5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

☆H☆

1 :わんにゃん@名無しさん:2007/06/19(火) 20:17:04 ID:sWtoVuW5
最近,Hがあまり顔を見せない。
母が飼い主御夫妻に見守られて,座っているところに出くわしたらしい。
幸福そうに笑っているかのような表情であったという。
喜怒哀楽の明確な猫である。


2 :わんにゃん@名無しさん:2007/06/24(日) 15:59:33 ID:vc2Nzhtd
近所でH似の子猫が弐匹程産まれたらしい。Hの子供ではと問われたらしい。
Hは16年程生きており,既に子供を産む年齢は超えている。20世紀末に出産している。
最近,親離れしたばかりの別の子猫が懐くようになった。日に一回食事を与えている。
その帰りにHに遭遇した。飼い主家前から我が家までついてきた。母に知らせると,
「にゃあー」と。ごろりと横になるも子猫の匂いに気づいたらしい。最初は頭や喉を撫でられるままであったが,
「ぎゃぎゃ」と叫んで,両前足で掌を掴む。「食事をあげないと,生きていけないんだよ。」と言うも
「ぎゃぎゃぎゃ」と再び,叫んで三本足で又も掌を掴んできた。指の腹に血が滲む。
すくっと立ちあがり,すたすたと帰っていった。その日以来,姿を表さない。
誇り高いらしい。

3 :わんにゃん@名無しさん:2007/07/01(日) 19:24:20 ID:4j9goKT6
母が6月半ばに飼い主と散歩中のところを見かけたという。元気と伝えられたらしい。
別の日に差し入れを持っていった時は知らん顔をしていたようだ。
母と母の職場に行く途上で飼い主家の柵から顔だけ出して,外の様子を覗う姿を見かけた。
父も飼い主家付近でごろごろするのを見かけたという。
我も半ばの夕刻,帰宅時に出会った。I家の家人が出かけるところで,家人を慕い,Hが出てきた。
接近すると,遠慮がちに「ニャ−ン。」と鳴く。「遊びにおいで。」と一分程撫でる。
29日の夜,M家の駐車場に入っていたHと出会う。そのまま道路についてくる。M家の犬が盛んに吠えるので,
我が家前まで誘導する。2‐3分ほどかけて,ゆるりとついてくる。乾燥肉入りの中箱に関心を示す。
この日は30分ほど長居した。久しぶりだ。臥せるので撫でつづける。「にゅあああああん。」と甘える。
しかし,15分ほどすると,二の腕を掴もうとする。他の猫に食事をさせ,撫でていたのいたので
匂いを感じ取ったらしい。「ぐるるるる」と盛んに腕を掴みつづける。制裁か。数カ所血が滲む。まだ傷が残る。


4 :わんにゃん@名無しさん:2007/07/05(木) 20:26:21 ID:VWu7KYTR
3日の火曜日の帰宅時。十字路に差しかかった時にHが門にいるのが眼に入る。
三度程振り向くので手を振る。出会うと,義理堅く顔を見せるので,逢えるかもと期待。
すると,いつもよりやや遅い時間にI家前で臥せていた。
花壇まで誘う。フリスキー入りの中箱を手にしていたので,興味津々という輝く瞳で接近してくる。
石椅子の上に乗る。10粒程置くと必死に食べる。2−3分程,喉を撫でる。
鼻と鼻をつきあわせて,「また遊びにおいで。」と声をかける。

5 :わんにゃん@名無しさん:2007/07/11(水) 19:50:41 ID:hODoyJtF
6日の土曜日の夜,十字路に差し掛かると,門際で下半身を路上側に投げ出して横臥する姿を目の当たりにする。
戦場で討ち氏にしているかのようであった。気にかかる。数十分後の帰宅時にいなかったので無事だろうと判断。
8日の月曜日の夜も同様の姿で横臥。自宅前を散歩していると,花壇まで移動していた。
我が家へ誘おうとするも動かず。5分程,花壇前で相手をする。我を見とめると,「ニャアーン。」と鳴く。
喉を撫でるも掌の上に頭を乗せたがる。これを延々と繰り返した。行こうとしたものの,会社員が数人とおるので
安全確認のため,見守る。近所の人らしき物陰もある故,「また遊びにおいで。」と声をかける。
去り際にフリスキ−を目敏く見つけ,石椅子上へ。十数粒置いて去る。
11日夕刻。通院のため,東へ進む。自宅の表札下で「華ポ」が佇む。北で会話中の飼い主を見守っていた模様。
Hが凝視する中,手を振り,道を急ぐ。


6 :わんにゃん@名無しさん:2007/07/16(月) 20:17:32 ID:FUGkmR5/
12日夕刻も通院のため,移動。飼い主と共に自宅前を南に移動中であった。
雨の日には十字路を曲がる際に門際で外部を眺めている姿が眼に飛び込む。
母もS家北から南進し,帰宅する姿を見かけたという。別の日には差し入れにいったところ
足元にいたらしい。無視していたそうだ。
14日に夕刻。帰宅時にI家前の花壇手前で伏せていた。強風が心地よいらしい。
接近すると「ニャアーン」と鳴く。喉を撫でる。腕を掴もうとするので警戒を怠ることはできない。
近所の人が通るまで5分程撫でる。七歳くらいの女の子が笑顔で振りかえっていった。

月初めの夜に00機関地帯で子猫と遭遇。自宅に戻り,フリスキーを取ってくると,もう一匹。
置いてあげると二匹とも並んで完食。2−3時間後に出先から戻ると,以前として自転車の影などに座す。
気をつけつつ,小箱を与える。一匹が咥えて,移動。一匹が追う。30分後に戻ると半分食べていた。回収。
次の日から姿が見えぬ故,危惧していたが,母が知人から00機関の人が引き取ってくれた旨,耳にした。

7 :わんにゃん@名無しさん:2007/07/22(日) 20:21:08 ID:niSZPaXX
母が朝出会う。御近所の男の人に「おはようございます。」と挨拶したので,Hにも
「おはようございます。」と声をかけたという。無視されたらしい。
別の日,F家から南進し,東西通りに出る姿も見かけたという。「おでかけ。」と声をかけるも,
我関せずという態度で進んでいったらしい。
父も2,3日前に我が家の前を東へ進む姿を見かけたという。

8 :わんにゃん@名無しさん:2007/08/02(木) 20:08:44 ID:q9vcw998
母が差し入れに赴いた際,前回同様,隠れた場所にいたという。
1日には御近所の人達と会話をしている最中に00通りから北進してきたという。
声をかけるも我関せずという態度で帰還していったそうだ。微笑ましく皆笑顔で見送ったと聞く。

31日の夜に00番街を通る。黒系の猫に遭遇。一月に出会った猫と思われる。
まだ子猫の筈。半年前は風船のように丸々としていた。人懐こく,傍へ時折来る。
やや離れてゴロゴロと寝返りを打つ様から同一猫と判断す。可愛い。普通の体型になっている。
猫も体型が変化するらしい。肥り過ぎで心配していたが,食糧事情は良いようだ。
半年前は建物の影に走り来て,三十分程,取り壊し予定の家のあたりでゴロゴロしていた。
今回は十分程相手。更地になっていた。
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1185792225/l50 べるいま
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1185882890/l50 あんとにおーに
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1185975496 星野
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1186016990/l50 やんきー


9 :わんにゃん@名無しさん:2007/08/07(火) 20:14:51 ID:bOXPIP74
1日。夕刻に飼い主が知人と会話。その足元で横になっていた。挨拶をする。
「おにいちゃん,来たよ-。」と言われていた。こちらを見ていたので,接近。
頭を撫でると「アー。」と鳴く。「遊びにおいで。」と声をかける。
5日。夜。通りかかると犬が盛んに鳴く。I家前でHが横臥。女性の飼い主が懸命に引っ張るも犬が掴みかからんばかりに鳴く。
危険なので,間に入る。犬は一生懸命引かれて,西へ徐々に移動。Hを二回撫でる。
その度に「アー。」と鳴く。「ここは人の家の前過ぎるぞ。遊びにおいで。」と声をかける。

両親の知人の家の猫がカラスに襲撃されるという不幸があった。可哀想な事であった。
前にHもカラスに襲撃されて大怪我を負った。母によると,三日間も食事が喉を通らぬ程であったらしい。
気がついてくれて,通院させてくれて良かった。
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1186363638/l50
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1186363638/l50 leah
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1186478358/l50 fukutome
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1186395427/l50 kanou





10 :わんにゃん@名無しさん:2007/08/14(火) 20:28:41 ID:gQm3bVuz
13日。夜遅く戻るとS家前の歩道の淵の高い部分に伏せ,こちらを見ていた。「にゃあああああああーん」と仰ぎ見る。
「車に気をつけろよ。」と頭を撫でる。すぐに犬の散歩が来たので,帰宅しようとすると,Hも軽やかな足取りでついてきた。
我が家着。この一週間で三回目の来訪。玄関前に座り,不利スキー入りの中箱に右手を入れる。あげないのも気が引ける。
食べ過ぎに注意して,小箱に20粒程入れる。水も横に置く。水には眼もくれない。
母にも声をかける。少ない量だが,一生懸命食べる。頭と背中を撫でる。食べ終えると「あーん」と甘えた声。
引き続き中箱の前に座る。10粒追加。食べ終えると南に向いて伏せる。「遅いからまたね。」と
背中を撫でる。待っていたのかもしれない。

11 :わんにゃん@名無しさん:2007/08/16(木) 12:01:25 ID:bOseHugQ
6日。コンビニの帰り道,I家前の花壇で伏すHに遭遇。「また遊びにおいで。」と90秒程撫でる。
帰宅しようとするとそのままついてきた。久しぶりの訪問だ。他の猫のために乾燥肉の箱を玄関前に出すと
勝手に食べ始めた。「食べ過ぎちゃ駄目だよ。」と小箱に二十粒程残して移動させる。
食べ終わると西を凝視。数十М先から徐々に黒猫コキント-が姿をあらわす。接近してくる。
Hは甘えて仰向けに。撫でる。黒猫は乾燥肉目当てで我々の周囲を周回する。Hの尾の匂いを嗅ぐ。
母が表に出てくると逃げていった。Hは母にも甘えて足元に接近す。
14日。夜,ドアを開けると眼前にいた。ドア間際にいたらしく,大きく後方にのけぞっていた。
「ふぐああ,ふぐああ。」と走りながら鳴き続ける。小腹が空いたついでに遊びに来たらしい。
フリスキーを小箱に三十粒程入れ,与える。水も勧めるが飲まない。こちらは気にいらないようだ。
西に顔を向ける。予想通り,悪の黒猫コキント-が少しずつ接近してくる。母が手を打つと駐車場に逃げていった。
食べ終えたHを少々撫でるも,遅いので「またね。」と声をかけ,別れる。
15日。風呂上りの父が「Hが来ている。」と申告。階上から玄関へ。「にゃあ-」と座ったまま声をかけてくる。
ここにいると存在を誇示しているらしい。小腹が空いたついでに遊びに来たらしい。
柔らかいチャオを多少,付与する。時折,右手で器用に掬う。N家前に黒猫。やや接近すると同家に遁走。
時折,急襲に来るという周辺のボス猫かもしれない。Hは食べると我が家前で伏す。
少々撫でるも,風呂・就寝の直前故,「もっと早くおいで。」と声をかけ,別れる。



12 :わんにゃん@名無しさん:2007/08/20(月) 20:28:24 ID:rER049HR
16日。夜,またしても訪問。
17日。夜,帰宅時にI家の女の子に撫でてもらっている姿が眼に入る。
18日。20時過ぎに我が家前に姿をあらわしていると近所の長女から連絡在り。出てみると座っていた。
フリスキーの小箱を与えると多少食す。ごきぶりが壁を這う。入ろうとする。害虫故,仕方なく冥土に送る。
Hは食すと伏す。撫でる。そのうちに隣家へ。庭弄り中の家人がひしゃくに水を汲んでくれた。
口を入れ,水を飲む。猫は舌で水を掬うものと思っていたが,こういう飲み方もできるようだ。
歩道に伏すも突然,エンジンをかけた自動車に驚いて,跳びあがる。Hを抑えて,車をやり過ごす。
満足して帰還していった。
19日。00会社前で仰向け。微動だにせぬ故,体調不良を危惧。接近すると跳びあがるように座る。
「にゃあー。」と挨拶。暑さのためか,気を抜いていたのかもしれない。戻ると,スタスタとついてくる。
自宅前に置いた中箱の前に座る。まぐろを置くと多少食す。伏す。ひしゃくに水を汲む。
何分か撫でるも「遅いからまたね。」と別れる。母が後で確認すると,飲んでいたらしく,水の量が減っていたという。


13 :わんにゃん@名無しさん:2007/08/24(金) 20:25:41 ID:TWyx+9im
20日。夜,遊びに来る。自転車で通りかかると,I家前で仰向けになっていた。
我に気づき,そのままスタスタとついてくる。「ふぐあー」と鳴き続ける。フリスキーを十数粒与え,
水を勧める。なかなか飲まず。蚊がいるので手を洗う。植物に水を与えるため,バケツに貯水していると
それを飲む。飲みやすいらしい。四十分程いた。
21日。夕刻,帰宅時にI家前で微動だにせず,伏していた。大丈夫かと思い,覗きこむと「ニャン。」と勢い良く反転して起きる。
無事であった。「夜,また遊びにおいで。」と言うも,そのままついてきてしまう。
「はにゃーはにゃー」と鳴き続ける。十粒程与える。「食べ過ぎちゃダメだぞ。」とは言い置く。
I家の駐車場横に移動し,寝そべる。
三時間半後にも現れる。やはり,「はにゃー」と鳴き続ける。小箱を与えると多少食す。
母が先日,追い払った黒猫コキント-もY家前に。車が帰還し,西へ遁走していった。
我は一時間ほど外出したが,帰宅時に三度姿を見せた。
22日。父が言うには早朝6時にも現れたらしい。7時に母が確認に行くと,まだ待機していたので
十粒程と水を勧める。給水し,満足したらしく,悠々と帰還の途についたと聞く。8時半に母が職場に向かう際には
熟睡していたという。夜には父が通常より一時間近く前から待機していると我を呼ぶ。
出て行くと,「はにゃー」と鳴く。小箱にのぞみ,多少食す。伏すので撫でる。
23日。朝,待機している姿を母が見かける。水を与えたという。夜も前日同様。父が確認。
早過ぎる。着替えをしている間に母が相手をする。そのまま,0田家方向へ移動していったそうだ。

14 :わんにゃん@名無しさん:2007/08/27(月) 20:19:38 ID:oj8Eu2Cb
24日。前夜のことがあり,来ないかと思いきや,通常より一時間遅参。小箱を洗浄し,家へ入る間際だった。
多少食す。遅いので「またね。」と玄関前に置いたまま去る。
25日夜。南へ進む際に自宅前で横向きに伏している姿が眼に入る。討ち死にしたような格好だ。
見るたびに体調不良を危惧する。我が家前で他の猫のための乾燥肉準備中に「あーん」と
歩き寄ってきた。チャオを多少食す。一心不乱。食すと弐回移動しつつ座るも帰還。
十字路まで進んだところへ南から2台自転車。Hは直角にみなみへ方向転換。難回避。
自転車が去るや否や,再び東へ方向転換。自宅東隣りの敷地内へ。
母曰く「敷地同士がつながっているのでは。」
26日夜。I家の駐車場入り口前の鉄板上で伏していた。冷たくて心地よいらしい。
熟睡かと思いきや,小箱の準備中,振り向くとスタスタと歩み寄っていた。
「あーん」と鳴く。靴紐が穴から出たため,直している最中のため,「少し待ってね。」と声をかけると,
玄関前でおとなしく座り待機。


15 :わんにゃん@名無しさん:2007/08/28(火) 20:18:33 ID:/0RrjtE2
チャオを多少食す。20分程ゆっくりと食べる。歯が少ないため,時間がかかる。
ひしゃくに水を汲み,勧めるも無視。バケツに進み,給水。衛生上,どうかとも思ったが,
母が毎日代えていると後日耳にする。そのまま歩道,路上と進み,弐回座る。頭を撫でるも
I家駐車場前の溝上の鉄板まで進み,横臥。冷たくて心地よいらしい。
27日夜。通常より一時間半早く来ていたらしい。母が「お兄ちゃん,まだだよ。」
と声をかけると静かに帰還していったという。一時間半後に玄関前でフリスキーを中箱から
小箱に移していると,スタスタと後方を歩み寄ってきていた。覗きこむと「あーん。」と鳴く。
「にゃーにゃー」と鳴き続ける。小箱のフリスキーの上にチャオを多少乗せる。
こうすると,重心が安定し,食べやすいように見うけられる。この間も待ち遠しいらしい。
鳴き続ける。せかせるので急ぐあまり,軽く尾を踏む。「あん。」と鳴いていた。
20分程かけて,ゆっくりと食す。給水抜きでN家前へ。前日同様,鉄板上に横臥。
アスファルトと異なり,やや冷たい事を確認。他家前故,断続的に喉を撫でる。
10分ほどして,そろそろ出かけ様かと思うや,すたすたと我が家前に。気配を察知したかの
ような行動だ。伏すので撫でる。尾を軽く動かす。心地よいらしい。

16 :わんにゃん@名無しさん:2007/08/29(水) 19:46:24 ID:cKjpxg26
28日。通院帰りで12時に帰宅。玄関間際にHが伏せていた。虚をつかれ,驚いた。
「ニャ-ニャ-」と鳴き続ける。家に入ると,Hもそのまま入ってくる。
両親が「まだいる。」「二十粒程あげた。」と声をかけてくる。昼食はとった筈。空腹ではないと判断す。
Hは玄関のタイル上で伏せる。珍しい行動だ。座ることはあってものびのびと伏せるのは珍しい。
どうやら,逢いに来るのと同じに涼みに来たようだ。数日前からやや涼しくなりかけているし,
この日は雲が多く,日差しも厳しくないものの,アスファルトは熱い。冷たくて心地よいらしい。
5分後,食事の合間に階上から覗くと玄関間際に移動して、伏せていた。嘔吐も。やはり,食べ過ぎだ。
「大丈夫。出たい。」とドアを開けるも動かず。更に5分後,覗くと階段下に移動し,仰ぎ見つつ鳴いていた。
出たいらしい。ドアを開けると,静かに外界に出ていった。
夕食直後にも我が家前に来ていたと母から聞く。
2時間半後に先にコンビニに行こうと,我が家前から数M西で紐靴を履く。すると,気配を察知したらしく
Hが駐車両横を通り,Hが歩み寄る。「ふぐあーふぐあー」と鳴き続ける。フリスキー入りの小箱を置く。
見つめるのみ。この上にチャオを乗せることをこの日は覚えていたらしい。
ちゃおを多少食す。駐車場に悪の黒猫コキント-が伏していた。目が合う。
こちらに進むも「自宅で食べな。」と接近すると,後ずさりし,ハーと威嚇してくる。
Hは食べ終わると歩道で伏す。撫でると嬉しいらしい。尾を振る。一回だけ掌に頭を乗せて横転。
南から左折してくる子犬の散歩に近づいていく。双方留まり,凝視した後,飼い主に引かれて子犬は西へ。
Hは自宅付近の歩道で伏していた。
29日。夕刻。北から戻る際に自宅門際で伏せ,首だけ後方に曲げ,外部を見つめる
姿が眼に入る。


17 :わんにゃん@名無しさん:2007/08/30(木) 20:29:39 ID:gkeEX96E
夜見渡すも姿が見えず。前日はコンビニに行けぬ程,すばやく来たものを。
母に「来ないよ。」といっているうちに急に後方に歩み寄ってきていた。
「あーん。」と鳴く。玄関に乗る。小箱を置くと,フリスキーを頬張る。
チャオをまきれないらしい。頭をかいくぐりちゃおを小箱に入れる。
柔らかい魚肉が良いらしい。多少ながら,一心不乱に食す。そうこうするうちに
後方を気にするので,見てみると数M後ろに黒猫コキント-が座していた。
足音を忍ばせて,接近していたようだ。襲撃防止のため,コキント-と10分ほど対峙。
「自宅で食べな。」と促すも「きゅー」と甘えた声を出す。手をかざすと「ハー」と鬼面で威嚇。
更に「にゃー」と甘える。帰ろうとしないので根負けした。二十粒程与える。食すと2−3分で消えた。
Hは食べると玄関前に移動し,伏す。15分程撫でる。横臥し,伸び伸びと身体を伸ばす。
両手を伸ばし,我の右手に添えると言うか置く。両手越しに首を撫でる。心地よいらしい。
両手をたたみ,横目で凝視。掌に頭を乗せ,左反転右反転。楽しいらしい。そのまま仰向けに大の字。
母に託し,出かける。
30日夕刻。南から自転車で帰宅。気がつくと,Hが後方で座していた。気がついて追ってきたらしい。
「これから夕食でしょ。」というも「ふぐあああ」「あーん」と鳴き座る。
母も帰宅すると,ドアに接近。入りたいらしい。入れると絨毯まで上がってしまう。
促し続けて,漸く外へ。20分程相手をした。



18 :わんにゃん@名無しさん:2007/08/31(金) 20:02:08 ID:hHneCdbq
夜。周囲を見渡すも見えず。靴紐を直す。すると,斜め後方から歩み寄ってきた。
闇の部分に伏せて待機していたのかもしれない。「ふにゃー。ふにゃー。」と鳴き続ける。
「靴紐結ぶまで待ってね。」と言ったものの,新しいチャオの缶詰を忘れた事に気づく。
階上へ取りに行く。再び靴紐結びなおし。Hは座って待機。再び,玄関内に入り,小箱にチャオを出す。
ドアを開けると,Hが間際にいたらしい。頭をぶつけてしまった。「大丈夫。」と声をかける。
待ちきれないらしい。ドアは重く硬いので気をつけないといけない。
多少食す。ゆるりと10分ほどかけて食べる。食べ終わると一度座る。撫でる。
すると,珍しく0藤家の敷地内へ入っていく。ここへ入るのははじめてみた。
1−2分すると,車が東進してくる。昔馴染みの長女であった。自宅に駐車するために
減速,向きを変える。我からは死角であったが,Hが0藤家から出てきたようで,バック中の車の傍に。
長女は見ていたそうだ。HはN家前で臥す。撫でる。駐車後,長女が接近。「御免ね。」と声をかける。
「懐いてるね-。」と一分程座り,覗きこんでいく。Hは仰向けに。喉を撫でる手のひらを弐回手でさえぎる。
掌に頭を乗せてはしゃぐ。踊るかのように数分,うごき続ける。突然,起きるとくしゃみを一回。
我が掛時計を見,戻るや否や70回連続でくしゃみ。苦しいのかと背中を撫でるも留まらず。
給水を勧める。珍しくひしゃくの水を飲む。30秒も。昔馴染みの次女が父親の運転で帰還。
Hを安全地帯に避難させる中,車は東へ去る。Hも歩いて,I家横へ。次女も「御免ね。」と。
犬を長年飼う次女に訊ねると,「犬はくしゃみをすると風邪。鼻水のせい。」と言う。
給水も熱のせいかもと危惧。


19 :わんにゃん@名無しさん:2007/09/01(土) 11:45:41 ID:pWGhBFTj
Hちゃん、涼しくなってよかったねー
いつのも町の日常が続いているようで、安堵しました

20 :わんにゃん@名無しさん:2007/09/02(日) 20:33:50 ID:1WNbSLER
アスファルトで囲まれているため,夏は心配でしたが,日中は姿を消しているそうです。
何処かに避暑地があるのではと皆で推測中。

31日夜。通常通り,訊ねてくる。風邪の徴候は見えず,安堵した。
食した後は路上で横臥。熱い瞳で見つめてくる。車が東へ。共に横に避ける。Hは更に東へ。
1日夜。20分程遅参。戻るといつのまにか歩み寄ってきていた。珍しく真っ先に給水。
チャオをとって戻り,ドアを開けると,開けたドアに体をぶつけていた。
接近しすぎる故,気をつける旨言い置く。
食す間に西から少しずつ黒猫コキント-が接近。暫らくそのまま。壮年夫婦が通り,
好意を示すと遁走していった。汚れを水で流すとHはS家敷地へ疾走。
20秒程すると,戻ってくる。ごろごろと甘える。




21 :わんにゃん@名無しさん:2007/09/04(火) 20:13:21 ID:bvL6zEa4
2日。夕刻に帰宅すると門前で門番代わりに臥せていた。
夜は通常通りに歩み来る。食すや路上に横臥。東へ車が進むが,我の掌の上に頭を乗せていたためか
避けるのが遅れる。催促して漸く歩道へ。そのせいで我が逃げ遅れ気味。我が轢かれてしまう。
3日夜。母が19時半に我が家西の茂みに座る姿を確認。20時半に帰宅する際には
自宅からついてきたという。まだ早い旨を伝えると帰還。
本屋に行ったため,15分程遅れる。南から戻るとI家門前で臥していた。
そのまま足早についてくる。走る姿はいい。「ふにゃーふにゃー」と鳴く。


22 :わんにゃん@名無しさん:2007/09/08(土) 20:36:02 ID:C6tL39ZO
4−7日。毎日,夜に訪ねてくる。喫茶店の帰りにはI家の門前で臥している姿を目にした。
待機しているようだ。外出の準備で小箱などを運び出しているうちに,気がつくと
歩み寄ってきている。覗きこむと「ニャ-。」と存在を誇示するかのように鳴く。
多少だが,ちゃおを食すため,待ちきれないらしい。「ふにゃーふにゃー」と鳴き続ける。
或る晩はいきなりバケツの水を飲んだ。新しい給水のためのバケツや器を模索中。
4,5日は路上に臥すため,時折車が接近す。起こそうとするも「ウー」と唸り,
動くのが遅れる。我がいるために安心しているらしいが,こちらが轢かれてしまう。
Hはよく頭を激しく振る。初対面の頃からそうだ。気にかかっていたが,「猫の気持ち」によると,
耳の状態が影響している事もあるとあった。母に伝える。


23 :わんにゃん@名無しさん:2007/09/16(日) 20:05:12 ID:ZOWkjC2J
毎晩訪問してくる。咋冬12月以来,あまり顔を見せなかったのだが,最近は幼児が母親を慕うような気配。
毎晩,我が玄関に出てくるとI家前付近から歩き寄る。
黒猫コキント-も連日訪れてくる。西から様子を覗う。「きゅー」と甘えたり,ごろごろと愛嬌をふりまいたり。
出かける際にHを攻撃するといけないので,空き家前に20粒程置かねばならない。
12日。Hは食した後,路上でごろごろ。東へ車が来る。必死に起こして歩道へ。
その死角をついて黒猫コキント-が玄関に置いたフリスキーの中箱に挑んでいた。
ふてぶてしい猫だ。普段は「キュー」と甘え声で食事をねだるが,この日は取られると
思ったらしく,「ハー」と威嚇してくる。食べるコキント-の背中を始めて触る。
振りかえり,「ハー」と再び威嚇。
13日。玄関に姿をあらわすとI家横の駐車場添いに居たHが暗闇で蠢くのが目に入る。
「にゃー。」と歩み寄る。ちゃおをとりに行くのももどかしいらしく,盛んに鳴いて
玄関内に入ってくる」。絨毯の上にまで上がる。ドアを空けて玄関先へ。ちゃおを多少与える。
その際,西からコキント-接近。Hの妨げにならぬよう路上で見張る。背中にも一回触る。
Hは我が黒猫をめでていると勘違いしたやもしれぬ。珍しく、食べ終わると2回座ったきりで
帰宅していった。母に言わせると「猫は女と同じ。」らしい。


24 :わんにゃん@名無しさん:2007/09/17(月) 19:43:44 ID:Oxui5VNY
14日。夜にすぐ現れる筈なのに,20分程来ない。散歩しつつ待機。
漸く,十字路を左折し現れるも通常と異なり,あまり鳴かない。接近した際に
小声で2回,「にゃー。」と。玄関から内部に入り,家人と逢う。ちゃおを空けると
多少食す。歩道で撫でていると,飼い主接近。話によると,昔なじみの姉妹家の犬2匹が
数時間前に見かけたHを飼い主家まで追い,跳びかかったらしい。Hは家から外部に通じる間道に
逃げたままだったようで,捜索していたと言われる。前日の黒猫との絡みで臍を曲げて遅参したのかと
推測していたが,単に難を避けていたようだ。数時間,安全な場所に身を潜めていたと思われる。
飼い主は「Hは犬になれているから。」と言われていたが,鳴き声をあげなかった事といい,
どうやら怖かったらしい。この夜は最初から黒猫コキント-が西で待機。夜食を採りにきたようだ。
飼い主接近の直前にS家敷地内に入っていった。飼い主にその旨,伝えると,姿を現した。
「Hを苛める猫。追い払ってあげる。」と黒猫を追いかけておられた。
黒猫は一目散に西へ退散。飼い主帰還もHは追わず。我が北へ去れば,追随するだろうと
計算し,「みんな心配してるから,帰りな。」と勧め,去る。


25 :わんにゃん@名無しさん:2007/09/18(火) 20:07:49 ID:CZp58TJJ
15日土。我は夕暮れと共に外出。気配を察したHが飼い主家あたりから歩み来る。
「うにゃー」と鳴き続けるので,頭を撫でる。「出かけるから,2時間半後においで。」と諭す。
とは言うものの,予定より遅参。三時間半後になってしまった。母が言うにはHは待っていたらしい。
謝罪す。Hは「うにゃー。」と鳴き続ける。ちゃおを空けるのも待ちきれぬという雰囲気。
高速で食し続ける。小箱の準備中に完食。
16日日。夕刻,南から帰還。I家前で寝転ぶHは十字路付近で気づく。こちらを見,歩き来る。
十字路に南からさしかかると,飼い主家門前で寝転ぶ姿が目に入る形になるが,
Hは戦場で討ち氏にしたかのように横たわっている事が少なくない。体調不良を連想させられる。
実際は元気ではあるが,心配させてくれる。夜も通常通り,「うにゃー。」と歩き来る。
通常通り,甘え,食し,路上で臥す。仰向けの体勢でじゃれ,我に向かい手を伸ばす。
前日来なかった黒猫コキント-も出現。


26 :わんにゃん@名無しさん:2007/09/19(水) 20:35:06 ID:h1QwKtS8
17日夜。いつも通り,小箱を外に出していると,Hが「うにゃー。」と歩み寄る。
ちゃおを小皿に少量入れて,玄関先へ。その後も小皿の準備で出入りしていたが,
後方で「うにゃああああああ。」とけたたましい悲鳴。尾を踏んでしまったらしい。
空間を狭めたのと不注意であった。三回目だ。前回同様,Hが体を入れ替えたのと同じに
足を踏み出してしまったらしい。慌てて,屈み,謝罪。こちらを振り向いた姿勢で
「ふぁああああああ。」と鳴く。「痛い。」との意思表示らしい。食すと,ひしゃくで給水。
路上で横臥。頭を掌に乗せた状態で横殴りのパンチを出してくる。四本足で掌を掴む。
両手で手を掴み,2回に渡り,断続的に噛む。牙がないので痛くはないが,爪がやや食い込む。
気が済むようにしたいようにさせる。すると,通常より早い時間に帰還していった。
気分を害したらしい。

27 :わんにゃん@名無しさん:2007/09/20(木) 20:29:55 ID:hojt+tTa
18日夜。小箱を準備するもなかなか現れず。前日の事で立腹かと思い,K家前まで捜索。
門前で討ち氏にのような姿で横たわっていた。即座に置きあがり,歩みくる。
気がつかなかったらしい。我が家まで「ニャ-。」と小声で2回鳴いて接近。
ちゃおを多少ふるまう。超小箱に入れるも食べにくいらしい。小皿に移す。
食すと一端座るもS家へと進んでいく。少々,待つも母の勧めで別の猫の元へ向かうことに。
十字路にさしかかると,何と大0家横を歩いて帰ってくる姿を目にする。
S家を通り,南の家の敷地内も抜け,00通りに出た模様。迂回したようだ。
そのまま飼い主家とF家の間に座る。不興を買ったかと思い,他へ。
しかし,数十分後に我が家に戻り,小箱を洗っていると,後方から「ニャ-ン。」と鳴く声。
再び現われた。きまぐれなだけらしい。

28 :わんにゃん@名無しさん:2007/09/20(木) 21:20:59 ID:8MI8iqWI
(´・ω・`)

29 :わんにゃん@名無しさん:2007/09/24(月) 20:26:45 ID:ImNrEWk+
22日夜。小箱準備中。後方から「ニャ-。」と現われる。玄関を空けると中に飛び込み,
紙の上に置いたちゃおの中身を食べ始める。新聞を敷いておいたが,絨毯の上故,尾を手を動かす。
すると,「ウニャ-。」と。軽く,「嫌。」と意思表示をしているらしい。
外が広いので,ちゃおを小皿に乗せて,移動させると「ふにゃああああああ。」とせつなく鳴く。
取り上げられると思ったようだ。

30 :わんにゃん@名無しさん:2007/09/27(木) 20:44:38 ID:cq8ubCji
多忙で一気に書き込むのに疲れました。
スレ移動がわかりにくい事と併せて,ブログ作成を決意しました。
こちら共々,続けていくつもりです。

とりあえず,宜しくお願いします。

http://blog.livedoor.jp/tamiyajiro2007/

姉妹ブログ
http://plaza.rakuten.co.jp/moukonomyan/

27 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)