5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

家系にまつわるオカルト2代目【ラメーン禁止】

1 :平太郎 ◆odckwfY5ko :2006/08/15(火) 07:13:14 ID:Jo49JcT80
因縁ある家系、事件が重なる血縁などを話してみよう。

過去スレ
家系にまつわるオカルト
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1147413018/


2 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 07:24:21 ID:pwT+rBDeO
2

3 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 07:53:24 ID:X+KtZ8CRO
3

4 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 07:54:15 ID:dzITr6op0
2だの3だの馬鹿ばっかりだ
とりあえずは>>1



5 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 08:02:07 ID:ey+/1uEsO
5社英雄

>>1乙!!

6 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 09:12:59 ID:+XzShCEh0
>>2-5 バカ

>>1 乙w


7 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 12:34:29 ID:5q1vdXV10
ラ・メーンであってけっしてラメーンではない

拠ってディスカビル家

8 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 12:56:12 ID:zh6CYoac0
>>1



…で、しばらく来ない間に一体何があったんだ・・・?

9 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 14:18:00 ID:dD021j3jO
<<10?

10 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 17:14:53 ID:dMxoq0tzO
>>1

11 :本当にあった怖い名無し:2006/08/15(火) 18:27:42 ID:X2P6QrYu0
坊ちゃま!! おいたわしや・・・

12 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 00:13:56 ID:X6/qKOZs0
なんだ、ここは?
オカ板でも頂点に立つ男か?

13 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 00:27:29 ID:B4creJLh0
それが俺のノブレス・オブリージュ

14 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 00:28:08 ID:xyP1Uoe50
全てのオカルトは俺の獲物だ

15 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 12:08:41 ID:MX22COAi0
あの「サザエさん」の作者で有名な長谷川町子の家もなんか不思議。

町子の父:町子が中学生の時に病死
長女(町子の姉)の旦那:戦死
三女(町子の妹)の旦那:若くして病死

三女の子供2人は女。ちなみに町子自身は生涯独身。
偶然だろうけどこの家は男が長生きできないのかな…と。

16 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 12:14:52 ID:EvgDtOAHO
>>15
医学は今より発達もしてないし、
時代が時代だからしょうがないかと。

17 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 12:38:30 ID:qRxvKVgsO
全スレ埋めちゃおうよ。

家系にまつわるオカルト
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1147413018/l50


18 :本当にあった怖い名無し:2006/08/16(水) 13:02:02 ID:pb4N4IY3O
>>9
レスアンカーの向きが逆。
>>だよw

19 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 00:05:54 ID:ryLRUz3S0
なんだこの貧相なラメーンは

20 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 11:27:44 ID:eLvGSK1yO
新スレage

21 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 11:36:49 ID:ryLRUz3S0
不好吃(ダメだ!!)

22 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 12:21:44 ID:+jjhWCN5O
大変だぁー

23 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 16:04:43 ID:g+JooHQlO
離婚した俺の父方の家系は結構イカれてた。まず、俺の元々の姓(父親が名乗っていた姓)と父方の実家の姓が違っていた。
しかもその姓(父親姓)は何故か俺の父親だけしかおらず。
父方の親戚にその姓は一家族もいません。


24 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 17:08:49 ID:n7sP2ve00
ふむ

25 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 17:09:37 ID:ACEQU0QK0
ふむ

26 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 17:16:41 ID:S/G2tLGiO
ムフッ

27 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 17:19:01 ID:eLvGSK1yO



むぅ。




……レスしよう。
>>23

父は一度養子に出たとか……戸籍どうなってるの?

28 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 17:19:26 ID:guaHGJx8O
ラ・ムー

29 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 17:22:46 ID:eLvGSK1yO
どうでもイイケド、今日の自分のID
「エルビス、Girls-Side、K1よ」
と読めて仕方ない……夏か? 欝か?


30 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 17:33:03 ID:g+JooHQlO
27 何でも父方の先祖は九州(多分長崎)の家老だそうで。
父方の祖母は父親が子供時代に再婚し、姓を変えたが由緒正しい家老の姓は残さなきゃイカンということで俺の父親(長男)のみその姓を名乗らせたそうです。確かに家老の姓だけあって、珍しい姓でした。

31 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 17:38:55 ID:eLvGSK1yO
>>30

現在、その名を名乗っているのは父親以外でいるの?
たぶん、30(>>27)は別姓なんでしょ?

32 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 18:00:23 ID:g+JooHQlO
もう父親とは付き合いがないんで断定出来ませんが、多分その姓は父親だけだと思います。
俺は今は別の姓名乗ってます。


33 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 18:26:58 ID:eLvGSK1yO
>>32
ちょいと勿体無いな。

34 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 18:42:28 ID:g+JooHQlO
33
まあ確かに勿体ないんでしょうけど、父方の一族は寺の坊主やってるのがいてそいつが母親に「狐が憑いてる」などと酷いことされてるんで嫌なんですよねぇ。


35 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 21:14:56 ID:eLvGSK1yO
>>34
そうなると仕方ないのか……つか、その坊主はムカつくなww

36 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 22:36:06 ID:XuMpii8Z0
むしろその坊主に何か憑いてるんじゃないのか

37 :本当にあった怖い名無し:2006/08/17(木) 23:18:52 ID:g+JooHQlO
まあ坊主もなんですが、祖母も率先して母親苛めしてましたからね。 いくら家柄が良くても人間性が悪かったら意味無いですからね〜。父親もすぐキレる人だったし、どっか常識を置き忘れてきた一族だった気がします。

38 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 01:15:29 ID:qZgXv1CRO
>>37



そういう輩ばかりの家族いるよね…選民思想強いというか。
うちの爺の兄弟(及びその条)がそうだ。選挙とかあるたびに出馬しては毎回落選www
「ビニール」を「ベネル」としか言えぬ馬鹿の癖に。
何でそんなで毎回出るのか、更に毎回「当選確実」と親戚に吹聴するのか…オカルト。


39 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 01:46:57 ID:Bc50bJmA0
英語だと「ヴァイノゥ」だから案外近いかもw

40 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 09:00:35 ID:fFpBw37n0
よし、ビニールのためにアメリカに移住するんだ!

41 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 14:54:53 ID:qZgXv1CRO
そうしてくれりゃ良いな、あのチョビヒゲども……。

42 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 18:23:21 ID:zTySKF9v0
>>32
長崎の由緒正しい大名っていえば、大村か松浦だよな。そこの家老?

43 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 19:10:25 ID:DPVrwcD7O
42
どの大名に仕えてたのかは知らないです。
でも俺の旧姓は結構少ないと思います。
そして何故か新潟(確か)にある町の名前と同じなんですよ。
それもまた不思議な話なんですが、本当です。

44 :本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 22:55:59 ID:R2y2E4Qt0
別れた旦那の実家は男の子が小さい頃に亡くなってしまう。
結婚前は知らなくて、結婚後お墓を見て、子供が沢山亡くなっているのを
知り、怖くなりました。
旦那も舅も本当は次男だけど、長男が亡くなったので跡取りに。
うちの息子も亡くなったらどうしようと、怖かったけど、離婚して私と一緒
に家を出て、名前も私の旧姓になったのがよかったのか、元気にしています。
私たちが家を出た後、旦那の妹が、自分の次男を跡取りにすると言い出した
ようですが、その直後にその子供が病死。
旦那は再婚したけど、流産を繰り返し、やっと生まれた子は、生まれつき障害
と病気を持っていて、すぐに亡くなりました。そして、その後また離婚。
旦那の実家は資産家だったけど、元々は他人の財産や土地を騙し取って、
築いたそうで、沢山の人から恨まれているそうです。
それで、今は近所で、「ああいう家は断たないといけない。だから、跡取り
が死んでいくんだ。」といわれているそうです。
跡取りがいないから、息子の苗字を旦那の苗字に変えてくれといわれたけど、
怖いから断りました。

45 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 03:34:48 ID:V8mJSwpl0
玉の輿も気をつけないとね

46 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 11:26:14 ID:UuZI17h30
名門だと思ったら、財政が逼迫してるとかな

47 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 13:14:58 ID:4X8DnlPv0
母方家系。
男性は年を取ると耳毛が生えてきます。
耳の穴にみっしりと。女で良かった…

48 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 19:52:18 ID:QhEEWRth0
44の家系は完全に呪われているね。

49 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 20:15:25 ID:FufztQ+EO
友人の家系。


彼の本家は代々続く造酒屋であった。
そんな彼の家には、ありがちな「坊主を殺した」事により「末代まで祟ってやる」という言い伝えがあるらしく、本家は相次ぐ自殺やら何やらで絶えてしまった。
そして、今や、彼の家の名前を継ぐのは彼一人。彼を最後にその家は絶える。

何故なら……

彼はホモだから。


このスレ見たら、御免ね。勝手に投下しちったwww

50 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 21:53:17 ID:xm2lv8gC0
坊主を殺した罪は、寺の病をかかえる彼によって終止符を打たれるわけか。
なんだか納得w

51 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 22:42:21 ID:FolQVgQxO
うちの母親の家計。
男性は変死が多く、女性は離婚…。
どうしよう…。

52 :本当にあった怖い名無し:2006/08/19(土) 22:43:53 ID:FolQVgQxO
間違えた。

×家計
○家系


53 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 11:08:14 ID:Iqu27Oed0
加賀美が、このスレの真相に気付いたようです。

54 :本当にあった怖い名無し:2006/08/20(日) 16:49:36 ID:UN6lmr5uO
え?…ε=┏(; ̄▽ ̄)┛

55 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 21:03:15 ID:dKllut2z0
剣坊ちゃま、加賀美に正体見られちゃった! ヤバス

56 :本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 23:00:19 ID:nCI1tRfXO
まだカブトネタが…

57 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 02:27:27 ID:+7D6/Xva0
昔住んでた家のお隣さんち。お金持ちなんだけど…。ムコを取ること3回。
ことごとくおムコさん死亡。しかしお金持ちぶりはどんどんすごくなる。
ひっこしてしまったので、4人目のムコとりしたのかどうかは知らない。
よくある男が生きられない家系なのか?

もしや「殺人犯と話したことがある人」スレむきな話?

58 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 09:47:23 ID:46WgJrujO
>>57

ドチラにも投下出来る、かなぁ?
あ…その「婿死」が2代以上継続したりしてるなら、このスレか?



59 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 09:49:37 ID:46WgJrujO
>>57

連投失礼。
後、「殺人犯〜」より「隣人にまつわる〜」とかのスレだろう。

60 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 17:36:18 ID:qHZwkAFoO
拙い文章の上長くなりますが失礼します。
この話をヒトに話た事は無いのですが…

ある日私は霊能力を持つという方(以下M)とひょんな事から友達になりました。
私自身もそういったものが多少視えるので(ムラがありはっきりした力ではありませんが)最近たまに身のまわりで真っ黒いものうようよしているのだけど何だろう?と相談を持ちかけました。
するとそれは当時付き合っていた彼の生き霊だと言われました。
そして私の守護霊と話をさせてもらった所(Mは霊媒体質です)゙別れなさい゙の一点張りでした。
しかし当時は真剣に彼に好意を持っていたので嫌だとはね退けました。
そしてMにも不信感を持つ様に…。
私があまりに別れる事に反感を持ったのでMはその黒いものを浄化しようと試みてくれました。
そしてこの時にMの能力が本物だったと知る事になります。

61 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 17:39:00 ID:aZWtfH2b0
>>60
というかそのはなしは家系にまつわっていない話では・・・・
すれ違いですよ。

62 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 17:49:41 ID:D5Mi0QwX0
これからM家の家系の話が展開されるんじゃないかとwktkしてたのに。
するつもりなら一旦メモ帳か何かにまとめて書いてコピペしていけばいいお。

63 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 18:14:18 ID:qHZwkAFoO
Mが言うには、私とその彼の家系に因縁がある。私の先祖と彼の先祖に争いがあり、私の先祖は関わり合いになりたくなくて逃げ、彼の先祖はそれを楽しんで傷付け苦しめたがっている。
正直これを聞いた時点で彼にサディスティックな面があったので内心ハッとはしました。まだかんぜんに信じてませんでしたが。

しかし霊能力をもつMと関わりを持った(黒いものにとったら邪魔された)事で日増しに黒いものはやる事もレベルアップしていきました。
Mの身体に入り自身を殴ったり壁に頭を打ち付けて痛めつけたり、私も階段から日に何度も突き落とされました。

またこちらからはMが除霊を試みたり…
私は半信半擬ながらも彼を刺激しない様に努めました。

しかし半擬半擬だったので彼とちょっとした喧嘩をした事がありました。
そしたらその夜Mから電話が。
゙どうなってるんだ!こいつら(黒いもの)白眼を剥き出したぞ!゙
あまりのタイミングに正直驚きました。
そしてやっぱりそうなんだ…と認めざるおえなくなりました。
それでも何故か別れる気にならずMに別れなくてもいい様に解決をお願いしました。
Mからは4ヶ月後位なら彼の所に行ってもいいと言ってくれました。
その間にMとは仲違いして音信をとらなくなり、Mの言う4ヶ月後位に彼ともなんとなく連絡をとらなくなりました。
私としてはこれで終わったのかな?と勝手に思ってますが。

あと、今年になって祖父が亡くなった時に祖母から本家のご先祖の話を聞きました。
元々は京都の方で内乱があり、戦嫌いのご先祖様は関わりたく無くて遠い地に移り農家の大地主になってつつましく生活を送ってきたそうです。
またそれを聞いたので彼の名字を元に血筋をあたってみました。
珍しい名字だったのですぐ分かりました。
まぁ、はっきりとは分かりませんがうちは藤原家の血筋、彼は源二軍の武士。
確かに何かはあったかも…って感じでした。
全く持ってこんな事ってあるんですね。
今はもうその因縁とやらが途切れた事を祈るばかりです。

64 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 18:16:16 ID:qHZwkAFoO
>>62
確かに…。
コピペしてから書くべきでしたorz

65 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 18:33:44 ID:aZWtfH2b0
すれ違いではなかったですね・・・
ごめんなさい。


霊視で因縁も見えるッ。すごし。

66 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 21:00:44 ID:zMoe3rtJ0
テッリーブレ(ダメだ!!)

67 :本当にあった怖い名無し:2006/08/22(火) 21:21:08 ID:qHZwkAFoO
>>65いえいえ(^^;
長くなってしまって申し訳なかったです。
Mが分かったのは因縁だけでは無かったですよ。
予知でも出来るのかって位に色々いい当ててました。
おかげで一緒にいた私も霊感強くなりましたし


68 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 09:25:50 ID:ikYVIUBc0
>>44です。

もし別れた旦那が死んだら、遺産がうちの子に入ってくるのですが、こういう
因縁のある遺産は放棄したほうがいいでしょうか?
放棄したら旦那の妹が相続することになるのですが、放棄せずに、相続して
全部どこかに寄付してしまったほうが因縁を断ち切ることになっていいのか
迷っています。
因縁を知らず、子供が喜んで相続してしまうと困るので、ある程度の年齢に
なったら、本当のことを話して、遺産を受け取らないように話すつもりです。
スレ違いだったらすみません。

69 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 22:32:30 ID:wQGq81Q10
受け取っても寄付するくらいなら、一切関わらないほうが宜しいかと

70 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 22:34:26 ID:DHgAIndi0
お金もエネルギーの一つだもんなぁ

71 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 22:53:09 ID:zdiBcptP0
全額ディスカビル家に寄付しろ!

72 :本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 23:58:33 ID:gi1+S3BKO
何であれ、関わりを持つのは縁を結ぶ事。断ち切った筈の縁が再び繋がってしまいますよ?
形見分けすらも拒否すべき。

73 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 00:20:28 ID:Nxgp2Caq0
うちの姉が相手の家のドロドロ具合+夫の借金で離婚したけど、
もう一切関わりあいたくないと言って、親がもらっておけと言っても慰謝料を取らなかった。
夫の家族の、家や土地への執着の凄さとか、葬式でのゴタつきっぷりとか見て
恐ろしくなってただただ逃げたかったと言ってた。
それで無一文からやり直しになったけど、全て断ち切ったのが良かったのか、
再就職先で知り合った男性と結婚して、前の夫とは5年一緒にいて出来なかった子供にもすぐに恵まれて、
今は幸せに暮らしてる。
>>72の書いてるようなことはあるんだろうなと思った。

74 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 06:54:00 ID:NOsnUIpR0
>>44 >>68 です

旦那の家(離婚前私たちも住んでいた)が建っている土地が、祖父が昔、
騙し取るように手に入れた土地で、そこを処分してしまったら、因縁を
断ち切ることができるのではと思っていたけどやめときます。
その家に住んでいたときは、体が重く、私も子供たちも病気や怪我ばかり
していたけど、家を出た途端、健康になりました。
前の持ち主の恨みが残っているのかと、住んでいたときから真剣に思って
いました。
家の周りの空気がどよ〜んとしていると言った友達や、家に入った途端に
息苦しくなったと言っていた人もいました。
あの土地を売り払って、そのお金をどこかに寄付したら、すっきりするなん
て思っていたけど、下手に関わって、何か恐ろしいことになっても困るので
やめときます。

75 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 14:12:32 ID:V66GnM+20
             ..-‐/    ...:  ,ィ  ,.i .∧ ,   ヽ.
.         ,:'  .l .::;',. :::;/..://:: /,':/  ', l、 .i  ヽ
.          ,'  ..::| .::;',' :;:','フ'7フ''7/   ',.ト',_|, , ',.',
       ,'   .::::::!'''l/!:;'/ /'゙  /     '! ゙;:|:、.|、| 'l
.         ,'.  .:::::::{ l'.l/  、_  _,.      'l/',|.';|
       l  :::::::::::';、ヾ      ̄     `‐-‐'/! ';. '
.         ! :::::::::::/ `‐、        ゝ   |'゙ |
       | ::::::::/   \    、_, _.,.,_ ノ::: ! <一日も早く朝鮮人が絶滅しますように
       |::::/.     _rl`': 、_     ///;ト,゙;:::::./
..      `´      /\\  `i;┬:////゙l゙l ヾ/   
                ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.|
.            /:.:.:.:\:.:.:.:.`:、ソ/:.:|    | |
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:У:.:;l   /./
.          /:.:.:.:.:.:.:.r'´`‐,`、:/.,.:‐{   | !`:、
           ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.';_,゚.,ノ.:./,:':.:.:.:',  | |`、:|
           !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.::/:.:.:.:.:.:.ヽ, / ,!:.:`、



76 :本当にあった怖い名無し:2006/08/24(木) 16:38:19 ID:mrxfnNiZ0
             ..-‐/    ...:  ,ィ  ,.i .∧ ,   ヽ.
.         ,:'  .l .::;',. :::;/..://:: /,':/  ', l、 .i  ヽ
.          ,'  ..::| .::;',' :;:','フ'7フ''7/   ',.ト',_|, , ',.',
       ,'   .::::::!'''l/!:;'/ /'゙  /     '! ゙;:|:、.|、| 'l
.         ,'.  .:::::::{ l'.l/  、_  _,.      'l/',|.';|
       l  :::::::::::';、ヾ      ̄     `‐-‐'/! ';. '
.         ! :::::::::::/ `‐、        ゝ   |'゙ |
       | ::::::::/   \    、_, _.,.,_ ノ::: ! <一日も早くワームが絶滅しますように
       |::::/.     _rl`': 、_     ///;ト,゙;:::::./
..      `´      /\\  `i;┬:////゙l゙l ヾ/   
                ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.|
.            /:.:.:.:\:.:.:.:.`:、ソ/:.:|    | |
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:У:.:;l   /./
.          /:.:.:.:.:.:.:.r'´`‐,`、:/.,.:‐{   | !`:、
           ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.';_,゚.,ノ.:./,:':.:.:.:',  | |`、:|
           !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.::/:.:.:.:.:.:.ヽ, / ,!:.:`、


77 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 18:36:52 ID:mBwKwydX0
∩(゚∀゚)∩

78 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 20:19:36 ID:RSbQ1YpWO
ド田舎の話ですが・・・
祖父の従兄弟が結婚した女性の家は、当時の関係者が知る限り代々女の子しか生まれず、
そのお嫁さんも六人姉妹の四、五番目だったと思います。
その家の女性達は皆、働き者で身体も丈夫だったので、それぞれ婿に困る事もなく結婚するのですが
何故か皆、夫が早死にするのです。
あるお正月の朝、祖父の従兄弟も、前の晩床に入ったまま亡くなっていました。
まだ三十を越すか越さないかで、前日いつもとなんら変わりなく、祖父達とお酒を呑んだそうです。
それ以前に上の姉婿二人は病死、一人は海で行方不明(漁師だったと)
残る二人の内一人は、その後失踪(恐ろしくて逃げたと)、一人は遠方に居たのですがやはり若い内に亡くなったそうです。
一方でお嫁さん達は、皆健康で長生きしています。
最後にちょっとゾッとしたのは、遺された子供が皆女の子だったということです。祖父の従兄弟の子も女児二人でした。

79 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 20:26:01 ID:z0Wt66Ra0
>>78
それなんて天皇家?
うわなにするあqwせdrftgyふじこlp;@:「」

80 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 21:45:29 ID:HUL60vVU0
>女性達は皆、働き者で身体も丈夫
>夫が早死に

それは夜の方が…

81 :78:2006/08/25(金) 22:12:26 ID:RSbQ1YpWO
ココは書込みさせてケチ付けて笑ってやるスレでしたか!
まんまと釣られましたwではサヨナラ

82 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 22:19:30 ID:woAUc5Kf0
>>81
大体みんなが本調子になるころが500すぎたあたりなんで、
むしろもう少し待ってくれたまえ。

83 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 23:48:13 ID:mBwKwydX0
糞レスする奴もアレだが、過敏な投稿者もイラネ

84 :本当にあった怖い名無し:2006/08/25(金) 23:53:03 ID:737Ot6vC0
デリケートですなぁ

85 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 00:08:49 ID:LzcLY0Og0
良スレとは粋(すい)なもの
きらびやかで最高のネタを使わなければならない

86 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 01:54:53 ID:tUyk+zbNO
新しい家系ネタないかね?

87 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 02:02:57 ID:LzcLY0Og0
おばあちゃんが言っていた
良スレとは粋(いき)なもの
さりげなく釣られてやらなければならない

ならない(^o^)b

88 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 02:41:29 ID:Y8NvlziT0
これっくらい単なる茶々入れで、煽りですらない。
2chで何言ってんだか。

89 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 11:39:59 ID:NlaQPwaH0
男が早死にする女系家系って本当に良くあるね。
蜂や蟻と同じく、雄は単に子孫を存続させるための道具の価値しかない感じ。
逆の例はあんまり聞かないな。

90 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 13:57:46 ID:89JVEumP0
>>89
「男早死しないけど女系」って一族を、昔知ってました。女の人は背が高くて
みんな顔立ちのくっきりした美人ばかり。頭もいい。だのに男が…。頭悪い
犯罪者すれすれ、だまされて借金持ち、背が異常に低い、顔がぶさいく等々。
で、結局代々ムコ取りするはめに…。ひとりだけ美人顔の男の子いたけど
今頃どうしてるか心配…。

91 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 16:09:05 ID:DZs+uuxl0
コトリバコだと女が死ぬんだよね

92 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 22:00:26 ID:T0zomqvx0
自分の友達飛びぬけた美人じゃないけどなんかお姫様オーラ見たいのが出ていて
ついほって置けなくなる。笑い方もおほほ。超もてもてでそれが当たり前だけど
なんか潔すぎていつも痛い目見てる。結婚離婚繰り返しても全くお姫様オーラは
衰えずもてまくってるが性格の潔さがただものじゃない。
彼女の苗字は誰でも知ってる戦国武将と同じ。聞いたら末裔だった・・・
女性としての幸福は彼女におとづれないのかな?

93 :本当にあった怖い名無し:2006/08/26(土) 23:37:02 ID:LzcLY0Og0
苗字が同じだけで戦国時代から血筋がつながってると信じる>>92はオカルト
家名を存続させるためだけの養子縁組なんて日常茶飯事

94 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 01:43:24 ID:qwQyCk6P0
それだけモテモテで何度も結婚できるなんて幸せじゃん
誰にも見向きもされない人だっているんだから。
オレみたいにさ。

95 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 03:56:10 ID:+E/HhQf60
前スレで、先祖が浮かばれていないから
好きになった人の力を吸い取ってしまうと書いた者です。
お盆にお墓参りに行って挨拶に行ってまいりました。
脅かされるか呪われるかと内心びくびくして行きましたが
声で歓迎してくださいました。
・今まで守ってくださってありがとう
・私に出来ることは無理しない程度にしますから、あまりいっぱい言わないで
・私は女なのでいずれ別のおうちの事(先祖事)もしなくちゃいけないので
 もしかしたらそのために行いが十分できないかも知れませんがいいですか?
などなどお話しました。
・・・・・・結局理解してくださったようで、しかも和ませてくれて
なーんだ…この人達人懐っこいだけなのでは(でも頼り切られても困る)と
気付いてほっとしました。
アドバイスもいただいて先祖さん大好き人間に変わりました。



96 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 13:13:18 ID:5SBQKcmc0
自称末裔という人はかなりいるけれど
大河ドラマなどで自分とこの先祖が出てくるときは、それなりの挨拶がある。
それもなく、家に存続するだけの史料もなく、それ相応の菩提寺もなければ
末裔とはいはない。

97 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 13:16:12 ID:abSmJ6Jh0
そんな肝の小さいこといってないで、
呪われた家系の話の投下をまとうジャマイカ。

98 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 19:20:54 ID:3+78WyFq0
>>96
私は95ですが、まだ問題が解決していないので
これからもお祈りは欠かせません。
相応の菩提寺はあるけど、大河ドラマになるような人物の末裔ではないので
平穏に過ごせるのでしょうかね。
私の友達でマジものの末裔がいるけど、かなり大変みたいよ。

家系にまつわるオカルトって
原因が内にあるか外にあるかによって、かなり対処が違うのかな?

99 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 19:55:35 ID:sdtKo1sR0
つーかその自意識過剰を何とかしない限り・・・

100 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 20:28:43 ID:fN0kjmU50
もうね・・・先祖なんてイラネ
馬鹿や犯罪者だって絶対いるんだから
関わりたくない

101 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 20:38:45 ID:fEfN5lvHO
101匹ワンちゃん

102 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 20:43:54 ID:Yj4F0uH/0
>>95
馬鹿じゃねーの

墓参りより精神病院に行くべき

103 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 21:08:47 ID:CX+UqnBSO
>>96
俺の先祖はよく大河ドラマに出てくるけど、嫡流の末裔でも一度も挨拶に来られたことないよ…orz

家系のオカルトっていえば、女がほとんど生まれないって位かな。生まれてもすぐに死んでしまう。

104 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 21:14:31 ID:ANFOtKIN0
>>103
女系はよく聞くけど、男系はめずらしい。…何かいわれとかありますか?

105 :血統妄想乙:2006/08/27(日) 21:29:32 ID:sdtKo1sR0
ttp://homepage1.nifty.com/gatagoto/1BanHome/Sc/1banhom005.html
例えば「自分は天皇陛下の隠し子である」という考えが頭の中にこびりついてしまうことを「血統妄想」と言います。
「血統妄想」が出てくると、自分の本当の両親を「親」と思うことができずに、言うことを聞くのが馬鹿らしくなってきます。
何度も皇居に行こう試みては家族に止められ、その度にイザコザが増えていきます。
お金もいくらでも使えるような気がして、クレジットカードやサラ金を利用してどんどん買い物をしてしまいます。
「天皇陛下の子供である」という考えが、その人の生活全般、家庭そのものに影響を与えていきます。
しかし、一方で「妄想」の不思議なところは「天皇陛下の隠し子である」というこの点をとり除いてみれば、
日常の生活には問題がなく、全くごく普通の人になってしまうことにあります。
一般には誤解されがちですが、「妄想」と知能に直接的な関連性はありません。
「妄想」があるからといって、すぐに生活機能が落ちたり、思考力が鈍るわけではないのです。
同じような「血統妄想」を持っていても自分を「育ててくれた両親」に感謝して親孝行しようとする人もいますし、
「隠し子」としてお迎えが来るまでひっそりと堪え忍んで暮らしている人もいます。
わかりやすく極端な例にしましたが、妄想による影響が少なければ、個性の強い人間として(あるいは普通の人として)、
仕事をして、家庭をもって暮らすことができます。
妄想はどちらにしてもこの考えが非常に修正しがたい点で共通していて、
修正しようとすればするほど事態がこじれる場合が多いようです。

106 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 21:40:28 ID:CX+UqnBSO
>>104
特にいわれとかは聞いたことないなぁ。
ただ少し気になるのは、その先祖が度々の戦で人を沢山殺していたこと。
でも、その他のことは全く変なことは無いんだよね。みんなすごい長寿だし。

107 :血統妄想乙:2006/08/27(日) 21:51:16 ID:sdtKo1sR0
ttp://homepage1.nifty.com/gatagoto/1BanHome/Sc/1banhom005.html
例えば「自分は天皇陛下の隠し子である」という考えが頭の中にこびりついてしまうことを「血統妄想」と言います。
「血統妄想」が出てくると、自分の本当の両親を「親」と思うことができずに、言うことを聞くのが馬鹿らしくなってきます。
何度も皇居に行こう試みては家族に止められ、その度にイザコザが増えていきます。
お金もいくらでも使えるような気がして、クレジットカードやサラ金を利用してどんどん買い物をしてしまいます。
「天皇陛下の子供である」という考えが、その人の生活全般、家庭そのものに影響を与えていきます。
しかし、一方で「妄想」の不思議なところは「天皇陛下の隠し子である」というこの点をとり除いてみれば、
日常の生活には問題がなく、全くごく普通の人になってしまうことにあります。
一般には誤解されがちですが、「妄想」と知能に直接的な関連性はありません。
「妄想」があるからといって、すぐに生活機能が落ちたり、思考力が鈍るわけではないのです。
同じような「血統妄想」を持っていても自分を「育ててくれた両親」に感謝して親孝行しようとする人もいますし、
「隠し子」としてお迎えが来るまでひっそりと堪え忍んで暮らしている人もいます。
わかりやすく極端な例にしましたが、妄想による影響が少なければ、個性の強い人間として(あるいは普通の人として)、
仕事をして、家庭をもって暮らすことができます。
妄想はどちらにしてもこの考えが非常に修正しがたい点で共通していて、
修正しようとすればするほど事態がこじれる場合が多いようです。

108 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 23:26:12 ID:Mi0c1yyF0
>>103
家は時代考証の人とか局の人が来た事ある。
書簡とか鎧とか残ってて、史料、資料の両面で検証に来た事と
ドラマなのでデフォルメされることもあるけれど御容赦くださいとのこと。
必要以上に悪役に描かれて文句言っていく子孫の人も多いらしいよ。

109 :本当にあった怖い名無し:2006/08/27(日) 23:48:21 ID:CX+UqnBSO
>>108
へ〜そうなんだぁ…
学者さんの類は来たことあるけど、テレビ局の人が来たって聞いたこと無いなぁ。
今回の「巧名が辻」でも気付いたら登場してたw

110 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 00:07:14 ID:HTxnE+GH0
>>105
坊ちゃまになんて事を!!

111 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 03:43:03 ID:FO0Ix3LvO
相続放棄しても相続税支払うことになるから
それなりに専門家に相談した方がいいよ。

112 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 06:54:58 ID:H8sv37T70
>>111
相続の放棄をすると、その人は最初から相続人でなかったものとみなされるはず。
つまり相続税を支払う義務もないのでは?
専門家に相談は同意。

113 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 08:05:55 ID:AHNnYscz0
在日の友だちがかなりいる。
親しくなって「気にしないよ」というと、みな一様に親身になってあれこれしてくれる。
ときに煩わしいく感じることもあるとはいえ、そんな友だちはみんないい人です。

ときどき笑える話をしてくれる。
「うちのハラボジ(お爺ちゃん)は、
 いまでもヤンバン(両班=朝鮮王朝下での貴族)の出だって言う」
聞けば、三世四世の友だちたちはみんな「日本に逃げてきてて、んなわけねーだろwww」と冷静である。

あと、かなり重要なことを言う人がボチボチ増えてきた。
「2ちゃんのお子さまたちの差別は慣れたけど、無知だけは訂正してほしい。

 日本の部落民と在日は、どこまでいっても仲悪いままなんだよ。
 創価学会がからもうが関係ないし、共産党からんできても選挙権ないしw」

部落の人たちにも、同様の意見があるんでしょうな。
BだのKだのZだのと、
幼稚園児がシール貼りしてるだけな蒙昧無知は、そろそろ・・・だよね。

114 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 08:36:38 ID:mYhfdNZ40
>>113
シール貼りはいい加減・・・には同意。
ただ、一部の声のでかいのに対して、何の反論も言わないってのはチョト・・・。
やっぱり、反対すると恫喝・恐喝とか商売に影響するとかあるんかね?
その辺、聞いてみてよ。

115 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 08:58:12 ID:AHNnYscz0
>>114
部落の知り合いが皆無なので、公平な意見にならない。すまん。
らしい人は数人いたのだが、カマかけてもみんな口が堅かった。
在日のほうがフレンドリーなことは事実。

商売については、在日がどうこうではなく、
日本人だろうが、外資だろうが、声の大きいのと口のうまいのが勝ち抜ける。
ボロがある奴は、最初はごまかせても、必ずどっかで倒れる。
比較的ごまかしの効かないな飲食店みたいな次元では、
日本人同様、かなり真面目にやっているのは事実。
ただし、ギルド的なお付き合いでお互いを支えあっている部分もあるそうだよ。

パチ屋については、あいにく業者の子女が知り合いにいないので不明。
ただし! オイラは公営ギャンブルのあるエリアに住んでいるけれども、
パチ屋のジャンキーも、公営ギャンブルジャンキーも、
ほとんど変わらない、というか、大部分カブってる。

詐欺事件が報道されるたびに思うのは、
騙されてでも、払える金があったんだし、払えたんだから自己責任ってこと。
オイラ、どんな組織が束になって金むしりに来たとしても、
反対に毟り取るくらいの気合あります。

116 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 13:08:49 ID:GEMXGwKY0
またかよ。
いい人とか悪い人とか関係ない。
基本的に4世、5世になっても外国籍で生活するほうが異常なんだよ。







117 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 16:17:09 ID:r5B9A2nb0
戦争絡み世代とその子供世代が時代とともにいなくなってしまった頃に、
徐々に増えていくような気がする。
今はまだ親の顔立ててるとかそんな印象。

118 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 16:18:25 ID:r5B9A2nb0
あ、帰化する人たちの話ね。

119 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 17:09:52 ID:XWaAJwED0
帰化したら帰化したで、変な政治勢力になるから手に負えない。
昔の「草」まがいのことを考えている一派は実在するしな。

120 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 22:22:53 ID:GEMXGwKY0
反日の在日の子供でも韓国に留学すると、現地で受けた待遇から、
日本に帰ってから帰化する事例が多い。
どこまで屑なんだと思うね。

121 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 22:25:26 ID:SLayL+gm0
という家系の話ではなくなっていたりする・・・微妙?

122 :本当にあった怖い名無し:2006/08/28(月) 22:41:56 ID:i+Kkz0wb0
T紫T也とか、D井T子とか、力を持った草がいるから怖い。オカルトより
怖い。

123 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 01:57:37 ID:Of+xv4EZ0
>>116
優遇措置があるから帰化しないんだってね

日本に住み続けて日本人から施しを受け続けながら日本を憎む
劣等意識の固まり、それが在日

124 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 02:11:37 ID:f1uxEogr0
いい加減朝鮮ネタはスレ違いだと気付けよ

125 :本当にあった怖い名無し:2006/08/29(火) 02:47:47 ID:p9TROOQC0
男系・女系で思い出したが、中原中也の家は長い間男子が生まれない
家系だった。
中也の代になって男子が何人か生まれた。(すまん、正確な人数を忘れた)
が、その内2人確実に若くして亡くなっている。中也自身と弟の亜郎。

126 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 05:21:06 ID:gi+oC0Xc0
             ..-‐/    ...:  ,ィ  ,.i .∧ ,   ヽ.
.         ,:'  .l .::;',. :::;/..://:: /,':/  ', l、 .i  ヽ
.          ,'  ..::| .::;',' :;:','フ'7フ''7/   ',.ト',_|, , ',.',
       ,'   .::::::!'''l/!:;'/ /'゙  /     '! ゙;:|:、.|、| 'l
.         ,'.  .:::::::{ l'.l/  、_  _,.      'l/',|.';|
       l  :::::::::::';、ヾ      ̄     `‐-‐'/! ';. '
.         ! :::::::::::/ `‐、        ゝ   |'゙ |
       | ::::::::/   \    、_, _.,.,_ ノ::: ! <一日も早く朝鮮人が絶滅しますように
       |::::/.     _rl`': 、_     ///;ト,゙;:::::./
..      `´      /\\  `i;┬:////゙l゙l ヾ/   
                ,.:く::::::::`:、\ 〉l゙:l  / !.|
.            /:.:.:.:\:.:.:.:.`:、ソ/:.:|    | |
           /.:.:.:.:.:.:.:.:.:\:.:.:.:У:.:;l   /./
.          /:.:.:.:.:.:.:.r'´`‐,`、:/.,.:‐{   | !`:、
           ,'.:.:.:.:.:.:.:.:.';_,゚.,ノ.:./,:':.:.:.:',  | |`、:|
           !:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.゙、:.::/:.:.:.:.:.:.ヽ, / ,!:.:`、




127 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 09:55:30 ID:W61deC0QO
うおおおぉぉぉー


ウンコ
バンザーイ(゚∀゚)

128 :本当にあった怖い名無し:2006/08/30(水) 15:16:18 ID:gqBr03Fx0
>>621
 /;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)
..|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|;;;;;;;;;;;;;;_;、 '
.|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,、r'〈-‐‐'''"
.'l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;,、、ィ:::::::::::'i
.├----------―'''''"  ゝ';:::::::::;⊥,
 |---.、   ,、-――    ゙;;;r'"ー 、',
 ',,,,,,,,_ ',  ,' ._,,,,,,,,,,__,、 -  リ r ノ.ノ l
. l┴'‐' i  ; '┴'‐''", ' "´ ;  ^r'ノ
. |、, ,ノ.l  ' - ,.,.,.、- "  / ' -' j   朝鮮人キモス
  ゙、ゝ、l   、     /   't‐"
  ゙、 L__ 、-ヽ    l   / .|ラ'it''"i、
.   ', _r;ニ;‐、,ゝ.ヽ、,, ., / ,、r',r" `''".\
   ゙fゝ、 ゙̄フ`'‐、, .,、r' ,r.',r'"    / `''''
,,,,、、、、ヽiリ川ゞ、,,,、r'"_,,,,、レ'     /|
    人リルr‐'  ̄     ,、 -''"  |
    / ヾリ''   ._,,,,、-''"      |
  /    ̄ ̄
超時空天下人ヒデヨシ(生没不明)


129 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 18:31:23 ID:MQXcApkD0
岬ィーーーーーヌ!

130 :ダミアーノ ◆hX8AqqcLto :2006/08/31(木) 18:52:04 ID:GedTZoJ3O
男系・女系もやがてDNAやなんかで
説明がつく日が来るんだろうか。



131 :ダミアーノ ◆hX8AqqcLto :2006/08/31(木) 18:53:05 ID:GedTZoJ3O
男系・女系もやがてDNAやなんかで
説明がつく日が来るんだろうか。


132 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 18:54:48 ID:bGRSoGH20
大阪なので在日の知り合いはかなりいるが
>>113の意見には全く同意できない

奴らの同胞意識たるや凄まじいものがあって
日本人からどんなに世話になろうが
結局のところ同胞の為には平気で日本人を裏切る
所詮、日本なんて仮住まいぐらいに思ってる

仕事で関わるならこっちもそのつもりでいること
徹底的に利用して必要なくなればバッサリ切る
アイツラ金の為に泣き叫ぶなんて平気な民族性だから
そんなので惑わされてはだめ
どんなに下手に出てきてもこれ以上関わるメリットが無いと
思えばバッサリ関係を断ち切る事
朝鮮人の側は平気でそういう行動に出てくるよ
日本特有の情けをかける必要なんてない

「日本がイヤならさっさと出て行け」

実はそういうスタンスは間違ってないどころかそれが上手く付き合うコツですな



133 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 19:04:40 ID:W5YvU1UK0
:::: ヽ \\       ィユ,        /  / / /::::::::::::::::
:::: ( \ \\    <`∀´>ニダー   l  三 / / ):::::::::::::::
:::::::ヽ ヽ . ミヽヽ    | |       /   二 / /::::::::::::::::::
::::::: ( \ ヽミ ヽヽ   | .|   +  /    二 ___/ヽ ...::::::::::::::
::::... /ヽ ヽ ニ ヽヽ |,,,| ┼  //   ニ _______/   ...:::::::::
:::.   ヽ____  ニ ヽ`l  ヽ__//    ニ ____ノ     .....::::::::::
      ヽ___,  ニ l ::   ′    ニ ___ノ +   + ....:::::::::
        ヽニ -‐ ,l ::     __ ≡ __ノ+ ┼ *    :::::::::
         ヽ---'''ヽ、  ,,,;''''='''''__ +  ┼  +  .::::::::::
 :::::...     + ┼ + NEi''!Q.Qー-、___~'''''ー-、   :....::::::::::::
  :::::::....     + ┼ EUi. Q. Q  +~~'''ヽ ..:...::::::::::::::::::::
   :::::::::::::::::.....    +  ERi. Q.  Q  ┼  :....:::::::::::::::::
    ::::::::::::::::::::....: + * EUi Q   Q  .....:::::::::::::::::
      ::::::::::::::::::::::::::...  + EP!  Q    @.....:::::::
        ::::::::::::::::::....::....::.  カO  @...::::::::::::::::
私は火病の鳥です。あなたの様な生き方をした者に次の転生を告げるのが仕事です。
>>在日よ、あなたは氏ぬのです。
次に生まれ変わるのは、在日では無く韓国人です。
その次は、北朝鮮人に。その次は、中国朝鮮族に。
永遠に属国人を繰り返すのです。
ウェーハッハッハッ

134 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 19:05:55 ID:I6mUcbjW0
全ての岬犬はウリの獲物ニダ

135 :本当にあった怖い名無し:2006/08/31(木) 21:19:17 ID:D3+gWJG40
うちの母親の家系。
祖父は若くして病死。祖母は長女(母)・長男・次女を女手一つで育てる。
長男は40過ぎていまだ独身。
次女は×1の後再婚相手が病死。次女の長女は離婚。長男は絶縁。
長女(母)も離婚。長女(私)と次女の二子。
理由は様々だが、なぜか男がいなくなる・・・

136 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 07:55:56 ID:cTrMJCxG0
>>132
部落の話でもそうだけど、関東と関西じゃ大違いだと思う。
最近キャンペーン中の京都の公務員みたいなのあり得ないし。

137 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 08:01:40 ID:a1SeR6VlO
>>136
京都ほどではないにせよ、関東の行政もひどいもんだぜ

138 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 11:24:04 ID:nR5Ugs0ZO
ワッフル ワッフル

139 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 18:58:25 ID:532bRqyr0
最早オカルトでも何でもねーじゃんかよ。
板違いで削除出したら通るんじゃないか?

140 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 19:03:22 ID:oFyOt1jZ0
朝鮮人死ねぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ

141 :本当にあった怖い名無し:2006/09/01(金) 19:12:57 ID:SohGC9gBO
前スレは最後に掛けて割と盛り上がってたけどね……サスガにネタ尽きたか。

142 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 01:26:14 ID:+TRxDCVV0
じゃあ、小ネタを。中学の時の友達の親戚の話になったんだけど、やけに
人数が多い。話聞いてて「???」って、紙に系図を書きながら聞いてみると
どうやらおじいさんだかひいじいさんだかが「お妾さん」を二人ばかり囲ってたらしい。
「妾腹のいとこが…」とか「分家筋の婿が…」とか、さらっと中学生の口から出てくるのが
なんだか怖かった。お正月には本家に集まるとかで、お年玉の額が私とはケタ違い…。
ちょっと羨ましかったが、横溝設定なディープな話を聞かされ「うちは平凡でよかった」
と思った…。

143 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 08:35:37 ID:CxqKvDyv0
朝鮮人きめぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ

144 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 15:18:18 ID:R2FHRHaW0
うちの近所に、色白でほとんどしゃべらない不思議な目をした男の子が
住んでいた。
浴衣や着物を着せたら似合いそうな、昔風の顔をしていて、とにかく
不思議な雰囲気をかもしだしていた。
近所の年寄りで、あの子は不思議な力を持っているとか言ってすごく
かわいがっている人もいたけど、ほとんど表情のない子だった。
ある日、突然、母親がその子とその子の姉を連れて家を出て行ってしま
ったのだが、それから急に、その家の商売がうまくいかなくなったり、
ジジババ父親、親戚が事故にあったり病気になったり、悪いことがたて
続けにおこりはじめた。
毎年のように葬式も出していて、年寄りは、あの子は座敷わらしだったの
ではと噂してるけど実際のところどうなんだろう?
ただの偶然か、子供の恨みか。
偶然にしても、あの子の目だけはいまだに忘れられない。

145 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 17:02:29 ID:nNsLwSxiO
私は生まれつき、背中の左側、脇の下の近く辺りに結構大きい蛇の様な痣がある。

今日の午前に祖母と仏壇掃除をしていた時、
仏壇の裏から古い書類を見つけた。
なにやら厳重に保管されており、箱が二重になっていて
紐できつく縛ってあった。
内容を見て愕然とした。

我家は私の代で八代目。
我家の二代目の嫁が不思議な人だったのだという。
その嫁は、ある日山の畑に行った二代目が山で見かけ、一目惚れしたそうだ。
色白で美しく、髪は長く、黒々と艶だっていて、
当時、貧しかった部落には全く不似合いな
純白の着物を着ていたと記されていた。
その日を境に彼女は二代目が畑に行く度現れ、ついに二人は恋仲になったそうだ。
しかし、二代目が身分や身元を聞いても全く答えることは無かったそうだ。
そして、既に親である一代目夫婦を亡くしていた二代目は、誰の反対も得ることなく、身分も身元も不明な彼女を嫁に貰ったとのこと。

146 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 17:07:40 ID:nNsLwSxiO
彼女は物静かでとてもいい嫁だったという。
二代目は彼女との間に五人の子供を儲けた。
男四人に女一人だったという。

しかし、一番下の子供が十を越えたその日、
嫁は突然姿を消し、二度と戻って来なかった。
その嫁は背中の左側に、縦横五寸程の蛇のような痣があったそうだ。
そして、二代目の女の子供にも、同じ場所に同じ様な痣があったという。
それから我家の当主の女の子供には、必ず背中の左側に蛇の様な痣がある子が生まれる…そう記されてあった。

この書類を書いたのは、四代目。彼の妹も子供も、この痣があったという。

私と祖母は只唖然として仏壇掃除どころではなく、結局今日は掃除は止めた。
というか…二代目の嫁は何者なのだろうか…。
何でそんな身分も身元もわからない女を嫁に貰ったのだろうか…。
その血を引いている自分が怖くて、気持ち悪くなった。
つーか、秘密にしてあったところが更に不気味だ。

私は一人っ子だから、私の子供ももし女の子が生まれたら
同じ様に痣があるのだろうか…。

別に何もない普通の家なのに…
アットホームな家庭なのに…
何この家…orz

147 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 19:14:11 ID:+TRxDCVV0
>>146
異類婚の民話のようで、美しい話だと思いましたが…。
白蛇は神様。きっとご加護がついていますよ。
あ、ジョジョネタ禁止。

148 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 19:56:38 ID:nNsLwSxiO
私も始めは、作り話かなんかを先祖が書いていたのかと思っていたんですが、
痣の話が出て来て一気に血の気が引きました…。
今度、お祖父ちゃんの兄弟の叔母さんにも痣のことを聞いてみようと思います。

149 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 20:00:04 ID:F3v7s6VEO
>>146、147に禿同。
ほんと民話に出てきそうだね。郷土史とか調べたら何かわかるんじゃまいか?
>>146が女の子生んだら報告してほしいな。

150 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 22:34:00 ID:VJdyHTU+0
>>146
そういうのあるよな。
俺の聞いたのは呪いっぽい…
俺の前の家は、男の子が生まれると必ず
何らかの形で顔に火傷を負うらしい。

昔、火事でその家の主人が顔に大火傷を負って
目も鼻も耳も聞かなくなって、それが嫌で首吊って死んだらしい。

こないだそこの娘さんが男の子生んだよ…。
なんか可哀想な気もするけど、精一杯元気に育って欲しいな。

151 :本当にあった怖い名無し:2006/09/02(土) 23:35:46 ID:7umYkpGg0
>>150
いっその事、ワザと小さく火傷をつくっちゃうってのはどうだろ。
予防接種みたいにさ、だめかな。

152 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 00:27:52 ID:+XOeJST/O
>>151
ああ!
「血が出る怪我をする」って卦が出たら「献血」しちゃう、原理ね。

153 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 00:42:22 ID:D3oAks+oO
なんかこのスレ見てると、不謹慎かもしれないが普通の家に生まれて来て良かったと思うよ…。
そんな俺の名字は、滅多にない読みと漢字の組み合わせだから、この辺りでは割と珍しい。

で、家系やら名字についてちょっと前に調べてみたんだ。

どうも昔、俺の先祖は海賊で海を荒らしていたらしい。そして数々の暴動に近辺の村人たちは腹を立てて、力を合わせて海賊を村から遠く離れた山まで追いやったそう。

この名字(当然だが)父親の姓なんだけど、父の家系の人達はみんな早くに亡くなっているんだよな・・・
少しだけ怖い・・。

微妙にスレチかも、スマソ

154 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 01:32:19 ID:+XOeJST/O
>>153

前スレには山賊と海賊の子孫出てたからおKでは?

155 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 17:57:43 ID:c/YSW3g/0
どんどんいってみよう

156 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 18:54:26 ID:7bWoDFk00
>>152
そいうのって結構効果あるかも知れないな。
風水とかでもどっちの方角に行ったら凶ってのを避けるために、
一旦違う方向に行ってから目的地へ向かうみたいな。

157 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 20:28:50 ID:FsDT1eY60
>>156
それ平安時代は「かたたがえ」と言って、当たり前に行われてたよ。
源氏物語にも書いてるし。

158 :本当にあった怖い名無し:2006/09/03(日) 20:39:52 ID:hp59MHC8O
>>1

159 :本当にあった怖い名無し:2006/09/04(月) 21:37:40 ID:ygwk1XPf0
多少の寄り道くらいいいんじゃないか?
男の子に女の子の格好させて魔よけにするってのもあるけど、まだ経験者いるのかな?
そういう風習をきっちり守ってる家ってなんだかありそうで怖いが。

160 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 01:25:13 ID:dC+V8KwX0
http://www.nazoo.org/marderer/sawney.htm
食人と近親相姦で有名なソニー・ビーン一族。こいつらの家系図作ったら
ややこしいのができあがりそうだ。今だったらDNA鑑定できるのに残念…。

161 :本当にあった怖い名無し:2006/09/06(水) 19:58:44 ID:Ogx02rsd0
スコットランドあたりの王族でも近親相姦は普遍的だったんじゃないかな

162 :知らない言葉は使っちゃだめだよ〜www:2006/09/06(水) 20:12:30 ID:gKs15c8n0
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的
>普遍的

163 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 00:09:20 ID:D4GTzqBLO
携帯からすみません。母方の家系はずっと女ばかりで母も四人姉妹。父と結婚し上から男3人、一番下に私という四人の子宝に恵まれた。長男は私が生まれる前に事故死。次男はすすきのでニューハーフ。数年前にTV出演するまで8年行方不明同然だった。

164 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 00:12:20 ID:D4GTzqBLO
つづき。三男は歌舞伎町でゲイバー勤務。ダンサーだと思っていたら黒くいやらしいパンツ一枚で踊って稼ぐアホ。収入はそのクラブとゲイバー。帰省のたびに表面は男友達と言っている恋人をつれてくる。男は全滅したも同然。ネタじゃなくマジです。

165 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 00:31:25 ID:gZ5F9nn50
>>163
もしかして、実はお父さんも…とか。

166 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 00:32:14 ID:yNB+1kla0
>>163-164

お母さんの姉妹にも男生まれてないとかオカマ、ゲイしかいないの?
163が結婚して男の生まれたら死、オカマ、ゲイ・・・ケテーイ?

先祖の男性が相当の恨みかってて「男が(男として)生きることは許さん!!」って感じなのかな
お母さんの姉妹についても報告プリーズ

167 :五位鷺 ◆Emjcf.lfLU :2006/09/07(木) 00:36:41 ID:mES8d4PKO
>>163
亡くなった人がいるのはお気の毒だし、消息が途絶えるのはともかく、他はなんか問題があるのか?
こういう世界と価値観がそりあわないのは仕方ないが、アホとか言うなボケナス。絶対に本人の前で言うなよ

168 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 00:38:34 ID:R6rOSMHW0
>>163
>次男はすすきのでニューハーフ。数年前にTV出演するまで8年行方不明同然だった
これは163がTV見てたら、ニューハーフになった次男が偶然出てたん?

169 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 00:50:44 ID:D4GTzqBLO
163です。母以外の姉妹は母以外みんな女の子しか生まれていません。なので母方のいとこは女の子しかいないんです。母だけが男3人出産しました。

170 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 00:52:27 ID:D4GTzqBLO
三男にアホと言ったのは申し訳ないですが、次男がTV出演して見つかったことがきっかけになり、おかしな話ですが今では次男のサイボーグの構造についても話せるくらい仲がよいので本人の前でもアホだと言っております。

171 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 00:55:08 ID:D4GTzqBLO
TVを見ていて発見につながったのではなく、出演する二週間前くらいに8年ぶりに実家に電話がきたのです。ここまできてしまったのだから隠すつもりもないし見てくれと。もともとそっちのケがあって家出したのですがまさかと思いました。私よりもはるかに美しいですよ。…悲

172 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 01:02:12 ID:kBIQi8PK0
携帯厨ウザスギ

173 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 01:02:22 ID:D4GTzqBLO
つけたしです。次男はすすきので稼いだお金で昨年実家を新築、三男も金銭的な協力をしてくれたようです。私にできる親孝行だわっておかしな声で言ってました。温泉は母と私と次男三人で女湯に入浴しました。この体になるまで家が建つくらいかかったわよと笑ってました。

174 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 01:28:05 ID:6P6GxHB/0
結局、「男が立たない家系」ということ?

175 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 01:47:17 ID:R6rOSMHW0
次男さんがホルモン注射もしておられるなら
将来体に気を付けてあげて下さい。

実家と体と、家二件分も稼いだって凄いねぇ。まだ若いだろうに。

176 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 01:54:23 ID:D4GTzqBLO
175さんありがとうございます。次男も将来の健康については心配してますが、寿命を縮めてでもこうなりたかったと涙して語るのを見るとその決意は半端なものではありません。私も奇妙な仲良し兄弟を見守ります。

177 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 15:21:29 ID:IWDxZpd7O
取りあえずsageろ

178 :本当にあった怖い名無し:2006/09/07(木) 21:04:26 ID:fBlsl9rL0
age

179 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 12:26:59 ID:qn+jXDYZ0
>>167
普通、子がそんな商売してたら親は泣くよ?
親が泣くことしたらアホだろ?

180 :本当にあった怖い名無し:2006/09/08(金) 19:19:36 ID:08os9w7x0
>>179
最低。

181 :本当にあった怖い名無し:2006/09/09(土) 00:55:43 ID:PJigD0kb0
なんで最低なのかワカンネ

182 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 03:21:35 ID:4+0dZCydO
あげ

183 :本当にあった怖い名無し:2006/09/10(日) 11:44:34 ID:rfWC/+W70
>>181
おまい、ちいせえんだよ

184 :本当にあった怖い名無し:2006/09/11(月) 07:07:37 ID:vGxkA+kn0
朝鮮人いらない

185 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 07:16:53 ID:KIbvcGPMO
>>183
一見しただけで知性無さがバレちゃうって凄いな。

186 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 07:44:04 ID:FqoF4h8sO
スレタイにワロス

187 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 11:30:44 ID:9FSoXBwM0
じゃあ、貴君の器は狭量である

188 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 14:11:06 ID:YT1UPK7G0
それ、そばじゃなくてうどんだぞ

189 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 15:48:12 ID:Mnhp5FbU0
キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!

今風のお名前だな。

190 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 15:49:05 ID:Mnhp5FbU0
ごめん、誤爆。

191 :本当にあった怖い名無し:2006/09/12(火) 17:17:48 ID:3+GvEgCY0
彡彡
";;;;(""彡彡
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;イ三;;;;イ::: ;;;
i;;リ;;;;;;;;Y;;;l ⌒ミi|;;"ii;;彡ミ;;;、
レリ;;;;;;リリ;;ト从(jミミー''"  ,t;;;、 从;;\r'
ッ从(;;(从ミミミ`' 、 ,、-''" '、;;;;从\   狂  く
;;|l;;;;;;トヾ~' 、ミ ~'''ミミ', ○ ,,'、;;;;;;;<
;;t((((ヽ;;;;~' 、~'';;;;、ヽ;;ヽ-'" `'ー-=|   っ
;;;;ヽ、、ミミミ'''ミミ;;ヽ、;;;ヽ))  U ―<
;;;;;;;;;;、ミミミミ、;;;;ヽヽ));;リi|: ,、   ,,,,,ろ   て
;;;;;;;;;;;;;;ミ ヽ;;ヽ、;;;)''i|,,i|;;;;彡''、、   )
:ヽ;;;;;;;;;;} 、ヽ;;tゝj',,、;;;≦≧ミ、ヽ /    る
::'、;;;;;;;;;;ト));;;;;i;;;l:::/;;r'(9O::),r' ::::" ̄)  //
:iiヽ;;;;;ii|| 、i|;;);)|::i|:;;'、 `'シ'"" ::::::: /、  ・・
:i|リ);;从;|i;;;;;;;;;;;;ヽ::"":::`´::" ij ::::::イ /'''" ̄ヽ     rー
 iソノ从|};;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ::::::::::::::::    ' 、;;;;r;;フ" レ'" ̄ヽ/
 {{( l;;;;;|i|;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;ヽ:::::::::::      :::::::::、"
   t;;;l|i;;;;;;;;〈t;;;;;;;;;;;;;ヽ::::::::::::       ,;;;;彡'''ーァ-'
   `''ー、;;;;;;;;;ヽ''-、;;;i、;;;ヽ:::::::  :::::::   ;;;'- ''"´ ::;;"
      `、、;;;;;ミァシ、;;ミi;;;;;;ヽ:::::::::::::     、,;;::、 '´
       `''''''''"   ヽ;;;;;;;;;~''-、:::::::   :::::::....
               `'' 、;;;;;;;;;;;;~''-、:::::::::::::::................::::;r'
                  |;;;;;;;;;;|ヽ;;;~''-、::::::::::::::::::::/

192 :本当にあった怖い名無し:2006/09/13(水) 20:37:50 ID:WfuLjqPX0
uze

193 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 02:00:57 ID:q26UMma50
きいてもいいかな?
ラーメン禁止ってどういう意味?

194 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 04:03:15 ID:/21NYkJU0
>>193
こちらへどうぞ
    ↓
☆やさしい人がレスしてくれる質問スレその31☆
http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1154355700/


195 :本当にあった怖い名無し:2006/09/14(木) 04:03:29 ID:BXYoMo5HO
>>193

家系(イエケイ)ラーメンの事だと思われ……

196 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 17:34:48 ID:eQELv9id0
ウチの姉貴が旅先で喫茶店に入った。
しばらく経つと、常連らしき老夫婦が入ってきて
カウンターに座った。
その夫婦の旦那さんの方に姉貴は
「あれ?ちょっと良いですか?あなた貴族の血入ってますね。」
って言われたらしい。
名前を聞かれたので父方の苗字(珍しい名前)を言ったら、
しばらく考えて、
「いや、違いますね。お母さんの旧姓は?」と聞かれたので、
母方の苗字(山田並にありふれた名前)を言ったら
「そうそう。そっち側だね。」と言われたらしい。
その後、どこどこの地方から今の土地にやってきたみたいだとか(これは母に確認済み)、
色々言われたみたい。

名前が珍しいかどうかってあまり関係ないんだなと思った。

姉貴は小さい頃から個人的なスペックも高かったもんなあ。
玉の輿は乗るし。
弟はこんなんなのに・・・(´Д⊂






197 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 20:18:44 ID:mE4ZMScy0
今までの生涯の中で三度「御家はお寺さんですか?」と訊かれたことがある。
虚無僧みたいな人にも「若いのに抹香臭い子やな」とかも通りすがりに言われた。
経を唱えて歩いてるでもなし、数珠を持ってるわけでもなし、袈裟かけてるわけ
でもないのに、何故判るんだろう?
今でも不思議。

198 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 22:02:02 ID:rtD5IieN0
天然か剃ってるのかって遠回しに聞いてるんだよ

199 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 22:45:36 ID:mE4ZMScy0
一応ズラでもなく普通にロン毛の♀ なんだが
と釣られてみた

200 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 22:48:06 ID:Ui6oTXmE0
前髪ぱっつんなんだろきっと

201 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 22:53:47 ID:+tIUkN3e0
寺で生活してると寺で生きてる人間の臭いというか雰囲気みたいなのは
わかるときがあるけどね。禰宜の家の人間が禰宜系の人をわかるみたいなもんかも

202 :本当にあった怖い名無し:2006/09/15(金) 23:17:08 ID:+dnluFnu0
禰宜ってねぎって読むの?知らない言葉だあ

ねぎ 1 【▼禰宜】

〔動詞「労(ね)ぐ」の連用形から〕

(1)神社に奉職する神職の総称。古くは神主と祝(はふり)の間に位置したが、現在の職制では宮司・権宮司の下に置かれる。

(2)伊勢神宮において少宮司の下に置かれている職。




203 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 02:44:41 ID:KfEhHw7e0
爺ちゃんが某流派の家元だが
やってない俺でも立ち居振る舞いだけで、その人間が茶道を嗜んでいるか
いないかは解る。
永くそこの空気吸ってるとちょとした動作で生活が出るんじゃないか。

>>202
ねぎと読む

204 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 03:02:33 ID:1TgMywsi0
サトウサンペイが新潮社の依頼で「ドタンバのマナー」執筆の際
飲み屋で付け焼刃の小笠原流を講義していたら
本物の小笠原流宗家が隣の席にいたとか・・・

ま、分かる人にしか分からんのだろうなwwwww

205 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 03:42:20 ID:+s0M0uIi0
そういうときは、まず「プヒャア恥ずかしい!」と言ってしまうのが楽チン

206 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 14:29:46 ID:zO7z/l2f0
>>203
茶道や華道やってる人達って、「姿勢」がいいよな。
立ち上がるとき、座るとき背筋はもとより、
手の先から足先までピンとのびてる。

猫背が嫌いな俺は、そう言う女の子をみると無条件で萌える。

って脱線スマソ。


207 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 14:33:02 ID:1TgMywsi0
バレエや日舞かもしれん
姿勢だけでそこまで分かるかw

208 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 14:35:46 ID:zO/0Kc+00
息子を妊娠中、知らないおばあさんに「あなたのお腹の子は不思議な力を
持っている。」といわれたことがある。生まれてからも、数人から同じ
ことを言われた。
霊能者には「この子は特別な子だから大事にしなさい。怒ってはいけない。
この子を大事にすればみんな幸せになれるけど、粗末にあつかったり、いじ
めたら大変なことになるから。」と言われた。
今まで息子を怒った先生が突然退職されたり、病気で長い間欠勤したりとか
続いています。
また息子を怒ってばかりの旦那は息子が生まれてから怪我や病気ばかり。
一度息子をひどく怒った直後に、ありえないような事故で大怪我をしたこと
もありました。
私の方が父方が某有名な神社と関係があって、母方がある歴史上の人物の
末裔なのですが、そういうことと関係あるのかも。

209 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 14:49:20 ID:5irvwQ5O0
>>197
普通に体や衣服に線香のにおいが染み付いてるだけだじゃないかな。
そこで生活してる人間は麻痺しちゃってわからないらしいが、
他人からすれば線香の匂いとかすぐに判るよ。
「若いのに抹香臭い子やな」ってのは、そのまんま線香の匂いが
香ってたんだと思うよ。


クラスにクリーニングやの息子がいたけど、
いつもクリーニング屋の匂いがしてたw

210 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 15:39:45 ID:p4ts4E3h0
>>209
「抹香臭い」=線香の臭いではなくて佛教臭いみたいな
>>203のいうところの立ち居振る舞いじゃないかな?
寺の子でも毎朝お勤めとかしてなければ線香の臭いはしなかったよ。
うちの母ちゃんなんてお香好きで毎日モクモク線香焚いてるけど
抹香臭くはないな、家は臭いけど。
見る人が観れば分かる挙動がその人の日常を見せるんじゃまいか。
セレブっぽい格好してる子でも食事良くと育ちが丸分かりで下品そのもの
な女子もいるし、お嬢ぶっても萎え萎えだったりする。

211 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 16:04:41 ID:aFvrcsuIO
食事は本性出るなww

212 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 16:09:49 ID:KZ6jTtQ8O
>>49のレス読んで思った。祟り方もその時代に合わせるんだな

213 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 16:56:49 ID:MBS0OBvZ0
>>210
たまたま線香炊いてる部屋に長くいたからにおったんじゃないか?
お母さんが毎日モクモク焚いてて臭く感じないというのは、
同じ環境にいてあなたも麻痺してるんでは。
多分お香とか焚かない家の人だったら匂うと思う。
家のに匂いって、家の人にとっては無臭に感じるらしいから。

電車なんかでとなりにおばあちゃんが座ったりすると
線香の匂いがする人がいる。
電車でとなりに座った二十歳そこそこの女の子から生ゴミみたいな匂いがしてきて、
よくみたらセーターも毛玉だらけでこの子の部屋は相当散らかってるなと思ったこともある。
本人は気付かないけど他人は結構敏感なもんだよ

214 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 17:59:14 ID:njhXAI050
>>208
息子さんが新興宗教系にスカウトされないよう気をつけなさい


215 :でぶをた:2006/09/16(土) 19:09:47 ID:l6M0LNoT0
おかんの家は動物系でありえんことが起きる
1、他家のわんこが居つく2、おかんは小鳥を持ち帰ってくる
オラも動物にはよく好かれる。小さい子にもよく好かれる。大人のオナゴにも好かれたいものだなあOrz

216 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 22:57:44 ID:Z0Dww1yJO
>>208 神仏とかがついてるとかですか? その息子さん、これまで叱られても仕方がない、ようなことはしたことないのですか?叱る方が悪い、場面ばかりなんですか?

217 :本当にあった怖い名無し:2006/09/16(土) 23:19:52 ID:zO/0Kc+00
>>208です

>>216
叱られても仕方がないようなことをしたときにしかっても、何もおこりません
でした。
私は何度も叱っていますが、特に何も起こっていません。
先生は、感情的に起こったり、子供をいじめるという悪い噂のあった人ばかり
です。
夫もやはり自分の機嫌で感情的に怒ったり、虐待のようなことをしています。


218 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 00:43:32 ID:fj84CioIO
>>212

49を書いた者だが、時代性なのかな?
彼の前にも居たかも知れないし。
つか、彼の家の蓮向かいにもホモ、
同級生にもホモ……土地柄?

あと、彼の実家は出るらしい。
何故か女の霊。坊主はでないみたい。


219 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 00:50:25 ID:pDGjEm310
>>217
叱るべきときに叱らないと分別つくわけないしねえ。
いじめたらいかん、ということなんだな。 
期待しすぎて潰れず、良い人になってくれるといいねえ。

・・・でもさ、悪い噂のある人に悪いこと起こっても、そんなに不思議じゃないよ。

220 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 04:29:00 ID:KCeACeKj0
>>217
それでご主人、反省して虐待は止めましたか?
もしいつまでもそんなことを続けていると子供も不幸だし
父親もそのうちとんでもないことになるのでは?

221 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 06:40:10 ID:tR334NkB0
その子は生き神様(゚∀゚)

222 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 06:45:06 ID:UqBMslUPO
222

223 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 11:01:07 ID:gP10RME80
旦那が子供に虐待のようなことしてるなら、止めろよ

224 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 13:33:00 ID:9L6O5hq10
スレタイのラーメン禁止ワロタ。
漏れ、前スレで見かける度にラーメン屋のオカルト?って思ったもんww。


225 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 16:19:27 ID:PwzOX5WiO
うちは北海道の藩士でもわりと大きな家で、何かの乱の際、鎮圧、首謀者30人以上を処刑したとか。うちは長男になる人がだらしなくみな非業の生涯をとげています。父も転落人生で行方しれず。先祖には大名家に嫁した姫?もいたそうなんですが

226 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 16:34:39 ID:tR334NkB0
男が立たない家系ね

227 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 17:00:50 ID:506l9lJS0
松前藩しかないじゃないか

228 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 17:13:46 ID:PwzOX5WiO
はい、そうです

229 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 19:46:49 ID:xjrG0lOP0
これな
つttp://www.ainu-museum.or.jp/nyumon/nm06_rks04.html

230 :本当にあった怖い名無し:2006/09/17(日) 22:22:52 ID:PwzOX5WiO
国後・目梨の蜂起らしいです。

231 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 11:29:49 ID:IsnQ9rl20
200年以上も前の祟りがまだ続いてるなんて怖いね。
7代どころの騒ぎじゃない

232 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 17:39:36 ID:5QQ4Qa1+0
ラメーン?

233 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 17:41:59 ID:0HLAd9d40
ウドーン

234 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 18:25:23 ID:vv2VQwrAO
私の住む地域では、長男か家を継いだ者が死ぬジンクスがあります。
また嫁が来ない家が多く、地域を出ると結婚できるが、戻ると離婚してしまう。
20世帯が何かしら、これに当てはまる。不思議なのは一度、出て戻るった次男以下には何も起こらない。
私は家を継いだ父と兄を亡くしている…が他の家と繋がりはない。謎

235 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 18:39:45 ID:0HLAd9d40
あのー人は必ず死ぬんですけどw

236 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 19:19:02 ID:D2UuhPs90
>>234
僻地に耐えられなくなった嫁が出て行くのはよくある。

237 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 21:20:59 ID:6AzIhps30
親→離婚 兄貴→離婚 自分→離婚
従兄弟は結婚した8組中4組離婚で1組は新婚2年目で死別

弟が結婚を前提に付き合っている彼女が居るのだが・・・
ここだけは幸せになって欲しい。・゚・(ノД`)・゚・。

238 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 21:27:56 ID:zoVUICf00
>>234
うちの地区は違うよ。
長男が家を継がなかったら、災いが起こってその家は断絶します。
長男が家を出てしまった家、次男が長男を差し置いて家を継いでしまった家、
嫁が家を出るとき幼い長男を連れて出て行った家、どの家も長男に代わって
跡を継いだものに災いが起こって断絶しました。
うちの地区で、事故、犯罪が起こると大抵、長男が跡をとらなかった家が
関係していて、年寄り連中は「ああ、やっぱり」と言っています。
それからもう一つ不思議なことは、家を継がなかった長男が、他の苗字を
名乗っている場合は、成功しています。

239 :本当にあった怖い名無し:2006/09/18(月) 22:13:53 ID:TQjwoFKj0
因縁の家系ならぬ地区ですか(´・ω・`)

240 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 00:01:11 ID:kYrx/Qqw0
ちくび

241 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 01:35:20 ID:w00rX9RA0
>>238
婿養子に入ればいいのか

242 :238:2006/09/19(火) 06:58:40 ID:sJAryUp30
>>241
はい。長男が婿養子、または離婚した母親の苗字を名乗っている場合は
成功します。
実家の苗字を名乗っている場合は、子宝に恵まれず、実家ともども断絶
します。
どちらにしろ、実家は断絶します。

243 :本当にあった怖い名無し:2006/09/19(火) 16:06:50 ID:jJj5BGsAO
>>238
あほくさ。単なる偶然と長男教じゃないか。
オカルトじゃないし。

244 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 02:50:41 ID:xJjivi0sO
なんか自分の一族だけ伝わる儀式とか不思議な話ないの〜
ネタ切れぇ〜?

245 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 03:39:33 ID:vtj4OpHo0
ディスカビル家に代々伝わる名剣ディスカリバーはオカルト

246 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 03:57:53 ID:bYAmmp+y0
私の母親は生まれつき顔に大きなアザがあります。そのせいでとても苦労したようです
自分も最近母親の場所と同じ辺りに小さなアザが出来てきてちょっと怖いです。
考えてみると母の家系は昔武家だったらしく・・・ やはり人を殺した罪なんでしょうかね
おばあちゃんは自慢のようですが私達からすれば自慢するなんて恐ろしい事のように思われます。
母の弟夫婦は幸せ一杯なのに母はヒステリーも手伝ってか家庭生活はちっとも幸せじゃないと言います。
いずれ子供は欲しいですが女の子は恐ろしくて産みたくない・・・OTZ orz


247 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 04:11:36 ID:vtj4OpHo0
泰平の世に実際に人を殺した武家がどれほどいたか

248 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 04:45:40 ID:e5X251NP0
だね( ^ω^)

249 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 10:36:35 ID:mkc//axDO
以下、
「ほんのりと怖い話スレ その33」
からのこぴぺ。


798:本当にあった怖い名無しsage2006/09/20(水) 07:04:38 ID:ZXtJE9iW0
昨年の夏、本家で親父と叔母(親父の妹)と俺で我が家系の昔話をしていた。
どうやら自分も知らない遠縁の家で、異形ばかり生まれるトコがあったらしい。
亡くなったばあさんが、当時それを悲観して「なしてあんたなバゲモノばり生まれるべなぁ・・」とため息ついていたそうだ。
親父の言葉が妙に恐かった。「血が合わねえっつー事あるからな・・・・」
あるんですかね・・・。


250 :本当にあった怖い名無し:2006/09/20(水) 21:25:28 ID:Wc9UVgTD0
>>249
田舎で血が濃い家なのかな

251 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 16:15:55 ID:MG3AC38F0
そは誰のものなりしや?
  去りし人のものなりき。
誰のものにすべきや?
  来るべき人のものに。
月はいつ?
  最初より第六番目。
太陽はいずこに?
  樫の木の上。
影はいずこに?
  楡の木の下。
何歩数えしや?
  北へ十歩、また十歩。東へ五歩、また五歩。南へ二歩、また二歩。西へ一歩、また一歩。かくして下へ。
われら何を与うべきや?
  われらのものすべてを。
何故に与うべきや?
  信じて託するが故に。

252 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 16:36:55 ID:LSg0tu6B0
どこの宝の暗号だ

253 :本当にあった怖い名無し:2006/09/21(木) 23:32:00 ID:tdwEqDEZ0
>>251

マスグレーヴ家の儀式だったっけ?

254 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 12:34:23 ID:u8SKcwOYO
あげる

255 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 16:08:30 ID:pyPbyviz0
何故か実家の敷地にだけついている字名があって
蔵王殿上というのだけど、どういう意味なんだろう?

256 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 16:13:26 ID:ZUDaPf6O0
ググっても出てこないぞ
つまり法定上のものではないな

257 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 16:27:33 ID:pyPbyviz0
明治時代の地図や農地の台帳(農地なので)には小字として
記載されてますが、普段は代表の字&地番を使っています。
スキー場のある蔵王じゃないのになぁ。
母屋のある場所の小字は西郭と言います。


258 :255:2006/09/22(金) 16:32:59 ID:pyPbyviz0
龍神を祀っていて、井戸には白蛇がいるとか
鬼門の方角にはそれぞれ庚申塚があったりとか
無縁仏の供養をしないと親戚がたたりに遭うと言われています。

それぞれ別の親戚が、原因不明の病気になったとき
それぞれ別々の祈祷師に占ってもらったら
本家に無縁仏が頼っていると同じことを言われたそうです。

259 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 16:54:32 ID:ZUDaPf6O0
>>257
>明治時代の地図や農地の台帳
うpしてくださ〜い♪

>母屋のある場所の小字は西郭と言います。
余計見つからないんですけどw
それで郵便物届くの?

260 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 17:01:24 ID:bXxcXxV00
俺のうちって歌舞伎役者でもないのに代々名前をある時期になると変わる(襲名)  
今の名前は来週辺り戸籍ごと変わる

261 :255:2006/09/22(金) 17:10:32 ID:pyPbyviz0
母屋のある場所の代表の字・地番だけ使っています。
田舎は地番がいくつかあって(筆が分かれるという)
代表の地名・地番だけ使う家は多いです。
地図は大きすぎてスキャナで読み込めません。
(3畳ほどあるので…。)
プライバシーの都合上UPはできません。

262 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 17:14:05 ID:fuTiNES+0
>>261
要するに屋号だねぇ。昔はそういうものがあったんだってねぇ。
今は番地で表示だけどさ。
そういうものが家に残っているってのはすごいな・・・

263 :255:2006/09/22(金) 17:19:49 ID:pyPbyviz0
ええと屋号ではなく、土地の登記簿謄本に載っている地名です。
○町大字○○小字○ですが、通常大字まで使っています。

264 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 18:08:12 ID:fuTiNES+0
>>263
ほうほう、だったら郵便局対応だね。
住所録で見る簡易な住所記載と、戸籍謄本や
登記簿謄本とかの記載はまるで違うからね。
ありがとう。

265 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 18:44:30 ID:ubPGG9jvO
>>255

修験道の家系とか?

266 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 21:50:54 ID:0esO5d7h0
⊂二二二( ^ω^)二⊃ ブーン

267 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 21:57:10 ID:GhOYBBhGO
>>260 元服?

268 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 21:57:30 ID:vYNw6pRJ0
 

269 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 21:59:32 ID:co39zlTE0
長年使ってる芸名等でないと家裁が認めないんじゃないの?

270 :本当にあった怖い名無し:2006/09/22(金) 22:51:06 ID:2rTYrFyDO
松前藩の前述の家系のものです。私は五歳くらいまで父の実家にいくと、ばぁと呼んでいた人が私の世話をしてくれました。今はもう普通の家ですが、当時はちぃ姫さまとか普通に呼ばれおさないながらびびってました

271 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 07:34:19 ID:PWBIqxT50
なんだそれカコイイな

272 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 07:38:39 ID:n1fI+qzi0
今じゃ特殊浴場の姫かw

273 :本当にあった怖い名無し:2006/09/23(土) 08:21:33 ID:0qGXeiRs0
>>272
(゜д゜)<あらやだ! お下品ねっ

274 :本当にあった怖い名無し:2006/09/24(日) 14:40:16 ID:dMBthF520
ショ・ミーンの幸せ・・・

275 : :2006/09/24(日) 23:06:16 ID:PGrbaGma0


276 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 07:48:58 ID:puApo8lXO
婆さんの、何代か前の婆さんが、集落なんてないと思われる
山奥から嫁にきたらしい。
婆さんの家自体がかなり山深な所だったのに、それより奥……


何者?


277 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 19:21:47 ID:a2l9vqs20
>>276
サンカ、炭焼き、樵、マタギ、う〜ん…。他に何かありますかね?山奥仕事。
ご先祖が動物を助けてるなら、鶴や狐なんかも考えられますが…。


278 :本当にあった怖い名無し:2006/09/25(月) 21:10:23 ID:8a+zZeyJO
忍者の隠れ里じゃない?

279 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 10:14:42 ID:BMQlZs430
>>277
サンカの人山で見つけて追っかけていくと煙のように消える
すげ〜っと思ったよ 

280 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 10:16:21 ID:BMQlZs430
>>255
在家の修験者かもな 調べてみ面白いから

281 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 10:18:17 ID:bbQlzO08O
http://tool-3.net/?07201316

まだ作ったばかりで何もないんだ。何か書き込んでほしい

ついでにNullPointerException!

282 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 10:42:46 ID:oxpVpenH0
>>260集落だけ、男子のみの成年儀礼。10歳くらいで。もろ、男女差別。
   これが落ち武者の里と言われるゆえんだろうか。江戸時代でも庶民は
   男女平等だよね。
>>263 うちも、○谷という小字。あと、田んぼ単位に、○谷とか小字だらけ。
   一応、鉄道が走ってるところですら。岡山や青森とかもっとすごいのかもね。
   

283 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 12:23:58 ID:O/7EbtVG0
オカルトってほどでもないけど、
私の住んでる住宅地では、二世帯同居以外、不幸続きです。
男親同居をすると、すぐに姑が発狂もしくは要介護になって即死亡。
後を追うように舅もアボン。
もしくはその孫が交通事故にあったりして、同居の必要のなくなった若夫婦が
出て行ったりします。婿養子で姓を嫁さんにした方だと、嫁さんの両親が即死。

上手く行ってるところとか全員生きているところは殆ど二世帯です。もしくは核家族。
古い住宅地じゃなくて、2、30年しか歴史がなくて、ほとんどジモティの核家族スタート
らしいけど何かあるのかしら・・

284 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 12:27:53 ID:4Tj9BqJZ0
世帯分離しろと近所に忠告して回れ

285 :本当にあった怖い名無し:2006/09/26(火) 15:25:34 ID:aGD5FoAW0
嫁姑の関係って思ったよりも恐ろしいということじゃないだろうか
気の合わない他人と毎日顔を合わせなきゃならないというと、
ストレスで速攻神経まいってそれが病気を引き起こしそう

286 :276:2006/09/26(火) 15:41:13 ID:g8Le9VHeO
>>277

婆さんの実家は馬喰兼金貸し。
嫁ぎ先は炭焼……この落差がよぅ判らんw
実は私、前スレにも投下してんだけど(詳細省く)、
その何代も前の婆さん、サンカ系なんでは? と踏んでる。
前「サンカ」について書かれた本に載ってた写真に婆さんの家系に
よく見掛けるような顔がチラホラしてたんで。


>>278

忍者の話は無いが、平氏落人伝説ならある。
ただし、平氏でも「将門」の方だけど。



287 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 15:00:42 ID:qG0H0wYJ0
顔だけで判断されても・・・

288 :本当にあった怖い名無し:2006/09/30(土) 21:53:46 ID:KPJSw6960
age

289 :本当にあった怖い名無し:2006/10/02(月) 13:15:00 ID:fPDXS3CdO
先週、日本で三本の指に入る霊能力者さんに霊視していただいが
「因縁のある家系は結構多い。それに過剰反応する事によって暗示にかかる方がはるかに有害」
と言ってたよ。
そりゃ何代も遡れば不慮の事故やら殺人(戦死も)が居てもおかしくない。

家系がーとか先祖がーと言ってる人は家系や先祖のせいにする前に
自分自身を振り返る方がいいよ。

290 :本当にあった怖い名無し:2006/10/02(月) 14:37:51 ID:G18jTQpB0


291 :本当にあった怖い名無し:2006/10/02(月) 16:22:51 ID:AzNLGq2r0
日本で三本指に入ると自称する霊能者が一番胡散臭い罠w

292 :本当にあった怖い名無し:2006/10/02(月) 16:29:09 ID:fPDXS3CdO
>>291
その人自身は日本で三本の指に入るとは自慢していないよ。むしろ謙虚な人。
名前聞いたらああ…あの人か、ありゃ本物だとオカ板の8割は言うだろう人。


293 :本当にあった怖い名無し:2006/10/02(月) 16:32:11 ID:VKT35CWS0
>>292
え〜誰だろ。性別だけでも教えてくれないか?

294 :本当にあった怖い名無し:2006/10/02(月) 16:38:41 ID:cvQ5nDSV0
誰だかわからんが、
「因縁のある家系は結構多い。それに過剰反応する事によって暗示にかかる方がはるかに有害」

こういうまともな意見をきちんと言ってくれる人は霊能者としては良心的な方じゃないかな。
因縁を祓わないと災厄がふりかかると脅して金を搾り取る偽者が多いからな

295 :本当にあった怖い名無し:2006/10/02(月) 18:11:11 ID:5TLSik2v0
空気を読まずに投下

私の母方の家系は、50歳ぐらいまで白髪無し
まっ黒の髪(残念ながらサラサラツヤツヤではない)
60歳ぐらいからチラホラ白髪が出てくる
別に苦労してない訳ではない。それなりに苦労はしている

父方の家系は、ハゲがいない
白髪は有るものの、老人になってもフサフサ
85歳で死んだ祖父も最期までフサフサだった

両方の家系の遺伝を持った私と兄弟は
当然、黒髪フサフサ、髪の量は多い方です

そして、私の夫の家系は薄い家系
20代から寂しくなってくる
そんな私と夫の間に生まれた子供は、将来、どっちに似るか楽しみだ

296 :本当にあった怖い名無し:2006/10/02(月) 18:43:30 ID:y3IM08iH0
>>295
それのどこが家系のオカルト?

297 :本当にあった怖い名無し:2006/10/02(月) 19:14:08 ID:l3KQhZFf0
禿げは母方の遺伝のほうが強いらしい・・・
医学的に証明されているのかは知らない

298 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 14:12:07 ID:R7T3uXJK0
>>292
下よし子?ギボアイ子?

299 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 14:16:27 ID:jsKDY17ZO
>>298

どっちも違うんじゃ……

300 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 14:21:41 ID:cAJIHw740
明治維新以来、男は皆、東大卒
でも性格が悪いから東京で就職しても、すぐに田舎に戻ってくる。
田舎に戻って結婚して、子供をつくって、英才教育。
子供がまた東大に行く。
でも性格が悪いからすぐに田舎に戻ってくる。
結婚して・・・。
それの繰り返し
ちなみに岡山県の人。

301 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 14:28:07 ID:WkU3Wd2L0
>>300
性格悪いのは性格が悪い親に育てられた環境なのか、
それとも遺伝で相乗効果になってるのか、
下手な遺伝病より恐い話だな

302 :本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 20:53:46 ID:R7T3uXJK0
a

303 :本当にあった怖い名無し:2006/10/04(水) 03:32:16 ID:/vlXjLfE0
>>298
立原さんじゃないかな。
アンビリでも「何でもかんでも霊のせいにするな!」って言ってたし。

304 :本当にあった怖い名無し:2006/10/04(水) 14:06:49 ID:lQ7guduP0
>>292
オカ板の統計でもとったのか?そういう主観的な考え方が妄信につながると
思うのだが、オカ板でまず本物だろうと、霊能者スレで評判だったのが
木村藤子さん。これもオカ板8割という統計ではないがな。

305 :本当にあった怖い名無し:2006/10/04(水) 14:16:07 ID:zyocuXRk0
オカ板9割だったのが
みらい64

306 :本当にあった怖い名無し:2006/10/07(土) 06:04:28 ID:lx7krhbG0
じゃあ残り一割

307 :本当にあった怖い名無し:2006/10/07(土) 13:58:14 ID:i8RHoPOk0
祖父母宅(母実家)
別に由緒ある家でもなんでもないが
昭和40年ごろまで、行儀見習の若い娘さんが何人も同居してた
母が子供の頃から姉だと思ってた人(一緒に育ったらしい)が実は他人だった
祖父母宅で病気で亡くなった人も仏壇に位牌があるので親戚かと思ったら
赤の他人だった
祖父母がどういう人で何の家だったのかいまだにわからない。

308 :本当にあった怖い名無し:2006/10/07(土) 17:07:53 ID:+DPW3R2u0
ほう。 位牌があるのは身寄りがないのかな。
徳が高そうな家系ですね。

309 :本当にあった怖い名無し:2006/10/07(土) 17:16:15 ID:jHEaZqr70
>>308
おまいのその演繹を順を追って再現しる

310 :本当にあった怖い名無し:2006/10/07(土) 23:09:24 ID:ciY7zWfD0
>307
学問・芸事のお師匠さんとか、なんか宗教(祈祷)・慈善・医療をやってた
とかじゃないの?
「行儀見習いの若い娘たち」と「身寄りのない病人を見取る」「実母と叔母が実は
他人」ってキーワードの取り合わせが謎だな (ワクテカしてスマン)
ぜひともおかあさんに探りをいれて謎解きすべし

311 :本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 15:42:35 ID:vnYUgXaiO
あげる

312 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 01:14:09 ID:ZtSB5m6o0
あびる

313 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 05:32:04 ID:2C1FIu2z0
>>312
Σ(゚Д゚)おーーーまーーーわーーーりーーーさーーーん!!!

314 :本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 08:59:45 ID:d5SpYUq+0
ラメーン

315 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 02:15:58 ID:0IeKNMxG0
まず母の両親・きょうだい・その子どもたちだけにしておきますが、火の
災いで亡くなったり大やけどを負ったり(しかも指)、指先を事故で少し
切断した人がいます。家族と縁の薄いひとも私を含めて少なくないです。

父方は、精神科の疾患を経験している人が何人かいて、こちらも家族縁の
薄い人が少なくないです。

やっぱり、先祖とかの障りでしょうか。前世や守護霊なんかが見える人に
見て欲しいという思いが日に日につのります。双方の家ともに、かなり古い
家だそうで、先祖の話もしちゃうとすごく長くなるので省略です。





316 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 04:19:14 ID:KTDCUhUlO
>>307 実は、母親もその家とは縁のない他人だった…って事はないのか?

317 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 04:42:19 ID:Q1Oe1tPX0
>>315
サクッと霊感商法にはまるなよ

318 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 05:56:17 ID:p/h18IBdO
>>315

ageてまで書いたんだから、「これが因縁っぽい」辺りは書いてくれろ。
そのままだと「家族の縁が薄い人が少なくない家系」に集約される。


319 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 09:29:37 ID:vRbm8EeHO



320 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 09:42:52 ID:zDW56qsrO
俺の名字は「うらしま」というんだが先祖は漁師だったそうな。
うん…いや、まあそれだけなんだけどね。

321 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 11:44:54 ID:0IeKNMxG0
>>317
お気づかいありがとうございます。>>315です。
不思議なことに、新興宗教とか占いとかには
親戚一同はまらない人ばかりなんですよ、これが。資産もあるしネタもあるし
カモにされててもおかしくない人がいっぱいいるんですけど。
田舎の古い家の人たちなのに、なぜか思考がとても合理的なんです。
ほんと、ウザいと思うけど、知ってる範囲の一族の歴史を披露したいです。
自分なんか境遇的には、すでに宗教なんかにどっぷりはまってても
不思議じゃなさそうなもんなんですけど。結構、波瀾万丈でなもんで。
占いのページなんか無視です。仏滅に引っ越しとか平気です。
でも精神世界みたいなのには興味あるんです。
テクニカラーw明晰夢は日常です。予想がけっこう当たるし、
不思議体験もわりとあります。
前世療法とか退行催眠とか、すごく受けてみたいです。
矛盾してますよねえ。でも自分の中身がすごく知りたい!!です。


322 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 12:33:26 ID:l1+wSDlZ0
>でも精神世界みたいなのには興味あるんです。
>テクニカラーw明晰夢は日常です。予想がけっこう当たるし、
>不思議体験もわりとあります。
>前世療法とか退行催眠とか、すごく受けてみたいです

まんま新興宗教にもハマりそうだが…。
「前世〜」って、宗教の名前出してなくっても、実は宗教って多いよ。
サイエント路地とかさ。
とにかく、変な気を付けて下さい。

323 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 12:37:48 ID:NHx2QDTxO
>>320
太郎乙w

324 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 14:15:21 ID:iamB8OGZ0
>>315
まずその話だけで見てみると、
・火の災いで亡くなったり大やけどを負ったり(指)指先を事故で切断した人がいる
・家族との縁が薄い人が少なくない
・父方は精神科の疾患を経験している人が何人かいる
これは先祖の因縁でもなんでもないよ。

火事でなくなる人がいたのは本人の不注意から。もし巻き込まれたのだとしても、
危機を察知する能力や勘が低かったのかもしれない。
それと、指は一番不注意によるけがを負いやすい部位。
工場で働いていて指を切断とか、ドアに指を挟まれたり、料理をして油をかぶってしまったりなど
体の中で一番使う場所だから。
父方に精神科の疾患が多いということは、精神的な性質は遺伝するし、
精神不安定な人間に育てられた人間は暴力の連鎖と同じように精神的に
不安定な人間に育つ確率が高い。
精神的にに安定していない人は他者との関係をうまく築けないし、親子間でも同じことだから
自然と家族との縁が薄くなる。
いつ死んだかもわからない会ったこともない祖先の因縁などではなく、普通の人間関係の連鎖。
それと、事故を起こしやすい性格というのがある。無謀だったり、危険なことを
途中でやめずに続けて行ってしまう性格や、周囲に気を配れない不注意な性格の持ち主など。
そういう人間が不注意から事故を起こしやすいのは性格上の問題。
そういう人間に育てられたら似たような性格に育つことも多いし、大胆な性格や
繊細な性格は遺伝的な要素で傾向がにてくる部分もある。

あなたのやるべきことは守護霊や前世などをどうにかすれば問題が解決できるかもと
思い込むことではなく、目の前の現実から逃避せずに問題をひとつひとつ片付けていく
ことだと思います。前世療法などは今のあなたにはおすすめできない。
もしも漠然とした不安があるなら、お参りする神社をひとつ決めてそこの神様に日々
お参りしたり報告したりして守って下さいとお願いするのもいいかもしれない。

325 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 14:21:44 ID:/ZQidh9N0
現実我を観ないで幻想我を観たがる人間は精神疾患してるケースが多い。
それと自分は絶対大丈夫と思っている人ほどカルトにはまる。

326 :本当にあった怖い名無し:2006/10/12(木) 16:06:44 ID:0IeKNMxG0
>>322>>324>>325さん、みなさま心のこもったレスありがとうございます。
ここ、ホントに良心的なスレでした。ここに書いてよかったです。
特に>>324さんは、おっしゃっていることのほとんどがそのとおり当てはまります。
逃避したいくらいの現実が身の上に起きてきたもんですから。「誰でもみんなたいへんなんだよ」
とよく諭されますが、自分と同じように育って人生転がっちゃった人がそんなにたくさんいたら
そっちの方がたいへんだよって思うくらい、キツイ経験をいくつもしてます。
精神疾患もビンゴです。
疾患だけじゃなく、AC風味・AS風味・超おとなしいボダw風味も加わってると思います。
それで底なし沼にはまっちゃって、もう一生楽しいことも生きてる意味もない
後悔だけの人生かな〜なんて、これも逃避ですよね。わかってるけど逃避しかできないんです。
身内の縁の薄さとか短命が多いとかだけじゃなく、自分のせいで何人か死にましたから。
なんか、オカ板じゃなくて人生板みたいになっちゃいましたね。ごめんなさい。
カルトと霊能者には、ほんとに気をつけます。長文でほんとにごめんなさい。


327 :本当にあった怖い名無し:2006/10/13(金) 04:18:09 ID:ZfLZFt8X0
家系にまつわるイヤな話なら、山岸凉子の短編漫画にいっぱいある。
ウロ覚えだが「ひいなの埋葬」「夜叉御前」「狐女」「籠の中の鳥」
「時じくの香の実」等々。旧家、古い日本家屋、呪われた血、因習深い山村。
オカルト要素も充分。そしてなにより怖い…。
長編の「日出処の天子」も日本一有名なオカルト家系のお話。(聖徳太子が主役)



328 :本当にあった怖い名無し:2006/10/15(日) 22:47:09 ID:Kwp3/TYYO
保守

329 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 00:30:57 ID:RPvSfHLT0
>>320
蛭子能収の家もかなり凄いぞ。
お父さんは漁師で「腕が網に絡まって溺れかけた仲間を救助するため
その人の手首を切断して助けた」という凄まじい武勇伝の持ち主。
そして蛭子さん本人は人生そのものが武勇伝&競艇で大儲け。
(「えびすよしかず恐怖伝説」でググると凄い)
苗字といい「船」や「水」や「予測不可能の出来事」に関する縁といい、
絶対何かありそうな気がする。

330 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 02:04:30 ID:SmEyOwJg0
今ぐぐって知ったけど、蛭子能収って本名だったんだな。
やべー

331 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 02:30:29 ID:1XBwTDpv0
蛭子(えびす)じゃなくて
蛭=ヒルで蛭子っていうと奇形児のことなんだよね
多分奇形とか池沼とかそういう家系なんじゃないかなコワス
えびすって読みは近代になって忌み言葉の土地の名前の漢字や読みが
変更されるように変更されたんじゃないかなあ

332 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 02:33:57 ID:wyuVWIMt0
佐藤って苗字は元は砂糖で
沖縄系だったんじゃないかなあ

333 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 02:49:40 ID:1XBwTDpv0
>>332
それは大いなる勘違いだと思うんだ

334 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 02:55:28 ID:wyuVWIMt0
>>331
これも大いなる勘違いだと思うんだ

335 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 03:09:31 ID:nKw5XIbzO
>>331
違うと思う

336 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 19:44:50 ID:U68cLAFC0
えびすってのは元々異邦の神で、海の向こうからやってきたりする。
そのために戎や夷って字があてられることもある。
海からの漂着物のことを指すこともあって、
ヒルコがエビスになったのはヒルコも不具者として生まれたために流されたことから、
同一視されるようになったって聞いたことあるよ。

337 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 19:54:48 ID:wyuVWIMt0
佐藤って苗字は元は砂糖だったって聞いたことあるよ。
友達の友達が言うんだから間違いない。

338 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 20:21:50 ID:LsoLDpWi0
ID:wyuVWIMt0 嘘はもういいよ


339 :本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 20:44:04 ID:wyuVWIMt0
知ったかももういいよ

340 :本当にあった怖い名無し:2006/10/17(火) 00:58:35 ID:adreb5+W0
友達の友達って誰だよ
うそつき

341 :本当にあった怖い名無し:2006/10/17(火) 22:01:19 ID:IjGIoamw0
どなたも早めの保険加入をお薦めします(良心的一般人)

342 :本当にあった怖い名無し:2006/10/17(火) 22:38:54 ID:vXX74LiTO
  、、、、
 ミ・∀・ミ<ぬるぽ
  """"

343 :本当にあった怖い名無し:2006/10/17(火) 22:51:29 ID:KauS8auOO
ガッ!

344 :本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 08:20:31 ID:yjzBNiPI0
埼玉の家系ラーメンはどこもマズイ。

345 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 00:20:05 ID:IlQxg4wF0
鈴木って苗字は元はSUZUKIで
バイク屋さんだったんじゃないかなあ

346 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 00:20:44 ID:8Kj25BJ80
全然、怖い話とかじゃないんだけどさ。
自分は母方の祖母の所で暮らしてるんだ。
んで婆ちゃんがこの前、俺にビデオを暮れた。
タイトルは「○○(婆ちゃんの苗字)同姓祭り」
内容はその苗字のついた一族の歴史だとか自分達の墓にお参りとかそういう感じ。

俺は婆ちゃんとは違う苗字なんでこの事には一切関わったこと無いが
世間一般じゃこういう行事だかみたいなのは普通の事だったりするんだろうか?
ちなみに婆ちゃんの苗字は結構珍しい方だとは思う。


347 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 00:23:04 ID:gqNYaPrJ0
25点
面白みが無い、はい

348 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 11:16:20 ID:BbZ1nFZ10
>>346
>タイトルは「○○(婆ちゃんの苗字)同姓祭り」
内容はその苗字のついた一族の歴史だとか

鈴木サミットみたいなもんか?

http://wiwi.co.jp/cs/00001/free/event/suzuki/sammit/sammit-after.html


349 :本当にあった怖い名無し:2006/10/20(金) 13:49:35 ID:3CnzKjqy0
>>346

韓国では同姓・同族意識が強くて、
同族が集まる伝統儀式があるっていうのを
TVで見たことあるぞ

346のいう珍しい名字って、そういう系?

350 :本当にあった怖い名無し:2006/10/21(土) 12:59:30 ID:tjMsOq2T0
金田とか李沢とか

351 :本当にあった怖い名無し:2006/10/22(日) 16:52:51 ID:JPX3ToOMO
>>346です
>>349
うーん。多分違うとは思うなあ
聞いただけでは>>350みたいなそれっぽさは無いし
地元の神社が名字と同じではあるのだけれど

352 :こぴぺ:2006/10/23(月) 01:04:58 ID:DETeXTcC0
成長環境の劣悪さもありますが、こんな事例があるそうです。

ジューク一族の祖先は18世紀初頭に、ニューヨーク州で生まれた。
彼は人生の大半を飲酒と犯罪と、売春斡旋で過ごした。彼の二人の
息子は腹違いの妹と結婚した。これを祖先とする500人以上の子孫を、
社会学者のダグデールが調査した。

結果は「140人が現在受刑者、窃盗犯が60人、売春婦50人、生活不能者が180人」。
 30年後に調査したとき、一族は2000人を超えていた。うち200人が犯罪者、
売春婦が300人、残る大半が生活不能者であった。州政府が彼ら一族のために
費やした金額は300万ドルを越えるという。


マーティン・カリカックという男がいた。彼は独立戦争中、現地で精神薄弱の女に
子供を生ませ、のちに郷里に戻り、クエート教徒でインテリの女性と正式な結婚をしている。
社会学者のゴダートが調査した結果、彼がクエート教徒と成した子孫は、
異常者はたったの3人、大半が弁護士や医師、教育者などであった。
逆に精薄の少女との子孫は犯罪者や売春婦ばかりで、正常な者は
わずか10%にも満たなかった。

まともな研究がなされていないだけで、日本にも代々犯罪者を排出する
家系というのが存在するんでしょうね。

宅間の家族が、ちょっとアレだったような記憶が。

353 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 01:07:56 ID:9ijj8zc60
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒
>クエート教徒

354 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 11:50:39 ID:mfJYE8LB0
agedama

355 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 12:39:26 ID:R8d9NkvK0
ガイシュツかもしれないしスレ違いだと思うんだけど、ガキの頃に塾の先生から
聞いた話なんだけど、その先生の生まれた地域に名字が全員同じ村って言うのがあって。(今は多分その村
は無いんだけど。)で、なんか村人全員が遠い親戚なんだとか。あとその村の隣?
の村が平家の落人の村だとか。ま、平家の村とはいっても、ここは岡山でなく、
関東なんだけどね。

356 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 12:40:56 ID:osBL5n3h0
同じ苗字の家が固まっている集落はいっぱいあるよ。

357 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 16:36:37 ID:8AJcxjaY0
>>352
ロンブローゾか?

358 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 20:23:33 ID:Mzp5W5dd0
>同姓祭り

香港(中華系)にもあったよ。
同姓というだけで参加できるパーティーがあって(事前申し込み必要)、
迷うくらいだだっ広い宴会場を丸々借り切って、ごちそう食べたり誰かのスピーチ聞いたり。
何百人もいたと思う。だがほとんどが年配者。
漏れは資格はなかったけど知人の参加者が誘ってくれて紛れ込んだこと
あるからホント。w   
思うにアッチ系の因習かと。

359 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 21:50:32 ID:HxaA3vQu0
>>351
菊池?

360 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 22:29:32 ID:ClRS9155O
ここ13世代位直系で近親なのもオカルトだよな?姉、俺の二人姉弟で私生児。オトン、オカンは兄妹 理由は分からん。俺もそうなるのか?

361 :◆/Zone/zB0Y :2006/10/23(月) 22:56:31 ID:WpSb6aSkO



362 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 23:00:44 ID:+jD0Fbuz0
>>360
近親で能力者云々はフィクションの域だからなぁ
案外、男運女運がない家系とかそんなんじゃないの

363 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 23:04:14 ID:9ijj8zc60
姉ちゃんの鼻がもう少し低ければ(ry

364 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 23:43:55 ID:CY/sI/mv0
自分のルーツを調べたくなって色々ぐぐったりしても
出てくるのはラーメン屋ばかり
まぎらわしい

365 :本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 23:48:56 ID:rCPVwu7DO
ラーメン屋w

366 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 00:10:27 ID:LEe0lU/4O
オイラも自分のルーツをさぐってみた。
何となく自分の原点を見つけた気になった。
遺伝子のせいか模倣子のせいかは知らんけど、オイラは確かにこの人たちの子孫だと実感した。


キャラ
 本多の鬼作左
思考パターン
毛利時親/元就

367 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 04:37:04 ID:71D87MMV0
>366
奇遇だな、親戚か。まぁ、スレ地だからこのくらいにしておこう

368 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 07:49:59 ID:vtvBh2YOO
>>359
漢字で三文字なんで違います
神社の名前は上二文字だけなんですけど

>>358
ということは家の先祖は大陸から渡ってきたんかな〜

自分もルーツを辿っていってみよう

369 :351:2006/10/24(火) 20:05:29 ID:E/mrJUw00
>>368
そっか、ごめんね。
内田康夫の小説で全国に散った菊池一族が
なんか祭りとかやってたような憶えがあったもんで・・・



370 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 20:09:43 ID:i6unuPtm0
先祖が海賊

371 :本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 20:14:18 ID:IlUmv4240
スレタイのせいか「いえけい」としか読めなかったorz

372 :本当にあった怖い名無し:2006/10/25(水) 22:56:10 ID:yiYHDjpk0
自分のルーツってどうやって調べるの?

373 :本当にあった怖い名無し:2006/10/26(木) 02:04:16 ID:4DC7YOaq0
>>372
まずは戸籍。次が過去帳。

374 :本当にあった怖い名無し:2006/10/28(土) 11:51:10 ID:x3E2X9Ls0
>>372
あと、地域に伝わる民話なんかも調べてみると面白いよ。
地元の図書館や公民館などに資料を置いてある所もあるんじゃないかな。

>>370さん
奇遇ですね。
うちもおそらく出自は海賊だったんじゃないかと父が言っておりましたw


375 :本当にあった怖い名無し:2006/10/28(土) 13:09:11 ID:8S1BF+ip0
>>374
民話はアテにならんだろ
全然別の地方から流布してきたものかもしれん
下手するとイソップ寓話だったりするし

376 :本当にあった怖い名無し:2006/10/29(日) 10:34:37 ID:5X2723i4O



ヌルポ

377 :本当にあった怖い名無し:2006/10/29(日) 13:50:55 ID:nTtFeRzY0
ガッ

378 :本当にあった怖い名無し:2006/10/29(日) 15:45:31 ID:nu5PAky0O
>>374
「〜だったらしい」=「〜ではない」

379 :本当にあった怖い名無し:2006/10/29(日) 18:02:01 ID:gSsDaVUvO
俺の母方の姓の男は皆、
右側の腕や足に、
怪我や病気や事故等で負傷(後遺症も)したり切断したり…。
先祖が悪い事してて、
その先祖が腕を斬られたって聞いたんだけど祟りなのかね?
末代まで来るもの?

380 :本当にあった怖い名無し:2006/10/29(日) 18:08:20 ID:y9X8lt7V0
うん祟り祟り
来る来る

381 :本当にあった怖い名無し:2006/10/29(日) 18:37:39 ID:AmR4DJ8UO
亀でごめんだけど>>352
ジューク一族の話はでっちあげだとどこかで読んだ気がするのだけど…ほんとなの?



382 :本当にあった怖い名無し:2006/10/29(日) 19:35:05 ID:7b8Dm8Nw0
ただし自分の先祖・ルーツ探しにやっきになるのは
自分の現実が満足できないことのうらがえしなこともあり。
先祖がどうでも現実の解決にはならんだろうから気をつけなされ。

383 :本当にあった怖い名無し:2006/10/29(日) 20:53:17 ID:Hk6c5FNK0
ところがだ。
それまではそんなことまで気にする余裕がなかったのが、ひょんなことで
衣食住すべて足りて金も時間も余り、ヒマになると急にこういうことが
気になったりするもんなんよ。
根無し草な自分が、ね。
それで昔も成金やらが、家系図屋に立派な家とつなげた家計図を捏造して
もらうのにけっこうな金額を払ったりなんかして、それで後生大事に蔵に
しまいこんだりしたもんなんよ。
比較的新しい家計図が歴史研究家などにはあまりあてにならんと言われて
いる由来。

384 :本当にあった怖い名無し:2006/10/30(月) 13:03:47 ID:AuOa/GxwO
死んだお祖父ちゃんは婿養子という葬式の時初めて知った。
さらにお祖父ちゃんの父も婿養子、さらにその父も婿養子だった事を知った。
さらに調べていくと、父を除いて5代続けて婿養子って事が発覚。
お祖父ちゃんは父が産まれた時に「もう婿をもらわなくて済む」と思ったらしいが
産まれたきた孫達(私と姉)は女の子。どうみても女系家族です本当に(ry




そして先月姉が婚約しました。もちろん相手は婿養子。

385 :本当にあった怖い名無し:2006/10/30(月) 13:31:28 ID:dEcSx88LO
>>384
じゃあ身内が男だらけのウリの種をあげようかw

386 :384:2006/10/30(月) 14:29:01 ID:AuOa/GxwO
ちなみに父は二人兄妹で、嫁に行った妹(叔母さん)の子供は三姉妹。
叔母さんの旦那は上に姉が四人いる五番目の末っ子で極めつけは旦那の父が婿養子。

マスオ多すぎ\(^0^)/オワタ

387 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 03:02:11 ID:zRvT1DyjO
母方の曾祖父→事業に失敗して毒飲んでアボン
同じく母方の祖父→なんか突然錯乱して井戸に飛込んでアボン
俺のトーチャン→ある日突然、和歌山のその道では有名な崖から墜ちてアボン。動機に全く心当たりなし。世にいう成功者だし……。
俺は血統的に自殺のサラブレッドですなorz

388 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 12:39:02 ID:QdPKfym80
>>386
マスオは婿養子じゃないよ・・・。

389 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 16:19:46 ID:fcO0Mc7g0
中村主水なら良かったのに

390 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 19:38:32 ID:a0qtF1GmO
( ゚д゚ )

391 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 21:51:05 ID:jQY0g2DL0
マジ何かあったときのために。
【霊視の値段】・・・内容はHP確認のこと  

《0円(タダ)》
セルフ除霊
http://www1.harenet.ne.jp/~tosinobu/
《3000円》
聖堂館
http://www.seidoukan.jp/
《5000円》
護国寺鹿児島別院
http://www.gokokuji.com/
慈園ひとみのスピリチュアルWeb
http://www.sien-hitomi.com/
尾氣霊易院
http://www.kiryou.jp/
藤原丞春の心霊相談
http://jyoshun.hp.infoseek.co.jp/
《6000円》
スピリチュアルカウンセリング
http://www.spiritual.ne.jp/
《8400円》
日向(ひむか)
http://www.uranai-himuka.net/
《1万円》
願禮庵
http://www.onreian.com/
ハート氣療院
http://www.hart-kiryoin.com/

392 :本当にあった怖い名無し:2006/11/03(金) 21:52:34 ID:jQY0g2DL0
《2万円》
推条霊視 鑑定
http://mm.visia.jp/kitano/
綾小路流宇の霊能相談室
http://www.nativeash.or.tv/
《3万円》
スピリチュアルセラピスト鈴
http://www.roziura.net/
浄霊&除霊(除霊の値段)
http://www.jourei-jorei72.com/
福山貞心
http://www1.odn.ne.jp/~cen06440/
《5万円》
心霊会
http://www.sinreikai.com/
《お心付け》
霊視の正仁和
http://www.seijinwakai.com/

393 :本当にあった怖い名無し:2006/11/04(土) 18:46:39 ID:2vr9cgq8O
>>387
期待してるぞw

394 :本当にあった怖い名無し:2006/11/05(日) 05:12:16 ID:vLTlhTfm0
387がアボンする前にここに心境をカキコしてねってことか?

395 :本当にあった怖い名無し:2006/11/06(月) 23:41:33 ID:Zm113VDp0
実は自分も>>387の心境に興味津々。
スレ違いになるかも知れないけど、
書ける事あるなら書いて欲しい。


396 :本当にあった怖い名無し:2006/11/07(火) 04:53:08 ID:yGkmGR6u0
a

397 :本当にあった怖い名無し:2006/11/07(火) 07:11:41 ID:VDgLZ38iO
うちは、もう24代続いてきた家なんだが、代ごとにほぼ為すことが決まってる。

1、5、9、13、17、21の代は…【財を築く】。
2、6、10、1418、22の代は…【財を蓄える】
3、7、11、15、19、23の代は…【財を増やす】
4、8、12、16、20、24の代は…【財を減らす】
8、16、に続く代は…【人殺しになる】

さて、私の代は24代目…誰を殺すんだろうか…と考えている内に…悲しくなり泣いたんだ…。

すると…




おじいちゃんポンと俺の頭のうえに手を置いて撫でてくれた・・・
おじいちゃんの手はゴツゴツしてて撫で方も荒っぽかったけど温かかった・・・
そして飴を一粒くれた・・・
美味しかった・・・
その味は甘くてクリーミーで、こんな素晴らしいキャンディーをもらえる私は、きっと特別な存在なのだと感じました。

今では私がおじいちゃん。孫にあげるのはもちろんヴェルタースオリジナル。
なぜなら彼もまた特別な存在だからです。

398 :本当にあった怖い名無し:2006/11/07(火) 17:55:36 ID:Gi1aZmeKO
('A`)

399 :本当にあった怖い名無し:2006/11/07(火) 20:06:42 ID:k6IoNTJl0
('A`)

400 :本当にあった怖い名無し:2006/11/07(火) 21:57:49 ID:w6FQqQKf0
あたいこそが400ゲトー

401 :本当にあった怖い名無し:2006/11/07(火) 23:00:18 ID:GBECV93C0
あたい いつ彼女にプロポーズするんだよ

402 :本当にあった怖い話:2006/11/08(水) 16:12:30 ID:dyByLplj0
最初からずっと見てきたんですが>>63さんのが気になった
もしかして黒いものがMさんとあなたを別れさせたかもしれませんよ
そしてふとした拍子に彼から連絡が来てしまうかもしれません。
何が原因で喧嘩したのかはともかく、仲直りをしたほうがいいと思うのですが....
おせっかいなことですが気になったもので


403 :本当にあった怖い名無し:2006/11/09(木) 18:11:42 ID:2Tt/+KjIO
汚物壇の長谷川

404 :本当にあった怖い名無し:2006/11/09(木) 19:33:55 ID:kL4zWetO0
怖くなく話しだけど、うちの家に生まれる女性の話。
自分、姉が二人居るんだけど
姉ちゃんたちの旦那の名前が、それぞれ一緒。
んで、母ちゃんは3姉妹なんだが
母ちゃん3姉妹の旦那も名前が皆一緒。
聞く話では婆ちゃんの姉妹もそうだとか。
恋愛結婚だから示し合わせたわけじゃないのにね〜
と、姉ちゃんたちは笑ってるけど、ほんのり不気味。

なんか因縁とかあるのかねえ?

405 :本当にあった怖い名無し:2006/11/09(木) 20:01:41 ID:8l7b1jyG0
 凄く前にあったんだが龍神系と稲荷系の家系があるといってたが
そのどちらにもそりが合わないことはありますか?

406 :本当にあった怖い名無し:2006/11/09(木) 20:38:26 ID:Wg/t+VBfO
名字が麒麟とか鳳凰と同じ神獣の名前と一緒


407 :本当にあった怖い名無し:2006/11/11(土) 02:34:51 ID:wqxoQ6og0
岡崎京子の旦那さんの姓は「朱雀」さんだったね。

408 :本当にあった怖い名無し:2006/11/11(土) 10:35:15 ID:33I1zw4HO
因みに名字は白澤
中国の古書に登場し日本に伝わったらしい
頭脳明晰だか外見は化け物
長野県の白馬村に集中してる


409 :本当にあった怖い名無し:2006/11/11(土) 20:19:49 ID:Q16J4/aIO
>>408
どのレスに追記してるかわかんないぞw

410 :本当にあった怖い名無し:2006/11/12(日) 00:32:50 ID:QWYarnRIO
私は身内(あたしから見てじぃちゃん、ばぁちゃんまで)がマムシを乾燥させてすりつぶした粉や、蛇の生き血など蛇関係の物を口にすると決まって私だけ高熱が出る。
なんでなんだぁ!!

411 :本当にあった怖い名無し:2006/11/12(日) 00:36:40 ID:0ZnOf+xXO
>>410
君じゃなくて祖父が口にしたのに、何故か君が発熱するってことでおk?

412 :本当にあった怖い名無し:2006/11/12(日) 00:37:12 ID:Trc+bOzw0
http://jbbs.livedoor.jp/music/427/
http://jbbs.livedoor.jp/music/427/
http://jbbs.livedoor.jp/music/427/
http://jbbs.livedoor.jp/music/427/
http://jbbs.livedoor.jp/music/427/
http://jbbs.livedoor.jp/music/427/
スポンサー募集中!


413 :本当にあった怖い名無し:2006/11/12(日) 00:48:43 ID:zN475LYq0
家伝の秘薬が自分だけ合わないともよめる
とにかくkwsk

414 :本当にあった怖い名無し:2006/11/12(日) 02:51:51 ID:xsBjKTP30
>>410
ヘビーな女なのどすえ

415 :本当にあった怖い名無し:2006/11/12(日) 13:58:23 ID:Dt92qhfCO
をーん

416 :本当にあった怖い名無し:2006/11/12(日) 18:55:06 ID:q8MsiNa8O
オレチンチン小さいんだ


417 :本当にあった怖い名無し:2006/11/13(月) 01:43:03 ID:JXm464Tl0
>>410
それって蛇アレルギーなんじゃないか?

418 :本当にあった怖い名無し:2006/11/14(火) 08:14:18 ID:zJ4tP0SdO
>>410
なら、口にしなきゃいいんでないの?
小麦やらみたいに、困るもんでもないし。

419 :本当にあった怖い名無し:2006/11/14(火) 16:41:05 ID:W6mZBjxTO
俺の先祖にサルタヒコっていう方がいたらしいんだが、知ってる人いる?

420 :本当にあった怖い名無し:2006/11/14(火) 16:47:21 ID:SNnleCcF0
洒落怖の403の家系の話が怖い

421 :本当にあった怖い名無し:2006/11/14(火) 17:14:23 ID:H6eOrbm6O
母方の親戚の男の人は、何故かみな長生きをしない。病死・事故みな40代〜50代で亡くなってしまう。謎。

422 :本当にあった怖い名無し:2006/11/14(火) 20:32:59 ID:cIAGK6Ex0
家系とは少し違うんだけど、ごめん

うちは長男が家を継げない家相らしいと今から30年ほど前にある本を読んで知った
当時小学生だった自分はふーん?としか思っていなかったのだけど
兄が18歳で統失発症して48歳で今年春に急逝、
その後「もしかあんにゃ(=次男…もしも長男がいなくなった時には家を継ぐあんにゃ)」の弟が
鬱でぷー、離婚の危機…
なんとなく自分も長生きはしない気がする、生命線ぶっちぶちだし…

423 :本当にあった怖い名無し:2006/11/14(火) 21:37:14 ID:GDqFx46S0
>ある本を読んで知った

と言うのが意味不明


424 :本当にあった怖い名無し:2006/11/14(火) 22:34:12 ID:t37/1RuX0
家相なら、欠けでもあるのかな?
今からでも増築するべし。

425 :本当にあった怖い名無し:2006/11/15(水) 00:02:55 ID:UfZExiLa0
>>419

伊勢に猿田彦神社があるね

426 :本当にあった怖い名無し:2006/11/15(水) 00:39:14 ID:DRVDUhNS0
精神関係の病は男系で遺伝的に発現する
という話はあるがオカルトが絡むこともあるんかねえ。
コエー

427 :本当にあった怖い名無し:2006/11/15(水) 10:28:17 ID:nTyPmxhqO
誰か伝説の家系の者はおらぬか〜

428 :本当にあった怖い名無し:2006/11/16(木) 02:36:19 ID:kR6d9RYN0
>>419
手塚治虫の漫画に良く出てくる
鼻のでかいおっさんだ


429 :本当にあった怖い名無し:2006/11/17(金) 15:14:09 ID:pLXXV7sP0
ラメーン

430 :本当にあった怖い名無し:2006/11/18(土) 13:33:45 ID:XKtPdt6c0
なんか男が災難な家系ばっかだが・・・
ウチの嫁の家系は女性が長患いの家系らしい

嫁は始まってからずっと重い生理不順と、重い神経痛&頭痛持ち
嫁の妹は生まれつき体が弱く、人生の半分はあらゆる病気で入院生活
義母は子供の頃から腰痛がひどく、月のうち一週間は寝たきり
嫁の祖母は骨が弱く、生涯で20回以上骨折を経験した人だそうだ

共通点は一生背負う病気を持ってる人ばかりって言ってた

431 :本当にあった怖い名無し:2006/11/18(土) 15:59:44 ID:1ObxWYbz0
>>430の家には健康な女の子が産まれます様に('A`)

432 :本当にあった怖い名無し:2006/11/18(土) 23:41:58 ID:QCCpf4KqO
2、3代で語り尽くせるなんてお手軽な家系ばかりだな

433 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 18:50:19 ID:mLaErrDZ0
>430 嫁家系は全員「冷え性」。冷えを取れば簡単に解決しそうな希ガス。

434 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 18:59:59 ID:TfAo/Ytj0
うちの家、いわゆる「子供の名に使ってはいけない文字」があるらしい。
それが『佳』。
自分の兄弟にもそれがあったというのに全く信じなかった私の父は
私のすぐ下の弟にこの文字を使った。
3歳で死んだよ。事故で。

435 :434:2006/11/19(日) 19:09:18 ID:7UabPKUK0
だから今でも父を許すことができません。

436 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 20:35:34 ID:yJmRLPKa0
>>435
つ、辛いね…
お父さんも思いっきり後悔してるだろう

437 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 20:38:27 ID:n96mNUfj0
ここで災難(?)が続く家系の方は神棚とか仏壇とか屋敷神とか祀ってますか?

438 :本当にあった怖い名無し:2006/11/19(日) 21:24:49 ID:yoASVdW50
>437父方の方がテラヤバス。
本家の長男が祭祀しないんで、
父がしました。
以来少しずついい事あります。
私は、お経と祝詞を上げています。
座敷で上げていると人が集まる気配が。
つたないお経と祝詞でも功徳があると思うので、もう悪さしないでね。

439 :本当にあった怖い名無し:2006/11/21(火) 12:00:25 ID:W4KRw6BGO
タッーチ
マキアージュ
タッーチ

440 :437:2006/11/21(火) 18:10:26 ID:boLF1XEe0
>>438
 どんな神様祀ってるの?


441 :本当にあった怖い名無し:2006/11/21(火) 18:39:53 ID:gsXopn8V0
>440普通の神棚です。えべっさんとか、祈祷してもらったお札も上げています。
仏壇はないけども、仏具屋で普通の仏教の法華経買ってきて上げています。

442 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 13:38:17 ID:96PAiU/V0
むかし知人から聞いたのでうろ覚えなんだが
長男の名前をしりとり方式でつけないと長男が亡くなっちゃう家があったそうだ
たとえば
正和→和弘→弘明→・・・
といった感じ。ほんで今当代の人の名前がなんとか丸らしくて、
次の代どうするんだよという話をしていた


443 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 14:59:57 ID:LahCAViC0
>442
丸雄でいいだろ。で、次は雄治とかで。

444 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 15:10:28 ID:aAHKEWUL0
むしろなんでなんとか丸なんてつけたんだw

445 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 16:28:31 ID:96PAiU/V0
>443
頭良いなw
おれら考えてたときは丸太か?丸太だろ!とか言ってたww

446 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 19:01:14 ID:JeDB8hUv0
あんまりたいしたいわれじゃないけれど
うちの家系は神様にお祈りしてようが幽霊に罰当たりなことをしようが
なんにも影響を受けることが出来ない家系なのだそうな
そのせいか、蔵に良く分からない預かりものが沢山おいてある
お札で包まれた箱とか、人の腕のミイラみたいなのとか、お経の書いてある壷とか
信じるとか信じないとか言うのとは別の次元で
たとえば縁起を担ぐとかそういうのが一切の効果を発揮しないのだそうな

447 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 19:01:47 ID:JeDB8hUv0
まちがってあげてもたスマソ
オカ板とか見るの初めてでキャッシュハイッテナカッタヨorz

448 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 19:23:51 ID:7Axqr+WoO
>>446
じゃあ事故物件に住めてお得だよねw
初詣は行くの?

449 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 19:25:30 ID:cNzwOfZE0
>>446
蔵探索して画像UP!撮った本人が大丈夫でも、見た人はもれなく
呪われたりするんだろうか。
「あなたの家のあかずの間」スレ向きかも。

450 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 19:26:38 ID:JeDB8hUv0
>>448
たぶん人が死んだ場所でも住めると思う
初詣は行っていい神社とダメな神社があるよ

451 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 19:27:38 ID:JeDB8hUv0
>>449
実家遠いのよ、静岡
そろそろバスが近くまで行ってくれなくなるし

452 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 19:31:13 ID:7Axqr+WoO
>>450-451
ちょw俺は清水なんだがw
浅間さんや秋葉山みたいに特定の系列がダメだったりってこと?

453 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 19:33:53 ID:JeDB8hUv0
>>452
おせんげんさんは行っても平気だね、迷惑かけないはず
奉ってる神社じゃなくて、意味があって存在している神社だと迷惑をかけてしまうことが
あると聞いたよ

454 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 19:38:29 ID:7Axqr+WoO
>>453
じゃあ、何かいわくつきの物等を封印するためや、
死人の怒りを抑えるために作られたような所がダメってこと?
出来れば特定の場所を知りたいな。

455 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 19:44:32 ID:JeDB8hUv0
>>454
サンシャイン

456 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 19:51:24 ID:7Axqr+WoO
>>455
ん?俺は釣られちゃったのか?www

それともマジ?

457 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 19:55:53 ID:JeDB8hUv0
つったつもりはないんだけれどな、
分かりやすい場所のつもりだったんだ
池袋のサンシャインの地下、多分駐車場はダメだと思う
ダメって言われたから、でもこれは多分稀有な例じゃないかな
もうちょっと曰くありげな場所だと実家の近くにある「悪」っていう字のつく神社
具体的にかくとばれちゃうので勘弁ね

458 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 20:12:31 ID:7Axqr+WoO
>>457
そうか、スマン。
やっぱ戦犯を収容してたからかな…?

行くとどうなるか知ってる?

459 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 20:19:39 ID:JeDB8hUv0
自分には何も起こらないのでよくはわからないのだけれど
知り合い曰く、線路に置き石するようなものだそうな

460 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 20:33:52 ID:7Axqr+WoO
>>459
ん?君の家系だよね?
家族や先祖の話はナッシン?

461 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 20:36:51 ID:nqueuYGF0
>>453
お稲荷様ですか?それとも昔、人だったりした方をお方を祀ってたりする所
ですか?

462 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 20:41:11 ID:WL0s8rAH0
>>457
ググッタら出てきたけど、夜泣き封じの神社さんですか・・・?>「悪」の字の付く神社


463 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 20:45:24 ID:JeDB8hUv0
具体的にどうなるのかは家族の誰も知らない
人様に迷惑かけたくないから試さないよ
家族の話すごくしたいのだけれど、
一番最初に前置きしたように何もないのが特徴だから逸話らしい逸話はないよ
荷物を持ち込む人もばあちゃんが見たこと有るとか其の程度だから
強いてあげると、何年かに一回自分の木にお参りするくらい

464 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 20:48:51 ID:JeDB8hUv0
>>461
おいなりさんはどうだろう、形だけのところとかがほとんどみたいだからあんまり気にしない
地理的に流れを止めちゃいけないところとかだそうだけれど

>>462
地元のは火の神様だって聞いたよ

465 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 21:13:47 ID:7Axqr+WoO
>>463
そっか。
行ってはいけない所の存在が伝わってるってことは、先祖の身に起ったことも伝わってると思ったんだが。

466 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 21:26:01 ID:RAcM7Eji0
プラスもマイナスの霊験も
一切を無力化かよ?

467 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 21:43:42 ID:JeDB8hUv0
>>465
ご先祖、どうだろうなにかあるか聞いてみるよ

>>466
単に影響を受けないだけだと思う

468 :本当にあった怖い名無し :2006/11/23(木) 21:47:28 ID:7gT6bawG0
強いとか弱いとかって次元じゃなく、隔絶されてる感じジャマイカ。
幽霊からの攻撃を受けつけないけど、神様からの恩恵もナッシング。

変な話、別の次元にある世界の人間が何のバグでかこっちの世界に来てしまって、
こっちの法則や影響をほとんど受けないから、扱いにこまるという感じだろうか。
当人達にも悪気はないし、幽霊や神の方から見ても扱いに困るから、とりあえずは
お互いなるべく関わらない方向でいこうぜ、みたいな。

469 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 21:54:55 ID:aAHKEWUL0
ドラクエの呪文みたいだな、アストロンだっけ。

470 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 22:16:06 ID:WkZ4LmMg0
祖母は7人姉妹の末っ子なんだが、
その内祖母を除く6人が十代未満〜二十代前半で亡くなってる。病死。
ふーんとしか思ってなかったけど、今考えればちょっとオソロシス。

マスオさんの形で婿入りしてきた祖父の家は、
落ち逃げのびた平家の末裔だって聞いてる。
家の敷地内にマリア様を祭ってる祠があるそうだ。
付き合い薄かったから、よく知らないんだけどね。

あと、その祖父の旧姓と母の旧姓が同じってのも偶然だけど不思議な縁。
母の両親は叔父と姪の関係で駆け落ちした事実婚夫婦だったらしく、
そこらへんの血縁関係も後妻だの前妻の子供だのその伯母だの入り組んでて、
母本人が把握し切れてないくらいこんがらがってて訳分からん。

471 :本当にあった怖い名無し:2006/11/23(木) 23:03:02 ID:7Axqr+WoO
>>470
祖父母は二人づついるのに父方か母方かも説明せずに、
読み手に理解されると思い込んでチラ裏しちゃう奴がいる家系は確かにオカルトだな。

472 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 01:18:46 ID:QJ0CLICJ0
ママンが整形してた。ママンのママンも整形だそうだ。
自分もその内やってしまうんだろうか・・・
しかし妹はパパン似の超美人だ鬱

473 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 02:49:07 ID:VenE1WLNO
家系って言うか島の話なんだけど。
俺の婆ちゃん家がある島の女性達の名前がちょっと不思議
(ちなみに沖縄ではないです)。
過疎化してるからおばちゃん婆ちゃん世代ばかりなんだが、
●子とか●美みたいなオーソドックスな名前の人が全然居ない。
例を出すと、リナとかハルとかレイラとか、ルカにカイリにエルと
海外で通じる系の名前が大多数(↑は皆70歳越えのおばあちゃん)。
対する男性達の名前は至って普通。
当時の父ちゃん母ちゃん達はお洒落さんだったのか?

474 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 11:01:31 ID:w+NglnFv0
>>473
東京都の南方の島ですか?

475 :446:2006/11/24(金) 13:06:40 ID:Au4zIGJk0
ばあさまにはなしを聞いてみたよ
人にも呪われないし、神様にも祝福されないけれど、
その理由は根っこの部分で呪われているからだそうな

なんでもご先祖が悪い神様をこらしめるために、神様の左腕を切り落としたそうな
すると神様の左腕から溶岩が噴出してしまったと
ご先祖様は、これはやばいと重いとっさに切り落とした腕を食らったそうな
腕を食らったおかげで焼けずにすんだけれど、以来あんまりにも不吉なもんで
幽霊も神様も呪いも祝詞も近寄ってくれなくなったそうです。

476 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 17:45:26 ID:OkepfYBm0
うーん興味深いな…

477 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 17:49:13 ID:gswm+G/E0
たしかに

478 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 18:53:41 ID:KfoYv9dn0
>>475
なんだか実話半分、暗喩半分みたいな話ですね。凄く興味深い。

>なんでもご先祖が悪い神様をこらしめるために、神様の左腕を切り落としたそうな
>ご先祖様は、これはやばいと重いとっさに切り落とした腕を食らったそうな

う〜ん。まったく普通の人が食べてしまったのなら、悪い運命の方向に一族が呪われると思う。
しかし、もともとが懲らしめようしてさらに実行できちゃうような一族だから、おそらく腕を
食べなければそれなりに豪胆な家系だったのかもしれない。そこに悪い神様の体が体内に同居
してしまったと…。

そうすると、陰と陽同時に存在している状態だから、懲らしめた人(陽)を忌み嫌う
という訳にはいかないし、かといって体内の悪い神様(陰)にわざわざ近寄るという
のもアレだし。懲らしめたという貴方の家系の霊性(?)と悪い神様の力がかなり拮抗
しちゃってる状態だから、陰と陽どっちにも偏れなくて、良くも悪くも安定しちゃってると…。


479 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 21:42:57 ID:IdT5i3Rx0
溶岩てことは、活火山の神様?何故「悪い神」だったのか?

480 :本当にあった怖い名無し:2006/11/24(金) 21:56:59 ID:KfoYv9dn0
でも…、よく考えたら確かにやっかいな存在だよな。>>475さんには悪いけどさ。

神様とやりあっちゃうような人の一族なら、幽霊とだって渡り合えるだろう。
呪いとかでちょっかい出して神様のときと同じく腕バッサリ切られるのは嫌だ。

この時点で幽霊は×。神様もとばっちりを恐れて×。

本人がむやみやたらに喧嘩売らないよといくら主張しても、悪い神様の腕
食っちゃってるし。下手したら人間ではなく、お腹の中(一族にとりついてる?)
に居る悪い神様相手が喧嘩を買うかもしれん。幽霊が悪い神様に喧嘩売っても分が
悪いと思うし、神様と神様の喧嘩もあまりよろしくない。自分と同等の力なんだから…。

貴方の家系、あるいは悪い神様。どっちを選んでもやっかいなことになりそうなのに
それがワンセットで服着てうろついてるとなると…。係わり合いになりたくない気持ちも分かる(w

481 :本当にあった怖い名無し:2006/11/25(土) 07:27:44 ID:ci16zqnN0
神様も事なかれ主義?

不覚にもワロタ。

482 :本当にあった怖い名無し:2006/11/25(土) 20:58:50 ID:6xmuh+gT0
一族の良くできた人と共通の画数がいっぱい。
やった。
守護霊様かもしれない。

483 :本当にあった怖い名無し:2006/11/25(土) 21:18:03 ID:7legdVNy0
いまさっき屋根の番組やっていたので思い出した。
死んだじっちゃんに
「婿養子に行かない限りは家を建てる時は何があっても破風が無い様にしろ」
と言われていた。
なんでかと言うと破風から鬼が逃げるからだそうだ。
ということはうちの家は鬼がいるのがいいって家なのか?
確かにうちんとこには鬼嫁がいるんだが

484 :本当にあった怖い名無し:2006/11/25(土) 23:07:35 ID:ifjRerR20
ttp://www.ffortune.net/calen/setubun/ibaragidozi.htm
>>483
もしかしてこの人がご先祖様?

485 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 00:39:55 ID:B9i0M4Y20
>>484 そうかーそうだったんかー!謎が解けてスッキリした
先祖かどうか知らないが確かにおいらはWTANABEです

486 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 18:29:56 ID:sdBJQnw50
>>485
かっこいい家系でうらやましい。四天王の他3人の家系も、なにか
めずらしいことするのかな?

487 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 23:01:26 ID:B9i0M4Y20
>>485
いやー四天王自体を484に教えて貰ったばかりだし、
渡辺って現代日本の苗字別ランキングにおいて5位以内だそうだから
おいらが直系ってわけじゃ絶対ないだろうし知らないなー
(それに言い伝えの真意が伝わってないのも問題だw)

最近のレス見たら悪神の腕切って食っちゃった人の家系と
鬼の腕切って逃がしちゃったのの家系が続いていてワロタw

488 :本当にあった怖い名無し:2006/11/26(日) 23:03:07 ID:B9i0M4Y20
>>486 の間違いだった orz 

>>487

489 :本当にあった怖い名無し:2006/11/27(月) 01:09:01 ID:2lbYc/9R0
>>487
>いやー四天王自体を484に教えて貰ったばかりだし、
>渡辺って現代日本の苗字別ランキングにおいて5位以内だそうだから
>おいらが直系ってわけじゃ絶対ないだろうし知らないなー

同意。実は俺の祖母も「うちは桃太郎の子孫なんだよ」と言ってたらしい。
婆ちゃんは俺が生まれる前に無くなってしまったので、詳しいことが聞けず
じまいになってしまった。祖母の娘2人(片方は俺の母、もう一人は母の姉)
に聞いてみたところ、同じように桃太郎の子孫ということを普通に認めてる。

由来はなんだと尋ねたところ、従姉妹(母の姉)は田舎の家のつくり
が関係してると言っていた。>>485さんとは逆(?)のケースだった。

490 :本当にあった怖い名無し:2006/11/27(月) 01:20:45 ID:2lbYc/9R0
ここから先は、なんとも分かりにくい説明になってしまうと思います。
なんとか記憶を頼りに書いてみる。

もう、10年以上前に母の姉にいちど聞いたっきりで、うろおぼえだが、
今でも田舎に行けば見られる昔ながらの日本家屋。うちの田舎もそんな
感じの家で、近代の建築という視点で見ると「なんでこうなってるんだろう?」
というような間取りとか構造があるらしい。

柱ひとつとっても、窓ひとつとっても。天井を支えるためとか、換気をよくするためとか
その存在理由は分かるんだけど、それらを「なぜわざわざこういう配置や構造にしてるんだろう」
という意味不明な感じのがあるらしくて。それで、表向きは生活するうえで便利とか、建築する上で
必要だとかいうことで、どこの家でも普通に存在している「ある箇所」があるんだけど…。

その箇所って、実は裏の理由では「鬼避け」の意味があるらしい。
周りの家は、みんなその鬼避けとされている箇所は、生活するうえでも
便利だし必要だからで、ほとんど取り付けられてあったのに、うちだけは
それが無かったらしい。たまたま無かったというよりかは、どうも意図的に。

鬼避けがない、ということは余程自信があるんだねということで、
そこから桃太郎の子孫ということになったんじゃないかって言って
たけど…。

母親も従姉妹のも、オカルトに詳しくないし、歴史とかにもあまり興味ない。
だから、その説明というか憶測(?)で一件落着してたけど…。俺はなんでか
ピンときて、自分の苗字を調べてみたら、案の定。鬼の腕を斬ったと伝えられてる
WTANABEでしたとさ。

491 :本当にあった怖い名無し:2006/11/27(月) 01:26:53 ID:2lbYc/9R0
鬼退治した渡辺っていう名前の人が居るよと、母と従姉妹に言ったことが
あるんだが、2人とも始めて聞く様子で「え、そうなの?と普通におどろい
てた。このリアクションから察するに、祖母も知らなかったかもしれない。

492 :本当にあった怖い名無し:2006/11/27(月) 01:44:48 ID:XDopKeVQ0
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%89%E5%82%99%E6%B4%A5%E5%BD%A6%E5%91%BD
桃太郎なら、こっちのひとの子孫とも考えられますね。

どちらにせよ、もしまた鬼が攻めてきたら、先頭に立って戦わなきゃならない家系ということ?



493 :本当にあった怖い名無し:2006/11/27(月) 02:16:18 ID:2lbYc/9R0
>>492
>桃太郎なら、こっちのひとの子孫とも考えられますね。

ですね。WTANABEという苗字は多いし、たまたま鬼つながりの名前と
一致してしまっただけで、案外「渡辺綱」とは関係ないのかも知れません。
なんでわざわざ渡辺の綱じゃなく桃太郎と言っていたのかちょと分からん。
渡辺の綱は知らなくても、桃太郎は知ってる人多いので、説明するとき楽だから
とかそんな理由かなと思う。あるいは吉備姓とのつながりがあったのかもしれん。

渡辺の前の苗字が何だったか分からないし、さらに現在では従姉妹のおばさんも
母も結婚で苗字が変わってしまったので、何が何だがです。一族の特徴としては
霊感はほとんど無くて、どちらかというと体動かしたり鍛えるのが好き(とくに男
によく見られる)。職種で自衛隊を選んだのも、案外そんな所から来てるのかもしれん。
鬼畜米英なんてな。

494 :483・485・487:2006/11/29(水) 00:33:00 ID:2iOEOwzE0
>どちらにせよ、もしまた鬼が攻めてきたら、先頭に立って戦わなきゃならない家系ということ?

すでにうちは戦闘中だよw
ってか、すでに鬼に侵略されてますw

後は遠い親戚の>>493に任したw

495 :本当にあった怖い名無し:2006/11/29(水) 03:38:14 ID:p7Q6XWNY0
渡辺綱の子孫は武勇に秀でた綱にあやかったのか、男は代々、昔にしては珍しい
一字名が多いという特徴があるね。大河ドラマ「毛利元就」で榎木孝明が演じた
毛利家重臣の渡辺勝とか、豊臣家に仕えた渡辺糺とかもそう。
今は一字名は珍しくないから、それだけで綱の子孫と判断するのは難しいかも
しれないけど。そういや渡辺哲という俳優がいるなw

496 :本当にあった怖い名無し:2006/11/29(水) 05:55:46 ID:fziI80DD0
>>493
自衛隊!できすぎててすごいな〜。ってことは、鬼は…。
世界が平和でありますように。

497 :本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 19:15:19 ID:PZwSH4JPO
nugget

498 :本当にあった怖い名無し:2006/11/30(木) 19:52:30 ID:F1bc8/CE0
ちょい前のアンチスレのコピペだけど↓

じゃあ、教えてやろうか。小和田金吉は村上の小和田家とはなんの関係もない。
村上の士族小和田家が村上はなれて戊辰戦争に負けてちりじりになったのは明治の初年。
だから士族小和田家は明治初年以前も調べがつくわけ。
問題は小和田金吉が1867〜1868年頃朝鮮で生れ、新潟に密航して住み着いたのは
明治以後。
だから宮内庁は小和田家が1868年以前は何をやってた人なのかわからないといったのは
事実隠蔽のためで本当に士族なら村上調べたらわかるのである。その証拠に佐藤朝泰の「閨閥」
という本に小和田金吉の代からしか載っていない。(川嶋家は高祖父の代までのっているのに皇太子のご生家がこれでは・・・)
朝鮮から密航してきた参加の成り上がり金吉は明治17年の村上鮭産育養所の漁業権者名簿(736戸)に
金吉氏の名前が初出となる。もちろんこの金吉は小和田道蔵の息子で雅子の曽祖父の金吉とは別人。
新潟の参加金吉はつまり新潟の吏員になるために(戸籍のない密航者だから)村上士族小和田匡利の息子金吉から家系図を
購入し士族に成りすまして朝鮮参加の男が小和田金吉に成りすましたわけ。だからその後に高田税務署の税吏になっている。
その証拠に小和田家の世代の年齢があわないのはそう言う事で、(以下)

42 :日本@名無史さん :02/03/30 17:33
小和田匡利(道蔵)が12歳で長男をつくり、14歳の時次男金吉を作ったと考えたら
つじつまが合うね(藁)
  ※1868年時点で(もし生きていたら)
小和田匡春(道助)(1858年64歳で死亡) 74歳
匡春(道助)の次男 勝治        48歳?
勝治の弟兵五郎(5男として)      42歳?
小和田兵五郎の息子(3男)が匡利(道蔵)15歳?
匡利(道蔵)の次男金吉         1才

つまり金吉の戸籍がないのは明治30年代に金吉が死亡し(若死)死亡から80年たって
雅子様が嫁いだ頃戸籍は処分されたからではなくて初めから存在しなかった。
(明治19年式戸籍ならどんな役所でも取り寄せ可能だし、19年式戸籍を廃棄している
  自治体はほとんどない。)


499 :本当にあった怖い名無し:2006/12/01(金) 13:50:08 ID:dAWT4UmO0
母親の実家は戦前、蔵をもつ大地主だった。
しかし、当時裕福だと軍に土地財産を取り上げられるというのが
その地域ではあったので、ひいばあちゃんが自分の実家(貧乏)に
一時的に土地の多くを預けるという約束をしたらしい。
ところが、戦争が終わってみると実家が土地を返さない。
それどころか、土地をさっさと金に替えていた。
そして、その金でつい数年前までその家は3代続いて町長してたっけ。
まあ、最近そこは大きな市に統合されたんだが、
3代目(母親のはとこ)は今でも市議さんで大きい土地をお持ちだ。
母親の実家は庭に様々な植物が植えられているが(ひいじいちゃんは植物博士)
ただ1つ、どこにでもあるはずの馴染み深い花木がない。
それは、土地財産を騙し取ったひいばあちゃんの実家の名字が、
その植物の名だからだそうな。
実家を今でも守っている叔母さんは、子供の俺達にその話をよくしていた。
60年以上たった今でも、その事を恨んでるいるようだな。

500 :本当にあった怖い名無し:2006/12/02(土) 00:36:39 ID:IeMViJEz0
オイこそが 500へとー

501 :本当にあった怖い名無し:2006/12/04(月) 20:56:55 ID:bLNawlbm0
自分の家系は、特にオカルトっぽいのはないけど、ただひとつだけあるといえばある。
それは武運が強いこと。
といっても、家は別に有名な武将とかの末裔でなくて、単なる郷士だし、手柄とは無縁なんだけど。
源平のころから、合戦に参戦した御先祖の話はあるけど、唯一人として戦死した人が居ない。
応仁の乱の頃、立て篭もっていた館が落ちても無事だったし、戦国期も大敗北して主家は滅んだけど無事。
近代になって、日露戦争も軍歌になるほど熾烈な戦場にいたけど、当然、無事帰還。
太平洋戦争にも叔父達が出征して、1人は南方に行き、師団長以下全滅した中、無事に帰還。
もう1人は3度も乗艦が沈められたけど無事帰還。
とにかく、「戦」で死なない家系みたい。
自分も手相見てもらったとき、何かあっても絶対、生き残るみたいなことを言われた。




502 :本当にあった怖い名無し:2006/12/04(月) 21:54:50 ID:gMyL5hPa0
すごすぎ。
代々祀ってる神様とかないの?

503 :本当にあった怖い名無し:2006/12/04(月) 22:13:02 ID:uu7KiLNJO
渡辺って渡邊とか渡邉とかあるけど、最古のはどれなんだ?
うちは三つ目なんだが。どうやら名家だったらしい。
ちなみに桃太郎の話は知らない。

504 :本当にあった怖い名無し:2006/12/05(火) 00:39:55 ID:tNaCsQ/M0
ワタナベの辺、邊、邉は、それだけで系統の別を読み取るって
のは難しいんじゃないかな。
古代に遡るほど、当てた漢字じゃなくて音の方が大事で、
当て字の方は時代とか色んな事情によって、色々変えたらしい。
例) ハタ: 畑、羽田、etc、  
   ハシバ: 羽柴、橋場、・・・など

ただ、ごくごく最近の変化に限っては、特定の○○地域のワタナベさんは
どっちが分家でどっちが本家・・・、ってのは家系図(それが本物だとして)
のあるところまでは確定できるかも

505 :本当にあった怖い名無し:2006/12/05(火) 01:20:23 ID:Zon/zYLsO
父方の男は離婚多い(父も離婚)のと胃が弱い(兄弟みな穴が開く)
まぁそういう遺伝子なんだろうなぁ
ただ昔は島持ってたり、地元の殿様から短剣戴いてたりして
わりと裕福な家だったらしいから(今は貧困)、何も因縁がないことを祈る

506 :本当にあった怖い名無し:2006/12/05(火) 02:35:20 ID:8KnRBwgC0
戦国時代織田信長に攻められた土地です。

小学校の生活発表会にて。
郷土史の1場面を再現していた。織田による○○城攻めのシーンだ。
若君を夜陰に紛らせ逃したと。
ステージ中央に華奢な女の子が立った。
その傍らの女の子が、
「こうして難を逃れた男の子の子孫が××ちゃん(中央の華奢な子)です。
もしも逃げられていなかったら、××ちゃんは生まれていませんでした」

観客は静まり返っていた。
××ちゃんが○○家の末裔なんてそんな当然なこと言われても…という
反応なのか、びっくりして声も出ないのか。

てな訳で6年後くらいに××ちゃんがここに書き込んでくれると嬉しい。
きっと色んなエピソードがあるんだろなあ。

507 :本当にあった怖い名無し:2006/12/05(火) 02:36:22 ID:1cv3heBcO
自称末裔の大半は見栄か妄想だよね。
名字が同じで出身地が同じだと勝手に末裔だとか
言い出す人が多すぎて、いい加減閉口する。

508 :本当にあった怖い名無し:2006/12/05(火) 04:32:17 ID:lR5YKcvp0
ttp://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/jfk.htm
呪われた家系つったら、やっぱケネディ家でしょう。


509 :本当にあった怖い名無し:2006/12/05(火) 23:25:48 ID:19FSEvLI0
民俗学の先生が書いた本にあった。
「○○の末裔」って捏造が多いんだって。
大抵はいわれのない人達が、その土地に住んでる理由を
強引に何とかの末裔と結びつけてるのばかり。
現在生きてる人が捏造したのではなく、その人達の何十代か
前の人達が捏造したのを、後生大事に残してるものが多いん
だって。

510 :本当にあった怖い名無し:2006/12/06(水) 00:13:50 ID:gcfsEbFb0
江戸時代に沢田源内っていうインチキ系図屋がいてね、
偽系図を作って儲けたり、それを裏付けるために膨大な偽系図本を作ったそう。
今ネット辞典見たら「系図買い」って言葉があるんだね。

511 :本当にあった怖い名無し:2006/12/06(水) 00:52:53 ID:pZ9o4IHD0
おじーちゃん180センチ、親父184センチ、長男187センチ次男191センチ
おばーちゃん161センチ 母 168センチ、妹175センチ
いとこ全員」180センチ以上   
俺、15歳で178センチ このままだと家系の恥者ヤバ過ぎ







 

512 :本当にあった怖い名無し:2006/12/06(水) 00:57:57 ID:XGkgqq3gO
おじいちゃんの180cはカッコイイな


513 :本当にあった怖い名無し:2006/12/06(水) 01:02:23 ID:Yx7glgTK0
ウチの女子はみんなもれなく子どもを中絶、もしくは流産してるw
ひいばあちゃんまでさかのぼって、みんなそうだから怖ひ。
かくいう私も中絶しますたwww

514 :本当にあった怖い名無し:2006/12/06(水) 01:15:01 ID:4FrL3B730
中絶はともかくとして、子供数人生んでる女性の流産率は初期も含めると結構高いよ。
ましてや昔の人はたくさん生んでるからね。

515 :本当にあった怖い名無し:2006/12/06(水) 01:23:22 ID:VD0EBFoTO
昔(戦前)の屋敷を取り壊そうとしたら事故が立て続けに起きた

親いわくあまり良くない物が埋まってるらしい

それだけ

516 :本当にあった怖い名無し:2006/12/06(水) 02:55:23 ID:a0mcDfIA0
>>501
自分のルーツ、というよりも、野望のルーツっぽいね、それ。
PSの家系だな。コテハン名乗るならキリコ以外認めないからね。

それにしても、源平合戦より後だと負け戦が多いみたいだね。

517 :本当にあった怖い名無し:2006/12/06(水) 06:19:22 ID:D56UaAfNO
いやはや足軽と百姓の子孫で良かった思うよ、このスレ見てると。
でも父方の先祖の話はなに一つ知らんから、いつかは聞いてみないとね。
もしオカルティックな逸話があったら報告に来させてもらいますよ。

518 :本当にあった怖い名無し:2006/12/06(水) 12:20:46 ID:ewRuiXEA0
>>499
そういう話って良くあるよな。
うちの本家もそんな感じで、戦前に台湾で企業を
起こして、そっちに本拠を移して、自宅の不動産を
兄弟に任しておいた。
戦後、帰ってきたら名義が全部書き換えられて、
家も乗っとられていた。
その家は梅の木がたくさん植えられていて、それが
自慢だった。

後に持ち帰ってきたわずかな財産を元に再興した
本家は、新しく立てた家の敷地を松で埋め尽くした。
松竹梅で、「梅より上等」っていうつもりだという話
今でも、その家ではお飾りとかからは梅は完全排除。

たまに用事でその家に行くと、爺さん婆さんから、毎回のごとく
長々とその下りを聞かされる。小学生になったひ孫も、財産を
奪った家のことを、意味がわかっているのか知らんが、
悪者呼ばわり。
たぶん、百年単位で、対立は続くんだろうなと思う。

519 :本当にあった怖い名無し:2006/12/06(水) 17:44:09 ID:QCYq6GlkO
宝とか寶の入った苗字ってどうなんだろう

520 :501:2006/12/06(水) 19:22:07 ID:PW6JcHy00
>>501
特に祀っているものは無いです。

>>516
ボトムズ(笑
言われてみれば負け戦が圧倒的に多いな。
まあ、今の土地に居るのも、そもそも敗れて落ちてきたんだけど(笑
実は源平の話だって、主は討たれてるし。
何でその話が残っているかと言うと、先祖が主の首だけは討たせまいと、
敵中突破して遺骸を持ち帰ったとかいう話が残ってるから。
当時、先祖は鎧を着て馬にも乗れたけど、兜はかぶれない身分だったということなので
まあ、郎党だったんだろう。

武運が強い家系でなくて、実は疫病神みたいな家系かもしれん。
加勢したほうが必敗するみたいな。
勝ち戦は日露戦争だけだな。

521 :本当にあった怖い名無し:2006/12/06(水) 19:23:04 ID:PW6JcHy00
上の501は502の間違い。
自己レスしても仕方ないや。


522 :本当にあった怖い名無し:2006/12/06(水) 19:53:11 ID:E6Q1xQez0
戦は負けたら残党狩りされて一族郎党皆殺しが基本だし、上が討たれたら
下も潔く散るってのが暗黙の了解みたいな感じだから、
それだけ参戦してみんな帰ってくるってのはやっぱ守られて生かされてるん
じゃない?
未来に核戦争・宇宙戦争が起きたら>501の子孫から人類を救うヒーローが生まれそう。

523 :本当にあった怖い名無し:2006/12/06(水) 20:13:15 ID:gcfsEbFb0
白鯨で一人生き残って話伝える水夫みたいなもんか。
語り部の役目なんじゃないの?

524 :本当にあった怖い名無し:2006/12/06(水) 20:16:07 ID:Byb4Kgqf0
>>520
>先祖が主の首だけは討たせまいと
これを恩に思った主従が君の家の護りに付いてるのかも

525 :本当にあった怖い名無し:2006/12/06(水) 22:57:16 ID:RLMn6XiD0
>語り部 501=チャムファウか

526 :本当にあった怖い名無し:2006/12/07(木) 08:38:26 ID:+S7/sWXg0
うちの実家は古くから続く農家なんだけど枯れるまで切ってはいけない木があった。
歴史は本当に古く、先祖は代々庄屋だったらしい。
その木は江戸時代からあるそうな。
松の一種?なのか?親に聞かないとわからない。
その木が枯れたので爺さんから聞かされたとおり、お寺さんを呼び読経してもらって倒し、根っこの一部を供養してもらった。

あとよくわからないのが一家の主(うちのオヤジ)は北側の部屋を寝室にしなくてはいけないらしい。
母が寒いと文句を言っているがどうしてもそうしなくてはいけないらしい。
家は直しても良いが間取りは変えないこと、と言われているので未だに土間があり、
昔風の二階がない平屋作りの家だ。

527 :本当にあった怖い名無し:2006/12/07(木) 08:54:26 ID:82t6igU30
>>526
由来が分かると面白いんだがなぁ
何も伝わってないの?

528 :本当にあった怖い名無し:2006/12/07(木) 09:29:23 ID:+S7/sWXg0
>>527
今日実家行くので聞いてみようかな、と思ってる。
俺は興味なかったんだけどこのスレ呼んでちょっと興味わいた。

529 :本当にあった怖い名無し:2006/12/07(木) 10:34:52 ID:96Vcy52U0
>>526
色々と聞いたら面白いことがありそうだね。
そういう木、家にもあった。
家のは柿の木の古い巨木で、敷地のど真ん中に生えており、何かと邪魔だけど、切ったり実を採ることは一切禁止。
柿の木の幹には、常時、注連縄が巻かれ、お供えもされており、近くで遊んでるだけで怒られた。
子供の頃、理由を聞いたら「血止めの薬が取れる大切な木だから」ということだった。
近隣数村で、この薬が取れるのは唯一、この木だけで、昔は、山仕事などで大怪我をすると、他村の人も怪我人を
かついで来たり、薬をもらいにきたそう。
その血止めの薬というのも見せてもらったけど、子供の目には「ホコリの塊り」にしか見えなかった。
今にして思えば、あのホコリの塊は、柿の木に寄生するカビの一種ではなかったのかなと思う。
抗生物質の極初歩的なものだったんじゃないかと。








530 :526:2006/12/07(木) 20:02:57 ID:+S7/sWXg0
実家行って聞いてきた。

木はやっぱり松の一種だけどそれ以上はわからないって言ってた。
あまり背は大きくなく幹がかなり太くなるタイプのもの。

家の間取りも、この木も一種の豊作のおまじないなんだそうだ。
いわゆる四つ間取りってやつなんだが・・・

寝室 仏間
居間 土間

        木

みたいな感じ(実際はもう少し部屋数がある)で漢字の田んぼの形になってる。
我が家のたんぼも上から見ると田の字のようになっている。
それでうちの田んぼの斜め向かいの山には寺があるのだが、木はその寺を模した物らしい。
つまり家で田んぼを表現してるって事らしい。
オヤジの話では我が家の田んぼだけでなく、その当時の集落を模したつくりにしたと言っていた。
木は大昔寺から貰ってきたもので、寺のほうにも同じ樹齢の木が何本かあるそうだ。

で、オヤジが北側に寝る理由なのだがうちの田んぼの北側に我が家がある。
つまり北側は主=庄屋が住まう場所、ということで北側。
うまく説明できずすまない・・・。

我が家
   田 田
   田 田
    
        寺(小さな山の中腹)
こんな感じ。



531 :本当にあった怖い名無し:2006/12/07(木) 20:22:33 ID:+S7/sWXg0
あまり怖くない話ですまない。

ただ、この木が枯れたんでうちは近々農家を辞めるらしい。
今は死んだ爺さんによるとまた寺から木を貰えばいいんだそうだが・・・。
継ぐ人がいないだけだと思っていたが、そういう理由もあったのかと改めて我が家にもそういう言い伝えみたいのがあるんだなあと知った。
まあ古い家だからな。色々しきたりが他にもあるんだが。


532 :本当にあった怖い名無し:2006/12/07(木) 21:30:53 ID:dl3XmX5m0
>>530
レポアリガd。
怖くなくても、興味はそそられるよ。
ここのスレを読んでいると色々なしきたりや言い伝えを守っている
家が数多くあるのだと知ることが出来てとても面白い。
530の家プラス庭の間取りと集落の建造物の配置が同じって、自宅で
箱庭…ってな感じだよね。大きな街を自分の庭へ小さく凝縮、模した物へ
まじないを行う話を何かで読んだような気がするけれど、…思い出せない。

それにしても530の家は農家をやめるのか。そうするとしきたりも消えて
ゆくのだろうかね…。
もしよければそのしきたりも、いつか教えてほしいな。

533 :本当にあった怖い名無し:2006/12/07(木) 23:19:14 ID:5ni+m/cY0
>530
私も興味深く読ませてもらった。
530さんの場合怖い話がないのは、ご先祖さんがちゃんとしきたりを守ってきたからでしょ。
「しきたりを破ったらこんなことやあんなことが。 た、祟りじゃ・・・」
ってのがオカルト話ではデフォだから。w
でも、間取りや敷地の配置を変えるなっていう言い伝えは、私は初めて聞いたなあ。
なぜそうなのかという理由も、一般的な風水と違ってて個性的。

534 :本当にあった怖い名無し:2006/12/08(金) 01:34:20 ID:G39aO7ur0
面白いね。言わば、フラクタルってやつだ。
寝室の木側にさらに「寺や木を模したもの」、その反対側に
「家や寝室、主を模したもの」があったりするんだろうか。

思っているより多くの家に、その家だけの思想や宗教めいた
原理原則あるいは主義主張があるのかもしれないね。

535 :本当にあった怖い名無し:2006/12/08(金) 02:21:29 ID:KdfaL+ZJO
じいさまの代まで農家だった実家では戦後まで
作ってはいけない野菜があった。
きゅうりなんだが、終戦で復員してきたじいさまが
それでは困ると、神社だかお寺かは知らないが、
そこの偉いさんに相談をしてきゅうりと瓢箪を
取り替える事にしたんだそうだ。
以来実家ではきゅうりを作れても瓢箪は作れなく
なった。瓢箪なんて食べる目的では作らないから
困らなかったようだが、今年手慰みに畑を耕し
始めた父が作ろうとして、裏に住む大ばばさまに
えらく怒られたそうだ。
それでも作ったようだから、父の身に障りがなければいいと思っている。

536 :本当にあった怖い名無し:2006/12/08(金) 02:35:03 ID:YJD+M4T6O
そりゃまたなんでだろうね。面白い話がまだまだあるんだな。
親父さんは心配だが。

537 :本当にあった怖い名無し:2006/12/08(金) 06:42:06 ID:MtDYpwzu0
>間取りや敷地の配置を変えるなっ

見立てだからなんじゃ…

538 :本当にあった怖い名無し:2006/12/08(金) 12:23:20 ID:6w0H4Pg+0
>537
え、どういう意味?
自分はそれは初耳でめずらしい、と書いただけで
なぜそうなのかは別に問うてないんだけど。


>535の話とは違うけど、八坂神社の氏子は祇園祭の間の1ヶ月間は
きゅうりを食べてはいけない、というタブーがあるらしいよ。
理由は、八坂神社の神紋が「木瓜」=きゅうりに似てるから、だそう。

タブーの言い伝えは理由がおもしろいよね。
虚空蔵菩薩を信仰してる人がうなぎを食べないとか、団十郎家は刃物禁止とか。
あとは、実は全然オカルトじゃなかったと最近わかったことで、
甲殻類のアレルギーの家系が「エビもしくはカニを食べてはいけない」とか。

539 :本当にあった怖い名無し:2006/12/08(金) 13:00:07 ID:5DneVW3r0
血液によって合う合わない食品があるという(確かアメリカの医者が書いた)本を読んだことがあります。
それによるとB型は甲殻類がよくないそうです。
ユダヤ教はずっと昔から甲殻類は食べていけないことになっています。
ユダヤ人はB型が多いそうです。

540 :本当にあった怖い名無し:2006/12/08(金) 13:37:16 ID:VbUkDLeE0
↑なんでユダヤは甲殻類だめなんですか?

541 :本当にあった怖い名無し:2006/12/08(金) 13:46:21 ID:GJpACf5P0
俺B型だけど甲殻類大好きなんだ・・・どうしよう。

542 :本当にあった怖い名無し:2006/12/08(金) 14:01:41 ID:Wc2iIJKq0
>>535
うちはとうもろこしと、後なんだっけな ツルのある何かがタブー。

きゅうりとスイカはちゃんと作れたから、多分タブーはかぼちゃかなあ。
ついうっかりつくっても、ついうっかり草と一緒に刈っちゃったりするんだ。

543 :本当にあった怖い名無し:2006/12/08(金) 14:40:33 ID:c14gYB6C0
>>542 うっかりしすぎだろwwwww
うちも代々農家だがタブーは聞いたこと無いな・・・・
今度聞いてみよう

544 :本当にあった怖い名無し:2006/12/08(金) 15:10:35 ID:Wc2iIJKq0
>>542
うちは農家じゃないんだー
先祖は戦にでる人で、逃げてきてここに住み着いたらしい
で、その先祖の不幸にその野菜たちが関わってるからだめなんだってさ
そういうの聞くと先祖の無念さ?を汲んで、作るのやめやめって思う

関係ないけど、なにか有名な神社で学問の神様っているよね?管?なんとか・・・
その敵対側だったらしくて、お参りタブーかも(´・ω・`)
昔受験生だった頃は学問の神様とけんかしないでよーとホントに思ったよ
もう勘弁して、みんななかよく・・・

545 :本当にあった怖い名無し:2006/12/08(金) 15:12:03 ID:Wc2iIJKq0
間違い 544の安価は >>543

546 :本当にあった怖い名無し:2006/12/08(金) 15:32:47 ID:Z099Ost0O
そういう「力」のある家系なのだろうか、と思うことがあったのでカキコ。

私のことをいじめていた男の子がいた。
その日は、「死ね!クズが!」などと言われ、ひどく腹を立てていた。
私は泣きながら「死んじゃえ!車にひかれて死んじゃえ!」と、心から強く念じた。

次の日軽く欝りながら教室に行くと、男の子がいない。
遊びに行った帰りにトラックにひかれたのだという。

まさか自分が?
パニくりながら母にそのことを話すと、母も似たような経験をしていた。
母をいじめていた子の父親が工事現場で事故死、その子の母親は病気になってしまい、いじめていた子は親戚に引き取られ転校したという。

祖母もまた同じような体験をしていて、「うちの女にはそういう力があるのでは?」と言っていた。

母方は八代続くお寺の家系なんだけど、そういうの関係あるんかな…?

ちなみに、このことがあってから、恐くて本気で怒らないようにしてる…orz

547 :本当にあった怖い名無し:2006/12/08(金) 17:04:45 ID:6w0H4Pg+0
>>544
菅原道真=天神さん?
敵対っていうか、彼を陥れて左遷させたのは藤原時平だけど、あなた子孫なの?


548 :本当にあった怖い名無し:2006/12/08(金) 21:29:19 ID:D3rqoac30
このスレの系統に関するオカルト

何回かに一度、アンカーミスが必ず一桁一数字違いで発生している
おまえら同一人物?


549 :本当にあった怖い名無し:2006/12/08(金) 22:06:49 ID:KdfaL+ZJO
大ばばさまが前に言ってたが、>>542
同じように蔓類の作物同士だったので、
きゅうりと瓢箪を取り替えたのだと
言っていたよ。
実家の隣の本家ではそんな事はないみたい
だから、実家単独の事みたいだ。

>>538
食べちゃいけない家もあるんだね。そういや
正月限定だが、七草まで四つ足のものを
食べちゃいけない、爪を切っちゃいけない
とかいう話もあったよ。こっちは多分風習
なんだろうけどね。

ちなみにうちは源氏の血を引いているらしい。
根拠は全くないんだが、昔じいさまが誇らし
げに言ってたよ。
ひょっとしたら、頼朝の奥州征伐ん時に流れて
きたのかもね。

550 :本当にあった怖い名無し:2006/12/09(土) 00:35:28 ID:C/Vn/7VZ0
茨城に住んでいた時の話。
近所の礼儀正しきヤクザさんからツブ貝をたくさんいただいた。

なんでもヤクザさんの家では、代々貝類は食べないと神様?に約束しているんだと。
近所の人におすそ分けしてもらったのだが、ウチじゃ食べられないからと私がいただきました。

なんか、そういう神社があって信仰しているようだ。
過去か現在かはしらぬが、仕事で四つ足のものを殺生していたことと
関係あるようなことをほのめかしていたけれど、
当然のことながら、つっこんで詳しくなんてきけなかった。

551 :本当にあった怖い名無し:2006/12/09(土) 01:25:43 ID:PPtwq7uA0
>>546
山咲トオルがオーラの泉に出てたとき同じような事言われてたよ。
「あなたは念力(?)が強いから、嫌な仕打ちなどしてきた嫌いな人を憎んだ場合
必ず何かしらその人に不幸が起こるでしょ?」みたいな事を言われてた。



552 :本当にあった怖い名無し:2006/12/09(土) 01:45:02 ID:5Am8AFMM0
席替えのくじびきのたびに
この人とだけは隣の席になりたくない、と思う人と
連続4回隣席になった私は

553 :本当にあった怖い名無し:2006/12/09(土) 01:52:46 ID:eEdWil8T0
あるあるww

554 :本当にあった怖い名無し:2006/12/09(土) 01:55:48 ID:Gpam4Fej0
>>552
[この人だけは]と念じ過ぎ

555 :本当にあった怖い名無し:2006/12/09(土) 02:09:32 ID:wTmn+Ah0O
>>546
因果応報ってやつ?

私もある。小さい頃、家庭環境が複雑な私に対して、面白がって酷い事を言う大人達がいた


頭にきたが、大人に勝てる力は無く、泣き寝入りして、ずっとトラウマだった。

すると、絶対と言っていいほど、意地悪したババア達に、不幸が訪れている


自転車の後ろに積んでた物が車に引っ掛かり、引きずられて死んだり

手術したら手遅れで、手のほどこしようなく、そのまま死んだとか

自分の娘が、離婚して出戻りや、旦那が若くしていきなり死んだとか


人に悪い事はするもんじゃないと、心底思っている

556 :本当にあった怖い名無し:2006/12/09(土) 02:18:04 ID:Gpam4Fej0
>>555
>因果応報
というより、貴方の悔しいとかの念を貴方の守護に付いている霊が
代わりに晴らしているのでは?

557 :本当にあった怖い名無し:2006/12/09(土) 02:54:49 ID:+cE5w4iW0
>>538
>団十郎家は刃物禁止とか。
へえ、そんなタブーがあるんだ。うろ覚えだけど、たしか初代の団十郎は
殺されてて、八代目だったかは自害してるよね。刃物タブーはそのせいかな。

558 :本当にあった怖い名無し:2006/12/09(土) 22:42:02 ID:WZ0CzTOz0
>>557
そうだよ。
なにかと縁起をかつぐ世界だし、みんな先祖供養は当然、神頼みも、
祟りを恐れてお墓参り(自分が演じる役の人の)とかもちゃんとする人たち
だし、商売柄もあるから、梨園にはこのスレ向きの話がきっとイパーイあると思う。

559 :本当にあった怖い名無し:2006/12/10(日) 13:59:57 ID:HhPB+BYp0
>>544
そうそう!道真でした。ありがとうございます。
夏の戦での敵対側・・・との話なので、時平かどうかはわからないのですが、
名の出るような偉い人の子孫ではなく、単に「家来の」子孫らしいです。


さらに確認したところ、タブーは「きゅうり」だったとのことで。
ヘチマみたいに立派なの作ってたじゃんよ!と思いましたが、
母によると「嫁いできたから全然そんなのしらなかったもーん」とのこと。

ひょうたんときゅうりを取り替えっこした話、父が「頭いいな」と感心していました。
ちょっと期待したけど、かぼちゃと取り替えたわけじゃないのか。

よくわかりませんが今は作っていないので安心です。

560 :本当にあった怖い名無し:2006/12/12(火) 00:32:13 ID:7M566rUl0
>>475
遅レスもいいとこだから、もう見てねぇとは思うけれど
あんたはさっさと東京にでちゃって実感ないかもしれないが
地元民にはそっこうでばれるぜ、気をつけな

561 :本当にあった怖い名無し:2006/12/14(木) 05:46:57 ID:W35r+PMn0
皆で幸せになれる様に!家系の悪因縁が無くなる様に!祈りましょう!
そして、地球人類に進化が来るように祈りましょう!

★☆楽しぃ☆★ィェ─ィ♪(*^。^*)★☆楽しぃ☆★ィェ─ィ♪


【愚民から脱出ミーム】【無関心・エゴミーム】【恥知らずミーム】【邪悪なミーム】を駆除し
【犯罪が無くなれミーム】【政治腐敗無くなれミーム】【真実を知るミーム】【賢くなるミーム】
等の【普遍的な善良ミーム】に皆の意識を向け世界一杯に増殖させ満ち溢れさせましょう!!

ε=ε=(*b´∀`)b♪ W E L C O M E ♪d(´∀`d*)=з=з



562 :本当にあった怖い名無し:2006/12/15(金) 13:12:01 ID:KpeZ4+K7O
ウウウウウウウ-ン

(゚∀゚)ウンコー

563 :本当にあった怖い名無し:2006/12/16(土) 16:00:19 ID:kLX6O6Md0
>>555 なかーま!
   呪術スレに行けばもっとパワーうp。

564 :本当にあった怖い名無し:2006/12/16(土) 17:26:35 ID:FNEHad0iO
家系ラーメンのスレかと思った・・
家などのか

565 :本当にあった怖い名無し:2006/12/18(月) 20:16:46 ID:my5BGf4yO
>564
スレタイ嫁

566 :本当にあった怖い名無し:2006/12/19(火) 21:30:27 ID:6vJnH+XqO
>560
((((;゜д゜))))

567 :本当にあった怖い名無し:2006/12/20(水) 21:39:44 ID:OSQeybQE0
>>546>>555
同じです。
最近そういうことが少なくなってきたんだけど、かわりに子供が
その力を持つようになってきた。
子供のように純粋じゃないとダメなのかもしれない。
今でも自分に非はなくて、相手が一方的に悪い場合は、相手に災い
が起こるから。
大人になると、ある程度自分にも非がある場合が多いからね。
自分にも非がある場合は、どんなに相手のことを恨んでも念じても
何も起こらない。

568 :本当にあった怖い名無し:2006/12/21(木) 00:35:38 ID:/wmx4dRi0
オカルト板で昔読んだ話で
小学生の弟が霊が見えるシックスセンスで
いじめっ子が変死したり怪我したという話を思い出した
かなり詳細な話だったが
何処にあるか思い出せない


569 :本当にあった怖い名無し:2006/12/21(木) 20:27:48 ID:jhT9KYGy0
聖闘士の足元にも及ばないな

570 :本当にあった怖い名無し:2006/12/23(土) 21:12:53 ID:LiYJGch4O
ほしゅぴたる

571 :本当にあった怖い名無し:2006/12/23(土) 22:13:32 ID:hGbCzu0X0
>569
セブンセンシズは黄金だけだぞw

572 :本当にあった怖い名無し:2006/12/23(土) 23:34:08 ID:LiYJGch4O
ペガサス流星拳

573 :本当にあった怖い名無し:2006/12/24(日) 18:08:54 ID:ygUjcE450
うぜぇ

574 :本当にあった怖い名無し:2006/12/24(日) 22:43:09 ID:fY2fu6bq0
青銅でもペガサス以下5名は別格だ

575 :本当にあった怖い名無し:2006/12/28(木) 00:57:49 ID:8C/shHTP0
一代おきに霊が見える人物が出るって、やっぱりDNAが関係してるのかな?

576 :本当にあった怖い名無し:2006/12/28(木) 01:19:56 ID:hgpAtM9/O
>>100
>>200
>>300
>>400

577 :本当にあった怖い名無し:2006/12/28(木) 12:57:07 ID:Vz7UJ2o60
>>575
隔世遺伝か

578 :本当にあった怖い名無し:2006/12/30(土) 02:22:49 ID:6Rj2bvY/O
沖田

579 :本当にあった怖い名無し:2006/12/30(土) 02:25:56 ID:oeklA9CHO
祖母の家がかなり古い。売ろうとした人は結核や事故で皆死んだらしい…
なんか因縁とか関係してるんだろうか。

580 :本当にあった怖い名無し:2006/12/30(土) 03:05:12 ID:116u0gKPO
北斗流星拳

581 :本当にあった怖い名無し:2006/12/30(土) 08:55:48 ID:zpoEU+TIO
南斗水鳥拳

582 :本当にあった怖い名無し:2006/12/31(日) 01:34:12 ID:UaDYFs//0
うん

583 :本当にあった怖い名無し:2006/12/31(日) 01:56:04 ID:gd1C0RgUO
何か呪いか因縁の関係らしいんだけど女の子が育たないんだって
実際に昭和25〜55年までに生まれた人は
皆20歳前で亡くなってるし、ここ最近は男しか産まれてない

584 :本当にあった怖い名無し:2006/12/31(日) 12:18:07 ID:dm8zUhLHO
旦那の実家なんだけど、家に仏壇と神棚、庭の端にお稲荷さんがある。
これっていいのかな…(喧嘩?しないのかな)と思いながらいまだ聞けずにいる。
この家は女系家族っぽい。
義母が唯一男児(私の旦那)を生んだが(+義姉)義母妹は女児二人を産み、その女児達も子供はみんな女児。義姉も娘を産んだ。
ちなみに嫁の私は二人の男児を産んだ。
私の家系は女が育たない。みんな子を持つ前に離婚か子供を産めない体か、生まれても体が弱い。

息子達にはうちの家系を引いて長生きしてほしいよ。

585 :本当にあった怖い名無し:2006/12/31(日) 15:30:40 ID:Rtxh5yDxO
うちの父方の先祖はその土地の名家だったらしいが、高祖父の代の頃、三日三晩の結婚式をやった際に人情沙汰が発生。その責任をとらされて家を取られてしまい、高祖父一家は馬小屋に追いやられてしまった。高祖父は「無念じゃ無念じゃ」と言いながら非業の最期を遂げたらしい。
それから時が過ぎ、昭和の頃になってから高祖父の住んでいた屋敷の門だけが残っており、老朽化して危険だから壊そうとする度に死人、怪我人発生。今でも壊せずに残ってます。
一番のオカルトはその門が市指定の文化財になっていることです。

586 :本当にあった怖い名無し:2006/12/31(日) 16:04:58 ID:VS0eu5fdO
父方の先祖はなかなか著名な武将だった。
ただ、俺んちはかなりの傍流で江戸時代後期にはとうとう士分と国を捨てて、隣国で商人となって造り酒屋をしていたが。
現在、本家とは断絶。まあ元小国とはいえ、大名で明治時分には華族身分を持ってた様な家がかつての同族とは言え商家と関係を保つはずもないがね。

母方もかつては著名な大名の家臣だったんだが、戦国の倣いで主家が滅亡。
その後、土豪に戻って半士半農みたいになっていた。まあ、いわゆる庄屋みたいな形で存続。
現在は母方も都会に出て土地や家はわずかに残して売却。
売却時には、日本では当時珍しかった庭先オークションがあった。

で、どちらもいわば凋落の家系。
ただ、かつての実家付近には神社とかも持ってたりしたんで、そこに行くとたまに不思議な事はある。
なんか白い生物によく遭遇したりね。
色々。

587 :本当にあった怖い名無し:2007/01/01(月) 12:07:47 ID:WcoU5Gza0
>>586
kwsk

588 :本当にあった怖い名無し:2007/01/01(月) 12:46:08 ID:qpMXEDkeO
>>586
うさんくさい先祖自慢はどうでもいいからオカルト的な話をしてくれ。

589 :本当にあった怖い名無し:2007/01/02(火) 19:02:40 ID:/2Wxrt320
>>584
家はいろんな宗教をごちゃまぜにして信仰していたかなんかしたらしくて
(おまけに神様を粗末に扱っていたらしく)狐が取り憑いているって言われた
そういうのでなければ大丈夫なんじゃないかな?
父方がそんなのなので今ソレ(何か鉛のようなの?)を背負っているのが父らしい
その父をから何かを吸われているのが、私というか主に家族に及んでいるようだ

590 :本当にあった怖い名無し:2007/01/03(水) 05:24:05 ID:0XhOjVqZO
年末の番組で、
織田家の家紋(瓜の仲間の輪切り)
が紹介されていたのを見ながら
ばぁちゃんが。
「織田家の家臣はきゅうりを食べないようにしていたらしいね」


591 :本当にあった怖い名無し:2007/01/03(水) 07:55:01 ID:O7LrzEjOO
>>590
胡瓜喰わないのは徳川だろ。切り口が葵の紋になってるから。

592 :本当にあった怖い名無し:2007/01/03(水) 08:32:30 ID:Lfm1TykGO
なんか上位の人で城主だったらしいんだが、その先祖が死ぬときにその先祖に使えていた者達が嫌々ながら自害したらしい、親父はもうそういう怨念は消えて
るだろうと言ってたけど、俺は怪我ばかりする…なんか怖いのだよ

593 :本当にあった怖い名無し:2007/01/03(水) 15:22:33 ID:0DykuULU0
昔の勤め人は命がけなんだもねー

594 :本当にあった怖い名無し:2007/01/06(土) 15:00:11 ID:M87SGuPj0
其も善き哉善き哉

595 :本当にあった怖い名無し:2007/01/06(土) 22:59:37 ID:k0qUE7W4O
なんかスレ始めの方に
歌舞伎役者でもないのに襲名して、戸籍ごと変わる人の話しあったけど


それってどういう家系????????

596 :本当にあった怖い名無し:2007/01/08(月) 00:24:53 ID:5OFx4HT40
146 : :2007/01/06(土) 23:48:24 ID:DcHxRg9g0
小学生の頃、父の30歳前後の頃と思われる写真を見つけた。
なんだか締りがなくてニヤけていて、いわゆる池沼っぽい顔だった。
正直キモかった。しかも若ハゲだし。

先日、会社の初詣で近くの神社に出かけたところ、父と出くわした。
そそくさと挨拶する父と私の上司。

帰宅後、父から
「お前、ダウン症児かと思ったぞ。その髪型もなんとかしろ、もともと
薄毛なんだから」
と暴言を吐かれた上、頭をどつかれた。
本当にこのとき父が憎く思った。
私は25年前、あなたが今の私と同じ年だった頃の写真をみて、奇しく
も全く同じ感想を持ったけれど、口にはしなかった。

そんなあなたでも結婚できてしまい、私という子供がいる。
しかし私は子供は遺さないつもりだ。

597 :本当にあった怖い名無し:2007/01/08(月) 11:58:24 ID:5JUeyR/t0
26 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2007/01/01(月) 21:46:18 ID:7yBBWFQW
うちは古い家で、明日はばあさん家に集まる日…。
もういい歳だから、盆正月に行く度ジジババ&叔父叔母に散々
「結婚はまだか〜まだか〜」「お見合いしないか〜」と怒涛の攻撃。
ばあさんが連れて来る相手はどうせ知り合いの甥とか身近な人間。御免こうむる。
結婚する時は何故かジジババに紹介しなけりゃいけないのも意味不明。
結婚したらしたで連れて行かないとイヤミ・愚痴が凄い凄い。
遠距離の彼氏がいるが結婚するまで絶対教えるもんか。

また、うちは悉く女しか産まれない女傑で(じいさんすら婿)
最初はうちの父親が跡取りで婿に来たが離婚により離脱。
次のターゲット・うちの兄が養子縁組を組まされたが、不慮の死。
一人残った従兄弟が跡取りではないが(従兄弟の家は自営業の為)
遺産をやる代わりに面倒を見ろ、としつこく言われストレスで円形脱毛症に。
恐ろしく自己中なジジババのお陰で皆辟易してる、と遠回しに言っても治らない。
もう勘弁だよ…。

長文失礼しました。


598 :本当にあった怖い名無し:2007/01/08(月) 16:28:22 ID:uqHBftNh0
>>595
これか?

260 :本当にあった怖い名無し :2006/09/22(金) 17:01:24 ID:bXxcXxV00
俺のうちって歌舞伎役者でもないのに代々名前をある時期になると変わる(襲名)  
今の名前は来週辺り戸籍ごと変わる

知り合いの坊さんは戸籍ごと改名したけど、この人は普通の人っぽいね。
理由しりたいな。

599 :本当にあった怖い名無し:2007/01/08(月) 17:26:29 ID:18LnGa120
元服でもしてんじゃないのか

600 :642:2007/01/08(月) 17:28:42 ID:5SgcGrkLO
人間国宝の家系で物作ってんじゃね?

601 :本当にあった怖い名無し:2007/01/09(火) 22:40:14 ID:lnlMmqfg0
あげ

602 :本当にあった怖い名無し:2007/01/09(火) 22:54:37 ID:mDfrnn+/O
戸籍ごとって本名が変わるってこと?
そんなことできるの?
通名を使うってわけじゃないみたいだよね。

603 :本当にあった怖い名無し:2007/01/09(火) 23:09:56 ID:keSxjz2TO
うちの家系の話を少し。
祖母 癌 39歳
祖母の姉A 癌 69歳
祖母の姉B 癌 69歳
祖母の兄 癌 59歳
曾祖母 癌 89歳
曾祖父 病名は不明 79歳
それぞれ皆9のつく歳で亡くなってるんだが、結構気味悪いよな?
しかも何かしら9のつく歳は家族みんな揃いも揃ってろくな事がないらしい。

604 :本当にあった怖い名無し:2007/01/10(水) 01:35:48 ID:XR1DW30wO
>>603
そんなおまえさんは今いくつだ?

悪いものは祖父母の代で切れていて、
ご両親が長寿を全うすることを祈ってるよ。

605 :本当にあった怖い名無し:2007/01/10(水) 20:05:32 ID:m9l+kZ/EO
>>604
亀だけどありがとう。
俺は今26歳だけど19歳の時に結婚まで約束してた彼女がいたんだが、妊娠発覚と同時に突如一方的に中絶されて捨てられた。
29歳は何が起きるのか怖くてしょうがねぇ((( ;゚Д゚)))ガクブル

606 :本当にあった怖い名無し:2007/01/10(水) 20:39:07 ID:GFeDP+kKO
結婚約束してても土壇場で「コイツとはやってけないな」と思ったら退くんじゃないか?いささか一方的だが。乙彼。

607 :本当にあった怖い名無し:2007/01/10(水) 22:19:31 ID:XR1DW30wO
>>605
もしかしたら彼女が2股してたのかもよ?

悪いことが起きると考えない方がいい。
心配なら誰かに見てもらいな。
3年後、不安を跳ね飛ばせるくらいいいことあるといいね。

608 :本当にあった怖い名無し:2007/01/11(木) 01:11:18 ID:Q/I4M5Sr0
>>605そんな意図も簡単に中絶できる彼女なんて縁が切れてラッキーだったよ。
おまけに中絶なんてそう簡単にするもんじゃないよ。
水子がどうこう以前に中絶が原因で子宮内の絨毛がいっしょにこそげ取られる事ありで
子供が出来ずらい体質に一度なったらもうほとんど治らないからねぇ。

ホントに子供欲しい時、出来なくなっちゃうこともあるらしいからね。
振られてラッキーだったかもよ?

609 :本当にあった怖い名無し:2007/01/11(木) 13:15:06 ID:lZkFV+Xt0
>>605
彼女にも何か言えない事情があったんだろう…。
察して忘れてやれ。
そして幸せな29歳になれよ。・゚・(ノД`)・゚・

610 :本当にあった怖い名無し:2007/01/11(木) 16:27:09 ID:Sg5uPX0f0
正月に実家に帰った時、父の実家に屋号があったことを聞いた
父の実家は、狐狸熊なんでも出てきそうなほど山奥にある
そこにぽっかりと数十件のみ存在する集落の奥まった家
しかも、その集落で数件しかないらしい、社で神様を奉っていた家だという

でも、他の神様は○○神(例・八幡神とか稲荷神)なのに
なんでうちの神様が「沼の神」なのかがわからんw

611 :本当にあった怖い名無し:2007/01/12(金) 00:38:08 ID:vgNbLYpG0
まだ19なのに子ども作っといて、一方的に中絶されたもなんも

612 :本当にあった怖い名無し:2007/01/12(金) 01:41:24 ID:TKFeraORO
>>611
当事者同士のことだし
年齢が問題かどうかはわからないじゃん
若くたってやっていける男女はいっぱいいるじゃないか

残念ながらDQNが多いのが現状だが…

613 :本当にあった怖い名無し:2007/01/12(金) 12:10:23 ID:xs8pwzRM0
ちょっと複雑なのでアレなんですが。お付き合い下さい。

うちの母は、彼女の曾祖母(私からみると母方の高祖母)の時代くらいまでは
その部落有数の豪農だったとかいう家から嫁いで来た人です。
お盆には毎年母方の兄弟姉妹や従兄弟達が集まって大人数でお墓参りをします。
…が、母以下私の一家だけは、母実家のお墓参りとは別に、その区画の片隅の、
柵の類も一切無い土の上にポンと墓石が置かれただけの簡素なお墓にお参りする
のが常でした。
私達を誘導しておいて、自分だけは絶対に手を合わせない母に疑問を感じつつも
なんとなくお参りしていたものです。
風化して苔生して墓碑銘も読めないその墓の主は、母が言うには「あんたたちの
ひいばあちゃんのお父さん」つまり、高祖父という事でした。

曾祖母の実家の菩提寺は別なところにあるので変だなと思っていました。

続く

614 :613続き:2007/01/12(金) 12:50:10 ID:xs8pwzRM0
高校の頃、何がきっかけだったか忘れましたが、祖父と先祖の話をする機会があって
私の曾祖母とその実の母親が母娘ダブルで嫁いで来たという事を知りました。
高祖父が後妻として母を、曽祖父が娘を、という形です。
曾祖母の話題が出たので、あの墓に眠る高祖父の話を聞いてみたところ、
祖父は「お前のお母さんの方が詳しい」と言うのです。

母に尋ねてみると「お母さんのひいばあちゃんの亭主」と回答されました。

私の父方の高祖母の家に入り込んで曾祖母を産ませた後に行方をくらませ、
当時裕福だった私の母方の家に入り込み、女当主だった当時未亡人の高祖母の
婿に収まったのだそうです。
死後、一度は母実家のお墓に埋葬されたのですが、その後良くない事が立て続けに
起こり、祈祷師(?)の見立てに従って彼の遺骸を現在の場所に改葬したところ、
不吉な事がパタリと収まったというのです。

続く

615 :613続き:2007/01/12(金) 13:02:21 ID:xs8pwzRM0
幼い頃から「あの墓はうちと縁がある墓だけど、お参りはするな」と言われて
育ったのに、そのお参り禁止の人物のひ孫の元に嫁ぐ事になるなんて…と、
母は最後に付け加えて笑いました。

曾祖母も、まさか自分の認知(明治時代もあったのかは不明)もしてくれなかった実父の
婿入り先の家の娘を自分の孫の嫁に迎えるなんて想像もしていなかったでしょう。

ここまで書いて、単なる因縁話じゃないかと反省したくなって来ました…   orz

616 :本当にあった怖い名無し:2007/01/13(土) 03:05:13 ID:Y6GGLb9D0
お母さんが向こうに嫁ぐ事で、なにかしら過去が清算されるんじゃないかと言ってみる

617 :本当にあった怖い名無し:2007/01/14(日) 00:25:39 ID:UT7x3zHl0
死んでから追い出された高祖父カワイソス

618 :本当にあった怖い名無し:2007/01/14(日) 02:32:39 ID:pMcyWEteO
難しくてよくわからない

619 :本当にあった怖い名無し:2007/01/14(日) 13:38:28 ID:4rGeJSHQ0
     父方                           母方(豪農)

高祖母===A(失踪)    妻(死亡)===高祖父===高祖母(後妻・後に未亡人)=A(未亡人に婿入り)
      |                   |            |
     曾祖母(認知されず)       曾祖父======曾祖母(母子で嫁ぐ)
      |                          |
      祖母                        祖母
      |                          |
      父====母←←←←←←←←←←←←(嫁入り)
          |
          私(>>613

こんな感じですか?
勝手に家系図作ってみました。違ってたらゴメン。                       

620 :本当にあった怖い名無し:2007/01/14(日) 18:06:15 ID:n+mYy8fo0
かなり濃いね

621 :本当にあった怖い名無し:2007/01/14(日) 20:25:23 ID:bzhcWWV20
お墓から出すように言われた話は初めて聞いた
ところでお父さんはおまいりしないのかな

622 :本当にあった怖い名無し:2007/01/15(月) 09:32:13 ID:44/AnG6LO
うちなんか勝手に墓開けられて、骨持っていった親戚のオバサンがいるよ。
自分のちに墓が無かったから子供の骨を本家であるうちの墓に入れてたらしい。
でも、持っていった時は連絡なかった。何を考えたんだか判らないよ。

623 :本当にあった怖い名無し:2007/01/16(火) 19:56:27 ID:ALaZsdiK0
水子は離すのが難しいらしいよ・・・言葉が通じないから
「説得」って手が使えないんだって。

624 :本当にあった怖い名無し:2007/01/16(火) 20:24:35 ID:TSKnpAIM0
でも水子は祟らないと言う人もいるよねえ
確かに言葉を知らないから説得出来ないのかも
でも最近では、胎児は母親の声を聞いているって言うよね
認識出来てなくても、ニュアンスは受け取ってるって事かな?

625 :本当にあった怖い名無し:2007/01/16(火) 20:39:37 ID:oI0YHjFU0
でも水子は祟ると言う人もいるよねえ
確かに言葉を知らないから説得出来ない
でも最近では、胎児は母親の声を聞いていないって言うよね
認識出来てないし、ニュアンスも受け取らないって事かな?

626 :本当にあった怖い名無し:2007/01/16(火) 20:45:29 ID:ALaZsdiK0
っつーか、友人が不倫してできた子をおろしちゃったんだけど
体調悪いとか言っていて、どこで見つけたんだか霊能者のとこで見てもらったら
赤い水子(赤いのと青いのがあるらしい)が憑いていて
友人(母親)に対してかなり怒りをあらわにしていたそうだ。

627 :本当にあった怖い名無し:2007/01/16(火) 22:00:09 ID:pT8IhR8i0
子供はもういらないからといって、周囲が反対していたにも関わらずおろした人がいた
何年後かに霊能力者の人から赤いランドセルを背負った女の子ガイルと言われたらしい
その場におろした本人はいなかったけど、他の身近な心当たりを探してみたが
年齢も合うし、おそらく堕胎した子どもだろうかという話
その子は供養もしていなかったし、今もまだ彼女についているのかもしれない
水子って堕胎した親本人にも何か影響ある?

628 :本当にあった怖い名無し:2007/01/16(火) 22:05:18 ID:ALaZsdiK0
ほぼ、堕胎した両親にはくるんじゃないのかな?
女性側だけでなく、堕胎をすすめた人にもくるってはなし。
友人は体調不良で寝込んでた。

ちなみに、親切なやさしい人だと本人は関係なくても
水子がたよって憑く場合があるんだってさ。

629 :本当にあった怖い名無し:2007/01/16(火) 22:21:59 ID:8goe5lwA0
水子は金儲けのための作ったんだよ

630 :本当にあった怖い名無し:2007/01/16(火) 22:32:37 ID:pT8IhR8i0
>>628
やっぱそうなんだ…堕胎したのはもう20年以上前なんだけど今もいるのかな
その家族、ちょっと非常識とかいう問題でないくらいにおかしい

631 :本当にあった怖い名無し:2007/01/16(火) 23:51:46 ID:x+RApjVf0
水子信仰は戦後お寺さんが金儲けのために作ったものだから、
そんなに深刻になることないんじゃね?

堕胎、もしくは流産した子を偲んでまつるのはいいけど
「家がおかしい」「体調が悪い」とかの理由にするのはなんかおかしい気がする。

632 :本当にあった怖い名無し:2007/01/17(水) 00:19:51 ID:oTBYqFBf0
科学技術や知識が進歩するのと同じで信仰の範囲も昔より広くなってるかもな
一概に戦後の信仰だからってのは言えないような気がスル〜

633 :本当にあった怖い名無し:2007/01/17(水) 01:39:54 ID:jqcCpi/T0
水子って、霊能者の系統(?)で、「いる」「いない」って分かれているような希ガス。
うちの実家、100年異錠前(絵度真黄ごろ)の「生まれなかった子供」のお墓がいっぱいあるよ。
戦後の信仰じゃないとおも。

634 :本当にあった怖い名無し:2007/01/17(水) 08:34:11 ID:c0YhXgEZ0
水子供養のお寺でも、祟りませんよって言ってる所があるね
あんまり詳しくないけど・・・
水子は魂を持たないから、祟りようがない、と言う住職さんも居た

堕胎したり流産すると多少なりとも自責の念があるだろうし
それにつけ込んでる霊能力者も居るんだろうな
うちも>>633さんみたいに生まれてこなかった子供のお墓があるけど
ちゃんと供養されてるからか、特に何もないな
(その子供の)親も特に祟りとか考えていない様子

635 :本当にあった怖い名無し:2007/01/17(水) 09:02:25 ID:DnkrJKc+0
なんにせよ 手を合わすのは
悪いことじゃない

636 :本当にあった怖い名無し:2007/01/18(木) 14:21:35 ID:M8EL2CwL0
私の母方の家系は、旧O戸藩の武士。
お盆に母の実家に行くと、1部屋に入りきれない量の位牌や掛けじゅくがあり、
お墓は、墓地全体の2分の1の広さで、墓石の数も半端じゃない。

母に聞いた話だが、他家の人間に見せてはいけない掛けじゅくがあり、
母も嫁に行ってからは見てないが、読めない文字が書かれていたそうです。

数十年前それを解読しようと、某国立大学の教授が掛けじゅくを借りていき、
直後に事故にあい失明し、未解読のまま今に至るとのことでした。

ここまでは、よくある話かもしれませんが、数年前に私の職場の移転で、
祈祷師(陰陽師)が社に祈祷にきたときのことです。
たまたま何人か祈祷師に観てもらえるとのことで、みてもらいました。

すると、私に大きな武将の霊(母方の先祖)が憑いており、怒っている。とのこと。
そして、掛けじゅくについて、あの掛けじゅくは、先祖が上司(殿?)の命令で
殺した『姫』の血で下塗りされ、その上を墨汁でなぞったものを、贈り物として、
単なる掛けじゅくだと思い何も知らずに祖先が受け取ったもの。
そして、その呪い(?)は今もあり、家が衰退し、滅亡する。と言われました。
そして今の代(従兄弟)で滅亡。とのことでした。

637 :本当にあった怖い名無し:2007/01/18(木) 14:31:18 ID:rm4+QEeoO
>>636かけじゅく?
掛軸(かけじく)じゃなくて?

638 :本当にあった怖い名無し:2007/01/18(木) 14:34:14 ID:M8EL2CwL0
>>637
そう!掛軸!!!
言葉知らなくてごめんなさい・・・・

639 :本当にあった怖い名無し:2007/01/18(木) 14:34:58 ID:rm4+QEeoO
どんまい!!

640 :本当にあった怖い名無し:2007/01/18(木) 16:15:30 ID:qFzSkgb1O
今マソコが思いっきり痒くなった

641 :本当にあった怖い名無し:2007/01/18(木) 16:18:05 ID:63hjhT5FO
>>640
どんまい!!

642 :本当にあった怖い名無し:2007/01/18(木) 17:04:31 ID:R/KOiTjqO
折角の先祖話が、「かけじゅく」で台無しに…。

言葉知らないってレベルじゃねーぞ。


643 :本当にあった怖い名無し:2007/01/18(木) 17:51:01 ID:S3ftuL7/0
オカルトっていうか、
ウチって戸籍に申請する名前とは別に
もう一つ名前を付けられるんだよねえ。

親父と親父の弟つまりおじさんも持ってるし、
嫁いだ姉ちゃんも付けられてる。
昔はもう一つの名前は人に
あまり言っちゃダメって言われてた。
飲んだときとかの話の種に言っちゃってるけど。

wikiとか読んでたら呪術を避ける意味で
昔の武将なんかは付けてたって書いてあって、
ウチはそう言う家系っぽくないんだよねえ。


644 :本当にあった怖い名無し:2007/01/18(木) 17:58:26 ID:pdd0G368O
>>643
昔のろい合戦みたいなことがあったのでわ?

645 :本当にあった怖い名無し:2007/01/18(木) 18:22:23 ID:S3ftuL7/0
>>644
う〜んどうなんだろ?
そういう想像をしたこともあったけど、
呪術とかって、やっぱ昔も今も多額の金払うと思うんだよね。
てことはある程度裕福じゃないとダメだと思うんだ。
一応ウチは4代前までは地主だったとか聞いたけど、
地主程度で呪術をかけたりかえられたりって、ちょっとなあと。
しかもウチの集落には、ウチ以外にも
3軒ほど「昔地主だった」っていう家があるしw

俺もそろそろいい年なんで結婚考えるけど、
多分子供にはもう付けんと思う。


646 :ダミアーノ ◆hX8AqqcLto :2007/01/18(木) 18:43:36 ID:ZUFQjs7BO
4代どころかもっとず〜っと
前から続いてる家系かもよ。
権力があれば地元の坊さんや
祈祷師やなんかに頼むこともありそうだ。


647 :本当にあった怖い名無し:2007/01/18(木) 18:46:49 ID:wbSeH6JU0
九郎義経とか、そういう感じなんじゃないの?

648 :本当にあった怖い名無し:2007/01/18(木) 19:32:03 ID:xMmRhPAD0
>>643
以前、「もう1つの名前は何?」「子供のときなんて呼ばれてた?」
と聞かれたことがある。いろいろ考えた末、在日かどうか聞きたかったんだろうと思ったけど、
違ったのかな。

649 :本当にあった怖い名無し:2007/01/18(木) 19:32:09 ID:V6IqzQHu0
>>642
確かにな、知らないってレベルじゃないとおもう。その武将様が言われてる
「今の代で危うい」っていうのはあながちあることかと思ってしまう。
 636さんが中学生以下の若い人なら仕方ないが、そうでなかったら・・・・
まずは教養身に着けたほうがよろしいかと。

650 :本当にあった怖い名無し:2007/01/18(木) 20:31:24 ID:VIlx7gUU0
言い過ぎ。
「掛けじゅく」は結構あるよ
物を知らないと言うより、語感的にインプットされやすいらしい

651 :本当にあった怖い名無し:2007/01/18(木) 20:35:11 ID:R/KOiTjqO
小学生までなら許せるが、中学生にもなって「かけじゅく」はないだろ。

漢字知らなさすぎ。


652 :本当にあった怖い名無し:2007/01/18(木) 21:09:54 ID:U8+9dccl0
私は霊感などがまったくないのですが、
急に自分の家の歴史が気になって、過去帳を見てみました。

父は私が小2のときに自殺しているので、詳しいことはわかりませんが、
昔触ると人を切り殺したくなる日本刀だのがあって神社に奉納したそうです。
地主か商人だったようですが、三代前が全部博打で散在してしまいました。
父も博打好きでした。おかげで塾もいけんほど貧乏一家です。死ねジジイどもめ

明治26年に「童女」が9日、10日、と続けて死んでいます。
昔だから、よくある事なんでしょうか?
弘化から明治間までは子供(童子・童女)ばかり6人亡くなっています。
面倒なので「身のまわりで変なこと実況スレ」の書き込み写し。

634 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/01/14(日) 17:08:10 ID:uFIw8evrO
我が家は何か色々よくない。
過去を調べようと思って、
過去帳携帯で編集などばちあたりなことしてたら2回電源ダウンした。新機種なのにw
これから3回目トライ。

636 名前: 編集中 投稿日: 2007/01/14(日) 23:35:49 ID:uFIw8evrO
子供が(童子童女だから。年齢は書いてない)一日おきに3人死んでるってのが
明治と天明に1回づつある。
よくあることなの?

後は、戒名について聞きたいのですが、一人散財野郎本人か、その一代前の仏さんの戒名が
〜〜「大徳」で終わっていて、他の先祖達のように「信士」や「禅定門」の号?をつけてもらってません。
これは何でしょうか?
あと、もし刀が取り戻せたら高く売れるでしょーか?そ れ が 知 り た い で す 

653 :本当にあった怖い名無し:2007/01/18(木) 21:25:09 ID:Av2p+DUBO
スレタイワロ

654 :本当にあった怖い名無し:2007/01/18(木) 21:28:30 ID:DYfCDosfO



ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/i.cgi/news/2092/

655 :本当にあった怖い名無し:2007/01/19(金) 22:58:42 ID:i66betf80
需要と供給の問題だな。<刀
どうせ手入れなんぞされていないんだろうから、売れても二束三文。
盗み出すなんて馬鹿なことは考えない方がいいぞ。

656 :本当にあった怖い名無し:2007/01/20(土) 00:52:20 ID:BTPMz+LJ0
母方がノロの家系らしい。
うちの女性陣はかみだーりとやらで
40歳くらいから5,6年調子が悪くなる。
その後正夢を見たり何か見えたりするようになるらしい。

次の町内会長は誰だ、とか
子どもの運動会のいろとか、
そんな小さなことしかみえないから役には立たないけどな

657 :本当にあった怖い名無し:2007/01/20(土) 01:07:34 ID:L4p7xB/5O
ノロって奄美かどっかの巫女かなんかでしたっけ?

658 :本当にあった怖い名無し:2007/01/20(土) 08:28:40 ID:biCzwcV70
家に代々伝わるしきたりって破ったらどうなるのかな。
父が破りました。なんか兄の代で滅びそうな予感なんだけど、
どうもご先祖様も、そして無意識に父とかも私に期待しているような悪寒。
(私は女だけど私に男の子供が生まれればみたいな)
ぶっちゃけ父の家にいい思い出ないから嫌・・・
しきたり破って大丈夫だった人の体験きぼんぬ(古いかな)

659 :本当にあった怖い名無し:2007/01/20(土) 08:29:48 ID:biCzwcV70
で、ラメーンって何?検索しても出てこないんですけど・・・

660 :本当にあった怖い名無し:2007/01/20(土) 09:50:26 ID:WuI5QfubO
>>659
えっ…!?
ラメーン知らないの…?ちょwwwww
あんまり他では言わない方がいいよ。

661 :本当にあった怖い名無し:2007/01/20(土) 09:52:24 ID:/pWqrBs40
なんか○○家って名前のラーメン屋の総称らしい。
元は横浜で有名な云々とかだとあまりにローカルでついていけないねw

662 :本当にあった怖い名無し:2007/01/20(土) 11:23:29 ID:biCzwcV70
>>660>>661
レスdくす。前スレ見てきました。本当にラーメン話だったのか・・・

過去レス見る限り家系といっても先祖代々というよりも家族ネタが多いですね。
代々のしきたりわざと破ってどうなったかの人がいたらレスよろしくです。

663 :本当にあった怖い名無し:2007/01/20(土) 12:15:54 ID:pUMk7OCt0
正月に久しぶりに会ったいとこが、「霊能者に猿田彦があなたの後ろに
見えるといわれた。」と話していたのですが、実は私も昨年、霊能者に
「猿田彦夫婦があなたの背後に見える。」と言われました。
いとこが見てもらったのは関東、私は関西なので別の霊能者です。
私が見てもらった霊能者は猿田彦夫婦が背後に見えるなんて初めてだ、
すごいと驚いていました。
私の実家は、あまり有名ではないものの、歴史の教科書に名前が載っている
人物の末裔で、家系図が地元の教育委員会から発行されている出版物に、
出ています。
でも、猿田彦や猿田彦神社との関係はどこにもありません。
気になるので、猿田彦や自分の先祖についてあれこれ調べているけど、
よくわかりません。

664 :663:2007/01/20(土) 13:22:20 ID:pUMk7OCt0
ただ、我が家に代々伝わるまじないがあって、それが猿田彦と何か
関係があるのかなと思っている。
まじないというか呪文みたいなもんなんだけど、教えた人間はその後、
呪文を使うことはできなくなるので、呪文など必要なくなる年齢に達
した祖父が孫に教えることになっている。
私は祖母から教えてもらったのだが、何故かこの祖母、私に教えた後に
赤の他人にもペラペラ教えてしまったせいなのか全く効果がない。
話を猿田彦に戻すけど、霊能者がインチキだとしたら、今自分が調べてる
こと、全部無駄なんだよね。

665 :本当にあった怖い名無し:2007/01/20(土) 15:16:41 ID:UQGY1DhS0
>>664
なんだか祖母さんひどくね?

666 :本当にあった怖い名無し:2007/01/20(土) 15:30:02 ID:ttNGC82U0
観音様、あるいは阿弥陀様が憑いている然り、猿田彦だろうと稲荷だろうと
伝説神話の中に現れる神仏が、人に憑いていてもまったく無意味でしょう?
凡人だろうと聖人だろうと、一個人に付き随って何がありましょう?
そんな非発展的な事に時間や暇を割く神仏が居りましたら、神仏としての
仕事を放棄してるも同然でしょう。
少し考え…、いえ、考えなくてもすぐに想像できますよね?
それすら出来ない人は、妄想や戯言を言ってる馬鹿者としか思われません。

667 :本当にあった怖い名無し:2007/01/20(土) 15:33:28 ID:ttNGC82U0
もしくはインチキ霊能者の虚言を間に受ける神経症患者ですかね…

668 :本当にあった怖い名無し:2007/01/20(土) 16:08:39 ID:nO+ROoUWO
>>666
嫉妬乙

669 :本当にあった怖い名無し:2007/01/20(土) 23:00:45 ID:5uSyAgEz0
>>643
それ、ルシータ・トゥエル・ウル・ラピュタみたいなもんだろ?

忌み名だお
かっこいいじゃないか

670 :本当にあった怖い名無し:2007/01/20(土) 23:37:01 ID:BTPMz+LJ0
>669
リュシータ・トエル・ウル・ラピュタ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A9%E7%A9%BA%E3%81%AE%E5%9F%8E%E3%83%A9%E3%83%94%E3%83%A5%E3%82%BF

671 :本当にあった怖い名無し:2007/01/21(日) 00:41:45 ID:icPYvz5B0
>>643

昔、何かで流し読みしたような事なんでソースは無いんだけど
『真名-まな』ってやつでしょうか?漢字も合っているか自信ないけど。

日本だけではなく外国でもそういう風習はあるみたいですよ。
ネイティブ・アメリカンもそうだったような気がする。
マナを知られることは、知られた相手に自分のすべてを握られることになるらしく
両親や名づけ親くらいしか本当の自分の名前を知る人はいないんだそうな。
逆にマナを名乗ることは本当の意味での信頼の証なんだろうね。

大昔は子供にわざと変な汚い名前をつける風習もあったよね。『う○こ』とか。
綺麗な良い名を付けると悪い精霊に目をつけられて命を持っていかれると考えられていたらしい。
ある程度育ったら立派な名前に改名するんだよね。

672 :本当にあった怖い名無し:2007/01/21(日) 12:57:07 ID:Ohszws0B0
思い切りゲド戦記とか陰陽師でつね

673 :本当にあった怖い名無し:2007/01/21(日) 14:59:25 ID:I6WhFOyMO
確か○○丸の丸っておまるの意があったでしょ。
幼名につけたりしてたよね。

674 :本当にあった怖い名無し:2007/01/22(月) 01:08:36 ID:KPz3Krd60
肥溜めに落ちたら名前を変えなければならない

675 :本当にあった怖い名無し:2007/01/22(月) 19:33:14 ID:i2+O3jiU0
本名とは別の名をつけるって言うのは、家の状況を変える、
あるいは維持するという目的でも行われる。
要するに、別の名前をつけることで、別人として新規やり直し

676 :本当にあった怖い名無し:2007/01/22(月) 19:49:26 ID:LmMbrp0c0
できたら誰も苦労はしない

677 :本当にあった怖い名無し:2007/01/23(火) 12:01:20 ID:O2bPshYy0
>>658
しきたりを守れ!といっている人からみたらあいつは落ちぶれた、
バチがあたった。とか些細なことでもたぶん言ってくる。
でも、自分の意思でそれを決めたならそれはかけがえのないものだ。
伝統とかしきたりとか長く続いているものから移出するのは
それ相当の労力が必要になるだろうけど、
それをなしえたパワーは自分自身にとって人生の糧だと思う

悪いことが起こったとき、続いたときににこれはしきたりを破ったせいだ!
と思うか、思わないか。
自分の心持ひとつ。

678 :さの死蝋 ◆utqnf46htc :2007/01/24(水) 02:02:07 ID:p/mkI1rd0
俵藤太の家臣の末裔というなんか中途半端な家系です。

ムカデは退治していいけど、蕎麦は育てちゃダメだとか、
平将門系を祭ってるところには行くなとか

よくわかんないけど気をつけようと思います。

679 :本当にあった怖い名無し:2007/01/24(水) 15:53:24 ID:JXX0XMOR0
>>678
先祖の仇の家系ハケーン

680 :本当にあった怖い名無し:2007/01/25(木) 01:11:06 ID:sv5nbAec0
>>679
ご先祖様、ムカデなのか…。

681 :さの死蝋 ◆utqnf46htc :2007/01/25(木) 02:02:11 ID:YkvfC6Ap0
違うって!
ムカデ退治した人の子孫なのに、ムカデバリバリ殺してるし
氏神の祭神は赤城神社のムカデだし、わけわかんないです。

というお話。

682 :本当にあった怖い名無し:2007/01/25(木) 05:42:22 ID:v5CkD/wd0
>>673
おまるってそんな時代から存在したのか?

683 :本当にあった怖い名無し:2007/01/25(木) 08:51:45 ID:ozsiU1JiO
せっちんの事おまるとも言ってたんじゃない?

684 :本当にあった怖い名無し:2007/01/26(金) 17:20:30 ID:hOG4mm6nO
ムカデって、神様として奉られているの?

685 :本当にあった怖い名無し:2007/01/26(金) 17:39:23 ID:FBW8l15CO
ムカデにちなんで、百足のわらじを持てるくらいの財力を祈願する神社があるという

686 :本当にあった怖い名無し:2007/01/27(土) 01:24:42 ID:blQxD/uJ0
>>681
俵藤太絡み!スゲーと思ったけど意外にマイナーなのね
将門様系に行っちゃいけないのは当たり前として、神社には
祟りを為すモノを鎮める目的のものもあるから、妖怪=ムカデを
祀る神社を氏神に持つのもそんなに不思議じゃない気がするよ

687 :本当にあった怖い名無し:2007/01/27(土) 01:25:06 ID:vWum+0Jx0
家系が貧乏

688 :686:2007/01/27(土) 01:32:02 ID:blQxD/uJ0
追記
たしか俵藤太自身を祀ってる神社もいくつかあるので、縁の人達で
役割分担があったのかもね
681の家はムカデを鎮める(もしくは見張る)方の役目なのかも
好きな話題なので引っ張ってしまったが迷惑だったならごめん

689 :本当にあった怖い名無し:2007/01/27(土) 07:22:03 ID:RvD/t4Jd0
昔、某フォーラムに俵藤太の子孫っていたぞ。
道間違えたみたいだけど。

690 :本当にあった怖い名無し:2007/01/27(土) 10:12:56 ID:QNXaL0hc0
728 名前:おさかなくわえた名無しさん[] 投稿日:2007/01/26(金) 23:48:12 ID:JkCOtDIa
昨日、うとうとしてたら何かが窓をすーって下から上へ何かが上がっていくんだ。
何だろうな。と思って窓の方に近づいたんだ。
そしたら般若みたいな顔と目が合って猛烈な吐き気とめまいが襲ってきたんだ。
「クスクス、お父さんとお母さんを大切にしなよ」って声が聞こえたのが最後、意識がとんだ。
起きたらさっきの声が頭に残ってた。
そういえば最近実家に戻ってないな。爺さんとばあさんの墓参りもここしばらくいってないな。
と思って、実家に帰ったよ。このことを母に話したら般若のお面見せてくれた。
本当に見せただけ、母と父は泣き崩れたよ。
一体何なのだろう。家系には確かに般若のお面職人がいる。

691 :本当にあった怖い名無し:2007/01/27(土) 11:55:41 ID:Ptm9xQdS0
>>682

平安時代の貴族はおまるを使ってたらしいよ。
名前がおまるかどうかは知らんけど。

692 :本当にあった怖い名無し:2007/01/27(土) 14:44:00 ID:IO0QU+sDO
>690
誘導できませんか?
こちらが行くでもかまいません。

693 :本当にあった怖い名無し:2007/01/27(土) 19:17:38 ID:dCHkzm9b0
>>692

690ではないが、ググったらヒットしたよ。
ただスレは1000超えちまってる。
早めに見るか、相手になんかコメントしたいなら
次スレで呼び掛けてみたらどうでしょうか。

*チラシの裏スレッド 98枚目*
>>ttp://www.2chan.net/test/read.cgi?bbs=shop&key=1169608903&ls=50


694 :本当にあった怖い名無し:2007/01/27(土) 22:39:30 ID:dOjeZ5Ty0
うちの父方のほうは女系に加えて男運なし。
祖母は全員女の九人姉妹、姉妹の一人が男に騙されて家と土地を取られてる。
祖父も変わった人で一人で家を出て行ってしまって、私は会ったことがない。
そして二人の叔母は一人未婚、一人離婚。
あとなぜか祖母、叔母二人、私は肩の上にほくろがある。

母方のほうは業が深かった、いわゆる男が立たない家系。
祖父はたいへん頭が良かったらしいが器用貧乏というやつ。
祖母と母はものすごく苦労してる。
あと三人の叔父は一人は独身のまま亡くなり、
一人は離婚したり借金作って逃げたりしたり、
一人は戦中に満州で生まれてまもなく死亡。
(あと前出の二人は精神疾患もあったみたい、遺伝かもしれないけど)
一代であっという間に家が絶えてしまった。
霊感のある人に言わせると、何でもご先祖様が武士で
西南戦争で人を斬った、その影響とのこと。
こっちの祖父の家系を辿るとさらに業が深いと思わせるできごとが
いくつかあるし、まだ出てきそうな気もするよ。

超常現象とかあまり信じないほうだけど、さすがに目の当たりにしている
出来事はなんとなくそうなのかなぁ、と思ってしまう。

695 :35 ◆Ssd3I4GtwE :2007/01/27(土) 22:42:49 ID:IO0QU+sDO
>>693
thx!携帯厨には手遅れでした…

696 :本当にあった怖い名無し:2007/01/28(日) 10:15:51 ID:fUNhKazc0
>>693
690だけど、生活全般板の怖い話スレですよ。まだ大丈夫。

697 :本当にあった怖い名無し:2007/01/28(日) 10:49:23 ID:9pZVQ1590
>>696
ゴメン、騙すつもりとか関係無く
ググったら一個しかヒットしなかったから・・・
指摘有り難う。

>>695
と言う事だそうです。勘違いさせて大変申し訳ない。
728にしっかり記述もあるので間違いございません。
>>ttp://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1165593309/l50


698 :本当にあった怖い名無し:2007/01/28(日) 16:47:47 ID:QHx/n0xJO
>>696>>697
ご丁寧にありがとう。
ネット上にも情があると思った日曜日です。
外には子供の遊ぶ声が聞こえています。

699 :本当にあった怖い名無し:2007/01/29(月) 08:53:43 ID:MRKutspw0
>>698
いや、当たり前の事しただけだよ。
サボテンの花が咲いている・・・

700 :本当にあった怖い名無し:2007/01/31(水) 00:12:04 ID:DUOueAE+0
オイこそが 700へとー

701 :本当にあった怖い名無し:2007/02/02(金) 07:53:56 ID:KnoJZOT/0


702 :本当にあった怖い名無し:2007/02/02(金) 14:57:23 ID:EJNqZ6c70
母親の実家には、
その一族にのみ伝えられている昔話があります。
その昔話は、紙などに書き起こしてはならず、
口伝のみで伝えなくてはいけないそうです。

ただ、母もかなりうろ覚えで、
私が聞いたのも、さわり程度でした。

祖父・祖母も既に亡く、代替わりをして縁遠くなってしまった現在、
話を確かめるすべもなく、この伝承もここで終わりなのかと思う反面、
もしかしたら、母の実家の本家の方では、今も密やかに伝わっているのかと思うと、
不思議な気がするのです。



703 :本当にあった怖い名無し:2007/02/03(土) 00:11:23 ID:kzhGzqUIO
確認して欲しい気もする。

704 :本当にあった怖い名無し:2007/02/03(土) 06:02:56 ID:s+4pCyPl0
家も、兄の代で絶滅だな。
男がたらしない家系だし。
兄弟に至っては、長男ー低収入、シスコン、性格破綻。
次男ー借金まみれ。

補足。
父ー借金まみれ。
父の弟ー謎の失踪。
父の妹ー父なし子を産んだ。



705 :本当にあった怖い名無し:2007/02/03(土) 06:51:11 ID:879OL82NO
えっと、DQNは連鎖するってこと?

706 :本当にあった怖い名無し:2007/02/03(土) 07:14:30 ID:X6sixj1X0
馬鹿と貧乏は遺伝します。コレ、確実に。

707 :704:2007/02/03(土) 15:14:09 ID:aSiXaI/N0
DQNは連鎖しますよ。
生き証人です。妹から見た兄貴は、DQNそのもの、救いようもないです。
妹に金せびる始末だし。

708 :本当にあった怖い名無し:2007/02/03(土) 15:28:02 ID:pczaGp+lO
本家は従兄弟どうしの結婚が一代に一回はある

709 :本当にあった怖い名無し:2007/02/03(土) 15:30:35 ID:3PqDFTRY0
>>708
B民乙

710 :本当にあった怖い名無し:2007/02/03(土) 15:56:10 ID:pczaGp+lO
在日中国人だがな〜

711 :本当にあった怖い名無し:2007/02/03(土) 16:33:07 ID:5pGO47D40
結構、男が早死にする家計とかって多いのですね。。。
うちも男が早死にしちゃう家計みたいで7代ぐらい続いて婿養子。
私の長兄も1歳になる前に病死。
でも次兄が婚約!やっと変な因縁が収まったかと思ったら、
癌が見つかり、発見から3ヶ月足らずで逝ってしまった。。。
来月結婚式の予定の30歳でした。。。

その内に私が実家に戻って家を継ぐ事になると思うけど、
私の子供は娘二人。癌で卵巣摘出済みなので男子が生まれる予定は無し。。。



712 :本当にあった怖い名無し:2007/02/03(土) 19:56:48 ID:CRfGBlqK0
>>708>>710
僕らの知らない生活をする人たち 20人目
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/kankon/1168890805/

このスレにも来てみてよ。風引いたら漢方薬飲んでるの?とか
いろいろ聞きたいことがあるからさ。

713 :本当にあった怖い名無し:2007/02/03(土) 20:40:32 ID:W0xD/B5W0
>>711って
典型的な呪われた家系だな

714 :本当にあった怖い名無し:2007/02/03(土) 22:39:09 ID:U4cjIp//0
>>711
土地がらみっぽい黄も酢

715 :本当にあった怖い名無し:2007/02/04(日) 00:49:00 ID:45eFF5MG0
>>711
凄い家系だ・・・
お兄ちゃん達の冥福を祈ります。

716 :本当にあった怖い名無し:2007/02/04(日) 02:58:08 ID:tQ2vo12AO
うちは母親がヒステリー B型
弟もB型 末っ子でかんしゃくもち
気分次第でぼこぼこにもされる(-_-; 父は仕事人間 あまり感情のないロボットみたいな人間
救いが欲しい

717 :本当にあった怖い名無し:2007/02/04(日) 04:16:33 ID:GuBaL2Hz0
うちのじーちゃんはとある伝説の持ち主。
じーちゃんは何の病気か知らんが俺がちっさいころに死んだ。
そのとき、ハートビートセンサーっていうのか?心拍が止まった時に「ピーーーーーー」てなる奴あるじゃん?
アレが「ピー」って鳴って、脈とって医者が「ご臨終です」って言ったのよ。

その瞬間、じーちゃんががばっ!!!!って上半身はね起きて、ニッカリ笑って「根性の勝ちや」って言った。


一同、心臓が飛び出るくらいに驚いた(看護婦さんが点滴のつり下げる台に引っかかってこけてたのを覚えてる)。
おかげでじいちゃんの死に顔はニッカリ笑顔だった。
そのまま上半身だけ起こした姿で、もっかい死んだ。


遺書にこうあった。
昔、軍に居た頃に先に死んだ同僚が泣き言を言った時に、「根性と気合で人は死をも乗り越える」って言って
励ましてた事を今でも気にしていて、ならば自分が試してみれば良いと、実践するから残った者はよく見ておいてくれ。
もし、それが出来れば意思は何よりも強いと言う事だ。私に出来て他の者に出来ぬ道理は無い。
私が出来たのなら、それに習って何者にも負けぬ意思で生きてくれ。もし出来なければ、この遺書は燃やせ。恥を残して死ぬのは
やんぬるかな。

馬鹿なじーちゃんだ、アホすぎるw
おかげで葬式までその話題で持ち切りw
まぁ、俺はそれを見習ってこの前ホノルルマラソンを完走できた。
「ダイヤモンド(意思)は砕けない」を実践したボケジジイだったようで。俺も死ぬ時は心臓止まってから
「我が生涯に一片の悔いなし」って叫ぶか。

718 :本当にあった怖い名無し:2007/02/04(日) 04:25:24 ID:deP502X00
>>717
格好いいな

719 :さの死蝋 ◆utqnf46htc :2007/02/04(日) 06:19:13 ID:cpuWS7Sf0
>>717
コピペじゃないならむちゃくちゃかっこいいい。

720 :本当にあった怖い名無し:2007/02/04(日) 10:37:09 ID:8S8dnnr2O
かっけえなあ

721 :本当にあった怖い名無し:2007/02/04(日) 11:30:46 ID:O6i+cpo70
すごいぞ!
根性の賜物だなぁ。

722 :本当にあった怖い名無し:2007/02/04(日) 12:44:26 ID:02e1vkUYO
あー、俺も頑張ってみようかなぁ

723 :本当にあった怖い名無し:2007/02/04(日) 15:13:05 ID:CVJZuRvO0
>>717
人間てすごいな…

724 :本当にあった怖い名無し:2007/02/04(日) 20:14:44 ID:YZZlatD0O
死に顔がニッカリ笑顔だなんてサイコーだな

725 :本当にあった怖い名無し:2007/02/04(日) 20:36:36 ID:GuBaL2Hz0
>>719
コピペじゃないんだなそれが。
担当医が自分から進んで葬式に来る位インパクトのある死にっぷりだったしw
その話題のせいで泣いてる葬式じゃなかったのを今でも覚えてるw

つーか医学的にはありえんのかね?心臓停止の状態のまま覚醒してしゃべるっていうのは。
ちょっとその辺はわからないんだけど。
「根性論は時代遅れ」って言ってるクールな社会の連中に一言。

「根性で出来ない事は多いけど意外にできる事もある。」

ま、炎天下で水を飲まないとか別だろうけどw

726 :本当にあった怖い名無し:2007/02/04(日) 21:59:58 ID:YrydyRQy0
森久美子の父親の死ぬまで実況を思い出した。

727 :本当にあった怖い名無し:2007/02/04(日) 22:02:32 ID:WgEqZSwu0
右手を塔にかけました
ものすごい力です
いよいよ最後

さようなら

みなさん

さようなら

728 :本当にあった怖い名無し:2007/02/05(月) 00:23:54 ID:d+SWPOLb0
>>717のじいちゃんマジかっけー
終わり良ければ全て良しって感じだな

729 :711:2007/02/05(月) 09:52:43 ID:anRfc0Zm0
>713
典型的な呪われた家系ですか。。orz
>714
土地的なもの??
近所の男女比は男の方が圧倒的に多いぐらいで、
町内に年齢の近い女子が殆どいなかったですが。。。
婿に来た祖父や曾祖父なんかは長生きしました。父も元気です。
>715
ありがとう。

>717さんのお爺さん凄いですね。

730 :本当にあった怖い名無し:2007/02/05(月) 17:14:57 ID:n5V4AL7pO
>>729
住んでる場所とかじゃなくて、729さんの家が相続又は取得した土地に関する事じゃないでしょうか。

731 :本当にあった怖い名無し:2007/02/05(月) 23:58:21 ID:Lk7m+zWW0
家系ラーメンが…うちの近所にもあった…家系がわが市を侵食している!

732 :本当にあった怖い名無し:2007/02/06(火) 17:00:08 ID:/TlVtzTy0
>>717
カコイイ・゚・(ノД`)・゚・
先に死んだ同僚という人と、向こうで笑って話ができてるといいな……。

733 :本当にあった怖い名無し:2007/02/12(月) 15:51:22 ID:0fpjx+6rO


734 :本当にあった怖い名無し:2007/02/12(月) 18:56:16 ID:Z7FQUgkp0
でも弱ったときには会いたくない、じいさん。

735 :本当にあった怖い名無し:2007/02/12(月) 22:26:41 ID:YFEZh+yb0
ブルーハワイアン ラ・メーン(トロピカル風)

「麺はしょっぱい味で食べる」という固定観念をくつがえす、甘〜い麺の登場です。
フルーツポンチをイメージしたトロピカル麺。食べるというより、観賞したい方向けです。

【材料】
ブルーソーダ
パイナップル、オレンジ等のフルーツ適量

【手順】
(1) スイカを半分に切り、中身をくりぬいて器にします。
(2) スイカの器にブルーソーダを満たし、茹でた麺を氷水で冷やして、よく水気を切って入れます。
(3) 食べやすいサイズに切り分けたフルーツ類をあしらいます。

736 :本当にあった怖い名無し:2007/02/13(火) 07:50:02 ID:9SWi4A1P0
青いんだ…

737 :本当にあった怖い名無し:2007/02/13(火) 12:28:44 ID:GtJFeoUUO
坊っちゃまも食べなんだラ・メーンW

738 :本当にあった怖い名無し:2007/02/13(火) 18:49:12 ID:OxbF3ja5O
その昔の陰陽師の子孫とか、それこそネズミ算でいるはずだし
勘の良いヤシは先祖にそういった職業やってた人がいたはず。

739 :本当にあった怖い名無し:2007/02/16(金) 01:53:49 ID:sgWCRLYpO
自分、対人恐怖症の引きこもりなんだが
こないだ電話で霊能者の人と話したのね
そしたら自分の100年以上前の祖先がどうやら人を殺して金品を盗む仕事をやっていたらしく
今でも殺された人たちの怨みが残ってるから子孫を呪っているらしい
現にうちの家系は異様にメンヘラが多い
皆周囲の目を気にしてばかりいるし
これは泥棒だった時の名残らしい
かなり凹んだw

740 :本当にあった怖い名無し:2007/02/16(金) 04:14:17 ID:Ojp83Meb0
亀だけど>>513

ウチの母親は結婚前と、一番最後の子と2度中絶。
この事実を中学生のときに偶然知る。

そして長女の自分、彼氏が出来たら実は二股かけられてて三角関係に。
もつれたあげくアチラの彼女が妊娠。未成年だったこともあり親を巻き込んでの騒ぎになり
自分が相手の親に三角関係を暴露。3人とも別れることになり、彼女さんは中絶。
(結果的に中絶には自分が一枚噛んでることになる)
その後自分と彼氏はよりを戻したけど結局うまくいかず。

数年後、友人を通してその子の親友と仲良くなるが、その子はシングルマザーで
未婚状態で子がひとり。例の彼女が仮に産んでた場合の子の年齢とけっこう近い。
親子ともども、よく顔をあわせることになったけど
なんかすごい皮肉というか、運命に試されてる気がしてならなかった。
曽野綾子の「氷点」を思い出したり。(ちゃんと読んでないけど)

ちなみに母方の祖母は双子を産んだけど(ウチの母の妹)、かたっぽは1歳ぐらいで亡くなってる。
これはさすがに関係ないだろうな。

ただ中絶のループはいいかげん断ち切りたい。
なんでかわからんが因縁のようにまとわりついてる感じ。
そういう自分は恋愛がトラウマになって、長いこと性交渉もないんだけどね・・・。

741 :本当にあった怖い名無し:2007/02/16(金) 09:03:01 ID:3TKncYdlO
>740
なんか凄い延々と語ってるけど、思いっきりスレ違いではなかろうか

742 :本当にあった怖い名無し:2007/02/16(金) 09:08:48 ID:3nwUyQPr0
>>740
中絶のループ????

743 :本当にあった怖い名無し:2007/02/16(金) 10:34:17 ID:PsLG8mce0
友人を通した関係なら、中絶関係でDQNな人が多くても全然疑問じゃないけどな。
類友じゃないの?

744 :本当にあった怖い名無し:2007/02/16(金) 11:05:03 ID:NkQLft640
>>740
大変な苦労をしてトラウマになっているんだろう。けど、
ループとか因縁とか悪いほうに考えるのもどうかと思うよ。
お母さんの中絶にも子供の立場からは解らない事情や考えがあったんじゃない?

三角関係は経験ないから知らないけど、運命に試されてると思うなら、
仲良くなった人の子を自分の罪悪感のぶんを合わせてでもいいから、
可愛がってあげればいいんじゃないかな。
傍目から話読んでるとそのお子さんは740に贖罪の機会をくれて、
罪悪感を和らげてくれるために、縁あって740と出会ったとも言える。

ついでに3〜4代前くらいのおばあさん世代なら、子沢山で医学も今ほど
発達してないので、10人産んで3〜4人流産するのも珍しくなかったらしい。
また、子供が幼くして亡くなるのもざらにある。
江戸時代の頃は「7才までは神のうち」と言われ、7才になってようやく親も
一安心できた。7才より前は神(あの世)と人間の世界(この世)の間にいるんだと。
当時は疱瘡もはしかも乗り越えるのが大変だったからだそうだ。

まあそんなこと長文で持ち出さなくても、ループというほどループじゃないから
安心しる。

745 :本当にあった怖い名無し:2007/02/16(金) 12:11:14 ID:lrgErLIB0
うちの母親の家計は某諸島にいってはいけないらしい。
親戚一同で漁にでて水没して亡くなったとか。
おかけで近くの海に入ると足を引っ張られるそうで。
絶対行くなと小さい頃から言われていたな。


746 :本当にあった怖い名無し:2007/02/16(金) 13:16:48 ID:sZGikLrx0
>>745
元ネタはブラック・ジャックの「青い恐怖」か

747 :本当にあった怖い名無し:2007/02/16(金) 16:43:30 ID:6Vx/mzPM0
曽根綾子・・・・・・

748 :本当にあった怖い名無し:2007/02/18(日) 17:47:20 ID:nECGlWm9O
救出

749 :本当にあった怖い名無し:2007/02/19(月) 11:46:35 ID:h6aWy+ZC0
うちさ、ここ3代男が生きなくて、ほぼ婿取りなんだけど、
祖母が亡くなる前に墓を立て替えるために、掘り起こしたら明治の
最初のほうの年代が入った女性名の墓石が出てきて、
今考えると、ちょっと因果があるんじゃないかな。
家庭内の不和ってやつも絶えないうちです。

750 :本当にあった怖い名無し:2007/02/19(月) 19:55:06 ID:7kfq5VBRO
ウチの家族って交通事故にあってもケガ一つしない
俺もバイクに乗ってる時追突されたが車のほうが廃車になった

751 :本当にあった怖い名無し:2007/02/19(月) 20:00:42 ID:7kfq5VBRO
名字が中国の古書にでてくる神獣です

752 :本当にあった怖い名無し:2007/02/19(月) 20:11:05 ID:1FHtqLSLO
麒麟さん?
珍しいですね。

俺は、某剣豪。
小さいころは、牛だのじゅうべえだのからかわれたよ。

753 :本当にあった怖い名無し:2007/02/19(月) 20:15:00 ID:7kfq5VBRO
いえ白澤です
ぐぐってください
麒麟とか鳳凰とかと同じカテゴリーです

754 :752:2007/02/19(月) 21:30:45 ID:1FHtqLSLO
>>753
へぇ〜、神獣と同じカテゴリーですか。
帰宅したら、ちょっとぐぐってみます(^-^)

755 :本当にあった怖い名無し:2007/02/20(火) 01:32:53 ID:0wpFDq+h0
俺んちの男、何かしら道楽者のケがある。

祖父は庭、池、家、家財、骨董
親父は無駄遣いの帝王
俺は楽器マニア

そして曽祖父は女遊びで家を没落させた

俺に子供が出来たら…ガクガクブルブル

756 :本当にあった怖い名無し:2007/02/20(火) 09:30:14 ID:j+vJEBbNO
だらしないだけなんじゃね?
君、中学二年生くらい?


白澤なんて苗字、特に珍しくもないけどな
自分も不思議な生き物になった気分に酔ってるの?

757 :本当にあった怖い名無し:2007/02/20(火) 12:47:58 ID:884BBQizO
せんせー鈴木君がまた独り言言ってます

758 :本当にあった怖い名無し:2007/02/20(火) 13:26:51 ID:A4TyjzxAO
先生「大丈夫それは、中2病っていう誰もが通る道です。皆さん静かに見守っていきましょう。」

759 :本当にあった怖い名無し:2007/02/20(火) 13:55:58 ID:W6CoDYCe0
>>753
しらさわさんではなく、「はくたく」さんですね?
確かに神獣だね。

760 :本当にあった怖い名無し:2007/02/20(火) 14:29:42 ID:BTvE6efN0
ハクタン カワユスw

761 :本当にあった怖い名無し:2007/02/20(火) 21:59:28 ID:CxyyXY0p0
白澤かぁ。中国の神獣、腹のところに一つ目があるやつ。
鳥山石燕が描いた、百鬼夜行の最終ページにもあるね。

762 :本当にあった怖い名無し:2007/02/20(火) 23:50:08 ID:fHxTYJZQO
いずれにせよ家系の話とは言い難いな
ただの姓名裏話じゃん

763 :本当にあった怖い名無し:2007/02/21(水) 14:30:40 ID:OtKHN84H0
>>751
前にも書かなかった?

764 :本当にあった怖い名無し:2007/02/22(木) 22:51:03 ID:r/XKhUUt0
前にも見たな
デジャヴじゃなければ

765 :本当にあった怖い名無し:2007/02/26(月) 22:41:03 ID:gO08rzwA0
 

766 :本当にあった怖い名無し:2007/02/26(月) 22:50:55 ID:cKlpRuLuO
>>725
心停止で意識ありって言うのは無理な話ではないが難しいはず。
心停止ってことは相当拍動が弱まってるわけだから普通は意識も朦朧としてくるはず。

それこそ底力とか根性とかの領域じゃね?

767 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 19:24:17 ID:jvPwBVKQ0
心停止と同時に脳機能停止するもんだろうかと、子供の頃からの疑問でした。
実際どうなんでしょう?

768 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 20:12:06 ID:wiOgFbLJ0
最近じゃ脳が先に死ぬこともあるじゃないか

769 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 20:20:07 ID:a7w/l/ZH0
心臓が止まっても、血液はそれまで流れているわけですから
臓器の機能が停止・・・あるいは活動できなくなる限界に達するまでは
時間があります。

実話で、日本が満州に植民していた時代
ある病院で精神を病んだ患者が、オノで医師の首をはねとばし
首の無くなった身体は、血を吹き上げながら
トトトトトトトトトトト・・・
と廊下をしばらく走ってから倒れたそうです。
そのあとも身体は動いていたそうです。

でも脳はちょとでも酸素が行き渡らなくなると
かなり早く機能不全になりますよ。

770 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 06:56:41 ID:lR6IrZQnO
ぐろ…

771 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 07:05:43 ID:Zm7WVs3AO
ピーってなってから心臓に電気でビビってやるやつは心臓は止まったけど脳は生きてるからって事じゃないか??
脳は死んでるけど心臓が生きてるのは植物人間ってやつじゃないか??

772 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 17:49:12 ID:J8KXOggp0
>>796 ニワトリ〆た時みたいな感じか

773 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 11:55:54 ID:FXIfBiXG0
ラボワジェ先生はくぴあぼーんされて数秒は目をぱちくりさせてたらしいぞぞぞ

774 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 08:22:17 ID:O5suKFw60
865 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/02/27(火) 15:07:48 ID:XRpMkqeGO
激しい実害があるわけではないのでほんのりに投下。
単刀直入に言うとうちの家系(母方O家、父は養子)は呪われてるらしい。
おじいが7人兄弟で、そのおとんが自殺だったのがはじまり。
自殺した魂って、自分単体じゃ成仏できないけど
他人を巻き込むのは気が引けるから身内から連れてくんだって。
それで厄災を避けるためにおじい達は近所の寺に7つ地蔵を立てた。
それでO家は昔からこの返じゃ地蔵さんって呼ばれてる。
でもその地蔵に寺の改修のときに破損があったみたい。
直後におじい、おじい長男、長男家の孫(自殺)が立て続け連れてかれた。
その面子ってのが20年くらい前の写真に写ってた面子で。
その写真てのも自殺した孫が急に引っ張り出してきたもんだった。
空海由来の寺に鑑定して貰ったら、確実にその写真の面子がターゲットにされてるとのこと。
「次はこの方が危険です」写真にはあと一人、兄が写っている。
坊さんは兄と私に肌守りを作ってくれた。
「貴方は女性だからいずれO家を出るので悪い縁は残りません」って言われてるけど…。
因みに母とおばあ、O家の女はみんな一人目の子供を流産しててそれも連れてかれてんのかなって。

オカ板見てて眠れなくなった日に「今日は肌守り付けて寝よ」
と思って布から出したら表面の刺繍がわかんないくらい擦り切れてボロボロになってた。
厄災をちゃんと受け止めてくれてる結果なんかな。
今んとこお兄には何もないけど心配。


775 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 09:23:14 ID:Xtei4t200
やっぱりお寺に相談がいいよね。
前に別の板で、お寺は霊の話なんか聞いてくれない叱るだけ、とか
レスついたけど、それじゃ存在意義ないつうか

776 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 10:33:46 ID:e2GnXlx90
退魔をやるところじゃないと、住職に力を持った人がいないんだよ。
ふつうのお寺さんじゃダメ。

777 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 10:37:21 ID:e2GnXlx90
でも最初の自殺した人っていうのも、何かあるのかも。

778 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 00:06:39 ID:vSjHNU490
今は離婚率が3割越えてるから離婚家系が多くても当たり前なんじゃね?

779 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 10:56:14 ID:pV2ph/ImO
>>771
何言いたいの?んな当たり前の事。
厳密には、植物人間と脳死は別物。また、AEDやマッサージで心臓を復活させても、心停止時間が長ければ脳の酸欠が長いことになり、脳に障害が残ったり脳死に至る。

780 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 12:44:43 ID:tV4Gly0wO
んなageてまで突っ込まにゃならんほどの無知でもなかろうに

781 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 01:07:28 ID:oRtcNcCH0
脳はメチャメチャハッキリしてるのに体が何一つ動かないのは辛いだろうな

782 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 15:03:54 ID:ZFTY86hkO
>>775
お客さんで住職が二人いたけど、どちらも怖い話や幽霊などが苦手な人だった

「お祓いとか頼まれたらどうするの?」って聞いたら、ぶっちゃけそんなもん出来ない、と…
頼まれればしょうがないからお経読むくらいはするけど、実際見えるわけでもないから
祓えたかどうかもわからない、と言っていた
霊力のある人もいるだろうけど、実際はそんなもんだと思う
ちなみに、片方の住職は走り屋やってた

783 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 21:14:57 ID:72y5PxAP0
お客さんで住職って?
>>782はホステス?
住職って夜の飲み屋によく集まるよね

784 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 04:50:33 ID:wHc/YZFnO
>>783
ホステスです。昔はよくいらっしゃいましたね
歴代を合わせたらもっとお会いしましたが、お祓い云々を聞いたのは二人だけかな…
人格者といえる人は、一人くらいだったと記憶しています
ギャンブルは人それぞれですが、ほぼ、酒好き女好きでした。中には触ってくる人もいましたし…
先生と呼ばれる人が人格者とは限らない、というのと同じような感じですね
私の知り合った限りでは、みえると言っていた人は上の人格者の方だけでした

785 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 00:33:49 ID:drTMXrW70
age

786 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 16:03:34 ID:Q5mjsSE/O
人格者談義スレッド

787 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 22:44:39 ID:pwSyjm540
生活板の怖い話スレに怖い話があるけど
あれコピペかね?

788 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 10:19:39 ID:SZwhq+2B0
定期age

789 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 11:36:11 ID:nqFsbXShO
うちの父方の家系、狂人が多い。
祖母の父は大地主だったのに、土地を奪われ怒りのあまり狂い死に。
ちなみに父の兄はいつの間にか行方しれずになっていた。
祖母の一番目の夫は、戦中に割腹自殺。
二番目の夫はギャンブルを咎められ川で自殺。
祖母の弟は嫁や子供を捨てて失踪、後に自分も捨てられ発狂して焼身自殺。

今の所、自分の父親と伯父は無事…。
二人とも、女房の尻に敷かれてるのがいいのかも。
実家の色より、嫁の色の方が強いと言うか。

まあ、私の両親は離婚して、離れて暮らしてるけどね。

790 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 14:53:05 ID:cNtIrzbC0
>>281
ガッ

791 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 15:10:17 ID:lgIwMD6/0
すげー、半年近くスルーされてたのかw

792 :貧民:2007/03/16(金) 22:06:00 ID:HSb0a7yp0
>789
だから無駄財産残さないんだよ
楽できず子供の頃から逞しく生きる為にね

793 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 22:11:28 ID:N+emSG/P0
今更だけど、このスレタイの「ラメーン」って何?
まさか、坊ちゃまネタってこと?w

794 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 23:23:09 ID:Q5iIKAig0
なんか家系ラーメンっていうチェーンがある地域があるらしい。

795 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 02:36:16 ID:xCP+Wv5SO
かけい?いえけい?
禁止の簡単な説明キボンヌパリジェンヌ。

796 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 16:07:27 ID:WzvxNtjQ0
母が生まれ育ったのは山陰の片田舎です。
その地域には代々犬神憑きの家があるそうです。
他人が持っている美味しい物や酒をその家の人が見たとたん
一瞬で不味い味になってしまうので
ごちそうをその家の者に見せてはならないと言われていたそうです。
その一族が犬神憑きだということはみんな知っていたそうです。
本人達もそれを自覚していたかどうかはわかりません。
婚礼や葬式の場で食事が出されたとき
その人が他人の皿の物を一瞥しただけでそうなったそうで
他の人は席が近いことの不運にため息をつくくらいで
村八分になっていた訳でもなくごく普通におつきあいしていたそうです。
憑かれた家の人自身に悪意は無くても犬神様は大変嫉妬深く
ひがみっぽい性質なので勝手にやっているらしいです。

母は平凡な常識人でオカルトとは無縁の人ですが
この事を全く異様な事と思っていないようで
サラリとした思い出話として語ったので
私は強く印象に残りました。

797 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 16:15:22 ID:8+qcNWmqO
>>793
横浜だよ〜ん

798 :本当にあった怖い名無し:2007/03/20(火) 19:49:36 ID:fGzY/FHs0
「ラメーン」は坊ちゃまだけど、「家系ラーメン」は横浜のラーメン屋

799 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 01:46:01 ID:FKqzLiLYO
最近付き合い始めた女の子の家系についてです。
彼女の家系では、過去に稲荷様を
おまつりしていたことがあるそうなのですが、
ある代を境に、その信仰を辞め、社も放置してしまったところ、
稲荷様の祟りがその後の代にモロに出てしまったそうで、
今、僕が付き合っている子もその影響を受けているというのです。
ここ何代かは精神的に不安定な人が多く、
彼女は3姉妹の長女なのですが、
妹二人は引きこもりで、彼女自身も拒食症になった過去を持っています。
だからと言って、
別に彼女の事が嫌いになった訳ではないのですが、
彼女と彼女の家系のためにも、
僕にできることはないのかな、と思ってます。

800 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 03:32:17 ID:t3MDYBR/0
子供は作らない。

801 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 06:45:16 ID:MC42S06X0
どこの家でも山も谷もあるんだよ。

802 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 08:36:13 ID:JHhXAIwt0
>>799
それ、放置した社を綺麗に掃除して、信仰も元に戻せばいいんじゃないの?
そういうんじゃダメなのかな?

まあ一番いいのは、お稲荷系の大きい神社に相談することじゃない?
頑張れよ彼女を支えてやれ!

803 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 09:26:25 ID:Em9owLNHO
貧乳の家系

804 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 10:10:18 ID:4BGbJf520
>>799
それこそ、神社とかに聞くとかは?
それなりに彼女の家の祭っていたものを
調べなきゃいけないのだろうけど。

805 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 11:48:15 ID:CRUcVIlq0
>>799
本気でどうにかしたいのなら、ある意味人生を全てかけないといけないかもしれないよ。
あなた自身が婿養子に入ることを前提に(お稲荷さんは家を離れてもくるよ)
まず、伏見大社へ事の次第を話し、どういった事をすれば良いのか聞く。
たぶんちゃんとした形式を整えてしなくちゃいけないと思う・・・

健闘を祈る・・・

806 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 14:11:19 ID:MC42S06X0
>>805
浄土真宗の人?

807 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 14:25:53 ID:CRUcVIlq0
>>806
違うよ。どこの宗教にも属してないよ。
神様関係って、かなり形式を重んじるのを知っているので。
(だからといってカタチだけっていうのもまずいんだけど)



808 :本当にあった怖い名無し:2007/03/21(水) 23:28:17 ID:0XIysheB0
>>807
一応、葬式や法事とかで呼ぶ坊さんの宗派がそのまま貴方の家の宗派だったりする場合が多いけど・・・

これだけではなんなのでちょっとしたことですが、
うちの両親の因縁話について、
父方の祖母が若かりし頃町役場に勤めていたんです。
ある日、住宅金融公庫に当選したそうなんですわ、
住宅金融公庫には期限があるらしいのですが土地収得のめどがつかず困っていたそうで
当時町役場の向かいにあった県の郡事務所に相談に行ったそうです。
そこで、ある人から町営住宅の払い下げの権利?をもらったそうです。
その住宅で父や叔父が育ったのですが、
そのある人と言うのが母方の祖父の父(曽祖父)だったらしいそうです。
父方の祖母は息子(私の両親)の結婚式に行ってびっくりだったそうな、
妙な縁と言うのはあるみたいです。

809 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 05:47:14 ID:iLJ/65FY0
>>799
伏見稲荷は怖いと聞いたことがある。
神様は誰でもいい加減に祭ると良くないそうだが、
伏見様は動物が関わっているだけに執念深く、
絶対にいい加減にしてはいけないと、ある霊能者が言ってたとか。
その霊能者ってのは、知人の身の回りに不思議な事が起きた時に相談した相手らしいけど。


810 :799:2007/03/22(木) 10:28:26 ID:GFbuRmYRO
みなさん、アドバイスありがとうございます。
実は、その子の親類が天〇教の坊さん?神職?をやっているのですが、
それは関係あるのでしょうか。
あと、最近その子と連絡がつきにくくなっています。
精神的にふさぎこんでいるようなことがないか、
少し心配です。

811 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 17:20:18 ID:YkLAWz0h0
うちの家系はファンシーな血が流れています。

まず、今、話がまだ残っているファンシー一代目は父方の曽祖父。

当然、もうとっくの昔に死んでしまいましたが
当時の男性にしては非常に珍しい事にお花が大好きだったそうです。
なので、庭じゅうにパンジーの花を咲かせたりして家の庭をお花畑したり
そのお花に会わせて色とりどりのペンキで家の壁に絵をかいたりしていたそうです。
一度曽祖父の家を見た事がある母の言うところによると
その光景は夢のようにファンシーな感じだったとか…。

ファンシー二代目はうちの父。

早死にしてしましたが、とにかく気弱で悩みがち。
趣味は日記を書く事とハーモニカを吹く
母におくったラブレターや母に貰った手紙をそりゃもう後生大事に保管していたそうです。
父が死んだ後、母に一度死んだ父の日記を見せて貰いましたが
そりゃもうファンシーでした。
日記の間に自作の詩が挿入され、おまけに四葉のクローバーが挟んでありました。

ファンシー三代目は私。

趣味は絵を描く事と詩を読むことで
高校生になるまでマジでサンタクロースと妖精を信じていました。


うちの家系を遡っていけば、たぶんもっとファンシーな人がいると思います。
恐るべき、ファンシーの血。

812 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 17:25:35 ID:tvf+TDZ70
高校生でなにがあったんだ。

813 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 17:25:54 ID:YkLAWz0h0
>>811
もう一つ追加して書くと

うちの妹は趣味はお菓子作りと絵を描く事とピアノ演奏
彼女もお花が大好きです。

814 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 17:33:54 ID:QF1oskL80
ファンシー家系ワロスw
いいんじゃないか、ほのぼのしてて

815 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 19:22:30 ID:F2Xsv8lM0
面白いなw
子供がだんだんファンシー趣味の頭角を現してくると、
一族で「まさかあの子が…!」「アイツの祖父もそうだったのう…」みたいに相談するんだなw

816 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 21:05:38 ID:N/A9YDJX0
最初みた時「ファンキー」かとオモタ
「壁にペンキで絵…確かにファンキーだ」とか
納得した自分に鬱…orz

ファンシー、(・∀・)イイ!

817 :本当にあった怖い名無し:2007/03/22(木) 23:26:44 ID:smWJXn0x0
和んじゃったじゃないかファンシー一族w

818 :本当にあった怖い名無し:2007/03/23(金) 22:38:31 ID:ZRjhDJztO
Fantasy

819 :本当にあった怖い名無し:2007/03/24(土) 19:51:59 ID:MkgKWHfZO
先日、彼女と稲荷様について書いたものです。
その後、彼女からメールがきました。
悪い予感が当たりました。
浮き沈みの激しい日々を送っています、とのことです・・・
第6感が霊能力者並みに強い知人に話した所、
この先、彼女の一家に大きな波乱が起きるかもしれない、
その時、ひょっとしたらご縁も離れてしまいかもしれない、
と言われました。
僕の身の置き方も、真剣に考えなくてはいけないような気がしてきました。

820 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 02:53:19 ID:tYiDM8m/0
>>819
稲荷様は強力な力を持ってるのかもしれないが人間の力はそれ以上に無限であると言う事を稲荷様に見せてやれ。
どんな逆境にも負けず、どんな妨害にも負けない。
霊能力が本当にあるとしてもその霊能力に負けないパワーで太刀打ちしようぜ。
大きな波乱が起ろうとも、核が直撃しようともその子と共に消滅する位の根性でな。
浮き沈みがあろうが気合いと根性で何とかなるさ。人間死ぬ瞬間までは割と何でも出来てしまう物だからね。

とある本(つーか半分漫画だけど)でこんなことが書いてあった。
あなたの前に壁があります。あなたはどうしますか?という心理テストをされた兵士の答え。

「俺なら爆破する」

稲荷様の妨害や怒りを爆破して、破壊して、「はっはー!俺の勝ちじゃ!」って言える様になろうぜ。
逆境はどこにでもあるし、地獄はその人の生き様に有る。戦え若人。

821 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 13:22:32 ID:mlU7bOv70
>>819
なんかあなたはオカルトに浸りすぎてるような気がする

822 :本当にあった怖い名無し:2007/03/25(日) 13:51:49 ID:57jwk4jDO
>>820
ありがとうございます。とても大きな励みになります。
実はあの後、もう一通メールが来たのですが、
そのメールは、普段通りの調子に戻っていました。
こういう時は、変に励ますのもどうかと思ったのですが、
一緒にがんばろうね、と返しておきました。
向こうはなんのことを言われているのか、多分わかっていないと思いますが。
とりあえず、近いうちに一度、顔を合わせてみようと思います。

823 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 00:15:55 ID:kIl/9VF10
なんだ。自分が解決してやる!って意気込みは無いのね・・・

824 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 00:36:19 ID:AaJBeA/L0
なんか姿勢が中途半端だな。どうしたいのかよくわからない。
全くの他人が、家系全体に関わるような話に下手に首突っ込むと後が厄介じゃね?
どうしても関わりたいなら相当の覚悟がいると思うが。

825 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 05:27:18 ID:0RaFm8Mx0
まあまあ、稲荷様という神を相手にするとはいえ、
ものには順序があるし、なにぶん当事者は彼女だ。
いきなり自爆するくらいの覚悟を持てと言われてもな・・。
神様が相手でもそうでなくても、結婚する気なら人生をかける事に変わりないよ。

826 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 09:17:25 ID:AaJBeA/L0
読み直したけど、結婚する気とはどこにも書いてないが

827 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 12:23:14 ID:iw6AGhM20
>820

本当に中途半端な霊感で苦労した人の言葉とは思えないんだけど

恩恵受けたいときは受けまくって めんどくさくなったら
ほかしてしまう人間のほうに問題があると思う。
戦うって何様?まずはきちんと頭を下げて誠心誠意あやまるべきだと思うよ。
人間でもいるじゃない やってもらいたいばかりでその逆はないの
そういう姿勢だと神も人も怒らせるだけでなんの解決にはならないと思う。

だいたい自分たちではどうにもならないから神仏の加護を願ったくせに
粗末にして怒られたら こっちが上じゃなめんなよ!ってどういうことよ。
そういう気持ちをもってがんばれって全然アドバイスにならないとおもう。
戦うも何も土俵がまったくちがうのに無理だよね。
ちょっと怒られただけでこんなんなってるのに
勝てると思ってる時点でおこがましいし。
まずは自分たちの襟を正して謝罪する姿勢と心をもつことが大切だともう。

828 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 12:35:50 ID:iw6AGhM20
>819

>827に書いたことも、
ここで相談してるあなたじゃなくて
本人たちがきちんと考えないと難しい 個人じゃなくて血族単位だし




829 :819:2007/03/26(月) 17:44:04 ID:Ja35fKveO
彼女は、自分が稲荷の影響を受けているかもしれない、
ということを、多分知りません。
ただ、彼女の父親は助言を受けて知っています。
やはり、僕の口からは、直接、稲荷がどうこう言うのは避けるべきですよね。

830 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 20:41:56 ID:HX8X/cAg0
>>829
彼女の父親は助言を受けて知っている事を君は知っているのに、
なぜ家族の彼女が知らないの?
お父さんは家族には内緒にして、君には色々話しているの?
それとも第六感の友人に観てもらったのか?
スマン、クエスチョンばかりだ。

もう少し、物事の背景を時系列にまとめて頂けると
・・・理解しやすいです。

831 :本当にあった怖い名無し:2007/03/26(月) 21:02:29 ID:kIl/9VF10
>>829
最終的に、あんたがいったい彼女とどうしたいのか
それによってもできるアドバイスは変わるぞ。
ただ単に「見守っていきたい」くらいなら、関わるな。
彼女にも言うな。

832 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 05:25:25 ID:oz/58qCz0
>>827
>>恩恵受けたい時は受けてめんどかったら捨てられたら罰を与える

何様?ああ、そうか。力持ってる方は何やっても良いもんな。
核落とそうが戦争吹っかけようが、な。ぶっちゃけた話、俺は神様ってのは人にとって都合のいい物だと思ってる。
神に対しておこがましい?まぁ偶像を無駄に崇拝する気持ちは分かるんだがな。

神様ってのはな、人間が世界に疲れた時に
「やれやれ、ちょっと休んでけ」とバーボンをくれる様な物なんだよ。
神様ってのは全知全能であるからこそ何をやっても許してくれる物だし、そうするものなんだ。
断じて「信じる者しか救わないセコい神」や「逆らうものには人災天災神罰核ミサイルを落とす神」なんてものは神じゃない。
襟を正して謝罪する姿勢なんぞ要らない。もちろん虚像に対して謝罪することで心が休まり、安寧がもたらされるのならそれでもいいが。

神仏ってのは、救うもの。命をかけて守るものでもなければ罰を与える者でもなく、ただただそこにいて人を支えてくれるもの。
神が天罰を与える??「おこがましい。」
神がそんな下らない事をすると思ってるのか?まずはお前が襟を正して神の事を見直せ。
無限に広がる許す心、それが神の正体だ。信じなくても信じてても、同様に救うのだ。

無駄に神を祭り上げる香具師が多すぎる。神はこういうだろうよ、
「やってくれる気持ちは嬉しいが、別にしてくれなくてもいいよ、つらい時だけすがれば良い」
ってな。だからこそ神は神であり、神である理由が存在できるんだ。



とまぁ持論を展開したが宗教上の神の人物像はもっと違ったものだってことはわかってるよ。
一般論的にどうなのかもね。俺の中に住む神の像ってやつを書いただけ。
神はいっつもこういってるんじゃないかな。「まぁ、アホなのはわかってるから適度に頑張れよ」って。
ちなみに霊感持ってる奴ってのは周りに居るが、苦労等一切してない。
霊感で苦労とか逝ってる香具師は大概自意識過剰。死者の怨念が〜とかな。一体今までの年月で何億、兆、それ以上の人間が
日本で死んでると思ってるんだ。都合のいい所だけ抜き取って心配してもらい、チヤホヤされたいだけ。

833 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 15:57:25 ID:A9zRRkzB0
お稲荷さんとか関係無くて彼女に819っていうストーカーが付き纏ってる
って事じゃないの?
「彼女には自分が必要なんだ!」ってストーカーの常套句だろ

そう思って読み直してみると、ほんとにそう取れるよ

834 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 16:22:00 ID:5hHSGvDI0
>ぶっちゃけた話、俺は神様ってのは人にとって都合のいい物だと思ってる。

ありえない 地球上で生きているのは人だけじゃないよ
常に人の側にたつって考えは傲慢以外の何者でもない。

人同士の付き合いで、やってもらうだけで自分は何もせずって関係だとどうなるよ?
感謝もせずつばを吐きかけるような行いを人はどう見るよ?
人間同士のほうがもっとシビアに見られると思うよ。
ただ、神様に対して献金しなさい、たくさんお供えしなさい 
そうじゃないと助けてくれませんってのは違うと思う

ちなみに私の周りにいるカンのいい友人は実生活でめちゃくちゃ苦労してる
でも 苦労をしていても人を恨むことなく誰よりも心優しいよ。
絶対怨念だの悪霊退散って言い方はしないし、どんな人にも
そうなるまでに理由があるはず。誰か一人でもその人のことを
本気で愛する人がいたら違ったのかもしれないって言う。
たぶん 苦労した人だから本気で言える言葉なんだと思う。






835 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 20:52:40 ID:h/Oulw3j0
まあ稲荷様はそんなに寛大な神様じゃないんで>>832のように考えても、罰は当てるので
それは稲荷様はご眷属が霊狐だから稲荷勧請ってのはその霊狐を呼ぶので、人間的な理屈は
通じません。あるのは借りたら返す、恩の礼は返す、とかのギブアンドテイクの神様です。
 まあ行者さんに相談したらどうでしょうか?

836 :本当にあった怖い名無し:2007/03/27(火) 22:35:46 ID:cFL+SS4g0
持論だけで世の中渡っていけるって思ってる厨房はおいておいて。

819がどんな風に関わっていくつもりかゆっくりじっくり考えるのがまず先。
関わっていくにしても、どういうスタンスで関わるか。
自分をしっかり持って行動しないと振り回されてろくなことにはならない。
下手すりゃ三流霊能者に食い物にされることもあるわけだし。

837 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 00:37:55 ID:WAvPvdl+0
神様と戦って勝つとか、漫画の読みすぎかと。
なんか最近そういう漫画とか多そうな気がする。

できるなら気合いと根性で地震を止めてくれればよかったのに。

838 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 01:00:33 ID:HaovJWvT0
>>837
ならば稲荷神社を絢爛豪華にして毎日最上級油揚をそなえて無菌室状態に密閉して
常に101人の処女が24時間態勢で祈祷すれば稲荷さんは地震止められたのか?アホか。

>>836
オカルティックな物だけで世の中渡って行けるって思ってる厨房は置いといて、だ。

>>834
人間が生み出すものが人間の為だけにあって何が悪い。
人同士でそういう事をしてはいけないから神がいる。神は許す物だから。
まぁカンいい奴で苦労してるって奴は大概「かまってちゃん」だ。

そのうち「さ…下がれ!俺の邪気眼が…邪気眼が目覚める!」とか言い出すから見とくと面白いかも。

まぁ結局はおまいらの言ってる「神」も自分らに都合のいいだけの神なんだよな。
自分の社会生活の障害や肉体構造、精神の欠陥を全て神のせいにしてる。
「神」を鎮めればそれが改善されると願って。
「神」はその為の汚名を喜んで被るだろう、「人間の為に生きてるんじゃない、器量の狭い神」
という汚名を。
あとな、神と戦って勝つってのは直接剣や銃で戦うとでも思ってるのか?アホか?漫画の読み過ぎ。
もはや病気のレベルだ。
俺が言ってるのはな、自らが「神が起こした」と思い込んでいる災厄と戦うその力、それを言ってるんだよ。
もしかしたら、本当に神が起こしたのかもしれない。しかし、自分の力で改善する事は必ず出来る。
神が起こしたのだとすれば、それと戦う(その現象を改善する、つぶす、破壊する)ことはできるはず。

まさかお前らマジで神に338口径ぶっぱなしゃ風穴開くとでも思ってるのか?

839 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 01:39:26 ID:XWs4LZpP0
肝心の>>819が置いてきぼりになってる気がするが

840 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 01:44:13 ID:HaovJWvT0
そうだねぇ。実際問題なのは>>819だし。
とりあえず俺が言いたいのは敵が怒れる稲荷神だろうが、精神病だろうが落ち着いて、
冷静に何が出来るかを対処し、虚像に原因を求めるなということ。
がんばれよぅ。

841 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 15:44:10 ID:zAD3hdH+0
ID:HaovJWvT0さんが人を見下してることはわかった

842 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 20:12:09 ID:EQrEFJ6w0
ID:HaovJWvT0 日本語でおk


843 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 20:32:57 ID:I4+6A8qP0
マターリいこうぜ。

844 :本当にあった怖い名無し:2007/03/28(水) 20:57:04 ID:Sslwq5GK0
稲荷は朝鮮半島から来た秦氏が、ウカノミタマノカミを祀ったもので、
別にたたりする神ではないよ。
キツネが神さまってわけではないし。眷属としてキツネが祀られてるけど、
朝鮮半島のキツネ信仰が日本に定着したもの。

後に真言宗が、インドの神ダーキニーが、キツネとかかわりがあることから、
ウカノミタマノカミと同体だという説を唱えた。
ダーキニーの恐ろしいイメージが、稲荷に反映して、さらに
稲荷と関わりの深いキツネが稲荷本体だと誤解されるようになって、
稲荷=たたりがみという、間違ったイメージが定着した。

845 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 13:41:24 ID:FZGgwrMf0
うち、先祖代々から左肩に星型の痣があるよ。
そのせい…ってわけでもないけど、DIOっていう変な奴に付きまとわれてる。

なんでも、むかしうちの先祖がイギリスの貴族だったとかで
超金持ちだったらしいんだけど
その財産についていざこざがあって、そのDIOって奴とモメたんだってさ。

で、問題はそのDIOって奴。
そいつがもうウザいくらい執念ぶかくて
その先祖ともめて100年以上たった今でもまだうちの家系にまだ粘着してるの。
妄想とかじゃなく、マジで粘着されてる。
時々なんつうの?
奴の気配を感じるっていうか…。

ちなみに俺は最近なんかそのDIOって奴と関係無しに超強力な悪霊に取りつかれた
マジやっべwwwwwwwwwww
どうすんべ。

846 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 14:19:02 ID:DcMinzdX0
ジョースター乙。

847 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 14:35:03 ID:LDs8Mk5A0
845ってかなり年配?

848 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 16:38:38 ID:veEfvREo0
age

849 :本当にあった怖い名無し:2007/03/30(金) 17:26:44 ID:cr55oeDM0
>>835
なんで832なんだ?
832は819が頭おかしいと言ってるだけで
お稲荷さんの事は悪く言ってない希ガス

850 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 05:24:18 ID:Rm8bLOMo0
あげ

851 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 07:28:57 ID:Zk32V6gLO
うちの家系は桃の節句の3月3日に雛人形が飾れない
多分端午の節句もダメだったような…

852 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 08:29:14 ID:4s/AusRqO
家は代々女ばかり残る。
男は死ぬか離れていなくなる。

853 :本当にあった怖い名無し:2007/04/02(月) 18:07:17 ID:pasd3C9uO
>>849
悪く言ってる言ってない、の話をしてる訳ではないだろ
>>832が神は全てを許すもの、と言ったからそこに焦点を合わせて
>>835は稲荷系は神仏の中でもこう言われている神様だ、って話をしただけだろ

っていうか問題は、彼女が〜って話をした人が自分がどこまで関わる気があるか、
彼女の家庭(家系)が本気でその状況をどうにかしたいと思っているのか
、ってところなんだろうな。どちらも同じ気持ちなら、腹を決めて住人のアドバイスを
参考にするなりなんなりして話し合って取り組んでいけばいいと思うし、
どちらかが欠けているならアドバイスしようが無意味なだけの話だし

まぁなんていうか…彼は彼女と本当に恋人同士だったのか?
また、ただ彼女の家系の話をしただけで正直そこまで関わるのはちょっと…
とか、事実関係と彼の本心が聞きたいところだけどなw

854 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 09:43:45 ID:Ab/Sli840
うん確かに気になる
819の話の内容からだとちゃんと付き合ってるのか疑問が沸く。


855 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 18:30:31 ID:UB+ovM9r0
私はまるっきり同じ状況の家で育ったが、結婚して家出たら、ほんと
ツキモノがおちたようにラクになったよ。とりあえず結婚推奨。

856 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 18:41:02 ID:lTIYWkqv0
そっか、女性の場合その手があるんだ。

857 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 19:28:35 ID:hMSdnsNq0
ここのスレ見てると、うちのオカルトなんて本当にどうでもよく思えるなぁ

母方の家系から自分まで代々「死んだ人は自分が死にそうにならない限り絶対夢に出てこない」という
妙な特性を持ってます。従兄弟はそんなことないみたいだけど・・・

858 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 20:51:29 ID:Cn4JfOIt0
狐憑きの家の娘を嫁にもらうと、狐も洩れなく憑いてくるって
よく見るけど、そうでもないのかな。

859 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 21:01:25 ID:hKEF5HW30
>>858
良いことは伝聞や記録もしくは記憶に残りにくく、悪いことは
いつまでも残るからね。

だから、憑き物の家系でもまるで憑き物に関係のない血筋や
家の者との婚姻によってその背景がはがれることがあっても、
記録などに残っていないのかもしれない。

860 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 15:18:29 ID:ecZOnFRB0
>>851
飾っちゃいけない理由は言い伝えとかされてないの?

861 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 01:41:35 ID:9/uSa5bK0
うをおおおおおおおお
ッホーヌラーンン



862 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 21:27:11 ID:l9nlgw/LO
857の話を読んで疑問に思ったんだけど、死んだ人の夢ってよくみるものなの?

863 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 22:34:22 ID:2uzQf5qH0
>>862
死んだ親の夢だと良く見るよ。
43歳で死んだお母さんは、夢の中だと私が小学生くらいの頃の若さに戻ってる。
言われてみると親戚のオジサンオバサンの夢って見ないな。

864 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 18:17:59 ID:xMGjUsD90
とりあえずage

865 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 19:56:01 ID:BooTgWy7O
じぁ!sageるね!

866 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 21:12:46 ID:5HmXVUUP0
うちの家系では鯉のぼりを立ててはいけない。
父方の先祖が、源平時代の落武者で、落武者=隠れてひっそり
暮らしていたので、のぼりやのろしなど、目立つものはご法度だったと
いうのが理由らしい。

母方は大きな農家で、色々な作物を作っているのだが、
きゅうりだけは作ってはいけないことになっている。
理由を知りたいのだが、古いことを知っている人がもういないので
知る術がないのが残念。

867 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 12:25:23 ID:NyWv8/Nr0
>落武者=隠れてひっそり

鶏を飼ってはいけない、と言われている村があって、
そこの人達も平家の生き残りの子孫だと言っていた。

868 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 13:18:09 ID:OHtxzjrA0
鶏って平将門を調伏した不動明王と関係があるんじゃ。

きゅうりはわからんけど・・・カッパに襲撃でもされたのだろうか・・・。

869 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 13:19:33 ID:OHtxzjrA0
ageちゃった、すまん。

870 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 13:40:23 ID:uhCELiCT0
>>866
なんか見覚えあるんだけど、コピペ?

871 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 14:16:28 ID:lOmcNYOf0
平将門って、不動様に調伏されたの?

872 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 14:27:20 ID:OHtxzjrA0
いや、されたかどうかというとわかんないケド・・・。
有名な成田山新勝寺はそのために建てられたらしい。
で、平将門系の子孫とか神田明神の氏子やらは成田山には参詣しないの
だとか。すると悪い事が起こったとか言う噂もあったり。

873 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 15:37:36 ID:8gNvZ5KB0
きゅうりといえば、あれだろ。
何だっけ・・。
どっかの家の家紋がきゅうりに似ていてという奴。
結構有名な話だが、忘れてる自分が情けない。

874 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 15:45:34 ID:L5BIKKyf0
>>873
確か胡瓜の切り口が「三葉葵」の文様に似てるとか似てないとか…
このスレの書き込み?だったと思うから気になるなら過去ログ嫁。

875 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 15:51:45 ID:OHtxzjrA0
ああ、徳川?
最近、テレビでもそんな話題があった気がする。

そういえば、うなぎを食べない地域もあったような。神使だとかいう話だった
気がする。
ハトとかサルとかムカデとかカラスとかネズミとか、迂闊に退治とかできない
ところは大変だよ。

876 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 16:47:39 ID:TYboIlBNO

憑き物筋の家系はね
子孫を見たら大体分か
るよ。


877 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 17:01:49 ID:KeIqcDO70
オレの昔の知り合いに瀬戸内海を荒らした海賊の子孫がいた。
で、そいつの家では代々キュウリを食べてはいけないといっていた。
何でも先祖が河童に願をかけて、そういう取り決めをしたとか。
実際、家の敷地内には河童を祀った小さな社があるそうだ。
ちなみにそいつの名字は現在外国文学の翻訳もしている有名作家と同姓だ。

878 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 17:05:06 ID:L5BIKKyf0
村上水軍?

879 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 17:07:18 ID:KeIqcDO70
そう、直系の末裔だと言ってた。

880 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 22:02:15 ID:iRKbrE+xO
>>866
面白い、うちと同じような家があるんだね。
うちは作れる野菜を瓢箪からきゅうりに変えた家だけど、
源氏の末裔だと祖父が言っていた。

881 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 00:27:56 ID:jNnhXDSOO
ラーメンマダー


あれだけやりたい放題でもまた石原か


これで築地に卸してる人が東京オリンピック誘致にて、立ち退きを強いられたり、わけわからんクソみたいな条例が増えるだろう。


散々叩いても最後はまぁいいかで投票する国民性

馬鹿ばっかり

882 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 01:03:57 ID:uQ5Pskk70
866です。
>>870
コピペではないです。
昔、どっかのスレに書いたことあるかも知れないですが。

>>877
そのお知り合いと母方の姓が同じで、びっくりしました。
瀬戸内海からは遠いので、偶然だとは思いますが、
面白いですね。

他にもレスをくださった方、興味深いお話を
ありがとうございました。


883 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 01:04:23 ID:Ecnk/CKB0
>>881
だって、浅野のオッサンはイモくさいくせに妙に小生意気な感じがしたじゃない

884 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 01:10:30 ID:LcFIySY40
>>881
スレ違いだが答えてやる。
対抗馬がカスばかりじゃ石原が勝つのは当然。

885 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 01:13:42 ID:U4nR4/KS0
コピペだから放置汁

886 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 06:26:08 ID:1dhMkqD70
う〜みゅ。みごとな誤爆だ・・・

887 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 09:50:48 ID:jORTg75o0
村上水軍っていう人がいるのかと思ってた。
今は実際そういう名前の人がいるようだけど。

888 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 13:54:37 ID:QbpAEaEqO
>>876
そこまで書いておいて、なぜその後を書かない

889 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 18:42:55 ID:XjTzsWi5O
>>883
あれは宮城県民の恥っす。
一生宮城に戻ってくるなって感じ。

スレチだ……スマンorz

890 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 12:04:18 ID:PUjJoDEQ0
うちの母方も村上水軍だ・・・。
祖母は佐賀の化け猫騒動で有名な鍋島藩出身。
母方の親戚は異常な人が多いよ 精神やられてる人多すぎなんだよね。
近親相姦で出奔とか割腹自殺とか絶対旦那には話せない話が山盛りで鬱になる。


891 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 12:13:07 ID:TihZi9ip0
>>890

それスゴーク気になる。詳しいお話 お願い!

892 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 20:19:45 ID:PUjJoDEQ0
>>891
たいした話ではないかもしれませんけど
伯母と叔父は若い頃男と女になり家庭を捨てて逃げた。
今ではそんな事実が無かった様になっている事の方が怖い。
従姉弟達も白血病になったり頭おかしくなって刃物で自分をブスリや
完璧に精神がおかしいのも多数です。自分のお腹の子供にだけは
味あわせたくない、聞かせたくない物が山盛りです。
母の田舎のある地域は家系的に変な事が一杯だそうです。


893 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 20:26:34 ID:JHpMmYte0
キチガイは遺伝するよ

894 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 20:34:37 ID:Z5ZCI0SB0
>>892
夢野久作とか縁続きなのかな
猫について掟みたいのはあるんですか?

895 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 20:45:49 ID:PUjJoDEQ0
よその親戚はどうか知りませんけどうちは猫大事にしていますよ。
お猫様扱いはしていませんが子供の頃から猫がいるのは当たり前って言うか
猫に私はお守りされて育ってきたみたいな物です。
自分に何かあると猫が身代わりになる事が何度もあったので少し怖いけど
今でも黒猫が横でぐうぐう寝てますよ。


896 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 20:53:22 ID:Z5ZCI0SB0
>>895
身代わり話聞きたいです。 気が向いたときにお願いします。
なんかいいなあその黒猫。

897 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 21:08:04 ID:Uscz++Sb0
我が家の先祖は斎藤道三と懇意にしていた。
が、斎藤氏が大切にしていた松の木を切ってしまった。
斎藤氏が滅びたのはその所為だとか言われている。
ウチの父は「我が家は祟られているからな」と話してくれた。
自殺者や欝が多い我が家の家系。
特に男性は弱い。

898 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 21:18:03 ID:zi/kcPTd0
 昔、論文を書くために山の中で外界と閉ざされた集落の調査をした事がある。
 
 そこで気になるのがやっぱり結婚と血筋の事。
 
 ほとんどが親戚同士という集落の中での結婚はやはり近親婚が多かったのではないのか?という疑問がどうしても浮かんだ。
 担当直入に聞いてみると、思った程、近親婚というのは行われてはいない、との事。
 というのも、そういう山の中の集落は山中に点在していて、集落から集落にいく道は山の中ではわりと近道なのだそうだ。
 で、近親婚を避けるために(昔といえどもやはり気をつかっていたらしいのだ)隣の集落から嫁をもらったり、嫁いだりしていたらしい。
 多くの場合はそうやっていたそうだ。

 しかし、やはりそればかりでもなく、近親婚になってしまうケースもあったそうだ。
 
 が、数十人の小さな山の中の集落であるにも関わらず、もうひとつ不思議だったのが、高学歴の子供を持つものが多かった事。
 東大にいった、官僚になっている、などなど、小さな集落にしては多かった。
 
 近親婚が全くなかったとは言えない小さな集落内で、それが何百年も続いてきたとしたら血はけっこう濃くなっているはず。
 それが天才を産んだのではないかな?と勝手に想像してしまった。
 ちなみにその集落内の方達もごくごく普通のほのぼのした人達ばかりでした。
 

899 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 21:40:50 ID:Z5ZCI0SB0
>>897
ゆかりの神社とかにお参りして、新しい松を植えたりとかしてもダメですかね

900 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 23:46:51 ID:Uscz++Sb0
>>899
うーん。どうだろう。
父に聞いてみようと思う。
斎藤氏にはお世話になっているはずだから、何とかせねばって思う。

901 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 01:06:44 ID:U3f/MUBs0
>>898
いまどき、そんな所あるのかね

902 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 01:15:13 ID:Wfe+Izao0
大したことではありませんが
どういう訳か我が一族で「とし」という音や
「利」という字が入った名の付く人は早死にするとの事。
祖母から聞いただけでも該当者は5名。
祖母の子(私の父とその兄弟)からはその文字を入れないようにしたら
皆無事成人したとの事。


903 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 02:53:17 ID:fivQFQ6HO
>>898
そういえば、母方の祖母の実家も山の小さな集落にあって、
その家の子や孫はみんな頭いいな。俺を除いて…

904 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 06:44:50 ID:U3f/MUBs0
むう

905 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 15:26:26 ID:E+O/yu9B0
なんか、生物学的には、はとこぐらいが当たりが
でるらしい。けど、外れもあるわけで。
田舎なんかは、外れの場合は(見た目でわかる場合は)
さっさと母親に気づかれる前に処分することも多いらしい。

906 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 01:34:09 ID:9cxpvsKf0
ぱんぱんぱん

907 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 10:00:03 ID:C5ZRwVhpO
集落小さ過ぎてもう勉強しかやることなかったのもあるんじゃない?

娯楽がない方が勉強するじゃない子どもの頃って

908 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 10:33:53 ID:xs69RmeV0
周りで一番とかになると本人もその気になって勉強するしな

909 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 22:33:45 ID:EKXbRbAV0

       ∧_∧        ∧_∧       ∧_∧
      ( ´Д⊂ヽ      ( ´Д⊂ヽ     ( ´Д⊂ヽ
     ⊂    ノ     ⊂    ノ     ⊂    ノ
       人  Y        人  Y        人  Y
      し (_)       し (_)       し (_)



910 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 19:06:48 ID:lARTzLUI0
>901

 あるんですよ。けっこう
 地方の俗に過疎化している場所のいくつかがそんな感じになっちゃうんでしょうね
 過疎化しているから、集落といってももう10世帯とかくらいしかないような村です。
 けっこうあるもので、過疎化していて、若者はほとんど都会に出て行ってしまうから、村はほとんど手つかずのまま昔の姿を留めていたり
 
 


911 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 20:26:07 ID:WExBGxoPO
>>875
虚空蔵菩薩様の乗り物がうなぎと言われていますね。
なので虚空蔵様を職業神様としている漆器職人さんや料理人の方、
代々信仰している家やお寺の方は食べないかもしれませんね。
特に職業神様の信仰だと食べない方が多いとか。

912 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 20:51:51 ID:CUr2vrdiO
かなり小さい事だけど、うちは本家にあたるんだが二百年以上女の子が生まれていなかった(生まれても死産だった)
うちに嫁いで来る女性は全て病死している。
そして自分は女な訳だけれど
長生きできるのか

913 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 22:22:25 ID:yVlgNiqi0
>>912
いや小さくないだろそれ……。
ってか洒落になってねえ

914 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 00:33:17 ID:6wHK2aHw0
200年ぶりの女の子キター

915 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 00:52:18 ID:fX6Qfoz+0
>>912
小説の主人公が貴女だとします。
そこまで、その家の流れを知ってしまっていたら
主人公はどういった行動をとるのでしょうか?
そこに貴女の未来が・・・

と言っても空恐ろしい過去がぎっしり詰まってるかも
しれないしな〜、自分が貴女の立場でも戸惑うだけかも。

916 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 01:28:11 ID:IcGBGCmI0
つ性転換

917 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 01:40:37 ID:i0vQCD2k0
家系調査ですな。
取り寄せられるところまで謄本とりよせて、
あとは菩提寺に相談してみてはどうか。 これはオカ板的道のり。

科学的には、女性側の遺伝子になんか弱いところがある家系とか?

918 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 02:56:13 ID:I7+wuS1YO
>>912
ところで貴女はいくつなの?

919 :912:2007/04/16(月) 14:08:18 ID:DajwWjrd0
今までさほど気にして生きて来なかったので、ここまで反応があるとは思いませんでした。

昔と変わった事で一つ何かあるとすれば、私の父の代で昔からやっていた商売をやめたくらいのもので。
ただ、母に聞くところによると私の曾曾祖父は養子だったようなんです。
その前の代で、正式なこの家の血筋は絶えているはずなんですが、どうもこの女の件の流れだけは変わらないようで。

>>915
かなり小さい頃から気付いてはいたんですよ、でもそこまで気にならなくて。
うちのあたりは元々戦場だった、とか色々聞く土地なので怖さ半分楽しみ半分です。

>>917
謄本取り寄せてみますね。
うちのお寺の坊主、どうも生臭くて好かないんですよ…
遺伝子云々は、今のところなんとも。

>>918
20歳です。

920 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 17:53:55 ID:YlmzP35J0
>>912
興味深いね。
話を聞くに、そのお父上の代でやめたという商売が関係してそうな気がかなりするんだけど、
ちなみにどんなお仕事してたの?

あーそれから、お寺は選んだほうがいいよ。
代々お墓があるっていっても、坊主がクソならせめて自分のだけでも別のお寺のお墓にしてもらったほうがいいかもよ。
うち時々そう言う人来るから。

921 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 18:58:19 ID:2gXEydEh0
>>920
さっさと変えちゃうと、過去帳とかあっても見せてもらえなくなりそうですよね。
もうこれ以上はくすぐってもどうにもならんな、と思ってからのほうが
よくないでしょうか。

922 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 21:44:27 ID:YlmzP35J0
>>921
たしかに引き出せる情報は引き出してからがいいね。
基本、お寺を変えるって事は、当然だけど元のお寺さんにとってはやっぱり面白いモンじゃないしね。

923 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 00:36:19 ID:S25iR/3i0
>>910
そういう切り離されたような村を見てみたいな


924 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 01:10:41 ID:kOlO9rWhO
曾祖母の血筋の人間が家を継ぐと背中にホクロが出るみたい。
曾祖母、祖父、母、同じ場所に同じような特徴的なホクロがあった。
母は次女だったけど、長女は嫁に行ったせいか出なかったらしい。

925 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 01:22:02 ID:6o0d7mYOO
>>898
紀元前500年の論語にさえ「同じ姓」との結婚を非難した一節がある(血縁はほぼ伝説時代の話)

王族の話だけどね

926 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 02:17:07 ID:zpNtW/NH0
「同姓同本不婚」

927 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 19:58:48 ID:hSCi0BoF0
まあ孔子はある意味DQNだからw

928 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 16:22:40 ID:Ea/OAvALO
>>717
コピペだよ

929 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 22:05:27 ID:nfw1YRqj0
NHKで村上水軍だよー

930 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 22:42:54 ID:ywWIvOuPO
うちの家系は奇形の出生率が高いらしい。かくゆう俺も奇形

931 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 22:53:17 ID:M9WTxpQjO
>>930
個人的な興味なんだけど、奇形の出方は決まってる?

932 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 22:57:55 ID:ywWIvOuPO
>>931
色素と性器の不備が多いみたい。指が足りないとか上唇が裂けてるとかもあるらしいけど

933 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 09:14:58 ID:W40Eravi0
>>930
奇形というか…痣があるじゃん、赤いでっかいのが生まれつき体にあるの。
昔は、妊婦さんが火(火事だったかな…)を見ると子供に痣が付いて産まれるみたいな迷信があったみたいね。

934 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 10:23:24 ID:oKTwb4HA0
フィクションだけど、」横溝正史の「悪魔の手毬唄」ではその迷信を基にして
身体半分が赤痣に覆われた娘が登場するね、母親が父親の顔を焼いたんだっけ

935 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 22:27:50 ID:hLdgE0AfO
家の家系は精神病が多い。
私の両親はまともで普通の人なんだけど、両方の兄弟に精神病んでる人がいる。
しかも何人も。
自分もやばいかも…
こういうのって何かあるの?
あと、何番目の子供に起きやすいとかあるのかな。

936 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 00:53:44 ID:238U0VFI0
>>933
うちの兄は母が火事を見たとかで背中に大きな痣がある。
あながち迷信でもないかも。


937 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 08:24:00 ID:T3HzlPjc0
>>935
精神病は確かに遺伝的な要素もあるけど、
それよりも精神を病んでいる人と生活しているうちに
自分も病んじゃうってパターンが多いらしいよ。
両親が普通であまり精神を病んでいる人との接触がなければ
とりあえず大丈夫じゃないかな?

938 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 10:14:57 ID:52s1faGA0
>>937
精神病ってひとくくりにして、接触しなけりゃ大丈夫、というのはとても
問題があります。精神病だっていろいろあるんだから。伝染病じゃあるまいし。
座敷牢や昔の精神病院のイメージで考えられてるんだろうけど。

まあ、考えられるのは世話や周りの目に疲れてうつ病になってしまう
パターン?

939 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 21:45:52 ID:GjfKUqxa0
>938
>937はそういう意味じゃないだろ…
精神を病んだ人と一緒にいると、
思考パターン・行動パターンが似てきてしまい、
いつの間にか同様の行動をするようになるってことだろ?
だれも病原菌のようにはとらえてないよ。

940 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 22:02:00 ID:ZGm7I0rmO
>>100>>200>>300>>400>>500>>600>>700>>800>>900

941 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 00:11:50 ID:aY0Eg0mr0
>>939
病原菌のようにはとらえていませんよ。でも>>939さんのような状況も
あまり考えにくいです。家族に病人がいるからわかりますが、あんまり
日本では精神病が理解されてないので、ちょっと言いたくて。
偏見ばかりで正しい理解がされてないので悲しく思っています。失敬

942 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 07:29:26 ID:3pQDaE1I0
正直、この手の話題になると必ず沸いてくる人がいるせいで
939の考えの方がしっくりくる

943 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 08:09:30 ID:Mse3CAQO0
なんだか微妙に会話がかみ合ってないよね、ID:aY0Eg0mr0

944 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 10:24:21 ID:aY0Eg0mr0
>>942 >>943

何がどう間違ってるのかお教え下さい。私には>>939>>935も精神病患者への偏見しか
読み取れません。主人の母が統失ですが、育てられた主人はまともです。

ご自分が偏見をもっているんだというこいとはご理解いただきたいです。そういう偏見に
傷つく人たちがたくさんいることも。
どうかお願いします。

945 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 10:32:49 ID:YhFJ6foJ0
はいはい偏見に満ち溢れたこの世界は汚いですね。
理解の無い周囲の人間は愚かで醜い汚物ですね。
偏見や差別に傷つくあなたたちは尊くてかわいそうで保護されるべき存在ですね。
そして尊い存在であるあなたたちが愚かで無知な人間の偏見を正し修正するのは
当然の権利であり義務なんですよね。

今現在あなたの主人がまともならそれでいいじゃないですか。
何でそんなに噛み付くんですか?

946 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 10:46:32 ID:aY0Eg0mr0
もう結構です。間違いにカチンときたので、ただ本当のjことを知って
欲しかった。それだけ。いいですもう。偏見をお持ちのまま、楽しく
やってください。かみついてなんかいませんよ。スレ違いですし。

>>945
そうやってひとのことバカにして楽しいですか?ここにはあなた
みたいな最低の人間しかうないのならとっとと消えます。

スレ違い長々とすみませんでした。








947 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 10:52:25 ID:mMSVzZ0r0
医療関係者から一言

一言で「精神を病んでいる」といっても、ものすごく色々な病気があります。
確かに>>937さんの言われていることは間違いではありません。ただし、
発育期の幼少時に、そういう病気の方との常時接触(この場合、育てられたという事ですが)
があった場合だと解釈されています。

>>938>>941さんの危惧しているように、何かの原因で病気になってしまった方と
一緒に生活しているからといって、そのような病気になってしまうわけでもありません。
あくまでも、子供の成長期に、どういう環境があたえられていたか、だと思いますが。


948 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 11:00:29 ID:mMSVzZ0r0
もうひとつ考えられるのは霊障ってことですが・・・

実話です。

知り合いの子供がいわゆる「発育障害」なのですが
これは死んだ人間の影響(霊障)というより、母親の悪想念
(自分の未来に対して悲観的なことしか考えられなくなるとそれが溜まりたまって
悪い方向に働くというエネルギーらしい)が原因で胎児期の子供に異常を来してしまった
という話がある。

この場合、悪想念が無くなってしまえば、完全にとは言わないまでも
かなり子供の病状は改善されるそうだ。

ある霊能者からの情報でした。

949 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 11:06:18 ID:VdOFXap+0
大人になってから、収容所みたいなところに放り込まれる経験で
病んでしまうこともあるから、いちがいには言えないと思うけど。
人格障害は周りを壊すっていうし。

ところで、そもそも>>937さんは>>935さん対象に書かれたレスでしょ。
>>938さんなら、どう答えるわけですか?


950 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 11:17:47 ID:RLh3HFHQ0
>>947>>948
医療関係者なのに霊能者の知り合いがいるあなたに興味津々。
医療と霊ってまったく違うというか真逆な分野だと思うけど
なんでそんな知り合いがいるんですか?
そして医療関係者であるあなたから見て>>948の話はどのように感じられますか?

951 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 13:40:01 ID:AwAV9HwM0
もういいだろ
スレ違いを引っ張るなよ

952 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 19:56:42 ID:Isd7QVLa0
そろそろここらへんでどかーんと、
なんか面白いネタないもんかねー。

953 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 02:49:44 ID:oK1hWk5u0
どかーんじゃなくてもいいじゃないか。
オカルトを抱えた人は、静かな所でひっそり打ち明けてくれるものだよ。

954 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 07:45:20 ID:3Fg5t3ER0
>>945 あんた 最低。

955 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 08:15:49 ID:yaEkFN+Z0
どうどう、落ち着いて
一言言わなければ気がすまない性質も大人げ無いよ

956 :医療関係者:2007/04/22(日) 11:58:54 ID:Q3cHFOGZ0
大きい病院とかは知らないけれど、
意外と民間療法と西洋医学を併用して病気の治療してる人っているよ。

胃カメラ受けたひとで、どこかの宗教団体からもらった御札(マッチ箱より小さい)
を毎朝飲んでいて(この御札は体内から浄化するって代物だったらしい)
胃の中でお地蔵さんがにっこり笑っていた。wwwwwww

担当医が記念に写真に写して患者さんに渡していたぞ。

効果があるのかないのかは分からないが、病人の精神的な心の支えになれるっていうのは
いいことなんじゃないか?

『病は気から』は本当のことだよ。


957 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 12:14:03 ID:ITPivzbG0
それは紙(木片?)のお札に書かれたお地蔵さんが
消化されずに胃カメラで見えたって事?
そんなもん食べてたら胃を悪くしないのかな。
トイレットペーパーや薬包んで飲み込む透明の…なんだっけ
あれならまだしも。

958 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 12:22:09 ID:3Fg5t3ER0
>>955
最低な奴野放しってのもなあ。やっぱムカつく。
>>957
オブラート?

959 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 13:25:19 ID:M2RFf6MlP
2ちゃんねるに品行方正を求めてる馬鹿が居るな。

960 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 13:28:27 ID:3Fg5t3ER0
「2ちゃん」だから」とかいうやつって現実でもどうしょーもないクズなんだよね。


961 :医療関係者:2007/04/22(日) 13:55:23 ID:Q3cHFOGZ0
御札は和紙に朱墨で描かれていたものです。
和紙だから、人体に影響はないと思われ。

胃カメラって、水も飲んではいけないんだけど、
どうもその患者さんは「薬だから」といって
許可無く朝飲み込んでいたらしい。

962 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 15:28:37 ID:MSi92R090
aY0Eg0mr0=3Fg5t3ER0
ID変わってから第三者のフリをして来ても
不自然な程1レスに執着する行動でもうバレバレwww
ホラそろそろ安定剤飲む時間だろwwwはやく飲めwww
手がガタガタ震えてるぞwww

963 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 15:45:58 ID:3Fg5t3ER0
さて。別人だなんて証明する方法はないから、別人でも本人でもいいよ。
キチガイはどこにでもいるから。あなたもお薬のんだら?アッパーに
なりすぎだから。じゃ、キチガイのお守は皆さんでよろしく。

>>961
刺抜き地蔵の御札をばあちゃんに飲まされたことがある。けっこう
小さいんだけど、紙の質感がなんとも飲みずらかったなあ…。

964 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 16:08:23 ID:M2RFf6MlP
キチガイ(ID:3Fg5t3ER0)のお守りか…
大変そうだな…

965 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 16:36:26 ID:q+aBiZw20
うちの家系は65歳でお迎えが来る。
祖父母は勿論、他の親戚もみんな65歳で死んでいる。

うちの父ちゃんは今年の夏で65歳。
「俺が怨念を断ち切ってやる!がはは!!」と笑っているが
果たして来夏まで生きられるかどうか…。

あ、ちなみに怨念というのは、父が勝手に言っているだけで
先祖が蛇を殺したとか坊主を殺したとか
そういうのは無いと思います。

966 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 16:39:54 ID:3Fg5t3ER0
>>964
あら、あなたも仲間?ID:MSi92R090さんと仲良くしてね。
他のキチガイの皆様も大歓迎。最近貴方達みたいなのが
ふきだまってるね。ま、もうそろそろ終わりだからいいけど。

967 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 16:56:48 ID:pY5/BE9kO
お前真面目にキモイよ
粘着してねえでスルーしろよ
何が悔しかったのか知らんけど
>>966

968 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 16:58:32 ID:Qr9lJIHIO
なんだかやたら痛いのが一匹住み着いてるな

969 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 17:00:43 ID:3Fg5t3ER0
>>967
真面目にキモイよ、なんて言われてスルーしろっての?
ハイ、あんたもキチガイ仲間ね。あー楽しい

970 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 17:04:54 ID:3Fg5t3ER0
>>968
あんたもキチガイ仲間ね。あたしに消えて欲しかったらいじるなってんだよ。
でなきゃここで楽しくキチガイ仲間と居座るよ。ひどいこと言っといてさ。死ねば?


971 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 17:11:55 ID:3Fg5t3ER0
早くあやまれ。勝手に人のこと無茶苦茶言っといて。なんなの?
あたしが何したっての?粘着してきたのそっちだろうに。
こんなひどいの初めてだよ。

972 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 17:19:57 ID:3Fg5t3ER0
ここはあたしの落書き帳?ほら、叩きたいなら叩けば?
言っとくけどあたしあの本人じゃないからね。あの発言が
ひどいと思ったからひどいって言った。それだけで本人より
叩かれて。おかげですっかりキチガイになれたよ。
なんか言えないの?他のキチガイさん?

973 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 17:23:43 ID:3Fg5t3ER0
なるほど。これが「スルー」ってやつね。お見事ですこと。
コソコソカゲグチは言えてもこういうキチガイの相手はできないわけ。
りっぱだなあ。ほんと尊敬しちゃう。

974 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 17:36:10 ID:3Fg5t3ER0
本人さんも書いてたけど、あたしも精神病の家族がいる。世間の
人間はいやになるほど誤解してる。だから同情した。キチガイ=
精神病じゃない。キチガイって今の私や、「2ちゃんだから」なんでも
いい人間や、現実で下層階級に暮すウサをはらすため
女の書き込みに傷つくような性犯罪もどきをやる人間だ。

たてよみじゃないから。

誰か書き込んでみろ。怖いの?ただのキチガイ女が。

975 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 17:42:09 ID:3Fg5t3ER0
次スレの準備お願い。ここの残りは私に埋めさせたいようだから。
どっかで笑ってるんだろうな。ここには叩く奴はいても、助けてくれる
奴はいないから。「助けて」っていっても帰ってくるのはいやな笑い声
だけ。

976 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 18:14:26 ID:Wkz0/VWC0
NG
ワードに登録すると見やすくなるよ

977 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 18:26:18 ID:3Fg5t3ER0
>>976
NGワードってなんですか?

978 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 18:31:46 ID:5lPH88mnO
('A`)

979 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 18:38:44 ID:69dZFV2n0
すごいのが粘着してるね。完全にイカレテル。

980 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 18:43:31 ID:3Fg5t3ER0
>> 979
あんたみたいな人間があたしをキチガイにしたんだよ。
粘着なんてしてない。他の人が面白がって見てるだけ。
イカレテルんじゃなくキチガイなだけ。こんな所に
そんなこと書き込んでるあんたもキチガイだよ。死ね♪

981 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 18:46:39 ID:5lPH88mnO
>>980
いい加減さそういう被害妄想やめれば?(´・ω・`)

982 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 18:52:57 ID:UcMsTCV30
同じような家族の居る側からしたら、この自称キチガイ女みたいなのが
あちこちでこんな風に触れ回ってるのかと思うとゾッとする
某障害者施設で利権あさってる奴が居るんだけど、この人にそっくり
吐き気がする


昔地元にお稲荷様が居たんだけど、それを退かしてからちょっとやばくった
親戚にも祀っている人が居るけど、縮小してからやっぱり少し危ない
このままだと家系が途絶えそう

983 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 18:53:17 ID:3Fg5t3ER0
本人さんには申し訳なく思ってます。ごっちゃにされていやな気分に
なっていたらと思うと。ある意味精神病伝染説は正しいのかも。
兄は統失、私はこんなことになってるし。兄妹が病気の気持ちって
わからないだろうな。近所の人は性犯罪起こすんじゃないかって
目で見るし。友達はつれてこれないし。家族が気持ち悪いって
気持ちわかる?

984 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 18:54:46 ID:M2RFf6MlP
釣果は上々だね♪
>>ID:3Fg5t3ER0

985 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 18:58:55 ID:3Fg5t3ER0
>>981
被害妄想?叩かれたのに?

>>982
ここでししかやってないから安心しろ。障害者利権?なにそれ?
稲荷?オカ板でいうのもなんだけど、ありえないよ。

なんにもわかんないくせに勝手に決め付けないで!あんたに
精神病の家族がいればいいのに。

986 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 19:01:38 ID:3Fg5t3ER0
>>984
ようするにあんたはこのスレの住人じゃなくて、荒らしたかっただけ?
キチガイ以下だね。いいよ。ここでたまった気持ち吐き出すから。
私なりに利用してやるから。

987 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 19:04:39 ID:5lPH88mnO
>>985
自分は病んでま〜すみたいな文章ばっかだし、あんたみたいな人間が私をキチガイにさせた〜とかさ。なんか押し付けがましい。
それに叩かれたら悔しくてもスルーしないと。
あんな電波みたいな文だと荒らしみたいだと思う。
貴方は精神的に病んでるんだっけ?

988 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 19:08:41 ID:3Fg5t3ER0
今日は学校ないし、ゆっくり自由帳に好きなこと書くよ。
兄のデンパなしゃべり聞いてると殺したくなる。でも、情は
あるよ。きょうだいだし。でも、誰にも見られないように
閉じ込めておきたい。なんの悩みもないやつ等が、精神病
患者をバカにするのも腹立つ。ここにいるやつら、みんな
わかんないくせに、あたしをバカにして…。楽しんでる?
間違いなく見下せる相手だもんね。あんたら最低だよ。

989 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 19:12:22 ID:M2RFf6MlP
>>ID:3Fg5t3ER0
荒らしはお前。スレ違い。
しかも荒らし宣言かよ。
>ここでたまった気持ち吐き出すから。
>私なりに利用してやるから。


これが真の精神病か。


精神イカレてるのは他の誰でもなくお前(ID:3Fg5t3ER0)。

990 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 19:15:03 ID:3Fg5t3ER0
>>987
あんたの文章わかんないんだけど?わかるとこだけ返事。
私は精神病じゃないけど今キチガイ。
自分は病んでま〜す?文章読めないの?キチガイとjは
言っても精神が病んでるとは言ってないよ?
押し付けがましい?じゃあ奴らは無罪?ここは2ちゃんだからって?
あんた何様?

991 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 19:19:52 ID:M2RFf6MlP
俺様に決まtt

992 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 19:20:04 ID:3Fg5t3ER0
こんな日記帳うんざり。ここからもう出たい。でもキチガイどもが
私の背中に砂かけて唾はくんだと思うと怖くておりられない。
こんなスレに出入りするんじゃなかった。今いるやつらもまっとうな
住人はいないんだろうけど。

今、すごく楽しんでますか?あたしを見て。キチガイども。死ねばいい。

993 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 19:22:40 ID:M2RFf6MlP
すごく楽しんd

994 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 19:24:47 ID:DUGk+9S10
記念かきこ

995 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 19:28:08 ID:3Fg5t3ER0
さあ、とっとと終らせよう。宿題あるしね。あなたたちはひとの痛みが
うれしいんだね。みじめな現実の自分が底上げされるから?
まともな人間は誰も出てこなかった。伝染するから?
誰かひとりでも人間がいてほしかった。
キチガイの野犬の群れのエサになっただけ。
しかもこっちの書いたことなんにも読まずに、思い込みで叩く。
頭悪すぎ。

996 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 19:30:11 ID:zhecTO9c0
私鬱病ですが、世の中には3Fg5t3ER0みたいな人もいると思えば、
自分はまだましな方だと思えてきました。
ちょっと希望が見えました。ありがとうございます

997 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 19:31:22 ID:3Fg5t3ER0
もしあたしが死ぬ事が出来て、幽霊になれるなら、皆が忘れた頃
会いに行くよ。セーラーの制服だから思い出してね。


998 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 19:33:54 ID:3Fg5t3ER0
まともな人間の声を聞きたかったけど、そういう人間は賢いから
逃げてるね。今ここに居るのはあたしも含めたキチガイ数人。
なんてすばらしい!

999 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 19:35:47 ID:0KOU5fEu0
お前暇だなあ。病院いって薬もらえばすこしは楽になるよ。
ちなみにうちは祖母・母・私で統合失調症。

1000 :医療関係者:2007/04/22(日) 19:36:20 ID:Q3cHFOGZ0
余計なお世話かとは思いますが、
「キ○○イ」 とか「死△!」とかいう単語は
使用禁止だったと思いますが。

脅迫罪で通報されます。

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

296 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)