5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【古くても】20年前後のオーディオ機器【味が有る】

171 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/09/29(土) 13:58:41 ID:q4YEfes8
「容量が抜けるコンデンサー」はアルミ電解コンデンサーの事を指していて、
このアルミ電解コンデンサーとは、アルミの酸化膜に静電気を貯める。
アルミ酸化膜は最高の絶縁とキャパシタ特性を持っているのだが、そのままでは物理的な安定した状態にならず、
間に電解液を染み込ませたものを挟み、さらに電圧を掛けて化学反応で生成する。
ただし、この電解液もまた物理的に安定せず、蒸発しガス化したりして不安定になると
最悪の場合はアルミの酸化膜(絶縁体)が生成出来なくなりショート。あるいは電解液(導体)が無ければ通電しなくなる。
そうでない場合でもキャパシタ容量が抜けているような状態になる。
(コンデンサーは直列の場合、直流は流れず交流は流すのだが、容量が多いものほど
周波数の低い交流(低音域)が流れやすくなる。)

ちなみに、OSコン等の固体電解は、この酸化膜が自己回復する反応が液体のものより多少時間が掛かるが、
電圧が掛かっている内は漏れ電流はまったく問題ない。
更にこの固体電解はとても安定してるので、容量が抜ける事はまず無い。



49 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)