5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【箱鳴りの】Harbeth part6【美学】

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2007/07/24(火) 11:57:53 ID:MzZVE+sQ
>>1 です。勝手な私見ですので軽く読み流してください。もう現れません。放置?

厳選木材を十分枯れさせた板を使えば、綺麗に箱を鳴らすことができると思いますが
それも簡単な事ではないでしょう。コストもかかります。
また温度湿度や個体差等のクオリティー・コントロール上も問題がのこります。

それが、箱を鳴らすスピーカーが昔に比べ減ってきた原因だと思います。
宣伝文句も都合に合わせ「忠実なトランスデューサー」を前面に「正確な音」を売り物に
今までの「楽器のようなSP」はソースにない音が出ますが、それを「ノイズ」扱いしたり

初期のハーベスは薄い合板を使用し箱を鳴らしていますが適度にダンプしています。
この「適度のダンプ」がハーベスの命。

私はHL-Compact、HL-5が傑作だと思っています。(多くの人に受け入れられるの意)
それ以前は鳴らしすぎで古いジャズ位は聞けたがロックやフュージョンは無理。
構造も前面バッフルがネジ止めに変更されTWもハードドームに。(アランの提案でしょうか?)
でも「適度のダンプ」は伝統の延長でした。

それ以降はアラン独自の「適度のダンプ」で低迷期を迎えた。
音だけに限ると、HL-CompactとHL-Compact7は全く共通点のない別物にしか聞こえません。

以下省略 (詳しい人、気が向いたら追加や間違え訂正等よろしく!)

41 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)