5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

日本女性は処女性を重んじない

1 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 06:47:50 ID:10V9RQSF
永禄五年に来日したポルトガル人宣教師ルイス・フロイスは
著書『日本史』の中で、こんなことを述べている。

「ヨーロッパの未婚女性の最高の栄誉は純潔な処女性である。
 しかし日本の女性は処女性を重んじない。結婚も自由にできる。
 ヨーロッパでは娘や処女を家の中に大事に閉じ込めておくが
 日本の娘たちは親にも告げずに、好きな所に一日でも数日でも出かけている。
 ヨーロッパでは、結婚した女性は夫の許可なしには外出しない。
 しかし、日本の女性は自由にどこへでも出かけている。」

2 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 06:49:18 ID:gQmBANYz
女が下劣なのは昔からなんですねww
女はチンポの奴隷wwwww

3 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 07:04:50 ID:eKzSdqB2
日本女は醜いし、肉便器だし、本当にどうしようもないな

4 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 07:10:38 ID:BhEY4Knw
そんな事は常識だよ。
ていうか、幼児のお医者さんごっこで敗れるような
処女幕を何かご大層なもののように論じる
現代人の方がよっぽど迷信深くおかしい。

5 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 07:17:33 ID:gQmBANYz
女は男に比べ、知性、体力全てにおいて劣っていますしね。
これからも肉便器であり続けるんだろうな。

歴史を動かしたのは常に男。

6 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 07:23:54 ID:BhEY4Knw
そうだなあ。「歴史は女が動かす」とかいう主張があるが、
それはそういう珍しい例を挙げてるだけだ。

7 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 07:46:53 ID:gYKeW2nA
あほばっか言うなキチガイがよーっ

8 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 07:47:39 ID:gYKeW2nA
おまえらの腐った脳みそ見てみたいぜ凸(゜Д゜#)ヤンノカゴルァ!

9 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 07:56:31 ID:mDdaIL3l
多分日本が本当の意味での異民族の侵略を受けていないからではないかな。
日本の男が異民族に女を奪われて子孫が残せないという恐怖を心底味わって
いないからなんだろう。
なんだかんだいっても世界でも日本でも女のセックスをコントロールすのは、
権力を持った男だ。
その男が寛容かどうかで社会における女性の性の自由さが決まってくる。
日本で、男が女の性の自由さに他の社会より比較的寛容なのはその方が男に
都合がいいからだろうが。
閉鎖的で全体主義的な社会では女の性は比較的、共同体の共同所有物的な扱
いを受けるのかな。
うーん。
世界的にみると、やっぱ、食うに困らない社会のほうが、女の性に寛容なんだろ
うか。

10 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 08:00:11 ID:BhEY4Knw
夜這いには女性に拒否権があった。

11 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 08:08:08 ID:mDdaIL3l
>>10
夜這いされるほうの女の家にも男がいるからな。
親父とか兄貴とか亭主とか。
守ってくれる人がいない女は悲惨なもんだ。

12 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 08:22:26 ID:dnLhCpGt
>>9
最後の一文は同意だな。砂漠では女の顔すらみせないし、宗教と民族
と食料の争いで戦火が絶えなかったヨーロッパ地方では、女は戦利品
扱いのため、処女=高価なものという思想ができた。当然女は社会に
おいて男の所有物となっていく。
東アジアぐらいだろう。隣村と乱交PT(祭り)とかやっていたのは。

13 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 08:44:40 ID:BhEY4Knw
>>11
そうとも限らん。ムラの掟がある。
女が嫌がってるのに無理矢理、夜這いすれば
訴えて村八分にできる。
村の調和とか掟はそれだけ大きなもの。
ただ女一人の家に男が行くと
あとさき考えずにレイプする事はありそうだ。

余談だが、
東北のある村で便層から独身のひとり暮らしの女教師の家に
男が便槽から侵入しようとして出られなくなり
ウンコまみれで凍死した事件がある。

あ、後段の話しは何を言いたいかわからんなw

14 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 08:48:21 ID:BhEY4Knw
315 :天之御名無主 :03/06/26 14:14
>>303
>戦前は夜這い(=レイプ)はれっきとした求婚であり、犯った後は責任を取って結婚するのが一般的だった
夜這い=レイプというのは、強引過ぎ。そんなことをしていたら、村が成り立たない。
相手が拒否したのに強引に犯れば、制裁を受けます。貞操感からの、泣き寝入りはしなかった事でしょう。

>村八分は「シカト」と名を変えて子供たちの間にまで広まっている
これも、シカトと村八分はちょっと違います。村八分は制裁であり、もし相手が村長に対して改心を告げれば元に戻りました。
現在で言う、私刑とは違う「刑罰」だったのです。

>妊娠を盾に結婚を迫る為に自ら騎上位になってガンガン腰振って中出しさせたんでしょ?
これもいわゆる西洋史観なのです。誠意の無い態度はいけませんが、離婚や破談もありました。
もし離婚や破談を繰り返すような不埒者が出た場合には、先ほどの村八分が起こります。
これは力の無い人間でも実行可能な、合理的なシステムでした。

そして子供ですが、婚姻前に出来た子供は両親の子供として届けられました。つまり「できちゃった婚」とは少し違います
もともと私生児という考え方が、無かったのではないかとも受け取れます。
考え方としては、アフリカなどでも見られる「部族内の子供は、族長(部族全体)の子供」に近い考え方だと思います。


15 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 09:03:01 ID:BhEY4Knw
そもそも江戸時代以前の農村での女性の地位が低かったというのが嘘のイメージらしい。

「農村社会では女は村の男どもの性奴隷であり使用人」
なんてのは現代人の間違ったイメージだ。
まず農村の娘は武士の娘より嫁に行くのが遅かった。
これは女性の労働力が貴重だった事を意味してる。
ttp://www.netpro.ne.jp/~takumi-m/book/239-shouya_nikki.htm

「夜這い」でも
「哀れにも村の男に無理矢理もてあそばれる村の女たち」なんてのは大嘘で、
実際は貞操観念の欠落した昔は男ばかりではなく、
昔の女性にとってセックスは最大の快楽であり楽しみであった。
つまり夜這いは女にとって、
「夜安らかに寝ているときに男がやってきて無理矢理犯される」事象ではなく
「男たちがわざわざやってきて自分をセックスで楽しませてくれる」という事象であった。
セックスしたくない時や相手には拒否も可能だった。

16 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 09:05:37 ID:0wvquou5
女の平和
戦争ばっかりする男たちを戒めるために
女性がSEXをストライキした。
それ以来男は女に頭があがらない。

17 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 09:11:21 ID:vx+zbiNO
>>1ヨーロッパの貴族社会も偉そうに人のことは言えないだろうに・・・

18 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 09:12:38 ID:vx+zbiNO
>>15
夜這い文化は通い婚の名残とおもう

19 ::2006/11/17(金) 09:37:45 ID:DMo0BNYD
修学旅行で女子の部屋に夜襲しかけて撃退されるのも夜這い文化の名残りなんですかね?

敢なく城(部屋)に敗走し村長(先生)に降伏してお灸据えられた時代が懐かしいです。

20 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 09:47:40 ID:eKzSdqB2
女は昔からちっとも進歩してないんだね

21 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 10:13:28 ID:IMVYSaax
男もまた然り

22 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 12:14:25 ID:0NzpXrKn
夜這いを成功させるには日頃から女といい関係を作っておかないといけなかったってことだな。
いつの時代でもモテる努力をしないやつやキモヲタはダメだってことさ。

しかし男はいつの時代でも処女が大好きだと思うけどな。年頃の娘が既に済ましちゃってるもんだから、
男どもが処女を求めていくうちにロリコンが日本人のDNAに刻まれたっていうのはオレの説。


23 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 12:41:27 ID:8ExVXS5k
>>22
DNAか…しかし生物の基本である子孫繁栄という意味では幼女が相手だと生産的ではないと思うが

24 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 12:57:49 ID:0NzpXrKn
>>23
確かにおっしゃる通り。あくまで嗜好という意味で。

25 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 14:00:01 ID:Xgxl7uhL
>>1
ヨーロッパの貴族だって偉そうなこと言える状況ではなかった。
どこの国地域でも、表向きは貞淑さを重んじるが、
その実、淫乱なものだ。

26 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 17:21:27 ID:zHiyKmRW
ヨーロッパの場合は既婚女性でなければ遊べなかったはず

27 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 17:31:00 ID:igwRSKKS
所詮黄猿はこんなもんよ

28 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 17:39:53 ID:MpkJFy8W
くろんぼ乙

29 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 18:54:06 ID:Nt70z8D3
動物ってのは子孫を残す為に生まれ死んでいくという珍妙な生き物だ

つまり生態系の中でいう人間はセックスする為に生まれたんだからエロいのは当然

30 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 19:38:36 ID:HFw3zqla
まあキリスト教では純潔とか処女が重んじられるからな。ヨーロッパの価値観というより
キリスト教の価値観だな。


31 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 19:56:02 ID:BhEY4Knw
ちなみに津山三十人殺しは伝染病にになった優等生的な若者が
村中の女から夜這いを拒否された事が動機。セックスの恨みは怖いね。

32 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 20:05:54 ID:a69u5S41
日本人は処女好きなんかな?
オレ語りで申し訳ないが素で処女は痛がるし
めんどくさいと言うのが本音で実感として
理解できないんだよね
2chで妹やメイドがありがたがられてるが
あれは一種のネタじゃないか
みんなも正直なとこ本音は処女ありがたがってるの?

33 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 20:11:22 ID:BhEY4Knw
別に処女と特にセックスしたくはないが、
オナニーのネタやフィクションの女なら処女だな。

34 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 20:50:03 ID:igwRSKKS
日本人って男は最高なのに女はレベル低いよね

35 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 21:56:19 ID:IMVYSaax
ウホッ

36 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/17(金) 23:05:22 ID:zHiyKmRW
>>32
日本人が求める処女は、肉体的ではなく精神的なもの

37 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 05:48:37 ID:fzsnadIS
>>1
これはどの階層の女性のことを言ってるの?

38 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 05:50:58 ID:Mr6i6l3I
ヨーロッパは、キリスト教だからじゃないの?
日本は女性を使って血縁したりする。女性は名がのこらないくらい、
低く見られていた。日本では。
文献にのっている女性の名前はほとんど死んだときの戒名。


39 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 11:05:51 ID:EFfSmIOr
>>1
フロイスは西日本しか知らないし

40 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 13:47:01 ID:UNqgjWF+
>>38
キリスト教以前からだと思う。
たしか、ヘロドトスも小アジアで行われていた非処女化儀式とか神殿娼婦
に嫌悪感を抱いていたと思ったけど。

41 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 15:16:22 ID:BJzuX4SG
俺も非処女化儀式に参加させてもらいたいね。

42 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 18:28:24 ID:a0ls4MvS
>>38
むしろ、それまでの文化習慣をキリスト教が取り込んだんだろ。

43 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/18(土) 19:50:38 ID:C5Kgl4el
ヨーロッパ最高、ヨーロッパ万歳

44 :名無しさん:2006/11/19(日) 03:17:20 ID:E6nsN5qK
今の日本の女はアメリカスラムの黒人女と似たようなもんだろう
尻の軽さは先進国でもダントツでトップだろう

45 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 03:44:33 ID:7Njvfb5I
キリスト教の教えが正しいと想ってるのが最大の問題だな
大挙してイスラム圏に攻め込んで略奪や暴行した宗教でしょ
いまのテロは自業自得

46 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 04:35:54 ID:TRNtLzq/
宗教なんてどこも自分の教えが正しいとおもっちょるでしょう

47 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/19(日) 10:47:28 ID:OrpYuLux
>ヨーロッパでは、子供の時から、性交渉の見本はいくらでも家畜が提供してくれる。
>おかげで愛情の表現はわりとおおっぴらになるが、その反面、人間の男女の営みが
>結局は動物のそれと同じであることを、常日頃から、いやというほど思い知らされる。
>そこで、人間の性生活はどうあるべきか、どうしても真っ正面から対決せざるをえなくなる。
『肉食の思想』 鯖田富之著 中公新書

他の牧畜圏との比較もないし、話半分ということで。

フェニキアから入った愛欲の神アプロディテーはギリシアでは結局準主役しかなれなかったし、
ローマ時代になって、純愛の神ヴィーナスになって、やっと受け入れられたことを考えると、
そういうところはあるのかもしれないね。

48 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 20:00:26 ID:FuNx0Naw
白人にレイプされたい

49 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/20(月) 20:29:20 ID:tANlOTmH
うほっ

50 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2006/11/20(月) 23:27:15 ID:XFlJgg9b
後家好きの狸。

51 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 03:23:58 ID:BxJZ/kqA
ちなみにこれが、西洋結婚史参考までに
http://www148.sannet.ne.jp/oota/dousuru/kankon/seijou/seiyou2.htm

52 :名無しさん@お腹いっぱい。:2006/11/30(木) 03:24:37 ID:BxJZ/kqA
ありゃ?つながらん。何で?

53 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/06(水) 19:41:03 ID:xzN2mpqh
処女とやれるのは勝ち組の特権だろ。
トドなんかはメスとやれるのはごく一部のオスのみで
大多数の負け組みオスは一生童貞のまま死んでいくというのに
女とやれるだけでも十分だろ。
人間に生まれたことをありがたく思うんだな。

54 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/29(金) 01:28:47 ID:LHK0BqWV
>>44
地方には、特にデブスでもないのに若くて処女なんて山ほどいるよ。
一部の日本女性のご乱行が(また、それをマスコミが面白おかしく書く
から)世界的にも有名になっちゃったんだと思います‥orz
あなただけの、やまとなでしこ探してください。

55 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/31(日) 06:53:11 ID:sWTXUn25
当時の西洋人ってアジア人を見下してた印象だし、宣教師が異教徒を見た訳だし、
偏見なく書かれているのか疑問じゃないか?
>>1だけ読むとヨーロッパの女を持ち上げて日本を叩くことで、
ヨーロッパの方が優れていると思って良い気分になっているようにも取れるんだけどな。

56 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2006/12/31(日) 15:49:47 ID:n6+CA3WQ
>>2
>>3
>>5
>>34
>>44
醜い日本女スレへ帰って捏造ホルホルホルしてろ。
他版汚すな男女厨。

57 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/06(土) 13:53:55 ID:BbhU2SDu
>>5
「戦の影に女あり」って言葉もあるけど、こーいうバカ男が君主だったらば
さぞかし女は御しやすかったろうなw
滑稽な男。

58 :名無し議論スレにて投票方法審議中:2007/01/09(火) 01:40:03 ID:qHjefh8x
>>53
その通り。
あげ。

59 :人間七七四年:2007/02/19(月) 23:14:26 ID:Hm5rmZaT
合戦の度に兵士達に強姦にあったりするんだから、処女性なんて気にしてられるかって感じがする。
ヨーロッパとかその辺どうなんだろう。

60 :人間七七四年:2007/02/20(火) 03:27:54 ID:1oC2EHf2
>>59
人間のすることだから大して変わらんと思うよ。

61 :人間七七四年:2007/02/20(火) 04:11:42 ID:IPetf6lG
というか日本人は強姦しないよ
左翼・日教組のプロパガンダ

62 :人間七七四年:2007/02/20(火) 07:08:58 ID:My2mpPGr
まぁ基督教徒だからしょうがないな
そういう、考えは

63 :人間七七四年:2007/02/20(火) 07:16:40 ID:My2mpPGr
ヨーロッパの未婚女性の最高の栄誉は純潔な処女性である。
しかし日本の女性は処女性を重んじない。結婚も自由にできる。
ヨーロッパでは娘や処女を家の中に大事に閉じ込めておくが
日本の娘たちは親にも告げずに、好きな所に一日でも数日でも出かけている。
ヨーロッパでは、結婚した女性は夫の許可なしには外出しない。
しかし、日本の女性は自由にどこへでも出かけている。

よく読んでみれば。
戦国時代の女は現代の女と一緒じゃんw
封建的なえうろぴあ

64 :人間七七四年:2007/02/20(火) 08:53:39 ID:8tx3FnTF
そのわりにヌードの都パリとかジャーマンハードコアとかダッチワイフとか。
貞操帯が必要なほど男女間に信頼関係がない精神性の低さ。

肉食民族の貞操観念こそ空虚なものだよ。

65 :人間七七四年:2007/02/20(火) 10:17:49 ID:SYG+Y6Q5
明治期以前は処女は恥だったようだ。
農村では嫁ごうとする娘が処女だったら名主が脱処女させたりしたそうな。
もっともお隣の国みたいに孕ませる目的などないがw

66 :人間七七四年:2007/02/20(火) 10:19:05 ID:SYG+Y6Q5
>>64
中世ヨーロッパではトップレスが基本だったっけ?
まあ日本の当時でも胸元がはだけてポロリしまくりだけどねw

67 :人間七七四年:2007/02/20(火) 10:52:52 ID:ZMJG+h7C
お前はそれを実際に見たのかよ
知ったか乙

68 :人間七七四年:2007/02/20(火) 10:56:34 ID:3CTaCClq
ロシアの処女権みたいなのは日本にはなかったのかな

69 :人間七七四年:2007/02/20(火) 12:44:31 ID:2ZmxNbh8
明治以降の日本が背伸びしてちょっとおかしくなってただけだな

70 :人間七七四年:2007/02/21(水) 18:35:14 ID:ekS9HVAz
>>67
(*´・ω・)(・ω・`*)?


71 :人間七七四年:2007/02/21(水) 18:39:46 ID:ekS9HVAz
>>67
http://x51.org/x/04/05/1924.php
この度行なわれた研究によると、17世紀においては、女性が公衆の面前でおっぱいを晒すことはごく普通のことだったということが明らかになった。

無知決め付け乙

72 :人間七七四年:2007/02/21(水) 20:13:58 ID:vvCFoJx1
>>71
捏造じゃないの?
乳だしチマチョゴリみたいなものを
世界一高貴な日本人が着るわけない。



73 :人間七七四年:2007/02/21(水) 20:39:18 ID:0VhtcZzG
>>72
世界一高貴な日本人(笑)

74 :人間七七四年:2007/02/21(水) 21:40:50 ID:vvCFoJx1
>>73
残念、だけど
日本人が世界一高貴というのは事実
当時の南蛮人もそういって
日本侵略を諦めたほど

75 :人間七七四年:2007/02/22(木) 01:43:20 ID:EIrSdlVc
>>72 >>74
知ったがで偉そうに人見下すのやめてください。

76 :人間七七四年:2007/02/22(木) 03:51:28 ID:YvycPtOf
>>75
日本が諸外国と比べて遅れているのは
日教組・左翼の自虐史観プロパガンダ
実際の日本は世界一といっても過言ではない技術力をもっていた。

77 :人間七七四年:2007/02/22(木) 07:37:34 ID:EIrSdlVc
>>76
あんた病人か?

女があちこちの男とセックスしたり、
処女性なんて観念事態なかったり、
女が町の真ん中で小便したりしたのも事実だかな。

まあ「処女性」みたいな意味のない観念にこだわるよりは
そのほうが合理的といえないこともないが。

78 :人間七七四年:2007/02/22(木) 07:41:51 ID:6lEvsO8t
日保守

79 :人間七七四年:2007/02/22(木) 08:20:32 ID:YvycPtOf
>>77
『嫌日流』ネタキタコレ
あなたぶっちゃけ韓国人でしょwwww

80 :人間七七四年:2007/02/22(木) 08:33:56 ID:EIrSdlVc
違うよ。日本人だ。
それと嫌韓流なら呼んだことがあるが
嫌日流なんて読んだことない手にとったことすらない。

だいたい俺は日本を愛している日本人だが、
あんたみたいな「日本人は高潔」みたいな宗教的暴走してる奴は嫌いだぞ。
昔の少々、粗野な部分も含めて日本が好きなんだよな。
あんたが日本人は高潔とかいうなら「初夜権」なんてどう説明すんだ?

そもそも「高潔」とかいうえ概念ですら、文化や事態によって全然違うもんなんだがな。
例えば「女性の地位が高い」というのを野蛮だと考える発想も文化や時代によってはあったんだしさ。
現代の日本人の連想する「高潔」を昔に当てはめるのは意味がないぞ。

81 :人間七七四年:2007/02/22(木) 08:38:18 ID:EIrSdlVc
>>72 >>74 >>76 >>79
でも、少なくとも一つだけ確実に言える事は
あんた自身は全く「高潔ではない」という事だ。
著しく下卑た人間性の低さと品位の無さを感じる。

「日本人は高潔」なのなら、
まず、あんたのような奴が真っ先にいらないよ。

82 :人間七七四年:2007/02/22(木) 08:56:27 ID:2dCK2TIo
プライドや誇りのない人間が混ざってるな。
日本人としての名誉なくどんな悪い事でも道徳観がないやつはできると言うしな。
侮日人間がふえてきたのは嘆かわしいな。


83 :人間七七四年:2007/02/22(木) 09:36:37 ID:Cb8QrobH
>>82
後、金が全てとか公衆の面前でのたまうアホもなんとかしてくれ。
品性が下劣すぎる。

84 :人間七七四年:2007/02/23(金) 00:21:58 ID:iWYyQDRQ
お前の女房も昔、俺のちんぽくちゅくちゅしてたぞ〜

85 :白馬青牛:2007/02/23(金) 01:53:44 ID:1thryCDx
>>80
同意。
>>82
侮日たァ日本人の恥をさらす嫌韓厨、ネットウヨクじゃわい。
貞操観念の話になっとるが、処女性を重んじる民族は、不倫(不義密通)が
多いんじゃないか。戦前、処女が財産の中国や朝鮮の既婚婦人の方が情を
通じ易かったそうな。婦人の夫にバレんように秘め事としてやるんが
ルールじゃった。ロシアの女性は貞操観念に乏しいことは、シベリア抑留
された日本兵の方々のよう云われること。日本女性でシベリアの収容所に
入れられた方は、「ロシア女は実に力が強い。両手に日本の米俵ぐらいの
重さの袋をぶら下げて、さっさと歩いて行く。男と喧嘩をしても
負けないし、作業でも男と同じような土工仕事を平気でやつてしまう。
それだけに、欲望の方も旺盛で、一日でも男に抱かれないと、身体中が
火が燃えているように、カッカッと火照るものらしい。それでラーゲル内
では、自然に同性愛がさかんに行われていた。」(以後Hな話なので
中略する)その日本女性とロシア女性の喧嘩の場面「廻りの女達も
ヤポンスキー、サムライを半殺しにしちまえ!と口々に罵り出した。
(こんな奴等に負けたら、これから日本人は軽視されて頭が上がらなく
なる。死んだって負けられるもんか)予期した通り相手は、自分の巨体を
利用して、私の髪をつかんで来た。私は相手の身体にもぐりこみ鉄の鋲が
打ってあるスリッパで思い切り相手の横面をひっぱたいた。女はワーッと
悲鳴を上げ飛びのいた。血だらけの顔で、ワンワン泣いている。他の女は
私のスリッパをよけながら、隙があれば飛びかかろうとしている。
(中略)男の所員が四、五人、武器を持ってやって来て、私とロシア女の
前に立ちふさがった。」以後喧嘩した二人は仲良くなったそうじゃ。
日本女性でも日本人は喧嘩で負けちゃあいけん。こういうんを日本人の
誇りをしめしたゆうんじゃ。軟弱ネットウヨクたァ違うわいのう。

86 :人間七七四年:2007/02/23(金) 03:24:53 ID:8rlh/9hN
こんまえウチの娘に説教たれてる坊主がいたんだ。るいすとかいってたっけえ〜。話をきいてみるとお〜「おまえの娘は男とふしだらなことをしてた」って〜 
云々かんぬん。あんまり話が長いからあ〜、落ちてたトンファーでボコボコにしたんだあ〜。まだ息があったからあ〜、こういい返してやったんだあ〜
「好きあってる男と女が愛し合ってなにを悪いことがある。おまえの村のしきたりがどんなもんか知らねえがそのことを他の村のもんに押しつけんな」って。
そしたらあ〜、むくっと立ち上がって何処かへ帰っていったんだあ〜。その帰りしな、そいつの背中があいてたからあ〜、落ちてたヒルを素肌にねじこんでやったあ〜。
よくよく考えるとあれは悪かったなあって思う。でもおらは悪くねえ〜。
だってそうだろお〜。こんな時代に生まれたんだあ、惚れた相手とおF××Kするのをいちいちためらってたんじゃあ、あとで後悔するだけだあ〜。

尾張のちよ婆の話

87 :人間七七四年:2007/02/23(金) 08:52:30 ID:preEaMjX
>>85-86
長々としたわかりにくい文章だが言ってることはわかる。

まあ、「女性の貞操観念」とか「処女性」いう考え方自体が
女性の主張でも名誉でもなんでもなくて、
ようするに「性は男のもの」という男性主体主義によるものなんだよね。
性は男のものだから、女は結婚まで処女を守り、結婚したら夫以外とセックスしない
という男にとって、やたら都合のいい発想なんだよね。

本当の意味で女性の地位が高い国は「貞操観念が薄い」んだよね。
女性が男性同様に一個の独立した人間として自分の意思や計画性でもってセックスし
「処女性」だの「貞操観念」だの古臭い因習にこだわらないのが正しいわけ。
それが現代の欧米や日本などの先進国家って事だ。
女性の地位の高い北欧とかフリーセックスの国」だしね。

ちなみに昔の日本は世界的に非常に女性の地位が高い国で特に庶民はその傾向が強かった。
ルイス・フロイスいわく「この国の女性は夫の前を歩いている」と驚いた記述もある。
そんな地位や自由度の高かった女性たちゆえに日本の女性は貞操観念が薄かった。

88 :87:2007/02/23(金) 09:04:59 ID:preEaMjX
あと、わけわかんないのは貞操観念がどうこうの話しに
朝鮮の話し持ってきてる奴がいることだ。そりゃ逆だろ。
朝鮮は儒教国家でやたら女性の地位が高く貞操には拘った、というか拘らされた。

なんせ結婚した女は家に閉じ込められ。外出すら許されなかった。
それでもしも女が夫以外の男とセックスしたら、
たとえそれが賊が家に入ってきてレイプでもされた場合でも、
たちまち、袋叩きにあって追い出されたという。
それ程、女性の人間性が軽んじられた社会だった。
あと、最近の中東でもレイプされた17歳の少女が死刑になった事件があったよな。

まあ、早い話しが
女性の貞操観念が高い社会 →女性の地位が高く開放された社会、先進的・合理的
女性の貞操観念が高い社会 →女性の地位が低く、女性の人間性が顧みられない社会、後進的、不合理

という事だな。
別の言い方すると「女性の貞操観念の低い社会」>>>>>「女性の貞操観念の高い社会」って事だ。
俺も男だが、そう思う。
貞操だなんだにこだわるなんてアホらしい。
女も男と同じ人間である以上、セックスも同権で、好きな時にセックスしていいだろう。
ただし、避妊とかに注意を払ってな。

89 :87 88:2007/02/23(金) 09:06:07 ID:preEaMjX
訂正
まあ、早い話しが
女性の貞操観念が低い社会 →女性の地位が高く開放された社会、先進的・合理的
女性の貞操観念が高い社会 →女性の地位が低く、女性の人間性が顧みられない社会、後進的、不合理


90 :人間七七四年:2007/02/23(金) 09:31:31 ID:1AhKAggB
結婚前は男女とも適度に遊んだほうがいいんだよ。
一生この人だけで終わるのかと思うと
不倫する気持ちもわからんでもない。

91 :人間七七四年:2007/02/23(金) 12:58:50 ID:TBAMsVgL
江戸時代の真田藩を扱った「恩田木工」っていう小説あるから読んでみな

92 :人間七七四年:2007/02/23(金) 14:51:49 ID:mtKrbSZh
うーん、おべんきょうになります

93 :人間七七四年:2007/02/23(金) 18:55:37 ID:preEaMjX
女性の貞操が最大の誇りだの栄誉だの言ってる社会なんてこんなもんだよ。

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060728_execution_teenage_girl/

94 :白馬青牛:2007/02/23(金) 23:15:57 ID:BhP7fns2
>>87
女性の地位と貞操観念はあんまし関係ないよ。「処女性」と不義密通を
せん云う「貞操観念」と必ずしも一致せん。ロシアのような先進的たァ
云えん処でも貞操観念は薄いし。昔の日本の女性の地位がどうか判断し
難い。古代でも『古事記』の大国主命に対する嫡后の須勢理毘売の歌に
あるよう「大国主、あなたは男なので行く先々で年若い妻を持って
おられるでしょう。私は女なので、あなたを除いて男はいません。」
『万葉集』「草枕 旅行く夫なが丸練る寐せば 家なるわれは ひもも
とかず寐む」夫が旅に出て、一人寝るときは、帯を解かずに寝る云う
ことじゃ。アイヌ人のイシマ(帯)も同じで、アイヌの母親は娘に
「夫に操を立て、この帯を夫以外の人に解かしてはなりません」と。

江戸期になると処女性は兎も角、庶民より儒教の影響が強い武士階級の
妻女の方が不義密通が多かったんじゃないか。尾張藩の朝日文左衛門の
日記や、備中高梁藩でもねえ。明和三年賭博と女狂いし悪事を重ね斬首と
なった幕臣の外村大吉の妹もそうとうなもんで下僕と密通し逐電する。
奥方と家臣、下僕の密通もバレたら重罪で大事じゃが、バレぬように
やんなさい。大抵は夫や知人は見て見ぬ振りをしなさい。で済むんじゃ
ないか。庶民の方が一生夫だけに添い遂げることも多かったろう。

95 :人間七七四年:2007/02/23(金) 23:41:30 ID:MrkCaQjp
貞操観念高いとナンパの成功率下がっちゃうじゃん
低いに越した事ないよ
男としても楽しい思いできるんだから何も悪い事はない
いっそ結婚制度もなくして欲しい
もしくは昔みたいに一夫多妻の復活を望む
何でも欧米の真似すりゃいいってもんじゃないさ


96 :白馬青牛:2007/02/24(土) 00:00:46 ID:BhP7fns2
>>88
朝鮮は、儒教の影響が強いせいか「処女」は価値が高いねえ。
特に未婚の女性は外出出来んのでシーソーで外を眺めよった。
妻が他の男と密通しとる現場を抑えられたら大事じやが、
バレんようにせえ云うことよ。実際日本統治時代何人も朝鮮の人妻と
情を通じた日本人もおられた訳じゃし。
中東の例を挙げとるが、彼らの社会には彼らの掟があるし、世界は多様な
価値観がある訳で日本人のネットウヨクの排外主義で批判すべきことじゃ
ない。イスラム社会が先進国であった中世には女性の法務官もおり、女性の
地位が昔から低かった訳でもない。イランはシーア派イスラム原理主義の
傾向が強いよ。アメリカでもキリスト教原理主義系の強い南部なんかは
のう。サウス・カロライナ州キリスト原理主義系のボブ・ジョーンズ大学
では、煙草・酒・ダンス・キス・付き添いなしのデイト(異人種間なら
云うまでもない)は禁止らしいねえ。「聖書に準拠した禁止命令であり、
神の言葉から来たものである」云うんが理由じゃそうな。
自由にセックスするんは好き勝手じゃが、避妊する以外にもリスクが
いるよ。

97 :人間七七四年:2007/02/24(土) 02:06:47 ID:KC9dt3Ww
>>94
は?
昔の農村の夜這いは有名であちこちの男女が関係持ってたし
そういうのが犯罪に繋がった名張ぶどう酒事件とか津山三十二人殺しの
村ぐるみの乱交は凄かったんだが。

あと江戸期の江戸の男女比は3:1で
未婚の女は四、五人の愛人がいるのが当たり前だったんだが。

>>96
どう見てもレイプされた女性が石内にされて殺されるのが
正しいとは思えんな。
ナイジェリアでもミスコンで優勝した女性が処刑されてるし。

98 :人間七七四年:2007/02/24(土) 02:07:31 ID:KC9dt3Ww
>>94
>女性の地位と貞操観念はあんまし関係ないよ。

軽く切ってるがそんなこたあないよ。

99 :白馬青牛:2007/02/24(土) 03:06:53 ID:hDRVYlNa
>>97-98
夜這いの形態自体が全国的に同じ云う訳じゃあるまいし。
乱交形態もあったろうが、不破藤敏夫氏の調査、山口県の例に、「一対の
男女の恋仲を他の男が女を横取りすることを禁じる」
潮見俊隆・渡辺洋三・安達三季生氏らの調査、徳島県の例に、「ある男と
関係している娘が他の男が出来た場合、前に付き合っていた男に「暇を
くれ」と云えば問題ないが、その挨拶をなさないときは若衆から制裁を
(秘部に棒を差し込む)加えられる。」
島根県でも、「男女とも貞操観念は非常に強く、女は他の男を見ることが
なく、誰も相手にする者がいない。」
夜這いも村落によって様々じゃし、その村の掟云うもんがある。
岡山県北部の美作津山の習俗他にも間引きもあるが全国区にすなや。
同じ中国地方でも安芸広島県地方は浄土真宗の影響もあろうけー、
間引きの習慣はないど。
ナイジェリアじゃろうと地域にゃあ地域の掟がある。外部の者が干渉する
必要はない。昔から先進的な広島から見たら、昔間引きの産地じゃった
東日本の社会は後進的で、隷属農奴縦社会じゃけんのう。

100 :人間七七四年:2007/02/24(土) 04:06:24 ID:KC9dt3Ww
普通にロシアって女性の地位が昔から高かったイメージはあるけどね。
大体、エカテリーナ女帝が英雄視されてるだろう。
浮気を続け、夫に対してクーデターを起こして皇帝の地位を取り
幽閉し殺したかもしれないよエカテリーナがね。
「悪女」とも言われるが基本的に大領土を獲得した皇帝として評価されてる。
あと庶民レベルでもかなり妻とか女性の地位や発言権は高いぞ。

竹内久美子が「寒冷地の女性の地位は高い」とか言って批判もされたが、
言ってる事はおおむね正しいと思う。

101 :人間七七四年:2007/02/24(土) 06:50:53 ID:KC9dt3Ww
>>99
>ナイジェリアじゃろうと地域にゃあ地域の掟がある。外部の者が干渉する
必要はない。

いやあ、わけのわからん理由でミスユニバースが残虐な処刑
をするのは干渉するのは当然だろう。
中国のチベット問題とか
中東の性被害にあった女性が処刑される問題とか
そんなの外部干渉受けて当然。

102 :人間七七四年:2007/02/24(土) 07:06:13 ID:vhMUQmK7
レイプ民族の韓国が
処女性もなにもないと思うのですが・・・

103 :人間七七四年:2007/02/24(土) 07:28:23 ID:KC9dt3Ww
レイプ民族だからこそなんじゃないの?

104 :人間七七四年:2007/02/24(土) 07:47:09 ID:KC9dt3Ww
中世のフランスでは
若者が家の中に集団で入ってきてまで娘をレイプするほどのレイプ国家で
17歳以上の処女はいないとまで言われたが、
だからこそ、ジャンヌダルクが処女だったのが周囲にものすごい衝撃を与えたそうな。

105 :人間七七四年:2007/02/24(土) 07:56:00 ID:KC9dt3Ww
15歳以上だったかもしれない。

106 :人間七七四年:2007/02/24(土) 18:44:06 ID:h0anwpLK
処女とかそんなのにこだわる奴がアホ。

107 :人間七七四年:2007/02/24(土) 20:09:12 ID:pyZUz9xM
某スレに晒したら処女厨が特攻してきそうなスレだ

108 :白馬青牛:2007/02/24(土) 23:37:44 ID:mFfOGIHK
>>100
エカリテーナ女帝はポチョムキン等男関係が盛んじゃったのう。
ロシアが女性の地位が高い云うんは、女性の労働力に依存した部分も
大きい。「働かざる者食うべからず」云う共産主義の価値観も助長した
ろう。ロシア女性は男性並みに肉体労働出来る力があったしのう。
それだけに性的欲望も強かったんじゃろう。現代女性の地位の高さの
座標軸は知らん。中国や台湾のように女性が労働し男性が家事をする社会も
あれば、日本や韓国、中央アジアのように家事の多くの部分を女性に
依存する社会もあり、それが女性地位の基準になるたァ思わんよ。
>>101
干渉するんは当然?道理で中国のチベット占拠を肯定するんかいのう。
封建農奴のチベット人民を解放したとする中国共産軍の主張を全面肯定し、
干渉を受けて当然云うんか?チベットが後進社会であっても、チベット人
自体で考え、結論を出す問題で、清朝に属しておったとしても、漢民族の
新思想である共産主義的解釈で干渉した結果がチベット問題じゃ。
あんたら共産主義者は干渉し自己の価値観を押し付けるんが好きじゃのう。

109 :白馬青牛:2007/02/24(土) 23:48:15 ID:mFfOGIHK
>>102
韓国人だけがレイプ民族か断言出来んよ。ロシア・グルジア・豪州兵や、
日本兵でも「慰安婦を連れているのに強姦する」と悪名高い九州兵も
そう映るかも知れん。韓国人から見たら日本人がレイプ民族に映るん
じゃないか。近代九州兵の元祖となるが、戦国時代、朝鮮の役の島津軍の
カクセイ(高麗おごじょ)狩り等も。

110 :人間七七四年:2007/02/24(土) 23:57:41 ID:KC9dt3Ww
>>108
別に共産主義者じゃないよ。
イランでレイプされた少女が絞首刑になったり、
同様な理由でナイジェリアでミスユニバースが石打ちになったりするのは
文化とか掟ではではかたづけられないって。

111 :人間七七四年:2007/02/25(日) 00:02:39 ID:OR791pCS
>>110
You are correct.
I agree with your opinion.

112 :人間七七四年:2007/02/25(日) 00:42:16 ID:REERFfxm
経験人数が増えるほど病気の確立がぐっと高くなるだろ

113 :白馬青牛:2007/02/25(日) 01:05:48 ID:G/SFq6gn
>>110
共産主義者じゃないんなら、何で中共の干渉によるチベット解放を
肯定するんか。どうしてもイランやナイジェリアのやることが気にいらんの
じゃったら、あんた自身が武装して、喧嘩売りゃあええことじゃ。
あんた自身が何も出来んのに安全な処で他国を責めても意味がない。
つまらん手を突っ込まず、地域の習慣はその地域の問題で地域の掟に
任せるんが、いらんトラブルを回避し治安が守れる云うもんじゃ。
我々日本人も法治国家でなく、共同体の掟が優先し、公権力の介入を
はばみ、村を権力から守り、それゆえ治安が維持された部分もあるよ。
共同体の薄い治安悪化の米国人でも、銃を持つんは我々の権利で国家が
介入することじゃない云うんじゃろうが。
兎も角、他地域の慣習にいらん世話はやかんことよ。

114 :101:2007/02/25(日) 08:42:14 ID:yIPBhcgv
は?
俺の>>101の書き込みのどこに中共のチベット支配を肯定してるなんて
言われるのかわからない。

俺は干渉を受けて当然の零として、
中東での女性迫害と中国のチベット支配を並べたんだが・・・・

115 :101:2007/02/25(日) 08:44:06 ID:yIPBhcgv
繰り返しになるが、
レイプされた少女が絞首刑になるのを避難してなにが悪いんだ?

http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20060728_execution_teenage_girl/

116 :101:2007/02/25(日) 08:44:38 ID:yIPBhcgv
避難は非難

117 :白馬青牛:2007/02/25(日) 23:31:04 ID:oNTrE9Xn
>>114-115
干渉を当然と肯定するんなら、チベット農奴制度から人民を解放した云う
中共のチベット支配を正当化しとることになるじゃないか。
今でもダライ・ラマを追放し人権が抑圧されとる云うても、
「封建制度は残っていませんよ。西側の米国のイラク占領政策は
現地民を蹂躙し過酷な支配をしていませんか。」と、中共側に云われたら
それまでじゃ。
非難するんは自由じゃが、あなた方日本人は、イラン人をいつも人道的に
扱ってますかと聞かれ、我が国はいつも人道的にと、よう答えられんね。

118 :人間七七四年:2007/02/26(月) 00:22:54 ID:ivLcgG3/
>>115
同意。ホント酷いね。

119 :人間七七四年:2007/02/26(月) 08:08:01 ID:mxE8SjR/
>>117
はあ・・・・・
あんたは中途半端なインテリみたいで
なにを言ってるのかよくわからんわ。

120 :人間七七四年:2007/02/26(月) 15:53:41 ID:he4TVeS6
>>117
中国のチベット支配にも干渉するべき。
何か問題ある?

121 :白馬青牛:2007/02/26(月) 22:45:43 ID:0HF7gG31
>>119-120
おいおい、中途半端は兎も角インテリたァ何なら。インテリ連中の馬鹿らと
一緒にすなや。気分が悪るうなる。中共であろうと西側であろうと干渉
しとるんは同じじゃ云うたんじゃが。
じゃけえ、あんたが中国のチベット支配に干渉すべき云うんなら、あんたが
武装してゲリラ戦士になりゃあええじゃないか。ここでカバチ(文句)
垂れても何の意味があるんかいのう。

122 :人間七七四年:2007/02/27(火) 05:30:04 ID:npV5+Jov
>>121
広島県民よ、文章長過ぎ。たいぎい わ。

123 :流れは読まない:2007/02/27(火) 09:46:34 ID:zHAAQmeP
処女性なんて言葉、久々に聞いたなあ

124 :人間七七四年:2007/02/27(火) 13:12:16 ID:DlG9GlqE
>ここでカバチ(文句)垂れても何の意味があるんかいのう。

お前は何の意味があってここで文句垂れてるの?

125 :白馬青牛:2007/02/28(水) 00:26:06 ID:At+spA5e
>>122
長い文章を読むんが、たいぎいじゃ?わしの文章が長いたァ思わんよ。
>>124
だいたい、>>101で政治論を持ち込んで来たんはワレど。
わしゃあ、おどれみたいな世界の多様な価値観を自己の偏狭で解釈する者に
カバチ垂れよるんじゃ。わりゃ、そんくらい解ろう。

126 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/02/28(水) 01:17:18 ID:ntMfKkYf
>>123
処女性とやらを重んじていた時代を考えたほうが早そうだな。

127 :人間七七四年:2007/02/28(水) 06:53:53 ID:R5DGJBK0
そもそも日本で処女性を重んじた時代なんてあるのか?
せいぜい明治〜戦前くらいの
それも一部の階級だけじゃないだろうか。

128 :人間七七四年:2007/02/28(水) 09:28:05 ID:z0/5TbqQ
>>127
現代でもモテナイキモメンは処女幻想持ってるよw

129 :人間七七四年:2007/02/28(水) 12:01:52 ID:HVgNktyb
家康は非処女だけを側室にしていたらしいな

130 :人間七七四年:2007/02/28(水) 15:15:53 ID:R5DGJBK0
>>128
ニュー速のスレに恋愛やセックスに縁遠いオタクに限って
処女崇拝願望が強いとかいうスレがたってたねえ。

131 :人間七七四年:2007/02/28(水) 17:55:10 ID:aNr6KFxF
>>127
大正時代の新聞記事が載ってた本を読んだことがあるけど、
相談記事でキスをしたので自分が穢れたと悩む女の人の投稿記事があったよ。

>>129
家康は後家殺しという異名もあるから(後家=未亡人)、
未亡人が好きみたいだね。

132 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/02/28(水) 21:44:42 ID:ntMfKkYf
家康は自分の副将になる兄弟がいなかったから、未亡人好みは実用なんだろね。

133 :白馬青牛:2007/02/28(水) 23:45:24 ID:6Xtemntk
>>127
日本に処女崇拝はないけど、貞操観念がない云うんと違うよ。
処女を重んじるんは地中海〜西アジアがルーツじゃろうねえ。
>>93-115にも関連するが、面白いサイトがあった。
http://homepage3.nifty.com/hannobap/kekkonn-4.html
「浮気するのも命懸け」に、古代ユダヤ人社会において、婚約中の女性が
町中で強姦にあった場合は死刑、初夜に処女でないとわかった場合も死刑
の例が出とる。ここにゃあ出とらんが、『旧約聖書』「申命記」
第二十五章にあるよう嫂を妻にせにゃあいけん。嫂は処女じゃないが、
兄弟ならええ云うことじゃ。
「新大陸純潔派」で、アメリカ女から日本女は尻軽娘に思われよる。
タイ人の意見もそうじゃが、日本人からするとキスも情を交わす行為で
ふしだらな関係じゃ云う意識があったよ。昔はのう。
そういやあアメリカは、1950年代頃までデートの許容範囲がキスや
女性が手袋して男性の○○を擦って、射精させるまでじゃったらしいのう。
突撃一番(ゴム付け)でも、バレたら電気椅子送り(死刑)の可能性も
ある。アメリカのピューリタン、福音派の道徳恐るべし。
ただし建前道徳と現実に誤差があるんは、どこの社会でもそうじゃが。

134 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/02/28(水) 23:48:08 ID:ntMfKkYf
補足しとく。
>女性が手袋して男性の○○を擦って、射精させるまでじゃったらしいのう。
当時はこの行為を「スペシアル」(スペシャル)といった。

135 :白馬青牛:2007/03/01(木) 00:05:25 ID:JjrTZR6q
>>134
スペルマ(ギリシャ語の種が起源か?)とも。
ジギタチオ(ラテン語の指から来たそうで、男性器を手で愛撫する
行為。)ゆう云い方もあるね。

136 :人間七七四年:2007/03/01(木) 18:04:00 ID:vQrE+xlG
何の魚か鳥か忘れたが・・・、鳥かな。
メスについて、
あるオスと夫婦になったらそのオスとしか交わらないのが50%、
オスを決めずに乱交するのが50%
ってことらしい。どっちも調べると半々らしい。
だから動物ってのは、一途なのと淫乱なのがちょうど半々になるんじゃないかろうか。
淫乱も一途も同じ割合ってのが、種の保存にいいのかもしれん。


137 :白馬青牛:2007/03/02(金) 00:02:20 ID:lgpdveeq
>>136
その通り女性(男性もそうじゃが)の一途と淫乱は、個人の趣向の問題。
谷崎潤一郎氏の『陰翳礼讃』でも、「我が国は恋愛を露骨に現すことを
卑しみ、かつその上にも色慾に淡白な民族」と、されるが、西洋人の性慾の
強さには負けるねえ。シベリア抑留された日本兵士や日本女性もあきれた
ロシア女性の性欲の強さや、南方のカンピリ抑留所の白人婦女子
(人妻や娘)が性欲に悶え大変じゃったこと等。
西洋人は物質慾も強いけえ、性欲も比例するんかのう。
日本人でも、ブランド品を買い漁る女性に貞操を求めても意味がないねえ。
物欲は性欲に結び付く可能性は強いんじゃないかのう。
現在の日本女性は、性欲が強い女性も増えたんかも知れん。
ほいで書くんを忘れたが、イランでもパーレヴィ政権期頃は処女性が
大切じゃったんは変わらんが、処女膜さえ守れれば、尺八やアナル行為まで
応じる女性もおったそうで、アメリカに比べて性解放後進国とも云えん
かった。ユダヤ・キリスト・イスラム等の一神教の世界じゃ種の保存で
処女膜さえ守ればええんじゃろうが、東部アジアじゃあ処女膜、性交に
限らずキス等も淫乱行為と認識する云うこと。更に云うと肉体関係だけ
じゃのうて、精神的にも姦通(不倫)は淫乱に含まれるけんのう。

138 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/03/02(金) 00:06:10 ID:S+KNnaw1
西洋は形式的に、東洋は精神的にといったところかね。
日本は・・・アフリカとかと同じで本能的なイメージ。

139 :白馬青牛:2007/03/02(金) 00:56:56 ID:lgpdveeq
>>138
西洋人の自己の解釈で、キスは良いが性行為は淫乱ゆうんも手前勝手な解釈
なんじゃけど、東洋の仏教的解釈との違いかも知れんねえ。
アフリカでもフルベとかイスラムの影響の強い部族は処女性が大切な社会も
あるし。また、日本は処女でない女郎でも貞操観念も無視出来んよ。
「露もだに いとふやまとの女郎花 降るあめりかに袖は濡らさじ」
露さえも嫌う袖、つまり操をアメリカ人に売る行為は出来んと、幕末の
岩亀楼の女郎がアメリカ人との性行為を拒否し自決した辞世の歌であるが、
処女でない売春を職業としておっても、当時のアメリカの権威に屈せず、
これも立派に貞操を守ったことに違いない。
彼女が、戦後から現在迄の日本女性を視てどう思うんじゃろう。
彼女ら先人に対し申し訳ない。現在の日本はアメリカの属国なんが現状で、
アジア諸国にのみ威張る奴隷根性だけです。云うんも淋しいけど。

140 :奇矯屋onぷらっと ◆O.K.H.I.T. :2007/03/02(金) 01:16:38 ID:S+KNnaw1
江戸時代以降の娼妓は夫婦契約を交わさなければならない崇高な遊びだしね。
吉原の周辺だけが喧伝されてる誇り高い売春制度を擲った現代日本は確かに寂しい。

141 :白馬青牛:2007/03/02(金) 23:02:43 ID:Pkv+qsBr
>>140
崇高な遊びじゃったのう。妓に惚れられるんは誠実な男で、すれっからしの
放蕩者は鼻もひっかけんらしかったね。いっぱしの道楽者ぶりよって、
つまらん駄洒落や自慢話で得意がる連中等は。現代でも遊び心のない
見苦しい御仁がえっと(沢山)おられる。
売春は古代から伝統ある職種じゃに、それを社会悪とする社会主義者や
フェミニストらが伝統破壊したがるようじゃ。日本の伝統文化破壊者は
ネットウヨクも同じじゃけどね。まあ、田舎と違い都市に遊女やヤクザは
必要不可欠な存在なんじゃに。

142 :人間七七四年:2007/04/05(木) 12:53:23 ID:QPJKQHUJ
キリシタン大名の大友、大村、有馬の甥たちが、天正少年使節団として、ローマ法王のもとにいったが、
その報告書を見ると、キリシタン大名の悪行が世界に及んでいることが証明されよう。

『行く先々で日本女性がどこまでいっても沢山目につく。ヨーロッパ各地で50万という。肌白くみめよき
日本の娘たちが秘所まるだしにつながれ、もてあそばれ、奴隷らの国にまで転売されていくのを正視でき
ない。鉄の伽をはめられ、同国人をかかる遠い地に売り払う徒への憤りも、もともとなれど、白人文明で
ありながら、何故同じ人間を奴隷にいたす。ポルトガル人の教会や師父が硝石(火薬の原料)と交換し、
インドやアフリカまで売っている』と。
http://www.asyura2.com/0510/bd42/msg/812.html#top

143 :人間七七四年:2007/04/10(火) 21:07:51 ID:cE7uEImm
幕末、勝海舟が咸臨丸で渡米したが、アメリカの性風俗は日本より乱れていたそうだ。
造船所の工員は昼休みに物陰で売春婦とやってるし、間男の数が尋常じゃないと。
「ミスター勝もあそこの奥さんいかがですか?」とか勧められたことがあったらしいw

144 :人間七七四年:2007/04/10(火) 21:18:44 ID:cE7uEImm
江戸時代の農民の初体験年齢の平均は、男13歳、女12歳。
武士階級は例外で、貞節は重視されたようだ。
薩摩藩の武家子弟の学校・郷党を例に出すと、
男は年頃の女を見ることすらはばかられ、会話するだけで罰せられた。

ただ、処女性自体が問題視されたかどうかは怪しい。
女の離婚歴などは問題にされなかったし、
上級武士の男子ともなると11歳くらいで妾をあてがわれたりした。
色街で童貞を捨てる風習も根強かったらしい。

145 :白馬青牛:2007/04/11(水) 01:17:10 ID:0PnPsw7D
>>143
勝海舟の清話のしらべ(明治30年4、22日)じゃろう。
「出稼ぎ女は、非常に多いそうな。それで、おれは、先達て、外国人が
来た時、公然とはなした。アナタの国は、色々の産物があるが、日本にも
それにまけないものがあります。女です。どうです。これからまだまだ
多くなります、どんどん輸出するつもりですと言ったら、御冗談をと
言うたが、冗談じゃあない。しかし、その代わりには、アナタのお国の
ように、間男する者はありません。アナタのお国でたいていの家で間男を
しない者は一軒もありますまいと、言ってやった。
男女の慎みは、本当は日本の方が善い。サンフランシスコなどにワシの
行った時に見ると、それはひどいものだ。(中略)妻君を貸して、
一時間何程で淫売させるものもある。ワシなどにも、あなた、それがしの
妻はどうです、気がありませんかなどと周旋したものがある。」
日本が古代から戦国期、明治、昭和初期まで、女が輸出品じゃったんは
事実じゃが、欧米人女性の性欲や不義密通にゃあ太刀打ち出来んよ。
>>144
儒教の影響が強い武士階級の方が、庶民より結婚するまでの貞操は大切に
されたと思うが、結婚したからは庶民よりも武家婦人の方が間男
(不義密通)はお盛んじゃろうのう。

146 :人間七七四年:2007/04/12(木) 05:16:55 ID:dQOOZxor
まぁ 三代目将軍も中古マンコから生まれたわけやし、連枝でも久松系は中古マンコが
なかったら家系自体ないわけやし

147 :人間七七四年:2007/05/21(月) 21:07:10 ID:YkTGcslW


148 :人間七七四年:2007/05/21(月) 21:17:34 ID:pDF6E1zc
>>144
>上級武士の男子ともなると11歳くらいで妾をあてがわれたりした。

11歳「の」妾かと思って、一瞬うらやましかった。


149 :人間七七四年:2007/05/22(火) 23:31:40 ID:XooIQFHp
乳母が筆おろしをしていたらしい

150 :人間七七四年:2007/05/26(土) 15:10:40 ID:sruPwlRk
>>149
それ用の乳母だけどな。

151 :人間七七四年:2007/07/04(水) 01:00:52 ID:iyaeTS2I
日保守

152 :人間七七四年:2007/07/08(日) 13:32:00 ID:qPX1mnrL
『天地愛好すべき者多し、而して尤も愛好すべきは処女の純潔なるかな。』
『悲しくも我が文学の祖先は、処女の純潔を尊とむことを知らず。』
『高尚なる恋愛は、其源を無染無汚の純潔に置くなり。』
近代日本で処女性の尊ぶべきことを説いた北村透谷の『処女の純潔を論ず』より。
北村はキリスト教、とくにクエーカーの影響を受けて処女性と尊んだが、
同時に恋愛至上主義であり、その恋愛至上主義を裏付けたのは政治に対する挫折から来る厭世観だった。
ここに現代の所謂『恋愛至上主義』と処女礼讃者とのずれがある。
結局、透谷の思想は破綻して自殺した。

西洋の処女性重視はおかしな自体を招いていた。
いいとこのお嬢さんは婚前は貞操をかたく守らねばならなかったが、
結婚した後になって社交界にデビューしはじめて自由に恋愛ができるようになる。
この傾向が特に激しいのはフランスだった。
欧州の小説にナントカ夫人というタイトルや高貴な夫人の不倫物語が多いのはこのため。

>>129
>>132にもあるけど若い時は実用目的かすでに子供がいる未亡人ばかり側室にしてるね。
秀忠も後家の子だ。
でも後年は10代前半の女を側室にし、飽きたら家臣へ払い下げていたらしい。
家康だけではなく、信長も後家を側室にしている。

153 :人間七七四年:2007/07/08(日) 14:04:45 ID:qPX1mnrL
>>149
制度としてそういうものがあったかは知らないが有名なのは足利義政の今参局だね。
乳母であり、側室。

オーストリア皇帝のフランツ・ヨーゼフ1世の場合、制度としての筆下ろし役に近い人がいたという。
確か衛生なんとかという係りだが実際には貴族の夫人たちから玩具にされたという。

154 :名無しさん@そうだ選挙に行こう:2007/07/29(日) 04:36:25 ID:9IVuS+9G
やたら「処女(純潔)」にこだわるのは、統一協会(朝鮮カルト宗教)の証拠↓


最近、韓国では「統一教」から「世界平和統一家庭連合」に名称変更しましたが、
日本では盛んに「世界平和家庭連合」などの名前で「純潔教育」、「真の家庭」などというビラを配っています。


カルト被害を考える会
http://www.asahi-net.or.jp/~am6k-kzhr/index.htm

155 :これほど醜い日本人女性:2007/07/29(日) 15:24:06 ID:Tq3/yMkR

【日本女の醜さを究明している秀逸なサイト】※真相、真理が掲載されていますので心の弱い方はご注意ください。

http://handicap.scenecritique.com/

http://uglyjap.150m.com/index5000.html

http://genetic.110mb.com/

http://korehodominikui.blog59.fc2.com/

http://www.geocities.jp/yarimanko_2004/

http://blog.goo.ne.jp/hoy1234/


156 :人間七七四年:2007/08/20(月) 23:33:58 ID:4Pj2AlBb
>>131 家康は他人の物を欲しがるタイプなんだろうか?

157 :人間七七四年:2007/08/23(木) 04:24:49 ID:ozzbycto
上半期出生数、2年ぶり減少=2700人減、婚姻数も低調−今年、再び下落か
ttp://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2007082201026

158 :人間七七四年:2007/08/23(木) 06:36:31 ID:+7sGCoGI
幼児死亡率が高かったから育児経験者がモテたんだよな。
家康の後家殺しも信長の年増通も同じ理由。

159 :人間七七四年:2007/08/24(金) 14:21:29 ID:ha6jC8hC
>>131
しかし晩年はロリだぞ?
158の言うように、一度子供を産んだことのある女性ならば、自分の子供をかなり高い確率で残してくれる。
家康が晩年ロリに走ったのは、そういう血を残す必要性が薄くなったから、趣味に走ったとみている。

160 :人間七七四年:2007/08/25(土) 21:30:36 ID:HO/s2BCS
秀吉は世継ぎが居ないのに一人の若い女に愛情注ぐんだよな。

161 :人間七七四年:2007/08/27(月) 22:44:28 ID:0icdri3T
男性がはっきりと 「結婚なんて割に合わない」とか
「結婚なんて馬鹿馬鹿しい」とか言ったら、 正直言って、頭にきます。
これは理屈ではない感覚ですね。

結婚願望の強い男性が減ると「困る」という打算ではないと思います。

だって、すでに結婚している既婚女性だって
若い男性が結婚したくない、みたいに言うと
露骨に眉間にしわをよせたり、なんとかして「説得」しようとしたり、
そんな光景をよく見かけますしね。

それでも頑として「結婚なんて男が大損するだけだ」 なんて言われてしまうと、
なんというか、こう、 「自分の生き方を否定」されたような気になるんですよ。

だから、男性はすべて、結婚したいに決まっている、
結婚したくないと言ってる人は、口ではそう言ってるけど
本当は結婚したいに違いない、 そう思いたいんです。

自分の生き方を肯定したいのは、誰だって同じじゃないですか。

実際に、男の人が大損する、という現実があったとしても、
それでもなお、男性はみんな強く結婚を望んでいる、と思わないと、
なんだかすごく、みじめな気持ちになってしまうんです。



162 :人間七七四年:2007/08/28(火) 02:39:02 ID:G7zVRQf/
>>161
いいかげんに変なコピペを貼るのはやめろ。

163 :人間七七四年:2007/08/28(火) 20:49:07 ID:E8MW5Onl
>>133-134
>>女性が手袋して男性の○○を擦って、射精させるまでじゃったらしいのう。
>当時はこの行為を「スペシアル」(スペシャル)といった。

今でも欧米の上流の子女はそんな感じと、どこかで読んだ記憶があるが本当だろうか?


164 :白馬青牛:2007/09/02(日) 23:44:15 ID:uJwIaN1v
>>163
ヨーロッパの19世紀、私生児を孕まん為、処女性を守る為のフラート、
フランスじゃあドミ・ヴィエルジェ(半処女)が、今でもと思えん。
現代は避妊も容易じゃし、欧州では米国よりも性解放が早かったんじゃ
ないか。まあ、個人差もあり、絶対数は解らんけど。


165 :人間七七四年:2007/09/12(水) 13:09:13 ID:3MNTbywy
ttp://www.worldtimes.co.jp/wtop/education/data/dt040225.gif
「結婚前は純潔を守るべきである」のアンケート

特亜は儒教国家だから割と納得だが、アメリカも最近でも日本に比べれば意外と保守的
日本の特徴は、男女の意識の逆転具合

もっと古い時代の国際比較的なデータもあれば興味深いのだが、誰か持ってる御仁はいない?

166 :人間七七四年:2007/10/04(木) 02:29:11 ID:M/80e5vQ
アメリカにもキリスト教の福音派(原理主義者のこと。ブッシュもこれ)がいるだろうが。

57 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.02 2018/11/22 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)