5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

じわじわ来る怖い話 9じわ目

1 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 17:01:12 ID:SJVoKFV30
ごく普通の文章に見えるけれど、解釈次第で((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
読んだ後でじわじわ怖い、そんな話を集めるスレです

§創作でもコピペでもかまいません
 コピペの場合はなるだけ引用元を、少なくともコピペであることを明記してください
 ただし都市伝説などの有名すぎる話やナポリタン系はできるだけ避けてください
(※ナポリタン系……解釈が難しすぎる、または特に意味のない不可解な文章)

§1レス以内が好ましいです
 やむを得ず2レス以上に跨る場合、画面のスクロールによるネタバレ抑止のため
 名前欄に 1/2 等番号を振るようにしましょう

§男根とマイナスドライバーの話は禁止、貼られてもスルー推奨

§明らかに洒落にならない、ほんのり、その他の怖い話に分類される時はそれぞれ該当するスレでどうぞ

【まとめサイト】
http://jiwakowa.web.fc2.com/index.html
http://www.ore.to/~cafe/jiwakowa/

【避難所】
http://jbbs.livedoor.jp/movie/8110/

【前スレ】
じわじわ来る怖い話 8話目
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1189144837/


2 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 17:05:26 ID:ZRfb3WpbO
クンニ

3 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 17:44:46 ID:EyEtYdGF0
>>1
おっつ

4 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 17:53:16 ID:ddFC5yZJO
>>1
乙です

5 :本当にあった怖い名無し ◆o.o.JT.d0E :2007/09/29(土) 18:40:09 ID:WrYxMn1m0
>>1
おつ

6 :本当にあった怖い名無し ◆o.o.JT.d0E :2007/09/29(土) 18:52:14 ID:WrYxMn1m0
つ[ttp://ilkkk.web.fc2.com/jiwakowa8.html]

7 :本当にあった怖い名無し ◆o.o.JT.d0E :2007/09/29(土) 18:53:05 ID:WrYxMn1m0
おっとwwww

つ[ttp://ilkkk.web.fc2.com/jiwakowa8.html ]

8 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 18:54:18 ID:5lMClMl00
あれはいつだったか、2年前の6月はじめの梅雨時前だったような気がする。
俺はいつものように残業を終え帰宅途中、コンビニに寄り買い物をした。
そして、車に乗ろうとすると、そのコンビニの公衆電話の陰に女性が
立っているのが見えた。
どこかで見た記憶が有るが、直ぐに思い出せない。
妙に寂しげだったのを覚えているが、腹が減っていたので帰宅を急いだ。
途中何時もの大通りからそれ、薄暗いが周囲には家が立ち並ぶ細い道路
を走った。
途中には、昔ながらの小さい墓地があるが別にどうと言うことはなく、
いつも、通り過ぎている。
ラジオのプロ野球の放送を聴きながら運転し、その墓地の
手前に差し掛かった。
そのとき、車の左側に女性の陰が見えたので、若干徐行した。
辺りは住宅が有るが薄暗く、しかしよく見るとさっきコンビニで見た
女性とそっくりなのだ。
俺が徐行しているのがわかったのか、その女性は軽く会釈して去っていった。
わけのわからないまま、自宅につき飯を食い12時ころ寝ようとすると、
携帯が鳴った。
が、どうも間違い電話だったようなので、その日は寝てしまった。
翌朝、テレビを見て驚いた。
昨日よったコンビニの前で、昨年女性がひき逃げ事故に遭い死亡したが、
その犯人が逮捕されたというニュースが流れていたのだ。
しかも、俺はその事故直後に遭遇し、救急車を呼んだ。
しかし、2日後にその女性は亡くなった。
その女性こそ、昨夜見たコンビニの女性だったのだ。
俺は、こんな事があるのかと、今でもその強烈な記憶が離れない。


9 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 19:09:48 ID:Je0JyhW40
前スレ1000GJ!

よく読んだら「辛せ」になってたらジワコワだったなw

10 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 19:23:58 ID:md5mnHkn0
スレを活性化させようって魂胆だな
というわけで何か書こうとしたがネタが思いつかないw

11 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 19:24:48 ID:hWCQz3ejO
前スレ979って父親殺してる?

12 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 19:35:13 ID:Be91CMVV0
404 :風と木の名無しさん[sage]:2007/09/28(金) 22:35:46 ID:MsFLOrTA0
生ですスマソ


今日コンサート中にオタの前でケコーンの発表をしたYIさん。
あなたはそのアイドルにあるまじきビジュアルながら饒舌さと甲斐性とウザキャラと
グループ愛とメンバー愛と変態ネタとホモネタで10年以上腐目線のオタを
楽しませてきてくれました。あなたに貰った萌えネタは数知れません。
ファンとしておめでとうと言いたいところなんですが、残念ながら自分は
骨の髄まで腐女子です。オタの一番の萌えの補給場所であるコンサート中、
今日はどんなネタで楽しませてくれるのかしらとwktkしていた私ら腐を微妙な
気持ちにさせてくれたことは忘れません。愛くるしい程麺全員大好きでしたが、
これからは貴方だけ空気です。脱退しろとはいいません。名前が数字だから。
だけど貴方は空気です。適度に場を盛り上げて適当に踊っていて下さい。
今まで本当にありがとう。さようなら。正直幸せにはなって欲しくないです。

13 :本当にあった怖い名無し ◆o.o.JT.d0E :2007/09/29(土) 19:38:54 ID:WrYxMn1m0
>>11
     ┌→既に他界
     |            ..┌→本当はこっちが浮気相手
     |            ..│
    (父)――――┬――→(母)
     |      .↓(戸籍上は合ってる)
     |       ×.      ↑(主人公は母が本当の母だと勘違い)
     ├―――→(主)―――┘
     ↓
    (浮)
     |
     └→産んだのはこの人

見づらかったらごめんね。

14 :本当にあった怖い名無し ◆o.o.JT.d0E :2007/09/29(土) 19:41:42 ID:WrYxMn1m0
こっちの方がいいかな。

     ┌→(既に他界)
     |            ..┌→本当はこっちが浮気相手
     |            ..│
    (父)――――┬――→(母)
     |      .↓       ↑
     |       ×.      |(主人公は母が本当の母だと勘違い)
     ├―――→(主)―――┘
     ↓         |(主人公は小さい頃から浮気相手を母と知らず、恨み続ける)
    (浮)←―――┘
     |
     └→(産んだのはこの人)

15 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 20:49:12 ID:u3jEPH7/O
>>1
乙!

16 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 20:54:49 ID:PD2cIA1X0
>>8を一回読んだだけで理解できなかった…orz

17 :本当にあった怖い名無し ◆o.o.JT.d0E :2007/09/29(土) 21:03:21 ID:WrYxMn1m0
>>16
俺に3行くらいで説明してくれ。

18 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 21:04:47 ID:3NKwXX3+O
>>9
うはwマジだw

19 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 21:23:30 ID:38hJYWC8O
おうおう

20 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 21:24:31 ID:7Y5uU2b10
>>17
【三年前】
ひき逃げ事件の折り、「俺」は救急車を呼んだ。
しかし被害者の女性は亡くなり、犯人は捕まらぬまま。

【二年前】
コンビニからの帰り、見たことがあるような女性を何度か目撃する。
翌朝、ニュースで【三年前】のひき逃げ事件の犯人が捕まったと報じられ、昨日目撃した女性が事件の被害者だったを思い出す。

↑を、現在振り返りながら語っている。




という話。

すまないww低脳の俺に三行程度・分かり易さを求めるのは無謀。

21 :本当にあった怖い名無し ◆o.o.JT.d0E :2007/09/29(土) 21:36:30 ID:WrYxMn1m0
>>20
そういう事かww
サンキュウ

22 :本当にあった怖い名無し:2007/09/29(土) 22:44:58 ID:Pi7PaWYm0
幸せをつかみに来ました!!!!

23 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 02:33:49 ID:oEye3MHmO
>>12って誰の話?

24 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 02:35:56 ID:W8SMWax3O
おれと竹田はちょっとした沼のほとりにいた。あたりはやけに静かだ。
修学旅行の自由行動の時間、おたがいに自分の班から抜け出して適当にぶらついてたら、
いつのまにかこんなところに来てしまったのだ。
さざめく沼の水面を見ながら、おれはタバコに火をつけた。深く吸い込み煙を吐き出す。
ふと隣りの竹田に目をやると、青ざめた表情でおれの指先のタバコを食い入るように見つめている。
「どした?」おれは竹田に声をかけた。
「……なあ、そのタバコ」
「ん?」
「味がしないだろ」竹田は切羽詰まった声で言う。
「なんだって?」
「するわけないよな。そもそも、タバコなんか吸ったことないおまえに、味がイメージできるわけないよな」
竹田が何を言いたいのかさっぱり見えてこない。……そう言えば、このタバコはいつ買ったんだっけ。
思い出そうとしてみるが、なぜだか頭がうまく働かない。
「なあ、そろそろ戻ろうぜ」おれは急に不安になり促した。少し寒気がする。
「タバコどうした?」それには答えず、責めるような強い口調で竹田が聞く。
「何が?」
「さっきまで吸ってたタバコだよ。指先にはさんでただろ。どこに消えたんだよ」
「さあ、どっかそのへんに投げ捨てたんだろ。何をそんなに怒ってるんだよ、竹田」
「おれは認めないぞ……こんなの。いいか、いまでもおれは完全否定派だからな」
「だから、何の話だよ」
「あそこを見ろよ。そして、何も見えないと言ってくれ。お願いだから」竹田は沼の真ん中あたりを指差した。
おれは目をこらした。水面下から黒いタイヤの表面が突き出しているのが見えた。


25 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 02:47:18 ID:b8yGdzTkO
前スレの>>16って何?
誰か馬鹿に教えて!!

26 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 03:19:16 ID:9AA/8KcIO
>>11
なるほど…
最後の行の『五年間を悔やむこととなった』がよくわからなかったんだが…

すると動機は、幼い頃から父親に『俺の子じゃない』と言われ続けたこと(虐待か?)
悔やんだ理由は、殺したのが実の父の方だったと知ったから
ってカンジかな

979には、久々にモヤモヤさせられたよ

27 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 04:23:48 ID:DDwSxHXUO
>>25
砂は粉だと思う
粉はドラmッグだと思う
だから難解なんだと思う
ほかにどんな解釈があるか知りたいと思う

28 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 04:48:12 ID:/GFdpjPA0
>>8
女は2回目のときの会釈はありがとうって意味なのかな。
でも犯人逮捕には関係ないし、
間違い電話と2回会ったあたりに何かあるのか?

>>24
沼にバス釣りに行ったんだな


>>9 >>22
まとめのログ…

29 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 04:57:34 ID:Z+dopZL8O
>>24意味不明

解説よろしくお願いします

30 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 05:04:15 ID:/GFdpjPA0
>>29
修学旅行=バス旅行かな

沼に沈んでのかなあ

>>8 怖さがわからない

>>12 空気なのに盛り上げる?
書いてる本人は無視するけど他の人はOKなの?

なにか気持ち悪さがあるけどなにかわからない

車の中だと書きにくいな!?

31 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 05:12:24 ID:Z+dopZL8O
>>30
2人だけ助かったってことっすか?

32 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 05:21:03 ID:DDwSxHXUO
>>31
そうとるのもいいけど…
その逆もあり

33 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 05:55:02 ID:Z+dopZL8O
>>32
と、いいますと?(^^;)

34 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 06:16:02 ID:DDwSxHXUO
>>33
二人もしくは修学旅行に行った何人かが
亡くなったとか
(´ー`)y-~~するのは未成年は駄目だから
タバコの味を知らないというのは竹田が未成年なら普通

竹田が俺は完全否定派だ
というのは死後の世界のことだと思う

35 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 06:47:50 ID:1El6oHiYO
タバコだと思ってたのは実は誰かのチョンパした指だったり・・・

36 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 07:26:56 ID:Fbokj6050
ID:Z+dopZL8Oはじわ怖

37 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 07:38:51 ID:I77RyeeO0
>>23
芸能ニュースググればすぐ出るよ
>>26
実の親かどうかってのは母の方だろ?

38 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 08:12:46 ID:AUlTKTRpO
前スレの精神科の母親からの手紙が分からない・・・

39 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 08:14:26 ID:P6h19L5n0
越南で喰った犬料理のフルコースは美味かったよ。 子犬の足を煮込んだ料理(肉球がプリプリ)や自然形成ソーセージ(〆る前に腸詰の具材を食べさせておく)なんか最高だった。

今度は“虎肉”=猫を喰おうと言われて、料理人さんが子猫を買ってきたんだけど、大家の娘が発見して 抱きしめて離さない。

その娘が子猫を抱いたまま漏れの所にやって来て、4つのつぶらな瞳で訴えかけられたら、もうダメw

その子猫は料理されずに大家一家の飼い猫になってしまい、漏れにすっかりなついて猫可愛がりされるようになって、食事の度に漏れの膝の上を独占するようになった。

しかし、漏れと密通してた大家の弟の嫁が子猫に嫉妬して、ある日 魚のアラを大量に食わせてしまい、腸が裂けたらしく子猫は危篤状態に...

冷たい石の上で死なすのは不憫だからと、漏れがもらいうけて 冷たくなった身体を布団の中で暖めてやった。

このまま持ち直すかな?と思ったのだが、夜中の1時過ぎに急に苦しみ始め 口から血を吐いて絶命した。

あ〜、漏れのせいで可愛そうな事をした。 と思い、ちゃんと葬ってやろうと 事情があって開発が頓挫したままの空き地に死体を持って行き、墓を作ってお経や花、線香を供えてやった。

そういえば、埋める袋から死体を取り出すと、鼻の先がバイクのタンクにこすれたらしく、少し血がにじんで痣のようになっていた。

死んだ後もかわいそうな事をしちゃったな、と思いつつ、その後も墓参りを重ね、次に生まれ変わったら漏れの所においで と念じた。

越南での仕事が済んで日本へ帰って5年ほど経ったある日、突然 子猫をもらう事になった。

埼玉の猫婆さんが保護した親とはぐれた子猫だったが、その鼻先によだれでついたような染みがあるのを見て、赤ちゃんだからしょうがないね〜 拭けば取れるかな、などと言っているうちに、どこかで見た染みだと気がついた。

そう、あの子はお釈迦様にお願いして、ちゃんと漏れの所に戻って来てくれたのだった...

40 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 10:31:03 ID:dCWC9rGwO
>>12
ジャニオタ怖えぇーw

41 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 11:32:23 ID:9AA/8KcIO
>>37 前スレ979について
《父親が浮気》
例の女性に『どっち?』と尋ねる理由は…?
どうしてその返事を聞いて後悔するのかがわからなくなる

《母親が浮気》
例の女性が母親で、幼い頃に別れた為顔を覚えていない
浮気相手と結婚したのか、一度も会いに来てくれなかった
殺害した父と浮気相手のどちらが本当の父親なのかを尋ねる

“俺”は何かの理由で父親として認めたくなかった→殺害
実の父親は浮気相手の方だと思いたかった
だが事実は…

私としては、《母親が浮気》の方がしっくりくるんですが…

42 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 11:43:21 ID:9AA/8KcIO
>>39
その子猫、運ぶ時にはまだ生きてたんだな…


43 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 12:44:16 ID:MQ3WmTs50
>>24
二人とも死後の世界(バスの転落事故?)にいて、タバコは
「おれ」のイメージの産物なのか。しかし生前吸わなかった奴が
あの世に行っていきなりタバコふかすもんかねw

しかし読みようによっては、沼の黒いタイヤはたまたま浮いてただけで、
竹田の突然の錯乱wとも解釈できるな。




44 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 18:34:28 ID:PjNy7H3r0
最近、部屋の様子が変なの。
何が変かって、具体的に分からないけど・・・。
例えば、TVのリモコンの位置とか、冷蔵庫の中身とか。
ほんとに、「あれ?」って思う位だけど・・・。
彼に相談しても、気のせいだって言うし。
もしかしたら、前に住んでいた人かなって思ったら、怖くなって大家さんに言ってみたの。
大家さんは、はっとした表情になって直ぐにその人に連絡してた。
「合鍵は作られましたか?」って。
大家さんは、抑止にはなったと思うけど、心配なら鍵を新しくしようかって。
怖いので、そうしてもらった。
これで安心だわ。

45 :本当にあった怖い名無し ◆o.o.JT.d0E :2007/09/30(日) 18:46:36 ID:23gmW2pt0
>>44
既に部屋の中に居るってこと?
それとも屋根裏の住人?

46 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 18:50:59 ID:3Rcbibm4O
VIPで物々交換
http://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1191132537/
・リストの作り方は>>1を参照
・基本的にいらない物といらない物との交換
・最終的な交渉は必ず本アドレス・本名・本住所で行うこと(詐欺防止のため)

47 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 19:32:23 ID:ZkVr1/160
>>44
怪しい順
1、大家
2、前の住人
3、彼
4、地縛霊
5、鬼太郎のおやじ
6、座敷童子
7、河童


48 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 20:29:51 ID:u5w/cVME0
>>38
携帯からだと分からないぞ。PCで見ることをオススメする。
俺はPCで見た翌日に携帯で見たが、改行とかスペースの具合で
ぜんぜん分からん買った。

49 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 21:23:42 ID:stfmH/ofO
>>44-45
鍵は次の入居時完全に取り替えるから、前の人の鍵で開くのは大家のケチ

50 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 21:30:54 ID:/GFdpjPA0
>>38 下のほうにネタバレ
ttp://jiwakowa.web.fc2.com/part08/part08_973d.html

51 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 21:41:30 ID:tsSPTaTyO
>>24は「おれ」が死んで竹田は生きてるんじゃないか?


52 :本当にあった怖い名無し ◆o.o.JT.d0E :2007/09/30(日) 21:57:07 ID:23gmW2pt0
>>49
変える義務は大家にないんだよ。

53 :本当にあった怖い名無し:2007/09/30(日) 23:49:32 ID:de2s7DT10
>>48>>50
サンクス
今パソコンで見てみてようやく分かった

54 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 01:29:15 ID:kcM2MTof0
前スレ884の意味がわからない・・
未成年のうちに殺人?とかかな

55 :病室の朝:2007/10/01(月) 01:38:56 ID:OKF+jqLeO
病院の廊下で、男の子と女の子がキスしていた。
病室のドアが少し開いていて、ベッドに座った男の子の顔が見える。
キスしたまま、こっそり女の子がウインクすると、ドアの隙間から男の子がウインクを返す。
別の日の朝、女の子が血を吐いたが、俺にはそれが弱気からくる精神的なものに思えた。男の子2人は大丈夫だろう。
この子だって、それよりは悪いが助かる可能性はある。
第一、俺も同じ病気なのだ。
この子が死ねば、俺も死んでしまうだろう。そんな気がしている。優しく女の子を諭した。
理沙は、半年前に薬を打った胸の奥が痛んで、涙を流しながら悔しげに何かを呟いた。
別の日、理沙が死んだ。
死んだはずの理沙は早朝の光に照らされてとても綺麗で、俺は茫然と立ち尽くした。
こうなる予感はあった。
彼女は冷たかった。
男の子2人に、どんな気持ちだろう、この話をしたら。
2人は理沙が好きだという。
照れるでもなく、真面目な顔で、どこか憂いげに。
俺は笑った、ああ、そういうことか。
急速に目の前が白くなって、そこで意識が途切れた。

56 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 02:09:37 ID:FiBLOQs70
わたしの同級生で幼なじみの竹田くんは、赤ちゃんや子供をあやすのがすごく上手い。
母親の腕の中で火のついたように泣き叫んでいた赤ん坊でさえ、竹田くんが耳許で二言三言何か
囁いただけで、パタリとおとなしくなってしまう。ああいうのも一種の「才能」なのだろう。

けれどもある日、不幸なことが起きた。
竹田くんは親戚の赤ちゃんを預かって留守番をしていた。
ミルクをやり、おしめを替えてから、彼は得意の子守歌を歌って聴かせてあげた。
それを耳にしたらどんな赤ん坊だってコロリと寝ついてしまう、ちょっと魔法のような歌だ。
だけどその赤ちゃんは、それから二度と目を覚まさなかった。
乳幼児の原因不明の突然死。わりとあることだと聞く。決して竹田くんのせいではない。
親戚も我が子の死を深く悲しみこそすれ、竹田くんのことを疑ったり責めたりなどしなかった。

でも竹田くんはそれからおかしくなった。繰り返し自分を責め、「あんな歌さえ
歌わなければ……」などと、何度も独り言を漏らしては激しく後悔している様子だった。
べつに竹田くんの歌が死因となったわけでもないのに。
竹田くんはだんだんと普段から上の空になり、日ごと憔悴していくように見えた。

あれは中間試験の日、数学のテストの時間だった。
問題を解くのに熱中して解答用紙だけを見つめていたわたしは、ふと違和感を覚えて顔を上げた。
黒板の手前の教卓の上で、試験監督の先生が両腕に顔を乗せ突っ伏している。
居眠り? まわりを見渡すと、右隣の小澤くんも、左隣の菅山さんも、廊下側のいちばん前の
席にいる津田くんも、みんな同じように眠り込んでいる。わたし以外は全員……?
いや。気がついて、わたしは窓側の最後列の席を振り返った。
竹田くんがこちらを見ている。怯えたような、ほとんど泣きそうな顔をして。
「違うんだ……そんな、そんなつもりじゃなかったんだ」震える声でそう呟いた。

きっとそうなのだろう。ふと口ずさんでしまっただけなのだろう。たぶん彼に悪意はなかった。
でも、だからこそ彼は、決してあの歌をあんな場面であんな風に口にするべきではなかったのだ。
彼にそれを伝えられなかったことが、いまでもとても悲しい。




57 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 02:32:07 ID:qcyaBmQjO
>>55
ごめん、悪文すぎて何だかさっぱりわからん。
最初の三行で「男の子が二人いる」と理解するのはほぼ無理。そもそも語り手の視線はどこにあるの?
女の子が途中から唐突に「理沙」と名前で呼ばれるのもかなり違和感。

>>56
竹田・・・


58 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 02:52:02 ID:WAR8fVeP0
線路沿いに小さな畑を持っていた母は
ある日の夕方、手入れをしにその畑に入っていた
その時、そこから少し離れた線路脇に真っ赤な彼岸花が咲いていたらしく
「あら綺麗な色ね」と薄暗い中遠目で見ていたと

その次の日、美容室を営む母は、お客さんとの会話で
客「昨日の事故ひどかったらしいわね〜」
母「?何のことです?」
客「え?すぐそこで起こった事故なのに知らないんですか?
  昨日、病院から抜け出した人が電車に轢かれたんですよ」
母「ええ!?私昨日畑に行ってたのに気づかなかったわ
  綺麗な彼岸花に見とれてたし・・」
客「奥さん・・それ内臓よ・・・」



59 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 03:53:17 ID:wlSOzCCV0
内臓が彼岸花に見えるってどんな状況・・・

60 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 04:38:49 ID:SzUf5+w+O
>>54 甥が来ることに不安な感じがする。
例えば俺が結婚した相手が好きで、俺から奪う為に何かしでかすとか。

>>55 >>56 どっかも道連れとか死にオチ?

幼なじみの竹田君は空気を読まずに壊音波でもだすんか?


61 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 05:27:02 ID:Vn5vi+I8O
少し昔の話

とある普通の家庭

子供を1人遊びさせて母親は家事をしていた
少し経って母親が家事をやり終えたくらいで急に子供が泣きながら走ってくる

「ままーしょっかーでたー」

まだ上手く言葉を喋れない子供の言う事が理解できない母親は途方にくれた

辿々しい言葉を繋げながら根気強く子供の話を聞いていくと……

家の廊下で遊んでいた子供は仮面ライダーに出てくるショッカーを見たようだ

現実にショッカーはいない

どうやら見たのは顔にX傷のある落武者のようだと思われ。


62 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 06:10:52 ID:X4SpaYwN0
少し昔の話

とある普通の家庭

子供を1人遊びさせて母親は家事をしていた
少し経って母親が家事をやり終えたくらいで急に子供が泣きながら走ってくる

「ままーしょっかーでたー」

まだ上手く言葉を喋れない子供の言う事が理解できない母親は途方にくれた

辿々しい言葉を繋げながら根気強く子供の話を聞いていくと……

家の廊下で遊んでいた子供は仮面ライダーに出てくるショッカーを見たようだ

現実にショッカーはいない

どうやら見たのは顔にX傷のある落武者のようだと思われ。

63 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 07:35:42 ID:0c9xCOLiO
>>39
漏れとかなんか見ててきしょい

64 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 08:57:31 ID:iajjt1Gl0
少し昔の話

とある普通の家庭

子供を1人遊びさせて母親は家事をしていた
少し経って母親が家事をやり終えたくらいで急に子供が泣きながら走ってくる

「ままーしょっかーでたー」

まだ上手く言葉を喋れない子供の言う事が理解できない母親は途方にくれた

辿々しい言葉を繋げながら根気強く子供の話を聞いていくと……

家の廊下で遊んでいた子供は仮面ライダーに出てくるショッカーを見たようだ

現実にショッカーはいない

どうやら見たのは顔にX傷のある落武者のようだと思われ。

65 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 09:37:48 ID:WePSztdG0
今時の子供は本物の彼岸花見たこと無いんだろうなぁ

66 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 11:47:58 ID:BkJymxqDO
タクヤー、ご飯の時間よ〜!…嫌だ、タクヤちゃん、足が泥だらけじゃないの!

…まあ!タロウ!!首輪を外して勝手に外へ出たのね!?
さてはタクヤちゃんに無理矢理散歩をねだったんでしょう!
ホントにお前はいつもタクヤちゃんを困らせてばかりで何て悪い子なの。
罰として餌は抜きよ、首輪ももっときつくしてやるわ!

全く…手間はかかるし言う事は聞かないし、だから私は反対したのに…!
ウチにはタクヤちゃんがいるんだからタロウなんていらなかったのよ。
ちょっとアナタ!アナタもちゃんとタロウをしつけてちょうだい。

さあ、タクヤちゃん、あんよをキレイキレイしましょうね〜。
お夕飯は大好物の最高級お肉よ。
あらあら、そんなに嬉しいの?
週末はタクヤちゃんのパパとママが遊びに来るわよ〜。
1年振りの再会ね、この子覚えてるかしら。楽しみだわ!

67 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 12:38:36 ID:shy8JXynO
>>66 ウィガッコス

68 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 13:15:09 ID:hx+Mmt5MO
俺はマンションの五階に住んでいる。
普段は運動不足の体を気にして階段を使う。
しかし、その日は遅刻気味だったからエレベーターを使うことにした。中に乗り込むとブザーがなった。
チッとした打ちをして最初に乗った俺が降りる。

その日の夜、霊感があるだけが取り柄(?)のような同僚がうちに遊びに来た。どうでもいいのだが訳を訊ねると「なんとなく」と言う。
同僚に気を使ってエレベーターで五階へ。
部屋に着いて酒を切らしていたことを思い出した。
俺は一人近くのコンビニへ買い出しに走る。
エレベーターが丁度五階に止まっていたので閉まりかけたドアに手をはさみ駆け込む。
゛ビー。゛
ブザーがなる。

しかたなく階段で買い出しに行くことにした。

69 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 13:22:46 ID:tw9Q13NW0
[壱/弍]

夜中に突然ルミちゃんから携帯に電話がかかってきた
ウサコが逃げ出したから一緒に探して欲しいのだそうだ
明日の朝でもいいのでは?と提案するが、聞いてくれない
「もしウサコに何かあったら呪い殺すからね」と脅される始末だ
家族が寝静まった頃、こっそり家を抜け出す
夏休み早々こんなことになるなんて・・・

校門の前でルミちゃんと合流すると、ルミちゃんはあらぬ方向へと歩を進める
疑問に思っているとウサコが逃げこんだ場所が判明したのでそこに行くのだそうだ
後をついていくと、学校のそばにある廃マンションに到着した
僕達の間ではオバケマンションと言われている場所だ
たしかここは・・・何か事件があったはずだが・・・思い出せない
何故こんな所にウサコが?
そう思っていると、ルミちゃんが語り出した
「まだ思い出せないみたいだね・・・そういえば昔私が言ったこと覚えてる?
私達の住んでいる集合住宅が海外ではウサギ小屋って言われてるのを・・・
直訳されただけなのに馬鹿な日本の記者が侮辱されたと勘違いして広まっちゃったけどね・・・」
ルミちゃんのウサギに関する雑学は半端ない・・・しかし何故ここで?・・・
「つまり・・・ウサギ小屋に居るのはウサギであり・・・人間でもあるのよ・・・」
僕は何か間違った記憶を・・・自分の都合の良いように組み変えているのだろうか?
思い出せない・・・・・頭を抱えているとルミちゃんが僕の手を取って言った
「さ、ウサコを探しに行きましょ?」
「・・・うん」
ルミちゃんは手に持っている懐中電灯を点灯させると僕を引っ張った
「絶対に私の手を放さないでね」
なんだかんだ言っても一人で探すのが怖かっただけなんだな
僕はルミちゃんの手を強く握った

70 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 13:23:57 ID:tw9Q13NW0
[弍/弍]

立ち入り禁止になっているマンションの中は荒れ放題で真っ暗だった
そこかしこに、ゴミや割れた窓ガラスの破片が散乱している
不気味すぎて一人だったら、とても中には入れなかっただろう
足元に気を付けながらゆっくりと一階ずつ探していくがウサギの気配はしない
建物の近辺は静まり返っていて、初めから僕達の足音と呼吸音しかないのではないかと思わせるが
懐中電灯の明かりに群がってくる虫の羽音がそうではないとうるさく主張する
時折飛び回る虫に光りが当たり、その不規則に動く白い照り返しを人魂と錯覚しキモを冷やした

もっとタチの悪いのは、僕達の血を求めてやって来る蚊だ
顔や腕に止まる度にルミちゃんがペシペシと叩いて落としてくれるが
大抵吸われた後だ・・・体中がかゆい
群がる虫を掻き分け探すがウサギの姿は見つからない
入る時は怖かったはずなのにルミちゃんと一緒にいるだけで不思議と怖くなかった

そうして最上階まで探したが結局ウサコはどこにも居なかった
「ウサコは見つからなかったけど、一緒にさがしてくれてありがとう」
そう言って、ルミちゃんは走って帰って行った
走り去る姿を眺めていると、一瞬ルミちゃんが振り返った
その口元には笑みを浮かべているようだった

次の日、ウサコはウサギ達と一緒にウサギ小屋にいた

71 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 13:38:30 ID:SzUf5+w+O
消えたのはウサコじゃなかったから
その後変になるのか、繋がってきた

72 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 13:56:20 ID:+eLd8vf6O
個人的なジワ怖。


高校生の時、腰痛でヘバってた私に母が、お風呂に入って温まったら少しは和らぐんじゃないかと言うので少し熱めの湯に浸かった。

暫くしたら、のぼせてしまったらしく脱衣所で目の前が暗くなり意識が飛んだ。

その間に夢のようなモノを見た。水辺を女性(外国人?)が唄いながら歩いてて、女性の後方(空中)で私はその人を見てる(視点のみ)。
どうしてもどうしても女性の顔が見たくて、どんどん降下していく。
その間は凄く心地よく女性に吸い寄せられるように近付いていった。

あと少しで女性の顔が見える(振り返る?)って時に、母の私の名前を呼ぶ声にハッとして夢なんか見てる場合じゃないと必死に起きた。


実は母の目の前で倒れていて、母は母で白目むいて痙攣してる私に流石に焦ったらしく、何度も名前を呼んでいたらしい。

全然聞こえなかったよw

私には意識飛んでる時に訳わかんない夢を見てしまった事と、そのままでいたらどうなっていたのかなぁ〜と後になってジワジワ怖かったです。


でも、もう一度見てみたい気もする位その間は心地良かったw

73 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 15:14:36 ID:OKF+jqLeO
このスレ見ていて思い出した。
幼い頃、母の日に手作りの紙芝居とコアラのマーチをあげたんだ。
次の日、紙芝居はゴミ箱に入ってた。
コアラのマーチは大事そうに戸棚にしまってあって、笑えてきた。
俺は無言で握り潰してから、それもゴミ箱に入れた。

74 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 16:05:13 ID:qcyaBmQjO
>>70
「ウサギ達と一緒にウサギ小屋にいた」とわざわざ書くってことは、ウサコはやっぱりウサギじゃないんだな?

>>72
スレ違いだしツマラン。>>1をよく読むこと。

>>73
じわ悲しい・・・


75 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 16:10:25 ID:uoCS4mTr0
>>72はいかんのに
>>73はアリなのか?


76 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 16:35:39 ID:U+OtaqNU0
>>73の握り潰したのは食べられるのか?

77 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 18:24:28 ID:+eLd8vf6O
>>74つまんなくてスマソ
個人的には三途の川系だったらって当時は怖かったんですよw今は、意識飛んで痙攣してても夢みたいのは見るんだなぁと不思議です。
それと酸欠ですぐ意識が戻らなかったら…ってのも考えたら怖かったんです。

スレ汚し失礼しました。

78 :本当にあった怖い名無し:2007/10/01(月) 23:40:05 ID:93u7uTaQ0
>>73
なんかすごくかわいそう・・・

79 :長くてすんまそん:2007/10/02(火) 00:00:23 ID:B/69fOlG0
ゴールデンウィークのある日、大学のサークル仲間で飲み会を行った。
(酒が飲めないが、サークルの部長だから参加すっか)
飲み会が進む後、Aが肝試しをしようということを言い出し
飲み会のメンバー、A、B、C子、D子が参加することなった。
俺は、酒を飲んでいないため、運転手として強制参加であった。



80 :長くてすんまそん:2007/10/02(火) 00:01:07 ID:Q8CPtuW50
肝試しは、肝試しスポットとしてはこの地域では有名な廃校に行くこととなった。
廃校が近くなるにつれ、助手席に座ったC子は酒と車酔いのせいか「うーうー」と苦しみだした。
俺はC子に「もうすぐつくから耐えてくれ」と声をかけた。
(たのむから着くまで車の中で吐かないでくれよ)
なんとか、廃校まで着くことができたが、
C子は「私やばいから、車にいる。A君たちで行っておいで」と言い
Bは「C子一人だとなんだから、僕も車に残るよ、もし出たらワン切りしてw一応入り口まで行ってみるw」
ということで、俺、A、D子で廃校を探索することとなった。

81 :長くてすんまそん:2007/10/02(火) 00:01:44 ID:Q8CPtuW50
廃校は戦前に建てられたものらしく、木造でとても荒れ果てていた。
廊下と思われる通路をそれぞれ懐中電灯で照らしながら3人でなんとか奥へと進んだ。
D子「机っぽいのがあるけど、ぼろぼろだね」
A「まじで、なんかでそうな雰囲気があるね」
教室のような部屋も窓にはガラスもなく、木材のようなものが散乱していた。
また、時間は深夜で天気も曇りであったので暗闇がとても漆黒であった。
D子「ねぇねぇ、もう戻ろうよ、C子のことも心配だし」
A「よし、んじゃ、この・・うーん理科室って書いてあるのかなこの部屋を見て戻るかぁ」

82 :長くてすんまそん:2007/10/02(火) 00:02:35 ID:B/69fOlG0
この「理科室」と字がぼけている表札の部屋に入って行った。
確かに理科室らしく、ビーカーやフラスコのような割れたものが床に散らばっている。
すると突然D子が「きゃっ」と悲鳴を上げた。俺もその悲鳴に驚いたが
A「なんだ、ほらよくある人体の模型像じゃないかよ」
部屋の一番奥の隅に、確かに人体の模型像のようなものがあった。
俺たちは懐中電灯をその模型像に照らしながら近づいていった。
D子は今度は「ぎゃぁぁぁぁぁぁーーーー」とさっきよりも大きい悲鳴を上げた。
A「ぅぅぅぁぁぁ・・・・動いたぁぁぁーーー」
その悲鳴にまたしても驚き、俺も後ろに下がりながらよく見ると
その模型像はぴくぴくと体が動いているのである。そしてなんと左手を前に振り上げたのだった。
俺たち3人は悲鳴、奇声を上げながら一目散に入り口へ向かって逃げ出した。
はぁはぁ、まるで生きた心地がしないような恐怖感で全力で廊下のようなところを走りぬける。
(あーどうして俺たちはこんな奥まで探索してしまったのだろう)入り口が遠く感じる。
闇の漆黒が、あの人体模型が後ろから襲ってくるかのごとく迫ってくるように感じた。

83 :長くてすんまそん:2007/10/02(火) 00:03:10 ID:B/69fOlG0
「ガツッ」(しまった)
俺は散乱した木片にぶつかって転んでしまった。
手に懐中電灯は握ったままだったのは幸いであったが二人は一目散と入り口の方へいってしまった。
俺は恐怖に押しつぶされながらも後ろからやつが来ていないことを確認して、転ばないよう急いで入り口へ向かった。
入り口の方向からは相変わらずAとD子の悲鳴と奇声が聞こえる。
(くそ、俺のほうがもっと怖いぜ。)
なんとか入り口が見えてきた。

84 :長くてすんまそん:2007/10/02(火) 00:04:09 ID:B/69fOlG0
と、そのそばの教室の中に・・やつがいた。
(アーー来るんじゃなかったよ!化け物が!)
「ああ”ーーーーー」腹の底からでる恐怖の声をやつに浴びせながら
睨みつけながら、足がふらふらになりながらも入り口から外に出た。
車にはD子は戻ってるようだったが、A、Bがいない。
なんとか運転席に座りC子に聞くと
Bはワン切りがあったので入り口から入って行ったらしい。
(くっそ、あいつらなにやってんだ)

85 :長くてすんまそん:2007/10/02(火) 00:04:55 ID:B/69fOlG0
落ち着くために深呼吸を何度かした。
やがて、雲の隙間から月の光が差し込んできた。
ふと、バックミラーを見ると、その鏡には後部座席に座るやつが写っていた。
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
いや、髪が長い・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・D子・・・・・
・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・
「だからぁ、やばいっていったでしょ」
助手席のC子の手に握られたメスが
俺の胸に飛んで来るのが見えた。

86 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 00:25:33 ID:qH9s97PqO
C子ヤバすぎ…('0';

87 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 00:39:00 ID:fct/aCJ30
どこがジワコワ?

88 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 00:42:32 ID:HDmbEbXKO
あー、あったなぁこんなスレ
言葉遊びの謎解きクイズみたいになって・・・
当然ここも読んでないけど、みんな元気?

89 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 00:48:14 ID:qH9s97PqO
>>87
私は俺の立場になったらじわこわした。
そうだったのか…うーヤラレタ…て。

90 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 01:09:21 ID:U8x5GfPyO
ルミの葬式からの帰り道、わたしと友紀はうつむきながら黙って歩いていた。
友紀にあったのは本当に久しぶりなのに、なんだか言葉が見つからない。
暗い夜道にぼんやり浮かぶ家々に目をやりながら、わたしはルミや友紀を含む小学校の同級生たちの顔を一人ずつ思い返していた。
今日の葬儀に出席していた豪一くんと俊介くん。なんだかやけに深刻そうな顔でひそひそと話していた。
そういえば、あの二人とルミがウサギ小屋で怪我したなんて事件もあったっけ。
ルミに片思いしていた孝志くん。そのことを冷やかしながら、じつは自分もルミが好きだったっぽい賢太くん。
今日は来ていなかったけど、二人とも今はどこで何をしているのだろう。
陰でいつもルミのことを「キモイ」と嫌っていた晶子。『豪一くんファンクラブ』の会長だった。
じつはわたしも、ルミのことはそんなに好きじゃなかった。たぶん友紀もそうだったと思う。
そしてルミといちばん仲の良かった、ウサコ。
……ウサコ?
ウサコはウサギの名じゃなかったの?
いや、あの子は……なぜだろう、頭に靄が立ち込めたようにうまく働かない。
たまらなく不安になり、隣りの友紀に聞いてみる。
「ねえ、ウサコって誰だったっけ」
友紀は顔をふせたまま答えない。
「ねえ友紀、聞いてる?」
「……ね」
「え?」
「死ね、つったんだよ」友紀が震える声で繰り返した。聞いたこともないような悪意のこもった声で。
「……どうしたの、友紀」
「死ねよ早く。おまえもあいつらも、みんなウザイから死ねって。ルミみたいに」
「そんな……」
友紀は立ち止まり、顔を上げてわたしを睨んだ。
「言っとくけど、あたしは違うからね。あたしはウサコなんか知らないし、あの時ウサギになった覚えもないから」
その歪んだ顔を見て唐突に思い出した。胸の内が急速に冷たい何かで満ちていく。

ああ、そういえばこの子、まだあの時は女になってなかったんだ。


91 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 01:31:09 ID:2I2hvI460
じわじわ来る怖い話っていうお題が難しすぎるんだよな

92 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 02:16:34 ID:s9aSi5ft0
作家気取りが自慢げにオカルト創作を投下するスレ

だな次のスレタイは。

93 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 03:37:57 ID:FiKk2hYN0
母親が小学生の時の話。
その日、学校のグラウンドに野良犬が侵入してきた。
犬は、丁度、近所で収穫していた八つ頭っていうデカイ里芋
みたいな芋を咥えていたらしい。
子供ってなぜか、学校に犬が入ると過剰に興奮しちゃって、
大騒ぎしながら、みんなで追いかけた。
突然の騒ぎに犬は、びっくりして芋を置いて逃げていったらしい。
そしたら今度は母親と同じクラスの男子たちが、その芋を蹴って
サッカーを始めたんだと。
ようやく先生が来て、芋を外の草むらに蹴り飛ばした。
生徒たちはクラスに戻った。

次の日、母が学校に行ったら
昨日、近所で八つ頭を収穫していた女の人が
あぜ道に寝かせていた赤ちゃんの首がなくなっていた
という事件があったの話でクラス中、大騒ぎだったらしい。






94 :sage:2007/10/02(火) 03:40:01 ID:FiKk2hYN0
日本語ができてなかった。スマソ

95 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 04:58:17 ID:uLeHPxP9O
グロイな

96 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 06:44:36 ID:lXJnSSEs0

いま金縛りにあったんだけどめちゃくちゃ怖いよ助けて!
おっきい男の黒い影みたいのがおおいかぶさって来て
すごい力で身動きとれなかった

叫ぼうとしたら口を口でふさがれて何か入ってきた
舌かな?あったかいもの
取りつかれた?あたし?

叫べなくてううッてなっちゃってしたら足を絡ませてきて(足あるの?お化け?って)

意気なりおっぱい触られてずっとずっと揉むのぅ
心臓バクバクなのに反抗できなくて・・
さらにおっぱいの先をちょっと痛く噛んでくる ヤバイ!!

と思いつつチクビたって反応してきちゃったの
チクビたっちゃってるのに体は動けなくてキーンって耳鳴りが・・。

97 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 06:46:36 ID:G3/dsTcyO
テレビで聞いた話しだけどある有名女優が仕事で疲れて帰宅、マンションのエレベーターに乗ったらもう一人帽子を深く被った男がいて話しをかけても無視、エレベーター降りる時たまたまぶつかり謝ったが・・・それで降りたあとぶつかった所を見ると血がついていた。

98 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 06:46:43 ID:lXJnSSEs0
2
金縛りあうけど普段と全然違う感じがして
妙に体も熱くなっちゃってるし頭ぼーっとしてきてずっと怖くて開けられなかった目をうっすら見ちゃいけナイ思いつつ開いちゃったの!!
本当に闇みたいに黒い人影だった顔の形は分かるけど目の位置とかはわからない
けどこっちをずっと見てるみたいな…

その時すごい衝撃で黒い人があたしの中に入って来ちゃった
ズンッて感じ体に電気みたいの走っちゃう感じ?
まぢどうしよって思って
したらすぅーっと意気なり動けるようになった

またくるかな?怖いよ
欲求不満?
すっごいいっぱい濡れちゃってたんだけど…
やんなっちゃうょ

もう起きたほうがいいよね?
せっかく休みで寝てたかったのにまぢ怖いよ 霊?
息とかあたりそうなくらい近かったんですけど?

黒い人はホストだった。連れていかれてレイプされた。「キャーやめて!」ドラッグをきめた。
「ガッシ!ボカッ!」アタシは死んだ。スイーツ(笑)

99 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 06:56:22 ID:G3/dsTcyO
続き・・・翌日警官がきて昨日マンションに殺人事件があったことを聞いたが疲れていたので、その怪しい男のことは喋らなかった。その時はドアを開けなかったらしい。そして次の日ニュースで犯人が捕まり犯人の顔が写った犯人は・・・

100 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 07:18:13 ID:hvDUVRFwO
>>99
よくあること

100…GET's!!

101 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 08:03:40 ID:lXJnSSEs0
ほしゅ

102 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 12:23:48 ID:j/tp+9VH0
「その日も私はいつも通り仕事場から帰ってきてました。
 いつも通りの駅の人ごみ。いつも通りの商店街の賑わい。
 でも、商店街を抜けて住宅街に入った時、街灯が寂しくなり始めた時、
気付いたんです。誰かが、つけてきていると。

 ひったくり?通り魔?それとも・・・。
 あっ、と思って私は怖くなって駆け出していました。すると後ろからもダダダダダダという足音が聞こえてきて。
 私怖くて怖くて必死で走ったんだけど、とうとう左手を掴まれてしまって。
 グッと後ろに引っ張られ、瞬間、彼の顔を見てしまいました。
 彼の顔、無表情で瞳の色が沈んでました。ああ、もう駄目だと。
 怖い怖い怖い怖い・・・。気を失いそうになった時、彼はこう言ったんです。

 『明日から僕のお茶は誰がいれてくれるんだろうね?』って・・・。」

 ・・・という話について誰か知ってる人いる?
 なんていうか、くだらないよね。意味不明で全然怖くない話だから俺アタマきちゃって。
 これ作ったやつ突き止めようかと思ってるんだ。第一、矛盾だらけじゃん。暗い集合住宅地でなんで男の瞳の色まで特定できたんだよw、
 とか、体験談ぽい話だけどコレ体験した女は死んでいるのに誰がこの話書いたんだよwとかさ。

 まじで誰だよ。これ書いたの。数日前にどっかの板(オカ板じゃなかった)でこれ発見してそこの住人に聞いても「コピペだ。スルーしろ」とか言われるし。
 お願いします。教えてください。お願いします。〜の板で見た、とか簡単な情報でいいので。お願いしますお願いします。

103 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 12:28:43 ID:xmqO2FigO
>>102 コピペだ。スルーしろ。

104 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 12:53:12 ID:g9+WbjaYO
書き込まねばなるない

105 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 16:30:41 ID:G6Te0klm0
>>102
目撃者捜しか?

106 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 18:05:28 ID:39tnFAhf0
先日ラジオで聞いた話。
これもじわ怖かなぁって思ったので投下。


ある日の朝、夫はいつも通り出勤するための身支度をしていた。
すると妻が珍しく、「今日は駅まで車で送っていってあげる」と言うので、夫は妻の言葉に甘えて送っていってもらうことにしたのです。
車に乗り込むと、妻はシートベルトを締めたので、夫も妻に倣いシートベルトを締めようとすると、妻が夫を気遣うような優しい口調でシートベルトをしなくてもいいと窘めました。
これから満員電車に乗り、一生懸命働いてくる自分に気を使ってくれているのだろうと思い、夫は妻の言うとおりシートベルトをはずしました。
妻の運転する車が家のガレージを出て、アクセルを踏み込みスピードを出したその時……

ドカーーーーーーーーーーーン!!!!

一瞬の出来事でした。
妻の運転する車はハンドル操作を誤り、大事故を起こしてしまいまいました。
妻はシートベルトをしていたおかげで骨折程度の怪我ですんだが、夫のほうは…
シートベルトをしていなかったせいで、膨張速度が時速100〜300kmと言われるエアバッグの衝撃をもろに受け、亡くなってしまいました。

最愛の夫は亡くなってしまいましたが、偶然にも事故の直前に入った夫の生命保険の高額の保険金を受け取り、妻はその後幸せに暮らしました。


107 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 18:09:14 ID:gpTc4aVhO
>>102
なかなかいいね

108 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 18:13:04 ID:2I2hvI460
>>102
話自体が怖ければよかったのに

109 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 18:15:17 ID:NJbw6Q4RO
大学の友達とドライブに出かけることになった。
前日、突然誘いの電話が来て行き先などを聴く間もなく慌ただしく電話を切った。
運転手の進藤以外の太宰、依田という奴との面識はなかったんだけど進藤の知り合いってことですぐ打ち解けられると思った。
約束の時間ピッタリに家の前でクラクションがなった。
運転席に進藤、後部座席に太宰と依田が並んで座っていた。
助手席が空いていることに首を傾げながらも進藤以外と面識のない俺に気を使ってくれたんだと解釈し助手席に座った。
しばらくして気付いたが、後ろの二人はかなり無口だった。俺は気にせず進藤と会話を続けた。

ふと対向車のヘッドライトで視界が真っ白になる。
強い光に晒されたため進藤はハンドル操作を誤った。
スローモーション。
車は壁にぶつかり止まった。俺と進藤のシートは真っ直ぐ後ろまで倒れ、社内はフラットになっていた。
後部座席のシートがじっとりと塗れていた。
窓ガラスはどれも奇跡的に無事だ。進藤の安否を確かめようとして凍りついた。進藤はいなかった

110 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 18:55:56 ID:aP7E2lo50




     ; .
    `

111 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 19:48:14 ID:KMsFJ7La0
進藤は主人公を置いてドアを開けて車から降りていった。
後ろの二人は壁に激突する前にドアを開けて脱出した。


112 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 20:29:37 ID:NJbw6Q4RO
>>111
素敵な推理をありがとう。
初めて投下したんだけどそれはそれで置いて逃げられたっつうことでじわ怖になれば幸い

113 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 21:35:41 ID:U8DWBxal0
つまらん


114 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 00:22:18 ID:RjORJo/kO
>>90
ダラダラ続くわりに面白くもなく正直飽きてるんだが、モヤモヤがひとつだけある
そもそも

最 初 に ウ サ ギ を 殺 し た の は 誰 な の ?

次あたりで解答編よろ

>>102
偽コピペ? そうなら>>103の空気を読んだレスに感謝しる

>>109

しんどう
だざい
よりた(よだ)

ああ、なるほどね


115 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 07:48:54 ID:EtLy7mrjO
空白自重しろよ気持ち悪い

116 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 09:00:36 ID:Tx+ls6Fl0
依田は「イダ」だろ…常考…

117 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 09:45:38 ID:voo27++y0
二階で暮らしてる兄貴がうるさい。
まず足音。常にどすどすじゃないんだけど、
たまに「思い切り踵を叩きつける」ようにドスッ!
とやる。夜とかビクッとなるほど大きい音。
瞬間的にカッと来るね、あれは。
あとは、物を落とす音。ハンガーとか、何か小物類。
ハンガーなんてカラン!カランカランカランコワン…
といつまでも響かせたりして、これもムカつく。
それと、夜中一時二時になってからの風呂掃除。
いつまでもジャージャーうるさいし、
一階の天井裏と二階の床下との空間で響いてるのか結構耳障り。
嫁さんがいた時は昼間に済ましてたけど、
一年前出てってからは兄貴が帰ってきて風呂掃除なので
夜遅い時間になる。大変なのは分かるけどうるさいよ。

また今日も不意に踵でドスッとやるし!
これホントうるさいな、癇に障るというか。
で、今度は椅子倒したってか!
今までで一番うるせー!
じゅうたん敷くか静かに生活するかしてくれよ、くそ兄貴。

118 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:19:22 ID:ylf+XQCE0


119 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:47:09 ID:juzOUeW2O
自殺のリハ?

120 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:10:22 ID:YKJmnu670
早朝に風呂を覗かれた
それはいいんだけど、髪を洗ってから体を洗うときに、泡がつくから髪が落ちてこないようにクリップで留めている
そして、水滴が脱衣所に落ちないよう、洗い場でタオルで拭く
頭から拭く
頭を拭くときに、髪を留めてたクリップをマンゲにとめて(落ちるしタオルにつけると危ないから)るんだけど

「それは無いだろ・・」と一言窓から声が
覗くなら見つからずに見てさっさと消える、これはマナーだろ?
覗いた対象に声をかけるなんて、強盗か強姦か空き巣か、何かわからんし凄い怖かった
びっくりしたのと恐怖から、とっさにものすごい大声で「ハァ?」と言ってしまい窓のほうを見ると
窓の外の柵の隙間に男の顔
助けを呼ぼうと「なんじゃああああああああああ」と叫ぶと、自転車に乗って去っていった
新聞配達の少年だったみたいだ
声に驚いて風呂場に入ってきた弟に、「今覗きにマンゲクリップをバカにされた」と半泣きで訴えると
弟は激怒して、慎重に外に出て、2分後缶ジュースを買って帰ってきた
私が高校生だった頃の話だ、今も弟とは仲がいいのだが、

覗きはホストだった。連れていかれてレイプされた。「キャーやめて!」ドラッグをきめた。
「ガッシ!ボカッ!」アタシは死んだ。スイーツ(笑)

121 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 14:35:31 ID:fHHNiUjf0
マンゲをおいなりさんに置き換えて読んだらじわじわ痛かった

122 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 16:18:40 ID:RjORJo/kO
>>116
常考も何も、「よりた」も「よだ」も読み方として実際にあるんだから、特定のしようがないだろ
それとも作者か?

>>114

しんどう
だざい
よりた

の中に「死んだよ」「ウザイ」「うんざり」の三語が含まれてることがじわ怖と解釈できるって意味で書いたの
まぁ作者の意図は判らないけど


123 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 16:59:41 ID:R5TB51N40
>>114
やったー解答編できたよー(^o^)ノ

 ───アタシの名前はルミ。心に傷を負った小学生。ロリカワスリムで飼育体質の愛されガール♪
アタシがつるんでるウサギ達は共食いをやってるミキ、学校にナイショで
小屋の外をうろついてるユウカ。訳あってウサギハーレムの一員になってるアキナ。
 ウサギ達がいてもやっぱり学校はタイクツ。今日もミキとちょっとしたことで喧嘩になった。
女のコ同士だとこんなこともあるからストレスが溜まるよね☆そんな時アタシは一人で放課後の校庭を歩くことにしている。
がんばった自分へのご褒美ってやつ?自分らしさの演出とも言うかな!
 「あームカツク」・・。そんなことをつぶやきながらしつこいロリ教師を軽くあしらう。
「ショウジョー、ちょっと話聞いてくれない?」どいつもこいつも同じようなセリフしか言わない。
ロリコンの教師はカッコワルイ上になんか薄っぺらくてキライだ。ちょっと等身大のアタシを見すぎ。
 「すいません・・。」・・・またか、とU-12なアタシは思った。シカトするつもりだったけど、
チラっと教師の男の顔を見た。
「・・!!」
 ・・・チガウ・・・今までの男とはなにかが決定的に違う。スピリチュアルな感覚がアタシのカラダを
駆け巡った・・。「・・(カッコイイ・・!!・・これって運命・・?)」
男は生き物苦手板のキチガイだった。連れていかれてレイプされた。「キャーやめて!」偽装自殺をきめられた。
「ガッシ!ボカッ!」アタシは死んだ。ラビーッツ(笑)


124 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 17:29:24 ID:ezFw5g7A0
もうまともな話投下する人もいなくなってるけど
結局1スレ目から見てもじわじわ来る怖い話なんてほとんど無かったんじゃないか?

125 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 17:48:22 ID:3EGJwxHt0
>>124にじわじわしてみる


126 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 18:06:42 ID:AKE/VKpe0
>>124
同意。
>>44
>>65
が、じわ怖の流れだね。駄作だが。
かと言って、俺が投下出来る訳ないけど。

127 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 18:07:05 ID:fHHNiUjf0
>>124
結局いろいろ深く考えて書いても放置だし
レス付くのは意味不明なのや詰めが甘いなのばっかりだし
それに食いついてるレスも、なんで?どういう意味?
ってやつばっかりだから段々考える気が萎えてくるんだよ

全部転載してるはずのまとめスレからもスルーされたひにゃあんた・・・

128 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 18:51:22 ID:3EGJwxHt0
>>127
たとえば?

129 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 19:01:18 ID:3EGJwxHt0
スルーされてる話の事ね

130 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 19:49:07 ID:heinZLAF0
今日、帰宅途中にジュースを買った。
あいにく細かいのが無く千円札で買った。
いつまでも鳴り止まないチャリンチャリンという音。
お釣りがすべて10円で出てきた。
88枚出てきた。
田舎の自動販売機の恐ろしさを知った。

131 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 20:03:38 ID:3EGJwxHt0
¥100硬貨が流通していないぐらい田舎か
もしかしたらあなたが¥10手にした硬貨は…

132 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 22:34:46 ID:LpiITG9M0
前スレあたりから定期的に出るルミちゃんとウサギの話って何なんだ?

133 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 23:16:22 ID:5mftKOh/0
>>132
NGワードに入れとくといいよ

134 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 23:19:22 ID:lfRNysBTO
一人暮らしをはじめて早いもので2ヶ月。
なかなか帰っては来ないが寂しさにはもう慣れた

今日もあまりキレイとは言えない、散らかった部屋に帰ってきた。

コンビニで買った弁当を食べ、コップに寂しく一つだけささった歯ブラシを見て歯磨きをしようか迷うがやめた。
すぐベッドに横になった。

目の前に向こうのテレビも見えないほど散らかったテーブルの上が見えた。さっき食べた弁当の容器もそこにある。
ゴミを捨てるのを忘れた。
他もカーペットの上に飲みかけのお茶、服が散乱している。汚いと思いつつも睡魔に勝てず眠りに落ちた。

朝日で目を覚ました。
体を起こすのに労力を使いたくないからそのままテレビを付けると8時過ぎだ。
それにしても朝日に照らされた部屋は寂しいくらいキレイだ。
今日は家に帰ってきたんだ。
やっぱりキレイに整頓された部屋はいい。

135 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 23:25:35 ID:LRYCp2rr0
>>127
ああ〜分かる
簡単すぎてスルーされてる作品もあるけど
じわ怖部分が気付かれずに「じわ怖」じゃない話として片付けられる場合あるからな
で、ここの住人レベルに落として書くと、「ひねりが無い」「単純で駄作」「つまんね」だって
この中間部分を模索して話作るのが大変だよな
その時最初に見る人によっても評価が変わるし(後の人は結構それに左右されちゃう

じわ怖話って
・気付かれないようにじわ怖入れないといけない
・見過ごされないようにじわ怖入れないといけない
と、一見矛盾してる文章作りが要求されるからな
どちらかが強いとたちまち駄作になっちまうんだろうな

あと、ただの怖い話でカモフラージュしたり
ミスディレクションやレッド・へリングを使うと
結構騙されちゃって「それしかない、それだけの話」と捉えられることが多い

136 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 23:28:18 ID:R5TB51N40
>>132
作者のオナニーに決まってんだろ。何人いるのか知らないけど。


・・・と、>>123を投下したおれが言う資格はないなw
正直すまんかった。魔が差した。いまは反省してる。

137 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 23:34:47 ID:ezFw5g7A0
>>135
その気付かれなかったハイレベルな話を教えてくれ
ちゃんと読んでみたいから

138 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:15:21 ID:qiV8rgwv0
仕事のストレスか酒の飲みすぎかわからんけど胃潰瘍になった。
で、今入院中。といっても検査とかして寝てるだけだから暇でしょうがない。
個室だから話し相手もいない。そうすると独り言が多くなるんだよねw
メシ食って「不味いな・・・(まあ病人食だしなw)」とかTV観て「ツマンネ」とかね
最近妻がパート減らして見舞いによく来るようになった、でも改めて会話すること無いんだよね・・・
相変わらず俺はブツブツ独り言・・・
今日も屁こいて「あ、臭ぇ」なんて言ってたら妻がドギマギして「な、何言ってるのよ、あなた」
なんて慌てちゃってさw
ゴメンゴメン、今の独り言w
屁こいたの俺なんだよ・・・

139 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:31:02 ID:zGTgySd9O
ん?
続きをおながいしますよ。

140 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:32:03 ID:QOUctwmLO
↑カワイソネ (>_<)

141 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:42:42 ID:56uEf5i/0
>>137
ま、その時、読み手の興味を引けなかったから駄作だな
どちらかが強いと〜・・・と言ってる通り

最近は謎解きクイズ寄りなの嫌う傾向にあるし、コナン君も居ないから教えない方が無難かな
まとめでいつでも読めるし、暇な時にでも一つ一つ「これってひょっとしてまだ他の意味があるんじゃ・・・」と考えながら読んだ方が楽しめるかも

142 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:46:26 ID:RbG7eq2+0
>>138
ダジャレかよ・・・
っていうかオカルトじゃねーよ・・・

143 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:50:04 ID:3VtLUM4Z0
まとめも解釈変えてるのあるな

144 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 01:04:29 ID:PXJUCqEZ0
なんか自分の投下した話にレスがつかなかったことを理屈っぽく
愚痴ってる人がいますが。気持ちはわからんでもない。
タイミングもある気がするな。ちょうど前後にインパクトの強いネタが
配置されてたりすると、そっちに話題が集中するためにスルーされる、
というパターンはけっこうあったのでは。
ま、おれはそういう場合は素直に「負けたな」と思うことにしてるが。

しかしスルーされた挙げ句、ル○とウ○ギの話に
レスがついてたりすると正直なんかムカツクw

145 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 02:08:04 ID:56uEf5i/0
>>144
ウサギの話はこのスレで生まれた傑作だよ
作者以外の人が作者の思っても無い解釈の話を次々と勝手に創作してて
作者本人が一番じわじわしてるだろうから
これからはル〇ちゃんのようなキャラ物の力が必要なのかもしれんw

ただトイレの壁に右を見ろって話あっただろ
あのレベルで大論争になるくらいだから、あれよりちょっと複雑になるだけで理解されなくなるんだよな
だからトイレで右見ろレベルで話を作らなきゃならない
それが大変(トイレで右見ろも良い話だと思ってるけど

そんな訳で、ネタ尽きも相俟って書く人も減ってると思う

146 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 02:35:08 ID:DgrJwcpP0
自分が理解されないのは周りが低レベルなせいだっていう考え方は正に

147 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 02:38:27 ID:3VtLUM4Z0
パート5の日記更新されたのみてスレチとは思うけどじわじわきた
あれって有名なの?みんな読みにくいってスルーしてたけど

148 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 03:05:30 ID:Bc+3X4GIO
>>145 そんな公衆作者の俺。
しばらく放置してて今まとめ見てきたが、すばらしいことになっとるね。
まぁ一応壁の文字が書き換わったとこがポイントだったんだが、さすがに一般論じゃオカ板住人には通じんみたいだ。

右の壁に右を見ろって書いてたらそのままってヤツは盛大に吹いたが。

149 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 03:59:28 ID:k1pLv+YH0
怖いかどうかわからんけど実際あった話を。

中学生の頃に近所の川原でエロ本を発見した。
ワクワクしながら近づいて見てみると、なんとパッと見、無修正のページが!
これは普通の本屋では手に入らないお宝では!?と、
少し歪んだ形の本を持ち帰った。
家でさっそくチェックして見ると何かおかしい・・。
どのページを見ても、男しかいない。刺青やら鉢巻きをしたややオヤジしか・・。
ようするにホモ本だったんだけど、当時はそんな世界がある事なんて
知らなかったので、ただ残念・・としか思わなかった。
しかしながら無修正ってのはきっとお宝のはず・・と捨てずに取っておく事にした。

それからある日、友人が家へ遊びに来た時に
「あっそうそう、ちょっと珍しいエロ本を手に入れたんだけど見る?」
と友人に見せたところ、「え!?何これ・・、何でこんなの持って・・うわ汚ねえええw」
と言われてしまい、あまりに反応が変だったので、その後本は捨てる事にした。

当時まだ、エロ本には興味があってもオ○ニーという行為さえ
知らなかった時の嫌な思い出。
数年後に別の人間からホモ疑惑の噂も耳にしたし・・orz

150 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 04:02:24 ID:LSugzFYA0
>>149
アッー!

151 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 08:01:30 ID:CMT8iOLP0
共同アパートでの独り暮らしを始めて十何年経ったか・・・
俺が棲むアパートは換気扇が同階上と繋がってて、近所の食事時の匂いがよく伝わってくる。
「どっかで秋刀魚でも焼いてるな・・・ム? カレー作ってるとこもあるな。お・・・ケンチン汁きたーーー!」
「そういやあ、最近エンゲル係数高いから久々に軽く米炊いて適当に料理作ってみるか?」
と思い、炊飯器の蓋を開けるスイッチを”カチリ”と入れた・・・
「?」
ふと異臭が漂い始める
「どこの換気扇から漏れてきてやがるんだ?」
そしておもむろに炊飯器の蓋を開けて・・・

俺は今ほど世にも恐ろし過ぎて・・・誰かに代わりに見てもらいたいと思ったことはない・・・gtbr


152 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 08:23:51 ID:CVmyxhUE0
炊飯器の蓋を開けるスイッチを”カチリ”と入れた・・・

そしておもむろに炊飯器の蓋を開けて・・・


よくわかんねえなあ...

153 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:32:47 ID:Bc+3X4GIO
gtbrって何だっけ?

154 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 11:04:47 ID:z81BlpCHO
G.T ボール

155 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 12:55:42 ID:JiWmZa3WO
さあ、夕食の時間だ
パカ、グチョ
「かはあ、ああ」
今日は最上級のフォアグラだ。濃厚なねっとりしたソースが絡まっている
さっそく、ナイフを入れた
「おヴあああ」
そっとフォアグラを口に運ぶ。とろけそうだ。
「ボ、ぼくも、タべたいぃナ」
よし、いいとも
「お、おいしぃい・・」
どうやら口にあったみたいだ
その後も彼とおしゃべりしながら料理を口に運んでいたら、
彼の口数がだんだん減り最後には黙り込んでしまった。
「・・・ありがとう、君の料理はおいしかったよ」

156 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 13:58:14 ID:PVrlNtkoO
厨作家と言われている作家の、ある小説からの引用。

主人公は九歳の女の子。
他の登場人物は、幼なじみの女の子とその兄。そしてアイスクリーム工場に勤める緑さんという親戚のお姉さん。
住んでいる場所は田舎なのだが、最近近くの県で誘拐事件が相次いでいる。

主人公の女の子と幼なじみの女の子が木の上で遊んでいるときに、好きな人の話になった。
主人公が「私は●●君(幼なじみのお兄ちゃん)が好き」

そう言った瞬間、主人公の女の子は幼なじみに背中を押され木から落ち、死ぬ。
以後、小説は死んだ女の子の視点から描かれる。

亡くなった女の子の死体を幼なじみ兄弟が必死に隠そうと色々な場所に隠す。

主人公の女の子を探す人はたくさんいたが、みんな最近起きている誘拐事件に巻き込まれていると思っていた。

結果的に最後、絶対に見つからない場所に隠そうとするのだが、隠しているところを緑さんに見つかってしまう。

月日は流れて三人で話しているシーン。
「やっぱ緑さんはすごいや」
「私に任せなさい!君よりお姉さん何だから」

そして最後に主人公の言葉で終わる。
「私はアイスクリーム工場に隠された。ここには緑さん以外誰も来ない。でも寂しくはない。ここには仲間がたくさんいる。」


で、終わっている。
長々とすいません。

157 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 14:01:13 ID:t0rJ6jUOO
>>155シュールだな。
ブラックユーモアってやつ?

158 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 14:12:20 ID:NffJhQEOO
>>156
乙一乙

159 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 14:21:56 ID:eylpo2PNO
http://www17.plala.or.jp/suigin/shin.html

160 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 18:06:49 ID:SvcyfZjuO
>>145
じつはおれもル○ちゃんファンw
まあじわ怖とはちょっと違うし、過剰に不快感示す人もいるからあまり大きな声では言えんが。

>>155
ハ○ニバル

>>156
それは引用じゃなくて下手な要約だ。


161 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 19:54:17 ID:jONUndLPO
チャンピオン連載中の「サナギさん」劇中話より

僕らは家族で宇宙旅行に出かけた。
月曜日に月、火曜日に火星、水曜日に水星…と、毎日違う星に着陸する楽しい旅行だった。

だけど「日曜日はどこへ行くの?」と、旅行中何度尋ねても両親は黙ってニコニコするだけだった。

今日は土星に着いた。旅行は明日で終わる。
そう言えば帰りのコトを聞いていない。

162 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:37:29 ID:1p9Okk5aO
>>102
おお、これ結構好きかも。
最初は>>103がナイスツッコミすぎてナポリタン系コピペかと思ったがw
奥さんを殺した現場の目撃者(もしくは死んだ妻)の書き込みを見て、
旦那ガクブル…って解釈でおK?


163 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:42:18 ID:IBThf4Dh0
>>138 が何気にじわじわ来るぞ……

164 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:52:26 ID:Mf7HWjgn0
「もうすぐご出棺なんだからじっとしてなさい!」
おじいちゃんのお葬式が退屈だったから
同い年ぐらいの親戚の子たちとかくれんぼしてたら
お母さんにひどく怒られた。
親戚の子と言っても大勢いて
何回か会った子もいたけど全然知らない子もいた。
他の子も怒られてる。
みんなでしゅんとしてたらバスがやってきた。
「うちは兄弟だけで10人もいる大家族だからね。バスで火葬場までいくんだよ」
ってお母さんは言う。また怒られるといやだから素直にバスに乗った。
一人だけバスに乗らないおばさんがいる。
なんかあわてたように誰かの名前呼びながらそこら中走り回ってた。
でもバスは出発しちゃった。

お葬式っていっつもこんななのかなぁ?
僕らにはじっとしてろと言うくせに
大人は大騒ぎするから嫌いだ。
なんでお葬式にでただけなのにお巡りさんにいろいろ聞かれるんだろう。
火葬になったおじいちゃんの遺骨が2人分あったとか、
そんなことボクに言われても分けわかんないよ。


165 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 21:11:44 ID:3VtLUM4Z0
そうかバスで皆屋かれたノカ

166 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 21:54:38 ID:CMT8iOLP0
俺はしがない独身生活。
仕事から帰ると、たっぷりの湯を張った風呂に誰にも邪魔されずゆっくり浸かる。本とか持ち込んで自分だけの時間を満喫できるこのひと時・・・
洗い場で髪を洗ってる時、仕事疲れのせいで、いつもはシャワーの水がもったくなくても出しっ放しで洗い始めるはずが、今日に限ってシャワーコックを捻り忘れてた。目をつぶっているので手探りでコックを探すが、高い位置にあるので中々手が届かない。
”はいこれ、どうぞ”
「おお、サンキュー、共同風呂気分でいいやね」シャワーをひねってくれた時に目はつぶっていたけど、冷やりとするすべすべした手の感触があったが、おかげで無事に髪を洗う事が出来た。
ああ、独身生活ってサイコー!

トイレでこもってデカイ方をやってて、慌てて気付いた。「あれえ、紙がねえぞう・・・」ああ、そういや今朝出勤で忙しくて使いきってから補充すんの忘れてたっけ・・・予備はトイレの外の戸棚に置いてあるはずなのに動くに動けない。
”トントントン”
「はいってますよー」扉は俺の背中側にあるし、内側からしか鍵をかけれないので扉が開けれない。
”ギギイイイィィィ〜〜・・・”いつの間にやら鍵が開けられ扉が開くと”はいこれ、どうぞ”
「おお、こりゃ助かるねい」斜め右肩越しに青白い手が新しいトイレットペーパーを差し入れしてくれた。
ああ、独身生活ってサイコオーー!!

就寝前にTVつけっ放したまんまうたた寝しちまった。
”風邪ひいたって知りませんよ”
誰かが肩に毛布をかけてくれたのをおぼろげに感じながら疲れ果ててた俺は朝までぐっすり・・・
翌朝、すっきりした気分で目覚めると消されたTVの主電源を入れ、ニュースを聞きながら着替えをした。
ああ、独身生活ってサイコオオォォーーーー!!!!

着替えの時に両肩にくっきりとどす黒い手形がついてたけど、昨夜酔っ払いにでもやられたのかなあ?・・・


167 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:12:16 ID:QOUctwmLO
>>166
日本語でお(r

168 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:14:38 ID:PVrlNtkoO
>>167

kくらい書けよ!

169 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:26:31 ID:3VtLUM4Z0
3回読んでやっと意味がわかった
そうか、座り方か

170 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:47:45 ID:lNHsAM/RO
>>163
わかんない…
奥さんも屁こいたってこと?

171 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:48:53 ID:2M+Wuob70
>>170
声に出して「あ、臭ぇ」を読むんだ。
お前の場合、10回くらい叫べば分かる。

172 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:53:13 ID:3VtLUM4Z0
>>170曰く性の聞き間違い同じだな(曰=いわ)
>>166ブートキャンプとダッチワイフ持ってそうだな
>>168も最初も分からんかった、yのほうかと思ったよ

173 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:54:53 ID:CA4wtiHCO
>>166
いいお母さんでつね

174 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:55:33 ID:IBThf4Dh0
>>170
確かに、さらっと読むと奥さんのドギマギっぷりはそうなのかと読める。
だが、「胃潰瘍」「(妻が)見舞いによく来る」あたりがポイントかな。

175 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 23:10:08 ID:hL+HLMis0
技術が進めば、宇宙旅行だって不可能ではない。
そんなことが雑誌に書かれていた。
「でも、俺の生きてる間には無理だろうな」

それから幾日か経った日、宇宙旅行の夢を見た。
地球はやっぱり青かった。月の裏側には何もなかった。
宇宙は黒い。真っ暗だ。当たり前だ、太陽がないのだから。
「すげえ、何コレ夢みたいだ! 夢ならどうか覚めないでくれ!」

176 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 23:13:48 ID:fugcJd/eO
>>174
>>170じゃないけど解った。これ結構よく出来ててガクブル

177 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 23:34:31 ID:zGTgySd9O
えっ
マジでわかりません。

178 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 23:37:11 ID:fugcJd/eO
>>161
木星にはどうやって着陸したんだとゆう

179 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 23:52:37 ID:OmjBZ4HsO
>>177
「あ、くせぇ」

180 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 00:18:52 ID:UXRxHA890
何かこの流れにオラじわじわしてきたぞ〜

ここまできたらネタバレ投下してもいいんじゃね





ダジャレ「あ、臭ぇ」=「悪性」

>>174は本当は別の病気で重症かも(ダジャレは伏線)

>>175はブラックジョークかなと思った

181 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 00:38:32 ID:gX/errX80
「西口の角にいる占い師、すごく当たるらしいよ、だから、ね?行ってみよう?」
親友の聡子が私にそう言ってくれた、たぶん行方不明の私の彼の事、心配してくれてるんだろう
ちょっとおせっかいだけど優しい聡子、私は聡子に連れられていってみた・・・

『この男性・・・もうすぐ見つかるわよ』
私の心臓がトクン、と音をたてた・・・聡子は笑顔で私を見たが、すぐ複雑な表情になった
そして私の代わりに大切な質問を、ゆっくりと、慎重な口振りで聞いた
『ええ、大丈夫、彼は元気よ、安心しなさい』
今度こそ、という笑顔で聡子は振り返った、私もそれに笑顔で応えた
「よかったね!留美!本当によかったね!」
聡子は自分の事の様に喜んでいた、ありがとう・・・優しい聡子、私の親友・・・

でもね、聡子、もし本当に分からない事があっても
聡子は占い師なんかに頼っちゃ駄目よ、案外いい加減なものだと思うな、私は・・・

182 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 00:41:19 ID:kZcC5qmCO
ホントに胃潰瘍なら
プーが出たら退院だもんね。

183 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 00:52:29 ID:Oew4nmFZ0
>>182
それ一時代前の盲腸

184 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 00:54:31 ID:Oew4nmFZ0
>>181
ただの推理小説じゃねーかツマンネ

185 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 00:57:57 ID:ZLBeU8snO
>>181
良作。「私の心臓がトクン、と音を立てた」ってとこ巧い。「あ、臭ぇ」とかよりよっぽどじわじわ来る。
でもひとつだけ。




ルミちゃんはそんなことする子じゃないお。


186 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 00:59:29 ID:gX/errX80
>>185
ありがとうございます




でも、「あ、臭ぇ」も私なんです・・・
駄洒落でスミマセン・・・

187 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 01:05:49 ID:ZLBeU8snO
>>186
……正直やられた。その発想はなかったわw
ルミちゃんに免じて許してお。


188 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 02:06:07 ID:veMS/JwG0
これが男の人の・・・
私、はじめてだけれど大丈夫かしら?
え?こんなに大きいの?
口に入るかしら・・・はむっ

あ・・・どんどん大きく・・・飲み込めない
はむっ・・・はむっ・・・
だ、だんだん・・・かたくなって・・・

ひぁっ!ビクビクしてる!?
うっぷ・・・何か出てきた・・・
こんなにいっぱい・・・
ドロドロしてて・・・まずい・・・

やっぱりナマは口に合わないわ
味は女の人とほとんど変わらないわね

189 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 02:58:35 ID:HcN0tYegO
ある大富豪が、死刑囚を買った。彼にある所に、約8ヵ月間住んだら解放し自由を与えると約束した。
彼が住む所には一通りの調理器具と監視カメラしかなく、後はガランとしていた。
一ヵ月事に食材が送られて調理して食べるが呆れるほどすぐになくなってしまい極度の飢餓に襲われる
確実に閉鎖されていて外に出ることも許されない。
「なるほど、そういうことか、畜生」
・・・彼は8ヵ月間生き延びた。
彼は生き延びた後も自由は約束されていなかったのだ。

190 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 03:47:45 ID:CRkHcAwZ0
自分の足でも食べたって事?
でもそれだと現実的じゃないしな・・。

191 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 04:03:48 ID:dn59yRZnO
>>164がいまいちわからない…
誰か教えて!


192 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 04:17:16 ID:o0jvaYRFO
>>191
葬式場でかくれんぼ
火葬場に行く時に誰か探しているおばさん
二人分の遺骨と警察

193 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 04:24:23 ID:5+I1JIx+O
>>191一人だけバスに乗らない慌てたオバサン
  ↓
かくれんぼ
  ↓
遺骨が2人前



>>190食料が少ない
  ↓
8ヵ月生き延びたのに自由が無い
  ↓
栄養失調で入院ジャマイカ?


194 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 07:41:00 ID:uzYQn2XlO
>>190
俺は自分の脚を食べたと解釈したな…
ワンピのせいかそこまで違和感なくその結論に達したけどどうなのかな?

しかしここにきて良作が増えてきたな

195 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 08:27:26 ID:HEOJemTPO
>>186
意味が解った瞬間、ドギマギする奥さんと何も知らない主人公の対比にガクブルでした

196 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 08:49:36 ID:hAxM5tvWO
>>194
本人乙!

197 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 08:58:33 ID:kZcC5qmCO
何で脚食べたことになるの?
「8ヵ月間」にヒントある?
誰か教えて下さい(-"-;)

198 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 10:01:05 ID:4jfTKFAUO
別に腕でもいいじゃない

199 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 11:07:54 ID:gAEWeuH2O
大富豪の言う自由とは、死のこと。
食糧がすぐになくなるのは死刑囚がじわじわ死ぬのを監察するため(大富豪は悪趣味)
死刑囚はこれに気付いてなんとかして脱出。大富豪を抹殺。再び逮捕(自由は約束されず)

200 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 13:04:00 ID:CWHTUpS4O
ウミガメのスープwww
パクリ乙wwwwwww

201 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 13:24:30 ID:Od5+vZdrO
201

202 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 13:49:41 ID:hAxM5tvWO
>>199
それは無い、なんかいろいろおかしい

203 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 14:03:30 ID:dn59yRZnO
191です
>>193ありがとうございます、

つまりかくれんぼしてた子が1人、
棺桶の中に隠れちゃって一緒にやかれちゃったってこと…ですか?
だからオバサンは自分の子供を探してたと言うこと?
「ぼく」視点からは子供が多すぎて誰が誰だかわからないというのもミソ…なのかな?
合ってます?

204 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 14:47:15 ID:ZgMI6Thp0
>>173
なるほど!!!!

205 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 15:54:02 ID:UXRxHA890
かあちゃん大家でつか

206 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 16:39:50 ID:7sLwR2++O
不意にチャイムの音

893「すまんが、電話を貸してくれんかな?」
俺「あ…ああいいですけど……」

俺は恐る恐るドアを開けた
893はどこかへ電話してるようだ

893「ちょいと車がパンクしてね、すまんが迎えが来るまで待たせてもらえんかのう?」
俺「はぁ…構わないですよ…」

どれくらい待っただろうか
沈黙に耐えれず俺は口を開いた

俺「しかし…大変でしたね……タチの悪いイタズラをする奴がいるもんですね……」

893は静かに顔を上げた

207 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 16:46:34 ID:7sLwR2++O

駄作スマン
カイジより

208 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 17:20:13 ID:JjGLT/4QO
>>206
ざわざわwww

209 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 17:26:05 ID:UXRxHA890
>>207
カイジといいつつ女をそのあと口説いたんじゃねえよな

210 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 18:19:46 ID:KGK55BUf0
亀レスだけど>>117が何気にじわじわ来る。
これ、兄貴の奥さん一年前から失踪ってことになってるけど
実は二階に監禁されてて助けを求めてるとかじゃね?

211 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 18:44:32 ID:Aw5HyV+G0
(♪ちゃらちゃっちゃっちゃ〜・・・)
「ウソ!携帯?・・・・シャンプー中なのに・・・」
(♪ちゃっちゃらら〜・・・)
「あー、もう、・・・・。」

「・・・。はい。もしもし、池田です。」
「ああ、池田さん、悪いね遅くに。」
「佐藤課長?・・・何かありましたか?」
「急で悪いんだけど、今日頼んでおいた書類を先方にFAXして置いてくれないか?」
「あ、はい。分かりました。」
「悪いね。」
「いえいえ。平気です。」
「じゃあ、頼んだよ。よろしく。」
「分かりました〜。」
「風邪ひかないようにね。」
「(笑)ありがとうございます。では、失礼しまーす」


212 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 18:50:48 ID:hF8EyUbuO
 昔、公園で友達らと、かくれんぼをした。
 かなり広い公園なので隠れる場所はいくつもあったが、問題は鬼になった場合。ただでさえ広くて探すのが大変なのに、友達は四人共隠れるのが上手いので、絶対鬼になりたくなかった。
 ジャンケンに勝ち、なんとか鬼を免れた僕は、ケンちゃんと一緒に、公衆トイレの屋根の上に隠れることにした。

「みんなどこに隠れたんだろ?」
「さあ。みんな隠れるの上手いからなあ。」
「でもター君は体が大きいから、ショウ君達より先に見つかっちゃうかもね。」
 僕達はしばらく息を殺して、そこに隠れていた。

 どれくらいたった頃だろうか。ケンちゃんが「トイレ行ってくる。」と小さな声で僕に言ってきた。僕は見つかるからと止めたが、ガマンできなかったのか、ケンちゃんは下へ降りていってしまった。その時

  「みーつけた」

という声が聞こえた。どうやらケンちゃんが鬼に見つかってしまったらしい。

 その日から、鬼は、ケンちゃんの両親になった。

213 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 18:51:36 ID:gn2FTOKy0
「あなたのお母さんは死んでいないわね」
こっちをすごい目で凝視しながら、その自称占い師は言った。
『ほら来た。おきまりのどっちとも取れる台詞』
「そうですね」しらけ気味に俺は答える。

「お母さんはずっとあなたのことを見ていますよ」
『はいはい。生きてようが死んでようが当てはまるよね、それって』
「そうなんですか。そりゃうれしいな」インチキ占い師がボロを出すようわざと感心してみせる。

「でも、悲しい別離があったのね。とても悲しんでらっしゃるわ」
『だろうね。死んでたら死んでたで別離だし、近くに住んでたら母親のこと聞くわけ無い。
つまり俺が家を出て離れて暮らしてても別離だし。』
「そこまで分かりますか。すごいなー」もう棒読み。

「行き先が無くて途方に暮れてるみたいね。心当たりは?」
『ほら、こっちに答えさせて自分が当てた風に持ってくんだろ?
成仏できずに迷ってるとも取れるし、
生きてたら俺の親ぐらいの世代がいまさらどこ行くってんだよ。』
「心あたりと言ってもねぇ・・・」答えてやんない

「昨日会ってるのに?」
『げ!なんでだ。いきなり具体的に・・・怪しまれてると思って一か八か
カマかけて来てるのか?まさか
・・・本物?いや、まさか、全て見透かされてる?やばいのは俺?』
「へ?昨日さ、さぁ・・・なんのことだか・・・・だとしたら今、どこに?」
やばいと思いながらも声が震えちまってる・・・

「あなたの後ろ」

214 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 19:29:15 ID:4/mc9mG9O
「検査入院がまさかこんなことになるとはな…。」

その声で俺は目を覚ました。
「こうして見ると寝てるだけなんじゃ?って思うよ。」
おかしい。何も見えない。
「信じられるか?こいつがまさかドナー登録してるなんてな。」
「あぁ。いつか来る最後の時に何かいいことさせようって俺が勧めた。断られたけどな。」
「じゃあなんで?」
なんの話だ?
「やっぱり苦痛なのかな?」
「バカ言え。こうなったら苦痛も何もないんじゃないか?」
「あれ?お前以外に冷めてるんだな。」
「あ、そろそろ始まる時間だな。」

ガシャン。

待て!ドナー?まさか俺は臓器提供手術を受けるのか?嫌だ!

バタン。

待て!俺はまだ生きてるんだ!すぐ目覚めるから!やめてくれ〜!レーザーか?皮膚が焼ける匂いがする。意外にも苦痛はない。
「検査入院でこうなるか?こいつの担当医だれだ?」
「こいつをと一時付き合ってた…ほら、あそこの女医だよ。」
「あ〜、お前と同期の?なんかこいつのせいで家族、恋人までメチャクチャにされて苦労してるらしいな。特に恋人はひどいって話だな。なんでも心も体もだって?お前」
「あぁ。ひどいよ。本当にひどい。」
「知り合い?」
「…」


215 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 19:39:46 ID:7sLwR2++O
>>211
着信がムーディー?

216 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 19:43:23 ID:MWFrPZoLO
>>211
この変態課長!

217 :本当にあった怖い名無し ◆o.o.JT.d0E :2007/10/05(金) 19:45:29 ID:w9lH/kpW0
>>211は課長が覗いてて裸を見たいから頼んだってこと?

218 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 19:46:38 ID:l7nlRVDw0
>>211
さらっと読んだからら結構くるね。
じわじわ系としては久々良いかも。


219 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 19:49:12 ID:JJsdKo/X0
普通は花やら遺品やらびっちり詰めるから隙間ないし
確認した後釘打ちするから棺に子供が入ったまま焼かれるなんてありえないけどね

220 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 19:58:59 ID:JFzV8DJQ0
>>214が詰めが甘い感もあるけどいろんな解釈ができそうでじわじわ来た


221 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 20:19:06 ID:fXXzg3sfO
>>203
そうだとは思うが、どうやって入ったんだろう

222 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 20:32:02 ID:CRkHcAwZ0
>>211は池田さんのイメージがおっさんのせいか
別の意味の変態オヤジかと思ったw

223 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 20:49:05 ID:ebIZ20m30
池田さんが男のほうがじわ怖度上がるなw

224 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 20:51:34 ID:UXRxHA890
>>221
通夜の晩に棺を見てる人が寝たりしたんじゃない
って変か昼間だからな

225 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 20:59:01 ID:7sLwR2++O
>>223
お前はID精子飛ばし大会の会場へ急げ!

226 : ◆tzrYLqZaL. :2007/10/05(金) 21:30:17 ID:HcN0tYegO
やっぱり、自分が書いたのは晒してぇって事で・・
四人組の女友達
エレベーターの田中さん
桃の看護士
ババヌキ
バーベQ
米西麗美
駅の女子トイレ
公園での約束
よろしくね赤ちゃん
・・などなどカスみたいな話ばっかですが
桃の看護士の時はご迷惑おかけしました汗
後、このスレのハンニバルもどきと買われた死刑囚の話は私です。
また適当にレスりますんで少しでも楽しんでくれたら幸いです。


227 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 21:50:37 ID:Oew4nmFZ0
じわじわくるだけでなく『恐い』話を見たいんだが

228 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 22:05:45 ID:4jfTKFAUO
スレ違いだわ
206は俺がヤクザの車にいたずらした張本人ってことだなwwwww

229 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 22:27:44 ID:UXRxHA890
>>226
四人組の女友達は結局なんだったっけ
part03_600のことだけど

230 : ◆tzrYLqZaL. :2007/10/05(金) 22:48:52 ID:HcN0tYegO
あれは四人の一人が生きていて、後は仏さん。
最後に生きている一人は溺れかけたことになってるけど完全な溺死。
このまま永遠にとは文字通り、現世をさ迷うということです

231 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 23:06:36 ID:gX/errX80
「私たち幸せね・・・」 『そうだな・・・』 今日は記念日、二人はワインで乾杯した
「私たちが幸せなのも彼のおかげよね」 『ああ、全くだ』
「こうして思い切り贅沢な暮らしが出来るのもぜーんぶ彼のおかげ」 『そう、彼のおかげだ』

『あいつは今でも時々お前に会いに来るのか?』 「ええ・・・そうね」
『何か言ってたか?』 「いいえ、別に・・・」
『ハハハ、そうか・・・たまには俺の所にも顔を出せって言っといてくれよ』

「それはどうかしら・・・ほら、貴方って鈍感だから・・・」

232 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 23:07:54 ID:CRkHcAwZ0
>>228
カイジ知らないのかw

ある意味幸せだな。
すぐ読んで見るべし。

233 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 23:11:27 ID:4jfTKFAUO
この画像がじわじわくる
http://image26.bannch.com/bbs/2340/img/0016103410.jpg

234 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 23:20:51 ID:uzYQn2XlO
>>196
違うよ

235 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 23:49:19 ID:4u9xbdT90
>>212
じわ。ケンちゃん失踪したのね。「みーつけた」の声は誰だったのか・・・

>>226
あ、「公園での約束」気になってたのよ。自分なりに解釈してみたけど、
できれば作者解説よろ。


白状すると、おれはウ○ギシリーズのどれかひとつを書きました。

236 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 23:52:02 ID:JJsdKo/X0
誰がどれ書いたとか興味ねーよ
うぜー

237 : ◆tzrYLqZaL. :2007/10/06(土) 00:01:12 ID:HcN0tYegO
主人公が、約束を守らなかったので
幼女の幽霊に針千本飲まされ殺される話です。
いつも一人、いつのまにか消えている。猟奇事件から

238 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:34:33 ID:20LNk2PU0
>>232
俺も>>228の解釈だと思ったんだが違うのか

239 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:39:40 ID:zQ9q1qhZO
ケータイを落とした!と気づいたときにはもう遅かった。自宅の乗り換え駅から電車に乗ってしまった後だったからだ。
乗り換える前の電車では確かにあった。
ということは乗り換えの駅と駅の間で落としたことになる。私は誰かが拾って警察に届けるなりしてくれていることを願った。
大学に着いてから友達のケータイを借りて自分のケータイにかけてみた。

プルルルル…ガチャッ
「もしも…っ!」
ガチャッ…プーッ、プーッ。

一度繋がって男の人が出た。警察の人か拾ってくれた人だと思って安堵したのもつかの間、すぐに切れてしまった。
それ以来つながらなくなった。

帰りに警察に行ってみたが、届けられていないようなので一時的にケータイを止めて帰路についた。
マンションに着いてオートロックを開ける。一人暮らしだから固定電話は引いていない。
急に寂しくなった。
部屋のカギを開けドアを開けるといつもどおり真っ暗な玄関と観葉植物が迎えてくれた。
そういつもどおりだ。ふと部屋中央のテーブルを見るといつも置いてある場所にケータイがあった。
家に忘れただけだったのか。私は急に恥ずかしくなりすぐに友達に謝罪と報告の電話をかけた。

240 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:42:02 ID:zQ9q1qhZO
訂正
自宅の乗り換え駅×
乗り換え駅○

241 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:49:51 ID:/Y7kw9Sx0
不自然すぎ

242 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:50:32 ID:kqztLlEI0
言いたいことは分かった。

243 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:54:14 ID:myvJgwOAO
携帯止めたのにどうやって友達にすぐに謝罪の電話を…?

まじこぇ〜(>_<。)

244 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:04:39 ID:unLQ6IFo0
はい次の方どうぞ!

245 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:09:38 ID:EgQBJ8ICO
【人気ないポケモンに投票して子供達泣かそうぜwww 2スレ目】
http://wwwww.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1191599724/

1  以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします。 2007/10/05(金) 22:38:36.84 ID:5aAAM64g0
http://www.pokemon.co.jp/special/st_present/index.html
上位3匹が配布されるから組織票で
草むらとかで簡単に捕まるやつ上位にしようぜww

現在マタドガスで進行中 次点でムクホーク(初代で言うピジョットキャラ)とギャラドス
来年の映画はマタドガスの夏休み配給予定 コジローの元にマタドガスが帰ってくる!?
糞餓鬼ども涙目wwwwwwww大人気ない?カッコワルイ?だから何wwwwww
ようするにマタドガスに一票いれろってことだ!!

246 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:25:10 ID:jrV9M1ms0
>>233
ムラムラしなよw

247 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:25:58 ID:U9GMJwWGO
>>235
おまえか! 作者に謝れ。
おれもだが。

>>239
もうこのパターン飽きた〜。

>>245
ワラタあとにじわ・・・


248 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:48:34 ID:VocyC8AWO
AM

下位打線からのガガ…ガガー…2回の裏2点を追うマリナーズの攻…1アウトランナ……ガガー…ピィー…

…イチロー…ガガガガ…
カキーン!…ワあああぁ!!ガガガー

ガタガタン!

う、うおぉぁぁイチローうめえーぇぇぇぇ!


249 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 03:13:19 ID:RtWgL68M0
老人は顔馴染みのバーで飲んでいた。老人の前にはバーの主人、右隣には
これも常連の髭を生やした男が腰かけていた。
「そりゃ、わしはいつだって他人様からのビールは大歓迎だ。ただし、相手がまともな
ヤツの場合にかぎる」苦虫を噛み潰したような顔で老人が言った。
「おいおい爺さん、あいつのどこがまともじゃないってんだい? まだこのあたりに
顔を見せるようになって日は浅いけど、気前が良くて物腰も丁寧ないいヤツじゃないか」
髭の男が困惑した調子で問いかけた。
「ハッキリどこがというわけじゃない。しかし、感じるんだよ。直感とでも
言っとこうか。それに、あの帽子はないだろう。まともじゃないぞありゃ」
「帽子? どうもピンとこないな。マスターはどう思う?」
「さあてね。単に合う合わないの話じゃないの。ま、たしかにちょっと謎めいたところは
あるけど。……お、ちょうどお出ましかな」
主人の言葉通り、噂になっていた男が店に入ってきた。いつものように黒い山高帽子を
かぶっている。愛想良く微笑みながら、
「こんばんは、今夜も冷え込みますね」と挨拶して老人の左隣に腰かけた。老人は顔を背けた。
「マスター、ビールを。それとみなさんに同じものをもう一杯ずつ」
「お、毎度ながらありがたいね。いただくよ」髭の男は相好を崩した。
「すまないが、わしゃ遠慮しとくよ」老人は強張った声でつぶやいた。
「これは失敬。もうだいぶ酔いが回られましたか」
老人はカウンターの木目を見つめたまま黙っている。
「いまあんたの話をしてたところさ」主人が新しい酒を置きながら言った。
「おや、それは光栄ですな。で、どんな話ですか」帽子の男は微笑んだまま聞いた。
「ええと、あんたには何かこう、普通の人間とは違うものがあるんじゃないかって」
「ご期待に添えなくて申し訳ないが、ごくつまらん男です。少しばかり執念深いことを
のぞけば。それと」そこで帽子の男は目配せするかのようにちらりと老人を見て、
「悪いクセでね、ずっと昔に身についたくだらない習慣が抜けないんです。たとえば」そう
言うと男は山高帽子を取り、両手でくるくると回したあと、内側を上に向けて目の前に置いた。
帽子の中をのぞき込んだ髭の男が「あっ」と驚いた声を発した。老人は震えだした。

250 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 04:19:05 ID:sCWg0W1L0
>>249
どうもピンとこないな

あと作者降臨自重しろ、興ざめだ。

251 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 06:47:04 ID:3/g2pc460
>>238
ざわ・・・

>>245
ワロタw
もう3スレ目行ってたぞw はえーなw

252 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 08:01:38 ID:/Y7kw9Sx0
ttp://uploader.fam.cx/img/u26610.jpg

この画像って何?ジワジワくるらしいけど・・・怖くて見れない

253 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 08:23:33 ID:qVN5R4o4O
>>252
普通にエロだったんだが・・・

254 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 08:25:56 ID:6F4mnpWXO
モリマンでつね

255 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 08:31:29 ID:/Y7kw9Sx0
>>253-254
え、そうなの?
別スレでは「見ちゃ駄目だ、すぐ閉じろ!」って事だったんだけど・・・

じゃあ見ちゃおw

256 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 08:36:27 ID:/Y7kw9Sx0
うぎゃああああああああああああ

やっぱだめ!見ちゃだめ!


>>253-254
隅から隅までよく見なかったでしょ・・・
堪能しすぎた・・・

257 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 08:58:57 ID:pXhjJ8t+O
普通のエロやん

258 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 09:18:38 ID:/t08znGQO
文章内で完結してくれないとウミガメになっちゃうよ

259 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 09:29:26 ID:kA6aElFGO
>>252
ウイルスだらけのファイル
絶対にクリックしてはだめ

260 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 09:55:30 ID:p06nfFWR0
>>252もうだめぽ

261 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 09:58:21 ID:A2LIk9Ul0
「お前に今から最初にやってくる二択がお前のこれからにとって重要になる。選択を間違えるなよ。」
「だ、誰ですか?いきなり人の部屋に入り込んで。警察呼びますよ?」
「私は神のような者だ。それより選択を誤るなよ?」
「神?何を言ってるんですか?本当に警察を呼びますよ?」
「まぁ、よい。とにかく選択を誤るな。私は見ているぞ。ではな。」

なんなんだろう。いきなり入り込んで訳の分からないこと言って出て行った。でも二択って?今の俺にある二択って言ったら、ミカとクミどっちと付き合うかぐらいなんだがな…。
ケータイがなった。新着メール二件。ミカとクミからだ。同時に誘われるとは。どっちとデートしよう。
最初の二択ってこれか?う〜ん、ミカは家が近いから歩いて行ける。クミの家は電車で二駅先か。
よし、ミカにしよう。
俺は歩いてミカの家に向かうことにした。ミカの家に着き部屋に入る。するとすぐに煙の匂い。火事だ。熱い。焼けるように熱い。

「選択を誤ったな?もう一つの選択肢を選んでいたらどうなったか教えてやろう。」

気づくと家に居た。じゃあクミだ。電車に乗り込む。
「次は〜、○○。」
知らない駅だ。どういうことだ?満員の乗客に押し出されるようにして降りてしまった。そこに駅や電車はなくきれいな景色と、幸せそうな人々がいた。

「こっちのほうが正解だったな。お前は誤ったからあっちだ。ククク。」

体が焼かれる音しか聞こえなくなった。

最後に聞いたのは、二人の女のすすり泣く声だった。

262 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 10:21:44 ID:9qyI3HMzO
子供が飴玉を舐めている。
どうしてかとても不自然だ。
もしかしたら、違うものを舐めているんじゃないかと不意にそう思った。
ガランとした公園で私を含め、二人だけ。嫌な汗が流れた時
目があってしまった。ニタァと笑いながらじっと見つめてくる。
だまって見つめ返すことしか出来なかった。
間が空間を支配する。どれだけの時間が流れたのだろうか?
可笑しなことに気が付いた、体を動かそうにも動かせないのである。
なんとかして、一刻も早くここから出なければいけないと思った。
目線を子供から離そうにも離すことが出来ない。
抵抗する気がだんだん曇っていき、子供が近づいてきたような気がした。
ルンルンと鼻歌を歌いながら、子供とは思えないような笑みを浮かべ
そっと口を開いた。

263 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 10:27:35 ID:cQtkMtLr0
子供亀玉舐めてるぞ

子供に亀頭と玉を舐めさせてるのか
恐ろしい

264 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 10:40:14 ID:/Y7kw9Sx0
>>262
2行目がとても不自然だ。

265 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 10:41:17 ID:vjWoODrGO
>>261
うわあ・・・修羅場だな

266 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 12:16:45 ID:3XwLvJ6i0
ただでさえ縦読みは糞詰まらんのに
語彙力無い奴がやる縦読み見るとムカムカしてくる

267 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 12:42:35 ID:f6HB2mLI0
トラックを運転してたら50〜100メート
ルくらいかな?先の歩道に立ち止まって俺を
ねちっこく見ている若い男がいるので、友達のいと
こと思い目を合わせるとソイツは俺のトラック
の前面に向かって全力疾走してきた。しかも顔は
ぼうや面の笑顔で勿論知らないヤツ。慌ててブレ
ーキ踏んで寸前で停止したけど、ソイツは俺の
けんまくをものともせず目の前で俺をジィーッと見てい
んだよね。凄まじい恐怖で頭が真っ白で春先なのにい
やな汗が全身から吹き出て泣きそうになったよ。
つぎの数秒後にヤツは何事も無かったかのように歩道を
とっとと歩いてどこかに行ったけど俺はしばらく膝がが
くがくと恐怖で動けなかったよ。後に養護学校がとな
りあると知って納得したけど、ぶつかっていたら
あぶなかった…と思うと今でも怖い。

268 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 13:22:12 ID:mye9IHXWO
http://up2.viploader.net/upphp/src/vlphp075279.jpg
この画像の鑑定お願いします

269 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 13:55:53 ID:kqztLlEI0
>>268
もう良いです。スレ違いです。


……怖いからって訳じゃないですよ?ええ、決して。

270 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 14:00:08 ID:tY8j9h9xO
>>267
おめでと


271 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 14:01:30 ID:FSzQwp2x0
>>267
おめでとう
俺はまだだ

272 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 14:19:36 ID:ohwh0UIyO
>>261
ミカの部屋が火事で、そこに2人の女がいることがじわ怖?

105 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)