5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

魔術や霊の法則・仮説を語りましょう

1 :本当にあった怖い名無し:2007/09/15(土) 22:54:07 ID:Gy9vAFBG0
@このスレは魔術や霊に共通する規則性などを見つけ、考察するスレです。 
A「ただなんとなくそう思う」程度でもOKです、検証はこちらでやります。 
Bほかのスレで独自の仮説を語っておれれる方がいましたら、当スレに誘導してください。 
C否定的意見を書く場合はなぜ否定できるのか理由を書きましょう。 
D否定する理由を書いてない意見は荒らしとしてスルーしましょう。 


2 :本当にあった怖い名無し:2007/09/15(土) 22:55:42 ID:gmkcWv60O
2げと

3 :本当にあった怖い名無し:2007/09/15(土) 23:23:40 ID:KWg7hFbM0
3ゲット 本当に魔術使えたらいいなと思ってる一般人ですよ!

4 :1:2007/09/16(日) 18:34:08 ID:hc7NpEBh0
どんな事書いたらいいのかわからないと思いますので例を書きます。

銀って邪悪なモノを払うとか言われてるよね?それは銀の殺菌効果が疫病(病魔)を
防ぐからだと聞いたんだけど、それならチタンは銀をはるかに超える殺菌効果があるから
邪悪なモノを払う力も相当強いんじゃないかな〜?と思うんだけど・・・・

といった感じの内容を書いていただけるとうれしいです。     

5 :本当にあった怖い名無し:2007/09/17(月) 19:01:17 ID:R6757Z4X0
【法則】類感魔術について。
形の似ているもモノはお互いに影響を及ぼし、一方におきた現象がもう一方
にも起きる共有現象。
使用例として藁人形などがあり、シャーマンが神の顔をかたどった仮面をつけ
て祈願する魔術もこの分類に入る。
神を模倣する事で神の力を得る事から、魔力も共有されると思われる。
双子の片方がケガをするともう一人のほうも同じ場所をケガする事もこの法則の
影響かも知れない。

6 :本当にあった怖い名無し:2007/09/17(月) 19:31:33 ID:R6757Z4X0
【法則】接触魔術について
一度接触したモノはその後も影響を及ぼしあう現象。
呪いをかける際に対象者の身に着けていた物を使うのもこの法則を利用していると
考えられる。
人と人の場合は縁と呼ばれるが、前世の人と現世でも会う(ソウルメイト)など、
死んでからも縁が切れない事から魂と魂のつながりが出来ていると思われる。

7 :破壊王子:2007/09/20(木) 13:48:26 ID:/zNn/S4CO
あげ!さぁ語れ!

8 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 13:57:45 ID:cxmbL1Gw0
                    /
                    / おい!>>1が糞スレを立てたぞ!
                  ∠
            ∧_∧    \_____/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           (  ´Д`)  ,-っ      | そうか!よし!殺す!
          /⌒ヽ/   / _)       \
          /  \\//           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          /    /.\/         ‐=≡   ∧ ∧
         /   ∧_二つ        ‐=≡   ( ´Д`) ハァハァ 待ってろよ〜
         /   /           ‐=≡_____/ /_
        /    \        ‐=≡  / .__   ゛ \   .∩
       /  /~\ \      ‐=≡  / /  /    /\ \//
       /  /   >  )    ‐=≡  ⊂_/  /    /  .\_/
     / ノ    / /       ‐=≡    /    /
    / /   .  / ./          ‐=≡   |  _|__
    / ./    ( ヽ、          ‐=≡  \__ \
   (  _)      \__つ           ‐=≡ / / /
   . ̄         ``)         ‐=≡  // /
               `)⌒`)     ‐=≡ / | /
                ;;;⌒`)    ‐=≡ / /レ
               ;;⌒`)⌒`)‐=≡ (   ̄)



9 :破壊王子 ◆Ouji/1e.to :2007/09/20(木) 15:41:35 ID:/zNn/S4CO
>>1ガンガレ。
おい殺すとか言うなよ!?
>>1次第で良スレになるかもしれないぞ?
見切りをつけるにはまだ早いんじゃないか?

10 :充実野菜 ◆YASAI/PUps :2007/09/20(木) 15:54:46 ID:sEZiB5nV0
>>1サンもっと語って〜(^^)/
野菜も魔術や霊の法則気になる〜

11 :破壊王子 ◆Ouji/1e.to :2007/09/20(木) 16:34:01 ID:/zNn/S4CO
保守あげ

12 :破壊王子 ◆Ouji/1e.to :2007/09/20(木) 16:34:55 ID:/zNn/S4CO
つか、どうでもよくね?


13 :ヾ(・ω・)ゞあささぼんさん ◆BONSAN/wqg :2007/09/20(木) 17:46:59 ID:nZXR5dgfO ?2BP(22)
ヾ(・ω・)ゞぼんさんには難しいぼんさん

14 :破壊王子 ◆Ouji/1e.to :2007/09/20(木) 18:18:24 ID:/zNn/S4CO
ぼんさん、俺もよくわかんねw

15 :破壊王子 ◆Ouji/1e.to :2007/09/20(木) 18:23:27 ID:/zNn/S4CO
>>1すまん。
出来る限りのことはしたが駄目のようだ。
このままdat落ちだ…。
悪かったな。

16 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 18:30:10 ID:kM6Iott40
                    /
                    / おい!>>1が糞スレを立てたぞ!
                  ∠
            ∧_∧    \_____/ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
           (  ´Д`)  ,-っ      | そうか!よし!殺す!
          /⌒ヽ/   / _)       \
          /  \\//           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄V ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
          /    /.\/         ‐=≡   ∧ ∧
         /   ∧_二つ        ‐=≡   ( ´Д`) ハァハァ 待ってろよ〜
         /   /           ‐=≡_____/ /_
        /    \        ‐=≡  / .__   ゛ \   .∩
       /  /~\ \      ‐=≡  / /  /    /\ \//
       /  /   >  )    ‐=≡  ⊂_/  /    /  .\_/
     / ノ    / /       ‐=≡    /    /
    / /   .  / ./          ‐=≡   |  _|__
    / ./    ( ヽ、          ‐=≡  \__ \
   (  _)      \__つ           ‐=≡ / / /
   . ̄         ``)         ‐=≡  // /
               `)⌒`)     ‐=≡ / | /
                ;;;⌒`)    ‐=≡ / /レ
               ;;⌒`)⌒`)‐=≡ (   ̄)

17 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 18:58:49 ID:kSGqGLCZO
面白そうなスレでも、クソコテが来ると過疎る法則は
オカルト的に証明できるかな?

18 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 20:18:06 ID:x0w+8XxY0
>>17
たぶん>>6が答え

19 :破壊王子 ◆Ouji/1e.to :2007/09/20(木) 21:22:44 ID:/zNn/S4CO
来たくて来たんじゃねーよ。
依頼出演だ。

20 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 22:26:12 ID:7hZfz2640
魔術って白魔術より黒魔術のほうが有名だし何故かよく効くってイメージあるよね。
あれってなんでだろう。
私は仮説たてれるほど頭が良くないけどこのスレ興味あるな

21 :1:2007/09/20(木) 22:45:25 ID:S4YX43ck0
充実野菜さんに捧げます・・・。
【仮説】霊が見える条件
「3Dの絵を見るときの見方(平行法)で人の周りの空間を見るとオーラが見える」
「乱視の人は霊を見る人が多い」
「ボーっとしてる人は霊を見る人が多い」
などの事から、物体そのものにピントを合わせるのでは無く、物体の手前もしくは
奥の方にピントを合わせると霊(オーラ?)が見えると思われる。
この世とあっちの世界(アストラル界やエーテル界など)は同じ空間に重なりあって
存在しているらしいので、ピントをずらす事であっちの世界にピントがあってるの
かも知れない。
↑で書いた「乱視の人・ボーっとしている人」はピントを合わせるときに奥の方から
絞り込んでいるかも知れない(普通は手前から合わせる)。
ちなみに平行法も本に「遠くに視点を合わせて意識を絵に集中」などと書かれている
事から、実体の奥のほうにピントを合わせると霊(オーラ)が見える可能性が高い。

ちなみに私も平行法は出来るが、霊感がほとんど無いのでどこにピントを合わせて
いいのかわからない(人のオーラっぽいのは見える)。


22 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 22:56:51 ID:7hZfz2640
充実野菜さんではありませんが…
>>21
なるほど。私も平行法はできるけどその仮説は思いもつかなかった。
人のオーラっていうのは具体的にどんな感じのものなんでしょうか?
よくTVなどでやっているもやもやしたもの?
それとももっと何か「感じる」方のものなんでしょうか。

私は親父さんが霊感あるようでお前もあるはずだと言われたのですが…(私も何度かそれっぽい体験もありますが)
私自身があまり自覚ないので霊感があるというよりも
>「ボーっとしてる人は霊を見る人が多い」
これに当てはまるから変な体験をおこすのかしら…、と思ったんですけれど
この仮説は霊を見える条件であり、霊になにかされるといったわけじゃないんですよね…

ということは私は霊感あるから何か変な体験をしちゃうのかな。

23 :1:2007/09/20(木) 23:16:47 ID:S4YX43ck0
>>22レスありがとうございます^^

オーラ関連の本に書いてあった事ですが、自分のオーラは実感しにくく他人の
オーラは感じやすいそうです(オーラが反発してる?)、霊感も自分では感じ
にくいのかもしれませんね。
霊力があっても霊にピントを合わせる技術がないと見えないのかもしれません。

霊感があるって事は霊を見る才能はあるわけですから、霊からしたら見えるように
なる可能性があるあなたに気付いてほしくてコトを起こしているもかもしれないです



24 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 23:27:41 ID:i7kF3+IsO
オカルト肯定派は詭弁の15ヵ条によく当てはまる法則

25 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 23:34:30 ID:uf/3i3hg0
幽霊と悪魔は違うんだろうが。

マルティン・ルターがラテン語聖書をドイツ語に翻訳していたおり、悪魔が現れてしきりと邪魔をした。
肝っ玉の据わったルター師、無視して執筆を続けていたが、
あまりに小うるさいのでついにブチ切れ(喧嘩っ早い人でもあった)
「うるせえ!この野郎!」と怒鳴ってインク壷を悪魔にブン投げた。

ある小説家が高僧に幽霊についての見解を求めた所、
「もしも出たとして、死んでまで誰かに迷惑を掛けるなど、生前も死後も程度の低い者のする事。
そんな者は精々怒鳴り付けておけばよろしい。」

偉い坊さんは洋の東西を問わず、同じ様に対処するらしい。
自称『霊能者』どもがアホに見えます。

26 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 23:43:39 ID:7hZfz2640
>>23
なるほど。自分で自分を見ることはできないというわけですね。
まあ霊感があるのかないのかなんて明確に気づいている人もいたりいなかったり、
何かに目覚めるようにある日突然自分の能力に気づいたりといろいろあるかもしれません。
霊さん、私は見えるようになるのは遠慮したいです。いや、少しみえるようになってみたいとも思いますけどね。


話はまったく違うものにしますが
魔術には霊感や霊力は関係なしにできてしまう点について、
これは幽霊などとは関係はなさそうな感じもしますね。

あと黒魔術と白魔術についてですが、よく黒魔術の呪いを消すには白魔術がいいといわれているようですけれど
それは逆に、白魔術を邪魔するために黒魔術を用いることもできるってことですよね?

じゃあ根本的なものは変わらない、ただ何があるとか何がないとかの違いだけで…
白魔術にはないことを黒魔術から引き、黒魔術にはないことをしろ魔術からひいて
何かをしてみればそれは魔術とは別の「魔法」として扱われるんでしょうかね。
もともとこういう場所でしゃべったことないんで矛盾とかわけわからん部分あると思います。すんません

霊の法則や仮説も気になりますが、魔術のほうも結構興味があったのでこの場をかりて発言させていただきました。


あと悪魔と幽霊はまったく違うものと思っていましたが
そういう話聞くと「まったく違うものだ」とも言えなくなってくる。

27 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 23:47:27 ID:uf/3i3hg0
>>4
病原菌も殺すが有益な菌も殺す。
殺菌力と魔除けを等号で結んでしまったら銀は『邪悪なモノ』と『善良なモノ』を両方祓ってしまうわけだな。

さて、病原菌と有益な菌を分けるのは人間の都合に過ぎない。
同様にヒンドゥーの神々を見よ。豊穣の神は同時に破壊の神でもある。
ならば銀はキリスト教文明圏でだけ魔除けの効力を発揮し、
ヒンドゥー教文明圏では発揮しないのか?そんなバカな。

28 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 23:55:13 ID:0eIp+SGc0
>>24
確かに当てはまってる気はしますが、このスレは仮説とかを語りたい人が語って、
読みたい人がそのレスを読んでいろいろ考えたり(妄想)するスレなので、詭弁でも
ぜんぜんOK

語って語って(*´Д`)

29 :チェスター・コパーポット@聞いてみるもんだ中Ver.:2007/09/21(金) 00:26:46 ID:61cSso0zO
>>27最初に作った十字架が銀だからキリスト教圏でしか銀が効かないんだってさ。

30 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/21(金) 00:44:03 ID:SH1mbO/z0
>>27
良いね。ヒンドゥーの神聖さとキリスト教の神聖さは別物って視点は素晴らしい。
>>26
魔術の原理は1つでその使い方とか使う人によって黒系で使うとか白系で使うという
分け方が有ると思うが?

>>21
並列して存在している・・・・直列して存在している・・・・・霊視とかオーラー視は
その方法で合っていると思う。後は目玉を閉じても脳内に移るビジョンについてかな?
目玉が関係なくてダイレクトに映像が見える状態。

面白い題材のスレだなあ。



31 :充実野菜 ◆YASAI/PUps :2007/09/21(金) 09:37:09 ID:ct3oa6XJO
>>21ありがとー(^∀^)
野菜ぼーっとしてるカラ幽霊見えるかなぁ。
乱視じゃないケドw
でもオーラについては疑問でつ。


32 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 13:37:04 ID:ERqgcmds0
>>25
悪魔という概念は、キリスト教ならば、教義に邪魔な存在を指すものであり、幽霊〜堕天使まで様々なものを指す。
また、宗教が変われば、悪魔は悪さをする精霊を指すものにもなるが、そういったものを悪魔と呼ばず、精霊として崇めることで、大人しくしてもらうという考え方もある。
日本では、幽霊を細かく別ける言葉があるため、悪魔といえば、キリスト教の堕天使に相当するものを指す。
この堕天使も、キリスト教以前では、神や精霊として別の宗教で崇められていたものである。
よって、幽霊と悪魔は、宗教や文化によっては同一のものとも言えるし、別の場所では違うものでもある。

>>26
黒を白で打ち消すというのは、全くの迷信。
通常、白黒に関わらず、その効果を打ち消そうとする場合は、同系統の魔術内にあるものを使う。
よって、黒によって組まれた呪は、黒によって打ち消し、白によって組まれた呪は、白によって打ち消すことになる。
元々、白黒という隔ては、力を借りる対象やその効果によって、系統を無視して別けられ、素人受けを狙ったもので、白が善、黒が悪ということでもない。
そのため、白であっても視点によっては、悪として捉えられ、また逆もある。
つまりは、白≒黒であり、白±黒=?ということにはならない。

それと、魔術に霊感というものが、関係ないわけでもない。
魔術では、見えない存在を相手にする場合もあるため、それを補う視覚化という修行もある。
これによって霊感に値するものを持つことになり、見えない存在に対して、対向できるようになる。
霊力に関しては、霊を祓う力であるなら、魔力、気、オーラというものと同一のものであると言える。


とりあえずこんな感じかな(´・ω・)

33 :1:2007/09/21(金) 18:32:36 ID:Klo6ecO40
>>26さん
「黒魔術と白魔術の共通する部分があるとすれば、それは白・黒共通の魔術の
本質(骨格・基礎となるもの?)なんじゃないか」ってことですか?


34 :1:2007/09/21(金) 18:55:34 ID:Klo6ecO40
>>27さん
言われてみたら確かに、銀の効果はキリスト教圏あたりでしか言ってないような
気がします。
有益な菌も殺しますけど、どっちもいなくなれば少なくとも病気にはならないかな
と思います。
書き込みを見て思ったのですが塩・銀・太陽の光(紫外線)など、邪悪なものを祓う
モノって菌を殺す物が多いですね。
ファブリーズで霊を祓ったと言う書き込みもありましたし、幽霊が昼間にあまり
出ないのも紫外線を避けているのではないかと思いました。

35 :1:2007/09/21(金) 19:12:14 ID:Klo6ecO40
>>30南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEgさん
目を閉じてもナニカが見える現象について考えてみたのですが、幽霊側から
なにか語りかけているか、脳内の幽霊を見る部分と幽霊とが共振(共鳴?)
して見えているのではないかと思いました。
映像は目で見ているのでは無く、目から来た映像を脳で見ているらしいです。

36 :1:2007/09/21(金) 19:19:41 ID:Klo6ecO40
>>31充実野菜さん
幽霊は見えるけどオーラは見えないんですか?
だとすると幽霊の見えるピントとオーラの見えるピントは別だと言う事になりますね。
江原さんとかは両方見えてるようですが・・・・・。

37 :1:2007/09/21(金) 19:27:39 ID:Klo6ecO40
ああ失敗した、野菜さんは見たいけど見えない人か。
勘違いしてましたorz

38 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 21:13:20 ID:0WwXOVYE0
俺は眠りと目覚めの中間のまどろみでよく鮮明ではないが映像が見えるんだ
残像のようにぼんやりしか見えないが
これは一体なんなんだろうか?

39 :1:2007/09/21(金) 22:20:43 ID:oHc6D/530
>>38さん
私は霊能力はないのでわかりませんが、まどろみの状態は変性意識に近い状態で
催眠術などにかかっている時もこの状態で、気功をしている時もこの状態です。

ただ寝ぼけているだけと言う可能性も大ですが、オカルト的な現象だとすれば
変性意識の状態になっているために、霊的なものを感じやすくなっているの
かもしれません。
寝る前や寝ている時に霊現象に見舞われるのもこのせいかも?

40 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 23:09:26 ID:ERqgcmds0
>>38
私も同じようなもの見るけど、それは夢なんだよ。
でも、外界の情報も受け取っているから、体が完全に寝ていれば金縛りになるし、周りに音があればそれを顕在化させる夢になる。
だから、何の意味もないのですよ。
>>1さんの言うような変性意識とは違う。
睡眠中で変性意識に近いのは、深い眠りの最中に見る夢で稀にある。
本来、深い眠りでも夢も見るけど、稀に外部からの干渉を、ダイレクトに受ける場合があるんだよね。
普通はそれを自覚することもないし、気に留める人もいないけどね。

41 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 23:33:32 ID:GTcqP9XGO
>>34
無駄な憶測 にワロタ
ファブリーズは ネタだろ バカ

42 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/22(土) 20:58:04 ID:H9Qf8mF80
>>32
仮にキリスト教のエクソシストが悪魔の呪いを払うのに悪魔が用いる呪い魔術の系統に
自分も手を付けて黒魔術の効果を消すという事ですか?西洋魔術に詳しいみたいだけれど
もう少し説明キボンヌ!私は真言密教が好きです。敵対する魔術に調伏系の明王を用いて
暗黒の呪いを消すという意味かな?火に対して火という事かな?怨念に対して慈悲と空性の
観音を念じるという対処法もあるけれど・・・・このスレの魔術って西洋魔術を意味している
みたいだけれど・・


>>1さん、面白いスレですね。仮説、思い込み、何でも有りと言う所が特に気に入りました。
これが答えだというのではなく色々な段階の人が参加して語り合えるのが楽しそうです。

>>35
共鳴共振しているのは確かだと思う。テレビの受信合わせとかビデオデッキの
トラッキングを手動であわせる感じはピッタリ合っていると思う。

>>40
外からの干渉と夢、
自分の個別の中での無秩序なカオスの想念世界を普通は閉じ込めているけれど
それに抑制をかけているけれど、それが外れるとカオス想念世界が動き出す。

そこに自分の個体とは別のカオス想念体が干渉し易い隙間が出来る。
音楽や絵画とかやっている人が薬を頼ったり、自力のトリップで想念世界に穴を開けて
無秩序世界を利用しようとして魔物に囚われてしまう。

>>41
ファーブリーズでも砂でも土でも聖なる物としての意識が入れば役に立つのでは?
水だって加持すれば聖水になるのだから・・・・・

43 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 23:11:47 ID:9DCEe1YB0
>>42
>仮にキリスト教のエクソシストが悪魔の呪いを払うのに悪魔が用いる呪い魔術の系統に
>自分も手を付けて黒魔術の効果を消すという事ですか?
違いますがな(´・ω・)
>敵対する魔術に調伏系の明王を用いて
>暗黒の呪いを消すという意味かな?火に対して火という事かな?
それも違います(´・ω・)

白と黒というお話をまず踏まえてください。
そして白黒というのは、単なる戯言ということも踏まえてください。
そうすると、魔術は系統毎(例えば、エクノやアブラメリン)に別けられるようになります。
それら異なった系統同士でも、返しや打ち消すというのは、できますが、基本は同系統内の魔術を使うということなのです。
相手の魔術より、自分が扱う魔術の方が、効力があるとかいって過信してると、思わぬ墓穴が待っていると。
だから、基本の構築方法を同じとする同系統の魔術の方が、方法論的に安全ということなんですね。
これは西洋だけに限らす、東洋でも同じです。

>このスレの魔術って西洋魔術を意味しているみたいだけれど・・
魔術って言ったら、西洋魔術じゃないですか(´・ω・)?
私は東洋を呪術と、呼んでいますよ。
あぁ、あと私は別に詳しいわけではないのです。
下手の横好きで、勉強するのが楽しいのですよ。
西洋やってるのは、単に東洋で使えそうな情報を、見付けていないからなんですよ。
なので、本物の魔術師さんから見たら、間違っていることも多々あると思うので、脳内変換推奨w

聖水は、一応魔術で構築さるんですよ。
もちろん、効力は別にしてですよ。
元々、魔術も宗教儀式の一つで、対象と扱い方が違うだけですしね。
神父さんには、そういう認識はないでしょうが。
まぁ、加持祈祷は儀式魔術と言うことで、聖水の作り方を模倣して、ファブ聖水を作れば効くかもね。

44 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/22(土) 23:25:39 ID:H9Qf8mF80
>>43
説明サンキューW

>そうすると、魔術は系統毎(例えば、エクノやアブラメリン)に別けられるようになります。
>それら異なった系統同士でも、返しや打ち消すというのは、できますが、基本は同系統内の魔術を使うということなのです。
うーん、専門的な知識体系が絡んでくると、模索の楽しみが半減します。
魔術って系譜とか流派が色々とあるんじゃ無いですか?
その系統毎で分けられるってどういう意味の系統なんでしょうか?
それはそれは広大な魔術広しの世界でスレの中でサラサラと分かり易く書くのも難しいし
手間暇とられると思うんですが、白と黒って簡単な分け方で先ずは詳しくない人でも
模索できるようなスレとしての流れが欲しいのですが・・・・

それを系統毎で分けるという新説を提示しちゃった以上は面倒でも解説してください。
お願いします。


45 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/22(土) 23:45:14 ID:H9Qf8mF80
ちょっと補足

つまり、空手と合気道は系統が違います。クックボクシングも柔術も違います。
中国拳法でも沢山の流派があります。
違う系統の攻撃に対して、例えば、空手の攻撃に対して空手の系統の形で対抗する。
空手の攻撃に対して違う系統の合気道で攻撃する。

合気道で勝ったとしても後から墓穴を掘る事になる。

キックボクシングでチャンピョンの人に空手の人が攻撃したら
キックボクシングのチャンピョンは自分の形で攻撃し返して勝った。

世界は広いから様々な武道があるけれど他流派の技を沢山知っていて使いこなせるが
1つも自分の元々の流派の技も他流派の技も誰にも勝ったことが無い場合。

1つの流派でそれなりの成績を収めている人の場合。

歌唱大会見たいのでも歌い方に色々とあるけれどブルースで人の心を奪って優勝した人が
パンクの歌では下手扱いされる。どんな歌でもたとえどこかのジャンルで優勝しても侮っては
墓穴を掘る。
ヒンドゥー教の魔術師の術に対して、ブゥードゥー魔術師は敵と戦って勝つために
ヒンドゥー教の信者になり、ヒンドゥー魔術の奥義を極めてから戦いに臨む。

こういう意味の系譜とか系統の事ですか?

それとも想念イメージの術に対して呪文のみの術で対抗するのはたとえ勝っても
たまたま勝っただけで沢山の術の系統を知っておくに越したことが無いという意味の
系統ですか?

人に聞くだけでは何だから、自分であれこれと模索してみましたョ


46 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/22(土) 23:59:57 ID:H9Qf8mF80
>そうすると、魔術は系統毎(例えば、エクノやアブラメリン)に別けられるようになります。
>それら異なった系統同士でも、返しや打ち消すというのは、できますが、基本は同系統内の魔術を使うということなのです。

もう1つ、質問と言うか考察というか・・・・・・映画の貞子みたいな人は魔術という術というよりも
念力オンリーだと思う。果たしてこの貞子の呪いを解くのは何々の系統を使えば良いのか?
貞子自身は別にどの系統の魔術も習わず学ばず実行せずだと思う。

学生が見よう見真似で魔術を行う。どの系統でもない。素人としてホムペの呪いページとか
アニメのシーンの真似をしただけだった場合はそれを解くのは無名の自己流魔術ならば
数限りなくあるのだから、その全てを学ぶ事は出来ない。そうすると系統というのは
数学や物理や医学の様に何人の老若男女の誰にでも適応できる普遍的な系統識別による
魔術体系の分析と分別の結果、どこに属する方法だから何処の方法で対処するのが適切な処方と
なるという意味かな?



47 :1:2007/09/23(日) 00:10:30 ID:D61ArTHf0
【仮説】魔術のパターン
東洋・西洋の魔術でよく使われる方法で、なにかを象徴するものが頻繁に使われて
います。
たとえば火などのエレメントを象徴する紋章や、天使や神を象徴する紋章(梵字)などが
よく使われている。
ここからが私の予想(妄想)ですが、象徴するモノを適切な位置(方角とか)に置いて、
呪文や術者の行為・動作によって魔術が発動しているような気がします。
魔方陣の上に象徴するモノをただ置いただけでは、だたそこにあるだけであまり意味は
無いが、呪文(文字を含む)によって象徴するモノが力を発揮しているような・・・・
例えるなら、燃料満タンの車(魔方陣等)があるだけではただの鉄のカタマリだが、
エンジンをかけると(呪文で発動すると)車の各装置(象徴するモノ)が相互作用し、
運転可能になる(力を発揮できる)・・・みたいな。

と言うことは「象徴るモノ」と「それを置く位置」と「それらを操作するモノ」を
色々集めたら自分で魔術を再構成できますね。

こんな感じ?
象徴するモノ      置く位置       操作するモノ
白虎・白・金      西          名前(名前を呼ぶ)
朱雀・赤・火      南          名前
青龍・青・木      東          名前
玄武・黒・土      北          名前


48 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/23(日) 00:21:37 ID:U89q3tX30
>>47

楽しい〜有意義〜!な考察ですね。
研究っていうのは文献の研究、読んで調べて知識を収集する。
もう1つは、少ない知識から思考力を膨らましてイマジネーションを使って
本質を探究するやりかた。
このスレの面白さは魔術を探求する模索の知恵にあると思う。

ダークシュナイダーが主人公のバスタードは皆さん、読んだ事がありますか?

魔術や超能力の探求って楽しく安全な範囲でやりたいですw

東西どちらの魔術にもヤバイ世界との通路がありそうな感じですよね?



49 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 00:33:18 ID:JfOzJADA0
>>44
まず。
新説じゃないですよΣ(゜Д゜lll)
幾つもの系統載せてる本では、よく見ますよ。
何より、白黒の方が新しい。
白黒以前の昔ながらの考え方だし。

で、とりあえず、西洋に限定させてください。
系統といっても、ようは基本構築論がちがければ、同系統とはみないでしょ。
同じ存在から力を借りても、その力をどうやって、術にまで構築するか。
その方法は、系統が違えば違うもの。
別けるのは、そこでしょ。
流派は分かれても、基本の部分までは分かれんよ。
他の系統を組み込んで、基本の構築が全く新しくなったら、当然別系統。

とりあえず、書いてからレス増えたので、バラバラなのはご容赦を。
目に見える攻撃と目に、見ない(見えづらい)攻撃を、同じ土俵に上げられるとは思わないどね。
それはともかく、捉えたままの術ならば、自分の好きな系統で構わないけどさ、そんな中途半端なものは、素人のものくらい。
本格的な人は、自分の魔術を隠蔽するように、構築する。
でも、そこには癖とか特徴とかが、完璧な魔術がない以上、存在するわけ。
それを完全に返そうとしたら、対象の術の構築論は必須になる。
身を切ってもいいのなら、当然関係ないよね。
武道(スポーツ)なら、怪我ですむけど、魔術(殺し合い)ならどうなる?
それが原因で、殺されるかな。
それとも、第二段をかまされて、死ぬのかな。
相手が死んでくれれば、一番楽だね。

つづく

50 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 00:34:12 ID:JfOzJADA0
で、貞子は知らんよ。
映画も見たことないし。
それにとりあえず、今知っている情報では、念力の作用にちゃんとした構築論があるとは思えない。
そもそも念力って何?
どうやって発動して、どう作用するものなのかな?
精神干渉の一種なら、共感を利用したものとか、催眠術とかかな?
それとも邪眼になるのかな?
案外、ビックリして死ぬだけとかw

自己流魔術って、編み出せる人は天才だよね。
素人が、適当に真似て効力あっても、天才だと思うけど。
基本的に成功するものは、何処かの構築論になってたりする。
それ以外って、聞いたことはないから推測だけど、魔術という法則ではなくとも、他の法則に則ってるんだろうね。
でも、それが魔術にあたるかどうかは、別問題。

これらはあくまで、魔術の範囲でのお話。
武道や念力とは、根本的な法則違うしね。
同じ法則なら、良いんだけどさ。

>うーん、専門的な知識体系が絡んでくると、模索の楽しみが半減します。
これって、白黒が作られた理由でしょうね。
魔術ってのは、元々専門的なものですから、一般受けさせるためには雑に別けるのが必要だったのかな。

51 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/23(日) 00:54:43 ID:U89q3tX30
私はスレ主じゃ無いけれど、このスレの流れと楽しみ方は法則を考える事だと個人的には感じた。
それでオカルト板の先頭ページにもあるようにこのスレは専門的な魔術を研究したい人のスレという
よりも魔術について自分なりの意見や考えを模索して「楽しむ」事に主眼があると思う。

オカルト板内の魔術の専門知識や経験の高い人が集まるスレもあるし、中級レベルのスレもあるし
初級レベルのスレもある。だから、系統とか構築性を語るならば、語りだした人は他の無知な
初心者に有る程度の分かり易い解説は必要だと思う。その場合は無知の方が主体者で知識がありますと
自負する方が客体者です。

単純に憎しみとか怒りとかでしかも自分が悪いのに相手を呪うのが黒魔術で
正義とか道徳に反しない魔術が白魔術位の分け方で良いのじゃなの?



52 :1:2007/09/23(日) 01:00:55 ID:D61ArTHf0
魔南無如意輪観音明王さん
魔術の種類について私が知ってるものです(思い込み含む)

召喚魔術:精霊・神・天使・悪魔・悪霊・その辺の動物霊など、あっちの世界
     の者の力を借りる魔術系統。
自然魔術:エレメントやエーテルなどのエネルギーそのものや薬草の力を借りる
     魔術系統。
錬金術 :自然に起きる現象を人工的に再現し、分析・解明する事で自然では
     おきないような事を起こす魔術系統。
性魔術 :性交渉の時の精神的・肉体的なエネルギーを使って超常現象を起こす
     魔術系統。
占星術 :星や時間によって変わるエネルギーの流れや因果律を解析し、未来や
     過去を知る魔術系統。
降霊術 :自分や他人に霊や精霊・神を宿らせ、そのモノの知識・能力を借りる
     魔術系統。
ルーン魔術:神や力・豊穣・勝利などを意味するルーン文字を道具などに刻み、
      組み合わせで多様な効果を生む魔術系統。
仙術(方術):体内の気の流れや周囲の気を操作し、強靭な肉体や霊力を得て
      さまざまな効果を出す魔術系統。

などなどこれ以外にも色々ありすぎて書ききれません、私の勘違いしてる部分や
説明の足りない部分があると思いますが、とりあえずこんな感じです。     

53 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/23(日) 01:10:43 ID:U89q3tX30
>>52
代表的な魔術の分類ですね。
それ位ならば西洋魔術に疎い私でも知っています。>>1さんが白黒は幼稚な分け方だ
と主張している人なんですか?


54 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 01:11:11 ID:CeZU/DMH0
結局は最初に戻ったんですね。
ってか、呆れましたか?

ちなみに白黒の定義は、白が善の力を使って、黒は悪の力を使うってこと。
白であっても、相手の心を捻じ曲げたり、殺したりするから、南無如意輪観音明王さんの理屈では、白じゃないよ。

ここって、専門系だとしか思えなかったんだけど。
だから、私それ程詳しくないし、勉強したかったんだけど、ここってチラシの裏なの?
素人のチラシの裏なら、他でも沢山見てるので、今更興味ないっす(´・ω・)

55 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/23(日) 01:11:49 ID:U89q3tX30
スレ主が私の書き込みがスレ違いだと言うならば、邪魔しません。
ロム専に回りますョ

56 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/23(日) 01:14:22 ID:U89q3tX30
>>54
55レス目まで読んでみて初心者や一般に知識が無くても楽しく参加出来るスレだと
私は理解していましたが?

57 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/23(日) 01:17:30 ID:U89q3tX30
>>54
悪人の心を捻じ曲げて改心させたり罰するケースは白。
死罪に値する悪を働いている悪人を霊的にあの世に送るのは白。
白は善と正義の為に力を使う。

白いって善とか正義とか愛とか平和っていう意味でしょ?


58 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/23(日) 01:23:11 ID:U89q3tX30
オカルト板でも魔術は余り人気の無い分野じゃないかな。
面倒な知識体系とか、煩雑な系譜があり過ぎて、どれが本当なのかとか
タルパスレとか魔術結社のスレとか行けばそういう専門的な知識を当たり前に
している人たちが集まっていると思うよ。

後は個人の開いている魔術系のホームページだね。
そういう所の私設掲示板ならばその道のオタクが沢山の知識と経験を持っている。

只、そういう所は派閥があるからね。主義と見解で仲間しか受け入れない感じが多いよ。

59 :1:2007/09/23(日) 01:28:58 ID:D61ArTHf0
念力の話とかでたんで。

【仮説】魔術の原動力について
魔術や超能力の発動や操作って意識に依存するものが多いですね、祈りとか特に。
オーラ(気)を出すときの方法が「出ている事をイメージ」とか、召喚術の場合も
「心の中で呼びかける」などですしね。
そこで思ったのですが、人間を形作る霊体(エーテル体)は意思に追随するのでは?
魔術の場合は魔方陣や道具に気やエーテルを流して魔術を発動してるのでは?
念力は自分の気とかエーテルで物体の気・エーテルに干渉して動かしているのでは?

妄想が膨らみます

60 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/23(日) 01:32:49 ID:U89q3tX30
>>59
超能力はありますよ。
念力はありますよ。
素人でも魔術=念力、想念の作用力は働きますよ。

59レスでの書き込みは原理を上手く分析していると思います。


61 :1:2007/09/23(日) 01:40:47 ID:D61ArTHf0
南無如意輪観音明王さんはスレ違いじゃありませんよ。
ここはいろんな人の考えや意見を見て、自分の仮説を見直したり強化したりして
己の知識に幅を持たせ、多様な考えが出来るように作りました。

ちなみに私は白とか黒はあんま気にしてません、私が知りたいのは魔術の構成や
使用法ですので白でも黒でも真理に近づければどっちでもいいです

62 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/23(日) 01:44:23 ID:U89q3tX30
それでカオスの想念世界と私が書いた意味は>>52の魔術の階層みたいな構造とも関係しています。
要するに神や悪魔や精霊や自然界のエネルギーや原理やといって階層分けしても
実は自然界は混沌として交じり合っていて、それでいて分離独立性もあるというものです。

神仏や悪魔を呼び出したのではなく、自分の心の想念世界のカオス混沌から、
それらの呼び出した形象とその意味する思想念を呼び出しただけで畢竟自身の現れだと
密教では説明しています。

それでは自分の心の世界以外に個別の神仏や悪魔は存在しないのか?
この解釈に諸説があり、どれも真実であり体得するべきものとあります。

@神仏は自身の心の他には一人も居ない説は正しい。
A自身の心の神仏も個別の神仏も宇宙的に見ればCO2に等しく、根源的な「何々」の分身である。
B自身の神仏も悪魔も幻であり究極の真理の状態ではないので先へ進むべし。
C自身の神仏も悪魔も他者の心中のそれもどの世界のそれらも皆等しく平等である。
D1から4まではどれも真実であり、それらを体得して超えて行け。

こういう感じです。
だから、白黒の人が具体例を出してくれないので何を言っているのか分からないのですが
精霊魔術や自然界の原理魔術での攻撃に神クラスで戦っても駄目だとかその逆だという事を
言いたいのか未だに分かりません。色々な人と意見を交わして楽しみたいのですがw


63 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/23(日) 01:47:57 ID:U89q3tX30
>>61
スレ主さんが許可してくれるならば楽しくカキコさせて戴きます。

多分、スレ主さんを魔術大系の分類で言えば現代魔術のタイプだと思います。
現代魔術(心霊科学的効果の研究)の方法だから善悪とか白黒というよりも
心霊科学的な視野に立った魔術の研究者という印象です。


64 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/23(日) 01:51:42 ID:U89q3tX30
それと構築性と系統とどで別けるというのを何処かの本で長々と解説しているのを
読んだわけですよね?

その結論でもって初心者的な別に専門魔術書を研究している風の書き込みの無いスレで
系統だ系統だと言われても、それじゃあ系統って何ですか?という質問が帰ってくる。
ところが構築性とか専門的とか魔術書みたいな言葉が出てくると、そういう本をアマゾンか
何かでリンク貼るとか指し示さないと初心者には分からない。

それを白黒は幼稚な分け方だというならば初めに言い出した優しい先輩が解説する役目を買って
出たということです。

それで>>1さんの原理考察は系統とか構築性とか難しい世界ではなくその侭でズバリ、
理解して同意していける。こうやって面白く楽しく分かり易くスレのテーマを掘り下げていくのが
同一方向の趣味のある人たちの交流スレだと思います。

それで東洋魔術の方法とか現代魔術(心霊科学的効果の研究)の方法がある以上は
貴方の学んだ西洋魔術だけの貴方の知っている世界を規準として何々は駄目とか
何々は幼稚とか言われても困ります。
知識や経験で先輩ならば未熟者の同好会で優しく教えられないならば
自分と同等な人たちの集まるサークルとか程度の高い所で書き込みするべきじゃないでしょうか?
現代科学的な魔術考察とか自由な仮説の中から私などは自分の考えをまとめたりする楽しい
チャンスだと感じています。出来れば貴方の参考になった書物でも教えてください。


65 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 11:59:59 ID:XyiKvfFQ0
>>南無如意輪観音明王さん
話をふられたので、それだけには答えますよ(´・ω・)

>白いって善とか正義とか愛とか平和っていう意味でしょ?
定義は既に書いてますので、もう一度読み直してください。

>だから、白黒の人が具体例を出してくれないので何を言っているのか分からないのですが
>精霊魔術や自然界の原理魔術での攻撃に神クラスで戦っても駄目だとかその逆だという事を
>言いたいのか未だに分かりません。色々な人と意見を交わして楽しみたいのですがw
何故、西洋魔術限定でのやり取りの話をしていて、神と戦うという話になるのか?
他の例もそうだが、そういう例えに行き着く思考が、全くの不明。
その例で答えようにもTPOが違うから、全く別の話になる。
そもそも、例を上げたら、ただの名詞を専門用語と非難したろう。

>その結論でもって初心者的な別に専門魔術書を研究している風の書き込みの無いスレで
>系統だ系統だと言われても、それじゃあ系統って何ですか?という質問が帰ってくる。
>ところが構築性とか専門的とか魔術書みたいな言葉が出てくると、そういう本をアマゾンか
>何かでリンク貼るとか指し示さないと初心者には分からない。
えぇっとね、初心者向けには書いてあるんですよ。
素人向けには、単語の問題上、難しいですけどね。
専門用語といっても、wiki程度には出てる内容だし、そもそも法則や仮説を語る上で、ある程度の専門用語は出てくるし。
それくらい、ググッてみな。
それを理解できないというのは、それはただ理解したくないだけですよね。
よくありがちな、自分でも何が疑問か分からないって、オチはなしね。

つづく

66 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 12:01:11 ID:XyiKvfFQ0
>それを白黒は幼稚な分け方だというならば初めに言い出した優しい先輩が解説する役目を買って
>出たということです。
だから、それを噛み砕いて書いてあるんですよ。
それを理解(ry

>出来れば貴方の参考になった書物でも教えてください。
私が読んだ本のタイトルは知らん(´・ω・)
タイトルなんて気にしないし、そもそも一冊で使える内容は一割にも満たない。
大体、立ち読みだから、確かめようもない。

他のスレって、単純に言えば、理論を構築する場ではないのよ。
タルパは信じ込むスレだし、結社は同じ思想を持つもので馴れ合うスレだしね。
大体、タルパって専門どころか、単なる妄想でしかない。
あんな生霊崩れを養って、自分が壊れるだけなのに。
説明しても聴かないし。
個人サイトはまた別のお話。
私の専門は西洋でもなんだけど、知ってることがあったから、この先話し合うことで、底辺の基準を間違わないように修正しようとしたんだけどね。
私も楽しんで先を見たいけど、素人のチラシの裏には興味がない。
法則や仮説を語りたいなら、知識がなくて何を語る。

ちなみに質問返しじゃないですが、南無如意輪観音明王さんの密教のお話、密教を知らない私には理解不能な部分が多いです。
同じように切り返してもいんですが、私は自分で調べるので答えはいらないですよ。
ちなみに私が理解できないのは、>>62の大半なんですが、その歴史的背景も踏まえて根本の思想の変化を書いて欲しいですね。
その上で、諸説を細かく説明して欲しい。

んじゃ、>>1さん頑張って(´・ω・)

67 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 16:19:39 ID:NOrb6Shf0
横槍失礼します。専門家ではありませんので不快に感じる方はスルーしてください。

まず「白魔術・黒魔術」の定義ですが、一般的に白は善、黒は悪を象徴する色なので
善悪とか正邪で区別されているようですが、それだとどうしても(今まで書かれたように)
曖昧なところが出ますよね。私が昔どこかで聞いた区別なのですが、
「白魔術」=術者(あるいは依頼者)自身の運気を上げたり、幸福にしたり、成功に近づける手段。
「黒魔術」=第三者に働きかけ、影響を与えようとするもの。
つまり「恋愛」に関するものに絞ると、例えば「魅力がアップする」「もてもてになる」は白。
「特定の誰かを自分に振り向かせる」「片思いを両思いにする」などは(ある意味健全だけど)黒。
二元論的に言えば、白は内向性、黒は外向性ということだと思います。

もう一つ。今までの議論を全て台無しにするようで申し訳ないのですが、いわゆる「魔術」または
「魔法」と呼ばれるもの(専門家じゃないのでこの二者の区別が私には曖昧なのです)は、ほとんどが
催眠術や暗示の作用として説明できると思うのですが。

で、実在の「魔術師」と呼ばれていた人たちが使っていたのも、実際には催眠術であると私は思っています。
もし必要なら、目で見えるものも見えないものも、魔術の作用を催眠術で説明します。

68 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 22:13:40 ID:5oEBRm/B0
>>66
チラシの裏にはだと言うならば、
分からない書き込みがあるというのは
自己矛盾しているのでは?


69 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 22:14:40 ID:5oEBRm/B0
>>66
貴方は全部ググっていれば良いのでは?

70 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 22:16:06 ID:5oEBRm/B0
>>67
超自然現象を催眠術で起せるという考えの上で発言しているのですか?


71 :1:2007/09/23(日) 22:25:16 ID:xGQhvS+P0
>>67魔術の催眠術説是非ききたいです。
私も多少催眠術(催眠誘導)は使えますが、LV1の筋肉支配とLV2の感覚支配
しか出来てませんし、瞬間催眠は一回しか成功してません。
途中で飽きたので低レベルですが、お話を理解するくらいはできると思いますので。


72 :67:2007/09/23(日) 22:48:51 ID:NOrb6Shf0
>>70
催眠術で超自然現象を「起こす」のではないのです。
超自然現象が「起こった」と思い込ませることは、催眠術を使えば可能です。
物によっては、ちょっとした手品じみたものも併用することになるでしょうけどね。

例えば「体がしびれて動かない」などの単純な魔法であれば、「運動支配」レベルで
充分なのは催眠を少しでも知ってる方ならご存知なはず。いわゆる「超自然現象」も、
何が起こったかは各個人の感覚に委ねられているわけですから、感覚を支配すること
と、「術者がその現象を引き起こし、実際に起こった」という暗示で可能です。

例:突然、術者の命により嵐が引き起こされた。

→皮膚感覚が数倍敏感になる暗示のかかった状態で、少々の砂粒でも頬に当ててやる。
 「ほら、嵐だ、竜巻だ」と暗示を重ねれば、被験者は大嵐の只中にいる錯覚を覚える。
 集団に暗示をかければさらに効果的。

73 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 23:04:27 ID:5oEBRm/B0
>>72
ユング的に催眠術が超自然現象を起せるという見解ならば同意します。
催眠術で超自然現象が起きたと思い込ませる事も可能だと思います。

魔術も超自然現象も実在します。

74 :1:2007/09/23(日) 23:30:40 ID:AVgpWxBR0
>>72さん
@暗示は一度かけただけだと2時間くらいしか持続しません。
A「砂漠にいる」と暗示をかけても解いたあとで「砂漠にいましたか?」と
 聞いても「いや、ずっとココにいましたよ?」と答える、潜在意識の深層
 ではこれが暗示だと知っているからです。
B暗示をかけるといっても最終決定権は深層潜在意識が持っているので、
 本人が嫌がるものはかけられない。

などの理由から、一時は催眠にかかっていても後でインチキだと気付くと
思われます。

ちなみに長期的に暗示をかけるには繰り返しかけたり、暗示をループさせたり
といった手間がかかります。
催眠にかかっている事を忘れさせる事は出来ません。思い出せなくなっても後で
思い出します。
本人に不利な暗示がかかる場合はあとで「催眠にかかったから」と言い訳できる
場合や、テレビなどでちょっと恥ずかしくても、かかったほうが受けそうな場合
は深層意識が許可することがあります。



75 :67:2007/09/23(日) 23:55:54 ID:NOrb6Shf0
>>1さん
失礼しました。私は、過去に実在したといわれる魔法使いが使った魔法を説明
しているとお考え下さい。その上での反論です。

まず、昔の人ですから「催眠」なんて言葉も現象も理解していなかったと思います。
だから、不思議な現象を見せられたら(見せられたと思い込んだら)、「魔法」だと
思うはずです。実際、今ではなんてことのない科学現象も、それを知らない昔の人
から見たら「魔法だ!」となっているでしょう。

@「現象」が起こったと思い込ませるには2時間もあれば充分です。
Aヒーローが「これはただの幻だ!」と強い意志で暗示を跳ね返して「術」を破る
こともあります。ただ、一般人はそこまで強い意志が(昔の人です)あるでしょうか?
B『本人が嫌がるものは(ry』と言っても、それは何かを「させる」場合です。
催眠状態で「熱い蝋燭を垂らします」と言いながら水をスポイトで垂らされて、
「熱い熱い」とわめいてついには泣き出したという人がいます。
感覚については、嫌がろうとなんだろうと「かかる」可能性があるということです。

また、心理的に「権威効果」というものもあり、相手が「魔法使い」だと自分が
知っている場合、睨まれたり変な呪文を話しかけられただけでも、「何か」が起こるものです。

76 :1:2007/09/24(月) 00:33:24 ID:AX9Nh+Sn0
>>75さん
過去の魔術師たちの催眠術のことだったんですか。
すみません、そこまで考えが及びませんでした。

またこんな事書き込むと気分を害されるかもしれませんが・・・・。
>「現象」が起こったと思い込ませるには2時間もあれば充分です。

 2時間は思い込ませられますがその後思い込まされたと気付くのです、つまり
 有効時間が約2時間です(個人差あり)。
>ヒーローが「これはただの幻だ!」と強い意志で暗示を跳ね返して「術」を破る
 こともあります。ただ、一般人はそこまで強い意志が(昔の人です)あるでしょうか

昔といっても脳の構造が違うほど昔ではないでしょうから、深層意識の構造も
 ほとんど変わらないと思われます(深層意識は脳の構造上できるものなので)、
 ゆえに解こうと思ったら解けたと思いますが、解かなかったんでしょう。
>『本人が嫌がるものは(ry』と言っても、それは何かを「させる」場合です。
 催眠状態で「熱い蝋燭を垂らします」と言いながら水をスポイトで垂らされて、
 「熱い熱い」とわめいてついには泣き出したという人がいます。
 感覚については、嫌がろうとなんだろうと「かかる」可能性があるということです
 
 水をたらされて「熱い熱い」とわめいても自分には不利益にならないと深層意識が
 判断したのでしょう。
 ↑でもいったように深層意識はそれが水だとわかってるので許可したのでは?
 もしその時水ではなく「硫酸をたらす」といったら一瞬で催眠が解けて逃げる
 でしょう。
>また、心理的に「権威効果」というものもあり、相手が「魔法使い」だと自分が
 知っている場合、睨まれたり変な呪文を話しかけられただけでも、「何か」が起こるものです。

 今でも催眠療法師が使う常套手段ですね、権威に弱い昔の人達には効果は絶大
 だったでしょう。

77 :67:2007/09/24(月) 01:26:48 ID:KKBlJi1s0
>>1
根本的な部分についてだけ言いますね。
「昔の、魔法使いが行った所業についての話である」と。

数世紀以上前の話ですから、「深層意識」とか「脳の構造」などというものに
ついての知識は、少なくとも一部の超知識人(それこそ魔法使いとか錬金術師とか)
以外は全く持っていなかった時代の話です。
さらに、現代のように「科学的根拠のないものは信じない」立場の人はほとんどいない、
「魔術、魔法のたぐいは確かに存在する」ことを、それこそ潜在意識の中では皆が信じて
いた時代です(口では、「おらはそんなもの信じねぇだよ」と言っていても)。

なので「解こうと思ったら解けたと思いますが、解かなかった」というのは当てはまらない
と思います。

現在の未就学児程度の理解力で理解できない物を見たとき、それを説明できる言葉は「奇跡」か
「魔法」しかない、ということです。今、TVなどでクロースアップ・マジックが流行ですが、
我々はあれを「タネのある手品」として見ることができます。小さな子供は(個人差はあれど)
あれを見て「普通の人にできないことをする人」としか思わないでしょう。それと同じです。

だから、火薬の知識のない人の前で、「魔術師」たちが少量の火薬を使って手近な地面を
(怪しげな呪文と共に)爆発させたら、彼らにとってはそれが「魔法」なのです。
あるいは、光の屈折について知らない人の前で、煙を焚き、それに大きな影が映るような、
影絵のような感じで恐ろしげなモノの影を写したら、それは「魔法使いは使い魔を侍らせている」
と信じている人にとっては「使い魔の影」なのです。

自分より能力が高い魔法使いには術がかからない、というのは、その仕組みを相手も知ってるから。
現代人は、科学と言う呼び名でそれらの現象の仕組みを知っているので、やはり「魔法」はかかりにくい
だろうし、「魔法」が存在する前提で議論が進まない理由もそこにあると思っています。

長文失礼。不快に感じる方はスルーしてください。

78 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 03:19:06 ID:hLO8clIi0
催眠効果を一時的に行うのではなく理解している信念と催眠効果による後押し。
後押しはリミッターを切る。

催眠術と呪術のトランス状態。
それに知人がバリ島でハッパをやってアメリカの友人に乗り移って躍らせた話。


79 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 12:49:46 ID:5BNjLFoW0
おまじない。

これも民間に伝わる形式をとる、ひとつの魔術ではないだろうか。
もともとの魔術・呪術の類が簡略化し、伝えられているといった事で。

80 :魔法使い:2007/09/24(月) 16:12:47 ID:tdCk7QnlO
私の魔術は百発百中

81 :1:2007/09/24(月) 17:44:33 ID:w1aql9b60
>>77さん
結局「何をもって魔法とするか」って話になりそうですね。
このスレで答えの糸口でもみつかればいいのですが・・・・。


82 :1:2007/09/24(月) 17:51:21 ID:w1aql9b60
>>78さん
知人がかかったのはブードゥーですか?
出来ればどんな術式だったかしりたいです。


83 :1:2007/09/24(月) 18:00:53 ID:w1aql9b60
>>79さん
おまじないでも効果がれば、十分魔術といえますね。


84 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 20:03:44 ID:9aGWRs+dO
「痛いの痛いの飛んでいけー」
これは、暗示なのか?それとも魔術なのか?

85 :1:2007/09/24(月) 23:06:19 ID:Sf8586qR0
私が持ってる本のリストです。
   題名            著者           出版社 
光の手-自己改革への旅立ち バーバラ・アン・ブレナン    河出書房新社
図解 近代魔術       羽仁 礼             新紀元社
魔術-理論と実践      アレイスター・クロウリー    国書刊行会
魔法辞典          監修 山北 篤          新紀元社
魔導具辞典           同上             同上
魔法・魔術           同上             同上
悠久なる魔術        真野 隆也            同上
図解雑学 気の科学     佐々木 茂美           ナツメ社 
気の人間学         矢山 利彦           ビジネス社
スピリチュアル・オーラ練習帳 松村 潔            九天社
オーラ速観術        柳川 晶弘           公人の友社
催眠誘導の極意       林 貞年            現代書林
願いがかなうクイック自己暗示 フォーブス・R・ブレア   KKベストセラーズ
催眠術完全マニュアル    武藤 安隆           日本文芸社
ミラクル・アイ3D2    ジョージ3+鴨下 恵子      ぶんか社
ファンタジー3D      監修 吉田 憲次        日本文芸社

その他色々

        

86 :1:2007/09/24(月) 23:07:59 ID:Sf8586qR0
ああ、ずれてる〜
すみません読みにくくなってしまいました

87 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 23:09:02 ID:Bzg7bmkk0
>>82
私の仲間の間では術式は要りません。ヨガ、瞑想、音楽、トリップしている仲間なら
具体的な形式の呪術は無用です。

88 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 00:08:46 ID:eJ5yREIx0
ヒンドゥーの呪術師には必要ですがヨガ行者の通力に術式はありません。


89 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 00:54:36 ID:LL2EV2lSO
>>34
>>41
>>42
ファブリーズについて意見を述べたい。

霊を祓ったという話は聞いたことはあります。
以前、知り合いに「匂いは記憶の中でも一番鮮明に残るものだ」という話をしていました。
匂いを消す(脱臭などのメカニズムには詳しくありませんが)というのは、
霊にとって居場所を無くすとか、存在を薄くする
という効果があるのではないかと。

香を焚いたりという行為は古来より存在してますし
嗅覚は霊体において感じやすいものですかね?
第六感とかと比較するわけではありませんが。

90 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 01:46:24 ID:tocogLmXO
魔術では霊とかの力を借りるのになぜ香を焚いたりするの? 霊を寄せ付けないといけないのに?

91 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 02:15:58 ID:zlARdCQBO
特殊な香を焚く事で、トランスを誘発する

92 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/25(火) 02:41:32 ID:M3A2/O7/0
疲れているのでマジレスはしないで・・・・雑談の積りで気軽に書きますョ
アロマオイルで効果は感じた事があると思いますが、脳や神経にダイレクトに作用しますね。
香水とかフェロモンなんてのも言われていますし。

臭いは臭素の種類ですよ。香り成分。。。

第六感、霊体に影響しますね。臭いの実験で脳の測定をしたのを見ました。
鼻から大脳にダイレクトに刺激が行く。そして、イメージとか感覚というものが
臭いに関しては千差万別の脳の反応をするとか。オレンジの臭いはやる気とか疲れを取るとか
前向きになるとか・・・でもその時に脳で起きるモワモワの図形は指紋の様に皆違うとか。

インデアンの聖なる魔よけの葉もお灸のモグサも邪気を払う作用があるとか・・・
実際にお灸のモグサは気が満ちるし。

気分が簡単に○○モードになって条件付けが起せるのは確かです。東寺のブレンドお香が
売っていますが、あれを東寺で嗅ぐと東寺にきたなあ〜と実感しますし、他の寺でも常時焚くお線香を
定めている所が多いですね。

霊の出現の時のメカニズムとして生きている人間の装置を同調させて現れるというのがあります。
霊感の強い体質の人が2人とか3人集まると霊も現れ易くなります。その時に、
全員が霊の想念に感応して現れ易いように同調した周波数を磁場として表してしまっていて
それにシンクロして例が現れてくる。だから、悪霊、邪霊がシンクロし難い臭いとか
イメージの世界の想念体の周波数に三人の霊体質の人がなってしまえば、あの世的な
周波数だけに霊は引き戻されて浄化されてしまう。

清らかなお香→清らかな感覚→清らかな意識や想念イメージ→清らかな磁場
→邪霊の現象化できる場所が無い→立つ瀬が無い→臭いの効果と生き霊の効果

御祓いの儀式も以上の様なダブルトリプル効果であーる。

93 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/25(火) 02:52:46 ID:M3A2/O7/0
例えば、憑依して何かをしたい邪霊は、自分が1人では満足できない。
それで同調できる生き霊(生きている人間)に憑依する。それで自分の気に食わない
誰かに何か文句を言わしたとする。

これと同じく、霊がこの世に姿を現したり、この世の空間の座標軸上に存在する
為には憑依する身体や憑依する想念体とか憑依できる磁場が必要です。


94 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/25(火) 02:57:55 ID:M3A2/O7/0
これはスレに書き込みするにしても興味や意見の同調がなければ書き込む気さえ
起きないのと似ています。

という事で臭いはスレ違いを宣告して追い払うみたいな効果でーすW

95 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/25(火) 03:37:19 ID:M3A2/O7/0
(´;ω;`)この時間じゃレスが無くて さみしいゆ

96 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 05:08:58 ID:tocogLmXO
ワキガや屁のニオイが不快で人を寄せつけないのと何か似てますね。

97 :1:2007/09/25(火) 18:42:54 ID:Ztw3kY3Z0
>>96さん
気まずくなって居なくなるって事ですか?

98 :1:2007/09/25(火) 19:11:26 ID:Ztw3kY3Z0
香について適当にぐぐってきましたが、死んだ時に供えるやつは天国にいく
道しるべで、死んだ後に仏壇に供えるのは死者への手向けらしいですね。

「類は友を呼ぶ」の法則が霊にも適用されて、良い霊は良い香りの香を好み、
悪い霊は良い香りの香を嫌う・・・・・・・のか?

99 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 19:14:41 ID:zlARdCQBO
香というより、煙りに意味を見出だす事もある
もともとどちらが付属品かは分からんが、少なくとも煙草は、
宗教上、煙りに意味があり、祭司のような人しか吸えなかったらしい

100 :1:2007/09/25(火) 20:27:31 ID:rs68H5U+0
          祝!100レス突破!!!


101 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 20:42:40 ID:NehUXp3f0
>>99
実体があるんだかないんだか不確かな煙りに神秘性を見い出すのは自然な発想なんだろうな。
どこだったか咄嗟に思い出せないんだが、古代の宗教祭儀に生贄の脂肪を火にくべて煙りを神に捧げ、
肉は参加者に振る舞われるってのがあったと記憶してる。

102 :1:2007/09/25(火) 21:49:55 ID:rs68H5U+0
>>101さん
探したらありました↓
ttp://www.geocities.com/Athens/Agora/2105/lawmoses.htm

古代イスラエルのエボハ神に脂肪を燃やしてささげるとの事。

103 :破壊王子 ◆Ouji/1e.to :2007/09/25(火) 22:05:01 ID:wK+ucGvvO
良スレage!

104 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 23:03:15 ID:1YlbJZGy0
霊は物質の第四状態のプラズマの可能性があるって聞いたことがあります。
霊がいると温度が変わったり、
機械などが正常に活動しない
などの説明がつくと。


105 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 23:23:19 ID:zlARdCQBO
>>101,102
漫画の聖書で見た事あるが、生け贄を燃やすのは煙りを送ってたのか

106 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 23:47:44 ID:K1Fv2TVf0
>>105
神に捧げる=燃やす で
受け入れられる=煙が立つ

だとすれば、創世記でアベルの生贄(動物)のみが神に受け入れられて(脂肪で煙が多く立つ)、
カインの生贄(農作物)が受け入れられなかった(湿り気が多く煙が立たなかった)のも、理解
できるな。

107 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 23:55:22 ID:uc55oeL10
湿気てる方が煙はよく出るけどね…

108 :1:2007/09/26(水) 00:02:09 ID:1LfzecCM0
>>104さん
昔みた本に書いてあったことですが。

固体→液体→気体→プラズマ→エーテル→アストラル→メンタル→ブッティ
アートマ→モナド→ロゴスの順になってるそうで、→の方に進むにつれて
振動数が高いそうです。

振動数が高いだけでエネルギーが大きいというわけではなさそうですが、
影響(共振・同調)はあると思います。

ちなみに練習して最初に見えるオーラがエーテル層(青色)で、次に見えるのが
アストラル層(七色)です、その次が感情のオーラといわれるメンタル層で、
江原さんがよく見てるのはこの辺です(たぶん)。
前世を見るときはもっと深い世界に逝っちゃってると推察されます。



109 :1:2007/09/26(水) 00:09:50 ID:1LfzecCM0
私が見えるのはエーテル層までですが、うまく書いてある画像があったので
うpしておきます

ttp://monemonet.hp.infoseek.co.jp/ora.html

見えるときはこんな感じに見えて、肉体に追随します(残像だと追随できない)


110 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 01:35:59 ID:a9hzUSlWO
煙についてだけど
>>4みたいに殺菌殺虫作用があったり
燻製(保存食→腐らない食べ物)を作る時に使うのも
非日常的なものと見なされる理由の一つとして
考えられると思いますか?
何となく思っただけですが…

111 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/26(水) 01:59:38 ID:2SlgFnYg0
>>108
その振動の同調で霊は霊視されたり現世に顕現化するW

112 :鬼さんこちら:2007/09/26(水) 02:07:57 ID:LvSCvGJW0
魔術はないよ‥。あるのならば人類は滅んでますよ^−^^


113 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/26(水) 02:25:20 ID:2SlgFnYg0
>>112
憎しみが実現して滅んでいるとか?
それは人間・・・・・人類を悪一色に捉えた場合の結論だべ?

114 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 02:49:26 ID:c3pD54tr0
魔術が存在するために必要な条件や理論はあるものなのか?
たとえば多くの人が信じることでそのイメージの具現とか

115 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/26(水) 03:07:19 ID:uR35LPIQ0
>>114
そりゃ当然でしょう。
自然界に存在する全てに条件や理論があり、その範疇から除外されているものなんて
ありえないでしょう。

116 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 10:02:44 ID:fupEp9Tz0
悪の意識って、人類はいつごろから芽生えたんだろう。

117 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 10:56:47 ID:pBRdHehG0
>>109
普段から見えてる?
見えやすい壁背景と光条件のある所にいる時にしか見えないわ
アストラル層までみたいと思うんだけどからっきしだねぇ

118 :1:2007/09/26(水) 17:43:20 ID:who8WnTU0
>>117さん
普段は見えてません、天然の人は見たくなくても見えるんでしょうが、私は
練習して見えるようになったので気合入れて見ないと見れませんし、長くは
見れません。

私は曇り空がバックだと見えやすいです。

119 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 18:38:48 ID:pBRdHehG0
>>118
俺も同じだな。かなり限定された光条件なら自然と見えるけど
普段は意識しないと全く見れない

でもそこのサイトは参考になったわ。
色もないし、薄いし、見えても意味ないし
これがオーラだとは思わなかった。

120 :1:2007/09/26(水) 19:02:01 ID:who8WnTU0
【魔術・仮説】精霊魔術
今の世で一番被害を出しているオカルトは幽霊かなと思いましたので、幽霊を
使った魔術について考えてみました。

@強そうな幽霊・精霊・神のいるところ(心霊スポット)に行きます。
A霊視して幽霊と交渉します。
 何かをしてもらう代わりにナニカを渡すなどの交渉をします、たとえば黄泉醜女
 なら野葡萄と竹の子、ドワーフなら大豆を渡すなど。
B霊が交渉どうりの行動をしてくれた場合は対価を渡します、この時ケチっては
 いけません。

コレなら交渉・交渉相手しだいで色々応用が利きます、以下に例を挙げます。
@大宰府(福岡県)の菅原道真公(雷神)に会いに行きます
A「憎たらしいアイツに雷を落としてくれたら、梅の苗を捧げる」などと交渉します。
Bうまいこと雷が落ちたら、菅原道真公のお墓か大宰府天満宮に梅の苗を奉納します。

魔術ってこのパターンが多いですよね。

121 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 00:18:01 ID:VOlSJJwK0
>>120
それは悪魔に魂を売るのと同じ原理ですね。
まあ、悪魔を使役するのもある意味魔術といえば魔術ですが。

122 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 00:23:36 ID:WBgoNVxhO
以前、呪いは、被害者の思い込みだと聞いた事がある
それの例が、丑の刻参りだったが、その原理は>>120にも当てはまる気がする

123 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 08:26:10 ID:8NlLAXRQ0
>>120は悪魔に魂を売るのとは違うと思う
悪魔とかって西洋のキリスト教的なイメージだしな
もっと土着の呪詛とか式神とかに近い手法って感じかなあ。
何かに代理で呪いを代行して貰うっていうのか

124 :1:2007/09/27(木) 12:54:36 ID:QqZORMxc0
@の霊的な存在が悪魔で、Aで対価が術者の魂なら、悪魔に魂を売ったという
事になると思います。

コレもあてはまる
@神社・教会に行く
Aお願い・お祈りをする
Bお賽銭を入れる・寄付をする
正月とかみんなやってますが、↑で願いがかなわないのは霊的な存在をちゃんと
知覚しておらず、交渉ではなく一方的に願ってるだけなので意味がない。

前提条件として。
@霊的存在を知覚する能力(見る・触る・声を聞くなど)
A霊的存在と何らかの方法でコンタクトする能力(言葉・文字で書く・念を
 飛ばすなど)
B対価を渡す能力(物質的なものならいいが、霊的なものだと難しい)

などが必須と思われる。

125 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 12:58:06 ID:8pEgf0Xe0
>>124
@神社・教会に行くAお願い・お祈りをする
だけでも願いは聞き入れてくれる。
向こうの機嫌次第だけど。

126 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 13:09:41 ID:WBgoNVxhO
神社に行っても、神は願いを叶えないよ
そもそも、そんな能力がないんだから

127 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 13:42:41 ID:8pEgf0Xe0
そう信じたいならそれでいいんじゃね?

128 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 14:31:11 ID:WBgoNVxhO
いや、オカルトを否定というよりも、日本に密教が入って来て、
「坊主に頼むと願いが叶う」と「神を拝む」がごっちゃになっただけ
だから、神に祈って云々は、オカルト的なものですらない

129 :1:2007/09/27(木) 14:58:29 ID:D+iR+wWz0
神様ってあまり見たと言う人がいないし、交渉できるかどうかも怪しいですね。
やっぱり遭遇率bPの、心霊スポットに居る幽霊と交渉したほうがいいのかも。



130 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 15:34:13 ID:CaLG7BSe0
>>129
第六感は認識だという持論を下に意見申し上げますが、そもそも神とは何ですか?
人の数だけ神という言葉に対する認識が違っているように思えます

それと、貴方方のおっしゃっている"魔術"ですが、術を行った者自身にも、
全く無関係な他人にも見えるような術ってあるのですか?
他者が認識できていないのであれば、その術は効いていない、或いは術者が
一人で勝手に効いていると思い込んでいるだけなのではないかと思うのですが

131 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 16:22:58 ID:8pEgf0Xe0
>>128
それは勉強足らず。
信者が本尊に向かって祈り、霊験を示すのは古今東西あること。

132 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 16:49:02 ID:WBgoNVxhO
>>131
古今東西にあるのは分かるが、だからといって例外がないのか?
神の認識の違いもある

133 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 16:52:40 ID:8pEgf0Xe0
>>132
相手も機械や物じゃないから、色々な考えがある。
例外も当然あるだろう。

134 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/28(金) 03:51:47 ID:nFj1u9NF0
神社というのは神と名前が付けられていても、名前だけで怨霊のケースは多い。
それに低級霊や低級神霊は大宇宙の神からすれば低俗な過疎地方の臨時役人みたいなもの。

触らぬ神に祟り無しという言葉があるから、眷属的な神霊や霊との取引は危険なだけだ。
正当な神霊系の場合は取引では無い。

善行の故のプラスのカルマに対してプラスの報いを得るという構造の手助けはしてくれる。
この辺の構造はあっちの世界の仕組みを体験していかないと分からない。

135 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 04:43:12 ID:jhM9Eo/70
日本の場合ちょっと力のある霊ならなんでもかんでも祀って
神様にしてしまってるから面白いよね
八百万の神っていうけど実際にはそれ以上の数がいそうw

136 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 06:02:39 ID:eqOmRMdP0
>>134
善行とはどんな行い?

137 :1:2007/09/28(金) 18:22:10 ID:5PrPj/BH0
>>134南無如意輪観音明王さん
物騒な事を頼むときは、危ない霊との交渉もリスクも覚悟の上でって事で。

精霊みたいなモノって人工的に作れませんかね?だれか「霊的な存在を作った」
話を聞いたことありませんか?式神とかゴーレムみたいな。

138 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 20:38:44 ID:rlhg05E00
>>137
ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9B%E3%83%A0%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AB%E3%82%B9

真っ先に思いつくのはこれかなぁ。パラケルススのホムンクルス。
まあ、かなり眉唾物だが。

139 :1:2007/09/28(金) 21:57:05 ID:gOrk8thK0
>>138さんありがとうございます!!
しかしながらあまり有益な情報ではないですな・・・・。
ホムンクルスの製造法は女性の妊娠を模倣するもので、妊娠が「精液と体温と
血(月経から考案)」の三要素からなると考えられていた時代の、ただの未熟
な科学・・・・・・なのだそうです。
パラケルスス以外成功してないんじゃ使えないですし。

でもレスありがとうございました^^感謝です!!

140 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/28(金) 22:59:38 ID:EikSkUjL0
>>135
同意。

>>136
善行とはどんな行い?
自分の悪カルマを除去する。これは自分への善行。
他人の悪カルマを除去する。これは他人への善行。
世の中の不備を改善する。社会的善行。物や動物植物を大切にする。
祭祀に関して善を行う。道徳的宗教的善行。

善行をした数や質は個人の魂の能力をアップさせる。
その分が願いが通りやすい境地の高さになる。
幽霊や精霊や眷属の低中高級を用いるのではなく自分自身の霊格を向上して世界への
影響力を自力でゲットする。こういうのを導いてくれるのが先程の指導霊神の魔術の解説。



141 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/28(金) 23:00:37 ID:EikSkUjL0
>>137
>物騒な事を頼むときは、危ない霊との交渉もリスクも覚悟の上でって事で。
これは普通の人間界の事で考えると、クラスメートの意地悪を退治するのに893に依頼して
ボコボコにして貰った代わりに、一生893の使い走りの虐めに遭うとか・・・・
邪霊を駆使して退治するよりも自分が邪霊よりも強くないとやられてしまう。邪霊以上の怨念を
強く持っていたら邪霊に頼む必要も無い。フリーアクセスポイントみたいなものが宇宙には存在する。
これは術者は先ずそれにアクセスする。アクセスしていくとそこに眷属への指令システムがある。
そこから対象に向かって種類の違う眷族を駆使するという方法はある。その場合、眷属は意識の対象外。
言って見れば眷族は自分が操られているとは思わない。偶々何かしたかっただけだと感じる。
因縁の指令糸(意図)これを梵天網という。梵天網を使えば反動は基本的に無い。

>精霊みたいなモノって人工的に作れませんかね?だれか「霊的な存在を作った」
>話を聞いたことありませんか?式神とかゴーレムみたいな。
ちょっとした霊感や霊能者ならばアマチュアでも持っているでしょう。本人が意識しているかいないかは
別として。作ろうとして作るのではなく、霊格や霊意識、オーラーが強くなればにじみ出て外にも想念世界が
溢れて出てくる。私は幾つも持っていますし、スライドショーの様に形を次々と変えられます。リアルで
霊能があれば見えます。他者から見れます。霊能者ならば自然に目撃してそれを語ります。


142 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/28(金) 23:06:52 ID:EikSkUjL0
>>139
中国仙道で考えると人造人間の穂夢ちゃんは的を得ていると思いますが・・・・・私は普段は道徳的な密教実践を
主眼としていますが、神秘力としての神仙道即密教の不思議世界を極めたいですね〜その場合、社会変革の
道徳的実践仲間とは主眼とする目的が神秘そのものではないから、私としては場所を変えて神秘専門の語り場が
欲しい訳です。

神秘行に自己観察や善行という項目があります。神秘的な力を得るための道なのに善行や自己観察やらが
術の理解とか体得に必要です。

善人として善を行いたいという道があります。悪人や悪が迷惑で大嫌いだから社会を良くして行きたいという道です。
これもやっている内に神秘が関係してきます。神秘能力を欲するのではなく善を欲していたのに気が付くと能力が
付いています。真理が知りたいという知的探究心の道もありますし、善を為したいという道もありますし、神秘能力を
得たいという道もあります。そして御利益が得たいという道も有ります。どちらも道は円であり球であり、全ての図形であり
全体を修めないと極まれないものでしょう。

それでこのスレは神秘力を主眼にしているので私の全体のその部分が喜ぶ訳ですW


143 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 00:19:52 ID:Y1qzIZkr0
>>137
>精霊みたいなモノって人工的に作れませんかね?

タルパスレがそういうの扱ってたんじゃないかなーと思ったんだけど

でもあそこには変なお山の大将がいたから、自分は一度のぞいたきり

144 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 01:16:46 ID:4TpLuB8i0
>>122
亀レスですが、「呪いの本質は被害者の思い込み」というのはある意味事実です。
実は私は>>67なのですが、催眠術(=暗示)にも繋がるわけで。
呪いが結果を出す条件と言うのは、2つあると私は思っています。

1.ある行為が「呪い・呪詛」であると知られている(少なくとも被害者は知っている)。
2.その行為の対象が自分であると認識(思い込み含む)する。

例えば丑の刻参り。あれは「憎い者を呪うための行為」だと、普通の日本人なら知っています。
で、対象が誰なのかを特定するヒントがその中にあります。

丑の刻参りが「呪詛」として成立するメカニズム
1.五寸釘で打ち付けられた藁人形等が存在する。
2.被害者が、あるいは被害者の知り合いがそれを目撃する。
3.被害者自身の目で、または知り合いからの密告で「自分が呪われている」
  ことを「知る」(これは知り合いもグルだったり、加害者自身が行うこともある)。
4.ちょっとした体調不良(誰にでも日常起こりうる程度の不調)を、被害者が
  「もしかしたら、あの呪詛のせいかも」と思い込む。
  (実際に体調が悪くなくても、加害者や関係者の誘導により暗示にかかることもある)
5.加害者側は「効果あり」と見て、呪詛にさらに力が入る。被害者側は、さらに思い込み
  から体調を崩し、後は負のスパイラルへ。

「誰かに見られてはいけない」「他人に口外してはいけない」というルールの中、また
「俺は呪いをかけられている」とは他人に相談しにくい環境(一笑にふされる恐れ)の中において、
呪詛は成立します。

流れぶった切り失礼。

145 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 02:35:08 ID:EOhzaB9nO
魔術に神は関係ないよなぁ。神が介在したらそれは奇跡でしょ。(普通の)神よりは邪神、魔神、悪魔の方が魔法や魔術に近いとこにいる気がする。

146 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 02:35:53 ID:EOhzaB9nO
魔術に神は関係ないよなぁ。神が介在したらそれは奇跡でしょ。(普通の)神よりは邪神、魔神、悪魔の方が魔法や魔術に近いとこにいる気がする。

147 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 02:37:09 ID:EOhzaB9nO
魔術に神は関係ないよなぁ。神が介在したらそれは奇跡でしょ。(普通の)神よりは邪神、魔神、悪魔の方が魔法や魔術に近いとこにいる気がする。

148 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 02:38:50 ID:EOhzaB9nO
3連投ゴメン

149 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 02:40:06 ID:EOhzaB9nO
3連投ゴメン

150 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 03:05:34 ID:D+wY+TnJO
魔法や魔術も奇跡の内じゃないのか?

151 :M:2007/09/29(土) 03:33:36 ID:b0+Q8EHl0
>>147
お初にお目にかかります。
神に邪神も魔神もないと思います。それは人間が分類しただけです。
でも、堕とされた神が魔法や魔術をよく使うイメージがあるのには同感ですね。

水をさしてすみません。このスレ面白そうですので、覗きに来てしまいました。

152 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/29(土) 04:07:21 ID:z0fDT/x40
幽霊と悪魔のゴッチャ混ぜの概念の話しがこのスレで出ていた。
キリスト教にとっては天地八百万の神々は全て邪神邪霊と解釈される。
それで西洋魔術もキリスト教の背景があるのだから、他の宗教の神々はデーモンとか
デビルにされてしまう訳で悪魔や魔神を呼び出している積りの西洋人は
他宗教の神々は眷属を呼び出しているとも言える。

という事は・・・・魔術は悪魔、魔神に限定する感覚は作られたイメージである。
このスレの流れやテンプレからすれば、魔術=呪術、まじない、祈願、通力、など
催眠術も含めた超自然的な能力と考えて良いと思う。

何も呼び出さない超能力も気功師の能力も呪術として考えられるし、意識していないだけで
太極図を用いた呪術であるとも言える。

153 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/29(土) 04:15:32 ID:z0fDT/x40
魔神を利用するとしたら操り人形の糸と糸の固定されている十字の取っ手をゲットするべきだ。

誰かを逮捕させたければ警官に逮捕しろと命令するのではなく逮捕状があれば良い。
符呪術はある意味、逮捕状の様な作用だ。

154 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/29(土) 04:23:12 ID:z0fDT/x40
魔神が術者と面と向かい合って頼みを聞き入れるのではなく、魔神を無自覚無意識の内に
操作する操り人形にするのが正しい魔術。


155 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 04:28:01 ID:7wb/Dqh4O
言葉で縛る
式神みたいな存在として…って解釈した

156 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/09/29(土) 04:35:59 ID:z0fDT/x40
自分では自分の意志で何かをしたくなった積りでいる。
ところが誰かの意志を自分の意志だと思って操作されているだけという構造がある。

本当は食べたくも無いファーストフードを美味しいと思い込まされて消費させられている。
本当は欲しくも無いペットやブランド物を買いたいのは自分の意志だと思い込まされている。
それと同じ様に魔神も神々も眷属も偶々自分の意志で何かをしただけだと思い込むように
相手に気が疲れずに操作する糸と十字の取っ手がある。これを密教では光網とか梵天網という。
自然界の全てが自然に何々をしたくなったりしたくなくなったり、元々したり、元々しなかったり
という秩序を与えている光りのネットワークが説かれている。

金剛網とも言う。

これを用いると鬼神もまるで自らの気まぐれや運命に従ったかの如く、術者の意の侭に操作
されるとある。

157 :1:2007/09/29(土) 20:40:09 ID:v3kuU85P0
善行を行う事についてですが。

天仙になるには1200の善行を行い、地仙になるには300の善行を行えばなれる。
しかし善行を積み重ねる途中で1回でも悪行を行えば、最初からやり直しになる。
らしいです。
てことは仙人は梵天網が使えるって事?仙人が使う方術は梵天網を使ってる?

 

158 :1:2007/09/29(土) 20:58:49 ID:v3kuU85P0
善行の定義って曖昧ですね。
誰かにとっては善行でも他の誰かにとっては悪行かもしれないし。

たとえば、Aさんが病気のBさんに薬を買ってあげた、しかしその薬はCと言う
動物を殺して作られたものだったとすると、Aさんが行ったのは善行か?

Bさんから見れば善行だが、動物Cとその家族から見れば悪行になる。
つまり観測者の立つ位置で善か悪か決まるのって曖昧ねって話。




159 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 21:49:54 ID:D+wY+TnJO
なれないって暗に言ってるんだろ

160 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 23:43:08 ID:eYkwdvXx0
よく学生時代に「こんな勉強は将来役に立つことも無いだろう」と誰しも考えたことはあるのではないでしょうか?
完全な自己の推論でしかないのですが
魔術を理論付けながら可能とする手段ではないかと思います。

161 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 22:37:25 ID:/rT+H+sf0
どうゆうこと?

162 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 23:49:18 ID:u5w/cVME0
>>161
上での議論?に対して、
「(どんなに論議しても)(魔術師には)なれないって暗に言ってるんだろ」
という>>159への反論として、
「議論や論争、研究は無駄ではないよ」と言っているのが>>160なのでしょう。

163 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 23:57:57 ID:QgoD1FFE0
ああなるほど、そうゆうことね。


164 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 00:06:23 ID:QwrEf3WsO
>>162
>>160か?

165 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 00:13:20 ID:ZFYWBf1HO
漏れの後ろの1人に
白い髭の長い仙人さんがいるみたいだけど
(* ・∀・)

漏れが仙人みたいになる事は
あんまり望んでないみたいだお。

一応これマジレスね。

166 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/01(月) 02:40:59 ID:gZu+mKf70
>>158
ある修行者にとってはそれは真実です。別の修行者にとっては300の善行の後に
1の悪行を行っても、全てがゼロにはなりません。

300も1200も善を為したのに何故、特定の何か「悪」を為したのか?
そういう問いが修行者に突きつけられるのです。だから、本当に1の善を成し、
2の善を成し、3の善を成したならば、それは積み上げられていく確かな善の道です。

仙道も密教も師と弟子の関係で理解する道を説いているので、そこにある言葉の意味は
当然、修行を実践しながら突き当たる問題としての問いと答えのヒントです。
ヒントだっり問いだったり、答えだけが示されていたりです。
実際に後輩を育ててみれば、300、1200がたった1つの罪で台無しとなるというシチュエーション
が理解できます。また、別の記事もあります。足し引きの善悪の表です。
ポイント制度で善悪のポイントが付くから、50ポテントの善に5ポイントの悪を行えば
現在のプラスマイナスの功徳は45ポイントという計算の仕方です。

実際に長年努力してきたのにある時に露呈される大失敗の罪はその人の隠れた心根を示した
根深いカルマだったりします。そういう場合は今までの善は見せ掛けで、本音はこの悪心に
あったとなります。その悪心が露呈される為に大悪が発露されてゼロになった。
しかし、根深い大悪に直面できたのは300の善行がたとえ嘘から出たものであっても
800の善行が罪を隠しながらのものであっても、修行者という道を歩み続けた功徳ではあります。

だから、ゼロになっても、根本から総ざらいして一気に2000の善行を成し得る存在に
飛躍する事も出来るわけです。


167 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/01(月) 02:50:27 ID:gZu+mKf70
中国仙道で言えば、天界神仙界も無想と有想、色界と無色界、識界と無識界とに
階層が分かれています。術はもう術ではなく、究極のタオから起きた出来事として
起きます。

階層の下に人間界があり、そこから術者が上に関わり昇って為す術ではなく
術者は本来の空無の世界に繋がり、タオと一体になり、如何なる天神、神仙の力を借りる
事もなく目的を遂げます。

梵天網、金剛網、光網を用いた方法は世界階層の究極に入り、上空から雲を眺めて、天空に
張られている梵天網、金剛網、光網を動かす方法です。

168 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/01(月) 02:57:20 ID:gZu+mKf70
>>158
善行は曖昧ではありません。
薬でもって癒す治療するという行為にも善のレベルがあります。
動物製の薬は人間という上位の存在を治療する為に下位に位置する生物の犠牲の上で
作った薬なので、薬草を煎じた物よりかは善性質として比較すれば劣りますが
それでも人間を助けたい為に自分の財を用いて他人を救う事は十分に善行です。

その人が神仙を目指していて更なる善行をアカルマ=無反動=無カルマとして
善行したいならば、薬草を用いるべきです。更に善性質を高めたいならば、
自らが外気功治療を為し、患者にも内気功を指導し、道を説き病気に至るカルマの
霊視から反省点を指導する事です。


169 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/01(月) 03:00:26 ID:gZu+mKf70
>>165
何をその存在は望んでいますか?

私も隣人全員に神仙道を勧めはしません。人によっては無用の長物として
人間界の平凡な経験こそ魂の修行とするべきです。

170 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 03:13:43 ID:QwrEf3WsO
非凡な経験てなに?

171 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/01(月) 03:14:23 ID:gZu+mKf70
>>144
被害者の思い込みレベルの呪いの本質ではなく、貴方にとってのチャンスは
心理的な思い込みや暗示の範疇を超えた、超自然現象としての精神作用が
思い込みも暗示も何もなく対象者をコントロールしたり影響する能力が存在する
という事を研究対象にする事だと思いますよ。

暗示、認識、催眠など精神に作用する事柄が、もう一歩進むと超能力の訓練に関係してきます。
自転車を乗った事が無い人に催眠で乗れるという暗示をかけて乗れるでしょうか?

呪術の修行訓練には暗示だけでは成立しない部分が殆どですが、自覚しながら訓練しつつ
暗示的な行為を繰り返す事も必要です。

172 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/01(月) 03:16:04 ID:gZu+mKf70
>>170
神秘体験や神秘的な訓練は決して平凡な体験ではないので
非凡な体験です。

173 :1:2007/10/01(月) 18:26:26 ID:M643xndY0
南無如意輪観音明王さん
>>166は、善行を行う途中で悪行をちょっと行っても、今まで積み重ねた善行は
すべて帳消しになるわけではないし、無駄じゃない。 ってこと?

>>168は、善か悪かの両極端ではなく、善90%悪10%の行いもあるって事ですか?
善行の中にも多少の悪がある。  みたいな?


174 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 20:09:42 ID:4J8XwZ2c0
>>173
> 善90%悪10%の行いもあるって事ですか?
事故ったときの過失割合みたいだな

175 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/02(火) 08:27:36 ID:z+QVkcTg0
>>173
書いた通りなのでケースバイケースです。

善100パーセントか悪100パーセントかはまた範疇が違う問題でもありますし・・・

悪い事は何処までも悪い事です。
良い事は何処までも良い事です。
しかし、動機としての良い事でも知識が少なく誤解から与えた薬が毒ならば、
過失として他者を害してしまいます。

善悪は明確です。
しかし、出来事は複雑です。単一で存在する現象が存在しないように複合体である
現象の中で人間が動けば是非を付ける箇所は多く存在します。

思考と言語と感覚と行為の経路配線を正常に正す事が善です。
乱れが多いとそれらが無秩序に暴走します。それが精神の乱れです。
乱れたら言葉も行いも問いも乱れます。答えも乱れます。

真っ直ぐに成長するラインは真っ直ぐです。これを乱すと行為は正しく動機が邪とか
律動が乱れた世界となります。



176 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/02(火) 08:34:26 ID:z+QVkcTg0
西洋魔術のシンボルと言語や呪文はこれらの律動を乱して強めるのではなく
律動を正してまとめていく事でより強力な神の力がその人を通して成就するのです。

神を呼び出しても、悪魔を呼び出しても、願いは何か問われても、自分自身の頭で考える望みと
欲望の望みと口に出てしまった望みが別々ならば願いが聞き届けられても
満足は出来ないでしょう。

魔術師は自分の中の魔術的な道具と魔法陣を秩序に従って整えて配列していないと魔術は発揮されないでしょう。

魔術師はチャクラ術師であり、自身の身体宇宙の錬金術師です。


177 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/02(火) 08:46:15 ID:z+QVkcTg0
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1190061911/103-107




178 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/02(火) 08:52:55 ID:z+QVkcTg0
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189575504/634

179 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 10:51:00 ID:Oo6EGi2x0
>>175
究極的に問い詰めると善は愛、悪は存在の否定だよ

180 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 11:14:03 ID:Oo6EGi2x0
とりあえず>>130がスルーされた時点でここの連中は似非か

具体的に、例えば精霊を召喚したとしよう。
召喚した者には視えることが多数なのだろうが、無関係な人に
「それ」は視えるのだろうか。或いは視せることは出来るのか

また大勢の人がいる前でその"超自然現象"とやらは起こりうるのか?
起こっていても術者以外に認識できていないとかいうのは無しで
私も雲を消したり縁結びに成功した(という思い込み?)経験がありますが、
まだまだ魔術というものに関しては信じるに値しない。科学の方が偉大だ

181 :1:2007/10/02(火) 13:40:25 ID:1zSoh2XV0
>>130さんに関しては、スルーして申し訳ない。

あえて今答えるなら、やはり魔術が使える人にしか見えていないと思われます。

3Dの絵本を見た事があるとわかりやすいのですが、3Dの絵本は見方を知らない
人が見たら、ただのごちゃごちゃした模様です。
でもソフトフォーカスなどの見方を知っていて使える人には、立体的な絵が出てきて
模様が別のものに見えます。

魔術と3Dを置き換えると・・・・・。
魔術師「ほら!ココに3D(悪魔)を召喚しましたよ!ぜひ見てください!!」
一般人「はぁ?何も見えないんですけど?」
魔術師「いや、ソフトフォーカスで見ないと見えないんですけど・・・・・」
一般人「そんなもん知るか!!みんなに見えないなら無いのと一緒やんけ!」
魔術師「えっとですね、、まず視点を遠くにやってすこしずつ絵に近づけて」
一般人「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・見えんがな!!!」
魔術師「それは練習すると見えるようになりますよ」
一般人「見えるように召喚しろ!!」
魔術師「そりゃ無茶やでお客さん」
みたいな?
無いから見えないのではなく、見る努力をしてないから見えないのではないかと。



182 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 13:53:20 ID:8v+oqp+5O
自分でそう思うならば他者がとやかく言う筋合いは無い。

誰か本当なあるなら、教えて下さいと土下座しろよ。

それが嫌なら、お前の見解を良しとして、以後はロムる必要さえない。


183 :1:2007/10/02(火) 14:02:43 ID:1zSoh2XV0
あと、物理現象を伴う場合でも、見える人には幽霊・悪魔が動かした現象でも、
見えない人にはただ偶然そうなったようにしか見えない。と思います

>>180さん
私も工業系の人間なので科学技術の力は知ってますし、材料と時間があれば
建物を爆破したり、雨を降らせたり、失った体をある程度再生する事も出来
ます。
しかし今のところ魔術には出来ません。でもだからといって「未知のモノを
調べもしない」と言うのは、科学じゃないです。

このスレは魔術を信じる信じないは個人に任せて、魔術があると仮定してたら、
そこにはどんな法則があるだろうとか、どんな仮説か成り立つだろうとかを
語って、少しでも真実に近づこうとするためのスレ。でいきたいと思います。


184 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 14:03:13 ID:8v+oqp+5O
誰の目にも見える超常現象なんて幾らでもある。

お前の様に生意気な態度のヤツは日常でも良い体験から除外されているだろう。

ありきたりの中でも、運の善し悪しはある。
お前は科学板でも行け。

185 :1:2007/10/02(火) 14:20:31 ID:1zSoh2XV0
「学問・理系」の板と「学問・文系」の板はちょいちょいのぞてます

186 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 14:31:46 ID:8v+oqp+5O
あるか無いかと言うより、スレ違いだって事だ。

それと、お前にありますありますと家庭教師
やサービスマンの様に教えてやる筋合いがない。

お前は信じないならば、それをこのスレタイトルでやるなよ。
議論スレなら、レスして来ても、ここでは無視されて当然だ。

このスレタイトルがお前には見えないのか?
文字で書いてあるタイトルさえ見れない。
会話されている内容が見れない。

そんなお前は空気嫁。


187 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 14:36:12 ID:8v+oqp+5O
185にではなく、スレチと言うか、それ以前の事が分からないレス
しているヤツへだ。





188 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 14:58:02 ID:Oo6EGi2x0
>>183
違う。私が「科学の方が偉大だ」と言ったのはそういう理由ではない
科学は自らにも疑いをかける。しかしこういう類の話はあまりそういう話をしない

下地のない仮定話とか、仮説を立てる前にまだすべきことがあるだろうが
まずその"仮定"そのものを疑ってかかれよ。中途半端な考察スレは見ていて反吐が出る

189 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 15:05:30 ID:Oo6EGi2x0
>>1に回帰すれば

> @このスレは魔術や霊に共通する規則性などを見つけ、考察するスレです。 
"考察スレであるならば"各々の知識に長けた人間が万人に分かるようなレスをすべき

> A「ただなんとなくそう思う」程度でもOKです、検証はこちらでやります。 
検証方法やら何やらが未だに明記されていない。無責任な投げ出しではないか

> Bほかのスレで独自の仮説を語っておれれる方がいましたら、当スレに誘導してください。 

> C否定的意見を書く場合はなぜ否定できるのか理由を書きましょう。 
このスレはそもそも仮説を語る場所であるはずが、「○○ありき」で語ってる輩がいる

> D否定する理由を書いてない意見は荒らしとしてスルーしましょう。 
仮説に肯定する理由がないのだから、この条項は削除すべきではないだろうか

190 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 15:17:29 ID:8v+oqp+5O
お前、馬鹿だな?
魔女っ子アニメスレに行って同じ事を書いてこい。

全てのスレに疑いの信仰告白をしろ。

お前の心の病を他者に投影している事に気が付け。

疑う自分を疑え。

以後はスレチ指摘済みにてスルーだ。



191 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 15:38:54 ID:Oo6EGi2x0
>>190
スレチ以前にオナニースレの癖して考察スレを名乗るなと

192 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 17:00:55 ID:rzben6nM0
じゃあ見なきゃいいじゃん

193 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 17:06:50 ID:Oo6EGi2x0
>>192
今までの流れに対して批判するということは、当然全ての
レスを見なければなりません。思考停止もほどほどにしましょう

194 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 18:21:51 ID:6gPi8dc40
じゃあ、来なきゃいいじゃん

195 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 18:42:23 ID:8v+oqp+5O
魔法というメルヘンを楽しむスレです。
魔法が好きな人のスレです。
ハリポタを語り合うスレで理論だの言い出すヤツはナンセンス。

因縁付けて絡むのは止めろ。 見なければ良い。



196 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 18:59:36 ID:3pcWLzhm0
いま>>195がイイ事言った!!

197 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 19:21:11 ID:Oo6EGi2x0
>>195
>>1の意思を曲げるっつうんならお前も消えないと迷惑かかるぞ

198 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 19:35:18 ID:Xgegzr/R0
確かに>>1をどう解釈したら>>195になるのか俺も知りたい。
独自解釈もいいけど自分の世界が全てだと思ってほしくないな。

199 :1:2007/10/02(火) 20:45:54 ID:5WHiQPqV0
>>195さんありがとうございます
>>1で書いた内容は、初めてスレを立てたので何を書いて良いのかわからずに、
さぐりさぐりで書いたものですので、今のスレの進行とそぐわない部分があると
思います。
このスレは「法則や仮説を語る」と言う形をとった、意見交換の場所にしたい
と思って立てました。
まだまだこのスレは発展途上なので、スレの進行や雰囲気に合わせて多少ルール
が変わっても良いと思います。



200 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 21:24:13 ID:8v+oqp+5O
@は魔術や霊を肯定した上で語り合うスレという意味である。
だから、CDでは否定意見に関しては余程の理由を示さない限り荒らしとしてスルーだ。

心の病気のかまってちゃんは粘着できる対象を見つけるストーカーだ。
スレ主が、肯定している人が交流スレだと宣言すれば終わり。

以後は魔法は存在しない事を証明し粘着議論してくれる物好きを募集するスレを病気のヤツが立てて終了。


201 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 21:45:14 ID:8v+oqp+5O
あるか無いかの議論スレは既にパート数十でオカルト板に存在している。
考察と言っても、肯定した上での考察ならば趣味が深まり交流足り得るが、

否定を目的としている荒らしを相手として受け入れたら、

ソイツの自己満足と精神異常に構うだけのスレになる。

今迄は肯定した上での交流だが、議論スレにしたら、
論点も話題も全てが否定派の二名位の為に吸い取られてしまう。

スレ主は議論スレならば既に存在しているから、勝手に押されてあるか無いかの議論スレにするなよ。

魔法は存在しない議論スレを荒らしが立てたら良いだけだぞ。


202 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 22:04:27 ID:Oo6EGi2x0
>>201
必死すぎていくつかミスリードしてるじゃないか君
俺は考察スレとして整合性を持たせろと言っただけだ
誰も議論スレにしようなんて言ってないというのに誇大解釈も甚だしい

君は俺以上に正常な思考、考察を妨げる癌的存在のようだ


> @は魔術や霊を肯定した上で語り合うスレという意味である。
これを考察するにあたっての否定意見なんて誰がほざいたかな
肯定するにあたっての大前提をまず考察すべきだった筈じゃないのか?
具体的にはこのスレにおける定義などを色々と書くべきだったということ

> だから、CDでは否定意見に関しては余程の理由を示さない限り荒らしとしてスルーだ。
これは良くない。否定派にもある程度の発言力は持たせないと肯定派のオナニーになる

> 心の病気のかまってちゃんは粘着できる対象を見つけるストーカーだ。
納得できない相手に反論することの何が粘着なのか分からない

> スレ主が、肯定している人が交流スレだと宣言すれば終わり。
否定派の何気ないレスから新しい発想が生まれる可能性だってある
また肯定派は否定派を納得させるためにより整合性を高めることができる
@の前提を"理解できていない人"を荒らし認定、スルーするというのならば理解できる

> 以後は魔法は存在しない事を証明し粘着議論してくれる物好きを募集するスレを病気のヤツが立てて終了。
>>180も読めないほど日本語に不自由してるんなら俺と一緒に君も退場しようじゃないの?

203 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 22:09:54 ID:1mmyUudwO
以下、マイケル・スコットからの引用。
『星そのものには悪しき力はないものの、その表面には悪霊共がいて、人をたぶらかす。魔術や妖術の類はこれらの力によるものである』
事実、スコットはオリンピック闘技場を魔術による地震で以て破壊している(スコットがフランスの死霊占い師ゲベルと共に悪霊を召喚しようとした折り、大地震で闘技場が廃墟と化した)

204 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 22:19:38 ID:Xgegzr/R0
ID:8v+oqp+5O
妄想と決め付けでレッテル貼ってばっかいるとあんた肯定派からも
キチガイ認定されるかもよ(笑) 既に俺はしてやってるけど(^^)

205 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 22:51:49 ID:8v+oqp+5O
他人がオナニーするのが気に食わないと言っては、
知る限りの人間に粘着しては因縁を付けてくる
2ちゃんねるに徘徊する異常者はメンヘル行け。

206 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 22:55:08 ID:8v+oqp+5O
オナニースレが気に食わない精神病者はいらない。
他人が考察という言葉を使うと黙って見てられない病人はいらない。


207 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 23:06:39 ID:Oo6EGi2x0
>>205
気に食わない以前にここは>>1の立てた考察スレであって
オナニースレじゃないの。考察するからにはオナニーだらけという
危惧すべき状況は回避しなきゃいけないだろ常考
餓鬼じゃないんだからスレチ容認するようなレスするなよ

あと無根拠な誹謗中傷を以って因縁つけて来てるのはお前の方な
しかしまあレッテル貼りまくってくるあたり"本物の精神病患者"くさいな

まあスレチスレチ五月蝿い割りに俺もID:8v+oqp+5O(以下馬鹿)もスレ違いな
レスしかしてないから、馬鹿はともかく俺は消えることにするよ

208 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 01:15:58 ID:NfmOnutPO
207は比喩が通じない石頭だ。
ガチガチな馬鹿だな。多分知的コンプレックスから他人に絡んではオナニしている馬鹿だな。


209 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 01:45:13 ID:NfmOnutPO
日月神示part2
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189575504/679
このスレを荒らしている馬鹿が
審判の騎士とコテを付けて荒らしている。
この馬鹿オナニストーカーぶりを見てやってくれ。


210 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 12:44:22 ID:BN6hVgXY0
とりあえずAg+(制汗剤)の除霊効果に期待

211 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 17:32:39 ID:kqAxhlfE0
おねがい。言葉の汚い人たちはコテつけてくれる?

そうしたらNGワードにできるからさ

212 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 18:02:54 ID:NfmOnutPO
お願い、211は臭い決まり文句止めてくれる?

何も有益な書き込みもせずに、何を取り仕切ってんの?



213 :1:2007/10/03(水) 18:39:46 ID:5pXKhchS0
>>210さん
>>4>>34でも語りましたが、幽霊を祓うものと菌を殺すものが一致している
気がするので、殺菌効果=除霊効果?と言う仮説を立てました。

で、>>210さんのレスを見てて思いついたのですが、もしかして幽霊は細菌に
憑依してこの世に留まっているのではないかと言う仮説が浮かびました。

浮かんだのはいいが、肯定する現象が思いつかない。


214 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 19:52:26 ID:4DGnttrjO
病原菌を絵で現すのに死神を使う様な感じか

215 :1:2007/10/03(水) 19:58:01 ID:0v3QSHe80
>>214さん
バイキンマンみたいな?

216 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 20:03:19 ID:4DGnttrjO
漠然とした象徴だから、まぁ同じようなもんか

217 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 21:53:51 ID:zzOWIm3r0
>>1
思うのだけれど、「邪悪なモノを祓うものに菌を殺す物が多い」というより、
殺菌作用や除菌作用があるものに「邪悪なモノを祓う」イメージを重ねたの
ではないだろうか。
かつて、シャーマンが医者を兼ねていたことを思い出せば、そのイメージは容易。
「腹が痛い」という患者に「腹に憑いた悪いモノをこれで落とせ」と虫下しを渡す。
そうすれば普通に腹痛は治るわけだが、それを「悪い物が降りた」と患者も、シャーマン
自身も思い込む。その経験が重なって、統計的にそのイメージが作られるのでは。

218 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 22:16:14 ID:zzOWIm3r0
連投すまんが本来の話題。
上のほうであった「召喚された精霊は第三者に見えるか」についてだけど、
第三者に見せられなければ、「召喚した」とは言えないと思う。よって、
魔術や召喚術が存在すると言う前提であれば、「第三者に見せられる」。

まあそれには、召喚された精霊なり幻獣なりのイメージが文化的地域的に
共通して人々に認知されている、という前提条件が必要だけどね。

219 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 22:21:13 ID:4DGnttrjO
身代わりの土偶にも似た感じはあるかもしれん

縄文時代の土偶で、明らかにわざと壊されたとおぼしき物がある
それは、身体の一部を悪くした人の代わりに、
土偶の部位を壊す、呪術的な儀式だったと言われている

もちろん、今の常識で考えれば、それは儀式的な意味しか持たない
だけど、その思想の根底には、怪我=悪しき者と考えてるからこそ、
身代わりって考え方が出来たのかもしれん

220 :1:2007/10/03(水) 23:23:27 ID:E/hleXt60
>>218さん
「第三者」が幽霊とか見える人で、幽霊を召喚したら見えるんだろうけど。
誰か実験やってくれないですかね〜?私は霊感ないし召喚も出来ないし。

>>219さん
>>5の法則を使えば多少の効果は出るかもしれませんね。


221 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/04(木) 00:36:38 ID:U70hlI040
>>213
邪気が漂う場所、邪霊が漂う場所はかび臭く陰湿であるから、昔から穢れは総称であった。

>>219
お祓いは効果がある。ひな祭りも節句も元々は身代わりの儀式。

>>220
簡単に現象化できるようになったら、地獄の霊達は人間界に簡単に干渉が出来る様になる。
だから、顕現させるにはそれらの結界と言う禁を破る事になる。
万人が顕現という体験を味わう権利とか因縁は持っていない。

霊の物質化としての視覚化は許可された魂しか遭遇できない。それが神秘修行者に必要な
功徳のと霊体験の権利というものだ。

222 :携帯だけど218:2007/10/04(木) 12:01:24 ID:iHZH39etO
>>220
召喚という行為にはその物の支配が前提条件。支配のためには封印(または創造)と名付けが必須。
幽霊は生前からの意志(怨念)と名前を持っているから、支配はそのままでは困難かも。
一度それらをチャラにして支配させられれば召喚もできるだろうが、それはもはや幽霊ではなく、ただの精霊かもしれない。


223 :1:2007/10/04(木) 18:24:08 ID:uhN9oQF30
>>221南無如意輪観音明王さんに質問。
私にオーラや霊が見えない(見えにくい)のは徳がたりないからですか?

>>222携帯だけど218さんにも質問。
名づけはわかるけど、封印(または創造)ってなんですか?



224 :218:2007/10/04(木) 21:33:12 ID:IBThf4Dh0
>>223
「封印」というのは、飼い犬に首輪をつけるようなもので、その幻獣(あるいは精霊)に、
所有者が誰なのかを知らしめること。「創造」はそのまま、その幻獣なり精霊なりを、
作り出すこと。どちらも「支配」に繋がる行為。

225 :求む アセンション指導員:2007/10/04(木) 22:36:16 ID:hqN9ZFfU0
求む アセンション指導員
時給 五百円
面接 明日の午後2時〜
履歴書持参
場所 明治神宮前 神宮入り口
服装 自由
ヒゲ OK
男女不問
年齢不詳


226 :1:2007/10/04(木) 23:13:02 ID:qHoL175m0
>>224さん
回答ありがとうございます!

227 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 23:23:48 ID:IBThf4Dh0
>>226
西遊記で、孫悟空の頭につけられた金色のわっかをイメージするのが分かりやすいかも。

228 :グレン:2007/10/04(木) 23:30:25 ID:cOeRfM7q0
ここ面白そう〜ワタシも参加しよ〜っと

229 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/05(金) 01:14:38 ID:1Otv00+s0
>>223
オーラーを見て何がしたいのかとか絞る方が良いと思います。
霊視は見えて当たり前だとすると、日常では邪魔ですよ。
神秘力の獲得の為の一番目立つのが霊視です。念力は直ぐには無理でも
霊視ならば先ずは出来そう・・・・とかいう思いがあるからだと思います。
正統なインドの八大ヨーガ大系だったら、修行項目を全部こなすわけです。
それで霊視の訓練もします。
霊視の訓練の為には生まれつき・・・・つまり、前世の修行因縁が生まれたときから
成果として出ているだけの事、生まれつきでないならば、修行します。修行の方法は
徳の1つとしては毎日コツコツと訓練をし続けるという事です。継続の徳は善徳ですが、
生活を律して自分のコントロールが出来ないと毎日続けられませんし、探求し続けられません。

アジナーチャクラの開発訓練方法は簡単です。
しかし、下準備が沢山必要です。アジナーに通じる経路が塞がっていたら、電流は少ししか流れない
CCDカメラです。電流を増やす事と微調整が出来ないとショートします。

想念体の穢れ恐怖、無知、拘りがあればアジナーにも雲がかかっています。

透明な心は呪術に必要です。地獄に落ちる呪術は逆の原理です。曇り澱みが強くて、邪念が強くて
悪霊と結託したり悪霊に食われながら操作されて手先になります。

だから、透明になって拘りの無い心に成るためには善行と功徳が必要です。
神に近付けば、神的な能力も近付きます。


230 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/05(金) 01:15:33 ID:1Otv00+s0
霊能力がある≠徳が高い
徳がマイナスで霊能力あり=地獄方向に引き摺られる。
徳が無いのに能力を獲得=魂の穢れ呪いを条件に自分の寿命や幸福を担保に入れてしまった。

質問、徳がなくても能力だけ付けたいのですが、可能ですか?
答え、可能です。ただし、地獄に向かいます。

質問、徳が無くても能力だけ機械的に付けられますか?
答え、限定的に能力だけ付けられます。しかし、失うものが大きいです。

質問、徳が無いのに能力を付けられたとしたらペナルティーはありますか?
答え、非常に多くのペナルティーを背負わされます。徳無しの霊能は悪魔かその手先となります。


【霊能力を何に使用するか?】
能力に徳を無視して固執した場合は=紛失物を霊視する。


徳を積む場合は紛失物をしない運命になる。

境地が高いけれど霊能力は縁が無いが運が良い。
境地は低いが霊能力があるが物質的な反映はあるが孤独で家庭運が無い。



231 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/05(金) 01:18:07 ID:1Otv00+s0
境地は高い
霊能力も高い
運も良い
物質的にも恵まれている
家庭運やプライベートでも幸福な人生である。
修行も善行も積み易い環境。
この世的な娯楽も充実している。

これがベストW


232 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/05(金) 01:22:42 ID:1Otv00+s0
【893と幽霊】
幽霊はゴースト、ゴーストとデーモンの混同には理由がある。どちらも不成仏霊だから。
匿名掲示板で個人情報を晒したくない理由は?
893の事務所に自分の個人情報と顔写真を自分で喜んで置きに行きたくない理由は?
つまり、幽霊、悪霊、邪神の類を呼び出したくない理由は、進んで893や殺人鬼に自分の
個人情報を教えたくないのと同じ事です。そして、直接、そういう邪悪な存在と顔も住所も
面と向かって知り合いになり、以後は悪霊さんと因縁が結ばれてぞろぞろと押し寄せてこられては
困るからです。自分が遊び半分で呼び出し続けてそういうのを呼び込めば今生だけでなく死後も
引き摺られて延々と付きまとわれて霊的なリンチに遭い続けます。

善と功徳を積みながら知り合う霊といえば守護霊、守護神です。どうせ神秘的な力を手に入れたいならば
正当な道で堂々とゲットするべきです。ミイラ取りがミイラになるように、霊的な何者かを支配しようとする事は
常識的な霊道から逸脱して魔道に落ちる行為です。

志の故に眷属として行者や神仏菩薩に尽くし使役される事を望んでいるならば別として
そうでない魂を騙したり、力で強制したりして使役霊としたら、カルマの反動がある。

行者守護の誓願霊や神仏から任命されている使役霊の眷属は自身の善徳とカルマの清算の為に
その魂の意志も天の掟にも背いてはいない。こういうケースは無理して呼び出したりするものではない。


233 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/05(金) 01:32:20 ID:1Otv00+s0
>>228
グレンさん乙!

実験的な仮説を楽しめるスレなので私も暫く参加しています。

234 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 07:48:33 ID:o6sN4sIJO
混乱を避けるために、仮説を展開する場合は明記しよう。引用の場合は出典を明記しよう。
なんか仮説を既知の事実のように話す悪徳宗教団体の説法みたいにならないように。

235 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 16:16:45 ID:pITvzRiD0
>>234
一体何を混乱するんだ?
これは仮説ですって書きなさいって事か?
引用ってお前、魔術や霊の存在自体が仮説止まりなんだから
出典が有ったとしてもそれも仮説止まりだろ。

お前馬鹿か?
魔術と霊に関して既知の事実があるのか?
有るならばお前が出せよコラッ!

このスレの内容は全部仮説という事だろうが!

お前自身が仮説ではない事実の出典でもしてみろよ  ばーか!

お前は悪徳宗教団体の説法ってなんだ?
魔術それ自体が優良団体なんてものがあるのか?

お前自身が見本を示せよ。仮説でなく、出典を示して、優良団体の説法みたいなものを
やって見せてくれ。

説法じみて気に食わないとかお前の個人的な不満があればそう書けば良いものを
屁理屈抜かして馬鹿だな。


236 :1:2007/10/05(金) 18:40:34 ID:0TpZc1Jo0
南無如意輪観音明王さん
細かく説明してくれてありがとうございます!

私がオーラなどの霊視能力がほしいのは、魔術や幽霊などのオカルト全般を調べる
にあたって、より変化がわかりやすい霊視能力がいいかなっと思ったのです。

とりあえず徳を積んで損はないと思うのでやってみようとおもいます。

237 :1:2007/10/05(金) 18:55:17 ID:0TpZc1Jo0
>>228グレンさん
楽しんでいただいて光栄です。

「ただのカン」みたいな仮説でも、ガッツリ練りこんだ渾身の仮説でも大歓迎です。
鋭いツッコミを受けるかもしれませんが、そこは自分の仮説を良いものする貴重
な意見として受け入れて下さい。

238 :1:2007/10/05(金) 19:10:02 ID:0TpZc1Jo0
>>234->>235さん達
とりあえず
@出展元を書ける場合は書き込む。
Aリンクを貼るときは2ちゃんねる内ならそのまま全部、2ちゃんねる以外は
 頭文字を消して貼る
例1:魔術や霊の法則・仮説を語りましょう
   http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189864447/l50

例2:Google
ttp://www.google.co.jp/

こんな感じでどうでしょう?

239 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 22:17:15 ID:LM7hxwqb0
>>238
>>235はID:8v+oqp+5Oだろうから無視した方がいいよ
せっかくスレの方針に助言してくれた人がいたのにこの人の
我が強すぎるせいでどっかに行っちゃったみたいだしね

240 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 23:02:31 ID:9iEadMVq0
南無如意輪観音明王さんは
どこの宗派で教わったの?

241 :親しみをこめて名無し:2007/10/06(土) 01:34:46 ID:9ecA8Hiu0
みなさん、こんばんは
>>1さん、
>@このスレは魔術や霊に共通する規則性などを見つけ、考察するスレです。

ほとんど素人ですが、ちょっと興味があるので寄らしてください。
何故人間は魔術を志すのかを考えると、どうやらそこに知る人ぞ知る「力」「霊的潜在能力」の開発に
深く関係しているからだと考えています。「生活の知恵」の発展形として、魔術は人々の暮らしや人生を
より有意義なものにするために役立てられてきたと思います。
たとえば占星術はその良い例だと思います。人の運命を予知し、災いを避ける効能があります。
また人の病気を治すために薬草などが古来より使われて来ましたがそれも魔術の一種と考えられていた
と思います。これらは魔術を行う者の精神が清らかさを保ち、善意から発した魔術であるという前提に
ある場合です。

邪心から発したものは、より利己心的な目的のために霊的な力が利用され、それは他者を不正に貶めたり
その地位を剥奪したり、妨害したり、病気にしたり、事故を起こさせたり、人の命や運命に不正に危害を
加えるなど、善の活動とはまったく反対の活動、すなわち罪、カルマを作るケースです。

故に魔術を志す者はより至高なる善と真理の探求者もしくは修行者でなければ
ならないとどこかの本で読んだことがあります。

242 :親しみをこめて名無し:2007/10/06(土) 01:42:30 ID:9ecA8Hiu0
>>57 如意輪さん、
>悪人の心を捻じ曲げて改心させたり罰するケースは白。
>死罪に値する悪を働いている悪人を霊的にあの世に送るのは白。
>白は善と正義の為に力を使う。

白魔術の説明、分かりやすいです。
白を行うには、かなり精神性が極まった魔術上級者である事が必須なようですね。

243 :親しみをこめて名無し:2007/10/06(土) 01:56:08 ID:9ecA8Hiu0
音楽を使った魔術にも興味があります。
心の癒しによくアルファ波音楽が使われていますが、精神の波動と共鳴し、調律してくれる
からだと思います。
またネガティブな現象として危惧されるのは、音楽関係者の中には薬物依存などが多く
見られることです。これは音楽による創造性の発揮(魔術)を穢れた欲で使用してしまった
ケースに起こりがちだと思います。

244 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/06(土) 02:13:25 ID:8fBts1rV0
>>236
どうもW
例えば、ある国が反政府ゲリラに占領されて新政府が出来たというニュースを
目玉で目撃するのが肉視能力です。ところが未だそんなニュースを見ていないし
ゲリラのゲの字も始まっていない時期にそのニュースをビジョンとして霊視するのが
予知的霊視能力です。

そして、ビジョンを見ていないのに知っているのがビジョンを見てから知るよりも優れています。
有想予知に対して無想予知能力です。更に説明すれば無想既知能力とでも言いましょうか・・・
未来は無想予知の出来る人にとっては予知ではなく既知の領域として知覚されます。

逆説的ですが、

肉眼で見てから知る人<霊視で見てから知る人<何も見ないのに知っている人

となります。

これは魔術でも同じです。

召喚する人<召喚しないで出来る人<何もしないで目的を遂げる人(梵天網)

徳を積むと言うのは優秀な心になるという事で、優秀とは優しく繊細な心という事で
冷たく鈍感な心の人の睨んだ顔で呪術をやろうとしているよりも、繊細で優しく機敏で
頭が良く洞察推察能力があり、物事に精通するのが早い人になるという事です。

見よう見ようとしないで敏感に繊細に感じようとして行くことが自ずから見えるようになりますし
見ても見なくても分かる人になります。


245 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 02:17:22 ID:lSuvGFqw0
ふかいな。。。

246 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/06(土) 02:24:08 ID:8fBts1rV0
霊的な893の様な悪魔、悪霊、邪霊の類と縁が深まって使える様になる呪力は
自分がそれらの類と同質になり落ちて行っているのです。地獄に近付いて能力を身に付けても
その魂は暗黒に落ちていて呪われているのですから、損は有っても得は有りません。

徳こそ得ですし、全ての謎を解くです。

繊細に敏感に神に近付けば、神の子、仏の子としての能力は相続されます。

247 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 02:29:45 ID:iCqnrtON0
どうせなら、全チャンネルが見れたほうがいいんじゃないの?
NHKしかみないって人もいるんだろうけど。

248 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/06(土) 02:30:26 ID:8fBts1rV0
>>240
真言宗醍醐派、豊山派、智山派、高野山真言宗、
本門仏立宗、日蓮宗、
曹洞宗、
浄土真宗教などに縁がありますが、己心中の自然智が元です。

249 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/06(土) 02:32:56 ID:8fBts1rV0
>>247
全チャンネルというのは無想既知を部分として受取っているから出てくる言葉です。
無想は地獄から仏界まで全てを含みますが、地獄の魔術は天界や仏界は含みません。

250 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 02:33:16 ID:iCqnrtON0
>>248
真言宗というのは良く分からないけど
天部が最も得意で、専門とする行者もいるわけですよね?
彼らは境地が低いのでしょうか?

251 :親しみをこめて名無し:2007/10/06(土) 02:35:58 ID:9ecA8Hiu0
>>246
>霊的な893の様な悪魔、悪霊、邪霊の類と縁が深まって使える様になる呪力は
>自分がそれらの類と同質になり落ちて行っているのです。

西洋の昔話に出てくるような魔女はしゃくれあごのイボだらけの恐ろしい形相を
していたりします。これは「邪な心で魔術を使用している」というレッテル貼りだと
思います。故に地獄に近い存在として醜く描かれるのではないかと想像しています。
また魔女裁判が横行した時代に人々に悪いイメージを焼き付けるためであったかもしれませんが。

252 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/06(土) 02:38:20 ID:8fBts1rV0
>>241
親しみをこめて名無しさん、どうもW

>故に魔術を志す者はより至高なる善と真理の探求者もしくは修行者でなければ
>ならないとどこかの本で読んだことがあります。
霊的な法則としてカルマの法則は東西問わず認められた法則でしょう。
当然、呪術に関してもカルマの法則の外には無く、悪心、邪道の心で術を行えば
どう防衛してもカルマには勝てず逃げられず裁かれます。正統に霊的な能力や魂の能力を
開花させる以外に魔術はありません。有ったとしても痛い目に遭うならば術は失敗しているのと
同じ事です。


253 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 02:41:33 ID:iCqnrtON0
>>249
無相既知は究極的に悟った状態ですよね。
術と異能の習得のバリエーションは境地の高さと無関係ですかね

254 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/06(土) 02:48:38 ID:8fBts1rV0
>>242
悪人は何時も霊的にあの世に送りかえらされています。
囚われなくそういう作業を地上にいながら行うケースもありますが、基本的には
霊界の仕事です。

霊界と交信しながら地上で連携プレーをする役目も有ります。
悪を裁く為の術は境地が高くても中程でも低くても行うべき事です。
自身の悪と他者の悪を裁き滅ぼしつつ、浄化し成長を促すのは呪術師としての
役目です。少なくとも真言行者ならば境地の大中小に関わらずやらなければいけない
事です。

255 :親しみをこめて名無し:2007/10/06(土) 02:53:53 ID:9ecA8Hiu0
>>254
>悪を裁く為の術は境地が高くても中程でも低くても行うべき事です。

なるほど。桃太郎の鬼成敗の話に猿、犬、雉が出てくるのは境地がそれぞれ違えど
鬼という邪なる存在に、協力して立ち向かい成敗するお話に通じます。

256 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/06(土) 02:54:42 ID:8fBts1rV0
>>250
一概に何々をする人は低いとか高いとか言える項目と言えない項目があります。
低い次元でもその魂にとって必死に依頼者の願いを聞き届けるために加持祈祷するのは
命懸けです。そこから様々な事を経験して学ぶ魂も有りますし、学びが少ない魂も有ります。

因縁によって人によりけりの人生の課題があるので、高いか低いかは一概には言えません。
加持祈祷せず座禅して静かに悟りを目指していた行者が天の命により、人々の願いを引き受ける
加持祈祷の行者にさせられる場合もあります。その逆もあります。千差万別です。

257 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/06(土) 02:56:46 ID:8fBts1rV0
>>255
そうです。悪人も善人も凡人もあの世に毎日送りかえらされています。
地上での命ある限り、善を成し境地を高める事と神秘を学ぶ事は必須項目です。

258 :親しみをこめて名無し:2007/10/06(土) 03:02:28 ID:9ecA8Hiu0
>>257
錬金術は鉛を金に変える魔術(もしくは化学)だと聞いています。
しかし、人間の精神の変容、進化こそが成就されるべき対象としての魔術であるとも。
そういう意味では命ある我々人間が毎日善の徳を積み、魂を清め、境地を高めることと
神秘を学び、魔術を習得実践することと平行的に考えるべきだという事でしょうね。
いろいろありがとうございました。この辺にて、失礼します。

259 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 03:06:03 ID:iCqnrtON0
>>256
一般社会で宗教的な啓発とは無縁な人間と
修行を重ねた行者では死後行く場所や転生の種類も違うのですか?

260 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/06(土) 03:11:32 ID:8fBts1rV0
>>253
有想霊視も出来て、無想霊智も出来る。バリエーションを増やす事に意識を向けて
霊界に帰った時にハタッと気が付く。自分は何をやりに地上に降りたのか?
天が望む事は何だったのか?
自分の魂が決意した目的は何だったのか?

これらもその魂のレベルによって違います。
限定解除の魂に目的は無く、自由です。

だから何をその魂が実現したいのか?
個々の魂にとって最良な生き方を生き遂げる事です。

完全に特異能力を全て開花した存在が何を目的としてそれを使うでしょうか?
本人にとっては呼吸するよりも当たり前の能力にはどんな魅力があるでしょうか?

特異能力の獲得に全てを掛けている魂とそうでない魂と魂の世界では是も非もありません。

人間界的に見たら能力は全て持つ事が良い事に見えるかもしれないし、そうでないかもしれません。

>術と異能の習得のバリエーションは境地の高さと無関係ですかね
という事で、ある魂の群に於いては境地が高い方が絶対的に術に秀でます。
しかし、ある魂の群に於いては境地の高低とは無関係です。これは幾つかの
ケースを具体的に書かないとダメですね。上に書いてある内容から、上位の
魂にとっては地上での術は無関係です。低位の魂にとっては境地は有関係です。


261 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/06(土) 03:16:14 ID:8fBts1rV0
>>259
宗教とは無縁でも境地の高い人はいます。
宗教とは有縁でも境地の低い人はいます。
ある人生で境地が高く宗教に携わっていた人が転生して宗教と無縁な人生を
試みて自分を別の角度から磨く道を選ぶ事もあります。天によって命じられる
場合も有ります。

これも一概に言えない事です。一般論としては宗教や精神性に目覚めた人の方が
目覚めていないよりかは良いですが、目覚めているから普通人として暮らす道を選択する
魂もいます。

262 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 03:22:32 ID:iCqnrtON0
>>260
限定解除の魂とはなんですか?

>>261
想像がつかないですね。
確かに偉業を成し遂げるような人物なら
霊的な器量すらも兼ね備えてるように見えることがありますが
ちなみに境地の高さはオーラによって見える、感じられるものなんですか?
例えばイチローなど。

263 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/06(土) 03:25:11 ID:8fBts1rV0
例えば、霊視能力者が人類の未来を見ようとしても限界がある。
2000年代に未来を見渡そうと霊視してみる。

ところが生まれる前から2000年代もそれ以降も既知として知っている魂がある。
別にビジョンを一々見ない。例えば自分が生まれ育った故郷の村がある。
ビジョンを一々見なくても全てその村の風景を知りえる限り知っている。
言われればあそこはああだと語り見ることも出来る。

滑稽なビジョンは良く見る。飛躍して飛躍して飛躍しぬいた先から見た世界は滑稽だ。
そして、見当違いの努力で辿り着こうとする魂達が見える。

264 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/06(土) 03:30:06 ID:8fBts1rV0
>>262
限定だらけの魂の逆です。限定だらけから一つ一つ解除して飛躍して飛躍して
更に飛躍して飛躍しぬいた末にその魂は何を見て何を見ないのでしょうか?

限定解除の魂を自分自身に照らして、願いが適い適い適い適い続けた先に居る
貴方自身は何処で何をしているでしょうか?途上で望んだ望みと質や形は変容している
でしょうか?同じでしょうか?

自分でも各自が魂の望みを適え続けた先にあるものを想像してみたら良いと思いますよ。


265 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/06(土) 03:41:56 ID:8fBts1rV0
>>262
偉業を成し遂げる魂としてではなく、近所の豆腐屋のおじさんとして、トラックの運ちゃんとして
何気ない隣の主婦として生きている様な平凡な生活者の中に高い境地の魂が転生する事はあります。

オーラーの話ですが、姿形は凡俗というか年収やらステータスで言えば平均以下の身なりの親子が
大都会を歩いていました。おーっと驚くちょっとレベルの桁の違うオーラを全員が放っていました。
あれだけの境地とオーラを持っていてもスペシャリストとしては生きないでしょうね。
次元が違う魂が旅行に来たという感じでした。


266 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 03:43:32 ID:iCqnrtON0
>>264
他人や公共の望みや願いをかなえたり助けたりしてるのかな。
宇宙の隅々まで旅をしたり・・・
それすらも超越した先?完全な空性への回帰ってことかな

267 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 03:48:56 ID:iCqnrtON0
>>265
なんだかんだで行をやってるとかじゃなくってですか?
宇宙人みたいなものですかね


268 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/06(土) 04:06:30 ID:8fBts1rV0
飛躍について別の角度で書いています。

[2007] クォンタムリープ [9/18]
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1190061911/116-119


>>267
修行というレベルを超えて余裕のある魂でしょうね。
かなり高度な宇宙人とかその家族は自分達のオーラや境地に対して無頓着ですね。


269 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 04:25:17 ID:iCqnrtON0
>>268
そのような魂は霊的な視聴覚は当然あるし、
異界への行き来も自由なんですよね?

人外がこの世に行き来して、成りすましてるようなものじゃないんですか?
宇宙人も我々の次元とは違う、異界の存在者という見解がありますよね
UFOや宇宙人を見るときは、霊現象と似たような傾向があるらしいじゃないですか。

270 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/06(土) 04:53:23 ID:8fBts1rV0
成り済ましの存在も居ます。私が先程、書いたのは受肉して生まれた方法で旅行している
人たちです。

飛躍の彼方についての考察は貴方自身で少しだけ書いた様ですが、もう少しやってみては
どうでしょうか?


271 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/06(土) 05:00:25 ID:8fBts1rV0
>>269
そこから先の話は常識的なこの世の大地から離れる事になりますよ。
別のセクトとして語るならば良いですが、この話題の流れからだと飛び過ぎです。
しかし、飛躍の話をしていた所だし、少しだけ飛躍して禁を破るかな。。

ちょっとイメージしてみてください。貴方の住んでる家とか、大きな病院とかがあります。
そこに部屋が幾つか有ります。その部屋に貴方が1人づつ居ます。
貴方の分身は巨大な貴方で繋がっています。ガリバーが大きな家に部屋を貫いて
横たわっているような感じです。

通常の私達は私という存在を1つの統一的な自己として感じています。
しかし、実際は違います。神霊的にも物理的にも心理学的にも私は複数居ます。

空間の掌握も自己を1つとして認識する人にはその限定性を受けます。
それは万華鏡の様なものです。自己認識の繰り返された鏡の中に反射して拡張された
姿形と同じです。

深海魚を地上に揚げると崩れてしまいます。深海でこそ自己を保てるようにしてあるからです。

私達も統一的な自己認識と統一的な空間認識とをセットで此処に存在しています。
これは便宜上それが良いからです。


272 :南無如意輪観音明王 ◆uJvJjLYnEg :2007/10/06(土) 05:05:12 ID:8fBts1rV0
私達の意識は自己認識と空間認識のシンクロをセットする機械でもあります。
宇宙をシンクロさせている機械と交信してもう1つの座標としての自己とその場をシンクロして
「存在」しています。

事実は私達は時空をワープして「存在」しています。シンクロをズラせば、
私達はズレて存在します。幽霊や心霊写真のズレとか透明化は物理現象としての
速度世界とシンクロ世界がその答えです。既存の宇宙シンクロと既存の自己シンクロの中での
思想や認識形態を失ってしまうと通常は壊れてしまいます。狂人とはある意味で
そのシンクロと統一場をあるレベルで失ってしまった人の事です。

意識と量子のシンクロ、エネルギーと意識のシンクロ、全てのコーシャとの連結連動の構造を
用いれば「存在」の物理的座標も意識や認識形態も統一的な部分に集約されずに
自由に形成し直す事が出来る。

この辺りの事は身内との話には出ても外では書いたり話したりはしない。
でも今回は量子的飛躍の流れから出るチャンスが訪れました。

地球も個人も別々にワープし続けている所にシンクロしているパラパラ漫画の世界です。
魔術スレなので本題に戻せば意識を透明にして魔術を深める理由は存在、現象、精神という
世界は動いている世界なので研ぎ澄まして関与するという量子的飛躍の原理が必要だからです。
大きな岩にではなく、微細な粒子に働きかける程の小さな意識の力が超自然を引き起こす力です。
それは高電圧ではなく微弱で高出力です。不純物があれば電気回路でもショートします。
心や想念、感情、欲望、身体エネルギーも同じです。

273 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 06:19:57 ID:AJsEw2FmO
初めまして南無如意輪観音明王さん 

このスレとても勉強になりますね

 
学生時代の私の友人も同じような事を言ってました
 
 
ストーリーが違う本が本棚に何冊もある
今現在、その本を選び読んでいるに過ぎない・・と
 
 
因みに友人の母親はかなり霊感があるらしいです
遺伝したのかな?

274 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 06:24:21 ID:iCqnrtON0
>>270
この飛躍の彼方の考察は
好意的な未来への方向付けを目的とした瞑想の一種ですね
なかなか楽しそうでいいですね。

>>271
我々の世界は大きな岩みたいにかなり大雑把な意識で認識される領域ってことですよね。
だから、意識が三昧状態にあったり、あるいは霊体でなら向こうへの干渉もしやすい。
だけど異界からの成りすましや、、神隠しのような住居移転のレアケースがある。
普通に考えて、こっちから向こうにこの物質次元の肉体を持っていったら、
肉体が耐え切れずに溶解してしまうんじゃないのかな?
他の世界の存在も同じように肉体と霊を持っているのか?じゃあ肉体を捨てた死後の世界は?
我々が転生先が異界だとしたとしたら、同じように異界での受肉があるのか?
どうでもいいことだけどそこも知りたいなー。

275 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 08:54:44 ID:M9U/nRNu0
>南無如意輪観音明王

あなたがさも事実かのように書き込む一連の内容は、事実なのですか?
他の同じような思索をしている人間もたどりつく、万人にとって明らかな説なのですか?

どうやら、どこかの師について行を積んだわけでもない「自然智」らしいですが、
一生をかけて修行に励む行者には会得できず、書斎で研鑽を積むあなたに真実は開かれるらしい


端的に言うと、わたしには「不思議話を蒐集するのが好きな東洋系オカルトファンが
かっこうのスレをみつけて長年溜め込んでいた自説をここぞとばかりにひけらかしている」
ようにしか見えません

もしお時間があればこのことに関する知見をお聞かせください



叩かれそうな内容なので先回りして断っておきますが、わたしは件の科学論とはまた別人です

276 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 12:54:43 ID:cp1hrS+V0
それには同意せざるを得ない

277 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 13:42:27 ID:4foiqf6y0
自分もそれ思ってた。。。

278 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 15:06:29 ID:KZvkPDp6O
>>275
同意。
何故、決定事項として断定された文章なのか俺も知りたい。
考察や仮説というより、布教活動に読める。

279 :1:2007/10/06(土) 15:06:54 ID:+zauB32c0
>>275さん
ココは自分の持ってる仮説を語るスレだから
>「不思議話を蒐集するのが好きな東洋系オカルトファンが
>かっこうのスレをみつけて長年溜め込んでいた自説をここぞとばかりにひけらかしている」
と、なるのは仕方ない事かもしれません。

南無如意輪観音明王さんは断言したり言い切る形の書き方だから、不快に思われるかもしれません。

私は書き方や表現はとりあえず置いといて、何が言いたいのか・何を言おうとしているのか
を考えて読ませてもらってます。
内容が一緒なら英語でも中国語でも関係ないですし。(読みにくいのは別として)

280 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 15:33:22 ID:9HMDR4hD0
理性的な>>1がいてかろうじて平衡を保っているようなスレだな。

このスレを読んでて思い付いた例え話
「a×b=abなのでしょうか」
「abにはcosθも掛けないといけないし。しかもa×bじゃなくてa・bだし」
「いや違う。a×b=ab'+a'bだ。現代の理論の基礎演算もしらんのか」
「ちがうよ。bは90°の回転を表していて、その絶対値はインピーダンスという」
「おまえらab≠baってしってたか」

皆がふたつの元の積について語っているが、全く噛み合っていない。
それでいて個々の言説については筋が通っている。
>>1はそこら辺も踏まえて作業仮説を掘り起こそうとしているようだけど。

ところでこの例えに納得する人ってどんくらいいる?w

139 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)