5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

悟りを開いた人達参加のこれから3

1 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 00:34:31 ID:pRX0Sm2m0
1 名前: これから [mini49tb@hotmail.co.jp] 投稿日: 2007/02/11(日) 02:13:12 ID:15YTxAhb0
皆さん。こんにちわ
初めてカキコみます。
インターネットも初めてです。
開いた後、孤独を受け入れ、孤独と戦い『周りと接して自分がまるで
間違ってるんじゃないか』と感じ若く自己犠牲の上に成り立ちそれでも
世の中に貢献したいという人が社会的に増えてきたのと、そろそろ真理の一つ一つ
オープンにしても良いんじゃないかなという事と皆さんが本当の自分に相応しい人生の
送るために『悟り』についての質問に出来る限り簡単にそして将来に差支えが無いように
答えようと思いました。文章だと一人一人伝わるのは少し難しいんですが‥

前スレ
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1173803569/

2 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 00:39:07 ID:TyNtKqXN0
                _,,.. -──‐- .、.._.
           ,. ‐''"´           ``'‐.、  
          ,.‐´                 `‐.、
          /          ∧_∧           \
       ,i´           (*‘ω‘ *)  ちんぽっぽ`:  
      /             (   )             ヽ.
    ,i                 v v                i、
    .i                                      i.
   .i                                   l
    |                                        |
   |                                     |
.   l                                  l.
.    i、                                    ,i
.    i、               (⌒⌒)                  ,!
.     ヽ                 ii!i!i   ドカーン        /
.      `:、             ノ~~~\              ,‐'
          \      ,,,,,,,/´・ω・` \,,,,,,,,      /



3 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 01:30:51 ID:+45lp67k0
だいたい、コピペのテンプレを続ける理由が分からねえな。
信仰宗教の教祖なのかな?

4 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 01:32:48 ID:2OnD2J+20
というより、教祖になりたい奴らの溜まり場。

5 :1:2007/04/16(月) 01:57:14 ID:pRX0Sm2m0
内容考えるのが面倒くさかっただけ。

6 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 03:07:30 ID:1CEOqPwqO
悟りをひらいた

悟りって単語自体うさんくさいw

7 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 09:14:18 ID:ILrIG/7oO
ていうか、悟りというものを何か特別なものであるかのように考える
事がそもそもの間違いではないか? エセ宗教が信者集めの宣伝として
何かものすごいものと思い込ませようとしている感じがするのだが。
つまり、壺のようなものだ。

8 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 10:02:06 ID:1CEOqPwqO
>>7
だよな。そもそも何をもって悟りとするのかその基準がわかんないし、ただの自己満足を悟りと言うならそれを広めることはある意味カルト宗教とやってること一緒じゃね?

9 :はぁと:2007/04/16(月) 11:59:06 ID:pjtYLbPy0
壺が欲しい人達参加のこれから?

10 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/16(月) 14:00:49 ID:qqdOfnouO
悟りとはなにか。勉強せいとこれから二号氏に(コピペで)言われたので勉強しに来ました。

11 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/16(月) 14:03:55 ID:qqdOfnouO
それでは各々の悟りの定義をまず開陳することが、これからの第一歩になるのじゃないかな。
自分の立ち位置を知れ。俯瞰しろ。境界にたて。というただそれだけの事であるのか。
なんかこうもっと、オカルトロマン溢れる…人知ならざる、
知覚不能なるブラフマンの世界(あるいは別次元)を知ることが「悟り」というんじゃないかと…。
オカルティストたるわたしなんかは思うのですが。悟りとはオカルト(隠れたモノ)である、と。
わたしはオカルト肯定派です。この世には、人間が知覚不能な、変な世界があるのじゃないかなあ、と思っています。
汝自身を知れ。神を知れ。
悟ったみなさんは悟りとは何だと定義しているのだろうか。

12 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 14:36:23 ID:u9g2PW0W0
>>8
俺もそう思う。
壺に例えると分かりやすい。

どれが本当の壺ですか?
って聞かれて、壺をよく知ってる人からすると、
んー。ってなるだろうし。

中には前スレでグダグダ言ってる人のように
自分が見つけた壺がいかに素晴らしくて、これが絶対だから
皆俺が言う事を信じろみたいな
事を言う人がいたりしてさ。

13 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 16:38:26 ID:pRX0Sm2m0
何を悟ってるのか分からないんだから真摯に話を聞いて、
自分のために役立てれば良いじゃない。
それが出来ずに駄々をこねて荒らしに転じていたんだろう。
良いじゃんその壷の素晴らしさを認め話を聞けば。
認められず、おかしいと思うなら反対意見を言えば良い。
反対意見と荒らしは違う。
別にあんたの意見は荒らしでもなんでもないが、
初代、二代目のスレと荒らしてた連中がいたからな。
ちゃんと釘は刺しておくよ。

14 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 18:41:45 ID:1CEOqPwqO
>>13
反対意見と荒らしは違うって、をま・・・w

過去スレで反対意見

なぜかスレは賛同してる人達ばかり

浮くor質問への解答がない(悟りひらいたって言ってるやつが呆れて答えないのか質問を無視してるのかは不明)

賛同してる中での反対意見だから荒らしと見られやすい

>>13は過去スレみてきたら?あのスレじゃ反対意見も荒らしと紙一重だっての

15 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/16(月) 19:00:16 ID:qqdOfnouO
自分の意見が荒らしと思われようが変態と思われようが、人からの評価で気に病む事は無い思うよ。
意見(立ち位置)は違って当たり前なんだから、違う考え同士で仲良くすれば良い。

16 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 19:14:01 ID:u9g2PW0W0
ま、反対意見をも飲み込めるほどの悟りは
開いていなかったって事なんでしょう。

17 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 19:22:14 ID:pRX0Sm2m0
>>14
・ぶちきれて喚き散らす。
・無駄なカキコでレスを消費する。
・長文ウザイと読んでもいないのに批判する奴。
・理解しようともせず文句を言うために文句を言っている奴。
・皮肉しか言えなくなってる奴。
・世の中、色々な人やもの現象があるのに、それを認められず
 自分の思っていることは絶対と己の無知をさらけ出し得意げにしてる奴。
↑荒らしてる奴の大よそのパターン。

真摯な態度で謙虚に質問してる人には反対意見でもヤッパリ違う。
まあ紛らわしいけど、そういう人をあんまり無下に扱うのも可愛そうじゃん。
その辺は良く見極めないと。

18 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 22:51:36 ID:1CEOqPwqO
そもそもなぜスレを隔離したんだろ?(菩薩がいるスレと、それに否定的なこのスレに)

悟り話の途中に荒らしがくるのが嫌?
それともスレに自分の意見と違う反対意見を見るのが嫌?
菩薩って人よりも、むしろ菩薩を信じて賛同ばかりしてる人達のほうがタチ悪い。過去のスレも賛同ばっかで正直呆れた。10聞いたら10信じるようなレスだらけ
こっちのほうが居心地いいわ

19 :菩薩道:2007/04/16(月) 23:27:13 ID:tu77u0yI0
いえ、ぜんぜん嫌ではないですよ。
ただ、無益だからです。
苦しみから脱したい、あるいは答えを知りたい、または疑問がある。
などの真摯な問いには全力でわかる限り書きましょう。
しかし、批判のための批判や、嫉妬や欲に駆られての問いには答えても
わかってもらえず、無益であり、その答えを求めていない人に気づかせる
ことはお釈迦さまでも気づかせることはできないでしょう。

20 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 23:36:50 ID:i9XsIk9b0
都合いい時ばっか顔出して説教くれるな!クズがっ!

21 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 23:45:15 ID:+45lp67k0
菩薩道なんて大それた名前を付ける時点で・・・

22 :菩薩道:2007/04/16(月) 23:45:51 ID:tu77u0yI0
>>20
まさにこういう問い。誰が見ても悪意に満ち満ちている。
それは己を苦しめ恐れさせるだけなんですよ。
他人を正当な理由なく、屑と罵れば、あなたもまた、屑と罵られることに
なりますよ。

23 :菩薩道:2007/04/16(月) 23:47:48 ID:tu77u0yI0
菩薩の道とはだれが付けてもいいんですよ。
では音としましょうか?以前は音と名乗っていましたから。
菩薩の道とは誰もが歩める道なんですよ。

24 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 23:51:15 ID:i9XsIk9b0
悪意っつ〜か敵意だがな、おめ〜が逃げ出した相手様だよw

誠意の無い奴がデカイ顔して悟りなんてゆう大仰なテーマに口だすな

25 :菩薩道:2007/04/16(月) 23:54:27 ID:tu77u0yI0
>>24
はて。私が逃げ出したとは?
具体的におっしゃってくれませんか?具体的に。

26 :本当にあった怖い名無し:2007/04/16(月) 23:59:12 ID:i9XsIk9b0
自分で話を振っておいて、相手が答えたのに対して自分は答えない。
そして、少ししてから何事もなかったように顔を出してでかい口を叩いている。

そして
>はて。私が逃げ出したとは?
>具体的におっしゃってくれませんか?具体的に。

って、、、、、、、、

本当に厚顔無恥だな、、、、、、、まあがんばれ、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、、

27 :菩薩道:2007/04/17(火) 00:05:00 ID:6VwudDeh0
>>26
ああ?わたしも至らない人間なので、むき出しの敵意には牙をむくぞ?
人はいろいろな面を持ってることを知らないのか?
それは仏さえそうだぞ。明王って知ってるか?
あんたが言ったことで私がくだらないと思って答えなかったのは、
ブラフマンとかアーリマンのことだろ?
お前は何もわかってない。わかっていないからすぐ人に敵意をむき出しにする。
なぜ自分はこんなに偉いのに他人には馬鹿にされ続けるんだろうってな。
それはおまえが愚かだからだ。そのうち、自分が心底恐ろしいと思う存在にであうだろう。
でも私は出会わないね。なぜなら、そんなものは妄想だと知っているからさ。
あんたは違う。あんたは出会うだろうよ。

28 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 00:23:12 ID:s0xuBlOJO
>>19
なるほど そのスタンスは理解できなくもないです
まぁ上みたいなあからさますぎるやつはアレですが(笑)

自分が前スレからずっと不快に感じてたのは、前にもかいてますがやはり菩薩道さん自体よりも、言うことに疑問をもたないスレの住人です 受け身になり杉なんじゃ?っつ―のが本音です
問答することによってお互いにいい結果になるはずなのに、菩薩さんの意見に全面賛同って流れがありすぎな気がします(・_・)

菩薩道さんは前スレからのこの状況をどうお考えですか?(ついには否定的な人達をこのスレに誘導する住人も出てるだけに)

29 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/17(火) 00:24:57 ID:X3p+jRI4O
悪意か…。善と悪は人間性の両翼だからなあ。
魂とは二頭立ての馬車。
一頭はうつくしく、善良で、気高い。
もう一頭は、その逆。
菩薩氏は悪を受け入れるほうですか。それとも、
悪は人間にあってはならぬものとして、受け入れない方向ですか。

30 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 00:34:59 ID:0Kj3MgBJO
悪は誰もが持っています。
大切なのは、持っている悪をどれだけ自分で払拭出来るか?だと思います。

通りすがり失礼(_ _)

31 :菩薩道:2007/04/17(火) 00:38:14 ID:6VwudDeh0
>>29
前にも書いたんですが、本来、善悪ってのはないと思っています。
しかし、われわれは善悪を確かに感じる。
善とは、幸せで、大いなる喜びの状態であり、悪とは、苦痛や苦しみ、痛み
などの状態のことです。たとえば、他人に喜びを与えようとか、愛する気持ち、
いたわりと友愛、そういう思いは善意だと思います。
反対に、人を苦しめよう、傷つけよう、という思いは悪意だといえます。
悪は本来、人にはないものだと思います。無知から生ずる煩悩こそが、その悪だと。
それを知っていながらもなかなかにそれを滅することは難しい。
ですが、そう勤めることはできます。>>27で書いた私の文は悪意だと思いますか?
私には悪意はこれっぽっちもないですよ。
悪を受け入れるか受け入れないかという問いの答えは受け入れません。
私は他人を傷つけるくらいなら私という存在はいらないと思ってます。
しかし、私もまた、凡庸なる人という存在。他人を傷つけてしまうことも多々あります。
しかし、私は知っているんです。他人を傷つけることは自分を傷つけていることだと。
だからこそ、仏陀になりたいと思うのです。

32 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 00:45:33 ID:RM12vrpq0
>>31
>>12

33 :菩薩道:2007/04/17(火) 00:50:45 ID:6VwudDeh0
>>28
そうなんでしょうか?私には、意味のない否定や意味のない批判、
意味のない罵倒が多いように感じますが。
みんないろんな意見を言っていいと思いますよ。ここは2chなんですから。
悪意もあれば、善意もある。だから私は2chが好きなんですよね。

34 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 01:02:02 ID:s0xuBlOJO
>>33
なるほど。菩薩さん固いイメージあったけど意外と多角的に物事を見る点で寛容な視点もってますね
てっきり悟りっていう1つの発見した価値観にこだわってると思ってましたよ

35 :菩薩道:2007/04/17(火) 01:09:10 ID:6VwudDeh0
>>34
真理とは、無数にあるんですよ。
ただ、動かしがたい真理がわれわれを縛っているということなんです。
それは、因果ということです。そこから脱する方法は無数にあります。
釈迦もそういってますね。

36 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/17(火) 01:09:17 ID:X3p+jRI4O
>>31
返レスどうもです。悪とは本来無いもので、悪の心は煩悩ですか。
それを滅したいと…。
それはまた、ものすごいジレンマですね。そうゆう葛藤は嫌いじゃないです。
私の考えでは、善は合理であり秩序。悪は情動と無秩序です。
悪を否定することは自己否定にもなりうるので、できません。

37 :菩薩道:2007/04/17(火) 01:16:11 ID:6VwudDeh0
>>36
老子を読まれたことはありますか?
老荘思想はあなたに合ってると思いますよ。

38 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 01:16:17 ID:s0xuBlOJO
>>35
いろんな宗派はあれど真理は結局1つ

ってよく聞くんですが、それも動かしがたい因果のせいですかね?
宗派がいろいろあれば行き着く真理も違うのが普通では?

と自分高校のときに仏教校だったんで、そのときに抱いた疑問や否定は山ほどあるわけですが(笑)

39 :菩薩道:2007/04/17(火) 01:20:07 ID:6VwudDeh0
>>38
たとえば、コップがありますよね?コップは陶器でできていて、
人の役に立つ。でも上からコップを見るのと、横からコップを見るのと
ではぜんぜん見た目が違いますよね?とても同じものだとは思えない。
そういうことなんだろうと思います。人は様々だ、想いも違えば、生き方も
違う、信じてるものだって違う。だから方便も人の数だけあっていいと思いますよ。

40 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/17(火) 01:31:47 ID:X3p+jRI4O
>>37
老子ですか〜。読んだ事はないんですが、思想は何となく知っています。
たしかに合うかも…。
あと手元の本に、ブッダの説く中道の教えは、過度の自己否定も快楽に生きる事も避けること…と書いてあるんですが、
わたしはこれを「欲も秩序もほどほどに」と解釈してたんですが、これどうなんでしょう。
間違ってたらブッダファンの菩薩氏に申し訳ないと思い…。

41 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 01:35:44 ID:RM12vrpq0
不完全性定理置いておきますね。
http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/doc/fukanzen.html

自称ほにゃららの方には、
苦痛でしょうけど。

42 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 01:35:52 ID:7hDr//Lz0
>19 :菩薩道 :2007/04/16(月) 23:27:13 ID:tu77u0yI0

>しかし、批判のための批判や、嫉妬や欲に駆られての問いには答えても
>わかってもらえず、無益であり、その答えを求めていない人に気づかせる
>ことはお釈迦さまでも気づかせることはできないでしょう。


>17 :本当にあった怖い名無し :2007/04/16(月) 19:22:14 ID:pRX0Sm2m0

>・ぶちきれて喚き散らす。
>・無駄なカキコでレスを消費する。
>・長文ウザイと読んでもいないのに批判する奴。
>・理解しようともせず文句を言うために文句を言っている奴。
>・皮肉しか言えなくなってる奴。
>・世の中、色々な人やもの現象があるのに、それを認められず
> 自分の思っていることは絶対と己の無知をさらけ出し得意げにしてる奴。



この辺が分かっているかいないかが、話が理解できる出来ないの境界だな。


43 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 01:38:26 ID:7hDr//Lz0
いや、間違った。
大人しく話を聞いていられるか聞いていられないかの境界。

44 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 01:40:17 ID:s0xuBlOJO
>>39
なるほど
いつだったか先生に同じ質問したときは山に例えて言われたなぁ(笑)よくわかんなかったけど陶器の説明きいたらなるほどって思えたw今更ながら(笑)
以下、そのとき言われた言葉

[山があるとする 今ふもとにいろんな宗派がいますね。山をのぼるときゆっくりのもあればはやいのもある。さて、真理という山の頂上は動きますか?つまりはそういうことです]

何気にわかりやすく先生なりに言ってくれてたのかorz

45 :菩薩道:2007/04/17(火) 01:43:15 ID:6VwudDeh0
>>40
釈迦が言われた中道ということの意味の解釈は様々でしょうけど、
私はこう理解しています。それは、絶対的な存在も否定し、虚無主義も否定する。
言うなればそれは中道だと。

46 :菩薩道:2007/04/17(火) 01:51:51 ID:6VwudDeh0
>>44
そうですねw山に喩えられるとはその先生は山登りが大好きなんでしょうねw

47 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 01:53:20 ID:spMONz5X0
>>31
そうか。なりたいのか。うーん・・・。

じゃあとりあえず、真似してみた方がいいかも知れませんね。


48 :菩薩道:2007/04/17(火) 01:56:56 ID:6VwudDeh0
>>47
死ぬほどの断食ですか?w
考えて実践しようとしてみたことはありますよ。まだ私が苦悩にまみれていた時に。
たが、釈迦は正しかった。悟りを得るのに苦行は必要ない。
でも断食はいいものですよ。人を純粋な心に近づけてくれる。

49 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/17(火) 01:59:30 ID:X3p+jRI4O
>>45
そうですか。ありがとう。

50 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 02:02:29 ID:F3bFQ0bq0
「さとりをひらくと、人生はシンプルで楽になる」を読んで、寝る際に、「心のおしゃべり」をやめて沈黙をキープするように意識して布団に入っています。
そうすると、途中で、自分とは異なる意識の声が聞こえてくるようになりました。
何を言っているのかはよく聞き取れないのですが(聞き取れているがウトウトしている時のことなので憶えてないだけかも)、
黙っている自分の意識も認識しているので、間違いなく自分と異なる意識の声だと思います。
こういうのって、精神衛生上あまり良くないのでしょうか?精神分裂症のはしりでしょうか?

51 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 02:12:09 ID:s0xuBlOJO
>>50
寝る前に電波ソング聞いたら脳内再生されるあの感じ?w

52 :菩薩道:2007/04/17(火) 02:16:03 ID:6VwudDeh0
>>50
いえ、誰にでもありますよ。
まぁあまり深くは考えないことです。嫌な感じの意識だったら、
無視することです。そして、自分が信じている尊敬しているものを
念じ、うっちゃっとくことです。私は、観世音菩薩なんですけどね。
ただ良い感じのものもあります。それはいろいろと気づかせてくれます。
自分というものを。
人は眠りに入るとき、死に、目覚めるとき甦っているんですよ。
だから、寝て起きると嫌なことはすっかり忘れてるでしょ?
だから人は生き続けられるんですよ。生と死を毎日繰り返している。
まぁ言ってみれば死ぬ予行練習ですよね。

53 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 02:22:50 ID:spMONz5X0
>>48
いえ、部分的にではなく全体をです。


54 :菩薩道:2007/04/17(火) 02:23:03 ID:6VwudDeh0
さて時間です。またね。

55 :菩薩道:2007/04/17(火) 02:25:04 ID:6VwudDeh0
>>53
自己という意識をなくそうとする努力は毎日してますよ。
無我という奴ですね。ではまたね。

56 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/17(火) 02:28:23 ID:X3p+jRI4O
>>50
精神分裂病診断チャートに、「幻聴が聞こえる→すぐ病院へ」って書いてあった。
まあ、個人的には生活に支障がなけりゃほっといても良いと思うけどさ。

57 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 02:40:35 ID:Jo5UH4/m0

夜更かしは、からだに毒。


58 :謎の中国人:2007/04/17(火) 02:43:36 ID:W+BvkFgt0
>>50
あ、それ入眠時心像の一種ね。学術的に解明されてるアルよ。
その正体は、その日の心のおしゃべりの高速リピートね。
無問題よ。

まあ、あまりにもウザいなら、シカト決め込むか、日頃から沈黙を維持するようにしてれば、そのうち無くなるアルよ。
要するに、注意を向けていると余計に囚われるって事アルな。

再会了。

59 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 05:49:02 ID:rc/dRUjyO
>>41
やべえ面白い
自意識について考えたとき、矛盾だらけで、我というものと世界というものが本来断絶するものなのではとおれは思った
菩薩道がいうのは、それでも人間は感情を抱くという前提で話が開始するんだが、そうでないと思う人は本当かあ?となる


60 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 08:06:59 ID:wzteeBXu0
>>27の書き込みが、ぼさつの全てを表してるな。

中国古典で得た知識を披露してたのか。だからか・・・納得。


61 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 08:08:27 ID:wzteeBXu0
今後は受け流す事が出来そうだよ、ぼさつ君。


62 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 11:06:27 ID:smBh5HVU0
>>45
有無の中道は知っておられるのでしょうか。
般若経をはじめ各大乗経典はおよみになっているのでしょうか。
禅や密教や天台についてはどれだけ知っておられるのでしょうか。
「中論」「臨済録」などの有名どころの僧たちの語録や理論書も
そうとう読んでおられるのでしょうか。

63 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 14:28:16 ID:4Yzdqw9P0
全てを客観的に、悟り的な視点で世界を見るには
自己を捨てなければならないが、

自己を捨てた瞬間に、
人間としての生産的な活動は出来なくなる。

それだけは、忘れないでね。

64 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 14:55:24 ID:smBh5HVU0
>>63
しかしそれでは絶対に悟りを開くことなどできないでしょう。
自己を捨ててからですよ。悟りは。

65 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 15:04:37 ID:4Yzdqw9P0
>>64
ん?悟りは開けるか開けないか、
悟りを開くためかそうじゃないか、の話じゃなくて、

自己を捨てた時の状態を
純粋に教えてあげようと思って、書き込んだだけですよ。

66 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 15:13:05 ID:T87hJkTg0
生産的な活動と一緒にある破壊的な側面もしなくなる。
ありがとう

67 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/17(火) 15:18:44 ID:X3p+jRI4O
共産主義の話かと思った。

68 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 17:01:49 ID:4Yzdqw9P0
>>66
悟りを崇拝したい気持ちは分かるけど、
何もかも都合良くしか解釈しないのは、どうかと思いますよ。

69 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 17:02:02 ID:Ct0quUOL0
奥が深いです。ああ、おもいました。
言葉が書けません。すぐ、変になるです。

70 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/17(火) 21:42:14 ID:X3p+jRI4O
ユートピアの愛の理想に殉じることが悟り?

71 :菩薩道改め音:2007/04/17(火) 22:29:07 ID:6VwudDeh0
>>62
こんばんわ。お釈迦さんの言っておられることは様々な意味があるんですよ。
受け取る人によって、様々な。しかもそれらは矛盾しないという。
経典は結構、読んでます。空は正しく理解してるんですよ。
あとは勉強中です。ただ、禅に対しては、道元の正法眼蔵は読みました。
私と同じ解釈でした。密教については、チベット密教について、ダライラマの
書かれてる本をすべて読みました。私と同じ解釈でした。

72 :菩薩道改め音:2007/04/17(火) 22:32:26 ID:6VwudDeh0
>>63
まったく間違ってますよ。前半はいい。
後半は違います。釈迦は一切知知の境地に至り、人間としての活動をしながら、
法身の状態だったんですよ。

73 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/17(火) 22:52:34 ID:X3p+jRI4O
>>http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1176629706/44
むかし…小学六年生のときぐらいには、ナイチンゲールやアンリデュナンやフリチョフナンセン等に感銘をうけて
私心を捨て、世のため人のため義のために尽くそうかなどと夢想したものですが
ユートピアと現実社会とのギャップに虚しさを感じて意気消沈はニヒリズムです。
でも、ボランティアとか赤十字とかやってる人は本当に尊敬します。
及ばずながら、ユニセフ(本物のほう)への募金ぐらいはちまちまやっております。
つまり、そうゆう行為などを否定する気はさらさら無いわけなのです。
マザーテレサのエピソードは、いつ見ても目頭に熱きを覚え…。

>菩薩改 氏
ちょっと疑問に思ったんですが、性欲は煩悩だと思いますか?

74 :菩薩道改め音:2007/04/17(火) 22:59:47 ID:6VwudDeh0
>>73
こんばんわ。性欲は煩悩ではないと思いますよ。
なぜなら、人であるという存在である以上、性欲は人類を生かし続けている
本能だからです。広義の意味では確かに煩悩でしょう。
人は本来、愛を抱くからこそ、性欲はすばらしいものになるといえます。
お互いにね。本能的な性欲には何の価値もない。オナニーして終わりです。
ただ、気をつけなければいけないのは、執着です。もともと、お互いに愛ある
行為であるはずなのに、えてして憎しみあったり、嫉妬したり、怒りを感じたり
するのは、その執着という毒に当てられているんですよ。
私は、性欲そのものは悪いものだとは思っていません。ただ、愛を伴わなければ
価値がないと思っています。

75 :菩薩道改め音:2007/04/17(火) 23:22:58 ID:6VwudDeh0
>>73
イエスはいい。慈悲の心の何たるかを説いている。
最近、俺も天使がよく見えるよ。なぜ天使なんだか不思議なんだが。
マザーテレサはすばらしい人だった。

76 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/17(火) 23:25:24 ID:X3p+jRI4O
>>74
どうも、どもども。人少ないなw
性愛はお互いの自我を壊し合う衝動だ、という考えについてはどう思われますか。
これは、セックスとは死を賭するまでの生の賛歌である。というものですが。
あと、業が深いほど悟りも深い…と言われるのは何故なのでしょうか。

77 :本当にあった怖い名無し:2007/04/17(火) 23:43:14 ID:7hDr//Lz0
>>74
横レスすいません。
なるほど、普通の人はそうでしょう。
しかし真実を追究する道を行っている人でそちらの追求に忙しくて、
(新たに伴侶を得ると追求するためのエネルギーが得られない人の場合)
あえて伴侶を持たない人もいます。
そういう人でも性欲はあると思いますが、それをしてるとエネルギーの無駄使いだと思います。
本能的なものなので無理に押さえつけると反動が凄いのですが、
本能的なものを乗り越えるためのコツというものはあるんでしょうか?

78 :菩薩道改め音:2007/04/17(火) 23:52:22 ID:6VwudDeh0
>>76
あなたは深く悩んでいるんですね。
イエスは愛についてこういいました。愛にはエロスとアガベーがあると。
本能的な性欲は衝動的であるといえます。しかし、自我を壊しあう衝動だとは
思いません。アガベーとは、無償の愛ですね。つまり見返りを求めない愛。
その行為自体に報いがある行為。つまり大いなる喜びです。
男にとっては、私は男なので女の性愛についてはよくわかりません。
男にとっては性欲などつまらないものです。ピュッとだして大した快感もなく
終わり。ただしアガベーを伴えばそれは大いなる快感になります。
生とはなにか考えたことはおありですか?死とは?
私は、セックスとは死を賭するまでの生の賛歌であるとは思いません。
業が深いとは、因縁が深いということです。つまり因縁とはひとつのもので
成り立っているものではなく、様々な因縁が重なり合っているんですよ。
だからそれは仏知でしか理解できないと釈迦は言ったのです。人知では計れないと。
因縁が深いというのはその果が果てるまで、とても長い時間、それを解消する努力を
しなければならないということです。この場合の業が深いとは悪因縁のことでしょうね。
苦しみや苦悩が深く、長く続けば続くほど、人はそこから脱しようともがくものです。
そして、ようやく気づいたとき、苦しみが深ければ深いほど、その気づきもまた深いのです。

79 :菩薩道改め音:2007/04/17(火) 23:56:47 ID:6VwudDeh0
>>77
私は手っ取り早くオナニーして解消してますが。
たとえば性欲を違うエネルギーに変えて昇華させる方法もあります。
それはヨガであったり、運動であったりいろいろですけど。
無理に押さえつけるのは私もよくないと思いますね。

80 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/18(水) 00:02:22 ID:57wwlnEQO
>>78
なるほど。サンクス。

81 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 00:06:05 ID:jV6jSseT0
>>79
なるほど、そうですか。
やはり私もこれまで通りの方法でやってみることにします。
ありがとうございます。

82 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 00:36:27 ID:etZhthTq0
>>79
性欲のエネルギーを、チャクラを廻すエネルギーに変換すると聞いたことがあります。
これがヨガの方法ですかね? 俺は体得していませんけど。

83 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 06:25:29 ID:bEdSW5Mq0
>>71
論語読みの論語知らず 改め

経典読みの経典知らず

84 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 13:59:38 ID:eoPq3LmUO
わかる者はやる。
わからない者は教える。

85 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/18(水) 16:04:39 ID:57wwlnEQO
もともとの仏教では、この世はどうしょうもない苦の世界である、と限界を認識し、
諦めの境地に達した世捨て人のような人を「悟った人」というんじゃないのかな。
現世のしがらみに囚われない目線というか。「厭戦」ではなく「厭世」。
石橋湛山ではなく永井荷風。みたいな。
その諦観の目線、あるがままに全てを「それで良いと思え」とする考えが、
これから二号氏の「全肯定の教え」という題目(コピペ)になって現れたのではないだろうか。

86 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 16:18:11 ID:ql10vMG60
というか、このスレは 菩薩道のオナニーに付き合うスレじゃないんだよ。
お前専用のスレがあるんだから、
そっちで一人寂しくやってなさいw

87 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 18:52:11 ID:XXZSdaADO
スレアドかけ

88 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 19:26:10 ID:oSNr1nts0
87 本当にあった怖い名無し 2007/04/18(水) 18:52:11 ID:XXZSdaADO
スレアドかけ

www

89 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 21:10:12 ID:eoPq3LmUO
宗教板のか?
俺今携帯からだからURL違うので書かないが。

90 :本当にあった怖い名無し:2007/04/18(水) 21:14:00 ID:kGNKBu0H0
玉掛け

91 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/19(木) 01:14:19 ID:GDWRK8sNO
講師が居ないと悟りについて勉強できない。

92 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/19(木) 01:25:58 ID:GDWRK8sNO
うーむ。「中道=あるがままの形態」であろうか。
陰陽にしろ中道にしろ哲学にしろキリスト教の善悪にしろ、どうも、
世の中は「塩梅」で出来て居るようだ。と言っているような気がする。
だがしかし、オカルティストからしてみれば言語道断である。
そんな説明で納得するような、そんじょそこらの学者と同列にはならないのだオカルトイターは。
蜃気楼の後ろに何かが隠れている…!

93 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 01:34:04 ID:yhsaC7Sg0
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1176629706/

ほれ、いって来い悟りは今の世界構造状態では幸せかどうか難しいから
あてにするな

>>63
辺りが問題だよな


それと、音の奴はつかえないとは思うぞ、本人が良いようだから別に止めんが。

94 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 04:30:29 ID:NxcLMZYMO
菩薩が消えてくれてよかった
かわいそうだが、あいつはなんにも分かっちゃいない
仏陀の言葉を私の言葉とかたり、他人を導く矛盾にすら気付かない
あいつが現れるとスレの温度がスーッと下がるよ、レベル低すぎて


95 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 07:36:26 ID:RmpesxAH0
彼は、上辺で奇麗事を言うに過ぎなかった。
ただし、彼から学び取った教訓は、

・付け焼刃的な知識で、第三者を導こう等という
 傲慢で分不相応な事はしてはいけないという事。
・有言不実行の愚かさと、不言実行の大切さ
・考えや行為において、筋を通す事の大切さ


96 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 11:03:14 ID:6XBaY2zvO
>>95
あいつは見事な反面教師だったな。

97 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/19(木) 12:17:36 ID:GDWRK8sNO
宗教板は水が合わん。
ヘドロの好きな深海魚が、錦鯉の住む澄んだ池に上がるようなもんだ。

98 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 12:26:08 ID:3hnqgLTs0
別に良いが菩薩道は召喚するなよ、邪魔だから。

ついでに、ヘドロの深海も澄んだ池も空間という背景あるから存在できるんだけどな

99 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 14:57:04 ID:fh2slbii0
俺も>>63辺りの事は気になるな。

>>95
たしかに
彼には教えられる物はあったね。

100 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 17:31:04 ID:hy0c9NC+0
みゃあ

101 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 18:37:17 ID:6XBaY2zvO
主よ。どうか彼をお許しください。彼は自分が何をやっているのか、わかっていないのです。

102 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 19:44:19 ID:jVu2C5gu0
これから、菩薩道と去ったのなら誰がネタを投下してくれるんだ?
おまいらにそれだけの能力があるとは思えんが。
まあロムってるだけの人間が言う言葉じゃないか。

103 :ネタ:2007/04/19(木) 20:59:01 ID:EIN9bcuh0
世界中の嫌われ民族がチョン民族です。今回の事件で証明されました。

        ,.ィ":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       ,ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ,'´::::::::::::::::::::ィノ)洲リハヾ))トi、:::::::::::::::ヽ
      |::::::::::::::::::ノ   '´    彡ツノ八::::::::',
      {:::::::::::,r'"             丶::::::i
      ',::::'  ,ィ=== 、、..    ..,r--=ミ、 li|
      ',:;  '" ̄ ̄``     '" ̄ ̄´゛`' ゛l- 、
     にユ、__,'´てt:::Zぅヽ-‐-rf´てi:::Zフ`i-‐'lイl|
      }(l、 丶 ___ノ'i 、ヽゝ___,ノ  })l|
      ヽヘ       ,-'、   ト、      l ,リ
       ヘ        '、r‐、_,-,_ノ       l´
        ',        __: :__       ,!
         ヽ     ∠二二>,     /
  ∧、      ト、    `ー--−'    /        ∧_
/⌒ヽ\      \,,-‐、 `""´    /     . . //~⌒ヽ
|( ● )| i\     _,,ノ|、  ̄/// / \     /i |( ● )|
\_ノ ^i | _,,..r''''" ノ | \`', /  /  / ̄`''ー | i^ ゝ_ノ
 |_|,-''iつl/´    ヽノ| /\   / 、│     l⊂i''-,|_|
  [__|_|/〉ヽ、  / |/ );;;;/\/   'く    /〈\|_|__]
   [ニニ〉  ',  ヽ. | /⌒| /   ゜/    / 〈二二]
   └―'                        '─┘
バージニアの銃乱射事件ではユダヤ人の教授に手をかけてしまったからね。
ユダヤ社会も韓国人たちを未来永劫許さないよ。
思いしるがいい。

なぜ韓国は大量殺人鬼を生み出すのか
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1176820331/


104 :本当にあった怖い名無し:2007/04/19(木) 22:33:47 ID:6XBaY2zvO
>>102
こう書いてもわかってくれないでしょうが書かずにはいられません。

お前がやれ。

105 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 01:13:08 ID:OPqY3hwy0
http://www.h3.dion.ne.jp/~teruhi/index.html

2002年当時にイエジの悪行として警告している人がいたが
今思うと、朝鮮半島人民に当て嵌まるな〜、

別観点からの類似事項として、民族性は住んでる土地のマグマの質の影響
と説いていた人も居た。

106 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 01:47:50 ID:OPqY3hwy0
六道輪廻やカースト制度、悟りに段階かあるなど語る人がいるが、
質が数種に分かれるだけで、例えば、地獄道と天道はどちらのレベルが上
という訳ではなく単に質の差だよなあ、それでも、”全体の進化の為”
などの”条件”を付けた時に適するのはどの質か?という話になれば、
どれかが選ばれると思う。

だから、悟った人のこれからとは、どこへ向かうべきか決めようって事
になる。けどこれって和を採って定める冪モノかも疑問なのだが、
悟った人が居るとして、どこに向かう道を選ぶ冪であろうか?????

107 :ネタ:2007/04/20(金) 02:05:38 ID:7XpdM/eG0
アメリカが憎いニダ!

金持ちが妬ましいニダ!

お前らが憎いニダ!差別ニダ! 反省汁!謝罪汁!




ってか。なんかごく普通の韓国人のメンタリティだな。殺しの規模が大きいだけで。



108 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 02:11:45 ID:OPqY3hwy0
そして、こういう状態での迷いによる足踏みも
>>63

の状態に繋がる一要因だろうな、行動は考えるより本能なりに従った反射
の方が易く、一度動いてしまえば、バランスを採るために動き続ける
必要も出てくるだろう。悟りという一つの極点で安定を迎えてしまうのは
客観的に観て善いものとも思えんが、悟った個人に対応すべき対は世界
であろうかそれとも生命であろうか?

やっぱ、悟ったとしてやるべき事はここに書き込むことではないなキット。w

109 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 10:27:32 ID:wItZZaTK0
ここは>>106みたいな
無明の使者が多いなぁ。

110 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 12:43:41 ID:TEUPg5dUO
悟りじたいインチキだろw

111 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 13:38:23 ID:wItZZaTK0

途中からほとんど妄想になってる気がする。
まるで、空き樽は音が高い状態。

112 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/20(金) 14:13:06 ID:EJCvS+9JO
悟っているなら「これからだ」を教えて欲しいよ。

113 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 16:06:16 ID:EevcRPXs0
人の行動の基本は

思考

行動

結果

検証

なんだけど、
悟りっていうのはほとんど「思考」を極めた世界の事なんだわ。
これは哲学とかもそうだね。

問題は、
この思考(行動以前の事)レベルの状態で得た物を、
どう行動に結びつける事が出来るか?というのが、
今の人間社会で求められる事なんだよね。

成功哲学っていうジャンルもそうで、
本を沢山読めば成功するかっていうと、そんな訳ないし。
でも分かっていながら、行動するのが恐いから、皆思考で止まるようにしてる。

で、思考はイマジネーションが普通の人でも豊富だから、
ある意味で真理的な所までたどり着けたり、感じたと思ったりすると、
とても凄い事のように感じて、正当化しがちになるんだ。
でも、遠くから見ると、何も行動できていない事には、何ら変化は無いっていうもどかしさ。

114 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 16:24:04 ID:qpucm4jkO
>>113
勉強してテストの点が良ければいいという学校のようなものの弊害かも知れませんね。
で、勉強しさえすればなんとかなってしまいそうな気がしてしまうと。

115 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 17:15:15 ID:JKSq4ySC0
>>114
それで「テストに出るポイントをもっと絞れ」と言ってくるバカが出てくると。

116 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 17:31:13 ID:i+vetAYDO
本当に悟れた人間は2chなんか見ないだろ

117 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/20(金) 17:34:45 ID:EJCvS+9JO
思考 (勉強)

行動 (テスト)

結果 (採点)

検証 (答え合わせ)

これからは勉強ばかりしてないでテストしてみよう!

118 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 19:43:26 ID:TEUPg5dUO
認知

判断

操作

119 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 19:45:49 ID:jV9On6HN0
俺は悟り人の降臨は、誰であろうと歓迎です。
一部の人達には厳しい評価を受けている、例えば菩薩道さんも大歓迎です。
何を語ってくれるか、どんなふうに語るのか興味深いです。

反感を感じる人達は、適当な暴言を投げつける前に反論という形式を整えて、
一応の礼儀(?)は守って欲しいと思うのであります。

120 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 19:53:04 ID:dW13T+z/0
>>1 が菩薩道のスレの伸びにアセっておるようですなw



121 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 19:57:42 ID:EevcRPXs0
菩薩道はさんざん叩かれたこれから本人だろ。
ほっとけばいいよ。

122 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 20:16:05 ID:EDaXTGDC0
当スレでいえば、これから氏とか菩薩氏のような人達が先駆者のように語ってると、
取り巻きみたいなのが必ず現れるのは、何故なんだろうか。

お決まりのように悩み相談者が現れ、スレの流れを華麗にスルーしつつ感謝の言葉を述べ続ける。
あと、短文で
「そんな事も分からないの?」
「恥をかきにきたの?」
みたいな感じで煽る香具師も現れる印象がある。

123 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 20:21:58 ID:wA6sL9BK0
>>122
オカ板初心者?

124 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 20:25:22 ID:jG2gV2Cg0
そんな事も分からないの?
恥をかきにきたの?

125 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 20:27:42 ID:kms9pdMu0
>>118
それは自動車教習所じゃないか。

126 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/20(金) 20:28:15 ID:EJCvS+9JO
オカ板は悩める小羊の巣窟で、もっともらしい事を言っていれば誰でも教祖になれるのである。
これがオカ板の真理であった…。

127 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 22:50:28 ID:stpAGj5FO
この世に生まれてくる意味、あの世の事を詳しく教えてください。

128 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 23:17:53 ID:wItZZaTK0

 修行。
神になる、あるいは近づくための準備をする。
祀ってもらうためじゃなく、偉そうにするためでなく、
人知れず、ただ生命を支え、法の働きを助ける。
自我のあるいまの内に、苦難で心を丸く削り、智慧を磨いて
世のため人のためと奔走すべし。
 死の世界は自身の磨いた心の状態とおなじ境遇の
とこに引き寄せられるそうです。潜在意識下でケンカ好きのひとは
阿修羅のとこにいくと。花が大好きなひとはお花畑に行くと。



129 :本当にあった怖い名無し:2007/04/20(金) 23:23:16 ID:5cc9kJb00
>>127
この世に生まれ来るのは魂の浄化のためです。
あの世は永遠に帰る場所。

130 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 00:27:34 ID:4ng17+q30
>>128
>>129
本気で信じてんの?

131 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 02:21:15 ID:Ys2o6sqt0
>>120
よく分かったな。
お前も気の利いたネタを投下しろ。
俺は高みの見物を決め込んでいてやるから。

132 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 04:28:23 ID:ztzpfHsr0
悟ると自分だけじゃなくて全ての人間の過去・現在がそれでよかったんだ
このままでいいんだって感じるんだって。

133 :2ちゃんねるプロブロガーとは? :2007/04/21(土) 06:27:08 ID:tOZvu2ct0
元.龍貴とは?嘘で合気会・合気道三段を名乗り経歴詐称して2ch住人から5年間で合計
数百万円猫糞し トンヅラしている覚せい剤ジャンキーです。 この男を見つけたら110番
主催している段位詐称詐欺武道 反射道 http://homepage2.nifty.com/hanshado/
<<<連絡先 奈良県警吉野署生活安全課 熊代刑事>>>
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news2/1155668899/677
■覚せい剤中毒・元.龍貴(反射道)が投稿規制をかける秘密のURL(笑)
※スレ内では「合気道三段」となっている証拠、二重リンクしておきます。
※HNは、ウサで登場 http://bbs.2ch2.net/test/read.cgi/sns/1161301239/l
■偽合気道有段者の有料詐欺講習会証拠「ウロコを落とせ!」(参加費一日最高8000円)
※HNは、HAJIMEのすけ、天下無敵、万有愛護、合気バカ一代などで登場
http://sports.2ch.net/budou/kako/1015/10154/1015423701.html
http://sports.2ch.net/budou/kako/1024/10242/1024232697.html
http://pc.2ch.net/ad/kako/1015/10155/1015559182.html


134 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 06:49:59 ID:htXQT5i50
>>132
このままで好い訳ないじゃん

>>130
信じてないよ。知ってしまったんだ。

135 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 08:52:28 ID:PG0YjDIW0
>>134
どういう霊体験をしたのですか。

136 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 10:44:14 ID:famAW7lh0
>>135
僕の霊体験じゃない。
知識と論理と霊体験、それらを有する最高の存在との出会い。
そのうち解脱技術に関する最高の書籍が世に出回る。
日本経由のアメリカ発で。


137 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 11:19:45 ID:/rGA5/HsO
確実に 馬鹿 だな

138 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 15:52:59 ID:oNj0w8Rk0
あぁ、確実にバカだな。

この世に生まれてくる意味って。。。
射精して受精して生まれちゃっただけだろ。
何美化してんのって思うね。

この世に生まれてくる意味や、
何のために生きてるかなんて、
自分で決めるんだよ。


もしあの世があるとして、
「○○のために生きなさい」と送り出されてたとしても、
思い出せないんだから。
自分で決めるしか無いだろ。

自分の生きる意味を人に聞いて
「あぁそうですか。じゃあ貴方の言う事を信じて生きます」って奴がいたら、

そりゃただのお人よしか、
自分で何かを考えようとしないバカ。

139 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 16:53:04 ID:D1Ls8PiI0
思い出せないのは使命を与えられていない凡夫だからだよ

140 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 17:05:32 ID:unHUlxMc0
使命があるのはごく一部の人間
凡夫がほとんどで一番尊い

141 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 18:08:36 ID:3k0t8B5tO
自分のことを本当に芯から凡夫なんだなと心の底から理解してへり下って生きる人が悟った人。
自分は何処かに凡人とは違う何かがある特別なやつなんだと思って偉そうにして傲慢になって
しまう人が凡夫。

142 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 18:22:56 ID:3k0t8B5tO
上げる者は下がり、下げる者は上がる。

という言葉も思い出した。たしか新訳聖書に書いてあったと思う。
自分で自分を上げるやつは、やはり見事に引きずり落とされますね。

143 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 23:37:50 ID:4J00GVXGO
>>138
何か凄く納得した。
所詮俺ら人間なんかさー、チンコビンビンにしながらピストン運動しまくってるお父さんと、お父さんのチンコで中かき回されて乳首ビンビンに勃たせながらアンアン喘いでるお母さんのコラボレーションで生まれて来たワケですよ。
みーんな同じ。そうやって生まれて来た。
神様とかもしかしたら居るのかもしれないけど、人間を創ったのが神様っていうのなら、実はお母さんとお父さんが神様なの?でも俺のお母さんもお父さんも人間だよ。俺も人間だし。

あの世?死んだら人間そこで終わりなんじゃね?生きてる人間の思い出の中では生きてるかもしれないが。
生きる意味?とりあえず生まれて来たから生きてるだけなんじゃね?でもそれで充分だと思うけどな。

ルソーだか誰だかが言ってたぞ。
『私達はいわば二回この世に生まれる。一回目は存在するために。二回目は生きるために。』
仏様がどーとか考えなくてもいいよ。それよりも、周りの些細な幸せに気付こうぜw
俺は今日、庭にタンポポが咲いてるのを見た。それで、今日もバイト頑張ろう、って思った。

144 :本当にあった怖い名無し:2007/04/21(土) 23:59:58 ID:8+FcEi6v0
今からここは青春10代べしゃり場になりました。

145 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 00:01:01 ID:kutfjnJP0
バイトってなんだよ・・・ガキかよ

146 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 00:05:17 ID:8+FcEi6v0
「あえて意識しない俺が、一番悟りに近いんだぜ!案外!」って思想に酔うことってあるね。

147 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/22(日) 00:26:39 ID:4L42r/nzO
ここは老成したやつが多いスレですね。低血圧なのか。

148 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 02:13:45 ID:9IbfkCcR0
世界中の嫌われ民族がチョン民族です。今回の事件で証明されました。

        ,.ィ":::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::`丶、
       ,ノ:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ
      ,'´::::::::::::::::::::ィノ)洲リハヾ))トi、:::::::::::::::ヽ
      |::::::::::::::::::ノ   '´    彡ツノ八::::::::',
      {:::::::::::,r'"             丶::::::i
      ',::::'  ,ィ=== 、、..    ..,r--=ミ、 li| チョンを嫌う人が増えている。
      ',:;  '" ̄ ̄``     '" ̄ ̄´゛`' ゛l- 、
     にユ、__,'´てt:::Zぅヽ-‐-rf´てi:::Zフ`i-‐'lイl|
      }(l、 丶 ___ノ'i 、ヽゝ___,ノ  })l|
      ヽヘ       ,-'、   ト、      l ,リ
       ヘ        '、r‐、_,-,_ノ       l´
        ',        __: :__       ,!
         ヽ     ∠二二>,     /
  ∧、      ト、    `ー--−'    /        ∧_
/⌒ヽ\      \,,-‐、 `""´    /     . . //~⌒ヽ
|( ● )| i\     _,,ノ|、  ̄/// / \     /i |( ● )|
\_ノ ^i | _,,..r''''" ノ | \`', /  /  / ̄`''ー | i^ ゝ_ノ
 |_|,-''iつl/´    ヽノ| /\   / 、│     l⊂i''-,|_|
  [__|_|/〉ヽ、  / |/ );;;;/\/   'く    /〈\|_|__]
   [ニニ〉  ',  ヽ. | /⌒| /   ゜/    / 〈二二]
   └―'                        '─┘
バージニアの銃乱射事件ではユダヤ人の教授に手をかけてしまったからね。
ユダヤ社会も韓国人たちを未来永劫許さないよ。
思いしるがいい。

なぜ韓国は大量殺人鬼を生み出すのか
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1176820331/

149 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 02:17:28 ID:7PS9i7f+O
選民思想か…
アイデンティティーが確立出来てない消防か?

150 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 02:20:16 ID:qXGBa12x0
いや? その消防を釣るための、アンチ中韓キャンペーンでしょう。
しかけてるのは、反日工作員とみました。

151 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 08:23:23 ID:mKI4O32J0
菩薩道周りの行動をみるとチョン民族にしかみえないからだろ、
すぐ名前偽ってウザイしw

152 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 10:31:52 ID:Y2CHzupj0
最近、ユダヤ陰謀論を知ってニュース議論板を見てたら、
こちらに誘導されました。
なんで?

153 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 10:45:04 ID:4HQ5m5gB0
うざかったんだろ

154 :本当にあった怖い名無し:2007/04/22(日) 19:22:47 ID:Vh8A0KoM0
このスレはためになった。
だいたい出尽くしてるしね。

結局、何でも良いけど、
得る物があったら何か生み出さないとねって事か。


でなきゃ、
ただの「俺SUGEEEE」止まりになってしまうと。

155 :本当にあった怖い名無し:2007/04/23(月) 02:44:31 ID:igpGsfUd0
あかさたな
        ___
      /      \
   /          \
  /   ⌒   ⌒   \
  |      (__人__)     |  ニコニコ
  \              /



156 :本当にあった怖い名無し:2007/04/23(月) 16:12:38 ID:/OcBc19Q0
うん

157 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 00:31:08 ID:a467gEJf0
ここは2chです。私の言葉を利用しようとする
浅はかな人たちもいるでしょう。だから言っておきたかったのです。
あの世なんてないと。そして報いは必ずあると。人を騙せばその行為
が自分という主体に帰ってくるんですよ。

158 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 00:57:36 ID:CTmSjI6d0
「あの世」は自分が作るんですよ。 先祖とあわさり子孫を見守ろうと思えば、昔から在る先祖崇拝の世界。
世のしがらみをすべてすてて個になりたければ個の世界。
パチンコにハマる人のように「次も」とか「次こそは」と思えば輪廻転生。
大いなる元に帰ろうとする者はその道に。
次を考えずに、今と今の場所にこだわれば地縛霊に。

だからどの宗教の話も間違いではない。 自分が望んだ世界に属するようになるだけです。

159 :鬼和尚:2007/04/25(水) 13:54:57 ID:nPyxSnjI0
 レス読ませて貰った。
 おまいらは結局、悟りとか必要だと思ってないようだな。
 それならそれでいいがね。

 で、おまいら何が知りたいの?

 

160 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 14:02:11 ID:FB1WLwVbO
>>157
それはない

161 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 14:03:47 ID:jqjw//hKO
悟った人が不遜である事は有り得ません。


162 :鬼和尚:2007/04/25(水) 14:28:49 ID:nPyxSnjI0
他者を不遜と見る者は、不遜ではないのかな?

不遜ならざる者が偽って悟りを得たと言うなら、どこで見分けるのか。

己の狭い視野で目覚めた者を計ってはならん。

やはり悟りを得ようと言う者はここにもいないようだ。

163 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/25(水) 15:05:53 ID:hY8kb1W0O
>>159
ロマンスの神様。
この方面からの思考的アプローチは臨界点に達しかけたので青い光が出る前に一旦離れ、
「考えるな感じろ」というブルースリー精神に則って別視点から探求を続けていきたい所存であります。
だからもういいんです。菩薩道さんには世話になったのでこの場をかりて御礼申しあぐ次第でございます。


164 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 16:10:58 ID:0BJMTbmV0
このスレの過去ログ見ると、
もう語りつくされてるので
==========終了================

165 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 17:50:04 ID:UvwrzvEH0
>>162
悟りとはそれぞれの宗教の奥義だとおもうが、とりあえず
専門はなんですか?

166 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 18:04:56 ID:Ctep0ZR7O
>>163
悟りにより年齢が透けて見えました

167 :鬼和尚:2007/04/25(水) 19:44:14 ID:nPyxSnjI0
>>163 わしはそいつとは別人じゃ。
 へんなカマをかけんでいい。

>>165 一応仏教だが心理学もありだな。
 何でも聞いていいがシモネタはなしじゃ。 

168 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 20:01:51 ID:sNlKSJbu0
鬼和尚から仏契のニオイがプンプンただよってくる

169 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 20:13:10 ID:0BJMTbmV0
これから→菩薩→鬼

もう秋田。

170 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 20:35:17 ID:Ctep0ZR7O
ああ俺と同じレベルで会話できる奴が欲しいよ

171 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 21:13:38 ID:f+Umn7K2O
うんうん。俺のレベルに合わせて優しく話して欲しいよ。

172 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 21:37:24 ID:a467gEJf0
>>160

216 菩薩道 2007/04/24(火) 21:02:44 ID:IeMyz0Oy
>>215
そうですね。言わなくてもいい事でした。
しかし、ここは2chです。私の言葉を利用しようとする
浅はかな人たちもいるでしょう。だから言っておきたかったのです。
あの世なんてないと。そして報いは必ずあると。人を騙せばその行為
が自分という主体に帰ってくるんですよ。
特に仏陀はこの点を厳しく言われました。神通力なるもので人を惑わすな、と。


173 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/25(水) 23:00:01 ID:hY8kb1W0O
え〜下ネタは無しなんですか〜〜そんな〜ツマらん…。

174 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 23:45:35 ID:UvwrzvEH0
僧が、「凡人と聖人とは、どれくらい離れているのでしょうか」と尋ねた。
和尚は、そこで大声で怒鳴った。

175 :本当にあった怖い名無し:2007/04/25(水) 23:50:15 ID:VrJZ3Ng40
「そりゃ、君のワイフが知ってるんじゃないかい?」ってね。


HAHAHAHAHAHA!

176 :朝鮮民族は世界の迷惑:2007/04/26(木) 03:48:45 ID:lPCwEMfF0
>旧日本軍が中国や朝鮮におこなった仕打ちを考えれば、日本人は何も言えないような気がする。

気がしているのはお前だけだ。日本人は中国にも朝鮮にも素晴らしい恵みを与えた。
日本人はキチガイチョンに鉄槌を下す。世界中の民族と国家が朝鮮民族の劣悪さに怒りを憶えている。

日本もアメリカもアジア諸国もヨーロッパもイスラム教圏も世界中が朝鮮民族を軽蔑し憎しみ叩きのめす。

アメリカは朝鮮民族を空爆で焼き払うという預言まである。預言は成就される。
世界中の朝鮮民族はユダヤ人の教授を射殺した事を切欠に窮地に追い込まれる。

そういう預言は過去既に成されるている。

日本人はチョンの消滅の為に何でも言える気がする。
世界の民族全てが朝鮮民族を軽蔑する気がする。


177 :本当にあった怖い名無し:2007/04/26(木) 03:50:25 ID:BSEq2EJ70
日航機墜落事故は○軍の誤射。
山に誘導して、最後にミサイルでコックピットを攻撃。
そのため機長は歯しか残っていない。


178 :鬼和尚:2007/04/26(木) 12:37:15 ID:WQQ8ER+W0
わしのコテハンはこれだけじゃ。なんだかみんな疑心暗鬼におちいっとるようじゃな。
わしが元気に成る説法をしてやろう。

みんなは自分というものの価値をどのように考えておるかな?両親や兄弟、友人、社会から貼られたレッテルを真に受けて、自分はそこそこの奴だなんて思ってはいないかな。

そのような奴はわしの一喝を聞け。

お主の価値は最高なのだっ!。
この地上にある全てのものを合わせたものより、尊いのがお主というものなのだ。
それを事実として受けとめよ。
私は最高だと声に出して言ってみよ。
誰かに笑われたら、笑い返してやれ。
事実を知らない愚か者だと。

自分にけち臭い見きりをつけてはならん。
私は最高であると信じるのだ。
私は最高であると感じるのだ。
私は最高であると認めるのだ。
まず何よりも先に己が最高の価値があるという事実から、全てを始めるのだ。

最高の価値がある自分を生かす道は何か。
最高の価値がある自分を更に素晴らしくする方法はないか。
最高の価値がある自分をどのようにすればいいのか。
ただそれだけを考えよ。

179 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/26(木) 13:06:24 ID:PhsUMqTlO
和尚和尚。>>163の菩薩道さんへの言葉は、まじでロムってるかもしれない菩薩道さんへ向けて書いたものです。
和尚と菩薩道を同一人物とは思ってません。
真実、和尚にカマかけたわけじゃないので、疑心暗鬼にならないでくさい。
誤解されるような書き方して悪かったなあと思いつつほっといたのは、弁明がめんどうだったからです。
でも今はなんか弁明したい気分だったのです。
まあ、誰が誰とかどうでもいいんです。
刹那的に生きてるんです。


180 :本当にあった怖い名無し:2007/04/26(木) 17:27:01 ID:BcXS3cbE0
鬼和尚さんは、どちらのお寺の僧侶ですか?

181 :ゆみ:2007/04/26(木) 17:32:25 ID:Mk0nzj/10
クリスチャンになってから、
悟りたいとか、
霊能力が欲しいとか、
そういうこと考えなくなったよ、ホント。
書店の精神世界コーナーにも近寄らなくなった。

不思議なもんだ・・・
ずっと心が楽になった。
いま考えると、
悟りたいっていうのも我欲だったなぁと分かる。
だって苦しかったからね。

182 :本当にあった怖い名無し:2007/04/26(木) 17:42:03 ID:GWN/zh40O
>>181
よかったね。


183 :ゆみ:2007/04/26(木) 17:46:02 ID:Mk0nzj/10
こりゃとんだお邪魔でございぁした〜

184 :ゆみ:2007/04/26(木) 18:22:29 ID:Mk0nzj/10
>>178
>お主の価値は最高なのだっ!。
>この地上にある全てのものを合わせたものより、尊いのがお主というものなのだ。

うそつくんじゃね〜よ、てめーはアホか!

185 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/26(木) 18:28:31 ID:PhsUMqTlO
和尚は仏教が専門との事なので、天上天下唯我独尊ということを言いたいんではないだろうか。

186 :ゆみ:2007/04/26(木) 18:32:53 ID:Mk0nzj/10
がんばれ仏教徒!
さらばじゃ!

187 :本当にあった怖い名無し:2007/04/26(木) 19:56:48 ID:HvqX05lV0
>脱税目的で神社を破壊して乗っ取っているチョンの問題を
>日本人ならば真剣に考えろ。

アメリカは朝鮮民族を空爆で焼き払うという預言まである。預言は成就される。
世界中の朝鮮民族はユダヤ人の教授を射殺した事を切欠に窮地に追い込まれる。

そういう預言は過去既に成されるている。

>地獄界に属する魂が転生する国がある。

それって?

日本人はチョンの消滅の為に何でも言える気がする。
世界の民族全てが朝鮮民族を軽蔑する気がする。

ゆみヴサイ


188 :本当にあった怖い名無し:2007/04/26(木) 21:00:02 ID:GWN/zh40O
Psycoですかー?

189 :本当にあった怖い名無し:2007/04/26(木) 21:01:34 ID:GWN/zh40O
あ、綴り間違えた。
ま、どうでもいいか。

190 :本当にあった怖い名無し:2007/04/26(木) 21:05:58 ID:SehmzoAEO
(@q@)<Psychoでーす

191 :本当にあった怖い名無し:2007/04/26(木) 21:19:37 ID:HhLQfzRs0
Pasco

192 :本当にあった怖い名無し:2007/04/26(木) 21:21:31 ID:SehmzoAEO
>>181
俺も始まりはカトリックだよ
いつもマリア様がそばにおられました
あの記憶のおかげでいかなる絶望をも乗り越えてたどり着きました
全てを捨てた時、全てを受け入れる時、そして跳躍方程式へ…


193 :鬼和尚:2007/04/26(木) 21:55:51 ID:WQQ8ER+W0
わしの喝が効いてみんな元気が出たようだな。
激しく反応しとるな。
前の過疎ぶりが嘘のようじゃ。

>>179 アンカーを間違えたのか?
もちつけと言いたい。

>>180 わしの寺はわしの心の中に在る。

>>184 お主が一番激しく反応しておる。
 わしの言葉が心に届いておるのじゃ。
 恐れることはない。
 わしの言葉を受け入れるがいい。
  

194 :本当にあった怖い名無し:2007/04/26(木) 22:15:07 ID:pVj7PgYZ0
馬鹿なコスプレごっこだよ

195 :本当にあった怖い名無し:2007/04/26(木) 22:35:49 ID:F0CcwDax0
悟りを開きたきゃ苦労シナ

「慧可断肘」のような覚悟と痛みを伴うものさ

196 :本当にあった怖い名無し:2007/04/26(木) 22:58:48 ID:7RpWfZN90
俺は己の性欲を完全に制御できる。3次元の相手と関わらずにすんでいる。すごいだろう。

197 :本当にあった怖い名無し:2007/04/26(木) 23:08:43 ID:GWN/zh40O
>>196
つまりあなたは2次元万歳と、こう訴えたいわけですね。

198 :本当にあった怖い名無し:2007/04/26(木) 23:14:49 ID:MpaIdzXs0
>>193
> >>180 わしの寺はわしの心の中に在る。

ちょっと待て。
じゃ、ちゃんとした僧侶じゃないのか?
ソレ、身分詐称になるぞ。
仏教をちゃんとやってる者は安易に身分を詐称したりしないぞ。

199 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/26(木) 23:51:49 ID:PhsUMqTlO
二次元なんてまだまだだよ。極めればオカズ無し指一本でイケるようになるよ。

200 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/27(金) 00:22:06 ID:8B2085R/O
あと、監察医のぶっちゃけトークによると首吊りながらオナニーしてる途中で
間違って死んでしまった遺体がけっこう多いらしい。
わたしは、hideの死因はそれじゃないかと疑っている。
死とエロは密接に関わっていそうだと思われるが、単なる脳の構造上による幻想かもしれん。
以上のことを鑑みて、下ネタ無しで進行というのはどうも謎。


201 :本当にあった怖い名無し:2007/04/27(金) 03:30:35 ID:+bc6g3Mj0
【私度僧(しどそう)】正式に得度、認定を受けず(勝手に)、自分で剃髪し得度し、
僧侶の服装をした僧侶。空海も私度僧のまま遣唐使として渡唐している。
山林修行僧、山岳修行僧。

202 :本当にあった怖い名無し:2007/04/27(金) 07:03:18 ID:o+SNmTojO
>>200
だって相手おらんもん。オナニー狂ですが。指一本ツボ派です。セックルまんどくせー('A`)

203 :本当にあった怖い名無し:2007/04/27(金) 07:56:59 ID:XwS2q1gh0
これからや菩薩道って、身元明かした事あるの?

204 :本当にあった怖い名無し:2007/04/27(金) 09:20:19 ID:ER3vtz/I0
>>201
鬼和尚のフォローのつもり?

私度僧どころじゃなく、僧の中でも位置のある和尚を名乗っているのが問題。

205 :鬼和尚:2007/04/27(金) 09:45:47 ID:sTzt1msu0
>>198>>201のようにわしを空海と同じといいたいいのか。
 まあ、空海もなかなかいいやつじゃ。 
 わしと同じといってもよかろう。
 そう言うことを許可する。

206 :本当にあった怖い名無し:2007/04/27(金) 10:07:23 ID:ZjnfkXEHO
このスレしか読んでないけどヨスレだと思ったのに〜
あんたおもしろがってるな

207 :鬼和尚:2007/04/27(金) 10:19:20 ID:sTzt1msu0
わははははははははははははははははは

笑いも必要じゃよ。
肩の力を抜け。
リラックスするのじゃ。
焦りや恐れは必要ない。

己が最高に素晴らしいと知っていれば、全てに余裕が出る。
この社会でも人間関係でも、深刻になるようなことは一つも無い。
世界は笑いの内に変転していくだろう。

208 :本当にあった怖い名無し:2007/04/27(金) 10:21:15 ID:5MlVXNtb0
ぶひゃひゃひゃひゃひゃ!

209 :本当にあった怖い名無し:2007/04/27(金) 10:21:49 ID:5MlVXNtb0
おーっほっほっほっほっほ!

210 :本当にあった怖い名無し:2007/04/27(金) 12:12:00 ID:XwS2q1gh0
たった3文字「ワロス」で事足りる。


211 :本当にあった怖い名無し:2007/04/27(金) 14:56:32 ID:U7NCSOZZ0
>>203
無い。書き方からして20代前半の男性と推測しているが。

212 :本当にあった怖い名無し:2007/04/27(金) 15:04:23 ID:ZjnfkXEHO
漠然と40代後半だと思ってた。

213 :本当にあった怖い名無し:2007/04/27(金) 19:53:53 ID:o+SNmTojO
これからは20代、菩薩はまだ学生だろ
世間を知らなすぎる

214 :鬼和尚:2007/04/27(金) 20:52:07 ID:sTzt1msu0
さて、今日の説法じゃ。

 もしおぬし等が100の力を持っているのに、自分には10の力しかないと思っているとしよう。
 そうすると一生10の力しか出せないで終わってしまうだろう。
 もしおぬし等が自分には100の力があると知っていれば100の力を出せる。
 そして、1000の力があると思えば1000の力を出せる。
 さらには自分には最高の力があると知れば、無限の力を出せるであろう。

 無限。

 無限の力がおぬし等の心に宿っている。
 だからして己の力に限界を作ってはならん。
 おぬしがもしも総理大臣であったとしても、自分にはさらにそれ以上の力があると知るのだ。

 信じるのでも、考えるのでもない。
 知るのだ。
 自分には無限の力があると知る。
 その事実を受け入れるのだ。
 そして無限の力をこの世界に叩きつけよ。
 世界はおぬしのものだ。

215 :本当にあった怖い名無し:2007/04/27(金) 20:52:21 ID:XwS2q1gh0
>>211-213
今、向こうのスレを見てきたが、またもや発狂したようだな。


216 :本当にあった怖い名無し:2007/04/27(金) 23:22:19 ID:U7NCSOZZ0
悟ってもなぁ、
何か出来なきゃただのウンコ製造機だし。

217 :本当にあった怖い名無し:2007/04/27(金) 23:46:30 ID:4k/wvdy70
なにが「わしは〜」「〜じゃよ」だ。
普段はぼく口調のくせに。


218 :本当にあった怖い名無し:2007/04/27(金) 23:57:48 ID:ZjnfkXEHO
悟りを開けば完全な神通力も得ると思うのだけど?

219 :本当にあった怖い名無し:2007/04/28(土) 00:10:05 ID:6u31zvY20
人が、知恵を忘れ知識のみを求めだした時、自己中心的になり排他的になりそうな予感がする。

220 :本当にあった怖い名無し:2007/04/28(土) 01:32:50 ID:3A6n/n0tO
>>219
知恵が無くて知識だけの人間なんて、機械と同じ。
言われた事しか出来ないダメ人間。そんな人生、つまらんよね(^ω^)

>>214
つまりお前は
俺SUGEEEEEEE!!11!って思ってんの?

221 :本当にあった怖い名無し:2007/04/28(土) 14:32:18 ID:UTONMLfF0
>>218
悟りを開いたら神通力なんていらねえよ、って思うんじゃないか?

222 :本当にあった怖い名無し:2007/04/28(土) 15:41:45 ID:olNrwufh0
>>218
得るけど悟った人にはそんなことどうでも好いこと。

223 :鬼和尚:2007/04/28(土) 21:03:01 ID:kqgePEcF0
うむ、諸君元気になってきたようじゃな。

>>216 そうじゃ、何でもやってみよ、やることを許す。

>>217 おぬしの頭に一発、ぼくっ! ジョークじゃよ。アフリカンジョークじゃ。

>>218 真の神通力はおぬしの心の中にある。そこには世界を変える力が宿っている。それを人は愛と呼ぶ。

>>219 そうじゃ、よいところに気がついた。知恵こそが人を導く唯一の灯火なのじゃ。

>>220 まだわしの言葉を受け入れる準備が出来ておらんな。
 恥ずかしがるな。ちっぽけな常識など捨てろ。今まで生きてきた自分を認め、誉めてやれ。

>>221>>222おぬしらなかなか鋭いな。全て力は虚しいものじゃ。忍耐力と努力を抜かして。

224 :本当にあった怖い名無し:2007/04/28(土) 21:26:33 ID:G5KCmy6d0
良スレの予感がしたので宣伝しに来ました↓

「今・ここ」という悟り方1
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1177603348/

225 :本当にあった怖い名無し:2007/04/28(土) 21:53:55 ID:PHBrdNSZ0
>>214バカの壁、隋の二代、煬帝と秦の始皇帝の作った土塀…なんて言ったけかな…。
その心や頭の中の、自分で作った限界を打ち破れ、打破しましょうというおせうさんの
有り難い教え、目が覚めました。ありがとうございます。全力でやってみます。
バーリンの壁も壊されたことですし祢。ソ冷え土差階過ぎ狂歪国連邦も崩壊したことですしね。

京都の名刹大徳寺大仙院の名物和尚。
一休禅師を始めとする多くの名僧を輩出し、村田珠光、武野紹鴎、千利休も参禅したという
京都でも有数の規模を誇る禅宗寺院。織田信長、蒲生氏郷、石田三成らの墓も境内にある。
33才の若さで大仙院の住職となり現在に至る。
その豪快で、かつ優しさにあふれる説法は、私たちに生きる力と自身を与えてくれます。
名物和尚、尾関宗園おぜきそうえんさん、いつもありがとうございます。

信じるのでも考えるのでもなく、知ればいいのですね。
ぼくにも野望があります。

226 :本当にあった怖い名無し:2007/04/28(土) 23:59:23 ID:eSSOejNiO
>>221-222
生きていれば、肉体の苦痛や他者との意思疎通の弊害があるから、要らないこともないかと…。

227 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 00:45:39 ID:9NyLNmly0
白隠禅師が神経衰弱にかかったのはたしか悟り開いた後だったような。
それに仏陀も最期は病気で亡くなってるよね。

悟ると、どうして神通力がでる、ということになるの?
なぜ関係があると思うのか、そこを知りたいな。



228 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 02:29:04 ID:idKSZAg90
悟ったからって超人になるわけじゃないんじゃない?

229 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 02:46:38 ID:FOEV4LCq0
というか、人間本来の純粋な状態になるというか、戻るんじゃないかな。
そうなった状態の人間と、色々な煩悩に振り回されて余計なエネルギーを
使っている普通の人(色々無駄なことに力を使って疲れ切った人間)とでは、
自ずと色々なことに差が出ると思う。疲れ切っているので頭が回らない
とかね。で、悟っていない人が悟った人を見ると超人であるかのように
見えてしまうことがある、ということなんじゃないかな。


230 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 03:03:06 ID:3yTAxpkRO
悟ると、かめはめ波が打てるようになったり、空を飛べるようになったりするわきゃねーだろ
しかしリアルでそう思い込む奴がいないともいいきれない
麻原ジャンプとかさw

231 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 06:15:39 ID:MfifIc2/0
悟りに至る頃には神通力などの力を得ているというだけで。
あれだよ、仙道の尸カイとかさ。

232 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 07:38:05 ID:EiTijRBr0
>>228
俺もそう思う。
だが、最低限言える事は、某コテは勘違いしている事。
今や別板に爪弾きされたアヤツね

233 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 11:56:56 ID:WMRZZHTR0
悟りというか、死を受け入れた、という感じで日々を生きています。
いつ死んでも構わない。欲望がなくなるわけじゃありません。
ただ、人を押しのけてまでかなえ様とは思わない、という感じで。

悟りを開いたあと、正直することがありません。
できれば世の中が良くなることに貢献したいとは思っていますが。

欲望はある程度満たしてきました。俺の場合はセックスですが。
たいしてしてませんけど。それも一つの悟りを開けた要因だと
思います。

234 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 12:42:17 ID:iJutbLYC0
解脱能力により実際に死を克服した先に悟りがあると思う。

235 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 13:09:57 ID:loBgRUEf0
まぁ、
人間のDNAレベルで刻み込まれてる「欲求」を否定するって事は、
まぁ、何ていうか、「人間否定」って事だからな。

超人っちゃ超人かww

236 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 15:28:49 ID:9NyLNmly0
大乗仏教でいう悟りは欲望を否定することじゃないよ。

237 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 18:21:49 ID:FOEV4LCq0
>>230
昔から宗教はそういう超人的な教祖みたいなのを使って人集めしてたな。
キリスト教でも仏教でもそう。そういう風にしないと人が集まらないからかも
知れないが。その後集まった人をどうやってまともな方向に引っ張って行く
かで失敗するとオウム風になっちゃうんじゃないだろうか。


238 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 18:55:19 ID:qGjIJ4u/0
>>237
本当に良い物なら、
人集めしなくても集まるんだよ。

良き物でないのに
人集めをするという事は、金稼ぐためにきまってんだろ。

239 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 19:11:59 ID:sfXa6GN4O
>>238
そりゃそうだな。


240 :ゆみ:2007/04/29(日) 19:13:32 ID:04wI3DW30
>>238
そりゃおまえの行動様式だろう。

241 :鬼和尚:2007/04/29(日) 20:55:02 ID:zCvpmWc50
>>225 うむ、おぬしなら必ず出来るだろう。

その他の諸君は神通力に夢中のようじゃな。

悟りを得たものがいきなり筋肉モリモリになり、体力が倍になるということがあり得ないように、悟りを得たからといって神通力などは身につかない。
悟りを得た者が身につけるのは智恵なのじゃ。
正智、妙観察智などの智恵が身につくのじゃ。
それらの智恵も又、おぬし等の中に眠っておる。

人間はそれらの智恵の力で空を飛ぶことも出来、海にもぐり、宇宙にまで行く事が出来た。
神通力などは必要ないのじゃ。
智恵こそが人を偉大にするもの。
ただ妙な力があるだけで智恵がないなら、ゴリラやチンパンジーと変わりはあるまい。

おぬし等も智恵を磨いて偉大な者になるがよい。
わしが許す。







242 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 21:17:44 ID:9NyLNmly0
このコスプレキャラ案外まともなこと喋ってんな。

243 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 21:21:51 ID:bpfjBPbiO
「なぜ生まれてきたのか?」「死後この心はどうなるのか?」「生命はどこから来てドコに行くのか?」「生死とは?」
大失敗後、失恋後、死とはどんなことかを知った時、誰しも一度ぐらいは思うのでは?
冒頭の疑問は、一度は悩むようにプログラムされていると思う。
究極に知りたいと思い生死の狭間で知恵?智彗?(別次元との融合?送られてくる?)を体験すると通力がつくと思う。
しかし、それが悟りだとは思わない。もっと奥があると思う。

244 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 21:32:37 ID:bpfjBPbiO
>>241 妙な力のあるゴリラやチンパンジーは危険だと思うので早急に悟ったほうが良いと思うのですが、智恵とは具体的になんでしょう?

245 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 21:51:51 ID:kD/yqcyy0
悟りとは、地球にまた地球より大きなものに生かされていることを知ることです。人間のちっっぽけな感情が何かに影響することはないのです。蟻でさえ家を自分で作る。追いかければ逃げる。何をいいたいかわかりますか?

246 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 22:01:23 ID:9NyLNmly0
仏教的にいえば、神通力は天部のものであって、菩薩の目指すものではないような気がする。
如来は真如の人格化だし、親鸞や道元は神通力のようなものはなかったと思うよ。
明恵や法然はそういうものがあったとされているけど、それは結果として付帯したものであって、
悟りを開いたからといって、必ずしも神通力のようなものがつくものじゃないと思う。
そこは単なる個性の問題だろ。逆にシャーマンだったら、悟りを開かなくても超能力的なものがあるだろうし。
むしろ、目指す体系が違う。



247 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 22:21:33 ID:sfXa6GN4O
ああ。このスレにまともな人が居着いてくれてよかった。

248 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/29(日) 22:29:53 ID:iSmHKz4AO
神通力を得たら空飛びたい空。フライングヒューマノイドに成る。

249 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 22:38:25 ID:bpfjBPbiO
>>245
「生かされている」ことに異存はなけいけれど、なぜ生かされているのかを知りたいのです。
人間のちっぽけな感情でも影響すると思います。

250 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 23:06:33 ID:bpfjBPbiO
>>246
なるほど。
菩薩は人を救いたい者と解釈しています。
ところが私は人を救いたいのか怪しい。目前で困っているなら何かしたいと思うけれど自分が安全圏にいればです。極端に言えば身代わりに死ぬことや地獄に行くことができないと思う。
仏は苦しみの無い境地とあらゆる生命の理を知っていると思う。宇宙の創造も。
ある賛話(だったと思う)に「本当に仏になりたいか?」という一文がある。そのセリフの裏には諸々の苦労を含んでいると思う。
そこで私は成りたいのか分からなくなった。
もしシャーマンを目指すなら何を目指し目的とするのですか?

251 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 23:11:07 ID:qGjIJ4u/0
>>250
DNAについて勉強した事ある?
何でチンコとマンコがあるか知ってる?

252 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 23:21:51 ID:bpfjBPbiO
>>251
その話をしても求める答えは得られない。

253 :本当にあった怖い名無し:2007/04/29(日) 23:34:14 ID:qGjIJ4u/0
>>252
得られるだろ。
それが全てさ。

究極的には自分の事しか考えてないんだよ。
全員。
それを無理しちゃって誰かのためとか言い出すからおかしい事になる。
理由付けが必要になって、宗教化する。修行とか言い出す。

正直になろう。


悟りを得て誰かに教える事が出来たら気持いだろうなぁ。
シャーマンになって他の人と違う事してたら気持いだろうなぁ。
誰かを助けてお礼言われたら快感だからやりたいなぁ。
別に悟りじゃなくても良いから何か究極の人間になったらとっても気分良いだろうなぁ。

だろ?

セックスしたら気持いだろうからやりたいなぁ。

脳内的には何もかわらねーよ。

254 :本当にあった怖い名無し:2007/04/30(月) 00:05:36 ID:WD+3UVyWO
>>253 そうかぁと納得しそうになったけど、この世は修行だと思っている。
この体がなくなって残るものは、心で今は各自の体に遮断されている。100%の気持ちや感情は普通は伝わらない。
知らないから自分のことだけを考える。考えられる。死後心は残り遮断された体から離れ、人生を振り返り自分の心の大きさやあり方に気づくけれど、それでは遅いと思う。

255 :本当にあった怖い名無し:2007/04/30(月) 00:09:11 ID:Ba62D4yjO
てか、「〜したい」、「〜になりたい」は全部欲だし煩悩。欲はあってもいいが
欲であることに自分で気付いてなかったり欲に支配されてしまうと危ない。


256 :本当にあった怖い名無し:2007/04/30(月) 00:10:52 ID:Ba62D4yjO
あ、書いてる最中に間に書かれた。
まあいいか。

257 :本当にあった怖い名無し:2007/04/30(月) 00:17:15 ID:+kNnboRK0
>>254
人間の体で活動している限り、やはり限界はあるだろ。

254は生きている間に人間の体でいる限り不可能な事まで
実現「しなければならない」と思い込んでないか?
可能な範囲で自分なりに頑張ってやっていくだけでは何故いけないのか?

橋を渡る前に、
この橋は100%の強度が無いから、
100%の強度のある橋を作るために設計書から作らなければと、
橋の前でウロウロしている人の思考状態になってるぞ。

目的は生きるためであるのに、
生きる前の方法を考えている状態。
それが宗教や悟りなんかの話になっていく。

258 :本当にあった怖い名無し:2007/04/30(月) 00:22:59 ID:WD+3UVyWO
>>255 私もそれを書こうとしたけど、場合によっては煩悩欲望本能の分別が…?

259 :本当にあった怖い名無し:2007/04/30(月) 01:36:56 ID:WD+3UVyWO
>>257 考えてみた。そう言われるとそうかもしれない。
けど思想だけでこんなふうに考えているわけじゃない。
今はちょっと時間が頭の中がまとまらないけど、ありがとう。
目的は生きることは間違いじゃないと思う。けれど仏教ではの目的は??

260 :本当にあった怖い名無し:2007/04/30(月) 01:46:25 ID:dJapiq0l0
仏の気持ちが少しでもわかる人は迷える衆生を救うために努力をするはずだ。
まあこれはあくまでも自分は正しい考えを持っていると思っている人にいってんだけどね。

261 :本当にあった怖い名無し:2007/04/30(月) 02:00:51 ID:+kNnboRK0
>>259
仏教の目的は、
強度100%の橋を作る設計図を作る前に、
川がどこから来て、この世界はどうなっているのか?という切り口で
考えて「修行」しまくって、さらにそんな人たちから金を巻き上げる人たちもいたり、
そういう中で出来上がって行った概念なんだよね。

結局、それは無だ!って事になるんだけど、
似たような事は科学の世界で解明と解析が進められてる。

まぁ、結局最後は全員安心して橋を渡るんだけど、
一人が橋を渡って川に流されたら、
その流された原因を見つけて、その部分を強化していくような、
いわゆる「失敗に学ぶ」スタイルで、皆で渡りながら強度100%を目指すか、

完璧に世の中の把握をして、完璧な設計図を書いて、
完璧な施工方法で建造して、完璧な強度実験をして、完璧な橋を、
完璧な歩き方で渡ろうとしてるのが、修行とか、そういうジャンルね。
時々何を間違えたか、自称完璧な人が現れて神っぽく扱われちゃう。
オカルト板的に言えば、ただの宇宙人かもしれないのに。

強度100%の橋を作るのが大事なんじゃなくて、
渡りきる、生ききる事が大事な訳じゃない。
で、一人が生きたら、その生きた結果が、後世に残って、それを「参考」として若い人がまた生きる。
それが歴史や、教科書の一文になってたり、家訓とかになったりする。
今の人間に求められるのは、
生きて、様々な事を経験して、後世にそれを残す事なんだ。
それは、まだ誰も知らないたった一言なのかもしれない。

遠い未来の、
まるで全人類が悟り人になったかのごとくな世界を作るために。
違うかな?

262 :鬼和尚:2007/04/30(月) 21:46:25 ID:hld5UnwV0
なんだかえらく書きこみが増えたのう。
みんな元気になったようじゃな。

>>242 中の人などいない。

>>243 そうじゃ、疑問などもなくなり、己も滅却し尽くしたところに悟りはある。

>>244 智恵とは人が本来持っている能力じゃ。先入観や自我によって曇らされている智恵を、再び取り戻すことが能力から見た悟りと言ってもよい。

>>245 未だ知識に囚われておるようじゃ。知識に止まらずおぬしの内在する智恵を磨くべし。

>>246 うむ100点じゃ、正解じゃよ。

>>247 中の人などいない。

>>248 成るがいい、わしが許す。

263 :鬼和尚:2007/04/30(月) 22:07:45 ID:hld5UnwV0
>>249 >>250 人を救いたいと修行するのは大乗だが、全ての人がそうしなければならないということはない。おぬしはおぬしの答えを求めよ。

>>251 >>253 生物というカテゴリーに囚われているようじゃな。目前に在る物を推論の基盤にするのは己の思考を狭めることになろう。さらに大きな視野を求めるのじゃ。

>>254 >>258 >>259 おぬしも生物としての人に囚われているのう。人とはただ生物であるだけでなく、もっと大きな実在に到達できる智恵がある。それは人だけが持っている可能性なのじゃ。

264 :鬼和尚:2007/04/30(月) 22:08:33 ID:hld5UnwV0
>>255 そうじゃ。

>>257>>261 うむ、後の人に何かを残すために生きるというのも良い。

>>260 わしを呼んだかな?

265 :本当にあった怖い名無し:2007/04/30(月) 22:30:52 ID:xN4sP/xi0
確かパウロが苦しめる者を助けるためなら神の栄光から永遠に切り離されてもいいというようなことを言っていた。
菩薩も自分の悟りを捨てて、苦しめる衆生とともにいるため、欲と煩悩をもつ身体をまとった。
法蔵菩薩は衆生救済の本願が果たされるまでは本覚を得ないと誓った。
そして、すでに本願は果たされ、法蔵菩薩は阿弥陀如来になった。

この穢土において、すべての人が平等であり、神の目から見て差別されない。
差別は人間の目と心の中にある。
この差別意識を煩悩という。
義人は、どんなに自我にとって不快であっても、神の公平さを選ぶ。
それが真如だから。

時間は永遠が具象化したもの。
空間は無限が具象化したもの。
煩悩は悟りが具象化したもの。
人間は仏が具象化したもの。
物質界において。

悟りとはそれを知ることであり、
すでに救われており世界に包まれてるということを知ること。
超人になることではなく、何かを獲得するのでもなく、
以前と変わるのでもない。
自分も他者も真如の具象化であるということを知ること。


266 :本当にあった怖い名無し:2007/04/30(月) 22:38:29 ID:xN4sP/xi0
真の公平とは、
同じ快楽を等分に与えられることではなく、
快楽も苦痛も等価であるということ。

神は、人から見て一番小さく一番醜い者でも、
人から見て一番強く美しい者と同様に愛する。

ぶどう園で12時間働いたものにも、30分働いたものにも、同じ1デナリオン。

一番醜いものにも一番美しいものにも同じ愛。
快楽も苦痛も真如。



267 :本当にあった怖い名無し:2007/04/30(月) 23:00:39 ID:dJapiq0l0
なぜ悟りとは修行をしなくてはいけないということがわからないのであろうか。
なぜ知ることが悟りとなるのであろうか。
なぜあんいに仏様になれるとおもうのか。
そして謙虚に生きるという。自分が人よりも高く、偉くなっているがゆえに
慢心しないという配慮であろう。
馬鹿馬鹿しい限りである。精進している人は慢心などしないというのに。

268 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/30(月) 23:14:41 ID:WIBVo5TiO
苦しみが快楽のひとはどうすればいいんだろう。と、ふと思った。

269 :本当にあった怖い名無し:2007/04/30(月) 23:32:08 ID:vOAo3lfU0
その人にとっての「苦痛と快楽」なんじゃないかな。

270 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/04/30(月) 23:54:49 ID:WIBVo5TiO
>>269
楽しみながら修行してて、果たして悟れ(?)るのかなあ、と…。

271 :本当にあった怖い名無し:2007/05/01(火) 00:05:18 ID:nm7oWU3g0
新スレでうまくいかないからって、
戻ってくんなよ。

このままスレごとDAT落ちさせろ。

272 :本当にあった怖い名無し:2007/05/01(火) 01:08:59 ID:hvPIg/dm0
悉有仏性
山川草木悉皆成仏
となうれば我も仏もなかりけり

273 :本当にあった怖い名無し:2007/05/01(火) 01:09:31 ID:hvPIg/dm0
己身の弥陀
唯心の浄土

274 :本当にあった怖い名無し:2007/05/01(火) 06:28:12 ID:gW2Ej+M0O
書き現したことは核心ではなくなるが書く
究極は0
世界は究極のバランス
有は無 無は有。それ以外に理屈はない
余計な理屈は後付け説明。説明もバランスの一部。口に出したりこうして書き現しているものもバランスの一部になる。
書き現したものや教えから核心には基本的に至らない。この書き込みも導きにはならない
様々な思索を重ねて最後はシンプルになる
エネルギーは保存される 0で消える 0から生まれるかもしれない 思索中 バランスの中で生きる他はない

275 :本当にあった怖い名無し:2007/05/01(火) 08:42:12 ID:5p7uHc9L0
つまり人間はガラクタ箱だと

276 :本当にあった怖い名無し:2007/05/01(火) 08:44:00 ID:lLDeh/jh0
そして、そのガラクタそれぞれに価値を見出すのもガラクタ自身なのでした チャンチャン
ありがとう

277 :本当にあった怖い名無し:2007/05/01(火) 09:20:26 ID:rH73siPS0
>>267
ん? 仏になるって、偉くなることじゃないと思うんだが。

謙虚になる理由は自分が小さい人間だと自分ではっきりと分かるからだよ。
だから努力して無理に謙虚な状態を演じるんじゃなくて、心の底から謙虚な
人になるんだ。それで、そういう自分のことを理解して謙虚にしている人を
他の人が見ると素晴らしい人に見えるから持ち上げられて偉い人として
扱われるんだよ。だから本人は偉くなろうとも偉くなったとも思ってない。
むしろそんな風に自分のことを偉い人だと思うのは事実に反するから
やめてくれと思ってたりするもんだ。


278 :本当にあった怖い名無し:2007/05/01(火) 09:30:29 ID:CNDzqlZS0
>>277


なるほど。
それなら「わしが許す」なんて書き込んでいる何の権限を持ってるんだか解らないやつが一番ダメダメだなw

279 :本当にあった怖い名無し:2007/05/01(火) 09:31:59 ID:4hdCr4DO0
普段そんな乱暴な言葉使わないのに
ネットだから使う人っていますよね

280 :本当にあった怖い名無し:2007/05/01(火) 09:33:47 ID:KGTxPVsL0
「これから」

281 :本当にあった怖い名無し:2007/05/01(火) 09:42:13 ID:rH73siPS0
新約聖書にもこんな話が書いてある。

http://www.cozoh.org/denmo/Luke.htm#C14V8
ルカ14:8
「だれかから婚宴に招かれた時は,上席に着いてはいけない。あなたより
身分の高い人も招かれているかも知れないからだ。 14:9 そうすると,あなた
方双方を招いた人がやって来て,『この人のために場所を空けてください』と
あなたに告げるだろう。その時,あなたは恥をかきながら最も低い場所に
着くことになる。 14:10 だが,あなた方が招かれた時は,行って,最も低い
場所に着きなさい。そうすれば,あなたを招いた人がやって来た時,『友よ,
もっと高い方へ移ってください』とあなたに告げるだろう。その時,共に食卓に
着いているみんなの前で,あなたは誉れを受けるだろう。 14:11 だれでも
自分を高くする者は低くされ,自分を低くする者は高くされるのだ」


282 :本当にあった怖い名無し:2007/05/01(火) 09:44:50 ID:hvPIg/dm0
>>277
そう思います。
さらにいうと、「謙虚」以上に、煩悩から絶対に逃れられない自分の「みじめさ」の自覚ですね。
浄土真宗の人なんかはオノレの悪性を自覚したり
人生への苦痛から、自分の矮小さをはっきり自覚した時に、逆転的に往生するらしい。
これはキリスト教の「へりくだるものは(神に)高められる」と同じだと
禅の鈴木大拙がいっていた。
むしろ自力の修行で「悟ろう」「悟った」とするものは、「増上慢」におちいり、魔境を
悟りとすることもおおい。鎌倉時代の比叡山仏教や初期の白隠禅師のように。

「謙虚」以上に自分のみじめさ矮小さと向き合うことだから、
自分がえらいとか、仏が自分を置いて他に存在するとか考える余裕もない。

浄土真宗の往生した人を妙好人というけど、その人たちやパウロの書いた
文章は、一貫して「自分という存在のみじめさ」について書かれている。

宮沢賢治も自分を「歯ぎしり行き来する修羅」と悲しんでいるし、
神を体験したというシモーヌ・ヴェイユもそう。
そこは自力の修行を旨としている禅宗でも認めるところだと思います。
一休や大拙も。


283 :本当にあった怖い名無し:2007/05/01(火) 09:45:13 ID:rH73siPS0
>>278
あれは半分ギャグで演じているだけだと思うけどな。w



284 :本当にあった怖い名無し:2007/05/01(火) 09:53:48 ID:rH73siPS0
>>282
> むしろ自力の修行で「悟ろう」「悟った」とするものは、「増上慢」におちいり、魔境を
> 悟りとすることもおおい。

努力したり苦労したりすると自分は人より偉くなったと勘違いしてしまう
ことがありますからね。それで人前で偉そうにしてしまったりして。
その辺が恐いところですね。


285 :本当にあった怖い名無し:2007/05/01(火) 10:32:07 ID:LzMmmyAqO
悟ってももとに戻るものだよ
坊さんはほとんどが偽善

286 :本当にあった怖い名無し:2007/05/01(火) 10:34:06 ID:rH73siPS0
>>285
今の坊さんは大半が職業でやってるだけでしょう。


287 :本当にあった怖い名無し:2007/05/01(火) 10:37:38 ID:5p7uHc9L0
各々が持つ「悟り」のレシピおもしろい。

ガラクタ箱に放り込んでおく。



288 :本当にあった怖い名無し:2007/05/01(火) 19:52:55 ID:hvPIg/dm0
>>285
でもまあ一理あるかな。
道元は悟りについて、
修行をして、ある境地に達して、それでおしまい、というものではなく、
次から次へと煩悩は出てくるから、それに一生対処していくもの、と言うようなことを言っていた。

そういう解釈で悟ったからおしまい、という人は「仏道を知らぬものなり」といってた。
まあ仏教の話だけど。

つまり、マラソンみたいに「走る→ゴール(達成)→終了」じゃなくて、
庭に葉っぱが次々と落ちてくるのを、「一生掃除しつづける」ようなものらしい。
たしかに「大悟」というものの経験はあるだろうけど、
それは、「大掃除」みたいなもので、またどんどん葉っぱ(煩悩)は、
自然に出てくるんでしょう。
だから、頓悟よりも漸悟が重要なわけで。

まあ、(自力の法門)で悟ろうという、あるいは(他力の法門)で救われようという
のは、「庭の汚さに気がついて、本来の姿に戻りたい」という発願でしょう。
普通の人は、葉っぱが庭に積もっていることにも気づかず、
もとの庭がどんな様相だったかも忘れて日常を過ごしている。

自力の修行って、その積もった葉っぱを取っていく作業のことだと思う。
そして、浄土宗やキリスト教みたいな他力の法門は、
自分の庭の汚さを自覚することによって相対的に本来の庭が現出する
というか、まあ結局「葉っぱ」に気づくことが両方ともキーなので、
ただアプローチが違うだけで、本質は同じことらしい。


289 :鬼和尚:2007/05/01(火) 20:24:20 ID:KR7MK0ni0
>>265>>266 そのような修辞の言葉を連ねて何になろうか。もっと己を晒すのじゃ。己の全てを曝け出さないなら、ここに書きこむ意味すらもあるまい。

>>267 その通りじゃ。日本語の悟りという言葉は知識を得るということばと同じ意味があるから小さな知識を得た者が、自分は悟ったなどと勘違いする。悟りは知識でも体験でもなく、認識そのものの転換なのじゃ。

>>268->>270 中道は苦痛も快楽も離れた道じゃよ。おぬしも来なさい。

>>274 思考に囚われているようじゃのう。己の心を見つめよ。そこにこそ全ての真理がある。

>>275>>276 己を安っぽいものとしてはいかん。自らに最高の価値を見出すのじゃ。


290 :本当にあった怖い名無し:2007/05/01(火) 20:30:25 ID:caC2vpxOO
>>288
あー。葉っぱね。うまい言い回しだなあ。

まあしかし、俺の部屋は本で山盛りで元の部屋の様相がどんなだったか
思い出せないな。w

291 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/05/01(火) 20:30:35 ID:BuE0cSmkO
>>289
苦痛も快楽も極め尽くしていないので、まだ悟れません。

292 :鬼和尚:2007/05/01(火) 20:34:48 ID:KR7MK0ni0
 さて、残りは謙虚についての話であったか。

 謙虚とは何か、或いは何に対して謙虚であらねばならぬかということになれば、それは真実に対して謙虚であらねばならないということになろう。
 真実に対して謙虚であれば、真実の表れを見出すことが出来よう。

 しかし、人に謙虚であることにより、認められようと思うのであればそれは揚棄に他ならない。
 謙虚であると言うことだけで、人を判別しようとするものは、謙虚なる詐欺師にだまされ続けることにもなろう。
 詐欺師というものは実に巧妙に謙虚な者を装うものじゃ。

 謙虚であらねばならぬのは、真実を見出すためであり、それは心の在り様を顕わすものならば外に現れることもあるまい。
 己の内にある真実を見出すことに勤める者こそ、真に謙虚な者と言えようか。



293 :本当にあった怖い名無し:2007/05/01(火) 21:10:53 ID:hvPIg/dm0
>そのような修辞の言葉を連ねて何になろうか。もっと己を晒すのじゃ。己の全てを曝け出さないなら、ここに書きこむ意味すらもあるまい。

何の中身もない言葉のための言葉って感じだな。


>その通りじゃ。日本語の悟りという言葉は知識を得るということばと
>同じ意味があるから小さな知識を得た者が、自分は悟ったなどと勘違いする。悟りは知識でも体験でもなく、認識そのものの転換なのじゃ。

まさに言葉の遊戯だな。




アホくさ、、、。心底アホくさい。

294 :本当にあった怖い名無し:2007/05/01(火) 22:48:03 ID:5p7uHc9L0
ガラクタが安っぽいと?


295 :本当にあった怖い名無し:2007/05/01(火) 23:05:32 ID:gW2Ej+M0O
>>289
悪いけどあなたに批評される話はしたつもりはないから
しかしせっかくなので内容見るとほんと何にもわかってないな。なんにも触れてこない
むしろ菩薩のほうが間違いはあるにせよ深いところまで自力で行ってたよ

296 :本当にあった怖い名無し:2007/05/02(水) 00:17:40 ID:d26/Kdq50
嫌なら書かなきゃいいのに

297 :本当にあった怖い名無し:2007/05/02(水) 00:26:11 ID:K/5f/DrY0
>>277
自分の文章を繰りかえし読んでみな。
面白いことが発見できるぞ。

298 :本当にあった怖い名無し:2007/05/02(水) 00:49:56 ID:KE/vKOy70
完全な悟りっていったら人間には、ほぼ不可能だって最近気付いた。
到達出来る可能性はあるが、そこまで辿り着こうって殆ど誰も思ってないから多分。
(自我でならそう思ってる奴はごまんといるが)
ある程度の悟り、と言うか世の中の理解が出来ると言うのなら出来ると思うが。
(理屈じゃなく頭のてっぺんから足のつま先まで全てが理解するてことで)

>>158の言っていることは尤もなのかも知れないが、
でも自分の決められ範疇以外に手を出すと上手くいかない。
挫折とかそれに向かないとか限界を超えるとかそう言うのじゃないよ。
運命とか宿命とかも人間の概念。もっと別の何か、
人間には分からない何かがあるらしい、だから人間である俺にも分からん。
とにかく無駄だから。
だから悪いことは言わない。
おまいら見る目をちゃんと養ったら現実に目を向けた方が良いよ。
だいたい地面に足を付けて這って生きてる人間に知れることなど、
どんなに粋がった所で高が知れている。

俺はそんなことをしてる間に30過ぎてしまったぜ、
これから就職先探してくる。まあ後は実践あるのみだな。
あっ完全なニートじゃないよ。ここ一年働いてないけど。

299 :本当にあった怖い名無し:2007/05/02(水) 01:17:00 ID:2jPnBbpx0
>>1 = >>35 =これから=いばら=鬼=ここから

そして、
>>1の目的は
>>33へ誘導する事。
(セミナー参加する必要は無しと言ってもこのスレで発言しても、
 本を読み感化され、自主的に洗脳状態に入った者は、参加するだろう。それが狙い)


悟りたかったら何も考えず瞑想や座禅をすれば良い。
王道はこれ以外に無いし、他の方法もネットで調べればくらでも出て来る程度の物。

本やセミナーに参加する必要は無し。
それなのに理屈をコネてしつこくスレを乱立する>>1は業者。


よって、
このスレは業者の、業者による業者のためのスレなので、
皆さんは注意しましょう。

*最近特にこういった、各種業者が誘導するスレが増えてます。オカ板以外でも。

300 :南無降三世明王と南無大威徳明王と五大明王☆:2007/05/02(水) 02:12:13 ID:6izFubiK0
チョンは日本から出て行け! チョンは日本から出て行け! チョンは日本から出て行け!





  f´ ~ 、_.ノ:::::::::::::::::::::::::ヽ:;:_::_::ノ ~ 、_.ノ:::::::::::::::::::::::::ヽ:;:_::_::ノ ~ 、_.ノ:::::::::::::::::::::::::ヽ:;:_::_::ノ ~ 、_.ノ:::::::::::::::::::::::::ヽ:;:_::_::ノ
  /`:ー:':::::::;:: ‐ ´  ̄ ` ヽ:;ヽ、`:ー:':::::::;:: ‐ ´  ̄ ` ヽ:;ヽ、`:ー:':::::::;:: ‐ ´  ̄ ` ヽ:;ヽ、`:ー:':::::::;:: ‐ ´  ̄ ` ヽ:;ヽ、
./::::::::::::::/,....、      r:.ヾ:':,::::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:':,::::::::::/:::::::::::::::::::::::::::::::::ヾ:':,:,:::::::::/-==ェ;、   ,,,,,,,,ヾ:':,
!::::::::::::/  i:::::::!      l:::::! l::l:::::::/:::::i:::::::!:::::::::::::::::::::l:::::!::l::l::::::/::::::::(●):::::::::::::::::(●) l::l:::::/-ー:ェェヮ;::)  f';;_-ェェ-l::l
::::::::::::l   ';::::ノ     o `~ l::!:::::l::::::::';::::ノ::::::::::::::::o:::`~::::l::!:::l:::::::::::::::::::::,,ノ(、_, )ヽ、  l::!:::l    ....:;イ;:'  l 、`~ l::!
!::::::::::l           、__ ,.    リ::::::l:::::::::::::::  、_   :::::::::リ::::l::::::::::::::: `-=ニ=- ' ::::::::リ:::::l    / ゙'''=-='''´`ヽ リ
ヽ::::::::':、            /:::::::::',、     \_ノ    /::::::::',、     `ニニ´    /::::::::',、  ´~===' '===''`/
 ` -:::_ヽ、       _ ィ´ ` -:::_ヽ、       _ ィ´ ` -:::_ヽ、       _ ィ´ ` -:::_ヽ、  `::=====::"ィ´
    /´::`::ー:::‐ァT:´:::::/     ./´::`::ー:::‐ァT:´:::::/     ./´::`::ー:::‐ァT:´:::::/     ./´::`::ー:::‐ァT:´:::::/
 __/ヽ::_::_:::::::;/ ヽ:_::イ   __/ヽ::_::_:::::::;/ ヽ:_::イ   __/ヽ::_::_:::::::;/ ヽ:_::イ   __/ヽ::_::_:::::::;/ ヽ:_::イ


301 :本当にあった怖い名無し:2007/05/02(水) 20:16:24 ID:WwEGSm0O0
日本人もチョンの醜悪さを世界に知らしめる為の組織をネット上で作るべきだ。

英文、フランス文、何でも用意してキチガイチョン民族の劣悪遺伝子を嫌悪させよう!



302 :鬼和尚:2007/05/02(水) 20:55:26 ID:I6uwMMKK0
>>293おや、おぬしはあれだけ謙虚について語っておきながら未だ身についてはおらぬようじゃな。
 おぬしのこれからの修行は、自らが語った言葉が嘘にならないように、本当の謙虚さを追求することじゃな。 

303 :鬼和尚:2007/05/02(水) 21:04:24 ID:I6uwMMKK0
>>294 高いのかな?

>>295 おぬしは菩薩の仲間か、ならば>>296の言うとおりここに書きこまず仲間のところに行ってあげた方が良いのではないかな。

>>297 面白い。

>>298 己に身きりをつけてはいかん。悟りを求めるのは一生の仕事じゃ。人生の最後の一日に悟りを得るだけでも良いのじゃ。もともとインドではこの世に未練のなくなった晩年に修行に入る。おぬしには未だその時期ではなかっただけじゃ。いずれ又、時期が来るだろう。

>>299 安心せよ。わしはカルトでもセミナーの勧誘でもない。いかなるカルトもセミナーも否定する。
 悟りを得るにはお主の言うとおりただ一人で瞑想し、己の心を観ることじゃ。
 セミナーもグルも金儲けのまやかしに過ぎぬ。

304 :本当にあった怖い名無し:2007/05/02(水) 21:19:18 ID:DlG9YQUs0
>鬼和尚

本当にあなたは下劣な人だ。

305 :鬼和尚:2007/05/02(水) 21:33:15 ID:I6uwMMKK0
>>304ありがとういい薬です。

306 :鬼和尚:2007/05/02(水) 21:34:51 ID:I6uwMMKK0
鬼和尚分封 のど飴もあります。

307 :本当にあった怖い名無し:2007/05/02(水) 21:58:31 ID:rFjZBvx50
>>鬼和尚さんに質問です。
わたしは未だに、なぜ菩薩道さんが皆に嫌われたのか、よく分からないのです。
さしつかえのない範囲で、どの辺がおかしかったのか解説してくれませんか。
よろしくお願いします。

308 :本当にあった怖い名無し:2007/05/02(水) 22:06:43 ID:RCp9rIKX0
>>307
これから=菩薩道=鬼=ここから

だから。

309 :本当にあった怖い名無し:2007/05/02(水) 22:27:18 ID:txmRTFql0
鬼和尚は>>131 だよ つまりは>>1でもある スレ伸ばすために必死なんだな バレてるのにあの文体 笑える

310 :本当にあった怖い名無し:2007/05/02(水) 22:57:57 ID:3LeTvlH10

己の価値を決めるのは己。
人がみな、我を見捨てた今こそ。

311 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/05/02(水) 23:52:57 ID:z30pqOs0O
>>309
確かに和尚はがんばって盛り上げようとしているように思える。常にアゲで…。
健気だね。

312 :本当にあった怖い名無し:2007/05/03(木) 00:13:40 ID:eMI0N3JI0
>>1は俺だ。勘違いするな。
所で一週間ほど留守にしてたらレスが伸びてて驚いた。
ネタ投下サンクス。
おまいらに感謝してるよ。

313 :本当にあった怖い名無し:2007/05/03(木) 00:34:25 ID:Dh/PwoJl0
>>312 0時越えてIDが変わってから出てくるところがミソ
ニラニラしながら演じてる所を見せてもらうよ

314 :本当にあった怖い名無し:2007/05/03(木) 01:13:29 ID:E8+56brI0
なんだろこのからみ酒は?

315 :本当にあった怖い名無し:2007/05/03(木) 09:35:57 ID:WEnAxqvH0
>>312
  >131の書き込みでは「sage」で>312では鬼和尚と同じでsageてないw

ここで「おまいら」と使ってるのも限られてるw

さて、>>312で「違う」と言い張ったから、意地でネトカフェかなにかでID変えて出て自作自演を続けるのかw

131が嘘を続ける為に踊りまくるのを静かに見届けようかな?ww

316 :本当にあった怖い名無し:2007/05/03(木) 13:16:15 ID:Lt6cPGx00
>>307

>>>鬼和尚さんに質問です。
>わたしは未だに、なぜ菩薩道さんが皆に嫌われたのか、よく分からないのです。

酷な問いだ
鬼和尚が菩薩道のスレに対抗意識燃やしてる当人なんだから……
その証拠にあちらのスレには鬼和尚のハンドルでの書き込みは無い
ほとんどの人はここと菩薩道のスレの両方をみているのにね

317 :本当にあった怖い名無し:2007/05/03(木) 13:24:57 ID:5dBTxOcf0
鬼和尚が>131なのは問題無いのに・・

菩薩道に対抗意識出して鬼和尚で登場したので恥ずかしくて別人の振りをしたいのは解るが、
>>312にて否定しちゃうと、今度は意地で演じ続けなければならないね。
別に責める気はないよ。スレ立てた責任を感じて盛り上げようとする姿勢は好きだ。
そんな責任は感じる必要もないのに、まじめなところが余分な責任を請け負ってしまうんだろうね。


318 :本当にあった怖い名無し:2007/05/03(木) 18:57:37 ID:ND1Xs8bNO
鬼和尚たんは華麗なる職人です…何故その心意気に気付かんのですか!自己犠牲ですよこれは!(つД`)

319 :本当にあった怖い名無し:2007/05/03(木) 19:26:13 ID:xYhPf2/b0
>>307
良い事を書いたからと、顔も身元も分からない相手を全肯定するのは危険かと。

嫌われた一番の理由
悟りを開いて精神的にも向上しているような書き込みをするも、時々現れる暴言癖。
これが致命傷だと思われる。
その暴言癖の方が、真の菩薩道の性格だということ。

320 :本当にあった怖い名無し:2007/05/03(木) 19:43:04 ID:HzBvd26i0
>>319
こういうことってみんなわかっていることだし、答になっていないんだよね。
それに菩薩道を肯定していた人はそれを暴言だとは思っていないし、
はたからみても、そんな暴言的ではない。しかし、
自分は救済をしているのにそれをなんでけちつけるのか、と言う感じで
通しているので、なんかいいくるめられちゃうんだよね。
修行者なのにけちつけられたら、いきなり仏陀のごとく、自分の説法を
邪魔するのは悪みたいな立場に立つのはおかしいでしょう。

321 :本当にあった怖い名無し:2007/05/03(木) 20:30:51 ID:HzBvd26i0
あと本当に真理学んで、物や金を与えることが愛だと思っている人って
おおいんだよね。そうして与え続けるということが物や金だと矛盾していくから
「智慧をもって与えよ」という、理屈で矛盾を解消しようとする。
すべてそういうふうに自己保身で真理を理解している。
「智慧をもって与えよ」というのも、ようは保証人にはなるな、とか、ようは
人を信用するなとか、あくまでも経営哲学のようなものであって、やはり
ないと困るというようなものではないでしょうか。松下幸之助の経営論とか。
必要なものであると。
つまり自分が必要でもないのに真理をしって、つまり、人に言うために
学んだ人って真理を実践する意味がないということなんだよね。
自分が生かされているってことも、とくに必要あることではないよね。
謙虚さもとくに必要としないでしょう。そうしなければいけないのであれば、
そうするだけでしょう。そんなのは真理ではないわな。
それを真理と錯覚するんですよ。

322 :鬼和尚:2007/05/03(木) 21:12:49 ID:e3Q+85Ig0
わしじゃよ。わっはっは。
又、一杯書きこんどるな。

>>307 これは大体、>>319>>320>>321の通りじゃろう。まだまだ修行が足りないようじゃよ。わしの教えを呼んで修行するように言ってあげなさい。

>>308>>309>>311 わしはわしじゃよ。もしかすると空海かもしれんぞ。油断するな。わっはっは。なぜみんなサゲる?

>>312 いや、おぬしはわしかもしれんぞ。あるいは尾関宗園かもしれん、油断してはいかんわっはっは。

>>313 みそじゃよわっはっは。もしかするとわしはわしかもしれんぞ。油断するな。

323 :鬼和尚:2007/05/03(木) 21:13:20 ID:e3Q+85Ig0
>>314 からんどるな。わっはっは。

>>315 アイデーを変えとるかもしれんぞ、油断するなわっはっは。

>>317 無問題かもしれんぞわっはっは。

>>318 正解はおぬしじゃ。わっはっは。I円

324 :本当にあった怖い名無し:2007/05/03(木) 22:09:28 ID:Dh/PwoJl0
笑い飛ばしてごまかそうとヤケに「わっはっは」が多いのがカワイイ

325 :本当にあった怖い名無し:2007/05/03(木) 23:07:18 ID:XUAdnyVG0
文章上で自分のことを「わし」とか、語尾に「**じゃ。」とか「**じゃよ。」なんて書くのは
若造が年配者を装う時以外はありえないww
ついでにIDのことをわざわざ「アイデー」なんてわざとらしすぎww

なにげに>>316をスルーしてるww

ID:eMI0N3JI0はもう今日は出てこれないww

326 :本当にあった怖い名無し:2007/05/03(木) 23:13:49 ID:QHLAEJlN0
何を思ったのか菩薩道、日記を書き始めてら

327 :本当にあった怖い名無し:2007/05/04(金) 01:50:12 ID:roRi31D40
では、悟りとは何かとなると、けっきょく
どれだけ多くの人を勇気の言葉をあたえて立ち直らせるか
みたいなことになっていくのではないか。つまり迷える人々を
助けるみたいなことになってくる。それが悟りであると。
つまり悟りには高さや広さ、深さみたいのがそれぞれあり、
形あるものでもなく、そういう意味で悟ったと言う状態はありえないのでは
ないかと。それで一生懸命自分だけ真理を実践して自分だけは高いと思って、
自分だけは進化できると、あたかも世の中のやつは心理を実践していないと
いうやつは、むしろ逆にむかってるかもな。

328 :本当にあった怖い名無し:2007/05/04(金) 01:57:50 ID:NaDMFhso0
禅でいうところの十牛図の入てん垂手(にってんすいしゅ)だな

「てん」は汚染した俗界のことであります。
垂手とは手を垂れることであり、人々に教え導くことであります。
汚染した世界に自ら飛び込んでいって人々を助け導く姿こそ最高の境地であります。
 幸せを得ただけでは自分のみが幸せになっただけであり、たしかに自分は救われたがそれだけでは真の人間とは言えません。
すべての人を救い助けることが必要であります。

http://www.kodaiji.com/entoku-in/tencows/cowflam.html

329 :本当にあった怖い名無し:2007/05/04(金) 04:15:42 ID:gc3C/nm90
>>325
君、語尾にwをつける癖、いいかげんやめようね。
きちがいか、精神薄弱者か?それともブラク?

330 :本当にあった怖い名無し:2007/05/04(金) 09:35:21 ID:9TTxRrZD0
>>329
自己紹介ですか?

331 :本当にあった怖い名無し:2007/05/04(金) 10:32:49 ID:gc3C/nm90
2006年10月23日 (月)
掛物3
■露堂々(ろどうどう)

もともと禅宗の言葉で「明歴々露堂々」といい「歴然と明らかに堂々と顕露していて、少しも隠すところがない」。翻って、得てして真理は高尚深遠なところに秘在しているものと考えられがちであるが、
それは、こちらの悟りが開けていないからであって、悟りの眼を開いた上で眺めてみると、真理は、ごく平凡卑近なところに実は少しも隠れる所なく、万物万象一木一草の上に堂々と顕露しているという意味で、
良く、好んで禅宗の関係者が色紙などに書く言葉です。

「明歴々 露堂々」とは、すべての存在が明らかに、すべての物事がはっきり現われ出ているさまで、そのままの姿のすべてが真理の現われであり、仏の表れであるという意味である。仏法とは必ずしも神秘的で
深遠高尚なものではない。松に吹く風の声、垣根の下の小さな野の花にも宇宙の大生命が息づき、明歴々、露堂々とあらわで出ている、そのことを感得するところに禅の妙味があり、茶禅一味の味わいがあるという
ものである。人生においても、執われず、あせらず、気取らず、ごまかさず、素直で、ありのままに堂々と生きたいものである。自分を飾れば不自然だし、虚勢を張り強く見せたり偉ぶれば、理論武装や無理がいく。
神仏に頂いた、与えられた立場や環境の中で神仏と共にあってかくすことなく堂々と生きようとするところに、この言葉が輝く。

「明歴々」は、すみきった、あきらかな様子。
「露堂々」は、何等かくすところのない生まれたままの姿。

332 :本当にあった怖い名無し:2007/05/04(金) 11:35:08 ID:7mcVrM0y0
うむ。やはりチンコは隠すべきではない。

333 :本当にあった怖い名無し:2007/05/04(金) 12:41:20 ID:roRi31D40
>>331
しかしむかつく文章だ。
仏の現れであると言っといて後半ではえらく高尚な教えをのべるなんて
けっきょく高尚でありたいわけだ。

334 :本当にあった怖い名無し:2007/05/04(金) 12:47:00 ID:7mcVrM0y0
よくわからんが、高尚だと、何か問題でもあるのか?


335 :本当にあった怖い名無し:2007/05/04(金) 13:44:28 ID:sSZcQ+1i0
>>331
いいですね、そういう感覚で物事を眺めてみたい。
周りの自然に対して、新鮮な洞察と素直な感動を体感してみたいです。

高尚を求める心に虚栄が宿るのかもしれませんね。

336 :本当にあった怖い名無し:2007/05/04(金) 16:09:52 ID:l507NzMB0
>>329

それでは>>329を見習って、>>325を修正します。


文章上で自分のことを「わし」とか、語尾に「**じゃ。」とか「**じゃよ。」なんて書くのは
若造が年配者を装う時以外はありえない きちがいか、精神薄弱者か?それともブラク?
ついでにIDのことをわざわざ「アイデー」なんてわざとらしすぎ きちがいか、精神薄弱者か?それともブラク?

なにげに>>316をスルーしてる きちがいか、精神薄弱者か?それともブラク?

ID:eMI0N3JI0はもう今日は出てこれない きちがいか、精神薄弱者か?それともブラク?


>>329アドバイスありがとうございます。かなりインパクトのある文章になりますね。

337 :本当にあった怖い名無し:2007/05/04(金) 20:21:00 ID:gc3C/nm90
>>325
>>329で誤解の生じる批判をし大変申し訳ありませんでした。
草の生えた記号は2ちゃんねる上では最早過去の遺物、不要な修飾という意味でした。
大げさに基地外とか書きましたが決して貴方が精白でも基地でもないのは言うまでもありません。
しかし公の場を借りそのような愚弄する発言をしたことは許しがたい冒涜でした。謹んで深くお詫びいたします。
なお>>325の文の内容はよく読んでいないので文そのものに対する私の感想も批評もありません。ことをつけ加えておきます。

338 :本当にあった怖い名無し:2007/05/04(金) 20:31:23 ID:QsWEjvFL0
>>337
>文の内容はよく読んでいないので文そのものに対する私の感想も批評もありません。

内容も読まないのに部分にだけレスを付けるんですね。 きちがいか、精神薄弱者か?それともブラク?

339 :鬼和尚:2007/05/04(金) 20:44:46 ID:0dUXnK/10
わしじゃよ、わっはっは

>>324 いや、おぬしのかわいさには負ける。わっはっは。

>>325 わしはほんとはリアル厨房かもしれんぞ。わっはっは。愛出に興味しんしんじゃ。
一つ抜けておったか。

>>316 わしが燃やしているのは対抗意識ではなく、愛なのじゃ。英語で言えばらぶ。
 愛するおぬしらに語るためにここにのみ書きこむのじゃよ。わっはっは。

>>327>>328 いいこと言うではないか。偉いぞI円I円

340 :鬼和尚:2007/05/04(金) 20:46:47 ID:0dUXnK/10
>>229->>338 ケンカは止めるのじゃ。
 いかんぞ。−I円

341 :鬼和尚:2007/05/04(金) 20:48:41 ID:0dUXnK/10
まちがえた。
>>329と>.>338じゃった。

342 :本当にあった怖い名無し:2007/05/04(金) 20:53:33 ID:fjvdWWVQO
鮃のこだわりはげちゃびん

343 :本当にあった怖い名無し:2007/05/04(金) 21:25:37 ID:C1fQGwZLO
鬼和尚「ワシの悟りは108式まであるぞ!」

>>337
芝は今でも使うだろ…常識的に考えて……wwwwwwwwwwwwwww

344 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/05/04(金) 21:48:56 ID:iY2oCUqqO
>>337
そりゃ、凡人なんかと一緒にされちゃあ、気違いも御立腹だよ。
冒涜もいいとこだ、ってね。

345 :本当にあった怖い名無し:2007/05/04(金) 21:52:54 ID:qziXwQs70
>>339

>愛するおぬしらに語るためにここにのみ書きこむのじゃよ。わっはっは。

それならここのスレタイと違う展開をしないでほしいな。
鬼和尚の内容は菩薩道スレの方が合うでしょう。
ここのスレタイの「悟り」から「これから」の話は?

それから「おまい」から「おぬし」に途中で変わってきてるのはナゼ?w
あんまりとぼけたまま進めてると、そのうちに大玉を出すよ?
おもいっきり赤っ恥かきたいんだ?ww
じゃ恥がもっと大きくなるまで踊らせておくよww

346 :本当にあった怖い名無し:2007/05/05(土) 09:30:04 ID:vxGojYuQ0
職業が和尚でもないのに和尚を名乗ったりし、虚勢で信用を得ようとしたり、
言葉も演じている状態では真理から遠ざかっているのは明白な事。

民衆を惑わす行為の罪深さを知らぬわけではあるまいに。

347 :本当にあった怖い名無し:2007/05/05(土) 15:12:20 ID:mKFsKHaKO
しかし嘘も方便とも言う。
大切なのは嘘かどうかではない。

348 :本当にあった怖い名無し:2007/05/05(土) 16:06:04 ID:vxGojYuQ0
>大切なのは嘘かどうかではない。

その部分についても不純な動機なのはバレてるだろうに。

349 :鬼和尚:2007/05/05(土) 20:13:45 ID:KVumh4nn0
>>342 そうじゃはげちゃびん。

>.343 そんなアニメは知らん。中の人などいない。

>>344 おぬし・・・・オカ板のこわいスレに軒並み参加しとらんか?

>>345 おやおや、わしの話が悟りへの道だと未だ判らんようじゃのう。
 よいかな悟りを得た者は道しるべのようなものじゃと、お釈迦さまも言っておられた。
 後から道を行く者のためになることを説法するのが、悟りを得た者の役目じゃ。
 わしの説法はみんなおぬしらを勇気づけてやり、励ましてやるためにあるのじゃ。
 そして悟りを得た者は輪廻が終息し、無余涅槃に至る故に、わしのこれからとは愛するおぬしらのことだけなのじゃ。
 うまくまとまったのう。   
 
 しかし、おぬしがそんなにわしの説法が待ち遠しいとは知らなかった。
 あんまり説法ばかりだと嫌われると思っとったが。
 それなら又一発やるかのう。

 口調が変わるのはキャラ設定がまだ完全じゃないからじゃよ。
 いや、中の人などいない。

350 :鬼和尚:2007/05/05(土) 20:27:54 ID:KVumh4nn0
>>346 >>348わっはっは わしこそが和尚と呼ばれるのにふさわしい者じゃよ。
 真理とは我が教えそのもの、そして民を目覚めさせる我が教えに全ての世の如来と天神たちが称賛を送っているのが聞こえないのかな?

 未だわしをどこかのカルトなどと勘違いしているようじゃのう。
 わしの書きこみを良く見るがいい。
 わしがどこで本を買えとか、カルトの集会に参加せよと書いている?
 先入観などは取り払い、真の教えを味わうがいい。

351 :本当にあった怖い名無し:2007/05/05(土) 21:07:55 ID:qkUNvCn50
>>350
>口調が変わるのはキャラ設定がまだ完全じゃないからじゃよ。

不完全な状態で何ぬかしてる?
半分やけくそになってきているのがよく伝わってきてるよ。

352 :本当にあった怖い名無し:2007/05/05(土) 21:25:36 ID:mKFsKHaKO
あの菩薩がこのスレに住み着いてたらここでキレてあなたにはわからないだろうけど
とか去れとか言い出してスレが荒れて終わりだろうな。

353 :本当にあった怖い名無し:2007/05/06(日) 00:06:27 ID:RWR49YWIO
少しばかり悟ったつもりになっていると、異なる考えは邪道に見えてくる異論を唱えたくはなるね。
誰かさんの返レスによって悟りが開ける人がいるのか疑問。
宗教板のスレを見てこのスレに来たけど、本当に悟りを得た人はいますか?
たまに誰かわからないけれど感心するレスもあるけどね。
因みに空=無ではないと私は思う。無は無だけれど空は有だと思うから。

354 :本当にあった怖い名無し:2007/05/06(日) 00:53:40 ID:5BRz7NbJ0
たとえば、100人のうちに80人が地獄におちるとする。
そういう話をきいて自分がその80人の中に入っていると思う人は
まだいいほう。しかしそれを聞いても自分は関係ない、絶対自分は地獄に堕ちる
わけないと思っている人はたいてい地獄に堕ちる。どうしてだったら自分も
さらにヤバイと思わないのかわからん。金儲けしないで人助けやったら
完璧だと思っている。金儲けしない=自分を正当化する、で地獄決定。
もちろん常に反省できる人はより多く人を助けることができる人でしょう。

355 :本当にあった怖い名無し:2007/05/06(日) 01:28:33 ID:rRo4GZYf0
>>354
>自分は関係ない、絶対自分は地獄に堕ちる
>わけないと思っている人
誰かさんや、スピリチュアル系スレのコテハン、ミクシーの関連コミュでも多い傾向ですね。



356 :本当にあった怖い名無し:2007/05/06(日) 02:13:50 ID:Bswx/TEA0
無であるが故に空なり。

357 :本当にあった怖い名無し:2007/05/06(日) 02:19:19 ID:S7AMMMff0
興味深いお話ですね。誰しも幸せになりたいと思う。ああはなりたくないと思う。
しかしその気持ちが強ければ強いほど、努力すればするほど裏目に出てしまう。 
それを捨てられるのは立ち上がる気すら起きない圧倒的絶望、
これだけは避けたかった、あれだけは手に入れたかった、全部打ち砕かれて
全てを諦める。目の前に幸せちらついても手を伸ばす気さえ起こらない。
そんなとき、それは皮肉にも訪れる。それは決して喜びの中で達成されるものではない。
神の悪意としか思えない。人は常に一番いらないものを押し付けられる。

358 :本当にあった怖い名無し:2007/05/06(日) 02:44:07 ID:jCw1Ud4m0
>>354
> 絶対自分は地獄に堕ちるわけないと思っている人はたいてい地獄に堕ちる。

その考えが出てくる状態はもう既に心だけ地獄へ堕ちていると思って良いと思う。
本当に救わねばならない人は、そういう地獄へ堕ちた人だ。そうではないと感じ
そういう人は倒さねばならない敵だと感じる場合は、多分あなたも既に地獄へ
堕ちている。周りが敵ばかりで争いが絶えない場所、そこが地獄だ。


359 :本当にあった怖い名無し:2007/05/06(日) 03:29:43 ID:RWR49YWIO
>>356 短文で誤魔化された気もするけど、そう書くなら異論はない。
ただ凡夫が自己解釈の知識でお釈迦様と同等に語るのを見ると、仏教を冒涜してると思う。

360 :本当にあった怖い名無し:2007/05/06(日) 04:14:26 ID:jCw1Ud4m0
>>359
魔境に入ってるということでは?

361 :本当にあった怖い名無し:2007/05/06(日) 05:30:12 ID:HhcSPXDw0
>>359
仏教は冒涜されません。
あなたの心が、相手の軽率さに踏みにじられたと感じているだけだと思います。
そして凡夫が何を言う、というあなたの驕りを鮮明にしただけの事ではないの?

そこでどうすればいいのかについては、私は語れる立場ではないのですが。
是非、自分の心の動きを観照して欲しいと思いました。

362 :本当にあった怖い名無し:2007/05/06(日) 05:52:22 ID:jCw1Ud4m0
なるほどなるほど。
そういえば>>359は自分を凡夫と思っていないような感じもするな。
高い位置にいて見下しているような感じ。

今、ジャイアンの「のび太のくせに」という言葉を思い出した。w


363 :本当にあった怖い名無し:2007/05/06(日) 11:46:43 ID:rRo4GZYf0
329 :菩薩道 :2007/03/25(日) 22:31:41 ID:3XXfEpYb0
>>328
はい。私自身は、普通の人間です。容姿はブサイクの部類に入るでしょう。
今生に生まれて、中学生くらいまでは、怒りと憎しみでいっぱいでした。
それは誰かからなにかいやなことをされて起こる怒りや憎しみとは違うものです。
それが自分にも何の怒りであり憎しみであるのかわかりかねていました。
高校生くらいからその怒りや憎しみがあまりにも苦しいので、生きるとはなんだろうか。
死ぬとはどういうことだろうかを考え始めました。

“普通の人はそれに長く囚われることはあまりないでしょう。”

私の場合は普通に生きるのも困難になるほど、その考えの答えを探し始めました。
およそ15、6年です。


364 :本当にあった怖い名無し:2007/05/06(日) 14:15:51 ID:RWR49YWIO
明瞭な人がいて嬉しい。
>>361その通り。
少し前に鬼和尚さんに質問しているレスに、誰か答えをバシッと言ってくれないかと待っていた。けど思ったような答えがでない。自分の考えを言いたくなりましてね。
361の通りではあるのですが、素直にそう書くと面倒なのを相手にしなくちゃならない上に、もし本人及び同類が読んだ時、言いたいことを理解しないかもしれないと思いましてね。
姑息でしたかね。

365 :本当にあった怖い名無し:2007/05/06(日) 14:33:31 ID:RWR49YWIO
>>360
(魔境)これが先日でた時に意味が分からなくて検索したけどゲームやアニメのことばかりで理解できなかった。
仏教は魔を拒否してるらしいけれど、まず私は魔が完全に理解できていない。
話をふって誰か答えてくれないかと思っていたけれど、判らないままなのでズバリ書こう。
神通力と魔は関連してはいないのだろうか?全く別ものなのか?我によってできたものが魔なのか?氣によれば神通力なのか?それとも解釈が間違いなのか?
だれか個人の考えでも話てもらえないかな。

366 :本当にあった怖い名無し:2007/05/06(日) 14:38:51 ID:RWR49YWIO
>>362 見下しちゃいない。このスレに興味を持って来た者にそう言う?

367 :本当にあった怖い名無し:2007/05/06(日) 15:52:58 ID:Z0OJ3HMf0
>>365
魔も元は人間で、人々が悟ってこの世を離れていくのが嫌で足を引っ張る
人たちのことです。
釈尊やイエスもこれらからの試みに遭いましたし、これらと戦う日が来ます。


368 :本当にあった怖い名無し:2007/05/06(日) 15:55:46 ID:Z0OJ3HMf0
>>365
神通力というのは人間が本来持っていた神の能力であり、キリスト教の言う
原罪を負ってしまった我々はそれを失いました。
しかし、ヨガや気功、仙道行法などで回復させることが出来ます。

369 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/05/06(日) 16:06:55 ID:C1bisoAIO
>>366
ひとを見下すような醜悪な心が無いなんて、清廉な人ですね。凄いです…。

370 :本当にあった怖い名無し:2007/05/06(日) 16:31:56 ID:HhcSPXDw0
>>364
ああ、なるほど。
どうも私は視点を固定させてしまう癖があって、思考を柔軟に展開できないみたい。
少し視野が広がった気がします。

371 :362:2007/05/06(日) 19:06:57 ID:TOfpYtfOO
>>365
魔境のことは Wikipedia に書いてありますよ。

>>366
すいません。こちらからはそんな感じに見えたということです。
それはもしかしたら自分の姿が映し出されてそう見えただけかも知れません。
その辺はよく分かりません。こちらはただの凡夫ですから。

372 :鬼和尚:2007/05/06(日) 21:16:01 ID:Ysm4QVUY0
>>351 シャレが通じんのか。もっと余裕を持つのじゃ。リラックスしろ。カルトは止めとけ。

>>352>>363>>355 このスレの者はまるで菩薩道とやらに取り憑かれているようじゃのう。菩薩道とはおぬしらの一番大事な人なのかな?
 大事なのはおぬしら自身が己を観ることではないのかな。

>>353>>364>>356 空は無でも有でもない。空に対してはどのような概念を持ってもならない。概念を破壊するのが空なのだから。
 空は悟りを得るための有力な技術であるが、もっと大事なのは本人のやる気なのじゃ。悟りの道に限らずどのようなことも、本人にやる気がなければ何も起こらない。
 悟りを得ようと思わない者が、空を茶飲み話で語ることが冒涜と言えよう。

>>354 地獄とは心の状態じゃよ。地面の下にある穴ぼこに、角の生えたおっさんが居るわけではない。

>>357 もちつけ、和尚さんに訳をはなしてごらん。力になるから。

373 :鬼和尚:2007/05/06(日) 21:18:04 ID:Ysm4QVUY0
>>358 そうじゃ、

>>361 いいこと言った。観照こそが人を悟りに導く最も近い道なのじゃ。I円

>.365 神通力と魔は関連してはいない。力はただの力じゃ。

374 :鬼和尚:2007/05/06(日) 21:35:29 ID:Ysm4QVUY0
さて、久しぶりに説法じゃ。

悟りの道に限らず、どのような道を行く者も成功するためには一つの秘訣がある。
それは決してあきらめないということじゃ。
あきらめなければ成功する確率は常に50パーセントはある。
成功するか、しないかの50パーセントずつじゃ。
しかし、あきらめてしまえば可能性は0パーセントじゃ。

このはげちゃびんは何をあたりまえのことを言っているのかと、おぬしらもあきれているかも知れぬ。
しかし、このあきらめないということは、道の途中で本当に苦しくて、つらくてもう止めてしまいたくなった時にこそ判るのじゃ。
世の中には簡単に本当に大事な願いがかなうということは滅多にない。
大抵は苦労に苦労を重ねて、なおもうまく行かないということが多い。

自分の考えがうまくいかず、自分自身を否定され、打ちのめされ、叩きのめされたとしても、あきらめず、未だ可能性は50パーセントあると己に言うがいい。
そうすればどんなに否定され、打ちのめされ、叩きのめされても一度、立ち向かう勇気が湧いてくる。
そして、不可能を可能にし、勝利を手に入れるための最後の力を与えてくれるだろう。

375 :本当にあった怖い名無し:2007/05/06(日) 21:51:01 ID:Pvud/m2Z0
はいはい、演じた者の言葉はたいしたものだ。

>あきらめなければ成功する確率は常に50パーセントはある。
>成功するか、しないかの50パーセントずつじゃ。

あきらめなければ50%の人はバカを見る。
あきらめなければ50%の人は無駄なあがきをしたという意味になる。

アホ


成功だのなんだのは人生の終わりと共に意味を無くす。
あきらめないことにより進む物があることを知るのが重要。
それは死しても継続される。

>勝利を手に入れるための最後の力を与えてくれるだろう。

勝ち負けで言えば50%なのは当然。
勝つとは負ける相手を作ってしまう事。業である。
勝ち負けは対立である。つまりは争いの元となる概念。

さっそくボロがでてきたな。
「勝て」ではない。「包め」が正道。


376 :本当にあった怖い名無し:2007/05/06(日) 22:48:06 ID:TFzgF5On0
確かに「やられたらやりかえせ」の論理だと、憎しみって
世の中からなくならないんだよね。

377 :本当にあった怖い名無し:2007/05/06(日) 23:39:43 ID:Pvud/m2Z0
>>376
その点に気がつかれたのならその先は早いでしょう。言葉では表現しにくいけれども、もうすでに解っているでしょう。
よく「受け入れる」と言いますが、同じ位置では対立も起こってしまう。
自分を薄く広くして元の自分と相手とを合わせて包めば対立の意味の無さを知ります。
この包むということが愛でしょう。 愛は与えるというより相手を包む事です。
包むからこそ相手のすべてを受け入れた事となる。

釈迦はどんな相手でも、どの位置の人をも包めるから「すべては釈迦の手のひらの上」と言われるのでしょう。


378 :本当にあった怖い名無し:2007/05/07(月) 00:37:30 ID:kp6Sjkn00
我を捨てた時に悟るのでは??
あきらめが肝心ちゃうのか?
無駄あがき。ってゆわへん?

379 :本当にあった怖い名無し:2007/05/07(月) 00:45:13 ID:NJuATZErO
>>1-378に悟りマスターの称号を与える!

380 :本当にあった怖い名無し:2007/05/07(月) 02:03:37 ID:PJFR7k8Y0
>>378
まったくもってその通りです。

>我を捨てた時に悟るのでは??

個としての我(われ)を捨てる。 全体一つとして我(われ)を見る。

>あきらめが肝心ちゃうのか?

努力無しのあきらめはスタートにも立てない。
努力してのあきらめは、方向が間違っていた事への気付きにより方向転換のため起こる。正しい方向への進歩である。

>無駄あがき。ってゆわへん?

現物世界での無駄あがきであっても、精神世界では進歩である。心の葛藤無しの騒ぐだけのあがきは無駄あがきである。

381 :本当にあった怖い名無し:2007/05/07(月) 03:11:47 ID:cpLLKQ6KO
>>367-368
ありがとう。キリスト教で魔がどう登場したか覚えていませんが、仏教では煩悩をそそのかす魔が登場していた。
神通力は信じているが人間は本来持っていたと断言されると、ありえるけど何故か捏造された文章を読んで影響を受けているような気がしてならない。

>>371 とても知りたかったことなので感謝する。しかし槍で突けとは強烈だね。何人も証言者がいて、その次元というか世界はあると思う。けど何故魔境と言うのだろう?

382 :本当にあった怖い名無し:2007/05/07(月) 03:17:20 ID:cpLLKQ6KO
>>369 誰がどんな相手でも見下さないと書いてたって?そんなこと書いている人いたっけ?

>>370 371ややこしい言い回しで悪かった。

>>372 読み取れない人だというのはわかった。

383 :本当にあった怖い名無し:2007/05/07(月) 06:45:26 ID:9qubfqcM0
>>381
キリスト教の魔はイエスが40日の断食の際に3つの試みにあった時ですね。
地上の支配を与えると言ったり、がけから落ちろと言ったり、空腹ならパンを出せと
言ったり。

神通力の捏造ですか。 うーむ、どう説明すれば良いやら・・・
我々は罪により天での栄光を絶たれて地上に落ちたので、神通力などの力は
初めから持っていました。というか、神と同じ属性を有していたわけです。
栄光を失って、つまり能力が闇に閉ざされて地上に落ちたわけです。

384 :本当にあった怖い名無し:2007/05/07(月) 06:46:43 ID:9qubfqcM0
>>378
ていうか、我なんて無いんだということの理解が悟りだと思う

385 :覚せい剤中毒の詐欺師 羽賀三輔雄AIC総合研究所(TAO庵):2007/05/07(月) 13:05:50 ID:23eHUQlm0
覚せい剤中毒の詐欺師 羽賀三輔雄AIC総合研究所(TAO庵)
<羽賀プロフィール>瞑想、潜在意識、気功などをネタに精神世界のオタクから
金を巻き上げる詐欺師。最近までAIC総合研究所(TAO庵)というヒーリングの
インチキ商売で詐欺を重ねている詐欺師。(この男を見かけたら110番)
〒982-0241 宮城県仙台市太白区秋保町湯元字湯向東40−3
■<狂人、羽賀三輔雄の逃亡人生>
東京に大地震がくるといって山形県天童市に逃亡したが、予言が外れたため会員
に見放される。その後、彼の故郷山形県天童市では何らかの事情(借金踏み倒しか?
後妻と別れたためか?もちろん前妻の子は養育費も払わずドロン)で居辛くなり
宮城県仙台市に移動。 数々の金さえ払えば「伝授」してくれるセミナーを渡り歩き、
彼の「自己中」の被害にあった良心的セミナーも多くある。ともかく金・金・金中毒
のため、セミナーで得た「情報」を加工して自己流に改造。新しいセミナーを受講する際は、
ただの顔見知りに過ぎない方を本人の了解無く「私は○○の友人です」などと
吹聴して、セミナーの主宰者に取り入ろう(易く・安く、そのセミナーのエッセンスを
取り込むため)とする典型的詐欺師。我空徳生(もとUWFの神社長とタッグを
組んで火水伝文を公表、金を集めまくってドロンした詐欺師野郎)みたいな男。
オショー生前は国内イニシエーションはおろか、オショーの本を読んだことがあるくらいなのでご注意。
◆◆◆どうしても羽賀三輔雄をブチ込みたい人は◆◆◆ 投稿者:ラジニーシ
「アセンション・フォトンベルト投資詐欺」これなんか被害者が警察に駆け込めば、
即「出資法違反」もしくは「詐欺罪」でぶち込めるハズ。証拠がなくても(羽賀のやりそうなこった)
内偵捜査って手法があるので、とにかく警察に相談にいかないと、勇気がないなら
国民生活センター(所により窓口の名称が違うが)にいけば?大抵「悪質」と
判断されれば警察とリンクしているので、いきなり警察に行くより信憑性を
高く警察に評価されるのでお勧め。


386 :鬼和尚:2007/05/07(月) 21:19:22 ID:3XfuVzX90
>>375>>377 ありがとう、我が僕よ。
 いつもわしを引き立たせるために、自らつっこみ所満載のレスをくれるおぬしの努力には頭が下がる思いじゃよ。
 そんなおぬしの心遣いに答えて、遠慮無くつっこませて貰うぞよ。

 おぬしの高説する愛とは、他人にアホと暴言を吐くことなのかな?
 それが相手を包むことなのかのう。
 己の身についていないことを説いても、感心してくれるのはおぬしの仲間だけではないかな。

 仏者の言う勝利は、己に克ち、悟りを得ることじゃよ。
 未だ競争原理から離れられない初心者は、直ぐに相手を想定したがるようじゃのう。 仏陀である釈迦も勝利した者と呼ばれる。
 もっと経典を良く読むのじゃな。

 我が僕よ、今回もつっこみ所満載のレスをありがとう、次もこの調子で頼むぞよ。  
>>378 捨てるべき我はどこにある?
 我を捨てるには先ず我を見つけなければならない。
 初学者は我を見つけ、悟りを得る為に悟りを得るまではあきらめない不退転の決意をしなければならぬ。
 修行を無駄なあがきとあきらめるならば、悟りは決して訪れることはないじゃろう。


387 :鬼和尚:2007/05/07(月) 21:29:18 ID:3XfuVzX90
 関係ないのはスルーじゃ

 ここに書く者が何故、わしを他の者と勘違いばかりしてるのかと思っとったら、菩薩やらここからなどが己のスレでこのスレを宣伝しとったのか。
 カルトと間違われるのもアフオらしいからわしもどこかに引っ越すかのう。 

388 :本当にあった怖い名無し:2007/05/07(月) 22:06:34 ID:kp6Sjkn00
>>386
放下、忘我というものぞよ。
禅の十牛図のように牛を探す旅に出はするものの、牛に出会い、牛を手なずけ終わり
というものではない。八が完成ではなく、九、十のプロセスをもって八九十(まこと)となることじゃぞ。
さらに、努力し、ステップを踏んだからといって悟れるもでもないぞ。
頓悟といって突然悟ることもある。
悟りとは求めるものではなく、味わうものと知るべし。三昧。

389 :本当にあった怖い名無し:2007/05/07(月) 22:07:36 ID:/FXG6XNe0
> おぬしの高説する愛とは、他人にアホと暴言を吐くことなのかな?

演じている状態の者は、人ではない。架空の存在である。
鬼和尚のように和尚でもないのに和尚を名乗り、言葉も演じている者など架空以外の何者であろうか?

そんなものを存在として認めはしてないし、包む必要もない。


> カルトと間違われるのもアフオらしいからわしもどこかに引っ越すかのう。 

ボロが出てきたようだから逃げる口実の伏線を張っているわけだね。


>>382さん。
神通力と魔についてですが、その名の通り、神に通じる力が神通力。 神の意志に基づく行動の為の力が神通力であり、
神の意志の方向では無いのが魔(魔力)です。
人は邪の面も持ち合わせています。 しかし、この邪の部分は表にださないようにすることを言われます。
表に出すと、自分の心の聖なる部分と対立が起こり、分裂し、存在が独立します。
つまり、上にでている鬼和尚のように架空を演じているうちに、それ自体の存在の重み(現実味)が増してきて、
架空であったはずなのに独自の存在としての主張を始めてしまう。
重みが増す前でしたら両方を包むことができたのに、重みを増してしまうと本人でさえ、包み戻すことはできなくなる。
分離したままにしておくと、いずれは聖なる部分は天へと戻り、地上に邪なる意識だけを残し後から来る者を苦しめる。

現代において、よけいな苦しみの影響が多くなっているのは、先人が天へと戻るときに、ゴミを置き去りにしたからでもあります。
そのゴミの処分を私たちは請け負ってもいるのです。
「ゴミは持ち帰りましょう」が後の人たちのために必要なこと。
ですからゴミもすべて包むことが必要ですし、現代の私たちは先人のゴミまで少しでも持って行ってあげなければなりません。

390 :本当にあった怖い名無し:2007/05/07(月) 23:17:24 ID:NJuATZErO
>>386
和尚お疲れ様っすw
最初にしたレスは和尚を馬鹿にしたようなことを書いてサーセン…
気付くのが遅かったようで。心意気を見抜ければ、人が見えたも同然っす
和尚から貰ったI円大切にします(ノД`。)

391 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 00:46:01 ID:MVfPtylJO
>>383
〇〇の福音書を弟子の人数分入った本をだいぶ前に読んだ。忘れているだけかもしれないが断食の話も生まれ落ちる前の世界も読んだ覚えがない。その説明がドコから来るのか何故信じれるのか疑問。他の本に書かれているのだろうか?
弟子の名前もほぼ覚えていない本当に失念してるだけかもしれないけどね。
ルカの名前を覚えている。ルカだったかハッキリしないけれど最後ら辺に、ある世界(次元?)が書かれてあった。
見たことのある世界。天国だと思っていたから、その本には天国ではないと書かれてあり、では何かまでは書かれていなかった。
その世界を体験すると、自我や肉体による煩悩と魂(霊?)が鮮明になる。
戻ってきた後、一時的に神通力の一つ(他人の感情や考えが頭の中に入ってくる状態)が度々あり逃げたくなった。今はその力が有るのか無いのか判らない。
その世界はなんだったのか詳しく書かれた文章はありますか?何度も質問してすみません。面倒ならスルーして下さい。

392 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 00:59:42 ID:MVfPtylJO
>>389
何となく分かるけど、この部分が分からない。神と通じる?それがまさしく神だとどう判別できるのか?
もう一つ聖と邪に分離されること。

393 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 01:27:33 ID:aSBUHMhp0
知識と知恵の違いは?

394 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 01:54:16 ID:d0Q0dN150
>>392
言葉が足りませんでした。
「神に通じる力」とは、神様と直接繋がるという意味ではなく、神の持つ力の一部と考えてください。
神の意識に沿って進めば、神の意識と重なる部分で使うことができる力です。

聖と邪の分離については、どちらも自分であるのにカレーライスの中の嫌いな具をよけている行為みたいな物。
いいところだけ取れば、キライな物だけ残る。 混ぜて食べなければ分離しますね。

>>393
知識は、人類が解明した物を取り込む行為。 知彗はまだ解明されていない物を知る力。
今までにない新しい発見を行う人は、この知彗の力です。 
よくある発明はすでに認知されている物の組み合わせであり、こちらの方は知彗とは違う場合もあります。
すでに認知された物の新しい(いままでにない)使い方の発見は知彗の確率が高いですね。

言葉だと難しいですが、人類が認知したことを覚える(先人から知る)のが知識で、人類がまだ知らない知識を得ることが知彗です。
教わってもいないのにある知識を知っていたという子供も、稀にいますね。これは知彗の方でしょう。


395 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 02:00:01 ID:d0Q0dN150
>>393
すみません。知識と知彗ではなく、知識と知恵でしたね。
知識は覚えること。知恵はそれらを使ってなにか出来ること。
(物を作ったり、頭の中で解析したり、他事項に当てはまる部分[共通点]を見つけ出したりして活用[転用]できること)

簡単に言えば、覚えた事を転用して使えるかどうか(応用が利くかどうか)ということになるのかな。

396 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 02:08:31 ID:d0Q0dN150
>>394の補足
聖と邪は、甘いと苦いだと思ってください。
いろいろな具の入ったナベがあるとします。
「おいしい」というのは、甘いだけでなく、苦い、辛い、しょっぱい、酸っぱいの組み合わせ。
すべて併せ持っておいしいとなるか、マズイとなるか、これは調理次第でしょう。
私たちの人生はこの調理法を探すような物だと思っていただくとわかるかな。
甘いは好まれますが、おいしいというには足りないですね。
甘いだけを好んで取り出せば、苦いなどが残るのです。



397 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 06:32:59 ID:8lztwR9h0
>>391
魔が元は人間だったという説明をしている本は皆無かも知れませんね。
能力の高い霊能者なら「確認」していると思います。
私はそう書かれている本を読み他の内容とも比較して理にかなっているので
信用しています。

幽体離脱かなにかの体験をされたのですか。
スウェーデンボルグみたいな。スウェーデンボルグが観た世界はバルド界
といって自身の想念の世界であり天国ではありません。
人間が死んで次の転生までに非常に長い時間その想念の世界に居ますが、
霊能力によりその世界をさ迷うことが可能です。
チベットの「死者の書」が詳しいです。

398 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 06:52:18 ID:uUzIkfzj0
>>389
ところで、この世に架空でないものはあるんでしょうか?


399 :A KoA:2007/05/08(火) 07:02:46 ID:i3o0RD3qO
生まれてくる前の自分が無だとしたら、永遠に無のままで良いし、無から心が生まれて来るのはありえないのに何故生まれて来るのですか?しかもこの肉体にしても世界にしても完璧に出来ているよね?

400 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 07:27:18 ID:zhaGglfSO
>>399
発生する前の台風も無ですね。台風はどこから現れたんでしょうか?

401 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 08:41:49 ID:E1tLxnVN0
知識は、人類が解明した物を取り込む行為。 

これ、「学習」じゃないんですか?
学習して得た結果が知識では?

402 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 09:32:13 ID:cnsoXVzz0
>>401
「学習とは、経験により行動の変わっていく課程」をいいます。
記憶するだけで、他に変化が無ければ学習とは言いません。

403 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 09:33:44 ID:cnsoXVzz0
あ、字、間違えた「経験により行動の変わっていく過程」です。

404 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 09:53:36 ID:E1tLxnVN0
書き方がややこしくて、理解しがたい。

>知識は覚えること。知恵はそれらを使ってなにか出来ること。
覚えるという行為は学習では?


405 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 12:05:40 ID:cnsoXVzz0
>>404
教育者関係の本を見ろよ。
学習の定義が「経験により行動の変わっていく過程をいう」と示されているんだよ。
覚えただけでは学習とは言えない。

406 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 12:20:31 ID:rRsnNHzI0
急に文体が変わったね

407 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 13:12:18 ID:cnsoXVzz0
>>406そりゃそうですよ。定義を示しても納得しないのが粘着したらもう言葉での論は成り立たない。

408 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 13:19:45 ID:rRsnNHzI0
その定義自体は正しいのかな
定めたのは誰

409 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 16:32:24 ID:cnsoXVzz0
>>408

上記定義は教育知識の教科書で引用されている物です。

ttp://manabi.pref.hokkaido.jp/manabi/m_bar1/book/ken08/007.html
上記リンクも参照なさい。 行動(行動・態度)に変化まで出なければ学習とは言えず新・教育心理学辞典にもその記述がある。

こんなくだらない質問で粘着するなよ。 
定義は常識として扱われるものだ。 これでも納得できないんなら非常識の部類の人の扱い受けるよ。

410 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 18:21:04 ID:4pBK8dm20
408みたいなバカにいちいち答えてやる必要ないよ
こんなバカは「人殺しはいけないよ」と言っても
「その法律は正しいのかな 定めたのは誰」
とか聞いてくるようなやつだから
定義と言われても理解できないバカ相手に説明するだけムダ

411 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/05/08(火) 18:47:02 ID:T9IGHSoJO
とりあえず常識を疑うのはオカルト板の本分。

412 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 19:10:15 ID:rRsnNHzI0
教育心理学概論を読めば、悟りの境地が得られるのか
たかが心理学如きでねえ・・・
学者さんはそれほど立派な人物なんだな

簡単な事なんだね、悟りを開くってのは


413 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 19:22:15 ID:QtxIB5+c0
>>412


あんたが学習の定義に勝手に文句つけただけでしょ!

だれも学習が悟りの境地とは話してないよ!

アフォが学習について質問し、さらに粘着した>>408のアフォが出てきただけ!

その>>408>>412で自分の無知さを別の方向にもってこうとしてる!

オオマヌケー!

414 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 19:40:42 ID:pVu/UvFw0
>>412
>たかが心理学如きでねえ・・・
>学者さんはそれほど立派な人物なんだな

たかがと言えるほど知識があるの?
学者さんは412よりは立派だと思うよ。
学習の定義くらいで粘着する程度の知識で何様のつもり?
412と学者が同時にしゃべれば412の話なんて聞くヤツがいると?
412と学者比べてどっちが立派よ?ww

勝手に学習という単語に粘着しておいて、
勝手にそれを悟りの話と勘違いしてる程度で立派と見てもらいたいのかい?ww

415 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/05/08(火) 19:53:54 ID:T9IGHSoJO
勤勉は馬鹿の埋め合わせにはならんよ。

416 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 19:58:15 ID:rRsnNHzI0
あれで文句を付けたと言われるなんて、心外だね
ガラスのハートなのかな?

一切煽ってないんだがね
単純に思った意見を言ったまでだが

アフォ・バカ・無知だのと、一方的に下劣な言葉を吐き続けてる方が、
よっぽどオオマヌケー! じゃないのかな?
心が寂しい人だ事・・・

417 :鬼和尚:2007/05/08(火) 21:08:23 ID:Gn+4PERR0
>>388 なかなか良く勉強しとるな。偉いI円。
 おぬしの言う通りいずれは我を捨てる時も来る。

 しかし、人を見て法を説くことも考えなければならない。
 ここに来るのは未だ己を追求している者達。
 そのような者には先ずあきらめずに牛を探すことを説かねばならぬ。

 目覚めた者の智恵は甚深微妙にして測り難しじゃよ。

>>390 まだいるのじゃ。実験中じゃよ。わっはっは。

>>399>>400 これは難しいが面白い質問じゃのう。>>400の言う台風の例えだと、台風が発生する前に、眼には見えずともすでに空気があり、それを母体として台風が起こった。
 それと同じようにこの世界にも眼には見えずとも意識が満ちておる。それが命を生みだし、単純なものから複雑なものへ、少しずつ変化して完璧なものを作った。
 答えになっていないかもしれないが、わしに答えられるのはこの位じゃな。

418 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 21:08:58 ID:SmAZxnTk0
教育心理学はともかく、ユングやアドラーあたりの深層心理学なら
悟りに近いと思う。エラノス会議とかで。

419 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 21:13:06 ID:VeY7s+uA0
鬼和尚
織田家中に人多しといえども、イの一番に城持ち大名に抜擢された人がいた。
森三左衛門長可、人呼んで鬼武蔵。
鬼和尚=鬼武蔵=洛北随一の臨済禅の総本山、紫野の大徳寺大仙院の阿闍梨
尾関宗園さん、
その豪快で、かつ優しさにあふれる説法は、私たちに生きる力と自身を与えてくれます。
名物和尚、尾関宗園おぜきそうえんさん、いつもありがとうございます。

これから氏の不在のこのスレで尾関宗園さんの説法がリードオフマンを務めてくださり、わっはは、楽しいスレで場が和んでいます。感謝、合掌。
さて、このスレは私にとっては難解で大学院博士課程並みの高度な専門知識と精妙な波動の高い境地に達した人たちの研究討議にには私はついていけません。
尾関宗園師にあっては、私見ですが、このスレでの解説や回答は、暇つぶしにしても、貴重な時間がもったいないように感じられます。
此処のスレで珍妙問答と言っては失礼ですか……、善導のご指導に心血を注がれても、せっかくの命の時間分けが、世のためにはなっていないでしょう。
無駄死に、犬死にです。
他に、相談スレや禅か解脱か存知ませんが別にお立てになり、「鬼の寸止めなし喧嘩説法」「爆笑で応える悩み事駆け込み寺小屋」「永平寺別院、心に修行」「大死一番」などというスレッドを
お立てになり、その才能を遺憾なく発揮して、ご活躍されたほうが世のため人のためになるのではないかと思います。

420 :本当にあった怖い名無し:2007/05/08(火) 22:15:01 ID:VeY7s+uA0
鬼和尚こと、洛北随一の臨済禅の総本山、紫野の大徳寺大仙院の阿闍梨
尾関宗園さん、
その豪快で、かつ優しさにあふれる説法は、私たちに生きる力と自信を与えてくれます。
名物和尚、尾関宗園おぜきそうえんさん、いつもありがとうございます。

>>374
生きる秘訣
決してあきらめないということ

千日回峰行の修行にも似た不撓不屈の精神、人生の妙諦、真髄を解かりやすく説法してくださいまして、ありがとうございました。
いつもながら、鮮やかな尾関宗園さんの説法、我が血肉となりました。99番目の扉であきらめずもうひと踏ん張り100番目の扉を叩いてみる、求めよ さらば開かれん。
私も二十一回勇猛心を奮い立たせ狂の精神で斬突し続けてみます。ネバーギブアップ。

421 :本当にあった怖い名無し:2007/05/09(水) 00:20:43 ID:f2yhgtLL0
まあ、本当の意味において真理の実践ができる人は、ごく少数ということ
ですね。真理は自主性に任されており、しかも簡単で、日常的のようであります
からそれを勘違いして、とかくすぐに近道をしようとなさる人が多い。
しかしそれはもっとも遠周りとなるということですね。近道がすでに自我であります。
あせらずゆっくり悟ることだと思います。

422 :本当にあった怖い名無し:2007/05/09(水) 01:46:36 ID:FEZcx1YWO
>>394 神の意識に沿う?重なる?と発揮する力?(神の意識というのも疑問だが?)

『神通力』て言葉は後から知った言葉でね、それまでは超能力が馴染みの言葉だった。次に霊能力→念力→気力→気功→神通力。
昔、思いつきで気を集中し無害なものに撃ちまくった。偶然か対象だけが徐々に変化していった。その夜と翌日、死にそうなほど頭痛で苦しんだ。表層意識で何かをしようとしたせいだと思う。
後に自分の力を使うより他からの力を使えば体に負担がないと読んだ。
もしも感情からその力を使えた場合、それが神の意識に沿っていると言えるだろうか?
それとも人の感情に沿うとしたら神の意識ではなく別の何かだろうか?

>>394 いろいろ説明してもらった後で申し訳ないが、『分離』の意味を聞いているのではなく具体的なことを聞きたい。
死を迎えると、霊魂?は別次元へ逝き肉体がこの世に残ると思っている。他に残るものとは?因縁?他の何か?どうやって片付けるのか?

423 :本当にあった怖い名無し:2007/05/09(水) 02:02:29 ID:FEZcx1YWO
>>397
インド神話に神だか魔だか人の部族だか混じった話がありその後、仏教に取り入れられた話もある。
日本の神話にも似た話がある。
魔境の話も出ていたけれど、魔と神の違いが釈然としない。紹介された本はメモったので読むつもりでいます。紹介ありがとう。

424 :本当にあった怖い名無し:2007/05/09(水) 02:16:01 ID:FEZcx1YWO
>>397
もう一つ言い忘れていた。幽体離脱をした覚えはないけれど?
想念の世界?いろんな魂?性別や年齢が違う意識があったけれど?
科学的な実験でもそれを見ることができるらしい。

425 :本当にあった怖い名無し:2007/05/09(水) 04:10:10 ID:beUIt4Bm0
>>422
>霊魂?は別次元へ逝き肉体がこの世に残ると思っている。他に残るものとは?因縁?他の何か?どうやって片付けるのか?

霊魂と表現してもいいですが、聖を気どり切り捨ててしまった残留思念が残ります。
地縛霊などとも言われていますが、その地縛霊になった物は子供の頃の楽しい記憶など無いでしょう。
なぜ無いのか。 それは分離したからです。 よかった部分をもって逝き、悪いのが残留思念として残っています。

この残留思念の影響を受けて自殺に走った人もいますし、どうやって片付けるかというと、仏に話しそれも昇天させてもらうか、
現代に生きている私たちがそれも包んで、いつの日か一緒に持って行くかしないと片付かないでしょう。

私たちの一世代前が「使い捨て時代」をつくり、ゴミ問題を大きくし、そのツケを私たちに押しつけているような、
発展をうたい文句に公害対策は後回しでおいしいところだけ得て、そのツケを私たちにおしつけているような、
そんな状態が精神の世界でも行われてしまったのです。
結局は輪廻転生、ゴミを片付けなければ繰り返すのです。 

甘い部分だけを良いこととしてそればかり取ったので、苦み渋みが残った状態。 これらも合わせて包み込むには
料理と一緒で、次元を甘い辛いの味覚から「おいしい」「まずい」の方向へシフトさせ、おいしいという味の複合の高みへと進めなければならないと思います。
単純な味覚だけで言えば、甘いが一番要求率が高いですが、甘いという単純味が「おいしい」ということではありませんよね。
味覚の次元を一つあげて「おいしい」という感覚を磨かなければなりません。
これを勘違いし「うまみ」だけ(ここでの悟りについて安直に求める意識)もとめて抽出すれば「うまみ調味料(化学調味料)」です。
さて、この化学調味料は科学的に「うまみ」を研究した物ですが、これだけ食して「おいしい」と感じる人はいないでしょう。
「おいしい」の次元は甘みも辛みも塩辛さや辛さ、苦み、渋みの他、歯ごたえ、のどごし、香り、余韻とすべてを含めなければ成り立たないのです。


426 :本当にあった怖い名無し:2007/05/09(水) 12:39:47 ID:BbtDIoEGO
斬新な考え方だな。

427 :本当にあった怖い名無し:2007/05/09(水) 16:08:15 ID:Ev9TiiXF0
夢枕獏さんが伝奇ファンタジーで、空海について同じように描いているね。
空海は解脱したけど、即身成仏した体に怨念がギッシリという設定だった。

私は、素直には受け入れられないなあ。自我の衣を脱ぎ捨てるのは霊界に
着いてからだと思うし、魂を救うための自縛霊救出活動もあるし。

428 :本当にあった怖い名無し:2007/05/09(水) 20:53:24 ID:beUIt4Bm0
「おいしい」にするにはそれぞれの味の比率だけではありません。
炎(これに当たる物がみなさんの意識=心です。)
煮たり、炒めたり、それが調和を取り一体となるのです。
そうしてそれぞれを包み込むことによりおいしさ(高み)へと上がって行くのです。

429 :本当にあった怖い名無し:2007/05/09(水) 20:59:20 ID:Ev9TiiXF0
どちらかというと、魔の誘惑に近い。

いまのままでいいんだよ、不浄な部分があってこそ人間がおいしいんだ、ってな感じ。

430 :本当にあった怖い名無し:2007/05/09(水) 21:08:49 ID:BbtDIoEGO
ま、不浄かどうかを勝手に決めてるのは人間だしね。
糞だってほっときゃ肥料になる。


431 :鬼和尚:2007/05/09(水) 21:16:47 ID:yHYELsgV0
>>418 心理学はかなりいいところまできとるな。後少しで自我を解明するだろうが、その先は難しい。認識主体そのものの認識というハードルを越えられるかどうかじゃな。

>>.419 >>420 それが判るとはおぬしも法眼浄を得ているようじゃな。ネバーギブアップで頑張るのじゃ。おぬしなら出来る。
 別スレはそのうち誰かが立てるじゃろう。そしたら引越しじゃ。

 しかし、わしは尾関宗園だったのか。尾崎豊かとおもっとったよ。盗んだバイクで窓ガラス壊してまわっとるかと思った。

>>421なかなかいいこと言うな。I円。
 

432 :本当にあった怖い名無し:2007/05/09(水) 21:46:39 ID:tadlgo5E0
鬼和尚さんも知らない「悟り学」なるものができてるみたいだよ。


トランスパーソナル心理学とは、1960年代に展開しはじめた心理学の新しい潮流で、
行動主義心理学、精神分析、人間性心理学に続く第四の心理学。
人間性心理学における自己超越の概念をさらに発展させたとされる。
人間の究極的な目的とは、自己を越えた何ものかに統合されると考え、
そのための精神統合の手法を開発した。臨床では一定の効果が認められるが、
もともとニューエイジ思想の影響が色濃く、
「自己を超えたなにものか」という時点で既に他者には確認不能であり、
再現性に乏しい上にスピリチュアリティーも扱うため宗教に近い部分もあり、
そのため宗教や神秘学そのものであるとの批判がある。
晩年のユングのようにオカルトあるいは疑似科学であるとの批判に対し、十分な説明がなされていない。

再現可能性、実験再現性、再観測可能性や、臨床試験を中心に据えた研究発表が現時点では非常に少く、
反駁不可能な領域に関しても言及しようとする傾向が強いことが、
批判される一因であり、現状では科学として取り扱える分野とは言い難い。
なお、日本国内でも、大学等で研究する研究者は存在する。

433 :本当にあった怖い名無し:2007/05/10(木) 02:16:17 ID:aZ4FqsIVO
誘惑には弱いなぁ後で苦しんだり悩んだりするのに弱い。とすると悟りも遠いな。

434 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/05/10(木) 13:05:52 ID:ZR3Gb9OIO
喩えると、
飛行機の発明されてない時代の人が空を飛ぶ事を想像するのは結構だけど
じっさいに飛べると思って崖から飛び下りたところで飛べるわけが無い。
という事でしょうか。悟り(自我を超える?)研究とは。

435 :本当にあった怖い名無し:2007/05/10(木) 17:45:28 ID:6aEEgnsk0
簡単に悟れるもんなら禅宗や出家仏教は必要ないがな。

436 :本当にあった怖い名無し:2007/05/10(木) 18:29:58 ID:EkSijTej0
教育心理学もいらないね

437 :本当にあった怖い名無し:2007/05/10(木) 18:32:15 ID:Eei60pXi0
>>435
その発想が自分を縛っている

438 :本当にあった怖い名無し:2007/05/10(木) 19:37:12 ID:WaecS8Ls0
>>436

じゃ
>知識は、人類が解明した物を取り込む行為。 
>
>これ、「学習」じゃないんですか?
>学習して得た結果が知識では?

こんな質問してくるやつはもっといらないね

439 :鬼和尚:2007/05/10(木) 22:23:20 ID:W77NjlPv0
>>432 それは知らんかったのう。よいものを教えて貰った。ありがとうよ、お駄賃I円。

>>433 修行すれば意志も強くなるぞい。倦まず弛まず勤めるのじゃ。

>>434 ううむ、そんな感じかもしれんのう。客観的で完全な観察主体があるという前提の科学的な方法では、少し難しいかもしれん。

>>435 そうじゃな。みんな苦労しとる。

>>436 そうじゃな。

440 :鬼和尚:2007/05/10(木) 22:25:50 ID:W77NjlPv0
>>437 うむ、新しい発想に挑戦するのも良いことじゃ。何でもチャレンジじゃ。



441 :本当にあった怖い名無し:2007/05/11(金) 02:23:43 ID:aQ5RrMms0
ロリ+サキさんきたー

442 :本当にあった怖い名無し:2007/05/11(金) 02:43:23 ID:7tJmUnLR0
誘惑というと、たとえば幽体離脱だのの霊的なこととか、オカルト的なことが
できるようになるということも誘惑の内の一つのように思うな。もちろん
悟りも誘惑になりうる。「悟ればなんでもできるようになりますよ」と悪魔が
耳許でささやいて、だまされて付いて行くとそのまま見事に地獄へ堕ちると。w
新約聖書の冒頭に書いてあるアレと似たようなもんだ。


443 :本当にあった怖い名無し:2007/05/11(金) 02:52:17 ID:7tJmUnLR0
まあ悪魔っていうのは、ポン引きや客引きみたいなもんだな。
可愛い娘居ますよと嘘八百で客を騙して連れて行く。
もちろん連れて行かれる先はボッタクリの店で入ったら終わり。


444 :本当にあった怖い名無し:2007/05/11(金) 03:04:16 ID:D/wxcKhm0
地獄の美女には穴がなくて、酒樽には穴がある
つまり、あるのに楽しめないのが地獄だとか、、
何かのジョーク集で読んだ

445 :本当にあった怖い名無し:2007/05/11(金) 03:30:29 ID:7tJmUnLR0
そういえばエセ宗教のお布施を払えば偉くなる(魂のステージが上がる?)ってのも構造が似てるな。
まるで「もうちょっとお金を出せばもっと良い娘を出しますよ」と言い出すポン引きのようだ。
もちろんいくら払っても最期に出てくるのはおばさん。


446 :本当にあった怖い名無し:2007/05/11(金) 06:25:43 ID:6ESMqQ7G0
おまいら、そんなにボッタクリに遣られてるのかw

447 :本当にあった怖い名無し:2007/05/11(金) 10:20:04 ID:8K89wOL/0
>>438
知識が豊富ですねw

448 :本当にあった怖い名無し:2007/05/11(金) 12:24:02 ID:OD24Lo/nO
騙すというと、良いことがあると騙すパターンだけじゃなく悪いことが
あると騙してこうすれば救われると言ってとにかく最終的に金を巻き
上げる方法もあるな。振り込め詐欺のパターンだが、偽の占い師や
霊媒師や宗教などもやっている(悪質な保険の勧誘も同じかな)。
お祓いしないと祟りが、という感じ。もちろんお払いは高額。

449 :本当にあった怖い名無し:2007/05/11(金) 15:08:00 ID:TVplWQeiO
誘惑は欲望(煩悩)を誘うことで、悟りはそれを超えることだと思う。

450 :本当にあった怖い名無し:2007/05/11(金) 16:16:05 ID:OD24Lo/nO
煩悩に支配されるか否か、だな。
煩悩そのものは多分なくせないと思うが、支配されなければ問題ない。

451 :鬼和尚:2007/05/11(金) 21:44:26 ID:g1lTtZsT0
>>442->>448 なかなか面白いのう。実地訓練でカルトに騙されんようにするのじゃ。

>>449 うむ煩悩を超えるのじゃ。 

>>450 が正解I円 常人は修行中のみ煩悩に支配されなければよい。
 悟りを得て後は煩悩も無かったと気付くじゃろう。

452 :本当にあった怖い名無し:2007/05/12(土) 00:34:05 ID:RT7LEuIb0
なんでいつの間にか鬼和尚が仕切ってるような流れになってるんだ?

453 :本当にあった怖い名無し:2007/05/12(土) 00:44:53 ID:GABQrj6cO
心が起きなきゃいいだけじゃん!はん!なにが鬼和尚だよ!馬鹿か!

454 :本当にあった怖い名無し:2007/05/12(土) 01:08:54 ID:9+nxP9YR0
鬼和尚から100点だかもらったことあるけど、面白くもおかしくもないな。
とるにたらないよ、こいつ。

455 :本当にあった怖い名無し:2007/05/12(土) 01:13:30 ID:GABQrj6cO
悟りをしりたいなら、臨済宗のお寺に行けばいいですよ。
わざとカルトで遊びたいなら別にいいけど!

456 :本当にあった怖い名無し:2007/05/12(土) 01:16:23 ID:a8uwqt8X0
>>454
変に0点を貰うよりかマシ

457 :本当にあった怖い名無し:2007/05/12(土) 19:00:56 ID:WEvlFkdyO
評価などどうでもいい。答えがほしい。

458 :鬼和尚:2007/05/12(土) 19:58:01 ID:An0ocWOU0
>>452 実はわしも何でわしがやってるのか不思議じゃった。

 これから関係ないのはスルーするが、別に怒ってないからみんな安心せよ。
>>453>>454ぬおおおおおお、いや、別に怒ってはおらん。

 わしに質問のある人はわしに質問って書いてくれたまえ。
 ぷらいべいと以外は答える筈じゃ。
 
 
 


459 :本当にあった怖い名無し:2007/05/12(土) 20:00:36 ID:+fBZtd3Y0
「今・ここ」という悟り方、ってスレのここから、ってこれからさん?

460 :本当にあった怖い名無し:2007/05/12(土) 22:56:03 ID:BGDpcUip0
これからが消えてここからが出てきてこれからが全く出て来ないよ。

461 :本当にあった怖い名無し:2007/05/13(日) 01:49:35 ID:0yxzrjrC0
勝手にしゃしゃり出て人のレスに欲しくもない採点つけといて何いってんのこいつみたいな

462 :本当にあった怖い名無し:2007/05/13(日) 08:30:36 ID:pcMMXl8x0
それが仕事なんだろうな、多分。

463 :本当にあった怖い名無し:2007/05/13(日) 15:34:29 ID:B+Fm6qcXO
やりたいやつは勝手にやればいいのでは?


464 :本当にあった怖い名無し:2007/05/13(日) 16:23:15 ID:u7/Kt4K80
質問があるんだが・・・分かる人いるか?

例えば、水?牛が窓格子越しに街道を通り過ぎるようなものだ。
角も頭も四本の足も、みんな通り過ぎてしまったのに、
なぜ尻尾だけが通り過ぎることができないのか?

意味ワカンネ

465 :本当にあった怖い名無し:2007/05/13(日) 16:42:29 ID:Yoe036HsO
>>464室内で、こうあんだから!

466 :本当にあった怖い名無し:2007/05/13(日) 18:33:40 ID:dWFIqT220
>>464
角も頭も四本の足も、みな己の目的を熟知していた。
尻尾だけは、他の奴らに追従してただけで、意思がなかった。
だから障害とも言えない些細な事に遮られて、先に進めなかった。

467 :本当にあった怖い名無し:2007/05/13(日) 21:34:45 ID:G/ncPCXd0
悟りというよりも、哲学といった印象を受けた。

468 :本当にあった怖い名無し:2007/05/13(日) 22:09:07 ID:Yoe036HsO
>>466う〜ん独参してみそ。独参わかりますか?公案のルールわかりますか?

469 :本当にあった怖い名無し:2007/05/13(日) 22:13:22 ID:u7/Kt4K80
>>465
お前はまだ公案にしばられているのか?

470 :鬼和尚:2007/05/13(日) 22:19:30 ID:1GgbGsJc0
一回休み。

471 :本当にあった怖い名無し:2007/05/13(日) 22:21:20 ID:Yoe036HsO
>>469はいはい

472 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/05/13(日) 22:23:29 ID:RMim4Y/UO
もしや…
>>464
くまのプーさんという物語に出て来る、イーヨーというロバのキャラクターのシッポが
画鋲で取り外し可能になっているのは、この話しがネタ元になっているのかもしれないぞ。
ディズニーおそるるに足らず。

473 :本当にあった怖い名無し:2007/05/13(日) 22:34:23 ID:Yoe036HsO
>>472ぎゃふっん

474 :本当にあった怖い名無し:2007/05/13(日) 22:57:11 ID:QxrocceO0
日本の、これから

475 :本当にあった怖い名無し:2007/05/13(日) 23:01:10 ID:dWFIqT220
>>468
ぐぐって初めて知りました。どうも軽率な事をしてしまったようです。m(_ _)m

しかし、既に公にされてしまった問いですし、本人も承知の上みたいですね。??

師から一喝をあびて、あわてて部屋を飛び出す自分の姿を想像して、面白かったです。

476 :本当にあった怖い名無し:2007/05/13(日) 23:10:56 ID:Yoe036HsO
>>475私も失礼な書き込みを致しました。独参頑張ってください。

477 :本当にあった怖い名無し:2007/05/13(日) 23:18:16 ID:r+I/h1u10
体を得体の知れない悪魔に蝕まれ心は次第に荒んで自分を嫌いになっていった。自己嫌悪と糠喜びを繰り返しては自我を保とうとした。外部からの刺激を受けるのを恐れながら、僕は変わる為に努力した。絶望からの脱却をするために・・・

478 :本当にあった怖い名無し:2007/05/13(日) 23:24:42 ID:r+I/h1u10
信じれるのは自分しかいなかった。自分だけが知ろうとする答え以外にこの世界の大部分は邪魔なだけだった。道は一つしか無かった。僕はレールを踏み外した電車の路頭に迷った行方を知らない乗客員の一人だった。

479 :本当にあった怖い名無し:2007/05/13(日) 23:49:25 ID:r+I/h1u10
朝が訪れる度に過去の苦しみから拭われるような感じがした。それが僕の自信付けになった。明日を生きようとする強い意志がそこにあった。遙然とした未来に託せるべき自分で在りたかった。だから僕は走った。ただ闇雲に走った。強くなりたかった・・・

480 :本当にあった怖い名無し:2007/05/14(月) 00:32:32 ID:GAFlSPnM0
そんな15の夜…

481 :本当にあった怖い名無し:2007/05/14(月) 09:34:53 ID:0shNcH6DO
霊能力が悟りと確信してるヤツいるの?いない事を祈る。

482 :99 197:2007/05/14(月) 09:51:29 ID:8UYg5l/eO
持って生まれた自分の全てを、受け入れるしかあるまい。
手術や整形、矯正ができる肉体的なものなら、取るに足らない悩みだ。
いかなる矯正が出来ない物も、この世にはある。
精神さえ偽れば、心だって変えられる。
だが、どんな方法でも、変える事のできない事が存在する。
この宿命と約束は、放棄してはいけない義務なのだ。
自分が死に至るその時まで。


483 :本当にあった怖い名無し:2007/05/14(月) 09:53:55 ID:0shNcH6DO
>>482妄相すること無かれ

484 :本当にあった怖い名無し:2007/05/14(月) 09:59:21 ID:Sqp9Za5fO
ストライクフリーダムガンダムVSデスティニーガンダム

485 :本当にあった怖い名無し:2007/05/14(月) 10:07:40 ID:0shNcH6DO
>>484ガンダムはファーストだけ。セイラさん。ハァハァハァハァハァ



すれちがいを認めたくないものだな!

486 :本当にあった怖い名無し:2007/05/14(月) 10:10:01 ID:REKGitlmO
>>481 霊能力と神通力は違うと思っている。悟りを開けば完全な神通力は得ると思う。

487 :本当にあった怖い名無し:2007/05/14(月) 16:05:11 ID:eDq10VCd0
霊能力即悟りではないが、悟りの覚醒に霊能力は必要。
正確に言うとオカルト思想、現象は付随していると思う。
仏典や祖師語録などは訳者によりオカルト波動がかなりに消されてしまっている。
(訳者に霊感が一切ない場合。)
哲学もほぼ翻訳の時点で霊的波動が消されているためよほど環境が霊的でないと
読みこなして悟るとなると困難となる。仏典も物質波動が強いため、その人の
霊的関心の度合いなども要求されてしまう。本来神社などは境内というものがある
ように霊的磁場をつくる結界の役割をしているのではないだろうか。

488 :本当にあった怖い名無し:2007/05/14(月) 16:50:41 ID:aXkdUXTj0
>>487 さんオシイ
>霊能力即悟りではないが、悟りの覚醒に霊能力は必要。

悟りとは知彗へのアクセスであり、そのための感覚が必要です。
霊能力とは近いけれども、それより上の部分へのアクセスです。
それが生きている人とのアクセスであるとテレパシーと呼ばれるもので、
テレパシー無しで霊能力を持つ人が存在するように、
霊能力無しで知彗(真理)へのアクセスができる人もいます。
霊能力は霊とのアクセスの波長のほうなので、霊となった者のいろんな考えが
混在してしまいます。
つまりは、意識世界の知覚能力というべきか。
意識世界の知覚も、言葉のような聴覚に近い物と、視覚的に捕らえる感覚、
感触としてとらえる感覚などがあります。
通常の五感とは違いますが、翻訳するかのように置き換える能力に於いて
それらは物質世界に近い感覚としてとらえることができます。

489 :本当にあった怖い名無し:2007/05/14(月) 20:03:48 ID:YSkD8usRO
悟っているひとは自分の怒りとか悲しみはどうしてるんですか?
悟っていく段階で色々見えてしまうでしょ?マイナスな感情はもうないんですか?
それともコントロールするんですか?

490 :本当にあった怖い名無し:2007/05/14(月) 20:54:04 ID:aXkdUXTj0
>>489
>悟っているひとは自分の怒りとか悲しみはどうしてるんですか?

その自分という個と全体の知覚により、その怒りは自分という個が発する物であることを理解し、
悲しみにおいては個の悲しみは無意味を知る。

怒りはたいてい理不尽な処遇に対してわき起こるものだが、因果連鎖が見えると結局は自身が怒りの元を
作ったのも解り、悲しみに於いては自分の無力さ(何もしてあげられない)部分に向けられ、その意識は
連鎖に影響を及ぼします。

491 :鬼和尚:2007/05/14(月) 21:30:54 ID:Rwc34eMP0
>>489 
 わしの経験から言えば、感情のコントロールはそれほど難しいものではなかったな。
 修行中はコントロールしていたが、悟った後は別にコントロールする必要も無い。
 怒りたければ怒り、悲しい時には泣く。
 それも又、いいものじゃ。 

 怒りも悲しみも、人の中にある。
 いずれは消えてしまうが、ことさらに消してしまうこともない。

492 :本当にあった怖い名無し:2007/05/15(火) 00:07:54 ID:BPAefKd0O
>>491さん、それもいいけど、悟った後が大事なのでは!禅宗の僧ですか?

493 :本当にあった怖い名無し:2007/05/15(火) 00:16:38 ID:BPAefKd0O
>>491さんのやり方?をする場合、「何でも好き勝手にする」とは絶対に違うので注意!失礼しました。

494 :本当にあった怖い名無し:2007/05/15(火) 00:59:31 ID:uiDbmMKs0
>>493
なんかおもいきりしろーとか、全く分かってない人みたいですね。
そろそろ見分けをつけましょうよ。

495 :本当にあった怖い名無し:2007/05/15(火) 09:05:18 ID:3SSD80KI0
>>491
「自分に素直になれ」という事ですな、とっさん。

怒り・悲しみの感情が自然と湧かなくなった時点まで到達したら、
人はそれなりの成長を遂げてるのかもな。

496 :本当にあった怖い名無し:2007/05/15(火) 09:10:21 ID:uiDbmMKs0
>>492
こういう意見はあなたが悟った後でいいましょうね。

497 :本当にあった怖い名無し:2007/05/15(火) 09:18:51 ID:BPAefKd0O
>>496悟後の修行だよん。

498 :本当にあった怖い名無し:2007/05/15(火) 09:31:28 ID:uiDbmMKs0
>>497
悟後の修行が分かる心境ということは、解脱、つまり五分法身を体得したのですか。
つまり解脱知見のことです。

499 :本当にあった怖い名無し:2007/05/15(火) 09:34:42 ID:BPAefKd0O
>>498そういうやり方はしませんので、何宗?

500 :本当にあった怖い名無し:2007/05/15(火) 09:41:05 ID:4/HigzE30
500get

501 :鬼和尚:2007/05/15(火) 20:48:43 ID:GwonHDje0
>>492 わしは禅でも無い。ただのわしじゃよわっはっはっ。
 悟った後の修行も大事じゃよ。しかし、あまりやり過ぎるとおぬしらとこみにゅけーしょんがとれなくなるのじゃ。感情も何も無いと人の気持ちが判らなくなるからのう。

>>495 それでもいい。

今日はこんなところかな。



502 :本当にあった怖い名無し:2007/05/15(火) 23:21:37 ID:TElDPqAV0
見性したあとに感情がなくなるって説はまったくの新説で珍説だと思うが。
バカ和尚はとっくにコミュニケーション取れてないんだから、むしろそっちの努力しとけよ。

503 :本当にあった怖い名無し:2007/05/15(火) 23:24:26 ID:gDS9VPnL0
これからも
これまでもない
いまぞある

504 :本当にあった怖い名無し:2007/05/15(火) 23:36:25 ID:BPAefKd0O
>>502勘違いしやすい所ですね!

505 :本当にあった怖い名無し:2007/05/15(火) 23:58:51 ID:3j2JIDw+O
誰かイニシエートして

506 :本当にあった怖い名無し:2007/05/16(水) 00:52:56 ID:0pX0XIbdO
 ノ
('A`)
( (7
<ωヽ

507 :本当にあった怖い名無し:2007/05/16(水) 01:12:14 ID:5O5Oo9NJO
>>503いまも無い、みたいな!

508 :本当にあった怖い名無し:2007/05/16(水) 01:28:23 ID:mktrwuD4O
話しがそれるけど、教えてほしい
おいらは失敗したのかもしれないが、時間や空間を切り離してしまったせいか、感情がだいぶ希薄になっている
感情はまだいいが、記憶力がだいぶやられた…あと本を読めないし、ある程度の時間を要するドラマや映画物語などが飲み込めなくなった
楽しいとか気持ちいいのは大好きだけど、つまらんと思ったら即拒否る
いわゆるリアルな認識の部分がやられたのかもしれない
とおいとこを見ての判断や、予想は普通より冴えていると思うのだけど
こんな体験をお持ちの人いますか。もちろんたんにADHD?なのかもしれないけど

509 :本当にあった怖い名無し:2007/05/16(水) 01:35:31 ID:i1X7qtxk0
>>508 右脳ばかりで左脳が働いてないのかもね。

510 :本当にあった怖い名無し:2007/05/16(水) 01:41:23 ID:P/qcrk/mO
おもしろそう
でも たいへんそう
馬歩馬歩する

511 :本当にあった怖い名無し:2007/05/16(水) 04:43:08 ID:TIiPGGIi0
>>508
幼児性が発現してるように思えますね。たぶん思考力と忍耐力が欠乏した状態だから、
欝にならないように気をつけたほうがいいね。本は次のように段階を踏んで、
漫画→ファンタジー小説→推理・SF小説→・・・と慣らしていったらいかがでしょう。
まったりしたゲームなどもいいかもですが、忙しいのは短気に拍車をかけますのでダメ。
あせらないのが肝要です。

512 :本当にあった怖い名無し:2007/05/16(水) 09:11:16 ID:0pX0XIbdO
     ‖

513 :本当にあった怖い名無し:2007/05/16(水) 09:12:26 ID:0pX0XIbdO
 |≡∈(・ω・)∋≡|

514 :本当にあった怖い名無し:2007/05/16(水) 12:04:17 ID:TJN7qPqZ0
>>508
ある種の幻覚剤をやるとそうなるよ。悟りの段階の途中でもそうなったりするし。
脳の思考抑制の部分がカットされ、直感認識に移行してるのかな??
自我を部分的に残したまま悟りの領域に足を踏み入れたかな?
これからは、現実に戻るか、悟りの無我状態に踏み込むか、その分岐点
なのかもね。

515 :A:2007/05/16(水) 18:18:24 ID:C6Hoj92xO
何の為に生まれてくるのか教えれ。生まれる前の世界も教えてれ。

516 :本当にあった怖い名無し:2007/05/16(水) 18:25:01 ID:ozPBHkR10
我に仕えるために君は生まれたんだよ
さぁ我が下僕よ
我の前にひざまづき永遠の忠誠を誓うのだ

517 :本当にあった怖い名無し:2007/05/16(水) 19:07:45 ID:Phtmo+un0
>>515 あなたが望んだからだよ。

518 :本当にあった怖い名無し:2007/05/16(水) 19:12:16 ID:C6Hoj92xO
>517
いや、望むも何も突然だろ?

519 :本当にあった怖い名無し:2007/05/16(水) 19:25:50 ID:TIiPGGIi0
>>518
いや、>>517の答えはよく見かけるけど、意外に本当のように思えるよ。

520 :本当にあった怖い名無し:2007/05/16(水) 19:43:23 ID:5O5Oo9NJO
>>515妄想はオナニーだけで。

521 :本当にあった怖い名無し:2007/05/16(水) 20:11:12 ID:rg+eit4N0
ここにはすくなくとも
悟った人はいない

麻原さんとかショコーさんならいるみたいだが

522 :鬼和尚:2007/05/16(水) 21:49:41 ID:ikRCxeeI0
>>505 よし、わしがイニシェーションを授ける。

>>508 一時記憶が少し止まったようじゃな。普通に生活しておれば直る。肝心なのは動揺しないことじゃ。わしも修行中、体がひん曲がったような感じになったり、記憶が混乱したりしたが、心が不動であった故にただの雑念として処理できた。
 何が起こっても動揺せずに、悟りの道を行くのじゃ。

>>515 前世を思い出す瞑想をしてみるのじゃ。現在から少しずつ時間をさかのぼり、最初の記憶よりもっと前の記憶を探ると、最初は何も思い出せないが、ある日突然思い出すようになる。
 そして、何がしたくてここに来たのか思い出すのじゃ。

523 :本当にあった怖い名無し:2007/05/16(水) 22:22:48 ID:rEmn4YGS0
>>522
>前世を思い出す瞑想をしてみるのじゃ
そんなもん、する必要ないだろ。


524 :本当にあった怖い名無し:2007/05/16(水) 22:58:49 ID:5O5Oo9NJO
>>522おっさん、もうねんのかたまりやの!

525 :本当にあった怖い名無し:2007/05/16(水) 23:50:02 ID:ed1r9+Z90
あなたの望む答えを与えねば
あなたは満足しはしないだろう
生まれてきた理由、生きる意味
あなたの満足はどこにあるのだろうか
それは、あなた自身にしか見つけられはしない

526 :本当にあった怖い名無し:2007/05/17(木) 00:01:06 ID:T5lH6RwG0
>>508
離人症って可能性もある。
とりあえず精神科にいって、相談してみたら。
独流の瞑想は危険だよ。白隠禅師の例もあるし、いったん中止するのも必要。
再開はいつでもできる。

鬼和尚とかインチキ野郎の無責任な発言を真に受けないで。
悟りや瞑想っていうのは、ベクトルは健康的なものだよ。

527 :本当にあった怖い名無し:2007/05/17(木) 00:13:02 ID:Euh7Ga4/O
>>526本当にその通りですね! 坐禅したい方はお寺で坐禅指導受けていただきたい。
ここは所詮2チャンです。

528 ::2007/05/17(木) 02:03:31 ID:F9A/2KlZ0
色は匂えど 散りぬるを 我が世 誰ぞ 常ならむ
有為の奥山 今日越えて 浅き夢みし 酔いもせず

風が吹けば桶屋が儲かる。何事にも原因というものがあるものだ。
原因があるから人は生まれる。条件を得て。
それが善因善果の報いなのか悪因悪果の報いなのか。
人に生まれるというのは善因善果である。地獄という苦しみの多い世界に
生まれることもよくあることなのだから。
人に生まれて苦しむもの。それは悪因悪果の報いなのであろうか。それとも
善因善果の報いなのであろうか。運命などというものはない。
人は因果に縛られている。しかし解けるのも人なのだ。
人はみな瞬間瞬間を選択して生きている。過去も未来もなくすべては今。
今、この瞬間の選択が、過去も未来も変えうる。
苦しむものどもよ。それを悟れ。

529 :本当にあった怖い名無し:2007/05/17(木) 02:58:33 ID:DcNcN6nS0
>>528
おまえもな。

530 :本当にあった怖い名無し:2007/05/17(木) 03:09:58 ID:e1VbgMbMO

ホッホッホッ(^。^)y-~

531 :本当にあった怖い名無し:2007/05/17(木) 03:30:15 ID:sMI4bg+ZO
最近少し悟った、好きな奴には好きとはっきり言う。
嫌いな奴にははっきり嫌いと言ってやる、他人なんてどうでもいい。
今まで散々気を使ってたが自分を大事にする事をすっかり忘れていた、どうせいい人ぶっていても他人はいい子ちゃんぶってるとしか思わないもんだ。
悟った、俺は俺が一番大事なんだ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!

532 :本当にあった怖い名無し:2007/05/17(木) 08:41:40 ID:XEa/TeEA0
370 菩薩道 sage 2007/05/17(木) 04:47:59 ID:bg0DAnif
>>369
変なやつww

371 菩薩道 sage 2007/05/17(木) 05:00:00 ID:bg0DAnif
>>369
俺もあんたを評価してやるよw
あんたは自分の考えを人前で言うことさえできない萎えチンだ。
だから2chでしか自分を表すことができない。
しかもその表し方も他人を貶めるだけという。哀れな奴だ。


533 :本当にあった怖い名無し:2007/05/17(木) 09:55:57 ID:8UPPLiCzO
菩薩は壊れたのか?
大丈夫かあいつ?

534 :本当にあった怖い名無し:2007/05/17(木) 12:33:34 ID:XEa/TeEA0
取り憑いてた悪霊が、本腰を入れ始めたんじゃないかな。

373 菩薩道 sage 2007/05/17(木) 05:33:33 ID:bg0DAnif
俺に支配されるのがいやなら、なにも書かないことだ。
でもそれはあんたを苦しめている他人の評価ってやつの呪縛からは
逃れられない。2chで他人をどう評価しようとあんた自身の魂の叫び
ってやつには到底ならないからな。

535 :本当にあった怖い名無し:2007/05/17(木) 12:56:15 ID:8UPPLiCzO
どうやら本格的に壊れてきているようですね。もう読解困難で何を
言っているのか分からなくなりつつあります。合掌。

536 :508:2007/05/17(木) 16:40:08 ID:P68ZN6swO
思いのほかたくさんレス貰って嬉しいれす(´Д`)
>>509
左脳ショートしたせいかも
>>511
実はまったくその通りで、今SFやファンタジーで復活のきっかけを掴みかけてるんですよ
>>514
おいらは現実にもどりながら我を溶かすのが当面の目標なんですヨ!
>>522
さすが鬼和尚、よく分かってらっしゃるのですね。しかしこないだ頭の変な人にからまれて脅迫されてちょっとチビリました
>>526
おいらも精神課に一度はかかってみたいと思ってます。これはなんという症状とされるのか興味あります

みなさんありがとう(ノД`。)

537 :鬼和尚:2007/05/17(木) 21:47:50 ID:cbcvO+vc0
>>525 うむ、その通りじゃ。真実は己で掴む以外にない。I円

>>528 いい詩じゃ。

>>531 良い見解じゃ。己を見出したようじゃな。I円。

>>536 うむ、頑張って悟りを得るのじゃ。お主なら出来る。応援しとるぞ。一人じゃないぞ。

538 :本当にあった怖い名無し:2007/05/17(木) 22:00:54 ID:0D1TThZd0
開いたのに閉じんでもええがなええがな。
おっぴろげじゃ無用心無用心、無用の心でええがなええがな。


539 :本当にあった怖い名無し:2007/05/17(木) 23:42:38 ID:T5lH6RwG0
人間は本来無一物。
全て借り物であると気づくのが難しいね。
神は自分よりも自分を知ってる。

540 :本当にあった怖い名無し:2007/05/18(金) 00:24:40 ID:hJ1WUnbLO
>>539違うじゃん!

541 :本当にあった怖い名無し:2007/05/18(金) 01:52:31 ID:/hQbUAjf0
やはり壊れてしまったようです。
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1176629706/


542 ::2007/05/18(金) 01:54:16 ID:pPV9Aku60
壊れた壊れたって、ことさらに誘導しなくても、
ここで相手してやるよww
さぁなにが知りたいんだ?

543 ::2007/05/18(金) 01:58:57 ID:pPV9Aku60
別に、壊れたって言う意味が精神崩壊かなにかを意味してるのなら
まったく違う。方便を変えただけだ。
こういう文体もずっと慣れ親しんできたものだからこちらも想いを
伝えやすいと思ってね。ルシフェリアン神父に語りかけられたのがきっかけかね。
字は体を現すってね。菩薩の道を歩んでいることには変わりがない。
OK?

544 :本当にあった怖い名無し:2007/05/18(金) 03:21:56 ID:/vT3vdod0
言ってる意味が、よく分かりません

545 ::2007/05/18(金) 03:36:32 ID:pPV9Aku60
>>544
あらまぁ。それは不思議な一致ですね。
私はあなたがよくわからないと言っている意味がよくわかりませんことよ。

546 :本当にあった怖い名無し:2007/05/18(金) 10:05:43 ID:/vT3vdod0
>>545
は? 別に、君にレスしたわけじゃないんだがな。
君だけが見えるアンカーでもあるのかな?

547 :本当にあった怖い名無し:2007/05/18(金) 13:53:14 ID:hJ1WUnbLO
悟りってそこらへんに転がってるじゃん。

548 :本当にあった怖い名無し:2007/05/18(金) 14:48:08 ID:k1uzAALlO
さっとたらぎろんしないよ

549 :本当にあった怖い名無し:2007/05/18(金) 15:15:17 ID:tjW4+1uO0
http://www.j-theravada.net/sakhi/pali_sutta3.html

550 :本当にあった怖い名無し:2007/05/18(金) 15:19:17 ID:hJ1WUnbLO
>>548だよね〜

551 :本当にあった怖い名無し:2007/05/18(金) 15:48:14 ID:tjW4+1uO0
http://www.j-theravada.net/sakhi/pali_sutta2.html

552 :本当にあった怖い名無し:2007/05/18(金) 16:26:59 ID:sIWaZZDtO
あっちのスレを見てきたが、流石に宗教板だけあって本物っぽい
人も書いてて白熱してますね。

553 :本当にあった怖い名無し:2007/05/18(金) 19:13:59 ID:pgi+26ht0
>>548
悟るということを勘違いしてないか?

554 :本当にあった怖い名無し:2007/05/18(金) 21:30:10 ID:sIWaZZDtO
無駄な議論は減りそうだがな。

555 :本当にあった怖い名無し :2007/05/18(金) 22:15:57 ID:T69NQIgx0
悟りなんぞ、死ぬまで開けるか!!
分かった風な口を聞くな!!
人生ずっと煩悩との闘いだよ

556 :本当にあった怖い名無し :2007/05/18(金) 22:17:49 ID:T69NQIgx0
ついでに言うとね、真理なんてのもないぞ!!
心の隙間に忍び込む、カルトに用心しろ!!

557 :鬼和尚:2007/05/18(金) 22:55:35 ID:ArkX0t1R0
まあ、もちつけ、一休み一休み。

今日はこれだけじゃ。

558 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/05/18(金) 23:14:59 ID:K+nSTGOjO
菩薩さんのキャラの変わりようにワロタ。

559 :本当にあった怖い名無し:2007/05/19(土) 02:19:56 ID:UtCfJ3t+O
>>556うまいね、だからいいんだよね!

560 :本当にあった怖い名無し:2007/05/19(土) 08:33:23 ID:DSD5YW600
字は体を現すってね

→ここで相手してやるよww
→俺もあんたを評価してやるよw

561 :本当にあった怖い名無し:2007/05/19(土) 16:51:34 ID:TieUH1rgO
鬼和尚さんこんにちは!
2ちゃんで辻説法ですか(^-^)地蔵の誓願をたてていらっしゃるのですか?

たまたま和尚さんの御説教にご縁をいただき、感応道交致しました。
ここはここで説教を続けられるも、並んで、早く宗教版で独立スレをたてて頂きたいものです。楽しみにして居ります。

これからもちょこちょこと日参致したいと存じます。
合掌

562 :本当にあった怖い名無し:2007/05/19(土) 17:07:46 ID:TieUH1rgO
>>531さんへ
お釈迦様も、『自分より外に大事なものなどない』とおっしゃいました。
そこから全て始まるのです。
正念をもち、正道を歩まれます様(o^-')bさすれば貴方には更に深い悟り(気付き)の光が待っていることでしょう。
貴方の幸せをココロから祈ってますよ〜(*^^*)
Good - luck〜!!

563 :鬼和尚:2007/05/19(土) 21:26:58 ID:xqhMOgzV0
>>561 ご苦労さん。ここの住人はなかなか勇気がある。恐れずに実践することで、自分から真実を掴もうとしているのが良いところじゃ。
 仏教は実践あるのみじゃ。
 知識だけを幾ら積み上げても悟りには至れぬ。
 故にわしはここの住人に期待しておるのじゃ。
 

564 :本当にあった怖い名無し:2007/05/20(日) 04:02:33 ID:MEd2kmA4O
ラジニーシについて何か

565 :本当にあった怖い名無し:2007/05/20(日) 08:15:36 ID:sgyUVC8R0
455 菩薩道 sage New! 2007/05/19(土) 23:26:48 ID:jCKInPQW
ははは。面白い。いい話をしてやろう。
剣術の達人である人が、ある日真剣勝負を立ち会った。
相手も、剣術にかなりの自信があった。

俺がなにを言いたいのかわかる人がいるかなw
わかればたいしたものだ。


457 菩薩道 sage New! 2007/05/19(土) 23:45:09 ID:jCKInPQW
>>449
あんたの相手をするのは馬鹿馬鹿しいながら面白い。
俺の利にもなってる。あんたは俺に布施してくれているんだな。

人にものをたずねるのなら、それ相応の礼が必要だ。
あんたが重要視してる社会的な立場がどうのこうのってことではなく。
そして俺は、きちんと約束どおり、その問いに答えている。

そういった基本的なルールさえ知らずに、怪しげなカルトに騙されている人の多いことよw
哀れな。


566 :本当にあった怖い名無し:2007/05/20(日) 08:19:03 ID:sgyUVC8R0
461 菩薩道 sage 2007/05/20(日) 00:11:45 ID:YSo2ek+U
さてと、馬鹿の相手をする慈悲心の現われはこれぐらいにしてと。

465 菩薩道 sage 2007/05/20(日) 00:34:53 ID:YSo2ek+U
俺が馬鹿と人に言うとき、馬鹿であろうとし続けるなと言ってるんだよ。
他人を自分より価値がないなどと馬鹿にしてはいない。

469 菩薩道 sage 2007/05/20(日) 00:54:28 ID:YSo2ek+U
>>468
ほらほら。あんたの人間性が如実に現われてきてるぞ。
だから俺は涅槃には至っていないといってるだろう愚かなやつめ。


567 :本当にあった怖い名無し :2007/05/20(日) 11:26:48 ID:6QRoTExE0
ただ単なる言葉遊びの類ね?

568 :本当にあった怖い名無し:2007/05/20(日) 11:39:14 ID:ELz8QciEO

>>567
激しく同意。
悟りなんかに興味はない
勝手に自分で魂の成長止めて悟った悟ったと偉ぶってもどうにもならん。
積極して語ろうが消極して語ろうが……
悟りという観念に囚われてる時点でダメダメ。



569 :本当にあった怖い名無し:2007/05/20(日) 19:12:11 ID:MEd2kmA4O
魂などない
全ては意識である

570 :鬼和尚:2007/05/20(日) 20:46:35 ID:ls/ZQK8x0
>>564 うむ、オショーはなかなか良い。彼は本物のブッダであった。
 おそらくこれから何年も、或いは何千年も語り継がれる人物だろう。
 と言っても本を買う必要も、教団に入る必要もない。
 ブッダは標であり、真理は自ら瞑想に励む者のもとにのみ訪れる。

>>569 そうじゃ意識じゃ。  

571 :本当にあった怖い名無し:2007/05/21(月) 08:41:47 ID:J1yUTMXz0
505 菩薩道 sage New! 2007/05/21(月) 00:44:53 ID:zx1PFBUm
俺は他人を馬鹿にしていない。なぜならすべての存在に価値があると
知っていると言ってるだろう。傲慢でもない。
ただ間違いは間違いであると言っているだけだ。そして俺には弟子はいない。
みな平等だからな。

私が誰かを批判し間違っているというとき、そこにはなんの悪意もなく、敵意もなく、
見下してもいず、騙そうとしているわけでもなく、支配しようとも思っていない。
そこには嘘もなく、嫉妬もなく、虚栄心もなく、へこまそうという気持ちもない。
ただ哀れみと慈悲心だけがある。


572 :本当にあった怖い名無し:2007/05/21(月) 08:43:04 ID:J1yUTMXz0
510 菩薩道 sage 2007/05/21(月) 01:30:13 ID:zx1PFBUm

ただ、お笑いなのは、そう言われたからってそれで俺が憤ったり、惨めになったり
するわけじゃないってことを何度も言ってるのにわからないからさ。
これだけはっきり言ってるのに気づかないってことは馬鹿ってことだよな?
俺は、自分が惨めだとはこれっぽっちも思ってない。
なぜなら、空性を正しく理解しているからだ。

神父は空を悟ってるかどうか知らないが俺が何を言ってるかは
理解するだろう?これだけはっきり言ってるのに理解しようとさえしないのは馬鹿
ってことだよな?なら俺が馬鹿と言ってもそれは真実なわけだよな?


573 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/05/21(月) 12:00:20 ID:ErXPPYcGO
鬼和尚vs菩薩道。の対決が見たい!
とwktkしてしまうのは、煩悩に支配されているからでしょうか。

574 :本当にあった怖い名無し:2007/05/21(月) 12:54:55 ID:1HBpir4WO
>>573
煩悩のような感じはするけど、でも対決にはならないんじゃないかなあ。

575 :本当にあった怖い名無し:2007/05/21(月) 21:35:41 ID:UbxE+AXvO
セックスしたい。

576 :本当にあった怖い名無し:2007/05/21(月) 22:33:12 ID:cbNsnrs+O
和尚と菩薩は同じ人ですよ
旧菩薩で持論を展開したけど受け入れられず、和尚というスタイルチェンジを模索したところ
意外に調和することに気付き始めた菩薩たん。しかし心の支配欲や攻撃性の部分を放置するわけにはいかない
バランスをとらねばと新菩薩始動…

と妄想してみる(´Д`;)ハァハァ
俺は菩薩たんも和尚たんも好きだよ!

577 :鬼和尚:2007/05/21(月) 22:36:05 ID:rD8yB8Po0
>>573 はっはっは。なんじゃそれは。

>>574 そうじゃ。

 


578 :鬼和尚:2007/05/21(月) 22:36:58 ID:rD8yB8Po0
>>576 妄想を去らせるのじゃ。

579 :本当にあった怖い名無し:2007/05/21(月) 22:52:03 ID:J1yUTMXz0
妄想を去らせるのじゃ?

妄想を払拭するのじゃ?

580 :鬼和尚:2007/05/21(月) 23:08:10 ID:rD8yB8Po0
さてと、ここらでちょっと説法でもしておくか。

 ここのスレタイのこれからとは一体どういう意味かとみんな疑問に思っていることじゃろう。
 これからとは悟りの道を行く者の心を表しているのじゃ。
 いつもこれから、今これから始める、それが悟りへの道じゃよ。

 例えばおぬしがまだ修行に入っていないなら、今これから始めるのもよい。
 既に悟りを得ている者でもこれから続けるのが良い。

 悟りの道を行くのに遅いも早いもない。
 失敗も転落もない。
 いつもこれから、これから始め、これからやり直すのじゃ。

 例えばおぬしがもうよぼよぼのじーさんで、何の修行もしたことがなく、もう自分の人生が失敗だと思っていたとしても、やけになることはない。 
 人間にとって最大にして最高の成功は悟りを得ることに他ならない。

 今までの失敗は最大の成功を得る為にあった。
 それを知り今、これから修行を始めるのじゃ。
 集中力をつける数息観などの行をし、己の心を見つめる。
 それが悟りへの道。

 これから始めるのじゃ。
 

581 :さんご:2007/05/21(月) 23:09:44 ID:3clag2tJ0
なんの悟りするの?

582 :本当にあった怖い名無し:2007/05/21(月) 23:23:19 ID:hdjvJo0z0
>>580
覚醒した程度のことを悟りとか云うなw

583 :本当にあった怖い名無し:2007/05/21(月) 23:31:13 ID:j++IAEmy0
>>580

> ここのスレタイのこれからとは一体どういう意味かとみんな疑問に思っていることじゃろう。
> これからとは悟りの道を行く者の心を表しているのじゃ。

勝手に決めつけるなよ。スレタイは「悟りを開いた人達参加のこれから」だろ。

悟りの道ではなく、何かを悟った人たちが参加してこれからのことを語り合おうというころだろ。

スレタイにハッキリ書いてある通りなのに勝手に誤解釈するようではたいした者ではないな。

584 :本当にあった怖い名無し:2007/05/22(火) 00:00:44 ID:FAstqTJP0
>>580
もういいから帰れよ。

585 :本当にあった怖い名無し:2007/05/22(火) 03:38:35 ID:L+FI5IUl0
向こうのスレ、B薩肯定派が湧いて出てるね。
そんなに大した事を書いてるのかな? 

586 :本当にあった怖い名無し:2007/05/22(火) 08:10:17 ID:XE9NcF9RO
もうとりあえず鬼和尚たんを萌えキャラにしちまおうぜ!

俺の霊視によると、俺和尚たんは西日本に住むオカルトと三国志をこよなく愛す、17歳のおにゃのこ。間違いない。
かなりのお祖父ちゃんっ子で、お祖父ちゃん大好き。〜じゃ口調も、大好きなお祖父ちゃんの影響を受けている。
今はお祖父ちゃんを喜ばせる為に良い大学へ入ろうと、勉強を頑張っている。趣味は読書。髪型はベリーショート。

鬼和尚たん(*´д`)ハァハァフィーバー!!!!!

587 :本当にあった怖い名無し:2007/05/22(火) 12:36:35 ID:j3Xk/r5D0
14歳くらいのほうが萌えね?そして農家に住んでいる

588 :鬼和尚:2007/05/22(火) 21:00:16 ID:XZvH016M0
>>581 お釈迦様と同じ悟りを目指すのじゃ。

華麗にスルー

>>586>>587 中の人などいない。おぬしらわしに萌え萌えじゃな。


589 :本当にあった怖い名無し:2007/05/22(火) 23:30:13 ID:dvjKOH7WO
わかるか人に聴きたい。
火風水地、白虎朱雀龍玄武には人の様な意思意識思考はあると思いますか?

590 :本当にあった怖い名無し:2007/05/22(火) 23:47:01 ID:dvjKOH7WO
訂正
わかるか人×
わかる人 〇

591 :本当にあった怖い名無し:2007/05/23(水) 00:05:15 ID:RGDLbMIr0
玄武たんにはある

592 :さんご:2007/05/23(水) 00:09:57 ID:CTo4aA750
>>588
>お釈迦様と同じ悟りを目指すのじゃ。

具体的に言ってみてちょーだい
本当に悟ってるかどーか試してあげる♪

593 :本当にあった怖い名無し:2007/05/23(水) 00:33:43 ID:574RkbSYO
>>587
それ採用

>>588
鬼和尚たん(*´д`)ハァッハァッ
誕生日は?血液型は?趣味は?好きな科目と嫌いな科目は?好きな異性のタイプは?(*´д`)ハァッハァッ

>>589
そもそも四神獣なんか存在するのか?www
火とか風とかは「現象」だから思考云々以前の問題。

>>592
さんごたん(漁師の娘)vs鬼和尚たん(農家の孫)

594 :本当にあった怖い名無し:2007/05/23(水) 01:18:20 ID:iotu//5JO
いいから悟れ

595 :本当にあった怖い名無し:2007/05/23(水) 02:46:09 ID:M9kh2qA2O
>>589
四神はいわゆる外界を示すものとしての象徴じゃないかなあ
北には毛深い人がいて、西には白人がいて、南には赤く焼けた毛の人がいて、東には海を渡ってくる人がいて…みたいな
だけどそれを世界の縮図とし、安定の術としたのはあながち与太話とも言えない
いわゆるバランスの思想に端を発してるのかもしれない
すなわち、悟りとも細い糸だがつながっている、と、悟りの末にバランスから脱却した中央視座があると読む俺は四神について考える

596 :鬼和尚:2007/05/23(水) 20:01:18 ID:NmIoc4Kg0
>>589 存在する物には意識がある。

>>592 お釈迦様はニルヴァーナと言った。禅の者はだまって○を書くじゃろう。唯識論では阿頼耶識の消滅と言うじゃろう。
 測るものが測られるとはキリちゃんの言葉じゃ。判るかな?

>>593 中の人などいない。もう勝手に設定したらいいんじゃ。

>>594 そうじゃ。

>>595 なかなか面白いのう。


 

597 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/05/23(水) 21:19:49 ID:V/rj30gkO
【これまでのまとめ】
鬼和尚は、外見は十歳の童女だが、中身は二千年ぐらい生きている烈僧。(その正体は徐福)
菩薩道は鬼和尚の弟子で、四百年前にチベットから渡って来た修行僧。
さんごは珊瑚の妖怪で、過去に鬼和尚に不老不死の妙薬を与えたことがある。


598 :本当にあった怖い名無し:2007/05/23(水) 23:42:15 ID:62By23MqO
>>591
なぜにそう思ったのですか?ところで玄武さんはレイラインと関係あると思います?

>>595
前半はよく分かりませんが、後半の細い糸と繋がっている部分はその通りだと思います。悟りというより空ではないかとも思いますが?けど繋がったとしても一方的な気がして、上記の疑問がよぎりました。(ところでこういう話って公でしてもいいと思います?)
目蓮により地蔵盆の由縁があったと思いますが、目蓮が供養する前にしたこと?しようとしたこと?をお釈迦様が、それでは浮かばれないと地蔵盆のもとになった方法を教えたそうですが、最初に目蓮がしたことはこの四神と通じていたということではないかと思います。

>>596
意識があるとして人の想いを汲むとしたら、それは何故に?空海の話にも龍を呼んだものがありますよね?龍はどんな意識でそれに応えるたと思いますか?

599 :本当にあった怖い名無し:2007/05/24(木) 00:04:22 ID:ZeyXEmT60
>>596
はなしかけんじゃねーよ馬鹿。
おまえが毎度ひねり出すような解答はクソのやくにもたたねー。

600 :本当にあった怖い名無し:2007/05/24(木) 00:34:14 ID:M5GwSa8A0
もともと、鬼和尚さんはネタなんだからそんなにエキセントリックにならんでもw

本気の話なら 真行火 って言葉が悟りの後の修行に繋がるかも。

601 :本当にあった怖い名無し:2007/05/24(木) 01:20:19 ID:ZeyXEmT60
ネタ以前に中身からっぽなのにしつこすぎる。

602 :本当にあった怖い名無し:2007/05/24(木) 09:38:06 ID:eyUpBeZe0
かわいいもんだよ。
どこぞやの墓穴道に比べりゃ

603 :さんご:2007/05/24(木) 20:37:45 ID:JfA6/6ua0
>>596
>お釈迦様はニルヴァーナと言った。禅の者はだまって○を書くじゃろう。
>唯識論では阿頼耶識の消滅と言うじゃろう。
>測るものが測られるとはキリちゃんの言葉じゃ。判るかな?

それじゃ知識の羅列に過ぎないじゃん!
アナタがどー悟って、どーなったのか具体的に書いてみてよ

>>597
(゚Д゚)ゴルァ!! 勝手に妖怪にするな!! せめて珊瑚の精にしとけやw 
ちなみにウチは竜王の十娘の一人だっちゃ♪

604 :鬼和尚:2007/05/24(木) 22:40:09 ID:aRXKf+LU0
>>597 もう好きにしたらいいんじゃ。

>>598 全ての意識は本来一つなのじゃ。故に感応道交が出来るのじゃ。

>>599 わっはっはっは、レスを付けられるのが嫌なら何故書き込む?
 おぬし本当はさびしん坊か。実は構ってほしいんじゃろ。
 本当に嫌ならコテハンでもつけよ。菩薩道とか。

>>600 中の人などいない。

>>602 中の人?

>>603 やはり判らなかったか。わしが測る者が測られると書いた意味が。
 悟った者には妙観察智がある。短い言葉の端々でも相手が悟りを得ているかどうか、判るものじゃ。
 おぬしはまだまだじゃな。それにアニメの見過ぎじゃ。 



605 :本当にあった怖い名無し:2007/05/24(木) 22:57:52 ID:skqvHxqP0
>>604
本当に悟ってるんですね。滝にうたれたりしたんですか?
こっちは行動の一つ一つに集中してさとれたらいいなと思っています。

606 :さんご:2007/05/24(木) 23:02:32 ID:JfA6/6ua0
>>604
やっぱ口先だけみたいねー
全然大したことなさそーw

607 :本当にあった怖い名無し:2007/05/24(木) 23:07:44 ID:A39zFi+I0
>>583
を華麗にスルーしてるところで判断しようよw

悟りなんて他人に聞く時点で本末転倒なんだしスレ自体どうでもよくね?

608 :さんご:2007/05/24(木) 23:12:20 ID:JfA6/6ua0
鬼和尚たん、そんな悟り人の真似して
わざわざ固苦しく疲れることしないで
一緒に騎士団ごっこして遊ぼうよ♪

アナタならトパーズの騎士がふさわしいっちゃw

★☆★ 神秘の宝石騎士団 W ★☆★
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1179033988/


609 :本当にあった怖い名無し:2007/05/24(木) 23:17:13 ID:Yl5i4APJ0
大悟しろよ。



610 :本当にあった怖い名無し:2007/05/24(木) 23:19:03 ID:Yl5i4APJ0
直指人心 是悟りにあらず。茶番なり。


611 :本当にあった怖い名無し:2007/05/24(木) 23:26:55 ID:9kFJu6s/0
ここでいう悟りってどういう事なのかな?
単に経験を通して、物事の因果を知るとかそういう事?
単にインスピレーションや気づきを通して精神的な成長が有ったと言う事?
それとも、瞑想や修行を通して得られた精神的な体験の事?
宇宙意識、涅槃、アートマン、キリスト意識、解脱、神秘体験、臨死体験・・・・・
色々呼び名は有るけれど。
いまいち、悟りと言う言葉自体が曖昧で良く分からないや。

612 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 00:18:07 ID:u9f3oUnnO
みんなそれぞれ異なるんじゃないかな。

613 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 01:06:36 ID:V7Ofb2ta0
悟りを開いたと自称する者の言葉は、何一つ必要無い。
何故なら、悟りで得た物を言葉で表現する事は出来ないからだ。
その領域を知るには、自分が悟るしか無い。

そして、悟りの領域へ達するには、
静かな場所で半眼状態で座禅を組み、何も考えない状態を維持し、時を待つ。
それだけである。

「今ここ」も「宗教」も「説教」も、彼らが書きなぐる「思想オナニー」も
「セミナー」も「書物」も何もかも、何一つ必要無いのである。
何故なら、自分で悟る方法がもうすでに用意されているのだから。



情報が反乱し、自らの頭で考える事をしなくなった人々で溢れている現代において、
こういったオカルトや宗教や啓発物で人の精神を支配し、多額の利益を上げようとする者たちが現れる。
彼らに騙されてはならない。

そして、自分の頭で、自分の心で、自分自身で感じ、考え、生きるんだ。
そういった事をしなくなった時、君は、他人の言葉一つで支配されてしまうようになるのである。

614 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 01:31:15 ID:heFa8pUD0
>>613
それで、今のあなたの感性に磨きをかけた書物や人物の伝記など、
一切を否定しているのでしょうか?
あなたは自分の立つ位置を見つけられた、たぶん幸運な人なのだと思うよ。

霊視スレなどでよく見かける、次から次へとレスを繰り返しどうしたらいいかを
尋ねる姿には哀れみを覚えますが、一言もらって去っていく人達の中には、
一種の清々しさもある・・・かもしれません。依存しなければいいと思う。

このスレで、自分で考えるきっかけを見つける人もいるかもしれませんよ。

615 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 01:33:10 ID:mvbyh6Ls0
それは、図星なのです。
私の体験したものは、言葉では表現できないのです。
言葉で伝えようとすれば各人の持っている、言葉のイメージで歪曲され
イメージとして各人の頭の中に象徴化されてしまうのです。
もはや私には座禅も必要ありません。
それをただ楽しみ、ただのある人として生きていくのみです。

616 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 01:58:22 ID:Aaa8GLIO0
別に悟らなくてもいいじゃねえか。
悟ったからって偉くなるわけじゃなし。

なんてことを悟ったりして。プ


617 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 02:33:48 ID:xxKZi1t4O
>>604
短い言葉の端々でも…

それ、その通りなんですよね
だから僕は鬼和尚のことが好き。直感的に。
また知識の羅列と感じる人の気持ちもわかる。でも多分言葉を用いて言うには限界があり、かたや仏教になぞらえて語るほうが整合する場面もある
不整合を用いて整合となす、みたいな
実は同じ道中にいて背きあうに似てる
僕も独自で究極的な道を選んだ身ですから、恐らく道を行く時は和尚を否定していたでしょう。そして和尚の言葉は必要なかったかもしれないね
個人的にはなんていうか、和尚みたいに上手く書いてくれる人がいたら、ほのぼのするんですよね
この世に認める同質感。溶け合う心が私を壊すwモロコシモロコシ♪気持ちいいーw
と何の解決にもならないレスをしてみましたw

ところでさんごさん、和尚さん、年齢ばれますよw

618 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 02:37:39 ID:xxKZi1t4O
書き忘れましたが
和尚の仏教どうでもよさ感が好きなんですよねw
ああそうなると、仏教否定派と仏教肯定派の板挟みだな

619 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 03:26:12 ID:WLf+uRZ9O
http://www.mumyouan.com/e/eosiku.html

620 :菩薩道:2007/05/25(金) 03:40:12 ID:fWOYyt570
俺も和尚が好きだよw
でもそれは多分、仏教どうでもよさ感じゃないなw
和尚自身は仏教どうでもいいとは思ってないだろうからw
仏教を否定する必要もないし、肯定する必要も無い。
1と1を足せば2になるようなもんだ。


621 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 04:04:42 ID:C4NrvKXJ0
輪廻転生の秘密

人の脳は、死の時を迎え、酸欠状態になると
ニューロンが強烈に発火する。その際、固有周波数の電磁波が
3次元的に放射される。
その、ホログラム構造の電磁波の影響を受精後の、脳形成期の胎児が受ける。
これが転生のシステム。

死の瞬間に、偶然に妊娠中(上記の時期)の女性が付近に居たら、その胎児は、死んだ人の記憶(脳の構造=魂の構造)を
ほぼ完全に受け継ぐが、殆どの場合は電磁波の劣化を伴い、前世を受け継ぐので、生まれてくる者は、前世の自分を思い出せない。

ダライ・ラマの世襲は、この転生システムに則り行われている。

つまりは、「前世は西洋のお姫様」だの、「竜騎士」だの
日本人にはほぼ「ありえない」のです。

閑話休題

何が言いたいのかというと、

「魂」=「脳波」=「自己」であり、
それは電磁波的活動(見えない光の様なもの)である。
故に「霊魂」とは、物理的に存在するのである。

って事を、最近悟りましたと…(´・ω・`)


622 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 04:17:18 ID:xxKZi1t4O
>>620
仏教の話に入ると、解釈の問題にすりかわってくからねー
否定も肯定もしないけど、そこに執着しないという意味で。菩薩たんw

623 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 06:34:05 ID:G2Qxi5VE0
>>621
これがダライ・ラマの世襲なら完全に誤まりだね。

人は死んだら3日間バルド界に居て、その後次の転生の準備に入る。
これはチベット死者の書にあるのだからダライ・ラマも知っているはずだが。
誰が何を勘違いしているのか?


624 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 09:13:55 ID:5PUYw8O90
中国が入る前のチベットは暗黒状態だったとか。
とにかくやばかったらしい。

625 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 15:52:20 ID:tmTnzAcH0
>>624
今のチベットは暗黒を通り越して地獄だけどな

626 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 17:29:33 ID:6fObGn280
>>614
「参考」にはるすが「肯定」はしないよ。
最終的に「否定」になるだろうね。

何故なら、
それは「彼らの言葉」であって「自分の言葉」ではないから。
彼らの世界であり、自分の世界ではない。

他者の世界ばかりを崇拝する行為を続けると、
自分を見失う事になる。


修行と名の付く物のほぼ全てに「自己を捨てよ」とあるが、
あれは嘘だ。自己を捨てたら人間ではなくなる。
全てを肯定してます的な事を言っておきながら、一方で人間否定をし、
ただの信者を製造してるような書物に、価値などない。

627 :鬼和尚:2007/05/25(金) 20:44:03 ID:qtn5lPne0
>>605 わしは座禅と経典を読んだ。金剛般若経、華厳経、般若部の諸経典などじゃ。経を読むことがわしのヴィパッサナーになっていたのじゃ。
 やはりシャマタとヴィパッサナーは二つともやった方がいいようじゃ。強制するものではないが。

>>606>>608やっぱりアニメか。わしをげんしけんにするつもりか。ぬおおお悪霊退散じゃ。

>>611 西洋的に言えば認識の転換じゃな。阿頼耶識を真の認識に転換するのじゃ。


 

628 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 20:51:30 ID:6MMtPhcB0
>>626
>>613>>615は同じ人ですか?。


629 :さんご:2007/05/25(金) 20:52:45 ID:iksWuz6y0
>>621
すごいっちゃ〜☆
ある意味納得できるお♪

>>627
鬼和尚たん、はやくトパーズの騎士になるっちゃ

ここで無理して背伸びしてても疲れるばっかよん♪

630 :鬼和尚:2007/05/25(金) 20:57:59 ID:qtn5lPne0
>>613 なかなかいいことを言うが、知識が未だ足りない。やはり参考になるものは参考にしていかねばならん。

>>614 うむ、きっかけが大事だ。I円

>>617 うむ、おぬしは法眼浄を得ているようじゃ。わしもおぬしらを愛しておるぞ。
 仏教もおぬしらが悟りを得るための道具として用意されたものじゃ。それを利用すればいいのじゃ。

631 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/05/25(金) 21:03:32 ID:yJM3ViJiO
わたしは悟りについて知りたいけど、悟りたくはないなあ。
これは、悟りたいと思っているひとばかりでは無いという事である。

632 :鬼和尚:2007/05/25(金) 21:04:22 ID:qtn5lPne0
>>620 わしもおぬしを愛しておるぞ。菩薩道よ。
 空が感得出来たのなら、それを己に観じるのじゃ。
 己の肉体、感覚、感情、分別する心、認識する心などの全てが空であり、実体の無いものであり、縁に触れて起こり、因の生ずるによって在り、因縁の消滅によって消えていく実体のないものであると観想するのじゃ。
 そのように行じれば、いずれ観照が起こり、悟りを得られるじゃろう。

633 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 21:07:43 ID:xd+9Qn5RO
ゆとり教育で悟りひらきましたぁ(´艸`)ムププ

634 :鬼和尚:2007/05/25(金) 21:08:35 ID:qtn5lPne0
>>621 面白いのう。

>>629 やっぱりアニメ・・・・・・・・・・・・・・。

>>631 知っとるがのう。まあ、普通の者はそれもありじゃろう。

635 :A:2007/05/25(金) 22:03:30 ID:j0JX/hKrO
何故生まれてくるのか、死んだらどうなるのか教えて下さい。

636 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 22:45:07 ID:IO1hNCKbO
>>635
おかんとおとんがズッコンバッコンセクロスしたから生まれてきた。
死んだらお墓に入って、最初は悲しんでくれる人もいるかもしれないけど段々忘れられて美しい思い出になる。

>>634
鬼和尚たん(*´д`)ハァッハァッ
俺絵下手だけど、今度鬼和尚たん擬人化してもいい?(*´д`)ハァッハァッ

637 :636:2007/05/26(土) 00:28:00 ID:+Bft62E00
こんなこと、ずばり言っちゃう俺って豪快だろ?(ニンマリ)

638 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 01:04:42 ID:imehi4F3O
よかったぁ〜
このスレ初めて見たのですが
やっぱり自分だけじゃないと実感しました( ´∀`)
悟り?の方々、ありがとう。

639 :621の続き:2007/05/26(土) 04:55:31 ID:ACcJYCS70
霊魂=脳波=電磁波説によって、
浮遊霊、地縛霊も、物理的に理解できる。

浮遊霊とは、死者の脳波の拡散状態であり、
地縛霊とは、脳波の影響を周囲の物質が受け、且つその環境が変わらない場合に感じられる、所謂「残留思念」である。

又、胎児が複数の死者の脳波の影響を受けた場合、最大に影響した脳波が自我となり、それ以外の脳波は、「自分の中の他者」となる。
これが、守護霊や背後霊の正体。
その、「自我と他者」のバランスが崩れると「多重人格」となる。

‥ってのはどう?(`・ω・´)

640 :本当にあった怖い名無し:2007/05/26(土) 07:08:15 ID:rsifiyja0
>>639
つまり平和な思いの人たちだけが住んでいるところには決して
怨みの塊の自縛霊は現れないということだな。そういうことだな。

641 :aho:2007/05/26(土) 21:20:19 ID:6ny121AY0
615 :本当にあった怖い名無し:2007/05/25(金) 01:33:10 ID:mvbyh6Ls0
それは、図星なのです。
私の体験したものは、言葉では表現できないのです。
言葉で伝えようとすれば各人の持っている、言葉のイメージで歪曲され
イメージとして各人の頭の中に象徴化されてしまうのです。
もはや私には座禅も必要ありません。
それをただ楽しみ、ただのある人として生きていくのみです

642 :鬼和尚:2007/05/26(土) 21:52:12 ID:GAY1mjWU0
>>635 ここに来たいと思ったから来た、そして行きたいと思った所に行くじゃろう。

>>636>>637 頑張りなさい豪快君、それでマンガを書いて少年ジャンプに持ち込み、20年間連載して100巻単行本出すのじゃ。

>>638 どういたしまして。又おいでなさい。

>>639 面白いのう。

>>641 aho?

643 :さんご:2007/05/28(月) 06:59:40 ID:kdWCTmlf0
ここの動き全然ないねー

644 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 21:02:55 ID:bgiWqw/vO
関係ないけど、坂井泉水が死んだ
(ノД`。)
記憶が固着され、おいらの物語に拍車がかかる

645 :本当にあった怖い名無し:2007/05/28(月) 22:04:53 ID:a4BUwrcG0
松岡大臣が自殺。

こちらは成仏出来そうに無いだろうな

646 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/05/28(月) 22:46:42 ID:hQ2PMTJbO
悔いもなく 恨みもなくて いく黄泉路


松岡違い。w



647 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 02:35:22 ID:Tz2w/96X0
シャマタって座禅のことですか?鬼和尚殿。

648 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 09:26:37 ID:Pvut8IfK0
股に射精する事だろう

649 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 15:07:12 ID:lkCKrEaX0
ある人なんかは印可を受けた後だと思うが、弟子が多いので貧しく生活に困窮した。そこで、
止むを得ず借金して直筆の証文を書いたら、別の人がその証文を買い取ったんだ。その人にお
金を返そうとすると、あなたの書いた書が欲しかったからこれを買ったんだ、お金は返さなく
ていい、という返事だったという。ここまでされれば本物だろう。


650 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 17:27:20 ID:PYUrHoFsO
>>649
どっちもすごい人だな
足りない所を支え合った感じがする

651 :鬼和尚:2007/05/29(火) 19:37:11 ID:cYlHygV50
>>647 心を止める行じゃな。
 数息観とか、体の一部、心臓や眉間に集中する行、仏や菩薩、神をイメージする方法などじゃ。これらを続けていると集中力がついて、心が不動になる。

>>649 いい話じゃ。

652 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 02:06:52 ID:/ZT0hVnL0
神仏は苦手なので眉間に集中する行をしてみたいと思いました。どうもぼんさん
は苦手です・・・。ぎらぎらしてて。頭ごなしに人を叱るし。


653 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 06:14:55 ID:oIFSbdqI0
>>652
眉間はアナハタ覚醒してからでないと危険です。
最悪死にますよ。

654 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 09:32:58 ID:tiKZfLDo0
そうなんですか?一度きちんとした寺に習いにいったほうがいいでしょうか?

655 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 11:28:28 ID:pBybTlnh0
>>649
書と武道の達人。ネットオークションでも出品されている。


656 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 17:47:01 ID:qaU5rSO30
あの人の書は数万点もあるらしい。

657 :鬼和尚:2007/05/30(水) 20:47:07 ID:3RI2cRRg0
>>652>>654
 わしは数息観をすすめるぞ。
先ず静かな所に座り、鼻の頭に軽く意識を掛け、普通に息を吸って、ゆっくり長く息を吐いていくのじゃ。
 息を吐く時に、頭の中で一と数える。
 又、普通に息を吸い、ゆっくり長く息を吐いてニと数えるのじゃ。
 このようにして十まで数え、十まで行ったら今度は十から数を減らして行って、一に戻るんじゃよ。
 たまに長時間行うより、一日に五分でもよいから、毎日続けると不動心が身に付くのじゃ。
 夜の寝る前などに行うと、安らかに眠れるようにもなるじゃろう。
 頑張るのじゃ。

658 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 23:45:29 ID:T3YDheu70
鬼和尚殿、ありがとうございます。m(__)m 

659 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 16:53:11 ID:pKIHO0ft0
さすら

660 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 19:12:09 ID:EinUB5AD0
鬼和尚殿。ヴィパッサナーとは経を読むことでいいですか?写経なども入りますか?
素人が取り組むのにいいものがあれば教えて下さい。m(__)m


661 :鬼和尚:2007/05/31(木) 21:52:03 ID:mMTwU50f0
>>660 わしは経を読むことがヴィパッサナーになったが、あまりすすめられんな。
 仏教の経典は余りにも多く、それを読むだけでも大変じゃ。

 それよりも鐘の音を聞いたりするのがいいじゃろう。
 チーンという音がなるべく長く響く鐘を買うか、鐘の音のするパソコンやMP3でもよい。
 最初にシャマタをして集中力を増しておき、集中している状態で鐘が鳴る音を聞く。
 鐘が時間を置いてなるようにして置くのがいい。

 鐘が鳴ったら音よりも、音に縁って引き起こされる心の動きを観るのじゃ。
 鐘の音が感覚を引き起こし、感覚が感情や、分別や、思考、認識などを引き起こし、
それが自我を引き起こす瞬間を観る。
 そこまで出来れば悟りは近いと言えるじゃろう。

662 :鬼和尚:2007/05/31(木) 21:53:29 ID:mMTwU50f0
>>658 どういたしまして。頑張るのじゃ。

663 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 23:34:04 ID:4TmaHrjP0
理性では限界があると悟ってから記憶に関する部分。
特に短期記憶の部分がぶっ壊れてるかも知れん。
後からイメージして思い出すのは出来るけど時間がかかる。
記憶を軽く引っ掛けることが出来にくくなった。聴いた瞬間に忘れる。
もう7年ぐらいか? 大分直ってきたけどそれでも平均以下。

誰か同じような症状で克服した人いますか?

664 :勝手に霊視マン:2007/05/31(木) 23:59:40 ID:32Uo7VVzO
>>663
社会不適合者。当然友人がいない。
てか、どもりすぎ。本人は気づいていないがかなり口が臭い。

665 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 00:13:05 ID:YCtz7zrb0
>>663
精神異常。ストレスがかかり過ぎ。
全然、悟ってない。悟ったら記憶がめちゃよくなるから。
あんた逆。薬物の過剰摂取っぽいな。

666 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 02:58:01 ID:1UbYgZW10
>>663
よかったじゃないか。嫌なことを思い出さなくて済むから健康に良いぞ。


667 :663:2007/06/01(金) 06:10:28 ID:1TBsS2S00
本当に困ってるんですけどね。
まああんた達の書き込みを愛の鞭とでも思って精進することにします。

668 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 12:39:30 ID:cJOKl2A30
>>661 丁寧にお答えくださってありがとうございました。丁度家の仏壇の鐘が
ありますので、それを使いたいと思います。しかし夜は使えませんね。
やっぱりCDを探そうと思いました。
>>663 自分は克服してないのでなんとも言えないんですが、悟りって理性だけに
関わるものじゃないとおもうんですよね。少しずつ悟りの訓練しませんか?
見えてくるものもあると思うんです。エラそうだったらごめんなさい。

669 :鬼和尚:2007/06/01(金) 21:14:32 ID:+53PJatN0
>>663 それだけ長いと体の機能に何か障害があるのかも知れん。
 腎臓を揉むとかの気功や、ヨーガの呼吸法などで体の機能を強化してみるのじゃ。
 後は昨日の飯を思い出してみるとかの、機能回復訓練を行うといい。

>>668 うむ、頑張りなさい。わしがついてるぞい。


670 :A:2007/06/04(月) 07:56:07 ID:pBg1VpPEO
【神秘】悟り・至高体験【宇宙】
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/mental/1179936248/

671 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 17:47:26 ID:s5phZnnN0
プクク

>>120
>>131
>>309
>>311-313
>>315
>>317


結局、このスレ立てたヤシ(途中から鬼和尚と名乗る)がムキになって菩薩道スレに負けまいと意地を張ってたのが
菩薩道スレに大きく差を付けられて鬼和尚で出るのもメンドくなったとww

672 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 01:44:38 ID:T/0ExMLx0
どうでもいい。

673 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 02:40:31 ID:Kiz6b/uI0
差を付けられたって、何の競争をしていたんだ? スレ伸ばし競争?w

674 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 09:28:58 ID:2V4bf0Wd0
>スレ伸ばし競争?w

そうなんじゃないの?
ヤラセの鬼和尚が6/1から出てないし

675 :1:2007/06/08(金) 23:42:54 ID:SQzceTIu0
>>1は俺だぜ。
まったくお前等また勘違いしやがって。

676 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 23:59:57 ID:0eEalRO40
勘違いってことにしといてやるから、早く鬼和尚やれば?

677 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 21:39:24 ID:ocSu2cfLO
中々出て来ないから俺が偽和尚でもやろうか?
偽者だから誰も救わないけどな。w

678 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 21:45:10 ID:xbQrlNNh0
>>632

菩薩でない奴が
菩薩道を語るとは
肩腹いたいわ

679 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 21:59:36 ID:loUTqN8l0
肩腹→片腹
真面目な文言にジョークを交えるとは、なかなかやりますね?

680 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/06/10(日) 22:56:00 ID:Z/Yc8YsS0
よし。暇つぶしにやることに決めた。(>>677は携帯から書いたからIDは違うが)
たまにテキトーに直感だけで書こう。

みんな騙されないように気をつけろよ。w


681 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 11:35:17 ID:gmxMSrqg0
偽和尚さん、大盛工業の株、上がると思う?

682 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 12:06:21 ID:KTuwUI0p0
ここもカルト自演劇場w

683 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 12:14:03 ID:x3ETUTTO0
偽和尚さんに質問です。

人には知的能力や運動能力で個体差があります。
あるいは、顔や体格の造形に差があります。このような差について、
因果の観点からは、どのような説明ができるのでしょうか?

極端な例では、知的障害者の場合にはどのような因果があるのでしょう?

684 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 13:04:12 ID:KTuwUI0p0
カルトは卑しい質問しかしないw

685 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 13:08:27 ID:x3ETUTTO0
>>684
高尚な質問は、心と宗教板にまかせたよ。

686 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 13:15:56 ID:KTuwUI0p0
仕方ない
カルトの卑しい話でも聞いてやるかw

687 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 21:48:19 ID:gmxMSrqg0
>>686が一番wktkな件について。

688 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/06/12(火) 00:13:58 ID:oY1BcYSd0
>>681
知らねえ。
てか、仮に知ってたとしても、ここに書いちゃったら風雪の流布で捕まるんじゃねえか?w

>>683
おいおい。俺は偽者なんだからそんな難しい質問するなよ。そんなの分かるわけないだろ。w
まあ仮に何か因果があるとしてもだ、人間にあっさり分かるような簡単なもんなわけないだろ。
おまえ海の波が一つ海岸に打ち寄せたとして、それの因果が分かるのか? 何がどうなったから
波が来たのかなんて分かんないだろ? 何だか知らないけど海の中で波が出来ちゃったから
海岸まで来たんだ。それだけ。だいたいね。そんなもの理解出来たとしてだからどうしたってんだよ。
どうでもいいじゃねえか。バカバカしい。忘れろ。


689 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 09:22:47 ID:X2BjQyof0
>何がどうなったから
>波が来たのかなんて分かんないだろ? 何だか知らないけど海の中で波が出来ちゃったから
>海岸まで来たんだ。それだけ。だいたいね。そんなもの理解出来たとしてだからどうしたってんだよ。
>どうでもいいじゃねえか。バカバカしい。忘れろ。

すごいじゃん!
偽和尚を名乗りながら、この比喩がポンとでてくるとは感覚的に因果をちゃんと掴んでいるじゃん!!

砂浜に押し寄せる波。 繰り返し押し寄せてくるが、同じ型の波はまず無い。
雲の形も同じ形の物は無い。
微妙な関連の連鎖でそれぞれの型ができる。
これが個であり、個性であり、これが独立主張すると自我である。

690 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 12:42:12 ID:aOKjyUlP0
偽和尚とかいうやつが
idを変えながら、自作自演する
馬鹿劇場はここですね

id
変えたりするぐらい暇なネット依存症
患者なんですか

691 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 12:52:13 ID:uUoxXHNWO
688=690 に違いない。

692 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 13:00:13 ID:X2BjQyof0
残念でしたー!!

693 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 13:02:49 ID:PZ6cHEMc0
690 ID:aOKjyUlP0が携帯から出ると ID:uUoxXHNWOになるのねwww

694 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 13:08:03 ID:bCcdgQnoO
なんだこの香ばしい主旨の糞スレッドは?

695 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 13:19:38 ID:LKLI668l0
もうメチャクチャだな。

誰がどうとか言ってどうしようというんだ。

本当は一人しか書き込んでないかもしれんぞ。

696 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 14:03:26 ID:uUoxXHNWO
なー。

697 :骨騎士 ◆BonesjFuuI :2007/06/12(火) 14:08:12 ID:fALgoGbc0
⊂⌒~⊃。Д。)⊃ 来ないなら会いに行けばいいじゃない

698 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 14:12:37 ID:uUoxXHNWO
695=698

699 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 16:16:39 ID:XH1EaBsQ0
このスレもさだじぃ信者が嘘書き並べてクソスレにしてしまったなー。
さだじぃの名が出て荒れなかったスレッドは未だかつて無い。

700 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/06/13(水) 03:00:36 ID:2zNLCMH60
>>689
すごいのか? そうだとしてもまぐれ当たりだぞ。

>>690
気に入らないやつが出てきたら全て自作自演と書く。2ちゃんねるの王道だね。w

>>691
お、おまえ。なぜそれが分かった。w

>>695
お前一人で? 一人ってことはお前も俺か?w

>>699
さだじぃって誰?
誰でもいいけど。


701 :99 197:2007/06/15(金) 16:33:28 ID:bBoDGVH+O
俺はアンパンマンを見て、これだけは悟る事ができた。

ばいきんまんは、見てる限り、そんなに悪いヤシじゃねえ!

702 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/06/15(金) 18:34:59 ID:ZpVh0/iX0
>>701
子供向けアニメで本当に極悪なやつを出すわけにもいかんと思うが。w


703 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 19:30:34 ID:x+9EXMp30
>>701
多分、ペリーヌを虐めるおばさんとかの方が余程極悪だろう

704 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 22:24:35 ID:JSBoHCG80
    ┌───── 金 ─────┐
    │                  ↓
 - - - - - - - - - - -裏- - - - - - - - - - - -
┌──────┐        ┌──────┐
│ アンパンマン ├─攻撃→│ バイキンマン │
└──────┘        └───┬──┘
      ↑                        │
   感謝・金               攻撃
      │                        ↓
┌──┴───────────────┐
│           市  民             │
└──────────────────┘



705 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/06/16(土) 11:22:50 ID:Xd+xPtdI0
>>704
極悪だな。w


706 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 12:31:47 ID:UZLneVKx0
なんで神を信じてる人は世界中に何億人もいるのに
宇宙人・霊・怪奇現象を信じるというと笑われるんだ?
どっちも存在しない科学で解明できてない同じようなものじゃねえか。

聖書なんて神のおこした奇蹟・・すなわち怪奇現象の記載だらけじゃねえか。
モーゼが手をかざしたら海が割れたなんてありえねー。テラワロス。
古事記だって神が国を作ったとかありえねえことが最初に書いてあるのに
第一級の史料と認定してる。テラワロス
それ以前のなんとか文書とかは何故か認定しない。

身近なことで言うと
何故初詣になんでいくんだ?神社に神と呼ばれる見えない何かが住んでるの?w
神が居るなんて科学的に存在を証明できてないし霊と同じ類wwww
願い事言ってもそれが実現するなんてテラアリエナス。

何故墓参りに何でいくんだ?
石に死んだ人が乗り移って住んでるのか?w
この世にいるってことは成仏してないってことになるじゃんかw
どうみても加工してあるただの石wwww
レントゲンやMRI、顕微鏡に映ってたらSugeeeeeeeeeeeww
石に拝むくらいなら自分の心の中で拝んでも同じことじゃねえかw
高価な墓石なんて買う必要はねえよ。ある意味環境破壊プギャーww

宇宙人は実際に居て、遺伝子操作で人類を作り、
古代人が神と崇めたと考えるほうがまだ科学的見地からすると現実的。
それでも宇宙が無かったらありとあらゆる物が存在できないのであって、
神を超えた何かが

707 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/06/16(土) 13:21:59 ID:Xd+xPtdI0
ご苦労。

708 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 20:55:33 ID:hF7lHvzH0
>>706

>宇宙人は実際に居て、遺伝子操作で人類を作り、

じゃ、その宇宙人作ったのは何よwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

709 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 22:05:36 ID:hBFHz2WZO
別の宇宙人。www

710 :本当にあった怖い名無し:2007/06/16(土) 22:24:22 ID:+0CFESSL0
馬鹿がバカぶっているのはここでつか

711 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 00:01:44 ID:UZLneVKx0
>>708
"宇宙人"と呼んでいる生物を作ったのは
やっぱ宇宙の自然なんだろうな。
ただ我々よりは遙か先に進化の過程を経験したと考えるべきだろう。
地球にも自然に生物が発生したが
どうみても人間が突如これほどまでの知能に発達したこと自体不自然。
猿から進化したまでは許すとしても、他の猿達の知能が追いつかない。
遺伝子操作が加わわったことにすると現実的な成長となる。

ってかね、別に神とか否定はしてないよ
ご神木だって切るのは絶対反対だ。
人が死んだら手を合わせて拝むよ。墓参りもするよ。
ただ、別の角度から全体を見渡してみて冷静に考えれば
不思議なことばかりだなと思ってカキコしたまでだ。

712 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/06/17(日) 02:46:42 ID:MTbWdtgJ0
俺は生きているというだけで不思議な感じするけどね。
生きているというこの状態は何? 分かんないだろ? 俺も分からん。
これが分からないなら他のものも分かったつもりになることは出来ても
実は全く分かったことにならないのかも知れない。

それに全部夢かも知れないよね。この世が現実だと思って必死になって
勉強して覚えたことが次の瞬間夢オチして一瞬で忘れるかも知れない。w
覚えていたとしても目覚めた世界では全く役に立たない知識ばかりだったり
してな。w


713 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 05:06:58 ID:npCH7lwPO
死後の世界を確実に教えてほしい。

714 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 05:12:28 ID:JOgj+PD/0
>>706
宗教の大半は地動説前提。
だから、宇宙人の存在は教義にない。
教義にないことは、信者も一般人と同じ認識。
だから、宇宙人については信者=一般人。

大規模な宗教で、宇宙人を定義しているものってある?

715 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 07:14:35 ID:T9+L5HYC0
>>713
つ[チベット死者の書]

716 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/06/17(日) 07:43:44 ID:MTbWdtgJ0
>>713
確実になんて生きてる人間に聞いたって分かるわけないだろ。死んでないんだから。w

でも死ねば確実に分かるかもね。
いずれそのうち寿命が来たりすれば死ぬから、それまで楽しみにして待ってればいい。
あっという間に転生してしまって死後の世界はほとんどないのかも知れないけどな。w

まあしかし生きてる間に死んだ後のこと考えても時間の無駄だろう。分かったって
何の役にも立たないだろうしな。死んだ後のことは死んでから考えりゃいいじゃないか。


717 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 09:03:14 ID:T9+L5HYC0
>>716
人間は霊的能力によって死をコントロールできるんだよ。
死者の書はそうゆう書。

718 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/06/17(日) 15:16:46 ID:MTbWdtgJ0
>>717
死者の書を書いたのは死者ではない。

719 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/06/17(日) 15:47:58 ID:MTbWdtgJ0
チベット死者の書についてはとりあえずこんな説もあるということは
知っておいた方が良いだろうな。

http://page.freett.com/mishima/tibetph1.htm
* 一部引用
>  また、我が国のチベット学を代表する山口瑞鳳博士は、早くから中沢氏に
> 対する批判的見解を示されていたが、1993年秋の 「チベットの死者の書」
> のNHK放映の翌年には、「『チベットの死者の書』は仏典ではない」 という
> 論説を『毎日新聞』に、さらに、「中沢新一氏とNHKが持ち上げる『チベットの
> 死者の書』はエセ仏典」 と題する論説を『諸君』に発表された。前者には、
> 次のような説明が見られる。
>
>  この書は学界では紛れもない偽書として知られる。剽窃、偽作したものを
> あらかじめ地中などに埋め、古代に秘  匿された宝物であると称して人前で
> 取り出して見せる 「埋蔵書」 の一つであり、チベット人自身が仏典と考えて
> いない。


720 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 16:01:11 ID:qiI5uQ5m0
>>719
そう、死者の書は仏典ではない。
だが、チベット仏教徒が解明した詳細なる死後の世界です。


721 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/06/17(日) 16:29:29 ID:MTbWdtgJ0
>>720
ふーん。じゃあ、さっきのページからこれも引用しておくよ。

>  さらに、1989年の川崎氏による『チベットの死者の書』の原典からの和訳に対する
> 書評において、チベット仏教ゲルク派出身の学僧で、現大谷大学教授の白館戒雲
> (ツルティム・ケサン)氏は、『チベットの死者の書』、つまり、ニンマ派の埋蔵書(gter
> kha)である『中有における聴聞による解脱』Bar do thos grol、における仏教理解の
> 誤りを指摘し、さらにこの書物は、チベット仏教最大の宗派であるゲルク派では用い
> ないものであるから、この書を『ニンマ派の死者の書』とでも呼ぶか、または、
> 「チベットの死者の書」と呼ばないで欲しいと述べている。これは、チベット人学僧の
> 誠実な学問的良心を感じさせる好論説であるが、その結論をなす部分において、
> 極めて重要な指摘がなされているので、それを次に示しておこう。
>
> 私は本書の和訳によって、チベットに関心を持たれる日本の読者がチベット仏教の
> 全てをニンマ派と同様のものと誤解されないことを切に期待する。否むしろそれ
> 以上に本書によってニンマ派の非仏教性を理解し、本来の仏教の在り方を考えて
> 頂くための一助にして下さることを念願する。というのも私が尊敬して止まない日本
> 及び仏教界に於いても、しっかりとした学問研究を軽視し、俗受けする安易な思想
> でこと足れりとする風潮が相当根強くはびこってきており、それがひいては様々な
> まやかしの宗教の蔓延を助長する一因となっているように思えるからである。
>     ( ツルティム・ケサン「書評『チベットの死者の書』」『仏教セミナー』51号 )

どう考えるかはご自由に。

722 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 16:54:48 ID:I8rnnedh0
>>721
難しいね。
仏教を学問程度に貶めるって言うのも。
取りあえずバルド界を解いたのは秀逸だと思うよ。

723 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/06/17(日) 17:28:08 ID:MTbWdtgJ0
>>722
いや、そうじゃなくてさ、話のキモはこれだよ。

・「チベットの死者の書」はニンマ派の埋蔵書。
・ニンマ派はチベット仏教の小数派。
・チベット仏教最大の宗派であるゲルグ派では死者の書は用いられない。
・ニンマ派は非仏教性があるとも言われている。
・古代に秘匿された書物ではなくエセ仏典と言われている。

つまり、仏教と関連付けされてはいるが関係ないかも知れないということだ。
しかし内容については現時点では学術的に調べられない(死んだ後のことを
科学的に調べる方法は今のところない)ので内容の真偽については分からない。
ここから後はそれを信じるかどうかに掛かっている。


724 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 17:57:35 ID:0aIjFMKX0
>>723
纏めてくれてありがとう。
この世は多数決で真偽が決まるけど、真理は人の多数決は関係ない。
解脱能力を高めて自力で逝って確認するしかないですね。
オレが言えるのはバルド界を解いたのは凄いなってことだけです。

725 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 01:02:07 ID:o1oTKngX0
★NESARA・フォトンベルト・アセンションスレ19★
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1182005076/l50


726 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 09:54:43 ID:bdmAQ8BKO
なぜ自分は自分として生まれてきたのか?
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1180813863/

教えてほしい。

727 :鬼和尚:2007/06/18(月) 11:01:17 ID:XTWvt6zJ0
 こんにちわ、鬼和尚と言う者じゃ。
 鬼ではないぞ。

 なかなかよさげなスレじゃな。
 ちょっと居座るかのう。
 

>>726 それは阿頼耶識のせいじゃよ。
 人は阿頼耶識によって己を己と認識し、他人を他人と認識しているのじゃ。
 悟りを得て阿頼耶識を解消すれば、万物が一体であることがわかる。
 自他の区別が無くなるのじゃ。
 そして無碍の境地に至る。

 そこでは万物の本質は意識に他ならず、色形の区別は川面に浮かぶ泡沫のように、意識の上にただ移ろい行く現れに過ぎぬと判る。 

 少し難しかったかな?


728 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 11:21:22 ID:bdmAQ8BKO
>727
難しい。枠を取れば皆一緒って事かい?
ついでに何で生まれてくるのか、死後の世界について知りたいな。

729 :鬼和尚:2007/06/18(月) 12:47:07 ID:XTWvt6zJ0
>>728 ちょっと難しかったかのう。
 もともとそのようなことは自ら悟る以外に知る術はないものじゃ。
 お釈迦様もあまり言ってはいかんとおっしゃられた。

 全てのものは意識であり、意識は全て一体であると書いて置こう。
 自ら悟りを得ればこの意味が判るじゃろう。

 次は生まれてきた意味と、死後の世界か。
 それは、自ら修行して知るのじゃ。
 己の前世を知る宿命通の修行をするといい。
 催眠術などでも出来るが、入定して少しずつ年齢をさかのぼり、生まれる前の記憶を探っていく。
 最初は恐怖や心理的な抵抗などがあるだろうが、粘り強く続ければいずれ前世や死後の記憶が蘇るじゃろう。
 

730 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 13:02:10 ID:TpT7fVYz0
和尚さん和尚さん、
なんか一体を理解したつもりになるんだけど、
実体験が伴わなくて確信できないでいるんだよなあ。
こういう場合どうすればいいでしょう?

731 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 13:03:00 ID:sJ3FQHHyO
>>729
和尚さんはどんな記憶が蘇ったの?すごく知りたいです。。

732 :鬼和尚:2007/06/18(月) 13:42:01 ID:XTWvt6zJ0
>>730 悟るしかないじゃろ。精進、精進。
と、言うだけでは可哀想かのう。

 おぬしが瞑想して雑念のない状態までいっているなら、公園などに行ってみて深い瞑想から無理矢理眼を見開いて、自然を見てみるのじゃ。
 運が良ければいつもと違った世界が見えるじゃろう。

>>731わしは、小坊主だったり、海の上の幽霊だったりしたのう。
 お釈迦様と一緒にいたこともあった。 
 ここに来る前は天の光の世界におったのう。
 おぬしらを教えるためにここに降りて来たのじゃ。

733 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 00:04:06 ID:b7erAUDo0
>>732
和尚さんアドバイスありがとう。
頭だけ先走ってる感じで気持ち悪いままなんですよね。
瞑想の方法よく知らないんで、仰向けになりながら頭をからっぽにしようと試みました。
夢うつつだったのですが、突然体の下から上に向かってエネルギーが上ってきた感じがあって
びっくりして目が覚めました。ただの夢だったのかな。

734 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/06/19(火) 00:04:41 ID:fqAhWbCj0
>>727
あ。よかった。まともな和尚が帰って来た。w
よさげなスレって、前から居たじゃない。それとも別人?
まあいいか。


735 :さんご:2007/06/19(火) 06:38:46 ID:NDbT0E500
>>732 鬼和尚タソ
おひさ〜♪ 元気?

ねーねー、お願いがあるんだけど
ここの↓スレで、ウチたち、いろいろ「悟り」とか「覚醒」とか勉強してるんだけど

不思議研究会2 
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1181229803/

(不思議研究会の今までの講義ノート用)
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1181230150/

よかったら、鬼和尚タソにひとつ、講義して欲しいっちゃ♪
できたら、「七科三七道品」についてね お願いね〜☆

736 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 08:58:46 ID:H0truyvl0
性犯罪歴ある7人逮捕
http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20070616-OHT1T00181.htm


米テキサス州司法当局は15日までに、米会員制サイトであるソーシャル・ネットワーキング・サービス大手
マイスペースを違法利用したとして、性犯罪歴のある7人の男を逮捕した。

米主要メディアによると、7人は23―49歳で、女性に性的暴行を働いたとして過去に有罪判決を受けた。
被害者には未成年者が多く、4歳の女の子もいたという。7人は仮釈放の条件だったインターネットの
利用禁止を守らなかったなどとして逮捕された。

マイスペースは「性犯罪の温床」になっているとの批判を踏まえ、5月から性犯罪歴のある利用者の
個人情報を司法当局に提供していた。(共同)

(2007年6月16日18時21分 スポーツ報知)

自演統失が性的な倫理を失い犯罪傾向がある事への警鐘。

身近で危険な統失社会w

やっと、気が付きましたね。
【罪業】統合失調症の自演スレを晒せ!【穢れ】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1172949630/81-104


737 :鬼和尚:2007/06/19(火) 20:40:05 ID:7ER0SSe+0
>>733 ふむ、おぬしは大地の気を感じられたのじゃな。
 ならば気功のような修行がいいかもしれん。
 空気のいい公園の土がになっているところにいき、大地の気を吸収するのじゃ。
 地面に立ち、腹式呼吸で息を吐きながら、自分の汚れた気が全身から足を通って地面に流れていくと、イメージする。
 息を吐ききり、自分の気がからっぽになったら、今度は息を吸いながら、大地の新鮮な気が両足から丹田に流れ込んでくるとイメージするのじゃ。
 何度もやっていると、大地と自分が繋がっているような感覚になるだろう。
 そして大地と自分が一体になったと感じる、大地のサマーディーに入るじゃろう。

>>734 わしは誰じゃ? Who am Iじゃ。

>>735 スレを見たぞい。そのうちに行くじゃろう。多分・・・・。 

738 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 22:28:52 ID:b7erAUDo0
>>737
なんかすごいですね。
実践してみます。

739 :鬼和尚:2007/06/20(水) 22:20:22 ID:Tw0p3ZVT0
>>738 うむ、頑張ってくれたまえ。わしがついてるぞ。

740 :さんご ◆3535/GteJ6 :2007/06/22(金) 06:53:43 ID:kTemcMxG0
>>737
鬼和尚殿、誠に忝うございまーす
とくと期待して、お待ちしておりまする♪ノシ

741 :さんご ◆3535/GteJ6 :2007/06/22(金) 06:57:41 ID:kTemcMxG0
是非とも、スレで悲観に浸る者どもへ
愛の喝を入れてくださいまし♪

742 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 13:47:11 ID:/0gXU26g0
この世界に、非物質の霊的な存在がこれほどまでにうろちょろしているとは思ってもみなかった。
訳知り顔で参入者を増やそうとしている貴方たちの本当の目的を知りたい。
自覚して行っていることなのか、それとも
無意識
つまりは神・霊・魂に操られるままに「人形」を作ろうとしているのか?


743 :1〜1000:2007/06/22(金) 15:01:27 ID:c5xkU0nc0
そろそろロムっていた人達に謝らなくてはいけない時が来たか……
実はこのスレの書き込みは全部他人の振りをした俺の書き込みだったんだ。
まあこれも因果だからしょうがない……
そう言う訳で真実を語っているのは俺だけだから、そこの所よろしく。

744 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 15:09:53 ID:hELx+nVW0
>>743

大意としては、それも悟り。
他者の意見のやりとりもあなたの心の中での議論と同じ事。

他者のすべての書き込みをすべて自分のやった事と感じられる事はすべてになる事に同義であります。

745 :鬼和尚:2007/06/22(金) 21:20:08 ID:AbiQLLwp0
>>741今から行くじゃろう。

746 :鬼和尚:2007/06/22(金) 22:26:35 ID:AbiQLLwp0
行って来た。

747 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/06/23(土) 04:21:39 ID:Y9SdkKVe0
>>743
「俺との対話」というタイトルで本にして出すと良い。

>>746
おかえりなさい。
てか、どこへ行ってきたの?w


748 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/06/23(土) 04:33:14 ID:Y9SdkKVe0
あ、不思議研究会のスレか。

749 :A:2007/06/23(土) 05:49:14 ID:e+Mzup3DO
いろいろ意見を求む。

【死後世界】マイケル・ニュートンの退行催眠
http://life8.2ch.net/test/read.cgi/psy/1177862969/

750 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 18:49:43 ID:iACrGg6B0
39 :名無しちゃん…電波届いた?:2007/06/23(土) 18:20:39
こいつらは仲間だ。
仲間で僕を統失扱いする。
こいつ等は仲良しだ。
僕は嫌われ者だ。
僕は仲間に入れてくれない。

僕の方が優れているのに
スレ主を誉めて僕を貶す。

僕は仲間が欲しい。
自演して友達がいるスレを演じるのは疲れる。
リアルな友達が実在して欲しい。

だから、僕の分身がスレを粘着して荒らすんだ。

僕は孤独だ。

孤独な僕の気持ちを優しく労わらず
統失だといって批難するのは慈悲の欠片も無い。

僕の方が知的なんだ!僕の方が優れているんだ!

それなのにお前等はスレ主を中心にマンセーして僕には目もくれない。

だから、お前等が悪いんだ。だから、お前等のスレを粘着して荒らしてやるんだ。





751 :鬼和尚:2007/06/23(土) 21:27:03 ID:vBNfevky0
>>748 そうじゃ。

>>749 前世を知るのはいいことじゃ。自らの意識が死によって消え去るものではないと、知ることが出来る。
 しかし、あまり囚われてはいかん。今日、今これからを自らの意志で生きるのじゃ。

>>750 おちけつ、わっはっはっは。
 笑って生きろ。
 この世には思い悩むようなことは一つもないぞ。わっはっはっは

752 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 21:47:42 ID:iACrGg6B0
>>751
精神病者を掲示板を通して自覚を与えて健常者になれる様に導けますか?

753 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/06/24(日) 01:11:23 ID:Iv7yNpQa0
>>750
どこからのコピペだ?

>>752
精神病と言っても沢山種類があるから、どの病気なのかによって違うな。
病識のない(自分で自分が病気だと全く分からない)統合失調症の場合は
ほとんど無理だと思う。何せ自分じゃ病気だとは微塵も思えないわけ
だからな。自分が病人扱いされた場合を考えてみればすぐに分かると
思うが、普通の人なら言われれば言われるほど絶対に精神病院なんかに
行くかと思うだろう。精神病院に対する偏見が強ければ尚更だ。
(人によってはみんなでグルになって自分を精神病患者に仕立てようと
している、というような認識になってしまい(更に悪の組織が自分を・・・
というような認識になってしまい)、妄想が悪化する)。


754 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 01:58:14 ID:URdJfRdK0
>>753
説明有り難う。
そうするとマジレスかと思ってマジレスしたら
統失が逆切れして、以後粘着されたらスルーしか無いんですね?

無知や未熟さから来るヘンテコなレスなのか?
統失でイカレテイルのか?
統失はスルーというルールではなく、アメリカの様に性犯罪者や統失で発作のある
人にはインターネットへの接続や閲覧が刑法に反する犯罪として逮捕されなければ
ならないと思います。

法的な無秩序内での調和など本来、ありえないから。

統失にも五分の魂と思って、語りかけてみましたが
自己矛盾を理解するとか自覚するという能力がまるで欠落してしまっている。

一部のメンバーのみが自分を批難していると思い込む。
相手が自分を批難するのは源氏物語が読めない感性が低い人だからだ。

この様に自分と他者とのやりとりが客観的に見れない。

第三者が複数、何の利害関係もなくても
批難していてもそれが自分を批難しているとは感じられない。
現実を受け取る能力が存在していない。

統失濃度が増して発作が酷くなり入院するまで待つしか無いのかな〜


755 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/06/24(日) 03:11:52 ID:Iv7yNpQa0
>>754
相手の妄想は放置して触れない方が良い。できものに触れるのと
同じで触れれば触れるほど大きくなる。無茶苦茶なことを言って
いても反論しないこと。証拠を並べ立てて意見を変えさせようと
しても無駄だ。やればやるほど相手は硬化して妄想は悪化する。
スルーして関わらないようにするのが一番良い。

756 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 05:58:21 ID:lKwVnomFO
>>727 729 732 鬼和尚さんお待ちしておりました。前と同じ方ですよね。
無事お戻りで喜んでおります。しばらくご無沙汰でしたが、近所のお寺で大法要でもございましたか?…それとも中間テスト…。イヤ、教壇に立たれている方かと…。

アラヤシキ…。経・律・論宗系…、唯識を勉強しないと少々難しいかと…。悟りの道にはとても大事なポイントかと思いますれば、私の方からも一つ…。

失礼ながら…。拙い知識を。興味のある方のみ、御覧下さい。


・アラーヤ=『蔵』
つまり、これは”心の中、記憶”を意味します。秘められた…というニュアンスもあるかと。
・識=意識

→総じて、隠された奥底の心の内、人間を創る根っこ、一言でいえば深層心理といってもよいでしょう。

このアラヤシキの保持の結果が、人を作っていくわけです。アラヤシキの保ち方次第で、人は生ききながら悪魔にも仏にもなる。すべては自分次第というわけです。

例えばあなたが覚者をめざすとして、深層心理からそのベクトルにもっていく為には、種子(しゅうじ)=種蒔き、、、私たちの常日頃の行動、気持ち一つ一つが、結果に結び付いてしまうことを知らねばなりません。

その具体的な生き方(実践方法)が、『諸悪莫作 衆善奉行』(しょあくまくさ しゅぜんぶぎょう)…一切の悪い行いをせず、様々な善い行いをしなさいという教え(修行)なのです。

この修行の実践が、己のアラヤシキ→前五識(眼耳鼻舌身)を昇華させ、真の悟りの道へと導いて行くのです。

覚者への道はシンプルです。ただこの二つを徹底して遵守すれば良いだけなのです。
それが我々凡人は、難しい。よしんば奇跡的にできたとしても、最初は上辺だけでしょう。

しかし、そこであきらめてはいけません。徹底して真似し続けることで、その行為はいつの間にか本物になる日が来ます。
あなたが望みさえすれば、三世(過去・現在・未来)を通して、遠い年月の間、修行は果てるとなく続けられるのですから。

己が蒔いた種は必ず、己で刈り取らねばならない時が来る。これが仏陀の説かれた因果論です。
あなただったら、どんな種を蒔きますか?

757 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 05:59:19 ID:lKwVnomFO
鬼和尚さんは、ご自分の過去世を知るのに、座禅…瞑想的なものを取り込まれたのでしょうか。
う〜ん、スゴイ。単純に尊敬してしまいます。
上座仏教、原始仏教にも精通なさってるのですか〜。もしかして和尚さんは、東印哲?


ちなみに、素人がこれにはまると、統合失調症にかかる危険もあります。
健全な座禅瞑想は、正しい指導者のもとで…。

758 :鬼和尚:2007/06/24(日) 20:59:59 ID:bJ9qzVzm0
>>755の偽和尚が正解じゃな。専門のカウンセラーでもないかぎり、放置するしかなかろう。

>>756 わしじゃよ、わっはっはっは。 
 なかなか良い。話じゃ。
 唯識論は初めて論理的に悟りを、説明しようとしたものという意義がある。
 いずれこの唯識論を土台にして、現代人にも判るような論が出来るじゃろう。
 
>>757 わしは今を生きる者。前世には興味なかったが、悟りを得て後、特に瞑想などはしなかったが、普通に生まれる前の記憶が蘇った。
 これが宿命通というものかと思ったよ。

 普通の者でも催眠術などで判るものじゃ。特別な能力ではない。  


759 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 02:31:18 ID:Jo6itisKO
http://orz.happy.nu/orz/orz.cgi/-/etc6.2ch.net/denpa/1182446270/48
間接的に正解

760 :さんご ◆3535/GteJ6 :2007/06/25(月) 06:58:30 ID:6w9l5KWT0
鬼和尚様ならびに偽和尚様、

わざわざおいで頂いたにもかかわらず
何の御もてなしをしないどころか、逆に
偽者呼ばわりしてしまい、本当に申し訳ございませんでした

心からお詫び申し上げます

でもこれに懲りずにまた遊びにきてね♪

761 :鬼和尚:2007/06/25(月) 21:24:40 ID:NnqIdgvI0
>>760 気にせんで良い。いつか又、行くじゃろう。

762 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/06/26(火) 00:09:28 ID:XrPg6+Hz0
>>760
俺は偽者だから、今度からは俺のことを偽者呼ばわりしてくれ。w

専ブラのブックマークには入れたのでまたそのうちお邪魔します。



763 :中川:2007/06/26(火) 08:08:05 ID:u1zu7bQq0
お酒が好きなのですが、五戒を守らないと悟りを開けないと言われました。
やはり、悟りを開くには五戒を守り即ちお酒もやめないといけないのでしょうか?

764 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 17:57:18 ID:mwFEo4qf0
>>763
百薬の長として摂取するなら無問題

765 :鬼和尚:2007/06/26(火) 20:44:11 ID:MaM4wtkT0
>>763 ふむ、人間はそれほど器用ではない。
 一度に専念出来るのは、たった一つのことだけじゃ。
 故に、どちらかを選ばなければならん。

 酒か、悟りか。

 選ぶのはおぬしじゃ。

 誰も強制は出来ず、手助けも出来ない。
 自ら道を行く者のみが、悟りに至るのじゃ。

766 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 23:18:52 ID:Kd1FW9cn0
鬼和尚様は修行の過程で“魔境”とも言うべき
苦しい時期はご経験されましたでしょうか?

767 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/06/27(水) 01:18:26 ID:Y+NTMmLv0
>>763
それちょっと気になるんだけど、「悟りたい」という気持ちがあって
そのために酒をやめた場合って、特に悟りには近づかないんじゃ
ないか? ていうのは「悟りたい」という気持ちが欲望や執着や拘り
のような感じがするからなんだけどね。ああなりたいこうなりたい
とか、ああしたいこうしたいとか、そういう気持ちが強ければ強い
ほど悟りからは遠ざかるんじゃないか?


768 :本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 01:37:12 ID:nCBtLiOb0
悟りたいという心が最初に無ければ、何事も始まらないんじゃないかな。
心の修行の中で自然に自ら、『ああ、あれは執着だったな』と気づくのでは?
修行中の人に、向上心や克己心とともに悟りたいという希望があってもいいと
感じます。

ただ、悟るために「こうしなきゃいけない」というのは、間違いだという感じがする。
形に囚われすぎるから。とりあえず酒を遠ざけて置いて、自分に何が起こるか
見てみるのがいいと思うよ。

769 :本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 19:34:00 ID:JOidR7gU0
何で悟りたいのか、っていう理由も大事な気がする。


770 :鬼和尚:2007/06/27(水) 22:14:00 ID:zf/xtCUS0
>>766 魔境かな。
 鬼や妖怪が瞑想に出て来るということはなかったが、悟りを得ようとする寸前にはかなりストレスが溜まり、狂気の淵に立たされたような感じじゃった。
 狂うか、悟るかどちらに落ちるかと、思ったものじゃ。
 あれがわしにとっての魔境というものであったろうか。

 時々、狂気の方に行ってしまう修行者が居るというのも、本当かと思ったわ。


>>769 そうじゃ動機が一番大事じゃ。
 禅でも剣が強くなりたいとか、勝負に強くなりたいという動機で参禅するのは、野狐禅と言われよう。
 正しい動機とは、死を超えるためということじゃ。
 

771 :766:2007/06/28(木) 19:59:08 ID:uQRyOnl70
>>770
鬼和尚様、ありがとうございます。
私は感情のコントロールができなくなってしまい、
二度と立ち直れないのでは?と思いました。
でも今となっては、あの狂気の感情こそが、
私に「全ての事象は無相にして空」ということを
実感させてくれたような気がします。

772 :鬼和尚:2007/06/28(木) 21:30:55 ID:nVWShHws0
>>771 うむ、往けるものよ。おぬしに栄在れじゃ。

 悟りを得るための修行は、言ってみれば己の自我を、己で解体していく作業じゃ。
 腹切りにも似ている。
 自我を消そうとする意志と、消されまいとする自我が葛藤する心の戦いとも言えよう。

 己が無くなってしまうのではないかという恐怖や、強いストレスに晒される。
 それを乗り越えてこそ、真の悟りが得られる。
 困難が大きいのは、それが人間にとって最高にして最大の価値があるからなのじゃ。

 決して諦めずに修行に励むならば、おぬしだけでなく、これを見る全ての者がいつか必ず悟りを得ることが出来よう。
  

773 :本当にあった怖い名無し:2007/06/29(金) 00:14:47 ID:6P67U0QA0
鬼和尚様、
「自我を解体」と「自己否定」に違いはありますか?
私自身は違うと考えていますが、
(半端な自己否定には意味はないと思っています)
つい習性として否定や抑圧、「いい人ぶりっこ」に走りがちです。

注意点など宜しかったらお教え下さいませ。


774 :本当にあった怖い名無し:2007/06/29(金) 15:53:07 ID:TCG1gfC/O
話ちょっと違うかも知れないけど、自己否定ってのは、否定しているのも自分だよね。
その否定している側の自分は否定しないんだろうか?

775 :本当にあった怖い名無し:2007/06/29(金) 16:13:46 ID:ymBviiRw0
>>774
「自己」という言葉に振り回されてる気がします。
自我による影響を脱した所の意識=自己としますと、否定されるべきものは
自我による影響をもろにかぶってしまっている意識=世俗的な心? だと思います。

と偉そうな事を書いてしまいましたが、本当はわかっておりません。
鬼和尚の裁定を待ちましょう。

776 :鬼和尚:2007/06/29(金) 21:05:32 ID:FVqwp1Wz0
>>773 うむ、良い質問じゃ。
>>774も書いているように、自己否定は否定する自己を肥大させる自己満足に過ぎない。
 自分を否定してみせる人格を肯定する遊戯であり、却って自我を肥大させるものじゃ。

 真の自我の解体とは、あくまで自己観察と、その延長にある観照によってのみなされるものじゃ。

 例えば日常において、道を歩いていると女子が下着などを晒していたのを見て、欲情したとしよう。
 そんな時に己をすけべいだなどと批判したり、これからは欲情しないようにと思うのは自己否定じゃ。
 自己観察は己の行為や感情を批判も肯定もせず、ただ見つめるのじゃ。

 女子の下着を見て欲情したのなら、今、自分は欲情した、もっと見たいと思っている、などと観察し、それを認め、一切の批判も否定もしない。
 ただ心の動きを黙々と観察するのみじゃ。

 或いは仕事で嘘を付かねばならなくなった時も、自分は今、仕事の為に嘘をついている、嘘を付いて金を稼いでいる、と、観察し、認めて批判も否定もしない。

 日常においてこのように己を、ただ黙々と観察するならば、瞑想に入ったとき、己の心が容易に観察出来るようになる。

 真の自己観察には否定も、批判も、称賛も、肯定も不要なのじゃ。
 ただ黙々と己の心を観察すると、自我の観照が起こる。
 見るものである筈の自我を、見ることが観照と呼ばれる現象じゃ。
 見られた自我は、認識による自己同一性を失い、解体する。

 そして、認識をも解体した時、人は目覚めた者となるのじゃ。
 その時まで精進するのじゃ。

777 :766:2007/06/29(金) 21:38:31 ID:ZDN+DRVX0
人大杉で入れませんでした。

>>772 鬼和尚様
はい、人はどのような苦難に苛まれようとも、必ず修行は
できると思います。
なぜなら、全てはありのままの真実の相を伝えていて、
偽りというものは、微塵も存在しないからだと思います。

778 :本当にあった怖い名無し:2007/06/29(金) 22:26:52 ID:7zZTb7Mn0
初めてこのスレにたどり着いた私めに
スレの要約を3行以内でお願いします。

それと天然石(水晶とか)のパワーって意味あるの?教えて偉い人。

779 :本当にあった怖い名無し:2007/06/29(金) 22:34:43 ID:7zZTb7Mn0
>>776
ヴィパッサナー瞑想ってやつですね

ところで自我って何ですか?
質問に答えてしんぜよう、これも自我じゃないんですか?
これが自分の役割だ、これも自我じゃないんですか?
それとも神の導きですか?

780 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 00:04:37 ID:c5BURwxs0
>スレの要約を3行以内でお願いします。

3行までしか把握できない者には理解できない話をしているスレです。

>それと天然石(水晶とか)のパワーって意味あるの?教えて偉い人。

あなたの存在と同じ程度の意味を持ちます。

781 :773:2007/06/30(土) 00:50:07 ID:UCjHFnKD0
>>776
非常に判りやすい説明ですね。有り難うございました。

なんとなく昔は、悟りへの道というのは
「心(思考)を整理して、正しい考え方を学び、不動の人格になる」
と言う感じに捉えていたのですが、
最近色々勉強してみて思ったのは、どちらかと言うと
「自分だと思い込んでいた人格(思考)を浮き上がらせ、
全て剥がれ落ちるのを待つ」というか・・

なんつーか「カサブタを剥がす」様な作業なんですね。


782 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 08:32:04 ID:E0CjYNQA0
>>780
>あなたの存在と同じ程度の意味を持ちます。

もう少し詳しく教えてください。解脱の役に立つのかどうか。

783 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 09:32:32 ID:mj5FUL5y0
>もう少し詳しく教えてください。解脱の役に立つのかどうか。

人に聞かないで、自分で考えて自分で納得できる解答を得ることが解脱の役には立つとは思うが・・

存在する意義・因果を突き詰めてみるとよいでしょう。
「天然石(水晶とか)のパワーって意味あるの?」
これを「あなたの存在って意味あるの?」に置き換えることもできるんですよ。
この「意味」を考えることが解脱の為の役に立つとは思います。

784 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 09:50:17 ID:E0CjYNQA0
人に聞かないで、自分で考えて、って言うのならこれまでレスした人は一体なんだったのかと。
納得した、ってのは別に他者の言葉を借りてもできる訳だし。

>「天然石(水晶とか)のパワーって意味あるの?」
>これを「あなたの存在って意味あるの?」に置き換えることもできるんですよ。

それでは天然石と人間、存在している理由は一緒ってことですか?
天然石は人間の創造活動を支える補助的なものだと思ってましたが。
(まあ天然石集めてるのは何となくで、実感としてパワーを感じられる訳じゃないんですが)


785 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 12:08:29 ID:mj5FUL5y0
>天然石は人間の創造活動を支える補助的なものだと思ってましたが。

あなたより先に存在してます。人類よりも先に存在もしていました。
天然石に対してはあなたの人生の方がハナクソよりも短い。

>人間の創造活動を支える補助的なもの

天然石もふくめたすべての物の創造活動として人間が誕生したというイメージの方が近い。

786 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 12:11:57 ID:mj5FUL5y0
>人に聞かないで、自分で考えて、って言うのならこれまでレスした人は一体なんだったのかと。

一人で考えると、勘違いしてないかの不安も生まれる。
それの確認の為に意見のやりとりは行われている。
意見交換は、あらたな疑問も発見でき、さらに深く考えるチャンスをくれる。
自分の考えも無しに他人に聞くだけでは意味は無い。

787 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 13:54:53 ID:E0CjYNQA0
ん?只分からないことを聞くのは意味が無いとおっしゃる?
それじゃあこの世に教師なんていらないですね。

とりあえず天然石に関しては若干スレ違いのようなのでこれ以上は控えます。
すみませんが、あと>>779の質問について、偉い方ご回答をお願い致します。


788 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 15:11:35 ID:mj5FUL5y0
>ん?只分からないことを聞くのは意味が無いとおっしゃる?
>それじゃあこの世に教師なんていらないですね。

だからあんたはこのスレには縁が無い人なのだよ。
自分の存在意義を他人に教えてもらうなどという意識でどうして悟れようか。
聞いて済む内容はそれでいい。自分で掴む内容は別なのが解ってないと見える。

教師と導師の区別がわからんのだろう。

789 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 15:21:46 ID:KHjjyp8C0
自分じゃ考えないで教わるだけで悟りが開けた人っているんか?wwwww

790 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 16:07:20 ID:ppbjxDhL0
いや、そうじゃないと思うな。
たぶん>>787はもっと軽いノリでここに入ってきたのだと思うよ、からかい気味に。
パワーストーンを持ち出したのも、多少は揶揄の気持ちがあったのでしょう。

で、思ってたよりまともだったので、ちょっとびっくりしてる印象。
自分の不面目な部分を軌道修正しつつ、自分のレスに統一性を保とうとしてる。

ってか、そんなこと想像しても何の意味もないか? スレ汚しゴメンと言いつつ投下。

791 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 16:51:16 ID:/HZq7Yr30
残念、このスレに神はおらなんだ。

誰も自分の存在意義を問うてない。
知識を伺ってるのに有りようを押し付けるこの有様。
それになんでパワーストーンのことを聞くのが揶揄なんだか。
答えが解らない、もしくはスレ違いならスルーでもよかろうて。
変なのに絡まれちまった・・・これも不徳の成せる所。

和尚さんの話が聞きたかったぜ。

792 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 17:15:32 ID:y4p3oLlD0
>知識を伺ってるのに有りようを押し付けるこの有様。

悟りは知識とは違うぜ?
だからあんたらにはスレ違いの場所なんだよ。wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

793 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 17:24:01 ID:ppbjxDhL0
>>791
いやいや、鬼和尚はふらりとやってくるので、気長にお待ちください。

軽い言葉には軽いレスが合うだろうと思ったので、>>790は無視の方向で。

794 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 17:50:41 ID:6pkqWQwc0
>>776
自己否定しているのは自分という何か漠然的なものでは無い。
心が自己否定している意思を持っているのである。自分という言葉はあくまで
色声香味触法の情報を認識する立場でしかなく、自分という何かががある訳ではない。
「これは私のものではない」「これは私ではない」「これは私の自我ではない」が正解である。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AB%B8%E6%B3%95%E7%84%A1%E6%88%91
自我に執着している自分も、それを破ろうとしている自分も実体ではなく、実体は持たない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%AB%B8%E8%A1%8C%E7%84%A1%E5%B8%B8
全ては明らかである。隠れてるものは無い。自分が何処かにある訳では無い。
一切の現象は縁起で依存であるから、無我であり、空である。しかし、すべてが無我でありながら、
価値を持ち、存在性を持ちうるのは、すべてが縁起であるからである。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B8%81%E8%B5%B7
尚、自己観察においては、http://www.satisati.jp/を参照。
生きとし生けるものが幸せでありますように。

795 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 18:39:00 ID:2k4P8zT40
794

三行までしか理解できない人が>>778にいらっしゃってるから、もっと簡潔にしてあげてくださいw

796 : ◆feHIuvhK9. :2007/06/30(土) 20:56:06 ID:kH6VCHk/O
今思ったのですけど、悟りを開いた人って修業の場である人間界に居る必要が無いような気がするのですが‥‥、さらに言ってしまうとそういう人達は既に地球よりも次元の高い場所(惑星?)に行ってるのでは‥‥。
変なツッコミごめんなさい;;;;。

797 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 21:19:51 ID:c5BURwxs0
>>796
>ってしまうとそういう人達は既に地球よりも次元の高い場所(惑星?)に行ってるのでは‥‥。

意識は惑星の範囲をも超えた場所(広さ)まで行き来するようです。
肉体自体はこちらにあるので、行ったままになっていないだけのような

798 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 21:47:28 ID:ncOWY9LTO
よくわからんけど、なんで惑星とかの方が次元が高いんだ?
自分の見慣れたものは次元が低くて見たこともない珍しい
ものの方が次元が高いのか? ていうか、そもそもそんな次元の
高低なんてあるのか?

799 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 21:58:30 ID:KgGctgrRO
便宜上123で数えてるだけで、べつに桜梅椿でも問題ないんじゃないかな。

800 :鬼和尚:2007/06/30(土) 22:09:17 ID:rgiyv2hY0
>>778 まずおぬしが4行にまとめよ。それをわしが三行にする。
 宝石のパワーは確かにある。真面目に勉強すれば、役に立つじゃろう。

>>779 自我のあるものは自我で動くが、自我の無い者は無我にして己の使命を知るのじゃ。

>>781 そうじゃ。偽りの自我を去って後に悟りは現れる。

みんなおちけつ。

>>794 まだまだ、言葉と実践が伴なっていないようじゃ。
 縁起も、無常も、無我も、悟りを得るための心理的なテクニックに過ぎないのじゃ。
 思想や一般論として捉えては、仏教というものを理解していない事になる。

 お釈迦様は洗濯屋には心の汚れを去れと説き、楽人には玄がゆる過ぎず、張り過ぎないようにと説いた。
 お釈迦様が教えられたのは思想でも、一般論でもなく、悟りに導く手法であり、心理的なテクニックなのじゃ。

 もし縁起が無いとして人を導けるなら、そのように説いたじゃろう。
 目覚めた者の智恵は、目覚めた者にしか判らないものじゃ。
 おぬしもお釈迦様の教えの真の意味が知りたかったら、遠くへ行って他人の教えを聞く必要は無い。
 今から数息観を初め、己の心を観よ。

801 :鬼和尚:2007/06/30(土) 22:12:06 ID:rgiyv2hY0
>>796 全てのものは平等であり、ここも又、仏国土なのじゃ。

802 :本当にあった怖い名無し:2007/07/01(日) 00:34:53 ID:YXfgwQYv0
>>800
鬼和尚さんは全てを見抜いてますね。沢山修行を積んだのだと思います。
また、非常に解りやすい文章です。自分も鬼和尚さんを見習って、
心を入れ替えて数息観やヴィパッサナー冥想に励みたいと思います。
ちなみに、鬼和尚さんが言ってることは、794が言ってる事(縁起・無常・無我)
は悟りを得るための心理的なテクニックに過ぎないが、794はまだ未熟で語るには
早すぎる。悟りを開いた人の智慧は悟りを開いた人にしか解からないが、その智慧を
目覚めてない人に伝えようとする。このように794が未熟なので、悟りに導く手法を
教えるには、まず自分の心の汚れを落として、悟りを開いてからじゃないと出来ない。
だから己の心を観て、汚れを落とせという事ですね。間違っていたらすみません。
文章力なくてまとまってなくてすみません。深夜なので頭回りません。眠いのでもう寝ます。
後、心の汚れを落とすことと悟りはあまり同じような事では無いような気がします。
鬼和尚さんありがとうございました。

803 :本当にあった怖い名無し:2007/07/01(日) 09:17:50 ID:GJBXhKE30
鬼和尚さんが悟りを得たとき、どのような意識の変化があったのですか?
それと悟りは1種類なのですか?白隠和尚は大悟13回、小悟数知れずとのことですが、
悟りの上にも悟りがあるのでしょうか?

804 :鬼和尚:2007/07/01(日) 20:21:18 ID:mhQwfv8t0
>>802 うむ、そのようなものじゃ。
 法を説くのは難しいものじゃ。
 お釈迦様も指導する弟子達を、度々注意されておる。
 これが悟りを得ても修行が必要な理由なのじゃ。
 おぬしはクリーニング屋さんではないから、心の汚れを除くというのがピンと来ないむだけじゃ。
 迷わず修行を続けることが一番重要なのじゃ。


  



805 :鬼和尚:2007/07/01(日) 20:34:13 ID:mhQwfv8t0
>>803
 わしは悟りを得た後、一番変わったのは心を安んじる、安心というものが生じたことじゃ。
 とても強い安らぎの感覚が常にある。
 これが寂静というものであるかと思った。
 全ての意識との一体感や、言葉にすることの出来ない心のありようがある。
 おぬしも直ぐに判るようになる。

 白隠和尚の言う悟りとは、観照のことじゃろう。
 自我を解体し、認識をも解体するような悟りは一回か、分類すれば二回じゃ。

 しかし、観照は自分自身を観る観察であるから、何度でも起きる。
 白隠和尚は熱心であったようじゃから、何度も己を省みては指導や修行を進めていたのじゃろう。
 普通の者は一度で充分じゃ。

806 :本当にあった怖い名無し:2007/07/01(日) 21:18:12 ID:1pf9wfs/0
ご丁寧に有難うございます。すみません、続けてお聞かせください。

・悟りを開いた瞬間、と悟りを開く直前の瞬間、その刹那を認知できましたでしょうか?
またそれはどのような変化なのでしょうか?スイッチが切り替わったような感じでしょうか?

・一度悟ってしまえばもう凡夫に戻るようなことは無いのでしょうか?

「悟りの境地の第一段階に達した人がなくした苦しみは大地の土ほど大きく、
残した苦しみは私のすねにある土のごとくわずか」、と釈尊は仰られましたが、

悪いカルマを積み重ねた結果、またあの不安ひしめく世界へ落とされるのではないか、

・・・そういった心配もなくなるのでしょうか?

よろしくお願い致します。

807 :本当にあった怖い名無し:2007/07/01(日) 23:07:59 ID:u7v//mOb0
>>765
>どちらかを選ばなければならん。
>酒か、悟りか。

これは違うね。
酒を飲んでも、それに依存していなければ悟りを開くことができるのだよ。
こんなことを言う鬼和尚は酒を飲んだことがないか酒に飲まれていたかのどちらかだね。

>>763
酒をやめずに悟りを開くこともできるし、悟りを開いたあとに酒を飲み続けることもできるのだよ。

808 :本当にあった怖い名無し:2007/07/02(月) 00:23:36 ID:1IspZrsm0
>>807

確かにおっしゃるとおりだと思います。
ただ、鬼和尚さんはお坊さんである以上、酒に対してあまり肯定的なことは
言えない立場かもしれません。たくさんの人が見ている掲示板ですし・・・

悟りは「知見によって法を明らかにすること」とも言えますから、特別に出家や
在家は関係ないし、最終的には有為法・無為法の差異も消滅して、法界すげーって
自覚できればいいんだと思いますが、>>807さんいかがでしょうか?

809 :本当にあった怖い名無し:2007/07/02(月) 02:14:04 ID:L/ZPhffz0
味覚的に考えて酒ってそんなに美味しいかねぇ?
タバコと同レベルなもんでただ依存性が強いだけのような気がするが。

>>779
自我と言うのは人間が人間社会で生きていく上で、
こうしなくてはいけない、ああしなくてはいけないと教えこまされた認識で、
某呪術師に言うように一種の外来の装置でしかない。

人間を苦しめる道具でありながら、
人間たちは後生大事に大切にこれを持ち歩いてしまうという、
不思議な困った装置です。

810 :本当にあった怖い名無し:2007/07/02(月) 02:17:46 ID:L/ZPhffz0
そしてこの装置は、我こそが人間であると主張し続けるのです。

811 :本当にあった怖い名無し:2007/07/02(月) 02:27:32 ID:8ASk7oOt0
悟りってのは自分で自分のためだけに見つけるもの。
つまり宗教はその存在自体が間違い。

812 :本当にあった怖い名無し:2007/07/02(月) 02:58:31 ID:P7E7QTHD0
>>808

>>180
>>193
>>198
>>205

813 :808:2007/07/02(月) 06:39:43 ID:1IspZrsm0
>>812
なるほど!

でも>>178を見て「この人は本物」と感じたです。

814 :本当にあった怖い名無し:2007/07/02(月) 09:10:16 ID:mjkiLsoDO
>>813私は思いません、
>>178の言い方は高慢の人の喋り方だよ

815 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/07/02(月) 10:02:02 ID:lENagGSxO
本物も偽者もねーよ。w
自分を観照するようなスレで他人を干渉してどうすんだよ。

816 :本当にあった怖い名無し:2007/07/02(月) 10:09:27 ID:lENagGSxO
>>815
なるほど!観照と干渉をかけたわけですな!!素晴らしい!!!

817 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/07/02(月) 10:11:07 ID:lENagGSxO
いやあ、それほどでも(^^)

818 :本当にあった怖い名無し:2007/07/02(月) 12:56:14 ID:P7E7QTHD0
>>815 の「里中美子」さんよー 名無しにした>>816 とIDが同じでっせ。 その後にハンドル入れて>>817を書いても
IDが同じだから自作自演がバレバレでっせ。
何が自分で「なるほど!観照と干渉をかけたわけですな!!素晴らしい!!! 」「いやあ、それほどでも(^^) 」なんてハズカシイ事してるんでっか?
しかも携帯から・・・・・・・・・・



819 :本当にあった怖い名無し:2007/07/02(月) 13:10:25 ID:wg3CbK9I0
>>818
いやあ、里中さんは全て承知でゴロゴロしてるんですよ。

はたと思い当たった。鬼和尚はやっぱり赤面するほどの恥ずかしさを感じながら
ここでレスしてるのだろうか? 末永くゴロゴロしてて欲しいです。

820 :鬼和尚:2007/07/02(月) 20:10:08 ID:A0NNjOmS0
>>806 わしは認知していたが気絶したような状態になる者も居るようじゃ。
 
 今まで自分であると思っていたものが、そうではなかった気付いた。
 文字通り夢から覚めたような感じじゃな。

 恐怖や執着によって観照を途中で止めた者、いわゆる生悟りの者は再び落ちこむが、真の悟りを得て大悟徹底したものは、そのようなことはない。

 ただし、衆生の助けになるために、自ら落ちていく者は別じゃ。

>>807 おぬしもまだまだじゃな。

 酒をやりながら簡単に悟りを得られるなら、何故、道元や白隠などの始祖達は酒を禁じたのかな?
 たまたまそのような者が居たからといって、飲みつづける言い訳に使っては悟道は遠ざかるばかりじゃ。

>>809なかな良い、久しぶりにI円
 
 

821 :鬼和尚:2007/07/02(月) 20:13:53 ID:A0NNjOmS0
>>813本物じゃよ。

>>814高慢じゃよ。

>>815さすがじゃ。



822 :さんご ◆3535/GteJ6 :2007/07/02(月) 20:24:58 ID:m2GmOI8p0
>>815-817
美子タソたら… とってもお茶目♪

823 :さんご ◆3535/GteJ6 :2007/07/02(月) 20:28:55 ID:m2GmOI8p0
このスレ皆さーん、お暇だったら問答しましょ♪

【問答】オヌシに喝!を入れたるスレ【正悟】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1182833260/

お待ちしてまーす〜☆

824 :807:2007/07/03(火) 00:58:08 ID:OjeGNO5J0
>>820 おぬしもまだまだじゃな。

酒を飲んでも、それに依存していなければ悟りを開くことができるのだよ。
こんなことを言う鬼和尚は酒を飲んだことがないか酒に飲まれていたかのどちらかだね。

また、道元や白隠などが言ってたからという理由でやめるというようなことはおすすめできませんね。

825 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/07/03(火) 03:13:36 ID:qD4yOZcN0
なんというか、酒に限ったことじゃないとは思うんだが、これをやると
ああなるんじゃないか、あれをやるとああなるんじゃないか、とゴチャ
ゴチャ考えている半端な状態というのは、非常に悪い状態のような
気がする。

ま、どうせ酒飲むならもう全て忘れて徹底的に飲んで酒を極めれば
いいんじゃないの? w 徹底的に世界中の酒を飲んで酒博士になる。
そして匂い嗅いだだけで原産地の土の状態から製造法から年代から
全部当てられるぐらいまで極めれば、もう悟る必要性も感じなくなる
だろう。w


826 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 12:40:49 ID:fkrMGf450
酒についてだが・・
酒は百薬の長とも言われ、生命活動を活性化させてはくれる。
昔から神や仏に踊りをささげたり(祭りなど意識を高揚させてその高揚した「精(気)」を捧げたり)と、
また、生け贄や血を捧げる儀式の風習もそれら「精(気)」を捧げる行為ではあったと思うが、
それらが酒を捧げることに置き換えられてきた。

酒は意識体にとってのエネルギーとなるのだろう。(正式には「精」がエネルギー)
酒は穀物などの精の抽出液みたいな物。
これは、身体と精神を鍛えることにより身体の中でより強く作られるようになる。
だから修行では身体を鍛えたり、精神を鍛える項目の物があると思うが。

酒を飲むという行為は、そういう面から見るとドーピングに近い。
一時、酒の力で知彗が得られることもあるかもしれないが、それは酒という穀物の生命力をドーピングした
からであり、自身をもってこれが行えなければ自身で開いたとは言えないような気がします。
(つまりは酒の力を借りて何か掴めることもあるかもしれないということでもあります。)

酒に限らず、食すという行為も食すことにより他の生物・植物の精を取り込む行為。
極めた仙人などが、霞だけを食べている、というのも自身の中で精がちゃんと作られるようになった段階へ
行ったからだろうと思う。 
食べる事への罪悪感を感じる必要性があるとは思う。
酒を飲む人はこれらを感じにくいのかもしれませんね。


827 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 14:30:26 ID:bpdP7dsa0
とりあえず>>824が悟りを開いたのかどうかが疑問だ

828 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 16:10:30 ID:fkrMGf450
>>827
824さんが悟りを開けたかどうかは定かではありませんが、もし、開けていたとしても
仏教の話を中心にした展開では否定しかされないでしょうね。

もともとこのスレの始まりは宗教を越えた内容から始まっているようですが、仏教を中心としたら内容には偏りがでてきます。
確かに仏教は総体的にその道を形取ったすばらしい物ではありますが、別の道からですと当てはまらない
(最終的部分では同一となりそうですが)ように感じると思います。

つまりは、お互い相手を認められない「鬼和尚」さんも「824」さんも途上であるという可能性もあります。
「鬼和尚」さんが仏教からの観点からしか見れないのであれば、「菩薩道スレ」の方が合っているとは思いますが。
なんとなく「鬼和尚」さんはあちらのスレに対抗心を持たれているような……… 了見の狭さも少し感じられます。
鬼和尚さんは小悟は得ているのは確かな感じは受けますが。(その部分は信用してもいいと思います)

現状で宗教を越えた話は「ぽち」さんのスレの方ですが、あそこは特定の人だけのチャットと化していますので、
今、あそこに参加している人だけを中心とした座標で話が進んでいるので、それ以外が入るとまた中心座標がズレて
もめる状態になるでしょう。

829 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 17:06:40 ID:lkfvtBpOO
悟りなど必要ないと思った時が悟り。

830 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 21:01:28 ID:ICl7DRug0
はたから見てると、

>>824 = 優秀だけど反抗期のせがれ
>>820 = せがれが頭良すぎて手を焼いている親父

こんなふうに見えてしまうのは私だけでしょうか

831 :鬼和尚:2007/07/03(火) 21:23:57 ID:wYS+74oj0
みんな頑張っておるな。

さて長々と議論していても仕方が無い。

わしは酒を飲んでいては悟りなどは得られないと言った。
道元も、白隠も同じ意見のようじゃ。

どちらを択ぶかは相談者次第じゃ。
初めに書いたように誰も強制は出来ず、誰も手助けは出来ない。
自ら択び、その結果を受けるしかないのじゃ。




832 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 09:35:29 ID:1KjJTCiQ0
酒の話で留まっているのも無駄。

いいじゃないの、「酒を飲んでも悟りは開けるかもしれないが、それは仏教的悟りとは別物である」としちゃえば。

さて、鬼和尚は、酒を飲むことにはかなり抵抗があるようですが・・
それならば他の生命を食している(動物に限らず、植物も含めた殺生)ことになる食事についてはどのような見解ですか?

833 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 18:12:09 ID:EprXUeirO
>>821 高慢じゃよってダメじゃんWWWWWWW

834 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 18:58:53 ID:IYSlABlJ0
オナニーって悟り的にはやめたほうがいいん?
つか食欲、睡眠欲、性欲ってどう対処すれば言い訳?
欲って心汚れるんでしょ?でも前者2つは生きるうえでしょうがないと思うんやが。

835 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 19:26:23 ID:9+/GjIKw0
便乗して、鬼和尚さん
やっぱり十善戒は守らなくちゃですか?
姦淫の罪は適用範囲が曖昧で、もしもオナもダメとなると --;

836 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 19:31:18 ID:z+PlsOyJ0
>>834
オナニー控えて環精補脳すれば悟りが近づく。
間違いない!

837 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 21:50:50 ID:0TZ+tmeo0
>>834
食欲、睡眠欲、性欲 これは捨てた方がいいです
食、睡眠、性 は 大切な事です
仏教で欲といううのは、必要以上に其の事柄に執着した習慣を欲といいます
食について  お腹がすいて食べるのは、あたりまえなのですが
好きだから同じもばかり食べたり、暇だからお菓子を食べたり
失恋したから、やけ食いとか・・・ストレス解消で おいしいものを食べる
、その時は満足しても 問題は解決していないんだけど
結局 食べ過ぎると 肥満になったり 糖尿病になったり 癌にもなります
お腹がすいて食べ物を 食べるんだか ストレス解消で 食べるんだか
朝、昼、晩だから 食べるんだか 暇だから 食べるんだか
いっつも 食べてるから たべるんだか まあ食べないよりはいいんだろうけど
自分で、ストレス溜ってるから食べる、寂しいから食べるとか
わかってケーキとか、おいしいものをわざわざ食べてる人は少ないと思う
食べるという1つの行動でも
心の状態と行動 身体の状態と行動 頭の記憶による行動など
いろいろな理由で食べるという行動をしている
生きる為に食べたり飲んだりしてるのは赤ちゃん
と浮浪者



 


838 :鬼和尚:2007/07/04(水) 22:06:00 ID:946eki+l0
わしじゃよ、わっはっはっは。

>>832 そうじゃな。特に精進はしなくともよい。
 食べるために殺生するのは仕方の無いことじや。

>>833 むしろ最高じゃよ。わっはっはっは。

>>834 若いうちは仕方の無いことじゃ。ナンパでもして女子をみつけるがいい。
 インドでは修行に向く時期として人生の晩年を当てて、林住期としておる。
 人によって違うが、大体50才位からじゃな。
 お釈迦様のように早くから妻子を捨てる者もおる。
 しかし、おぬしはまだ女子に対する興味を捨てきれぬじゃろう。
 今は知識を集めて、ナンパ道に励むがいい。

 欲を禁じるのは修行の妨げになるからじゃよ。
 修行の妨げにならない程度の本能的な欲はいいのじゃ。

>>835 善とは人を喜ばせ、苦しませぬことじゃ。
 それが守れるなら小さな規則には囚われんでいい。
 しかし、おぬし姦淫の罪になにか心当たりが?

839 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 22:47:22 ID:9+/GjIKw0
オナは戒律に抵触せずですね。
自慰はカラダの機能を正しく維持するための、
いわば食事と同じ位置づけで考えていたので
無罪でよかった。

840 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/07/05(木) 00:17:51 ID:wjUfUMqq0
無罪って、そんな細かく考えんでも。w

ていうかさ、これやっちゃいけないんじゃないかあれやっちゃいけないんじゃ
ないかって、そんなことこまごまと考えてばかりだと、真実が見えなくならない?
というのは何をやったらいいのかってのは状況によって変わるからなんだけど、
たとえば普通の状態では人を突き飛ばすのはやらない方がいいことだけど、
車が接近してきて轢かれそうになっている人が目の前に居た場合、突き飛ば
さないと救えないなら突き飛ばすのはやった方がいいことになる。


841 :本当にあった怖い名無し:2007/07/05(木) 14:42:39 ID:HbWrWm5+0
どうせ齢とれば食も睡眠も性も衰えてくるんだから、
若い時は体に悪くない程度に好きなだけすれば良いと思う。

俺は最近、ちょっとそれらに振り回されすぎてるから、
少し控えたほうが良いかも知れんが……
どうも去年の4か月ほど1・2日に一食とかの、
断食まがいなことやってから抑えが利かなくなったような……
多分、それの反動で餓鬼にでも取りつかれたか?

842 :本当にあった怖い名無し:2007/07/05(木) 15:58:44 ID:CWoSbr+BO
>>841
食う量が減ると飢餓状態になったと体が思って栄養の吸収率が上がるらしい
(食事を抜くような無理なダイエットで中々痩せない原因はこれ)。

843 :?(@ω@)?? ◆feHIuvhK9. :2007/07/05(木) 16:28:33 ID:JVVgSYu9O
そうですね。
さらに言うと食事をとったら悟りが開けないと言う感じに聞こえます、
逆の言い方をすると食事や欲を制限しないと悟りって開けないものなんですか?
無理に制限し、それで開いた悟りって本物なのですか?と、これまでのレスを読んで感じた。。。。。

844 :本当にあった怖い名無し:2007/07/05(木) 19:07:58 ID:CWoSbr+BO
>>843
何となく制限やめた途端に元に戻っちゃいそうだよね。
(リバウンドして余計にひどくなったりして。w)

845 :本当にあった怖い名無し:2007/07/05(木) 19:17:35 ID:8XNBsgip0
>>843 横ですが、
欲とはなんぞや、ということを突き詰めていくと「体が求めてる」となるのでは?
あるいは社会的な立場を向上したいとかの「心が求めてる」かもしれません。
そういった欲は、自分の環境によって生じる生物由来の反応なのです。

パチンコが好き、タバコが好き、お酒が好き、これらをいくら追求しても真理は
ありません。知的生物の単なる嗜好に過ぎません。では少し止めてみようか?
ここが出発点なのです。無理に制限しているのではなく、自分の歩みなのです。

846 :本当にあった怖い名無し:2007/07/05(木) 19:36:25 ID:g7IfjCKW0
>さらに言うと食事をとったら悟りが開けないと言う感じに聞こえます、

食すということを「あたりまえ」と考えているようではだめだということ。
感謝などいろいろ深くめぐらせた上でなら開ける。

恐竜時代としよう。 あなたが食べられる側ならどう思うか。
食すにしても殺生にあたらない物もある。
植物の実をいただく。実は植物が中の種を動物を利用して広い地域に広めるための連鎖である。
他の動物の乳を分けてもらう方法もある。
お互いの種の継続のための連鎖につながる食は問題ない。

上記を考えれば肉を食すにおいても無益な殺生までは行くまい。

社会的弱者が宗教に救いを求めておきながら、無益な殺生(弱肉強食)には無関心であれば救われるはずはなかろうよ。

847 :本当にあった怖い名無し:2007/07/05(木) 20:35:33 ID:OMXGEacA0
赤ん坊ってすでに悟りを開いてることってあるの?

>>846
〜なら悟りは開けるって明確な根拠はあるの?
殺した人は悟りを開けない訳?


848 :本当にあった怖い名無し:2007/07/05(木) 21:01:48 ID:6RIoxGsw0
>>847
> 赤ん坊ってすでに悟りを開いてることってあるの?

肉体意識には記憶が無いから真我と繋がる必要があるね。

849 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/07/06(金) 01:54:16 ID:xYbD1nZ30
>>847
赤ん坊は、そのまんまだよね。ああしようこうしようと考えない。
だからなんか近い感じはするな。

でも大人になるに従って余計な知識を得てしまってそれに惑わされたり
振り回されたりして真実が見えなくなって悟りから遠ざかるんじゃないか?

実際、子供の方が知識が少ない分だけ偏見も少なく、ありのままに世界を
見ている。だからお世辞とかは言えない。そしてズバズバ本当のことを
言ってしまい、それで大人を困らせると。w


850 :鬼和尚:2007/07/06(金) 20:50:37 ID:eAhgt/XI0
うむ、赤子は悟りに近いと言える。



851 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 21:06:00 ID:xWEfaw1p0
1歳半くらいまでは鏡を見てもそれが自分だってわかっていないらしいから、
悟りとはやはり視覚でもって自他の区別をつけていない状態のことなのかな。


852 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 21:59:22 ID:iQ2x+ozQO
猫とかも鏡に自分が写ってるって分かってないようだよ。鏡の後ろに手(前足?)を
回したり見ようとして何もなくて不思議そうにしてたりするし。猫はこの世の神秘を
感じてたりするんだろうね。きっと。

853 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 22:46:58 ID:rxBQk5Ff0
赤ん坊は、目が見える迄、何日かかかるんです
でも目でみるのではなく、自分のまわりは見えてるんです
まえにTVで実験してたのですが、はいはい出来るようになった赤ちゃんに
10メートルぐらい先にいる 全身ふくろでおおわれた母親のもとへたどり着けるか
という はいはいレースがあつたのですが
ほとんどの赤ちゃんが自分の母親のもとに たどり着きました
犬のように嗅覚が発達してるわけでもないのに・・・
4才5さいぐらいまでは、記憶に残ってる人は多いとおもうけど



854 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 00:30:17 ID:rweBuVj90
俺は3歳から4歳前半ぐらいまでは、ちょっと不思議な記憶が残ってる。
初めて現世に意識を下ろしたときは台所で飯を食べてるときだった。
(この言い方が適切かどうかは分からない。もしくは初めて意識が芽生えた)
周りを見回しこの人が、自分の父母祖父祖母だなと意識を固定しようとしたが、
初めて明晰夢を見るかのように世界が崩れていった。
3歳以前、もしくは最高でも3歳だったのははっきり覚えてる。
(当時から思ってるけど、意識が芽生える前は自分は何をしてたんだろうか…不思議だ)

他にも別々の二つの世界を同時進行で生きていたりもしたけど、
何かの存在にどちらかの世界を選ばなくてはならないと言われて、
こっちの方が先にアクセス?したこっちの世界にした。
多分、向こうを選んでいたら向こうが俺にとっては現実世界になってたと思う。
ちなみにこっちか向こうの母親に(記憶が定かではないから忘れたが)、
実は自分はお母さんの子供じゃないっていったらどうする?と言って笑われた。
(そりゃあお腹を痛めて生んだ子供にそんな事言われてもなぁ)

みんなそうだと思うけど子供の頃はいまいち記憶がはっきりしないのは、
夢を覚えてられないように意識状態が違ったからだと思う。
たぶん子供は半分向こうの世界で生きてるよ。

855 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 04:47:19 ID:c2qvsqCH0
>>854
十二国記の麒麟や王様のストーリーみたいだね。
ガリレオの遺伝子でやっていたリンカーンとケネディーのシンクロにシティーとか
パラレルワールドの話みたいだね。

ウインドウズのマルチブートの様にパラレルのマルチブート型マシンとOS人間という
事かな?

貴方はアリス症候群の経験はあるかな?


856 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 21:54:53 ID:LF8EdTS+O
人間の記憶は結構いい加減だったりして。

だってさ、年取るとだいたいの人は「昔はよかった」って思っちゃ
うんだぜ。どう考えてもおかしいだろ?w

857 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 22:48:30 ID:EDHBrGsFO
こんばんわ 非コテの元常連です
常々僕は失った物語を取り戻したいと願ってきました
何かを思う人になりたいと思い続けています
ところでみなさんがどんなマンガを読み、小説を読み、どんな映画を見、どんな音楽を聴くのか興味があります
メジャーでもマイナーでも構いません、触れてみたいです
暇な際でよいのでレスください 鬼和尚さんもw

858 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 23:18:13 ID:oajn1Jkq0
涼宮ハルヒの憂鬱

859 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 23:58:15 ID:Hgu0quV/O
ザ ブルーハーブ

860 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/07/08(日) 00:14:01 ID:4GYN4aESO
愛と欲望の日々

861 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 00:21:31 ID:cZ8g949S0
氷と炎の歌1 『七王国の玉座』

862 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 03:43:19 ID:JvqB06ApO
題名はほとんど覚えていない。
マンガは笑える物、好きな登場人物がいる物、神仏の勉強をしたか奇跡体験をしたと思える作者が書いた物
小説は自伝、推理小説、SF、共感できる感情的な前向きな物
映画は展開の速い物、ユニークさとロマンチックさを含んだ物
音楽は気を乗せやすい物、綺麗で優しく懐かしくなる物。
ロックもたまには聞くけど、欲望と衝動と破壊的な感じがする。聞くと影響されそう。

863 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 09:54:22 ID:/qF1TOdZ0
十二国記

864 :857:2007/07/08(日) 21:00:51 ID:syIk/JKlO
短い間にレスもらって感動しますた(^ω^)

>>858
アニメはここ数年見てないですが面白いですか?
リアルタイムでみたのはナディアが最後だなあ…ああ歳がばれる(^ω^;夢があったなぁあの頃はw

>>859
ブルーハーツかと思ってググってみたら、ブルーハーブというヒップホップグループなんですね 興味がわきますた
ちなみに僕は音楽に疎く、それでも体験した中で心地良いのはアメリカじゃなくてユーロ圏の曲全般から感じる哀愁みたいなのが好きですね
とはいえ最近はまったく聞いていません…

>>860
映画のタイトルかと思いましたが、サザンの曲ですか?それとも実体験ですか?(゚д゚)
美子さんをリアル女性でイメージすると昔チャットでよく話したエロ姉さんと被ってしょうがありませんw

865 :857:2007/07/08(日) 21:03:51 ID:syIk/JKlO
>>861
ググりました。僕は作家では唯一池上永一さんが好きで最近SF板も覗くようになりますた。是非読んでみたい!
マイフェイバリットは「風車祭」です

>>862
僕はなにか一定のラインがあって、それを越えたものは全部受け入れる、それ以外だとかなり希薄な扱いになり、タイトルも忘れます
その断層状況にディテールを加えてゆきたいと願ってます

>>863
以前古書店でバイトしてたとき、十二国記のマンガというのはありますかと聞かれて答えられませんでしたw
教育で1、2回か見たんですけど、タイムスリップ?あれ異世界ですよね?
思い出しましたが、昔ファンタジーノベルで黄金拍車というのがあって、若干エロ要素が入ってるのが好きでしたw

全部メモとって参考にさせてもらってます。これからも暇な方はレスください(^ω^)

866 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 21:06:00 ID:5sBGiFki0
鬼和尚様、悟りを開いた者として、ブッダの凄さを教えてください。
また悟る前と悟った後で、その認識は変わりましたでしょうか?

867 :鬼和尚:2007/07/08(日) 22:58:02 ID:2+DAdc5u0
>>857 わしは真理の言葉(ダンマパダ)などを読んでおる。

 http://sugano.web.infoseek.co.jp/butu/sinri-0.htm

>>866 良い質問じゃ。
 お釈迦様の偉大さは語り尽くせるものではないが、一つ解説しよう。

 ダンマパダの一句じゃ。

【 第十七章 怒 り 】


221 怒りを捨てよ。慢心を除き去れ。いかなる束縛をも超越せよ。名称と形態とにこだわらず、無一物となった者は、苦悩に追われることがない。

 ここに名称と形態と書いてあるのが判るじゃろう。
 まさにこれが悟りを得なければ見過ごしてしまうような言葉じゃ。

 人間は名前と形とで全てを認識しておる。
 今風に言えば言葉とイメージとでも言おうか。
 人が何かを認識したというのは、この 言葉とイメージを記憶し、内外に当てはめることが出来るということなのじゃ。

 それは当然、自我を認識する時も同様。
 人は言葉とイメージによって自分を認識し、この体や心の作用に当てはめているのじゃ。
 この言葉に自我からの反発を覚える者も居るだろう。
 結局、お釈迦様の言葉は悟りを得たものにしか判らないものじゃ。

 2000年前に、既に認識のメカニズムを看破していたお釈迦様の真の偉大さは、言葉に尽くせぬものがあると言えよう。

 お釈迦様は悟りを得る前には漠然と偉い人と思っていただけだが、その言葉が理解出来る程、ますます偉大さが判って来たものじゃ。
 

868 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 23:36:12 ID:LUwcN4zjO
和尚さんどうもです。質問させてください。


思考がむちゃくちゃうるさいのですが、
これは止めることは出来るのですか?
何をしていても四六時中頭の中で声がします…
思考を超越することは可能なのでしょうか?

869 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/07/09(月) 00:45:40 ID:ia25A8qn0
それって放っておくしかないような気がするが・・・

870 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 06:33:45 ID:4x2ZJpe60
>>868
それは常に流れている自他の想念だから止めることはできません。
気にしたり捕まえたりすると雑念となります。
来る者拒まず、去る者追わずの訓練をすると好いです。
また川のような流れなので標高500mを超えると想念は激減します。
だから昔から修行者は山岳に居るのです。


871 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 10:04:32 ID:Y/aDYHQEO
>>870
物理的な高さって本当に関係あるのか?
もしそうなら最初から高地に住んでる人は楽だな。

872 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 10:40:45 ID:R1pFmrKz0
>>871
何故かあるんだよ。
想念の流れは川だと思えば良いという。
底の深さは場所によりマチマチらしい。
だから神秘系の人たちはより高いところに登るんだよ。
標高1000m以上で瞑想してみれば。

873 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 11:06:00 ID:0Ypx5Gqo0
>>838

偽物坊主め 創化のてさきだろ

坊さんは本来結婚はしない

不淫戒という戒律を知らんのか

874 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 15:22:16 ID:nRxd+C2T0
>>873

不淫戒と結婚しないは別じゃねーか
層化野朗がなに平気で嘘ついてんだ

875 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 16:57:24 ID:Kvhj9aeU0
不邪淫って、他人の妻などが対象ですよね。

そこで和尚はじめ皆さんに質問なのですが、
もしも人妻から誘われたらどうしますか?

悟り優先ですか?
据え膳喰わぬは・・・ですか?

876 :鬼和尚:2007/07/09(月) 21:44:32 ID:PnP5cqmd0
>>868 思考は数息観でも、三昧でも止められる。
 それには一つ一つの思考を意識せず、流れるままにしておくことじゃ。
 川の流れに浮かぶゴミを見ず、川全体を見るようにするのじゃ。
 そのようにすれば、思考は自然に消えていく。

 しかし、それとは別に、おぬしは少し頭に気が集まり過ぎているようじゃ。
 白陰禅師が同じような病気の時にやった、なんその法を簡略した観想をやってみよ。

 このようにイメージするのじゃ。
 額の上に良い臭いの薬がある。
 それが溶けて体の中を通って足に下りていく。
 体の中を通っていく薬が、全身の汚い気を全て集めて流し去っていく。
 最後に真っ黒になった薬が、足の裏から外に流れて消えていく。
 このようにイメージすれば、気は自然に下りていく。

877 :鬼和尚:2007/07/09(月) 21:45:39 ID:PnP5cqmd0
>>875 人妻はどーでもいい。
 わしが愛するのはおぬしらだけじゃ。

878 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/07/09(月) 21:48:58 ID:ia25A8qn0
偽者なのに結婚できない俺って・・・w

>>875
時と場合による。相手の状態にもよる。
その場にならないと分からない。

ていうか、結婚というのは人間が勝手に決めた取り決めで、
他の生き物はこんなことやってないんだよね。更に同じ人間
でも文化や宗教の違いで一夫多妻やその逆の一妻多夫もある。
また固定的に相手が決っていないのもあると思う。こんな状態
なのに特定の文化や宗教に縛られた考え方しかしないとすると、
それはそれで何か大切なものを見落とすことにならないか?
たとえ決まりを守るんだったとしても、理解した上で守るのか
それとも無知なまま盲信するのかではやはり違いがあるだろう。
前者も後者もどちらも守ることには代わりはないが、状況が変化
した時に柔軟に対処して生き残るのはやはり理解している
人の方だろうな。


879 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 22:00:45 ID:op5zDAD2O
>>876
ありがとう!!実践してみるよ!

880 :872:2007/07/09(月) 22:03:38 ID:bGnxiIGE0
チベットやインドの高地
仙人の仙は山の人
修験者も空海も山で修行

マチュピチュは霊的な高みを極めて集団解脱した跡だそうな。
人骨が無いらしいから全員がし解による解脱かも知れない。

881 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/07/09(月) 22:28:25 ID:ia25A8qn0
昔は山そのものが信仰の対象にもなってたというのもあるのでは?
何かありそうな気がするから行ってしまう人が多いとか。
人も滅多に来ないから余計なこと考えずに済むというのもあるかな。

あと、自給自足しやすい場所だよね。川が流れてて魚が居るし。
山菜や木の実も取れるし。うさぎとかの動物も居るし。捕獲する
方法さえ知っていれば食い物にはあまり困らない。洞穴があれば
そこに住めるし。なければ斜面に横穴掘ればいい。

882 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 00:09:18 ID:1ibDfWpi0
>>881
>うさぎとかの動物

悟りを開くためには肉を食べてはいけないらしいぜ?

883 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 00:12:21 ID:c//nsax/0
山はそもそもマイナスイオンの宝庫でα波が出やすい条件が揃ってます
チベットやインドの高地は 酸素が薄いのでアドレナミンの分泌量も増えます
常にエネルギーを受けながらマラソンをしている状態が続きます
あと電気と磁気との関係なんですが 眠いので寝ます

884 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/07/10(火) 00:49:44 ID:3kRPUx/Z0
>>882
うさぎは江戸時代は鳥肉扱いされてたようだが(数え方が1羽2羽)、それもダメか?w

>>883
おやすみ。

885 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 01:03:23 ID:1ibDfWpi0
>>884
4本足の動物はダメらしいぜ?
その前に、偽和尚さんは牛や豚を食べてないのか?

886 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 01:58:15 ID:u41u8Gad0
肉食に関するブッダの見解(スッタニパータ)

「殺す事、打つ事、縛ること、盗むこと。
詐欺を働き、邪見を学び、邪淫に耽ること。
これが生臭であり、肉食が生臭いのではない。」

「欲望に流れ、美味を貪り、不浄に生き、
虚無に陥り、不正を働き、頑迷に拘ること。
これが生臭であり、肉食が生臭いのではない。」

「残酷で在り、陰口を言い、友人に背き、
慈悲がなく、謙虚でなく、布施がないこと。
これが生臭であり、肉食が生臭いのではない。」

「憎悪、驕慢、反逆、虚飾、嫉妬、妄語、
極端な慢に陥ること、不良の徒と結ぶこと。
これが生臭であり、肉食が生臭いのではない。」

「性悪、借金、密告、偽証、正義を装い、
邪悪なる不義を犯す、最も下等なものたち。
これが生臭であり、肉食が生臭いのではない。」


「魚肉や獣肉を食べないことも、
断食も、裸体も、剃髪も、結髪も、
塵垢に塗れるのも、鹿皮を着るのも、
火神の供養も、不死の苦行も、呪文も、
供儀にせよ、祭祀にせよ、荒行にしても、
疑念を越えなければ、彼を、清められない。」


887 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/07/10(火) 02:04:19 ID:3kRPUx/Z0
>>885
いや俺は偽者だから、牛も豚も鳥も食べるぞ。
北海道に住んでた時は羊もよく食ったぞ。

というか、食い物で何かが変わると思ったことはない。
逆に言うと、食い物だけで変わるぐらいなら誰も苦労はしない。w

>>886
なるほど。


888 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 02:27:58 ID:1ibDfWpi0
>食い物だけで変わるぐらいなら誰も苦労はしない
「肉を食べてはいけない」
これは悟りの必要条件であって十分条件ではないから苦労してる人が多いらしいぜ?
まぁ肉好きな人にとってはどっちもどっちだがな。

889 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/07/10(火) 02:59:07 ID:3kRPUx/Z0
まあ、食いすぎなきゃいいんじゃないの?
食いすぎると悟る以前に不健康になるしな。w



890 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 03:40:42 ID:E3APgSCI0
肉を食べると不純物が多いから、
電波とか受信しにくくなる。チャネラーとかには死活問題。
肉体やエーテル体レベルでは影響は出るがアストラル体までは影響は出ない。
こういう風に私は理解してるけど。

891 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 10:41:36 ID:sZz0xxO6O
風評

892 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 13:03:16 ID:YfZktRxeO
チャネラーか。そう言えばチャネリングもこの頃あまり話題にならないなあ。

893 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 15:46:20 ID:2+dh0mRD0
>>890
アストラル体が鈍感に成っているから腐乱死体やゴキブリでも食せるようになる。
アストラル体が穢れて回転が鈍くなっているから、殺した相手の人肉を食べられる。
アストラル体が澱んでいるから、家畜の死肉を「食物」として見る事が出来る。

連鎖しているコーシャ論の中で無影響な構造は無い。


894 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 17:43:10 ID:2+dh0mRD0
>>886
それは仏典の常套説法。
そういう仏典常套説法を持ち出して肉食が良いとか肉食が批難されていないという根拠には
ならない。

肉食さえしていなければ生臭では無いという邪見を批難しているのであって
肉食を肯定はしていない。


895 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/07/10(火) 21:29:13 ID:4bbMkf4BO
>>864
遅レス。サザンの曲だよ。

896 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 21:55:30 ID:c//nsax/0
肉を食べてはいけないといのは,修業の一貫であって
絶対とか永久的に禁止されているわけではない
強い意志と忍耐力等を得るには、そいった修行が必要なのである


897 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 22:05:12 ID:I8Jewby70
スレタイきもい

898 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 23:01:24 ID:MOdWp41T0
>>896
殺人を犯しては成らないというのは修行の一貫であって人を殺してはいけないといのは,
修業の一貫であって絶対とか永久的に禁止されているわけではない
強い意志と忍耐力等を得るには、そいった修行が必要なのである

・・・・と同じ屁理屈。

女を強姦してはいけないというのは修行の一貫であって人を殺してはいけないといのは,
修業の一貫であって絶対とか永久的に禁止されているわけではない
強い意志と忍耐力等を得るには、そいった修行が必要なのである

・・・・と同じ屁理屈。


盗んだり騙したりしてはいけないというのは修行の一貫であって人を殺してはいけないといのは,
修業の一貫であって絶対とか永久的に禁止されているわけではない
強い意志と忍耐力等を得るには、そいった修行が必要なのである

・・・・と同じ屁理屈。

嘘を付いたり奇麗事で誤魔化したりしてはいけないというのは修行の一貫であって人を殺してはいけないといのは,
修業の一貫であって絶対とか永久的に禁止されているわけではない
強い意志と忍耐力等を得るには、そいった修行が必要なのである

・・・・と同じ屁理屈。

899 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 23:14:31 ID:1CQg82Si0
酒を飲んではいけない。

900 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 23:43:22 ID:MOdWp41T0
酒を飲んではいけないしたりしてはいけないというのは修行の一貫であって人を殺してはいけないといのは,
修業の一貫であって絶対とか永久的に禁止されているわけではない
強い意志と忍耐力等を得るには、そいった修行が必要なのである

・・・・と同じ屁理屈。



901 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 23:51:13 ID:u41u8Gad0
>>898

釈迦もダライ・ラマも肉食してますが、なにか。

902 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 23:52:45 ID:06oxCeCA0
ダライラマを崇拝してる人って居るんだ・・・

903 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 23:55:10 ID:u41u8Gad0
「みな、わたしの言うことを聞いて、悟るようになりなさい。
外側から人にはいって、人を汚すことのできる物は何もありません。
人から出て来るものが、人を汚すものなのです。」
イエスが群衆を離れて、家にはいられると、弟子たちは、
このたとえについて尋ねた。イエスは言われた。
「あなたがたまで、そんなにわからないのですか。
外側から人にはいって来る物は人を汚すことができない、
ということがわからないのですか。そのような物は、
人の心には、はいらないで、腹にはいり、そして、かわやに出されてしまうのです。」
イエスは、このように、すべての食物をきよいとされた。

新約聖書 マルコの福音書 7章14〜23節


904 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 23:57:12 ID:pmvwnTG+0
お神酒もダメなの?

905 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 23:59:46 ID:4XLXl3sd0
これから氏や鬼和尚氏は飲酒や肉食を否定していたよな。
ただ否定するだけじゃなく理由も言ってくれたら納得できるかもしれないのに言ってくれてないんだよな。

906 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 00:00:53 ID:LkPJQ0ZMO
酒も肉も体によくないじゃん

907 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 00:16:03 ID:uAOWvmsp0
まあいくら戒が大事とか力説してみても、
仏教の殺生戒、偸盗戒、邪淫戒、妄語戒、両舌戒、
悪口戒、綺語戒、貪欲戒、瞋恚戒、邪見戒
守ってるわけない。

力説すればするだけ妄語戒を犯してるわけだ。


908 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 00:26:12 ID:kHkoOMo00
>>907
罪が無い人は神である。
神でも無いのに善を説くのは偽善だ。
故に如何なる善も道徳もといては無いら無いそれは偽善だからである!

とコレコレ云々なあるべき論(善)は貴方1人は説いて良いのですね?


909 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/07/11(水) 00:27:32 ID:FNYynHWB0
>>906
そうか? 飲みすぎたり食いすぎたりしなきゃ問題ないと思うけどねえ。


910 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 00:30:54 ID:kHkoOMo00
>>903

新約聖書が正しいという偏見によって引用しているのかな?

旧約ではタコなんて邪悪な生き物で食べてはならないものだけれど?

外から穢せるものは1つも無いというのは詭弁だ。
内因のみに善悪の基準を設定する思想は外道とされている。





911 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/07/11(水) 00:32:00 ID:FNYynHWB0
>>908
なるほどねえ。つまり、俺のようにひたすら悪だけを説けば良いということか。w


912 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 00:35:25 ID:kHkoOMo00
>>908の訂正

×故に如何なる善も道徳もといては無いら無いそれは偽善だからである!

○故に如何なる善も道徳も説いてはならないそれは偽善だからである!

913 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 00:43:30 ID:kHkoOMo00
>>901
誰々がどうしているから・・・・正しいなんて理屈は無いんだよ。

>>893の説明でもしてみろよ。

914 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 01:06:16 ID:uAOWvmsp0
単に、肉食否定に躍起になってる方に、他の戒も同じくらい躍起になったら如何とおもっただけですよw
それとも、仏教信奉者じゃないから他の戒はどうでもいい、肉食はだめ、という感じなのかな。

915 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 01:14:01 ID:kHkoOMo00
>>914
真面目にレスする人の文を読むと躍起になるとか冷静になっていないとか感じる人がいる。
興醒めていないと怖いタイプなんでしょうね。

916 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/07/11(水) 01:18:15 ID:FNYynHWB0
まあいいじゃないか。悟らなきゃいいんだよ。これで全て解消。
気にせず何でも食えるようになるぞ。w


917 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 01:28:54 ID:pWlJ3rQp0
そもそも、悟りを開くとどんないいことがあるのかな?
心の平安?とか漠然としたイメージしかない。
むしろ悟りを開くためにお酒を飲まないとか気にせずに自分のしたいことをして
生きた方が幸せな気がする。

918 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/07/11(水) 02:09:38 ID:FNYynHWB0
>>917
いいことねえ・・・。知識の上だけではなんとなく分かるけどな。
つまり読んで字のごとく理解するということだろう。で、迷いがなくなる。
物事の表も裏も分かるから悩まずに済む。惑わされることも
騙されることもなくなる。暗い部屋ではなく明るい部屋に居る
から全てが見えて転ぶこともなく安心できる。というような
ことなんじゃないかなあ。

だから日常生活を送る上ではそんなに完璧に悟らなくても困る
ことはあまりないような気がする。(というかむしろ完璧になろうと
すればするほど罠にハマって余計に遠ざかりそうな気がするw)。


919 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 02:49:13 ID:zkiULtlz0
好い事って無いかもよ 
自分がなぜこの時代を選んで生まれて来たかもわかるし
地球の始まりから終わりまでみせられちゃうし・・・
でもどう生きなきゃとか、どうあるべきかとか 親 兄弟 友達 の関係
などや 環境
自分に与えられた柵(しがらみ)からは解放された物のみかた人のみかた
はできるようになるから 自分の世界は何百倍にもなるから
今の悩みなんてぇのはね ぜんぜん普通に暮らしても幸せで
もつと幸せっていうのもあつて そこで暮らしちゃってる
ただお金もうけになるかっていうと そういう事には興味がなくなっちゃう
かもよ




920 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 03:03:12 ID:sctBm2y+0
>>919
>自分がなぜこの時代を選んで生まれて来たかもわかるし
どうやって分かるの?
>地球の始まりから終わりまでみせられちゃうし
誰に見せられるの?

921 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 09:40:53 ID:GPQ3iOm60
>>879
思考を消すだけじゃ何も変わらない。思考を利用してヴィパッサナー冥想
じゃヴィパッサナー冥想!!!智慧と苦の消滅を追求するなら
ヴィパッサナーじゃ。しかし、智慧に囚われたらいけないのだが・・・。
http://www.j-theravada.net/sakhi/pali_sutta3.html
http://www.j-theravada.net/pali/key-vipassana.html#5
http://www.j-theravada.net/4-vipassa.html
http://www.satisati.jp/
http://www.j-theravada.net/dhamma/oriori9.html
http://www.j-theravada.net/dhamma/oriori10.html

922 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 09:41:25 ID:ytlFMvHdO
>>903
これを「食い物は清い」と解釈する弟子が馬鹿すぎるわ
ここにいる人なら意味がわかるだろ?

923 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 09:47:57 ID:ytlFMvHdO
>>867
鬼和尚さんレスありがとう
パンダマン…でも和尚さんもほんとはエロビとか見たり出たりしてるんでしょ!

>>里中さん
サザンですか。サザンのみんなのうたが好きです。切ないマンガを読んでたときのBGMにしてました。ギャップ好き。

924 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 00:58:36 ID:fVk/oYao0
>>922-923
なんだ?貴方と同意見のレスをいち早くレスしても名無しには挨拶はないんですか?

925 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 01:04:12 ID:rYlI3GYSO
>>924見返り 乙
終わってんな・・・

926 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 04:08:58 ID:vcaXOXb+0
>>925
バーカ、礼儀もないのかって事だ。
お前が乙とか書くのも見返りだろうが?
人が何かして無視するというのが自演のレスでもしているのかという事だ。

妙なマンセイがいて別に大した事無いコテにだけレスを返すところが不自然だってことだ。

話題に対して名無しでやり取りしていたら相手が誰かなんて無関係だろうが。

それを内容を無視して特定の個人だけにレスを返すのは排他的な自演スレか
馴れ合いスレなんだよ、バーカ!


927 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 04:43:45 ID:bIT5DJ3yO
>>924
なんのこと言ってるのかさっぱり分からないんですけど。くわしく

928 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 12:25:06 ID:NhQdYb8lO
よくわからんし気持ち悪い

929 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 12:45:18 ID:5G8SkDGNO
>>926
なんとなく分かる。自演や仲間同士のスレはまともな論議ができない。歪んだ意見や気持ちの押しつけと、みような賞賛。
必然的にまともな人と議論ができなくなりいなくなる。

930 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 13:04:28 ID:+lE88ZfPO
しかしIDありの板で自演やるのは面倒だろう。携帯とPCでやると
いう方法はあるが。そこまでする価値のある議論があるのかというと、
何処にもないような気がするんだが。w

931 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 18:02:57 ID:mDAQGpY50
>>930
IDありで自演やるのが自演の本分だろ。IDなしならば誰でもできる。価値のある議論の為に自演する奴がいるのか?
そんな奴は知らないよ。自演する人間は価値有る議論のためでは無いぞw性格異常者のニートがやるんだ。
オカルト板でも自演暴露で叩かれているレプのスレを見てみろよ。質疑応答が奇麗に繰り返されるスレも自演です。

【変態】性技神官が住所探してます 4【ほと幼女】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1183564560/l50

【幼児霊】ロリ妄想男レプを考察する【犯罪防止】 [心理学]
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/psycho/1182020285/l50

【子供の敵】ロリコンの動向を監視中です [既婚女性]
http://human7.2ch.net/test/read.cgi/ms/1181727527/l50

【罪業】統合失調症の自演スレを晒せ!【穢れ】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1172949630/l50

4人のじじい
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1180968987/l50

【聖書】終末と新時代のリアルタイム36【日月】
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1176829566/l50

★NESARA・フォトンベルト・アセンションスレ19★
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1182005076/l50

その他・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

932 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 19:25:45 ID:GfgpM9rX0
>>924

>>922-923
>なんだ?貴方と同意見のレスをいち早くレスしても名無しには挨拶はないんですか
なんで同意見のレスをした人に挨拶せにゃならんのだ。過去レス見ないでレスするなんてよくあることだろう。
それより、そのその同意見のレスってのが見当たらないのだが。どこにあるのか。
よくみたら>>923は挨拶っていうより過去レスにレスしてるだけでしょww

ほんと意味不明。説明希望。いや他人を罵倒してんだから説明する義務があろう。

933 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 21:49:24 ID:+lE88ZfPO
>>931
まあしかし、実際には自演かどうかはわからないよね。内容から
推測するしかないし。賛成意見が似たような文体で近い時間に書か
れていても同一人物とは限らない。

ま、それを見て自演と思い込む自由がないわけではないが、事実と
一致する保証はない。

934 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 22:35:22 ID:xPpOWWM90
>>933
自演と思い込む自由という言葉が事実を自演で無い事を前提に思い込んだ意見。

935 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 22:39:00 ID:xPpOWWM90
>>866
大体、何で様扱いした書き込みして誰も叩かないんだ?不自然極まりないスレだなw

936 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 22:41:10 ID:xPpOWWM90
叩かれて自演していたレプがヤマオカという対立するコテと自作自演で攻撃しあっていた事実があり
トリップ付けてまで自演に失敗しているケースは幾らでもあるだろうw

937 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 22:46:52 ID:Skw+XQOnO
ど う で も い い

938 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 22:56:20 ID:+lE88ZfPO
>>934
いや単に証明不能だというだけのこと(もちろん自分で失敗していれば
誰が見ても分かるが)。

証明不能な状態なのにどちらかに断定するのは気が早すぎると思うんだが。

939 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 22:57:20 ID:+lE88ZfPO
>>937
まあそうだな。どうでもいい話だ。気にしなけりゃ良いだけ。

940 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 22:58:34 ID:tJswc0gh0
不毛な争いでスレ消化すんな
よそでやれ。
気に食わなかったらスルーしろ

941 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 23:04:02 ID:xPpOWWM90
>>903に対してアンカー振っているのは>>922>>910、つまり、903というレスに
910が先にレスしていて、次に922は903にレスしているのに910の内容は無視して
ぶった切ってそれ以前のコテにレスしている。

普通に903に拘ってレスした人が同じ903に即レスしている内容は言及しない。
そして、無視してんの?と言われて922本人として、別に無視したわけじゃないよ・・・とか
何らかしらの意見なりが出るわけじゃなく、文句を言う奴に文句という形式での書き込みがあるだけ。

自演スレとか馴れ合いスレというのは内容に対する交流じゃなくて、仲間内だけで特定の交流世界が出来上がっている。
レスに対する熱意とかはなくて自作自演で自分にレスしている人か、仲間内でレスしているだけで
他の参加者が書き込みしても話題が反らされて行く。

和尚様とか言って質問している奴がいるけれど、自分が初めから書きたい事を名無しで質問している形式にして書き込む自演じゃないかと
疑う。そういう自作自演スレとか仲間内だけの馴れ合いスレというのは、第三者がマジレスしても
初めからスレの方向性というモノが自演者の鬼和尚とか名無しとか、或いは馴れ合いしている仲間内の意思が決定していて
第三者は何を書いても無視される傾向がある。

左翼のスレに右翼がマジレスしても流されるというように。

特定の思想範疇が決まっていて、創価スレならばその特定の思想と反するマジレスは
無視される。音色が違うという識別でどうでも良いようなコミックの話題でも仲間と認定されていない人間の
レスは無視される。

これが馴れ合いという見方を拡大解釈すれば、特定の時代の特定の民族のある思想形態は馴れ合いの世界であり
悟りという事をテーマにスレが立っているならば、それらの群れを個としての悟りへと向かわせる
過程として群像の打破は菩薩行のテーマだろう。

942 :自演・馴れ合いの群像意志という不自然なレスの連続体:2007/07/13(金) 23:06:34 ID:xPpOWWM90
こういうのが自演または馴れ合いの群像意志という不自然なレスの連続体

937 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 22:46:52 ID:Skw+XQOnO
ど う で も い い


938 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 22:56:20 ID:+lE88ZfPO
>>934
いや単に証明不能だというだけのこと(もちろん自分で失敗していれば
誰が見ても分かるが)。

証明不能な状態なのにどちらかに断定するのは気が早すぎると思うんだが。


939 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 22:57:20 ID:+lE88ZfPO
>>937
まあそうだな。どうでもいい話だ。気にしなけりゃ良いだけ。


940 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 22:58:34 ID:tJswc0gh0
不毛な争いでスレ消化すんな
よそでやれ。
気に食わなかったらスルーしろ


943 :自演・馴れ合いの群像意志という不自然なレスの連続体:2007/07/13(金) 23:15:13 ID:xPpOWWM90
ID:Skw+XQOnO
ID:+lE88ZfPO
ID:tJswc0gh0

短い時間内にその事はどうでも言いという強い意志で寄り集まりレスしあう仲間が
自演で無いならば3人はいる事に成る。
これが仲間で馴れ合っているメンバーならば合点がいく。このスレはあるグループの所有物という事だ。

こうやって蛆虫の様に涌く名無しの携帯二台とPC一台は、仲間でも馴れ合いでも無いならば
現代日本の集合無意識的なカルマの集まりであろう。

悟りというテーマで特定のコテと名無しの占有するスレであり、他者の意見は無視する世界である。
それをスルーすれば良いとか言う時点で無礼である。同じ傾向でスルーを三人が言うのが不自然だ。


944 :自演・馴れ合いの群像意志という不自然なレスの連続体:2007/07/13(金) 23:21:22 ID:xPpOWWM90
悟りの壁を乗り越えてきた人間ならば集合無意識のカルマの集まりが痛いほど見える筈だ。
そう言った見地で書き込みしてもスルーだと短時間に三名が寄り集まる不思議なスレだ。

自分の理解しないものは悪として壁を作り、無視するという方法を三人も短時間で書き込む
連帯勢力は現代社会、人間社会で不正がたちどころにあやふやに隠蔽される勢力と同じ構造で動いている。



945 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 23:23:08 ID:+lE88ZfPO
なんだかなあ。どう信じるかは自由だが、俺は自演はしてないぞ。
それに誰が来ようが名無しやトリップなしなら誰だか判別できない
んだから常連かどうかなんて分からないよ。

946 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 23:26:15 ID:+lE88ZfPO
>>944
たまたまこのスレを見た3人が同じものを見て同じように感じた
だけだと思うがなあ。

947 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/07/13(金) 23:33:32 ID:uJJbNe1dO
こんな過疎スレだったけど、最期に自演・馴れ合いの群像意志という
不自然なレスの連続体 さんが楽しんでくれてるならそれでいいんだよ。
きっと。


948 :922:2007/07/14(土) 00:56:40 ID:2XzJVNq3O
922-923の書き込みした名無しですが(^_^;)

あの〜ひとつ言わせてほしいんですけど、ちょっと自意識過剰じゃないですかね
自分のレスが無視されて怒るなんて…
独自解釈の集合みたいなこのスレじゃ特に…今までも自分はこう思うああ思うのレスの応酬だった部分はあるわけで
それはあながち「誰かの意見を否定する」こと自体ひとつのバイアスでしかないことを本能的に感知してる人たちが
あえて個人の意見に直接的な言及を避けてるのかもしれないと思っていたのだけども
だからこそ菩薩道や鬼和尚などを軸に、いろんな発言があったのかもしれないと今は思う

はっきり言えば>>910にレスしなかったのは、レスしようと思わなかったから。わかった?

949 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 01:15:42 ID:g1/GbvvN0
>>943
ほんじゃ、俺のIDも追加してくれ。あんたのいう内容は全然納得できないよ。
あなたの言ってる事や粘着度に、嫌気が差している人がいっぱいいるという事では?

いじめられてないのに、大騒ぎしてるだけだと感じてしまうなあ。スルーが失礼と言う
感覚が分からない。そのレスは、他の人の心に何も影響を及ぼさなかっただけでしょ。

>>947 楽しんでくれてるならいいんだけど、本気みたいだよ?

950 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 02:37:40 ID:489sZmpmO
>>949
不必要に傷つける発言は控えるべきだと思う。
粘着だとか いっぱいだとか。個人の意見のレスなら他の人の気持ちまで決めつけて いっぱい なんて言わなくいいんじゃないか?

951 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 03:04:14 ID:489sZmpmO
個人的には>>877を見て馴れ合いだったんだなと思ったけどね〜。

952 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 09:07:36 ID:4HQXPdIs0
>>950
そもそも、>>943のレスが不必要だと思わないのか?

953 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 10:37:30 ID:7OIc0kkW0
鬼和尚さん、坐禅をするときの心得を教えてください。

954 :鬼和尚:2007/07/14(土) 20:43:14 ID:2nMxYAA40
久しぶりじゃな。
書きこみ禁止になっておったよ。
何が起きたんじゃ?

>>951 おぬしのことも愛しとるぞ。この寂しん坊め。

>>953 心得は

 焦らず、恐れず、拒まず。と言う所じゃ。

 進歩がないなどと焦ることはない、続けていれば必ず不動心が身に付く。
 それを待つのじゃ。

 座禅中は色々と奇妙な感覚が起こったりするものだが、恐れる必要は無い。
 そのような時こそ一切は縁起によって起こる、空なるものであると観想せよ。

 そして、瞑想の中で何かが起こるのなら、それを拒まずに受け入れるのじゃ。
 自分が変わっていくことを受け入れ、新しい己の誕生を見守るのじゃ。

 今日はこんな所かのう。
  


955 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 21:23:23 ID:+Ap8f3Kq0
>>954
有難うございます。

続けてすみません、
昏沈(今此れに苛まれています)に陥った時はどう対処すればよいでしょうか?
これも我慢して座り続けることによって自然と克服できるのでしょうか?

956 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 02:31:51 ID:NNUVXb6QO
>>252
自画自賛をする自演や馴れ合いの人に激しく嫌な思いをしたことがある。
掲示板は様々な意見や知識、質問や考えがあるのが望ましいと思う。
上記の理由により、自演や徒党を組む輩に対してのレスを不必要だとは思わない。
ただ特定のだれかを指しても納得することもあれば、真偽のほどは解らないと思うこともあるだろう。

957 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 03:04:43 ID:NNUVXb6QO
>>954
・好意を示せば好意を得やすい。
・嫌いだと言うより好きだと言う方が善良で包容力のある人を演出しやすいだろう。よってパッピーかもしれない。

本人のために発せられた言葉を嬉しいと思ったなら、同じだけ哀しくなるだろう。

958 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/07/15(日) 10:06:36 ID:lQ3QvXpJO
>>954
鬼和尚がアク禁だったならギガワロス。
>>949
ふふん。本気という事はだな、ものすごく楽しんでいるという事なのだ!

959 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 12:17:31 ID:HyvOBQXN0
>>958 また恥ずかしい自演をしに来たの?

960 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/07/15(日) 12:24:23 ID:lQ3QvXpJO
>>958ー960
以上、自演でお送りしました(*^_^*)

961 :955:2007/07/15(日) 18:30:55 ID:3VDoITlT0
鬼和尚さんすみません、坐禅の話ですが、
雑念ばかり浮かんで心が落ち着かない場合は
どう対処すればいいんでしょうか?
ひい、ふう、みい・・・と数息観しても、数を数える傍らで雑念が浮かんできます。
というか、最近数を数えるのに飽きて、なあなあに自動的に数えてしまいます・・・
何か他に坐禅のためのよい方便はありませんでしょうか・・・?よろしくお願い致します。

962 :鬼和尚:2007/07/15(日) 21:12:08 ID:9e0RDAjc0
>>955>>961 昏沈に限らず座禅中に何か障害があるのは、姿勢に問題があるのじゃ。
 腰を据えて背筋を伸ばし、上中下の三つの丹田が垂直になっていたら、自然に無念無想になれるものじゃ。
 道元禅師も禅とは只管打座、ただ真っ直ぐに座ることが肝心と言うておる。

 おぬしは数息観は止めずに、時間を短めにして、半分を姿勢の研究に当てるといい。
 足の組み方は、日本人には完全な結跏趺坐はむかないものが多い。
 片足を片腿に乗せる半跏座や、あぐらなどでも背骨が真っ直ぐになるなら良いのじゃ。

 そして、尻を据えて腰は伸ばす。胸を開き、肩の力を抜く。首で頭のバランスを取るようにするのじゃ。
 全体が整ったら、頭のてっぺんから糸が出て吊られているようにイメージして伸び上がり、力を抜いてもとの姿勢に戻るのじゃ。

 下半身の中心の下丹田、上半身の中心のみぞおちにある中丹田、頭の中心にある上丹田が完全に真っ直ぐになっておれば、快が生じ自然に三昧の境地に入るじゃろう。
 自分で座りながら体を少しずつ動かしてみて、頭の中心に快が生じたら、それがおぬしの正しい姿勢なのじゃ。
 そのコツを掴めれば、全ての悩みは消えるじゃろう。
 数息観はそのまま続け、数を数える意識と、雑念の意識両方を同時に認識出来るようにするのじゃ。
 

963 :鬼和尚:2007/07/15(日) 21:14:08 ID:9e0RDAjc0
>>957 激しく反応しておるな。一人じゃないぞ。

>>958 アク禁じゃ。


964 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 21:37:55 ID:3VDoITlT0
>>962
有難うございます。土台がまずいから心もゆらつくんですね。
姿勢の完成・維持を当面の目標と致します。

数を数える意識と、雑念の意識両方を同時に認識・・・
これは意識の左側で数を数え、右側で雑念が働いてるような状態です。
それで嫌になって数息観をやめてしまいます・・・

965 :鬼和尚:2007/07/15(日) 22:09:12 ID:9e0RDAjc0
>>964 それでいいのじゃ。それはおぬしの行が深まり、二重の意識を認識出来るようになった為じゃ。
 そのまま、忍耐強く数息観を続けて行えば、雑念は自然に消えていく。
 その時、深い無念無想の境地が現れるじゃろう。

966 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 22:30:38 ID:MLER6N7vO
雑念をなくそうなくそうと努力しない方が良いかもね。
嫌ってなくそうとしたものはだいたいは居座ったり
大きくなったりするから。

967 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 23:23:42 ID:3VDoITlT0
>>965-966
ありがとうございます。励みます。

968 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 00:53:02 ID:/Jmru4V10
>>962
横から失礼します。
武道してるので姿勢を整えると雑念が減って、
無視してれば捕らわれなくなると言うのは分かるのですが、
「快」とはなんでしょうか? いまいちどういう感覚なのか分かりません。

969 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 04:04:45 ID:AMIPTHYU0
悟りって思うに結局個人的な思想ですよね。
中道でもいいし、両道でもいい、無道でもOK。行きたい道を行きなよって感じですよね。

970 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 19:13:34 ID:x1QsWFrRO
思想? なのか?

971 :鬼和尚:2007/07/16(月) 20:00:16 ID:lsOmDyBy0
>>967 うむ、頑張るのじゃ。わしがついておるぞ。

>>968 快とは丹田が真っ直ぐに揃った時に、上丹田より生じるこころよい感覚じゃ。
 それは例えば、良い景色などを見た時の感激にも似ておる。
 背骨を伸ばし、上下の丹田が完全に重なれば、体の中心を気が自然に上昇し、上丹田に達する。
 すると背中に電気が走ったように感じ、全身に心地よさが広がる。
 鳥肌が立ち、髪の毛が逆立つような者もおる。

 この感覚と快を得るための上中下の丹田の統一は、言葉で伝えるのは難しい。
 身体の微妙な感覚であり、それを真に身に付けるには、自ら研究する他は無い物じゃ。
  初心の者は取り合えず背中を真っ直ぐにして、頭の中心と下丹田にゴルフボールくらいのボールがあり、それを上から垂直に合わせるようにイメージするのじゃ。
 ボールが重なれば自然に快が生じる故に、そこが正しい姿勢の位置であると判るであろう。

>>969>>970 悟りとは認識の転換じゃ。阿頼耶識を解消し、真の認識に転換することじゃ。

972 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 13:10:27 ID:2d2uAf+zO
数息方は瞑想の一つですか?

973 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 13:19:21 ID:7r+WSj6X0
鬼和尚さんの食生活に興味があるのですが、大体どんな感じですか?
朝は食べますか?

974 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 19:32:32 ID:Q2C9f1F7O
  ノ
 ('A`) シランガナ
 ( (ゝ
 <ωヽ

975 :ちん☆ぽん:2007/07/17(火) 19:58:05 ID:+6+t1/mz0
鬼和尚さん、ここに来て新潟の人たちの為に祈ってくれ
あなたの力が必要だ
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1184620904/l50#tag28

976 :鬼和尚:2007/07/17(火) 20:23:44 ID:yQtwRqE80
>>972 数息は正式に座してやれば瞑想になり、横になってやれば睡眠薬代わりになる。全てはおぬし次第じゃ。

>>973 朝は食べないだけで普通じゃ。刺身などの生臭は食わない、嫌いなだけじゃ。

>>974 そうじゃ。

>>975 よし、今からいくのじゃ。

977 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 21:17:32 ID:JuyiFxOi0
唐突ですが鬼和尚さん、アセンションという動きに何か思うことはありますか?

978 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 22:28:59 ID:7r+WSj6X0
すみません、坐禅の際、何か一点に意識を集中するのがいいんでしょうか?
それとも他の気になること(例えば痺れ)が生じたときそちらに意識を向けて
観察対象を変えても良いのでしょうか?

979 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 22:30:17 ID:7r+WSj6X0
>>976
レスどうもです

980 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 23:14:40 ID:Q2C9f1F7O
  ノ
 ('A`) 無智亦無得以
 ( (ゝ
 <ωヽ

981 :ちん☆ぽん:2007/07/18(水) 01:04:28 ID:T5HhGMil0
>>976
鬼和尚さんどうもありがとうございました。
数息感ワタシもやってるんですが、確かに寝る前にやると睡眠薬代わりになり
ますよね。羊を数えるより全然よく眠れる。
ワタシの場合結跏趺坐で数息感をやると疲れがとれて眠気が無くなってしまう
ので寝る前にもよくやっています。

982 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 01:44:23 ID:Q9ClgfnJ0
>>981
眠気がとれてしまうのに、寝る前にやるとは是いかに


983 :ちん☆ぽん:2007/07/18(水) 02:45:48 ID:T5HhGMil0
>>981
すみません言葉が全然足りませんでした。
結跏趺坐で数息観をやって眠気がとれてしまうので、その後に横になって
数息観をやってるんですよ。


984 :968:2007/07/18(水) 02:51:50 ID:6wnD/sM20
>>971
ありがとうございます。
身体操作の関係上どうも私は体を動かしながら姿勢を整える事が中心だったので、
静かに座ってイメージを用いることはしてませんでした。
これからは毎日少しは時間を見つけて静かに座って見ることにします。

985 :鬼和尚:2007/07/18(水) 20:42:05 ID:EVo5mbdo0
>>977 それが人々の役に立つなら発展し、一部の者の金儲けでしかないのなら消えていくじゃろう。

>>978 心を止める止の行なら、一つに集中し続ける。
 心を見る観察の観の行なら、その感覚によって引き起こされた心の動きを観るのじゃ。

>>980 そうじゃ。

>>981 どういたしまして。数息観は健康にも良いと言う。毎日五分でもいいから続けてみなさい。

>>984 体の中心が判れば、心も制御しやすい。頑張りなさい。

986 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 21:38:28 ID:RZ1DAbdO0
>>977
なるほど。あなたはどちらも把握しておられるみたいですね。
実にきわどいところです。
ご返答感謝します。

987 :鬼和尚:2007/07/18(水) 22:00:11 ID:3dsh9PD80
残念ながら拉致被害者は既に死んでおる。
殺されたのもおるし餓死したのもおるが、実質的には全員が虐殺されたとみてよいじゃろう。
若い女性は性のおもちゃにされてさんざんもて遊ばれたんじゃ。かわいそうに。

988 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 22:19:29 ID:AgX1hqsIO
  ノ
 ('A`) SAY
 ( (ゝ SO-JA!
 <ωヽ

989 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 23:49:56 ID:TnDY1PdcO
あれ? IDが違ってる。

990 :偽和尚 ◆qH7QdQmFhM :2007/07/19(木) 00:47:08 ID:iT+IZeqi0
鬼和尚もトリップつけたら? 偽者が出てきたようだし。
俺も偽者だけど。w


991 :鬼和尚:2007/07/19(木) 02:00:09 ID:xFdC1QOL0
>>987
こらこら成りすましはいかんぞい
しかし拉致被害者は気の毒じゃった
江原某や三輪某など偽者霊能者には決して聞いてはいかん質問じゃのう

992 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 02:09:27 ID:JV8MFER7O
>>991
こらこら
  ノ
 ('A`) 何様?
 ( (ゝ
 <ωヽ

993 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 02:09:55 ID:+1+og+BG0
これこれ、騙りはいかんぞい。
鬼和尚は、こんな時間には起きてないはずじゃよ。

994 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 11:28:44 ID:4/jWY67nO
偽者大量発生

夏だねえ。

995 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 11:34:59 ID:4/jWY67nO
そういやスレが終わりそうだ。誰かスレ立てて〜。
俺は今は携帯からだから面倒だから立てない。

次スレはスレタイとか変えた方が良さそうな感じするが、その辺は立てる人に任せる。

996 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 11:41:57 ID:vOo9HsLn0
次スレ

悟りを開いた人のスレ
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1184812854/


997 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 19:00:35 ID:+1+og+BG0
>>996 乙です!

998 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 20:08:57 ID:ABSHvrud0
^


999 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 20:09:31 ID:ABSHvrud0
^


1000 :小倉優子 ◆en0rG2J.f6 :2007/07/19(木) 20:10:02 ID:ABSHvrud0
1000ならジュースでも飲むか

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

366 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)