5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

東北戦国史

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 12:56:00 ID:cv7vEs41
東北の戦国時代について語ってみましょう

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 13:00:27 ID:rxEbHwiO
東北は政宗が出るまで、本当に緩い。

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 16:18:50 ID:T+G37EEn
東北は室町時代そのままで止まってた
新興勢力なんて皆無だし
南北朝時代から変わらずのんびりやってた。

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/11(日) 23:25:01 ID:k6fj4IxF
取りあえず出羽スレと陸奥スレのリンクぐらいは貼るのが礼儀じゃないのかね?>>1

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 19:28:06 ID:BjjuyMja
 

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/12(月) 22:16:52 ID:4C94u50R
【大崎】陸奥の戦国大名【伊達】
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1142779469/
【最上】出羽の戦国大名【秋田】
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/warhis/1124265865/

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 01:37:02 ID:fi3EAhWt
鎌倉将軍に奥州藤原氏が討伐された時もそうやったが、
東北への仕置は、天下統一事業における刺身のツマみたいなもんやね。

信長に構って貰えた長曾我部のがまだ扱いはマシやった。

8 :勇魚 ◆Cl39TXJnDE :2006/06/13(火) 22:54:27 ID:xozMGymP
いえいえ東北を押さえなければ終われないんですよ( ^∀^)

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/13(火) 22:56:06 ID:/R1fZrZR
大名間の血の繋がりが濃いよな

10 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2006/06/13(火) 23:08:06 ID:/O8kODLu
例えば伊達の血を引いてない大名当主とかは挙げにくいね。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 09:23:15 ID:50FeV5DV
奥州仕置以前の、東北の戦国って・・基本的には、
“南部一族の内乱”
“伊達を中心にした親族間の争い”
“出羽の豪族間の小競り合い”
でしょ?

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 11:01:12 ID:NT/+t3Ag
九戸政実

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 13:56:48 ID:pDfMrxKY
↑の人物は一揆起こして、実際の戦闘半日で落城寸前になった話を、
小説によって名将、智将あつかいされて、蒲生氏郷を苦しめたと捏造された人物?

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 19:51:01 ID:NMCf5z7H
>>11
伊達は色々と兵出してたけどな


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/14(水) 23:42:44 ID:R/PgRBAJ
戦国時代の定義が応仁の乱以降なら色々あるだろ
湊安東氏の衰退と檜山安東氏の隆盛とか

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 18:22:56 ID:IgTwT+SJ
葛西と大崎の不毛なる小競り合い

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 19:31:40 ID:ns2idaZZ
留守、国分の小さな小さな小競り合いw

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/15(木) 21:40:01 ID:IgTwT+SJ
>>17
黒川も仲間に入れてあげては

19 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2006/06/15(木) 21:56:36 ID:1nX35xG8
>>16
晴宗から見たらどっちも弟。

>>17
輝宗から見たらどっちも弟。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 02:20:47 ID:aRtcTynf
葛西と大崎は昔からやってただろ
そこにつけ込んだののが伊達じゃないか

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 02:21:37 ID:aRtcTynf
留守、国分の争いも伊達は後から入ってきた
伊達の血は関係ない

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 04:13:01 ID:qvquay2A
>>13
蒲生は苦しめられて無いが、南部は苦しめられてたな。
対応できなくなって援軍呼んでるし。

>>7
奥州は絶対後回しなんだけど、だけど絶対押さえるよな、どいつも。

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 04:39:53 ID:mbQSgRTH
後回しにしても楽に抑えられるからな。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 11:26:32 ID:T6yjcYKk
陸奥、出羽、蝦夷はしょぼいからな、今もか

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 14:43:01 ID:/GvMRQfg
奥州、羽州は天下の趨勢にはあまり関係無い僻地だからな。
重要度、優先順位は地方別だと最下位だろ?
天下統一の最後のシミ見たいなもんだろ。
とってもとらなくてもどうでも良いが、天下統一ならやっぱり全部統一したいからな。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 15:15:17 ID:IdBVqOl+
>>13
善戦はしたけどな・・

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 15:25:47 ID:Wx2XNUwI
京都から最も遠い地方ってのがネックだな
日本海経由なら結構近いので交易は盛んだが、軍隊は送れない
結局北畠顕家を持ってすら、遠征による疲労は如何ともし難かった

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 15:28:10 ID:x7rySkD7
超僻地だからな生産性低いし

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 15:36:07 ID:ySMXIhgI
佐竹の秋田国替えのとき

出羽は雪深く寒さ厳しく、未開の地で人口が少なく、生活水準は低く、領民は貧困と思い込んでいたが

見ると聞くとは大違い、町は整い、人家も多く、町民に貧しさは感じられず、
水田は広大で、道路や水路も良く整備され、開発状況は進んでいた、そうだ

おかげで佐竹藩の実力は30万石以上といわれたそうだ

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 15:38:24 ID:/GvMRQfg
26
善戦もまったくしてない。
太閤軍に対してはな。
実際の戦闘はたったの半日、そこで降伏。
しかも籠城してて。

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 15:45:22 ID:/GvMRQfg
佐竹の記述は想像より大分ましだった。
程度だと思うけどな。
常陸五十七万石からの国替えだからなぁ。
かなりのサービスが入ってると思う。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 15:55:59 ID:ySMXIhgI
でもね佐竹の旧領奥七郡は、山がちな地形だし
常陸全域を治めたのは、短期間だし
出羽も悪くないと思ったんじゃ

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 16:01:04 ID:/GvMRQfg
そうかもな。
開き直りもあるだろうし、海運もある。
梅津とか有能な被官もいたから、開発する余地もまだまだある。
と評価してたはずだから。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 18:59:19 ID:Wx2XNUwI
海運があったのは大きかったろうね
愛季、実季の二代で都市整備が進んでいたのも大きかったろうし
義宣自身も渋江や梅津を使った改革する気満々だったし

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 20:01:27 ID:/GvMRQfg
佐竹がやるき満々で領地経営しようとしてたかはわからない。
同じ関ケ原削減組の毛利、上杉は旧領からの家臣を削減しないように、するためかなり頑張らざるおえないが、
佐竹はサックリ切り捨ててるから。

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 20:24:56 ID:Wx2XNUwI
サックリ捨てれるからやる気満々なんだよ

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/16(金) 20:59:02 ID:rdkica99
安東の遺産があったのにあっさり酒田に抜かれた佐竹

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 03:19:21 ID:1BUA9JcR
東北はなんだか華がない

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 12:45:15 ID:iS5KvQJI
>>30
ヒント 勝者の歴史

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 14:50:34 ID:wy/Bopv2
>>36
それに引き換え、佐竹の旧領常陸北部をついだ水戸家は貧乏、領民も窮乏

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 15:17:11 ID:KIv44OHy
>>39

苦戦したのは南部勢。
伝承と小説の俗説
たしかに数週間城を囲んでるが、氏郷は本陣に居ない。
秀吉の支持待ち、根回し、伊達の動向調べたりして居ない。
本陣着陣後直ぐ総攻撃。
これが実態。
小説は恐いね。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 15:22:43 ID:jupOda8x
戦略的待機を苦戦とけなされるから、千石久秀は戸次川を渡ったのさ!

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 21:44:05 ID:cSyNjose
越後>>>>>>>>>>>出羽>>陸奥

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 13:47:35 ID:wOZK44eV
むしろ南北朝時代のほうが熱かったりもするからな

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 13:48:29 ID:G2NBb35w
北畠の直轄兵は関東武士だけどな

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 15:30:54 ID:9PTVnzhY
そう?

鎌倉御家人ではあるけど、
結城宗広は父祐広の代から白河にいるし
伊達は朝宗の代から陸奥にいるでしょ

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 21:42:35 ID:Ic+X8VJg
秋田安東氏スレ
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1150607228/

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 02:00:32 ID:GcYofsso
茨城栃木は東北だから伊達も結城も陸奥出身だお

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 06:13:43 ID:7MOFXTFf
関東の支配者も元は畿内からおりていった人達だろ

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 11:13:19 ID:YqF7QtWp
たとえば
結城・・・小山氏←秀郷←北家魚名
伊達・・・山陰←北家魚名
大崎・・・斯波←足利←清和天皇
葛西・・・平良文←桓武天皇
南部・・・加賀美遠光←武田←清和天皇

京の人ですね

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 14:51:26 ID:Z6XlPt5e
安東さんは正真正銘の蝦夷です、はい

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 15:57:01 ID:Eu29+hVb
古代も中央から降りてきてるぞ
秋田辺りは違うのか?ありえないのだがw

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 16:10:14 ID:Z6XlPt5e
古代ってか神代の話だが
安東氏の先祖は自称?長髄彦の兄安日王だよ
安日王は神武天皇に長髄彦が討たれた後、北海浜に放逐され、蝦夷の祖になったとか
安東氏は 俘囚の長であるかの安倍を名乗っている

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 02:12:51 ID:aRNAtG5+
はいはい神話神話

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 15:34:24 ID:owu5lGr8
他の大名が源氏や藤氏を名乗るなかで
(なかには百済聖明王の裔ってのもいるがね)

オレは 蝦夷 の後裔だあー
と名乗ってることが大事と思う

蝦夷管領以来の役目をよく自覚していると思われるし(当然うまみもあるわけだが)
血に対する誇りもあるんじゃないかな

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 17:56:58 ID:r5V/IgFp
明治天皇に啖呵切ったからな>秋田氏

57 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2006/06/22(木) 21:18:48 ID:EfeDfBsa
それなら蜂須賀もだ。

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 09:37:18 ID:qTHjeON7
>>56
調べたら出てきた話、これのことでしょうか?

秋田家が子爵になったときの話
宮内省は朝敵長髄彦の兄安日王の子孫では困るぞ
系図を書き換えなさい、と命じたとか

それに対する秋田の返答
当家は神武天皇御東征以前の旧家といふことを以て、家門の誇りといたしております。
天孫降臨以前の系図を正しく伝へておりますものは
憚りながら出雲国造家と当家のみしか無いのでございます。

と拒否したとか

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 12:21:28 ID:a2OzK4jt
そう
だがな、秋田氏よ、お前の直系は四代目藩主の時に途絶えて久しいじゃねーか
とかいうツッコミは禁止

60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 13:18:19 ID:qTHjeON7
荒木高村も秋田一族じゃねーの?とツッコミ返しておこう・・・なんてね


どのみち 戦国板 の時代とは関係ないしね

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 15:39:26 ID:a2OzK4jt
本家から見て女系だし、第一、血統から言えば季成でしょ?やっぱ
結果お家騒動で家格が下がってるしなー

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 15:58:23 ID:qTHjeON7
>>61
くわしくなくて申し訳ないです・・・

結構有名みたいですね、この騒動

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 22:35:24 ID:RRkh3DAO

http://www.geocities.jp/link_castle/war.html

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/25(日) 01:19:10 ID:8FNkpYwe
宮古のあたりはどうだった?

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/26(月) 15:29:35 ID:N5ClZGxM
>>64
南部の勢力圏

閉伊や土岐などがいたが、南部に滅ぼされた

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/27(火) 06:22:55 ID:mWdO/g4k
ttp://www.geocities.jp/link_castle/nenpyou.html

67 :勇魚 ◆Cl39TXJnDE :2006/06/28(水) 21:48:27 ID:RM/mHNcC
>>64
二十七代城主閉伊薩摩守重朝が天正六年(一五七八)に亡くなり、領地は楢山氏に移りました。


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/02(日) 00:31:22 ID:/G43enYH
十五里原の戦いについて詳しく教えてください

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 02:57:36 ID:WUbkrIgH
天翔記で南部ファンになりました

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 15:00:14 ID:3Xi8BDOk
天正十五年(1587)九月、最上・東禅寺勢に攻められ、上杉方の大宝寺義興守る尾浦城落城、
義興自刃、庄内が最上の手に落ちる

天正十六年(1588)正月、本庄繁長庄内出陣
八月十五里原で本庄繁長・義勝ら上杉勢と東禅寺義長ら最上勢が対決
繁長が東禅寺の夜討を察知して反撃
東禅寺義長討死

秀吉にも公認され、庄内は上杉に手に

と詳しくないかな?


71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 13:11:19 ID:HPo1UOz5
本庄大活躍だな。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/08(土) 17:22:01 ID:UdXNmcOJ
あげ

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/12(水) 23:41:23 ID:TOfKt/Mw
揚北衆は東北戦国史に深く関わってるよね

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/13(木) 03:15:49 ID:JUB67heI
天翔記には天童氏とか千徳氏、本堂氏とかも出てたんだな

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/13(木) 16:06:34 ID:AHjEoA4W
>>73
越後は隣国だからね
信濃からみた上野みたいなものかな

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 16:22:08 ID:qbmmhAek
東北はレベルが低いと言うより室町時代そのままで止まってただけ
新興勢力なんて皆無だし
南北朝時代から変わらずのんびりやってた
そこで伊達だけ暴れて無意味な戦繰り返して
非常に迷惑なわけで…

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 17:28:01 ID:+L2XLloa
室町時代初期頃、孤独にで暴れてる豪族あったね
周辺の領地に侵攻したり鎌倉府と戦ったり伊達という豪族だったかな
迷惑なんだよな

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 17:51:09 ID:XmsMv43/
奥州探題なんて浦島太郎みたいな肩書きをもった
大崎氏は秀吉にあっさり潰されましたね。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 19:28:50 ID:y9MoOWNx
いや由緒だけは奥羽一だよ
大崎氏

80 :あぼーん:あぼーん
あぼーん

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/31(月) 15:01:20 ID:dLAkCeci
東北には浪岡御所とかもいるし

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/31(月) 19:01:22 ID:Pv4Ipg/F
伊勢の劣化北畠
南部も武田の劣化か

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/01(火) 15:40:46 ID:PepjP9zi
だが浪岡御所は、顕家の直系だよ、と言ってみる


84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/01(火) 17:48:03 ID:QgQggGtO
まあ実際は顕信の子孫だろうけど

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/02(水) 14:15:50 ID:CYl+4rJu
顕信説の方が濃厚でしょう、多分

第一、北畠顕成って人が怪しい
二十一歳で死んだ顕家に子がいたのか?(いてもおかしくはないけど)
顕成はずっと、吉野の南朝で帝に近侍していた、との説もあるし

よくわかりません

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/02(水) 14:28:25 ID:pIg1jgWZ
顕信だってイイ武将なんだけどな

北畠三兄弟は

顕家>>>(超えられない壁)>>顕能≧顕信

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/02(水) 14:46:21 ID:CYl+4rJu
顕家は恐怖だよね、室町幕府から見ると

だから斯波家長、石塔義房、石橋棟義、吉良貞家、畠山国氏ら有力者を次々と奥州に送る
これが争いのもとになるんだけどね

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/02(水) 16:16:00 ID:pIg1jgWZ
顕家死後の奥州は明らかに北朝側にバランスが寄ってる
そんな中で、顕家の後を継いで奥州を駆けずり回らなければならなかった顕信の心労は如何に?ってところだ
結城は動かねーし。親房は結城の心情をこれっぽっちも理解出来てねーし
顕能はお膝元とも言える伊勢だったからよかったと言える

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/02(水) 17:57:18 ID:KPWXy7Hz
秀吉の時は奥州探題は空位。
大崎氏は伊達晴宗が奥州探題に就任後、なっていないし、
晴宗死後、伊達家任命されていない。


90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/02(水) 20:24:45 ID:fEmFvtnV
秀吉の東北統治政策は
固まってなかったってことかな?

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 17:00:35 ID:nnFNLocG
秀吉は室町の諸制度継承してないから

大崎義兼が大崎氏として最後かな?

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 23:20:01 ID:C/9wh//x
【謙信最強は創作】
謙信が戦国最強の武将(軍神)とされたのは、江戸時代の創作ですね。
武田の甲州流兵学が幕府公認となったので、紀州徳川家(頼宣公)が
上杉流兵学(軍記書)を宇佐美定祐に作らせたというのが最新の学説です。
臼井城攻めの失敗など謙信が敗北した合戦も、複数の史料で明らかになっています。

※謙信自身が敗北を認めている書状↓
 晴信年(念)を入れ、いかにも堅固ニしらわれ候間、落居さうなくつき堅候、
併馬を為寄候上者、善悪ニ不及候間、無ニセめへきそうふんにて、当月七日より
取詰候ヘ共、(中略)佐(佐竹)・宮(宇都宮)を始、弓矢かいなくわたられ候、
房州(里見)・太田いくさにまけ(第二次国府台合戦)候時よりも、たゝいまきうくつなんきニ候、
とかくこのたひハかた〜〜にあふへき事いかんなるへく候やと、心ほそく候間、
早くはりをやるへきために一昨夜ハちゝんをやり候ヘは、めのまえの者ともはらを
たて候て、うたてしかり候、これ又よきなく候へ共、さゆうなくゆたん候へ者こと
のひ候てきうしくちおしく候(中略)
 かいほつ又ろう人のうちに一両人ておい候、さセるきなくうすてニ候、返々
いつもよりかへり(帰り)たく候間、このたひハおつと(落ち度)あるへく候やと
心ほそく候、
永禄七年三月十三日                  虎(花王)
[三洲寺社古文書]


【上杉家の歴史】
上杉謙信が小田城を攻め落とした時、小田城下がたちまちにして奴隷市場に早変わりし、上杉謙信自身から差配して人の売り買いを行った。
奴隷の値段はひとりあたり20〜30銭の安さだった。

1561年(永禄4年)、謙信は関東管領の就任式で忍城城主成田長泰の非礼に激昂し、顔面を扇子で打ちつけた。
諸将の面前で辱めを受けた成田長泰は直ちに兵を引きいて帰城してしまった。
原因は諸将が下馬拝跪する中、成田長泰のみが馬上から会釈をしたためであったが、成田氏は藤原氏の流れをくむ名家で武家棟梁の源義家にも馬上から会釈を許された家柄であった。
だが、謙信は無知でこの事を知らなかった。
この事件によって関東諸将の謙信への反感が急速に高まり、以後の関東侵出の大きな足かせとなった。

上杉謙信は臼井城の原胤貞を攻めた際、数千の死者を出して逃げ帰っている。
これを機に由良成繁が上杉謙信を見限って離反。
長野業盛が武田信玄に攻撃により滅亡。
臼井城攻撃に失敗した謙信は
信玄に箕輪城を奪われ氏康に金山城を取り込まれてしまい
とうとう厩橋城までもが謙信の手からこぼれ落ちた
上杉家重臣の北条高広も上杉家から離反。
謙信の関東経略は失敗し北条家と同盟という救いの手に助けられる。

謙信の死後、養子の景勝(謙信の姉の子)と景虎(北条氏康の子)が後継者の座を巡って内紛を起こし、越後を二分した争いは天正7年(1579年)の御館の乱で景虎が討死する事により景勝が勝利した。
しかしこの内乱によって、上杉家家臣の新発田重家は離反し、柴田勝家率いる織田勢は能登や加賀、越中に侵攻して同地を1581年までにほとんど奪ってしまった。
つまり、謙信が築き上げた勢力は、この内乱によって完全に失われるとともに、上杉氏は大きく衰退してしまったのである

本能寺の変の直前には、柴田勝家が率いる方面軍に越中の城は次々と落とされ、
信濃からは森が、三国峠からは滝川がと、三方から侵略を受けて防戦も無理な状態だった。
新発田氏の反乱で越後国内はボロボロ。 反乱を鎮圧する力さえも残っていなかった。
景勝自身も死を覚悟しており、本能寺の変が無ければ上杉家は数ヶ月後に滅亡していただろう。

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 01:24:36 ID:HPNUYAvb
あげ。
俺は戸沢家が好きだ。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 15:18:24 ID:0wDa9DoC
鬼九郎か

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 03:22:00 ID:J0BhIwvN
age

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 10:48:12 ID:1JuRxbDs
>>93
ちくり魔じゃん

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/29(金) 00:58:40 ID:8g9F/bI1
>>93
おまいは地元民かは知らないが、
地元の者は応援したくなるもの。
よって俺も戸沢。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/30(土) 19:11:32 ID:YWRYg7em
俺は佐竹なわけだが。

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 19:41:22 ID:hDaAHKfU
地元に大名がいない青森市生まれの俺は

南部晴政かな。居城が三戸と離れているが
まあ、津軽よりはましか
青森市じゃ津軽家はまったく人気がない
年寄りの間では侵略者扱いされている

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 22:24:25 ID:wIJ99vx8
秋田の人間も佐竹氏を地元の人とは、あまり感じてないな。常陸の人。
安東氏については知らない人が多い。知ってても十三湊の方から来た人、って感じ。
秋田氏を名乗ってさえいるのに。

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 22:44:30 ID:eFmeD6jC
えー市長も佐竹さんなのに未だに常陸の人なんて思ってる人の方が少ないと思うけど

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 00:15:08 ID:ZVF8czDH
岩手県南部の人の自意識は宮城県人。
地元の英雄は伊達政宗。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 14:50:06 ID:ktkgHolp
岩手南部は仙台藩支藩の一関藩か。

104 :貞山公:2006/10/03(火) 18:22:37 ID:lsYdO3Va
さすがは!奥州王、伊達政宗

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 18:53:38 ID:WukBBEbW
それでも岩手南部の戦国時代は
戦国期の領主がショボすぎて
近世の転封大名してきた大名しか語れたない仙台よりです

106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 18:54:18 ID:WukBBEbW
仙台よりマシですだな

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 18:55:11 ID:WukBBEbW
語れない仙台よりマシですだな

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 19:30:08 ID:56rmcxBW
仙台ってそんなに酷いか?

木村が転封してくる前って
仙台のあたりは大崎領か留守領?
どっちだっけ?

大崎ならまぁまぁでそ。
留守だと若干ショボイ感じもなくはないが・・・

109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 19:49:32 ID:ktkgHolp
というか仙台人は政宗転封時に
米沢城下から連れてこられた人の子孫じゃん。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 20:19:12 ID:zCZV/TOQ
>>108
仙台は国分と留守だね
どちらも16世紀半ばごろには実質伊達家臣になってる
当主も伊達からの養子になってるし

ってか仙台のあたり奥州仕置の時点で伊達領に確定してるはずで、木村吉清の領有ではなかったような…
黒川郡は伊達領のはずだし

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 20:28:02 ID:SgF3lTw4
国分家臣団は元々盛重に対して批判的であり、盛重謀反を訴えたのも
盛重の重臣だったりしたので、盛重が追放されたところで
別に嘆くこともなくあっさりと伊達家に鞍替え。虐殺の恨みを密かに
語り継いでいた旧大崎葛西家臣とは違う。

とはいえ旧大崎葛西家臣もほとんど伊達家に帰参してしまっている。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 00:20:06 ID:cBmJfkCV
あの姉歯さんもだね

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/04(水) 19:12:08 ID:RCqi2ops
>>109
米沢と言っても所詮は
晴宗の時、伊達郡からの移った家臣がほとんどなんだよな
米沢地方から出た武家って以外に少ない
仙台以下かもな
早い時期に滅ぼされたところは仕方ないか

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/09(月) 10:37:13 ID:ZWkekt5P
強いて言えば遠藤氏と片倉氏くらいだな
武家ではないが、、、

115 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 19:04:28 ID:A6ZpaaB7
仙台は国分
石巻は葛西
大崎は大崎
山形は最上
米沢は片倉
伊達は伊達
福島は鬼庭
若松は芦名
いわきは岩城

米沢は良い方だと思うがw



116 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 22:35:13 ID:9McACbpZ
茂庭は伊達郡
福島なら信夫に所領を持った武将し汁

117 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 18:04:54 ID:SsZVpZfJ
…佐藤?

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/28(土) 09:22:29 ID:Qdzh7tE5
支倉とかか
晴宗・輝宗と一緒に米沢に移ったが

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/04(土) 12:38:37 ID:OVdQ7bso
北奥

秋田は安藤
横手は小野寺
仙北は戸沢
盛岡は福士
花巻は稗貫
遠野は阿蘇沼
弘前は津軽
八戸は南部

さて問題は青森だ。北畠か津軽か南部か

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/05(日) 18:59:03 ID:+ApKih/H
青森市って津軽?南部?

121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 00:47:10 ID:6xjG63WF
天領

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 21:37:58 ID:r8fXHsWM
>>120
マジレスするとどっちでもない

>>さて問題は青森だ。北畠か津軽か南部か
どの大名も青森を領有していたことがあるが
どの大名の本拠地も青森から離れたところにある
よってどれが青森の大名かとははっきりと決められない
ちなみに東北地方で青森市だけが城下町じゃなかったりする

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/06(月) 22:24:42 ID:j8m0U6q8
戦国時代の話だろ
豪族が全く存在しない土地なんてあるのかね

124 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 00:14:57 ID:SFcaEkHX
堤、土岐、奥瀬といった豪族がいたが
どいつもこいつも北畠や南部に従っていた
そして、どいつもこいつも津軽に皆殺しにされた

125 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 00:33:40 ID:8IjiV6cM
片倉家には真田家の血が入ってるんですか?幸村の娘が重長に嫁いだんですか?

126 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 01:00:00 ID:8R9uoNHG
>>125
大坂夏の陣後に後室に迎えてるね>信繁の娘
息子の守信の方も重長に保護されて、子孫は仙台藩士となってる

127 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/07(火) 21:35:48 ID:pxG2zrD0
片倉には松前の血はあっても真田の血はない

128 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 02:49:56 ID:IDwEXttK
>>122
青森にもね城はあったんだよ。
全部津軽につぶされたけど

>>125
確か重長と真田の娘との間には
子は生まれていなかったと思う

129 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 20:09:23 ID:byRnCSa4
磐城平城(龍ヶ城)復元希望

130 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 02:51:15 ID:4Uf8KMnL
>>119
地図でみたが一番近いのは浪岡の北畠だな
最近青森市と浪岡町は合併したんだから
ご当地大名は北畠でいいんじゃない?

131 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/10(金) 03:23:29 ID:6YKYG5Yo
賛成です

132 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 14:42:28 ID:rK7cnoWk
浪岡御所って戦国大名って感じではないけど(古河公方みたいなかんじ)、いいんじゃないですか

133 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 17:14:54 ID:o65s6XL8
浪岡御所
斯波御所
御所は天皇の住まいのこと
御所と呼ばれることは名誉なこと

134 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 17:39:06 ID:YLfcA4v4
伊達家に鈴木重秀が仕えた事があるんですか?

135 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 17:40:29 ID:Wb89OtnC
北畠ってなんでそんなに偉そうなの?

136 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 17:57:43 ID:o65s6XL8
目立たない地味大名だと思うが

137 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/11(土) 23:48:45 ID:BhkvwcmU
一片太平記を読んでみるコトをオススメする
北方の破軍の星でもいいが

138 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 01:31:36 ID:NXOB1VoE
太平記も破軍の星も小説じゃないか、フィクションじゃないか
しかも浪岡に来る前の南北朝の話しだし
浪岡の北畠は滅亡したからか、資料が少なくよくわからない(くそ、為信め)
文献と言えば津軽家と南部家のプロバガンタめいた文書ぐらいだし
ああ、山科言継の日記にちょこっと出てくるか

>>134
重秀の子の鈴木重朝が一時仕えていたらしい
伊達の後は水戸の家臣になったとか

139 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/12(日) 01:33:42 ID:dJ9gRp8u
ほう。

140 :◆wfGsWQJm.U :2006/11/13(月) 00:12:23 ID:KVIrBY2O
なぬ

141 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/13(月) 08:41:00 ID:j7xokCXX
な、なんと

142 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 01:35:23 ID:cR8lFUvw
>>138を見て思ったが小説を歴史通りと思ってしまう人って意外に多いんだよな
坂の上の雲、八甲田山死の方向、天を衝く、三国志演義
小説とは怖いもの、参考にするにはいいかもしれないが
あくまでも作り話だと言うことを忘れないほうがいいと思う

143 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/14(火) 12:29:46 ID:i1HJZMU+
五所川原の地名御所河原が正しいんじゃないか
後他県だが青森に南朝の天皇が住んでいたらしいが

144 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 14:39:58 ID:cnpaqXfm
南朝の長慶天皇陵の話ですな
>御所
室町期には、足利将軍、出先機関、下向公家の屋敷まで御所と呼ばれてました
例、花の〜、雫石〜

145 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/15(水) 15:09:51 ID:eYw00UXa
ありがとうございます
私は天台寺住職瀬戸内&美和あきひろ共著で初めて知りました(ー'`ー;)

146 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 23:46:56 ID:9pm+4V8X
>>134
戦国無双をプレイしたことがあるね?

147 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 00:41:56 ID:kpjoBXu7
相馬家※平家※

148 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 22:24:35 ID:rbFbHBY8
>>115
福島(信夫郡)は木村でいいだろ
現在の福島市街の原型を作ったから
茂庭なんて雛見沢並みの過疎地域だ

149 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/23(木) 02:35:16 ID:dhyDjNHd
>>99
青森市と津軽って何気に仲悪いよね

150 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 14:18:08 ID:jBPhpykg
>>149
戦国時代に思うがままに蹂躙され
江戸時代には地獄の圧制をしかれたからな
三年に一回飢饉が起こりそのつど餓死者続出
お隣の盛岡藩も似たようなものだが

151 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 14:46:38 ID:5i2jAqE1
青森県のみなさまの結論
青森市は津軽でも南部でもなく、外浜だ
勉強になりました

152 ::2006/11/24(金) 16:14:56 ID:vi5ViKm/
南部や津軽や秋田の為政者が換金作物欲しさに失政して国力低下させ、餓死者続出。

吉幾三も一役買って未だに東北=貧乏のイメージ。ウチのカミサンも「貧乏で辺鄙だから」と故郷を捨てた。カワイソスな東北……

153 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 19:57:25 ID:g2x+utGn
>>152
だが、それがいい

154 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2006/11/24(金) 23:07:44 ID:PZtXLXg5
青森からの出稼ぎの人って未だに多いよな。

155 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 23:13:05 ID:hGrSTHRP
秋田は失政と言うほど失政してない
台所が苦しかったのは確かだが
だてに名君出してないし

156 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/25(土) 23:01:43 ID:mGovIne2
南部晴政って影薄いね

157 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 14:34:11 ID:TksXy15f
東北の大名全般影薄いね

158 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 17:47:53 ID:aWPnCbu9
そうか?南部晴政は信長の野望やってる奴には知名度高いぞ。
伊達政宗は言わずもがな

159 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 03:58:01 ID:ZfRGWy+b
戦国群雄伝では・・・

160 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 23:33:40 ID:046H2RRa
>>159
成実だけは出てくる。

161 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2006/11/30(木) 22:24:54 ID:kyYmI1LN
>>160
出奔中ということで出てきてるんかね?

162 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 22:39:31 ID:aJpKP8fO
武将風雲録でも南部出てなかったような気がするけど。

163 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/01(金) 21:53:54 ID:62PazkCD
南部晴政はコーエーのお気に入りなのか
かなり能力値優遇されている

164 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2006/12/01(金) 22:08:34 ID:WMQ2rU1S
手元にあるのを調べたけど、晴政は武力バカのイメージが。

165 :勇魚 ◆Cl39TXJnDE :2006/12/01(金) 23:20:13 ID:eY2U5xiK
小笠原長時強化版くらいですかね

166 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2006/12/01(金) 23:22:58 ID:WMQ2rU1S
いま蒼天録のファイル見たら、織田信秀と酷似してるね。
どんな評価なんだコーエ−

167 :勇魚 ◆Cl39TXJnDE :2006/12/01(金) 23:28:27 ID:eY2U5xiK
東北で伊達への唯一の対抗軸、しかも生き残った大名は下駄を履かせますわな。


168 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2006/12/01(金) 23:30:43 ID:WMQ2rU1S
でもねえ。九戸だの北爺だの八戸だの、周りを固めるツワモノはいるわけで。

169 :勇魚 ◆Cl39TXJnDE :2006/12/01(金) 23:34:41 ID:eY2U5xiK
八戸氏の義理固さは随一。もう少し評価を上げてもいいかも。

170 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2006/12/01(金) 23:37:06 ID:WMQ2rU1S
ではパラ評価をよろしくおたの申します。

171 :勇魚 ◆Cl39TXJnDE :2006/12/01(金) 23:38:09 ID:eY2U5xiK
ここが三戦じゃない事に今気づいたり〆(゚▽゚*)

172 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2006/12/01(金) 23:41:57 ID:WMQ2rU1S
Baka

173 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/01(金) 23:43:32 ID:62PazkCD
櫛引との内戦に勝って領土を獲得しているしね、八戸政栄は

174 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/02(土) 10:42:00 ID:8H3EnsJx
伊達、南部、安東で三分割でしょ

175 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/02(土) 13:51:28 ID:PyR76u1D
伊達への対抗ねぇ、本来なら蘆名に与えられるべき役割だと思うんだが
室町幕府から奥州で大名と認められたのは蘆名と伊達ぐらいだったんだから
自分青森出身だが南部は過大評価、蘆名は過小評価されていると思う。

176 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/02(土) 14:01:30 ID:k6rnvhsh
南部はまず葛西に勝ってから物を言って欲しいですね

177 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/03(日) 01:57:54 ID:fmeCbN0S
戸沢はどうした戸沢は。

178 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/03(日) 20:35:43 ID:Hl/tWHY0
>>173
そんなことしてたの?ちょっとショック

179 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/04(月) 13:31:04 ID:LZogIcoZ
やはり東北の大名は文献が少ないせいか
語ろうにも話題がのびんな

180 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/04(月) 14:37:20 ID:lnpaTRBm
南部と伊達って安信・稙宗時代から戦国終焉までどの程度の交流や確執があったの?
間に緩衝地帯があるせいか、妙に関係が断絶してるように見える。
政宗の一揆扇動とかその辺の時代の話くらいしか知らんのだけど・・・

181 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/04(月) 18:41:04 ID:KKqy8t+b
>>179
東北をひとつにまとめて語る事ないしね
福島の戦国大名スレの方がレス多かったり
出羽スレあったり

182 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/05(火) 12:14:05 ID:9HFeTq+C
>>175
南部宗家と九戸も室町大名として認められてる

183 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/05(火) 12:50:15 ID:0P/WCqET
大崎と葛西がほぼ死に体なのと、伊達と最上の同盟関係のおかげで
北東北と南東北はほぼ断絶状態。葛西氏にまで一応は送り込まれていた
稙宗の子らも南部にまでは行ってない。伊達と違い南部は各家ごとの
勢力が分立して成立しているので、婿入り嫁入りで無駄な干渉をすると
かえって泥沼になるとの思惑があったのかもしれない。

ちなみに領土的野心が基であるとされた、伊達政宗の南部領での一揆扇動だが
上杉との連動をシャットアウトする為とされる論調が戦前は勝っており、
俺も実際そうだと思う。南部ははっきりとした東軍寄りの態度はいまいち示して
いなかった。

184 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/05(火) 14:11:31 ID:tHUciYj+
葛西晴胤の出自がよくわからんのね

185 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/05(火) 15:00:50 ID:4/DlAN+4
>>182
室町幕府は「大名在国衆」として、五十三人の名を記録している。その中に、
北条氏康・今川氏真・武田信玄・上杉謙信・織田信長らにまじって葦名修理大夫盛氏と
伊達左京大夫晴宗の名がある。幕府は、この時期、奥州群雄のなかで盛氏と晴宗を大名と認めていたのである。
ttp://www2.harimaya.com/sengoku/html/asina_k.html

186 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/05(火) 16:58:44 ID:UbvmgxQS
喧嘩売ってるわけじゃなく、
東北に伊達政宗以外に華のある人物がいたら教えてください。
東北についても知っておきたいので、まず魅力のある人物から・・・と

187 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/05(火) 18:13:03 ID:bBCboRlw
津軽為信とか夜叉九郎戸沢盛安とか恨みの炎イベントの赤沼備中とか

188 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/05(火) 18:55:57 ID:4/DlAN+4
くぁ

189 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/05(火) 20:31:40 ID:Og7oGJ9C
華は無いけど数年だが南東北を手中にした稙宗はもっと評価されて良いような
将軍の仲裁を取り付けなかったら死ぐまで子と戦ってそうだしw

190 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/06(水) 00:10:53 ID:r1AHjQXk
ダーティーヒーロー・最上義光は良い感じで腹黒くて好きだな。
長谷堂でもかなり善戦したし、正奇共に長けた良将。

191 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/06(水) 00:19:17 ID:ML1OGCrq
東北の戦国史は
伊達政宗なんてザコ蹴散らしただけ みたいに言われてて、ザコ扱いされてるのが目立つけど
実際のところどうだったんですか?
僕は結構粒ぞろいだったんじゃないかと思うんですが。

192 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/06(水) 01:53:17 ID:Nxh6PopZ
武将の能力値、ってことならそりゃあそうかもしれないが
いかんせん、産業も発達せず、経済力も弱い東北の豪族らは
まともな軍備を揃えるのすらキツかったはず。


193 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/06(水) 20:53:17 ID:fdteUEB+
>>155を見て思ったが、秋田を南部系統の大名が治めていたら
どうなっていたんだろう。
三戸の盛岡藩、大浦の弘前藩のように失政が続きで餓死者続出か?

194 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/06(水) 23:48:06 ID:dYxlMarJ
伊達が相手にしたのは確かに小粒だが(芦名は全盛期過ぎてたし)
伊達の周りだけが東北という訳じゃない


195 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/07(木) 11:08:11 ID:+MMlTPNm
>>119
福士は南部の家臣じゃなかった?

196 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/08(金) 11:14:16 ID:UaLzWENe
福士は南部の代官みたいな物だね。不来方館で近隣の豪族を差配していたが、
三戸南部家本体が南下してきたら邪魔者扱いされて没落した。
盛岡築城以前に完全に支配できていたかというとちょっと微妙だな。
うちの先祖その辺りの豪族なんだけど福士からも嫁貰っているが葛西にも
取り入って家紋の使用許されていたし。

197 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/16(土) 17:25:53 ID:TlL0xWDo
南部の一族で、比内にいた毛馬内も独断で安東家と付き合っていたらしいし
豪族ってみんなそんな者だよ強そうなのに付いているという感じで明確な主従関係はない

198 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/20(水) 20:17:02 ID:BZQhC4Ur
亀田!最高

199 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/28(木) 13:04:10 ID:0nTmMNok
九戸政実こそ戦国に生まれた北の豪傑でしょう。
豊臣秀吉の天下統一は、九戸の乱を平定して成りました。
当時は見下された位置にあっても、最期まで豊臣の政に屈しなかった人物です。

200 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/14(日) 23:42:36 ID:uCEmQ3q0
九戸は三国志であてはめると
公孫一族

201 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/02/10(土) 00:54:41 ID:NACSB+nL
保守

202 :人間七七四年:2007/02/13(火) 22:09:15 ID:5lGv/fPi
age

203 :人間七七四年:2007/03/15(木) 09:37:27 ID:1mM3tqnw
東北大名は一段低く見られていたようで、南部氏が朝鮮出兵で名護屋に
待機してるときに国許に当てた書状には、もう"田舎者といわれた"云々
の愚痴のオンパレードだったそうです。源氏の名門だった南部氏でさえ
それこそ徹底的に馬鹿にされていたようで、"為信のやつも馬鹿にされたらしい”
などと不倶戴天の敵の津軽為信にも同情を示す有様。

204 :人間七七四年:2007/03/15(木) 22:29:45 ID:lVkOSS7Q
まあ、どうでもいいことだ

205 :人間七七四年:2007/03/16(金) 04:45:22 ID:sDdPHJCb
南部と津軽じゃさもありなん

206 :ひるねぷら:2007/03/19(月) 15:19:42 ID:YinG61Ae
奥羽の大名は蝦夷の絡みから低く見られるうえ
国持ちがいないからな

207 :人間七七四年:2007/03/20(火) 11:03:38 ID:Y3xNmp/6
奥と羽じゃ扱い違うと思うぞ

208 :人間七七四年:2007/04/10(火) 07:32:27 ID:Z6k17lM7
そりゃもともと蛮族の地
討伐対象の奴らの土地だからな。
所謂征服地。

209 :人間七七四年:2007/05/02(水) 15:25:29 ID:jD1KL1e0
それはどうでも遠国であるのは間違いないかな
米の収穫量が急激に伸びたのは江戸期?

210 :人間七七四年:2007/05/08(火) 22:08:26 ID:o1HU8d4N
age

211 :仙台藩百姓:2007/05/09(水) 01:29:47 ID:JoPLcOQa
陸奥の格式は大和や近江などと並んで
最上位なのを知らないのかお( ^ω^)
ちなみに南九州、山陰、四国辺りの国が最下層(≧ω≦)プッ

212 :人間七七四年:2007/05/09(水) 08:12:34 ID:7phCkcHN
不毛な他地域叩きをやるなら他でやれ芸無し

213 :人間七七四年:2007/05/25(金) 15:54:00 ID:gtK/5ywi
>>209
太閤検地と比較すると
陸奥は167万2千石→293万3千石
出羽は31万8千石→150万6千石
に伸びたから
特に出羽はすごいね

214 :人間七七四年:2007/06/11(月) 22:14:31 ID:6yFA+Ebj
それだけ、年貢しぼりとれってこったろ。

215 :人間七七四年:2007/06/19(火) 11:09:53 ID:ed+/3SRq
あげ

216 :人間七七四年:2007/06/19(火) 12:44:00 ID:upDfklL4
日本には世界一足の速い兵隊がいる。
20`みちのりを重装備を担いでメシ抜きで全力疾走できる。

仙台藩士の血をひく仙台兵団こそ世界一である。

217 :人間七七四年:2007/06/20(水) 11:49:20 ID:ZHiXhsY9
>>191
伊達の初期の相手は一貫して佐竹義重だから、弱いどころか最強クラス。
一歩間違ったら人取橋で死んでる可能性もあったから、弱い敵に勝ったとか
いうのは間違い。 


218 :人間七七四年:2007/06/20(水) 13:29:03 ID:wdP8Oswb
人取橋っても佐竹が途中で本国に帰っちゃったから伊達はラッキーだっただけの様な感じがする。しかも佐竹は北条も相手しなきゃならないし
伊達側はガチ、佐竹側は牽制くらいの戦だったんじゃない?

219 :人間七七四年:2007/06/20(水) 14:57:56 ID:4I8sf466
佐竹義重は対北条戦である河尻の合戦で8600丁の鉄砲を投入した
もし義重が本気に政宗追討を命じたなら伊達なんか目ではないな

220 :人間七七四年:2007/06/20(水) 18:51:37 ID:+gIgbPF8
8600丁って頭大丈夫?

221 :人間七七四年:2007/06/20(水) 22:57:10 ID:ceNvXb/N
秀吉の小田原征伐直前くらいの伊達家を調べてるんだけど、
最上とは同盟結んでたらしいが北の安東や南部とはどういう関係だったかわかる人居る?

222 :人間七七四年:2007/06/21(木) 01:38:15 ID:b3dmCw/P
葛西より北は人の形をした熊の住む土地ですよ

223 :人間七七四年:2007/06/21(木) 01:55:12 ID:cNP9Zgwo
石巻の熊ですが何か?

224 :人間七七四年:2007/06/21(木) 03:17:13 ID:sx3sayua
最上と安東の間に大宝寺、小野寺、由利十二頭が居るのにわざわざ同盟結ぶのか?
領土が海に面してるなら兎も角

225 :人間七七四年:2007/06/21(木) 11:21:07 ID:mkGmimO6
>>224
つ遠交近攻
特に最上にとっては最上川の河口にあって交易上重要となる庄内地方は
是非押さえておきたいと。


226 :人間七七四年:2007/06/21(木) 12:45:39 ID:HRl1Uk1J
>>220
>>219の言う合戦は河尻でなく、沼尻合戦のことだろうが、鉄砲を8000以上集め
たのは本当らしい

227 :人間七七四年:2007/06/21(木) 13:22:30 ID:9Ge1msdW
マジですか

228 :人間七七四年:2007/06/21(木) 14:30:19 ID:J1+0NNfZ
確かに人取橋はラッキーな面もあったとは思う。 まあでも佐竹の偉いさんが死んだのは
黒巾気組の暗躍だと思うのは俺だけ?

あと人取橋・窪田の劣勢での連戦を凌いだことで、独眼竜の異名ができたらしいんで
対佐竹戦の連戦を凌いだことで、近隣のびびられたのは間違いない。
少なくとも義重は関東の鬼と言われた武将だったしな。 義重の戦闘能力考えれば、
窪田の戦い凌いだ伊達がラッキーなんてことはないと思う。

229 :人間七七四年:2007/06/21(木) 16:22:41 ID:sx3sayua
>>225
伊達の話してるんだけど、大丈夫ですか

230 :人間七七四年:2007/06/21(木) 17:03:10 ID:Lk64woD6
暗躍は考えすぎだろ
それに義政が殺された事より里美が領内に侵攻したから帰国した訳だしな
凌げたっても壊滅寸前までやられちゃってるし

231 :人間七七四年:2007/06/21(木) 18:37:02 ID:l1Ben+li
戦闘ではよくあること。
家康の祖父も家臣にちょっとした行き違いで切り殺されてるしな。
現代と違って当時の武士は人間関係すら命がけなのよ


232 :人間七七四年:2007/06/22(金) 16:17:11 ID:iIGPcaVv
里見と連携くらいはしてると思うぞ政宗。 
ってか別に人取橋の勝ち負けや、佐竹とどっちが強いとかいう話してるわけじゃなくて、
東北は雑魚みたいな話があったから、一応伊達の相手は強い佐竹だぞとそういう話を
しただけだぞ。 人取橋で死にかけたのは間違いないよ。



233 :人間七七四年:2007/06/22(金) 16:31:15 ID:OOd0J7oa
まぁそうですな

234 :人間七七四年:2007/06/22(金) 16:59:17 ID:dmafM3ml
里見とか本気で言ってるの?
里見が佐竹領に侵攻なんて物理的に不可能
間に何十の勢力があると思ってるんだ
だいたい里見と佐竹は何の因縁もないし
いきなり佐竹に敵対する意味もわからない

235 :人間七七四年:2007/06/22(金) 18:19:20 ID:SrEuv/LW
>>234
里見義頼、江戸重通で調べてみよう!

236 :人間七七四年:2007/06/22(金) 18:28:26 ID:dmafM3ml
>>235
お前こそ調べろよw

237 :人間七七四年:2007/06/22(金) 18:46:04 ID:iIGPcaVv
だからほんとのとこは、黒巾気組の暗殺及び偽報工作なんだよ。
ってことで人取橋はラッキーではないとか言いたい俺。

238 :人間七七四年:2007/06/22(金) 19:03:06 ID:dmafM3ml
それは100%ありえない
何故なら政宗は連合軍が撤退したのを知らなかった
連合軍が引き上げている頃
政宗は総攻撃に備えて配置替えをしていた
だが日が昇っても攻めて来ないから
初めて異変に気づいた
そして、連合軍が撤退したのを知ったわけだが
政宗は信用せずに3日ぐらい岩津野で留まり警戒している
だいたい自分で仕掛けておいて
あれだけの大軍が撤退するのを無傷で帰すわけがない
政宗自身も不戦勝であったと言ってるし

239 :人間七七四年:2007/06/22(金) 19:08:35 ID:iIGPcaVv
じゃなんで撤退したんだ。 



240 :人間七七四年:2007/06/22(金) 19:37:24 ID:SrEuv/LW
だな 明確な理由たのむ

241 :人間七七四年:2007/06/22(金) 19:46:11 ID:dmafM3ml
そりゃ佐竹の総大将が死んだからだよ
総大将が死んだら撤退するしかない
何の不思議もないと思うが

242 :人間七七四年:2007/06/22(金) 20:13:07 ID:iIGPcaVv
義政なんて名目上の総師だろ。 指揮とってたのは義重なんだから、攻勢で
滅亡寸前まで追い込んだ伊達ほっといて叔父が死んだくらいで帰国するか?

それなら里見侵攻とかのがほうが説得力あると思うが。



243 :人間七七四年:2007/06/22(金) 20:35:59 ID:prNq6krS
>>241
どうも怪しいなw
やはり伊達に偽情報でも流されて、浮き足だったのが真相だろう。
伊達成実の武威に怯えていたわけだし。
翌年、二本松城は開城し、伊達は戦略目標も達している。

244 :人間七七四年:2007/06/22(金) 20:48:54 ID:SrEuv/LW
佐竹当主の義重が死んだなら話しはわかるが義政じゃ説得力はないな
しかも義政は戦闘で討ち取られて死んだ訳でもないし
戦闘時に身内が1人死んだくらいで伊達が気づかないくらい急いで帰国するか?

245 :人間七七四年:2007/06/23(土) 10:53:53 ID:7F5EYwYK
馬鹿馬鹿しい
崩壊寸前の伊達のザレ言ごときで撤退するわけないだろう
百姓みたいなこと言うなよ

246 :人間七七四年:2007/06/23(土) 12:48:06 ID:k6PqBuuf
結局なんで撤退したんだ?

247 :山形義光:2007/06/23(土) 13:17:22 ID:4DJ49g5c
最上の謀略です

248 :人間七七四年:2007/06/23(土) 14:10:06 ID:k6PqBuuf
何で最上?

249 :人間七七四年:2007/06/23(土) 15:28:08 ID:DIytuT8+
昼飯が来なかったのと大砲の音に驚いたからだろ。

250 :人間七七四年:2007/06/23(土) 15:28:29 ID:oV2yPSNd
なかなかオモロイこといついて話してるな。
だが2chらしく水掛け論になるので、双方史料を出して多少は実証的にやらないとな。
まずオイラは佐竹義重は人取橋の戦いには出陣していないと思っている。
人取橋の戦いに義重が出陣した書かれているのは、『奥羽永慶軍記』や
『伊達成実記(オイラは未見)』。義重のことが書かれていないのは『会津四家合考』。
上のほうのレスにもあるように、里見が江戸と談合して佐竹領を攻めようとしたから
義重が撤退したという説(これは『永慶』説)だが、当時の地理的政治的状況を
知っているならば、明らかに有り得ないことがわかるはず。
里見領と佐竹領の間には、上総の北条系豪族、香澄と香取の淡海、常陸南方勢領、
大掾領、江戸領があり、里見が佐竹を攻めるということはかなり意味不明。
江戸にしても、人取橋の戦いの後に大掾との戦いで佐竹の援軍を得ていて、
人取橋の時点で佐竹領に攻め込むということもちょっと考えられない。
また『合考』には佐竹から義政というものが来たと書かれているが、
もし本当に義重が出陣したのなら、当然より重要な義重のことを書くはず。
よりマイナーで知られていない小野崎義政が来たということを
態々記していることで、『合考』の記述のほうが信頼できるといえると思う。
んでこの小野崎義政だが、佐竹好きの連中は知っていると思うが、
義重の叔父で会津の金上盛備との交渉役立ったらしい(『金上文書』)。
そして人取橋には白川、石川、岩城も兵力を差し向けただけで、
当主自身は出陣していない(『佐竹家譜』)。

以上のことから、後世から見ると人取橋の合戦は佐竹と伊達の決戦のひとつと
考えられているが、実は初めはそんなに力の入ったものではなくて、
塩松に進出した伊達に対応する形で行われた、小野崎義政と当時蘆名家中で
最も発言力の大きかった金上盛備の共同による牽制的作戦だった可能性が強い。
小野崎義政は陣中で馬子に刺されて死ぬが(残念ながら伊達忍者の暗殺という
史料は見たことはない。近衛何某の小説ではそうなっているけど)、
その後はまともに指揮を取れるものはいないので(金上は蘆名の陣代に過ぎず、
佐竹東義久は南奥州全体に発言力はない)、退却となったのは当然だと思われる。

ちなみにこの人取橋の合戦に関する文書はあまり残っていないのだが、
どうも小野崎義政の小野崎家は家伝の文書を紛失したらしく
『秋田藩家蔵文書』にも集録されていないんだな。
これが已む無く軍記物に頼って人取橋の合戦を見なくてはならない理由。
もし小野崎家の文書が残ってたら会津と佐竹の関係が
もっとよく見えてきたんじゃないかと思うと残念だ。

なお一応公平のために、福島正義著の『佐竹義重』には、義重自身が人取橋
のような重要な戦いに出陣しない訳はないと書かれていることを付け加えておく。


251 :人間七七四年:2007/06/23(土) 17:07:45 ID:gtoyo2hi
>>250
そんなところだと思う

当時、里見や江戸が佐竹領に攻め込んだ
と言う記録は全くない
佐竹側は勿論、江戸や里見にも出陣した記録すらない
そして、義重が出陣したと言う記録もない
小野崎義政は決してマイナーな存在ではない
佐竹の筆頭家老的存在
以前にも義重の陣代として
北条戦などで総大将を務めている
この時期は奥州方面を受け持っていた
人取橋で援軍に義政を送るのは凄く自然
そもそも佐竹が連合軍の総大将的存在だったと言うは
永慶軍記の誇張だろう
義広の入嗣以前だし
よそ者の佐竹がいきなり総大将だなんて不自然

252 :人間七七四年:2007/06/23(土) 17:14:04 ID:k6PqBuuf
>>250
あんたスゴいな

でも伊達は義重がいない連合軍に壊滅寸前までボコボコにされたつぅ事になるよな。
しかも佐竹側は牽制でマジじゃないのに
伊達弱すぎね?

253 :人間七七四年:2007/06/23(土) 17:25:14 ID:p5L6aqqx
弱くないよ

254 :人間七七四年:2007/06/23(土) 17:34:47 ID:wNSkrWkH
いくら理屈をつけようが、佐竹が人取橋で敵前逃亡をしたことには変わりないよ。
佐竹が以後消極的になったため、二本松落城と葦名滅亡へつながった。

255 :人間七七四年:2007/06/23(土) 18:18:44 ID:R9DERY7O
だから偽報工作に引っ掛かったんだってw
あと義重が参戦しなくて3マンなんて連合組めるわけないだろ。


256 :人間七七四年:2007/06/23(土) 19:33:53 ID:gtoyo2hi
何で伊達厨は葦名を黙殺して佐竹を目の敵にするのだろう
東北以外の勢力と戦ったのを自慢にしたいのだろうかw

>>255
3万は称していただけで
実数はもっと少ないと思う
いずれにしても佐竹なんて極一部だよ
内約は
葦名と旗下の勢力で2万前後
佐竹が3千〜5千
岩城、相馬、白河、石川で5千〜7千
石高や他の合戦から見るにこんなものかと

257 :人間七七四年:2007/06/23(土) 20:26:28 ID:7F5EYwYK
>>254は書き方からして百姓じゃねぇの
と思うのは俺だけじゃないだろう

敵前逃亡したんなら追撃ぐらいしろよ
ドン百姓w

258 :人間七七四年:2007/06/23(土) 20:36:47 ID:gtoyo2hi
確かに伊達が絡んでいるなら
あれだけの大軍が総退却したのに
たった一人も討てずに無傷で返してしまうなんてありえんわな

259 :人間七七四年:2007/06/23(土) 20:51:37 ID:R9DERY7O
さすがに三万の大軍を7000かそこらで追撃できない。
追撃したら包囲殲滅に持っていかれるだけ。



260 :人間七七四年:2007/06/23(土) 20:55:52 ID:Xt8kq/hG
この戦の目的は親父を拉致った二本松畠山を倒すことなんだからさ
どさくさに紛れにやって来た佐竹なんか相手してる暇無かったわけよ

261 :人間七七四年:2007/06/23(土) 20:59:13 ID:0EW5Wh2t
人取橋の戦いは政宗の敗北
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1155731067/

262 :人間七七四年:2007/06/23(土) 22:17:44 ID:gtoyo2hi
3万の軍勢が揃って退却するわけじゃあるまいしw
そもそも全軍人取橋に集結してたわけでもないし
何の根拠もない煽りしかできんのか
伊達厨は余程頭が悪いらしい

263 :人間七七四年:2007/06/24(日) 11:43:05 ID:HCFG3VMb
相手にしてない佐竹に壊滅寸前まてやられたのに

264 :人間七七四年:2007/06/24(日) 13:48:45 ID:bhq4tU4l
7千の軍勢が退却して3万のほうが追撃せんならアホだが、突如3万の軍勢が退いたら
計略があると思うのが普通。 それに二本松城が戦略的目標なわけで、別に退却してくれるなら
それはそれでよい。 葦名以外の雑魚は後でどうとでもなる。

あと相手にしてない佐竹って・・・
伊達にびびって急激に寄せ集めて3万の連合組んでくせに、相手にしてないってなんだよw
相手にしてないならほっとけばいいだろw


265 :人間七七四年:2007/06/24(日) 18:44:15 ID:DDV6UAo3
笑わせてくれるね
佐竹の主力は参戦してないとか言ってるくせに、いざ追撃になると腰が引ける
第一、佐竹の主力の参戦なしで3万も軍勢集められるんかい
伊達の誇張じゃねえの

7000では敗走した軍を追撃できない?
1573年の朝倉追撃戦では信長は馬廻だけで追撃したが
1576年の天王寺砦救出戦では信長は3000で数万の本願寺・雑賀衆の重囲を突破し
自ら腿を負傷しながらも光秀の守る天王寺砦の救出に成功したが

臆病者の政宗よ
信長の爪の垢でも煎じて飲め

266 :人間七七四年:2007/06/24(日) 22:48:14 ID:bhq4tU4l
>佐竹の主力は参戦してないとか言ってるくせに、いざ追撃になると腰が引ける
>第一、佐竹の主力の参戦なしで3万も軍勢集められるんかい
>伊達の誇張じゃねえの

なんだこの文章?

267 :宇喜多直家信者:2007/06/24(日) 23:04:14 ID:FgrnJ3d0
それにしても酷いスレだな

268 :人間七七四年:2007/06/25(月) 00:21:17 ID:UPU0XaoN
仙道人取橋合戦之図に佐竹義重は参戦記載あり。

269 :人間七七四年:2007/06/25(月) 06:59:10 ID:jAgL229Y
連合軍で脅しをかければ、伊達が怯んで二本松をあきらめるとでも
思っていたんだろうね。ところが伊達に噛みつかれ、思わぬ深手を
負って、きゃんきゃん泣きながら、常陸へ退散したんだろう。
あまりにも格好がつかないので、身内に内紛があり、仕方なく
撤退したと言い訳しているわけでw

270 :人間七七四年:2007/06/25(月) 14:47:22 ID:D8SpXC5B
矢弾を6発も食らって本陣崩され鬼庭を討ち取られて
車丹波に追い回されて逃げ回ってた政宗が何を言うw
運よく連合軍が引き上げなかったら皆殺しにされてたな

271 :人間七七四年:2007/06/25(月) 16:33:48 ID:3ELl6ohs
また鱈レバーか

272 :人間七七四年:2007/06/25(月) 19:25:25 ID:D8SpXC5B
タラレバは伊達の御家芸だから取っちゃダメだよねw

273 :山形義光:2007/06/25(月) 19:43:18 ID:JOxft/Rv
殿は討ち取られるのが常

左月の討ち死には評価に値しない

274 :人間七七四年:2007/06/25(月) 20:07:48 ID:1EPYPEKq
そんな事ないぞ!

275 :人間七七四年:2007/07/15(日) 22:54:06 ID:IXL7qxdx
戦国史は南東北より北東北のほうが面白い

276 :人間七七四年:2007/07/16(月) 00:11:04 ID:zrfkf7sw
北東北だって津軽が出てこなかったら
それこそ室町南北朝と変わらん

277 :人間七七四年:2007/07/16(月) 01:17:26 ID:clZTTTHF
延々南部が安東にちょっかいかけ続けてた北東北のどこが面白いの?

278 :人間七七四年:2007/07/16(月) 03:03:59 ID:zrfkf7sw
北東北なんて南以上にナァナァの仲なのに
各種記録が残ってないのが致命的

279 :人間七七四年:2007/07/16(月) 06:36:31 ID:DvJK8mit
北東北は、つまらない

280 :人間七七四年:2007/07/16(月) 08:54:12 ID:lMKsqFb2
九戸政実最強

281 :人間七七四年:2007/07/16(月) 10:00:51 ID:PXV8La/F
籠城戦だというのに数日で降伏、城内の一族皆殺しにされちゃ最強とは言えないねぇ

282 :人間七七四年:2007/07/19(木) 00:39:17 ID:KxmNU/f2
 

283 :在南足柄農民:2007/08/01(水) 21:55:25 ID:tWgGgBwJ
じゃ、そんな関東の鬼をボコリまくりの北條と伊達の関係は
北條>>>>>>>>伊達くらいでOK?

仙台百姓最強伝説に一石を投じてしまいますねw

284 :人間七七四年:2007/08/03(金) 08:07:20 ID:+jcOQCWK
誰が何て言おうが最後に勝ったのは伊達
出世したもん勝ち

285 :人間七七四年:2007/08/03(金) 13:17:36 ID:tGp1sxJs
ぢゃ、さいごにどんごりしちゃっただてはまけぐみ???

286 :人間七七四年:2007/08/05(日) 22:35:16 ID:+61TSQu2
奥州大名で明治まで生き残ったのって津軽・南部・伊達・相馬・・・あといたっけ?

287 :人間七七四年:2007/08/05(日) 22:54:24 ID:TenyaexZ
戸沢が新庄で細々と生き残ってますよ。

288 :人間七七四年:2007/08/06(月) 06:36:56 ID:eRiem3ST
生き残ったの定義を

本貫の地のまま大名化して明治を迎えた
途中で他家の養子を入れることなく、血統が続いた
取り潰しにあうことなく家が続いた

289 :人間七七四年:2007/08/06(月) 19:17:07 ID:sfYFOv8F
三春の秋田は?

290 :◆nzdGjBH722 :2007/08/07(火) 17:13:28 ID:3m8Wirxv
>>283
じゃ、そんな関東の鬼をボコリまくりの北條

そんなボコってたっけ?確かに沼尻とかじゃ優勢になって佐竹に不利な条件で和睦させたけど、
勢力差から考えて、義重よくがんばった方じゃないの?


291 :人間七七四年:2007/08/08(水) 20:38:29 ID:gXcyaJdq
関ヶ原後に、相馬家の改易が覆ったのは伊達政宗の口添えがあったと聞くが本当かな?

292 :人間七七四年:2007/08/11(土) 16:35:04 ID:SI9g2ibi
>>291
うそ。

293 :人間七七四年:2007/08/11(土) 17:04:34 ID:eLVGbkNG
伊達と相馬は、天文の大乱以降は不仲だったからなー。

294 :人間七七四年:2007/08/11(土) 22:29:05 ID:fheIZ2FB
相馬の血を引く愛姫の口添えが無かったとも言えない

295 :人間七七四年:2007/08/15(水) 12:48:27 ID:1qk0XypF
相馬を許すほど政宗の器量が大きいとは思えないわな

296 :人間七七四年:2007/08/15(水) 14:46:49 ID:7zQgMoqL
本多正信が口添えしたらしいから、伊達への牽制として相馬家に期待したんだろう。

297 :人間七七四年:2007/08/19(日) 21:43:26 ID:/G4G4y61
>>296
むしろ軍団としての強さから言えば伊達が相馬の牽制に使われていると見た方がw

298 :人間七七四年:2007/08/21(火) 08:19:45 ID:6YofpmJl
 

299 :人間七七四年:2007/08/21(火) 13:14:08 ID:dALoF6lO
>>278
それを言ったらすんなり改易にすればいいだけの話だし。弱小の相馬を牽制する必要性は無いだろ。

300 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/08/21(火) 13:24:47 ID:jzmt9C1Z
中城の猫股は恐しい。

301 :人間七七四年:2007/08/21(火) 17:32:15 ID:/GWXIMqj
>>299
相馬は将門由来の古豪だから、改易は躊躇われたかな?


302 :人間七七四年:2007/08/21(火) 23:14:04 ID:bdQ00qog
そんあ下らない理由なわけないだろwww
そもそも将門以来の武門なんて自称だよ

303 :人間七七四年:2007/08/30(木) 21:14:14 ID:ptHtcLhw
地方の小身だったから、敢えて潰す必要性もなかったということでは?

304 :人間七七四年:2007/09/07(金) 14:00:08 ID:pdAkyRZz
相馬って三成から偏諱を貰うほどの濃い縁があったんだな。

305 :人間七七四年:2007/09/07(金) 14:52:30 ID:/RE5XS/4
流れぶった切るけど、葛西晴信って統率68ぐらいあっても罰は当らないと思うんだ

大崎との抗争とかアホほど頻発した内乱の鎮圧とかを見るに、政治のできない武田勝頼みたいなイメージ

306 :人間七七四年:2007/09/07(金) 17:20:34 ID:sMkB1a1i
甥の葛西俊信が統率51武勇71騎馬Bになってるな

307 :人間七七四年:2007/09/08(土) 11:23:04 ID:NLOUXw4n
俊信の評価ポイントが葛西の興亡と一切関係なさげな所が切ないけどね…

308 :人間七七四年:2007/09/27(木) 02:48:36 ID:ppzTSM4W
>>303
島津じゃないが、田舎の僻地だからなー。

309 :人間七七四年:2007/09/28(金) 02:33:44 ID:l+YXaO8l
>>290
北関東・南奥州連合軍と伊達の勢力差から考えてたら政宗は頑張った方ですよね。
政宗と相馬との勢力差を考えたら、相馬は頑張った方ですよね。

つまり、相 馬 最 強


冗談は置いておくとして、
佐竹を中心とした北関東連合は脱落や勢力の後退が凄まじい。
佐竹が直接北条の脅威にさらされなかったのは、地理的・時間的問題に過ぎない。
北関東連合の必死の抵抗があたかも義重の手柄のように語られるのならば、
連合勢力が次々追い詰められていくのに対して何も効果的な手を打てなかった失態も義重の責に帰すべき。
それがフェアってもんだ。

310 :人間七七四年:2007/09/29(土) 03:38:33 ID:dRKgfQej
義重義宣親子は過大評価だもんな
佐竹スレの厨が必死に持ち上げているが

311 :人間七七四年:2007/09/29(土) 17:25:15 ID:eGBxpsY3
>>310
でも雪の峠の義宣は妙に好きです(><)

62 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)