5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【パイプ】オールドブリティッシュ5【クラシック】

1 :774mgさん:2006/12/05(火) 23:53:32 ID:/gHldZos
ブライヤーパイプの原点であり、今は失われた、もしくはもう手に入らない古き良き
イギリス製のヴィンテージ物のパイプについて語ったり情報交換したりするスレです。

該当ブランド:
Dunhill (Patent-eraもしくは1960年代以前)
Barling (Pre-Tran、Trans 1968年以前)
Charatan (Lane eraもしくは1988年以前)
Sasieni (Family era 1979年以前)
Comoy's (Pre-Cadogan 1975年以前)
GBD、Loewe、BBB(Pre-Cadogan 1980年以前)
その他上記メジャーメーカーのセカンドブランド、
Astrey's、F&Tなどのショップブランドも可
KB&B(Kaywoodie等)、WDC、CPFなどのアーリーアメリカン
メーカーも暫定的に可

○基本的にestate(中古)パイプを扱うことになります。
○e-bayが主な行動範囲になりそう。アイテムを貼りつけてあれこれ談義もよし。
○スモーカー、コレクター共に歓迎。一穴主義者には目の毒です。
○実用的なスレであると同時に非常にペダンティックなスレでもあります。長文大歓迎。
○パイプ自慢大歓迎。どんどん貼りつけるべし。うぷろだは自前でお願いします 。
○中古パイプに関連した話題であれば、一応製造国を問わず面倒をみます。
○イギリス製以外で盛り上がるようだったらスレ分化で対応します

493 :774mgさん :2007/01/14(日) 17:20:06 ID:WCYfivjH
やれやれ・・・

494 :774mgさん:2007/01/14(日) 18:20:41 ID:OnciQ+sA
いいじゃん、楽しそうで。
もう少ししたら色々見えてくるだろ。

495 :774mgさん:2007/01/14(日) 21:20:21 ID:hw7lps9M
BBB"Own Make"の小さなビリヤード、写真が出来たのでレポします。
http://photos.yahoo.co.jp/ph/tompa5888/lst?.dir=/bafb

全長10cmと非常に小さなパイプです。この手のパイプは持ち運びしやすいように
ケース付きだったり2本セットになっているものが多いのですが、
出品時はパイプ本体のみで付属品はありませんでした。
年代モノらしくOrificボタンで、シャンクにはネジが切ってあり
角製の接ぎ材がついたエボナイトステムをねじ込む方式です
Birmingham1909年のhallmarkがある非常に古いものですが未使用新品!
ボウル内には値札シールらしきものがそのまま残っていましたが
残念ながらほとんど消えていて判読不可能。もし読めたら資料になったかもしれないのですが…

シャンク側面に菱形BBBロゴとその下に"Own Make"の打刻、
銀巻に菱形BBBとAF&Coのロゴとhallmarkがあります。
基本的に>>301のオームポールと同じような構成ですが生産地を示す打刻はありません。
例のBBBヒストリー仏語サイトには、オッペンハイマーグループに買収される20年以前の
Adolph Frankau & CoのBBBブランドにおいて"Own Make"というグレードは
サンクロードなどの海外工房でターニングしてから輸入された製品には許されず、
文字通りロンドンの自社Homerton工房でターニングされたものにしか付けられなかった
グレードではないかとの記述がありましたが、それを信じるならこのミニビリヤードも
Made in Londonということになります。"Own Make"グレードが後年"Best Make"に変更されたのは、
こういった方式での品質分類をやめたからなのかもしれませんね

スレでは少し前にエアフローとスモーキングクオリティに関する議論がありましたが、
このBBBパイプにもその点への配慮が見られます。まずシャンク内の煙道は
接ぎ材の先端が収まる関係上広いスペースが取られるのは当然としても、
そこから先のボウル側の開口部まで5mm近くの直径で開いているのはパイプのサイズに比して
不釣合いなくらい太いと思います。また角製の接ぎ材もボウル側の先端が
緩やかなテーパー状に広がっており、こちらは先端で直径4mmとなっています。
ちなみに私が持っている年代的に近そうな無銘の角製接ぎ材のパイプと比較すると
こちらは2mm程度ですので、かなり広いことが分かります。
これはおそらくエアコントロールが難しいミニサイズのパイプなので、煙道を広げることで
空気の流れを緩やかにしようという試みなのではないかと想像しています。
このように煙道を太くする工夫が前世紀初頭に流行した小さなパイプ全般に見られるものなのか
他のサンプルを持っていないので分からないのですが、>>301のオームポールでも
4mm近い太さの煙道が通っていることから見て、BBBあるいはAdolph Frankau & Coの工房では
エアフローに関してかなり意識的だったのではないかと考えます。

この工夫のおかげなのかどうか、10cmの小さいパイプとは思えない柔らかな味わいです。
LARSEN FLAKE CUTうめー!

496 :774mgさん:2007/01/14(日) 22:08:44 ID:T5kiFu5X
>>495 BBBあるいはAdolph Frankau & Coの工房では エアフローに関してかなり意識的だったのではないかと考えます。

賛成ですね。 ウチのページで紹介したBBBも小さいです。しかしこれは逆に非常に細い穴でこれによって
部妙なコントロールが可能で、ロングスモークになります。この前のオフ会集合場所の
駅前から会場の席に座るまでは20分近くかかったと思いますがこの時咥えていたのがあのBBB,
その間一度も火が消えることなく喫煙が持続しました。歩きながらですからラフな吸い方の
筈でしたが、このように細い煙道のパイプはコントロールしやすく火持ちが良いのです。

煙道が太いと煙の流速は落ちますから、ある程度強く吸う必要があるようです。
強く吸うと煙が入り過ぎてロングスモークには向かないのではないか?
少なくとも自分の喫煙スタイルではそうです。

アメリカのパイプ・マニア、リック・ニューカム(Rick Newcombe) という人が
P&Tマガジンで論争した、煙道を拡大すると火が長持ちして、美味くもなる、というのには
自分は疑問を持ち続けており、おそらく喫煙スタイルの違いからそうなると思っています。

リック・ニューカムの本「In Search of Pipe Dreams」は必読の随筆集で、
ベルトラムなんかもこの本で知りました。英語OKの人は是非読んでください。
作家モノの話がほとんどですがパオロ・ベッカーのインタビューなどは読ませます。
エアホールを拡大する彼の理論もたっぷり開陳されてます。

煙道の太さに話は戻りますが、細いものは新しいパイプではなかなかお目にかかりません。
例の「当たり」だったピーターソンとこのBBBは同じくらい細く、市販最細の
モールでないと通りません。しかしこの2本は自分のコレクションの中では特別で、
ちびちび・ロングスモークが楽しめます。おそらく肺喫煙の多かったであろう
20世紀半ば以前はこのスタイルの需要が高かったのかも? と思います。

古いパイプはやめられませんね。

497 :774mgさん:2007/01/14(日) 23:38:41 ID:ngwI1q2p
肺喫煙はダメよ。

498 :774mgさん:2007/01/14(日) 23:47:41 ID:udkpN/IZ
余計なこと言ってるんじゃないよ、タコ!

499 :774mgさん:2007/01/15(月) 00:45:55 ID:WZSCzwNr
いやぁ、私もシガレットをやめてから
パイプで肺喫煙を時々するようになりました。
まぁ確かに体にはダメなんでしょうなぁ...。
でもアインシュタインもそうだとか聞いて、変に心強いんだよなぁ(笑)

500 :495:2007/01/15(月) 00:52:16 ID:C096SNvF
>>496
あの1920年のポッカーは煙道が細いのですか。教えていただいてありがとうございます。
あのパイプ小さいのに実に精悍でかっこいいですね。ebayあたりに同じシェイプが出たら欲しいと思っているところです。

煙道が細いのと太いのどちらがコントロールしやすいかは確かに喫煙スタイルで変わるんでしょうが、
BBBがその点どちら寄りの考えを持っていたのかについては興味があります。製品にばらつきがあるということは
少なくともBarlingのテーパードチャンバーのように定型化されたものではなかったのかもしれませんが。
ほかにもBBBを持っている方がいたら気がついた点など書き込んでいただけると嬉しいです。


>リック・ニューカム「In Search of Pipe Dreams」
そういえばebayでBertramが出品される時は大抵セラーが引き合いに出していましたw
amazonで入手可能なようですね。

501 :774mgさん:2007/01/15(月) 03:24:52 ID:2cA2XUIf
>>497
此処はペダンティクなエプキュリアンが集うスレですから・・

502 :774mgさん:2007/01/15(月) 09:45:38 ID:UnTBk0D3
>>495
あの本は e-Bay のダンヒルなどの有名パイプのページには必ず割り込んで出品されてます
から、そちらでBINで買ったほうがアマゾンより安いです。

最後のあとがきに文学者が随筆を寄せていて、文学作家だけあって難しい
英単語の羅列に悩ませられますが、かなり面白いです。
特に最後の数行はクラシック・パイプ派には考えさせられる一文があって
興味深いです。

リック・ニューカム宛に読後感想文を書いたんですが、まだ送ってません。

>>499
自分も100%パイプでシガレットはやりません。
というかまわりでタバコを吸われると不愉快になります(笑)
紙巻は紙が燃えるときのタール、それと火が持続するように火薬が入って
いるのが体に悪いのです。

自分は本格的なヨガを10年やってるんですが、ヨガを始めて2週間で
紙巻は吸えなくなりました。 不味くて耐えられない、つまりカラダが拒絶反応を
起こすんですね。しかし逆にパイプはますます美味くなりました。
絶対禁煙のうちのヨガの先生には内緒にしてるんですが(笑)



503 :774mgさん:2007/01/15(月) 12:05:05 ID:M+eDgkQw
「Barlingのロングシャンク系はフラットシャンクが大半を占める」とかカッコ良く書いた途端にLovatが出品される罠 orz
とはいえやはり比較的レアだと思いますが。

BarlingのRegd No.についてちょっと報告を。
Briar Blues に入荷していてもうリザーブになっているパイプなんですが、

BARLING'S ( in an arch )
MAKE
4639

と、明らかにTransition(1960〜1962)時代のパイプなんですが、なんとステム裏の刻印は

Barling(Script)
DESIGN

となっています。( ttp://www.briarblues.com/images/bb/bbar01j.JPG)
ウチのPre-Trans Barling's Make #1852 ExExEL( ttp://invalide.client.jp/pipe/pics/barling003_17.jpg )と
全く同じ刻印です。写真を見る限りフォントなども同じに思えます。
結論を急ぐのは気が早いのですが、
この刻印はPre-Trans最後期〜Transition期にまたがって使用されていたのではないか、と推測します。
刻印収集にご協力くださった方々にご報告まで。
引き続きサンプルを募集しています。

504 :774mgさん:2007/01/15(月) 15:13:07 ID:yKpDBDs8
ebayの代行会社でオススメってあります?
どれも同じ様なものですかね。

505 :774mgさん:2007/01/15(月) 17:24:08 ID:M+eDgkQw
>>504
まあ有名どころは手数料15%ぐらいみたいです。ぐぐればすぐ出てきますが。
S-Fさんのオススメのエージェントは前wikiのオフ連絡掲示板に書いてあったと思いますが今見れたっけ?
自分はクレカ/paypalでの支払いが可能なLA STYLEというところを使いましたが、手数料は20%と高めです。

どちらにせよ、エージェントのレスポンスタイムが一両日かかることがあるので、
いい物をみつけたら早めに連絡を取ることをオススメします。


イタズラbidをしたら、122ドルでDunhill Shellbriar 56 (1960)を落とせちゃいました〜。
けっこう状態はいいと思うんですが、60年代のshellならこんなもんで落ちるもんですね。
ヘタなSasieniより安いかもしれん…。届いたらまたレポします〜。

506 :774mgさん:2007/01/16(火) 05:13:15 ID:MyI04vo+
>>503
あらら、Lovat出ましたねぇ。でも、米国、カナダ、英国以外の発送は無しみたい。
でも、リムがちょっとアウトラウンドしてるみたいだし、これで、BarlingにもLovatある事分かったので、
気長に待つことにしましょうかね。

で、YOBの方にさっそくこの#281載ってましたが(以前はビリアードだった気がw)、サイズEXEXELになってま
すよ。商品説明見ると、ELのようです。刻印が薄れてEXEXが消えちゃった可能性もありますけど、全長4 7/8in
って寸法からしてELで間違いないかと。

お、REGDの刻印の件、有力な情報ですね。確かにこれで結論を出すのは尚早でしょうけど、こうやってサンプル
収集を続ければ、凡その目星は付けられそうですね。

507 :774mgさん:2007/01/16(火) 10:52:01 ID:6LtrcgDw
>>505
有り難うございます。
色々見ましたがなんだかんだ手数料(国内への送料を含めて)
で結構かかるみたいですね。
うぅ、迷うなぁ....


508 :774mgさん:2007/01/16(火) 11:54:33 ID:PFTgZ1ca
>>506
突っ込み感謝です。修正しておきます。
shape Noのソースはほとんど全てebayとショップなので、そちらが間違えてると自分も間違えるんですなw

Regd Noにかぎらず、こういった情報はゆっくり気長に収集していくつもりです。
Briar Bluesのマイクさんに言わせれば、
−I learn new information about pipes every day. It is an ongoing study
ということですから。(イイ台詞だ…。)
でも自分のサイト以外にも、刻印とかにセンシティブなユーザーサイトとかもうちょっと欲しいかも。

>>507
エージェント使用は手数料以外にもセラーからのS&H、銀行振り込み手数料などを考えると、単純な落札金額からけっこうデカく
膨れ上がっちゃう感じです。日本への発送を断固として拒否するセラーが、どうしても逃したくないアイテムを出品している場合の、
最終兵器として使うのが賢い選択かも。
特にオークションは終了金額が見えないので、大目の金額を手元に用意しておく必要があるかもです。
(手数料とられるエージェントの場合は、かなりの確率で勝てると思える金額を突っ込まないと、お金を捨てることになっちゃうので…)

509 :774mgさん:2007/01/16(火) 12:08:22 ID:7x8LhOXo
>>508
YOWに無いようなので報告させていただきます。

Barling's Make Ye Olde Wood Fossil
No.: 166
Shape: billiard
Stem: saddle
Size code: L

残念ながらRegd NoはほぼBuff outされていて読み取れません。


510 :774mgさん:2007/01/16(火) 12:35:21 ID:PFTgZ1ca
>>509
更新しました。ご協力ありがとうございます。本当助かります。
上のほうでレスし忘れましたが、Fossilどうでしょう?
味のあるブラストテクスチャといい、深いプラムカラーといい、"Flat"サドルビットといい、
とても個性的なサドルビリヤードだと想像しますが…。

511 :774mgさん:2007/01/16(火) 22:46:11 ID:7x8LhOXo
こちらこそ、YOBはいつも参考にさせていただいてます。

Fossilですが、とりあえずクリーニングは終了し現在乾燥中です。
私が手に入れた個体は所謂実用品ですが、往年の迫力は十分伝わってきます。
特に渦を巻いた立体的なグレイン(テクスチャという表現が適切でしょうか)は
原木の樹齢を感じさせる見事な物です。Flatサドルビットはガッチリと保持は
できるのですが、私の好みよりはやや厚めです。エアフローは煙道が相当太い
ようでかなりスムースですね。柔らかなタバコが期待できる反面、終盤に火種の
コントロールが難しくなりそうな気がしていますが、さてどんなものでしょうか。


512 :774mgさん:2007/01/16(火) 23:46:07 ID:VqdDtOIr
>>511
レポありがとうございます。
FossilやPatent Dunhillのようなキャラクターのあるブラストは、使用されることによっていっそう迫力を増しますから、
所謂「実用品コンディション」でも目と指に楽しいパイプになってるんじゃないかと想像します。
Flatサドルビットは厚さだけいうと、平均的なスモーカーなら皆一様に「厚い!」と言うであろう程の厚さなんですが、
あのフラットな噛みごこちというのは現在どこのメーカーも作っていない(と思われる)タイプで、独特の快適さだと思います。
わざわざビット自体を箱型に成形するくらいですから、相当こだわって練られた形状なんでしょうね。

終盤のコントロールに関してですが、BarlingはPotなどのワイドボウルでも、かなりのテーパーがかかった火皿形状をしています。
(手元のアップルは口径18mm、底近辺で目算12mm程度です。丁度1対2/3ですね)
ですから吸うにつれ煙の量が少なくなっていきますので、個人的には終盤でも非常にコントロールは容易だと思います。
このアップルは「当たり」という奴なんですが、しばしば底近辺まで燃えすすんだことに気がつかず、そのまま全て灰になって
終了してしまうほどスムーズなパイプです。お手持ちのFossilはさてどうでしょう。

数回喫煙されて感想が固まったらまたカキコしていただければと思います〜。


あ、YOBのDunhillモデル&グレードのページの、レターシェイプリストを更新しました。
レターシェイプ・コンプリートを目指すコレクターの方は一読して気が遠くなってください(笑) これでも全部ではないと思います。

513 :774mgさん:2007/01/20(土) 23:45:46 ID:4Fp0th+W
久々オールドイングリッシュ・パイプをレストアしました。
でどうにも出所がわからないパイプがありました。

メーカーはDaleと筆記体でかかれてます。ロゴはシャンクと
ステムの両方にあります。シルバーバンドつきでH、S、M、S
の刻印とロンドンと書かれていて、シャンクの裏側にはMade in
Englandと書かれています。なおシェイプはボウルが前傾の
ダブリンです。

なおこれを手に入れたのはヤフオクで、となると日本で使われ
ていたパイプである可能性もあるので、それほど古いものでは
ないと思いますが、感じでは5,60年代のものである感じがします。

これは想像ですがこのパイプはGBDあたりのセカンドメイドの
感じがします。comoyほどの重厚さはなくGBDあたりのパイプが
持つ喫味も含めどことなく軽い感じがします(悪い意味ではなく)。

だれかDaleというメーカーを知っていたらご教示お願いしたいの
ですが。よろしくお願いします。

ちなみに喫味は普通に美味いです。comoyのダークさはないんで
その意味でもcomoyではないでしょう。キュアリングも特に特殊な
加工をしているわけではなくて、普通にエア・キュアリングしている
ような感じです。以前のパイプをインプレした結果一番近い感じが
するのがGBDなんですが。

あってますでしょうか?

514 :774mgさん:2007/01/21(日) 15:17:17 ID:XSL99azv
すっかりシェル・フリークになってしまった俺が来ましたよ。

本日届いたのは、
56 F/T DUNHILL SHELLBRIAR MADE IN ENGLAND 0(underline) 4(in circle) S
のDunhill Shellbriar 56 F/T (1960)です。
Hermit Farmさんの出品だったのでリーム&バッフィング済み、箱から出してすぐ喫煙可能でしたので
ささっとボウルだけ軽くクリーニングしてシェラックを掛け、今喫っておりますw

自分は最近サンドブラストのベント、それもものすごくスタンダードなベント、というのが激ツボになってしまい、
似たようなものを見つけるとゲットしています。(そもそものスタートはBecker&Musicoのブラストのベントだったんですが。)
シェイプ56はその中でも、ベント・オブ・ベント、ベントといえばDunhill 56、というメッチャクチャスタンダードなベントなので
以前から是非1本もっておきたかったシェイプです。今回のは60年ということで例によっておとなしめのブラストなのですが、
そのシェイプの魅力は最大限に保持されています。というかそういうブツばかり狙ってます。
カタログや写真で見るとスタンダードすぎて「へー」というシェイプなんですが、実物を見ると、
サイズ、ボウル高、シャンクの太さ、ステムの太さ、全てにおいて非常にバランスのとれた実にソリッドなパイプであることが
実感できて、もうたまらんですハァハァ。
comoyの13、Sasieniベント三兄弟などの美しいベント・パイプ群の中心に位置付けられるパイプですね。

味はこの前の67年#127ほど芳醇な感じはありませんが、オールド・シェルのマイルドで深い感じは健在。
香り立ちは抑え目ですけどその分甘さが目立つかな。旨いパイプです。


515 :774mgさん:2007/01/21(日) 22:15:34 ID:fiNhqgL0
>>513 さきほどのオフではどうも。
調べたらDale は Dale Aldrich J & Co. というアメリカのブランドがあったようです。
イングランドと明記されているのなら違うメーカーなんでしょうけど。
残念ながら、GBDの名前のリストにDaleは載ってません。
Duncan's(英)にDalesman というのがあります。



516 :shell-freak:2007/01/21(日) 22:49:20 ID:u3Ux4C6b
>>514
おぉ〜、「シェル・フリークU」の誕生ですか〜?(爆)。
シェル(サンド・ブラスト)は長い間、傷隠しなどの二級品の扱いを受けてきましたので
こうして理解していただける方が増えるのは喜ばしいことですね〜。
特にdunhillの場合は、製作年代によって様々なサンド・ブラストの表情が楽しめるので
それも面白いですね。
おまけに喫味も上々となればなおさらです。
M氏をはじめ、「shell好き」がお仲間に増えているので、私もとってもうれしく思っています。
サイトにアップしたら是非、お知らせ下さいね。


517 :774mgさん:2007/01/22(月) 00:02:15 ID:QqaD9AoF
>515

お疲れ様でした。

>調べたらDale は Dale Aldrich J & Co. というアメリカのブランドがあったようです。
>イングランドと明記されているのなら違うメーカーなんでしょうけど。

確かにEnglandと書かれているんですが、もしかしたらKB&Bの例と
同じでイギリス支社があったということなのかもしれませんね。でも
もし支社があるような会社ならまったくの無名ということもありません
しね。

うーん謎は深まるばかりです。

518 :774mgさん:2007/01/22(月) 13:37:09 ID:PZqSvPvF
>>516
もちろんシェル愛好家というのは今までもたくさんいらっしゃったのでしょうけれど、
シェルの(他に替えがたい)魅力をはっきりと語ったのは、
2ちゃんねるを含めネット上ではS-Fさんが日本では最初だと思います。
Patent Dunhillに見られるようなキャラクターのあるサンドブラストが海外(主にアメリカ)のコレクターの間で
珍重されるということは、知識としては知っていたのですが、実際にフリークとしての生の声を聞かせていただいたのは
自分もS-Fさんからが初めてでした。

自分は今までスムース贔屓だったところもありまして、現在でもシェル・フリーク道の入り口に立ったにすぎず、
とてもU世は名乗れませんが、60年代の比較的大人しいブラストを皮切りに(勿論Dunhillだけでなく、
他のメーカーの魅力的なブラストも含めて)、これからもディープにシェルを追求していきたいと思っています。
近いうちにYOBで、ブラストの魅力を解説するコンテンツも作ろうかと考えています。

今までブラストはレストアで光沢出しが難しいというネックがあったのですが、シェラックの導入でそれも
非常に簡単になりました(スムースをカルナバワックスでハンドフィニッシュするより10倍楽チンです)
コレクティブルなパイプは扱いに気を使うものですが、ブラストなら比較的気軽に持ち出せますし、もうたまりませんねww

小耳にはさんだのですが、今回のオフ回でもS-Fさんの目前には「LBがうなっていた」とのことw
次は自分もDunhillならLBが欲しいんですが、他のメーカーのシェルで欲しいものもあり、悩ましいところです。
Mさんのシェルコレクションも機会がありましたら拝見したいです。そのときには是非127をネチネチ比較したいw

519 :shell-freak:2007/01/22(月) 14:56:23 ID:ryGpv8Jb
>>518
いやいや、お恥ずかしい限りです〜。
もともとの「貧乏性」で比較的安価な「サンド・ブラスト」を買い求めていたのがそもそもの始まりですから。
そして数年前、銀座・菊水の輿石専務さんから、「こんなのがあるよ。」と見せられたのが
patent dunhill shellとの出会いでした。
一目見て、その魅力の虜となった私はそれ以来、あの独特な深いサンド・ブラスト・テクスチャーを追い求めておりました。
そして、やはり数年前、ebayと出合ったのです。
初めて見たebayの興奮を私は忘れることが出来ません。
夢にまで見た、あのpatent dunhill shellがそれこそゴロゴロしているではありませんか・・・。
そしてpatent dunhill以外にも、魅力的なサンド・ブラスト・パイプが多くあることも知りました。
最初の数ヶ月は、それこそ一日10時間位はebayを見ていましたね〜。
そして、エージェントを通しての購入、コレクションが始まりました。
それからしばらくして、2ちゃんねるのパイプ談話スレをROMるようになり、
OB氏が新スレを立ち上げるときもROMしていました。
しばらくROMっている内に、発言したくて「古いダンヒルを集めている者です。」
とカキコしたのが最初でした。

他にも、dunhill好きの方もいらっしゃったでしょうし、現実、私よりも詳しい方はたくさん
いらっしゃるとは思います。
しかし、何よりも「大好き」であることは確かですね〜。
これからも、「サンド・ブラスト」、「シェル」の魅力をより多くの皆さんに
お伝えできればと思っております。

そういえば、以前カキコした「折れたdouble patent shell LB」ですが、
昨日のオフ会時、古参メンバーのにるま氏に引率していただいて
上中里のパイプ・マイスター、佐藤 純雄先生の工房にお持ちしました。
ブライヤーの薄いチューブを作り、ダボ内にインレイしていただくことになりました。
思えば、壊れたままに放置していたのはパイプにとってはとても可哀相なことでした。
今一度、パイプとしての「生命」をマイスターに吹き込んでいただいて、末永く大切に
可愛がって使っていこうと思います。

是非、M氏の127共々、3本の127を見比べてみたいですね〜。




520 :774mgさん:2007/01/22(月) 22:51:13 ID:niOoI5qH
Shell は私も好きでいっぱい持ってましたが、この前オフでS-Fサンにお持ちの Shell の
本数を聞いてビビリました。さすが Shell Freak さんのお名前どおり、私の何倍もの
本数にクリビツ!!足もとにも及びませんw 
自分はちょっとでも気にいらないと手離すほうですし、フレンチパイプ購入の資金とかに
あてて売却し、現在は10数本しかないです。

ところでシェルは外観がブルイエルよりクラッシーである、と考えるのは私だけでしょうか?
タキシードとかモーニング(そんな服は持ってないですが)姿には
ダンヒルではドレス・シリーズがぴったりですが、次に似合うのはシェルでしょう。
ブルイエルだとちょっと野暮ったくなりませんかね?
特にシェルに銀でも巻いてあったら格別ですな。

Gパンから正装まで不思議に合うのが Shell だと思います。
クルマで言ふとシトロエンDSですな。ヒッピーからドゴール大統領
まで似合うところが......。

S−Fさんの「ボヘミアン的」容貌(失礼)にもシェルは似合いますね〜。年季を感じます。

「パイプとファッション」のスレでも立ち上げますかww

さて、今晩久々にページ更新です。 お楽しみに......

521 :shell-freak:2007/01/22(月) 23:29:00 ID:ryGpv8Jb
>>520
どうもです〜!
まあ、本数があれば良いというものでもありませんから・・・。
ebayなどで、気になるものを買い集めていたらそうなったというだけです。
それでも最近は「選んで買う」ようにはしているんです。
一応の物は揃いましたので、これからは「本当に気に入った、良いもの」だけを
集めようかと思っています。

本来、私は自分のパイプを人様にお譲りするタイプでは無かったのですが、
いかんせん、本数が増え過ぎてしまいましたので・・・。
それぞれ、一本一本のパイプには思い出や思い入れがありますからね〜。
まるで音楽や映画のように、そのパイプを手にすると思い出される風景や人がいたりもします。

確かに「シェル」は応用範囲が広いですね。
普段使いから、セミフォーマル、フォーマルまで・・・。
タキシードには光沢のあるドレス・パイプが正式でしょうが
黒いサンド・ブラストなら代用可能と何かの本で見たことがあります。

「パイプとファッション」ですね・・・。
これは、語るとエラク長文になりそうですので、またの機会にでも・・・(笑)。

ページ更新、楽しみにしております〜w。



522 :774mgさん:2007/01/23(火) 01:38:05 ID:20QQgZVX
レトルトセットの発送先がWorldwideになってた。

523 :774mgさん:2007/01/23(火) 04:56:03 ID:Cn8NeN6J
>>519
以前、角純さんをオススメしたときは、頑なに・・・www

オイラはオリジナルの複雑なインレイ・刻印を必要としないなら、
海外の職人より、角純さんのほうが腕が上だと思います。


524 :774mgさん:2007/01/23(火) 12:35:06 ID:uKRJ0TtA
>>519
あ、あのLB、修理の目処が立ちましたか。
佐藤純雄さんは、日本に於けるDunhillのオフィシャルリペアラーの立場におられるそうで、
(まあ日本の喫煙具店でパイプリペアを頼むと大半が彼のところに回るらしいですが)
Dunhillのリペアではホワイトスポットなどの材料もダンヒル本社から送られてくるそうです。(にるまさん情報)
パイプと同じくリペアのスキルも素晴らしいそうなので、安心してお任せできますね。
しかしブライヤーチューブを別途製作してのインレイとは、凄いハイスキルなリペアで全く驚きです。
銀巻も悪くないのですが、シェルオリジナルのソリッドな印象を保持したままで直るなら本当に嬉しいですね。

S-Fさんが初めてOBスレにカキコしたときのことは、昨日のことのように覚えています(笑)
そういえば謎の「NR」刻印のDunhillをお持ちの方もいらっしゃいましたよね。
あれはやっぱりレターシェイプの一種だったんだろうか…。

>>520
今回も記事のほう、興味深く拝見させていただきました。
自分は逆にBruyereとTanshellからDunhillに入ったので、Shellbriarの豊穣感にビックリした感じです。

文中、アルジェリアンとイタリアンとはどちらが格上だったのか?という記述がありますが、
一般的にアルジェリアンは(現在の珍重のされかたとは裏腹に)一段下と看做されていた節があります。
DunhillもBruyereにはカラブリアン(Tanshellはサルジニアン)を70年代までメインで使用していたそうですが、
アルジェリアンは木質がイタリアンブライヤーに比べて柔らかいとされ、その分強度が必要なスムースパイプの材料としては
少々劣るところがあったのではないかと想像しています。逆にその柔らかさ故にブラストのかかりがよく、
初期shellbriarのクラッギーなテクスチャを生み出すことになったのでしょう。

アルフレッド・ダンヒルがブライヤ産地によってパイプの外見が異なってくることに意識的であったことに
疑いの余地はありませんが、産地による味の違いにまで気がついていたのかどうかは、
そういった記述に当たったことがないのでちょっと分かりません。
確かDunhillはフランス国内産ブライヤーを二級品と看做し、自社の製品には
(サンクロードでターニングされたボウルを購入していたとしても)使用しなかったとも言われています。
こういった外見・喫味を問わず、フィニッシュによって最適な材料の産地までをマッチングするような細かいこだわりは、
Dunhill特有のものだったのではないかと思っています。

そういえば、校長先生はTanshellの喫煙特性・キャラクターについてはShellやBryuereと比較してどのようにお考えなんでしょうか。

525 :774mgさん:2007/01/23(火) 14:23:47 ID:OIWKKGIe
>>524
Tanshellは語るほど吸ってなく、2〜3本持っていたことがあるだけです。ウチのページでも59年を
一本紹介してますが、あれも含めて現在一本も持ってません。みな60年前後のものでしたが、
タンシェルに限らず、この59〜64年あたりというのはハズれが多いような気がしてます。
持っていたタンシェルはみなこの期間のもので(もう一本64年も紹介してます)、
どれもイマイチだったんです。タンシェルがイマイチなのか、この期間だから駄目なのか
断言できませんが、まああの色があまり好きではないので、その後買ってないのです。

つまり、タンシェルについては語れないのですが、あえて言えば、shell ほどの
甘みがないような気がしました。最後にタンシェルを吸って1年以上たっているので
よく憶えていないのです。 まあ、目隠しテストをしてもShellかTanshellかは
ほとんど判別できない程似てはいたように思います。

70年代からのRed Barkを集めた時期がありましたが、これは駄目でした。
やはり70年以降になると木が駄目ですね。(あとマウスピースの穴が段違い
にあいていて、バリが残っていたり、とRedBarkにはずいぶん裏切られました。)
ダンヒルがなにか新しいシリーズを出すのは、ブライヤ産地を変えたときの
ような気がしますね。Red Barkなんかはどうなんでしょうね?

そういえばShellはS、RootはR、TanshellはT、というモデルコード、Bruyere
はAなのはAlgelian のAだったと記憶してますが、どうでしたっけ?

話を戻せば、Tanshellは55年頃の最初期のものを吸うまではなんとも言えない
です。 SーFさん、パテントのタンシェルお持ちじゃなかったでしたっけ?
一度味見してみたいです。

こういう突っ込んだ質問されると馬脚をあらわしますな(汗)自分はダンヒル道
はまだまだだと思ってます(笑)

S−Fさんのタンシェル評もお聞きしたいですね(ニゲル)

526 :shell-freak:2007/01/23(火) 14:41:23 ID:h5J5x7an
>>523
あー、そんなことがあったかもしれません。
大変失礼いたしました。
おそらくは、あのパイプを壊して間もなく、「例えいくらかかろうとも、ロンドンに里帰りさせて、立派なパイプに再生させてやらなくては」
と思い込んでいた頃のことだと思います。
しかし、冷静になって考えてみると、刻印はクッキリ、ハッキリですし、金巻き、銀巻きにするには
惜しい気がしてきてしまいました。
そこに、丁度、古参オフ会メンバーのにるま氏からお声が掛かったので、渡りに船とばかりに
飛び乗ってしまった次第です。
元より、他意はございませんのでご容赦下さいませ。

>>524
いやはや、お恥ずかしい次第です〜。
最初は書き込みのルールさえも知らずに(今でもほとんど知りませんが)ageてばかりいて
OB氏に「図解」までしていただいた覚えがあります(笑)。
それらが元でイジメられそうになった時にも、OB氏にはよく助けていただいたものです(涙)。
その節は、どうもありがとうございました。
あのご恩は一生わすれませぬゥゥゥ・・・(爆)w。

あー、そうですね〜。
私は元来が「ズボラ」ですのでtanshellの喫煙特性については深く考えたことはありません。
ただただ「ウマ〜」とかいいながら喫っているだけでしたね〜。
確かにブライヤーの産地によって喫味が違うようですので、違いがあるのかもしれません。
校長先生のご見解を伺ってみたいですね〜。








527 :774mgさん:2007/01/23(火) 14:58:11 ID:2QemErBS
ようやく喉の調子が戻って来ました。
風邪気味で全く体調が優れません。

>>525
レポ、拝読させて頂きました。
結局日曜日はいらっしゃったのですね?自分が先に帰ってしまったもので
お会い出来ずに残念でした…。KBBのパイプ、興味深く拝見しております。
自分もKBBを少し集めておりますので、機会を作って一度お話したいと思っております。
何卒ひとつ宜しくお願い致します。

>>526
オフスレに書いてあった古いkaywoodieって自分の持ってたやつですかね?
それとも他の人のかな?
30年代以前のkaywoodieとかKBBは流石にあんまり見ません。
月に1本あるかないかと言う感じです。上記のレポを読むとどうも最近ebayに出てるものは
全部日本人bidderが買っていたみたいで驚いてますww世の中狭い。。

528 :774mgさん:2007/01/23(火) 15:19:14 ID:uKRJ0TtA
自分の手持ちのTanshellは54年のPatentモノなのですが、
最初吸った時は随分と抑制された大人しい味のパイプだなと感じました。
その後のBruyereがまた、煙草の輪郭をハッキリと出すのですがこれも端正な味わいのパイプで、
shellを吸うまで自分のDunhill評はこういった方向で固まってしまっていました。
(なので当初S-Fさんとだいぶ話が食い違っていたと思いますw)

Dunhillが、我々がここで想像しているように、フィニッシュ毎での味わいの違いをプロデュースしていた
メーカーだとすると、TanshellにもTanshellの楽しみ方があるのではないかと思い質問させていただいたのですが、
校長先生もかなりのシェル・フリークであることが判明しましたね(笑)
Tanshellの見た目はそれほど嫌いではないので、いい出物があったらボチボチ試していこうかなと思っています。

手持ちのshellも67年の127が凄い当たりで、60年代後半が素晴らしいというのは納得できます。
といっても60年の56、61年のK共も、やや大人しい感じの味ですが個人的には非常に旨いパイプだと思っています。
まあ初心者の吸い方で、といった但し書きが付きますが。

Hackerの本によると、
BruyereのフィニッシュコードAは、当初Dunhillのパイプは全て(当時はBruyereしかありませんでしたから)
Aグレードのブライヤーを使用していたことを示すAだということです。
個人的にはRed Barkは見た目はかなり好きなのですが、やはり70年代の製品ということでちょっと腰が引けてしまうのが
残念です。いつか置物としてでもいいので1本手に入れてみたいですね。

>>526
かなりの間ずっとあがりっぱなしだった記憶がありますねwww
あの当時Dunhillは隔離スレがあったのでスレの対象範囲には含めませんでしたが、
S-Fさんが話に加わってくださったおかげで、それまでフラストレーションが溜まっていたDunhill好きの方が何人か
スレに参加していただけて、それでスレ初期の活気のベースみたいなものができたんだと思っています。

529 :shell-freak:2007/01/23(火) 20:31:47 ID:h5J5x7an
>>527
先日は体調が優れない中、お疲れ様でした〜。
実は私も校長先生がお見えになるというのは直前まで知らなかったのです。
日曜日は学校があることは知っていましたし、時間が重なっていましたので・・・。
古いkaywoodieは、先生がご持参された物です。
本当に小さなボウルの、シャンクの長いスムース仕上げのパイプでしたが
かわいい外見に似つかわしくない、素晴らしく美味いパイプでしたね〜。
あれは、先生のサイトにあるパイプだったのでしょうか?
次回オフ会にでも、直接お会いしてアーリー・アメリカンの話題に花を咲かせて下さいませ。
外見や肩書きよりは、ずっ〜と親しみ易い、パイプ好きの「ナイス・ガイ」ですから(笑)。

>>525
スレが前後してしまったようですが、現在、例のpatent tanshell 127で「利き」ながら
常喫のLARSEN FLAKE CUTを焚いております。
意識して、通常のshellとの違いを私なりにレポしてみたいと思います。

まず、第一印象は当然ながら「美味い」です。
キュアリング由来と思われる独特の「香味」が甘みを伴って鼻腔の奥で感じられます。
しかし、これは非常に「硬く」、sasieniのように鼻腔全体に広がるような感じではありません。
これをもって、まず「抑制的」と表現することは十分に可能だと思います。
通常のshellですと、この感じがより「幅広く」感じられますが、sasieniのそれとは性格を異にします。
sasieniの場合ですと、全音域を豊かに表現しますが、shellの場合は限定的です。
そして、tanshellの場合は更に音域は狭まるような印象があります。
それと同時に、香りの「厚み」も薄くなる印象があります。
しかし、それは喫味の貧相化を意味するものではありません。
ある一定の音域に関してははっきりとした「輪郭」と「奥行き」を印象づけます。
今回のFLAKE CUTでいえば上質なバージニアの甘さ、そして旨みは非常にはっきりと表現します。
よく謂われる処の「周波数の上と下をバッサリと切り捨てた」という表現はこの感じでしょうか。
そしてこれもよく謂われる処の「抑制的」の意味は「幅」と「厚み」の両面で重層的に理解されるべきかもしれません。

いずれにしても、今回、意識的に「利いて」みた結果、shellとtanshellには
同一メーカー故、当然似通ってはいるものの、明らかに異なるレンダリング特性が存在する
可能性を感じました。
これが、原料であるブライヤーの産地の違いによるものか、工程の差異によるものかは
今後の研究の成果を待たざるを得ませんが・・・。
さらにベテラン諸氏の印象など、お聞かせいただければ幸いです。




530 :774mgさん:2007/01/23(火) 23:04:34 ID:ZloTdDvD
>>529
あのケイウーディはウチのページで紹介してる1917(?)年ものです。
まさしく驚異的な味で、これがアメリカン・パイプにのめり込むきっかけになりました。
スティンガー付きも良いですが、今回の更新でも紹介しているように
1910年代くらいまでくるとカウフマンにハズれはほとんどない、と言って良いです。
特にああいった極小ボウルだとスゴさが際立つ気がします。シェイプ#4200です。

SFさんのタンシェル評、さすがに興味深いです。Bruyereに凝ろうか、
というときに、古いタンシェルも吸ってみたくなる・・・
ダンヒルはやっぱりヤバいですねw
サシエニあたりだとシェイプやサイズの差、スムースかラスティックかの差
くらいで済むんでしょうが・・・

今度、ジョン・ローリング氏からダンヒルを一本買ってみようかな、
と思ってます。一度「お客さん」になればいろいろ質問にも答えて
くれるでしょうし。なにせハッカー本のダンヒルのページ、「ここが間違い」
リストをアップするくらいの人ですから知識は一番でしょう。

どなたかローリングのダンヒル本読みましたか?
自分は事細かな歴史にはさほど興味がなく、まだ買ってないんですが。

ところで今朝コモイと思われる Sunrise というパイプを格安で落札、
コモイ博士にお尋ねしたいのはこれはコモイだとすると、いつの、
どのくらいのグレードのものなんですかね?

531 :電波男マイヤー:2007/01/23(火) 23:21:41 ID:kCH0jCad
SHELLさんが関心を持ってるのはトリニティのページに出てるやつで
チャーチワインディんグを作りなをしたやつです、そのためボウルが小ぶりなんです
校長いきなりこれうまいですーよーだって。

ステムの作りが少々イメージと違ってもう少し太めにしたかったみたいです。
あれはウディのなかでも少々抜きん出てますよ。

シンクロじゃないし。

こんど、トリニティのぺージたぶんコモイかカウフマンの6本せっとだとおもううんですが
カウフマン略取しませんか?




532 :電波男マイヤー:2007/01/23(火) 23:29:56 ID:kCH0jCad
なんだ重複しちゃったな、新品のPCでカキコ中なんですがメールの設定が
うまくいかず、すみません至急shellさんと校長にはメールします。

533 :774mgさん:2007/01/23(火) 23:43:13 ID:Zq8xhfXh
>>529
自分もS-FさんのTanshellレポ、興味深く拝読しました。
かなり印象に似通ったところがあり、自分の舌も捨てたもんじゃない?感じがちょこっとだけしますw
やはりshellとTanshallは味的には結構違いがあるのかもしれないですね。
状態の良い60年代後半のKでも出てきたらまた一本逝ってみようかしら。

>>530
Loringさんの本は欲しいんですけどまだ手に入れてません。まだ入手可能なんでしょうかあれ。
1930年代のAbout Smoke等を集めたカタログ・リストなんか非常に興味があります。

ComoyセカンドのSunriseは自分が確認しているかぎり、2カテゴリーがあります。

よくebayで遭遇する一般的なのものは、
Etched Grain(ブラスト?)
Amber Grain(ダークナチュラル)
Tawny Grain(ナチュラル)
という三つのサブグレードがある、Vintage BriarとFRANCEの刻印があるシリーズです。
これは「100年以上の樹齢のビンテージ・ブライヤーを使用」との謳い文句で販売されていた
おそらくサンクロードのComoyの施設でターニングされた60〜70年代のセカンドのシリーズです。
自分が持っている個体には埋めやピットがない、かなりクリーンなブライヤーなのもちょっと謎です。
謳い文句の割には、当時非常に安価(Everymanよりも安い!)に販売されていたので、
ひょっとするとサンクロードでの余剰品かなにかを安価に販売する販路としての役割を担ったシリーズ
かもしれないと疑っています。
どれもComoy特有のコントラスト・ステインがオミットされていて、吸い味もComoyにしては軽い部類なので、
オールドストック・ブライヤーを使用して手間がかかる英国でのキュアリング&フィニッシュワークを省略した
シリーズの可能性もあります。(このあたりはもちろん想像ですが。)

もうひとつは、円形MADE IN ENGLANDのスタンプがある、
SUNRISE NATURALというシリーズで、これは40年代〜50年代のComoyセカンドだと思います。
詳細は持っていないので不明ですが、写真などで見る限りかなりボウルクオリティは高そうです。

534 :774mgさん:2007/01/24(水) 00:46:31 ID:JRdrpyD+
そう、それ Sunrise Natural です。
今史料を見てたら1930年代からあるみたいですな。
さすがコモイ博士、これからもいろいろ教えてクダサイ。

ローリングの本はたまにe-Bay で出てますな。
だけどダンヒルとはつかず・離れずで行きたいんです。昔ハマって散財したのの
再現はゴメンなんで(笑)特に今興味のあるダンヒルは軒並み$300以上
のものばかり、困ったもんです。

ところで数日前終了した、例のカドガン・GBD本、日本人は誰も入札
してなかったのは淋しい。イタリア人が落としてました。

535 :774mgさん:2007/01/24(水) 09:07:03 ID:T4FPdRyp
Dunhillで盛り上がっている時に非常に恐縮なのですが。。。

Barlingが届きました。
シェイプはCherrywoodでYOBのTVF、サイズはEXEXL。
POSはピリオド無しでした。
ステムのBarlingクロスロゴは残っているものの、Regd.のNo.はほとんどバフアウトしており、
Dの文字と恐らく8と思われる数字の跡がうっすら確認できるかなぁと言った状態です。

刻印はバフでやや薄れており、チャンバーのリムにも若干のラウンドアウトが見られますが、
比較的良好な状態と思います。
ボウルはボトムに向かってほんの少し広がって見えなくもないですが、ハンドターニングとは
思えないほど完璧なシリンドリカルです。ただ、ボトム面がシャンクの延長線に対し、垂直で
はなくちょっと斜めに交差している為、平らな面に置くと右前方にお辞儀をする感じになって
しまいます(ボウル正面から見ると向かって右側の側線が少し長く見える)。
またしてもシェイプNo.無しなのですが、これは#550と比較し、若干シャンクが短いせいかも。

お味の方はまだ、吸ってないので分かりません。
もし機会がありましたらその時にでもレポします。


536 :774mgさん:2007/01/24(水) 09:08:23 ID:T4FPdRyp
すみません。上の書き込みですが、サイズ誤記です。
正しくはEXELでした。

537 :774mgさん:2007/01/24(水) 12:12:53 ID:nl56U+OQ
>>534
名前を挙げたに過ぎないので博士の称号は謹んで返上いたします(笑)
Sunrise Naturalは自分も2本ほどebayで見かけただけなので、よろしければ
お手元に届いたらレポお聞かせ願えればと思います〜。

カドガン本ebayに出てたんですか。ebayでは本までカバーできる検索条件を設定してないので
気がつきませんでした。気がついてたらbidしてたんですが。

確かに、何らかの情報ソースを入手するとそれに従っていっちょうやってみるか!となるのが
人間の性ですねw 自分も今DunhillとBarlingという二大危険カテゴリーに興味があるので、
あまり阿呆な買い物をしないように自戒しようと思います。

>>535
話の流れはアンカーでいくらでも追跡できますので、気になさらずガンガンよろしくお願いします。

というわけでBarling YOW T.V.F ExEL到着オメー!

ずっとSでがんばってたCherrywoodですね。何故売れないのかいつも不思議に思っていましたが
やっと家を見つけられたみたいでよかったよかった。やはりアメリカ人はシェイプナンバーのないPre-Transには
少々腰がひけるのかな。
でも最近自分は刻印を見ずとも、Pre-Trans物は大体判別がつくようになってきました。
これもまごうことなきPre-Transの素晴らしくクラシックなCherrywoodですね。お話をうかがう限り、非常に素晴らしい
工作精度と、それに伴うハンドターニング特有の謹厳な雰囲気のパイプじゃないかと想像します。

Regd Noはやはりクロスほど気を使われることがなく、バフアウトされやすいみたいですね。
このへんもボチボチ、ゆっくりとサンプルを集めていきたいと思っています〜。
味のほうのレポもぜひお聞かせください。

538 :774mgさん:2007/01/24(水) 17:46:39 ID:9kHKRjM8
 Barling と Charatan をこよなく愛している者です。 いつも楽しく、かつ有難く拝見しております。
O.B.さんのBarlingシェイプチャートに出ていないものを所持しておりましたので、少しでもお役に立てればと思い、書き込みいたします。

    BARLING'S MAKE  Ye OLDE WOOD Special 
        405 T.V.F.
    MADE IN ENGLAND. EL
      REGD 98046   です。
 ボウルはビリヤードとダブリンの中間(ダブリンかもしれません)で、シャンクが楕円になっており、
 全ての文字が上側に描かれております。
 ステムはサドルです。
 
 そろそろCharatanもいろいろ記事が出てきてくれると嬉しいのですが。

539 :774mgさん:2007/01/24(水) 22:42:16 ID:wHFzyiNI
>>538
エンスージアスティックな方のお役に立ててると知って嬉しいかぎりです。
Barling、Specialをお持ちですか。しかもシェイプナンバー付きのSpecialとは珍しいですね。
さらに405 Saddle Dublinはいままで見たことのないシェイプです。
Barlingにももちろんダブリンがあることは知ってはいましたが、いままでワンオフものしか見たことなかったので、
これでシェイプナンバー付きDublinを表に追加することができます。ご協力ありがとうございます。
今まで集まったサンプルによると、Regd 98046の個体にはENGLAND.(ピリオド有)が多いみたいですね。
まだまだ摸索の最中なのでこれからもお気づきの点などございましたらお教えください。

Charatanは、本来このスレでもメイントピックの一つを担うべきメーカーなのですが、
生憎いままでにCharatanの情報を共有して下さる方があまりおられず…ファンは日本にも多いと思うのですが。
もしCharatanに関して色々と書きこみしていただけるのなら、とてもスレ読者の参考になると思うので是非お願いしたいです。
いままで名前があまり挙がっていないからといって、オフトピックであるということは全然ありませんので!
このスレの読者の方々は好奇心旺盛な人が多いので、もしかしたらCharatanブームが巻き起こるかもしれませんよ(笑)

540 :774mgさん:2007/01/24(水) 23:18:58 ID:qUvlszl+
オフ会スレでshellさんと校長先生の声を公開しました。
興味があればどうぞ。

541 :774mgさん:2007/01/25(木) 00:18:10 ID:9Qkm+VLJ
>>540
収録お疲れ様でした。非常に楽しめました。
インタビューアーのでゑ氏が非常に司会が上手くて詰まるところがないのは素晴らしいです。
校長先生、S-Fさんともに大変興味深いお話で、オフ会の雰囲気も十分伝わってきますね。
しかし、このインタビューではなんといっても、

・S-Fさんのど忘れ炸裂

がハイライトですなww

542 :774mgさん:2007/01/25(木) 01:26:47 ID:Kesvp1BC
>>540 自分の声ってマヌケに聞こえるもんですなw
インタヴューアさん、お疲れ様でした。

コレ、欲しいんですが、Paypal なし、国外発送もなしで駄目(涙)
h ttp://cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&ih=020&sspagename=STRK%3AMEWA%3AIT&viewitem=&item=300073106650&rd=1&rd=1

19世紀パリ製、だと思います。

>>537
あの本は GBD Pipe の項目で出てました。
h ttp://cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&ih=013&sspagename=STRK%3AMEWA%3AIT&viewitem=&item=230076595517&rd=1&rd=1
ご興味あればいつでもお貸ししますよ。
ついでに翻訳・要約の続きもやってクダサイ(笑)

自分はAmazon UK まで行って見つけました。根気よく探せばまた出ると思います。

543 :shell-freak:2007/01/25(木) 01:40:48 ID:/R7m+2pD
>>541
いや〜、そうなんですよ〜。
あの時は、何か「ボ〜ッ」っとしていて、録音される緊張感が全く無かったんですね〜。
お恥ずかしい限りです〜。

>>538
>>539
Charatanですか〜!
実は私も何本か「サンド・ブラスト」を所有してはいるのですが・・・。
Charatanは概して大振りなものが多いような気がします。
そして、free handというシリーズがあることから分かるようにデザインが多彩ですね。
そこがCharatanの魅力でもあるのですが、逆に好き嫌いが出る処かもしれません。
さらに、ebayあたりでも結構「お安くない」!!です。
このあたりが、Charatanが今ひとつ「一般受け」しない理由かもしれません。
しかし、実際に手にしてみると、その男性的で個性的なシェイプは非常に魅力的です。
喫味は「ズボラ」なのであんまり意識して喫ったことはありませんが、本来、もっと評価されて
然るべきブランドだとは思います。
近い内に喫味の「レポ」してみます。



544 :774mgさん:2007/01/25(木) 02:32:20 ID:RhEnpQB0
>>539 エンスージアスティックなんてとんでもありません。 
 喫煙暦は結構長いのですが、吸い味の違いなど分からなく、皆さんの書き込みを読んで、勉強させてもらっております。
 すみません、嘘ついてしまいました。 そういえばBarlingのダブリンも持っていた、と思い、出してみましたら、
#405とは全く違っておりました。 #405はほぼビリアードでした(ただ普通のビリアードよりもずん胴とでもいうのでしょうか)。
  ダブリンの方は
    BARLING'S MAKE  Ye OLDE WOOD
      520  T.V.F.
    MADE IN ENGLAND. EL  でREGD No.は消えております。

>>543 本当に好き嫌いのハッキリでるデザインですね!  私は大きめのものが好きなので、Charatanは最高なのです。 BarlingですとEXEXELサイズのものは高くて…。
最も、仰るとおり、Charatanも高いもので、殆どが SPECIALグレードのものしか購入できておりません。
また、Comoyのような繊細なビットではないので、こちらでは受け入れにくいのかなぁ、と考えておりました。
喫味のレポート、心より楽しみにお待ちしております。

545 :774mgさん:2007/01/25(木) 05:18:22 ID:eE90WLNM
>541

>インタビューアーのでゑ氏が非常に司会が
>上手くて詰まるところがないのは素晴らしいです。

いやお恥ずかしい。

>しかし、このインタビューではなんといっても、
>・S-Fさんのど忘れ炸裂
>がハイライトですなww

ど忘れは毎度誰かがあるんですよw。あまりに酷い物は
こちらで編集してしまいますが、SーFさんのはその後の
流れ等で編集せずにあえてそのままにしました。

実は自分も結構ド忘れするんですけどね(^^;
まあ編集者の強みでそれはそれということでw。

今回一番ウケたのは実はS-Fさんではなくてマイヤー
さんがかんで「試行錯誤」というところを「試行呉作」と
いったのが個人的には最高ですw。実に愛すべき
親父さんですよw。

546 :774mgさん:2007/01/25(木) 05:23:14 ID:eE90WLNM
あ、もうひとつ。

実はオフ会の常連さんはみんな話が上手くて座持ちが
いいんですよ。

言うべきところはきちんと話をしてくれてこちらが言うところは
皆さんスッと話を引いてくれる。なかなか皆さんクレバーというか
こちらも話を繋ぎやすいように適度に話題も提供してくれるんですね。
だから会話で困ることはありませんね。

この場で皆さんに感謝の意をささげます。
ありがとうございます。

547 :電波男マイヤー:2007/01/25(木) 12:58:06 ID:MJ4W8zvg
>>545
ご苦労さんス、ウーン、おちょこちょいな性格よく出て赤面もんだな。
他人のはおもろいが自分の聞くのはちょっとね。

褒め殺し禁止だぜ。

548 :774mgさん:2007/01/26(金) 05:14:55 ID:PPQyk2Fv
>>544
ちと遅レスですが。。。

BarlingにCharatanですか。良いですねぇ〜。私も最近Barlingに嵌ってしまってます。
>>544さんはたくさん、Barlingをお持ちになっていそうで、ちょっと羨ましいです。
もしかして、ストレートグレインとかもお持ちだったりして?

Charatanですけど、こちらではあまり話題にならないですね。実は気になっているので、
折に触れて「Charatanはどう?」って書き込みしてるんですけど、ほとんど反応が返っ
てこないです。
是非、>>544さんにCharatan語って欲しいです。グレードによる外観上の違いとか、豪放
なフリーハンドの魅力とか。
よろしくお願いします。

549 :774mgさん:2007/01/27(土) 00:02:18 ID:RInaKvLw
Charatanについて否定的な見解を述べると
DCマウスピースは決してcomfortableではない。

550 :774mgさん:2007/01/27(土) 03:58:24 ID:KGU3FbAs
>>548 悩みました。 改めてCharatanの魅力を考えてみますと…。 
 私は、タフさをまずあげたいと思います。 ボウルが厚い為、銜えっぱなしでもあまり気にしなくて済みますし、
549さんの書かれているComfortableではないDCマウスピースも、タフといえるのではないでしょうか。 
全体的に大きいボウルといい、アメリカ人が好むのも理解できます。
 次に、他のブランドに比べフリーハンドが多く、一本一本の個性が大きいと言えるのではないでしょうか。 
正にComoyとは全て反対の立場にあるブランドのように感じます。
 ストレスなく常に安定した吸い込みですし、(私もComoyは心から素晴らしい!と思いつつ)あまり気兼ねせずに
使えるCharatanに愛着を感じます。

 Charatan繋がりで、Upshallも好きなのですが、持っているものを比べた限りでは、Charatanの方に軍配を上げたいと思います。

 Barlingのストレート・グレインは持ってはいるのですが、残念ながらあまり良いものではありません。  その点、O.B.さんの目利きは素晴らしいですね。
 

551 :774mgさん:2007/01/27(土) 15:02:18 ID:Ml4Tv4Kl
Charatanについてちょっと。

・以前談話スレでざっとCharatanの歴史について書いてくれた方のカキコを、スレNo.1に転載してあります。
ttp://invalide.client.jp/pipe/thread01.html
の395番です。
・Charatanのクラシックシェイプ・リストをYOBのCharatanページに追加しておきました。
まだ不完全ですのでebayなどを見ながら随時充実させていくつもりです。

Double Comfort bitは結構不評を聞くのですが(笑)個人的にはCharatanのフリーハンド・シェイプによく似合っていて、
いかにも異形、いかにも豪放、といったCharatanのキャラクターをより一層明確にする役に立っていると思います。

ただ個人的には、これぞCharatan!といったフリーハンドシェイプに逝く前に、Charatanの作っていた
クラシックシェイプに興味があります。クラシックシェイプといっても、どれもCharatan独自の味付けが非常に色濃く
出ていて、一目でCharatanと分かるシェイプも多いですね。
61 Huntsman、84 The Ton、73 Salisburyなんかは是非そのうち手に入れたいです。
それとS-Fさんも触れていましたが、Lane era charatanの、Relief Grainグレードのサンドブラストは何気にカッコイイ
ブラストが多いです。どうやらDunhillに対抗?するためか、Charatanは一度カービングしてからブラストを掛けていたみたいですが、
タンシェルとダークの2色があり、クラッギーなテクスチャを持ったパイプを見かけます。
販売当時の価格ではBeldevereより高価だったにもかかわらず、現在では比較的安価に手に入るのもポイントが高いです。

552 :774mgさん:2007/01/27(土) 16:51:31 ID:YcKM3FcK
Loeweに関する資料の共有です。

最近ebayで落とした箱付unsmoked Redcar(mojo氏スマソ)ですが、箱の上に以下のような記述を確認。

L&Co
LOEWE'S FAMOUS PIPE
-------------
BY APPOINTMENT TO
(Coat of arms)
H.M. THE KING OF SPAIN
-------------
MANUFACTURED BY
LOEWE & Co LTD
LONDON.―W.

箱と本体のみのアイテムです。箱は絹目のエンボス紙による仕上げで、とりわけ高級感もなくある意味質素です。
箱書きを読んでみますと「By Appointment(ご用達)」という銘の使用と「王家の紋章」の表示があることから、
Loewe&Companyは過去にSpanish Royal Warrant Holder(スペイン王室ご用達ブランド)であったという事実が明かされます。

気になる年代ですが、本体の状態(エボ焼け皆無、ボウル側面の紙による床擦れ)や、仕様(オリフィックボタン)、
あと箱にあるCoat of arms(1761-1931に使用されていた紋章)等々から推し量っておそらく1920年代以前、
ちょうどDunhillが英国王室御用達ロイヤルワラント受賞を果たした時代の話ではないかと見ております。

553 :774mgさん:2007/01/27(土) 18:29:15 ID:paHwRWrj
>>552
到着オメー!
レポ乙です。
あなたの様な方がLoeweに興味を持っていただけると、こちらも心強いです。

タウンネームの入った初期のLoeweですね。
やはりオリフィックボタンでしたか!
丸いプリッとしたボタンを見て、「これは!古い!」と思い私も参加しておりました。
現在も中古のRedcarが出ておりますが、ステムの長さがあきらかに違いますね?
これも興味深いです。

「スペイン王室ご用達」このような記述は、箱が無いと分からないですね。
今までにアンスモークLoeweは2,3本出ておりましたが、そのほとんどが赤い箱でしたので、そのベージュのエンボス紙の箱はかなり珍しいと思います。
(もしくはかなり古いのかもしれません。)

エボ焼けもないし、濃いルーセットカラーも残っているようですし、
アンスモークの中でも、すばらしい状態のようです。ウラヤマシス!

554 :774mgさん:2007/01/27(土) 19:58:32 ID:IuqFDauP
トリニティーのペイジ更新、凄いカウフマンが出ています。


555 :774mgさん:2007/01/27(土) 21:00:02 ID:YcKM3FcK
>>553
歓迎頂き、ありがとうございます。
戦前のLoeweは噂に違わぬ素晴らしいパイプですね。
こちらのRedcarはGroup3ほどのボウルをもつ163mmのLong Stemmed Billiardです。
慎ましげなボウルサイズ、ほどよく重厚なシャンク、そこからスモーカー目がけて勢い良く伸びるテーパービット、
止めのダブルコントラストステイン、全てが絶妙のバランスで融合しており見ていて飽きることがありません。
火入れはまだしてませんが、チョイと摘んで軽く肘を曲げるとスッと口元にビットがくるという、
道具としてみても個人的には理想のシェイプでもあります。

ですので今慌てて似たようなサイズのパイプを探してます(笑)

556 :774mgさん:2007/01/27(土) 21:33:55 ID:YcKM3FcK
補足。
>ですので今慌てて似たようなサイズのパイプを探してます(笑)
これは、出来れば火入れしたくないという意味合いでの発言です。
このスレの方々にはご理解頂けるかと…

流れブタギリ失礼いたしました。
Charatanの話題、続けて下さーい。

557 :774mgさん:2007/01/27(土) 23:29:49 ID:RInaKvLw
オレはパイプがすべてだと思っている。
どこぞの王族の御用達だろうが、包装箱が他と違ってようが
刻印にドットが入っていようがいまいが
そんなこたぁどーでもいいのよ。
てなわけで、このスレも草臥れた。

558 :774mgさん:2007/01/28(日) 01:11:05 ID:qb4Cv/2C
それもこれも全て含めてのパイプなわけだが…。
オマイ一人がパイプの王道を行っていると思うな!

559 :774mgさん:2007/01/28(日) 07:12:57 ID:GtfNdks6
このスレであがる話題の全てに参加しようとすれば当然草臥れますよ。
自分にとって興味ない話題は「そんなこたぁどーでもいいのよ」とスルーするのもアリだと思います。
自分は、上でLoeweについてほんの少しカキいたしましたが、
このスレは指を銜えて見てることのほうが多いです。でも苦じゃないです。
パイプが大好きなんで!

560 :774mgさん:2007/01/28(日) 11:41:36 ID:3US264iX
私の場合メインは作家物なのですが、OBにはコレクションする楽しみがあるので
eBayやEstate shopで購入した物をミニカー感覚で棚に並べて楽しんでいます。
人それぞれの楽しみ方が有るって事で良いのではないでしょうか。

561 :774mgさん:2007/01/28(日) 19:32:30 ID:wI0cYqKB
>>555
Long stemmed billiardとしては、Comoyの206番なんかもいいですよ。
158mmぐらいでお探しのモノよりちょっと短いですけど、グループ3で、これも
「チョイと摘んで軽く肘を曲げるとスッと口元にビットがくる」パイプです。

不思議に、このLong stemmed billiardの使い勝手って、同レングスのCanadianでは出ないんですよね。
シェイプというものの奥深さを感じます。

562 :774mgさん:2007/01/28(日) 23:37:53 ID:rp+i7yDC
このスレの住人ってかなり歳行ってる人と若輩とが混在してる気がするんだが
差し支えなければHow old are you?に答えてくれるかな。
私は48歳ね。

563 :774mgさん:2007/01/28(日) 23:46:36 ID:wI0cYqKB
35歳でつ。

564 :774mgさん:2007/01/28(日) 23:54:26 ID:6HlxjLaD
じき37歳

565 :774mgさん:2007/01/28(日) 23:56:28 ID:UHKDPiC0
36歳でつ。

566 :774mgさん:2007/01/29(月) 00:10:05 ID:TeANbXQv
30歳になっちゃいました

567 :774mgさん:2007/01/29(月) 00:22:28 ID:uYfCOx/T
53歳だったりして

568 :774mgさん:2007/01/29(月) 00:25:29 ID:KC/8n3G9
私は29歳です。リアルな知り合いでパイプスモーカーは私だけです orz

569 :shell-freak:2007/01/29(月) 00:27:57 ID:c+YKB6Iu
>>562とほぼ同じ。

570 :774mgさん:2007/01/29(月) 01:04:21 ID:eXt5VCpa
36です^^。

571 :774mgさん:2007/01/29(月) 01:26:13 ID:5LwfSxxT
35歳、91`w

572 :774mgさん:2007/01/29(月) 05:09:35 ID:4tLT/wRY
40歳ですが何か?

573 :電波男マイヤー:2007/01/29(月) 06:14:55 ID:VRR4hZ0G
56歳今のところ最年長

574 :774mgさん:2007/01/29(月) 07:07:48 ID:6FYSzkUv
>>561
お挙げいただいたComoy'sの206番、早速脳内リストの最上部に入れさせてもらいます。
しかし色々眺めてますと、カッコイイパイプの何と多いこと。
次にどのパイプを手にしてるかなど自分でも予想がつかなくなってきますた。

575 :774mgさん:2007/01/29(月) 09:51:58 ID:EKLDCQOe
35、年男です

576 :774mgさん:2007/01/29(月) 11:08:54 ID:ex1t58LC
奇遇だなあ、>>567とおんなじ。


577 :774mgさん:2007/01/29(月) 13:03:35 ID:d9lzfQId
48だっけ、最近ボケてきた

578 :774mgさん:2007/01/29(月) 15:30:09 ID:iRB3mRiQ
48歳多いねぇ! ワタクシも・・・・

579 :774mgさん:2007/01/29(月) 16:32:22 ID:813xfhTj
やけに亥年多いな・・・

580 :774mgさん:2007/01/29(月) 16:36:29 ID:ZqcGcNdN
もうすぐ46

581 :774mgさん:2007/01/29(月) 17:13:33 ID:nyLcuac3
現在の集計結果

Pre-Transition era (〜1965) 8本
Transition era (1966〜1975) 7本
Post-Transition era (1976〜) 2本

貴重なサンプルの情報、ありがとうございます。

582 :774mgさん:2007/01/29(月) 17:44:34 ID:/pKnylhl
流れが止まったので書き込みします。
アメリカ向けのmoney orderの料金/送付方法に改訂があった様子です。

07年1月からアメリカ宛は、郵便局で発行した為替証書を自分で送らないと
いけなくなったそうです(マンドクセ)
なので今まで郵便局で直接送ってもらうと送金手数料は2500円でしたが、
これが2000円となり、もらった為替証書をEMSの封筒に入れ、自分でラベルを
書いて送らないといけないです。
送料は通常1200円だと思います。なのでアメリカ宛は手数料込みで3200円と
なります。ますます不便!!ますますお高く!!あなたの街の郵便局!!(嘘)

詳しくはこちらのHPをご覧下さい
ttp://www.yu-cho.japanpost.jp/s0000000/ssk20200.htm

そんな感じで記載事項修正用件でした。。

#小さい郵便局でmo送ったりすると直ぐに顔覚えられるから何か恥ずかしいね。

パイプの事とか元気があったらまた書きますわ。

583 :774mgさん:2007/01/29(月) 17:53:19 ID:lM+ggF6x
>>582
何故にEMS?
書留航空便で送れば500円もかからないはずだが。

つか、先方に「キャッシュでも良いか」って聞いてOKだったら
キャッシュを書留航空便ってのが一番安上がりだと思うけど。

584 :774mgさん:2007/01/29(月) 17:57:52 ID:/pKnylhl
>>583
その場で封筒を持ってなかったですし
郵便局の人もEMSを奨めてましたので素直にそれに従いました。

キャッシュで送る、ですか。
当然ドルですよね?日本円送っちゃまずいですもんね。
何か機会があったら今度相手方に聞いてみますわ。情報ありがとうございます。

585 :774mgさん:2007/01/29(月) 18:22:14 ID:lM+ggF6x
最近はカード払いOKの店がほとんどだし、PayPalもあるから、
キャッシュ書留送付ってのはやらなくなったが、以前はよくやりましたよ。
当然相手国の通貨を送るから、米国・カナダなら米ドル、英国ならポンド。
銀行ないし郵便局で必要な外貨を購入して、しっかりと封筒の外から
わからないような具合に包んで書留航空便で送るだけ。書留料金410円を
航空便送料のほかに払うから、全部で600円くらいですね。

ただし保障がどうなるかは定かでないので、あくまで自己責任で。
それから、くれぐれもコインは同封しないようにw



586 :774mgさん:2007/01/29(月) 20:28:55 ID:nyLcuac3
Free Music Personalがダンヒルまみれに!(笑)
必見です。

587 :shell-freak:2007/01/29(月) 20:53:25 ID:W1EuKUcl
いや〜、いいコレクションですね〜!
「127」は見せていただいたので知ってはいましたが、「LB」までお持ちとは・・・。
何より、「ストレート系」と「ベント系」のバランスが良いです。
私のように、「ストレート系オンリー」だと見ていても面白みがありませんな。
これからは少し、「ベント系」にも手を出してみようかと思案中。
とっても勉強になりました。

ここの処、少し「鼻風邪」気味ですのでCharatanのレポは少々お待ち下さい。
とりあえずパイプ・ラックをあさってみたら、4本、rane eraのものがありました。
いずれも「サンド・ブラスト」です。
どれでレポしてみようかな・・・。

588 :774mgさん:2007/01/29(月) 21:20:40 ID:/pKnylhl
気分が乗ってきたのでレポ。

英国製のKWDを無事購入!!
今回のは凄いよ。何といってもBBB製(!!)←多分ね

小さい写真でBBBのダイヤモンドロゴが確認出来たので漢らしくスナイプしたんですが(笑)
終了間際の阿鼻叫喚の連続Bidは流石に驚きましたww
何とか勝ち抜いたので良かったと胸を撫で下ろす次第。お兄ちゃん!!俺やったよ!!俺やったよ!!

ところでBBBのDatingってYOBにも書いて無いんですね。過去ログに一回出た気はするんだけど。
スタンプから年代判別とかする方法とかありますでしょうか?
現物が届いてないので急ぎません。情報をお待ちしておりますのよ。

589 :774mgさん:2007/01/29(月) 23:00:32 ID:1e0hYzRb
>>583

EMSはトラッキングが出来るので安心感があります。
現金を入れるのは、国内郵便でもそうですが、私はちと怖いです。

590 :774mgさん:2007/01/29(月) 23:28:30 ID:lM+ggF6x
1万円程度送金する手数料に3000円払うか500円払うか考えたら
答えは自ずと明らかでしょ。送金する金額が5万円を超えると
私もちょっと悩みますけどね。

591 :774mgさん:2007/01/30(火) 05:22:02 ID:XmUe8U3z
>586-587

shellさんに負けず劣らずのコレクションですなあ。
あれだけdunhillのシェルがそろうと壮観です。


592 :774mgさん:2007/01/30(火) 06:37:27 ID:qlPxNT42
校長またまたやりました。

593 :774mgさん:2007/01/30(火) 07:47:25 ID:2eRh3j8Y
>>586
眼福もののshellコレクションですね。
レターシェイプ・コレクションは自分も一瞬やろうかと考えたことがあるのですが、
すっかり先をこされてしまった模様w なのであとはお任せします〜。
比較的入手しやすいFET、O、R、LBSあたりは速攻で入手していただきたいところ(笑)

でも比べてみると、127とLBって結構形が違うんですね。127はバレルタイプのボウルだけど、
LBは通常タイプのシリンドリカル・ボウルですね。ともあれ、詳細なディティールのわかる写真、
見ていて大変楽しかったです。

>>588
BBBは見た感じ、スタンプによるdatingはほぼ不可能で、シリーズラインナップとパイプ本体から
年代を類推するしかないメーカーのように思えます。このスレにはBBBにお詳しい方が一名
いらっしゃるのでご意見を伺いたいところです。といってもBBB製KWDまでは手が回らんかも…w

>>592
いやー今回は英・仏・独・愛四カ国入り乱れですね。
日本では(いや、世界的にもか?)フレンチ・パイプといえばサンクロードのCUTTY FORT参加メーカーというのが
相場になっている観があるのですが、パリのパイプメイキングにスポットを当てたのは校長先生が初めてではないでしょうか。
気のせいかもしれませんが、ギヨのパイプにはなんとなくなよっとしたフランス的優美さが備わっている気がします。

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)