
いでしょう?・・・・(略)本当は全く違う団体なのよ。」とも。

グリゴロを憎んでいたというより、ニーナが本当にボリショイを愛し
ていることがこのインタビューでわかりました。

長文スミマセン。

316 :踊る名無しさん:2006/08/29(火) 22:39:23
307です。>>315さん
そういう話し方なら納得です。

317 :踊る名無しさん:2006/08/29(火) 23:54:47
憎んでいたかはわからないけど、ニーナは相当グリゴロのやり方に
不満を持っていただろうね。


318 :踊る名無しさん:2006/08/30(水) 23:31:45
>>308

私結構ベスメルトノワって好きだった。
パッと見の派手さはないけど、独特の存在感があったと思うので。
ジゼルとか「スパルタクス」のフリギアとか良かったな。

319 :踊る名無しさん:2006/08/31(木) 00:15:09
若い頃は姫キャラの似合う可愛いダンサーだったと母が言う。
だた当時としては体が大きかったので組む相手が限られた。

320 :踊る名無しさん:2006/08/31(木) 10:37:09
>>314さん
313です。私もTじゃなくMバレエ団の間違いでした。
根岸さんとバレエ団の熱演にびっくりして、
グリゴロもみたのですが、
コミカル+ほのぼの系はあわなかったです。

321 :踊る名無しさん:2006/08/31(木) 21:21:55
初ボリショイがベスメルで
当時もう40代だった。
人材のいないバレエ団だなーと。

その後、ここまでハマるとは。

322 :踊る名無しさん:2006/08/31(木) 21:49:58
グリゴロ版「ロミジュリ」のジュリエットも「スパルタクス」のフリギアも、
キャラクター的にちょっと弱い部分があるので、ちょっとやそっとのダンサー
が演じると、本当に存在感が弱くなって「いてもいなくてもいい役」になりが
ちだと思うんですよね。
その点、ベスメルトノワは彼女なりの個性を付けて踊っていたように感じまし
た。

・・・・・と、私は思うんですけどね。決行彼女って、好き嫌いわかれるみた
いですよね。

323 :踊る名無しさん:2006/08/31(木) 21:51:29
322です。
×決行
○結構

でした。すみません。焦ってました(笑)

324 :踊る名無しさん:2006/08/31(木) 23:02:11
ベスメルだろうが誰だろうが、グリゴロ版のジュリエットはインパクトが
無さ過ぎだよお。というか、ロミオに重点を置いているのかな?

325 :踊る名無しさん:2006/08/31(木) 23:10:07
>>324
グリゴロ版「ロミジュリ」はティボルトが主役。

326 :踊る名無しさん:2006/08/31(木) 23:18:29
>>325
マキューシオじゃないの??

327 :踊る名無しさん:2006/09/01(金) 01:21:22
話d切り、皆さんご存知だと思いながら
子供時代のマクシモワとワシリエフだそうです。
ttp://www.youtube.com/watch?v=i0zHA6dMrf8

YouTubeを泳いでいたら、ここで何度か話題になっている
「黄金時代」が数本ありました。
どれも短い映像でしたが、なんというか粋でお洒落な感じで
通しで観てみたいです。

328 :踊る名無しさん:2006/09/01(金) 03:34:30
>>326
断然ティボルトですよ。わたし個人の観点としては。

329 :踊る名無しさん:2006/09/01(金) 11:23:56
83年の来日公演のロミジュリでは、
圧巻はティボルト+男性コールドでした。
コールドは、スパルタクス程度にすごかったです。

330 :踊る名無しさん:2006/09/01(金) 13:52:04
83年見たはずなんだけど、
ティボルトだれだったかなー。

乱闘場面の群舞の凄まじさ!
音楽がまた緊迫感煽るんだよね。

331 :踊る名無しさん:2006/09/01(金) 15:09:50
329です。私はゴルデーエフがロミオの日で、
ティボルトは、1974年ヴァルナ1位の男性?!だったと思うのですが。。
(森下さんが女性1位でブフォネスと同位?)
実家にプログラムあるのでわからないです。
ゴルデーエフがかすんじゃいましたからね。


332 :踊る名無しさん:2006/09/01(金) 15:13:58
331の続き
で、その前にシュツットガルトの伝説のハイデ&クラガンの公演があり
バルコニーシーンで感涙したので、ちょっとバルコニーは物足りなかった。
ボリショイは、男性コールドだな、と納得しました。

333 :踊る名無しさん:2006/09/01(金) 21:49:25
>>329=331さん
ゴルデーエフのロミオご覧になったんですね!
とってもウラヤマシイです・・・・。


334 :踊る名無しさん:2006/09/01(金) 22:44:55
では、ジュリエットはパヴロワだったのですね。

335 :踊る名無しさん:2006/09/01(金) 22:54:06
ナデジタ・パヴロワって、どうしても魅力がわかんない。
期待の新人としてボリショイに入団したんだよね。
ロシア人好みのダンサーは私好みじゃないということか。

336 :踊る名無しさん:2006/09/01(金) 23:19:05
ナデジタ・パヴロワ

第二回のモスクワ・コンクールで、数少ないグランプリ受賞者だったね。
その後ムハメドフ、アナニアシヴィリ、マラーホフくらいしか受賞しなか
ったという超・貴重な賞だったんだよね。
それで天才少女として騒がれたから、83年来日を見逃した者としては、そ
の後の活躍を大いに期待してたんだけど。
何だか尻すぼみになっちゃって、残念だったなあー。

337 :踊る名無しさん:2006/09/02(土) 16:21:05
パヴロワって何かいつも悲しげな表情で、地味な
ダンサーということしか覚えてないです。

338 :踊る名無しさん:2006/09/02(土) 19:20:24
いつも悲しげな表情で、地味なダンサー、はキーロフの
エレーナ・エフチェーエワがそうだった。

339 :踊る名無しさん:2006/09/02(土) 21:15:14
>>338
何となくベスメルトノワに似てると思った。


340 :踊る名無しさん:2006/09/02(土) 21:57:32
>330
アレクサンドル・ヴェトロフ?

341 :踊る名無しさん:2006/09/02(土) 22:58:38
>330 >340

ヴェトロフ当時21歳。
あの足の長さは奇跡ですねー。

342 :踊る名無しさん:2006/09/02(土) 23:14:02
>>339
エフチェーエワとベスメルトノワ?
黒髪つながりだし二人とも静か目な雰囲気ではあるけど、
エフチェーエワはベスメルみたいな素っ気なさはあまり
かんじないな。
「青い鳥のパ・ド・ドゥ」を映像で見たくらいだけどね。

343 :踊る名無しさん:2006/09/03(日) 12:01:56
>340-341
ヴェトロフだっけ?ファンなのにどうして覚えていないのか。年か・・・

>232
遅レスでごめんね。Victor Barykinロンドン公演のシンデレラに
ストーリーテラーで出てたよ!出番短いのに圧倒的な存在感。
独自のあの雰囲気はむかしのままでカッコよかったです。

ロンドン公演にはドンキにマルハシャンツも出てくれた。職人芸を堪能。

344 :踊る名無しさん:2006/09/03(日) 13:15:35
>>343
私ヴェトロフの日で見ましたよ。83年。
けど74年ヴァルナ1位の人ってのがやっぱり思い出せないな。
森下・ブフォネスはよぉーく覚えてるんですが。



345 :踊る名無しさん:2006/09/03(日) 16:57:34
遅レスですがヴィクトル・バルーキン。
大むかし、プリセツカヤの「カルメン組曲」見たっけ。
ホセの恋敵、というか上官みたいな役で割かし目立ってた。
ちなみに、ホセはファジェーチェフ父(!)。


346 :踊る名無しさん:2006/09/04(月) 10:14:11
329です。
私のみた83年ティボルトは、ミハイル・ツィヴィン Michail Tsivin
だと思います。この名前で、スパルタクスの剣士役でひっかかりました。
下記ごらんください。プログラムが手元にないのですが、
私の見た日はセカンド・キャストだったんで、ヴェトロフではなかったです。
スパルタクス:イレク・ムハメドフ(Irek Mukhamedov)
クラッスス:ミハイル・ガボーヴィチ(Mikhail Gabovich)
フリーギア:ナタリヤ・ベスメルトノワ(Natalya Bessmertnova)
エギナ:マリーヤ・ブイローワ(Maria Bilova)
剣奴:ミハイル・ツィヴィン(Mikhail Tsivin)

347 :踊る名無しさん:2006/09/04(月) 10:22:47
346の続き
ティボルト役=ツィヴィンがわかったのは、
当時74年金賞が印象につよかったので、Tultur社のブフォネスのビデオ
(74年ヴァルナドキュメンタリー)を見直したのです。
ツィヴィンは、海賊とスパルタクスのソロを踊っています。
ブフォネスは有名になったのに、同じ金賞でも、主役になれないで、
キャラクターどまりって。。。
ツィヴィンさんって、誰も知りませんよね。
ちなみにこのビデオは、森下&清水の海賊もでていて、
グリゴロから、金メダルをもらう森下さんが若くてかわいいです。

348 :踊る名無しさん:2006/09/04(月) 10:32:48
またまた347の続き
パヴロワ&ゴルデーエフもよかったけど、グリゴロは男女の愛を繊細に語る
わけではないですね。かわいかったけど、心に残らなかった。
で、男性群舞と敵役だったら、コンスタントにどの日も圧巻の振り付けだと
わかりました。ツィヴィンさん、今どうしているかしら。。。
以上です。


349 :踊る名無しさん:2006/09/04(月) 20:17:56
>>346-348

知っていますよツィヴィンさん!というか、346のスパルタクスのビデオ、
まだ持っていますし。
(実は、いつ話題にのぼるか窺っていた・・・・・ハハ)
何かの写真集で見たのですが、マキューシオも演じていたようですね。
ティボルトとマキューシオ両方演じたダンサーなんて、さすがのボリショ
イでもそうはいないのでは?!
すごい目立つタイプという訳ではなかったようですが、かなりのテクニシ
ャンだったんですねー。

350 :踊る名無しさん:2006/09/04(月) 20:54:04
>>347

ブフォネスのビデオにツィヴィン出てたのね。
それ以前に、彼が74年ヴァルナの金賞受賞者だったって
こと初めて知りましたよ。

351 :踊る名無しさん:2006/09/04(月) 22:22:13
>>348
ミハイル・ツィヴィン。ほんとに今どうしているか知りたい。
誰も知らないってことないよ。当時何かとボリショイをチェック?
してた人なら、案外目に付いたダンサーだったと思う。

352 :330:2006/09/05(火) 00:05:43
あーっ!!!そうです。そうです。ツィヴィンでしたティボルトは。

そうよ、そうだったわ。セカンドキャストの日でしたね。
でも見たらすごく良くてねー 思い出しました。ありがとう。

353 :踊る名無しさん:2006/09/05(火) 00:12:03
ツィヴィンって「ボリショイ・バレエ・イン・ロンドン」の映像でも
ちょっと見れるよ。
バヤデール(海賊か?)のヴァリエーション踊ってたよ。

354 :踊る名無しさん:2006/09/05(火) 12:57:08
ツィヴィンは、アキモフがバレエ芸術監督をしてたときの、
次席監督だったと、あるブログにでてた。2003年まで?
日本では、ノーブル系が人気あるが、実力派キャラクターで
きっちり認められていたのかも。


355 :踊る名無しさん:2006/09/05(火) 16:14:14
>>329
83年のプログラムを見ると、ティボルトはアレクサンドル・ヴェトロフとアレクセイ・ラザレフのWキャスト、
ミハイル・ツィヴィンはマキューシオになっているけど?

356 :踊る名無しさん:2006/09/05(火) 21:01:11
そう。そう。
マキューシオの印象が強いんだよね。

357 :踊る名無しさん:2006/09/05(火) 21:04:32
>>355

あと、アレクセイ・ラザレフも懐かし。
クラッススとか、「黄金時代」の敵役(タランダが演じた役)など。
鼻の大きさ?!が印象深い。

358 :踊る名無しさん:2006/09/05(火) 22:06:00
>>357

ラザレフかあ。悪役ぶりが板についていたキャラダンだったね!
クラッススに関しては、346でも触れていたガボヴィッチかラザレフか、
ってくらいハマっていた。
個人的には、ヴェトロフよりも気に入っていたかも。



359 :踊る名無しさん:2006/09/05(火) 23:23:58
>>354さんを読んで思い出しましたが、
悪役キャラダンなら、ボリス・アキーモフを
忘れてはいけません。

360 :踊る名無しさん:2006/09/06(水) 12:56:56
329=346です。
ツィヴィンについて書きましたが、いろいろ情報ありがとうございました。
プログラムが手元になくて、うろ覚えなんで、錯綜してごめんなさい。
ツィヴィンは、マキューシオだった可能性のほうが大です。お許しを。(涙・涙)
>>355さんの、ラザレフという名をみて、あ、このひとがティボルトだったかも
思い出しはじめました。
セカンドキャストで絶対ヴェトロフでなかったのは確かです。
とにかくこの公演で、「74年ヴァルナ金はブフォネスだけじゃなく
ソ連の人いたんだ、すごい!感動!」
とだけ覚えていたので。。。。年寄りはいけません、平謝りです。
ツィヴィンとかラザレフとか、今では誰も知らないキャラクター
になってたと思ったら、記憶している方もいて、現在も活躍しているようで
とてもうれしいです。

361 :踊る名無しさん:2006/09/06(水) 22:29:25
>>360
平謝りなんてしなくてもOK。



362 :330:2006/09/06(水) 23:32:37
あらら・・・私も記憶がグシャグシャだわ。
ラザレフですか。
うーん。ツィヴィンのほうが印象にあるんだけど。

363 :踊る名無しさん:2006/09/06(水) 23:35:24
>>348

確かに。グリゴロ版「ロミジュリ」のバルコニーシーンは
繊細とは言えなかったですかね。
でも、スパルタクス第二幕のフリギアとのデュエットは、
なかなか愛を語っていたと思いますが。
(奴隷に売られ離れ離れになっていた二人が再会するシーン)
色んな感想があるでしょうが、私はベスメルトノワの繊細さ
が割と好きなんです。

364 :踊る名無しさん:2006/09/06(水) 23:50:13
ボリショイロンドン公演のビデオ貸してもらいました。
ベスメルトノワのレ・シルフィードが綺麗で素敵でしたが
やっぱり手首折れが気になります。
この時のファジェーチェフの詩人が意外と気に入りました。

365 :踊る名無しさん:2006/09/07(木) 00:02:38
>>364さん

363です。
ああ、そうですね(笑)。手首折れは私も気になります(微笑)。

366 :踊る名無しさん:2006/09/07(木) 00:23:55
>>364
私も!あの時のシルフィードみて、ファジェーチェフのファンになりました〜。
セミゾロワと黒鳥GPDも踊ったりして、活躍してましたよね〜〜

367 :踊る名無しさん:2006/09/07(木) 21:08:34
ロンドン公演の映像面白いよね。
「ドン・キ」にしては珍しく?自分はあくまでも一歩さがって、
神妙にセメニャーカをサポートしてるヴァシュチェンコがいいです。

368 :踊る名無しさん:2006/09/07(木) 22:14:34
あの頃、ヴァシチェンコは亡命される事を恐れて
なかなか海外に出してもらえなかったんだけど
初めての海外公演で、凄く嬉しそうなんだそうです♪

369 :踊る名無しさん:2006/09/07(木) 23:39:27
>>368
でもヴァシュチェンコは大人しそうだから、亡命するようなタイプじゃなかった
んじゃない??
あくまでイメージですが(笑)

370 :踊る名無しさん:2006/09/08(金) 00:56:24
368です。
ビデオを貸してもらった友人に聞いた話で
真偽のほどは分からないのですが、亡命者が相次いだので
当局がナーヴァスになっていて、人気のプリンシパル
は常に疑いの眼で見られてたとか。


371 :踊る名無しさん:2006/09/08(金) 01:05:44
ヴァシュチェンコは身内に政治犯で投獄された人がいて
KGBにマークされまくりだったと聞いた。

のちにお酒に溺れていって踊れなくなったのは
そういう監視のプレッシャーもあったのかなと思う。

372 :踊る名無しさん:2006/09/08(金) 01:13:58
>>371 ええーっ そんな悲惨な事があったのですね。
現在はボリショイ学校の教師をしてるって聞きました。

セメニャーカも引退した後、やはりアル中か鬱病かになって
別人のようになってしまいましたね。
でも、ザハロワの師匠として日本公演で元気な姿を見られて
嬉しかったです。

373 :踊る名無しさん:2006/09/08(金) 01:25:35
セメニヤカはただ激太りしただけじゃなかったの?アル中?
ベスメルがアル中になった、とは聞いたことあるけど。

374 :踊る名無しさん:2006/09/08(金) 14:45:09
バシュチェンコは舞台の前も後も
いつもいつもお酒を飲んでいたと、
ヴェトロフの米インタビュー読んだことある。。。

数年前、ポリーナちゃんと息子セルゲイくんの
コンクールでの振付担当してたね。

375 :踊る名無しさん:2006/09/08(金) 15:42:16
>>374
息子はどうしてるでしょう?
ヴァシュチェンコ、まじめそうで
ぜんぜんそうは見えなかったけど。

376 :踊る名無しさん:2006/09/08(金) 17:06:38
セルゲイくんは
クレムリンバレエじゃなかった?
違うかも。

377 :踊る名無しさん:2006/09/08(金) 21:07:42
マイヤ・プリセツカヤ(ロシア、80歳)
第18回高松宮殿下記念世界文化賞の受賞。
授賞式典は毎年10月、総裁の常陸宮殿下、
同妃殿下のご臨席のもと、東京で行われます。

過去の受賞者。
マース・カニングハム、ピナ・バウシュ、中村歌右衛門、モーリス・ベジャール等、

今年度受賞者の5人
ttp://www.praemiumimperiale.org/jp/2006/2006.html
ニュース記事
ttp://www.sankei.co.jp/news/060908/bun006.htm

378 :踊る名無しさん:2006/09/08(金) 21:57:16
セメニャーカのお酒問題は、以前チラッときいたことある。
でも、ヴァシュチェンコは初耳!!当時はまだ冷戦の渦中で
政治的にも色々あったんだね。
あと、ロシアはじめ北ヨーロッパ系の人はアルコールの量が
全体的に多そうだなあ。

まあでも、お二人とも指導者としてご活躍なのはホッ・・・・
だね。やっぱりロシアは舞踊教育のレベルが高いからね。

379 :踊る名無しさん:2006/09/08(金) 23:25:49
>>370-371,374

369です。
そうだったんですかー。全然事情を知らず、驚き・・・・・・。
ボリショイの男性といえば豪快or個性派が目立っていた中、正統派
ダンスールノーブルであるヴァシュチェンコに癒されていたわ。
今は体調も戻っているのかな。



380 :踊る名無しさん:2006/09/09(土) 03:20:30
ヴァシュチェンコは技術的には少し見劣りしたけど
控えめで品のいいハンサムなダンサーだったよね。
女性を立てて自分はサポートに徹してた。



381 :踊る名無しさん:2006/09/09(土) 11:52:16
>>371

東西冷戦時代に監視下に置かれていたダンサーって
結構いたんじゃない。プリセツカヤの自伝にも、ヘ
ビーな話でてるし。
ヴァシュチェンコだけど、「ライモンダ」なんかは
タランダに主役食われてるってイメージ強いけど、
ジャンのあのノーブルぶりは、彼ならではな感じで
好きだったなあ。

382 :踊る名無しさん:2006/09/09(土) 15:27:01
1987年のニューヨーク公演も色々あったんだって。
来日前にテロ予告の爆弾騒ぎがあり、そのせいで団員たちは
厳重な警備下に置かれ、舞台以外はミュージカルを見た位で
ほとんど外出できなかったって。


383 :踊る名無しさん:2006/09/09(土) 20:37:04
ところで、セメニャーカ可愛くて、大好きだった。

384 :踊る名無しさん:2006/09/10(日) 20:29:54
セメニャーカのジュリエットってどんな感じだったんでしょうね。
ジュリエットといえばベスメルのイメージが強いけど。


385 :踊る名無しさん:2006/09/11(月) 20:47:45
セメニャーカといえば、ジゼルが一番ハマってると思うな。

386 :踊る名無しさん:2006/09/11(月) 22:20:41
オーロラも可愛いよ。若いときは声も可愛い。

387 :踊る名無しさん:2006/09/11(月) 23:13:04
上の方でも出てきた「マジックオブボリショイ」のビデオ。
とても若い頃のセメニャーカとヴェトロフが青い鳥踊ってましたね!
表現出来ないほど素敵でした。
あの映像は、最初のパ・ド・ドゥとセメニャーカのソロしか収録され
てなかったけど、絶対フルで見たいですよね。

388 :踊る名無しさん:2006/09/12(火) 11:13:08
Kurturでだしてるセメニャカってビデオもいいですね。
前にもかかれてたが、
タリスマンのセメニャカとヴェトロフが最高。
ヴェトロフのソロがないが、足がながくて素敵。
96年のオールスターガラ?でもやったけど、
タリスマン、この2人しかみたことないです。むずかしいのかしら。

389 :踊る名無しさん:2006/09/12(火) 22:56:49
>>388

タリスマンは、ポーソホフも踊ってなかった?
アナニナシヴィリのガラだったかなー?93年頃?

390 :踊る名無しさん:2006/09/12(火) 23:48:00
>>389
ニーナ・ガラのDVDにテレホワと踊ってるのありますね。
ヴェトロフもかっこいいけど、ポーソホフはジュテが
ふわ〜っとして凄く綺麗です。

391 :踊る名無しさん:2006/09/12(火) 23:59:01
>>390

やっぱりニーナのガラでしたよね。そうそう、テレホワが相手でしたっけ。
あと、しつこく88年来日の話だけど、ポーソホフはセミゾロワと眠りのパ・
ド・ドゥも踊ってた。王子様がハマってたのが良かったな。

392 :踊る名無しさん:2006/09/13(水) 01:42:29
テレホワ、踊りは素晴らしいんだけど、衣装が似合ってなかったね。
<タリスマン

393 :踊る名無しさん:2006/09/13(水) 18:57:53
>>392
胸の辺りがブカブカなんだよねー、テレホワ。
ポーソポフは衣装も若々しい感じでステキです。
この映像見て、ウヴァーロフってちょっとルックスがポーソポフと似てるかな、
って気がしました。


394 :踊る名無しさん:2006/09/13(水) 19:39:05
質問させてください。
イルゼ・リエパの旦那さんはバイオリニストのセルゲイ・スタドレルさん
って・・・本当ですか??
DVD火の鳥で輝くばかりの姫君のイルゼとべム顔のスタドレルと?
本当なら驚愕です。(スタドレルの演奏のは非常に好きですが・・)

どなたか真実を教えてくださいまし。


395 :踊る名無しさん:2006/09/13(水) 21:03:35
>>393
確かに、ウヴァとポーソホフは路線が同じかもね。
ポーソホフ、デビュー当時は期待の新人として割と注目されてたと思うけど、
グリゴロのマッチョ路線の中では、なかなか目立つのが難しかったみたいで。
結構早くサンフランシスコに移籍したよね。
そこでレパートリーをぐっと広げて、ダンサーとしても成長して、却って良か
ったんじゃないかと思ってました。


396 :踊る名無しさん:2006/09/13(水) 22:54:08
>>395
そう。
意外とモダン系も合う。


397 :踊る名無しさん:2006/09/14(木) 00:02:35
タリスマンのあの衣装、誰が着ても似合わないと
思う。ボリショイ大好きだけど、グリゴロ時代の衣装って
ダサ

398 :踊る名無しさん:2006/09/14(木) 00:31:06
確かにビミョーな衣装‥ではあるな>たりすまん。

399 :踊る名無しさん:2006/09/14(木) 23:45:16
ちょっと遅レスですが394さん。

イルゼの旦那様はバイオリン奏者なんですか?初耳でした。
彼女に限らず、ダンサーってオーケストラ団員と結婚するパ
ターン多いみたいですね。

400 :踊る名無しさん:2006/09/15(金) 00:32:52
イルゼ・リエバといえば、「白鳥」の王妃役を思い出す。
ボリショイには(だけじゃないが)王妃専属ともいえる団
員がいて、なかなかバラエティーに富んでた印象が強い。

例えば前の方にも出てきたイリナ・ネステロワも「眠り」
の王妃様でよく登場したし、ちょっと地味だがエレナ・ボ
ブロワも「ライモンダ」でお馴染みの伯爵夫人であった。

その中でも一番印象に残るのは、やっぱりイルゼ王妃だった
と思うよ。



401 :踊る名無しさん:2006/09/15(金) 00:42:55
>>364-368を見て久しぶりに、86年ロンドン公演のビデオ観ました。
改めて感動したのは「ショピニアーナ」のフィナーレ。粒揃いなコール・
ドはさすがと思いました。
でも一番は、やっぱり眠りのニーナだな。ただパートナーのニーコノフが
いまいち愛想なくて・・・・・残念。

402 :踊る名無しさん:2006/09/15(金) 08:59:43
>>400
ボブロワって、ジュリエットの乳母もしたよね。
役によって感じ違うけど、顔立ちはキレイだよね。

403 :394:2006/09/15(金) 19:30:27
>>399 さん
はい,S・スタドレルでググっていたらダンスマガジンの記事に
記述があったみたいです。もうビックリしました。

82年のチャイコフスキーコンクールでムローバと1位を分け合った実力
の持ち主で,艶やかな極上の真珠の様な音色の演奏をする方です。
旧ソのメロディア盤からリリースのロシアバレエCDに収録の
ライモンダや白鳥のVaは踊るのを忘れて聞き惚れるだろうなと思わせる音色です。
が,いかんせん若い時のジャケットの顔が・・・・以下ry
なんでも,ニーナのガラコンサートで指揮者(勿体無い)兼,奏者で来日を
何年か前にしたらしいまでは情報はわかりましたが,
本当に今でも夫婦かどうか?このスレの住人の方が詳しくご存知かな?
と思ったんです。






404 :踊る名無しさん:2006/09/15(金) 23:12:24
ニーナガラのあの眼鏡のおでぶちゃんな指揮者兼ヴァイオリニスト?
ショック〜〜
上手くて艶やかかしらんけど、演奏も姿もバレエの邪魔をしてた
と思う。

405 :踊る名無しさん:2006/09/15(金) 23:39:41
>>403さん
レスありがとうございます。恥ずかしながら、私その方知らなかったんですが
なかなか実力者なんですね。

>>404
おでぶちゃんといえば、ニーナの旦那様もそんな感じじゃありませんでした?
それこそ、今でも夫婦なんですかね。

私最近のボリショイネタって詳しくないんで・・・・。スミマセン。



406 :踊る名無しさん:2006/09/15(金) 23:48:05
>>401
レオニード・ニーコノフかあ。・・・・懐かしい。
ていうか、あんまり目立ってなかった?
弟さんもボリショイにいたよね。一回来日してた気がするー。

407 :踊る名無しさん:2006/09/16(土) 10:05:58
>>406
アンドレイ・ニーコノフね。

408 :踊る名無しさん:2006/09/16(土) 14:32:43
>>403-405

美女と野獣ってやつなのかな・・・・。

409 :踊る名無しさん:2006/09/16(土) 20:25:14
「ボリショイ・バレエ・イン・ロンドン」では
Spring Water のブイローワが好きかな。
というか、あのアクロバチックな振付が好きな
のかも。
昔のプリセツカヤ・ガラでダンチェンコのクラ
ピーヴィナ&クラピービン夫妻が踊っているの
も良かったよ。

410 :踊る名無しさん:2006/09/16(土) 23:32:03
Spring Water 私も大好きです。
私は「ボリショィ・バレエ」ってイキナリテロップが入るVHSで観た
大昔のペアの踊りが好きですね。


411 :踊る名無しさん:2006/09/17(日) 01:04:18
>>410

>「ボリショイ・バレエ」ってイキナリテロップが入るVHS
・・・・って、タイトル何ですか??
あと、誰と誰が踊ってるんですか?

412 :踊る名無しさん:2006/09/17(日) 02:16:25
>>411
410です。
タイトルは「ボリショイ・バレエ」がタイトルなんですよ。
はっきりしているのはG・ウラノワの瀕死の白鳥,ジゼル収録で
それ以外のSpring Water ,ワルプスギスの夜,白鳥のスペイン,
バフチサライのタタール人の踊り,イワンスサーニンのクラコビック,
なんかの出演者の名前はわからないんですよ。
カラーなんですけどテロップもかなりぼやけていて・・・
たぶん,大昔のイギリス海外公演みたいです。




413 :踊る名無しさん:2006/09/17(日) 18:39:09
>>412

そうなんですかー。ありがとうございました!!
ウラノワが出演してるのとラインナップみると、おそらく
1940年代後半〜50年代ってとこですかね。

414 :踊る名無しさん:2006/09/17(日) 22:07:11
>405
ニーナのマネージャーやってる旦那さまはグルジア貴族のご子息で
シャトーをお持ちの大金持ちだそうですよ。


415 :踊る名無しさん:2006/09/17(日) 23:40:30
>>414さん
すみません。私ほんとに最近のネタ詳しくないので・・・・・。
89年の某雑誌に「ニーナの夫は弁護士で、かつ実質マネージャー状態」
みたいなこと書かれてあったんです。その人と同一人物なんでしょうか。
グルジア貴族とは初めて知りました。


416 :踊る名無しさん:2006/09/17(日) 23:45:57
スレ違いかもしれないが、グルジアはかつてソ連邦に併合されるまでは
王室があって、金持ち貴族が結構いたそうだ。
で、革命中は亡命者が続出。今でも欧米中に散らばってるんだって。

417 :踊る名無しさん:2006/09/17(日) 23:59:34
415さん、私もその雑誌みたことあるんですが、
お城は、先祖代々のものでなく
だんなさまが、仕事とニーナのマネージャーで入手したのでは??


418 :踊る名無しさん:2006/09/18(月) 11:54:06
>>417さん
ニーナの旦那様、見かけによらず?ヤリ手ですか。
同じ雑誌のちょっと後の号には、彼女&ダンナ&ファジェーチェフの
3ショットが載ってて、それ見るとそういうタイプじゃなさそうです
が。

・・・・・というか、もしかしたら、ニーナ単独スレでした方がいいかも
しれませんね(笑)この話題。

419 :踊る名無しさん:2006/09/18(月) 12:02:12
>>418
3ショットの写真のファジェーチェフ、
国広富之に見えない??
トシわかるな〜〜

420 :踊る名無しさん:2006/09/18(月) 21:31:41
むかしのボリショイダンサー
アレクセイ・ファジェーチェフがすごく好きでした。

421 :踊る名無しさん:2006/09/19(火) 20:55:48
これから久しぶりに「眠り」のビデオ観ます!
前にも話題に出たNHKシリーズのもの。
セミゾロワがオーロラで、ファジェーチェフが王子だよね。
・・・・・楽しみー♪

422 :踊る名無しさん:2006/09/19(火) 22:18:12

それってDVD売ってるかな??
この間銀座の山野楽器みてみてたら、なかった。
タワレコとか行った方が良いかな?

423 :踊る名無しさん:2006/09/19(火) 23:11:17
古いビデオはタワレコが最強だったけど
DVDは品揃えイマイチなんだよね。
案外Amazonにあったりするよ。

424 :踊る名無しさん:2006/09/20(水) 21:00:05
>>423
そうですよね!店頭でのDVDの品揃えはヒドい・・・・・・。
アマゾン早速チェックしてみます。

425 :踊る名無しさん:2006/09/20(水) 22:19:00
アマゾンで早速みてみました。
「ボリショイ・バレエ・3大バレエBOX」
この中の「眠り」、ファジェーチェフの王子のやつかな?
買ってみよう。7000円ちょっと。

426 :踊る名無しさん:2006/09/20(水) 22:29:28
421です。1年ぶりの「眠り」でした。
で、一番印象に残ったダンサーはリラの精を踊った
ニーナ・スペランスカヤでしたよ。とてもスタイル
良く、エレガントで、改めてファンになりました!

425さん。ぜひ購入されることをオススメしまーす。

427 :踊る名無しさん:2006/09/21(木) 01:23:54
>>426

スペランスカヤといえば「白鳥」第三幕の
ポーランドの花嫁だね。

428 :踊る名無しさん:2006/09/21(木) 01:33:34
セミゾロワのオーロラはどうですか?

429 :踊る名無しさん:2006/09/21(木) 02:01:19
421じゃないけど、セミゾロワのオーロラってカワイイよ。
彼女、当時はそんなに目立つタイプじゃなかったと思った
けど、ナニゲなくテクニシャンだったよね。

430 :踊る名無しさん:2006/09/21(木) 19:15:08
スペランスカヤ、美しかったのに、1999年に来日したときは
すっかりシワシワのおばーちゃんになってて悲しかった。

431 :踊る名無しさん:2006/09/21(木) 19:16:57
かわいい? 
テクは解るけど、くにゃっとした踊り方と媚目線と鬘が似合わないのが苦手。
生だったら良かったんだろうか。

432 :踊る名無しさん:2006/09/21(木) 19:32:22
自分も、セミゾロワのオーロラはちょっと苦手だ。
品がないなぁと思った。

433 :踊る名無しさん:2006/09/21(木) 19:53:13
セミゾロワ、石の花の女王はよかったと思う。

434 :踊る名無しさん:2006/09/21(木) 20:32:54
>>431 >>432
確かに。私も最初は同じこと思ってて違和感強かったけど、
何回かみてると、何故か愛着が湧いてきちゃいました〜〜
でも、433さんのように、彼女は銅山の女王の方がいい。
キャラクターにあってるんじゃない?

435 :踊る名無しさん:2006/09/21(木) 22:24:55
421です。

あの「眠り」は、ファジェーチェフの王子さまぶりを堪能するためのものです。
セミゾロワも比較的好きな部類に入りますがね・・・・・・。
ただすれ違いですけど、オーロラに関しては、かつてのキーロフのコルパコワが
最強と考えマス。

436 :踊る名無しさん:2006/09/21(木) 22:35:13
>>430
シワシワのおばーちゃんかー。
30代後半ってとこだったのかなあ。スペランスカヤって
どっちかと言うと大人顔だったから、老けやすかったの
かなあ。

437 :踊る名無しさん:2006/09/22(金) 21:21:06
>>435
コルパコワ、50ちかくなってオーロラ踊っても
全く違和感なかったもんね。

・・・・・スレ違いすみません・・・・・・。

438 :踊る名無しさん:2006/09/22(金) 21:56:01
「眠り」のビデオはレジュニナ&ルジマートフのキーロフ版と
421と同じボリショイ版と持っているけど、どっちかと言ったら
ボリショイがいいです。ソリスト陣が充実してるし。
私は主役ダンサーより、脇役クラスに注目がいってしまうんです
よね。
あのビデオでいったら、長靴をはいた猫のズブコワ&シャルコフ
と、ダイヤモンドの精を踊ったマリーナ・ヌジガが好きです。
あの頃のボリショイは、ソリストの層が本当に厚くて、とっても
充実してましたー。

439 :踊る名無しさん:2006/09/22(金) 22:15:27
>>435
あの映像ではオーロラへの拍手より王子への拍手・掛け声が
圧倒的に多かったよね

440 :踊る名無しさん:2006/09/22(金) 23:55:22
>>439
そう!そう!

441 :踊る名無しさん:2006/09/23(土) 19:58:25
>>438
ヌジガって、ちょっとエラ張りぎみの方でしたよね?
あの宝石のパ・ド・トロワって、新人時代のインナ・
ペトローワが初々しかったのが印象的です。

442 :踊る名無しさん:2006/09/24(日) 22:15:03
ここに何度も登場のNHKシリーズは、新人時代のペトローワが
いっぱい見れる。「ロミジュリ」でも、ジュリエットの友人
で出演。一番美しいから、真っ先に目につくよ。

443 :踊る名無しさん:2006/09/24(日) 23:01:11
「ライモンダ」幻想の場面でもソロ踊ってましたよね?
ペトローワ。
・・・・あ。でも、第二バリエーションのスペランスカヤ
の方が、より良かったな。

444 :踊る名無しさん:2006/09/24(日) 23:31:34
>>443
それはセメニヤカ版、ベスメル版どちらでしょうか?

445 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 00:49:34
こんなスレあったんですね!
でも、大好きなボガティリョフのこと誰も語ってない。
私にとっていまでも一番の王子さま。お顔もルックスもテクニックも申し分なし、
膝をつけての立ち姿、いまだに誰もしていない。マラホフに教えてあげたい美しさ。
晩年のプリセッツカヤからニーナの初めての王子まで、歴代の大物プリマのパートナーでした。

446 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 00:51:54
あの「眠り」の映像の中で、一番の美形と言えば
今名前が出てこないんだけれど、シンデレラを踊った彼女じゃないかな。
(元ヴェトロフの奥様ですよね。)

彼女はいったんボリショイを離れたみたいだったけど
また戻ってきて来日公演にも参加していましたね。

本当に輝くほどの美しさで男性ファンのブラボーの声が大きかった・・・。


447 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 00:55:48
>445

私がボリショイのファンになった頃には既に引退されていたのですが
芸術監督を務められていたときに、東京文化会館の客席のあいだを
颯爽と歩くスーツ姿をお見かけしました。
本当に素敵でした。

急逝されたのが本当に残念でしたね。

448 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 00:58:43
スヴォーロワとか?

449 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 01:02:16
>448

あ、そうそう!
ありがとうございます!!

オリガ・スヴォーロワだったかな?
「ライモンダ」でも友人役とか、ちょっとした役は踊ってましたよね。



450 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 01:14:08
>447
ありがとう、一人でも覚えていてくれて。
ここでも話題のロメジュリでも本当に素適なロメオでした。
83年のロメジュリ、私が見たのはパブロワゴルデーエフだったんだけど、NHKの放映
ではボガティリョフでなんという違いかと思ったものです。
Aベトロフも凄かった素晴らしい舞台でした。

451 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 01:17:45
>>443
ベスメル版です。Tがペトローワ、Uがスペランスカヤでしたよね。
>>445
私もいつ書こうかと・・・・・。
何の病気で亡くなられたんでしたっけ?
>>スヴォーロワ、ヴェトロフと結婚してたんですか?初耳。



452 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 01:19:39
東京であった世界バレエコンクールの優勝者(セメニャカと組んで)だわね
素敵なアルブレヒトとバジルとデジレを見たっけ。
アルブレヒトが倒れる場面ですぐそばの女性が悲鳴を上げたのを今でも覚えてる。

453 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 01:23:18
ヴェトロフ夫人はこの方だと思うのですが。
http://www.mcballet.org/academydirector.html
Yelena Borisova

454 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 01:26:43
>453

現在の奥様がその方なのでしょうか。
スヴォーロワとは以前・・・ということです。

455 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 01:28:46
>>452
東京・世界バレエコンクールって懐かしいですね!!!
大屋政子さんが主催してたんですよね(年齢バレバレですね)
そう。第一回目の優勝がセメニャカ&ボガティリョフでしたよね!
政子さんがドンキ好きだから、決勝は必ずドンキGPDだったんです。
でも、3回目くらいで何となく消えてしまったんですよね。コンクールは。

456 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 01:32:31
カフカとかジュドも来てましたね。

457 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 01:37:08
・・・わー。何となく覗いたら、すごい盛り上がり。
445さん。私もボガティリョフ一番気になってたわよ〜。80年代前半。
セメニャカとの「ライモンダ」ある写真集でたまたま見たけど、あまり
の足の長さにビックリした。

458 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 01:53:50
>>456
完全にスレ違いだけど、リュボミール・カフカ懐かしい。
チェコのバレエ団にいたんですよね。
ボガティリョフもそうだったけど、彼も早くに亡くなられ
たっけ。残念。

459 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 05:50:52
ガレッジセールのルルベ・ゴリ・バレエ団という番組に挿入されて
いたバレエシーンにボガティリョフ出てましたっけ。
川田の挑戦する5回転ピルエットのお手本。

個人的にはニコライ・プリャドチェンコ(キエフ)がイイかな。

460 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 11:49:29
ボガティリョフは急死だったので、
西側へ亡命が失敗して消されたとか
アルコールに溺れた肝不全とか
急激に太り過ぎて心臓やられたとか
当時不穏な噂がいろいろ出ましたよね。

461 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 13:01:54
プリャドチェンコ懐かしい、最初に見たのがチャルダッシュのソリストで
すごいダンサーが出てきたと思ったら次の来日公演では王子になってた。

462 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 20:25:04
>>461
それは80年来日公演ですかね?
その時ヒリコの「白鳥」見たんですが、別キャストで
プリャドチェンコが王子だったですよね。

・・・・・ボリショイネタじゃないけど・・・・・

463 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 20:27:16
ワレリー・アニシモフがイイ。
よくセメニャカとコンビ組んでた。

464 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 20:36:40
アニシモフの空中で留まるアントラッセがサイコーでした。
若々しかった。顔はでーぶ△ぺくたーを連想させる点が難だが..
セメニャカの黒鳥のコーダの最後を締めるシェネなどの回転技も
忘れられない。音楽に乗ってぐいぐい迫って来る。

ボリ専用スレだけど↑プリャドチェンコは許してあげてね。誰かが
語り継がないとあの時代の迫力が忘れ去られてしまう。


465 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 20:44:20
本家ボリショイ・スレがあるけど、このスレはいわばソビエト時代のスレですね。
国力注いでたもんな。当時は結構NHKで放送が許されてたからタダ同然で見てたけど。
コールドのダンサーは演技以外は全く無表情で厳しい感じが伝わって来た。

466 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 22:12:50
BSでやってた指揮者ムラヴィンスキーのドキュメンタリーの中で
(ウラノワとかバレエシーンも出ていたヨ)
少しでも遅刻すると2週間謹慎か解雇処分,間違えた時には・・
って元オケ団員が言ってたな。気迫が違うんだよね。

スレ違いスマソ

467 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 22:15:10
>>464
 
確かに!
というか、ボリショイ・キーロフ・キエフと、今と比べたらホントに
たまにしか来日しないんだけど、ここぞとばかり決定版ってカンジの
舞台を見せてくれて。正に迫力の時代だったね。

468 :踊る名無しさん:2006/09/25(月) 22:27:01
ソビエト時代、人民芸術家とか称号があったよね。って思い出す。
ベスメルトノワは勿論?!ソ連邦人民芸術家。ミハリチェンコなんか
はロシア共和国の人民芸術家。けどアナニアシヴィリなど比較的若手
は功労芸術家だったりしてね。色々と格とか決まりがあったんだろう
ね。
でも極めつけは!ウラノワの「社会主義労働英雄」っての!!昔のプ
ログラムで初めて見たけど・・・・気迫を感じたよ(?)


469 :踊る名無しさん:2006/09/26(火) 00:04:21
このスレ、本当に良スレ。
なんか良い勉強になるわ〜。

470 :踊る名無しさん:2006/09/26(火) 00:07:27
>>468
「社会主義労働英雄」。グリゴロもそうだった。
だろ〜な〜・・・・って感じ。

471 :踊る名無しさん:2006/09/26(火) 05:41:54
ボリショイではないけどコルパコワは最高議会議員にまでなったはず。
でも国家の意向で海外公演期間は船で長期間世界中を周らなくてはならず、
結婚相手は優秀な血を残すべくその筋が決めていたような..
振り付けに異議を唱えたりできなかったんだろうな。

472 :ありがとう:2006/09/26(火) 19:49:26
コルパコワはもともとのパートナーの奥さんだったはずだけど。

473 :踊る名無しさん:2006/09/26(火) 20:02:39
キャありがとうが入ったままでした、失礼しました。

474 :踊る名無しさん:2006/09/26(火) 20:19:02
コルパコワ先生のだんなさんはセミョーノフ先生by「アラベスク」

475 :踊る名無しさん:2006/09/26(火) 20:22:00
本当にウラジレン・セミョーノフがだんな様だって。

476 :踊る名無しさん:2006/09/26(火) 20:54:29
おしどり夫婦だよね。
コルパコワ&セミョーノフ。

477 :踊る名無しさん:2006/09/26(火) 21:25:25
マクシモワ&ワシリエフとは少々雰囲気が違う。
けどお二組とも、ちょっとワガママな奥様とそれ
を優しく見守るだんな様というイメージでは共通
してませんか。

478 :踊る名無しさん:2006/09/26(火) 21:30:13
>>471
470ですがグリゴロも「最高議会議員」という肩書きあったはず、
と、思い出した。
とにかく、かのお役人たちの覚えがめでたかったそうだよ。

479 :踊る名無しさん:2006/09/26(火) 22:21:23
>>460さん。
遅いですけどレスありがとうございます。
心臓系だというのは、何かの雑誌(ダンマガか音楽の友系の)でチラッと
見たのですが、詳細は全く知らなかったのです。
それにしても、ゴドノフといいヴァシュチェンコといいセメニャカといい、
アルコール問題はよく聞きますよね。

480 :踊る名無しさん:2006/09/26(火) 22:24:39
90年代以降ボリショイから縁がうすくなっちゃたけど、ウバーロフとかも
シモン・ヴェルサラーゼ時代の衣装着てるんやね。白鳥のジークフリート王子の
上着なんて70年前半から変わってないようだけど。シンプルなやつ。
美術・衣装・照明一体いくらかけてたんだろ。

481 :踊る名無しさん:2006/09/26(火) 22:26:25
ボリ劇場録画だと演奏も卓越。低音の響きがたまらん。でも来日した時は地元の
交響楽団で上演するから結構トチって笑えた。

482 :踊る名無しさん:2006/09/26(火) 22:29:45
>>481
何の演目だったかな〜。序曲でかるくフルートが音外したり。

483 :踊る名無しさん:2006/09/26(火) 22:38:22
>>471 >>478
だってその当時、共産党絡みでないと称号はもちろん、地位の保証も
されなかったんだもの。
ダンサーは共産党の集会にも出なきゃいけなかった時代なのだから。
>>479
酒でも呷らなきゃ生きていけないような過酷な時代背景だった。

484 :踊る名無しさん:2006/09/26(火) 22:49:46
>>471の船で世界を周っていたのは亡命防止の意味もあったのかな。もっとも
舞台装置や道具係・衣装係に劇団員と何百人も運んで長期間泊まるから船じゃ
ないとさすがのソ連でも赤字が大きすぎるだろうけどね。スカパーで本家
ボリショイ劇場では舞台装置係だけで700人だって言ってた。

485 :踊る名無しさん:2006/09/26(火) 22:54:24
またコルパコワの話題ですけど、10年くらい前のインタビューで
「○○(アメリカの著名な舞踊記者)は今でも共産党のコルパコワ
って言うのよ。あの頃はみんな共産党だったのに!」って言ってた
っけ。

486 :踊る名無しさん:2006/09/26(火) 23:31:16
コルパコワをわがままな奥様と思ってみたことはなかったわ。
とても物静かで知的な人だと思ってた。

487 :踊る名無しさん:2006/09/26(火) 23:45:57
あくまで想像だけど。
かつてのキーロフの女性ダンサーは、ボリショイ組に比べて
物静かな印象が強いんじゃない??メゼンツェワとか。


488 :踊る名無しさん:2006/09/26(火) 23:48:41
>酒でも呷らなきゃ生きていけないような過酷な時代背景だった

それもあったかもしれないけど
ロシアって本当に寒いんだってね。
お酒飲んで体温めないと朝はバス停にも立てないと
ロシアンパブのお姉ちゃんが言ってたわ。

朝から飲むのは当たり前。ランチで飲むのも当たり前。
帰宅前は絶対飲んで体を温めてから帰るって。

489 :踊る名無しさん:2006/09/26(火) 23:53:32
昔何かの取材番組で見たけど、外から家に入って最初温かいものは
飲ませないとか。
冷たいものから順に飲ませないといけないぐらい体が冷たくなって
しまっているんだって話してた。

490 :踊る名無しさん:2006/09/27(水) 00:01:42
エストニア人の友達が言ってたのは、−26℃で小学校が休校に
なるんだってね。

それで思い出したけど、ボガティリョフってエストニア出身じゃ
なかったかな。本人はロシア人だけどね。

491 :踊る名無しさん:2006/09/27(水) 00:54:38
>>490
エストニア舞踊学校からモスクワ舞踊学校に引き抜かれた逸材。
レーニン賞受賞者だったよね。

492 :踊る名無しさん:2006/09/27(水) 09:13:57
そんな寒い国で、あんな肌着一丁みたいな格好で踊るには
大変な暖房が必要なんだろうな。
そう考えると、かなり贅沢なシロモノですね、バレエは。

493 :踊る名無しさん:2006/09/27(水) 10:54:46
寒い国だからこそバレエが発達したとも言えますね。
友達に聞いたんだけど、
ロシアって毎日TVでバレエをやってるんだそうで、
プロ野球中継を見る感覚なんだそうです。


494 :踊る名無しさん:2006/09/27(水) 13:26:27
>>493
毎日、ロシアのTVを見ているが、バレエは毎日、放送しているわけではない。
むしろ、たまにの状況。
ウソを書いてはいけないよ。

495 :踊る名無しさん:2006/09/27(水) 18:41:41
>>494 そうですか。友達はなんでそんな嘘を
言ったのかなあ。
失礼しました。ここに訂正させて頂きます。
ロシアでは毎日バレエのTV放送はされてないそうです。

496 :踊る名無しさん:2006/09/27(水) 20:35:34
でも、バレエをみるのが生活の一部なのは確かだそうだよ。
モスクワ大学に留学してた友人(♂)は、日本にいる時は何となく
恥ずかしくてバレエみたことなかったらしいんだけど、滞在中はご
く自然に劇場に通う自分に驚いたとか。

497 :踊る名無しさん:2006/09/27(水) 23:40:52
すいません。遅レスですが>>450さん。

83年のロミジュリはNHKで放送されたんですか?
相手役はやはり?!ベスメルだったんでしょうか。
その頃結構バレエ放送チェックしてたつもりだった
んですが、全然気付かなかった。

498 :踊る名無しさん:2006/09/27(水) 23:55:48
以前は頻繁にNHKで放映されてたよね。ボリショイとか。
でも、ベスメルトノワの登場が余りに多くて食傷気味のところも・・・・。
88年の「ライモンダ」もそうだったし。

というか、それ以前にあの年の来日公演、セメニャカもアナニアシヴィリも
リエパもキャンセルだなんて、悪い冗談にしか思えなかったよ。
ニーナのライモンダ、本当に観たかった!!!

499 :踊る名無しさん:2006/09/28(木) 00:01:49
>>498
そうそう、その時、チケットにもパンフにもニーナのライモンダ一幕の
ヴェールを振ってるヴァリエーションのイラストをあしらってたんで、
よけいアタマに来たことを覚えてる。この恨みはいつまでも忘れない。

500 :踊る名無しさん:2006/09/28(木) 00:13:48
sage進行でよろしく。

501 :踊る名無しさん:2006/09/28(木) 00:29:21
>>498

そうそう。88年は同時期にNYCBも来たじゃない?
最後まで迷ってたんだけど(当時は高校生でお金厳しく
どっちかしか行けなかった)、セメニャカみたさにボリ
ショイのチケット買ったのね。
それなのに・・・・・・。

502 :踊る名無しさん:2006/09/28(木) 00:42:09
>>501
でもNYCBもハコが悪くて散々な公演だったらしいね。舞浜の
体育館みたいなとこで。あれ以来NYCBは日本はこりごりと言って
ずっと来なかったことがあったみたい。

503 :踊る名無しさん:2006/09/28(木) 00:59:56
>>498
ニーナとリエパの宣伝ポスターで騙された者です。
あのポスターのリエパは本当にステキで、ボリショイもすごい人が
登場したなって楽しみにしてだんですが。

結局、翌年のABTで実際みれたけど、ABTのカラーと合ってない気が
してちょっとガッカリしたのを覚えています。

・・・・・やっぱり、ボリショイのリエパが観たかったわ。


504 :踊る名無しさん:2006/09/28(木) 01:00:08
今のNYCBはもう来なくてもいいよ。

505 :踊る名無しさん:2006/09/28(木) 01:04:06
>>504
う〜ん。確かに。
70&80年代のNYCBのダンサー達って盛り上がるかなあ??

スレ違い・・・

506 :踊る名無しさん:2006/09/28(木) 01:10:48
リエパ太めになった頃残念だった。

507 :踊る名無しさん:2006/09/28(木) 01:13:20
>>504
当時はNYCBが20年ぶりくらいの来日で(バランシンが嫌日だったらしい)
今ほどバレエ鑑賞事情もよくなくて、本物のバランシンがNYCBで観れる、
という期待は凄いものがあったのです。それなのに、あのヴォケ呼び屋のせいで
メチャメチャに。友達がカンカンに怒ってたのを思い出します。


508 :踊る名無しさん:2006/09/28(木) 01:22:36
「日本火災プレゼンツ」ってのはミョーに覚えてる←NYCB

ところで、78年のボリショイ来日公演観た方、どんな感じだったか
教えて下さい!!

509 :踊る名無しさん:2006/09/28(木) 01:44:55
だからNYCBはもう来なくていいから。

510 :踊る名無しさん:2006/09/28(木) 12:42:10
スザンヌ・ファレルが居た時のNYCBは見たい。

511 :踊る名無しさん:2006/09/28(木) 13:22:43
78年、本当に知りたいです。
誰のどんなプログラムだったか。。。
このころって、ここに来る年齢の方たちは
中学生以下か、受験でみてないのでは?
83年の大学生時代、たしか、S席1万3千円を3演目+ガラとって、
毎日、飢えていた。今となっては、いっててよかったけど。
88年は、グロゴロは絶対ニーナもリエパも来るって
記者会見でいってたくせに、2人はフィンランドで踊ってこなかったような。

512 :踊る名無しさん:2006/09/28(木) 21:44:14
78年私も観てないけど、ボガディリョフもゴルデーエフもアキモフも
ツィヴィンも、主だった男性ダンサーは大体来てたようだね。


513 :踊る名無しさん:2006/09/28(木) 21:53:01
>>511
83年ガラのプログラム&出演者を教えてクダサイ。
当時小学生で、外国のバレエ団は高嶺の花でしたので。

514 :踊る名無しさん:2006/09/28(木) 22:08:38
>>511
>>513
83年ガラってカン違いじゃないかな。
83年来日公演のプログラム見てるけど、ガラの日程ってないのよ。
「ロミオとジュリエット」「白鳥の湖」「ジゼル」だけ。
公演期間:1983年9月10日〜10月12日
招聘元:ジャパン・アーツ

515 :踊る名無しさん:2006/09/28(木) 23:17:02
あげるとまるで自分の領分が侵された様にワメク
男日照りのババアが巣食うスレはここですか?


516 :踊る名無しさん:2006/09/28(木) 23:18:42
>>515
遅レス杉wwwww

517 :踊る名無しさん:2006/09/28(木) 23:29:33
>>514さん
513です。ガラってなかったんですか。
それでは、ってのもヘンだけど、ロミジュリの主要キャスト
が知りたいのですが。

全く、教えてチャンでごめんなさい・・・・・。


518 :踊る名無しさん:2006/09/28(木) 23:45:50
アナニアシヴィリとリエパって、当時イチオシの若手ダンサーとして
注目されてた割には、グリゴロがミョーに勿体ぶって来日させなかっ
たのは本当に残念。

519 :踊る名無しさん:2006/09/28(木) 23:52:17
>>518

86年ジャクソン・コンクールでは、シニアグランプリを
カップルで受賞したんだよね。

520 :踊る名無しさん:2006/09/29(金) 00:04:50
>>517
「ロミオとジュリエット」
ジュリエット ナタリヤ・ベスメルトノワ
       ナデジダ・パヴロワ
ロミオ    アレクサンドル・ボガティリョフ
       ヴァスチェスラフ・ゴルデーエフ
マキューシオ ミハイル・ツィヴィン
ティボルト  アレクセイ・ラザレフ
       アレクサンドル・ヴェトロフ
パリス    ミハイル・ガボヴィチ

521 :踊る名無しさん:2006/09/29(金) 00:05:53
整列出来なくてゴメン

522 :踊る名無しさん:2006/09/29(金) 01:09:18
73年のNHKホールこけら落としを記念して夏場ボリショイ・バレエが同ホールで
白鳥を公演、オデットがベスメル、王子がボガテリョフ、一幕の友人の第一バリは
タチアナ・○リコワ、第二はナタリア・フィリポワかな。悪魔は誰だっけ?まだカボビチ
はロミオなど白タイツ系だったからなぁ。なんせビデオがない時代なので記憶だけ。
○印が伏字なのは放送環境も良くなかったので聞こえなかったせい。
ベスメルさんは晩年色々言われているけど、昔からそれほど若々しい感じではなかったよ。

523 :踊る名無しさん:2006/09/29(金) 01:14:06
そのころのスパルタクスはワシリエフがはまり役で時代を圧倒しきってた。
エギナはスベトラナ・アディルハエワ。あの衣装レベルでも日本公演時に
わいせつ性があるのではないかと議論を呼んだ。でもNHKのナレーションが
教育TVらしくボリショイの重厚さにマッチした深みのある語り口で作品を
さらに引き立てていた。

524 :踊る名無しさん:2006/09/29(金) 01:29:46
ベスメルトノワは額のシワが老けて見えるよねー。
舞台から走り去るときに、あれ会釈なのかなぁ
ヒョコッと頭下げるでしょ。なんか婆さん臭いんだよね。

グラチョーワもよくやるんだけど。クセなのかしら。

525 :踊る名無しさん:2006/09/29(金) 01:42:53
グラチョーワも昔からオバサンくさかったね。(現在もだが。)

526 :踊る名無しさん:2006/09/29(金) 09:05:10
ゴリコワだね、若手の売り出し中って感じだった。
2回見たけどアディルハエワは踊りと足が素晴らしく顔は怖い感じ
ゴリコワは若さ溢れるかわいらしい容姿・大きな目で寵愛を受けて
いるって感じがよく出てた。
あの頃のボリショイは本当に黄金時代だったわ。
あんなすごい舞台を子供に見せてくれたた親に感謝。

527 :踊る名無しさん:2006/09/29(金) 09:14:04
511です。
ガラって感じじゃなくて、(そんな名称は当時ついてなかった)
急遽、ジャパンアーツが1日だけバレエコンサートをひらいてくれました。
だから、宣伝チラシもなかったの。公演中に、ジャパンアーツ会員が
チケットとれなくて、窓口で怒ってた。
パヴロワ+ゴルデーエフがドンキのグランパを踊りました。圧巻でした。

ごめんなさい。手元にプログラムなくて。
私、ティボルトをツィヴィンと間違った張本人の346
なんで、記憶違いがこわい。w
長年の「アラベスク」ファンで当時ボリショイは敵役だったんで
キーロフの方が記憶にあるんです。
ルジの「ジゼル」とか、コルパコワ大先生が転んだコンサートの「蝶々」とか、
ウラノワ+森下さんの「ジゼル」講習会とか、人見記念でやったほう。。
スレ違いでした。



528 :踊る名無しさん:2006/09/29(金) 09:42:14
>497
450です。ベスメルトノワと、だったんですよ。ティボルトのヴェトロフはまだ20歳
くらいだったのに凄くて、ハンサムなロメオとの対照が素晴らしかったです。

ボリショイは89、90年の10作品の放送が大々的だったので80年代前半のは割をくってしまいますね。
残念です。

529 :踊る名無しさん:2006/09/29(金) 10:25:25
527です。判明しました。
83年の来日公演バレエコンサートについて。
朝日新聞縮刷版に10月6日夕刊15面には、
10月9日(日)6時半人見記念と載っていました。
なぜかニーナも来ることになっている。w
もちろん、来なかったと思います。

528さん、ベストキャストだったわけですね。
私は全部セカンドでした。「白鳥」もセメニャカとヴァシュチェンコで
全幕をボガティリョフで見られなかったのが残念です。
「ジゼル」「ロミジュリ」はパヴロワ+ゴルデーエフだったし。

530 :踊る名無しさん :2006/09/29(金) 10:28:58
78年は「白鳥の湖」、「ジゼル」、「ドン・キホーテ」、「くるみ割り人形」、
「愛の伝説」の5演目でした。女性はベスメルトノワ、アディルハエワ、
セメニャカ、パヴロワ、ミハリチェンコ、レオノワ、男性はボガティリョフ、
アニシモフ、フョードロフ、アキモフ、ガボヴィチでした。
83年の1度きりのコンサートには当初、アナニアシヴィリ&ムハメドフが
参加予定でしたが来日せず、チケット代も破格の5,000円だったので、すぐ
に完売してしまいました。
覚えているのはセメニャカ「ショピニアーナ」&「ジゼル」、アルヒーポワ
「春の水」、パヴロワ「メロディー」&「ドン・キホーテ」だけです。
最後のカーテンコールがとっても盛り上がってセメニャカがファンからプレ
ゼントされた大きなぬいぐるみをジゼルの衣装で大事そうに抱えていたのが
印象的でした。

531 :踊る名無しさん:2006/09/29(金) 11:57:40
>>530
うわ〜ん、愛の伝説を全幕ごらんになったのですね!
メンバーは80年代とかわりないですが、
伝説の作品をごらんとは貴重な体験をなさいましたね。


532 :踊る名無しさん:2006/09/29(金) 22:36:55
>>522>>526
アディルハエワもゴリコワも写真でしかみたことないのですが、
お二人ともそれそれ別の意味で個性的だったので、とても印象に
残ってます。
あ。ゴリコワは「ボリショイ・バレエ・イン・ロンドン」にチラ
っと出てましたね。ドンキの第二バリエーションで。とても短か
かったけれど、念願のゴリコワが観れて嬉しかった・・・・。

533 :踊る名無しさん:2006/09/29(金) 22:45:56
>>520さん
どうもありがとうございます!!!
個人的には、やはりベスメル&ボガティリョフが観たいですね。
私ベスメルのジュリエットって好きなんですよ。
ほかはともかく(笑)ジュリエットは彼女が一番だと思いますが

534 :踊る名無しさん:2006/09/29(金) 23:06:27
78年公演情報サンクスです。
当時でその5演目のラインナップはすごい。
「ドンキ」なんて、今じゃそうでもないけど、以前は
全幕上演は比較的珍しかったんじゃないでしょーか。

535 :踊る名無しさん:2006/09/29(金) 23:21:31
>>534

そうですね。ドンキ全幕って今はフツーに上演されるけど。

スレ違いですが、私の初ドンキは84年のダンチェンコ公演でした。
スミルノワのデビューで、彼女本当に初々しく美しかったなあ。
バジルのテデーエフも、当時もうベテランでしたが渋くて良かった。

あとドンキは、最初ワシリエフがGPDを踊って日本に認知させたとい
うカンジでしたね。ヌレエフが海賊のGPDを紹介して海賊、というバ
レエを改めて知らせたのと同じ様に。


536 :踊る名無しさん:2006/09/29(金) 23:53:53
>535
スミルノワ!!ほんとにスレ違いですみませんが、あのTV放映ですっかりファンになり、
87年にラシルフィード全幕を観る筈がなぜかバレエコンサートになり、海賊PDDを見てしまった。w
以降、90年代前半にいろいろ見られましたがもう引退でしょうか。

537 :踊る名無しさん:2006/09/30(土) 02:05:35
>526タチアナ・ゴリコワ 当時のNHKの紹介コメントは『ボリショイ・バレエの若手のホープ』、
一方のフィリポワは『ボリショイ・バレエのスターの一人』どっちも大物扱いでした。
ベテランのフィリポワは当時の公演アルバム(入口で売ってる分厚い写真集)に『長年パートナーに
恵まれなかったが頭角を発揮できた』と書いてある。パートナー誰だったのかな。かわいそうだよね。


538 :踊る名無しさん:2006/09/30(土) 02:15:50
今NBAにいて江古田の教室で男子を教えているAミシューチンさん、昔のボリショイ男を思い出させる
バランスのとれた端正なダンサーですが、自前の男性用舞台衣装を揃えたいとつくづくおっしゃっていました。
衣装のない世界なんて幼少の頃をソ連のボリショイ学校ですごした人の目にどううつるんだろう...





539 :踊る名無しさん:2006/09/30(土) 02:51:13
>>535>>536
ルジマトフのコンサートにもよく出演してたよね。
ライモンダのパ・ド・ドゥとか観た。
ずっとダンチェンコの団員だったのかな?

540 :踊る名無しさん:2006/09/30(土) 03:20:29
>>528さん
レスありがとうございます。520さんも書いていらっしゃいましたが、
やっぱりベスメル&ボガティリョフの第一キャストだったのですね。
・・・・どうして見逃しちゃったんだろう。ほんとに当時、バレエ番
組はほとんどチェックしてたのにな。残念すぎる。

541 :踊る名無しさん:2006/09/30(土) 21:19:05
タチアーナ・ゴリコワってブイロワの先輩格っていうイメージあるね。
「スパルタクス」のエギナとか「黄金時代」のリューシカとか、ブイロ
ワの当り役になったのは、ゴリコワの持ち役でもあったんだよね。
あと「白鳥」も主役したし、「眠り」のリラの精とか。
私も「ボリショイ・バレエ・イン・ロンドン」のゴリコワみたけど、ブ
イロワよりも柔らかいタイプだったな。

542 :踊る名無しさん:2006/09/30(土) 21:26:01
>>541
だよねー。

ゴリコワ=可愛い
ブイロワ=コワイ


543 :踊る名無しさん:2006/09/30(土) 21:44:43
>>542
コワイってことはないけども、個性的なタイプだったから、
このスレの初めの方に書かれてるように、苦手って人多いか
もー。



544 :踊る名無しさん:2006/09/30(土) 22:48:29
>539
90年ごろポルトガルのリスボンのバレエ団に移りました。

モスクワクラシックバレエの白鳥に客演してマラホフと踊り好評だったのに、
そのロンドン公演にダンチェンコが出してくれなかったので。

それで日本でも踊れるようになり、私的には、ルジマートフとの白鳥が一番よかったです。

545 :踊る名無しさん:2006/09/30(土) 22:56:26
スミルノワってナデジタ・パヴロワと同じペルミ舞踊学校の出身。
やはりOGだったチェンチコワのようにキーロフに入団すると思いき
や、あえてダンチェンコに入ったんですよね。
そのままキーロフ・ダンサーだったらどんな感じだったでしょうか。

546 :踊る名無しさん:2006/09/30(土) 23:30:42
なぜかペルミ出身のダンサーが苦手。チェンチコワ、パヴロワ、
スミルノワ、クナコワ。ワガノワ出身と微妙に違う気がする。

547 :踊る名無しさん:2006/09/30(土) 23:53:56
>あとドンキは、最初ワシリエフがGPDを踊って日本に認知させたとい
うカンジでしたね

それより前にNHKで亡命前の貴重なバリシニコフ主演のキーロフ全幕を放送してるよ。
それが本邦初演全幕公演だって聞いてた。
面白いよと先生から言われたのにどうしてもドンキホーテ=変な老人のイメージしか
なくてチケットを取らず、放送見てすごく後悔した。
次に生でミーシャを見たのは15年後だしね。

548 :踊る名無しさん:2006/10/01(日) 15:57:49
>>547
あーっそのドンキ、私もTVで観たわ。
キトリは、かなりベテラン(当時)ダンサーじゃなかったですか。
名前忘れましたが。

549 :踊る名無しさん:2006/10/01(日) 17:32:10
>>546
ちょっとヤボったかったからかな?
83年の来日公演の話が良くでてきますが、パヴロワのジュリエット観たよ。
天才少女という宣伝がすごかったけど、イマイチ良さがわからなかった。

10年以上前だったっけ?牧バのゲストでも来日したよね。「ジゼル」。
私は観なかったけど、観た友人はちょっと太って野暮ったさが気になったって。

550 :踊る名無しさん:2006/10/01(日) 20:49:38
そう言えば亡命ダンサーはキーロフ組の方が華やかなイメージでしたね。
ヌレエフ・マカロワ・バリシニコフ。
対するボリショイ組はゴドノフ・コズロフ&コズロワ夫妻くらいだもんね。


551 :踊る名無しさん:2006/10/01(日) 22:01:28
コズロフ&コズロワ夫妻の現在をご存知ありませんか?

552 :踊る名無しさん:2006/10/01(日) 22:25:19
ヴァレンティナ・コズロワ現在は?だけど数年前ならシュポエルリのところに居たような。

553 :踊る名無しさん:2006/10/01(日) 22:32:41
NYCB時代のコズロフ&コズロワが懐かしい。
シュポエルリっていうと、ドイツのカンパニーだったっけ??

554 :踊る名無しさん:2006/10/01(日) 22:35:51
バーゼルかな?確かリーズの映像があると思うんだけど・・・

555 :踊る名無しさん:2006/10/01(日) 22:36:32
ミーシャドンキは相手はもしかしたらクルガプキナ?

556 :踊る名無しさん:2006/10/01(日) 23:00:47
>>555
クルガプキナ、86年キーロフ来日公演に出演してましたよね?
ヴィノグラードフ監督(当時)の何か現代物で。
いぢわるな代官??みたいなヒトの奥さん演じてた気がする。

キーロフネタ、スレ違いです。すみませーん。

557 :踊る名無しさん:2006/10/01(日) 23:28:10
>>552>>553
どうもありがとうございます。
ボリショイの亡命ダンサーはパッとしなかったですね、ホント。
才の違いなんだろうけれど。

>>556
「検察官」でしたね。
キーロフの奇跡といわれた演目だけど、あんまり評判はよくなかった。

558 :踊る名無しさん:2006/10/02(月) 00:16:01
>>557
「検察官」ですか。代官じゃなかったですね(笑)。ありがとうございます。

亡命関係ですけど、キーロフであれだけのスター達が連鎖的に逃げちゃったか
ら、ボリショイ側はそうとうな目を光らせていたって聞いたことあります。
ま、実際は亡命者は出たわけだけど。


559 :踊る名無しさん:2006/10/02(月) 00:17:58
珍しいところでは76年の3月にNHKがボリショイ劇場200年記念で衛星中継をしている。
ロミ・ジュで若きジュリをベスメルさん、ロミオをMラブロフスキーが演じているけど、
ソ連の放送技術があまりに低くてダビングし過ぎたビデオ並みの画質。顔が誰だかわからん。
ちなみにマーキューシォはユーリー・パプコ。
もうグリゴロ時代のはずなのに80年代末期と全然違って背景は平凡だし、衣装もダサダサ。
展開もつまらない。やはり美術をシモン・ベルサラさんがやってからの舞台とは違うなと思ふ。


560 :踊る名無しさん:2006/10/02(月) 00:19:54
あまり有名ではないところで禁断のバレエ「チャイコフスキー」なんてあったな。


561 :踊る名無しさん:2006/10/02(月) 00:29:04
>>559
え??それってラヴロフスキー版ですよね?ミハイル父演出&振付の。
ラヴロフスキー版といえば・・・・クッションダンス!
一番最初にあれ見たとき(ビデオだが)、なぜか姉と大爆笑したのを覚
えてる。衣装がヘンだったのかな??

562 :踊る名無しさん:2006/10/02(月) 01:02:21
>>560
エイフマン?ボリショイでも上演したのですか?
ベルリンでマラーホフが踊った?

563 :踊る名無しさん:2006/10/02(月) 11:16:57
>>549
日本バレエフェスかなんかで、ゲスト出演したパヴロワは、あんなにかわいかった
83年の面影はまったくなく、太ってました。2の腕がたぽたぽしてたもの。
でも、セメニャカも90年代は太りはじめてた。今はもう・・・
だから、体型をたもってるマクシモワ、プリセツカヤはすごいと思うの。

マクシモワといえば、やっぱ仮面夫婦?子どもむけ雑誌クララの
ファミリーダンサーとしてあげられたから、よりを戻したのかも?
ガニオ&カルフーニは、もう夫婦とは書いてなかったから。

564 :踊る名無しさん:2006/10/02(月) 14:13:12
80年にもボリショイが来日して、マクシモワ、ワシリエフ、リエパでワシリエフの新作振り付け「魅惑の響き」を上演、というので
チケット購入したら、朝@新聞にカップル離婚、と出て、三人も来日せずセメニャカ、ラブロフスキーになったしまったことがあった。
その後はいつのまにか又おしどり夫婦扱いで、もうワケわかりませんね。

565 :踊る名無しさん:2006/10/02(月) 20:19:34
>>564

あー・・・・。私何かの記事で「マクシモワ&ワシリエフが今回来日しないのは、
離婚問題が背景にあるから」みたいなこと書いてあったの覚えてる。
何か当時のバレエ雑誌は(80年前後)、今じゃ考えられないほど率直な記事がたく
さんあった気がしますね。

566 :踊る名無しさん:2006/10/02(月) 20:37:16
>>563
セメニャカ、90年代は既に太り始めてたんですか。
当時も結構舞台みにいってたつもりだったんだけど、気付かなかったなあ・・・。
あ。でもレニングラード国立バレエとかはほとんど観なかったから、当然かしら。

567 :踊る名無しさん:2006/10/02(月) 23:43:16
>>560

エイフマンのチャイコフスキーとは別物でしょ?

568 :踊る名無しさん:2006/10/03(火) 01:08:36
564で思い出したけど、マリス・リエパもグリゴロと上手くいってなかった
らしい。ワシリエフやウラジミロフに負けず劣らずのスターダンサーだった
けど。
息子のアンドリスがボリショイでいまいち活躍しきれてなかったのも、それ
が関係してたのだろうか?!

569 :踊る名無しさん:2006/10/03(火) 06:17:37
ムスコが活躍しきれなかったのは、本人の堕落した精神ゆえ。
不摂生過ぎるよ。
まあ2代目まんぞ、そんなもんさ。

570 :踊る名無しさん:2006/10/03(火) 11:33:01
マールイに客演したセメニャカは(くるみだったか?)
80年代のほっそり姿にくらべて肉がたるんでいました。
当時は年取ったと思ったけど、太ったんですね。。。

マリス・リエパ、自分はついに舞台でみられなかったです。
でも、グリゴロとうまくいってた男性ダンサーっているのですか?
若いフィーリンあたりは、自分をすぐプリンシパルにしてくれたって
尊敬してるようなインタビューがありますが。

571 :踊る名無しさん:2006/10/03(火) 15:28:08
>>570
グリゴロに従順であれば気に入られ、役をもらえ、海外公演にも
連れていってもらえたのでは?グリゴロは独裁者だったから。

572 :踊る名無しさん:2006/10/03(火) 21:36:55
ムハメドフなんて一番グリゴロ寄りなんじゃないかって当時は思っていたけど、
案外アッサリ(1990年)イギリス行っちゃいましたね。グリゴロとモメたんじゃ
なくてあくまで子供の教育、とインタビューで強調してたけど。
かえって、「何かあったんじゃ??」なんて深読みしちゃうね。

573 :踊る名無しさん:2006/10/04(水) 00:28:11
グリゴロと上手くいってた男性ダンサーは、むしろソリスト・クラスに多かったんじゃ??
「ロミジュリ」とか「スパルタクス」とか、グリゴロお馴染みの群舞みてると、いつ
も目立つポジションで踊ってる人とかいた気がする。

574 :踊る名無しさん:2006/10/04(水) 10:23:51
リエパは人格者で、団員も絶大な信頼を寄せてたし
名家の出身で国家との繋がりも強かったから
グリゴロは脅威に感じたんだと思う。

後にマイヤが、彼は必ずしも
反体制派じゃなかったと言ってる。
はめられたんだろうね。

575 :踊る名無しさん:2006/10/04(水) 22:43:53
>>574
いかにもリエパは人格者ってカンジ。
パッと見だけど。

576 :踊る名無しさん:2006/10/04(水) 23:02:00
プリセツカヤの自伝によれば、リエパはボリショイの通行証を
グリゴロに取り上げられ、生涯愛した劇場に来れなくなり、失望と
絶望のうちに死んだそうです。グリゴロ、許さん!!!!

577 :踊る名無しさん:2006/10/04(水) 23:05:31
>>576

むむむ・・・・・・。
それが本当なら、むしろプリセツカヤより不遇だったかもねえ。

578 :踊る名無しさん:2006/10/04(水) 23:10:35

グリゴロ版は好きです・・・。

579 :踊る名無しさん:2006/10/04(水) 23:25:37
>>578
それは、ロミジュリのことですか?
だったら、私も好きです!


580 :踊る名無しさん:2006/10/04(水) 23:31:56
白鳥は傑作だと思う>グリゴロ版

581 :踊る名無しさん:2006/10/04(水) 23:40:31
スパルタカスだって大傑作だ。

582 :踊る名無しさん:2006/10/04(水) 23:50:25
白鳥とスパルタクスが好き。

583 :踊る名無しさん:2006/10/04(水) 23:57:45
ほらageちゃうとこんなにいっぱい厨が…。
ageないでよ。

584 :踊る名無しさん:2006/10/05(木) 00:00:06
スパルタクスを初演キャストで観たい♪(1968年)

スパルタクス:ウラジーミル・ワシリエフ
フリギア:ナタリア・ベスベルトノワ
クラッスス:マリス・リエパ
エギナ:ニーナ・チモフェーエワ

ただし、フリギアはマクシモワで!
あと、エギナはプリセツカヤでもヨシ。ちょっと時代が下って
マリーナ・レオノワでもOK

585 :踊る名無しさん:2006/10/05(木) 00:01:56
>584です。
すみません。「ベルメルトノワ」でした。(汗)

586 :踊る名無しさん:2006/10/05(木) 00:58:35
>>561 なぜか姉と大爆笑したのを覚えてる。 まったくそうでした。一応グリゴ版ですが
すごく変でしたね。
ジュリ・パパが大広間でクッションをほいと投げキャピ夫人と抱き合うのが妙で
一家で笑ったです。
オヤジさんがスナック・ポリンキーというかオムツした子供みたいな変な衣装だった。
グリゴロはその後成長したんでしょうね。
80年後半のロミジュは黒い暗幕だけの背景で存分に踊りを見せる名作になりましたけどね。


587 :踊る名無しさん:2006/10/05(木) 01:05:29
>>586
多分、ツボは一緒です(笑)

>ジュリ・パパが大広間でクッションをほいと投げキャピ夫人と抱き合うのが


特にこれ。当時ここの話題で持ちきり??でしたよ。姉と。


588 :踊る名無しさん:2006/10/05(木) 12:41:31
クッションダンスはラブロフスキー版じゃないの?

589 :踊る名無しさん:2006/10/05(木) 16:12:22
>588
そうです。グリゴロ版には装置、小道具はありません。ひたすら踊りまくるのみ。

590 :踊る名無しさん:2006/10/05(木) 17:25:47
クッションダンスの曲って、今ボーダフォンのCMで流れてるやつですか?

591 :踊る名無しさん:2006/10/05(木) 18:58:49
>590
そう。思わず目が行ってしまう。

592 :踊る名無しさん:2006/10/05(木) 22:15:02
あの音楽ってインパクトあるのか、色んなところで使われてるね!
小さい頃、NHKの社会派ドラマのオープニングに使われたのが印象に
残ってる。


593 :踊る名無しさん:2006/10/05(木) 22:49:27
グリゴロ版のロミジュリは、パリオペに頼まれて作ったって知ってました?
私最近それ知って、何か意外で。
パリオペのロミジュリといえば、ヌレエフじゃあないですか。
(でもグリゴロ初演は76年。ヌレエフよりだいぶ前なんですけど)
しかも、当時オペラ座にいたカルフーニがジュリエット踊ってエトワールに
なったんですって。カルフーニのグリゴロ版というのも、観てみたいと思い
ませんか?!

594 :踊る名無しさん:2006/10/05(木) 23:04:44
>>593
そうだね!プロテインだね!

595 :踊る名無しさん:2006/10/06(金) 23:09:05
カルフーニのジュリは、あまりピンとこないなー。
それ以前に、グリゴロ版の衣装着てる彼女のイメージが
湧いてこないんだよね。

596 :踊る名無しさん:2006/10/07(土) 01:53:05
賛否の多いグリゴロだけど衛星でやったロミジュは見逃せない作品。全編背景はなく黒幕のみ、
『暗い時代の若者の心境を画いた』そうな。英国ロイヤル団の演出だとシェイクスピアの国だけあって舞台も道具も
史実に忠実なんだろうけどやや退屈。ボリのロミ・ジュは主役のベスメルとムハメドフは
タイトルロードの狂言まわしでコールドが光っていた作品なのでーす。(シャルコフしか印象にないや)

597 :踊る名無しさん:2006/10/07(土) 09:29:18
>>596
あたしも、あのロミジュリは、主役二人は狂言回し的な役割だと
ずっと思ってた!
シャルコフ良かったよね。あと、その後ろで踊ってた友人役のソ
リスト達も、それぞれ個性アリって感じで。

598 :踊る名無しさん:2006/10/07(土) 11:51:33
ロイヤル版のロミジュリは、とにかくフェリを美しく見せるための舞台
だったと思います。

思いっきりスレ違いですが。

599 :踊る名無しさん:2006/10/07(土) 13:50:50
そう言えば主役2人はロイヤル版のほうが良かったな。当時のフェリは小柄で適役だった。
相手のアーグリング?はあまり取り上げられないけどなかなか好印象でした。
きっとソビエト時代のバレリーナは政策結婚ばかりで許されない恋なんてありえなかったから
うまく表現できなかっただよ・


600 :踊る名無しさん:2006/10/07(土) 16:23:22
ソビエト時代の産物とはいえ、
「白鳥」のハッピーエンド版は、悪くなかったと思うよ。
個人的には、ハッピーエンドの方が、後味悪くなくていいや。

601 :踊る名無しさん:2006/10/07(土) 21:05:20
>598
初演がフェリなわけではありませんが・・・


602 :踊る名無しさん:2006/10/07(土) 21:30:24
>>601
すいません!痛恨ミスでした・・・・・・。
リン・シーモアでしたよね。と書き込もうとして
又思い出しました!!
フォンテイン&ヌレエフを忘れるとは。
そそっかしいにも程があります。

スレ違い、重ねてお詫び申し上げます。


603 :踊る名無しさん:2006/10/08(日) 11:44:14
もともとはリン・シーモアをイメージして作られたジュリエット。
アメリカの初日はフォンティーンに行ってしまったけどね。
映画もシーモアの映像も見てみたかったな。

604 :踊る名無しさん:2006/10/08(日) 11:46:43
ごめんなさい、スレちがいなのに、下げ忘れました。

ボリショイではラブロフスキー版のジュリエットの水色の衣裳が好きでした。
ワシリエフのブルーグレーの衣裳に綺麗な水色のマクシモワのPDDはとても
美しくて感動しました。

605 :踊る名無しさん:2006/10/08(日) 14:04:48
>>604
バルコニーシーンでのジュリエットの寝巻?みたいなのも
シンプルでステキ。
しつこいけどグリゴロ版では、何と言っても!ティボルト
の衣装ですよね?
特に、一幕目の赤いマントの方は、ヴェトロフの為にある
といってもいいくらいでしたー
(でも初演はゴドノフ)

606 :踊る名無しさん:2006/10/09(月) 07:18:57
ゴドノフは金髪でしたよね。金髪に赤マントはいい取り合わせですよね!!

607 :踊る名無しさん:2006/10/09(月) 15:30:17
白マントといえばウヴァ、、、怪我さえなけりゃ深刻のライモンダで
観れたのになあぁぁぁぁぁぁぁぁ

608 :踊る名無しさん:2006/10/09(月) 18:13:57
ウヴァーロフ。私は93年のロミオと年度は忘れたけど
新国で都さんと踊ったドンキしか観てないのね。
ジャンも、ハマリ役っぽいなあ。ぜひ観たい!

609 :踊る名無しさん:2006/10/09(月) 20:20:23
しつこいけど、ジャンはヴァシュチェンコだなあ。
ボガティリョフも、一回観てみたかった・・・・・・。


610 :踊る名無しさん:2006/10/10(火) 15:56:33
ヴァシュチェコのジャンみましたけど、
やっぱ、ウヴァの方が白長マントがにあってます。

611 :踊る名無しさん:2006/10/10(火) 16:58:10
初めは良スレと思ってたけど
最近は自分の考えの押し付けがしつこい
2ちゃんだと忘れて浮かれてる書き込みも見られる

612 :踊る名無しさん:2006/10/10(火) 17:23:35
>>611
自分の期待してたスレじゃなければ、黙って去れ

613 :踊る名無しさん:2006/10/10(火) 19:14:29
と、age厨が申しております

614 :踊る名無しさん:2006/10/10(火) 19:26:56
>>613
ついでにオマエも去れ

615 :踊る名無しさん:2006/10/10(火) 19:49:36
注意されたら下げるのかキミ達はwwww
age厨なんて居ない。
我々は「agesage自由派」だからな。
何人たりともその自由を奪う事はできないよ。
むしろsageを強要する方が基地外だと思うが。

616 :踊る名無しさん:2006/10/10(火) 20:48:23
「自分の考えの押し付けがしつこい」なんて書かれちゃうと
何にも書けなくなっちゃうんじゃない。
皆、それぞれ好みはあるでしょうし、自分とは違うこと書い
てあったりも当然なんじゃない。
浮かれてるって書き方もどうかと思うし。


617 :踊る名無しさん:2006/10/10(火) 20:53:55
ボリショイ本スレの方がオトナ。

618 :踊る名無しさん:2006/10/10(火) 21:30:26
この連休中お出かけした際「栄光のボリショイ・バレエ」を買いました。
ウチはまだDVDないので、ビデオが見つかって嬉しかった〜。
ダンサー達の中では、マクシモワがダントツにいい!!

619 :踊る名無しさん:2006/10/10(火) 22:27:42
609 名前:踊る名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/10/09(月) 20:20:23
しつこいけど、ジャンはヴァシュチェンコだなあ。
ボガティリョフも、一回観てみたかった・・・・・・。


610 名前:踊る名無しさん メェル:sage 投稿日:2006/10/10(火) 15:56:33
ヴァシュチェコのジャンみましたけど、
やっぱ、ウヴァの方が白長マントがにあってます。

↑ヴァシュチェンコ派とウヴァーロフ派のしつこい主張の書きあい
「そういう意見もあるんだなぁ」で済む話題なんだがな

620 :踊る名無しさん:2006/10/10(火) 22:38:20
だから上げないでっていってるでしょ!

621 :踊る名無しさん:2006/10/10(火) 23:56:59
609書き込んだ者ですが・・・・・・・。
「しつこいけど」って言い方(書き方?)が引っかかったんでしょうかね。
不愉快にさせるつもり全然なかったんですが。

622 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 00:01:23
ヴァシュチェンコ、今は何しているのかご存じの方はいらっしゃいませんか?

623 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 00:11:01
>>621
そうじゃなく「しつこいけど」と断りを入れて以前に主張したであろう
こと(ヴァシュチェンコがイイ!)をまた書いたからじゃないだろうか。

私がウヴァのジャンが好き、と書いたらまた「でも私は(ry」と
書かれちゃうのかな??

624 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 00:14:26
どうでもいいから退場して。

625 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 00:16:24
>>1-623は自演wwwwwwwwwwww
それからagesageを指図する奴は糞wwwwww

626 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 00:25:08
【今は亡き2ちゃんねる研究の名文】

「sage進行の意味とは?」
時々2ちゃんねるにおいて、「このスレはsage進行で」とか誰かが言いだし、みんながそれに従いsageで書くということがあります。
私はこれをただ単に無意味であるというだけでなく、日本人的な気持ちの悪さを感じるのですが。

2ちゃんねるにおいてたまにレベルの高いスレッドがありますが、それがsage進行で行われているというわけでもない。
sage進行にすると内容のクオリティーが上がるとかいうことはないと思います。

sage進行に意味があるとすればまったく板違いの話をしている場合には上に上げないということくらいだろうか?
それ以外の場合はほとんどというより、まったく意味がないような気がします。

要するに、「sage進行」に何か意味があると思っている人間が話に参加すると、「上げるな」とか騒いでみんなが横並びでそれに従うみたいな感じなのかなと。
誰かが「sage進行だ」と言ったら意味がなくてもそれに横並びで盲従するというのが2ちゃんねるのルールということなのかもしれません。
それでsage進行したがる心理に関しては、何というか、ある種の秘密会議的な雰囲気があるからなのかなと。
そしてこの「秘密の話」のスレッドを上に上げるというのは、その「雰囲気」を壊すから責められるのである。
雰囲気以外の実質は何も変わらないにせよ。

627 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 00:28:46
「ageると荒らしが来るからsageろ!」
確かに「トップのスレッドにだけ手当たり次第に書き込んでくる悪質な荒らしがいる」という板状況の場合は、
暫定的な荒らし対策としてsageを示し合わせるのは有効かもしれません。
ですが実際にsageが強要されているスレッドの板では、そんな荒らしは存在しない例の方が遥かに多いようです。
sageると荒らしに目を付けられる可能性は減りますが、それと同時にスレッドに訪れる人自体が少なくなるため、
書き込むのは同じ面子ばかりで、スレッドの情報や内容は狭い世界になりがちです。
自分で「内容なんか要らないから荒らしの目に付かないように」とsageるのは勝手ですが、
新しい情報を求めてる人もいる以上、それが他の人にsageを強要する理由にはなりません。

「郷に入っては郷に従え!sageろ!」

彼らが言う「郷」とは、一体どこのことを指しているのでしょう?
2ちゃんねる?2chの利用規定その他にはsageについて、一切厳守はおろか推奨さえされていません。
2ch「使用上のお約束」では、
「書き込みをしてトップまで持ってくるのも一興。下がったまま内緒話をするのもまた一興。。。」

とも記述されています。あくまでage・sageは自由というのが2chのスタンスです。
それを捻じ曲げてsageを強要している人たちこそ、郷に入って郷に従っていないと言えるでしょう。

628 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 00:30:40
「sageも知らん初心者が!」

誰だって自分が初心者であると思われるのはイヤなものです。
「sageも知らん初心者が」と煽られたり、誰かがそう煽られる光景を目撃した初心者は、
自発的にsageることで自分は初心者ではないとアピールするようになります。
sageなければならない理由など勿論知りません。

その状態がしばらく続くと、今度は自分が中上級者であることをアピールしたくなります。
そのためにかつての自分と同じ、「sageを知らない初心者」を見つけて煽るのです。

彼らの目には、sageていない人間=sageを知らない初心者としか映りません。

そうでなければ困るのです。もし、sageが2ch熟練者の証でないのなら自分にはアピールするものが
何もないことになりますし、なによりsageることが脱初心者の第一歩と言われ、それを馬鹿正直に
信じてしまった自分があまりにも哀れですから…

629 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 00:35:36
>>622さん。
ヴァシュチェンコは、>370あたりに書いてあるよ。
それからagesageのことだけど、私は基本的にsageてるけど
別にどっちでもイイと思う。その事が大きい問題じゃないでしょ。


630 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 00:49:14
>>629
ありがとうございます。ボリショイの教師なのか。
高貴というより優しげな王子様でしたね。>ヴァシュチェンコ

631 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 00:53:30
既に書き込まれてるけど。
特に70年代のボリショイ男性陣は、王子様タイプより個性派の方が
印象が強かったから、もろ二枚目的な人は貴重だったんだよね!

632 :623:2006/10/11(水) 00:58:37
もしかして荒らし?
私が的外れなレスをしたせいで、荒らしを調子づかせたかも
しれないですね。

>>609さん、おかしな横レスでご迷惑をおかけして
申し訳ありませんでした。

633 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 01:04:45
623=632さん。
だいじょーぶです。

634 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 01:17:18
>>620>>515

635 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 11:48:11
>>634
暇なんですね

636 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 15:45:12
関係ないついでに、ヌレエフ版のロミジュリって
好きじゃないんだよね。あれって、良いかなー・・・。

637 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 16:39:13
ミハリチェンコのオディールが好きでした。
ただ、ボリショイの衣装って飾りが重いのか
チュチュの前面が下がってたのが残念。
餃子に見えた。

638 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 17:16:37
ロミジュリの本(脚本というべきかな)に一番近いのはヌレエフ版だけどね。
すみからすみまで読みつくして作ってるねあれは。

639 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 17:48:49
>>635
暇なんですね

640 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 21:12:28
するっと

641 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 22:39:11
>>636 >>638
ヌレエフ版かー。衣装は一番気に入っているよ。
確かに、カーニバルの場面など独特の猥雑さは、原作に近いよね。
でも一番、好みが分かれるかなあ。

642 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 23:10:38
>>637
ミハリチェンコはオディールの方がキャラクターに合ってたのでしょうか。
私も大好きです。
餃子は笑ったけど、チュチュってカンパニーごとに特徴ありますよね?

643 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 23:12:02
ロミジュリの衣装&舞台背景はボリショイが好き。
シンプル且つ重厚な感じがして。
ヌレエフ版はー・・・、私も好きじゃないかも。
なんか演出が懲りすぎて。

644 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 23:21:05
初ロミジュリはラヴロフスキー版(ビデオ。ベスメル&息子ラヴロフスキー)
だったので、初めてグリゴロのを見たときは装置が全然なくて違和感だったけ
れど、今はそのシンプルな良さがわかるようになりました!

645 :踊る名無しさん:2006/10/11(水) 23:28:48
>>642
同じロシアでもキーロフはシンプルで軽やか、
ボリショイは豪華で重厚と個性がありますね。
それからキエフのチュチュは張りが凄い。
(あくまで80〜90年代の比較ですが)
昔の映像見てるとコルパコワのチュチュが
すごく小さくてワガノワの下級生かと思った。

646 :踊る名無しさん:2006/10/12(木) 00:08:48
>>645
>それからキエフのチュチュは張りが凄い。
わかる!
つい笑ってしまった。
でもグラマーなダンサーには似合ってたよね。
フィリピエワだっけか…?

647 :踊る名無しさん:2006/10/12(木) 00:26:39
昔のチュチュって、
ダンサーのスタイルが悪く見える気がして
もったいないな、といつも思いながら見てた。
似合う人もいるのかー。

648 :踊る名無しさん:2006/10/12(木) 00:34:10
ロマンティック・チュチュで思い出すのは
「ショピニアーナ」のセメニャーカ。(86年ロンドン公演の映像)
ジャンプするたびにフワリ、フワリと生き物のように
一体化しているのにびっくり。

649 :踊る名無しさん:2006/10/12(木) 00:41:02
あの時のショピニアーナ、セミゾロワも出てましたよね。彼女のヴァリエーション
の方がジャンプの振付が多かったけど、セメニャカほどフワリとしてなかったような。

650 :踊る名無しさん:2006/10/12(木) 05:27:32
チュチュはやっぱりロシア産に限る? 鷲はオ○ラ座のチュとか野暮ったいと感じてる。
舞台写真にするとオ○ラ座の衣装は映えるだろうけどね。踊ることを第一に考えた
ボリ劇の衣装と比較するとねぇ。といいながらロミジュでシャルコフの顔にマントが
絡んでいたけど。それを平然とはがして踊り続けるのが素敵だった。

651 :踊る名無しさん:2006/10/12(木) 06:34:06
>>650
それ!私も気になってなんだよね〜。
でも最近のビデオでは、そこだけ編集されてるんだよね。

652 :踊る名無しさん:2006/10/12(木) 21:12:13
>>650さん >>651さんの書き込みをみて、改めてビデオチェックしてみたよ。

・・・・・やっぱり、マントかかってないね。その部分だけ、画像の色がビミョーに
違うような。
それにしても、グリゴロのロミジュリは、コールドの一人一人に至るまで、いい衣装
だと再確認。
特にマキューショーの友人たちは、男女ともにいい色合いだよねえ。

653 :踊る名無しさん:2006/10/12(木) 23:12:16
やっぱり皆様そう思いますか。グリゴロはこの衣装含めた美術を後世に残したいと考え
NHKの衛星放送オープン時に10作品の録画を許したとかいうもんね。
当時のソ連の録画技術や照明ではビデオ商品になんねえよ。真っ暗かカクカクだもの。


654 :踊る名無しさん:2006/10/12(木) 23:16:47
>>653
「ボリショイの精髄」ですか?何故か自分のビデオには
白鳥・ジゼル・くるみ・スパルタクス・イワン雷帝
しかありません。10作品もあったのか…

655 :踊る名無しさん:2006/10/12(木) 23:17:38
白鳥の5人の皇女の衣装も近くで見るとそれぞれ個性があるのに5人で踊る時には
ちゃんとアンサンブルがとれているし。ロミジュリにしてもよくあれだけ沢山の衣装を
デザインしたものだと感心するよ。ま莫大な費用をかけていることは間違いない。

656 :踊る名無しさん:2006/10/12(木) 23:25:04
白鳥、くるみ、眠り、ロミジュリ、ジゼル、愛の伝説、石の花、スパルタ、ライモンダ、
イワン雷帝で10作品。2回に分けていたんすよ。
贅沢!贅沢! 新しいHDやブルーレイで出しなおさないかなあ。
ほかにキエフバレエスペシャルなんて放送シリーズもあったな。

657 :踊る名無しさん:2006/10/12(木) 23:29:12
>>656
ありがとうございます。2回に分けてたんですね。
ライモンダとロミジュリ見たかった…

同時期に放送してたのは「キエフバレエの魅力」ですね。
当時一生懸命録画してた事を思い出します。

658 :踊る名無しさん:2006/10/12(木) 23:41:34
>>657
ライモンダ&ロミジュリ新しく買った♪♪♪
「ボリショイの精髄」の放送時(89&90年)に全部録画してたんだけど、
あまりの素晴らしさに何度も何度も観すぎて、ぼろぼろになってしまった・・・。
とりあえず、マイベストと思われるこの2作品を、まずは購入しました!
できれば、全作品揃えたいなあ・・・・。

659 :踊る名無しさん:2006/10/12(木) 23:53:24
ちなみにこのシリーズ、DVDは輸入版で買ったほうが安いし、
リージョンもALLだから問題なく再生できます。
スパルタクス、ロミジュリはこっちで買った。
白鳥は高い国内盤を買ったけど、ジュエルケースなのでどこかに
逝ってしまった。。。

660 :踊る名無しさん:2006/10/12(木) 23:55:11
間違えて上書きしてしまった「愛の伝説」が見たいけど、今は売ってないよね・・・・


661 :踊る名無しさん:2006/10/13(金) 00:18:07
「愛の伝説」って何回みても物語理解できず・・・・・・。
どなたか、お教え願えませんでしょーか?!

662 :踊る名無しさん:2006/10/13(金) 21:15:36
私も、知りたいです!
どなたか、お願いいたします。

663 :踊る名無しさん:2006/10/13(金) 23:08:04
アジアのどっかの国の王女様に病気で死にそうな妹がいました。
ある日預言者が王女様の美貌と引き換えに妹の命を助けると言いました。
王女様は妹のために美貌を捨て醜い姿になってしまいました。

妹は宮殿に出入りしている職人と恋に落ちますが、
王女様もこの職人を愛していました。
激しく嫉妬した王女様は駆け落ちしようとした2人を捕らえ
職人に水路をこの国に引くように命じ、
それができたら妹との結婚を許すと言います。

無理な話なので妹がトンズラしようと必死で誘いますが、
職人は王女様の複雑な心を察して、水路を引こくことを決意します。


なんかこんな感じで、尻切れトンボのような話だったと思う。
結局水路が引けたのか?職人はどっちの女を選んだのか?謎のまんま。
それが伝説だと言われりゃ、ああそうかって感じです。


664 :踊る名無しさん:2006/10/13(金) 23:24:32
>>663
本当にありがとうございます!!!
そーか・・・・。尻切れトンボ状態が話をわからなくさせてたのか。
と、目からウロコでした。


665 :踊る名無しさん:2006/10/13(金) 23:26:24
661&664です。
あと、タランダが演じてた人物は何なんですか。
それも、長年の疑問ですので・・・・・・・・。

666 :踊る名無しさん:2006/10/14(土) 01:54:01
ラストシーン:
80年当時のNHKの解説では『水不足の人々ために岩を削るフェルハド、一途に恋する(妹)シリン、
妹のために恋をあきらめようとする(姉)メフメネバフー、三者の想いが交錯します』んで、
結局フェルハドはどちらへの想いも振り捨てて岩盤の切り開きに一命を投じる覚悟をする
というのがラストシーンです。
そのころのN○Kは今の衰退振りとは違いナレーションの声が良くセリフも深みのあるものだったので
ジーンと来るラストでした。

スパルタの最後に比べるとわかりにくい点ではグリゴロにしてはいまいち。

667 :踊る名無しさん:2006/10/14(土) 01:54:54
見所その@
一幕でバヌーとシリンがが行進の途中イケメソのフェルハドを見て一瞬にして恋に落ちるシーン。

一気に照明を落とし暗闇の中で三人だけにスポットを当て三者の心の情景を映し出しますが
(アラベスクで回るところ)すぐに明るくなり何事もなく行進が続く・・・
王女が威厳を取り戻すまでの数分が見事な演出です。


668 :踊る名無しさん:2006/10/14(土) 01:57:08
見所そのA
同じく一幕で深い想いにひたるバヌーの前で男女の道化が群舞を見せた後、バヌーが道化を下がらせ
一人で悶えるシーンは、美貌を売ってしまったことへの後悔を全身で表現するところです。

その後↑妹たちがトンズラこくので、怒ったバヌーは大臣のゲンジミナス・クダンダを足蹴にして
フェッテを回るのですが、なぜ足蹴にされたかは未だに不明。
(個人的にはあのクランダ様を。もったいない。クランダが演じる大臣はバヌーにひそかに
恋心でもあるような印象)


669 :踊る名無しさん:2006/10/14(土) 02:04:02
見所そのB
二幕でフェルハドとマスクを取ったバフーが絡んで踊るシーンはボリショイならではの一番の見せ場です。
『苦しみに疲れたバフーは一時の幻想にひたる。自分が再び美しくなりフェルハドと相思相愛
になる夢を見る』場面です。
振付けも白鳥の一幕のように男性がサポートだけではなく、かなり深く組んでアクロバチックに踊り続ける
のは、二人がいわゆる男女のカンケイにあるところを示唆する振り付けになっています。

ところでこの夢から覚めたバフーは現実に戻り水路を引くことを命じる。だっだと思うけど。
順番が違うかな。663さんのほうが正しいかも。

670 :踊る名無しさん:2006/10/14(土) 08:58:32
>>663 >>666-669

662です。ていねいな解説、感謝大!!です。
NHKシリーズの放送みて、ほんとよくわからなくて・・・・・。
長年の疑問が一気に解決されました〜


671 :踊る名無しさん:2006/10/14(土) 20:23:34
「愛の伝説」初演キャスト (米・PAGANINIANA社 `BOLSHOI BALLET'より)
1965年初演

  メフメネ=バヌー    :マヤ・プリセツカヤ
  シーリン        :ナタリア・ベスメルトノワ
  フェルハード      :マリス・リエパ
  大臣          :アレクサンドル・ラヴレニューク

ちなみに89年のNHKでは、ブイロワ、ミハリチェンコ、ムハメドフ、タランダでしたね。
メフメネ=バヌーの真っ赤な衣装が印象に残ってます。
あと、668さんも書いている道化の踊りも何となく不気味で面白かったです。



672 :踊る名無しさん:2006/10/15(日) 02:28:14
愛の伝説、以前CSでやったの録画してたんで
ここの解説読んでもう1回見直した。なるほど!

あの大掃除のホコリよけみたいな布は
そういう意味だったのか。

673 :踊る名無しさん:2006/10/15(日) 20:36:18
愛の伝説。661&662さんと同様あらすじがわかりにくかったんですが、
道化の踊りだけは、なぜだか印象に残ってます。
グリゴロ作品のキャラクターダンサーは、メイクとか衣装が個性的すぎ
て、素顔が全く判明できないもの多かったと改めて思ってます。

674 :踊る名無しさん:2006/10/15(日) 23:10:05
>>673
道化のソリストは、アンドレイ・ブラフツェフ?だったかな。同じNHKシリーズ
の「ジゼル」でもペザントで出演してたね。とても同一人物とは思えない!

675 :踊る名無しさん:2006/10/16(月) 03:46:09
愛の伝説のは男役の道化は『せ○し』(一応伏字、せ○しの子馬とかあるけど)で女性もみょーな動きが
多いですね。愛伝自体が中近東をイメージした作品なのか、全編通して手首を折って踊る振り付けばかり
ですがアジア人としては違和感あり。チャイコフのくるみに出てくる葦笛の踊り(中国)もそうですが
ひょうきんな動きに見えるのでしょうか。国内のバレエで手首をくねらせるとこのことを思い出すのでおかしい。

676 :踊る名無しさん:2006/10/16(月) 03:59:18
道化のソリストはユーリー・パプコ、旅のあやしい預言者はアレサンドルペトレーキン(くるみではねずみの王様)
がやっていますね。いずれもキャラの濃い優れたダンサーと思いますが、当時のボリショイ公演ではこのクラスを
まるで端役(?)のようにふんだんに使っていた。グリゴロビッチはこういう男性キャラクターダンサーを安易に
ノーブル役には使わずキャラ・ダン自体にも主役をしのぐ魅力があることを引き出しと言えるのでは。

677 :踊る名無しさん:2006/10/16(月) 16:27:52
>>675
岩田守弘さんのインタビュー
tumjpn.blog48.fc2.com/blog-entry-35.html
によると、ロシアでは「道化の手の使い方に至るまで研究されている」とか。
バヤデルガの「黄金仏」も、振付家が文献を紐解いて云々…。

でも、中近東やアジアものは初演当時、僅かな情報とイマジネーションを駆使して
異国情緒への憧れタプーリに振付家が創作したものがあると思う(ボリショイに限らず)。
差別的表現じゃなくて楽しめたら、「まっ、いっか」とも思うけど。

…なんか変な話で、スミマセン。

678 :踊る名無しさん:2006/10/16(月) 23:35:32
>>676
アレクサンドル・ペトレーキンは
マルク・ペトレーキンと関係があるんでしょうか。

679 :踊る名無しさん:2006/10/16(月) 23:46:32
とんずらする前のデュオも、マスクを取ったメフメネのデュオも
わりと好きです。
エギナもそうだけど、衣装の胸ちょんちょんのところはw
テクニックを誇示する振付ではないし、内容的に見せ場は女性二人で、
フェルハードは印象が薄いですよね。

680 :踊る名無しさん:2006/10/17(火) 00:16:33
>>679
衣装の胸ちょんちょんって、笑った!!!


681 :踊る名無しさん:2006/10/17(火) 21:16:01
 >>679

確かに。「愛の伝説」はグリゴロ作品にしては珍しく
女性二人が中心になっているよね。
671さんが書いてくれたけど、初演はプリセツカヤだったん
だー。ビデオ出てたらいいのに。見たくなってきたよ。


682 :踊る名無しさん:2006/10/17(火) 23:24:35
プリセツカヤはどうしても「瀕死の白鳥」のイメージが強いし、前にも出てきた
ようにグリゴロとの不仲が有名だけど、実際、主要なグリゴロ作品をレパートリ
ーに持っているんだよな。

683 :踊る名無しさん:2006/10/17(火) 23:39:36
>>682
キーロフからボリショイにグリゴロを招聘した中心人物がプリセツカヤ
だったんだから、最初は蜜月時代があって、作品に主演もしたんでしょ。

684 :踊る名無しさん:2006/10/18(水) 00:20:56
そういえば今プリセツカヤ日本滞在中だね。

685 :踊る名無しさん:2006/10/18(水) 00:41:41
>>683
>キーロフからボリショイにグリゴロを招聘した中心人物がプリセツカヤ

・・・・それも前に書いてあったね。レスありがとうです。

686 :踊る名無しさん:2006/10/18(水) 19:27:15
「20世紀最高のプリマは80歳!プリセツカヤ氏、世界文化賞受賞」10・18

ttp://www.sanspo.com/geino/top/gt200610/gt2006101800.html

687 :踊る名無しさん:2006/10/18(水) 23:23:58
プリセツカヤもう80かあ・・・・・・・。
とてつもなく自立した女性というイメージ強いわ。
ちょっとスレ違いかもだけど、過去にはベジャールのボレロ
も踊ったのよね。見たかったなあ。

688 :踊る名無しさん:2006/10/19(木) 00:02:26
プリセツカヤが踊るボレロ、
「マイヤ・プリセツカヤ − ダンスのディーヴァ」
というDVDで観ましたよ〜。

689 :踊る名無しさん:2006/10/19(木) 00:11:01
>>687
それは・・・・・・
クルターのレーベルですか?
それとも、ダンスマガジンで出してるのですか?
HMVとかで買えますか?

690 :踊る名無しさん:2006/10/19(木) 00:20:35
ふつーに変えますから検索しなされ。

691 :踊る名無しさん:2006/10/19(木) 00:50:50
>>689 さん
688 です。
輸入・販売:アイヴィ となっていますが、
ウェブサイトのURLは ナクソス・ジャパン です。

アマゾン
ttp://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000EMHA8Y/

HMV
ttp://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=66435

EUROARTの輸入盤DVDに日本語ジャケットを入れただけで
解説書もインタビューも日本語に翻訳されていませんが…。
(インタビューは、英語字幕有り)

収録演目の詳細については、
ナクソス・ジャパンのサイト(ttp://www.naxos.co.jp)から
「ユーロアーツ DVD」→ 「商品番号検索」で
"2054938" を入力して確認してください。

パッケージの DVD を収納するお皿のところに、ジョルジュ・ドンと踊る
『レダ』らしき写真があります…(『レダ』は未収録)。

692 :踊る名無しさん:2006/10/19(木) 00:52:36
マイヤの書いた『闘う白鳥』を読みたいとおもいつつ入手困難。どなたかお読みになって
お勧め!という方がいたらコメントきぼんぬ。(古い)

693 :踊る名無しさん:2006/10/19(木) 01:01:02
図書館で借りて読んだ。

694 :踊る名無しさん:2006/10/19(木) 01:55:48
アマゾンのマーケットプレイスで出てるよ〜
古本でもイイと思うなら、是非購入おすすめ。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4163517405/ref=sr_11_1/503-0157176-7605550?ie=UTF8

695 :踊る名無しさん:2006/10/19(木) 12:41:10

プリセツカヤ@高松宮文化賞
http://www.sanspo.com/geino/top/gt200610/gt2006101800.html


【美術】「10歳から描いて描いて描きまくってきた」草間彌生さんらが会見 第18回高松宮殿下記念世界文化賞
http://news19.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1161162309/



696 :踊る名無しさん:2006/10/19(木) 20:39:55
>>688
どうもありがとうございます!
早速購入しました(ハヤイ)
届くのが、楽しみ。けど・・・・・・

「レダ」、写真だけじゃズルいですね。実物が見たいんですよ〜

697 :踊る名無しさん:2006/10/19(木) 22:23:28
 プリセツカヤとストルチコワ。共に1925年生まれで、当時ボリショイでも
同期として活躍していた。
 でも、映像で見てみると、同い年なのに持ち味が正反対な感じ。
 ストルチコワは、いわばマクシモワの先輩格。愛らしさが持ち味だったんだね。


698 :踊る名無しさん:2006/10/21(土) 20:54:40
そう言えばマクシモワは89年に来日しましたね。
モスクワ・クラシック・バレエのロミジュリ。
まだ20そこそこのマラーホフも大活躍でしたね!


699 :踊る名無しさん:2006/11/09(木) 00:10:54
あのう・・ちとお聞きしたいんですが。
石井梨花さんてその後どうなさってるんでしょうか?

700 :700!:2006/11/09(木) 02:01:28

記念カキコ

700!



701 :踊る名無しさん:2006/11/09(木) 02:12:53
>>699
マリインスキーで踊ってるらしいよ。

702 :踊る名無しさん:2006/11/09(木) 02:33:13
>699
荒れる元のネタを振りましたね。w

703 :踊る名無しさん:2006/11/09(木) 22:18:37
バレリーナへの道、で結婚式の写真が出ていたよ>石井さん

704 :踊る名無しさん:2006/11/15(水) 15:01:19
今さらですが、
動画サイトでセメニャカとアニシモフの
ジゼルみました。
アニシモフはノーブル度No.1でした。
顔はマーチン・ランドー似と思った・・
ジゼルの美しさに衝撃受けて3歩下がるところ、
どこまで行くのーって位、ぐーっと奥に行くのが
微笑ましかったです。
セメニャカも多分40歳代だと思うが、可愛い。

705 :踊る名無しさん:2006/11/21(火) 00:57:13
小牧正英さんのことを検索していてこんな映像を見つけました
ttp://www.kk-video.co.jp/comments/toki/saiga/saiga_toki02.html
(ムービー1950-1957をクリックください)

1957年のボリショイバレエ団来日の映像が7秒ほどですが
見られます。時代がすれ違い気味ですが、このダンサーは
誰だかわかりますか?

706 :踊る名無しさん:2006/11/21(火) 21:46:05
あの来日公演のトップはレペシンスカヤだと思うけどご本人かどうかは
ちょっと確認できませんね。
(子供の頃習っていた先生から舞台袖で見たと昔話をお聞きしたことが)

707 :踊る名無しさん:2006/12/07(木) 22:00:29
マリインスキーの海賊が始まったんで、ついつい
95年のボリショイ日本公演でやった海賊の思い出話を
本スレのほうに書いちゃったよ。

若い子に嫌われそうで、慌ててこっちに逃げてきちゃった。w

708 :踊る名無しさん:2007/01/04(木) 00:38:56
マクシモワが杖をついて歩いているとか。体の具合を悪くして注射を
打ったらそれがうまくいかずに歩行に問題が出るようになったそうで。
足も心配だけど、具合が悪いというのも気になる。
どうか、良くなりますように。

709 :踊る名無しさん:2007/01/06(土) 01:24:55
別れた旦那さんのほうは若い恋人と幸せそうですね・・・

710 :踊る名無しさん:2007/01/27(土) 21:13:45
クルミ割のアルヒーポワは今何しているのでしょうか、、。
完全リタイアなのかしら。
結構良いダンサーだったと思うのだが。クルミの雪のシーンやパドドゥはお気に入り
だったのだが。
彼女はミハリチェンコの白鳥の湖でイタリアの姫、ライモンダではバックダン
サーしていましたよね。

711 :踊る名無しさん:2007/02/01(木) 07:41:29
アルヒーポワ

ttp://www.youtube.com/watch?v=DBeUxXSNiFc

上手だね。

712 :踊る名無しさん:2007/02/27(火) 00:17:25
アルヒーポワはグレゴリーヴィチバレエ団へ移籍したところまで知っています。


713 :踊る名無しさん:2007/02/27(火) 01:00:52
美人ぞろいが昔はメイクが濃すぎて、美しさ半減。
もったいないなあ。

714 :踊る名無しさん:2007/03/04(日) 06:36:48
710です、、。あのーー、アルヒーポワの消息をどなたかご存知の方いませんでしょうか、、

715 :踊る名無しさん:2007/03/09(金) 06:13:57
アルヒーポワはムハメドフと一緒にモスクワバレエコンクールで第一位金賞をとっています。
ということはもう結構な歳では。

716 :踊る名無しさん:2007/03/12(月) 17:14:16
ムハメドフが夏にワークショップで日本に来るらしいから
関係者に聞いてもらいます。

717 :踊る名無しさん:2007/03/14(水) 08:03:46
アルヒーポワさんはボリショイで先生をしているとmixiのコミュに書いてあったよ。

718 :踊る名無しさん:2007/03/17(土) 06:21:20
あ、そうなんだ。アルヒーポワが先生ですか。
どこのMIXIのサイトですか?!
アルヒーポワって結構上手だと思うんですけどね、あまり出世しなかったのかな。
眠りを踊っている写真見たことあります。

719 :踊る名無しさん:2007/03/17(土) 12:08:09
>>718
ここです。mixiに入ってないと見れないのですが・・・。
http://mixi.jp/view_bbs.pl?id=1965011&comm_id=269938
日本人留学生の間では「アルヒちゃん」って呼ばれていて、とてもいい先生らしいです。
ヴァシュチェンコは教え方がけっこう適当で、授業をすっぽかして
釣りに行ってたことがあるとかも書いてありました。なんか意外w
ただ、これは一年くらい前に書かれていた情報だったので今現在どうしているか正確にはわからないですね。



720 :踊る名無しさん:2007/03/22(木) 07:02:01
>>719

ありがとうございます!
皆さん詳しいですね。
ミハリチェンコの白鳥でアルヒーポワがナポリの踊りを踊っていますが、かなり
うまいですよねぇ。クルミは雪のシーンが白眉でしょうか、
あれ、確か、誰か有名な方と結婚しましたよね、そういえば彼女。

721 :踊る名無しさん:2007/04/11(水) 10:32:52
どこかで読んだんですが、
ヴェトロフが、ワシリーエフに追い出されたというは、
どういう経緯・確執だったんですか?
グリゴロのお気に入りだったから?
インタビューがあるみたいなんですが、内容を知ってる方がいたら、
是非教えてください。

722 :踊る名無しさん:2007/04/12(木) 00:46:41
そのインタビューは読んでないけど
2人の確執というよりもヴェトロフとボリショイ劇場側との
金銭問題も絡んだけっこうドロドロした話だったように記憶してる。

リストラに伴う団員の賃金引下げ交渉で槍玉に上がったのが
当時破格の給料だったヴェトロフで(バレエマスターの契約も結んでた?)
劇場側が提示した金額を蹴ったらワシリーエフに一方的にクビを宣告され
たしか即、退団したんじゃなかったかな。

のちにワシリーエフが、彼には残って欲しかったけど
あの当時は劇場にお金がなくて引き止められなかったと告白してたような。
ごめん、この話の内容はウロ憶え。

723 :踊る名無しさん:2007/04/18(水) 00:20:58
遅くなりましたが、詳細どうもありがとう。>722
ボリショイでヴェトロフがいずれ、アブデラクマンや大僧正を
演じてくれたらいいなと思っていたので。


724 :踊る名無しさん:2007/04/18(水) 01:14:50
>>723
いずれ、ってヴェトロフはアブデラクマン持ち役だったよ?
タランダとダブルキャストだった。

725 :踊る名無しさん:2007/04/18(水) 18:03:47
そうなんですね。
すいませんでした。

726 :踊る名無しさん:2007/05/19(土) 19:02:07
もう、みんなどうしてるのかなー。

727 :踊る名無しさん:2007/05/26(土) 03:30:05
最近バレエの映像を見まくっているのだが、ムハメドフって凄い人だったんだと再認識。
音楽とばっちり合ってるのが気持ちよすぎ。
大技だけのマッチョな人ではなかったのねえ。

どんなにきれいで難しい踊りでも音楽からはずれると萎えると、某有名バレエ団の雷帝を見て思った。
そこのファンの人、ごめん。

728 :踊る名無しさん:2007/06/02(土) 05:29:30
ボリショイ時代のムハンマドが最高だったね。


729 :踊る名無しさん:2007/06/02(土) 05:35:31
ギリシャに連れて行った弟子が
今年YAGPのグランプリをとったよね。

730 :踊る名無しさん:2007/06/11(月) 22:51:11
ムハさんがロイヤルに移籍してラ・バヤデールのソロルやったら別人。
ちょんちょんと跳ぶだけのジャンプでした。
欧州の男性はもやしのような足で上に跳ぶだけなので舞台が狭い。
スパルタクスで見せた股裂き炸裂のグラン・カテールを思い出す。
なんかかわいそうだった。
生簀で腐って泳いでいる魚みたい。やめてよかったんじゃ?



731 :踊る名無しさん:2007/06/12(火) 22:46:42
ロイヤルの文芸路線で重厚な演技が高く評価されて
ボリショイにいた頃とはまた違った魅力で良かったと思う。

732 :踊る名無しさん:2007/06/13(水) 00:06:15
ありゃ、失礼しました。
そういうのも見て見たいな。
しかしムハ氏は一体当事何歳だったのか全然わからん。
年齢不詳のお方。


733 :踊る名無しさん:2007/06/13(水) 00:28:54
60年生まれのはず(昭和じゃないゾー)。
スパルタクスの映像撮ってすぐの90年にロイヤルに移ったから
ボリショイ全盛時は20代後半だね。

ロイヤル時代の映像はマクミランなんかの文芸モノもいいけど
イチオシは吉田都さんとのくるみ割り人形。
彼の視線すべて都さんを凝視、客なんかどうでもいいぜ状態。
ほとんど横顔の熱い熱い王子様です。w

734 :踊る名無しさん:2007/06/13(水) 00:36:20
ムハさんロイヤル行ったらぶくぶく〜ってなったよね。
歳のせいかもしれんが運動量とか踊りの性質の違いもあるのかなあ。
くるみを見比べて唖然とした。
後年の方のくるみの方が好きだけどさ。
ひとりだけガタイが違う。衣装で上半身ボリューム上げてるくるみ割り人形より明らかに太い。
重くなってジャンプも明らかに変わってたヨ(泣)。

735 :踊る名無しさん:2007/06/16(土) 11:52:03
踊りの変化ついては、「三人姉妹」の付録ドキュメントにあります。
ボリショイちっくに踊らないよう、努力して変わったはず。
演技に秀でた人だから、ロイヤル移籍を聞いた時は、わかってるなーと。
アクティオンを、テクニックだけでなく演技もする人は、
ムハメドフしか観たことありません。

736 :踊る名無しさん:2007/06/17(日) 18:52:53
ムハメドフって前にどこかで、ロック調のドロッセルマイヤーやらなかった?
あれも見たかったんだよね。

737 :踊る名無しさん:2007/07/04(水) 02:49:58
ムハさん、顔濃いって。ワシリエフは10代前後?マイヤとせむしのコウマ
やってたころぼうや顔だったけど50才になってもぼうや顔。
ま、濃い顔好きとかうすい顔すきとかあるけどね。



738 :踊る名無しさん:2007/07/08(日) 02:25:51
you tubeスレがヘンなのに乗っ取られてるんでこっちに。
DVDになってる映像だけど懐かしーい。

リエパとコンドラショーワの創作(パパリエパがハンサム!)
ttp://jp.youtube.com/watch?v=6Z7IWUPcH9M

アキモフとセメニャーカの創作(アキモフの頭が既にアブナイ・・・)
ttp://jp.youtube.com/watch?v=p8sSym4wcQA

ティモフェーエワとウラジミーロフのダイアナとアクティオン
(このペアの十八番!やっぱりこのぐらいスカッと踊って欲しいわ)
ttp://jp.youtube.com/watch?v=qsiy2t4bjcU

ティモフェーエワとゴドノフ(!)のドンキ(ゴドノフがカッコいい〜)
ttp://jp.youtube.com/watch?v=MyYsaGpGmWo

ワシリーエフとマクシーモワの創作(振付もワシリーエフ)
ttp://jp.youtube.com/watch?v=SQU4pbEkoxE

おまけ:
タヤキナとコフトンのゼンツアーノの花祭り(この2人はキエフ)
ttp://jp.youtube.com/watch?v=vLbvid5_YjM

739 :踊る名無しさん:2007/07/16(月) 20:52:47
某お○ち○箱のトップページにAヴェトロフの写真が!

740 :踊る名無しさん:2007/09/23(日) 20:10:12
ようつべで、DVDのじゃないロミジュリが観れて良かった〜。

741 :踊る名無しさん:2007/09/23(日) 21:13:03
ヴェトロフさん、最後に観たのは東京文化でロミジュリ。
ティボルト役だった。
舞台正面に立ったそのおみ足のラインの美しさは
いまだ記憶に焼きついています。
アメリカに出られたんですよね。
どちらかのインタビューで政治的混乱の真っ只中にあった
モスクワの街や人の荒廃ぶりを淡々と語っておられました。

213 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)