5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【直家】宇喜多氏を語るスレ【秀家】

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 11:59:20 ID:44fbUhZF
暗殺毒殺大好きな直家
八丈島で長生き秀家

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 12:01:11 ID:Zz4WAIWt
イケメンだよね
二人とも

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 12:08:28 ID:44fbUhZF
宇喜多久家
 ┃
能家
 ┃
興家
 ┣━━┳━━┓
直家  春家 忠家
 ┃     ┣━━━┓
秀家     基家 坂崎直盛 
 ┣━━┓
秀高  秀継

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 16:32:52 ID:2uOnfbpW
坂崎直盛の馬鹿がいなければ秀家は関ヶ原で家康本隊とガチンコできたはず
坂崎直盛は本当に宇喜多家の恥さらし
家康に「宇喜多の名前は嫌いなので改名しろと」言われ
「ハイわかりました」と宇喜多の名前を捨てた一族の裏切り者
宇喜多家が52万石の大名になれたのは秀吉のおかげ
その秀吉の恩に報いようと戦った秀家は漢
家康に逃げた奴らはとんでもない恩知らずどもである
宇喜多家が家康に従っていても、小早川、加藤、福島の惨状を
見るに間違いなく潰されていただろう
秀家はそれを読み、秀吉の恩に報いるのと同時に
宇喜多家を守るため立ち上がったのだ


5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 18:22:47 ID:XrDqkzEf
明禅寺合戦を見れば分かるとおり、戦も強い。
暗殺してばかりじゃないんですよ。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/17(月) 22:20:58 ID:oKyO+Lff
>>5
あの合戦って、数値を信じるなら奇跡的な勝利やね

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 04:55:57 ID:zb2GuJkF
赤松がつき浦上がこねし備前餅
すわりしままに食うは宇喜多

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 15:40:45 ID:Fio7aWUO
>>7
一理あるが、赤松や浦上では毛利、織田に対抗できないでしょ

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 15:45:25 ID:qbmmhAek
宇喜多秀家ってイケメンだよな

http://www.city.okayama.okayama.jp/museum/rekidai/ukita/hideie.htm

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 17:39:11 ID:k31I6Q9+
http://hiroshima.cool.ne.jp/kotodama-era/giwaku_6.htm
こういうのもあるよ。
宇喜多直家が何故そこまで策謀か扱いされるのかを批判したサイト。

まあ実際明禅寺合戦で劣勢ながら勝利するというくらいだからまずまず優れた
軍略家でもあると思う


11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 20:58:38 ID:AMSzkDOb
食うか食われるかだから
いいんじゃないの

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 21:00:07 ID:eEoVUw2W
弟忠家は兄と話すときは、鎖帷子を着け冷汗が止まらなかった

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/18(火) 21:10:54 ID:Qw7Ha2/6
能家
興家
直家三代における壮絶なドラマ大河化けってい!

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/19(水) 02:43:07 ID:STHFU/4c
直家の華麗なる履歴
1559年 中山信正(義父)を謀殺
    その居城と領地を奪う
    直家の妻である中山氏はこれを受けて自害
    この時祖父の仇である島村貫阿弥も誘い出し謀殺する
1561年 龍ノ口城の最所元常(妹婿)を謀殺し城を奪う
1566年 備前侵攻を狙う三村家親を鉄砲で暗殺
1568年 松田氏有力重臣である宇垣与右衛門を謀殺
     金川城を攻め、松田元輝を鉄砲で射殺、松田氏を滅ぼす
1570年 浦上家臣金光宗高を暗殺、岡山城を奪う
年代がわかっているのだけでもこれだけある。
他にも年代不詳なもので谷川久隆(姉婿)の毒殺とか
後藤勝基(娘婿)みたいに討ち死にか暗殺か怪しいものがイッパイ。


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 14:02:57 ID:9OYjOJEo
中山信正と最所元常が特に問題なんだろうけど、
理由はあったよね?、確か

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 17:01:51 ID:9OYjOJEo
自分で書くのもなんだけど

中山信正・・・浦上宗景より謀反の疑いがあるから誅せよとの命
だよね確か

血も涙もないといえばそれまでだけど



17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 22:58:46 ID:dzhUaITw
直家くんのその後の行動を鑑みると
主君から命令されたので、仕方なくやりましたってのは
素直に信じる事はできないよね。
しっかし、直家くんの暗殺成功率はすさまじいなぁ。




18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/20(木) 23:49:19 ID:NO4iaNkV
宇喜多で検索すると一番最初に出てくる
ファンのサイト?には秀家のことが書いてないんだけどなぜ?
宇喜多のメインは秀家だろ
直家なんか地味で誰も知らないだろ
宇喜多を語るなら秀家を抜きじゃ語れまい


19 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 02:13:31 ID:47f2H1RC
地味・・・・・・ねぇ・・・・

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 09:21:54 ID:ztItmewY
直家カッコイイじゃん

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 11:17:05 ID:hqSD1AeB
>>17
そりゃ失敗した暗殺なんてあまり表にでないからな

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 11:53:19 ID:2ZFF2Zar
こういう考えはできないかな

合戦より互いの消耗が少ない、と

23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 11:58:55 ID:8I3g9aE9
宇喜多の国力では合戦なんかしてたら小豪族で終わってしまう。

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/21(金) 14:44:05 ID:Lt+XYszS
推薦図書
「海将」白石一郎

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 01:05:13 ID:KEmyramc
ただいま読んでます、海将

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 09:10:37 ID:Zf9vRKON
そうだね。被害を最小限に抑える戦を常に心がけてたんだし、
そういう意味では領民思いなのかもね。

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 11:42:43 ID:g78/otlw
暗殺って怖いな
自分も暗殺されてもなんも言えない立場なんだから…

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 20:58:07 ID:jaFuCjDz
鎖帷子をいつも肌身離さず身につけることだな。

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/23(日) 21:14:04 ID:AG/N7J5o
詮家は?

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/24(月) 14:52:13 ID:aCMKNkm0
直盛の父忠家は関ヶ原時は、没してるのかな?

31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 04:20:36 ID:TfL+T8sv
関ヶ原の前年に隠居したのは知ってる<忠家

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/28(金) 13:37:23 ID:EB2FMAaw
詮家と行動はともにしなかったのかな?=安心

それとも直前に没してたりして

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/29(土) 00:24:31 ID:2eqr6Coy
隠居後は江戸に在住。
関が原の役から十余年は生きてる。
仕送りは主に息子・出羽から。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/29(土) 11:38:02 ID:p0q+4TVT
ということは、宇喜多家からは完全に身を引いていた、との理解でよろしいんですね

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/07/29(土) 15:21:56 ID:2eqr6Coy
出羽とその甥の揉め事に巻き込まれて仲裁に骨をおってる

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/02(水) 11:43:41 ID:CYl+4rJu
そうですか、ありがとうございます

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/02(水) 20:37:20 ID:fEmFvtnV
能家がいいよな
主家浦上を盛り立てて

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/03(木) 16:03:52 ID:ZZeon/Lu
島村にやられちゃうけどね

39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/09(水) 15:04:03 ID:+oSxhJVp
能家は確かに活躍したけど、暗殺後直家は殆どゼロから、のし上がったんだよね

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/12(土) 14:47:14 ID:yLGBMV4j
岡山県立博物館蔵の宇喜多能家画像は、重要文化財だそうで
賛文もありこれが貴重な史料だとか

残念ながら今は判読不能らしいが、
江戸期に編纂された、和気絹や備前軍記に全文が収録されて、
史料として現在に伝わっているようです


41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/25(金) 17:06:46 ID:n7caQM+F
海将がなかなか読み終わらない・・・
やっと本能寺

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/26(土) 16:26:57 ID:MS85cFmB
宇喜多は三宅氏の後裔
この三宅氏って本当は吉備王族なのかな?

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/30(水) 16:47:43 ID:rA/zoxZF
秀家が功名が辻出るそうだね。
てっきりでないと思ってたよ。

やるのがonちゃんの中の人ってのもびっくりだけどね。
漏れは好きだけどさ。

44 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/08/31(木) 22:12:08 ID:kjuyS6JO
直家は乱世の申し子みたいな人物で大好きだ。
こんな人物は(日本史では)戦国時代以外いないしね。

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 00:05:50 ID:jJwJxkQ3


46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 08:40:44 ID:HMVUTs8z
>>5 >>10
どうかね?
数少ない、戦の事例から判断するのもどうかと思う。
少なくとも国力の低さもあって、戦はなるべく避けてたと思う。

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/01(金) 14:20:21 ID:PmqO7y/o
そうね
政略+謀略で生き残ったと思うよ
能家暗殺でなにもないところから出発して、あそこまでのし上がったわけだから


48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 01:02:15 ID:rfr66KWN
しかし、能家→興家→直家→秀家と似てない親子が続いてるような。
秀家は豊臣家での生活の影響が大きかったのだと思うけども。
いずれにせよ、魅力的な逸材揃いではあるね(興家はよくわからんが)。

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 01:48:39 ID:SxQq8Rmu
興家が非常に重要

50 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 09:33:24 ID:/OWSW7WD
>>49
なんでそう思うの?
と聞いてみよう

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/02(土) 10:53:23 ID:l6kiYZqr
この間、乙子城跡に行ってきたよ
とても小さな城だったけど、此処から直家はのし上がっていったのかと感慨した
天神山城跡は本当に山城で、登るの死ぬかと思った

今度は沼城跡行ってみよう

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/03(日) 00:06:57 ID:ZkYaN+MH
浮田とかの苗字は庶流って認識でおk?

53 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/09(土) 14:11:53 ID:0wDa9DoC
もともと 浮田なんじゃないかな
佳字を用いて、宇喜多、
庶流が宇喜田とか浮田とか喜田とかじゃなかったかな

54 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 18:35:54 ID:XAOMSYbE
直家の木造は戦災で焼けちゃって今は残ってないんだよね
写真↓は残ってるけど。
http://www.city.okayama.okayama.jp/museum/rekidai/ukita/naoie.htm

精悍だが穏やかな顔をしてるよな

55 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 19:47:45 ID:Sa/ZIBBI
明禅寺合戦は西の桶狭間だよな

56 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/18(月) 20:41:15 ID:XAOMSYbE
「西の桶狭間」って色々あるな。
明禅寺の他にも、有田中井手合戦(元就初陣戦)もそう言われているし

57 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/22(金) 07:55:37 ID:mycQ6mdE
ところで宇喜多の子孫て今なにしてんの?
ソニーかどっかの開発者でいた気がするけど

58 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/26(火) 16:54:54 ID:ov76MQ1C
>>42
三宅氏の後裔で児島高徳の家系とか名乗ってたみたいだな。
三宅氏は、百済からの渡来人が祖となったという話があるようだ。
吉備王族とは別ということになるでも古い家系ほど伝説とか脚色・
潤色が入っているから、実はよく分からないってとこだろう。

宇喜多は「宇喜多五郎右衛門入道寳昌」っていう人物の消息が最古らしい。
これを紹介していたサイトでは「宗家の父か」となっているが、どうなんだろうな。
宗家の出自は藤原氏とも言われていて、その場合の実父は「信宗」というらしい。
この考え方が正しいのなら、
@「宇喜多五郎右衛門入道寳昌」は在地の領主、宗家がその養子になった
もしくは
A信宗自身が下向して「宇喜多五郎右衛門入道寳昌」を名乗った
という二つが考えられるが、気になるな。
@なら、宇喜多は藤原氏と関係の深い一族として備前に根を張っていただろう
ことが想像出来る。でも「宇喜多」の姓は、古い記録に出てこないことから、
ちょうど戦国時代が始まる頃に創始されたのかも。Aも、ちょうど応仁の乱の時期で、
下級貴族が地方に下向したことがあるから、考えられることだと思う。

59 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/09/28(木) 15:41:53 ID:+QVYtvgO
宇喜多と児島高徳とのつながり、三宅氏と宇喜多のつながりは不明だけど、

もし三宅連→児島高徳→宇喜多となると、
新羅国王子天日鉾命の後裔ということになり、件の百済からの渡来に話と矛盾するね



60 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 19:42:39 ID:FaYY5iSp
宇喜多さんの子孫は徳川を恨んでいるかな、、、、

61 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/01(日) 21:33:18 ID:UiFozsVO
八丈島の宇喜多一族は維新の時に前田家の手引きで全ては東京に移ってきたんだけど、
その2/3は東京よりも、もはや故郷となってしまった八丈島に自ら帰っていってしまったという。

>>60
そりゃ、無理ありすぎ。なにを今さらだ。

62 :60:2006/10/01(日) 22:28:26 ID:FaYY5iSp
>>61
いや、260年くらい島に幽閉されていたなら恨みも持ちそうな。

63 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 03:09:43 ID:byDs4cBg
ユダヤ人や朝鮮人みたいだな。

64 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 04:18:11 ID:2nCmKKNh
>>62
幽閉?
実際はほとんどの期間、島の名家として良い身分だったんだが。
そういう暮らししてたからこそ、大部の宇喜多一族が
自らの意思で島に帰っていったんだよ。

そもそも初代の宇喜多秀家からして、あまりの高貴な血筋や官位の高さに
島の役人がかしこまってしまったという逸話がある。
それに「秀家殿には不自由はさせない」と20人くらいの家来が
ついていったという話しもあるしね。

65 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 09:35:24 ID:2nCmKKNh
車もなにもない時代なら八丈島も結構広い。
島の端から端まで25kmはある。
総面積は65kuで東京の区二つ分くらいはある。
それに当時の人はそんなもんだ。
一生、狭い土地にへばりついて生涯を終える。
あの黄門様ですら実際は生涯、水戸と江戸くらいしか行ったことないそうだし

66 :60:2006/10/02(月) 20:50:00 ID:8YhWt3b2
>>64
ふーん、、、不自由していなかったとは、初耳。
前田の援助があったとかそう言うのもあるのかな?
確かに傍系の浮田、喜田とか?はまた島に帰ったらしいですね。
>>65
広いんですか。イメージでは山が殆どの島、なんだけど、、、違うのか。


なんで徳川を〜と思ったのかと言ったら、島流し(本土から離れた)は屈辱じゃなかったのかなって。
毛利は山口へ、上杉は会津へ言ったけど、宇喜多さんは島だもんなあ。
いくら徒歩では広くても。

67 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 21:06:00 ID:oqlx4rDp
毛利だの上杉だのはその後250年の間徳川の下に置かれたが、宇喜多は
敗者にしろ「徳川に膝を屈した」という認識が本人たちにも周囲の評価にも
なかったから、恨みつらみみたいなものは薄かったんじゃなかろうか。

68 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 21:09:06 ID:2nCmKKNh
まあ屈辱とか多少の不自由を感じたのは島の外の世界を知る秀家だけだったろう。
二代目以降は島が全てなので不自由とか狭苦しいという概念そのものが欠如してたと思う。

少し話しはズレるがヨーロッパで不義の子が小さい時から地下の牢屋に
入れられて育つと、その状況から善意の人によって開放された場合、
その人物は「広い場所や明るい場所に出すと落ち着きなく怯える」
「暗くて狭い場所を好む」といった現象が起きるという。
これは悲しい適応例なんだろうけど、
人間なんてそんなもんだ。自分の状況に適応しきってしまう。
八丈島しか知らぬ宇喜多一族もそんなもんだろ。

逆に言うと広大なアメリカの人とかから見れば
ひょっとして島国の日本人そのものが奇異に映るかもしれんな。
俺も本州から出た事がないし。

69 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/02(月) 21:51:29 ID:1lqR2sJ+
外の世界を知る秀家は、小さな世界に適応していく子や孫たちを見て
どんな心境だったんだろう

70 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 11:34:09 ID:Lst927iH
宇喜多の家臣達のその後はどうだろう?
花房家は八丈島に援助をしていたようだが。

>>69
先に息子の秀高が亡くなってるのが可哀想。

71 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/03(火) 22:05:26 ID:kIXPl7E2
でもねえ。
我々とて生活範囲なんてせいぜい数キロ四方で済んでるし、
車で10キロも走れば遠出したなあと感じるし。

72 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/10(火) 22:12:30 ID:DSssH7Ya
異戦国史って小説で八丈島へ流された秀家かその息子が
助けにきた明石全登に島の生活は楽しく帰りたくない、みたいな事
言ってたな。実際仕事もストレスもなく、名士や殿様扱いで楽しく生活できる
なら俺も帰らんわ

73 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/11(水) 23:55:54 ID:XVyCnvyS
前田家が捨扶持10万石で親藩として召抱えようとしていたのも
豊臣の世なら1万石でも仕えるが、徳川の世であるから受ける気は無い
といって受けなかったんだっけ?

ストレスが無く地元で名士扱いとはいえ流刑地だからな
前田家とかの仕送りでやっていけたと言った感じの
自給自足ではギリギリな思ってるほど楽な生活じゃなかったと思うぞ

親の直家ではなく爺さんの興家タイプの人間だったのかもしれないな

74 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/12(木) 19:23:12 ID:N0X9Uc0A
傍系は浮田と喜田だっけ。
喜田、は、喜多じゃだめなのかな。
電話帳に喜多が多く載っていた。

75 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/14(土) 23:33:30 ID:W/YWy7IB
ロッテの選手に喜多ってのがいたな。

76 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/19(木) 12:55:50 ID:oOY54Yv0
八丈島観光協会が宇喜多秀家秘宝伝説とかいってキャンペーンやってるぞ。

77 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 00:34:52 ID:BzE/v1nB
>>75
チョン乙。

78 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/20(金) 01:20:46 ID:QYSOeoLg
島流しに遭った奴がどんなお宝を持っていけるのかと。

79 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/24(火) 22:08:27 ID:11LxQlMa
有名なエピソードではあるが、
代官の家で「家人にも分け与えたいから」と白米のおにぎりを貰って帰った後、
哀れに思った代官から米俵を貰った際、
お礼にといって家宝を贈ったと伝えられているくらいだから、
多少はお宝らしきものも持っていたのではないかな?

80 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/10/25(水) 18:45:20 ID:QSE/xIg9
いや、でも宇喜田秀家=元中央政府重役+関白家の親族って認識だった
んだから、正直秀家の服とか佩刀ならそれが量産品だとしても貰った方、
残された方からすれば一級のお宝だろう。

81 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 02:12:07 ID:i46I0nKM
age

82 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/24(金) 21:00:46 ID:uMjIWKs1
宇喜多春家=忠家なのかね?

83 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 12:40:53 ID:HKEiHqmw
忠家の兄か弟ともはっきりしないし、同一人物説もある

84 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/27(月) 13:55:06 ID:2GcTnhcq
>>74
直系子孫が浮田で、傍系が喜田じゃないか?

85 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 09:16:42 ID:YT4U07yX
直家タソが関ヶ原まで生きていればなぁ・・。
東軍は片っ端から謎の死の連発で勝てただろうに。

86 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 09:18:52 ID:elrOHo14
そもそも直家が生きてたら絶対に東軍につくだろうからそんなことは
ありえないよ

87 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 09:36:03 ID:G0QBmsYU
毛利との因縁も有るしなあ

88 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 20:07:22 ID:FSoyh7D8
東軍勝利の暁には家康を毒殺w

89 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 21:13:09 ID:Zp9qa3q5
直家が生きていたら関ヶ原の前に家康暗殺してるとおも
西軍東軍とかそんなレベルにまでいかないだろー

90 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 21:18:11 ID:K8TlfjRa
直家って結局、何人ぐらい暗殺してるんだ……?
そりゃ、弟でも鎖帷子が手放せないわw

91 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 22:42:37 ID:x5MmKkCK
直家が死ぬ時、「殉死は自由」と言い残してたが結局誰一人として後を追うものは居なかったらしい・・・


92 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/28(火) 22:50:38 ID:F+lCoLn9
中山備中、島村貫阿弥、撮所元常、三村家親など

93 :前田 ◆LIBERALCQY :2006/11/29(水) 00:06:05 ID:8sGR0KHV
直家に依頼したいことがたくさんあります。

94 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 01:53:31 ID:97cG/pL8
タオパイパイとだとどっちがギャラ高いんだろうか?
この人いいね。好きだよ。

宇喜多直家・北条早雲・毛利元就・松永久秀・尼子経久を一緒の部屋に閉じ込めた。
食糧は4人分だけ。
果たして勝者は?

95 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 07:21:36 ID:m2yBwoTD
>>94
それの直家抜きのやつをどっかで見たけど閉じ込めたやつを割り出すのが先決とかになってた気がする
でも個人的にはそんなカオスな空間は見るに耐え難い、怖すぎ

96 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 07:22:45 ID:/RLiDJI2
>>94
直家タソは他の人を食べるからおk

97 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 09:00:14 ID:Z8b+Ltnr
戯れもあるんだろうけど、みんな直家、過大評価しすぎ。
毛利と織田をはかりにかけて仮病を使って旗色のいい方に
加勢しようとしたが毛利が態度を疑って先制攻撃してきたので、
慌てて秀吉に救援を頼んで、以降は秀吉のいいなり、
遺言もとにかく秀吉に頼るように言い残したような直家が
家康を暗殺するだの関が原で西軍勝たすだのスーパーマン評価しすぎ。

98 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 12:14:04 ID:qcjCczHi
まぁそうは言っても直家の内儀が直家死後に秀吉に姦られちゃったから秀家が目をかけられたわけで。
直家が長生きしてりゃ秀家が西軍につくなんてありえなかったんじゃないか?

99 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 12:19:07 ID:zc1Mvfib
直家が長生きして育てられたら秀家の性格も違うものになりそう。

100 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 12:43:57 ID:AaL9BQ2h
内府は当然毒殺
お家騒動起こした奴らも毒殺
最後は秀頼と淀毒殺して自ら関白

101 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 13:09:49 ID:GVOQv3Xh
お家騒動が起きる前に毒殺でしょ。・
直家タソはイケメン、お福は暗殺大好き直家タソを虜にした絶世の美女。
秀家は現代の基準でいったら誰くらいイケメンだったんだろうか。


宇喜多直家   統率77  武勇71  知略99  政治93  合計340

ちなみに知略は黒田孝高、真田幸隆と同じ。


102 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 13:48:06 ID:va5vD1id
>>97
ネタで書いてるだけで別に過大評価してるわけじゃないと思うけどなー
実際に長生きしてれば暗殺できたなんて心の底から信じてるやつなんぞいないだろ

103 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 14:02:00 ID:mHn8gQtR
>>86
直家が生きてたらそもそも秀吉の天下になってたかどうか?
本能寺知ったら、そのネタ手土産に毛利につくかもしれんしな。

104 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 15:25:40 ID:orCUUqeV
明石カモーン

105 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 16:28:49 ID:97cG/pL8
直家が生きてたら秀吉はお福を側室にすることなど
出来なかっただろうし、秀家はどーなったんだろうかね。
もっとしっかりしたビジョンを持った子になっていたのか。


106 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/29(水) 22:42:03 ID:UbJ8EnoY
>>105
そんな秀家は嫌だ、と泳 げ よ 宇 喜 多 秀 家 スレ住民の俺は思った。

107 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 18:19:13 ID:jiTbtsd2
確か死ぬときは秀吉に「ただ秀家のこと頼みもうす」というような
弱気な発言をしてたと思うが。

108 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 18:42:23 ID:oiG5hhl6
だって直家タソが長年の苦労で一国取って死ぬ間際には
毛利・織田に挟まれてたんだからしかたがないよ。
幼い秀家を毛利に託さないで秀吉に託したんだから時勢もしっかり読めてる。
だけど奥さんとられちゃったのかはかわいそす(゜∀゜)


109 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 18:54:03 ID:jiTbtsd2
言われてみれはのちに秀家は関が原で破滅するが、
秀吉に頼んでなければ直家の死後すぐに織田と毛利の餌食になって
破滅していた可能性が高いね。
宇喜多は直家の権限が高すぎて直家がいなければ機能しない。
だから秀吉が後見するしかない。

皮肉にも秀吉死後の豊臣家にそっくりな状況だ。

110 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 19:16:13 ID:oiG5hhl6
経久・直家・久秀のオムニバス形式のドラマがみたいな。
直家タソの知名度が急上昇するでしょうし。

111 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 19:23:49 ID:oiG5hhl6
直家タソは浪人から一国をダッシュしたんだからすごいよな。
経久・早雲とは肩を並べられないけどすごい。

112 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 20:32:59 ID:93yaHeq/
この一族が不細工揃いだったらいつ滅んでたのやら

113 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 20:52:18 ID:rJslfytm
直家タソが死んだらあぼーん。

114 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 23:30:44 ID:b+cT+xWl
泳げよ秀家・・・

115 :秀家:2006/12/01(金) 01:23:55 ID:r+cimv7Q
泳げねーんだよ!
うせーよ豚!

116 :直家:2006/12/01(金) 01:36:03 ID:NBeB+bfe
;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ソハ、 、
;;`ヽ、;;/;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ソ川ヽ!',
;;;;;;;;;',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/ソソ川川リ!
;;;;;;;;;;;;',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/彡彡ソソリr.ニヽ
;;;;;;;;;;;;;;',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;/  ヾ彡ソ川川 ム ', !    
;;;;;;;;;;;;;;;;',;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;;: ‐'´     `ヾ、ソ川リ .ハ ノ     
ヾ、;;;;;;;;;;;;',;;;;;;;;;;:-'"   _,、-;ァ‐   ヾ川′/ /
. ', `'''ー― '´   ,、r彡‐' _.     ヾリ| ` ´!,ヽ‐‐-
 ヽ、.,,,,__、  : -"‐''z'弋フ'´     ヾiト、ノi:| ヽ.:
  ヾ'‐モラ'、 :                |',リ | |:|  |
   ',    | :   ,            ` リ ,.イ |:| │
    '、  │ .:  ..、             !   | |:!  |
.    ヽ  l     ,.. }           / .〃  .|
      ヽヽ 、.ノ'"~ _,,,、...、,,_      / .//  .l
     /:ヽr:ァ__,..、..-‐'`ヾヘ    , ' /./   l
   ,、r:'::::::::l.:.:';l、 、_ ,..,、-'.⌒i `゙  / ./ /   ,'
、r:'::::::::::::::::/.:.:.:ヾヽr'"  ./ ,,;ッiン  / /   /
::::::::::::::::::::/.:.:,、r'´   /从从リ/  / /   /.:
:::::::::::::::::://   ./>-‐――――.、/   /.:.:
:::::::::::::::/   /''´  _,、 --------<   /.:.:.:


>>115
ほう・・・良い度胸だ

117 :秀家:2006/12/01(金) 01:38:20 ID:r+cimv7Q
黙れ陰険!

118 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 08:01:55 ID:Ih9fivlE
八郎さん反抗期なのん?

119 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 11:53:48 ID:H7ln8UxA
直家タソは日本史上まれにみる英傑。

120 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 12:14:52 ID:H7ln8UxA
直家タソは最高のお方。
元就くらい長生きしてれば本能寺の後に日本中の大名を暗殺。


121 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 14:33:51 ID:aDOQCRqK
>>103
本能寺知ったら、絶対秀吉につくってw
秀吉に取り入って、十分出世した挙句、毒殺。
岡山ではよくあること。

122 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 19:50:06 ID:l3yW4NK7
お福に寝床で秀吉を殺してこいとか言いそうなところが怖い

123 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/12/01(金) 19:57:26 ID:iU3b8YqO
直家について詳しくないんだけど、直家は暗殺や毒殺を自分でやってたの?
もしかして、直家直属の特殊部隊みたいなのがあったの?


124 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/01(金) 21:01:02 ID:H7ln8UxA
ターゲットの顔をしっている鉄砲の名手に暗殺させたりしてる。

125 :遠藤兄弟:2006/12/01(金) 23:54:21 ID:NBeB+bfe
       目立つところで居眠りしてた家親者が悪い。
スチャ             ●
  ∧、      ●    ∧))∧     
/⌒ヽ\  ∧))∧ (´<_`; ) なんというか・・・流石だな兄者。
|( ● )| i\( ´_ゝ`) /   ⌒i
\_ノ ^i |ハ    \    | |
 |_|,-''iつl/  / ̄ ̄ ̄ ̄/  |
  [__|_|/〉 ._/  地図  / .| .|____
   [ニニ〉\/____/ (u ⊃  
   └―'

126 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/02(土) 03:20:27 ID:kQNMXxmo
>>125
浮田姓ゲト、おめ。

127 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/02(土) 07:09:36 ID:RscPgADE
『備前軍記』では
中山備中…酒宴や狩猟を頻繁に行う仲になり近づき油断したところを直家が直接殺害。
島村貫阿弥…中山備中殺害時に主君との謀計により誘き寄せ少人数で沼城に入ったところを殺害。
禾最所元常…男色の気がある元常のもとに岡剛介を送り込み仕えさせて暗殺。
三村家親…>>125の狙撃。日本初の狙撃による暗殺といわれる。
宇垣与右衛門…直家も参加した鹿狩りの時に鹿と間違われて何者かに討ち殺された。
伊賀久隆…直家が饗応した時に毒を盛る。

他にも
松田元輝…直家に内応した家臣伊賀久隆の鉄砲隊に撃たれ討死。
家臣殺害を理由に金光宗高を切腹させる。
浦上宗景の嫡子与次郎を城に招待し毒を盛る。
対浦上宗景のため擁立した浦上久松丸も、後に直家に毒殺されたともいわれる。
などなど

初期は自ら、その後は刺客を用い晩年は宴の席で毒殺の傾向?
直家が急に親しくしてきたら要注意だな。

128 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/02(土) 07:41:28 ID:oGAYWvHr
プーチンは直家の生まれ変わり。

129 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/02(土) 07:44:28 ID:oGAYWvHr
>>111
浪人というか孤児だった希ガス。

130 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/02(土) 08:48:48 ID:iSEglOss
直家タソに殺されてあの世に行った人はきっと幸せだったに違いない。
ってか直家タソが早逝じゃなきゃマジで秀吉殺しただろうな。
きっと今の日本は暗殺が合法な世界。
こわ。

131 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/02(土) 08:50:36 ID:iSEglOss
>>129祖父が殺されたあと
親父と家なき子になったんじゃなかったっけ?

132 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/02(土) 18:59:42 ID:mrSamSsd
ところで遠藤兄弟の名前って又次郎と喜三郎だけど○一郎とか○太郎って兄はいなかったのか?

133 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/02(土) 20:02:26 ID:qOS68Fhl
毒殺ってどんな毒使ったんだ?

134 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/02(土) 22:01:45 ID:5Cea6L6j
ポロニウム

135 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/03(日) 01:39:46 ID:KPfwfI0Q
>>133
ヒ素とかトリカブトとか。

136 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/08(金) 03:00:05 ID:vGgfKJnU
こないだ辰口八幡宮って岡山にある神社に行ったんだが、その近所に
辰口城跡って遺跡があって、そこの城主が城を攻めあぐねた宇喜田に
暗殺された、と説明してあった。

なんか今まで歩いてきた紅葉の道が血塗られた道に見えた瞬間w

137 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/08(金) 20:54:58 ID:bOIjya6m
>>136
岡山ではよくあること。

138 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/08(金) 22:21:57 ID:3UFB8isT
3万人くらい殺ってるし。

139 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/08(金) 23:29:07 ID:yvS1Jdot
宇喜多って備前軍記だと毛利と同盟したり
それを破って尼子に付いたり書かれてるけど
実際どこまで本当か分かんないや

近年の研究によると、織田と結んで浦上から独立したが、
失敗して浦上から一度許されてるって話しもあるし

140 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/09(土) 00:33:42 ID:MjQ20gH7
>>127
津本陽の「宇喜多秀家」なんかだと、その辺の暗殺の殆どが描かれてた気がする

個人的には三村家親の狙撃の首尾を聞いて、
「そうか、首がのうなったか」
って直家がご満悦のシーンで吹いた

141 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/10(日) 03:56:47 ID:uW82s9Op
津本のはタイトルは名ばかりで、秀吉登場以降は全く備前臭がしないな。
秀家なんか宇喜多騒動のとき「阿呆の殿」とか言われてたし。
主役の筈の秀家に全く魅力ない。
津本だから仕方ないのか。

142 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/11(月) 17:10:48 ID:sO3Na6fM
>岡山ではよくあること
よくあるってw

そねーよーけはねー。

143 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/11(月) 19:50:14 ID:dSIXsUqs
ちばけたことばー書いたら、おえんよ。

144 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/12(火) 00:19:26 ID:/nbuXltI
>>142
またかよ!って流してたので詳しくは覚えてないけど
この間県知事が暗殺されてなかったか?

145 :八郎:2006/12/12(火) 00:37:05 ID:ofBb9hpe
皆様方、今に見ておれでございますよ

146 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/12(火) 20:43:16 ID:XcKr/OXr
>>139

「近年の研究」って?

147 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/12(火) 21:42:58 ID:aZCCnN8S
細菌の研究らしい

148 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/12(火) 21:46:51 ID:XcKr/OXr
チミ、面白いね。

149 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 00:12:16 ID:zvA4aXoQ
>>142-143
リアル岡山人、発見。


150 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 07:41:31 ID:beT05fex
信州上田では学校の校歌に真田昌幸を讃えた歌詞が含まれて
おり、また、ジャージに六問銭が縫い付けられております
ことから明らかなように、
転封されたにもかかわらず現代まで統治した土地で英雄視されています。

宇喜多直家タソも英雄視されてたりしますか?

151 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 07:52:02 ID:v9KfiT2v
英雄視はぜんぜんされとらんなあ。
まあマニア的人気かな。

152 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 08:21:26 ID:7r/eeQ7F
>>130
さすがに秀吉、暗殺したら、
信長を暗殺した光秀と同じく直家も只では済まない。

153 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 09:47:28 ID:beT05fex
英雄視されてないのですか・・。残念です。


154 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 10:04:50 ID:JpIvezwU
>>153
岡山城に「宇喜多氏時代の石垣」というのが展示されてるけど、それの前に
人がいるところをみたことがない。

岡山人の俺の友達に岡山城案内してもらったときも「宇喜田? だれそれ」
って扱いだった。

155 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 10:59:35 ID:iJdNV6S6
岡山築城400周年で認知度上げようと色々と活動してたけど
大して効果も無く普通の岡山人はまず知らん存在だわな
岡山の殿様=池田という認識が圧倒的に強い

宇喜多が好きな岡山人って・・・信ヤボから戦国に関心持ち始めた人ぐらい??


156 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 11:04:36 ID:Yaf1CiO9
宇喜多家の領地と言える期間はそれほど多くないな。
池田以前は秀家が幼いこともあり、
秀吉の領地という感じ。

157 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 12:37:04 ID:n2ZQnSa5
英雄視はあまりされていないんだが
岡山城の近くに「中納言」という地名があるんだが秀家が由来なんだろうか

それと「岡山の歴史」っていうローカルな学習歴史漫画があって
宇喜多直家、宇喜多秀家は、一話単独で一生が漫画化されてる
ページ数的には「日本の歴史」とかの普通の学習歴史漫画の豊臣秀吉くらいの扱い

158 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 13:53:15 ID:beT05fex
なんだか悲しいですね。
ゼロから一国を手に入れる実績をあげた人なんて
片手で数えるくらいしかいないのに。
暗殺の実績だってプーチンくらいあるのに・・・。

159 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 17:45:15 ID:7r/eeQ7F
>暗殺の実績だってプーチンくらいあるのに・・・。

暗殺ばかりしてのし上がったから負のイメージが強く悪く言われるんだよ。
暗殺くらい多くの武将がやってることだが、
それは「暗殺もした」という事で
直家の場合は暗殺が95%くらい占めてて「暗殺ばかり」で国とった奴だから。

160 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 18:29:42 ID:7r/eeQ7F
>>158
>なんだか悲しいですね。
>ゼロから一国を手に入れる実績をあげた人なんて

つーか、その理屈がわからん。
「ゼロから一国を手に入れた」とかいう実績だけで
英雄扱いしたり評価したりしなくてはいけないんだったら、
それこそ、ヒトラーやスターリンも評価しなくてはいけなくなってしまう。
下手すると麻原ショーコーとか池田大作を評価しなくければならないかもしれん。
彼らとてゼロからあれだけの大王国を作ったんだしね。

結局、宇喜多直家という人物が卑劣な手段ばかり連発して
誰も殉死しないほど嫌われてたから評価されんのだろうね。
現代人がゲームや戦国史からの視点で見ると面白い陣不ア゛つなんだろうけど。

161 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 20:17:17 ID:beT05fex
英雄視ってのが引っ掛かるならそれは誤りなので謝罪します。
僕はそんな個人崇拝を強制したorさせようとした
信長グループの人と比較しようとしたのではなく
戦国期の斎藤道三とか比べてるのです。
同じ一国取りで道三は全国的に有名なのに
直家は無名。地元ではどうなのか気になりました。
申し訳ないです。

162 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 20:17:22 ID:MUQidnKn
政治家としてのヒトラーの功績がわかっていない厨房乙。
知ったかぶりの無能は乱世記でもやってろ屑。

163 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 20:44:57 ID:gOFvGBt6
評価しなくてはいけないとは一言も言ってないんだけどもね。
変な電波文を付けずに最初から下の三行だけ送ればいいのに・・・
あと、送信する前に日本語に誤りは無いかちゃんと確認してくれ。

164 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 21:45:43 ID:beT05fex
真田昌幸を引き合いに出したのがそもそもの間違いでした。
もともと真田が好きで、『その時』で英雄視されているのを知った
感動の反動でもともと気になってた
同じ謀略家の直家についてカキコしてしまいました。
来年中学受験が終わったら、一人で
信濃・備前に行こうとwktkしてたのも原因のひとつです。
申し訳ありませんでした。
おかげで直家氏に対する地元民の考え方がわかりました。
ありがとうございました。


165 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 22:23:44 ID:YUpXydZC
162 :名無し議論スレにて投票方法審議中 :2006/12/13(水) 20:17:22 ID:MUQidnKn
政治家としてのヒトラーの功績がわかっていない厨房乙。
知ったかぶりの無能は乱世記でもやってろ屑。

必ずこういった自分が知識あるみたいな内容を飛躍させた
書き込みあるけど痛すぎww




166 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 23:31:52 ID:86e1rOgR
実際、ヒトラーは凄い奴だけどな。
ドアに鍵がいらないくらい治安もよかったというし。
なすりつけられた冤罪が有名すぎるからかな?

167 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 23:47:03 ID:beT05fex
ユダヤ人撲滅大作戦!!
こんなのは歴史上でナチスドイツが一番規模がでかいだけで
ヨーロッパのいたるところで行われていた。
ホロコーストが有名だけど、ポグロムとかいう
ユダヤ人の虐殺だけのための専門用語もあるし。

アウトバーン建設などの公共事業で壊滅状態のドイツ経済を復興させた。
ベルサイユ条約を破棄してどんどん領土を拡大し
ドイツ人の誇りを回復した。
社会不安の原因であるユダヤ人を撲滅することで
平和な社会にしてくれるヒトラー\(^-^)/

頭がよいと言われるドイツ人をここまで統制した
ヒトラー恐るべし。

168 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/13(水) 23:48:57 ID:Sm//0/z7
まぁ為政者ってのは常に善悪両面あるもんだ、でいいんじゃね?
良い事(他人の利益になる事)だけでも悪い事(他人の害になる事)
だけでもそんな上の地位にはつけないよ。

169 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/14(木) 01:17:22 ID:wuIIkh4a
斉藤道三とて、司馬遼の名作「国取り物語」がなかったら今ほど
人気も評価もされてないと思うけど。美濃国人の大部分は義龍に
付く形で謀反起こされたわけだし。

結局は優秀な宣伝版があると人気出るんだよ。

170 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/14(木) 07:07:46 ID:zA/p099F
>下手すると麻原ショーコーとか池田大作を評価しなくければならないかもしれん。
戦国時代だったら評価されて当然だろ。
戦国なんて、ヤのシマ争いでしかないんだし、
現実に本願寺は評価されてるし。

171 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/14(木) 08:05:06 ID:0VadmEuE
>>162
厨房のガイドライン通りですねwwwwwwwwww
反論できなくなったんなら素直に認めればいいのに。
屁理屈でも反論できなくった厨房は、自分の痛さをわざわざさらけ出して降参するから困るw

172 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/14(木) 08:07:34 ID:0VadmEuE
おっと>>165だったか。
笑いで手が震えてタイプミスなんて始めてよw

173 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/14(木) 08:47:26 ID:XJQSka+y
スレ違い。

174 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/14(木) 11:09:01 ID:XJQSka+y
小説化もでかいけど、大河なんかでも
信長関連で道三ってよく出てくるからな。

175 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/14(木) 12:10:52 ID:iwo3cAT3
子孫は浮田っていうのか・・・
宇喜多の方がいいなぁ。

176 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/14(木) 13:12:03 ID:cbPWZfSP
浮田小学校ってのもあるな

177 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/14(木) 18:09:43 ID:JHSgnSwp
裸祭会場の近くに浮田医院もあるな

178 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/14(木) 20:56:13 ID:TcIL1w0y
>>177
ちゃんと治してくれるのか?そこ

179 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/15(金) 01:19:33 ID:dl0FwvWc
>>177
これはひどい

180 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/15(金) 07:47:10 ID:lg90jXzm
ちょっと思ったんだが、
直家は本当に実利だけで暗殺をしてたんだろうか?
こういうのってクセになるもんだし、
案外、直家は快楽のために暗殺ばかりしてたのかもね。

181 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/15(金) 22:39:35 ID:D0WB7cLi
>>167
ユダヤ人虐殺王は赤軍。

>>180
意味の無い暗殺してたっけ?
快楽の追求なら、国取りの後もやるんじゃね?

182 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/16(土) 06:01:04 ID:na7aB0WJ
このスレ、現地人少ない?

>>176
祖母宅の近所にある学校だw
生前の祖母は「うきた」じゃなくて、「うきだ」と濁って発音してたな。

183 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/16(土) 23:25:27 ID:qF8XNn8N
一応岡山県人です。

宇喜多直家いいですねえ。サイコーです。



184 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/17(日) 01:05:42 ID:Pqezy5Ls
岡山県民だが宇喜多より浦上、三村が好きな俺は少数派か

185 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/17(日) 01:18:28 ID:EGRxUekl
いや、浦上・三村ほどでは無いにしても
宇喜多も大して人気無いから少数派に属してるし

大河ドラマ化でもして全国区で宇喜多がメジャーになって
初めて大半の岡山人は宇喜多に目を向けだすだろう

186 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/17(日) 01:36:26 ID:xnMrUWjz
最近流行りの嫁が有名な奴じゃねーけーおえまー。
池田の閨閥出世のほうがまだ可能性があろう。

187 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/17(日) 02:42:22 ID:rntWot+E
>>186
秀家なら有名じゃん

188 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/18(月) 18:10:05 ID:qcD8rLsg
水戸黄門や暴れん坊将軍みたいな感じの毎週1話完結で
「殺りまくろう直家」


189 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/18(月) 23:02:37 ID:Kyqhu31f
麻生太郎も見ている「直家13」

190 :遠藤兄弟:2006/12/19(火) 01:56:09 ID:iYFpMTLt
       戦国のゴルゴ13とは俺の事。
スチャ             ●
  ∧、      ●    ∧))∧     
/⌒ヽ\  ∧))∧ (´<_` ) 信長の狙撃も兄者に依頼すれば大成功だったのにな。
|( ● )| i\( ´_ゝ`) /   ⌒i
\_ノ ^i |ハ    \    | |
 |_|,-''iつl/  / ̄ ̄ ̄ ̄/  |
  [__|_|/〉 ._/  地図  / .| .|____
   [ニニ〉\/____/ (u ⊃  
   └―'

191 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/20(水) 19:03:49 ID:pCwH0aVB
直家が長生きした場合ってどーなったんだろう?
まず、お福の方が秀吉にとられることはなかったでしょ?

旦那が死んで周りは敵だらけで
お福の方は仕方なく体まで捧げて
秀吉を頼ったと思うんだけど・・。
そーなると秀家が寵愛されることもなかった気がするのだけど。

192 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/22(金) 17:52:08 ID:SFACBWZX
あげ

193 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/23(土) 09:09:27 ID:yPVyKpJ3
>>191
あっさり本能寺で秀吉裏切って光秀に通じるか、秀吉に恩を売って
黒田みたいに功業の臣扱いされるかのどっちか。

194 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/28(木) 16:10:00 ID:SxoTVM39
花房正幸
花房正成
花房職秀
岡家利−岡利勝
長船貞親−長船綱直
戸川秀安−戸川達安
明石景親−明石全登
馬場職家

創業時の家臣はほとんど外れがおらず、優秀な連中ばかり。
毛利家より人材の質では勝っていたような気がする。

195 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/29(金) 01:01:09 ID:sJh9iORe
経ている時間が違いすぎる
ので比較対象外。

196 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/29(金) 15:04:02 ID:fwhPKFom
明石は創業時の家臣に入るのか?

197 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/30(土) 03:04:28 ID:eYaAVOTS
明石は浦上家臣だが宇喜多に従って合戦に出たりしてるね。
まあ正式に宇喜多家臣になったのは天神山合戦の時からだ罠

198 :sage:2007/01/09(火) 19:44:11 ID:pHJJq7kd
明石氏は慶長5年頃まで客分扱いですが、何か?。

199 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/09(火) 21:37:32 ID:7tjnEWEn
客分扱いだろうが家臣には変わりはないし
備中高松城攻めとか参加してる

200 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/09(火) 22:09:08 ID:BR2YsmA5
>>198
客分ながら随分大身だな。

201 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/10(水) 00:12:38 ID:OvdFee1H
浦上時代からの所領

202 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/10(水) 02:34:44 ID:Ud3NlWh0
客分になる前にも明禅寺合戦の他各地で直家に加勢したらしい。
明石一族の居城のあった?磐梨・和気郡南部の吉井川沿いは沼城にも割と近いし、同じ浦上家臣のなかでも直家と仲が良い方だったのかな。
赤松→浦上→宇喜多と同僚の重臣の地位になるのが好きな一族だ。

203 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/10(水) 18:51:26 ID:IQAjyjdo
豪姫付きで前田家から来た家臣って誰だっけ?
御家騒動の遠因にもなったと聞くが。

204 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/11(木) 09:28:00 ID:ajP2nArc
中村次郎兵衛尉。

205 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/11(木) 13:33:14 ID:k0AEbclD
彼の革新的な政策に保守派の重臣は不満をもったんだす

206 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/11(木) 17:04:11 ID:uY8aq0X7
>>204-205
元々の出自は何処なんだろ?

207 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/11(木) 23:20:37 ID:rIZmXHvL
戸川達安・花房正成・岡利季・直盛(詮家派&日蓮宗&裏切り者)vs長船綱直・中村次郎兵衛・明石全登(秀家派&キリシタン&忠義者)




208 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/12(金) 06:24:14 ID:9k2tGsTT
>206
播磨。豪姫の輿入れにあたって地域事情に明るい
人物を前田氏側で雇用したっぽい。出自は
どうも赤松氏の有力家臣中村氏みたいだね。

209 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/02/06(火) 18:53:54 ID:cjpK3C3s
>>208
前田家の直参でもないから、完全に能力本位&豪姫の威光による専横だったのかな?

210 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/02/11(日) 23:04:12 ID:PdkX04Id
>>209

うん、多分能力本位。

211 :人間七七四年:2007/02/12(月) 13:56:28 ID:lQsCv9yv
岡山はよそ者にはちょっと厳しい土地柄だからね。

212 :人間七七四年:2007/02/12(月) 21:01:13 ID:hgXwk/3x
京都のようなものか

213 :人間七七四年:2007/02/12(月) 21:09:01 ID:70zxIF5g
そんな崇高なものではないかとw

214 :人間七七四年:2007/02/12(月) 23:24:41 ID:qsomAM1H
別に京都も崇高じゃないが、
岡山の人は黍団子あげると仲良しになってくれる。

215 :人間七七四年:2007/02/13(火) 22:39:32 ID:O9ntWpwm
中村次郎兵衛尉は岡山弁が話せなかったのが疎まれた一因かもな。
今だと他県出身者でも岡山弁を話せれば、割と仲間に扱ってくれるが。

216 :人間七七四年:2007/02/13(火) 23:12:13 ID:SnTgF4FU
>>215
俺は気持ち悪いから標準語で話せと言われた。

217 :人間七七四年:2007/02/19(月) 17:01:12 ID:2am9gGbU
イントネーションは標準語に近いからな、岡山は。

218 :人間七七四年:2007/02/26(月) 09:16:43 ID:05ReYQnN
信長の野望覇王伝プレイ記録

浦上宗景でスタートし、直たんを軍師に任命しつつ、娘を与えて親戚に。
三村氏らを滅ぼして地盤を固めると、四国討伐のため家督譲渡し直たんを当主に。宗景は尼子・毛利対策でお留守番。
四国を統一したところで赤松氏が従属。一気に畿内に踏み込む。
畠山・三好・鈴木を滅ぼすが、六角氏が足利義輝を奉じて抵抗。
落ち着いて北畠氏を従属させつつ義輝を拭殺し、勢いに乗って伊賀・近江を平定。
斉藤・朝倉が手強いので東進をあきらめ、一色・波多野・山名の順に滅ぼして地元に戻る(かなり苦労)。
尼子を討った時点で大内義隆は健在、毛利を属国にして対抗してくる。

219 :人間七七四年:2007/02/26(月) 09:34:29 ID:05ReYQnN
山陰で大内の支城を撃破している最中、土佐で長宗我部元親が士官したため、即時に姫を 与えて一門衆に加える。
大内本家を北九州に追いやって義隆を討ち取るかたわら、元親の別動隊で毛利氏を滅ぼす。隆元・隆景兄弟や陶晴賢を捕らえ、感状などを与えて家臣団に組み入れる。
元親と合流して立花氏を破った時点で、大友氏、ついで日向の伊東氏まで従属。龍造寺は反抗したので、隆信を討ち取ってから降伏させる。
あとは順に相良、島津と滅ぼし、肝付氏を破って従属させたところで、大友宗隣が日向に侵攻。
諸戦で勝利したあと翻意を促すが、首肯しないので武力討伐し九州も平定。

220 :人間七七四年:2007/02/26(月) 09:47:32 ID:05ReYQnN
ここまでの戦果で、鍋島直茂や、島津義久・義弘などの名軍師陣が配下に。六角義賢、赤井直正、荒木氏綱、尼子国久・誠久、江里口信常などの猛将らには、活躍に報いて下一字に「直」を名乗らせるなど、人身掌握と家臣団形成に心を砕く。
現在、日本の半分が宇喜多領で、中部・北陸以東はまだ抜け出す勢力もなく、統一は容易であると思われる。

221 :人間七七四年:2007/02/26(月) 13:12:46 ID:VtFWGy3F
赤井直正にも「直」の一字を与えたってことは
もしや直直になったのか?

222 :人間七七四年:2007/02/26(月) 16:02:36 ID:05ReYQnN
直正に一字与えた時は変わらないままだった。しかし本人は喜んでたし勲功も消費されてた。偶然持ってた同じ一字を追認して名誉を与えたといったところか。
あと島津義弘に一字与えて義直になった時は、義久じゃないのを顔で確認するしかなかった。

直家たんは、厨房時代に必死にやってた風雲録の時は軍師まで行かない能力値だったのだが、今回は評価が上がって良かった。

223 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/02/26(月) 16:36:05 ID:in4xho5q
覇王伝の一字拝領は大名の名の頭の一字が配下の名の下に来るから萎えるよな

諱の下の文字への一字拝領は古くは宗尊親王→北条時宗や
足利義満→足利氏満などの例にあるように
鎌倉後期〜室町前期までは普通にあったが、足利義満の晩年、公家衆に乱発しまくって以降は
偏諱として与える字をほとんど諱の頭に持ってきている。ちなみに戦国後期になると大名の通字を与えて
より強い擬似血縁関係を表す方法も見られるようになるな。

224 :仙台藩百姓:2007/02/26(月) 17:23:46 ID:bfGRKqt9
ゲームかよっ
そんな事実があったのかと感心してしまったではないか

225 :中野区民憲章 ◆ORWyV99u2Y :2007/02/26(月) 17:31:20 ID:in4xho5q
>>224
>>223の二行目以降はゲームじゃなく事実

226 :人間七七四年:2007/03/17(土) 10:34:44 ID:hw8stCjF
>>223
同感だな
例えば細川晴元が、もともと細川元義だとちょっと

227 :人間七七四年:2007/03/29(木) 20:28:37 ID:BPXv4s+H
宇喜多氏を学ぶのに、最良の本って何でしょ?
amazonとかで購入できる程度で結構ですので。

228 :人間七七四年:2007/03/29(木) 21:04:56 ID:m8tqoWYW
『備前軍記』って奴が入門編として良さそうなんで、買おうかと思ってる。
史料価値はそれほど高くは無いらしいが、他にあてが無いんで何かいいのがあったら教えてよ。

229 :人間七七四年:2007/04/03(火) 10:16:46 ID:3M2YgcDU
備前軍記でいいと思う。
まあ「戦国宇喜多一族」って本はどの書籍よりも宇喜多氏について詳しく
書かれてると思うが、絶版中で入手するのは超困難。
岡山に住んでるなら図書館に行けばもしかしたらあるかも。

230 :長門 ◆q8GdomS4XA :2007/04/23(月) 14:04:32 ID:ZxBeNZEg
関ヶ原での宇喜多明石隊てかなり強いな!
西軍1、2の活躍じゃないか?もう少しで福島打ち取れたのに。
関ヶ原からの逃亡のエピソードを見ても秀家ってかなり
大名としての風格ってものがあったんだろうね


231 :人間七七四年:2007/04/23(月) 18:53:02 ID:CVktDL4f
>>230
御家騒動で離脱した連中が残ってれば、もっと強かったはず。

232 :人間七七四年:2007/04/23(月) 22:13:19 ID:4pcYeOdD
一番強かったのは桁違いの数を相手にし続けた石田隊できまりだと思うが

233 :人間七七四年:2007/04/24(火) 00:38:43 ID:VumqemXe
中国地方は毛利、尼子、三村、浦上、宇喜多が絡みに絡んでおもしろいね

234 :人間七七四年:2007/04/24(火) 01:16:03 ID:nK0Ql5W6
慶長3年頃の知行1万石以上の家臣7名の内前年の騒動で4名が抜け、重臣長船綱直は病死。
関ヶ原に参加できたのは関ヶ原で討死した宇喜多源三兵衛、綱直の跡を継いだばかりの長船定行、慶長3年頃にはまだ与力が少なかった明石全登だけ。
総大将経験の豊富な宇喜多忠家ももし騒動で隠居せず参戦してたら老将のイメージで有名になれていたかもしれない。戦歴はなかなか凄いのに影が薄すぎ。

>>233 宇喜多関係では山陽山陰の戦国前期の大大名、赤松と山名もお忘れなく。

235 :人間七七四年:2007/04/24(火) 03:52:22 ID:yWfSf89/
>>234
客分の本多政重は大したことなかったの?

236 :人間七七四年:2007/05/09(水) 18:57:57 ID:fNUxxRu5
古参の家臣が残っていれば福島の小勢なんて一瞬で木っ端微塵だったかもな
宗教は恐ろしい

237 :人間七七四年:2007/05/10(木) 00:17:34 ID:MDlu0vg1
でも、相手は福島隊だけじゃないでしょ。
譜代家臣が居ようが結局は関ヶ原で負けて滅んでたと思う

238 :人間七七四年:2007/05/10(木) 09:54:15 ID:CBsMCIT0
備前侍って強かったの?
江戸時代には、すぐ畏まって文弱だと言われたそうだが。

>>236
朝鮮での損耗も結構痛かった。

239 :人間七七四年:2007/05/13(日) 02:16:50 ID:NppBx2pi
>>237
天下に名が轟いている福島隊、それも東軍の先鋒を蹴散らせば、東軍は瓦解するだろうね
おまけに布陣図を見てもわかるように、小西や小谷を真横から援護する形になるし
不戦状態の毛利組を動かすこともできただろうね

240 :人間七七四年:2007/05/14(月) 12:48:07 ID:WkLexmqM
【日韓】宇喜多秀家の子孫「先祖の代わりに心よりお詫びする」秀吉の朝鮮侵攻を謝罪[05/14]
http://news22.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1179114197/l50


241 :長門 ◆q8GdomS4XA :2007/05/14(月) 13:43:59 ID:QFKVhfFN
宇喜多は普通に強くて福島が雑魚と見るのが正解じゃないか?
そもそも福島が猛将なんてソースがないじゃん?
なのになぜか福島=猛将ってイメージになってない?
いい例だが関ヶ原で真っ先に石田を討つって叫んだ知略の部分を猛将とみるのはおかしい

関ヶ原ではまず福島正則は近臣・旗本までもが前線にでなくてはならないまで宇喜多に苦戦して4〜6度退き壊滅寸前
藤堂が援軍にきて討ち死にだけは避けるもそれでも大苦戦
しかし予想外に小西隊が弱く開戦から小西急に押し込まれ後退
小西を破った寺沢(?)等が宇喜多に横から攻撃を仕掛ける
それにより敗走しかけの藤堂・福島などを追撃殲滅するのが難しくなり戦線が膠着してしまう。

お家騒動さえなければ各方面の部隊がよりよい判断を下して
藤堂、福島を破り西軍に勢いをつける原動力になるのは想像に難しくないだろう。
宇喜多の戦力は対家康要とも考えられてたこともあるから右翼を突破して家康との対決も考えられるか


242 :人間七七四年:2007/05/14(月) 15:41:04 ID:/brK9xQG
俺は宇喜多も三村も浦上も松田も最所も中山も伊賀も後藤も荘も好きだ

ちなみに岡山(備中)在住、近所の図書館には宇喜多関連の本が山のように
ある。「備前軍記」「戦国宇喜多一族」あと「悲運の将」三村家親、
「龍口の美少年」とか。


243 :人間七七四年:2007/05/14(月) 17:29:57 ID:2ChHdb3j
羨ましくなんかないんだからね!
絶版してるやつ読みたいよ

244 :人間七七四年:2007/05/14(月) 21:42:23 ID:2chH1Gin
新しくなった県立図書館は大変重宝してる。帰岡の度に行ってるけど幾らでも暇がつぶせそう。
宇喜多関係はもちろん立石氏とか日笠氏のようなマイナーどころの本まであったりするし。
図書館が最新式で全国有数の規模なのはうれしいね。

245 :人間七七四年:2007/05/18(金) 20:14:10 ID:AXQ/16We
県立の司書さん、格好で態度違い過ぎよー?
スーツで行くとぼっけー好待遇。私服じゃったら…
あと、冷房がよー効いとらんけーあちー。

246 :人間七七四年:2007/05/18(金) 20:18:13 ID:sGU3bntj
901 名前:お前名無しだろ[] 投稿日:2007/05/18(金) 19:53:57 ID:MWrIBt9yO
最近の研究では、家康にシュート仕掛けたのは三成ではなく宇喜多秀家で、三成は巻き添えくった的な見解もあるようですね。
徳川プロレスと上杉プロレスの団体対抗戦も、三成直々に、徳川方で参戦したいって言ったらしいしね。


そうだとしたら三成は悲惨だなあ・

247 :人間七七四年:2007/05/18(金) 22:38:55 ID:YEFGbesf
秀家ならばさもあるべし

248 :人間七七四年:2007/05/21(月) 07:22:35 ID:LrUETH0S
>>246
マルチ乙

最近の研究ってどれよ

249 :人間七七四年:2007/05/26(土) 11:15:49 ID:OvIxR1cw
誰かなんか書けよ。

250 :人間七七四年:2007/05/26(土) 14:01:21 ID:xAXrSJZA
まあ、殺しが好きなのは岡山だからしょうがない。
津山三十人殺しも岡山だし。

251 :人間七七四年:2007/05/26(土) 14:05:51 ID:Rq9k5yB+
むしろ直家は戦国武将としては殺してない方なんだが

252 :人間七七四年:2007/05/26(土) 14:12:26 ID:/CkXTGV0
岡山県では人を罵倒する「あんごぅが」という言葉があります
あんごぅがの起源は韓国の「アイゴー」から来ていると言われています。

253 :人間七七四年:2007/05/26(土) 15:31:03 ID:JMwfdBVy
>帰岡
変な日本語作んなよwwwww

254 :人間七七四年:2007/05/27(日) 06:38:49 ID:M0zRQJpU
>>252
君を名誉「あんごぅ」に認定します。

255 :人間七七四年:2007/05/27(日) 10:20:35 ID:RgkT+yiP
直家には確かに暗殺スキルがある。
しかし、秀家には泳ぐスキルがあるから戦国時代も大丈夫。

256 :人間七七四年:2007/05/27(日) 16:24:35 ID:c3XHc8Z9
燃えろ岡山とか晴れの国おかやまなんて言う前に、

人間教育をするべき。

余りにも酷い人間が多すぎる。

自分さえよければいいのか…

257 :人間七七四年:2007/05/27(日) 16:29:29 ID:M0zRQJpU
うん。いいのだ。それが岡山人。

258 :256:2007/05/27(日) 22:56:45 ID:seTIc0qw
東京よりはましだろ。
俺は岡山人だが、確かに直家は謀略が過ぎる。

一種の快楽的殺人主義者ではなかっただろうか。

259 :人間七七四年:2007/05/28(月) 00:22:25 ID:WippmjNB
味方の損害を押さえる為に相手の頭を潰すのは有効な手段だろうよ。
特に直家は始まりが始まりだからな。

260 :人間七七四年:2007/05/28(月) 02:12:22 ID:7Srf+ZuD
直家の謀略は手間と時間のかけかたが尋常ではないね。
数年後に謀殺する事を念頭にお友達になったりするし。
こういうパターンでたくさん殺されてるけど
俺だけは大丈夫。直家くんは裏切らないって
思わせる何かが直家にはあったんだろうなぁ。
こわすぎるぜ。

261 :人間七七四年:2007/05/28(月) 07:32:58 ID:OM3op9Fs
合計何人やったんだ?

262 :人間七七四年:2007/05/28(月) 07:39:17 ID:rLCE18jY
岡山と愛知は人間性で共通するところが多い(利己的、閉鎖的、裏表が激しい)と
言われているけど、凶悪犯罪という点とまで共通してしまうのは悲しい。

263 :人間七七四年:2007/05/28(月) 11:30:49 ID:bNL+glOm
我等、埼玉県立Kレボリューション
サイスタ・環状仕切ってるんで夜露死苦!
(ラーメン好きも歓迎)
18〜28くらいまでの走り屋募集。
番長は麒麟(HN)、夜露死苦
パンダとかパトカーとかぶっちぎりで
GTRとかマーク2とかシルビアとかスカイラインとかFDとかMRSとかアルテッツアとか歓迎

264 :262:2007/05/28(月) 16:03:47 ID:9FPpW0rX
愛知よりははるかにマシ。
名古屋アベック殺人事件(コンクリートより前に起きたすさまじい少年犯罪)
妊婦腹裂き事件(時効になったよな)
その他かなり
特に西区とか中区とかは昔から異常犯罪が多い。
それに比べれば岡山なんてかなり平和だ
俺は田舎だが鍵なんてみんな開けてる。
愛知と一緒にするな。八墓村と宇喜多直家のイメージがあるのかも知れんが
凶悪犯罪の数は宮崎以上愛知未満。ただ裏表が激しいというのは認める。
利己的、閉鎖的はそんなない。
俺は田舎に住んでるが、田舎のほうが都心部より県民性がでるだろ。
だから俺のイメージだと岡山人は理屈っぽいところがある。
それぐらいだ。俺も岡山人だがw

265 :人間七七四年:2007/05/28(月) 16:40:31 ID:l85Cfsxi
>>252
志摩でも「あんご」と言うけど伊勢では言わない
なんでだろ?

266 :人間七七四年:2007/05/29(火) 23:05:16 ID:1z8M6zDz
>>262
それ山陰の特徴…。岡山県民は「えーえー」ゆーて
持ってけえ→利他的
ちょーけえ→開放的
ゆーとけえ→裏表なし

267 :人間七七四年:2007/05/30(水) 00:50:20 ID:w2roR2cw
どげんしたんなら! また岡山じゃ! おーじょうするが!!
                  ____
       |\      ,. ‐''":::::::::::::;::::`'-、
       |ヘ|    /::::::::::::::;;:::::/ ヽ:::::::::ヽ 
       |ヘ|   /:::::::::::::///  `、::r、:::゛, 
      (∃⊂    ,'::::::::::::i゛  \   /`' i::::i       こねーにえれー県はねえでー!
         \ \   !::::::::::::|  ┃   ┃  l::::|  / )  でーれーめにおーたでー!
         ゛/ \!::::::::::::!   ,.._       !:::!/\/ ぼっこう おこったどー! 
        ヽ/  \::::::::!   ! ``''7    !::| \/    岡山はきょうてー とこじゃなー!!
         ヽ    |::::::|   l,   /   ノ::i  /   おめー、新聞みーみー  
            `、   i:::::l、ヽ.,_ `''''"  _,..イ:::::i/  つるの玉子本舗のきびだんご くうなー!
           ゛、  ヽ;i \ヽ,.二l ̄_,l  |::://
            ゛、     ヽ`、 | / レ'/

268 :人間七七四年:2007/05/30(水) 13:56:15 ID:3a+FzHvE
謀将宇喜多直家

妻の父中山信正を暗殺
祖父の仇島村盛実をだまし討ち
最所元常が男色を好むことを聞き、岡清三郎を
送り込み、小姓にして気を許させてから暗殺
娘の夫金光宗高に難癖をつけ切腹させ岡山城を奪う

269 :人間七七四年:2007/05/30(水) 14:07:28 ID:3a+FzHvE
謀将宇喜多直家

松田氏重臣宇垣兄弟を狩りの獲物と間違ったと
言い訳し、鉄砲で暗殺
三村家親を鉄砲で暗殺
娘の夫松田元賢を伊賀久隆を寝返らさせ滅ぼす
娘の夫伊賀久隆を、毛利氏と内通していると
言いがかりをつけ岡山城で毒殺
娘の夫後藤勝元を、毛利氏に内通していると
言いがかりをつけ 暗殺

この伊賀久隆と後藤勝元は元松田氏で、松田氏討伐の
とき多大な貢献をしたが、もういらぬとばかりに暗殺した。


270 :人間七七四年:2007/05/30(水) 14:16:55 ID:3a+FzHvE
謀将宇喜多直家

ついには主君浦上宗景の子で娘の夫でもある宗次を
岡山城で毒殺
さらには浦上宗景の兄政宗の孫久松丸を擁立し
天神山城の浦上宗景を追放し、ついに浦上家を乗っ取る
宗景追放に利用した久松丸をもういらぬとばかりに
その母ともに岡山城で毒殺
病気と称し漁夫の利を得んとすること3回
妹の夫や娘の夫を次々に滅ぼしているが、
妹や娘は直家を恨みに思い、皆自害した。


271 :人間七七四年:2007/05/30(水) 15:17:30 ID:SW25QBe5
昔々のことじゃ。
岡山は貝尾の村に都井睦夫という引きこもり男がおってな、毎晩毎晩村のおなご衆に夜這いを仕掛けては、
村の衆の顰蹙を買っていたそうな。
睦夫はお婆ヤンに溺愛されて村に閉じ込められ、何の楽しみも無いうちに夜這いに走っておったんじゃが
肺病もちがばれてからというものは一層村の嫌われ者、八分扱いじゃ。
そんな睦夫はついに気がふれてな、昭和十三年五月終わりのある晩に、光る角2本生やした鬼に変身してしもうた。
そして「こらえてつかあさい!」と言いながらお婆ヤンの首を刎ね飛ばして家を飛び出し、
あとは「こらえてつかあさい!」と泣き叫ぶ村の衆を次々と斬り殺し撃ち殺して行ったそうな。
夜が明ける頃には村は血の海、死体の山だったと言うことじゃ。怖いのう・・・

                 ||    ::::::::::::::::::::::::::::::
                 ||       :::::::::::::::::::
   ∧_∧        ||   ∧ ∧   :::::::::::
   ( ´Д`)      i    (・д・) ∧∧::::::::::
  /::: Y i     ,-C- 、( y  (゚Д゚ ) ::::::::
 /:::: >   |    /____ヽ (___、|_y∩∩ ::::
 |::::: "   ゝ   ヽ__ノ   (__(Д` ) ::
 \:::::__  )//    // っ⊂L∧ ∧
                   ∧ ∧ (  ;;;;;;)
こんな昔話は子供の教育に悪いのお・・・きょうてえのぉ・・・
こらえてつかあさい

272 :人間七七四年:2007/05/30(水) 15:19:05 ID:SW25QBe5
津山最強のアウトロー様の武勇伝だ。
お前ら子々孫々と語り継げよ
伝説の殺戮者 30人殺しをなしとけた偉大なる人物の武略
http://www.alpha-net.ne.jp/users2/knight9/tuyama.htm


273 :人間七七四年:2007/05/30(水) 16:14:44 ID:3a+FzHvE
その話やめろ
現場が俺の家の近所なんだ

274 :人間七七四年:2007/05/31(木) 14:18:04 ID:hs2kCS8O
>>265
京都からの距離か?

275 :人間七七四年:2007/05/31(木) 14:22:59 ID:hs2kCS8O
ちなみに、「あんごう」はアンコウ=山椒魚からきているとか。
cf全国あほバカ分布考

あと、岡山と京都を比較するレスがあったけど、この2つは裁判官が赴任
したくない土地ワースト2と言われている。
どちらも、非常に和解が成立しづらいかららしい。

276 :人間七七四年:2007/05/31(木) 20:45:45 ID:N9MeMwJt
池田動物園はショボイです。


277 :276:2007/05/31(木) 20:50:00 ID:KHi9RF1L
お前に言われんでも分かっとるわッ

278 :人間七七四年:2007/06/01(金) 13:12:56 ID:0CyY6gj5
>>274
富山も、なんちゃらせられえ言うんじゃって。
京都からの距離が同じぐれーじゃけーかな?

279 :人間七七四年:2007/06/01(金) 14:22:17 ID:C+RZk3yy
>>278
ほーじゃろーか?

280 :宇喜多直家信者:2007/06/10(日) 00:50:33 ID:nmPnQpqi
宇喜多四郎についても語るか、
あと興家スレが立ってるぞ

281 :人間七七四年:2007/06/10(日) 01:44:34 ID:GkIGCtjR
>>245
そうだよ!カッコつけた箱ばっかりつくりやがって。あそこらへんはお巡りウロウロしてるし、
2度と行くか。市立図書館で十分だ。

282 :遠藤兄弟:2007/06/10(日) 03:57:40 ID:enJairP2
       鉄砲の扱いが上手いお陰で知行1000万石ゲット!
スチャ             ●
  ∧、      ●    ∧))∧     
/⌒ヽ\  ∧))∧ (´<_` ) 上手く仕事をこなせばかなり気前のいい殿だよな、直家公。
|( ● )| i\( ´_ゝ`) /   ⌒i 失敗してたらどうなってたは知らんが。
\_ノ ^i |ハ    \    | |  
 |_|,-''iつl/  / ̄ ̄ ̄ ̄/  |
  [__|_|/〉 ._/  地図  / .| .|____
   [ニニ〉\/____/ (u ⊃  
   └―'


283 :遠藤兄弟:2007/06/10(日) 04:06:53 ID:enJairP2
つまらんタイプミスをした・・・
              ●
        ●  ∧))∧
(  )  ∧))∧ (´<_`  ) 1000万石とは徳川など目じゃないな兄者。
  ( ) ( ;´_ゝ`)/  ⌒i
  ┗―∩‐  \   | |
    | ./ // ̄ ̄ ̄ ̄/ |
___ゝ_/./  地図  / .| .|___
     \/____/ (u ⊃
  .::;;;:..
 ┗━┛

284 :人間七七四年:2007/06/10(日) 18:53:50 ID:iaPZJpt/
「河内守様、大殿の御掛声に御座ります。」
「御独りで御登城下さるやうにとの由御伝へに参りました。」

285 :遠藤兄弟:2007/06/11(月) 02:15:55 ID:SarQM5jE
>>284
一人で来いとは・・・まさかアッー!
              ●
        ●  ∧))∧
(  )  ∧))∧ (´<_`  ) ・・・それはない
  ( ) ( *´_ゝ`)/  ⌒i   とりあえず飲み物には口を付けないことをおすすめするぞ兄者。
  ┗―∩‐  \   | |
    | ./ // ̄ ̄ ̄ ̄/ |
___ゝ_/./  地図  / .| .|___
     \/____/ (u ⊃
  .::;;;:..
 ┗━┛


286 :宇喜多直家信者:2007/06/12(火) 05:21:12 ID:ZAisVUtu
宇喜多直家が神であることは間違いない、
明善寺合戦以外戦らしい戦はしとらんが岡山統一

287 :人間七七四年:2007/06/12(火) 10:29:07 ID:j5yZcOpY
ぜひ「風林火山」の制作陣で宇喜多主役の大河をやって欲しいものだ

お隣の「毛利元就」がショボすぎたから
こっちは正面から戦国乱世に渦巻く非情な謀略劇を描いて欲しいなと

288 :人間七七四年:2007/06/12(火) 14:38:48 ID:4kffrj/q
宇喜多主役だと明善寺以降がグダグダだろ

289 :人間七七四年:2007/06/12(火) 14:59:32 ID:ZAisVUtu
角南隼人入道の話題が出てこんのはなぜだ

290 :宇喜多直家信者:2007/06/12(火) 15:02:09 ID:ZAisVUtu
角南隼人入道は宇喜多の使者として活躍した
毛利の安国寺、長宗我部の比叡

291 :人間七七四年:2007/06/12(火) 15:08:25 ID:4kffrj/q
普請奉行としてしか知らないな
どんな人なの?

292 :人間七七四年:2007/06/12(火) 20:05:56 ID:6QVx+zTR
美作太平記によると、
角南如慶入道は蓮華寺(角南の地名のある旧作東町の蓮花寺?)の住職で、
三星落城後、後藤旧臣難波利介が親族や後藤久基他五百余人で居城明見山に立て籠もったときに和談を整え降参させた。
同時期に弟の角南角右(左?)衛門が後藤旧臣安東一族の比丘尼城攻めの宇喜多勢千余人の将のひとりとして三百人を率い、
加えて降参した難波氏の加勢もあり、攻め落として角南角右衛門が安東入道の首をあげた。
その後安東の旧領(旧美作町東部)の押さえとして角南角右衛門が大畑城に置かれていたが、その所業が宜しくなく兄の如慶入道が代わって仁政を行っていた。
後に播磨にいた安東氏の親族が家を再興して角南氏は河合(旧英田町)に移った、
という感じらしい。兄弟のどっちかが角南隼人入道と思われる。

ちなみに後の福山藩主水野勝成が浪人時代にこの安東氏の婿養子となったが、養父国貞を斬って出奔したらしい。

備前軍記では永禄十年の宇喜多直家の備中攻略に角南隼人が加わっている。

その後は外交能力を評価されたらしく毛利氏や織田氏への使者になったりしているらしい。
秀家の頃は本丸御番。戸川達安の妹婿。
関ヶ原の時は宇喜多忠家と共に大阪にいて参戦せず。

293 :人間七七四年:2007/06/12(火) 22:35:49 ID:NzmEFZVo
>>287
直家ってただの梟雄とは違う何かがあるから
演じられる役者がいるかどうかが問題だなー。

294 :人間七七四年:2007/06/15(金) 13:28:51 ID:5U5AyCxk
秀家は偉いよ、家をつぶしたけど義の漢だよ
もっと評価されてもいいと思うんだがねえ
三成ばっかり評価されて納得遺憾わい

295 :人間七七四年:2007/06/15(金) 15:56:54 ID:j4P31xNU
秀家の評価悪くないっしょ

296 :宇喜多直家信者:2007/06/15(金) 16:28:51 ID:JuiYVIui
秀家は評価されてる方じゃないか?

297 :人間七七四年:2007/06/15(金) 23:06:29 ID:s8nDzfme
親父のスレが伸びている事に驚いてる。(内容は野球関連になってるが・・)

298 :人間七七四年:2007/06/16(土) 01:57:50 ID:yL7SFrKM
興家の単独スレいらないだろ

299 :宇喜多直家信者:2007/06/25(月) 03:30:02 ID:HFV8834+
家臣団番付

宇喜多忠家 横綱 宇喜多春家
岡家利   大関 戸川秀安
長船貞親  関脇 馬場職家
花房職之  小結 河本光利
角南如慶  前頭 江原親次
岡元重   前頭 国富貞次…


あーもう分からん、やはり粒揃いだな、


300 :人間七七四年:2007/06/25(月) 20:20:07 ID:Zc2vUGmJ
>>299糞固定の自慰がウザイ!

301 :人間七七四年:2007/06/25(月) 21:23:48 ID:Lhm4SrBX
>>299
明石が入ってないのは、客分だから?
あと、花房正幸とか。

302 :宇喜多直家信者:2007/06/25(月) 21:57:23 ID:HFV8834+
>>300 また言うが、じゃあ何か書いてくれよ、
>>301 明石は元浦上家臣なので外した、花房正幸はすまぬ、忘れてた、
苦労してた頃からの家臣だというのに… 

303 :人間七七四年:2007/06/25(月) 22:04:54 ID:YVGU5cdw
宇喜多直家信者サン、忘れる事は誰だってあるさ。気にせんでええ。

304 :人間七七四年:2007/06/25(月) 22:39:16 ID:1cWf7aOI
>>299
江原氏も宇喜多・明石と同様に浦上宗景(または尼子)に属する豪族でない?直家の娘を貰ってからは浮田と名乗ったりするほど近づいてるけど。

305 :人間七七四年:2007/07/26(木) 22:26:43 ID:01zCqDso
このスレの住人だと詳しそう
岡氏について質問です。
信長の野望や一般的な通説では、
岡利勝(親)→岡家利(子)となっていますが
wikiでは逆に岡家利(親)→岡利勝(子)となっています。
備前軍記や地侍帖などを読むと
岡平内、岡豊前守、岡越前守の項目を見つけることはできますが
利勝、家利の関係を見ることができません。
何か良い資料はありますか?

306 :人間七七四年:2007/07/27(金) 08:26:40 ID:Bx9Ox+fU
>>294-296
秀家の評価?
異常なほどに浪費癖があり京都や大阪で毎日、遊興三昧。
それで家が傾いたために豪姫と共にやってきた中村半次郎を
重用し無理な検地を強要させまくるが、うまく行かず、譜代の家臣の離反を招く。
お家騒動を自分で治められずに家康につけこまれて家臣を多量に奪われる。
戦場においても朝鮮の役では宇喜多の譜代家臣、関が原では明石にまかせっきり。
豊臣に義理立てした以外は内政、統率、外征、軍事全てにおいていいところがないんだが。

307 :人間七七四年:2007/07/27(金) 08:36:46 ID:Bx9Ox+fU
あと、秀家に限った事ではないが、
西軍とか豊臣に組する人物に好意的に評価するのも一面的な考えだろう。
家が潰れれば一族郎党や家臣領民や腰元など多くの人間が死傷し、あるいは路頭に迷う。
個人的には斜陽の豊臣に心があったとしても、勝ち馬の徳川についたほうが
自分の配下の生命と生活を守り、将来を繁栄させるわけで、
それが多数の人間を預かる城主・大名としての勤めであり、真の意味で義理がたいと言える。

自分が若い頃、秀吉の世話になったからという個人的理由で
何千人もの配下の将来を滅茶苦茶にすることこそ、最高にエゴい考え方とも言える。

308 :人間七七四年:2007/07/27(金) 08:39:51 ID:TbrJDgP5
>>307
大名家を個人のものと考えるか、法人として考えるかの違いだね。
そう言う意味で関ヶ原は、中世と近世の最後のせめぎ合いのようにも見えるな。

309 :人間七七四年:2007/07/27(金) 08:50:03 ID:Bx9Ox+fU
>>308
そだね。
でも、多くの武将が家臣領民のことを考えて
個人的恩義を捨てて家を守ったと思うよ。
ただ、確かに宇喜多は立場的に難しかったかもしれんね。
せめて、中立という事は出来なかったのかな。

で、俺が西軍や豊臣についた武将の行動に疑問を持つようになったのは
後藤又兵衛や長宗我部盛親が豊臣についたがために
その子孫が次々と殺されたという話しを聞いてからだ。
後藤のある娘などすでに嫁いでいたため夫と子供ともども成敗されたという。

後藤や盛親は戦場で名を残して華々しく散る事が出来たのだろうが、
裏では彼らの行動のせいで子孫らがこんなに酷い目にあっていたわけだ。
そういう意味で自分本位で身勝手な行動だったといえる。

310 :人間七七四年:2007/07/27(金) 09:23:28 ID:E3IXgTNk
戦国板では珍しくまともなレスがあると聞いて飛んできますた

311 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/07/27(金) 11:32:05 ID:dUmWdNlc
>>305
岡家利が父とされたのは、書状類などに見られる記述からです。
備前軍記附録には、父岡利勝子越前守と書いてあるので混同したのだろうか。
なお、最近では岡家利の別名が利勝で、子は越中守某である、と推定する説もあります。

312 :人間七七四年:2007/07/27(金) 14:05:16 ID:i4J96hzC
>>305
「家利」の家は、直家からの偏諱だろう。
息子はあまり目立ってないので、その栄誉に預かっていない。

313 :人間七七四年:2007/07/27(金) 14:32:18 ID:2sSxsD1J
>>309
法人として考えるなら「西軍や豊臣についた武将の行動」には、家臣団側の
意見や行動も反映されていると見るべきなんじゃないか…?

最終決定権を持った人間が組織全体の失策の責任を負うのは当たり前だが
組織としての選択=決定者個人の意志・意見、ではないだろ。

314 :宇喜多忠家ってどお?:2007/07/27(金) 14:46:45 ID:eqmZ7Cr9
直家は政治的センスもあるよ
信長のように居城を転々としてるし、岡山に対する先見的な明
恐らく小早川隆景も彼を警戒していたんじゃないの?

315 :人間七七四年:2007/07/27(金) 16:06:29 ID:TbrJDgP5
>>313
関ヶ原はともかく。大阪の陣はほぼ100%一旗組みの塊だからなあ…。
あっちは言い訳のしようも無いよ。

>>314
そりゃあいやでも警戒するでしょ。あんな謀略と暗殺が着物着て歩いているような男w

316 :人間七七四年:2007/07/27(金) 16:13:21 ID:2sSxsD1J
>>315
一旗組といったってやっぱり個人で行動してるわけじゃないわけで。

それなりに旧家臣と繋がりを持った上で動かせる「兵」を持ってるからこそ、
一方の将として認められるんであって、本当に身一つとかそれこそ講談の
世界じゃないんだし。

317 :人間七七四年:2007/07/27(金) 16:42:01 ID:TbrJDgP5
>>316
それはアレだな、同じ集団に見えても「家」の観念と「法人」の観念が、また別のものだと言う
話になるかな?血縁地縁集団と、公的な組織との行動原理の違いと言うか。

まあこの時代そう言うものが明確に分離している訳じゃ無いから解りにくいと思うけど、大阪の陣に関しては
豊臣方は、上から下まで「家観念」が強いと思うよ。

318 :人間七七四年:2007/07/27(金) 16:51:09 ID:2sSxsD1J
何か2chらしく無駄に話ずれそうだからストレートに言っちゃうとようするに、
組織・集団としての行動とその結果を個人に帰して「自分本位で身勝手」だの
「エゴ」だの言うのは、同じように勝手に美化して「忠」だの「恩」だの言うのと
何が違うの?という話。

319 :人間七七四年:2007/07/27(金) 17:04:25 ID:TbrJDgP5
>>318
少なくとも大阪の陣の豊臣方のような、誰がどうみてもハイリスク極まる所に、ある程度の
自由選択が出来る状況にもかかわらず、多くの人間を巻き込んでしまうと言うのはやはり指導者のエゴなのでは?

320 :人間七七四年:2007/07/27(金) 21:04:43 ID:LGQUaI8W
ミートホープの自主廃業はエゴに入るのだろうか

321 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/07/27(金) 23:35:11 ID:dUmWdNlc
「浮田家分限帳」に記されてる名前の上に○がある人物は、御家騒動の際、
宇喜多家を去った者達という。

322 :人間七七四年:2007/07/28(土) 08:47:44 ID:tuVlse9K
俺は冷酷非情な直家だからこそ好きなんだが、
もし直家を物語化して「いいもん」扱いするとしたら、
領地を取るのに最も人数を殺さないで済む方法を選び続けた戦国大名ってところかなぁ

凡将なら長〜い年月かけて仲良くなって暗殺、謀殺を完成させるなんて選択せずに、
戦を選択して名も無き備前地域の人間を相当数死なせまくってたと思う。
後世に名前が残る武将を殺しまくってるから残忍扱いされるんだが、
後世に名前が残らない人間含めて殺した数考えると、もしかしたら直家はそこらの大名よりはるかに罪は軽いかもね

323 :人間七七四年:2007/07/28(土) 09:03:54 ID:LvCeIiX2
しかし直家は陰謀に手足がついたような人間なのに、その息子の秀家は
性格の良さで関ヶ原で敗戦してもなお助命された、ってのは面白い話だな。

324 :人間七七四年:2007/07/28(土) 09:09:02 ID:LvCeIiX2
>>322
直家は冷酷非常というより陰惨だね。自分の謀略のため家族を利用するのは、そりゃあ
戦国時代だから少なくはないが、それでも当時にしても利用しすぎだろう。しかも直家は主に
女を使う。そして利用した嫁さん、妹、娘、みんな自殺しているってのはちょっと尋常じゃ無いな。

325 :人間七七四年:2007/07/28(土) 11:26:25 ID:RmOb/7cr
特に何の功績も無かったのに、家康や利家と並んで五大老に列せられた秀家。
秀吉のひいき以外何物でもない。
八丈島に流されたからこそ、あそこまで長生きしたという説もありますが…

326 :人間七七四年:2007/07/28(土) 15:58:42 ID:RgIvLgqx
>>325
山崎の戦いから四国征伐まで毛利も含めて中国地方の大名何してたんだろう

327 :人間七七四年:2007/07/28(土) 16:14:59 ID:LvCeIiX2
>>326
宇喜田は秀吉が幼い秀家を後見していて勢力圏に入ってたし、毛利は東からの脅威がなくなった事で
西方に目を向け、博多および北九州の支配権を握ろうと策動していた、って感じかな?

328 :人間七七四年:2007/07/28(土) 16:17:22 ID:R7E4pm/a
>>324
全くその通りだなあ。
勝つためなら犬畜生になってもいいという人も越前にいたけれど、
この人の場合犬畜生も逃げ出すような下劣なやり方が多い気がする。
やっぱりさ、人間大事を成し遂げるためにはいくばくかの悪事が必要だけど、
それにも限度ってのがあるよね。量ではなく、やり方に。
こいつ秀吉に尻尾振って御家を残せなかったら、
本当にただの鬼畜だよな。

329 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/07/28(土) 16:21:58 ID:+BcXfmbB
>>328
犬畜生も逃げ出すような下劣なやり方、というのを具体的に頼む。
別に批判する気ではないが、意見を聞いてみたい。

330 :人間七七四年:2007/07/28(土) 16:32:56 ID:l1Pbe4BY
>>326
備前軍記に以下の記述があるよ(一部抜粋)

宇喜多秀家が諸国に従軍し、朝鮮出兵に総大将を勤める事

まず、天正十年(1582)の山崎の合戦に加勢の兵を出し、
翌十一年の春から夏にかけては、賤ヶ嶽の合戦に加勢し、
その六月に帰陣した。しかし同十二年春には、尾張国
小牧の合戦に岡・長船・花房の諸将が1万5千の兵を率いて
出陣し、冬に至って帰陣した。
同十五年の九州島津退治の時は、宇喜多八郎秀家の
初陣で、その武装も美々しく、1万3千の軍勢を率い、
2月1日岡山を発し、征戦の後、島津が降参し、
六月中旬岡山へ帰陣した。
同十八年関東小田原攻め、続く奥州攻めにも、
秀家は参戦し、四月に出陣し九月に帰国の途についた。


331 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/07/28(土) 16:35:41 ID:+BcXfmbB
>>330
これ見て思い出したが、宇喜多秀家と北条氏房の逸話の真偽の程はどうなのだろうか。
「備前軍記」には、疑わしいと書いてあるのだが…

332 :人間七七四年:2007/07/28(土) 18:25:23 ID:RgIvLgqx
>>330
思ったより出陣してたんだ
多分後詰だろうけど

333 :人間七七四年:2007/07/28(土) 18:27:16 ID:RgIvLgqx
>>327
毛利がお粗末だな
ここでも大友の外交が上回ってたのか

334 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 07:18:24 ID:9W9r+cKn
>>318
それは家にもよる。
大名の独断専行の家もあるし、
大名と家臣が合議制のとこもあれば
大名がほとんどノケモノにされている家もある。

335 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 08:54:03 ID:WuqU1It6
>>333
でも九州征伐の後、小早川に筑前・筑後・肥前1郡があたえられているわけで、毛利としてはほぼ望みを果たしているじゃん。

336 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 18:46:13 ID:9W9r+cKn
>>318
だいたい、家の方針が大名と家臣の合議制の場合でも
中級、下級の武士とか城の女や使用人とか合議に加われない連中なんて
ごまんと居るんだからさ。
やっぱ上の方の意志だけで敗北の可能性の高い豊臣方につくのはエゴいと思うよ。

337 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 19:14:23 ID:I2YL2sGh
一応お約束だからつっこんどくな? ID変え忘れ乙

338 :宇喜多忠家ってどお?:2007/07/31(火) 13:36:35 ID:KI3TyWOd
天文十三年(1544) 八郎は、元服して直家と名乗り、主君浦上宗景より、乙子三百貫を賜る

339 :宇喜多忠家ってどお?:2007/07/31(火) 13:42:51 ID:KI3TyWOd
乙子は福岡の市がある吉井川の河口付近にあり、
備中の細川、松田がこの地を虎視眈々と狙っていた。
加えて、犬島付近の海賊衆も来襲する危険地域であった。

宗景は、乙子城を築いたが、重臣たちは誰もこの地を守りたがらず、
そこで、直家に貧乏くじを引かせたらしい。



340 :宇喜多忠家ってどお?:2007/07/31(火) 13:57:47 ID:KI3TyWOd
直家以下、宇喜多勢は敵と戦いつつ、普段は耕作に従事し、(屯田兵みたいだね)
兵糧を蓄えるために、近隣で食料を盗んだり、時には断食まで行ったらしい。

で、この時期からのちに重臣となる
戸川秀安(確か直家の義理の弟だったような?)、長船貞親、岡利勝らが、
直家に仕える

341 :宇喜多忠家ってどお?:2007/07/31(火) 14:12:55 ID:KI3TyWOd
なのにバカ息子は、家臣団を統制できず、お家を滅亡させた。

342 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/07/31(火) 14:31:31 ID:jEaoPWic
>>340
戸川秀安が直家の義弟はないぞ。
能家の子という説はあるが…

343 :人間七七四年:2007/07/31(火) 14:33:44 ID:smmh870R
>>341
秀吉が現場で追い使うんじゃなくて、御曹司然として育てた人間はみんな家臣団の統制が出来ないのばっかりだな。
秀吉は貴種の育て方は解らないんだろうな。

344 :人間七七四年:2007/07/31(火) 14:41:10 ID:t62HyF9y
直家は謀略の限りを尽くしたけれど
嫡子の秀家のことを秀吉に頼んで。
8歳で元服してるからね。

345 :宇喜多忠家ってどお?:2007/07/31(火) 15:18:17 ID:KI3TyWOd
>>340
3年前ぐらいに『歴史群像No.67』の記事を読んで、
直家って「カッコいい」じゃんを思い、
『備前宇喜多一族』『備前軍記』
を図書館から借りて読んだのをうろ覚えで
>>338>>340 を書いてみました。

戸川氏は直家の親戚かなんかだったのは覚えているんだけど…

346 :宇喜多忠家ってどお?:2007/07/31(火) 15:21:46 ID:KI3TyWOd
スマソ、>>345の一行目を間違えた
>>340 →正>>342



347 :宇喜多忠家ってどお?:2007/07/31(火) 16:03:58 ID:KI3TyWOd
長船貞親は「野望」だと、
他の2人の重臣に比べ戦闘力が低いんだけど
なんでだろう?

開発スタッフは中村の子孫なのかな?…なんて勘ぐってしまう

348 :宇喜多忠家ってどお?:2007/07/31(火) 16:07:29 ID:KI3TyWOd
あ、間違った!!
中村は、長船の仲間だった…

代わりに、戸川と岡の子孫にしといて下さい

349 :人間七七四年:2007/08/01(水) 17:57:46 ID:I+j36rH9
宇喜多忠家と春家
直家と異母兄弟のこの2人、春家は、忠家の別名で
同一人物では、ないか?と言う説もある。史実は、
さておき「実は、双子」という厨設定を考えたのだ
がどうか?

350 :人間七七四年:2007/08/01(水) 18:59:15 ID:8Kygm6c0
宇喜田の一族って、今でも岡山には残っているのかな?

351 :人間七七四年:2007/08/01(水) 19:18:54 ID:2RkovXWL
>>349
もう一度中学校の国語を勉強しなおせ

352 :人間七七四年:2007/08/01(水) 19:19:37 ID:I+j36rH9
>>350
岡山より八丈島にいると聞く

353 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/08/01(水) 22:21:02 ID:g5omJZZD
>>349
なかなか面白いね。
阿部善定に厄介になってから2年後に病死してるのに子が2人(春家・忠家)誕生
というのも微妙だしな。

354 :人間七七四年:2007/08/02(木) 14:43:29 ID:gwl4pVMO
>>340
そういや、秀安の秀って、秀吉からの偏諱?

355 :人間七七四年:2007/08/02(木) 15:10:21 ID:ThMsCqbq
>>354
そうだね。
徳川秀忠、結城秀康、小早川秀秋、織田秀信、この辺はみんなそうだな。

356 :宇喜多忠家ってどお?:2007/08/03(金) 13:47:44 ID:oTPktiza
>>349>>353
私もその説に賛成です。私が調べたところ
1.1579年8月 小早川隆景勢15000が備前に侵入す。
これに呼応して伊賀与三郎(伊賀久隆の嫡男。父暗殺ののち毛利に亡命していた)が、虎倉城下を通って
金川城を襲うも、同城主宇喜多春家がこれを撃退す。

富山城主宇喜多忠家は、備前・備中国境の辛川(からかわ)で小早川勢を撃退す。

となっています。2人が1人説だと、ほぼ同じ頃に違う場所に現れることになります。
のでムリじゃないかと…




357 :宇喜多忠家ってどお?:2007/08/03(金) 14:00:03 ID:oTPktiza
出典元『戦国宇喜多一族』
ちなみに>>345
×『備前宇喜多一族』→○『戦国宇喜多一族』
です。

358 ::宇喜多忠家ってどお?:2007/08/03(金) 14:53:29 ID:oTPktiza
一つ質問があるのですが…宜しいでしょうか?
直家は、1581年死亡説と1582年死亡説があるのですが…どっちが正しいんですか?


359 :人間七七四年:2007/08/03(金) 19:27:44 ID:3BTNVHNX
秘匿されるべき死とでも言えばよいか。要は信玄と同じ。
お隣には強豪・毛利が控えてるわけだし

360 :人間七七四年:2007/08/04(土) 23:36:03 ID:nggFyefk
すみません質問です。
直家がまだ乙子城主だったときに攻めている
浮田大和守とは宇喜多氏の血縁なのでしょうか?

361 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/08/05(日) 02:05:21 ID:+LK6DQKp
>>360
浮田大和守は、本名浮田国定で直家の祖父能家の弟。
島村盛実と手を結んで兄能家を討ったため砥石山城城主となるも、
三村方への内通を疑われ、浦上宗景が差し向けた宇喜多直家の手勢によって討たれた。

ちなみに、七本槍の馬場職家は元はこの浮田国定の小姓。

362 :人間七七四年:2007/08/06(月) 00:48:25 ID:+p+9U7OK
時期的にまだ三村と浦上はそれ程接点が無いような気がするから
実際は元々浦上家宗家に忠実(政宗派)で浦上宗景が宗家と対立したため攻撃を受けた内の一つだったとか
あるいは備前西部の松田への内通だったとかいう感じだと思うけどね。

363 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/08/06(月) 02:25:04 ID:O+SFZHhX
そもそも、浦上宗景の策謀だったと言う説もあるからな。
能家の弟だから、結構な歳で討ち死にしたのか。

364 :宇喜多忠家ってどお?:2007/08/10(金) 13:29:10 ID:+WiWvVWn
>>360
返答ありがとうございます。

>>361
浮田大和守は、岡利勝に討たれたそうです。


365 :宇喜多忠家ってどお?:2007/08/10(金) 13:30:46 ID:+WiWvVWn
一行目訂正します。スイマセン
×>>360 →○>>359


366 :人間七七四年:2007/08/10(金) 18:36:46 ID:lueGNmBb
直家と三好長慶って境遇や人物が似てる気がする。
息子を溺愛したり大叔父と争ったり。

367 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/08/11(土) 01:55:36 ID:yH70LRze
宇喜多氏の出自各説について。

@百済王子説 『和気絹』「抑も能家の先祖は元百済国の王子、兄弟三人船にのり、
       當國兒島郡宇藤木村に着船すといへり」『宇喜多能家像』『備前軍記』
A天日槍説  『三河三宅氏系図』『備前軍記』
B頼仁親王説 『五流尊龍院系図』
C伊予皇子説 『吉備國史』
D宇多源氏佐々木氏 『備前佐々木氏系図』

備前軍記は百済王子・天日槍両説を採っている。『宇喜多一族』に詳しい。

368 :人間七七四年:2007/08/11(土) 13:55:33 ID:w8ljfXA5
>>367
そこらへんの系図ってやっぱり児島高徳の出自に関係してる。
実際当人が居たか知らんが、@ABDは児島高徳の出自の説から取ってるのは明白だな。
詳しくはwiki参照のこと

369 :一応評価職人?:2007/08/11(土) 16:50:50 ID:6nDnm3aR
>>368も言ってるけど児島高徳って実在したのかな

370 :人間七七四年:2007/08/11(土) 18:38:59 ID:w8ljfXA5
実在しない人物にしては、色々と整合性持たせ過ぎてるというか、造り込み過ぎてる気がしないでもない。
大概の架空人物って、どこかしらに矛盾というか「こりゃねーよw」な部分が結構あるもんなんだが、殆ど見当たらない。
まぁ強いて言えば、その活躍地域が有りえない位にほぼ日本全土なのと、かなり人間臭いスーパーマンな所かw

371 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/08/11(土) 19:04:12 ID:yH70LRze
>>369
メモ帳に書いてあったんだが、明治43年の田中義成氏の『児島高徳』によると、
「太平記中に、その月日などについて誤りの多いことは事実であるが、
情報が不十分であった南北朝時代に、これだけの事実が捏造されて出来るものでは
ないし、読物として多少事実が誇張された点があったとしても、その事実や人物の
存在は正確と見て差し支えない。
また、かつて法勝寺の恵鎮上人が足利直義の前で太平記を読んだところ、直義は
訂正したいところがあると言ったが、そのまま続けさせているところから見れば、
誤植はあっても大体その記事の真実性を認めたと思われる。
南朝方に好意ある見方をした文章にもかかわらず、敵対した足利直義・今川了俊らが
この程度であったことは、史学に益する本書の益を認めて差し支えない…」とあるそうだ。

372 :369:2007/08/11(土) 21:06:03 ID:6nDnm3aR
当人(児島高徳)が実在したのか369で質問したものです
370さん宇喜多さんくわしい説明ありがとうございます
どうも実在したようですね

373 :人間七七四年:2007/08/13(月) 14:02:41 ID:VWL0kAbi
直家の母はどんな人だったのだろうか

374 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/08/13(月) 20:13:09 ID:NWb7JfED
出自さえ不評だからなあ。
備前軍記にはエピソードみたいな感じで少し出て来るが。

375 :人間七七四年:2007/08/23(木) 19:22:25 ID:ConQWXid
age

376 :人間七七四年:2007/08/23(木) 23:58:03 ID:xv7TzqjX
 ttp://7andy.yahoo.co.jp/magazine/detail?accd=T0086076

しかし、猜疑心の塊りみたいな家康に赦されるのは、ある意味で凄い。
家康が[コイツは100%天然]と鑑定書付けた様なもの。

「おバカボンボン武勇伝 戦国編」があれば、ソッコーで買いに行くん
だが・・


377 :名無しでGO!:2007/08/24(金) 12:10:58 ID:/ITs+Yj1
秀家は 備前宰相

378 :takeda:2007/08/24(金) 21:47:57 ID:R9uRonG7
宇喜多の勇士ってだれ?

379 :宇喜多直家信者 ◆W.uAGfax.c :2007/08/25(土) 00:53:14 ID:2kpfwhDE
異論はあると思うが、馬場職家かなあ。
宇喜多七本槍の1人でもあるし。

380 :人間七七四年:2007/08/26(日) 01:02:13 ID:UtfxcyfW
戸川秀安とかでもいいが、やっぱり馬場職家だろう。
武で見ればな

381 :人間七七四年:2007/08/26(日) 02:52:45 ID:RCVqWmRm
戸川平介・・・文武共にすぐれ、リーダー
長船又三郎・・・狡賢い、キレモノ、裏方、インテリタイプ
岡平内・・・剛の者
馬場重介・・・剛の者、この中で一番年下?

382 :人間七七四年:2007/08/26(日) 03:04:34 ID:UtfxcyfW
岡か馬場だろうな
ただ八浜とかでも七本槍に数えられてるから
俺は重介にしたけど

383 :宇喜多忠家ってどお?:2007/08/27(月) 10:14:03 ID:5/JO3vwj
花房助兵衛じゃない?

384 :人間七七四年:2007/09/03(月) 22:24:04 ID:R8BSSDA6
最近思うのだが秀家が関が原合戦の首謀者じゃないか、と思っている。
従来じゃ三成が首謀者格となってたけど三成が挙兵するより前に秀家は
豊国神社の前で「ゴージャス」な出陣式をやってるし。
んで三成は慌てて工作活動を開始。だから西軍が思うように動けなかったの
だと思うのだけど。

385 :人間七七四年:2007/09/04(火) 07:18:07 ID:7635gLbU
>>384
この頃その説多いよね

386 :人間七七四年:2007/09/04(火) 21:54:42 ID:iIX26ELq
宇喜多詮家について何かないか

387 :人間七七四年:2007/09/04(火) 22:12:21 ID:KWSoUpQU
>>384
>>385

今は関ヶ原の原因は、「秀家の暴走に反徳川陣営が引っ張られた」ってのが主流だね。

388 :人間七七四年:2007/09/06(木) 14:50:40 ID:FhDpB+Op
まぁ確かに引退した元官僚よりは現役五大老の一人の方が真実味はあるわな。

389 :人間七七四年:2007/09/14(金) 11:47:33 ID:XrgofNxL
で、豊家一門扱いで家格や官位で秀家が赦されて三成や恵瓊が身代わりで処分なのかね

390 :人間七七四年:2007/09/14(金) 17:29:16 ID:leE2I6La
>>389
秀家は超天然系の凄くいい奴だったらしいから、幕府も「ごめんね?」っていわれたら、つい
許しちゃう気になったんだろ。

391 :人間七七四年:2007/09/17(月) 21:56:06 ID:A8hK4Z0w
あの直家の息子がそういうキャラってのも面白いな
やっぱ人は育ちなのかな

392 :人間七七四年:2007/09/17(月) 23:48:25 ID:Nziakw/g
>>391
直家は秀家に小さい頃から「嘘はつくな、まっすぐに生きろ」と教育したそうでw

393 :人間七七四年:2007/09/18(火) 01:05:04 ID:GJE5i9ou
他家にお預けになってた元宇喜多勢は関ヶ原でどんな活躍をしたんだろ?

>>389
三成も主(豊臣)家には無関係で、自分の独断と主張したらしいからね。

394 :人間七七四年:2007/09/18(火) 03:17:03 ID:wu1+UHG1
>>391
実は全部計算づくで天然装ってたり

395 :人間七七四年:2007/09/18(火) 18:24:18 ID:HzybqAzL
秀家を赦してもらえるよう、前田島津両家も口添えしたんでしょ?
早く威勢を安定させたい家康が、両家の懐柔も含んで受け入れたのでは。

396 :人間七七四年:2007/09/18(火) 22:29:09 ID:H8Av8FCT
>>395
そりゃそうだけど、許してもらえる為には人間性ってものも必要でしょ。
例えば秀家が親父と同じ性格だったらいくら両家の口ぞえがあっても…w

397 :人間七七四年:2007/09/18(火) 23:59:29 ID:HzybqAzL
秀家はお坊っちゃん育ちだからというわけではないが、陰湿さや老獪さが無く真正直な武将だったんじゃないかな?
お家騒動を上手く収められなかったり、まだまだ若さを露呈したが、
関ヶ原では宇喜多隊が随一の戦いぶりだった。
戦国の生き証人家康なら、やっぱり秀家の義侠心とかも感じられて、
敵ながら憎からず思ったのかも。

398 :人間七七四年:2007/09/19(水) 01:03:26 ID:Ly81rfJH
>>397
よく言えばそうかもしれないけど、悪く言えば「生かしておいても大したことは出来ないだろ」って話ではあるがな。

399 :人間七七四年:2007/09/19(水) 01:27:45 ID:YBgQaEQn
いや、侮っていたら八丈島までは流さないと思うな。
なにしろあの若さであり、五大老に列席した秀吉の養子。
秀頼と並び、旗印に掲げられてもおかしくない。
自分にとっては敵じゃなくても、秀忠には障害になると見ていたと思う。
やっぱり前田家の必死の頼みに折れたんじゃないかな。

400 :人間七七四年:2007/09/19(水) 02:27:32 ID:Duuc+zdp
少なくとも、豊家一門としての大権と五大老としての権限は、幾ら秀頼ないし豊家が落ちぶれ様とも健在だからなぁ。
仮に侮ってただ幽閉するのみだとすると、被羊皮の狼を群羊の中に野飼いにしておくような物だしね。
秀頼擁して挙兵しでもすれば、最盛期を過ぎた奴らとは言え、毛利・前田・上杉の強豪は半ば強制的に左袒。
関ヶ原時の様に結構事は重大になってくるのみか、下手打つと関ヶ原の時以上の大問題だな。

例えば家康自身、自分が思ったより早く死に、幕府基盤の形成を秀忠のみに委ねざるを得なくなった場合の筆頭障害には挙げられただろうな<秀家

401 :人間七七四年:2007/09/19(水) 06:55:11 ID:njI6kSub
泳 い で 参 っ た

402 :人間七七四年:2007/10/02(火) 01:45:35 ID:VVACMLsH
あにきはおっかねえんだろうて。

403 :人間七七四年:2007/10/02(火) 10:38:40 ID:CLpf1xeg
松永久秀 爆死(笑)
斉藤道三 息子に殺される(笑)
宇喜多直家 病死。息子は大大名

404 :人間七七四年:2007/10/02(火) 13:30:08 ID:PPZ4oQjT
勝ち組なわけですか

405 :人間七七四年:2007/10/03(水) 00:00:25 ID:H2CGdhRI
ワロタ

101 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)