5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

十一歳美少女と永遠に広がる暗闇の中

210 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 12:20:03 ID:92YusuFT0
夜中にふと目が覚めた。
暗闇の中にぼうっとした明かりが灯っている。
常夜灯でも付けたまま寝ちまったのか?と思い辺りを見回すとどうも様子がおかしい。
それは常夜灯ではなく蝋燭だ。
自分のいる場所はベッドの上ではなく、よくわからない繊維のような物の上。
俺は混乱した。夢にしては現実感がありすぎる。
必死で記憶を辿ったが、昨夜は納期ギリギリで終電まで仕事をして、
家に帰るなりべッドに倒れこんだ記憶しかない。
ふと人の気配を感じた。子供だ。わけがわからないという顔をしている。
そりゃそうだろな。どうやら幽霊ではなさそうだ。
「お兄さん誰ですか?ここどこですか?」
そんな事は俺が聞きたい。今知りえる乏しい情報から、状況を手短に説明した。
少女は素直に聞き入った。人を疑うという事をまだ知らないらしい。
これが大人の女だったら、夜起きたら暗闇の中に蝋燭一本、そして知らない男。大騒ぎが始まるだろう。
少女の心を落ちつける意味も含めて、俺はちょっとした雑談をした。
わかった事は、少女は11歳である事。夜寝ていたらここにいた事、
来年中学受験で勉強が大変だということだ。
どれも、この状況を説明するのになんの役にも立たないことばかりだ。
とにかくここを脱出しなければならない。
だが、辺りを見回しても暗闇が広がるだけだ。
まるで闇夜の海のように深く、吸い込まれるような闇。
脱出する手がかりはなにもない。
ぽつんと立つわけのわからない蝋燭が、とても心強い物に見える。
もしここから離れるとすると、それは酷く恐ろしい分の悪い賭けのように思えた。
少女は特に怖がっている様子もなく、俺の方を見つめている。

49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)