5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【因縁】家系にまつわるオカルト4代目【遺伝】

1 :本当にあった怖い名無し:2007/09/18(火) 20:11:55 ID:cHTGj3Mv0
呪われた家系、一族に伝わる不思議な話、血統の遺伝などについて、語ってくれ。


過去スレ
家系にまつわるオカルト3代目
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1177238251/l50


     ●●●●
   _■■■_●
 /        \●
|             |●
|     中      |  ●
|  ー   ー  |   ●    / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|             |  ▼*▲<  ラーメンネタ禁止!
|             |        \
|  /ー─\  |           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
|  §  ―  § |
|             |
 \        /
   \___/


2 :本当にあった怖い名無し:2007/09/18(火) 20:23:55 ID:CdIUHqUC0
2get

3 :本当にあった怖い名無し:2007/09/18(火) 20:30:00 ID:bT13x3z90
     ::|    ____
     ::|.  ./|=|    ヽ.    ≡三< ̄ ̄ ̄>
     ::|. / |=|  o  |=ヽ     .≡ ̄>/
     ::|__〈 ___  ___l   ≡三/ /
     ::|、ヽ|.|┌--、ヽ|/,-┐|    ≡/  <___/|
     ::|.|''''|.\ヽ--イ.|ヽ-イ:|  ≡三|______/
     ::|.ヾ |.::. .. ̄ ̄| ̄ /
     ::|  ';:::::┌===┐./
     ::| _〉ヾ ヾ二ソ./       >>1  これは乙じゃなくてスラッガーなんだからね
     ::||ロ|ロ|  `---´:|____      変な勘違いしないでよね
     ::|:|ロ|ロ|_____/ロ|ロ|ロ,|`ヽ
     ::| |ロ|旦旦旦旦旦/ロ/ロ|旦,ヽ
     ::|ロヽ 旦旦旦旦旦./ロ,/|::旦旦)
     ::|ヾ旦旦旦旦旦旦,,,/::::|、 旦旦|

4 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 00:21:13 ID:tCuI1Gbi0
新スレおめ☆

5 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 19:08:52 ID:OrIEr6Y70
次の人どうぞ

6 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 19:11:28 ID:/7/dHAoA0
全然怖くなくてすまんが

ウチの家系は男が弱い。弱いというか、気の強い女と縁がある。
様々タイプはあるが(体育会系、インテリ系、商売系)、気が強いのだけは一緒。
おかんも気が強いし、親戚一同女傑揃い。男はかすがい。
ちなみに女が生まれても(めったに生まれないが)例外なく気が強い。
じめじめ影の帝王系はいなくて、カラッとしてるオトコ女系。
美人は多いがつつましさや色気はない。

ただ、法則に例外が多少あって・・・・・・祖父はおっとり系の女性と結婚したが、
結婚してすぐに高熱で種がなくなり、子供はいなかった。
従兄弟もまたおっとり系の女性と結婚したが、子供を作らずに別れた。
曾祖父の嫁はおっとり系だったが結婚後すぐに病死。後妻は女傑だった。
他にもあるが、親戚の間ではおっとり系(というか普通の人)と結婚すると子供が生まれない、
という笑い話になっている。あんまり言うと怖いからオトコ同士でしか言わないけど。

また、四柱推命という、出生時間から八つの字を出して看る占いがあるらしいが、
ウチの家系の女や嫁に来る人の中にはその八字の中に100%「丙午(文字は60通り)」が入っている。
上の占い話は叔父から聞いた話なのだが、んなバカな、と思い、
その後、自分の彼女の八字を割り出すと見事に「丙午」の文字が入っている。
まあ、占い関係なくて、自分も気の強い女とばかり縁がある。
ツンデレというより女傑。酒なんか一升瓶でガブガブ飲む。

7 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 19:21:00 ID:OrIEr6Y70
女系家系でなくて女傑家系ね。

8 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 19:37:54 ID:m54N392L0
もしかして自分>>6と親類かも・・・マジデ

9 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 20:11:24 ID:NbKQ+pcU0
>6
祖父は種が無くなる前に、誰かと子供を作ってたの?
それとも6の父か母が養子に来たの?

10 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 20:14:58 ID:/7/dHAoA0
>>9
末っ子の父が養子に行きました。
だから厳密に言うと叔父さんになるのかな。戸籍上は祖父だけど。

曽祖父の代の女傑嫁はマザコン夫をブン殴ってそのまま家出し、
一人放浪を繰り返した挙句、面識のない曽祖父の家に転がり込んだという兵。
他にも重役とか空手とか飲み屋のおかみとか
分野は違うけど、やっぱり強いんだよなぁ。

母はまだマシな方かな。女からラブレターもらいまくりの男前。
当時担任だった親父の家に押しかけて告白。
親父は立場上、説得したがテコでも動かない。
で、結局やることをやってしまった。
生徒会長で学業優秀だったせいか、未成年だったからか
周りも親父がたぶらかしたと思ったらしく、物凄い騒ぎになったが
最終的にはおかんが校長と親に一喝して全てを解決した。
親父はおかんの親にスコップで殴りかかられて死ぬかと思ったらしい。

11 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 20:17:51 ID:VraqWsyZ0
>>10
そういう場合、叔父ではなく伯父。

12 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 20:17:55 ID:/7/dHAoA0
えーごめん分かりにくい。元々祖父と父は兄弟です。
種がなくなって、一番上の兄のところへ父が養子に行って
(その辺ちょっと戸籍の変化があってややこしいが)、
叔父が「祖父」になった。

13 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 20:19:40 ID:Mgn9Znfa0
すごいオカンやなーw

押しかけゲットに成功するとは
おまけに美人なのかな?w

14 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 20:21:48 ID:VraqWsyZ0
>>12
だ〜か〜ら〜!
父から見て「兄」に当たる血筋の親族は「伯父」
父が末っ子なら父方に「叔父」がいるわけないだろが?w

15 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 20:24:23 ID:/7/dHAoA0
ごめんちゃい 伯父が正しいのね
その辺よく知らなかったです

16 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 20:27:50 ID:VraqWsyZ0
>>15
でも話は面白かったお(・∀・)ノ

17 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 20:43:08 ID:i9zn5k+LO
家系にまつわる話なぁ。
確かに有るよ。名前の数とか、関わっちゃいけない場所とか。

けど、俺はそんなの無視。何故なら、守ってた筈の親父が早死したから。

先祖霊、なんてのも信じてない。
毎日仏壇に水や花、線香供えてお経唱えてるお袋は、決して幸せな状況にある、と言えないから。

クソも役立たない先祖の言う事なんて、守る必要は無い。
だから、位牌なんかは全て捨てた。俺自身、死んだら灰になるだけと思ってる。
墓参りもしないつもり。

先祖霊を含め、幽霊なんぞ出てきたら鼻くそでも飛ばして撃退してやるわ。

18 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 20:51:56 ID:Mgn9Znfa0
先祖に幸せにしてもらおう守ってもらおうという考え方に問題があるんじゃないの?
それはそれ、自分が存在してるだけでご先祖様有り難う、で
感謝や供養をして当たり前

幸せになりたいがゆえのご先祖様頼みって
何か間違えてると思う

19 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 21:27:05 ID:SlhhjONk0
坊さんいわく、供養はどっちかというと、生きている人のためじゃ
ないかと?生きている人の、心の傷を癒すためじゃないかと。
あくまで、ひとつの考え方ですが、そういう考え方もあるんだと。

でもまー、個人的には、供養はしたほうがいいと思う。
死んだら灰になるだけといってるが、死後の世界は見れないから
どうなってるかわかんないし。

20 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 21:37:18 ID:Mgn9Znfa0
死後の世界が本当にあるかどうかは永遠の謎だが
先祖の加護が得られないからといって
メリットが無いから先祖供養なんかいらんわ!って態度は酷い

供養にどんな効果があるのか自分も疑問に思ってるし
毎日仏壇を拝めとは言わないが
先祖に対する感謝くらいは持とうな

21 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 21:42:00 ID:X6I6Gvyj0
直接知ってる自慰ちゃん婆ちゃんならともかく
100年前の先祖なんか感謝なんかしようがないな。

22 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 21:54:39 ID:Bxa7bGeAO
先祖のせいでひどい目にあってんのに祭る義理はないな

23 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 22:11:40 ID:eWmxj4ZAO
御先祖様も色々大変なんですがってきてるのかもよ。

24 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 22:43:01 ID:1DL33VWX0
自分の家の墓があって、自分のルーツを知ることが出来ること。
これいうことを出来る事がどれだけ幸運か、もう一度考えてみるがいい。

25 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 23:43:45 ID:PHR5ZCmS0
自分は先祖は一応敬うけど、>17の書いてることもなんとなくわかるわ。
先祖だって中はDQNもいただろうし、ただ先に生まれたってだけで問答無用で
現代の人がその人たちに頭があがらないかっていうと、そうでもないと思う。
仮に今DQNな親戚がいたら、自分は軽蔑するしつきあいも避ける。
それと一緒で、時代が遡ろうと人間ができてない輩にやれ供養が足らんだの
尻拭いしろだの偉そうにされたり迷惑かけられる筋合いはないし、
そいつらをむやみに恐れる必要もないと思う。

たとえば、供養してくれたら成仏してやるとか、要するに甘えだよ。
じゃあすでに子孫が絶えてる身寄りのない奴らはどうなるんだ。
今生きてる人間が一生懸命生きてるんだから、死んだ先祖だって自分のことは
自分でなんとかしてくれなきゃ困る。

26 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 23:49:07 ID:T4fsbrfQ0
自分でどうにかできる先祖が
子孫に頼ったりするもんか

27 :17:2007/09/19(水) 23:55:18 ID:i9zn5k+LO
ま、先祖大事・見返りなど求めるな、って考えもあるわな。

けど、生き物なら先祖あって当たり前じゃん。
そんな当たり前の存在に、わざわざ毎日水やって手を合わせる理由が分からない。

つか、先祖だ先祖だって祭って貰ってんなら、ふんぞり返ってないで、毎日食い物供えてる人間に何かしろっつーの。

何もしないどころか、変な因縁だの制約だの残してさ。
先祖の癖に、生きてる子孫の邪魔すんなっての。
まあ、俺は因縁やら制約やらは守ってないけどね。
守る奴は馬鹿なんだな〜って考えてる。

あと、位牌やら遺影を生ゴミにブチ込んでも、何も起きない。
だから、灰になるだけ、って結論。

まー、本当に死後の世界があって閻魔に先祖大事にしなかったろ、とか言われても、
だからどうした?何で大事にしなきゃいかんのよ?って言うだけだな。

28 :本当にあった怖い名無し:2007/09/19(水) 23:59:36 ID:T4fsbrfQ0
死後の世界があったら
自分が位牌を捨てた爺ちゃんばあちゃんに
ご対面しなきゃならないのでは?

29 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 00:09:08 ID:jve3xYg40
>27
そこまで開き直ってりゃ、先祖もあきらめるしかないだろうな。w

まあ、俺もほとんど場合の「センゾノタタリ」ってのは、うさんくさい占い師や
インチキ拝み屋のメシのタネだと思ってるよ。
家に伝わる因縁とかだって、何代か前の奴らがそんな奴らに騙されたって
こともあるだろうしなあ。
なんせ精神病は狐つき、病気になったら神頼み、飢饉や水害で困ったら
人柱、とかの時代だし。

30 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 00:12:07 ID:LDw5j2Sc0
17のほうからリア厨のかほりが・・・

31 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 00:22:33 ID:Jx0WAeuL0
>>6

女性は全員ひのえんまか。そりゃ強いだろうなw
生まれ年もひのえんまならもっと面白いのにな。

32 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 00:27:39 ID:Sir/KTub0
私の家系はDQN揃い。
自分だけは違うと思いたいけど、でも縁あって生まれてきてる時点で共通点は多いはず。
ご先祖様にお経あげるのも、迷いの多い自分を諭すつもりでやっている。
ご先祖様も自分も、一日も早くDQN道から脱することができればいいなと思う。
確かにDQN家系ではあるけど、ご先祖様のお陰で今の自分がいることにすごく感謝してる。
だからこれ以上何かして欲しいとは思わない。


33 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 00:28:51 ID:Akh8JFypO
墓参り行かないくらいで祟る先祖ってなんだろう
自分の子供や孫が会いに来ないからといって
病気なれとか事故に遭えとか普通親なら絶対思わんだろ。

34 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 00:29:30 ID:WXqzJuBMO
梅、馬の発音は
んめ、んま
が正しいんだっけ?

35 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 00:32:22 ID:rnzLciTD0
>>33
溺れる人が身近な人にしがみつくのは、道連れを増やすためではなく、ただひたすら苦しいから。
それと同じことです。 

36 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 00:35:27 ID:JEvq4cafO
>35 
…なんか説得力あるわ〜
自爆霊とかそんな存在なのかね〜?


37 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 00:40:05 ID:iBZ4ky340
なるほどなあ

38 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 00:55:59 ID:jve3xYg40
>30
ここまで言うからには、簡単に書けないような色んな修羅場をくぐって
きたんだろうよ。じゃないと普通こうはならんだろ。

修羅場経験しても人それぞれだから、17みたいな人もいれば、32みたいな人も
いて別にいいじゃん。(霊感商法とかで食べてる人は困るだろうけど)
そばで溺れてる人がいたからって、皆が皆やさしく手を差し伸べるわけ
じゃないよ。
一緒に引きずり込まれないように振り切って逃げる人だっているし、
そうしたからって非難されることじゃない。



39 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 00:59:54 ID:iBZ4ky340
自分の先祖なら多少気に食わなくても他人じゃないんだから
助けてやれよって気がする

40 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 01:21:03 ID:ipLPB/1M0
先祖に対する不敬の祟りを母親が身代わりになりつつ、その分一所懸命お供えや読経してる
から何も起きないだけだったりして・・・

41 :17:2007/09/20(木) 01:43:32 ID:efPkgLswO
まあ、>>30みたいな人達からしたら、俺はDQNで厨なんだろうな。

ま、そう思われても構わないけどね。

子孫に頼るなら呪いなんてしないで、枕元にでも立てば済む事だ。
なのに、
『もっと念仏唱えて供養しろや』
なんて理由で子孫に不幸をもたらして苦しめるとはね。

そんなワガママで迷惑な輩なら、尚更手なんて合わせられん。他行け、他。

向こうで爺さん婆さんに会ったら?

『約束守ってた息子(親父)を早死させるなんて、全然役に立ってねーなー』

って言うよ。
会ったら、な。

42 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 01:57:08 ID:m2p9e43n0
私も>>17の意見には大方賛成だけど、お母さんが大切にしていたお位牌や遺影を
勝手に捨てた事は乱暴すぎるのではないかと…
事情がありそうだけど、17の信念をお母さんに押し付けるような真似はイクナイよ
お母さんが狂信的カルト宗教にはまっちゃいそうだった
ってんなら話は別だけどさ



43 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 01:59:11 ID:2Q+mONfe0
>>6
四柱推命の話だが、丙午年ならあまり大したことないが、日だったらガチで最強。
よく言うひのえうま年の女は男を食い殺す、あれは嘘。でも日なら強い。
丙は火勢を表し、一口に丙午日と言っても様々あるが、
一般的に火が強い命式は美人が多いとされている。
しかし丙午日の女はよほど他の柱が強くないと
普通の男では御せない、そもそも結婚向きではなく、外でバリバリ働いた方がいい人。
刺すか刺されるか、そんな雰囲気がいいんじゃねーか、しょぼい男はすっこんでろ、
てな感じで、素人にはおススメできない。
丙午と結婚して上手く行く、丙午が周囲に多いつーことは、
君自身の家系の男も弱く見えても神経自体は相当図太いか、
普段から水智に長けた一癖もふた癖もある人が集まっているはず。
それか才能はあるがイマイチ弾け切らず、気の強い嫁に後押しされて化けるタイプかな?
また丙午日は酒を表す「癸」が良好な状態で命式にあれば、
女だろうといくら飲んでもぴんぴんしている「うわばみ」になりやすい。
君の彼女の命式にもおそらくでているはず。加えて美人だろうな。
うらやましくはないが。丙午日の女は本当に強烈だからね。

しかし、四柱の遺伝的観点から見るとたいてい生まれる男にも火の気が行くから、
必然的に丙午ばかりの女が産まれたり集まる確率は低いと思うんだが、
そこは家系にまつわるオカルトだな。一過的なものかもしれんけどね。

44 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 02:46:18 ID:S6EcubKv0
>>17
>>42の続き
宗教も祖霊信仰も恋愛と同じで、障害があるほど燃え上がるよ
私事で申し訳ありませんが、母は元煎餅信者で父は宗教嫌いだった
ある日父がキレて宗教関連の道具を庭に投げ捨て、燃やした
その後も母は、地下に潜って活動を続けたけど
父が他界した途端に、煎餅から足抜けしたよ
父への意地だけで信仰し続けてたのかと
17の事情どは違うかもだけど、ようするに私が言いたいことは
人の信念は力ずくじゃ変えられないよ
お母さんを大切にねって事ですよ


45 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 03:26:40 ID:qvViKU6eO
>>17
親父が好きだったんだなぁあんた

46 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 03:37:54 ID:aSZtTNc+0
>>17は自分の家系が糞なので勝手にすればいいが、幸せに繁栄してるオカルトな家系もいっぱいあるから放っておけという感じだな。


47 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 03:52:55 ID:aSZtTNc+0
先祖供養の話になってるのも変だし。
そんなもんは別にどうぞ。

48 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 04:07:26 ID:ygfprmej0
先祖供養したら病気が治るとかいう教団はうじゃうじゃ存在するからね。

細木のカスなんかは公共の電波使って、そういうこと言ってるし。

49 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 09:46:33 ID:nlQZcJIr0
>>43
マジで!
まさかと思って調べてみたら、かみさんの命式の日柱に丙午があったorz
食い殺される前に、手綱をきつくしておくか・・・

50 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 09:57:39 ID:Abqo5qYAO
先祖供養って、仏様に何かしてやろう・してもらおう
ってもんじゃなく、自分が存在してるのはあなたたちが
命をつないできてくれたからなんだなぁ…ってしみじみしたり
感謝してみたりする気持ちの、具体的な持って行きかたかと。
だから、神も仏もねーよ!(=いるものならすがりたい)
な辛い状況にいたら、成り立たないものな気がする。
だから、のほほんと先祖に感謝できる自分は幸せもんだとオモ。
しないと祟られるとか脅すのはクソだと思うけど。

51 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 14:33:45 ID:4SM2tRR50
神仏と先祖は全然別のものでしょうよ

52 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 19:03:26 ID:jve3xYg40
人生の壁とかつらいことに突き当たって、初めて先祖やら死後の世界とか
哲学的なことを、色々自分なりに真剣に考えてみたりするんじゃないかな。
そこでアクが強い新興宗教に入っちゃう人もいるし、逆に極端な無神論に
走ったりとかさ。


>44
信仰と恋愛は障害があるほど、ってなんかわかるわ。
京都の某有名寺の、跡取りに婿を取れと厳しく言われていた金持ちお嬢ちゃまが
アメリカ人宣教師とかけおちしたって話あるよ。

53 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 19:28:33 ID:aODW7d8x0
98 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/09/17(月) 12:08:50 ID:rWds0I+mO
私の実家にある開かずの洞穴の話しです。
(正確には特定の状況下で開けないと祟りがある洞穴です)
私の実家は甲信越地方の山間部、今だに携帯の電波が弱い山奥にあります。
実家の裏は切り立った断崖絶壁になっており、台風や地震のたびに「崩れて来ませんように」と祈っていました。
その断崖絶壁に鉄の扉に、お札、更に鳥居としめ縄で封印された、開かずの洞穴があります。
その洞穴はちょうど実家の真裏にあり、普段は先に書いたように厳重に封印されています。
<開けるべき時>以外に開けてしまうと、開けた者の命を奪うそうです。
では<開けるべき時>とは?家に死者が出た時です。
  
 続きます。

101 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/09/17(月) 13:05:35 ID:rWds0I+mO
続きです。
家に死者が出た時、封印は解かれ扉が開けられます。そして死者の御骨の一部を洞穴の中にある、木箱に納めるのです。
八年前に祖父が死んだ時もその儀式?は行われ、<家長が一人で全て執り行う>と言う決まりの下、父が納骨しました。 
(ちなみに納骨を怠った場合は家長の命が奪われるそうです)
無事納骨を済ませ出てきた父の話しだと中の様子は、
入り口と同じ広さ(約一メートル)の横穴が暫らく続く(五、六メートルかなぁと父は言ってた)
すると広い空間に出る(四畳半位、父談)
空間の中には、朽ちかけた祭壇のような物と、お札がが貼ってある二十センチ四方の木箱が
祭壇の後ろの壁には、天狗のような壁面が描かれていた
木箱の中には、骨の欠片が箱の三分の一位迄入っていた
だそうです。
死んだ祖父に幼少の頃聞いた話だと先祖が住む場所を探して崖のふもとまで来たときに、山の神様?が崖の上から声をかけ、ココに住み約束を守るなら繁栄を・・・
なんて事を言われたそうです。(約束は洞穴と納骨に関する事)
落ちもありませんが以上が私の実家にある開かずの洞穴の話しです。
長文失礼しました。

54 :本当にあった怖い名無し:2007/09/20(木) 23:48:41 ID:uv8afuWy0
>>52
お寺って跡継ぎが絶えると家族みんな出ていかないとならないのに
自分さえ良ければ良いとは無責任なお嬢様だね

55 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 01:24:00 ID:sesQw70X0
そんなレベルの話で家系の責任なんか取りたくないな

56 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 01:32:50 ID:fIwkLctF0
結構怪しいしきたりみたいなのがある家ってあるんだな

57 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 02:44:28 ID:GPy4uluZ0
>>56
漏れんちのしきたりは友引の日は何があろうが葬式とか法事とかはしないってことかな
ほかの家でそういうのがあっても欠席させてもらうとか
あとは妊娠中はそういう儀式にかかわらないとかそんなもん

58 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 02:50:53 ID:3Bm1plDH0
>>57
友引に葬儀を避けるって、むしろ普通では?
昔だったら結構それって「常識」てな感覚の家・地方が多かったと思う。
最近はどうか知らんけど。

59 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 02:51:33 ID:+4UUyN34O
しきたりとかは一切ないな

60 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 02:54:49 ID:fIwkLctF0
大安に結婚式や引越しをやるようなもんだな

しかしそれはただの昔の占いに基づいたもので
ほとんど意味の無い迷信なのだったw

61 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 02:55:26 ID:GPy4uluZ0
>>58
あと木を切る時はおはらいをするとかかなあ
本当に独自のってのがないので書き込んでみた

62 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 03:28:48 ID:KFqo8R2k0
というか、友引の日は火葬場自体が休みなので、葬式を強行したくてもできないのであった。




平均年齢随分下がったね、このスレ。

63 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 03:29:27 ID:7SrxU/uWO
母方が武家の流れの旧家。
長子克つ女だとかなりの霊感持ち。
私の母親がその最たる例。
私にも少しだけ霊感がある。
長子じゃないから大したことはないけれど。

一定の決まりに従って受け継がれてゆく霊感がオカルト。

64 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 03:34:48 ID:7SrxU/uWO
わざわざ蛇足っぽく武家の流れの旧家と書いたのは理由があって。
母の実家、鎌倉なんです。
曰く付きの土地。

先祖が何やったのかは知らないけれど、他にも変な法則が。
一代にひとり、必ず自殺してます。
近いところでは伯母が亡くなりました。
因縁なのかな。

65 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 04:05:24 ID:GPy4uluZ0
>>62
はい?
火葬と葬儀はふつう別の日にやるけど

66 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 05:22:09 ID:ByJnB+jEO
>>65
全国的かどうかは知らないけど、東京では告別式のあと
親族と共に火葬場直行だよ。んで、焼き上がりを待って
みんなで骨壷に納める流れが一般的。

67 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 06:21:18 ID:f9k53bwV0
>>66南関東では、告別式と火葬を同じ日にやるのが一般的だね

68 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 06:49:49 ID:E99/OqFb0
>>27
先祖を祭るの自分の為じゃない、一族の繁栄の為らしい。
風水で墓が重視されてきたのもそのせい。
お前のような奴がでてきた時点で、
家運が衰退期、もしくは末期状態に入ってるんじゃないのか?

69 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 07:51:24 ID:83AaxhGoO
うちの実家は、お盆やらの「死んだ人」がこっちにゆるゆる来れそうなイベント中は、生きてる人同士は互いハッキリと誰を指してるか分かるような言葉で呼び、微妙な時は言い直す。
死んだ人の話をする時は更に気をつけてこのルールを守れるってのがある。
理由は先祖に物凄くアウアウな人が居て「もう(´・ω・`)な家系って決まっちゃってるので、幾らお払いしても何か来るのは確定」ってんでせめてもの自衛って事らしい。
なので半年に一度ぐらいに神主さんが来てお払いして御札を張り替えてもらってる。

70 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 08:44:36 ID:GPy4uluZ0
>>66
そこよりかなり北なんで
東北の一部である漏れのところは、一晩、そのままで過ごす
そして、その数日後に火葬
そして、その後に葬儀

今週のSPA!に全国各地の風習が載ってる

71 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 10:40:09 ID:zQx1Rv8mO
しかしどんなに時代が変わろうが、太古の昔より人類っていうのは亡くなった人のために何らかの【弔い】=【墓】を作ってきたんだよね。全世界共通で、どんなに文化が違おうが。
この概念がなんとなく不思議。いつ、どこから、誰が思いついて発祥したんだろう。


72 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 11:13:31 ID:WEZVyOz/O
>>17
まあさ、でも親だって君が生まれてから見返りを求めて色々、君に投資(!?)した訳じゃないだろ、御先祖さんも向こうの世界ではまだ、赤子みたいな状況だったり援助が欲しい場合だってあるかもしれないだろ。


73 :又聞き:2007/09/21(金) 11:26:40 ID:Ejl8ktGI0
早めに昼休憩に入ったんで、こないだ友人に聞いてきたヤツの父方のじいさんの話を投下。
イッコ前のスレの17さんチと共通点が多いんで、もしかしたら同じ家かもしれない。

前の書き込みの時に少しもらしたけど、クソジジイであるところの父方じいさんが死んだ。
そのせいで友人の末っ子の妹さんは結婚を延期している。
家族会議の結果、友人の家からはだーれも葬式には行かなかったそうだ。
血のつながっている肉親で絶縁をしようとすると、本気で絶縁するには冠婚葬祭全部ブッタ
切んなきゃダメらしい。
特にホトケ心を出して葬式になんか出てしまうと、せっかく薄くした縁が太く再生されるんだと。
縁って、この漢字でいいのかバカなんで自信ないけど、言いたいことは伝わると思う。

大マジメにしゃれにならん死に方だったみたいで、話を聞いたこっちまでゾゾゾときた。
骨壷がしまってある蔵みたいのがあって、そこの坪が全部同じ夜に割れたんだそうだ。
普段住んでる法にいても聞こえるくらいデッカイ音だったらしい。
駆け付けたら、クソジジイがなんかブツブツ言ってぶっ倒れてそのまま何日かで死んじまった。
年寄りだけど、クソジジイ道を驀進する元気なジジイだったのにバタリポクリ。

74 :又聞き:2007/09/21(金) 11:40:11 ID:Ejl8ktGI0
化け物屋敷みたいな変な家だったのが、化け物っぷりもパワーアップ。
本家じゃない従兄弟も怖くて近寄れないくらいなんだと。
葬式が体力勝負の変な埋葬の仕方をするから、人手召集されたけれど親類はみんな
逃げ回っているんだそうだ。
友人ところも一家で逃げてる。
後を継いだ叔父?伯父?だかが、生前のクソジジイそっくりに豹変してびびらせて
いるとか、因縁ぽい話を聞いた。

中身の骨は残っていなくても、やっぱり骨壷の中身って供養しないといけないんだろうか?
そこん家風に祭っていても、やっぱり正しい?やり方があるならそっちに合わせたほうがいいとか
あるなら、教えてやって欲しい。
友人の妹さんはゆわいごっていう巫女さんみたいな特別な子だっていうんで大事にされるはずの子
なんだそうだ。
耳で聞いただけなんで漢字はわからん。ひらがなだけかもしんない。
めったに生まれないけれど、生まれたら周りを幸せにしてくれるっていう意味らしい。
親戚の中で生まれた家があると、昔は本家が無理やり取り上げてしまったんだそうだ。
大事にしている割には早死に率高くてビビるんだけどな。
女の子の成人する年を迎えられる例が少ないらしいから、なんか虐待でもしてたんか?

75 :又聞き:2007/09/21(金) 11:49:40 ID:Ejl8ktGI0
家の周りで鳥が大量に死んだり、カエルが大量発生したり、必ず枯れる木があったり
するのも呪いみたいのなんだろうか?
日本庭園で低い山みたいのを作るのがあるだろ。あれがいっつも禿山になったりとか。
子供のころ人魂を見たとか(紫色でキレイだったそうだ)、皿を数える階段みたいな井戸
があって石?の板で負債であったりとかした家なんだと。
井戸には二人か三人、女の骨があるから絶対にあけちゃいかんとか言われたそうだ。
夏は涼しく、虫がいない快適な家だったらしい。その点は誉めてた。
子供のころの記憶だから怪しいそうだけど、家中ペタクソお札が張りまくり。
これって、なんか怪しいことがあるから張ってるんじゃないか?
窓とか勝手口とか、出入りができそうなところには必ず張ってあったそうだ。
黄ばんだ和紙に習字の直しみたいな赤いオレンジでニョロニョロした変なの。
昔はやったキョンシーのお札っぽいやつだったそうだ。
それに黒い普通の墨で四足歩行の動物がかいてある札。
こういうのって、どういう意味かわかる人いないかな?

書き込み許可が下りている範囲はこれぐらい。
詳しい人何か教えてくれたらうれしいです。どぞよろしく。m(__)m

76 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 11:55:53 ID:MZDhVOsn0
ゆわいご=祝い子?結わい子?

77 :又聞き:2007/09/21(金) 12:10:07 ID:Ejl8ktGI0
>>76

すんません。
耳で聞いただけなんで、間違っているかも。
近い音でそれっぽいのを補完して意味を教えてくれるとうれしいです。
こういうのちっとも分からん脳みそ筋肉なんですよ。
多分おめでたい意味があるとは思うんですが。

78 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 12:14:09 ID:Ebve1JAi0
おそらく道教系の霊符だろうけど、種類はむくくちゃたくさんあって、
魔除けのようなもから、便秘を治すとか、ペットがなつくようにする
とかまでいろいろ。見なきゃわからん。
動物が描いてあるのは干支のやつかも。正対化霊天真坤元符とかいう
らしい。
昔の人ならわりと日常的に使ってたかも。
まぁ、その家は普通ではないと思うけど。

79 :又聞き:2007/09/21(金) 12:22:18 ID:Ejl8ktGI0
>>78

勉強になります。そんなにたくさんあるんですね。
多分魔よけか、外からくる悪いもんをはじくためのものじゃないかと友人は言ってました。
家の中にも張ってあるけれど、外側にもお札どころって、雨戸と戸棚をドッキングさせて
平たくそたようなのの中にお札が張ってあったらしいです。
中身も同じかは分からないみたいですけど。

四つんばいの動物は熊かオオカミか犬じゃないかと見た本人は言ってます。
暗いしそんなに注意してみてたわけじゃないけど、十二支はねえぞと言ってます。
絵がへたくそだったらどうするよ?と自分は思うんですが。

80 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 12:37:56 ID:Ebve1JAi0
まぁ、干支のものは使う人の干支に対応したものだから、壁とかに貼ったりする
のは違うっぽいですね。
それか、四聖獣で絵を描くのってあったかなぁ。
神道系だと三峯神社のお札に狼の絵が描いてあるのがあります。狼や犬の場合は
狐憑き予防とかが多いかと。
#ちなみに犬は十二支ですが。

まぁ、家に貼ってあるのは、魔除けや火災などの災害避けでしょうね。

81 :又聞き:2007/09/21(金) 15:30:17 ID:Ejl8ktGI0
>>80

にゃるほろにゃるほろ。
お札一枚とっても奥が深いんですね。
自分のオソマツな脳みそじゃ理解しきれんという確信だけが深まります。
友人が従兄弟にたのんで実物をうpできたらしてみたいと言ってます。
何かしらのヒントみたいのが見たら分かるもんでしょうか?
ネットで見るだけでも悪い影響が出るようなことはないと思うんですが、
迷惑でなければ甘えてもいいでしょうか?
お札は友人の覚えている限りじゃ、生前はじいさんが自作していたっぽいです。
だから下手糞呼ばわりしてるんですが。
従兄弟さんからの情報によると、古いのを今全部剥がして新しいのを春作業を
しようかな、というところらしい。
んで、手当たり次第剥がして回って、まだこんなところにあるんかみたいにゴタついてる。
じいさんが死んだ前後からいやーな感じがしてたのが、もっといやな感じにダルマ積もり?
古い分は何枚か見易いのを取っといてあるんだそうです。

>#ちなみに犬は十二支ですが。

あー、そういやそうですね。
思いっきりバカ晒しているわ。教養ないとこういうときダメですねえ。

82 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 16:17:53 ID:Ebve1JAi0
えーと、霊符というのは神様の魂とかが入ってるもんなんで、あまり無闇に写真とか
を撮るのは失礼にあたる場合があると思います。
霊符の本とかも売ってますし(当然、全部載ってるわけではないですが)、そういうの
で調べてみたらどうでしょう。あるいは、僧侶や神職の人に相談するとか。
ただ、それが何であるかがわかったところであまり解決のヒントにはならないのでは
ないでしょうかね。
それより普通に考えて、井戸に骨って・・・庭にも何か埋まってそうだし。
#でも、桜の樹は死体が埋まってるから美しく咲くんですよw
#フィクション(梶井基次郎)ですがね。

いきなり剥がしたら効果が消えてやばくないですかね?剥がしたあとの処分もちゃん
としないとまずいかもしれません。
壁に貼るタイプは効果は持続するかもしれないですが、携帯するタイプだと、一年毎、
節分に新しいのに取り替えたりします。
さがせば霊符スレとかあるんじゃないでしょうか。

83 :又聞き:2007/09/21(金) 16:30:45 ID:Ejl8ktGI0
>>82

製作者が製作者だったんで、自分も友人もそういう気の使い方をしてませんでした。
至らぬ点ご指摘ありがとうございます。
従兄弟さんにはそのようにお伝えします。

>庭にも何か埋まってそうだし。

庭の土は不明ですが、井戸は大真面目に先祖が数人入っているそうです。
おかげで名前が『珍井戸』。
珍妃の井戸にちなんでるそうですが、蓋したのは江戸の真ん中あたりらしいんで
そいつはうそだろうと自分らは言ってます。
子供のころに友人が叔父だか伯父だかから聞いたそうなんですが。

あと枯れる木は桃の木だそうです。
何回枯れても必ず飢えとかないといけないらしく、庭の世話する人が泣きっ面で
世話をしているんだそうです。
種類を変えて植えても最短一年もたんと枯れるのは聞いてて木も気の毒ですよ。
土が悪いのか、桃らしくない変な花が咲くんだとか。
できるかどうか分からない実も絶対に食ったらいかんのだそうです。

>携帯するタイプ
家長だけが持ってる特別なお守り見たいのがあるみたいです。
それらしいのを死んだじいさんが整然持ってたけど、今は行方不明。
木の仏像みたいのらしい。

霊符スレを探しに旅してきます。
いろいろ教えてくれて本当にありがとう。
自分らこういう知識がないんでマジ助かります。

84 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 17:03:57 ID:Ebve1JAi0
まぁ、余談ですが、桃というのは、日本でも中国でも、霊的な力のある果物とされています。
中国だと、仙人になるために食べる桃や不老不死になる仙桃、理想郷であるところの桃源郷
など。日本だと、確か古事記でイザナギノミコトが黄泉の国(あの世)からの追手に桃の実を
投げつけて回避したり、古神道の呪式においては真剣の代わりに桃の木で作られた桃剣を用
いたりします。その他では桃太郎や桃の節句なども関連があるとされてます。

必ず植えとかないといけないというのは、やはり魔除けの意味なんでしょうかね。

85 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 17:09:56 ID:hSmS+X+y0
家福招来だかなんだか
幸せを呼び込むお札というのを家中にはりまくってる家があるよ
トイレや窓、勝手口など外への出入り口に貼るんだって
最初見たときはビビッたけど
話を聞いたら縁起物感覚らしい

86 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 18:19:13 ID:g0TY/dXX0
>>68
って事は俺んち末期どころか終焉だよ
両親が親の反対押し切って駆落ち、姉と俺が生まれた
母親が亡くなった時に位牌と遺骨だけ抱えて逃げられた(低学年だったので悲しかった)
「お前達は孫ではない、目障りだ」みたいな事言われたのは覚えてる

父親が亡くなった時は色々と話し合い(成人してた姉だけ)四十九日の時を最後に逢った事がない
姉は臓器移植、献体後共同墓地に入るように決めて「決意表明」したらしい…
他人だって事を認めろという事に同意してるって事か?
姉が言うには「裁判所通さないと(通しても)縁は切れない事を知らないなんて」と笑ってた
>美人ではないし酒は飲まないが丙午日だったよ、姉…

家系に入れてもらえないから板違いですかね〜


87 :本当にあった怖い名無し:2007/09/21(金) 18:23:25 ID:hSmS+X+y0
駆け落ちするとそういうのがツライんだよね…
相手とダメになっても帰る家が無いうえ誰にも頼れず子供まで邪険にされる

88 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 01:45:10 ID:ZUtQ3dgS0
>>86
せめて両親のことぐらいはせめて祭ってやれよ

89 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 02:01:38 ID:vPwFQ07g0
>>86
ジジババの老後を見なくて済んだとポジティブに考えるんだ

90 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 04:08:36 ID:LQNqe/eKO
>>86

うわーうちの両親と同じだ!
どちらの家でも邪険にされんだよね。

先祖の墓参りも出来ないし。
うちは兄弟ともバラバラだよ〜


91 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 05:06:26 ID:fVEJkLZh0
うちは一族

92 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 06:47:03 ID:XmnJqlJU0
又聞き様
亀ですが、三峰神社だったかな?狼を神様としてだったか神様のお使いとして
だったか、そのあたりがうろ覚えなのですが、狼を祀った神社と言うのはある
みたいです(ほかにも全国にあるらしいです)。
だから、お札の動物というのもオオカミなのかも。



93 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 14:15:02 ID:2gPXGE4W0
>>91
兄は実はいい人

94 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 14:16:04 ID:2gPXGE4W0
>>92
狼→オオカミ→大神

狼は神様

95 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 14:42:01 ID:eSsXD4j30
           ,r,、
    /~ヽ    ,ィ'/ |
    | ;;; ヽr''''  ゞ'i           _,,,...--――-- 、.,_
     | ;;;;,. r  、  ゝー----――''''"";: ;: ;: ;: ;: :;: ;: `ヽ、
    |    ;: ;:ゝ;:,. ミ ;::   ;:  ;:  ;:  ;:         ヽ
    /ミ   ; : : ;   ミ  ;:  ;   ;   ;  ;         ;:!
   /    =・!  ;・' .;ゝ  ,;:  ; ;  ; ;  ;:          ;;|
   彡 ミ   ヽ ヾ"  ,;:  ;: ; ; ; ;           ::   ヽ
     彡  、    ヘ  ;: ;:        、、'"`ヽ      ,i    ヽ
      ヾ,  \_iフ ;: ;:  ,,.-- 、、、、 ヾ    ヽ     /ヾ   ヽ
        ヽ  、     i''"            ヽ    /  ヽ    i
         |   |ヾ   |              ヽ   ;!    `ヽ、_`ゝ
         i   /  ヽ  l               ヽ  ヽ
        ,!   /   |  |                \ \
       ,l  /     !  !
       / /     | ,i

96 :99 197:2007/09/22(土) 17:10:03 ID:szxtI+gEO
レムリア地方よりムー大陸に現れた当時12歳の少年が率先して起こしたクーデターと神殺し。
二年で王座について、彼は自分こそが真の太陽神の化身であると言った。
初代太陽神の血縁の国外追放。
その後の、二つの大陸において起こった戦争で、両国は滅亡した。
戦争の置き土産であるポールシフトの脅威がおさまり始めた時に、超古代文明の生き残り達は、新天地を探して、世界各地に、言葉通り、天から降臨した。
その中には追放された初代太陽神の血縁もあっただろう。
ムー帝国を英語表記すると、MU EMPIRE
MU=ムー、ミュー 又はムとも読める。
ムーの神というかつての栄光と威厳の想いや祈りも込められたのだろう。
超古代文明において、桃の紋章は知識や知性を意味する。種が脳の表面によく似ているからだ。
思想の違いや、魂の転生の違いで、日本の各地に散らばるのは、致し方ない事だ。世界規模の天変地異に見舞われては、敵国同士でも協力しあわなければならなかったはずだ。
だがその時、二つの大陸の意志が双方、世界に受け継がれ、神が別世界に逃れ、まだ生きているのを知ったのは、後からの事である。


97 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 17:27:45 ID:/s1wm/ZpO
>>96
以上、民明書房刊「思春期における厨二病の症例」より抜粋

98 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 18:39:56 ID:7rb5aPlr0
>>87
怖いのは周りの他人、いい人ぶりながら裏では「せめて女親の方が残ったならね〜」
学校で同級生に言われて怪我させて「乱暴者」と言われてた

>>88
両親の写真と結婚指輪(おもちゃみたいなヤツだけど)に線香あげてます

>>89
姉はそう言ってる、でも俺がしっかりしないと面倒見させてしまうような気が
ただいま休職中、来月で失業保険が切れるから少しは慌てないといけないんだが…
今の状態は女の部屋に転がり込んだ無職のヒモ男、これで3度目なんだけど
姉と性別逆なら良かったかな、とも思う(それはそれで迷惑と言われた)

>>90
きっと皆さんバラバラでもしっかりしてるのかも
前の2回は借金持ちで少し手伝ってもらった(あとは無いと思えと言われた)
実は借金返済は3度目なので、もう姉に泣きつくなよと思うんだけど…
1回目はレンタルの振袖さえ借りれず、父にも見せてやれなかった

今度のは借金が無かったので専業主夫という事で置いて貰ってる
もう二度と逢いに来るなといわれたら泣いちまうかも、俺








99 :99 197:2007/09/22(土) 19:26:10 ID:szxtI+gEO
>>96
ピーチ姫も、あながちゲームの登場人物とも言い切れなくなってくるのが、面白い所だ。
遠い昔に、かつては桃源郷と呼ばれ、鶴に乗って空を飛ぶ人が紋章の帝国から、アトランティスに使徒としてやってきた一人の女の子がいたからな。
アトランティスの神であり王のアトラスが信仰するタイタン族の最高神は、世界の大地、大陸を支える巨大な亀だった。地震を操る神だ。
やってきた女の子は、ムーの庶民層又は奴隷層の、正真正銘の在来種(人間)の家系から生まれた天才のアーティストだった。しかも美人だ。
彼女は、アトランティスに訪れた予言であり、出迎えられた当初は、お姫様として扱われた。
亀の甲羅を持つ魔王に略奪された姫という設定は、あながちゲームとは言い切れない。
ムー帝国の側から見た、受け取り方はそうだったろう。
「待ち続けてはいるが、姫、あなたを傷つけたくはないのです。」
と言ったテンプル騎士団の気持ちを俺はよくわかるような気がする。
亀が登場する御伽噺も、多いよな。
たぶん、フィクションだけど、でもあながち、フィクションとは言い切れないから怖いよな。
あの子の転生は、間違いないだろうが、彼女は忘却の中にいる…。目はいつも、追い掛けているが、干渉しない事が、争いに巻き込まない事が一番、いいような気もするんだ。


100 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 19:30:00 ID:6wG1byJx0
カスは消えろ

101 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 19:34:40 ID:BWXReqFbO
>>100
すげぇ瞬殺だ!

102 :99 197:2007/09/22(土) 21:19:37 ID:szxtI+gEO
一服くらいさせろ。
|ミ サッ


103 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 21:44:29 ID:6wG1byJx0
ここはマジで来るな

104 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 21:56:42 ID:N8m85lFs0
物知りおじさん、スレ立てなよ。

105 :本当にあった怖い名無し:2007/09/22(土) 22:24:38 ID:FHxaEqE40
墓を統合する結果になってしまってるという人はいますか?
嫁ぎできた人とか婿に来た人の実家で誰もいなくなってしまうという人

106 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 00:59:12 ID:xCTjnR6d0
>>105
統合するわけではないけれど、母の実家はこのまま叔父に子供が出来ない時には私が墓守になるように言われてる。
兄貴は家を継ぐし、そうなると一番近い血筋は私だけだからって。
まあ、一番良いのは叔父に子供が出来ることなんだけどさ。

107 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 01:51:00 ID:S3LQ117V0
>>106
サンクス
これから墓はあれども入る人、守る人がいないということが増えるだろうなあと思ったので

108 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 10:07:34 ID:4sr8YLrf0
お寺に頼んで永代供養ってのもあるみたいだけど

109 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 15:00:31 ID:UwHgCu4H0
永代供養ってお金かかりそう

110 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 17:06:52 ID:EVQrYz9b0
永代供養も、未来永劫、ずーーっと永遠にってわけじゃなく、30年くらいたったら
無縁仏用の石塔に集めて一緒にするらしいって聞いたけど。

>109新しいお墓を作るよりは安いんじゃない? よく知らないけど。

111 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 20:09:08 ID:+WGE00+CO
桃って体を冷やす食べ物なんだって

112 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 21:25:05 ID:EVQrYz9b0
>111
私は逆だって聞いたけど、ソースは?

113 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 21:47:11 ID:kCbH0pWOP
加熱しないナマモノで体が暖まるなんて、普通は考えられない。

114 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 21:51:19 ID:ke56gD/30
>>111
そうそう、桃の種は婦人病の漢方薬になるんだけどね(血流に作用して温めるの)
桃には女性を守る力があった(汗疹、肌荒れの美容効果の薬になる)
桃は神だったか、巫女神の化身だったと聞いた事が…
だから妊娠中はたくさん食べると良くない、昔だと出産も命がけなので
そういう「モノ祓い」の力が強い邪気払い扱いされてた植物だったんだそうな





115 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 21:54:16 ID:S3LQ117V0
>>114
血流が良くなる結果。出産のときにえらいことになるってわけか

116 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 21:55:42 ID:PtB3fw8L0
>>113
っ[ヒント・組成や成分]

誰でも判りそうなレ例を挙げるなら、加熱しない青唐辛子や生姜、薫菜等を
摂取すると身体が温まる。

117 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 22:16:11 ID:ecRFD22f0
例の件でイザナギ様に大神実命(おおかむづみのみこと)と名づけられている。
桃太郎神社では桃太郎としてこの神様を祀っている。

118 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 22:20:21 ID:vnNlVBkVO
今だって出産は命懸けだとおもう。

119 :本当にあった怖い名無し:2007/09/23(日) 22:35:20 ID:L5AuGyI20
救急車でたらいわましにされたりしてね

120 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 20:14:40 ID:iePOL7cX0
妊娠してるのに産婦人科に一度も行ってない妊婦が悪い

121 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 20:29:55 ID:TIu+4GNr0
>>120
旦那の急な人事異動やらで急な引越しとか、レアケースだけど妊娠に気づかなかった事もあるらしいから
一概に言い切れない。早めの通院は必要だけど、母子手帳交付時に窓口でもっと通院の必要性を説明しないと
マズイよ。何処とは言わないけど、手帳を発行しておきながら通院についての必要性を一切言わない役所もある。

122 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 21:31:25 ID:R8tyoaFu0
>121はリアル消防? 
急な引越しで、とか超ワロスw 流産かなんかと勘違いしてるだろ?
臨月でどんだけお腹大きくて重たくなるか知ってんの?ww
生理止まって、つわり来て、胎児に何度も腹蹴られて体調・体型その他もろもろ、
通常とは明らかに違って、誰もが知ってる「妊婦」の状態を10ヶ月も過ごし
ておいて、本人が「気づかない」って、wwwww 
「青い珊瑚礁」とか狼に育てらた少女のこと言ってんの?ww
役所とか母子手帳とか、何なんだよ。 一体何の話してんだよwwww





そもそもスレ違いだし。

123 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 21:43:03 ID:uUbcdXiC0
でもたまに産気付くまで気が付きませんでしたって人いるよね

124 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 21:44:05 ID:TIu+4GNr0
>>123
貴方自身、経験の無いことだからそう言える。実際にある事だけを話したのみ。





スレ違いだと思うなら、スルーするんだね。
スルー出来ていない時点で相手にした貴方も私も同じ。

125 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 21:44:49 ID:TIu+4GNr0
レスアンカーのミス。
>>124>>122

126 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 21:49:27 ID:uUbcdXiC0
前にTVの特番で○○危機一髪!!みたいなのがあって
一般人の人が色々危険な目に遭ってそこから無事に脱出する話を集めてる番組なんだけど
その中に「妊娠中なのに全然気が付かず色々やっちゃった人の話」があったよ

正直いってその人バカだと思った
やらせじゃないならね

127 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 22:00:52 ID:v/6/xtul0
妊娠しても見た目あんまり変わらないし気づかない人いるよ。
出産直前になって仰天したりする。
そのへんに転がってる話で爆笑してる>>122って、どれだけ消防なんだよ (苦笑

128 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 22:04:22 ID:uUbcdXiC0
つわりがなくて生理が不順な人だと気が付きにくいよね
身長が高いとびっくりするくらいお腹も出ないし

でも自分の体のことなんだから気が付けよとは思うw

129 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 22:16:58 ID:+NKyOljeO
家系の話して

130 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 23:38:00 ID:J9ck+Bj50
うちの実家は田舎のだいぶ古い家で
戦中の頃は何人か死んでるんだけど(戦死、病死etc.)。
んで、自分の子供の頃は母も叔母(父方の)も変な足音よく聞いてたみたい。
唯一うちの酒乱馬鹿親父だけはそういう事はまるで分からない人だった。
そんな親父でも血相変えた事が2度あった。

1度目は自分も見ていたけど、親父のいとこの仲の良い叔父さんが亡くなった時。
夕飯時で、母が親父のご飯茶碗にご飯をよそった瞬間茶碗が真っ二つに割れた。
数時間後連絡が来て叔父が亡くなった事を知ったんだけど、茶碗が割れた時間だった。

2度目は、自分の親戚で我が子殺しの女性が居た。
幼い実の娘の首を絞めてる所を、娘の兄ちゃんが見ていたそうだ。
それを見たお兄ちゃんは(まだ子供だったらしいけど)家出して
その後その人の消息はまるで分からなかったらしい。
(生きているのか死んでいるのかも)
子殺しの女性が亡くなった時、しょうがなくうちの親父が葬式を出した。
終わった後いつもの通り一人で大酒飲んでいたら親父の名前を誰かが呼んだらしい。
男性の声で「た○○・・・」って。
あっと言う間に酔いが冷めて「あいつか!?]とすぐに庭に出たけど誰も居なかったそうです。

あまり怖くない話でごめんなさい。



131 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 23:48:47 ID:Otkl9jml0
>>130
>あまり怖くない話でごめんなさい。
もう、十分怖いですから!…っていうか、ここは怖い話しかしちゃいけないのかな?

叔父さん的に茶碗を割るつもりがあったのかは不明だけど、茶碗もったいない!と思ってしまった自分orz
亡くなった人の火葬の際に愛用の茶碗も一緒に葬る、というか割る風習があるところも結構ありますよね。
茶碗は身代わりに連れて行かれやすいものなのかな。


132 :本当にあった怖い名無し:2007/09/24(月) 23:51:14 ID:uUbcdXiC0
似たような話で箸が縦に真っ二つに割れたというのを聞いたことがある
割り箸じゃなくて普通の硬い塗り箸

133 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 00:01:47 ID:IXoNY/UW0
>>132
箸もったいない!
食事時に使うものは、使う本人と同化しやすいんだろかね。


134 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 00:08:58 ID:vHwgEeUP0
>>131 さん
オカ板だからこの程度ではどうって事無いのかな?・・・と。
茶碗に関しては、今で言う百均で買うより安い感覚で買っていた物なので。
どっちかて言うと 「今までお疲れさまっした〜」 って感じでした。

>>132 さんみたいに
箸なり茶碗なりが身代わりになるってあるのかもしれませんね。
つい最近>>130 の話を旦那にしたんです。
でも、その話のきっかけは旦那の
「昔、酔っ払って旅行先で買った\9.000の茶碗が数ヶ月で割れた事がある」って
話からで。

135 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 00:16:19 ID:9fY/hVLE0
人によっては半年過ぎても見た目変わらないからね。
元々生理不順だったりしたら気付かない可能性大。

だけどやることやってんなら可能性くらい考えろ、とかは思うな。

136 :131:2007/09/25(火) 00:23:38 ID:HPi/Ng4A0
>>134
\9,000の茶碗、もったいない!と思ってしまう貧乏性な自分w
でも、134さんのおうちのように、物に執着しないのは良いみたいですね。
自分もこれからは、茶碗があぼーんした時にはお疲れさまと言って送り出したいです。


137 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 00:41:18 ID:qfYBycUQP
茶碗がいきなり真っ二つに割れたら、何時・何処・誰でもビビるわなぁ…

138 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 01:18:40 ID:EXhVI5n80
京都では、葬儀の後の出棺の時に故人の茶碗を割る習慣がある。
意味としては「もう戻って来ても、あなた(故人)の茶碗はありませんよ。
現世に未練を残す事なく成仏して下さいね。」という事らしい。 

139 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 01:22:24 ID:X7ypzSQh0
自分がセックスしたかどうかもわからないバカ女がいるスレはここですか?

140 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 01:24:09 ID:KkaAsMu60
そんなこと書くとエッチしたら必ず妊娠すると思ってるバカって笑われちゃうよ

141 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 01:41:03 ID:QH3R332vO
祖母の実家の墓地はとっても狭いのに、ずっと土葬。埋葬する時、前の仏の骨、昔のお金とか出てくる。
先祖達の
骨でまぜまぜな穴に新しい仏を埋めてる。
先祖代々の土地が道路、ゴルフ場等でお金持ちになったんだから
家族みんなで贅沢三昧していないで、先祖のお墓をなんとかしないといつかばちが…
と周りが言ってたら、火事になった。家の中心の仏間で火事。でも火元の部屋の仏壇は無事でした。

142 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 01:45:16 ID:X7ypzSQh0
本人がまったく気づかないなんてことがあるとするなら、
それは無知と怠惰と現実逃避が原因なのではないかね?

143 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 01:59:39 ID:D4XZCF650
遅レスの上になんか考えがズレてるな。一生ROMってていいよ

144 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 02:10:05 ID:k/q2WxVA0
ここ家系を語るスレで、受胎を語るスレじゃないから。
そんなに女叩きやりたかったら他にスレ立ててくんね?


145 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 02:13:44 ID:zqeRG5rc0
>>141
なんて分かりやすい先祖からの罰でしょう。

146 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 02:24:53 ID:l4tiQoka0
>>145
なんか感じ悪いよあんた


147 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 03:53:14 ID:F0rR+XdL0
>>138
漏れん所は納骨のときだったかなあ
墓で

148 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 08:38:25 ID:4GQo6/Hv0
嫁入りの時に茶碗を割る習慣があるところもあるよね
向こうの家の人間になったんだから実家にはもう帰ってくるなって意味で

149 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 09:44:40 ID:3C1r5l/GO
うちの父方の家系は武家の出。
戦国時代に名をあげたくて殺傷しまくったらしい。
そのおかげで何代かに一人、必ず変死する人が出る。
それも全部男。
一番最近では私の父親が変死した。
以前霊媒師の人に相談したが、物凄い人数の恨みを
買っているようで、どうにもならないらしい。

だから実家には仏壇があるが、その殺傷した人達の
供養の意味も込めてご飯を盛る器は二つ、
それも山盛りにして。

一体いつまでこの因縁は続くんだろう‥

150 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 09:54:18 ID:zqeRG5rc0
>>146
何で?

151 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 10:05:30 ID:qfYBycUQP
>>149
ある霊能者(私自身も会ったこと有り)によると、武将の霊でも
戦国時代どころか、南北朝・源平時代の霊ですら、いまだに未浄化霊で、
生きている人に影響を与え、生前の恨みを晴らそうとしているそうです。


152 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 10:33:39 ID:YNICPPxFO
まぁ変な宗教に懲りずに霊供養だけ
真剣にやりなさいってこった。
しっかしインチキ宗教に引っ掛かる人も
先祖からの因縁があるんかねー

153 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 10:44:22 ID:Qxszlf4w0
>>149
ごめん、そのご飯盛る器だけど、二つというのは、二組と考えて間違いないかな?
(二つ=一組だと、普通の仏具になってしまうんで)

しかし、肉親まで巻き込まれるのは辛いね。
早くパワフルで良心的な助力者が見付かるといいね。


154 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 10:48:55 ID:qfYBycUQP
人は前世の行いを正せずに、現世でも同じ行動をとるのだという。
人殺しや死刑囚のみならず、あらゆる生活行動は前世の反省を
活かしてるのかどうか不明だ。
悪い宗教も各地の史誌・民俗誌を見ると古い時代から色々ある。
歴史も人も繰り返すのは本当虚しいこと…。

155 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 15:54:10 ID:HBu8C/rI0
>>154の人は前世の行いを正せずに、現世でも同じ行動をとるのだという
みたいなことを俺も聞いたことがあるけど、だとすると
2ちゃんねらあは、前世でも2ちゃんねらあだったんだろか。

156 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 16:29:45 ID:Je7Aimdy0
このスレも経年劣化してきたな

157 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 16:30:50 ID:LRgTaPyqO
836 本当にあった怖い名無し 2007/09/25(火) 16:25:09 ID:LRgTaPyqO
これはアメリカのゲームです。1度やってみてください。
これは、たった3分でできるゲームです。試してみてください。驚く結果をご覧いただけます。
このゲームを考えた本人は、メールを読んでからたった10分で願い事が
かなったそうです。このゲームは、おもしろく、かつ、あっと驚く結果を貴方にもたらすでしょう。
約束してください。絶対に先を読まず、1行ずつ進む事。たった3分ですから、ためす価値ありです。
まず、ペンと、紙をご用意下さい。先を読むと、願い事が叶わなくなります。

158 :本当にあった怖い名無し:2007/09/25(火) 16:32:06 ID:LRgTaPyqO
837 本当にあった怖い名無し 2007/09/25(火) 16:28:38 ID:LRgTaPyqO
@まず、1番から、11番まで、縦に数字を書いてください。
A1番と2番の横に好きな3〜7の数字をそれぞれお書き下さい。
B3番と7番の横に知っている人の名前をお書き下さい。(必ず、興味の
ある性別名前を書く事。男なら女の人、女なら男の人、ゲイなら同姓の名
前をかく)
必ず、1行ずつ進んでください。先を読むと、なにもかもなくなります。
C4,5,6番の横それぞれに、自分の知っている人の名前をお書き下さ
い。これは、家族の人でも知り合いや、友人、誰でも結構です。
まだ、先を見てはいけませんよ!!
D8、9、10、11番の横に、歌のタイトルをお書き下さい。
E最後にお願い事をして下さい。さて、ゲームの解説です。
1)このゲームの事を、2番に書いた数字の人に伝えて下さい。
2)3番に書いた人は貴方の愛する人です。
3)7番に書いた人は、好きだけれど叶わぬ恋の相手です。
4)4番に書いた人は、貴方がとても大切に思う人です。
5)5番に書いた人は、貴方の事をとても良く理解してくれる相手です。
6)6番に書いた人は、貴方に幸運をもたらしてくれる人です。
7)8番に書いた歌は、3番に書いた人を表す歌。
8)9番に書いた歌は、7番に書いた人を表す歌。
9)10番に書いた歌は、貴方の心の中を表す歌。
10)そして、11番に書いた歌は、貴方の人生を表す歌です。
この書き込みを読んでから、1時間以内に10個の掲示板にこの書き込みをコピーして貼って下さい。
そうすれば、あなたの願い事は叶うでしょう。もし、貼らなければ、願い事を逆のことが起こるでしょう。とても奇妙ですが当たってませんか?

159 :本当にあった怖い名無し:2007/09/26(水) 15:07:00 ID:9A/IlqV6O
茶碗が割れたという話だが、ある漫画家のお父さんが亡くなった時には
しゃもじが真っ二つに割れたらしい。

160 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 02:31:48 ID:cQ+4xX7X0
>>159
しゃもじって、一般に女性的なものの象徴なのに、男の人が連れてくのが面白いね。
きっとごはん大好きパパだったんだろうね。
うちのしゃもじはプラだから、割れたらかなり怖いかもだ。


161 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 23:51:06 ID:p/KTXGlu0
hage

162 :本当にあった怖い名無し:2007/09/27(木) 23:59:13 ID:OQRXqy7nP
死んだら茶碗を割るくらいできるようになるわけだな。
たら、俺が逝ったら片っ端から近所の家庭の茶碗を割ってしまおう。

163 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 00:08:06 ID:8bnnkmaa0
>162
まあ人は色々言うだろうが、俺はお前が好きだな

164 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 01:07:14 ID:bp8wMEQl0
>>162
陶器屋大繁盛だね。

165 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 14:29:53 ID:OFf2GzBK0
オカルトかどうかは解らないけれど、
うちの一族、老若男女問わず顔も性格も似たのばっかりなこと
正月など、身内が集まったときにはそっくりさん大会みたいで気持ち悪い

私と年の離れた妹はよく似ていて、互いの同級生も一瞬戸惑うこともしばしば
弟は亡き叔父と写真比べると瓜二つ、祖父母も生まれ変わりだと言うほど
父も写真で見ると曽祖父そっくり、祖父は同じく残った写真で見ると曾祖母そっくり
祖父の兄弟(私から見ると大叔父S)も、どう見ても兄弟です本当に(ry

性格も、小心者の癖して負けず嫌いの頑固者
弱きにはとことん横柄で、強きにはとことんへこへこというDQNだらけ
うちに嫁いできた嫁さん同士の愚痴大会には「あるあるある!」
と共感しあい、頷くことだらけ

DNAが強すぎるのかな
ちなみに近親婚はしてないです
お嫁さんは、母も含めてみんな血のつながりのない方々

166 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 17:57:41 ID:mGQKHuar0
優勢遺伝の塊みたいな一族なんでしょう

167 :本当にあった怖い名無し:2007/09/28(金) 18:02:49 ID:mGQKHuar0
誤字すいません
優性です

168 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 02:18:09 ID:OwdULbUQ0
        lヽ ノ l        l l l ヽ   ヽ
  )'ーーノ(  | |  | 、      / l| l ハヽ  |ー‐''"l
 / D  | | |/| ハ  / / ,/ /|ノ /l / l l l| l  D ヽ
 l   ・  i´ | ヽ、| |r|| | //--‐'"   `'メ、_lノ| /  ・  /
 |  N  l  トー-トヽ| |ノ ''"´`   rー-/// |  N |
 |  ・   |/     | l ||、 ''"""  j ""''/ | |ヽl  ・ |
 |  A   |       | l | ヽ,   ―   / | | l  A  |
 |   !!  |     / | | |   ` ー-‐ ' ´|| ,ノ| | |  !! |
ノー‐---、,|    / │l、l         |レ' ,ノノ ノハ、_ノヽ
 /        / ノ⌒ヾ、  ヽ    ノハ,      |
,/      ,イーf'´ /´  \ | ,/´ |ヽl      |
     /-ト、| ┼―- 、_ヽメr' , -=l''"ハ    |  l
   ,/   | ヽ  \  _,ノーf' ´  ノノ  ヽ   | |
、_    _ ‐''l  `ー‐―''" ⌒'ー--‐'´`ヽ、_   _,ノ ノ
   ̄ ̄   |           /       ̄


169 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 15:19:34 ID:k0/UtYoyO
>>141
今の日本て土葬は違法じゃなかったっけ?
てか今時、土葬してるなんて、どこのド田舎?文明が伝わってない山の奥地?

170 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 15:40:58 ID:ny4j9kCH0
別に違法じゃないよ。条例で禁止している都道府県はあるけどね。
祖父が土葬を熱烈に希望したので仕方なく調べまくって
ついに某県の某寺で土葬を確約させていただいた私が言うんだから間違いない。
うん、荒らしにマジレスな自分乙

171 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 17:00:23 ID:xy4im5Mt0
土葬の話が出ると、なぜか必ず169みたいなレスがつくのが笑える

172 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 20:59:24 ID:4dT9wwiaP
滋賀県とか土葬の地域あるだろ。
三昧とか云う墓石とは別の場所に、座棺だけを埋めるんだっけ?
沖縄なんかも死体を穴蔵みたいな場所に置いてくるんだっけ?

173 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 00:00:37 ID:aymTXFfK0
沖縄は洗骨の風習が今でも残ってるとこあるから。
(亡骸を骨になるまで放置してから海水で洗って改めて葬る)
あれはあれで合理的っていうか、個人的には同じ骨にされるのでも
火葬よりあっちのほうが清々しい感じがする。

174 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 00:20:59 ID:RvEw2cBWO
しません。

175 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 13:28:03 ID:1daLf6lH0
個人的っていってるのに狭量な人だな。
まあ自分の狭い世界と狭い概念だけでつまらない人生をおくるんだし
それはそれで幸せかもしれないが愚かではあるからなるべく外に出ないでくれ。

176 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 14:12:35 ID:lotXLTGZO
>>171 で?必ずとかキモ

177 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 14:14:24 ID:lotXLTGZO
荒らしにマジレスだって
(*´艸`*)荒らしじゃねえし

178 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 14:39:13 ID:PAvYpxSg0
とりあえず力ぬけよ

179 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 01:07:41 ID:tFI9JA9CO
>>175
いちいちきにするな

180 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 14:31:12 ID:f22DxFmM0
なにこれスレ止ってんじゃん

181 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 18:51:58 ID:otJyurMt0

     _,.、,.、,.、_
   ,;:'゙ : " . ; ゙ ";,.      __________
  ,:'. ; . ゙∧ ∧ ; .';,.   /
  .;: ゙ . ; ": ・ ・ . : '.:; < ageろおめーら
  .;: " . : ゙. )●( . ":;   \__________
  ':;, ゙ ; . " ー . ゙ . :;
   ゙ : 、,._, ._, ._., : "

182 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:31:01 ID:ufepWaS60
母方の家系の長男がみんな職につかない
今風に言うとニート

祖母兄弟の長男(一番上):40までフラフラ。別に酒や博打やってたわけでない。その後土方に
母兄弟の長男(三番目):30過ぎまで家にいて、私の父が紹介した工場に就職
叔母1の長男(一番目):ニート
叔母2の長男(一番目):ヒッキー

そして私兄弟の一番上の姉がニート
一人だけ女だけど、昔から男みたいな性格・物の考えをするからそういうものなのかもしれない


183 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 14:12:00 ID:uc3gspjD0
裕福で親がうるさくないのかな

184 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:31:55 ID:8k1G5qKr0
      ,.-: : : : : : : : :ヽ、: :=:.、
    ./: : : : : : : : : : : |ヽ',ヽ: ; : :ヽ        _ _,,..,、
  /: : : : : : : : : : |ヽ: :| `i, ヽx_、:ヽ     _r.i' r"ヽ、 ヽ
  /: : : : : : : : : : i: :|,=!,~|   `.  ヽ ヽ:!,',  rY ! i    ヽ0.i
. /: : : : : : : : : : : |":|  V      _ `i`!/::!-'"      ,.イ
/   . : : : : : : : ::|ii|   __ニ,     =- i/  :::     / ,.ヽ
|. . : : : : : : i: : : : :| ! ,=”""      `r'" ヽ  :::.rヽ,='"_    ',
|: : : : : : : : |: : : : :| "         !,ヽ `__,,,.=`ヽ-''ヽ     ヽ
.i: : : : : : : : |; : : : :|              `ー-"|         ヽ    ヽ
..|: : : : : : : ::|; : : : :|              i        ',     ヽ
 i: : : : : : : (|: : : : |             /         i,     ',
  |: : :i: : : : ヽ; : : : |           /|          !.      ',
  i: : :|: : : :::::|: : : :|,_        _, ,=": : |          !,      ',
   !: : |: : : :::::'i: : : |:|     /::::::::i!:: : : :|          _!,        i
   !: :.|: : ::::::i::|: : :|!     |::::i!:::| |: : : :|   _,,,,.. ー- '"  '      |
    |: :|: : :::::|:|:'i: : |       !=-ー┤: : |~ ̄              ,,.="
    |:|:|i: :::::|::L:!:i: |       ヽ |: :i: |            _,,.-="
     i!|.|:::/、 |:i: | ,,,,_  / `|: :||:!         _,..-="
     }/   ヽ 'i:i:|ヽ       |:/|:!ヽ .:::  _,,..-=''"

185 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 21:30:20 ID:F14P/bZkO
私の実家では、赤ちゃんが産まれたとき、最初の靴は親や祖父母が買うのはタブーなんです。
なので赤ちゃんから見ておじさんやおばさんが買うのがあたりまえになってる。
他人から貰えればなおよし。
なぜかは知りませんが、私が子供を産んだときも、姉から出産祝いに靴をもらいました。
出産祝いに靴って、あまり贈らないものなのかな?
友人に贈ったら、まだまだ歩かないよ〜なんてびっくりしてた…。
それまでは世間でも普通のことだと思ってました!
みなさんのおうちはどうですか?

186 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:08:11 ID:D+pRp6kvO
>>185
贈り物にベビーシューズ(ファーストシューズ)って
定番中の定番だよ。地域差はあるかもだけど、カタログとか
雑誌とかで普通に載ってるのに、お友達はなんで驚いたのかね。

といってもうちではファーストシューズなんてハイカラなもの
認識してるのは、せいぜいで親世代からかも…>185さんの実家は
割と昔から洋装だったりするのかな?
それとも昔は足袋や草履に関する言い伝えだったけど、
時代とともにベビーシューズに変わったのかな?

187 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:10:02 ID:AZxF5ut10
地域差があるってことかね

188 :求む アセンション指導員:2007/10/04(木) 22:14:30 ID:hqN9ZFfU0
求む アセンション指導員
時給 五百円
面接 明日の午後2時〜
履歴書持参
場所 明治神宮前 神宮入り口
服装 自由
ヒゲ OK
男女不問
年齢不詳


189 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:22:09 ID:F14P/bZkO
レスありがとうございます。
ファーストシューズっていうより、なんていうか…。
初めて歩く時にはく靴、とでもいうのか…
なので、サイズも9cmとかではなく、12.5cmとかのものなんです。
ブーティーのようなものを贈るのは、おっしゃるとおり定番なのでしょうね。
とにかく親や祖父母が買ってはいけないのは、やはりすねかじりにならないようにとか、願いをこめてるのかな?
昔は、近所の人にたのんでわらじを編んでもらったりしたようです。


190 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:25:54 ID:F14P/bZkO
連投スミマセン。
近所の人に頼むっていうのは、たぶん私の母や祖父母が育った地域ではそういう習慣はなかったのではないかと。
なので、わらじを編んで下さいとお願いしたんじゃないかなと、母も言ってました。

191 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 23:30:16 ID:cqJGgkP1P
そう言ったものは親族の誰かが勝手に始めるもんじゃないだろうか?
ウチでは正月などの縁起物の破魔矢を絶対買わない。
私が子供の頃、七五三などで神社に出かけた際に、欲しいと言っても
親は決して応じなかった。
理由:昔、祖母の兄に女グセの悪い男がいた。
おまけに親戚同士で裏で手を組み、他の親戚から土地を騙し取ってしまうような男。
この男が家庭の外に女を作り、子供が出来てしまった。
当時、子が出来なくて困っていた妹である私の祖母が、その不遇な赤子を
引き取って喜んで育てたものの、敢えなく二年で短い生涯を閉じた。
その原因だと無理無態な恨みを買ったのが神社で買ってきた破魔矢。
飾りに等しい縁起物である破魔矢に、我が子に取り憑いた病魔を追い払う
期待を懸けていた若き日の祖母の怒りは、以後の我が家における
破魔矢不買絶対遵守の暗黙のルールとなった。
ま、家のしきたりなんて、どこも極単純な起源なんだろう。

192 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 00:49:30 ID:Ve7AvKb30
>>191
なんて八つ当たりもいいとこな恨みだ; 
言っちゃ悪いが祖母さんもその最悪な男の血を引いてんだなあと感じてしまうよ。
そんな恨み持ってたら益々神様の怒りを買ってバチが当たりそうなモンだが…。


193 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 00:59:54 ID:ilVrpFeeP
>>192
さあ、それはどうか。
身勝手な長兄の遊びで生まれた行き場のない子を育てようとした祖母だ。
そこを汲んで、人の裏の裏を深く見る目を養ってくれ。
人間悪いように見えて憎まれたりするも、内にはそれなりの努力や愛を
湛えていたりするものかも知れないしね。

194 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 11:45:02 ID:2l6nr9pM0
辛すぎて何かのせいにしないと耐えられなかったのかもしれないよね

195 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 10:24:08 ID:x5I0t7/90
>>193
その子に対する愛情が深かった証か、いい話だなー
2ch見て胸が熱くなったの初めてだよ
亡くなったお子さんは、気の毒だったけど
193みたいな思いやりのある孫に恵まれて
幸せだったと思うよ、お婆さん

196 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 10:27:22 ID:AHm9DUf+O
破魔矢っていうのは捨てる神だったんだな。 拾う神もあるから。

197 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 13:20:05 ID:riMwDQGB0
うちの実家は交通事故率が高い。
自分は嫁に来てから事故にはあわなくなったのだが
実家に住んでる家族は相変わらず事故にあう。
死亡するほどの大きな事故はないけど小さな事故がちょこちょこある。

これも何かの因縁なのかな?



198 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 14:16:04 ID:78/nUuQd0
車に乗る頻度が高いんでしょ?
あと若葉マークの頃から雪道、アイスバーンなどを普通に走る環境とか。
ウチの実家の方は事故が少ない割に、起こるのは若者絡みの死亡事故。
車が少ない過疎地で、免許取りたての若造が自爆したり人を巻き込んだり。
キツネを避けたり滑って電柱に突っ込んだり・・・
なんかね、もう仕方ない。@ホカイドー

199 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 14:17:07 ID:n0fHtDYOP
渡辺という霊媒のところへ行った時、うちの父方は養子が多いと話したら
「養子の縁だな」と話していた。
何かの原因で同じ人生様式を繰り返すことというのは、案外ありふれたものらしい。

74 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)