5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

剣豪将軍足利義輝

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 23:01:19 ID:TYNKUzhf
五月雨は露か流れかほととぎす 我が名を挙げよ雲の上まで

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/17(土) 23:52:08 ID:V/McvADb
義輝襲撃に久秀は関与してないとか

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 02:18:03 ID:B8hfOE9F
剣豪国司具教もよろしく

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 02:21:59 ID:B8hfOE9F
やっぱ戦国といえば義輝公がいないと始まらないもんなあ

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/18(日) 03:16:57 ID:P0rj6cC8
>>2
史料によると実際に襲ったのが三好三人衆と松永久通ってやつだろう。
ただ、倅が参加してるところから察するに、うらに久秀がいた可能性は大だろ

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 00:03:35 ID:e/gmIKI9
結局新陰流と新当流どっちの使い手なんだ?

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/19(月) 13:22:06 ID:x4WNi2v6
>>6
両方の道を究め、近々足利流を創設する予定だったs(ry

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 22:20:47 ID:nlCxe46N
義昭も剣の使い手なんだよな。
義輝は最期で随分イメージ的に得してる。

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/20(火) 23:24:10 ID:C/nPrs4w
池上遼一の「信長」で義昭が義輝じゃないかというぐらい戦闘シーンがあったなあ


10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 22:12:08 ID:cAIqisBX
義輝の資料ってどんなの見ればいい?

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/21(水) 22:22:06 ID:nLTRs3vy
当時の剣術は和歌なんかと同じ『芸』だから身分の高い人間がよく学んでいる
逆に言えば実戦派の中・下級クラスの武士にはあんまり縁が無く、不用と笑う雰囲気すらあったそうだ

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 13:20:03 ID:g7sJtVM+
高坂弾正曰く「太平な世の武士じゃあるまいし、剣だって乱世の武士は実戦でおぼえるもんだよ」

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/22(木) 22:56:20 ID:c4rwt249
将軍が暗殺された事を民衆はどう捉えていたのだろうか

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 01:24:05 ID:AywtzDxo
どうも思わないだろ。
足利将軍家は殺されすぎ、廃嫡、都落ちしすぎ

15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 16:48:02 ID:qTHjeON7
南朝の親王が結構死んでるからな
因果応報かな

徳川の世ではありえない話になるが

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 23:06:38 ID:KRB4HDM2
そういうな、義輝公は生まれが不幸なのさ

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 23:29:48 ID:XPOv2piB
こいつゲームでは結構強いんだけどね

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/23(金) 23:35:58 ID:AywtzDxo
義輝公よりひどい奴いただろ?
寺に首投げ込まれた奴が

19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 21:35:01 ID:RRkh3DAO
義輝にも長慶暗殺未遂二件と義興毒殺の疑いがある

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/24(土) 21:38:00 ID:r+oq5bmn
>>19
あと長慶の岳父の遊佐長教暗殺にも疑いがある

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 04:00:45 ID:VOjyosrv
足利将軍家ってすごい家だよな。
ある時、天皇をこえんばかりの権勢と実力をそなえ、
またある時はスパスパ将軍位の首を変えられ、命までとられてるんだからな。

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 07:16:04 ID:DTSdoVrv
義輝は、女将軍やったら燃え萌えやったんやけどな。
剣豪女将軍足利義輝たんを長慶・久秀と共に犯し倒すスレ(1001)とか……ハァハァ

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/28(水) 23:47:27 ID:MYjtp91h
次の将軍くじ引きで決めたりするからな

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/29(木) 01:24:43 ID:YdbREgTm
きめぇ

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 13:04:19 ID:HXFA/hp/
『あの男は殺すのは簡単じゃ。最初は弱い雑兵を向かわせ義輝公をいきり立たせる。普通なら逃げるのだが、剣豪じゃからな。本心は人を斬りたくて斬りたくて仕方ないはずじゃ。で、前へ前へ出てきたとこで精鋭兵で囲めば討てる。』
松永弾正談。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 14:46:31 ID:dKTx3H7+
>>25
さすが久秀
リアリストだな

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 16:18:46 ID:sFtt8oAa
>>25
それなんて小説?

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/06/30(金) 22:51:54 ID:cQIY66pw
25のどうじんしょうせつ

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 11:28:52 ID:Mo3RVXQb
────────‐───────────−────────────―─‐
─‐────────────‐────────‐∧_∧ ───‐──―──‐
─────‐∧ ∧,〜 ────────────‐(; ´Д`) ────―─‐──‐
──−──‐( (⌒ ̄ `ヽ───_ ───────‐ /    /─―/ヽ────―─‐
──―───‐\  \ `ー'"´, -'⌒ヽ──────‐| | >>  ─/ | |─────―
―‐――──‐ /∠_,ノ13 _/_───‐―──―─‐| |  /─―/ | |―────―‐
─────‐ /( ノ ヽ、_/´  \―────‐──‐∪ ./──,イ ∪ ────―─
────‐ 、( 'ノ(     く     `ヽ、 ―────―‐| /−─/|| | ──−───―
───‐‐/` ―\____>\___ノ ──────‐|/──/ || | ────‐─―‐
───/───―‐/__〉.───`、__>―‐―───‐─―‐ | || | ─────―─
──/──‐──────────────―−───‐(_)_)─────―─
─/────────−────────────‐──────────―‐
───────────────────‐─────────―─────‐

「五月雨は 露か涙か 不如帰 我が名をあげよ 雲の上まで」

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/03(月) 22:07:08 ID:R4OapW8t
「五月雨は 露か涙か 不如帰 我が名をあげよ 雲の上まで」
これって辞世の句なの?

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 12:31:26 ID:M2blNTgZ
うん         こ

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/04(火) 12:58:56 ID:3Xi8BDOk
>>30
そう
義輝のね

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 00:03:41 ID:PHK4fw2a
襲われて戦いながら「五月雨は〜」って辞世の句を書いてるの?

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/05(水) 01:09:08 ID:aeth3ZES
辞世の句ってのは前もって書いておくこともある。

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 01:42:21 ID:lAJ4FBIG
それが普通

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 15:57:43 ID:tf39Nwiy
戦死寸前に書いてる暇も無いし、予測できない突然死もあるし。

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/06(木) 18:38:12 ID:SlQcQM8n
ともあれ暇だったんだな

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 11:00:30 ID:SVkJep+d
ハァ?

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 14:00:45 ID:TGNVYdBZ
つまり、遺言状や遺書みたいなモンだったと。

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/07(金) 16:39:26 ID:4/7hER/w
本当かどうかは知らないが出てきたやつのコピベ

二条室町第に押し寄せた大軍を前に斬り死にの覚悟を決め、
愛蔵の名刀を幾振りか畳に突き立て、斬っては新刀に取り替え阿修羅のように剣を振るい、
もはやこれまでと覚悟した義輝はいったん奥に走り込んで、
「五月雨は露か涙かほととぎすわが名を遂げん雲の上まで」と辞世の句をしたためて
から、再びとって返そうとすところを、襖の陰から池田丹後守に槍でいきなり足を払われ転倒し、
何枚も襖をかけられて突き殺された。義輝30歳であった。


41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/12(水) 23:04:26 ID:TOfKt/Mw
二条御所襲撃の際も刀は数本畳にさして引き抜きながら戦ったと伝えられる。

42 ::名無しさん@お腹いっぱい:2006/07/15(土) 02:59:59 ID:L295vzrQ
秘蔵のコレクションを実戦で使わにゃならんのだから悲惨だよな


43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/15(土) 11:27:18 ID:fytpLt6P
道具としては本望。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/16(日) 16:37:02 ID:7VAzonke
最後におもいっきり暴れられただけマシじゃまいか
毒殺よりマシ

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 05:34:51 ID:IA42Wziq
やっぱり剣術槍術弓術習ってるやつと
そうでない戦人には差があるんだろうか      
氏真や朝倉の大将も習ってたみたいだけどそれを実践した記録ってあった?

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 07:53:40 ID:albKgtf4
六角義治は豊臣秀頼の弓術師範になったらしいからある程度の腕はあるんじゃないか

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 09:28:39 ID:R1zlo5Y7
義輝は襲撃されたとき、蓄えていた金銀財宝を庭に投げ捨て、雑兵が戦うのも忘れて金銀財宝に群がったところを弓で射殺したという。戦上手!

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 10:45:41 ID:8Nm4jJyn
頭はそこそこ回るっぽいし気概もある
もう少し幕府の権力がある時代に生まれてたらもっと活躍したかも知れんね

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 12:28:16 ID:n7WFX9Li
足利義輝の子供は生き残って足利義辰となって生駒氏に養育され細川に引き取られて
育ったらしい

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 01:08:21 ID:81Xj5J1j
義輝は個人的に好きだな。足利幕府の権威を取り戻すために強くなろうと努力したんだろうな、
そんな義輝に忠義を示したのが遥か越後の上杉謙信くらいしか居ないてのが寂しいな。
謙信がいると三好とかが大人しくなるが、居なくなると暴れ放題、
「足利将軍家」の危機と常に緊迫した状況にいた現実で義輝は精一杯もがいて戦ったんだな。


51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 08:58:15 ID:K1G3R+oX
三好は三好でも長慶はあまり敵対するつもりがなかったように見える
まあ、だからって権勢くれてやるとは思ってなかっただろうが

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 15:26:56 ID:Fio7aWUO
>>49
尾池玄蕃ですか

西山義辰は義晴の四男ともありますが・・・

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 10:09:17 ID:cSc3oDYX
足利義輝vsコモドゥス帝〜世紀の筋肉バカ対決〜
あと初歩的な質問で申し訳ないんだけどさ
どうして義輝に改名したの?

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 12:23:08 ID:jvIuheZP
>>53
名前を変えるのが流行ってたから

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 14:47:06 ID:9OYjOJEo
何では知らないけど、
天文二十三年(1554)だよね、義藤から義輝への改名

前年長慶に敗れて、近江朽木に逃れてるから、
心機一転とか、そこらじゃないかな

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 22:46:36 ID:U0PBSwnL
>>52 尾池玄蕃

足利将軍家十三代義輝の子。諱は義辰、道鑑と号す。生没年不明。「全讃史」は玄蕃誕生の経緯を
 次のように紹介している。「永禄八年松永弾正久通将軍義輝公を戮す。時に元妃烏丸氏方に娠めり。
 近臣小早川外記、吉川斎宮、元妃を奉じて遁れ来り。尾池玄番光永(通称・嘉兵衛)の家に匿る。
 数日にして義辰を生む。遂に御池を冒し、光永の嗣となす」
 尾池氏は平頼盛の後胤とされるが頼盛の母を池禅尼と云う、この事から世の人々は頼盛の事を「池
 殿」と称し、その子孫は「尾池」をもって氏とした。讃岐横井に采地二千貫を得横井城を築いた。
 玄蕃は晩年讃岐にあって生駒家の庇護を受けたが、息西山右京が細川家に千石で召抱えられた。後
 玄蕃も肥後入国、寛永十九年正月宮本武蔵と共に奥書院で藩主忠利に謁し杯を交わしたりしている。
  又、一説ある。天文二十年(1551年)将軍義輝は三好長慶の謀反に会い、近江の朽木谷に逃
 れる、その時に出来た子が玄蕃とされる。義輝は永禄八年(1565年)三好・松永の軍勢に襲撃
 され自刃するが、浅井長政に預けられていた玄蕃は難を逃れる。長政が織田信長に滅ぼされた際、
 三河の徳川家康の元へ落ち延び、後尾池光永の許に逃れ養子となったとされる。
 はじめ足利左近、小池茂左衛門など称した。子孫は西山氏を名乗り、比着座同列定席の家格にて明
 治にいたった。

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 22:47:40 ID:U0PBSwnL
尾池玄蕃

出自
父は足利義輝。母は愛妾の小侍従(義輝と同日に殺される)とも元妃烏丸氏とも、名の伝わらぬ侍女ともいわれるが定かではない(烏丸氏が元妃(正妻)とあるが、義輝の正妻は近衛氏であり、この伝承は少々疑わしい)。



58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 22:50:05 ID:U0PBSwnL
輝討死後、生駒家に仕えるまで
小侍従を母として
小侍従を母として生まれた玄蕃は幼名を宮千代丸といった。
永禄八(1565)年五月十九日、義輝と小侍従が三好・松永勢に
よって殺されたとき、二歳だった宮千代丸は近江高島郡日爪
城主尾池伊賀守のもとで育てられていたため難を逃れる。
以後、浅井長政の庇護を受けていたが、天正元(1573)年に
浅井家は滅んでしまう。そして宮千代丸は長政の子、万福丸かと
疑われて信長の前に引き出される。しかし信長が「万福丸」と
呼んだときは何も答えず、「宮千代丸」と呼んだとき初めて返事を
したので、疑いが晴れたという。それからは家康のもとに落ち延び、
のちには讃岐生駒家のもとにいた。


59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 22:51:11 ID:U0PBSwnL
烏丸氏を母として
義輝が殺されたとき、烏丸氏は将軍近臣の小早川外記と吉川斎宮によって
讃岐横井城の尾池玄蕃光永のもとに落ち延びる。すでに身重であった烏丸氏は
数日して男子を生んだ。これが玄蕃である。玄蕃は光永の嗣子となり尾池を称した。
天正十(1582)年十一月、仙石秀久の家臣、上杉伊賀太郎が数百騎を率いて横井城を攻撃するが
玄蕃によって撃退され、伊賀太郎は討死した。のち生駒氏が讃岐の領主となると、千石をもって玄蕃を招いた。

侍女某を母として

義輝が殺されてしばらくのち、義輝の子を身ごもっていた侍女某は
男子を生む。これが玄蕃である。
そして義輝の家臣であった尾池帯刀は玄蕃を連れて讃岐に逃れた。
のち生駒家に仕えた帯刀は玄蕃を嗣子とした。


60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 22:51:44 ID:U0PBSwnL
生駒家から細川家へ
生駒家で千石を領していた玄蕃は、のち知行を二分して長男伝右衛門と二男藤左衛門にそれぞれ与えたという話がある。また生駒家の重臣、前野助左衛門によって四百石召し上げられたという話もある。「生駒高俊分限帳」には

五百石 尾池藤左衛門
六百五石四斗 内五石四斗私田 尾池内蔵助
とあるという。尾池内蔵助(時期から考えて長男伝右衛門か)が領する六百石は当初の千石から四百石減じられた後の知行で、尾池藤左衛門の五百石は別に与えられたものか。

あるとき細川忠利(熊本初代藩主)は玄蕃のことを知り、玄蕃および一族を熊本に招いて客分とした。寛永十九(1642)年七月二十五日没。



61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/22(土) 22:52:27 ID:U0PBSwnL
>>56-60
足利義輝の子、義辰の説明

62 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 07:13:16 ID:G+35z3H6
剣豪将軍って側面が有名だけど、外交にも力を入れてたね。
紛争各地の調停や、長尾景虎や織田信長への謁見を許したりとか。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 14:39:30 ID:ZZeon/Lu
その程度なら、みかどだってやってるよ

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/04(金) 15:01:44 ID:EPr7+mWz
なんせ曲がりなりにも室町殿なわけだから

ただ将軍は義材以来、京にいたりいなかったり
自然と朝廷と諸国大名の、直接交渉が始まった
これには朝廷の懐が非常に厳しいことも、関連してるが

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/11(金) 16:14:11 ID:nnFNLocG
義晴、義輝親子は気性が激しかったらしい

ともに近江に落ちながら、京に復帰してるから
まあ義材ってツワモノもいるけどね

66 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 09:25:28 ID:nkG9sWPz
京に戻ったってだけで気性が荒いってどうよ

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/13(日) 14:05:20 ID:9JURzeVT
気性はわからないけど義晴将軍の軌跡

大永元年(1521) 義稙が細川高国と不和、淡路に去る、高国の擁立により義晴が将軍に

大永七年(1527) 細川晴元が足利義維を擁立し、堺に拠る
同年          高国、三好元長や柳本賢治らに敗れ、義晴と近江へ逃亡、六角が庇護

享禄四年(1531) 高国が三好元長らに天王寺で敗れ、尼崎で自害

天文元年(1532) 晴元一向一揆の力で三好元長を敗死させ、近江より義晴を迎える

天文十六年(1547) 義晴が晴元と対立、義晴敗れ近江に逃れるが、同年和解し京に復帰

天文十八年(1549) 三好長慶に敗れ、義晴、晴元近江へ逃れ、六角を頼る

天文十九年(1550) 義晴近江穴太で病没

こんなとこかな?


68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/19(土) 03:52:05 ID:2m3gbni2
ふむ

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 13:03:58 ID:jpw8kXTp
辞世の句かっこいいな

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/20(日) 18:18:03 ID:nZ4vDkZD
>>65
それだけ三好長慶が優しかっただけじゃないの。
死んだら速攻で殺されるし。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 00:36:22 ID:CDS3HIOS
日本語でOK

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 14:02:14 ID:T8bEYFtt
一応訳すと
>>71二行目は

(長慶が)死んだら速攻で(義輝は)殺されるし
って事でしょ


73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/22(火) 14:03:07 ID:T8bEYFtt
>>71二行目は→>>70二行目は

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 00:09:46 ID:ZkYaN+MH
小説だけど、「剣豪将軍義輝」は結構面白い。
ttp://www.schizophonic.jp/MT/archives/2005/10/post_27.html

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 08:13:22 ID:Wuen0nZ+
このスレにいる人間で知らん奴はいないだろ

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 21:04:25 ID:XAOMSYbE
義輝ってある意味「売名将軍」だったよな
毛利輝元・今川氏輝・上杉輝虎・伊達輝宗・小野寺輝道・足利輝氏・細川藤孝・・・
結構な数に名前を売ってる

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 04:56:57 ID:5/UKe0PO
親父義晴も同じようなもんだ>名前の押し売り
あれでも地方大名としては権威付けになったんだろうね。
お手紙作戦も時代は違えど義昭と同レベルにやっている。
将軍家の権威再興ってやはり難しかったんだろうな。
その中では晴元、長慶の傀儡でありながら積極的に外交戦を展開したのは歴代では立派。
残念なのはやはり最期。戦国の将軍らしく何を捨ててでも近江に逃げなかったのはよくない。
生まれた時代が早くても遅くても成功しないであろう、異色の公方だったなあ。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/19(火) 16:01:17 ID:k+nTYl91
義晴は調べれば調べるほど面白いね

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/20(水) 21:42:43 ID:kFq+OJnO
>>76
全部貧しいのが悪いんじゃ。

>>77
公方が逃げて縄目の恥辱に遭う不名誉を避けたのかな?

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 18:29:47 ID:pFZhR2Uj
というか足利将軍家は偏字ぶん撒いてる奴多いと思うが

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/21(木) 19:44:23 ID:xcM5dE/F
鎌倉公方家は偏諱を受けなかったことが開戦理由になるくらいだったからな。
ただ幕府末期の義晴・義輝父子は押し売りに近いくらい名前を売っているな。
もっとも多くは守護大名クラス以上に対してで余り成り上がりには偏諱与えていなかったような。

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 15:56:38 ID:+QVYtvgO
京兆家みたいな特殊なところを除くと、
端緒は義材将軍かな

北畠材親とか伊達稙宗とか

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 02:27:50 ID:A6OykkiZ
大河ドラマにしたらいいのにな
そしたら義輝役は誰かな?

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 02:58:35 ID:ayQcZPkh
沖正也

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 13:33:19 ID:cwQafXng
お塩先生

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 14:39:03 ID:3q1112SH
遺児を名乗る人物がそこそこいるが、真偽はどうかな?

>>83
北大路欣也

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 14:57:46 ID:ApekC2Vr
この大河の出来は、松永久秀の俳優で決まる

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 19:57:27 ID:PQs4J26d
豊川悦司松永久秀で。

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/18(水) 21:28:19 ID:iidfdqfV
朽木谷でのエピソードでも豊富にあれば大河になっても面白いんだがなあ。
都落ちの後は将軍就任、一時の返り咲き、そのあと朽木、帰洛してからは政治家、
そして壮絶な最期…
在京期間中の御内書外交戦は戦国大名オールスターが出てくるからど派手なんだが
自身の派手な合戦が最期くらいしかないってのがなあ。
帰洛のときの合戦は少数での陣取り争いだが妥協と外交って感じでいくさ好きにも
余り面白くないだろうし。

このスレで言うのは非常にまずいがどちらかと言えば松永久秀の大河が面白そう。
ただこれをやるのはちょっと視聴者に印象悪すぎるかな。
美化しようもない大悪人のイメージしかないからねえ。

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 02:12:46 ID:o+11Mhai
>>89
異聞のほうは読んだか?
脚本家の腕がよければあんなふうな話を注ぎ足せるだろう

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 07:59:36 ID:/2ms++J1
>>89
家康・秀忠・家光の3代でもやったんだから、義晴・義輝・義昭の
3代にすれば良いんじゃないかな。
ってあれ?12代・13代・15代?w

92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 13:49:09 ID:NZ9evUkM
>>89
松永大河は無理だろう。小説の主人公止まり。
大河はやっぱり主人公が「ヒーロー」か、
そうごまかせる美化要素がどこかにないと難しい。
皆があれだけ期待していた毛利元就のどれだけ無残だった事か。
尼子経久さんは最高だったが、松永もこういう風に脇で光るんじゃない?

93 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 15:35:10 ID:qg4ZzFWh
呂宋助左衛門とか大村益次郎とか

獅子の時代とか山河燃ゆとかもあるし


94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 16:19:04 ID:7eSCnQAp
>>89
むしろNHK的には合戦がない方が美味しい

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 16:34:40 ID:vK2oIU4c
>>93
大村益次郎はぜひ八嶋智人にやってもらいたいね

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 21:14:20 ID:VHmAu71V
>>86
何かで義輝役やったことあったよな

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 01:00:56 ID:QYSOeoLg
>>18
誰?

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 04:05:38 ID:Z6980DEe
>>96
テレビ東京の「織田信長」みたい。
ttp://www.geocities.jp/kimkaz_labo/ashikaga.html

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/22(日) 15:46:34 ID:BSEk+9Y/
>>98
なるほど。サンクス。
確か高橋英樹のやつだったか。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/08(水) 16:10:38 ID:ZLqmOIoX
風雲

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/09(木) 01:06:59 ID:8hVtAen2
義輝あげ

102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 12:15:25 ID:m2fAF/RO
>>76
今川氏輝は生没年の関係から無関係では?
あと追加で大内輝弘、大田垣輝信、益田藤兼。

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/22(水) 12:27:55 ID:5HbL+S1J
中条藤資

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 01:34:30 ID:8BBDfFuB
アリの巣コロリってあるじゃん
蟻の行列にポンと置くと一瞬ビックリして列が乱れる
邪魔だなと言わんばかりに迂回する列が出来る
そのうち好奇心旺盛な一匹がアリの巣コロリに入る
そいつをマネして何匹も入る
毒とも知らずにツブツブを運び出す
一匹が一粒づつ
いつのまにか行列はアリの巣コロリが折り返し地点になる
黄色い粒と黒い蟻が作り出す模様は綺麗で見てて楽しい
一匹が一粒づつ丁寧にせっせと毒の粒を運ぶ
せっせとせっせとせっせとせっせと
蟻さんって働き者だなと思う
俺も頑張らなきゃなと思う
次の日あれほど沢山いて俺を困らせた蟻が一匹もいない
ほんとにいない
探してもいない
泣きたくなった


このレスを見た人は4日後にあなたの大切な人がいなくなるでしょう
それが嫌ならこのレスを5つの板にコピペしてください
信じるか信じないかはあなた次第です

105 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/10(日) 14:14:02 ID:l0Y2LUzN
義輝って再評価されてきているけど結局幕府の再興が目的だったのかなあ。
それとももっと純粋に征夷大将軍としての権威の回復が目的だったのか。
どのみち長慶が妥協したおかげで帰洛できたのにちょっとやりすぎたんだろうねえ。

106 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/10(日) 17:17:32 ID:R4KfMdEb
かっこいい

107 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/10(日) 18:29:52 ID:7dK65vQA
>>105
権威回復してから、幕府再興って流れじゃない?
それでも徳川みたいな、将軍親政は無理だろうけど。

108 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/12(火) 12:55:17 ID:6Ic150jy
早々に、細川晴元に見切りをつけるべきだったのか・・・。でも長慶の
元で出来る事だって限られてるしなあ。

109 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/12(火) 18:56:20 ID:yL3/JX4n
謙信の庇護下で越後御所ってのは、ちょっと萌える。

110 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2006/12/12(火) 19:52:07 ID:ojQiwknP
神保の庇護下で越中公方はどうか

111 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 00:21:45 ID:zvA4aXoQ
>>110
それなんて、足利義材?

112 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/24(日) 21:34:04 ID:MfdfphVY
こっちのスレで、上様の話題がチラホラ。

【天下五剣】名刀を語るスレ【武士の魂】
http://hobby8.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1150027268/


113 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/27(水) 02:46:37 ID:2ceqEG9b
この人って官位が従四位下 参議 左中将どまりなのはなぜ?
将軍在職期間が短いわけでもないのに。

114 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/28(木) 09:45:12 ID:SxoTVM39
>>113
三好一党の圧力だろうか?

115 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/28(木) 18:21:09 ID:5Ivln0MR
金貢げなかったからだろ

116 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/07(日) 12:59:48 ID:oPj+FTLJ
>>76
足利輝氏って誰? 藤氏のこと?

117 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/07(日) 21:44:26 ID:Q69CtY5h
>>116
確か晴氏の子で藤氏の同母弟だったはず

118 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/07(日) 22:55:54 ID:oPj+FTLJ
>>117
藤氏の弟と言われる、藤政のことかな?

119 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/07(日) 23:13:34 ID:Q69CtY5h
>>118
いや、藤政も別人のはず
晴氏の男子は系図見ると藤氏、藤政、家国、輝氏、義氏といるみたいなんだけど
義氏と藤氏以外は系図に載せてもらってない事も多いし、経歴が書いてある本も見た事が無いから詳しい事はわからない

120 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/10(水) 19:41:15 ID:IQAjyjdo
足利義輝実子(続群書類従本伊勢系図)
http://blog.sasakitoru.com/200504/article_20.html/

121 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/12(金) 16:18:21 ID:IIq1bvKZ
最期は討ち死にだよね? 自害と伝わってる話もあるけど。

122 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/13(土) 02:53:51 ID:EkvsWVMy
義輝はキリシタンの布教を許可して、鉄砲にも関心を持っていたんだよな。
やはり、幕府再興を成し遂げるために
色々と新しい物を取り入れようとしたのだろうか。

123 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/13(土) 04:39:36 ID:EcjzezuT
一級史料の言継卿記は自害
抜刀して抵抗は史料で見たことない
実際に鉄砲隊編成、保持してたのは晴元だけどね

124 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/13(土) 15:15:32 ID:Pjx9xP1Q
>>122
鉄砲を献上したのって誰だっけ?

>>123
高貴な方が雑兵の手にかかるのは不名誉として自害と記したのでしょうか?

125 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/13(土) 18:17:39 ID:EcjzezuT
あれは言継個人の日記だからね、幕府の記録ではなく。
討ち死にだと思いたければそれで良いんじゃないの?
ちょうどこの前読んだばかりだったから、書いただけだよ

126 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/14(日) 02:35:56 ID:F6g1DXmi
ある程度抵抗してから奥に引っ込んで自害、という信長パターンじゃないの?

127 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/14(日) 16:31:53 ID:nFr3hfUo
3時間程抵抗、午前11時頃自害

128 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/15(月) 03:33:08 ID:euAkL3/P
>>124
大友あたりだったような。

129 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/16(火) 00:51:27 ID:0pmWZJA5
考察本には証如だとあったが

130 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/18(木) 18:40:37 ID:ZS58Hjoo
>>124
俺の持ってる集英社の学習漫画だと謙信に渡してた。

131 :くるるん兄弟:2007/01/20(土) 21:22:31 ID:IkFXLT5s
鉄砲は大友が献上してる。あと火薬だかの調合について書いた本も貰ったんだと。自
前でも国友に発注してるし。
キリスト教は、1560年にイエスズ会のヴィレラに謁見した時に布教を許可した
はず。そいで某巨大フリー百科事典によると砂時計貰ったんだって。ただ死後に無
視されるんだけど。久秀のせい?


132 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/20(土) 22:34:20 ID:ZpGWkAKg
wikiに義輝の遺児についての記述が増えてるな。
書いたのはこのスレの人かな?

133 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/28(日) 20:21:25 ID:L/pOQVvK
すみません、教えてください。
足利義輝のグッズが欲しいのですが、
お守りや銅像・絵画なんかを販売している所を知りませんか?
どなたか教えて頂けないでしょうか?お願いします。

134 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/02/04(日) 17:34:17 ID:B+Au0qKV
>>133
等持院でもそんなの売ってなかったな。

135 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/02/06(火) 18:50:06 ID:cjpK3C3s
元々足利将軍家が直轄する兵力は少なかったが、
義輝の時代だと頼りになる実兵力はほぼ皆無になるの?

136 :人間七七四年:2007/02/14(水) 17:39:50 ID:ClwUHgoe
>>135
奉行衆や朽木家郎党とか。

137 :人間七七四年:2007/02/22(木) 14:27:17 ID:aZP21XCN
>>136
奉行衆辺りじゃたかが知れてるし
朽木も足利べったりって訳じゃないしなあ

138 :人間七七四年:2007/02/22(木) 15:01:16 ID:zndSepVD
室町幕府の構造的な問題点だな>親軍(奉行衆)の脆弱さ
守護大名の連合政権だから仕方無しか。

139 :人間七七四年:2007/02/23(金) 23:48:36 ID:2Q836wNk
その守護大名も土豪の連合政権ってなパターンが多いような。

140 :人間七七四年:2007/02/24(土) 20:51:01 ID:NX1Osi3i
義輝より前の頃だけど、六角征伐とかしてるから軍事力が皆無ではないような。

141 :人間七七四年:2007/02/24(土) 21:02:05 ID:Vq6XXnAM
征伐といっても連合軍の上に御旗で将軍がいる構造なような・・・。


142 :人間七七四年:2007/02/27(火) 03:11:44 ID:NOqGccc2
むしろ義輝や義昭は奉公衆(親衛隊)を強化していると思う。
動員可能兵力が減少したから、その分親衛隊を重視しただけだけど。

143 :人間七七四年:2007/02/27(火) 07:28:43 ID:/5i3iC2A
>>140
大成功してれば、畿内諸国を領国化出来たな。

144 :人間七七四年:2007/02/27(火) 07:35:41 ID:Oy6fNaVL
>>22
長慶公に限らず、三好一族は一穴主義者だからなあ。

145 :人間七七四年:2007/03/02(金) 12:53:10 ID:MNV9oNRA
なんというか剣豪将軍って
健康食品って感じがする

146 :人間七七四年:2007/03/25(日) 18:22:10 ID:9AOtjVuy
義輝様は鉄砲隊でも有名だけど、これはたしか細川晴元に命じたらしいから、多分直属ではなかったはず。
だから、軍事力はあるといっても相当乏しかったはずだよ。だから二条御所とか改修したんだろう。

つっても三好&松永の1万余りの軍勢が来たらどうするつもりだったの?

147 :人間七七四年:2007/03/25(日) 19:03:43 ID:nfXD5Iul
>>146
近江へ逃げる?

148 :人間七七四年:2007/03/25(日) 20:30:39 ID:RUBo6m8a
義輝と長慶ってトムとジェリーだよな。
ジェリーに暗殺部隊差し向けられたり、親族が死んだりして鬱になったトムが死ぬとガチネコにシュートマッチを挑まれて死んでしまうジェリー。
薄れ行く意識の中、トムに愛されていたことに気付くジェリー。

149 :人間七七四年:2007/03/26(月) 09:43:16 ID:5Pv7sOOV
>>147
やっぱりそうなるか…でも二条御所を城みたく改造しようとしたってことは数日持ちこたえて六角とかの援軍が差し向けられるのを待つつもりだったってこと?

150 :人間七七四年:2007/03/26(月) 21:57:18 ID:42p9IKOX
>>148
それのSS化キボン

151 :関連スレ:2007/04/19(木) 10:22:13 ID:Fok5r9EG
足利義昭は暗君だったのか稀代の謀将だったのか
http://hobby9.2ch.net/test/read.cgi/sengoku/1176455543/


152 :人間七七四年:2007/05/08(火) 15:07:11 ID:aUGrUk5O
>>149
義輝自体(義晴もそうだが)近江暮らしが長いくらいだから、
下手に争うより落ちた方が無難

153 :人間七七四年:2007/05/10(木) 09:57:37 ID:CBsMCIT0
結局、師匠格なのは塚原卜伝と上泉伊勢守の二人?

154 :人間七七四年:2007/05/25(金) 15:35:46 ID:gtK/5ywi
そうなんだろうね、さすが衰えたとはいえ御所さまだけあって、すごい面子だね

155 :人間七七四年:2007/05/28(月) 17:25:42 ID:/t6ELL1y
かたや戦場で刀傷なしかたや上野国一本槍
かたや受けずかわさずの一之太刀かたや受即斬の一刀両断

家族のいないト伝とかからみると孫みたいな年だし上様とはいえ義輝がかわいくてしかたなかったんじゃねーかね?


156 :人間七七四年:2007/06/01(金) 14:03:44 ID:gJMIQNZm
あと、暗殺される前の年、丸目蔵人介(肥後相良家臣、タイ捨流)と上泉伊勢守に
「兵法天下一」の書状を発給してるな

157 :人間七七四年:2007/06/01(金) 18:48:40 ID:ZEAq4Ql/
>>156
なぜ二人に?

158 :人間七七四年:2007/06/01(金) 22:07:12 ID:wmtHNduq
天下一が二人

159 :人間七七四年:2007/06/04(月) 10:17:07 ID:iq4+XRr6
地方名物の本家と元祖みたいなもんかw
公方様も選ぶのに迷ったんだろうな。

160 :人間七七四年:2007/06/21(木) 20:27:06 ID:iar2uypb
弟(義昭)と一緒に過ごした期間ってどの位だったんだろ?
すぐ義昭は出家させられたのかな?

161 :人間七七四年:2007/06/24(日) 07:42:09 ID:dmffZEhJ
あの時代大名クラス以上なら兄弟で過ごす事なんて殆どないんじゃないか?

162 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/06/25(月) 20:28:39 ID:la8kF5Ui
同母兄弟で一歳半しか違わないから幼少時だけは・・・

163 :人間七七四年:2007/06/26(火) 13:47:51 ID:za//Zq4N
>>161
三好家は?

164 :人間七七四年:2007/06/30(土) 14:29:57 ID:B3Amt6e3
義輝の最後だが落ち延びることはできなかったのか?
それとも敵勢の包囲が厳しすぎてそれすら不可能だったのか?

六角は義昭庇護では三好についたがこの時点ではそうではない。
まあ近江に逃げたところで和睦・逃亡の繰り返しなんだろうけど。

165 :人間七七四年:2007/07/16(月) 21:26:38 ID:f/MAckuy
もはや徹底抗戦の細川晴元もいないし、頼りになる連中なんていなかったんだろう。
まあ晴元だってそんなに頼りになるわけじゃないけど、丹波にはまだ晴元党が
少しはいたわけだし。

六角ももう少しやる気出してくれればね・・・。まあ畿内の政争に巻き込まれたくない
っていうのもあったのかもしれないけど。

166 :人間七七四年:2007/07/16(月) 21:48:10 ID:6Tg67PL1
死んだからこそカッコいいんだよ

167 :人間七七四年:2007/07/18(水) 16:09:27 ID:F0CSyWJ7
森繁「なぜワシより先に…」

168 :人間七七四年:2007/07/30(月) 07:13:23 ID:cGWEWXjo
>>164
御所を囲んでから、「訴状があります」と押し込んできたからね。
兵隊も「清水詣」と称してたくさん連れてきてたし。

169 :人間七七四年:2007/08/27(月) 15:23:42 ID:5U6SbxxU
山岡とか和田とか朽木とか将軍家を援助してくれる勢力はいたけど、
在京して支援してくれるのは細川とかの身内だけか。。。

170 :人間七七四年:2007/08/27(月) 16:59:12 ID:Ql8LlT6J
そういえばなぜに細川幽斎は、義輝〜義昭擁立にあそこまで
尽力したのかね。


171 :人間七七四年:2007/08/29(水) 00:30:13 ID:2+/scD9c
>>170
勝龍寺城を取り返すため?(w

172 :人間七七四年:2007/09/06(木) 14:30:34 ID:cWcLpIBx


173 :人間七七四年:2007/09/06(木) 16:55:44 ID:HqJoh8Tn
剣豪将軍足利義輝、個人の戦闘能力では戦国時代最強の一人だったかも?
…と思うのは当時、戦国武将は戦場では護衛に守られていてそれが破られると簡単に討ち取られる事が多かったらしいから。
塚原卜伝から免許皆伝を受けている義輝公は護衛も少ない状況で銘刀を振り回して徹底抗戦を行ったからさぞ強かったに違いない。
まあそれでも討たれたのは多勢に無勢だったわけで……。

174 :人間七七四年:2007/09/08(土) 01:09:15 ID:XObSmnxC
もし現代にいたら
宮崎正裕氏とぜひとも
勝負してもらいたい

175 :人間七七四年:2007/09/08(土) 12:14:38 ID:XZxxLLLs
いまノブヤボは義輝やお

戦闘でもなかなか強い

176 :人間七七四年:2007/09/10(月) 23:01:34 ID:S8hwE74Q
戦国BASARAに義輝様出てくんないかな?
あのゲームは時代考証とかムチャクチャだから、出てもおかしくないんだが


177 :人間七七四年:2007/09/12(水) 22:01:31 ID:YQltmdy6
武将と剣豪の両方の属性を持ってるってば義輝を除けば北畠具教くらいだし、
この二人をクローズアップしてもいいかも知れない。

178 :人間七七四年:2007/09/12(水) 23:07:00 ID:6eukbONC
>>177
しかも将軍という肩書きまである。
歴代の将軍で個人的な武勇なら一番じゃないかと思うが。

179 :人間七七四年:2007/09/27(木) 03:41:54 ID:ppzTSM4W
実際に抜刀して斬りまくったのは、最後だけかな?

180 :人間七七四年:2007/10/06(土) 09:10:12 ID:mxrcYcRU
真説 鉄砲伝来 (平凡社新書)で、上様が鉄砲に拘ってたことが書かれてるね。

>>179
実戦をする機会はなかったろうからね。

181 :人間七七四年:2007/10/06(土) 14:29:03 ID:YBOZKyKN
>>176
戦国無双2猛将伝ではレア護衛武将として出演を果たしました
無双でもBASARAでもどっちでもいいからプレイヤーキャラになってほしいものだ

39 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)