5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

後味の悪い話 その67

1 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 11:02:27 ID:eXJVgSvQ0
1 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/03/18(日) 19:36:45 ID:VJRRofht0
■注意■
・ネタバレ必須です。 既出上等。
・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。(>>2-3参照)
・ageよりsage進行でおながいします。
・映画や小説、漫画、ネットの噂などのネタやコピぺも可です。
・1回で投稿しきれない長文は、投稿前にメモ帳でぜんぶの文章を
 書き終えてから、連続投稿してください。
・漫画ネタを見たくない人は「漫画」「まんが」「マンガ」「アニメ」を
 NGワード登録しておくと快適にご覧いただけます。

聞いた後に何となく嫌な気分になったり、
切なくてやりきれない夜をすごしてしまったり、
不安に駆られたり、体中がむず痒くなるような話を語り合うスレです。

★重要!
【次スレは950を踏んだ人が立てて下さい。】
 ※950が立てられない場合は早めに申告して下さい。
   次スレが無いのに埋める荒らしが居るため、スレ立ては最優先でお願いします。
   950を超えたらネタの投下は次スレまで待つぐらいが良いでしょう。

前スレ 後味の悪い話 その66
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1174214205/
過去ログはこちらからどうぞ
http://makimo.to/cgi-bin/search/search.cgi?D=occult&q=


2 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 11:03:50 ID:eXJVgSvQ0
ネタの書き込みの悪い例

644 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2005/07/04(月) 00:30:22 ID:zO++YlwT0
>>639
普段のゲーマーっぽくまとめてみた。

マウントスノーの村が後味悪い。老人は酔った勢いで口を滑らせただけなのに、
50年間たっても許されない。

でも主人公たちが頼んだら許してくれて、よかった・・・と思ったら老人は
若返らず、友達や知り合いにも、あの爺さん誰? とか
言われてる。
しかも女王は「自分だけ50年の歳月が流れている。それが本当の罰です」とか
言ってるし。じゃあ今までのは罰じゃないのかよ! と・・・orz

3 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 11:04:24 ID:eXJVgSvQ0
ネタの書き込みの良い例

638 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2005/07/03(日) 23:17:30 ID:jOuzepYG0
既出かな。

ゲームのネタでDQ6の雪国の山奥の村の老人の話。
細かいことは覚えてませんが、だいたいこんな話。

主人公たちがやってきた雪深い山奥の村は、住民が氷漬けにされていて、
生きて動いているのは一人の老人だけ。

昔、若者だった老人は山奥で、氷の女王に遭遇してしまう。
絶対に私と会ったことを口にしてはいけないと口止めされたにも関わらず、
老人は酒場で酔った弾みに友達にそのことを話してしまう。
気づいたら老人だった若者以外みんな凍りついていた。

罪の意識を感じた老人は、無人の村で孤独に50年過ごす。

主人公たちは女王様に会いに行って村にかけた呪いを解いてもらうように頼む。
女王様は彼ももう十分苦しんだでしょうからね・・ってあっさり呪いを解いてくれる。

呪いが解けて活気が蘇った村で、酒場で50年前の続きをやっている友達や知り合いに、○○(老人の名前)の部屋にいるあのジイサン誰だろうな?って言われる老人。
老人が若返ったりする救済無し。

「周りがあの時のままなのに、自分だけ50年の歳月が流れている。それこそが彼に対する本当の罰です」
このイベントの後に女王を尋ねると、↑みたいなことを言っていた気がする。

結果的に彼の不幸によって主人公たちは伝説の剣を手に入れられるんだけど。
後味悪い。

4 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 11:07:46 ID:d3WKZQfMO
乙!!

5 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 11:19:22 ID:foTa6H13O
>1乙です。


997:本当にあった怖い名無し :2007/04/03(火) 11:06:09 ID:eXJVgSvQ0 [sage]
うめ

998:本当にあった怖い名無し :2007/04/03(火) 11:06:43 ID:eXJVgSvQ0 [sage]
うめ

999:本当にあった怖い名無し :2007/04/03(火) 11:07:21 ID:eXJVgSvQ0 [sage]
うめ

1000:本当にあった怖い名無し :2007/04/03(火) 11:08:26 ID:FfSsgjxP0
1000ならみんな幸せだけど、私が一番幸せ



6 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 13:18:14 ID:y33/O5hKO
みんなしあわせ♪

7 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 13:21:55 ID:XDVUYe4Y0
みんな不幸になれwwwwwww

8 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 13:31:41 ID:LnmIb0NXO
>>7
お前、笑い過ぎて二行目がすごく速い心電図みたいになってんぞ

9 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 13:46:50 ID:Ftbj4O76O
2行目なんてどこに

10 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 13:48:09 ID:BGxa/XRe0
バカには見えない二行目でございます

11 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 13:58:25 ID:jvNsPBu10
死兆星みたいなもんだね

12 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 14:05:48 ID:7U2RTmjwO
禁句一覧

・〜って話が後味悪いから読んでみて
(あらすじ紹介しない)

・さっきテレビでやってたドラマ(アニメ)後味悪かったよね、誰か見た?
(あらすじ紹介しない上、その後数人でテレビの話題で盛り上がる)

・みんな知ってそうだからあらすじ省くけど、〜って後味悪いよね
(自分が読んだ本はみんな読んでると思い込む)

13 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 14:55:32 ID:hTj+/sbcO
>>8
死ね

14 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 14:56:33 ID:AhuxV+W8O
追加

・朝鮮、在日

15 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 15:10:47 ID:sVv0pHrX0
>>14
なんだ、朝鮮人の話が聞きたかったのか。じゃあ早速。

全く同じ文章なのに正反対の意味になる不思議
日本人「人の嫌がる事を進んでやります」
朝鮮人「人の嫌がる事を進んでやります 」


16 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 15:13:32 ID:vIwMoVJcO
>>15
不思議だ・・・。
妙に納得してしまうw

17 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 15:23:58 ID:sVv0pHrX0
>>14
韓国のバラエティー番組の一コマ

「悪いことをするときは日本人というんだよな、必ずね」
「足を踏んだら、すいません(日本語で)」
観客爆笑
「小さな愛国心ですよ(笑)」
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=ttalk&nid=610301


18 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 15:51:08 ID:8hdCkz9l0
既出かな。

ゲームのネタでDQ6の雪国の山奥の村の老人の話。
細かいことは覚えてませんが、だいたいこんな話。

主人公たちがやってきた雪深い山奥の村は、住民が氷漬けにされていて、
生きて動いているのは一人の老人だけ。

昔、若者だった老人は山奥で、氷の女王に遭遇してしまう。
絶対に私と会ったことを口にしてはいけないと口止めされたにも関わらず、
老人は酒場で酔った弾みに友達にそのことを話してしまう。
気づいたら老人だった若者以外みんな凍りついていた。

罪の意識を感じた老人は、無人の村で孤独に50年過ごす。

主人公たちは女王様に会いに行って村にかけた呪いを解いてもらうように頼む。
女王様は彼ももう十分苦しんだでしょうからね・・ってあっさり呪いを解いてくれる。

呪いが解けて活気が蘇った村で、酒場で50年前の続きをやっている友達や知り合いに、○○(老人の名前)の部屋にいるあのジイサン誰だろうな?って言われる老人。
老人が若返ったりする救済無し。

「周りがあの時のままなのに、自分だけ50年の歳月が流れている。それこそが彼に対する本当の罰です」
このイベントの後に女王を尋ねると、↑みたいなことを言っていた気がする。


19 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 15:51:14 ID:kFa9NGT/0
蛍の墓の話が前スレに出てたので思い出したけど、
野坂は少年時代の飢餓がトラウマで、
親父が県副知事だったりしてサラリーマンの月給の二倍以上の小遣いを貰ってても、
毎日明日の飯が食えないんじゃないかって心配してたんだってさ。


20 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 15:53:36 ID:FEn3XH+P0
>>18
おまえはなにを言ってるんだ?

21 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 16:06:52 ID:3iHxKOckO
>>20
いやだから、一人だけ年食って損でしょって話。

22 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 16:08:18 ID:XDVUYe4Y0
>>15
オマエ、天才だな。

ちょー納得wwww

嫌韓スレにも貼ってやれwwwwwww

23 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 16:10:22 ID:FEn3XH+P0
>>21
>>3

24 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 16:13:44 ID:eSBA10Cs0
小学校のころ図書室に『地獄絵図』のようなタイトルの絵本があった。
中身は本当に地獄の様子が昔の絵(風神雷神の時期のような絵柄)で
ひたすら描かれていて、鬼が人を巨大なすり鉢に放り込んでグチャグチャに
しているのがトラウマ。
誰か似たような絵本読んだ人いるか?

25 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 16:16:46 ID:s2xcxloV0
>>21>>1から読み直すと、もっと後味の悪い経験をすることができる。

26 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 16:18:16 ID:gzZw3we50
>>24
近所の神社に「地獄めぐり」っていうのができるとこがあってそこには
そういう地獄の処刑方法がいっぱい書いて飾ってあった。
火あぶり、首切り、猛獣に食われるなど・・
小学生の頃はめっちゃ恐ろしかったよ・・・
この前行ったら楽しかったけど。

27 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 16:23:59 ID:AhuxV+W8O
追加
・嫌韓は専用スレ行け

28 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 16:31:27 ID:GtZFXizT0
>>27
幾つか前のスレにわいたウジ虫が、春になってまた蠢きだしたか?

29 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 16:41:49 ID:XGV7U0FR0
>ID:AhuxV+W8O
だからお前は嫌われる。わかるか? 民族じゃない。お前の行動や性格で
お前が嫌われるんだ。そしてお前みたいなのが集団になっていれば、その集団も
そりゃ嫌われるだろうよ。

30 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 16:47:45 ID:zK3A5bYLO
特定のネタだけ、やたらとすぐにスレチだと騒ぐ人が出るんだよね。
騒いでいるやつこそスレチなのに、そこへ粘着する奴は出ないんだよね。
ふしぎふしぎ。

31 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 17:06:25 ID:T/eUE5g50
単発IDが多くなるのもこの話題の特徴ですね('∀`)

真のスレチガイっつったら、>24と>26じゃないのか?w

32 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 17:56:53 ID:XGV7U0FR0
マジレスすると、「マンガ」「アニメ」云々〜ってのもテンプレからはずしたほうが
いいとは思う。スルーなんて各自がやるものでさ。
でないと、大騒ぎすれば自分に興味のない話はいくらでも消してもらえると
考える甘えん坊が増える。なんでも制限すると、面白い話が出る可能性も減っていくよ。
本末転倒。

33 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 18:08:05 ID:AhuxV+W8O
ちょ… お前よりは嫌われてねーよ

34 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 18:09:56 ID:AhuxV+W8O
リアルではね

35 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 18:17:21 ID:YiyhCwceO
>32
そうそう。スルーしとけば良いものを、「朝鮮ネタ禁止」とか騒いで
わざわざ嫌韓レス誘発してるバカが一匹いるけどね。

36 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 18:18:17 ID:cX3RtdVB0
「リアルでケリつけようぜ」
を思い出した。

37 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 18:49:32 ID:WBUPjZ0zO
話題に乗り遅れた…
>>18の話は前スレであったよね
クリアしたのに全然記憶に無い自分が後味悪いって書き込みしたかったのに

今更ながら1乙

38 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 19:30:08 ID:ejcIwKUd0
38

39 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 19:41:57 ID:/H9i1ve30
>>37
テンプレくらい読もーぜ

40 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 19:51:46 ID:tViwOuOwO
中学の時にクラスで合唱した『ゴリラのジジ』という歌。

(歌詞)

ゴリラのジジに
愛されるなんて思ったこともなかったのです

私ジジが好きでした
でも、ジジがとても好きだったのは
ただの友達だった時
ジジが私に恋を打ち明けた途端
私の掌返した薄情ぶりときたら…

私は腹黒い
きっとイヤらしい魔女なのよ
ジジを急に引き裂いてバーベキューにしたい程
憎くなったの

ゴリラのジジ
ゴリラのジジ

あなたがホントの人間で
私が偽の魂を悪魔に売った
獣でなくてなんでしょう

41 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 19:54:17 ID:tViwOuOwO
なんか、ゴリラ→人間に恋愛感情とかよく分からないし、
主人公は『魂を悪魔に売った獣』とか自分を責めすぎててよく分かりません。

後味悪いか分からないけど、モヤモヤしたので書き込みました

42 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 19:59:04 ID:nGOfTreP0
>>24
地獄のそうべえって絵本があったな。
そうべえさんが地獄に落ちて
血の池地獄やら釜茹で地獄を体験するやつ。
話は後味悪くなかったけど、絵はこわかった。

43 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 20:18:06 ID:mogvw8dw0
>>40
なんかおもしろかったのでググってみた
ttp://siiko.seesaa.net/article/9881647.html


44 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 20:24:03 ID:67UQsSrc0
>>40
この気持ちはわかるな。

45 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 21:15:58 ID:NHCorSbKO
ほんとにゴリラじゃなくて熊田くんをブタゴリラって呼んでるようなもんか。

46 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 21:33:53 ID:m6ZKtJaQ0
名曲
http://www.youtube.com/watch?v=FDY39vT1oL0









台無し?w

47 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 22:20:00 ID:vPw6jXQ00
ある日、貧しい若い農夫が畑で女の赤ちゃんの捨て子を見つける。「このまま
ほうっておいたらこの子は死んでしまう。でもつれて帰っても食べさせるもの
なんてない」彼は迷った末「いいのか? 俺の家は本当に貧乏なんだぞ」と
いいつつ赤ん坊を家へ連れ帰った。

貧しいながら、農夫は一生懸命女の子を育てた。子どもは5歳くらいになると
農作業を見よう見まねで手伝うようになった。あまりの可愛さに「俺たち
いつも空腹だけど、この子を拾ってよかった」と農夫は思うのだった。
女の子が学齢期になると、農夫は相当無理をして学校へ行かせた。
毎日学校から帰ってくると、学校であった出来事を話したり、習った歌を
歌ってくれる女の子をみて「学校へやってよかった」と農夫は思うのだった。
しかし彼らのささやかな幸せが断ち切られる日が来る。
ある日女の子が高熱を出して倒れたのだ。医者に告げられた病名は、農夫が
聞いたこともない難病。しかも治療には莫大なお金がかかるという。

48 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 22:21:32 ID:vPw6jXQ00
「お父さん、治療はもういいよ」という女の子に農夫は「大丈夫だよ、
家を売って治療費を作るから」
しかし女の子は首を振った。「お父さん私知ってるんだよ。家を売って
も50万円、でも治療費は700万円もかかるんでしょ」
「お父さん、あの日畑でお父さんが私を拾ってくれなかったら、私は
死んでいた。でもお父さんと暮らせた8年間、私はとても幸せだった。
それで十分だよ。だから治療はもういいよ」
農夫は泣きながら、女の子を抱いて家へ帰った。「せめて死ぬ前に
なにかしてやりたいが、なにか望みはあるか」と女の子に聞いたところ
「きれいな洋服を着てお父さんと写真を撮りたい」と言ったので、
農夫は、靴下さえはかせたことのない貧しい生活に、この子が文句
ひとついったことのないことを考え、また涙があふれてくるのだった。
彼が女の子の写真を撮ろうと街へ出たとき、この話を新聞記者が
聞きつけた。そして記事にした。

たちまち全国から治療費をまかなえるだけの寄付が集まり、ついに
女の子の治療は再開された。
しかし、手遅れだったのか病状は悪化し、「父」に見守られながら
女の子はこの世を去った。
お葬式は村の集会所で行われた。大雨にもかかわらず、多くの人が
かけつけ、会場に入りきれなかった人たちが何重にも、村の小さな
集会所を取り巻いていた。

49 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 22:27:11 ID:AhuxV+W8O
>>47-48
前スレか別のスレかなんかで見た

50 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 22:32:04 ID:LhwcUg+eO
>>48
普通に良い話と感じる俺は変なのか?

51 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 22:35:02 ID:GtZFXizT0
>>47-48
その後、農夫は、余った寄付金で裕福に一生楽しく過ごしました。

52 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 22:37:04 ID:U/e58EKaO
>51それが現実だよな

53 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 22:37:54 ID:UrFI8xMxO
>>47
>>48
元ネタmixiだよね

54 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 22:59:03 ID:1RE0BlEV0
これで終わりなの?
どこが後味が悪いの?

55 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 23:00:37 ID:77W7Oa340
>>51
たった一行で素晴らしく後味悪くなったよw

56 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 23:24:30 ID:ediaktnr0
>>54
この話自体は単なる悲しい話だけど
「難病で苦しむ子供に寄付を!」って言ってる人達が
子供が死んじゃったとか治ったけどお金が余ったとか言って
寄付金をネコババしちゃう話が多いんだよ。

57 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 23:26:09 ID:fsCVamhU0
でも農夫が>>51のようになったとしても
善行に対する対価のような意味合いを感じたんで責める気はあんまりないな。
この話、世に蔓延している寄付金にまつわる話ほど嫌悪感は無いね。
普通にいい話だと思った。

58 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 23:30:32 ID:77W7Oa340
はぁ?対価?
脳に蛆でも沸いてんのか?

59 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 23:47:13 ID:zK3A5bYLO
>>49
荒らしが平気で会話に参加するなよw
。どんだけ寂しん坊なんだ

60 :本当にあった怖い名無し:2007/04/03(火) 23:48:19 ID:rETAT6020
自分の子供でもない捨て子を拾って育てて、
短い間でも幸せな思いをさせてやった因果応報って感じだよね。
まあたくさんお金が入ってもかわいがってた子供を喪った代償にはならないと思うから後味は悪いな。

61 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 00:12:09 ID:GyO6HPxuO
蛆と言えばダメージ食らうとオモタのかにゃ?(^ε^)♪

62 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 00:23:35 ID:JzaZ95GM0
韓国人のチンコは世界一小さいらしい

63 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 00:23:58 ID:gSrptdBKO
>>61
蛆に蛆っつっただけだろうが

64 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 00:24:56 ID:PbwK3gxzO
糞以下だな

65 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 00:30:50 ID:Mj33Q1oFO
「蛆でも沸いてんのか?」
蛆に蛆って言ったんじゃないと思うんだが。>63

66 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 00:34:33 ID:gSrptdBKO
蛆わいてるような奴は蛆と同類だ

67 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 00:43:19 ID:XFOqxF5O0
>>56
そういう、「でも、現実には○○な奴がいるんだよなあ・・・」という知識で話への
感想が変わるのは興味深いよね。
だから大人になると子供の頃に感動した話を違った視点で捉えられたりさ。

68 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 00:43:27 ID:abxXZhyc0
もうやめて

69 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 01:17:52 ID:vUVDVZUh0
これを寄付金詐欺と結び付けて考えるような底意地の悪さは俺には無いなあ

70 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 01:42:30 ID:eyZdD8A00
>>69
だから後味が悪いんじゃないか。

71 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 01:45:46 ID:LWFeyYh80
それほど強烈ではないけど

913 名前:愛と死の名無しさん[sage] 投稿日:2007/03/28(水) 19:23:36
サムかったというか、ビミョーだった披露宴。
くじで当った人たちが、新郎相手にゲームで対決。
「新郎に勝った人には豪華賞品」といってた。
スクリーンをつかって「ぷよぷよ」対決。
「新郎の専門ではないが、勝敗つきやすいし、初心者でもわかりやすいゲームだから」
ということだったらしい。
もちろん、専門じゃないといっても、ゲーム好きの新郎が圧倒的に強くて
「新郎祖父」「新婦友人」「新婦叔母」が次々と撃沈。
ゲームの腕を見せ付けて、5人抜きとかやってかっこつけたかったようだが
素人(特に老人)相手に5連鎖とかやって勝ち誇ってる様子は
かっこいいというより、みっともなかった。
しかし、4人目にクジで当った「新郎上司(30代後半・男性)」が
あっさり新郎を撃沈。
絶対的に自信を持っていたらしい新郎は憮然。
司会者からマイクを向けられた新郎は
「俺、負けるつもりなかったから、商品なんて準備してないんだよね。
商品準備するってことは、負けを意識するってことじゃないっすか。
俺の辞書に『敗北』の文字はないんです!
でも、上司に勝つわけにはいかないから負けてあげたんすよ。
上司があたるなんて思わなかったんで。クジ運が悪かったんですね。」
と、憮然としたまま言い放ってた。

ちなみに、テーブルに戻ってきた新郎上司は
「空気読んでまけるべきだったかなー。」
と、反省してた。


72 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 01:49:50 ID:pJyuc+hjO
豚切りスマソ。しかも携帯から。

私の親戚に、ダウン病の人がいる。小さい頃はしょっちゅう遊んでもらってたから、別に障害については何とも思わなかった。
そのお兄さんはファミコンのソフトやらディスクシステムやら、ド田舎にも関わらず殆んど持っていて、いつも私と私の弟とお兄さんで、ファミコンやって楽しく遊んでた。
でも、ファミコンソフトを沢山持っていたのはあまり外に出さない様に親が買い与えていた、って事が大人になってからわかった。
しかも、ほんとに小さい集落なのに、お兄さんと同年代でダウン病の方が他に2人もいた事に気付いた。
自分が知らないとこでなんか色々あったんかな、って考えたらちょっと怖くなった。

オチなくてすまん。このオチ無しが一番後味悪いかも

73 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 01:58:09 ID:KlAIjumiO
276:2007/04/04(水) 00:54:14 ID:oxWsPgs20
|つミ
| ttp://ja.wikipedia.org/wiki/DNS%E3%82%B5%E3%83%BC%E3%83%90

284:2007/04/04(水) 01:01:10 ID:oxWsPgs20
ocn等のDNS鯖と2chって互換性あるんだね



74 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 02:01:03 ID:KlAIjumiO
>>72
答えは明白。
君の考えていることが多分そう間違いでは無いでしょう。
欠陥の悲劇なんだね。


75 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 02:07:56 ID:Mj33Q1oFO
ダウン「病」て新しいな。

76 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 03:02:06 ID:6O+mHuUaO
うる覚えだけど今口ずさんでいた歌の歌詞。何だっけこれ?

寂しがりやのライオンがいた。みんなには嫌われていて、友人を求め?吊橋の向こう側に行った。そしてそこで友人を見つける。
「俺が恐くないのか?」と聞いたら黄色いそいつは頷いてくれたのだ。

ある日ライオンは友人の元へプレゼント(琥珀の石)を持っていくことにする。しかし吊橋が落ちてしまい、ライオンは谷底へ。
しばらくしてライオンは痛みに目を覚ます。友人を悲しませないために、弱っているのを自覚しながらも「俺は元気だ!」と叫ぶ。
お前(友人)のような姿に生まれたら愛してもらえたのかなあなんて思いながら。

やがて春が訪れ、あたりには一面にタンポポの花が咲いた。

歌詞の感じからして、ライオンは死んじゃうぽい。わかるとは思うけど、友人はタンポポのこと。頷いたのは風のいたずら。
ここからは完全に俺の想像だけど、このライオンは奇形か何かで孤立していたんだろう。例えばアルビノとか。
よく知らないけど、稀に生き続けたりするんじゃないか?だとしたら「お前のような姿(黄色)に生まれたら〜」 ってわかるじやん?


77 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 03:06:01 ID:saMtWDE9O
バンプのダンデライオン

78 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 03:06:33 ID:JzaZ95GM0
>>76
なんか悲しい話やね・・・・


79 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 03:39:15 ID:q78cwZRE0
>>76
しかもそのライオンの死体の形にタンポポ生えるんじゃなかったか?


80 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 03:41:59 ID:qC/3vvcfO
後味の悪い怖い話じゃないんだ

81 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 03:55:20 ID:N+0Rj/PhO
てかうろおぼえをうるおぼえっていう奴多いよな。
一応をいちようみたいな

82 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 04:02:16 ID:vAm4sOwcO
>>81
いちようはともかくうる覚えはわざとだろう

83 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 04:39:13 ID:KlAIjumiO
>>82
彼の国語力ではマジでしょう。


84 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 06:13:26 ID:zYaqDEi30
そこはかとなくマウントスノーの香りが…

85 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 06:21:47 ID:AJ6hY20UO
>72
母親は当然別なんだよね?なら、悪い遺伝子持った人が合意の上かどうかは
兎も角手当たり次第にセックスしまくったってことか?

86 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 06:46:48 ID:jSDB2yL/0
ド田舎ってことは近親交配が進んでいる、ということもありえるかも。

それはさておき、ダウン症のお兄さんはゲームいっぱい出来て
嬉しいし外に出ていやな目にあう可能性も少ないし
>>72と友達になって楽しく遊べたし、
>>72も障害者と分け隔てなく接することができる人に育って
皆幸せでいい話ではないか。

87 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 07:11:26 ID:4Z4eBQkw0
うる覚えって使うやつは同一人物かもな。ちょくちょく書き込んでるし。

88 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 07:17:58 ID:lZfFeRpfO
はい!次の方どうぞ〜

89 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 08:31:38 ID:XFOqxF5O0
はい! 神奈川県から来ました。よろしくお願いします。
最近、レスへの感想を言おうとしても、ネタも出さずに「もう終わった」とヒス起こす
人が多いのが後味悪いです!
すべてのレスを1、2時間以内にチェックできるほど、張り付いている人間ばかり
ではないのであります! 春休みが終われば少しはおとなしくなりますか?

90 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 08:36:50 ID:kevPYf960
はい!次の方どうぞ〜

91 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 08:37:51 ID:zR2X7GGc0
>>89           \   ∩─ー、
                \/ ● 、_ `ヽ
                / \( ●  ● |つ
                |   X_入__ノ   ミ 俺は釣られないクマ ・・・
                 、 (_/   ノ
                 \___ノ゙
                 / 丶' ⌒ヽ:::
                / ヽ    / /:::
               / /へ ヘ/ /:::
               / \ ヾミ  /|:::
              (__/| \___ノ/:::

92 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 08:49:45 ID:MjPWlYO9O
次の方、とかいう一行レスだけはすげえ早く湧くのになあ。終わってんな

93 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 08:53:07 ID:dT6amO0m0
>76
その歌は知らなかったけど、この写真の雰囲気が好きで保存したんだよね
http://www.uploda.org/uporg761685.jpg

94 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 10:06:11 ID:giJZxRX/O
>>79
一面に咲くたんぽぽの花
ライオンによく似た姿だった

多分ライオンに似てるってのはタンポポだから少し違うかも。
ライオンの形だったら確かに嫌…

95 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 10:28:08 ID:giJZxRX/O
プチですが先日の話。
義実家に遊びに行った時、TVで犬の虐待を取り上げた番組が放送されていた。
義実家では2度(多分)犬を飼ったらしいがどちらも引っ越し直前に亡くなっているらしい。
その2匹目の犬は老衰もあったが義実家も大変な時期だった為あまり構ってやれず餌も満足には与えられなかったらしい。
それでも死ぬ直前は義母に甘えた声で鳴いたりして…と切なげに語る義母。可哀想だったわね…と呟く義祖母。寂しそうな旦那。
義祖母が
『お墓にご飯あげた?きちんと綺麗にして埋葬してあげた?』
『お参りしてあげよう』
と義母に話し掛けた。
すると義母は
『お墓にはご飯入れてあげたよ。一緒に埋めた。あ〜でも死んでからすぐにやらなかったから舌がでろんってなったまんまだったよ!犬は死んだらすぐに舌をね!云々!!』
『動物は7日(現世を)で忘れるってよ!やっぱり犬も畜生だから!畜生は長く参ってはいけないのよ!云々!!』
この後も舌でろん・畜生・けだもの…と自分の知識を語りまくる義母。義祖母も相づちを打ちながら呆れ顔。旦那は俯いていました。
最後に私に向かって
『だからね、犬は飼うもんじゃないのよ〜。ね?嫁子ちゃんも犬は飼っちゃダメ』
だって。今、動物を飼ってる私にしてみたら『畜生・けだもの』発言はやっぱりモヤモヤしたので…
長文スマソ。

96 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 11:42:32 ID:tYjCxs3X0
>>95
義祖母さんより義母のほうが先に認知症になるとは・・・・・
変な妄言に左右されないようにね。

97 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 13:27:01 ID:c2Ci40Cr0
>>95

義実(よしさね)って誰?

98 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 13:34:20 ID:n9Sw7Ing0
>>97
区切る場所間違ってる

99 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 13:45:14 ID:IBSzW9HT0
義実家って何?

100 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 13:52:24 ID:rwkyNzITO
>>99
あっちの板用語だろうけど、何となく解ると思うんだが…
自分の実家と旦那(or嫁の)実家を分ける呼び方。義父・義母その他がいるから義理の実家、で『義』実家。

101 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 14:10:09 ID:vAm4sOwcO
>>95
俯く旦那を想像したら萌えた
こんな感じか?→(´・ω・`)ショボーン

102 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 14:25:39 ID:JzaZ95GM0
■韓国工作員を逮捕〜週刊アカシックレコード070331■
ロシア検察庁は、06年12月にロシアで開かれた
フィギュアスケートグランプリファイナルで浅田真央ら日本人選手に、
体調を狂わせる目的で不正に薬物を飲ませた
「傷害罪」の容疑で、韓国人工作員を逮捕したと発表した

http://plaza.rakuten.co.jp/cycrun/diary/200704010000/

103 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 16:00:02 ID:XFOqxF5O0
>>102
それ、新聞やテレビではまったく見ないなあ。
本当に仲良くしたいなら、報じるべきはきちんと報じればいいと思うけど、無理なんだろうね。

104 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 16:13:28 ID:caT3ui88O
>>102
見れない

105 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 16:14:38 ID:zGBVVuGY0
>>103
ヒント:記事の日付

106 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 16:16:17 ID:caT3ui88O
や ら れ た

107 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 16:19:51 ID:pIW2PPtE0
去年は「WBCの韓国戦はドーピングで無効と、台湾が東京地裁に提訴」だったなw

108 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 16:30:32 ID:BRniC6TT0
   〃∩ ∧_∧
   ⊂⌒(  ・ω・)  はいはいわろすわろす
     `ヽ_っ⌒/⌒c
        ⌒ ⌒


109 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 18:56:39 ID:zJPdjr+Z0
スケート板でそれ見たとき、信じたよ。
つーか、みんな信じてたよ。
信じたくなるくらい、予想外の結果だったから。
いまも信じてるのかな……。

韓国の選手、ぼろくそに言われてた。
なんか後味が悪い。


110 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 19:09:54 ID:MjPWlYO9O
ま、ワールドカップの際の嫌がらせもまったく報じられなかったし、まったく洒落になっとらんがな。
今後ともなにやってもお咎めなしだから安心しよう同胞諸君。
応援していますから荒らさないでね。はあと

111 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 19:47:35 ID:zcEz7Fg70
スケート板の人間は民度が低いとw

112 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 19:52:20 ID:GsmG9MLE0
書込み準備出来ました。よろしいでしょうか。

113 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 19:56:07 ID:pCHRFcjb0
>>109
おれの行き着けノスレでは当時露助が一服盛ったとか言われてた
何しろ暗殺とかで世間がにぎわってたからな。

114 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 20:21:46 ID:m1C8vhls0
>>112
後味悪い話ならカモンカモン。
嫌韓叩きならお断り。

115 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 20:37:17 ID:XmMQvxKP0
>>95
舌デロンのくだりで「僕の小規模な失敗」を思い出してワロタw
(福満しげゆきという人の漫画で一時2ちゃんにもいっぱい画像はられていたが、
 別に後味悪くないので割愛)

116 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 20:38:32 ID:JB0XljqP0
内田春菊作品の男は胸糞悪い

117 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 21:03:20 ID:GsmG9MLE0
112です。ほんじゃ書きます。
6年前の話です。
転勤先で住むアパートを探しに行った時に、国道の交差点で事故を起こしてしまいました。
交差点内で止まっていた軽自動車に、追突してしまったのです。
私は黄色で進入し、交差点を急いで抜けようとしましたが、前を走る軽自動車が交差点内に
すーっと止まり、急ブレーキも間に合わず、潜り込むような形で追突してしまいました。
私は直ぐに軽自動車に向かい、相手の状況を確認しに行きました。
運転していたのは女性で、後部座席には小さな男の子を乗せており、幸いにも3人とも外傷は
無いように見えました。子供は元気に騒いでいました。
「大丈夫ですか!」青くなって問いかける私に、その女性はハンドルに顔を伏せたままで
私にこう言ったのです。
女性「私なんか死んでしまえば良かったんだ!!姑からも言われている。」「眠い!眠い!」
私 「?」

とりあえず救急車と警察に連絡をし、後悔に苛まれながら到着を待ちました。
待つ間に考えたのは、頭でも打ってしまったのだろうか・・・ということばかり。

続く 

118 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 21:08:11 ID:GsmG9MLE0
117の続き
間もなく救急車が到着し、相手の女性に向かって隊員の口から出た言葉が・・・
隊員「また あんたか!」
私 「どういうことですか?」
隊員「この前も追突されて乗せたばっかりだよ。」

女性はとりあえず病院に入院し、検査。結果は大丈夫だったらしく、翌日退院したようでした。
その後は保険屋さんに任せ、何日か過ぎた日に担当から電話がありました。

担当「処理のほうは、すべて終わってますのでご安心下さい。
   ところであの女性ですが、実は退院した翌日からまた入院しましてね。
事故とは関係ないんですが、心の病のほうで・・・
   それで、間もなく離婚されたそうです。」

そこまで聞かされたって・・・

ぶつけたショック以上に、後味の悪さが残った出来事でした。

119 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 21:08:17 ID:FXLF+1js0
ねえねえ、>>60の『因果応報』の使い方には
何故だれも突っ込まないの?

120 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 21:13:47 ID:XmMQvxKP0
>>119
自分が>>60だけど「因果応報」は
悪い行いをしたら悪い結果が、善い行いをしたら善い結果がって意味だよ。

121 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 21:20:03 ID:SQrw0JlZ0
「目には目を、歯には歯を」並みに良い言葉だよね。

122 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 21:22:42 ID:PfprmbAgO
合唱曲で確か「ちこたん」とか言う曲知ってる方いますか?
あの曲もかなり後味悪くて、主人公がちこたんを好きになる所から始まり
ちこたんがダンプに引かれて死ぬ所で終わるんだけど、歌詞知ってる方いたら教えてほしいです。

123 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 21:24:54 ID:2kJeXC47O
>>117,118
うわぁ、災難でしたね。相手が精神病でもあなたの過失にはなりましたか?
少し話はズレますが、自分の知り合いが以前黄信号で交差点に進入した際
警察に止められ、「信号無視だ」と言われキップを切られたそうです。
「交差点ギリギリで黄色になったら通過していいんじゃないのか」
と返したら「それは昔の話。今は黄色で進入したら信号無視になる」
と言われたそうで、余りに悔しくて「それなら黄色無くしていきなり赤にしろ!!全部の信号そうしろ!!」
と怒鳴ったそうです。かわいそうな話だと思いつつ、ちょっと笑ってしまった。
その辺りは警察に何も言われませんでしたか?

124 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 21:25:40 ID:i9BYKgfu0
前スレ

125 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 21:25:41 ID:GsmG9MLE0
>>120
正解です。
日常「悪い行いをしたら悪い結果が」という意味で多く使われているので、119さんは
?だったのでしょう。
           

126 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 21:34:35 ID:GsmG9MLE0
>>123
黄色で突入に関しては何も言われませんでしたが、
相手が停止しているものにぶつかるのは100パーセント悪いと言われました。
前方の軽自動車は、ストップランプが光らないで停止した感じだったんです。
ノロノロ運転からサイドブレーキ引いた感じ。
花粉症で薬飲んでるとも言ってました。

127 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 22:00:39 ID:Ivu+1UKo0
>>123
この間免許取ったばっかりだが、「急ブレーキかけなきゃ止まれない」黄信号は
止まると逆に道交法違反だぞ。追突の危険性があるし。

その警官どっかおかしい。

128 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 22:08:18 ID:zcEz7Fg70
>>127
取ったばっかりのあなたにアドバイス。
取締りの警官はみんなどこかおかしいので注意。
自分が絶対に正しいと思うなら一歩も引かずに毅然とした態度で返せるように頑張ろう。
そういうときのために試験勉強の内容は忘れないようにしよう。
文句があるなら逮捕してやってもいいんだぞとか言われますが。


129 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 22:18:53 ID:XmMQvxKP0
>>125
正解ですって…本人なんだから正解もなにもわかってて当たり前じゃないかw
自業自得と同じような意味合いで使われることが多いからね。
自業自得のほうが、悪い行い的意味合いが強いようだ。

130 :やさしいななしさん@愛知:2007/04/04(水) 23:09:37 ID:1nNFl2uF0
数年前から某会社社員が係争中。
職場では皆がその同僚の無実を信じている。
同僚の間でその話題が出ると
「上は下の事をぜんぜん分かっていない」
「彼は上の人間の代わりに犠牲になったんだ」
「検察は最初からクロと決め付けて証言を採っている」
ってな感じの意見が大半だった。
みんなで一丸となって助けていこう…という雰囲気が今でも流れている。

この前、この会社の別の社員の引っ越しを手伝ってた時
その社員が件の事件の有罪を決定付けるような証言を残していった。
もちろんこの人の言ってることが全て本当なら…なのだけどね。
詳しく書けなくて申し訳ないのだけど、このモヤモヤを誰かに話したかった。

131 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 23:19:11 ID:GsmG9MLE0
>>130
談合?

132 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 23:45:12 ID:rd3yNtqbO
>>130
談合と見せかけて痴漢

133 :本当にあった怖い名無し:2007/04/04(水) 23:56:44 ID:pRv13GPX0
悪い例としてずっとコピペされ続ける、マウントスノー

このネタを書いた人は居たたまれないだろうな。
そして、このスレの住人の底意地の悪さに脱帽だ。



134 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 00:05:56 ID:jvmQtbX60
なんか前も同じような書き込みを見たが、
マウントスノーは「悪い例として書いた」ものだ。

135 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 00:10:15 ID:zHpNrol40
>>133
>>134

これをテンプレに入れれば>>133みたいに後味の悪い想いをする人間を
少しでも減らせるね。


136 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 00:16:31 ID:xqt1snJT0
スレ的にはふやすべきなんじゃないのか。

137 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 00:16:36 ID:xRIQLDI20
>>133
よい例のレス番号が悪い例よりも「若い」ということを見抜けないと
(後味の悪い話スレは)難しい。

138 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 00:24:07 ID:7r/hvCH00
つーか>>133もコピペだぞ。
簡単に釣られるな。

139 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 00:58:07 ID:yTv8B+pr0
コピペかどうかなんて、前スレにいたやつしかわからんさ。
引っ込みじあんはごめんだよ。餌があったら食いついていけ。

140 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 01:48:18 ID:YHz5DRjNO
冒頭に「普通のゲーマーっぽくまとめてみた」ってあるから
わかりそうなものだが…。

141 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 02:54:19 ID:7ob9OaUX0
いつ読んだかわからんけど漫画だった

少年には料理上手で優しい母親がいた。
いつもお弁当の袋を振り回す少年のために、卵焼きのケチャップは上にかけずに
中にくるんでくれたりして、味も見栄えもかなりよく周りからうらやましがられるというエピソードがあった。
少年は喘息持ちで特に風の強い日は同調するように自分の呼吸もどんどん荒くなって行く。
母は車の免許を持ってないので、そんな時は会社にいる父を呼び出し病院に連れていってもらう。

少年が喘息の話を友達たちに話していると、そのうちの一人が言った。
「喘息って気のせいだってお母さんが言ってた 気の持ちようでなるものだって」
なった事がないからわからないんだ、気のせいでなるわけないと少年は思う。

クリスマスになり、母は七面鳥を焼いてくれた。一口食べて少年は苦い顔をした。
少し大人の味付けにしてしまった、まだ少年には食べられなかったと母は困り顔。
とりあえず父の帰りが遅いので七面鳥以外の料理を二人で食べた。
やがて父から帰れないと連絡が入り、母は泣きながら残った料理をすべて捨てた。
「お父さんが七面鳥食べてくれると思ったの ごめんね」
泣き続ける母親。少年も一緒になって泣いてしまった。

正月は例年の通り母の実家に行った。父は同行しなかった。
少年が親戚の子たちと楽しく遊び回る中、集まった大人たちは深刻な顔だった。
離婚するよう母に促す親戚たち。しかし母は頑ななに拒み続ける。
「あの子には父親が必要なんです 絶対に別れるわけにはいきません」

春風の強くなる頃、ふと母が言った。
「大丈夫?今日みたいに風が強い日はまた喘息が…」
心配そうに少年の顔を見つめ続ける母。少年も不安になって行く。
やがてその不安は荒い息に変わり、喘息を起こす少年。
少年の視界の端ですぐさま電話に飛びつく母の姿が見えた。
「貴方早くきてください あの子がまた…」必死で父を呼ぶ母。
少年はぼんやりとした意識の中で、父は自分が喘息になった時しか現れないと思った。

142 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 03:15:55 ID:WhK/zEKTO
>>141
噛めば噛むほど味が出てくる話だと思うんだけど。

まだ君は高校生くらいなのかな?



143 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 03:24:28 ID:TXp8ju2J0
誰か>>142を翻訳してください。

144 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 03:26:16 ID:cIEZ5SBv0
誰か>>142を消してください

145 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 03:26:45 ID:e+KtNpvH0
よくある展開の悲しい話だけど、後味が悪いのとは違うような

146 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 03:39:05 ID:tsmwJ+OcO
>>142何で煽ってるの??
>>141の漫画は私も知ってるけど、あれは素直に後味の悪い話だと思う。
『後味悪い』って必ずしも否定的な表現ではないし、味が無いなんて誰も言ってないよ。

147 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 03:44:14 ID:nfP6J4d00
>>141
山岸涼子の短編集の一話かな たぶん


148 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 03:44:25 ID:cIEZ5SBv0
>>142を氏んでください

149 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 03:47:55 ID:RBylQ3tqO
>>141
私も読んだことあるかも!確かに母としてどうかなぁと後味わるかった

150 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 03:58:37 ID:J8wT5I9FO
変な味なのは七面鳥になんか仕込んでたってことなの

151 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 04:03:42 ID:R8NqWM8A0
玉子焼きも何となく怪しい。

152 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 04:21:26 ID:7AHbvRcpO
少年の喘息の原因のアレルゲンになるものを、食べ物に仕込んでたのかも。
あと、発作を起こしやすいように、しょっちゅう少年の不安を煽っていた。
夫に会いたいがために。

153 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 04:22:15 ID:7AHbvRcpO
ごめん、あげちゃった

154 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 04:22:41 ID:G1b0xgL90
夫に会うためにか・・・

155 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 04:22:49 ID:7dUlzXcnO
はじめは「父の帰りを待つけなげな母子」だと思ったけど母親は黒い人なのかな

156 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 04:26:45 ID:op70th2D0
会社で必死こいて家族のために働いてる父と
夫を信頼しながらも逢いたくて寂しがってる母。
両親を鋭い感性で見つめる子供。
ただの美しい話ではないか。
なんでみんなそんなサイコホラーみたいな見方をするんだw

157 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 04:29:26 ID:7AHbvRcpO
このスレで粗筋読んでると
山岸涼子のマンガに出てくる母親像って
怖いのが多いみたいだね

158 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 04:33:28 ID:ce0F31Hm0
もともと父親なんて居ないんじゃないか?
俺はそんな風に解釈したんだけど

159 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 04:34:19 ID:ce0F31Hm0
…あげてしまった
ごめんちょ

160 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 04:35:46 ID:ZLdQd6GN0
>>141だけだと、どこが後味悪い???だったけど、
後のレスで、うわあああって思った。
自分は代理ミュンヒハウゼン?って捉えたよ。

161 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 04:38:27 ID:ZPC7pX2k0
>150
七面鳥の味が子供にとっては「変な味」だったのは、
不倫してて家に滅多に帰ってこない旦那の味覚に無意識のうちに合わせて作ったから。
「このスパイスは●●ちゃん(子供)にはまだ早かったわよね、ごめんなさい」みたいな
感じで母親が子供に謝ってた。
そんで子供が「ママごめん。僕食べるよ」と言ったけど「これがまずいものだったのよ」と
母親が泣いて子供も泣いてクリスマス台無し、だった気がする。

162 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 06:12:10 ID:Nh0Hv3HvO
長くなりますが、手塚治の火の鳥、羽衣編

むかしむかしのお話。
ある綺麗な浜に、一人の美女が羽衣一枚の姿でやってきた。
彼女は近くの民家の傍の松の木に羽衣をかけ、遊び始めた。
が、しばらくして、家の主の男が帰ってくる。
男は木にかけてあった羽衣を、金になると思い懐に。
女がそれに気付き、物影から、返してくれ、裸じゃ出ても行けないと頼む。
男は返すのを拒む。
代わりに、着物を用意してあげると言い、家の中に。
「あの羽衣が人出に渡ったりでもしたら…」
と嘆く女。

163 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 06:13:50 ID:Nh0Hv3HvO
男が戻って来て、対面する。
絶世の美女である女に一目惚れ。
素性を聞くと、天から来たと話す女。
男は神様だと思い、時代の辛さを嘆く。(飢饉など)
そして、家に住んでくれないかと頼む。
天女が家に居れば、幸せだし働く気も起こり頑張るから、と。
三年間夫婦として過ごしてくれたら羽衣を返す、という約束で、女は了承する。

164 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 06:15:03 ID:Nh0Hv3HvO
月日は流れ、三年。
男はせっせと働き、二人の間には可愛い娘も出来た。
三年の間に大分暮らしも良くなったし、ずっとここに居てくれないかと男は頼む。
女もまんざらではない様子だが、約束は約束だと言う。
浜の方が騒がしく、見ると侍が大勢やってくる。
反逆を起こした武将を静める為、各村より兵を徴収していると言う。
もちろん反対する男と女。
戦なんて向いてない、女房子供も居ると訴えるが、皆同じ言い訳をすると聞く耳を持たない侍。
嫌と言うならこの場で殺すと脅され、連れて行かれそうになる男。

165 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 06:19:53 ID:Nh0Hv3HvO
「お待ちなされ!」
女は言う。
「これを差し上げます、この衣を都に売れば100両にもなります、どうか夫を見逃してください」
と、羽衣を差し出す。
侍は羽衣を受取り、今回は見逃してやると言い去っていく。
男は何故羽衣を渡した、あれは命より大切なのではないかと問う。
女は説明する。
あの羽衣は、この国では到底作れない。しかし、自分の国では当たり前のようにある品だと。
実は、女は1500年後の未来から来た未来人。
未来の品を過去に持ってくれば歴史が変わる、それはとても恐ろしい罪だと話す。

166 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 06:22:10 ID:Nh0Hv3HvO
が、男は、そんな難しいことを言われてもわからないと言い、侍から羽衣を取り返すと言って飛び出す。
呼び止める女。
しかし男は行ってしまう。

それから一年。
男は帰って来ない。
死んでしまったのだろう。
女は、赤ん坊に自分の生い立ちを話し始めた。
未来の自分の国では戦争が起こり、自分は孤児だったと。
女は時代を怨んで生きていた。

167 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 06:24:38 ID:Nh0Hv3HvO
そんなある日、夢を見た。
真っ赤に燃える火の鳥が現れ、昔の世界へ送ってくれると言う。
帰りたくなるまで居て言いと。
そのかわり、決して歴史を変えない事を条件に。
が、羽衣が人手に渡ってしまった揚げ句、未来人との生まれるはずのない子供まで出来てしまったと女は歎く。
女は赤ん坊の喉元に包丁をを突き付ける
母さんの我が儘を許してと言い…
が、殺せないと泣き崩れる。
男はもう死んでしまったのだからと、女は未来に帰る決心をする。
どんなに辛くても、子供と二人で生き抜いてみせる、と。

168 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 06:26:31 ID:Nh0Hv3HvO
ふと、女を呼ぶ声
男が帰ってきたのだ。
血まみれで、布を取り替えしてきたぞ、と言う男
しかし、もう女は居ない。
女が愛おしい、布を返してやることも出来ないと嘆く男。
布は絶対に誰にも渡さないぞ。
この松の木の根本に植えておくからな、何百年でも、何千年でも…と。
そうして生き絶える男。
後の世に、羽衣伝説として伝わったと言う…おしまい。



男が報われない、後味悪いというか心にずしんと来た
長すぎてスマソ、要約は苦手だなぁ…

169 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 06:54:31 ID:WhK/zEKTO
乙。

>真っ赤に燃える火の鳥が現れ、昔の世界へ送ってくれると言う。

>女は未来に帰る決心をする。
>どんなに辛くても、子供と二人で生き抜いてみせる、と。

未来じゃないの?
元の世界ってことじゃないの?

子供がいたら歴史が変わってるんじゃないの?



170 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 06:55:25 ID:e6clgcnUO
お、懐かしい。
演劇の舞台みたいな、独特な演出の漫画だったね。
しかしこの男、衣を奪うわ人の話聞かないわ、結局添い遂げられもしないわ…
何とも言えない後味の悪さ。

171 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 07:11:32 ID:KBjnsDKy0
七面鳥は喘息を促進するものかと思ってた。

172 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 07:14:58 ID:d6jTpd6n0
手塚治の存在そのものが後味悪いと思うんだがどーよ?w

173 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 07:34:32 ID:Y8KQPndYO
>172
>1

174 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 07:38:50 ID:d6jTpd6n0
>>173


175 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 07:44:02 ID:Nh0Hv3HvO
>>169
ごめんわかりにくかったね。

夢を見たのは女が未来に居た時。
それで火の鳥に過去に連れて来て貰うんだけど、
羽衣取られるわ子供作っちゃうわで…っていうお話。

176 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 07:47:31 ID:Nh0Hv3HvO
>>169
補足。
子供は、未来に連れて帰ればOKなんだと思う。

177 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 07:57:43 ID:WhK/zEKTO
>>175
レス、サンクス。
ホントやるせないね。


178 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 07:58:21 ID:Y8KQPndYO
>174
・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。

(以下は創作です)
一般にはヒューマニズムに溢れる漫画家と思われている手塚だが、
実際にはかなりあざとい人物だった。ちばや石森等次世代の
台頭を危惧した手塚は、彼らに女をあてがったり、覚醒剤を
渡したりして蹴落とそうとした。

…とか、何が後味悪いのかちゃんと書けないなら、おとなしくROMってろ。

179 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 08:01:33 ID:d6jTpd6n0
>>178
いや十分具体的だろ「存在そのもの」ってさw

180 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 08:13:09 ID:d6jTpd6n0
>>178
しかも単独で新しい話に流しているわけじゃないじゃんかよあくまでも感想的レスの流れの中だろ察しろよw

181 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 08:21:56 ID:WhK/zEKTO
ごくつぶしのまことちゃんの方が、、、


182 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 08:22:42 ID:aT4brnO80
>>47-48
これ実話じゃん。

http://news.goo.ne.jp/article/nbonline/business/nbonline-117394-01.html
http://news.goo.ne.jp/article/nbonline/business/nbonline-117394-02.html
http://news.goo.ne.jp/article/nbonline/business/nbonline-117394-03.html
http://news.goo.ne.jp/article/nbonline/business/nbonline-117394-04.html

続報。
http://bsou.seesaa.net/article/31943569.html

183 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 08:26:17 ID:TiVcmDFi0
徒歩で行ける神社が無い。。。。
だから、神社にはわざわざ行かない(一般人なので当たり前)

信用・信頼のおける霊能力を持つ人に聞くと
(上2人の方達ではなく能力も品格も上質で普段は良き家庭人)

・・・・そんなわけで、神社の力がどうのとかお寺がどうしたとか、教会がどうとか、邪気がどうとか
固執して言う人もそれに左右されている人も気がしれない。

そして、少し歩いた所には学問の神様を祭る神社があった。
そこの牛?を触ると頭が良くなると言い伝えられていて
よくナデナデした記憶がある(笑)

http://blogs.yahoo.co.jp/mamizu_mugendai00/16594117.html


ああ、ついでにいうと、自然の力は充分知っている。
何度か天災に遭っているしアウトドア派だから。
人間も神?も自然の一部と思う。

http://blogs.yahoo.co.jp/mamizu_mugendai00/16751949.html

メールのやりとりを事実は事実として公開する事にします。

http://blogs.yahoo.co.jp/mamizu_mugendai00/16626570.html

184 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 08:42:31 ID:WhK/zEKTO
>>182

>やはり化学治療は、病が進行し衰弱していた少女の体には、無理を強いていたのです。

「やはり」って!

書いた人をみたら、なるほどっと思いましたよ。

結局彼がしたいのは「日本の」政治や「日本の」経済にいちゃもんをつけたいだけなのですね。

あぁココが後味(ry


185 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 09:05:13 ID:u5byz+vaO
亀ですまんが、>>162の話を読んでから
はごろもフーズって単語が頭の中に浮かんで離れない。
話の内容とは別の意味で後味悪い…

186 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 09:06:42 ID:YHz5DRjNO
>>181
全俺が泣いた
生きてたら働き者のいいお嬢さんになっただろうになあ…

まあ日本経済批判したいと言うより紹介ついでに批判してるだけでは?

187 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 09:13:41 ID:WhK/zEKTO
>>186
もう一回泣いとけ。


188 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 09:20:23 ID:/FJMeeYp0
ID:d6jTpd6n0はゆとりなの?

189 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 11:41:05 ID:Jm8jOADY0
>>185
道連れを作るなよ...はごろもフーズ...

190 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 14:51:54 ID:q0Pz+ik9O
>>189
私も道連れにされたようだ…はごろもフレーズ…

191 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 16:58:44 ID:lFR68dJK0
>>190
俺も道連れに……KAIKANフレーズ

192 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 17:03:55 ID:65PRDeUj0
>>191
死出の道連れ……KANIKANフレーク

193 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 17:30:29 ID:N6JnH6eYO
その綺麗な顔を吹っ飛ばしてやる

194 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 18:03:32 ID:hYqydypQ0
612 名前:('A`)[] 投稿日:2007/04/04(水) 22:06:15 0
人を殺したことがある。
10年以上前になるけど、バックパッカーでカンボジアに旅行していた。
独りで。
貧乏旅行のふりをしたよくあるアレ。
猿岩石よりずっと前です。

あるクメール人が「人を殺してみないか?」と持ちかけてきて、当時はタバコ屋で普通にマリファナが売っている時代でハイになってたということもあり、見るだけ、とついていった。
そこには両手両足を縛られた、ボコられたあとのクメール人が。
どうもポルポトの残党らしい。
どうせ殺すから、もしよければ500ドルでやらしてやる、って。

葉っぱでフラフラだったし銃なんて撃ったことなかったけど、300ドルまで値切って、頭を撃った。
脳髄が飛び散るときに「ああ、やばいことしたかな」と思ったが、瞬間、忘れることにした。

夢の出来事のような思い出で、罪悪感とか全くない。
時々思い出すけど、すぐに忘れる程度。

いまは3人の子と幸せに暮らしてます(笑)。

195 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 18:14:34 ID:5fKxQ+Py0
約3万払ってまで人殺したくないよ

196 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 18:19:19 ID:bk+hnPSp0
( ;∀;)イイハナシダナー

197 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 21:11:36 ID:bdg2wMnu0
>>122
ちこたんの話は実話だよ。
ダンプにひかれたんだっけ??

学校に遅刻しそうになって、朝ぎりぎりで校門に滑り込もうとしたら、
教師がガーッと勢いよく校門を閉めてた瞬間だったから、
はさまって頭蓋骨骨折かなんかで死んじゃった。

その抗議のために、誰かが書いた歌じゃなかったかな?

ひょっとしたらダンプにひかれた
ひき逃げ事件の抗議の歌だったかも知れない。

東京の多摩地区であった事件だと思う。
当時多摩センターって駅で、路上ライブで毎日その歌を歌ってる人がいたよ。

近辺にすんでるうちは、妹の小学校でその歌を歌ってたよ。

198 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 21:12:57 ID:/FJMeeYp0
>>197
なんで校門圧死事件をまぜてんの?

199 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 21:21:52 ID:C/NdloWa0
>>197
その圧死事件の10年は前からその歌はあるよ。

大体学校でだな、先生が事故とは言え生徒を殺した内容の歌を
生徒に聞かせるとは思えんよ。


200 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 21:27:40 ID:xwlnCHoD0
つまらない創作作って独りでおもしろがってんだろ>197は

201 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 21:32:25 ID:bdg2wMnu0
>>199

そだね。

>>122
ここにあったよ。
ttp://www.mahoroba.ne.jp/~gonbe007/hog/shouka/chikotan.html

202 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 21:55:07 ID:cCzax1EPO
誤魔化してる

203 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 21:55:53 ID:Qhewmia70
長嶋茂雄はホモなんだって。

204 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 22:00:00 ID:PQ28nOG0O
どうでもいいっちゃ いいんだけど
何で2ちゃんねるって 右翼思想者が沢山居るの?
芸能ニュース板の
パッチギ映画スレみてそう思った。
あの映画不良青春映画として大好きなだけに在日を主人公にした映画ってだけでボロクソに言われる筋合いはないと思うけどなー
監督が癖ある人だし
一方的思想ってのもわかるけど
映画自体は凄くいいのに。

205 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 22:05:11 ID:65PRDeUj0
>>204
どうでも良いなら、しゃべんなや。

それと、パッチギの主人公は在日じゃないぞ。お前、映画を見てないだろ。
在日になりたがる日本人が主人公だ。

206 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 22:15:52 ID:/tEsp2+w0
>>141
私も、昔読んだけど...

パブロフの犬に例えると、
えさ = アレルゲン
ベル = ママ心配だわぁ〜

で、「大丈夫、ママ心配だわぁ」に反応してしまうようになってしまった、
息子だったように思った。



207 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 22:22:10 ID:PQ28nOG0O
いやだから
映画自体が好きで
続編のスレ立ってたから覗いたら 映画もみてないようなやつがボロカスに言ってて後味悪かったって話。
主人公は確かにまぁ日本人か。
脱線事故の時もソースなしで在日が
置き石やってってのが最初定説になってって後味悪かったってこのスレのまとめサイトにあったの思い出した んで
なんで2ちゃんって
人種差別主義者が
多いのかなって思ったのよ

208 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 22:25:15 ID:d6jTpd6n0
>>205は> どうでも良いなら、しゃべんなや。
みたいなことを過去に自分が言われた憂さを晴らしたいだけなんだから
気にしなさるな

209 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 22:28:56 ID:xqt1snJT0
ひとつのスレだけで、2chに人種差別主義者が多いと決めつけられる>204の断定は
彼が批判している人種差別主義者とやらと同じ行為だと思わないのだろうか。

210 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 22:30:16 ID:v2ZTtU5xO
もう新学期だというのに変なのがたくさんいるな

211 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 22:31:14 ID:0BprBTBd0
ID:PQ28nOG0OとID:d6jTpd6n0の相手するとと後味が悪くなって
このスレ的にはいい感じ?

212 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 22:34:59 ID:PQ28nOG0O
つかこのスレでも
短時間ですぐ在日批判とも
とれるようなレスと 擁護ともとれる意見に揚げ足とりなレスついてるじゃん。
だからなんで多いのかなーと思うんだよね


213 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 22:36:05 ID:Pg+33CLg0
そう思ってる人が多いから
はい終了

214 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 22:43:12 ID:PQ28nOG0O
だからそれは日本のネットの特性?それはなんで?2ちゃんで白人が黒人を差別するのをある種客観的に見れて差別するほうが悪い的な流れにはなるのになーとか思えてきたのよ。
ごめん酔ってるな俺。消えるわ。


215 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 22:50:28 ID:qocmXxkd0
>>214
安心しろ。そういうスレも中にはある。

216 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 22:58:13 ID:QI0rMIAr0
ジョンレノンは世界平和を訴えながら
DVしまくってたらしいな。


217 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 22:59:02 ID:65PRDeUj0
>>214
ああ、消えろ消えろ。
パッチギの主人公が在日だなんて言う屑は死んでこい。

218 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 23:07:05 ID:uQgdXgLt0
>>214
日本の、に限らないが、ネットの特性に原因を求めるとするなら
半島に関する脚色無しの情報を即座に色んな人が見られるという点。
その結果として韓国・北朝鮮・在日に嫌悪感を持つ人間が増えたというだけ。
信じられないかも知れないが、つい3,4年前まで
韓国嫌い、在日嫌いなんて書こうもんなら即座に「差別主義者はハン板にカエレ!!」と罵られたもんだったんだよ。

219 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 23:07:28 ID:QI0rMIAr0
沢尻もその兄も主人公みたいなもんだろ

220 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 23:42:16 ID:uhv1VR+60
>>208
なんだこのクズまだいたのか。
お前の足りない脳みそから湧いた感想なんか欠片の価値もないから。
後味悪い話のひとつでも書き込んでみろっての。できねえだろうけど。

221 :本当にあった怖い名無し:2007/04/05(木) 23:50:06 ID:d6jTpd6n0
>>220はオレと間違えていると見たw

222 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 00:13:47 ID:pa0K15zsO
>>220
の後味の悪い話しでした!では次の方〜♪

223 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 00:30:44 ID:3ociV+cG0
私の中で後味悪かった事件を。
猫虐待画像でにちゃんが祭り状態だったとき、起きた犬虐待事件。
住宅地で、ゴールデンレトリバーが誘拐。翌朝、近所の団地(?)で
瀕死の状態で発見。
ひとなつこい優しいわんこで、確か年も10歳くらい。大型犬としては
かなり長生き。もう少しで天寿を真っ当するはずだったろう。
飼い主さん「ひとなつこくおとなしいのが仇になったのか…(無抵抗で犯人に
連れて行かれたため)」
わんこは数日間がんばる。獣医さんも悲しみと怒りのコメント。
「こんなむごいことをして許せない」
努力の甲斐なくわんこは亡くなる。
その後、犯人は逮捕されたが近所の少年だった。
しかも幼いころから、獣医さんもよく知っていた子供。
呆然と言葉を発することもできない獣医さんと、飼い主さんの
「こんなことをしてしまう彼の心の闇が哀しい」と言うコメントが
忘れられない。
だがうろ覚えなので細部違っていたらすいません。

224 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 00:37:09 ID:J2hT2MxB0
星新一「おみやげを持って」(「妖精配給会社」収録)。

高度な文明を持つ星・ニール星から
生きたいだけ生きて死にたくなった時に死ねる「不老不死」の方法をお土産にして帰ろうとする地球人達。
その途中、船長が金属製の筒を見つける。拾い上げて開けてみると、中には地球の雑誌やチューインガムが。
懐かしさにそれらの品を手に取り、チューインガムを噛んでみるメンバー。
すると年長の男が「これは、オレが小学生の時の友達と埋めたタイムカプセルだ」と言う。
メンバーの中にはタイムカプセルを知らない人もいて、年長の男は説明をしてやった後、
「これが宇宙を漂っているということは…」とつぶやいたきり、声が出なくなる。
他のメンバーは地球が恋しくなったせいだと考え、地球に着いたら時間をかけて治療させようと話し合う。

が、地球に近づくに連れ、彼らも声が出なくなっていく。地球はなくなっていたのだ。
見えるのは粉々に砕け散った痕跡だけ…。



225 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 01:25:00 ID:Kc/s6W5ZO
そして不老不死となった彼らが新たなる星を求めて飛び立つのが、宇宙戦艦ヤマ○第八期なのか。


226 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 01:55:36 ID:LyMS8rC4O
>>194

それ読んで思い出したけど、免許取りたての時さ
坂道上がった所でUターンしようと横になって、バックした時
後ろからいきなり車が来て
あぶないっって思ったら、その車俺の車避けようとして電柱にぶつかってドーンッ!
フロントグチャグチャ…

そのまま俺はバックして帰っちゃったよ

しばらくして噂で、その場所で事故があって人が死んだって聞いた。
…まさかあの時のかな?
たまにその場所通った時手合わせてます。

227 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 02:54:17 ID:N/Glo8cm0
>>226
自首しろよ

228 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 02:55:11 ID:K98rmdydP
>>226
おい!死んだのはお前だよ!!

229 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 03:09:32 ID:aF3ikE1TO
何年前か忘れたけどスカパーのシネフィルイマジカっていうチャンネルのショートフィルムであったんだけど


ある有能な宇宙飛行士が単独で宇宙に出て、一ヵ月だったかわからんけど毎日同じ時間に地球のNASAっぽいとこと連絡とって、なんの問題もなく宇宙飛行士も余裕で暮らしてるんだけど
ある日いつもと同じように無線機の前で連絡がくるのを待ってるんだけど、いっこうに来る様子は無く
自分から連絡を取ろうとしても繋がらない
仕方なくその日はあきらめてまた明日

230 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 03:14:50 ID:N/Glo8cm0
>>229
おまえがあきらめるな!!

231 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 03:25:38 ID:LyMS8rC4O
>>228
そういえば、ニート引きこもりなのに
最近家族からも声かけられない…

232 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 03:34:09 ID:aF3ikE1TO
連絡もないし、無線機から発信してるのにつながらない
最初の五日あたりは冷静でいられたもののさすがに一週間かたって不安と孤独で精神が不安定になってきていた
そして今日また無線機に自分の声で呼び掛けるがなにも応答は無い
とうとう怒りと不安で無線機に大声で地球の基地に対して怒鳴る
しかしなんの応答もない
でもなぜかモニターに変な物が映りこんでいることに気付く
それは、人間となにかの記号と見たことの無い文字だった
最初は宇宙飛行士もなんだかわからなかったが 何日後に「これは神が自分にメッセージを送ってきたんだ」(どういうメッセージかはわからん)と思い地球に帰還するように宇宙船をむかわせる
そして大気圏まじかというところでモニターに人が映る
その人はこう話しだした「直ちに大気圏突入をやめるんだ。君の祖国であるアメリカ(多分)は、イラクに滅ぼされた、こちらでは君の着陸を準備できることができない くりかえす………」
だが宇宙飛行士には、そのことばは耳に入っていなかった
そしてそのまま地球に落下してしまった

みたいな話だった 話の大筋以外の台詞はうろおぼえだけど非常に欝になった話なんで記憶に残ってる

233 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 03:41:31 ID:Hx8MGyA60
>>232
おもろい

234 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 03:56:04 ID:sx68pjDB0
後味悪いか?

235 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 04:07:13 ID:aF3ikE1TO
書いた自分でもよくわからんわ
後味悪い話って どういうのなのか

236 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 05:02:18 ID:jEKRvXOtO
アッラーは偉大なり!

237 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 08:10:13 ID:tH8fH2XM0
まぁ後味とかいうレベルじゃねーけどさ
http://sukima.vip2ch.com/up/sukima07780.jpg

238 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 08:52:51 ID:tTqtEdot0
>>237
ドリンクバーで飲みかけのジュースを再利用するってやつと同じくらい儲からないなw
2コマ目のは健康のチェックみたいなのひっかからないのかな?

239 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 10:05:53 ID:vUHjSukZ0
無記名・見本なしのボタンを押すとアイスコーンポタージュが出てくる自販機
氷入り・大カップ

馬鹿馬鹿しいので良く買っていたが飲み残してしまうとちと後味悪かった
ノリがノリなだけに。

240 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 10:13:42 ID:aMpQrtHEO
俺はおまいも自販機も大好きだwww

241 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 10:54:04 ID:/MiVqTKpO
生活板かなんかで、
塾の講師によるカキコがあった。
アポロが月に降り立った時の話を生徒(高校生)にしたら、
「ハァ?月?降り立ってねーよwww捏造だろw
先生もしかして信じてるの?pgr」
という反応が返ってきたという。
しかも多数。
理由を聞けば、「テレビの特番で捏造だと言っていたから」だそう。
その講師は、生徒達の反応にショックを受けたらしい。
いろいろな意味でなんかもう悲しくなった、
というようなことを言っていたが、
その後どうしたかな。

242 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 12:33:14 ID:K98rmdydP
後味が悪いっていえば、かなり前に見た冤罪の男が悲惨だった、

フランスかどっかの貧しい男が財布盗んだ疑いかけられて村八分状態。
その男、食うものも無くなって餓死しそうになってんだけど
財布見付けてちゃんと届けたんだよね
皆に酷い事言われて、食うものも無かったら普通、ネコババするだろ。
で、落とし主が謝ろうとしたんだけど、
その男、飼い犬と寄り添うように一緒に冷たくなってた…(´;ω;

243 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 12:35:26 ID:tH8fH2XM0
>>241
その捏造説を確かな論拠と共に覆すぐらいの勢いがないとはダメな講師だな。

244 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 12:40:48 ID:rTeseE6LO

お前がそんな事言える立場じゃねーだろ

245 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 13:04:21 ID:JBucOT30O
>>242
パトラッシュ‥
(´;ω;`)

246 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 13:11:39 ID:YbyMH9GX0
>>242
村八分になったのは、風車小屋の放火疑惑じゃなかったか?


247 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 13:14:49 ID:K98rmdydP
>>246
え?そうだっけ、、スマソw

248 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 13:16:11 ID:+oKuh8Q8O
どうでもいいことだけど>>3の「老人だった若者」って逆にしたほうがよくね?

249 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 13:39:24 ID:QiqjpVfn0
>>247
そーだよ。ア炉亜のオヤジのお金を届けて感謝されたんだよ。

250 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 14:01:41 ID:g5EmGjqFO
>>239
高校のときそんな自販機あったw

251 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 14:43:16 ID:yrB4tt720
>>241
え?捏造じゃないの?
私もそう思ってたよ。

というか、もし捏造じゃないのなら、
>>243が言うようにどんな根拠があって事実と思われるのかを
生徒に教えてあげないと。

世間で捏造と言われてる事を知らなかった自分に
ショックを受けるならまだわかるけど…。

252 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 14:44:03 ID:k/P+8mRu0
逆に、「捏造」の根拠はなんなんだ?

253 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 14:48:37 ID:QiqjpVfn0
テレビでやってたからwwwwwwwww

254 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 14:49:50 ID:K1KLWZsE0
コーラのカンが落ちてるとか、風のない月で星条旗がはためいてるのはおかしいとかまぁググレばいくつも見つかるよ。
でもこの世の大部分の情報は自分が経験した物ではない=伝聞で知るしかない、
なんだから、「捏造だ」って言われてることが捏造かもしれないし。
そしてどんどん深みへと・・・。

まぁ、自分が好きな方信じてれば良いんじゃない。
自分は、月に降り立ったって思った方が夢と感動があると思うw

255 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 14:52:06 ID:LyMS8rC4O
ID:QiqjpVfn0
さっきからageてんじゃねーよデブ


256 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 14:53:21 ID:zycqra/F0
おばかさんめ

257 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 15:15:49 ID:bYVLZ4F5O
確か、本当に月には行ったんだけど、
本物の月の映像に偽の映像を混ぜて公開しちゃったが為に
全部捏造って言われるようになっちゃったんじゃなかったっけ。

258 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 15:23:04 ID:RyqsbUqjO
>>257
捏造が少しでもあれば、月に行ったかも怪しくなってくるな…

259 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 15:25:31 ID:QiqjpVfn0
それが狙いだwwwwww

260 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 15:49:04 ID:nHpT+tnM0
ttp://www.nextftp.com/tarari/Matsuo/kage_uso.htm

月の捏造の話を知らなかったので、自分でググッた。
へー、と思って読んでいたんだけど、
最後の一文で一気に後味が悪くなった・・・

261 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 15:51:01 ID:FCML6cgbO
男漁りは飽きた?乞食。
千人斬り達成して霊感でも強くなったつもりか?貧乏人。

262 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 15:53:38 ID:jEKRvXOtO
>>261
三十過ぎてまだ一人も斬れてない君が言うと悲愴感が増すよ…

263 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 16:08:16 ID:2fOsDckXO
>>260
なるほど…。
月面到着はやはり嘘だったと…。

264 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 16:09:43 ID:QiqjpVfn0
かわいそうwww>>261

265 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 16:16:54 ID:Zd9DhBM9O
「ムー」では、UFOとか人工建造物が写ってたりしてたから、
捏造していたっていう見解だったね、月面着陸。

266 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 16:19:23 ID:ouzB3Pwg0
あんまり関係ないけど黒澤明の「羅生門」を思い出すな
人を通して語られる事は、その人の主観(その人に都合のいい見方)
が入ってしまうので事実とは異なって伝えられてしまい、
真実が何であったか判らなくなってしまう、という・・

267 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 16:39:26 ID:K98rmdydP
もうすぐアメリカが隠蔽していたUFO情報を公開する。
って矢追純一に言われて
wktkしたまま何十年も放置されてるんだが…

マジョスティック12もみんな歳食っちゃったんだろうなぁ

268 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 16:45:18 ID:Hx8MGyA60
浅野の業績です。
浅野さんの業績(宮城時代)



【悪事集】
※宮城県知事時代に総連から受けてた献金、約50億円
※宮城県知事時代に朝鮮学校に勝手につぎ込んだ税金、約25億円
※宮城県知事時代に朝鮮遊技協会から受けてた献金、約10億円
※朝鮮芸術団の公演に宮城県名で補助金を出している。
※仙台駅東口再開発事業の区画整理で、なんで在日韓国・朝鮮人の土地『だけ』坪億単位で買い上げ
※宮城県知事時代「朝鮮芸術団懇談会会費(交際費付替え)1500万円」使用。
※仙台市にチャイナタウン誘致に県民の貴重な税金を投入しようとするも、当の仙台市長に水際で食い止められ、不快感を示す



宮城県時代の浅野さんの功績。朝鮮、シナに売国三昧。財政赤字だけを残し、逃亡。一方、石原都知事は赤字から黒字。


269 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 17:47:57 ID:ZF6xvSZd0
 

270 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 18:33:32 ID:5+dFpJTiO
>>260後味わるうぅぅ

271 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 19:03:47 ID:10dHPlqvO
>>269
なんだこの
「そういえば、自らの国家や民族に固執する右翼系の若者が世界的
に増えているという事実も、多少気になるところだが。」

272 :>>271:2007/04/06(金) 19:07:48 ID:10dHPlqvO
×>>269
>>260

273 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 19:09:39 ID:hmc4Nhnw0
いや、少しも後味が悪くない。
URLを削ってみたまえ。>>260はもともとそういうサイトなんだよ。

274 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 20:59:04 ID:R//7n3zS0
「世界でたったひとりの子」アレックス・シアラー
人間が長い寿命を得た代わりに、子供の出生率が極端に下がった世界。
最初のシーンで見た目は子供で、
実年齢50歳の少女のショーのお知らせがある。
主人公は過去の記憶を失っている少年で、
子供のいない家庭に数時間レンタルされる事で生計を得ている
(この少年の保護者の男がリアルに悪人)
保護者の男は長く金儲けをしたいので、
少年に大人にならない手術を受ける様に迫る。
手術を逃れて、少年はなんとか家族の元に戻れるが、
元凶の保護者の男に天罰が下らない上、
少年は死ぬまでの70年間トラウマに苦しめられる。
最後は最初に出てきた少女(実年齢120歳)のショーの告知で終わる。
この少女については何も語られないが、
主人公の少年以上が味わった以上の闇を感じて、実に後味が悪い。

275 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 21:01:25 ID:4ZD6X/hn0
>>274
トラウマって何の?
保護者の悪人に犯されてたの?

276 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 21:49:58 ID:t8Nx5L5e0
>>257
エイプリルフールの番組をみんなが信じちゃったのが始まり。
地球は平らだと主張する宗教団体が月着陸は捏造だと主張していたという前フリもあったけど。

277 :本当にあった怖い名無し:2007/04/06(金) 23:21:39 ID:yrB4tt720
>>274
新井素子も子供が生まれなくなった星の話を書いてたな。

人類で最後に生まれた子供は幾つになっても周りから見れば一番年下だから、
いつまでも子供扱いしかされないの。
そんで周りの人たちは皆先に死んでしまって、
かつて「最後の子供」と呼ばれていたお婆さんは無人の星に一人ぼっち。
衣食住は機械がなんとかしてくれるんだけど、
「最後の子供」用に特別に調整されたシステムだから、
お婆さんなのに食事はお子様ランチ、服は子供服なんだよね。
お婆さんテラカワイソスだった。

最後に農耕に生き甲斐を見出して、たくさんの動物や植物に
囲まれながら逝ったから、後味は良いんだけど。

278 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 01:08:39 ID:Q/AZb7WO0
>>275
男がまた自分を誘拐して利用するのではという恐怖。
性的虐待は無いけど、骨までしゃぶるヒモ男に嫌悪感。

279 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 02:07:36 ID:c+mt/mrv0
典型的な後味の悪さではないが
萩尾望都の「スターレッド」は切なく苦い。

23世紀の地球が舞台。
主人公のセイは医者(多分)の父を持つ、真面目な女学生。
だが実は、夜な夜なバイクをぶっ飛ばし、男顔負けの運転テクを持った
暴走族のヘッドである。(この辺は古い作品なので・・・)

セイは赤い風の吹く、夢魔の星である火星に異様に惹かれている。
過去、火星は地球人の流刑地(うろ覚え)として使われており、
現在では地球人と、流刑人の子孫(火星人)が対立しながらも暮らしている。
優位なのは地球人で、既に大きな都市を形成し、火星人は僻地へ追いやられた。
ちなみに火星ではある一定の場所でしか、子供を産む事が出来ない。
その場所は火星人の聖地でもあり、火星人はそれを取り戻したいと機会を窺っている。
(そうしなければ、火星人も子孫を残せないため)

火星人達は特殊な環境の中で育つ事で、頭髪が白く、目が赤く、
そして特殊な能力(超能力の様なもの)を持っている。
実はセイは最後の火星人だった。

280 :279 続き:2007/04/07(土) 02:09:18 ID:c+mt/mrv0
セイは異星人であるエルグと出会い、火星へ旅立つ。
火星で様々な事があり、地球人に正体がばれ捕まったり、
ついには火星人からも命を狙われる事になる。
(予言者が「不吉」と予言した。中には「希望」の様なニュアンスを
告げたものも居たが、多数決で殺す事に決まった)

その後、「委員会」と言う存在(地球より高度な文明を持つもの達が
作り上げた管理機関の様なもので宇宙の均衡を守る事を使命とする)と出会い
火星は「夢魔の巣喰う星(=宇宙の均衡を崩す危険な星)」だと告げられる。
そして「その前に火星を消滅させる」とも。

「存在する事さえも許されないのか」と悩むセイに
異星人のエルグは、自分が6千年以上前(多分)に同じ様に消滅させられた
星の唯一の生き残りである事を告げる。
エルグは強いテレパシー能力を封印する事で、生きる事を許されている。
エルグはセイの為に「君の為の新しい星を見つけよう」と言う。

エルグとセイは、夢魔に取り付かれた太古の星へ向かう。
(うろ覚えだが、何か解決策が無いかを探しに行ったのだと思う。
この星は既に滅んだ死んだ星の様で、生命の姿はない)
しかし、そこでセイは虚無の中に引きずり込まれ(星とシンクロしてしまった?)、
姿を消してしまう。一人残されるエルグ。

281 :280 続き:2007/04/07(土) 02:10:04 ID:c+mt/mrv0
セイは4次元の様な所へ飛ばされ、そこで火星人の1人、ヨダカと出会う。
ヨダカとセイは、そこで火星がついに消滅する事を知る。
ヨダカはセイに「僕が身体を変化させて、君を生んであげる」と言い、火星へ戻る。
火星にいる火星人達も「ヨダカが生む子供は最後の火星人となるだろう」と
予言し、どこかへ消えて行く。
その子供の暮らす場所が、我々の新しい赤い星である、とも。

一人残されたエルグは長い間セイを探したが、
ついに「僕はこれから狂う事にする」と封印されていた
テレパシー能力を解き放ち、宇宙のどこかに居るかもしれないセイに向けて
「君を愛している」とメッセージを送る。

6千年の孤独全てをセイに埋めて欲しかった、と思いながら
星と同化して姿を消すエルグ。
そのテレパシーにより、滅びた筈の星に生命が蘇り、それは宇宙へと広がって行く。

その後、ヨダカは地球で子供を産み、その子供はセイと名付けられた。

最後のエルグの行動は、大人になって読み返せば理解出来なくもないが
どうしても報われない後味の悪さを感じてしまう。
生まれ変わったセイは、エルグの愛したセイではないのだが。
とても美しい話なので、興味があれば読んでみて欲しい。
上手くまとめられなくて申し訳ない。

282 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 02:16:58 ID:BR/5ETOaO
セイは四次元に行った時点で体がなくなったりしたの?
それをヨダが取り込んで産みなおしたってこと?
体が残ってたのに産みなおされたなら恐いかも

283 :280 続き:2007/04/07(土) 02:32:49 ID:c+mt/mrv0
>>282
あ、ごめんね、説明が足りなかった。

セイは身体ごと消えたと思う。
でも確か、ヨダカは身体が火星に戻ったか、残っていたのかで
元に戻る事が出来たけど(四次元に来たのは魂?精神だけ?ちょっと覚えてない)
セイは身体ごと来てしまって、そのまま戻る事は出来なかった様な。

後日、セイの精神体(?)だけが
新しいセイの前に姿を現したりしていた記憶があるので、
新しいセイが、そのまま過去のセイではないのかな、と思った。
(じゃあヨダカの「生んであげる」って何?って気もするが)

星に取り込まれたセイは、いつか宇宙に溶け込んだエルグと出会える、
と解釈すれば、後味は悪くないのかもしれない。

今手元に本がないので間違ってたらごめん。
解釈の仕方も色々ありそうだ・・・。

284 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 02:45:47 ID:87HMI+FV0
萩尾はホモばっか描いてるきもい処女ばばあっつうイメージしかない。

285 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 02:50:32 ID:NY8gQQ/40
米ニュージャージー州のハンター2人が狩りに出た。
1人が木から落ちてしまった。仰天した連れのハンターが携帯電話で『息がない』と緊急通報した。
救急隊のオペレーターが「落ち着いて。大丈夫。まず死んでるのか確かめなさい」と声をかける。
一瞬の静寂後、オペレーターの耳に1発の銃声。
続いて、

「死んでる。これからどうしたらいいの?」というハンターの声が響いた。

286 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 03:48:02 ID:7g6RrlfRO
>>284
普通の恋愛ものもたくさん書いてるぞ?

287 :嗤う伊右衛門1/2:2007/04/07(土) 04:07:28 ID:jkyj4E9p0
映画『嗤う伊右衛門』 監督・蜷川幸雄 原作・京極夏彦
東海道四谷怪談のリメイク。


簡単なあらすじ
生まれてから一度も笑った事の無い伊右衛門。仲介を経て落ちぶれ藩士の娘・岩
と結婚。岩は病気の為に顔に酷い痘痕があり、行かず後家だった。
気位の高い妻・岩と、謝るばかりの真面目な夫・伊右衛門。ギクシャクしていた
ものの、お互いの誤解を解きつつほのかに愛を育んでいく。

それが気に入らない伊右衛門の上役・伊藤の心理作戦で、二人は離縁。一方、
伊藤の子を身篭っていた伊藤の内縁の妻・梅(訳ありで岩の義妹)が伊右衛門に
恋する。
お腹の子共々伊右衛門が引き取り、再婚する。真面目な伊右衛門は岩への気持ちを
引きずりつつ、伊藤の子供と知りながら赤子を可愛がる。
伊藤はエグい男で、定期的に伊右衛門の屋敷を訪れては梅と伊右衛門公認エチ。そ
の間伊右衛門は赤子と共に夜釣りに出かける。

そんな様子を知った元妻・岩。自分と別れて幸せになったものと思っていたのにと、
伊右衛門の境遇を悲観する。本来の性格も相乗し、暴れ倒して事実を知らせた仲人
の一人を撲殺。伊右衛門家の下僕を半殺し。我を忘れ、痘痕顔剥き出しで唸りながら
町を暴走する。

288 :嗤う伊右衛門2/2:2007/04/07(土) 04:08:23 ID:jkyj4E9p0
伊右衛門は無駄な事は口にせず、ひたすらに沈黙を守る。そんな中、町では岩が奇怪
な殺人を犯していると噂になっていた。そしてある夜、梅が狂ったように叫びだした。
『岩様が坊を!』さらって行ったと叫んでいた。一晩中赤子を探し回った伊右衛門。
山中で見つかった時には、変わり果てた姿に。子を抱き泣いている伊右衛門の前に、
伊藤が登場。『悲しいか?その赤子の敵を討て(岩を斬れ)』と伊右衛門に云う。
伊右衛門は、『子の弔いが終わり次第に』と返答する。

赤子の葬式が終わった後、伊藤が伊右衛門家に来た。定期エチの日だった。
伊右衛門はその日夜釣りには出かけておらず、伊藤と鉢合わせ。なんだかんだあり
ながらも、赤子を始末して岩に罪を擦り付けた梅を斬り殺害。そして、不幸の根源
である伊藤を斬り殺し、生まれて初めて伊右衛門は嗤った。

岩が暴走した後、伊右衛門と岩は会っていた。そして、伊右衛門は岩を愛するが上に
殺していた。それ以降の岩の奇行と思われていた殺人は、そうではないと伊右衛門一人
が知っていた事だった。
伊藤の赤子を憎むと同時に、伊右衛門と真の夫婦になりたいと望んでいた梅。ノイ
ローゼ気味になっており、自らの手で子を殺したのは明らかだった。

事件より一年後、岩の親類と伊右衛門・岩の仲人の一人によって、岩らしき骸骨を
抱いた伊右衛門の死体が発見される。そこには、なぜか二人の笑い声が聞こえていた。



肝心な登場人物や物語を省略してゴメソ。
何が後味悪いって、伊藤殺害の際の無意味でヘタクソなグロシーンが映画の完成度を
ものすごーく下げた事が後味悪い。原作ファンなので、夢見すぎていたのかもだけど。



289 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 06:11:33 ID:zrEugqpQ0
>何が後味悪いって、伊藤殺害の際の無意味でヘタクソなグロシーンが映画の完成度を
>ものすごーく下げた事が後味悪い。

こういうのって文章にされてもわかんないし、スレ違いなのでは?

290 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 10:22:42 ID:y91kGcUFO
そこは後味悪いと感じなかった。
岩の父親が、岩を嫁にやりたくないが為に
岩に毒を盛ったというのが後味悪かった。

291 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 10:24:49 ID:y91kGcUFO
あげてしまった、御免。

292 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 10:27:03 ID:SjNVJ2l/0
御免仕るッ!

293 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 12:15:17 ID:CcBQ7R7nO
>>291
許してあげるから↓ここへ行って下さい
IDにoccultが出るまで頑張るスレ 26日目
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1172119110/

294 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 12:17:46 ID:l9O+iu0sP
朝、家を出る時に
まだ寝てる嫁に向かって「行ってきます」って言ったら
プゥ−って屁で返事された時は後味悪かったな('A`)

295 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 12:35:54 ID:ndoQVUREO
>>294
ぷぅ〜

296 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 12:53:10 ID:dyh28kiQO
>>294
よく聞いたか?
曲になってただろ。



へー出るワイフ


297 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 13:03:20 ID:ORMkERJwO
うわあ

298 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 13:05:35 ID:xcjwyyeU0
>>296

   【審議中】
       ∧,,∧  ∧,,∧
    ∧ (´・ω・) (・ω・`) ∧∧
   ( ´・ω) U) ( つと ノ(ω・` )
   | U (  ´・) (・`  ) と ノ
    u-u (l    ) (   ノu-u
        `u-u'. `u-u'



299 :296:2007/04/07(土) 13:09:49 ID:dyh28kiQO
声に出して歌ってミソ。


300 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 13:33:56 ID:n/7JGAHT0
>>296
( ^ω^)<おっおっららい

301 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 19:47:39 ID:ii7P5eHb0
>>241
>その後テレビ朝日は、2003年の大晦日に放送した「ビートたけしの世界はこうしてだまされた!?」[1]の中で、
>フランスのテレビ局が制作した『Operation Lune』[1]という番組を紹介した。
>その内容は、アメリカ合衆国国防長官ドナルド・ラムズフェルドを始めとするアメリカ高官が、アポロ計画を
>捏造するために「2001年宇宙の旅」を監督したスタンリー・キューブリックに月面の映像作成を依頼したと
>告白するというものであったが、この番組はアメリカの高官の発言の合間に役者の演じる架空の人物(名前は
>映画の登場人物名や俳優の本名をもじったもの)の発言を挟むことで、高官が実際には言っていないことを
>言っているかのように錯覚させる「フェイク・ドキュメンタリー」と呼ばれるフィクション作品である。
>「ビートたけしの世界はこうしてだまされた!?」の司会者も、『Operation Lune』の紹介が終わったあとで
>「この番組はエイプリルフール用に作られた冗談番組です」と明言している。
>しかし、日本の陰謀論者の中には事実と勘違いしたのか、自分の著作やコラムでこの番組を論拠にしている人がいた。
これ見て、ふとTBSの捏造問題やあるあるを思い出した。
バラエティを真に受ける人が多いのは日本特有なのかな?
嘘というかネタをネタとして楽しむっつー風潮が薄い文化なんだろうか。

302 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 20:07:21 ID:cmVMAsux0
>嘘というかネタをネタとして楽しむっつー風潮が薄い文化なんだろうか。

文化というのは観衆が受身であるうちはまだ成熟していないということだ。
テレビの視聴者が受身な存在である以上、日本でのテレビ文化は未だ
未成熟なのだろう。所詮外来物だし。

303 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 20:07:28 ID:xcjwyyeU0
>>301
単に日本の番組の作り方が悪いんだと思うが。
一方の側の主張ばかりを流す上に、既に論破されてる事を隠したりして、疑惑が事実かのように放送するからなぁ。

それに、ネタである事が明白な番組(川口探検隊みたいな)だと、真に受ける人はいないじゃないか。

304 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 20:08:22 ID:/6+3VU3R0
>>301
でも進化論は信じてるんだよな。
たけしがやった番組で、インテリジェンス・デザイン説を紹介したとき、
モルモン教のだれぞやの外タレ以外は笑い飛ばしてた。

月に行ったのが捏造で、進化論が捏造でないって、基準が良くわからん。
どちらも詳しい内容まで理解しているわけでないだろうに。

305 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 20:15:27 ID:xcjwyyeU0
TBSの捏造問題やあるあるの問題は、「嘘をまるで本当の事で有るかのように流した」のが問題。
放送側が、ネタとして放送せず、騙そうとしてるんだから真に受けるに決まってるじゃないか。
バラエティを真に受けるっつー話じゃないよ。

てか、そういった捏造問題を「バラエティ番組ですから、演出の範囲です」と弁解してるTBSをどう思うよ。
TBSの言う通り、バラエティを真に受けた人が悪いと思うかね?

306 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 20:41:17 ID:rMgM9iC10
>>305

ドキュメントや報道なんて、虚構だったら何の意味も持たないんだよな。
それで、放送局がそんな嘘をつくまい、という、
視聴者の信頼を逆手に取ったやり方だから、騙す手法としては有効だけど、
バレた時に失う物の大きさを、どこまで自覚しているのだろう。

当局のドキュメントは、実はバラエティかもしれません。
当局の報道には、事実と反する演出があるかもしれません。
当局で真実として放送しているのは、当局独自の解釈によるもので、
一般の認識と異なる場合があります。

こんな連中を、誰が信じるというのだろう。

307 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 21:51:26 ID:3lJyKHJ6O
窪塚がいいともで言ってたな
人間は月には行ってないって

308 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 22:46:59 ID:ostAWdf60
>>303
子供の頃は信じてたぞw<川口探検隊
バーゴンとかゴーグとかタコドラブッヘとか

309 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 22:49:20 ID:bz0Thw9C0
>>307
要するに「窪塚は嘘吐き、しかもメディアに出て大嘘を言いふらすのは悪質」と言いたいわけだな

310 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 22:54:21 ID:5OVtjXovO
窪塚って前にマンションだかからすごいジャンプした人?

311 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 23:03:19 ID:zQkoU32S0
>>305
でもテレビに関しても嘘を嘘と(ryは当てはまると思うぞ。
事実を全て流さないで、一定の方向に特化してるように見せかけて報道する番組はざらだよな?
テレビのニュースで受けた印象と、ネットで他のニュース報道を比較すると印象が全く違う。
嘘はついてないが事実も言ってないんだよな。
「報道番組だからテレビが言ってるから正しい」と真に受けるのはどうかと思う。
件のNASA捏造を信じた生徒も同じじゃね?
自分で考えず鵜呑みにするのが危険なのは、ネットもテレビも変わらんと思う。

ずっとテレビが壊れててやっと買い換えたんだが、
久しぶりに見たニュース番組のエンターテイメント化に驚いたよ。

312 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 23:04:11 ID:zQkoU32S0
あ、だからってTBSの捏造は悪くないとは言ってないぞ。
TBSにも呆れるが何も考えず受け入れるのにも呆れるってことだ。

313 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 23:18:30 ID:NbxPPdRpO
>311
印象操作と嘘は全く違います。

314 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 23:22:37 ID:CcBQ7R7nO
>>310
そうだよ。
そんなの私達の世代はあんまり知らないよね

315 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 23:22:40 ID:i0UFTdB90
もうどっか専用のスレ立ててやったらいいんじゃね?

316 :本当にあった怖い名無し:2007/04/07(土) 23:32:53 ID:QgXpUGw90
TBSとかTBSとか、TBSとか言いたい人が来たのかな?
後味悪くならないうちに他の板でやった方よくね?

317 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 02:19:11 ID:paTbDW5aO
2ちゃん見てなかったら在日のヤバさとか知らなかった
日韓WC当時テレビの韓国特集に踊らされて自分めちゃめちゃ韓国びいきだったよ
思い返すと本当におぞましい

318 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 02:30:02 ID:APqmitaJO
ネットつーか2ちゃんの情報なら大丈夫って思うのもどうかと思うぞ、
つか嫌韓ネタは荒れる原因だから
無数にある、よその板に行け。

319 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 02:31:38 ID:qBAgBfdz0
───────────┐
───────────┘    ミ
                   ミ   ∧_∧
                       ( *´Д`)
                       ⊂   つ
                       / / /
                       し' し
   ★                                      

∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧∧


<遊び方>
★をダブルクリックするとモナーが助かるぞ!



320 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 02:49:26 ID:oPnQSqk10
TBSネタもダメ、嫌韓ネタもダメ・・・・いや、どう言った方面のお方か、よーくわかりますな。

321 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 02:57:45 ID:APqmitaJO
でましたー(^o^)/

322 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 03:01:37 ID:CHfLNhWk0
>>319
助からねーぞ! 後味悪ぃ

323 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 03:06:03 ID:eT5I6ETGO
>>320
そういうお前はスレタイ読めないっぽいから日本人じゃないな

324 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 03:35:36 ID:RqcQr22n0
http://www.youtube.com/watch?v=SicXpDHVZnY&eurl=http%3A%2F%2Fgensouyoutube%2Eblog93%2Efc2%2Ecom%2F

325 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 03:57:32 ID:qBAgBfdz0
蝦子能収が交通死亡事故起こして
 しばらく謹慎して復帰した大竹まこと に「やぁ、人殺しさん久しぶり!」って言ったってのは本当か?


326 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 03:58:31 ID:oPnQSqk10
>>323は、俺を差別している。日本人じゃないならなんだというのか?
日本に住んでいるのは、日本人だけではないと言うのに。その狭い了見に癇癪起きる。
これだから日本人はいつまでも世界で孤立している。世界の孤児だ。

とでも、言っておこうか。

327 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 04:07:21 ID:n/62lSsvO
文句言うなら国に帰れカスw
日本人全員が2ちゃんやってる奴と同じ意見だと思ってんのか?
ちょっと煽られたからってそんな短絡的に考えるのはどうかと

328 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 04:51:01 ID:mbJuuv9Q0
つか、>>317の場合はただ感想言ってるだけで>317が嫌韓になるにいたった
「後味の悪い話」が語られてないから明らかにスレチだろ。
よその板行けって言われても仕方ないと思うが

329 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 05:01:07 ID:TKtiJ1X0O
>>327
なんか・・・可哀想な人。

330 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 06:40:36 ID:46UQGyKs0
どう見ても>>326がキモイだろ

331 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 09:14:41 ID:19NYCz3a0
何この流れ

332 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 09:46:47 ID:kz2KBsv5O
どっちもキモいしスレチです(><)

333 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 10:01:47 ID:0XFmioIt0
まあまあ。じゃあ嫌韓コピペしますよ。

日本人はなぜ朝鮮人が嫌いか、差別されるには朝鮮人の方にもそれなりの原因
がある、という筆者の論は決して間違っていないと思ふ。例えばあの有名な朝鮮
人詩人の金素雲氏は、その自伝の中で次のように書いている。

日本人所有の家を借りたなら、家賃は一切払わなくてもよいというのが、その当時
(昭和の初期―筆者注)同胞の間では常識化していた風習だった。

「お前らは国まで盗んでいったじゃないか。家賃ぐらい何だ!」――こちらにはこ
んな腹があったが、引っかけられた日本人の側では恨み骨髄にならざるを得な
かった。家賃をもらうどころか5,6ヵ月分の家賃に当たる金を<立退料>という
名目で払わなければならなかった。こんなとき、その仲介の役割を果たすのが、
いうなれば叔父の職分だった。(同胞が集団居住する町には、こんなブローカー
が必ず何人かいた)

1,2年ただで住んでは<立退料>をせしめて家を空けてやることもあったが、時
には引っ越した次の日に大家から立退料を取ってまた引っ越していく、そんな場
合もあった。 その立退料の半分ぐらいにあたる金が叔父のようなブローカーの
懐に入ってくる。もちろんこれは4,50年前の昔話ではあるが、こんなやり口が
その後長い間い年月を通じて、大多数の日本人の生活感情の底に<チョーセン
ジン>を敬遠し蔑視する後遺症の種となったことも事実である。
                  
               中村 粲   文武新論 平成5年7月10日



334 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 10:15:53 ID:0XFmioIt0
普通は「契約」というと、一定の決めごとに対して、互いにそれに合意し
それを遵守するという取り決めを交わすことです。しかし、韓国人の場合は
「契約」によって相手と話し合いをする関係が成立したと考えるそうです。
ですから韓国人は「契約」成立後に、平気でその契約内容の変更を
申し出てくるそうです。

契約相手がそれを咎めると、韓国人は烈火の如く怒り出します。
特に相手が日本人の場合は「日本人は情が無い」、「そもそもウリが
文化を伝えてやった恩も忘れて」、「ウリナラを侵略したくせに」などと
いう契約とはまったく無関係な罵詈雑言を口走りながら火病発作を
起こすのは珍しくないそうです。


335 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 10:32:04 ID:0XFmioIt0
「韓国在住の外国人女性」という名目で、人気某男性雑誌(「HOT WIND」)の
インタビューを受けた時のことだ。われわれ数人の日本人女性を前に、
男性編集者の第一声は「日本女性は「性器の大きさ」で付き合う男性を
選ぶんですよね」であった。なにがどうしてそうなるの?であるが、
彼いわく、日本の男性誌にめったやたらに男性器手術の広告が
出ているではないか! とのこと。

日本人女性にこだわりがあるが故、男が気にしているに違いないというのだ。
彼は指でわっかを作り、「これぐらいならよいか、いやこのぐらいかな?」と、聞く。
みじんも己の考えに間違いはないという様子。 われわれが呆れていると、
「満足できる太さの男性が見つかるまで、何人もとセックスするんでしょ?
みなさんまだ、結婚していないところを見ると、そういう男性とめぐりあって
無いようですねぇ。はははは」だと。

また、韓国人男性とベッドをともにした日本人女性に聞くと、終わった後の
ピロートークで「日本の男よりいいだろう?」と言われることが大変多いそうだ。
彼らは徴兵制度で鍛えられ、犬鍋食っている韓国人男性のほうが、日本人男性より、
はるかに体力、精力があると思っているらしい。

男女関係においても韓国は、日本に対抗心むき出しなのである。

336 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 10:34:13 ID:0XFmioIt0
ではこれからジムに行って公園でお花見してきますので。
楽しい後味の悪い話の紹介を引き続きお願いします。

337 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 12:21:25 ID:rhb/hKkcO
>>274
アレックス・シアラーって、そんな暗い感じの話も書くのか。

338 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 14:35:15 ID:hT9uXBtY0
嫌韓で後味悪い話があったな。嫌中の話だったかもしれんが。

友人と一緒に食事に出かけた。
客が少なかったので、店の親父と会話しながら食事をしていた。
食事も旨く親父の話も面白かったが、友人は黙々と食べている。
そしていきなり嫌韓説(か嫌中説)をぶちはじめた。
レス主、親父も唖然。友人は得意げに叩き続けている。
途中で耐えられなくなったレス主は「黙れ」と怒鳴りつけて友人を引っ張って店を出た。
精算しながら親父に謝罪したら、寂しそうな笑顔で「いいんですよ、気にしないで下さい」と言われた。
気に入ってた店だがそれ以降行けなくなってしまった。
ってレス。

339 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 15:03:19 ID:SCtLsahK0
店の親父が韓か中だったの??

340 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 15:03:34 ID:APqmitaJO
ほらな。言ったとおりの流れになった
うぜー


341 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 15:03:38 ID:oPnQSqk10
>>338
なるほど、友人がうっかり嫌韓話をしたばっかりに、レス主(在日か何か?)が火病を起こし、店で友人を怒鳴りつけるという考えられない行動を起こした訳だ。
友人が空気読めてない程度の事なら穏やかに窘めれば良いだろうに、いきなり怒鳴るとは。
店の中で怒鳴り始める奴って、関係なく飯喰ってる客にとっては迷惑だし、店の親父も困ったろうな。

それでもレス主が謝罪したのは良い。店の親父も許してくれたらしいし。
でも、許して貰ってるのに、店に行かなくなったってのは、親父の好意を無駄にしているようで後味悪い。

342 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 15:12:14 ID:vEMwS7F+0
うわ〜

343 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 15:14:35 ID:2sAaU1zd0
>>341
多分わざとなんだろうけど、自分の読解力が疑われるような真似は止めた方がいい。

344 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 16:05:24 ID:eT5I6ETGO
嫌韓でも後味悪ければ良いけど、後に続くスレ違いな嫌韓レスと擁護レスがウザいな

345 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 16:20:12 ID:K5p+3Avv0
俺は韓国人に嫌な目にあわされたことないけど日本人になら山ほど嫌な目にあわされてるから
日本人大嫌い。

346 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 16:30:18 ID:qBAgBfdz0
>>345
それは君がチョンだからだろ

347 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 16:50:37 ID:XWbJkjVA0
流れが後味悪いスレから逸脱するから
同じ流れの話題はやめないか?
正直嫌韓とかどうでも良い奴にとっては苦痛。
後味悪いけど感動する話を見に来てるのに・・・。

348 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 16:51:22 ID:APqmitaJO
実際喋ったこともないのに嫌韓にはなれないって例えだろ…

流れを変えたいけど いいネタないな


349 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 16:52:22 ID:E4C2CBUJO
>>348
>後味悪いけど感動する話

それも微妙にスレ違いだろ
感動とかイラネ

350 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 17:37:51 ID:q6+t7SVR0
春だな。確かこの板にも嫌韓スレがあった気がするんだが、それで満足できないのか

351 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 17:44:20 ID:qBAgBfdz0
>>345
それは君がチョンだからだろ

352 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 17:48:42 ID:5CTuIcZf0
グロテスク ティーチャー 乙武
こんなんどうするよw

353 :1/3:2007/04/08(日) 18:12:36 ID:FZUBd+tt0
ここで、とびきり後味の悪いのを一つ。

出展はラス・カサスの『インディアスの破壊についての簡潔な報告』

『インディアスの破壊についての簡潔な報告』は、インディアス(アメリカ大陸
および西インド諸島)に入植に赴いたスペイン人キリスト教徒によるインディアス
の虐待について取り上げたもの。

今回はそのうち「エスパニョーラ島について」の部分を参照。
まとめるの下手なんで、読みづらかったらすまん。


エスパニョーラ島(現在のハイチ、ドミニカ共和国のある島)は、スペイン人の
初めて進入したところである。
そこでキリスト教徒(入植してきたスペイン人)はインディオ(つまり先住民の
人たち)から食料を強奪し、女や子供を奪って使役した他、様々な乱暴や虐待を
行った。
そのため、インディオたちの中には、食料を隠したり、妻子を匿ったりする者や
キリスト教徒から遠ざかるため山中に暮らすようになったものが出るようになる。


354 :2/3:2007/04/08(日) 18:13:09 ID:FZUBd+tt0
キリスト教徒たちは、平手打ちをしたり、棒で殴りつけるなどインディオに
対して虐待を行っていたのだが、それがエスカレートしていき、ついには村々
の領主にまで暴力をふるうようになった。
さらにキリスト教徒の司令官のうちの一人は、インディオの中で最大の権力を
もつ王の后を強姦してしまう。(このあたりからインディオたちはキリスト
教徒を自分の島から追い出そうと色々な策を練るようになる。)

とうとうインディオたちは武装したが、インディオたちの武器は貧弱で、当然
キリスト教徒たちとは勝負にならず、一方的な虐殺が行われることになる。

キリスト教徒たちはインディオたちをことごとく捕らえると、身重の女や
産後間もない女の腹をさき、ずたずたにした。
また、誰が一太刀で身体を真二つに割れるかろか、内臓を破裂させることが
できるかとか言って賭けをした。
さらに、母親から乳飲み子を奪いその子の足をつかんで岩に頭を叩きつけたり、
子供を母親もろとも突き殺したりした。


355 :3/3:2007/04/08(日) 18:13:40 ID:FZUBd+tt0
キリスト教徒は、殺さずにおこうと考えたインディオに対しては腕を切りつけ、
辛うじて両手がくっついているインディオに向かって「手紙を持っていけ」と
命じた。つまり、山に逃げ込んだインディオへの見せしめのためである。

インディオの貴族や領主は次のような手口で殺した。地中に打ち込んだ4本の
棒の上に細長い棒で作った鉄灸をのせ、それに彼らをしばりつけ、その下で
とろ火を焚いた。すると領主たちは残虐な拷問に耐え切れず悲鳴をあげ、
じわじわと殺された。




どこが後味が悪いか説明するまでもなく後味の悪い話。
もちろん、インディオ虐殺した奴らが罰を受けたりはしない('A`)
『インディアスの破壊についての簡潔な報告』は全編にわたってこんなかんじ
で、読んでいて鬱になることうけあいなので、興味があったら読んでみて欲しい。
岩波文庫で薄い本が600円くらいで出てるので簡単に手に入るはず。

356 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 19:05:00 ID:HX9/u3ko0
乙武は生徒がけんかしても止めきれず
落し物しても拾えず、転んでも助けられず、手を引くこともできず

温かみもなにもないな

見世物にするために雇ったのか?

「いろんな人がいる」という思考も、教師という存在相手だと後味悪い。
せめて講師として巡回させるくらいにしておけばいいのに

357 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 20:12:42 ID:l0yuXuXqP
>>356
今年小学校にあがる子供がいるけど、もし乙武が担任だったらいいなと思う。
教師としてどうなのかはわからんがな。


358 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 20:27:55 ID:uS0vPlxsO
オトタケが教師としてどうかわからないのに
なぜ子供の教師だったらいいなと思えるんだ?

359 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 20:31:04 ID:MQ9rIWQVO
つーか、黒板に文字書けないし、生徒に舐められそう

360 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 20:34:46 ID:2sAaU1zd0
>>357
小学校教師は無理だろ。
どうやっても実技が及第できない。
(免許取得には体育or音楽の実技か必須なはずだ)

361 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 20:40:00 ID:gQmVp0TLO
黒板に字書けるらしいよ、肩でチョーク挟んで。
あれ、あの人体育の先生になるんじゃなかったの?

362 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 20:58:04 ID:9hc+IxMIO
>>360
ああいう名のある障害者だと、何かそういうの免除されそう。
それが理由で小学校教師の職につけないとなったら某団体がうるさそうだし。
Z武は目の前で暴力行為があっても止められないから教師に向いてないと思うんだけどなー

363 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 21:13:10 ID:l0yuXuXqP
ああいう人物が身近にいれば
いろんな意味で貴重な経験が出来ると思うんだがな。
子供も自分自身も。

364 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 21:40:32 ID:dF8VQPjT0
ザクレロの渾名が定着するのは時間の問題

365 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 21:46:46 ID:sYaCuTvl0
>>353
すっごく嫌な話だけど、当時の世界の狭さを考えると
白人達にとってインディオは同じ人間には見えなかったんだろうな…。
日本人がたまにやって来る白人を鬼と思ったのと同じで。

366 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 22:10:56 ID:eT5I6ETGO
乙武の話はスレ違いだろ
実際に暴力事件があって止められなかったってなってからにしろ

367 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 22:48:00 ID:ZzBMtFK50
>>363
そういう思いこみを持った障害者親が
子供を普通学級に入れて普通の子供達が犠牲になるんだよな。

368 :本当にあった怖い名無し:2007/04/08(日) 23:12:42 ID:l0yuXuXqP
>>367
同級生に障害児が居ても犠牲になるとは思わないがな。
ただ俺が乙武氏の親や、障害児の親ならそんな苦労はさせたくない。


369 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 00:00:51 ID:LCRgIDkA0
それより今日テレビ付けたら、和田アキ子が交通刑務所訪問してたんだよね。
トイレのカレンダー見て「虚しいだろうね」とか言ってるのはいいんだが
最後に受刑者との対話シーンがあった。

交通刑務所だから受刑者は交通事故起こした人なわけで、
そいつは飲酒運転で自転車の爺さん轢き殺して懲役2,3年てオッサンだった。
事故ったのは会社の飲みの帰りで飲酒運転は何度もしてて、で会社は当然既にクビで、
シャバに戻ったら子供も3人いるそうだ。

でアキコが「反省してないでしょ」「自分の子供が飲酒運転で殺されたらどう思う」
などと叩きまくり。
「会社クビで社会に出たらなにするの」って問いに「自分で事業をしようかと」って答えれば
また「自分の身内が飲酒で殺されたら許せない」「被害者遺族をどう思っているのか」って怒る。
そりゃ飲酒運転して人殺ししたやつだから悪いのは当然だが
叩かれるべくして出てきた受刑者と
そいつにただ「許せない」「反省しろ」だけ繰り返すアキコがなんか無意味で嫌な感じだった。
でTBSあたりかと思ったらNHKの番組。

370 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 00:26:16 ID:F5x+7j90O
私が小学校の時のクラスに学年の中で唯一障害者の女の子がいたけど

例えば、クラスで行事がある時などは、決めるのも行動するのも彼女に合わせる為に他のクラスより一番遅くなったり
彼女を一番に考える為に他のクラスと同じような事が出来なかったり
彼女に優しくしたりすると皆の前で誉めてもらえたり
授業中暴れたら先生が付きっきりになって授業が進めなかったりで…

さすがに3年生になったら特殊学級に行ってたけど、今思い出しても
先生大変だったろうな〜って思う。
毎日の様にその子の保護者来てたし。
ベテラン先生だったけど、多分ストレスなのかで胃潰瘍で入院したり
よく学校休んでたよ…今だから大変だったんだなってわかるけどさ

371 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 00:29:14 ID:WxnB9RGY0
見てはないケドNHK・・人選べよと思う・・。
確かに受刑者が悪いけど
立場的に反論できない人間を
一方的に叩くのは問題だろw
てか学識も常識も無い芸能人に
一方的に喋らせても得るもの無いから。


372 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 00:36:43 ID:eYxb4Npo0
>>369
奴こそ自分の手下に飲酒運転ムリヤリやらせてるイメージあるけどな。
前に松本人志がアキコに呼び出されて車で行ったら
酒飲め飲めってしつこく言われて怖かったって笑いを交えて話してたが
その頃は今ほど飲酒運転の罰則も厳しくなかったし
松本人志も下戸だったから飲まなかったんだろうけど。

昔悪かった自慢してるような馬鹿が
人に説教してんの見ると生暖かい気分になるな。

373 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 00:37:03 ID:yPBsYmTm0
>>353
それ、ラスカサスの捏造だよ。
南京大虐殺と一緒。
大航海時代のアイリス・チャンだな。

374 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 00:38:27 ID:GigyszsS0
>>368
お世話係に任命されるとどれだけ悲惨か。
大人が関わると万一の事があった時に一大事になる。
だから教師は大半のことは見ないふりをして、全てを子供になすりつける。
10才かそこらの子供が、障害児の面倒をまるまる見る羽目になる。
何をするにも「お願いね」で済まされて、障害児の親が気にくわないことがあったら
悪くなくても謝罪させられて、波及をおそれたクラスメイトも何も出来ずに見ているだけ。

そういう現実をわかった上で犠牲にならないと言うなら、もう何も言えないわな。

375 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 00:42:08 ID:rQfdcovT0
NHKに和田アキ子が・・・
在日出す時点でvfなしおうvsd:v

376 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 00:48:18 ID:SSB2xAvJ0
>>374
おまえ、368にキレてる暇あったら害児の親と担任に文句いえよw

377 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 01:01:40 ID:WxnB9RGY0
いや待てよ、他はどうかしらないケド
俺が小学校の頃は障害児と一緒に行動して普通に対応してたぞ。
今思えば、そこから学べたの物は沢山あったし
教師の意図も子供心ながらに理解できてた。
責任の押し付けとか言う奴は相当ひねくれて無いか?
それとも、その子が実際に死んで責任押しつけられたわけ?

378 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 01:04:27 ID:BnRwBsVk0
そりゃ運良く一緒に普通に行動できる障害児だっただけだよ。

379 :368:2007/04/09(月) 01:05:12 ID:wBwNczbnP
>>307>>374
2人ともいい経験をしたように見えるけどなw

380 :368:2007/04/09(月) 01:07:04 ID:wBwNczbnP
↑アンカー間違い
×307
○370

381 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 01:09:57 ID:SSB2xAvJ0
>>377
まあな。でもそういうのは、かなりハイレベルな指導力の教師と、
「いい子」がクラスメイトであることが条件ジャマイカ?
一般化はできないよ。

私立がもてはやされてるけど、あれは学習能力や家庭環境に問題がある、
つまり軽微な「障害」者を排除してるから人気があるわけだ。

382 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 01:15:41 ID:jwoLfTHN0
>>373
353じゃないけど、どっちにしろスペイン人が酷かったことは事実だよね。
世界史でも習った。ちょっとうろだけど
インカの最後の王様を柱に縛り付けて、インディオたちに、
ある大きな部屋に天井まで一杯に黄金を詰めたら王様を解放してやると言っておいて
インディオ達が正直に黄金を集めると、あっさり王様を殺してしまったという話はなぜか今でも忘れられない。

383 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 02:03:57 ID:seRThTut0
>>382
何故かインディオがイデオンに見えた

384 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 03:39:12 ID:3xRLFTzi0
「あらしのよるに」(大人向け小説版)のラスト

二人は満月を見ているのだが、メイは力尽きてガブの胸の中で死ぬ。
ガブは既に死んでいるメイに話しかけ続ける。そして満月のうたを歌うガブ。
歌い終わったガブも力尽きて死んでしまう。
丘の上には寄り添うように倒れている二つの死体。

二人ともとても幸せそうな顔をして・・・・・

385 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 04:05:44 ID:HsSPR1LD0
>>373
そうか?
当時のスペイン人は半分インディオを人間と思っていないような節があるから
ありえる話だとは思うんだが。
なんかソースがあったら教えてくれ。



これだけじゃなんなので、ラス・カサス関連で後味の悪い話をひとつ。

1520年。ラス・カサスはインディオの身体の作りがひ弱であると示唆し、
「アフリカの住民なら、鉱山やプランテーション用の肉体的な苦役に、はるかに
よく耐えられる」と発言した。
ラス・カサスのこの発言は黒人奴隷貿易を引き起こすきっかけのひとつとなった。
ラス・カサスは晩年自分のこの発言を後悔するが時既に遅し。
その後400年にわたり2000万人以上の黒人が奴隷貿易の犠牲になったのだった。

386 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 04:21:14 ID:3tETD/dk0
スペイン人の虐殺とかラス・カサス関連見るたびに思うんだけど、
こうゆうのって判断難しいよな。皆が皆嘘ついてるわけじゃないだろうけど
直接見たわけじゃないから何とも…てとこもあるし。でもそれじゃほんとに
迫害されてた人はいたたまれんしな。悲しいことに迫害されてないのに便乗する
やつもいるだろうし。まぁあんまり一方的な視点はもたんように気をつけることにする

387 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 04:47:18 ID:GqMoDw340
スペイン人によるインディオ虐殺は物凄くてなぁ。

調べてみればわかるが、現在、中米でインディオの血を引く人はいない。
白人系とアフリカ系、そしてその混血がほぼ全てだ。

知ってるのがキューバの話で悪いんだが・・・・
1492年にキューバはコロンブスに発見された。この時、タイノ族というインディオは300万人居た。
で、インディオは虐殺や疫病や奴隷労働や反乱失敗でその数を急激に減らす。
1557年、タイノ族は2000人まで減っていた。

もちろん、タイノ族以外のインディオも居た。でも、そいつらも同じように絶滅している。
凄い勢いでインディオが死にまくった事は想像がつくだろう。

388 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 07:06:21 ID:qrXL4VjTO
日本人は生き残れてよかった…白人が来た時は既に文明が発達してたからかな?

389 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 07:33:12 ID:x4f3594R0
島国ってのもあるね
当時は船で日本にたどり着くだけで大変だっただろうし

390 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 07:40:14 ID:OFZ/PP7n0
森奈津子の「西条秀樹のおかげです」

ある女性がふと外出すると、道のそこら中で人が倒れていた。
どれだけ歩いてもそんな感じで生きた人間に会えない。
と思ったら、歩き続けた先で、ひょろ長い弱そうな体型の男性と遭遇。
やっと人に会えたと追いかけるが、彼は逃げて行ってしまう。
女性はかなりゴツいマッチョで、その上そんな体型で
30代なのに何故か趣味でセーラー服を装着しているのでびびられたようだ。
しかし足は女性のほうが早く、やがて追いついた。
「いやああやめてええ犯さないで」勘違いして泣き叫ぶ男性。
男性はオカマでゲイだった。でも女性も真性レズビアンなのでもちろん襲ったりせず、
やがて落ちついた男性は、同じように生きている人を探していた最中だったと言う。

互いに「どうせなら美しいお姉さまと二人きりが良かった」「どうせなら素敵な男の子が良かった」
と思いつつも、似たようなセクシュアリティを持ち、
普段は迫害されていた身同士という事で仲良くなった。

みんながいきなり死んだのはなにかのウイルスか放射能などのせいではないかと語り合う。
ならば何故二人だけが生き残れたのだろうか?
語り合ううちに、恐らくはみんなが死んだと思われる時間帯に
二人ともが西条秀樹のヤングマンを聞いていたと発覚する。
ヤングマンはかつて日本でヒットした歌だが、原詩は同性愛について歌っている。
なので同性愛者の間では定番とも言える歌である。
笑っていると免疫力が高くなるという話があるが、
そのノリでヤングマンをノリノリで聞いていたために死を免れたのではと二人は思う。

そこに現れるUFO。中から出てきた宇宙人は、自分たちが誤ってなんかをばらまいて人類のほとんどを殺してしまったと打ち明ける。
生き残ったのはやはり二人だけ。しかし、その宇宙人のテクノロジーならば死滅した人々の蘇生も可能らしい。
「二人の願いをなんでもかなえます」宇宙人は人類蘇生を願われるかと思いつつそう言うが、
「美しく清らかで私だけを愛するお姉さまを頂戴!」「あたしを女王様と呼んで慕ってくれる可愛くて逞しい男の子たちに囲まれたい!」
と二人は叫んだ。宇宙人はその願いをかなえてあげた。
かくして二人はそれぞれ最期の時まで幸せな日々をすごし、やがて人類は完全に滅んだ。

391 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 07:40:36 ID:SOe3RWOXO
>>384
後味スッキリじゃねぇか
先に死んだ方を食べちゃうならまだしも

392 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 10:27:53 ID:qCdVQWXl0
>>390
さすが森奈津子w
後味スッキリ続くなぁw

393 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 12:42:28 ID:8oNMXun5O
>>390
ちょwww

394 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 14:16:29 ID:osOdXEhP0
>>390
なんだ、そのクダラナイ話はwwwww


395 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 16:10:44 ID:BnRwBsVk0
本当に「さすが森奈津子」としかいえないなw
なんせ少女向けに「お嬢様とお呼び!」(他問題作多数)を書いた女。

396 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 16:50:39 ID:KorvRw5A0
日本がネイティブアメリカンと違って、一方的な虐殺に合わなかったのは
文明が発達云々よりも、外に国がある、という事を知っていた事が一番
なんじゃねぇの?

397 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 17:27:49 ID:WefH/KK80
↑生麦事件を忘れないように

398 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 17:33:30 ID:wBwNczbnP
>>397 詳しく

399 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 17:41:20 ID:4aelRO3RO
大航海時代じゃないの・・・?

400 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 17:43:59 ID:GqMoDw340
>>398
幕末、日本にやってきていた英外人リチャードソン等4人に「生麦生米生卵」と言わせてみたら、全員が舌を噛んで死亡。
事件に関わった薩摩藩藩士多数が切腹する事態に発展した事件。

401 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 17:58:37 ID:swsS7qCy0
>>398
日本史の授業で習わなかった?

402 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 18:57:44 ID:KyntRMADO
捕虜をかわいそうに思いゴボウを食べさせてあげて命を救った人が、戦後植物の根を無理矢理食べさせられたと訴えられた話。


403 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 18:58:51 ID:wBwNczbnP
>>401 知らないw
>>400
『生麦生米生卵』でググッちまったじゃないかww
wikiには切腹とまでは書いてなかったが・・・


404 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 19:08:45 ID:BQuHtKSuO
スレ違いかもですが
昨日、夜に電車で松戸から帰るとき
千代田線の下りホームに
スニーカーが綺麗に並べて置かれてた
飛び込みの遺留品の忘れ物かな、、
楽しく食事した後だから後味悪かったなぁ…

405 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 19:09:00 ID:GqMoDw340
>>403
『生麦生米生卵』は冗談だけど、切腹は本当。
薩摩藩藩士は、英国人の見届け人の前で切腹する事になった。
目の前で、次々に腹をかっさばいて死ぬ藩士達を前に、見届け人は半分も見ないで逃げ出したとか。
あと、腹を切った藩士が、腹に手を突っ込んで内臓引きずり出して見届け人に投げつけたなんて話もある。

406 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 19:43:14 ID:e0VZjz9b0
キリスト教徒、キリスト教徒と言うけれど、
ラス・カサスがキリスト教のエロイ人だってことを書いとかなきゃいかんでしょ?

オレはスペイン人による虐殺は政治の世界の話だったと思うけどねぇ。

407 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 19:45:31 ID:wBwNczbnP
>>405 thx!
イギリス人も東洋人を半分馬鹿にしてたようだね。
戦闘で相手も相当死んだらしいから「後味が悪い」ような話しでは無さそうだけど。

切腹の時の内臓引きずり出しは
ちょっとまえに薬中外人がやってる画像を見て信じるようになった。


408 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 19:49:11 ID:W+D6EKWh0
>>402
はだしのゲン

409 :ラギ@ニャーン:2007/04/09(月) 19:51:06 ID:tw8F8xDD0
>>402はだしのゲンにそういうのあったな。

410 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 19:53:22 ID:5PCYiab40
>>404怖すぎるwww

411 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 20:27:10 ID:E3zFq4yO0
>>404
俺、橋のふちに靴並べて置いてあるの見たことアル

412 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 20:35:22 ID:1n/UENuMO
ダムの桟橋(?というのかな)の入り口に、靴が並べられててその中に靴下が入ってた。
とりあえず周りを見回したがソレらしきものは浮いてなかったんで、そのまま帰った。

413 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 20:38:43 ID:YBaokAbm0
おぉ!中学生の頃そこらに捨ててあった古靴を
橋の上に並べておいたことがあったなーそういえばw

414 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 21:16:16 ID:XMnyuwXP0
見晴らしのいい崖の上に、靴が並べて置いてあったので
観光客が警察へ通報、あたりは騒然となった。
そこへ車が。
土禁にしていた車に乗り込んで、靴を忘れただけだった。
なんだよーと野次馬が言ってたけど、正直ほっとした。
後味悪くなくてごめん。

415 :本当にあった怖い名無し:2007/04/09(月) 21:59:39 ID:SCxrs4Uh0
アキオで、思い出した。

勝又が、言ってた話。
アッコにおまかせのアナウンサーの男の結婚式に、
出川が出席していなかった、なぜなら招待状がこなかったから。
結婚式に出席したアキオ、出川が来てない事にキレ、
電話で呼び出し、ボコボコにした。
出川に招待状を出さなかったアナウンサーと、
事情も把握せずに、出川をボコボコにしたアキオを、
笑い話的に、告発した勝又、あっぱれ!

416 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 03:06:24 ID:dMLV8bB80
後味いいじゃん

417 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 03:17:20 ID:eJ5/hWtE0
小沢なつき
20ぐらい前は、そこそこ売れていたアイドルだったのに、マネージャーと不倫。
仕事(ちゅうかなぱいぱい、の事ね)をホッポリ出して二人で失踪。
しかも、帰ってきた時には、お腹に子供まで仕込んでいる有様。
お陰で、「ちゅうかなぱいぱい」は後半のヒロインの画はアップばかり。
引きの画が使えない。お腹を映したくないからね。
そんなわけで「魔法少女ちゅうかなぱいぱい」は半年で打ち切り。
急遽、新番組として始まったのが「魔法少女ちゅうかないぱねま」でした。
主演は「あの」島崎和歌子! まぁ、島崎としてはラッキーだったのかもね。
しかし、小沢なつきは完全に干され、新宿あたりでキャバ嬢をやって生計を立てていたらしい
今はAV女優

418 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 04:39:21 ID:SlWCztWD0
>>362
実技試験免除なんて許せないよな。
俺は小学校の教員免許取るために
今までほとんど触れたことも無いピアノや一輪車の練習を
死に物狂いでやったもんだ。

419 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 06:17:29 ID:LBb+zRNI0
>>417
どこが後味悪いの?
身勝手なことをして周りに迷惑をかけた報いじゃん。

>>418
免除って決まったわけでもないし。

420 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 07:42:18 ID:99WQbgoM0
>>417
知らなかったのでwiki見てきた
いろいろイタタな人らしいのは分かったが、真相不明なのに
あたかも自分の書き込みを真実のように書いてる417が
後味悪い

421 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 07:49:13 ID:6rktO/Dz0
>>420
自分もwikiとか調べたけど、AV女優なのは本当みたいだよ。
なんか悲しくなった・・・

422 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 07:53:17 ID:Y2N4vYjT0
■終戦直後、第三国人(韓国朝鮮人)による略奪強姦暴行をあの高倉健が激怒!
■日本人の皆さん!この映画を全国に広めましょう!
■とにかく一度見て下さい。
■日本女性が我が子の目の前で朝鮮人の男達に輪姦されて発狂しています。
■これは事実に基づいて製作された映画です。
■あなたの大事なお祖母さんも被害に遭っていた可能性があるのです!

ttp://vision.ameba.jp/watch.do;jsessionid=068CA60900C89BC272FF8F8F05D81C28?movie=197810

423 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 08:04:36 ID:Ugs+vjLI0
>>422
釣りだとは思うが一応言っとく。
「〜って話が後味悪いから読んでみて 」(あらすじ紹介しない)ってのは
このスレじゃNGだぞ。
>1嫁。


424 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 09:15:50 ID:rfH4v2x3P
AV女優というだけでその人の人格なんてどーでも良くなるんだが、
女性蔑視なのかな、、

425 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 09:39:38 ID:OybDvSBP0
むしろ職業差別だろう

426 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 11:36:08 ID:pmpRCW29O
需要があるからこそAV女優という職業が成り立ってるんだろ


427 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 11:44:51 ID:6rktO/Dz0
需要があっても、自分がお世話になっても、職業軽視してなくても、
実際問題AV女優とは結婚できない。

428 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 11:59:39 ID:I7r22qoD0
じゃあとは生活板でやってくれ

429 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 12:33:14 ID:neoqErHOO
>>417
多分その人、俺が小学校の時に近所の町内会の祭りみたいのに来てたな。
町内会のしょぼい祭りだから仕方無いけど
思いっきりやる気無い感じで態度悪かったの覚えてるよ

430 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 13:10:04 ID:S6i9531A0
>>429
そんなド田舎の村祭りだったら当たり前だwwww

どこの村だよ?wwwww


431 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 13:55:35 ID:X8IfsZfv0
>>417を読むと小沢なつきは落ちるべくして落ちた感じがするから別に後味悪くない。
むしろ後味悪いのは昔小沢なつきのファンだった人たちだな。
あと>>429みたいに小沢なつきに関わった人は後味が悪いってか胸糞悪い思い出を残されてそうだ。

432 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 18:31:49 ID:QNkxVgtL0
井上晴美主演の『フリーズ・ミー』って映画はガイシュツ?
めちゃくちゃ後味悪くて、未だにもう二度と見たくない映画NO.1なんだが。
脇役の俳優もいいんだが・・・

433 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 18:46:41 ID:WzSLcaKB0
>・ネタバレ必須です。 既出上等。

434 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 18:52:54 ID:neoqErHOO
>>430
村じゃねーよw 町 だよ。村と全然違うんだよ

ホンジャマカも来た事あるけど、すっげぇ感じ良かったぞ


435 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 19:06:51 ID:g3v4OjAU0
>>430
言う通りなら、小沢なつきは田舎ではいい加減な仕事をする芸人て事だよな。
何処でやろうと、仕事は仕事だろうに。

どんな仕事でも一所懸命で命すら賭ける、江頭2:50の爪の垢でも煎じて飲ませてやりたいぜ。

436 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 19:18:32 ID:wdqsB5xs0
んじゃ書きます。

井上演じるOLは、今は彼氏もいて仕事もうまくいっているが、
学生の頃自宅に一人でいるところを、近所の幼馴染の
チンピラを含む3人にレイープされた過去がある。
逃げるようにして地元を離れ、都会で就職し、
マンションで一人暮らししていたのだが、
ある日そのチンピラの一人(北村一輝)がマンションにやってきてしまう。
学生の頃のレイープ写真をばらまくぞと脅され、
抵抗も空しく、再び自宅マンションで蹂躙されてしまうOL井上。
チンピラ北村は、そのままマンションに居座り、
OL井上の会社に来て金を無心したりするので、OL井上はクビになり
恋人にも過去がバレてしまう。
恋人に去られ、絶望したOL井上はついにチンピラ北村を浴室にて撲殺。
その死体を冷凍庫に隠す。
安堵したのもつかの間、今度はまた別のレイープ犯(鶴見慎吾)がやってくる。
それも撲殺、新しく購入した冷凍庫に放り込む。

続く


437 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 19:19:49 ID:wdqsB5xs0
続き

しかし3人目のレイープ犯(竹中直人)が現れて、
またもや乱暴されてしまうが、スキをみて撲殺。
業務用の冷蔵庫を購入して3人の遺体を冷凍保存するが、
ブレーカーがしょっちゅう落ちる事態になる。
なるべくクーラーなどを使わない生活(夏なので)を送っているところへ、
恋人だった男が尋ねてくる。
もう一度やり直したいと言う元恋人の言葉に喜ぶOL井上。
しかし業務用の冷蔵庫のせいでブレーカーが落ちてしまい、
恋人が異臭に気付く。布をかぶせてテーブルに見せかけていた冷蔵庫を
開けてしまった恋人。その中身を見て腰をぬかす。
そして背後にはカナヅチ(?)を手にしたOL井上が・・・

最後は雨が降り注ぐベランダに出たOL井上と、
カメラが切り替わって誰もいなくなった部屋が映し出されてEND。
救いも何もなくて、実に後味が悪かった。


438 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 19:28:29 ID:Rg2cctHa0
子供が車にはねられて死んだ。
以来、その交差点に供え物が置かれるようになった。

が。
供え物をする人は供えには来るけど回収には来ない。
被害者が子供だからかオモチャや菓子も供えられる。
それを狙ったカラスに荒らされたり風や雨で供え物が散乱し、路上は汚くなる一方だ。
むげに撤去も出来ず供えるなとも言えず、近くの住人が清掃を続けている。
無言で掃除をしてるおばちゃんの姿を見ると、何とも後味が悪くなった。

439 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 19:49:41 ID:UGCa8dpvO
>>438
久しぶりに正統派後味の悪い話だよ
あんがと


440 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 20:48:47 ID:YrVPeOkK0
>>438
あーーそれに近い思い出がある

大学生の頃、同じゼミだった男性が自殺して、当時やっと21、2歳を越えたとこの
多感な頃に、当日まで一緒に研究室で課題をやっていたその友人が、その日の夜
近くの山の山道で首を括ってしまった事は、物凄いショックな出来事で
それから暫らくは、何度もその自殺現場の根元に他の友人達と花束とビールを
備えに行っていた。

今から考えたら、単なる若者の自己満足だったんだろうけど
当時は「私たちは何時までもあなたの死を忘れない・゚・(ノД`)・゚・。 」と
非業の死を遂げた友人への友情に酔っていたんだと思う

そうして何度目かの現場参りの時に、いきなり「あんたら、いい加減にして!」と
おばさんに怒鳴られたよ

そのおばさんの家は、その現場のすぐ前で、現場が玄関や窓から丸見えで
朝方に自殺死体を見つけて通報したのも、そのおばさんだった。

それだけもショックだったのに、何度もその現場に花束やら線香やらお酒やら
お供えしてあるのを見れば嫌でもその時の光景が思い浮かぶし、おばさんの
娘さん(高校生か中学生くらいらしい)も、お供え物を見ると精神的に不安定に
なって、最近では怖がって家の中でも一人になるのを怖がるようになったそうだ

慌てて、謝って用意した花束とか持って帰って、現場参りもそれっきりになった。
それからは、道路とかで供養の花が供えてあるのを見ると、真っ先に
亡くなった方への気持ちより、その花を見させられる近所の気持ちを考えて
「あーあ・・迷惑な事だなぁ( ´・ω・`)」って斜に見てしまうようになった

441 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 20:55:15 ID:sAM0144Z0
供えたい気持ちも分かるけど……
二年前、中三のとき友達が車に轢かれて死んだ。
学校から歩いて二十秒くらいのところにある交差点で、そこには家が建ってたんだ。
花束とかおかし、ゲーム等等供たんだが、ある日その交差点にあった家が無くなって、
更地になった。今じゃデザイン事務所があるが、きっと人が死んだところになんか
住めないと思ったんだろうな……

442 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 21:00:30 ID:7B8peJK60
いつまでも花をそなえてあるところあるが、自分が見るところは
供える花はいつも1束だけで、萎れたら枯れる前に交換される。
取り替えるところを見たことあるけど、持参のホウキで周りを清掃するし、
古い花はきちんと持ち帰っていたよ。
自動車販売店の前だが、記憶にあるだけでも
もう5年以上はなるから、誰も止めるつもりは無いんだろうなぁ。

443 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 21:22:43 ID:z8ujD8PWO
まぁ、現場参りするなら墓参りした方がトラブルも少ないだろうな。

444 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 21:23:50 ID:6oPjhA6M0
これはいいハナシだなぁ

445 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 21:26:57 ID:KHuw5Q4h0
交通事故話だけど、むかし自分の田舎で小学2,3年の女の子が死んだ事故があった。
バイパスを渡ろうとして轢かれたんだ。
轢いたのは小学校教師を目指して当時実習中だったかなんかの男性。
何度も何度もその子の家に謝罪しに言ったんだが毎度暴言を吐かれて(「お前が死ね」みたいな)
そのうちその男性は自殺したそうだ。

で、女の子が轢かれた場所には歩道橋があったんだよね。
その子は階段に虫がいるとかなんとか言って歩道橋を嫌がって
バイパス道を横断しようとしていたんだ(一緒にいた友達は歩道橋を使ってて無事だった)。
轢いた方が悪いのは当然なんだろうがなんか後味悪い結末の事故だった。

446 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 21:32:28 ID:LBb+zRNI0
一つ交通事故の話が上がるとその後雪崩式に劣化話が来るのが後味悪いな。

447 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 21:37:19 ID:6oPjhA6M0
おやおやw

448 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 21:40:57 ID:guOkBARZ0
茶々入れるだけの低能がほざいてますね

449 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 22:11:35 ID:6XcAziqS0
   ∩____∩
   | ノ      ヽ  茶茶ドゾー
   /  ●   ● |
  |    ( _●_)  ミ  ┌─┐
 彡 ┌─┐ |∪|  、`\,{ 茶. }
/ _,{ 茶. } ヽノ  /´\__)ニノ
(___)ニノ   ./

450 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 22:57:14 ID:QdFQ4mdDO
かなり前だが自宅のお向かいは松林だった。明け方そこに若い兄ちゃんが車で自爆した。
凄い音に飛び起きて両親と自分で介抱した。幸い意識があり、救急車より家族に連絡して欲しいと兄ちゃん。
駆け付けた兄母ちゃんが、いきなりウチの電話で救急車呼んでから自分達を怒鳴りつけてきやがった。
「○○くん、財布はしっかり持ってるのっ?」

近所の応援ギャラリー2、30人が居るシーンでだ。
いっとくがウチは地元では有名な家系の分家だし、第一、貧乏ではない。
兄ちゃんは助かったらしいが住んでた貸家の大家がウチの親戚だったため、バツ悪いらしく母子共々サッサと引っ越したらしい。
今思い出しても後味悪いっすよ。
放っておけばよかった、と。

451 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 23:02:59 ID:hrSuPPVU0
事故がらみってどうしても後味悪くなるもんだけれどそれはひどいな


452 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 23:12:16 ID:meH+r14q0
>「○○くん、財布はしっかり持ってるのっ?」

これは息子にむかって言った言葉だよな
怒鳴りつけられたってどういうことよ、まさか公然で泥棒扱いされたのか?
後味悪いの通り越して胸糞悪くなるわ

453 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 23:22:22 ID:zx3cpnmv0
つーか、意味がよくわからん。ウチって自分の家って意味なのか、女言葉の自分って意味
なのかさえわからん。なんで急におイエ自慢が始まるのかもわからんし。
誰か解説して。

454 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 23:23:35 ID:guOkBARZ0
>>714
> 近所のあつかましくがめつく卑しい娘小二が、大嫌い。
> 「それちょーだい」が口癖で、親も全く止めないどころか、
> こちらがやるとも何とも言わない先に
> 「よかったねー、ありがとうって言いなさい」。
> うちの子や小さい子をこっそりいじめたり、うまいこと言ってカード取り上げたりしてる
> こともわかってる。とにかくやかましくて陰険。そして小ずるい。
> ひとの持ってる可愛いものは全部欲しがって取ったりするのに、ケチで自分のものは一切他の子には触らせない。
> 母親にそれとなく注意しても、「うちの子元気いっぱいでおしゃまだから」
> ですませる。理由になってない!!
> 一度母親が他の人たちとべらべらしゃべってて目を離していた隙に
> 「ま○やちゃんって本当に不細工っつうか、ブスだよね。かわいそうだけど
> そんなに不細工だったら、男の子にも全然もてないよね、友達も全然いないんだって?
> 変な顔のブスだもんね」
> ってにこやかに言ってやった。
> 小学校低学年なのに、ちゃんと意味わかるらしくて真っ赤になって真っ青になったよ。ぶるぶる震えて母親の処に走っていったけど
> どうもうまく説明できなかったみたいでおしゃべりに夢中な母親には軽く無視されてた。
> トラウマ植えつけてやった。きっと一生忘れまい。ざまあみろ。


455 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 23:29:10 ID:s1nKkna3O
>>454
良い話じゃないの

456 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 23:32:18 ID:zx3cpnmv0
ガ板の胸糞スレに貼るべきだろ。

457 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 23:48:53 ID:dtablgzu0
高校〜会社に行ってた頃まで、居眠りとかすると
誰かがそっと頭をコン、って起こしてくれてた

でも会社では全然起きなくなったからかそれもなくなった・・

父が小学生の頃他界してるので、見守ってくれてるのかなと思ってたけど
あまりに寝るので見放されたかもシレナイ

458 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 23:50:53 ID:DBqhn3lJO
引き摺って悪いけど、
交通事故あったの思いだした。

前住んでた家の近所の店で、
免許取り立ての大学生が、
人がいるのに気付かずにバック。
おばあちゃんと、まだ乳児の孫だったんだけど、
ばあちゃんが庇って孫は無傷、
ばあちゃんは死んじゃったんだよね。
通夜で、その大学生親子が土下座して
謝り倒してたけど、
当然、家に入れてもらえず面罵されてた。

でもその内容が、
ばあちゃんがいなくなったから誰も孫の
面倒をみれない、共働きだから困る。
みたいな事で、かなりモヤモヤした。
その分かかるお金を請求されて、
お金払えず、大学生は交通刑務所へ。
って結末を噂で聞いて、なんだかなあと。
言い方悪いけど、年寄りなんだしいつかは死ぬじゃん。
ばあちゃん死んで悲しいよりも、
子供の面倒みてくれる人が居なくなった事を
一番気にしてるって事を公衆の面前で暴露
&将来ある大学生が刑務所ってのが
今思い出しても後味悪い。
飲酒とも違うし、悪い親子でもなさそうだったので。
被害者は被害者ってのも分かってるつもりなんだけどね。

459 :本当にあった怖い名無し:2007/04/10(火) 23:51:12 ID:H1CTdikL0
>>435
今、小沢なつきのAVを視聴したけど
一生懸命ティンコくわえてたよ。嬢のが向いてんのかね。

460 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 00:35:18 ID:AagJHmZo0
>>459
すごい腹出てたけどねw

461 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 00:48:59 ID:I0ciKp64O
その腹がいい。

462 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 01:10:18 ID:BBwSyXyUO
彼女は生きるために頑張っているんだ

463 :1/6:2007/04/11(水) 01:18:42 ID:+ZyplsnJ0
昔本当は怖いグリム童話?に載ってた漫画。
けっこう前に読んだものなので作者やタイトルは覚えてない。
うろ覚えなので、どこか違うところがあったらごめん。



昔、あるところに裕福な家庭があった。
その家では美しく聡明な母と母に似て美しい二人の娘、優しい父親が
暮らしており、絵に描いたような幸せな家庭だった。

しかし、ある日父親がよその女との間にできた少女をつれてきてから、
それまでの幸せな生活は一変する。
信じていた夫に裏切られたことを知った母親は夫が連れてきた私生児の
少女につらくあたるり、シンデレラと呼び虐めた。
姉娘は母や妹があまりにひどくシンデレラを虐めるので心苦しく思っていた。

そんなある日、母親や妹に虐められていたシンデレラを介抱していた姉娘。
シンデレラはこの姉娘には少しばかり気を許していたらしく、本音を漏らす。
そのシンデレラの本音と言うのが、歳をとった女の嫉妬は見苦しいと母親を
嘲笑う内容のものだった。

464 :2/6:2007/04/11(水) 01:20:05 ID:+ZyplsnJ0
そもそも、あの優しかった母親が豹変してしまったのは、シンデレラが
この家にきたからだ…。
そう思った瞬間、姉娘は自分の中で理性の糸がきれるのを感じ、気がつけば
シンデレラを棒切れか何か(ここらへんはよく覚えてない)で、何度も
打ち据えていた。

我に返り、自分のしたことに呆然とする姉娘に、シンデレラは、所詮姉娘も
母親や妹と同類なのだと告げ、薄笑いを浮かべ、姉娘を残し去っていったの
だった。


それからほどなくして、城で王子の后を選ぶための舞踏会が催されることに
なる。

その舞踏会で王子の后に選ばれた女が誰かを知り、シンデレラを虐めていた
母娘は愕然とする。
王子の后に選ばれたのはシンデレラだったのだ。

シンデレラによって母と妹は火炙りにされ処刑された。
姉娘も本来なら同じ運命をたどるはずだったが、何とか逃げ延びて、
知らない土地の森の奥深くをさまよっていた。

465 :3/6:2007/04/11(水) 01:20:44 ID:+ZyplsnJ0
そのとき姉娘と出会ったのが、ちょうど鹿狩りに来ていたその地方の領主だった。

姉娘の美しさに眼をとめた領主は、そのまま姉娘を妻に迎えることにする。

領主は姉娘の父親のような年齢だったが、姉娘は自分が幸せになれるのは
領主の妻という立場にいてこそなのだと思い、寝所でも領主への奉仕に励み
寵愛を得ることに成功する。

こうして、領主の妻としての地位を固めつつある姉娘だったが、そのためには
一つ気がかりになることがあった。

領主には前妻との間に美しい一人娘がいたのだが、その少女がシンデレラ
そっくりなのだ。

姉娘は彼女の容貌に驚きつつも、白雪姫と言う名の領主の娘を可愛がろうと
努力する。

やがて、姉娘は領主の子を身ごもる。
一人娘だけで世継ぎのいなかった領主は喜び、姉娘もこれからの自分の将来
を確信した。
幸せの絶頂にいた姉娘だが、階段を降りようとしたとき、何者かに背中を
おされ、階段から転がり落ちてしまう。
朦朧とした意識の中、姉娘は階段の上で微笑む白雪姫を確認し意識を失った。

466 :4/6:2007/04/11(水) 01:21:21 ID:+ZyplsnJ0
次に姉娘が目を覚ましたとき、まず姉娘が知ったのは、自分が子供を流産して
しまったという事実だった。
領主は流産は姉娘の不注意ときめつけているので、なぐさめの言葉をかけて
くれることはなかった。

うちひしがれる姉娘のところに白雪姫が見舞いに訪れる。
赤ちゃんじゃなくてあなたが死ねばよかったのに。
そう告げて去っていく白雪姫に、自分を階段から突き落としたのは白雪姫
なのだと姉娘は確信した。

呆然とする姉娘の脳裏によぎったのは、シンデレラとのいまわしい過去。
自分が幸せになるためには白雪姫はいてはならない存在となる。

姉娘は白雪姫の殺害を決行する。
(ここでの殺害手段は覚えていないんだが、たしか毒リンゴでの毒殺だった
と思う)

愛娘を失い嘆き悲しむ領主をみながらも、姉娘は自分の勝利を確信する。

そこへ訪れたのが隣国の王子。

彼の手により白雪姫が目覚めたのを知った瞬間、姉娘はまた自分が居場所を
失ったのを知った。

467 :5/6:2007/04/11(水) 01:23:22 ID:+ZyplsnJ0
それから何十年も月日が流れる。

シンデレラに追われたときよりもさらに森の奥深くに逃げ込んだ姉娘は、
老婆となり一人で静かに暮らしていた。

そんな彼女のもとに初めて訪れた来訪者は、ヘンゼルとグレーテルと名乗る
兄弟であった。

憎まれ口を叩くグレーテルにムッとして、お前達を食ってしまうぞと脅かす
老婆となった姉娘。

驚く子供たちをみて、姉娘は自分にまだそんな覇気があったのに驚きつつ、
それもグレーテルの面差しがシンデレラに似ているからだと気づく。

しかし、グレーテルがシンデレラに似ているからといって、姉娘には彼らに
危害を及ぼす気はなかったので、苦笑してさきほどの発言を取り消し、
二人に帰るように促そうとするが、そこで姉娘はいつの間にかヘンゼルと
グレーテルのの体が不思議な光に包まれているのに気づく。

468 :6/6:2007/04/11(水) 01:24:17 ID:+ZyplsnJ0
ヘンゼルとグレーテルは実は天使で、この森に住み多くの人々を悩ませている
魔女=姉娘の魂を取りにきたのだった。

姉娘は驚いて、自分はこの森の奥で静かに暮らしていただけで、だれにも
危害は加えたことはないと抗弁するが、天使から帰ってきた答えは、姉娘が
この森に住んでいるというだけで人々は彼女の住む森を魔女の住む森と
おそれ、森に入ることができず長いこと苦しんでいたのだと告げる。

自分がまたいつの間にか人々に疎まれる身になったことを知った姉娘は
自分の人生に対する哀れみのような諦めのような不思議な微笑を浮かべ
絶命する。


場面は転じて姉娘の魂をもって天に昇る天使たち。
グレーテルは姉娘の魂をみつめながら、ヘンゼルにつぶやいた。
「それにしてもこの人も、自分が希代の悪女だって知らないなんて、ちょっと
可哀そうね」

469 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 01:26:39 ID:AagJHmZo0
>>462
確かに子供ももうだいぶ大きいだろうし
学費もかかるもんな

470 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 01:52:01 ID:kuTI3Og40
手紙 岡林信康 作詞/作曲
ttp://www.fukuchan.ac/music/j-folk1/tegami.html

私の好きな みつるさんが
おじいさんから お店をもらい
二人いっしょに 暮らすんだと
うれしそうに 話してたけど
私といっしょに なるのだったら
お店をゆずらないと 言われたの
お店をゆずらないと 言われたの

471 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 01:59:35 ID:qcpxecjD0
みつるが自分の力で店を持てばいいだけのことじゃないかね?

472 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 02:46:39 ID:ZQvzbVmx0
>>471

なんだか気が合いそうな人だ

473 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 02:46:44 ID:sIj9AySP0
>>463
顔が似てるのは別に同一人物とかではないんか?

>>470
歌詞に思いっきり「部落に生まれたその事のなにが悪い」
とあるから放送禁止になってるんだっけ

474 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 03:59:13 ID:rgqNm/AjO
>>454
これ書いてるやつ頭おかしいだろ。
こういうの見るとほんと悲しくなるよ・・・


475 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 04:00:28 ID:ec41mjxqO
Bか。そりゃ交際はともかく結婚は反対されるわな
それでもどうしても好きなら、
みつるが自分の力で店を持てばいいだけのことじゃないかね?

476 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 04:10:07 ID:GC8PzPl70
>>474
嫌な親に育てられたいやなガキを〆た話だろ
後味スッキリだからスレ違いだって言いたいならわかるが。

477 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 04:20:17 ID:FJ8/f/G80
大人がガキに仕返ししてどこがスッキリなんだか・・
物心付く前の子供ではなく親を〆たのなら話はわかるけど。
しかも笑顔で毒舌とか、どう考えてもトラウマ、気持ち悪すぎ。

>>475
同意w親の脛かじらないで社会に出ろよって話だなw
それが出来ないのに結婚とか唯の笑い話w

姉娘可哀相・・。


478 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 04:38:23 ID:WW3dO5ptO
>>436脇役が豪華すぎ

479 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 07:02:19 ID:RK/ikEyaO
結婚しなければ絶滅したのにね。


480 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 07:26:22 ID:CAt1HtI0O
>>474
禿同
>>476
本当にそう思う?
私も行儀悪い子供は嫌いだけど、実際は親の責任だし、こういう話は後味じゃなくて胸糞悪い話なので該当板でやってほしい。
つか該当板のコピペだからw

481 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 07:27:44 ID:CAt1HtI0O
ごめんなさい
sage忘れましたorz

482 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 08:07:31 ID:sIj9AySP0
ミドリカワ書房というネタソングで有名な人の歌が後味悪かった。
なんかもっと聞いた後にからっと笑えるタイプのネタソングだと思ってたが、
詞が暗すぎて笑える人には笑えるけど、自分のコンプレックスとかと
詞がマッチしてしまうととんでもない鬱ソングになる感じ。
ミドリカワ書房は男性で、そんで女性視点の歌詞が多いので生々しさはどうにか半減されてるが。

「顔」という歌は整形手術を望む女の子の歌。
母親は美女なんだが、主人公は母親に似ずにブス
友達にはみんな彼氏がいるのに自分だけいないし、
好きな人には存在すら認識されておらず、手術するしかないと思っていた。
そんでとうとう母にその事を打ち明けるが、もちろん母は泣いて反対する。
「ママって泣き顔もきれいだよね それに比べてわたしの顔は」
美しすぎる母の顔は泣き顔ですらも女の子を苦しめる材料にしかならない。
「パパにはまだ言わないでおいてね 明日わたしが自分で言うから」
恋がしたい恋がした恋をしてやるうううううんという唸りで終わる。

その続編「心」
整形手術を受けて5年後の女の子。
その夏以来、以前の友達とは会わなくなった。
会いたいけど今の顔を見せられない。
今は一人暮らしをしてるらしいが、
たまに会う両親はいまだに女の子によそよそしい態度を取る。
「ごめんなさいと言いたいけどなにかが邪魔して言えないの」
手術をしてから男たちはわらわらよってくるが、でも満たされなかった。
「何故でしょう 全てが上手く行くと思っていたのに」
「こんな事になるなら前の顔のままでいた方が良かった」
「この美貌を手に入れても私の心は昔より寒いわ」
「この美貌が邪魔をして誰も私の心を見てくれない」
そう思いながら男たちを当て付けのようにボロボロにして捨てまくりながら
「幸せとはなんでございましょう私にはもうわからないの」
「どなたかどうか教えてくださいませんか」「どなたかどうか助けてくださいませんか」
と一人で思う毎日を送るしかなかった

483 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 08:52:01 ID:59JD7ydw0
それさ、実は母親も整形美人だったってことはないかな?w

484 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 09:20:38 ID:HgPKmq0n0
>>483
srdw

でも娘がいるってことは結婚して(娘の整形までは)幸せな家庭をもってたって事だから、
歌の主人公(娘)も、そのうち幸せになるんじゃないの。

485 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 11:06:26 ID:4V1N9JrSO
若い頃付き合っていたお金持ちの彼氏が嘘付きだと気付いたのは、
彼の幼なじみが私の同級生で、彼の実家を案内してくれた時・・・。


486 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 12:47:47 ID:tlqocVsGO
ブラック・ジャックの漫画は本当に後味が悪い。
アニメを見て、面白かったから漫画を探して読んだが…。

なんかどれが後味悪いとかじゃなく全部悪い

487 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 13:04:02 ID:DDGsmTrnO
>>1

488 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 13:06:17 ID:mzrZ/zp40
>>487
オマエがウザイ

489 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 14:23:10 ID:DDGsmTrnO
>>488>>1
代わりにあらすじ書け

490 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 14:39:10 ID:crCTKQxp0
そうだ書け 後味悪いの限定ね

491 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 14:45:51 ID:IEvoc1gR0
>>486
既読の人ばかりじゃないんだし、エピソードひとつでもいいから書いてよ

492 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 14:46:55 ID:IEvoc1gR0
ごめんsage忘れorz

493 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 14:47:51 ID:9RjeLdx60
>>486>>488
携帯とPCで使い分け乙

494 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 14:48:59 ID:ORTeLLvlP
喫茶店でクソしにトイレに入ったら
誰か入ってたんで待ってたら
おじさんが出てきた(俺もおじさんだが)
で、入って見るとクソが横にはみだした後があって、
躊躇したが、こちらも限界だったんで
おじさんを恨みながら
なんとか汚い部分を避けて用を足した。

出る時に、入れ違いで女性が入ってきた。
「ちょ、このウンコ俺のじゃ無いから」なんて言う隙も無く
女性はトイレに入って行った
で、すぐ出てきた。
そのままレジを済ませ店を出て行った。
その女性の怒りと軽蔑の眼差しを受けながら
ひょっとして、さっきのおじさんも同じ気持ちだったのかもなぁとぼんやり考えてた。

495 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 14:49:11 ID:9tKzD3qr0
よくあるパターン

 ブラックジャックが手術する。
→手術は成功する。
→手術と関係ない原因により患者死亡。

496 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 14:56:24 ID:dcztYkm40
>>495
それなら京極堂もそうだろう。

京極堂が憑物を落とす
→事件は解決する
→かろうじて崩壊寸前だった家庭(など)が崩れ去る

497 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 15:10:04 ID:sIj9AySP0
ブラックジャックは初期の話が結構すごいのある
うろ覚えだが

足の悪い娘がいた。名医であるブラックジャックなら足を治す事が出来るが、
世俗を嫌っている娘は足など治さなくていい、空を飛ぶ羽が欲しいという。
そしてブラックジャックはその願いを叶え、娘の背中に大きな翼をつけてあげた。
その翼で自由に娘は空を飛ぶが、その姿を人々に見られ、
新種の生物ではないかと追いかけられ、捕まえられそうになる。
そんな扱いを受ける事に娘はひどく傷つき、そしてより人々を嫌う。
もう人間でいたくない、本当の鳥になってしまいたいとブラックジャックに頼む。
そして娘は完全な鳥になるための手術を受けた。
全身に羽毛の生えた巨大な鳥のような姿になった娘は、
満足そうに微笑みお礼を述べ、山の方へと飛び去っていった。

後期のブラックジャックなら多分説教して止めたりしてたんだろうに、
この話ではすんなり手術してしまって唖然とした。
娘本人はこれで幸せになれたんだろうけど、なんか納得がいかない。

>>483-484
PVでは母役・父役・娘役・憧れの男子役などを
全部ミドリカワが演じていて、母役は美しく(元が薄い顔立ちなので化粧でかなり美女風になる)
娘はそのままの顔で女子高生の服着てきもい感じになってたが、
PVを準拠にすれば一応顔の系統だけは同じなので母は整形してなさそう。
逆に考えれば娘も化粧すればきれいになるかもしれないわけで、
娘は実際はブスではなく醜形恐怖症の類でひたすら選択肢に整形しかなかったのかもしれない。

でもPVはあくまでもイメージ映像だから、突っ込んで考えてみれば母が整形している線もあるかもしれない。
そうだったとしたら母は「私整形したい」と娘に言われた時、
自分と同じように娘が整形すると聞いて申し訳なさなどで泣いたんだろうか。

なんか長々と書いたが、本編で書かれてない事まで想像して後味悪がれるのはこのスレの住人としてはお得かもしれない

498 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 15:12:27 ID:hLK75iXr0
子門真人「およげ!たいやきくん」
http://www.youtube.com/watch?v=Zh19orN8Fm0
http://www.youtube.com/watch?v=tQ-rOoKi830

最後にたいやき、食べられちゃうんだよね…

499 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 15:19:48 ID:GrEfu1vj0
>>498
あんなに湿気ったたい焼き、捨てられなかっただけ良かったじゃないか。

500 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 15:24:33 ID:pTuI1aGU0
500get

501 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 16:08:26 ID:s7qI+Wz30
毎日毎日、僕らは鉄板の上で焼かれて嫌になっちゃうよ。
ある朝、ボクは店のおじさんとケンカして海に逃げ込んだのさ。

初めて泳いだ海の底、とっても気持ちがいいもんだ
おなかのアンコが重いけど、海は広いぜ心が弾む
桃色サンゴがが手を振ってボクの泳ぎを眺めていたよ。

502 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 16:12:18 ID:s7qI+Wz30
毎日毎日、楽しい事ばかり。難破船がボクの住み家さ
時々、鮫にいじめられるけど、そんなときゃそうさ逃げるのさ

一日泳げば腹ペコさ。目玉もグルグル回っちゃう。
たまには海老でも食わなけりゃ、塩水ばかりじゃふやけてしまう
岩場の陰から食いつけば、それは小さな釣り針だった。

503 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 16:14:41 ID:s7qI+Wz30
どんなにどんなにもがいても、針が喉から取れないよ。
浜辺で見知らぬオジサンが、ボクを釣り上げびっくりしてた。

やっぱりボクはタイヤキさ、少しコゲあるタイヤキさ
オジサン、唾を飲み込んで僕を旨そうに食べたのさ。

504 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 16:15:47 ID:taU3e8PJ0
小さい頃それ聞いて
逃げたのに食べられちゃうなんてカワイソス
って落ち込んだ

あと運の悪いヒポポタマスも欝になったorz
月曜日に生まれて一週間で死んじゃう歌…

505 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 16:31:47 ID:Tp+9omQf0
たいやき屋の親父は重度の空想癖があるやばい人。
自分が焼いたたいやきが自分をなじってくる幻を見てたいやきを海にぶん投げた。
そしてたいやきが宙を舞っている間に冒険などを妄想。
気が付くと近くにいた釣り人が落ちたたいやきを拾って怪訝そうな顔。
親父その釣り人を脅して無理やり食べさせてご満悦。

506 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 17:05:55 ID:ZzftjpYi0
およげたいやきくんの一番後味の悪い点は、
歌手にほとんど報酬が渡ってない点。

507 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 17:07:53 ID:sIj9AySP0
>>506
kwsk

508 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 17:09:24 ID:ORTeLLvlP
泳げたいやき君、このスレにぴったり過ぎw

俺も子供の頃嫌な気分になりつつうたってた。
アンパンマンがかじらるのも似てるかもなw

509 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 17:23:10 ID:CvvvH99C0
>>507
506じゃないけど、子門真人はこれほど売れるとは思わずレコード会社に権利を売却(不確かだが30万らしい)
当然そのためレコードがいくら売れようと一銭も入らない。
現在は引退して所在不明らしい。

510 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 17:26:51 ID:HG87x0nbO
アソパソマソは自分から頭をちぎって食わせてるじゃんw
絵本のアソパソマソは、人に与えすぎて
完全に頭がなくなってるのに、空飛んでた

511 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 18:40:21 ID:RK/ikEyaO
あれは心がどこにあるのかとか、色々深い意味があるのさ。


512 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 18:46:06 ID:61xXvMFP0
>>509
子門真人はあれで人生踏み外したよねー。
一生ご馳走を目の前にして指をくわえて見てなきゃいけないようなもんだ。
人生の節目節目で「あの曲の印税があれば…」と考えるのは辛いよなー。

513 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 19:49:07 ID:4N+semfkO
>>509
それはB面の(一本でもニンジンの)なぎらの方では?
子門はこの頃はまだレコード会社の社員だったから
ほとんど関係ないはず。
ボーナスとかはでたかもだけど

514 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 19:49:09 ID:q+k8tSl1O
別に一発屋ってわけでもなかった気がする。

515 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 20:07:44 ID:L3JmXKVU0
wkipedia

子門・なぎら共に買い取り契約だったので、印税はごくわずか(子門の場合5万円)しか
入ってこなかった(その後、レコード会社から100万円と白いギターが1本贈られた)。
また、キャニオンレコードは「およげ!たいやきくん」の売上収入で新社屋
(通称・たいやきビル)を建てたが、それに関してもなぎらは
「あの玄関は俺(に本来回ってくるはず)の印税で建てた」とネタにしている。

516 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 20:12:57 ID:GO56kBAr0
何年も前に2ちゃんで見た話だから知ってる人いるかも。
すごく性格の悪いOLが結婚することになり、同僚や先輩後輩達が結婚式に招待された。
数名というより、たぶん十数名か。
結婚式当日、同じ会社の人は全員欠席。もちろんみんなでわざとやったこと。
本人の性格が悪いからか、社外の友人という招待客はいなかったらしく、
つまり新婦側の友人席は無人・・・。
そこまでされるほどに性格悪い人ってどんなのか気になったり、
晴れの日を台無しにされてその後どうなったかなーと、ちょっと後味悪かった。


517 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 20:14:03 ID:jT8tecOW0
>>513
でもこの泳げたタイヤキ君の事が前例になって、NHKの歌のお姉さんや
お兄さんが契約時に取りあえずは印税での契約がデフォになって、あの団子三兄弟の
大ヒットで、速水けんたろう、茂森あゆみの両歌手にウン億円の印税が入ったはず。

ちょっとした時代のズレや、契約のアヤで人生が全然違うんだよね〜( ´・ω・`)

518 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 20:41:08 ID:mzrZ/zp40
>>516
嫌われている自覚があれば招待もしなかっただろうになw

519 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 20:49:14 ID:NP+eyKjS0
ミドリカワ書房といえば
「それぞれに真実がある」の続編も後味悪げだったよね
あと、曲名忘れたけど彼女が中絶するやつ
彼女は7股とかしててお腹の子供は自分の子じゃなかったって…
後味わるぅ

520 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 21:09:28 ID:KMJSIz0h0
>>516
ドタキャンしたならどっちもどっちだろう。
いい年した大人が示し合わせてドタキャンってかなりの意地の悪さだ。

521 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 21:24:00 ID:Lm/ALCU1O
>>518
本当にね。自分のポジションに気付かないものなんかな?
結婚式をドタキャンされるくらいなんだから
普段から遊びに誘われる事もほとんどないと思うんだけど。
後味云々よりも、一体どんな人で、どんな会社だったのかと不思議…。

522 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 22:05:12 ID:zg90GS9q0
一斉に断ればいいだけのことなのにな。>520と同じこと思った。

523 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 22:14:10 ID:z2wswh6pO
それだけ嫌いだったんだろ

524 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 22:19:35 ID:GC8PzPl70
あれ後日談なかった?
その新婦、同僚の結婚間近で結納まですませていた男をだまし討ちで寝取って、
子供が出来て奪い取り成功。
ごめん、って泣いて「でもどうしようもなかったの、許して、でもお腹の子には罪はないでしょ」
で許されたと思ってた。
同僚の男女は全員そのいきさつを知っているのに、お姫様気分の当の女は
これで禊は済んだしぃ、みんなあたしを祝福してくれるはず!って感じで
しゃあしゃあと招待状を、奪い取った同僚女性含むみんなに送ったとか。
これはもう普通に欠席するより、当人がどれだけ心のない仕打ちを他人にして平気だったか
知らしめねばならないのではってことでそうなったとか。

525 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 22:27:38 ID:pVszNpjk0
>>524
ああなるほどねー。それじゃあしょうがない…ていうか
むしろ会社の同僚GJ!ってカンジだね。

526 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 22:44:23 ID:z2wswh6pO
http://tyakusou.nobody.jp/e/100/kai3/054.html

この話。
どう考えても障害児の親が悪いとしか思えない。

527 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 23:27:46 ID:mzrZ/zp40
>>526
>と、向けた顔は*田の顔ではなかった・・・・・*川の顔だった・・・・トンネルで見たのと同じ・・・・

取りあえずここオカシくね?

528 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 23:29:25 ID:MLbOwJyS0
全体的に酷い。センス無さ杉。

529 :本当にあった怖い名無し:2007/04/11(水) 23:57:30 ID:/riv4wqL0
>>384
映画版は後味スッキリだお

530 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 00:00:12 ID:E/PnKdnlO
山本リンダ
「私の恋人タイヤキ君」
大ヒット曲のアンサーソングなのに全然売れなかったみたいだな


531 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 00:05:37 ID:PtDHmy4H0
>>526
なんかよくわからない。
踊るのが好きな障害児で、親がその子を学芸会に出してもらいたくて、
踊る役をもらって踊ったんでしょ?いい話じゃん。
本人がなかなか踊りやめなくても適当なところで下げさせれば、
父兄の目には普通に微笑ましい光景に映ると思うんだけど。
なんかいかがわしい踊りなの?

532 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 00:05:39 ID:N7Z5kSfr0
アトムの漫画版最終回(?)

ロボットに権力を奪われた人間。
ロボットは人間の殺し合いを好み見せ物にしていた
主人公の男は反発し幼なじみの女と逃げ、博物館にあったアトムを使い逃走する。
しかし追っ手がやってきて、絶体絶命。アトムは追っ手に立ち向かうも爆破される。
男は女が実はロボット(本物は子供の頃いたずらで殺してしまっていた)
であることを知り、女を壊す。しかし最後には追っ手に殺される。


ヒゲオヤジや学校のみんな、アトムの家族もでてこない、これが本当にアトムか?
ってな内容だった。

533 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 00:20:58 ID:PHhksjbW0
>>524
女が悪いってなってるけど、寝取った女よりも、結納まで済ませた相手がいるのに
浮気した男の方が悪いように思えてならない
だまし討ちってのがどんなのか分からんけど、子供が出来たってことは生でやったんだろうし
ダメ男とダメ女で似合いのカップルなのか

534 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 00:25:29 ID:bUnT/bM30
>>533
どうでもいいだろ
他スレのしかもかなり昔の書き込みみたいなんだし

535 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 00:27:08 ID:9BleZVOC0
駒田に子供が生まれたら黒人の子供だった
即離婚したみたいだけど

536 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 00:37:57 ID:EV0K9h/UO
>>463
亀レスすまん。
たぶん桐生操さんじゃね?ついでに二人で執筆されてたけど、片方が最近お亡くなりになった。

537 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 00:45:21 ID:BIupttm/0
>>533
レスしてる人が女だからだろう。
女は浮気した男じゃなく浮気相手の女を憎むからね。
男は騙された被害者で、悪いのは誘惑した女なんだよ。

538 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 00:47:09 ID:BbDLakT/0
>>524がホントに続きだとしたらチト変かな?とか思ったり思わなかったり

539 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 00:59:51 ID:mGCOWjCo0
女の狡猾さに女は敏感で男は鈍感だから。逆もしかり。
だからそういう時って女の目には男が馬鹿に見えるんだよ。
責任能力に欠けて見えるの。
逆に女の側の狡猾さは嫌ってほど目につくから、
女が黒幕に見えがちなの。

540 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 01:34:07 ID:SM6rZGvr0 ?2BP(71)
>535
それデマだよ。

541 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 01:39:03 ID:kEaNpTz8O
>>537
ただ単に負けたのがくやしいだけじゃない?
どんなに汚い手使っても手に入れたもん勝ちだもん


542 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 02:02:49 ID:9BleZVOC0
61 :無責任な名無しさん :2006/07/06(木) 15:27:21 ID:9AsGm7Pt
私29歳♀で、どうしても結婚したい人(27歳)がいます。

その人には、5年付き合った彼女がいて、来月結納だそうです。
あきらめようと思ったけど、あきらめきれません。
これまで「付き合いたい」と思う人はいても、「結婚したい」と思える人には
出会えませんでした。
彼だけが、唯一、「結婚したい」と思える相手だったので、がんばって自分のもの
にできないかと思い、先々月、会社の飲み会でたくさん飲ませて、彼の意識が
なくなったところで、介抱するフリをしてホテルに連れていきました。
結果としては、ホテルでは最後までできなかったのですが、せっかくのチャンスを
どうしても逃したくなくて、ホテルに行った翌日から続けて1週間、別の男の人と
避妊せずにエッチしました。
今、妊娠してるかは、まだわからないのですが、大好きな彼に、「妊娠したので
責任を取って欲しい」とお願いしてます。
もし、わたしが妊娠してなくても、既成事実はあったと思い込んでいる彼に
責任を取らせることは、可能ですよね?


71 :61:2006/07/06(木) 15:58:14 ID:9AsGm7Pt
アドバイス、ありがとうございます。

もし、子供が出来ても、後々困らないように、彼と同じ血液型の男の人と
エッチしました。
仮に子供が出来ていても、DNA鑑定されない限りは、わからないと思います。

私としては、やはり良心があるので、法的手段に訴えることなく、彼の
良心に訴えて、結婚できればと思っています。
でも、最悪の場合を考えると、法的手段というのも切り札として
持っておきたいのです。
結婚して、彼を幸せにしてあげたいし、私も幸せになりたいです。
そのためには、努力を惜しまないつもりでいます。

543 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 02:03:10 ID:9BleZVOC0
75 :61:2006/07/06(木) 16:23:40 ID:9AsGm7Pt
アドバイス、ありがとうございます。
本気の相談なので、本気のアドバイスをお願いします。

>72
彼は、まだ結納していません。
それに、彼女りも私のほうが、彼を幸せにできる自信があります。
彼がみすみす不幸になるのがわかっていて、ほっとくことのほうが
良心が痛みます。
DNA鑑定ですが、もし、今子供が出来ていない場合、これからエッチすれば
間違いなく彼の子供が授かると思うので、大丈夫だと思うのですが
どうでしょうか?
どうしても彼と結婚したいので、法的なこと、法的以外なことでも構いません
ので、アドバイスお願いします。


86 :61:2006/07/06(木) 16:50:50 ID:9AsGm7Pt
すいません、私の書き方がまずくて、誤解されてる方がいらっしゃるようで・・・。
えと、エッチしてないという事実は、私しか知りません。
彼は、私の説明でエッチしたと思っています。
なので、妊娠したのも自分の子供だと思っていて、疑ってはいないと
思います。
補足ですが、私は>77に書かれているような、「させこ」ではありません。
彼が入社した時から、ずっと一途に彼のことだけを見つめ続け、この5年間
男の人とエッチもしていません。
(ホテルに行った翌日から続けて1週間、別の男の人とエッチしたことを除いて。)
彼は、とても真面目な性格なので、無理矢理エッチしたことの責任を
取ってくれると信じているのですが。
立場的に考えると、今の彼女よりも、「無理矢理エッチされた」私のほうが
立場が強いとは考えられませんか?
できれば、穏便に事を運びたいのですが、智恵を拝借できないでしょうか?

544 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 02:03:48 ID:9BleZVOC0
106 :61:2006/07/06(木) 17:09:49 ID:9AsGm7Pt
アドバイス、ありがとうございます。

他に男の人はたくさんいるけど、どうしても、彼以外考えられません。
彼との結婚だけを夢見て、信じて、この5年間、過ごしてきました。
法的な手段が無理でも、なんとかして彼と結婚したいです。
彼のことを幸せにすること以外、もう考えられません。
一生、こんなに愛せる人とは、もう出会えないと思っています。

法的なことは、あきらめました。
元々、そういう手段を使うよりも、彼の心情に訴えたほうが、いいですよね。
そのほうが、丸く収まる気がしてきました。

いろいろとアドバイス下さったみなさま、ありがとうございました。
皆さんの応援に答えて、彼と結婚できるように、がんばります。
本当にありがとうございました。

これマジなら怖いな

545 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 02:05:41 ID:NGHCLlyKO
>>531
*川が踊る→*田がキレる(これは演技)
→*川のせいでブチ壊しだみたいな空気→*田シメシメ

っていう流れで、クラス内が一致団結して*川を陥れようとしたって事。

546 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 02:16:52 ID:tJpn6SFf0
>>544
ガチでそういう相談されたコトあるわ
話聞いただけで交友関係切ったけど・・・

547 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 02:53:46 ID:qfQGH5ml0
>>542-544
これリアルで法律板で見て引いた。
ていうか、ネタだと思ってたけど。
マジなら怖い。
今はDNA鑑定もあるのに血液型だけで男は大丈夫なのかね。


548 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 03:30:27 ID:ylU8qotpO
>>527
その場にいた人は全員死んだか隔離施設にいるはずなのに誰がこの出来事を知ってるんだよ、っていってほしいんだと思う

549 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 03:44:26 ID:/mYX1Db20
結論

外で飲む時は意識がなくなるまで飲むな。

550 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 04:42:10 ID:+/a/m9lWO
Q.光の速さでケツからうんこ出したらどうなるの?

A.リアルな話すると多分お前の住んでる家が消し飛ぶ
光速でウンコほどの質量(約200〜300グラム)の物体が動いたら想像を絶する衝撃波が発生する
ましてそれが地表と激突したら地球がヤバイ
お前のウンコで地球がヤバイ

551 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 04:44:29 ID:yKMtFmpwO
結納寸前の彼女は別れて良かったんじゃないの?
そこまでする女なら結婚後もなにされるかわからん
そんな女についていって意識がなくなるまで飲んでる男も
どうかと思う。元彼女と結婚したら不幸とか言っちゃうこの女
彼が元彼女と結婚してたら不倫してでも奪ったんじゃないの?
元彼女は傷ついたけど戸籍汚さずにすんだのが救い

552 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 04:49:00 ID:D+YWK3dnO
男カワイソスだろ

553 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 04:59:27 ID:yKMtFmpwO
そんな女に魅いられたという意味では1番不幸なのかもしれん
でも結納寸前の彼女がいるのにほかの女と飲みに行くか?
なにかしら男も期待してたようにしか見えん

554 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 05:09:19 ID:Ko7dPK2AO
これどうなったん?
マジこの女気持ち悪い。
絶対ブスだしメンヘラーだね

555 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 05:12:04 ID:yKMtFmpwO
結婚しました

556 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 05:14:48 ID:iystOpnQO
本懐を遂げたのですねおめでとう

557 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 05:20:45 ID:KojB3To2O
氏ね

558 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 05:45:50 ID:TyM6G8kg0
>>139
>餌があったら食いついていけ。
いい言葉だ。

559 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 05:54:36 ID:dkvPPPECO
>>553
会社の飲み会って書いてあるから、それは違うんじゃない?

560 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 09:32:00 ID:wlAnTWmz0
スレの流れにのってみる。話半分に聞いてくれ。

ネットで知り合った女性がいるとしよう。
趣味が合ったというか馬が合って、かなり仲良くなった。毎晩、メッセとかで会話してた。
彼女は最初から俺に対して好き好き光線を出しまくりで、そう云われると俺も悪い気はしない
ので、お互いの写真を交換し合ったり、ケータイで話すようにもなってた。
ある日、ケータイの向こうで彼女が言った。
「私はこんなに好きだって言ってるのに、なんで何も言ってくれないの?」
俺は彼女のことが好きになっていた。でも、住所から分かっていたがかなりの遠距離。
普通に付き合うことは無理だし、彼女にとっても俺にとっても、それは建設的なことじゃない
と思っていた。普段もなるべくその話題には触れないようにしていた。何より、今の関係が
とても心地好かったから。
でも、彼女の真剣な言葉に、その誤魔化しが彼女を不安にさせていることもよく分かった。
だから、
「好きにはなれない」
と嘘を吐いた。
もちろん、彼女は電話越しにも分かるくらいに泣きじゃくった。俺も暫くは何も言えなかった。
それから二人で話し合った。最後には彼女も「これで吹っ切れた」と笑って言ってくれて、
お互いに一番の親友でいようということになった。
それからもネットでの交流はしばらく続いたが、彼女がアルバイトを始めることになってから
それも途切れ途切れになって、やがてはネット上で彼女の姿を見ることはなくなった。
アルバイトが忙しいんだろうと思い、俺からも連絡を入れることはしなかった。

一ヶ月ほどの空白の後、風の噂で、彼女がアルバイト先の上司とデキて、それが原因のごたごた
で、その店舗が閉店になったというような話を聞いた。
知り合いの知り合いを通した又聞きだから、本当のところは分からない。
彼女に直接聞く勇気もなかった。
ただ、その店舗が閉店になった原因が俺の嘘にあるような気がして、一人でかなり思い悩んだ。
かなり昔の話だけど、この季節になると未だに思い出してしまう。夢にまで見るくらいにな。

後味悪いとはちょっと違うかもしれないけど、何て言ったらいいんだろうな、この気持ちは。

561 :1/2:2007/04/12(木) 09:34:13 ID:7IyRN1mY0
山岸涼子の「金壷・銀壷」
不倫する親とその三人の子供たちの話。
Aの父と母は父A母A、Bの母は母Bという感じに表記します。
(ちょっとややこしくてすまん)

Aは画家の父Aと美女の母Aを親に持つ父似の女の子。
母Aはお嬢様の家の出で、いつも散財しまくり。
子供ながら財政を心配して(そこそこ金持ちだが)その事を注意すると
「だってお父様は贅沢をさせてやるといって私にプロポーズしたんですもの」と
行動を改めない。父Aはそんな高飛車な母Aをほほえましく見ているだけ。
Aは父Aと苗字が違う。「父Aの名前は画家としてのペンネームだから」と言われて納得していたが、
実は父Aがよその家に母A以外の妻を持っていた事を知った。
それに母Aも実は違う家に夫がいたのだった。互いに戸籍の上では他人だった。
不倫者同士の夫婦だという事実に驚きながらも、Aはまあ平凡に成長していった。

父Aは元の家庭に息子Bを置いて家を出た。
決着のつかない別れ話を何度も聞きながらBは成長して行った。
父Aは養育費を送るだけの存在となり、母Bは頑ななに離婚届に判を押さない。
母Bはストレスで人の倍も老けていき、Bが中学生になる頃には白髪まみれの老婆のようだった。
ある日、母Bが泣きながらこっそりと雑誌を切り刻んでいるのを見かける。
気になってBが本屋でその雑誌を読んでみると、そこには人気の画家として紹介される、
父Aとその現在の事実上の家族たちの姿が。Bには見せない笑顔の父Aと、見知らぬその妻と子。
それはBの存在も、母Bの存在も完全に抹消された世界だった。
やがてBは高校を卒業し、もう子が一人前になったからいいと、
母Bは離婚届にやっと判を押し、やがて急逝した。

母Aは元の家庭に娘Cを置いて家を出た。
いつものように家を出て、それきりCは母と会う事がなかった。
Cは母Aにあまりにも似た美しい少女で、父Cはその姿を見る度に母Aを思い出してしまうので、
出きるかぎりCを避け、Cは母に捨てられた上に父にも避けられるさみしい日々を送る。

562 :2/2:2007/04/12(木) 09:36:22 ID:7IyRN1mY0
おまけに祖母は、母Aと似すぎているCを露骨に嫌う。
首をかしげればしなをつくったと言われ、化粧をせずとも真っ赤な唇なので男を誘っていると叩かれた。
「夫を捨てて他の男に走った母を持つ娘」という意識を植え付けられ、
Cは自分の美しさを憎み、他者が全て自分の容姿しか見てないように思われ、
一人きりの不毛な青春期をすごす事になった。
大学時代に一度だけ恋をしたが、そんな育ちからくる恐怖心で土壇場で逃げてしまった。

父Aが死んだ一年後の同じ日に母Aも死んだ。死に方にすら縁を感じるようだった。
葬式に集まった既に30代に入り大人になっているABC
Aは父A似でふくよかで美人ではないがいかにも幸せそうなおばちゃん。
Bは母Bと似たどこか幸薄そうな渋いイケメン。
Cはまだ20代前半にしか見えないような母A似のものすごい美女となっている。
過去の事などなかったかのように世間話をするAとBを見ながらCは悩んでいた。
Cは大学時代のあの彼氏と再会し、もう既に家庭のある彼と愛し合ってしまった。
彼が自分を連れて逃げてくれないだろうか、でもそれは母と同じ立場になる事だと苦悩していた。

Aは父Aと母Aの行動を非難しつつも、二人の間の愛だけはうらやましかったと話す。
母Aは散財がすごいしツンツンしてたが、なんだかんだいって父Aを一心に愛していたと。
「母Aは愚かな人だけど、でも同じように全てを捨てて愚かでいてくれる父Aがいたからこそ、愚かでいられた」
Aのその言葉に、捨てられた側であるBは複雑な面持ちながらも同意する。

二人と別れた後のCはAの言葉を思い出す。そして自分が何故母と同じように踏みきれないのかを悟った。
「私には母Aと同じように、愚かでも自分だけを受け入れてくれる腕がなかった」
所詮自分の不倫相手は、父Aのように家庭を捨てきれるほどの人物ではなかったのだ。
「もしその腕があれば私は母Aよりも愚かな者になってみせたのに
 ああ、私は母Aを娘として憎悪し、女として嫉妬する!」
そして不倫相手と決別する事を決意したのだった。


そもそも両親の不倫さえなければCも不倫とかしなかっただろうし、
Bも幸せな幼少期を送れたのかなーと思うと後味が悪かった。
Aの幸せっぷりを見る限りは、父Aと母Aも完全な悪人ではないのだが……

563 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 10:02:33 ID:LyeO1/eCO
>>550
焼酎吹いたwwwwww

564 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 11:52:39 ID:in3JkBZ+0
>>560
一言で言うと「自惚れんな」

565 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 12:04:39 ID:8Mfl7rpY0
>561-562
最後はハッピーエンドじゃん

566 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 12:29:37 ID:TihZi9ip0
いやー、Cの不幸ぶりが嫌だねー。
すごい美女と不幸の隣り合わせ。普通に育っていればどんな男でも
OKなのに。意外と美女と不幸ってよくあることだけど。

567 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 12:31:06 ID:1Gdso/bB0
いや実際にはそうそうネーダロ

568 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 12:51:15 ID:CjrAKOPM0
>>561-562
昔読んだ覚えがある。私もこれはなんかちょっと後味悪かったなあ。
Aは母の容姿に憧れながらも可愛がられて育って、平凡ながら幸せになったし、
Bは母の苦悩を間近に見てつらい少年期を過ごしたけど、大人になってからは妻子持ちで幸せだし、
Cだけが最初から最後まで不幸で救いがないのが納得いかない…ていうか可哀相だった。

569 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 13:19:54 ID:N5RvKQTs0
山岸凉子好きで、ほとんど持ってる。後味の悪い話も多いよね。
金壷・銀壷も読後感が微妙だったし、上に出てる喘息の男の子の話も・・・。
厳しすぎる父親に育てられて、最後は女の子が発狂してる「天人唐草」も悲惨だった。

会社の飲み会で「送ってやろうか?」っていうおっさんを断ったら
照れ隠しに豹変されて「ケッ!誰がお前なんかに手を出すんだよ!自惚れてんじゃねーよ!」
って怒鳴られるシーンとか、下種な人物を描くのも上手いんだよねw



570 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 14:05:36 ID:kEaNpTz8O
>>560
直接顔を見た事も無くて、これから会う事も難しい程遠い場所に住んでる
男を好きになるって…神経がわからん
特に女は男より現実な筈なのに…

本気で好きじゃなかったでしょ。もしかして本気だったとしても、リアルで恋愛した事無いから脳内で勝手に盛り上がっちゃっただけだよね?
それでその思考のまんま職場の人に恋しちゃったもんだから
(普通ってか大概は本気で好きになった人がいたらそんなに直ぐに好きな人できないもんだけどさ…)

脳内でまた突っ走り過ぎて周りグチャグチャにしちゃったんだろうね〜
と、勝手に分析。

571 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 14:12:35 ID:c66P9B/X0
>>569
それはオッサンが悪いのか…?
いい年した社会人が「照れたんだもん」で邪険な応対する方が問題じゃないの?

572 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 14:18:31 ID:N5RvKQTs0
>>571
女の子は家庭での躾けもあって男性が怖く、おどおどしながら
「いえ・・・あの、けっこうです」という感じで断ったの。
おっさんは、自分が下心あって疚しいもんだから照れ隠しというか逆ギレして
「自惚れてんじゃねーよ!」と怒鳴った、という話です。
酔っ払い特有の嫌らしさを表現した場面ですよ。

573 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 14:24:19 ID:c66P9B/X0
>>572
ああ照れ隠しはオッサンの方だったのか。

574 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 14:25:03 ID:Cv0Koa+M0
>>573
読解力なさすぎワロタ

575 :1/2:2007/04/12(木) 14:27:11 ID:c66P9B/X0
子供三人で一人が不幸ってので一つ思い出したので書いてみる。元はAAストーリー。

仲良し三人組の子供達がいた。二人の男の子と一人の女の子。
子供達はある日、天使に出会う。
天使は約束した。子供達が自分の翼を手に入れたら一つだけ願いを叶えてやろうと。
子供達は最初は天使の姿に興奮しはしゃいでいたが、時間が経つに連れ記憶は薄れていった。
やがてあれは夢だったと天使のことを忘れていく。

男の子Aは成長しグライダーを楽しむようになった。彼は楽しむための翼を手に入れた。
天使は約束を果たした。男の子Aが空を飛ぶ時、空は常に美しさに満たされるようになった。

男の子Bは成長しレスキューに入った。彼は人を助けるための翼を手に入れた。
天使は約束を果たした。男の子Bが空を飛ぶとき、空は常に安全に満たされ、ただし安心は与えなかった。

576 :2/2:2007/04/12(木) 14:27:48 ID:c66P9B/X0
女の子はずっと天使を信じ続けた。
彼女には母親がいなかった。父親は飲んだくれで機嫌が悪いと暴力をふるった。
学校にも馴染めず、いつも一人だった。
彼女は父親も学校も嫌いだった。自分を助けてくれない世間が大嫌いだった。
彼女が信じていたのはたった一つ、天使が落としていった羽根だった。
信じていればいつか天使が願いを叶えに来てくれる、それだけを支えに生きていた。
しかし天使は現れない。
彼女は気づいた。天使が来てくれないのなら、自分が天使の元へ行けばいい。
こんな薄汚れた世界は捨てて天使の元へ逝こうと。

彼女は天使の羽根を手にビルから飛び降りた。
だが飛び降りた先に天使はいない。
天使の羽根ではなく天使の言葉を信じていれば。
紙飛行機でもいい、彼女が自分の翼を作っていれば願いを叶えてやれたのに。
天使はただ彼女を見ていた。

577 :1/3:2007/04/12(木) 15:11:28 ID:hz0xXeQu0
ガイシュツならスマソ。昔読んだ少女漫画の短編
(A子…イジメられっこ  B子…A子の幼馴染で同じクラス)

<A子視点>
A子はおとなしくいつもクラスでいじめられている。
今日もトイレでクラスメートの女に水をかけられ掃除用具で押さえつけられたりとイジメられていた。
そこにB子がやってくる。「あんたたち、なにやってんの。いい加減授業はじまるよ」
クラスメートたちは「はーい」と大人しくその場を引き下がる。
B子は直接は手を下さないもののイジメグループの一人だからだ。

教室に戻ると今度は椅子が隠されていて、周りをみてもどこにも椅子が無い。
やがて先生がきて授業がはじまるが、椅子が無いA子は座ることができない。
A子をみた教師は「何してるんだ。さっさと座れ」と怒鳴る。
諦めて座った振りをするA子。
そのA子の苦しそうな表情を確かめるように、B子がこちらをチラリと振り返った。
授業が終わり空気椅子状態だったフラフラのA子がB子の隣を通ると、
わざとらしく足を伸ばしてくるB子。
足がフラフラなのでよけきれずその足に躓いてしまうが
B子は「あ。ごめーん」と白々しく言い放った。

学校帰り、ついフラフラとお店に立ち寄りボーっとイヤリングをみているA子。
無意識にそのイヤリングを鞄の中に入れようとして…と、気がつくとそれをB子がじっと見ている。
ヤバイ。気付かれた!!
焦ってイヤリングを放り出し逃げるA子。

家に帰るとB子から電話がかかってくる。
「さっき××(万引きしようとした店)にいたでしょ。見てたよ。
話があるから。今からそっちにいくからね。」

「脅すつもりだ・・・どうしよう・・・ダメだB子を消さないと・・・けさないと・・・」
ふらふらと立ち上がり包丁を手にするA子。
やがてドアが開き家に入ってきたB子に包丁を振り上げる。

578 :2/3:2007/04/12(木) 15:12:05 ID:hz0xXeQu0
<B子視点>
ある日トイレにいくと幼馴染のA子がクラスメートからイジメを受けていた。
「あんたたち、なにやってんの。いい加減授業はじまるよ」
「はーい」といい引き上げるクラスメート。
A子に「大丈夫?」と声をかけようとするが、A子はB子をにらみつけ走って逃げていった。
「嫌われてるなぁ・・私」小さく呟くB子。

クラスに戻って授業がはじまると教師が「何してるんだ。さっさと座れ」とA子怒鳴りつけた。
何事か?と見るとA子は授業がはじまっているのに立ち尽くしたまま。
こちらが振り向いたことに気付くと、睨み付けてきた。
「あ。また睨まれてる・・・」

授業が終わりちょうど立ち上がろうと足を伸ばしたところにA子が通りかかり、その足に引っかかって転んでしまった。
「あ。ごめーん」声をかけたもののA子はB子を睨みつけそのままフラフラと歩いて出て行った。
それを見ていたクラスメートが「A子ってB子の幼馴染なんでしょ?」と声をかけてきた。
「うん。でもなんていうか…周りから声かけてもらわないと自分から声かけないタイプだったなぁ。
じっと誰かが声かけてくれるのを待ってる感じで…」と昔のA子を思い出すB子。

放課後、適当に町を歩いているとあるお店でじーっとイヤリングを見続けるA子を偶然みかけた。
するとこっちの存在に気付いたのか焦ってイヤリングを放り投げて逃げ出した。
「そんなに逃げなくてもいいのに・・・」
A子の置いていったイヤリングをみつめるB子。
「そういやあの子誕生日近かったな。よし、これを機会に仲直りしよう!」
B子はそのイヤリングを買い、A子の家に電話をかける。

「さっき××(万引きしようとした店)にいたでしょ。見てたよ。
話があるから。今からそっちにいくからね。」
A子と仲直りできると信じて疑わないB子は鼻歌交じりに階段を駆け上がりA子の家のドアを開ける。

579 :3/3:2007/04/12(木) 15:12:37 ID:hz0xXeQu0
<最後>

血まみれのB子の死体と包丁を持ったA子がボソボソと呟いていた
「だって・・・いじめるんだもの・・・B子が・・いじめるんだもの・・・」

580 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 15:15:06 ID:Cv0Koa+M0
>>577
バサラの人か。
懐かしいなー。あの人のマンガも後味悪いのが多いね

581 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 15:20:16 ID:hz0xXeQu0
あー。そうだそうだ。その人だ。
誰の漫画だったか思い出せなかったのでスッキリした。
d

582 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 15:47:54 ID:in3JkBZ+0
バサラとマダラの区別がつかねーのが後味悪い

583 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 16:09:12 ID:9mbk4vYW0
>>560
>>570
青森と鹿児島の遠距離で
ネットから始まって数年ネットと電話だけのやり取りで
今同棲してるカプールもおるけどな


俺がネトゲで知り合った女の話。
ちょっとしたきっかけで知り合ってよく話すようになった女がいて、
その知り合いとも結構仲良くなった。
それなりに皆で遊んだりしてたんだが、
ちらほらと話を聞いていると、その女は精神的な病で
仕事もしていなくて実家で親の世話になってることがわかった。
なのに食事作らされるとか家事やらされるとか文句ばっか。

昔ネトゲで知り合って付き合って、結婚を約束した男がいると言っていたが
仕事で海外?だかに行ってほとんど連絡が取れないとか。
なんつーか言っていることは一見マトモなんだが
自己中だし何かあれば自分は悪くない主張しかしないし
よくよく見てるといかにもメンヘラとボーダー混ざってますな感じ。

584 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 16:11:30 ID:9mbk4vYW0
どっちかというとその女の知り合いとのほうが仲良くなって、
話聞いてるとその性格には辟易してるけど昔世話になったから、みたいな感じ。

俺からするとその連絡取れなくなった彼氏は
面倒になって関係経ったんじゃねーの、と思ってたんだが
私はいつまでもあの人を待っているから、と乙女モード全開。

で、ある日ちょっとしたことでネトゲの中で揉めて、
その女と知り合いの縁が切れて、俺も女との縁切ったんだけど
(正確には女のほうが一方的に知り合いを悪者扱いにして
 知り合いのほうは何も言ってないのに女が日記で勝手にキレて関係切った)
縁切れた後も、まだ繋がってる奴からたまに話を聞いていると
どうやら別の男と付き合いだしたらしい。
なんだついに諦めたのか、と思っていたら、
前の連絡取れなかった彼氏が病気で倒れて長期入院していたことが発覚。

前の彼氏のほうはまだその女と結婚する気でいたらしく、
連絡が来たんだそうな。
その途端、日記で今付き合ってる彼氏と別れます宣言。
(しかもさも友達との縁を切るかのような言い方)
その彼氏と付き合ってたとわかるような日記は全て削除。

今は前の彼氏とよろしくやって、結婚する気らしい。
なんちゅーか、このままその女が結婚とかして幸せになるのかと思うと…

後味悪いとはちょっと違うかもしれんな、長文スマソ…しかも上げてしまったorz
ちなみに女と縁切れた知り合いとは今も友達。

585 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 16:22:04 ID:bUnT/bM30
なんでネット中毒の奴ってつまらない長文をぐだぐだ書くんだろ

586 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 16:22:48 ID:O24erfvy0
ネットだけの知人であれこれいいながらも、ずっとヲチし続けてる583が怖いな。

まあ登場人物がどこまで実在かわからんけど。

587 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 16:23:24 ID:9RV0DIT1O
そんな性格じゃあ結婚しても幸せになんかなれっこないさ。

588 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 16:32:18 ID:Cv0Koa+M0
何が言いたいのかもわからんし、
そこまでその女をヲチして悪者にしたいのもわからんし、
やっぱネトゲするやつの思考回路はオカルト

589 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 17:45:43 ID:D+YWK3dnO
その弟さんは本当に実在する人物ですか?
を思い出した

590 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 17:48:54 ID:CjrAKOPM0
>>588の言う通り、なんでそこまでその女性を悪者にしたいのか分からない。
自分が付き合ってた訳でもあるまいし…ただのネトゲでの知り合いってだけでしょ?
その人が精神病んでようが誰と付き合おうが結婚しようが、583にはまったく関係ないよ。
文章からその女性に対しての悪意しか感じられない。別の意味で後味悪い。

591 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 17:55:08 ID:ksM3BLyW0
ヲチと難民の幾つかのスレを巡回してるせいか、
ID:9mbk4vYW0の話に何の違和感も感じなかった。

592 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 18:57:44 ID:7p2aikY3O
ネットや出会い系で知り合って
付き合ったり結婚とかりすることになったら親やリア友や職場の 人らに多分どう説明すればいいのかわからんよな。
俺だとネットで…とか言われたらどんびきするし

593 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 19:13:46 ID:hz0xXeQu0
【ネットで】カップルになったちゃった【ハジマリ?】4回目
http://love6.2ch.net/test/read.cgi/ex/1167110152/
馴れ初めを聞かれて、答えにくい人いる?
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/sousai/1149764442/

594 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 21:16:52 ID:7IyRN1mY0
>>582
MADARAはBASARAの外伝だよ

595 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 21:43:12 ID:/2D3e3qs0
ハーフの俺だけどcommonのtestifyが後味悪い・・・・
http://www.youtube.com/watch?v=WebILJKDms8

596 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 22:37:54 ID:HXtDg6MI0
582が言ってるのは魍魎戦記MADARAと思うが。

597 :本当にあった怖い名無し:2007/04/12(木) 22:53:30 ID:PdIag8RY0
>>582
マジレスするとファンタジーがMADARA、
忍者ものがBASARA(MADARAシリーズ)、
で少女漫画のBASARA(MADARAシリーズと無関係)。

598 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 00:32:10 ID:nq91rka2O
田島昭宇じゃなくて別の少女漫画家がいるんか。
少女漫画でタイトルがBASARAって珍しい雰囲気だね。

599 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 00:49:17 ID:3D5967mc0
内容も珍しい雰囲気だよ。
絵はこってこての少女漫画だけどね。

600 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 01:03:56 ID:X5BQMF+FO
今週妻が浮気しました

601 ::2007/04/13(金) 01:04:28 ID:0KOQPIDz0
>>600
よかったな

602 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 02:15:16 ID:V7xLO0Hi0
田村由美(だっけ?BASARAの人)の漫画だけは、男でも何の羞恥心なく買える
今連載中のサバイバル漫画もバッコバッコ人死ぬしエグいし残酷で面白い。

603 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 06:07:45 ID:t+J0RrF9O
誰もいなそうだから自分的に後味悪かった事を投下します(うろ覚え)
こないだ久々にDVDをレンタルしてきた。本編が始まる前に他作品の予告が入っていて
俺はいつも予告を全部観るようにしているんだけど
「バミューダトライアングル」(←だったと思う)ってタイトルの予告が始まった
しかし観ていると予告っぽくない。字幕付いてて予告にしては長い。簡単に書くと↓
バミューダトライアングルと言われている海上で異常事態が起こる(何が起きたのかはわからない)
船乗員が変死
場面変わり(地上)何人かの人々を男が勧誘していく
勧誘された人々は港に集結
そこへ船から新たな男が現れ皆を船へ案内する
その船は上に書いた異常事態の起きた船だった
男は船会社のオーナーでこの異常事態を解明してもらいたいと皆に説明

続きはレンタルで!

工エエェェ(´д`)ェェエエ工
20分位入っててなんか中途半端に観せられた
最近のアメリカドラマなんかは一話だけ収録されてたりするから
もしやこれは一話入ってるのかも!と思って観てたから後味悪かった

604 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 07:25:17 ID:KHcweU1h0
洋画のドラマ?海外のドラマはロスト見てもう借りるのやめようと思った。
肝心のストーリーは進まず登場人物(かなりいる主要キャラだけで10人くらい)の
墜落以前の深く突っ込んだ回想で毎回話が終わってしまう、
そんな回想いらないから早く脱出しろよと思った。


605 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 08:27:09 ID:oHCe03A60
>>603
早く本編を借りてきてくれ俺も気になるじゃないか

田村由美の方のBASARAは文明が滅んでから数百年後の日本の話で、
国王とその子供たちである黒・白・青・赤の称号を持つ王たちが
日本各地を治めていて、圧政に主人公が反逆するという話。

その番外編MADARAは、唯一の女性王で白の王と呼ばれる銀子という人の話。
銀子は幼少期、部下の立場にある柿人という少年と恋に落ちる。
正しくは恋未満な感じなものの互いに思いあっていたが、銀子は父王に他へ嫁がせられる。
柿人とは離れ離れになるし無理矢理の結婚なので嫌がっていたが、
夫はとても優しくて、いつしか銀子は心から夫を愛するようになった。
そんな時、父が突然夫の国を攻めてきた。
火をかけられ燃え落ちた家屋に足を潰され逃げられぬところに、今では父の忠臣となった柿人が現れ、
銀子の目の前で夫を殺した。そして銀子を救ったが、銀子は足も心も完全に壊れてしまっていた。

実家に戻ってからも呆然とした日々をすごしていた中、酔った父が寝所に入ってきた。
嫁に出してからその美しさが惜しくなったから取り返してやったまでだ、父はそう言いながら
足が動かず身動きのできない銀子を犯した。やがて妊娠する銀子。
柿人は死んだ夫の子ではないかと言い、その言葉に銀子は笑う。
夫はまだ銀子が幼いからと、大切に愛しているからと、
銀子がもう少し大人になるまでただ愛だけを育もうと指一本触れなかった。
だから父の子以外であるはずがないと。
化け物が生まれてくる妄執に囚われながらも、いざ生まれてくると愛しくなった。
しかし、子は弱弱しく少し泣いただけで、もうその泣き声は響かなかった。

代わりのように孤児を集めては育て、そしてさみしさから柿人の体を求める。
だが柿人はかつての火の中で銀子をかばったさいに全身に火傷を負い、男性として機能しなくなっていた。
「ねえ、何故あの火の中でわたくしを殺してくれなかったの わたくしを殺して」そう言うが柿人は肯かない。
銀子は自分の運命を憎み今では壊れてしまった柿人との愛情を思いながら、柿人の斑模様の背中をひたすら痛めつける日々を送った。
銀子は本編で色々と主人公に邪魔をするが、それは全て最終的に自分を殺してほしかったための行動だった。

606 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 08:28:34 ID:JM0Df3X40
ロストは続きモノダイスキーなアメリカ人でさえ「引っ張りすぎ」ってクレーム出してるくらいだからな。

607 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 08:39:49 ID:mGowVuaJO
ロストは最初の方ではまって
つづきが気になるからファンサイトでネタバレというか
シーズン3の話の感想が書かれていて見ると物語の方向が大幅に変わっていて

なんだかなと思ったよ
シーズン1の乗客リストに載ってない生存者がいるって辺りはすごく引き込まれたのになぁ

608 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 09:00:50 ID:SO0NFUCbO
>>1

609 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 09:17:37 ID:7h8dkg0G0
>>605
ものすごく上手なまとめ方で感心した!
BASARA途中まで読んでリタイアしちゃったんだけど
また続き読みたくなったよ。

610 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 09:24:01 ID:KHcweU1h0
ロスト自体は後味悪い話じゃないと思うから書かなかったけど。
まぁ一応説明。

旅客機がある無人島に墜落した、生き残ったのは48人程。
ソーヤというアウトローな男と韓国人?の夫婦以外は
何とか協力して島で生活をし、救助を待ち同時に島の探索を行う。
我儘ソーヤ君が色々問題を起こしたり、
マイケルという子供の父親が自分の息子LOVEを発揮して
ロックという老人や韓国人夫婦?とトラブりながら話が進む。
主に医者の青年がリーダーで怪我人の手当てをしたり場を収めるが
その青年が信頼していた女性が実は犯罪者で他の国に移送中だった事がわかる。
他にも麻薬で潰れた元有名ミュージシャンや拷問やスパイ専門の軍人
妊婦、金持ち兄妹等さまざまな人間の問題を孕みながら話は進んでいく。
結局その島には、なにやらとてつもない謎があるようで
その探索中にいつもロックとコンビで動いていた金持ち兄死亡。
マイケル親子とソーヤと他数名はいかだに乗って島脱出を試みるが
その島にいた島の支配者のような男たちに途中でつかまりソーヤ重症
マイケル父裏切りと話が進む。ここら辺までがシーズン1.

とにかくここまで話が進むのに同じくらいの時間を
飛行機墜落以前の主要人物たちの回想に使って
もう無理ですと脱落した人多数という作品だと思う。


611 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 09:33:20 ID:lHPqfJfH0
>>610
>もう無理ですと脱落した人多数
だから番組名が「ロスト」なんだな。

612 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 10:47:38 ID:efyrpjnM0
お父さんは心配性 のエンディング

613 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 11:03:27 ID:HtBXWIr10
あ、あぁ・・ちびまるこちゃんの単行本にも
合作で出演していたね、お父さん。
ちなみに内容もラストも全然わからないので説明よろしく。

614 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 11:10:28 ID:TLNyVepmO
猟奇伝説アルカードは大半が後味悪い話
絵柄がなんとなく重苦しいから余計に来る
アルカードが何時も体調崩してるのも気分的に後味悪い

615 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 11:44:10 ID:FRuKFOIF0
>>612
kwsk

616 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 13:07:22 ID:JM0Df3X40
kwsk厨が沸いたからマウントスノーが調子こいちゃってるね。

617 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 13:42:27 ID:fV+kJUuG0
ちゃんと書かない奴に対しては、kwskではなく、死ねと言わなければならない

618 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 13:44:43 ID:PSu0BiW+0
シネ!

619 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 13:47:53 ID:1pO1O/he0
>>617がしねw

620 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 14:23:10 ID:C49Qb982O
死ねは言い過ぎだが>>1読めや池沼、くらいは言っていい

あらすじは書かないけど〇〇は後味悪かった〜とか
そういう個人的な感想は基本的にスレ違い
自分のblogにでも書いてろ

このスレに書き込む時はあらすじ必須ネタバレ必須
既出上等でよろしく

621 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 14:31:28 ID:1pO1O/he0
> ・漫画ネタを見たくない人は「漫画」「まんが」「マンガ」「アニメ」を
>  NGワード登録しておくと快適にご覧いただけます。

これとかは全く機能してないぞw
>>1
とか1行レスする奴もしねwwww

って感じ

622 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 14:41:53 ID:PSu0BiW+0
もうね、みんなシネやwwwwwwww

623 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 14:46:02 ID:iVWgAadx0
自分から率先してしねwwwwwww

624 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 14:57:51 ID:HtBXWIr10
いや、普通にどちらも礼儀守れば良いだろ。
注意する側もマナーを持って礼儀正しく人に優しく。
書き込む側もマウントスノーの様にならないように気を付ければ良い。
何でマウントスノーやっただけで死ななきゃいけないんだよ。
俺やだよ死ぬの・・・。

625 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 15:14:51 ID:JG43UksS0
>624
寝るな!眠ったら死ぬぞーーー

626 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 15:31:47 ID:JEV1mIZS0
ストと言えばロックの回想シーンが後味が悪い

ロックとはツルピカ頭の初老?の男で飛行機が墜落するまでは
足が悪く、車椅子に乗っていたが墜落した島では何故か足が動く
ようになった人物

そんなロックは以前は玩具売り場で働いていた。ある日、ロックの前に
変な服を着た謎の老婆が現れる。
ロックの方を見ているがロックが見たり近づこうとすると逃げてしまう。
怪しんだロックは駐車場でその老婆を捕まえる。
その老婆に「何者だ?」と問い詰めると、なんとその老婆はロックの母親だという
そこで父親は誰だ?と聞くが老婆は「私は処女でアナタを産んだ。私はマリア・・・」と
意味不明な事を言う。
怪しんだロックは興信所に依頼して、その老婆の事と自分の父親が誰なのかを
調べてもらう。

その結果、老婆は精神に異常があるとわかる。そしてロックの父親も判明
ロックは父親に会ってみたいと思い、判明した住所に向かう。付いた場所には
豪邸があり門の横には警備員がいた。その警備員に「私はこの家の主人の息子だ」と言う。
怪しむ警備員だったが主人と連絡を取って確認すると門を開けても良い、との事
中に入るロック、二人は初めは気こちなかったが徐々に打ち解けていく、それから
数ヶ月経ち二人は狩にまで出掛ける程仲が良くなっていた。

627 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 15:33:16 ID:JEV1mIZS0
「ロ」が消えてた。>>626の一行目はロストです。



何時ものように父親に会いに行くロック、しかしそこでロックが見たのは
人工透析をしている父親の姿だった。
父親が言うには、自分はあと少しの命、だからお前ともっと色々な事をしたい
ロックは悩んだ末に自分の腎臓を父親に提供すると言う、しかし父親は拒否
何とか父親を説得し、移植する日がやってきた。一緒の病室で隣同士のベッドに
寝るている二人、父親は涙を流しながらロックに感謝する。
ロックは「親子じゃないか」と言って微笑む、そして手術が始まる・・・

目覚めたロック、様子を見に来た看護婦に父親はどうなった、と聞く
看護婦は「?」と思いながらも「隣のベッドにいた人の手術なら成功しましたよ」と
ロックに伝える。
しかし隣のベッドはもぬけの殻、もう一度看護婦に「隣の人は?父親は何処に?」と聞く
看護婦は「その人ならもう退院しました」と告げる。
何かが変だ、と思うロック、そこへまた母親が現れた。しかし今回は普通の格好を
している。「何しに来た」と言うロックに母親は「ごめんなさい。お金に困ってたの」と
言う、ロックは車に飛び乗り父親の元へ、いつも通り警備員に開けてくれ、と言うが
警備員は「君はもうここに来てはいけない、来ても門を開ける事は出来ない」と言う。
そこで全てを悟るロック、全ては父親が生きたいが為に仕組んだ事だったと。

628 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 15:38:41 ID:Dgcsx3i10
>>627
手の込んだ腎臓泥棒ってことか……。
後味悪いな。

629 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 15:44:21 ID:ghg0CaiVO
お父さんは心配性のエンディングは知らないけど、
たまたま読んで覚えてるストーリーは

娘からバイトを始めたいと告げられ父猛反対。でも言う事聞かず始める娘
心配でバイト先のデパートにこっそり行くといまいましい娘の彼氏も一緒に働いてるのも見て激怒
父、暴れまくって売り物の壺割ったり、試着室のカーテンやぶっちゃって
試着してた人と目が合っちゃってきまずかったり

たまたま危険な生き物博みたいのをやってた所にも乱入しちゃって
タランチュラが体中にはいまわったり、虎におそわれたり、蛇に飲み込まれて下半身溶けちゃったり…。
でも、本当はいい人
って話だったよ

630 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 15:51:58 ID:G4zTJAOz0
>タランチュラが体中にはいまわったり、虎におそわれたり、蛇に飲み込まれて下半身溶けちゃったり…。
>でも、本当はいい人
>って話だったよ


紅茶吹いたww

631 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 15:59:47 ID:IuTNfoiG0
>>604
見ようと思ってたけどそんなストーリーなんですか・・・
脱出のハラハラドキドキで人が毎回死んでいくのかと思ってました

632 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 16:01:46 ID:OizirFIIO
>>630
ギャグ漫画だしな

633 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 16:07:12 ID:Lr0zyl0GO
>>629
ちびまるこちゃんの単行本に載ってた合作じゃなかったっけ?

634 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 16:15:32 ID:hLMlu3Vu0
俺を捨てた親が名乗り出てきた・・・
ttp://nantara.seesaa.net/article/38484219.html

635 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 16:26:29 ID:ghg0CaiVO
>>633
そうそうw
さすがのまるちゃんも引きっぱなしだった

636 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 16:33:15 ID:JG43UksS0
>LOST
シーズン2に入ると、わりと良い感じで死人の山ができるよw
CSで放映しているのをたまーに流し見する程度なので、詳しいストーリーとかは覚えてないけど。

637 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 16:46:09 ID:aILN3xk80
>>634
そのスレでリンクされている
http://guideline.livedoor.biz/archives/50745328.html?1163196171
もなかなか後味が悪い

638 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 17:36:28 ID:t5sv5zwEO
半年前、親父が死んだ。十年前母が再婚した人で俺も素直に親父と呼べるやさしい人だった。ただその人がカツラだったのは死んでから知った。血が繋がってなくて良かったと思った自分に後味の悪さを覚えた。

639 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 18:03:14 ID:MwaXQkWn0
>>634,637
話自体は後味悪いが、ねらーって時々、いい仕事するなー、
と思って和んだ。

640 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 19:14:16 ID:pm3r85Hr0
>>637の200を違うところで見た事ある

641 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 19:55:07 ID:7h8dkg0G0
お父さんは心配症(心配性じゃなくて心配“症”w)のラストは
別に後味悪くないよ?
妻をなくして以来男手ひとつで娘を育ててきたパピィが、
お見合で知り合った美人ナースの安井さん(彼女も前夫と死別、
息子アリ)と無事結婚。
最後挙式してハッピーエンド。

642 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 20:04:26 ID:ghg0CaiVO
>>641
何それ…
ちょっと予想外

643 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 20:15:14 ID:VwwvJy/50
坂本九氏が亡くなった経緯、後味悪いと思う。以下Wikiからコピペ。

1985年8月12日、日本航空123便墜落事故に遭い、僅か43歳の若さで永眠。
九は本来、事故の多い日航を避け国内移動には必ず全日空を使っていたが、
この日の搭乗目的は大阪府での選挙応援であったため、
チケットやホテルの手配などはすべて招待する側の立候補者の側近が担当。
全日空便が満席でチケットを確保できず、仕方なく確保したのが日航123便であったため、
家族も乗客名簿が発表されるまで日航機に乗っているはずがないと信じていたが、
事故の数日後「全日空が満席で日航しか取れませんでした」という
立候補者の側近からの謝りの電話があった(由紀子夫人談)。

−−−−−−−−−−−−−−

普段避けていたのに仕方なく乗った便で事故に。一つでもずらしていれば…。

644 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 20:50:11 ID:qZRkPP5m0
>>643
さんまも危なく乗る所だったんだよね

645 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 20:51:20 ID:/EbWWtYn0
>>641
どういう経緯でそうなったのかが気になるからマンガ喫茶で読むか…

646 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 21:09:14 ID:sxetFMQ20
日航機事故の時見てたニュースでなんだか良く覚えてるシーンがあるんだけど
画面に乗客名簿が写し出されてアナウンサーがそれを読み上げてたのね。
名簿といっても飛行機の乗客名簿の写しだから全部カタカナで
しかも急いで書き写したらしく殴り書きみたいなきったねー字。
で、その中に「サカモト ヒサミ」と読める名前があって
でもその「ミ」が「シ」にも見えて、どっちかな?と思ってたんだけど
アナウンサーは「サカモト ヒサミ」さんと言ったんだよね。

その時はなんとも思わなかったんだけど後から考えたら
あれはやっぱり「ヒサシ」で坂本九さんの本名(九と書いてヒサシ)だったんだよな…。

647 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 21:13:12 ID:WwhZwl6dO
魔の二日間って言われてたんだろ?
ジブラのじいちゃんのホテルの前の日で。

648 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 21:17:14 ID:voZqDV6K0
後味が悪いといえば東電OL事件だな

649 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 21:24:39 ID:7h8dkg0G0
>>645
安井さんもパピィとお似合いのお茶目な天然ボケさんなのさ☆
是非漫喫で読むべし

650 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 21:25:48 ID:ghg0CaiVO
>>648
死ね

ttp://www.google.com/gwt/n?u=http%3A%2F%2Fwww.alpha-net.ne.jp%2Fusers2%2Fknight9%2Ftouden.htm&hl=ja&mrestrict=xhtmlchtml&inlang=ja&client=ms-kddi-jp&q=%E6%9D%B1%E9%9B%BBOL

651 :1/3:2007/04/13(金) 21:27:30 ID:4XCKokKj0
以前、病院の待合室で読んだ漫画雑誌に載っていた話。
うろ覚えの上、作者名やタイトルは不明だけど。

新婚夫婦がマンションに引っ越してくる。
結婚前は汚部屋に住んでいた主人公Aだったが(ゴミ捨てが苦手?)
夫の為にもきれいな部屋を維持しようと努力している。

引っ越して初めてのゴミ捨ての日、Aはゴミ捨て場に居た老婆に
「分別がなってない」と注意されてしまう。
同じマンションの住人で歳の近いBが「いいじゃない!」と言ってくれるが
老婆は聞かず、Aはゴミを持ち帰る事に。
腹は立ったが、そのお陰でB(さばさばした感じで子供も居る)と仲良くなる。

別の日、空き缶を捨てに行くとやはり老婆の姿が。
「アルミとスチールを分けろ!」と怒鳴る老婆。
Bが「どっちも空き缶だ!」と言うが、老婆は聞かない。
Aは再度分別し直すから、とその場を取り繕う。
Bは「あの人は少し変だから気にするな」と言う。
実は老婆はマンションの住人ではなく、マンションのゴミ捨て場の
傍の一軒家に1人で住んでいるのだと言う。
マンションが出来てから、ゴミ捨て場にカラスや猫が集まる様になり
いつの間にかゴミ捨て場を監視する様になったと言う。
ゾッとするA。
分別し直したゴミを持って行くが、既に回収は済んでいてゴミを出す事が出来なかった。
そのため、帰宅した夫に独身の時の様な汚部屋にするなよ〜
とやんわりと注意される。

652 :2/3:2007/04/13(金) 21:28:23 ID:4XCKokKj0
その後も何かと文句を言う老婆にイライラを募らせながらも、
Bや同じくマンションの住人のC(普通の主婦と言う感じ)と
愚痴を言い合い、ストレスを発散させる日々が続く。
Aも上手くゴミを隠す等して、老婆の攻撃をかわしていく。
(他の2人に教わった方法で)

ある日の夜、Aは夫とセックスをする。
子供はまだ・・・とゴムを使ったが、そんな行為の後でも
これは燃えるゴミなのか、燃えないゴミなのか?と悩むA。
しかし、適当に誤摩化して捨てればいいわ、とゴミ箱に捨てる。

次のゴミの日、老婆の姿はなかった。ついに諦めたか、と喜ぶAやB。
ゴミの回収に来た役員は「えらくゴミが少ないな」と首をひねる。
実は老婆はその場でチェックするには飽き足らず、ゴミを自宅に持ち帰っていた。

次の日、激しいチャイムの音に、玄関を開けるA。
なんと相手は老婆だった。老婆は使用済みのゴムを取り出すとAに突きつけた。
「洗って出すのが当たり前だ」「燃えないゴミだろう」と
妖怪の様な顔でまくしたてる老婆。
Aは「やめて」と言うが、老婆は止まらない。
「子供を産む事が仕事なのに、それすら放棄するとは」と
ひどい言葉でAを非難する老婆。(セリフは忘れたが、とにかく罵詈雑言)

653 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 21:29:25 ID:23Wb/Bwt0
後味悪い報道と言えば奈良の騒音おばさんだな。
当初は真性基地害を面白おかしく報道してたけど、
子供に死なれて夫も倒れて本人がノイローゼ気味で
被害者以外とは普通に近所づきあいしていて
被害者側にも何かあったんじゃないかってところは全部スルーされている。

やっぱあれだな、最初に「俺は被害者だ」って言ったもん勝ちなんだな。
マスゴミを味方につければ後はどうにでもなる。

654 :3/3:2007/04/13(金) 21:30:15 ID:4XCKokKj0
Aの中で何かが切れた。老婆に襲いかかり、首を締め上げる。
そして老婆は死ぬ。呆然とするA。
そこに約束していたBとCがやってくる。
AはBとCに老婆を殺してしまったと告白する。
2人は驚いた様子だったが「いいざまよ」とAに味方する。

そして3人は老婆を解体し、ゴミとして捨てる事に。
最後の台詞は「これって燃えるゴミ?燃えないゴミ?」みたいな感じで終わり。

女性向けの雑誌で、近所の姑!とかそんなコピーがついていた気がする。
「意地悪で姑息な姑に仕返しする嫁」の話を集めて居る様だったが
これはイマイチ笑えないし、スカっとする訳でもない。

近所の姑の様な老婆を殺しちゃいました!って言っても
老婆も元々は被害者である訳で・・・。
でもAやB、Cも、ある意味老婆の被害者とも言える訳で。

655 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 21:31:10 ID:23Wb/Bwt0
スマン邪魔してしまった。

656 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 22:02:01 ID:oHCe03A60
「死と彼女とぼく」という漫画のエピソードの一つ

高校生のゆかりは幼い頃に大病から生還した際に、死者を見聞きするようになった。
その彼氏の優作は生まれつき異様に耳がよく、遠くの音を自在に聞けるのは当たり前で、
動物や植物と会話できたりして、潰されて断末魔を上げるダニの声すら聞けるレベル。
ゆかりと同じく死者を見聞きする事もでき、ゆかりより見えにくいが声は聞こえやすい。
要は二人とも死者を見聞きできて、優作の方が特にスペックが高い感じ

ゆかりがテレビをつけると、ニュースでどこかの国の戦争について特集していた。
うつぶせになった死体の中から苦しそうに死者が出てくるのが見えた。
戦争で一気に大勢の人間が死ぬと、彼らは群れをなして苦しみの勢いのままに走り続ける。
遠い国での出来事でもその断末魔はゆかりや優作のもとへも届き、時には実際に目の前を苦しみながら駆け抜けて行く。
嫌な気分になっていたところ、つるっぱげで黒い全身タイツみたいなものをはいた小人のような死者が目の前に現れた。
彼はゆかりが幼い頃に出会ったことのある死者で、チューリップ王子とゆかりは呼んでいた。

不思議な能力を身につけてしまった頃のゆかりは、妙な死者たちに悩まされていた。
そんな時に現れた王子は、自分はお花の国からやって来たチューリップ王子だと名乗り、
妙な死者たちをけちらし、ゆかりの話相手になってくれた。
王子は確実にゆかりの心の支えとなっており、死者が必ずしも恐ろしいものではないとも教えてくれた。
他者の心の声も聞こうと思えば聞こえる優作は、
王子が本当はチューリップ王子なんていうメルヘンな存在ではないと悟っていた。

ニュースで知る戦争が過熱していく中、ゆかりの部屋で王子は普通の人間サイズになっていた。
そしていつものおどけた調子とは変わり、悲しみながらゆかりを抱きしめた。
ゆかりは王子を心配しながら、優しく王子を抱き返した。




657 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 22:02:49 ID:oHCe03A60
ゆかりは優作に話を聞き、絵画展に行く。
そこには数十年前に戦争の中で死んだという外国の画家の絵が飾られていた。
そこに現れる普通の人間サイズのチューリップ王子。
その顔はいつものつるっぱげではなく、長髪のイケメンになっていた。
個展の中で貼られていた画家の写真と同じ顔で、王子は画家だったとわかった。

王子は死後成仏できずに世界をさまよいその時ゆかりに出会い、
自分の絵が運ばれたのにつられて久しぶりに日本に来たのだった。
「そう、私もゆかりの嫌う殺人の参加者だったんだ」
生前、王子はそれが正義だと信じ、敵を殺すたびに笑顔を浮かべていた。
罪滅ぼしのようにお花の国の王子様などと言って傷ついたゆかりを慰めた事もあったが、
自分はそんな夢の国の住人ではなかったと言う。
まだしばらくは世界をさまよわせてもらうと、王子は去って行った。

やがて優作とゆかりは高校の卒業式を迎えた。
まだ式のはじめの方なのに、ゆかりは号泣していた。
遠いどこかの国で今朝早く、落とされたミサイルによって
大勢の人々が焼かれて死ぬ断末魔が二人には聞こえていたから。


戦争ってなんつーか末端兵は殺しが仕事みたいなもんだし、
正義のためにという意識で進んで殺してても仕方ないと思うんだが、
それでも罪の意識を感じてしまい、そのせいで死後何十年もさまよい続けるとか辛すぎ。
そんでもって王子と同じような人々がこれからも量産されていくのを作中で暗示してるし。
王子が生前と全然違う姿をしていたのは生前の自分を嫌っていたからなのかなーと思うともうなんかたまらん

658 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 22:08:33 ID:TUMYfUJb0
>656-657
なんか物語に入れない話だった・・・

659 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 22:15:03 ID:7DbuHJaZO
国内だけでも百万の人が亡くなっていて、苦しみぬいて死んだ人もかなりの数になるのに。
それは無視?

偽善全開で後味悪い。


660 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 22:21:48 ID:FW6NHHFP0
漫画で失敬だけど
不二子富士夫(だったかな?)著の単行本「気楽に死のうよ」収録の子供に謝る話は後味悪いな

とある名作ホラー漫画作家が全然作品を出さなくなって、どうしたのかと編集者が理由を尋ねたら
「今の自然破壊の状況なら確実にあと50年もしない内に地球は滅びる、この単純な事実以上の怖い話なんて俺には書けない」って言って
自分の子供をかき抱いて「ごめんね、君の未来を奪い去ってしまった皆をどうか許してくれ」っていう話

結果50年立っても地球は滅びてないけど
毎回問題を先送りか「俺が死ぬまでは大丈夫」っていう無責任な責任逃れで逃げてるだけで確実に地球はヤバイ事になってる訳で
そういうこと考えると怖い漫画

661 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 22:22:58 ID:FW6NHHFP0
訂正
「気楽に死のうよ」じゃなくて「気楽に殺ろうよ」だった

662 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 22:27:23 ID:oHCe03A60
>>658
ごめん文が下手だった
原作は霊の表現とかがものすごいから是非見て欲しい

>>659
いや、そういうのもごろごろ見ててしょっちゅう主人公たちは鬱になってる
慣れすぎて結構普通にスルーしてるけど、新しく起きた戦争の犠牲者の
真新しい生々しい断末魔には耐えられないという感じ

663 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 22:28:16 ID:MnhpwbuK0
動物や植物の声が聞こえて食事できるんだろうか?
悲鳴を聞きながら死体を食って罪悪感を感じてるなら恐ろしいな。
毎日の事だからって麻痺して何も思わなくなってるなら、まだ人間的だが。

ホラー話であったなあ。
動物の声も聞こえないし死者も見えないが、激しく潔癖な性格で
生き物を殺すのを徹底的に拒否する男の子がいる。
彼は絶対に肉や魚を食べずに、蚊に刺されても殺さない。
学校内では変わり者として見られていて、主人公も彼を変なやつと思っていた。

ある日イライラしていた主人公は、普段から思ってたことをぶちまけてしまう。
「お前、生き物殺したくないつってるけど植物はどうなんだよ、殺して平気なのかよ」って。
主人公はしまったと後悔するが遅かった。彼はその日から植物の摂取も止めてしまう。
結局、何も食べなくなった彼は倒れて病院に運ばれ、精神的にもちょっとおかしいと診断されて学校を去っていく。
ってな話。

664 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 22:31:51 ID:TUMYfUJb0
>660
それ全然違う。
売れっ子占い師が最近姿を見ない老師(大占い師)のもとを訪れたら、
師が環境破壊等の話をし始めて「君は平気なのか?」
で「はあ?」って返したら激怒されて「こんな明らかな未来があるのにみんな無視してる」
やってきた孫を泣きながら抱きしめて「ごめんね君には占ってあげられる未来がないんだ」言う話だよ。

665 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 22:36:59 ID:iyNXsv5h0
>>663
幼すぎてまだよくわからない頃は食べれてたが、
ある程度育った頃は牛乳しか飲めない状態になった。
植物&死んだものの声も聞こえるわけで、
サラダの嘆きの声とかも聞こえる状態なので食べれない。
(全部の食物が必ずしもそういう反応ではないが)
成長するにつれて多少は制御できるようになって普通の食事も取るようになったが、
高校生になっても魚屋や花屋の前を通る時は足がすくむという描写があった。

オカ板にいるなら目を通してほしい作品だ
後期から現在連載してる続編にかけてはやや絵が濃くてきもくなってしまったが
変形した死者の描写の独創性だけは変わってない



666 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 23:15:59 ID:xcfxveE4O
>>659
国民が死んでるのに、外国に支援するような国ですからねココは…

667 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 23:31:17 ID:YmoYEhwmO
さすが>>666
話の飛躍ぶりが半端じゃねーぜ

668 :本当にあった怖い名無し:2007/04/13(金) 23:36:23 ID:JM0Df3X40
アサピの社説並だな。

669 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 00:05:55 ID:hybWqA7c0
>>646
坂本九の本名は大島九ですけど。

670 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 00:17:32 ID:ZyUKeE9n0
>>665
それよりも、昔は普通に良い漫画だったのが
昨今の少女漫画のエロ化に引きずられて
妙にエロシーンが多くなってしまったのがリアルに後味悪いw
別に今でも話の中身は変わってないんだけどね。

671 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 00:36:09 ID:OhwYcPk60
>原作は霊の表現とかがものすごいから是非見て欲しい
>オカ板にいるなら目を通してほしい作品だ
こういう紹介をされると厨臭いんだろうなあと思って萎えてしまうんだが。

672 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 00:39:44 ID:cPWNEn2C0
>671 オカ板にいるやつがどうして?

673 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 01:22:10 ID:XeXokjoUO
取り敢えずコンドームは「燃えた後」のゴミだよね。

674 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 01:30:21 ID:zeoxylqaO
クスッ

675 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 01:33:18 ID:0hqppmfPP
1日分まとめて読んだけど、全部楽しめた。
『漫画から』と書かれると話しに入って行きやすいもんだな。

676 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 02:00:21 ID:fTezb+Z20
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
lはlきlけlがlすlるlほlどlきlらlいlなlきlゃlらl 4 [同人]
■偽両親に今までにされたイヤなこと 17■ [家庭]
大阪大学新入生のスレ 2 [大学生活]
思わず吹いたレス集合 その60 [既婚女性]
【PS2オフ専】モンスターハンター2(dos)攻略スレ79 [家ゲACT攻略]



lはlきlけlがlすlるlほlどlきlらlいlなlきlゃlらl 4 [同人]
え?えぇ?!


677 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 02:32:18 ID:JtDsa+Ac0
ジャスコ誤認逮捕致死事件の損害賠償請求訴訟 県側「制圧行為に過失ない」
http://news23.2ch.net/test/read.cgi/news/1176434752/

678 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 03:18:48 ID:fTezb+Z20
>>677
20分間拘束って凄いきついな。
柔道やった事あるからわかるけど寝技で1分もかけられれば
体が言う事聞かなくなるくらい体力を消耗する。
合意でやってこれだからな・・。
ボクシングやk-1や柔道の試合そのものだって1ラウンド3分程だろ
人と戦うってのはそれほどきついんだよ、スタミナがあるプロでも。
武器も所持しておらず抵抗の意志が無い人間を20分間拘束する必要は無い。
これは武道習った事のある人間なら誰でも分かる事だし
警察官は防弾チョッキ着てるんだからより危険性は無いだろ。
そもそもその場で告訴人を捕まえなかった過失は
見過ごす事は出来ないぞ。

679 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 06:37:03 ID:R6aeAuNl0
>>676
やっぱり漫画オタが常駐してるんだな。

680 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 08:40:21 ID:Pzss0Ra90
>>663
私は自分はベジタリアンじゃないし、
魚だって肉だって感謝して食べれば問題ないと思ってるけど、
そういうベジタリアンみたいな普通とはちょっと違う主義の人を、
変に攻撃するような物語ってたまにあるけどどうかと思うなあ。
ベジタリアンがフルータリアンに宗旨替えしただけの話じゃん。
それってホラーなのかなあ。

昔「不思議の海のナディア」って結構人気出たアニメでも、
ベジタリアンの女の子ナディアに偏食の矯正として騙して肉食させるシーンがあって、
微妙な気分になった事がある。
「孤児でサーカスに売られた自分に優しくしてくれたのはサーカスの動物達だけで、
動物達と兄弟のように育ち、やがて動物と話せるようになった。
だから動物を食べる事は出来ない。」と涙ながらに訴えるナディアを、
主人公は容赦なく我侭扱い。
肉より野菜の方が豊富な無人島で、菜食だけでピンピンしてるナディアに
わざわざ野菜に見えるように肉を加工して騙して食べさせ、
「美味しい?それ君の嫌いな肉なんだよ?やっぱり食べられるんじゃん。」って、
ショック受けてるナディアに笑って「やっぱり我侭なだけだった。仕方ないなあ」って
顔してみせる。NHKなのにそれはどうかと思った。

681 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 08:52:45 ID:RnwFNiT/0
>>671
意味のわからん難癖つける方が厨くさい

682 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 11:14:41 ID:f4TxEgcvO
>>680
>ベジタリアン
思想を強要してきたり、食事以外の事象でも、痛い人が多くてそれがウザがられる。


683 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 11:21:06 ID:RnwFNiT/0
>>682
一行目しか読んでないのか

684 :コラージュ1/2:2007/04/14(土) 11:54:56 ID:3IQb3g3C0
漫画なので苦手な方はスルーしてください。
森脇真末味「コラージュ」

のぶ子は主婦で、幼なじみだった夫は単身赴任中。
寂しく思いつつもコラージュを制作して雑誌に載せて貰ったりして暮らしている。
ある日夫からの国際電話が来て、彼の母親が亡くなったので、母親と暮らしていた弟の透を一時家に呼ぶという。
夫の両親は昔に離婚して難病を抱えた透は母親に引き取られ、それ以来会っていない。


やってきた透はハンサムで優しい青年になっていた。
ところがそのころからしばしば、誰かに見られていたり首を絞められる夢を見るようになり、目覚めると頭痛がするようになった。
夫に電話をしても、それくらいのことで電話をするなと言われる。
そのうちかわいがっていた小鳥が殺されたり(猫の仕業だと思った)、納める寸前のコラージュの原稿が無くなったりする。
それなのにやはり夫に電話をすると逆に叱られてしまう。
ある夜うなされて目をさますと、のぶ子の上に透がのしかかっていて彼女を半裸にしていた。
透はのぶ子が好きで毎晩薬をかがせてこんなマネをしていたのだと言い、そのままのぶ子を犯す。
のぶ子はいいのよ、と言う。昔から好きだった。そして透の腹にある5才の時に受けた大手術の傷跡を見せて欲しいと言うが、透は見せたくないと答えた。
寝室を出たときにふとのぶ子は物陰からくしゃくしゃになったコラージュを見つける。
訝しがりながらも電話が鳴ったので出てみると夫からで、透が無人駅で何物かに突き落とされて殺されていたという。


685 :コラージュ2/2:2007/04/14(土) 11:55:30 ID:3IQb3g3C0
呆然として受話器を置く彼女に近寄る「透」と名乗った男。
男は笑いながら真実を明かした。自分には身寄りも家族も家もない。
透とはその駅で会った、いろいろ話しているうちに嬉しそうに「恋人」に会いに行くと言う彼に腹が立って突き落として殺し、持ち物を奪ってこの家に来た。
小鳥を殺したのもコラージュを盗んだのも自分、最後にのぶ子を殺すつもりだった。
のぶ子は泣きながら叫ぶ。殺してと。透ではないと思っていた。透を愛していた。
別れの前日、二度と会えないと思ったから、まだ幼いながらもふたりはセックスした。それ以来忘れたことがない。その透を殺した、私も殺して。

場面変わり、空港で夫を迎えるのぶ子。心配する夫に「なにもされなかったわ」と答えるのぶ子。
義弟を殺した「通り魔」は逃げてしまった。
あんたは何も話さない、殺すまでもない、あんたは昔の恋人と寝ただけだ、そうだろう?
そうのぶ子に言い残して。



686 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 12:46:21 ID:0hqppmfPP
話に性的なモノが入ると男と女じゃまったく感想が変わるよな

↑の話しの場合、
男から見ると(上手くやりやがって、ちくちょう)ぐらいしか感じなかったりw

関係無いが映画「タイタニック」でも
ナンパ師が上手くやったなとしか思わなかった。

687 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 13:10:12 ID:zx9+LDLZ0
>>684のラスト1行で死んだはずの男が目の前に現れていたというホラーかと思ったw


688 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 13:22:25 ID:e8mdn8By0
航海中の船が遭難しました。
以下はその時の遭難者たちの会話です。

A「クソッ、何でこんなことに…」
B「私達どうなっちゃうんだろう…」
C「嘆いていても何にもならない。まず状況の整理から始めよう。」
D「食料は保存食が4.5キロあるぞ。」
C「1人1日75グラムに制限すれば、あと、えーと…」
E「あとちょうど10日ね。」
C「10日か、微妙なところだな。」
B「エ!?ちょっと1日たったの75グラムって本気?」
D「いつ救難されるか分からないんだ。なるべく残しておいた方がいい。」
A「おいおい、それよりも問題は水だろ?
こんな海の真っ只中で、どうやって飲み水を確保するってんだ?」
C「そんな長い航海の予定じゃなかったから、飲み水ももうほとんどないな。」
D「幸い調理用のガスコンロがある。これを使って海水を蒸留しよう。」
B「ちゃんと生きて帰れるのかなぁ。」
A「チッ、誰か死んでくれねえかな。そうすれば食料の配分も増えるのに。」
E「そんなこと言わないで。皆で生き残る道を探しましょう。」
C「そうだ、希望を捨てずにがんばるんだ。」
    ・・・・・・・・・・・・

彼らが救出されたのはそれから1ヶ月も後の事でしたが、A、B、C、D、Eの5人は無事生還しました。

その理由が後味悪い

689 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 13:33:55 ID:XN7x0NOg0
既出かもしれないし古いネタだが、子猫殺しを告白するエッセイを新聞に載せた坂東眞砂子の弁明。


 私は人が苦手だ。人を前にすると緊張する。人を愛するのが難しい。だから猫を飼っている。
そうして人に向かうべき愛情を猫に注ぎ、わずかばかりの愛情世界をなんとか保持している。
飼い猫がいるからこそ、自分の中にある「愛情の泉」を枯渇させずに済んでいる。だから私が
猫を飼うのは、まったく自分勝手な傲慢(ごうまん)さからだ。

 さらに、私は猫を通して自分を見ている。猫を愛撫(あいぶ)するのは、自分を愛撫すること。
だから生まれたばかりの子猫を殺す時、私は自分も殺している。それはつらくてたまらない。

 しかし、子猫を殺さないとすぐに成長して、また子猫を産む。家は猫だらけとなり、えさに困り、
近所の台所も荒らす。でも、私は子猫全部を育てることもできない。

 「だったらなぜ避妊手術を施さないのだ」と言うだろう。現代社会でトラブルなく生き物を飼う
には、避妊手術が必要だという考え方は、もっともだと思う。

 しかし、私にはできない。陰のうと子宮は、新たな命を生みだす源だ。それを断つことは、その
生き物の持つ生命力、生きる意欲を断つことにもつながる。もし私が、他人から不妊手術をされたら
どうだろう。経済力や能力に欠如しているからと言われ、納得するかもしれない。それでも、魂の底
で「私は絶対に嫌だ」と絶叫するだろう。

 もうひとつ、避妊手術には、高等な生物が、下等な生物の性を管理するという考え方がある。ナチス
ドイツは「同性愛者は劣っている」とみなして断種手術を行った。日本でもかつてハンセン病患者がそ
の対象だった。

 他者による断種、不妊手術の強制を当然とみなす態度は、人による人への断種、不妊手術へと通じる。
ペットに避妊手術を施して「これこそ正義」と、晴れ晴れした顔をしている人に私は疑問を呈する。

 エッセーは、タヒチでも誤解されて伝わっている。ポリネシア政府が告発する姿勢を見せているが、
虐待にあたるか精査してほしい。事実関係を知らないままの告発なら、言論弾圧になる。

690 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 13:42:00 ID:mBVREsh5O
>>688

> その理由が後味悪い


理由を述べよ。

691 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 13:47:08 ID:AOypHpm7O
>>688
一人食ったか

692 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 13:50:04 ID:JUAIswEr0
>688
会話に加わっていないFが残り20日分の食料になったのだな。

693 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 13:51:49 ID:mBVREsh5O
>>691
ABCDE皆帰還したんでしょ?

実はFの存在がいたとか?

694 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 13:54:36 ID:zx9+LDLZ0
>>693
4.5キロの食料÷75グラム=6人

695 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 13:58:27 ID:fTezb+Z20
>>686
俺も男だけど>>684の話だと透くんに同情して
性交を受け入れたのかと思ってたから。
そういう後味の悪さは無かった。
最後の方では同情愛や武士の情けとでもいうべきものを
脆くも崩されたから私も殺して発言かと思った。

>>688
4.5kの食料を1日75グラムで10日間持つって事は
75×10(日)×A(人数)=4500

4500÷750(10日)=A(人数)

A=6

ABCDEだけ助かったんだと5人しか助かってない、残り一人は?って話か?


696 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 13:59:47 ID:fTezb+Z20
うあ、被った。
リロードするべきだったごめん。

697 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 14:08:31 ID:WDmt536/0
>>694
間違ってるけども

698 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 14:15:03 ID:zx9+LDLZ0
「4.5キロの食料を『人数分に分ければ』一人当たり75グラムだ」
って言ってるってことは6人で分けようって想定しての発言じゃないの?

699 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 14:20:27 ID:HUVyRz050
答えとしてはあっているけども、
間違っているのは10日分を考慮していない計算式だから
じゃないの?


700 :688:2007/04/14(土) 14:33:46 ID:e8mdn8By0
正解は『無口なFが殺された。』
計算は皆さんの想像通り

701 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 14:37:23 ID:mBVREsh5O
もっと面白い展開を期待していたのに…。

702 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 14:37:39 ID:R6aeAuNl0
これはマウントスノーよりも性質の悪い厨房共だ。

703 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 14:43:39 ID:ewcFhRse0
わざわざクイズ形式にしてもったいぶるようなネタでもオチでもないな
小学校の学習雑誌の付録かよ

704 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 14:46:41 ID:vZaaN0Vk0
>>700
お約束だから言ってやるが、
今、すげぇ後味悪い。

705 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 15:14:44 ID:TBqEanLL0
こういう問題は常識で考えてもわからない方が面白いよな

706 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 15:32:31 ID:BX7hlyZG0
そうか、今日は土日やすみか。

707 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 16:07:37 ID:9n96DneQ0
答えがなくて後味悪い、という話。
「女か虎か」

ある国の王女が、身分の低い男と駆け落ちした。
二人はすぐ連れ戻され、男は死刑に。

だがその死刑は少し変わっていた。
大きい闘技場のような刑場には、ドアが二つある。
男はどちらかを選ばなくてはいけない。
一方のドアには飢えた虎、もう一方には若く美しい奴隷女。
虎を選べば食い殺され、女を選べば解放されるが女と結婚しないといけない。
当日、刑場に引き出された男は、救いを求めて王女を見つめる。
どちらのドアに女(=生還)が入っているかを知っているのは王女だけなのだ。
王女は一方のドアを指し示した…

ここで話は終わり。
王女がどちらのドアを指したかは読者に委ねられている。
そのため結末は永遠のなぞ。


708 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 16:32:37 ID:R6aeAuNl0
ナポリタン厨氏ねよや

709 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 16:50:01 ID:f6D53t1ZO
>>707
後味悪いってか女怖い

710 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 17:09:13 ID:Gu1cLnR8O
>>708
ナポリタンとはまた別だろ

711 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 17:09:21 ID:FTd5OcM90
>>709
なんで?

712 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 17:09:22 ID:/0e4gDEHO
聞いた人の心理テストにもなるよね<女か虎か
私なら虎を指さすな

713 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 17:14:55 ID:ZyUKeE9n0
私はどう考えても女を指差すから、怖い話じゃないなぁ。
つーか目の前で人間が食い殺されるなんて無理…。

714 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 17:18:07 ID:R6aeAuNl0
ピザでも食ってろデブ

715 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 17:28:17 ID:fTezb+Z20
>>713
結婚してください。

こういう女良いよな、迷いなく愛した人の幸せを願う事ができる人。
男だったら当然愛する女が幸せになる方を選ぶだろうけど
日本の女性の気持ち悪さは人並み程度に味わったから
まともな意見聞くと結構スッキリする。後味悪くないな・・w

716 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 17:34:14 ID:Kr4e8z8v0
虎を選んだ貴方
人のものになるくらいなら、虎に食べられた方が…
これは、相手の気持ちを失いたくない、自分だけを見ていて欲しいという心理の現われです。
ですから、いざ別れ話が持ち上がった場合
虎を選んだ貴方は、相手の愛情を失うまいと形振り構わずすがりつく事でしょう。
一歩間違えばストーカーになりかねませんので、ご注意を。

美女を選んだ貴方
死んで欲しくは無い、人のものになってでも…
これは、事なかれ主義の表れです。
虎に食わせた場合、それを決断した自分が犯罪者になるのを恐れています。
美女を選べば、恋人が結婚しなければいけないのは、奴隷女。自分より劣った女性。
つまり、犯罪を犯すよりは相手を卑下する事でやり過ごしたい、という心の現れでしょう。
割と冷めた恋愛しか出来ない人のようです。


ゴメン割とてきとーw

717 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 17:36:45 ID:R6aeAuNl0
>>713 >>715
自演乙

718 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 17:39:34 ID:Kr4e8z8v0
書き直し。

美女を選んだ貴方
死んで欲しくは無い、人のものになってでも…
これは、事なかれ主義の表れです。
虎に食わせた場合、それを決断した自分が犯罪者になるのを恐れています。
美女を選べば、恋人が結婚しなければいけないのは、奴隷女。自分より劣った女性。
つまり、犯罪を犯すよりは相手を卑下する事でやり過ごしたい、という心の現れでしょう。
相手を卑下する気持ちがエスカレートして、メンヘラに進化する場合がありますのでご注意を。



719 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 17:46:02 ID:f4TxEgcvO
ID:e8mdn8By0
死ね

ID:R6aeAuNl0
めくら



720 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 17:48:18 ID:xpOzFzF10
>>718
わざわざ書き直すほどのrya

721 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 17:52:12 ID:Q3tw/hgzO
駆け落ちしたって事は、男は逆玉狙いじゃなくて本気で愛してたって事になるよね?
そうなら、女の指す方と逆の扉を開ければ後味スッキリじゃね?

逆が虎なら、愛すべき女だったと思うし、
美女なら、気持ちが吹っ切れる上にその女と幸せになれる。
まあ、奴隷女だけど。

何か男側からしか想像膨らまんかった。


722 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 17:53:48 ID:Kr4e8z8v0
>>720
虎に対して美女の方があっさり気味カなーと思って書き直した。
>>718の方が後味悪くなるかなと思ったら
>>715のレスに後で気付いて
それが自分的に後味悪かったw



723 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 17:59:39 ID:e8mdn8By0
>>707
世にも奇妙な物語でも似たような話あったな。

主人公はヤクザの組長の娘と付き合ってたが、組長に事が露見して拉致される。
男は密室に監禁されるが、組長は救済措置を与える。
「赤の扉か、青の扉。好きな方を選べ。片方は出口に繋がってるが、、もう片方は開けた瞬間爆発する。
時間制限はない。ゆっくりと考えろ」どこからかヤクザの声が聞こえてきたが、尋ね帰しても返事は無かった
男は時には赤の扉、また時には青の扉に向かって行き、開けそうになるが、決心が付かない。
発狂した男は近くにあったものを扉に向かって投げつけたが、扉はビクともしない。
代わりに、一枚の紙がどこからか降ってきた。
それには「赤の扉」by(恋人の名前)と書かれた紙で、男は赤の扉のノブを握った瞬間ふと気付く。
しかし、(もし、赤の扉を開けるなという意味だったら?)(あいつはオレに死んでもらうために赤の扉と書いたのか)
など、疑心暗鬼に陥り、結論を出せずにいた。
そして、悠久の時が過ぎるほど考え抜いた結果、赤の扉を選択し…
そこで話は終わり。

724 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 19:15:58 ID:iaobZacG0
メモは相手に分かるように書けということだな

725 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 19:23:50 ID:s7ROZSG30
>>723-724
後味よくなったじゃないかw

726 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 19:35:49 ID:STR+m6NK0
いや、結果がわかんないんだよ。確か。
どっちかは、それぞれ考えてね。


727 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 19:43:46 ID:3qmbtZ1G0
>>724が教訓を書いてオチをつけたってことだろ

728 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 20:07:16 ID://QCm4//0
こういうのって面白いオチを考えられないからオチを書かないんだ

と思ってしまう

729 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 20:27:58 ID:XTpJNl/LO
>>93

730 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 20:31:17 ID:GqyX0adzO
キャッツ・アイにも、瞳が爆弾の赤い導線か青い導線か
選ばなきゃならないってのがあったな。
青い導線を切りそうになるんだが、
土壇場で恋人・俊夫が褒めてくれた赤い水着のことを思い出して、
赤い導線を切ってセーフ。
あれ?後味は悪くないや

731 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 20:39:12 ID:HUVyRz050
名探偵コナンの劇場版でも同じのがあったな。
赤か青か、どちらかを切れば爆発するってやつ。
どちらかを切る直前までは新一(コナン)の誘導で解除するが、
最後の最後の選択は蘭に託される。
その日の占いで蘭(新一だったかも?)のラッキーカラーは赤。
そのときは赤を切るような素振りを見せながら、結局青を切る。
「(新一とつながっている)赤い糸を切りたくなかったんだもん。」
で、爆発せずにオワリ。

>>730と逆のパターンだな。

732 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 20:44:20 ID://QCm4//0
キャッツアイの俊夫は相当目が悪いな。タイツしか変わってないのに
気付かない。あれじゃ結婚しても髪の毛切ったとか絶対に気付かないな。

733 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 20:48:39 ID:rJWhdF9L0
>>731
それ、ちょっと違っう。ヒロインの蘭は赤い色が好きで、
爆弾犯と会話したとき(そのときは爆弾犯とは知らなかった)にも
自分は赤い色が好きと話している。
だから爆弾犯はわざと赤いコードを切ると爆発するように爆弾を作る。
そうして爆弾の設計図にもわざとそのコードの事は書かないでおく。
設計図を見ながら蘭に爆弾の解除を指示していたコナンは
最終なってどっちのコードを切ればいいかかわらないので
「好きなほうを切れ」と言う。
しかし、コナンは蘭がコードを切る直前にこの蘭と犯人の会話を思い出して
慌てて蘭にその事を伝えようとするが蘭はコードを切ってしまう
後は>>731の通り

734 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 20:49:13 ID:0ahkq+R50
>>732
そうだな。嫁さんが髪を切ったら、妹と区別が付かなくなる。
比べてみればわかるが、同じ顔してるし。

735 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 20:54:23 ID:RnwFNiT/0
赤と青のコード話で

主人公たちはとある舞台に招かれた。
舞台が終わった瞬間、謎の人物によって外に出る道を塞がれた舞台関係者と主人公たち。
実は今回の舞台の斬新な演出は盗作だった。
演出家の男は、同じく演出家の恋人のアイデアをぱくった上に、
彼女をひどくなじって捨てて舞台女優と交際をはじめた。
婚約指輪をもらうほどに仲睦まじかったのにひどいと、元恋人は自殺してしまった。
出口を塞いだのは彼女の父。娘に代わり復讐をするためで、
建物の中には時限爆弾を仕掛けており、中で男諸共死ぬつもり。

主人公の推理で隠されていた爆弾が発見される。
電話で警察と連絡をとり、比較的簡単な造りだったので解体するが、
最終的に例の赤と青のコードが残ってしまう。
父に教えてくれと皆は言うが「答えは男が既に握っているはずだ」と冷ややかに言われる。
タイムリミットが迫る中で「赤は切らないで!」と男の現婚約者が言う。
彼女の婚約指輪は赤いルビー 男は元彼女に贈った青いサファイアの婚約指輪を思いだし、
青は切れずに赤を切った。あの指輪を贈った時は確かに愛していたのにと思いながら
「青だけは切れなかったんだ」と男は号泣した。

男が泣いていい話っぽく終わったような感じだが元婚約者がどっちにしろ可哀相だ


736 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 21:42:59 ID://QCm4//0
いや舞台女優じゃね

737 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 22:08:27 ID:g2rxnoLl0 ?2BP(71)
古畑ではおみくじクッキーのラッキーカラーで決めてたな。

738 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 22:48:34 ID:GqyX0adzO
キャッツ・アイの瞳の声が
アンパンマンと同じである事が後味悪い

739 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 22:51:59 ID:XeXokjoUO
て事は戸田奈津子か。
確か女優さんもしてるんだよね。


740 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 23:01:41 ID:D4K1q9w20
それ字幕の女王ですから。

741 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 23:02:33 ID:jCQw/lmZ0
>>739
戸田恵子な。
奈津子と間違われちゃったら恵子も悲しむかもだ。

742 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 23:03:09 ID:GqyX0adzO
>>739

戸田恵子だよ!
奈津子は字幕書いてるぞw

743 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 23:04:30 ID:+oGQjYY70
>>739の人気に嫉妬

744 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 23:05:00 ID:eFjlLS+H0
>718
「女か虎か」の
扉の向こうの女は奴隷女だけど
同時に性格のよい美人である、というのも明記されてたような。

恋人よりも劣った女性「ではない」というところが
また恋人の判断の不透明さを深めていたと思う。

745 :本当にあった怖い名無し:2007/04/14(土) 23:44:35 ID:zeoxylqaO
>>743
つまらん初心者乙

746 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 01:16:21 ID:MkRJl6Wd0
先日、コンビニの駐車場で車から降りようとしたら、
キャリーをコロコロ引いた60代ぐらいの、みすぼらしいおばさんが
「お恥ずかしい話ですが、主人と私は家も無くその日暮らしをしておりまして・・・」
要は、お金を少しください、と言って近づいて来た。
え、私もお金無いんですよー、と言ってコンビニへ逃げた。

数日後、違うコンビニ駐車場で、たぶん同じ人が
同じことを軽トラのおっさんに言っているらしき場面に遭遇!
軽トラのおっさんは、シッシッと犬か猫を追い払うように手で払いのけながら
コンビニへ。

おばさんと、少し離れたところにいたおじさんは、コロコロ引きながらどっかへ歩いて行った。
(おじさんは、少し足をひきずっていた)

今時ああいうのも珍しいよなあ・・・とも思いつつ、
働けるのにうまくやって生活保護受けてるヤツもいるのにと思うと
こっちの夫婦の方が真面目でマトモなんじゃないかとか、
いくらなんでもシッシッは無いよなあとか、
いろいろ考えて後味悪かった。

747 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 01:26:48 ID:3Iek5gXh0
■ おすすめ2ちゃんねる 開発中。。。 by FOX ★
このスレを見ている人はこんなスレも見ています。(ver 0.20)
lはlきlけlがlすlるlほlどlきlらlいlなlきlゃlらl 4 [同人]
■偽両親に今までにされたイヤなこと 17■ [家庭]
今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 34度目 [生活全般]
思わず吹いたレス集合 その60 [既婚女性]
ファイルシーク(fileseek)について語るスレPart9 [携帯コンテンツ]

748 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 01:30:40 ID:4K4k2jUZ0
>>746
乞食が生活保護を貰わないとどうして思える?

749 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 02:15:14 ID:Rc/vOB3iO
うろだけど世にきもの話

何をやってもダメな男がいた。
男は2択で選ぶもの全てが裏目になることに気がつき、
わざと選んだものと反対の道を歩むようにする。
すると全てがうまく行くようになる。

右の道を行くと重要な取引先に、左の道を行くと好きな女性に
会いに行くようになる分かれ道があった。
取引は大事だが女性に会う機会もこれが最後になる。
どちらを選ぶか悩み、女性を選択する。
それで取引先に行こうとするが、やはり
素直な気持ちは変えられないと
女性に会いにいくことにする。

その頃女性は男のライバルに告白されていい雰囲気に、
取引先では来ない男にカンカンになっていた。
それを知らず男は自分の選んだ道を進んでいた。

750 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 02:17:56 ID:JhoD2dy5P
>>746 そういう類の人は貰ったお金をパチンコに使うもんだよw

751 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 02:51:44 ID:S+k8+puwO
>>749
取引先選んでたら女性との関係も上手くいったのか…?

752 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 03:13:37 ID:ugKsen8E0
>>749
後味悪いつーか、話考えた奴に対してゲンナリするなぁ。
なんの救いもないし。

こういう、単に報われないだけの話ってのは楽しめる人がいるのかねぇ?
(報われない事がドラマになってないようなの)

753 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 03:44:48 ID:bvQLgLKn0
>>752
逆の見方をすると

自分で選んだ道を行くと成功するが
意に沿わず仕事を選んだ場合失敗するよ、

という教訓を含んでいるとも言える。
どんな不条理でも多角度から見れるようになれば
楽しめるかもね。

754 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 04:16:40 ID:LJlNQ1crO
疑問なんだけど、実際の爆弾で「二つのコードがあって片方は解除、片方は罠で爆発」みたいな仕掛けって本当にあるの?
映画とか小説でおもしろく描いてあるだけじゃなくて?

755 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 04:17:35 ID:NsrWH7c50
なんか
両方切ったら信管作動しないんじゃねーかと思う俺は馬鹿なのだろうか

756 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 04:33:32 ID:Z8tHT9DY0
>>754
ダミーコードは実際にあるけど、「ダミーが数百本あって、ダミーを一本でも切ると爆発」とかの世界。
コードが親切に色分けされてるってのも、期待しない方が良い。

757 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 05:32:40 ID:z5eJR9550
勉強になった

758 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 06:23:16 ID:LJlNQ1crO
>>756
本当に勉強になったありがとう
不謹慎だけど現実の爆弾おもしろいと思った

759 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 06:48:31 ID:L8btrkCC0
>>756
そうだよね。仮にも爆弾を仕掛けようなんて奴が
「えっと赤はプラスで、えっ? マイナスだっけ???」
とかそんな馬鹿じゃないもんな。

760 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 08:13:38 ID:urLhPreH0
>>746
都会の駅を歩けば必ずいるぞそういう輩。
100%ウソだから騙されんなよw

761 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 08:17:07 ID:CVfRXeou0
749じゃないけど勝手に補足。

>>751
男は自分の意思とは反対の選択をすることで、どんどん出世して行っていた。
ダメ男からデキル男へ変貌して行ったが、その代わり昔からの彼女とはすれ違うようになっていく。
(ちなみに、いつもしくじっていた男に、
「反対の選択をするようにすれば?」とアドバイスしたのは彼女)

それでもどんどん成功して行く男は、あるとき取引先の社長令嬢を紹介される。
社長令嬢は容姿端麗で、しかも男のことを気に入っており満更でもない様子。
だが主人公は、すれ違いが続く彼女のことを思い続けていた。
そして、彼女に謝りプロポーズしようと思い指輪を購入する。

そんな矢先、社長から、
「私の後を継いでくれないか、ただし条件として取引先の社長令嬢と結婚すること。
 社長令嬢が空港で待っているから、急いで行ってくれたまえ。」との通告が。

モヤモヤとした気持ちを抱えつつも、空港へ車で向かう男。
そこで何気なくカーラジオをつけると、なんと昔からの彼女が交通事故で病院に運ばれ重体だ、
というニュースが流れてきた。動揺する男。
そして目の前には二又路が……空港へ行き社長令嬢と結婚するか or 病院の彼女へ会いに行くか?

散々迷った挙げ句、彼女の為の指輪を握り締め、
『逆の選択をするのはもう止めよう……自分の意思で選択して……
 "自分の意思で"……彼女に会いに行こう!』
と決意する主人公。

後は>>749通り。彼女はライバルに取られており、社長令嬢周辺は主人公に憤慨。
「やっぱり逆の選択をすれば良かったね」、ってオチ。彼女も仕事も失った主人公はどうなることやら、っていう。

>>753
違うだろ。

762 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 08:31:28 ID:3+4OPH5C0
>>761 選択肢にまつわる話は関よしみも書いてたなー

主人公の妹はケーキを食べる時に両方好きだから延々と悩む。
決める時はきっぱり決めなきゃいけないわよと主人公は言う。
「ケーキならまだいいけど、どうしても選べないものだったらどうすればいいの」
幼い妹の質問に少しつまるものの「それでも選ばなきゃいけない」と主人公は答えた。

二人の母は現在妊娠中なのだが、突然倒れてしまい危ない状態に。
母か子か、どちらかしか選ばなければいけない状況になった。
そして母はもう新しい子をつくれなくなっていた。
そんなのお母さんに決まってる、既にいる人の方が大事だ。
主人公と父はそう言うが、祖父母は子を優先してくれと言う。
お腹の子供は男児で、旧い家の祖父母にとって後継ぎは大切な存在。
2対2で言い争い、最終的に妹の判断に委ねる事になった。
選べないと泣きじゃくるものの、最終的に妹は母を選んだ

生還した母を「後継ぎも守れない」と祖父母は非難し、父もかばえない。
以前から祖父母との軋轢があった母は離婚を決意する。
父と母とどちらについていくか、主人公はすぐに父を選ぶ。
もうすぐ受験だからいきなり土地が変わるのはこまるからだ。
でも妹は選べず、その夜主人公の部屋に泣きながらやってきた。
死んだ弟の声がしてこわいから一緒に眠ってくれと言うが、疲れているので主人公は断わる。
翌日、妹は死体で発見された。父も母も選べないので弟のもとに行くという遺書を残して飛び降りたのだった

あの時断わらなければ妹は死ななかった。いや、もっと前にも間違った選択をしたのかもしれない。
夢に出てくる妹は地獄と天国との間で迷って泣いており、主人公を更に苦しめた
些細な選択を恐れ、下校時も一つ一つの岐路を慎重に選び何時間もかけて歩く主人公。
そこに現れた急いだ様子の車が主人公を避けるために崖めがけて吹っ飛び、
車の中にいた男女は崖際になんとかつかまって落ちるのを免れた。
それは妹の死によって和解した父と母だった。どちらも今まさに落ちようとしている。
片方しか助けられない、でもどちらを助けるべきかわからない。主人公のなにかがぷつんと切れる。
「どーちーらーにしよーかなー天の神様のいーうとーおーり」主人公はニヤニヤしながらそう歌い始めた。

763 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 08:58:18 ID:Fg0N32GA0
関よしみはほんとにトラウマ製造マシーンだな!

764 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 09:56:51 ID:3cCtfKmFO
よしみ流石だよよしみ

765 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 10:21:35 ID:Rvmk39MN0
>>761
それこそまさに後味悪いな・・。
そこで貧乏でも愛のある家庭ってオチがフツーだろ。
何で知らない奴と結婚する方が正解なんだよ・・
どっち選んでも救われないじゃないか。
笑うセールスマン並に理不尽だ。

>>762
妹可哀相・・ダメ親父のせいで・・。


766 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 12:53:05 ID:NB1g9Zvb0
>>761
「では彼女を選んでいたらどうなっていたか?」という話が後になかった?

「やっぱり彼女だよなー」と彼女の方へと会いに行く主人公
彼女は全快して主人公と結婚し、ラブラブに
しかし自分の娘を選ばなかった事に憤慨した社長は、さまざまな嫌がらせをする
嫌気がさした主人公は彼女の実家の稼業の手伝いをする(おもちゃ屋だったかも)
貧しいながらも仲よく慎ましく生きる二人
「やっぱりこっちで正解だった」と思う主人公
しかし、御義父さんが飛行機事故にあったという訃報が届く

そこから坂を転がり落ちるように転落が始まる
借金が重なり、不動産を手放さなければいけない事に
生活苦から妻と口論になり、離婚(その後彼女はライバルの元へ)

灯りの付いていない家に一人ぼっちの主人公
「令嬢を選んだ方が良かった」と後悔する主人公
しかしその時、ライバルの元へ走った妻が帰ってくる

今の俺には何も残ってないぞと訝しがる主人公に妻は
「だってあの時(令嬢じゃなくて)、私を選んでくれたじゃない!
 私もライバルじゃなくて主人公を選ぶ!」
二人で一緒に頑張ろうと和解して抱き合う二人、その時来訪者が
来訪者は航空会社の者で弔慰金を遺族に渡しに来たのだった

弔慰金で借金を返し、発起して頑張った主人公は
見事妻を社長婦人としました、めでたしめでたし

という話だったような気がする。他の奇妙話と混同していたらスマン

767 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 13:25:10 ID:CVfRXeou0
http://yonikimo.s232.xrea.com/db/public/index.php?PHPSESSID=d3f39591bebb500885baa0186424a244&do=details&serial=327

自分は放映時に見たけれども確かに↑のところで終わっていた。
世にも〜で一度終わったストーリーに続編が作られたことってあったっけ?
ぐぐったけどわからん。

768 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 13:39:11 ID:zxvQjP7m0
先日バス停に並んでいた時の事。
バスが来た時、先頭に並んでいた品の良い優しそうな50歳くらいのおばさんが、
「わたしは段差が苦手で乗るのに時間がかかるので、お先にどうぞ」と言って
後ろに並んでいた人全員を先に乗せ、自分は最後に乗車した。
私は「押し退けて乗るような輩もいるのに良い人だなあ」とおばさんに好感を持った。

車内はガラガラだったので全員座れた。そのおばさんは私の前の席に座ったのだが、座る時に
微笑みながら会釈してくれて、増々感じの良い人だな、と思った。

バスの終着点(駅前なので全員がそこで降りる)に着いた時、そのおばさんは
まっ先に降りようとして人を押し退けて進んだので
「乗る時は乗客がスムーズに乗れるよう配慮してくれたのになんで?急いでいるのかな?」
と、乗客全員が見守る中、運転手の横でおばさんはバッグやポケットをごそごそし始めた。

「あれ〜、ないわあ、おかしいなあ、どうしてかなあ、ないわあ…」と言いながらごそごそ。
運転手に「お金がないみたいなのよ…どうしたらいいかなあ」と笑顔で尋ね、こちらを
振り向いて「ねえ、貸してくれない?」と言った。
驚いて皆無言でいたら、更に「ねえ、そこの紺のコートのあなた、小銭余ってるでしょう?」と
私を指名してきた。

その瞬間バスの運転手さんが「あんたねえ、この子は関係ないでしょうが!!
いつもいつもいい加減にしなさい!お金ないんやったらわたしに住所と電話番号!身分証明書!」
とおばさんを怒鳴りつけた。
するとおばさんはバッグをごそごそして、「あ、あったあった!ありましたわ〜、ホホホ」と
笑ってお金を払い足早に去って行きました。降りた後も目で追ってたら『段差が苦手』とは
思えない足取りで駅の階段を登っていた。

いかにもな外見だったら最初から警戒するけど小奇麗でむしろ上品な装いと物腰のおばさん
だったので本当に驚いた。そして自分がいかに人を外見で判断しているかがわかった。

769 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 13:45:24 ID:s0uFZ3Wu0
>>766
世にも奇妙な物語の後番組で2パターンのエンディングを用意したドラマがあって
それの第1話が「結婚するなら金持ちの女かなじみの女か」だったみたい。
そっちじゃないか?

770 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 13:56:02 ID:NB1g9Zvb0
>>769
多分それだ。
進行役が両番組ともタモリだったんで混同してたみたい、スマン

771 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 14:32:55 ID:TuaETbjzO
ifかな

772 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 14:38:35 ID:Rvmk39MN0
あーーー!!あったねえif!!
あんま見てなかったけど今見ると楽しそうだな。
最初に一つの道を選ばせて
その後「ではこちらの道を選んだら一体どうなったのでしょう」って奴だな。
ターニングポイントの意味を有名にしたTV番組だ。

>>768
そりゃ引くわ・・。

773 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 14:42:57 ID:8ehB/OlS0
>768
しかも常習犯のようだね('A`)

774 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 14:43:02 ID:0HcgiHtM0
If もしも、だな。
必ず途中で何かを選択するシーンが出てきて二通りの結末を放送するやつ。
世にもスタッフの大半が関わっててふいんき(ryも似てるから、混同しやすい。

775 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 14:53:44 ID:lGM1mhxc0
>>766の話を>>761の続きと勝手に思っておこう。

だってあの時のココリコの田中が可哀想だったから。

776 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 15:26:14 ID:Zdogoehf0
ifもしもも面白かったねぇ。
ヒロインがイケメンとオッサンのどっちの隣に座るかっていう話が記憶に残ってる。
実はオッサンは赤い靴の女を狙う殺人鬼で、
偶然赤い靴を履いてたヒロインが隣に座ると、その縁で狙われるんだけど、
何度殺そうとしてもそのたびにヒロインのボケで流されるっていうギャグ話。

777 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 15:34:35 ID:ftyhGrqwO
しりあがり寿の『ヒゲOL』がやたら後味悪い。

16で実の父親に犯され、真実の愛を知るまではヒゲを剃らないと決めた主人公。
22歳でタヌキの情婦となるが一度ヤッた直後にタヌキは逮捕され、独りに。
その後も宇宙飛行士志望の男と惹かれあい、待ち合わせをするが男は成功したため主人公を置いて宇宙へ行ってしまう。
また、次の話では上司と不倫未遂で温泉まで行くものの、彼の異常性欲ぶりに気付いて逃げ帰る。
どうして真実の愛を見つけられないの!?と泣きじゃくり、いたずらにヒゲだけを伸ばしていく主人公。

ラスト(エピローグ)では、誰もいない部屋に帰宅し、リモコンで喋る男のロボットと寂しげに会話していた。
そして、誤作動で『愛してるよ…』と告げるロボットに、『ボタン…押してないのにね…フフ…』と苦笑し、毛布にくるまり背を向ける。

778 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 15:46:27 ID:dxGTqEf60
薮内笹子ね〜。後味悪いっていうより切なかったな。

779 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 16:21:20 ID:z5eJR9550
ギャグ漫画だと思って読んだから切なさ倍増だったな

780 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 16:26:28 ID:z5eJR9550
あと、ずっと疑問に思ったんだけど、実の父が眠っている16の笹子を犯して
いて笹子が起きた時、
「安心せい、みね打ちじゃ」みたいなこと言うじゃん。
あれって、全部は入れてないってこと?それともゴムつけてるとか?
結構悩んでる。

781 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 16:28:34 ID:dxGTqEf60
自分はスマタか外だしかで悩んだな…。

実際全部入れてなかろうとゴムつけてようとスマタだろうと外だしだろうと、
全裸の親父がのっかってるって事態が男性不信につながったんだろうしな。

782 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 16:30:59 ID:sndritAo0
>>777
え、えげつない漫画だなーー

783 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 16:47:33 ID:MCkHLwsQ0
>>776
ifもしもって,打ち上げ花火のやつやって番組だっけ?

784 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 17:23:22 ID:E15zhLDlO
>>777
主人公は女なんだよね?
ヒゲってそんな伸びるもんなの?

785 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 17:23:35 ID:z5eJR9550
ずっと疑問と言えば、『パタリロ』でパタフィンクスがだしたクイズの答えが
未だにわかんないんだけど、
「上から読んでもパタリロ山、下から読んでもパタリロ山」
の答えがなんで
「やっぱりパタリロ山」
なのか。

786 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 17:57:46 ID:j5umWfFVO
>>785
山本山。

787 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 18:03:29 ID:M7COTKDVO
私、髭の所に産毛がはえるからたまにそってるけど…
そらなかったらどうなるんだろう やってみようかな

788 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 18:08:27 ID:zjPomeZj0
>>787
映画「フリークス」に出てくるよヒゲ女、たまにいるらしいね。
ttp://www5b.biglobe.ne.jp/~madison/worst/freaks/freaks/freaks_03.jpg

789 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 18:55:09 ID:M7COTKDVO
>>788
す、凄いね…

胸毛やわき毛やあそこの毛も凄そう…
ま、あっちの国では普通なのかな

790 :コンバット・越前:2007/04/15(日) 18:56:39 ID:jvBXbdWN0
>>723
せっかくだから俺はこの赤の扉を選ぶぜ。

791 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 19:11:03 ID:dxGTqEf60
>>784
まあギャグ漫画だからだけど、笹子(ヒゲのOL)はふさふさだよw
たまに鼻の下が薄黒い女の子〜女の人っているけど、あれの比じゃない。ふさふさ。

792 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 19:26:41 ID:z5eJR9550
>>786
山本山は上からでも下からでも山本山だけど、パタリロ山は違うじゃないか

793 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 19:32:25 ID:4YHAri9KO
関よしみの『悪夢へいらっしゃい』

主人公こわれた…悲惨

794 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 19:38:23 ID:S+k8+puwO
>>785
そもそも問いじゃないしな

795 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 20:27:03 ID:yeCrPFql0
>>785
横書きだから

796 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 21:55:00 ID:1+p2PRZSO
>ヒゲOL
ヒゲ生えてて男寄ってくるのが謎だし
タヌキとヤるってどういうこと?

797 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 22:32:08 ID:dxGTqEf60
その辺はしりあがり寿の不条理さと思ってくれw>ヒゲ生えてて男寄ってくる
一応笹子は美人ではあるんだと思うんだ。
あとタヌキは、タヌキというよりタヌキ男。都会に潜む妖怪のような謎の存在。
見た目はタヌキのかぶりもんのオッサンみたいな感じ。

798 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 22:35:20 ID:Zdogoehf0
>>790
お〜の〜

799 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 23:25:23 ID:CVfRXeou0
しりあがり寿の絵柄だからなんともだけど、
ヒゲをとっぱらえば美人だと思う>笹子

800 :本当にあった怖い名無し:2007/04/15(日) 23:33:30 ID:M7COTKDVO
>>796
例えば凄い美人で性格も良い子がいるとする
その子に髭が生えてるってだけでもう恋愛ダメ?

俺が髭剃ってやるから!とか考えてあげられないですか?

801 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 00:00:52 ID:bvQLgLKn0
>>800
いや、髭を剃らない時点で
ちょっと痛い子だろ。

802 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 00:05:44 ID:0nA6rf9XO
しりあがりワールド

803 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 00:09:06 ID:xsaNx31p0
きっとそのヒゲはドラえもんの秘密道具か喪黒服蔵にもらった物か何かだよ。

804 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 00:18:53 ID:FU4v9+MCO
女で髭と言えば…
宇多田ヒカルってデビュー当初眉毛も産毛も全然手入れしてなくて、キムタコに「ヒゲ生えてるw」って言われた。
ってエピを思い出した。

805 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 00:37:26 ID:Cyvh/bY10
多分小学校卒業の時に貰った道徳の冊子だったと思うんだけど。
電車内で席を譲るシチュエーションを、三人視点で見た話。

その一:サラリーマン
サラリーマンが扉の近くの吊革につかまって立っていると、杖をついた障害者が乗ってきた。
サラリーマンはすぐさま目の前の席に座っていた若者に「体の不自由な人が乗ってきたんだ。譲らないか!」
みたいな事を言って無理矢理席を立たせる。
若者が舌打ちしながら去っていくのを見て『最近の若者は……』とか思いながら障害者を座らせる。
サラリーマンは良い事をした、と晴れ晴れとした気持ちで次の駅で降りて行った。

その二:若者
若者は力仕事(多分)の帰りで疲れて、座席に座ってウトウトしていた。
そこにいきなり、目の前に居たサラリーマンが高圧的な物言いで席を立てと言ってきた。
何で俺だよ。若い奴が座っているなとか言われたって、若くたって疲れるのは疲れるんだよ!
とか思いつつも、実際障害者が居るのだから立たざるを得ない空気。
ムカつきながら他の車両に向うが、やはりもう何処も席は空いていない。疲れた。

その三:障害者
障害者は足が不自由なので、ドア横の手摺の所に寄りかかるように電車に乗り込んだ。
そこでサラリーマンが若者を立たせて席に座れと言ってきた。不機嫌な視線を突き刺し、去っていく若者。
サラリーマンが親切で座れと言っているのは分かるが、障害者は一度座ると足の機能で立ち上がるのが困難。
次の駅で降りるので断りたいが、喋るのも不自由で断り切れない。仕方なく座ることに。
結局降りる筈の次の駅では障害者は降りられなかった。
清々しい表情去っていくサラリーマンの後姿を、見送る事しか出来ない。

席を譲る行為の中では第三者なサラリーマンだけが良い事をした気分なのが何とも。
もう読んだのは十年以上前になるし、細部は違うかも知れん。
クリーム色の表紙で厚みが1センチ位で変型でこれ以外にも色々書いてあった記憶はあるんだけど
そもそもこんな冊子、小学校の卒業で本当に配ったんだろうか。なんか腑に落ちない。

806 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 01:24:33 ID:HSrikUk20
席譲るけど、もしかしたら迷惑かもって毎回ビクビクしてるわ。
何も言わずに席を立って座れるように空席をつくるときもあるけど、障害者や
お年寄りがいるのに気づかないで空いた席に違う人が座っちゃいそうな時は、
やっぱり一言言わなきゃじゃん?
年寄りに断られたことはあんまりないけど、妊婦さんなんか高確率で断って
くるんだよね。
一度座ると立ち上がるのが大変なのかとも思ったけど、座ると楽だという話も
聞いたし、どっちなんだろう。

807 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 01:33:05 ID:jevvOGMt0
>>806
つわりの時期は絶対に座りたいけど
おなか大きくなってくると立ち上がるの大変だからね。
乗ってる距離によっては立っていたほうが楽かも。
でももし断られても気まずく思う必要ないよ。
立派な行為だ。

808 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 01:41:04 ID:PMACfvjC0
妊婦さんだと思ったのにただのデブだったら困るから、その辺の判断がつかない。

809 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 02:03:14 ID:Ne4rSYdRO
ハゲワロタww

よく男の「妊婦さん」いるよなww

810 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 02:05:26 ID:HSrikUk20
そうか、見た目でいかにも妊婦って時期じゃないほうが座りたかったりするんだ。
たまひよの妊婦マークはそのためにあるんだね。

811 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 02:26:43 ID:AkoJYX7l0
>>806
いい人だね。
すぐに降りる場合や、人によっては立ってる方が楽だったりするだろうから
その辺は難しい所だけど・・・。立派な行動だと思う。

812 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 02:51:38 ID:RMj/bDcYO
席を譲る勇気がないから憧れるよ

813 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 02:59:20 ID:J5hSA1EQ0
三国人(韓国朝鮮人)の真実を描いた映画が製作されていた!

「三代目襲名」(1974年・東映)

「山口組三代目」の続篇。前作で兄弟分を斬った田岡一雄が刑期を務め、出所後三代目襲名という名実ともに山口組の頂点に立つまでを、
戦中、戦後の混乱期を背景に描く。原作は「実録山口組三代目・田岡一雄自伝」。

(あらすじ)
二十年二月頃から神戸に対する米軍の本格的爆撃が始まり、六月、古川松太郎が空襲により死亡した。同八月十五日、終戦による混乱に乗じて、
不良三国人は、三国人聯盟を結成、彼らを基盤にした集団テロ、略奪を始めた。婦女暴行という現場を見せつけられた田岡は、
三国人聯盟会長・朴基栄を倒すべく出向くが失敗。だが、田岡と心を同じくする国士館大生の大西利一、佐藤淳郎らを知り、
復員してきた岡精義、山田久一らを加え組織は昔日の片鱗を取り戻して来た。そして山口組自警団を結成、不艮三国人と対立した。
そんな田岡ら一行を羨望の眼差しで見ている若者がいた。地道行雄である。不良三国人が交番を襲撃するという通報を聞いた地道は、
遅れて来た田岡たちと共に三国人たちを叩きふせた。そして田岡は執拗に子分にしてくれ、と頼む地道に根負けし盃をくみかわした。
日をおってエスカレートする不良三国人の暴虐さに根を挙げた警察は、山口組自警団に警備を依頼した。やがて、
自警団と三国人聯盟との間に死闘がくり返され田岡自身も傷を負うが、朴を倒す。翌日、三国人同盟は田岡個人に対し決闘を申し込んだ。
死を決意した田岡は、吉川と共に本部に乗り込み、危機一髪の所を、直情径行の男・菅谷政男(通称ボンノ)が拳銃片手に屈強な部下を
引きつれてなだれ込み、田岡の危機を救った。昭和二十一年、須磨・延明軒において、田岡一雄の三代目襲名式が行われた。
昭和二十四年、春。神戸港の荷役業者を集めて港洞会を結成、自ら会長に就任、つづいて神戸芸能社を設立し、ここに山口組は盤石の基礎を囲めたのである。
http://www.youtube.com/v/96iLGJ26kxA

814 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 03:01:17 ID:+jL/0/+50
以前街を歩いてたら急に具合が悪くなったことがあって。
もう立っていられないぐらい、かといってタクシーは見つからない、
そこにバスが通りかかった。
とりあえずバスに乗って席に着き、手すりにもたれかかって
その場を凌いでいたら、途中から乗ってきた人に
「席を替わってください」と肩を叩かれたのね。
でもその人、40歳ぐらいの男の人で特に足も悪そうではない。
本当に申し訳ないけど今は譲れない、と思って
「気分が悪いのでごめんなさい」って言ったの。
そうしたら次のバス停で「ほら、そこに薬局がある、さっさと降りて薬局に
行ったほうがいい、具合が悪いんだろ!」って怒鳴られた。
多分私が本当に具合が悪いとは思わなかったんだろうけど、
今でも電車やバスで席を譲るべきタイミングになると、
あの時のことがよみがえってビクッとなる。

815 :1/3:2007/04/16(月) 03:23:46 ID:AkoJYX7l0
萩尾望都の短編漫画「A-A'」

近未来、クローン技術の発達した世界。
登場人物達は、宇宙で暮らしている。

一角獣種の少女Aが死に、そのクローンA'がやってくる。
少女を愛していた青年Bは、クローンA'に拒絶反応を示す。
理由は「A'は彼の愛した少女ではない」から。
それでも、最初のうちは話をしようとするがA'に拒否されてしまう。
(Aと自分は恋人同士だった話をするがスルーされたり)
他の仲間達はそれでもA'を仲間として受け入れようとする。
しかしA’は少女Aとはあまりにも違いすぎた。
理由は簡単で、A'の記憶はAが宇宙へ出発するまでのものしかなかった。
A'は、Aが皆と過ごした数年間の記憶がない(=複写されていない)。

元々、一角獣種は人と親密に接する事は得意ではない。
感情を表に出す事も滅多にない。
(また注意力散漫な所があり、よく段差等で転んだりもする。
一角獣種の名前の由来は、髪の毛に一筋メッシュが入るところかららしい。
これは昔、角があった物が退化した所為らしい?)
ぎくしゃくしつつも日々は過ぎて行く。

816 :2/3:2007/04/16(月) 03:24:52 ID:AkoJYX7l0

ある日、BがA'の異常に気づく。
Bは「A'が食事をしていないのではないか?」と言う。
仲間の中の医者的存在が言う。一角獣種はストレスを感じると
拒食症の様な症状を見せる。しかしそれに本人は気付かないため、
放っておくと餓死してしまう、と。
皆は生前のAも同じ様な状況に陥った事があったのに、と気がつかなかった事を恥じる。
同時に、A'は「打ち解けようとしない」訳ではなく、
「どうやって打ち解ければいいのか」また、Aではない自分がA扱いされる事に
「自分は一体何者なのか?」と悩んでいた事に気付く。
受け入れられるA'。A'とBはわずかに心を通じ合わせた様に思えた。

ある日、A'とBは調査のため、地上に降りる。
A'は一角獣種特有のドジっぷりで、地表の割れ目に落ちてしまう。
以前、Aが同じ様な目に遭い消えてしまった事を思い出すB。
Aの遺体は見つからなかった。Bは必死になってA'を助けようとする。

2人はなんとか無事だった。落ちた先は広場の様になっていた。
先を歩いていたA'が何かを見つける。急いで見に行くB。
そこには死んだA'が、氷の壁に飲み込まれ、生前の姿のままでそこに居た。

817 :3/3:2007/04/16(月) 03:25:29 ID:AkoJYX7l0
ショックを受けるB。A'はAではないのだ、と再確認したB。
A'はいつもの様に、何を考えているか分からない顔でBを眺める。

その後、Bは別件の検査の途中で死んでしまう。
仲間達は悲しみながらも言う。「数ヶ月したらB’がやってくるわ」
A'は一度も泣かなかった。

そしてB'がやってきた。B'は明るく笑いながら、皆に挨拶をする。
そのB'をみて、A'は初めて涙を流す。そして思う。
この人に、聞いて欲しい話がたくさんある。
Bが自分にそうしたいと思った様に、たくさんの話をしたい、と。

・・・終わり。

物語としては美しいんだが、どうももやもやする話だった。
ツンデレともまた違う、感情を表に表せない人種の悲しさも
漫画では良く伝わって来るんだが、この駄文では伝わらないだろうなorz
長文駄文で申し訳ない

818 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 03:54:41 ID:4hKdjWF50
>>817
いやいや面白く読んだよ


819 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 04:24:19 ID:PYtrzi6SO
>>258はキモヲタ

820 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 04:27:34 ID:wiIX7TB+O
>>817
>先を歩いていたA'が何かを見つける。急いで見に行くB。
そこには死んだA'が、氷の壁に飲み込まれ、生前の姿のままでそこに居た。


A'が「死んだA'」を見つけるの?「死んだA」じゃなくて?
この部分がよくわからないんだよな。

821 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 04:48:45 ID:skxX7TZ4O
>>820
ただの書き間違いでしょ?


なかなかおもしろいね。
藤子FのSF短編みたい。

822 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 05:09:50 ID:HaSYaspu0
>>783
打ち上げ花火のって岩井監督で奥菜恵が出てた
「打ち上げ花火 上から見るか 横から見るか」(下から見るかだったっけ?)
って映画の元になったんじゃなかったけ?確か。
確かこれは世にも奇妙な物語で放送されてた記憶がある

823 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 08:55:14 ID:gZPTbJJfO
>>810
たまひよの妊婦の証を着けてる、妊娠初期であろう(腹が出てなかった)女性を駅で見かけたが、足元は高いヒールで決めていたので、こういう人は他人には妊娠をアピールするが自覚がないひとだなぁと思う。
妊婦の証を見ても足元も見た方がいい。 ヒールなんて履いてるアホ妊婦には席なんて譲らなくて良しだ

824 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 10:13:39 ID:s7fud5aIO
私も前、電車の中で貧血で立っていられなくなり
しゃがみこんじゃったのね。
汗も出てきて、もう立ったら倒れそうで本当どうしよう
と困ってたら次の駅に着いた時サラリーマンの方がわざわざ電車降りて抱いてベンチまで連れてってくれた
凄く助かった。

でも「その状態じゃ会社行けないよ。休むって連絡しなよ
何処かでお風呂に入って血圧上げて横になった方がいいよ俺もついてってあげるから。」
ってしつこく言い出して困った。駅員さんに助けを求めて大丈夫だったけど
好い人なんだろうし、ありがとうございましたと言ったし感謝したけど…
今思い出してもなんかもやもやする。

825 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 10:18:55 ID:bgzyjGfU0
>>824
>何処かでお風呂に入って血圧上げて横になった方がいいよ俺もついてってあげるから

どうみても下心が前面に押し出されています

826 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 10:59:44 ID:d1wWZFVY0
貧血でお風呂なんか入ったら余計に死ぬる

827 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 11:03:26 ID:cf9IIpr6O
>>824 この前テレビの特集で見たんだけ
ど、泥酔してる女の人や具合の悪い人を
助けるフリして体に触ったり、ホテルに
そのまま連れ込もうとしたりする奴らが
いるらしい。無事でよかったね。

828 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 11:55:16 ID:s7fud5aIO
>>827
そうなんだ…本当良かった。
その頃田舎から出てきたばかりだったから、都会の人って怖いなって思ったの覚えてる

その何年か後、気分悪そうな女の人たまたま見掛けて大丈夫かと声かけたら
思いっきりにらまれてヘコんだ事があったよ…
変な人多いから、自然に警戒心強くなっちゃうんだろうし仕方ないけど
田舎育ちの私は未だに東京はなじめない

829 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 12:09:08 ID:grbWwGP20
「東京なんて田舎もんの集まりだぜ」

830 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 12:28:39 ID:CMvQCa66O
>>828
都会の人とか田舎者とか意識してれば、そりゃ馴染めないだろうな

831 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 12:32:18 ID:jO7hYY1/0
にらんだ女も>828と同郷かもな

832 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 13:15:41 ID:tVokJU1r0
遅レスだがヒゲの生えた女を見た事がある。
中学の頃、一ヶ月に一度くらい外人が来て英語の授業を
するんだけどオーストライリアから来たと云う女性講師は
立派な口ひげを生やしていたよ。
それ以外は別に変わったトコは無かったけど中学生には刺激が強かった

833 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 13:19:56 ID:p57vF8g10
30代以上なら知ってるだろうが
ジョイナーという短距離走選手も髭生えてたよ。
あれはホルモン注射の影響だったんだろうな・・・
それから、昔存在した「見せ物小屋」には
とても毛深い人達(遺伝? 顔にもモジャモジャ毛が生えてる)が
“狼人間”として出てたらしいね。

834 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 14:16:27 ID:/YudYRHWO
>>832
どこかは忘れたが、毛を剃らないのが普通な国もあるらしいよ。
色素が薄いから目立たないけど、近くで見ると産毛ボーボーとか、水着でも脇毛剃らないとか。
国柄の違いだな。

835 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 14:29:45 ID:a0b+0Bmo0
席を譲らない方がいい場合もある
ttp://www.youtube.com/watch?v=r1o0NBeOCjQ

836 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 14:32:32 ID:AkoJYX7l0
>>820
ごめんね、間違えてました。
死んだのはAです。
寝る前に書き込んじゃ駄目だねぇ。

A死亡→A'がやってくる→A'とBがAの遺体を発見
→B死亡→B'がやってくる、と言う流れです。

>>834
西洋の人は体毛が金色だったり、淡い栗色だったりで
あまり目立たないので剃らない人が多いらしいねえ。
ハリウッド女優が脇毛もっさり生やしてる写真を見た事があるよw
ポスターなんかの写真は、産毛を消してるみたいだね。
さすがに映画を撮る時は剃るのかも。

837 :1/2:2007/04/16(月) 15:51:07 ID:AkoJYX7l0
ついでに同じく萩尾望都の短編「酔夢」。

1人の少女が占い師の元を訪れる。
少女はいつも、同じ様な夢を見る。
その夢に現れる男に少女は恋をしている。
しかし夢の中で、男と愛をかわす事はない。
男はいつも、少女の目の前で死んで行くからだ。

「その人といつか本当に会えるだろうか」と聞く少女。
占い師は「会えるだろう。しかしお前の恋は叶わない。
何度出会っても、男はお前の足下に伏して死ぬだろう」と告げる。

時は流れ、少女は隣国の王に嫁いだ姫の姿で男に出会う。
少女は王を愛しておらず、人質として嫁いだ様なものである。
王が戦から戻ってくる。大勢の奴隷や略奪品を携えて。
王が言う。「何でも欲しいものをやろう」
少女は奴隷の群れに、夢の中の男を見つけ「あの男を下さい」と頼む。
しかし王はそれを許さなかった。「あの男は私の弟で、反乱を犯した罪で処刑する」

少女は男を助けようと、顔を隠し、男の居る牢へ向かう。
男の縄を解き、逃がす少女。男は少女が何者かを知らない(少年だと思っている節がある)。
男は少女の瞳を見つめる。黒曜石の様な瞳をした少女は、何も言わない。
男は「もしこの者が口を割れば、私は捕まってしまうだろう」と考え、
少女に剣を振り下ろす。

少女は死ぬ間際、「あなたにずっと恋をしていた」と告げる。
男はそれが、自分もまた夢に見ていた少女である事を悟る。
生き返ってくれ、もう一度目を開けてくれ、と泣く男。

838 :2/2:2007/04/16(月) 15:53:46 ID:AkoJYX7l0
冒頭の占い師が語る。
「2人は出会うが、恋は叶わない。お前は男の前で、ひれ伏して死ぬからだ」
運命が変わり、少女は男の前で死に続ける。

次に語られる世界は、未来。宇宙船の中が舞台となる。
国では神官として暮らす男が、宇宙船へやってくる。
そこには男性の身体を持つ少女が居た。
少女は男性の身体を持っているが、染色体は女性だった。
男は言う。「あなたに会った事がある」
男は夢の中で何度も少女に出会っていた。
人嫌いの少女は、その話を馬鹿馬鹿しいと一蹴する。

何度も同じ事を繰り返すのは何故か。
死ぬ対象が変わっても、繰り返し繰り返し出会うのは何故か。
少女の身体を男性にしてみたり、どこかで修正しようと言う
意志が働いている様に見えるのは何故なのか。
「時空間のトラウマ」と言う言葉で語られる、2人の運命。

ある時、2人は宇宙での作業を行う事になる。
その際に事故が起こる。男は必死に少女を助けようとする。

男は「少女を殺そうとする自分」の姿を見る。
(以前描かれた、男を救おうとした少女(姫)を殺害するシーン)
男は自分自身の前に立ちはだかる。
「殺してはいけない」「その少女を殺してはいけない!」
剣は少女の前で跳ね返り、男の胸に突き刺さる。

シーンがかわり、男は宇宙空間で作業中、事故に巻き込まれる。
宇宙船の中から「彼を助けて!」と叫ぶ少女。
男は宇宙へ消えて行き、少女はまた取り残される。

839 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 15:56:48 ID:AkoJYX7l0
「時空間のトラウマ」「繰り返される夢」「何者かの意志」
結局、何も変わらず少女は男と愛を交わしあう事もない。
運命についた傷を克服する事は、結局出来ないのか?

20ページ程度の短い話ですが、非常に深いです。
うろ覚えで間違ってる所もあると思うので
気になる人は実際に読んでみて下さい。
読後、何とも言えない不安みたいな気持ちになります。
文庫本「半神」に収録されています。
↑どれも秀作だけど、後味が微妙なものばかり・・・

この人の漫画は要約するの難しいですねorz
またまた長文で申し訳ない。

840 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 16:00:19 ID:RMj/bDcYO
宇宙船のあたりがよくわからなかった


841 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 16:20:19 ID:gy0nW7610
髭か。。。。

初めて付き合った女が産毛が
凄くて髭みたいになってたな。

キスしようと顔をちかずけたら
気が付いて思いっ切り萎えた。

それとリア中の時に海外版の
PLAYBOYの外人グラビア
見たら、体毛が凄くて萎えた。

842 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 16:22:28 ID:AkoJYX7l0
>>840
ごめんなさい。うろ覚えなので余計に分かりにくいかも。

少女は、外見は男だけど遺伝子は女と言う姿で描かれる。
男は少女と出会う夢を見続けており、
少女と実際に出会ったら、殺さずに済む運命を探している感じ。
(2人は夢の中で惹かれあっているので)

一度目の事故では2人とも生き延びる事が出来たが
二度目の事故で男は死ぬ。→単独で作業中?

男は「少女を殺さずに済む運命」を模索していたが
その結果(過去に戻って自分を殺した結果?)、
すべては元に戻って「男は少女の前で死ぬ運命」が続く、
みたいに解釈しているんだけど・・・。

「男は少女の前で命を落とす」
↓何らかの作用によって運命が変わる
「少女は男の前で命を落とす」
↓何らかの作用によって運命が変わる
「男は(ry」の無限ループっぽくて、後味悪いなあと思ったのです。

843 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 16:43:20 ID:drEdOB3zO
>>837

後味悪いというか切ないな
やりきれない

844 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 17:01:04 ID:XYwkwX4vO
>>756
>ダミーが数百本あって

箱に納まるのかな?


845 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 17:18:50 ID:xsaNx31p0
>男は「もしこの者が口を割れば、私は捕まってしまうだろう」と考え、
>少女に剣を振り下ろす。

ただの外道じゃん。
夢の中の少女とわかったら手の平返したりとか。

846 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 17:22:18 ID:PqbAJG2D0
>>842
うろ覚えじゃなくてうる覚えなんだぜ
これ豆知識な

847 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 17:26:13 ID:x4GRLLYaO
釣りだろうが一応
正しいのは「うろ覚え」

848 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 17:39:13 ID:PqbAJG2D0
いままで逆で覚えてたぜorz
ググったら納得した
>>847ありがとう

849 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 17:41:23 ID:EqPQ8pUb0
アニメ・サウスパークの中の一話

主人公たちの通う小学校の保険医は
もともと双子であったが母親の胎内で片方が死んでしまい
その死体が顔に癒着したまま成長していた

ある日そのことを知った主人公は家に帰って母親にそのことを告げると
そんなハンディキャップがあるのにがんばっていることに感銘を受け
近所の住人も交えた食事に招待する
だがいざ食事の場になると腫れ物に触るような扱い

やがて話は市長の耳にはいり
ハンディキャップがあるにもかかわらずがんばる保険医さんを
市民みんなで称えましょうと言い出し
市民集会で保険医を称える記念日を制定
参加者に胎児の死体マスコットのついたヘアバンドを配り
全員でそれを着用してハンディキャップを持つ人の気持ちを理解しましょうなどと言い出す

招待されていた保険医はついに怒ってもうほっといてくれ
普通の人として扱ってくれと訴えるが
その言葉に市長以下参加者は逆上
「せっかく障害者の気持ちがわかるわたしたちががんばってあげたのになんて恩知らずなの」

850 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 17:44:27 ID:0kZQ22YQO
>>846
プギャワロスwww

851 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 17:49:04 ID:bregSgSzO
>846
2ちゃんばっか見てるとバカになるぞ。たまにはちゃんとした本も読んで教養つけろ。
既出もがいしゅつと読んでるんじゃないだろうな?

852 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 17:49:52 ID:PqbAJG2D0
携帯厨から総攻撃wwwwwww
俺なみだ目wwwwwwwwwwwwwwwwww
アザーッスwwwwwwwwwwwww

853 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 17:52:04 ID:UQPBmAje0
>>852
PCからもヒトツ。恥かしい奴だなw
まあなんだな。勉強になってよかったな。


854 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 17:54:37 ID:kPTVOa/c0
消防の頃の道徳の本に載ってた話、

今日から小学1年生になった「あやちゃん」は、
帰ってくるなり母親をなじる。
「どうして私の名前を『あや』にしたの!」
母親が理由を聞くと、クラスに「あやちゃん」が自分を含めて3人もいたため、
それぞれにあだ名がつけられた。
一番背が低いあやちゃんは「ちびあやちゃん」
ふとったあやちゃんは「デブあやちゃん」
そして自分は「よだ あや」を逆からよんで「やあだよちゃん」

ぷんすか拗ねる娘を母が名前の由来とか話して宥めて終わりだった。


ていうかね、ちびとかデブとか、そりゃねーだろうよ。
やあだよちゃんは「私のあだ名が一番酷い」みたいに拗ねてたが、
3人とも酷い。そしてそれを止めないクラスメイトがまた酷い。
20年前の道徳だから、チビもデブもOKだったんだろうなぁ
当時の自分も何も思わなかったし。
今になって後味の悪さが滲み出た。

855 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 18:11:39 ID:OtepC/U00
>>854
チビでデブだからって気にすんなよ

856 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 18:12:50 ID:DfA/hLBW0
>>846>>848
ちょwwwえらい素直だなお前、ちょっと爽やかな気分だ。
後味いいじゃねーかww

>>854
その話覚えてる、クラスメイトもだがこういう時こそ強権発動で教師が止めさせないと。
ちなみにうちのクラスではそれ読んだ後、クラスメイトに変なあだ名付けるのが
流行ってしまい逆効果もいいとこだったぞ。

857 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 18:21:46 ID:mVLnO/eI0
>>854
ブタゴリラに謝れ。

858 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 18:41:19 ID:XtK1YZNHO
>>777
遅レス&携帯からだけど、
ヒゲのOLの中の話でジュリアナの話が有ったけど
あの話も後味悪いよね。
最後のページは感動する話でもなんでも無いんだけど
なぜか切なくて泣いた覚えがある。

859 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 18:42:14 ID:4qw6esSW0
http://www.youtube.com/watch?v=lp6GUXIfi0U&eurl=http%3A%2F%2Fowaraineta%2Eblog67%2Efc2%2Ecom%2Fblog%2Dentry%2D1273%2Ehtml
後味悪すぎ。

860 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 18:44:46 ID:MJ4+WHAc0
チビはしょうがないにしても、
デブは病気でも無い限り本人の責任だから叩かれてもしゃーねーと思う。

861 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 18:52:27 ID:tb+hEHkuO
>>860
小学生の肥満は親の責任だろ。

862 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 19:06:30 ID:/YudYRHWO
>>849
胎児の死体マスコット……(((;゚Д゚)))

863 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 19:13:02 ID:ueutDFmh0
>>858
ヒゲのOLとは別の話の「ジュリアナおやじ」じゃないの?
あれは泣ける

864 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 19:30:12 ID:CMvQCa66O
>>860
お前みたいな意見が叩かれても仕方ないのも分かってるよな?

865 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 19:43:30 ID:R0D/v12B0
ヒゲOLって元々はそんなに後味悪いものだったのか。
数年前にまんがくらぶだかなんとかっていう女子供向けの4コマ雑誌で読んだけどな。
大まかなストーリーは同じ(真実の愛がどうっての)だけど
あれはただの不条理ギャグ漫画だったのに。


866 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 19:46:41 ID:d+F5cpxg0
ようでぶ>864


867 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 19:52:05 ID:4qw6esSW0
荒らしたいだけだろ。
スルー汁。

868 :やさしいななしさん@愛知:2007/04/16(月) 19:58:28 ID:wNWTTUbM0
>>854
>>名前

名前ってモノは親の色んな想いが篭っているもので、、
知り合いも自分の名前にコンプレックスを持ってたなぁ。
例えると『金満』みたいな名前なんだけど。
良い方に取れば親が「子供がお金に困ら無いように」って
つけたとも考えられるんだけど、その人自身は
「自分にお金を稼いでくるように…、って付けたんだろう」
って考えてた。
実際その人の親は結構がめつい人だったし、
彼が考えてる方が正解なのかも知れない。

自分も未だに自分の名前に馴染めない。
親が「曽祖父の名前から取った一字」+「士族の誇りを忘れないように」
と付けてくれたんだけどね。

名前ってモノはある意味「呪い」とも言えるのかも知れない。
こんなひねくれた考えを持つ子に育ってごめんなさい。 >父母

869 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 20:02:18 ID:6gBtfQa30
小学生の肥満で思い出したのだが、多分15年位前に見たテレビ番組。
現在の子どもの食生活の問題点を取り上げた物だったと思うのだが
その中で超肥満体型の小学生の男の子が出てきた。
その子は運動も好きだし特に食べ物に好き嫌いがあるわけでも無い。
その子がなぜそこまで太ったかと言うと、母親が野菜嫌いで
食事はほとんど肉料理+ご飯という物ばかり。
そんな食事をばかりを食べていたから太ったんだけど、その子の母親は
同じ食事を食べていても太らなかったので、
何で子どもが肥満児になってしまったのか分かっていなかった。

反対に、すごく食事に気を使う両親に育てられている女の子がいたんだけど、
その子の親は、肉、魚、卵等は体に悪い食べ物と考えていて、
その子の食事はいつも野菜を煮たスープのような物で調味料を使った味付けは一切無し。
大きくなって自分でこの食事が嫌と言い出したらその時は女の子の判断に任せようと
思うが、それまではこの食事をつづけようと思っていると言う両親。
ここまで見る限りは、ただのベジタリアン一家のようだが、その両親、
自分達は普通に肉や魚を使った料理を食べていた。
自分達は(体に悪い)肉を食べてしまうけれど、子どもには食べさせたくないらしい。

両者とも、栄養士が指導して食生活を改めさせていたいたけれど、
無知な親に育てられる子どもはたまった物じゃないと思う。

870 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 21:05:44 ID:RMj/bDcYO
>>868
誰もお前の名前の由来とか聞いてないしwww
お前にはチビデブのあだ名がぴったりだと思うよ

871 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 21:15:34 ID:0nA6rf9XO
夢枕の陰陽師で「名前は呪(しゅ)である」ってのが出てきた気が。
ほんとに結構縛られるものなのかもね。

872 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 21:25:35 ID:eNEHHFEaO
魔物にとって本名を知られる事は致命的なんじゃなかったっけか。



873 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 21:48:32 ID:rbDQGdim0
>>869
無知というか、そこまで行くと虐待にしか思えないな。

874 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 21:48:52 ID:+iTXeDLOO
魔物だろうと人間だろうと名前は一番の情報だからな
名前からは様々な情報が得られる
だからこそ名前を知られてはいけない
同じことは現代においても言えるな

875 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 23:56:01 ID:YNJZt8fr0
【大阪】「狂牛病に感染した、どうしてくれる!」・・・無銭飲食の高校生を逮捕 [3/15]

高槻南署は15日、高槻市内の焼肉店で無銭飲食をしたとして、高校生5名を逮捕したと発表した。
高校生らは同市内の焼肉店で食事をした後、
「肉を食べたら狂牛病に感染した、どうしてくれる!」などと因縁をつけ、支払いを免れようとした。
店長が「そんなに早く発症しない」と言うと、高校生らは、
「モーッ、モーッ」などと大声で叫び、店内を歩き回ったらしい。
その後、別の店員の通報で駆けつけた警察官が5人を逮捕した。高校生らは、
「狂牛病になったと言えば代金を踏み倒せると思った。狂牛病がどんな病気か知らなかった」
などと述べているという。

876 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 23:57:01 ID:3N9P80or0
( ゚д゚)ポカーン・・・

877 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 00:04:54 ID:/syA1Z3t0
それただの後味の面白い話じゃないか

878 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 00:14:41 ID:6ZQmRwP20
古典来たな

879 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 00:18:31 ID:l8eEMgvN0
>「モーッ、モーッ」などと大声で叫び、店内を歩き回ったらしい。

狂牛病ではないが、別の病気を患っているな。間違いない。

880 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 00:26:08 ID:mPnHMBzLO
焼肉屋で火病か…

881 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 00:27:52 ID:eDU4WUuM0
作り話でしょ?

882 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 00:39:21 ID:ixf3cVcYO
ちょっと前にあった
かわいそうな犬になんかあげたら
しんじゃった話しってる
ひと教えてください(´・ω・`)

883 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 01:05:21 ID:4fghN0iLO
>>863
そうそれ。
最後のシーンって別に感動とかじゃなく
意味もわからず切なくなる。
あと後味悪い漫画は松本大洋(ピンポン書いた人、最近では鉄コン筋クリート。)
の短編集「青い春」ってのが最高に後味悪。


884 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 01:12:01 ID:in/kdXzr0
>>883
はあ?

885 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 01:12:18 ID:AcfDF2Z40
冬場の話である。年配の女性がコタツに入ったまま亡くなった。
もちろん、コタツのスイッチはONのまましばらく放置されていた。

遺体の上半身(コタツからでている部分)はパンパンに膨れあがり
顔も生前の面影は全くなし。
体表には無数の水泡(火傷した時の水ぶくれに空気を入れたみたいなもの)。
水泡の中は腐敗ガスと深緑色の腐敗体液が溜まっていた。
下半身は?というと、コタツに入っていたせいで
上半身とは逆に干乾びて茶黒黒色のミイラ状態になっていた。
冬は気温も低く空気も乾燥しているため
そのような状態になったと思われるが、勉強になった。
腐敗液はコタツ敷を越えて、その下の畳にまで染み込んでいた。
季節柄か、私の天敵であるウジ・ハエの姿はなかった。
彼等は結構寒がりなのかもしれない。
故人の首を見ると、何かが首回り一周に渡って食い込んでいる。
紐か何かが巻きついている?自殺か?と思っていたが
そんなのは警察が調査済みなので、私は詮索することではない。
でも、何が巻きついているのか気になったので
膨れ上がった首の肉を寄せて奥を見てみた。
すると、その正体はネックレスだった。
生前は胸元に垂れるくらいの長さだったはずのネックレスが
首に食い込むくらいに首回りが腐敗膨張したのである。
遺体が腐っていく段階で、身体がどれだけ膨れ上がるものか、
この話で具体的にお分かりいただけると思う。


886 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 01:27:08 ID:nECaafjj0
よくそんな状態の首を触る気になるな
ぶじゅっとはじけて変な汁が飛んでくるかもしれないのに

887 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 01:58:28 ID:PCeUau4E0
触って片付けるのが仕事っぽいからしょうがないんじゃない?

888 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 02:04:11 ID:Bf04k+J70
>>869読んで思い出したんだけど、以前爆笑問題が日曜の10時にフジで
やってた番組の中で「体の中から毒素を抜く食事」を続けている主婦の
特集をやっていた。主婦は勿論子供まで同じメニュー、父親だけは違って
「毒素が溜まろうが好きなものを食べたい」という事で会社帰りに同僚と
焼肉にも行くし居酒屋にも行く、だからって不健康な食生活ではなく至って普通

で番組が用意した体内の毒素を図る機械、みたいなので測ってみると
なんと父親よりも、毒素を抜く食事療法していた主婦や子供達の方が
何故か毒素が多かった。


889 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 02:09:51 ID:M1DGjZj60
>>885はどこが後味が悪いの?

890 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 02:11:08 ID:ZR0/o9/Y0
>>883
鉄コン筋クリート15年くらい前だぞ。

891 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 02:22:33 ID:Bijm/11oO
生まれたての赤ちゃんに
「医者にもあげるなって言われてるし、早く母放れして欲しいし、毒だから」
って母乳あげない母がいたなぁ

育て方って人それぞれだろうからその人に何も言えなかったけど…


892 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 02:35:16 ID:aCQz9mSPO
母乳って毒なのか
それなら免疫をつけるために飲ませたほうがいいんじゃないか
種痘みたいに

893 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 02:56:57 ID:tp39YJSB0
>>891
免疫力をつける効果が有るんで、1ヶ月くらいは母乳が良いって話を聞いたけどな。
まあ、粉ミルクでもちゃんと飲ませてるなら、人それぞれって事になるか。


894 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 03:27:35 ID:wY6kAUvc0
母乳で飲ませるのは栄養の他に運動と、
努力することで成果(この場合母乳)を得られるという認識を覚えさす
って聞いたことがある。

母乳ってのは実は意外と出にくくて、それはもう凄い力で吸わないといけない。
母親の乳が張っていたりするとさらに飲みにくくなる。
それをクリアすることで体力を使い寝ながらにして運動になるそうな。
そして、がんばる事が成果に繋がると理解する。

一方哺乳瓶は、母乳より格段に飲みやすい。
穴が空いているから、力も少しで済む。
楽して甘いミルクを得られてしまう。
運動量の差からも肥満に繋がりやすい。

だそうだ。どこまで本当かはわからないけど……
当然ながら、母乳育ちの人は努力家、粉ミルク育ちは怠け者に育つ
などと断言することはできない。

895 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 04:27:32 ID:wD6bg2UcO
>>885
それ特掃隊長さんの話じゃねぇかよ…

896 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 07:55:04 ID:4fghN0iLO
>>890
ごめん。
最近話題になったとしたらって事です。
映画化されたから。

897 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 09:40:32 ID:fNs6pADX0
>>894
そいえば、俺は哺乳瓶で育てられたらしい。
もちろん努力は嫌いです。

898 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 09:43:16 ID:ElJ1Ttsn0
>>894
最近、子供が出来た友人に聞いた話によると
最近は哺乳瓶(の乳首部分)も「頑張って吸わないと出ない」
(語弊があるかもしれんが、母乳と同じ様にってことだと思う)
様になったものが販売されているそうだよー。

昔の哺乳瓶は、それこそ下向けるだけでピューって出たりしてたらしいので
>>894の言う話は結構ありえるのかも。

勿論、母乳育ちが努力家で粉ミルクは怠け者ってことはないってのも同意。
スレ違いでごめん。

899 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 09:51:09 ID:YJtqUQSW0
>>835
青森県盛岡市?

900 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 10:12:56 ID:XF2IwENX0
>>875
『高槻南署』でぐぐれ

901 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 10:15:53 ID:M1DGjZj60
>>891
ダイオキシンの情報じゃないかな。
アトピーの原因に関係があるといわれているね。

以下引用

「母乳は粉ミルクの300倍もダイオキシンが多い」

本来、母乳は牛の乳である牛乳でつくった粉ミルクよりもはるかにいいことはいうまでもない。
その栄養価、ビタミン、ミネラルのバランス、赤ちゃんに与える免疫性などすべての面から比較にならないほど母乳はいい。
粉ミルクでは母乳の成分はとても補えない。
この自然の摂理ともいうべき母乳に今、異変が起きている。
除草剤使用食品によるダイオキシン汚染である。
残念なことに母乳はメチャメチャに汚され、毒と化してきている。

母乳に含まれるダイオキシンは粉ミルクの場合の300倍というショッキングな測定結果が出たのだ。
まだ何もわからない柔弱な赤ちゃんに毒!
それがこの世に出た最初の洗礼とは、なんと恐ろしいことか。
長山淳哉助教授(九州大学医療短期大学部)の調査によれば、日本人の母乳中のダイオキシン類の濃度の平均値は、1.52ピコグラム(1ピコグラムは1兆分の1の単位)であるが、
この値から乳児の摂取量を計算すると、一日に体重1キログラムあたり70〜240ピコグラムのダイオキシン類を取り込んでいる計算となる。
これは厚生省の一日耐容摂取量の7〜24倍という高水準だそうだ。

粉ミルクにも相当のダイオキシンが残留しているものの、母乳の方がはるかにひどい。
今まで粉ミルクよりは母乳の方がいいと教えられてきた方も多いと思うが、この300倍という測定数値を知ったら、とても母乳はすすめられない。
お母さん本人も怖くて母乳を赤ちゃんにあげることを躊躇せざるを得ないだろう。
実際、平成10年6月18日付け朝日新聞に次のような記事が掲載されていた。



902 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 10:18:20 ID:M1DGjZj60
福岡に住む34歳の主婦が母乳汚染の記事を読み、夜も眠れなくなった。
4歳の長女が生まれてすぐアトピーになり、2歳で湿疹が止まるも、現在もなおせきこんでは吐く。
1月に友人に呼びかけて、「ダイオキシンから生命を守る母の会」を発足させた。
国に調査を求める署名を始めて1ヶ月で31万人も集まり、署名をたずさえ環境庁や厚生省を訪れた。
ところが、厚生省はこの春の報告書に、母乳のダイオキシン濃度はこの20年で半減していることを示し、そして授乳期間の短さを理由に問題となる濃度ではないとした。

だが、こんなことで世の母親の疑惑を取り除けるわけがない。
とりあえず、粉ミルクの方が安全なのは間違いない。
赤ちゃんのアレルギー、アトピーを防ぐことや未来の健康のことを考えるなら、粉ミルクの方が今のところ安全といえる。

先にあげたアトピーの発症率の急増を示すグラフは、母乳中のダイオキシン濃度の異常な高さの結果を物語っているといえよう。
もちろん母乳を赤ちゃんに与えることによる母子のスキンシツプなどたくさんのメリツトはあろうが、こと子供の健康を考えると粉ミルクの方が安心である。
ただし、粉ミルクを選んだ場合に、お母さんは母乳を出すことで体内の毒素ダイオキシンの約30%を排毒していくことのできる絶好のチャンスを逃すことになる。

そこで、お母さんは自らの健康のため毎日、手でしぼってでも出す方がいい。
粉ミルクで赤ちゃんとスキンシップできない分、別の形でのスキンシップを考えて、努力すれば、母子というつながりの濃さにより、あとはなんとかなるだろう。
それよりも除草剤使用食品をいっさい食べないこと。
体内にこれ以上入れないこと。
そして、体内にたまっているダイオキシンを分解、排泄すること。
これを心がけることである。

10年前から、とくに学童期よりは幼年期と成年期のアトピーの発症率が高くなっているという報告もある。
これは幼少期はお母さんの体内から移行してくる毒素と闘い、ある程度免疫力のつく学童期にはアトピーはやや減少するが、大人になるまでに今度はダイオキシンそのものの体内蓄積量が増大し、ふたたび毒素の排泄に大忙しとなると考えられる。
ダイオキシンが長い間に体内に残留量を増やし、アトピーになるということである。

903 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 10:20:59 ID:M1DGjZj60
長文スマソ

ダイオキシン問題については「たとえダイオキシンが含まれていても、やはり母乳の方が良い」とする医者もいれば
「ダイオキシンを幼い子供に大量に与える危険性がある母乳は避けるべき」とする医者も両方いる。

多分、その女性は後者の考え方を持つ婦人科の医者からいろいろ教えてもらって、そういう選択肢をしたんだと思う。

医学的な知識の無い私は、「生理的に」というか「人間的に」というか
やはり母乳を与えない、ということになんとなく嫌な感じはうけるけれど
いざ、自分の子供を目の前にしてその子に毒を与えることができるかどうかは、わからない。

ちなみに、こういう知識すらない医者もいて、バカの一つ覚えのように母乳でいいですよ、なんていう医者もいるので
自分で知識を得た上で判断し、その答えをすべて受け入れるというのも大事だと思います。

長文失礼しました。

904 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 10:29:04 ID:xrU5Yrs20
だけど初乳には免疫に有効な成分が大量に含まれているという事もあるから、
母乳で育てることが健康に悪いかと言われるとどうか。

905 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 10:37:31 ID:M1DGjZj60
それも重々承知。
でも、その初乳が一番ダイオキシン量がその後の母乳に比べると格段に多いというのも事実なわけです。
知り合いの保健師さんもこの問題には頭を悩ませていました。

感情的に「なんとなく」母親は子供を母乳で育てるべき。
そっちのほうが愛情がこもってそう。
そうしないと子供がなんとなく可哀想な気がする、というのも凄く理解できる。

でも、そうやって愛情込めて与えている母乳から子供へダイオキシンが与えられているんだとしたら
それは子供のためになるかどうか…。
でもやっぱり子供には母乳の方が…と多分ループして迷ってるお母さんやお母さん予備軍も多いと思う。

結論がでない、まさに後味の悪い話題でした。

906 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 10:40:35 ID:M1DGjZj60
あんまりスレ違いな話し続けるのもアレなので、一応誘導はっときます。

続きはこちらで
母乳で子供育てない奴ってナンなの?
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/baby/1165298108/

907 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 12:06:33 ID:8CdFKUmT0
俺の知ってる奴の話だけど、そいつゴミ捨て場で大人の玩具を拾った。
ゴミ捨て場つっても、本当はゴミを捨てちゃいけない場所。
不法投棄のクッションとかソファーとか捨ててある雑木林の道沿い。
エロ本なんかも捨ててあって、そいつにとってはいい意味でエロい場所らしい。
で、大人の玩具は二重のビニール袋に入ってた。外側はスーパーの白いレジ袋、内側は透明なビニール袋。
どっちもギュッと口を結んである。中身はダッチワイフの生首。
マネキンみたいな材質で(顔の作りもマネキンっぽい)、なぜか首のところでボキッと折れてて体がない。
口だけ柔らかい素材でそこが穴。口をあーんと開けっ放しの、たぶんちょっと間抜けな顔。
そいつは首を拾って家に持って帰った。そしてコンドームをつけて(「一応汚いと嫌だから」と言って)
自分で使ってみた。かなり良かったらしい。得した、とも言ってた。
バレーボールを掴むみたいに、女の顔面を好き勝手に前後できる。なんか勝った気になれる。
体がなくて首だけってトコがかえってツボだって言ってた。
ただ、激しく使ったせいで、コメカミのあたりの塗料が剥がれかかってる。一回使ってすぐそのことに気づいた。
で、カリカリ爪の先で引っ掻くと塗料が剥がれる。そのままカリカリしてると、あれよあれよと
全部剥がれた。塗料の下には薄汚れて気味の悪い女の顔が(基地がい女みたいのが)隠れてたって。
「なんか後味悪かった」ってそいつ言ってた。

908 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 12:24:41 ID:i1N5J3PU0
ダイオキシンまみれの母胎から生まれる時点で
あんまり心配する必要ない気もする。

909 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 12:25:36 ID:k7bT9nIA0
>891のは医者がそう言ってるのに従ってるだけなんだろ

910 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 12:39:18 ID:sG2v1/NCO
>907そんな変態とよく友達付き合いできるな

911 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 12:57:04 ID:Bijm/11oO
>>909
そうだろうね
先生に直接そう言われたら言う通りの事信じちゃうし
聞くしかない感じするね

>>891の赤ちゃんの続きなんだけどね、二ヶ月過ぎ〜三ヶ月からミルク卒業で離乳食。泣いてもオムツ以外ならあやさないで徹底無視。
早く親放れする様にって事らしいけどまたまたびっくり。
もしかして最先端の医療の所に行ってるのかもね

912 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 13:06:50 ID:37S2xNNB0
>>891=911
なんかもうただその母親をバカにしたいだけなんだろ 鬼女でやれよ

913 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 13:18:24 ID:n+0H8HCR0
>>911
>もしかして最先端の医療の所に行ってるのかもね
この嫌味っぷりが後味悪い

914 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 13:24:15 ID:xl+NHv9t0
オイラが前に勤めてた老健は
新設の前の土壌検査でダイオキシ○が出たが
知らん顔して建てた・・・

915 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 13:34:43 ID:Bijm/11oO
馬鹿にしようとか嫌味とか全然意識しないで書いたけど、
やっぱり嫌いな人の事書くと文字からもその気持ちは人に伝わるんだね
ごめんなさい。
鬼女板行ってくるよ…

916 :1/3:2007/04/17(火) 13:58:54 ID:yPzRkT2G0
720 名前: すっとこどっこい(東京都) 投稿日: 2007/04/17(火) 01:17:49.98 ID:qm78G/mJ0
俺には保育園からの幼馴染(A)がいた。
小さい頃からみんなより体が一回り大きく喧嘩も強かったが、親分肌で弱いもの虐めもせず、
みんなの人気者だった。小学校から野球をやってて、付いたあだ名はもちろんドカベンw

中学に上がった時、俺とAは隣の小学校から来た同和地区に住んでるBと同じクラスになった。
こいつは最初、廻りの人間全員を敵と見ているようなヤツで、誰彼となく揉め事を起こしていた
(俺の地元は同和に対する差別が激しく、Bがそういう性格になったのはそれが原因でもあるのだが)。

Bは人気者のAがとても気に入らなかったようで、何かにつけてAに突っかかった。
最初Aは適当にあしらっていたのだが、夏休み前、ついにAがぶち切れて大喧嘩になった。
当時自分たちの周りでAに敵うヤツは一人もいなかったが、BはAにしつこく食い下がり、
最終的にはAが勝ったが、Aが追い詰められたのを見たのは初めてだった。

それ以来、Bは歯向かうのを止め、少しづつAと仲良くなっていった。
それをきっかけに、俺を含めたその他のやつらとも次第に打ち解け、1年の終わり頃には
すっかり仲良くなった。
特にAとは仲が良く、(Aの親からはしつこく止められてたようだが)二人でつるんで遊んでいたようだ。
「部落のヤツ以外で初めてダチになってくれたのがアイツなんだ…」
Bがある時に嬉しそうに言っていたのを覚えている。

そんなAとBの関係が壊れたのは中3の秋。
自転車で通学途中、俺やBの目の前で、Aが交差点でバイクと衝突した。
救急車で病院に運ばれたが出血が激しく、輸血が必要になったのだが、病院の手持ちだけでは足りず、
またAは両親と血液型が違う(AはAB型、両親はA型とB型だった)ことから、
その時病院にいた人でAB型を探したのだが、AB型はBを入れて二人だけしかいなかった。
本来子供から血を採るのは違反らしく、またAの両親がBに難色を見せていたのだが、
医者が背に腹は代えられないということで両親を説得し、Bからも採血してAに輸血した。

917 :2/3:2007/04/17(火) 13:59:32 ID:yPzRkT2G0
722 名前: 銭湯経営(長野県) 投稿日: 2007/04/17(火) 01:19:51.08 ID:yNiV7U5Q0
Aは2日間ほど意識不明だったが何とか回復、一週間ほどで一般病棟に移ったというのを聞き、
俺とBがお見舞いに行くことになった。
Bは家の庭で採ったと言う柿を袋いっぱいに詰めて持ってきた。

外科病棟のAがいる6人入りの病室の近くまで来た時、Aの病室から言い争う声が聴こえてきた。
何を話しているかよく分からなかったが、どうやらAが怒っているらしい。
俺とBは顔を見合わせて「どうしようか?」と相談し、とりあえずお見舞いの品だけ渡して
帰ろうという事になり、二人で病室に入った時、Aの言葉を聴いてしまった。

.
.
「誰 が 俺 の 体 に ヨ ツ の 血 を 入 れ て い い っ て 言 っ た !!」

部屋の入口で凍りつく俺とB。
Aはカーテンの陰に隠れていて、どんな表情でその台詞を言ったのかは分からない。

俺はゆっくりとBの方を向く。Bは顔面蒼白。俺がBを見ているのに気が付いたようで、
Bも俺の方に向き直る。
俺はBが怒ると思っていたが、Bはしばらく俺の顔を見て、今まで見せたことない、
物凄く哀しい顔をして無理に微笑み、震える唇から搾り出すように「これ、頼むわ」と言って
俺に柿がいっぱい入った袋を差し出した。

918 :3/3:2007/04/17(火) 14:00:17 ID:yPzRkT2G0
736 名前: 空軍(神奈川県) 投稿日: 2007/04/17(火) 01:32:35.02 ID:BfWdKrDq0

俺がそれを無言で受け取った時、Aの母親が俺達に気づき、まずいと言う顔でAを制止して
俺達に近寄ってきた。
それを見たBは、俺に「じゃな」と短く挨拶して、病室を走って出て行った。

Aのベッドのそばまで行くと、Aは布団を頭からかぶって俺にも顔を見せなかった。
俺はAの母親に俺とBのお見舞いを渡し、Aとは何も話さずに病室をあとにした。

それ以来、Bは学校に来なくなった。卒業はしたことになっているようだが。
部落を出たらしいのだが、そのあとどうなったのかは分からない。

Aは学校に戻ってきても、俺を避けるようになった。
野球の推薦で地元から離れた高校に行ったが、活躍できず、甲子園にも行けなかった。
卒業しても戻ってこず、大阪で働いているらしい。

今でも柿を見ると、あの時のことを思い出す。

919 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 14:17:23 ID:Sl7hHRr7O
>>917
ヨツって何?
差別的表現?それとも打ち間違え?

920 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 14:22:07 ID:M1DGjZj60
ヨツは同和地区の人を侮蔑する隠語

>>916-917は良く見るコピペだから今更感もあるけどね。

921 :4/3:2007/04/17(火) 14:22:10 ID:yPzRkT2G0
>>919
ごめん、貼り忘れがあった。

737 名前: 看護士(東京都) 投稿日: 2007/04/17(火) 01:32:47.39 ID:jlbhmnrg0

被差別部落の出身の人達を一般の人が軽蔑する意味を込めてヨツということがありました。
四本指を出してヨツと言ったりすることは昔の悪習です。
これを連想させる事があるから4本指はタブーとされるのだと思います。
被差別部落の出身者をなぜヨツと呼ぶ事実があるのかというのは、昔、一揆に参加した農民や
一揆の一員が再び暴動を起こさない為に武器を持てないよう親指を切り落とされたとか、
血族交配がくり返し行われて、畸形で足や手の指が4本しか無かったとか、
4本足で歩行する動物にたとえてヨツと呼んだとかいろいろ説があります。
そういうことなのでヨツとか4本指はタブーなのです。


922 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 14:39:14 ID:st/Rh79E0
そういや小学校高学年の頃同じ学校に虚言癖の一年坊がいたな
抱っこして〜って甘えてくるから抱っこしてあげた。
その子もきゃっきゃっ言って喜んでたんだが
後で先生に呼び出されて
「1年生の子がお前にいきなり体捕まれて持ち上げられて物凄く怖かったって言ってたぞ!
体小さい1年生いじめて何が楽しいんだ!」
とか怒られたな。

後これ上げる〜ってシール貰ったら俺が無理やり取り上げたことになってた


923 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 14:56:09 ID:aCQz9mSPO
>>917ってゴーマニズム描いてる人のマンガにあったよね
15年以上前に担任から聞いた話だけど今でも強烈に覚えているよ

924 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 15:26:50 ID:b9vnLd640
ttp://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/958806.html

これが後味悪いわ。もうね、オカ板にいる能力者にやっちゃてほしい。

925 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 15:28:14 ID:w/cUmawT0
既出でしたら失礼。
小林泰三って人の短編小説『酔歩する男』
これは…要約するのが非常に難しい。
実際に読むとその気持ち悪さがよくわかるのだが…。
12年くらい前に読んだのでうろおぼえですまそ。

主人公は男。最愛の人がある日列車事故で死亡。
悲しみに暮れた男は脳科学に精通した友人に頼み、
脳の中の時間を感知する部分をいじくり、過去に戻れるようにしてもらう。
しかし失敗。
男は同じ日を何度も繰り返したり、目覚めたら10年後や20年後に飛ばされてしまうような
脳になってしまったのだ。
タイトル通り、いつが現在なのかすらわからずに、
死ぬまであらゆる時間軸をふらふらとさまよい続けなくてはならなくなってしまった。

ちなみにこの人の短編は他にも後味の悪いものばかりなので、オススメ。


926 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 16:13:47 ID:sPABLVUR0
酔歩する男は小林泰三の最高傑作だと思う。
でも読んだ後味は気持ち悪くてクラクラするがなんだか気持ちいい気もする不思議な感じ。

927 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 16:25:08 ID:u12H416iO
同意。「酔歩する男」は最高傑作!(・∀・)
混乱する頭にたたみかけるような文章も秀逸。

928 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 16:54:07 ID:CicHb4Wm0
映画「タブロイド」

ある初老の男が湖で服を洗濯し身体を洗っていた、
そのまま廃墟近くに置いてあった車に乗る。

ある街では幼児連続強姦殺人犯が出没していた。
その被害者の双子の兄弟が道路に飛び出し車に引かれて死んでしまった、
車に乗っていた初老の男は直ぐに外に出て死体の状態を見るが
車が邪魔なのでバックさせようとした処、周りの人間に
逃げるつもりだ!と言われ、その勢いでリンチされる。
そこへ双子の父親が現れ子供を両方失った悲しみに任せ、
初老の男にガソリンを掛けて火をつけた。
初老の男は殆ど抵抗せず転がりまわって火を消し、
その場にいた記者に助けられる。

その後男は交通刑務所に入るが、
その事によって家族の生活が失われるのを苦に思い・・
助けてくれた記者にこの事件を記事にしてもらうよう交換条件を出した・・
「俺は連続殺人犯モンスターの情報を持っている」と



929 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 16:54:54 ID:CicHb4Wm0
しかし記者は初老の男の話を聞いていく内に
「こいつがその犯人なのでは?」と思いはじめる。
仲間に男の身辺を調べさせると、男が営業先の地区に行ったのと
同じ日同じ場所で事件が起きていた。
記者は男に正直に話さないと、今まで取材したテープを放送しないぞと脅すが。
結局話し合いは決裂し取材のテープを流さないよう局に伝えた。
だが、時間が迫っていたのもあり局はその放送を流す。
結果、初老の男は車の運転に過失は無いという認識が流れ、双子の親父も告訴を取り下げる。

記者は直ぐに男を捜しに行ったが、男は既に釈放されどこか遠くへ身を隠していた。
記者はちょっとした英雄扱い。
冒頭に初老の男がいた廃墟のような場所が画面に写されそのまま終了。

ここまで話が進んだら捕まえろよと・・。

930 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 17:05:47 ID:g+hWDDqj0
>>929
結局、連続殺人犯は誰だったか分からなかったの?

931 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 17:33:20 ID:CicHb4Wm0
一応確実にわかったわけでは無いですが。
話の中では初老の男が偶然出会った男から聞いたと言って
話した事が段々主観表現になってきて且つ死体の場所も言い当て。
初老の男は酒は飲まないと言いつつ、家族の視点になった場面で
カラの酒のビンが男の車から見つかり、男の子供が着ていた服が
つい先日失踪た子供の服と同じ等あからさまに怪しい点はいくつもありました。

932 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 17:54:04 ID:o4WjOLZ8O
>>931

エェェェエ (゚Д°)

後味わるーい

おまいの文章力もな

933 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 18:38:16 ID:aCQz9mSPO
その映画はなにを言いたかったんだろうな…

934 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 20:18:11 ID:cN1QjCajO
>>933
「何が言いたかったんだろう」

世の中↑こんな映画5マンとあるわけで

5マンは大杉かも

935 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 20:46:02 ID:wy3ZF6B50
強姦殺人の被害者の兄弟と言っているけど、強姦されたけど殺人は未遂だった兄弟
ってことだよね?


936 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 20:49:31 ID:KOkZlc1Y0
>>885
なんで警察は死体をコタツに入れたまま放置してくのかと

937 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 20:56:39 ID:O5H6HZeq0
>>936
なんで事件性もないのに警察が始末せにゃならんのかと

938 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 21:22:38 ID:tp39YJSB0
>>937
いや、不信死の場合だと検死解剖しなきゃならんから、死体は警察が回収してくはずだぞ。
少なくとも東京では。

939 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 21:38:07 ID:o4WjOLZ8O
解剖する人って大変なんだね
トゥルーコーリングみたいにはいかないね

940 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 00:40:49 ID:cmmxz10M0
>>936
>>885の最初の二行は死んだのが見つかった後放置してたって意味ではなく
死んで放置されていたのが見つかったって意味だろう



941 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 01:01:33 ID:GUrt3/D5O
使用中のトイレ待っててやっと空いたと思ったら便器にウンチこびりついてる。
汚いからやめようと思って出たら違う人が待ってて、そのトイレに入っていく。
俺これ和式トイレ使う時たまにあるんだけど、
自分じゃ無いけどいちいち言うのもなんだしですげー後味悪い。

942 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 01:15:25 ID:aJuPxyiV0
>>941
後の人の為に、自分のじゃなくても掃除して出てくれば、良い気分になると思うよ。
トイレットペーパーを多めにとって拭いて、ちょっと念入りに手を洗えば済む事じゃないか。

943 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 01:24:30 ID:YsdjMbpV0
うわ、絶対掃除なんて無理。
トイレットペーパーを10巻き手にとって、自分のお尻を拭いたと仮定する。
その後除菌作用のある手洗い石鹸で念入りに3回手を洗ったとしても、
大腸菌のすべては流せないんだとか。
よりによって他人のなんて、無理無理無理無理

944 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 01:25:09 ID:YsdjMbpV0
>>943
除菌じゃないや。殺菌作用のある石鹸ね。

945 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 01:27:59 ID:plXcNHqU0
山岸涼子の漫画「時じくの香の木の実」(文春文庫「夜叉御前」収録)

まとめたら長文過ぎたので、まず簡単に書いておきます。

・とある一族に腹違いの姉妹が居る
・姉妹は「一族の巫女」になる為の試練を受ける
・姉は死にかけ、妹は元気。妹は勝った!と思う
・持ち寄られる相談にスラスラ答えて行く妹
 結果、一族は国の重要ポストに就く様になる
・ある日、大好きな長兄が、姉と同衾している所を見てしまう妹
・妹激情、2人の間に割って入るが、何故か2人は行為を続けている
・実は妹は、試練を受けた際に死んでいた。
 死ぬ事で不老不死となっていた事、姉がその伝達役を担っていた事を知る。
・本当の巫女は姉だった、と妹はショック。それでも不老不死だから私の方が上だ!と思う
・姉は一族を追放され、その後ひっそり生んだ子供を一族に奪われる
・その子供は男でもなく女でもない存在だったので、一族のトップになる事に
・子供が8歳になり試練を受けるまでの間、妹は口も聞けず身動きもできない
・妹は”子供が8歳になった時、一族に世界を掌握出来る程の力を与えよう”と考える。
 理由は、そうする事で姉に勝ったと証明出来るから
・私は子供の姿をしているけど、子供じゃないのよ、と語るシーンで終わり
 妹の背景に、明らかに世界滅亡を想像させるカットが描かれている

以上です。これじゃあんまりなので、長文の方もおいて行きます。

946 :「時じくの香の木の実」1:2007/04/18(水) 01:29:14 ID:plXcNHqU0
とある巫女の一族の2人の腹違いの姉妹の物語。
正妻の娘である日向と、妾の娘である日影は
日向が8歳になったある日、大叔母の屋敷へと招待される。
日影は妾の子供だが、日向より2ヶ月前に生まれており
先に生まれた妾の子か、後に生まれた正妻の子か、
どちらに後を継がせるか、で試される事となった。

大叔母は「それを食べると、お前達のどちらかが
永遠に年をとらぬ者となります」と言い、
干した果物の様なものを2人の前に出す。
一族が見守る中、2人はそれを食べるが、
身を貫く激痛に悲鳴を上げ、気を失う。

日向が目を覚ますと、姉の身体は紫色に膨れ上がり、今にも死にかけていた。

日向は自分の勝利を知った。
しかしその代償として、聴力を失う事になった。

947 :「時じくの香の木の実」2:2007/04/18(水) 01:30:12 ID:plXcNHqU0
時の流れがあやふやに感じられる中、それでも1年程が経過し
日向は偶然、日影の姿を見かける。日影は生きていたのだ。
ひどく腹を立てる日向に、父は酒や魚を持ってくる。
子供だからお酒なんか要らない、と思う日向の前に
10歳年離れた長兄が美しい反物を持って来てくれる。
日向はその兄を好きだったのと、反物の美しさで機嫌を直す。

ふと見ると、父の持って来た魚の上に手紙がおかれていた。
手紙には子供である日向には難解すぎる内容が書かれていた。
「難し過ぎるわ」と呟いた瞬間、頭の中に答えが流れ込んでくる。

これが巫女になると言う事か!と喜ぶ日向の前に体調の悪そうな日影の姿が。
日向はその名前と同じく、じめっとした姉を不快に思いながらも
「もしかして姉も巫女なのか?」と悩む(姉も生きていたから)。

しかししばらくして、日向は「やはり自分が選ばれた巫女だった」と気付く。
姉の日影が年を取っている(成長している)事に気付いたのだ。

一族の巫女は不老不死だと伝えられている。
成長しない自分こそ巫女だと思う。
その後も難解な相談事に次々と答えていく日向。

948 :「時じくの香の木の実」3:2007/04/18(水) 01:31:05 ID:plXcNHqU0
ある日、長兄が相談事を持ちかけてくる。
それは「結婚したいが、この相手はどうか」と言う内容。
兄は大学を卒業したばかり。
理由の分からない不快感を抱く日向(=恋と言う感情を理解出来ない為だと思われる)。
日向の頭に答えが浮かび、その結婚は上手く行かないと伝えようとする。
日影の姿を見つけたが、日影は禍々しい血の匂いをまき散らし、寝込んでいた。
(初潮が来たのだと思われる)
その匂いに気分が悪くなり、日向は部屋に逃げ帰る。
そのまま1週間程その状態が続き、日向は一歩も部屋から出る事が出来ない。
それ以降、毎月日影はその状態になり、日向は苛立ちを募らせる
その期間は、日向は口をきく事すら出来ないのだ。

日向が何も告げなかったため、長兄は結婚する。
日影は日に日に女らしくなっていく。その姿を見てせせら笑う日向。
長兄に貰った市松人形を抱きながら、いつまでも人形の様に愛らしい自分を誇りに思う。

ある日、奇妙な感覚に捕われた日向は部屋から走り出る。
廊下が腐り落ちているのを見つけ、恐慌状態で家中を走り回る。
手足が痺れ、言葉も出せない日向は、日影が自慰をしている所を目撃する。
(意味は理解出来ず、ただショックと軽蔑を感じた様な描写)
その後しばらく、誰からの相談も受けず、閉じこもる日向。

そこへ長兄がやってくる。長兄には既に娘が居たが、結婚生活は上手くいっていない。
疲れ果てた兄を見て、元凶である女を呪い殺してやろうか、と思っていると
日影が自ら、日向の部屋を尋ねて来た。初めての事に驚く日向。
毅然とした日影の姿に戸惑いながらも、長兄は離婚すべきだと告げる。

949 :「時じくの香の木の実」4:2007/04/18(水) 01:32:04 ID:plXcNHqU0
長兄はその後離婚したが、すぐに再婚することに。
その頃には、日向のお告げのお陰で一族は上昇し、
日向と日影の父は、大きな役職に何度も就いていた。
(詳しくは書かれないが、背景に国会議事堂の絵がある事から政治家だと思われる)
長兄の再婚相手は、いずれ長兄を国の最高権力者(総理大臣?)にする力を
バックに持っている。「良し」と告げるしかない日向。
再婚相手は、すぐに男の子を出産した。

その頃、再び廊下が腐り落ち、手足の痺れと声の出ない状況に陥る日向。
それはたびたび起こり、日向は日影を屋敷から追い出さねば、と考える様になる。

そんな矢先。偶然、日影と長兄がセックスしている所を見てしまう。
(日向にセックスの知識があったかは不明だが、おぞましいと感じる)
嫉妬のあまり、怒声を張り上げ2人の間に割って入る日向。
しかし、その瞬間、日向は悟った。

「私には身体がない」

深い静寂の中、不老不死の意味を悟る日向。
あの果実を口にした時、日向は死に、それ以来「この世で年をとらず」
「あの世へ旅立つ事もない」と言う意味で不老不死となったのだ、と。
そして日影は「見えざる稀人」となった日向と、一族を繋ぐ巫女だったのだ、と。

巫女は姉の日影だった。しかしこれは敗北ではない。
姉は何も見えない。私の告げる事を、そのまま伝えるだけだから。
私はいわば、神になったのだ、と考える日向。

しかし日向は、敗北感を打ち消す事が出来ない。
心から愛している長兄と、肌を合わす事の出来る姉に対しても、
自分と違い、成長して年を取って行く身体に対しても。

950 :「時じくの香の木の実」5:2007/04/18(水) 01:33:28 ID:plXcNHqU0
日影は「常処女」では無くなり、巫女の地位を追われる。
しばらくして、日向の耳に聞こえる筈のない赤子の泣き声が響く。
追放された姉が密かに生んだ子供を、一族が無理矢理引き取ったのだ。

その子供は、男でもなく女でもなかった。
そして男でもあり、女でもあった。
長兄と先妻の間に生まれた娘を差し置いて、その子供が一族の頂点となる事が決まる。

日向は待つ。その子供が8歳になり、あの果実を口にする時を。
その時、性別を越えた真のシャーマンが誕生する。
それまでは日向は動く事も言葉を発する事も出来ないのだが。

長兄に貰った市松人形を抱えたまま、日向は語る。

「その時が来たら、一族に世界を掌握する程の権力を与えよう。
 それが神の意志かどうかは分からないが、私には関係ない。
 そうする事で、私は"長兄の子供を産んだ日影"に勝ったと証明出来る」

あくまでも「姉の日影に勝つ事」を考えている日向。

「永遠に8歳のまま、成長も衰える事もしない私を
 不安に思う人が居るかもしれないが、分別まで8歳の子供ではない」

そう語る日向の背景に、原子雲(キノコ雲)の絵が描かれて終わり。

951 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 01:35:09 ID:plXcNHqU0
>>946-950
以上です。長文で申し訳ない。

950踏んだので新スレ立てに行ってきます。

952 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 01:38:35 ID:cNlOKE1s0
小4の男児が同級生の女児に性的暴行…しかし、男児の親は逆ギレ
1 名前: また大阪か(愛媛県) 投稿日:2007/04/16(月) 23:00:00 ID:BlW1FZzT0 ?PLT
男児の母親→被害女児の母親に示談中に恐喝されたと被害届
男児の父親→「うちの妻と子に手出したらただじゃ済まさんぞ!」
と怒鳴りつける(※被害届を出したのも父親の可能性あり)
↑先に手出したのはこいつの子供
教育委員会、学校側は完全無視。引越し費用を出すという示談もパーに
小5に進級した現在も被害女児と加害男児は同じ学校に通っている


953 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 01:40:33 ID:plXcNHqU0
たてました

後味の悪い話 その68
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1176827865/

スレタイ失敗してごめんなさいorz

954 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 01:42:20 ID:/J3k0oGCO
親がクズ
公表して破滅させてやればいい!

955 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 02:09:48 ID:Pa69Opzp0
>>953
前スレてw
乙です。


>>952
お互いに体がまだ未発達だろうに、よく出来たもんだな。
小5男子はよく学校に通えるな、皆事件を知らんのかな?

956 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 02:12:01 ID:NWOmu9YyO
山岸涼子の漫画は何回も読み返す程大好き
逆にハッピーエンドの話ってほとんどないような

957 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 02:21:19 ID:gzbcDJN40
私はUFOとか宇宙人の話は現実感がないしちょっと馬鹿馬鹿しく感じたりで
全然怖くかんじないんだけど、山岸りょうこの犬みたいな顔した宇宙人の短編は
思い出すたびに全身鳥肌が立つ。
あの、舗装された山道を歩いていたら現れる代っぽい(?)巨大な丸みを帯びた
ものがもう
ぞおおおおおおおおおおおおっっっ(((゚д゚;)))
とする。
犬みたいな顔の宇宙人が近付いてくるところなんか涙でちゃう。
この漫画家怖すぎる。

958 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 02:32:45 ID:pZNbJuAM0
>>957
あの漫画は怖いね。
宇宙人が友好的なのかどうなのか解らないまま話が終わるし後味も×


959 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 02:33:51 ID:Jw+363V40
>>954
禿同
親の会社晒してほしい

960 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 02:33:55 ID:Ea/OAvALO
ID:plXcNHqU0
レスも立てもするな。
呪い殺す。


961 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 02:49:50 ID:plXcNHqU0
>>956
確かにハッピーエンドは少ないかも
でも不思議な読後感があるよね

962 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 03:05:45 ID:Bcws93Uh0
>>958
友好的かもなんて考えたことなかった。
言われてみればそういう可能性もあるね。
あ、でも山岸りょうこで友好的はないかw
ちょっと話ずれるけど山岸りょうこってブスの描き方が容赦ないよね

963 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 03:51:47 ID:nj6LdXX50
>>953

これでこのスレ自体が「後味悪く」なったじゃないかwww

964 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 15:44:21 ID:03y63Y4k0


965 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 18:25:51 ID:IDDpQOqs0
ume

966 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 18:28:44 ID:TznrTxwK0
うめ

967 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 19:24:57 ID:/J3k0oGCO
産むわよ、あたし
自分だけ幸せになれるなんて思うなよ!

968 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 19:32:36 ID:TznrTxwK0
??

969 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 19:37:51 ID:IDDpQOqs0
>>967
うめ!

970 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 19:50:53 ID:+jyDmVCWO
>>967
オメ
でも出産祝いはびた一文だす気はない!

971 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 21:14:15 ID:X6Yk6C0wO
梅酒うめぇ

972 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 21:18:29 ID:Jw+363V40
梅干サイコー

973 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 21:37:07 ID:qMNx7zhS0
天は赤い河のほとりの一エピソード

古代ヒッタイト帝国に生贄として召喚された中学生のユーリが
持ち前の運動神経と現代人の知識と、
そして戦いの中で目覚めた軍術センスを活かして
皇帝の恋人になりつつ近衛長官の任につくというサクセスストーリーが主軸


ヒッタイト軍弓兵隊長のルサファはユーリに密かに恋をしていた。
しかしユーリは皇帝の恋人だし、ユーリ自身も武人として憧れの存在だしとても手の届かない人。
こっそりユーリの着ていた服に口付けをしたりといった変態行為で満足するしかない。

そんな時、ユーリを生贄として召喚した張本人であり、皇帝暗殺をもくろむ者がルサファに「黒い水」を飲ませる。
その水を飲まされた者は相手の意のままに操られてしまう。
ルサファはユーリと同じ部屋に閉じ込められ「その女にしたいと望んでいた事をやってやれ」と命令される。
要は「レイプしたれ」という事。皇帝の女に手を出したとなれば国にとって大切な凄腕の武人のルサファでも死罪は免れないし、
今では国の要になっているユーリを傷つけられるし、ヒッタイトをぼろぼろにできる一石二鳥な計画。

やがてルサファが操られている事に気づいた皇帝たちが部屋にやってくると……
そこには呆然とするユーリと、ユーリの靴にちゅっちゅっしてるルサファの姿が。
ルサファにとってはユーリはあまりにも崇高な存在で、愛していてもレイプの対象になど畏れ多くてできなかった。
まさに触れる事さえできない女神のような存在
だからせめて靴に口付けをする事ができればどれだけいいだろうとルサファは日ごろから思っていたのだった。


ルサファの性癖のおかげで最悪の事態にならずにすんだが、
こんな形でひた隠しにしていた趣味を暴露するはめになったとは大変後味が悪かった。
これから仲間に「あいつ腕は立つけど変態だよな…」と蔑みの目で見られるんだと思うともう。
この漫画は少女コミックエロ全盛期に連載されてたから、
主軸は硬派なわりに無理矢理エロシーン挿入してるところが多々あって、
こりゃレイプ未遂ぐらいいくだろと思ってたのに、ある意味レイプ未遂よりとんでもない事になってしまった

974 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 21:58:00 ID:PliT0ygU0
ついでに結末もよろしく。きになるじゃん。

975 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 22:00:28 ID:YJRlHfny0
>>973
それはひょっとして笑うところなのかw

って思うようなストーリーセンスだな。
少女漫画ってそういうもんなのかね・・・

976 :1/2:2007/04/18(水) 22:01:52 ID:YX2Tvpdb0
幕末恋華・新選組というゲームの1ルートです。

主人公・桜庭鈴花の父は会津で道場を開いていた
母は傾きかけた道場の経営と家族の生活を支える為に会津藩の江戸屋敷で照姫に仕えていたが、
父は道場を放り出し行方不明。母は江戸で再婚。母のはからいで鈴花は会津藩の江戸屋敷で
母の代わりに照姫に仕える事になる。そんな暮らしの中、鈴花の“剣で身を立てたい”という気持ちは
日増しに大きくなった。そんな彼女の気持ちを察した照姫が、京都守護職の会津の殿様、
松平容保に頼んで鈴花を壬生浪士組(後の新選組)に入れてくれる事になった
 そして彼女の隊士としての人生がはじまる――


977 :2/2:2007/04/18(水) 22:03:35 ID:YX2Tvpdb0

朝帰りが多く、軽い感じの局長・近藤勇
女は好きだが江戸に残した妻子の事は忘れない。
甘いもの好きで女好きの近藤は、鈴花に着物を見立ててくれたり、甘いものをくれたりする。
時が経ち、彼は鈴花と一緒に島原へ行き、彼女が女性らしい着物をきて踊る姿に惚れる。
鈴花もいつからか近藤にひかれていた。
ある日、近藤は倒幕派の人間により、肩を銃で打ち抜かれたのだった
もう、前のように刀を振るう事はできなくなった近藤は沖田と共に療養の為大阪へ下る。
鈴花は新選組に残り、京都で剣を振るも、敗戦が続き、結局新選組は江戸に下る事が決まった。
江戸に着くと、近藤は鈴花を連れて彼の道場を訪れる。
そこで初めて妻・つねと鈴花は顔を合わせた。
つねは近藤の気持ちも鈴花の気持ちも察し、鈴花に近藤の傍にいてやってほしいと告げる。
そのすぐあとに、近藤は鈴花に、妻にはしてやれないが一生恋人でいると伝える。
江戸に留まり反撃の機会を伺っていた新選組は甲府へ向かうが、新式銃を前に兵を退くしかなかった。
また江戸に戻った新選組は、何人かと道を分ける事になる。
その後幕府からの江戸に留まれという命を無視し、流山へ転陣を決める。
流山で新政府軍に見つかり、近藤は投降。
鈴花は土方と共に除名嘆願書を取りに行き、相馬に託す。
しかし相馬は戻らず、鈴花は近藤の愛刀を手に板橋へ。
今にも首を落とされそうな近藤の前に愛刀を差し出す鈴花。
最後くらいは武士らしく死なせたい。鈴花はそう思っていた。
死を覚悟していた近藤だったが、刀を取り、鈴花と共に周りにいる新政府軍の連中を片っ端から斬った。
今更肩がどうなろうが死ぬ人間には関係ない、と近藤は言う。
一暴れした二人は躊躇う事なく切腹し、そのまま折り重なるように果てた。
そして二人の亡骸は、中村半次郎によって手厚く葬られた。




978 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 22:05:00 ID:X6Yk6C0wO
奥さんカワイソス

979 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 22:05:16 ID:vDGocbUt0
何故そんなゲームを買ったかが気になる・・・

980 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 22:06:50 ID:r936q49+0
>>973
篠原千絵は昔から昼メロ的に普通に塗れ場を挟んでくるから侮れない。
頭が沸t(ryみたいなファンタジーとは真逆の生々しい方向で。
ずいぶん昔に読んだんで詳細を覚えてないが、
短編集とかも結構人が死んでたりしてよく考えるとハッピーエンドで締めるのどうよ?っていう後味の悪さがあった希ガス。

981 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 22:29:46 ID:qMNx7zhS0
幕末恋華はやったことないが鬱シナリオの多い乙女ゲーだと聞く

鬱シナリオの恋愛シミュレーションゲームといえば
ときめきメモリアル2の八重花桜梨。いわゆるヤンデレキャラ。

長身で暗い子で、バックミュージックも悲しげ
暗いわりにスポーツマンのような立ち居振舞いで、
プレイヤーキャラが体育コマンドを実行していると登場する。
八重は暗い性格以外にも、他のキャラとは違って休日のデートでも
制服で現れるわ、デートをさぼったりとかなり難のある子。
雨の日のデートは傘もささずにびしょぬれで現れたりとちょっと異常ともいえる。

それでもめげずにデートに誘ったりして好感度を上げていくと、
イベントが起きて八重が暗くなった過去が判明する。
八重は実は留年していて、主人公より一つ年上だった。
バレーが好きでかつて通っていた別の高校でもバレー部に在籍していた八重。
そんな時、部活の先輩が部費を盗み、部内は大騒ぎになった。
先輩をかばって、というよりは「みんなで疑いあうよりも早くバレーをしましょ」な感じで
八重は自分が盗んだと嘘をついて立て替えることにしたが、
「名乗り出たとはいえ部費を盗むような奴」としてはぶられ、
部活ができなくなり、バレー=生き甲斐だったのでやがて退学してしまい、
それらの経験により人間不信になったので主人公に対しても異様な態度を取っていた。

過去の事情を語る八重に適切な返事を返せば、
八重は立ち絵からして変わってバックミュージックも明るいものになりバレー部にも入り、
かなりの萌えキャラに変化するが、その時選択を別のにすると八重は「決心がついた」と退学してしまう。
そんでエンディングでは「進路不明」とだけ表示される。そのルートでは実は自殺している。
はじめは製作者は自殺とはっきり表記する予定だったが、それはショッキングすぎるので変更したらしい。

>>980
「イエーイ」って感じじゃなくて「色々犠牲はあったけどお前らの分もがんばるよ」な
ハッピーエンドだからまだいいんじゃないかなーそれでも後味の悪さが残る話はあるが。

982 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 22:46:06 ID:PI9s+H5O0
>>973
>古代ヒッタイト帝国に生贄として召喚された中学生のユーリが
>持ち前の運動神経と現代人の知識と、
>そして戦いの中で目覚めた軍術センスを活かして
>皇帝の恋人になりつつ近衛長官の任につくというサクセスストーリーが主軸

なんか王家の紋章みたいだね。
王家も天も読んだ事無いけど。
でもルサフぁはユーリを神格化してみてるっぽいから
やっちゃったら「なんだ只の女かよ」になりそうだし
臭いスーハー嗅いでるところとか
靴ではさんで須子須子…とか見られた訳じゃなさそうだし
靴で良かったんだよ。

983 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 23:38:55 ID:WOVWR5/1O
>>981
自殺のソースは?
明確なソースが無いと、ぶっちゃけ二年時の八重に主人公が変な受け答えしたからって自殺までいくとは思えない

984 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 23:58:15 ID:g/FJbbJB0
ゲームの展開予定に「ソースは?」ってあんたよほど好きなんだね

985 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 00:07:59 ID:4OA0v6Ya0
どうもルサファがユーリの靴をクンカクンカしてるみたいに思っている人が
いるようだが、あいつはユーリの足にキスしたんだよ。
常日頃足にキスしたいと思っていたんではなくて、黒い水のせいで犯したい
という気持ちにはなったが、気力でなんとか押さえた結果足にキスになった
と読み取ったんだが。
なぜならユーリはルサファにとって不可侵の女神だったからさ。

986 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 00:27:28 ID:jr7J5wGj0
うめ


987 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 01:14:19 ID:ec64/FWg0
王家の紋章のパクリだね

988 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 01:41:34 ID:jr7J5wGj0
301 :可愛い奥様 [sage] :2007/04/19(木) 00:19:56 ID:0Ad9uet20
井筒
「こんなんね、とんでもない話ですよ。
この大学には、日本からも留学生が行っているんですよ。何人もね。
それでね、韓国人の、この犯人、同じ黄色人種ですよ、同じアジア人ですよ、
それがね、大学内で完全に孤立していたんですよ。
もう、ほんとね、これは日本人の悪いとことが如実に出た、本当に嫌な事件だと思いますよ。
日本国内でもね、在日韓国人の方々は日本人の連中にね、差別されて孤独な状況に
無理やり追い込まれているんですよ。もう、これは絶対の事実として。
それでね、今回の、この大学。アメリカの大学ですけどね、そんなところにまで、
日本人の、韓国人差別が行っちゃってるんですよ。
これは恥ずかしいことですよ。
結局ね、この事件は、日本人の韓国人差別こそが原因なんですよ。
僕は、日本はほんとうに反省すべきだと、ここで忠告しておきたいですね。」




井筒、マジでこんなこと言ったの??? 他の板でレスしてあったんだけど


989 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 01:53:53 ID:PfnkDWIsO
ネタじゃない?



990 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 01:53:56 ID:FC9Lj9SQ0
井筒って在日なん?

991 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 02:45:57 ID:q8oxFMtn0
天河は冒頭でユーリが普通の中学生で家族も兄弟も友達もいて楽しく暮らしていたというところから始まり、
異世界ジャンプ漫画のお約束「いつかは自分のいた世界に帰る」の展開に当然なるのだろうなと思っていたら
結局いつまでも異世界で仲良く暮らしましたとさ、めでたしめでたしで終わってしまうので、突然娘が消えてしまった残された家族達は!?と後味悪かった…
しかもユーリがいなくなってからの現代の描写はその後一切ない

本編中一度皇帝の取り計らいで現代に帰ることが出来ることになったのだけど、結局「皇帝を守りたいから」という理由でそのチャンスをユーリが自分からふいにするのだが、まさかラストまでそのままだとは思わなかったので本当に拍子抜け。
しかも確か現代には良い感じになった男友達もいた

他に、ユーリの付き人の双子の片割れには恋人がいたのだが(確かルサファの部下だったか同僚だったか)、いざ結婚となったとき、なんと双子の両方のお腹に子供がいることが判明。
片割れ(恋人じゃない方)に「誰の子なんだ」とみんなで問い詰めると、双子は「私達2人とも恋人のことが好きだったから、度々入れ替わってベッドを共にしていた」と笑いながら暴露。
ショックを受ける恋人に「責任とって私達2人両方と結婚してねv」とくっつく双子。…という話が本編中にある。
そのエピソードはコメディタッチで描かれてはいたが、読んだ当時は正直どん引きした。

992 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 03:17:52 ID:91Ay1QMhO
>>987
こっちはちゃんと完結させただけ偉いと思う

993 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 03:32:41 ID:m0ckqovo0
>>992
王家の紋章の漫画家さんは現在確か78歳。

続けてるだけで充分偉い。

つーかまだ続いてんのか?w

994 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 08:16:18 ID:91Ay1QMhO
むかーしむかしの ことじゃったぁ…

995 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 08:17:37 ID:91Ay1QMhO
もうぞう とよばれる男が おったぁ…

996 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 08:18:44 ID:91Ay1QMhO
もうぞう には 病気のおっ母がおったぁ…

997 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 08:19:51 ID:91Ay1QMhO
おっ母には 年老いたいもうとがおったぁ…

998 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 08:20:56 ID:91Ay1QMhO
いもうと には 働き者の亭主がおったぁ…

999 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 08:21:57 ID:91Ay1QMhO
亭主には たいそう可愛がっている 飼い犬がおったぁ…

1000 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 08:23:45 ID:91Ay1QMhO
飼い犬は 山へ 芝刈りに 行きおったぁ…

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

364 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)