5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

幽霊は本当にいるのか24(いないのか)

1 :あーもう眠いんだよw:2007/10/02(火) 03:29:13 ID:ILEKUnaS0
  どっちかわからんね

ご歓談してくだされ



前スレ
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/occult/1190757941/

2 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 03:36:07 ID:sRLUsAUF0
オイこそが 2へと〜

3 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 03:37:04 ID:cYsSWQwF0
23スレも費やして結論出ないのかよ

4 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 03:37:21 ID:NdcSDqdWO
>>自夜
幽霊の本質てなんだ?

5 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 03:43:53 ID:+08NRUFy0
>>1
最新版を贈る

【幽霊とは何かについての仮説分類】

A.内因性
 1)恐怖や暗示等の心理的要因による幻覚
 2)神経ネットワークの伝達誤り
 3)記憶の書き換え
 4)認識の再構成

B.外因性
 1)既存科学の範疇と考えられるもの
  ・電気信号(発信源との接触を前提)への反応
  ・電磁波信号(発信源との非接触を前提)への反応
  ・空気振動波(音波等を含む、発信源との非接触を前提)への反応
  ・薬物&化学物質の影響
  ・自然現象の誤認
 2)既存科学の埒外と考えられるもの
  ・異次元からの干渉
  ・死者の魂
  ・残留思念が焼きついたもの
  ・生者の超能力による
  ・人間以外の高等知性の干渉
   (以下略)

6 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 03:44:27 ID:+08NRUFy0
>>5の補足)
・「幽霊の正体みたり枯れ尾花」はA.1)に分類
・薬物の影響や神経回路のノイズ、相矛盾する信号同士のデッドロック等はA.2)に分類
・目撃者同士で情報交換を行うことで、各々の記憶が整合性を持つよう事後に
 改変されるという例をA.3)に分類。これは「複数で同じものを目撃とした」
 という体験談を 説明する仮説として過去のスレで議論された
・「願望」等により「幽霊はいる。幽霊はいるに違いない。だから見えるはず。
 ほら見えた!」(実際は何かの誤認)となるケースはA.4)に分類
・静電気説はB.1)の「電気信号への反応」に分類
・パーシンガー仮説はB.1)の「電磁波信号への反応」に分類
・岐阜ポルターガイスト現象の原因とする者もいる「低周波振動の影響」は
 B.1)の「空気振動波への反応」に分類
・幻覚剤やアルコール等によって幻覚を見たケースはB,1)「薬物の影響」に分類
・プラズマやリン燃焼等の発光現象や蜃気楼を誤認するような例は
 B.1)の「自然現象の誤認」に分類
・「俺の怨念が闇の力…」はB.2)の「生者の超能力による」に分類
・「宇宙人(略)ホログラム映像」はB.2)の「人間以外の高等知性の干渉」に分類
・B.2)は他にもバリエーションががあるが、きりがないので「以下略」とした

7 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 03:46:18 ID:q0Xfati/0
いない

8 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 03:54:34 ID:cYsSWQwF0
「いたら何が起こるか」という思考実験をして、
その結論が現実と矛盾したら「いない」。

でも、そもそも幽霊の定義って何なんだよ

9 :自夜:2007/10/02(火) 05:03:02 ID:3onjdgKO0
>>4さん
質問の意図は、本質という言葉の意味でしょうか、それとも「幽霊の本質」そのものでしょうか?
前者の場合、幽霊の正体と同義と考えて下さって差し支えありません
後者の場合、「それがわかりゃぁ、こんなスレいらねーわな」というのが、このスレでの一般的な見解でしょうか
もちろん、幽霊なんぞいないというのが正解であれば、本質もくそもないということになります
私自身は経験上その正体を概ね把握していますが、過去スレにも書いてますし、私のサイトにも載せていますので
ここで繰り返し書くつもりはありませんし、幽霊がいようがいまいが世界平和や人類の未来にかかわりありませんので
積極的に私の説を信じてもらうための立証もする気はありません
とはいえ、幽霊の本質に論理的に迫りたい方への協力はしますよ(出来る範囲でですが)

ご満足頂ける回答にはなっていないと思いますが、こんなところで

10 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 05:26:07 ID:eCoIzRTFO
>>9
自夜さんのサイト見たんですが、幽霊ってそんなモノでは全然ありません。まったく違います。
何故あのようなデタラメを書くのですか、理解に苦しみます。
私はここ数日、幽霊のさおりちゃんと一緒に暮らしていて、いろいろと興味深い事実を聞く事ができました。
まず、幽霊は死にません。
(死ぬと言うとアレですが、消滅はしません。)
そして、万人が幽霊になります。
0.1%の人間だけがなる等と言う事はありません。
すると、今まで死んだ人間が全て幽霊になっているなら、地球はパンパンじゃなかろうか?
という疑問が浮かびますが、その通りだそうです。
毎日がぎゅうぎゅう詰めの通勤電車の様なもので、地球上どこも最近はそうらしいです。
だから、もうあまり死んで欲しくないんだそうです。
そんな訳で幽霊達はいま、火星に移住しようと言う動きがあるらしく、特にアメリカ系幽霊達を中心に、
GTM運動、つまりGO TO THE MARS運動というものが活発化している様です。
今回のGTMムーブメントは、別名GTM2とも呼ばれていて、実は二度目なんです。
一度目の移住計画はやはり一番近い月でした。
いわゆる第一次GTM運動(GO TO THE MOON MOVEMENT)ですね。
この運動は、大体60年代後半から、70年代前半にかけて行われたようです。
やはり、アポロ計画に影響されたみたいで、その頃多くの幽霊がアポロについて月に行ったみたいですね。

11 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 06:09:37 ID:+08NRUFy0
なぜにコピペ?

12 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 06:34:55 ID:7PjPe/ck0
>>1 乙!

13 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 08:48:38 ID:i3rqdVGdO
>>3
結論ならとっくに出てるぞ!
「いない」って。

14 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 09:03:04 ID:BclWUfMq0
>>1
お疲れ様です

幽霊はいるかいないか分からない。
もうそれが結論でいいじゃない
結論やないけど

解決できそうな糸口でもあれば別ですが、そんなものありますか?
もしもあるとするなら、霊能力とやらが操れる霊能力者にありそうですケド。

15 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 10:02:18 ID:8aIPNExdO
いまだかつて自らの霊能力を立証できた霊能者は存在しない
また霊能力がないことの証明はできないため霊能者を自称することは誰にでもできることであり
自称霊能者は立証をするまで霊能力があるとは認められない
また心霊体験はこのスレであげられた分類の内因性で説明しうる範囲である
よって幽霊という既存の科学知識に反するような不可思議な存在を心霊体験の説明として用いる必要性はない
以上のことより幽霊はいないと言っても過言ではない
しかしこの結論は「幽霊はいない」という結論ではなく、幽霊はいないという認識の方が妥当であるという結論

ふー さて肯定派はどこに食いつくのかなあ

16 :自夜:2007/10/02(火) 10:12:02 ID:3onjdgKO0
幽霊はいない

火鉢の中の灰の中に潜む幽霊
山葵醤油をつけると美味い

17 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 10:24:02 ID:u4KiN33N0
食いつきのポイントがもっと分かりやすいものにしないと。


 ・霊界
 ・異次元
 ・幽体離脱
 ・ライトボディ or サトルボディ
 ・アセンション

そして終末思想を絡めて日月神示!というと、良い感じの餌になるかと。w

18 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 13:01:16 ID:+LsddEx7O
霊はいないが、いると言う奴がいる限りいなくならない
が正解

19 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 15:51:41 ID:fIiqORYY0
絶対にいる!!そうに決まっている。
(■_■)<さて、私は誰でしょう?

(∧∀∧)/■−■<死神ですう。

( ゚Д゚)<あんた、誰?WHO ARE YOU?
    (お前はだれだ?)
     (∧∀∧)→進化!!→(#>∀<)あの世へ連れて逝っちゃうよ。
( ゚Д゚)こいつ、進化してやがっ・・。 
   秒殺だ〜秒殺だ〜秒殺だ〜!!>・`+}{^
 さらなる進化を遂げてしまった、死神。「ハアアアアアアアアア!!」
そんな時1人の男が立ち上がった。「死神、俺と勝負だ!!」
「ハア?俺様に勝てる香具師なんかいないだろう。まあいい。死んだら魂を
頂いていくからな。」「みんなの魂を開放しろ!」
「分かった。じゃあもし、お前が勝ったら全ての魂を開放しよう。」 続く。

      

20 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 15:53:21 ID:BWKVf3zVO
>>19
つ リンゴ

21 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 16:07:20 ID:fIiqORYY0
そして、死神、マドームと1人の男、グランの戦いが始まった。
 死神のステータス
 名前:マドーム
 界名:クリーチャー
 オペレーター:フローター・グリス
 HP:1200+650=1850
 基本バスター:ヘルズ・アックス攻撃力50属性無
 必殺技:Kブラントウール攻撃力350属性悪 5回発動可能
 光属性に対して2倍の攻撃力を持つ。
 その他の攻撃
  @破壊の放射能:攻撃力80属性悪 30回可能光に対して2倍
  Aマッシュブレード:攻撃力50属性無 35回可能
  Bフォースブレス:攻撃力70属性火 30回可能木に対して2倍
  Cサイタルスパッシュ:攻撃力70雷 30回可能水に対して2倍 続く。

22 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 16:19:38 ID:fIiqORYY0
 D魂念スパイラル:今までの攻撃であたった回数×10回復
持ち物:ミラー×2(1回だけ相手の攻撃を攻撃力半分にして
返す鏡) ウィーゴ(違法プログラム。使ってからの次の攻撃は
攻撃力が5倍になるが、HPが半分になる。)
追加プログラム:HPアップ+50 2個 HPが50UPする。
  邪魂転生 1個 違法プログラム、奪った魂の分×10HPをUP
  させる。 現在55個の魂保管中。
変身モード:獣化(F)奪った魂の力(55つ)
「俺様のステータスはどうだ、てめえ。」
「くそ、俺だって出すぞ!!」

23 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 16:24:50 ID:eSGdkhG30
>>22
あとどんぐらい続くの?

24 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 16:36:54 ID:fIiqORYY0
 1人の男のステータス
 名前:グラン
 界名:チビ
 オペレーター:相田孝介
 HP:600
 基本バスター:Rバスター攻撃力50属性無
 必殺技:???
 その他の攻撃
  20種類のバトルカードを用いる。
  その他に途中で進化することもできる。
 持ち物:ナシ
 追加プログラム: アタックMAX 1個 A値をMAX(5)にする。
  ラピットMAX 1個 R値をMAX(5)にする。
  チャージMAX 1個 C値をMAX(5)にする。
  HPアップ+50 2個 HPが50UPする。
 変身モード:獣化(G、F、I)Cチェンジ(12個)
  進化(融合進化)が可能。
「どうだ、これが俺のステータスだ!!勝負!!」「望むところだ。」


25 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 16:51:36 ID:fIiqORYY0
 マドーム「この剣の力を喰らえ!!」
 マドームはマッシュブレードをくりだした。
 グラン「は、速い!!・・・ぐうっ!!」
 グランはもろに当たってしまった。残りHP550
 グラン「こっちだって、いくぞ!!」
 グランはバトルカード「クローバー」をセットし、キャノン攻撃!!
 マドーム「ぐっ・・・。くそ、滅多に攻撃が当たらない俺様が!!」
  マドーム残りHP1800
 マドーム「ならば、破滅の光を出してやろう!!」
 マドームは破壊の放射能をくりだした。
 グラン「ちっ。・・・なんとかよけきれた(ほっ)」
 グランはバトルカード「アロー(雷)」をセットし、アロー攻撃。
 マドーム「甘いな!!!」
 グラン「なにっ?」
 マドーム「お前など一瞬で倒せるわ。必殺技を使うまでもない。」
 グランはバトルカード「キー」をセット。激しい電気を帯びた
 トマホークが出現。
 グラン「たあっ!!」マドーム「!!?」
 トマホークがマドームの腹に命中した。残りHP1710。続く。

26 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 16:52:30 ID:+08NRUFy0
つまんね

27 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 17:04:38 ID:fIiqORYY0
 マドーム「ふううう。こっっのガキがあ!!」
 グラン「な、何だ!?」
 マドームは必殺技・Kブラントウールを出してきた。
 マドーム「これで一気に地獄へ堕ちろ。ひゃあ!!!」
 グラン「あのカードをセットインだ!!」
 グランはバトルカード「ペンタゴン」をセットした。
 グランの周りに光のシールドが張られた。
 ズゴオオー・・・・・。凄い音だ。
 シールドの力で攻撃力を半分にした。残りHP385
 グラン「よし、だったら獣化の力を使おう!!」
 グランは獣化カード「G」をセットした。
 グラン「ウオオオオオオオ!!!!!」もの凄い雄叫びをあげ
 変身した。
 マドーム「なんだ、あの姿は・・・。まあいい。いくっ!!?」
 グランが獣化による力、Gクロー(攻撃力80、無属性のカード
 1回分の力を貯めて発動する技。)でマドームの顔面を引き裂いた。
 残りHP1630  続く。

28 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 17:19:42 ID:fIiqORYY0
 マドーム「たて続けにやりやがったな。おのれえ。」
 マドームは魂の力を使い攻撃してきた。魂弾が一瞬にしてグランを
 襲ってくる。
 グラン「ぐっぐっぐ・・・ぐはあ。」
 マドーム「どうだ、さっき奪った奴からの怒りの攻撃は。」
 グラン「なっ・・・。」残りHP275
 グラン「だったら、こっちは強力な、」
 グランはバトルカード「クローバー」を3枚連続セット。
 すると、グランの両腕が1つの大きなキャノン砲になった。
 グラン「くらえー!!」マドーム「この光はっっっ!!?」
 ダアーーー・・・。みごとマドームに命中!!
 マドーム「魂の力・・よ・・・。ぐええ。」残りHP1480
 グラン「まだまだいくぞ!!」
 グランはバトルカード「ピラミット」「ウイング」「サークル」
 「ピラミット」「クロス」の5枚を立て続けにセットし攻撃!!
 マドーム「おっぐっっ、ほぐう、ダハア、ぐっぐっそう!!」
 マドームは獣化(F)になった。奇声をあげ、飛び回るマドーム。
 マドームは破壊の放射能をくりだしてきた。
 

29 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 17:37:13 ID:fIiqORYY0
 グラン「ぶっ!!?」
 マドームの攻撃をくらってしまい、獣化が解除された。
 残りHP195 ちなみにマドームの残りHP1160
 この大差でどうするのか?
 グランはCチェンジ・アルティメット2のカードをセット。
 グラン「これで、獣化が無限に使えるようになったぞ!!」
 グランはさらに獣化Gカードをセットし、更に変身した。
 マドーム「・・・!!?」
 グランはAペガサスになった。この力はすさましい。
 グランはバスター、マジシャンフリーズ(攻撃力150相手を30秒
 凍らせる。その間の雷属性の攻撃力は2倍になる。)をだした。
 マドーム「はああっ!!」
 完璧に凍り付いた。その間にグランはバトルカード「ロック」
 「バリアブル」バリアブル」をセット!!すると、グランの
 両腕に電気がまとった巨大な剣が現れた。
 グラン「いけええ!!!」
 グランの攻撃は当たり、マドームは苦しみながらもがいている。
 マドーム「うおおー!!ぐうおおー!!しねえええー!!!!!」
  残りHP710 続く。
 

30 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 17:50:54 ID:fIiqORYY0
 グランHP195 マドームHP710
 マドーム「この技を喰らえ!!」
 マドームはKブラントウールをくりだしてきた。
 グランはバトルカード「ペンタゴン」「ペンタゴン」「ヘキサゴン」
 をセット。硬そうな岩のシールドが張られた。
 マドーム「いげえええー!!」
 シールドの効果で攻撃力を5分割(この場合70)にした。
 グランは70喰らい、攻撃を跳ね返しマドームも70喰らった。 
 グランHP125 マドームHP640
 グランは進化し始めた。すこしずつ変わっていき羽が生えて、ボディーカラー
 も変わった。めちゃくちゃ強い力を持っている。
 グラン「いくぞ!!」マドーム「こいやあ!!」
 グランはバスターを打った。
 マドーム「こんな攻撃誰がきっっ!!??」
  実はこのバスターは闇属性に対して5倍の攻撃力をもっていたのだ。
 普通の攻撃力は50、つまり、250のダメージなのだ。
 マドーム「こっのガキがあ・・・。ウオオオオオオ!!」
 マドーム残りHP390 終盤戦に突入!!

31 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 17:52:17 ID:BWKVf3zVO
ずいぶんと不味い箸やすめだな。

32 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 18:02:21 ID:fIiqORYY0
 マドームはひたすら魂の力を使ってきた。
 魂を自由自在に形を変え襲いかかってくる。
 グランは攻撃を受けるだけだった。
 グラン「くうっ・・・。」
 グランはバトルカード「リボン」「リボン」「ハート」をセット
 イン。グランのHPが200回復した。
 マドーム「回復しても意味がないな。攻撃し続けるからだ!!
 ハーッッハッハッハッハ!!このまま魂を奪われるんだな」
 グラン「・・・・・あっ・・・・・!!」
 マドーム「・・・何だ、あれは?」
 グランはその光の中に入った。すると、オペレーターと一緒に
 なっている感覚がした。
 グラン「・・・!!」 スパッ。
 マドーム「なっ!!」
 孝介とグランが一体化しているような姿だった。そして2人が
 「ヴィートバスター!!」と叫び、光の弾を発射してきた。
 マドーム「体が・・・。動かない!!ぐっごっうー!!」
 その弾がマドームに命中。マドームの残りHPは90になった。
 マドーム「ウオオオオオオオオオ!!」

33 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 18:09:37 ID:fIiqORYY0
 マドームが必殺技の進化技、Kホールリング(攻撃力250)
 を出してきた。
 グランはバスター・ファディフィルカル(攻撃力???)を
 出してきた。
 <○                  ○>
   <○              ○>
     <○          ○>
       <○      ○>
         <○  ○>  
          <○○>
           ★★
 「チッ」二つの技がぶつかりあった瞬間だった。
 ゴッ・・・グシュウ・・・。パリーン。
 果たして!? 

34 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 18:11:21 ID:XvyozN2YO
カマドームは怖いよね
ゴキより嫌い

35 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 18:16:08 ID:fIiqORYY0
 それから、5分静まったままだった。
 5分後の光景は!?
 グランHP5 マドームHP0
 マドーム「ウワアアアアアアアー!!俺様がアアアー!!!!!」
 グラン「ほっ。さあマドーム、みんなの魂を解放しろ!!」
 マドーム「ううう・・・。」
 グラン「1、2、3、・・・・52、53、54、55!!よし、
 全部解放したぞ!!やったー!!」
 グランの勝利でこのバトルは幕を閉じた。
 マドーム「なあ、お前強いから俺様の力を少しお前にやる。」
 グラン「えっ。ありがとう!!」
 マドーム「今度の公式大会に出場するから、そこでまた会おう!!」
 グラン「うん!!ありがとう!!」
   こうしてこのバトルは終わった・・・。END

36 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 18:19:46 ID:fIiqORYY0
*インフォメーション*

この糞つまらないバトルストーリーを見ていてくれて
どうもありがとうございました。このスレを荒らして
しまったのではないか、と今思います。最初からよく
考えてみるとスレ違いでしたね。迷惑をおかけしてど
うもすみませんでした。ではこれで


消           え
   ま
 


    す
               。あはは〜!!

37 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 20:28:56 ID:v77LRvG90
お疲れ様でした。

1さんも、お疲れ様です。

38 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 20:40:01 ID:12XRrzWC0
夢を見た 駄文につきスルー推奨

昨日、ほんとーにリアル過ぎる夢を見た、夢はあの世の世界だから建物でもあったら触ってみろって聞いたけど
普段人付き合いがあまり好きでなく夢にも人なんか殆ど出てこないのに、そこはもう人々人だらけ話しかけたり
かけられたり、体も物も触ると妙に実在感が有る、いつも夢の中の景色は何処かで見た様な知らない所の様な
妙な親和感と違和感が混在しているのだが、そこはもうくすんだ極彩色の街なにか夏場の江ノ島海岸と温泉地を
混ぜた様な、人々はわりとフレンドリーただ僕は人混みが好きじゃ無いので何とかそこを抜けようと騒いだり
暴れたりしていたが其処が現実の世界としか思えない、あきらめて建物二階から窓の外を見ると遠くの山々が
水墨画にくすんだ色をつけた様なしかもリアルな景色しばらくして目を覚ますが同じ世界あきらめてまた寝る
また違う夢を見て目覚めるとやっと現実世界起きると以上に喉が乾き2リットル位の水を飲んだとても疲れた。

39 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 20:49:32 ID:9WGs0EDu0
いなけど
人間は幽霊を見ることができる

40 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 20:59:08 ID:12XRrzWC0
幻覚だとしたら、幻覚を見れる脳のメカニズムを教えてエロい人。

41 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 22:21:34 ID:6OxGoN/70
>>40
大脳辺縁系でのドーパミンの過活動が原因だと言われているけど、
実のところハッキリしてません><

42 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 23:34:18 ID:Stc8rrLc0
メカニズムがわからないから仮説を否定するというなら
現代科学では重力の正確なメカニズムが分からないから物体が落ちるのが重力によるのだという説を否定するのに等しい

43 :本当にあった怖い名無し:2007/10/02(火) 23:46:15 ID:NdcSDqdWO
じゃあ、メカニズムがまだ分からないだけで、いる可能性がある、と

44 ::2007/10/03(水) 00:00:32 ID:DpOUfp4aO
自夜さんこんばんわ。時々拝見しております。
自分は懐疑的否定派なのですが、怪談は好きです(とくに稲川さん)。勿論、自分では体験したことがないのですが、よかったら体験談を話していただけないですか?よろしくお願いします(^人^)

45 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 00:07:20 ID:FPPm2Y/+0
>>44
怪談を聞きたいだけなのか、そこから何か議論を発展できるのか
前者ならスレ違い。洒落怖でも行け

46 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 00:13:16 ID:Iet/bEdM0
あんまり突っ込む奴いないからあえて言うけど、
自夜は超ド級の電波だぞ。

47 ::2007/10/03(水) 00:14:44 ID:DpOUfp4aO
まともな議論なんかされてないし、べつによくね?
自夜さんの冷静な対応にちょい萌え

48 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 00:26:03 ID:g0apW/CM0
>>47
確かに今日は議論がないねー。
まあ、自夜がおもしろいのは同意するがね。
でも、議論ベースで話を進めて欲しいのも本音だ。w

49 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 00:55:23 ID:eulzKoQO0
>>42
仮説を否定する気などさらさら無いけど、重力も霊と同じ位不思議だね
ブラックホールは穴じゃ無くて星が無くなった跡の目に見えない重力
だけが残ったものだと思ってる、人の霊も何かの痕跡の残してるのかも知れない。

50 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 01:01:27 ID:2wiFD+iT0
>>46
自夜は電波というより確信犯(誤用)的に自己顕示を
満足させてるだけに見える
本心から信じてるかどうかわからん

51 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 01:05:41 ID:eulzKoQO0
自夜さんは、ぼぼ否定派。

52 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 01:06:50 ID:B9vjdvEz0
じゃあ、ネタ投下しとこうか

以前、一部屋2LDK(2人入居)の会社の寮に住んでたんだ。
で、私が寝室として使ってた部屋は、友達が寝るとそいつが金縛りになったり
壁を内側からノックされたり(これは同室の奴も同時に聞いてる)、寝る前に
きっちり閉めた押入れのフスマが起きると5cmぐらい開いてたりしたんだ。
でも、自分は金縛りにならないし、たまに自分にしか感知されない地震があるぐらいだった。

で、進入社員が入るから、私は隣の部屋に引越したんだけど、しばらくたってから
後輩が「あの部屋で寝ると金縛りになるんですけど、先輩なんもなかったですか?」
って言ってきた。「ま、そんな事もあるさ、ワハハハ。でも害はなかったよ?」って
言っておいた。

後輩にはそういう現象の事は何も言ってないのに、何が起こったんだろうか?

53 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 01:13:47 ID:eulzKoQO0
>>52
ネズミが襖を開けて入って来て走り回り、急に起こされて金縛り…。


54 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 01:18:46 ID:HbYssr1HO
自夜のサイト行ったけどどこみりゃいいのかわかんない
まだおぱんちゅしか見てない

55 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 01:21:43 ID:B9vjdvEz0
>>53
それ、幽霊より非現実的じゃねーかw

56 ::2007/10/03(水) 01:22:21 ID:DpOUfp4aO
自夜さんがこないようなので、ちょっと持論を。
身近に何人か霊体験もちがいるけど、そいつらが嘘をついてるとは思わないし、イカレてるとも思わない。意識がはっきりしてる時に見えたり聞こえたりするのは、何かが脳に影響を与えているからだろう。
宇宙には力は4つしかなく、マクロレベルで作用するのは電磁力と重力だけで、重力はあまりに弱すぎるから、電磁力しかないかと。まあ、そのほかだと、超音波ぐらいしか原因として思い浮かばん。

57 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 01:25:58 ID:Iet/bEdM0
>>50
そうならまだマシだと思うけど、
サイト見る限りでは霊云々以前にかなり・・・

霊はいないんだし、自夜がネタかガチかを決めるスレにしようぜw

58 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 01:28:18 ID:B9vjdvEz0
あ、ちなみに>>52の寮は4階建てで、当時周りは普通の2階建ての家しかなかったよ

59 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 01:39:35 ID:HbYssr1HO
>>56
菊地聡氏の「超常現象の心理学」って本をお勧めする

60 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 02:06:24 ID:XyLoHwk8O
チベット死者の書「バルドトゥドルウ」とかよんだが、板違いかな?

61 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 02:10:27 ID:eulzKoQO0
>>60
なにか披露してよ。

62 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 02:30:54 ID:XyLoHwk8O
>>61
何かとは?

63 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 02:34:39 ID:eulzKoQO0
>>62
霊の存在を否定肯定する何か、その書物の中の知識からでも…。

64 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 02:50:10 ID:XyLoHwk8O
ああ!チベットではあの世に旅立つ前に読んでるそうだが、内容はあんまり覚えて無いが、リアルに書いてるから死語界ってあるんだ!とかダライ・ラマの輪廻天昇とかみてるとあるのかなあ?位幽霊とか関係あんのかね??

65 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 03:49:00 ID:2xNT6by90
>>56
力と物質と
http://www.mlexp.com/lifesphere/chart01/chart01-16.htm
『場』から物質が生命が創造される仕組み
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=55071
精神波量子脳理論 要約
http://6327.teacup.com/processai/bbs

66 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 07:19:26 ID:eulzKoQO0
何割かの人が(割合は少ないと思うが)霊を完全否定するのはこの世的に生きて行く為の本能
(順応するために組み込まれてるプログラム)で人間として健全な姿で在りながら同時に不幸なのかも知れない。


67 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 07:31:50 ID:eulzKoQO0
常識や教育の中に霊やあの世の事が挙って来ないのも目に見えない何者かが仕組んでいるプログラムに
過ぎないのかもしれない個々人を尊重また成長させるために。

68 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 08:57:32 ID:la0ESgRYO
>>67
四十代さん、
さおりちゃんが心配してるよ。かなり悪い霊に取り憑かれているみたいだよ。
肩とか首が痛くないですか?

69 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 09:01:45 ID:VqBCTzVV0
>>68
さおりちゃんうp
もしくは似顔絵うpしてくれ

70 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 09:36:15 ID:eulzKoQO0
>>68
べつに快調だけど、さおりちゃんてあんたでしょバレてるよ今度やらして。。。

71 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 09:45:03 ID:WCZoozlzO
>>66
>何割かの人が(割合は少ないと思うが)霊を完全否定するのは…

お前、頭大丈夫か?
ほんとに肯定派は視野が狭いというか自己中というか思考が浅いというか思い込みが激しいというか…

72 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 09:51:37 ID:eulzKoQO0
>>71
あら、このスレにしたって否定派の中に懐疑派、希望派てのが多いのに、あんたそ少数派の孤独に耐えかねて
妄言吐いてるんじゃないの。

73 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 09:57:31 ID:e1/u8y7v0
現時点で幽霊はいるかと聞かれれば
いない、いると言える根拠が全くないと答えるしか無いが
いたらいいのに、ひょっといたらいるかも?とは「思ってる」。
という人が大半ではないか?

74 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:07:01 ID:la0ESgRYO
>>70
> さおりちゃんてあんたでしょバレてるよ今度やらして。。。

五十代さん、バレてると言われても、私は私で、さおりちゃんは幽霊で別人ですよ。
やらしてとはどういう意味?セックスの事ですか?
だとしたらごめんなさい、お爺さんとセックスはしたくないので。
そんな歳でも勃つんですか?

75 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:09:41 ID:eulzKoQO0
現実に物証がどうのってより、個人の意識の問題だもんね。

>>68
霊遊びも、ほどほどにしないと…。

76 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:16:34 ID:7VL2NhKm0
>>73
要するにこのスレの住人はガキばっかりということか。

77 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:18:20 ID:X4fib14F0
>>76
では、大人の意見としては、幽霊のことはどう思ってますか?

78 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:22:15 ID:eulzKoQO0
>>74
僕は40代だけど、僕の付き合ってる50代60代は皆僕より見た目も体力も精神力もバッツバツよ
あんた年齢にかなり偏見が有るみたいだけど、花の命は短いもんだよ、今のうちに偏見捨てといたほうが
特じゃない?

あなたやっばり女の子ね、さおりちゃんに頭と体取られないようにね。

79 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:26:03 ID:X4fib14F0
>>78
ゲイ基本でシモネタ展開か。
どうでもいいが、他所でやってくれんかな。
幽霊スレは、議論ベースのスレなんだよ。

80 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:27:45 ID:7VL2NhKm0
>>77
ほとんどが>>5のA案、後はB案が少しはあるかも。そんなとこ。

81 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:29:42 ID:X4fib14F0
>>80
「峠の幽霊」とかの逸話は、再現性が低いですからねえ。
幽霊を100%誰でも見れるようになったら、話は違うのですがねえ。

82 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:31:21 ID:eulzKoQO0
>>79
あんたの幽霊についての考察を御教鞭願う。

83 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:33:16 ID:X4fib14F0
>>82
頃合いを見計らって発表してやるよ。
てか、年中書いてるんだけどな。w

テンプレの >>6

・「幽霊の正体みたり枯れ尾花」はA.1)に分類
・「願望」等により「幽霊はいる。幽霊はいるに違いない。だから見えるはず。

これ、俺の意見。

84 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:33:45 ID:eulzKoQO0
>>79
あんた青猫さんだ。

85 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:34:05 ID:X4fib14F0
>>84
あんなのと一緒にすんな。

86 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:36:54 ID:eulzKoQO0
>>83
とりあえず霊は存在しないって意見ね。

87 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:38:27 ID:X4fib14F0
>>86
幽霊を魂と見なしていないし、幽霊が確実にいないともいってない。
そして科学的検証に耐えられる幽霊話が存在するのなら、幽霊の存在は認める。
それだけのこと。

88 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:41:06 ID:HbYssr1HO
俺もテンプレのAで説明できるって立場
つかバカの壁が厚いように思える方がいらっしゃいますな

89 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:42:55 ID:eulzKoQO0
>>87
それには科学の力がまだ弱すぎるんじゃない、科学に期待してる肯定派よりな僕だけど。

90 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:44:32 ID:eulzKoQO0
>>88
>バカの壁
あなたがね。

91 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:49:19 ID:X4fib14F0
>>89
計測機器の進歩があっても、基本的なデータ採取方法は変わらないよ。
つかよ、「幽霊を観測する」の第一歩は幽霊出現の再現性によるよな。
重力波検出装置とかが手のひらサイズで作れるような事大になったとしても、
幽霊の出現頻度が変わらないのなら、そもそも観測されないというオチが待っている。

今の技術が幽霊を観測するに値しないのではなく、
今の時点での観測技術を投入するだけの余地が幽霊出現にはないんだ。

幽霊を観測しない理由を、もう少し考えた方が良いよ。

92 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:50:14 ID:X4fib14F0
>>88
テンプレを読む気がない人は多いみたいですな。w

93 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:50:56 ID:WCZoozlzO
もし仮に幽霊がいるとしたらとっくにその存在は証明されているはずだろう?
有史以来いまだに証明されていないってことは、即ちいないってことだよ。
ちょっと考えたらこれくらいの事わかるだろ?
いい加減気付けよ。

あーあと、「可能性までは否定できない」とか言い出すバカがいるけど、
それ言い出したら何にしても、ない事の証明なんて不可能に近いから例えば野生のガチャピンの存在も完全否定出来ないから先に言っておく。
ついでに言うと「いて欲しい」は論外。


94 :ぽん酢:2007/10/03(水) 10:52:28 ID:kCnAkn3+O
あらゆる現象を科学で全て説明できたとしても、霊が存在しない証明とはならない。
どちらか結論を出すには、霊が存在することを証明するしかない。
そして、わざわざ存在すると主張するからには、そう主張する側に証明の責任と義務がある。
しかし、何十年も(もっとかな)騒いでる割には今だに客観的認知における万人が納得できるような説明がなされてない。

よく、この話し(現象)はどう説明するのか? 等と聞いてくる人がいるが、
全くおかど違いな話しである。
説明しなければならないのはそちらだからだ。
そもそも、何故それを霊の仕業と言い切れるのか。
何故霊と結び付けたがるのか。その根拠はどこにあるのか。
もっと言えば、その話しの信頼性はどこにあるのか。
証拠を伴わない主張はどんな事でも言えるのだ。

更に、
霊は心で見る(感じる)ものだとか、精神の云々言う人もいる。
それこそ、思い込み、刷り込み、幻覚、宗教心等が、
作用してる可能性を高く示す話しではないのか。

95 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:55:43 ID:eulzKoQO0
>>91
それなら名の有る幽霊出現場所に、一年でも二年でも機材を設置して張り付いてれば可能って事だ。

96 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:56:05 ID:HbYssr1HO
>>92
テンプレを理解できてない人がいるんじゃないかと思って本まで紹介したんだが
あとあんまり関わりたくない人が約一名いるんだがこれがまたいい歳こいて元気なんだよなぁ

97 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:57:16 ID:X4fib14F0
幽霊目撃談などを学術的に整理するのは、とても価値のあることだと思うけどね。
「幽霊学」にはならないけど、文化人類学かなんかの一側面で幽霊を取り上げて欲しいかなって気がする。
幽霊のフォークロアとか。

誰か既にやってたりするのかな?w


98 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:57:52 ID:e1/u8y7v0
>>93
それも考え方次第だと思うけどな。

現状、幽霊がいるなんて言える根拠は全くないことを前提に
いて欲しい。いればいいのに。ひょっとして。というのはいいと思うけど、

現状、幽霊はいると言える。なぜなら、可能性を完全否定できないからだ。
という主張はおかしいと思うよ。

99 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 10:58:30 ID:X4fib14F0
>>95
一年も二年も観測続けるのに、どんだけ金かかると思ってんだ。
非現実的なこと考えないで、もっと現実を見たら?

100 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:00:55 ID:3duhuEID0
>>15みたいな結論でよくない?つかまあオレが書いたんだが

101 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:04:04 ID:eulzKoQO0
>>99
いや、あなたの>>91が正しいのなら、理屈の上では>>95で可能だねってこと。

102 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:07:46 ID:eulzKoQO0
>>100
このスレが成り立たないって事?

103 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:07:48 ID:X4fib14F0
>>101
いや、少し違うよ。
なんかの磁気異常とか、テープでの画像採取が出来るかも知れない。
でも、それを行うまでにどんだけ金が懸かるか。

再現頻度の低さの意味は「観測機器を投入するだけの資金が得られない」と言う意味でもあるから。
1年に数回表れるかどうかも分からないものを観測するだけの資金を何処で手に入れる?
というか、それを観測することで何を手にする?
だから、けっきょくはコストパフォーマンスの問題なんだよ。

文化はお金の無駄遣い!をモットーとする、文化系大学の研究者でも、年単位の幽霊観測は無理だろ。


104 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:08:26 ID:WCZoozlzO
>>99
金の問題じゃないさ。
それで幽霊の存在が確認出来れば安いもんじゃないか。
誰もやらないのは、最初から結果が見えてるからだ。

そんぐらい気付けよw

105 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:09:44 ID:X4fib14F0
自分ちのすぐ側で幽霊屋だの首つり柳があって、
ビデオを設置できる状況にあったとしても、
1日に1本のテープを回して、365日365本の記録を取るのは、
相当のマニアでないと無理だよなあ・・・。

106 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:10:33 ID:X4fib14F0
>>104
いや、金の問題だよ。
金がかからないのなら、俺はヤル。w

107 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:11:05 ID:3duhuEID0
もし観測してなにもうつらなかったとしても不在証明にならないし
なにかうつってても分類のB1だろうな

108 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:11:41 ID:X4fib14F0
24時間撮影してる防犯ビデオとかで、幽霊が映ってれば良いんだがねえ。
そういう話しもとんと聞かないし。

109 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:12:15 ID:eulzKoQO0
>>103
そんなこたー承知の上で、金じゃ無くて理論上ね。

110 :ぽん酢:2007/10/03(水) 11:13:31 ID:kCnAkn3+O
>>104
その通りだね。
科学者は未知なるものを説き明かすのが仕事だ。
霊の存在を証明できれば、大出世だろう。
しかし……
と言うことだ。

111 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:15:12 ID:WCZoozlzO
>>106
だから金の問題じゃないって。
金で解決するんならとっくに誰かやってるよ!

肯定派は本当に思考力が浅いな。
そんぐらい気付けよ!

112 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:15:58 ID:X4fib14F0
>>109
つか、どんな理論で幽霊を捉えるつもりなんだよ?
まずは現代の観測技術での観測方法を教えてくれ。


113 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:17:47 ID:X4fib14F0
>>111
肯定派じゃねえよ。よく読め。w
てか、実際に金をかけた実験とかはあるはずなんだ。
TV特番とかで見たことがある。
だが、アカデミークラスで、定期的な観測が行われてないんだよ。
行われていないことに対して、とやかく言うことは出来ないんだよ。

幽霊がいないからやらないんじゃない。
やったって、観測によって何の意味があるのか分からないからやらないんだよ。

114 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:19:15 ID:eulzKoQO0
>>108
前スレに書いたけど以前生活版で、駐車場の監視カメラに写った幽霊話でけんけんがくがくだった。
YouTubeも行ってみそ。

>>112
だから>>91見ろ。

115 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:19:22 ID:X4fib14F0
>>112
補足

現代の技術では観測できないというのであれば、
未来の技術予想で良いので、どんな観測装置を用いれば幽霊が観測できるようになるかを教えてくれ。

116 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:19:59 ID:X4fib14F0
>>114
ボケ。人の書き込みを利用すんな。
お前の理論を言えと言ってるんだ。

117 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:21:15 ID:3duhuEID0
そーそー極僅かな可能性に金や労力かけられるほど現実は甘くない

118 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:21:32 ID:X4fib14F0
前スレのネタかどうか知らんが、 Youtube の駐車場を渉黒い影、ッテのなら俺も見た。
何度も言うが、再現性有るのか、これ。
二度も三度も撮影されてるのなら、納得いくんだがな。

119 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:21:59 ID:eulzKoQO0
>>116
話の流れを誤摩化すなよw

120 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:22:44 ID:la0ESgRYO
>>78
> 僕の付き合ってる50代60代は皆僕より見た目も体力も精神力もバッツバツよ

バッツバツとはどういう意味ですか?
「××」という意味ですか?

> あなたやっばり女の子ね

「やっばり」とはどういう針ですか?

121 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:22:48 ID:X4fib14F0
>>119
アンタの幽霊観測方法を言えよ。
それで話がすむだろ。

122 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:23:30 ID:X4fib14F0
>>120
ゲイ用語だろ。

123 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:25:38 ID:eulzKoQO0
>>121
おらーそんなこたー言った覚えないし、まず>>91から読み返してみれ。

124 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:29:28 ID:eulzKoQO0
>>120
荒らしは消えろ、幽霊のさおりと一緒に。

125 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:30:28 ID:3duhuEID0
>>123
じゃあ>>89を具体的に

126 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:31:17 ID:X4fib14F0
>>123


89 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2007/10/03(水) 10:42:55 ID:eulzKoQO0
>>87
それには科学の力がまだ弱すぎるんじゃない、科学に期待してる肯定派よりな僕だけど。

科学のどんな力が増せば観測できるわけ?

俺は観測方法として、磁気計測と目視:ビデオ撮影、熱感知を考えてみた。
資金を投入するだけの、幽霊観測ポイントがあればそこにぶちこめば、
なにかの突出したデータを取れるかも知れない、とは思う。
だが、資金を投入するだけの、確実な再現性のあるポイントって何処だよ?って話だ。
そして、それを行うだけの意義は?
ここら辺が不明瞭だから、観測機械をぶち込めないと思ってる。

127 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:33:31 ID:eulzKoQO0
>>126

>>109


128 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:34:37 ID:X4fib14F0
>>127
ループなんかおもしろくねえよ。
自分の意見を言えよ。

未来において、科学がどんな進歩をすれば幽霊を観測できるようになるんだよ?


129 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:36:03 ID:3duhuEID0
理論とやらを具体的に

130 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:38:10 ID:eulzKoQO0
>>128

>>91
> 今の技術が幽霊を観測するに値しないのではなく、ID:X4fib14F0

131 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:40:25 ID:X4fib14F0
>>130
自分で>>89で書いたじゃないか。
科学のどっかを補強すれば、幽霊を捉えることが出来るって。
どこよ、それは。どうすればいいの?

そこから話はスタートしたんだよ。
で、今現在の機材でも出来ることはあるけど、
幽霊の再現性がネックになってて観測に踏み切れないだろ、って俺は再三いってるんだが?

132 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:43:58 ID:eulzKoQO0
>>128
自部の言い出した話の流れも壊すんじゃ、話に成らないだろ論理のすり替え。

>>89
>科学に期待してる
これがどーして
>科学のどっかを補強すれば、幽霊を捉えることが出来るって。
になるわけ?


133 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:47:45 ID:X4fib14F0
>>132
あー、わかった、わかった。
論理のすり替えね。
はいはい、ごめんよ。
んじゃ、話を新たにしましょか。
すり替えと言われるくらいなら、その方がずっとましだ。

今までの話の流れを無視して、いま新たにお尋ねしましょうか。
貴方は幽霊を科学によって捉えることが出来ると思いますか?
思うのならば、その理由を教えてください。

なお、この回答で、他のレスなどを示すのは止めてください。
貴方自身のきちんとした回答を改めて述べてください。
ま、それが嫌なら書かなくても良いけどね。
無回答も答えだし。w


134 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:50:51 ID:eulzKoQO0
>>133
科学によって捉えることができないでしょ。出来ると言ったのは、あなただけ。

135 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:51:53 ID:X4fib14F0
>>134
つまり、科学によっては捉えられないと考えてる、と。
ケッコウ。
これで話は終了だ。

136 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:52:36 ID:eulzKoQO0
>>135
ok

137 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:55:17 ID:X4fib14F0
ループも終わらせたことだし、改めて書き込むか。

幽霊を学術的に分類することに意義を見いだせば、幽霊観測に踏み切れるんじゃないな?
それが凄く気になる。
TVのワイドショー的な物ではなく、学問的な観測とかそういう事例はないのかな。
幽霊大国イギリス辺りではあっても良さそうなんだけど。

138 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:55:51 ID:VqBCTzVV0
>>73
幽霊いなくてもよくね?

139 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 11:56:19 ID:la0ESgRYO
>>124
> 荒らしは消えろ

荒らしではありませんよ。ただ疑問に思った事を質問しているんですよ。

> 幽霊のさおりと一緒に。

私はさおりちゃんの代弁者です。
私が消えてもさおりちゃんは残るなんて事はありえませんよ。
幽霊は書き込みできませんからね。
それとも六十代さんには私のとは別にさおりちゃんの書き込みが見えているんですか?

140 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 12:01:58 ID:R4Tleat80
>>137さん
「幽霊」という物を研究対象として真正面から捉える学者自体があまりいないのも事実ですよね。
民俗学や文化人類学も違うし・・・
「幽霊学」なんていう学問分野が実際あったとしても、一体理系なのか文系なのか・・?

私自身は理系・文系両分野が必要ではないか、と思っているのですが。

・・・「幽霊学部」・・・どこかの国にはあるのでしょうか?

141 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 12:07:45 ID:e1/u8y7v0
>>140
妖怪学が一番近いのかねえ。
あとは民話論とか人類学みたいなやつに分散してる感じかな。
どっちかというと、文系的アプローチなのかな。

142 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 12:14:38 ID:e1/u8y7v0
wikiだとこうある。このスレの分類に通じるところはあるなあと読んでた。

妖怪研究のパイオニア

哲学者として著名な井上であるが、近代的な妖怪研究の創始者としても知られ、
オカルティズムを廃した科学的見地から研究を行った。
彼は『妖怪学』『妖怪学講義』などでそれぞれの妖怪についての考察を深め、
当時の科学では解明できない妖怪を「真怪」、自然現象によって実際に
発生する妖怪を「仮怪」、誤認や恐怖感など心理的要因によって
生まれてくる妖怪を「誤怪」、人が人為的に引き起こした妖怪を「偽怪」と分類し、
例えば仮怪を研究することは自然科学を解明することであると考え、
妖怪研究は人類の科学の発展に寄与するものという考えに至った。
こうした研究から、井上は「お化け博士」「妖怪博士」などと呼ばれた。
彼の後の体系的な妖怪研究は、江馬務、柳田國男の登場を待つこととなる。
いわゆる「こっくりさん」の謎を最初に解明したのも彼である。

143 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2007/10/03(水) 12:18:52 ID:ziCjrblD0
>>137
40代倒したな、ナイス。

>幽霊を学術的に分類することに意義を見いだせば、幽霊観測に踏み切れるんじゃないな?
>学問的な観測とかそういう事例はないのかな。

フィールドワークではないけれど、脳科学や、生物学では
どの様に幻覚を見るのか、錯覚を起こすのか等が研究されているし、
生命の起源や、意識とは何かという問題も研究されていて、
心理学では、どの様にして人は嘘を信じるのか等が研究されているよ。
これらも立派な心霊現象の研究と言えるんじゃないかな。

144 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 12:21:32 ID:eulzKoQO0
>>143
べつに倒れて無いけど。

145 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 12:21:36 ID:R4Tleat80
>>141さん
「神学部」もたしか文系ですよね(上智にあったような・・?)。
過去の文献を掘り起こして系統付けたり、伝承や風習を歴史的背景とともに考察したり、
みたいな感じですかね?
「今ある現象」を多角的に検証する分野ってあるんですかねぇ?
昔テレビで「ポルターガイスト」を専門に研究する白人を観た事ある気もするんですが。

146 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 12:26:40 ID:R4Tleat80
>>142
わあ!すご〜いっ!!
確かにこのスレの幽霊分類に通じるところがありますね!
・・・改めてこのスレの人達は凄い!し、分類を作ってくれた人、本当に凄い!!
と感動しました。

147 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 12:53:28 ID:eulzKoQO0
結局、>>66←こういう子供たちが釣れたって下り。

148 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 13:02:49 ID:3OV+SWy40
おじさんはスルーがベスト
いちいち構ってあげらんないや

149 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 14:22:55 ID:f5DzB4yD0
魂の存在を否定することは自我や意識の存在を否定する事。
それは自分の存在をも否定していることにいいかげん気付けよ。

自我を肯定して魂を否定する事は蛋白質の塊が自我を持っていると
言っている事。そっちの方がよっぽどオカルトだってことに気付けよ。


150 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 14:31:49 ID:X4fib14F0
>>149
ルンルン♪


151 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 14:38:56 ID:e1/u8y7v0
>>149
もう、その話はこのスレでだいぶ前にやったから
別スレか、別板でやってきたらいいと思う。

152 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 14:41:00 ID:eulzKoQO0
>>149
のと〜〜り、んまい!

153 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2007/10/03(水) 14:42:28 ID:ziCjrblD0
魂など無くとも意識はあるんだからしょうがない。
意識の存在は明らかであり、誰も自分の存在を否定してなどいない。
物質である脳が意識を持つ事のメカニズムは全くオカルトなどではなく、
解明されつつある事実である。
そもそも、魂が存在すると言える根拠が何もない。

154 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 14:42:38 ID:eulzKoQO0
>>151
スレチとは思えんが。

155 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 14:43:59 ID:X4fib14F0
>>154
幽霊何処にあんのさ?

156 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 14:44:33 ID:eulzKoQO0
>>153
意識ゃ=じゃ駄目なの!

157 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 14:44:59 ID:X4fib14F0
>>156
何故ダメなのかを書けば?

158 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 14:46:09 ID:eulzKoQO0
>>153
失礼。意識=魂じゃ駄目なの!?

159 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 14:46:26 ID:B9vjdvEz0
>>149
その自我やら意識が、全て脳のなせるワザだ、と否定派の人は思ってるんだよ。
ちょっと意味は違うけど、カニバリズムだって「頭が生命の源」って考えで首狩り
してたんだから、そういう考えになるのも判る気がするよ。

160 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 14:49:18 ID:f5DzB4yD0
>>153
>魂など無くとも意識はあるんだからしょうがない。

 乱泥らしからぬレスだな。
 幽霊はいるんだからしょうがないって意見と同レベルだ。

>解明されつつある事実である。

 解明されてから言ってくれ。解明されないと思うがな。

161 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 14:49:41 ID:eulzKoQO0
>>159
だから、脳の解明がイイトコ20パーセント位なんでしょ。

162 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 14:53:27 ID:X4fib14F0
そもそも意識が、独立して存在できるのかどうか。
なるほど、人を見れば意識を持って行動してるようにみえる。
でもそれって、生存のための選択していった結果を見てるだけに過ぎないだろ。
意識と取り出せるような物ではなく、結果的に意識的に見えると言うだけなんじゃないのか。
タンパク質で出来たコンピューターが取捨選択してるだけ。
そういう風にも捉えることは出来るよな。
人間の意識はとても機械的なんじゃないか、と。


163 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 14:53:33 ID:eulzKoQO0
>>153
乱泥くんは否定と肯定どっちに近いの、ゆれてる乙女中?

164 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 14:53:52 ID:3OV+SWy40
意識=魂だと意識を持たない生物は魂も持たないってことになるね
それよりは脳に依存するものって考えるのが合理的

165 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 14:54:39 ID:e1/u8y7v0
>>159
今のところ、それ以外に考える根拠が無いからねえ。
幽霊がいる→魂がある→自我(意識)があるみたいな風に考えると
仮定に仮定の仮定を重ねることになる上に、そもそもの仮定に根拠が無いとか
というおかしなことになるから。

そもそも、意識があるとは脳が動いている状況を指すだけだから、
別物質として「意識」があるするもおかしいと思う。

166 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 14:57:01 ID:eulzKoQO0
>>164
>意識を持たない生物
って何!?

167 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 14:58:41 ID:B9vjdvEz0
私は、魂の存在を信じる肯定派だよ。
だけど、脳の解明はまだまだ完全じゃないんだ。
もしかしたら、その解明されていない部分に何かあるのかも知れない、と
考えるのは、普通の事だと思うけどなぁ。
だから、乱泥くんの意見も同意できるんだ。

今、人口知能とかの研究が進んでるけど、それがもっと進んで、自我が生まれる
様になった時、人間との違いはなんだ?と考えると、やっぱり「魂の有無」に
逃げるしかないんじゃないかなぁ、とも思うけど、ね。
ま、進化したアイボとかの幽霊が出れば、覆されるだろうけど。

168 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:00:34 ID:X4fib14F0
前に流行った「シーマン」。
プログラムと会話してるような錯覚をもたらすソフトだったよな。
でも、アレはプログラムが勝手にランダムな言葉を選んでるだけ。
対応してる人間の方が、それにあわせると自分が会話してるような錯覚に陥る。
そこらを利用して「会話」を成立させてるんだよねえ。

アル程度意味のある言葉の群れがランダムに並ぶと、そこに意味をみいだしたくなる。
ゲシュタルト知覚の一種なのかな。

黒いバラ 雄山羊 右の手の折れた十字架 ローマ

こんな単語の羅列にさえも、何かを見いだそうとしてしまう。
それが人間の脳の凄いところだよな。
で、その能力を用いると、意味のない羅列から意味のある幽霊が浮かび上がってきたりするわけだ。

169 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:01:16 ID:7VL2NhKm0
>>160>>161
まだまだ、脳のメカニズムは全て解明されているわけではないが、
解明されている事もある。
 それは意識というのは電気信号と物質の科学変化によっておこるもので、
そこには霊や魂などは関与していないということ 。

170 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:02:52 ID:X4fib14F0
>>169
ちなみに、俺も魂の存在を信じる肯定派。
脳のメカニズムの解明は、魂の存在の肯定に繋がって欲しいと願ってる。

・・・あくまでも希望。w

171 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:05:33 ID:eulzKoQO0
>>169
>電気信号と物質の科学変化によっておこるもので
これ、なんの説明になってんの!?

172 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:09:12 ID:3OV+SWy40
>>166
知能が低い生物または脳自体を持たない生物

173 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:11:27 ID:X4fib14F0
>>172
プラナリアとかね。

意識をどのレベルから「意識」とするのかなあ。
ゾウリムシやウミウシの反射行動は意識的とは言えないけど、
ユリカモメくらいになるとなんか意識ありそう。


・・・て、幽霊話からずれてるような・・・w

174 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:11:54 ID:e1/u8y7v0
>>171
魂や意識をどういう意味で使ってるかにもよるが
意識は脳内の物理化学的な動きであるが
でも、そのメカニズムは未解明な部分が多いということ。

175 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:12:31 ID:3OV+SWy40
>>171
お前人に聞きすぎ 少しは自分で考えるなり調べるなりせえよ

176 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:12:32 ID:eulzKoQO0
>>172
能がないからって意識がないことの証明など有るの!?

177 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:12:53 ID:X4fib14F0
意思と意識の違いじゃあないかね。

意思というのは、この肉体を支配してる主体的な存在。
意識というのは、この肉体によって生じている従属的な存在。

178 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:14:29 ID:e1/u8y7v0
>>173
科学的でも何でもないが
犬にはあるなw 鳥あたりからありそうな感じはしますねえ。

179 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:15:26 ID:3OV+SWy40
>>176
お前にとって意識が何を意味してるかわからない
お前にとっての意味でいいから説明して

180 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:15:33 ID:VqBCTzVV0
>>160
乱泥は元々肯定意見に対しては完全に否定派だろ
議論するにおいては懐疑派スタンスとることもあるみたいだが

181 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:15:52 ID:eulzKoQO0
>>175
いや、ただ矛盾が余りにも大きい部分が気になって、問題がそれて行く気がして。

182 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:17:12 ID:VqBCTzVV0
そろそろ40代の相手するのが無駄だって皆気付けや

183 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:18:19 ID:eulzKoQO0
>>179
今、自分が自分と感じている主体そのもの。

184 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:18:39 ID:B9vjdvEz0
>>177
あぁ、そうか。肯定派がいう「意識」って言葉は、
「意識」っていうより「意思」「意志」の意味で使ってるのかも。

185 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:19:07 ID:e1/u8y7v0
でも、昔飼ってた犬は
姿見鏡で、写してあげた姿=自分という認識には
最後まで至らなかったようだった。

これってどのあたりから可能なのかなという素朴な疑問はある。

186 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:19:28 ID:eulzKoQO0
>>182
何を築いたの。

187 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:21:38 ID:X4fib14F0
>>182
俺は気がついてるよ。うふふ。w

188 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:22:42 ID:B9vjdvEz0
>>182
とっくに気が付いてますよ。

189 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:24:47 ID:eulzKoQO0
誤変換なのに、みんな親切だね、ありがと。

190 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:27:31 ID:3OV+SWy40
>>189
誤変換ではなく日本語を間違えてるんだお

191 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:28:03 ID:VqBCTzVV0
>>187-188
把握した。このスレで幽霊を語ることも、40代を構うことも、
本質的には意味のないということを分かってくださっているのならば。

よし俺も久々に遊ぶわ

>>189
誤変換ではなく誤入力、というより日本語を知らないだけでは?
あと、お前に対するレスじゃなくね?

192 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2007/10/03(水) 15:28:24 ID:ziCjrblD0
>>162>>168
それはあるね。俺達は元々プログラムされた本能に従っているだけで、
意識は処理に付随して存在している様に思えるだけだと。
人間がみなシーマンの可能性は十分にあると思う。



193 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:29:12 ID:B9vjdvEz0
>>185
それは、意識というより学習能力の差でしょうね。
人間の赤ん坊でも、初めて鏡を見せた時は、犬や猫と同じ様な反応をしますよ。

194 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:32:59 ID:X4fib14F0
>>184
人生を生きていく意思が人にあったとしても、脳にトラブルがあると肉体上の意識は容易く混濁する。
薬を飲む。それだけで簡単にハイになったりメロウになったりしてしまう。
こうありたい、という意思はあるのに、意識の方が肉体に影響されてしまう。
意識って、凄く肉体的、物理的なことだと思いますわ。

で、意識はあるけど、意思を持たない機械みたいな人間は多いんだろうなあ、と。
メーテルが銀河どさ周りをして見つけないと、惑星プロメシュームの「意思のある部品」は補充できないそうだしねえ。w


195 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:38:40 ID:eulzKoQO0
良い流れじゃん。

196 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:42:11 ID:VqBCTzVV0
>>195
今どういう流れか簡単に教えてくれ
数十レス端折ったから分からん

197 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/03(水) 15:43:18 ID:ILd+JkUAO
どん詰まり。

198 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:43:37 ID:f5DzB4yD0
魂否定派の意見を総括すると、人の意識は化学反応による錯覚にすぎないと
いう意見が多いようだね。極論すればシーマンと同レベルと。
そしてSF映画に出てくるような人工知能もやがて作られるだろうと思っているわけだ。
では、魂肯定派として言おう。

「人間と同等の人工知能など未来永劫存在しえない。」

この意見を覆すのは簡単だ。
人工知能を作ればいい。
幽霊の存在を証明するには幽霊を持ってくるだけでいいようにな。



199 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:43:53 ID:X4fib14F0
>>196
いつも通りw

>>197

あ、里中だ。

200 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2007/10/03(水) 15:44:12 ID:ziCjrblD0
ちょっと日本語がおかしかったな

×意識は処理に付随して存在している様に思えるだけだと。

俺達は元々プログラムされた本能に従っているだけで、
意思によって行動しているのではなく、
意識は処理に付随して存在するものであり、
実際にある様に思えるだけだという可能性もある。

201 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:44:36 ID:e1/u8y7v0
まあ、具体的な幽霊ネタが無い時に
意識、魂、他には生命の発生とかのネタに移行するのは
定番ではあるな。

202 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:47:19 ID:X4fib14F0
>>198
何の説明にもなってないから、食いつく気になれない。w

203 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:48:19 ID:B9vjdvEz0
>>201
じゃあ>>52でも読んでお茶でも飲んでてくれ。

204 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:49:50 ID:eulzKoQO0
>>196
だから脳っていう未解明な物体の中に意識とか意思という非物質のようなものの存在
プログラム(本能)のみで生きる人間と意思が明確な人間が居るのではないかってとこ。

205 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:50:47 ID:CosvYxGl0
流れ豚切ったらごめんなさい。
良く思うけど、議論スレってあんまり根っからの肯定派っていないよね。
でも肯定派の人がいるなら聞いてみたい。

私は霊感なんて0で、見たり体験したりは一度もない。
でもいたら面白いなって感じでオカルトを楽しむタイプの人間です。
同じオカルト趣味の親友がいたんだ。色んな怖い話楽しんだり心霊スポットなんかも良く行ってた。
2人共「もし先に死んだら、何かしら合図したり、存在証明してみようぜ」なんて普段から話してたんだ。
その親友が一年前に自殺して亡くなった。幼馴染の腐れ縁で、お互い家族みたいな存在だった。
いるなら出てきて欲しいとも思った。
数回、生前と変わらない親友との日常を夢に見たきりで、出てきてはくれてないよ。
この板に戻って来れたのは最近。気持ちは落ち着いたが、幽霊なんていないと思うようになった。

肯定派の方、自称霊能力のある人、いるなら出てこないのは何故ですか。

206 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:51:27 ID:VqBCTzVV0
>>199
40代が本当に流れを分かっているのか知りたくてな

>>198
記憶、意識や意思とやらを脳以外の媒体に
コピーできたとしても幽霊否定できそうだよね

207 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:57:13 ID:eulzKoQO0
>>206
>記憶、意識や意思
は幽霊と同じ位わけわかってないじゃん。

208 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:58:03 ID:VqBCTzVV0
>>204
ちがくね?
意思や意識とは脳が作り出した見せ掛け上の振る舞いか、
もしくは霊や魂といった非物質的なものによる振る舞いなのか、
という点においての幽霊否定派の意見の流れだろ

具体的には、意識、意思の違い、また動物学的に見て意識の派生具合、
意識はが脳の産物だとした場合の発生の仕方の推測…って感じじゃね?

>(本能)のみで生きる人間と意思が明確な人間が居るのではないか
なんてどこで出てきました?

209 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 15:58:16 ID:e1/u8y7v0
>>206
記憶は可能じゃないかな。
意識や意思は状態だからなあ。
状態を保存するという方法が思い浮かばん

210 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 16:00:59 ID:e1/u8y7v0
ある種、写真なんて本人はインデックスだけ保存しておいて
詳細な映像データはアルバムへ という感じではないかな。

211 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 16:02:24 ID:eulzKoQO0
>>208
それはあるね。俺達は元々プログラムされた本能に従っているだけで、
意識は処理に付随して存在している様に思えるだけだと。
人間がみなシーマンの可能性は十分にあると思う。


212 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 16:03:17 ID:VqBCTzVV0
>>205
言っちゃ悪いがこの世に未練なんてないからじゃね?

>>009
意識ってもんは積み重なった記憶から作られると思うわけよ。
つまり記憶というデータとそれを読み取る意思という演算装置とCPUがあればできるんじゃね?

213 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 16:04:32 ID:eulzKoQO0
>>208
192 名前:乱泥 ◆00phfaZFEA 投稿日:2007/10/03(水) 15:28:24 ID:ziCjrblD0
>>162>>168
それはあるね。俺達は元々プログラムされた本能に従っているだけで、
意識は処理に付随して存在している様に思えるだけだと。
人間がみなシーマンの可能性は十分にあると思う。

214 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 16:04:42 ID:B9vjdvEz0
>>205
バカだなぁ・・・。知らないのか?
瞼を閉じれば、いつだってその親友に会えるんだぜ?

ま、ドリーマーなら「夢で会っています」的な答えが返ってくると思うけど。
っつーか、親友が幽霊になんてなっててほしくないわ。

215 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 16:04:54 ID:VqBCTzVV0
>>211
それマジで言ったん?ソースあんならすぐ出せ

マジなら2ちゃんねら総力を上げて潰すが

216 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 16:06:18 ID:X4fib14F0
>>215
40代の他人のパクリにムキになってもしようが有るまい。
自分の考えがもてない奴は、ほっとけばいいさ。

217 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 16:08:19 ID:eulzKoQO0
>>215

>>213見て

218 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/03(水) 16:09:42 ID:ILd+JkUAO
うん。我々は元々プログラムされた本能に従っているだけで、
意識は処理に付随して存在している様に思えるだけかもしれない。
人間がみなシーマンの可能性は十分にあると思うヨ!!

219 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 16:10:01 ID:VqBCTzVV0
>>216-217
コピペにマジレス返されたわ
逆にどう反応していいのか分からん( ;^ω^)テゴワス

あるところで流行っていたものは
あるところでも流行っているとは限らないという教訓ですね

220 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 16:10:20 ID:X4fib14F0
>>205
自分が納得できる肯定が未だにできないから、他の人にパス。

>>210
記憶の保存方法だと思うんだが、実際はどうなんだろう。
映像やテキストのように、五感で分割されて収納されてるのかな?
視覚、聴覚、臭覚、触覚、と言う風に。
臭覚がインデックスとなって視覚情報を思い出すことはあるけど。
小学校使ってた練りケシの匂いを嗅いだら、クラスで使ってた黒板を思い出すみたいな。


221 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 16:11:37 ID:X4fib14F0
里中の立ち位置がイマイチ分からんな。w

222 :205:2007/10/03(水) 16:11:59 ID:CosvYxGl0
>>212
未練があるかないかなのか…
ないならそれはそれで嬉しい事だよ…

>>214
はは、いい事言うね。
夢で生前のように過ごす、それはそれで幸せな事なのかもしれない。

レスどうも。

223 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 16:12:46 ID:eulzKoQO0
>>216
さんざん書いてるけど、子供の多い時間帯に書いても、頓珍漢で奇天烈な極論にしか聞こえないでしょ。
>>66とか>>67とか。

224 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 16:37:51 ID:e1/u8y7v0
>>220
全然専門的な知識も勉強もしたことないけど
かなりポイント部分だけ保存して、
その隙間は適当に補完してるような感じじゃないかなあ。
匂い−どこで−いつ頃ぐらいをピンポイントで保存して
あとは、他の記憶と齟齬が出ないような補完かな。
EXCELのグラフの補完みたいな感じだろうか。
データ抜けがあってもうまくグラフを描いてくれるみたいな。

225 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 16:53:26 ID:X4fib14F0
>>224
ただの言葉遊び。純粋に言葉の重ね合わせ。

手前味噌だが、前スレで俺はこういう事を書いた。

>938 名前: 本当にあった怖い名無し 投稿日: 2007/10/01(月) 18:51:23 ID:zj1xQoH80
>どのスレの誰が言ったか忘れたけど、幽霊は不連続だ、というのは秀逸な意見だったな。
>街角で死者の出る交通事故でがあった → その角で幽霊のような人影を見た
>
> あるいは逆か?
>
>街角で幽霊のような人影を見た → その街角では交通事故で死者が出た
>
>この両者は不連続的なのに、関連づけられている。
>いわば量子的飛躍のようなモノがここにはある。
>こういう不連続を超える飛躍が幽霊にはあるよな。

   幽霊は論理の飛躍がある。

で、脳内での記憶の保存がそれほど整合性がないのであれば(大まかに整理されてるのならば)
記憶の補填や飛躍がそこにあることは容易に想像が付く。
つまり、記憶の組み合わせによってはかってなかった記憶を作り上げることも出来る。
それが脳みそだ。そして、人間の記憶自体がそういう性質だとする。
いくつもの散らばった断片をかき集めて、突然の飛躍によって生じる記憶。
記憶をつなぎ合わせて生じる意識。

ならば、人間の意識ってまさに幽霊だよな。w



226 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 17:06:42 ID:3OV+SWy40
不連続というかそれは因果関係の誤認じゃない?

227 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 17:09:38 ID:3OV+SWy40
あれ?やっぱちょっと違うか
確証バイアスかな?

228 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 17:33:55 ID:B9vjdvEz0
>>222
・・・う〜ん
肯定派としては、綺麗事みたいな事しか言えなくて、申し訳ない。
やはり、死後の世界とかは生者の理想でしかないのかなぁ・・・。

私も親族を3人亡くしているし、中でも父は未練もあっただろうと思う、けど
タバコの煙みたいなのしか見てない。それを父と関連付けて考えるのは
容易だけど、それもこっちの勝手な解釈でしかないし。

でも、正体不明の心霊現象みたいなのには出くわすんだよなぁ。
自分ひとりだけなら、脳の病気かしら?と思うけど、他人も同時に同じモノを
聞き、同じ現象を見てるんだよねぇ・・・。

だから、魂の存在を信じつつも、他の外的な原因も考えているんだけど。

229 :青い猫:2007/10/03(水) 17:43:07 ID:R1O7ner+0
仮に定義不明な幽霊を観測できたとしても、それは物理的に説明が付くから超常現象だとは認めないなどと理屈をこねる可能性もある。もちろん、幽霊が超常現象である必要などもとよりない。

現に、youtube などの投稿動画を見ると、巷で言われる幽霊そのものとおぼしき映像が捕らえられているが、結局、それらも物理的な理屈をつけることが行われている。
したがって、いかなる形であれ、幽霊とやらを捕らえても、結局、それは巷で言われる幽霊ではないと否定されるだけなのではあるまいか。

科学的な観点から証明することも可能であろうが、同時に科学的な観点から捏造することも可能であることを付け加えておきたい。これは何もありもしないものをでっち上げることを述べいているだけではない。科学的に事実を歪曲することも可能であると指摘しておきたいのだ。


230 :青い猫:2007/10/03(水) 17:45:20 ID:R1O7ner+0
>>229の続き

つまり、因果律に縛れている限り、結果のみが優先される傾向にある。
例えば、化石と呼ばれるものを見つけたからといって、それでかつて恐竜などが存在した直接の証拠にはならないのである。
それはあくまでも、恐竜が存在したという仮説を補強するものにしかなり得ないのである。この論理を幽霊否定派の主張に当てはめてみれば、化石(幽霊動画、心霊写真)があるからといって、
それが恐竜(いわゆる幽霊)が存在した根拠とはなり得ないということになる。したがって、恐竜の存在を証明したければ、生きた恐竜を見せてみろということになるのだ。

事実、心霊現象なるものが頻発しているのだから、そこには何か理由があることは容易に推測できる。それが再現できないからといって、科学的根拠に乏しいとする理由にはならない。
むしろ、科学的に類似した現象からその謎を解き明かすことはできるはずであろう。その結果、あくまでも幽霊仮説が否定されることはあっても、幽霊が否定されるとは限らないのである。

以上より、肯定派に立証責任があるとするならば、それは仮説の立証責任であり、本物を連れてくることであるとは言えないのである。

231 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 17:49:00 ID:zWcCf/+Z0
10年ぐらい前に友人が幽霊に触れたとかで転げ落ちて骨折したことがあった。
俺は隣にいたけど何にも見えないし感じなかった。

232 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 17:50:15 ID:e1/u8y7v0
化石でも映像でもそれが偽物、作りものかどうかという判断が
難しいよね。遺跡発掘でもゴッドハンドが活躍したしね。

233 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 17:52:46 ID:R4Tleat80
上記の意識、意思議論を読んで、月並みだけど「人間は考える葦である」を思い浮かべました。
幸島の猿が薩摩芋を海水で洗うと嗜好に合う(?)と認識し、そのような本能の一つである
食物採取以外のものに試行錯誤を取り入れる主体として画期的であるという発表も、思い出しました。

昔の話だけどね。

234 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 18:00:21 ID:1yeoCx3b0
肯定派はどうやっても具体的には否定派を納得できないから、
否定派が利用する科学的思考や論理的な方法論そのものを疑ってかからなきゃならなくなるんだよね。

でもそれって自縄自縛というか自爆しているんだよね。

235 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 18:01:40 ID:R4Tleat80
>>230青い猫さん
過去の絶滅種はクローン技術が発達してもなお、今の所勿論再現できていないが・・・
今現在「頻発する心霊現象?」を再現できない理由と同一化するのは間違っていると
思いますが。

236 :青い猫:2007/10/03(水) 18:08:16 ID:R1O7ner+0
>>235
読み誤っていませんか?
私は再現できない理由と同一化?しているのではありませんよ。

237 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 18:48:14 ID:R4Tleat80
>>236青い猫さん
ん〜。>>229-230の言いたい事というか、論理展開の方向性は理解した上で
の発言なのですが・・・

@恐竜(ナウマンゾウでも三葉虫でも)の化石や一部のDNAがあってもいまの技術では再現できない事
A現在もはや一頭一匹たりとも現存する個体がいない事
が明白である中で

心霊現象は現在も進行中であるのなら、Aと真逆でしょう。絶滅種の再現よりもよっぽど
簡単なのでは?もしいるとするならば、ですが。
現存し頻発するという幽霊を絶滅種となぞらえて、再現化できないと言い切って立証放棄するのは
簡単すぎやしませんか?
それならば心霊現象は全てが単発で、過去の遺物であるという事になりませんか?


238 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 18:58:53 ID:B9vjdvEz0
「青い猫」さんは、>>205の疑問に何て答えますか?

239 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 19:00:38 ID:R4Tleat80
あぁ・・・
結局>>235>>237も同じ事言ってると捉えられてしまうな。
例えが恐竜だからいけないんだろな。
「化石と呼ばれるものを見つけたからといって、それでかつて恐竜などが存在した直接の証拠にはならないのである」
を青い猫さんは言いたかったのにな。
・・・反省。ごめん。

240 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 19:02:35 ID:WCZoozlzO
>>230
何寝ぼけた事を言っているのかね。

化石の状況、数等で充分恐竜が存在した事はとうの昔に立証済みなんだがw

化石と零現象とやらを同類で語るな!

肯定派は本当に思考力浅いなw

241 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 19:11:39 ID:B9vjdvEz0
違うよ。「青い猫」さんは、
肯定派の立証責任について書いてるだけだよ。
恐竜云々はただの例えで、深い意味はないよ。

242 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2007/10/03(水) 19:11:58 ID:ziCjrblD0
>>230
> この論理を幽霊否定派の主張に当てはめてみれば、化石(幽霊動画、心霊写真)があるからといって、
> それが恐竜(いわゆる幽霊)が存在した根拠とはなり得ないということになる。

化石と写真ではまるで証拠能力が違う。
それに、りんごの写真があるだけで、どうやって本物のりんごか、作り物かを判別するんだ。
写真、動画は証拠にならない。

> 事実、心霊現象なるものが頻発しているのだから、そこには何か理由があることは容易に推測できる。

では、>5で言う所のAとB1では説明出来ない事例があるのかい?

243 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 19:14:37 ID:HbYssr1HO
立証責任について考えてみた
肯定派がいる と主張することに立証責任は生じない
また幽霊は不在証明ができないため否定派にも立証責任は生じない
しかし否定派のいないという主張を肯定派が否定するときには立証責任が生じる
こんな感じですかね

244 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 19:22:12 ID:R4Tleat80
>>241さん。
うん。わかってるよ。
ちょっとトラップはってるんだ。

245 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 19:55:46 ID:4DGnttrjO
時に、否定派側から見た、肯定派側の視点が適当だよな

246 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 19:59:40 ID:HbYssr1HO
逆もまた然り
所詮はわかりあえないのさー る〜るる〜らら〜

247 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 20:04:53 ID:4DGnttrjO
確かにwww
肯定派の思考回路には驚く時がある

248 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 21:13:15 ID:hNzsZP050
俺は幽霊とか見た事が無いからどちらでもないけど、
理論立てて否定にかかれる人も、実際によく見る人も羨ましい。

ただ一つ確かな事は、幽霊が存在しようがしまいが
それほど人生に影響は無いと言う事だな。

賢い人程、幽霊が見えていても見えるとは言わなそうだ。
でも計器を使って物理的調査が出来るのは幽霊が見えている人だけなんだし、
なんとか観測する方法を見つけて幽霊を視覚化出来る装置を作って欲しい所だ。

249 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 21:27:19 ID:WCZoozlzO
>>248
>ただ一つ確かな事は、幽霊が存在しようがしまいが
それほど人生に影響は無いと言う事だな。

それは違うぞ。
そんな浅はかな考えは間違っている。
幽霊があたかもいるかのような発言や風潮は非常に危険だ。
現にそれで人生を棒に振ったやつらは数え切れない程いる。
軽々しく幽霊を肯定するようなことは無責任極まりない。
思考力の浅い肯定派はそこまで考えが及ばないだろうがな。

250 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 21:35:03 ID:B9vjdvEz0
>>249
それは、霊能者とか新興宗教に騙された人達の事?
それなら「幽霊が存在しようがしまいが、人生に影響は無い」って考えの方が
騙されなくていいんじゃない?

251 :青い猫:2007/10/03(水) 21:44:55 ID:R1O7ner+0
>>237
やはり文章を理解していないようですね。
私は化石を幽霊になぞらえたのではなく、
私の論理展開を化石の発見からそれが恐竜の存在を
裏付ける直接の証拠ではないという
論理展開に例えたものですよ。
事例ではなく、論理的比喩に着目して欲しいですね。
その程度の理解では他者を批判するに及びませんね。
的はずれも甚だしいです。

252 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 21:47:24 ID:7mYQ9+vI0
>>250
そう思い込んでいても、いざ霊を使った都合のよい考えが出てくると、
それを信奉する人がたくさん出てくるよ。

253 :青い猫:2007/10/03(水) 21:47:59 ID:R1O7ner+0
>>238
答えようがありません。そんなもの知るはずがありませんよ。
>>205の主張はあまりにも主観的に過ぎます。
自分の都合に幽霊があわせてくれるという前提なのでしょうか?

254 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 21:51:19 ID:R4Tleat80
>>251青い猫さん。
やっぱり
「化石の発見からそれが恐竜の存在を 裏付ける直接の証拠ではないという
論理展開に例えたもの」
が言いたかったのですね。
>>239は正解!!!
レス遅いから心配してました。

255 :青い猫:2007/10/03(水) 21:51:57 ID:R1O7ner+0
>>242

>>251を参照してください。

256 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 21:53:15 ID:4DGnttrjO
青い猫は、どうして幽霊が出て来ると思うんだ?

257 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 22:02:31 ID:B9vjdvEz0
>>253
ふむ、なるほど・・・
ありがとうございました。

258 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 22:22:47 ID:R4Tleat80
>>254
さらに追加すると、そこから立証責任云々にもってく「論理展開」
その強引さそのものにも皆さんが突っ込んでいるのではないですか?
アナタの論理展開の様相については多くの人が理解していると思います。

しかしながらそもそも「論理的比喩」(幽霊の立証責任=恐竜の立証)の事例自体
が誤っている(そこで>>240,>>242と、敢えて「論理的比喩」の誤りについて
指摘しているのかと思います)。
ちなみに>>237は私です。あなたの事例の誤りに乗っかって反論してみたのですが
その後半をスルーするのもちょっと・・・いただけません。

>>251
の最後二文のように人をむやみに卑下するような表現はいけませんよ。
やんわりと相手の理解しない所を示唆して、諭し、さらに自分に挽き付けるのが
理想と思いますが?


259 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 22:22:52 ID:B9vjdvEz0
>>252
そこまでいったら、どう考えても騙される方が悪いよね。
自分の都合しか考えてないか、欲に走ったかでしょうな。

260 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 22:44:46 ID:urULx3UU0
他人に自分の思想を説明する際に重要なのは、
「論理展開」ではなく「論理の正当性」だよ。
その正当性を判定するのは、あくまで他者であって論者じゃない。
ましてや、他人を見下すような書き方はまともに受け取ってもらえない。

なんか真面目に書いていそうなので、一応忠告。 >青い猫さん

261 :青い猫:2007/10/03(水) 22:47:07 ID:R1O7ner+0
>>258
まず、私の強引だと言われる論理展開は、そもそもどうであれば自然になりますか。
幽霊の存在を否定する立場であれば、幽霊など存在しないのだから、
論理展開も何もあり得ないという主張はやめて下さい。

そして、まだ理解されていないようなので補足しますが、「幽霊の立証責任=恐竜の存在証明」ではありません。
「仮説の否定」と「仮説が扱っている対象の不存在証明」が必ずしも一致しないということが要点なのです。
したがって、私の比喩では恐竜が存在しなかったということではありません。

否定派の主張は常に、提起された肯定派からの主張の揚げ足をとることに終始しているものがほとんどです。
否定派であれ、自ら問題提起をし、それに対して仮説を述べ、自分の主張を展開すべきではないでしょうか。
それを悪魔の証明の一点張りでは、思考停止と言われてもやむを得ないのではありませんか。
単語の意味を誤っているなら仕方ありませんが、ただ言葉尻をもてあそぶだけなら、相手にされませんよ。


262 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 22:50:33 ID:F9E71jnHO
>>261
被害妄想だな

263 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 22:58:09 ID:R4Tleat80
>>258
挽き付ける→×
惹きつける→○
ごめんなさい。

・・・まぁ
こんな(>>239>>251>>254>>258)言葉遊びしてても不毛ですね。
前スレで青い猫さんの論理展開(?)に憤慨していた方がいて、尤もだなぁと
読んでいたのですが、青い猫さんの挑発的な発言も・・・不必要だと思っています。
今後の否定派・肯定派両派の建設的意見の構築の為にも、以後は改めて頂ければなぁ・・・と思います。

スレ違い、皆様すみませんでした。

264 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 23:31:27 ID:R4Tleat80
>>261青い猫さん
ん〜。
まずアナタが229-230で言いたかったのは「化石の発見からそれが恐竜の存在を 裏付ける直接の証拠ではない」転じて「肯定派の幽霊の立証責任は無い」ですよね。
まず「現存し頻発し、かつ実存する証拠が多々あるが、再現できない事象」で過半数が納得する事例を挙げればよかったのでは?
そうすれば多勢が自然にフムフムと、静聴できたでしょうね。
・・・もう、今更ですけどね・・・
ちなみに、それが例えば何かは今私も思いつきませんが・・・

途中の三文。それはもう既に最初から解っていますよ。大丈夫ですから、心配しないで。
未だに解っていないように感じさせる私の書き込みがきっと青い猫さんを混乱させているのでしょうね。
稚拙な文ですみませんでした。

最後の四文は、私個人のみに宛てたものではないでしょうね。急に飛躍し抽象的になってますし。
これには今、瞬間的に答えなくては青い猫さんの混乱が収まらないという訳ではない内容でしょう?割愛します。

んでも、きっと今青い猫さんは憤懣してるのだろうなぁ?という感じが伺えて・・・
私も不本意です。冷たい水か酒でも飲んで落ち着いて下さいね。


265 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 23:41:19 ID:eulzKoQO0
>>237
>心霊現象は現在も進行中であるのなら、Aと真逆でしょう。絶滅種の再現よりもよっぽど
簡単なのでは?

また、よけいなこと言ってくれる御人が居るもんだよね、やってくれるの?

266 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 23:41:30 ID:B9vjdvEz0
「青い猫」さんがやった仮説の立証って、まさか庚申塔の事?

267 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 23:48:36 ID:rjXYOXs70
ばか、青猫に前の話し出しても知らん顔だぞ

268 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 23:49:58 ID:R4Tleat80
>>265さん
無理無理。私にはできません。
私的にはDNAからの「絶滅種の再現」の方がまだよっぽど現実的だし、楽しみな話題です。
幽霊再現よりもよっぽど早く実現するんでなかろうか?と思っていますが。

269 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 23:52:53 ID:eulzKoQO0
>>268
そうですよね、よけいたこといって失霊しますた。

270 :本当にあった怖い名無し:2007/10/03(水) 23:57:47 ID:qb3vMGKq0
視覚的に見える幽霊=幻覚じゃないの?
ただの幻聴じゃないの?
っていうまず1レス目にでてくるような質問にはなんて答えてるんだ?

271 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:02:12 ID:eulzKoQO0
>>270
幻覚って何だろうね。

272 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:05:43 ID:uLSC0aja0
誰か幻覚って言う仮説について御教鞭してくれる先生は居ないのかね。

273 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:07:53 ID:aCbFgq+80
>>271
外界からの入力がない感覚を体験してしまう症状(Wikipediaより)なんだそうだ
意味が分からない・・・つまり何も無いのに何かが見えてしまう聞こえてしまうと考えたら良いのか・・・
これでおk?

274 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:09:48 ID:aCbFgq+80
あ、すまん
幻覚も心霊現象の一部だと解釈する人もいるらしい
何もかもぶっ飛んだ

275 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:10:49 ID:uLSC0aja0
>>273
>外界からの入力がない

これを、どーやって証明するの?

276 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:13:21 ID:uLSC0aja0
無理だよね。

277 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:13:39 ID:qGt4JWC10
>>274
え?それ、どういう事?
幽霊に「幻覚を見せられている」って事?

278 :青い猫:2007/10/04(木) 00:15:42 ID:IOcKM1vZ0
>>270
幽霊が視覚や聴覚における幻覚という主張は十分にあり得ると思います。
しかし、幻覚とするならば、それを限定的に適用する必要があります。
心霊現象と覚しきことを何もかも幻覚として片付けることは、
「心霊現象」を「幻覚」に置き換えたに過ぎません。これでは名称を改めただけです。
幻覚と位置づけるならば、事象ごとに検討する必要があります。
また、ひとにより、頻繁に心霊現象を経験するような場合、
それを「幻覚」と片付けるには無理があるでしょう。
つまり、幻覚が生じるときと生じないときの差を説明しなければならない。
否定派を名乗るひとが殊に「認識」や「記憶」について主張する場合、
正常と異常の区別をつけていない場合が多く見受けられます。
これではただ曖昧に主張しているだけになります。

279 :205:2007/10/04(木) 00:19:43 ID:GjxJfsN00
ちょっと出かけて帰って来たからID変わってますが205です。
流れは殆ど読んでませんが
>青い猫氏
>>>205の主張はあまりにも主観的に過ぎます。
>自分の都合に幽霊があわせてくれるという前提なのでしょうか?
肯定否定議論スレとしては面白い答えですね。まさにこの前提こそが
自称「幽霊見ちゃった人」を作りあげてるような気がします。
見ちゃった人は悪い事言わないから一度カウンセラーに相談するべき。
霊感0の親友は死の数ヶ月前から沢山の幽霊見たり心霊現象に悩まされていました。
自殺の原因は重度の鬱と幻覚症状とそれに起因する強迫観念でしたから。

280 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:22:01 ID:aCbFgq+80
>>278
いや、頻繁だからこそ幻覚なんじゃないのですか?
たとえば薬物の利用による幻覚は結構短い期間に何度もっていうのをテレビで
または精神的に病んでる人も短い間に見るよね
他には重度の疲労によるものとかもそうです
疲労はなかなか落ちません
つまり頻繁に幻覚は見ます
全てテレビ(医療系)による情報です実際には幻覚は経験しておりません
つまり頻繁に見るからこそ幻覚であり、長期間に一度とかの場合のほうがなんというか

281 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:28:18 ID:B1vEG00t0
>>275さん
外界からの入力が在ったのか無かったのかは、当人すら意識していない瞬間の積み重ね
であり、検証が非常に難しい問題だからこそ「心霊現象の一部」という表現がなされる
のではないでしょうか?

282 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:33:27 ID:uLSC0aja0
>>205
> 肯定派の方、自称霊能力のある人、いるなら出てこないのは何故ですか。
科学的に説明する事が、現時点では不可能だから。

>>279
>仮定や仮説を、限定的に言うの止めようよ。>>281

>>281
なるほど、納得

283 :青い猫:2007/10/04(木) 00:33:44 ID:IOcKM1vZ0
>>280
ごもっともであると思います。かく言う私が偏頭痛の前兆である閃輝暗点という
視覚における幻覚を経験します。この症状は自らの意思とは無関係に、
また視覚でありながら眼球を介さずに見ているのです。その証拠に、目を閉じても見えます。
しかし、それがどうして幻覚であると実感できるのと言えば、
もちろん医師の診断を受けたからでもありますが、
幻覚による感じ方が眼球を介した場合と比べて明らかに異質だからです。
似たような感覚として、睡眠時における夢を挙げたいと思います。
適切な表現ではないかもしれませんが、クオリアの違いかもしれません。


284 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:35:13 ID:uLSC0aja0
>>280
失礼
> 自殺の原因は重度の鬱と幻覚症状とそれに起因する強迫観念でしたから。

仮定や仮説を、限定的に言うの止めようよ。

285 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:37:50 ID:uLSC0aja0
>>279
またまちがえちゃった
> 自殺の原因は重度の鬱と幻覚症状とそれに起因する強迫観念でしたから。

仮定や仮説を、限定的に言うの止めようよ。

286 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:42:22 ID:B1vEG00t0
>>278青い猫さん
なかなかよい傾向ですね。
以前のスレで「まだ幻覚=幽霊と言ってるのですか?」発言からしたら、かなりの進歩&自論説明の向上が伺えます。
「幻覚と位置づけるならば、事象ごとに検討する必要」←同意です。
「正常と異常の区別をつけていない」この表現はいまいちよくわかりませんが。
何を「異常」としているのか?



287 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:43:57 ID:b+G6xdUOO
どうでもいいから寝ろばか

288 :205:2007/10/04(木) 00:47:12 ID:GjxJfsN00
>>282
>> 肯定派の方、自称霊能力のある人、いるなら出てこないのは何故ですか。
>科学的に説明する事が、現時点では不可能だから。
あ、これは肯定派や自称霊能者に対する皮肉みたいなものなので、
証明してくれって言ってる訳ではありませんので、あしからず。
>>284
>> 自殺の原因は重度の鬱と幻覚症状とそれに起因する強迫観念でしたから。
>仮定や仮説を、限定的に言うの止めようよ。
確かにこれは言うなれば死人に口無し、状況判断による推測に過ぎませんね。
その状況なんですが、一応補足しておきます。親友は薬を飲んで落ち着いてる時に幽霊を見た事はないそうです。
薬を飲んでいないで、鬱の発作?等が起こる時に限って、幽霊のような者達が現れて「死ね」「何でまだ生きてるの?」
等と言われていたそうです。ノートに走り書きされた遺書には私宛に「今までありがとう」と言った事の他に
「あいつらに殺されるぐらいなら自分で」といった事が書かれていた事からそう判断しました。

289 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:54:24 ID:qGt4JWC10
>>288
>薬を飲んで落ち着いてる時に幽霊を見た事はないそうです。
例えば本当に幽霊が見える人も、薬を飲んだら見えなくなるんだろうか?

290 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 00:57:51 ID:SfxN+Xxr0
痴呆症の人が亡くなったら幽霊も痴呆症?
意識不明の後に亡くなったら幽霊も意識不明?

291 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 01:02:04 ID:B1vEG00t0
>>279さん
故人を推理するような事は・・・無関係な他人である私にはできませんから、なんとも
言えないです。ただただ、ご友人の御冥福をお祈りするのみです。

>>283青い猫さん
片頭痛時の閃輝暗点は、膨張した血管が視神経やそれ以降の求心神経に接触するからです。
物理的信号の結果論ですから「睡眠時における夢」と同列化するのは早計ではないですか?


292 :205:2007/10/04(木) 01:05:21 ID:GjxJfsN00
>>289
>例えば本当に幽霊が見える人も、薬を飲んだら見えなくなるんだろうか?
それは「幽霊が本当に存在する」のか、「幽霊は全て精神的なものによる幻覚」なのかという
前提によって変わってくるのではないでしょうか。
私が「見える」人にカウンセラーを勧めるような書き方をしたのは、前述の状況から
親友は鬱の発作時のみ幽霊が見える=鬱とか精神的なものによる幻覚だった、と判断し
「見える」人の中には、気づかないだけで、精神的に病んで幻覚を見てる人もいるのでは?
と思ったからです。薬、と一言で言ってもどの症状かによって何を服用するかも様々ですから
一概には言えませんし。

293 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 01:16:40 ID:B1vEG00t0
>>289さん
「薬を飲んでものまなくても」「みえる」というのが真の幽霊・・・。多分。いるとするならば。
一緒にしてはダメと思います。

>>290さん
私もそこらへんが、知りたいです。
裸で死んだら裸の幽霊?
先天的盲目の人は、どうやって見た事も無い自分をイメージして幽霊化するの?



294 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 01:24:11 ID:qGt4JWC10
>>292>>293
いや、薬で見えなくなるなら、脳のどの部分で見てるのか判るかなぁ、と。
そんな人体実験はできませんけどね。


295 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 04:16:32 ID:ci2T/iHR0
以前、幽霊が映ってる動画を見ました。『飛び降り自殺した人が、死んだ
ことを理解出来ずに幽霊になっても飛び降り自殺するという』解説があり
ました。凄く鮮明に映ってました。。。つ〜か、どう見ても実際に生きて
る人が飛び降り自殺してる瞬間の映像だろ。。。ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ

296 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 04:39:48 ID:ZB3wCRTN0
γ(ガンマ)波 |30ヘルツ以上|怒りや興奮
β(ベータ)波 |14〜30ヘルツ|日常の活動、緊張
α(アルファ)波|8〜14ヘルツ |リラックス、集中
θ(シータ)波 |4〜8ヘルツ  |瞑想、浅い眠り
δ(デルタ)波 |0.5〜4ヘルツ |深い睡眠、無意識
?        |?       |あの世、量子的な場

今頃、あなたは夢の中。。向こうでの記憶を持ち帰れたあなたはらっきーです。。

297 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 04:45:18 ID:mYlSET8k0
「量子な場」=物理法則が成立する全領域、つまり我々の宇宙
だが?

一体何が言いたいんだか

298 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 04:58:52 ID:ZB3wCRTN0
その通りです。あの世とは断絶された別世界ではありません。。

299 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2007/10/04(木) 05:31:57 ID:4VbPF5V/0
「幽霊は本当にいるのか?」という問いに答えるには。
肯定派が証拠を出すか、
全ての肯定者の、肯定している理由を否定する理屈を提示しなければならない。

一つでも幽霊が存在する証拠を提示されれば、否定派は信じるしか無いのだが、
否定派が完全に幽霊の存在を否定することなど、どこまで行っても出来ないのだ。

緑のたぬき、いや青い猫が散々うだうだと駄々を捏ねていた様だが、
以上の理由でどうあれこうあれ証明責任は言い出しっぺにある。

300 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 05:40:13 ID:mYlSET8k0
>>298
違う。断絶されているどころか、あの世=量子的な場 とするなら
「あの世」とは「この世」そのものだ

301 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 05:59:18 ID:uLSC0aja0
>>300
ぼくが重なり合っていると聞いたのと符合するなぁ。


とにかく鬱病でお亡くなりになった方と青猫は幻覚だか幽霊だかがみえる(た)わけだ。
薬を飲むと幻覚?(幽霊?)見えなく成るのは知ってる。
でも幻覚=仮説なら幽霊(外的なもの)を見てた確率は高い。
まず幻覚という仮説もなんとかしてもらわないと。

302 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 06:22:59 ID:uLSC0aja0
なぜ薬を飲むと、見える機能が働かなく成るのかは、見える機関部の機能は解ってるわけだ。ウィ〜
だから薬を飲んで見えなくする事は出来る、でも薬を飲まない時に見えるのが幻覚(内的なもの)か
幽霊(外的なもの)かは、わがらない。ウィ〜ヒック。



303 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 06:57:51 ID:mYlSET8k0
>>301
> ぼくが重なり合っていると聞いたのと符合するなぁ。
だから、あの世=量子的な場 なら
重なり合っているなどではなく、
あの世はこの物理宇宙そのものだと言ってるんだ

だからあの世の住人がおり、しかもそれが我々の物理宇宙そのものなら
日常的に、いつでも通常の物理的手段で観測できることになる

しかしそんなことは無いから
あの世=量子的な場 なんて嘘っぱちだと言ってるんだよ

304 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 07:28:50 ID:uLSC0aja0
>>303
>だからあの世の住人がおり、しかもそれが我々の物理宇宙そのものなら
>日常的に、いつでも通常の物理的手段で観測できることになる

たまに物理的観測(目で見る、若しくは額の中で)してる人たちが居るじゃん。

しかしそんなことが有るんじゃん、つうことは

>あの世=量子的な場 なんて嘘っぱちだと言ってるんだよ

あの世=量子的な場 なんて有るってこと。?


305 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 07:47:43 ID:mYlSET8k0
>>304
> たまに物理的観測(目で見る、若しくは額の中で)してる人たちが居るじゃん。
「日常的に、いつでも」と書いただろう
都合の良い部分だけを読まないように

306 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 07:53:19 ID:uLSC0aja0
>>305
だから皆無じゃ無くてたまに(何割か)居るんでしょ。
じゃあすごい割合で「あの世」が在るんだ。

307 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 07:56:32 ID:mYlSET8k0
>>306
お前の脳内では「日常的に、いつでも」=「たまに」なのか?

308 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 07:57:21 ID:uLSC0aja0
>>305
そうですか、そうだったんですか。ありりとう御座居ました。

309 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 08:00:28 ID:uLSC0aja0
これからさきは、水掛け論だから…失礼します。

310 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 09:14:20 ID:t3eGQi8A0
不思議な体験を幽霊って言うこれまた不思議な存在を仮定して説明するより
内的要因のような起こりうるもので説明したほうが合理的じゃないかね?
つまり幽霊って存在を仮定する必要性はないんじゃない?いて欲しい人は別として   

311 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 09:31:07 ID:uLSC0aja0
>>310
スレ違いだね
>つまり幽霊って存在を仮定する必要性はないんじゃない?

スレタイ→「幽霊は本当にいるのか24(いないのか)」



312 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 09:54:18 ID:t3eGQi8A0
1:不思議な体験の原因の説明として幽霊を仮定する 
2:幽霊が存在するかどうかを考える必要がある
3:幽霊が存在する根拠は不思議な体験である
4:不思議な体験の原因はなにかを考える必要がある
1に戻る
ぐるぐる回ーる

強引かな?でも内的要因で説明すれば一発じゃね?
幽霊がいるって根拠が不思議な体験なんだからスレチじゃねえだろ         

313 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 09:56:52 ID:ZB3wCRTN0
>>303
重なり合ってはいても量子の世界は時空がたたみ込まれていて日常の世界とは違うし観測も困難なのです。

314 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:03:16 ID:uLSC0aja0
>>312
冗談じゃ無く、医大の脳科か精神科の教授先生にでも聞いて来てまず、レポートよろしく。

315 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:07:55 ID:mYlSET8k0
>>313
> 重なり合ってはいても量子の世界は時空がたたみ込まれていて日常の世界とは違うし観測も困難なのです。
重なり合ってなどいないと言っているだろう
日本語が読めないのか?

ちなみに、物理学で言う量子の世界はいつでもどこでも観測できるからな
ただ、運動量と位置が同時に決定できないので観測結果が
統計的にランダムになるというだけの話

それとお前の言う「量子の世界」は同じものなのか?
それからまず答えてくれ

316 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:14:37 ID:uLSC0aja0
>>313
だから未だ未確認て事だよね、この世界自体がなんら否定も肯定も出来ないって事。

>>315
今では宇宙は、観測出来ないダークマター(暗黒物質)が無ければ存在し得ないといわれてるとか。

317 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:14:56 ID:t3eGQi8A0
>>314
君以外の人の意見が聞きたかった残念だよ

318 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:17:28 ID:uLSC0aja0
>>317
皆に聞いたら。

319 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:18:45 ID:mYlSET8k0
>>316
> 今では宇宙は、観測出来ないダークマター(暗黒物質)が無ければ存在し得ないといわれてるとか。
それと「量子の世界」と何の関係があるんだ?
さらに、ダークマターと幽霊に何の関係があるんだ?


320 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:20:54 ID:uLSC0aja0
>>319
現実的な観測についての話じゃない?出来るのか否か。

321 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:22:56 ID:VPAh6G5FO
最近40代のオッサンがこのスレに寄生してるせいで議論が進まないな
おじさーんまともな議論できないなら仕事でも探しに行ったら?

322 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:26:45 ID:uLSC0aja0
>>321
負け惜しみにしか聞こえないけど、どお。

323 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:28:28 ID:mYlSET8k0
>>320
まったくわからん

天文学的観測方法で観測不可能なダークマターと
観測自体は卓上レベルでいつでも可能(光の格子縞干渉、光電効果等)な
量子効果の間に一体何の関係があるんだ?


324 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:30:23 ID:VPAh6G5FO
>>322
君がまともな議論をしたのを見たことがないんだけど、どお。

325 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:31:14 ID:uLSC0aja0
>>323
宇宙は観測出来ないもので、塗れてるってことじゃない。

326 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:33:03 ID:mYlSET8k0
>>325
だから、それが量子効果と何の関係があるんだ?

327 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:35:51 ID:uLSC0aja0
>>324
知らないだけでしょ、時には議論の中身よりもその時々の結果も重要だよね。

>>326
しらねここ幽霊スレだから。

328 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:36:18 ID:t3eGQi8A0
>>326
まともに付き合ってやる必要ないって。どうせ逃げるだけだし
     

329 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:37:57 ID:kLBGk6IAO
40代沸いてる?

330 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:38:08 ID:mYlSET8k0
>>327
> しらねここ幽霊スレだから。
知らないなら聞きかじりの半端な知識で口出すな


331 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:39:30 ID:uLSC0aja0
>>326
何の話か主題を解りやすく説明してくれれば、逃げたりしないよ。

332 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:40:20 ID:VPAh6G5FO
>>327
>しらねここ幽霊スレだから。
これが君の言うまとな議論ですか。そうですか

333 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:40:41 ID:uLSC0aja0
>>330
あんたも知らないんでしょ。

334 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:44:01 ID:uLSC0aja0
>>330

>>304について説明してくれてもいいんじゃない

335 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:44:40 ID:mYlSET8k0
>>333
お前よりは知っているよ

前のスレで、リサ・ランドール博士のM理論に関する原論文を読んで
要約してみたこともあるしな

336 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:47:21 ID:VPAh6G5FO
おっさんうぜえええwwwwwwwwww

337 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:47:35 ID:kLBGk6IAO
uLSC0aja0 コレが40代かな?

338 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:50:03 ID:mYlSET8k0
>>334
>>315>>323で説明しているだろうが

「量子の世界」は い つ で も ど こ で も 観測できるんだよ

「たまに」じゃない
「いつでもどこでも」だ

339 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 10:55:18 ID:uLSC0aja0
>>338
じゃ幽霊が居るかもしれない、あの世=量子的の存在を高い確率で認めるってことでしょ。

340 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 11:02:30 ID:mYlSET8k0
>>339
何度も言わせるな
「量子の世界」=「いつでもどこでも」 ≠ 「たまに」=「あの世」 だ

≠である以上、
「量子の世界」と「あの世」は無関係だ



341 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 11:06:36 ID:uLSC0aja0
>>340

>>303で自分でこんなこと言ってる。
>あの世=量子的な場 なんて嘘っぱちだと言ってるんだよ

342 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 11:09:05 ID:uLSC0aja0
>>340
>>304

343 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 11:09:44 ID:mYlSET8k0
>>341
「たまに」=「あの世」 ≠ 「量子の世界」=「いつでもどこでも」 なので(>>340)
あの世=量子的な場 なんて(確定的に言うのは)嘘っぱち(>>303)

どこにも矛盾はないが?


344 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 11:13:33 ID:uLSC0aja0
>>343
きゅうに記号を=から≠に換えてるけど≠って何?

345 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 11:14:31 ID:kLBGk6IAO
>>339
何言ってんのかな。
万物は量子的存在だろ。


346 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 11:16:10 ID:VPAh6G5FO
>>344
義務教育すら受けてないのか?

347 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 11:18:41 ID:kLBGk6IAO
>>346
タダ単に頭と性格が悪いだけだと思う。

348 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 11:18:54 ID:mYlSET8k0
>>342
>>344
お前は>>304
> 【たまに】物理的観測(目で見る、若しくは額の中で)してる人たちが居るじゃん。
と書いているな?
はっきりと「たまに」と書いている

一方、オレは>>315
> ちなみに、物理学で言う量子の世界は【いつでもどこでも】観測できるからな
> ただ、運動量と位置が同時に決定できないので観測結果が
> 統計的にランダムになるというだけの話
>>323
> 観測自体は卓上レベルで【いつでも】可能(光の格子縞干渉、光電効果等)な
> 量子効果
と書いている

お前は「あの世」とやらを【たまに】と書いた
つまり「あの世」=【たまに】だ

オレは「量子の世界」を【いつでもどこでも】と書いた
つまり「量子の世界」=【いつでもどこでも】だ

ところで、
【たまに】≠【いつでもどこでも】(≠は右と左は異なるという意味)だよな
日本語が理解できるならわかるな?

だったら、
「あの世」≠「量子の世界」 となる

それが>>343で書いてる意味だ


349 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 11:24:54 ID:uLSC0aja0
>>346

あの世の存在が可能性があると、貴方が自分で出した結論をはぐらかすからさ。

たまに、は在るってことなのに。

350 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 11:29:33 ID:mYlSET8k0
>>349
志村ID

> あの世の存在が可能性があると、貴方が自分で出した結論
たぶんオレのことだろうな

だったら、100%確実に言ってない
どのレスだ? 番号言ってみ?

しかし、
「たまに在る」と「いつでもどこでも在る」と同義とみなしている時点で
基礎的国語力がないな

351 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 11:30:08 ID:VPAh6G5FO
>>349
安価ミスか?とりあえず義務教育からやり直してからこのスレ来い

352 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 11:36:38 ID:uLSC0aja0
303 名前:本当にあった怖い名無し メェル:sage 投稿日:2007/10/04(木) 06:57:51 ID:mYlSET8k0
>>301
> ぼくが重なり合っていると聞いたのと符合するなぁ。
だから、あの世=量子的な場 なら
重なり合っているなどではなく、
あの世はこの物理宇宙そのものだと言ってるんだ

だからあの世の住人がおり、しかもそれが我々の物理宇宙そのものなら
日常的に、いつでも通常の物理的手段で観測できることになる

しかしそんなことは無いから
あの世=量子的な場 なんて嘘っぱちだと言ってるんだよ

304 名前:本当にあった怖い名無し メェル:sage 投稿日:2007/10/04(木) 07:28:50 ID:uLSC0aja0
>>303
>だからあの世の住人がおり、しかもそれが我々の物理宇宙そのものなら
>日常的に、いつでも通常の物理的手段で観測できることになる

たまに物理的観測(目で見る、若しくは額の中で)してる人たちが居るじゃん。

しかしそんなことが有るんじゃん、つうことは

>あの世=量子的な場 なんて嘘っぱちだと言ってるんだよ

あの世=量子的な場 なんて有るってこと。?

353 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 11:50:39 ID:XFgeJlIq0
ちょっと見ない間にもう350超えかよ
文末に「どお」って書いてるアホが最近わいてる事だけは把握した

354 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 11:57:18 ID:uLSC0aja0
殺虫剤撒かれたゴキブリみたいなやつらが

355 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 12:01:55 ID:mYlSET8k0
>>352
それが?

>>303にはハッキリ【日常的に、いつでも】と書かれてあるにもかかわらず
>>304でお前が【たまに】なんてトンチンカンなことを言いだしているのが
よくわかるレスだが?

356 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 12:02:58 ID:4rROrH3C0
拝啓 40代様
 益々ご隆盛のことと喜び申し上げます。
さて、お前せめて日本語使えや。
あと文脈と文意を読めるよう努力しろよ。
宜しくお願い致します。
                  敬具

357 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 12:29:48 ID:R7AVvOwm0
ユーレイなんかいない!絶対にいないんだ!

でも、洗髪中に目を開けて確認したくなるときって、ねぇか?

358 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 12:30:30 ID:4rROrH3C0
>>355
そんなこと書いたって40代が理解できるわけないだろ?
40代が理解できるような言語を使ってやるべきだ。
それこそが人に対する配慮であり、人々の健全な愛を育むんだ。

〜40代用〜
>>355
そんなこと書いたって、40代が分かるわけないだろ。?
40代が分かるような言葉づかいをしてあげるべき。
それこそが他の人に対するおもんぱかりじゃん。
しかしそんなことが有るんじゃん、つうことは
ふくすうの人のすこやかな愛を育てるんだ、どお。

359 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 12:33:02 ID:4rROrH3C0
>>357
あるあるwwwwww

〜40代用〜
>>357
あるある。wwwwww

360 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 14:29:59 ID:tVSaQ0d3O
不毛な議論というのを久しぶりに見た

361 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 14:32:32 ID:qGt4JWC10
>>299の乱泥くん
「幽霊が存在する証拠」とは、例えばどういう物ですか?
写真や動画は証拠になりえない、目の前に幽霊が現れたとしても
幻覚だの集団催眠だの言われると思うのですが。

つまり「幽霊が存在する証拠」があげられない=存在しない
という考えでしょうか?


362 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 14:35:56 ID:XFgeJlIq0
>>358
40代じゃねーが、一言言いたい
お前様は日本語に不自由なのか?w

363 :停止しました。。。:2007/10/04(木) 15:25:25 ID:U+jN9pO+0
真・スレッドストッパー。。。( ̄ー ̄)ニヤリッ

364 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 15:31:36 ID:kLBGk6IAO
40代の呪いか?

365 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 15:44:04 ID:6XEEGWVb0
>>352
> あの世はこの物理宇宙そのものだと言ってるんだ

366 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 15:55:26 ID:4rROrH3C0
>>360
幽霊の存在を語ること自体が不毛であることを理解してくれよ

>>362
俺は文才もなければ読解能力も低いですね。
では358みたいなことを言うな。と、言われるかもしれません。
それは確かにその通りかと思います。
ですが、当初から40代様の日本語の使い方や、文意の捉え方などが
あまりにも自分本位でして、そこを指摘しても理解してくださらないものですから、
数日間様子見をさせて頂きました。

それにより、俺だけでなく乱泥様や、
他名無し様多数の方が40代様を疎ましく思われていたようですし、
ちょうど叩かれていたようですから便乗して>>356を書き込みました。

しかしその時、俺は悟りました。
他人を変えようとするから無理が出るのではないかと、
俺自身が合わせることによって、彼も振り向いてくれるのではないのかと。
それこそが無償の心であり、愛ではないのかと。
俺は40代を鏡として自分を映し、それを悟ったのです。

そして>>358でそれ実行しました。
しかし、またとして俺は悟ったのです。
「あんなことを書いたとしても、40代様には皮肉にしか見えないのでは?」
「そもそも、文意を読めない40代様に対して平仮名使ったくらいで理解できるはずがない。」
「だったら何を書いてもいいんじゃなかろうか?」
「俺が行動したことに対して他人が感じることは十人十色…」
「そうか、俺が何をしようと意味がないのかもしれない…しかしその逆もまた然り」
「なるほど、だからこそ俺は自由なんじゃないのか?」
「だったら俺は意味のない長文を書く」←いまここ

367 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 16:36:49 ID:B3DsMuf/0
なんかグダグダだね
もう「いない」が結論でいいよ
なんつーかネタ切れじゃね?

368 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 16:53:30 ID:qGt4JWC10
今の科学では、いる事もいない事も証明できない
が結論じゃないの?

369 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 17:13:44 ID:kLBGk6IAO
>>368
幽霊の定義がないから科学がどんなに進歩しても証明出来ない罠。

370 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 17:16:41 ID:B3DsMuf/0
>>368
不在証明ができないものってどんなに荒唐無稽でも存在する可能性は否定できないじゃん
だから認識として「いない」って結論ぐらいしか出せないと思って
でも可能性はありますよーってことで許してくださいよ     

371 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 17:44:38 ID:qGt4JWC10
>>369
このスレでの幽霊の定義は「死者の魂」だよ。

372 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 17:58:28 ID:kLBGk6IAO
>>371
嘘つきは泥棒の

373 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 18:01:50 ID:Yfmc/xdM0
幽霊居たらこまる人の理屈が霊能者が詐欺師て、証明出来もしないで。

374 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 18:16:39 ID:kLBGk6IAO
>>373
幽霊いたら、何が困るんだろ〜?

375 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 18:24:01 ID:Yfmc/xdM0
不在証明ができないものを否定し疑い続けるってのは有る意味、狂ってるよね。

376 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 18:25:11 ID:kLBGk6IAO
>>375
じゃ存在証明したらいいのに

377 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 18:30:06 ID:qGt4JWC10
>>372
前スレ読んでこい

378 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/04(木) 18:30:13 ID:w60UxVAjO
>>375
ある意味とはどういう意味で狂ってるんですか?

379 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 18:31:12 ID:4rROrH3C0
>>375
のりこって誰ですか?
逃げられたんですか?

380 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 18:32:52 ID:kLBGk6IAO
>>377
落ちたスレなんかよんでられっか

381 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 18:37:06 ID:f1QyZQXi0
>>378
いないものに噛み付きつづけてるんだよ。

382 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 18:43:45 ID:Qi4o3p5QO
ガォー

383 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 18:44:27 ID:VBkaTRiJO
幽霊が死者の魂って定義自体、否定派しか言ってないよな

これを少し考えると、
オカルト的に考えれば、誰にでも魂があり、また、なくてはいけない
解釈としては、車のキーになるんだろうか
肉体を動かす切っ掛け、意識や精神と拡大解釈も出来る
だけど、幽霊を死者の魂と定義すると、今度は数の問題になる
例え、幽霊になるのが人間だけだとしても、その数は膨大
誰かが言ってた、0.1%とか根拠のない数字で考えても変だ
他にも、幽霊が死者の魂だとするなら、人が死んだ瞬間、幽霊を見れる事になる
幽霊がいると仮定するなら、それは、人が認識可能という事になるからな
だけど、そんなんで見れたら、幽霊が常識になる

となると、答えは二つ、幽霊がいないか、定義が違うか

384 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/04(木) 18:49:25 ID:w60UxVAjO
>>381
だれが?
肯定派、否定派、懐疑派。
あるいは全員…??

肯定否定懐疑とわず幽霊問題そのものを思考することが
狂ってるということなのか。
存在証明できないことをいつまでも考えつづけることが
狂っていると。

385 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 18:53:53 ID:64+CrSKE0
>>383
>幽霊がいると仮定するなら、それは、人が認識可能という事になるからな
> だけど、そんなんで見れたら、幽霊が常識になる

何割かの人たちには、常識になってるかもしれない

> だけど、幽霊を死者の魂と定義すると、今度は数の問題になる
> 例え、幽霊になるのが人間だけだとしても、その数は膨大

見えない緩衝しない人たちが増えて何が困るの?

386 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 19:02:10 ID:qGt4JWC10
>>383
生きてる人の魂だって見えないのに、「人が死んだ瞬間、幽霊を見れる事になる」
とは言えない。

387 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 19:03:58 ID:ddLLxQLf0
>>384
完全否定、完全肯定のひとたち、イカレテルとはいわない、善くも悪くも常識から外れてる。

>肯定否定懐疑とわず幽霊問題そのものを思考することが
> 狂ってるということなのか。
> 存在証明できないことをいつまでも考えつづけることが
> 狂っていると。

それは思っていませんが。

388 :考え中:2007/10/04(木) 19:05:02 ID:vVk/mjKM0
0円生活とUFOをテレビ二台で見る俺

389 :369:2007/10/04(木) 19:06:19 ID:VPAh6G5FO
ようやく本来の流れに戻ったな

390 :考え中:2007/10/04(木) 19:06:23 ID:vVk/mjKM0
更にオンラインゲームもやってみたり…

391 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 19:07:01 ID:VBkaTRiJO
>>385
お前は困らないだろ?
俺も困らない

>>386
人間の身体が透明なら見えるんじゃね
「ある特定の状況だけだとしても、観測出来る」が幽霊の最低条件だと思うが

392 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/04(木) 19:10:23 ID:w60UxVAjO
>>387
では否定も肯定もせず、
「いたらいいな〜」とか「どうなんだろうね」とか
いうのがいわゆる常識的というやつなわけですね。

393 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 19:12:36 ID:qGt4JWC10
>>391
諸星大二郎の「会社の幽霊」って作品のセリフ
「幽霊とは、本来 人の目にみえない物がみえることよ。
たとえ 存在しても 目にみえなければ 幽霊とは呼ばれないわ」
を思い出したよ。

394 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 19:16:29 ID:RAzRqHtc0
>>392
懐疑派、希望派は健全な人に思えます。

> では否定も肯定もせず、
> 「いたらいいな〜」とか「どうなんだろうね」とか
> いうのがいわゆる常識的というやつなわけですね。

のような人たちも。

395 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/04(木) 19:22:00 ID:w60UxVAjO
>>394
そうすか。レストン。
幽霊ってなんだろうな。

396 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 19:25:18 ID:VPAh6G5FO
YOU礼しちゃいなYOが言葉の起源

397 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 19:30:04 ID:o9K6X9+gO
懐疑派とか希望派って何だよw
俺は否定派だけど「いたらいいな〜」とは思うぞ。
希望してるって事は否定してるんだろう?
つまり希望派じゃなくて否定派だ。

それと「いるかも知れない」とか言ってる奴は肯定してるんだろう?
懐疑派じゃなくて肯定派だなw

398 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/04(木) 19:35:13 ID:w60UxVAjO
学問の場じゃないんだから言葉の定義なんて人それぞれである。
こういうときは言葉の向こうにある心を斟酌しなければならない。

399 :考え中:2007/10/04(木) 19:39:31 ID:vVk/mjKM0
なんだこりゃ。本気でレスしていいんか?

400 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 19:41:52 ID:dganOgOc0
幽霊はいんないよ。大きすぎて

401 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/04(木) 19:44:18 ID:w60UxVAjO
だいたい幽霊の定義すら人それぞれなのだ。

402 :考え中:2007/10/04(木) 19:47:49 ID:vVk/mjKM0
懐疑的な立場を否定して論理を展開できるとは到底思えん。
完全否定のほうがよっぽど非論理的だからな。完全否定の
根拠を当然聞くよ。

403 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 19:51:37 ID:o9K6X9+gO
>>402
じゃあお前は野生のガチャピンも完全否定しないのだな?


バカかお前は

404 :考え中:2007/10/04(木) 19:52:35 ID:vVk/mjKM0
>>403
ガチャピンが君の論理性の切り札か?
ばーか。

405 :考え中:2007/10/04(木) 19:53:17 ID:vVk/mjKM0
では聞こう。野生のガチャピンの目撃例を。

406 :考え中:2007/10/04(木) 19:54:02 ID:vVk/mjKM0
当然あるんだよね。等価値の事象として
話をだしたのだから。聞かせてもらおう。

407 :考え中:2007/10/04(木) 19:55:21 ID:vVk/mjKM0
屁理屈を認めて消えろ、馬鹿め。

408 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:00:04 ID:o9K6X9+gO
>>407
能書きはいいから答えろ!
野生のガチャピンを完全否定するのかしないのか?
ん?

409 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/04(木) 20:00:33 ID:w60UxVAjO
ふー。
http://p.pita.st/?zzaotdeo

410 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:02:26 ID:Vjc1w9iZ0
ID:mYlSET8k0 は知識はあっても論理崩壊してますね。

411 :考え中:2007/10/04(木) 20:02:28 ID:vVk/mjKM0
目撃例を述べよ。
あるのかないのかはっきりしろ。

412 :考え中:2007/10/04(木) 20:03:35 ID:vVk/mjKM0
ボケが、そのスタンスじゃサンドバック確定だ。

413 :考え中:2007/10/04(木) 20:04:19 ID:vVk/mjKM0
>>408
考察に値する事例があるのか聞いているのだが?
あるのかないのか?どうなんだ。

414 :考え中:2007/10/04(木) 20:05:11 ID:vVk/mjKM0
まだか?目撃例のURLでもいいぞ。
考察に値する事例があるのか?
答えはまだか?

415 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:05:33 ID:VPAh6G5FO
荒唐無稽な存在の可能性をいちいち考えてたら疲れるじゃーん
おいらにとっては幽霊って割と、つか結構荒唐無稽
幽霊なんていなーい はず

416 :考え中:2007/10/04(木) 20:05:47 ID:vVk/mjKM0
おい、低脳。まだ答えられないのか?

417 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:06:27 ID:kLBGk6IAO
>>416
今日は随分と荒れてるな。どしたい?

418 :考え中:2007/10/04(木) 20:06:48 ID:vVk/mjKM0
>>408
お前のことだ。お前を低脳と呼んでいるんだ。
低脳、まだか?

419 :考え中:2007/10/04(木) 20:11:08 ID:vVk/mjKM0
>>417
いや、すまん。なんでもない…。

420 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:11:13 ID:VPAh6G5FO
俺近くの公園で見たよ野生のガチャピン

って言ってもみんな嘘だとか、見間違い、幻覚、基地外って思うでしょ?

421 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:16:52 ID:o9K6X9+gO
>>418
先に質問してるのは俺の方なんだが?
何ビビッてんの?
そんなに恐がらなくても大丈夫だから。
ほら、どうなんだ?
ん?

「する」か「しない」かだけでいいから。
ほれ、
ほれほれ?

422 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:19:48 ID:VPAh6G5FO
つか宇宙探せばガチャピンぽっいのいるかもめ
むしろ幽霊より可能性高そう

423 :考え中:2007/10/04(木) 20:19:57 ID:vVk/mjKM0
>>421
考察に値する事例を提出せよ。

424 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/04(木) 20:21:13 ID:w60UxVAjO
>>421
エロ親父のセックスじみた口調で話すなよ気になってしかたがない。

425 :考え中:2007/10/04(木) 20:21:24 ID:vVk/mjKM0
>>421
君が低脳である事例は、まさに今君が表している。

426 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:23:27 ID:uLSC0aja0
ID:mYlSET8k0 は詭弁が秀でたペテン師。

427 :考え中:2007/10/04(木) 20:23:38 ID:vVk/mjKM0
>>421
野生のガチャピンの存在を本気で議論したいんだろ?
事例を提出してくれないと話にならんな。

428 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:26:00 ID:VBkaTRiJO
>>421
否定するよ

429 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/04(木) 20:26:59 ID:w60UxVAjO
>>426
それ褒め言葉じゃないか。

430 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:27:49 ID:qGt4JWC10
野生のガチャピンも野生のポン・デ・ライオンでもいいけど
よそでやってくれ

431 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:29:15 ID:VPAh6G5FO
うわー40代またきちゃったよ
せっかくまともな流れに戻ったと思ったのに

432 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/04(木) 20:29:38 ID:w60UxVAjO
似たようなの以前にもあったな。野生のコンドルとかいう話題を思い出した。

433 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:34:19 ID:qGt4JWC10
UFOのTV見てたんだけど、実在のティム・レイさんとブライトさんは居るようだ。

434 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:34:20 ID:VBkaTRiJO
結局、幽霊って不確定なモノをなんで信じるのか、
と言いたいんだろうが、浅はかな質問だな

435 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:34:34 ID:o9K6X9+gO
>>427
ウヒャヒャヒャ!!
ビビッて答えられねーんでやんのw

だったら俺が先に答えてやるよ!チキン君w
ガチャピンの目撃例なんて無いねw
ガハハハハハ!これでいいかい?チキン君

436 :考え中:2007/10/04(木) 20:36:17 ID:vVk/mjKM0
目撃例もないものを考察する意味なし。
以上。

437 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:41:52 ID:o9K6X9+gO
>>436
敗者は尻尾を巻いて逃げて行った。

とんだチキンヤローだぜ!

あー「幽霊」の目撃例なんてのも無いからヤツはもう戻って来ることはないだろうw

438 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:43:35 ID:VPAh6G5FO
>>435
例え目撃例がなくとも可能性はある
だから俺は信じる
でもみなさんの「いない」って認識をお持ちでは?
幽霊の存在が同等に荒唐無稽だって考えれば結論出せないかなあ?

439 :考え中:2007/10/04(木) 20:44:23 ID:vVk/mjKM0
もう、お前の低脳は証明された。何言っても回復しないよ。

440 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:50:32 ID:qGt4JWC10
出た!パーシンガー博士

441 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:51:28 ID:dwZaJ/ZOO
今UFO番組で良い言葉出て来た。
こりゃ同時複数目撃談を集団催眠とか、集団ヒステリーとか言うより使えそうだ。

それはっ!同調性バイアスだっ!

442 :考え中:2007/10/04(木) 20:52:30 ID:vVk/mjKM0
>>440
なんか最後の締めは、このスレの参加者が製作したかのような
締め方でしたね。

443 :考え中:2007/10/04(木) 20:53:18 ID:vVk/mjKM0
>>441
意味を理解せずに使っても墓穴掘るだけだと思うが

444 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/04(木) 20:54:57 ID:w60UxVAjO
くそこの低能どもが楽しそうに!!!

445 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:55:03 ID:qGt4JWC10
うん。とても興味深い番組でしたな。
でも、パーシンガー博士の実験って、このスレでは
イマイチ信憑性がないって話じゃなかったっけ?

446 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:56:46 ID:+EU3EoLU0
>>438
沢山の人が見てる幽霊を、証拠が無いとしても荒唐無稽とは言えない。
>>441
TVに出る学者はイカサマが多い。


447 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 20:58:30 ID:o9K6X9+gO
>>439
敗者は敗者らしくおとなしくしといたらどうなんだ?
負け犬の遠吠えはみっともないぞ。
お前が俺に論破されたのはこれで二度目だな。
そう言えば前もビビッて逃げ回ってたなw
まあ今回も相手が悪かったと諦めなさい。
じゃあな。


448 :考え中:2007/10/04(木) 20:59:55 ID:vVk/mjKM0
低脳乙

449 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 21:00:06 ID:dwZaJ/ZOO
なんか考え中って出て来た時からアホ発言しかしねーな、つまんね。
考え中なら答えが出るまで無理して書き込まなくてもいいよ。
死ぬまでその足りない頭で考え中でいれば良いんじゃない?


450 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 21:00:29 ID:sBNHHNAW0
>>445
何か今日のだけ見ると、

博士「何か見えました?」
女性「近くにいるように感じました」
博士「見えたんですね」
女性「そういえば、見えた気がします。」
博士「やはり見えましたか」

みたいなやりとりに見えてしまったよ。

451 :考え中:2007/10/04(木) 21:03:45 ID:vVk/mjKM0
>>445
今日の番組は、幻覚的なものとビデオに写っているもの
を明確に区別するのを避けて話を〆て
適当なところでバラエティ落ちしちゃいましたね。
いや、バラエティなんだけど、ちょっとどうなんだろうw


452 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 21:03:58 ID:pQ9CuL0u0
>>450
脅迫だ。

453 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 21:04:38 ID:VPAh6G5FO
>>446
不思議な現象の目撃例はたくさんあるけどそれを幽霊という存在とは断定できないでしょ
俺が荒唐無稽って言ってるのは幽霊の存在そのもの

454 :考え中:2007/10/04(木) 21:05:10 ID:vVk/mjKM0
>>449
野生のガチャピンとかか?

455 :求む アセンション指導員:2007/10/04(木) 21:05:19 ID:hqN9ZFfU0
求む アセンション指導員
時給 五百円
面接 明日の午後2時〜
履歴書持参
場所 明治神宮前 神宮入り口
服装 自由
ヒゲ OK
男女不問
年齢不詳



456 :考え中:2007/10/04(木) 21:07:07 ID:vVk/mjKM0
>>444
×年齢不詳
○年齢不問

457 :考え中:2007/10/04(木) 21:07:39 ID:vVk/mjKM0
失礼
>>455


458 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 21:08:32 ID:mYlSET8k0
>>450
TVにパー博士出てたの?

研究費稼ぎかなー
最近学会でも相手にされてないから研究費足らないだろうし

大槻教授と同じだな
超能力だの幽霊だのUFOだのの研究って
否定的研究でも予算付かないんだよなー


459 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 21:09:03 ID:qGt4JWC10
>>451
ちょっとフェニックスで引っ張りすぎて、最後はむりやり〆た感じでしたな。
もっと脳の作用を説明してほしかったが・・・
UFO番組だから無理かw
でも、ちょっと心霊話にも通ずる感じはありましたなぁ。

460 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 21:09:54 ID:u0+Fj2qD0
時給500円は明らかに最低賃金に満たないから違法だぞっと。

461 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/04(木) 21:11:33 ID:w60UxVAjO
幽霊研究にもっと予算まわせばいいのに…。

462 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 21:13:21 ID:/VegCYBA0
>>453
例えば>>5のB-2などは、完全否定ですか。

463 :考え中:2007/10/04(木) 21:13:25 ID:vVk/mjKM0
>>458
商業応用見込めない研究はお寒い限りですね。


464 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 21:18:39 ID:qGt4JWC10
>>461
UFO研究なら、軍事利用できるかも?って予算がでるかも知れないけど、
幽霊は、どうだろう?生者の思惑通りに動いてくれない可能性が高いから、
どっちかってーと超能力の方が有望だろうね。>予算

465 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 21:28:10 ID:VPAh6G5FO
>>462
完全なんて求めらんない
例に挙げられた野生のガチャピンの存在の荒唐無稽さが、幽霊のそれと同等の位置付けとみなしてもいいのでは?と言いたい
そうすれば幽霊はいないというのが一般的な認識となりうるんじゃないだろうか

466 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 21:31:17 ID:mYlSET8k0
>>463
もともとパーシンガーのマッシーンは医学転用と仮想現実に転用するプランがあったみたい
医学方面ではてんかん気質の被験者集めて実験してたし、
照射する磁気パルスのパターンを変えることで被験者が見る幻覚を
ある程度コントロールできると主張してたから、
その頃は興味を示したスポンサーもいたみたいよ

でも、例のネイチャーの反証論文が出てからは…とても残念な感じにw

467 :考え中:2007/10/04(木) 21:33:03 ID:vVk/mjKM0
>>465
具体的な体験事例があるものと、位置づけを同じにする
根拠がないな。その根拠を述べよ。

468 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 21:33:06 ID:90FoMZkH0
>>465
まるで目撃例の無い野生のガチャピンと、わりと目撃例の多い霊と同等ですか。

469 :考え中:2007/10/04(木) 21:39:42 ID:vVk/mjKM0
>>466
 もしかすると甲殻機動隊みたいに
プラグ挿して情報伝達するような事考えている
のかしら。只電気刺激を脳に与えるというのは
かなり粗暴な感じですねえw
 もう少しなんというか生理電気信号と同じような
レベルでデリケートに、脳をだませる様な刺激の
仕方を考えればありえるのかもしれませんね。
 思いっきり人体実験だなw

470 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 21:41:39 ID:VPAh6G5FO
>>453で存在そのものの荒唐無稽さだと言ってるじゃん
なにも不思議な現象を否定してるわけではないんよ

471 :考え中:2007/10/04(木) 21:46:36 ID:vVk/mjKM0
 ある種伝統的な「物語」の話と、現実に体験される
現象とは違うもの。ここをなぜか暗黙に同一視している
のは論理的な態度とは矛盾しますね。スタンスの前提が変。
同一視するには同一視する理由が必要。

472 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/04(木) 21:52:49 ID:w60UxVAjO
アニメやらの幻覚がハッキリと見えたという事例はあるよね。
なんちゃら症候群とかなんとか。

473 :考え中:2007/10/04(木) 21:55:50 ID:vVk/mjKM0
ガンダムとか歩いてるのが見えちゃうんだろうか…
微妙にうらやましいような気もしないでもないなw

474 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 21:57:47 ID:VPAh6G5FO
>>471
物語の方は死者の魂とかで定義される幽霊ってこと?
それで現象の方は人(あるいは動物)の形をした何かが定義の幽霊かな?
違ったら言って

俺が言ってるのは物語の方だと思う
でもこのスレって人の形をした何か が存在するかどうかのスレではないよね?

475 :考え中:2007/10/04(木) 22:04:10 ID:vVk/mjKM0
例えば「幽霊は死んだ人の精神を引き継いだものなのか」
という問いかけならばそうかもしれないが。
只幽霊といわれれば、世間で「幽霊」といわれている現象全般
ととらえるのが素直。よって場合分けを考えるのであり
それぞれの場合について議論されるのである。

最初に話を切り出した人が、自らも暗黙のうちに「死んだ人の
意識が幽霊である」という既成概念に侵されていた否定的立場の
人だったと思われる。

476 :求む アセンション指導員:2007/10/04(木) 22:05:23 ID:hqN9ZFfU0
>>456
スピリチュアルマスターは年齢が特定できない。
自称2万5千才とか。
その位の事を歌って出てくる人を募集中。


477 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:08:40 ID:mYlSET8k0
>>469
いやいや、
パーの実験は磁界をあてるだけなので物理的接触はないし
あてる磁界の強度もMRIの100万分の1程度の極弱なので
磁界による身体的副作用もほとんどないと考えられ、
もしこれで脳とインターフェースとれるんなら
ある意味理想的なイノベーションになるはずだったのよ


彼の実験がインチキでさえなかったら(あ、言っちゃったw

478 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:10:43 ID:kLBGk6IAO
>>477
そうなると首筋にピップエレキバンを貼るとはどうなるのか。

479 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:13:17 ID:KI8iQXcW0
>>475
万象万物の霊が在ると思っている。

480 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:13:53 ID:VPAh6G5FO
>>475
それだと何に対して肯定的なのか懐疑的なのか否定的なのかも場合分けする必要があるね
てっきり辞書にのってるような意味で幽霊という単語を捉らえてました
じゃあ俺のスタンスは死者の魂に否定的

481 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:14:24 ID:mYlSET8k0
>>478
どう見ても疑似科学です
ありがとうございました
ttp://b.hatena.ne.jp/entry/3865128


そもそもエレキバンのような永久磁石は静磁界だしね
パーが使った交流磁界とは別物


482 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:16:31 ID:kLBGk6IAO
>>481
吹いたw

483 :考え中:2007/10/04(木) 22:17:44 ID:vVk/mjKM0
>>477
ほうほう@@
非接触なのか…。

484 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:19:14 ID:qGt4JWC10
「脳の中の幽霊」のラマチャンドラン氏はどうなの?
ちょこっとしか出てこなかったし、パーシンガーと抱き合わせみたいな
扱いだったけど。

485 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/04(木) 22:23:14 ID:w60UxVAjO
パーとラマンが抱き合わせで出たのか…。
見ればよかったなあ…。

486 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:23:43 ID:mYlSET8k0
>>484
ラマチャンドラン、「脳の中の幽霊」でパーをマンセー
       ↓
ネイチャーの論文でパーの実験がフルボッコにされる
       ↓
ラマチャンドラン、続編の「脳の中の幽霊 ふたたび」ではパーを華麗にスルー

487 :考え中:2007/10/04(木) 22:24:30 ID:vVk/mjKM0
>>485
このスレROMしている人にすれば、その部分は
親子丼にイクラ乗せたような奇怪なドンブリでしたよw

488 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/04(木) 22:27:08 ID:w60UxVAjO
>>486
おもしろいw
>>487
おもしろそうw

489 :考え中:2007/10/04(木) 22:33:20 ID:vVk/mjKM0
 ようするに、幻覚の可能性を仄めかした上で
その中に真の現象がある可能性を否定できない
というところを言いたかったんでしょうね。

 幽霊に関して俺の言っていることと変わらないわけだが…。

490 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:40:06 ID:B1vEG00t0
「した」が面白すぎて、こっちに集中できません!!


491 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:42:06 ID:VPAh6G5FO
つか考え中さん
>>475で言ってた世間で「幽霊」といわれる現象全般 を幽霊と捉らえるなら
内的要因によって引き起こされた場合でも幽霊と世間では呼ばれるんだよな?
それだと幽霊は存在するってなるぞ
このスレで存在するかが問われてる幽霊って何をさすんだ?

492 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:44:19 ID:VPAh6G5FO
あ、語弊招きそう

493 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:47:08 ID:Zr1t51S30
だから野生のガチャピンは俺の友達が酒飲んで熱弁してたんだよ。
その後便所で吐きまくってたがな。
四足歩行で肉食らしいぞ。群れで子羊とか狙うらしい。

494 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:53:45 ID:B1vEG00t0
あぁ・・・「細かすぎるモノマネ」終わっちゃった。
ココ、もう一度最初から読むとします。

495 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 22:54:53 ID:VPAh6G5FO
んーと幽霊と呼ばれる現象全般を幽霊って言っちゃったら現象自体は存在するんだから幽霊は存在するってなっちゃうんじゃ
と言う意味合いっす

496 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 23:52:15 ID:pjKAa0sH0
>ちなみに、物理学で言う量子の世界はいつでもどこでも観測できるからな
いやいや、こういうの↓が上手く行っても、まだまだ観測は難しいのです。。
ttp://www.nikkei-bookdirect.com/science/page/magazine/0105/tonomura.html?

497 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 23:55:38 ID:9mSqbmou0
幽霊は確かにいるが既存の科学の範疇ではない。
そのため既存の知識で説明しようとしても不可能だ。
宗教の解釈に基づくしかない

そのため経文を唱えると霊に影響を与えることができるわけだ。まさに精神世界ということだ

498 :本当にあった怖い名無し:2007/10/04(木) 23:58:30 ID:B1vEG00t0
考え中さんが、今夜こんなに荒れてるのはどうしてなんだろ?
なにか嫌な事でもあったのかしら?
もし、そうなら、少しはここで発散出来たのかしら?

ラットはラットの幽霊をみていなさそうな気配。
しかしうごめくラットのケージの中で、夜中、巨大マウスの幽霊をみたと言う学生はちらほら。
基礎系限定です。

499 :青い猫:2007/10/05(金) 00:03:21 ID:yybjkiQX0
>>497
それは矛盾です。既存の知識にとらわれると、それ以上何も考えられなくなります。
分からないことはすべて既存の知識たり得ないからと結論するのは何も考えていない証拠。
既存の知識に宗教が含まれていないとすることにも大きな矛盾があるのです。
精神を孤立させることなかれ。それが可能であれば、それこそ幽霊の正体たり得る。


500 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/05(金) 00:06:57 ID:w60UxVAjO
荒れる気持ちわかるよ…。
わたしもこんな夜中にこんなとこにきて
夜の暗闇になにを求めているのかと思うたび
くそムカついてきてゲシュタルトが崩壊したレスを
書き込みたくなる誘惑にかられるもん。

501 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 00:10:58 ID:p4fR5FEF0
>499
それでは科学の理論で霊を見るなり退散させるなり影響を与えられるか!?

経文はそれができるんだぞ!!!
科学では何もできないからこそ既存の範疇ではないことになる。科学を万能と過信することこそ傲慢そのものだ。

502 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 00:14:54 ID:8V7/mObwO
サルトルで眠れない…

503 :青い猫:2007/10/05(金) 00:16:17 ID:wSDd0D470
心霊現象を精神的要因とする説は理解できないこともないのだが、
それを根本から覆す根拠は、いわゆる錯覚や幻では説明できない物理現象の存在である。
ドアが勝手に開いたとか、椅子が動き出したとか、ものがひとりでに動き出したことを偶然と位置づけるだけでは説明にならない。
これらの存在に合理的説明ができない場合、心霊現象を精神的要因とすることは難しい。
精神的要因のひとつとして、精神疾患を挙げていると受け取れる主張もあるが、
それならば、精神科を置く医療機関では、心霊現象が頻発している可能性があることになろう。
そんな事実は果たしてあるだろうか。

504 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 00:18:31 ID:rrp5+casO
やっぱり精神世界が結末か……
がっかりだな

505 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 00:27:06 ID:HFSR+FCuO
いるか疑うやつは手軽に試す方法あるよ
ひとり隠れんぼ
http://www32.atwiki.jp/kakurenbo/pages/12.html

506 :青い猫:2007/10/05(金) 00:27:42 ID:wSDd0D470
>>501
お気の毒です。スルーしようかと思いましたが、真面目に反論します。

自然科学的な理論で心霊現象を引き起こしているわけではありません。
理論は未解明の現象よりも先にあるのではない。これを押さえてくださいね。
科学では何もできない?からこそ既存の範疇ではない?ことになるとの主張ですが、
自然科学は過去の経験的事実やそれを裏付ける知識の積み重ねです。
いわば判断の結晶とも言えるものです。何をもってして科学を万能と捉えているのか理解できませんが、
科学が万能であるかどうかを「既存の範疇」とやらで捉えられているのでしょうか。
あなたの主張における前提が不明確なので、あなたの言葉を使うことは避けますが、
経文とやらは既存の知識には含まれていないのでしょうか。
さらに、経文とやらで「それ」ができるとする根拠は何ですか?


507 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 00:38:00 ID:nN5pMK+IO
>>501
科学すら解明されてないのに科学の範疇ではない経文はどうやって編み出されたんだ?
>>503
その物理現象自体が錯覚とかの可能性だってあるじゃん
体験に再現性がない以上どちらとも言えないんじゃないか?

508 :青い猫:2007/10/05(金) 00:49:18 ID:wSDd0D470
>>507
物理現象自体が錯覚であるとの主張は理解できないことはありません。
しかし、それを言ってしまうと、錯覚かどうかをどのように判断しますか。

例えば精神疾患を生じ始めた途端、その患者の言葉には信憑性が乏しくなってしまいます。
したがって患者が錯覚しているのか、それとも自覚しているのか判別することが困難になる場合が生じます。
心的要因のように因果律では判断しづらい現象には再現性を持ち出すと判断がつかなくなります。
このような場合は因果律ではなく相関関係を用いるべきではないかと思います。


509 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 01:22:14 ID:sObH2iKg0
今日のTVで茂木が言ってた。全てのものが脳内現象で現実もイマジネーションも区別はできないって。
多数派が認識しているものが絶対なのか、機械が測定したものが絶対なのか、
絶対はないのか、観測問題が鍵を握っているかもしれない。

510 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 01:41:54 ID:yIeO5C5+0
なんだっけそれ?

科学哲学で、たしか事実テーゼと観測テーゼだったっけ?

511 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 01:47:49 ID:rltbMaSQ0
霊能者は普段意識出来ない部分を知る手段として
自分の幻覚を分析してると考えられないか?

つまり、人の映像がくっきり見えていてもそれは象徴に過ぎない。
例え幽霊がくっきり見えていても、生きていた人の魂を感じているとは限らない。

実際に感じている物が一体何なのかは、色んな角度から検証しなければならないだろうな。
死者の霊、異次元、重力波、自然の微妙な変化などの普段意識出来ない程小さい感覚なのか、
または直感に近い物で、高度な分析やプロファイリングをする能力なのか。

特定は難しそうだ。

512 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 01:48:53 ID:UUcXYaYUO
科学哲学とかよく知らんが、キッチリ観測出来ても、
その情報を得るのが人間なら、どこまでも果てしなく疑うしかないとか思う

513 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 02:14:41 ID:yIeO5C5+0
>>512
そしたらデカルトかフッサールになるだけだよ

514 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 02:33:42 ID:UUcXYaYUO
コギト・エルゴ・スムか
銃夢の影響で、浅はかな考えという印象しかないな

515 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 02:43:43 ID:yIeO5C5+0
>>514
それ読んだことないが、Wikipediaより

木城ゆきと原作の漫画『銃夢』において、
自分の思考さえも集積回路のチップによって統制されているためにこの命題すら気休めにしかならない、
と木城が書いている。
むろん、「自分の思考さえもそのようになっている」と疑うそのことが自明である以上、
この命題そのものの妥当性が失われているわけでは全くない。
数学の正当性(5-1=4は実在するか?)すらも悪霊の仕業かもしれないと疑うなど、
デカルトの方法的懐疑は極めて徹底的であり、木城の指摘はあまり正確とはいえない。

516 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 03:19:25 ID:UUcXYaYUO
デカルトってかなり卑屈な感じだな
死ぬ故に我あり、とでもすれば、動物である俺がいるのかもしれんね

517 :自夜:2007/10/05(金) 03:43:21 ID:sQeKNAJP0
遅レス失礼です

>>44の秋さん
体験話とのことですが、今の私は霊感もありませんし、
怪談のネタになるようなことも体験したことありませんので、ご要望にはお応え出来ないかと

ただ、これは言えるかなぁ
多分、本当の幽霊さんと遭遇することがあっても、怪談にはならないんじゃないかとおもいます
幽霊さんって、そんなに怖い存在じゃぁないですから
(まぁ、二人ほど、やってしまいましたが・・・・・・)

>>46さん
超弩級なんて、照れるなぁ〜
筆頭程度で充分ですよ

518 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 03:50:49 ID:UUcXYaYUO
>>517
自覚があったのか
時に、自夜の考える幽霊ってどんなの?
怪談にはならない、とあるけど、いわゆる幽霊と言えば怪談が基本な気がする
まぁ、突然起こるから怖い、となるのかもしれんがw
自夜は、幽霊が魂のような、個人を受け継ぐ存在と考えてるのか?

519 :自夜:2007/10/05(金) 03:51:03 ID:sQeKNAJP0
>>51さん
へ?
肯定派という言い方には馴染めませんが、私はバリバリの「幽霊はいますよ」派ですが

>>54さん
「おぱんちゅ」見たんなら、概ねそれで充分かと
今、三次元おぱんちゅ(出来れば中身入り)に挑戦中ですので、完成すればうぷしますね

>>50さん、>>57さん
サイト見てくれて、とってもサンキューです
宜しければ、また一緒に死んで下さい です

520 :自夜:2007/10/05(金) 03:59:00 ID:sQeKNAJP0
>>518さん
私が考える幽霊ですか?
考えた訳じゃぁないけど、まぁいいか

幽霊ってのは、死んで希になるなにかです(お浸しにして美味しいかどうかは知りませんが)

幽霊になるのに資格とかそんなんは不必要なんでしょうが、あんまり恨みとかそういう
のが強いと、幽霊になりにくいみたいですね
だから、幽霊さん側から怪談になるような接触はしないと思います

生身の方は幽霊が怖い物と思っていれば、怖くなるんでしょうけどね
もちろん、突然出くわせば、私でも吃驚はするでしょうけど

521 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 04:09:33 ID:UUcXYaYUO
恨みが強いとなりにくい、経験則か
怪談話しみたいな、唐突に出るからとかじゃなく、怖い傾向の話しをどう考えてるんだ?

522 :自夜:2007/10/05(金) 04:24:21 ID:sQeKNAJP0
>>521さん
創作でしょう
怖い話はうける

四世鶴屋南北さんだって、うけるから四谷怪談をああいうふうに纏めたのでしょうし、
稲川さんの芸風だってそうでしょう
円山応挙さんが描いたと言われている今の幽霊のイメージの原点となった絵だって、
うけるから、ああいう絵を描いたんだと思いますけどね

まぁ、百鬼夜行絵巻とか付喪神絵巻とかの流れをくむ日本の文化ですから、それはそれでいいと思いますけど

うけ狙いでない古文献なんかでは、わりと「不思議なこともあるもんだ」というふうに書かれているのも
多いんですけど、今も昔もそういう盛り上がりのない話はすぐに忘れられるようです(蛇足ですが・・・)

523 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 04:39:46 ID:U/0OIvvM0
>>496
この2つ↓を混同しているんじゃないか?
「恒常的な観測は可能だが結果の精度に問題がある」
「恒常的な観測がそもそも不可能」

量子論的世界は前者、いわゆる幽霊現象は後者だ

524 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 04:54:00 ID:Z953kf340
霊は必ずしも霊界に行って、成仏できるとは限らない。この世に思いや
怨みを残すことがあると、執着して、この世をさ迷い、時に、幽霊として
見えることがあるらしい。

525 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 05:19:40 ID:2tldlaw10
ここは、朝から昼にかけてバカばっかりたかって来るね、、幽霊話は明るいうちにするもんじゃねえな。

526 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 05:24:11 ID:UUcXYaYUO
幽霊は暗くないと出てこないんだな

527 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 05:33:36 ID:n6Wcjiwj0
幽霊ってのはね
全体的にも特に顔が怖い
何考えているか想像し辛い
じっとこっちを見てる
突然現れる
暗いところとかにさり気なく出る
腕、足、がさり気なくどこかに出ている
何らかのオーラがある

これ幽霊じゃなくても怖いよね

528 :考え中:2007/10/05(金) 05:34:48 ID:u32s2tAT0
>>495
 「幽霊(現象)は存在するか」の答えは「存在する」
となるでしょう。
 それがなんであるかが問題なのではないでしょうか。

 否定するにも肯定するにも「何を」を本来付けないと
意味が通じない話だと思う。「幽霊現象」が単一の現象では
ないからです。

529 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 05:53:06 ID:UUcXYaYUO
>>528
現象を起こすのが幽霊で、現象自体は幽霊じゃないんじゃね?
起こす現象といっても、ラップ音やポルターガイストぐらいしか思い付かんが

530 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 07:12:37 ID:hQ3Cr3aVO
>>529
なるほど。それは良い考え方かも。
現象そのもが幽霊か。

531 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 08:52:49 ID:wiFBE9tB0
ネット上で確認できる、幽霊が引き起こしてると言われている現象をなんか例としてあげて欲しい。
具体的な霊がないと分かりにくい話だから。

532 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 09:05:35 ID:rrp5+casO
わからん現象を幽霊とするから問題なんじゃないの?
UFOみたいに未確認なんちゃらって呼べばいい

533 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 09:17:28 ID:1/NJZRAM0
最近、UFOは一時期の
UFO=エイリアンクラフト みたいな扱いが減ってきてる感じはするね。
そのまんまに、未確認物体、謎の物体的な扱いになってるのが多いかな。

534 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 09:18:30 ID:wiFBE9tB0
>>532
うーん。それは結局大分類でしかないような。>未確認なんチャラ
いるはずの無いのに人の姿が見えた、無くなった人が夢枕にたった。
そんな「いるはずのない人間を見た」ってのが幽霊現象なんじゃないかなあ。



535 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 09:26:36 ID:giFZJ5BM0
>>532
443 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/28(金) 14:08:57 ID:dcjstppR0
幽霊=U0

444 名前:本当にあった怖い名無し 投稿日:2007/09/28(金) 14:13:35 ID:pmSJifPE0
>>443
UO = Undefined Object ?

ぴったりやんけ。ww

(0:ゼロを、わざとO:オーで読んでみた。w)

536 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 09:37:34 ID:wiFBE9tB0
UO現象のなかには、ありえない人型の目撃談があると、でいいかな?w

537 :考え中:2007/10/05(金) 09:38:59 ID:u32s2tAT0
 例えば「幻覚」としての幽霊も勿論一因です。でも
幻覚説も全てを説明できるものではないです。

 「幻覚だ」は一見答えになっているようで
「なぜ幻覚を見たのか」については、多様な体験を
統一した仕組みでは説明できていない。

 「〜のような場合は幻覚だろう」は正しい言い方
と思いますが、ただ「幻覚だ」は、その根拠と仕組みに
ついて突っ込みを入れられることを覚悟すべきです。


538 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 09:41:21 ID:wiFBE9tB0
>>537
原因の分類は >>5-6 でアル程度出来ているから、現象の分類をやってみないか?
現象自体の整理整頓はこのスレシリーズでも殆どされてないと思うんだが。

539 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 09:44:05 ID:Vsda2PAf0
>>537
幻覚とは何なのかの答えが出てない。


540 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 09:47:16 ID:wiFBE9tB0
現象として

 1.そこにいるはずのない人が見える

   例:自分しかいないはずのない自分の部屋で、他の人間を見た
     鏡やガラスに映った自分の影ではなく、明らかに別人の姿を見た

 2.動くはずのない物が動いた

   例:日頃は地震でもびくともしないコピー機が、深夜三時に突然動いた

 3.聞こえるはずのない音が聞こえた

   例:一人で歩いてるのに、アル地点に行くと他の人の声が聞こえた

幽霊現象ってのは、こんな感じかな?

541 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 09:51:55 ID:wiFBE9tB0
突然手が動いて文章を書きつづり始めた、とかいうチャネリング系は幽霊と見なさなくて良いよな。
やっぱ幽霊は人型の目撃が主流だと思うが、どうよ?>スレ住人諸氏

542 :考え中:2007/10/05(金) 09:52:04 ID:u32s2tAT0
>>540
感覚的な要素が重要だと思うので
いわゆる視覚聴覚的な分類では
表現できないことが多いと思います。

543 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 09:52:33 ID:e5omwpZn0
>>535
だからお前はのりこが誰かって教えろや

544 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 09:53:31 ID:wiFBE9tB0
>>542
うーん、霊感のような感じかな。
ざわざわと気持ち悪い物を肌で感じた、なにかいる!みたいな。
つか、幽霊現象の分類としてどういうのが適当かなあ。
なかなか思いつかない。w

545 :考え中:2007/10/05(金) 09:54:50 ID:u32s2tAT0
>>541
 人型の目撃霊が主流と考えるのは
おそらくは「テレビの間違った影響」と思われます。
テレビで体験談などを映像化するときに
「安易にそう表現してきたツケ」でしょう。
 実際の体験談の主たる要素は姿形ではない。・

546 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 09:55:44 ID:wiFBE9tB0
>>545
それならそれで構わんから、幽霊の分類を考えようよ。
否定バッカしてもしょうがあんまい。w

547 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 09:56:53 ID:Vsda2PAf0
>>541
チャネリングはシャーマニズムとおなじで霊が関わっていると思われる。

548 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 09:57:28 ID:wiFBE9tB0
>>547
霊と幽霊は別と見なすべきでは?


549 :考え中:2007/10/05(金) 09:59:13 ID:u32s2tAT0
>>544
 いくつかの要素が揃うと、人は「意味」を
勝手に見出してしまう傾向がありますね。
 これが体験談の本質を見切る主たる障害
になります。
 体験者が素で体験した正味の部分が何で
体験者の解釈のうち、どこまでが妥当なのか。
 簡単にトランプのようには振り分けできない
ところがあると思いますよ。

550 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 10:01:53 ID:hbwo18x60
>>545
考え中は人型の幽霊に対して否定的なの?

551 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 10:03:12 ID:wiFBE9tB0
>>549
わかってるよ。ゲシュタルト知覚に代表される、無意味な物を集めて意味を見いだす能力。
そういうのは人間の能力の真骨頂とも言えるんじゃないか、と個人的には思ってる。
でも、それと幽霊体験を分類することは話は別でしょ。
すくなくとも類似現象を整理することで見えてくることはあるよ。
そうやって見えるモノから、学術的な意味での幽霊分離が出来るようになると思う。

自分は幽霊の定義を行うための前準備としての分類をかんがえてるわけ。
今まで未定義のママずーっと続いてきてるしさ。

552 :考え中:2007/10/05(金) 10:03:43 ID:u32s2tAT0
>>550
 おれ自身が人型を体験しています。それが
視覚的に見えていた物かどうかについて
懐疑的ではあります。

553 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 10:03:53 ID:wiFBE9tB0
>>551
×学術的な意味での幽霊分離
○学術的な意味での幽霊分類

554 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 10:04:58 ID:wiFBE9tB0
>>552
人型と視覚的に認識してるんだから、人型の目撃と分類して良いんじゃないの?

555 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 10:11:42 ID:nN5pMK+IO
>>519
おぱんちゅ以外も読んだよー
文才あるって
>>528
幽霊現象の正体を探るって感じでしょうか
そうすると>>5の内因性は起こりうることが確認されているため
他の要因が起こりうるかを考慮するという方向性になるんでしょうか?
その場合科学的アプローチが最も適切だと思います
ここから下はあなたへではありません

つかそれなら以前話あがってたようにスレタイ変えたほうよくね?
俺ら何に対して肯定否定懐疑やってきたわけよ?くそがっ

556 :考え中:2007/10/05(金) 10:14:40 ID:u32s2tAT0
>>551
 俺はその作業を何年もやってるんですが
俺の場合は見えたものではなく、見た
「印象」で分類してます。

 これは自分の仮説に基づいた分類です。

>>554
 おれ自身複数のタイプを経験して
一見したアピアランスの問題は主たる
分類基準とは思ってないんですよ。

 ぶっちゃけた言い方をすれば
その日の体調や気分で人に見えることも
あれば、気配しか感じないこともある。

 その場その場の表現形には本質はない
のでは、と考えています。


557 :考え中:2007/10/05(金) 10:17:33 ID:u32s2tAT0
でかけます〜ではまたノシ

558 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 10:18:15 ID:wiFBE9tB0
>>556
印象だと異様に幅が広いよ?
それだと分類自体が意味をなくすので、幽霊は分類不能と言うことになりますな。
それはそれでいいけど、俺は違うと思うわ。
やはり現象は分類できると思う。

559 :考え中:2007/10/05(金) 10:22:38 ID:u32s2tAT0
>>558
自分の仮説に基づいた分類ですからね。

俺は幽霊現象は人間をフィルターとして
初めて成り立つものと考えています。
それはまさに幻覚と紙一重。
よって何が見えた、ではなく、どう感じた
かのほうが重要です。見た人の心理状況
が、現象を切り分ける「キー」です。

 ではノシ

560 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 10:23:49 ID:+1YUa6PV0
>>558
例えばどんな分類?
貴方自信は、何らかの心霊体験はありますか?

561 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 10:25:10 ID:wiFBE9tB0
>>559
それだと人間の心理は分類することが出来ないと言うことになるよ?
それは心理学の否定につながるので了承できないよ。w

真理状況によって変化するのであれば、変化した状況を分類事項とは別で明記すればいい。
分類そのものを作ることには影響ないと思うね。

562 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 10:26:16 ID:wiFBE9tB0
>>560
俺の心霊体験自体は、夢を見たくらいだよ。
ばあちゃんの死んだ日に、ばあちゃんの夢を見た。
それだけ。


あ、目撃の項目の中で

  1−A 起きているときに見た
  1−B 夢を見てるときに見た

ってすればいいのか。

563 :考え中:2007/10/05(金) 10:28:33 ID:u32s2tAT0
>>561
まあ、いいんじゃないですか?
別のやり方の分類があった方が俺としては
面白いですし。

564 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 10:30:22 ID:Pe3xRjxr0
パラレルワールドは確かに存在する。
自分たちの住む世界と平行に存在する世界はまったく安定したものではなく
常に位相を変えながら時空間を漂っている。
仮に1と2のパラレルワールドがあったとすると、これらは絶対に重なりあうことはないが
似たような世界通しのある場所が引き合い接近することがある。
このとき、その引き合った部分の近くに居た者は、向こうの世界を見たり感じたり
するのだ。 ただ、見える像はある程度はっきりしたものからぼんやりしたものまで様々で
はっきりしていた場合は夢、ぼんやりしている場合は幽霊と受け取ってしまうのだろう。
例えば、幽霊と目が合ったとしよう。そのときあなたは幽霊を見たと恐怖するが、その
幽霊の正体=向こうの世界の誰か もあなたを幽霊と思い恐怖しているのだ。
そうかんがえるとこっけいであり恐ろしくもないだろう。

565 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 10:32:08 ID:hbwo18x60
>>548
幽霊は人形以外も含む、霊は人の魂の様なものでいいんでしょうか。

566 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 10:35:34 ID:+1YUa6PV0
>>562
こまかく書いてないから良くわからないけど、貴方の体験は、
心霊というより「神秘体験」とか「不思議体験」って言われる部類じゃないかな?
そういうのも全部ひっくるめて幽霊の仕業、って纏めてしまっていいのかな?

ああ、分類する時に「心霊体験」「神秘体験」「不思議体験」に分ければいいのか?

567 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 10:42:10 ID:nN5pMK+IO
>>562
・おばあちゃんの健康状態をどれだけ把握していたか(健康状態が悪いことを把握していた場合の夢への影響)
・亡くなった日周辺に見たおばあちゃんの夢を亡くなった日に見たという記憶の錯誤はないか
・単なる偶然の一致

可能性で分類してったらきりがなさそうだな

568 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 10:46:07 ID:rrp5+casO
>>564
オレは正直、霊に対しては否定的なんだけど、
ちみの話しもそれに負けてないぜぇ〜い

569 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 10:47:24 ID:wiFBE9tB0
>>566
夢見だからねえ。
不思議体験といってもいいだろうが世間的にて幽霊体験とよばれそうなんで、かいてみた。
ま、幽霊体験と見なされなくても別に良いんだけど。^^;


>>567
うん、それは原因の分類だね。
俺がやりたいのは現象の分類なんだ。

570 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 10:52:41 ID:nN5pMK+IO
>>569
原因の違うものは同一の現象とはみなせないんじゃないか?
原因で現象の分類するのは当然のような気するが

571 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 10:54:19 ID:rrp5+casO
>>562
オレも同じ体験を子供の頃してるよ。
子供の頃は不思議に思ってたけど、>>567の人が言ってるような事だと今は思っている。

572 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 10:54:34 ID:wiFBE9tB0
>>570
まずは経験の分類、そういう意味でやってるんだよ〜。
その後に原因によって経験を振り分けるのは全然問題ないよ。
てか、原因はそう簡単に分かるものじゃない場合もあるジャン。

573 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 11:00:15 ID:nN5pMK+IO
>>572
経験の分類かーなるほど納得した勘違いスマソ

574 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 11:09:40 ID:hbwo18x60
人は自分を含めたこの世界を理解する為に生まれて来るのだろうと
このスレッドを見ててあらためて思った…

575 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 11:18:57 ID:5fOzvwHf0
ベルセルクみたいに物質世界と精神世界が存在していると考えるのが
なんとなく辻褄が合う気がするなぁ、まぁ全部俺の妄想なんだが精神世界とは
言うなればインターネットのような世界だと思ってる、現実には存在しない見えない

電子ような物が人間の脳(パソコン)と脳をリンクさせることによって
構築されている。この世界のどこにも存在しないしどこにでも存在するとも言える
しかしながら人間の脳の(ディスプレイ)を通してそれらを垣間見ることがある
それらは人の記憶(HDD)の断片、主に夢かな(自分の体験したことが多い)

んでここからさらに妄想だが人間の記憶を
保存できるのは脳だけに限らない、水だったり木だったり土とかそういうものに
特に強い記憶が焼きついたりする、そういう場所に近づくと脳がそれらの
記憶にリンクして実際には有り得ないものを見たり聞いたりする
要するにその記憶が再生されるわけだな、霊が一定のパターンで行動しているケースが多いし

とまぁ俺の妄想でした(´・ω・`)



576 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 11:25:30 ID:U/0OIvvM0
まあ妄想ならば何も言うまい

577 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 11:26:14 ID:Pe3xRjxr0
いわゆる、幽霊は磁気的にその場に保存された映像だよ。
そういうことは偶発的におきる。特に、城や遺跡などにある石組みや大きな岩石の近く
など、自重による圧電効果で微弱な電気や磁気が発生して斬る場所だとおきやすい。
また、変電所、高架線下なども同様。
幽霊と電気・電子機器との相性がよいのはこのためである
(幽霊出現の前には電気が消える・PCの動作がおかしくなる…等)

578 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 11:27:04 ID:nN5pMK+IO
>>575
誰もが子供の頃一度は通る道だろうなあ
と言いつつまだ未成年だが

579 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 11:28:53 ID:sqGUkR3W0
>>575
その様に認識(妄想?)している人は凄く多いと思う。
ぼくもそうだ、ここは(2ch)目に見えない霊のせかい、これじたいが妄想かも。

580 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 11:32:31 ID:U/0OIvvM0
>>577
釣りですか?

圧電効果や高架線下の磁界強度がどんくらいだと思ってるんだ
そんなもん観測不可なほどの誤差の範囲内εにすぎんよ

581 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 11:34:51 ID:e5omwpZn0
>>575
死んで消えることが怖い
自己の延長を望む人が語る幽霊に対抗できそうな妄想だな

582 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 11:39:05 ID:ihABFhQN0
>>581
死んでも意識が残留することが、怖いのでは?

583 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 11:43:27 ID:Pe3xRjxr0
>580
釣りじゃないよ。
例えば、その微細な範囲の誤差は、スレッショルド電圧ようなものと考えてよい。
いくら微細な差であろうと、その差分で一定の強さを超えると条件の一つがそろう。
まあ、あくまで条件の一つとして。

584 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 11:46:45 ID:+1YUa6PV0
>>575
幽霊=残留思念説 はそんな考え方だと思うよ。

585 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 11:49:36 ID:3k7C/YwKO
死んで自分が無くなるのは怖い?

このスレには怖くない人がいるみたいだけど…

586 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 11:52:48 ID:wiFBE9tB0
>>573
いえいえ、そんな。
まあ、タダのお遊びですから。
ネタが投下されるまでの、つなぎというか。^^;

587 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 11:54:30 ID:kwKXkYd10
>>585
ぼくは死んで意識が無くなる事や残留する事より、いま存在する事自体が嬉しいような怖いような。

588 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 11:55:15 ID:nN5pMK+IO
死ぬこと自体はみんな怖いんじゃない?
好奇心旺盛な俺としては死んだ後、世界がどうなっていくのか見れないのは残念に思ったりする

589 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 11:57:36 ID:wiFBE9tB0
>>577
その理屈で行くとですね、磁場を変動させれば映像が見える、ッテ事になるんでけど。
磁力を操るのはかなり容易いことなんですが、それで何かの映像が見えるようになった、
というのはとんと聞いたことがありません。
映像を、その場所が持ってる磁気で捉えるのはかなり無理があるんじゃないかナー?

590 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:03:33 ID:e5omwpZn0
>>583
磁気的に保存されているものが
電流が流れる近くにあってどうしてそれを維持できるんだ?

>>585
死ぬのが怖くなかったら生きてないのと同じだしな
『「死=自分が無になる」というのを遠ざける=死を怖くなくする』
という行為が生きることだと俺は思うよ
死ぬことが怖くない人は生きるのに飽きたか違う死を見つけた人でしょ

591 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:04:41 ID:SrA0Xeev0
死ぬのは怖いかもしれないけど、死後が無っていうのは別に怖くないや。
別に無の中に意識が存在するわけでなく、死んだ所で何もわからなくなるんだし。

592 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:09:11 ID:U/0OIvvM0
>>583
スレッショルド電圧を援用するには回路が構成されていることが前提
解放空間に対して垂れ流しっぱなしの磁界がどうやって回路を構成してるんだ?

ちなみに、それが解決されても
・磁場によってどうやって情報を表現するのか
・表現された情報はどうやって保存されるのか
・磁場を知覚する器官がない人間がどうやって情報を受け取るのか
等々矛盾だらけだ

そしてなにより謎なのは、どうしてお前が
「幽霊は磁気的にその場に保存された映像だよ」などと断定的に語れるのか?
ということだ

593 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:14:44 ID:+1YUa6PV0
>>592
「条件のひとつとして」って書いてあるよ。
そういう色んな条件が合致して初めて、幽霊が現れるのかもしれないじゃない?
原因がたった一つなら、とっくに解明されててもおかしくないでしょう。

594 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:15:57 ID:8cxsU4+X0
>>593
それは条件としてふさわしくない、ってだけの話でしょ?

595 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:20:47 ID:U/0OIvvM0
>>593
> 幽霊が現れるのかもしれないじゃない?
「かもしれないじゃない」……? いきなりトーンダウンかよ!www
断定口調で始めといて

おk、別に妄想なら文句は言わんよ


596 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:22:04 ID:+1YUa6PV0
>>595
ID見てね

597 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:22:38 ID:3k7C/YwKO
理系の話には疎いが、もし幽霊が電気や磁気に関係あるなら、
昔よりも現代の方が幽霊の出現は増えるということ?



598 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:24:59 ID:U/0OIvvM0
>>596
あー失敬

本人来るまで松しかないか

599 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:25:58 ID:6xdrfX7k0
つかそれなら人の姿以外も映像として再現されなきゃおかしくない?風景とかさ

600 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:27:12 ID:8cxsU4+X0
つまり、天然の地場で幽霊を説明するのは困難だって事でしょ。

601 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:27:32 ID:+1YUa6PV0
>>598
こちらこそ、横レスしてすみません。

602 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:29:32 ID:Pe3xRjxr0
>592
・磁場によってどうやって情報を表現するのか
例えば、磁気ディスクに入れられているテキストファイルは、なんらかの機器(PCなど)
を介さないと見ることは出来ない。
何らかの自然現象が関わってるのだろう。

・表現された情報はどうやって保存されるのか
君の頭の中の肉塊は、どういう仕組で記憶を保存してるのかな?
聞かれたって僕にはわからない。

・磁場を知覚する器官がない人間がどうやって情報を受け取るのか
映写機から投影された映像は、スクリーンをがないと単なる光にしか過ぎない。
スクリーンとなる自然現象があるとまで考えがおよばないのかな?


603 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:31:17 ID:8cxsU4+X0
>>602
そこだよ。
情報の保存には必ずメディアを必要とする。
天然の地場に、人の姿を保全するような微細な情報を保存する媒体があるのか?

604 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:35:07 ID:U/0OIvvM0
>>602
> 何らかの自然現象が関わってるのだろう。
それが何だと聞いているんだぜ?大将

> 君の頭の中の肉塊は、どういう仕組で記憶を保存してるのかな?
お前の「磁場が記憶を保存する」説と何の関係が?

> スクリーンとなる自然現象があるとまで考えがおよばないのかな?
だから、その「自然現象」とは何だと聞いている


605 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:37:05 ID:U/0OIvvM0
>>602
つーか
> スレッショルド電圧を援用するには回路が構成されていることが前提
> 解放空間に対して垂れ流しっぱなしの磁界がどうやって回路を構成してるんだ?
についてはスルーかよ?

606 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:37:56 ID:zRtU0A540
>>603
ダ〜クマタ〜やないの。

607 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:39:39 ID:8cxsU4+X0
>>606
ニュートリノだの、ダークマターだの持ち出すくらいなら、
幽霊は霊界の神秘、神のみわざ!と言って説明放棄した方がいい、と思うのは俺だけ?www

608 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:43:51 ID:e5omwpZn0
>>602
電流が流れている磁場がある場所で
どうやって磁気的情報を維持してるのか教えてくれない?

609 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:46:28 ID:+1YUa6PV0
>>608
素朴な疑問なんだけど
どうして のりこ に拘ってたの?

610 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:48:38 ID:zRtU0A540
なんかID:mYlSET8k0みたいなヤツが湧いてる

611 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:50:02 ID:e5omwpZn0
>>609
昨日までと比べて今日は平和だと思いませんか

612 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:50:11 ID:6xdrfX7k0
>>610
40代は帰れ

613 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:50:37 ID:8cxsU4+X0
うげ、40代いるの?

614 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:55:36 ID:P5+xyCrd0
>>609
おまえは、まんこスレに帰れ!

615 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 12:57:30 ID:P5+xyCrd0
>>609
まんこスレで堂々と勝負しようぜ!

616 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 13:04:05 ID:+1YUa6PV0
意味できない

617 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 13:09:48 ID:Pe3xRjxr0
>608
>電流が流れている磁場がある場所で
>どうやって磁気的情報を維持してるのか教えてくれない?

その場にある何らかの物体に書き込まれて維持されていると考えて欲しい。
たとえば、石を持ち帰ったその日から家に幽霊が出るようになった というのは、その石に
情報が書き込まれており、家に再生させるなんらかの条件があったということだ。
あまり参考にならないかもしれないが、保存されるメカニズムは写真を考えてもらうと良い。
フィルムは、カメラというブラックボックスの中にいつでも感光可能な状態で存在するが、
シャッター幕が開き光が当たらない限り感光することはない。
この感光するということが、条件が整うということに相当する。

618 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 13:12:58 ID:P5+xyCrd0
ぷっみんな、まんこスレに行っちゃったのかな、

619 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 13:15:29 ID:+1YUa6PV0
まんこスレに40代がいるの?

620 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 13:20:32 ID:U/0OIvvM0
質問さてれいる内容を正確に理解できない、というのは
こういうタイプに共通した特徴なのかな?

621 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 13:27:26 ID:P5+xyCrd0
>>620
おまい取り入れて来た知識をご披露して悦に入ってるだけやん、

622 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 13:31:32 ID:Pe3xRjxr0
>620
どうやって保存されるかってのね。
サーセンwwwwおれわかんねぇわ/(^Ο^)\

623 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 13:37:21 ID:U/0OIvvM0
>>622
> サーセンwwwwおれわかんねぇわ/(^Ο^)\
ちょwwwおまww早ww


624 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 13:38:37 ID:Pe3xRjxr0
まあ、多分オレの言ってる事の正しさは27年後くらいに証明されるであろう。

625 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 13:40:53 ID:wiFBE9tB0
>>617

どこかの森の中に局所的に強い磁場があったとする。
そこに人が死に、岩盤だか何かに、人の姿が記憶される。
で、そこに落ちてた石を持ち帰ったら、人の姿が再現されたって事だろ。

磁気テープに音楽を記録したとしよう。
そのテープを100の断片に切り取り、その一つを再生したとする。
音楽の断片は聞こえるが、楽曲全体は再生されない。
断片を手にして全体を再現させるなんてのは、磁気テープではあり得ない。

それがありえるとしたらただひとつ、レーザーホログラム映像だけだ。
石ころに対して、磁場がホログラム映像を刻む?
だけどその石から磁性は検知できないんだろ?

おかしいよ、それは。

626 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 13:41:36 ID:wiFBE9tB0
>>624
たとえが根本的に間違ってるから、100年たったって何の証明も出来ないね。
それは今この場で保証できる。

627 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 13:44:19 ID:wiFBE9tB0
磁気なんてモンを持ち出すからおかしくなるんだよ。
京極堂のように、物質は記憶する、と強引に世界の公理しちゃえば良いのに。w

628 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 13:52:39 ID:+1YUa6PV0
心霊体験の中でも、ただホログラムを見ている感じだった、て人と、
あきらかに 何か居る! って感覚に訴えかけてくる感じだった、て人がいるよね。
大雑把にどちらも「幽霊」って言われることが多いけど、この2つは別物の様に
思うんだけど、どうかな?

629 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 13:56:23 ID:3k7C/YwKO
いろんな天才の話や、サバン症候群の患者さんの話を聞いてみると、
人間の脳はまだまだ謎だらけということがわかる。
だから幽霊も、人間の脳が作り出したものに過ぎないんじゃねーかな。
今はまだ、どうしてそういうものが見えるのか、はっきりとはわからないだけでさ。


630 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 13:57:39 ID:wiFBE9tB0
どうだろ。
それこそ「幽霊現象の分類」って話になると思うんだけどね。w

磁場異常w で知覚が狂い視覚映像の誤作動が生じたのか。
霊体とよばれるような、なんらかのオブジェクトが直接人間に干渉をしたのか。

わかんね。

631 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 14:06:42 ID:6qAosBFy0
>>629
>だから幽霊も、人間の脳が作り出したものに過ぎないんじゃねーかな。

そんなすんごいシステム誰が構築したのかと思うとゾッとしない?

632 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 14:07:05 ID:Pe3xRjxr0
なんか一連の流れの中から、磁気的に保存されてるのは誤りで、フラッシュメモリのような方法
で保存するように思えてきた。

>磁気テープに音楽を記録したとしよう。
>そのテープを100の断片に切り取り、その一つを再生したとする。
>音楽の断片は聞こえるが、楽曲全体は再生されない。
>断片を手にして全体を再現させるなんてのは、磁気テープではあり得ない。 >
別に全体を再生するとは言ってないけどね。
3次元の情報ってモニタで見る限りは2次元の域を超えなくても、原寸どおりに再生された中に
いれば、ちゃんと三次元にみえるんじゃないか?
だとすれば、極端な話だが、3Dゲーム内におけるキャラクタに自分がなってしまったと思えば
いい。

>627
あーもうそれでいいや( ´・ω・)(・ω・` )

633 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 14:07:17 ID:UUcXYaYUO
>>625
金太郎飴的な感じなんじゃね?

634 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 14:11:32 ID:3k7C/YwKO
>>631

>すんごいシステム

脳の事?
本当に「誰か」が構築したなら、そりゃすごいよ。まさに神だと思うよ。


635 :考え中:2007/10/05(金) 14:12:33 ID:u32s2tAT0
共食いしての?

636 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 14:16:49 ID:wiFBE9tB0
>>632
ちげーよ。
磁気的に人の姿が記録されてんでしょ?
オマイさんが喩えたフィルムを思い出そうよ。
フィルムに人の姿を感光させても、フィルムを断片化し、断片を再現しても人の姿だとわかんないでしょ?

磁場をどれだけの面積で想定してるかしらんけど、
姿形の映像を磁場を利用し記録するならば、その磁場全体に刻印がなされる。
その場所全体で映像は記録されてるって事は、石ころはメディアの切れっ端に過ぎない。
切れっ端から人の姿を想像することは難しいってはなしだよん。

だから、磁気なんか使わないでエーテル投射とかにすれば無問題。w
エーテルを通じて、石にホログラム的情報を保存できる!とかなんとか。ww

・・・まあ、反則だけどね。w

637 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 14:17:44 ID:Pe3xRjxr0
思いつきでいろいろ書き込んだらいろいろアレだな。
とりあえず、心はどこにあるのかという議題が思い出されるんだが、
心臓移植を受けた人が、心臓の提供者の記憶を引き継ぐってな。

だから、多分なんかよく解らないデータの保存方法があるんだろう。
単位配列みたいなものがその場にあるものに刻みこまれるとかな。
持ち帰ると幽霊がでる石なんかは、徹底的に科学的検証をしてみると、例えば分子構造
がちょっと変わっていたりするかも知れないよ。

ちなみに、鶏や馬の幽霊なるものも存在するようだから、やっぱりなんらかの記録が
再生されたものだと思うぞ。


638 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 14:20:41 ID:UUcXYaYUO
>>636
確実性がある事の方が、幽霊にとっては問題じゃね?
偶然、断片化されたものの中で、辛うじて人と認識出来るものとか

まぁ、原理とかよく分からんが

639 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 14:22:01 ID:6xdrfX7k0
前頭葉に心がある が有力じゃなかった?

640 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 14:22:12 ID:wiFBE9tB0
>>637
うん。そういうのは聞いたことがある。
腎移植でも似たようなことが起きたことがあるそうな。
ドナーの記憶も移植されたのでは?ってんで、ちと盛り上がったのを記憶してる。
人体において、記憶というのはどういう形で保存されているのか。
実はよく分かってないんじゃないか、って気はするけどね。

あと、わりと本気で疑ってるのは、「サイコメトリー」って超能力だよな。
物体に触れるだけで、物体の経緯をトレースして所有者の過去情報を読み取る超能力。
ケッコウいるジャン。物に触れるだけで、その人の性格とか読んじゃ人とか。
これが本当に存在するのならば、世界には人間が未だ知り得ていない形での情報保存方法がアルって事になる。
オーラとか、エーテルとか、そういうのを導入することで、新しい情報処理が可能になるのかも知れない。

これはこれでドキドキするね。w




641 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 14:24:22 ID:wiFBE9tB0
>>638
磁気で説明することに異を唱えてるんであって、情報のホログラム的保存については異を唱えてないよ。
てか、幽霊とかはって、そういうホログラム情報を導入しないと説明が付かないと思ってるから。ww

642 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 14:24:45 ID:UUcXYaYUO
>>640
サイコメトリーをスカラー波で説明出来るか?
疑似科学だから、ってのは取りあえず置いといて

643 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 14:26:45 ID:wiFBE9tB0
>>642
そもそも、スカラー波って良く知らない。
怪しい宗教団体が白い布を着込んで山中をうろついてたとき、スカラー波がどうこう聞いたな。
スカラー波って、そもそもなに
調べるのめんどいから、この場で教えて〜。w

644 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 14:28:31 ID:UUcXYaYUO
>>643
簡単に調べても分からんから、ここで聞けば誰か説明してくれるだろ
的な事を考えてたwww

645 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 14:32:00 ID:wiFBE9tB0
>>644
そ、そうなんだ。ww


スカラー波 Scalar Wave
http://www.asahi-net.or.jp/~ve3m-snd/scalar.html

ベアデンは1970年代、テスラの弟子を自認するオカルティスト、
ヘンリー・モレイを通してテスラの理論を再発見し、
これを重力にまで拡張した「スカラー電磁重力理論」を提唱した。
ベアデンによれば、スカラー波は四次元空間に存在し、
高速に振動する波であり、エネルギーである。
われわれの知っている(彼のいう三次元の)電磁気現象や、
重力などの物理現象の多くは基本的にこのスカラー波の作用によって起こるという。
そしてテスラと同様、この波は縦波として伝播し、距離によって減衰せず、
物質を透過し、光速度に制限されないとした。

まあ、なんて便利な電磁波なんでしょう。減衰がないだなんて。w

646 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 14:44:18 ID:+1YUa6PV0
>>630
それですよ。
前者みたいな、いわゆるゴーストみたいなのと、
後者みたいな現象を、いっしょくたにしてしまっていいものか?と。

647 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 15:54:57 ID:UUcXYaYUO
>>645
ありがと
仮説に仮説を重ねた、とかじゃ話にならんね……

648 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 18:18:33 ID:ytPTgiK10
皆死ぬのは怖いけど世界の米、EU(キリスト教)中東(イスラム教、ユダヤ教)東南アジア(仏教など)
この人たちは多くの割合で信仰心(神もあの世も転生、人の霊性、シャーマニズム、などを信じている)がある。
この人たちをキチガイ、精神薄弱あつかいするのであれば、いったい何億人対象になるのだろう
宗教に関わらない人たちでも、この信仰心のある人たちは多いと思うたぶん何十億人大変な数だ。

649 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 18:27:03 ID:+1YUa6PV0
>>648
信仰心のある人=キチガイ だと思っているのは、あなただけでは?

狂信者はキチガイじみてる、と思うけど。一緒にしちゃイカンよ。

650 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 19:05:01 ID:CKpKN/470
>>648
>>649
うん。蛇足なようですが問題は、死ぬのは皆が不安なものだが、あと数十年後には皆が
(唯物、唯心、極端な者は少ないと思うが)何が一体狂った事なのか自覚しなくてはならない時が来る
と言うことだ。

651 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 19:33:05 ID:8Ardv1X4O
まぁ少なくとも宗教は卒業せんと前に進めんな

652 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 19:42:08 ID:98lqqBY80
>>648>>650は、宗教というより素朴な世界観、感想を書いたにすぎないと思う。



653 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 19:58:46 ID:e7Jl7y6M0
まず現実を把握しないと話は、進みにくいものだ。

654 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 20:01:47 ID:eEKVYdDS0
実際に心霊体験してからの方がよくね?

655 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 20:12:36 ID:e7Jl7y6M0
>>654
のぞみは、どんなものにせよやがてはかなっているものだよね、どんなかたちにせよ

656 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 20:12:36 ID:8Ardv1X4O
>>652
いや、俺のも世界に対しての素朴な感想なんだけどね。
信じる、信じないってのは思考を必要としないんだよね。
だから確かに楽なんだけど、やっぱりそれじゃあ駄目なんだよね。
解らない事があれば、答えを見つけるまで調べて、考えて、「知る」って所まで行かなきゃね。

規制で携帯からしか書き込み出来ねぇ

657 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 20:23:44 ID:JURVdH2q0
情報や知識はどこまでいっても足りきる十分(特定の事象については別かもしれないが)ということはなく
いまある情報や知識でも、深く思考すればとりあえず自分自身の結論を出す事は誰にでも可能だ。

658 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 20:44:36 ID:1zK4yZSY0
>>657
むしろ無駄な情報や感情を排除して行く作業が甚大だ、深く思考する前程として

659 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 20:51:41 ID:U/0OIvvM0
求道者のスレになってる


若者よ…

660 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 20:54:06 ID:JURVdH2q0
>>659
いや、現状確認て必要だと思う

661 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 21:17:26 ID:LwxOZxa5O
いや、単なる妄想だろ

662 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 21:18:48 ID:hrAzJ29fO
ゴッドスポット・同調性バイアス・共振現象まで理解した
心霊写真は再現できるみたいだからほぼ解明されていると思うけど、動画はどうなんだろ?

663 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 21:21:16 ID:Wq2MmEXU0
人は落ち着いて良く確かめていかないと自分が何者かもわからなかったりする

664 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 21:26:39 ID:Wq2MmEXU0
>>662
科学的に再現出来ても、すべての事象に人為的な科学的手法が施されたのだろうか

665 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 21:26:54 ID:UUcXYaYUO
一人でじっくり考えても分からん時は分からん
だから、こうして話し合うわけだが、だれか話しの種はないか?

666 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 21:40:40 ID:U/0OIvvM0
現象面から分類する話はどうなった?

667 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 21:46:22 ID:UUcXYaYUO
現象っていうと、見えたり聞こえたり感じるとかのか

668 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 22:00:41 ID:hrAzJ29fO
>>667
それならゴッドスポットで説明つくね

669 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 22:01:20 ID:W+idNaak0
だいじなことは物事の本質だとおもうけど、ひとつの物事を多角的に見て行く事で
ふつうは、本質に近ずいて行くものだともおもうけど

670 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 22:04:54 ID:jna2+raL0
>>668
魂の知能指数てやつですか

671 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 22:07:18 ID:UUcXYaYUO
>>668
ゴッドスポットってなんだ?

672 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 22:10:21 ID:jna2+raL0
精神的に不安定な時(人)は、深くものを考えない方がいいね

673 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 22:13:36 ID:hrAzJ29fO
昨日の木スペで脳の第一人者がいってたんだけど
脳にゴッドスポットなる領域があるらしい
そこに電気刺激をあたえられた被験者は祖母を見た・声を聞いた・足を触られた感触があったとか言ってたよ

674 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 22:15:24 ID:PLEcpi+40
>>662
ゴッドスポット・同調性バイアス・共振現象について要約して

675 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 22:15:45 ID:U/0OIvvM0
>>673
そのゴッドスポットは側頭葉にあると言われているが、
問題は普通に生活していて側頭葉に電気刺激を受けるような場面が皆無
ということだな

676 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 22:19:24 ID:UUcXYaYUO
幽霊が電気刺激起こせるとか凄いな

677 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 22:34:16 ID:hrAzJ29fO
>>674
ごめん。ググッて
>>675
そこが大半の人が見えない理由だね
要は霊現象と呼ばれる事象を科学的に成し得るという事

678 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 22:41:15 ID:U/0OIvvM0
>>677
> 要は霊現象と呼ばれる事象を科学的に成し得るという事
まあいいけど、実証されるまではゴッドスポットも数多ある仮説の1つにすぎない
ことを自覚してね

これで幽霊現象が説明できたとするのは
筋肉組織を電流を流したら収縮するので人間は電気で動いていると
主張するようなもの


679 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 22:44:39 ID:UUcXYaYUO
ゴッドスポットが原因と考えるなら、外因性と考えるよりは、内因性と考える方が自然か?

680 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 22:49:54 ID:U/0OIvvM0
>>679
> ゴッドスポットが原因と考えるなら、外因性と考えるよりは、内因性と考える方が自然か?
違うでしょ

仮に怖れや願望のような心理要因でゴッドスポット部位が興奮して幻覚を見るとしても
原因はあくまで怖れや願望であって、ゴッドスポットはプロセスの一部にすぎない

ちなみに、「ゴッドスポット」なる部位って場所も正確には特定されていないのよ
「だいたいこの辺」ってぐらい曖昧なもの
神経細胞レベルで見れば側頭葉に他とは違う特殊な細胞があるというわけではないし
実際臨床例も足りてないのでゴッドスポットの存在自体を疑う学者もいるよ

681 :考え中:2007/10/05(金) 22:54:23 ID:u32s2tAT0
新しい言葉を聞く度に飛びつくのってどうなんだw
本当にちゃんと理解してるんかい、と。

682 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 22:58:20 ID:3k7C/YwKO
>>681
よくわからないから、みんなちゃんと説明を求めてるじゃん。

683 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 22:58:24 ID:/dRbY2tu0
よく落ち着いてクリアーなときに多角的に深く思考して物事が本質的にとらえらるようにして
自分ていう視点が定まらないと幽霊どころか、生きてる人も正しくは認識できないよね
このぐらい常識だ…よね  ぼくは自信ないけどね

684 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/05(金) 23:01:38 ID:d9HYGZG4O
時代はゴッドスポットなのか。


685 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 23:02:48 ID:UUcXYaYUO
>>681
何事も好奇心が大切じゃね?wwwww

686 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 23:03:48 ID:U/0OIvvM0
初期の頃の訳語では「(脳における)神の座」という語も使われてたけどね>ゴッドスポット
そちらの方がよほどセンスがよろしい

カタカナ表記はゴッドサイダーみたいでなんともいただけない

687 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2007/10/05(金) 23:04:56 ID:4wa3yZ/Q0
>>361
>つまり「幽霊が存在する証拠」があげられない=存在しない
>という考えでしょうか?

それは「幽霊は本当にいるのか?」という問いに、「いる」と言うからには、
「いるかいないか分からない」って連中(俺を含めた)を納得させなければならない訳だ。
だから俺は「いない」と言っている訳ではなく、「いるとは言えない」という立場なんだ。

>「幽霊が存在する証拠」とは、例えばどういう物ですか?

まず、「見える(又は見えた)」だけでは幽霊かどうかは分からない。
それは見えている(見えた)本人にとっても幽霊とは断定できないはずだ。
他者に、幽霊が見えることでしか知りえない情報を発表し、検証された時初めて
見たものが幽霊だったのだという証明になる。
意思疎通が出来れば尚良いし、喋る事が出来るのなら速攻だろう。
もし、自分一人で検証をし、証明すると、本人のみは確信出来るかもしれないが、
他者にとってみるとそれはまた信じるか、信じないかというレベルになってしまうだろう。

そして、何をもって「幽霊が見える事でしか知りえない情報」とするかだが、
それは幽霊が見えると主張する側によって様々な見え方がある様なので、
一概にこれこれこの様な情報を出せとは言えない。
煙の様なもので幽霊だと言う人もいれば、思考し、喋り、完全に生きた人間と変わらないという人もいる。
知りたいのは、何をもって幽霊だと断定したか、その根拠であり、
問題はそれが証拠になりえるかどうかという事だ。

688 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 23:06:26 ID:3k7C/YwKO
>>686
確かに「ゴッドスポット」って、ちょっとえっちな…


何でもない。

689 :青い猫:2007/10/05(金) 23:10:12 ID:KVOzMP9z0
すべて脳が原因で心霊現象が起こるわけではないと思います。
物質がひとりでに動き出すなどの物理現象は脳に起因するということでしょうか。
その点を完全に無視しているとしか思えません。

結局、分からないことを新たな言葉に置き変えているに過ぎません。

690 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 23:13:27 ID:3k7C/YwKO
>>689
>すべて脳が原因で心霊現象が起こる

こんなこと誰も言ってないと思います。
あくまで、「一因として」という認識に立っている人がほとんどでしょう。

691 :考え中:2007/10/05(金) 23:15:18 ID:u32s2tAT0
>>684
なるほど、時代だったのかw

692 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2007/10/05(金) 23:15:52 ID:4wa3yZ/Q0
>>689
物が動いた→あっ!幽霊だっ!

これはもっとヤバイ

693 :青い猫:2007/10/05(金) 23:21:30 ID:KVOzMP9z0
>>690
一因というのは、それは結果的にいわゆる幽霊、心霊現象ではないということになるのか、
あるいは、心霊現象は例えば、ゴッドスポットなる部位が司るとも言えるということでしょうか。

あなたの言う「一因として」とするスタンスが分かりません。
幻覚としての一因なのか、それとも本物の心霊現象としての一因なのか不明です。
つまり、分からないことを別の言葉に置き換えてお茶を濁していることになります。


694 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2007/10/05(金) 23:25:00 ID:4wa3yZ/Q0
幽霊居たい居たい病

695 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 23:25:04 ID:bLiG/6vQ0
ゴッドスポット=芸術的感性で物事の本質(究極的(神か)で無くとも)が視得たり
精神的に不安定な時に深く思考すると、精神の均衡がとりにくくなる
その結果、脳(精神?)に障害、発作(撹乱?)をおこし脳の特定の部分に緩衝がおき→霊の姿を見るという仮説
とも読める

696 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 23:29:03 ID:hrAzJ29fO
>>693
霊というものが立証されてないのだから、心霊現象と呼ばれているものの一因だと
濁すもなにも....

697 :考え中:2007/10/05(金) 23:32:21 ID:u32s2tAT0
DSでもやりながら時代が過ぎるのを待とう

698 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 23:34:21 ID:UUcXYaYUO
>>693
例えば、幻覚で人の姿を見たとする
見た本人は、幻覚と気付かずに、「あれは幽霊だった」と言うかもしれない
次に、本物の幽霊を見たとする
当然、見た人は「あれは幽霊だった」と言うだろう

と、「幽霊を見る」行為には二通りある事が分かる
仮に、ゴッドスポットがあったとして、ゴッドスポットが、
幽霊の全て説明する言葉ではないって事

>>697
考え中は幽霊否定派?

699 :青い猫:2007/10/05(金) 23:34:23 ID:KVOzMP9z0
>>695
随分と都合よく解釈されていますね。
「精神的に不安定な時に深く思考すると、精神の均衡がとりにくくなる」は、
同語反復では?
脳に障害を起こした結果、霊の姿を見るならば、
脳に障害を負った患者ならその可能性が増すことになりますけど…。
それなら網膜に障害を負っても見えそうですがね。

700 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 23:36:09 ID:3k7C/YwKO
>>693
ごめんなさい。
正直、こんなに複雑なレスを返されるほどの事を、
私は言ったのかという感じです。

「ゴッドスポットは、心霊現象と呼ばれるものの、一つの原因かもしれない」

言いたいことはこれだけなんですが…



701 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 23:38:52 ID:hrAzJ29fO
>>699
ドラッグやると幻覚・幻聴がよくおこると聞きますが

702 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/05(金) 23:43:31 ID:d9HYGZG4O
LSDでもやりながら時代が過ぎるのを待てばいいよ。

703 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 23:45:01 ID:bLiG/6vQ0
>>695
芸術家、作家、学者などは経年劣化と言う事か?>>699

>>699
そうかもしれない(幽霊が実在かどうかは別にして)ぼくは肯定的

>>701
それも実在か幻覚かは不明なはず(仮説のみ)

704 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 23:47:56 ID:+1YUa6PV0
>>687
お答えありがとうございます。
ん〜、やっぱり立証は難しいねぇ。私が霊能者なら良かったんだがなぁ。

705 :青い猫:2007/10/05(金) 23:48:50 ID:KVOzMP9z0
>>698
幽霊のすべてを説明する言葉ではないなら、何を説明しているのですか?
全然説明になっていません。
仮に、巷で言うところの幽霊を想定した場合、それが幻覚か本物かを言い出すと、
その判別は非常に困難です。だから、このスレではそれらが明確に区別されずにいるのです。
その結果、それらを次々と別の名称で指し示すしかないのです。

できれば、>>508を参照してください。


706 :考え中:2007/10/05(金) 23:53:19 ID:u32s2tAT0
>>698
 おれ自身幽霊といわれている類のものを
体験したことがあるので、現象としての存在は
疑ってません。
 それがなんであったと考えるかは、別の話ですが。

707 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/05(金) 23:54:58 ID:d9HYGZG4O
垂直が本物。平行が偽者。
わたしの勘によると、この判別方法はアリだ!

708 :本当にあった怖い名無し:2007/10/05(金) 23:57:49 ID:+1YUa6PV0
>>705
Gスポットを感じるには、外部からの刺激が必要だろ?
ゴッドスポット発動も、電気刺激が必要なんだろ?
その刺激を与えるモノが、幽霊なのかも知れないじゃないか。
それによって、姿をみせられたり、声を聞かされたりしてるのかも?

物体が動くのは、また全然違う力が働いているのかも知れないじゃないか。

どうして、複合的に物事を見れないの?

709 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:01:45 ID:tZoq9xVy0
実在か幻覚かよりも、この世界とあの世(霊界?)は別々な現象(異次元)と捉えるのがスッキリする
この世とあの世どちらも現代科学では実在性を立証出来ない(ひも理論仮説とか)


710 :青い猫:2007/10/06(土) 00:05:14 ID:KVOzMP9z0
>>708
バカげています。揚げ足をとるようで気が引けますが、

>ゴッドスポット発動も、電気刺激が必要なんだろ?
>その刺激を与えるモノが、幽霊なのかも知れないじゃないか。

つまり、幽霊は電磁場的存在、あるいは電磁場を操ることができるということ?
そうでなければ、幽霊は電気刺激だと読めますが。
これなら容易に心霊現象を特定できそうですね。

複合的に考える前に、事象を分解して整理するしかありませんよ。
それさえできていないのに、複合的とは言えません。


711 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:09:01 ID:avZ6pfNxO
>>508
人間の脳は現実と想像を100%区別できないという事を踏まえた上での発言なのですか?

712 :青い猫:2007/10/06(土) 00:11:03 ID:a1H15T+F0
>>709
あなたはどちらの世界にいるのですか?

その仮定に立つと、両方の世界が干渉することになりますが、
それなら両者を分けた理由が分かりません。

そういった議論はとっくに終わっているものと思っていましたが…。

因みに現代科学はあの世とこの世のどちらで使われていると思いますか?


713 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:12:01 ID:xoToZeZ9O
青い猫のレスが、非常に理解に苦しむのは俺だけ?

なんというか、一人だけ、焦点が全然別の所に行っちゃってると思う。



714 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/06(土) 00:14:43 ID:7L1m/xspO
修行していた僧侶が幻覚みて神を知覚したり
ドラッグ(LSDやPCPなど)で超越意識を得ることもある。
電磁波なくてもなるゴッドスポット現象。

715 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:16:49 ID:vgP7RznhO
>>706
なかなか難しい言い方だ
このスレの求める幽霊が何かは分からんが、
俺は、現象としてじゃなく、現象を起こす存在である幽霊がいれば面白い、と思う

不思議な体験の原因が幽霊だと思う?

>>709
他次元があるのは、紐理論テレビで見たからなんとなく分かるが、
確か、重力しか、次元と次元を遮る膜を越せなかったような
そうなるとスカラー波でも使うしかry

716 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2007/10/06(土) 00:17:42 ID:cVl3G0D60
牛のうんこからバニラの匂い成分が取れるって事は、まだ分かっていないだけで、
心霊現象も牛のうんこから出ている何かの成分が原因なのかもしれない。

717 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:17:46 ID:Jn8cs6Lv0
>>712
>その仮定に立つと、両方の世界が干渉することになりますが、
どうして、それがわかるのか御教授願えますか

> 因みに現代科学はあの世とこの世のどちらで使われていると思いますか?
この世でしょ

>そういった議論はとっくに終わっているものと思っていましたが…。
ひも理論仮説について御教授願えますか

718 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:18:41 ID:2qqiqSXs0
人の見えている物は光の屈折を、目を通して脳が認識しているに過ぎないので
機能的に脳が認識できていないだけで目に見えていない存在は多数存在している可能性はある。
それを踏まえて、屈折率や空気の密度、磁場の影響などでそれらが認識しやすい状態になっている場所もあると思う。
それらがスポットと呼ばれる場所では?

また、空気の様に、そこに存在はするが認識できない、もしくはしにくい物も存在しているわけだから、霊自体、完全に科学からかけ離れた不思議なものってわけでもないだろう。
理解できない=幻覚や気のせいってのは安直な考えの様な気もするが・・・

719 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:19:09 ID:a70hhUuc0
>>710
「幽霊の全てを説明する言葉ではない」の説明をしたつもりなんだけど。
わかりにくかったかな?

720 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:20:03 ID:vgP7RznhO
>>713
俺は自分の説明力の無さを改めて実感する

>>714
薬物に限らず、トランスを目的とするのは世界各地である
そこら辺に幽霊との共通点を見出だせればな

721 :青い猫:2007/10/06(土) 00:20:58 ID:a1H15T+F0
>>711
「想像」を字義通り解釈すれば、現実と完全に区別できます。
ただし、重篤な精神疾患を発症した場合はその限りではありません。
しかし、想像ではなく、「幻覚」若しくは「錯覚」とした場合、
それらを完全に現実と区別することは、健常者であれ主観的には無理だと思います。


722 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:22:07 ID:vgP7RznhO
>>718
幽霊は光学迷彩した未来人だったのか……

723 :考え中:2007/10/06(土) 00:23:58 ID:HgT5XZx90
>>715
幽霊とは現象そのものの呼び名で決まった解釈はない。
質問の意味はおそらく
「死んだ人の精神だけが独立活動しているもの」と思うか
ということだろうが、答えはNO。

 幽霊が死んだ人の精神というのは解釈の一例に過ぎない。

724 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:30:09 ID:2qqiqSXs0
>>722
元々五感では認識しにくい存在のもので、死んで肉体から解き放たれた事で精神体とかアストラル体とか呼ばれるものじゃないの?
それを認識するにはある種の六感的なものが必要でって事でしょ。

それを認識できる段階を次元で分けてるだけで、高次元が全く別の空間てわけでもなく、
3次元に干渉しない形で同じところに在り続けるものだとしたら、自縛霊とかもなんとなく理解できるわけだが

725 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:33:37 ID:Jn8cs6Lv0
>>712
> あなたはどちらの世界にいるのですか?

どこだろう、あの世(精神世界と認識しているので)と、この世、両方かな(電波飛ばしてあげようか)

726 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:36:16 ID:a70hhUuc0
>>721
UFOの番組、見なかった?
被験者20人だか30人だかに、飛行機とヘリコプターと謎の緑の楕円形を
描いた絵を見せて、何時間か後に「さっきの絵を描いてください」って言ったら
数人は緑の楕円形じゃなくて、はっきり円盤型のUFOの絵を描いたんだよ。
こういう現象を指して、想像と現実の区別がつかない、って事だと思うよ。
幻覚・錯覚を見たんじゃなくて、連想→想像→記憶みたいになる事もあるんだよ。

727 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/06(土) 00:38:24 ID:7L1m/xspO
人間は本来アストラル体であり肉体は器であり〜…ってやつかい。

728 :青い猫:2007/10/06(土) 00:41:01 ID:a1H15T+F0
>>726
そのような意図であれば、先に説明してください。
連想は想像ですが、それは現実を目の前にすれば容易に区別できますよ。
あなたの論理では、記憶は想像であると言っているようなものです。
記憶による錯誤と想像を一緒にしないで下さい。

729 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:44:20 ID:tp4d/hnFO
もう青い猫にレスしてスレの無駄遣いするのやめろ

730 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:45:43 ID:2qqiqSXs0
>>724
自分も全く同じ考え。
一般に幽霊とか霊現象とかって何パターンかあるっぽいし、全てを一つの物として見ようとするから矛盾が生じたりするんだと思う。
ぱっと思いつくのでも生霊、残留思念、霊魂など現象の異なる物が思い浮かぶし。
適当に想像するだけでも、生霊は魂と違い、強い想いとか思念体みたいもの。無意識に魂から生み出された分身みたいものかもしれない。大抵本人は気づかないらしいし。
残留思念も生霊と同じで、想いだけがそこに溜まり、影響されやすい感覚を持った不特定多数の他者がそれを認識するとか。
生霊と違う点は、生霊が一個人に向けられた想いってとこかな?
霊魂は死んで肉体から解き放たれた魂とかで、自我がまだ他よりもはっきりしてるなど。
怨みとか悔やみとか絡みで見えるものとかは魂そのものでない場合が考えられるね。

731 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:45:51 ID:tChaDFOP0
>>717
不特定多数に問う場合が「ご教授」
特定の人に問う場合は「ご教示」
と関係ないことを書いてみる

732 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:46:08 ID:a70hhUuc0
>>728
いや、スマン。また横レスなんだ・・・。
「そういう事もあるよ」って事だよ。いわゆる豆知識な。

733 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:46:41 ID:2qqiqSXs0
アンカーミスったw
>>723だったよ・・・

734 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:47:07 ID:vsw3I2x70
久々に分かりやすい自演を見た

735 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/06(土) 00:48:13 ID:7L1m/xspO
そういや青い猫ってシュールな名前だな。オカルティック。

736 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:49:27 ID:007u+HGB0
>>717
横レスだがいいかね

> ひも理論仮説について御教授願えますか
ひも理論仮説:

我々の宇宙は実は11次元

ただし4次元(縦,横,高さ,時間)以上の次元は
素粒子レベルのミクロの世界に折りたたまれてそんざいしている

折りたたまれた次元にアクセスするためには、非現実的なほど巨大な
エネルギーが必要なので実質的にアクセスは不可能

737 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:53:23 ID:hYUsGbDH0
>>736
仮説のご説明ありがとう。

738 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:54:16 ID:avZ6pfNxO
ニコラ・テスラならきっと....

739 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2007/10/06(土) 00:55:14 ID:cVl3G0D60
>>735
青い猫の霊を見て、導かれてついて行ったら何か昔の建物見つけました
みたいな体験談から入ってきた人でしょ

740 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 00:58:18 ID:007u+HGB0
>>737
うん、ひも理論仮説はれっきとした仮説であって事実ではない

ただし、ひろ理論と他の高次元仮説を統合したM理論については
現在スイスのLHCという加速器で実証実験の準備が進められているから
近いうちに科学的事実となるかもしれない
(逆に事実でないことがわかるかもしれないが、いずれにしろ白黒はつく)

741 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:00:41 ID:2qqiqSXs0
>>739
カケルくんに勇気をくれるあの青いのか

742 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/06(土) 01:02:06 ID:7L1m/xspO
>>739
おぉ、なんかその辺とばし読みしてたよ…。


743 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:07:27 ID:a70hhUuc0
あ、そういや、乱泥くんが「どのようにして幽霊と思ったか」に答えるわ。

私は3〜4才ぐらいに、多分初めての自覚できる不思議体験をした。
でも幽霊とかいう知識が無かったし、他の人も同じ様に体感してると思ってた。
それなのに、はじめは話を合わせてくれてたのかもしれないが、ある日いきなり
オカンに「変な事言うな!何もあれへん!」って怒られたんだよ。
それで、オカンに怒られたのと、みんなが体感してるモノじゃないって事がわかって
すごく怖くなった。布団に潜っても聞こえるから、大泣きした。
それ以来、オカンと一緒に寝たり、抱っこされたりした覚えがない。
結果、おばあちゃん子になって、お寺まいりとかが大好きに・・・これは関係ないか?

あれが幽霊だったんじゃないか?と思ったのは、ホラー漫画で得た知識から。
その体験はいわゆるラップ音で、普通「パキッ、パキッ」て音だと思うんだけど
「ドーン、ドーン」って太鼓みたいな轟音だった。そういうラップ音もある、て書いてた
のを読んで、あぁ、あれはラップ音だったんだ〜、て感じ。

744 :青い猫:2007/10/06(土) 01:09:04 ID:a1H15T+F0
>>740
折りたたまれた素粒子レベルのミクロな世界についての説明を求めてもいいですか?


745 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:09:54 ID:vsw3I2x70
安田大サーカスの霊かぁ、恐ろしいな

746 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:11:13 ID:tOgd2lVs0
ところで幽霊って何?

747 :里中美子 ◆UIiQ5N7wO6 :2007/10/06(土) 01:13:00 ID:7L1m/xspO
うちの二階から最近「ドンドンタッタッタッパリパリパリ…」ていう音がたまにするよ。

748 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:13:39 ID:d+RZm0QY0
>>746
御浸しにするとおいしいという事以外まだわかってない

749 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:14:18 ID:avZ6pfNxO
↓例え警視

750 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:15:02 ID:qLUMmG8Q0
幽霊なんてのは怖がりや暗示にかかりやすい人思い込みの激しい人
が、見る幻覚みたいなもんですな。霊が見えるとか言う人は一種の精神病でしょう。

751 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:16:11 ID:a70hhUuc0
>>745
今ならそう思うかもなw
でも当時も、どこから音がするんだろう?って窓から外をのぞいたり
押し入れのぞいてみたり、走りまわってたよ。お祭りだ!と思ってたからねw

752 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:20:32 ID:d+RZm0QY0
安田大サーカスのHIMO

753 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:20:56 ID:fakcLbeE0
ずっ〜と気になっていましたが・・・
ビリーズ・ブートキャンプ 47モアセッ! [ダイエット]

これに書き込んでる人って誰なんだろう?
幽霊の事考えながら、己の体型も同じように気になる人・・?


754 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:21:08 ID:QImO64jdO
ところでさ
説明うまい人って 簡単な言葉で短く説くよね

755 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:22:53 ID:tiJz75GC0
>>740
そのばあい物質の最小単位は物質として捉える事が可能か否かってことは、問題になってるのかしら?

756 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:26:33 ID:007u+HGB0
>>744
よく使われる例えはこう

数学の世界で1次元は直線で表される

しかし、その直線をミクロレベルまでズームアップしていくと
実は内部が中空のチューブ状物体だったとする
つまり、実は立体構造を持った3次元だったわけだ

しかしマクロレベルでは直線だと扱っても全く問題ないわけで、
交差やねじれの位置といった、直線に固有の性質も成り立つ

なので、本当は3次元(立体)なのに1次元(直線)として扱える
という意味で、3−1=2 次元分は
「ミクロの世界に折りたたまれてマクロな世界に影響を与えない」
と表現される

757 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:27:12 ID:qLUMmG8Q0
霊能者なんてのはサギ師の才能をもったスラスラでまかせを
喋れるという能力を持った人のことを言います。
そこらじゅう心霊スポットなはずの東京で霊に反応しないのがまずおかしい。
東京はどこでも東京大空襲や関東大震災で阿鼻叫喚の地獄などと表現するのも
なまっちょろいほどの光景が広がったのだから。

758 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2007/10/06(土) 01:29:43 ID:cVl3G0D60
>>749
見たくなっちまったじゃねぇか。
いまDVD全巻目次見直してみたけど入ってねぇ

759 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:31:40 ID:2qqiqSXs0
>>746
実際に見たことないけど心霊写真とか江原とかの話を聞いてるとあながち捏造とも思えないんだよね。
よくライフストリームとかアストラルラインとか霊子のエネルギーの流れが地球規模であって、
そこから魂が切り離されて人として生きて、死んだらまた戻るみたいなプロセスが描かれるけど、前世とかの話も含めたり魂レベルでの人格の融合の話とか考えるとつじつま合うよなとか思う。
そんで、その流れから一時的に外れた存在が霊としてさまよってるみたいな。
成仏するってのがまた流れに戻るみたいな。
元々霊とか集まって霊団とか言って融合したり、イメージ的にゆらゆらしてたりってのも頷けるし

760 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:31:54 ID:a70hhUuc0
>>757
ここは「霊能者は本物か」スレではございません。
「幽霊は本当にいるのか・いないのか」スレでございます。

761 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:33:58 ID:007u+HGB0
>>755
> 物質の最小単位は物質として捉える事が可能か否か
スマン、意味がよくわからない、が

とりあえず物質の最小単位はM理論はヒモということになっているw
そのヒモは波でもあり、場の状態などとも説明されたりするが
粒子性はほとんど失われている

一般に、物質を細かく分割していくほど
我々が生活するマクロ的世界で連想するような
物質の特徴は失われていくものらしい

762 :青い猫:2007/10/06(土) 01:34:10 ID:a1H15T+F0
>>756
なるほど、大変よく分かりました。ご親切にありがとうございました。
つまり、折りたたまれた世界から見れば、数学的な厳密性も満たしているのですね。


763 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:34:31 ID:tOgd2lVs0
だから幽霊って何?
いる/いないってことは人っぽいもの?そこは解明されてるんだ?

764 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:36:29 ID:d+RZm0QY0
>>757
自称霊能者は存在しますが、霊能者と認められた人は存在してませんよーっと     

765 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:40:05 ID:xOv6p7GX0
テレビなんかで幽霊を解説してるの見るとバカバカしくて下らない。
でも、オレはそれらしきものを可也はっきりと何度か見たことがある。霊魂説は
嘘臭いが、そういうものを見ることは、実際にあると思うよ。もっと現実的な理由
で誰かに解明して貰いたいもんだ。


766 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:43:12 ID:avZ6pfNxO
>>758
ニコ動へいそげ

767 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:43:59 ID:1mqVJGNh0
幽霊がいるとすれば、人は脳みそがなくても考える事ができるということになるのだよ。
だから能無しでも人は生きれるが脳みそが無いとちょっと厳しいんだ。

768 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:45:34 ID:007u+HGB0
>>762
> つまり、折りたたまれた世界から見れば、数学的な厳密性も満たしているのですね。
うん、>>756の例で言えばマクロ世界でも3次元(立体)として扱うことはできるが、
計算が複雑になるだけで、結果は1次元として扱った場合と全く同じになるから
便宜上1次元として扱うというね、つまり「折りたたまれている」とみなすのは
純粋にマクロ世界に暮らす人間(観測者)側の都合

自然はもちろんそんなこと知ったこっちゃないし、
全ての領域で3次元的記述で統一されたメカニズムを採用してるはず


769 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:50:09 ID:vgP7RznhO
>>767
幽霊は考えるのか?

770 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:50:47 ID:d+RZm0QY0
>>765
それっぽい何か別のものを見て、自分の中の幽霊のイメージによって脳内補完
なんてどう?たぶん納得はしてもらえないだろうなあ
人の記憶ほど不確かなものはない なんちって
人の記憶を抽出して映像化できるようなエロい装置でも発明されないと解明はできなさそう           

771 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 01:56:29 ID:2qqiqSXs0
>>767
魂つーか霊子の存在だとエネルギーに近いから、よっぽど高密度な存在じゃないと自我をはっきり保てなくて
大きな流れに取り込まれちゃうとかじゃないかな?
地球のプロセスに引っかかるか、死んだ時に近くにあった怨みとかに引き込まれちゃってそこに溜まるとか。
そしてどんどん溜まって名所と化すとw
んで、一固体一固体がきちんと自我保って世界に固体として確立するには、肉体という触媒が不可欠になり、
それには寿命という限界。時間の拘束があると。
まぁ生きてた期間が長いとか、中身が濃かった人はエネルギーとして大きい存在になり、
死んだ後もある程度自我を次に持ち越せるような存在になってってみたいな。
ちっぽけなヤツは取り込まれて自我なくなってくみたいな

772 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 02:01:43 ID:a70hhUuc0
例えるなら、幽霊とは、誰がこいたか判らないオナラの様なものなのか
はたまた、子供に叱っていたはずのオカンがいつのまにかオトンの収入に
愚痴ってる様なものなのか

773 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 02:05:16 ID:xOv6p7GX0
>>770
レス、サンキューです。
オレが見たのは、一瞬の錯覚とか勘違いじゃなかったよ。一例を上げれば、オレが昔
住んでいた家には、それらしきものが居た、出るのではなくいつも居たんだ、日常的にね。
勿論、家族みんなも見ているし、知っていたがその話は家族間ではご法度だった。
怖かったけど、ある意味で慣れてしまってもいたよ。



774 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 02:06:15 ID:d+RZm0QY0
>>767
幽霊=死者の魂って考え方は君が指摘したような事も含めて様々な矛盾やらオカシイ点がこのスレ内であげられてきた
しかし可能性の完全否定は難しいって事で死者の魂以外の要因をあれこれ検討してるのが現状かなあ

775 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 02:10:04 ID:avZ6pfNxO
なんでも人間を中心に考える事をやめた方がいいと思うよ
宗教観(霊とよばれている物)やモラルなんて人間がいいように作っただけだからね
自然界から観ると人間は負の要素でしかない
人類誕生が先なのか霊とよばれる物が先なのか?と過去スレに逆戻り

776 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 02:16:56 ID:2qqiqSXs0
ガイア思想だっけか、地球を1個の生命として考えるやつ
あれから見たら宗教って見方が偏ってるし、スケールも小さいな

777 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 02:17:02 ID:34kILP5E0
利一

778 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 02:23:05 ID:0iVpaNtA0
>>775 霊は人だけじゃないでしょ。

779 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 02:30:27 ID:2qqiqSXs0
動物霊とか樹齢何百年の木とかあと土地神とかも話にはあがるなぁ
自我保てないようなちっぽけな霊子はより小さい存在に定着するんでない?
前世虫とかあっても自我が小さくて魂の記憶として残りにくいから前世見たときは
一番自我がはっきりしてる存在の人間の記憶がみたいな

780 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 02:32:56 ID:nACOQM+c0
>>775>>776このスレの現実さえも視得ないやつって



781 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 02:36:47 ID:ei5fQOGI0
おめでたい

782 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 03:05:46 ID:w+njmh080
>>714
そういえばLSDって幽体離脱するんだってねマンダラとか観得るらしいし、WHO(世界保険機構)でも
麻とともに無害を認めてる(アルコールやニコチンに比べても)


783 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 03:06:13 ID:76h3gBiQO
幽霊は異次元空間に存在する。その扉を開くのはア・ナ・タ

784 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 03:18:14 ID:avZ6pfNxO
>>778
だよね
なにか気付かないかい?

785 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 04:03:17 ID:a70hhUuc0
「これをキメれば宇宙までトベる」っていう上質のブツを手に入れたのに、
一緒にキメてた弟が「スゲー!これ、重力が自由自在だよ!」って、
キャッキャ言いながら体を揺らしだしたんだって。
兄は宇宙までトぶ気マンマンだったのに、弟に引き摺られて重力と戯れながら
一緒になってキャッキャやってたんだって。
「高い金だしたのに、結局地球どまりだった」って、兄はくやしがってたよ。

「・・・幻覚だよ」なんて怖くて言えませんでした。

あと、ブリブリの状態で街を歩くと、あきらかに様子がおかしいから、通行人が
たまに「大丈夫ですか?」って声をかけてくるんだって。
心配してくれてるんだな〜、とはわかってるのに「コイツ殺してやろうか・・・」と
思うらしいよ。

「とりあえず、外には出るなよw」としか言えませんでした。

結論 : ドラッグ ダメ! ゼッタイ!

786 :考え中:2007/10/06(土) 04:56:24 ID:HgT5XZx90
ブリブリてなんだ??

787 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 04:56:52 ID:w+njmh080
凡人が宇宙まで飛んで行ったら帰ってこれないか、若しくは病院行きかもね、おっかない話だね
何でもほどほど限度ってものがあるのにね、って

788 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 07:27:55 ID:05pQCSQF0
きのう、まんこスレでずいぶん待ってたのに、ひとりしか来なかったなあ 卑怯な

789 :自夜:2007/10/06(土) 07:28:50 ID:8pIKSWIv0
LSDねぇ、私はLSDに関しちゃぁ推奨派ですね

たしかに、いいもんです
内っかわのタイヤが浮いても、コーナーすっ飛んで行けるもんなぁ〜

>>786の考え中さん
知らんのですか?
某王国の名前ですよ
首都はブーリー

790 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 07:39:47 ID:tI1CS6FS0
反重力CAR、ぼくも乗りたい


791 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 07:51:59 ID:hySWqIKW0
そーいえば昨日の麻じゃない朝、考え中さんが自分で始めた話途中でズラカッタあの話は、どうしたのでしょうか。

792 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 09:26:30 ID:oJUBhhF20
青い猫だの、40代だのが出現すると、レス消費が早いな。
やっと全部読んだよ。
てか一晩で進みすぎだ、お前ら。ww


793 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 09:28:04 ID:Et+oEmaL0
まあ、ポルターガイスト現象とかの物理的な現象の全ては
しっかり調査すれば科学的に説明出来る範囲の事だと思う。

そこに霊的なエネルギーが関与していないとは言い切れないが、
幽霊が直接の原因とするにはあまりにも強引すぎる。

例えば、仏壇に置いてあるタバコがよく倒れる不思議な現象があるとする。
仏壇にタバコがあると言う事は、タバコ好きだった人が亡くなったのだろう。
つまり、そのタバコ好きが存在していなけえれば、仏壇にタバコも存在していない。

かつて生きていた人の影響力を「霊」とするなら、仏壇にタバコがある事自体が霊であり、
科学的に説明出来る現象でタバコが倒れていたとしても霊が関与していないとは言い切れない。

アインシュタインの相対性理論なんかも、ある意味「霊」なのかも知れない。
霊とは生きていた人の余韻であり、その人が死んでも尚残っている影響力全ての概念?

とすれば、霊能力者とはその影響力を把握出来る人の事で、
脳に蓄積された記憶や感覚で得られる情報を非常に高度に分析する能力があるのだろう。

それだけの事は人間の脳では意識的に処理するのは難しいと考えられるから、
脳が作り出す「幻覚」を通して分析したり、ダウジングのように道具を使ったり、
あるいは本当に五感以外の感覚が敏感な人の中の、
さらに一握りのみが真の霊能力者なのかもしれない、と言う妄想。

794 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 09:39:06 ID:oJUBhhF20
>>793
概ね同意だが、一つだけ聞きたい点が。
「直感的な把握」って、どう思う?

霊能者に限らず、一般人でも、情報の整理整頓という手続きを飛び越えて、
瞬時に答えに辿り着くことがあるでしょ。
脳内情報処理が早すぎてそのプロセスを自覚してないという意味ではなく、
そこに存在し得ない情報を瞬時に的確にひねり出すって意味で。。

霊感のある人が、直感的に「ここは気持ち悪い」などといったりして、
何の根拠もないタダのデタラメだと思っていたら、調べてみたらそこで人が死んでいたりとか。

でも、誰かが死んでいたことと、気持ち悪いと思ったことは、直接の関連性はない。
情報の受け渡しも存在もない。
けれど瞬間的に近似した情報をひねり出してしまうことがある。

上記は仮定であるが、こういうケースが真に存在するのでならば、
情報という物の考え方を拡張する必要性が出てくると思うんだが。



795 :自夜:2007/10/06(土) 09:39:56 ID:8pIKSWIv0
改行部分を補完すると、縦読みになりそうな気がする

っていうのは置いといて、何故にそこに相対性理論が出てくるのか、判らない

796 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 10:03:21 ID:o+p9Da/00
このスレは確か幽霊を外的に客観的に誰もが確かめ合える形で、科学的検証に耐え得る物的確証を求めて
始まったと記憶しているが。
やっぱり自己の視点を磨かずにして度外視して幽霊を確認、認識することは不可能かも知れない。
たとえゴットポイントを刺激して幽霊が見えても、幻覚か実体か何をもって判断出来るのか、取り合えず役に立つのは
自己の認識力のみだ、もし仮に人知を超える者が、幽霊の世界に存在して居るとすれば、「隠すはずだ」
それは個人の尊厳、自由意志、成長を望んでいるからであろう、未知なる新たな事を発見する事のみが人の幸福かも知れないからだ。
したがって自らの意識(インナースペース)の中にのみ発見出来るのではないのか。
インナースペースの中にのみ実宇宙、霊界、霊人、神が存在するのではないのか、内的宇宙=実宇宙(異次元を含む)ではないのか。
したがって自らの意思、判断力、認識力のみを磨いて使ってはじめて発見できるものだと、とりあえず思う。

797 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 10:17:10 ID:o+p9Da/00
おっIDが、o+p9Da/00=おばけ+パー、ナインだおー、だお!

798 :考え中:2007/10/06(土) 10:54:26 ID:HgT5XZx90
>>791
なんだそれ??覚えがないぞ。


799 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:02:22 ID:o+p9Da/00
じぶんの感覚を大事にしたい、じぶんの生の感覚を説明するのには何万語でも出て来るし、無言ですむことも有るかもしんない、
一応40だいでした'


>>798
つっついに記憶障害ですか、そーですか。

800 :考え中:2007/10/06(土) 11:10:47 ID:HgT5XZx90
 研究データが欲しいなら
20億といっただろう。くだらん。

801 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:12:20 ID:o+p9Da/00
>>800
まとめてよ。要約して。

802 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:15:05 ID:6adwlV4u0
幽霊には寿命ありますか?
極端に古い時代の幽霊がいないのは
死んじゃうからですか?


803 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:18:23 ID:o+p9Da/00
>>800
ぼくやバカにも、わかるように説明してぇ。

804 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:19:13 ID:oJUBhhF20
>>803
それが人に物を頼む態度かよ。

805 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:20:17 ID:d+RZm0QY0
>>802
幽霊って生物なのか?

806 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:20:25 ID:o+p9Da/00
>>802
幽霊は寿命なんか無いから、幽霊。

807 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:20:59 ID:oJUBhhF20
逆に寿命がない物って何がある?
ちょっと思いつかないんだが。
神?

808 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:23:20 ID:o+p9Da/00
>>800
データの結論はいつごろ出る予定で御座居ますか?

809 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:24:34 ID:o+p9Da/00
>>807
うん。そうおもいます。

810 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:26:26 ID:o+p9Da/00
>>804
からむね。

811 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:27:10 ID:hIU3TiDtO
また40代湧いてんのかよ

812 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:27:12 ID:oJUBhhF20
>>810
子供じゃないんだから、礼節くらい守ろう。
ネタスレや馴れ合いスレならともかく、議論ベースのスレだぞい。


813 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:27:44 ID:oJUBhhF20
>>811
ほっときゃいいよ。
タダの寂しがり屋なんだから。w

814 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:30:52 ID:o+p9Da/00
>>812
すまなかった。

815 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:38:51 ID:o+p9Da/00
>>813
たくさんスレ汚しちゃってゴメンネ。

796のごたくについて何かご批判などございませんか。



816 :考え中:2007/10/06(土) 11:40:30 ID:HgT5XZx90
>>808
 データに結論なんてないが、傾向は示唆していると思うよ。

 30年後くらいにロシア語版で本でも書くか?ロシア版の次は広東語版でw
うーん、その次はハングル語かな。ああ、言語マスターするだけで人生
終わりそうだ。うっしっし。

817 :自夜:2007/10/06(土) 11:40:36 ID:8pIKSWIv0
>>802さん
だいたい生身の十倍くらいと思っていただければよいかと

818 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:40:46 ID:oJUBhhF20
>>815
いや、特に何も感想は抱かないけど。まあ、そういう一面はあるな、と思うだけ。
別にレスを控えてるわけじゃなく、単に今はスレを眺めてるだけ。
(過去スレ膨大だし)
しばらくしたら、誰かの燃料投下あるでしょ。w

819 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:41:10 ID:N890KzC20
ここはネタスレだよね。
不毛な議論モドキがネタだろ。

820 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:41:49 ID:oJUBhhF20
>>816
なんかよくわからんイヤミだな。w

>>817
・・・どっから出てきた数値よ、それ。w

821 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:42:23 ID:oJUBhhF20
>>819
いや、そうでもない。
不毛を楽しむ輩が多いのは確かだがね。w

822 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:48:35 ID:UKgiXGITO
信じるほうがバカと言う考え方は嫌いだ!!

でもここでは成り立つ

823 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:51:29 ID:d0EivpxF0
いたらいいな、と思うんだ。
知らない人の幽霊には興味ないけれど、
肉親だったらむしろたまに現に帰ってきて欲しい。
おばあちゃん会いにきてくれないかな。

824 :考え中:2007/10/06(土) 11:52:49 ID:HgT5XZx90
 幽霊のプロファイリングなんて、誰にも認められない研究だから、と
世間の人間は決して手をださない。でも、そういうデータベースがあれば
是非見たいという有象無象はかなりいる。
 自分で作るか20億で買うかしろ、と。



 まあ、そういうわけだな。

825 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:57:06 ID:o+p9Da/00
むやみに40代って、からむ人が多いから、このスレいちレスごとにIDかえちゃたゴメンネ、
バレるひとにはバレパレだったと思うけど、

826 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 11:58:27 ID:o+p9Da/00
>>824
いらないです。

827 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 12:01:10 ID:DchHisu80
ごめん
話の流れとは違うんだが聞いてくれ
洒落怖の【師匠シリーズ】ってあるじゃない
それで目の悪い人でも霊体はぼやけずにくっきり映る
らしいのね
けど別の話では目の悪い人がぼやけずに見える霊は
それは脳の見せる幻覚だとかなんとか

これってつまりはどちらが正しいの?
幽霊って脳の見せる幻覚なん?

828 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 12:01:10 ID:o+p9Da/00
>>824
いや、ただでも要りません。

829 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 12:06:41 ID:o+p9Da/00
>>827
このくだらないスレ我慢して読むと、答えが有るかも。

830 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 12:11:29 ID:UKgiXGITO
40代がどうとかさ
もう飽きたからやめてくんない? つまんね
80代のオレの身にもなれ

831 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 12:16:06 ID:o+p9Da/00
>>830
どうもありがと

832 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 12:19:32 ID:CocVwNPB0
>>807
クラゲには寿命がなかった気がする
つーても普通「クラゲ」って言われて思い浮かべるヤツじゃなくてポリプの方なんだが
そりゃ外的要因や環境の変化によって死んだり絶滅したりはあるだろうが
「コレだけしか生きられない」ってのは決まってなかったような
他にも単細胞生物とか発生が古い生物にはけっこういる…んじゃないかな

833 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 12:23:28 ID:oJUBhhF20
>>832
そーいや、ガン細胞も寿命がなかったっけ。

834 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 12:30:53 ID:o+p9Da/00
屋久杉は万年生きてるみたいだけど。

835 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 12:47:34 ID:o+p9Da/00
ねえ、誰にも言わないからコッソリ教えて、考え中って「星人」なの?

836 :考え中:2007/10/06(土) 12:59:51 ID:HgT5XZx90
 星人ってのは午後からの採血にそなえて断食して
ヘロヘロな人間のことか?

837 :停止しました。。。:2007/10/06(土) 13:06:25 ID:o+p9Da/00
>>836
そう、ちがうんならいいんだよ、

838 :考え中:2007/10/06(土) 13:17:53 ID:HgT5XZx90
多分探す場所を間違ってますよ

839 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 13:21:47 ID:Rbx1e5TU0
母親が俺を産んですぐ死んでしまったために、おれんちに母親変わりとして
いてくれたばーちゃん。小さい頃からばーちゃん子でいつも金魚の糞のように
くっついてまわってた。小さいながらにばーちゃんも死ぬってことが理解できて
わんわん泣いていたらばーちゃんが
「お前が心配だから死んだら絶対でてきてやるから、寂しい時には言うんだよ」と。
それからしばらくして親父が継母を貰った。とても意地の悪い女だった。
この女がきたからと、ばーちゃんは実家に戻ってしまいなかなか会う機会が無かった。
他県に出ていた俺が成人してしばらくして地元に戻って2年後ぐらいで
ばーちゃんは死んじゃった。それから4年たった今時折寂しくてたまらない時があって
寝る前にばーちゃんを呼ぶんだけど、今迄一度もでてきてくれない。
あの優しいばーちゃんが俺を見捨てる訳ないから、幽霊はいないよ。

840 :乱泥 ◆00phfaZFEA :2007/10/06(土) 13:26:39 ID:cVl3G0D60
>>785>>789
麻は良いけどケミカルはアウト
商売用に常習性高める細工がしてある
葉っぱでブリってSEXが一番

841 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 13:37:12 ID:oJUBhhF20
呼んで見えないと存在しないことになるのか。

842 :考え中:2007/10/06(土) 13:37:43 ID:HgT5XZx90
実は薬中の巣窟なのか?そうなのか?

843 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 13:38:21 ID:oJUBhhF20
>>842
巣窟って言葉の意味、しらべろ。w

844 :考え中:2007/10/06(土) 13:43:58 ID:HgT5XZx90
 ブリがなんだか気になる。
ツンデレしてる女とかヨタヨタしてる爺は見かけても
ブリブリしてる奴は見たことがない。
 一本釣りされたブリみたいな状態か?

845 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 13:45:37 ID:vsw3I2x70
ブリンセスブリンセスしてる奴のことだろ

846 :停止しました。。。:2007/10/06(土) 14:09:30 ID:o+p9Da/00
>>839
今日はひさびさに、ジミヘンのエレクトリックレディイランド聞いてと

847 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 14:22:18 ID:a70hhUuc0
おばあちゃんがガンで後半年もたない、と宣告された時、おじいちゃんは
少しおかしくなった。早朝に近所を徘徊(といっても、行く場所は大体、親戚の
家か近所のお寺)したり、家にいるのに「ここは家と違う。早く去のう」とおばあちゃん
に言ったり、夜中、たたみを犬が土を掘るみたいにガリガリやりだしたり。
ケアセンター(っていうのか?)で預かってもらい、やっと落ち着いたおじいちゃん
に、その時の様子を聞いた。
「真っ暗な闇の中に居たんだ・・・。(徘徊を)止める奴らを、なんで俺が帰るのを邪魔
するんだ、と思って腹がたった」と言っていた。

おばあちゃんが亡くなり、その半年後におじいちゃんも亡くなったので、もう詳しく
は聞けないが、薬中>>785とボケの幻覚の見方はこんな感じだ。
残念ながら、今の所、精神を病んでいる人は身近にいないので、詳しく知る事が
できない。
幽霊を見る人は、どんな感じなのだろう?幻覚との違いは?

848 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 14:26:18 ID:oJUBhhF20
>>847
幽霊を見たかどうかはしらないが、こういう話なら聞いたことがある。

肺ガンが脳に転移し、脳腫瘍になった人がいる。
その人が死の間際、二人の人間が常に見えると言っていた。

その二人を「神様」とその人は言っていた。
神様は最初、自分と距離があったそうな。
でも、ドンドン、ドンドンと自分に近づいてきた。
その人は「神様」を見て、何故か安心感を覚えたそうだ。
「神様」二人の風貌や容姿は武芸者風?だったとか。

神様を見るようになってまもなく、その人はがんで死んだ。
俺の兄貴だ。

849 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 14:33:00 ID:oJUBhhF20
ちなみに。
どんなに願っても、どんなに呼んでも、俺は兄貴の死後、その姿を見たことがない。
気配も感じたこともない。でも、彼の魂はあると信じてる。
でも、幽霊があるかどうかはしらない。w

でもなあ、ただ、いちどだけ、変な話を聞いたことがある。
兄の家の隣にすんでいた男のから聞いた話だ。

兄の葬儀がすんでから10日位してからかな、その子が
「おじさん(兄)が家にいたよ」といきなり行ってきたそうな。
甥を遊びに誘いにきたその子は、玄関をで呼び鈴を鳴らして待っていた。
そしたら、開いていた窓から「おじさん(兄)」が現れて
「誰もいないよ」と、答えたそうな。
その時間、兄の家族全員出払っていたので、家には誰もいなかった。
ま、なんかの見間違いだろうさ。きっと。



850 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 14:35:55 ID:oJUBhhF20
>>849
×兄の家の隣にすんでいた男のから聞いた話だ。
○兄の家の隣にすんでいた男の子から聞いた話だ。

851 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 14:40:45 ID:a70hhUuc0
>>848
お悔やみ申し上げます・・・。

知り合いのお父さんが亡くなる寸前の言葉が「タキシードの人が迎えに来たから、
俺はもう行くわ」だったそうだ。そのお父さんは、脳には損傷が無かったみたいだが
これも幻覚の一言で済ませていいのだろうか?

自称霊能者の話を本なんかで読むと、命に関わる事故を起こした後とか、
大きな手術の後このチカラに目覚めた、というのが意外にある。
こういうのは、脳の損傷に関係あるのではないか?と考えてしまう。

852 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 14:46:55 ID:oJUBhhF20
>>851
いえいえ、もう大分前の話ですし。
脳腫瘍が出来た時期と「神様」を見た時期はピタリと一致するんですよね。
あと変な霊感まで出てきて、当てなくて良いことまでズバズバ当てたりもしてました。
失せ物探しから、方角当て、自分の死期とかね〜。後で振り返ると、恐ろしいほどの的中率でしたわ。

脳腫瘍と、死が近いことと、これらの物当てや変なモノを見ることが関係アルかどうかは分かりません。
ただ、そういうことがあったとしか言いようがない。w

853 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 14:56:29 ID:a70hhUuc0
>>852
ご近所の男の子の話といい、何か神秘的なものを感じてしまいますね。
お兄さんの霊感については、他人の私としては、どうもSFチックな考えに
なってしまいます。
お兄さんには、どんな感じに見えてたんでしょうね。
実際「見える」のか、「閃く」感じなのか・・・

854 :考え中:2007/10/06(土) 14:57:26 ID:HgT5XZx90
>>852
 「特殊ではない」という方を仮定して固定すると
論理的思考を系由せずに判断する力は誰でも基本あるが
既成概念や普段よく使っている思考順序に押し流されて
それが力を発揮できないのではないか、と思われる。
 一見論理を超えた予言のようでも、状況証拠を積み上げる
ことで漠然と予測できる場合は多い。その根拠の説明し難さに
発言しなかったり、本人の中で捨て去ったりされている可能性
がある。
 
 これは「男なのに女の感がある奴」といわれている俺の実感。


855 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 15:04:06 ID:oJUBhhF20
>>853
見え方を聞いたこともあるんだけどね。
いつも眼が圧迫された感じで、目の焦点が合わず文字を読んだりするのが辛いと言ってた。
(脳腫瘍の位置と眼の圧迫は関係あったそうな by医者)
で、ぼー、としたしかいのなかで「神様」がみえるんだって。

>>854
いや、アレは予測とかそういう範疇じゃなかったね。
なんら情報のないところから、唐突に場所を言い当てたりしたから。
前情報なんか与えないで、イキナリだったからね。
文字通りの直感。これが又当たるんだ。
競馬で一山当てて、治療費に充てよう!と、冗談言うほどだったな。w

856 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 15:13:42 ID:oJUBhhF20
あ、言うまでもないですが、これは「お話」ですから。
俺の体験談だけど、これが事実だったと見せられるような証拠も何もないしね。
信憑性がもてない、ネット内のでの単なるお話とご了承下さい。

857 :考え中:2007/10/06(土) 15:15:18 ID:HgT5XZx90
>>855
 現象としての可能性は否定しないけどね。

 脳機能が腫瘍や外傷で全く違う機能を持つというのは
考えにくいと思うんですよね。つまり、脳にはそもそも
そういう機能を構築する仕組みがある、と考える方が
突如腫瘍や外傷で全く違う機能構造になる、とするより
考えやすい。
 どこまでが状況情報で予測しうるのか、というのは
当事者でないと判断のしようもないけれどね。

 俺は割と口がたつほうなので、感的な判断も
きっちり理由を説明しちゃうけど。

858 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 15:20:00 ID:oJUBhhF20
>>857
うーん、脳が全く新しい感覚や認識を獲得したとは私も思わないですよ。
それこそ>>854でいっていた「論理的思考を系由せずに判断する力」じゃないかな、と思う。
で、実はこの力が、考え中殿が今想定してるキャパを遙かに超えて、
実はとんでもない可能性があるのかも知れない、って、SF的に捉えることも出来ますな。w


859 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 15:30:52 ID:oJUBhhF20
↓電波中↓仮説ですらない↓電波中↓

実は我々は、かなりの情報を遮断し続けてるんじゃないか、って気がする。
脳が正常に働いてるときは、情報を適切に遮断し続けることが出来るのじゃないだろうか。
個人個人の基準に合わせて、見なくて良い物、聞かなくて良い物、感じなくて良い物を、
脳は遮断し続けているんじゃないか。
それがあるとして、そして脳のフィルターが壊れることがあるとしたら。
見えないように脳が添削してくれていた情報が、イキナリ見えるようになってしまう。
別の言い方をすれば、脳は一種のフィルターであり、或いは拘束具のような物とも見なせるわけだ。
脳が情報を遮断し続けている。そういう風にも考えられるわけだ。


↑電波中↑仮説ですらない↑電波中↑

860 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 15:41:45 ID:oJUBhhF20
↓電波中↓仮説ですらない↓電波中↓

直感という物がある。インスピレーション、霊感とも言う。
何ら情報を得ることなく、それでいて的確に問題の答えを見つける能力のことだ。
無から有を創造する神の如く、直感は突然に答えを作り上げる。
失せ物、行方不明者の居場所、数学の回答。
直感により得られた答えは、外部から情報としてきたのだろうか?
それとも脳内部で想像された物なのだろうか?
もしも外部から来たのだとすれば、その情報はどのようなメディアにのり、
どのような経路で脳内に伝達されるのだろう。

この未知の情報メディアと伝達経路が存在するのであれば、
見えるモノにだけ見える死者の姿、というのが容易に説明が付いてしまう。
知り得るはずのない情報を知る能力。
その情報が視覚によって再現されれば、死者の姿となり、
その情報が聴覚によって再現されれば、使者の声となる。
見えざる情報メディア、ありえざる伝達経路、そして脳による幻の処理。
これらが存在するのであれば、さまざまな情報が空間を行き来することを肯定することが出来る。

情報が外部からではなく、内部からだとしたら。
世界は、人は、その心の内部でそれぞれに繋がっていると言うことになる。
人は皆、情報の大海を内包する存在と言うことになる。

↑電波中↑仮説ですらない↑電波中↑

861 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 15:43:10 ID:a70hhUuc0
>>859
確かに、子供の頃は(心霊的な)経験したけど、大人になってから無くなった、
って話はよく聞きますね。考え中さんもそうでしょう?
私もそんな感じです。大人になってからは、死産を言い当ててしまった事が
あって(死因まで合致)、それ以来遮断してる感じ?です。
理性とか一般常識によってフィルターがかけられる、てのも有る様な気がします。
・・・っつーか、壊れてたのが直ったのか?あれ?
私も電波だった、て事か・・・

862 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 15:47:15 ID:oJUBhhF20
>>861
電波ついでにもう少し言えば、脳腫瘍やアルツハイメル(いわゆるぼけ)により、
脳が正常に働かないからこそ、脳のフィルターが正常に働かなくなり、それまでとは違う景色が見えたのではないか。
そんな気がするんですわ。

・・・何度も言いますが、タダの電波ですからね。w

863 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 15:59:22 ID:S8RL0pqHO
幽霊がいるなら魔法使いもいるだろうね

864 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 16:01:09 ID:oJUBhhF20
>>863
うん、魔法使いはいるよ。
そっちの方が確実に確認できる。


865 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 16:03:01 ID:UKgiXGITO
>>863
これまた強引な話しですな

866 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 16:12:20 ID:hIU3TiDtO
で、この電波な流れはどうすればいいんだぜ?

867 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 16:13:14 ID:oJUBhhF20
>>866
んー、自然消滅を待って貰うしか。
てか、すまん。w

868 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 16:21:09 ID:xoToZeZ9O
直感とか第六感てのは確かに不思議だよなぁ。


869 :本当にあった怖い名無し:2007/10/06(土) 16:31:05 ID:a70hhUuc0
私もスマン。
軽々しく幻覚って言葉が度々出てくるので、実際幻覚を見ていた人の行動を観察して
どういう状態だったのかを本人に確認した、私の体験談を書いてみたんだ。
そこから違いが見えてくるかな?と思ってね。
中々、幻覚を見ているが理性の残ってる人に接触する機会がないから、
サンプルとしては少ないけど。

275 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)