5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後味の悪い話 その65

1 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 16:34:02 ID:N7XTPVSv0
■注意■
・ネタバレ必須です。 既出上等。
・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。(>>2-3参照)
・ageよりsage進行でおながいします。
・映画や小説、漫画、ネットの噂などのネタやコピぺも可です。
・1回で投稿しきれない長文は、投稿前にメモ帳でぜんぶの文章を
 書き終えてから、連続投稿してください。
・漫画ネタを見たくない人は「漫画」「まんが」「マンガ」「アニメ」を
 NGワード登録しておくと快適にご覧いただけます。

聞いた後に何となく嫌な気分になったり、
切なくてやりきれない夜をすごしてしまったり、
不安に駆られたり、体中がむず痒くなるような話を語り合うスレです。

★重要!
【次スレは950を踏んだ人が立てて下さい。】
 ※950が立てられない場合は早めに申告して下さい。
   次スレが無いのに埋める荒らしが居るため、スレ立ては最優先でお願いします。
   950を超えたらネタの投下は次スレまで待つぐらいが良いでしょう。

前スレ
後味の悪い話 その64
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1171202370/
過去ログはこちらからどうぞ
http://makimo.to/cgi-bin/search/search.cgi?D=occult&q=

2 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 16:34:35 ID:N7XTPVSv0
ネタの書き込みの悪い例

644 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2005/07/04(月) 00:30:22 ID:zO++YlwT0
>>639
普段のゲーマーっぽくまとめてみた。

マウントスノーの村が後味悪い。老人は酔った勢いで口を滑らせただけなのに、
50年間たっても許されない。

でも主人公たちが頼んだら許してくれて、よかった・・・と思ったら老人は
若返らず、友達や知り合いにも、あの爺さん誰? とか
言われてる。
しかも女王は「自分だけ50年の歳月が流れている。それが本当の罰です」とか
言ってるし。じゃあ今までのは罰じゃないのかよ! と・・・orz


3 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 16:35:45 ID:N7XTPVSv0
ネタの書き込みの良い例

638 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2005/07/03(日) 23:17:30 ID:jOuzepYG0
既出かな。

ゲームのネタでDQ6の雪国の山奥の村の老人の話。
細かいことは覚えてませんが、だいたいこんな話。

主人公たちがやってきた雪深い山奥の村は、住民が氷漬けにされていて、
生きて動いているのは一人の老人だけ。

昔、若者だった老人は山奥で、氷の女王に遭遇してしまう。
絶対に私と会ったことを口にしてはいけないと口止めされたにも関わらず、
老人は酒場で酔った弾みに友達にそのことを話してしまう。
気づいたら老人だった若者以外みんな凍りついていた。

罪の意識を感じた老人は、無人の村で孤独に50年過ごす。

主人公たちは女王様に会いに行って村にかけた呪いを解いてもらうように頼む。
女王様は彼ももう十分苦しんだでしょうからね・・ってあっさり呪いを解いてくれる。

呪いが解けて活気が蘇った村で、酒場で50年前の続きをやっている友達や知り合いに、○○(老人の名前)の部屋にいるあのジイサン誰だろうな?って言われる老人。
老人が若返ったりする救済無し。

「周りがあの時のままなのに、自分だけ50年の歳月が流れている。それこそが彼に対する本当の罰です」
このイベントの後に女王を尋ねると、↑みたいなことを言っていた気がする。

結果的に彼の不幸によって主人公たちは伝説の剣を手に入れられるんだけど。
後味悪い。

4 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 17:02:51 ID:O7jS6bfn0
>>1
もつかれ

5 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 17:02:52 ID:WucTyWxEO
ちょっと!
何で勝手にスレ立てちゃうの?嫌韓の事スレタイに入れるってあんなに散々話し合ってたのに!
>>1馬鹿じゃないの?

6 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 17:04:45 ID:aZdKxfWZ0
>>5
キジョ板に帰れ

7 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 17:13:37 ID:caUbFlZm0
こういう
スレが終わりそうな頃に何も言わず
もちろん自分でも立てず
文句だけ言う奴っているよね

8 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 17:25:35 ID:H91XO32gO
>>5
チョン氏ね

9 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 17:26:32 ID:CKRvxqm30
>>1おつです!

10 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 17:38:58 ID:nwFGrlIuO
>>1
乙こ。

11 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 17:40:38 ID:gyoLfCIx0
>>5
何様?(^ิ౪^ิ)

12 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 17:48:29 ID:N7XTPVSv0
みんな!これは早速スレ盛り上げようと言う>>5の思いやりなんだ!

13 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 17:48:37 ID:/azYsHR5O
おれ様

14 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 18:22:17 ID:UKk7CsG30
>>5は、ハン板名物の地鎮祭だよ。
ハン板では、スレが立つと、スレが荒れないようにとの祈願を込めて、ある一定のやりとりをして地鎮祭とするんだ。
それは、「ちょ」 「む」 「あ」 で始まる三つのレス。
あと二つ、一定書式のレスが続かないと地鎮祭が完成しない筈だけど、誰か残りを知らないか?

15 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 18:25:25 ID:gABvPsGxO
前スレのエスカレーターの話ってエレベーターの間違いじゃね

16 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 18:32:15 ID:wzrpWJdW0
age

17 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 19:05:11 ID:IOd7Uona0
zsfdxvghbjnmkl,;.:/]

18 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 19:09:22 ID:xp0/sS3f0
むってなんだ?



無理だって、入らないって、でかすぎるって...
その

19 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 19:13:34 ID:6hYlL+ME0 ?2BP(22)
>15
普段は止まっていて、人が来ると動き出すエスカレーターあるよ。

20 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 20:12:04 ID:30FkyN1r0
普段は動いていて、人が来ると止まるエスカレーター


後味悪い

21 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 20:38:02 ID:fv+8IuOg0
>20
デリケートなヤツめ

22 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 21:15:49 ID:pQieSA9EO
>>15を見るまでずっと、エレベーターだと読み間違えてきてた自分の目と脳が後味悪い。

23 :本当にあった怖い名無し:2007/02/27(火) 23:50:21 ID:dbcPTGMC0
http://www1.atpages.jp/waxnurinuri/ushi/1/

24 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 02:25:33 ID:7dxRcMoFO
次の新スレに追加する文章

明らかに嫌韓だと思われるレスへの反応は禁止します。出来るだけスルーしましょう。
嫌韓の方は専用スレへどうぞ。(専用スレへの誘導)

25 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 05:54:25 ID:nvqbmQ5t0
>23
ええはなしじゃないか。

26 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 10:16:55 ID:r1wlDwDQ0
このスレでは「昨日公園」でお馴染みの朱川湊人の短編

小学生の主人公と友人は人目を忍んで山を登って行く。
その山は祟り神がいると言われており、子供が入る事は禁じられているし、
大人も滅多に入らない。それに先日隣街の子供が山に迷いこんだまま
神隠しにあってしまったという事件があり、地理的にも結構険しい。
しかし二人は秘密の事をするために、人気のないこの山にくるしかなかった。

ある程度登って落ちついたところで、誰かが後をつけていた事に気づいた。
背後にいたのは最近転校してきたばかりの都会者だった。
田舎の伝承に興味を持つ転校生はこの山に関心を持っていて、
二人が中に入っていくのを見て追ってきたのだという。
なんでこんなところにわざわざやってきたのだと訊ねる転校生に、
見られたからには仕方ないと二人は打ち明ける。

二人は以前から煙草を嗜むようになっていた。
大人の目から隠れては二人でこっそり吸っていた。
今日も山のなかでこっそり吸う気だった。しかもとびきりの煙草を。
今から吸う予定の煙草は、主人公の兄が持っていたもの。
どこか外国の煙草らしく、見た事がないデザインをしている。
かっこいいのでこっそり数本くすねてきたのだった。
煙草を吸い始める二人。転校生はちょっと吸っただけですぐにやめたが、
共犯である事には変わりないのでばらされる心配はない。

煙草はいつも吸っているものよりもキツく、意識が酩酊するような感じがして
それが逆に気持ち良くて二人のテンションは上がって行く。
そこに、謎の物体が現れる。シルエットは人間のようだが、全身真っ白でつるつるしていて、
目や口は切れこみが入ったような感じで、唸り声をあげながら近づいてくる。
話に聞く祟り神かとおびえた主人公は恐怖心から咄嗟に相手を蹴る。
すると、白い物体はあっけなく倒れた。その異様な姿にしてはかなり弱い様子。

27 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 10:18:37 ID:r1wlDwDQ0
気持ち悪い独特の声を上げて倒れた物体に嫌悪感を感じた二人は、
もう近づいてくる気配のない物体を更に蹴りつけた。
「おいやめとけよ」と転校生が言ってくるが、こんな弱いものにおびえているのかと
二人は転校生を鼻で笑い、周りにあった木の枝などを激しく物体に叩きつける。
物体の気持ち悪い叫び声と苦しむ姿に二人はやがて快感を感じてきて、
物体が抵抗する気力すら示さなくなってきてもなおひどく弄り続けた。

物体が緑色の血にまみれ、もう動かなくなった頃には二人は物足りなさを感じていた。
それと同時に、いくら得体の知れない相手とはいえなんでここまで
酷い事をしてしまったのだろうと罪悪感も感じ始めていた。
そんな二人に、転校生は吸ったものが煙草じゃなかったからだよと言う。
煙草のような形をしていたが二人が今しがた吸いつづけていたのは違法な薬の類。
それをいつものような煙草のペースと同じように吸っていたから
極度の興奮と、そして幻覚を見たのだろうと転校生は言う。

気づくと、足元に横たわっていた物体は血まみれの幼児に変わっていた。
神隠しにあったという子供は何日も飲まず食わずで、
やっと出会えた二人にかすれた声で助けを求めてきたのだった。
自分たちが快楽を感じながら殺した相手は人間だったのかと戦慄する主人公。

これは本当にあの煙草もどきのせいなのか、
これこそが禁を破って山に入った祟りなのではと二人は思い始める。
ならば、目の前で余裕な様子で立っている転校生こそ祟り神ではないか、
転校生が自分たちをこんな状況に追いやったのではないかと段々怒りを募らせてきた。


白い物体の外見描写がかなり具体的に描かれていたから、
その気持ち悪い外見を頭に浮かべながら見てたらこんな落ちでびっくりした。

28 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 10:44:35 ID:2Xi6XVcAO
これで終わり?

中途半端で後味(ry


29 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 13:05:29 ID:vsDsTdCN0
>転校生が自分たちをこんな状況に追いやったのではないかと段々怒りを募らせてきた。

なんだこの思考。
作者は在日かなんか?

30 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 13:08:39 ID:SnfwvJzZ0
でも転校生はおかしいよな。
何でたばこが麻薬ってわかったんだ?
何で同級生が麻薬吸ってるの止めないんだ?
目の前で幼児が惨殺されるのを黙ってみてるってどういう神経なんだ…

ラリった同級生が殺人してるの見たら、できるやつなら体張ってもとめるし
小心者ならとばっちり食う前に逃げ出すし
腰が抜けたらガクブルしてるだろう。
事後に冷静に説明するって普通じゃない。
まあオチのためにそういう役割ふられたんだろうけどさ。

31 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 13:17:56 ID:44ZhaGz20
>>30
>何でたばこが麻薬ってわかったんだ?
都会の子は、昔同じ香りとか嗅いだことがあったんじゃね?

>何で同級生が麻薬吸ってるの止めないんだ?
自分のもうろう状態が抜けるまで時間が掛かったんじゃね?

>目の前で幼児が惨殺されるのを黙ってみてるってどういう神経なんだ…
ラリパッパが2人がかりで暴れているところに踏み込めるかい?

>ラリった同級生が殺人してるの見たら、できるやつなら体張ってもとめるし
>小心者ならとばっちり食う前に逃げ出すし
>腰が抜けたらガクブルしてるだろう。
>事後に冷静に説明するって普通じゃない。
酩酊状態がすぐに抜けるのを知ってたんじゃない?

>まあオチのためにそういう役割ふられたんだろうけどさ。
ぶっちゃけその通りなんだろうけどなw

32 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 13:44:38 ID:2Xi6XVcAO
>>31
オレうざい、まで読んだ。

33 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 14:43:16 ID:7dxRcMoFO
全部読んでんじゃんw

34 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 14:57:50 ID:2Xi6XVcAO
>>33
おれチョソ、まで読んだ。

35 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 15:21:47 ID:5pJkngLJ0
イサキは?ねぇイサキはとれたの?

36 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 15:30:15 ID:Zbi8+azy0
転校生がほんとに祟り神でアホ2人をぶっ殺したら後味いいのに
と思ってしまった
殺された子どもはどっちにせよかわいそうだけど

37 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 15:34:08 ID:hvCZRINI0
麻薬じゃなくて大麻だろw

38 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 15:53:08 ID:F8c+QUvs0
村人は
神隠しって事で、行方不明者を探さなかったのだろうか?

39 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 16:15:12 ID:rNTJoXXf0
探したけど、見つからなかったということ?
川とか、近所とかでさ。山も広いから、行き違いとか。

40 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 16:56:02 ID:GI8QIHZ+0
>>31
自分的には納得できた。d

41 :また釣られた:2007/02/28(水) 17:11:39 ID:2Xi6XVcAO
自演乙

42 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 17:15:24 ID:44ZhaGz20
>>41
なにが?


43 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 17:16:38 ID:JKzCrNGM0
なんでも自演か・・・

44 :うう:2007/02/28(水) 17:29:17 ID:RmTdfP3f0
☆☆☆☆☆☆告られレス★★超LUCKY☆☆☆☆☆☆
今月の間に超LOVEAになれるよо(^−^)о
自分が『好きだ』って思っている人から告られたり、
大切な人とずっと一緒にいられるよ♪∞
でも、まず最初にこの『告られレス』を
7つのスレに貼ってね。
そうすればLUCKYをゲットできるよ♪♪♪
(ただし7つのスレに貼ったらだよ)
信じるか信じないかはあなた次第!!
でも、このレスは本当にとっても効き目があるよ♪
このレスは絶対効きます。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


--------------------------------------------------------------------------------


--------------------------------------------------------------------------------


45 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 18:36:52 ID:r1wlDwDQ0
>>30
形やデザインが独特すぎて主人公たちも
「もしかして煙草じゃなくて危ない系のものでは」
的な事は思いつつも、外国の煙草なんだろうと納得させて吸っていた。
転校生は賢いって設定なので多分すぐに見ぬいていたか、
もしくは祟り神だからなんでもお見通しなのかはてさて

あと、転校生はびびったり怒ったりせず
「俺一応止めたしwwwお前らなにやってんだよwwwDQNktkr」
なノリで話してた。冷静にプギャーするというか。

46 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 18:45:07 ID:ZKZhpU7iO
>>22見るまでエスカレーターに脳内補整かかってた。
何もない所で転んで顔面から流血した気分。

47 :これ前フリ:2007/02/28(水) 20:30:03 ID:kFvsnEd8O
みんな知ってる話かもしれないんだけど『さっちゃんの歌』てあるよね。あの歌に出てくる幸子ちゃんは生まれた時から体が弱くて、ずーっと母親に世話してもらってて、学校も休みがちだったんだって
それでね、ある日学校の同級生がお見舞いに幸子ちゃんの好きなバナナを持っていったんだ
でも幸子ちゃんは食べれなかった。
なぜなら、幸子ちゃんの体はお母さんにバラバラされていたから
介護によるノイローゼだったらしい。

48 :まだ続く:2007/02/28(水) 20:53:52 ID:kFvsnEd8O
夕方、教室で山本さんに『さっちゃんの恐い話』を聞いた武田君と斎藤さんは顔を青くしています
山本さんは二人の反応に満足しながら付け加えました
この話には続きがあってね、この話を聞いた人はね、夜中さっちゃんにバラバラにされちゃうのよ!自分がされたように
『えーっ!そんなぁ、ひどいよ山本さん』武田君と斎藤さんは泣きそうです
山本さんは二人をなだめるように言いました
『大丈夫、夜寝る時に枕元にバナナの絵を置けば助かるわ』
この三人のやりとりを聞いていた花岡さんはお化けなんて信じてないので『バカじゃないの?』と三人に言ってしまいました。喧嘩になりかけた時、見回りの先生が来たので帰らされてしまいました。
山本さんは帰る時、花岡さんに【バナナの絵】を忘れないように注意しました


49 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 21:22:39 ID:kFvsnEd8O
その晩、花岡さんは恐い話の事をすっかり忘れていました。大好きなアイドルの番組を観て寝ようと思った時、明日の宿題をしていなかった事を思い出しました。そのまま寝ようかと思いましたが、叱られるのが恐いのでやる事にしました。
宿題が終わったのは11時。クタクタになった花岡さんは、そのまま机でウトウト寝てしまいました。
サッチャンハネ‥サチコッテイウンダヨ…
歌が聞こえます。何か変です。花岡さんは学校での話を思い出しました。
『どうしよう、さっちゃんがホントに来たぁ』
逃げようとしますが体が動きません。歌が近づいてきます。そして長い髪の黒い服を着た女の人がスーッと壁から現われました。手には大きなハサミを構えています。
『もうだめだ』と花岡さんが拳を握り締めた時、突然
『ギャァーーっ』と叫び声をあげて女の人はいなくなりました。助かったのです。その理由は解りました。机でそのまま寝てしまった花岡さんの手にはバナナの香りの消しゴムが握られていたのです。
花岡さんは翌朝、宿題も忘れずに学校に行き、朝一番に山本さんに謝りました。
山本さん達は『良かったね、良かったね』と花岡さんの無事を喜びました
しかし…あの話を聞いたのはホントに5人だけだったのでしょうか?

50 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 21:24:32 ID:kFvsnEd8O
おしまい。つまらん話でごめんなさい。

51 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 21:28:00 ID:kFvsnEd8O
こんな長文で最後の最後に間違えた
5人→4人が正解

52 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 22:20:28 ID:LMBOpI3D0
>>24
朝鮮人の後味の悪い話は書くなということか?
それおかしくない?反応を禁止するのは賛成だけど。

そのテンプレ案反対。

53 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 22:39:50 ID:gz4tfZCt0
>>52
ここに書くとホロン部が沸くからハン板に誘導したほうがいいと思うよ。

54 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 23:20:00 ID:QcZv6WwY0
>>45
それじゃ転校生にムカつくのも無理ないな

55 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 23:20:34 ID:GjA+96Ob0
本当に後味が悪いなら書けばいいだけの話。
荒らした末、「ね、荒れるから、書いちゃだめだよ。書くなよ?」なんてのに
いちいちつきあってるから日本人はよくない。
大事なのはスルーを覚えることだけ。

56 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 23:33:38 ID:2Xi6XVcAO
>>47-51
メモ帳に全部書いてからまとめて投稿しろ!



次やったら呪い殺す。


57 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 23:34:05 ID:bfRmfAN/0
16歳のガキが河原で殺されてたけど
殺害理由が14才のガキの取り合い
全員親もろとも氏ね

58 :本当にあった怖い名無し:2007/02/28(水) 23:36:32 ID:86f/jC1IP
>>52
大丈夫、投下する奴は投下するから。
第一テンプレの議論とかしてないし。

59 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 00:10:04 ID:GS3anml00
チョン氏ね

60 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 00:18:31 ID:Qt+xcNc20
地方の情報番組で、
モリマン(ガキの使い...で、山崎ホウセイと戦うデブ女)
が、店紹介をしたとき、
うろ覚えだけど、¥1.800のところ、この番組を見た方には、¥1.500で...
ってな感じだったのを、
いきなりモリマンが、¥1.000で!って言い切る
固まる店の人(結構真面目でおとなしそうな人)
それでパニックになったモリマン
「わざわざ来て、宣伝してやってんだから!これ位しなさいよ!」
と、ごり押しをして、無理やり、¥1.000に!
明らかに原価割れ...誰もモリマンを止めない....
番組の最後に、先着何名様だけにはなっていたけど...

それが原因か、その番組は打ち切り...

61 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 01:21:57 ID:WxapB4+W0
.............................λ

62 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 01:34:31 ID:qyVaD3cxO
>>52
嫌韓レスへの【反応】だよ。
韓国の後味悪い話禁止なんて書いてないし、自分も嫌ではない
ただ一度嫌韓のレスがつくと、ダラダラダラダラつまらない話が続くのが嫌なだけ。

【嫌韓への感想レスは、長くダラダラと続いてしまう事が多いので
荒れるしなるべく控えましょう。感想を書きたい、議論したいという方はこちらへ(と、誘導)】


63 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 01:38:12 ID:MDoOZub20
>>62は要するに、「俺が嫌だから、これがルールだ」と言いたいらしい。

64 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 02:08:35 ID:qyVaD3cxO
>>63
そんな事言いたくねーし言ってねーだろがボォケェェが
嫌韓の話が出て、ダラダラくだらないレスで消費して ウザイとかでまたダラダラダラダラ荒れるなら
ルール決めた方が皆のためにもいいじゃないよ?どうですか?

65 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 02:18:43 ID:IGnJR24KO
>ダラダラくだらないレスで消費して ウザイとかでまたダラダラダラダラ荒れるなら

お前こそダラダラくだらないレスで消費してるわけだが。

66 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 02:20:45 ID:cKDEtvyJ0
あれだろ、前にも来た、俺が読んだ本は全員読んでくれてないと嫌なんだいって
言ってた甘えんぼさんだろ

67 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 02:34:17 ID:MDoOZub20
>>64
可哀相だからマジレスするとだな。

特定のジャンルに対するルールを付けると、他のジャンルにも同様のルールを付けようとする輩を止められなくなる。
嫌韓以外にも、過剰反応する馬鹿のせいで荒れる話題なんか、幾らでもあるだろ?
アニメでも揉めた。DQNの話題は皆が熱くなりすぎる。動物虐待なんかも騒ぎになるよな?

どこぞの馬鹿が、「アニメの話が出て、ダラダラくだらないレスで消費して ウザイとかでまたダラダラダラダラ荒れるなら
ルール決めた方が皆のためにもいい」とか言ったら、お前さんの言い分じゃこれも認めなきゃならんわけだ。
あっという間に、ルールの山ができあがって、窮屈になるだろう。そっちのがうざい。

お前みたいな考えを「木を見て森を見ず」て言うんだ。

68 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 02:42:46 ID:ACLHrxYi0
>>64

69 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 02:43:28 ID:ACLHrxYi0
林も見ろ!

70 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 02:51:27 ID:qyVaD3cxO
別に規制してねーよ。
嫌韓の議論したい奴は専用スレがあるんだから
わざわざここでしないでそっちに行けって言ってるんだよ。
韓国でも漫画でも何でも後味悪い話は書くのは別に自由でいいんだよ、規制するつもりねーよ

それに木なんか見てないから、森も見ねー


71 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 03:06:07 ID:dB5686Vc0
>それに木なんか見てないから、森も見ねー

自分でかっこいいこと言ってるつもりなんだろうなぁ…
慣用句にケチつけてるのって頭の程度の低さを自慢してるようなもの。
>>70の反り返った鼻と、住人の冷めた視線の温度差を考えたら、
なんだか凄くもやもやする!
後味悪い!悪いったら!

72 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 03:07:18 ID:MDoOZub20
チョウセンメクラチビゴミムシには、木も森も見えないか。

73 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 03:13:07 ID:GS3anml00
在日氏ね

74 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 03:14:59 ID:qyVaD3cxO
>>71かっこいいなんて思ってないよ

75 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 04:49:44 ID:saDCTd6a0
「死神の精度」収録の「恋愛で死神」。
あの世逝きの判断が下された青年が実は難病で、
病死以外の死に方を望んでいた、という展開なんだけど
青年の病名一つですべて台無し…
(パロディーや陳腐さやオーソドックスさといった不満は
何とか大目に見られたのに)。
ラジオドラマ化された時もこれは採り上げないで欲しかった!

76 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 05:27:05 ID:KrdyFigG0
>>75
頼むから>>1くらい読んでくれ

77 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 06:39:04 ID:cKDEtvyJ0
>>74
>ダラダラダラダラ荒れるなら
>ルール決めた方が皆のためにもいいじゃないよ?どうですか?

俺はこの意見は>>67氏同様に反対だが、君はこの考えに従って二度と来ないでくれ。
新ルール、お前禁止。

78 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 07:08:24 ID:r6/M4oOaO
じゃあ、中とって韓国のアニメの話だけはナシってことにしませんか

79 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 07:43:39 ID:Va54E+bC0
なんでもいいよ、それよりお前らの輝きを見せつけろ

80 :1/2:2007/03/01(木) 07:46:10 ID:dB5686Vc0
今深夜アニメになってる「武装錬金」から1つ。
著者はるろうに剣心の和月。

敵側の下っ端として登場する姉弟がいる。
彼らの過去の話。
幼少時代、母子家庭で母親は仕事仕事でほとんど家におらず、
「外に出てはいけない」という母の言いつけを守って、
2人は2人だけで長い時間を過ごしていた。

81 :2/2:2007/03/01(木) 07:47:03 ID:dB5686Vc0
ある時、母親は帰ってくるなり布団に入り、二度と目を覚まさなかった。
2人は言いつけを守り、しばらく2人で過ごしていたが、
やがて食料も尽き、外へ出ようと決意した。
ところがいざドアに近寄ると厳重にかけられた鎖と南京錠。
母親は2人を外に出すつもりなど欠片も無かったのだ。
2人は全力でドアを叩いた。
「助けて」「ここを開けて」「お願い」
安普請のアパートは、2人の声は外に届かなかったはずは無かった。
しかし周囲の反応は…
「うるさい」「何時だと思っている」「黙れ」…
それでも2人は叫び続けた。

ある日突然扉は開かれた。警察が「もう大丈夫だ」と手を差し伸べた。
救助された2人に対して、周囲の住人は
「何も聞こえませんでした」「少しは聞こえたけど、遊んでいるようにしか」
聞こえなかったはずは無いのに。

悲劇はそれで終わらなかった。
2人は実は誘拐された子供であり、母親と思っていた人物は誘拐犯だった。
そして、実の親は2人を引き取ることを拒否した。
2人は収容された施設を抜け出し、夜の公園で偶然敵幹部と出会い、
才能を見出されて組織に入れてもらった。


前スレで出たばかりだけど剣心のOVAといい、このエピソードといい、
和月はここの住人と気が合うと思う。

82 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 08:29:54 ID:ogs0PKUb0
>>80-81
ああこれ…
原作読んだ時もなんとも言えない気持ちになったな

83 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 08:30:03 ID:qyVaD3cxO
>>77
オマエもしつこくてウザイなw
新スレ立てる時に勝手に書けばいいだけの事だとわかったから もうこのダラ話終わりにするよ

84 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 08:52:49 ID:Kv/HcMCx0
>>83が新スレに勝手に書く度にこの流れになるのか

85 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 08:53:02 ID:CNJk64cvO
>>24>>14でいう地鎮祭だと思ってたが違うのか?
ちょ >>5
>>18
>>24

86 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 09:12:45 ID:eluKLIxk0 ?2BP(22)
ここ地鎮祭とか関係ないだろオカ板なんだから。
qyVaD3cxOはアレだ、昔懐かしい半年ROMれ。

87 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 09:28:23 ID:xpx6R+frO
荒れるネタはダメ→スルーすればいいじゃん、だいたいこのスレは…(語りだす)→おまえスルーできてねぇじゃん→おまえもスルーできてねぇじゃん→おまえもスルーできてねぇじゃん→おまえもスルーできてねぇじゃん…の流れを予知!

88 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 10:22:51 ID:FeP6RIz7O
スルーできないのならばスールすればいいじゃないのお姉さま!

89 :チリンの鈴1/2:2007/03/01(木) 10:48:18 ID:5LGKEBSQ0
前前スレだかで、「やさしいライオン」の話題がが書き込まれていた
けど、やなせたかし作品では『チリンの鈴』も後味悪い。

チリンは春に生まれたばかりの子羊。母と幸せな日々を送っていた。
ある日、チリンの住む牧場がオオカミ(ウォー)に襲われ、チリンの
母がチリンを庇って殺されてしまう。
なぜ羊ばかりが殺されなければならないのか、何も悪いことはしてい
ないのに。チリンは強くなりたいと切に願い、母の仇である当のウォー
に"弟子入り"しようとする。
「ボクは何もしないで殺されていくなんでいやだ。」
最初は鼻であしらっていたウォーだが、
チリンが意外な根性を見せたことで、弟子入りを認める。
「ついて来るがいい。俺がオオカミの行き方を教えてやる。わかって
いるなチリン、この世界はいつも死がつきまとう地獄だ。覚悟はでき
ているな。」
「地獄へ落ちてもかまわない、命だって惜しくない。ボクはオオカミ 
よりも強くなって、お前をやっつけてやる!」

チリンは厳しい特訓に耐え、やがて三年の月日がたった。チリンは
凄まじい獣に変貌していた。牙をもたないチリンは相手を角で突き殺
す術を体得し、二匹の獣ははその辺りでは知らない者のいない凶暴な
殺し屋として恐れられていた。
「見事だチリン。お前のその鋭い突きは俺にもかわせぬことがある。」
「これもみんなお前のおかげだ。死んだお母さんの仇をとることだけを
考えて生きてきた。今まで何度も隙をみてお前を殺そうとした。だが、
出来なかった。今ではお前を僕のお父さんとさえ思う。僕もあなたと
一緒に地獄へ行こうと決めたのだ。」

90 :チリンの鈴2/2:2007/03/01(木) 10:48:52 ID:5LGKEBSQ0
ある日、ウォーはチリンの生まれ育った牧場を襲うことを提案、チリ
ンも了承し、まずチリンが牧場へと向かう。
羊小屋の戸を蹴破って進入するチリン。およそ羊とは思えぬ悪相と
なっていたチリンに羊たちは怯える。足がすくんで動けなくなった子
羊をとびだしてきた母羊が身を呈して庇った。恐ろしさに震えながら
もひたすら子供を守ろうとする母羊の姿を目の当たりにして、チリン
の中で何かが動いた。踵をかえして小屋の外にでたチリンの前にウォー
がいた。
「やはりお前には無理だったか。では、オレが羊の殺し方の手本を見
せてやる。」
「やめろー!!」走り出すウォーを遮るチリン。
「血迷ったか、チリン。」
「僕は羊だー!!お母さんの仇だー!」
死闘の末、チリンの角がウォーの腹部に突き刺さる。
「…チリン、よくやった。こうなるのが一匹オオカミの運命…。いつ
かこんな風に野垂れ死にすると思っていた。俺をやったのがお前で…
俺は喜んで…」と言い残し、ウォーは絶命する。

羊小屋の羊たちは二匹の戦いを固唾を呑んで見守っていた。だが、チ
リンが羊小屋の方をむくと怯えてさっと身を隠してしまう。
チリンの首には子供のころのまま鈴がついていたが、誰もチリンが昔
の仲間だとはわからなかったのだ。そこにいたのは、オオカミでも羊
でもない、得体の知れないぞっとする生き物だった。
「もう羊にもオオカミにもなれない…。」
チリンは独り山へと戻っていった。
「ウォー、お前は身をもって教えてくれた。オオカミの生き方を。強い
ものの最後を。許してくれウォー。俺はオオカミにはなれなかった。
それなのにお前がいなくなって、僕はいったいどこへ行けばいいのだ。」

その後、激しい吹雪の夜、かすかに鈴の音がどこからか聞こえてくると
いう。だが、チリンの姿を見た者はいない。

91 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 10:50:29 ID:5LGKEBSQ0
チリン(成人後)の一人称が僕・俺、ウォーへの二人称がお前・あなたと混在
してるのは仕様ですw 強引に解釈すれば、チリンの心の揺れってことなんだろ
うけど。

92 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 11:16:02 ID:DfeBLkKDO
人を呪わば穴ふたつ。

93 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 11:23:01 ID:2tlT3m9f0
最初から「狼=悪者」みたいな図式が出来上がってる絵本に対する
アンチテーゼってことやね。
狼だって食う為に殺してるんだし。セツナス。

94 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 11:25:32 ID:QzAf9hCf0
>人を呪わば穴ふたつ。

人を呪うときは、自分にもその報いは必ず帰ってくるんだから
墓穴を二つ用意しとけ、という意味なんだけど。
よく考えると、自分と相手の分ってことは呪い自体は成功してるわけで。
呪われた方はたまったもんじゃないな。

95 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 11:26:32 ID:WlZEZO7j0
>>35
イササカ大量だったよ

96 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 12:45:52 ID:BainTUsz0
チリンの鈴、ラストに羊のお母さんが子羊に
「早く寝ないとチリンがやってきますよ」
と言うようなシーンがあった気がする。


やなせたかしは暗くて後味悪い話が多くてイイ!

97 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 12:53:42 ID:0Ij+7FN/0
>>89
予想外に男気溢れる熱い展開だな

98 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 13:07:52 ID:LE4SnBMp0
おいおい、やなせたかしって

アソパソマソの作者じゃないの?

どんな感じの絵でその話が書かれてるの?

99 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 13:23:22 ID:KWX2I5RwO
後味悪い話になるか、ちょっと不安なんだけど、
個人的に後味悪かった話を
投下させてくだせい。

10年以上前の話で、
タイトルとか、色々忘れたので
細かい所は脳内補完されてると思う。

世にも奇妙な物語より。


…ちょっと時間開きます。

100 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 13:32:58 ID:MWZJ3hDi0
>>99
まだかよw

101 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 13:39:32 ID:YPBKQe6q0
766 名前:名前はいらない[sage] 投稿日:2006/12/14(木) 01:53:16 ID:FH36E+D7
俺は昔いじめっこだった。
満州帰国家族の子供を虐めていた。
10年後、俺は警察官になった。
虐めていた彼は、3流ヤクザの電話番になった。
どうもヤクザになって俺に仕返しをしたかったようだ。
が、俺が警察官になってしまい、どうしようもなくなったようだ。
年下のチンピラにこき使われているらしい。

15年後、俺は未だに警察官だ。
奴は消息不明になった。


102 :1/3:2007/03/01(木) 14:16:30 ID:KWX2I5RwO
時代は丁度今くらい?
少子高齢社会になった日本。
政府は65歳からの年金を、
大幅に増額する事を発表。
予想される年金支給の為の国家支出と、
予算(納税による収入って事)
に大きな差があって、
国家赤字が更に増える計算になり、
国会は与党VS野党で大モメしている。

にも関わらず、政府は老後の暮らしが
楽になることを、
サンバで踊る女性達をバックにしたCMを流して
大々的にアピールしている。
報道系の仕事をしている主人公は、
老人にとって楽園の様な日本
にいながら高齢の自殺者が
増え続けていることに疑問を覚える。




103 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 14:18:32 ID:PJUJl0h40
やくざの6割が同和で3割が在日だそうだから、数少ない普通の日本人のやくざだったんだな。

104 :2/3:2007/03/01(木) 14:19:17 ID:KWX2I5RwO
国会中継では、
猛烈に反発を続ける野党に、
のらりくらりと説明をする与党の姿。
とても善後策を考えているとは
思えない与党を見て、
主人公は高齢自殺者の自殺の状況と共に
調査を開始する。

自殺の状況から、TVの前で
首つりする現象が多い事に気付いた主人公は、
政府のCMが原因である事を知り、
更に謎を深める。
お金に不自由しない余生が
これから始まるのに…


で、そのCMを編集機?で偶然、
超スロー再生したらある文字が挟まれてた
ってオチなんだけど。
その内容が
「バイバイ65。
65歳以上は今すぐ自殺しろ。」
だった。


105 :3/3:2007/03/01(木) 14:22:26 ID:KWX2I5RwO
サブリミナル効果は、
見えてないと感じるけど、
実際は人間の無意識に作用するらしくて、
放送とかに使用するのは
現在禁止されてるらしい。

丁度同じ時期に、世界丸見えで
サブリミナル効果について話題に上がってて、
かなり怖かった思い出がある。


子供の頃だったんだけど、
いまだに忘れない…。

知らない内に意識を操作できる
サブリミナル効果って、
オカルトじゃね?


ってか、
推敲できてなくてすみません
&遅くなって>>100ごめんちゃい

106 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 14:28:28 ID:QzAf9hCf0
>>105
そんなおまいを安心させてやろう。
サブリミナル効果はコーラのCMの都市伝説とかでも有名だけど
実際にはまったく効果がないことが証明されている。

107 ::2007/03/01(木) 14:30:46 ID:QJ/Inwo7O
水をかけるようで悪いが、サブリミナル効果は現在では疑問視されているよ
まさにオカルト

108 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 14:31:28 ID:DfeBLkKDO
実際にはまったく効果がないことが証明されている。
実際にはまったく効果がないことが証明されている。
実際にはまったく効果がないことが証明されている。


109 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 14:37:25 ID:MDoOZub20
「効果が有るという事が証明されていない」と、言うべきだったな。
それはそうと、サブリミナルに関して、ちょっと面白い記事を見つけた。

『CITY HUNTER 3』第11話サブリミナル画像?混入事件
ttp://homepage1.nifty.com/home_aki/city03-sub.htm

110 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 14:37:43 ID:LE4SnBMp0
>>102
えらい叩かれようだなww

111 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 14:39:41 ID:KWX2I5RwO
マジで!?

丸見えで、コーラのCMを
サブリミナルと知らずに見て、
かなり喉渇いたから
本当だと思ってた…。
子供だから騙されやすかったのかな??


以降サブリミナル効果の話題
聞かなくて、調べたり?も
しなかったから
本気で信じてたよ…。


あぁ、個人的に後味悪い…。



112 ::2007/03/01(木) 14:46:32 ID:QJ/Inwo7O
誰か叩いてんのか?
何でもない書き込みを叩くなんて後味悪いよな

113 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 15:05:19 ID:DfeBLkKDO
>>111
ちゃんと理解したのか?
まだ間違ってるんじゃない?
考えまとめて書いてみろ。


114 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 15:21:02 ID:KWX2I5RwO
多分理解したと思う。
何か間違ったレスしてましたか!?>>113


えー、
今まで一生懸命働いてきたのに、
定年になったら
お荷物扱いされて、挙げ句
国から死ねとか言われる身分に
自分もいつかはなるのかと思って
モンモンしたのと、
自分が知らない内に
サブリミナル効果によって
今後の人生決めてたら
どうしよう。
と思ってた。


けど、コーラのCMは
都市伝説で、
まるまる信じちゃった私が
オカルト

でOK?

115 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 16:26:24 ID:1S8FqdTd0
実際にはまったく効果がないことが コーラ 証明されている。

実際にはまったく コーラ 効果がないことが証明されている。

実際にはまったく効果がないことが証明 コーラ されている。

116 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 16:29:37 ID:HO0Zm15l0
>>115
コーラ飲みたくなったw

117 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 16:33:29 ID:LSuAkhpp0
コーラ いかんわ。

118 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 16:49:57 ID:DfeBLkKDO
ペプシマンですが、何か?




レモン味だぞ!


119 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 16:53:33 ID:HO0Zm15l0
>>118
スマン、コカコーラ買ってしまったよ。
来るの遅いよ、ペプシマン

120 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 17:04:15 ID:MFCfTlPn0
8年ほど前の話で、凄く有名な事件だったらしいが、
俺が最近知って後味が悪かった話を聞いてくれ。

○屋の牛丼を持ち帰りで頼んで、家で食ってたら、
中から胴体が半分に千切れて内臓丸出しのカエルが出てきたらしい。
で、それ持って店へ怒鳴り込んだらバイトしかいなくて、
店長や本部と話をしているうちに、カエルのことは
うやむやにされそうになり、被害者は慰謝料を請求した。
すると、被害者は脅迫罪と風評の流布の慰謝料を請求された!
相手は弁護士で、被害者はタダの素人。
結局、被害者が詫び状を書いて、この件は終わりになった…らしい。

ネタだ、いや、これでクレーマーマニュアルが出来たから本当の事だと
色々言われているらしいが、ネタでも後味が悪い。
もし、俺がこの被害者だったらと思うとぞっとする。
慰謝料請求がいかんのなら、保健所に持っていくとか、
新聞社へ持ち込めばいいのか?
消費者センターへ行けばいいのか?
どれもうやむやにされそうだ。

121 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 17:08:20 ID:HO0Zm15l0
>>120
向こうの弁護士に慰謝料請求された段階で、自分も弁護士雇えばよかったのにな。
会社にしてみたら、無茶苦茶な要求で引き下がってラッキー程度にしか思ってない。

122 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 17:16:07 ID:LSuAkhpp0
マックのミミズバーガー並に胡散臭い話だな。

123 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 17:17:41 ID:MDoOZub20
>>120
もしこの被害者の立場になったら、弁護士に、弁護士バッチ、修習期数、登録番号を確認するんだな。
偽弁護士を呼んできている可能性がある。

面倒事を避けようと考えたり、本職相手では勝てないと考えたりし、泣き寝入りする人は多い。
だから、偽弁護士を出して来て被害者にあきらめさせ、酷い時には逆に金を取るケースまである。

偽弁護士だったら、弁護士バッチを持ってないし、修習期数や登録番号を知るわけもない。
偽弁護士なら、弁護士を名乗る事は違法なので、警察に突き出せば良い。

124 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 17:30:49 ID:MFCfTlPn0
この話は「カエル 牛丼」「松屋 カエル」(伏字にした意味ねーw)でググると色々出てくる。
偽弁護士じゃなさそうだ。

でも、弁護士の件は、俺も被害者も弁護士雇えばいいのにと思った。
でも、内容見ると証拠が残ってないから(バイトへ預けた)無理だと判断したのかも。
とりあえず、店へ証拠品を持っていく前に、写真撮ったり、
店側とのやり取りには録音とか、色々下準備が必要だなと思った。

サラダにカエルが入ってたのもびっくりしたが、画像にワラタ。
http://plaza.rakuten.co.jp/nodasuka/diary/200608160000/


125 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 17:33:04 ID:MFCfTlPn0
すまん。h抜き忘れた

126 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 17:53:13 ID:WxapB4+W0
http://www.geocities.co.jp/Milkyway-Orion/1414/matsukichi.html
これだろ?
激しくクレーマーくさく思えたので別に後味悪くはなかった。

127 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 18:55:27 ID:BainTUsz0
>>98
こんな感じです
http://www.nifty.com/storygate/story/chirin/digest.html

128 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 19:04:01 ID:H8FoE/J90
その話ただのクレーマーだろ
確か店のほうで詫び料として最初5万だったか渡してきたが
もっと取れると踏んで受け取らず結局gdgdになったんだよな
自業自得だ

129 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 19:05:05 ID:DfeBLkKDO
>>127
スマン、携帯厨なので画像を直リンしてもらえないか。


130 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 19:57:17 ID:yJdySV4g0
>>93
アンパンマン自体、当初はヒーロー物へのアンチテーゼだったらしいね。
おなかを空かせた人に自分の顔を食べさせるしか能のないヒーロー、ってことで。

アニメ化でだいぶテイストが変わってしまったように思うのだが、やなせ氏本人は
後味悪く思ったりしなかったのだろうか。



131 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 19:57:19 ID:LE4SnBMp0
>>127
サンクス。

この絵で殺伐とするのか。。。

132 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 20:06:14 ID:2iF7FNHp0
生活板で見つけたんだが
http://psychodoc.eek.jp/abare/folie.html
ここの特に7番目の話。やるせねぇ

133 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 20:21:24 ID:bIixJBrB0
>>130
子供の頃アンパンマンの絵本見たけど、アニメとは雰囲気が違ってたよ
どことなく暗くてシュールな感じだったと思う
子供心にショック受けた

134 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 21:49:51 ID:OPTboej/0
最近はやなせたかし=アンパンマンみたいなイメージがあるけど
もともとあの人の作品はシュールだったり暗かったり
ちょっと無気味だったり、みたいのが多いんだよね。
アンパンマンの原形になった作品もアニメになったのとは全然別の話だし。

135 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 21:54:02 ID:NgMrsyi50
チリンの鈴って、昔アニメになってテレビでやってたと思う。
成長したチリンの声を神谷明がやってた。

136 :89:2007/03/01(木) 22:46:28 ID:/3B2xqWv0
>>89です。

すみません、89-の書き込みの内容はアニメ版に基づいています。
セリフもアニメ版のものです。
>>135さんのおっしゃるとおり、成長後のチリンは神谷明さん、ウォーは加藤
精三さんです。

サンリオのショップで、可愛い子羊の絵につられて買ったDVDがこの内容で、
思いっきり鬱になりましたorz
ちなみに同時収録の2本のアニメ(いずれもやなせ原作)もかなり鬱度が
高かったです…

137 :本当にあった怖い名無し:2007/03/01(木) 22:55:36 ID:xJMKWvu40
>>136
たしかバラの花と犬の話だったっけ。

うろ覚えながら絵本版のストーリー。
バラの花に惚れている犬がいて、バラの花を守る為に戦って傷ついて失明する。
犬の目が見えているときに綺麗だと褒めても恥ずかしがっているだけだったバラは
見えないけど君が綺麗なのはよく分かるんだ、と言う犬に対して
今年も私は綺麗に咲いたの、葉も青々としているの、と
彼の記憶にある美しい自分の姿を強調する。
実はその時、工場の排煙の所為でバラの花は黒ずみ、枯れる寸前まで弱っていた…。

異種族間のプラトニックな悲恋物語といえなくもないかな。

138 :89:2007/03/01(木) 23:08:59 ID:/3B2xqWv0
>>137
そう、それです!! アニメ版だと、その後犬も死んだことをほのめかすような
描写です。(薔薇の花の側に横たわった犬の体がだんだん雪に埋もれていく。)
後味が悪いというのとは違うけど、鬱エンドですよね。

139 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 00:07:38 ID:hhtvG6y10
うろ覚えだけれど一番最初のアンパンマンの話
絵本ではなくて大人向けの話でした

アンパンマンは普通のおじさんがマントを羽織っただけのような格好をしている。
アンパンマンはお腹のすいた子どものところに飛んでいってにアンパンをくばる正義の味方。
けれど、(当時の)いまどきの子供達にアンパンを差し出してもあまり喜ばれない。
さらに、スーパーマンなどの正義の味方からは不恰好だと悪口を言われる始末。
あるとき、アンパンマンは戦争中でお腹をすかしている子供達のところへアンパンを
運びに行くのだが、アンパンマンは飛んでいるところを高射砲で撃ち落され死んでしまう。

と言うお話。

140 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 00:08:33 ID:jG1YmBAjO
>>137-138
ウソも方便じゃないの?

そんなに浅い話じゃないと思うんだけどな。


141 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 00:12:11 ID:3oVgVcFeO
>>132
なんで戻っちゃったんだ…
いや…でも、病院で一般的なマナーとか学べないだろうしな。
家の中も病院も等しくわけわからん場所だったのかな。
家族に家族を殺させた話に通じるものがある(北九州だっけ)

142 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 01:08:41 ID:dhbnw5bk0
kyouha

143 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 01:12:51 ID:hB2OaJFgO
>>137
切ないというか、綺麗な話だなー。
それってサンリオの絵本なの?読んでみたい。

144 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 01:19:35 ID:QsirbEd0O
>>140
うそも方便…?

145 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 01:22:51 ID:5xNE+Hn+0
>>143
やなせたかし「十二の真珠」に収録されている。上のアンパンマンの話もここにあった。
復刻リクエストも掛かっているが、入手は困難かも。図書館で探すのがベターだと思われる。

146 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 01:27:07 ID:uaUKw9IU0
>>137
後味悪いわけでも切ないわけでもないけど…何かこう妙に引っ掛かる話だね
鬱エンドと言えばそうだけどハッピーエンドと言えなくもないし
(幸せな気持ちは死ぬ寸前でもお互いどっか有っただろうから)

>>140
「浅い」なんて単語どっかに出てきてたっけ?

147 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 03:18:23 ID:HDPJurAPO
>>140
スレ誤爆?

148 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 06:33:38 ID:/fM+TYA90
>>140
読解力がないだけでは?

149 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 06:48:06 ID:UxcM09s9O
日本語が不自由なだけでは?

150 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 07:47:49 ID:hB2OaJFgO
>>145
サンクス、探してみる。
でも復刻されるといいな。

151 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 11:17:44 ID:KAbcN4sC0
アンパンマン、バイキンマンを逃がさず
牢屋に入れれば村の治安は守られるのになぁ

152 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 11:18:03 ID:brTg0C/M0
>>132
悲しい…
なんで戻っちゃうんだよと思うけど
当人にしてみればそんな単純な問題でないこともわかるから
よけいにやりきれない

153 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 12:00:25 ID:g8dWw/U2O
昔からやなせたかし好きだけど
本日より「大好き」に昇格
バラの話読みたくなった
アンパンおじさんも

154 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 15:06:52 ID:JpvAgdQq0
簡単に騙される子猫が後味悪い
http://www.youtube.com/watch?v=Wpv01Yo1igA

155 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 16:09:21 ID:dzE9QwNe0
>>139
マジすか?

156 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 16:31:59 ID:yXn1VtA90
>>139
ファンタスティック!

157 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 17:47:04 ID:nFIAVlYW0
>>154

どこが後味悪いのか、さっぱりわからん。
子猫が、殺されるとか 何かあると思ってたのに。


158 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 18:40:10 ID:zzsYD6A90
>154
後味悪い話を読みにきたのにうっかりなごんじまったじゃねーかコノヤロー!(*´Д`)

のようなレスを期待したのかも知れないが、
正直空気読めてないしうざい。

159 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 19:00:15 ID:RV8eUD3k0
>>154
猫の声真似する撮影者に騙されて近寄ってくる子猫と言いたいんだろうがな!
板違いスレ違いもい、いい加減に……


       ,;r''"~ ̄^'ヽ,
      ./       ;ヽ   <猫ちゃん可愛い
      l  _,,,,,,,,_,;;;;i     フゥハハハーハァー
      l l''|~___;;、_y__ lミ;l
      ゙l;| | `'",;_,i`'"|;i |
     ,r''i ヽ, '~rーj`c=/
   ,/  ヽ  ヽ`ー"/:: `ヽ
  /     ゙ヽ   ̄、:::::  ゙l,
 |;/"⌒ヽ,  \  ヽ:   _l_  彡
 l l    ヽr ヽ | _⊂////;`)  ナデナデ
 ゙l゙l,     l,|  彡  l,,l,,l,|,iノ∧
 | ヽ    ヽ   _ _ ( ・∀・)
  "ヽ     'j ヽヽ, ̄ ,,,,,U/"U,,
   ヽ    ー──''''''""(;;)   ゙j
   ヽ、_   __,,,,,r-'''''ーー'''''

160 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 19:14:42 ID:fyn8pX/T0
>>154
おびき寄せて殺すのかと思ってわくわくしながら見ていた。

161 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 19:27:42 ID:CSAbUDq20
オカルトぽい体験したの初めてだから
直感でここに書くんだが、構わないかな?
なかなか後味は悪い。

162 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 19:48:20 ID:byhLZpsD0
>>161
ほんのりと怖い話とか
実話恐怖体験談とかの方が適当じゃないかな

163 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 20:11:14 ID:CSAbUDq20
>>162
じゃ、そっちに書いてみよう。サンクス

164 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 20:58:11 ID:dzE9QwNe0
>>161
どうぞ、あなたにとって後味の悪い話なら。

165 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 21:14:04 ID:xbIbMBin0
うろ覚えだけど、神風怪盗ジャンヌにあった話。
主人公は、普段は女子高生だけど、
絵画に棲みついて人間にとりつく悪魔を封印する
正義の味方でもあるという設定。
もう一人同じ事をしているライバルがいて、
普段は主人公といい感じの仲の男子高校生でもある。

ある時、難病の少年に悪魔がとりついてしまった。
その少年の母親は入院している少年のお見舞いにも現れない。
少年は「もしかして母親に嫌われているのか」と悩み、
母親に会うために何度も病院を抜け出そうとしている。

見かねた主人公は、母親に会わせるために
少年を病院から連れ出してしまう。
少年の家に着くが、少年は母親と会おうとすると萎縮して陰に隠れてしまう。
主人公は、少年の母親に、なぜ見舞いにこないのかと聞く。
すると、母親から「息子(少年)のために今は治療費を稼がないといけない。
私は息子に会いたいんじゃなくて、治ってほしいの。」という返事。
それを影で聞いていた少年は、一人ほっとする。

166 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 21:14:55 ID:xbIbMBin0
少年のために早く悪魔を封印しようとはりきる主人公。
しかし、そこに悪魔の仲間が現れる。
彼は、「少年はすでに死んでいてもおかしくない状態で、
悪魔にとりつかれているから生き長らえている。
それでも封印できるのか?」と言い残して去る。

主人公は少年を何とか助けたいと思うが、
そこに同じように悪魔を封印しているライバルが現れる。
止めようとする主人公をよそに、
ライバルは悪魔を封印してしまった。

少年の死を見届けたあと、
母親に少年が死んだことを電話で告げ、
主人公は雨の中病院から一人去っていった。


少年の母親、一度ぐらい見舞いにいっておけばよかったとか思うのかな。
読んでてもやもやした記憶がある。

167 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 21:47:29 ID:+kU9hwMfO
>>161>>163こういうのはやっぱわざとやってんだろーな

168 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 22:25:01 ID:o9pDQsRe0
>>166-167
>すると、母親から「息子(少年)のために今は治療費を稼がないといけない。
>私は息子に会いたいんじゃなくて、治ってほしいの。」という返事。

アニメではどうだったか分からんけど原作では「会わないことで願掛けしてるの」。
どうやら作者は本気で良い母親として描いているようだったが、作品スレでは「自己満のわけわかんねー信念で入院してる子供五年もほっぽってるとんでもねー母親」とかなり叩かれていた。

169 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 22:47:13 ID:gUhReKUN0
117はもっと評価されるべき

170 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 23:27:20 ID:OlsRsugx0
後味の悪いスレでサブリミナル効果について話が続く中

106 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/03/01(木) 14:28:28 ID:QzAf9hCf0
>>105
そんなおまいを安心させてやろう。
サブリミナル効果はコーラのCMの都市伝説とかでも有名だけど
実際にはまったく効果がないことが証明されている。

115 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/03/01(木) 16:26:24 ID:1S8FqdTd0
実際にはまったく効果がないことが コーラ 証明されている。

実際にはまったく コーラ 効果がないことが証明されている。

実際にはまったく効果がないことが証明 コーラ されている。

116 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/03/01(木) 16:29:37 ID:HO0Zm15l0
>>115
コーラ飲みたくなったw

117 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/03/01(木) 16:33:29 ID:LSuAkhpp0
コーラ いかんわ。

171 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 23:33:46 ID:9B951hfe0
>>170
今、後味悪い思いを一人で噛締めているのだろう

172 :本当にあった怖い名無し:2007/03/02(金) 23:50:27 ID:byhLZpsD0
>>170
コラー

173 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 00:49:51 ID:xk2pXurGO
>>170
これは後味悪い…

174 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 01:36:53 ID:N1/ur2WS0
>>170
傷を抉るような真似すんなよ

175 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 03:44:50 ID:h0dM0OQD0
俺は自慢じゃないけど、小学生の時からかなりの人気者だったよ。

何かよく分からねぇけど俺の一言でみんな大爆笑する。 
例えば、俺がトイレでウンコしてると、
みんなが必ず集まって来てくれて、上から雑巾とか投げてくるから、
俺が「やめろ!」と言うと、みんな大爆笑。

あと、下駄箱のクツがなぜかなくなっちゃった時に、
みんなが「○○早く来いよ〜」と言うから、
俺が「クツがない!」と言うと、みんな大爆笑。

そんな俺はもちろん女子にも人気があったよ。
俺をテーマにしたゲームがたくさんあった。
特に人気があったゲームは、
俺が触ろうとすると、みんなが俺を避けるというゲームだ。

俺はアイドルだったんだよ。

176 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 05:48:37 ID:ctBAvX9GO
…('A`)

177 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 07:01:20 ID:wRlQFkFCO
>>175 (´・∀・`)b

178 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 07:02:29 ID:aqW1iY52O
チョットスレ的にズレてるかもしれないけど…《輝け!》のコピペは後味悪かったなぁ…
『シャイン!』『SHINE!』までは、読んでて全然気付かなくって…それが、ラストで『死ね!』の文字を見た時は心臓バクバクだった…
初めてオカルトで泣きそうになったよ…

179 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 07:36:15 ID:Nf1HRDNKO
そのコピペ知らなかったよ
詳しく教えてください

180 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 09:36:31 ID:B7l6oLCcO
昨日の映画のスパイゲーム。
ブラピが金を半分くらい返している事を願う

181 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 10:50:56 ID:JS/ASoQKO
>>180
>>1(ry
最初だけしか見なかったんだけど、後味悪かった?
要約出来る方いたらお願いします

182 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 11:38:31 ID:To0BIZlH0
>>179 これかも

シャイン!
ttp://www.melma.com/backnumber_162498_3462056/

183 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 11:51:24 ID:v4nyOYD00
三島由紀夫の「雛の宿」と言う話

大学生の男が夜の銀座のパチンコ屋で死んだ妹と同い年くらいの女の子と出会う
変な感じの子だけどひかれてその子の家まで付いて行ってしまう
なんでもその子は北多摩郡というところに住んでいてわざわざどうして
銀座まで出てきたのかといえば、男雛を探すためだという。名前は神田キヨ子と言った
彼女は母親と二人暮らしでひな祭りをやろうにも男雛がいないとつまらないからだそうだ

武蔵小金井の駅を降りる。町外れの彼女の家に着くと母親はやけに仰々しく挨拶をした。
かなり古そうな立派な雛人形が飾ってある。母親が料理と酒を運んできたが
それを見て驚いた。人形が使うような豆粒のような食器にこれまた小さな料理が乗っていたからだ
杯も小さく、すぐなくなるので何度もついでもらった。
そのうち少女が「眠くなっちゃった」と言って寝室へ行ってしまう
自分もそろそろ帰ろうかと思うが母親にしつこくとめられ泊まることになった
もちろん彼女と別室だろうと思っていたが、母親に案内されて部屋へ行くとそこには
裸の少女がいて手招きをしていた。

その後は想像通りの展開である。翌朝彼女は駅まで彼を送っていったが別れ際
彼女は彼に「いってらっしゃいませ」といった。彼は不可解に思った。

彼は二度とその家を訪れなかった。初夏、彼に彼女ができた。
しかし秋の半ばにその女に捨てられた。彼は狂おしい衝動に駆られ
夜の中央線に乗ってしまった。武蔵小金井駅で降りる。
あの日と違って秋の月が明るく虫が鳴いている。どうも道に迷ったらしく
行けども行けども例の家にたどり着かない。

184 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 11:53:02 ID:v4nyOYD00
雑貨屋のようなタバコ屋がまだ開いていたのでその主人に神田家の所在を聞いた
「ああ、あの母子きちがいの家かね」おやじは屈託のなさそうな声で言った
「きちがいですって?キヨ子というのが娘の名です」
「そうだよ。あの娘も大人しいきちがいだが色きちがいだ。離縁した亭主が
送ってよこす金でああして何もせず暮らしているんだよ。知らない人はきちがいと
思わないし何人男を引っ張り込んだかね。ひところはずいぶん評判だったが
最近は噂を聞かないね。どうしてるんだか。様子を見に行く奴もいないしね」

彼は衝動で真っ青になった。道を聞くとろくに礼も言わずに店から立ち去った
行こうか行くまいか迷っているうち見覚えのある家に辿り着いてしまう
そっと庭からのぞくと紅いものが見える。ガラス戸の中にはっきりと見えた
あの日のひな壇があの晩と同じように飾られていたのだ。秋のさなかである
そしてまるで木彫りの彫像のような母と少女が向かい合って座っていた。
あの日と同じように。母子は微動もしなかった。彼はやがてそこを立ち去り駅へ引き返した

母子は彼が彼女を捨てた日から、毎夜ああして彼を待っていたのではないだろうか
男雛が帰ってくるまで女雛は秋になってもひな祭りをやめることができなかったのではあるまいか

というお話

185 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 13:20:25 ID:K5I7xrHoO
>>175
870乙。古いな…

186 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 15:01:00 ID:B3BcWlvJ0
>知らない人はきちがいと思わないし何人男を引っ張り込んだかね
って聞いてるのに
>母子は彼が彼女を捨てた日から、毎夜ああして彼を待っていたのではないだろうか
と思う男性心理を笑う話?

187 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 15:14:42 ID:iA4iS43K0
>>186
男の夢を壊しちゃだめだよ。

188 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 18:26:40 ID:vvCMU8uW0
>>182
URL先のコピペの下、最強の後味。ていうか胸糞。

>※ 笑ったら人は、広告をよろしくお願い致します。
>  もちろん、慈悲や応援クリック等でもお願い致します。
>  正直、日刊でネタ探しは大変です…++;
>  クリック等はカウントされますので、それで反響をみていますv
>  頑張って、配信しつづけますので、ぜひお願い致します。
>  また応援やネタなどのメッセージも、あわせて受け付けております。
>  読んでくださる皆様には感謝致しております。
>
>注意事項:無断でそのまま転載は禁止! 紹介 大歓迎♪
>     なにかありましたら、気軽にご連絡下さい。

189 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 18:34:03 ID:mXnSV3eh0
>>183
武蔵小金井に住んでいるが、ゴミ問題で大変な普通の町だ。
昔は、多摩の山奥への入り口の雰囲気で、
狐や狸に化かされそうな雰囲気だったから、
この話が成立するような気がする。

190 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 18:34:39 ID:ZjnJu/a50
>>175
コピペの上に誰も突っ込まないが、元ネタははなわの歌

191 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 21:29:13 ID:9Y6bXOPv0
愛知の某所にある有名なボウリング場の廃墟。
なんか大火災が起きたホテルニュージャパンの社長が建てた娯楽施設で、
あの火事で会社が倒産してそのままになってる…という噂。
地元の高校生や大学生の間では人気の肝試しスポットだった。
多分今でもだろう。

高校のとき、クラスの友達に探検に誘われた。
もちろんそのときは行く気満々。
でも家に帰って母にその話をしたら
「廃墟といっても人様の土地だよ」「もし崩れたらどうするの?」
「中に変な人がいたら危ない」
と止められ、確かにそうだなぁと思って友人達にも止めるように言った。
何人かは賛同してくれたが、3人が「親に言われてハイハイ言ってんじゃねーよ」
と逆にバカにされ「じゃあ勝手にしろ!」と。

で、その後友人達は無事に帰還。
「盛り上がって一泊しちゃったよ。今度女連れてこう」
とか言って盛り上がってるの聞いて「やっぱり行けばよかったかな」と後悔した。
そして今日、新聞を見ていたらこの廃墟のことが記事になっていた。
「最悪レベルの量のアスベストが"むき出し"で放置されているので、解体も難しい」
と…。

廃墟に行った友人の一人は今も友達だ。…この記事に気付いたろうか。
いったい毎年何百人の人があの廃墟に足を踏み入れているんだろうか?
止めてくれた母に感謝しても言い尽くせないけど…。
廃墟にはうかつに入るべきじゃない、色々な意味で…。
友人のことを考えると胸がたまらなく重い。

192 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 22:31:50 ID:JiVykZxL0
>>191
> 胸がたまらなく重い。

君の家の天井の石綿が原因だな

193 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 22:34:41 ID:S64ypPaF0
>>106
いや、一般的には、効かないということにされている。
専門家と、それ以外で扱い方が違う。

194 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 22:37:12 ID:uNMXCQQq0
>>191
あぁ、さっきニュースでやってたアレか。
なんかそのまま教訓話になりそうな出来事だね。
目先の楽しさに心を奪われて軽はずみな行動をとると
後からしっぺ返しをくらう、みたいな。

195 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 22:51:22 ID:rXEXFv3n0
>>193
この世にいる専門家全員が強固な結びつきで結託して、真実を一切漏らさないようにしており、
世間一般の人々は、そのほとんどが専門家に手もなく騙されている愚者であり、
一部の真実を知る人々(193も含む)がいるが、何をしてるかと言えば2chで名無しで書き込むのがせいぜい。

こういった世界観でよろしかったでしょうか?

196 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 23:25:23 ID:y07aC/v50
>>191
アスベストって、大量に吸い込むか、長い間吸い込まないと
症状出ないんじゃないの?

197 :本当にあった怖い名無し:2007/03/03(土) 23:50:55 ID:Q9dCSJj20
潰れる前は今以上に大勢の人間が出入りしてたはずだが・・・

198 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 00:10:07 ID:qzSwc/9F0
>>196
そうともかぎらない。アスベストの繊維が一本でも細胞に刺さると発症する恐れがある。
触らぬ神にたたりなしだ。

だから理科室の石綿を頭にのっけて「カッパ!」とか、
口にくわえて「新幹線!」とかいうことも、やめたほうがよい。

199 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 00:12:07 ID:LDL4o1K80
>>198
いや、理科室の石綿金網は、問題化しているアスベストとは違う物質だ。

200 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 00:26:58 ID:o2TEKV0t0
でも、無害ならなんでサブミリナル禁止なの?


201 :196:2007/03/04(日) 00:29:14 ID:9j03gT+l0
>>198
そうだったんだ・・・。
最近、学校でアスベストとってたから怖いなぁ。
見える状態でやってたんだもん。


202 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 00:30:53 ID:aQ5LC71X0
>>200>>198へのレスかと一瞬勘違いした

203 :1/3:2007/03/04(日) 00:50:06 ID:xvCGLMQ+0
「ヴィレッジ」ってアメリカ映画 監督が「シックスセンス」のナイトシャラマン

森の奥に小さな村がある(一見ホビットの村のようなのどかな村)。
村には古い伝説があり、森には赤マントの化け物がいるから入っちゃいけない
赤い色も化け物を呼ぶからいけない(赤い花が咲いたら埋めたりする)。
毎晩、若者が交替で見張り台に立ち、長老たちの指示で避難訓練なんかもしてたりする。

で話の大筋は、村にはヒロイン役で目の見えない若い女性がいる。それと無口だが勇気ある若者。
村に家畜の死体が放置されてたり赤マントの化け物がやってきたりの不穏な中、
この二人が結婚予定になるんだが
ヒロインといつも遊んでた陽気な池沼の男(船上のピアニストのエイドリアンブロディ)が
若者に嫉妬してナイフで刺し重傷を負わせる。

池沼は実家の離れに閉じ込められ、若者は手当を受けるのだが、村には医薬品が無い。
森を抜け街に出て薬を入手すれば若者は助かりそう。
街に行くことを決意し、村のリーダーである父親に相談するヒロイン。


204 :2/3:2007/03/04(日) 00:50:37 ID:xvCGLMQ+0
ヒロインの決意を知り、父親は驚くものをヒロインに見せる。
使われてない納屋に隠された赤マントのかぶり物だった。伝説話は嘘だったのだ。
そもそもこの村は、街で起こった凶悪犯罪のため肉親を失った人々が
自分の子供たちにそんな悲しい思いをさせたくないと嘘で作り上げた村だった。
たまの化け物騒動は長老たちが持ち回りで脅かして回ってるだけだったのだ。
その事実をヒロインに告げ、送り出す父親。

しかし森で赤マントに襲われるヒロイン(盲目だけどなんとなく気配でわかるらしい)。
どうにか穴に落として化け物をやっつけるが、
それは実は家の離れを抜け出した池沼が、
親が離れに隠しておいたかぶり物を使ってヒロインを襲ったのだった。
長老の誰かがやったと思われていた家畜死体の放置や赤マントの脅かしは
すべて池沼がやったことだった。


205 :3/3:2007/03/04(日) 00:51:08 ID:xvCGLMQ+0
ラスト、「途中で化け物が出たけど倒した」と、親切な街の人から薬をわけてもらい、
重傷の若者の元に無事戻ってくるヒロイン。
その横で、池沼の死を悟って泣く池沼の両親。
村のリーダーの父親は娘の無事を喜びながらも
「池沼が伝説を本物にしてくれた。池沼は化け物にやられたことにしよう。
そして立派な葬儀をしよう」とまとめ。end

嘘伝説は結局そのまんま続ける気だしなんかムラムラした終りだった

206 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 00:54:43 ID:e8fJv6tQ0
個人的にはGJなラストなんだが・・・

207 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 01:04:11 ID:xvCGLMQ+0
てか重要な点を書いてなかった
森に行ってはいけない=村から出ては行けない
村の若者は一生村の中で森の嘘伝説に脅えながら暮らすんだ
親世代の「街や金が不幸を呼ぶ!」の思想の元で

208 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 01:10:34 ID:NRbt1YyJ0
ヴィレッジは設定そのものが後味悪いと思う。

大人たちは自分達の意思で文明を捨てた暮らしをしているけど、
子供達は何も知らないままそこで暮らしている。
冒頭ではやはり最新の治療を受ければ助かったかもしれない子供も死んでいるし、
ヒロインの目もちゃんと治療を受ければ治ったかもしれない。
そうやっていろいろなものを犠牲にしたとしても
今回池沼が青年を殺してしまったように犯罪はなくならない。
自分達で引きこもってるぶんにはいいけど子供達を巻き添えにするのはどうよと思った。

209 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 01:16:55 ID:/PxAMu0MO
てか、ネタバレすんなよ!あの後味も含めて良い作品なんだから。

210 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 01:23:27 ID:EuEmfRI3O
>>209
>>1

211 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 01:23:48 ID:JI/YZRb+O
>>209
池沼かおまえは!ここはネタバレ前提だろうが!

212 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 01:29:36 ID:xvCGLMQ+0
>208
そうだそれで思い出した。
リーダー格の父親、約束破ってヒロインを街に送り出すのを他の長老たちに正当化するために
「おまえたち、数十年後も生きているか?子供世代にはああいう愛の真実が必要だ」
とかなんか言い訳してたくせに最後はまた嘘伝説続けるのかよと思った。

213 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 02:10:45 ID:rvDLq8kD0
ガイシュツなら悪いけどホステルって映画観で
白人の憂さ晴らしで目玉くりぬかれる女が中国人か韓国人なのに
日本人の卒業旅行客役だったのは後味悪すぎた

214 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 02:11:26 ID:rvDLq8kD0
で=て
スマソ

215 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 02:27:33 ID:C+OcxVaz0
>>213
>>1

216 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 03:16:57 ID:pE5rIUXAO
>>213
ホステルっていう映画に、白人の憂さ晴らしで目をくりぬかれる日本人が出てくるんだけど、演じているのがどう見ても中国人か韓国人だった…。
ってことだろ?

217 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 03:26:35 ID:e8fJv6tQ0
ストーリー書いて欲しかったとか?
この場合ストーリーわからなくても>>213の意味はわかるが。


218 :ホステル1/2:2007/03/04(日) 03:37:53 ID:NRbt1YyJ0
213じゃないけど一応あらすじ。

欧州を旅行しているアメリカ人の若者二人と途中で出会ったらしいアイスランド人の三人組。
オランダで大麻をやってみたり女をナンパしたりしていたが
そこで知り合った青年にスロバキアのあるホステルにいけばヤリタイ放題と教えられそこに行くことにする。
確かに初日から美女に迎えられ夢のような夜を過ごすが
まずアイスランド人が急にいなくなる。
主人公の親友、同じホテルに泊まっていた日本人女性2人と次々いなくなるが
主人公だけは偶然に助けられて無事だった。
最初に知り合った美女たちがあやしいと思い
主人公は街で彼女たちを見つけて問い詰め、親友のところに連れていってもらう。
実はそこは殺人ビジネスをおこなっている組織で
アメリカ人はいくら、ロシア人はいくらという値段設定まであった。
美女も最初に紹介してくれた青年ももちろん仲間。



219 :ホステル2/2:2007/03/04(日) 03:39:48 ID:NRbt1YyJ0
客は好みの人物を注文して自分の好きなように殺していく。
主人公は指を切られ、自分も人を殺しながらも脱出
片目をくりぬかれた日本人女性も助けて一緒に逃亡する。
しかし日本人女性はガラスに映った自分の顔を見て絶望して自殺。
最後に主人公一人で電車に乗って逃げている時に
同じ電車に親友を買って殺した男を見つけてその男を殺して終わり。

213が言っているのは日本人女性が拷問されている場面。
主人公が脱出して一人で逃げるのにほぼ成功している途中で
日本人女性の悲鳴を聞いて助けに戻るという緊迫したシーンなんだけど
本物の日本人じゃないせいか台詞が「た〜す〜け〜て〜い〜た〜い〜」という感じで一気に脱力する。

220 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 10:24:29 ID:o2TEKV0t0
>>218-219

わざわざありがとうございます。
後味悪いですね。

221 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 11:38:08 ID:2D5gAK1RO
>>218-219
乙。主人公助かって後味悪くないな。脱力ワロタ
在外日本人が少ないからしょうがないというか映画では日常茶飯事だな

222 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 11:48:45 ID:kqKTm90b0
498 名前: 名無しさん@お腹いっぱい。 [sage] 投稿日: 2007/03/04(日) 09:23:57
ちょっとした話だが、戦争中に起こった実話。
ナチの将校とユダヤ人の娘が恋をした。当然道ならぬ恋。
しかし燃え上がった二人は駆け落ちを決意する。
その行為によって娘はもちろん、反逆罪となった将校の家族親戚友人全て投獄される。
もちろんつかまったら二人の命もない。
二人は何十人もの命を犠牲にして、手に手を取って
命を懸けて国境を越え、田舎の小さな教会でささやかな結婚式を挙げ、
このニュースは現代版ロミジュリとしてヨーロッパ中の新聞が美談として取り上げた。
その後二人は仲むつまじく、幸せに暮らしました…
とは行かなかった。
なんとほんの数年で離婚したのだ。
「罪の重さに耐えられなかったのか」と噂になったが、心理学者の意見は違う。
男女の仲は反対されればされるほど燃え上がる。
しかもこの場合反対などと言う生易しいものではない。
自らを悲劇の殉教者と見立て、のめりこみ、酔い、
悲恋を成就する事だけを目的とした恋だったという。
つり橋効果が数年間続いたようなものかな?
そして壁がなくなり、回りに祝福されると現実に戻ってしまった。
全てをかける価値があったのか、と。
その後の二人の消息は知らないが、ラリ女の心境ってこういうものだと思う。
実際夫と結婚する時はここまでのラリラリパッパにならないもんな。
ただのつり橋効果じゃなかったら、ばれた時泣いて謝ったり再構築を願い出たりしないだろう。

こんなやつらのせいで殺された人たちカワイソス

223 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 12:11:14 ID:e8fJv6tQ0
内容は後味悪いが、
ラリラリパッパにわろた

224 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 12:23:45 ID:O17u27dF0
>216
「ワイルドスピード3」も日本人が悪役な上に、
どうみても…ありが(ryな韓国人キャスティングでイヤな気分倍増。

内容:作品の舞台となる日本の高校生は、夜になると駐車場に何百人も集まり
パラパラを踊ってドリフト競争。
主人公の車大好きアメリカ人高校生が半ヤクザなドリフトキング韓国顔日本人と
スッタモンダしてドリフト競争で勝って終わり。

後味がどうこう言うより単に糞な映画ですた。

225 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 12:44:51 ID:bjPOo4gbO
>>200サブリミナルに効果は無いけど怪しいからじゃない?コックリさんは嘘だけど、その怪しさによる自己暗示で自殺する人もいたし

226 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 13:32:32 ID:QoPp+QHt0
>>224
妹と一緒にその映画観たけど、私も妹もとりたてて嫌韓ってわけでもないのに
その悪役韓国人の顔があまりにもキモすぎて続きを見てられなかった。
登場人物の顔が生理的に受け付けなくて映画見るの
途中でやめるなんて後にも先にも初めてだww
顔も髪型も服装も体つきも何もかもキモかったけど、
何よりもクネクネかっこつけたキザな立ち振るまいがあまりにも…
役者に罪はないのかもしれないけどあれはあまりにもひどすぎ。
妻ブキが出てきたシーンは(ほんの一瞬だったけど)ほんとに癒された。

227 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 13:50:02 ID:+SwqP3rrO
相当昔に外国で実際にあった話。母と娘が二人、ホテルに泊まった。夜になって急に母が熱を出し、苦しみ始めた。娘はフロントに助けを求めるが、あいにく適当な薬が無い。隣町になら名医がいると教えられ、仕方がないので走って医者を呼びに行く娘。

228 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 13:52:30 ID:+SwqP3rrO
ようやく医者と一緒にホテルに戻り、従業員に母の容体を聞くと、不思議そうな顔をされる。わけがわからないまま部屋に向かうと、さっきまで泊まっていたはずの204号室のドアが見当たらない。あわてて従業員に訊ねるも、「うちにはもともと204号室はありませんよ…」

229 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 13:54:00 ID:+SwqP3rrO
わけがわからなくなった娘は支配人や周りの人に必死になって訴えるが、誰も母のことすら覚えていない。異端の目で見られる娘。…しかし実は最初に母親の症状を見た従業員がただ事では無い事を悟り、ホテルが独自に医者を呼び、そこで母が伝染病に感染していると発覚していた。

230 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 13:57:26 ID:+SwqP3rrO
この事が世間にばれればホテルは廃業に追い込まれると思った支配人と従業員が結託し、娘が隣町に走っている間に業者を呼び、204号室のドアの上から壁紙を張った。母親はその間に死んでしまっていた。皆でこの出来事そのものを無かったことにしてしまったのだ。

231 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 13:58:58 ID:+SwqP3rrO
結局娘は頭がおかしくなったとされ、精神病院に連れていかれてしまった。この事実が世に明るみに出たのはそれから何十年もたった後だった…。

232 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 14:03:25 ID:zzbdVKS6O
実話なのか…('A`)

233 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 14:11:21 ID:qnnHQJfr0
あれ、都市伝説じゃなかったっけそれ。

234 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 14:11:43 ID:UDXM/xXQ0
キャスティングに便乗してつい最近の話。

どうやっても竹中直人はヨーロッパ人には見えませんでした………
それ以外は面白そうだったのに………おかげでなんか気持ち悪くて見れなかったよ…のだめ。

235 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 14:16:36 ID:kqKTm90b0
>227
ホテルが廃業になるじゃなくて、確かその時
その町で凄い大きな国際的イベントがあったんだよ。
それなのにペストだかなんだかの伝染病が発生したとわかれば
イベントは大失敗になる。
それは街としても大変な事だってなって町中の人間が隠す事にしたの。
のんびりと走る馬車に乗せられて医者に行き、医者も時間稼ぎをする。
その間に内装を変え、部屋ごとなかったことにした。
娘はホテルに行く前によった店やら場所やら駆けずり回って証言を求めるが、
町の人は全てグル。
後味悪いよね…

236 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 14:20:23 ID:qzSwc/9F0
>>226
ま、映画館に行って2時間も鏡と向かい合わせられたら、たまったもんじないよな

237 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 14:25:29 ID:IYQykhff0
>>235
パリ万博での事件として語られてる都市伝説だね。

238 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 14:43:24 ID:kqKTm90b0
都市伝説だったのか…
ちょっと安心したw
私も母を亡くしてるので、こんなことが自分の身に起きたらって思ってたんだよね。
トン

239 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 15:01:58 ID:+SwqP3rrO
すごい…みんな詳しいなぁ。実は小学校の時世界の怪奇事件(図書館にあった)みたいな本に載ってて、10年以上たった今でも記憶に残ってた話なんだ。自分は実話だと思い込んでたんだけどパリ万博の都市伝説だったのか…

240 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 15:03:49 ID:omIkAXUGO
やなせたかしの犬とバラの話めっちゃいいね!
思わず勃起したよ!


241 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 15:04:10 ID:ngsSUSzAO
ちょっと前に読んだ
かわいそうな犬にあまり物あげたら
死んだって話が気になる

242 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 15:17:18 ID:QoPp+QHt0
>>241
タマネギか何かあげたら中毒で死んでしまったって話じゃなかった?
無知は怖い
(犬はネギやニラといった野菜を食べると中毒を起こして死ぬ可能性がある)

243 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 15:21:55 ID:4HG5gHYg0
>>227
ジョディ・フォスターの飛行機で娘がいなくなる映画「フライトプラン」みたいね。
>>227が元ネタっぽいな。


244 :地獄少女1:2007/03/04(日) 16:06:36 ID:MXvaKlfX0
ここでさんざんガイシュツのテレビアニメ、「地獄少女」を昨日偶然、初めて見た。
噂に違わぬ後味の悪さ。
地獄通信というHPにアクセスすると地獄少女という存在が現れ、わら人形をくれる。
そのわら人形のひもを解くと呪いたい相手を地獄に流すが、自分も死後地獄へ行く、という設定らしい。

お揃いの髪型、髪飾りの女子高校生、ジュリとマリ。二人は高校入学してからずっと親友だった。
しかしジュリが足を怪我してから、その関係は一変した。
ジュリがマリを怨み対象として地獄少女からわら人形をもらい、
「私を裏切ったらいつでもひもを解く。自分が死後地獄に行くのも構わない」とマリを束縛するようになったのだ。
それでも「ジュリを傷つけたのは私だから」とジュリに従うマリ。
他の友人と付き合うことを禁じ、親との外食も写メで報告させ、テストは二人揃ってビリを取ることを強要。
地獄少女の仲間(?)の男は二人の関係に興味を持ちマリに近づき話を聞く。
二人はテニス部で一緒にダブルスを組むことを目指していたが、
先輩部員がマリに目をつけ自分とダブルスを組もうと誘った。マリは一瞬、心が動いてしまう。
その光景を見てしまったジュリはショックでその場から走り出すが、割れた排水溝に足がはまり転倒。
しばらく松葉杖をつくようになってしまう。それから数ヶ月経っており怪我は治ってるはずだが、
ジュリはちっとも痛みが治まらないと言いマリを束縛し続ける。
ジュリ自身、マリに辛くあたりながらも心のどこかで後悔をしていた。
男はマリの話を聞き、それでもジュリと前みたいに仲良くなりたいと言うマリに、
「きっとその気持ち通じるよ」とマリの頭をなでる。
地獄通信の呪いのこともあり、人に相談できず悩み続けていたマリは思わず男の胸にすがる。
その姿を、またしてもジュリが見てしまう。松葉杖を放り出して走り去ろうとするジュリ。
男は杖なしで歩けることに驚くが、マリはそれを知っていた。「私が傷つけたのは足じゃなくて、心なの」
ジュリを追うマリ。「待って!私たちずっと一緒でしょ!?」マリの言葉に、横断歩道の真ん中でジュリは立ち止まった。
その瞬間、車に撥ね飛ばされるジュリ。


245 :地獄少女2:2007/03/04(日) 16:07:11 ID:MXvaKlfX0
集中治療室に入ったジュリ。マリは、ジュリが落としたわら人形の入ったポーチから、
わら人形を取り出してジュリの手に握らせる。ジュリはポーチの中を見るよう促した。
そこには屈託なく笑う二人の写真が入っていた。
マリは、自らジュリの手の中の人形のひもを解く。
「死んだらどこへ行くかわからないけど、これから二人一緒だから」そう言って消えるマリ。

地獄少女が舟をこいで、マリを地獄へと誘う。その舟の横を、ジュリの魂が入った灯篭が流れる。
「あの二人、地獄で笑えるといいな」男がつぶやいた。

ラストのマリがひもをほどくところはいいシーンっぽい演出なのだが、
心が汚れてるのか自分にはマリの復讐に見えてしまった。
そして最後の地獄少女の仲間の呟きが無責任で後味悪い。
笑えるわけないだろが、地獄なめんな!!
お前が余計な介入したからこんなんなったんだろうが!!

246 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 16:17:39 ID:RDOecpH00
そら地獄に流すのが仕事だしな。

247 :1/2:2007/03/04(日) 16:22:13 ID:btrrhqLN0
>>203の赤マントみて思い出した事件。
以下コピペ。
 最初に書いておくが、この事件は迷宮入りであり、犯人はわかっていない。
 昭和10年代、福井のある村で、ある小売商の家に夜半10時頃、訪問者があった。
本家からの使いです、といって表戸を叩くので、細君が起きて出てみると、
赤毛布を頭からすっぽりかぶって、本家の提灯を持った男が軒先に立っている。
本家で急病人が出たから、呼んできてくれと頼まれたというのだ。
 急いで亭主はその男とともに家を出ていった。
 本家からその家までは8キロほどある。亭主を送りだしてやった妻は心配しながらも、
子供たちを再度寝かしつけて、自分もうとうととした。しかし2、3時間後、また戸を叩く音がした。
 出ていくとまた赤毛布の男である。彼は「病人はとても朝までもたなそうだから、
女房も呼んでくれと言われ、迎えに来た」と言った。細君はすわ大変とばかりに、
子供と親しい近隣の家にあずけて男とまた一緒に出ていった。
 すると1,2時間たって、今度は子供を頼んだ隣家の戸を叩く者がいる。
また赤毛布の男で、顔は見えない。
「両親が、子供も連れてきてくれというので迎えに来た」
 と男は言った。しかしその家の細君は、こんな夜中に子供に風邪をひかせては大変だし、
もうぐっすり眠っているから明日にしておくれ、と言った。男は再度頼んだが、
彼女は頑として応じなかったので、赤毛布の男は不承不承、帰っていった。


248 :2/2:2007/03/04(日) 16:23:41 ID:btrrhqLN0
 ところが数日後、この小売商の夫婦は惨殺されて河に投げこまれているのが発見されたのである。
 犯人があの赤毛布であることは明らかである。
 が、物取りにしてはひとりひとり誘い出すなど、念が入りすぎている。
また子供まで誘い出して殺そうとしたことなどから考えるに、怨恨としても相当根の深いものだ。
 本家の提灯を持っていた、ということからしてすぐに犯人は割れるものと思われたが、
結局何ヶ月たっても犯人の見当はつかず、迷宮入りになってしまった。
 しかし男が終始顔を見せなかったこと、子供だましの嘘でふらふらと
夫婦ともども出ていってしまったこと、子供だけは、まるで隣家の細君が
護符でもあったかのように守ってみせたことなど、まことに不気味な事件と言っていいだろう。

未解決事件って後味悪い。

249 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 18:05:54 ID:7LTOb/lZ0
こ、こえーよ!!!

250 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 19:05:11 ID:mdCX7kMG0
>>200
サブリミナルというより
「1コマとはいえ変な画像入れるの禁止」という事だと思う。

ファイトクラブという映画ではサブリミナルでチンコ画像入れてたし
見えないからって妙なもん流すなという事だろう。

251 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 19:49:02 ID:R/4QhkaUO
馬鹿多杉。

サブリミナル、ちゃんと調べてミソ。

252 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 20:01:23 ID:ZWvGcYEG0
サブリミナル効果(Wikipediaより抜粋)

サブリミナル効果(サブリミナルこうか)は潜在意識、意識と潜在意識の
境界領域に刺激を与える事で表れるとされる効果。
ただし科学的に証明されてはおらず、
その効果を疑問視する心理学者も多い。
映画やテレビ放送などでは実在するものとして、その実施は禁止されている。


だそうですよ。みんな参考にしてね。

253 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 20:01:45 ID:Nlo0ZtysO
はいはいワロスワロス

254 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 20:02:57 ID:+SwqP3rrO
文章力のおかげでこわさ倍増だお(´;ω;`)

255 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 20:21:38 ID:R/4QhkaUO
>>252
そうだね。
それは正の効果だね。

でもね

256 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 20:22:42 ID:QoPp+QHt0
近隣の細君GJ(´;ω;`)
しかし残された子供達がかわいそうだ(´;ω;`)

257 :やさしいななしさん@愛知:2007/03/04(日) 21:01:26 ID:Y/fGKrcS0
>>247

ttp://tisen.jp/pukiwiki/index.php?%B2%C8%CC%E6
ttp://www.tv-tokyo.co.jp/mystery/back_082.html
松本清張『家紋』
粉雪舞う冬の夜…北陸の旧家・生田家の分家である市之助と妻の美奈子が何者かに惨殺された。
犯人は夫婦の家を訪れ、本家の使者と偽って市之助を呼び出し、さらに美奈子も巧みに連れ出した。
そして翌朝、2人の死体は村から町に通じる近道で無惨な姿となって発見された。

258 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 21:41:49 ID:33JvofML0
>>244-245
これシリーズの中でも後味良い方だよ
地獄へ落ちたとはいえ結果的に和解して同じところへ行けたわけだし
あと男の言葉は「地獄で良い写真が撮れるといいな」
まあ撮れるわけないんだけども

259 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 21:58:05 ID:MXvaKlfX0
>>258
あ、これ後味いいほうなんだwアリガトン。
地獄でいい写真撮れるわけないよなあ…だって地獄なんだもんなあ。

260 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 22:00:25 ID:ZrkOGA/b0
>>89
全然後味が悪いどころか、非常に感動する良い話なんだけど・・・

261 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 22:02:33 ID:9qEKqmFd0
>>247これ普通に細君が犯人何じゃねーの?
ある程度オチがないと後味悪いっつーかモヤモヤするっつーかだな

262 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 22:20:48 ID:dBy+4dbuO
かなり遅いけど、前スレ954の話は
こなみしょうこ(字忘れた)のコインロッカーのネジですね。
犯人の少年はいつも説教の間、母親の指輪の石を見つめることで正気を保っていた。
しかし最後の説教の時、母親は指輪をしていなかった為キレてしまった。
という話だったと思います。

263 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 22:27:55 ID:zYrpqjwl0
出典不明(誰かの創作物/ちなみに漫画)

内気なAは明るいBのことが好きだったが、Bには別に想い人Cがいた。
妬んだAはBの想い人Cを殺し、その肉で肉まんを作ってBに食べさせる。
その肉まんにはCの顔が描いてあって、口に放り込む前に
「B、食べないで〜」って吹き出しが付いていた。

264 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 22:37:31 ID:y3z5uvke0
>>250
あれは1コマでは無くもっと長かったから
普通に気づくよ。
見えちゃったらサブリミナルじゃ無いじゃん。

265 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 23:07:16 ID:F5qImSdr0
ちょっと前にこのスレで出てた
地獄少女の第十四話「静かな湖畔」の
続編を来週やるっぽい

266 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 23:44:01 ID:o2TEKV0t0
>>252

wikでは、そうなってるけど、最新の心理学では条件下では
必ずしも効果がないわけではありません。
Wikから飛べる御茶ノ水女子大のサイトなど。
また、最近アメリカ、カナダでは、サブリミナル制作会社が2000社に達し、
その市場規模も5000万ドルとも見積もられ今や一大産業となっています。
有名なのは、スーパーなどのBGMの中に
万引きしないでおこうとか入ってるらしい。(外国でね。)

267 :本当にあった怖い名無し:2007/03/04(日) 23:54:11 ID:Xt17llnCO
歯の無い婆さんにチンポしゃぶってもらいながら、お互い全裸で商店街をねり歩いていた。
家族連れや、老夫婦や、地元の女子中学生が見ているなか、素足で犬のクソを踏んだら、あまりの気持ち良さに射精してしまい、ずっと噛んでたグチョグチョのハンバーグを吐いてしまった。
ガキがエアガンで撃ってきたので、婆さんを盾にしたら、もう死にたい。死にたい。とうるさいので殴って黙らせた。
エアガンの弾がオレの眼球にめり込んだんで、先日医者から縫ってもらったばかりの傷口を引き裂いて、ぼろりとこぼれ出た俺の腸をぶらぶらさせてやった。
もう一回射精して、クソを漏らしながら、たった一つのかけがえのない命を大事に、俺はまだ生きている。
お父さん、お母さん、僕を生んでくれてありがとう。

268 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 00:12:17 ID:H7MhShthP
最近は後味が悪い話じゃなくて
頭の悪い話を書くスレになったのか?

269 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 01:23:03 ID:mAbhlIYiO
ちょっと前に自分の考えた話を流行らせたがっているゴミがいたよね
やたら書き込んでいたけど、どっかで見たような話を集めてくっつけただけの薄すぎる内容だった

270 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 01:36:30 ID:2nnEJxdx0
>266
>また、最近アメリカ、カナダでは、サブリミナル制作会社が2000社に達し、
>その市場規模も5000万ドルとも見積もられ今や一大産業となっています。

まじ?アメリカじゃ規制されてないの?
っつかどういうビジネスになるのか想像もつかないのだが・・・

271 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 02:02:44 ID:Pg3p+F030
1社あたりの売り上げ2万5千ドルか。
よくやっていけるなw

272 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 03:25:01 ID:SzkuPu7X0
今日は疑惑判定の後にしっかりKOされるなんて
武蔵さんはファンの事を一番に考えてますねw

273 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 03:28:09 ID:Tayy8DWoO
>>271
ソースが無い時点で察してやろうぜ
あまりいじめると泣かれちゃうよ?

274 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 05:46:40 ID:7D/z2o9l0
仮面ライダー龍騎の設定が後味悪い、お約束の悪と戦い平和を守る
ではなく、13人いるライダー同士で戦い、最後の一人には願いが叶う
という設定、しかもライダーの中には過去に人を殺してる奴もいて
そいつがライダーになった理由が「より多くの人を殺せるから」って理由
ほかには「金持ちになりたい」や「英雄になりたい」などetc

およそ子供が見るヒーローモノじゃない、しかも主役であるはずの龍騎は
最終回の一歩手間で殺される。

275 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 06:56:04 ID:zcBN2YTY0
龍騎はもともと仮面ライダーとしてではなく新規の特撮物として作られる予定だったけど、
ライダーじゃないと予算がおりないのでライダーになったんだよね。

仮面ライダーが人を殺すという設定に藤岡弘が苦言を呈したという逸話もある。

276 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 07:27:57 ID:Eq6MJjgp0
>>191
恐れ巣だけど、ニュー速プラスにスレが立ってた
【愛知】心霊スポットとして全国的に有名な廃墟ボウリング場で、高濃度のアスベスト検出 「内部に絶対立ち入らないで」…稲沢
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1172895217/

277 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 07:31:05 ID:GkchEOCH0
最近のライダーが改造人間じゃなくなったところが後味悪い

278 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 10:47:25 ID:T+AQBasP0 ?2BP(22)
>274
浅倉や須藤は人を殺す為にライダーになったんじゃないよ。

279 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 11:14:08 ID:asefvtYT0
>>277
人権に配慮して、改造人間禁止なんだそうだ

280 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 12:08:22 ID:9LW3miwE0
今の仮面ライダーなんて電車出てくるしな
ライダーじゃないのかよお前は

281 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 12:09:41 ID:uTwWtn5+0
あれは、電車にバイクをしまっとくんじゃなかったっけ?

282 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 12:48:35 ID:rFVYcG950
そして電車は、中に格納してるバイクにまたがって運転する。ギリギリセーフだw

283 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 12:59:14 ID:zRzUAkglO
>>282
バイクに乗ったままロボットに入って操縦するやつがあったような?


284 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 13:57:15 ID:o2qJQhG+0
>>283
それ、なんて………思い出せん。

285 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 14:19:26 ID:zRzUAkglO
>>284
いや、マジで。
なんだったかな?
欠片も思い出せん。


286 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 14:31:11 ID:asefvtYT0
モスピーダと
勇者ライディーンが思い浮かんだ。

正解かどうかは分からない

287 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 14:55:41 ID:1jX+v5K40
>>273

ソース http://www.genic-net.com/103/KOUKA.html

でーす。さー、ソース出てきたよ。
泣くのは、どっちかな?ていうか、子供みたいな台詞だね。
あっ、子供か。

288 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 15:04:38 ID:zRzUAkglO
>>287
そこはちょっと


289 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 15:07:44 ID:zRzUAkglO
>>286
レス、サンクス。
モスは初めて見た。
ライかな!?
うーん分からない。


290 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 15:09:34 ID:Sk4eHTdmO
昔の特撮の『シャンゼリオン』は後味悪いよね…

291 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 15:23:50 ID:hALOqN4A0
>>284
カンタムロボか?

292 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 15:34:13 ID:tQ0BpRQ+O
>>290
シャンゼリオン…主人公のテンションの高さに吐き気がして最初の数話しか見てないや…

どんな後味の悪さだった?

293 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 15:38:43 ID:JXOcfnh80
シャンゼリオンは黒岩の最後に泣いた。
当時リア小だったけど黒岩好きだったのに…。

294 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 16:00:31 ID:I35YH+t60
>>290
>>1

295 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 16:03:13 ID:bWhnOxZp0
>>287
ちょ、そこサブリミナル商品扱ってるサイトじゃねぇか。
自社商品の沽券に関わるんだから「効果ない」なんていうわけないだろ。
UFO研究家のサイトをUFO実在の証明にするようなもんだぞ、それは。

296 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 16:17:57 ID:Bj5MVnnQ0
>>287
納豆で痩せるとか細木信じる人間が実在するって信じられなかったけど、いるとこにはいるんだなあ…

297 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 16:21:34 ID:+X99MFW90
かなり昔見た漫画

その時代世界は国や人で争いあい暗い闇に包まれていた
そんな中ある小さな村で生まれた少年A
彼は15歳くらいのあれ日変な夢を見た
神様と名乗る男に「世界を幸せにしろ」と命令される夢
翌日協会に行くと小さな天使が現れ、皆の悩みを解決する旅に出ろと告げられる

村を出て、旅に出る少年
(道中は割愛)
さまざまな人の悩みや幾多の争いを解決した少年A
一年が過ぎ、彼は元の村へ一度帰ってみた
するとそこには神の姿が
神「なんの見返りもなく、よくやってくれた」
少年「いえ神の為なら何でも」
神「ここで話がある、私の代わりに神になる気はないか?私は宇宙を造り、地を造り、人を造り、さまざまな物を造ったが管理一つ出来やしない。私より君たちの方が適任だ。私はもう眠りたい。」
少年A「分かりました。私がきっと今以上に良い世界を造ります」

神「人に欲という物を持たせた自分が間違いだった。愛や金を手に入れる為に人は何でもする。お前は今私を落とし、自らが神になれるなどという欲を持った」
体が固まり絶命する少年

年月が過ぎ、以前と変わらず世界はまた争いあい人は悩み続ける
人に欲がある限り・・・

298 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 16:35:05 ID:yxjMPDP30
>>297
随分自分勝手な神様だなw
エラそうに言ってるが、自分だって少年を試したいって欲があったから試したわけだし。


299 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 16:43:46 ID:2uHRZgc50
>>297
なんだこれw

300 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 17:05:28 ID:asefvtYT0
自分から「わしゃ神様じゃよ!」なんていう奴に
ろくな奴はいない。

っていう話だな。

301 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 17:21:51 ID:XH/ukUNX0
仙人になるための試練みたいだな。
朝まで声を出さなければ弟子になれるって条件で、ずっと耐えたけど最後に母親の助けを求めるに思わず声を出してしまう話。
その後仙人が現れて、もし母を見捨てれば自分が殺していたというオチ。
家族への思いは大切だと言う説話なんだろうけど後味が悪かった。
だったらどうすれば良かったのかとか、その仙人は何様だとか、お前はどうやって仙人になったのかなど突込みどころがあった。
結局、仙人になるためには仙骨があることが条件らしいので、素質のない者を切り捨てたと後で結論付けてしまったよ。

302 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 17:34:36 ID:l9zFoZ6p0
>>297
そんな神はばらばらにしろw

303 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 17:43:27 ID:1WiBGvPV0
>>301
杜子春か。

あれはさ、さんざん道楽尽くして好き勝手やりながら
誰も信じられない人間なんて最低だとか厨房なことぬかすから
実体験でお説教されたってことじゃね?

304 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 18:43:17 ID:AFGKl8Jk0
>>303
それはそれで仙人の(身勝手な)行動は理解できなくは無いんだけど、
杜子春の方は、騙されて命取られ掛けて、肉親の拷問見せられた挙句、
ネタですたって言われたのに、爽やかに「僕は自分で働きますぅ!」とか
なってしまうとなると、結局禁治産者の気持ちは解らんなぁ...みたいな。
要するに、仙人にはとても敵わないから、長いものに巻かれたのか?

305 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 19:11:53 ID:OWc1SehJ0
既出かも知れないが
後味の悪い話(漫画)投下
http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20070305185813.jpg
http://sakuratan.ddo.jp/imgboard/img-box/img20070305185828.jpg

306 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 19:41:07 ID:zRzUAkglO
>>305
題名と作者教えて

307 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 19:52:58 ID:OWc1SehJ0
>>306
まぁ、正直ブログの漫画なんだよね。
その中でも後味悪かったのを投下した。
晒して良いのか分からんけど・・・
http://ameblo.jp/yohsuken/

308 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 20:23:59 ID:X9aDfRfi0
>>283
まんまバイクじゃないけどエルガイムの操縦席が
ホバーバイクみたいな物だったけど?

309 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 20:36:17 ID:l9zFoZ6p0
>>305
上の方は普通の漫画の1ページ目かと思った。

310 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 20:59:52 ID:eseF6cCV0
杜子春は、最後に声出しちゃったら仙人が現れて
「あほたれ、声出すからオマエを仙人にする薬の製造に失敗したじゃねえか!
 やっぱオマエ、仙人向いてねえわ。人間やってろ」

てなバージョンもある。
どっちがオリジナルなのかは知らん。

311 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 22:00:13 ID:mAbhlIYiO
>>305
ここでよく出る「ラ・ラ・ラ・・・」の人だね
下の血走った目のアップで気付いたよ

312 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 22:56:25 ID:1jX+v5K40
>>310
多分、改変したバージョンではないかと。
古今東西、イソップとかグリムとか改変バージョン
いっぱいあるので。

313 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 22:58:49 ID:1jX+v5K40
しゃーねーな。もういっちょ。サブリミナル効果

こっちは、お茶の水女子大学 大学院人間文化研究科 坂元章 より

http://www.hss.ocha.ac.jp/psych/socpsy/akira/media/sub.htm

314 :ねこぢるの漫画:2007/03/05(月) 23:02:09 ID:SIXEWUPW0
母親が小さい頃に亡くなったので、父親と二人で住んでいました。
私の世話や家事はメイドの女がしていました。
ある夜、トイレに起きた私はメイドが父親の部屋で
裸で父親に抱かれているのを見てしまいました。
それ以来メイドとは口を利かなくなりました。

友達は近所に住んでいます。その日は友達皆と一緒にいつも遊んでいる場所から
少し遠くまで行って見ました。すると大きな穴がありました。
穴はゴミ捨て場みたいでした。ゴミ捨て場の中に
四つんばいでうーうーうなっている男の人がゴミを食べていました。
友達の一人が「あれは○○さん家の長男だ。基地外なので親に捨てられたんだ」と
教えてくれました。
友達の中に貧乏な家の子がいました。貧乏人の癖に犬を連れていたので
その犬を穴に投げ込んで見ました。すると男の人は
うーうー唸りながら犬を食べてました。貧乏な家の子は泣いていました。

次の日私はメイドと街へ買い物に出かけました。メイドは久しぶりに
私と出かけることが出来て嬉しそうでした。この女はお母さんになるつもりなのか。
私はメイドに「ちょっと寄り道したい」と言いました。メイドは「いいですよ」と
着いてきました。私はメイドをゴミ捨て場の穴まで連れて来ました。

「見てほら、あの人。頭おかしくなって親に捨てられたんだって」
「まぁ、恐ろしい」メイドは怯えた顔で覗き込んでいました。

私は後ろから思い切りメイドを突き飛ばしました。メイドは穴に落ちました。
男から必死で逃げようとしていますがゴミの山が邪魔で逃げられません。
男に髪を掴まれて叫んでいるメイドは頭がおかしくなったみたいに見えました。
男とお似合いでした。しばらく見てましたが飽きたので帰りました。

家に帰るとお父さんがメイドを見かけなかったかと聞いてきました。
遠出して来て疲れてるのにそんな事を聞かれて腹が立ちましたが「知らない」と答えました。
明日の御飯どうしよう。

315 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 23:44:53 ID:QNRe1fUy0
あーなんだっけそれ
山野一だっけ山本直樹だっけ

316 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 23:45:24 ID:QNRe1fUy0
あメ欄に書いてあるじゃん…

317 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 23:48:13 ID:83JZlk2w0
>>305
このサイトの
インガ13 EPISODE:59「或る日常の正体」
ってどんな話だったか知ってる人居る?諸事情により削除ってのが気になる・・・

318 :本当にあった怖い名無し:2007/03/05(月) 23:48:52 ID:83JZlk2w0
うわ あげちゃった!スマソorz

319 :ねこぢるの漫画2:2007/03/05(月) 23:59:10 ID:SIXEWUPW0
同じ工場で働く頭の悪い工員Aと工員B。工員Aは同じ工場で働く聾唖者のC子が気になっていた。
C子は年老いた親を食べさせるために一生懸命安い賃金で働いていた。
工員AはC子にラブレターを出した。しかしその内容は聾唖者であるC子を蔑んだ内容だった。
(「C子はつんぼだけど俺は気にしないから結婚しよう」など)C子はAに
「あなたは障害者と言う事で私を下に見ているようですが、それは悲しい事です」と
丁寧な返事を書いた。しかし馬鹿なAとBには内容がわからない。
A「つんぼの癖に小難しい事書きやがって。俺を馬鹿にした。」
B「おう、犯してやろうぜ」二人はC子の家へ。
C子の家に着いた二人は年老いた両親を持ってきたバットで撲殺。
そしてC子を後ろと前から同時に犯す。C子は膣壁と肛門壁が
AとBの男根でえぐられるような形になり死んでしまった。

帰り道、BはAを慰めながら談笑して歩いていく二人であった。

320 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 00:04:03 ID:C94NHjlH0
ねこぢるの漫画っていうとあのねこの絵しか思い浮かばないんだが、
>そしてC子を後ろと前から同時に犯す。C子は膣壁と肛門壁が
あの絵でこういう描写をするのか?想像つかねー。

321 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 00:06:31 ID:Iotb5vs20
やっぱ、>314=319のは山野一(ねこぢるの旦那)じゃないか?
自分ねこぢるはほとんど見たことないけどその話両方とも読んだ憶えあるもん

322 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 00:10:59 ID:Iotb5vs20
気になるからググった
双方とも山野一「混沌大陸パンゲア」から>314のは「さるの穴」>319のは「工員」だな
参考→ttp://www.geocities.co.jp/Playtown-Spade/5189/nekodiru/yamanolist.html

323 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 00:12:41 ID:W7wANxxl0
>>321でFAみたいだな
ttp://www5e.biglobe.ne.jp/~rolling/yamano%20review.htm

324 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 00:12:45 ID:0ygecvx+0
山野一は奥さんのねこじるが亡くなった後 ねこじるy って名前にしたらしいから
それでじゃないの?

325 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 00:17:11 ID:Iotb5vs20
そうかもなあ
しかしレスで話思い出したナツカシス数年前に全部売っちゃったんだよな
引っ越したら部屋がでかくなるからそしたらオクで買い戻そう
いま>307ので楽しんでる

326 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 00:33:01 ID:Iotb5vs20
>317 自分も気になったんでググったら出てきた
5 記入なし (07/01/28 04:20)  CD5WFFKJNk P
或る日常の正体はねー
自分の部屋の中に毛が落ちてるのを不思議に思った
主人公が病的に掃除して体中の毛を全部抜いたのにまだ残ってる
それで隠しカメラで撮影してたら全身毛むくじゃらの親父の化け物が深夜部屋を徘徊してたとかいうの
欠番の理由はどこかの漫画と被ってパクりだって叩かれたかららしい

327 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 00:38:47 ID:0ygecvx+0
>>326
dです!
自分もググってみたけど探し方が下手だったみたいで
てっきり事件関係の諸事情かと思っていたけど 

328 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 00:48:54 ID:/x1nvCHb0
俺も>>327と全く同じ状況且つ同じ考えだった。>>326に感謝するよw

329 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 00:51:42 ID:Iotb5vs20
>327-328 いやw「インガ 或る日常の正体」でググったら3つ目くらいに出てきたよ

330 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 00:57:12 ID:Kr0gxFZLO
てゆうか同じブログ内で作者自身が説明してるよ
押切蓮助「でろでろ」の第二話と内容が酷似していたらしい

331 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 01:19:04 ID:Iotb5vs20
まあホントだ…

インガ13EP59気になります・・・。。。注意文付きでアップできないでしょうか?
他再アップ希望多数ですが、さすがに一度下げたものを出すのは失礼かな…と。
経緯に関しては、「押切連介さんの『でろでろ』第二話と内容が偶然モロかぶりに
なっていたので、自分如きの作品で押切さんに(わずかでも)迷惑かけられない」
という自意識過剰配慮が理由です。

332 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 01:27:44 ID:dWuF8Zsg0
超イケメンでモテモテの男だけど自分の部屋に落ちてる陰毛が気になって気になってしょうがないって漫画を読んだことあるけど、それかな?>内容被り

333 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 01:55:05 ID:zu6iiHY30
内容はあってるが、でろでろの主人公はイケメンでもなく
モテモテでもないシスコン兄ちゃんだよw
幽霊や妖怪の類を純粋な暴力でぶちのめすぐらい強いやつだが。

寝る前、綺麗に掃除したはずの部屋に、翌朝なぜか陰毛が落ちているという話。

334 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 02:11:15 ID:RLtCwFOX0
>>310
それは原作のほうだね
芥川版との主な違いは↓
http://mugenmirai.livedoor.biz/archives/6486752.html

335 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 03:09:27 ID:+pcX4yxdO
俺もこの前、枕元に陰毛みたいなのが落ちてた
しかも白くて長い。絶対俺のじゃない。
発見したのが雨漏り工事のオッサンが来たあとだったから
なんか不安になった

336 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 03:46:29 ID:soDdq8Hi0
「或る日常…」より「深く、静かに」のEP13のほうが気にならないか?

337 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 03:51:57 ID:soDdq8Hi0
……と書いた後にググってみたら同じく三番目くらいに答えが。
ギャース。さぁなじってくれ
ttp://www.4koma.com/yohsuke/hs/13/

338 :1/2:2007/03/06(火) 03:54:24 ID:lRdV+Oxc0
映画「キャリー」(1976年、ブライアン・デ・パルマ監督、スティーブン・キング原作)
以下、goo映画より転載
  ↓
メイン州チェンバレンのハイスクールに通うキャリーは、
冴えない容姿とオドオドした物腰で、学校中の笑い者にされていた。
ある日、体育授業が終え、シャワーを浴びていたキャリーは、17にして初潮を迎えた。
囃し立てるクラスメート達。教師により騒ぎは収まったものの、事件は学校中に知れ渡った。
キャリーは母1人子1人の家庭で育っており、母は狂信的な正統キリスト教信者で、性を罪悪視し、
「肉体の成長はよこしまな邪念の現れだ」と言う人間。さらにキャリーの超能力
(2人が衝突し、彼女の心的興奮がある限界点に達した時、電気はショートし、
置物は飛び、ドアは音を立てて閉まるという現象が起こる)のため、2人の仲は悪かった。
一方、シャワー事件により、キャリーをいじめた張本人クリスらのグループは、
近づく春の舞踏会の出場を停止させられた。

339 :2/2:2007/03/06(火) 04:03:08 ID:lRdV+Oxc0
そんな中、キャリーの近くに住むスーだけは、今までの態度に反省していた。
そして、教師の説得もあってエスコート役のないキャリーのために、
スーのボーイフレンドのトミーの提供を申し出る。トミーは女子学生注目の的なのだ。
図書館で彼の申し出を受けるキャリー。この事は、クリスらのキャリーへの憎しみを
一層つのらせた。彼女らは、夜、豚を撲殺し大量の血を集めた。

いよいよ会の当日がやってきた。クラスメートの好奇の視線を浴びながらも、
トミーが優しくリードしてくれ、幸せのキャリー。彼女らはベストカップルにも選ばれる。
興奮のうちに女王の座についたキャリー。瞳には喜びの涙が。

突然真っ赤な豚の血がキャリーの頭上に降ってきた。爆笑の会場。血に染ったキャリー。
やがて彼女の身体は硬直し、会場のドアは唸りを上げて閉まり、電気はショートし……。
キャリーの鬼気迫る姿。そして--。

クライマックスの殺戮シーン
http://www.youtube.com/watch?v=0eh-gLjR33k&mode=related&search=

340 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 04:38:13 ID:MIerqRw/0
個人的にはスカッとした

341 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 05:31:05 ID:NKaWmYRr0
多分既出だろうとは思うけど、ドラクエ7のレブレサックの村の話はかなり後味悪いよね
ドラクエ7は現代と過去を行き来する話で、主人公たちはまず過去のレブレサックの村に行く。
そこでは教会に魔物が住み着いたことと、いつまでも濃い霧が出ていることが、村人たちのストレスの種になっている。
霧のほうはともかく、教会の魔物は自分達で倒そうという話になり、通りがかりの旅人である主人公達にも協力の声が掛かる。
村人は、教会の魔物を見たとおりの魔物だと思っているが、きこりの少年ルカスだけが、魔物の正体を、魔物退治に行ったまま帰ってこない神父なのではないかと直感的に悟る。
ルカスはこのことを村人達に話すが、相手にされず、逆に魔物の仲間だとして、主人公達とともに魔物の岩山に閉じ込められる。
頂上にいるボス(ボトク)を倒して戻ると、神父にかかっていた魔術が解け、神父は元通りの人間の姿になる。
その晩、神父は「自分が村にいると、村人達がこの事件を思い出し苦しむであろうから」と、誰にも気付かれないように村を抜け出していく。
あとからそのことを知った村人達は自分たちのしていたことに心を痛め、神父の思い出をいつまでも残しておくために、反省をこめて石碑を建てることにする。
石碑の内容は、「昔この村の人たちは魔物に姿を変えられた神父さんに酷いことをした。でも旅人が神父さんを助けてくれた」というもの。

現代に戻ってそのレブレサックに行くとその石碑が建っているが、石碑に刻まれている話が「魔物になった神父さんが旅人に襲われていたのを村人たちが助けた」という内容になってしまっている。
これに気付いた主人公達は、同じく石碑の話に違和感を抱いていた少年リフとともに、その謎を解こうとして、ガラクタ置き場に埋められていた石碑の一部を発見する。
その石碑には、主人公たちが体験したことが正しく書かれていたが、村長にそれを見せると、「このようなものを村人に見せるのは好ましくない」として、斧で叩き壊される。

342 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 05:46:22 ID:DbehKmj50
>>339
ようつべ怖くて見れないから、だれか説明してちょーらい

343 :2の1:2007/03/06(火) 05:48:51 ID:GchwXtZR0
アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」より
鬼太郎の元に一人の高校生がやってくる。
一流会社の社長の息子で「毎晩父親の元へ大きな蛇がやってきて
父親を苦しめてる、助けてください」とお願いする。
鬼太郎は高校生の父親に話を聞きに行く。
父親は元復員兵で、戦地から日本に戻った時には
家も家族も友達も焼き尽くされていて絶望した。
当ても無く山中を彷徨っていた時、荒れ果てた祠を見つけて
その中に祭ってある水晶玉を手にとった。
すると水晶玉は彼のへそにくっついたまま取れなくなった。
それ以後、彼のやることなす事全てとんとん拍子で幸運に恵まれ
一代で大企業の社長にまでなった。
妻には先立たれたが、立派な息子にも恵まれた。
そんなある夜、突然大蛇が部屋にやってきた。
あの祠の守り神である大蛇は
「お前が使い果たした水晶玉の幸運を返せ」と言う。
「万人に少しずつ与えられる幸運をお前は一人で使い切ってしまった、
幸運から生まれた会社、財産、全てを無に戻して水晶玉を復活させろ」
父親は言う
「お金や会社は失っても惜しくありません、でも、
大勢の従業員が職を失い路頭に迷うのだけは避けたいのです、
他に方法はありませんか?」
大蛇「それならお前の息子を水晶玉に変えろ、
息子の今後の命と将来を水晶玉の幸運として新たに誕生させろ」
父親は究極の二者択一を迫られ、悩んでいた。


344 :2の2:2007/03/06(火) 05:49:37 ID:GchwXtZR0
大蛇の言うことももっともだけど
従業員も息子も救うためには
力ずくで大蛇を倒すしかないと考えた鬼太郎と目玉オヤジは
祠に出向いて大蛇との決闘が始まる
鬼太郎と仲間達の攻撃を受けて大蛇は絶命寸前に。
その時息子が叫ぶ
「もうやめて、こんなの間違ってる」そして父親に言う
「ぼくは水晶玉になります」
息子の固い決心を、もはや父親も鬼太郎も変える事は出来なかった。
泣き崩れる父親、無力感いっぱいの鬼太郎達、そして
水晶玉になるために自ら大蛇のとぐろの中へ入る息子。
薄れゆく意識の中で息子はたくさんの人に少しづつ幸運としてもたらされる
自分の姿を想像してたりした
そうしてるうちにもその体は、キラキラ輝く小さな丸い水晶玉へと
変化を遂げていった

子供心にすご〜く後味悪かったです。
勧善懲悪、大蛇を倒してハッピーエンドを想像してたのに。
唯一の救いは、父親のへそから外れた効力を失った水晶玉を
ネズミ男が必死で自分の汚いへそにくっつけようとしてたシーンが
お笑いだった事でした。

345 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 05:52:21 ID:6LLGvMXu0
まぁ誰が悪かと言えば、どう見ても大蛇じゃなく親父だからな。

346 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 05:54:07 ID:NB5Jv6cMO
>>342
いじめグループのクリスらや悪意ある同級生たちが次々に倒されていった
強いぜキャリー!
やったなキャリー!
次回もこのチャンネルで会おうぜ!

キャリー2もあるよ

347 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 05:57:29 ID:DbehKmj50
>>346
ほんまかいな?(・∀・)
めでたしめでたしでよかったぜ!d

348 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 05:59:55 ID:MScmeiDx0
>>344
確かに勧善懲悪と言う観点から言うと、最初はその大蛇が悪者に見える。
しかし実際は水晶玉を奪った(此処ではそんな意図は無かったようだが)父親だ。
実際、被害を受けるのは後味が悪いが、最大の受益者である父親が息子が水晶玉になるほうが当然の気がする。

349 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 06:13:52 ID:I4w4KP5eO
親父が玉になったのなら、しっくりいくんだろうな。

350 :343:2007/03/06(火) 06:35:15 ID:GchwXtZR0
>>345>>348
確かにおっしゃるとおりですね。
でもアニメの中では父親は金の亡者なんかじゃなくて
あくまで「従業員とその家族の生活を守りたい」って考える善人に描かれてて。
戦地でズダボロになって復員する悲惨な背景だったし。
息子の方はメガネかけて出っ歯でいつも学生服着てて頼りなさげで
(水木しげる漫画によく出てくるオトボケッぽいキャラ)
目玉オヤジに「水晶玉に変化するのって痛いんですかね?」なんて間抜けな事聞くけど
純粋に父親助けたい一心の孝行息子だし。
子供のおいらはとぐろの時点でもまだ「きっと鬼太郎が助けてくれる」って思ってました。
それなのにまんま息子は玉になり、鬼太郎は全く役に立たずで。
子供向けアニメの割には結構ヘビーだったなーって。
>>349
父親はそれも言ったんですが
老い先の知れてる大人じゃ駄目、将来のある子供じゃないと玉になれないと大蛇に却下。

351 :348:2007/03/06(火) 06:44:00 ID:MScmeiDx0
何でこんな間違えをしたんだろう?
>、被害を受けるのは後味が悪いが、最大の受益者である父親が息子が水晶玉になるほうが当然の気がする。
は、
”息子が”被害を受けるのは後味が悪いが、最大の受益者である”父親が水晶玉になる”
です。
>>350さんは意味を汲み取ってくれたようですが。

352 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 07:49:11 ID:dWuF8Zsg0
そうは問屋が卸さない。

353 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 08:36:06 ID:tvvvo8CnO
蛇神に盾突いた妖怪共が悪に決まってる

まぁ、鬼太郎は偽善の塊みたいなもんだし

354 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 09:13:40 ID:LHuZ4YuA0
水晶玉ではなく「地双眼」とかいうもので、
大蛇ではなく巨大なミミズだったと思う。

あと>>310こそ中国のオリジナルバージョンだったと
記憶している。

355 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 09:27:06 ID:LHuZ4YuA0
ここにござんした。ちょっと読みにくいけど。

ttp://comet.tamacc.chuo-u.ac.jp/akutagawa/toshisyun.HTM

356 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 12:38:40 ID:nsyfhdqe0
>まぁ、鬼太郎は偽善の塊みたいなもんだし
原作を一度読むといいよ。

357 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 12:44:07 ID:UCZjdtcf0
ビンタするとき「ビビビビビビ」ってなるの位しか覚えてないや

358 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 13:25:34 ID:zu6iiHY30
>>354
たしか地相眼だったかと

359 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 13:47:14 ID:4ZOnKEvl0
もともと祠にあった水晶玉は三つで、
「火相眼」「水相眼」「地相眼」その地相眼を父親がくっつけてっちゃったんだよな。

360 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 13:49:42 ID:4ZOnKEvl0
んであと息子はたしか学生服着てるけど大学生で、
当時の学生運動とかそういうのにノれないで生きる目的が分からなく
地相眼になるものいいかなあ…みたいな感じだった。

361 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 15:31:09 ID:vcBj9J5l0
それは水木しげる本人のことじゃなかろうか。彼もかなり
浮いた存在だったらしいし。

362 :1/3:2007/03/06(火) 17:28:01 ID:9IdsmwOs0
映画「カサンドラ・クロス」(1976年)

ジュネーブにあるI・H・0(インターナショナル・ヘルス・オーガニゼーション=国際保健機構)に、
3人のスウェーデンの過激派ゲリラが乗り込み、アメリカの秘密生物研究セクションを爆破しようとした。
しかし、ガードマンと射撃戦になり、一人は射殺され、残る二人は、様々な細菌類が研究開発されている
“危険な”部屋に逃げこんだ。そして一人か射たれて倒れた拍子に、薬のビンを割ってしまい、
中の液体が飛び散り、無傷の男の方が一人逃走した……。
残されたゲリラを診察したスイス人女医エレナは、割れたビンにアメリカが秘密裡に研究していた
伝染性の細菌が入っていたことを突き止めた。緊急事態の発生で、アメリカ陸軍情報部の
マッケンジー大佐が乗り出し、感染して逃げたゲリラが、ストックホルム=ジュネーブ間の
大陸縦断列車に乗り込んでいることを、突き止めた。

363 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 17:32:56 ID:zCZzG+SJO
>>292
人類は敵に敗れ、主人公は自爆

364 :2/3:2007/03/06(火) 17:33:09 ID:9IdsmwOs0
その乗客リストの中に、著名な医師チェンバレンの名があるのを見つけたマッケンジーは、
無線電話で彼を呼び出し、事件の概略を説明するとともに車内に潜んでいるゲリラを捜させた。
そして、千人の乗客を検疫収容させるために、ポイントを切り換え、列車をポーランドの
ヤノフへ向かわせた。そこには、30年近くも使用されていない“カサンドラ・クロス”
と呼ばれる鉄橋が架かっているのだが……。
マッケンジーは、ニュールンベルグで一旦列車を止め、警備隊と医療班を乗り込ませ、
出入口、窓、通気孔を密閉して、車内に酸素を送り込むように命じた。列車は再び発車し、
事態を知らされた乗客たちは騒然となったが、すでに感染者か現われ始めた。
チェンバレンは感染者を一つのコンパートメントに集めた。チェンバレンの先妻で、
作家のジェニファーも、彼の献身的な活躍に協力した。

365 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 17:40:18 ID:4JaWs6DP0
懐かしいなぁ>カサンドラクロス
昔何度もTV放送してたっけな

366 :3/3:2007/03/06(火) 17:46:43 ID:9IdsmwOs0
乗客の一人、ユダヤ人のキャプランは、“カサンドラ・クロス”が、
終戦とともに使用されていないことを、チェンバレンに伝えた。
チェンバレンは、マッケンジーに鉄橋前で列車を停止するように交渉したが、
マッケンジーは、それを黙殺した。一方、エレナは高濃度酸素によって
発病を防止できることを発見、列車を停めるようにマッケンジーに申し出るが、
すでに列車の無線機が破壊されてしまっていた。鉄橋が迫ってきた。
チェンバレンや乗客の有志たちが、警備隊と対決し、列車と機関車を切り離す決死の行動に移った。

やがて、鉄橋にさしかかり、半分の車輛と一部の乗客だけを残して、谷底に落下していった。

マッケンジー大佐は、官制室で、列車の赤ランプか消えたのを確認した後、上司に電話で報告した。
「悲劇的な事故が発生しまして、列車の全乗客が死亡しました」……。

大佐と女医が管制室を出た後、アメリカ陸軍少佐スタックが、上層部に電話で報告していた。
「スタックです、…はい帰られました。女医もです。
  …二人とも監視はつけてあります…」

367 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 17:49:40 ID:OIBbVXV8O
うう、よくわからない

368 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 17:51:50 ID:UYqT/gDA0
最後どーなったかわからないので後味悪いな。

369 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 18:20:51 ID:NcGQp+nl0
やがて乗客の水死体が町まで流れ着き、そこから国中に感染!

とかだったら後味スッキリなのに

370 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 18:21:17 ID:9IdsmwOs0
「全乗客が死亡した」というのは大佐の勘違いで、一部の乗客は助かる。
チェンバレン医師も先妻も助かる。
その後のことはわからないけど、助かった乗客もいたので一応ハッピーエンド?
しかし半数の乗客は谷底に落下していって死亡。で、そのシーンがトラウマ。
車輛を貫通した鉄骨が乗客の身体も貫通、泣き叫ぶ乗客たち、
炎上する車輛、最後は河に多数の死体が浮いていたりと…

ラストの少佐の台詞は、
「大佐も上層部から見ればただの駒にすぎない、
だから秘密を漏らさないように監視される」という意味かな?
で、不気味な余韻を残しつつEND

371 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 18:25:19 ID:3XmQdEdtO
困ったことだね。

372 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 18:25:26 ID:hNwSaTI+0
>>363
気になるのでkwsk

373 :1:2007/03/06(火) 18:27:34 ID:AzT6XH+Z0
何だっけ、小松左京の。復活の日だっけ?
あれ思い出した。

ある国の秘密研究機関から研究員が一つのウィルスを持ち出す。
研究員はウィルスを他国の研究者に渡して欲しいと望んでいたが、
(人類を破滅させるウィルスを作ったことに自責の念を感じ、
他国の研究機関にウィルスを渡して抑止力になるウィルスを作ってもらおうとした)
取引相手は金になる相手に売ると奪い取っていく。
絶望して責任を感じた研究者は自殺、取引相手が乗っていたヘリは吹雪に見舞われて墜落。
ウィルスは付近一帯に撒き散らされる。

翌年は奇妙なインフルエンザの流行で幕が開いた。
輸送機関が整った現在、世界の隅々までウィルスが広まるのに時間はかからなかった。
そして世界各地で謎の突然死が広まる。
しかしこの2つを結びつけて考える者は誰もいなかった。

374 :2:2007/03/06(火) 18:28:59 ID:AzT6XH+Z0
世界各地で人が倒れていく。最初は熱が出て咳が出てよくある風邪にしか見えないが、数日後には死んでいる。
医療の最前線にいる人たちは真っ先に異常事態に気づく。
しかし気づいても打つ手がない。押し寄せる患者を捌くのに手一杯で危機感だけを募らせていく。
人類が真の意味で危険を感じた時には遅かった。
病院は通路にまで患者が溢れ、仕事に従事した医者は白衣を着たまま死んでいく。
政府もライフラインも麻痺し始めた。官僚も首相も技術者も、代わりの人間がどこにもいないのだ。
原因を究明できそうな医療機関や研究機関もすでに人が残っていなかった。

そんな中、真相に気づいた米国研究員がいた。盗まれたウィルスを最初に調べていた研究員だ。
(冒頭の国は米国から盗まれたウィルスを買い取って研究していた)
彼は人類が滅亡する前に事態を公表しようとするが、人類滅亡の危機に瀕してもお国最優先の体制に処分される。
しかし最後に事実を一人の医師に伝えた。医師は更にその事実を世界に向けて発信した。
すでに感染していた医師は、死んだ後にも事実を残すためにテープに吹き込んだ内容を繰り返し発信し続けた。
(1960年代の小説だからネットはない。一般家庭にはパソコンもない。無線をひたすら打ち続けた)

375 :3:2007/03/06(火) 18:29:44 ID:AzT6XH+Z0
唯一生き残った人々はメッセージを受け取った。
南極基地に勤める隊員達だ。彼らを除き人類は滅亡した。
人類滅亡の謎は解けたが、各基地の隊員達は国にも帰れず陸地を見ることもできず
南極で生きていく道を選ぶしかなかった。
数年後。世界各地で大地震が起こる。それは最悪の事態を引き起こした。
地震により基地が崩壊すると基地間の通信が途絶える。
基地に異常事態が起こったと察知した防衛システムは核の全自動報復装置を発動する。
それは米国だけではない。ソ連(1960年代だから)にも存在する。
人類の滅亡した地球上で核が飛び回る。
そして核弾頭の一つは南極にも向けられている可能性がある。

集まった隊員達の中から決死のメンバーが選ばれた。
米国とソ連へ赴き報復装置のスイッチを切るのだ。
決死隊には片道切符しか用意されない。地上へ上陸して感染した者は二度と帰ることはできない。
選ばれた隊員達は任務を果たそうとしたが間に合わなかった。ミサイルは発射される。

376 :4:2007/03/06(火) 18:30:58 ID:AzT6XH+Z0
しかし最悪の事態は奇跡を起こした。
世界各地で発射された核ミサイルにより、ウィルスが変質したのだ。
地上に蔓延していた死のウィルスはただのインフルエンザウィルスに戻っていた。
ってお話。

人類滅亡させるくらい強力なウィルスを開発して、でも強力すぎると危険だから
実用に耐えうるくらい弱いウィルス兵器を作ろうと研究したとか
現場の人間は死にものぐるいで支えているのに、上はのほほんとしてるとか
そういう事態になっても人類滅亡より自己保身とか体制のことしか考えられないとか
建物は破壊せずに生き物だけ殺す非道な爆弾が人類が地球上に戻るきっかけになるとか
全編どうにも言えない気持ちになるエピソード満載の小説だった。
インフルエンザ流行ってる季節に読むのをお勧め。ガクブルできるよ。

377 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 19:55:13 ID:a8IVw/gD0
>>376
結局、南極で生き残ってた人たちも死ぬの?

378 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 20:01:08 ID:NSnOsU7o0
376じゃないけど。
>>377
生き残ります。若い女性隊員が十数人いたので、子供も生まれてる。

379 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 20:02:35 ID:4JaWs6DP0
ミサイル発射阻止に向かった主人公が中性子線だかの影響で
精神障害起こしちゃうラストは後味悪い。

380 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 20:05:48 ID:a8IVw/gD0
>>378
そうなのか、thx
一応希望的な終わり方なのね
今度探してみるよ

381 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 21:15:06 ID:YMLsh4jc0
>>379
映画の方では阻止しに行った人も徒歩で帰ってきてたよ。

なんか潜水艦で海底の調査とかしてて、
浮上したら陸の皆は死んじゃってたりするんだよね。
廃墟になった街の映像に軍艦島を使ってて、
軍艦島に一度行ってみたいってすごい憧れたなー

382 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 22:40:55 ID:F2y7o9ja0
あーもしかして草刈正雄が
夕日をバックにぼろぼろの格好で歩いてきて
出迎えたオリビア・ハッセーと抱き合うやつかな?<復活の日

383 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 23:06:38 ID:cIhDm3tF0
>>382
そのシーンだけ妙に覚えてる
そうか、そういうシーンだったのか

384 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 23:19:17 ID:vXm6Ugwc0
カサンドラクロスの冒頭が、映画の「28日後」にそっくり!

385 :本当にあった怖い名無し:2007/03/06(火) 23:50:36 ID:C94NHjlH0
逆だろw

386 :本当にあった怖い名無し:2007/03/07(水) 01:35:06 ID:DJFvrm7i0
バタリアン
ゾンビ物なんだけど最後に全員死ぬのが後味悪かった
文章能力無いのでスマン

387 :本当にあった怖い名無し:2007/03/07(水) 01:36:04 ID:ulkQ19w+0
ガイシュツすぎる作品だから別にいいよ。
ちなみにミサイルあぼ〜ん→細菌バラマキのパターンね。

388 :本当にあった怖い名無し:2007/03/07(水) 01:36:53 ID:3X2FJGlR0
ホラーは主要人物全員死んで、最後に悪役が違う街に現れて
新たな犠牲者を探すシーンで終わりとか、普通にあるからなあ。

389 :本当にあった怖い名無し:2007/03/07(水) 02:01:11 ID:HLlXaSG+O
後味の悪さの王道ですね

390 :1/2:2007/03/07(水) 04:14:29 ID:evXt/P8A0
映画「ミッドナイト・クロス」(>>338の「キャリー」と同じデ・パルマ監督)

ジャック・テリーは、B級恐怖映画専門の音響効果マン。
今、新作「狂乱の女子学生」のシャワー・シーンで使われる女子学生の叫び声を検討中だ。
適当な声が見つからぬまま、風の音を録音しに出かける。その最中に、自動車がパンクして
川に転落するのを目撃した。彼は素早く川に飛び込んで、サリーという若い女性を救出。
自動車にはもうひとり男が乗っていたが、サリーを自動車から出すのがやっとだった。
ジャックは病院で男が次期大統領の有力候補であったことを知る。だが、側近に事件
のことは忘れろと言われた。サリーとモーテルに泊まったジャックは、録音テープを再生し、
銃声がするのに気付いた。事件を目撃したというカメラマンのマニーが撮った写真を
ニュース雑誌から切り取り、アニメ・スタンドで撮影しテープと同調させてみた。
かすかな閃光が銃声と重なることを確信した。

391 :2/2:2007/03/07(水) 04:26:43 ID:evXt/P8A0
旅に出るというサリーを引き止めるジャック。
ジャックは、テープを警察に持っていったが、録音は消されていた。
やがてジャックは、マニーとサリーが組んで暴露写真を撮影していたことを知る。
真相をTVのニュースキャスターのフランク・ドナヒューに告げることにしたが、
その通話を盗聴していた、黒幕に雇われた殺し屋バークがサリーを30番街駅に誘い出す。
ドナヒューと名乗って、バークはサリーに近付き、独立歴史館へ連れ出す。
その日は自由の日祝典で町は大にぎわいしている。サリーの悲鳴を聞きつけて
ジャックが駆けつけるが、サリーはすでに殺されていた。
バークもジャックと争って死亡。

「狂乱の女子学生」のシャワー・シーンの悲鳴に、録音していたサリーの断末魔の叫びが使われる。
「これこそ悲鳴だ!」と喜ぶプロデューサーに、ジャックは渋々うなずく。

392 :本当にあった怖い名無し:2007/03/07(水) 04:43:47 ID:evXt/P8A0
サリーは恐喝が専門の娼婦でDQNな女だから全く好きになれなかったので、
個人的には、殺されても自業自得としか思えずさっぱり同情できなかった。

しかし次期大統領の有力候補を陥れようという事件の真相が暴露されないまま終わって、
黒幕が罰を受けることもなく、結局正体も明らかにならない所が後味悪かった。

393 :本当にあった怖い名無し:2007/03/07(水) 07:08:36 ID:ulkQ19w+0
鬼平にそっくりな話があったな。
たしかおたかばあさんだったか。

394 :本当にあった怖い名無し:2007/03/07(水) 16:09:29 ID:3X2FJGlR0
>>390
良い悲鳴録れてよかったね!
と思ってしまった。

395 :本当にあった怖い名無し:2007/03/07(水) 16:54:34 ID:GV1XfR+YO
失職☆彡

396 :本当にあった怖い名無し:2007/03/07(水) 17:21:42 ID:Nm8+xJSx0
>>393
鬼平に南極?!

397 :本当にあった怖い名無し:2007/03/07(水) 17:38:32 ID:gKpIrm/oO
>>395
そ こ は 罷 免

398 :本当にあった怖い名無し:2007/03/07(水) 18:26:53 ID:PYSx/A5G0
>>333
今思ったんだがそれフジの「こたえてちょーだい」でやってたな・・・
フジパクリか?

399 :本当にあった怖い名無し:2007/03/07(水) 18:47:26 ID:0+tjL+r/0
今更だが>>292
オチャラケ、借金アリ、女好きでどうしようもない主人公、涼村暁。
根は熱くていい香具師なんだけどね。
で、まぁ何だかんだでシャンゼリオンとして敵のダークザイドの怪人達を倒していく。

んで最終回なんだが・・・。
普段の暁(A暁とする)達の場面と、ダークザイドにほぼ地球侵略されかけ状態で
暁(ここでは普段とぜんぜん正反対な真面目で正義感溢れる男。B暁とする)や相棒の
速水が残り少ない人類としてダークザイドにレジスタンス活動を
している場面が交互に進行していく。

400 :本当にあった怖い名無し:2007/03/07(水) 18:48:08 ID:0+tjL+r/0
A暁はそれを「夢」として見て、今居る世界との違いなんかを周りの人間に話すんだけど
失笑される(味方の組織のおっさんが死んだり、その組織のメンバーの女性が実は敵幹部だったり)。
その内もしかしてA暁達の世界が「夢」で、B暁の世界が現実なんじゃないかと思い始めるA暁。

変わってB暁の世界。B暁はA暁の世界を、敵からの逃走中に夢で見ており(この時点でB暁と速水と拾った犬しか残っていない)、
おちゃらけて自由で楽しそうなAとその世界に憧れる。「この世界が夢であっちが現実ならいいのに」と。
だが休息は長くもなく、B暁と速水は敵に見つかってしまい戦闘開始。戦いの中で速水が死亡。

401 :本当にあった怖い名無し:2007/03/07(水) 18:48:44 ID:0+tjL+r/0
A世界ではいつも通りの日常が進んでいる。

B世界、残るは1人、追い詰められた暁。子犬を逃がす。
「また会えるさ・・・きっと。」敵の攻撃が放たれる!その爆炎をバックに変身する暁。
「燦然!!(変身の言葉ね)」

・・・で、終わり。結局今まで視聴者が見てきたのは夢の世界の話で、最終回の絶望的な世界が
現実だったというオチ。複線も何も無かったからポカーンでした。

長い上に文章メチャクチャで誠に申し訳ないです。細部も違うかも><

402 :本当にあった怖い名無し:2007/03/07(水) 18:49:53 ID:nPffHIEJ0
>>336
「深く、静かに」が十一迄しか無いんだが?

>>344
俺は後味良かったけどな・・・

403 :本当にあった怖い名無し:2007/03/07(水) 21:03:11 ID:uu3dKn1IO
>>336
深く、静かにのEP13はブログの方で普通に公開されてるよ

404 :本当にあった怖い名無し:2007/03/07(水) 21:41:42 ID:WphmmI5P0
>>337
誰にも気付かれてないw
カワイソスw

405 :本当にあった怖い名無し:2007/03/07(水) 22:09:03 ID:3X2FJGlR0
>>401
いいね。なんか良い話だね。
リアルタイムでずっと見ててそれだったらポカーンだろうけどw

406 :本当にあった怖い名無し:2007/03/07(水) 22:21:18 ID:+QULCF6Z0
>>400
俺も夢の中の世界あるな。
お前もあるんじゃないか?

407 :本当にあった怖い名無し:2007/03/07(水) 22:26:52 ID:+QULCF6Z0
スマン、お前”ら”もな

408 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 00:47:06 ID:ZYxKYz3B0
どこかで読んだ話。

舞台は、恐らく近未来。
主人公は女子高生。元々は勉強が大嫌いで、成績も全く芳しくない劣等生だったのだが
ある日を境目に、突然勉強に励むようになる。勉強が彼女の生活の中心。テストの成績もみるみる良くなった。
寝る間も惜しみ、家族と食事も取らず、まるで取り憑かれているかのように勉強する主人公。
参考書を見ている間、夜食を部屋に持ってきた母親にさえも気づかないほど集中して、ひたすら勉強勉強勉強。
家族達は、異常とも思える主人公の豹変っぷりに疑問を抱きながらも、勉強してくれるなら…と喜ばしく思っていた。
だが、それには理由があった。

数週間前の成績発表の日、順位はいつも通り下から数えたほうが早い主人公。
だが、友人Aは常にトップの成績を保っており、今回も同様だった。主人公はふとAに聞く。
「どうしてそんなに勉強が出来るの?」
Aは笑いながら言う。「きっと世間は優れた人材を残しておきたいから」
どういう意味だ、と考える間もなく主人公の脳裏には「国民順位」がよぎった。
「国民順位」とは、法律で定められた人間の甲乙を決める順位だ。
もちろん国中の1人1人に順位がつけられており、日に日に変動しているらしいのだが
日常生活には一切顔を出すことのない順位なため、ほとんどの人間が国民順位のことなど忘れて毎日を生きているのだ。
何のための順位かすら、知る人間も少なかった。
話をよく聞くと、Aの父親は政治家であり、つい先日の会議で
「増えすぎた人口を減らすために国民順位の一億位以下の者は処刑する」という政策が取られる事が決定したらしい。
そもそも「国民順位」はその政策のために作られたものだというのだ。Aはそれを避けたくて勉強しているとのこと。
「どうしてそんな話をしてくれたの?」
「私、実はもうすぐ転校するの。誰かに話しておきたくて」そして数日後、Aは学校から姿を消す。

409 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 00:51:15 ID:ZYxKYz3B0
青ざめ、人が変わったかのように必死に勉強する主人公。
だが無理な勉強法がたたり、ある日とうとう倒れてしまう。
痩せこけた頬に血走った目、タコだらけになって痙攣を起こし、鉛筆すら握れなくなってしまった手。
そんな主人公の元へ、転校したAから連絡が入る。国民順位の結果を教えるために連絡してきたという。
主人公の順位は、1億数千位。
具体的に言うと、主人公の順位は一気に2000位くらいアップしたらしい。しかし、上にはまだ数千人。
絶望にかられ、呆然とする主人公。

その主人公の元へ、猛毒を送りつけようとしている男がいる。男はAの父親であった。
全ては実験だったのだ。
順位が劣る人物へ国民順位の話を吹き込む。すると、話された人間は並大抵以上の努力をする…。
だが、もちろん1億位に手が届かない者がほとんどである。そんな彼らに猛毒を渡す。
こちらが手を下さずとも、絶望した彼らは自ら命を絶ってくれる…
思い通り、実験体は大抵猛毒を飲んで命を落としてくれる。実験の結果、3,4000人はそのおかげで手を下さずに死んでくれた。
男はほくそえみながら、主人公への荷物を出す…

うろ覚えだから、たぶんおかしいとこもあると思うんだけど

410 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 01:00:42 ID:WmP9nubNP
飲んだか飲んでないのか分からないのが後味悪いな。

411 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 01:42:31 ID:ouJ3Zyv00
優れた人材を残しておきたいなら、まず80歳以上を問答無用で
死刑だと思うんだが、そうなっていない時点で現実離れした話で
ついていけないなあ。

412 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 01:53:31 ID:NhJgcTn/O
死刑みたいに公にしたくはないってことなんでしょうね。
でもえらく手間のかかる方法だね。

413 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 02:33:00 ID:cGck6a4CO
80歳以上でも若いときに仕事とか頑張ってた人は可哀想だから、
犯罪者とか無職とか今まで納めた税金の額とかで決めれば国のためになるよ

414 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 03:45:00 ID:VgpgkX4M0
それだと肉体労働者のほとんどが死刑じゃないかw

415 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 07:48:22 ID:Grl3VjnjO
>>408
話の内容云々は置いといて、文章上手いね。
一気に読んでしまった

416 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 07:50:10 ID:+VS9xqvfO
渡辺浩弐かなんかので、
最後渡されるのが自分用の毒薬じゃなく、
新聞紙に包まれた液体入りの袋と先っぽを削った傘、
っていうバージョンは読んだことがあるな。


417 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 08:56:36 ID:G5DSFn7g0
http://www.so-net.ne.jp/vivre/kokoro/psyqa1136.html
以前ここに出てた精神病のサイトのこれ。
この親父のほうがキチガイじゃないかと思って後味悪い

418 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 11:21:08 ID:ZLEi/onj0
>416
渡辺浩弐のは違うと思う。
あれは主人公が憎いやつを謎の組織に殺してもらう。
その組織はいろいろな人の復讐(殺人)をシャッフルする集団。
(つまり超大規模な交換殺人)
それで主人公は
>新聞紙に包まれた液体入りの袋と先っぽを削った傘
を渡され、電車内に袋を放置、降車時に傘で袋に穴をあける。
という話。
細かい部分はうろ覚えだけど。

419 :418:2007/03/08(木) 11:22:31 ID:ZLEi/onj0
もしかしたら別の話でそういうのがあるのかも。
早とちりスマソ

420 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 12:01:08 ID:5etS1NIG0
それって、地下鉄サリン事件じゃん。

421 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 12:04:53 ID:tKAojdAx0
それって、諸星大二郎のマンガのぱくりじゃん。

422 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 12:28:53 ID:+VS9xqvfO
>>418
ごめんなさい、勘違い。
>>416の話で最後に渡されるのは
毒薬だけでした。
あなたので合ってます。


423 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 13:16:07 ID:Ef2lsMeT0
地獄少女より「闇の中の少女」 既出だったらゴメン

ある少女がいじめにあっていた。
靴や教科書に悪戯書きされたり
ニットの袖口にホチキスを止められたり
筆箱や下駄箱に毛虫を入れられたりと少女は限界にきていた。
地獄少女へ復讐を依頼しようとするも
誰がいじめの犯人か少女自身知らなくて誰を恨めばいいかわからなかった。
ある日「犯人を知っているから更衣室へ」というメールを貰い行ってみた。
後ろ姿で立ってる少女がおり、犯人を知ってるの?と肩に手を置いたがそれはただのマネキンだった。
驚き、いつのまにか気を失ってしまったところを偶然通りかかった理科の教師に助けられた。
それまで誰も信用できなかった少女はこの教師をその一件で信用し
女の子も担任を頼りにそれまでのいじめも乗り越えられると思っていた。
だが、次の日同じクラスの女の子に理科準備室に呼び出された。
「理科の教師が筆箱に毛虫を入れたのを見た。もう見ていられなくて…」と、
筆箱や下駄箱に入っていたのと同様の毛虫が多数育てられているのを見せられた。
更衣室にあったマネキンも置いてあり、少女は地獄少女に復讐を依頼した。
無事地獄へ教師を落とすことが出来た少女は
教師が犯人だと教えてくれた子と友達になり普通の学校生活を送っていた。

放課後、修学旅行委員になった友達のしおり作りを手伝っていた少女。
友達が席を立ったので一人でしおりを作っていた。
そこで少女はふと気がついた。
しおりを止めているホチキスの芯がピンク色。
ニットの袖口に止められていたホチキスの芯もピンク色だった。
まさか…と思い呆然としてる少女の背中を見つめる友達のショットで終わり

424 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 13:54:56 ID:0seF4bSkO
>>248

遅レスだが
松本清張(字違うかも)の短編集「死の枝」収録の「家紋」じゃないかな

モヤっとするが雰囲気が好きな作品だ

425 :若年性なんとか:2007/03/08(木) 14:00:20 ID:0seF4bSkO
すでに指摘されていて、そのレス読んだはずなのに
書き込みをしてしまうという後味の悪さ

;´ヱ`〉スマネー

426 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 14:53:08 ID:tPDCKggY0
キシュツ上等なので問題ありません

427 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 15:20:00 ID:Gb7bAd1g0
いきなり大金が振り込まれてきて
逃げ続けるゲームが始まる、という話をご存知の方いらっしゃいませんか?

428 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 15:34:19 ID:Nc1+bVGmO
散々ガイシュツでスレチ。

429 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 16:06:57 ID:067tOVrZ0
多分少女漫画

中学生ぐらいの主人公は、両親亡き後引き取られた家で虐待を受けていた。
とうとう我慢できなくなり、養父を殺して家を出てあてもなく電車に乗りこむ。
相席には同世代の幸せそうに微笑む少女がいた。その笑顔に魅せられる主人公。
話してみたところ、少女は両親を事故で亡くして施設で育ったのだという。
しかし最近、両親の知人で親切なおじさんに引き取られる事が決まり、
そんな親切な人がいるという事が嬉しくて笑っていたのだった。
ここ数年笑顔など忘れていた主人公は、少女に激しい嫉妬を抱く。
同じような境遇なのに、自分も引き取られる相手さえ違えばこんな風に笑えていたはずなのに……
突然、大きな衝撃が走る。気づくと電車は横倒しになっていた。事故に遭ったようだった。

周りに居た乗客のほとんどの人が死んでいた。相席だった少女も。
そこに謎の男が現れて、主人公にガラスの仮面を渡した。
「その少女が得られるはずだった幸せが欲しいとあなたは思ったでしょう」と男は言う。
その仮面をつければ望む姿になれるという。
ただし、その仮面は笑顔にとても弱く、笑ったその瞬間に
ひび割れて崩れてしまうので注意するようにと言い、男は消えていった。

疑いつつも仮面をつけると、主人公の容姿は一変、少女そのものとなった。
少女の荷物を漁り、少女が行くはずだったおじさんの家もつきとめ、
新たな人生を歩むために主人公は晴れ晴れとした気分で向かい出した。

おじさんは見るからに優しそうな紳氏で、笑顔で主人公に接してくる。
少女がまだ幼く、両親が生きていた頃は何度か会った事があるのだが、
覚えているかとおじさんは聞いてくる。もちろん主人公はそんな事は知らない。
「そんなもの覚えてないわ」主人公は挨拶もろくにせずにそっけない態度を取る。
おじさんに弟子入りしてる(?)青年は主人公の無礼を非難するが、おじさんは笑顔でそんな青年を諌めた。

430 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 16:09:50 ID:067tOVrZ0
かなりのお金持ちな様子のおじさんの家でぬくぬくとした日々を堪能した後に、
金の在り処がわかるようになったら金を奪って家を出て一人で生きようと主人公は夢想する。
おじさんは養護施設を運営していたりと、恵まれない子供のために財産を惜しげもなく使う篤志家。
主人公はそれを聞いても偽善くさいと思うだけだった。ツンツンする主人公におじさんは
「ご両親がなくなってから辛いことがあったのかもしれないけど、
 そんなに気をはらなくていい 小さい頃のように笑ってごらん」と言うが、
そのいつも笑顔だったという少女は自分とは違うと内心主人公は思うだけだった。

そんな日々を重ね、主人公は段々おじさんに心を開いていく。
もう金を奪って家を出ようなどとは思わなくなっていた。
でも笑顔は見せない。笑った瞬間におじさんと離れなくてはいけないから。
ある日、おじさんが突然の発作で倒れた。弟子が医者を呼びに行く間、主人公はおじさんに付き添う。
主人公は周りにいつも冷たい態度を取りながらどこかいつも悲しそうだとおじさんは言う。
「私はかつて君の笑顔に救われた 最期に笑ってほしい」
以前から死を予感していたらしいおじさんは主人公に過去を語る。
かつて借金を負ったおじさんは友人の家に泊まりこんだ。
目的は友人たちが寝静まった頃に、友人を殺して金を奪う事だった。
真夜中にナイフを取り出して震えるおじさんに、起きてきた友人の子供が語りかけた。
「おじさんどうして泣いてるの」笑顔でそう言ってくる子供。
その言葉にはじめておじさんは自分が泣いている事に気づき、
そして荒んだ心を笑顔によって癒された。その子供が君だとおじさんは言う。
それから借金を返して真っ当に生き、こうして真っ当に死のうとしている。
なんの悔いもなく死んでいけるのは君のおかげだ、君は私の良心の恩人だと
おじさんは泣き、覚えていないかもしれないがあの時の笑顔を見せてくれと主人公に再度頼む。

あなたを助けたのは私じゃないのに、と主人公は思う。
そして、このままおじさんが死ねば自分は財産を受け継げるのだと。
ここで笑って元の顔に戻っても警察の手にかかるだけ…逡巡する主人公

やがて弟子が部屋に戻ってくると、そこには事切れたおじさんと、
泣きながら微笑む元の顔に戻った主人公がいた。

431 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 16:14:06 ID:Gb7bAd1g0
ガイシュツおkじゃないの?

432 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 16:18:21 ID:3aLnB6lB0
>>429-430
え…めっちゃ良い話ですやん

433 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 16:28:43 ID:T6mnoFT50
ブラックジャックに同じような話があったな。
黒男に整形してもらって戦死した日本人社長の息子になりすました現地人が、
いざ帰国してみると会社は倒産&破産していて社長は死んだらしく、迎えにきたのはみずぼらしい母親らしき女性だけ。
最初は冗談じゃねえや、と働きもせずゴロゴロしているが、内職をして自分を養ってくれる日本人母を見て
「俺にはこんなあったかいおふくろなんざいなかった」と思い直してバリバリ働くようになる。
ある日、現地人は家の引き出しの中から入れ歯を発見する。
「おふくろは歯が生えてるのに入れ歯なんて誰がするんだ?」と尋ねると明らかに動揺する日本人母。
そのまま家を飛び出していってしまった日本人母。
寒空の下、現地人が発見したとき日本人母は肺炎を引き起こしもはや手遅れな状態。
日本人母の死に際にすべてを告白しようとした現地人は逆に日本人母にある告白をされる。
それは日本人母は本当は日本人母ではないということだった。
聞けば自分と同じような状況でこれまた黒男に整形してもらってまんまと社長妻になりすましたそうな。
しかし直後に会社が倒産、途方にくれた女はとりあえず社長の息子を迎えにいったのだった。
それでも「おふくろ死ぬな」と涙する現地人を見て「こんな女でもまだおふくろと呼んでくれるのかい」と微笑みながら逝く女。

434 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 16:46:03 ID:f1tfHR260
こんなスレで心をあったかくさせるな!!

435 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 18:24:50 ID:067tOVrZ0
いやいや、弟子からすると「知らない奴がいる!」で
しかもそれが養父殺した人で、少女行方不明で闇ハッピーにならね?

436 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 18:26:23 ID:067tOVrZ0
闇ハッピー→アンハッピーだった

437 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 18:36:56 ID:KwzJnU6V0
闇ハッピー
いいなコレ。今度使おう。

438 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 19:55:44 ID:ckI5NZv50
>>373の話ってところどころにイラッとさせる場面が出てきてより
後味が悪いんだよな。例えば防衛システムは馬鹿な将軍が、今世界で
起こってる原因不明の病気はソ連がやった事だ、と大統領に報告した
せいでセットされた。
解除しに行った二人のうち一人のアメリカ人が倒壊してきた建物の下敷きに
なってもう一人の日本人に「解除してくれ」と頼む。しかし解除ボタンを押す
寸前でミサイル発射、とか

439 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 20:58:04 ID:SH6S/2z10
さっき途中から見た京都迷宮案内が後味悪そうなんだが
だれか最初から見てたヤツいない?

440 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 21:20:32 ID:YeZn/sMwO
〉349

仰げば尊し批判。
教師悪者扱い。
セーラー服。
最後に百合百合。

441 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 22:02:40 ID:JM9GF6oCO
テロ朝ですから。

つ セーラー服反逆同盟


442 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 22:38:46 ID:T4FfXlSN0
遠藤周作の話なので、読んだこともある人は結構いるかもしれませんが…
この人は庶民が嫌いなのだろうか、居た堪れない話が多い。

443 :灯のうるむ頃 1:2007/03/08(木) 22:39:51 ID:T4FfXlSN0
医者を志してる青年Sは、ある時清楚な女性に恋をした。
女性の住んでいる場所からして、自分の手の届くような身分ではないらしい。

のちに医学部生として、R病院の嫌味なK助手のもと勉強することとなる。
しばらくして、その女性とK助手が付き合っていることを知る。
誰もがうらやむような二人を遠目に、自分は思いを伝えることなく身を引くこととなる。

月日は30年程流れ、Sは小さな町医者になり、妻と息子娘と暮らしている。
そして、町医者をしながら癌の研究を細々と続けている。
ある時、バイトが研究の為に頼んだ二十日ネズミと違う、大型のネズミを飼ってくる。
そしてそのバイトが大型のネズミ可愛さに、昔癌に効くかもという逸話のあったエキス入りの茶を
こっそり飲ませたことにより、大型のネズミに植えたはずの癌が小さくなったことに気づく。
もしかしたらと思い、その薬の研究に精を出すこととなる。

Sの息子は東大志願の浪人生で、あまりやる気の無い生活をしている。
ある時喧嘩をしてしまい、ボロボロの状態で歩いていると、
清楚な女学生が手当てにとハンカチを貸してくれる。そして一目惚れしてしまう。

そして、ある時Yが金持ちのパーティーに行った時、とある女性Rに恋をする。
Yに仲良くなる為に協力してくれと言われ、調べていった結果、同じ女性Rであることに気づいてしまう。

息子はYの為に自分は身を引き、Yに協力することにしてしまう。
なんとかRを誘い出し、Yの考えたプランで3人でデートすることになるが、
ゲテモノ食堂に行った時にRが怒り出してしまい、店を選んだのは息子ということにされてしまい、
Rから嫌われてしまい、そのフォローに回った友人Yは逆にRと仲良くなる。


444 :灯のうるむ頃 2:2007/03/08(木) 22:40:25 ID:T4FfXlSN0
町医者Sは、自分の病院の患者が癌であることに気づく。
患者には小さな娘がいるが、春には患者が亡くなってしまうだろうという事実が気の毒でたまらない。
ある時患者の様態が悪くなり、ネズミに使った薬を試すことを決心する。
知り合いの研究者に薬(とある菌)の培養を頼み、培養が成功し、実験的に患者に投与していく。
患者は十日目あたりから症状が軽くなり、どんどん回復していく。
その頃別の癌の疑いのある患者にやはり投与してみて、同じように回復していく様を見ることとなる。

ある時女学生Rが、父と母の会話を聞いてしまい、父が癌に侵されていることを知ってしまう。
女学生の父は今はR大学病院の教授となっているKであった。そして母は町医者の憧れていた女性だった。
女学生Rは父をなんとか助けたいと思い、友人Yに頼る。
Yは噂で聞いた町医者Sの癌の特効薬を息子に貰ってくるように頼む。


父である町医者Sは、息子がかつてのK教授と女性の娘と関わりがあることを知る。
そしてK教授が癌であること知ってしまう。助けたい気持ちもあるがちょっとした優越感もあり、薬を渡す気は無い。
薬を渡したところで学会でも発表できる代物ではない薬をK教授が進んで使うとも思えない。
案の定、K教授は娘Rから聞かされた薬の話は突っぱねることとなる。

445 :灯のうるむ頃 3 最後:2007/03/08(木) 22:42:00 ID:T4FfXlSN0
しかし娘Rから話を聞いた母は、何とか救いを求めて、町医者を訪ねる。
かつての女性は町医者を覚えていることも無く、町医者もK教授が使うはずの無い薬を差し出す事も出来ない。
しかし今度は娘Rがやってきて、とうとう薬をあたえてしまう。
母と娘の計らいで、内密に薬は投与され、結果K教授の癌は治ることとなる。

そのうち、町医者の知り合いの伝で雑誌記者が薬に興味を持ち、薬を学会で発表させるために
実験の協力体制を作らせようと町医者に協力してくる。
その為の発表の場が開かれたが、町医者はK教授を含めた大学教授にボロクソに打ちのめされる。
その場でK教授は自分も癌だったかもしれなく、家族にそんな薬を投与するようにほのめかされたが、
結局そんな訳のわからない薬を使うことは研究者として拒否した、
そして使わずに済んで、癌の可能性も消え安心している。やはり不確かなものは信用できない、と叱咤された。

意気消沈したその頃、息子は東大受験に取り組んでいた。
そして一次が受かり、二次はいけるだろう、という自信のもと、月日は流れ、発表の日となる。
結果は、落ちていた。友人Yは、女学生Rとともにアメリカに留学し、幸せな雰囲気の中にいる。

父と息子は一緒に銭湯へ行き、平凡な生活を送る人生ということを実感する。



・・・父も息子も余裕で成り上がりフラグがあったのに、ことごとく無視されまくって、
挙句なんの救いも無しって…

446 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 23:12:44 ID:ZfgNUtMx0
うう、要約でもちょっと重い気持ちになるからオリジナルは読むの辛そうだな。
でもこういう話、結構好きだ。

447 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 23:15:40 ID:SbXOk3CN0
>443
突然出てくるYてのは「Sの友人・同級生のY」みたいなのでオK?

とりあえず息子はただのボンクラ息子としか思えん
父ちゃんも薬を隠すんならずっと隠しとけばよかったのに

448 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 23:36:39 ID:T4FfXlSN0
>447
はい、Yは同級生です。時々省略してすみませんが、同じアルファベットなら同一人物です。
確かに父も息子も人が良いだけのボケーっとしたタイプっぽいです。
だかた逆にどっかでそんな人が大逆転とかあり得るのかなあ…と思ってたんですが、
そのままでしたw

この人の話は他にもブルーになる感じのが結構あったので、
時間がある時にまた投下いたします…

449 :本当にあった怖い名無し:2007/03/08(木) 23:37:41 ID:T4FfXlSN0
>448
だかた って… だから です。

450 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 00:04:26 ID:Pc5te8AyO
YってのはSの同級生じゃなくて、Sの息子の同級生だよね。

451 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 00:13:11 ID:AOvBXX5g0
ああそうだ、息子だけは頭文字出てないよね。

452 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 00:13:54 ID:mzUMcty80
>450
ああ〜、そうです。息子の同級生です。
足りなくてすみません。

町医者の同年代の主要人物が、町医者S・K教授(K助手)・Kの妻
町医者の息子の同年代の主要人物が、息子・友人Y・女学生R

町医者の娘や患者やその他もいますが、上記にはあまり関わってないです。

453 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 00:26:42 ID:Pc5te8AyO
乙。
ひたすら報われない話は後味悪い…。

454 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 01:05:06 ID:VJ7mvOE60
読みにくいにもほどがある

455 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 02:38:16 ID:J7KbY+DY0
唐突にYとかRとか出てくるし
頭悪いんじゃねーの、こいつ。


456 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 02:41:02 ID:1hDD2DSa0
>>443
乙。こういう淡々としていて後味がじわーっと悪いのっていいね。

457 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 02:54:45 ID:VD7tqcfH0
後味が悪いというかイライラするかも「お前らもっと押せよ」と

458 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 03:35:21 ID:qnOGhvXzO
ホンマに読み難いにも程があるわ

459 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 04:13:28 ID:+R3PsIsR0
もちつけ
http://g007.garon.jp/gdb/GJ/2J/2R/4x/0G/tz/aI/1L/2X/vZ/0Q/uZv.jpg

460 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 05:18:11 ID:SuK46TD2O
>>459
…この程度じゃ腹の足しにもならんわ

461 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 06:10:16 ID:QoQYrroHO
>>460
全くだ
画像貼るやつには馬鹿しかいないのか
グロか猫の二つ覚え…

462 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 06:51:01 ID:HFbQZaT50
【キレンジャーの人】
キレンジャーがハマり役すぎて、ゴレンジャー以降仕事がなくなり自殺した。



463 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 07:26:09 ID:nU+8FdeaO
めでたい
ttp://g007.garon.jp/gdb/GJ/2J/2R/4x/0G/tz/aI/1L/2X/vZ/0Q/uZv.jpg


464 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 07:37:10 ID:SuK46TD2O
>>463
あ〜、たしかに“目出体”よ!
こんな低レベルのグロはもう飽きたwww

465 :本当になかった怖い名無し:2007/03/09(金) 08:27:38 ID:u3Af84q60

既出かな?アニメ「なるたる」

ヒロインは11歳の少女で少女アニメの典型的な主人公。少々ドジだが元気いっぱいで明るい性格。
ヒロインや周辺の少年少女たちは竜の子というエヴァの使徒を小さくしたような妖精をもつ。
龍の子は戦闘力はすさまじく自衛隊の最新兵器をものともしない。龍の子は使い手とリンクしており使い手が攻撃を受けると精神的に何らかの影響を受ける。

設定や主題歌やオープニング、初期ストーリーはNHKのアニメのよう。ほのぼのしててほんわかムード。
しかし中盤以降にストーリーは急展開。
竜の子を持つ少年少女による世界征服の野望のもとにいきなりテロ行為。
自衛隊にも攻撃、隊員の大量殺戮を行う。
クライマックスはヒロインの友人の少女たちが学校で凄惨ないじめを受けており、逆上した少女がいじめた相手に龍の子で復讐。
ひとりひとり凄惨な殺人行為を行う。
竜の子は最後に学校にも乱入し報復を行う。
だがヒロインは級友の殺人を見てただおろおろするばかりで自分の竜の子を使おうともしない。
最後に自分が殺られそうになってやっと友人の説得に成功。
友人家に乗り込むが友人はすでに両親を殺害。
ヒロインの親にも手をかけようとする。
ヒロインは怯むが、ヒロインの竜の子がヒロインの意志に反して友人を殺害。
だがヒロインのもうひとりの友人もすでに自分の父親を頃していた。
それで終わり。

466 :本当になかった怖い名無し:2007/03/09(金) 08:28:12 ID:u3Af84q60
続き

いじめの報復として荷担した連中を殺害するのはいいとしても、関係ない者たちや親まで頃すにはあまりに理由が希薄で説明不足。
ヒロインもヒロインで肝心の時には何もしないし、いじめにあっている友人には全く気づかない。
大事な話の時には寝てたり、知らない男の車に平気で乗ったりと、元気で気が強いくせに他人に無関心無警戒でお気楽な性格。
ヒロインたちの危機に助けに現れた男がいい男のようで実は女ぐせの悪い女たらしだったり、危険な竜の子を持ってる者同士で簡単にセックスしまくったりと登場人物の行動が理解不可能。
ストーリーも回数によって話がいきなり違うエピソードになる。
全体に話数が足りないせいもあり全体にまとまりがなく支離滅裂。

原作の設定でも、竜の子というのは「竜の子」だから竜の子を持つ者はいずれは竜が親になり自分は「乙姫」となって竜に吸収されるという未来のない運命。


467 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 09:10:24 ID:uDH5D1LJO
いじめで膣に試験管を挿入された話があったよね

468 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 09:58:30 ID:TPGuUK3g0
>>466
このスレで何度も出てくるから読んだら、原作もキャラが支離滅裂だったよw
多分オタク漫画にありがちな、読者を嫌な気持ちにさせるための漫画、というジャンルなんだと思う

469 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 10:45:53 ID:QoQYrroHO
>>467
なのにエロくないんだよな

470 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 10:56:55 ID:wqU/JH6w0
>>427って
とつぜん20万振り込まれて手紙が来て
「1週間逃げ切ったら勝ち。捕まったら負け。20万は逃走資金にどうぞ」
とかいう話?
2chに相談したけど相談途中で捕まって
捕まえたやつから書き込みがあったというやつ

471 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 11:15:27 ID:1fS8Q9yR0
>>470
kwsk

472 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 11:17:36 ID:wqU/JH6w0
某サイトに載ってた話だからマジかどうかは知らないし検証する気もないが、まとめるとこんな感じ

最初の人606◆TJ9qoWuqvAに突然「ゲームに参加していただきありがとうございます」と手紙が来る
手紙の内容は
1・一週間逃げ切ったら三〇〇万捕まったら「Badend」
2・海外逃亡以外はなにしても可(警察に言う、逃げる、抵抗するその他)
3・途中棄権、解約は不可
4・20万振り込んだので逃走資金にしてほしい
手紙がきた人は2chに相談
しかし最初の書き込みから18時間ほどで606は「Badend」になる(606のトリで犯人?が書き込んだ)
次の日、606の友人の彼氏のまさと◆1ESCI9dW02から「606と思われる人物(状況説明などを聞いていたのでほぼ間違いないとのこと)が行方不明になった」という書き込みがあった
警察に捜索を依頼するが見つからず1週間がたつ
その後心の壊れた606発見。状態は
「身体的には、かすり傷ひとつ無く、少しやつれたくらいとのことです。
 ただ、まばたきをする回数が極端に少なく(ほぼできない)目の粘膜が乾いてしまっている事と、話ができなく、何事にも反応を示さないようです。
 ご両親が話かけても無反応のようです。
 ただ、何度か「私は私であなたではない。」と呟いたと聞きましたので声がでないわけでもないようです。」

473 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 11:19:50 ID:uKm3mNFT0
ttp://www6.plala.or.jp/ohzora-soul/md/text/014_01.html

これだな

474 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 11:21:37 ID:wqU/JH6w0
>>473
……まあそれだが
url貼るのやめたほうがよくね?

475 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 11:29:36 ID:uKm3mNFT0
ん、何か問題あった?

もともと2chからネタ拾ってきてるサイトだし、
そもそもURL貼ったくらいでどうこう言われるとは
夢にも思ってなかったんだけど。

476 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 11:33:39 ID:wqU/JH6w0
相手が泥棒だからってそいつから物盗んでいいかというとそうでもないだろ?

477 :本当になかった怖い名無し:2007/03/09(金) 11:41:17 ID:u3Af84q60
>>468
オタク向けにそういうジャンルもあるんですか。

OPも爽やかだし、初放映がキッズステーションらしいのですが、
こういうアニメ見て育った子は自己中心的で社会常識を考えなさそうですね。
いずれにしろ、竜の子プロやNHKにケンカ売ってそうなアニメですね。
OPは以下です。↓

ttp://www.youtube.com/watch?v=SIF5BLyh3Mk

478 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 11:44:59 ID:uKm3mNFT0
>>476
別に泥棒だとかそんなことは一言も言ってないんだけどなあ。2chのログなんて半ば共有物だし。
そのログの在り処を教えるのがそんなに悪いこと?

>>472でせっかくまとめたのに無駄にしやがって、ということなら謝るよ。
>>471にレスしたつもりだったけどリロードしてなかったから気付いてなかった。

479 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 11:53:42 ID:lvalhNpA0
自分の中では、コンクリ事件の次に後味悪い話。
東邦音大付属高校の女の子が教師にレイプされ、親に相談するも、世間体を気にして
シカトされる。そしてレイプは、SM行為までやらせるほどエスカレートし、
精神は崩壊するも、親は被害届や転校等の措置もとらず、娘の証言を信じず「変った子」扱い。
そしてとうとう自殺してしまった。教師はまだその学校にいるらしい。
この事件の後味悪さは、親の対応。娘をなんだと思ってるんだ!と怒りが込み上げてくる。
そういう親の事情を知ってエスカレートしてゆく教師も鬼畜。この子はまさに生き地獄だったと
思う。

東邦音大付属高校教師少女をレイブの末自殺に…
http://music8.2ch.net/test/read.cgi/music/1075951601/l100

480 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 12:02:10 ID:wqU/JH6w0
なんというか口論になれてそうな雰囲気を感じるな
そういうのには慣れていないので拙いところもあるかもしれないが許してほしい

・まず「無駄にしやがって」ということは全く考えていないので謝る必要はないから安心してほしい
・次に表現が過激になったのは謝るが泥棒云々はたとえであってそういっているつもりもない、しかしその部分に反応するということはわずかなりともそう思っているのではないか
・そしてログの在処を伝えるのは悪いことではないと思う。しかしアドレスを直接はるのはどうかと思うし、それ以前の問題としてサーバへの負担を減らすため最初のhは抜いた方がいいと思う
・最後に口論は苦手なのでこれで終わらせてほしい
以上だ

481 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 12:30:50 ID:SuK46TD2O
h抜いてあるみたい…

482 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 12:31:48 ID:1fS8Q9yR0
471ですが、>>470さん>>473さん
私が、kwskなんて書いてしまったせいで
ふたりを嫌な気分にさせてしまって、ごめんなさい…
でも、教えてくれてありがとう。
本当にごめん…

483 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 12:36:51 ID:GuNWWaOJO
このこと事態が後味が悪い

484 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 12:52:19 ID:LaQf8doX0
朝日新聞のURLはろうと思ったがやめておこう

485 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 14:46:55 ID:mfaXrYfv0
604 名前:名無しさんのみボーナストラック収録[sage] 投稿日:2007/03/09(金) 00:23:16 ID:MAJf27Sn0
きゅうりきらいっ><

605 名前:名無しさんのみボーナストラック収録[sage] 投稿日:2007/03/09(金) 00:23:42 ID:MAJf27Sn0
すずむしのえさなんだもんっ><

606 名前:名無しさんのみボーナストラック収録[sage] 投稿日:2007/03/09(金) 00:24:11 ID:slZaaHeL0
お前はゴミムシなのにね


607 名前:名無しさんのみボーナストラック収録[sage] 投稿日:2007/03/09(金) 00:26:12 ID:MAJf27Sn0
なんであたらしいママとおなじこというの?;_;

486 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 14:55:39 ID:t8PwsGAs0
>>465-466,468
気に入らないとか気持ち悪いとかそういう意見は十分ありだと思うけど、
刺激的な描写にだけ気を取られて
作中で提示されている答えを自分が見逃したからと支離滅裂扱いは如何なものか。
ttp://sasasa.s206.xrea.com/narutaru/
まとめサイトがあるし、ここ見れば大抵の疑問は解けるかと。

http://anime2.2ch.net/test/read.cgi/comic/1172592097/
他にも納得いかない事などがあったら作者スレに来てくれ。
「〜〜なのは何故?」と聞けばまとめサイトに載ってるものでもない限り必ず答えは返ってくる。
あんまここで話を引っ張っても迷惑になるし

>>479
一時期雑誌とかにも取り上げられてたけど
すっかりこの話題消えちゃったなあ…
結局この教師はお咎めなしなんだろうか。

487 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 15:28:48 ID:U7ijwV0t0
【7:46】メリーさんからの着信で起床。「家の前にいる」等とほざいてやがる。おかげで寝起きが悪い。
【8:02】朝食で使った油の容器にゴキブリが入ってた。気にせず捨てた。今まで気がつかなかった事に腹が立つ。
【8:36】出勤。ダルい。家を出るときに電話が鳴る。うるせぇシカトだ。
【9:07】車で走っていると、後ろからババアがダッシュで追いかけてくる。アクセル全開で振り切る。あくびが出た。
【9:30】デスクに向かっている。下を見ると白い手がオレの足をつかんでいる。ふりほどき蹴りをいれる。大人しくなった。
【10:39】窓際に立ち空を眺めていると、女が落ちてきて目があった。この不細工が。
【12:24】交差点を歩いてて、すれ違う時に男が「よくわかったな」と言ってきた。黙れ池沼。
【14:26】携帯に着信記録16件。かけてみる。「わたしメリーさ…ブチッ…ツーツーツー」
【16:12】外回りをしているとマスクをした女が声をかけてきた。「わたしきれい?」右ストレートを入れる。うずくまったまま動こうとしない。こっちは急いでるんだよ。
【17:30】公衆便所に行くと人形が落ちている。「わたしリカちゃん。呪われているの」うるせぇ黙れ。
【20:32】車で走行中、バックミラーを覗くと上半身だけの女がついてきている。急ブレーキをかけてバンパーにぶつける。もう着いて来ないようだ。
【21:25】帰宅、着信記録が49件。またアイツか。
【21:42】ベッドの下に男がいたのでボコって追い出した。大の男が泣くな。
【22:10】メリーさんからの電話に出る。「わたしメリーさん、今あなたの後ろにいるの」後ろは壁だ。
【23:34】着信がしつこく鳴り響く。電話線を抜いた。
【0:12】就寝。今日一日でかなり疲れた。
【2:40】急に目が覚める。金縛りのようだ。髪の長い女が天井にへばりついて恨めしそうにこっちを見つめている。だが睡魔には勝てない。
【3:20】猿夢だ。しかし俺は夢の中では無敵だ。残らず叩き潰す。



488 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 16:45:10 ID:5AS3FPgj0
そもそも探偵ファイルが信用できねえだろ

489 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 18:28:18 ID:5HVaRrmb0
>>480
勝手に変なとこで噛み付いて「僕はいま、口の達者な奴にからまれています!」ってか。
いいね。君みたいな人はスレがあと400も進んだらまた来てくれ

490 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 19:30:35 ID:4KPtbwx90
2chのログまとめサイトを2chに貼って怒られるとはこれいかに

491 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 19:44:00 ID:t0AC9AzL0
他所の板の話だが、最近同人誌や個人サイトを晒して馬鹿にしまくった挙句
管理人さんにえらい迷惑かけている連中が出没しているから
他所のサイトを貼ることに神経質になるひとが出ても不思議は無いかもしれない。

492 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 19:57:04 ID:uDH5D1LJO
クリムゾンは俺が守る

493 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 21:34:44 ID:I4fbj95AP
同人誌や個人サイトを晒して怒られるのは当たり前だが
元々オカ板発祥のまとめで、しかもオカ板的に有名なサイトを
ここに晒して何が悪いのか不思議でならない。
今までだって洒落恐とか散々でてるだろ。

494 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 23:11:24 ID:NtaWUVBC0
貼られたサイトの管理人本人なんじゃないか?
2chに2chまとめ系サイトが貼られるなんてしょっちゅうなのにここまで噛み付いてる奴なんてはじめて見た。
しかもh抜きしてるのにしてないとか意味わからないこと言ってるし。

495 :本当にあった怖い名無し:2007/03/09(金) 23:39:22 ID:Kwn9IexM0
480の人気にSHIT

496 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 00:17:31 ID:niwFVj2eO
略して480はSitでおk?

497 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 00:55:41 ID:LV+WwO9I0
もう俺が嫉妬でいいよ

498 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 02:22:57 ID:ZdLpAZN80
宅間事件のすぐ後に、池田小学校にある内容の電話が
殺到したのをご存知だろうか。
その内容は、以下のようなものである。

「子供が7人殺されたんですよね?それなら、定員分補充される筈ですよね!?
うちの子供は入れられないんですか?」

国立である池田小学校には、定員がある。その定員が減ったから、
我が子を入れられないか、というものである。

この話を聞いた時、事件の一報を聞いたときよりも寒気が走った

499 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 02:27:28 ID:o7ocjTDJ0
見飽きた

500 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 04:30:38 ID:niwFVj2eO
500(σ・ω・)σGet!!

501 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 05:26:17 ID:fGC6vlyY0
>>473
ヤバイなこれwww

502 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 05:36:05 ID:ydBha2Hs0
宅間事件時のインタビュー
大人「友達見捨てて逃げてきたんだ」
子供「…………」

いや、もうちょっと配慮した言い方は出来んかったんかい…


503 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 05:57:30 ID:m7KMh5XS0
>>480カワイソス(´・ω・`)
死んで詫びるから許してやりなよ。

504 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 06:33:41 ID:2qOGSXrXO
>>502
「はい!」
「ライバルが減ってよかったです!」
って本音が言えるわけないじゃん。


505 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 06:35:39 ID:SUFW/tnd0
>>504
釣り発言?本気発言?

506 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 09:05:19 ID:Ekhu06vA0
にほんおうぁたね

507 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 09:19:14 ID:ilenSoX10
>>502
今でもあれ、印象残ってる。
最低だな。
確かよみうりテレビの記者だったっけ。

508 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 09:39:14 ID:rj+4XX240
星新一の「月の光」

ある金持ちは変わったペットを持っていた。
そのペットとは混血の15歳の少女のことだった。
金持ちは少女を赤ん坊のときに引き取り、大理石の床とプール付きの空間に閉じ込めて育ててきたのだ。
その際、言葉は一切教えなかった。人間は言葉を得ることで多くの情愛を失ったというのが金持ちの持論だったからだ。
餌を与えるのも自分だけ、召使も含め他の人間をペットに一切接触させなかった。
ペットは金持ちによく懐いていた。金持ちはこのためだけに15年も歳月をかけたのだった。金持ちは満足していた。

ある日、金持ちの召使のもとに一通の電話が入った。
旦那様が交通事故に逢われて重態とのこと。
召使は困ってしまったが、とりあえず非常事態なので自分がペットに餌を与えることにした。
しかしペットは召使の姿を見た途端、怯えてしまってプールに入ったまま出てこない。
自分がいるとダメなのかもしれないと思い、餌だけを置いてその場を去る召使。
いつもご主人様から手渡しで餌をもらっていたペットはそれでも召使の餌を食べようとしない。
日に日に痩せ衰えていくペット。ペットを死なせてしまったら大変と焦る召使。
いっそのこと医者に診せようかとも思ったが、それはイコール自分が職を失うことなのでできない。
「お前のご主人様は今病院に入院していて意識不明なんだ。お願いだから食べておくれ」
涙ながらに訴える召使。それでもペットは怯えたまま餌に近づこうとはしなかった。

ある日、召使のもとにまた一通の電話が入った。
旦那様lは治療の甲斐なくお亡くなりになってしまったとのこと。
ペットはとても悲しむだろう、しかし伝えなくてはいけない。
重い足取りでペットのもとへ行く召使。ペットは大理石の床に静かに横たわっていた。
ペットの肩に手をかける召使。しかしペットはすでに大理石と同じように冷たくなっていた。

509 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 09:50:31 ID:rj+4XX240
星新一の「暑い日」

ある夏の暑い日、交番に勤務していた若い警官のもとに男が出頭してくる。
「飼っていた猿を殺してしまった自分を逮捕してくれ」と。
猿を殺したぐらいでは逮捕はできないとあしらう警官。男は話を続ける。

幼い頃、とても暑い日に自分はどうしようもなくイライラしてしまった。
そんなとき、蟻の行列を踏み潰したらとてもスッキリした。
次の年、また暑い日にイライラしてしまい蟻を踏み潰したがちっともスッキリしない。
しかし友達が捕まえてきたカナブンを殺したらとてもスッキリした。
段々とコツがわかってきた自分は次の年はカブトムシを殺した。
次の年もその次の年も生き物を殺してきた。三年前には犬を殺した。
おととしの秋に猿を飼った。けっこう可愛いもんだったがそれも去年の暑い日にイライラしてしまい絞め殺してしまった。

それじゃあ猿を殺したのは去年の話だったのか、と拍子抜けする警官。
とにかくそんなんじゃ逮捕はできないから家に帰りなさいと男を帰す。
帰し際に何気なく男に尋ねる。
「君には家族がいるのかい?」
「ええ、いますよ。去年の秋に結婚したんです」

510 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 09:52:58 ID:Ie2pUK6tO
うわ正統派だね
今年はついに逮捕されるのか…

511 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 10:15:55 ID:FHt01rjGO
猿=奥さんって事?
>>508-509面白かったです乙

512 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 10:17:51 ID:UJjI7u2l0
>>511
よく読め。
猿を殺したのは去年の夏だ。
そして奥さんと結婚したのは去年の秋だ。
つまりまだ男は妻と夏を迎えていない。
この調子だと今年はその奥さん殺すんだろうな、って話。

513 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 10:31:07 ID:+502/Dn80
>>511
結婚 = 去年の秋
猿殺害 = 去年の暑い日(夏?)
猿飼う = 一昨年秋

結婚した年を間違えてる?
殺したのは今の妻ではない?
去年殺したのは拾ってきた猿(妻とは別人)で
今年の暑い日用に新しい猿(今の妻)を調達した?

514 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 10:32:40 ID:+502/Dn80
うゎ 被ったorz

515 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 10:39:38 ID:o7ocjTDJ0
>>512が正しい。
うがった読み方せずに、そのまま読んだら良いんだよ。
毎年殺す物のランクが上がり、去年は猿を殺した。
そして今年は妻(人間)がいる、ってこと。

516 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 10:43:25 ID:rj+4XX240
もう一つ、星新一でタイトル失念。

草原に銀色の円盤が降りてきた。
円盤から赤い服を着た人物が降り立ち、周囲の植物を集めだした。
そこへ子どもたちが集まってくる。
「何をしているの?」
「この星の標本を集めているんだ。あまり時間がないから植物しか集められないけど」
「それじゃあ僕たちが採ってきた花をあげるよ」
子どもたちのおかげでたくさんの標本が集まる。
「ありがとう、君たちのおかげだ。お礼に次に来たときに君たちの願いを叶えてあげよう。何がいいかい?」
「大人が悪いことをしないようにしてほしい。よくわからないけど大人は悪いことをするんだって、ワイロとか」
「わかった」
円盤に帰る宇宙人、仲間たちとこの星の奴等は気持ちいい奴等だなと宇宙に帰る。

時は経ち、あのときの円盤がまた地球に降りてきた。
子どもたちの願いを叶えるため、意気揚々と円盤から降りる宇宙人。
しかし妙な顔をして帰ってきた。訝しげに尋ねる同僚。
「どうしたんだい?」
「この前の子どもたちに会ったんだが、だいぶ姿が変わっていてすぐにはわからなかったよ」
「へえ、それで願いは叶えてやったのかい」
「いや、それがみんな出っ張ったお腹をさすりながら『ああ、そんなことも言ったかな。でも今更余計なことはしないでくれ』って言うんだ」

517 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 11:02:35 ID:cxagn5Sr0
>>499
君が見飽きたかどうかはどうでもいいんだ。同じスレに頻出してるわけでもなし、
我慢してくれや

518 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 11:02:53 ID:rj+4XX240
星新一の「包囲」

男が駅のホームで電車を待っていると、突然誰かに突き落とされそうになった。
咄嗟に周りの人を掴んで助かる男。しかし今明らかに誰かが自分を殺そうとした。
ホームを見回すと人ごみに紛れて怪しげな黒服の男が立ち去ろうとしていた。
そいつを捕まえて問いただすとはじめこそしらばっくれていたものの、絞め殺す勢いで脅すと口を割った。
「二人に頼まれたんだ。理由はわからない」
その二人の名前と居所を聞き出し、そいつらも締め上げる。
すると二人とも別の二人に頼まれたという(つまり今度は四人)
その四人を締め上げると四人ともがまた別の二人に頼まれたという。
次は八人を締め上げると八人とも…

結局、男は誰がどんな理由で自分を殺そうとしているのか突き止めることができなかった。
しかし、世界中の人間が自分を殺したいと思っていることだけはおぼろげながらに理解した。

519 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 11:49:31 ID:DyzQFpp20
>>516
この話は、宇宙人が出てくる必然性ってものがないよな

きっとSF雑誌に載せるために、むりやり宇宙人を登場させたんだろうな

520 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 12:01:16 ID:Z+E4APy3O
星新一が大好きなのは分かったけど、全然後味悪くないから。
スレの趣旨分かってね

521 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 12:16:52 ID:QFfhZ+ygO
結構後味悪くないか?

522 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 12:23:20 ID:/bV/1vZA0
>>518
後味悪いは悪いけど、どっちかってーとコメディみたいで笑える

523 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 13:03:34 ID:xBmFkwHU0
ショートショートだからな。
ちょっとこのスレとはジャンルが違うな。

524 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 13:28:38 ID:FHt01rjGO
面白いんだから何だっていいじゃない!

525 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 14:12:00 ID:cpQWacms0
>>507
これネタじゃなかったのか!
当時問題にならなかったのか?
2chでも祭りにもならなかったのか?!

526 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 16:24:56 ID:7V/DybMB0
もれは後味悪く感じた・・・・

527 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 16:25:28 ID:3S/bbco60
>>518
いいね、それ

528 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 16:33:21 ID:ilenSoX10
>>525
ネタじゃないよ。自分もテレビで見たし。
(「どういう風に殺されたの?」とか詳細に聞きたがる馬鹿記者もいた)
2chでも散々祭りになって、
テレビ局に抗議のメールとか電凸してた奴とかいた記憶。
でも結局表立った問題にはならなかった。
池田小はちょっとしたお受験校なので、
変な思想にまみれた関西マスゴミにとっては格好の餌食だったんだろう。

529 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 18:13:49 ID:isVY8Z5D0
いつのまにか関西マスコミ全ての話にしている>>528が後味悪い

530 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 18:19:03 ID:cpQWacms0
>>528
どうもありがとう。
忙しい時期だったから、普通のニュースしか見てなかったし、
こんなことがあったなんて知らなかった。
じゃあ、処分もなしなんだろうなあ。
本当に腹が立つ。本気で後味が悪いな。


531 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 18:24:59 ID:xVx1keh10
>>529
国語の勉強です。

「変な思想にまみれた関西マスゴミにとっては格好の餌食だったんだろう。」
とある場合、「変な思想にまみれた」は、「関西マスゴミ」にかかり、「変な思想にまみれた関西マスゴミ」で一つです。
よって、変な思想にまみれていない関西マスゴミは、除外されます。

また、「関西マスゴミ(蔑称)」ですので、蔑称に値しない健全な「関西マスコミ」も除外されます。

句読点に注意して、一つ一つの単語を大事にしながら、文章をよく読む癖を付けましょう。

532 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 19:24:25 ID:3TFrRGzAO
>>480
取り敢えず、そこの管理人は2chに晒される事なんて全く気にしてないですよ。

533 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 20:48:04 ID:ilenSoX10
>>531
誤解を解いてくれてありがとう。解説分かりやすい。
>>530
そのインタビューは、多分事件起きてすぐ〜夕方ぐらいのニュースではやってたけど、
夜のニュースでは流されなくなった(クレーム来たからか?)。
知らない人は結構多いと思う。本当に後味悪い。

534 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 21:16:51 ID:Bj/sNmBM0
今そんなインタビューしたら絶対ようつべにうpされそうだ。
だれか動画でもってないのかな?
そんだけ馬鹿な発言なら画像とかで残ってそうなのに。
万引き配慮おばさんなんてAAにまでなってたのにな。

535 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 21:40:40 ID:QY43WTf80
池田小の事件はその後の賠償の件でも後味が悪いんだよね。

536 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 22:49:45 ID:014/A9t60
法廷で地獄でもぶっ殺すとかいったんだっけ?


537 :本当にあった怖い名無し:2007/03/10(土) 23:56:37 ID:h5W4j0eg0
・リンク張る事に著作権上の問題は発生しない
・サイトの内容をコピペするとちょっとまずい事になる可能性あり
・改変すると同一性保持権の侵害に当たる
・h抜きしても相手サーバの負荷は減少しない

538 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 00:22:29 ID:RsMo/U6c0
ブラックジャックの話。

中学生(男)と高校生(女)の姉弟が、ブラックジャックの元に来る。
用件は事故で完治不能の全身麻痺になった母の手術。ブラックジャックはその子供達に100万円を要求する。
子供達は一生働いてでも払うと約束する。
しかし当の母親は、全身麻痺の自分がいづれ子供達の負担になることを悲観し、Dr.キリコに自分を安楽死
させるように依頼していた。
キリコが安楽死の装置を作動させる直前にブラックジャックが現場に到着。
お互いに相反する仕事を任された2人は一悶着するが、まずブラックジャックが手術にあたり
失敗すれば即座にキリコが安楽死させるという取り決めになる。
必死に難手術を施すブラックジャックの甲斐あって、母親の麻痺は治り、数日後には退院を控える。

母親の退院の日、幸せそうに病院から家に帰ろうとする母と子供2人を見送りブラックジャックは
病院の中庭でキリコと話していた。不治の病を完治させて患者を生き長らえさせたブラックジャックに
キリコは「動物の寿命はあらかじめ決まっているのに、人間だけがそれに逆らおうとする。そんなことに意味があるのか。」と凄む。
ブラックジャックは「負け惜しみか?」と鼻で笑うが、そのとき、すぐ近くで大きな衝撃音が。

どこからともなく「交通事故だ!病院から出たばかりの母子3人が車に轢かれて3人とも即死だ!」と聞こえる。
青ざめるブラックジャック。
それを聞いて高笑いしながらその場から去るキリコ。
ブラックジャックはその場でやり切れない表情で
「それでも私は人を治すんだ!自分が生きるために!」と絶叫。

539 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 00:40:55 ID:Rrx3qZgx0
>>535 普通こういう外的要因のトラブルでは国とかからは賠償はそんなに出ないけど、
なぜかこの事件の場合に限っては不自然なほどすぐに多額の金が払われたんだよね。


540 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 00:41:53 ID:n085zh7UO
>>538
確か似たような話がもう一つあるんだけど
その話だとキリコも一緒に嘆くんだよな
子供の頃すごく違和感覚えた

541 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 00:45:40 ID:aimx5OYx0
後味悪いっていうかちょっと心にひっかかってることがある。
母は私を姉ほど可愛がってはいなかった。
貧乏ほどはいかなかったけどそんなに裕福じゃなかったからか
母は私に2回ほど他の家の養女にならないかと勧めてきた。
養女になる予定の家は確かに田舎では立派な家を持っていて裕福。
でももちろん知らない人の子になるのはイヤだから拒否った。
当然姉にもそういう話があったんだろうと大人になった最近聞いたら
一度も言われたことないって。
これって前世の因果なのかなー
笑われるかもしれないけど以前私の前世は戦乱で親をなくした子供って
言う人がいた。
確かに今生でも親との縁が薄いわけだ。
とすると未来永劫何度生まれ変わっても家族との縁が薄い人生をおくるのかな。

542 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 00:51:05 ID:KI1I9RF/0
前世も生まれ変わりも無い
偶然その親がハズレだっただけだ
親はもう捨てて他のところでアタリを探せ

543 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 00:54:09 ID:YE2TuAsb0
久々に酷い映画を見た。『パフューム』

時は中世、主人公のジャンはパリの悪臭漂う魚市場で産み捨てられ、孤児院に入れられた。
その頃から彼には異常な嗅覚が備わっており常人とは一線を画していた。
彼は物事を全て匂いで判断する特殊な人間になる。

やがてジャンは皮なめし職人に10フランで叩き売られる。
(ちなみにジャンを叩き売った孤児院の主人は帰り道に通り魔に瞬殺される)
奴隷として過酷な日々を過ごしていたジャンはある日、市街地への納品に同行する。
そこで様々な匂いに出会う。人々の匂い、食料品、生ゴミ、香水…
皮なめし職人の目を盗んで姿を眩ましたジャンは街中で今まで嗅いだことのない甘い匂いを知る。
それは若い娘の匂いだった。
ストーカーのごとく若い娘をつけ回したジャンは最後には娘を殺してしまう。
死姦はしないけど、娘を裸にひん剥いて存分に匂いを堪能したジャンは自らの生きる目的を見つける。
それはこの匂いを永遠に保存することであった。

街外れの売れない香水屋の主人が香水の新作を作るために頭を悩ましていた所へジャンが皮を届けに来る。
そこでジャンは天才的な嗅覚を売り込んで香水屋に弟子入りする。
(ちなみにジャンを叩き売った皮なめし職人は酔って川に落ちてあぼん)
ジャンは香水作りでも天才ぶりを発揮し、香水屋は瞬く間に繁盛する。
ジャンは香水を作る代わりに香水屋に匂いを保存する方法を教えてもらう。
その方法は花を煮て蒸留するというものであった。
さっそくジャンはガラス、銅、鉄、猫を煮てその匂いを蒸留しようとするが上手くいかない。
香水屋はガラスや金属、人間や動物の体臭など蒸留はできないと憤る。
ジャンの最終目的は若い娘の匂いを…なのでショックのあまり寝込む。
そんなとき、ジャンは香水屋から香水を主産物としている街の存在を聞く。
そこなら匂いを保存する方法がわかるかもしれないと、ジャンは売れる香水のレシピと引き換えに街に入る許可証を香水屋からもらう。
こうしてジャンは香水屋を後にした。
(ちなみにこの香水屋はその日の晩に建物が崩れ落ちてあぼん)

544 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 00:54:11 ID:9MZ3A8Um0
すごいな、その話からいきなり前世の因果って。
申し訳ないけどほんとに思わず笑ってしまった。
本当に親との縁が薄かったら相談もなく養子に出されてるから大丈夫だろ。気にすんな。

545 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 00:55:33 ID:YE2TuAsb0
香水の街に辿り着いたジャン。
そこでジャンは街一番の美少女ローラに出会う。
ローラの匂いを保存するためやっきになってその方法を探すジャン。
手始めに少女を一人殺して冷浸法と呼ばれるものを試すも失敗。
次に娼婦を買い、その体に動物の脂を塗ってそれを蒸留するという方法を試そうとするも娼婦に拒否られる。
娼婦を殺して脂を塗りたくり蒸留したところ見事に成功。ジャンは女の体臭の香水を手に入れた(うえっ)
さっそくローラを殺して手に入れようとするも勘の鋭い父親のガードが厳しくて上手くいかない。
仕方がないのでジャンは他の美女たちを次々に殺して香水にする。
街は連続殺人鬼の存在に恐怖するとともにその目的に首をひねる。
殺された美女たちは娼婦を除いてみな処女のままだったので暴行が目的ではないらしい。では一体何を?
その後、ローラの父親の必死のガードの甲斐なくローラはジャンに殺されてしまう。
しかしジャンもそこで今までの犯罪が露見し捕まる(ここまでは普通の映画だった)

お前を絶対に許さない、死刑台で処刑されるまで見届けると怒る父親。
そしてジャンは死刑台に連れていかれる。
そこで取り出したるは今までの美女たちの香水を混ぜ合わせた究極の香水。
それを振りまいたところ、なんと死刑台の周りに群がっていた民衆がその匂いに魅了され口々に「この男は無実だ」と言い出す。
そして愛の匂いに目覚めた人々はいきなり乱交を始める。乞食も町民も貴族もローマ法王もみんなセクース。
ローラの父親も「私は騙されないぞ!」とジャンに剣を突きつけるも、究極の匂いに負け跪きジャンに「許してくれ息子よ!」とか言い出す。
こうしてジャンは無実となりその日のうちに香水の街を後にする。
(ちなみに別の人間が罪をきせられ絞首刑)

546 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 00:56:20 ID:YE2TuAsb0
使い方によっては世界を支配できる究極の匂いを手に入れたジャン。
しかしそんな匂いではたった一つだけできないことがあった。
それはジャンを普通の人間として愛し愛されるようにすることであった。
ジャンが凶行に走ったのも最初の娘に拒否られた殺してしまったのがその発端だったのだ。
全てに虚しくなったジャンは自分が生まれたパリの魚市場に戻ってくる。
そこで究極の香水を頭からかぶった。
途端に匂いに狂った乞食どもに貪り食われてジャンはこの世から消滅した。終わり。

サスペンスかと思ったら途中からコメディーになりファンタジーになって、
けっきょく殺人鬼の一人勝ちだし、ふざけんなって感じでした。

547 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 00:59:57 ID:RsMo/U6c0
>>539
確か検察側が法廷で、遺族の質問を代弁して
「もし池田小の門が閉じてても犯行をしたか」って聞いたら
宅間は「わざわざ門をよじ登ってまで中には入らなかったと思う」って答えたんじゃないかな。
どっちみちこの基地害じゃ犯行に走ったと思うけど。


>>540
確か子供の頃に炭鉱かどこかで頭を打ってから脳死状態になった少年の話じゃないかな。
事故から何十年も経ってるのになぜか体が少年のまま脳死状態が続いてて
ブラックジャックが手術で治すんだけど、脳死から目覚めた途端に急に年をとってそのまま死んじゃうって話。


548 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 01:01:13 ID:gtg6GKjT0
それはものすごいクソ映画だ・・・
まあ、クソなんて言葉使ってしまったわ。
でもやっぱりクソはクソだ。

549 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 01:12:12 ID:9MZ3A8Um0
かなりアホ映画の臭いがムンムンだが、
後味っつーより全体的に気分の悪そうな映画だね。

550 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 01:23:45 ID:XpTyZtwz0
>>541
裕福な家の人たちは、お姉さんじゃなくて541を養女にしたいと望んだ。
お母さんはせめて幼い541にはなに不自由ない暮らしをさせてあげたかった。
と考えると、後味悪くなくならない?

>>543読んで「パフューム」ぐぐったら、美術にあの「ベイビーオブマコン」のひとがいた。
あれ系(耽美映像で後味悪いストーリー)なのかな。見たくなってきた。


映画つながりで、古いけど「アギーレ神の怒り」
ストーリーはというと、
スペイン人たちが黄金を夢見てインカの地を筏で延々下っていく。
どんどん仲間がみじめに死んでいくし、途中出会ったインディオも殺す。
それがずーーーーーーっと続く。
最後のほうで主人公の愛人もどこかへ行き、主人公は実の娘と結婚しようとする。
それだけ。
で、友人とその話をしていたらどうも食い違う。
友人が見ていたのは「アギ鬼神の怒り」だった。



551 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 01:23:56 ID:Xtns7rrQ0
パフューム見に行った人たちは
さぞ後味の悪い思いをしてるんだろうなあ

552 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 01:36:12 ID:sCCsF/4/0
そんな映画だったのか!
もっと高尚な調香師の話かと思ってたよ!

553 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 01:47:37 ID:Zdf0lgAh0
俺は真面目な調香師が段々狂気に駆られて堕ちて行く話かと

554 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 02:06:56 ID:A9o2iMUZ0
CMのあの乱交は妄想とかじゃないんだ

555 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 02:17:14 ID:QB5fZdwuO
物語性云々とかじゃなくて、映像美や雰囲気を魅せる系の映画なんじゃないの?
筋書きだけを聞いて糞と判断下すのは、短絡的と言うか視野が狭いなーと思う。

556 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 03:08:13 ID:3nAQ3qrR0
パフュームの原作が全世界で1500万部売れてる後味の悪さ・・・

557 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 03:18:21 ID:pYzWfNIP0
「香水」は1987年の世界幻想文学大賞受賞作だよ。
文章で表現される"匂い"の描写が面白いとの評を見た記憶がある。
(作品そのものは読んでいないが)

映像だとそういう物は表現出来ないからねぇ…。

558 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 03:44:14 ID:nEwZWi+d0
パフューム私も見てきた。
18世紀を堪能できる。
主人公を手放した人間(産みの母・孤児院の主人・皮なめし屋・調香師)がすぐ死ぬ運命にあるのは、
一種のギャグかも知れないね。
ナレーションが意図的にコミカルだった。

あれはアスペの人の物語だと思う。
主人公はパリの街でタイプの少女を見つけるんだけど、普通だったら上手く話しかけるなりして、
きっかけを作って仲良くなって、その女の子と一生暮らせるように色々と「努力」するんだろうけど、
主人公のジャンはコミュニケーション力がないから、いきなり近づいてクンクン臭いをかいだりしてしまい、
驚いた少女に拒否られてパニック。(当たり前だ。ただの痴漢だし)
黙らせようと口を塞いで殺してしまう。
でも、ジャンには殺した感覚は全くない。
「仲良くしたかったのに、近づいたら騒がれたので殺した」と言う、
アライグマの帽子を被った精神薄弱の男の殺人事件を思い出した。

>>543氏の解説の通り、ジャンは調香師に才能を見せつけて、皮なめし屋から
買い取ってもらう下りは、決して彼がいわゆる知恵遅れの人間ではないことを示している。
その後、ジャンは次々女の子を手にかけるんだけど、気に入ったわけではなくて、
あくまで実験材料。娘を殺す事は「花を摘んだ」くらいにしか思ってない。

ジャンの中では、「気に入った娘のニオイを保存してずっとかいでいたい」が最終目標だと思い込んでるけど、
普通は「その娘と仲良く暮らす」こと。(自然に毎日ニオイを嗅がせてくれる)
彼は相当ズレている。

そのことに気が付いても、彼には全く「愛される要素」が備わっていなかった。
彼は、誰にも愛された事がないゆえに、「愛を獲得する手順や方法」を学べなかったのか?
悲劇はこの1点に尽きる。
最後は、それに絶望して、なのか、「この香水で愛してもらおう」としたのか。

559 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 03:44:30 ID:B7IwAXjJO
パフュームGyaoで散々番宣見てたから観に行こうかと思ってたけど、まさかそんな結末とはw


560 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 03:45:24 ID:Ovr9MiGC0
>>541
後味は悪く無いな。
悲しくなる話だ。

561 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 03:49:07 ID:nEwZWi+d0
補足

>>545
>(ちなみに別の人間が罪をきせられ絞首刑)
これはグラースの街の香水作りの主人。
ジャンが、働いてる間に殺した娘の髪や衣服を実験していた部屋に埋めていたから。
発見したのもこの主人なんだけど、それを証拠の品にされてしまった。
彼も例外ではなく、ジャンを手放した人間はみんな死んでいく。
これは「呪い」でもないだろうし、邪魔者だと思っていた彼が実は有能な人材だったと言いたいのか、
演出の意図はなんだろう。

562 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 03:58:12 ID:aCv/1NHp0
実際にグラースで撮影はされているの?
あの町は自分が今まで訪れた町の中でも特にお気に入りだから、
その景色が収められているなら観にいってもいいなー

563 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 04:06:43 ID:nEwZWi+d0
>>562
エンドロールで撮影地グラース、グラース香水博物館協賛、とか出てた。
風景はカキワリっぽくないし、「背景」はなかなか良かったよ。

気持ち悪くてパンフ買わなかったんだけど、「何か」心にキタのがあったみたいで
今、買わなかったの後悔してる。


564 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 04:07:39 ID:fEXxVQmG0
>>546
>サスペンスかと思ったら途中からコメディーになりファンタジーになって
何か似たような漫画あったな・・・
ラブコメかと思ったら学園バトル漫画になって変な大会が終わったと思ったら
今度、異性化にワープしてファンタジーになって、変なボスを倒したと思ったら
打ち切りになった漫画。

565 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 07:57:06 ID:ZyTuuD7uO
よっしゃああああ!THE Endォォォ!か。

566 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 08:10:21 ID:Oc7bIjyeO
>>564当ててんのよ
>>558
得意げに長文連発してるがアスペルガーくらい普通に書けよ
わざわざ略語使って事情通を気取りたいのか

567 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 09:22:27 ID:RkH/2vce0
>>541
ま、前世の因業だろうね

568 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 10:30:59 ID:JWiFfNfhO
ほとんどの女はパンツにウン筋つけている。

569 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 11:30:00 ID:zUA9YcMB0
男もな

570 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 12:09:39 ID:ULh0qje3O
〉568         おい兄弟!オレと巡回してる板かぶってるぜ(ワラ

571 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 12:13:51 ID:T5x0ww3s0
ウォシュレット使えばいいじゃない

572 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 15:37:52 ID:Pjdd5sPJ0
パヒューム、映画は原作より随分人間的に作ってあるんだなw

原作だと主人公には愛情欲求とか全くないし、
世話になった相手だろうと純粋無垢な美少女だろうと人間には何も感じない、
匂いにしか価値を見出せないサイコパスだよ。

最後も愛されないから死んだんじゃなく、香水におかしくなる人達を見て
人間ってこんなもんかって馬鹿馬鹿しくなって死んだだけ。

主人公を手放して変な死に方する連中も全員嫌な奴だし、
ひたすらブラックな話だよ。エドワード・ゴーリーの絵本みたいな感覚。

573 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 16:13:59 ID:3nAQ3qrR0
ほとんどの女はパンツにオリモノつけてる

574 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 16:15:55 ID:3nAQ3qrR0
最近の女のほとんどは初体験が実の父親である
その父親は肉労が多い

575 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 17:05:40 ID:iRFx2nur0
嗅覚って大事だってなんかで読んだな。
犯罪者の誰だかは、逮捕後の検査で先天的に嗅覚が損なわれてることが
分かってさらにそのせいで、味覚もおかしいかったと。
油と水を間違えて飲んだりと言う事もままあったらしい。
彼が何の犯罪したかは覚えてないが、母親のニオイの記憶もないと言ったのが
可哀想だったな。

岩田 某さんの殺人全書という本で読んだ希ガス。

576 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 17:26:34 ID:CrW9TFI/0
>>563
562だけどさんきゅ。見に行ってくるよ

577 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 17:32:28 ID:WQnbOcsZ0
何年か前、週刊漫画誌ですごい嗅覚を持つ研究員かなんかの漫画やってたなあ。
よく覚えてないんだけど、性格は悪くて
同じ職場の女子に「口(ノドの奥?)から精液の匂いがする」
とか言って泣かせるシーンがあった。
実際、すごい嗅覚を持ってる人はセックスなんか出来ないだろうねぇ。
そういう匂いが好きならいいだろうけどw

578 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 17:33:40 ID:9MZ3A8Um0
>>575
小説「黒い家」にもそんなエピソードがあったわ。
心理学の教授が全学生にやらせたバウムテスト(木の絵描くやつ)で
ちょっと変わった絵を描いた青年がいて、後に彼が事件を起こしたんだかなんだか(本筋でないのでちょっと忘れた)。
で、彼も先天的に嗅覚障害だった。

579 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 17:49:55 ID:X+BoxedlO
このスレ読んでると作品を観た気になってしまう

580 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 18:07:37 ID:YghBi5XFO
>>578
黒い家の犯人のキチガイババアも嗅覚障害だったんだよね。


581 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 18:16:18 ID:98mJGNXm0
パヒューム初日に見に行ったけど、面白かった。
予告編で興味を持って見に行った。


582 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 18:24:49 ID:9MZ3A8Um0
>>580
そう、だから黒い家はものすごーい臭いがしてる。でも本人は気にしてない。

583 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 18:49:01 ID:98mJGNXm0
名も無き飼い主さん :2007/02/19(月) 22:30:41 ID:8wIWjGfl
かわいがっていたうちのハムちゃんがいきなり私の指を噛みました。
カワイイハムスターが人を噛むわけが無いと思い、手術をしてあげることにしました。
ハムちゃんごめんね、すぐよくしてあげるからね、と言って慰め、
手足を押さえてハムちゃんのお腹をハサミでちょきちょきと切って悪いものを取り出そうと探しました。
お腹の皮を切ってあげている間、何度も何度もハムちゃんは私の指を噛みました。
ピーピーピーと悲しそうな声で泣きました。
「早くボクの中の悪い物を取り出して!」と懇願しているようです。
早くハムちゃんの体の中に取り付いている悪い物を取り除かないと、
と思い、必死でハムちゃんのお腹をさぐりました。
そしたら赤黒いニュルニュルしたものが出てきたので取り出してあげました。
それは生き物のように動き、とても気持ち悪かった。
ハムちゃんの様子が落ち着いたのでお腹を糸で縫ってあげました、
今はスヤスヤと眠っています。



ペット板で見つけました。とても後味悪い。

584 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 18:59:02 ID:L5Gcawx00
>>583
これすごい嫌だ

585 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 19:04:09 ID:ehG+8qiKO
ネタをネタと

586 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 19:13:33 ID:QpPqgwPG0
藤子・F・不二雄の短編集ほど後味の悪いものはない。
本当にドラえもんと同じ作者なのか疑ってしまうほどのブラック。
お前ら読んでみれ。

587 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 19:29:31 ID:G+/FcD3j0
>>583
ネタだとしてもキモイ。
実際にこういう奴がいそうなのが。

588 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 19:30:10 ID:T/OIpF+SO
>586
内容紹介できないなら書き込むなクズ

589 :586:2007/03/11(日) 20:51:25 ID:RGSgl9ad0
>>588
ちょ・・・クズまで言うなよ。
でも君の言うことももっともだ。
わかった、紹介しよう。
紹介したい作品はたくさんあるんだが、
では『ある日・・・』というタイトルの短編をひとつ。

とあるアマチュアの8ミリ映画自主製作サークル『緑ヶ丘シネサークル』のメンバー4人が集まり、
それぞれ自作の8ミリ映画を持ち寄って映写会を始める。
初めの一人は、スターウォーズのちょっとしたパロディを発表。
二人目は、自宅の窓から見える景色を同じ位置で10年前から撮影を続け、
その発展を短い時間で紹介するドキュメンタリーチックな作品。
三人目はちょっと思い出せないんだが、まぁそれなりの作品。
三人ともそれぞれのテーマで独自のストーリーのもとに製作した作品でお互い傑作だと褒め称えあう。
だが、四人目のおっさん(A氏)がそいつらの作品を全部批判する。
「駄作だ。あんたたちの作品には訴えるものがない。」
「問題意識のかけらもない。」「映画を通して一体何を主張したいのか。」
三人は少し憤慨するが、
「まぁそこまで言うならとりあえずA氏の作品を見てみましょうよ。」
「果たしてA氏の作品にはどれだけ訴えるものがあるのか、問題意識とやらがあるのか、それを鑑賞してから判断しましょう。」

590 :586:2007/03/11(日) 20:52:16 ID:RGSgl9ad0
A氏は映写機にテープをセットする。
タイトルは『ある日・・・』
三人は「平凡なタイトルですね」と言いつつもとりあえず最後まで鑑賞する。

そこに映ったものは、何のことはない、ごく普通の町並みと、普通に生活する人々。
子供の通学風景と通勤中のサラリーマン。
犬を散歩する老人。
買い物をする主婦。
昼下がりの公園。
何も奇妙なものはない日常生活の風景。
ただ淡々とごくありふれた日常の出来事が描かれているだけ。

そして突然プツン・・・・と画面が白くなる。
そこでA氏の映画は終わる。


591 :586:2007/03/11(日) 20:54:25 ID:RGSgl9ad0
三人はキョトンとして「何ですかこれは?」「一体どこにストーリーがあるんですか?」
あまりにも脈絡のない映像の寄せ集めに、三人は腑に落ちない。
A氏は説明する。
「わかりませんか。ある日、突然、核戦争が起きたんですよ。そして世界が一瞬で滅んだ様子を描いたのです。」

三人は苦笑しながら「唐突すぎる」「伏線も何もない」「ナンセンスだ」
「鑑賞者が理解できるわけがない」「もう少し説得力がほしい」と批評する。
A氏は主張する。
「今や世界各国は一瞬にして地球一個を何度も吹っ飛ばせるような核兵器を持ち合わせている。」
「もし一個の核爆弾が爆発すれば連鎖反応で世界中の核が爆発することもある」
「世界の終わり、そう、ある日は唐突にやってくる、伏線なんてあるはずがない」
「それがいつでも発動可能な状態であるにも関わらず多くの人間は危機感を抱いていない」

A氏は力説するも三人は苦笑するだけ。
「ある日は突然唐突にやってくる。地球を燃やすにはほんの一瞬でいい。映画のような前置きや伏線など張るひまもない。説得力のある破壊などあるものか。ある日がいつくるか・・・10年後か、明日か、今日にも、と、言いかけた次の大きなコマで


プツン・・・


という文字だけ書かれ、そこで終わり。

592 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 20:55:56 ID:3oNd7sll0
Fも黒いなー
救いのないって意味だとミノタウロスの皿とかもあったよな

593 :586:2007/03/11(日) 20:56:02 ID:RGSgl9ad0
まぁ、ストーリーそのものは単純だが、含む意味は深いというか・・・
いつ世界が終わっても不思議はない。
核兵器の管理者が突然発狂したり、
あるいはミスでボタンを押すことも、
インターネットでハッカーがミサイルのボタンにたどり着くことも否定できない。
世界の終わりには伏線や納得のいく説明など必要なく、
日常生活を営む人々の前に突然にやってくるのだ。

そういう誰も危機意識を持っていない現状を批判したような作品。
藤子・F・不二雄先生の作品はこうゆうブラックで批判精神を込めた作品がたくさんあるので、お前らぜひ読んでみれ。


下手な日本語ですまん

594 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 21:00:43 ID:r3OZGjUkO
ブラックなのと後味が悪いのはまた別なんだがな

595 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 21:01:45 ID:3oNd7sll0
>>594
それはそうだけど、ブラックかつ後味が悪いって話も多いとは思う

596 :586:2007/03/11(日) 21:02:39 ID:RGSgl9ad0
>>594
でもこれけっこう後味悪くね?

597 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 21:06:12 ID:3QnepbqVO
>>594
gdgdいうまえに話をだせよ

598 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 21:47:12 ID:ij+5uat50
アニメの鬼太郎で観た話。

ある魚系の妖怪が、人間の女性に恋をしてしまう。
身なりを人間に繕ってお見合いまでこぎつけるも
ボロを出して失敗。

鬼太郎に「人間になりたい」と相談した所
その妖怪は根は優しい良い奴なので
人間になる手術を受けられる病院を紹介してもらうことができた。

そして、人間になった妖怪はサラリーマンになったが
満員電車に揺られぐったりしている。
こんなつらい思いをするなら、人間になりたくなかったと後悔。

だがもう妖怪に戻ることはできないのだった。

599 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 21:59:50 ID:RNKhCpaa0
>586
「ミノタウロスの皿」とかは過去ログでも何度か言及されてるよ

600 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 22:13:33 ID:Rrx3qZgx0
藤子Fは関口宏の知ってるつもりも後味悪いよね。本当に関口って偽善者。

601 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 22:18:24 ID:GPAjjuvv0
>586
占い師の先輩が家に閉じこもって、最後子供抱き寄せて泣き出すやつ書いてくれない?
今手元に本ないんだよ

602 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 22:33:30 ID:h0x69XyTO
>>601
何だっけソレ。四ページ位のショートストーリーでタイトルは大予言だったっけ。

主人公は首相暗殺の予言が的中して売れっ子になった占い師。
先輩の高名な占い師が最近凄い予知をして調子が悪いとの噂を聞いて家を訪ねて様子を伺いに行くんだよね。

何を予知されたんですか?と訪ねる主人公占い師に
鬱病みたいになってる先輩の占い師が突然キレて

「知ってるくせに!」とか何とか叫んで、核問題や公害問題やらを口にして

最後に孫らしき子供を膝に抱いて
「ごめんね、君には占ってあげられる未来がないんだよ」

唖然とする主人公占い師。終わり。みたいな流れでなかったか?

思い出しながら描いたので読みにくかったらごみんよ。

Fは後味悪いの本当いっぱいあるよね。
年寄りネタは全て当たりだと思う。

603 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 22:33:33 ID:yzs8q56a0
「何も終わっちゃいねえ!何も!言葉だけじゃ終わらねえんだよ!俺の戦争じゃなかった、あんたにやれって言われたんだ! 俺は勝つためにベストを尽くした だが誰かがそれを邪魔した!
シャバに戻ってみると空港に蛆虫どもがぞろぞろいて 抗議しやがるんだ! 俺のこと赤ん坊殺したとかなんとか言いたい放題だ やつらに何が言えるんだ!ええっ!奴等はなんだ俺と同じあっちにいてあの思いをして喚いてんのか!」
「みんな失望し苦しんでいたんだ もう過ぎたことだ」「あんたにはなァ!俺にはシャバの人生なんか空っぽだ!戦場じゃ礼節ってもんがあった 助け合い支えあっていた ここじゃ何もねえ!」
「おまえは私にとって最後の一人だ 野垂れ死にをしてくれるな」「あっちじゃヘリも飛ばした 戦車にも乗れたよ!100万もする武器を自由に使えた!
それが国に戻ってみれば駐車場の係員にもなれないんだ!!畜生・・みんなどこ行ったんだ クソ・・空軍にも友達がいた みんないい奴だった あっちじゃ友達はごまんといた
それなのにどうだ ここには何もねえ・・ダンフォース 憶えてる 俺いつかマジックペン一本とって拾い物ってラスベガスに送ったんだ 俺たちいつもベガスのこと、車のこと喋ってたから
あいつはいつも赤いシェビンのコンパッティブルのこと喋ってた 帰ったら タイヤが擦り切れるまで走ろうって・・ 俺たちがいたあの納屋に子供がやってきて靴磨きの箱を持って『お願い磨かせて』
そう言ったんだ 俺は断ったがしつこくせがむんでジョーイは承知したんだ 俺、ビールを取りに出た 箱に仕掛けがあって箱を開けるとあいつの体は吹っ飛ばされちまった
すごい悲鳴だった!あいつの血や肉が俺の体にべっとりついてこんなに!! 引っぺがさなきゃならなかった!友達が、俺の体中に飛び散って!
俺、なんとかあいつを抑えようとした!けど、どうしても内臓がどんどん出てくるんだ! どうにもできなかった!あいつ言うんだ『俺うちへ帰りてぇー帰りてぇー』
そればっかりだ 『国へ帰りてぇー 帰ってシェビン乗り回してえよー』 でも・・あいつの足がみつからねえんだ・・足がみつからねえんだ・・あれが頭にこびりついてる もう7年にもなるのに・・毎日思い出すんだ
目が覚めてどこにいるのか分かんねえ時もある 誰とも喋れねえ・・ 時には一日・・一週間も・・忘れられねえ・・あれが・・」




604 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 22:41:31 ID:WdLvI7hH0
>>247>>248はマジ?

605 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 22:45:34 ID:7L1GC6ah0
>>586
ある日怖えええええ

これを書き込んだ2秒後にも世界は終わるかも知れないんだな・・・・

606 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 22:50:30 ID:RNKhCpaa0
>603
ランボーも、一作目で終わってりゃ、希有な反戦映画で終わったのにねえww

607 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 22:52:27 ID:tC03iJLJ0
>>604
マジ

>>603
ランボーだな
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%81%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%9C%E3%83%BC

608 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 22:53:19 ID:o/dww4eRO
>>605
よかったな もう五分以上は経っ

609 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 22:59:32 ID:9MZ3A8Um0
プツン・・・

610 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 23:15:29 ID:Z9zWoVuUO
復活

611 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 23:17:43 ID:I8InaRAoO
「うぇ…」

612 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 23:46:38 ID:By37/AEnO
これは「長いよ!!」並に流行る予感。

613 :本当にあった怖い名無し:2007/03/11(日) 23:54:23 ID:WdLvI7hH0
つーか核戦争がある日突然起きる訳ないでしょ
それなりの政治的緊張もあるわけだし

614 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 00:08:15 ID:4rWkGix90
>>613
各国の首脳同士は非常に緊張しているが、
日常生活を営む市民は蚊帳の外で何も知らずにある日突然・・・ってこともあるんじゃない?

615 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 00:10:30 ID:8OvyqD/h0
>>614に同意。
一般人の感覚からすればある日突然起こるもんだろう。
湾岸戦争だってびっくりだったし、今この時点で起こってる知らない紛争もたくさんある。

616 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 00:13:40 ID:crhRWZjy0
>>614
映画ならその過程を描くべきじゃないか って事じゃないの
>>590のストーリーじゃ 別に宇宙人の惑星破壊光線であってもいい訳だし

617 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 00:14:39 ID:4rWkGix90
つうか8月6日に広島にいた人たちにとっては本当に
ある日突然プツン・・・・だったんじゃないかな?

まぁ一応「現在米国と戦争状態にあり、いつ空襲が来てもおかしくない」という前提(伏線)はあるっちゃあるけどさ。
いきなり新型爆弾とか聞いてねーよ!ヽ(`Д')ノって感じだったと思うよ。

618 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 00:32:13 ID:4rWkGix90
>>616
それだと核戦争に至るまでの過程を政治家の視点から描いたありふれた映画になっちゃうじゃん。

A氏が主張したかったのは我々の日常生活はいつプツン・・・と終わりを告げてもおかしくない状態にあるにも関わらず、誰も危機意識を抱いていないってことでしょ。
だから非日常の世界にいる政治家の視点から描く核戦争に至るまでのドラマではなく、
あえて日常の世界にある人々の視点から描き、尚且つ過程も伏線もなくそれが勃発する、
というところにA氏の映画の意義があるのではなかろうか。

9.11.でビルにいた人も
「この書類そっちに回してー」
「何番からお電話ですよー」
「会議の報告書の提出はまd プツン・・・って感じで映像が切れたんじゃないかな。

619 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 00:45:18 ID:vrvtH8mF0
>>618
9.11は映像見る限り一瞬で…という感じしないからなー

620 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 00:47:04 ID:6gHM+epN0
これ何のスレ?

621 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 00:50:07 ID:uVHpPTcD0
>>591は3人がA氏を殺したのかと思ってた
核が落ちたってことか…

622 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 00:53:30 ID:rPnNfXPH0
>>598
うわ、後味悪っ

623 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 00:58:53 ID:j3YM0gPj0
レス読んでて思った・・・A氏の作品秀逸だな。

624 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 01:21:06 ID:wpaQndG/0
まあオナヌー映画作って仲間を不快にしただけで、なんの力にもならなかったけどな

625 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 02:07:16 ID:Q2Grv/9t0
>>589-591
A氏の作品さ、映写会の前日になってまだ作品のテーマも決まってなくて焦った末に、
適当に撮影したホームビデオを繋ぎ合わせて、
後付けで核戦争だの世界の終わりだのというテーマを無理やり持ってきただけだったりして。

626 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 03:18:37 ID:8OvyqD/h0
いきなり戦争ってネタで小松左京の短編小説を思い出した。
コップ一杯の戦争だったかな?

ビールを注文した時に核ミサイル発射のニュースが報道され
ビールを飲んでいる内に報復の核ミサイルが発射され核戦争勃発のニュースが報道され
ビールを飲み終わる頃に停戦協定が結ばれて戦争が終了するって短編。

627 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 04:19:27 ID:l/fT31OB0
創作に究極のリアリティを求めてもつまらないだけという例ですね。プツン。

628 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 04:30:39 ID:6gHM+epN0
普通ちょっと考えればわかるだろうけd

629 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 05:39:03 ID:Egi3A6gJ0
ジョンイルがトチ狂ってある日突然スイッチを押すというのが現実味を帯びてきたから困る

630 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 07:52:57 ID:gG9foROO0
こんにちは、石原真理子で   プッツン

631 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 08:46:55 ID:suGgzEXO0
青ゲット事件って何十年か後に犯人が名乗り出てたような。

この事件が都市伝説の怪人赤マントの起源だという話も
あって、青ゲットがなぜ赤マントになったのかっていうことも
物集高音の短編にあったと思うんだが手元にないから
どうでもいいや。

632 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 12:45:31 ID:jp1l/IJt0
>602
これこれ。ありがとう
確か主人公、先輩が核問題や公害について話し出すと
「そんなん誰でも知ってますよ」って呆れるんだけど
その態度に先輩ブチギレるんだよね
「占う必要もないほど確かな絶望があるのに誰も何もしようとしない」ってことが肝。

633 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 13:03:09 ID:wpaQndG/0
今も北朝鮮と対話しようなんていう甘ったれた星だからなあ

634 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 13:25:24 ID:Ri9rPmWu0
居酒屋のおっさんの社会論かw

635 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 13:55:24 ID:dsWhctJO0
ttp://www5b.biglobe.ne.jp/~madison/murder/text/bell.html

後味わりー

636 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 14:07:46 ID:2cmZSVH70
赤毛布の男は神の使いだったんだよ
だが隣の細君が変な親切心を起こして子供をかばったために
その村には災厄がふりかかってくる

その子供が成人になってから神経を病んでしまい、
その村の住民の大部分を虐殺して、最後は警官隊に包囲されて、猟銃自殺を遂げたのである

このようにある時、選ばれしものに神からの指令が伝わることがある
だいたい100から180メガヘルツの変調周波数でくることが多い

もしも池田の宅間が神からの指令を忠実に実行しなかったら、
東京はいやこの日本はどんな災厄を被っていたかと思うと、ぞっとする

637 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 14:21:06 ID:JuCMEkFkO
人殺しはいかんよ

638 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 16:00:32 ID:w2j80XUw0
ゴダールの新世界のパクリじゃん<プツン

639 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 16:04:40 ID:Ri9rPmWu0
>638
>1

640 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 16:16:27 ID:yANrLo5t0
      , ____
    ○        ○
   /   __∧_∧__∧ |
   /   |  \   /| |
   |    |   ・   ・ | | ̄ヽ    ハァハァ、歳イクツ? オナニー、シタコトアル?
   、   フ  ⊂⊃ ヽヽ |
    | ̄ ̄   __|. | ..ミヽ
    |      /__/  /  |. |   誰ですか!ふざけないで!
  / |           |__/  \
               ξ

                              ____
                   ____    ./      \|/
                  /∵∴∵∴\  ...|────ヽ.  \
                 /∵/∴∵\∴\ |/ ̄ヽ/ ̄ヽ..\ .|
                /∵●∴∴.●∴∵| ||・  ||・  |─┐|
              ... |∵:./● \∵∴:| |ヽ-( ヽ─   9       tanasinn
                |∵ /三 | 三.l∴∵| | ___    |
警察よぶ…プツン・・・ ┃..|∵ |ヽ___|_/|∴:|  ヽヽ__ノ  ../─丶
              | ̄|.\ | ヽ_ノ .|:/   |\____/    \
              |  |./.\___/\   .|            |
    ..         | ) .|
    

641 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 16:25:10 ID:Bx1v9bAE0
ゲームの中
本の中
人は考え、人などを作り、性格をつくる
ストーリーも

今の俺達は?
地球の中

642 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 16:55:06 ID:Bx1v9bAE0
そーいや
地獄少女のドラマの最後らへん
記者、実は悪くないのに、奥さん流され、
わら人形返す!と言ったのに犯人に糸引かれて穴二つ

後味悪いよね

643 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 17:33:59 ID:yh9Z3+H80
?

644 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 17:47:33 ID:T7AeVHK0O
>>607
ランボーってこんな顔してるのか。
「太陽と月に背いて」の人だよね?

645 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 18:01:24 ID:wpaQndG/0
また始まったか、意図的にあらすじ書かない荒らし
素でこんな阿呆がいるはずないもんな

646 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 20:10:43 ID:/yWdWbHmO
ゲームのファイナルファンタジータクティクスのEDは後味悪いよ!
知りたかったら自分でやってね

647 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 20:23:25 ID:6gHM+epN0
>>646
子供には刺激が強いかもね^^

648 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 20:27:45 ID:6HWl67CwO
2ちゃんでプリキュアのオパーイの話題で盛り上がっていたら、プリキュアの普段着の話を振った奴がいた。
その後、普段着の話題で盛り上がり、オパーイの話で盛り上がっていた俺たちはキモオタ扱いされた。後味が悪いぜ。

649 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 20:42:06 ID:RF1NMyzG0
>>646
知りたかったら自分でやれ?

お前もう二度とここに来るな。
死ね。

650 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 20:47:40 ID:nfYAk1/I0
プツン

で終わるならなんと楽なことか・・・
そんなに簡単に終わらないよ・・・・・


>>617


651 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 20:51:09 ID:/yWdWbHmO
生きる!!

652 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 20:52:00 ID:6gHM+epN0
>>651
頑張れwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

653 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 20:53:02 ID:/LSJs6ov0
何だこの馴れ合いは

654 :英語のテキストよりその1:2007/03/12(月) 21:08:30 ID:UrR5L93c0
1975年8月10日、私の名前はジェームス・ブラウン。
画家である。今日は私の人生の中で最も珍しい日だったので
起こった事がまだ記憶に生々しいうちに
できるだけ克明に書きとめておきたい。

今朝9時に朝食をとり、朝刊を読んだあと
描くべき物が浮かぶかもしれないと思ってあれこれ
思案をめぐらせていると、一つのアイディアが生まれた。

私は描き始めた。仕事にあまりに熱中していたので昼食は
手付かずであった。私が仕事の手を休めた頃、教会の時計が
4時を打った。

出来上がったものは急いで描いたスケッチにしては、
これまで描いてきた物の中でも最良の出来であると私は確信した。
私はスケッチを丸めてポケットに入れ、散歩に出た。
5,6マイルは歩いたに違いない。7時半だった。

気がつくと私は庭へと続く門の前に立っていた。
入口の上には「石工・ブラックウッド」と書かれた看板があった。
庭の向うから口笛の音とハンマーを打つ音、そして鉄と石がぶつかる
冷たい音がした。男が一人背中を向けて座り、厚い大理石に何かを
刻んでいるところだった。

驚いた事にその男の顔は私が描いてポケットに入れた絵の、
まさにその顔だった。彼はそこに座っていて、汗が顔を伝っていた。
顔は同じであったがその表情は違っていた。彼は私をまるで
古くからの友人のように歓迎してくれて、手を握ってきた。
私は彼のそばに腰を下ろし、彼が大理石を切って墓石を作っていると気づいた。


655 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 21:09:36 ID:9uADemtj0
)>650
被爆地の半径百mくらい(適当、スマソ)にいた人たちは一瞬で煙になったんじゃなかったっけ?

656 :英語のテキストよりその2:2007/03/12(月) 21:10:16 ID:UrR5L93c0
「とてもきれいな石だね。」私は言った。
「展示会に出すんですよ。」と彼は答えた。
「画家の皆さんは展覧会をやりなさるでしょう?私たちもやるんです。」
私は不安になって言葉があまり出なかった。この男との出会いは
何か不自然なものがあった。そして墓石の上に書かれている文字に私は気づい
た。

『ここにジェームス・ブラウン眠る。1935年1月18日生まれ、
1975年8月10日、突然に没す。』

冷たい旋律が背筋に走った。私は彼にどこでこの名前を見たのかとたずねた。
「ああ、別にどこかで見たわけではないんですよ。」とブラックウッドは答え
た。
「名前が必要だったんで頭に浮かんできた最初の名前、一番簡単な名前を書い
たんです。
なんでそんな事を知りたがるんです?」
「大変不思議なんだが、それはたまたま私の名前なんだ。日付の片方もまさに
私のものと同じだ。」
「それは不思議ですねぇ!」と彼は言った。
私はポケットからスケッチを取り出して彼に見せた。それを見ているうちに彼
の表情が
変わってきて、ますます私の描いた男の顔に似たものになっていった。

「君は多分、私の名を聞いた事があるんだろう。」と私は言った。
「それじゃあんたは、きっとどこかで私を見たことがあって、それを忘れてい
るんですよ!」
そして私たちはしばらく沈黙した。


657 :英語のテキストよりその3:2007/03/12(月) 21:10:48 ID:UrR5L93c0
「あんた、どこに住んでなさるんですか?」とブラックウッドがたずねた。
私は自分の住んでいる場所を言った。急いで歩いても一時間はかかるだろう。
「今夜帰ったら、きっと事故にあう事になりますよ。車にひかれるかもしれま
せん。
一番いいのは、ここに私と12時まで一緒にいることですよ。」と彼は言った。
私は何も考えることなく彼に同意した。

空気は雷をはらんでいるようだった。私は今テーブルの上でこれを書いていて、
そのテーブルは脚が一本壊れている。ブラックウッドは斧に刃をつける仕事が
終わり次第その脚を直してあげよう、と言った。彼はその刃を私の横で研ぎ始
めた。

今、11時過ぎ。あと1時間もしないうちに私はいなくなっているだろう。
しかし、この暑さは耐えがたい。人を狂わせるくらい暑い。

658 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 21:10:53 ID:ogva/Xnk0
>>653
暖かくなってきましたからね。
しばらくすると居なくなるでしょうから、放置が良いかと。

659 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 21:11:27 ID:/LSJs6ov0
>>655
人が蒸発したって言うのは嘘だってさ

660 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 21:14:17 ID:6gHM+epN0
>>653
一々反応しすぎなんだよ。馬鹿じゃん

661 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 21:26:50 ID:Bonm6SZ50
>>654
「炎天」だね。それ読んだ時、画家の鈍さにイラッとした覚えがある。

662 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 21:32:11 ID:HU9N/1Bq0
どうやら自分も鈍いみたいだ…。画家が死ぬことになるのは避けられないんだろうけど、
いまいちラストが想像できない。
ブラックウッドが殺すの?(人を狂わせるくらいの暑さのせいで)
それともテーブルの脚が壊れてることで死につながるの?(ファイナルデスティネーションみたいに)


663 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 21:45:58 ID:fvsnZg2S0
えっ?終わり?

664 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 21:57:20 ID:Bonm6SZ50
確か画家の描いた絵は、法廷で今まさに判決を受けた瞬間で
ブラックウッドが唖然とした表情を浮かべてた筈。
画家自身が未来を予知したような絵を描いているのに
彼自身はまったく気が付いていないわけだね。

665 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 22:12:28 ID:UrR5L93c0
英語のテキストより 「歩く魚」

昔コロラドの西のはずれにオスカーという名の魚のペットを
飼っているインディアンがいた。彼は魚をテントの後ろのタライで飼っていた。
このインディアンはかなり怠惰で、タライの水を毎日新しいものに換えるのにも
うんざりしていた。そこでオスカーに水無しで生きる事を仕込む方が簡単だと思い、
どうすればそうできるだろうと考えた。

彼はまず毎日魚を水の外に何分か出した。少しずつその時間を長くしていくと、
ようやくオスカーはタライのそばの濡れた芝生の上に横たえれば
一晩中でも水の外で過ごせるようになった。そしてとうとう、オスカーは
水無しでもいつまでも平気で、またどこへでも行ける様になった。

彼はインディアンが大好きで、彼の後を犬のようについて歩いた。
インディアンが外出するときはいつもオスカーが尾でひょいひょい
飛びながらついて回った。今まで見た中で一番変な魚だと思ってる者もいたが、
インディアンは彼をそれまでの誰よりも信頼できる友として見ていた。

ある日インディアンが町へ行き、オスカーもいつもどおりついていった。
ところが突然、インディアンはオスカーが居ないのに気づいた。彼は
歩いてきた道を戻りながらあちこちを探した。十字路で迷ったのだろうと
考えた。そして先ほど渡った、小川の上に橋がかかっている場所を見た。
彼は橋の上に足を踏み出した。穴が開いていた。彼はそこから目を凝らした。

案の定、悲劇が起きていた。オスカーは穴から落ちたのだ。彼は川の橋の下の所に
腹を上にして浮かんでいた。かわいそうなオスカー!水の外で長く生き過ぎたのだ!



666 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 22:20:11 ID:O7scqEUd0
どちらかといえばゆかいなアメリカのホラ話って感じだな。

667 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 23:30:29 ID:avBctuwe0
>>646
40時間くらいはかかるぞ、おい。
ってことで、あらすじ。4レスくらいあると思う。

中世ヨーロッパのような世界「イヴァリ−ス」が舞台。
当時のイヴァリースは、隣国との長い戦いの結果、国中が乱れていた。
『民は疲弊しているのに貴族はのうのうと暮らしている』ことに憤った
過激な平民たちは、徒党を組んで内乱を引き起こしていた。
さらに、王の後継者争いも密かに進行中であり、貴族社会には陰謀が渦巻いていた。
後継候補として、まだ赤子の王子と、王子誕生の前に養女として迎えられた王女が
居たのだが、どちらも有力貴族が後ろ盾にならなければ権力を握れないような、
か弱い存在であったためである。

668 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 23:32:03 ID:avBctuwe0
主人公は騎士として名を馳せた名門ベオルブ家の三男坊ラムザ。
妹アルマとラムザは仲が良かったが、長兄・次兄はふたりとは母が違う&
年齢も離れていたので、さほど仲が良いわけではない。
ベオルブ家では、平民の子であるディリータと妹ティータが両親を亡くした時に
引き取り、学校にも通わせていた。それぞれラムザ、アルマの良き級友となっていた。
ある日、士官候補生だったラムザとディリータは、町を襲った盗賊と戦うために学校から
派遣された。本来なら、まだ学生である彼らの出番は無いはずなのだが、いかんせん
兵士不足だったのだ。
町を守る戦いの中で、彼らは『民は疲弊しているのに貴族はのうのうと暮らしている』と
糾弾してくる敵と出会う。自らの出自と重ね合わせ、ディリータは苦悩するようになる。
さらに、ティータがアルマと間違われて、敵に誘拐されてしまう。ベオルブ家の令嬢を
人質に取れば優位に立てると思い込まれたのだ。
妹は貴族ではないと訴えながら戦うことになるディリータ。
人質を助けるために彼らを許すわけにはいかないと主張するラムザの次兄ザルバック。
そして、ティータは、ザルバックに見捨てられた結果、ディリータの目の前で命を落とす。
戦いの場であった砦は爆破されラムザとディリータは、散り散りになった。


669 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 23:32:42 ID:avBctuwe0
 それから2年後。ラムザは貴族としての自分を捨て、傭兵として生きることを選んでいた。
 そして王位継承者である王女オヴェリアを警護する仕事を引き受けたラムザの前に、
ディリータが王女を誘拐する者として現れたのだ。
 誘拐は成功し、ラムザはディリータを追う。
しかし、実はディリータも、ある組織による王女誘拐計画を阻止するために動いていたのだ。
ディリータは敵なのか味方なのか。悩みながらもオヴェリアはディリータに惹かれて行く。
 やがてラムザは、イヴァリースに渦巻く陰謀が、王位継承に伴うものだけではないことに
気づく。その陰謀からイヴァリースを守るための戦いに身を投じたラムザは、歴史の表舞台から
消えてしまった。
 一方、平民出身でありながら戦功もあるディリータに、人々の人気が集まるようになっていた。
やがてディリータはオヴェリアと結婚し、即位する。
 そんなディリータを、オヴェリアは刺した。愛の為にそばに居てくれるようになったのでは
なく、自分を陰謀の道具として使うために近づいたことを呪って。
 だが、歴戦の強者であるディリータの返り討ちにあい、オヴェリアは倒れ伏す。
 確かに、ティータの死を呪ったディリータは、貴族たちを操れる立場へと上り詰めるために、陰謀と画策の日々を送って来た。陰謀にはめた相手を葬ったことも一度ならずある。
 しかし、オヴェリアへの愛が無かったわけではない。その愛だけは本物だったのだ。ただ
反射的に手が出てしまったために、彼女 
 一体自分は何を手に入れ、何を失ったのかと、ディリータが心の中でラムザに問いつつEND。


670 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 23:33:46 ID:avBctuwe0
 エンディング解釈はいくつもあるんで、愛なんて無かったという見方もある。
 オヴェリアが刺されて死んだかどうかもわからないし、ディリータも死んだかもしれない。
面倒だったから省いたけど、本当は世界を守るために戦ったラムザなのに、異端者として
汚名を着せられ、死んだことになってたりもする。
 646が後味悪かったのは、どこなんだろう?w

671 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 23:34:55 ID:wpaQndG/0
>>646の低レベルな構ってちゃんレスのケツを拭いてやってくれてありがとう


672 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 23:38:57 ID:avBctuwe0
669の最後の方、コピペミス。

× ただ 反射的に手が出てしまったために、彼女 
○ ただ 反射的に手が出てしまったために、彼女を傷つけてしまったのだ。

>>671
好きなゲームなんで、スルーできんかったんよ。

673 :本当にあった怖い名無し:2007/03/12(月) 23:45:05 ID:Egi3A6gJ0
よくこういうので反射的に殺ってしまったってあるけど絶対嘘だよねw

674 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 00:39:57 ID:HJMMQr8l0
ラムザの陰の活躍を本にして発表しようとした、オーラン氏(ラムザ、ディリータの友人)が
異端者ラムザの本当の活躍を知られると困る教会によって火あぶりの刑に処されるのも
エンディングの一部じゃないのか?

675 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 01:01:03 ID:TxQ/SOsH0
>>674
オヴェリアの印象が強すぎて忘れてた、スマソ。


676 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 01:03:28 ID:PYAbog0IO
全体的に鬱ストーリーだから、各章で物語を見ていっても後味悪いよな

677 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 02:21:21 ID:MEK7Hdgk0
FFTは面白いと思って嵌ったな。

678 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 03:38:49 ID:IwL2zeUo0
なにが後味悪いかってゾディアックストーン全部あつめたのに神龍みたいな裏ボスの登場もなんもナシってことだ罠

679 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 05:02:05 ID:+qYO0kwCO
シナリオ書いた松野は重たい話ばっか書くからな。

タクティクスオウガなんか、エンディングで主人公が撃たれたり

姉貴が終盤自殺したり

尊敬するめちゃ強い聖騎士が拷問されまくって廃人なってたり

レイプを匂わせる描写があったりするからな

680 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 05:07:09 ID:+qYO0kwCO
シナリオ書いた松野の話は重たいからなあ。

タクティクスオウガなんて、選択肢次第で鬱展開が目白押し

姉貴が自殺したり
昔の英雄だった聖騎士が拷問の末に廃人になったり
頼りになってた人物達が、物語の終盤ゾンビになって襲ってきたり
割と重要な人物がレイプされたり
エンディングで、戦争を終わらせた主人公が撃たれたり…

681 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 07:43:05 ID:n1QUXTgqO
変な言い方になるが、松野氏を愛している って言ったゲーム屋さんがいたよな
松野ってその言われた人のこと?

682 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 07:54:36 ID:J8+BUvMD0
質問が漠然としすぎている。
叩かれる前にゲーム板など専門のところに行ったほうがいい

683 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 07:55:48 ID:1WRh9Mg80
>>681
じゃあ俺が叩かれる前に答えてやる
そうだよ

684 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 08:05:41 ID:aqXlgRdBO
甘やかすなよ

685 :1/2:2007/03/13(火) 10:21:47 ID:GKcfhbEz0
映画「真実の行方」

細かい脇道とかが色々あるけど、そこらへんは省略。

町の名士だった、教会の大司教が殺される。
その直後、血まみれで逃走していた青年が逮捕される。
主人公の弁護士(リチャード・ギア)は、売名のために弁護を引き受ける。
(テレビでも報道された犯罪者を弁護すれば、自分の宣伝になる)

青年と面会するうちに、その人柄に触れて弁護士は「こいつは犯人じゃない!」と確信。
汚職とかスキャンダル揉み消しとか色々あって検察側は青年を死刑にしようと圧力をかけてくる。
最初は売名行為のつもりだったが、そのうち本気で検察と戦う気になる。
いろいろと手がかりを見つけて「この線を押せば勝てる」と思ったりするが、
そのたびにみんな空振り。

調査により、殺された大司教は青年と、その恋人と、青年の友人を
性的にオモチャにしていたことが判明。

また、精神科医との面談により、青年は二重人格であることも判明。
青年の表の人格は温厚で気弱だが、裏人格は凶悪で暴力的。
そして、裏人格の方が、大司教を殺したのは自分だ、と告白する。

青年が犯人であることがわかってしまった。
しかし、表人格は裏人格の行動を全く覚えていない。そのため、逮捕された青年は、
裏人格が出ていないときは本当に善良そのもの。
このまま死刑にしては、善良な青年を殺すのと同じではないか?と悩む弁護士。
精神科医との面談は録画していたのだが、人格が入れ替わるところはビデオを止めていた。
なので、精神障害で無罪を主張するにも証拠が無い。


686 :2/2:2007/03/13(火) 10:22:55 ID:GKcfhbEz0
最後に法廷で、弁護士はあえて被告の青年に対し隙だらけの証人喚問を行い、
検察官に猛烈な反対尋問をさせる。
結果、追い詰められた青年は豹変し、裏人格が出てきて暴れる。
それを見た裁判官も二重人格を認める。
弁護士の主張が認められ、青年は病院送りと決まる。

エンディング。
青年に対し「死刑になることは無い。病院送りになるけど、すぐに出てこれる」という弁護士。
感謝の言葉を述べる青年。
めでたしめでたし…

と、思わせておいて。
その際の会話で弁護士は、青年が裏人格の時の出来事を覚えていたのに気づく。
問い詰めると、
・裏人格のことを覚えていないなどと言ったのは嘘であること
・そもそも、「表人格」と思っていたような人格は存在しないこと
 殺人鬼の「裏人格」が素で、それ以外はすべて演技だったこと
を白状。

結局、こいつは俺のせいで無罪になってシャバに放たれてしまうのか…と、弁護士が嫌な気分になってEND


687 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 10:26:58 ID:TxQ/SOsH0
>>686
後味悪いな。
その弁護士、仕事やめたかもって思えるくらいの後味の悪さだな……。

688 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 11:16:36 ID:ex6ghVCy0
>>685
教えてくれてありがとう
おもしろそうですね。今度見てみます

689 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 11:26:54 ID:aUVmuznd0
>385 ナツカシス映画館で見た 青年役エドワードノートンの出世作みたいな印象がある


690 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 12:46:17 ID:DHOt3OD10
無能な弁護士だな
解決したのが古畑任三郎だったら良かったのに

691 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 14:21:10 ID:q35r/qScO
>>480
何この馬鹿。我慢できないくらい頭悪そうだね。

692 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 15:15:45 ID:R0r8+vtJ0
>>686
ひでーw

693 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 15:28:24 ID:QbGzDp2f0
日本では、現実にありそうな話だから困る。

694 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 15:54:40 ID:5i8ds9KY0
有罪を無罪にしたんだから、弁護士の腕はよかったんだよね。


695 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 16:04:17 ID:qj0c86cU0
シオドア・スタージョンの短編「人の心が見抜けた女」

主人公の青年は不思議な雰囲気医の女性と恋仲になる
彼女は犬を飼ってかわいがっている
ある日彼女が大けがして病院に運び込まれる
驚いてかけつける主人公
どうも主人公を殺そうとしていた(「私は人の心が見抜けるの」と彼女は言う)男を見つけて
そいつに襲いかかって殺してその際に半殺しにされたらしい
瀕死状態で主人公に「犬をよろしく世話して頂戴」と言い残しこと切れる彼女
病院を出て犬を売り払い「この街でもいいことなかったな」と歩いて行く主人公

犬をよろしくって言われたじゃんかよ

696 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 16:31:04 ID:QHtfJT+g0
>>雰囲気医の女性

ふいんき(←なぜか変換できない)医と読むんですか?
どんな医者なんですか?



697 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 16:48:59 ID:5i8ds9KY0
主人公の心までは見抜けなかったんだ。
恋は盲目ってほんとうだね。

698 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 16:49:18 ID:rv/2lTI60
鯉はモーも喰う

699 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 18:20:05 ID:MEK7Hdgk0
>>686
まぁ殺された人間が善良な市民なら後味が悪いが、殺された司祭は
過去に酷い事をしてるから個人的にはスカッとする

700 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 18:20:37 ID:/tLx+N5h0
700get

701 :1:2007/03/13(火) 18:26:50 ID:7cRsq5XI0
たぶんこのスレでは死ぬほど既出だと思うけど、まあ一応。


『ドアD』
とあるテニスサークルの八人が目覚めた時、そこは四方をコンクリートで固められた
謎の部屋だった。あるのは変なボタンと穴と扉が一つ。しかし扉には鍵がかかっている。
どうやってここに来たのか、何でここにいるのか、まったく思い出せない八人。
全員の携帯は電源が切れてしまい、とりあえず助けを待つため部屋で待機してると
変な穴から水が噴出し始めた。隙間のない部屋にどんどんたまっていく水。
このままでは皆死んでしまう。すると、あることに気付いた。

部屋にある変なボタンを押している間だけ扉が開くのだ。
しかし、それはあくまでも押し続けなければならない。
つまりこの中の誰か一人を部屋に残す(犠牲)にしなければここから脱出できない。

迷っている間にどんどん水はたまっていく。
すると、一人が名乗り出た。こういうのは俺の役だからと。
何でこんなことになったのか。残りの七人がきっと謎を解いてくれる。そう信じて。


702 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 18:35:18 ID:ZNJlH6LO0
つい最近も紹介されてたよ

703 :2:2007/03/13(火) 18:41:14 ID:7cRsq5XI0
犠牲になってくれた奴のおかげで部屋を脱出できた七人。
しかしそこは外ではなく、さっきと同じようにコンクリートで固められた部屋だった。
ボタン、穴、扉もある。まさか・・・・ここでまた一人が犠牲になるのか。
青くなる七人。すると、今度は穴からガスが漏れ始めた。服で穴を塞いでも意味がない。

そんな時、一人の女の子が名乗り出た。
主人公(女)の親友でもあり、さっきの部屋で犠牲になった男のことが好きだったのだ。
あの人と一緒に逝けるなら と自ら犠牲になる親友。

しかし、脱出できた一行に待ち受けていたのはまたコンクリの部屋。
まさか全員が死ぬまでこれをやるんじゃないか と思い始める六人。
でもこの部屋には穴もボタンもない。呆然としていると、扉から変な子供がやってきた。
話し掛けても何も反応しない。痺れを切らした一人が子供につかみかかると、
そいつもろとも爆発してしまった。きっと触れると爆発する仕組みになっていた
ロボットだったのだろう。無残な姿になった一人を見て、五人は部屋をあとにする。


704 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 18:42:41 ID:QHtfJT+g0
>>701
あぁ、最後はみんなでバーべQの奴だろ。

705 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 18:43:31 ID:7kbG0PdFP
最近出たんじゃないの?この劣化CUBE。

706 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 18:44:16 ID:9HT1XPfu0
>>686
原作には続編あるよ。10年後、犯人はまだ病院にいるが、10年前の事件の関係者が殺される事件が起きて
検事補になった弁護士が担当するつー内容。だいぶ前に読んだんで詳しい筋忘れたが、
犯人は一作目と同一人物、ラストは正体を暴かれて蜂の巣にされて瀕死になりつつも排水溝に逃げ込み行方不明。
後に排水溝が捜索されるも死体は見つからず。
三作目もあるそうだからきっと生きていたのだろう。

707 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 18:46:33 ID:JezvyTK4O
wktk

708 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 18:49:46 ID:9HT1XPfu0
>>705
前スレの860くらい。二週間前だな。

709 :3:2007/03/13(火) 18:59:17 ID:7cRsq5XI0
進んでいくと、やはりそこは謎の部屋。
違う所といえば、一面ガラス張りでさっきよりかなり広い。
この部屋でも何かが起こるに違いない。身構える五人。
すると突然床が開いて、下の砂地に落とされてしまった。何だ、ただの砂地か。
ほっとするのも束の間、ずるずると砂に引きづりこまれているのに気付く。
そしてまたここでも、一人を犠牲することによって先に進むことができた。

残っているのは、主人公Aと主人公の事が好きなBと
人間的にかなりいい人なCと、性格が悪くて自分だけが生き残ろうと思っているD。

半ば諦めながら進むと、そこには四つのイスが置かれた部屋。
きっとどれか一つが電気椅子なのだろう。そしてそこではDが犠牲になってしまった。
とうとう三人になってしまう。一人が死ねば扉が開くという残酷なシステムに
怒りを覚えながらも、主人公は先へ進む。

次の部屋は、向こうへ渡るには一人を奈落へ落とさなければいけない というもの。
主人公を生き残らせるため、BはCを突き落とす。
仲間に裏切られ、Cは一瞬驚いたが、「生きろ!」と言い残して微笑みながら落ちていった。

そんなCを見て、彼らの犠牲を無駄にしないためにも二人は次へ進む。

710 :4:2007/03/13(火) 19:14:33 ID:7cRsq5XI0
しかし次の部屋を見て、微かな希望も打ち砕かれる。
テーブルには二粒の錠剤。きっとどっちかが毒薬、というところだろう。
Bは、主人公の事が好きだということ、この先に何があろうとも生き残れということを
伝えて、薬を二粒飲み息絶える。とうとう一人になった主人公は先へ進もうとするが
かろうじて生きていたDが、自分が生きのこるために主人公を襲う。
BやCの言葉を思い出し、渾身の力を振り絞ってDを返り討ちにする主人公。
そして主人公は次の扉を開ける。


外、だった。
やっと脱出できたと喜ぶが、そこは一面砂地で人はおろか木の一本も生えていない。
途方に暮れる主人公。すると、自分と同じ目にあった人たちが集まってきた。
自分をよせて七人。とりあえず助けを求めようと歩き出した時、巨大な建物が見えてきた。

中を覗くと、そこはコンクリの部屋・・・・。

愕然とする七人。まさか・・・今度はこのメンバーで・・・。
恐怖に震えながらも、主人公は、Bの言葉を思い出しながら、
絶対生き残ってやる、と決心してEND。


711 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 19:19:17 ID:7cRsq5XI0
誰が主人公たちを閉じ込めたのか、目的は何なのか、そういうのが一切謎のまま
また殺し合いを繰り返す、ってのがかなり後味が悪い。
文章が分かりにくいところがあったらすいません。

>>702>>705>>708
あ、やっぱ既出だったか。スマソ。

712 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 19:44:51 ID:JezvyTK4O
お疲れさん。知らなかったから面白かったよ。
CUBEにしろSAWにしろ、起きたら知らん所にいるのは嫌です><

713 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 19:48:45 ID:mcl7sgOM0
もちろん既出だろうけど、スティーブンキングの「死のロングウォーク」を思い出した。

714 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 20:31:33 ID:tz1cxQF80
>>699
>まぁ殺された人間が善良な市民なら後味が悪いが、

>>685-686では省略されてるけど、青年の恋人(一方的に思いを寄せてただけかもしれない)は
劇中でずっと行方不明なんだが、最後に、青年が殺したことを告白する。
司教に一緒にオモチャにされて3P強要されて「あの、誰とでも寝るメス豚」ってことで。

後味、悪くなった?

715 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 21:14:30 ID:7kbG0PdFP
>>711
既出上等だから無問題。
死ぬ程既出だろうから、と書いてあったから反応してみた。

716 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 21:29:37 ID:7ydkJ6Az0
他板で読んだこの事件が後味悪い。
ttp://enzai.xrea.jp/

電車の中でジロジロ見られて駅を出た後もついてこられて
痴漢行為をされた女子高生がが警察に被害届を出す。
しかし逮捕された人間は電車にも乗ってないし、髪型も服装も違うしアリバイまである。
彼を犯人だと示すのは被害者の発言のみ。
それでも捕まった人の記録。

717 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 21:34:59 ID:QBJ4qdw30
痴漢で思い出したが、
上京して初めての夏に自宅マンションのエレベータ乗ったら
男性が駆け込んできたのでわざわざ「開」押して待ってて乗せて
ドア閉まったらそいつ「2階」押したあと振り向いて痴漢行為し始めた(お股とか触られた)。
で2階に着いたら目の前の階段を駆け下りて逃げて行った。あれちょっとショックだった。

718 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 21:44:00 ID:9HT1XPfu0
>>713
↓キシュツ上等なので俺が代わりに紹介

100人の少年少女がただひたすら道を歩き続ける競技、「ロングウォーク」。
ルールは、歩く速度を時速4マイル以下に落とすと警告が与えられ、
警告が3回を越えるとその場で射殺される。そして最後まで歩き続けることのできた者は、
一つだけなんでも願いを聞いてもらえるという、バトルランナーとスタンドバイミーを足して
二で割ったような小説。
歩き続ける間、他愛のないジョークや優勝したら何を貰うかなどの会話を交わすうちに、
少年少女たちには友情や恋が芽生えていくが、しかし一人ずつ確実に数を減らしていく。
痛む足に募る疲労、友人たちの死、自分自身の死の予感・・・主人公は肉体的にも精神的にも
ボロボロになりながら、ひたすら歩き続ける。
ラスト、最後の一人が射殺され主人公の優勝が決まるが、ゲーム終了の声も周りの観客の賞賛の声も
もはや主人公には届いていなかった。まだ誰か一人いる。自分の前を歩いている「黒い影」が。
止めようとする手をふりほどき、主人公はその「黒い影」を追い越して・・・END

719 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 22:07:08 ID:9HT1XPfu0
書いてて思い出したが、キングの短編「トラック」。話自体後味悪いが、特にあるくだりが
猛烈に印象に残ってる。(「地獄のデビルトラック」というバカ映画の原作だが、原作はかなりシビアでシリアス)

簡単に書けば、この世の全ての車がなぜか勝手に動き出し、人々を襲いだすというもの。
主人公は大型トラックに襲われ、何人かの人々と共にドライブインに逃げ込む。
で、その内の一人が助けを呼ぼうと逃げ出すが、トラックに見つかって轢き殺されてしまう。
逃げ出せないまま夜になり、外から弱々しい助けを求める声が聞こえてきた。
轢き殺されたと思った男が生きていたのだ。
主人公のそばにいた女が(彼氏と一緒に逃げ込んできた)「ねえあの声聞こえた? 助けなきゃ」と言うが、
主人公は「俺には何も聞こえんね。あんたの彼氏に聞いてみたらどうだ、もしかしたら彼なら聞こえるかもな」・・・
結局女はそれっきり黙り込み、やがて外の声も聞こえなくなる。

主人公ヒドスw

720 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 22:08:50 ID:9jHOnA+sO
追い越して…なんだ?

721 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 22:10:59 ID:u8H/LpO90
マキバオーみたいだな

722 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 22:19:57 ID:/oEDGYll0
>>719
だから女は何でそのことを自分の彼氏に言わないんだ?
自分の彼氏には怪我をしてほしくないからだろ?

男だったら普通はむかつくだろうがww

723 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 22:26:25 ID:9HT1XPfu0
あ、女の方は「そうね、わたしの気のせいだったわ」だったかも

>>720
追い越したとこでお終い。その影がなんだったのか、追い越したらどうなったのか一切なし。

724 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 22:34:50 ID:rAjdAi1k0
俺の派遣会社の営業マンが派遣が働いてる所にきて派遣に声をかけたら
その子は営業マンの方を見て機械に服を巻き込まれて体半分入って死んでしまった。
そういうジワジワとアーッっていう死に方は嫌だな、その子は死んでも死にきれないと思う。
みんなの会社には伝説に残る事件ありますか?



725 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 22:37:08 ID:QBJ4qdw30
会社じゃなくて小学校で、
体育館の舞台下のパイプ椅子を閉まっておくスペースに
児童がかくれんぼで入り込んじゃってそれを知らずに○○先生が椅子セットを押し込んじゃった
って伝説ならあった。

726 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 22:39:50 ID:rAjdAi1k0
>>725
学校だったらその子の幽霊が出そうだね

727 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 22:42:40 ID:i7rUo/tP0
★このレスを見た人はめっちゃA幸運です★
えっと、このレスを、違う掲示板3つに貼り付けてください!
そうすると下記のよぅなことが起きますヨ♪
♪好きな人に告られる!!
♪告ったらOKもらえる!!
♪彼カノがいるコゎめっちゃLOVEAになれる!!
♪勉強、学年トップ!!
◆男女にモテる!!
◆5キロ痩せる!!
◆お小遣が上がる!!
上記のことが起きます。
あたしの友達Mが、これをやったら、上記全て起きて、今は彼氏とめっちゃラブ×2です
先生からも好かれ、男子に8人から告られました。
女の子も友達がたっくさんいます!!
この魔法のようなパヮーを信じて、貼り付けてください!!



728 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 22:47:23 ID:mcl7sgOM0
>>718
乙!
記憶力の悪い俺が15年くらい前に読んでいまだに覚えている。

あと世にも奇妙な物語は散々既出だと思うけど、「バーチャルリアリティ」

アルバイトでバーチャルリアリティの実験に参加した主人公の青年。
番組放映は湾岸戦争の頃で、主人公の入り込んだ世界はセガサターンのポリゴン未満の環境。
その仮想現実世界で生活する実験なのだが、少し経つと誰もいなかった世界に他の人が現れたり
少しずつ変化していく。
しかし仮想世界の矛盾やバグに恐怖し逃げ出そうとして仮想世界の端からはみ出てエラーに。

場面は現実世界の実験室に。
「リセットだ」という学者。「もうやめましょうこんな実験」と悲鳴を上げる研究員。
学者が応える。
「やめるわけにはいかない。彼に今の姿を知らせる方がよほど残酷なのではないのかね?」

まあ、やっぱり現実世界では水槽に脳みそだけになった主人公がチョッピリ気の毒な話です。

729 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 22:49:27 ID:J8+BUvMD0
>>722の言うとおりだとしたら、女最低だな。追い出しちまえ

730 :本当にあった怖い名無し:2007/03/13(火) 23:08:49 ID:UW56MyTc0
>現実世界では水槽に脳みそだけになった主人公
アイアムって小説を思い出した。
看護ロボットが自分の存在に疑問を抱き始めて結局本体は人間だったと突き止める話。
看護学校に通っていた娘が事故で死んでしまって、
それを嘆いた親が看護ロボットとして生まれ変わらせた。

ロボットでも生きてる、生きるって素晴らしい的なエピを散りばめてるけど
親のエゴで勝手に看護ロボットに改造されたと思うと後味悪かった。
ロボットと言っても漫画にあるような人間と変わらないヒューマンタイプじゃなくて、
ドラム缶に手足をくっつけたような体に顔はモニタに映し出した、不格好なロボット。
そんな体にしといて「ごめんね恨まないで」とか言っちゃう親は嫌だ。

731 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 00:00:28 ID:cboiUtBU0
ネット小説でなんか似たようなのがあった。
目が見えず声も聞こえず話もできず体も動かせず、
ただ思考のみが存在する人物の一人称で綴られていて、
その人物は少しずつ色んな感覚を得ていく。
最後に視覚を得て、自分がロボットだと気づき、悲しむ。

732 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 00:01:48 ID:QCIMbJxO0
>730
でも、ロボットだったらモデルチェンジとかバージョンアップして
改良していく楽しみがあるじゃないですか。
いつか空を飛べるようになるかも知れないし。

733 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 00:07:26 ID:Fwi9QDjY0
>>730
親嫌いって感じのレスだな

734 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 01:59:05 ID:IqgG1vpq0
>>732
姿格好だけの問題じゃなくて
人間でなくなってしまったことの方が問題だろうな。

735 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 03:10:43 ID:2HWPlzzA0
http://www2.ranobe.com/test/src/up1954.jpg

736 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 05:00:38 ID:O8KQPZfI0
>>732
なんか前向きで良いなw

737 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 05:41:31 ID:zjbxOy1V0
中が人間なら人間なんじゃね?
仮面ライダーとか

738 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 06:19:25 ID:y5FMNi5s0
新小岩のネズミカレー

食べた人は後味悪いどころか、トラウマでカレーが喰えなくなるんじゃないか

739 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 10:18:46 ID:/i67LPOG0
しかし黙ってりゃわからないのに店も正直だな。後味すっきり。

740 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 10:29:33 ID:O8KQPZfI0
>>738
kwsk

741 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 10:41:56 ID:F/qlQIY60
日本レストランエンタプライズ(本社・東京都港区、荻野洋社長)は
13日、同社がJR新小岩駅(葛飾区)内で営業する立ち食いそば店
「あじさい茶屋新小岩店」で、ネズミが入った鍋で煮たカレールーを
使ったそばやうどんなど18食を客に提供していたと発表した。
今のところ、体調不良などを訴える客はいないという。
同社によると、問題のカレールーが使われていたのは
13日午前6時15分から同8時半までに販売した、
カレーそば・うどん4食▽カレーライス7食
▽カレーセット2食など。
同8時半ごろに店長が鍋にルーを足してかき混ぜる際、
お玉に約8センチのネズミの死がいが引っかかり、
「ネズミ混入」が分かったという。
ルーは1パック3キロで仕入れていた。
ルーを鍋に入れた後、混入した可能性が高いという。
同店は同日から営業を休止。日本レストランエンタプライズは
「ご申告頂いたお客様には深くおわびし、ご返金をさせて頂きます」と
謝罪している。客からの苦情などは13日午後11時現在ないという。
問い合わせはお客様相談室(0120・65・8078)。

742 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 10:54:20 ID:O8KQPZfI0
>>741
ありがとう!
キツいなー。でも>>739が言うようにある意味誠実な店なのかなw


743 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 10:56:50 ID:MyTQ006Z0
>>735>>741だけでもうトラウマになりそう…


744 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 11:03:38 ID:V1VbsTqu0
正直に公表した店が営業停止で
黙ってもみ消した店はそしらぬ顔で店を続けてる。
お後がよろしいようで。

745 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 12:30:38 ID:aUHkGQTb0
カレーに入っていたのはリス、尻尾を剃られたの。

746 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 12:41:10 ID:nNYq52oU0
後でバレると不二屋の二の舞いじゃんw
先に公表が吉!

747 :鼠水を毎日飲んで鍛えられてる筈:2007/03/14(水) 13:05:39 ID:/YtqY9NM0
マンション等の屋上貯水タンクの中には点検の度ネズミの尻尾が入っている所が目撃されるらしい。
(ネズミ本体は塩素等で溶けてしまったのだ説が有力。)点検した作業員はマンションで出されたお茶が飲めないという。
ぶっちゃけ、鼠よりも鼠が食べたかもしれない殺鼠剤の方が怖い。鼻出血注意。

748 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 13:24:51 ID:/i67LPOG0
なんで尻尾は溶けないの?

749 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 13:40:59 ID:d+Ujry73O
藤子Fの短篇集読んでみたいんだけど、オススメを教えてください。

750 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 14:07:03 ID:dNFuut9Q0
>>749
カンビュセスの籤

751 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 14:14:20 ID:mRqwc3HXO
>>745
二階堂?

752 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 15:05:09 ID:cboiUtBU0
ほの暗い水の底からって映画をなんとなく思い出した

母子が暮らし始めたアパートは水漏れが激しい。
他にも水にまつわる妙な事件がぽつぽつ起こる。
実はそのアパートの貯水槽は何年も点検されておらず、
数年前に誤って中に落ちてしまった女児の死体が入れっぱなしで、
その女児の霊が一連の事件を起こしていた。
意識朦朧って感じの女児の霊は同じ年頃の子を連れていこうとする。
それを止めるべく母は女児の霊を抱きしめ、そして消えてしまった
離婚していた父に引き取られた子は数年後、例のアパートを訪れる
そこでは子を守るために、女児の霊の親代わりとなった母の霊が微笑んでいた

うろ覚えだが

753 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 15:23:46 ID:KSZZ86IcO
黒木瞳が母親役だったような…違うやつかな?

754 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 15:49:01 ID:aUHkGQTb0
>>752
そんな結末なのか。
無理やり感動を入れたみたいで、確かに後味悪いな。

将来、俺が映画監督になってリメイクするときは
お坊さんが御払いしてスッキリ!ってオチにしよう。

755 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 16:38:24 ID:L97mX4Qo0
その映画で水に濡れた女児のパンツが見えるシーンがあって
幼女パンツキターとかいうレスで鯖がとんだんだっけか

756 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 16:41:38 ID:JTMsvThc0
原作は引越しだけして終わりだっけ?

757 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 17:00:14 ID:lDaIrSaYO
うん、とりあえず近くのホテルに避難して…
ってとこで終わり。

映画はなぁ…
エレベーターから大量の水が溢れてくる場面では
ドリフキターの嵐だったな。

758 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 19:37:29 ID:WJoI7Ou40
>>752
そういう事件も本当にあったよな。
アパートの住人から「水が変な臭いがする」とか「水道水でご飯を炊いたら炊き込みご飯のようになった」とか
苦情が来たんで貯水槽を調べてみたら中に腐乱死体が…、みたいな事件。
多分原作者の鈴木光司もこれをモデルにしたんじゃないか。

759 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 19:38:35 ID:e0oKDH8Q0
原作だと漂流した船で目玉に似た石を見つける話が怖かったよな。

と、これだけで終わるとあれなのでざらっとあらすじ。

釣りか何かで沖に出ていた男の乗っていた船が壊れてしまい、しょうがなく
近くにあったクルーザーに行くがそこには誰もいない。
クルーザーを探索すると、どうやら両親と息子の三人の家族がこのクルーザーの
持ち主だった事が分かる。
日記を発見し、読み進んでいると息子がどこからともなく魚の目玉に似た石を見つけ
それからというものの、どこまで進んでも戻っても、陸に戻る事が出来ないとの事。
それだけでなく、家族の他に誰かが見ているような気がして、気が狂いそうになるとの事。
そして、「目が・・・」という言葉を最後に日記が終わっており、クルーザーに取り付けられた
非常用ボートが一隻無くなっている所から親子はこのクルーザーを置いていなくなってしまった
のだろう、と男は推測する。
で、件の石というものに興味を覚え、探し発見する。その直後誰かに見られているような視線を
感じるが、「気のせい・・気のせい・・」と残っていたボートに乗り、陸を目指す事になる。
その男の手には、目玉の様な石が握られていた・・・・

とここで話は終わり。

760 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 19:49:32 ID:kRGdB1Wf0
15年ほど前の話だが、当時住んでいたアパートの屋上に有る貯水槽の蓋が風で飛んだらしい。
年に一度の定期点検(?)の時に発覚して、掃除をして水を入れ替える事があった。
その時に貯水槽にスズメや鳩、中にはどうやって屋上に上がったのか猫の白骨すらあったそうだ。
雨水程度なら諦めもつくが、さすがにそんなものが使っていた水を飲んでいたことは気分が悪かった。
今でも大風が吹いた後には貯水槽を見上げる癖が残っている。

761 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 20:22:12 ID:z22EjGg90
>>760
その時飲んだ水も後味悪かったのでしょうか?

762 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 20:40:48 ID:9KAtIPcP0
>>761
誰が上手い事言えt(ry

763 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 21:14:36 ID:MyTQ006Z0
>>759
それは何の話?

764 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 21:43:21 ID:5EHjzNJR0
>>759
何の原作だよ

765 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 22:07:48 ID:/i67LPOG0
まあ「同じ鈴木光司の短編集だと」と言いたかったのだろ。そう突っ込むこっちゃない。
ちなみにその作品、映像化されてる。

766 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 22:27:42 ID:sJaOcRU80
うろ覚えだが”ほの暗い水の底から”の原作は短編集で表題のほかにも
水に関連した話でまとめてあって、その中のひとつだったような気がする。

767 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 22:30:47 ID:ly7C7koT0
ほら、あたしってあまりごはん食べないひとじゃないですか? 


768 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 22:38:08 ID:O8KQPZfI0
>>758
ウワァァァァァァ
炊き込みご飯になるほどの濃度・・・(((((;´Д`)))))ガクブル
よければ詳細教えて下さい

769 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 22:39:42 ID:ly7C7koT0
すみません。誤爆です。気にしてないください

770 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 22:42:33 ID:cU28kQCH0
>>752
女児の幽霊は友達が欲しかった訳じゃなくて母親が恋しかったから
引っ越してきた親子の母親を自分の物にする為に女の子を殺そうとしたみたい。
ハリウッドリメイク版はその辺はっきりと女児の幽霊に主張させてて萎えた。

771 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 22:42:58 ID:BlJCq2wHO
何だこのイラッと来る誤爆はw

772 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 22:45:36 ID:rf5z2e2fO
>>765
ぜんっぜん、意味が違うが、、、。
そのユルすぎる心で、指摘もスルーできないのはなんで?

773 :758:2007/03/14(水) 22:49:07 ID:WJoI7Ou40
>>768
ソースは見つからなかったがここのコラムのちょこっと載ってた(下の方)。
ttp://www.urban.ne.jp/home/function/column.html
当時は週刊誌なんかでも騒がれてたから40才代くらいの人なら覚えてるかも。


774 :768:2007/03/14(水) 22:57:48 ID:O8KQPZfI0
>>773
ありがとう!
半年間か・・・うわぁぁ・・・
やっぱり貯水タンクは怖い・・・

775 :本当にあった怖い名無し:2007/03/14(水) 23:56:18 ID:5EHjzNJR0
>>765
はあ、そうですか。なにぶん元を読んでないので、そこまでは。
ちなみに、短編集なら「原作」ではなく別作品だよ>>759>>765

776 :766:2007/03/15(木) 00:22:12 ID:RaFQZsz80
wikiで調べてみた。
うろ覚えで書き込んですまなかった。

ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BB%84%E6%9A%97%E3%81%84%E6%B0%B4%E3%81%AE%E5%BA%95%E3%81%8B%E3%82%89

777 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 00:26:59 ID:tqtseNgS0
読んでて思い出したんだが、4年ぐらい前まで住んでた葛飾区のアパート。
三階に三部屋あるうちの一部屋だったんだが、引っ越した頃から
俺の部屋のベランダにやたらと生まれたての子猫がやってくる。登ってこれるわけ無いのに。
良く子猫が来るのだが、いつまで経っても子猫ばかり。
模様が違うので別の子猫が来ているようだが、でかい猫が来たことはない。
変だなーと思って、火災の時に破って逃げられる例の仕切りの下から隣をのぞいてみたら、
たかだか6畳のワンルームのベランダに、正確な数はわからんが、20人分ぐらいのスリッパが
おいてあって、ふしぎなアパートなんだなと合点がいった。

778 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 00:36:17 ID:C3WhpEXBO
食用の養殖猫だと思う
恐らく隣に住んでたのはt

779 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 01:25:22 ID:OkhkTaTS0
>>778

t?

780 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 01:27:48 ID:fQbOaUY9O
こぬこたん…orz

781 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 01:30:31 ID:1TnkbnqV0
チョンでOK?

782 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 01:40:55 ID:jtYPNS1m0
ウヨの白馬事件の言い訳の後味の悪さ。
ネットでウヨの言ってるのが本当だって信じてたのに、
ちょっと調べたら嘘ばっか。

>軍隊が強制連行を行った例として、インドネシアで起こった「白馬事件」が知られている。
>これは、現地のオランダ人女性を兵士が強制的に慰安所で働かせていた事件だが、発覚後この慰安所は2ヶ月で閉鎖され、強制連行にかかわった兵士も処罰されている。
http://pu-lab.sakura.ne.jp/ianfumemo.htm

まず発覚後二ヶ月の閉鎖w
閉鎖されたのは白馬が人気なかったからって話も
つか発覚してからすぐに閉鎖しろよw

あと色んなサイトのウヨの文章ではあたかも日本軍が軍法会議にでもかけて厳格に処罰したかのようになってるけど、
処罰なんて無し。
戦中は悠々として、戦後になってオランダに戦犯として処罰されただけ。

チョンの売春婦はともかくよくも一国の宰相が官憲が強制的に連行した事実はないなんて言えるわ。


783 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 01:47:54 ID:w7dprEsuO
朝鮮人の方いつもご苦労さまです

784 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 01:48:09 ID:1TnkbnqV0
チョンがウザイのは確かだ

785 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 01:58:10 ID:GkXTLVM+O
そろそろ例の奴らが現れる時間だ…

786 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 01:58:13 ID:t2XQG8AY0
【名画】猫と美少女【ブルスコ】
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/cat/1169087206/

787 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 02:48:34 ID:5fMjLFI50
今日のバイトでの出来事 〜スーパーのレジ〜
俺とおばさんがレジをやっていておばさんがトイレに行っていて俺のレジしか開いていなかったとき、
女の子2人組み(高校生くらい)とその父親が来たが、一向に俺のレジに並ばないという状況。
そのときの会話
父親 「このレジでいいじゃん!」
娘1 「やだよ!」
父親 「なんで?いいじゃん。」
娘2 「嫌だよ!」

そしておばさんが帰ってきたらおばさんのレジに並んだ。それだけでも傷つくのに
その後の会話でさらに傷ついた・・・
娘1 「ここでバイトしたいけどあの人(俺)と一緒に働くの嫌だ!」
娘2 「そうだね、あの人キモイよね。」


788 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 03:04:00 ID:OC3EAHc00
なんじゃその客、頭逝ってるじゃん。

789 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 03:08:38 ID:tArFUa1KO
別にいいじゃん

790 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 03:16:59 ID:eGZJFibF0
>>787
俺もその女の子の気持ちわかる

791 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 04:09:31 ID:btMf+20Q0
>>787に接客業一般が不向きってこった、気にするな

792 :おかいものさん:2007/03/15(木) 05:25:15 ID:tYga70Ng0
>>787
そんな失礼な馬鹿のことは、気にしないほうがいいよ。
惑わされずにお仕事頑張って。



昔読んだ漫画が後味悪かった・・・orz
ある女性が、凄く真面目で優しい男性と結婚した。
いつも奥さんのことを気に掛けてくれて、幸せな生活が続く。
ただ、書斎には入らないでくれときつく言われる。

やがて奥さんが妊娠。旦那はもう飛び上がらんばかりに喜んで、名前は何にしよう
なんて大はしゃぎ。
でも考えてる名前が全部女の子の名前。
どうして?と聞く奥さんに「昔から女の子が欲しいって思ってたんだ。」とルンルンで答える旦那。
そして、胎児は女の子と判明。旦那はおなかに向かって、「まりこ〜、早く出ておいで」と呼びかける。
エッチする時も「まりこ〜」って呟いている。
そんな旦那に対して違和感を覚える奥。

ある日、絶対入ってはダメだと言われていた書斎に奥は入ってしまう。
その部屋には、ロリ紺もののエッチな漫画や、幼女の裸の写真などがわんさか。
ショックのあまり倒れる奥。

気付いた時には病院で薄れ行く意識の中、「母子共に危険な状態です。どちらかを諦めてもらうしか・・・」と話す医師の声。
それに意気揚々と「まりこを、子どもの方を助けてくださいっ!!」と即答する夫の顔(物凄い笑顔)

この後、子どもはどうなっちゃううんだろう・・・と物凄い欝になったorz
奥さんより、子ども目当てって・・・。炉利紺恐るべし・・・orz

793 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 05:31:57 ID:YFBMUSGP0
生まれた娘の顔が父親ソックリだったら、いくらロリコンでも勃つものも勃たないだろう。
いや勃つのか。もしかしたら勃つのかもしれない。

794 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 05:37:18 ID:EZqZ8gPn0
そこまで狂った炉は自己愛も強そうだから
余裕でビンビンであろう

795 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 05:43:05 ID:6ijL89uIO
>>741
俺、隣の駅の住民だけど地元の駅中にもあるんだよね…
一度入ろうかと思ってたけど当分無理だな、店も気持ち空いてる気がした…

796 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 10:33:45 ID:7wZ86U2R0
>>795
>気持ち空いてる気がした…

ガラガラで閑古鳥が鳴いてるんじゃないかと思ってたんで驚いた。
ニュースを知らない人が居るのかねー

797 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 10:39:26 ID:fJHtrWKs0
知ってたら、なんで行かなくなるの?

798 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 10:51:49 ID:FQ2sQS1s0
正直に発表するいい店だから、近くにあったら自分なら逆に行きそうだ

799 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 11:01:38 ID:pdMbcjpP0
普通はこんなことになった後は店も過敏な程注意するから、
逆に周辺の店よりも清潔かもね

800 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 12:46:51 ID:wXC80MIE0
ネズミが入っても気づかないくらい不注意な店だ。
ちょっとやそっと過敏になったくらいじゃ平均的な衛生度に達しないんじゃないか。
店長の首すげかえて下も入れ替えるくらいしないと。

801 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 13:09:53 ID:fQbOaUY9O
某ファミレスGなんか、床に落ちて踏んだ肉軽く濯いだだけで焼いて出したり、
客のドリンクバーの飲み残しを機械に戻したり、
便器拭く雑巾で入り口のドアの取っ手拭いたり日常茶飯事なんだから
飲食店の「平均的な衛生度」なんて物凄く低いよ。>>800
飲食店で働いた事ある人は、絶対ドリンクバー飲まないとか言うし。
そんなんに比べたら、逆に普段から衛生面に気を使ってたからこそ
ネズミ混入を異常事態として、ちゃんと発表したんだろう。

802 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 13:16:03 ID:pdMbcjpP0
>>801
ウヘァ(;´Д`)
飲み残しを戻すんだ・・・
日本って見た目は綺麗けど、中は真っ黒だな・・・
当方海外だけど、こっちの国民性を考えたら絶対有り得ないから、ある意味安心した。
店長以外の人間が、わざわざ閉店まで飲み残しを集めて機械に戻す、なんてめんどくさい作業しないからなぁ。
ジャ!って流しに捨てて終わりw

803 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 13:20:06 ID:Gm8KpmZG0 ?2BP(22)
>789-792
コピペにマジレスカコイイ。

804 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 13:24:11 ID:d4kUPinb0
ちょっとまて、>>787はどんだけキモいんだ?

805 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 14:28:00 ID:kUVBEiDg0
彼女とセックスしたら子供が出来た
今はつまらない夫

806 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 14:29:42 ID:eYBo6ngu0
倉庫街らしき場所に黒塗りのセダンが停まる。
後部座席から際どい水着のようなスーツ姿の巨乳女が降りてくる。
女はドアを閉めると車を背にしてリズムを取りながら歩き出す。

銃口から発射される弾丸の映像がスローモーションで数秒挿入される。
歩く巨乳女のカットと弾丸の軌道のカットが繰り返される。

 ※※突然、安っぽいCGが挿入される※※
ワイヤーフレームの女を貫く弾丸。ガラスのように砕けるワイヤー女。

  ※※元の巨乳女の映像に戻る※※
巨乳女は100mほど歩いた所で立ち止まり軽いステップで踊りだす。
弾丸は巨乳女の横をすり抜けて飛んで行く。
(女が立ち止まったから当たらなかった訳ではないらしい。)

弾丸は巨乳女が乗って来た停車中の車に直撃、爆発炎上する。

車の事など気にせず踊り続ける巨乳女。......END

807 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 14:42:12 ID:d4kUPinb0
>>806はスルーでOK?

808 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 14:43:56 ID:EqN8nzHI0
>>792
似たような話を思い出した 三原ミツカズの「ドール」
ドールという人間そっくりの高価なロボットが普及しはじめている世界が舞台の短編集。

主人公の女の子はイケメンエリートサラリーマンにいきなり好かれる。
家に来まくりデートに誘いまくり、羨んだり喜んだりする周囲。しかし女の子は戸惑い続けるだけ。
彼の肩書きは魅力的だし、とても優しいのだが、
二人でいる時は女の子の事を「ドール」と読んでくる事に嫌悪を感じていた。

イケメンは元々はドールを作っている会社にいた。
大変優秀だったのだが、人間とドールの区別がつけないといった異常な行動をした後に会社を辞めた。
かつてその会社で機械の小型化で大きな成果を上げていた彼は、超小型の機械を、
最近では露骨に拒んでくるようになった女の子に無理矢理飲ませる。

意識を失った女の子が気づいてみれば、イケメンの家に拘束されていた。
ひどい渇きを感じて水を求めるが、水を飲んでも潤わない。
(細かい原理は忘れたが)それは飲まされた機械によるもので、
イケメンの体液を摂取しない限り何を飲もうと死にそうな渇きによる苦しみが続くだけだという。
イケメンは拘束した女の子に自分の血や汗を飲ませるようになる。
そんな生活が続いたある日イケメンは「体液なら血じゃなくてもいいんだよ」と女の子に中だしした。
飢餓感が癒えるのを感じながら、自分はもう本当のドールのようになってしまったと女の子は思う。

やがてイケメンと結婚した女の子は、イケメンの家で人形のように着飾られた日々をすごす。
渇きを癒すためだけのセックスの果てに終には妊娠してしまった。
少しは異常な生活にも慣れて穏やかな妊婦生活を送っていたものの、
「ドール」と腹の中の子供にまでささやくイケメンの姿に切れてしまい、ナイフをふりかざした。

病院で、子は無事だが奥さんは……とお悔やみの言葉を告げる看護師。
そして看護師がいくらあやしても泣き止まない子供。
イケメンが子供を抱き上げ、子供はイケメンの手を舐めた。
その途端、子供は泣き止んだ。「お父さんじゃないとだめなのね」と
微笑む看護師に背を向け「ドール」とイケメンは子供に呼びかけるのだった。

809 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 14:51:57 ID:uTBhe+8C0
>>808
イケメンってとこが後味を更に悪くしている

810 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 15:05:10 ID:d4kUPinb0
>>809
キモヲタでも後味悪いぞ

811 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 15:15:57 ID:CdxBEWApO
確かにw
というかおっきした

812 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 17:56:23 ID:QovJ3wlMO
吸収されずに着床した精子強い

813 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 18:01:05 ID:qjPvTBT+0
>>782


そんな昔の決着済みの話でいまだに鼻面引き回されなきゃならんことこそ後味悪すぎ、良い面の皮だ、って言う基本に気づけ。お花畑が。



814 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 18:22:27 ID:aFLq8mi00

さぞかしうまいんだろうと思って、味の素を舐めてみた。


経験のある人にはよくわかる、後味の悪い話。

815 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 18:27:44 ID:T63m1pSW0
自分、子供のときベーロベーロ舐めてたよ味の素。今はしないけど。

816 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 18:33:10 ID:fvLJnCoM0
>>801
客の飲み残しドリンクバーって……

普通は濃縮液を薄めたものを出すからそれはないと思う。
コーヒーも豆のところ多いし、ココアは粉だし。
てか、いちいちドリンクバーを開けて戻すほうが面倒くさいにもほどがある。

817 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 19:19:12 ID:tdexQtfr0
>>816
その出涸らしコーヒーの粉でアイスコーヒーを作っているというオカルト

818 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 20:06:16 ID:AWtlUuvMO
>>816
釣りだから

819 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 20:45:37 ID:aYHyCWSw0
     _____________
   /|:: ┌──────┐ ::|
  /.  |:: | 後半43分   | ::|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |.... |:: |浦和2 − 0新潟  | ::|   | おし!今日は勝ったな。風呂にでも入るか。
  |.... |:: |          | ::|   \_  _________
  |.... |:: └──────┘ ::|      ∨
  \_|    ┌────┐   .|     ∧∧
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .∬  (  _)
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄旦 ̄(_,   )
            /             \  `
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|、_)
             ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
              ̄           ̄

     _____________
   /|:: ┌──────┐ ::|
  /.  |:: |  試合終了  | ::|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |.... |:: |浦和2 − 2新潟| ::|   | ふう、いいお湯だった。…あ、あれ?
  |.... |:: |          | ::|   \_  ________
  |.... |:: └──────┘ ::|      ∨
  \_|    ┌────┐   .|    ∧∧
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .   (  _)
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄旦 ̄(_,   )
            /             \  `
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|、_)
             ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄
              ̄           ̄

820 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 20:47:28 ID:aYHyCWSw0
     _____________
   /|:: ┌──────┐ ::|
  /.  |:: | 後半43分   | ::|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |.... |:: |浦和2 − 0新潟 | ::|   | おし!今日は勝ったな。風呂にでも入るか。
  |.... |:: |          | ::|   \_  _________
  |.... |:: └──────┘ ::|      ∨
  \_|    ┌────┐   .|     ∧∧
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .∬  (  _)
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄旦 ̄(_,   )
            /             \  `
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄_|、_)
             ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄|
              ̄           ̄

     _____________
   /|:: ┌──────┐ ::|
  /.  |:: |  試合終了  | ::|   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  |.... |:: |浦和2 −2新潟| ::|   | ふう、いいお湯だった。…あ、あれ?
  |.... |:: |          | ::|   \_  ________
  |.... |:: └──────┘ ::|      ∨
  \_|    ┌────┐   .|    ∧∧
      ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .   (  _)
             / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄旦 ̄(_,   )
            /             \  `
           | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|、_)
             ̄| ̄| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| ̄
              ̄           ̄

821 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 21:27:58 ID:rUKMErok0
埼玉県民+サカオタの二重苦では、まともにレスできないのも仕方ない。
皆さん、許してやってつかあさい。

822 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 21:43:32 ID:fQbOaUY9O
>>816
すまん説明が足らんかった。
飲み残しっちゅーのは、オレンジジュースとかのな。
ブレンドしながら出て来る炭酸系とか、
それと同じ機械に入ってるやつは無問題。
ちなみに、元G店員の姉から聞いた話だよ。
バイト板のファミレス系のスレとか行くと、
似たようなたれ込みがいっぱいあって鬱になれるんだぜ…orz

この話知った後にファミレス行った時、俺はコーラ飲んでたんだけど
ツレ2人がオレンジジュース注いできて「何か薄い」って言いながら飲みだした時はもう…('A`)
飲み始めてから気付いたから、今更言われても困るだろうしさ…。

823 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 21:57:37 ID:GkXTLVM+O
>>818
いや…
Gでバイトしてたけど全てが嘘とは言えないかも
私絶対に自分じゃファミレス行かないもん

824 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 22:06:40 ID:fmO418fbO
ほか弁でバイトしてたが今日の晩飯もほか弁
後味も美味しく頂きました

825 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 22:21:14 ID:HSBuPYYH0
ザンボットっていうロボットアニメ
ぐぐれば分かるその後味の悪さ

826 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 23:06:14 ID:WkIl0bsE0
>>822
いや、飲み残しを捨てるより再利用する方が面倒くさいのは何も変わらないし、
飲み残しを集めても、それほど劇的に儲かるわけじゃない。
法律おかしてまでする事じゃないってのはわかるよな?

2chのレスをまともに信じるなよ。

827 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 23:14:11 ID:fQbOaUY9O
>>826
いや、だから実際に働いてた姉から聞いたんだってば。
オレンジジュースとかの、原液ままで出すジュースの飲み残しは
裏でためといて、ある程度たまったら新しいオレンジジュースと混ぜて出すんだと。
流石に全部の店がしてる訳じゃないだろうけど。
因みに家の姉は結構潔癖症なので、その環境に耐えられず辞めた。

828 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 23:15:22 ID:rR7aV2t70
まあ、どうでもいいや。

829 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 23:18:19 ID:H/0/SmjFO
ドリンクバーの原価知ってんのかよ。
再利用する意味とかねーから。

830 :やさしいななしさん@愛知:2007/03/15(木) 23:26:37 ID:G+P6sXk30
ドリンクバーの飲み残し再利用は置いといて、
回転パセリは実際にやってたと同級生から聞いたことがある。

831 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 23:27:42 ID:RUyxWs3IO
>>825
調べたけど、なんて後味悪い。さすが富野だ。

832 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 23:35:52 ID:SEn/verMO
>>827
姉からの釣りだろ。

薄い気がするのは濃縮液の残量がなくなって
混ぜる水の量が多くなるから、じゃないのか?

833 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 23:41:32 ID:Cx6TPd2KO
ザンボットは真面目にへこんだ。当時厨房だったかな?
宇宙太恵子可哀想すぎ

834 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 23:45:12 ID:fQbOaUY9O
>>832
>姉からの釣りだろ
!!(゚Д゚)
その線は考えてなかった…畜生姉ちゃん…。
畜生後味悪いぜ。

>混ぜる水の量が
オレンジは、混ぜるやつじゃなくてそのまま出るやつだったんだよ。
透明のに入っててぐわんぐわんかき混ぜてるやつ。
あれは2人の気のせいだったのかな…。

835 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 23:48:27 ID:VLw9UqfBO
>>831
じゃ、ジョージ秋山の「THE・ムーン」も調べてみて。後味の悪さはトップクラス。

836 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 23:49:56 ID:YFBMUSGP0
まあでもスーパーのお惣菜コーナーなんかも
普通に床に落とした肉は使うし
悪くなったお肉に魔法の粉をかければ見た目の鮮度が復活するってニュースでやってたし

知らぬが仏
どうせ食ったら同じだし

837 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 23:52:55 ID:AuO/tF3XO
>834
とりあえず、どこのGなのか教えれ

838 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 23:57:22 ID:OBFLUTVuO
Gって聞くとどうしても……

839 :本当にあった怖い名無し:2007/03/15(木) 23:59:12 ID:fQbOaUY9O
>>837
四国の蜜柑県。

840 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 00:01:07 ID:Gu6ahnR/0
ああ。俺の現所在地じゃないか
ファミレス行ってもドリンクバーはコーヒーしか飲まないことにする

841 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 00:10:08 ID:p+MqJsko0
ホカ弁も衛生環境悪いって聞くなーお金扱った手でそのまま食材も扱うとか
まあホカ弁嫌いだからどうでもいいけど
冷めたホカ弁の不味さは異常

842 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 00:21:29 ID:+cX+4YXE0
俺の勤めていたスーパー
野菜、水につけてたりするんだけど、泥水超えてたね

肉に関しては、タレ漬けになってるのは買わないで

843 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 00:22:15 ID:NEWfwKZLO
>>837
ガスト以外に思い付かない

844 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 00:23:55 ID:mgpkJBSr0
っつーかグループのすかいらーくとかバーミヤンも危険なんかな

845 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 00:40:33 ID:Pay1htmY0
生活板かここはw

846 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 01:56:57 ID:WGAxwhy50
最近妙な違和感を感じる。

だけど何に違和感を感じているのか分からない。
けど、何か違うんだ。

847 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 02:02:24 ID:2U69/qoW0
>>841
なんか君のレスだけ、ホカ弁のイメージ下げるのだけが目的って印象を受けるのだが。
コンビニの店長さんかなんか?

848 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 02:09:42 ID:MPmbNk5zO
私は昔牛丼とかのMでバイトしてたけど、衛生面にはかなり気を使ってたよ〜。こうゆうところはすぐにクレームがくるから、特に気を使えって。お金触った後やキッチンに入るときとか、いろんな事ですぐに手を洗うし。

でも、これ見てたらちょっと不安になってきた…とりあえず私のやってたとこは安全だけど、やっぱ店舗によって違って来たりもするのかな…

849 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 02:30:26 ID:DlQPuei/O
私が働いてたファ○マも酷かったよー…
「ウォークインからおでんの具取ってきて。一番古いやつからね」
っていわれて取りに行ったら、一番古いやつどころか半数近くが賞味期限切れ。
一週間以上とか平気で…。


850 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 02:38:30 ID:UzIQGB2K0
友達が勤めていた焼肉屋は、客の食べ残した肉を次の客に並べなおして出しているといっていた
その焼肉屋は行かないようにしているけど、どうしても付き合いで行くときは
余りそうなときは全ての肉を焼いてから帰るようにしている

851 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 02:54:25 ID:lTkXCxfM0
汚い食い物の話乙

852 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 06:23:51 ID:ZyZOXWlF0
今時の古民家風の内装の居酒屋で飲んでいたときに、友人から聞いた話。

彼の祖父母は(多分東北か北陸の)小さな集落に住んでいた。
近くに小さな温泉地があるが、あとはのどかな自然と田畑、古びた民家が点在するような村なのだそうだ。
以前は映画やTVのロケなんかにも使われたことがあるらしいが、過疎化が進みほとんどが老人世帯となっている。

その村が村おこしの一環として、その集落の民家も観光スポットとして、温泉に訪れた観光客にも公開することとなった。
お客がやってきたら縁側か居間に通して、村が支給したお茶やお菓子、漬物なんかを出して
ちょっと世間話をしてくれるだけでいいという。お年寄りたちも喜んでそれに賛同した。

しかし実際にそれが始まってみると、想像していたものとかなり違う。
まずは庭に洗濯物を干してはいけない。物干し台が撤去された。
土間(台所)もステンレス製シンクは外され、新しく土を盛ってかまどが作られた。
居間にあったTVやレンジ、炊飯器などの家電や工業製品の家具は全て一番奥の部屋に詰め込まれ、
お年寄りたちは家の中の一番日当たりの悪い部屋が生活の中心になった。
足腰が弱くなっても手すりのひとつも勝手にはつけられないのだという。

友人の祖父母はその後、体が不自由になったこともあって、
長年暮らしたその家を引き払い、介護付きの施設で暮らすことになった。
友人の両親や兄弟たちは一緒に暮らそうと誘ったのだが、村から離れたくないということで、
隣の町にある施設に入って、まもなく2人とも連れ立つように亡くなられたそうだ。

数年後、友人は帰省も兼ねて祖父母の家がどうなったのかを見に行った。
外観はほぼ昔のまま。柱は磨かれ壁も塗りなおしてあり、庭もよく手入れされていた。
玄関には小さな木製の看板が掲げられ、そこには中年夫婦が住居も兼ねて喫茶店を開いていた。
以前は都内で暮らしていたという作務衣姿のその夫婦は、そこでの生活を満喫しているようで、
スローライフとかロハスとかエコロジーとか、そんなことを熱く語っていたらしい。
友人はなんともいえない気持ちでその話を聞きながら、破格の有機栽培コーヒーを一杯飲んで帰ってきたのだそうだ。

853 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 06:53:44 ID:3ca3KQ7kO
電磁波は危険・・・まで読んだ。



うん、きをつけよう。


854 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 07:22:17 ID:04jO6qi30
>>825>>835
お前ら…

855 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 07:28:18 ID:/3LYWhoZO
英語よく分かんないけど

日本語では、有罪・無罪って
罪があるかないかなのに、
英語は、ギルティ・ノットギルティ
って、有罪か有罪でないか
なのが、何かモヤモヤする。
有罪・無罪に慣れてるから余計に。


856 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 08:00:36 ID:NE3koovf0
>852
ちょっと違う話なんだけど前に田舎に泊まろうというTV番組内での出来事。

芸人が訪れた町には水路があり、家々にも注がれていて、洗濯とか炊事に利用されている。
その様子に芸人がちょっと興味を持って門から覗こうとすると、いきなり見回りのおっさんに止められて
”きちんと観光協会で許可取ってガイド先導で見て回ってください”といわれていた。
やけにおっさんや周りの住人の態度が攻撃的というか、排他的といった感じなのが印象的だった。

古い町並みや武家屋敷など、そこに住む人はさんざん観光客に悩まされてるんだろうな。
かといってろくに産業のない町を盛り上げるには観光くらいしかないし

857 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 08:02:31 ID:dou+ZozUO
じゃあ日本はこれからは有罪かノット無罪かでいきます

858 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 08:07:32 ID:VddbqQXQ0
>>857
有罪しかないじゃないかw

859 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 08:34:57 ID:aPA0N5eIO
>>852>>855
観光客が勘違いして勝手に庭に入ってきたり、ってことも多いらしい
だから洗濯物を干すにも気を使う、というか干せない

860 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 08:46:36 ID:3ca3KQ7kO
干せば干されるのか。


861 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 08:52:50 ID:2U69/qoW0
さあここから糞女が集まってきて、だから田舎は〜、だから主婦は〜、という、
自分の社会性のなさをすべて他者のせいにするレスが始まります

862 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 08:53:01 ID:2a/z4qi5O
お〜い、山田く〜ん

863 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 11:18:08 ID:Sl78vqLq0
>>856
ちょっと前にこんなニュースがあったな。
村おこしの観光事業で、住人の何人かが村のやり方に意義を申し立てて
事業に参加しないと言ったら、村八分にされたってヤツ。
公共施設はもちろんゴミ捨て場なんかも使わせず、常に誰かがその家を
見張っている状態になったとのこと。
結局裁判で被害者の勝ちで決着ついたらしいけど、閉鎖社会は怖いよ。
その地方だけのルールが全てだもん。

864 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 12:04:15 ID:PzFAmym6O
いながはこえぇだな

865 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 12:28:17 ID:W4Y9my6X0
>>863
裁判で決着が付いたかに思えたが
敗訴した村の住民が
「裁判だろうと何だろうと、今さら気持ちは変えられない」
とかなんとか言ってたのが印象的だったな。

866 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 14:09:16 ID:W4Y9my6X0
昨日読んだ漫画のストーリー

主人公の女の子Aは中学生。
Aには、Bという親友女の子(同級生)がいて
いつも一緒に行動してる。
Bはとても太っていて、同級生の男子に馬鹿にされてる。

最近、男子がBの事を「マンボウ」と影で呼んでいるらしい事が判明。
図鑑で調べてみると、確かにBに似てる。
しかし、親友を影でコソコソ「マンボウ」呼ばわりするのが許せない主人公は
ある日、ヘラヘラしている一人の男子Cに向かって抗議する。

すると、突然笑い出すC。
問い詰めると、あの渾名はBの事ではなくAの事だという。
混乱するA、さらに問い詰めるとCはその理由を話し出した。

実は、この間の修学旅行の時に
男子みんなで女子の風呂を覗いていた。
その時にAの裸も見られていて、一人の男子が言ったのだった。
「Aってマン毛ボウボウだな、マンボウって呼ぼうぜwww」と。


867 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 14:10:09 ID:W4Y9my6X0
ショックを受けたAだったが
Bには理由を話し、Bが馬鹿にされていたのではない事を伝えようと決意する。
勇気を振り絞り、事の顛末を話すA。

しかし、Bから返ってきた言葉は
「・・・それ、私も知ってた」

Aはショックから立ち直るのに3年かかったという。



868 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 14:16:24 ID:yYF+Q1gY0
なんだよ?そのクダラナイ漫画はwwwww

後味悪いなwwwwwwww

869 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 14:18:22 ID:NE3koovf0
>866
面白い。詳細きぼう

870 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 14:37:59 ID:W4Y9my6X0
>>869
ちょっと思い出せないので
帰ったら詳細を書き込みますね。

871 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 15:02:33 ID:XELIdRv50
>>856
それで思い出した話がある。

同じく「田舎に泊まろう」で、北海道の馬産地として有名な静内が取り上げられた。
そのとき、ちょうど今頃に行ったのだが、時期が最悪。

知っている人は知っているかもしれないが、今の時期は馬の子供が生まれるわ、
その後直ぐ馬に種付けをしなければならないわで、連日交代制で馬の見張りで徹夜+ハードワーク。
とてもパッと来た人間を泊めておける様な暇や余裕はない。
当然牧場主はそのタレントを断ったのだが、テレビ的演出で悪者扱い。
(大きな牧場主で、家も大きめだから、余計に悪者にしやすかったんだろうな)

しかし、一方で、その牧場主と近い関係にある人が、とある有名な馬の生産家で、
有名な競馬関係のサイトにブログ形式のコラムを書いていた。
んでその様なことがあった…という一幕が丸々書かれ、裏の事情が明らかになった訳だが…

テレビを見てる人間のほとんどが、そのサイトなんか見ないわけで、
「田舎って閉鎖的だし、感じ悪い」で済ますんだろうな…と思ってかなり後味悪い。

872 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 16:09:48 ID:22td+rBs0
ああいう番組って事前に連絡とかしてるもんだと思ってた。

873 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 16:14:31 ID:MX0L76eV0
>>866-867
デブ馬鹿にしたり風呂覗くようなガキは
大人になってもDQNのままだろうな…
ちょっと笑えたけど、その後に後味の悪さがきた。

874 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 16:23:37 ID:+k+Y8QPs0
ジョン・レノンの家も観光被害受けまくったらしいね。
今は引っ越したのかどうかわからないけど、
庭に入ってくるわ、家の中を勝手に撮影するわだそうで。

10年くらい前かな。あるミュージシャンが雑誌で
「ジョン・レノン宅に行けたのが嬉しくて庭に入って写真撮ってたら警察呼ばれて逃げたんですよー(笑)」
とか語ってて('A`)ってなった。
「不法侵入ですよね(笑)」って、笑い事じゃねーだろ。
わかってやってるのがまたタチ悪い……

癒し系のいい曲書いて歌う人だったから、余計にそういう犯罪に無頓着なことに驚いた。

875 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 17:03:18 ID:dU6bsNZOO
>>874
プライバシーを侵害したことに罪悪感もないのが後味悪いな。

876 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 17:20:18 ID:wezEEHdm0
ジョン・レノンが住んでた(そして、殺害された現場でもある)ダコタ・ハウスはガードマンがしっかり警備してるけど、
昔の家かねえ?
ダコタ・ハウスはいまもオノ・ヨーコが住んでるし。

877 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 18:07:51 ID:x12y5LEg0
>>871
うちの両親なんかも、よく
「ああいう素人に迷惑をかける番組作りは嫌いだ」っていってるよ。
いきなり訪ねて行って泊めてもらうという企画そのものがおかしいって、
わかってる人はわかってると思う。

878 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 18:11:41 ID:R6pHybVt0
>>852
いい感じに後味が悪いね、それ。

879 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 18:13:45 ID:yYF+Q1gY0
>>877
スミマセンが今夜泊めて下さい。

880 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 19:01:51 ID:tq66PLx50
>>869
武富健治作品集って短編集でした。
割と切ない話が多いですが、オススメしますよ。

881 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 19:15:29 ID:NE3koovf0
田舎に泊まろうは、メイキング放送を見たところでは芸人だけでなくスタッフ数人も泊めなければいけないらしい。
そのへんの交渉はカットされてる模様。

ほんとの旅人なら泊めて貰えることもあるだろうけど、(実際ブログとかで道すがらであった人に泊めてもらったとかあるし)
いきなり来た芸能人はないわなぁ。

882 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 19:16:58 ID:1VQKIPDA0
あれって後でスタッフがこっそり封筒渡してるんじゃないの?

883 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 19:30:58 ID:NE3koovf0
http://www.tv-tokyo.co.jp/inaka/backnumber/050724.html
この話か?
静内でなく浦河みたいだが

884 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 19:54:44 ID:x12y5LEg0
>>883
うわ…ひでぇ…

885 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 20:11:38 ID:yWb/cX2/0
>>883を読むと明らかに断られ続けたのも演出の一つに見える。
そのまんまスムーズに泊まれてたら番組成り立たないしね。

886 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 22:49:02 ID:Ng0ofRCW0
TVなんてそんなもんだよ。
バラエティーなんかは演出だと言い張るヤラセが横行してるし。
3度ほど取材を受けたことがあるが
普段やってないことをやらされたり
オンエア見たら編集されまくりとかでひどかった。
最近銭金の出演依頼も来たが断ったよ。

887 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 23:19:38 ID:dyGxk1hxO
>>555

888 :本当にあった怖い名無し:2007/03/16(金) 23:34:52 ID:XELIdRv50
>>883
ああ、それだ、間違えた。

889 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 00:43:54 ID:2niz+6Y70
田丸麻紀は酒飲んで居酒屋から帰るのに救急車を呼ぶとテレビ
で言ってたが、なぜ未だに仕事を干されないのか不思議だ・・・

890 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 01:00:36 ID:1M9yr0Pr0
観光客被害で思い出した。
ビバリーヒルズだかの高級住宅街に住んでて
家を覗き込んでた観光客を自分の息子の友達だと思い
家に入れて息子が帰ってくるまで話し相手になってた人って
オジー・オズボーンだっけ?


891 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 01:15:21 ID:mAvnYeOI0
何そのほのぼの

892 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 01:58:58 ID:0OXkhYOUO
>>890
後味悪い思いしに来てんのに癒されちゃったじゃないかw

893 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 02:22:48 ID:ZuCfY6Of0
オジーはいっちゃってるからな
ありえる話だ
一番好きなミュージシャンだが

894 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 02:32:49 ID:s57q7OSC0
>>889
誰だか忘れたが、10年くらい前、小堺のごきげんようで女優が語ってた話。
「私、免許持ってないけど車の運転が大好きで、友達に代わってもらうことが
あるんです(もちろん公道)。
こないだも運転したんですけど、ハンドル操作以外はできないから、助手席の
友達に『ギア変えて! ギア!』とかキャーキャー騒ぎながら乗りましたー^^」
だと。今からでも捜査し、逮捕してほしい。

895 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 02:48:50 ID:+fn+v+k50
金田一少年の事件簿の小説版「オペラ座館新たなる殺人」

過去にオーナーの娘が自殺した曰くつきの館で、
かつて天才少年探偵金田一一は殺人事件に遭遇した。
今回、立てかえられた館に一は招待された。
そこにはかつてオーナーの黒沢の娘が所属していた劇団員たちがやってきていた。

主な劇団員は四人
イケメン…娘の彼氏だった。今は美人と結婚
美人…イケメンの妻 お金持ちで以前からイケメンに執着していた
デブ…ナルシスト
小物…イケメン・美人・デブに媚びまくり

黒沢は演出家としてかつては有名な人物だったが、
娘が女優としてデビューしてからは、才能溢れる娘に
親の七光りなどという中傷を浴びさせてはいけないと引退して孤島にオペラ座館を開いた。
ある日、娘は黒沢に「イケメンと別れた」「もう彼のお嫁さんになれないの」と言ってきた。
そして、イケメンが金持ちの美人と付き合い始めたとの報せが入った。
イケメンははなから黒沢のコネが目当てで娘と付き合っており、
黒沢が演劇界から去った今では娘より美人の方が利用価値があると乗り換えたのだ。
やがて娘は自殺した。
自分のせいだと黒沢は思いつめ、衝動的に自分の頬を刃物で切ったりする。
娘の自殺からそう何年も経たない頃にイケメンと美人は結婚した。
祝福しながら内心では黒沢は二人を恨むが、一番悪いのは自分なのだとも思っていた。

一がオペラ座館に滞在してすぐに殺人が起きる。美人が殺された。
イケメンは犯人はお前だろうと黒沢に詰め寄る。
アリバイなどから一がそれを否定すると、イケメンは今度は下卑た笑みを浮かべながら
「あんたの娘を捨てた俺と美人が憎いんだろ」「あいつはそこそこ良い体だったがあんたのコネがなければ価値がない」
と黒沢と娘を中傷して去って行った。



896 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 02:49:51 ID:+fn+v+k50
やがてデブが殺された。死体の身の回りを検分した一はおかしな事に気づく。
次にイケメンが殺されかける。疑心暗鬼なイケメンは他のものに怒鳴り散らしたり殴りかかったりしてくる。
そして次に小物が殺され、そこでようやく巡回船が訪れ、皆は孤島から脱出できた。

デブの自宅前にやってきた犯人。すると既に先にやってきていた一と黒沢に見つけられてしまう。
デブが殺害された際、持っているべきものがなくなっていた。それはデブの自宅の鍵。
犯人が持ち出したと察した一は、事件後に犯人がデブの家を訪れると推理して張っていたのだった。
犯人はイケメンだった。問い詰められ、イケメンは動機を語る。

イケメンと娘は本気で愛し合っていた。
美人がちょっかいをかけてくるものの、イケメンはただ一心に娘を愛しつづけた。
ある日娘はいきなりイケメンに別れを告げ、そして話し合いすら拒絶し、そのまま自殺した。
わけもわからぬまま最愛の人を失い、せめて自分の夢であり娘の夢でもあった、
世界的に有名な役者になろうとがむしゃらに稽古をし続け、
半ば打算を持って、自分を慰めてくれた美人と結婚した。

挙動不審なデブと小物の様子が気にかかっていたイケメン。
もしかしたら娘の自殺になにか関係しているのではないかと思い始める。
プライドが高く女性を見下す面のあるデブにあわせて、
自分もそうふるまい、美人も娘もどうでもいいよ、というふりをして
イケメンはデブに近づき信用を得て、やがてデブにあるビデオを見せてもらった。
そこには、デブと小物に強姦される娘の姿が映っていた。
イケメンに執心だった美人は、イケメンと娘の仲をどうしても引き裂きたくて
デブと小物に娘を犯すよう命じたのだった。ビデオをイケメンに見せるぞと脅して
別れさせる計画だったのだが、その前に娘は
「汚れた自分はもうイケメンと付き合う資格がない」と別れを告げ自殺したのだった。

「お前そんな事してたのかwww美人もそこまでするとは必死な女だなwww」
と残忍な男の顔で面白がるふりをしながら、イケメンは復讐を決意した。
そしてそれから何年間も、娘を死に追いやる計画を立てた美人を、
娘に陵辱の限りをつくしたデブを、二人に追従して娘を苦しめた小物を殺す機会を狙いつづけてきたのだった。


897 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 02:52:04 ID:+fn+v+k50
元よりイケメンは逮捕など覚悟の上だったが、それでもすぐに捕まるわけにはいかなかった。
以前に見せられた、娘が陵辱された姿の映されたビデオを処分するまでは。
たとえ警察関係者といえども、あんな姿を見させるわけにもいかないし、
なにより尊敬する黒沢に真実を知らせ、尚更傷つけてはいけなかった。

逮捕されても嘘の動機を語り、娘の本当の自殺の理由を隠すために悪者になる気でいたのだった。
結局は語るはめになってしまったが。
「あいつらを殺した事を後悔はしない
 でも演技とはいえ、あなたや娘の事をひどく言った事だけは許されない事だった」
と謝るイケメン。
そして金田一は、捜査資料としては重要なものである事をわかりつつも
イケメンがビデオを破壊するのを黙認したのだった。


更に漫画で「オペラ座館第3の殺人」があるんだが、
そちらでは黒沢が事故だか病気だかで死んじゃってて更に報われない感じだった

898 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 03:34:18 ID:B+YRlxWzO
イケメンのくせに良くやったじゃないか(*゚∀゚)=3 ムッハー

899 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 04:22:32 ID:jXBnLqPkO
あれ?けっこう良い話じゃねーの
イケメンGJ

900 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 04:52:57 ID:d3tetRM/0
例えレイプされても愛する人には死んで欲しくないな。
レイプされて人が汚れるわけ無い。
拷問されたのと同じ事だから傷が軽い事はもちろんないけど。
時間を掛けて傷を癒したら一生一緒にいさせて欲しい。
まぁ犯人がわかったら殺すかどうか?では
当然殺すがね、有罪になってもかまわんし。

901 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 06:24:29 ID:BYDfMbws0
金田一少年の事件簿は当時マガジンで読んでいたが

確か金田一の同級生とかいう佐々木だか佐々だかいうカメラが趣味のメガネ君が、
物語の途中で事件に巻き込まれて殺されちゃった。
けどメガネ君はカメラマンとして物証を得るということで、物語上必要な役割だったのか、
すぐに性能も容姿も性格もそっくりな双子の兄だか弟だかが登場して( ゚Д゚)ポカーンとした覚えがある。

名探偵コナンみたいな推理漫画全般に言えることだし世間でさんざん言われてることだけど、
当時中学生だった自分には納得がいかなかった。今じゃどうでもいい。

そういや極虎一家でも同じような展開があったな・・・
主要人物が死んだと思ったらそっくりそのままな兄弟が次の回くらいで登場という。

902 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 07:41:10 ID:B+cD98NQ0
処女じゃなきゃレイプされてもされなくてもいっしょ
妊娠さえしなければ

903 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 08:02:39 ID:PZq3aSxh0
902は、ケツを掘られてから出直してこい。

904 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 08:10:31 ID:Val+Be6y0
>>902
実際の判例にはそう考えている節が読み取れて後味悪いことは多いな。
2回目の強盗傷害だから、放火だから被害は小さい、とは言わないのに妙な話だ。

所謂レイプされた男にしても、あくまで暴力を振るわれたという理解しかされず
性犯罪の被害者とは扱われないところとか、認識がずれているんだよね。
人格が性器の付属品みたいに扱われる判例なんかみていると
これが自分の住む国なのか、と情けないような気にもなる。

905 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 08:25:19 ID:B+cD98NQ0
>>904
だね。

処女→暴行傷害
非処女→合意の上の和姦

これが現実。

906 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 12:12:43 ID:UdAtuv170
>>901
佐木くんだよね。結構シリーズ前半では出番もあっていい脇役だったのに、
殺されてしまったから読んでて結構ショックを受けた。
主人公・ヒロイン・刑事さんに次ぐ「絶対殺されないキャラ」だと思ってたから。
それだけに双子の弟アッサリ登場は萎えた。

あと別の事件で出てきた金田一とヒロインの友達が、
その後の事件で犯人になったのも愕然。

907 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 12:23:52 ID:MOL6C77L0
あの主人公って、いつも
皆を集める→謎解き→犯人激情→自殺or誰かを道連れ
ってパターンだよな?

まず、警察に確保してもらえば良いのにさ。

908 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 12:26:09 ID:N2shL7SJ0
真犯人は金田一なので、追いつめられて激情してもらわないと困るんです。

909 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 12:34:12 ID:0OXkhYOUO
何その斬新な解釈w

910 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 13:14:48 ID:9wtcIwmP0
斬新もなにも、そういうエロゲがあったなw

911 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 13:45:50 ID:UdAtuv170
>>907
たまに自殺を止めて無事犯人逮捕させて、
留置所だか刑務所だかにわざわざ説教かましに面会行ってるときもあったよw
「実はあなたの知らないこんな真実があったんだ…」
「ウウッ私って馬鹿ね、ほんとに馬鹿ね!」
(だが人間はやり直せるんだ)
みたいな。個人的にはこっちのが押し付けがましい&金田一高校生なのにうぜえwで後味悪い。

912 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 13:55:11 ID:2YwqIUU6O
犯人や被害者が学校関係者(元生徒とかも含む)からでまくって
金田一の通ってる高校の校長は大変だろうな。

913 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 15:23:30 ID:R412i/He0
ttp://homepage1.nifty.com/gimagima/iihanasi.htm
既出かも知れんが、これはキタ

914 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 15:53:31 ID:2niz+6Y70
田丸麻紀 (救急車を私物化)

ソース:ココリコミラクルタイプ正月SP

田丸「お酒呑むとねえ。結構ぽーんと行ってしまうのでー」
遠藤「分かりやすいのねえ。」
田丸「もう呑むときも、みんなお酒の強い弱いあるのにー、
   よっしゃーよっしゃーよっしゃーよっしゃーって始まって
   同じだけの量をみんな飲む」
遠藤「ほーーーーーーー」
田丸「月イチ救急車」
会場 えーーーーーーー
遠藤「なんですか?そりゃ」
田丸「カラオケ屋さんとかでー、もう分かってるんで
   電話して、あの救急車、端のあの・・角のトコに止めといて下さいって。」
遠藤「マジデ?」
田丸「みんな、きちんと運ばれるんですけど」
遠藤「それは全く記憶にないの?」
田丸「でもね記憶はなくならないんですよ」
遠藤「記憶あってやってんの?」
田丸「だからちゃんと私が救急車呼ぶんです」
遠藤「そうか・・・。」
田丸「端に止めといてって」
■問題発言の動画
http://image.blog.livedoor.jp/hardcace/imgs/2/7/279a79a2.wmv

915 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 17:53:43 ID:4QV+Ml5RO
>>913
駅のゴミ箱に生ゴミ捨てんなよな…確かに後味悪いな

916 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 18:10:20 ID:sBq3dLKe0
>>901
それ読んで思い出した。
「宇宙戦艦ヤマト」の何作目だかで戦死した艦載機ブラックタイガー隊の隊長・加藤三郎。
新シリーズが始まったら、クリソツな男が出てきて主人公が驚く
「加藤!お前生きていたのか!」
「いえ、僕は弟の四郎です」

顔も職業(戦闘機パイロット)も声も何もかも同じ弟。しかも名前が三郎→四郎。漫才かと思った。
思えば、あの作品に急速に興味を失ったのはその時だったかも知れん。

917 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 19:47:30 ID:65oV9KUe0
名前がそうなっているのは別におかしくないと思うが。


918 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 20:40:16 ID:BYDfMbws0
さんざん既出だろうが、宇宙戦艦ヤマトは、やっぱり劇場版第二作以降の流れがどうしようもない。
ラストで”ヤマトはもう皆様の前に現れることはないでしょう”とかテロップ出しておきながら、すぐ続編作っちゃうし。
しかも後付けの設定だらけのグダグダな内容で、金に色気出しちゃったのが見え見え。
しかも死んだことになっていた超重要人物が後々になって実は医者の診立て違いで実はピンピンしてました、とか・・・
企画立てたやつ出てこいや。

同様に銀河鉄道999も、蛇足な続編作っちゃって、
今では作者も才能枯れちゃってまともな続編を作ることすらできず、
新たに作られた劇場版も尻切れとんぼ。

どっちも当時のファンにとってはトラウマものだろうな。
リアルタイムで経験しなくて良かったよ。

919 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 22:39:14 ID:hv4GE6B20
>>890
娘のケリー・オズボーンの後味悪い写真を思い出した。
実物これ
ttp://abcdane.net/blog/archives/0503/KellyO_0503.JPG
ttp://abcdane.net/blog/diary/archives/diary/archives/img/0508/53253604.jpg
ttp://abcdane.net/blog/archives/0511/kelly_omg.jpg
CDジャケットの写真はこれ
ttp://abcdane.net/blog/archives/0503/kellyCD.jpg

これCD見て買った人は実物見たらショックだろう。

920 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 22:51:22 ID:NzHkZAKt0
>>919
こんなもん日常茶飯事だよ
いろんなモデルの加工前・加工後検証サイトとか見てると
けっこう楽しい

921 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 23:17:28 ID:/Z6zbuXE0
現物なんか見る機会、そうそうないしね。

922 :本当にあった怖い名無し:2007/03/17(土) 23:24:10 ID:UdAtuv170
オズボーンの娘だって知ってれば大丈夫だろう。

923 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 00:22:31 ID:UglA54q30
>ttp://abcdane.net/blog/diary/archives/diary/archives/img/0508/53253604.jpg

マザ2のポーキー思い出していちごどうふ吹いた

924 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 03:46:50 ID:hI7++X5R0
ちょっと乗り遅れたけど、私が金田一で一番「ええっ!?」と思ったのは雪影村殺人事件だな。
推理が終わり、確か犯人も自殺。
全てが終わって後は帰るだけ…のところで金田一があるおじさんに会いに行く。
そのおじさんは、事件のきっかけになった自殺した女の子の本当の父親だか何か。
自分のせいで殺人事件が起きたと後悔しているおじさんを
金田一が「あんたが何とかしていれば、この事件は起きなかったのにな…」のように責める。

うろ覚えなので違ったらごめん。
初めて見たとき、後悔してる相手に追い打ち掛けるためだけに会いに行く金田一にウゲッとなった。

925 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 06:14:56 ID:NlZjngTLO
>>919
それを買うのは、オズボーンファミリー見たヤツだから無問題。
動くケリーを見た後なら怖いものは何も無い。
よく修正したな〜位のもんだ。

926 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 07:22:36 ID:ck2DBvgI0
>>924
いや全然違うぞ

犯人は自殺しようとするが止められる。
金田一は偶然自殺した子の父親に会うが、関係者だとも名乗らなかった。

事件の発端となった女の子の自殺の理由が後味悪い。
自殺した女の子は犯人の子供を身篭っていたのだが、
「あんたの離婚して離れ離れになってる父親は犯人の父でもある あんたは近親相姦してる」
と父親が同姓同名である事を利用した悪質な嘘をつかれたのが理由。
そう嘘をついた子たちも犯人が好きでやっかんでいただけで、
ちょっと一時的に不安な気持ちに陥らせようとしただけで、
それで好きな相手から殺されるというのが可哀相だった。

927 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 09:23:22 ID:L0zV2z+40
金田一と言えば、かなり初期の頃のまんま「占星術殺人事件」のような
トリックを使った事件のが一番「ええっ!?」って感じだった。

928 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 10:53:25 ID:NdgSYCtv0
>>927
なんで?ねぇなんで?

929 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 11:23:21 ID:kVmRQAB00
本の話ではなく実体験なので、面白くなかったらごめん。

昔住んでた家の近所にAさんというおばあさんが住んでた。
夫がなくなり、娘夫婦は遠方で暮らす独居老人でハナという猫を飼っていた。
このハナをまるで子供のようにかわいがり、ハナもとっても懐いてた。
30年ほど前なので、去勢もせず外飼いが普通だったんだけど、
ある日Bさんの息子が車でハナを轢いてしまった。
Bさんたちは「死んだとわかったらおばあさんは悲しむだろう」と
周りに止められたが、勝手にハナを近所の川に流してしまった。
それ以来、かくしゃくとしたAさんは何とボケてしまい
何時間も朝も夜中も「ハナーハナー」と呼びながら徘徊する様に…
良心の呵責を感じたBさんは、Aさんにハナと同じ模様の子猫を
「ハナちゃんの生まれ変わりだよ」とプレゼントし、Aさんは「ハナが帰ってきた」と泣いて喜んだ。
徘徊も収まり、ホッと一安心したがまたしばらくしたら
「ハナーハナー」と呼びながら徘徊するようになった。
事情を聞いたら子猫のハナはどこかへ行ってしまい、
「あの子はハナじゃなかった」とまた再発したそうだ。
子猫が逃げるなんて当時はよくある事だし、Bさんはまた伝をたどって猫を連れてきた。
Aさんは最初は喜ぶが、しばらくしたら子猫が死に、また徘徊。
とうとう娘夫婦が引き取る事になり、家も処分する事になった。
近所の人も手伝いで家に行ったら、奥の貯蔵室兼洗濯室から凄い臭いが。
洗濯機をよけると、そこには袋に入れられた子猫の死体が二つあったそうだ。
そして家の中の紙と言う紙、新聞チラシ、果ては本に至るまで
弱々しい字で「ハナヤ ドコヘイッタノ」「ハナヤ カエッテオイデ」「ハナ ハナ」と綿々と…
田舎の事で噂も早く、Bさんはいつの間にか引っ越していった。

930 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 11:38:53 ID:qAfQimZU0
最初からハナの死体を見せて「ハナの死」を知らせてあげればよかったのに…。
いっときの感情で罪を隠匿しようとすると、あとあと長引いてよけい苦しむことになるんだな。

931 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 11:41:32 ID:m032tuxD0
去勢もせず外飼いって、単に近所に住み着いた野良じゃないのかな。
しかも一回目、事故とはいえ認識としては行方不明とされている事例があったにもかかわらず
逃亡防止措置も取らずにまた逃げられている。既に痴呆は始まっていたんだろう。
痴呆の初期を看過し、悪化して初めてケアを行う風潮は改められるべきだろう。

Bさんは出来る範囲でかなり頑張ってる印象だけどな。
2匹目の子猫の死が本来のハナの場合であっても、さほど変わらない結果だったのではないだろうか。
それでもBさんが加害者的非難を余儀なくされるという日本社会の闇を感じるな。

932 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 11:56:56 ID:m032tuxD0
>>930
似たようなモチーフが縦糸になっている少女漫画があった。
主人公の天才マジシャン(保護者)とヒロインの少女(被保護者)が色々な事件に関わっていくストーリーで
ヒロインの両親が主人公の師匠にあたる。二人は新作の練習中の事故で、ヒロインの目前で焼死する。
主人公は催眠術でヒロインのその記憶を仕掛け箱に閉じ込めるんだけど(箱が開くと記憶が戻ると言う暗示)
そのことにより思い出したときの衝撃は成長していく、という設定だった。
本人は良かれと思ってやったんだろうけど結果としてランダムな時限爆弾を設置した状態。

割とえぐい表現も多いがヒロインがゴキブリ、、ムカデ、ネズミのたむろする地下室に閉じ込められる話が
奇想天外な殺人劇よりもずっとありえそうで後々まで気持ち悪かった。

933 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 12:03:48 ID:SG2FG+pkO
子猫の死体は二つあったんだね。埋めずに…。
おばあさんは子猫を殺したんだろうか。
やっぱり最初にハナの死体を見せるべきだったのかな?

934 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 12:04:00 ID:1yUtl8kH0
>910
kwsk

935 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 12:07:50 ID:kVmRQAB00
>931
猫の死体は2個あったんだよ。
最初の子猫と次の子猫。
最初の子猫が居なくなった、というのは回りの判断で
実際は家の中で何か「ハナではない」とAさんが認識した時点で…
という想像した。
それに今なら虚勢なしの外飼いなんて野良扱いだけど、
30年前の田舎はそれが普通だったんだよね。


936 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 12:26:07 ID:yFPnr1wA0
誰が悪いわけでもないっていうのがさらに後味の悪さを際立たせるね。
まあでもハナが自然死でも同様の結果になったんじゃねえかと思うよ。

937 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 12:45:47 ID:qAfQimZU0
いや、ちゃんとおばあさんがハナという飼い猫の死を認識して、
埋めるなりなんなりして心の整理をつけられたら、後の死んだ子猫を隠したり、
痴呆が早まって奇行を繰り返したりしなかったんじゃないか?
「ハナがいなくなってしまった」っていう出来事がおばあさんを追い詰めたんだと思う。
その後で違う猫をあてがったってもうおばあさんの心は壊れてたんじゃないかな。

938 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 12:57:33 ID:2LtDPuXK0
>>936
誰がわるいってわけでもないって、Bが明らかにわるいだろう。

939 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 15:45:33 ID:/M0YNS+J0
単に飼ってるうちに死んだだけかもしれんし、
子猫殺したとか言ってる奴等が後味悪いわ。

940 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 16:09:15 ID:qXpnV55o0
そういう風にも想像できるってだけで実際殺したとは誰も言ってないと思うが、
真実はどうあれ殺してたほうが後味は悪いよな。

941 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 16:26:55 ID:vnvA1brM0
>>931
>去勢もせず外飼いって、単に近所に住み着いた野良じゃないのかな。
>30年ほど前なので
この行が読めないのか。

942 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 17:33:09 ID:4fqL5CAl0
ガイシュツかもしれない。
小さい頃漫画で読んだ短編集のなんだけど、それがまた全編通して薄気味悪くて後味悪くて
ものすごいインパクトだった。
中でも一番後味悪い話が『ダンボール』というのだった。あちこちうろ覚え、長文失礼。

多分中学生か、高校生か。
クラスのいかにも悪そうなやつらに、イジメを受けている男子がいた。
そしてその男子を庇ったり優しくしたり、なんとかイジメを食い止めようと
頑張っている女子がいた。多分そいつのことが好きだからだと思う。
ある日の放課後、男子は誰もいなくなった校内でいつものメンバーにちょっかいを出される。
逃げようとする男子を追いかけて捕まえて、大きめのダンボールに押し込んでしっかりとふたをして、
ダンボールの6面にそれぞれ「毛刈り」「リンチ」「万引き」とか、そういった罰ゲームのメニューみたいな
ことを書いて、階段から蹴り落とした。「ごきげんよう」のサイコロ投げるやつ、丁度あんな感じで。
出た目にはしゃいで(何が出たかは覚えていない)ダンボールを開けてみたら、階段から転げ落ちるときに
やばいところにジャストヒットしたのか、男子は頭が割れて死んでいた。
途端にビビりまくるいじめっこ達。「俺たちのせいかよ」「ちくしょうなんで死んでやがんだ」
細部は覚えていないんだけど、多分ダンボールごとどこか人目のつかないところに処分したんだと思う。

一方、男子の帰りが遅いことに心配になった女子が学校へもどってみる。
いじめっこたちは死体をどうするかで相談していた。
そのとき、ズズッ、ズズズッ、と何かを引きずる音が。
いじめっこ達が音のした方向に目を向けると、そこには血にまみれた、あの
「ダンボール」があった。
ダンボールはいじめっ子の一人にばっと飛び掛って、頭にかぶさる。すると
そいつの頭をグシャグシャガリガリと削り始めた。
悲鳴をあげて学校内を逃げ回るいじめっ子。でもダンボールはそいつらを静かに追いかけ、一人、また一人と
頭にかぶさって殺していく。
とうとう最後の一人になったとき、その最後の一人と学校に戻ってきた女子が出くわした。必至で助けを求める
いじめっ子にダンボールが背後から飛びついて、女子の目の前で最後の一人を殺す。

続きます。


943 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 17:34:08 ID:4fqL5CAl0
続き。

で、立ちすくむ女子の前に、ダンボールが近づいてくる。
すると女子の目の前に、死んだ男子の幻?みたいなものが現れる。
幻は手を伸ばして、女子を優しく抱きしめる。
女子は名前を呟いて、抱きしめ返そうとする。
ここでページを開いて、次の右ページにいくんだけど・・・。
一コマ目で男子の幻は消える。
2コマ目で見開いた女子の目のアップ。
一番大きな3コマ目、下から正面の視点で、立ち尽くす女子の頭にかぶさった
ダンボールが、女子の頭をガリガリ削る。

これで終わり。

絵柄は諸星大二郎をもっと丁寧に上手くしたみたい?
文章で書くとギャグみたいなんだけど。とにかく後味悪かった。絵柄のせいもあったな・・・。
何十年も経った今でもごきげんようのサイコロのシーン見ると思い出してしまう。
作者名すら不明。もう一回読みたいんだけど・・・知っている人いないかな。


944 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 17:51:55 ID:m032tuxD0
>>941読めていないわけではない。
実質的に野良猫と区別が付かない環境というあたりを言いたかった。
代わりの猫を調達して云々と言うくだりに誠意を感じたのは30年前というのを考慮した評価だよ。
現在は変わりつつあるが、動物は子供代わりに可愛がっていたとしても器物扱いだからね。

945 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 17:56:37 ID:2LtDPuXK0
>>944
器物扱いなのは別に現在も変わらないが、そのことと「轢き殺したことを黙って、別の猫を渡す」ことを誠意だという
ことは別問題だと思うが。

946 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 18:00:04 ID:SG2FG+pkO
>>942-943
かばったのにこの仕打ち!女の子がすごく可哀相だ。
すでに男の子のとは別の「何か」になっちゃったのかね。
それでもやる瀬ない。非常に読みたくなりました。

947 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 18:35:26 ID:yrjRGLWh0
>>928
占星術殺人事件は島田荘司の小説。
二つ目(だったと思う。927の言う通りかなり初期)の事件にしてパクリかよ!?と騒ぎになった。
最近文庫落ちしてたけど『占星術殺人事件』のトリックを使ってると明記されてたとか。

948 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 18:39:57 ID:3jEDXkO+0
>>942-943
明日からごきげんよう観られないじゃないかどうしてくれるw
昼ドラ観る時はギリギリまで違うチャンネルにしておかねば

949 :sage:2007/03/18(日) 18:58:07 ID:gqPJDlee0
ごきげんようで堺正章が退院後にめっちゃ老け込んでたのが
後味悪いというよりやるせなかった

950 :sage:2007/03/18(日) 18:59:19 ID:gqPJDlee0
×堺正章
○小堺一樹
ですた

950なんで次スレ立てますね

951 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 19:11:04 ID:isOCuCrg0
それにしても、このスレ進行が早い。
みんな、よく知ってルナー。

952 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 19:18:17 ID:gqPJDlee0
規制がかかっててスレッド立てられません><
すみません、誰かかわりにお願いします

953 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 19:21:38 ID:Gcl85V5t0
>>947
確か裁判になったんじゃなかったっけ?

954 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 19:38:21 ID:VJRRofht0
後味の悪い話 その66
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1174214205/

955 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 20:33:33 ID:VRswSTUq0
>>953
kwsk

956 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 20:36:34 ID:gqPJDlee0
>>954
どうもありがとうございます

957 :記憶女:2007/03/18(日) 22:29:23 ID:MLyXmufHO
|ン、)ジー…

958 :947:2007/03/18(日) 22:57:55 ID:ck1wevTK0
>>953
スマン、そこまでは知らんわ。ググって見たけど詳しくは解らない。
そんな自分も知らずに金田一→占星術と読んでしょんぼりしたクチという

>>954
乙!

959 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 23:02:50 ID:DkS7rmCQO
かなり昔のドラマであちこちうろ覚えなんだけど…

主人公のもとに陣内孝則扮する天使が現われた。
天使は命題と称し、主人公に様々な無理難題を吹っ掛ける。
主人公は全て自分の為になること、と努力を重ね命題をクリアしていく。
そして再終話。
最後の命題をクリアした主人公の前に男性が登場。男は天使の正体がある精神病院から脱走した患者だとかたる。
ラストは乗せられた車の窓から笑顔で手を振って去っていく天使のシーン。

結末もそうだが、命題はテレビ画面などの一般人には不可能な手段で与えられたりしたのが理解できなかった。

960 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 23:07:38 ID:kadpmSyl0
>>959
「天国に一番近い男」だね。
TOKIOの松岡主演

961 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 23:16:01 ID:5tl+eafP0
>>942
『ATTACK OF KILLER 段ボール』 矢口順一

じゃね?

962 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 23:29:18 ID:yD25YhMAO
>>959
懐かしい。好きだったよこのドラマ。
解釈するとすれば、天使も神様も本当にいて、陣内に代弁させていたとか乗り移ってたとかそんな感じなのかな。
当時消防だったが、自分は後味悪いというよりは陣内の素性が明かされてしまったことが寂しかった。

963 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 23:38:17 ID:vzk1281B0
金田一の占星術殺人事件は、
島田のオマージュかと思っていた。びっくりだ。

964 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 23:39:52 ID:BeXW/QhNO
>>959
二作目で、陣内は本当の天使だと判明する(一作目のは身体を借りただけっぽい)
一作目の時点でも、最後に松岡に気付かなかった辺りであぁ身体借りてたのかー、と思ったから後味は悪くなかったなぁ。

965 :928:2007/03/18(日) 23:49:53 ID:NdgSYCtv0
>>947
解説ありがとう。
「占星術殺人事件」を知らなかったから、
金田一のサブタイの1つかと思ってた。
そりゃあファンからすれば後味悪いよなぁ……
明記されるようになって少しはすっきりかな?

>>927
絡む言い方してすまんかった。

966 :本当にあった怖い名無し:2007/03/18(日) 23:51:29 ID:FyVv+56J0
>>963
金田一少年のパクリはかなり悪質で有名だったよ。
一時は「金田一少年被害者の会」みたいな検証サイトもあったくらい。
被害者も島田荘司一人じゃないしね。

967 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 00:00:29 ID:/M0YNS+J0
最近の金田一はほとんどがちょっと可愛目の女の子が犯人で登場人物を見ただけで犯人がわかってしまう。

968 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 00:53:51 ID:pRXuh7oU0
ごきげんようで思い出したけど
後藤真希がゲストの時
後藤「私、性格がサバサバしてるんですよ」
小堺「(顔が)魚の系統だからね」
ワロタというか引いたw

969 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 01:36:52 ID:1k1ID+MhO
ひどいww
そこまで言えるってことは割と最近、落ちぶれてから出演したんかな

970 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 01:37:26 ID:pRXuh7oU0
>>969
つい最近ですw


971 :942:2007/03/19(月) 07:56:02 ID:eRnaVHUo0
>>961
今調べてみた!!そ の 通 り だ !!!
すごい、まさかズバリ言い当てる人がいようとは!まじありがとう!!!
やっと長年の胸のつかえが取れた感じだ。でも今は絶版だろうな・・・。

>>946
一瞬いい話ダナーと思ったらあんな結末で本当に後味悪かった。
私ももう一回読みたいんだが・・・古本屋にあるかどうかすらも・・・。
ほかの短編も本当に気味悪くて後味最悪なものばかりでした。

972 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 09:40:31 ID:LFQbIpQy0
>>914
田丸麻紀は大阪の岸和田出身と言ってるけど本当は
和泉市出身→岸和田の学校に通ってただけなんだよね。
だんじり・清原で有名な岸和田の方が和泉ナンバーより
インパクト強いから岸和田出身と名乗ってる

973 :1/2:2007/03/19(月) 10:14:41 ID:ljLAuqMlO
キシュツかもしれんが、キングダムハーツ2ってゲームの話。


残り少ない夏休みを友達と一緒に過ごしていた主人公の少年。
彼は以前からまったく面識のない少年とその友達が戦ったり遊んだりしている不思議な夢を何度か見ていた。
そんな中彼の身の回りに不可解なことがたくさん起こり始める。(化け物が襲いかかってきたり、突然手の中に武器が現れたり、自分以外の人の時間が止まったり等)

そして夏休みもあと1日というところで彼は謎を解明すべく、自分をよく知る少女(面識はない)にある屋敷に案内される。
そこで段々と思い出す自分のこと。聞かされる出生の秘密。
彼は屋敷の地下に眠る夢に見た少年の一部だった。
一年前ある事件により記憶をバラバラにされてしまった少年はその記憶を修復すべく眠っていた。
ようやく修復が終わり後は主人公の少年が同化すれば完成だと言う。
その修復が終わるまでの間、少年に別の記憶を植え込み今まで過ごさせていたのだ。
更に彼が今まで過ごしていた町は本物を元に作り出された偽物だった。勿論友達も
それを知った少年は悲しげに、眠る少年の前に立ち、
「うらやましいよ…あと1日だったのに…俺の夏休み、終わっちゃった」と言って消えてしまう。

974 :2/2:2007/03/19(月) 10:17:02 ID:ljLAuqMlO
そのあと眠っていた少年(彼が本当の主人公)は普通に目を覚ますが一部だった少年のことは何も覚えていない。


何も知らずにいた頃の友達と楽しげに遊ぶ少年を思い出して悲しくなった。
消えなくてもいいんじゃないかと

975 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 11:07:53 ID:DdsYI1XYO
昨日の華麗なる一族の最終話が後味悪かった。細部をカットした粗筋だからハマッてた人はちょっとゴメン。

舞台は戦後の日本。銀行の頭取である万俵大介(欣也)は事業拡大のためなら自分の子すら政略結婚の道具に使う非情な男。
実父が妻を襲い、長男・鉄平(キムタク)を産ませたのでは…という疑念に心が冷えていたからだ。
生前のじいさんに似て人を惹き付け、才能を開花させる鉄平。
じいさんが飼ってた鯉ロボが鉄平になつくのを見て疑いは確信に。
鉄平の舅である大臣を失脚させたり(失意のまま大臣死亡)、
鉄平が専務を務める阪神製鉄の融資問題を裏で操作し、会社を倒産に追い込んで取引先の銀行を吸収合併に持って行こうとするなど、
手段を選ばず鉄平を落とし銀行を発展させようとする。

大介の思惑に気付いた鉄平は裁判を起こす。大蔵省を味方につけ、勝とうとする大介だったが、参謀だった経理担当の錢高の証言で鉄平が優勢に。

※これが先週までの話

976 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 11:09:36 ID:DdsYI1XYO
大介側の人間が阪神製鉄の幹部に入り、鉄平は職を追われたあげく裁判も中止にされる。
鉄平を慕ってストを起こそうとする従業員達を叱咤し、『俺の夢を叶えれ』と言い残して去る。
その後、次男とちょっといい話で絡みつつ、呼び出した父親に『愛したかったけど愛せなかったんだモン』と言われて傷つき、鯉ロボに八つ当たり。
クリスマスに電話で妻・早苗に『メリークリスマス』を告げて失踪。
大晦日の雪山で猪にシカトされ、阪神製鉄の作業ジャケットをまとい、じいさんの猟銃で自らの脳天を撃ち抜く。
銀行合併の記者会見中に鉄平の死を知った大介が警察署に駆け付けると、警察官(ネンジ)から『(銃は)タマ一発の男らしい死でした』と死亡診断書を渡される。
血液型の欄が思っていたものと違うのを見て大介は警官に詰め寄る。警官曰く戦中はこのような検査ミスが多かったという。
鉄平が実子と知り打ちひしがれる大介に、早苗は鉄平の遺書を渡す。『血は繋がらなくとも僕の父は万俵大介。できれば一度でも微笑みかけて欲しかった』の下りに涙し、心を入れ変える大介。

977 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 11:12:01 ID:DdsYI1XYO
大介は最強のパートナーでもあった愛人も切り、新銀行のパーティーに出席する。しかし、裏では大蔵大臣が更なる銀行の吸収合併を囁いていた。
『目標を失った父さんはもう勝てないだろう』と呟く次男。
鉄平の葬儀の日、阪神製鉄の煙突から煙が昇るのを眺める大介と家族たち。
『その煙は今でも昇り続けてる』というテロップが出て、エンディングで鯉ロボ死亡。

なんていうか、散々引っ張っておいて実の親子かよってゆう。

978 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 11:20:11 ID:gBtV8hxb0
>>977
サンクス!

見てなかったからあらすじがわからなかったんだよ。


979 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 11:20:52 ID:gBtV8hxb0
>>977
サンクス!

見てなかったからあらすじがわからなかったんだよ。


980 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 11:26:20 ID:ZPvUy/o/0
最後の5分だけ見た。
妹に、「どんな話?」って聞いたら
「キムタクがイライラして鯉に石をぶつけて自殺した。」って説明された。


981 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 11:26:56 ID:rWDoQIxF0
鯉ロボワロタ

982 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 11:45:01 ID:rMDfuhoi0
山崎豊子はいやらしい小説を書くよな

983 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 11:48:19 ID:D2+IPV+QO
>>980
ちょwキムタク最低だなwww

984 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 12:08:06 ID:KyvLvaHh0
いいドラマだったぞ。
一通り終わったあとに、
キムタクが最後過ごした小屋のシーンに戻って、
人は明日の太陽を夢見て生きる〜
だけどなぜ俺は明日の太陽を拝めないんだろって呟き、キムタクの絶望した顔のアップで終わる。


985 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 12:45:52 ID:RvGKTCiU0
昔新聞で読んだ科学コラムの一説。
血液型による親子鑑定と言うのは、アミノ酸の並びは存外ランダムに揺らぐので
絶対的ではないという話。1000人に一人くらいで変異(?)していわゆるABO式に外れた
発現をすることがあるという要旨だったと思う。数字がうろ覚えだけど割りと高確率だった。

そのわりにはABO式が盲信され続けている現状を省みて
いったいどれほどの人たちがあらぬ疑いをかけられているかと思うとぞっとしたよ。

986 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 12:54:33 ID:B2RPmwlI0
いまは、DNA鑑定だから、大丈夫なんじゃないの。
でもまー、100%じゃないんだけど。

987 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 13:44:46 ID:64kkXzmbO
小学生の時、
友達数人と放課後暗くなるまで学校で遊んでたら
気付いた時にはもう先生達も帰ってて恐い思いした事がある。

988 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 13:51:11 ID:rMDfuhoi0
そういえば夫婦間に生まれてくる子供の1割が夫の子供じゃないそうだ
その上DNA鑑定を禁止するようになるそうだし

989 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 13:51:47 ID:gBtV8hxb0
>>987
どこら辺が後味悪いですか?

990 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 14:04:03 ID:KyvLvaHh0
DNA鑑定の禁止ってマジ?
なんで?

991 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 14:10:31 ID:RvGKTCiU0
>>988
両親が希望しても禁止されるの?個人情報関係で問題がでたのかな。
個人的な感想としては疑い続けてギクシャクした関係をになるよりは
すっきり証明してしまったほうが良い気もするが。

夫婦間の子供の一割が〜というのは、事実上何年も別居している
書類の上でのみの夫婦の方割れが別の相手との間でつくった子供や再婚禁止期間中に生まれた為
前夫の子になったというケースもカウントしているのかな。そのへんで印象が随分変わってくる。
そもそも夫の子でないというのはどうやって調べたんだろう。

統計の数字はあからさまに世論誘導を謀っている場合があるのでつい斜に構えてしまうな。

992 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 14:11:29 ID:BW2nYgP50
ドイツなんかではそういう法案がだされてるよね。
日本だと、出生前親子鑑定について産婦人科学会が協力しないようになったらしい。
>>988の書き方だとあらゆる鑑定を禁止するかのように読めるがそういうことではないわな

993 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 14:13:22 ID:LFQbIpQy0
>>976
>警察官(ネンジ)って小林稔治?
あれは前田吟だよ

994 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 14:20:39 ID:KyvLvaHh0
たしかに出生前親子鑑定は問題ありそう。

このガキ俺の子じゃねーから堕胎しろとか、
堕ろせなくなっても真木蔵人みたいな妊婦キックとかさ。

995 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 14:24:20 ID:gBtV8hxb0
>>真木蔵人みたいな妊婦キック

後味悪いですね。

さすが真木蔵人w

996 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 14:26:37 ID:64kkXzmbO
>989
君可愛いよ

997 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 14:55:18 ID:4Os9zWvRO
仲たがい

998 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 14:56:47 ID:4Os9zWvRO
アンメルツヨコヨコ

999 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 14:57:44 ID:4Os9zWvRO
セコムシテマスカ

1000 :本当にあった怖い名無し:2007/03/19(月) 14:58:42 ID:WtS95gLEO
1000

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

352 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)