5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part34∧∧

1 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 13:29:58 ID:uQD8Q3de0
いつの時代もそこにある異界、山。
知られざる深山、身近な里山、神社仏閣の「お山」、あるいは昔山や丘だった場所…
山にまつわる怪談・奇談をマターリ語っていきましょう。

前スレ
∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part31∧∧
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1164769091/

有志まとめサイト(”管理”人 ◆5TH.rvJzlM 様)
http://yamakowa.fc2web.com/frame.html
山怖まとめサイト2(Part19〜)
ttp://hp.kutikomi.net/yamakowa/
携帯用
http://mblst.jp/~yamakowa/
前スレ
∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part32∧∧
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1170588039/
∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part33∧∧
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1175434477/

2 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 13:42:09 ID:4BOaS0Ds0
ふは。


3 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 17:12:00 ID:mWjo5i1z0
3get!

4 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 20:39:54 ID:FvTLYUzV0
4だったら四様復活!

そして1乙!

5 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 20:49:29 ID:cwXIP/dQ0
>>5
1乙

6 :本当にあった怖い名無し:2007/05/29(火) 21:07:49 ID:IFo/qAR+0
>>1
1乙


7 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 02:58:02 ID:6iu8+x3Z0
otu

8 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 09:18:46 ID:4pZzzyeB0


9 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 10:51:31 ID:cLHfvsxA0
山に

10 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 10:54:00 ID:Gf/gwqup0
10get

11 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 12:30:35 ID:Q97HaOLE0
長文ですまん

自分が小学校に上がるか上がらないかという頃、母親が事故で死んでしまった
残された父親は今まで家事一つこなしたことがないような前時代的な人間
当然父一人子一人の生活が上手く回っていくわけがない
しかし母親には親兄弟もなく、父親の両親も既に他界 兄弟は子沢山ということで
自分は父方の親戚の家にしばらく預けられることになった

その親戚の家はまさにド田舎 隣の家まで数十メートルはあり、見渡す限りの緑緑緑
煙草か何かの畑があって なかなか大きな屋敷だった
住人は中年と老人の間のような夫婦だけで、初対面の時の肌の浅黒さと手のふしくれをよく覚えている
子どもが皆独立してしまった夫婦は自分をとても可愛がってくれたが
大して懐くわけでもない、笑顔をふりまくわけでもない子どもに随分親切にしてくれたと思う

しかし自分は意味もわからず、ただ毎日死にたい死にたいとばかり考えていた

12 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 12:31:37 ID:Q97HaOLE0
その家の中庭には小さな社があって、おばさんは毎日お米を供えていた
それは裏の山にある神社か何かと同じ神様だと教えて貰った覚えもあるが
自分はその社の前で日がな一日うずくまって死にたいとばかり考えていた
だからバチが当たったのではないかと今にして思う

ある日、二人が畑仕事に出ている間 何を思ったか唐突に外に出たくなった
自分でも理由はわからない、ただこの家からさっさと出て遠くに行ってしまいたくなった
昔の自分にとって遠くに行くとは死ぬというような感覚であったから
遠くに行きたいという思いはいつもと同じだったが
どうしてもこの家から早く出たくてたまらなくなった 今まではそんな気力もなかったのに
むしろ遠く、ではなく 絶対に 消えたくなった

13 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 12:50:44 ID:Q97HaOLE0
気が付けば、どこか林道を歩いていた
着の身着のままの格好で、足元は母親が買ってくれた運動靴
その日はカラッと晴れた夏の日だった筈なのに、そこは白く湿っていた
ずっと自分が砂利を踏む音しかしなかった
いきなり水の音がした
道が無くなって川が流れていた
大きな石がゴロゴロあって、深緑と青が混じったみたいな山の川だった
向こう岸の色は黒かった
そこで初めてどうしよう、と思い 川べりに近づいて下を見てみた
その時見た運動靴は真っ白だった その白さが脳裏に焼きついている
どうにかして渡れないないかと川を見渡したが橋はない
仕方なく浅瀬を歩いて石から石へと飛び移ってみた
もうこれ以上は動けない、という所まできて川の色が変わっていることに気が付いた
向こう岸から川の色が薄くなっていた 自分の両手を広げたくらいの幅で
それは水の下に白い布が揺れているようだった
何と言うか、染物の布を川の中で流しているような雰囲気
それがどんどんこちらに近づいてきて、急に怖くて怖くてたまらなくなって
慌てて来た浅瀬を飛び戻った

途中で転んで水浸しになったり 擦りむけた膝が痛かったけれど
何故か必死にごめんなさいごめんなさいごめんなさいお母さんと謝り続けた

14 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 12:51:54 ID:Q97HaOLE0
また元の林道に戻った時 酷く疲れて立っていられなくなり 膝を抱えて座り込んだ
濡れた運動靴は何故か汚れておらず 泣きながら誰か迎えに来てくれるのを待った
いつの間にか眠ってしまったのか 揺り起こされて目が覚めた
おじさんが目の前にしゃがみ込んでいた
自分は家の玄関の前にいた
服も濡れていない 怪我もしていない
運動靴は砂埃で薄茶色に汚れていた

裏の山に大きな川は無かった

15 :本当にあった怖い名無し:2007/05/30(水) 22:32:55 ID:4RyQPh3AO
>>1

16 :sage:2007/05/31(木) 00:00:19 ID:GmsVK6O90
ある早朝、見晴らしの良い峠道を走っていると、カーブの先から対向車が向かってくるのが見えた。
道幅が狭いので待避所で待っていると、近付いて来る軽の運転席に人の姿が無い。
目を疑って振り返ると、その軽は次のカーブのガードレールを乗り越え、崖の向こうへ消えた。
慌てて車を降りて駆け寄っても、壊れたガードレールの向こうには車の痕跡も見当たらなかったという。


17 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 00:06:34 ID:1o27wnaw0
よ・・・四様キタ―――――――!

18 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 01:04:45 ID:gxxy/h9+O
生きてて良かった…泣

19 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 19:49:21 ID:gvt7putG0
長生きはするもんじゃのう・・・♪

20 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 20:00:43 ID:dQd9ORtH0
>>16
お久しぶりでございます

21 :本当にあった怖い名無し:2007/05/31(木) 22:55:38 ID:WEBcelKX0
>>16=>>17
いつものジエン様もキタ―――――――!

22 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 06:06:02 ID:5vYStX6oO
ホントに四様なのか?なぜ素人みたく名前欄にsageが…

23 :本当にあった怖い名無し:2007/06/01(金) 12:52:13 ID:tm5B7A5m0
にせだろw

24 :本当にあった怖い名無し:2007/06/02(土) 12:11:04 ID:UQ3ZCUcr0
463 名前:名無しさん@八周年[] 投稿日:2007/06/02(土) 12:09:32 ID:XEZM8S9l0
ネコの首なし死体見つかる 埼玉・川越
http://www.asahi.com/national/update/0602/TKY200706020094.html


25 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 10:32:29 ID:/gLOhz4g0
彼女の実家は山奥深い村だ。
今は廃村となってしまったが、そこで奇妙な物を幾度となく見たという。

友達と二人で遊んでいた時のこと。
村外れの山麓だったのだが、後ろの藪をガサガサと揺らして何か出てきた。
茶色い毛並みの兎だった。しかし何かがおかしい。
兎なのに、二本足で与太つきながら歩いている。
口元からは血が滴っており、赤く染まった前歯が覗いていた。
何よりも怖かったのはその目だった。完全に据わっている。兎の目ではなかった。

兎は値踏みするように彼女らを見ていたが、すぐにこちらに向かってきた。
悲鳴を上げて逃げ出したが、村の近くまで追いかけられたという。
行き会った大人に泣きついたのだが、事情がわかった途端に村中大騒ぎになった。
「外道さんが出た」大人たちは口々にそう言って駆け回っている。
彼女たちはしつこく「噛まれなかったか?」と問い質された。
兎一匹のために山狩りまでおこなわれたようだが、結局見つからなかったらしい。

教えてもらったところでは、その山奥には外道さんという物の怪がいるそうだ。
外道さんは山の生き物に取り憑く。
憑かれた物は肉を喰らうようになり、間もなく血塗れになって死ぬ。
外道さんに噛まれると、噛まれた者もまた外道さんに成ってしまうのだと。
そのためか、二人はしばらく隔離されて様子を調べられた。

彼女が言うには、兎も確かに怖かったが、それよりも村中の子供たちから「外道」
と呼ばれて虐められたことが、子供心に何より堪えたのだそうだ。


26 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 10:49:47 ID:cRPGnp+Y0
ttp://yamakowa.fc2web.com/body1398.html
まとめからコピペして楽しい?

27 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 11:13:05 ID:+85NnEF50
でさぁ、兎って美味いの?

28 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 11:20:39 ID:GawQBkMt0
フランス人がうまいうまいって言って食ってるよ

29 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 11:33:07 ID:yP8vn1+q0
>>27
日本人も
「ウサギの肉の印象は、鶏肉に似ているけどしっとりしていて食べやすい。
味の深みも鶏肉よりも強いように思えました。
しかしこれ、鶏にもブロイラーや地鶏があるように、どんな飼育をされたウサギか
にもよるのでしょうね。

一日置くとさらに味がなじみ、美味しくなります。カレーと同じですね。
煮る時に好みで、トマトのざく切り一個分を加えてもいいそうです。
とにかく、よーく炒めるのが、古典的フランス料理のコツだそうですよ。」
2006年07月04日
ttp://blog.livedoor.jp/claudemonet/archives/cat_93552.html

30 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 11:34:00 ID:hFqXB0xbO
ウサギうまい。
イノシシうまい。

キツネまずい。
狸まずいけど食えなくはない。
クマまずい。

31 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 11:34:56 ID:48kNZaBo0
仔ウサギや仔牛や仔羊と書かれると
メニューでよく見る字面だから美味そうに感じるよね

32 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 12:00:47 ID:E19xCLxl0
俺は逆に仔ってついてるとかわいそうで食えなくなる
単純にウサギだのなんちゃら牛のほうがいい
今日昼にさ、賞味期限が三日ほど過ぎたヨーグルト食べたんですよ。
上にチョコのシリアルかけて食べる奴でね、あかるん超好きなのよ!
三日ってやや不安だったんだけど美味しかったので無問題だと片づけ、
そのまま忘却の彼方にサヨウナラ!
ほんでさっきお風呂から出て、勢いよくカルピスをぐびぐび飲んでたの。
「うんまーいカルピス久しぶりー☆」カルピスって美味しいなぁって、
飲み終わってから気づいたんだけど、賞味期限が三ヶ月前に切れてた(つω`。)。
なんで気づかないの?味覚平気か!
そのカルピス半年以上前に買ってしまったまま忘れちゃって、
ほんで発掘して捨てようと思って出してたやつだったみたい(つω`。)。
プラス思考で、「もしかしたらこれでお腹壊して痩せるかナ☆」
とか思ったけど、お腹は今は超通常通り……。
あかるんてば昔は病弱な少女だったはずなのに、いつのまにか超丈夫になっててビビる!
あかるんカロリーというカロリーをすべて吸収して肥大化してるどー☆
強そうだどー☆
とりあえず明日のお腹が大丈夫でありますように祈りつつ寝るよ〜
みんなも賞味期限は気をつけてネ!
http://yaplog.jp/benijake148/archive/5543

33 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 14:16:51 ID:W+61x0PP0
>>26
いちいちまとめなんか読まないし。
コピペは助かるんだけど。

34 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 14:22:11 ID:E19xCLxl0
それだとスレ読むのも面倒でしょう

35 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 15:26:28 ID:5u8v0VMV0
兎は昔、獣肉をタブーとされてた村の人々が食べてたくらいだからな。
おいしいだろうさ。「一羽、二羽・・」てな数え方はその名残。

36 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 16:24:31 ID:39nvI6GN0
>>25
それきっと狂犬病だね

37 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 17:53:52 ID:IDdhSZT50
>>27
ウサギ美味し かの山

なんて歌もあるくらいだしな

38 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 19:04:01 ID:j1OJ+vnp0
父親の実家が山に囲まれたとこにある。
バンガローが近くにあって、そこでよく従兄弟と遊んでた。
遊具でお気に入りだったのが、木を組み上げて作ったジャングルジムっぽいやつ。
その一番上から、小さい池の上を通って地面まで綱渡りができるんだけど、
綱が上下一本ずつだったのね。
調子こいて渡りはじめたのはいいけど、池の真ん中辺りで
バランス崩して一回転。逆さまにぶら下がっちゃった。
綱が足に絡んで、自分の体重もあるしなかなか抜け出せない。
どうしようって思ってたら、ふっと足が抜けて、上手に池の真ん中に着地。
そしたらすげー笑い声が聞こえんのよ。

「わはははははははは!!!!」

って。
大人が見てたんなら助けてくれよ!って従兄弟とキョロキョロしたけど、誰もいない。
首を傾げつつも、ビックリしたね、もうあれで遊ぶのやめようね、
つーか格好悪いから誰にも言うなよコノヤローみたいな会話して帰った。

それから数年後。
従兄弟勢ぞろいでトランプやったり花札やったりしてたら、あの「綱渡りで逆さづり」を思い出した。
恥ずかしさも薄れてたんで、皆に披露。
程よく笑いも取れたところでまた聞こえた。
あの、わはははははは!って笑い声。
笑い過ぎ、つか、この辺の人って物静かな人たちばかり。
あんな爆裂な笑い方の人、居たっけ…?
しかもあんなでかい笑い声だったのに、気がついたのは自分ともう一人。
逆さづりの時に、傍に居た従兄弟だけ。
他の従兄弟たちは、そんな笑い声聞いてないって言うし。

父親に言ってみたら、「天狗じゃねえの?」だって。
調子コキの間抜けなガキ見て、思わず笑っちゃったんだろうな。

39 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 19:09:46 ID:48kNZaBo0
天狗は笑いのツボ浅いなwww

40 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 20:01:58 ID:p15U3v4f0
            , ;,勹
           ノノ   `'ミ
          / y ,,,,,  ,,, ミ
         / 彡 `゚   ゚' l
         〃 彡  "二二つ
         |  彡   ~~~~ミ      あんまりにもぶざまだったもんでつい、な
     ,-‐― |ll  川| ll || ll|ミ―-、
   /     |ll        |   ヽ
  /       z W`丶ノW     ヽ
 /        \\   / /      |
/    天      \`i / /  狗   |
             | | i |       !

41 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 23:20:06 ID:HMluJuHZ0
「結界」 コピペ 既出ならスマソ

うちのじいちゃんは土地持ちで、畑や田んぼや山を持っています。
じいちゃんは関東T県のT市と言うところに住んでいて、そのT市はものすごいど田舎でじいちゃん家の周りは180°田んぼでした。
私の父が長男なので私たち一家はじいちゃん家に行くことが多く、私なんかはじいちゃんの山を小さい頃からよく登ってました。
じいちゃんの山は買った山が一つと、じいちゃんの二代前から持っている山の二つで、私がよく登ったのはじいちゃんが買った方の小さめな山でした。
ここまでが前置きで、話は私が小学校中学年か高学年の時のことです。
長年同じ山ばかりで遊んでいた私は別の遊び場を欲しがっていました。
一緒に山に遊びに行ってた一つ上の姉も同じ様に思っていたらしく、私たち二人はじいちゃんのもう一つの山に遊びに行きたいと思っていました。
前に麓から見たことがあり、買った方の山の二倍くらいの大きさで木々も鬱蒼としており探検にはもってこいだと言うことで、じいちゃんや父親から危ないから行くなと言われていたのをきかずにある日姉と山まで向かい、探検を始めました。
その山は昼間なのに木々の影で薄暗く感じて、気味悪いながらも冒険心をくすぐり奥へ奥へと足を運ばせます。
迷わない目印に姉がチョークで木に一本線を書いていたのを覚えています。
山を4分の1ほど登った頃でした、姉が前方を指差し「家を発見!」息切れた声で軽快に言いました。
怖い話なんかが姉妹で好きだったので、ボロボロの空き倉庫や古トンネルなどに肝試しに良く行く私たちには恰好の肝試しスポットを見つけた喜びが走りました。
「入ってみようよ」
「鍵かかってないといいね」
私たちはそんなことを話しながら早足にその家に向かいました。
その途中、私は木と木の間(木の上の方)に縄のようなものがかかっていて、何本かと繋がっているのを見つけましたが気にせずに姉の後ろを小走りでついていきました。
その家の周り4・5メートルには木が無く、そのかわり背の高い草が生えていました。
草を掻き分け家を目の前にすると、遠くで見たときと比べ異様に威圧感というか重圧感というか、そんな感じの雰囲気がありました。
姉は感じないのか、ずんずんと進んでいって、ドアとおぼしきところでガタガタとし始めました。


42 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 23:21:21 ID:HMluJuHZ0
>>41つづき
「だめだ、鍵閉まってるや」
姉はそう言ってため息を漏らしました。私はその時、内心「良かった」と思い、安堵のため息。
「窓とかないかな?」
姉はそう言うとまたずんずん別の方へ回り込んで行きます。
私は独りになるのが嫌で姉を追いかけようとしたときでした。
背の高い草の隙間に黒い、人の頭のようなものがゆっくりと移動しているのが目に入りました。
………!
私は立ち尽くしてその移動する頭を凝視していました。そうしてる間に、姉が回り込んでいった私のいる側とは反対の家の陰の方へゆっくりと移動していきます。
私は姉に危機が迫っているのを全身で感じ、勇気を振り絞って、その移動するモノとは逆回りに姉のいる方へ回ろうとしました。
すると、
「いや〜、やっぱそううまくは鍵あいてなかったよ」
私は何も言わず、姉の腕をつかみ走り出しました。振り向かないで走って、縄のかかった木をくぐり抜けてまだ走りました。
その時、戸惑いながら後ろを振り向いた姉が悲鳴を上げる。
姉の悲鳴に私も思わず後ろを振り向いてしまいました。
さっきの移動するモノが、まだゆっくりと家の周りを回るように草のなかを移動している…。
草の薄いところをそのモノが通ったとき、私も悲鳴をあげました。
異常な程に髪の毛が長く多く、髪の裾から子供の脚のようなものが出ている化け物じみた、前にアダムスファミリーで見た髪の毛のおばけみたいなのが見えたんです。
私たちは発狂せんばかりの心持ちで逃げました。チョークの目印を辿り、息を切らせて、麓まで降りました。
下りとは言えあの距離を全速力で走ってこれるなんて、火事場のバカ力とはこのことだと思います。
その後家に逃げ帰り、父親に泣いて事情を説明すると、父親は真剣な顔で話し始めました。
「お父さんも、その家の近くまで行ったことがある。なんでか木に縄がかけてあって、家の周りを円状に囲んでて、怖くてお父さんはそれ以上家に近づけなかった。」
私は話を聞いてますます震えました。縄がかけられているのは結界で、あの髪の毛おばけは、あの結界から抜け出したくて草の中をぐるぐるとまわっていたのかもしれません…。
じいちゃんが亡くなった後、その山は手放してしまいましたがまだじいちゃん家から20分くらいで歩いていける距離にあります。怖い…。

43 :本当にあった怖い名無し:2007/06/03(日) 23:30:31 ID:C9C42AEOO
>>42
こえぇえええwなんか久しぶりに面白い話し聞いたわ

44 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 00:12:45 ID:KCJG9gOzO
>>35坊主じゃなかったっけ?
鳥の肉だけは食ってもよかったから、兎の耳を羽といいはり
鳥の仲間だから兎も食べてたって話でしょ?


45 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 10:00:36 ID:OwveggXHO
>>32
青木のあ乙

山に(・∀・)カエレ!

46 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 11:57:31 ID:Z8SYqtMe0
>37
ワロタ

47 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 12:09:59 ID:l5h9L7cG0
以前あった山のふたりみたいな話だったんでコピペ
268 :本当にあった怖い名無し :2005/09/12(月) 20:08:16 ID:ZZ5y1EZl0
24年前の話ですが、私の一家と親戚の一家で長野県の山に行きました。

当時10歳の私と2つ年上の従兄弟は、「探検に行こう」と、親の目を盗み
宿泊先の民宿から2人で抜け出しました。
山道を進み渓流で遊んでいましたが、時計を見るともう18時です。
民宿を出てから、いつの間にか6時間も過ぎていました。
「もう帰ろう。」と、歩き始めたのですが帰り道がよく分からなくなり、
更に適当に進んだ為、完全に迷ってしまいました。

辺りは真っ暗になり、時計を見ると21時を回っていました。
歩くのも止め岩場に座り大泣きしていると目の前に2人の男が現れました。
長い髪を後ろで結い、髭を生やした男は何か話し掛けて来ましたが、
その見慣れぬ風貌に完全に引いてしまい、更に大泣きする私達を見て、
男は困った顔をして、私達を残し何処かに行きました。

48 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 12:10:44 ID:l5h9L7cG0
269 :本当にあった怖い名無し :2005/09/12(月) 20:09:53 ID:ZZ5y1EZl0
暫くすると女が1人でやって来て、「大丈夫だから。」と、私の頭を撫でてくれました。
言葉はなまりが強く聞き取り辛かったけど、何とか理解できました。

その優しい笑顔に安心し、女に連れられて彼等のテントの様な所に行きました。
さっきの男と私達より少し年上の少女がテントの前で焚き火をしています。
男が笑顔で、「食べろ。」と、五平餅の様な物をくれたり優しい人達でした。
その夜はテントに泊まり、翌朝に民宿近くの山道まで送ってもらいました。

民宿に帰ると地元の人や警察まで出動する騒ぎで、こっ酷く叱られました。
山での出来事を話しましたが、「夢でも見たんだろ。」で、片付けられました。

あの人達は一体何者だったのか、今でも時々思い出します。















49 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 13:17:35 ID:53hqvgIr0
( ;∀;) カンドーシタ

50 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 13:37:03 ID:JIl4QdQHO
>42
私もT県です。
T市がTCG市なら近くなので、できれば場所を教えて下さい。

51 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 14:12:22 ID:QJLDDhpe0
>>50
コピペって・・・

52 :お耳拝借 ◆PfeBATiceI :2007/06/04(月) 16:33:45 ID:EQ+cGMXG0
今から15年ほど前の秋のことですから古い話です。
当時某大学でワンゲル部の部長だった私は、活動の一環として、弟子屈町から釧路湿原を横断して釧路市へ至る
約100キロを歩く計画を立てました。メンバーはリーダーの私を含めて3名。一年下のN君と2年下のOさん(女性)。宿泊はテント泊とし、
食料は適宜現地で調達としました。
このころは、このような活動が盛んで、ひたすら北海道の広い大地を大荷物を背負って歩いたものです。

それは歩き出してから二日目の出来事です。
弟子屈から順調に南下し、その日は、釧路湿原の中を通る細い砂利道を一日中歩いていました。
このルートは途中にほとんど人家が無く、たまに家を見つけてもすべて廃屋のような状況でした。当然車もほとんど通りません。
やがて、道は深い樹林帯に入り、日没が近づいてきました。適当な空き地を見つけて幕営する予定だったのですが、なかなか適した空き
地がありません。森はますますうっそうとしてきて、周囲も暗くなってきました。
まさか道路上に幕営する訳にもいかず、リーダーとして進退窮まったところで、道の脇に、高台へ通じる石段を見つけました。石段はかなり古く、
すっかり草に覆われていましたが、石段がある以上高台の上になにかがあるはずだと判断して、登ってみました。

つづく

53 :お耳拝借 ◆PfeBATiceI :2007/06/04(月) 16:34:30 ID:EQ+cGMXG0
覆い被さる小枝を避けながら上り詰めてみると、そこにはのびきった雑草に囲まれて、朽ちかけて傾いた古い祠が建っていました。
神社かと思いましたが鳥居がありません。そばの太い丸太杭にかなり大きな筆文字で「畜生魂」とだけ書かれていました。
かなり異様な雰囲気でしたが、すでに日没を迎えあたりはすっかり暗くなっていたので、祠の前の小さな境内を幕営地とし、草を踏みならし
てテント設営を行いました。
その日はまったく風が無くて、周囲は静まりかえり、当然照明も無いので、私たちは深い闇に囲まれていました。
テントを張り終わり、食事の準備を始めたのですが、部員達がいつもより無口なのが気になりました。おそらく、皆疲労が溜まって気持ちが沈ん
でいるのだろうと思い、私は努めて快活に部員へ話しかけていました。
その時です!
「ドンドンドンドン」
と、不意に不気味な音がすぐ近く、祠の方向から鳴り響きました。かなり大きな音で、太鼓を連打する音のように聞こえました。
私たちはびっくりし、動作が凍り付きました。皆目を見開いてお互いを見つめています。
N君がやっと口を開きました。
部員(N君):「部長聞こえましたか?」
私:「うん、聞こえた」
部員(N君):「そこの祠から太鼓の音が聞こえましたよ・・・」声が震えています。

私は心霊現象はまったく信じず、今までそのたぐいの現象に出会ったこともありませんでした。ですから、このときも比較的冷静でした。
まず、部員を落ち着かせて、音の原因を探ることにしました。最初に誰かのいたずらかと思い、「おい!そこに誰か居るのか?」と祠やその周
辺の闇に向かって叫んでみました。しかし、何の反応もありません。

つづく

54 :お耳拝借 ◆PfeBATiceI :2007/06/04(月) 16:35:01 ID:EQ+cGMXG0
次に祠に誰かが隠れているのかと思い、キャップライトを装着して祠を調べてみました。入り口は開かず、格子から中を窺ってみましたが、中は
荒れ果てたがらんどうで、人も太鼓も見あたりませんでした。
祠の周囲を、草をかき分けながら一周してみましたが、やはり人の気配も痕跡もまったくありません。
何かの加減で祠が揺れて、木材が何かに当たった音かとも思い、三人で祠を押して揺らしてみましたが、かすかにきしみ音が聞こえただけでした。
原因が分からなくなったとたんに、急に背筋に寒いものが降りてきます。

テントの前まで戻った私たちは車座になり、顔をつき合わせました。
私:「おい!なんかやばいな!」
部員:「やばいっすよ!」
私:「逃げるか!」
部員:「逃げましょう!」
全員一致でこの場から脱出することになり、直ちに広げた食器をザックにたたき込み、張ったテントはそのまま三人の頭の上に持ち上げて、駆け足でス
タコラ逃げ出しました。
途中で後ろを振り返ると、なんだか嫌なものが見えそうな気がして、まっすぐ前を見ながら一心不乱に走りました。ほかの部員も同じ気持ちだったらしく
、なにもしゃべらず同じように走っています。
真っ暗な砂利道を、どれほど走ったでしょうか?しばらくすると、小さな町並みが見えてきました。町はずれの小学校の校庭に荷物を下ろし、私たちはや
っと一息つけました。
ここなら、人家も見えて安心できそうです。
私たちは興奮して、音の正体を討議しましたが、まったく正体不明のものであるとしか言えませんでした。
生まれてはじめて体験する、実に不思議な出来事でした。
N君は真剣な顔で言いました。
「部長、このことは3人の間でずっと秘密にしましょう。そうしないと、こういう事は祟ると聞いたことがあります!」
「うん、そうだな・・・」

つづく

55 :お耳拝借 ◆PfeBATiceI :2007/06/04(月) 16:35:32 ID:EQ+cGMXG0
もちろん、私はこんなおもしろいことを胸に秘めていられないたちですので、N君には内緒で皆に吹聴して回りました。祟れるとしたら、こんなに
罰当たりな私でしょう。N君安心してください。
幸い、今のところ私は祟られてはいないようです・・が、神秘否定主義の私の中で何かが変わりました。
夕張のお化け病院で戯け、人柱トンネルに潜み、旭川周辺のあらゆる心霊スポットをあざ笑うかのように蹂躙しまくっていた私は、すこし行動を慎むようになりました。
特に今もあの場所、畜生魂と書かれた杭のある場所の近くへは行く気がしません。たぶん、一生近づかないでしょう。

説明のつかない怪音といえば、富良野のラベンダーで有名な冨田ファーム代表の冨田さんの話を思い出します。
過去にラベンダーの栽培がうまく行かなくて、泣く泣く冨田さんがラベンダーをトラクターで押し潰そうとしたところ、3〜4メートル進んだところで、「ギャーッ
!」という悲鳴が、たしかにトラクターの下から上がったそうです。
急いでエンジンを止めて調べたけど、とうとう原因が分からず、すっかり動揺した冨田さんは、それ以上ラベンダーを潰すことができずに心機一転がんばっ
た結果、今の成功につながったと語っていました。不思議な話です。

終わり。

56 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 16:44:19 ID:ufykWaiqO
マジレスするが釧路湿原って勝手に入ってよかったっけ?
許可取った系かな?
アフリカの密猟者とかじゃないけど、レンジャーみたいな人に捕まるんじゃないか?
そういう見回りの人に聞いたらなんかわかるかもね。

57 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 16:52:47 ID:ufykWaiqO
北海道の足寄の喜登志山についていわくや出来事知ってる人いる?
営林署の人が何があっても絶対入りたくない小屋があるってのは聞いたが、詳しい話は知らないんだ。
道東は心霊スポット多いし。漢字間違ってたらごめん。

58 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 16:54:45 ID:HPgiskvu0
やくざが死体沈める底なし沼あるよ
公園管理者よりもそっちに遭遇するほうがやばい

59 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 17:07:10 ID:GQA6xsC80
ここってさ、語り部さんたちが来るまでの合間
色んなところからコピペしてくるってスレになったの?

60 :お耳拝借 ◆PfeBATiceI :2007/06/04(月) 18:22:32 ID:EQ+cGMXG0
知り合いから聞いた話


その日は朝から雨が降っており、あいにくの空模様だったのですが、以前より、
 紅葉を見に行く予定を立てていた私達夫婦は、他にする事もなく、とりあえず、
 行ってから考えようと、安易な気持ちで出掛ける事にしたのです。

 紅葉で有名な観光地であっても、雨のせいか、人も疎らで、ひっそりとしていましたが、
 幾分か雨も小降りになっており、私達は散歩がてら、傘をさして歩く事にしました。 
 私達は紅葉を見ながら、奥へ奥へと進んでいき、木ばかり見ていたせいか、気が付くと、
 すっかり、道に迷って、どこをどう帰っていいのか、分からず、途方に暮れていました。
 道を尋ねたくても、周りには、人が一人もいなく、私達は勘を頼りに戻るのですが、
 歩けば歩く程、深みにはまっていくような気がしてなりません。
 私は妻に心配をかけたくなく、平静を装っていましたが、内心、不安で仕方なかったのです。 
 
つづく



61 :お耳拝借 ◆PfeBATiceI :2007/06/04(月) 18:23:04 ID:EQ+cGMXG0
そんな時、子供達のはしゃぎ声が聞こえてきて、人がいる事にほっとして、
 声の出所を探したのですが、どこにも、子供らしい人陰はないのです。
 鳥の声と聞き間違ったのか、半ば、諦めて、歩いていると、木の間から見える下の方の川で、
 子供達は水遊びをしていました。 子供達を見つけると私達は枝に邪魔されながらも、
 細い道を下って、なんとか、川に降りていったのですが、今まで、子供が遊んでいたはずなのに、
 どこにもいないのです。 私は諦めきれず、川伝いを歩いて行ったのですが、子供達の姿は
 見つからず、子供達が遊んでいた痕跡すら、見つける事ができませんでした。
 私が困惑していると、妻が顔を強ばらせ、「ねぇ、あなた。 不思議に思わない?
 今、11月よね? 今時分、いくらなんでも、あんな格好で川で遊ばないよ。」と言うのです。
 そういえば、11月半ばで雨も降っており、肌寒い中を海水パンツだけで、川で水遊びなんて、
 冷静になって、考えてみると、確かに、異常な話です。
 私達は怖くなり、山道に戻ろうとした瞬間、後ろから、声が聞こえてきました・・・
 「一緒に遊ぼうよ!」。
 振り返ると子供が4人、青白い顔でこちらを見ています。 明らかに生気のない子供達なのです。
 私は怖くなり妻の手を取り、その場から逃げ、どこをどう走ったのか元の駐車場に戻っていました。
 辺りはもう、夕暮れで雨はすっかり、上がっており、車に乗って、二人とも、ほっと、一安心して
 いました。 私は無言のまま、エンジンを掛けようとしましたが、掛かりません。
 ふと、ルームミラーを見ると先程の子供達が後部座席に座っているのです。
 私は反射的に後ろを振り向きました、すると、子供達は笑みを浮かべ、
 「ねぇ、一緒に遊ぼうよ!!」と、こちらをじっと、見つめていたのです・・・



62 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 18:59:18 ID:ufykWaiqO
>>58
釧路湿原に?
オレは釧路出身だが釧路は地味に治安よくないからな。道東は心霊スポットも多いし。
屋久島の山姫について知ってる人とかいないかな?追い剥ぎが伝説化したとか、今でも見る人いるとかあるし。
以前高校の先生が屋久島に観光で行った時も怖い体験して、心霊写真撮って帰ってきた話してたし。

63 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 19:53:16 ID:Fv/m3nqWO
61

続きマダー



64 :本当にあった怖い名無し:2007/06/04(月) 20:04:35 ID:lZYQTkg70
電波企業リコーマイクロエレクトロニクス

(鳥取市の大手企業)

1993年以来、地元の人から不可解な態度を取れるようになり、精神的に参ってしまった。なぜか誰もはっきりした事情を教えてくれない。

心当たりは、1993年に聞いた異常な噂である。


以下の意味不明の噂について「何か」がわかれば御連絡ください。

 米村  メール

1993年、鳥取市のテスコという工場に勤めていた。社長の森良夫氏から嫌がらせを連呼され事実上クビになった。森氏からこの異常な噂を聞いた。森氏は山陰最大の工場鳥取三洋電機リビング事業部の北村氏から聞いたようだ。

「僕(米村)が鳥取市の大手企業リコーマイクロエレクトロニクスに報復した」という趣旨の噂。

報復の方法は、僕がテスコで休暇を取らなかった事だそうだ。

僕が休暇を取らない事で、リコーマイクロエレクトロニクスの社長を辞任に追い詰めたとも受け止められる異常な噂だった。

http://ricohm.bravehost.com/


65 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 00:19:41 ID:MWtXj6wzO
もう20年以上前の事だから
それが丹沢だったか、身延であった気もするし、大菩薩であったような気もする、失念スマソ
とにかく高校二年のときの山行だったと覚えてる
その日は土曜日で、俺たちたった三人の弱小山岳部は土日二日の参考を計画していた

確か三時半くらいに、登山口に向かうバスの出る駅で待ち合わせる予定だった
その日は麓で野営し、翌朝早くに頂上に向かって登る予定
俺とAは予定通り駅で落ち合った
もう一人のBは、その日は補修があって、終わり次第、部室で着替え、
現地に合流するばずだった
先に着いた俺たちは、夕飯のカレーをつくりながら、Bの到着を待っていた
けれどいくら待ってもBはあらわれなかった
バスももう終わっている時刻だ
一泊二日の予定だから、それほど荷物があるわけではないけれど、それでも俺たちは、Bの無責任さをなじりながら、なぜか部室に常備されていたウィスキーをチビリチビリやっていた

66 :ちんぼう拝借:2007/06/05(火) 00:25:22 ID:oKAZVz+b0
>>63
そこからは二人とも記憶がありません。
いつのまにか自宅のガレージに車を入れ
車内で寝ているお互いに気がつきました。
「…いつのまに家に戻っていたんだ?…あれから無意識のうちに運転して家に帰り付いたのだろうか?」
その、わたしの独白とも取れる問いに妻が答えました。
「あの子供達の事?・・・・そうね・・・わたしたち夢でも見ていたのよ。」
そうして、後部座席のレジャーバックを取り、家に入ろうとしたその瞬間
わたしたちは二人とも、冷や水を全身に浴びせかけられたようになり動けなくなってしまいました・・・

びしょぬれの海水パンツが、4枚、後部座席に無造作に脱ぎ捨ててあったからです!
しかも、ほかほかとカウパー臭い湯気を立てて!w

67 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 00:25:41 ID:MWtXj6wzO
その野営地、近くに神社があり、その少し下を小川が流れている
一晩テントですごすには格好の場所だ
いいかげん酒もまわってきて、調子に乗った俺たちは、その神社に忍び込んでみようという事になった
夕方お参りしたときに、閂だけで、鍵が付いてないことも知っていた

68 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 00:35:49 ID:fT0+uGFB0
♪娘さん〜よ〜くき〜けよ、山男にゃほ〜れ〜るなよ〜

という歌があるが

♪山男〜よ〜くき〜けよ、山男にゃほ〜れ〜るなよ〜

と歌ってしまった

69 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 00:46:41 ID:MWtXj6wzO
中は真っ暗で、懐中電灯を向けると、直径30pくらいの古い鏡があった
その前に大きいが、すすけた鳥の羽があった、暗かったからよくはわからないが、たぶん元は白ではないか
その他にはまわりにはられた何食かの布の幕?
俺たちはもの珍しげに中を見て回った
と、とつぜん、ドン!、と
それはクマや動物が壁に当たるという感じではなくて、何か下から突き上げるような感じ
えっ、と思って俺とAは固まった
そしてまたドン、と
またドン、ドンと
はっきり言ってあんなに怖かったのは初めてだ
俺は持っていた懐中電灯を落とした
その拍子で灯りが消えた
俺もAも半ば腰を抜かした状態でそのばにへたりこんでいた
出ようにも暗くて出口がよくわからない
と、思っていると今度は鏡を置いてある台が、まるで人が拳で叩くようにダン、ダン、ダン!

俺、生まれて初めて悲鳴というものを上げたんじゃないのか
生まれて初めて人の悲鳴、Aの、を聞いたんじゃないのか

それでも、やっとの事で外にころがり出た俺は、まっしぐらにテントにもどって頭からシュラフにもぐり、それでもなんとか朝を迎えた
Aも少し後だが戻ってきた

70 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 01:03:15 ID:MWtXj6wzO
翌朝、俺はAを置いて一人で戻ってきてしまったことに後ろめたさを覚えながらも予定通りその日の山行を実施した
大変だったのは家に帰ってからだった
帰ると母親が青い顔をしてでむかえてくれた
その日、一緒に行くはずだったB
列車に間に合うように、よほど慌てていたんだろう
赤信号を無理に渡ろうとして、車にはねられたそうだ
ザックをしょったまま
だけど、相手方トラックだったそうで即死だったそうだ
なじったりしてすまなかった
きっとお前もいきたかったんだよな、ゴメンな
いっしょに登ったA、翌年、大学入って、新歓パーティーで富士の八号目から六合目まで滑落して首の骨折って死んだ

おれさびしいよ

71 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 01:04:13 ID:1MptPbGk0
大丈夫、いずれ会えますから。

72 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 01:31:23 ID:FMPLXp3OO
>>68ウッホっ!
元旦那が山男だったので正しい歌詞には納得…
一昨年唐沢鉱泉に離婚前の旦那と友人達で泊まった時に体調崩し
診療所に向かう林道で車の助手席で朦朧としてたら
木陰から黒くて人の頭みたいなのが車道側に“ひょこっ”て感じに出ていた。
車は避ける所か速度も落とさなかったので
あーっぶつかるなと思い足を踏ん張ってたらすっと黒いのが引っ込んだ。
朦朧としながらもえっと思い後ろを振り返ってみたけど何もいない
当然、隠れる場所もなくまあいいかとまた前を向いた(木霊?)
でも後から後部座席にいた友人達にえらい言われた
突然私が振り返った時何が見えたのか怖くて聞けず(たまーに見える事を知っていたので)、広い道出るまで皆怖くて後ろ向けなかったと。
ごめんね皆。

73 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 02:30:50 ID:rGMwHPtV0
>>68
山男=雪男の奥さんが雪女だと思っていまつ!'`,、'`,、。゚(゚^ヮ^゚)゜。

74 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 02:53:20 ID:aa9DQP54O
もう15年前かな仙台の実家に、呼んでもないのに突然青木じうんと
尼さん一行がいきなし訪ねて来て、こちらの裏山にわ未成仏霊がいっぱい居るから
山に入らせてくれとテレビカメラもないのに来た。
来た時はギミアブレイクの徳川埋蔵金の何年かあとだったから俺も覚えてて
インチキジジイのくせによく言うよって思ってたんだけど
不思議と拝んで以来自殺者が出なくなったよ。あのじいさんが来るまでは2年ぐらいで枝は違うけど同じ木で5人自殺してたからね。
しかも自殺者は県外の人ばっかでわざわざ北海道とか都内から車で来てうちの裏山で死ぬんだから。
全部猟友会のひとが連れてる犬が見つけるんだけどその一件以来、自分はオカルトに興味しんしんなのれす



75 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 02:57:54 ID:rGMwHPtV0
>>74
長いな。3文字にまとめてくれ。

76 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 08:20:23 ID:j6BL9NZkO
>>75








ぬるぽ

77 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 08:51:53 ID:lBuN5Mv90
| (3)  号外05    恐  怖  新  聞
| ────────────────
| | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ミ  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|  | | | |
| |       ミ/ \ ̄ ̄ ̄\  |  | | | |
| |        /   \.___\.|  ──
| | ヨイショ    /    /      / |  | | | |
| |  ∧,,∧ /     /   人 ./ .|  | | | |
| | ( ・ω・)     /  < ;; >_∧ ∩ ─
| | │  つ  \ /___ V#`Д´)て | |
| |                        /     | |
| └─────────── ┘
| ガッされる>>76 ─ 6月5日(火)
| ────────────────


78 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 09:01:58 ID:LkcE5R4g0
がっ


79 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 15:45:57 ID:ghPdqojB0
オマイらいいかげんにしろよ!
http://up.nm78.com/old/data/up021382.jpg

80 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 16:09:28 ID:neIS4Hr10
古典を張りたかっただけか

81 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 16:57:00 ID:Iqpb2/MIO
過去スレに、修行中だかなんだかで山ごもりしてるとかいう人いたよな?
先日俺の友達が山奥で夜中に上半身裸で四つん這いでウロウロしてるオッサン見たらしいんだが
そのオッサン、樹上から降ってきたらしいし、本人だったのかな?

82 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 17:04:34 ID:zkk82P5tO
オカルトもいいですが、山へ行くときは気を付けた方がいいですよ、皆さん。
DQNが集団で罠張って待ち構えてる場合がありますからね。
実際怖い目にあった俺が言うんだから、間違いない。

83 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 18:35:31 ID:lBuN5Mv90
>82
kwsk

そこで切られたら山行くの怖いじゃないか。

84 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 19:01:57 ID:+mYl9o9r0
>>DQNが集団で罠張って待ち構えてる

山賊か。w

85 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 19:19:44 ID:PiLoJk/l0
>>82
その罠の内容を教えてくれないと為にならない

86 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 20:17:00 ID:Tj8PDHI30
流れ豚切るけど>>62
聞いてるのは山姫の伝説自体じゃないよね?
自分の知ってるのはネット上で流れてる伝説と大差ないことばかりで
役に立て無くてスマンですが

その先生の話が知りたい・・・ それ、S谷の小屋?

87 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 20:47:35 ID:cPHp8Bn8O
>>86
知りたいかい?
なんか別の話で流れちまったから誰も触れてくれなかった(笑)

88 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 21:13:31 ID:Tj8PDHI30
>>87
うんw 時々屋久島の山に篭るので場所聞いて近づかないようにするよ
髪が長いので山姫に間違われて撃たれたら嫌だしw

89 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 22:09:03 ID:cPHp8Bn8O
>>88
何でまた屋久島にこもるの?女の子?

まぁ、オレは札幌に住んでて高校は札幌だったわけだが、3年前に高校の先生たちで屋久島に行ってきたらしい。

その時、新T小屋は混むから、古いT小屋の方に泊まることにしたらしいが、行ってみると誰も泊まってなくてかなりのボロだったらしい。

夏休みの混む時期で他に誰もいないのは意外だったみたいだが、その方が楽だと思い、ちょっと異様な感じはしたらしいがT小屋に泊まることにしたんだって。

夜になって寝る時、外に霧がかかりだして鹿も現れ、きれいだからドアを開けっ放しで写真撮ってたらしいが、何か嫌な風が吹いて何かが入ってきた感じがして、その日は眠れなかったみたい。

朝になってみると他の先生にも何か異様なものが入ってきた気がして、ナイフまで抱えて一晩中眠れなかった先生がいたみたいで、感じたのは一人じゃなかったみたいだ。

結局その後札幌帰って調べると、そこは心霊スポットのため他の人が寄りつかない場所のため空いていたことまで発覚。
さらにそこから撮った写真は全て写ってたみたいだ。

夜一人でいると山姫に連れてかれるって噂もあるみたいだが、怖い体験した人いるし気になったんだよね。

90 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 22:19:07 ID:zkk82P5tO
>>83-85
俺が場合は、細い山道でヤン車とスレ違ったら、因縁つけられた。←曰くお前の車避けたら枝にあたって愛車がキズついたとか。
馬鹿馬鹿しいのでそのままヌルー。そしたらカーブ2つ3つ過ぎた所で
仲間が待ち構えてて、かつ先のヤン車が戻ってきて逃げ道塞がれた。



ちょうど後ろから、初老の夫婦が乗った車が来て、不審に思ったらしくこちらを注視。  
気付いたDQN達が引きはじめ、俺は何とか逃げる事ができた。
こんな感じです。

91 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 23:03:26 ID:Tj8PDHI30
>>89
ありがとう。いや、屋久島の山好きなモンでw 特に雪のあるとき。

で、うーん、その3年前ってのは今から?それとも話を聞いた時の3年前ですか?
実質20年以上前の話なら今は休憩所になってるあたり、
そうでなければコンクリ作りの現T小屋だと思うけど、後者なら何度も泊まってる・・・
やっぱ鈍いのかなぁ?

あそこトイレ遭難(夜中に20m程離れてるトイレに行ったまま行方不明)が続いたらしいのね
T小屋は床が地面より7,80pほど高くなってて不安定な石が足場代わりに積んであったんだけど、
屋久島の山は、足元のその石すら見えないくらい、深い霧が立ち込めることがよくある。

山慣れしない人だとそういう時にトイレから小屋の方角が判らなくなって、
迷っているうちに次第に降りてしまう(小屋はちょっと登ったほう)んだと思うんだけど。
少し下ったところにあった水場で亡くなられたこともあったよう。
今は下の水場は案内標識が外されてるし、トイレまでしっかり木の道が作られてます。


・・・以前、その小屋に雪の夜遅く(8時頃)汗だくで髪振り乱して入っていったら
先客に口を聞いてもらえなかった経験がw

92 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 23:10:34 ID:Tj8PDHI30
あ、ここ数年はその小屋、春先の平日でも10人以上泊まることも稀じゃないです。
ただ泊まる人が多い日と少ない日の波は大きいみたいだけど。
雪のある時期でなければ、他に客がいないなんてむしろラッキーって程ですよー。


とここまで書いて、やっぱ休憩所のほうだろうかと思った。
あの辺り夜中によく通るけど、道の横に大きな倒木がある辺がちょっといやん・・・

93 :83:2007/06/05(火) 23:16:32 ID:lBuN5Mv90
>90
まさに罠だ(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル
単独だったら怖いよなあ。

ただでさえ一人で山道走るのおっかないのに怖い話を聞いてしまった…

94 :本当にあった怖い名無し:2007/06/05(火) 23:34:16 ID:zkk82P5tO
>>93
奴らひきずりだそうとしたんだな。割愛したけども。
あの夫婦にお礼をいえなかったのが残念です。
で、俺的には山の神様だったんじゃないかと思ってる。



95 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 00:02:03 ID:g2V+KlVt0
>>94
よかったのう

96 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 01:16:03 ID:dgnoMNG9O
>>92
実際に3年前に行ったみたいだよ。
夜トイレに行こうとしたわけじゃないみたいだが、部屋に何かが入ってきたみたい。
秀吉の時代に屋久杉の材木確保のためタコ労働あったみたいだね。
山姫は追い剥ぎ説あるけど、何か知ってる?
札幌から屋久島は遠いからな。
ちなみに北海道タコ労働とアイヌに関わる話が多い。

97 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 11:16:55 ID:vV1f4r3n0
江戸期の気象、伝染病一目で 氷見町年寄役の日記をデータベース化

富大大学院医学薬学研究部(医学)の加藤輝隆助教(公衆衛生学)は、江戸末期に書かれた
加賀藩氷見町町年寄役、田中屋権右衛門の日記「應響(おうきょう)雑記」を約十年がかりでデータベース化した。
記述内容を気象、公衆衛生、漁業など六項目に分類し、約百五十年前から百八十年前の人々の生活を知ることが
できる内容となっている。加藤助教は、データベースを元にした共同研究の可能性にも期待を寄せている。

http://www.hokkoku.co.jp/news/TH20070605411.htm

98 :97:2007/06/06(水) 11:17:43 ID:vV1f4r3n0
誤爆ですたm(_ _)m

99 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 13:46:07 ID:vxjFUNFrO
おばあちゃんがいってた話。
昔群馬の妙義山に行った?だか登ったことがあったそうな。
で、夜というか暗くなってから
どっかのトイレに入ったらしいんだけど、
そこに入って気がふれちゃった人がいたんだって。
うろ覚えで詳しくはよくわからないけど。
そのせいで当時「気がふれる」とか「狂う」って言葉が
怖かった。今でもちょっと怖い。
当たり障りない話でごめん。

100 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 13:54:13 ID:fG+NqrbW0
なにも謝らなくても・・・・。

101 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 14:18:31 ID:beQCnqU30
>>99
何があったんだろうな・・・

>>96
屋久島好きなんで(勿論小屋名もわかる)ちょっとググって幾つか見つけたが
電波な人のブログはマジ電波つーかおちゃらけつーかだし
同行者が如何に山慣れしてるか強調してる人のは名前から間違ってるし
信憑性のある話が全く無いw
あの小屋、>>92のいうとおり真冬以外はいくらでも人泊まってるぞ。

それと林業の労働にしてもあの辺はそう激しくなかったはず。
オカ的に言えば、300年ほども残ってる霊なんて余程の恨みがあって
生きてる間も物凄い気を発してるような人物でもなければありえんだろう
写ったものは樹の精とかじゃないかw

102 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 14:49:00 ID:dgnoMNG9O
>>101
したらどこに泊まったんだろうな。
人いなかったか少なかったみたいな感じらしいが、空いてる方ってことなのかな?行ったことはないからわからんが。
北海道の峠や道路等はタコ労働で作られたところ多いから、道ばたに埋まってるところもあるみたいだ。
スポットも多いし。

103 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 15:28:40 ID:uYrAZRQp0
>>102
ヒント:都市伝説

104 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 16:04:20 ID:beQCnqU30
>>102
まあ新旧の小屋を二者択一するとしたら、あれを見に行って泊まってピストンか、
或いはあれを見た後、最高峰に登る縦走か。
泊まった場所は>>89に書いてるとおりで間違いないと思う。

古い方は頑丈だが風情の無い作りだし、新のほうは3倍ほども大きくてログハウスで
見た目良さが全然違うし、縦走なら距離的に新小屋のほうがいい場所にあるんだよね
(徒歩数十分離れてる)。
確かに旧小屋のほうが利用者が少ないのは間違いないけど、
電波な人のブログの話は宿の人に大げさに言われたんだと思う。

105 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 16:28:53 ID:Dpp6R4Jx0
トイレにな古い小さな鏡があってな、

106 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 16:49:31 ID:CMhubCYX0

        :ハ_ハ:ハ_ハ:.
        :(;゚∀゚)゚∀゚;):  ヒィィィィ 怖い──!!
        :(´`つ⊂´):..
        :と_ ))(_ つ:

107 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 20:11:53 ID:Fd68Axra0
10年前の友人の話

彼は東北に程近い某県で農業を営んでいました
春も近いある日の事、東京から友人が二人、遊びに来ました。
友人は美味いウィスキーの水割りが飲みたいと、この辺りの
山の湧き水を汲みにいこうと言い出しました。
彼も一緒ポリ容器を持ち、三人で雪の積もった山道を登り始めました。
水を汲み終わり、三人でよろよろ歩いていると、友人の
一人が立ち止まり、無言で枯れ木立の間を指差しました。

枯れ木立の間にいたのは、異様に真っ黒い何かでした。
その黒い何かはぶるぶると痙攣する様に、蠢いていたそうです。
彼は、熊だと思いました。
だが熊にしては小さいし、とても奇妙な動きをしている。
しかも、体を覆う毛はまるで海藻の様でした。
不審に思いはしたものの、もし熊なら、刺激しないように
静かに逃げなければいけません。
しかし、一人の友人は死人の様な顔色で叫び声を上げて
顔をぐちゃぐちゃにして嘔吐しだしたそうです。
彼ともう一人の友人はポリ容器を放り出し、おかしくなった
友人を引きずって逃げ出しました。


108 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 20:13:16 ID:Fd68Axra0
ようやく家に帰り着いたものの、友人は青ざめて震え続け
異常なまま、ぶつぶつと誰かに対する言い訳?の様な言葉を
ひたすら呟いていて、誰とも目を合わせません。
とりあえず布団を敷き休ませ、明日病院に連れていく事に。
しかし、目を離した隙に友人は消えてしまいました。
それきり友人は行方不明。警察に届けを出したが消息は掴めず。
妻子にも連絡はなかったそうです。

後日、ある所より連絡があり、友人は見つかりました。
ですが、この後の話は詳しく書けません。
ただ、
五体満足ではなかった事
人間らしい会話が出来なかった
という事です。


109 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 20:13:55 ID:Fd68Axra0
それから補足ですが、おかしくなった友人も、某県の出身です。
友人は妻より離婚を言い渡され、正気に戻らないまま
親戚に連れられていったそうです。


110 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 20:42:00 ID:DLndRVnc0
くねくねの亜種?

111 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 23:30:25 ID:cMJV2qSc0
詳しく書けませんじゃなくて思いつきませんでしたごめんなさいって謝れよ

112 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 23:32:02 ID:/0KajI3/0
ごめんちゃん♪

113 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 23:49:45 ID:fG+NqrbW0
じゃあ無関係だけれど俺からも一応謝っておくよ。













ごめんちゃん♪

114 :本当にあった怖い名無し:2007/06/06(水) 23:50:43 ID:Ztb8ZDIY0
>ですが、この後の話は詳しく書けません。
だってw

じゃ、最初から書き込むなよ。
落とせない作り話ほど面白くないものはないんだから。

115 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 00:51:56 ID:2r242mqi0
コピペだよ。
ttp://www.purple.dti.ne.jp/eiju/main/gokukowa/gokukowa_13.html

116 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 11:14:47 ID:uvgfPnhx0
>>113
w

>>114
しつこいってか、遅いってか、見苦しいツッコミをされますねw

117 :山神:2007/06/07(木) 13:02:25 ID:WlkYGbgg0
女人禁制の山はそれなりに理由があるもんじゃ。
山の神様っちゅうのは嫉妬深くて惚れっぽい。
女神岳に女連れてきゃたいがい怪我じゃ
男神岳に女連れてきゃ魅入られてボケちまう。
どっちにしても悪いことが起きるな。
よく手伝いに来ていた嫁が竹の切り株踏み抜いた、沢に落ちたなんて話きいたな。
神隠しにあって出てきたら頭おかしくなった嫁もあったわ。

118 :ヒサルキ:2007/06/07(木) 13:03:52 ID:WlkYGbgg0
タラの芽が出る頃じゃったわ。
獣道すらない斜面を登りながらタラの芽を採っちょった。
そういやあの頃は腰にビク下げてたの。
結構採ってな、さて帰ろうっちゅうときに変なモン見つけたんじゃ。
最初は麻袋に見えたんじゃが、よう見れば猿の毛皮じゃった。
猿の毛皮が木に引っかかっちょってな、ひらひらゆれとる。
ワシはそれ見たとき心底肝が冷えたわ。
毛皮に傷がないのに中身だけないんじゃ。
一番大きな穴は口じゃろうが、そこから中身なんか全部出せるもんかね。
そん時な、なんかに見られとると感じたんじゃ。
怖くなってなワシは逃げた。
そいつはついてきおってな、ワシは腰の鉈抜いてな、振り回しながら逃げたわ。
何とか小屋に逃げ込んだんじゃが奴は次の日の朝まで小屋の周りをうろついておった。
あんときはもうだめじゃと思ったわ。

119 :ジバチ:2007/06/07(木) 13:11:03 ID:g29+2KB70
炭焼きの合間にジバチの巣をとることがようあった。
「透かし」といってな、蜂の飛ぶ様子で巣を見つけるんじゃ。
で、巣を見つけたんじゃが、なんとすぐ脇の地べたから骨が出ちょる。
シャレコウベの半分ぐらいが土から出ておった。
大急ぎで駐在さんに知らせたんじゃが、なんせ山の中じゃ。
時間がかかっての、駐在さんがついたのは半日も後じゃった。
煙幕焚いて掘り返すと都合一人分きちんと出てきおった。
巣は12段の大物じゃったが、人の肉喰らったジバチは食う気にならんかったわ。
でも何で埋まってたのかの。駐在さんも不思議がっとったわ。

120 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 13:15:38 ID:g29+2KB70
夜蝉

夜蝉が鳴くことがたまにあるんじゃ。だいたい1匹2匹じゃ。
それが一斉に鳴いたとがあってな、あんときは肝をつぶしたわ。
山全体が唸るような鳴き声じゃ。
金玉がきゅうっと冷えてな、じきに鳴きやんだんじゃが空恐ろしかったわ。
炭焼きには関係ないが、近くの山伏どもはなんやかんやと騒いでいたな。


121 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 13:19:37 ID:Ic+SpIl4O
女人禁制って言うとどこあったっけ?
北海道の石北峠や道東北見周辺の山道は大概強制労働でできた道だから、道に埋まってる可能性あるし、深夜のトラックやバスの運転手には出るって話が有名みたい

122 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 13:50:08 ID:cUo0Y/Jr0
もうひとつ。。

なぜ、この森が「紅の森」と呼ばれるのか… 
島とともに生きてきた古老たちによると今から500年程前、ある日
突然、島の真ん中辺りが真っ赤に燃えたからだと言い伝える。その紅
蓮の炎は島の北、あるいは南の果てでも目撃した者もいたくらいで、
島が炎を吹き上げ天を焼き尽くすかのように見えたという。島の人々
は「この島はもう終わりだ!」と嘆き恐怖におののき、取る物も取ら
ずに逃げまどったという。
 しかし、小さな島の中をいくら逃げ回っても限界があり、漁師や船
商などは自前の船で逃げ出せたが、その他の人々は檻の中を逃げまど
うごとき阿鼻叫喚の様相で運を天に任せるしか術はなかった。
 そして、人々が逃げきれないことを悟った時、
 「おい、見ちぇんだ。火が消えちぇいろ!」※1
と叫ぶ者がいた。
 



123 :122:2007/06/07(木) 13:53:18 ID:cUo0Y/Jr0
つづく

124 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 13:57:46 ID:1pt94fuW0
>>121
http://www2.ocn.ne.jp/~tomoya1/sub8.html

125 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 13:59:26 ID:G//jKlHM0
女人近世つーと禁忌・・・じゃなくて近畿なら大峰山ですな

他人の信仰上の習慣を踏み壊すことが平等に繋がるって言う不思議な人たちが
きーきー騒いでるところ。

126 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 14:07:56 ID:tJZx8o6y0
僕のチンチンも女人禁制の未踏峰です><

127 :鉄道小屋:2007/06/07(木) 14:49:29 ID:cUo0Y/Jr0
S線H駅とS駅の間に小さなトンネルがある。昭和のはじめ,北海道にはタコとよばれる男たちが過酷な労働を強いられていた。このトンネルも当然そうした人たちが作った物である。そのため北海道の鉄道にまつわる怪談話は引きも切らない。
 このトンネルのそばに,小さな小屋のような家があり,老婦が住んでいた。今でこそ酪農が盛んな町だが,その当時はジャガイモやビートなどを泥炭地で細々と作っていた。

 ある夜,その小屋に女の幽霊が訪問してきた。そう書くと本当だろうかと誰もが疑問をもつかもしれないが,老婦の言葉を借りると近所の知り合いがやってくるように扉を開けて入ってきた。
 その女は無表情な顔の着物を着た女である。
 老婦も初めのうちは,箒で追い払おうとしたが,消えずに悲しそうな顔をして部屋の角に立っているそうである。
それから日はまちまちだが,同じように訪問してきた。いつの間にか消えることもあれば,外に出てトンネルの中に消えていくこともあった。

 その話は町の中でも大きくなり,国鉄からも調査が入ったそうである。しかし,真相は最後までわからなかったそうである。



128 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 16:27:00 ID:cUo0Y/Jr0
タイトル:∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part34∧∧
【糞スレランク:D】
直接的な誹謗中傷:18/127 (14.17%)
間接的な誹謗中傷:0/127 (0.00%)
卑猥な表現:11/127 (8.66%)
差別的表現:1/127 (0.79%)
無駄な改行:3/127 (2.36%)
巨大なAAなど:3/127 (2.36%)
同一文章の反復:0/127 (0.00%)
by 糞スレチェッカー Ver0.89 http://kabu.tm.land.to/kuso/kuso.cgi?ver=89

129 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 16:39:41 ID:sV2vL7y00
ちなみに>>128みたいなレスはどれに分類されるの?w

130 :お耳拝借 ◆PfeBATiceI :2007/06/07(木) 16:41:48 ID:9APQCFVA0
干柿

15年以上前の話です。
都内の某私大に通う私の幼なじみFは僻地探検が趣味でした。
廃村とか、廃虚にいっては写真をとってきたり、スケッチ
をしてくるのが大好きだったのです。
ある時 Fは仲間数名と富士の樹海の探検を思い立ちました。
そしてその探検当日彼は、重装備で樹海探検にでかけました。
コンパスなど役に立たない場所です。
地元出身の友人の力を借りながら樹海のあちこちを探検して
まわりました。そして昼食となった時、Fは木々の合間に揺れる
干柿のようなものをみつけました。
風になびいてゆらゆらゆれています。こんなところにあんな大きな
柿がなるのはおかしい。しかも干柿などは−。
不信に思った彼はその柿を手にとってみました。こぶしよりも大きい
干柿です。よくみると枝になっているのではなく、ワイヤーにぶらさがって
います。「ん?っ?」
Fはよくその柿を観察しました。
それは「人の首」でした。
ワイヤーで首をつったので首から下が腐って下に落ち、残った首は乾燥し
干柿のようになっていたのです。


131 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 17:01:10 ID:sV2vL7y00
中の頭蓋骨も首から下と一緒に
すっぽりと抜け落ちていたということなのかな?
幾ら乾燥したとはいえ、中に頭蓋骨が入っていながら
拳よりも大きい程度にまで縮まるとは思えないんだけれど。

132 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 17:04:45 ID:Ic+SpIl4O
ってか青木ヶ原樹海でコンパス利かないってことはないみたいだね。
都市伝説かな?

133 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 17:08:43 ID:D0SJ5xE4O
首刈り族の干し首の写真見たことあるけど、なぜか縮んでるよなあ
干すと水分が抜けて縮むのかな?

134 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 17:43:23 ID:nBbsL3y60
干し首は頭蓋骨を取り外して干すから小さくなるらしいよ。
社会の先生が言ってたような気がする。

135 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 17:48:31 ID:Z89WQY7V0
>>133
サンサって干し首かな。
アレはアレでちゃんと骨抜いたりして加工してるらしい。
もっとも実際に再現するわけにもいかんので、本当に伝えられている作り方で作れるのかは不明だとか。
ああいう部族って口伝が多いだろうしなぁ。
けっこう間違って伝えられても、わからなかったりして。


136 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 18:15:47 ID:kfkwpTWh0
どこかしこのべつまくなしつっても

137 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 18:50:51 ID:HDGn1a9UO






   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | 
  |    ( _●_)  ミ すいません、ちょっと通るクマ──!!
 彡、   |∪|  /
  |    ヽノ /´
  |      /
  |      /
 ./ /\ .\
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)

138 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 20:33:31 ID:sV2vL7y00
age

139 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 21:43:55 ID:foq56NpM0
クマー、待ってたクマー!

140 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 22:07:34 ID:VZVxXL7m0
お前、腕どうした腕!((( ;゚Д゚)))

141 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 22:11:43 ID:bSjQbdnG0
>>140頭の上

142 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 22:12:47 ID:b4VUggiL0
耳はどうなるんだ

143 :本当にあった怖い名無し:2007/06/07(木) 22:13:58 ID:bSjQbdnG0
>>142心の目でみるんだ

144 :携帯:2007/06/07(木) 22:52:08 ID:ut/Dafm2O
二年前に彼女とS高原にボードに行ったんです
そこはいくつかのゲレンデが横並びに点在してて俺達は1番端の比較的初心者向けのゲレンデ側に宿をとりました
と、いうのも彼女が初心者だったので。
一日目はそのゲレンデで滑り大分馴れた様子だったので「明日は違うゲレンデに行こうか」なんて話してました

翌日起きてみると霧で全く先が見えない状態
リフトも運転を見合わせてるくらいで
「こりゃ無理か」
宿で昼ぐらいまで時間潰してると宿の人がリフト動き出したことを伝えにきてくれた

出ると確かに天気は回復していた
ゲレンデ間の移動はバスがあったので行きはバス
帰りは林間コースを通って元のゲレンデに帰ってくる、と予定を立てました

山の天気は変わりやすい。
中級者ゲレンデで滑ってるとまたしても霧が
「そろそろ戻ったほうがいいかな」
そう思ってリフトに乗り林間コースに向かいました

リフトに乗ってる間にどんどん天気は悪くなり林間コースに入る頃にはふぶいてきました

145 :携帯:2007/06/07(木) 22:53:34 ID:ut/Dafm2O
林間コースに入るために頂上まできたので
そのゲレンデの麓まで降りるためには上級者コースを通る必要があり
視界も悪くなっているので彼女にはまだ無理だと判断したので
予定通り林間コースを抜けることにしました
林間コース自体は連絡道のようなもので距離はあるが初心者レベルでした

しかし少し滑りだすとますます吹雪は強くなり、本当に5m先も見えなくなりました
コースが右に曲がっているのか左に曲がっているのかもわからなくなった
「やばい」内心焦り始めた
彼女も不安はピークに
少しでも離れるとまずいと思い、最初は彼女に合わせて滑っていたが
彼女を背負い脇に板を挟むというかなりの荒業をしながら滑ることにしました

少しずつ少しずつ滑っていたが何も見えなくなってきて
「止まったほうがいいか」と思った頃です
いつの間にか前にうっすら人影が
「人だ!この人についていけば!」
そう思って離されないように体もきつかったけど必死でくらいついていった

その人影は全く上体がブれず「滑り上手だな」なんて思ってました
それだけ上手なのに彼女を背負いゆっくり滑らざる得ない状態の俺と距離が離れない
近づくこともなければ離されることもなかった



146 :携帯:2007/06/07(木) 22:55:31 ID:ut/Dafm2O
10分か20分か、そんな調子で滑っていた
すると何か音が聞こえてきて、それがゲレンデのアナウンスの声だとわかり始めた頃
少し視界が良くなってきました
「現在、強風に伴う吹雪によりリフトの運転を見合わせております」
そんなアナウンスでした

はっきり聞こえるようになったぐらいで元のゲレンデに着きました
ゲレンデの麓の宿が見えるくらい視界が回復していて
彼女を降ろし、さっきの人影を探した
ゲレンデには人ひとり居なかった
ゲレンデに着く直前まで前にいたのに

「なぁさっきの人もう降りたのかな?」と彼女に尋ねると
「人って?」
「俺らの前ずっと滑ってた人だよ、俺あの人についていったんだよ」
「私も前ずっと見てたけど誰もいなかったよ?
て、いうか話しかけてたのに全然返事してくれなかったからすごい不安だったよ」

彼女に話しかけられた覚えは全くありませんでした
あの人影は何だったのでしょうか
無事着いたから良かったけど

147 :消えた海:2007/06/08(金) 00:16:04 ID:4+hf0pUm0
山じゃなくて海にまつわる不思議な話ですが
書き込ませていただきます。

私は祖父から消えた海の話を聞いた事があります。
祖父から聞いたこの話は、祖父の先祖が経験した話だそうで、
祖父も曾祖父から聞いた話だそうです。
この話は先祖代々伝わる話でいつの時代の話か分らないと祖父は言っていました。


148 :消えた海:2007/06/08(金) 00:17:54 ID:4+hf0pUm0
私の生まれた育った町は数十年に一度の割合で津波が発生し、
その度にたくさんの死者が出ています。
ある日とても大きな地震が起こり、
津波が来るかもしれないと思った村人たちはすぐに山へと逃げたそうです。
山の頂上で、村人たちは海の様子を窺っていると、みるみるうちに波は引いていき
海がなくなり地平線の向こうまで陸地になってしまったそうです。
これはとても大きい津波が来るかもしれない。しばらくは山を下りないほうがいい。
と村人たちは話したそうです。しかし二日たっても三日たっても波は引いたままで、
津波は起こらなかったそうです。
もしかしたらもう津波は来ないのかもしれないと思った村人たちは
自分の家に戻ったり、仕事の続きをやり始めたりしましたが、
様子のおかしい海を怖がり近付かなかったそうです。
当時子供だった祖父の先祖も母親から海には近付かないようにと言われていたそうです。
しかし海はどこに消えたのかという疑問があり好奇心が強かった先祖は、
友達と一緒に沖の方へ歩いて行ったそうです。


149 :消えた海:2007/06/08(金) 00:21:37 ID:4+hf0pUm0
最初は友達と遊びながら歩いていてとても楽しかったそうですが、
普段の海は綺麗なのに、波が引いた後でゴツゴツした岩肌があったり、
地面がぬかるんでいて足場が悪く、たくさんの魚の死骸や海藻などがあり、
汚くて気持ち悪かったそうです。
海が好きだったから先祖は子供心にとても悲しく思ったそうです。

ここはまるであの世のようだ。このままここにいたら帰れなくなるのではないか?

ふとそう思ったのですが、海を探しに行こうと言い出したのは自分だし、
怖いから帰りたいと思っているのが友達にバレるのが恥ずかしくて、
そのまま歩き続けたそうです。


150 :消えた海:2007/06/08(金) 00:23:05 ID:4+hf0pUm0
しばらく歩いていると地面が崖のように急な斜面に変わったそうです。
急な斜面の向こうからゴォォォォという地鳴りのような聞いたことがない
奇妙な音が響いていて、さらに斜面の下から強い風が吹いていたそうです。
その斜面は急で深くて下の方はどうなっているのか見えなかったそうです。
もしかしたら海はこの下に落ちたのかもしれない。
友達がそう言って試しに石を投げたそうですが、
風と地鳴りのような音のせいで何も聞こえなかったそうです。
斜面の向こうにも行ってみようかとも思ったのですが、足場が悪くて下れない。
海を見るのを諦めて家に帰ったそうです。
そのことを両親に話したら、信じてもらえず、勝手に海に近づいたということで、
母親にこっぴどく叱られたそうです。
それから七日ほどしてとても大きな津波がきて、たくさんの人が亡くなったそうです。

祖父は先祖が大陸棚の終わりを見たのではないかと言っていました。
しかし私は歩いて大陸棚の終わりまで行けるとは思えません。
このようなことがあるのでしょうか?


151 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 00:52:47 ID:9wXEVRMb0
大陸だな

152 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 01:16:26 ID:SIvA4EPNO
大体地平線まで目視で20km位、
大陸棚ってどのくらいからクマ?

    _,_,  ゚。
   r''゙゛ `'ヽ,
  ノ丶丶 n,,;‐‐‐;,⊃
  | ヾ )ヽヽ,'゙ ノ  ヽi
  \~) ヽ丶_ ● ●|ヽ  オシエテー エロイクマー
    "゙   ヽ,,⊃(_●)ヽ⊃


153 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 01:51:15 ID:TFufUy780
>>152
300kmくらいじゃないかな?

154 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 03:49:07 ID:SIvA4EPNO
           ∩___∩
           | ノ      ヽ
          /  ●   ● |  >>153ありがとくマ―
          |    ( _●_)  ミ
         彡、   |∪|  、`\
        / __  ヽノ /´>  )
        (___)    / (_/


て事はその子供達は片道20kmから300kmを
往復してきたクマね?
冒険だクマ―――――――――!

155 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 04:58:09 ID:4yqnLKzd0






   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● | 
  |    ( _●_)  ミ すいません、ちょっと通るクマ──!!
 彡、   |∪|  /
  |    ヽノ /´
  |      /
  |      /
  ヽ__/

156 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 13:18:09 ID:U/H0UtCE0
熊タンったら壁に穴開けちゃいやん♪

157 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 13:30:28 ID:qwOrjmdoO
>>147
奥尻島の話かい?
あそこは島自体が霊場で海岸が賽の河原みたいらしいが情報知ってる?

158 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 13:33:23 ID:wuxHpEYl0
>>157あそこって10何年かまえに地震の津波にあって
結構人がなくなってなかったか

159 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 15:39:35 ID:91iR+Z1o0
>>154
場所により海岸線すぐ近くに大陸棚がある場所少なくないよ
http://www1.kaiho.mlit.go.jp/GIJUTSUKOKUSAI/kaiikiDB/location-2.htm

160 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 15:43:50 ID:UxRbKQVM0
>>148の話の場所はどこなの?

161 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 17:15:07 ID:qwOrjmdoO
>>158
かなり悲惨な被害出したね。
奥尻島の津波逃れられる高さの場所に行き遅れた人はみんな海に引きずり込まれた。
さらに酷いことに、対岸の北海道にぶつかった津波が跳ね返って、また奥尻を飲み込んだらしい。
2度もくるんだからな。
それでその次の日にはすぐ海岸の賽の河原っぽいところは復活してたらしい。
つまれてた石が元通りつまれたりしたみたいだ。
その石を持ち帰ると不幸になるとも言われ、島自体が霊場って話もあるみたいだ。
さらに奥尻近海で穫れたタコの中には髪の毛があったらしい

162 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 18:49:35 ID:XY1FuHvCO
>>144
彼女背負ってボード滑るって、すごいな。


163 :本当にあった怖い名無し:2007/06/08(金) 20:29:59 ID:qnzy+pog0
>>146
良い幽霊がいてくれて良かったね

164 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 04:01:21 ID:Nl3/wyWP0
>>147
こちら向きの話な気が

【地に足が】海にまつわる怖い話【着かない世界】
ttp://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1176173395/l50

しかし、一週間も海が干上がりっぱなしになるとは、およそ常識では考えられないことだけど、何がおきてたんだか…


165 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 07:19:15 ID:89TXGfoFO
最近小学生に聞いた話
彼の祖父は山登りが趣味で、毎年あちこち出掛けていたそうだ
おそらく白馬ではなかったかというが、場所は定かではない
夕方、山小屋を目指して靄の中を歩いていると、目の前に人の形をした白くて大きなものが道を塞ぐように立っていた
山男で豪胆なじいちゃんは
「邪魔だ」
と半透明でふるふるしているそれの中を突っ切ろうとした
ところがそれは半透明のくせに壁のように堅く、じいちゃんはガンとぶつかって跳ね返されてしまった
仕方ないのでそれを迂回して先に進み、振り返るとそいつは消えていた
歩きだそうとしてふと気付くと
右の肩のあたりに知らない男の首があった
真っ白い顔で無表情に前を見ていた
さっきの奴が付いてきたか、とじいちゃんは気にせず山小屋に向かった
山小屋に着くと首は消えた
(続く)
翌日、山を下りていくと、また同じ場所に同じ白い半透明の巨人がいた
黙って通り過ぎようとすると、後ろから
「おい」
と呼ばれたような気がして振り向くと
それは普通の人間のサイズになって透明でもなくなっていた
一人の男が首を吊った姿で浮いていたそうだ
じいちゃんはそれを見て
「おもしれー」
と大笑いしたたそうだ…
そんな豪胆なじいちゃんは大の虫嫌いで、ベンジョコオロギが自分に向かってぴょんと飛び跳ねただけで
近所の人が駆け付けてくるような悲鳴をあげたらしい
他にも聞いたがまたいずれ…

166 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 07:21:56 ID:89TXGfoFO
二回に分けるつもりが一度に送ってしまった
途中の(続く)は無視してね

167 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 12:12:43 ID:DnKNYTKg0
笹薮の中

317:07/13(木) 08:58 Z/67wrTF0 [sage]
おまいら、女ばかり対象にしているが男だって有り得るんだぞ。

小学校の林間学校みたいなやつで山にハイキングに行ったとき、
同級生のF君は途中どうしても尿意を催したため道から外れた笹薮の中で立ちションを決行。
そのとき、偶然にも風が笹たちを舞い踊らせ、そのうち一本がF君のちんこをシャキーン。

まぁ、高級本皮ケースに収まった幼児ちんこなので、大したことは無かったが、
その日の入浴ではチンコにバンドエイドという、世にも珍しい物が見られました。



168 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 12:17:53 ID:MLHuo7NR0
山で小便ぐらいならいいがゴミ捨てまくると霊に取り憑かるぞ

169 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 13:10:13 ID:EQ21G34U0
山で吸殻ポイ捨てしてる奴に憑いて欲しいね。

170 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 17:18:27 ID:xGSx2URg0
そんなやついまだにいるんだか・・・?
山中で行政請負系の作業してる℃方は平気でゴミ捨ててるの見るけど普通の登山者は昔と比べたらずいぶんマナーよくなった。

171 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 17:44:33 ID:GZJ58FjC0

女女 しい。

172 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 18:06:04 ID:mwE1vEfOO


  ゴミは持っ…     ∩__∩
  ……オマエ誰だよ   /゛    ノ`ヽ    
      r ‐、      .|  ●    │
      |  (|      ●_)y       |
     _,;ト - イ、     Д|       /  さ、さぁ…
    (⌒`    ⌒ヽ   \丿___ミ
    |ヽ  ~~⌒γ⌒) r'⌒ `!´ ` ⌒)  
   │ ヽー―'^ー-' ( ⌒γ⌒~~ . /|  
   │  〉    |│  |`ー^ー― r' |
   │ /───| |  |/ |  l  ト、 |
   |  irー-、 ー ,} |    /     i
   | /   `X´ ヽ    /   入  |


173 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 19:29:57 ID:Ph7hLfnW0
山にまつわる怖い話
[+] Part1

[+] Part3

[+] Part4

[+] Part5

[+] Part6

[+] Part7

前から不思議に思っていたことをここで告白する・・・・・
まとめのPart2が無いのは、何故???

174 :本当にあった怖い名無し:2007/06/09(土) 22:37:03 ID:p3RhwC5w0
おまえそれはタブーだぞ・・・
しらねーぞ・・

175 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 00:28:15 ID:bDypm4PG0
>>173
それって鮫じmうわなにするくぁwせdrftgyふじこlp;@ 

176 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 05:23:24 ID:4WEywJN20
早朝ヲチ記念w


うちの地域には、少し変わった風習がある。

今頃の時期、山菜よりもツツジ等の樹木を採る人がいる。
でも昔は「少しくらいならいいだろう」みたいな感じで。
よく近所の庭先にはツツジやコシアブラが植えてあった。

そういう「山採り」の中で、絶対に里に持ち帰ってはいけない木がある。
実際の名は知らないが、その俗称が「骸骨草」。
山では割合普通に見られる、ちょうど今頃の季節に
ピンク色の花を沢山つける、綺麗な樹木。

それを家に持ち帰ると、家が火事になるのだそうだ。
種一粒でも駄目。

ある人が足底についた種を知らずに持ち帰ってしまい、数年後
家を全焼した。焼け残った庭の片隅に、その骸骨草がひっそりと咲いていた。

だから、その樹には近づいてもいけない、のだそうだ。


177 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 09:05:29 ID:U0VEPY7D0
数年後w

178 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 09:25:47 ID:Rvm3ehyqO
家が燃えるのは彼岸花

179 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 09:55:38 ID:oSuT7YD80
今日は人が少ないね。

180 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 10:17:54 ID:oSuT7YD80
110 名前: 雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ 03/12/19 22:11

そろそろ、外国の山ネタをまとめてみようかな。
もうちょっと時間ができたらの話だけど。

いつまで掛かるんだよwww
捜してんのか?

181 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 11:54:06 ID:tj71EtKS0
木なのか草なのかはっきりしろぃ

182 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 12:32:50 ID:SvtC0piQ0
骸骨草という名前でめちゃめちゃワロタ俺はオカ板に向いてないんだろうか

183 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 13:36:34 ID:0q8pn0690
ググってもでてこないが、、、

184 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 14:23:33 ID:RxBYbJmt0
ググってもでてこないさ
創作なんだもの

みつを

185 :元登山者:2007/06/10(日) 14:37:43 ID:0XCjbt8P0
田舎で聞いた話です。

私の友人から聞いた話です。
彼は地元の分校の教師をしています。
元々、歴史が好きで地元の歴史や伝承なんかを調べるのが好きで
よく猟師と一緒に山に入ることがあるそうです。
その彼が、昔、山城があったと言う山に入ったときの話。
いつものように、猟師の人の案内され城跡まで行き、石垣や櫓の跡を
見て回っていると「ドーーン、ドドーン」と太鼓の音がしました。
近くに民家も無い山奥で変だな?と思い、一緒にいた猟師の人に
「あれ、何だったんでしょうね?」と言うと
「ありゃあ、城の太鼓だ。あれが鳴るってことは雨が降るなあ。」
と言われたそうです。「良く晴れているのに降るのか?」と思っていた
そうですが、「急いで帰ろう」と促され、下山している途中に土砂降りに
遭い、濡鼠になったそうです。




186 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 15:56:27 ID:mII84wQZO
>>90
超遅レスだけど俺も似たような事あったよ。

5年ぐらい前、夜に峠道(軽ならギリギリ行き違い出来る程の道幅)走ってて、
途中でどうしても眠くなったので車を脇によせて休んでたら、
いかにもなイルミネーションギラギラなワゴンRが後ろからやってきた。
横を通る時にスピード落として車内を覗いてたみたいだったけど、
そのまま追い越して行ったので、寝直そうと思ったら
俺の10m程前で停車して、ぞろぞろと3人、これまたいかにもな
少年達が車から降りて、こちらにへらへらと歩いて来た。


187 :続き:2007/06/10(日) 15:57:40 ID:mII84wQZO
「お兄さん何してるんすかぁ〜」
「休んでるんだけど。」
「へぇ〜(ニヤニヤ)」

怖いので助手席側の窓を5センチ程開けて会話。w

「あのぉ僕達ぃ〜ガソリン無くなっちゃったんですけど〜
お金貸してもらえませんか〜?」
金貸しても峠のどこでガス入れるんだよ!?
と思いつつ、雰囲気がヤバい。
相手は3人、こっちは1人。
小学生の頃「拳児」という漫画に影響されて、見よう見まねで
練習した八極拳ぐらいしか武道の心得がない俺では、
とても敵わないだろう。
仕方ないので国家権力様に頼ろうと思い携帯を出す。
「じゃあ、お巡りさんに頼んであげるから待って」
とかけようとすると、慌て出す少年達。
「!?ここって携帯通じんのかよ!?」
「俺の圏外だよ!?」
「俺も!」
と自分達の携帯を取り出し、確認し始めた。

当時、量販店の携帯コーナーにいた俺には分かった…

奴等全員ボーダフォン(現ソフトバンク)だった。

ボーダフォンじゃなかった俺のは普通に繋がった。w


結局少年達は走り去って行きました。
罠ではないけど、ドキドキしたなあ。

188 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 17:46:44 ID:Euo4dWvv0
あるあるw

189 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 19:31:36 ID:riqlIRj+0
ドライブするときは助手席に電動MP5を忍ばせてる俺

190 :本当にあった怖い名無し:2007/06/10(日) 20:51:08 ID:asLZ5THE0
牛鬼渕の怪物


ともふち 貴志川は岩出町船戸のあたりで紀の川と合流するが、
むかしはなかなかの暴れ川でな、水の流れ路も一定しておらなんだそうや。
桃山町の調月には、大歳神社という立派なお社があってな、そのうしろは深い森に
なっており、むかし、むかしは、その貴志川がうねって流れ、この森の北側あたりで
深い渕になってたんやと。
 この渕には実は主(ぬし)がおってな、なんでもそいつはバカでかいドジョウやった
らしいで。
 ドジョウちゅうたら、ちょつとヒゲ生やしてかわいらしいとこのあるやつやが、
この渕に住んでたやつときたら、そらもう人間の背丈以上もあった怪物やったらしいわ。
 そいでな、このドジョウは、時折りは牛鬼(うしおに)に化けて、人々を痛めつけたんやと。
 牛鬼ちゅうのは、頭は鬼で、体の方は牛のような格好をした妖怪らしく、「カーツ」と大きな口を開けると、
たいがいの人は先に目を回してしもうたらしいで。おまけにニワトリなどや
子どもたちも取って食うという噂が広まり、とうとうこのあたりを通る人もなくなってしもたそうな。
 そのころ、この調月には弓の名人との誉れ高い能木(あたぎ)なにがしという郷土が住んでいたので、
村の衆は「なんとか退治して下され」と頼みこんだんやと。
 

191 :つづき:2007/06/10(日) 20:51:39 ID:asLZ5THE0
牛鬼という妖怪は、二つに体を使いわけて、一方は美人などに化けて人の目を引きつけておき、
もう一方の本体は反対側に隠れていてガブリと食いつく・・・という話を聞いていた能木さんは、秘蔵していた大弓を
持ち出し、矢じりも鋭くとぎ直して用意万端ととのえて、大ドジョウの住むという渕へ通うことにしたんや。
 もちろん妖怪なんてしろもんは、昼間には姿を現すはずはないので、毎日、夕ぐれ時から根気よく通うことに心を決めてた。
 こうして大歳神社の裏の深いイチイガシの森にじつと身をひそめること五晩目のこと、いよいよ妖怪が登場したんや。
それもかわいらしい娘さんに化けて、ピーヒョロヒョロと笛なんぞ吹いて、だんだんに能木さんの方へ近ずいてきた。
(おのれ妖怪、いまに見ろ…)能木さんは大弓に矢をつがえてギリギリと引きしぼった途端に、グルリとうしろ向いて大きな口を開けて
食いつこうとしていた牛鬼をめがけて、ヒョ〜と放すとさすがの妖怪も「ギャー」と絶叫して、フッと姿を消してしもうたんや。
 それからあと、牛鬼は二度と姿を見せやなんだ。

192 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 01:17:42 ID:w6FyRCLf0
>>176
石楠花じゃないか?

193 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 02:01:44 ID:GKWHVFGN0
まとめサイトって怖くないオチの話って載らないのかな?

194 :石鬼神様(イオキ):2007/06/11(月) 09:54:22 ID:OfocrHVI0
母の話。あまりくわしくは書けません。ご了承下さい。名前も仮名です。
母は幼少の頃は徳島の山奥の村に住んでました。その日は親戚が集まり
大事な話があったみたいだったので
母と兄は隣の部屋に先に寝かされました。しかし、隣が気になり寝付けずにいると、
隣から祖父の声が聞こえてきました。
「洋子(母の名前)は、まだ若いから石鬼神(イオキ)様のご機嫌がとれんやろ、
今やったら晴海(母のいとこ)やで」
と、母は意味が全く分からなかったのですが、助かったと思ったそうです。
それから次の日に晴海の両親は目を赤く腫らして
帰っていったそうです。1週間後、晴海が山に行って亡くなったと連絡がありました。
その連絡を聞いて母の両親はヒソヒソ話したかと思うと、
祖父の部屋に行ったそうです。
晴海の葬式はヒッソリと行われましたが、棺桶を担いだ母の兄は今でも「軽い棺桶やった、
誰も入ってなかったんやろか」と言ってます。
その後、母は兄と両親だけで村から出ました。完全に夜逃げ状態だったらしいです。
母はそのことを今でも思い出すと「私等が逃げた後、他の親戚が血眼になって山狩りを
しててな〜とうとう私等は行くとこがなくなって、山小屋に逃げたんよ。ほな、そこに
叔父さん(晴海の父)が松明を持ってやってきたんや、けどその叔父は私等を見て、
はよ逃げ!と言ってくれたんや。両親は何回も叔父に頭下げながら私を担いで逃げたんや」
私が20歳を過ぎたときに、母はこの話をしてくれました。村で何があったかも、おぼろげながら
話してくれたましたが他には漏らしたらアカンと言われました。
この話が広まると私達がここにおるのがばれるからなって・・・。現在私の家庭はとても明るく元気です。
しかし、両親にこんな過去があったとわかってから、二人は無理して
明るくふるまってのかなと思います。


195 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 13:27:33 ID:Ozp56fsH0
またコピペか

196 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 13:35:42 ID:oGxgH7B40
>189
PDW?

(・∀・)ニヤニヤ

197 :来訪者:2007/06/11(月) 13:42:06 ID:NA7NUls60
ある日、友達はその「秘密基地」で眠ってしまったらしく、
気が付くと辺りは真っ暗だったそうだ。
親に怒られると、体を起こした時、友達は不気味な音を聞いてしまった。
ゴキゴキ、ゴキゴキ、と、固い物を強引にこすり合わせるような不快な音。
なんだろう?と、小屋から地面を見下ろした時、彼は悲鳴を上げてしまったという。
木の幹を、真っ白でむくんだ顔をした、胴体が小さく手足が異様に長い、
明らかに人間でないものが這い上がって来ていたという。
そいつが、手足を動かす度に「ゴキゴキ、ゴキゴキ」と音が鳴っていたらしい。
その不気味な生き物は、ゆっくりと、彼がいる場所まで這い上がってくると、
その真っ白な顔にニターっと笑みを浮かべて、すーっと消えてしまった。
友達は、慌てて木から下りて、途中で足を捻挫。
夜の山の中で、体中にひっかき傷を作って家に飛んで帰って、
両親にこっぴどく怒られたと言っていた。
それ以来、彼はその小屋へは行っていないと言う。
俺は、友達が寝ぼけただけだと思ってるけど。


198 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 16:14:32 ID:VnHRsGoX0
>>196
SD6にライト付けてる

199 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 16:25:00 ID:w3nlbnU3O
コピペしてくれるのはありがたいが、書いた本人がいてほしいよな。
ソースも知りたいし。

200 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 18:10:53 ID:JNSayuUp0
KSAT-2515

201 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 18:12:01 ID:JNSayuUp0
こわいよ〜

202 :くだりモノ:2007/06/11(月) 21:20:44 ID:NA7NUls60
彼の父方の実家は、現在廃村になっている。
学生の頃、そこで仲間たちとキャンプしようと計画を立てたそうだ。
街からそう遠くないし、RV車でならすぐ近くまで行けるし、水場も残っている。
穴場じゃないかと、調べた皆が思ったという。

「止めとけ」そう言ったのは彼の父だった。

「あそこは時々、すぐ横の山から何かが下りてくるんだ。
 村じゃクダリモノって言ってたけどな。
 その昔は穴掘ったり、鏡を据え付けたり色んなことをして追い返してたけど、
 段々効果がなくなってきたんで、結局村を引き払ったのさ。
 何でそこそこ便利の良い立地で廃村になったのか考えてみろ。
 何事にも理由っていうのはあるもんだ」

ただ、何が下りてくるのか、そしてそれが下りてきて何をするのか、親父さんは
ついに教えてくれなかった。
結局その村には近よらず、近場の有料オートキャンプ場を利用したそうだ。

203 :本当にあった怖い名無し:2007/06/11(月) 22:07:07 ID:eZITiEm40
そもそも山怖の現行スレに、
山怖のまとめからコピペするってのはみんな納得してるわけ?
何がしたいのか意味が分からないんだけど。

204 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 00:41:23 ID:t65NSTRH0
好意的に解釈すれば、活性化したいのではないかな。
まとめスレ読んで満足して本スレ来なかったり、荒しで過疎ったりしているので、
過去にはこんな書き込みで賑っていたよと。


205 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 11:11:08 ID:toLYdlrIO
忘れかけてた話をサルベーシしてくれるのは有難い。


でも、まとめの人が大変だろうから、もっと解りやすくまとめからのコピペと書いておいてあげてほしいな。
コテ酉つけるとか?

206 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 14:32:48 ID:NrwJJnne0
>>205
それは無理ぽ

今まで話を投下してくれてた人達を、コテが付いてるってだけで、さんざん煽ったり
叩いたりして来たんだから
今さら自分がコテ酉付けられやしないだろう
しかも、話を集める事も作る事も出来ないから、洒落怖や山怖の過去スレ辺りから
コピペしてくるだけ

207 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 15:15:19 ID:3HSXbLHe0
情けねぇ

208 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 17:22:33 ID:D00NS3rx0
ほんと情けねぇ

209 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 19:51:04 ID:thf2tE3h0
だがコピペか新作かわからないと色々面倒かなぁ・・と

210 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 20:30:21 ID:5/ZKEZUOO
>>209
確かに。せめて過去スレからだけでなく、別のHPから持ってくれば活性化できるっぽいが…。
自分たちの家の近くに心霊スポット的な山あったらその話でも出し合おうぜ。

211 :本当にあった怖い名無し:2007/06/12(火) 23:21:50 ID:39m0fx4K0
>>167
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ

212 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 00:40:59 ID:LjzkYKx9O
>>211
なんだ?おまえF君か?

213 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 19:52:11 ID:SFmt4lwtO
      _人人人人人人人人人人人人人人人_
        >      な、なんだってー!!    <
        ̄^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^ ̄
   ∩___∩              ∩____∩
   | ノ     u ヽ            / u     u └|  ∩____∩
  / # ●   ● |           | ●   ● # .ヽ/  u    └|
  | u   ( _●_)  ミ          彡   (_●_ ) u  |●   ● # ヽ
 彡、   |∪|  、`\        /     |∪|    彡  (_●_) u   |
/ __  ヽノ /´>  )       (  く   ヽ ノ   / u   |∪|    ミ
(___)   / (_/        \_ )      (  く   ヽ ノ     ヽ

214 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 20:35:44 ID:NqiBxBlIO
AAも、もういいだろ
少しは空気読めよ

215 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 21:23:27 ID:SFmt4lwtO
読む空気がないんだクマ――――――――!

216 :本当にあった怖い名無し:2007/06/13(水) 21:51:44 ID:gmfe7EhK0
>>176
木瓜(ボケ)の花かな。
うちの地方でもそういう言い伝えみたいなのがあって、摘んで帰って怒られたことがある。

217 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 03:53:26 ID:2jOA52Nf0
>>194

この話の、もうひとつの怖いところは
「母と兄をつれて逃げた」という両親と
「過去を背負って明るくふるまっていた二人」という両親が
じつは、それぞれ違うということだ。
村での過去を語り、明るくふるまう「私」にとっての両親。
それは、洋子とその兄ではないのか?

218 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 04:14:15 ID:olUYa0B5O
いつだか忘れたけど、娘さんが山で何かに取り憑かれた話覚えてるシトいない?
その後が気になる。

219 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 04:54:08 ID:2jOA52Nf0
>218
ヤマノケだね。
もう時間がない、みたいなこと書いてたけど
結局その後、続報ナシだったな。

220 :本当にあった怖い名無し:2007/06/14(木) 05:26:00 ID:1ql2s7mKO
ヤマノケのその後について聞こうと思ってきたらレスあってびっくり

どうなったんだろうね
心配だ

221 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 10:33:27 ID:dkSf0lJl0
幽霊マンションの続きは、、、。

222 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 10:46:45 ID:TZDBb4hm0
>>25みたいな話が
ttp://www.cnn.co.jp/world/CNN200706140011.html

223 :近年稀に見る糞コテ ◆wJ8CKQiIzc :2007/06/15(金) 14:46:28 ID:CnPD0mWoO
>>221
雷鳥自演乙。

こうして雷鳥がわくのを押さえた俺なのであった。

224 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 15:15:26 ID:Fkas9cIkO
そういうことは
自分で言わないほうがいいですよ。

まるで自己満足しているように
見られてしまいますからね。


225 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 15:57:39 ID:g88J9ive0
山の話ではないが記しておく

〜陰毛が長い〜

下総の国の豊田郡石下村に、東弘寺という一向宗の寺院がある。
この寺はたくさんの寺宝を所蔵している。
 寺宝の中に「七難の揃毛(そそけ)」というものがある。五色の毛の房で、
長さは十数メートル。今に至るも何の毛なのかわからない。近江の竹生島、
信濃の戸隠山にも、同様なものがあるとされる。
 言い伝えによれば、むかし一人の怪女がいて、名を「七難」といった。
その人の陰毛なのだという。

 『塵塚物語』には、竹生島の七難の揃毛のことが載っている。また、
最近刊行された『竜宮船』にも記されている。 

226 :本当にあった怖い名無し:2007/06/15(金) 20:31:48 ID:m7hHYrJ+O
コテだろうがなんだろうが
書きたきゃかくのだwwwと草はやしてみる。

227 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 18:50:06 ID:EF8RWsuZO
>>226
後でちゃんと刈っとけよ。

228 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 21:30:01 ID:nxwtqXulO
以前書いたような気がするけど、書く。
幼いとき父と二人で登山して木の枝を何本拾って持って帰ろうとした。
が、帰り道ずっと後ろに何かついてきて、振り替えっても誰もいないのに何かがいる気配がする。
しまいに私が泣き出すと、父が木の枝を道に置いて
「きっと勝手に取って来たから山の神様が怒ってるんや。山に返して帰ろうな。」
と言って、二人で山に向かって謝って帰った。
すると気配はすっかり無くなり、体もふっと軽くなった。
そのこと以来山には神様がいると信じてる。

229 :本当にあった怖い名無し:2007/06/17(日) 21:57:13 ID:0N65y5un0
読んだような気がするけど好き

230 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 00:41:14 ID:poSO6MiP0
俺が一番好きな話しは
小さい頃親父と一緒に山に入ったがはぐれた。
おろおろしてると見たこともない川沿いに見たことも無い生き物が現れて
「迷い込むにもほどがある]っとか言ったあと。その子供を現世に送り返した

っつー話しだわ。
今のところこの話しを超える物語には出会ってねーな。

231 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 08:03:03 ID:mcvFRRwT0
>>230
端折りすぎにもほどがある

232 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 09:55:37 ID:7L1n84c70
>>230
たしかに、もっかい読みたい話だな。

233 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 12:49:20 ID:4RMESZXS0
>>230
よくわからんから、その話拾ってきて。

234 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 15:06:16 ID:dW9Ge2UE0
過去スレからのコピペならいらん

235 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 15:34:45 ID:LCb7uSYh0
http://up.nm78.com/old/data/up021996.jpg

236 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 19:18:16 ID:ODxmK9+UO
>>235
キモイよ…

237 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 19:51:29 ID:mcvFRRwT0
まとめに載ってなんだけど、フルーチェの話持ってる人いない?

238 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 20:31:24 ID:lEsHWeECO
>見たことも無い生き物が現れて
>「迷い込むにもほどがある]っとか言った

あったかそんなん…似たので緑の糞のなら記憶しとるが

239 :本当にあった怖い名無し :2007/06/18(月) 21:05:15 ID:3T68WGWK0
>>237
CMの女が不細工って話か?

240 :本当にあった怖い名無し:2007/06/18(月) 21:19:37 ID:i0pvveETO
>>235
口の中に眼球いれてるのかと思ったよ

241 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 04:03:56 ID:P3Tl3Rsf0
>>235
『リング』の貞子のマネか?

242 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 09:04:35 ID:E/42RIX40
>>235
眼射してほしいの?

243 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 14:28:37 ID:RdE/GnLm0
眼射といえば目から血を噴射して威嚇するトカゲいたよね?
名前なんだっけ?

244 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 15:02:30 ID:upsytqM/0
とある年の初秋、越後の守門岳に登った時のこと。
 登っている途中から、今にも泣き出しそうな空だったが、
事もあろうに最高峰の袴岳の頂上で最初の1滴が顔に当たった。
あわてて引き返したが、時すでに遅く、大岳からの下りでは、
登山道に川みたいに水が流れるほどの大雨になった。
 雨に濡れ、ともすれば足が滑りそうな地面の状態の中、道に設置された
人工的な階段を、この時ばかりは心底有難いと思った。一歩一歩必死に下り、
ようやくにして登山口近くの「保久礼小屋」あたりまで戻ってきた頃には、
周囲は既に薄暗くなりかけていた。
 やれやれ、どうやら無事に終わった… 私は、ほっと安堵の息をつき、
小屋の前を通過しかけたのだが…
 ふと、何物かの気配を感じ、私は、はっと小屋の方を振り返った。
 すると… 開け放たれた、その小屋の入口あたりに、白くぼうっとした
人影らしきものが、静かに佇んでいるのが一瞬、私の目に映った。
 ん、何だ?
 しかし、次の瞬間には、その人影は、さっと小屋の奥へと引っ込み、
姿を消してしまった。
 誰だろう…?
 それだけのことだった。しかし… その気配に、私は何故か本能的な身の
危険を漠然と感じ、思わず全身がゾーッとした。当然、その白い影の何たるかを
確かめるような勇気も起こらず、私は足早にその場を後にした…
 その後、年末までの間、私の身辺には、何故か様々な災難ばかりが降りかかった。
どうも釈然としない日々を過ごしていくうち、とうとう日光の根名草山への途中の
避難小屋で、はからずも死者を発見するに及び… まさか、あの守門岳の麓の
小屋で見た白い影は、今回の事件の予兆だったのでは… などと、
根拠もないままに思わず結びつけて考えてしまった次第。
 無論、白い影など、気のせいだったのかも知れないし、一連の災難も単なる
偶然の結果に過ぎなかったのかも知れない。が… 少なくともこれだけは断言できる。
山であろうと下界であろうと、妙なものを見た時には重々気をつけた方がよい。そういう時は、
たぶん心身が疲れていて、思わぬ災難に遭う場合がありうるのだということを…


245 :本当にあった怖い名無し:2007/06/19(火) 15:54:42 ID:BVLg/Euz0
ttp://www.geocities.jp/yamazaki_hiroki2000/alpine-unbelievable.html#sumon

246 :本当にあった怖い名無し:2007/06/21(木) 06:54:02 ID:SHxxodp9O
>>244の話、
疲れとゆうか研ぎ澄まされてしまって
見たんじゃないかな。

247 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 21:06:47 ID:2AReem+40
保守

248 :本当にあった怖い名無し:2007/06/22(金) 21:30:58 ID:+bDMT5Gz0
うーん、3か4の頃からの住人で嵐も何回か体験してきたりしたが、
ここがまさか保守が必要になるとはなぁ…。

日本の山林の荒廃は本当に酷い事になっているんだなぁ…。


249 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 00:06:15 ID:ltrT62p9O
一見さんがいなくなったからだよ多分。

250 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 20:16:52 ID:sN9AHKR90
保守
これだけでは何なので…。
相次ぐコテ叩きでコテの皆様に愛想を尽かされ、コテの擁護をすれば、
ジエンと罵られ、枯れ木も山のにぎわいと思って、自分の体験談を投稿
すれば「糞虫」呼ばわりされ…。
大好きなスレだったので、なくなってしまうのはつらいことだ。
こんなことを書いても、また「糞虫」呼ばわりされるだけだとわかって
はいるのだが…。

251 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 20:27:13 ID:gu2GdHlg0
落ちるなら落ちていいんじゃない
叩き耐性がMAXな雷鳥にまで愛想つかされたんなら終わりだろ
(雷鳥は仕事が忙しくて来れないだけだと思うけどね)

252 :本当にあった怖い名無し:2007/06/23(土) 23:42:56 ID:YbtwRnydO
まあ、漏れは気長に待つさ。

253 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 01:03:02 ID:BTbo3aP7O
雷鳥の仕事って自宅警備だろ?

254 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 01:10:39 ID:2akTHIqs0
雷鳥の仕事は国際的な救助活動じゃないか

255 :本当にあった怖い名無し :2007/06/24(日) 03:08:43 ID:QUcdyt+40
今、夏毛に生え変わってるんだよ

256 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 05:51:14 ID:zUo1MNZ1O
      i-‐''´ ̄ ̄へ 
     _/--‐‐───i,          
   -‐━=ニニ二ニニ==‐-       
    {:::;;::::i' ,===、___,===、:;.:}
   {::;:;:;:::| l;;;;;;;;;;l⌒l;;;;;;;;l|;::;:)      
   (::;:;:;::;:| ヽ ( _●_) イミ::/     
   ヾ::;:: 彡 亅 ヽノ,, /:::丿      
     /     ┌─┐      それ毎年言ってるクマー   
    |´  丶 ヽ{コーヒ }ヽ         
     r    ヽ、__)ニ(_丿        
     ヽ、___   ヽ ヽ         
     と____ノ_ノ   

257 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 07:49:00 ID:2AivPdluO
いや・・・雷鳥は・・・もう・・・

258 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 08:34:05 ID:Nz2QjP190
絶滅の危機

259 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 08:56:42 ID:3pFsTwh60
まだだ!まだ終わらんよっ!

260 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 09:40:09 ID:zUo1MNZ1O
/  ●   ● | どうなってるクマ・・・
誰も終りだなんて言ってないクマ、むしろこれからが
夏本番!千客万来なんだクマ―――――――っ!



261 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 16:42:57 ID:SPidUiKD0
そういや前スレあたりでオコジョが出没していたな。
雷鳥、獲られちゃったのかな・・・


262 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 16:50:33 ID:9d1RXA1B0
多忙な雷鳥はともかく、全裸隊とかもどうなったんだ?
まったく内容は読んでなかったけど、
以前からいた奴だしいなくなると物足りない物がある

263 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 17:15:33 ID:Eu8k/sH2O
語り部って言う日本語が理解出来ないサルが、コテ・酉付けてのさばってるから、みんな来るのを遠慮してるんだろ

もっとも、そのサルはこのスレになってからの新顔コテ達には、文句を言わない

なんでだか知らないけど

264 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 19:16:12 ID:C2flIV1C0
たまーに名無しさん達がポツリ、ポツリと投稿する程度で
いいのではなかろうか。

265 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 19:35:10 ID:xN50vdiX0
それで過疎り且つ厨臭いスレになるのは海怖スレが証明してる
洒落怖とかほんのりとかはポピュラー且つ範囲問わないから人来るけど、
範囲が限定される山怖スレだとコテがいないと厨臭くなる
現に今下ネタとかクマとかサルとかコピペとか厨臭くなってる

266 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 20:52:52 ID:BTbo3aP7O
>>265
雷鳥乙って言われるぞ。
というか、コテが出てきたらこの流れプラス、コテ叩きでスレが荒れるだけが正解。
コテ酉つける奴は自己顕示欲だろ。妄想オナニーを垂れ流しているんだから叩きや悪い批評も受け入れるべきなんだが。
逃げ出したということは雷鳥含めコテどもは坊やだったってことだ。
ここは2ちゃんなんだから嫌なら他所でオナニーすればいい。

267 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 21:03:05 ID:xN50vdiX0
コテってNGするためのものじゃないの?
自己顕示欲もあるだろうけど、専ブラ入れてりゃ回避できるじゃん
そういう方法を取らないで、お前嫌いだから消えろ、とか言ってるのを厨臭いって言ってんだけど
あと書込まないのを逃げたと決め付けてる辺りも何かの厨ガイドラインに載ってた気がする
NWとか金太とかの一部コテは仰る通り荒れるだけだから帰ってこないで欲しいけど

268 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 21:26:20 ID:WcjSvxJq0
雷鳥を目の仇にしてる奴って何度かここにかきこんでスルーされた奴っぽくて痛いw
  



269 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 21:30:19 ID:sRCwFUrL0
NGすれば済む話なのにな
むしろ>>266みたいな奴が自己顕示欲だろ
そういや前のageアンチも携帯だったしな

270 :本当にあった怖い名無し:2007/06/24(日) 21:38:08 ID:4XhtT1t80
煽ってるやつは低能だから専ブラの存在自体しらないんじゃね?

271 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 00:58:35 ID:z86h+KsQ0
>>186-187
とりあえず、お前がおやぢ狩りの対象にされる、ピザオヤヂだという事はよく分かったw
こういう奴

   (  人_____,,)
    |ミ/  ー◎-◎-)    
   (6     (_ _) )   
   ノ|/ ∴ ノ  3 ノ、   
 /   \_____.ノ  ヽ   
/   ,ィ -っ、        ヽ
|  / 、__ う 人  ・ ,.y  i
|    /        ̄ |  |
 ̄T ̄      x   9  /
   |   ヽ、_  _,ノ 彡イ
   |     (U)    |

272 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 02:10:51 ID:bW7WfFKY0
他人を貶めて優越感を感じてるのかな
でも、他人を貶める分だけ、むしろそれ以上に自分のことを貶めているよ
傍から見ている人間が感じるのはそれこそ蔑みと哀れみ程度だよ

とマジレスしてみる

273 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 05:51:03 ID:ZBI3uYEh0
わざわざNGしやすいようになってるのになぁ。
気に食わなかったらさっさとNG登録すりゃいい。

それよりもスレ盛り上げのつもりか知らんが、
やたら色んなところから出展元を伏せたままコピペしてるヤツのほうが俺には厄介だ。
あぼーんしにくい。

274 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 08:07:52 ID:qkzewuLZO
また雷鳥の自演か

275 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 09:20:18 ID:EkAHxY8z0
>>274
携帯から偉そうに「また自演か」とか書き込まれてもなあw 説得力全然ナシ。

雷鳥自演って以前から中傷するヤツいるけれど、他の板やスレで見てきた経験からすると、
自演するコテって絶対にどこかでボロを出してる。
コテ消し忘れたり、同じIDで自分にレス付けたりしてね。
(このスレでも過去にいたけどな)
文章の組み立てっていうか、くせってものがあるから当たりも付けやすいし。

雷鳥が出没し始めたのがPart3スレ辺りからだから、仮に自演していたとしても、延々30スレ
以上に渡ってバレるようなヘマを1回も打っていないということだ。
あれだけ発言多いのにさ。それって実は凄いんじゃね?

ま、普通に考えたら「自演してないんじゃないの?」って方が単純だとは思うけどなw
疑いだしたらキリないしね。陰謀論好きなヤツって多そうだし。

ひょっとしてこの書き込みも、また「雷鳥乙!」とか言われるのかなw

276 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 09:46:58 ID:IFx75An40
自演は単発ならまだしも、継続してやるのは結構難しい。
それを暴こうとする奴らの粘着もスゲーし、最近は専ブラのレス抽出機能や、
何が楽しいのか一定数以上のレスをつけるとID晒されるサイトなんてのも存在するし。
工作員が跋扈するゲー板やアニメ、家電板辺りに行ってみろ、
下手すると毎回IDが変わる単発自演ですら見破られてるぞ。

雷鳥以下のコテを擁護するつもりも無いが、あいつらがやたら自演を繰り返していたとは
思えん。ま、自演ゼロとも思えんが……。
つーか、自演論争する暇があったら、作り話でもコピペでもいいから、怖い話を書き込め
つーの。

277 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 10:45:42 ID:lffglNvLO
>>275
かなりの部分同意するが
「携帯から偉そうに」は聞き捨てならん!



278 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 11:15:59 ID:PoPaczyW0
コテだろうが名無しだろうが、創作だろうが実体験だろうが、面白ければ文句なし(・ω・)ノ

279 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 11:24:56 ID:qkzewuLZO
>>275
いや、お前はただのキモヲタだろ。
お前の脳スペックでは長期のコテ自演したら「絶対」バレるが、雷鳥クラスのキモヲタは違うな。自演は自分が出る前の雰囲気作りと出た後のマンセーと批判が集まった時に少しする程度だな。小胆な奴だからそこは繊細にやっている。

というか、>>275は俺のここ2〜3スレのレス拾ってきてみろよ。全部当たってたら褒めてやるよw

「文章の組立」は同じだからお前ならわかるだろ?w

280 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 11:33:48 ID:qkzewuLZO
>>277
ヒキヲタだから携帯持ってないんだろ。
俺は2ちゃんするならPCより携帯の方がしやすいから携帯でしてるんだが、外とか少し時間がある時にもできるし。
まぁ一番の理由はキモヲタのAAが思い浮かんでPCに向かって2ちゃんって何かキモい。オカ板だし、よけいキモく感じるな。

281 :本当にあった怖い名無し :2007/06/25(月) 11:49:40 ID:Wf+rjGRR0
山にまつわる怖い話はありませんかー?

なさそうだな…

ちょっとスレチかもしれんが
どこどこの山奥には隠れた集落があって行くと
酷い目に合うってのはやっぱり都市伝説?
うちの近くの山(六甲山です)にもあるんだが
登山道だらけで超メジャーな山にそんなのあるわけねぇwって思った
どこにでもあるんでしょうねぇ
廃村になった村にずっと残ってる人がいて
事情を知らない人が見たらびびる、みたいな話かなぁ

282 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 15:15:31 ID:KA4vl9F10
>>281
そこまで振ったなら当然六甲山の話してくれますよね?


283 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 15:16:04 ID:Aawcz7vR0
>>281
奥多摩の奥の廃村に90才くらいの人が一人で暮らしてるって
何年か前にTVでやってたよ。
一週間に一度親戚が食料を運んでくるそうな。

284 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 15:19:45 ID:gb3xYWBK0
六甲山に廃村なんてあったっけ?

285 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 16:43:20 ID:BYtj45yl0
>>279
275じゃないが、たくさんの話を投下してくれるコテならともかく、大した文章(主に罵倒w)書いてるわけでもない君の
クセなんてわからないのが普通じゃないかしら?
279とかの一連のカキコはどーみても自意識過剰に見えるよん。
逆にいや、君がPC持っていない無職って可能性も否定できない訳で。

>>277
でも携帯でしつこく意見している人って、何となく自演っぽく見えて仕方ない。
PCと携帯で一人二役ってのが一番手っ取り早いかと思うから。
素人考えかな?


286 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 17:29:11 ID:EPZuxh0H0
どーでもいーですよー

287 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 18:00:47 ID:VsVLYlDc0
携帯粘着野郎NGするからさっさとコテ付けろよ
ていうか自分と意見違う奴がいると全部雷鳥自演か、おめでてー頭してんな
NWとかよりキモイわ

288 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 18:15:59 ID:lffglNvLO
>>285
あるある以前PCと携帯で自演したけど
自分で壺入って(あまりの滑稽さに)爆笑したクマ!


289 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 19:48:08 ID:qkzewuLZO
>>287
意見が違う人、全てが雷鳥だと誰もレスしてないよ。
脳内で勝手に変換しないでくれない?お前とは伝言ゲームできないな。

とりあえず…









雷鳥乙wwwwwwww

290 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 20:00:30 ID:AGS8jO8r0
これはキモいわ

291 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :2007/06/25(月) 22:46:47 ID:/KZqMefY0
増水し、流れの速い川を渡ろうとして、濡れた岩に
足を取られた。
腕、胴、顔をこすりながら、泡立つ川へ落ちてゆく。
痛みより恐怖を感じ、強い諦めも同時に感じた。
ほんの数秒流されれば、滝がある。
そこを落ち、叩きつけられるだろう。
それなら苦しまずに済む。

自分が上を向いているのか、横向きなのか
その姿勢も分からず、軽やかな泡が顔の周りで
弾け続けるのを感じ、目を開けられなかった。

不意に、右足を強く引かれた。
岩の隙間に挟まったのだろうか。
動けなければ、ここで溺死するかもしれない。
滝から落ち、叩きつけられて即死するのは仕方ないと諦めていた。
無性に溺死が嫌だと思ったが、どうにもできないまま、
流れに全身を揺さぶられていた。
息が出来ない。

292 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :2007/06/25(月) 22:47:35 ID:/KZqMefY0
誰かの手に髪をつかまれ、頭が乱暴に引き上げられた。
口に、鼻に、空気が流れ込み、胸を満たした。
再び顔が水に潜り、空気を吸った鼻に水が流れ込んだ。
またかよ、と短い間に絶望が広がった。

足首が捻られ、掴まれ、さらに強く引かれた。
瞬間、水が遠ざかり、身体が軽くなる。
全身に衝撃を感じ、目を開くと川原に転がっていた。

そして、手はどこにも無い。
無論、誰も居ない。
川は激しい音を立てて流れていた。

293 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 23:03:44 ID:Mj59F5lQ0
相変わらずよくわからんが全裸久

>>289
さっさとコテつけろ屑

294 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 23:15:30 ID:qkzewuLZO
>>293
今日、レスが多いが単発ID率高いな…。

雷鳥の野郎が紛れていやがる、なぜならゲロの臭いがプンプンしているからだ。
>>291
さすが全裸隊氏!どこかの自演マンセーレスする糞なバードとは天地ほどの差がありますな!次回作も期待ageです!

295 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 23:19:52 ID:Mj59F5lQ0
だからさっさとコテつけろ屑

296 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 23:27:23 ID:qkzewuLZO
>>295
このスレは君の生き甲斐だから荒れるのが嫌なのはよくわかるが、2ちゃんで顔真っ赤にしてもしょうがないよ?
嫌なら電源切ってオナニーして寝なさい。

まぁ、コテ叩きを粘着して叩くのはけっこうな確率で自演コテ、もしくは他板で糞コテしているか、だな。
お前には全裸隊氏の爪のアカを飲ませたい。

297 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 00:18:55 ID:1oplcWJn0
どっちもキモイからどっか池

298 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 00:35:17 ID:BbdvZKJEO
小手!メーン!

299 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 01:09:22 ID:NsA4RPo4O
このスレは稀にホームランが出るのでお気に入り。
良いスレだと思うし気長に待とうぜ。さげ。

300 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 01:37:25 ID:P7AR9VeS0
もう20年以上前のことかな。
当時はオフロードバイクで、いろんな林道を走り回ってた。
確か秋だったと思う。
妙義荒船林道という未舗装路をひとりで走っていた。
確か群馬の安中あたりから軽井沢に抜ける
深い山の中を抜ける結構長い未舗装路だ。

時間はもう夕方。
何度か通っている道だったが
山奥で日が暮れたら洒落にならないので、結構飛ばしていた。

軽井沢まであと数キロというところで、
かなり先に見えるコーナーに人らしきものが立っているのが見えた。
こんな時間に、林道に人!?
ちょっと焦った俺は、その人影が近づくにつれ、
もっとビビることになる。

そいつは、編み笠を頭に被ったいかにも田舎風の格好だったが、
片手には背丈以上の長さの巨大な鎌を持っていたからだ。
そう、まるで西洋の死に神が持っているようなヤツだ。
そして、そいつは道を塞ぐように立ちはだかりやがったのだ!

301 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 01:39:18 ID:i7wZkuW10
増水し、流れの速い川を渡ろうとして、濡れた岩に足を取られた。
腕、胴、顔をこすりながら、泡立つ川へ落ちてゆく。
痛みより恐怖を感じ、強い諦めも同時に感じた。
ほんの数秒流されれば、滝がある。
そこを落ち、叩きつけられるだろう。それなら苦しまずに済む。
自分が上を向いているのか、横向きなのか
その姿勢も分からず、軽やかな泡が顔の周りで
弾け続けるのを感じ、目を開けられなかった。
不意に、右足を強く引かれた。岩の隙間に挟まったのだろうか。
動けなければ、ここで溺死するかもしれない。
滝から落ち、叩きつけられて即死するのは仕方ないと諦めていた。
無性に溺死が嫌だと思ったが、どうにもできないまま、
流れに全身を揺さぶられていた。息が出来ない。
誰かの手に髪をつかまれ、頭が乱暴に引き上げられた。
口に、鼻に、空気が流れ込み、胸を満たした。
再び顔が水に潜り、空気を吸った鼻に水が流れ込んだ。
またかよ、と短い間に絶望が広がった。
足首が捻られ、掴まれ、さらに強く引かれた。瞬間、水が遠ざかり、身体が軽くなる。
全身に衝撃を感じ目./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\を開くと川原に転がっていた。
そして、手はどこにも|  うるさい創作   |無い。無論、誰も居ない。川は激しい音を立てて流れていた。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .\_______/ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   ∨      (゚∀゚ )
                  <⌒/ヽ-、__ノヽノ |
                /<_/____/ < < >全裸隊 ◆CH99uyNUDE

302 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 01:44:57 ID:i7wZkuW10
293 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 23:03:44 ID:Mj59F5lQ0
相変わらずよくわからんが全裸久
294 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 23:15:30 ID:qkzewuLZO
>>293
今日、レスが多いが単発ID率高いな…。
雷鳥の野郎が紛れていやがる、なぜならゲロの臭いがプンプンしているからだ。
>>291
さすが全裸隊氏!どこかの自演マンセーレスする糞なバードとは天地ほどの差がありますな!次回作も期待ageです!
296 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 23:27:23 ID:qkzewuLZO
>>295
このスレは君の生き甲斐だから荒れるのが嫌なのはよくわかるが、2ちゃんで顔真っ赤にしてもしょうがないよ?
嫌なら電源切ってオナニーして寝なさい。
まぁ、コテ叩きを粘着./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ して叩くのはけっこうな確率で自演コテ、もしくは他板で糞コテしているか、だな。
お前には全裸隊氏の爪|  うるさい自演   | のアカを飲ませたい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .\_______/ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   ∨      (゚∀゚ )
                  <⌒/ヽ-、__ノヽノ |>>291>全裸隊 ◆CH99uyNUDE
                /<_/____/ < <

303 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 01:47:13 ID:i7wZkuW10
293 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 23:03:44 ID:Mj59F5lQ0
相変わらずよくわからんが全裸久
294 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 23:15:30 ID:qkzewuLZO
>>293
今日、レスが多いが単発ID率高いな…。
雷鳥の野郎が紛れていやがる、なぜならゲロの臭いがプンプンしているからだ。
>>291
さすが全裸隊氏!どこかの自演マンセーレスする糞なバードとは天地ほどの差がありますな!次回作も期待ageです!
296 :本当にあった怖い名無し:2007/06/25(月) 23:27:23 ID:qkzewuLZO
>>295
このスレは君の生き甲斐だから荒れるのが嫌なのはよくわかるが、2ちゃんで顔真っ赤にしてもしょうがないよ?
嫌なら電源切ってオナニーして寝なさい。
まぁ、コテ叩きを粘着./ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄\ して叩くのはけっこうな確率で自演コテ、もしくは他板で糞コテしているか、だな。
お前には全裸隊氏の|  うるさい自作自演 |爪のアカを飲ませたい。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ .\_______/ ̄∨ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
                   ∨      (゚∀゚ )
                  <⌒/ヽ-、__ノヽノ |>>291>全裸隊 ◆CH99uyNUDE
                /<_/____/ < <

304 :連投スマソ:2007/06/26(火) 02:20:07 ID:P7AR9VeS0
半ばパニックなりつつも、きっと地元の人だと自分に言い聞かせ、そいつの前でバイクを止めた。
「この先は行けないよ」とオヤジ。
「どうしてですか?」と俺。
「崖崩れで道が塞がってる」

軽井沢までもう数キロのはず。
夕暮れだし、また来た道を延々と帰るのがイヤだった俺は、
「バイクだから通れるかも知れないので、行ってみます」と言い、一礼してバイクを走らせた。

すると、すぐに大規模な崖崩れに遭遇。
通過を断念し、仕方なく引き返すことにしたのだが、あのオヤジにまた合うのが気まずい、というか気味が悪かった。
しかし、引き返す途中、どこにもあのオヤジがいない!
崖崩れ現場までの往復時間なんてたかが知れている。
そういやオヤジのいた場所に、クルマなんて止まっていなかった!
どこの林道でも、普通地元民はクルマで入ってくるはずなのに!

どんどん日が暮れていく中、
俺は滅茶苦茶恐くなって、狂ったようにバイクを飛ばした。

結局、俺は無事に国道18号へ出ることができたんだが、
あの巨大な鎌を持ったオヤジの声とか顔をはっきりと思い出すことができなくて、すごくイヤーな気分だった。

…それから数年後、
バイク仲間達があの林道に行こうと誘ってきたことがあった。
肝試しツーリングだと言う。
「何年か前にあの林道で自動車の事故があったらしい。崖から転落したらしいんだけど、なんでも運転手の首が…」

俺がそのツーリングを断ったのは言うまでもない。



305 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 03:22:49 ID:DXPwQ2KT0
>はっきりと思い出すことができなくて

というより
お前たち1億2千万は
ごくありふれた知己たちの顔も・・・いや一瞬前まで見ていた鏡に映る自分の顔すらも
はっきり鮮明に、又そのものがあるがごとくに想起してこれない。

だから、他の国の人たちのように掛け算表ではなく、言葉で九九の数え歌を脳内で歌いながらでなければ
簡単な計算すらも出来ないのだ。そのように知能を一切無くして作ったのだ。

そうしてそれが進行し、何もかも、そう・・・いまさっき飯を食ったことまで忘れるようになるのがアルツハイマ−症。
そして、自分の顔すら、契約した悪魔リリンに醜く変えられて、契約したショックでその事に気付かず
時々刻々のそれぞれの自分の顔すらも全く思い出させないから、猛烈な速さで老化してゆく。
テロメアなど蜥蜴や鼠の方のが長いのに、老化と関係があるものかw

306 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 09:22:11 ID:9BL7eYuYO
なるほど勉強になった

307 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 12:25:43 ID:2pWxWvOg0
さっさと自分の国へ帰ってください

308 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 12:55:28 ID:1FrmPzYRO
保守がてら投下。怖くないけど

自衛隊には、山での訓練が年に何度もあります。
大きな演習場は大抵山麓にあり、結構深い森に囲まれています。
某地方の演習場で先輩の隊員が体験した話。
その夜、A士長は、敵から離れた場所にある、指揮所の警戒に立っていたそうです。

普段はそのような場所にたつと大体暇か眠いだけでおわるのですが、その日は思わぬ不審者にでくわしました。

木と木の間から、何者かが覗いていたのです。
まっすぐにこちらを見ている顔は、人間のものでした。
ただ、髪の毛のないその頭のサイズは、体の3分の1ほどもあったと言います。
明らかに敵役部隊の人間でも、味方でもありません。
しかしながら、警戒に立っている以上は不審者を放置出来ません(先輩すげぇwww)ので、銃を構えてA士長は誰何(問い質す事です)したそうです。

「誰か」(誰だ、の意味)
しかし答なく、その大きな顔は、じっとこちらを見ています。
もう一度、誰何するもやはり「それ」は答えませんでした。(もしかしたら、「だれか」の意味が分からなかったのかもしれませんがwww)

しばらく相対したあと、彼は人間と思えない早さで走りさっていったそうです。

初めての投下で、携帯からつまらない乱文すみません。
私個人は、戦車隊員のフリチンを拝みかけたことくらいしか恐怖?体験がないのですが、いくつか先輩から聞いたものから投下いたしました。

309 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 15:34:03 ID:C8QFpX/G0
>>308
自らの鉄鋼弾を撃ち込もうとしてたんだろう。

310 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 19:23:50 ID:fP/tGUp00
>>300>>304
山腹を走っている林道は幾重にも九十九折になっていることもあるから
車は無理でも歩行者なら崩落箇所を通らずに林道の先の地点に行くのは
決して不可能じゃないと思うけどなあ。
山怖のずっと前のスレでバスに乗って山を下っていたら同じ年格好の
地元民らしい人に何度も出くわしたという話があったよ。
九十九折の道で歩行者が山腹の近道を急いで降りたら
バスを追い越せたという体験者の話もあったような気がする。

311 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 22:06:05 ID:mx+bdjqB0
>>307
さっさと七夕の国へ帰ってください

312 :本当にあった怖い名無し:2007/06/26(火) 22:23:30 ID:8j9csBz40
>>311
超能力ーとか言って穴あけられたらたまんないもんなw

313 :本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 14:38:48 ID:HBDO/oZWO
虚の中の男の中の漢と書いて「オトコ」と読む。さんの新作はまだですか?!

314 :本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 16:14:09 ID:2lynvMVl0
ID:qkzewuLZO=ID:HBDO/oZWO=虚男乙

315 :本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 16:50:36 ID:HBDO/oZWO
いいえ僕はID:Mj59F5lQ0です。虚男さんはまだですか?早く来て下さいっ><

316 :やっぱあほーがんよ:2007/06/27(水) 16:53:21 ID:HBDO/oZWO
うんばらほっ

317 :本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 17:36:57 ID:aGQF+D+c0
とっぴんぱらりのぷぅ−

318 :本当にあった怖い名無し:2007/06/27(水) 23:11:14 ID:0yaM5uTQO
このスレしばらく見ないうちにとっぴろきー

319 :山師 ◆suo7e6v1qE :2007/06/28(木) 13:38:52 ID:2a30bv630
森を歩いていると、茶色い鹿の足らしきものが落ちている。
獣の喰い残しであろうか。

さらに進むと、もう一本落ちていた。

3本目の足は赤い血がまだ固まらず、土を汚していた。

4本目の足が、木に縛り付けられているのを見たとき、
彼は得体の知れない恐怖を感じた

ガサガサと藪の擦れる音がしてその方向に目をやると
小さなサルの様な生き物が此方に近づいてくるのが
見えた。

恐怖でブルブルと震えていた彼の前に立つと、そのサルが口を開けた
「お前も食うか?」・・・

その言葉は太く短い男の声だったという
男は一目散に山を駆け下ったのだという。


320 :本当にあった怖い名無し:2007/06/28(木) 13:51:58 ID:lBhoQd/Q0
洞窟オジさんだな。

321 :本当にあった怖い名無し:2007/06/28(木) 16:24:38 ID:bvsPAVK90
いや、猿ジジイだろ

322 :本当にあった怖い名無し:2007/06/28(木) 17:19:11 ID:3JOEI8mR0
ttp://yamakowa.fc2web.com/body0801.html
まとめサイトから抜粋&改変?

323 :山師 ◆suo7e6v1qE :2007/06/29(金) 14:41:42 ID:lvHdpyem0
>>322
わたすのオリジナリテー溢れる快作に結つけんのか?
オメエが書いてみろ?

324 :本当にあった怖い名無し:2007/06/29(金) 15:58:33 ID:q3mKgJeJ0
自分でオリジナルティー溢れる快作とか書いてる時点でもうアウト(´∀`)
改作の間違いでは?
ついでに結はつけません。
ケチをつけます。

325 :山師 ◆suo7e6v1qE :2007/06/29(金) 16:15:43 ID:h3QodVJY0
オリジナルティーじゃない!

オリジナルテーだ!

326 :本当にあった怖い名無し:2007/06/29(金) 16:25:42 ID:q3mKgJeJ0
あ、すまん。
オリジナルテーね。

327 :本当にあった怖い名無し:2007/06/29(金) 17:55:57 ID:vh71b+yeO
関係無いが
2ちゃん発のジョークで
ウリジナル
ってのがあったのを思い出した

328 :本当にあった怖い名無し:2007/06/29(金) 19:51:10 ID:ewWiNOejO
なんにしろ創作って叩かれるぞ!

329 :本当にあった怖い名無し:2007/06/29(金) 20:11:57 ID:LPU/D3if0
お前妖怪とか幽霊が本当にいると思ってるのか?
創作に決まってるじゃん。

330 :本当にあった怖い名無し:2007/06/29(金) 20:42:23 ID:9UGGYIro0
俺なんか両親の創作だと思ってたら、母親と隣のおっさんの創作だったぞ

331 :本当にあった怖い名無し:2007/06/29(金) 20:56:56 ID:dXuPQN7N0
水木しげる先生が描くところの妖怪が実在するとは思っていないが、里山で生活する者としては
何か得体の知れない怪しい存在がいるかも・・・と思うことはある。
確かにそこに息づいているのだけど、名前が付けられたり調べられたりしたことのない何かが。

そーいうのが妖怪っていうのなら、そんなモノもいるのかもしれないなぁと個人的に考えてる。
っていうか、そう考えていたいw


332 :本当にあった怖い名無し:2007/06/29(金) 21:06:56 ID:5Fs6EE9e0
>>331
そういうもんに想像力高い人が名前をつけていったんだよ

333 :本当にあった怖い名無し:2007/06/29(金) 21:37:32 ID:R8AQ8gXy0
そういや、里山に今時の美しさのかけらもない住宅が一軒ポツンと建っているだけで美しい里山の風景が
台無しになるな。周りの景観に対しての公共心が今の人間にはねえんだよな。

334 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 01:44:16 ID:2njyeGnYO
>>333
あるある
不釣り合いな程にやたらと都会的だったり。なんか嫌だ。

335 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 15:05:03 ID:GjOh8dOJ0
>>333
そりゃそうなんだけど 建材の都合もあるべ それよりおまいは一体いつの時代の人間だよ?

336 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 16:10:58 ID:FtaZlFDh0
建材や工法が違っても外観の伝統様式は守れるはずだ。戦前の近代建築のように。
だけど、戦後それをしてこなかった。むしろ、自分たちの文化を悉く捨て去って合理的なことだけ
考えてきた結果が今の景観の有様だ。こういったことをしてきた戦後世代の人間ではないことは
確かです。


337 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 22:06:33 ID:03WlepDC0
今は戦後ですぜ。外観を伝統様式に合わせるなら相応のお金がかかります。
気持ちはわかるけど。

338 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 23:18:35 ID:rUL7E4O30
怖い話マダー?

339 :本当にあった怖い名無し:2007/06/30(土) 23:49:17 ID:2njyeGnYO
>>338
景観ぶち壊しの家の住人に里山の神様が怒ったという話だったのさ

340 :本当にあった怖い名無し:2007/07/01(日) 16:34:57 ID:VjhW26B90
なんとも

341 :本当にあった怖い名無し:2007/07/02(月) 01:42:08 ID:xgRyyClJ0
神様もインターネットを使える時代になったんですね…

342 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 00:31:18 ID:yX7GbnYN0
そりゃあ
2チャソの神様は全痴全膿ですのでw>ひろゆき

343 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 11:29:25 ID:aNKDjngVO
「山神だけど何か質問ある?」

344 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 11:45:30 ID:OczqIC8C0
>>343
エサは何ですか?

345 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 12:05:09 ID:X/g9S0ddO
定期

ストップ!ザ☆雷鳥!!

※このレスにレスした場合、雷鳥乙。となります。

346 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 13:14:36 ID:vLvzFwgv0
雷鳥さん、ホント愛されてるよなぁw
一方通行の愛だけどwww


347 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 13:19:24 ID:OczqIC8C0
みんな片想いさ

348 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 13:52:51 ID:jsih9u0zO
ってかこの雷鳥叩きって

ま あ だ 生 き て た の か

何年か前に雷鳥=カレーマニアだとか言って一人で暴れてたヤツだろ?

349 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 14:05:27 ID:qJDNSwPNO
なんで雷鳥氏を叩きたいのか、
さっぱりわからん。
小さい頃にいじめられでもしたのか?

350 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 14:06:17 ID:qXgiTbRf0
生態としてはメインに携帯を愛用、たまにPC使って自演。
「NWさんまだー?」「虚男さんはまだですか?」などとするNW、虚男を使った荒らし、
「さすが全裸隊氏」などとする他のコテを持ち上げる手法をよく用いる。
自分の意見への反論はすべて雷鳥によるものと思い込む自己中心主義的ニート。
主に山怖スレに好んで出没し、汚物をぶちまけていく。


以下、例の携帯ニートとその自演による「>>350 雷鳥乙」の嵐

351 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 14:16:35 ID:XAWeYRO40
妬み嫉み以外の何があると言うのか。

352 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 14:44:24 ID:QPvBsdWY0
ストーカーって怖いね

353 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 15:28:19 ID:X/g9S0ddO
マジでうぜぇよな

354 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 16:57:05 ID:zHbEv0Aq0
今、およびこれからの時期の低山で何が一番嫌かというとヤブカですな。
風がなくて少し薄暗いところだとわんわんたかってくる。

俺が不思議に思うのは、なんで神様は蚊とかシラミとかノミとかアブとかブユとかムカデとかクモとかを創られたのかいうこと。
どのような意図(必要性)により創られたのだろうか。
何も血を吸う必要性などはないし、ムカデとかクモとかもあんな姿にする必要はなかったと思うのだが。

355 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 17:00:03 ID:euFIxNLqO
蚊が血を吸うのは産卵のため、普段は花の蜜や水を飲んでいる。
動物の血は栄養満点なんだとさ

356 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 17:06:58 ID:COHAH/YoO
雷鳥煽ってるヤツは、マジで人格障害っていう病気だから相手しないほうがいいよ
保険きくからカウンセリング受けたらいいのにな
まあ、ほとんど治らないらしいけどw

357 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 17:34:26 ID:/xATZ+bJ0
山師も同様だ

358 :9〇鏝 ◆KQeQkg9T2I :2007/07/03(火) 18:09:38 ID:COoBBySOO
山陰に潜む者達を早く見つけるのだ。

359 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 22:44:44 ID:X/g9S0ddO
過疎スレなのに短時間にレスがいっぱいつき、そしてすべて単発ID…。

じゃあ俺も

生態としてはメインにPCを愛用、たまに携帯使って単発ID自演。
「雷鳥氏まだですか?」「雷鳥さんの忙しいのか」などとする雷鳥を使った荒らし、
叩くとすかさず「雷鳥叩き」などとする単発IDで単時間に自演をする。
自分の意見への反論はすべて過去の雷鳥叩きによるものと思い込む自己中心主義的ニート。
主に山怖スレに好んで出没し、汚物をぶちまけていく。


以下、例の単発IDニートとその自演による「雷鳥叩き乙」の嵐

360 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 22:50:36 ID:X/g9S0ddO
平日の日中にPC厨が大量に過疎スレに単時間で出るとかwどんだけ〜wニートはお前だろ>>350=雷鳥ちゃんw

というか、山スレ住人は俺のことをスルーしてるよ。反応しているのは自演している特定の人だけw

361 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 22:58:27 ID:I8DG8APn0
>>350
さっさと七夕の国へ帰ってください

362 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 23:11:46 ID:X/g9S0ddO
>>361
単発IDがバレたからといってレス番間違えるとは…

キョドり過ぎw

というか、かなり前から雷鳥が自演しているのはバレているよ?

あと、雷鳥はPC2台あるから二人の会話形式に切り替えても遅いからね?携帯使って3人にしても駄目ね。
PCで単発IDじゃなく3人で会話しないと自演決定。

363 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 23:21:12 ID:QPvBsdWY0
ストーカーってやっぱり怖いね

364 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 23:21:44 ID:R7PoGD9DO
ふひ
ふひひひひ


365 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 23:23:27 ID:d9hNGIIs0
>>362
PC二台って・・馬鹿?
誰かインターネッツの基本構造について教えてやってくれw
PCが二台あってもIDが違うとは限らんよ┐(´д`)┌ヤレヤレ

366 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 23:41:42 ID:R7PoGD9DO
シーッ!
静かに観察するのよ、セッカク馬鹿が来てるんだから!


367 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 23:42:41 ID:X/g9S0ddO
>>365
雷鳥は親所有の家に1台、離れに1台とある。
もちろん別のLANで。
自宅警備歴20年以上の雷鳥は親から疎ましく思われ離れにおいやられた。
そして世を悲観して山に吊りに行きましたとさ

368 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 23:46:31 ID:zFJLQq0B0
はいはい良かったね
そうだね雷鳥は自演してるね粘着してるね


で、お前は?同類じゃねえか

369 :本当にあった怖い名無し:2007/07/03(火) 23:53:06 ID:X/g9S0ddO
というか反応する奴も同類だな。

坊やはこれだから(苦笑)

370 : ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄)/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄:2007/07/03(火) 23:55:42 ID:zFJLQq0B0
     /⌒ヽ
    / ^ ω^j、
 _, ‐'´  \  / `ー、_
/ ' ̄`Y´ ̄`Y´ ̄`レ⌒ヽ
{ 、  ノ、    |  _,,ム,_ ノl
'い ヾ`ー〜'´ ̄__っ八 ノ
\ヽ、   ー / ー  〉
\ \`ヽ-‐'´ ̄`冖ー-く
|| \ \         \     ∧_∧
||   \ \         \  ( ´Д`) オイ、なんか変なのがいるぞ
||    \ \         \ /     ヽ
||      \ \         / |  | |
||       \ \∧_∧ (⌒\|__/ /
          ヽ(     )絶対目合わせるな  ∧_∧
           /   く          \  (    ) うわー、なんか言ってるよ
           |     \           \/    ヽ

371 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 00:02:54 ID:U3IbD3SsO
すまん、AA見れないしw
見ようとも思わないから設定してないしw

でも、ずいぶん釣れるなwマジで雷鳥なのか

372 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 00:09:50 ID:HUOLIPBw0
ニート釣れたー^^;;;;;;

373 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 00:14:01 ID:U3IbD3SsO
つか、スレ荒らすなよ。スルーもできんのかw

374 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 00:20:31 ID:wZMeeRec0
丸九め。

375 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 00:22:40 ID:U3IbD3SsO
まぁ、いい…そろそろ俺の本当の正体を明かそうか…

376 :近年稀に見る糞コテ ◆wJ8CKQiIzc :2007/07/04(水) 00:30:01 ID:U3IbD3SsO
俺!俺!俺だよぉ!伝説の山怖スレ初代コテ、近年稀に見る糞コテだよぉ!

そして実は雷鳥マンセー余って憎さ百倍って奴?

彼のことは実は認めているよ…山怖スレをここまで引っ張ってきたのは彼の功績によるところだしね…ただ彼には次のステージに上がって欲しいというか、早く俺レベルになれ!と。まぁ思ってね、少し辛く当たってみたんだ。彼には本来、その力があるし、資格もあると思ってね。

おっと、そろそろ寝る時間だ…ここらで落ちるよ、アディオス☆

377 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 00:30:49 ID:HUOLIPBw0
お休み

378 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 00:32:59 ID:jNWB0XsJO
久しぶりにきたら、此処もまだスルー検定実施中か。
でも、久しぶりに全裸氏の話が読めてよかった。


携帯で荒らすのはやめてほしいよなぁ。
こんな奴がいるから、携帯アクセス制限!なんて話が出てくるんだよな。

379 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 00:45:08 ID:U3IbD3SsO
>>378
すまん、今は反省している。
ただ、なぜしたかと言えば上記の理由とそして荒らしに対してのスルー力をつけて貰う為だ。
結果、表現は悪いがこのざまだ…。
時期に夏休みだ、ゆとりが大量にわいたら今の山怖スレ住人では対処できんな…。
とりあえず、反応して釣られた者はなぜ反応したのか、今後どうすればスルーできるのかを考えてくれ。

俺はまたきっといつの日かやってくる。その時には大人の対応してくれよな!

じゃあ…今度こそノシ

380 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 00:57:55 ID:aZbhgfwBO
馬鹿みたい・・・・

381 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 01:43:17 ID:iKq8M8hOO
ブッポウソー

382 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 01:51:41 ID:vUY1vZic0
一筆計上つかまつろう

383 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 02:55:25 ID:Kt0jvAkU0
このごろ、オカ板のどのスレでも荒れてんな
2ちゃん外からの、携帯厨大量投入のせいか?

384 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 03:31:47 ID:BFEt0Trv0
>>376
「ステージ」ってタームに、妙に引っかかりを覚えるんだよね。
たしか伝説のあいつも使っていなかったか、「ステージ」って?
自分に酔っている感じといい、芝居がかった言葉回しといい、ひょっとして夜風?

385 :夜風:2007/07/04(水) 10:27:57 ID:U3IbD3SsO
いやーバレちゃった☆

どうも〜♪雷鳥こと全裸隊こと夜風こと近年稀に見る糞コテでっす☆

386 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 10:29:42 ID:e4IfsLKP0
>>384
いや多分、夜風を叩いていた方だろ。
んで雷鳥さんに「あんたが夜風を助けてやってもよかったんじゃね?」とかいって絡んでた奴だと思う。
当の雷鳥さんにはいつも通り、思いっ切りスルーされてたけどw


387 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 10:39:13 ID:U3IbD3SsO
話しは変わるけど、夜風って誰?
正直にいえば、ここ4〜5スレで流れて来たから知らないんだが。

というか、妄想を繰り広げる↑みたいな奴って何なんだろうか?脳みそがオカ板に染まった子って可哀相(´;ω;`)

388 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 11:33:59 ID:DT0OA2Sn0
>>386
ああ、ハニワと不愉快な仲間達か。
あれも病気だろう
持上げたり、落したり、果ては何でもNWのせい
ちょうど>>384>>385みたいな感じ

ここだけでもいい加減ウザイのに、こないだ洒落怖辺りでもまだやってた

>>387
夜風=NW

389 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 11:45:36 ID:U3IbD3SsO
また妄想か。俺は俺だけだってーの。どっかの馬鹿みたく単発ID自演なぞしないよね。

脳内補完というか何というか…他の板にもみられるがオカ板という場所だけに1番痛々しい。ハズレていますよ?糞以下の予想をするなと。

あ、単発ID自演は妄想じゃなくガチ。常考

390 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 12:01:42 ID:YkqU3SFd0
>>387
同じIDで自演がばれた伝説の荒らしさんです。

ねっとりとして上手な語り口と、その話に対する自演での絶賛の書き込みが多すぎて駆逐されました。
少数の熱狂的ファンと多数のアンチを抱える自称もと暴走族です。

391 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 12:03:08 ID:DT0OA2Sn0
>>389
2chしてる間に病院行けよ

392 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 12:32:28 ID:Kt0jvAkU0
>>390
あんたも気が利くなあw

393 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 12:48:10 ID:+hKGIkDrO
>>387
わかったかい?
NWの名前が出ると、途端に湧いて来て、>>390みたいに粘着質なレスを書き込み、
NWに少しでも好意的なレスや、自分の意見と違う意見は、全てNWの自演だと
決め付けるのが“ハニワと不愉快な仲間達”

得意なセリフは「こんにちは、NWさん」

394 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 12:48:46 ID:U3IbD3SsO
>>391
荒らしに反応する奴は荒らしなんだよね、ウザいから消えてくれる?

395 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 13:12:43 ID:DT0OA2Sn0
>>394
オマエガナーwww

396 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 13:16:05 ID:pEBu4qPY0
香ばしいレスが続きますな。。

397 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 13:49:21 ID:BpVmYsmV0
山にまつわる怖い・不思議な話にまつわるオカルトな話

398 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 16:06:36 ID:cmiUca1i0
>>390
kwsk

NWは、まとめスレで読んでひそかにファンだったんだけど、自演してたなんてショックだ。
ちなみに山怖スレ自体は、前スレから見てる新参者です。

399 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 16:13:07 ID:CQOB/Olv0
面白い時は面白かったけど調子乗りすぎてやってしまった良い例

400 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 16:18:23 ID:U3IbD3SsO
マジで香ばしい…

401 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 18:07:55 ID:YkqU3SFd0
>>398
父親と京都の山で会った話の頃から「泣きました!」「感動しました!」って
レスがやたらつくようになって自演を疑いだした人が数名いた。
それに対し「NWの文才に対する嫉妬だ」とwwwを多用しながらNW擁護をする人物が現れる。
NWはいつもの雷鳥さん荒らしにいちいちマジレスを返して次第に住人からうざがられる。
NWに馴染めずこのスレを去っていく人も多くいた。

そんなときに「おい、NW、はよなんか書け。」「え〜、しょうがないですねそれじゃあ…」と
同一IDでやってしまい自演指摘されたら「同じ会社の奴が書き込んでる!やばい!」と
大変白々しいごまかし方をしたが当然誰も信じず、その上NW擁護と同じ「俺の才能に嫉妬してる」と
全く擁護と同じことを言いはじめ擁護の自演も疑われる。

その後、NW特別スレが建てられそこで議論するもNW自重せず「俺の才能に嫉妬」と言い続ける。
擁護派&NW「NWの才能に嫉妬してる奴の陰謀、話を書いてるんだから別に何してもいい」
アンチ「自演してまでのレス乞食、スレの雰囲気が壊れる、才能なんてないだろwww」
と平行線、かまわずNWは話を投下し続ける。

その後NWの話が投下されるたびにアンチが「自演乙」話を褒める人がいると「NWさんこんにちわ」
それに対し擁護が>>393のような過剰反応をし始めるのが「スレでのお約束」になった。

ちなみに私はアンチでも擁護でもありません。

402 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 18:27:17 ID:Kt0jvAkU0
>>398でないけど
へー。一時期、そいつ関連のスレが、すごいいきおいで、上がってたけど、わざわざ除きに行かんかったから、詳細しらんかったよ。


403 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 18:35:46 ID:4rXmAqja0
自演も何も、肝心の御伽噺が面白く無いんで要らない。

404 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 18:39:18 ID:xXhuZpCC0
要するにマンセーもアンチもいらんっつーこったな

405 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 19:31:54 ID:xzM70/eS0
>>401
アンチ乙!

しかし、そこまでして叩きたいか?
元々は、雷鳥を始めとするコテ連中への嫌がらせにNWがぶち切れて、名無しで叩きを叩いた
二言目にはアンチは自画自賛を言い立てるけど、それこそアンチの自演臭い

同一IDの件は、本人は最後まで認めてなかったはず
名無しで叩きを叩いた件と、それで本スレを荒らした件については認めて謝罪してたと思う

NWスレ自体、アンチが立てて、そこで言いたい放題NWをおちょくったり、いかにもNWが
名無しで降臨して自演してるようなレスを繰り返したりしてただけじゃないか

その辺は過去ログ持ってるヤツが見れば確かだと思うけどね

個人的に言うけど、詫び入れた人間を何時までもしつこく突付きまわすNWアンチは気持ち悪い
雰囲気を荒らしてるよ

406 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 19:40:33 ID:xXhuZpCC0
NWは結果として荒らしたけど去った
アンチは結果としても荒らしてる上に粘着してる
ここらへんが違うとこかね

407 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 19:47:11 ID:vUY1vZic0
>405
NW乙!
夜風小僧さんはいろんなスレに現れて荒らすから居場所をなくしたと思うけど
自演もひどかったけど自分の霊能力一家の自慢話を書出していよいよそっぽむかれたんじゃなかったか



408 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 19:52:27 ID:YkqU3SFd0
>>405
別にアンチではありませんよ。

「全部が実話」とか「才能に嫉妬」とか変な言動は多かったですが
彼の話は面白かったし好きでした、人間的には?な部分が多かった人ですが。
雷鳥さんの件でしたけど荒らしはスルーと何度も諌めてた人がいたにもかかわらず
名前ありで複数回突っかかって「お前も荒らしだ」と言われていましたが記憶違い?

別に擁護の人が同一IDや話が実話と信じるのもいいんじゃないでしょうか?
逆にアンチが全部が自演とか(全部はありえないでしょうけど)
彼の話が面白くないと言うのも人それぞれだと思ってます。

熱狂的ファンもしつこいアンチも好きではありません、カルト宗教みたいで気持ちが悪いので。

409 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 20:16:02 ID:U3IbD3SsO
>>405
NWさんこんばんは

410 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 20:16:55 ID:e4IfsLKP0
いや実のところ、夜風ことNWの件については勿体ないなぁ、と個人的に思ってる。
ちょっとクドくはあったけど、ちゃんと読める文章描いていただけに、実に惜しい。
淵主とか牛鬼の話なんて今読んでも面白いしね。

粘着荒らしは雷鳥さんに取り憑いていたけど、あの人は完璧スルーしてたからなぁ。
そこんとこは真似してスルーしてほしかった。
たしかにgdgdになっちゃったしね。
でも、詫び入れて引いた人を、いつまでも叩いているのもどうかと思うのよ。
そこらへん>>405さんと同意見だ。

本当、勿体ね〜よ。


411 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 20:30:57 ID:xXhuZpCC0
だからさ、そういう今言ってもどうにもならないマンセーがID:U3IbD3SsOみたいな基地外を呼ぶんだっつの。
どうせ今NWが来てもまた荒れるだけだろうが。
NWの話を面白いと思ってる人も確かにいる、しかしそれを書込むのは現状ではこのスレを荒らすだけ。

412 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 20:40:59 ID:Kt0jvAkU0
まあ確かに、コテ云々よりも、スレタイ通りのネタの方を聞きたいな

413 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 20:42:22 ID:jNWB0XsJO
そのための隔離スレだったんだがなw
まぁ、俺はあまり参加してなかったが、あの流れはあれで2CHらしくて楽しめたがな。
如何にこのスレがスルー耐性ないかが、よく解かる展開でしたな。



しまった!またスルー検定失格だよw

414 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 20:47:22 ID:UhtsceBn0
NWの文章はあまりにナルシストでいまいちだったなあ。
だからといってアンチって訳でもないけど。
ちなみにちょっと前まで書き込んでたNWは別人だよねえ。
ぜんぜん文体が違ってたよねえ。どうなんだろ?

415 :本当にあった怖い名無し:2007/07/04(水) 22:11:13 ID:eBplF1l+0
集落の裏の里山だが、三方を囲むコの字型の山中を登り下りしておよそ二時間半のコースがあり、
そこを体力練成とダイエットに利用している。
ただし季節は冬、ブユやスズメバチを警戒しての事だ。
そのハイキングコースなのだが一つ気がかりな場所がある。
山の頂上から伸びる尾根の上を道が走っているのだが、その道と平行して亀裂が走っているのだ。
最初に見つけた年は靴が横に入る程度、翌年はそれがガバガバになり去年は靴が縦に入るようになった。
もちろん今年も行くつもりである。

416 :雷鳥:2007/07/04(水) 23:50:26 ID:U3IbD3SsO
ボカァ糞コテなんだなぁ

417 :本当にあった怖い名無し:2007/07/05(木) 00:00:45 ID:9WhF4XpM0
ID:U3IbD3SsO
ID:U3IbD3SsO
ID:U3IbD3SsO

418 :本当にあった怖い名無し:2007/07/05(木) 06:45:17 ID:I9eiifL8O
楽しいのかねぇ

419 :本当にあった怖い名無し:2007/07/05(木) 15:46:40 ID:fJ2oQftR0
>>415
山崩れるんじゃね?
気をつけろよ。

420 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :2007/07/05(木) 23:44:39 ID:qLeSqhRL0
山岳部の俺達3人が最高学年となった年の春山合宿は、前年の
雪辱戦ということになった。
前年の春山合宿は、悪天候によりメンバーの気力が萎えてしまい、
登山計画のいくつかを中止したのだ。
下山後、OBや顧問から散々説教され、翌年は同じ山で
計画通りの登山を行うよう言い渡された。
そうして俺達は、2度目の山に挑む破目になった

アルピニズムという言葉が飛び交い、自分との勝負などという
戯言が出てくると、俺のような、お楽しみで山へ出かける
タイプはどうにも旗色が悪かった。

計画は進められ、合宿の出発日が近付いてくる。
装備の振り分けが検討されはじめ、具体的に何をどれだけ
用意するか、俺は重量計算を始めていた。
計画は進んでいたが、メンバー全員が消極的だった。

そして、リーダーのタミオがバイクの事故で負傷した。
例によってOBから説教されたが、それで回復するはずもない。
トシは釣りに出かけ、ハンターが撃った小さな散弾を一発、
肩に食い込ませた。
いずれも大した怪我ではなかったが、一週間以上に及ぶ
合宿登山に参加するのは論外だった。

421 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :2007/07/05(木) 23:45:19 ID:qLeSqhRL0
成り行き上、俺がリーダーになってしまった。
そして、顧問の実家が大雨による土砂崩れで半壊した。
顧問は帰郷し、どうやら合宿には不参加になりそうだった。

ある日の練習中、俺は骨盤の右端に痛みを感じた。
左右に開いた骨盤の、その最も前に出ている部分に
それまで感じたことのない痛みが走り、そのまま居座った。

レントゲン撮影の結果、骨盤の右端が小さく割れているのが分かった。
剥離骨折のようなもので、ごく稀に筋肉の動きとの関連で
こうした現象が起こるのだと、医師は俺に説明した。
しばらく間、登山もトレーニングも禁止された。

結局、春山合宿は中止された。
顧問は、山が拒んだのだと気弱に言った。
俺は、行きたくないという皆の気持ちが、俺達3人に
作用したのかもしれないと思った。
前年の悪天候にも、何か意味があったのだと後輩は言い合っていた。

その後も母校の山岳部では、その山へは行っていない。

422 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 00:20:19 ID:j12zGp9yO
寸評:恐ろしくつまらない。文章の構成も素人のオナニーレベル。内容も実にくだらない。次回作に期待します。

lニニヽロロ
   //
   // lニニコ
  〈/

  ∧_∧
 (;   )  γ⌒ヽ
  / ̄ ̄ ̄ヽ (( ⌒)
 |(  *=≡三(⌒))
 / /  ∧ \(⌒ ソ
`/ /  /U\ \υノ
(_/(⌒)  (_)(⌒)
〈_ノ (   ノ (
 (uuuu)  (uuuu)

423 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 01:32:08 ID:N22SORu00
どうも全裸隊のは目がすべる。
何が違うんだろう?

424 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 02:27:18 ID:2QIdHJpQO
>>422
ウホッ!いい尻だなお前 よし、俺が食ってやろう!

425 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 04:25:29 ID:ODYWE8GqO
>>423
文体が普通じゃないんだよ
他の投下話と区別するためかどうかは知らんが、わざと変な風に書いてるっぽい

426 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 05:07:58 ID:N22SORu00
そう?一見普通だけど。
ただ、説明が端的すぎてざっと読むと訳が分からなくなる。

427 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 07:32:43 ID:WKTMZ0psO
好きな話とそうでないのが極端だね
時たまスゲーと感じるが
そうでもないときは「?」となる

428 :本当にあった怖い名無し:2007/07/06(金) 17:39:16 ID:xe0P9Ph/0
よくキタ、待ってたんだよ
嬉しいよ、ホント。

429 :語り部を待つ男:2007/07/06(金) 17:39:57 ID:xe0P9Ph/0
ほい

430 :本当にあった怖い名無し:2007/07/07(土) 16:55:49 ID:egGjcFC70
また全裸隊w

431 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 01:36:02 ID:YZAokT5z0
>>415



どんな規模の山か判らんけど、それ大雨や地震が来たら大崩落起こす危険があるぞ!!!

役所に通告しておいた方が絶対いい!本当に危険な状態の可能性が有るから。

くどいけど、本当に知らせておいた方がいいぞ!!!

大惨事になってからでは遅い・・・



432 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 05:00:01 ID:9iT2U802O
へへ山?

433 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 05:06:28 ID:LcI0zykl0
2chでURLがブロックされたので、URLは敢えて書かないが
これで検索すると凄まじい心霊写真がみれるぞ
 ↓
【憲政史上最凶の心霊写真】樹海で首相を歓迎する自殺怨霊!! 松岡大臣「変死」の猿芝居!! 墓穴をほった安倍政権の断末魔

434 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 05:51:31 ID:ndkfGPE40
>>433
こういうの、本気で写真に囲みつけてる人って、年収いくらくらいなんだろうね?

435 :エニグマスレからコピペ:2007/07/08(日) 14:55:23 ID:pupdbwyr0
幼い頃に天狗らしきものに遭遇した事がある。天狗か知らんけど。
当時、鎌倉に住んでて、当時の鎌倉はだいーぶ未開発の田舎風味だったんだ。それで家すぐ近くにデッカイ山があって、そこに入り込んでドングリを良く集めて遊んでた。
で、ある日いつも通り友達とドングリ集めしてて、んでドングリを追ってひたすら拾い歩いてたら友達と逸れて、正しい道からも逸れちゃって、ガチで遭難した。

それでその辺りが暗くなって、誰の声も聞こえないし見えない。月明かり程度しか無いしね。足元は不安定だから、幼心に滑り落ちたら死ぬって核心があった。
それでビニール袋一杯のドングリ抱えて、ワンワンとうずくまって、ずっと泣いてたんだ。

そしたら、目の前に誰かが立った。すげえデカイ脚。それだけは判った。あとはナンも判らん。今思うと、男の脚だってぐらいか。ごつかったし。
で、何も言わないから、親に言われた迷子の作法として、自分の名前を言って、迷子になった。と言った。それでも向こうは黙ってる。
おうちに帰りたい。集めたドングリをあげるから、一緒に来てくれませんか?ぐらいは言ったと思う。

こっからが本当に俺の記憶が正しいのか、今思うと不思議なんだが、俺の前の人は、「む」だか、「ん」だか判らないが少し唸って俺からビニール袋を受け取った。
すると、ひょいと馬鹿でかい手に尻を掬われた。猫を片手で抱く感じか。そんな調子。当時四歳児とはいえ、尻を鷲掴みにする手だぜ?恐ろしくデカイ。

それで、感触として、父親の肩車よりずっと高い位置に移動するのを感じたら、一回それが下がって急にまた上がった。
気が付いたら眼下に鎌倉全景が見えた。驚いたけど、俺の家は駅の近くにあったから、駅の方をみて、あっち。とか言った。
するとまた、天狗?は唸った。で、木々の上を跳ねてるのか飛んでるのか判らない様な感じであっという間に山の入り口あたり。街頭が見えた。
そこで下ろされて、ありがとうを言おうと思って頭を下げて上げたら、もう何もいなかった。家に帰ると警察は来てるわ親は泣いてるわで大騒ぎ。

その後、俺は山への出入りを禁止されたんだけど、しばらくはこっそり山に入って、お菓子とかを目印になりやすい木の所にお供え?してた。

まあ、そんな変な話。悪文すまん。

436 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 16:25:57 ID:YtAAKkUYO
>>435
「迷子の作法」ってのが微笑ましいね。

437 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 16:26:34 ID:YtAAKkUYO
>>435
「迷子の作法」ってのが微笑ましいね。

438 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 16:45:23 ID:0U4MZTC/0
青木が原の樹海で子供が。。
グロじゃないからちょっと見てくれ! 後を引く怖さだよ('A`)
ttp://www.youtube.com/watch?v=xN2L-C453iM&mode=related&search=

439 ::2007/07/08(日) 17:55:41 ID:pxIKsk3W0
へたれな漏れは怖くて見れない…orz
見た人、解説ヨロ

440 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 18:05:54 ID:rfO+l/ox0
>>439
若い衆が樹海でワイワイ何か探してるけど、「結局わかんねーよ」な雰囲気な画像。
で、木立の中に黒っぽい子供らしい姿がチラ映り。
再現フィルムではクッキリハッキリ死人顔な少年が立ってるのがわかる。
あんまりハッキリ過ぎて、モノクロな立て看板でも置いてんじゃね?って感じ。

441 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 19:05:05 ID:JDNxdz2e0
本当にあった呪いのビデオっぽい作りだが
どう?違う?

442 :近年稀に見る糞コテ ◆wJ8CKQiIzc :2007/07/08(日) 19:29:19 ID:BeZKC828O
今、電波も届かない山奥の秘境にいるんだが、何者かに見られている気がする。

443 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 20:16:02 ID:tJS46Shb0
(;^ω^)なんで携帯で2ちゃんできるんだお

444 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 20:27:05 ID:f4Gg2AZm0
だれか、小樽の『毛無山の幽霊屋敷』について知ってる奴いないか?
かなり昔に噂の名前だけ聞いて、小樽出身の奴に内容尋ねたけど「知らん方がいい」って
答えてくれなかったんだ。気になって仕方がない。

445 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 20:53:53 ID:4oWCAVKF0
>>444
ぐぐれば出てくるよ

183 名前: 森の妖精さん 投稿日: 02/05/25 01:09

毛無山で走ってたら、いきなり路肩に血まみれの男が出てきて
幽霊だとか散々騒いだ挙げ句、再度確認しに行こうということになった。
んで近づいたら足2本ちゃんとある。車ごと転落して助けを求めてる
男の人でした。。藁(って、本人にしたら笑い事ではないな。。)

446 :本当にあった怖い名無し:2007/07/08(日) 20:57:38 ID:4oWCAVKF0
あ、関係ない話だね

447 :本当にあった怖い名無し:2007/07/09(月) 13:49:52 ID:sOg0o4av0
>>444
もう取り壊されたんじゃ?
いま、あんなところに屋敷なんてないじゃん

448 : ◆UaW4Fj15s6 :2007/07/10(火) 10:35:20 ID:rvFiuxc40
毛無山?
グッときちゃうなw

449 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 22:52:23 ID:0EFRLKplO
>>448
毛無丘だったらよかったのにな

450 :本当にあった怖い名無し:2007/07/10(火) 23:44:23 ID:yeFXjBZh0
>>449
毛無竿もなかなか・・・

451 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 01:04:00 ID:/+VkZFIO0
>>450
ショタ食いかぁー!!!!

452 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 01:22:39 ID:DxlKnvykO
注:山には>>450のような人もいますので気をつけしょう

453 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 02:36:05 ID:FBnucPgG0
娘さんよぉ〜山男にゃあ〜惚れるなよ〜♪

454 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 02:49:16 ID:GA8t747j0
息子さんよく聞けよぉ 山男にゃぁ掘られるなよぉ〜♪

455 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 03:21:03 ID:NsjIJfAn0
穴掘れほれほれ!w
        _,,. -‐''''''""''''‐-、‐'" -'''""  ̄ ""''- .,, u   ,./
     ,. -'"           /             ヽ、 /
   /   u         ,'                u  ゙v
.   /           ,.   i               ヽ、
  /           ,ノ i l l  l, i              ヽ、
  、_       ⊂ニ -' 人 ij   l l   u            ,.-''"::゙゙'ヽ、
    ゙゙゙'''二ニ'''─‐'''''"ヽ、゙、   J            /:::::::::::::::::::::::゙ヽ、
       ̄`   ノ,. /r‐' ゙il ヽ              /:::::::::::::::::::::::::::,.-'"゙ヽ、
         __,,. J   |i、_<            /;;;:;:::::::::::::;:;:;;;/       ゙ヽ、
     u ニ二 -'" __,,./il゙、 ヽ;          ,i';;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/          \
       __,,,,,,. -i''i"/、 __、' i,,.ヽ、     j      |;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;i'              ヽ、
   ̄ ̄`''''-.,, j ゙'J U   ij    ` - .,_      l;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|             ヽ、
      :::::::::::`ヽ/      ∧    ゙゙'''‐- .,,,___i;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;|        >-─‐-
       :::::::::;;;/      /  \           `ヽ、;;;;;;;;;;;i     ,.-'"
       ::::;;;/     / グ ブ ゴ ヽ           `'''-ヽ- .,,_ 〉'
              |. チ ッ プ |                  i
              ヽュ チ ッ |                      l
               \ ュ  /

456 :本当にあった怖い名無し:2007/07/11(水) 04:31:54 ID:b/J+EJz7O
ageてみる

457 :雷鳥:2007/07/11(水) 21:35:32 ID:ofBNHZBiO
うんこちんちん

458 :はにわ ◆HC3aoVMLFM :2007/07/11(水) 23:30:33 ID:ptzzoaGQO
NW待ち

459 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :2007/07/12(木) 00:17:06 ID:e3/9pbFm0
数年かけて膨れ上がった巨木の瘤が割れ、
そこがウロとなる。
わずか一晩の間にそれが起こるのだと言われた。
蛍が瘤に詰まっているのだと聞かされた。
そして、今日がその日だと。
無論、言い伝えの類だ。
酒で酔った耳に、そうした話はいつも心地よい。

信じてないだろうと、一緒に飲んでいる男が言い、
俺は曖昧に笑った。
見せてやるから来いと言われ、連れ出された。
暗闇を懐中電灯で薄暗く照らし、裏山へ登った。

蛍の群れが、周囲を光らせていた。
ここが現代の日本とは思えなかった。
目にうるさいほど大量の蛍など、後にも先にも
その時しか俺は見たことが無い。
巨木の瘤から湧くように出てくるのだという。
見れば、確かに瘤から飛び立つ蛍は多い。
だからといって、瘤から湧いてるだろうと言われると
首を傾げるしかない。

460 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :2007/07/12(木) 00:18:01 ID:e3/9pbFm0
まあ見ていろと言われ、眺めている間に、
蛍はその数を増してゆく。
どこから飛んでくるのだろう。
不思議なのは、近くに水が無いことだった。
蛍には水が付き物だと思っていた。
脈絡もなく、蛍の光を神々しいと感じた。

やがて蛍は飛び去り、俺達もそこを立ち去った。
去りぎわに見ると、木の瘤はそのままだ。

翌朝、男にその木まで連れて行かれた。
ここが瘤だったと、そう言いながら指差した場所は
小さなウロになっていた。
俺は巨木の周りを歩き、昨夜の瘤を探したが、
それらしい瘤は見つからなかった。

461 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 03:03:51 ID:8PcpOatQ0
>不思議なのは、近くに水が無いことだった。
>蛍には水が付き物だと思っていた。

何でオカ板は生き物に興味が無い人が多いんだろうな
ヒメボタルって標高が高い場所や山に棲んでる事が多いんで
不思議ではないし、幼虫も陸棲ですよ

462 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 07:16:48 ID:F6BezUK50
>>461
へ〜
山歩きしてて生き物も好きだけどそれ、知らんかった。
またひとつ、おりこうになったぞ。

463 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 07:18:15 ID:F6BezUK50
忘れてた
全裸GJ。
面白かった。

464 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 08:26:51 ID:npSl3RuF0
>>461
>>462に同意
農村に住んでて家の周りの田んぼや小川に普通に蛍がいる環境だから
蛍って水辺に住むもんだと思いこんでた。

465 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 09:39:09 ID:S9LfygfY0
蛍は光らない山(土?)に住むものが、世界的には大半を占める
光るもののほうが圧倒的に少ない
と、ホタルマニアが言ってた

466 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 11:28:01 ID:VF6/y+z1O
雷鳥さんのニセモノが出ると全裸隊さんも出るのはデフォ?

467 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 12:00:32 ID:VnYFtz9w0
>>466
気にしないほうが楽しめていいよ。

468 :本当にあった怖い名無し:2007/07/12(木) 21:01:39 ID:AXIkhdTC0
とりあえず>>461-465のような普通の感想以外の携帯は例の粘着と見て差し支えないだろ

469 :はにわ ◆HC3aoVMLFM :2007/07/12(木) 21:21:19 ID:QreNbfobO
>>468
呼んだのかい?

470 :はにわ ◆HC3aoVMLFM :2007/07/12(木) 21:52:16 ID:Pdzwl4atO
>>469
はいはい、創作も出来ない荒らしさんはさっさと下山しなさいwww

471 :本当にあった怖い名無し:2007/07/13(金) 01:46:59 ID:2K6q6Ax00
>>470
お前モナー。

472 :お知らせ:2007/07/13(金) 15:57:24 ID:vNLz1tC00
203 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2007/07/01(日) 00:35:25 ID:R5iP+yfl0
────『百物語』 オカルト板にて開催 ────
2007年 7月 13日(金)21:00〜

「今宵また百本の蝋燭に火が灯る……。」

忘れられない体験、不思議な記憶。
それは貴方にも、きっと──
今夜、言葉として紡ぎ百の物語を完成させてみませんか?

詳しくは 
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1180811702/



473 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 13:19:51 ID:zIi7IHFm0
>不思議なのは、近くに水が無いことだった。
>蛍には水が付き物だと思っていた。

何でオカ板は生き物に興味が無い人が多いんだろうな
ヒメボタルって標高が高い場所や山に棲んでる事が多いんで
不思議ではないし、幼虫も陸棲ですよ

全裸隊、もうちょっと勉強して創作してね。

474 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 15:35:07 ID:dpTUne8Y0
詳しい人多いみたいだけど
ホタルは何で水の近くにいるの?

475 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 15:37:55 ID:zIi7IHFm0
幼虫が水棲で、カワニナを食うからだろう

476 :元祖・雷鳥。本家・雷鳥。:2007/07/14(土) 21:23:48 ID:RDZQa6vJO
友人達と登山中、急に放屁したくなった。
が、女(狙っている子)もいた為、最後尾つけてスカすことに。
慎重にスカしていたが前夜のカレーがいけなかった。胃袋に絶対の自信を持っていた私、雷鳥は多少、変な味のする夏の五日目のカレーを侮っていた。

びちちぃぃぃ…小鳥囀る穏やかな晴れた山で危険な音が響いた。
友人達も足を止め、最後尾の私、雷鳥に視線を浴びせてきた。

と、当時に山が大噴火!天然の下痢糞溶岩が友人達を一瞬の内に飲み込んだ。
私、雷鳥はそれを熱々の御飯にかけて食べた。やはりカレーは二日目だと確信した。

477 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 21:54:52 ID:bLQm1pDo0
携帯だけNGできる専ブラってないの?

478 :本当にあった怖い名無し:2007/07/14(土) 22:47:55 ID:7OxLwkQh0
>>477
こういうのならあるよ

お前がJaneを使っているなら、
設定→機能→あぼーん→NGExと進め。
適当に「携帯厨をあぼーん」とでも名前をつけて、追加(A)だ。
拡張NGというウィンドウが開くから、NG IDのタイプを無視から正規(含む)に変えろ。
そしてNG IDのキーワードの欄に、

([0-9a-zA-Z+/]{8})O

と打ち込め。
最後に、期限(日)の左の欄で標準あぼ〜んか透明あぼ〜んかを選べ。
後はOKを二回押せば、お前は二度と携帯厨のカキコを見ることは無いだろう。


479 :元祖・雷鳥。本家・雷鳥。:2007/07/15(日) 00:10:27 ID:SP40TudhO
その土地では山に棲む動物がしばらくいなくなる時があると伝えられてきた。
Aは山の神様が交代した時にそういう時期があると幼い頃から祖父に教えられてた、そして今がそうなんだと思った。
Aは妻と二人の子供を農業、そして猟で養っていた。その日、いつものように愛犬と山に入り獲物を探していたが獲物の気配を感じず空振りに終わった。翌日も翌々日も。
明くる日、少し早めに起床し、いつもより奥へ行った、しかしその日も獲物の気配を感じない。今日も駄目かな、と思ったのは正午頃か。ふと、亡くなって久しい祖父のあの話しを思い出した。

480 :元祖・雷鳥。本家・雷鳥。:2007/07/15(日) 00:28:32 ID:SP40TudhO
祖父が幼いAに話した古くからの教えは、山の獲物が消える日が数日、続くことがある。
それは山の神様が新しい神様に喰われて交代した時だという。
そしてその期間、山に踏み入ってはならない。新しい山の神様に遭遇するからだと教えられた。
しかし、遭遇したらどうなるかは祖父も知らなかった。ただ、よくないことが起こる。とだけだった。
Aは途端に恐ろしくなった。山の雰囲気も違うような気になり、山を下ることにした。
が、いくら進んでも辺りの景色がかわらない。時間だけが過ぎてゆく。

481 :元祖・雷鳥。本家・雷鳥。:2007/07/15(日) 00:38:57 ID:SP40TudhO
夕暮れが迫っていた。Aは決断した。そしておもむろに猟銃を愛犬目掛けて発砲した。
山神様の交代する時期に入ってしまった時にはお土産を置いていかなければならない。
泣きながら動かなくなった愛犬に別れを告げ、二度と猟をしないことを誓い、振り向かず進んだ。
すると今度は進めるようになり辺りが暗くなり始めた頃、山を下ることができた。
自分は許された、恐怖と安堵とアンドーナツが半々になり、家が見えた頃、安堵が上回ったが、家の前に何かがある。

482 :元祖・雷鳥。本家・雷鳥。:2007/07/15(日) 00:45:21 ID:SP40TudhO
だんだん近づいて見えてくるとその大きな固まりは大きな猪、小鹿二頭、そして夕方手にかけた愛犬だった。
Aは呆然とした。そして恐る恐る明かりの無い家の引き戸を開き中に入った。

そこにはキモブタの雷鳥さんがセンズリしながらオナニー山怖話しを創作しているお姿が。正に神の化身そのものであーる。

483 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 00:55:57 ID:gx7p2vLw0
・・・スゲェな。よくもまぁ、ケータイでこんなに書けるもんだ。

484 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 01:06:16 ID:c96TBiwF0
>>478
本人じゃないが、いいコトきいたwww週漫板やひとりかくれんぼでやるよwwww

485 ::2007/07/15(日) 04:49:32 ID:FEX+qvCl0
文章は下手ですみません、長いです。結構最近までの話です。

 ちょうど2年前の今頃くらいに俺が一人で東北の山を登っていたときの話。
8時ちょっとすぎくらいに登り始めて山頂に12時頃ついた。下りはどの山でも
半分くらいの時間で降りるのでちょっと余裕があったし、地形図も持っていたので
コース途中から半分は登山道とは別の尾根の獣道を下ってみることにした。
この地方なら山菜を取るためにそういう人は結構いる、おじさんとかだけだけど。

山菜やきのこの菌床になりそうな木を探しながら歩いてるとき、
ミズナラの倒木(天然舞茸の菌床)見つけたので近くまで行くとミズナラが根元から
チェーンソーか何かで倒されていた。
そのとき30mくらい先に笹藪の間から、大きな穴のような黒い陰が見えたので
ちょっと好奇心で藪を掻き分けてその穴の方へ向かった。
近くで見ると結構大きな洞窟で奥もだいぶ広そうだった。
山用のヘッドライトもあったし、前に友達に連れられて洞窟に入った経験があるので
ちょっとだけその洞窟に入ってみることにした。

洞窟を発見するのは結構まれなことで、見つけた人がある程度は自由に名前を
つけてもいいし、もし日本で新しく大きな洞窟が発見されれば全国的なニュース
にもなるとの話を聞いていたので、かなり興奮していた。
でも、内部を確認しないで洞窟を見つけたと洞窟好きの友達に言って、連れてきたとき
入ってすぐ行き止まりならがっかりさせてしまう。
だから俺としては中の広さを確認しておきたかった。

486 ::2007/07/15(日) 04:51:04 ID:FEX+qvCl0
洞窟は水溜りが多かったし床は岩でゴツゴツだったが意外と広く中でかなり分岐していて、
正確な距離ではないけど100mくらい奥まで立って入っていけた。
通ってきた道は一番広く別に迷うとは思わなかったけど、分岐のある毎に戻って、
山菜の本のページを破り捨てて目印にした。
距離がどのくらいかは分からないけど、入って20分くらいで本道というか一番広い
道が行き止まりになった。正確には行き止まりではなく壁の2〜3mくらい上に
人ひとり通れるかどうかというくらいの穴が開いていたが、とても入る勇気はなく
よじ登って、その穴の中だけ確認してみた。

その小さい穴を覗くとわずか1m先で狭い部分は終わり、その先にライトを当てると
かなり広い、ホールみたいな空間があるのがわかった。しかも下からは石筍(鍾乳洞にできる
地面から伸びる'つらら'のようなもの)が生えている。穴の位置的に床面しか見えなかったので
面をなぞるようにライトを当てていると、石筍に囲まれるように横たわった人型の泥の塊が見えた。
不思議に思いそれを観察してると、その人型の塊の頭の部分に明らかにメガネ型の出っ張りを見つけた。
その瞬間「うわっ!!!」
って声を上げ、顔を突っ込んでいた穴から離れ、穴の空いた壁から這い降りると、その穴から
「ぞわわぁぁ……」って音がして
すぐ出口に向かって猛ダッシュで走り出した。ゴツゴツした岩で何度もコケながら走った。
恐怖で頭がいっぱいで足腰がぜんぜん言うことを利かない。
走り出して2分くらいかで、「ぞわわわぁぁ」に追いつかれた。コウモリだった。
でも更に後ろから「うぉ〜〜ん」って唸りが聞こえてきて、またすぐ走り出した。
次の音は間違いなくあの人型の泥だと思ったし、その音からはっきりとあの泥が洞窟を這いつくばって
唸りながら追ってくる姿が想像できた。もう膝とか暗くて見えないけど血だらけだろうと
思った。

487 ::2007/07/15(日) 04:52:32 ID:FEX+qvCl0
 天井付近をコウモリが飛ぶ中ようやく出口が見えてきたが、日が落ちかけていた。そんなに
長い時間入っていたつもりはなかった。すぐに洞窟から離れて尾根を走って下りた。
駐車場に着いたときにはもう7時半だったが、人はまだ駐車場にいて
膝の怪我や足の痛みがピークで下山してきたおじさんたちに助けを求め車と俺を市内の病院まで
運んでもらった。人がそこにいたことが一番助かった。

膝の怪我は思ったより深く、鋭い刃物で切ったような傷は今でも残っている。
その日に洞窟好きな友達に連絡すると深夜、洞窟クラブの人と一緒にうちに来た。
俺も一人でいたくなかったのでずっと話をしていたが、そのクラブの人と
話して少し落ち着いた。
その人いわく、
・洞窟での唸りはおそらくコウモリの羽音が反響して出たものであるということ。
・人型の塊は洞窟ではよくある、というか、人間は条件反射的に似た形を見つけてしまうということ。
・その山で鍾乳洞が見つかれば新発見である。
まあそんな感じらしく、俺はその洞窟のあるであろう場所を地形図で教えた。

 後日、そのクラブの人から一緒に探索しないかと誘われたけど、何を聞かされても
さすがにもう一度行く勇気はないし、他の登山客に迷惑をかけてしまってる手前、
包帯の取れない状態で行くのもどうかと思い断った。

 洞窟クラブの人はその後何度か探索に行ったようだが、俺が教えたその周辺を何度探しても
洞窟は見つからなかった。その人たちが探しに行く前には電話があって何度も場所を確認
されたし、見つけられず帰ってきてから何回かうちに来て本当にその場所かどうか
思い出してくれと言いにきたし、ついてきてくれとも言われた。彼らにしてみたら鍾乳洞の
新発見は相当大きなことなんだろうとは思ったが、やっぱ俺はそこに行きたくなかった。

488 ::2007/07/15(日) 04:53:29 ID:FEX+qvCl0
 そんで去年、どうしても見つけられないし、俺が幻覚を見ていたんじゃないかって
話にも発展していた。正直俺ですらその可能性はあると思っていたし、あのときの恐怖も
少しずつ薄らいできていたので、もう一度自分が見たものを確認しておきたかった
というのもあって、洞窟クラブの誘いに乗った。

 話を受けその週末、山に入り探索を始めると何でそのクラブの人たちが洞窟を
見つけられないのかわかった。
彼らは全く山の素人で地形図を読めず、ぜんぜん違う場所の獣道に入って探索していた。
俺はあの時通った尾根を案内すると、2時間ほどの捜索でミズナラの倒木と、問題の洞窟が
見つかった。笹薮は前よりも茂っていたけど、風景がフラッシュバックしてくるように
思い出してちょっと怖くなった。
 
 総勢10人のクラブの人たちは洞窟前で黙々と準備を始めたが、俺は洞窟を目の前にすると
あまり入りたい気持ちにはならなかった。いくら偶然だとは言われてもあの人型の泥
は俺にとってリアルすぎたし、口では説明できない異様な雰囲気をあの時確かに
感じていた。
それを話すとクラブのリーダーに、
「こういっては何だけど、もう一度その泥をみてみると拍子抜けすると思うよ。」
っていう感じのことを言われたし
それに撮影用の強力なライトもあるし部屋とかと変わらないくらい明るいので
不安もまた薄れ、入ることにした。それに外でひとりで待つのも嫌ではあった。

489 ::2007/07/15(日) 04:55:02 ID:FEX+qvCl0
 中に入るとライトのおかげもあり、隅々まで照らされて1年前とはだいぶ雰囲気が違うように
見えた。あの時見た感じとは違い道はあまり分岐してないし、地面の岩もそれほど多くなかった。
そして、意外と道は上下左右にうねっている。
10人で進むと時間はかかったが30分ほどで例の突き当たりに着いた。
俺はあの時の穴を見上げた。
クラブの一人が頭から中に突っ込むと、すぐ後ろ向きに出てきた。
ホールから先は確かに鍾乳洞で、入り口はホールの床まで4m近くあって、はしごを張らなければ
ホールには下りられないらしい。ワイヤーの縄はしごを張ってみんなは次々と穴に
入っていった。
俺も意を決して穴を覗き込んだ。
あの人型の泥がなかった。
泥があったはずの場所はやはり石筍が立ってなかった、それどころか石筍はこのホールの入り口に
向かう道を作るように折れている。

俺は穴から出て後続の人にお願いして、もう出たいと言い洞窟から一緒にでてもらった。
一緒に出てくれた人には、おそらく過去に何回か人が入って石筍が折られたり
ホール内部も荒れてるのかもしれないと言っていたけど、俺はそうは思えなかった。
理屈では確かに、ミズナラの木を切った人はあの洞窟を見つけていると思うし
その人が何度かその洞窟に入っていたとしても不思議ではない。
 
で、最近なんだけどそのクラブの人から連絡があった。
俺が最初入った時目印にしてた山菜の本の切れ端がいくつも見つかったとのこと。
全部洞窟のホールの奥に束で置いてあったんだとさ

490 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 04:58:13 ID:FEX+qvCl0
 長文失礼しました。実話なのであまり怖くないかも知れませんが
クラブの人は今日もその洞窟を調査されるそうです。

491 :元祖・本家雷鳥。:2007/07/15(日) 05:04:46 ID:SP40TudhO
いや〜、すんばらしいお話でした。正に想像力が爆発した?って感じ?みたいな?
じゃあ、はい次。

492 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 05:22:31 ID:FEX+qvCl0
この辺です。
http://maps.google.co.jp/maps?f=q&hl=ja&geocode=&q=%E7%A7%8B%E7%94%B0%E7%9C%8C%E6%A3%AE%E5%90%89%E5%B1%B1&ie=UTF8&ll=39.993956,140.526123&spn=3.71137,6.866455&z=7&iwloc=addr&om=1

493 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 05:22:41 ID:xXEE025q0
>>490
リアリティがあってすごく面白かった〜。
“山菜の本の切れ端がホールの奥に束で置いてあった”というところがゾクゾクした。
人形の泥は幻覚だったのかな??
モワモワとした恐怖感が残る話だ。

494 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 06:34:29 ID:/hBcj4780
なるほど秋田の森吉山ですか。近年だいぶ伐採が進んだらしいけど
まだかなり広いブナ原生林があって天然記念物の珍重クマゲラも
生息してるらしいですね。秋田マタギの昔の狩場もこの辺ですな。


495 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 07:08:08 ID:jjF3fzKx0
>>490
臨場感があってすごく面白かった。
洞窟の中って確かに異様な雰囲気あるよね。


496 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 11:29:17 ID:NQHJnMOx0
ぞわわぁぁ

497 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 11:30:33 ID:ZBo+lwWU0
>>490

498 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 11:43:44 ID:NQHJnMOx0
>>492
森吉かあ。
高校生の部活みたいな青臭いレポートばっかりだけど、
ここでけっこう森吉とりあげてるよな。
ttp://yamaiga.com/index2.html


499 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 12:27:02 ID:wvmwqueWO
今恐山に向かってるんだがやっちゃいけない事とかある?

500 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 12:38:41 ID:Vj6uQdi60
私は茨城の山間に住んでいたんですが
よく狩猟時期になると近隣の市町村から鉄砲撃ちが集まります。
鉄砲撃ちはポインターとかの犬を連れて来てるのですが
その犬を置いて帰ってしまったおじさんが居たのです。
その捨てられた犬は家の裏庭を歩いたりして思案してる感じで暫くは家の近所をうろついていました。
子供だった私は大きな犬が恐くて近寄れませんでした。
父はその犬を連れて来た隣町のそのオジサンに電話して
『お宅の犬が近所にうろうろしている』と告げたのですが
『その犬は使えないから捨てた』との返事だったそうです。

暫くしてその犬は見かけなくなりましたが
ある日そのオジサンの家に自力で戻ってきたとの知らせがありました。

犬は自分の飼い主の匂いをたどって自宅へ戻ったのでしょうか?
たぶん距離にして20キロ近くをです。

もう30年も前の出来事ですが犬の不思議さに驚くと共に
あの犬を助けてあげたかったなぁと思う事もしばしばです。

501 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 12:44:27 ID:X/EuebGQ0
>>499
恐山へ登る途中で沸き出している冷水は、飲めば死ぬまで長生きできるというありがたい水だが、
だからといって大量に飲んではいけない。一酸化二水素(DHMO)の過剰な摂取は、時には命に関わる。

宇曽利湖の湖水は、晴れた日には青空を写して鮮やかなコバルトブルーに見えて綺麗だが、
うまい角度で写真を撮って、これをパラオあたりで撮ってきた写真だといって友達を騙してはいけない。
また湖水で泳ぐのはたぶん顰蹙を買うので止めた方が無難だ。

入山料を払って入った境内にある温泉には無料で入れるけれど、だからといって1日中延々と
浸かっていてはいけない。おそらく湯あたりする。禁止事項はこんな所かな。

502 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 16:08:57 ID:A26jab8P0
恐山にあるもの(石とか)や、その周辺のものを持って帰らないようにね。
なんか憑いてきてもおかしくないから。

503 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 16:43:05 ID:Z+WoUomb0
>>501
>飲めば死ぬまで長生きできるというありがたい水だが、

おまいおもろいなw

504 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 20:24:50 ID:nR/5fvDy0
>>501
DHMOの有害性については医療系の板で語ってください
オカルトと一緒にされるのは迷惑です

505 :本当にあった怖い名無し:2007/07/15(日) 22:19:59 ID:wvmwqueWO
>>501>>502ありがとう
中々神秘的な感じで良い所ですた
でも石とかに人名が書かれてんの見た時はちょいビビった(゚Д゚;)

506 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 05:30:28 ID:3TA7TqsIO
>>503
笑いすぎてやばい

507 :本当にあった怖い名無し:2007/07/16(月) 12:22:35 ID:8H6zTHKJ0
>>505
>>501に感謝したんかい!

508 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 10:32:41 ID:ocSso5GVO
まとめの宮大工の話で蛇神の神社の話の続き気になる…携帯で全部見れない、誰か教えて下さい。

509 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 10:46:12 ID:kKbqHr/Q0
>>508
タイトルを書け、タイトルを

510 :雷鳥:2007/07/17(火) 10:49:01 ID:YzSCA7RQO
実はアテクシが宮大工だったんでありんす。

511 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 10:50:10 ID:ItoBE+pH0
>>508
ネットカフェとか図書館のPCコーナーとか お好きなところへどうぞ

512 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 11:09:05 ID:0m20FgboO
>>508
少しは自分で何とかしようとしろよ
「携帯だから見えません!誰か見えるようにして!」
「携帯だから読めません!誰か読めるようにして!」
何?その他力本願
だから携帯ユーザーがウザがられるんだよ

んで、「携帯からの投稿失礼しました」
何?その卑屈な他力本願
何?
何なの?

つ http://fileseek.net/proxy.html

これやるから
次からは自分でやれ


513 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 11:37:29 ID:b2NC8M+T0
ツンデレなんだからもうw

514 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 13:58:56 ID:TRGdGRuA0
携帯はNGにしる

515 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 15:11:50 ID:bReKU8Ht0
雷鳥さん、山のアパートの話の続きをしてよ!

516 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 20:06:46 ID:RqN2q7VmO
最近、ニセ雷鳥のファンになってきた。
あの下らない文章は、クサヤみたいなもんだな。


517 :本当にあった怖い名無し:2007/07/17(火) 20:53:47 ID:h32oVQh00
はいはい携帯携帯

live2chで携帯NGする方法教えてエロい人

518 :元祖・雷鳥:2007/07/17(火) 23:53:06 ID:YzSCA7RQO
NGワードとか言ってたクイズ番組って何だったっけ?
じゃあマンションの話しの続きね。

実はマンションが姉歯設計で今回の地震で倒壊しました。
しかし、近くの山も崩れて古代の超文明の秘密基地が姿を現したからさぁ大変。
とりあえずそこに住んで謎の古代生物と夜な夜な巨大ロボットで闘ってます。
もちろん俺はイケメンでレッドです。
俺達の闘いはまだまだ続く…(一年間)おしまい。

長らく「雷鳥のマンション物語り」をご愛読頂きありがとうございます。雷鳥先生の次回作を震えて待て!!

519 :雷鳥の夏:2007/07/17(火) 23:59:35 ID:YzSCA7RQO
あ、やっぱり「雷鳥のマンション物語り」じゃなく「雷鳥変態☆山怖スレにマンション関係無いんジャー」に脳内変換してけれ。

520 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 03:57:01 ID:Et351rWr0
ライ虫

雷鳥って英語で書くとサンダーバードになるんだよなあ・・・orz

521 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 10:26:18 ID:asj2mlhf0
ライチュウ?
ピカちゅうの進化版みたいだな


522 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 12:58:16 ID:T+9Ndn6d0
らいちゃん、まだ〜?

523 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 13:16:26 ID:7Jee2xTg0
ネコ娘ずいぶんかわいくなったな
普通にオカズにできる

524 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 15:18:40 ID:aw9nfCfRO
>>521
鳴き声は
ギィーバリバリ
だっけ?

525 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 21:41:06 ID:OMGoNOEc0
てすと

526 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 23:10:10 ID:Ya+T2NeH0
去年の夏に木下で友達二人で向き合いながら虫を探して土いじりしてたら
二人の股下を影?灰色のなにかが二人の足を巧みに避けながらすごい速さで通り抜けました。
そんだけ



527 :本当にあった怖い名無し:2007/07/18(水) 23:32:33 ID:JpSA3xeT0
ネズミ

528 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 02:26:34 ID:ATvzM7x+O
>>527が真理

529 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 03:45:09 ID:gzX3/y4U0
今年の春過ぎに麓から見るとまだ山に残雪があったので
土日を利用して山スキーをやる会社の同僚と山に行った時の話。
その日午前中いっぱいをクレバスのチェックしながら登って、そのあと
夕方4時くらいまでずっとリフトのない山で登っては滑って遊んでた。
そのあと山小屋に行った。休日には観光客もたまにいて、その日も山小屋は
すでにおじさん二人が来ていておじさん同士で話をしていた。
夜飯を食い終わると俺たちもおじさんの話に加わりずっと男4人で山とかスキーの
話をしていた。

俺はタバコを吸うのでおっさんたちには遠慮して外に吸いに出たんだけど
月が満月に近くて、明るかったから山小屋近くの湿地になってる木のない
とこまで小屋のサンダル履きのまま行ってボーッとタバコ吸ってた。
景色いいなぁ、とか思って午後にスノボしてた山頂の方を見たら変な
人の形っぽい光が浮いてた。
視点がおかしいのかなぁとか思いながらジーッと見てたら
微妙に揺れるか、回るかしていた。ヤベっとか思ってすぐ山小屋に向かった
んだけど、戻る途中もあの変なのが急にこっちに向かってくるんじゃねーか
とか何度もうしろ振り返って変な光を確認してた。

ブルブルしながら小屋に入ってすぐ同僚とおっさんに見た変な光を説明したら、
同僚がはしご登って山小屋の2階の窓から山のほうを覗いた。
「ホントだ、なんか光ってますよ」って言ったらおっさん2人も覗き込んだ。
「何でしょうね、反射か何かであんなふうに見えるんですかね」
とか言ってずっと見てた。


530 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 03:46:03 ID:gzX3/y4U0
最初は3人とも恐々とみていたけど、
そのうち覗き込んでる姿勢が疲れてきておっさん二人は窓から離れて、俺の同僚の
窓からの現状レポートを聞きながら光について俺と話してた。
なんかの幽霊かとか、UFOとかじゃないかとか、噴出してるガスが月の光に当たって
ちょうど山小屋側から光って見えるんじゃないかとかいろいろな憶測をしていた。
で、話し合った結果、もし霊ならあの下に遭難者が埋まってる可能性もあるので
明日にでも付近を掘ってみようって話になった。
その話の間もずっと光は山の斜面上にあった。

とりあえず、光も消えそうにないので、おっさんたちは下で、俺らは2階の窓から
ちょっと窓から離れて寝ることにした。
寝転がりながらも何回か光を確認しながら同僚と話をしてたら、夜半に雲がでてきて
光が見えなくなるかも、とか思いながら窓を見て雲が光のほうに近づいて覆っていくのを
観察することにした。
じっと見てると、雲が光に覆いかぶさる瞬間、光がフラーッとしたまま足を動かして
移動し始めたように見えた。そのあと雲で景色も見えなくなって俺らも寝てしまった。
今思うと、確かに疲れはあったが何であの状況で寝れたのか不思議だ。

翌日4人でその付近を確かめようと近くまで登ったんだけど雪が予想以上に
硬く、また範囲もあまり特定できずにあきらめ、俺らもその日滑らないで
下山した。
未だにあれが何だったのかわからんけど、似たようなことないか調べたら
フライング・ヒューマノイドと言って世界各地で目撃されてる現象らしい。
怖くなくて申し訳ない。

531 :浜田:2007/07/19(木) 10:32:55 ID:9nN5aF9y0
>>436-437
なんで2回言うねん

532 :本家・雷鳥:2007/07/19(木) 12:06:02 ID:BHs7zmrlO
フライング・雷鳥:早漏の意。
最近になってようやく羆嵐を読んだ。

533 :本当にあった怖い名無し:2007/07/19(木) 20:19:08 ID:6ViLPzGw0
雷鳥さんも、まとめサイトの中の人も、最近忙しいのかな?
そういやまとめサイト、Part32の過去ログだけ尻切れトンボなんだけど、ログ取れなかったのかしらどうかしら?
誰かまとめてくれないかなあ・・・見逃したよスネーク orz


534 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 00:31:13 ID:DTXQsqWk0
>>520

違うよ、SNOWBIRDだよアホ。

535 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 00:36:21 ID:tLq/a0P90
Ptarmigan

536 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 01:10:21 ID:ht/oCNsH0
本人は某人形劇の緑の輸送機からとったって書いてたぞ

537 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 01:48:29 ID:8cVZfTyGO
知り合いの話。
小学生の時、五月の八ケ岳で消え残りの雪に気を取られていて父親や他パーティーにおいてけぼりを喰った。
慌てて追い掛けようとすると、突然ひどく霧が立ちこめてきて、数メートル先も見えなくなった。半泣きで
「お父さーん、お父さーん」
と叫びながら手探りで霧を進むと、前方に背の高い影が現れた。
「お父さん?」
呼んでもその影は動かない。じっとこちらを伺っている様子だ。
「お父さん!」
急いで駆け寄ると、それは…
体長2m程のツキノワグマだった。
恐怖の余り固まってしまった彼の前を熊はゆっくり横切り、道の端から半分転がるように斜面を下りていった。
だが彼は完全に体がすくんでそのまま動けなくなってしまった。
体は冷たくなり、だんだん意識もぼやけ、気絶するかと思った時、霧の中から一匹のオコジョがひょっこり現れ、素早く彼に駆け登ると、頭の天辺で髪の毛をもしゃもしゃ噛った。
その途端、彼の硬直は解けて動けるようになり、間もなく彼を捜しにきた父親と逢えた。
あのオコジョは何かの「助けだった気がする」と彼は言っている。

538 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 06:23:27 ID:3cgeqds80
>>537
久々に落ち着ける文章を読むことが出来ました。
どこのどなたとは伺いませんが、この種の文章の
投稿をお願いします。

539 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 07:11:45 ID:bHU6DkpP0
>>537
熊こええ…
俺もヒメねずみにズボンに登られたことがあるw
超かわいかった。

540 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 08:13:53 ID:58SRNCOHO
>>512
早速512が携帯用まとめサイトに載っとるww

541 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 09:50:28 ID:zCrFNj7T0
>>537
もっと創作文芸板で勉強してから来いよ


542 :始祖・雷鳥:2007/07/20(金) 10:50:13 ID:IyaNcwlyO
もう少し待っててね。すげぇ超大作が来月中に完成予定なんだ。
これを披露したら山怖スレがオカ板一、いや2ちゃん一のスレになるだろう。

543 :本当にあった怖い名無し:2007/07/20(金) 11:25:38 ID:AG7AjfztO
小学1年の頃の話で、友達が居なく、毎日のように山で虫を捕まえて遊んでいた
いつものように遊んでると、同じ年齢の子供が俺に話し掛けてきた、
そいつは山を良く知ってて、出てくる虫や危険な場所など色々教えてくれた
そいつと毎日のように山で遊ぶようになった、
だいぶ顔見知りになったある日、
そいつは自分が危ないと言っていた蜂の巣の方に歩きだした
何回も大声で注意したが返事もしないで、どんどん歩いていく
蜂の巣に近付いていくと、無数の蜂が飛び出してきてそれに掻き消されるように居なくなってしまった
あれから十数年、ここの近くの人達とは大抵友達になったが、そいつとは未だに会えていない

544 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 02:01:36 ID:5DVwuhPI0
>>543
多分、そいつは自分が死んだ時のシーンを誰かに知って
欲しかったんじゃないのかな?

545 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 02:09:48 ID:DKJvN9010
シーン

546 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 02:24:50 ID:nVanQYwwO
山でウリ坊にどつかれた俺をどうしろと

547 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 03:20:03 ID:gbT8+fgw0
六甲山をバイクで走ってたら
ウリ坊の集団に囲まれた事があるよ。

可愛いなーってバイクを止めて見ていたら、
カツカツと何かを叩く様な音が聞こえ
顔を上げたら、思いっきり「猪突猛進するかんね」って感じの
親のイノシシがこっち見てた。

逃げた。途中でスリップしてこけた。怖かったけど、ウリ坊可愛い。

548 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 11:56:47 ID:x3ETpPTFO
うちの実家の山奥に昔の火葬場があるんだよな…
今はもう朽ち落ちて土台しか残ってないらしいが(俺は怖くて近くに行った事ない)
子供の頃じいちゃんと田んぼ行ってじいちゃんが田んぼ仕事してる間に山で遊んでたらちらほらと建物が見えるんだ
周囲が全部木なのに不気味に白いコンクリートの建物が見えて子供心にあそこで人を焼いてたと思うだけでぞーっとしてとてつもなく怖かった
今でも親父の手伝いで田んぼ行くとうっすら土台だけ見えて恐ろしい

549 :本当にあった怖い名無し:2007/07/21(土) 22:14:59 ID:eiWEJmsn0
>>543
興味深い話ですね。仮に創作でも良く出来てる。

550 :本当にあった怖い名無し:2007/07/22(日) 12:42:32 ID:7/knaGCrO
火葬場の話は怖いね。

551 :本当にあった怖い名無し:2007/07/22(日) 13:32:20 ID:9S+eRttb0
全裸隊参上!ゆったりPart2
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/bobby/1154727761/

552 :本当にあった怖い名無し:2007/07/22(日) 13:33:15 ID:9S+eRttb0
全裸隊参上!ゆったりPart2
http://etc6.2ch.net/test/read.cgi/bobby/1154727761/

553 :本当にあった怖い名無し:2007/07/22(日) 13:40:49 ID:A26DBo4SO
>>549本当にあったことです
関係ないと思うけど
あれから何年か経って、
霊感のある知り合いに霊視してもらったことがあって、その人によると小さい子供が自分を見守ってるそうです。

554 :雷鳥の夏:2007/07/22(日) 14:32:07 ID:Xm+7uneRO
>>551
糞スレ貼んな

555 :本当にあった怖い名無し:2007/07/22(日) 14:47:56 ID:im0cXNKr0
>>554
どうした、何があったんだ?

556 :本当にあった怖い名無し:2007/07/22(日) 23:37:16 ID:BM3KRDvT0
よいしょっと。

557 :本当にあった怖い名無し:2007/07/22(日) 23:53:49 ID:LrZ0E0QXO
山は偉大だよ

558 :本当にあった怖い名無し:2007/07/23(月) 16:18:40 ID:dskaxsYRO
阿蘇外輪山の中に根子岳ってあるんだが、そこは猫が修行にいく山だそうだ
登山中に猫の鳴き声が聞えたりするそうだぞ

居なくなった猫はその山で修行をしているのかもしれないな

559 :本当にあった怖い名無し:2007/07/23(月) 19:12:01 ID:0/tGALD5O
そういや、バチバチと静電気纏いながら飛んでく鳥の群れ見たことがある。

化学的に説明つく現象だが、それでも圧倒されるだけの雰囲気があったなぁ

560 :本当にあった怖い名無し:2007/07/23(月) 22:53:36 ID:8EilfJqe0
>>548
そんな場所がうちの近くの山にもある
何年か前、爺さんがそこでキヤンプしようとしてる人たちを発見
そこはやめたほうがいいよって注意したら
「あぁ?ココは爺さんの山かよ?」
といわれたのでほっといたそうだ。
気になって次の日朝早く見に行ったらもう引き上げた後だったらしい
水場があるから便利だっておもったんだろうね。

561 :本当にあった怖い名無し:2007/07/24(火) 17:42:42 ID:/cxJdq2h0
例の場所に載ってた話を転載。
毛むくじゃらカワユスw

東北地方のとある山の中に、知る人ぞ知るという超大物が棲んでいる
渓流の話を聞き、何が何でも行って見たくなって仲間二人と出掛けました。
しかしそこは本当に奥山の中にあり、車を降りてから登山道を何時間も掛けて登って行き、
ようやく川に辿り着いた時にはもう暗くなっていて、
ちょっと広くなっている河原にテントを張り眠ってしまいました。
疲れていたのでそのまま朝までぐっすりと眠り、
朝四時を過ぎて少し明るくなった所で起き出し、
薄暗いうちから釣りを始めました。
噂通りの尺越え大物が連発し、三人とも夢中で釣り上がっているうちに
みんなバラバラになってしまったけどテントに集まればいいかと
気にもせずに釣っている時の事でした。

岩かげのポイントに上手く糸を入れ、すぐにガツンと大物の手応え。
右に左に走る魚とファイトしているときに誰かが肩を叩きます。
しかしこっちはそれどころじゃなく、仲間が来たのだろうと重い
「ちょっと待ってろ」と振り返りもせずに返してファイトに集中。
しかし、あまりにもしつこく肩を叩いてくるので頭にきて
「うるさいよ!今手が離せないのは見て判んだろうが!!」
と振り返りざまに怒鳴りつけたらそこには熊だか人だか解らないような
毛むくじゃらの妙なモノが立っていました。
しかしそいつは俺の剣幕に驚いたのか、「ハイすんません!」と叫んで
だっと逃げ出してしまいました。
あっけにとられていた俺ははっと我に返り、
足がガクガクと震えて来ましたがせっかくの大物を逃がしてなるかと
なんとか釣り上げ、結局そのまましばらく釣り続けました。
その後仲間と合流して話したのですがなにかの見間違いだろうと信じてくれませんでした。
あれからその川には一度も行ってないけれど、 あいつは一体なんだったんだろうか、と今でも時々想い出します。

562 :本当にあった怖い名無し:2007/07/24(火) 18:39:27 ID:lzBCUj9S0
ムックだろ。

563 :本当にあった怖い名無し:2007/07/24(火) 20:41:56 ID:lzAs1a6mO
あの姿が渓流にいて話してるのが頭に浮かんだ

564 :本当にあった怖い名無し:2007/07/24(火) 22:00:25 ID:JZF1LqRtO
>558
違うよ。根子岳は死期を悟った猫が死に場所を求めてたどり着く場所だよ。

565 :本当にあった怖い名無し:2007/07/24(火) 22:10:20 ID:Zy44bMBc0
>564
俺がきいた話は猫の王様が住んるときいたぉ

566 :本当にあった怖い名無し:2007/07/24(火) 22:37:29 ID:DHoufJ9R0
>>565
日本にケット・シーがいるのか

567 :本当にあった怖い名無し:2007/07/24(火) 23:45:39 ID:lzAs1a6mO
>>566
まあ関西出身なんだろうけどな

568 :筋肉全裸帯:2007/07/25(水) 01:36:37 ID:t6Vdr9qIO
分家・雷鳥からコテが変わりました!改めてヨロ乳首。

告知・八月一日より、長年我が身に降り注いだ、ある山との因縁をまとめた超大作「俺と雷鳥の忌み山でのウホッな生活」を新連載!見逃すな!!!

569 :本当にあった怖い名無し:2007/07/25(水) 01:50:51 ID:3FODdzVpO
>>566
いや、オレは猫娘の里があると聞いたが。

570 :本当にあった怖い名無し:2007/07/25(水) 02:55:55 ID:MPLIZqoGO
ケット・シー。
エンド・セクター以外でこの単語見たの初めてだ。

571 :本当にあった怖い名無し:2007/07/25(水) 06:42:53 ID:aH/6CbXp0
>>568
キチガイ乙!

572 :本当にあった怖い名無し:2007/07/25(水) 11:04:14 ID:W1Lc6usY0
>>568
思わず大笑いしたがよそでやれ

573 :まとめ人2:2007/07/25(水) 11:09:06 ID:10N86+Y00
>>533
ごめんなさい

以前 親切な方に過去ログいただきましたが なぜか見れませんでした・・
もし持ってる方がいましたら まとめるので下さい

574 :本当にあった怖い名無し:2007/07/25(水) 21:42:30 ID:+4hmZobj0
>>570
そう?FF・DQ板ではやたら目にするけど。ケット・シーってFF7のプレイキャラだし。

575 :本当にあった怖い名無し:2007/07/25(水) 22:50:37 ID:FrAaOFC30
北欧だったかの幻獣とか妖怪の類だったと思うよ
長靴を履いた猫とか

576 :本当にあった怖い名無し:2007/07/25(水) 22:54:07 ID:RVrFH/Va0
猫の王様。サイズは子牛位だったかな。胸元に三日月の印があるとかなんとか。
漫画のARIA(天野こずえ著)にも出てくるね。

山といえば、街灯もない峠道で、フロントガラスめがけて飛んでくる
昆虫が怖い。ぶつかって飛び散る昆虫の体液で視界が悪くなるし、
片付けるのもグロいしなかなか取れないし。

577 :本当にあった怖い名無し:2007/07/25(水) 23:24:40 ID:3uMdUfPZ0
ケットシーはスコットランド
民間伝承によると、犬程度の大きさで胸に白い斑がある

578 :本当にあった怖い名無し:2007/07/25(水) 23:27:26 ID:6HPWDehy0
日本じゃ火車か猫又だと思うけど、勿怪でも火車っぽいのがでてたよね

579 :本当にあった怖い名無し:2007/07/25(水) 23:41:53 ID:IfbSuA7J0
ケットが猫でシーが妖精。
バンシーとかファーシーのシーと一緒。
山で怖いっつーとリアルにうちの近所に産廃が埋めてあるらしいことかな。

580 :筋肉全裸帯:2007/07/25(水) 23:51:21 ID:t6Vdr9qIO
ノゾミ・カナエ・タマエ

581 :本当にあった怖い名無し:2007/07/26(木) 02:08:50 ID:KT/JNshwO
昔、那須で遭難した高校ヤバかったな

582 :本当にあった怖い名無し:2007/07/26(木) 05:12:36 ID:XGoO+hed0
>>581
どんな風?

583 :本当にあった怖い名無し:2007/07/26(木) 06:27:01 ID:Mcj4G2EB0
>>569
山の形が女性の顔に見えるんだよな

584 :本当にあった怖い名無し:2007/07/26(木) 11:31:49 ID:KT/JNshwO
>>582確か、那須の甲子山に登ったんだが、疲労困憊で一人一人死んでしまうんだ。50年前の話

585 :本当にあった怖い名無し:2007/07/26(木) 13:01:05 ID:yqGsbFU/0
>>584
へええ、ヒダル神が付いたんだね・・・

586 :本当にあった怖い名無し:2007/07/26(木) 20:15:11 ID:LlImtUM6O
富士山の山小屋、八甲田山、谷川渓 等々
ググればいっぱいあるっての ( ^艸^)プ

587 :本当にあった怖い名無し:2007/07/26(木) 21:05:21 ID:nd7b+SyUO





   ∩___∩
   | ノ       ヽ
  /  ●   ● | 
  |  ///( _●_)//ミ
 彡、  /⌒)(⌒ヽノ
  ./  /  / \ \
  l   ノ    `ー‐'

588 :筋肉全裸帯:2007/07/26(木) 21:55:00 ID:VM21+ZRsO
>>587
クマー!コノヤロー!オラエー!

589 :本当にあった怖い名無し :2007/07/27(金) 14:50:58 ID:rO/m33or0
>>579
マーシーはなんの妖精ですか?

590 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 15:30:47 ID:qOfN69oU0
マーが海でシーが妖精。
田代は海の妖精だな

591 :本当にあった怖い名無し:2007/07/27(金) 20:12:15 ID:GZzh1jTx0
水周りが大好きだしなw

592 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 08:58:09 ID:6dYYh1WXO
あげ

593 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 09:27:31 ID:dK+8rKOOO
兵庫の田舎者なんだけど、子供の頃遊んでた山で、普段そこまで行かないだろという
山奥まで親父と入った時に凄んごい綺麗な仏壇が置かれていたのを見た時は、
さすがに親父も俺も寒気がしたw

捨ててあるんじゃなくて奉ってる感じ…。
そこまで行くのに道はないから迷い込んだ場所だし、なんなんだろ?

594 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 10:48:30 ID:x+Vu5iwmO
その仏壇は長谷川だったってオチ

595 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 11:30:17 ID:QLgFGPzE0
?


596 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 14:48:00 ID:HMUgNBFj0
>>593
肝心なところが欠けていて要領を得ないんだけど、
道端に、きれいで立派でおそらく屋根付きの厨子があった、ということなんでしょ?
祠っていうとカミサマだけど、
そうじゃなくて仏教っぽかったってことなんじゃないかな?

597 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 18:58:35 ID:GFUT2MzB0
♪オブツダンノーハセガワー♪
なぁむぅ〜

598 :本当にあった怖い名無し:2007/07/29(日) 21:32:00 ID:6dYYh1WXO
実は学会員だったというオチ

599 :本当にあった怖い名無し:2007/07/29(日) 21:44:16 ID:H6p3xN1/0
  i:;:;:;:;:;:;;/_|;|_|i;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:;:ノ
   /:;:;:;:;:;:;lト''l;| !リ;:;:;:;:;:;、;:;:;:;:;:}  ま 知
  i゙:;:;:;:;:;:N ! ヾ ヾヾ',;r''⌒ヽ.)  す っ
  .|:;:;:;;i'゙'゙  ,;;   《''ー'゙,,.    }  よ て
  !;:;:ヽ´`''''《   .:/Z三卉≧=)
  ヾ;:;}ィ=ヰ=〉  彡''" ̄  `''ー、_,、__、_,,
    i゙ ´'''⌒7   ,,   ∵ ‥.;;彡''゙>ヽ l
   .|.   /  爻,,  ∴ ∵ /.::::::::::';;;ノ/
    l::.   (_,r、_)へ、.   /.:::::::::;;{-‐'゙
     l:: /  ,,ィー-:=:._7 ,.::::::::::/:l
    ヽ ヽんrェェエエダi .:::::::::/:::l
     ヽ. ヾー==-'''´  ,':::::::;;::::::::|
      ヽ.      ,,.:':::,,-‐''..゙゙ ̄`フ、
        ヽ(_,,;rイ´.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:.:/,:;:;.ヽ



600 :本当にあった怖い名無し:2007/07/29(日) 21:52:15 ID:6tsTJhxaO
狐狸庵せんせ〜い!

601 :593:2007/07/29(日) 23:45:51 ID:dK+8rKOOO
説明不足でスマン

記憶しているのは普通に林の中に置かれてる感じ。
開けた場所でも人が行くような場所じゃなかった。
でも手入れが行き届いてると見えた。

約25年前の話なんだけど誰か突撃しますか?
山の場所は教えます。
ちなみにゴルフ場が出来てるから残ってるかは微妙だけど…

602 :本当にあった怖い名無し:2007/07/29(日) 23:59:19 ID:Qsxi/dqh0
>>601
捨てた直後だったんだろ。

603 :本当にあった怖い名無し:2007/07/30(月) 00:15:24 ID:et8zTdQH0
家族が創価学会入信

300万もの仏壇を学会関係仏具店で購入

業を煮やした配偶者が山中に投棄

604 :593:2007/07/30(月) 00:54:29 ID:yO/mWWpEO
捨てたのかなあ

でもかなり山奥だったから、何故そこまで行く必要が…。

まあ今更なんだけどね

605 :本当にあった怖い名無し:2007/07/30(月) 01:05:58 ID:HUegVpKwO
姥捨山。

606 :本当にあった怖い名無し:2007/07/30(月) 02:06:15 ID:MJGcLibG0
>>593
場所教えてもらったところで、
あんたどこ方面の人よ?ってかんじ。
オレ埼玉なんだけど「鹿児島です」とか言われても行けないし。

冷静に考えて、木製の仏壇なんて雨ざらしにしておいたら、
ものの2週間と持たずにボロボロのゴミになるよ。
犬作狂信者たちには石製プラ製新素材製の仏壇があるのかもしれないけど、
山の中に仏壇が置かれていた、手入れもされていたってなんか変だよ。

>>596のいうようなコンクリ製とかの厨子じゃないの?

607 :本当にあった怖い名無し :2007/07/30(月) 09:12:10 ID:SjWqvKAe0
>>606
兵庫じゃないの?
俺も兵庫だが山登るのめんどくさいw

608 :本当にあった怖い名無し:2007/07/30(月) 16:49:02 ID:4Qgt74uG0
でもたまーに山の中に奇妙なもの捨ててあるよね。

がけ崩れで車の入れない林道30分くらい行ったところに
真新しいきれいな子供用の三輪車が置いてあったときには
ちょっと寒気がした。
あたりはシーンとして人っ子一人いないし。
犯罪?なんで?誰がわざわざ?と?だらけになったよ。


609 :本当にあった怖い名無し:2007/07/30(月) 20:37:46 ID:yE279kvp0
>>606
>あんたどこ方面の人よ?ってかんじ
ワロタwどんな感じなんだよwww

610 :本当にあった怖い名無し:2007/07/30(月) 21:51:22 ID:RQj3ros80
ttp://jp.youtube.com/watch?v=MNmwlbmyZ34

三原山の噴火の時、火口近くに人が歩いてたってやつ
詳しいこと知ってる人いないか?

611 :本当にあった怖い名無し:2007/07/30(月) 22:08:09 ID:JpiQusiL0
火山噴火なんとか研究員の夫婦じゃなかったか
ちなみにこの時以外に起こった三原山噴火で死んでるはず

612 :本当にあった怖い名無し:2007/07/30(月) 22:17:33 ID:RQj3ros80
クラフト夫妻が亡くなったのは雲仙の火砕流だった

613 :本当にあった怖い名無し:2007/07/30(月) 23:05:38 ID:JpiQusiL0
>>612
そうだったか、知ったかスマヌ

614 :本当にあった怖い名無し:2007/07/30(月) 23:51:15 ID:hyUIUZxgO
>>610
これはびっくりした

研究所っぽいの燃えてるのにな

615 :本当にあった怖い名無し:2007/07/31(火) 05:42:40 ID:lui5FXWy0
>>610
島の住人で行方不明になった人はいないらしい
もし島民だったなら生きて帰れたことになるが、該当者はいないらしい
らしいばっかりですまんけど

616 :本当にあった怖い名無し:2007/07/31(火) 06:06:40 ID:8AMSB56Y0

知らないの?
おれは知ってるww
他板でみたもんねー

617 :本当にあった怖い名無し:2007/07/31(火) 06:54:06 ID:lzigrosL0
あっそw

618 :本当にあった怖い名無し:2007/07/31(火) 16:58:04 ID:zdirZAzo0
やっぱあのクラフト夫婦か。あの夫婦こと自体はけっこう有名だものな。

619 :本当にあった怖い名無し:2007/07/31(火) 17:29:38 ID:LF7EnPeC0
>>610
九死に一生スペシャルでその人の話やってたな

620 :筋肉全裸帯:2007/07/31(火) 22:47:11 ID:LU5PxXTlO
定期雷鳥止め。

621 :本当にあった怖い名無し:2007/08/01(水) 00:56:05 ID:VntCcMmP0
>>610
ゴルゴでこんな話あったよ!これがモチーフだったのか。

622 :筋肉全裸帯:2007/08/01(水) 12:53:27 ID:gro3WJpfO
定期雷鳥age

623 :本当にあった怖い名無し:2007/08/01(水) 17:29:41 ID:DDCSDr630
>>610
幽霊だ!!!!!

624 :本当にあった怖い名無し:2007/08/01(水) 17:31:18 ID:ZSvPCha/0
三原山の火口は自殺の名所だったんだよな
今は知らないが

625 :筋肉全裸帯:2007/08/01(水) 20:57:31 ID:gro3WJpfO
しばくぞキサーン

626 :本当にあった怖い名無し:2007/08/01(水) 21:18:35 ID:QHYfKImh0
>>625
どうしたのよ!?

627 :筋肉全裸帯:2007/08/01(水) 22:40:13 ID:gro3WJpfO
>>626
しばくぞキサーン

628 :本当にあった怖い名無し:2007/08/01(水) 23:42:41 ID:KXX8SkjRO
>>627
しばくぞキャシャーン

629 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 00:08:04 ID:ZJJds2Yf0
>>628
たたけキャシャーン

630 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 00:10:46 ID:hUREI6GX0
くらすぞきさん、でしょ。

631 :筋肉全裸帯:2007/08/02(木) 01:00:50 ID:/RHASmPUO
>>630
暮らすぞキサーン

これから山に行ってセンズリこいて来るノシ

632 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 05:54:03 ID:eEI0zCmf0
>>631
オメエよいい加減スレ汚すのやめろや

633 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 06:03:50 ID:7IeHoYZJO




いいか、みんな

        (゚д゚ )
        (| y |)

小五と穴とエロでは単なる変態だが

           穴
      小五  ( ゚д゚) エロ
       \/| y |\/

三つ合わされば最強の戦士へと変化する

       ヘ丶ヽ
      ヽ\ヾヽソ
       ゞミ ゚д゚)  悟空
        (\/\/

634 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 14:15:23 ID:ImmNremx0
>>633
おお!これはすごい

635 :本当にあった怖い名無し:2007/08/02(木) 14:32:18 ID:fqV1RbrI0
>>634
『 いいか、みんな』
で、ぐぐってから感動しろ

636 :筋肉全裸帯:2007/08/02(木) 19:53:26 ID:/RHASmPUO
セフレをほったらかしていたらメールが来なくなりました。

637 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 01:12:50 ID:moWjma3G0
割と知られたブログの一ネタ。山の怪談っていやーそう言えるかも。
ttp://ameblo.jp/yohsuken/entry-10041804597.html


638 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 09:12:00 ID:EbTE5HJB0
>>635
感動した!

639 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 09:20:21 ID:+J4tOirbP
夏休みになると新鮮な人が増えるな

640 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 09:49:22 ID:SmVSD52MO
         ,─────ー、
      / ̄ ̄ ̄ ̄ヽ    ヽ
   / ̄/ヽ ̄ ̄ ̄ヽ |     | なんだかなぁ
   |/ |∩|  ̄ ̄ ̄ ノ__  \
  彡 (~● ̄)   ミ    > >   )
   | ●   ●   |    (  (   i
 ⊂ヽ_____つ     \_\_つ


641 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 10:33:29 ID:bVLyfimQ0
>>639
俺は3年前の夏に来た

642 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 10:36:39 ID:TokqYzKw0
俺は三年後の夏から来た

643 :本当にあった怖い名無し :2007/08/03(金) 10:59:27 ID:/syJaW0M0
     ///////
    ///////____________
    ///////  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄ ̄
   ///////              (~) チリンチリン
   ///////              ノ,,
  ///////     ∧_∧         / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
  ///////     ( ´∀`)( 厨 ) )) <  夏だなあ〜
 ///////      (つ へへ つ      \______
///////   //△ ヽλ  ) ) 旦
//////  l ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄l
/////    ̄| .| ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| .| ̄
////     ^^^          ^^^

         2chの夏。厨房の夏。

644 :本当にあった怖い名無し:2007/08/03(金) 16:17:13 ID:OR623mIa0
>>642
万馬券の出るレース教えてくれ

645 :近年稀に見る糞コテ ◆wJ8CKQiIzc :2007/08/03(金) 17:50:19 ID:xyRbUnKYO
雷鳥さんのお話聞きたいな。



























嘘だぬーん。雷鳥はちね!もう寝ゆ!

646 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 16:39:39 ID:Q4OsqPJ50
>>645
>>嘘だぬーん。雷鳥はちね!もう寝ゆ!
     ↑        ↑      ↑

自分が書いた文章を100回音読してみろ。
常人なら3回くらいで恥ずかしさのあまり自害する。
タフな奴でも5回が限界か・・・
つーか、見た瞬間恥ずかしい。
それとも池沼?

647 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 17:49:15 ID:Gani6FlE0
音声入力だったら神扱いしてやる。

648 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 19:18:09 ID:8Eunv3OI0
ステキング!

649 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 19:59:26 ID:ieKrZn6Z0
まとめサイト1が見れないんだが、俺だけ?

650 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 22:10:01 ID:JhzFWjZE0
火狐だとだめみたいだお

651 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 22:10:55 ID:Pgb+uPoG0
>>649
「後ろの気配」〜「テントを遺棄した理由」 迄の 89話が載っているサイト?

見えない仕様になっているんじゃないの?

652 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 22:19:22 ID:Pgb+uPoG0
>>649-650
これで試してみぃ / の後ろを・・・
( ´・ω・)つ frame.html ⇒body0001.html

653 :本当にあった怖い名無し:2007/08/04(土) 23:41:53 ID:Gani6FlE0
消防の頃の記憶なんだが、友人がサンショウウオの卵を山で見つけたっていうんで一緒に採りに行った。
川沿いの林道をずっと自転車で登り、路肩に雪解け水が溜まっているその中に、確かに卵があった。
掬って帰って学校で飼ってたんだけど、餌が足りなくて共食い、数匹しか残らず、その数匹も冬休みで
家に連れ帰った後死んじゃった。

その卵を採った場所の向かい側、視界が開けて高い崖が見えてたんだけど、その真ん中ら辺から、
馬鹿でっかい丸い岩が顔出してた。軽く家くらいはある巨岩で、中に埋まってる分まで考えたらどれだけ
大きいんだと怖くなった。

去年の夏、帰省した折にそのことを思い出し、デジカメ片手に山へ向かった。入り口の水神様に軽く手を
合わせてペダルをこぎ始めたんだけど、登り進むにつれて次第に違和感を感じた。
巧くは言えないんだけど、だるいっていうか、ペダルを踏むごとに周囲の空気が重くなっていく。
夏場でクソ暑いから定期的に水分補給もしてたんだが、寒気と吐き気が同時に来るような。

なんとなく『山に拒まれてる』と思ったんで諦めて帰宅した。もうガキの頃みたいに気軽に登れなくなった
気がして少し寂しくなった。


長文の上に怖くない話ですまん。

654 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 04:49:19 ID:QXA21XmhO
>>653
せめて、サンショウウオと丸い巨岩のオチは付けてくれ。

655 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 06:26:40 ID:3nX3isto0
>>653
山の主の子どもたちを・・・。

656 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 15:53:22 ID:f3yFyvlU0
>>653
  ┏┳┳┓     ハイ.     ┏┳┳┓
┏┫┃┃┃     登山は   ┃┃┃┣┓
┃┃┃┃┣┓   ここまで ┏┫┃┃┃┃
┃      ┃┃┏━━━┓┃┃      ┃
┃ 登山   ┣┫ . ・∀・ ┣┫. STOP!┃
┗━━━━┛┗┳━┳┛┗━━━━┛
            ┏┻┓┃
        ┏━┛  ┣┻┓
        ┗━━━┫  ┗━┓
.             ┗━━━┛


657 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 22:29:40 ID:WqhanqBl0

>>647

では俺様が音読してみよう! チョロイぜ!!

嘘だ「 ぬ ー ん 。」・・・・(;゚Д゚)グヮーーーー!!

雷鳥は「 ち ね ! 」・・・・((((;゚Д゚))グガガガヮーーーー!!!

もう「 寝 ゆ ! 」・・・・(((((((;゚Д゚))))グギャギャガヤガガガヮーーーー!!!

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

・・・あやうく逝くところだった・・・。もうしません。

658 :近年稀に見る糞コテ ◆wJ8CKQiIzc :2007/08/05(日) 23:26:38 ID:QY9xU80TO
シコシコ☆どっぴゅ〜ん!しちゃうぞ!!

659 :筋肉全裸帯:2007/08/05(日) 23:36:16 ID:QY9xU80TO
実は今まで内緒にしとったけんども、ワイこそが近年稀に見る糞コテだったんや。
そんでもってコテコテのアイヌ系おフランス人ザマス。

じゃあ山の怖い話しいこうか。

ある日山に行ったら山やなくて巨人のモッコリやった…。で彼女にパンツ脱いでもろたら勃起しよった。
うんこビチビチやねん。

660 :本当にあった怖い名無し :2007/08/05(日) 23:55:26 ID:om5BNIE50
なんでカミングアウトしたのかは知らんがお前に対して特に興味はないな

661 :本当にあった怖い名無し:2007/08/05(日) 23:58:36 ID:lieiGisk0
あらしだろ?

662 :筋肉全裸帯:2007/08/06(月) 00:39:10 ID:PHqwuoLdO
嵐ちゃうわ!タイフーンや。nWoタイフーンや!


あの頃は良かった…。

663 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 13:16:25 ID:RTL9W43X0
駄レスはやめろとは言わない。

けどさ、なるべく1〜2行で済ませてくれ

それから無駄な改行もやめれくれ。

読むほうの身にもなってみろ

664 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 18:42:32 ID:AZqsX4W90
けれど女の娘だもんまで読んだ

665 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 20:03:40 ID:KsVsPuSm0
うほw

666 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 20:04:29 ID:KsVsPuSm0
EEE THE NUMBER OF THE BEAST

667 :本当にあった怖い名無し:2007/08/06(月) 20:17:12 ID:vxqa/7TS0
>>EEE THE NUMBER OF THE BEAST
確変じゃなくて単発か・・・・・

668 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 08:44:24 ID:YR9zQDraO
メイデンか、懐かしいな。

669 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 09:52:10 ID:8eDdOtFr0
土葬の話
父方の祖父は田舎の小さな寺の住職で、盆や正月には家族で帰郷するのだけれど、子供の時分の私は
それが嫌で嫌で仕方が無かった。祖父は坊主だからという訳ではないのだろうけれど厳格な人間で、
孫である私や妹にも厳しい態度を崩さなかったし、朝早くに起こされて本堂の床ぶきをさせられるのが
虚弱な私には酷く辛い作業であった。

しかし何より嫌だったのは寺の裏手にある墓地が薄気味悪かったからだ。その頃はまだ土葬で都会育ちの
私にはそれだけでも気味が良くないのに、土葬特有のある現象が特に私を怖がらせたのであった。
埋葬された死体は数週間程すると腐敗のためにガスが出るのであるが、それが腸内などに溜まると死体を
風船のように膨らませてしまう。時々そうして膨れ上がった死体が棺おけの中で破裂してボコンという
音を立てることがあるのだ。理屈では判っていても、夜中の誰もいない墓地からボコンと大きな音が
響くのは心底怖かった。特に夏場は腐敗が激しいのでよくそういうことが起こった。そのたび私と妹は
わんわんと泣き出し両親を困らせたものであった。

670 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 10:55:15 ID:mpCOdeNf0
けれど女の息子だもんまで読んだ

671 :本当にあった怖い名無し:2007/08/07(火) 21:01:53 ID:T/m4j8Lr0
超怖い話に腐った棺の蓋が上の土もろとも崩れ落ちる「どさっ」って音の話があったな。

672 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 01:00:43 ID:hDAY+x6u0
渋いお茶が一杯怖い まで読んだ

673 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 02:54:26 ID:rlpweJFe0
私のお墓の前で まで読んだ

674 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 11:06:52 ID:83/shSp00
な、泣いてなんかいないんだから! 勘違いしないでよね、目にゴミが入っただけなんだから!

675 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 21:08:40 ID:YKk4LNu60
>>669
現実に引き戻された瞬間であった・・・・

676 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 21:10:38 ID:opbC2KC50
>>669
また一つ利口になれた。ありがとう

677 :本当にあった怖い名無し:2007/08/08(水) 23:54:03 ID:1mcIqzlM0
大雨の後は棺の中の腐肉が流れ出る事があって臭い事があったって、じっちゃんがいってた

678 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 02:59:40 ID:v6x3PCnn0
>>673
私は其処にはいません♪四六時中いつも貴方の後ろにいます・・・・まで読んだ

679 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 21:06:09 ID:ejXy6be20
>>669

昔の火葬なんかは、薪を使っていましたから一晩中係の人が
焼け具合を見ながら薪を足したりしていたようです。
焼いてると筋肉とかが萎縮?して動いたりするそうで・・・
火力が弱いですから長時間かかりますし骨もたくさん残ります。
一晩中焼いて次の日に骨拾いです。
焼き場の裏の斜面には骨拾いで余った骨をいっぱい捨ててありました。

現在はボイラーのスイッチを押すだけですけどね。

680 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 22:08:53 ID:/kC1Zqqv0
知人の話(昔の話だけど・・・)

息子(小5)が軽い知的障害を持っていて(人と話せない)自然に触れ合えば少しは良いのではと思い
昔自分が馴れひたしんだ山に登って、小さな清流のほとりにテントを張ってキャンプをした

ご飯を炊いてレトルトカレーで夕食を取ろうとして、その合間にワンカップを飲んでいた
すると何処からか、おじいちゃんがニコニコしてその様子を見ている
何気なく「飲みますか?」とワンカップを渡したら、どうも蓋の開け方が解らないらしい

それを見ていた息子が珍しく、無言で近寄ってワンカップを開けて渡した
ニコニコして受け取ると、山葡萄見たいな実を息子に渡し、食べてみせるしぐさをした
もらった息子は釣られて食べたらしい

「うわ〜!変な味〜!」と息子が声を上げた・・・それを聞いた父親が驚いた
息子に近寄って話しかけると、今までがうそのように話をする息子
うれしくて涙が出て、ふとおじいさんのいる所を見ると
岩の上に手付かずのワンカップがただ置いてあっただけだそうです

その息子は現在何事もなかったように大学を出て仕事をしてます

681 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 22:10:56 ID:PSnDoI3Q0
雷鳥さーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん

682 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 22:13:27 ID:ZSluzl+N0
山の神か

683 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 22:34:32 ID:sWUjpzmr0
夏毛でもバテてると思うから
冬になるまで待ってあげて

684 :本当にあった怖い名無し:2007/08/09(木) 23:16:46 ID:PSnDoI3Q0
>>683
わかった(;_;)

685 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 20:08:28 ID:1xP4/2FJO
マンションと言えば・・・・

ttp://kaburagi.sakura.ne.jp/mobilenews/

686 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 20:59:38 ID:1oYM7nzC0
「御裾分け」

秋のある日、昼飯に飯ごうで一合だけ炊き、蒸れたかどうか中身を覗いたら
ふと視界にこちらを見ているタヌキ?に気がついた

じ〜っとこっちを見てるので「食うか?」と声をかけてみた
熱いのでは食べずらいだろうとかるく一握りのおむすびにして、ふーふーと冷まし
「ほれ、わけまえだ!w」と投げてやった

始め警戒して逃げたが、すぐ戻ってきて食べた

つぎの朝、テントをたたんで帰り支度をしていたら、昨日のやつだと思うのが遠くにいた
あまり気にしなかったが、何か犬でいう「伏せ」と立ち上がるのを繰り返す

ちょっと気になって寄って行くと逃げていって姿が見えない
「なんだろ?」と思い引き返す際に、栗の古木の所にみごとな「まいたけ」を見つけた

まいたけは2房ありどちらも見事だったけど、ふと昨日を思い出し
一房だけ取り、山のほうに向かって
「わけまえいただきます」と頭を下げた


687 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 21:18:59 ID:dWpJl9hI0
今度はそれでまいたけの炊き込みご飯を作って分けてくれというタヌキの

688 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 21:35:59 ID:yrlYV3Fy0
>>686
あぁ、ええ話だ。俺は気に入ったよ。


689 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 23:16:16 ID:1AbOxAm10
>>686

素晴らしい。

自然と一体となり調和するというのは案外そんなことなのかも知れないな。
暗黙の信頼関係というのはそこから出発するのだろうと思う。

690 :本当にあった怖い名無し:2007/08/10(金) 23:38:10 ID:kKTk3/QM0
タヌキかわええ。
全部取らなければ来年のタネにもなるわけだしね。

691 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 01:03:56 ID:UTnR+Obf0
だな。

タヌキが悪さをするとか聞いたことがないからな。
まあ、ミカン園のミカンを食ったとかたまに聞いたりするが、木に登れるわけでもないから被害は極少。
というよりも考えようによってはタヌキの正当なる取り分だわな。

692 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 05:42:58 ID:q26/eS3K0
タヌキの悪さの話などいくらでもある。聞いたことがないのは無知なだけ。
キツネは賢いので悪さをして人間を怒らせ、その人間どもの怒るさまを眺めて面白がるが、
しかしタヌキは頭が鈍いのでそういう面白がり方ができず、
イタズラの限度が単純に分からないため本当に人を殺してしまうところまで平気でやって、
それを何とも思わない。だから真に恐ろしいのはキツネよりもタヌキの悪さだ、
という言い習わしが古くからある地域が全国津々浦々にいくらでもあるほどだ。

ただし、その代わりというわけではないだろうが、
タヌキは美味いので昔から今にいたるまで人間はいくらでも殺して食いまくってきてる。
キツネはそんな扱いはどこでも受けないし、むしろ神さま扱いすらある。

693 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 06:28:35 ID:RBek18z10
>>692
誰がまともな事を言と(ry

694 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 07:02:32 ID:S9FZ3IFmO
>>685 マジびびった

695 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 09:19:26 ID:3+dFX9XwO
>>692
四国じゃ、タヌキは神様扱いだけどな。

696 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 09:20:02 ID:ItUxCSsQ0
>>695
そうなの、kwsk

697 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 09:35:33 ID:3+dFX9XwO
>>696
詳しく説明出来るほどは知らないが、家の近くに金長大明神て言うタヌキ奉ったとこ在ったよ、宮崎アニメの平成狸合戦でも、四国と佐渡から助っ人呼んでたし、佐渡でも狸信仰有るのかもね。

698 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 09:59:57 ID:ovr+++EJ0
金が長いなんてさすがタヌキ

699 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 10:15:17 ID:rcwmzFqB0
そういえば佐渡には金山があったか。
その辺の絡みなのかな?

700 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 11:12:43 ID:Fd+zRsA/0
>>692のカキコを見ると
最近の子供たちは狐じゃなく狸が憑いてそう。
加減が解らず本当に殺してしまうなんて、正に現代っ子。


701 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 11:17:22 ID:OroJwcf20
四国のきつねは弘法大師が追い出したという昔話があったよな。
「四国と本土の間に橋が架かるまで帰ってくるな!」と言って。


                           ・・・あれ?橋?

702 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 12:21:14 ID:cB1LArvP0
>>701
鉄の橋じゃなかったっけ?
どっちにしても架かってるけどw

703 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 13:11:50 ID:rGldl2Xg0
さすがに弘法大師も、8世紀くらいの常識にとらわれて
本土と四国に橋が掛かるとは思わなかったんだろう
…まぁ、本人が言ったんじゃない伝説の類だろうけど
そういう話をでっち上げられて迷惑だな

704 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 16:31:21 ID:eriH/NqQ0
それで狐は四国を出たんですね?


705 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 16:45:30 ID:GOq/gjcC0
瀬戸大橋には獣道もあるらしいな。

706 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 17:27:45 ID:UTnR+Obf0
>>692

哺乳類のタヌキと動物霊のタヌキと一緒にしていることに問題がある。
哺乳類のタヌキは単なるタヌキであって、これが死んだからといって騙すので有名な動物霊のタヌキにはならん。
四国のタヌキなどは悪さをしでかすので有名だが、これらは元々は人霊で動物霊にまで格下げになった連中。
そこらへんはキチッと一線を引いておく必要がある。

707 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 17:46:17 ID:pl8rMHni0
>>706
オカ板らしい良レスですね。

708 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 20:37:55 ID:UGeUA5B80
『かちかち山』ですっかりワルモノのイメージがついてるけど、狸はどっちかというと益獣だよ。
ま、物知りな>>692がいうように漏れがタヌの悪さを知らないのは無知なだけかも知れんがな

709 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 20:58:46 ID:77gstUSOO
   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /   ?   ?  |
  |  ///( _●_)//ミ


710 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 21:16:08 ID:kZCkCJAI0
てめぇークマ何だその顔は!
何、企んでやがる?!

711 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 21:39:46 ID:5/pbqvsQ0
なんか、俺の部屋にコバエがいっぱいとんでるんだけど
どこかに死体でも放置されてるんだろうか・・・
あ、コンビに弁当の空箱踏んじゃった。まあいいや。

712 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 21:42:20 ID:9NEApyomO
成仏しろよ

713 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 21:44:51 ID:QqJK0Lc+0
>>711

おまいが自分が死んでるのに気がついてないだけ



714 :本当にあった怖い名無し :2007/08/11(土) 22:00:25 ID:5zIoxbP70
((( ;゚Д゚)))ガクブル

715 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 22:22:03 ID:kVN4otqx0
>>713
現実に引き戻されました、瞬間。

716 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 22:47:02 ID:ngs2lhjw0
外国だけど山でキャンプを張って過ごしてた時があった
テント関連の装備は一人用テントと寝袋と手持ちのライトくらい。マットやランタンはなかった
で、夜寝ると急に間近で人らしき足音が聞こえてテントの周りをうろつきだしたんだ
外は月明かりで照らされて周りが見えてる状態だったけど誰もいなかった
最初は小動物だと思った。しばらくするうちにガサゴソとまた音が近づいてきた
気にせず眠りについた

次の日の夜
遠くから足音が聴こえてきた
段々とテントに向かって近づいてくる
その音はテントの2メートルくらい前で止まって様子をみている感じ
足音からして結構でかいが、うなり声もしないしジッと立ち止まってる感じだった
そしてテントの向こう側に通って遠くに消えていった

動物だと思うけど
やはり外が見えないと妄想が膨らんで怖いね
テントは狭かったからテント越しに襲われたら気を失ってたかもしれない

717 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 23:17:27 ID:VcLtPqZ40
じゃ、俺もひとつ
かなり以前の話になるけど、東北の山で昼間下山途中に舗装されてない車道に出た。
しばらく歩くと左側が崖になっており、ところどころに花が置いてあった。(ガードレール等無し)
夜だと分かりにくくて落ちたんだな、と思いながら進むと立て看板が有りこう書いてあった。
「この付近で白い服を着た女性は車に乗せないで下さい・・○○警察署」
実話です

718 :本当にあった怖い名無し:2007/08/11(土) 23:33:52 ID:imsOnBwm0
男鹿?

719 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 00:21:45 ID:pHnTHsAp0
>717
こえ〜

720 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 00:55:27 ID:PtvMDu9n0
「母の話」

私の母の若かりし女学生の時の話でちょっと「マユツバ」ぽい話だけれど
ある山に住む夫妻にやっと子供が出来て、旦那さんが毎日ヘビを取ってきては
奥さんに体力がつくようにと食べさせていたら
生まれてきた子供が鱗で覆われ、舌が二股で「シャ〜!」と泣いて亡くなったという話


これが某国立大の医学部にホルマリン漬けであるらしく
その当時、学園祭の時に「輪切りになったロシアの女性」とかと一緒に公開していて
見た人たちが貧血やら卒倒するやらで有名だったそうな

それで倒れるとうれしそうに医者の卵達が注射を打ちに(練習)来るそうで
見に行ってその光景(学生が注射してる)を見て、ホルマリン漬けは見なかったそうです



721 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 01:10:29 ID:7juQHMzDO
>>720
学生注射していいのか?

722 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 01:18:17 ID:0MC2hKf10
下半身に肉注射をするわけか

723 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 08:45:13 ID:fOLlvX310
>>717
ひいいいいいい

724 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 09:48:55 ID:b9tozzHM0
嘘に決まってるよ。
警察はオカルト関係を嫌います。



725 :本当にあった怖い名無し :2007/08/12(日) 10:27:13 ID:W05tvM0h0
標識の!マークの意味は…

726 :筋肉全裸帯:2007/08/12(日) 10:46:49 ID:mQP3C+bVO
定期雷鳥止め☆

ダル「出、出、出るビュッ種ゅ〜〜!!さ、サセコ〜!!」

727 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 12:41:35 ID:b9tozzHM0
巣に帰れ

728 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 17:51:55 ID:RUty0jGw0
>>717
信用はできないね

729 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 18:50:14 ID:ehasnO/R0
確かに。
生身の人間が本当に困ってたらどうすんだよ。

730 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 21:12:07 ID:8UgQLJwJ0
>>717
あ〜懐かしい
ずっと前だけど私そこでわざと白い服着てうろついてたよ
それで試しにヒッチハイクしたら誰も乗せてくれなかったなぁ

731 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 21:44:31 ID:+eLp5xsf0
>>730
どんだけMだよ

732 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 21:45:42 ID:KpcqJ+8U0
>>730
成仏しろよ

733 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 22:08:02 ID:r37CMZMfO
>>685マジでビビった((((;゚Д゚))))

734 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 23:11:08 ID:PtvMDu9n0
「流れ星」

付き合っていた彼女を1泊2日でキャンプに誘った

来てくれた彼女に、ありったけの山でのうんちくを語り、楽しいひと時をすぎ夜になった

関係はあったけどそんな気ではなく、とにかく綺麗な星を彼女に見せたかった
テント前の少し傾斜した地面で手をつないで寝ころがって空を見た

流れ星を見つけた
「今い見た?!」「見た見た!すごいね〜!」
私が「お願い3度唱えた?」と聞いた
「そんな暇ないよ〜!」と彼女は笑った(その時私の頭には加山雄三の「夜空の星」がガンガン流れていた)

願い事を叶える話で盛り上がった
ふと彼女が言った  「3回だと言葉を短くして言うしかないよね?!」
「だよね、でも難しいよね?」   彼女は言った



「金、金、金」は!?  あと「キス、キス、キス」ねって

2つ目は願いが叶ってしまい、子供達の前でも堂々とキスしています




735 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 23:33:53 ID:P8vs971IO
>>726->>727

ワロタ

736 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 23:40:33 ID:P8vs971IO
>>734

暑苦しい!!

737 :本当にあった怖い名無し:2007/08/12(日) 23:52:21 ID:4qu2jg8XO
金峰山の山小屋の話はない?

738 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 00:57:28 ID:wvhkLJ/l0
>>734
以上、流れ星のうんちくでした

739 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 01:35:44 ID:NlDgy2oK0
私734=680=686=720ですが
実体験や聞いた話しをそののま書いたのですが
楽しんでいただければと想い、書き込みいたしましたが
書き込んで中傷されるならやめたいと思います

つたない文章を書き込み、申し訳ありませんでした

740 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 02:07:28 ID:0DTUeTPK0
いや、他の話はわかるけど>>734はこのスレ向きか?

741 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 03:47:34 ID:jq5DkZh00
>>703
中国の諺
女は三日殴らないと狐になる。男は三日野生の虎に出会わないと、女を殴れない豚になる。

当然、空海は、今の、日本のリーダーが窃盗を自白しても、司法も国民もその不埒者を
処刑出来ない末法の世が来る事を予見していたわけ。

そして、龍の島日本にとって、四国とは龍の持つ玉なわけだ。
もうそのころには、空海の神通力でも日本を守れず、今や雄と雌の悪鬼どもだけが
住む人の住む世界ではない地獄の3丁目に変る事を
弘法大師空海は予言していたのだ。

空海やその当時の日本の人々にとっては、お前たちは全員、人外の青黒い羅刹妖怪と、それを信仰する
女の癖に男根の生えている化け物どもに過ぎないのだよ。

742 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 05:04:37 ID:lyImk8rl0
>>703

そして、これが九尾(九股)の狐の内の一匹の甘言。
白面金毛九尾の狐は、民を欺き人心を惑わす事の天才である。

今の日本は、夏でも白いファンデーションを塗り
髪を金色に染める化け狐ばかりになってしまった。
勿論、股(分かれた尻尾)は90000000000000000000000000000000000000000000本以上である。

743 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 05:18:16 ID:lyImk8rl0
伝説はアレゴリーに過ぎないが
今も昔も、すべて余す事なく、その本質を射抜いているのである。

これから4年後が、日本における、九尾の狐どもの大量討伐となる。

744 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 06:19:18 ID:QiPa6xuIO
>>741
それは朝鮮の諺だと聞いたが…

745 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 07:32:33 ID:k4/8gWyn0
>>730
てことは、本当にそんな看板があるの?

746 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 07:35:50 ID:k4/8gWyn0
>>741
最近、水に落ちた犬は殴れとかすごく殺伐としたチョンの諺書く人がいるけど
死ねばいいのに…。
水に落ちた犬は助けるよ。

747 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 10:30:14 ID:n+DYewAP0
>>746
山に嵐は付き物なんだ。このスレにはときどき暴風を吹かせる人も出てくるけど、放っておけば去っていく。
右から左に受け流そう。

748 :筋肉全裸帯:2007/08/13(月) 11:15:07 ID:p5AZys9RO
山怖スレの良コテの俺様が来たからにはお前らの好きにはさせない。

俺がこのスレを守るんだ!

749 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 11:43:25 ID:Zann7/vnO
>>734はオカルト板的ではないが、いい話ではある。

750 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 11:45:20 ID:Zann7/vnO
>>741
女を毎日毎日殴ってた時代のヤツラのほうが悪鬼だわ

751 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 12:30:20 ID:FCz2jhXu0
>>739
面白かったよ
どんなこと書いてあっても文句言う奴は言うんで、気にせずに。
またネタがみつかったら、気が向いたら書いてもらえるとありがたい


752 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 13:23:55 ID:CC70UHEB0
>>742

>白面金毛九尾の狐は、民を欺き人心を惑わす事の天才である。

この筋の見方は意外に重要だ。
軽く流すことはできん。
大きく捉えないと部分些末に振り回されるだけでは終了することになる。

753 :筋肉全裸帯:2007/08/13(月) 18:33:56 ID:p5AZys9RO
スルーすんなキモヲタども!しばくぞキサーン

754 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 20:57:17 ID:Kg9pbzQ2O
呆け防止にDSやってます(^o^)/

755 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 23:18:11 ID:igMUi5qA0
>男は三日野生の虎に出会わないと、女を殴れない豚になる。

これがミソ。
ホモサピエンス・サピエンスの雌=女は
男が殴っても全く堪え無い頑丈な身体をしている。
だから、臨月の陣痛が始まる際まで、男と同様にキツイ肉体労働の農作業に精を出し
そして、それほどの痛みも無く、丸々とした珠の様な賢い子供達沢山産んだ。
今、お前たちだけで女と認めるクズモンスターどもが、同様のことを出来ると言うのか?
それどころか、今は産婆さんだけでは産む事などまったく出来ず、産婦人科医が会陰切開で局部をばっさり切って
膣口と肛門を繋げてやっと赤子の頭が出て来れる、生物とは程遠いゲテモノどもなのだぞ。
会陰切開をしなければ、赤子の取り出しと共に勝手に深くバリバリ切り裂け、まともに傷口が癒着しないのだからな。
勿論、医師たちは、長く深く縫合する切開手術なのに、予め同意書取らず、医師法違反をしている。

空海は、白面金毛の玉藻の外見に似た、悪魔に侵食された最弱で最愚の人類が
その世界の履歴=因果律・自然法則を変える狐の妖術を利用して、その魔法の道具類で
日本を侵略し、玉藻の故郷同様に変えつくしてしまう事を予言していたのだ。

まあ、史実の九尾の狐どもとは、お前たちの頭だけには、白人の美女となっている魔女どもだがな。

756 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 23:36:10 ID:igMUi5qA0
俺は『女』を見た事も触れ合った事もあるが

お前たちは、一度も『女』を見た事すら無いって事だw

なぜか?
お前たちが、女の癖に、そのヒトゲノムの女の塩基配列をキャンセルして
そして、お前たちを産んでくれる九尾の狐どもにわざと盗ませて呉れてやる為だけに
男の塩基配列を新たに付加して生まれて悔る化け物人間ども、デビルマンどもだからだよ。
それが男の魔女=ウイッチだ。
その付け加える男の塩基配列も、超超大量のウイッチどもと交合ではない交合をして
自らの子宮を悪用して盗んだ、その物の中から使われるのだから大笑いな話だ。
だから、九尾の狐どもは、たとえ途中で長年貞操を守らせる事を強制させても
勝手に種違いのゴミ子を大量に生み出すのだよ。

757 :本当にあった怖い名無し:2007/08/13(月) 23:47:55 ID:c0+fuGri0
俺はこいつの文章が一番のオカルトだと思うよ。
小説一本書けるぞこりゃあ。頭痛くなるけど。

758 :本当にあった怖い名無し :2007/08/14(火) 00:01:25 ID:KmLuz1zl0
>>734以降長レスは読んでいない

759 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 00:02:12 ID:Kg9pbzQ2O
人類は皆ゴミって事か、まあまあだな。

760 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 00:07:47 ID:Kg9pbzQ2O
>>759







   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |  そいつはクマった
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)


761 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 00:12:26 ID:LjSX0EI50
悩むな。つか悩む知能が無いんだったな。おまえらw
毛唐どもが、お前たちにその血も肉も与え
そして自然界では滅多に生まれないので増殖の為の電磁波の檻も与え
あまつさえ、そのお前たち毒人形どもを保護する超巨大なリカちゃんハウス島まで呉れてやっていた。

毛ほどだけおまえたちよりマシな、自分たちに近い奴隷どもを下に見せかけてまで。
それは3つの目的があったから
3つ目の目的は達成させる為に、4年後に、黒おままごとの島は、そのセットが文字どおり全部無くなる。

その他の一つはお前たちでもよく知る「ルシファーの目」だ。

762 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 00:35:31 ID:svrXMfxZ0
バロールの目だよアホ。
やはり人間になろうとしてなりきれなかった物質もどきはマチガイの度合いが激しいな。
幽体かラ練り上げられた華麗なる銀の肉体と黄金の脳を持っているつもりだろうがそいつあ
鉛と土くれから成り立っている肥溜めの人形だと何故気づかない?

上古より伝わりし方術も忘れ中国人モドキの道術におぼれまやかしの仏法を唱えるお前。
海賊どもとろうまの退廃した磔人をあがめる木切れどもに惑わされる貴様ではたどり着けまい。
愚鈍で隠微な毒を振りまくだけで島どころか悪意の渦の島モドキが遥か先に煉獄へ落ちるわ。
麦わらの心臓だけが次期をじって折る。もちろん次は古臭い揚げ魚しかない海賊だ。
赤い酒しかない大地と氷の大地も果てよるぞ。ああああああああああああああああああああああ。

763 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 00:41:23 ID:OGvA+H7d0
どっかのオカルト本から単語を抽出して適当に並べてるだけだよ。
売野 雅勇って作詞家もそんな感じで作詞してるって言ってた。

難しいことを簡単な言葉を使って説明できるのが本当に頭のいい人。
たいした内容でもないのにわざわざ難解な語句を使用して、さも高尚なことを
言ってるかのようにみせかけるような輩は、人として偽物。なんか樟脳臭い部屋に住んでそう。

764 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 00:44:06 ID:LjSX0EI50
いいや
ルシファー=サタンなのだよ。
九尾の狐どもが跪く第六天魔王ども。

サタンとは自ら堕ちた穢れたように、仏教では、悪鬼どもと一緒に地獄に落ちて苦しんでやる地蔵菩薩を指す。
その基本はお前たちと同じだ。

765 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 00:52:55 ID:svrXMfxZ0
所詮は人の欲望に合わせるものと
合わせただけでシに至る目を比べようとはおこがましい土くれの脳味噌だ・
欲の局地はシの逃避であり絶対なるシほどの物は地獄の底でも味わえぬ。

狐の型をとっとった人霊と真なる狐精との区別つらいはつこうや?
おまえのそんざいはまやかしだ

766 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 01:00:27 ID:LjSX0EI50
ああ一番大事なことを忘れていたw

お前たちが産まれて来るのに利用するXX染色体の精子は
九尾の狐どもの黒腹の中で、一端腐って崩壊している。
だ・か・ら・お前たちがアルケミーで言う所のホムンクルスなのだ。

だから肉便器狐どもの腐れマンコは、いつも鼻が曲がりそうなほど臭いのだよ。
集め続けているウイッチどもの精子が、中で腐敗して、刺激臭を放っているのだ。
外見も腐敗しきった台所の生ゴミだしな。

お前たちウイッチどもも、魔女にすぐ変る生命力皆無の女児ども、狐の胎内でもうすでに
生まれて来たくなくなっているのだよ。
だから、生まれると同時「オギャ−!」とデカイ声で泣く。

こんな馬鹿げた哺乳動物は他に一種としていない。しかも人間は最弱の被捕食者だというのに。
生まれたと同時に、捕食者たちに自分の居所を報せ続けている行為そのものだ。
最弱の被捕食者のそのまた最弱の段階だというのに。

お前たちがもし人類ならば発祥と同時に消滅だw

お前たちは、生まれたもうその時からすでにスグ死にたいのだよ。
お前たちが全員死にたいのに、大金かけて引き止めていたのは、毛唐どもの罪かね。

767 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 01:08:46 ID:LjSX0EI50
お前たちは、生まれたと同時に
獅子や豹や狼や虎や熊や鳥盤目の恐竜の子孫たちに向かって
どうぞ俺たちを今すぐ喰ってくれと泣き叫び続けていて、今も別の形で泣き叫んで
いるのだから
遅ればせながら、4年後にその希望を叶えてやろう!と言うのが
毛唐のJapanと言う計画だったわけだ。

768 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 01:10:50 ID:E/3Cjupu0
で…どの辺が『山にまつわる怖い・不思議な話』なのか三行で説明してくれないか。

769 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 01:14:40 ID:LjSX0EI50
あと4年後に、深山同様の自然が日本の平野にもすべて戻ってくる。
このスレ一のリアルな恐怖は、すべて、生前からお前たち奴隷どもが希求して止まないものだった
てオチだ。

770 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 01:31:07 ID:WfVKJ1550
何年かぶりに、この板に来てみました。
大好きだった山スレ、まだあるんですね〜 懐かしいです。
雷鳥さんも、まだいらっしゃるんですね、嬉しいです。

ところで、随分前の投稿ですが、

体中に大やけどの怪我をして、今夜がヤマだと言われて寝込んでる人がいて、
夜中に尋ねてきた「自称 医者?」のような人に、診察を受けたら、
全身の皮をむかれて死んでしまっった。その医者が、やけどをさせた物の怪だった・・・

みたいな話があったのですが、どなたか題名を覚えてないでしょうか?
どうしても、もう一度読みたい話なので、ご存知の方がいたら、よろしくです。

771 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 03:33:40 ID:HhilRxtT0
>>770
まとめ1見れ。

772 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 06:59:38 ID:o4ElEnkY0
相手にするのはやめましょう

773 :筋肉全裸帯:2007/08/14(火) 13:23:53 ID:3GW7eAo/O
やややややぁぁぁぁぁぁまぁぁぁのぉぉぉかぁぁぁみぃぃぃいいいい

774 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 13:44:57 ID:WJ4Jf18GO
   ∩___∩
   | ノ      ヽ
  /  ●   ● |  名物皿うどん!
  |    ( _●_)  ミ
 彡、   |∪|  、`\
/ __  ヽノ /´>  )
(___)   / (_/
 |       /
 |  /\ \
 | /    )  )
 ∪    (  \
       \_)


775 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 15:13:18 ID:Gr8tQ+n/0
>>770
それって炭鉱で重度の火傷を負った炭鉱夫が医者と称する魔物(狐)に騙されて
「完全に治してあげるから」と言われてケロイドの皮を剥がれたって話でしょ?
炭鉱夫は絶命して、後の話で人間のケロイド部分は魔物の妙薬になるとかって
オチじゃなかったかな?

776 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 16:06:43 ID:WAol4kYd0
>>766
ホモではなく「ゲイ」、「腐れ」、「マンコ」
1レスに全部含まれてる
よっておまえは腐女子


777 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 17:58:16 ID:HhilRxtT0
【静岡】「仲間が現場に拾いに戻った」バイクの54歳男性、自分の足切断に気付かず2キロ走り、ICで初めて気付く 浜松★3
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1187065580/

なんか脳内麻薬出まくって痛みを感じなかったらしいが、カマイタチも同じようなもんなんだろうか

778 :筋肉全裸帯:2007/08/14(火) 18:12:51 ID:3GW7eAo/O
かまいたちと言えば、クレイジーデンジャーナンシーけんちゃん。

779 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 19:43:15 ID:pEMUTgty0
山にまつわるDSソフト

780 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 19:45:47 ID:2jyZ1r/GO
壁I▽゜)つ[テンツク]

781 :本当にあった怖い名無し:2007/08/14(火) 19:55:30 ID:lgLmDhV10
>>771
久し振りにまとめサイトのパート1開いたものの「スイカ」の題名見た途端ビビって引き返した俺

782 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 14:16:49 ID:f2hDySaM0
>>770
レスどうもです。
それです!ありがとうございます。
まとめサイト見てみたけど、見つからなくて。

題名など、覚えていませんか?

783 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 14:17:39 ID:f2hDySaM0
>>782 は >>775 でした。

784 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 14:23:21 ID:HG/ULX5O0
>>782
Part11を順に見ていけば見つかるだぁよ

785 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 19:07:20 ID:rorz4GnIO
今日、
取れたてのスイカを食べたよ。
中が真っ赤なスイカで、真っ赤な汁が垂れたよ。

786 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 19:23:03 ID:HG/ULX5O0
中だけ小麦色のスイカ

787 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 19:24:03 ID:pkR/LbYa0
ヤケドの治療法ってやつだね
今ならあり得ない話だけど、昔なら…と思うと怖い

>>785
奇遇だな、今日食べるスイカを冷やしてるところだよ

788 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 19:35:26 ID:O/n0csXM0
>>777
かまいたち(鎌鼬)のキズは、切り口が
鋭すぎて、あまり痛まないそーな。
またキズの治りも異常に早い。

そんなことから、昔は鎌鼬は2匹のペアで行動
して、鎌の係りと傷薬を塗る係りとが分かれていた
と考えられていたそうな。
江戸中期の絵で鎌を持ちポーズをキメる1匹と
その隣で申し訳なさそうに貝殻の薬入れを
持つ1匹の図はワロタ。


789 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 20:05:00 ID:+YtOHNAr0
カマイタチは3匹じゃなかったっけ?
転がす→斬る→軟膏塗るで。

790 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 20:12:59 ID:zQslST/u0
俺もトリオの話しか知らないな。

791 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 20:23:29 ID:BWB/JV8w0
なぜかレツゴー三匹を思い出した

792 :本当にあった怖い名無し :2007/08/15(水) 22:01:52 ID:5PguJ8lH0
じゅんで〜す!

793 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 22:45:34 ID:NOeqPIeg0
ちょうさくでーす!

794 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 23:17:17 ID:+YtOHNAr0
みなみはるおでございます。

795 :本当にあった怖い名無し:2007/08/15(水) 23:22:46 ID:e0WvNS1z0
>>791〜794
のコンビネーションっぷりったらwww

796 :筋肉全裸帯:2007/08/16(木) 01:07:47 ID:jSRtkFjeO
かまいたちと言えばうしおととら

797 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 02:01:13 ID:EpJZMmAD0
幽霊よりヘビのほうが怖い!

798 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 02:51:29 ID:Ibd8YyAv0
結論:

ヘビの幽霊超怖い。

799 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 03:32:37 ID:SvHEesGN0
俺は自分の美しさが怖bvんみl・;

800 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 12:39:57 ID:Es2Ifpek0
お金は怖い

801 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 12:45:18 ID:3g8YeugD0
饅頭

802 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 12:46:19 ID:Kt0xnSsF0
お茶が怖いなあ

803 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 13:47:20 ID:hEHCFecU0
>>788
その絵激しく見たいわw 検索してみたけどようわからん。

あと3人組って言うのは飛騨のほうの謂れなんだって。
一人目が突き倒し、二人目が切り付け、三人目が薬を塗る
よく知らんがこの3人組のが漫画に出てきたらしい。

諸説あるんだねぇ。

804 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 14:13:18 ID:3qJjGLeT0
>>784
ありがとうございます。
題名は「ヤケドの治療法」でした。

すっきりしました〜

805 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 15:00:23 ID:451B6oNf0
>>786

にが酸っぱい。

806 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 15:16:22 ID:TTJ+ZGD90
>788
かまいたちの絵、ガキの頃ブラックジャックの漫画で見た希ガス。

807 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 15:18:06 ID:YUEDRVe7O
鎌鼬→http://imepita.jp/20070816/550220

808 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 16:16:45 ID:ClGsIV0a0
>>806
ブラックジャックに出てくるかまいたちの絵は、前肢が鎌になってる鼬ではなくて、小人だったような。
3人組の小人で、人に出会うと1人目が転ばして、2人目が鎌で切りつけ、3人目が薬を塗るとかなんとか。

809 :本当にあった怖い名無し :2007/08/16(木) 16:27:58 ID:qVHhibj70
よ〜く冷静になって考えるとかなり面白いな、カマイタチ
なんで薬塗るのw目的がわからんw

810 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 16:34:02 ID:lCvtzLji0
失血しさせるのは本位じゃないからなんじゃね?

某いかさまによれば、鬼神の刃に触れてできた切り傷を『構太刀』と呼ぶそうだが。

811 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 16:38:08 ID:yf0M3wI80
傷に気付かせず失血死させるのが目的じゃね?

812 :筋肉全裸帯:2007/08/16(木) 17:18:18 ID:jSRtkFjeO
定期雷鳥止め。

813 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 21:24:01 ID:ptYm5Fa20
つまらん

814 :本当にあった怖い名無し:2007/08/16(木) 22:05:04 ID:zBTbciVe0
>>805

おとうさん

815 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 20:33:01 ID:fV+GLA/20
妖怪カマイタチについては、室井大資の『妖怪研究家ヨシムラ』の
中で、「カマイタチのルール」というのがあったような…。

816 :本当にあった怖い名無し:2007/08/17(金) 20:58:28 ID:ihWSjpS50
全裸隊・雷鳥阻止age

817 :筋肉全裸帯:2007/08/17(金) 22:46:35 ID:8IOF7IyBO
>>816
俺はいいの?山怖スレ1の糞コテなのに?

そういえば最近、糞コテ・良コテ来ないな。死んだか?

冨樫並の人気と実力を持つ虚男さんもこれまた冨樫並に休んでいるぜよー

818 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :2007/08/17(金) 22:56:18 ID:ZXbps+VA0
湖で星空を見ながら、簡単な食事を済ませた後は
いつもどおり、うつらうつらと過ごす。
眠りに落ちては目を覚まし、やがて朝を迎える。

何度目かの目覚め。
ぼんやりした光を感じ、寝返りを打ち、眠れず、
結局テントの外へ出た。

光の正体は、四角い灯籠だ。
おそらくは木や竹、紙で作られた盆灯籠の揺れる光が、
湖面に広がっている。
湖に注ぐ小さな川で流せるような数ではないし、
上流に人が住む集落はない。

空から見おろせば、その光で湖の形が分かるのでは
ないかと思えるほどの数だ。
どこから来るのだろう。

灯籠がいくつか、目の前に流れ着いている。
手を伸ばし、その中のひとつを拾おうとすると、
灯籠は、ゆったりした動きで遠ざかった。
他のに手を伸ばし、それが遠ざかる。
そんなことを繰り返していた。
こいつら、何だろう。

819 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :2007/08/17(金) 22:57:22 ID:ZXbps+VA0
冷たさに気付くと、腹まで水に漬かっていた。
テントのある岸へと戻ろうとすると、ぐっと押し返される。
いくつかの灯籠に押し返される。
湖の中心に向かう流れでもあるのだろうか。
しかし、水面下の足にそんな流れは感じない。
腹から胸にかけて触れる灯籠が、俺を押し返す。
そして灯籠は、火傷するほど熱い。
熱から逃れようとすれば、湖の中心へ向かうしかない。

岸に向かおうと真っ暗な湖面で焦るうち、背後から
地鳴りのような音が来た。
音が近付き、背に触れ、力となり、俺を岸へと押し流した。
音は俺を追い越し、森に入り、そこで消えた。

湖を振り返ると、くしゃくしゃに潰れた灯籠がいくつか、
湖岸に転がっていた。
俺を押していた灯籠だろうか。
湖面は静まり、相変わらず灯籠の光に満たされていた。

ずぶ濡れでテントへ戻ったところで記憶は途切れている。
朝、湖には何も浮かんでいなかったが、潰れた灯籠は
岸に転がったままだった。

820 :筋肉全裸帯:2007/08/17(金) 23:03:35 ID:8IOF7IyBO
さすが全裸帯さん☆糞コテの雷鳥のかわりに山怖スレを引っ張ってますネ☆

821 :オマージュ ◆DCEejEYaj2 :2007/08/18(土) 00:37:37 ID:j+Pb93iO0
test

822 :オマージュ ◆DCEejEYaj2 :2007/08/18(土) 00:38:40 ID:j+Pb93iO0
ある登山家の話

登山中、別のグループと出会った。
そのうちの一人は土気色をして、別の仲間に背負われていたそうだ。
(病気か。しかし、背負う仲間もずいぶん辛いだろうな)
そう思ったが何もしてやれず、お先に、とグループを追い越した。
直後、後ろで悲鳴が聞こえた。
落ちた! 誰かが叫んでいた。 なんてこった!・・・
彼が引き返すと、遥か下方に、四肢があらぬ方向に曲がった小さな人影が見えた。
グループを見回すと、先ほどの二人がいない。
(足を滑らしたか。気の毒に。)
彼がグループに声をかけ、話を聞いたところ、妙なことが判明した。
滑落したのは一名だった。具合の悪い者など、誰もいなかったという。

823 :オマージュ ◆DCEejEYaj2 :2007/08/18(土) 00:39:45 ID:j+Pb93iO0
川遊びに行った男の話

滝を眺めていたら、てっぺんに男が立っているのが見えた。
なにやってんだ、危ねぇな。
彼がそう思った直後、男は倒れるように滝の上から身を投げた。
二度、三度、崖にぶつかり、滝壷に水しぶきを上げて落ちた。
慌てて現場に駆け寄ったが、男の姿はない。
しばらく辺りを探したが、何も見つからず、首を捻って帰路についた。
道すがら、車が滝を見下ろせる場所さしかかると、先ほどの男が、滝のてっぺんに立っていた。
男は同じ軌跡を描いて、滝壷に落ちていったという。

824 :オマージュ ◆DCEejEYaj2 :2007/08/18(土) 00:40:42 ID:j+Pb93iO0
やもめ男の話

山を歩いていると、若い女が立っていた。
死んだ妻だった。彼が呆然としていると、女は背を向けて森の奥に歩いていく。
慌てて女の後を追いかけた。
藪を掻き分け、どれくらい走っただろうか。
女が立ち止まった。
その肩に手を伸ばそうとした瞬間、彼の耳元で悲痛な声が響いた。
わたしじゃない!
はっと手を引っ込めると、自分が崖の縁に立っているのに気付いた。
宙に浮いた女が振り返った。目も口もない真っ黒な顔だった。
その姿は滲んだかと思うと森の闇に紛れて霧散したという。

まったく、あなたったら・・・
山を降りる間、懐かしいぼやき声が、耳のそばで聞こえていたそうだ。

825 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 01:57:11 ID:rHVsFJ3R0
>>822
山岳パーティー、人員の一人が容態が悪く自走出来ない場合は
その場の的確な所で野営し
山岳救助隊の救援を待つ。
隊の人数が多い場合は、三人チームで下山してもらい
救援を呼んできて貰う。

出会った隊が人を担いでいて、その異常事態についての疑問を問い質さない
山岳登山者は誰一人いない。

すぐにネタと分かる。
いつもの全裸隊 ◆CH99uyNUDEのナリスマシだがw

826 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 03:04:44 ID:KKtGH1vuO
>>685マジでビビった…

827 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 05:35:58 ID:tBjnl+Xr0
>>825
オカ板ですのでよほどのことがない限り野暮な突っ込みは…

>>822−824
面白かった。
ていうか、久々にぞっとした。

828 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 06:22:02 ID:SnUfJusD0
いいねえ。。この山の空気。

829 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 09:49:28 ID:ZxJ2x0WhO
>>826
見てしまったんだね

830 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 10:14:40 ID:2EfUJLgSO
>>825
実話スレじゃないのよ。
野暮な事を…

831 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 10:45:03 ID:/eT2SQAjO
ネタにマジレスする奴の存在ほど怖いものはない

832 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 13:09:04 ID:vX5wJDeT0
ここ久しぶりなんだけど、雷鳥さんっていなくなっちゃったの?

833 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 13:16:21 ID:l+HKJpxM0
お前みたいなのが雷鳥をダメにする。

834 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 13:52:36 ID:vX5wJDeT0
>>833
お前ってだれ?

835 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 14:14:33 ID:X7f/8LdAO
>>685
なに?これ嘘ネタ?
マジびびったw
酷暑にぞーっとしたら涼しくなったよw
一瞬、心臓止まりそうになったけどw

836 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 14:29:24 ID:PZt60xEl0
>>832
書きかけのシリーズ?が中断したまま、しばらくご無沙汰の状態。
恐らく仕事の都合ではないかと思われ。
そのうちに帰還されるでせうから、まったりと待つよろし。


837 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 14:39:23 ID:thrIbk680
>>685
http://up.nm78.com/obj/31259

838 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 14:59:32 ID:9dhx7za20
このコンテンツはPCからはご利用になれません。
携帯電話からアクセスしてください。

839 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 15:01:24 ID:9dhx7za20
雷鳥くんのあの書きかけのシリーズは好きになれん。
ここ見てたら別のに差し替えてもらえると嬉しい。

840 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 15:47:51 ID:uC/lxWxG0
御殿場線をまだSLが走っていた頃の話。

山中にあるトンネル内を走行中、前方の線路上に赤い炎が見えたと言う。
すわ非常の知らせかと機関車を止めると、炎はすぅっと消えてしまう。
そんなことがしばしば起こるうち、誰からともなく、トンネル工事中に事故で命を落とした者の
霊ではないかと噂が流れ始めた。

他に解決策も思い浮かばないのでトンネル入り口の上に鎮魂の祠を建立してみると、怪現象は二度と起こらなかったそうである。

841 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 17:05:00 ID:2I7aGYBR0
御殿場線でトンネルっつーと
山北と谷峨の間かなぁ?
その祠、見てみたいものだ。

842 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 19:41:54 ID:AWf8vpUy0
鉄っちゃん乱入の予感

843 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 23:29:08 ID:uZH8KMxq0
>>685
ブラクラ

844 :本当にあった怖い名無し:2007/08/18(土) 23:51:08 ID:k7kHeQar0
>>685
pc無害だけど見れない、携帯も無害、怖がりさんには精神微有害

845 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 00:51:21 ID:bYxy2lWlO
>>685
のりぴーとしたいマンション

846 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 00:54:26 ID:fV6aG+ii0
携帯もってない俺涙目w

847 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 09:01:28 ID:pzpaBnzs0
クソコテ全裸隊・筋肉全裸帯・雷鳥阻止age

848 :筋肉全裸帯:2007/08/19(日) 12:41:33 ID:KvUSW7euO
>>847
おにいちゃんのいぢわるっ

849 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 13:37:03 ID:vE7/YVFY0
>>848
お爺ちゃんじゃないのか?

850 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 16:21:32 ID:3pslqDVDO
文中に「という」って書いてあるとマジむかつくわ

851 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 19:20:32 ID:NcDW0q9qO
怪奇ぢゃないけど。
ド田舎育ちの私が母から聞いた話。
母の知り合いが山で農作業中に尿意をもよおした。畑脇でしゃがんでおしっこしたら蛇が来て膣に入って、中かまれて?そのまま死んじゃったと。
蛇こわー。

852 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 19:22:34 ID:fV6aG+ii0
あるあ・・・ねーよ。どんだけ鈍いんだよその人
エロゲかよ

853 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 19:22:35 ID:FYTb+2f+0
それは男性のエロ話が女性には怖い話になっただけ

854 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 19:34:49 ID:NmP9xFLh0
>851
それと似た話アマゾンであったと聞いたが。

855 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 20:28:41 ID:M9/9T9a1O
>>854
あった、というより今でもあるよ。

名前忘れたけど、アマゾン川にはドジョウみたいな肉食魚がいて、
女性が不用意に川にはいると、入りこんで大変なことになる。

経血の匂いを嗅ぎ付けてくるのかね。
だから、地元民の女性は川に入るとき
貞操帯(?)着用だそうだ。


ただ、これは>>851とは生態系が全然違うからな。

856 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 21:45:42 ID:rlCKnnv70
男性が放尿していると、放物線を鯉の滝登り宜しく遡り、
尿道に入り込むバージョンもあるなwww

857 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 21:57:46 ID:kxYzHVG+0
>>851
その話、ラストは違うけど学校の先生から聞いた事ある。

858 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 22:11:22 ID:5BC4No+WO
>>851
遠野物語にも似たような話があるよね。
しゃがんでいた幼女が喜んでいるので見たら
蛇があそこに頭を突き上げていたので大人が殺す。
っていう話。

859 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 22:35:08 ID:hNaw7ImZ0
まんが日本昔話で女の人が茂みで用を足してるのを浴びちゃって
蛇が神通力を失くすってのもあったような…
(異類婚のお笑いバージョンみたいな話だったかと)

子供の頃は深く考えなかったけど(私も女なので嫌だ〜wとは思ったけど)
結構性的な意味があったのね

860 :本当にあった怖い名無し:2007/08/19(日) 23:52:57 ID:fqIfhHEm0
カンジェロだな。

861 :本当にあった怖い名無し:2007/08/20(月) 00:20:56 ID:uoI29gpHO
カンディルじゃなかったか?

862 :筋肉全裸帯:2007/08/20(月) 00:28:19 ID:Wxq740iTO
そろそろ俺も酉を付けようかと思うんだ。
だいぶ認知されたし、今は空気コテだけど、アンチが湧いたら酉無いと騙られるかもしれないしね。

まぁ、山怖スレの御意見番?象徴?そんな存在だし、俺、本気出すとマジで怖い話し創作するし、読んだらマジで失禁?失神?呪い死?するような小咄をペロって書き上げれるし。かき揚げ旨いし。

まぁ、そんなところで、心太…(笑)

863 :本当にあった怖い名無し:2007/08/20(月) 00:45:07 ID:aU2DyjFXO
862は単純に氏ね。

864 :本当にあった怖い名無し:2007/08/20(月) 01:50:18 ID:72V7RdvI0
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1182254269/36-

865 :本当にあった怖い名無し:2007/08/20(月) 01:52:36 ID:gcsYBoe70
http://tmp6.2ch.net/test/read.cgi/youth/1182254269/36-

866 :筋肉全裸帯 ◆BSNDQOCGUw :2007/08/20(月) 03:39:32 ID:1gddvOsAO
ってことで酉つけましたから(^o^)/

867 :本当にあった怖い名無し:2007/08/20(月) 05:30:07 ID:bpIZGJnG0

「にくちゃんねる」と呼ばれていたものの残骸です。
およそ700万件のタイトルを一気に検索します。

http://makimo.to:8000/

868 :本当にあった怖い名無し:2007/08/20(月) 07:43:05 ID:WDOBnjQsO
>>856
幼稚園児のころミミズにションベンひっかけてティムポが見事に腫れましたが何か?

869 :筋肉全裸帯 ◆BSNDQOCGUw :2007/08/20(月) 08:27:33 ID:1gddvOsAO
その腫れはいまだに持続中ですか(^o^)/

870 :本当にあった怖い名無し:2007/08/20(月) 11:49:14 ID:nSg8z9K60
コテのお話はいまいち信用できねえな

871 :本当にあった怖い名無し:2007/08/20(月) 16:08:05 ID:wJiNvf8r0
筋肉全裸帯 ◆BSNDQOCGUw ←NG処理な

872 :本当にあった怖い名無し:2007/08/20(月) 16:31:02 ID:w4encaAS0
つーか出入り禁止にしてくれ

873 :筋肉全裸帯阻止:2007/08/20(月) 17:26:36 ID:rwS6fWlY0
クソコテ全裸隊・筋肉全裸帯・雷鳥阻止定期age

クソコテ阻止定期age

874 :筋肉全裸帯 ◆BSNDQOCGUw :2007/08/20(月) 17:50:50 ID:1gddvOsAO
応援ありがとうございます(^o^)/

875 :本当にあった怖い名無し:2007/08/20(月) 18:06:13 ID:uoI29gpHO
アイカゴ?
アイカゴに憧れてるとか?
猿真似は滑稽だよ?
キャラ的にもう誰かのコピーにしか見えないし
全然新鮮味ないから出なおしてきてw

876 :筋肉全裸帯 ◆BSNDQOCGUw :2007/08/20(月) 18:59:44 ID:1gddvOsAO
分析ありがとうございます今後の参考にさせて頂きます(^o^)/

877 :筋肉全裸帯阻止:2007/08/20(月) 20:03:10 ID:rwS6fWlY0
クソコテ全裸隊・筋肉全裸帯・雷鳥阻止定期age

クソコテ阻止定期age


878 :本当にあった怖い名無し:2007/08/20(月) 20:06:05 ID:HKu6XTlL0
なんか、あぼーんが沢山なんだが・・・

879 :本当にあった怖い名無し:2007/08/20(月) 20:33:44 ID:uoI29gpHO
自演ageまでして大変だねえ
雷鳥全裸隊と肩並べたいのね
無理だと思うよw

880 :筋肉全裸帯:2007/08/20(月) 20:49:44 ID:Wxq740iTO
荒れてますな。

山怖スレもそろそろ潮時じゃないか?

881 :本当にあった怖い名無し:2007/08/20(月) 20:52:21 ID:3KE+bElr0
そういわれて何年経つことやら

882 :筋肉全裸帯:2007/08/20(月) 20:54:16 ID:Wxq740iTO
>>879
肩を並べる?茶坊主以下の糞コテ、雷鳥と全裸隊と?

ジョーダンは良江さんwwwwwまぁ、唯一、敵わないコテは虚男さんだな。

虚男さんに期待age

883 :本当にあった怖い名無し:2007/08/20(月) 21:08:33 ID:gdJshXwOO
怖い怖い

884 :本当にあった怖い名無し:2007/08/20(月) 22:06:25 ID:uoI29gpHO
いや、無理
あんた、虚男どころか夜風にも及ばないよ
アイカゴすら遠い
何目指してんのか知らんけど
荒らしや煽りにもセンスが必要なんだよ
猿はおとなしく禿げゆく我が身を受け入れなさい


885 :筋肉全裸帯:2007/08/20(月) 22:26:53 ID:Wxq740iTO
俺、大人気だな。

スルーできないお前のレスはツンデレ以外の何者でもない。

今晩抱いてやるぞ?

886 :本当にあった怖い名無し:2007/08/20(月) 22:28:11 ID:3KE+bElr0
しゃぶれよ

887 :筋肉全裸帯阻止:2007/08/20(月) 23:22:27 ID:ISFElpEa0
クソコテ全裸隊・筋肉全裸帯・雷鳥阻止定期age

筋肉全裸帯阻止age


888 :筋肉全裸帯:2007/08/20(月) 23:44:58 ID:Wxq740iTO
クソコテ全裸隊・筋肉全裸帯・雷鳥阻止定期age

筋肉全裸帯阻止age

そして>>888ゲト

>>889オメーは毎度毎度チャンスを逃してんだよ。楽しいか?人生。

889 :雷鳥:2007/08/20(月) 23:47:14 ID:Wxq740iTO
妄想山怖話を阻止されてて楽しくないでしゅ…

吊ろうかな……

890 :本当にあった怖い名無し:2007/08/21(火) 00:40:57 ID:ClkU4WvQ0
IDくらい変えろよ、アホが・・・

891 :オマージュ ◆DCEejEYaj2 :2007/08/21(火) 00:52:17 ID:cfZIeYSP0
ある男の話

山の斜面を切り崩して墓地にしているところがある。
ある日、道路からその墓地を見上げると、十数人の村人が何か仕事をしているのが見えた。
葬式でもあったのかな。
もう一度見上げると、村人全員が、彼のほうを向いて、じっと睨みつけていたそうだ。


892 :オマージュ ◆DCEejEYaj2 :2007/08/21(火) 00:57:06 ID:cfZIeYSP0
ある医者の話

老人が同僚に付き添われ、病院を訪れた。
山で動物に噛まれたという。
中指の先端が切れた程度だが、手首まで真っ赤だった。
彼が見ているその目の前で、腫れは秒単位で、みるみる肩の方まで広がっていく。
(なんだ、これは・・・)
何に噛まれたのか尋ねたが、老人も同僚も、よく見えなかったと言った。
容態はたちまち悪くなり、老人はその日の夕方、絶命した。
死体は赤達磨の様に、全身膨れ上がった。
家族が号泣するなか、同僚たちは黙ってその死体を運んでいったという。

893 :オマージュ ◆DCEejEYaj2 :2007/08/21(火) 00:58:24 ID:cfZIeYSP0
山男の話

山を歩いていると兎を見つけた。
銃で狙いを定め、ずどん、と一発。
兎は地べたに転がり、彼はにんまりしながら獲物に近づいた。
その時、血塗れの物体が、むくり、と起き上がった。
なんだ、こいつ。
銃を構えなおすと、頭の割れた兎が、猛然と彼の方へ駆けてくるのが見えた。
慌てて二発目を打つが、外れた。
兎が飛び掛かってきたまさにその瞬間、三発目が兎の体を吹っ飛ばした。
それはぴくりとも動かなくなったが、気味悪くなった彼は、獲物に触れもせず山を降りたという。
翌日その場所を訪れると、血みどろの小さな足跡が、山奥に続いていたそうだ。

894 :筋肉全裸帯 ◆BSNDQOCGUw :2007/08/21(火) 06:27:44 ID:9AE5eIXCO
偽者さんお疲れ様です(^o^)/

895 :本当にあった怖い名無し:2007/08/21(火) 08:31:30 ID:4ZU4fhTz0
まとめ読んできたが、どうして全裸隊は作り話としか思えんようなことばかり書くようになったんだ?最初はまともだったのに・・・

896 :筋肉全裸帯・オマージュ反対:2007/08/21(火) 09:06:39 ID:3nWRK/7N0
クソコテ全裸隊・筋肉全裸帯・雷鳥・オマージュ阻止定期age

オマージュ反対!筋肉全裸帯!クソ面白くない創作家オマージュ反対!

筋肉全裸帯・オマージュ阻止age


897 :筋肉全裸帯 ◆BSNDQOCGUw :2007/08/21(火) 10:55:25 ID:9AE5eIXCO
      _______________
      | _____________  |
      | | :::::::::::::∩;;;;;;;;;;;;;∩ :::::::::::::::::::::| |
      | | ::::::::::::| ノ::::::::::::::::::ヽ/⌒):::::::::| |  ザー
      | | ::::::::/⌒) (゚):::::::::(゚):::|.....|:::::::::::| |
      | |:::::::/:::/::::::::( _●_)::: ミ/:::::::::::::| |
      | |:::::::::::/ ̄ ̄ ̄`´~~~~~`ヽ::::::::| |
      | |::::::::::|  :ill||||||||||ll: ,-‐‐、l::::::| |
      |  ̄ ̄|  ||||||||||||||||「しi .l ll ̄  .|
      | ̄「 ̄|  |||||||||||||||||i ̄川リ ̄| ̄|
      |_| ノ   ||||||||||||||||||     |_|
        /    ||||||||||||||||||
        /    /||||||||||||||||||
       / ̄/ ̄ |||||||||||||||||
       /  /    |l|l|l|l|l|l|l|l
     / /    |l|l|l|l|l|l|ll
    / ヘJ  

898 :本当にあった怖い名無し:2007/08/21(火) 18:17:06 ID:k+jRM1lk0
あぼーんが沢山で、夏を感じさせるなあ

899 :我流格闘家:2007/08/22(水) 04:58:35 ID:LcTxp7lzO
お久しぶりです。今年も籠もって来ましたよ山奥に。
俺が最近やってる修行は、瞬発力を養う為に飛んでいる虫を掴み取る修行。
夜間に蝋燭に灯を灯し、集まってくる虫を掴み取る。
その場合、潰して殺してはならない。一瞬で手のひらに包み込みように虫を捕らえる。
簡単なようだけど結構難しい。刺したり咬んだりする奴もいるしね。
そんな事を日が沈んでからはずっとやってました。
そんなある日、一匹のタヌキが姿を現す様になった。別にタヌキなんか珍しくもないのだけど
藪から顔を出しては延々とこちらを眺めたりしていた。
体格から察するに雄の成獣。木の実なんかを分け合って食べるぐらい仲良くなったけど
撫でようとすると攻撃的になる。そういうところは野生らしいなと思った。
そんなある夜に起こった話。

900 :我流格闘家:2007/08/22(水) 05:15:19 ID:LcTxp7lzO
タヌキというのは人間より遙かに夜目も効くし耳も良い。
だから夜間に他の野生動物が近づいて来ても先にタヌキが警戒するのですぐにわかる。
俺は猪を最も警戒している。あいつらは身に危険を感じると積極的にその牙を持って襲ってくる。
大腿部の動脈なんか傷つけられたら命取りだ。
その日、顔見知りのタヌキが耳と鼻をピクピクやり始めた。外敵の合図だ。
俺は身構えて蝋燭の灯を消し、気配だけに集中した。
向こうの藪の中の気配に、俺も相棒のタヌキも集中していた。物音はしないが気配だけがある。
俺は野猫だろうと思った。野生化した猫は闇夜を全く音を立てずに歩き回る隠密のプロだからだ。
しかし、やがてタヌキが「グッグッグッ・・・」みたいな声を出し始める。明らかに怯えている声。
確かに凶暴な野猫はタヌキを襲うこともあるが、タヌキがこんなに追い詰められた声を出すのは人間に対してだけだ。
何者かの気配はすぐそこまで迫った。相棒のタヌキはさっさと逃げ出したようだ。

901 :我流格闘家:2007/08/22(水) 05:21:19 ID:LcTxp7lzO
突如、「バーン」と雷が落ちたような音が鳴り響き俺は腰を抜かした。
辺りで眠っていた鳥達が一斉に騒ぎ始めた。
次に気配を探った時、その気配は消えていた。
あれが何だったのかはわからないが、タヌキがまるで人間に示すような警戒音を発した事から人間とも取れるし
一瞬で気配を消したあれが人間とは思えない。
山では色々な事がある。

902 :我流格闘家:2007/08/22(水) 05:26:02 ID:LcTxp7lzO
来月からは九州の某山に籠もる予定です。
今から楽しみ。

903 :本当にあった怖い名無し:2007/08/22(水) 05:58:32 ID:FWN3y8BrO
>>885
ウホイイ男…
ヤ ラ な い か ?

904 :本当にあった怖い名無し:2007/08/22(水) 07:47:41 ID:0Mok2mzN0
          l      /    ヽ    /   ヽ \
          /     / l    ヽ /      |  \
| し な 間 〉 //  l_ , ‐、   ∨ i l  | |    \    就 は
| ら っ に |/ l ,-、,/レ‐r、ヽ  |   /`K ,-、 <   し
| ん て あ   / | l``i { ヽヽ l | / , '/',` //`|_/     職 や
| ぞ も わ    |> ヽl´、i '_   。`、llィ'。´ _/ /,) /\    ろ
| |   な   |`/\ヽ'_i ,.,.,.⌒´)_ `_⌒  /__/l  \       く
っ   |    く    |/ / l´,.-― 、l`ー一'_冫 /l l |   /   っ
!!!! |        \ ', /  /`7-、二´、,.| /// |   /
           lT´ {  /  /  ト、 |::| /// /  /    !!!!!
          l´ ヽ、 > ー    ,/ |ニ.ノ-' / / _
              i``` 、/ }    ',,,..'  |-'´,- '´     ̄/ ヽ∧  ____
           \/ ' \_  `´ノ7l´      /    // ヽ l ヽ
         / ̄ |      ̄ ̄/ ノ L___/      ★  U  |
        /   ヽ      /`ー´     /l                 |

905 :本当にあった怖い名無し:2007/08/22(水) 08:00:42 ID:lyaVRgbz0
>>901
忍者の密猟者?
野生動物って結構好奇心旺盛だったりするよね。

906 :本当にあった怖い名無し:2007/08/22(水) 08:35:50 ID:4YMQawH80
オマージュ=全裸隊←NG処理な


907 :本当にあった怖い名無し:2007/08/22(水) 10:46:51 ID:pH2fyyRi0
>>901
>蝋燭の灯を消し

野生動物だったら逆にマズくない?

908 :本当にあった怖い名無し:2007/08/22(水) 11:31:40 ID:jTrFVMwx0
>>907
バカだな、一般人ならそうだが、格闘家にとっては良いチャンスじゃないか。

909 :筋肉全裸帯:2007/08/22(水) 12:46:40 ID:D1oqZ9m5O
俺もよく山篭もりするよ。


この前は北海道に行って羆を倒してきました。

910 :本当にあった怖い名無し:2007/08/22(水) 14:43:09 ID:D/SohCUwO




  | ノ/   \ヽ
  /  ●   ● |   
  |   ( _●_)  ミ  
 彡、    |∪|  、`\

911 :本当にあった怖い名無し:2007/08/22(水) 14:58:31 ID:qC/hGi8a0
格闘家殿、前回の遠征から無事に帰還されたようで何よりです。

912 :本当にあった怖い名無し:2007/08/22(水) 19:28:09 ID:iH8rwshb0
格闘家さんは鎖がま使いですか

いや、むかしテレビで観たから・・・

913 :本当にあった怖い名無し:2007/08/22(水) 19:43:56 ID:lyaVRgbz0
>>907
ヒグマは逆に火に寄って来る。

914 :本当にあった怖い名無し:2007/08/22(水) 20:54:22 ID:EEBnUv4X0
クマーも寒いのか?

915 :本当にあった怖い名無し:2007/08/22(水) 23:21:42 ID:Pe1NzR4l0
>>913
マジ?じゃあダメじゃん

916 :オマージュ ◆DCEejEYaj2 :2007/08/23(木) 00:56:54 ID:tvEAlm9X0
ある男の話

大雨が降った日、当時小学生だった彼は、川を見にいったそうだ。
川は茶色い濁流で溢れ返り、時折、びっくりするような物が流れてくる。
大人三人分はある大岩がごろごろ転がってきたり、根っこごと引き抜かれた大木が渦を作っていたり。
上流から車まで流れてきた。
フロントガラスまで水没したその車が、ゆっくり彼の前を通り過ぎたとき、ぽくん、と音がして運転席のドアが開いた。
「偶然かもしれないけど」彼はしかめっ面をした。「嫌な気がして家に逃げ帰ったね」
遠ざかっていく車とは反対に、濁流の中、彼に近づいてくる水の流れが見えたそうだ。

917 :オマージュ ◆DCEejEYaj2 :2007/08/23(木) 00:57:39 ID:tvEAlm9X0
猟師の話

夜、焚き火をしていると、近づいてくる人影がある。
登山者のようだ。暖をとらせて欲しいという男に、彼は快く応じた。
お礼にと差し出された水筒には、酒が入っていた。
ほほぅ。これはうまい、うまい。
ついつい飲みすぎて、彼は酔いつぶれてしまった。
夜中、目覚めると男の姿がない。
ひどく胸がむかむかして、思わず吐いた。小便臭い反吐だったという。
「化かされたんだろうな」彼はそう言って笑った。

918 :オマージュ ◆DCEejEYaj2 :2007/08/23(木) 00:58:39 ID:tvEAlm9X0
登山者の話

山奥で道に迷い、夜露をしのげる場所を探して歩き回る羽目になった。
手ごろな洞穴を見つけ、やれ、うれしや、と中に入ったが、
そこにあったのは、ボロ布をしきつめた寝床らしき跡。
その上には、泥のこびり付いた小さな茶碗と、黴の生えたコケシ。
(こんな山奥に、子供がいた跡・・・??)
やむをえず傍らで仮眠をとろうとしたが、不気味すぎて朝まで一睡もできなかったという。

919 :クマ――――――:2007/08/23(木) 01:55:05 ID:g2IgTuk4O
とりあえず鳥はしょうたいを隠さないほうが良いクマ。

920 :本当にあった怖い名無し:2007/08/23(木) 02:03:35 ID:g2IgTuk4O
あ、あとお前、>>909自分がどれほど非道い仕事
してるか解ってないみたいだな
まじで死ね

921 :本当にあった怖い名無し:2007/08/23(木) 06:16:52 ID:FiqLlAEN0
>>一瞬で気配を消したあれが人間とは思えない。

本当になんでしょうねぇ。

922 :本当にあった怖い名無し:2007/08/23(木) 07:08:23 ID:wSHdXVu+0
俺も狸と知り合いになりたいぞ

923 :本当にあった怖い名無し:2007/08/23(木) 08:58:17 ID:gbDNLCAc0
きのこくれる狸か

924 :筋肉全裸帯:2007/08/23(木) 10:03:07 ID:ntp0z+FHO
定期た雷鳥た止め


たぬき

925 :本当にあった怖い名無し:2007/08/23(木) 11:28:40 ID:ahCVrYu40
久々に来てみたけど随分スレのレベルが下がりましたねぇ…
雷鳥さんとかは最近書き込んでないのか
がっかり

926 :本当にあった怖い名無し:2007/08/23(木) 12:00:13 ID:KrWYSL9kO
凍れるいのち

927 :本当にあった怖い名無し:2007/08/23(木) 12:29:16 ID:yaMlUZvk0
ネタが尽きたコテ常連がやけになって荒らしてるとか?

928 :本当にあった怖い名無し:2007/08/23(木) 15:52:05 ID:/2W69z5A0
雷鳥さん!キボンヌ〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!
夏が終わるぞ。。

929 :本当にあった怖い名無し:2007/08/23(木) 16:18:13 ID:h2KqfTFO0
格闘家さんもオマージュさんも面白かった
>>916はぞっとするなあ・・・

930 :本当にあった怖い名無し:2007/08/23(木) 16:31:11 ID:klz/qekP0
オマージュ=雷鳥 自演age

931 :本当にあった怖い名無し:2007/08/23(木) 19:41:32 ID:4Bg5+vIJO
20年位前の何かの番組(怪奇特集だったか)で、山間に住む
農家のおじさんが不思議な体験して取材されてた。

■以下おじさんの話(かなり訛ってたが意訳)■

夜中に飼ってる犬がやかましく吠えるんで、窓をみると
向かいの山の方がうっすら明るく見えた。
カーテンを開けて外を見たら、山の中腹辺りに火が見えた。
山火事だと思い、慌てて家族を起こしたが、どうも様子がおかしい。

山の中腹には同じ様な火が数カ所点々と並んでいて、
火一つ一つの大きさは、距離から考えると3〜5mはある。
燃え広がる様子も無いし、誰かがこんな夜中に山奥で松明を焚いてるんだろうか。

これはひょっとして狐火というものだろうか。
犬もうるさく吠え続けているし、「これは何かあるな」と思い、
解き放ってやると、犬は一目散に山へ向かって走って行った。

時折吠え声がワンワン聞こえるので、犬がどの辺まで行ったか大体分かる。
ややしばらくして、火の一つに辿り着いたらしい犬が、狂った様に
吠え立てると、中腹に連なる火がパッと一斉に消え、山は静まり返った。

明くる日、火が燃えていたとおぼしき辺りに行ってみたが、
何の痕跡も発見できなかった。

犬はそれっきり帰って来ない。どこかに連れて行かれてしまったんだろう。
けしかけてしまい、可哀想な事をした。

932 :本当にあった怖い名無し:2007/08/23(木) 19:53:18 ID:rs24VK4B0
犬…(´・ω・`)カワイソス

933 :本当にあった怖い名無し:2007/08/23(木) 21:49:33 ID:LFucviD/0
やれやれ
まぁまだ夏休みだしな
まったりと涼しくなるのを待つが吉、だね







消防厨房は早く宿題やれよwww

934 :本当にあった怖い名無し:2007/08/23(木) 23:20:59 ID:y/EpaVa4O
谷川岳は天候の変化が激しく遭難する人が多いですよね、急に視界が極端に悪くなり滑落する人も毎年後を絶たないとか‥ ‥。


935 :本当にあった怖い名無し:2007/08/24(金) 12:00:49 ID:s/ba7DpW0
オマージュ=雷鳥 自演age

936 :筋肉全裸帯:2007/08/24(金) 14:23:42 ID:aSJPK0Q5O
筋肉全裸帯=雷鳥自演age

937 :本当にあった怖い名無し:2007/08/24(金) 15:40:34 ID:1l2bj7En0
>>936
早く宿題ヤレよW

938 :本当にあった怖い名無し:2007/08/24(金) 19:13:10 ID:2pvp+WAo0
全裸隊の話って誰かから聞いた話なの?それとも妄想?

939 :本当にあった怖い名無し:2007/08/24(金) 19:22:45 ID:s/ba7DpW0
つまらない創作です

940 :本当にあった怖い名無し:2007/08/24(金) 19:25:10 ID:2pvp+WAo0
へえ。もしそうならある種才能かもなあ。なんか書き方が自分に酔ってたり別にここに書くほどの内容でもない時があるけど少し感心する。

941 :本当にあった怖い名無し:2007/08/24(金) 19:41:16 ID:P99sOArD0
>>901 >>931
        /   /       ヽ      ヽ     ヽ: . : l
         / / /    /     、      ヽ     l: . . |
        /イ   l   / |      、      l  | l   l: . .|
        | :. .:|   /  l       、      :l  l: :|\ハ: ハ
         レ|:  | /  ̄ |       !:.     l: : : ト| ー } |
          |: . l | ' ̄ヒぅ|   l    :.:..   l:  .:| /レ j: / {
         VヽN ` ー jハノ \|:  :.:.|:. l:.:.ハ:.:./レ ノ ノ /. :ト
              |     l     ヽ/ソトハレ  ン   ´ ノ〃 |
            l    l               fl : ..  |     
             l   ヽ  _            l |ハ/|ノ_   これは蟲の仕業だ・・
             、                     | 7 |      
              ヽ         _      /     /  l
          ,.. -─‐`‐-、ヽ二二二ノ    /    /
       __L´-、 ノ     `丶、    , '´     /
     /´  {_  .::}     . : . : . : .|_,.. - ´    /

942 :本当にあった怖い名無し:2007/08/24(金) 20:12:05 ID:GZAPrOE/0
面白いときもあるよ
まあ、悪口はやめてマターリしようよ。

943 :本当にあった怖い名無し:2007/08/24(金) 22:48:40 ID:OaE9L0G/0
<< 931 で思い出したが、秋田のいとこの家でおいなり様を祀ってるんだが、
犬好きで3回飼っていたが、3回ともなぜか列車での轢死。
 なんか、おいなり様 = きつね は大の犬嫌いらしい。
 そこら辺一帯では飼犬は怪死、変死が多い。

944 :本当にあった怖い名無し:2007/08/24(金) 23:11:56 ID:+TA6jGqk0
>>943
そいつにノーリードはやめろっていってやれ。


945 :本当にあった怖い名無し:2007/08/24(金) 23:14:28 ID:2pvp+WAo0
ちゃんと繋いどかない飼い主のせいじゃ

946 :本当にあった怖い名無し:2007/08/24(金) 23:50:43 ID:Lx10bq280
>>941
くそっ
確かに蟲師っぽい

947 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 05:14:14 ID:a7G9nW050
>>943
お稲荷様と犬は敵だから…
とはいえ、殺すことないじゃん…と思ってしまう。
お稲荷様怖いね。

948 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 05:56:59 ID:Otdipbxd0
そんなお稲荷様潰しちまえw

949 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 06:34:37 ID:otQn4J4c0
 
                                                          ω

950 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 10:34:37 ID:UsEwwcDs0
^














│     _、_
│   ヽ( ,_ノ`)ノ 残念、それは私のおいなりさんだ
│  へノ   /
└  ω  へノ

951 :筋肉全裸帯:2007/08/25(土) 14:04:54 ID:ui3GnIjwO
というか俺もたまに創作してんのになんでまとめに載らないの?

952 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 18:12:44 ID:y7EHoBgm0
亡き祖父から聞いた話。

Aさんは山奥にひっそり住んでいた。
畑を耕し自給自足、お金が必要になると
余った野菜や山草やら薬草やらを里に売りに降りて来た。
同じ様な仲間が何人か居たらしい。
足腰のぴんしゃんした老人で、笑うと豪快だが普段は無口な人だった。

ある時、Aさんが大きな犬を連れて里へ降りて来た。
背中に怪我をしていて弱っていた所を保護したのだと言う。
立派な首輪をつけているので迷い犬だろうと。
賢そうな顔をした、立派な犬だったと言う。
誰かが「熊と戦ったんじゃないか」と言った。
確かに熊でもなければ、こんな大きな犬に傷を負わす事は無いだろう、
そんな話をしているうちに、Aさんは山へ帰ってしまった。

953 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 18:15:59 ID:y7EHoBgm0
祖父はその犬の立派さにほれぼれし、飼い主が見つからなければ
飼いたい、と思った。だが立派な犬なので、皆が欲しがっていた。
祖父は犬を預かった。犬は見る見るうちに元気になった。
だが、夜になると不安げに鳴く。かわいそうなので一緒に寝た。
ますます犬に愛着が湧き、飼い主が見つからなければいいと思った。
だが数週間後、飼い主と名乗る男がやって来て、犬を連れて行った。

その後、里に下りて来たAさんに祖父は話しかけた。
「犬の飼い主が見つかったよ」「熊と戦える犬、欲しかったなあ」
Aさんは複雑な笑みを浮かべ、祖父に言った。

「あれは熊じゃねえ。もっと危ないもんだ。
 あの犬は魅入られた。その証拠に夜な夜な愛しげに鳴いたろう。
 飼い主の元に戻るのが一番いい。そうでもなきゃ、連れて行かれる…」

祖父はよく分からなかった。だが、犬の鳴き声は覚えていた。
悲しそうな鳴き声だった。飼い主の元へ戻りたいのだろうと思っていた。

Aさんはしょんぼりする祖父に「今度犬を拾ったら、お前にやる」と約束し
山へ帰って行った。

数年後、祖父はAさんから小さな雑種を貰った。
雑種は間抜けな顔をしていて、頭も悪かった。
だが、夜になっても山に向かって鳴く事も無く、
祖父によく懐き、いつも後ろをついて来るかわいい犬だったそうだ。

生前、祖父は「俺はあんな犬じゃなくて、大きくて立派な犬が欲しかったんだがなあ」
とよく話してくれた。今はその犬の孫だかそのまた子供だかが居る。
間抜け面でよく寝る犬だ。

954 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 19:36:06 ID:RwfW/o6/0
>>952
グッジョブ

955 :筋肉全裸帯:2007/08/25(土) 19:38:13 ID:ui3GnIjwO
>>952
イイハナシダナー

956 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 19:39:50 ID:Otdipbxd0
その飼い主は本当の飼い主だったのか・・・?

957 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 20:37:29 ID:h6MqIURu0
>>952 GJ!

>>956 Σ(゚Д゚||)

958 :本当にあった怖い名無し:2007/08/25(土) 20:40:42 ID:1cXTBq2T0
) 17:25:11 ID:34iSnfDT
ttp://mixi.jp/view_diary.pl?id=538659219&owner_id=6684357
ご多分に漏れず俺も夏コミ1日目と3日目行ってきたお。
前回のハルヒサークルが今回全部らき☆すたに流れてる感じだったね。
で、同人誌を大量にゲットしてきたわけだが、
3分の1くらいはただでゲットしたお。( ^ω^)
以前ゲットした某出版社の名刺に似せたのと、
いかにもありそうだけどマイナーっぽい出版社の名刺を
自作したのを持って
そこの人間を装ってサンプルに一冊くださいっていうと どこのサークルもサクッとくれる。
もちろん大手でも並ばないでイイ、ktkr(゚Д゚)ウマー
30枚くらいしか持っていかなかったので 全部はただゲットできなかったのが失敗。
名刺印刷所に頼んでもそんなに高くないんだけど、
足がつきそうだから結局自作したんだけど 名刺用の台紙が結構高いんだわ。
でも圧倒的に黒字だから冬コミでは100枚くらい作っていく予定。
いらない(使えない)本は即売却すればこれまたウマー



959 :ぽぽろ ◆wMyUu3vOaU :2007/08/25(土) 21:06:28 ID:Vgg1pFTBO
>>950ワロチwwwwwwwwwwww

個人的には富士山、谷川岳、八甲田山、尾瀬は外せないす。 (*'ω')

960 :筋肉全裸帯:2007/08/25(土) 21:24:10 ID:ui3GnIjwO
おまえらミヨリの森見ろ

961 :モルダー捜査官:2007/08/25(土) 23:37:11 ID:u9LWaqrz0
クソアニメでしたw

962 :本当にあった怖い名無し:2007/08/26(日) 07:58:04 ID:lkFbB6B/0
>雑種は間抜けな顔をしていて、頭も悪かった

大笑いしたww

963 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :2007/08/26(日) 08:46:12 ID:ogjzag3m0
彼とは気が合うわけではなかったが、
なぜか一緒に山へ行く機会が多かった。
互いに、何となく付き合いづらい奴だと思いながら、
俺は彼の技術に何度も助けられ、
彼は俺の身軽さに引っ張られて山をうろついていた。

同じテントの中、ほとんど黙り込んでいた。
沈黙が心地良い相手ではなかったが、無理に会話しても、
かえって気詰まりになる。
おそらく、一番実のある会話は、
「明日は何時起き?」
「4時くらいでいいべ」
そんなところだ。

いつの間にか彼と俺は、同じような時期に、
同じような怪我をするようになった。
彼が泥酔して階段で転倒し、右足首を捻挫すれば、俺は俺で
沢歩きの最中に転落し、右足首を捻挫した。
彼が山で落石を左目に喰らい、視力を低下させた頃、
俺の左目の視界は、少しだけ白く霞むようになった。
眼科で診察を受けたが異常は見つからず、原因は不明だった。


964 :全裸隊 ◆CH99uyNUDE :2007/08/26(日) 08:47:37 ID:ogjzag3m0
彼がバイクで転倒し、両手に火傷のような怪我を負った翌日、
山へ行っていた俺は、ザイルによる荷揚げの最中にザイルが滑り、
その摩擦で掌に火傷を負った。

やがて彼は、仕事中の事故で死んだ。
産業用機械の保守作業中に機械に巻き込まれ、即死だった。
その日、俺は山で地滑りに遭い、危うく避け、無傷だった。

俺の右足首は、捻挫の後で太くなり、動きが悪くなった。
左目の視界は、今でも少し霞んでいる。
掌の火傷の痕は、ほとんど残っていない。

965 :本当にあった怖い名無し:2007/08/26(日) 08:51:50 ID:bKk/xnjq0
>>964
妄想?マジバナ?

966 :本当にあった怖い名無し:2007/08/26(日) 09:25:39 ID:MDacvLGm0
>>964 落ちが弱い気がするけど・・・  GJ!

967 :モルダー捜査官:2007/08/26(日) 10:49:33 ID:5n0+BrgY0
来たな、全裸隊。相変わらずのクソ創作だなw


968 :本当にあった怖い名無し:2007/08/26(日) 10:56:59 ID:atA0J2zq0
>965-967
ちょっと待て!今、全裸隊さんはこの世の人なのか?

969 :長崎:2007/08/26(日) 13:17:58 ID:igcPTka+O
もう訳解らんから全員で逝ってよしだな (^^)

970 :本当にあった怖い名無し:2007/08/26(日) 13:29:40 ID:w9o//vG9O
当時、長兄→6歳、次男→5歳、漏れ→3歳の頃の話
家族で出かけた日の事、地方に遊びに行った時に
お腹が空いたので数ない店から一番最初に見えたそば屋に入る事にした
そば屋の目の前は道路を挟んで茶畑みたいなの、その先に山がある感じ
お店は親子2代でやってる感じの店でそこのお婆ちゃんがすごく優しい人だったのは覚えてる
食事が終わって母親が会計してる際に漏れはお婆ちゃんとの別れを惜しんでた

971 :本当にあった怖い名無し:2007/08/26(日) 13:32:57 ID:w9o//vG9O
するとお婆ちゃんが金太郎飴のうさぎverをくれて「また会えるからね」
って言って手を握ってくれた
が、次の瞬間お婆ちゃんの顔つきがすごい怖い顔になって
「絶対、絶対お兄ちゃん守るんだよ」
みたいな事を言われて漏れは名残より急に変化したお婆ちゃんが怖くなって外へ逃げた



972 :本当にあった怖い名無し:2007/08/26(日) 13:35:59 ID:t5tnh1Qr0
>>970
つづきは?
これから山の話になるんだよね。


973 :本当にあった怖い名無し:2007/08/26(日) 13:41:00 ID:w9o//vG9O
すると兄二人が山の方をじぃーっと見ていて、
漏れも何があるのかと見てみると何もない
でも、その山なんかおかしくて緑の山の中に一本道がはっきり見えている
道が頂上付近で終わっていてその先には井戸とお稲荷さんみたいなのと
木造の家があったのはハッキリ覚えている
漏れに見えたのはそこまで

しかし、兄二人には違う物も見えていて
長兄が山道を指さしながら父親に
「ねぇ、なんであの自転車人乗ってないの?なんで動くの?」と言った


974 :本当にあった怖い名無し:2007/08/26(日) 13:49:38 ID:w9o//vG9O
次兄もそれに便乗して、その自転車の事を父親に話していた
でも漏れはさっきのお婆ちゃんの事もあってそれは見ちゃいけない物だ!
と思い兄二人を車に無理矢理連れて行った

そんな事も忘れた中学の頃、昔のビデオを見てみると
父親が撮影してたのか、あのそば屋のビデオが残っていた
家族で見てみると、そばを食べてる所から外に出るまで映っていてあの山も映っていていた
長兄が「あの山おかしかったよな」
なんて事言って兄弟みんなで山道が映るのを楽しみにしていたが
ビデオに映ったている山道に山なんか映ってない
停止してもただの山は山


975 :モルダー捜査官:2007/08/26(日) 13:58:07 ID:5n0+BrgY0
漏れ(笑)

976 :本当にあった怖い名無し:2007/08/26(日) 14:01:45 ID:w9o//vG9O
兄弟みんなで怖くなってみんな黙り込んだ
すると父親が「あぁ、そういえば」と話を始めた
その山で昔に自転車で町まで降りて孤児の男の子を狩って連れて帰って食べる
と言う男の子狩りをした人が住んでたらしい
だからあの山はいわくつきだから絶対行くな
と父親はそば屋の若旦那に言われてたみたい

だからあのお婆ちゃんは女である私に「兄を守れ!」と言ったのか
と思ってたんだけど、あのそば屋が映ったビデオに、お婆ちゃんなんか居ないんだよね


長々しくなったが終わり。
文が下手すぎて本当にごめんなさい、

977 :本当にあった怖い名無し:2007/08/26(日) 14:03:13 ID:w9o//vG9O
あぁ、私で良かったのか、すまん…orz

978 :本当にあった怖い名無し:2007/08/26(日) 14:26:04 ID:NwuRweRyO
「漏れ」が最後に女だったことがわかってビックリ。

979 :本当にあった怖い名無し:2007/08/26(日) 14:44:46 ID:MpK9ibCU0
漏れ女 w

980 :元登山者:2007/08/26(日) 16:16:50 ID:eNB6w4YY0
田舎の友人から聞いた話です。

友人から聞いた話でです。
彼は御茶を飲むのが趣味で、自宅に小さいながら茶畑を作った程です。
田舎では野草や薬草を緑茶の葉と一緒に入れて、香りを楽しんだり
薬にしたりすることがあり、彼も色々な葉を捜して山に入ることが
多かったそうです。
ある、春の事、いつものように葉を捜して山に入ったところ、見事な
山桜を見つけました。満開の花にいい香りがし、「桜茶」を作ろう
と思い、いくつか花を取り持ち帰りました。
自宅に持ち帰り、早速、淹れてみると、とても美味でした。
翌日、花が散っても飲めるように、と山に出かけて多めに花を取り、
酒精に漬け込んで取って置きました。
翌年の春、また山桜の花を取りに行き、保存用に漬け込んだそうです。
その年の夏に台風が来ました。大きな台風で被害も多かったそうです。
台風が過ぎ、しばらくして桜茶を入れてみると、味が変わっています。
普段は爽やかな後味が、苦く、ドロっとした感じだったそうです。
「漬け込みに失敗したのかな?」と思い、勿体無いと思いつつも、花を
捨て、翌年の春、再び山に入ったところ、山桜が倒れて、完全に枯れて
いました。去年の台風で倒れたようです。
全く花は無く、自然のまま朽ち果てた桜がそこにありました。
「多分さ、花は母体の死を伝えてくれたんじゃないかな?」
彼はその話をそう締めくくりました。

981 :本当にあった怖い名無し:2007/08/26(日) 16:19:18 ID:WwZIvIc40
どうして女の人で、

982 :本当にあった怖い名無し:2007/08/26(日) 16:22:08 ID:WwZIvIc40
漏れって言うの?
漏れって女のことなの?
凄く下品な感じがして嫌なのですが。

わざわざ漏れって使ってるのはなぜ?当方女です。
自分だったらそういう単語使いたくないんだけど。
おかしなレスしていたらすみません。



983 :モルダー捜査官:2007/08/26(日) 16:37:19 ID:5n0+BrgY0
いや、おかしなレスではないよ。
女以前に今時「漏れ」というのは恥ずかしい

984 :本当にあった怖い名無し:2007/08/26(日) 16:38:08 ID:WhyDfD13O
うん、スレチだから俺女・僕女スレとかでやってね。

985 :本当にあった怖い名無し:2007/08/26(日) 19:43:39 ID:L3asGaSc0
>>983
もまい、逝ってよし!

986 :本当にあった怖い名無し:2007/08/26(日) 19:46:08 ID:WhSmmZeNO
誰かソウテンケイ?の話持ってない?
ハイレタハイレタハイレタのやつ

987 :本当にあった怖い名無し:2007/08/26(日) 21:31:01 ID:oknZ8Imj0
>>982
マターリ汁
どうでもいい

988 :本当にあった怖い名無し:2007/08/27(月) 01:03:34 ID:1ozYwbKgO
>>986
それを言うなら「テンソウメツ」でヤマノケってヤツの話だ。
一時期、オカ板でちょっと話題になり、
クネクネの一種ではないかといわれていたが、その後続報はない。


989 :本当にあった怖い名無し:2007/08/27(月) 02:03:12 ID:n76E0DJGO
>>984
スレタイに沿った内容書いてないおまえこそ真のスレチって事に気づけよカス

さてここで一つ
人気のない山奥や頂上付近より山袖や
道路に面した辺りの方が霊ってのはたまりやすいらしいよ
確かに山中での霊体験より山道での霊体験の方が話によく聞くよな

990 :本当にあった怖い名無し:2007/08/27(月) 02:24:08 ID:b2gI8aV0O
オマージュさんの話は
ウンコが出きらないような
オチの弱い話に感じる。
読んだ後モヤモヤするんだよなぁ

991 : ◆9cN0WXIgYY :2007/08/27(月) 04:07:27 ID:fSbxmUypO
最後まで喧嘩するのが好きな人がこのスレに居ますか
そうですか。。。

992 :本当にあった怖い名無し:2007/08/27(月) 06:47:35 ID:KNCCu+BK0
>>980
いい話だ

993 :本当にあった怖い名無し:2007/08/27(月) 07:04:26 ID:w4mV/TMa0
まだのようでしたので次スレ置いときますね。

∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part35∧∧
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1188165789/

994 : ◆9cN0WXIgYY :2007/08/27(月) 07:22:44 ID:fSbxmUypO
アルペンルート、春中頃まで高い残雪がありその間を通る時 何となく不思議な感覚がある。

富士山、山頂付近はへたしたら八月まで氷が残ってるようですね。

995 :本当にあった怖い名無し:2007/08/27(月) 08:10:17 ID:U5mz3OFw0
>>993
乙!

996 :本当にあった怖い名無し:2007/08/27(月) 09:00:09 ID:RPhLB4A40
http://love.2ch.net/test/read.cgi/motenai/1072261393/

997 :本当にあった怖い名無し:2007/08/27(月) 09:13:58 ID:1ozYwbKgO
うめ

998 :本当にあった怖い名無し:2007/08/27(月) 09:16:17 ID:1ozYwbKgO
埋め

999 :本当にあった怖い名無し:2007/08/27(月) 09:18:35 ID:1ozYwbKgO
では皆さん、次スレで。

1000 :さの死蝋 ◆utqnf46htc :2007/08/27(月) 09:18:39 ID:cxG6nOth0
楽しませてくれていつも有難う御座います>話投下してくれる人

1001 :1001:Over 1000 Thread
                      γ
                      (
                      _ノ

                   /
                __
             ,、'"   .  `' 、
             i`ー  _    ',
.             l| !|      i""!|
                 }: }i    |{  !j
               〈| 'J |!   }j  :}
            _ノ;し  i}  {J  |
         ,、-,、'         ハ- 、
         ( .( '、_    _ ,ノ  ノ:i   )
        ,、'""`ー---‐'"フ、_ - _,、' -'"
        (  _   ,、'"    ̄
         `ー--─'"
千本目の蝋燭が消えますた・・・
新しい蝋燭を立ててくださいです・・・

309 KB
★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)