5ちゃんねる ★スマホ版★ ■掲示板に戻る■ 全部 1- 最新50  

■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

【パイプ】オールドブリティッシュ6【クラシック】

1 :oldbriars ◆M36yMkeSJ6 :2007/02/15(木) 16:14:13 ID:O1Dsthzx
モダンブライヤー・パイプの原点であり、洗練された喫味と美しいクラシック・シェイプ。
今は失われた、もしくはもう手に入らない古き良きイギリス製のパイプをメインに据えて、
ヴィンテージ物入手、喫味、レストア/リペア、コレクション、鑑定・歴史研究等の
さまざまな切り口で重層的に楽しみ、語り、情報交換するためのスレッドです。

該当ブランド:
Dunhill (Patent-eraもしくは1960年代以前)
Barling (Pre-Tran、Trans 1968年以前)
Charatan (Lane eraもしくは1988年以前)
Sasieni (Family era 1979年以前)
Comoy's (Pre-Cadogan 1975年以前)
GBD、Loewe、BBB(Pre-Cadogan 1980年以前)
その他上記メジャーメーカーのセカンドブランド、
Astrey's、F&Tなどのショップブランドも可
KB&B(Kaywoodie等)、WDC、CPFなどのアーリーアメリカン
メーカーも暫定的に可

○基本的にestate(中古)パイプを扱うことになります。
○e-bayが主な行動範囲になりそう。アイテムを貼りつけてあれこれ談義もよし。
○スモーカー、コレクター共に歓迎。一穴主義者には目の毒です。
○実用的なスレであると同時に非常にペダンティックなスレでもあります。長文大歓迎。
○パイプ自慢大歓迎。どんどん貼りつけるべし。うぷろだは自前でお願いします 。
○中古パイプに関連した話題であれば、一応製造国を問わず面倒をみます。
○イギリス製以外で盛り上がるようだったらスレ分化で対応します

254 :774mgさん:2007/03/18(日) 11:06:10 ID:y8uk3PE6
>>250
さすがにちょっと張り込み過ぎましたが。。。まぁ、レアアイテムという事で、自分を許してます。
あのイタリアのBarling以来嵌ってしまいまして、最近はBarlingばかりを追っかけております。他に
目を移すと勝てないって理由も大きいですが。全グレード制覇は厳しいかもしれませんが、暫くは
Barling狙いで行こうかなと。
Barlingは面白いですね。ここ数ヶ月で、まぁまぁの本数を吸ってきて思ったのですが、あのスムー
スなエアフローはどのパイプも共通していても、味は他のメーカに比較すると個体差が激しく感じま
す。オイルキュアに対してエアキュアはパイプの均一化という点では遅れをとっているのかも知れま
せん。個人的な見解ですが、オイルキュアは足し算のキュア、エアキュアは引き算のキュアなのかな
と考えております。分かりにくい表現だと思いますが。
あと、BarlingはDunhillの様に刻印でズバリ年代が分かったりしないという事も、自分のツボだった
りします。サドルビットのRegd.のNo.の違いや、POSの刻印の違いも見ながら、これはいつ頃の年代
なんだろうなぁと思いを馳せながら眺めたり、吸ったり。まぁ、こういう事はキモイと呼ばれる範疇
に入っちゃうかも。

ROYAL FALCONのステムロゴは止まり木に鷹なのですね。このステムロゴも古いメーカはいろいろ意匠
を凝らしてて良いですよね。最近の作家物(特にデンマーク系)もシェイプデザインだけでなくて、こ
う言った点にも工夫してくれると良いんだけどなぁ。

>>251
イギリスには足を踏み入れた事が無いんですが、これも一つの機会と考えて、Bath行ってみようかな
って思ってます。昔、知り合いの女子がBathに留学(語学学校だったかな?)した事がありまして、そ
の時、「英語のお風呂のBathの元になった町だよ」って教えて貰った事を思い出したりしましたし。

>>253
同一オーナの所有だったんでしょうね。生活に完全にパイプが密着していた方だったんでしょう。ど
のパイプも良い顔をしていたと思います。これから第2の人生への旅立ちを待っているというか。。。
またまたキモイ言い方ですがねw


255 :774mgさん :2007/03/18(日) 13:01:46 ID:o2Rmj8pP
http://cgi.ebay.com/Dunhill-Pat-1920_W0QQitemZ170091014282QQcategoryZ4119QQrdZ1QQcmdZViewItem
>>これ、惜しいのう・・。

256 :774mgさん:2007/03/18(日) 15:05:29 ID:URGn+j99
1920年 ORLIK DUGOUT ありましたよ!
http://www.smokingheads.com/detailb.html?P35_3

結構いいお値段がついてます。
かなり使い込まれていて、ゴツゴツが滑らかになっていますが、
写真を見ると、サンドブラストではなく、カービングパイプのようです。

SMOKINGHEADSはドイツのサイトですが、やり取りは英語で、支払いもPayPalです。
eBayにも出品しているので、ご存知の方もいると思います。
しかし、ココってComoy、BBB、Loewe、VAUENと古い物が出ていますね。
ほとんどが、店頭に並ぶとすぐに、HOLDが付くイメージなのですが・・・

シルバーリングのイニシャルは、楕円の中にL.Oと、ホールマークは、チェスター・・・メモメモ
1920年代のORLIKはかっこいいです。是非、出物があれば1本欲しいです。

257 :774mgさん:2007/03/18(日) 17:06:24 ID:bGsGTQmW
>>255を見てもお分かりのように、20年代のダンヒルを追っかけてる自分が来ましたよ。

というわけで、MOモノだった20年代 Dunhill Bruyereが届きました。
セラーがなんかレスポンスが悪くて、しかもパイプを封筒(!)で送ってきやがった!
緩衝材としてはプチプチで一回くるんであるだけ!折れたらどうすんじゃ!
よっぽどネガ・フィードしてやろうかと思いましたが、とりあえずパイプは無事だったので
穏便にポジをつけた優しい自分です。

ですが、パイプの状態は素晴らしいものでした。インナーチューブが残存しているのは言うをまたず、
おそらく3〜4回喫煙したのちどこかにしまいこまれたブツ、といったおもむきで、
ドローバックといえばトップのピンサイズの傷が2個所+ステム変色だけです。
ファクトリークリスプなスタンプ、ステム裏のレジスタード・ナンバーも完全に残存、
ブリュイエールのプラム・ステインは赤というより黒に近いほど濃く、ステムショルダーは
バッフィングを一回も受けてないことを示していてレーザー・クリスプでした。
Oメソッドでステムを処理しサンド+ポリッシュしたところ、Unsmokedと言っても通りそうな
パイプになりましたよ!この状態であの価格は大バーゲンだったと今では思います。

さて、Datingですが、1920年代のDunhillのdatingはロ―リングさんのサイトに
別記事でアップされています。それによると
DUNHILL(Dの文字にヒゲあり)
LONDON(DUNHILLより短い)
の刻印は1920年終末から1921年製とのこと。
…87年前のパイプが、このようなミンティな状態で手元にあるというのは、
なんとなく時間の概念が混乱させられてクラクラします(笑)

シェイプは後年グループ2にランクされるスモールビリヤードの34番です。
全長13cm弱の非常に小さなパイプです。
マウスピースはセミオリフィックで、ビット切断面が楕円状でかなり銜えづらいです。
1923年製の#53はもっと全然薄く快適な、いわゆる"Comfy"ビットとなっているので
22年頃までのダンヒルはセミ・オリフィックを使用していたと推測できます。

ちなみに短縮コードはAo。 通常使われるAではありません。
最初期のBruyereのこの短縮コードにはAやAo、Aoのoが四角になっている奴、
そしてAが円で囲まれているものがあるそうです。
FinepipesのSamiさんなど一部のエキスパートはAoを上位グレードと捉えている
ようですが、ローリング氏によればこのスタンプの違いでクオリティの差異は認められず、
当時のカタログにもそういった補助グレードは存在しないことから、単なるスタンプの
バリエーションだと考えられる、とのことです。

気になる喫味のほうですが、やはり60年代のシェルを思わせるような、
かなり深くて濃厚、芳醇な感じですね。後年のBruyereの端正さとは
かなり違ったパイプのような気がやはりします。

258 :774mgさん:2007/03/18(日) 17:52:02 ID:bGsGTQmW
蛇足ですが>>257に付記。

INNER TUBEについてですが、結構これはスグレモノですね。
というのも、レストアが非常に簡単だったので、チューブ開発の動機である
「煙道のよごれ防止」には非常に効果があるデバイスだと思ったからです。
しかも煙道からマウスピースまで、均一で滑らかな煙道が保証されますから、
ギャップなどでガーグリングが起こる可能性は皆無です。

使ってみた感触では、別段喫煙に支障になる、といったようなものではありませんでした。
(かといって別にフィルターとかクーリングデバイスとしての能力も全くなし)
空吸いしたときのアルミ臭が気になったんですが、これは喫煙中には全く感じませんでした。
清掃も非常に簡単ですね。吸い終わったらモールを一回通すだけ。

よごれ防止デバイスとしては非常に優秀だと思うので、別段取り外して吸う必要もないと思いました。

…ただ、巷間では
『ダンヒルの有名なホワイト・スポットは、<インナーチューブをどこまで挿すか示す点>として創始された』
という風説があるらしい(笑)ですが、一体どこからそんな話が出てきたんでしょうね。
この21年のBruyereでは、インナーチューブはホワイトスポットどころか、マウスピースのリップから
1cmほどの距離に達するまでずいぶんと深く挿入されています。
なんか日本のどこぞのダンヒル本にそんなことが書いてあったらしいですが、
その著者は本当にダンヒルを吸ったことがあるのか疑わしく思えてしまいます。以上蛇足。

259 :774mgさん:2007/03/18(日) 21:37:15 ID:DZqxyewj

イタリヤからカッコいいコモイ、出てマスねぇ。(e-Bay USA ですが)
アーミーマウント、シビれますがボウル内径がちょいと自分にはデカすぎるのが難点。
19mmだったらいきたいです。 コレ、戦前ですか?

>258
私の20年のブルイエルにも長〜いインナーチューブが・・・
あと前から持ってる27年のシェルのチューブはフランジ付きで
パテントナンバーが打刻されてます。この時代までのインナーチューブはいかにも
「特許」って感じで存在感がありますな。
現代のダンヒルにもあいかわらず仕込まれているんですかね?
だとしたら、英国人はホントにガンコですな。

>なんか日本のどこぞのダンヒル本にそんなことが書いてあったらしいですが、
実際本にまで書いてあるんですか? ちょっとイタいですねぇ。ww
書き捨てのネット上ならまだしも・・・
しかしあんまり昔の人を非難しても可哀想かもしれないですね。
今はネットでなんでも情報が入りますから。

さて当校ホームページもだいぶ更新してないですが、ブルイエルが迷走しまくって
いて当分ムリ。 そこであいかわらずだらだら買っている「こやし系」
パイプでも近々アップします。アーリー・アメリカで意外なヤツにハマってるもので・・・

USオンリーだったブルー・リバンドのフルベント、破れマシタ・・・・
けっこうレアだと思うんですが180ドルくらいなんですね。
まだダンヒル、サシエニよりは安いんですね。どうも最近サシエニより
コモイのほうが上、というか好きなんです。

あと4月上旬英国短期出張予定。どこかパイプ関係訪問できると良いのですが・・・
Bathのすぐ近くまで行くのでトランターあたり行ければ面白いんでしょうけど。


260 :774mgさん :2007/03/18(日) 22:10:31 ID:D6l5X2X+
DUNHILL(Dの文字にヒゲあり)
LONDON(DUNHILLより短い)
の刻印は1920年終末から1921年製とのこと。
>うん、確かにそうあるし儂のBruyereもまさにそれやけど、
デートコードは小さな2で1922年やで。
ちなみにパテントナンバーは1914。

261 :774mgさん:2007/03/18(日) 22:31:15 ID:bGsGTQmW
>>260
1921 is far less problematic. The key distinction between 1920 and 1921 is
that beginning in November of 1920 the "D" in the "DUNHILL" stamping is with tails.
As Dunhill appears to have discontinued the tails stamping sometime in 1922,
a pipe having a "D" with tails’ and without a "2" date code can be comfortably dated to 1921

It also appears that sometime in 1921, probably late in the year, a raised underlined "1" date code
 was added after either the "MADE IN ENGLAND" or patent stamping.

とのことです。date codeの採用は1921年が押し迫ってきてからのことになります。

要約すると、DにヒゲがあるDUNHILL LONDONで、
・date codeなしは1921年、
・「1」のdate codeありは1921年後半、
・「2」のdate codeありは1922年ということですね。

ちなみにPatent No.の年度は特許の出願年度を表しているに過ぎないので、
Patent No.の年度=製造年月日というわけではありません。
お手持ちのPatentは

PATENTED 1914

だと思いますが、これは1914年から1923年まで使われていたようです。
自分のBruyereもPatent No.はPATENTED MARCH・9・15(1915年から1923年まで使用された)
となっています。

262 :774mgさん:2007/03/18(日) 22:45:52 ID:bGsGTQmW
あ。

>>257で自分、

>DUNHILL(Dの文字にヒゲあり)
>LONDON(DUNHILLより短い)
>の刻印は1920年終末から1921年製とのこと。

と、date codeがないことを明示的に書いていなかったですね。
混乱させてしまって申し訳ない。

それと>>261

>・date codeなしは1921年
は正確には1920年の11月、12月も含みます。細けー(笑)

263 :774mgさん :2007/03/18(日) 23:23:53 ID:D6l5X2X+
>>261,262
ははあ、なるほど。儂もよう読んどらなんだ。
ご丁寧にありがとう。

264 :774mgさん:2007/03/18(日) 23:25:35 ID:bGsGTQmW
>>259
あのコモイはちょっと自分にはどんなものか分からないです。
70年代の復刻Royal Comoyではないとは思うんですが、スタンプが戦後を示す
MADE IN LONDON ENGLANDですし、エンジンタン?の模様が入ったアーミーマウントというのも
(一応ファクトリー物らしいですが)他に遭遇したことがありません。ユーザーからのリクエストの
スペシャルモデルの可能性もあります。それにちょっとボアが22mmと大き過ぎるみたいですね。

>しかしあんまり昔の人を非難しても可哀想かもしれないですね。
>今はネットでなんでも情報が入りますから。

確かに今の自分たちは恵まれている環境にいると思います。ネットもない状況で
地道に調査を続けていた人たちには頭が下がります。
でも間違いとかトンデモな点などは継承しないようにしたいですね。

>USオンリーだったブルー・リバンド
あれ180ドルまで行きましたか。通常のBRなら150ぐらいで落ちることもあるんですが、
さすがにウルトラレアなスタンプでしたからね。それでも250ぐらいまでいくかもと踏んでいましたけれど。

パイプ関係訪問@英国は、Bill Ashton Taylorにダンヒルのキュアリングのひみつを聞く!は
スケジュール的にダメでしょうか。
たしかAshtonにはHardcastle出身の職人さんとかもいたと思うので、
もしかしたら相当濃ゆい話ができるかもと期待してます。

265 :774mgさん:2007/03/18(日) 23:35:09 ID:bGsGTQmW
>>263
いや、こちらも曖昧に書いてしまってスイマセン。
このあたりのdatingはダンヒルでも最も煩雑で最も細かいので注意しないとついウッカリをしてしまいますw

確か最初期のdatingは、ダンヒル内で(1年保証のスタンプを判定する役目の)セールス担当が
使用していたアンチョコが発見されたため(あやうく紙くずとして捨てられるところだったそうですがw)、
こんなにも細かく特定できるみたいですね。

266 :774mgさん:2007/03/19(月) 10:49:55 ID:+PmlHQPV
ヴォースゲー!!!

Barling YOW 458 ExExEL T.V.F Oom-Paul !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!


267 :774mgさん:2007/03/19(月) 11:05:18 ID:Y6yiJ/J2
>>266
鼻血出た。

268 :774mgさん:2007/03/19(月) 23:47:18 ID:w0tAqYty
クソ遅レスですが。

>>249
Barling Bird's Eyeゲットオメー!
Barlingの中でも、LLFスタンプに次ぐウルトラレアアイテムのゲット、おめでとうございます!
自分がみかけたのはこの1年で落札されたパイプを含め、4本ですかね。
(そのうち1本はRalph Webbさんのサイトで売ってる2,250USDのunsmokedですが。
あとはThe Smokerに1本(SOLD)、ebayでknoxcigarが出品していたこれもunsmokedです)

Barlingに典型的な、ビッグボウル・シンシャンクの愛らしいPotですね。
TOPが大分タール堆積してますが、こんなのは新テクニック、<ケトルスチーマー>の前では
モノの数ではないと思われます。ビシッとレストアして写真アップキボンヌ。

BarlingはDunhillとは違って詳細なdatingは不可能ですが、それでもこのスレで購入パイプの
レポや資料のポストなどを経るにつれ、この謎に満ちた英国最古のパイプメーカーの容貌も
大分明らかになってきたと思います。
(自分がYOWを始めた当時は「Pre-Transってブロック体+3桁だよね?」のレベルでしたw)
改めてこのスレの威力を再認識したりしてます。これからもBarlingの素晴らしいパイプを
楽しみながら、リソースを拡充し、いつかコンプリート・datingガイドなんかを作れたらなあ、などと
夢想しています。

269 :774mgさん:2007/03/19(月) 23:57:22 ID:w0tAqYty
>>258 を修正。

I N N E R  T U B E ダ メ で す 。

吸い慣れたEsoterica Margateでベンチしてみたのですが、
風邪が直ってやっとマトモにタバコが吸えるようになったこともあり、
INNER TUBEを外して喫煙したほうが5倍ぐらいタバコが美味く感じられました。
当該の1921 Bruyere #34、チューブつけてるとフツーに美味いパイプ、といった程度の味しかでませんが、
外すと素晴らしく濃厚ですばらしく芳醇な味を叩き出す神棚級パイプです。

これかなり顕著な差なので、フツーに吸えてるスモーカーなら初心者でさえ、ブラインドテストで判別できると思います。
なんでestateパイプではINNNER TUBEが廃棄されているパイプがほとんどなのか、分かった気がしますた。

270 :774mgさん:2007/03/20(火) 02:32:30 ID:uC7c0sIC
ひさびさにレストアTIPSなどを。

トップに固く堆積したタールはestateパイプにつきもので、
しかも落とすに労力を必要とする厄介なものですが、
そのタールを落とすのに劇的な効果を発揮する方法を開発したのでレポします。
モトネタはGray Fox Online BBSにあった一行の文章からです。

用意するものは、
・ガスレンジ(台所へGO!)
・やかん
・パイプをくるめる大きさの布
・ティッシュペーパー
こんだけです。どこのご家庭にもあるものばかり。

さて準備。
1 まずやかんに水を半分ほど張り、ガスレンジにかけます。沸騰するまで。
2 沸騰したら、強火のまま、やかんの口から蒸気が勢い良く噴出するまでしばし待つ。
3 パイプのチャンバー内に、ティッシュを詰めます。ギチギチにつめてOK。
4 パイプを布でくるみ、ボウル外部を保護します。トップだけ露出するように。
これで準備OKです。

あとは、やかんの口から勢いよく噴出する蒸気に、ボウルトップを当てるだけです。
あっというまにトップに結露が起こりますが、そのまま10秒ほど当てつづけます。
蒸気からボウルを外し、別に用意したティッシュでトップを拭くと、アラ不思議!
あんなに頑固だったタールがどろどろになって落ちてくるではありませんか!
あとは上記の手続きをトップが綺麗になるまで繰り返すだけです。
やかんのKettleからとって<Kメソッド>とでも命名しましょうか。

IRCのメンバー数名で試してみたところ、劇的な効果に賞賛の声が多数上がった方法です。
注意する点としては、
・ボウルが湿気るのがいやなひとは、チャンバーに詰めるティッシュを厳重に。
・蒸気は一瞬でワックス層をふっ飛ばします。ワックスを保護したい場合は布で厳重にボウル外面をくるんでください。
・蒸気は非常に高温です!指を1秒でもあてると大変なやけどを負います!くれぐれも 慎 重 に!
・火の傍で作業します。ティッシュペーパーや布、それに作業中に服などに火がつかないように 注 意 ! !
・やかんの口に、ボウルから滴った溶けたタールを落とさないように。あとで こ わ い お し お き が待ってます!!
等が挙げられます。

これでもうボウルトップのタールなんて怖くありません。
それどころかebayでタールがてんこもりのパイプを見つけると血が沸き肉踊るように!

以下備考。
・ちゃんとキュアリングされた良質のブライヤーは、水分の吸収と放散に非常に優れた素材です。
蒸気がボウルやチャンバー内に入りこむことに関してはそれほど神経質にならないでもOKです。
蒸気でボウルが濡れても一瞬で乾きます。
・↑を利用し、また蒸気がワックスや油を一瞬で溶解することを利用して、パイプ外面の清掃に
使用することもできます。汚れた古いワックスや手垢の除去が信じられないくらい簡単に行なえ、
しかもアルコールで拭ったりするよりもオリジナル・ステインにダメージを与えません。
・ステムルーズの改善にも使えるとのレポがあります。やりかたはパイプからステムを外し、
モーティス内にしばらくの間蒸気を噴きこませるだけ。

パイプに与える問題はまだなんら報告されてはいませんが、
なれていないうちはダメになってもかまわないパイプなどでテストしてから、
慎重に行なってください。くれぐれもヤケド、火事に注意!!
もちろんこの方法には自己責任での挑戦をお願いします。

271 :774mgさん:2007/03/20(火) 06:35:35 ID:sX8ylCIC
>>270
新しいレストアテクのレポ乙です。
これが、>>268で記載されてる新テクニック、通称<デイブ・スペクター>ですかな?
ボウルトップのタール落とし等に相当な効果有との事ですので、今度試してみます。
A/R等もそうですが、火を使ったりする方法はやはり、細心の注意を払って実施すべき
ですよね。その点は十分気をつけます。

それと、BarlingのコンプリートDatingに足しになる訳ではないですが、ちょっと気に
なったと言いますか、サドルビットのRegd.のNo.について仮説を書いておきます。
Regd.754068 英国国内向け
Regd.98046  米国向け
これまで気になって、eBayの出品とかを見てきたのですが、どうも、754068のNo.があ
るものはPOSの刻印がなく、98046の方はPOS無しの物が無い。英国国内向けはPOSの刻印
が無かったとの話もある。
で、以下のサイトの内容。ホールマークを調べるのによく見ていながら、これまで、あ
まり気にしてなかった部分に衝撃の記載が。って勘違いかも知れませんが。
http://www.925-1000.com/registry.html
これを見ると、754068は1930年から1931年の間に英国で登録されたと考えられる。
http://www.925-1000.com/patent.html
こちらのU.S. Design Patentsの項目をみると、98046は1936年となる。Design Patents
とRegd.を一緒と考えて良いのかと言う疑問は残りますが。
ただ、30年代半ば?からサドルビットをBarlingが導入したと言う話と奇妙に一致するん
ですよね。じゃぁ、42/8968はどうなるんだよ?って聞かれますと、ごめんなさいなので
すが。。。






272 :774mgさん:2007/03/20(火) 07:25:37 ID:sX8ylCIC
上のUS.Patentの方ですが、合ってました。

http://patft.uspto.gov/netahtml/PTO/srchnum.htm
でD98046で検索してみてください。



273 :774mgさん:2007/03/20(火) 08:50:49 ID:MuxuMBs5

>270
これは参考になりますね。
しかしマウスピースは絶対に外しておいたほうが良いですね。
以前熱湯につけたら、一瞬でまっ茶色になってしまったことがあるので。

いずれにしても試してみます。そういうパイプばっかりですからww


274 :774mgさん:2007/03/20(火) 11:01:38 ID:OVj1RRCM
>>271-272
なぬ!!大発見ですぞそれは!!!!

…おーほんとだPatent文書見れた。Montague H. Barlingの名前が…

かなり興奮してる自分がおるのですがハァハァ。
今までオンラインに登録されていることは分かっていたのですが(Ken=Pipemanさんも言っていたので)、
やっと見ることができましたよコレ。Registerd DesignはU.S Patent OfficeではDを付ければ検索できる
というわけですね。

ちょっとまだ結論は出ないのですが、やはり
Regd.754068
Regd.98046
42/8968
これらのグループはある程度古い(30〜50年代?)のパイプである、ということは漠然と言えそうですね。
引き続きこちらでもいろいろ考察してみたいと思います。


>>273
マウスピースをポリッシュした後には、確かに外してからやったほうが安全ですね。
自分は今までアルコールを浸した布でゴーシゴシやって息をハァハァさせたりしていましたが、
最初にこのKメソッドを試したときはあまりの簡単な落ちっぷりに思わずorzしました。
オススメです。

275 :774mgさん:2007/03/20(火) 11:30:33 ID:OVj1RRCM
>>271-272

U.S Regd.98046
ですが、文書にハッキリと、

Term of patent 14 years (特許有効期間14年間)

との記載があります。ということはRegd.98046は1936年1月7日に有効となっていますから、
Regd.98046の刻印を持つパイプは1936年〜1950年の間に製作されたパイプ、ということでしょうか。
今現在もSmokers Havenに在庫しているPerspex stemのPotがありますが、これのRegd No.も98046です。
Perspex stemは二次大戦直後の物資不足で限定的に製作されたものなので、時期的にもぴったりです。

上記の仮定が真だとすると、例えばTad GaugeさんによればYOW "Fossil"の刻印は戦後になってから、
とのことですから、Regd.98046 付きFossilは1946年〜1950年の間の製作と、かなりピンスポットなdating
ができるようになりますね。

引き続き調査…。

276 :774mgさん:2007/03/20(火) 13:36:00 ID:XcWhu5c3
>>270
早速Kメソッド試しました!ステインの剥離なく汚れだけがスッと落ちて楽チン!他の部位にも
やってみましたが確かに手垢系の汚れも簡単に落ちますね。もう歯ブラシに思っていた以上
に余分についたアルコールに気づかず、べったり塗りつけてアワアワと慌てなくても安心w

最初ペーパータオルを使ってみたのですが、蒸気にしっかりあてないとタール分がすぐに固着し
始めて、ペーパータオルが毛羽立ってしまい、ちょっと面倒でしたが、ウェスに切り替えたら
問題無しでした。拭う、というより、汚れ部分をブライヤーから布地に擦り付ける感じでした。

あとは給湯室のヤカンをいかにこっそりと持ち込んで作業するか、ですね。今日早速見付かって
怒られましたw 家でも駄目、昼休みの資料室でも駄目、となるともう作業場が無くなって困る
ので、早速ヤカンを買いに行きます。注ぎ口が細い方がいいのかな。

いずれにせよ、ガチムチレストア一週間の水曜日は、Kメソッドの日となりましたw

277 :774mgさん:2007/03/20(火) 15:09:07 ID:OVj1RRCM
>>276
試すの早ッ!

どうでしょう? かなりのスグレ技だと思いますが。
ボウル外部の古ワックス・手垢落としにも威力を発揮しますね。
特にナチュラル・ステインのパイプなどには(ステイン落ちを気にせず)効果が期待できそうです。
汚れを落としたあとのボウルの表面のサラサラ感がたまりません(笑)

やかんですが、できるだけ口が細いもののほうが蒸気の勢いが強く、当たる範囲もピンスポにできるので
向いていると思います。市販のステンレス製のコーヒーケトルなんかが適当なんじゃないでしょうか。
逆にホイッスル蓋つきの広口のやつなんかは、結構な火力が必要になってしまいますね。

それほど長時間行う作業ではありませんが、くれぐれもお湯がなくなっての空焚きには注意してください。

278 :774mgさん:2007/03/20(火) 16:02:38 ID:5h2AHPM9
A/Rキットが届きましたので、早速試しました。この場を借りてありがとうございます。

一度に6本程とっかえひっかえして試してみました。なかなか楽しいですねwwこれ。
確かに綺麗になります。一本どうやってもラム着香の匂いが取れなかったOEのパイプが
モールを通したら出るわ出るわタールまみれ…。

ボウル内部に固着したカーボン/タールや、ステム内部の汚れには相当良さそうですね。
シャンク内の汚れは正直ヨクワカンネ…。これはS/Aを何度もかけてしつこくモールを通した
方がいい気がしました。(A/Rでもタールは緩むんですが、ステムを外して清掃出来ないので
どうしてもうまく掃除が出来ない)

それと失敗例。
リプレイスメントらしいやけに固いステム(アクリル?なのかな?)をA/Rしてモールを通した
ところ、やけにモールがヌルヌルと入る…。こりゃあ相当タールが溶けてるなーと思いモールを
抜いたところ何もついてない。何度かモールを通してみたけど変わりませんでした。
だんだんヌルヌルは少なくなってるんですが…。ここでようやく気づきました。
どうやら熱とアルコールで ス テ ム が 融 け て た ら し い で す 。

そんな事もありますので注意して下さい。エポナイトなら大丈夫だと思います。
アクリルって何度で融けるんだろう?


追伸:Kメソッド(蒸気)、早速試しました。確かにボウルトップのタールには有効ですね!!
自分が一番よかったのは、ボウル表面についたヤニの沈着+古いワックス落としですね。
アルコールだとステインがどうしても剥離してしまってたのですが、これだとダメージも
最小限で済みますし、第一手軽です。かなり楽ですね。

279 :774mgさん:2007/03/21(水) 00:22:32 ID:kJvPkiRk
こっちはまだレトルト届かないですTT 明日あたり来るかな。
届いたら待望のオッスでこちらも何本か連荘する予定。

しかしKメソッド大絶賛ですな。先陣を切った甲斐がありますたw
しかしステム変色にはOメソッド、
ステムラウンディングのないオフパイプ・ポリッシング、
ボウルエクステリアにはKメソッド、
本格的な内部清掃のA/Rと、随分とこのスレのレストア技術も進歩してきました。
上記の方法は皆定番となり得るものでしょう。YOBのレストアTIPSもそろそろアップデートが
必要なようです。

しかし届いたパイプを
Oメソ→Kメソ→A/R→リーム&オフパイプポリッシュ&ワックス
のフルコースをかければ、非常に簡単&迅速にパイプをピカピカにできそうですね。
労力もこのスレが始まった当時のやりかたの1/3ぐらいになっているような。
何事も好奇心旺盛&実践主義のOBスレerの数々のレポのおかげです。感謝!

280 :774mgさん:2007/03/21(水) 08:34:53 ID:uHsHP6wn
>>274-275
US.Patent見つけておきながら、2ページ目がある事に気付いていませんでしたよ。
しかし、仕事早いですね。もうYOBの方変更されてるじゃないですか。
ちょっと、YOBの内容と違いますが、少し変更を加えた自分の仮説を記載しておきます。

REGD.754068 1930年〜?    やはりこのNo.は英国でのRegistry Design No.だと思われる。
               残念ながら、オンライン検索では見つからないが。他のNo.と平行
               して使用されてた可能性も?
REGD.DESIGN 1935年      US.Patentに申請し、有効となるまでの期間限定?
               このタイプの刻印は目にするのが他のタイプに比較し、極端に少
               ない気がする。また、有効期限が過ぎた後にREGD.と刻印すること
               も疑問?
REGD.98046 1936年〜1949年  US.Patentの有効期間を考慮すると左記となるが、もしかすると、
               1949年より前に次のタイプへ変更されていたかも?また、サドル
               ビットの製造開始が1935年とされているのはこのPatentのみが根
               拠となっており、上のREGD.754068に関する仮説が正しい場合、
               それより数年遡ると思われる。
REGD.42/8968 1942年〜1949年 戦時中の特殊な状況下において、/付きと言うやや奇妙なNo.へと
               変更されたのではないか?単にNo.が変更されただけのものである
               為、REGD.98046の有効期限が切れる1949年までと言われているの
               ではないか?或いは、終戦後REGD.98046にまた戻され、このNo.自
               体は実際の終戦である1945年には使用されなくなった可能性も。
BARLING DESIGN 1950年〜   REGD.98046の有効期限が切れて以降。

eBay等で目にする機会の多いREGD.98046やBARLING DESIGNはその使用期間が長い為と考えると辻褄
があう気がします。調査は続行していく必要が勿論ありますが、こう言った仮説に沿って、他のサ
イズコードやPOSの刻印を見ていくと、また新たな発見があるかも知れません。

あと、本日調べていて、また発見が一つ。Guinea Grainですが、既に1922年にTrade Markとして登
録されていたようです。UK Pat. OfficeのサイトのTrade Marksで検索できます。
http://www.patent.gov.uk/tm/t-find/t-find-text.htm
のTrade Mark Textの項目にGuinea Grainと入力して検索です。


281 :774mgさん:2007/03/21(水) 14:09:14 ID:kJvPkiRk
>>280
神推理キター!!

いや、見事な推理だと思います。Regd DesignはPatent Pendingと同様のものなのではないか?
という仮設には目が開かれました。(確かに有効期限が過ぎた後にREGD.と刻印するのは変)
そういえば自分のRegd Desinのアップルは随分と古いパイプのような気もしますね。

自分はこれ以上の推理には、P.O.Sとシェイプナンバー(export/domestic)との組み合わせによる
推理が不可欠なのではないかと考えました。少々サ断片的な自分の推理を付け加えておきます。

○Pipeman(Ken)さんが出品していたRegd. 42/8968は四桁のドメスティック・ナンバーを持っていました。
→Regd. 42/8968は英国Regd.754068のバリエーションではないか?

○Pipeman(Ken)さんは42/の「接頭辞」を、期間延長のサインであるとしている。
→Regd.754068は有効期限が米国と異なり、短かった? 1930?〜1941年?

○Pipeman(Ken)さんはRegd. 42/8968の「次のスタンプ」(どのスタンプかは不明)は1949年からとしている。
→これは米国Regd. 98046の終了時と一致
→1950年からはBarling Designが使用される?


とりあえず>>280さんの仮説を踏まえた上での、現時点での自分の推理はこんな感じです↓。

●英国でのRegdスタンプの変遷(?)
1930-1935 Regd. Design
1935-1941 Regd. 754068
1942-1949 Regd. 42/8968
1950-196? Barling Design (Trans期まで使用)

●米国でのRegdスタンプの変遷(?)
1935-1949 Regd. 98046
1950-196? Barling Design (Trans期まで使用)

「それ違うんじゃないの?俺の持ってるBarlingはこれこれこうなってるぜ?」
というサンプルをお持ちの方は是非教えてくださいませ。
#エキスポートナンバー(三桁)でRegd. DESIGNのサンプルなんか見つかると面白いんですが。

282 :774mgさん:2007/03/21(水) 19:28:29 ID:xLdQ5P6V
校長先生のぺージ更新です。

例によって期待を裏切らない内容でした。

283 :774mgさん:2007/03/22(木) 08:34:44 ID:1nqW1s9f
おお!
そういえばOBスレが出来て一周年じゃね?おめでとうございます。

注文してたタバコの届いたので、ぼちぼちパイプのインプレ書きたいと思ってます。
今後共よろすくおながいします。簡単ではございますが。

284 :774mgさん:2007/03/22(木) 10:24:45 ID:s8SIsmUs
おお!

>1 :774mgさん :2006/03/21(火) 03:52:53 ID:1ABJ4WUA
>ブライヤーパイプの基本であり、今は失われた、もしくはもう手に入らない古き良き
>イギリス製のクラシックなパイプについて語ったり情報交換したりするスレです。

ちょうど一周年ですね。
まさか↑を投稿したときには1年も続くとは思いませんでした。
でもこれもオールドブリティッシュパイプがいかに魅力的なパイプであるかの証左ではないかと。
今後も急がず焦らず、マターリとオールドブリティッシュと付き合って行きたい所存です。

一周年ということでなんかイベントでもやるますか!

285 :774mgさん:2007/03/22(木) 14:54:11 ID:s8SIsmUs
校長先生のページ、S.M Frankとは盲点でした。
随分と変わったパイプがあるんですね。
今回はシリアスな喫味探求の旅というよりも、
校長先生のモータリストとしての血が覗えて楽しかったです。

現在のパイプ作家で、ポケットパイプ、キャリングパイプで何らかの工夫を
している人ってごく少数ですよね。Paolo Beckerの "Pocket Edition"
(A/Mのステムをパイプ本体にクリップできるパイプ)以外は寡聞にして知りません。

スターリングシルバーフラップはいわずもがな、ブリティッシュパイプにおいても
Orlikの"Hurricane"やDunhillのブライヤーキャップつきモータリングパイプなど、
過去にはアウトドア用のいろいろな工夫が見られましたが、パイプスモーキングの
普及といった面でもこのあたりのパイプを参考に新たなアウトドア向け工夫がなされることを期待します。


FMPも更新されてます〜。

今回はゴイスーな状態から見事復帰したDunhill 50s LBです。レストア、お疲れさまでした(笑)

ごく個人的な経験から言いますと、ダンヒルのアイボリー製ホワイトスポットは、
経年変化で赤く(!)変色することもあるんじゃないかという気がします。
というのも、自分の持っている20年代のホワイトスポットは三本が三本とも、
スポットの縁がごく薄くですが、うっすらと赤くリング状に変色しているからです。
これがひどくなると全面が真っ赤(笑)になる可能性もあるんじゃないかと思いますね。

286 :S-F:2007/03/22(木) 16:49:50 ID:1lsPtohk
またまた規制に引っ掛かってケータイからです。

>>284
>一周年ということでなんかイベントでもやるますか!
そういうことなら、やっぱり「OBスレ・一周年記念オフ」でしょう(笑)。
皆で汚いパイプを持ち寄って、A/Rの実演をするとか・・・。
実際にマウスピースを耐水ペーパーで水研ぎしたりとかもいいですね〜。
(実は私が一番勉強させてもらいたかったりして・・・笑)
もしやるのなら、私が「幹事」やらさせていただきます。

287 :S-F:2007/03/22(木) 16:54:33 ID:1lsPtohk
>>285
今回もなかなか見応えのある内容でした>校長先生。
それにしても、よくまあ、あれだけの「珍品」を見つけ出して来るものだと、
関心してしまいます。
やはり、「情熱」の成せる業ということでしょうか・・・。
同じパイプ・ファンとして頭が下がる思いです。

288 :S-F:2007/03/22(木) 16:57:46 ID:1lsPtohk
FMPの「LB」も中々興味深いですね〜。
あの真っ黄色のマウスピースの写真、ebayで見覚えがあります。
M氏の手元に渡っていましたか・・・。
それにしても不思議な「赤目チャン」ですな〜。
でも、それがとびきり「個性的」で、M氏にもよ〜く似合いそうです。
「LB」は私も最近、お気に入りでして到着待ちを含めて5〜6本所有しています。
何といっても、あの大きさですからいろんな意味で「余裕」があって良いですね〜。
それと存在感がありますね〜>LB。
私のはみんなshellですから、結構、見た目よりは軽いですし・・・。

289 :S-F:2007/03/22(木) 18:08:58 ID:1lsPtohk
せっかく、例のLB届いたのに…。
レポはしばらくおあずけです。

290 :774mgさん:2007/03/22(木) 19:02:24 ID:s8SIsmUs
>>289
おーあの<織部>LB届きましたかオメー!!
どうですか、やっぱり迫力がある感じでしょうか。
セラーがsmokes like dreamと評した喫味のほうのレポも興味津々です。

>「OBスレ・一周年記念オフ」

そうですねえ。そろそろやりますか。いい機会だし。
オフ嫌いとして有名(?)な自分もこればっかりは観念して出席させて頂きます(笑
とりあえずS-Fさんと自分(OB)は確定で、あと参加したい方居られたらテキトーに参加という形でしょうか。

それとも点呼してキッチリ人数を決めて場所を決めてやるべきかしら。

291 :校長:2007/03/22(木) 19:34:10 ID:MWeWY5Ay


お楽しみ頂いて光栄です。フランクはずっと探していたんですが、ここのところやっと
3本揃ったので紹介しました。あと一本未到着がありますが、これも納得できるもので
あれば紹介予定。あのゴールドドットは現代のイタリアン作家かと見まごう
シェイプです。KBBにもWDCにもない感覚ですな。
フランク・メディコは交換式フィルター内蔵のパイプですが、Medico、すなわち
医療をニオワせる手法で当たったんでしょう。おそらく大ヒットだったはずで、
これが売れたから他社を買収できたんでしょうね。

ドイツで見られる6mm、9mmのフィルターは21年のVauenが最初のようですが、
アメリカとはどちらが早かったんでしょうか?ドイツはフィルターが席巻しますが、
アメリカではスティンガーのようなシステムものが主流になったようです。

アメリカンではまだいくつか未紹介のものがあり、なかなか入手できず、
気長に集めています。例えばWeberなどは気になるパイプです。30年代創設
のアメリカンでは新参メーカーなんです。戦後のものは全然駄目で、
戦前つまり初期の10年くらいのものが欲しいんですが滅多に出ませんね。
言うまでもなく、アメリカンはほぼ全てドイツ人の系統ですな。
そしてニューヨークに集中しているのも興味深い。

>>FMPも更新されてます〜。
今回はゴイスーな状態から見事復帰したDunhill 50s LBです。

masa賛の苦労に敬礼。こういう変色MPは皆さん経験おありでしょうが、
私はサンドペーパー#800からスタート、徐々に1000、1500、2000
で削り、あとは金属磨き、最後はクルマの塗装仕上げ用の超微粒子コンパウンド。
このあたりは私が言うまでもなく、皆さんも一家言おありでしょうね。
中も外もピカピカに仕上げたあとの一服はタマりませんな。

しかしこうして苦労して磨きこんでも吸ってみたら不味かった(笑)なんてのも、
私のように未知のパイプばかり集めてると珍しくありません。最近はちょっとキレイに
してまず吸ってみて、美味ければ本格的に磨くようにしています(笑)

SFさんのLBって例の「茶道具」ですか? 実物を拝見したいものです。
こういう注目パイプの写真とインプレを投稿できるサイト、ってのを誰か作りませんかね?
わざわざ自分のページを持つっていうのも面倒ですからね。
個人的に皆さんの「お宝パイプ」を拝見したいもんです。

OBさんのページが強烈すぎて、誰も始めないってのもあるかなww

  




292 :校長:2007/03/22(木) 19:36:45 ID:MWeWY5Ay

↑「真打登場オフ」参加します。



293 :S-F:2007/03/22(木) 21:18:56 ID:1lsPtohk
>>290
オ〜、いよいよ「真打登場」ですね、正に。
一応、「オフ・スレ」や「裏スレ」で告知して、大体の参加者を募った方が良いでしょう。
場所は「定例オフ」の会場に名前が挙がっている例の新宿の店で良いと思いますが・・・。
それとも、他の候補があれば皆さんのお知恵を拝借いたします。
何といっても「OBスレ・一周年記念オフ」ですから、皆さんの盛大なご参加を
お待ち申し上げております。

294 :774mgさん:2007/03/22(木) 21:46:56 ID:1nqW1s9f
届いたパイプのレポを書こうと思ったけど、止めました(笑)
別のパイプの事を少し書きます。

手元にあったOE #729のパイプの話しです。
古いパイプで外装は大変綺麗なのですが、吸っても吸ってもラムの匂いが取れず
モールを通しても変わらずで、大変困っておりました。先日A/Rを手に入れた時に
これなら何とかなるかもしれない、と思いかけてみました。

すると中から出てくるわくるわタールまみれ…。
大量のモールを消費して、合計4回位A/Rかけたかな?おかげですっかり中は綺麗になり
匂いも取れました。今それでORlikを吸ってるんですがウメーwww
sasieniのパイプってうまいですね。こんなとは知りませんでした。
それとA/Rは相当ドラスティックですね…。下手するとパイプを傷めそうな気すらします。
高温のアルコールを通すんですもんね。
それでもS/Aを3回位やって、A/R2回位やればどんなパイプでもピカピカになりそうな
気がします。
今まで今ひとつだなーと思って登板機会の少なかったパイプを洗ってやって、もう一度
試してみようかなという気になりました。

(オフ会、日時が合えば参戦しますので)

##ついでに質問なんですが##
着香吸ってる方も少なからずいると思います。
OBパイプで着香が旨いパイプ、ってどこのでしょうかね?
お薦め/お気に入りがあったら、吸ってる煙草/パイプの両方を教えて頂けると嬉しいです。

ちなみにS&G Firedanceを4-digit Kaywoodieで吸ってみましたが、いまひとつでした。
もっと旨いパイプがありそうな気がします。情報求ム。

295 :774mgさん:2007/03/22(木) 23:48:16 ID:Cz2D+45Y
あわわわ。>S-Fさん

OBスレオフですが、(まだ予定は未定ですが)
オフスレでS-Fさんが主催されているような、「誰でも参加でき、楽しめる」オフとは
ちょっと性格が異なったものになるといいかな、と思っているんですが…。
つまり、ずばり、

「オールドブリティッシュパイプ愛好者による、オールドブリティッシュパイプのための、OBオフ」

という、非常に偏狭で濃い会、ということで。


「オフスレ」オフの素晴らしい点に<初心者へのサポート>がありますが、
こちらは初心者をサポートするとしたら<OB初心者へのサポート>といった感じで。
とにかく濃厚でレトルトやらシェラックフレークやら六尺褌やらが飛び交うオフにしたいと思っています。

メンバーも、できればOBスレに(ROMでももちろん構いませんが)愛情をもち、
このスレをちゃんとトラッキングしている人に限りたいと思っています。
このような性格のオフなので、オフスレへの告知は申し訳ありませんがご無用に願います。

…それと自分が「真打」はカンベンしてください(笑) 真の真打があるとすれば、
「それはオールドブリティッシュパイプです!」
ということでひとつよろしくお願いします。

296 :774mgさん:2007/03/23(金) 00:26:34 ID:xePK2U0a


↑ 確かにオールドもの限定オフのほうが良いでしょうね。穴ぐら、アジト風の
会場でやりたいですね。照明はローソク一本とか・・・

ところでベルトラム(ほぼ間違いなく戦前)を落札。戦前のヤツは赤っぽい
というウワサから特定しました。20数ドルっていうのもウレしかったです。
ベルトラムお持ちの方いらしたらインプレお聞かせください。



297 :774mgさん:2007/03/23(金) 00:36:57 ID:d9gYCEo3
>>291

>こういう注目パイプの写真とインプレを投稿できるサイト、ってのを誰か作りませんかね?

実はまだ計画のみながら、Ye Olde Briars IRCチャットメンバー "Cyber Pipesters" 用に
メンバー各自の手持ちのパイプの写真や情報をアップロードできるシステムを考えております。
Wordpressというblog/CMSのシステムがあるのですが、現在使用方法を勉強中でして、
あと一月もすれば大体の骨格をビルドすることはできるんじゃないかという目算のもとなんですが。

YOB以外にも、パイプの情報を集積するサイトがあればいいと思うのですが、
ご指摘のようになかなか難しいようです。
写真を用意して、テキストを数行書いてボタン一つでアップロードできるシステムがあれば、
結構気軽に投稿を集めることができるのでは?という試みです。
まだ実現可能かどうかはちょっと不明で計画のみですが、こんなこともあるということで。


>>294
おー、早速A/R入手のご利益があったというわけですね!
結構タールや臭いで実力が発揮できていないパイプも多いかもしれません。
ぜひその後のレポもよろしくおねがいします。

オフ会のほうは詳細が決まるまでまだ時間がかかると思いますので少々お待ちください。
ぜひいらしていただけるとうれしいです。

着香用のパイプですが、自分はメーカー・ブランドというより、ボアの径の大きいものを
着香に使うことが多いです。たまにバニラまみれになりたくて吸う、Iwan Riesのバルクたばこ、
"BCA"を吸うのに、GBDのPotを使用することが多いですね。
GBD #789
Comoy #126
Sasieni #58 (Moorgate)
それとCharatanやBarlingのPotなどが向いているんじゃないかと愚考します。

298 :S-F:2007/03/23(金) 02:12:10 ID:WgEQTs0a
>>295
なるほど、なるほど・・・。
ご趣旨は理解いたしました。
それでは、そういう方向で進めさせていただきましょう。
とりあえず、メール入れておきます。

299 :wsb ◆fz6mLgKrMc :2007/03/23(金) 10:08:14 ID:RYVKNc+9
遅くなりましたが、OBスレ1周年おめでとうございます。
普段はROMったり名無しでチョコチョコと書いたりしてますが、1周年記念限定でコテにして
みました。

>>294さん
私は普段、着香物を吸っている事が多いです。特にSGの着香物は好みの物が多いので、大抵
数缶ストックしています(って在庫見てみたら、今はKendal1缶しかありませんでしたが)。
FireDanceは残念ながら吸った事がないので、分かりませんが、聞く所によりますと、結構
強めの着香がされているタバコのようですね。もしかしますと、そう言った強い着香物が
>>294さんの好みでないのかも知れません。一度お手持ちのOEで吸ってみるのも一考かも。
4桁KWDで吸ってイマイチとの事ですがどんな点がイマイチだったでしょうか?その辺りをもし
お聞かせくださるのであれば、私の経験の中なら着香に合うOBものを推薦できるかもしれませ
ん。
因みに、今、BarlingのアップルSSサイズでLarsenのNo.32(カラメル着香かな?着香とまでは言
え無いかも知れません)吸ってますが、ウマーです。

>「OBスレ・一周年記念オフ」
良いですねぇ。持ち寄ったパイプ並べてみたらeBayやらShopやらで見覚えのあるパイプがズラー
っとなんて事になるかも(笑)。同メーカ同シェイプの比較会とかいろいろ出来そうですね。開催
するとしたらやっぱり関東になるんでしょうか?

300 :774mgさん:2007/03/23(金) 13:34:32 ID:nn3c3AUE
ちょこっとOBスレオフでの企画アイデアです。

・OBキックスターターキット販売
『OBに興味があるんだけどebayとかめんどくさいし、状態とか手にとって見ないと不安だし…』
などの理由でイマイチ購入に踏み切れない方のために、手持ちのセカンドブランド
(Everyman、Guildhall、Old England etc...)を何本か放出しようかなと考えています。
格安即売会みたいなかたちですね。
価格は1000円〜2000円ぐらいになると思いますので、気軽に試してみることもできるんじゃないかと。

・パイプトレーディング
こちらはコレクティブルなパイプの販売/トレードです。
ebayジャンキーな方はお手元につい勢いあまってダブらせてしまったパイプがあったりすると思います(笑)
そんなパイプを適正価格で販売するか、もしくは相手の同様のパイプとトレードしてみては?という試みです。
こちらは少々お値段が高くなる可能性もあるので、販売の場合はリザーブだけして後日支払い/発送するという
ことも可能でしょう。
 自分はSasieniのTwo Dot 88Sが余っています(笑)
 他にComoys Traditionを数本。NIBのGBDも放出。

301 :S-F:2007/03/23(金) 14:43:55 ID:WgEQTs0a
なるほど、なかなか面白そうな企画ですね!
正にOBスレのオフらしい企画です。
いいと思います!

302 :774mgさん:2007/03/23(金) 14:47:29 ID:nn3c3AUE
今面白いアイデアを考えますた。

その名も「試喫可能なパイプ即売会」。
数種類のタバコ銘柄(もちろんお手持ちの銘柄もOK)と、
パイプクリーナー、ウェットティッシュ完備で、
吸って味を確かめてから購入できるシステム(笑)

回し飲み状態になってしまうのがちょっとアレだといえばアレですが、
購入されたパイプはゆっくり家に帰ってから清掃・レストアしていただくということで。
ebayではAs is、U2renew(現状渡し、レストアは購入者の手で)という言い方がありますが、
それを一歩進めたオフ会ならではのパイプ売買ということで面白いんじゃないかと思いますがどうでしょうか。

303 :好調:2007/03/23(金) 16:31:56 ID:TDO3Vg5P

そんならワタシもLoewe、Dunhill、sasieni、KB&B、など大量に持参します。
ティッシュの山が出来そうでちょっとアレですね(笑)

安物肥やしパイプは初心者に無料進呈します。

 

304 :774mgさん:2007/03/23(金) 17:56:39 ID:EeJP4S3Q
なんかOB氏の当初の意志と正反対な方向に話が進んでね?
コアなスレ住人少数でひっそりディープに語り合うなら、というのがOB氏の理想なわけで
初心者含め幅広く集めたらまたOB氏来ないでしょ。
そういうのはそれで楽しいけど、「偏屈な」OBスレの会合ではなくなる。
そういう幅広い集まりは別の機会にしてはいかが?

OB氏参加のやつはIRCあたりでひっそり集めたらいいじゃない。

305 :おB:2007/03/23(金) 18:21:07 ID:nn3c3AUE
自分がオフ会に顔を出さなかったのは、「開かれた、オープンな」オフに、自分が顔を出すことに
よって「OBスレ主導」というレッテルが貼られるのを恐れていた、というのが主な理由でして、
オフスレオフ会のほうはもうそういった心配は無用ですし。
ですから、OBスレ一周年記念、ということでしたら偏狭・偏屈・シコシコはあきらめてもいいです。
個人的には。

ただ、OBスレ一周年記念オフというからには、やはりテーマはオールドブリティッシュで、
かなりディープに攻めていきたい所存です。
OBにあまり積極的な興味がない方は来てもあまり面白くはないかもしれません。

…とはいえ、まだ予定も未定な上にどういう規模になるものなのかも分かりませんので、
スレ住民の方、ご意見ありましたらお聞かせください。


(IRCでのオフはまたこれとは別にウントコサお洒落でイカスやつを考えてますんで
ご心配なく。そっちはマジで閉鎖的かつディープにしますぜ。グヘヘヘヘヘ。)

306 :774mgさん:2007/03/23(金) 21:15:54 ID:jMcKBzIG
>>299
ありがとうございます。>>294です。

まず先に断っておきますが、自分は殆ど着香ものを吸った事がないのです。
なので着香の味ってのがよく分かってないみたいです。これから勉強していこうと思います。
ですがそんな状態で投げっぱなしなのもアレなのでレスを書く前に色々試してみよう、
と思いGuildhall#331cでFiredanceを吸ってみました。やはりこちらの方がうまいです。

4digit Kaywoodieでは香りが前に出て来なく今ひとつという感じでした。
やはりパイプによって合う合わないはあるみたいですね。

それと、着香は全て甘いのかと思っていたらそうでもないんですね。
今マクレ#105 chocolate mintを吸ってますがこっちの方が甘いです。Firedanceは香りはしっかり立ちますが
葉っぱ自体はVAの味がしまして、それに香りが乗っていると。単純に甘い訳ではないんだと
そんな事がわかってほー成る程、と思いました。 まだまだそんなです。


今までOBスレでVAがうまいパイプ、ラタキアがうまいパイプ等語られて来ましたが
着香ものはあまり語られてなかった様に思います。
単純に着香と言っても種類は色々とありますので一括りには出来ないと思いますが
バニラやチョコ等の洋菓子系とか、ウイスキーやラム等の洋酒系、柑橘類や果物類とか
分類すればある一定の傾向が見えてくるんじゃないかなーと思ってます。
なので皆さんの広い意見が聞けたら面白いかなーと思い書いてみてる次第です。

307 :774mgさん:2007/03/24(土) 10:54:16 ID:cCH+uWbn
>>306
実は、私もStinger付きKWDで着香はイマイチと思っていました。旨くないという表現よりは
面白くないって感じでしょうか。

香り立ちという点ではSasieniなどがベストだと思うのですが、それが時として、五月蝿く
感じられてしまう為、私の場合1ボウル吸う内に飽きてしまう事もしばしばです。
Comoyだとちょっと抑制され過ぎ(って言うか、Comoyだったらラタキア吸うよ)。
DunhillはVAオンリーの着香なんかには良いのですが、キャべやらバーレーやらいろいろな
タバコがブレンドされているタイプは、個々の輪郭がはっきりしすぎる感があり、これも
ちょっと苦手かも。

で、私がOBパイプで着香に一番合うんではないかと密かに思っておりますのはHardcastleです。
着香の刺激を良い塩梅のぼかしつつ、タバコの味と優しくマイルドにブレンドしてくれる感
じです。

しかし、OBパイプフリークで着香吸いって少ないんでしょうかね?


308 :774mgさん:2007/03/24(土) 14:03:07 ID:xwlRkER+
A/R用レトルトキット、到着しました。

キットの内容や使用法はShuzed禅師の解説の通りでした。
考えてみると、英語一枚ペラのインストラクションしかないにもかかわらず
問題なく(我々が)A/Rできているのはshuzed氏の詳細な解説に依るところが大半なんですよね。
この場を借りて再度お礼申し上げます。

で、本当ならここで「グボッゴボッ!!」「お兄ちゃん!!」「アッー!!」という展開になるはずだったのですが、
A/Rを実際に使用してみてウーン、と唸ってしまった次第です。

というのも、自分はA/Rをクリーニングの手法、ステム内のタールを除去し、ボウルのカーボンを脱脂する
単純な手法と考えていたのは大きな勘違いだったのではないか、と思うに至ったからです。
もちろんA/Rがクリーニング手法として劣るというような話ではありません。S/Aの延長線上にある
クリーニングメソッドとしてのA/Rの優秀性は非常に高く、こちらのメリットだけでも導入する価値があります。

自分が今考えているのは、A/Rは単純なよごれのクリーニングではなく、
『パイプの喫煙性能のクリーニング』
なのではないか、という1点です。

例としてあげるのは随分前に入手した1948年Dunhill Bruyere #Oです。このパイプはなかなか臭いが取れず、
やむを得ずそのまま喫煙していたものですが、かなり旨いとはいえ、どことなく淡白でそっけない味でした。
先日、濃厚な20年代Dunhill Bruyereを体験したことで、「ひょっとして…」と真っ先にA/Rの対象となりました。
結果ですが、20年代モノには及ばないとはいえ、20年代モノに顕著だった、「香り深く」「芳醇な」味わいが
この48年Oにも負荷されました。

第二の例は、Comoy Old Bruyere 1930年代。このパイプははっきりいってクソ不味く、せっかくの戦前パイプだと
いうのにComoyのコの時も感じさせない、キャラクターのない「水っぽい」パイプでした。
それがA/R後は「あの」、Comoyらしい甘く重い吸い味が復活、香り立ちがやや抑制されるところまでなんとも
Comoyらしい味わいの旨いパイプに一変したのです。

まだたった2例ですが、ここに共通しているのは
「パイプがその本来のキャラクターを取り戻した」
ということではないでしょうか。
これらの例から愚考するに、A/Rは長年にわたる使用ですっかりと<目詰まり>を起こしてしまったブライヤー導管を
強力にクリーニングし、(各メーカーが鎬を削ってキュアリングで実現した)<目詰まりのない>導管の状態に回復させる
能力があるのではないか、ということです。
A/Rが味を<向上させる>のではなく、<回復>させる、としたのは、上記のように単純にパイプが旨くなるのではなく、
そのメーカーの味の個性を取り戻すカタチで喫味が向上するからです。

まだこれは仮説も仮説に過ぎませんが、自分は以上のことを強く感じました。
ブライヤーパイプの「あじわい」には謎な部分が多い、というか謎だらけで、
これもか細い糸のような体験を組み合わせて得た推論ですが、
もし以降A/Rに挑戦される方がおられるようなら、以上の点にも注意していただけると
もしかすると何らかの手がかりが増えるかもしれません。

また、使ってみて分かったのですが、A/Rは道具さえ揃えれば非常に手軽な手法です。
shuzed氏の解説を読み、二本ほど試してみれば楽にコツを覚えることができるでしょう。
estateパイプ愛好家、特に喫味を重視するタイプの方にとっては、事実上のマストアイテムかもしれません。
(それと、もちろんくれぐれも事故や火災に注意しての使用をお願いしておきます)

309 :香腸:2007/03/24(土) 20:40:32 ID:6C0hlLNO

>>308
なるほど興味深いですね。自分も試してみたくなりました。
木が目詰まりしている、という感覚はよくわかります。
A/Rでなくとも、自分のパイプは以前から定期的にアルコールを使ってクリーニングしていましたが、
その直後はすごく美味くなりますからね。

そう考えると手持ちのパイプは全てA/Rかけて吸い直し、ウチのページも
全て書き変える必要があったりして・・・

ところで本日、お茶を淹れる湯を沸かすついでに蒸気メソッド試してみたら・・・
アリャリャこんなに簡単にタールやカーボンがとれるなんて・・・

パイプクリーニング専用蒸気噴射ノズル、を作りたくなりました。
ホゾの内側なんかも噴霧したらどうかな?
どうせあそこはジュースで濡れるし、パイプにとってもそんなに
悪くはなかろうと。


だれかそのうち黄色い変色ヴァルカナイトが一瞬で黒くなるメソド開発しませんかね。
あと、凹んだところに肉盛りできるヴァルカナイト・パテ、みたいなもん。
これあったらまたE−Bay入札が加速するでしょうなあ・・・


さて話題のコンプトン、私も吸わせていただきました。
こりゃあ美味いですなぁ。はっきり言って初心者にはヘヴィかもしれないですが、
上品でどっしりと古典的な味わい、古いレシピを復活させた Pipes2Smoke サンに
最敬礼です。これアメリカ(カナダだっけ?)人が作っているとは言え、
瞭かに今までで最もイングリッシュな味ですね。なんか常喫になりそうです。
くわしい葉っぱごとのインプレはのちほど。




310 :shell-freak ◆IZ17wJOqHk :2007/03/25(日) 13:50:21 ID:FWbziOrG
やっと「規制」が解除されたようなので、例の「黒織部LB」のレポを・・・。
sellerが「smokes like dream」と評価していたので、期待が高すぎたのかもしれませんが、
一言で言うといわゆる「普通に美味しいpatent era dunhill shell」でした(笑)。
美味いは美味いですけれど、大騒ぎする程に美味いということはありませんでした。
それでも、70年代物等と比較してみると、明らかに美味いですね〜。
例によって常喫の「LARSEN FLAKE CUT」を投入して喫っていますが、キュアリング由来と思われる
dunhill shell独特の香立ちを感じて心がなごみます。
大体が私の場合、patent shellなんていう「贅沢品」を常喫しているような「バチあたり」なので
美味しさに対する感覚が「ボケ」ているのかもしれませんな・・・。
舌が肥えてしまって、通常の美味さでは感動できなくなっているのかもしれません(笑)。
ある意味、不幸なのかもしれませんが・・・。
しっかし、この「黒織部LB」、ビジュアル面で言えばその「面妖さ」といい「枯れ具合」といい
私のコレクション中でも最右翼ですね〜。
ボウル・トップは長年の酷使によって「スムース化」し、リムはインナー・アウト共
アウト・ラウンドしまくりです。
おまけに手前側のボウル・トップが一箇所「陥没」しています。
いつもマッチで丁寧に着火する私では、おそらく300年毎日使ってもこうはならないでしょう(笑)。
古いパイプはこのように、自分とは正反対の使い方をされたパイプを手にすることが出来るのが魅力です。
以前の持ち主のパイプに対する「感受性」や「個性」が、そこにある「パイプ」に凝縮されている気がします。
私は常々、古いshellに対して荒々しい「野武士」をイメージしています。
恐ろしく曲がりくねったグレイン、半ば色あせたステインは「人」に例えれば
数限りない戦場を駆け巡り、戦乱の中を生き抜いてきた「歴戦の勇者」です。
決して「お城勤め」の上級武士ではありませんね〜(笑)。
(余談ですが、私は「スムース」にこの「上級武士」の「お上品さ」を感じてしまって
今一、手が伸びないのかもしれません・・・。)
いずれにしても、このパイプは私のパイプ・コレクションに「異彩」を放つ存在であることは
間違いありません。
「織部丸」と命名して「普段使い中の普段使い」パイプとしていつでもどこでも
持ち歩いてやろうと思っております。

長文、失礼しました。


311 :774mgさん:2007/03/25(日) 16:21:08 ID:9X3P6DjO
>>309
今A/RしたBarling 237 CanadianでCompton's York Fullを吸ってます。
元々旨かったパイプだったんですが、A/R後に甘さが倍増しました。
York Fullはブラキャベ入ってますけど、その甘さも含めて三倍にブーストするような感じです。

A/Rは普通のパイプスモーカーにはあまり必要があるとは思えませんが、ことestateマニアに関しては
必須アイテムじゃないか、と使ってみて思いました。好調先生はお持ちになってしかるべき(笑)と思います。
なによりA/Rという作業自体も大変面白い、というかストレス解消?になります。

蒸気メソッド、試されましたか。
自分も初めて試したときはあまりの簡単さにorzしました。アルコールを使うよりステインにダメージが行かないのが
なによりありがたいです。ちなみにモーティスに蒸気をかけると、ステムルーズの緩和もできるようです。
屋内清掃用のスチーム・クリーナーを使えないか、というアイデアも出ましたが(笑)
アルコールランプと組み合わせて卓上で手軽にKメソができる、小さなやかんと三脚なんか、揃えてみてもイイかも
しれませんね。

Compton'sのインプレ、お待ちしております。
変色バルカナイトには、O(オキシクリーン)メソッドは試されましたでしょうか?

>>310
Dunhill <ORIBE> LB、到着おめでとうございます。
あら、大した事なかったですか残念。まあs-fさんは美味いダンヒルを吸いすぎているんだと思います(笑)

模型の世界なんかでも、
ピカピカに磨き上げられたワックスの質感が伝わってくるようなカーモデルが好きな人、
泥によごれ装甲は弾痕を受けた戦闘中の戦車を再現することに血道を上げるひと、
そのどちらもがいますから、S-Fさんの趣味って別にとりわけ特異なセンス、ってわけじゃないと思います。
(日本のパイプ界で「歴戦の勇者」系の楽しみをハッキリと公言したのはs-fさんが最初ですが)
こういうのもアリなんだ、と目を開かされて、勇者系にハマリ始めてる人も既にもうたくさんいますものね。

312 :774mgさん:2007/03/25(日) 17:02:22 ID:9X3P6DjO
FinePipesにダンヒルが大量入荷してますね。

Comoy'sの見覚えのあるExtraordinaire #499 Bullmooseも、見覚えのない値段で乗っかってます(笑)

313 :shell-freak ◆IZ17wJOqHk :2007/03/25(日) 17:12:44 ID:FWbziOrG
>>311
どうもです〜!

「織部丸」、>あら、大した事なかったですか残念。という程美味くない訳ではありません(笑)。
しかし、どうしても「目」から入ってしまうからか喫味に集中できないんですな〜。

後、書き忘れてましたがマウスピースがリプレイスのちょっと形が違うものでした。
本来の「LB」のマウスピースは直線的にビットまで繋がるんですが、これは
緩やかな曲線を描いています。
くわえ心地は悪くないので、とりあえずはそのまま使っていますが、余裕ができたら
佐藤先生に「直線的」な本来のマウスピースを作ってもらうつもりです。

「LB」はあと、ひどいステム・ルーズのタンシェルがあってパイプ・ラックで
お休みしています。
これもテクスチャーはとても良いので「吸い口新規」で復活させたいのですが・・・。
その前に「Kメソッド」、試してみましょうかね・・・。

314 :tora¶ ◆9eTigeR8aA :2007/03/25(日) 17:58:27 ID:VJdxrEBQ
この間、Kメソによるステムルーズリペアの実験をしてみました。
〜やりかた〜
チャンバーにティッシュをギュウと詰めた後、ボウルをタオルでぐるぐると巻きます。シャンクは露出させてください。
10秒ほどモーティスに蒸気を当て続けます。熱いので注意!素手だと100%ヤケドします。
そのまま、ヘアドライヤーや布団乾燥機(←オススメ!)の温風でモーティス内を急速乾燥させます。これは3分ぐらいでいいかと。
その後、なるべく乾燥した場所に一日放置します。

自分のはゆるゆるステムもガチムチに復活しました。
悪化する事はないとおもいますんで、まあ試してみてください

315 :shell-freak ◆IZ17wJOqHk :2007/03/25(日) 17:58:34 ID:FWbziOrG
連投、失礼。
>>312
>FinePipesにダンヒルが大量入荷
いや〜、私のような「キチガイ」には「目の毒」ですな〜。
いいの、ありまくりデス。
特に「LB」系は「スムース」を含めて、皆、良いですね〜。
shopですから、少々お高めの価格設定ではありますが、マジ、何本か逝きたくなってしまいました・・・。



316 :shell-freak ◆IZ17wJOqHk :2007/03/25(日) 18:07:44 ID:FWbziOrG
またまた連投、失礼。
>>314
どうもです〜!

私のブツはもう数年前にエージェントを通して手にいれたんですけど、まあ、「ステム・ルーズ」なんてものではなくて
どうやら違うパイプのマウスピースを付けて送ってきたようなものなんですね〜。
ガバガバに緩いのと合わせて、シャンクとの整合性もとれていないような・・・。
とても普通に喫煙できる状態ではありません。
それでも、「口新規」に出す前に、さっそく試してみたいと思います。
ありがとうございました。

317 :774mgさん:2007/03/25(日) 19:14:44 ID:9X3P6DjO
>>313
喫味も中々、そして目で愛でてもOK…最高じゃないですか。

そういえば、ダンヒルをダンヒルたらしめている特徴のひとつに、「ステムの直線さ」がありますよね。
よく考えると、ダンヒルタイプのすっと直線的にテーパーするステムの造形って、ブリティッシュメーカーの
中ではかなり異端なんですよね。
自分はComoy'sなどの優美にカーブが入ったテーパーのしかたも好きですが、ダンヒルのあの
直線的で無骨なステム造形も最近ひどくツボになってきました。

ということで、やはり佐藤さんに依頼して、ダンヒルらしいステムのリプレイスするのがベストでしょうね。
機会があったら新ステムでの織部丸、拝見させてください。

>>314
お、Kメソ@ステムルーズのレポ、ありがとうございます。
水分はパイプの大敵とはよく言いますが、個人的によくキュアされたブライヤーは、
ちょっとやそっとの蒸気程度はすぐに放散してしまう能力があると考えています。
あまり水分を怖がる必要はないのではと思いますね。
今度ステムルーズのパイプが到着したら早速試してみたいと思います。

>>315
自分はシェルのRが欲しいです〜。今月はもうムリですが(笑)
s-fさんにおみせしていただいたRが非常に印象に残っています。
Rって、FinepipesのSamiさんが「squat billiard」としているように、
Potというよりもビリヤードの変形と考えた方がいいように思えますね。
ボア系のPot系というより、ビリヤード系に近いあまり口径の大きくないものですし。
なんというか、あのやや抑制されたスタイリングは、Comoy's 126、GBD 789、Sasieni Moorgate
などの標準的なPotとはまた違った、いかにも「Quaint shape」らしい型破りなものだと思います。

318 :shell-freak ◆IZ17wJOqHk :2007/03/25(日) 22:46:12 ID:FWbziOrG
今、ログを読み返していて思わず自分で笑ってしまいました・・・。
「織部丸」と命名して・・・。
まあ、「親馬鹿」の成せる業と「冷笑」して下さいませ・・・(笑)。

しかし、この「命名」、あながち故無しという訳でもないんですよ、実は。
オフ会メンバーの数人にはお話したことがあるんですけど、
実は私、「日本刀」がもう一つの趣味でして・・・。
でも、あちらはパイプとは比べものにならない位高価ですので未だに所有してはいません。
それで、刀剣の世界では古来、「秀でて個性的な刀」に「何々丸」と「号」をつけることが、まま、あるんですな。
例えば、平家重宝「名物小烏丸」、伝足利尊氏佩用「笹丸」、日蓮上人の佩刀「数珠丸」等々。
その伝で言えば、この「織部丸」も「秀でて個性的なパイプ」ということで「号」を授けても良いかな、と。

まあ、そんなこんなと言ってみた処で、「親馬鹿」には違いはありませんので
皆様は決して真似をされませぬ様・・・(笑)。
っていうか、何かキモイですね〜、私(笑)。
古パイプの怨霊にでも取り付かれてしまったのかもしれませんな〜(爆)。

>>317
良いshell pot、出てますね〜、>FinePipes。
以前、ここでお奨めしたtanshell potも売れ残ってますし・・・。
potは可愛いですし、取り回しが良いですからもっと人気があっても良さそうですけどね〜。
ちなみに、今の私の三大お好みシェイプは「ポット」、「ダブリン」、「LB」ですね。
その後に「リバプール」とか「127」とか・・・。
いずれも「ストレート系」になってしまいますが。
どうか、良い「shell R」、手に入れてくださいませ。





319 :774mgさん:2007/03/26(月) 17:45:20 ID:+aEc/CAZ
>>318

>お好みシェイプは「ポット」、「ダブリン」、「LB」

自分は形として好きなシェイプはAuthor(笑)、ストレートアップル。
喫煙具として好きなシェイプはベント(ビリヤード)とポットです。

Potはデブ専、ストレート好きの両方も納得のシェイプなんでしょうかねえ。
他のみなさんのお気に入りシェイプも聞いてみたいところ。

320 :774mgさん:2007/03/26(月) 19:27:25 ID:XPdthzph
>>318
好きなのはLovatですかねー。一時結構買いました。
しかし最近は食傷気味…。もういいかなーって感じがしてますw

自己内流行、というか自己内での変化ってのもあると思います。
大きめのビリヤードを数本手に入れたんですが、やっぱり大きなパイプもいいなーとか思って
そんなものに興味がうつりつつあります。なかなか大きいサイズって出ないので高いんですけどね。

321 :774mgさん:2007/03/26(月) 21:16:18 ID:s266zi3o
>>318

基本的にベント系が好き。
中でもCOMOY、CHACOMの214は震えるほど美しいと思う。
CHACOMは5.6本持ってるけどCOMOYは一本も持ってないので、
OBさんトコのギルドホールを見るたびにため息wテラウラヤマシス
イーベイで全然見かけないんだけど、レアシェイプの内に入るのかな?

322 :774mgさん:2007/03/26(月) 21:38:34 ID:gT/KkhY+
Barlingの樹齢100年Overのブライヤというのは、同時代のパイプで特段そんな事は
謳っていないメーカの使用しているブライヤと比べて、実際手にすると、「ううん、
流石に!」って位、樹林の違いを実感、また喫味で感じるものですか?

323 :774mgさん:2007/03/26(月) 23:21:30 ID:+7rQbhHG
シェイプ、形だけなら私はスクワットブルが好みですね。
ま、欠点だらけのシェイプなんですけど。

すいません、以下はちょっと変な質問なんですが、、
ひょんとなことからとあるセラーさんの出品予定の数本のパイプの鑑定?
を頼まれまして、、で、一本目から難題過ぎて自分にはよく分かりません。
以下は届いたメールの概要で、写真はまだとのこと。

Inderwick's
45 Carnaby St.
London W.1.
There is a diamond shape hallmark going diagonal instead of vertical
the diamond mark is white and it looks like the number 1009
is inside it. This mark is on the mouthpiece not the wood bowl area.
Light bite barks.Thw wod is darl and beautiful and textured/rough.
Measures approx 6" long, Bowl height is approx: 2 1/8 " high.
It is a curved shaped pipe.

自分で調べた範囲で分かったのはロンドンの老舗タバコニストのハウスパイプ?
でComoy製かGBD製ではないか?ということぐらいでして。
なにか情報があれば教えて頂ければ有難いです。

324 :774mgさん:2007/03/26(月) 23:38:07 ID:1VZwSebD
>>322
うーん、どう言えばいいんでしょうかねえ。

100年越しブライヤーが、「100年越しブライヤーの味を持っている」という意味の質問だったら答えはNOです。
何故なら比較対象にするものがないからです。
例えばDunhillもギリシャ産ブライヤーにスイッチする前は、樹齢60年〜100年のブライヤーを使っていたそうですし、
Comoy'sなんかも戦前のブライヤーはかなり古そうです。また、これらの他メーカーはそれぞれ独自のキュアリングを
施していたので、「100年越しのブライヤーの味」、というものだけを感覚的に抽出することは不可能でしょう。

ただ、100年越しのブライヤーを使っていたという「Pre-Trans Barlingの味」が、違いを実感できるものか、という
問いでしたら、答えは決定的にYESです。
個人的な感想ですが、全レンジにわたって、香りからコクまでを非常にフラットで力強く表現するにもかかわらず、
煙が軽い、という一種矛盾したかのようなレンダリングを平気で行なうのがBarlingの特色だと思っています。
これはたとえば戦前のComoy's、戦前のDunhillなどにはまったく見られない個性だと思います。

「あたりハズレがある」「いうほどたいしたことはない」という意見もあるようですが、この軽さが好みでない
スモーカーにはちょっと拍子抜けかもしれない、という一面はあります。また古いパイプはハードに使用
されていることが多いので、A/Rを一発かけてみるとハズレパイプが回復する例(自分の手持ちの1本)も
あります。

ただ、ここまで言っておいてなんですが、ぶっちゃけ自分は「100年越しブライヤー信奉者」ではありません。
どんな優れた材質でも、適切なキュアリングなしには真価を発揮することはなく、またそこそこの材質でも
丁寧にキュアリングすることによって優れた吸い味を発揮することもあるだろうと思うからです。
また、現代パイプ作家のほとんどが、「100年越しブライヤー神話」に懐疑的なスタンスを保持しています。
ドイツのRainer Barbiなどは、「パイプ製作に最適なのは樹齢50年程度のブライヤーで、それ以上
樹齢を経たとしてもブライヤーは熟成することはない」と言いきっています。

なんにせよ、オールド・コレクティブルの世界ではオールドという属性ありきですから、
「古いものがエライ」「古ければ古いほどエライ」という価値観が支配的になりがちなのは仕方のないところであります。
このへんをマジで信奉してみるのもよし、
業者のキャッチフレーズだと割りきってノってみるのもよし。
また斜に構えて鼻で笑ってみるもよし。
人それぞれの楽しみ方があるのではないでしょうか。Pre-Transはちょっと高価なのでアレですが、
値段分は十分楽しめる価値はあると思います。

蛇足として、Pre-Trans Barlingのグレインの質に触れておきます。
ただ、これははたして「100年越し」であるのか、それともBarlingが使用していたといわれるアルジェリアという
「ブライヤーの産地」のせいであるのかどうかはわかりません。
○グレインのラインが異常に細い
○グレインとグレインの間の幅が狭い。
○ストレート・グレインとはほど遠い、うねり狂うフレーム系のグレインパターン
○グレインが木質の中を通るパターンが立体的で、ボウルの表面では「現れては消える」といった様相を呈する
ことが比較的多いのではないかと思います。(straight grainなどの一部スペシャルグレードは除く)

325 :774mgさん:2007/03/27(火) 00:07:49 ID:+O0tjAb2
>>323
Inderwick'sは、1797年に創業したロンドン・カーナビー・ストリートにある老舗パイプショップのようです。
現存しているかどうかは不明。

ebayでこんな過去ログをみつけました。
http://cgi.ebay.com/INDERWICKS-LONDON-BRIAR-SMOKING-PIPE-W-ORIGINAL-POUCH_W0QQitemZ160081805393QQihZ006QQcategoryZ4119QQcmdZViewItem

ステムマークがセラーさんの叙述とかなり似ているので、ビンゴじゃないかと。
パイプ自体はちょっとComoy'sやGBD製ではないのではないかと思えます。
上記出品の値段も参考にしますと、どうやら同じラスティックパイプのようですし、
状態にもよりますが、20〜30ドル程度の価値ではないでしょうか。

326 :774mgさん:2007/03/27(火) 00:34:44 ID:+O0tjAb2
>>320
Lovatいいですよねえ。自分は何故か持ってないのです。
Lovatはあの「崩して不恰好なのに、なぜか魅力的」というところがたまらんですね。
Dunhillの38/40、Comoy'sの156/210Bでイイ奴が出ないかと狙っています。

>>321
お目が高い!214はスリークオーターベントとしては至高のシェイプですね。
サドルビットの215はゴロゴロしてるのに、テーパーの214は何故か見かけないんですよね。
出物が出たらファーストラインで買いなおそうと思っているんで、あのGuildhallは
オフ会が実現したら手放そうと思っていたんですが…興味あります?(笑)

>>323
squat bullはなにげにメーカーごとの個性が出やすいので面白いですねえ。
Comoy、Dunhill、Sasieni、Loewe、皆それぞれに独自の味があって、
メーカーごとに揃えて並べるなんてのもオツじゃないでしょうか。
自分はやっぱりDunhill Oが好きかなあ。スクブルだと。

327 :774mgさん:2007/03/27(火) 20:41:37 ID:lueGptaq
>>324
どうも。なるほど。オールドイングリッシュのパイプは、ダンヒルの50年代のものと
60年代のシェル、そして70年代?GBD位しか持っていませんが、全般的に口腔内で味わうと
いうより、香りを楽しむような傾向が強いのかな?などと感じておりました。
PreTransのBarlingい関しては、どうもその傾向が更に強そうですね。
バージニアのストレート系ではなく、アロマ系やラタキアブレンドに良さそうですね。
一度、懐と相談してから買って試してみますか。

328 :321:2007/03/27(火) 21:02:27 ID:HwbrWV4T
>>326
興味津々ですw
オフ会参加したいのはヤマヤマなんですが、
土日休みが取れない職業なので、参加はかな〜り厳しいです(涙
誰かOB初心者の手元に行って今後の礎となれば・・・

いや!やはり我が手で愛でたい!w
手放す気がおありでしたら是非ワタクシめにお譲りくださいm( _ _)m
スレ違いでスイマセン。

329 :774mgさん:2007/03/28(水) 00:59:57 ID:xsU/geHL
>>327
もしとりあえず試して気に入るかどうか味を調べてみたい、といった感じでBarlingをお求めになるのでしたら、
イギリスからかなりハードに使用された(したがって値段もあまり上がらない)Barlingが出品されることが多いようです。
International auctionを忘れずにチェックしてみてください。
小さいサイズ(S-M、L、EL)で状態のあまり良くないものでしたら100〜150ドル程度で
落札できると思います。丁寧にレストアしてやってみてください。(A/Rはオススメです)

>>328
メル返信しますた。

330 :774mgさん:2007/03/28(水) 04:48:38 ID:3gTJ06Xr
>>327さん
Barling、Barling騒いでいる一人なので。
>>329さんも書いてますが、お試しで手にしたいと言うのであれば、eBay.UKをチェックする
ことをお勧めします。米国に比較して安価に落ちることが多いですし、スナイプも入りにく
いみたいです。昨日も、Barling GuineaGrainが他のパイプと2本セットで出てましたが、落
札価格なんと38ドル以下でしたよ。


331 :774mgさん:2007/03/28(水) 09:01:27 ID:edaS6O80
ちょっと珍しいKWDが出たのでURLを貼っておきます。
ttp://cgi.ebay.com/ws/eBayISAPI.dll?ViewItem&item=260101790262

PushBitに4HoleでKBBクローバーって事ですと通常20末〜30前半だと思うんですが、特筆すべきは
MADE IN ENGLANDなんですよ。この頃に英国製がある、っていうのが驚きなのですが。

一番下にスタンプのアップで撮った写真があります。
自分はこういうスタンプを採用してるメーカを知らないし見た事もないです。
普通に考えたら英国のメーカのOEMなんだろうと思いますが、どこのメーカでしょうか?
情報お持ちの方よろすくお願い致します。

332 :774mgさん:2007/03/28(水) 16:47:02 ID:OhZJEzhq
>>331
なんか戦前のBarlingのP.O.Sに似てるような…。
しかし素晴らしく美しいベントですなこれ。
ステムが少々やせちゃってるのが残念。これがなかったら行ってたかも。

333 :774mgさん:2007/03/28(水) 18:29:57 ID:edaS6O80
>>332
Barlingっぽいですか…。ありがとうございます。
確実にこれと同じ、というものがなければメーカの特定は難しいので
参考程度で意見が聞ければと思ったのですが…。早速の回答ありがとうございました。

他の方でも何かあればどしどしと。

ちなみに落札予想価格は150-200ってところではないか?と思ってます。
期間が短いのでもう少し安くなるかも? 何れにしろ高くなると思われ。

334 :774mgさん:2007/03/29(木) 00:20:17 ID:Y86/LCQ9
落札報告〜。

Dunhill 1933 ROOT patent #320 oval vest pocket。

結構高くなっちゃいましたけど、これは是非欲しかったんでムリしてがんばりました。
#320って、1960年代の象牙リングつきBlack Bruyere (Dressの前身)Opera pipeの印象が強いんですが、
こんな早い時代からあったシェイプなんですね。

Comoy Guildhallのオーバルポケットで、このシェイプの使いやすさに魅了されて(意外に簡単に吸えるんです)
いたのですが、ここに程度極上(というか新品同様)で、初期ROOT特有のBowling Bowl Bit(後のカンバーランドステム)
のブツが出たとあれば抗するのが困難でした。シェイプ自体も初期ダンヒル特有のふっくらとしたステムラインで、
非常に可愛らしい小さなパイプです。
1933年だとするとステムは"Clicker"Vernon tenonを備えている可能性もあり、こちらも一体どんなモノか
レポする予定。

>>333
この年代(1920〜30)だと、ブリティッシュメーカーのP.O.Sも非常に資料が少なく、
また吸収合併などで消え去ったメーカーのP.O.Sの可能性もあり、
ちょっとなんともいえないですね。これはもう>>333さんがこの時代のオールドブリティッシュに詳しくなるしか(笑)
一応Hacker本には、英国産Kaywoodieは1930年代にスタートした旨の記載があります。

しかし、そのセラーさんのHistoryに書いてある、アーリーKBBの評価は素晴らしいものですねえ。

335 :774mgさん:2007/03/29(木) 01:00:35 ID:s+bpv/BV
なんか久々にkaywoodie見たら、スゴいのがいっぱい出てる。
どなたかAll Briar って持ってますか? あれどんな咥え心地なんスかね?



336 :774mgさん:2007/03/29(木) 08:12:56 ID:dPlmw32/
>>331
カッコいいベントですなぁ。

BarlingでMADE IN LONDON/ENGLANDのP.O.S.は余り見かけませんが、eBayで5回ほど目に
しました。その内約半分がREGD.42/8968の刻印で残りはREGD.のNo.無し(バフアウト?)。
サンプル数が余りにも少ないので断定は勿論出来ませんが、大戦中に使用されていた
P.O.S.の可能性が高いと考えています(Barlingは戦前は国内向けにはP.O.S.を刻印して
いなかったとの情報もあり、戦中になり国内向けも刻印を始めるにあたり、敢えて、
LONDONの刻印を追加したタイプを使用したのでは?)。

で、件のKWDですが、手持ちのBarlingのP.O.S.と比較してみました。写真との比較なので
フォントサイズがもしかすると違うかもしれませんが、字体、文字の位置関係は全く一緒
です。P.O.S.だけ見たら、Barlingと勘違いしてしまったかも知れません。

もしかすると。。。
戦前BarlingはKWDのOEM生産をしていて、そのKWD向けにMADE IN LONDON/ENGLANDの刻印を
使用していた。で、大戦が始まり、国内向けにもP.O.S.刻印を始める際にKWD向けに使用し
ていた刻印を使った。
なんて事があったりするのかも知れませんね。

まぁ、そんな事がなかったとしても、このKWD、漂う雰囲気だけで、十分逝く価値のあるパ
イプだと思います。って言うか、自分が欲しくなりつつあるんですけどw

>>334
落札オメー。Bowling Ball Bitなんてメチャクチャ羨ましいです。銜え心地とか、普通の
エボとは違うんでしょうか?その辺もレポくださいな。

KWDもDunhillも良いけど、Barlingも良いよ。今、#526 Fossil(これ、Pearってシェイプにな
るのかな?完全にツボのシェイプです)吸ってるんですけど、なんて言うんだろ、コクとか甘
さとか香りとか、別に何かを強調する訳ではないんだけど、全てを高次元でバランス良く吸わ
せてくれる感じです。煙はこれまで言われてるように抜群に軽いしね(味では無く、あくまで
煙が軽い)。ほんと、神殿級のパイプです(校長先生ごめんなさい、パクりましたw)。

337 :774mgさん:2007/03/29(木) 08:37:50 ID:oq43xKyA
>>334
オメー!!
ovalってタンパー使えば意外と苦なく吸えるんですよね。KBBのですが一本だけ持ってます。
今日辺り試してみるかなー。

>一応Hacker本には、英国産Kaywoodieは1930年代にスタートした旨の記載があります。
そうなんです。ちょっと資料を見ないで曖昧なのですが、英国産KWDは1936年以降に設立の筈なのです。
(KB&Bから独立した形になった後→なので本来はKBBクローバーが刻印される事はない)
なのでそれ以前に英国でKWDを作っていた、という話しは聞いた事がなかったのでちょっと興味が出て
きたのですが。
20年代のブリティッシュの研究家にはなれそうにないので(笑)、とりあえずHacker本から買ってみようと
思います。

>>335
ALLBRIARは何度か出てますが、これは20年代の物でなく、後年に出来たstinger付きのものですね。
元々一本のブライヤーだったのを大胆にもカットしたのか、はたまた継いでるのか分かりませんが、
わざわざそんなものにもstingerをつけてしまうところに面白さを感じてます。
ちなみに自分は持っておりません。。
ここのスレの誰かで20年代の方を持ってらっしゃる方がいませんでしたっけ?香腸先生ですか?


>>336
mjsk? 逝くなら逝って下さい。

自分はちょっと無理です。なので貼ってるようなもんですwww
こんなよさそうなものコソーリ落として自慢したいじゃないですか?

誰も逝かない/かつ値段が安く収まりそうでしたら、終了間際に男一匹ハンドスナイプ
するやもしれませんが。。そんなムシのいい話しはないと思ってます…。

338 :774mgさん:2007/03/29(木) 08:57:39 ID:dPlmw32/
>>337
>こんなよさそうなものコソーリ落として自慢したいじゃないですか?
だったら貼ったら駄目じゃないですかwww
いや、KWD最近何度かBidだけはしてるんですけど、悉く負けてるんです。
もしかしたら、縁が無いのかもって思っちゃってます。
ですんで、男一匹ハンドスナイプに期待しますよw

そう言えば、自分もoval 1本あったんだった。Stanwellのやつ。どうも倦厭しがち
だったけど、週末辺りに試してみるかなー。

339 :774mgさん:2007/03/29(木) 11:01:50 ID:G0GPXbsl
>>334
#320、私も最近手に入れ、お気に入りです。60年のshellですけど。
普通の60年頃のshellとは違って、
硬いブライヤーを使ってる印象で、ブラストが弱いですす。
チャンバー厚が薄いので、しょうがないかな。

しかし、このシェイプそんな古くからあるんだ・・

ちょっとした外出用に重宝してます。
短くて幅が狭く、胸ポケットにそのまま忍ばせることが出来るのがいいですね。
それでいて容量もそこそこあるから、途中でタバコ切れにならないし。

340 :774mgさん:2007/03/29(木) 11:15:20 ID:G0GPXbsl
良く見たら、私の#320、70年だった・・ううう。

341 :774mgさん:2007/03/29(木) 11:31:51 ID:61Xy+mL2
>>331
>>333
戦前の英国製KBBはCIVICが関係していると思います。
KBBとCIVICはサンクロード(La Bruyere SA)繋がりで、強固な関係を築いており、
第二次世界大戦前にも、しばしば、テクニカル・ヘルプをCIVICが行っていたようです。
戦前の英国製KBBは、特注品か米国市場の追加需要を満たすために、作られていたようです。(たぶんCIVICで)

CIVICのPOSは「LONDON MADE」なので、残念ながら、その戦前英国製KBBの
「MADE IN LONDON ENGLAND」とは違いますね・・・
細かいことは分かりませんが、私は、CIVICが一番あやしいと思います。

すでに終了したオークションですが、CIVICのベントがありました。
60年代か70年代のCIVICだと思いますが、どこか、雰囲気が似てないですかw

ttp://cgi.ebay.co.uk/CIVIC-BENT-SYSTEM-ESTATE-PIPE-IN-VERY-GOOD-CONDITION_W0QQitemZ330100756095QQcategoryZ596QQssPageNameZWDVWQQrdZ1QQcmdZViewItem

342 :774mgさん:2007/03/29(木) 18:39:51 ID:Y86/LCQ9
A/Rしまくりのレトルトジャンキーの俺が来ましたよ。

今まで無水アルコールをA/Rに使用していたんだけど、あまりの減りの早さに恐れをなし、
急遽代替アルコールを探すことにしました。
一応レトルトキットの説明書には「引火性がやや低い消毒用アルコールがオススメ」とも
書いてあるので、消毒用にしようかと。んで今回選んだのがコレ。

『健栄製薬製消毒用エタノールIP』

IPとあるように、イソブロパノールを微量混入して、酒税法を回避した製品です。
近所の薬局で500ml800円でした。(通販とかならもっと安い価格であるんですが結局送料で足が出る)
イソプロバノールはエタノールよりやや毒性が強いですが、メタノールのような危険な毒性はないし、
さらにごく少量が入っているだけなので、まあ飲んだり吸引したりしなければ問題ないかと。
心配なひとは「イソプロパノール 毒性」でぐぐったりしてみてください。

無水エタノールのほぼ半分の値段なので、これでもう心おきなくA/Rできますですよ。
廃棄しやすい折りたたみペットボトルもなかなかよろしいデス。

343 :774mgさん:2007/03/29(木) 19:15:14 ID:Y86/LCQ9
>>339
カワイイですよね320。
1923年About Smokeに、Quaint ShapeのひとつとしてフラットオーバルのFSというシェイプが
あるのですが、自分はこれが320の原型ではないかと思っています。シェイプとしてはLBなんかも
そうですが、20年代からある非常に由緒正しい(笑)シェイプだということですね。

お手持ちのは70年(?)shellですか。いいですね〜。
持ち運ぶことが前提の#320はshellフィニッシュのほうが本来的じゃないかと思います。
自分も以前shellの#320が出たときに相当迷いました。

ちなみにですが、YOBではダンヒル黄金時代は68年まで、と書いてありますが、
あれは海外で支配的なオールドダンヒルコレクター達の意見をそのまま書き写したものにすぎません。
ebayなどで実際に見てみる限り、70年代初頭のダンヒルにも非常に美しいパイプが多い気がします。
(特に一連のODAなんかに顕著)
実際にダンヒルの製品の質に変化が現れるのは、1975-6年(?)あたりにDunhill Ltdが買収され、
大資本の論理がパイプメイキングに影響を与えはじめてからのことだと思います。

# Dunhillは卓越したイメージ戦略により、現在でもプレミア・パイプメーカーとしての評判を堅持してはいますが、
# 内実としては企業買収により製品の質が下落していったComoy、Sasieni、Barlingなどと
# 全く変わりはないんですよね。もしかするとDunhillも1970年代中盤を境にして、
# Pre-Trans Dunhill(1960年代以前)、Transition Dunhill (1970年代)、Post-Trans Dunhill(1980年代以降)
# といった分類をするのが適切なのかもしれません。好調先生も『70年代のダンヒルには美味いパイプもあるが
# あたりハズレもある』といったようなことを書かれていましたので、まさに分類としては適当かも…。

344 :774mgさん:2007/03/29(木) 19:29:58 ID:Y86/LCQ9
>>337
Hacker本ですが、KBBに関してはあまり大した情報は載っていません。
(Kaywoodieに関する専門のページは5-6Pだったと思います)
もしかすると>>337さんのほうが知識はもう上かもしれません。
それに全般的に非常にツッコミどころが満載の本ですし。
J.Loringさんはわざわざ自分のサイトにRare SmokeのDunhillに関する記述の、
訂正個所を列挙したページを作っているほど(笑)です。

ただ、自分はこの本は非常に使い手があると思います。
というのも、今回の KBB/なぞの英国メーカー のように、あるメーカーのヒストリーを理解するためには
その他のメーカーの基本的な知識と、その時代のパイプメイキングの俯瞰的理解が不可欠だと
思うからです。各々のメーカーのヒストリカル・ブックとしては量・質ともに満足できるような本では
ありませんが、そういった意味では非常に有用な本だと思います。
もし購入されるならこのあたりを念頭に置いておくと後悔が少ないと思われます。

345 :774mgさん:2007/03/29(木) 19:52:09 ID:s+bpv/BV

まあ、ハッカー本は必携だと思います。タタキ台になる、というだけでもスゴいことですから。

>>好調先生も『70年代のダンヒルには美味いパイプもあるが ....
68年頃を境にするのは自分の経験から言っても妥当かと。以前にも書きましたが、
70年代初期の RedBark でヒドい目にあっているもので。
MPの穴が段違いでバリが残ってた、なんて信じられますか(笑)
70年代でも当たりはありますが、外れるリスクが高いので、もう手は出しません。


346 :774mgさん:2007/03/29(木) 21:53:02 ID:Y86/LCQ9
>>345

このスレッドの大きな目的の一つに、日本のパイプファンのビンテージ・ブライヤーに関する知識を、
主にアメリカのシーンにおけるそれと同じレベルに引き上げたい、というのがあります。

正直このスレが建つまでは、「樹齢100年ブライヤー」も「キュアリング」も、「ブライヤーの産地による違い」も、
日本ではほぼ知識としてはなかったものか、もしくは漠然とした認識しかなかったものだったと思います。
最近はぱいぷ堂さんなんかでも、ブライヤーの産地や樹齢をセールス文句にしたりしているみたいですが、
あれなんかは明らかにこのスレのもたらした成果(?)なんじゃないかと思ってます。
(あとHuybrechtのデッドストック取り扱いとかもあったなw)

Hackerの本"Rare Smoke"はそういった
『現在のアメリカのビンテージ・パイプシーンの常識』
をよく体現している本だと思います。

もちろん「常識」が全て正しいといったわけでもなく、「常識ゆえのトンデモさ」なんかもあるとは
思いますが、>>345さんも書いておられるように、タタキ台にできるということはやはりスゴイ価値が
ありますよね。



あ、あと全然関係ない話なんですが。
以前A/Rでアクリルビットが溶ける、といったレポがありましたが、

自 分 も 溶 け ま し た 。

CareyのMagic Inchがアクリルビットだったことに気がつかず…w
アクリルは常温のアルコールには耐性がありますが、
高温となったアルコールにはかなり弱いみたいで、溶剤くささを
撒き散らしながらアルコール接触面がかなり派手に溶けてしまいました。

ですのでA/Rはアクリルビットのパイプにはかけないほうがいいです。
ぜひという場合はビットなしでもレトルトを接続できる仕組みが必要でしょうね。

347 :774mgさん:2007/03/29(木) 22:05:56 ID:t+bugnOP
320シェープですが、元々のボールトップはフラットだったんですか。
ちょっと、驚きですね。これまで50-60年代のBlackBriarやShellは割りとレアとは
いえ、時々見ましたが、みな、ラウンドしていたような記憶です。
しかし、いいもの手に入れましたね。

348 :774mgさん:2007/03/29(木) 22:16:18 ID:Y86/LCQ9
>>347
もともとのFSもフラットリムのようです。
自分もずっとラウンドリムのシェイプなのかと思っていましたが、
初期は違っていたようですね。
(自分が落札した奴はトップオフされたパイプとは到底思えませんし。)
とはいえポケットに入れることを前提に考えられたシェイプなので、
痛みやすいフラットリムより、ラウンドリムのほうが適していると思えますから、
後になって改良されたということでしょう。

60年代のカタログに載っているBlack Bruyere 320も面白いですね。
後年のDressとは違い、ややうっすらとグレインが透けて見えるステインのようです。
象牙のリングが使われていることが多いみたいですね。

自分はぶっちゃけ、喫味なんかよりもこういったディティールの差とか、
ステインやシェイプの変遷なんかのほうに興味があるタイプのようです。
今回の#320も30年代のROOTの特徴を凝縮したかのようなパイプで、
こういうのに非常に弱いですね(笑)

349 :774mgさん:2007/03/29(木) 22:17:35 ID:s+bpv/BV

↑カレイ・マジック・インチに興味あり。あれはどんなシステムなんですか?
48年創業、戦後と言ふことで買うには至ってないんですが,興味はありました。

ハッカーは凄い人だと思いますよ。彼が本を書いた理由はインターネット上に
トンデモな言説がはびこっているのに我慢ならなかったから、らしいです。
例え間違っているにしてもその時点で世界最高レベルの知識の集積が本になって、
こうして日本あたりにも読者がいるというのは素晴らしいことです。
批判するのは簡単ですよね。しかし自分もあの本でどれだけ勉強させてもらったことか・・

レア・スモークの一番最初のパイプ・コレクター8則っていうのも
かなりうなずけます。
1、そのパイプの欠点も美点も認めよ
2、決してオリジナルを改造するな
3、初心者を助けよ
4、知識をわかちあえ
5、自分のコレクションに誇りを持て、ただし極度に自慢するな
6、他人のコレクションも尊重し、悪く言うな
7、パイプ売買は正直に円滑に
8、パイプ仲間を家族のように扱え、

ちょっとハショった訳ですが、
これ、古いバイクなんかでも全く同じ心得なんです。このスレもおおむね
この規則にのっとっているのは実に気持ちが良いですな。皆さん紳士だと思いますよ。

やっぱりなんでも古いモノを扱う趣味は人間の質も高いんですよ(笑)
なかには秘密主義で知識の出し惜しみする人なんかもバイク・自転車の
世界には散見されるんですが、パイプの世界はそうあってほしくないですね。

350 :774mgさん:2007/03/29(木) 22:36:36 ID:Y86/LCQ9
Carey Magic Inchの概要ですが、
オーバーボアされたシャンク内チャンバーに、アクリル製と思われる円柱状のデバイスが挿入され、
このデバイスはシャンクから1cmほど突出していてテノンを兼ねています(つまりステム側にテノンがない)
エアスリットのついたアクリルステムがこのデバイスに接続されます。

ここまでかいただけでももうかなりのガジェットパイプっぷりなんですが(笑)
スゴイのはここからです。
シャンク内に挿入されたデバイスには窓が開いておりまして、内部には不織布のように
見える素材が封入されています。シャンクを通る煙はこの部分で外気と熱交換を
行ない、煙がクールになる、といったしかけのようです。

熱交換された熱はマウスピースにあけられたスリットから外に逃げるわけですが、
煙道内の煙は外部にもれることはありません。そういう意味ではライトタイプのシガレットにあるような、
ミシン目で煙を薄くする機構とは異なっていると言えます。

まあ、図解が現在も続くCareyのHPにあるので、そちらをご覧になった方が理解が早いかと思われますw
http://www.eacarey.co.uk/index.asp
トップページにいきなり図解があります。

パイプのクオリティですが、Magic Inchにもグレードが多数あるようで、自分のは低グレードらしく
埋めだらけのショボーンな物件でした(60年代あたりの品?)。 Barling目当てのLotについてきたものなので、
まだカーボンすら削っていませんが、一回吸ったかぎりではお題目通り、かなりクールでドライな
美味いパイプでした。ブライヤー本体のキャラクターはあまりよくわかりませんが、時間があったら
真面目にレストアしてまたレポいたします。

よくあるアルミチューブ系システムとは異なり、完全にモールが通るのもなかなか使い勝手が
良いように思えます。

351 :774mgさん:2007/03/29(木) 22:53:16 ID:Y86/LCQ9
>>349
このスレにカキコしている人間の質が高いというのはどうでしょうw
自分も含めはたから見るとただのキモイ人かもしれません。

ですが、Hacker Rare Smokeの冒頭にある8則は、自分も最初に読んでなるほどと思った記憶があります。
(このスレの>>1に書こうかと思ったこともあるんですが、ちょっとお堅い感じもするのでやめました)
特に3番から6番にかけては、まさに値千金の言葉だと思います。

・OB初心者のためのバイヤーズ・ガイドを提供し、
・そしてコレクションで得た知識は共有する。
このあたりは自分がサイトを作るときの指針ともなっていますし、
もちろんこのスレッドの大きな目的のひとつにもなっていると思います。

352 :774mgさん:2007/03/30(金) 09:07:54 ID:A6d4W8Kp
>>346

Spanuのサルジニア・ブライアーとかEdが屋根裏で数十年寝かしたパイプとかは
OBスレ発生以前の記述ですよ。

353 :774mgさん:2007/03/30(金) 10:13:07 ID:kBIWSoEj
>>352
Ferndownのモロッコ製ブライヤーとかも以前からある記述ですよね。
明記はしてありませんがMorettiやBeckerもイタリア南部(つまりカラブリアン)とあります。
そんなのは分かってて>>346の発言してます。
自分は以前は堂のサイトは舐めるように見ていましたから(笑)

501 KB
■ このスレッドは過去ログ倉庫に格納されています

★スマホ版★ 掲示板に戻る 全部 前100 次100 最新50

read.cgi ver 05.04.00 2017/10/04 Walang Kapalit ★
FOX ★ DSO(Dynamic Shared Object)