5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【願望実現】リアリティ・トランサーフィン

1 :本当にあった怖い名無し:2007/09/05(水) 01:24:04 ID:f2B4fGpY0
もと量子物理学者のロシア人作家の書いた本「リアリティ・トランサーフィン」についてのスレです。

文献
「振り子の法則」リアリティ・トランサーフィン―幸運の波/不運の波の選択
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/419862268X/
リアリティ・トランサーフィン 2―願望実現の法則
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4198623686/

2 :本当にあった怖い名無し:2007/09/05(水) 01:24:52 ID:f2B4fGpY0
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/419862268X/
より引用

内容(「BOOK」データベースより)
幸運の波に、常に乗り続けることは、不可能だとしても、不運の波に飲み込まれ、
無残に翻弄されることは、確実に避けることができる。そのために、あなたは、
無理に何かを変えなくてもいい。ただ、ポジティブな人生ラインを選び続ける
だけだ!どうすれば、そうした選択ができるのか?そのためには、この本を読んで、
振り子の法則、トランサーフィンの法則に通暁すること。それだけのことである。
あなたを振り回す振り子(ペンジュラム)との戦いに、いい加減、終止符を打ち
ませんか。幸運の波に気持ちよく乗って、運ばれていく先々の現実を、大いに
楽しんでみませんか。


3 :本当にあった怖い名無し:2007/09/05(水) 01:38:24 ID:MnbJWoOP0
過剰ポテンシャルの話は参考になる

4 :本当にあった怖い名無し:2007/09/05(水) 02:04:36 ID:f2B4fGpY0
>>3
おお。よかった。やはりこのスレには読んでいる人が居た。
なんか食いつきが悪いから読んでる人居なかったらどうしようかと思ってたところだ。w


5 :本当にあった怖い名無し:2007/09/05(水) 02:05:26 ID:f2B4fGpY0
このスレじゃない。この板だ。

6 :本当にあった怖い名無し:2007/09/05(水) 02:06:03 ID:N3i/vyip0
::::::::::::::::::::::   ____,;' ,;- i
::::::::::::::::::   ,;;'"  i i ・i;
:::::::::::::::  ,;'":;;,,,,,, ;!, `'''i;
:::::::::::  ,/'"   '''',,,,''''--i
:::::::::  ;/  .,,,,,,,,,,,,,,,,,   ;i'"`i;        ./≡≡≡≡≡≡≡≡≡|  
:::::::  i;"     ___,,,,,,,  `i"        |┌─────┐ ?J |||  
::::::: i;    ,,;'""" `';,,,  "`i          | |ザーメン     | ◎ |||  
::::::: |  ''''''i ,,,,,,,,,,  `'--''''"        .| |ドドドド!定食 |   ..|||  
::::::: |.    i'"   ";|              .| | 3000円  ..| ||||||| |||  
::::::: |;    `-、.,;''" |             |└─────┘||||||| ||  
::::::::  i;     `'-----j             | | ̄|| ̄ ̄ ̄ ̄| | ̄||

7 :本当にあった怖い名無し:2007/09/05(水) 02:16:15 ID:f2B4fGpY0
>>6
あげてくれてありがとう。

8 :本当にあった怖い名無し:2007/09/05(水) 02:20:26 ID:/+5dkeGq0
船井とおなすが勧めている本かw

9 :本当にあった怖い名無し:2007/09/05(水) 02:51:55 ID:f2B4fGpY0
>>8
それは知らなかった。俺は秋葉原のヨドバシ7Fの本屋で見つけて、初めは
「変な本だなまた似非科学か」と思ったんだけどw、なんとなく気になったので
まずは一冊目の方を買ってみて、読んだら似非科学っぽさはないことは
ないが、主に概念とその活用法が書いてあって結構納得が行く内容だった
ので、昨日2冊目を買ってきた。


10 :本当にあった怖い名無し:2007/09/05(水) 02:59:09 ID:f2B4fGpY0
尚、東京で本屋で直接見てみたい人は新宿紀伊國屋の5Fのあの奥の
宗教関係の本がある所に行った方が確実だと思う。1, 2 巻両方とも平積み
されていた。(秋葉のヨドバシ7Fは1巻目の本がまだないかも知れない。
俺が置いてあった最後の一冊を買っちゃったからw)。


11 :本当にあった怖い名無し:2007/09/05(水) 03:02:10 ID:f2B4fGpY0
紀伊國屋は東口の方ね(本店)。南口の方は未確認。


12 :本当にあった怖い名無し:2007/09/05(水) 22:28:23 ID:dURU90Si0
ちょっと前の大阪では二巻が積んであるのに一巻が無くて結構苦労したな。
願望実現が主題ではあるが、いろいろオカルト的に語りどころの有る本だと思う。

13 :本当にあった怖い名無し:2007/09/06(木) 02:56:23 ID:nYn6PO8V0
そうだね。
何となく昔から言われていたことを新たな概念を使ってまとめ直した感じではあるけれどね。
(だから昔から成功法則とか宗教関係とかに詳しい人は「ああ、これはあれのことか」と
分かったりすると思う)。


14 :本当にあった怖い名無し:2007/09/08(土) 02:58:01 ID:QTVwSTFu0
保守

しかし、やはり人気ないな。やっぱ難しさと怪しさで読む人が少ないのかな。


15 :本当にあった怖い名無し:2007/09/08(土) 04:42:52 ID:lMZ11F/jO
新宿紀伊国屋の5Fのあのスペース自体がオカルトだよなw
オレは今2冊目の方を買って読んでるが
この手の成功本系の中ではかなりまともで深いとおも。

16 :本当にあった怖い名無し:2007/09/08(土) 05:02:44 ID:QTVwSTFu0
>>15
確かに5Fのあそこは特殊な場所だ。だってもう、特殊な人しか来ないもの。w
当然俺も他の人から見れば特殊な人に見られてるに違いない。だってもう、
ヒゲはやしてるもの。そんなやつが神との対話の本の前に立ってたり、波動
なんて書いてある本に手を掛けてたり、仏教の本立ち読みしてたりしたら、
もう駄目だろう。w


17 :本当にあった怖い名無し:2007/09/08(土) 06:12:39 ID:lMZ11F/jO
>>16
オレは宗教には興味ないんだがオカルト好きだから
夜寝る時用の暇つぶしに面白い本探しにたまにあのコーナー行くのな
でもあの場所明らかに宗教の勧誘っぽいヤツが素人のフリして近付いてくるから気をつけた方がいいよ
「面白い本あったら教えてくれません?」
とか普通のそこそこカワイイ女子大生ぽい女が声かけてくるもんな
そんなギャルがこんな怪しいコーナーにいるかよみたいなw
あの5Fのレジ担当になった紀伊国屋のねーちゃんも可哀相だよね・・
まあオレも先週あのコーナーに売ってたユータン(UFO探知器)買ったわけだがw

18 :本当にあった怖い名無し:2007/09/08(土) 07:36:34 ID:QTVwSTFu0
>>17
えー! そんな声掛けてくる女いるのか? 俺一度も声掛けられたことないぞ。
・・・やっぱ怪しすぎて同業者と思われてんのかな? w

UFO探知機か。そういや秋葉の裏道の変なもの売ってる店とかにもたまに
そんなのが置いてあるな。ジャンク扱い(売り切りの無保証)で安く。つまり、
売れ残った店が安く売って、というのが繰り返されて流れ着いたということ
だが、まあ、今の秋葉じゃ売れないな。オカルト関係の店もないしマニアも
来ないからな。漫画関係が増えたようにその筋の店が増えれば面白いが、
電気と漫画とオカルトが一体になったら、もう、誰にも止められないな。w


19 :本当にあった怖い名無し:2007/09/08(土) 08:53:54 ID:YaySNquW0
かなり迫った本だね。
第2巻の前半の夢についての考察は圧巻だった。途中で尻切れトンボみたいに
話が変わってしまったのは残念だけど、続刊とかでさらに入るのかなぁ。

最近、巷に流れてきた願望実現法とMIXさせるともっと楽になりそうだけど。
どうなんだろう。

20 :本当にあった怖い名無し:2007/09/08(土) 09:20:31 ID:QTVwSTFu0
ロシアでは6巻まで出ているらしいね。
徳間書店の気が変わらないことを祈るばかりだ。w


21 :本当にあった怖い名無し:2007/09/08(土) 15:08:16 ID:lMZ11F/jO
とりあえず2冊目の方先に買って半分まで読んだが
けっこう難解だな・・
でも面白いし使えそうな気がする
1冊目の方って別内容?そっち先に読むべきだったかな?

22 :本当にあった怖い名無し:2007/09/08(土) 16:41:09 ID:YaySNquW0
>21
既に意識が取り込める状態になっているなら、OKでしょう。

ただ、少しづつ世間の固執した常識を融解させていく本なので、
1冊目から読んでいった方が、いいかな。
内容的には、どの文章にも宝がつまっている感じだから損はない。

23 :本当にあった怖い名無し:2007/09/09(日) 01:15:15 ID:f9kKV1I00
2巻を途中まで読んで、1巻を買ってきて読み始めた。まだ読んでいるところ。
1巻から読んだほうが、造語=この本の専門用語に慣れるので、わかりやすい。
願望実現関係の本を読みなれていれば、内容的には、同じことも多いので、
難解な表現につまづかないで、一応は読み進めることができると思う。
精神世界系のブログも読解の参考になる。

まだ読み終わっていないし、続編もあるが、今のところの感想。
この「願望実現法」と「モデル化」が正しいかどうかはわからないし、立証できないが、
物理・科学的用語でニュートラルに説明している事自体が良い点。
また、著者自身が、仮説であり、なぜそうなるかはわからないと認めている事が良い。
(著者にとっても、逃げ道があって都合が良いとも言えるが。まあ、どちらにしろ、精神世界は立証のほぼ不可能な分野だが)

読者としても、著者の「願望実現技法」や「モデル化」について
感情抜きでニュートラルに検証してみようという気になった。

結局、本として一番大事なのは、願望実現技法が実際どの程度詳細に書かれているか、
そしてそれがどの程度有効かということに尽きる。

夢に関する部分は面白いが、疑問も感じる。
私は、夢を操る能力はないが、たまに明晰夢を見る。
まさに、著者の書いているように、現実以上にリアルな建築の夢を見た。
途中で、夢と気がついて、現実よりリアルで細部まで明晰に見えて凄い、と夢の中で関心した。
リアルだからといって、それが脳の想像ではないというのは、かなり飛躍している気がする。






24 :本当にあった怖い名無し:2007/09/09(日) 01:40:07 ID:f9kKV1I00
23の続き

行方不明者は、パラレルワールドへ行ったまま帰らない人がいるからではないか
というところに至っては・・・・w
本としては面白いのだが・・・せっかく読む気満々だったのに、落胆を感じました。
それに、よくある手法だが、本だけでなく、波動商品を売るための販売促進パンフレットかも。

宗教色がなく、次元が上とか下とか、カルマとか、それ自体ネガティブな感情に結びつくような
説明でないところは、評価できる。
実用上有益な部分をさがそうw

25 :本当にあった怖い名無し:2007/09/09(日) 06:20:43 ID:S9qo54xW0
たしかにあの行方不明者のことや超能力者のことについてはちょっとどうもなあ、と思った。


26 :本当にあった怖い名無し:2007/09/09(日) 22:39:48 ID:f9kKV1I00
23だけど、自分自身を試した経験から、透視能力というのは、現実にあるとほぼ信じているし、
知人をみても、他人の思考を読む能力というのもありそうで、
超能力の中でも、そういう知覚力系はありそうに思うが、
念動力系に関しては疑問が多い。

超音波を感じたり、動物は人間にない知覚をもっていることからしても、
人間が未知の知覚力をもっていても、現在の科学とは必ずしも矛盾しないしね。


27 :本当にあった怖い名無し:2007/09/10(月) 02:48:52 ID:85t6G8fQ0
一応バリアントモデルだと何でもアリということにはなっちゃうけどな。

28 :本当にあった怖い名無し:2007/09/10(月) 03:45:23 ID:tlerTkczO
読んでませんが、アマゾンで見て気になってました

現実に役立ちそうな内容ですか?


29 :本当にあった怖い名無し:2007/09/10(月) 04:02:56 ID:nAUcILfr0
役立ちそうな感じはするが、やや難解。

他の願望実現本を読んでいる人にはほぼ読解できるだろうが、内容的には他の本と重複する。
しかし、同じ考えを違うやりかたでとらえ直したり、比較検討したり、思考のトレーニングにはいいかも。
願望実現本初心者には、平易な表現の読みやすい本も多いから、そうい本のほうが入りやすいと思う。

書店で試し読みと直感で、自分に合うかどうか決めるのが最善。


30 :本当にあった怖い名無し:2007/09/10(月) 04:08:30 ID:85t6G8fQ0
>>28
俺はまだ2巻目の途中までしか読んでないので何とも言えないが、
振り子と過剰ポテンシャルの概念は役に立つように思う。少なくとも
俺は納得はした。何となくではあるが実感が掴める話だからだ。
ただしバリアントモデルに関しては何とも言えない。そう考えても
いいような感じはするが、場合によっては無理のある考え方の
ような気もする。

まあまずは1巻目を読んでみて、何かに役立てられそうか自分で
考えてみれば?


31 :本当にあった怖い名無し:2007/09/10(月) 04:33:10 ID:tlerTkczO
>>29さん>>30さん

ありがとうございます

私が今まで読んだ願望実現本は
女性著者のわかりやすく書かれた本が
ほとんどなので難しそうですね...(>_<)
一度図書館で借りてから、購入を考えます
ありがとうございました


32 :本当にあった怖い名無し:2007/09/10(月) 11:57:06 ID:hQ/V55pr0
一通り読みました。

良い本なのですが、作者のヴァジム・ゼランドの正体が謎
というのはどういうことなのでしょうか。

量子物理学者となっていますが、経歴など一切が訳者・監修者とも知らないそうです。
つまり、誰かのペンネームということなのかな。

33 :本当にあった怖い名無し:2007/09/10(月) 14:22:46 ID:ZrDHpumMO
>>32
たしか元量子物理学者で今は作家ですよね。多分ペンネームなんでしょう。

34 :本当にあった怖い名無し:2007/09/10(月) 19:19:35 ID:Xp/WmoDE0
俺には難しいぜよ。ルドルフ・シュタイナーの本みたいに目がチカチカする。
魂の意図とか言葉が出ただけで、わけわからなくなった。
図説で簡単に教えてとゆいたい。

35 :本当にあった怖い名無し:2007/09/10(月) 19:48:19 ID:ZrDHpumMO
そうだな。解説サイトがあるといいな。Wikiか何かで誰か作らない? (俺は今は携帯からなので無理)

36 :本当にあった怖い名無し:2007/09/10(月) 22:01:35 ID:4hHR/Z9H0
「煩悩くん」というブログがあるけど、きれいにまとめてるよ。図説つき。
あ、俺は、この人ではないから。単なる紹介です。

37 :本当にあった怖い名無し:2007/09/10(月) 22:07:00 ID:iJtJ8Svq0
この本のすごいところは、例の法則を完全に説明できるところだ。

38 :本当にあった怖い名無し:2007/09/10(月) 22:10:08 ID:JLqmQ3v00
例の法則て?

39 :37:2007/09/10(月) 22:14:06 ID:iJtJ8Svq0
あの法則

40 :本当にあった怖い名無し:2007/09/10(月) 22:57:15 ID:P3QT7JMe0
1巻から読んでるけど、なんか精神世界で良くある話を
きれいにまとめて、ふーんっていう感じ。

このスレでもいろいろ意見が出てるけど、推薦してる人は
引き寄せの法則や原因と結果の法則の本は既にいろいろ出てるんだけど、
あえてこの本がすごいと思ったのは何故なんですか?

41 :本当にあった怖い名無し:2007/09/11(火) 00:23:20 ID:NQjp9xwT0
>>40
確かに目新しい話はないとは思うが、まとめ方がうまい。新しい概念を
使っていろいろな事をまとめて説明できているのが良いと思った。


42 :本当にあった怖い名無し:2007/09/11(火) 00:29:17 ID:UjPMYVT/0
つうかこの本を読んで前向きになれるんでしょうか?

43 :本当にあった怖い名無し:2007/09/11(火) 00:48:58 ID:NQjp9xwT0
>>42
どうかなあ? 何とも言えないなあ。人によって違うかも知れない。
ただ物事を考える上での手助けにはなると思うよ。


44 :本当にあった怖い名無し:2007/09/11(火) 08:43:03 ID:7VZ0fxNC0
>40

社会の固執した概念を取り除くのに、「ペンヂュラム」(振り子の法則)を
持ち出して、頭で理解できるように構成しているところでしょうか。
この振り子の法則自体も、曖昧な部類に入るのだけれども、かなり形になっている
と思います。会社の上司などに当てはめてみるとよく的を当ててるなぁと感じます。

さらに、それだけでは終わらないで、独自の願望実現理論を展開できるところかな。
確かに、多くの実現本と重なるところは多いですね。

私は、この本を介して集まった人たちとは良く話あいたいという気持ちになります。

45 :本当にあった怖い名無し:2007/09/11(火) 19:19:06 ID:VwcJ63T70
今一歩わからんです。
いらぬ妄想を捨てて(願望を取り除き)、失敗を恐れず(重要性を引き下げて)、淡々と(過剰ポテンシャルをなくし)目的に向かって行動すること?
禅の境地みたいに執着を捨てろということ?願望実現のテクニックというより修行みたいなものなのかなあ?












46 :本当にあった怖い名無し:2007/09/11(火) 19:43:54 ID:FK+l8YjGO
>>45
そういや修行っぽい感じもするね。読んでて途中で仏教かとツッコミ
入れたくなる箇所はあった。

47 :本当にあった怖い名無し:2007/09/11(火) 21:19:06 ID:Ikk+9ukU0
実際、修行という言葉も出てくるしね。

48 :本当にあった怖い名無し:2007/09/11(火) 23:15:53 ID:NQjp9xwT0
>>47
そう言えば2冊目にそんなこと書いてあったかな。


49 :本当にあった怖い名無し:2007/09/11(火) 23:46:59 ID:PxcBaYNY0
願望実現の本でありながら、その願望を忘れろ。
というのは他の願望実現本でも共通に見られる矛盾ですね。

願望をノートに書け。という説でもその書いたことを忘れてから、ノートを
開いた時に、全ての願望が叶っていたことに気がつく。というある種意味のない
成功談も多いです。

忘れるくらいなら、願望とはいえないのではないか?とも思うのですが、
ここを解決しないと禅問答なのだから、先に進めないなぁ。

願望(目的)を決めたら忘れられるような機械的な所業でもあればいいのにね。

50 :本当にあった怖い名無し:2007/09/12(水) 02:08:11 ID:e+wNo1fUO
>>49

同意

どんな本でも、思い続けたら叶う ってのと
執着するな ってのと書いてますよね
執着するのは実現して欲しいからなのに...
既に叶った気分でいれば叶うて意味なんでしょうけど、
100%叶ったと思い込むって難しいですよね


51 :本当にあった怖い名無し:2007/09/12(水) 02:11:54 ID:dUiXiMPq0
>>49
この本の場合はその辺のことを過剰ポテンシャルや平衡力などの
概念を使って論理的に説明しているわけだが、そういう説明なしで
ただ「潜在意識(または神)を信じろ」とか書かれるよりはいいと思う。
うまく行けば結果は同じだろうが、理屈抜きで信じろというのは梯子
なしで屋根まで登れと言われているようでかなり辛いし時間が掛かる。


52 :本当にあった怖い名無し:2007/09/12(水) 02:18:41 ID:dUiXiMPq0
>>50
執着になるということは本当は自分の願いじゃなくて、振り子に
惑わされた結果自分の願いと思い込まされて持ってしまっている
振り子に取って都合の良い願い、ということもあるかも知れない。
(ていう風に書いて意味が通じるのは非常に楽だな。w)


53 :本当にあった怖い名無し:2007/09/12(水) 03:07:48 ID:P+eJo0JQ0
この手の本って多くね?

54 :本当にあった怖い名無し:2007/09/12(水) 09:31:41 ID:1siwCCLhO
>>53
そうか? たとえば他にどんな本がある?

55 :本当にあった怖い名無し:2007/09/12(水) 17:41:20 ID:qUxtE3V50
>>54
アマゾン→リアリティ・トランサーフィン 2で検索→この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています
(他には、ページ下に表示されるマイリストor他にこんな本を買っています欄など)

というか、この手の本は昔からあるんだけど(引き寄せの法則やマーフィー系も入るわな)
今まで似た本を1冊も読んでいない54さんが逆にすごいな

56 :本当にあった怖い名無し:2007/09/12(水) 18:18:52 ID:1siwCCLhO
>>55
マーフィーとか思考は現実化するだとかそういうのは昔散々読んだよ。

57 :本当にあった怖い名無し:2007/09/12(水) 18:54:31 ID:CRtoilfX0
スレ鯛みて一瞬

【願望実現】リアディゾンとサーフィン に見えた

58 :本当にあった怖い名無し:2007/09/12(水) 19:16:27 ID:Vp0igf8F0
例えば

彼氏彼女がいなければ人間としておかしい
金がないと何も出来ない
性格が全ての原因
みたいな集合観念が振り子の正体で


周りに彼氏彼女がいる人ばかりで、なんか寂しい、早く見つけたい
何でこんなに安月給なんだ、チクショウ、もっと金があれば
この性格さえ直せば、あんなことやこんなことetc

とかいうモヤモヤは全部振り子にエネルギーを与えてる


という解釈で良いのですか?










59 :本当にあった怖い名無し:2007/09/12(水) 19:26:51 ID:jbCe6NSI0
>>55
そういう本を1冊も読んだ事がない人の方が多い現実

60 :本当にあった怖い名無し:2007/09/12(水) 19:38:47 ID:1siwCCLhO
>>58
多分そうだと思う。賛同していても反対していてもエネルギーを
与える事になると書いてあったし。何かの価値観に基づいて一喜一憂
している状態はハマっている状態と考えていいと思う。

61 :本当にあった怖い名無し:2007/09/12(水) 22:36:05 ID:JDhSDhZQ0
何がおきても、何をされても、何を言われても、平然として淡々としている。
あらゆる常識、こうならなければならないという義務感、正義感などからも
解放されている。そのような状態を維持することで、振り子にかからない。

生きていく上での楽しみってのは、執着や熱狂の中にも存在するのだろうけど、
これを放棄することが願望実現のための第一歩というところなのかな。
ある意味つまらない人間になってしまいそうだけれど。

でも、願望が叶ったら、狂喜したいよね。

62 :本当にあった怖い名無し:2007/09/12(水) 22:51:51 ID:p/ZdYYgc0
>>61
同意。だけどそれが難しいんだよな。
自分は敢えて言えばだけどマーフィーの法則で心底願った事は叶ってきた。
叶った願望に対してすごく執着してたよ。
ただ、何て言うか自分の気持ちの持ち方が悪いから叶ったけど、その結果
悪かったみたいなのが多い。

最近、ブッダの思想にふれて何か答え?みたいなのが見つかりそうな気がする。
あとマンガだけど福本伸行のアカギの執着しない、恐怖心がない生き方が
理想な感じw

63 :本当にあった怖い名無し:2007/09/12(水) 23:40:38 ID:lXRGxhy00
>>62
すごい興味深い。もう少し教えて欲しいな。
特に「叶ってきた」のと「悪かった」って所。


64 :本当にあった怖い名無し:2007/09/12(水) 23:50:36 ID:GgpT6IZY0
>>61
よく読めば、度を越した執着でなければ、それほど問題はないと書いてあるのでは。

仕事、趣味、人間関係、どんな分野でも、いい意味で執着や欲望がないと
人間として、生きてる意味や楽しみがないよね。
出家じゃないのだから。

スポーツの試合でも、真剣に集中して臨まなければ勝てないが、
勝負にこだわると、身体が動かなくてかえって負ける。
ゲームを楽しむ気持ちで、上手くリラックスと集中をバランスさせると
自分の能力を最大、あるいはそれ以上に発揮できる。
また、かりに負けても、結果にこだわり過ぎず、冷静であれば、
失敗を分析したりして次に生かすこともできる。
そんな感じじゃないかな。

ゲームに参加している自分と、冷静な観察者の自分が共存すればいいのだろうね。



65 :62:2007/09/13(木) 00:01:17 ID:p/ZdYYgc0
>>63
マーフィー知らない小学生の時から、自分の望む状況をイメージしたら
実現してたんだよね。
その後、うちの父親がマーフィーの本をたくさん持ってるの発見して
「あ〜、なるほど」と思った。

ただ、叶っても後が悪かった事に絞ると「他人の評価を気にすることから出た願望」
って言うのが多い。
分かり難くてごめん。要は人に良く見られたい=恐怖感が伴う みたいなのは
総じて悪い結果を呼ぶ。例えばクラスの人気者になりたい、叶う、反感買って
いじめられるみたいな。
恋愛に関しても同様だった。理想の彼をイメージして叶った結果、浮気されて
鬱病になった。まあ、受けとめ方もあるけど私の性格が悲観的なんでw
その教訓で感じた事は人生の主体は自分であるということ。
虚栄心と執着が仇になるんじゃないかな。

66 :本当にあった怖い名無し:2007/09/13(木) 00:07:43 ID:y8DtvU4O0
>>65
ふむふむなるほど、光が強ければ影も濃いってやつだね。
ありがとう、参考になったよ。

67 :本当にあった怖い名無し:2007/09/13(木) 00:20:39 ID:nbaGPfFX0
>>64
同じ勝負をするんであっても楽しめればいいんじゃないかな。勝敗にこだわって
勝たねばならないとか負けたらどうしようとか考えたりすれば緊張して本来の力は
出ないし第一やってて楽しくない。勝敗にこだわらずただ夢中になって遊ぶので
あれば楽しめるし勝敗はあまり気にならなくなる。つまり結果を追求するのでは
なく過程を追求する方がいいのではないかということ。

これをそのまま人生に当てはめる。死ぬまで終わらない出ないゲームだ。しかし
死んだ後は自分では結果を受け取れないので最終的な勝ち負けはどうでも良い。
生きている最中に自分がどれだけ楽しめるかが重要だ。


68 :67:2007/09/13(木) 00:22:39 ID:nbaGPfFX0
げ。編集ミス。訂正。

死ぬまで終わらない出ないゲームだ。

死ぬまで終わらないゲームだ。


69 :本当にあった怖い名無し:2007/09/13(木) 01:21:57 ID:1+rfbW8j0
>>67
64だけど、67と言いたい事は同じだよ。

70 :本当にあった怖い名無し:2007/09/13(木) 01:25:53 ID:1+rfbW8j0
一般的には不幸と思われる状況においても、ポジティブでいるのは訓練がいるけど・・・

常に今を楽しめる人が最強の幸せ者だと思う。

71 :本当にあった怖い名無し:2007/09/13(木) 02:24:45 ID:nbaGPfFX0
>>69
ああ。そうだね。方向性は同じだ。

>>70
無理にポジティブでいる必要はあまりないと思うんだ。というか、ああしなければ
いけないこうしなければいけない (ポジティブでなければならない、ネガティブで
あってはならない) というような思い込みに振り回されてしまうと本当の感情を表現
できなくなってそれが苦しみに繋がると思うから。(感情が鬱積するとストレスに
なってネガティブな方向に行きやすくなり、多分、振り子にとって都合の良い存在に
なると思う。とするとこの感情を鬱積させることに繋がる思い込みは過去に振り子
によって植え付けられたものである可能性がある)。


72 :本当にあった怖い名無し:2007/09/14(金) 15:40:43 ID:/T3gIMA00
この本のスレあったんだ。

数日前から読み始めたとこ。
潜在意識を使いたいと思いながらも、つい否定してしまう自分がいるので
こういう理論づくしできてくれると潜在意識を使いやすくなって助かる。

まわりのカチンとくる雑音にも、振り子振り子と唱えながら聞き流すことが
出来つつあり精神衛生上なかなかいい。

73 :本当にあった怖い名無し:2007/09/14(金) 19:03:27 ID:tlAiC8Xl0
>まわりのカチンとくる雑音にも、振り子振り子と唱えながら聞き流すことが
>出来つつあり精神衛生上なかなかいい。

ホントにそうだね。




74 :本当にあった怖い名無し:2007/09/14(金) 21:53:49 ID:y7GzgO+p0
強い願望とか、目的とかが過剰ポテンシャルを生み出し、
平衡バランスを失わせるという矛盾ですが、やはりこうなって欲しいという
願望があって、さらに現状では難しいので、願望実現という可能性を探して
しまうのだと思います。
そこで、願望とか目的を少しイメージを変えて「期待感」というものに
置き換えられないでしょうか。普通、期待感というのは、そうなって欲しい
ことが起こりそうな気配を感じてから持つものなのかもしれないけれど、
あえて、漠然とでもいいから、そうなりそうな期待感というのを持つようにする。
カギが開いていないのだけれども、ドアが開きそうな期待を持つ。
難しいけど、トランサーフィンの流れに抵触せず、過剰ポテンシャルも起こし
にくいのではないかな。「あぁ、もしかして...」って感じ。
常に気分はボーナスステージにいるような感じです。

バリアントの小窓の件ですが、、瞑想によって潜在意識に接触した状態に近い
と思います。やはり、ここでもその小窓にスライドをはめ込むということなので、
瞑想によって潜在意識にアクセスした瞬間にそうなって欲しいイメージを
植えつけるとういことに近いと思います。
この本では、瞑想などの手法を謳っていませんが、これは、顕在の意識のあり方
を変えることによっても、小窓を開く瞬間を捉えることが可能なことを教えて
いるのかもしれません。なんとなく考え事をしてボーっとしている時、我に帰る
瞬間にフレームをはめ込むというのでもよさそうです。
もちろん、通常の瞑想によってアクセスする手段を併用しても可だと思います。


そんなふうに思いました。

75 :本当にあった怖い名無し:2007/09/15(土) 00:17:53 ID:xwklQaXn0
>>74
しかし自分の願望と思い込んでいるものが実は振り子の洗脳によって
持たされたもので、本当の自分の願望とは違うということがあると思う。
だから何でもかんでもすぐに願いが叶わない方が実はいいのではないか?

宗教的に表現するなら「悪魔の誘惑」という感じかな。誘惑に負けて
そちらに引き込まれると命を失う。悪魔だけでなく人間も似たような
ことをやっている。魚を釣る時に針に餌を付けたり疑似餌で釣っている。
うまそうだと思って魚が食い付くと、魚は食われる側になる。詐欺師も
同じことをやっている。甘い儲け話を持ってきて、儲かりそうだと食い
付いたやつは、そのまま全部巻き上げられる。食虫植物も同じことを
やっている。いい匂いだと思って虫が中に入ると、ふたが閉まって
溶かされる。こういう騙して食うものは世界中に溢れている。


76 :本当にあった怖い名無し:2007/09/15(土) 11:21:41 ID:MU14II3I0
世の中が騙し騙されることによって回転するのではなく、
お互いに持ってるものや知恵を出し合うことでうまく回転することを
俺は願っているけどね。
自分が何か提供できるものを増やしたくて色々と訓練みたいなことを
しているんだけど、なかなかうまくいかなくて。

77 :本当にあった怖い名無し:2007/09/15(土) 16:03:59 ID:xwklQaXn0
>>76
たしかに善良な部分が伸びて世の中が回る方が良いのだが、森には食えるキノコと
毒キノコが自然発生的に生えてきて避けられないのと同じことで、この世で生き延び
たければそれなりの知恵が必要になるということだろう。


78 :本当にあった怖い名無し:2007/09/15(土) 18:17:31 ID:7K9JW/G00
まえがきに
自己の裁量で運命をコントロールする力
自分を変えようとすることは不要
みたいに書いてあったんで、奇問遁甲とか兵法
みたいなものを連想したが、違ったのね
読んでるとなんかものすごい努力が必要な感じがするwww


79 :本当にあった怖い名無し:2007/09/15(土) 22:53:34 ID:xwklQaXn0
努力、というか、自分を変える必要はないという話にはなってくるんだけどね。
なぜ自分を変えようと思ってしまうのかというと、そうしないと幸せになれない
かのように思い込んでいるからだろうけど、それは振り子にそう思い込まされて
いるからではないのか、という感じ。


80 :本当にあった怖い名無し:2007/09/16(日) 00:03:21 ID:OJezpnN/0
振り子に振りまわざずあくまでも自分を大切にして
自分は自分、人は人って感じだね。


81 :本当にあった怖い名無し:2007/09/16(日) 22:34:49 ID:vT+t6W8DO
秋葉原のヨドバシ7Fの有隣堂にさっき行ったら、一巻目がまた置いてあった。でも一冊だけ。w

秋葉原が近くて欲しい人は早い者勝ちだ (なくなってたら新宿東口の紀伊国屋5Fへ。
あそこなら多分まだあるだろう)。

82 :本当にあった怖い名無し:2007/09/17(月) 14:39:31 ID:u52AY/Qn0
過剰ポテンシャルを解消しようとする平衡力が発生する場合、
なんで意図したものと反対の結果を受け取るの?
意図したものが成就することでも過剰ポテンシャルは解消されるのでは?

83 :本当にあった怖い名無し:2007/09/17(月) 14:41:25 ID:guJjUO3iO
>>81
さっき新宿紀伊国屋行ったついでに5Fも覗いたら
まだ1も2も平積みで売ってたよw

84 :本当にあった怖い名無し:2007/09/17(月) 23:38:17 ID:/BDtcaJi0
>>83
やっぱりあそこは中々売れないな。絶妙な位置ってのもあるだろうけど。w
後ろが仏教関係の本で、それが唯一の救いかな。もしそうでなくて一面
あの系統の本だったら、もう俺のようなやつしか近づかないだろう。w


85 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 01:08:10 ID:7iaaH0F90
>>82
反対、というか、平行力が意図しないものを引き寄せつづける、ということなのでは?
結局願望は叶わない。働けば稼げるからといって働きすぎれば疲れたり病んだりして
働けなくなり結果として稼げなくなる。


86 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 21:37:47 ID:yzU45xww0
>>85
なるほど

87 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 13:18:24 ID:Zi0bbOfR0
第一巻とりあえず読んだ。
さて、理解するためにもう一回最初から読むことにする。

各章の終わりにまとめが載ってるけど、誰かもーっと噛み砕いて
解りやすくまとめてくれないかなあ。


88 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 22:59:34 ID:NMh5zemh0
それは私も希望することだが、噛み砕いてわかりやすくするには、
その読解者の解釈で大分補わないといけない感じもする。

89 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 08:38:29 ID:i/Bd5Rds0
確かに、この本の事柄を全ての読者が同様に解釈することは難しいと思います。
やはり、読む人の知識や理解度によって解釈は変わってくる。
だから、何回読み返しても発見があるのだと思います。

ただ、ここで質疑をして解釈を深めるのはありだと思います。

90 :87:2007/09/21(金) 12:29:09 ID:NvyBij/F0
そんな甘えたこと言ってるんじゃない! と叩かれてるだろうなあと覗いてみたら
皆さん優しくて嬉しいです。

3連休にもう一回読んでみて、自分なりに理解できた部分を又レスさせて貰います。
(すみません、まだ第一巻です。第一巻をある程度でも理解してから第二巻に進み
たいので・・)

91 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 21:32:02 ID:OUP7WzNS0
例え話が多いだろ?
その部分の絵をイメージするか、落書きしながら読めば
文字を追っただけより理解しやすいよ

92 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 23:36:44 ID:87hrF1qQ0
ああ。そういえば、図がないよな。慣れてない人には余計に難しく感じる部分はあるだろうな。


93 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 22:14:49 ID:fhsIiiud0
このスレを見て気になったんで、とりあえず1巻だけ読んでみた。
禅関係の本で語られる考え方と似たところが
いくつか見つかって面白いと思ったよ。

たとえば「人ごみでイライラしたら、ペンギンだと思えばいい」というところは、
禅の本では「他人を仏だと思えば、感情に流されなくなる。
いい仏もいればイヤな仏もいるというだけ」といった感じ。

内容そのものについては、科学用語を使っているとはいえ
科学的j根拠は皆無に近く、あくまで筆者の自論にすぎないんだが、
すでに他の類似本で語られている話を
斬新な切り口で別の角度からとらえているところが魅力大。

94 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 22:32:44 ID:vBHqbsA80
>>93

> 禅の本では「他人を仏だと思えば、感情に流されなくなる。
> いい仏もいればイヤな仏もいるというだけ」といった感じ。

できれば禅の本の具体的な署名を教えてください。

95 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 22:59:16 ID:fhsIiiud0
>>94
たぶん『禅の知恵』(ひろさちや,青山俊薫)という本。

たぶん、と書いたのは、記憶に自信がないから。
『リアリティ・トランサーフィン』の前に
禅関係の本を10冊くらい集中的に読んでいて、ごっちゃになってる。
ほとんど借りた本だから、いまは手元にない。

96 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 00:45:28 ID:ZETcIapH0
>>95
ありがとう。参考にします。

97 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 15:14:29 ID:9V4sUjjD0
過剰ポテンシャルは行動すれば解消するってことかね。
あと自己重要性を引き下げると。
て事は、何が何でも叶えたい願望は何らか行動するか別に叶わなくてもと執着を
なくさない限り実現は難しいと。
は〜、大変だな、コリャ。

98 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 18:59:25 ID:xUaIyH9C0
嗜癖、依存症にたいしてリアトラ的にどう対処したらいいでしょうかね?
これらのことをいつも考えているから重要性を上げていることになるでしょう。
嗜癖の対象を手放したくない思いもあるし。難しいです。


99 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 20:50:40 ID:91ygsD/UO
簡単に言ってしまえば「気にしないこと」だと思う。

あと、執着になってしまうようなどうしても叶えたい願望が出て
きてしまう理由は、理性が簡単に叶わないと信じ込んでいるから
ではないか? なぜそう信じてしまったのかについてはおそらく理性の
側に論理的と思われるような理由の数々が存在するからだろう
(例: 自分は不細工だからモテるわけがない。能力が足りないから
金持ちになれるわけがない、など)。しかしこういった理由の数々は
一般常識を検証せずに鵜呑みにしているだけのものが多いのではないか?
また更ににこういった思い込みにより自分は願望を達成するに相応しく
ない人間であるといったスライドが作られており、それが願望をより
達成し辛くさせているのではいないか?

なんてことを考えていけばいいと思う。

但し執着になっている願望というのは別のもっとも叶えたい願望が
叶わないと思い込んだ末に現れた代替えの偽物の願望かも知れない
ので要注意だ。もしそうだった場合は叶っても満足できない。

100 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 21:41:30 ID:7sMwA4vs0
具体例として
自分の好みの人がいて関係性を持ちたいと願望する。
相手はこちらについて情報はなく、こちらも何の情報もない。
上手くいくために過剰ポは意識的にさける。(新聞を買いにいくように声をかけてみる。)
相手もこちらを新聞ていどの扱いだとする。特にこちらに興味がないようだ。

さあ、どうすればいい?


101 :98:2007/09/23(日) 21:57:19 ID:LkuucIfq0
>但し執着になっている願望というのは別のもっとも叶えたい願望が
>叶わないと思い込んだ末に現れた代替えの偽物の願望かも知れない

確かに悪い癖は本当に望んでいることの代替えの目標になっている。
更に悪習が本当の望みを妨げる事になっていますね。
本当の望みは自分にふさわしくないとか、達成が難しい、時間がかかるだろうという不満が
目の前の快楽に慰めを求めているんだろうと思います。

頭の中に嗜癖のスライドが出来ていると思うので
本当の目標のスライドに入れ替えるように根気強く
おこなうしかないかなぁ。


102 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 22:27:27 ID:91ygsD/UO
>>100
ある程度のポテンシャルについてはあっても良いのでは? 過剰になると、
たとえばあがってしまって話せないだとか緊張し過ぎて妙にぎこちなく
なり話したいことも話せなくなるだとか、願いを叶えることの妨害に
繋がるから重要性を下げた方が良いと言われているんだと思うし。
自然に話す事が出来ているならあとは普通に関係を深めて行けば
いいんじゃないだろうか? 深まらない事もあるかも知れないが
(だから失敗した時の事を考えて保険も必要。目標を一つに絞るのは
かなり確実と感じられるようになってからの方がいい)。

ってこりゃ全然オカルト的じゃないね。w

103 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 22:37:59 ID:7sMwA4vs0
>>102
問題なのは次の行動で
普通にだと、うまくいけばうまくいくし
だめならだめであきらめるってなってしまう。
重要性を引き下げたのに波に乗れないとサーフィンにならない。
トランサーフィン的には次どうすべきなんだろ?

104 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 01:32:08 ID:xesqnzlT0
>>103
トランサーフィン的に言うならバリアントの中の自分の人生ラインを目的の
方へ移動させる、またはバリアントを移動させる、になるのかな。
だから重要性を下げた状態でただ求める、または結果はこうなってしまうと
ただ信じるという感じになると思う。(他の願望実現関係の本に書いてある
ことと結局似たようなものになるかな)。

問題は、その願望が振り子によって知らず知らずのうちに持たされてしまった
ものの場合だ。その場合は過剰ポテンシャルになり易く、失敗して絶望したり
怒ったりすることになるんじゃないだろうか。そして振り子がそのエネルギーを
持っていくことになる。というか、振り子がエネルギーを得るために最初から
そうなるように仕組んだということだ。つまり罠だ。


105 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 02:39:12 ID:lX3zAH6N0
>>104
なるほど罠ですか。
過剰ポテンシャルに注意しながら振り子にエナジーを奪われないように
バリアントの中で良い思考エネルギーを発しながら目的の
人生ラインの選択をし、相手が興味を示さなければ
それはシナリオに最初からないことになり、決してシナリオを
変えようとせず、別のラインを選ぶってことですかね。

106 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 20:28:54 ID:HA0AI6uz0
要は、願望に対して下心をなくせ、ということなのかな?

名声とか儲けとか、下心なしで取り組めば雑念なしで集中できるから良い結果に。
逆に下心満々/下心をぬぐいきれないままで臨むと、
あれこれ小細工を考えるから悪い結果につながりやすい。
‥‥と、解釈したんだが。

107 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 23:42:02 ID:xesqnzlT0
>>105
そんな感じでいいと思う。

>>106
簡単に言うとそうかも。


108 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 05:01:54 ID:zj6b+C1gO
俺は頭悪いんでこの本が理解できないんだが
たとえば自分が堀北真希みたいなアイドルになりたいと夢見てる女の子がいるとするよな?
逆にアイドルの仕事になんか興味もない女の子がいたとしてその子は原宿歩いてたらスカウトされてその後有名アイドルになったとする
それて後者の子さ執着してなかったからアイドルになれたということだよな?
でもさ、執着してないことが叶ってもそんなに嬉しくないんじゃね?
やぱ前者の超執着してた女の子の願いが叶った時の方が快感だろ

109 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 05:12:59 ID:zj6b+C1gO
(続き)
松井とかイチローはやぱ他の日本人選手より
大リーガーになるということに執着してたから大リーガーになれたんじゃね?
もし松井自身が一生ジャイアンツでいいと思ってたのに
何かの縁でメジャーリーガーにたまたまなってしまってもそんなに嬉しくないと思う。
やっぱ執着して大リーガーになれた時の快感の方が大きいだろ
だから執着するなって意味がわかんね
例えば自分が超好きな女には見向きもされないが、タイプじゃない女からは好かれるって経験はみんなあると思う
でもだからってタイプじゃない女と付き合っても快感は薄くね?

110 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 10:19:02 ID:id0gum3b0
>>109
君がイチロや松井みたいな人並み外れた集中力や特別な才能があるなら
直接目的に執着するほうが早い。

この本はそれ以外の人たちのためにかかれている。
執着を手放す意味がわからないなら
毎朝早く起きて最低3回は読み直しなさい。

>でもだからってタイプじゃない女と付き合っても快感は薄くね?
ならばつきあわなければいい。
どういう目的でこの本が書かれていると思っているのだ?



111 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 10:33:20 ID:Xrj8kZJ40
執着しても行動すれば過剰ポテンシャルは解消されると書いてあるし。
松井やイチローは大リーガーに執着しながらも大変な努力と
大リーグへの何らかの行動をしてたのだと思う。
たとえばタレント何かも偶然、スカウトされましたみたいに言ってる子も
実は自分から積極的に売り込んでたってのが結講、多い。

要は切に望むことならドンドン行動に移せば過剰ポテンシャルは解消されるってことで。
でも、いわゆる一般人は彼らみたいに行動しないでしょ。
だから執着しちゃうと過剰ポが生まれて実現が難しくなってしまう。
男女関係に関しては行動すれば上手く行くってもんじゃないから難しいよねー。
でも本当に好きな人がいれば行動して上手く行く場合もあるしね。
ただ、好きだと思っているだけだと過剰ポが生まれてしまい、好きでもない人
から誘われたりする。そーいう場合って確かに多いと思う。



112 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 16:19:07 ID:zj6b+C1gO
>>110
>>111
サンキュ!
なんとなくわかったよ
もう一回ちゃんと読んでみて解んないとこあったらまた質問するよ

あれかな?俺は中学の時野球やってたんだけど
今日は絶対打つぞー!て気合い入れてバッターボックスに入った時より
早く部活終わんねーかな〜なんて気楽にやってた日の方がヒット打てたみたいなこと?

113 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 17:55:33 ID:scgWUr7v0
恋愛に関する平衡バランスですが、これに関しては、自分の過剰ポテンシャル
だけでなく、相手にも過剰ポテンシャルが発生してしまうことを考慮するべき
ではないでしょうか。
こちらが、気楽な感覚で誘ったりしても、相手が過剰反応して、あさっての方向に
事が進んでしまうこともあり得るし。
自分が新聞紙を買いにいったつもりでいたとしても、売り子は強盗かと思ったり
とんでもない品物を買いにきた客だと思ってしまうかもしれない。


114 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 21:23:33 ID:e3IpmSiC0
恋愛関係に限らず、対人関係全般で
過剰ポテンシャルの影響はあるように感じる。

とりあえず仲良くしようと、適当に合わせた相手からも気に入られたり、
逆にいい関係だと思っていた相手から
嫌われ、裏切られ、というのはありがちな話。
恋愛絡みで、本命から振られてノーマークの異性から
好かれるパターンと似ていると思う。

ただ、そんなふうに予想外のモテ方をする時期って、
本命の気を引こうと行動的になっていた時期と重なるんだよな。
行動によって過剰ポテンシャルが拡散しても、
願望が当初の目的と違う方向に向かうことがある、ということかな?

115 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 00:15:06 ID:6iMC2RJF0
>>114
恋愛の場合、意識の表層では特定の人を追い掛けているかも知れないが、
意識の深層の方ではどんな人がいいかという願望はあっても人を特定して
いなかったり、あるいはもっと深層の方ではもう誰でもよかったりしているん
じゃないかな?

または、表層の方では気付いていない何かに気付いている可能性もある。
相手が思い切り猫かぶってて実はとても性格が悪いだとか、そういうことを
意識の表層の方では全く気がつかずに騙されて素晴らしい人だと思い込ま
されてたりして、そういうのを深層の方では見抜いていて自然とそちらに
行かないようにしているとかね。

恋愛に限らず全ての行動にはそういうのが絡んでそうなので、願望が
ストレートにそのまま叶わない方が実はよかったということがあると思う
んだよね。これまでに叶わなかった願望はその類の、いわゆる野性の
カンのようなものによって本能的に避けていたから叶わなかっただけ
かも知れない。実際は分からないけどね。


116 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 00:25:59 ID:ePIluua5O
>>115
それを言ったら何でもアリだろw
キャンセルが出て乗った飛行機が運悪く墜落したり
朝寝坊していつもの電車に乗れなかったらその電車は脱線事故を起こしたとかさ・・

117 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 01:00:15 ID:6iMC2RJF0
>>116
まあそうだな。w

ただ、自分で運命を変えられなかった分については自分で避ける必要がある。


118 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 19:48:59 ID:+mK3UAXn0
長くて申し訳ないが、昔の易の大家が本に書いたものらしい。なんか似てない?
運命の7大原則           歌丸光四郎 

第1原則   善因善果
聖書の「山上の垂訓」に、「右の手で良いことをして、左手にも知らせるな」というのがある。
誰にも話さない善根を積むことが、運命改善の絶対条件である。良いことをしたら、
出来るだけ早くそれを忘れてしまうべし。

第2原則   是が非でもという願望は達成されない
是が非でも達成したいという願望を、運命に対する我が儘という。歴史上の悲劇というのは、
すべてこういう我が儘が、運命の手によってぴたりと押さえられた悲劇である。
スポーツにしろ、受験にしろ、ビジネスにしろ、「是が非でも」と考えると、この運命の原則に違反し
て失敗する。もっと淡々と冷静に、「是が非でも」という考えを捨てて臨むべきである。

第3原則   得意は失意の前兆である
人間は情ない生物である。すこし得意な境遇に納まると、すぐにふんぞりかえって威張りたがる。
昨日まで威張りかえっていた人が、定年などで辞めたりすると、まるで掌を返したように頭が低くな
る。得意満面の思い上がった態度は、天もこれを憎むものであるから、そういう態度では得意の境地
が永続きする筈がない。
また「失意のあとには必ず得意の時期がくる」というのも運命の大法則である。決して失望・落胆し
ないこと。

第4原則   願望は諦めたときにひょっこり達成される
運命とはこのように皮肉なものである。何かの願望に対して精魂を傾けて努力してみても、なかなか
それが達成されない。万策つき果てて、この願いはとうてい達成されない無理な願いかと諦めた途端に、
その願望がひょっこり達成される。一生懸命に努力してみても、容易に事が成就しないような場合には、
運命に対する我が儘なのかどうかを反省してみて、「成就を天にまかせる」心境をもつことが、事の運び
を良くして達成されることをこの原則は教えている。



119 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 19:51:05 ID:+mK3UAXn0
つづき

第5原則   訪れてきた運命の波には乗るべし
外から思いもかけない良い運命の誘いが来ているのに、「ああでもない、こうでもない」とひねり回す
だけで、せっかく訪れてきた運命の波にいっこう乗ろうとしないのは、これも運命に対する我が儘であ
って、その結果は良くない。ルビコン川を渡る運命に立たされた場合には、勇敢に川を渡るべきであ
る。「三顧の礼」をもって迎えられるような運命が訪れてきた場合には、多少の不満はあっても勇敢に
それに乗るべきであることをこの運命の原則は教えているのである。

第6原則   潔(いさぎよ)きは非惨を伴う
この原則は、我慢が足りずに、いさぎよい行動に出るのを戒めている。我慢すべきときには歯を食
いしばって我慢し、変わるべきときには勇敢に転身する。
これが成功者のコースであり、その逆が失敗者のコースである。

第7原則   誰がみても気の毒な状態は運命好転の前兆
周囲から叩かれる場合、叩かれるだけ叩かれる方がいい。平社員に落とすといわれたら、素直に
それを受ければいい。
こういう状態に陥った場合は、強いて周囲の白眼に対して反抗したり、無用の虚勢を 張ったりしな
いことが大切である。 気の毒と誰からも見られる状態が深刻であればあるほど運命の好転が早いの
である。


120 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 20:41:32 ID:HDNCYMqp0
似てますね。説明も納得いきます。
人は良いことだけを求めて生きるのに、
悪いことも半分かならずやってきてるんですね。

121 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 22:24:08 ID:ePIluua5O
>>118
じゃあ心の底から好きな女がいたとしてもチャレンジするなということ?
もしくはチャレンジしても無駄ということ?
心底なりたい職業があってもそれを目指せば裏切られるということかな
昔のコトワザで言えば好きな事は職業にするなみたいな?

122 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 22:38:58 ID:r+v6PwBk0
>>121
リアトラの著者は「無償の愛はうまくいく」って書いてなかったっけ?
恋愛にせよ、職業にせよ、思いの純度が高ければ
それほど苦労しない(というより、苦労に気づかない?)と解釈したんだが。

運命論っていうの、基本的には生き難さを感じてる人向けのヒント集だから
なりふりかまわず突き進める目標については
あまり気にしなくてもいいと思う。

123 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 23:17:35 ID:mkGAxAXH0
age

124 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 01:59:51 ID:S8reUeAK0
一年程前に、とある仕事に就きたくて色々働きかけしたけどダメだった。
一年経って、「なんかこの仕事もいろいろ大変そうだし、やらなくて良かった」
って思ってたら、降って沸いたような話でその仕事に就いてしまった。
幸か不幸か、望まなくなったら叶うもんなんだなぁ…と実感した。


125 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 03:16:33 ID:ch4M6UCi0
四の五の言ってもどう死んじゃうんだから、生きてる間は全てを受け入れて
好きなように生きて良い様に考えて楽しく生きたら良いじゃん。

126 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 14:43:01 ID:Klg5vYbS0
そう。楽しく生きた方がいい。
確かに願望ってもうどうでも良くなってその事に興味がなくなると
実現するんだよね。だから実現しても大して嬉しくなかったりする。
あ〜これがの時、叶っていたらどんなに嬉しかったろうと思う事が多い。
何かこの世ってすっごく皮肉だわね〜〜ww^^

127 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 03:10:15 ID:yY0hTNqgO
中学や高校の頃はお年玉や小遣い貯めて一年がかりでやっと買えた物も
大人になればたいていの物なら手に入るわけだが
今思い起こせばたしかに「大人になったらもっといいコンポ買うぞ〜」みたいなのが実現したわけだよな
これも小さい願望だが実現は実現だ
が、大人になって子供の頃ほしいと思っていた
たいていの物は手に入れることは出来たわけだが
たいして嬉しくないよな?
つか買っても説明書も読むのめんどくせーみたいなw
携帯の説明書とかまず読まないもんな
人生忘れた頃に願望叶っても快感薄いじゃんww

128 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 07:05:11 ID:aWvIM22u0
そうだよな、一生かかっても達成したい願望には補助的に参考になりそうだが、身近な
願望にはどうやって応用するんだろう。
まあ早く実現したいなら、思い立ったらすぐ動き出す行動力が必要なんだろうがな・・
よくいわれる失敗を恐れず、常識にとらわれずなんたらかんたらと・・
結局ぐうたらを直す自己改造しかないのかよみたいな感はある。

129 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 12:58:54 ID:Zccx5SxoO
通販で商品を注文して 後は届くだけみたいな感じで願望を願うといいのかな?

130 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 13:18:16 ID:cf/PbND60
全ての事柄では、願望がなければ、実現はしない。
たとえパン一切れの買い物でも、欲しいという願望が少しなりでもあって
それから、手に入れることになるわけで、どんな簡単な事柄でも過剰ポは
発生すると思います。そのあとにくるのは喜び!ではなくただの満足感。
つまり、「願望→実現→喜び」ではなく「願望→実現→満足」の並び
で未来予測すれば、過剰ポも最小限で抑えれるのではないでしょうか。
なって当然だけど、満足だ。って感じ。

願望の時期、実現の時期、満足の時期。それぞれ感情の持ちようを
変えなければいけないのかな。

恋愛や受験の願望を新聞やパンの買い物と同じようには考えられないよね。(笑

131 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 14:52:24 ID:yY0hTNqgO
宇宙が好きだから将来は毛利さんのような宇宙飛行士になりたいという人と
子供が好きだから将来は保母さんになりたいという人がいて
保母さんも大変な仕事だと思うがやる気があれば努力でなれない仕事ではないよな?
でもNASAの宇宙飛行士は努力だけで誰でもなれる職業じゃないだろ
じゃあやぱ生まれもった才能や運が作用するのかな?
だってよく願望系の本には人間強く信じれば叶わないことはないみたいなことが必ず書かれているだろw
それに毛利さんも保母に絶対なりたいと強く思ってるおなの子も
目指してる最中はかなりの過剰ポじゃない?

132 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 15:28:34 ID:Qql3egy9O
それは自分も昔から不思議だった
宇宙飛行士や他の特殊な職業の場合、
本人が凄い努力をしてたって、
スタート地点から全然普通と違う場合もあるからね

だからといって、スタート地点が恵まれてたら
絶対なれるのかと言えば、そうではないし


133 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 15:36:16 ID:rT7ZZjsx0
あまり願い事に執着しないようにしてれば後で見直すと自然にかなってる
みたいなことはマーフィ他潜在意識教の人々が本に書いてるよね?
この本も量子論の用語とかで願望実現のプロセス例え話で説明してるようだけど
科学的根拠は説明できてないんだよね?

じゃあ読んだ人は、なるほどうまいこと言うねと感想持ったとしても
結局、あれ?ところでこの方法でなぜ願望は実現するの?って疑問は
根拠がないから解消されず、結局願望はかなうこともあればかなわないこともある。
という宗教の域を出ない真実に戻されて終わりってことか?

これをやると願いがかなう。→その根拠はこうである。→実践せよ結果は出る。

ただこれだけのことが網羅されてる本がほんとにない・・・
ディーパック・チョプラは惜しかったが・・

134 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 21:15:55 ID:cf/PbND60
新聞を望んで代金を支払い、新聞を得る。
だから、新聞は願望、代金はエナジー、新聞を得て実現。
条件として、ライバルはなし、願望の過剰ポもなし喜びもなし。
もう一つこの所業は一つの物理世界の中だけで達成することができる。

少し高度な願望実現の場合、
願望→エナジー→実現
ライバル有り、過剰ポ強し、喜び多し。
現状から実現までいくつかのパラレルワールドを経なければならない。
その途中、ラインから外れてはならない。

ウィンドサーフィンやヨットで例えるなら、ラインと風を読むこと。
海や波はいくつかのパラレル世界、羅針盤は魂、風とは、我々の潜在意識。
逆風さえ、チャンスと考えるポジ思考。追い風はシンクロニシティか。

確かにどうしてかという説明はできないね。あるのは現象と結果のみ。
こんな感じかな。

ディーパック・チョプラってどんなことを説いていたのでしょう?

135 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 01:59:17 ID:KQospjhQ0
>>133
いやしかし普通の行動ですら絶対はないからなあ。
たとえ駅の売店で新聞を買うという単純なことだったとしても細かく考えていけば
もの凄い数の偶然(あるいは奇跡)が重なって実現している。まず駅に付けるか、
売店が開いているか、新聞が売り切れていないか、売店が混み過ぎていて買え
ないということはないか、などなどその他沢山ある条件が全て成立しないと実現
しない。簡単に実現できそうに思えることは、実は簡単に実現できると勝手に
思い込んでいるだけではないか?

まあ、だいたいからして生きていられることが既に奇跡だとも思える。次の瞬間
生きていられる保証は誰にもできない。なぜかよく分からないけど体や脳が
うまいこと動いていてくれるから生きていられるだけだ。それでもいきなり事故で
死ぬことはある。


136 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 03:03:35 ID:Uu+oKUsD0
>>134
そうなんだよ
あるのは現象と結果だけで
俺らの目的は、現象と結果を望むものに変えていくことだと思うんだ。

そこで

@いろんな人がそれぞれ手法を本にして出版する

Aその根拠として、自分の体験、著名人の体験、有名な事象なんかをあげる

ところが
@によってあなたもAも引き起こせると著者は主張しても
主張するのは勝手だがAが@の結果であることの証明は
俺の知る限り誰もしてないんだよ。

チョプラも量子力学使って、
物質も意思も思考も異なる周波数で振動するエネルギーだとして
意思が時空間飛び越えて瞬時に他人や動植物に影響与えている例を
あげてはいるんだけど肝心なところで根拠のない
「〜なのです!」の連呼になって

特に「宇宙の法則は、自分勝手な願いではなく広く人類のための願いを叶える傾向を持つ」
みたいな論理に至っては、
いいやつがくたばり、悪党が財を成していい気になってのさばってたりするのを
見てきた人間としてはくだらぬきれいごとにしか思えずがっかりした。

マーフィもナポレオンヒルも、、本のタイトルがずるいんだよな・・・
ジャロに言うぞ(´・ω・`)

137 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 04:05:28 ID:fABMptYgO
自己啓発や願望系の本を書いてる人ってアレだな
古くは矢沢永吉やアントニオ猪木、今ならイチローや松井みたいな人が自分の伝記の中で

「信念と努力さえ貫けば夢は必ず叶うさ!」

みたいな常套句を言う
そりゃ成功した人が書いてんだもん
例えば宝くじで3億円当たった本人は

「オレは信じてたから当たったに違いない!!」

なんて思うだろうな。
永ちゃんや猪木なんて超過剰ポだろw
そう考えると世の中には過剰ポで成功しちゃうタイプもいるんだろうな
最近復活したルー大柴もかなりの過剰ポだろw

138 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 04:22:52 ID:fABMptYgO
まあ先に書いた宇宙飛行士になりたいやビルゲイツ並の資産家になりたいみたいな壮大な目標は
生まれ持った才能や運が作用する割合が大きいと思う
願望系の本はそれでも宗教の洗脳のように
どんなに壮大な夢や目標でも意思や潜在意識の使い方ひとつで必ず叶いますなんて言うケド
例えばクラスで一番ブサイクな女の子がいたとして
髪型だけはサラサラのロングだけど顔が高木ブーのおなのこが将来
戸田恵梨香みたいなアイドルになりたいと毎週月刊デビュー見ながら夢想してても
まずその夢は叶わない方にオレは全額賭けるよ

139 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 04:38:42 ID:KQospjhQ0
>>138
整形すれば一発で叶うような気がするのだが。

140 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 04:42:23 ID:fABMptYgO
普通の人の「普通レベルの願望」が叶わないのは
先に書いていた人がいたけど、やぱ行動力(実行力)がないからだと思う

案ずるより産むがやすし

てコトワザがあるけどたいていの人は行動する前に失敗したらどうしようとか考えてしまい動けなくなってしまう
渋谷にいるギャル男は手当たり次第ナンパしてるが
100人ナンパしてその内1人とヤレればぉkくらいのノリでやってる
そのくらいの行動力が逆に必要なんじゃね?
だからこのスレではどうやって自分に行動力をつけるか振り子の本を参考にアイデアを出し合ったらいいとおも。

長文スマソ・・

141 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 05:22:01 ID:KQospjhQ0
重要性を減らすだけでも結構行動出来るようになるような気はする。

142 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 05:53:40 ID:FtRXgoVo0
リアトラの理論では、魂が心地よいと思える願望じゃないとみたいなこと書いてあったので、
がっくしきたよ。んなのわかるかよ、そこも科学的な言葉で説明してみろよみたいな。
どうせなら、そのことをイメージすると、呼吸が一分間4回になり、脈が一分間95回になる。
それは魂の欲っする願望だ!みたいな具体的な方法が知りたかった。



143 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 08:06:04 ID:jkj/m8P/0
この本はなかなかおもしろいこと書いてるなと思った。
ちょっと読んでみようかなと久しぶりに思った。

俺も色々この手の本読んできたけど、
今のところ、BASHAR2006 って本が簡潔にまとめられていて、
なかなかよい。

あと、神との対話によくでてくる、『在り方』というもの。

自分も経験的にわかったのだが、
いきなり大金を得ても、それをコントロールするのって難しい、
それに振り回されず、平穏、安心、楽な精神状態でいないで
なんというか病的にお金を使いたがってしまって、実際そうなった。

BASHARとかは、結局、あり方、精神状態が先に来て、
そのあとに、外側がついてくるということですよね。

現実は鏡であり、鏡にうつる自分を変えるには、まず自分が変わらないと
いけない、とまぁ昔からあるようなのですが、色々と精神世界やらに
関わって、尚且つ、現実的な経験を省みて、ようやくそのことがわかりました。

あと、本に書いてあるものは、言葉なので、その人のそのときの
受け止め方によって意味の捉え方が変わってくると思う。
自分の考えが変化して、改めて読み直してみて別の意味を捉えることも
よくあった。

なんというか、やはり自分のことばかりで申し訳ないが、
本の一文を、実験するつもりで、実験、反省、と自分でつくりあげていくのが
よいのかなと思っています。

144 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 08:11:37 ID:jkj/m8P/0
ただやはり、すべてが叶うとか大きな願望を抱くのではなく、
少しずつ小さな目標から定めていくやり方をしないと、
既存の考えから、いきなり変わるのは危ないと思う。
下手すると、本当に狂人になるね。

145 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 08:16:07 ID:jkj/m8P/0
なんつーか、この手の願望実現方法と、現実の既存の観念体系との
間を橋渡しするような、方法、考え方がないとうまい具合に変われない。
極端なんだよ、この手の本は。今の既存の考えとは180°違うから、
人生捨てる、崖から飛び降りるぐらいの覚悟がないと本当に難しい。

146 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 08:50:02 ID:Uu+oKUsD0
>>142
潜在意識教の本ってそれ多いな

結局かなわった願望は
・本当の願望じゃなかった
・やり方が間違っていた
・信心が足りない
って話なんだろ。
それでは創価レベルだ。

ところがこれらは自己実現目指す人間にとっては魅力的なテーマだから
本が売れてしまう。
いわゆる成功したといわれる著名人が
「私はマーフィの成功法則を実践してこうなりました。」
っていってるやつみたことないのに・・・

潜在意識による自己実現をいろんな切り口で出版するのが
真の成功法則ってことかね?

147 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 12:19:18 ID:QV25phS90
フト思ったんだけれどこの本の内容通リに自分を動かすのも
この本の振り子に振り廻されることになっちゃわない?
この本だっていわゆる振り子よねw

148 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 12:39:41 ID:8MRdKREt0
願望達成の振り子に巻き込まれてやしないか心配だ。


149 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 12:58:44 ID:YmUpVzFGO
自分の思念は振り子に成長しないの?

150 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 13:08:58 ID:T/VVsP2s0
もし、願望実現が核となる振り子ならば、喜んで乗りたいな。(笑

巷の成功法則本は、著者にとって印税で儲かるという意味では成功だと思う。
成功本ビジネスって感じかな。

151 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 13:45:49 ID:VHWWJK9/O
>>149
それは確かするって書いてあったと思う。

152 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 17:05:06 ID:J8QzzZHy0
>>147
同じこと思った!
文章を理解しようといつの間にか必死にページめくってる自分に、はたと気付いて
まさに振り子じゃん!と。

しかもこの本、6巻まで続くというし。
十分にエネルギーと多額の金銭まで吸い取られてしまうのかな。

マーフィの本1冊で充分かなと思った。
・・・けど、ひそかにまだページをめくり続ける自分がいる。

153 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 18:33:41 ID:zj1xQoH80
このスレタイから「エウレカ」を思い出したのは俺だけか?w

154 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 19:41:21 ID:+KFRzpCE0
俺だけ?とか

155 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 22:07:31 ID:KQospjhQ0
>>147
そのこと本に書いてなかったっけ?
>>149
それも。
>>153
はっ。言われてみれば。もしや著者はアニメファンか?w
(秋葉原でうろうろしているロシア人の中の一人か?w)


156 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 22:31:17 ID:fABMptYgO
>>152
6巻全部使っての壮大な釣りなんだよ

157 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 22:39:44 ID:KQospjhQ0
六巻目のあとがきに「なーんちゃって」って書いてあったら全米が泣くだろうな。

158 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 22:48:10 ID:QV25phS90
何か怖くなって来たw

159 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 22:56:39 ID:f3JKdLQd0
どうも著者本人が、アイディアを消化しきれていない雰囲気があるな。
インスピレーションのままに文字を吐き出したようで、
一応、本のなかで筋は通っているものの、著者自身の混乱とまとまりのなさが伝わる。
ミュージシャンのデビューアルバムのような、勢いで作りました的な印象だ。

とはいえ、着想そのものは面白くて好きなんで、続刊には期待してる。
何冊か書いていれば、落ち着いて書けるだろうし、
1、2巻に出てこなかったアイディアも読めるだろうし。

実践はしてないけど(つか、方法論についてはいまいちハッキリしない)、
読み物としては楽しめてる。

160 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 23:11:07 ID:KQospjhQ0
そういやこの前新宿の紀伊國屋5Fのあの場所に行ったらこの本の 1, 2 巻の
平積みの冊数が3冊ぐらいづつに減っていたのだが、一昨日行ったら増えていた。w

なんか、それなりに売れてるようだな。


161 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 23:22:12 ID:f3JKdLQd0
>>160
2巻を1冊減らしたのは、たぶん俺w

162 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 23:37:16 ID:18VlMoSF0
なぜか新幹線の駅のあまり大きくない書店に
第2巻があった。

163 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 23:48:25 ID:FtRXgoVo0
この作者は
つまり「案ずるより生むが易し」を1,2巻でまわりくどく説明したのか・・・?

164 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 08:39:18 ID:fbLEbM7x0
>>163
びびっている奴に、案ずるより・・・・だから行け!って言っても無駄だからね。
そういう奴のために、統一的な仮説をたてて、それを前提に、案ずるより・・・を理論的に説明しているわけ。左脳型向けやな。
案ずるより・・・以外にも、これまで精神世界、願望実現系の本で言われてきた根拠なきことを同様に理論的に説明している。
だから、前提となる仮説が崩れたら全部終わりw

165 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 12:23:22 ID:8H2bM32N0
でもさ、人間て魂(本音)から望んでいる事は必ず行動に移すよ。
どんな臆病者でも必ず何らかの行動に出る。だから、
行動に移さない、ビビッてる=魂(本音)からの願望じゃないって判断がつく。
自分の場合もそうだった。
魂が望んでいた事は必ずドンドン行動に移して何らかの結果を出せてた。
て言うかじっとしていられなくなるんだよね、魂が望んでるとさ。



166 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 12:38:44 ID:F7Nm69Hg0
>>165
じゃーこの本もマーフィも必要なくてよかったな。
>>143-145っぽいからあれだが
本当ならウラヤマシス

167 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 12:44:59 ID:Jm5cQfQQ0
念力で物体を動かすより、手で直接動かしたほうが早い。当然の話だね。
ただ、かえって手を出せない事象の方が世の中は多い。そんな時に超能力的
な方法を期待してしまうのだろう。願わくば魂の応援を得られますように。だね。

本来なら第3巻で完結していた本だったのが、欧州でエライ大ヒットしたので
7巻まで増幅したとか。3巻バージョンなら、もっと早く多くの要素を読むこと
ができたかもしれないけど、大好きな著者の原稿なら1文でも多く読みたいという
読者の希望をかなえてくれるわけだから、7巻のほうが楽しめるかも。
著者自身が収集つけられてない部分が見られるのは、このような読者の期待に
応えるために、無理やり文章をたくさん入れた結果なのかもしれない。

168 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 12:57:34 ID:8H2bM32N0
いや、本当にそう。
自分の場合、今、願っている願望に対して何の行動もしていない所を
見るとな〜んだ本音からの願望じゃないんだなって最近、気づいたわけ。
本当に願ってたら早速、行動するよ。
たとえ自分の努力が及ばないような事でも何らかネットで情報収集するとか色々やるはず。
そんな事をしている内に何らかのチャンスにぶつかるかもしれないし。
それすらしてない自分を見ると・・・・だねw

169 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 13:09:24 ID:fbLEbM7x0
>>165
>>168
なんとなくわかる。今俺、魂の欲求に反することやっている(やらなくてはならない)から。

でも、はじめはやる気出ても、3日で飽きてくるということもある。
そもそも、心理学的には、人間どんなものでも同じだと飽きる。
同じでも飽きがこないものが魂の欲求と合致しているということの証か?

170 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 15:34:31 ID:F7Nm69Hg0
おまいらすげーな

願望実現→実現しない→ほんとの願望じゃないから

なんて本読んだら俺なら
なんでもかなうっつったろ不可能はないっつったろ
吐いた唾飲むんじゃねえよってなるのに

ほんとの願望じゃないって本に書いてたら
何の疑問も持たずに
魂からの願望とはみたいな論点にシフトして語れるんだな

願望が実現するって本が
確かに願望が実現する方法を述べてなかったら
何の意味もないのだが・・・

自信がないなら「願望かなうかも」くらいにしとけと。
それじゃ売れないが、そんな内容なら売れなくて当たり前
民衆をだますな(´・ω・`)

171 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 15:41:16 ID:xRbtuo4u0
欲求とか願望って自分が作り出した、又は作り出さされた物語での
フィクションなんだと思う。叶ったとしてもそれは自分の物語の中の
ことで、実は回転木馬でニンジンぶら下げて競争してる馬みたいな
ものじゃないかと。自分の欲求ばかりに目を向ける一方向的な
価値観には限界があり、いくら達成してもそこにあるのは、願望中毒で
渇望ではないのだろうか。自己中心的な願望を達成するよりも、
自分以外の物や可能性と関係性をつくり、そこに意味を見出して、
関係と関係を関係づけて新たな何かを作り出す作業のほうがワクワクする。
達せられる目的など最初から決まってなくて、あるのは仮説のみで、
思い通りじゃない結果がやってきたほうが細胞分裂みたいで科学的に面白いと思う。

172 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 15:44:10 ID:S39lCEEY0
>>170
願望が実現する本なんて書いてあったかな?

173 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 18:04:09 ID:74h94fh6O
>>165
オレもかなりの部分はそう思うよ
ただ現代において魂の存在が認められたわけじゃないから
自分が魂の意思と思っているものももしかしたら子供の頃のトラウマや抑圧された欲求みたいな可能性もある
だから逆に自分の気付かないトラウマのようなもので
動けなかったりすぐに行動ができない人にはこの本も有効かもしれない

174 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 21:12:01 ID:74h94fh6O
>>169
でもよ、サッカー好きがサッカーの名門高校に入学しサッカー部に入ったとして
レギュラー11人に選ばれた選手は真に魂がサッカーを要求していて
死に物狂いで頑張ったのにレギュラーに選ばれなかった残りの39人は
本心は魂がサッカーを希求していなかったてこと?








そりゃ違うだろww

175 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 23:09:28 ID:C8KXaLG2O
>>174
同じように見える願望でも実は本当の願いが違っている事があり、
しかもその事に本人も気付いていないことがある。たとえばサッカー
なら、サッカーそのものをやりたいのか、それともサッカーのような
目立つ事をしてみんなからちやほやされてモテモテになりたいのか、だ。
当然後者の方が願望は叶いづらくなる。サッカーは本来の願望ではなく
本来の願望を叶えるための一手段でしかないからだ。

176 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 00:15:42 ID:2fnyFAVt0
>>174

>>175が変なこといってますが・・・

レギュラーに選ばれなかった39人は
モテモテになりたかっただけだから
願望がかなわなかったようです

世の中ほんとに>>175の妄想するような法則に支配されてたら
生きるのも楽だな

177 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 00:27:50 ID:POrsGg5IO
>>175

たとえ最初のきっかけがモテる為だとしても、
「モテると思って芸能人になりました」と言って
売れてる人がいるように、本心は関係ないと思うんだけど...


178 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 00:31:09 ID:KIJGSs9aO
オレは実家が静岡なんだが静岡はけっこうサッカーが盛んで
名門の清水東や静岡学園のサッカー部はチヤホヤされたいとか女にモテたいくらいの気合いじゃ入部できないのな
練習もオニのようにキツイからやぱ名門高校のサッカー部に入るやつらは何よりもサッカーが好きだと思う
でも実際に日の目が見れる奴は一部だよな?
そうなると願望の強さも持って生まれた才能ということ?
凡人でも願望が叶ったり人生が(凡人でも可能な努力で)成功の勝ち組みサイクルに近づく方法てないかな?

179 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 08:30:40 ID:/MYK+z3d0
↑おまいら、本読んでないのバレバレだな。スレ違いもたいがいにしろ。

180 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:58:12 ID:5XzlFZdV0
そもそもこの作者の言ってる論理って正しいのだろうか?
正しかったとして振り子やバリアント空間は実験的に証明された
万物を律する法則なのか?感覚や単なる経験則を認識できない
造語でまくし立て物語をアレンジしてる恐れはないのだろうか?
『運命は、あなたが変えることはできないが、
選ぶことはできる。』 というが、自分で選んだものが
実は選ばされてるってことはないのか?



181 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 16:53:26 ID:AAW0E3ipO
>>180
証明は出来ないと書いてあったと思うが?

182 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 22:04:06 ID:urULx3UU0
だな。
自然科学の用語を使ってるから紛らわしいんだが、
著者本人が何度も「根拠ナイです」と断っている。

根拠よりも読者の結果が大事、と名言しているんで、
実はほかの開運本の言い方と大して変わりがない。
読み物として割り切ったほうが楽しめると思うよ。

183 :182:2007/10/03(水) 22:04:42 ID:urULx3UU0
×名言 → ○明言

184 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 22:43:27 ID:m+7gcRd60
過剰ポテンシャルっていうのは、恐らく『深刻』であることを言うんじゃないかと思う。
深刻と真剣とは違う…とういか何というか。

185 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 23:50:35 ID:JWjtY+/O0
オナ禁で願望達成と本質はたいして変わりないのか。

186 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:02:13 ID:jG1jA15C0
この本に限らず、願望実現本は、普通にしていたら、願望がかなわないことが多い
ということを前提として、心の持ち方を変える事で、実現しやすくなると言っている。
その心の持ち方、考え方を伝授します、ということだ。

ただ単純に願望が強ければかなう、なんて書いていない。

この本も他の実現本も内容は共通するものがあり、100パーセントかなう万能な方法ではないにしろ
夢がかなう可能性は高まるし、かなわなくても、
夢を持って生きるプロセスを楽しむ冷静さや柔軟性、心の強さが身につく。

私見では「夢を実現したい」ということは煎じ詰めれば、究極的には「幸せになりたい」ということであり、
常に幸せであるには、生きるプロセスを楽しむことしかない。
夢の実現という具体的ゴールに固執しすぎするのは、不幸の元になると思う。
夢を実現しても、幸せを感じられなければ、無意味だ。

187 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:31:25 ID:polZbI170
そうそう。
山登りやハイキングのようなものでもある。途中経過を楽んだ方が良い。


188 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:31:58 ID:g3/YB/2GO
>>184
借金まみれの奴がどうにか宝くじでも当たってほしいと思うのは深刻な願いだから過剰ポになりすぎて叶わないみたいな?
じゃあもし自分が癌かなんかを宣告されて
あと余命三ヶ月とか言われたらめっちゃビビって治ってくれと神にもすがると思うが
力が入りすぎて(深刻すぎて)願いは叶わないと・・
でもそんな時に過剰ポにならないように願うのも難しいとおもw

189 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:56:47 ID:/nc980uz0
そういう現実の生活にある、金銭問題、人間関係など
いろいろな具体的ケースに、どのように応用すればよいのか、
わかりやすく事細かに示してくれれば、本として非常に価値があるし、
読者も、自分で試して結果について分析したり、報告しあったりできる。

この本は難解なところも、読み物としては、面白みがあるが、
やはり、哲学書ではなく、願望実現本をうたうなら、実用性、実効性がほしい。
そのためには多くの具体例をわかりやすく書いてほしい。

ちなみに宝彩有菜の本は仏教ベースだが、親しみやすくてわりと気に入ってる。


190 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 01:01:22 ID:8bzFqjCk0
>>188
深刻な状況ほど、切実に願わざるを得ないよね、普通
でもその切実さが、かえって問題に力を与えてしまう
→願望実現と逆の現象が起こる ってことなんじゃないかな
「病気が治れ!」と切実に願うことで、
逆に病気にもっと力を与えている場合が多いんじゃないだろうか

病気なら、病気が治ることを切実に願うのではなく、
それについて深刻に悩むことで病気に力を与えている習慣的思考をまず捨てる
借金なら、借金よ消えろ!とか宝くじ当たれ!とかではなく
借金という問題に執着して、かえって力を与えてしまっている状態を止めて、
その問題にパワーを注入しないように自分の思考や気分を誘導する、
ということではないだろうか

常識的な思考形態とは違うので確かに難しいかもしれんが、
新しい思考習慣を身につけて、結果も伴ってくれば
案外加速度的に全て上手く行き出すんじゃないかな

191 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 01:03:27 ID:polZbI170
>>188
余命が短いと意外と覚悟できちゃうかも知れないよ。

まあでも普通は余命なんか分からないわけだが、だからといって死なない
保証はない。いきなり車突っ込んできたらだいたいの人はすぐ死ぬ。
自転車で倒れても、歩いてて転んだだけでも、打ち所が悪ければすぐ死ぬ。
心臓や脳に行っている毛細管が詰まればすぐ死ぬこともある。いつどこで
死ぬかは誰にも分からない。生きていられるだけでも実は奇跡だ。


192 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 01:06:14 ID:/nc980uz0
視覚化そのほか、肝心の具体的技法の説明はいまひとつ、わかりにくい気がする。

193 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 01:09:52 ID:polZbI170
まあでも重要性を下げるのと振り子を避けるだけでも結構楽になるような気がする。

194 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 01:19:27 ID:g3/YB/2GO
まあひとつ言えることは
オレも含めて新宿紀伊国屋5Fのあの素晴らしくコアなコーナーで
このこ難しい本を選んで買ってしまっていること自体
オレもおまえらも願望に関してかなりの過剰ポだろww

195 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 02:03:37 ID:X/V1gEfh0
証明できない

願望が実現するかは
その本の手法とは関わりがない

オナ禁で願望達成と本質は同じ

という結論が出たところで
必ず>>186が湧くのはなぜなんだぜ?

証明できないのに実現しやすいも糞もない。

結果にとらわれないこと
人生のプロセスを楽しむことには同意だが
それとこれとは話が別だろ。


196 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 02:13:40 ID:KHcroqq60
>>186
おっしゃる通りですね。

197 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 02:19:50 ID:/nc980uz0
そういう考えは否定はしないが、そんな結論は出てないと思うw


それに証明はできなくても、経験則みたいなものはあるし・・・




198 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 07:52:50 ID:X/V1gEfh0
創価に入ったみんなが幸せになってる
だから聖教新聞読め
って言われて体験談読んで創価入ったり

雑誌のなんとかストーンの
宝くじ当たったとかいう話見て石買ったり

そういうの苦手だから
>>197は俺には理解できないわ・・・

199 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 08:03:44 ID:dTbCNHfy0
読み方の甘い奴が多いな。難解な本だからわからんでもないが。
読解力に自信のない奴は、何回も読め。それから疑問をかきこめ。
後ろに語句説明が載っているから、疑問に思うたびにチェックしろよ。単語の意味を当て推量のまま読み進めると最後は訳ワカメな読み方になってしまうぞ。

200 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 08:22:32 ID:LFHlfCYDO
>>195
関わりがない、とはちょっと違う。関わりがあるかどうかわからない、だ。

201 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 12:25:12 ID:nMvIN7ex0
>>182も言ってる様に、この本は別に科学的根拠に基づくでもなく
筆者の想像による考え方のアイディアでしかないんだから
必死に完全に理解しようなんて、かえって過剰ポじゃないかな

>>193と同じく、その2点はこの本読んでよかったよ
あとはマーフィで足りてる

202 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 16:11:27 ID:dKuNu1hP0
みんなこの本は願望実現の科学的根拠がない
から物足りないとか書いているけど、
本当に証明できた事書いていたら
世界がひっくり返るよw

小中学校のカリキュラムや市民講座などで
願望実現の講習があっちこっちでやっているだろうw


203 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 16:26:32 ID:dKuNu1hP0
また上の方でこの本自体が振り子だと面白いレスもあるが
日本国自体も巨大な振り子のシステムジャマイカ。

そこには
「同じ仕事を続けるべき」「和を大事に」などといった振り子の存在基盤があって
それから外れようとする人間はカフェ難民、ワーキングプア 
ドラえもん、村上みたいに日本国社会から排除にされるんじゃ?





204 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 16:27:19 ID:g3/YB/2GO
あれじゃないかな
〇〇キノコで癌が治ったとか海水でアトピーが消えたみたいな民間療法ていっぱいあるけど
それが絶対に効くなら本物の医療として正式に取り入られているとおも
それと同じで願望系の本も人によって合ったり合わなかったりするんじゃない?
中には漢方や〇〇キノコで本当に癌が治ちゃった人もいるんだと思うよ

205 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 17:11:08 ID:LFHlfCYDO
>>203
人間が集団になっていれば振り子は発生していると思って良いのでは?
国家単位でも当然発生するだろうね。更に関係の深い国の振り子に
巻き込まれたりもするだろう(たとえば日本ならアメリカの振り子に
見事に巻き込まれている)。

で、本に書いてある通り、あらゆる方法で洗脳して (関係を絶ったら
生きていけない、あるいはここ以上に素晴らしい所はない、などと
信じ込ませて) 振り子から離れられなくしてエネルギーを吸い続ける。

国家、地方、市町村、友人関係、家庭などなど、あらゆる所にあらゆる
レベルの振り子はあると思って良いだろう。

206 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 17:40:52 ID:dKuNu1hP0
>>205
なるほどね。国どうしも振り子どうしの影響も考えられるな。
家庭から出発して学校、地域、社会、国家、国家間と。
惑星、衛星、恒星、銀河、星雲、といった宇宙の構造といっしょだな。

毎日会社にうんざりして行くリーマンたちのネガティブなエネルギーを振り子は
国家のエネルギーとしているのか。それで国家は繁栄して現代のようなストレス社会に
なりますます吸収するエネルギーが増えるワケか。よくできたシステムだ。

ここから自由になる方法はこの本に書いてあることを実践するしかないか。






207 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 18:52:07 ID:qpejk5ks0
おまいら、
本の揚げ足取りは、
もう飽きた。
本の内容を前提に、
願望実現法について語ってくれないか?

208 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 21:44:24 ID:9NBDREPB0
age

209 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:15:59 ID:RDwsaar10
今、一巻の終わりの方まできたよ。
夢はかなわない、願望は実現されない、選択したものを必ず受け取るだけだ…
ということが書いてある。その選択の仕方がわからない。

210 :求む アセンション指導員:2007/10/04(木) 23:29:34 ID:hqN9ZFfU0
求む アセンション指導員
時給 五百円
面接 明日の午後2時〜
履歴書持参
場所 明治神宮前 神宮入り口
服装 自由
ヒゲ OK
男女不問
年齢不詳


211 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 00:49:12 ID:cgRT1eTBO
>>209
マジかよ そんな内容なの?まだ読んでないんだが
選択を受け取るだけって、より望む方向に選択する事は可能なんだろうか。
明日本屋に行って探してみるよ

212 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 01:40:03 ID:3KGF/HBX0
魂を、無意識とか潜在意識とかに置き換えると、他の本の著者の仮説と同じように
なるんだろか?振り子は集合無意識か・・。
なんか宗教の神々や精霊を振り子に言い換えてるような印象も受ける。
まあいずれにしても、セミナーの宣伝本とは違って面白い本だと思う。

しかし振り子の仮説から推測すると、読者の思念が組織(振り子)を誕生させて、
セミナーや研修会やら変なコミューンが誕生しそうだなw

すでにこのスレッドも誕生してるしwww

213 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 04:15:55 ID:hCkluW7QO
俺は物理とかまったくニガテなんだが
1巻46Pあたりのパイプの中の水の分子の結晶化で説明してるバリアント空間の例え話て最近の物理学かなんかの主流な仮説なのかな?
最近流行りつつある『ぼくらの』ていうエヴァっぽいマンガの単行本6巻にも同じようなバリアント的な説明があるし
NHKでやってる『電脳コイル』ていうアニメもちょっと雰囲気が似ているよな?
100匹目の猿じゃないけど最先端のものをキャッチしているクリエーターの中でシンクロニシティが起きているとか・・

異次元紀空間入口伊国屋5Fかなりヤバスww

214 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 04:24:13 ID:MCyZEYoUO
単に売れるから似たようなストーリーのアニメが増えるってだけのことでは?


215 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 04:36:25 ID:hCkluW7QO
>>214
振り子書いたかのロシアの著者はサスガに日本のコアな漫画の単行本をチェックしてないだろw
もしよかったら『ぼくらの/6巻(小学館)』立ち読みしてみ?

216 :sage:2007/10/05(金) 17:37:05 ID:qK1wwj5R0
世紀末だしな〜。

217 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 21:07:08 ID:rWrwzK7h0
タイムトラベラー発見

218 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 04:07:58 ID:7UuimDnV0
>>215
読んだが、最後の方のあの空間の概念か?
でもあれはちょっと違うような気がするなあ。あれはコンピュータのグラフィックスと
似たような考え方だ。ドット単位で中の情報が書き換わるから動いたように見える
というやつだもんな。


88 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)